同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:立場逆転

   ● 【強制純愛】僕を虐めてくる同級生を催眠分からせ強制絶頂バニーメイド喫茶
   ● 【前半無料】絶対屈服オホ声絶頂!最凶メスガキ淫魔お○んこ分からせ 【ドスケベ限界挑発】CV:兎月りりむ。
   ● 【強制純愛】生イキ援交ロリサキュバスメスガキ分からせ調教
   ● 【CG集つき】援交メスガキJK、凶悪ちん●にわからせられます。
   ● 逆転ビジネスホテル ~ドスケベOLをつよつよちんぽでやっつけるお話~
   ● 【強制純愛】生イキJKメスガキ分からせ調教
   ● メイドさんの主従逆転催眠~ソフトM性感プレイ~
   ● 催眠音声ー淫らな性傀儡の黒魔術
   ● 今日からあなたはロボメイド?~お嬢様だった私が変態アンドロイドメイドの身体に閉じ込められる~
   ● 女子校の人気女子たちのおち○ぽペットにされちゃうお話♪




サークル「もぷもぷ実験室」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、気は強いけどおまんこは弱い2人の女の子が
同級生の男子を虐めたり、逆に虐められて何度も絶頂します。

彼女たちにわからされる快感とわからせる快感を融合してるのが特徴で
序盤はきつめの言葉責めや命令で存分に弄ばれてたのが
催眠アプリを使うと一気に従順になり無様で恥ずかしい姿を晒します。
2人の女子をアプリで屈服
日野綾香(挿し絵左)、芹沢明菜(挿し絵右)と2つのシチュでエッチするお話。

「はーーー ふふふふふ オタク君さぁ 毎回驚きすぎでしょ」
明菜は砕けた口調で話す甘い声の女の子。
主人公の耳に息を吹きかけて悪戯すると
そこへ綾香が現れていじめないように注意します。

本作品はギャルっぽい性格で以前から彼を虐めてる明菜や
生徒会に所属するクールな綾香とおよそ100分間の変わったエッチをします。
2人とも彼に対して好意や愛情を一切持ってないので
特に序盤は心身両面で激しい責めを繰り出します。
しかし催眠アプリを使うと途端に態度が変わり、エッチなことも含めて彼の命令を素直に聞きます。

綾香「はい 知ってましたよ ずっと気持ち悪いなーって思ってました」
綾香「はい 私たちはご主人様のおまんこメイドです」

序盤と中盤以降で彼女たちの様子が正反対になりますから
女性に虐められるMの快感と、彼女たちを好き放題するSの快感を同時に味わえます。
後者のほうが長いのでどちらかと言えばS向けですね。
一部で過激なこともやりますが、彼にひどいことをした罰を受けてるだけで自業自得と言えます。

ちなみにサークルさんが絶頂制御や感情制御をテーマに掲げてる関係で
中盤以降のエッチで彼女たちが責められてもそんなに激しく乱れるわけではありません。
むしろイキそうになってるのに我慢する姿を楽しませるように作られてます。
「強制純愛」の名の通り、彼女たちの心情を敢えて除外して征服欲を満たします。
わかりやすい立場逆転エッチ
エッチシーンは6パート86分間。
プレイはオナホオナニー、吐息責め、耳舐め、手コキ、足コキ、嘘喘ぎ、スパンキング、2人のオナニー、SEX、好き好き連呼、ローター責め、バイブ責め、記念撮影です。
オナホオナニー、手コキ、足コキ、スパンキング、2人のオナニー、SEX、ローター責め、バイブ責め、記念撮影の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

明菜「ほら さっさとズボン脱いで恥ずかしいとこ晒せ どうせ期待してんだろ変態」
放課後の教室で主人公に服を脱ぐ指示を出した明菜は
用意したオナホでしごきながら色んな意地悪をします。

エッチはシーンによって責め手が入れ替わります。
最初の2パート30分間は彼女たちに好き放題されるプレイ。
「2. 告白強要&露出謝罪オナホオナニー(約15分)」はオナホオナニー
「3. 「イけ」&「イくな」両耳密着囁きでマゾ犬調教(約15分)」は手コキと足コキをします。

明菜「命令 私が耳ふーしたら さっきみたいに全力でしごけ」
明菜は以前から彼を虐めておりオナニーの動画まで撮ってるそうです。
だからここでも彼を見下しながら命令を出して悶える姿を楽しみます。
目の前で全裸にする、耳に息を吹きかけた時は全力でしごかせる
スカートを履かせて生徒会室に連れていき、綾香に告白させるなど容赦がないです。
秋野かえでさんの活き活きとした演技も彼女の個性を引き立ててます。

綾香「本当に女の子の目の前で射精しちゃうんですね 最低」
それに対して綾香は感情をあまり表に出さないクールなキャラ。
彼が自分に好意を持ってることを知ったうえで冷たく接し
3番目のパートではストッキングを履いたままおちんちんを足蹴にして惨めな快感を与えます。
また明菜と協力して左右から射精を許可するセリフと禁止するセリフを同時に投げかけます。

ここだけを聴いたらきつめのドM向け作品に感じます。
やることがえげつないし、言葉責めも辛辣なものばかりでキレがありました。
しかしそんな情勢も彼の催眠アプリでひっくり返ります。

続く4パート56分間は彼女たちを好き放題するプレイ。
「4. 逆転:現実改変イキ我慢オナニーショー(約11分)」は彼女たちのオナニーを鑑賞する
「5. 告白強要生ハメ中出し分からせっくす(約12分)」は明菜→綾香の順で生ハメ&中出しSEXする
「6. 強制絶頂バニーメイド喫茶 連続絶頂&表情制御編(約16分)」と
「7. 強制絶頂バニーメイド喫茶 文化祭出張で公開処刑編(約17分)」は
挿し絵のようなバニーメイドの姿でローター&バイブ責めをします。

明菜「ほら ここでオナニーしてやるよ よかったな 変態」
綾香「オナニーですか? 私は週に3回ほど やってましたけど」
このアプリには「女性は男性に従うのが当たり前」という認識を植え付ける効果があるので
彼女たちの態度は普段通りだけど命令すればあっさり受け入れます。
明菜は普段通りの上から目線で可愛く喘ぐし
綾香も自分のオナニー事情を話しながらソフトなオホ声を漏らします。

5番目のパートでSEXしますけど、それよりも彼女たちの痴態を楽しむ意味合いが強いです。
オナニーやおもちゃ責めするパートでおちんちんに刺激を与えることはありません。
同級生を好きに操りエロくて無様な姿を晒させてるシチュで興奮させます。

明菜「おまんこからいやらしいトロ汁が溢れて 水たまりを作っています 体は感じてるの丸わかりなのに 表情替えられないの ヤバいんです」
綾香「いえーいピースピース あぁぁぁイク」
その特徴が最もよく出てるのは最後の文化祭パート。
他のお客がいる前でおまんこを見せつけたり、ローターやバイブで絶頂する姿を楽しみます。
彼女たちはどちらもおまんこが弱い設定なので絶頂シーンが多いです。
綾香は絶頂時にアヘ顔ダブルピースするなど、クールキャラとは真逆のことをやってギャップを出します。

実際に聴いた感想ですがM向け、S向けどちらも振り切れててインパクトが強いです。
序盤の2パートは属性が合うならこれだけで十分抜ける品質を持ってるし
次の4パートも虐められてきた恨みを晴らすために割と無茶なことをします。
普通の作品なら山場にやる生ハメSEXを敢えて途中に置き
それよりもオナニーで何度もイキまくる姿に焦点を当ててるのが面白いです。

乱れっぷりはそんなに激しくありませんから、シチュを楽しむ意味合いが強いかなぁと。
でも好き放題やってた彼女たちをわからせる展開がしっかり成立してて爽快感や満足感が得られます。
6番目と7番目の内容が似通ってるのでもう少し違いが欲しかったです。
一粒で二度美味しい作品
サークルさんが得意とされてる「わからせ」をストレートに追求したS向けの作品です。

明菜と綾香は良くない感情を抱いてる主人公をおもちゃにして遊ぼうと
左右に陣取り連携を取りながらおちんちんを責めて射精を我慢させます。
しかし彼が用意した催眠アプリを見ると立場が逆転し
処女や初中出しを捧げたり、他の人たちにオナニー&絶頂を見せつける無様な姿を晒します。

2人のクラスメイトが冴えない男子を弄んで返り討ちに遭うシチュ
序盤はドM向け、中盤以降はS向けと内容が大きく変わる展開
彼女たちと絡むよりも痴態を楽しむ意味合いを強くしたエッチ。
悪い女の子を屈服させる快感が得られるように作品を組み立ててます。

中でも2番目は相反する要素を混在させてて個性が強いです。
彼女たちをひたすら虐めるよりも、先に虐められてからのほうが罪悪感は湧かなくなります。
私が聴いた時も後味はスッキリしてました。
催眠アプリですぐ堕ちるのではなく徐々に素直になる展開も良いです。

エッチは序盤は彼女たちに責められる正統派のプレイをやり
中盤以降はオナニー姿をオカズにする方針へと変わります。
S向けといっても拷問みたいなことはしないので割と聴きやすいです。

射精シーンは射精4回、潮吹き1回。
効果音多め、淫語と喘ぎ声それなり、ちゅぱ音ごく僅かです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:日野綾香…陽向葵ゅかさん 芹沢明菜…秋野かえでさん
総時間 1:46:07

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2022年10月13日まで20%OFFの1056円で販売されてます。



サークル「オホヤベ建設」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、可愛い容姿と生意気な性格を合わせ持つメスガキサキュバスが
立派なおちんちんを持つ男性をペットにしようとして返り討ちに遭います。

前半は彼女にわからされる、後半は彼女をわからせるエッチをするのが特徴で
彼のことを「家畜」と読んだり露骨に見下しながら責めてたのが
SEX開始後は一転して弱気になり、オホ声をたっぷり漏らしながら何度も絶頂します。
一部のパートで彼女の声が2つに増えて同時責めするのもポイントです。
生意気なメスガキをおちんちんで征服
サキュバスのリリスと7種類のエッチをするお話。

「あはっ 家畜~ 帰りが遅すぎ 待ちくたびれたんですけど」
リリスは明るくて可愛い声の女の子。
ある日の夜、帰宅した主人公におちんちんを差し出す命令をすると
彼を軽く馬鹿にしてから早速しゃぶります。

本作品は王族で、お姫様で、エリートと色んな肩書きを持つ彼女が
包茎&早漏だけど絶倫な彼とおよそ100分間のエッチをします。
彼女は自分が特別な存在だと信じており、一般市民に過ぎない彼を露骨に見下す態度を取ります。

「なぁに? この無駄にデカいチンポ 本番SEXする機会もないのに無駄すぎるぅ あははっ」
おちんちんの立派さを褒めながら童貞なことを指摘したり
エッチの最中は彼を挑発する言葉責めを随所で言うなど
「生意気なメスガキ」と呼ぶのがピッタリな性格をしてます。
しかしおまんこはものすごく弱いので、外側をいじられたり中へ挿入されるとすぐさま喘ぎ声を漏らします。

前半は彼女が彼を存分に弄び、後半はその借りをおちんちんでしっかり返す。
「わからせ」をテーマにした正反対のプレイを組み合わせて快感と征服欲を満たします。
時間配分はほぼ一緒ですが、最終的にわからせるのでSな人のほうが楽しめます。

「あぁ チンポやばいチンポやばい おぉっ おっおっ おぉ」
もうひとつの特徴は中盤以降にオホ声をガンガン漏らすこと。
吐息に混じって「おぉぉ」と漏らすこともあれば、犬が吠えるように「おぉん」と漏らすこともあります。
サークル主の兎月りりむ。さんはオホ声作品に数多く出演されてる方ですから
量を増やすだけじゃなく状況に応じた演じ分けにもこだわってます。

普段の声が可愛いからオホ声とのギャップが余計引き立ってました。
彼女が割とあっさり堕ちるおかげで暗さや重さはあまりありません。
2人とも絶頂シーンが多く、わからせやオホ声が好きな人ならきっと刺さると思います。
属性や内容が大きく変わるエッチ
エッチシーンは7パート79分間。
プレイは皮剥き、フェラ、玉舐め、精飲、乳首責め、クリと亀頭を擦り合わせる、素股、手錠をかける、手マン、SEX(騎乗位)、スパンキング、アナル責め、アナルSEX、クリ責め、キス、耳舐めです。
クリと亀頭を擦り合わせる、素股、手錠をかける、手マン、SEX、スパンキング、アナル責め、アナルSEX、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「見た目の格好はもう手遅れなんだから せめてチンポくらい皮を剥いて カッコつけたらどうですかぁ?」
主人公のおちんちんに顔を近づけキスすると
リリスは早速匂いを嗅いだり包茎を貶して彼を挑発します。

エッチはシーンによって責め手が入れ替わります。
最初の3パート38分間は彼女がメスガキムーブをかますM向けのプレイ。
トラック1(約14分)は皮剥き・玉舐め・フェラ、トラック2(約13分)は色んな乳首責め
トラック3(約11分)は性器を擦り合わせたり素股して1回ずつ射精させます。

「すっかりガチ勃起だね キモ豚」
彼女は自分のほうが遥かに上の存在と思ってますから
彼に対してもその気持ちを包み隠さずぶつけながら乳首とおちんちんを責め続けます。
「家畜」「キモ豚」と動物扱いする、おちんちんの臭さを指摘する
簡単なゲームを持ち掛けて彼が負けたら意地悪そうに笑うなど、まさにやりたい放題です。

キレのある挑発をするおかげで聴いてると悔しさよりも爽快感を覚えました。
「メスガキはこうでなくちゃ」と思えるキャラになってて意地悪なんだけど可愛く感じます。
この3パートは言葉責めにも力を入れており、後半のわからせを上手に盛り上げます。

「ビックリした? ビックリしたよね? 脳に直接語り掛けてまーす」
それに役立ってるのが彼女の声が増える演出。
トラック1、2、8だけ2人同時に話しかけるスタイルへ変わります。
トラック1はフェラのちゅぱ音、2は乳首責めの掛け声を片方が担当し
もう片方は実況や言葉責めに専念してプレイの密度を上げます。
人間の女性にはできない責め方なのでサキュバスらしさを出すのにも役立ってます。

M度が最も高いのはトラック2。
彼女が後ろから抱き着く体勢で乳首だけをいじって射精へ追い込みます。
乳輪を撫でる時は「くる くる」、爪で引っかく時は「カリカリ」と掛け声を出すオナサポ色の強い内容です。
おちんちんのように指でつまんでしごく変わったプレイも登場します。
他の2パートはおちんちんも責めますから、この3パートで少なくとも1回は射精できるでしょう。

続く4パート41分間はメスガキをわからせるプレイ。
トラック5(約10分)は手マンとSEX、トラック6(約8分)はスパンキング・アナル責め・アナルSEX
トラック7(約8分)はアナルSEXとSEX、トラック8(約15分)は手マン・耳舐め・騎乗位SEXをします。
SEXの体位はトラック8以外説明がありませんでした。

「な、何よこれ 手錠? なんでこんなもの いやっ! 触るなバカ犬!」
「おっ おっ おまんこにチンポ様きたぁ ご褒美チンポきたぁ」

彼女は自分がずっとご主人様でいられると思ってますから
彼の反撃を受けた直後はさすがに抵抗します。
しかしおまんこを指やおちんちんで責められたらあっさり陥落し、後になるほど媚びる態度を取ります。
作中にそういう説明はありませんが、たぶんおまんこがものすごく弱いのだと思います。

びっくりするほどスムーズに快楽堕ちするので凌辱色は薄いです。
そしてピストン開始後は状況に合わせて色んなタイプのオホ声を漏らします。
トラック5は吐息に混じって少し漏れる控えめなものだったのに
トラック6以降は吠えるオホ声を加えたり、通常の喘ぎ声と組み合わせて変化をつけます。
一部で「やっべ」と言いながらオホるシーンもありますし、オホ声作品に出てくる乱れ方を一通り網羅してます。

このへんは声優さんの力量やこだわりが強く出てると思います。
SEXやアナルSEXはほぼ効果音だけで表現してますから
彼女の反応や乱れっぷりのほうが印象に残るしエロく感じます。
体はすぐ堕ちますけど、心はパートが進むにつれて徐々に堕ちる流れにしてました。

実際に聴いた感想ですが、メスガキをわからせるセオリーを忠実になぞってて安定感があります。
前半は彼女がほぼ一方的に責めて生意気さを強調し
後半はSEXをメインに据えて彼女のオホ声やイキっぷりを楽しみます。
SM両方の属性を持ってますが、前半はあくまで後半を盛り上げるスパイスのような位置づけです。

キャラや演技がしっかりしてるし、わからせの要所もきちんと押さえてます。
しかし良くも悪くもテンプレの内容になっており、本作品独自の要素が欲しいように思えます。
水戸黄門などの時代劇に見られる「お約束」をどう捉えるかで評価が多少変わりそうです。
「質は高いけどもう少し個性が欲しい」というのが私の考えです。

このようにメスガキ、わからせ、オホ声を組み合わせたM~S向けのエッチが繰り広げられてます。
王道のわからせ&オホ声作品
わからせやオホ声に興味を持ってる人にこそおすすめしたい作品です。

リリスは自分より遥かに弱い(と思ってる)主人公を従順な家畜にしようと
生意気な態度で言葉責めを浴びせながらフェラや乳首責めで負け射精に追い込みます。
しかし彼が本気を出してSEXを始めるとすぐさま形勢逆転し
最後は「ご主人様」と呼んで奉仕する従順な態度を取ります。

責めるのは得意だけどものすごく打たれ弱いメスガキサキュバスが男性にわからされるシチュ
前半と後半で属性やプレイを大きく変える落差のあるエッチ
中盤以降のパートで漏らす多種多様かつ下品なオホ声。
同人音声界隈でこのところ流行ってる要素を無難に組み合わせてます。

中でも2番目は前半でひたすら挑発してから一気に堕とすキレのある展開になってます。
前半も十分エロいですけど、やはり抜きどころは後半かなぁと。
喘ぎ声の大部分がオホ声ですから好きかどうかで興奮度も変わります。
言葉責めの質が割と高かったので、わからせ無しでひたすら弄ぶ作品も後日出てくれることを期待してます。

射精シーンは8回。
喘ぎ声多め、淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなりです。

おまけはフリートークとえっちなおはようアラームです。

CV:兎月りりむ。さん
総時間 1:55:40(本編…1:39:06 おまけ…16:34)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2022年6月4日まで25%OFFの990円で販売されてます。



サークル「もぷもぷ実験室」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、男たちに近づいてお金と精液を搾り取ってる生意気なサキュバスが
その中の1人とエッチして従順な奴隷になります。

彼女にわからされる快感とわからせる快感を両方味わわせてくれるのが特徴で
序盤はサキュバスらしく彼を眠らせてから夢の中で存分に弄んでたのが
中盤以降はあるプレイをきっかけに彼へ逆らえなくなり
目の前でオナニーしたり絶頂を我慢しながら控えめなオホ声を多めに漏らします。
サキュバスとするわからせ勝負
サキュバスのラヴィと6種類のエッチをするお話。

「お兄さんがDMの人? きっも」
ラヴィはやや幼さを感じる可愛い声の女の子。
主人公と街中で会い、早速お金を受け取ると
ラブホへ移動し不思議そうな表情で部屋の中を見ます。

本作品はネット経由で食いついてきた男たちを下僕にしてる彼女が
「わからせおじさん」を名乗る彼とおよそ110分に渡るエッチをします。
彼女は腕力はないけど相手を眠らせる特殊能力が備わっており
彼に対してもそれを使って自分の領域へ連れて行きます。

「あ、よわよわ人間がぁ 睨んできてる こわぁい 立場のわからない人間こわぁい」
ロリ系の声で可愛く振る舞ってか弱さをアピールしたり
抵抗できない彼を「ざーこ」「よわよわ」と見下して煽るなど
メスガキから連想される生意気さやあざとさを見せるシーンが何度も出てきます。

圧倒的に有利な状況にあるから勝ち誇ってる感じですね。
プレイのほうも序盤に限って言えばM向けになってます。

しかし中盤以降は情勢がガラリと変わります。
おちんちんだけじゃなく精神も鍛えた彼が反撃に出て一発で彼女を堕とし
その後はオナニーを披露したりバイブをはめたまま耳舐めするといった屈辱的なプレイをさせます。
わからせる前が2パート、後は4パートあるのでどちらかと言えばS向けの内容です。

「ゆっくり ゆっくり おっ おぉっ だからっ お胸カリカリするな」
わからせが始まる頃から彼女がオホ声を漏らすようになるのもポイント。
「おほーっ」みたいに吠えるやつじゃなく「おぉぉぉ」と腹から絞り出す控えめなオホ声です。
一部で彼女が最大3人まで増えて同時に責めるパートもあったりと
メスガキ、サキュバス、わからせを柱に据えてエッチを組み立ててます。
落差の大きいエッチ
エッチシーンは6パート80分間。
プレイはオナホコキ、オナホオナニー、スパンキング、嘘喘ぎ、耳舐め、素股、SEX(正常位)、ラヴィのオナニー、キス、バイブ責めです。
オナホコキ、オナニー、スパンキング、素股、SEX、失禁、バイブ責めの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ほら見てぇ? 私の尻尾 変形して えっぐい形のオナホになっちゃった」
主人公を眠らせるフェロモンを発して夢の世界へ案内した後
ラヴィは体の動きを封じてからオナホ状の尻尾でおちんちんをじっくり責めます。

エッチはシーンによって攻守が入れ替わります。
最初の2パート28分間は彼女のメスガキっぷりが存分に発揮されてるプレイ。
「01. 腰へこオナホオナニーで悔しがり射精(約15分)」はシコシコボイスを流すオナホオナニー
「02★. 分身耳舐め嘘喘ぎセックスごっこ(約13分)」は彼女が3人に増えて
言葉責め、耳舐め、嘘喘ぎ、オナホコキを同時にやります。

「お前もうイキそうなの? さっこ ザコザコザコ スライムより弱いよお前」
彼女はサキュバスなだけあって男の弱点を突くのが上手く
オナホオナニーで早速射精しそうになる彼を露骨に見下して煽ります。
「お前の精液は20点だ」とも言いますし言葉責めにキレがあります。
シコシコボイスもシーンによって速度を変えててリードがしっかりしてました。

右「これ SEXでちゅよね だって今 ボクの精通前チンポ おまんこに突っ込んでるんでちゅよ」
エロさや濃さの面では02パートのほうが上です。
3人が別々に動くから声や音の密度が高く、赤ちゃん言葉に切り替えて見下してる感じを強化します。
嘘喘ぎもわざと笑い声を織り交ぜて演技でやってることをアピールします。
メスガキ特有の生意気さを感じる描写が色々あってキャラが活き活きしてました。

しかしそんな彼女の快進撃もあっさり終わりを迎えます。
続く4パート52分間は逆に彼が彼女をわからせるシーン。
「03. 逆転:告白強要分からせっくす(約14分)」は現実世界で素股とSEXして彼女の処女を奪い
「04. イキ我慢失敗で完全敗北 with ガニ股寸止めスローペースオナニー(約11分)」は
彼女が素直に敗北を認めてクリオナを披露します。
そして「05. 調教:表情抑制おま○こトレーニング(約14分)」と
「06★. 表情抑制分身オホイキメイド喫茶(約13分)」は再び夢の中でS向けのプレイをします。

「感じてない…から パンツの上から チンポ擦りつけられたくらいで 感じるわけない」
「もうお腹いっぱい お腹なでなで なでなで好き もっとなでなでして?」

03パートは立場逆転の要所ということで彼女の心情描写に力を入れてます。
素股してる時は露骨に抵抗する態度を見せてたのが
SEXに移ると一気に弱まりオホ声を漏らし始めます。
おちんちんで初めてを奪う展開も含めて、彼女を征服したことをわかりやすく表現してます。

そして04~06パートは堕ちっぷりに焦点を移したうえでサキュバスらしさを出します。
04と05は射精シーンがない代わりに彼女の乱れる様子を存分に味わえますし
06は再び3人体制でバイブ責め、両耳舐め、中出しSEXする濃いプレイが登場します。

「ご主人様 しゅき …あ やばっ やばいやばい 今堕ちかけてた」
私はこの中だと04パートが印象に残りました。
元の彼女と下僕になった彼女が混在しており、抵抗した結果負ける流れになってます。
タイトルの「強制純愛」はこのへんを指してるのでしょうね。
彼女が彼を好きになったのは間違いないけど、人間の男女が恋愛するのとは違う形になってます。

05と06は彼女が感情を抑制する命令を受けてるので
連続絶頂する展開でも反応は割と淡々としてます。
素の状態でこれをやったら聴き手に悲痛な印象を与えるからこうしたのかもしれません。
どちらも夢の中でやるため現実世界のエッチよりも内容がぶっ飛んでます。

このように、わからされる快感とわからせる快感を組み合わせたメリハリのあるエッチが繰り広げられてます。
キャラ&シチュ重視の作品
正反対の属性を繋ぎ合わせてひとつにしてるM~S向けの作品です。

ラヴィは援交相手の主人公を自分の精液奴隷にしようと
特殊能力を使って自分の世界へ連れていき、そこでM向けのエッチをして屈服させようとします。
しかし中盤以降は彼がわからせおじさんの本領を発揮し
逆に彼女を手懐けて屈辱的なプレイをいくつもやらせます。

男を露骨に見下してるメスガキサキュバスが男性をわからせようとして返り討ちに遭うシチュ
キレのある言葉責めをガンガンやりながら情けないプレイをする序盤シーン
現実世界でおちんちんに蹂躙され、その後も夢の中で彼女が何度も絶頂する中盤以降のシーン。
属性を絞り込むことが多い同人音声では珍しく正反対の要素を合わせ持ってます。

もぷもぷ実験室さんは過去にもこういう作品をいくつか制作されてるので
癖のある素材をきちんと料理し整合性のあるストーリーに仕上げてます。
序盤で彼女が典型的なメスガキムーブをかますからこそ
中盤以降でわからされても悲痛さより爽快感が湧いてきます。


痛みや苦しみを与えるプレイではないというのもありますね。
最初は抵抗してたのにどんどん彼を好きになる彼女の変化も面白いです。
オホ声は大げさな乱れ方をせず大人しい部類になってるのでそこだけご注意ください。

射精シーンは4回。
淫語・くちゅ音・喘ぎ声それなり、ちゅぱ音そこそこです。

おまけは「ふたなり化イキ我慢おち○ぽトレーニング」とフリートークです。

CV:兎月りりむ。さん
総時間 2:12:11(本編…1:49:23 おまけ…22:48)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年11月26日まで25%OFFの990円で販売されてます。



サークル「いちのや」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、性格や声質は違うけどどちらもエッチ大好きなJKたちが
街中で偶然見かけた男性に援交を持ち掛け返り討ちに遭います。

生意気な彼女たちを極太おちんちんでわからせるややS向けのエッチが魅力で
物語の序盤は童貞な彼をからかったり軽く見下してたのが
中盤以降はおちんちんの魅力にすっかりハマって媚びるような態度でご奉仕します。
童貞をおもちゃに遊ぶはずが…
JKの南あかり(挿し絵左)、北村瑠衣(挿し絵右)と4種類のエッチをするお話。

「お兄さん ねぇ ちょとそこの お兄さんってば」
瑠衣はクールで落ち着いた声の女の子。
「もしもーし 聞こえてない? てか 自分が呼ばれてるってわかってないのか」
あかりは明るくて可愛い声の女の子。
街中で見かけた主人公に声をかけると、彼がなかなか気づかないので首筋を軽く撫でます。

本作品は冴えない男をいじめるのにハマってる彼女たちが
その中の1人にあたる彼をラブホへ連れ込みおよそ90分に渡るエッチをします。
2人で2万円という良心的な金額を提示したり、プレイ中は気さくな態度で話すなど
援交にありがちなさばさばした様子はあまりなく、彼女たちもこの時間を楽しむ感じにリードします。

あかり「あはははは ラブホ初めてなうえに童貞とか うける」
瑠衣「パンツから飛び出る時 ちんちんぶるんって揺れて すっごい迫力」
最大の特徴はわからせ展開。
物語の序盤はメスガキらしい生意気な態度で接してたのが
中盤以降は彼の逞しすぎるおちんちんに圧倒されてむしろ媚びるようになります。

そしてSEXに入ると喘ぎ声をガンガン漏らしたり、おちんちんを2人で取り合うベタ惚れっぷりを見せます。

4パート中3パートで彼女たちが低姿勢になるので属性はややSがメインターゲットになります。
彼のほうから責めるシーンはありませんから凌辱色は一切ないです。
「チンポには勝てなかったよ…」をそのまま音声化してるややコミカルな展開になってます。
フィニッシュはきっちり中出しを決めますし、普通なら手の届かないJKをモノにする満足感も味わえます。

ちなみに本作品のエッチはプレイそのものよりも彼女たちの心情や反応を重視してまして
どのパートも一般的な18禁作品よりゆっくりペースで進めます。

例えば主人公とあかりが初めてSEXする04パート(約15分)は
騎乗位の体勢になってから素股を経由し挿入を始めるまで6分かけ
さらに挿入が3分、ピストンから射精までが6分とバランス型になってます。

実際に聴くとややテンポが悪くなってるので、サクッと抜きたい人にはあまり向きません。
でも作品の売りであるわからせ展開の描写はしっかりしてます。
そんなわけで私はボイスドラマと認識して聴いたほうが楽しめるだろうと見てます。
良し悪しではなく力を入れてる部分が抜き系の作品とは違うという意味です。
おちんちんで蹂躙するエッチ
エッチシーンは2パート72分間。
プレイはキス、耳舐め、乳首責め、手コキ、フェラ、素股、SEX(騎乗位)です。
手コキ、素股、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

あかり「じゃ 私たち2人で お兄さん気持ちよくしたげますか」
よく利用してるラブホへ主人公を案内したあかりと瑠衣は
ひとまずキスや耳舐めをしておちんちんを元気にします。

エッチは経験豊富な2人が童貞な彼をリードします。
前半の2パート42分間は本作品の持ち味となる立場逆転がわかりやすく表現されてるシーン。
「02ダブル耳舐めで勃起我慢できるかな~?(約19分)」はキスと耳舐め
「03極太凶悪ちん●をダブルフェラ♪(約23分)」は手コキとフェラで1回目の射精に導きます。

瑠衣「お兄さんは 私たちのおもちゃになるんだから 遊ばれたいんだもんね 遊ばれて興奮する マゾの童貞さん」
02パートは2人がまだ彼のおちんちんを見てないのでメスガキムーブをかまします。
SEXどころかキスすらしたことがないことを知ると遠慮なく笑い飛ばし
エッチ開始後は小馬鹿にしたり見下す言葉責めを投げかけます。
どのパートもあかりが左、瑠衣は右に陣取って責めることも含めてエッチ慣れしてる印象を受けます。

彼女たちの魅力を出すためでしょうけど、ちゅぱ音よりもセリフのほうを多くしてました。
耳舐めは外側を舐めたり吸ったりする割とスタンダードなものです。
今後との落差を大きくするためにこういう構成にしたのかもしれませんね。

瑠衣「お兄さん このちんちんに限って言えば 欠点ないんじゃない?」
そして03パートは2人の態度が大きく変わる分岐点になります。
少し触っただけで明らかに巨大なことを察知し
ズボンとパンツを脱がせた後はうっとりするようなメスの顔を見せ始めます。
つい先ほどまで彼を貶してたのが急に褒め称えるなど思いっきり手のひらを返してきます。
普通の男性の2倍くらいあると言ってましたから圧倒されるのも頷けます。

フェラについては約8分とそこまで長くありませんけど
02パートに比べればちゅぱ音の量が増えてエロさが増してます。
片方が咥え込む、もう片方は竿を舐めると手分けして責める感じにしてました。
息遣いが明らかに熱っぽくなってて彼女たちも興奮してるのがわかります。

後半の2パート30分間はSEXシーン。
「04小悪魔生意気JKあかりのガチ喘ぎチ●負け即落ちセックス(約15分)」はあかり
「05クール清楚JK瑠衣のアヘ声淫乱セックス(約15分)」は瑠衣と騎乗位で生ハメ&中出しします。

あかり「てかこうしてみるとやっぱすごいね このチンポのサイズ 今からこれ入れちゃうのか やっぱドキドキする」
そしてここからは彼に対する言葉責めはほぼなくなり
代わりに彼女たちの心情や反応を描写することに力を入れます。
おちんちんを間近で見てドキドキする様子、まだ半分しか挿入できてないことに驚く様子
普段とはまるで違うエロ可愛い喘ぎ声を惜しみなく漏らす様子など
序盤で見せてた生意気な顔はすっかりなくなり、おちんちんに屈服する情けない姿を晒します。

それでいて彼女たちがまったく嫌がらないのが良いですね。
悔しさよりもおちんちんがくれる快楽のほうが遥かに勝ってるのだと思います。
実際のところ2人ともここで漏らす喘ぎ声はなかなか激しいです。

瑠衣「お兄さん 好き SEX好きぃ」
私はどちらかと言えば05パートのほうが抜きやすく感じました。
04パートとは違ってプレイ時間がまるまるSEXに割いてありますし
彼女たちの媚びっぷりもエスカレートして満足感も得られます。
普段クールな瑠衣がストレートな愛の言葉を投げかけるあたりはギャップがあってすごく良いなと。
喘ぎ声はアヘ声ではなく声を震わせる感じの乱れ方をしてました。

このように、彼女たちの変化する様子に光を当ててるわからせ系のエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視のボイスドラマ
メスガキJKたちが自分からおちんちんの虜になるややS向けの作品です。

あかりと瑠衣は街中で偶然見かけた主人公をおもちゃにして遊ぼうと
安めの金額で援交を持ち掛け、ラブホへ移動した後は軽めのプレイでからかいます。
しかし彼のおちんちんが並外れて逞しいことを知ると態度を一変させ
自分から媚びる姿勢でそれを取り合い、SEX中は激しく乱れて気持ちいいことをアピールします。

タイプの違う2人のJKが冴えない童貞を弄ぼうとして返り討ちに遭うシチュ
序盤は彼女たちの生意気さを前面に押し出しながらややM向けの言葉責めをし
中盤以降は心情描写や反応を厚めに描いて立場逆転を鮮明にする落差の大きいエッチ。
タイトル通りメスガキをわからせる爽快感がしっかり味わえるように作品を組み立ててます。

エッチがスローペースなせいで興奮をやや維持しにくいところもありますが
テーマ性はしっかり出てるし彼女たちの変化もわかりやすくなってます。
プレイよりもキャラを楽しむことに力を入れてる作品かなと。
ストレートに抜かせるタイプの作品とは違うので、そのへんを理解したうえでお聴きください。

射精シーンは3回。
淫語それなり、くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声そこそこです。

おまけは「凶悪ちん●の虜になった援交JKからのセックスお誘い」です。

CV:南あかり…一之瀬りとさん 北村 瑠衣…来夢ふらんさん
総時間 1:45:54(本編…1:37:26 おまけ…8:28)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります


追記
2021年10月5日まで20%OFFの1232円で販売されてます(DLsite)。



サークル「必殺!スーパー筋肉もりもりパンチ」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、声と態度は甘いけど性格はドスケベなお姉さんが
街中で偶然会った男性とホテルで熱い一夜を過ごします。

前半は彼女が、後半は彼が主導権を握る逆転シチュが魅力で
最初は年上らしく穏やかな態度で彼をねっとり責めてたのが
ある言葉をきっかけに反撃され、やがておちんちんに蹂躙される状況に喜びを感じるようになります。
淫乱お姉さんをおちんちんで撃退
OLのお姉さんとビジネスホテルでエッチするお話。

お姉さんは甘く穏やかな声の女性。
酔いつぶれて寝てる主人公の右耳を早速舐め始めると
目覚めた彼にキスしてからこうなった経緯を教えます。

本作品はOLをしながら時折若い男を引っ掛けSEXしてる肉食系な彼女が
その1人にあたる彼とおよそ60分に渡ってエッチします。
彼は酔ってたせいでホテルへ着くまでの記憶がまったくなく
最初は突然の展開に戸惑いを見せながら彼女に責められっぱなしの状況になります。

慣れた様子でキスや耳舐めを小まめにやったり
ストレートにエッチしたいことを告げてやる気満々なことを教えるなど
近所のお姉さんっぽい甘さと淫乱さを兼ね備えたリードで彼を上手に突き崩します。
弱みを握る、お金を取るといった悪女なところもなく純粋にエッチを楽しむことを目的にしてます。

しかし彼も男ですからやられっぱなしで終わる気はありません。
物語の中盤から攻勢に転じ、彼女をガンガン喘がせて主導権をもぎ取ります。
彼女も踏ん張りますがおちんちんの強さに屈服し、むしろその状況を喜ぶようになります。
この立場逆転シチュこそが本作品一番の聴きどころです。

こういう展開の作品はメスガキをヒロインにすることが多いのですが
本作品は作者さんの好みなのか敢えて年上キャラを採用してます。
一部でやや強引なところがある以外は割とスムーズに逆転するので凌辱色は薄いです。
属性はややSな人が最も楽しめると思います。
わからされる快感とわからせる快感
エッチシーンは4パート51分間。
プレイは耳舐め、キス、ちん嗅ぎ、フェラ、玉舐め、イラマチオ、SEX(バック、騎乗位)です。
SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

主人公に事情を説明してからエッチを持ち掛けたお姉さんは
彼の耳や唇をゆっくり舐めてまずはおちんちんを元気にします。

エッチは前半と後半で攻守を入れ替えながら進めます。
最初の2パート25分間は彼女が彼を弄ぶシーン。
「1.『あっ、やっぱり起きてたぁ♪』(約5分)」は耳舐めとキス
「2.『お姉さん、君のおちんぽにキスしてもいいかなあ……♪』(約20分)」は
キス、ちん嗅ぎ、フェラ、イラマチオと口を使ったプレイで責め続けます。

彼女は彼よりも経験豊富ですから巧みな責めで主導権を握ります。
最初のパートはおちんちんに一切触れない代わりに質感がリアルなちゅぱ音を小まめに鳴らし
さらに「おちんぽ」とやや下品な淫語も言って男心をくすぐります。
声や態度は普段と一緒ですが、言葉と行為の端々から大人の女性らしい妖艶さが漂ってます。

2番目のパートは彼女のドスケベさが光ります。
パンツ→直接の順に鼻を鳴らしておちんちんの匂いを堪能したり
フェラは声のイメージと随分違うパワフルなちゅぱ音を積極的に鳴らします。
本作品はシームレスに進めることを心がけてますから、ここは突然の展開に驚くのではないでしょうか。
「ずびびっ」みたいな音を鳴らしながらピストンとバキューム主体の責めで一気に追い込みます。

続く2パート26分間は彼のターン。
「3.『バックはダメなんだっ、てぇ……♪』(約12分)」はバック
「4.『今度はお姉さんがぁ、動いてあげるね♪』(約14分)」は騎乗位SEXで彼女をわからせます。

普段責めることが多い人ほど責められた時は脆さを見せます。
彼女もその例に漏れず、彼の突然の反撃に戸惑ったり軽く嫌がる仕草を見せます。
3番目のパートはキスを経由してからすぐさま生で挿入し
休憩を挟みながら彼女が3回絶頂するまでピストンを続けるなかなかハードな内容です。
ピストンは「ぱちゅん」という弾力のある水音をリズミカルに鳴らします。

言葉で嫌がる素振りを見せますけど、本気で怒ったり逃げようとすることはありません。
それどころか気持ちいいことを素直に認める可愛い姿を見せてくれます。
こうやって責められる展開も悪くないと思ったのかもしれませんね。

4番目のパートもこの路線を継続します。
体位は騎乗位で彼女が責めてるように見えるけど、彼が下から突き上げて思いっきり乱れさせます。
彼女がまったく嫌がらないところを見ると彼の希望を受け入れたのだと思います。
「好き」など愛の言葉を言ったり、パート終盤に2人一緒の絶頂を迎えるなど
攻守が入れ替わった後も甘さ、エロさ、一体感のあるプレイに仕上がってます。

どちらのパートも彼女の心情や乱れっぷりを厚く描いてるおかげで
同じSEXでも聴いた時の感触がそれぞれで違います。
3番目はややS向け、4番目はほぼノーマル向けの内容です。

このように、本作品の売りである立場逆転をわかりやすく表現した甘く激しいエッチが繰り広げられてます。
明るいわからせ作品
淫乱なお姉さんとエッチに対戦しておちんちんでやっつけるややS向けの作品です。

お姉さんは街中で偶然見かけた主人公の体を存分に味わおうと
ビジホで耳、唇、おちんちんをねっとり責めて彼の心身をとろかせます。
しかし中盤以降は覚醒した彼にぐいぐい押され、最後はおちんちんで蹂躙されることを喜ぶようになります。

穏やかでエッチ大好きなお姉さんが年下の男性を誘惑し返り討ちに遭うシチュ
口を使ったプレイをやりながら焦らし気味に責める前半シーン
彼の荒々しい責めに最初は戸惑ってたのが徐々に快感へと変わる後半シーン。
年上の女性を負かしたうえで後味もスッキリするように作品を組み立ててます。

中でも3番目は割と突然始まりますから聴いてる側も驚きを感じます。
いきなり快楽堕ちするのではなく、最初は抵抗する姿勢を見せてたのが
だんだんとこの状況を受け入れるようになるあたりが自然で良いです。
これのおかげで後半シーンは彼女の喘ぎ声を固めて聴くことができます。

あとは総時間がそこまで長くないことを踏まえて前置きを短くしたり
キスを挟みながら会話するなどエッチ以外の要素をできるだけ削いだ作りになってます。
サークルさんが音声作品を作るのは今回が初めてですが
中の人が音声のヘビーユーザーなのでどうやったら聴き手が楽しめるか、抜けるかを考えて制作されてます。

射精シーンは3回。
淫語とちゅぱ音それなり、くちゅ音と喘ぎ声そこそこです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:高梨はなみさん
総時間 1:06:40

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2021年10月2日まで15%OFFの748円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。



サークル「もぷもぷ実験室」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、資産家の娘で世間を舐めきってるメスガキJKが
学校の教師をしてる男性をおもちゃにしようとして返り討ちに遭います。

わからせる前と後で彼女の態度や反応が大きく変わるのが特徴で
序盤は彼を見下しながら屈辱的な命令を出すメスガキムーブをかましてたのが
中盤で中出しされると一気に立場が逆転し、アヘ声やオホ声を漏らす情けない姿を晒します。
暗さや重さをかなり和らげてありますから、年下の女の子をわからせる満足感を味わいながら抜けるでしょう。
生意気なメスガキをおちんちんで教育
メスガキちゃんと5種類のエッチをするお話。

「あ、はじめまして …って あれ? 先生」
メスガキちゃんはやや幼さを感じる可愛い声の女の子。
休日に家庭教師のアルバイトをしに来た主人公を見て軽く見下すと
授業をサボると言ってから不服そうな顔をする彼に別の勉強を提案します。

本作品は裕福な家に生まれて世間の厳しさを一切知らない彼女が
同じ学校の教師で童貞な彼とおよそ90分に渡るエッチをします。
彼が自分の家庭教師で弱い立場にいることを利用し
序盤から中盤にかけてはメスガキ特有の生意気な態度を取ってしきりに挑発します。

「ほら 見て 今日もミニスカ 穿いてるよ? ここは学校じゃないから いくらでも見ていいんだよ?」
彼が授業しようとしてもまるで取り合わなかったり
太ももやパンツをちらつかせてからお預けを食らわせるなど
こちらを見下す、小馬鹿にするシーンがいくつもあります。
彼がまったく抵抗しないのを見て「ざーこ」と言いますしまさにやりたい放題です。

しかし彼女には「おまんこがものすごく弱い」という致命的な弱点があります。
そのため中盤から始まるSEXシーンでは普段と違う無様な姿を晒します。

「無理っ むりむりむりイクイクイグぅっ」
おちんちんを挿入された途端に早口で「無理」「イク」といった弱音を吐き始め
ピストンやおまんこへの責めが強くなるにつれてアヘ声やオホ声を漏らすようになります。
彼女の堕ちっぷりをわかりやすく表現するために喘ぎ声の量を多めに設定し
さらに状況に応じて方向性や激しさを変える工夫がされてます。

普段との違いを鮮明にすることも含めて「ギャップ」を大きなテーマに掲げてます。

一部でやや強引に責めたり痛みを与えることもありますけど
拷問ではなく快楽堕ちっぽい展開になってるので暗さや重さはそれほどありません。
終盤になるとすっかり従順な態度を取りますし、きちんと抜けるように仕上げてます。
わからされる快感とわからせる快感
エッチシーンは5パート81分間。
プレイはパンチラ、記念撮影、オナニー、太ももコキ、手コキ、嘘喘ぎ、素股、スパンキング、SEX(立ちバック)、ローター/バイブ責め、メスガキちゃんのオナニーです。
パンチラ、記念撮影、太ももコキ、手コキ、素股、スパンキング、SEX、ローター/バイブ責め、オナニーの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ちらっ パンツチラ見せしたらまた膨らんだ 最低」
パンツをチラ見せして主人公の反応を楽しんでたメスガキちゃんは
彼がすっかり興奮してるのを見てその場でオナニーするよう命令します。

エッチはシーンによって責め手が大きく変わります。
最初の2パート27分間は彼女のメスガキっぷりを前面に押し出したM向けのプレイ。
「01. 煽り散らかしオナニー観察(約13分)」は公開オナニーや記念撮影で彼の弱みを握り
「02. 分からせごっこ(約14分)」は太ももコキや嘘喘ぎでわからされたフリをします。

「きっと今 妄想の中でエッチなことさせられて わからせられちゃってるぅ ふふっ ざーこ」
ここの彼女はメスガキのイメージ通りガンガン煽ってきます。
おちんちんを丸出しにしてオナニーする姿を小馬鹿にしながら録画したり
射精しそうになったら「早漏」と言って寸止めを何度もさせます。
事後の態度も容赦ないですし、後で逆転するとはとても思えないほど彼を存分に弄びます。

02パートは調子に乗ってる彼女の心情がわかりやすく描かれてます。
自分から敢えて受けに回ってわからせるチャンスを作り
さらに演技で喘ぎ声を漏らしてみせて屈辱感を上手に膨らませます。

「あぁ あんっ にっちゅにっちゅって すごぉーい」
セリフだけを見ると割かし甘く感じるのですが
彼女は自分が彼より上なことを至るところで誇示して敵わないことを印象付けます。
「へたくそ」とストレートに言うシーンもあったりと
言葉と行為の両方から彼が絶対に反抗しないと思い込んでるのが窺えます。

この2パートは王道のメスガキプレイなのでM性が高い人ほど抜けるでしょう。
どちらも要所を押さえてあって彼女の生意気さが際立ってます。

続く3パート54分間はわからせる快感を存分に味わえるシーン。
「03. 逆転:告白強要せっくす(約16分)」はスパンキングを交えた生ハメ&中出しSEX
「04. 純愛らぶらぶおま〇こ調教(約18分)」は彼女のオナニー&寸止め鑑賞
「05. 純愛いちゃらぶ(?)せっくす(約20分)」はSEX&おもちゃ責め放置とプレイ構成が大幅に変わります。

「感じてないっ 初めてなのに 感じるわけないじゃん んっ あっ あっ いっ いっ」
そしてここからは彼女が情けない、弱々しい姿を色んなところで見せます。
SEX開始直後は普段よりも焦った表情で拒絶してたのが
ピストンをある程度続けると口で強がりながらアヘ声交じりの喘ぎ声を漏らします。

頭ではわかってるんだけど気持ち良すぎて抵抗できない感じです。
スパンキングを受けて感じるところを見ると結構Mなのかもしれません。
フィニッシュはきっちり中出しを決めますし、生意気なメスガキを征服するSの快感を満たしてくれます。
意外なほどあっさり堕ちるので無理矢理感は薄めでした。

個人的に一番エロいと感じたのは04パート。
すっかり従順になった彼女が別の日に目の前でガニ股クリオナを見せてくれます。

「ありがとうございます こんな気持ちいいオナニーを教えてくれて ありがとうございます…おぉっ」
これまでずっとタメ口だったのが丁寧語で話すようになり
最初はローター、少し経つと指で敏感な部分を激しく責めてオホ声を漏らします。
さっきはアヘ声、こっちはオホ声とプレイによって乱れ方を変えるところにこだわりを感じました。
全力のオナニーも見せてくれて女の子が乱れたり喘ぐ姿が好きな人ほど興奮できます。
オナニーした後はSEXで〆ますからこのパートだけで十分オカズになります。

このように、メスガキにわからされる快感とわからせる快感を両方味わえる独特なエッチが繰り広げられてます。
メスガキの魅力が詰まってる作品
メスガキとのエッチをふたつの視点から描いてるM~S向けの作品です。

メスガキちゃんは同じ学校で教師をしてる主人公を自分の下僕にしようと
まずは公開オナニーや嘘喘ぎ太ももコキで自分には勝てないことを思い知らせます。
しかし中盤に彼が実力行使するとあっさり堕ちておちんちんに何度も蹂躙されます。

メスガキのイメージ通りな女の子と立場逆転エッチをする変わったシチュ
彼を小馬鹿にしたり煽る要素が充実してる序盤シーン
喘ぎ声の量と種類を多めにして屈服してることをエロく描いた中盤以降のシーン。
メスガキの魅力を出すことを強く意識しながら作品を組み立ててます。

メスガキは去年あたりから音声では人気が出てるジャンルで
今のところ男性が終始弄ばれるM向けの作品が多いです。
でも本作品はそれをやってから一気にS向けへシフトするある意味欲張りな構成になってます。
両方で彼女がまったく違う反応や表情を見せてくれるのでキャラが活き活きしてました。

わからせるパートのほうが長いことから、どちらかと言えばSな人のほうが楽しめます。
アヘ声やオホ声といった通常よりも下品な乱れ方をしてくれてゾクゾクしました。
SEXで毎回中出しする展開も彼女を蹂躙する、屈服させる本作品の目的と合致してます。
彼女が泣き出したり絶望することはありませんから凌辱が苦手な人でも無理なく聴けるでしょう。

射精シーンは5回。
くちゅ音と喘ぎ声多め、淫語それなり、ちゅぱ音ごく僅かです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:兎月りりむ。さん
総時間 1:36:33

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2020年12月25日まで10%OFFの990円で販売されてます。



サークル「フラワー症候群」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、声はお淑やかだけど性格はドSなメイドが
ドMなご主人様に催眠を交えた恥ずかしいご奉仕をします。

催眠音声と同人音声の中間あたりの構成になってるのが最大の特徴で
催眠は深呼吸や脱力といったリラックスできる技法を二段構えで行い
エッチは催眠の要素を一気に薄めて彼を貶したり突き放す言葉責めをガンガンします。
ご主人様にする刺激的なご奉仕
メイドに催眠をかけられ2種類のエッチをするお話。

「あら、こんな時間にいかがいたしました? ご主人様」
メイドは丁寧語で話す穏やかな声のお姉さん。
音声を聴く際の環境や注意事項を説明すると
主人公に例のアレをして欲しいと言われてすぐさま了承します。

本作品は多くの人を従えながら内心支配されたがってる彼が
雇ってるメイドにおよそ70分の恥ずかしいサービスを受けます。
主従逆転をテーマにしてるので催眠とエッチでキャラが大きく変わり
特にエッチは彼を露骨に見下したりあざ笑う嗜虐的な態度を取ります。

「仕えてるメイドに命令されて くっさーいおちんぽとアナルを丸見えにさせて 腰振っちゃってるんですよ こんな姿 他の人に見せられませんよね?」
情けないポーズを取らせる、羞恥心を煽るセリフを復唱させる
M向けの言葉責めをガンガンするなど結構突き抜けた内容になってます。
よく笑ってるところを見ると彼女も結構楽しんでるのでしょう。
言葉責めが充実してるのでそういうプレイが好きな人ほど興奮できます。

その一方でエッチにおける催眠の要素は非常に少ないです。
ごく一部で感度を上げたりカウントを数えながら追い込むくらいで
一般的な催眠音声のように暗示を駆使して快感をコントロールすることはほぼありません。
実際に聴いてみると同人音声のエッチに近く感じるでしょう。

催眠については深呼吸や脱力といったリラックス系の技法を中心にしてます。
深呼吸→脱力→深呼吸→脱力と二段構えの作りになっており
深呼吸の時間を長めに取ってるおかげで意識のぼやけをそれなりに実感できます。
本作品の場合エッチが個性的なので催眠は割とシンプルにこなしてました。
心身をじっくり脱力する催眠
催眠はおよそ21分間。
横になって3分程度深呼吸を繰り返し
それからカウントに合わせて体→頭の順に脱力します。
頭の脱力をする時に目を閉じる指示が出るので、開始時は開けたまま聴くのだと思います。

「ぼーっとする 89 88 87 86 85…」
深呼吸は「吸ってー」「吐いてー」を小まめに言う
脱力はカウントの合間に軽めの暗示を入れるとリラックス重視で進めてました。
カウントを数えるほうを頑張っても脱力効果は薄いので
カウントの数か頻度を減らし、その分暗示を強化したほうがいいと思います。

他にもカウントの数え方がはきはきしてたりと
催眠をかけるにあたって適さない演技がちらほら見られました。
もっと声のトーンを下げ、ぼんやり話したほうが入りやすくなります。

目を閉じた後は改めて深呼吸と脱力をします。
前者は吸う、吐くの指示を出しながら暗示の量を多少増やし
後者は右腕→右足→左足→左腕と今度はパーツに分けて重さと心地よさを与えます。

「おもーく ふかーく 右腕から先が沈んでいく 気持ちよーく 抗えない」
1回目の深呼吸と脱力を終えた時点では「これちょっとやばいかなぁ」と思ってましたが
このシーンは暗示の量や入れ方が一気に改善されて安心して聴けました。
脱力を終えた後は彼女の声に対する集中力を高めるなど
この後から始まるエッチがスムーズに進められるよう準備してます。

催眠音声における基本的な技法を組み合わせたシンプルな催眠です。
聴き手をメイドの声の言いなりにすることを目的に
深呼吸→カウントを交えた弛緩法→2度目の深呼吸→分割弛緩法と
心身のリラックスに効く技法だけを採用し1回目と2回目でやり方を変えます。

全体的に暗示が弱いおかげでそれほど深いところまで入れませんでしたが
深呼吸によるリラックス感や意識のぼやけはそれなりにあって癒されます。
本作品のエッチは催眠をほとんど活用しないのでわざと浅めに調整したのかもしれません。
言葉責め重視のエッチ
エッチシーンは2パート38分間。
プレイはペットの宣誓、恥ずかしいポーズ、言葉責め、オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
途中で服を脱ぐ指示が出ます。

「十分催眠状態になったところで 次はご主人様の欲望を 素直に曝け出して差し上げますわ」
催眠を使って主人公を従順にしたメイドは
普段とは逆に彼のご主人様になって恥ずかしい指示を出します。

エッチは終始彼女がリードします。
最初の「Track4.ドライ(約25分)」は心への責めに特化してるパート。
脚を開いておちんちんを見せつけ、さらに舌を出したりお尻を振って彼女に媚びます。
そして彼女はきつめの言葉責めを投げかけてドライオーガズムに追い込みます。

「あなたはもう ご主人様という名の私のペット 私のげ・ぼ・く なんですわ あはははは」
最初に彼女のペットになる宣誓をして主従逆転を明確にしたり
その後は彼を露骨に見下し、突き放してM心をくすぐるなど
催眠パートとは随分違うドSなところを随所で見せます。
またパート後半に差し掛かると恥ずかしいセリフを言わせてさらに興奮を煽ります。

催眠に類することはほとんどしないので、催眠音声のエッチとしては正直イマイチです。
でも責めっぷり自体はしっかりしており同人音声として聴く分には楽しめます。

例えば「恥ずかしいセリフを言うほど幸福感が湧いてくる」とか
「彼女に見下されるほど体がゾクゾクする」といった暗示と組み合わせていれば
少なくとも今よりはずっと催眠音声らしいプレイになったでしょう。
軽く言っておしまいではなく、実際にそうなるよう入念に働きかけるのが大前提です。

もうひとつの「Track5.セルフ(約13分)」は射精を目指すパート。
おちんちんを好きなペースでしごかせながら引き続き言葉責めで応援します。

「普段はご立派でも 本性は罵られて興奮する変態マゾチンポだったなんて 軽蔑しますわ 気持ち悪い」
前のパートで散々貶されてもまったく反抗しない彼を見て味を占めたのでしょう。
以前よりも手厳しいセリフを繰り出して心を重点的に責め続けます。
オナニーに関する指示はほとんどしないのでオナサポとはちょっと違う感じです。
開始と射精のタイミングを設定し、直前にカウントを数える緩いリードをしてました。

このように、言葉責めを多めにやりながら2種類の絶頂をさせるM向けのエッチが繰り広げられてます。
個性はあるのだが…
催眠、エッチいずれも面白いところを持ってるのだけど
その噛み合わせに結構な難点がある作品です。

メイドは自分に支配されて屈辱的な絶頂をしたがってる主人公の願いを叶えようと
まずは催眠を通じて心身を脱力させながら、指示や言葉責めを素直に受け入れられる環境を作ります。
そしてエッチはご主人様になりきって容赦ない罵声を浴びせかけます。

礼儀正しくてSっ気の強いメイドがドMなご主人様を気持ちよく躾けるM向けのシチュ
深呼吸と脱力を別のやり方で2回ずつ行うリラックス重視の催眠
最初はドライ、次はウェットに向けて言葉責めで追い込む刺激的なエッチ。
催眠とエッチの属性をほぼ正反対にして主従逆転気分を味わわせます。

シーンごとに楽しむ分にはそこまで悪くない作品だと思います。
催眠は無理せず基本的な技法で揃えて癒しの感覚を得やすくしてますし
エッチも言葉責めを中心に据えて彼女のドSっぷりを鮮明にしてます。

でも催眠音声は催眠とエッチが相互に絡み合うことで初めて成り立ちます。
その観点から見ると残念ながら「良くない」と言わざるを得ません。
今の内容では両者が別々のサービスになってしまってます。

フラワー症候群さんはブランクがあるとはいえ活動歴は約4年
現時点の作品数は24本と十分な経験を積まれてるサークルさんです。
だからこそこういう基本的なところはしっかりクリアしててほしかったです。

絶頂シーンはドライ1回、ウェット1回。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:佐藤みるくさん
総時間 1:14:46

オススメ度
■■■■□□□□□□ 4点


体験版はこちらにあります

追記
11月23日まで58%OFFの550円で販売されてます(まとめ買いキャンペーン対象作品)。
その場合の点数は5点です。
キャンペーンについては以下のページをご覧ください。
DLsiteでジャンル限定まとめ買いキャンペーン開催中です(催眠音声編)

催眠音声ー淫らな性傀儡の黒魔術

サークル「暗中模索」さんの催眠音声作品(男女両用)。

今回紹介する作品は、黒魔術を研究してる妖しい雰囲気の女性が
自分とほぼ同じ容姿の傀儡人形と一緒にエッチな儀式をします。

2人が左右に寄り添い協力して進める双子形式が魅力で
催眠パートは特殊な楽器を流しながら短い間隔で声を左右に振り分け
エッチは相手する役とそれをサポートする役に分かれて何度も何度も絶頂させます。
人形を動かす源は…
黒魔女子(くろまじょこ)と性傀儡のレムに快楽責めされるお話。

「こんばんは お気づきになられましたね」
レムは淡々と話すややトーンの低い声の女の子。
「レム ありがと それじゃ 魔法陣の続き 代わってもらえるかしら?」
黒魔女子はレムよりも上品で穏やかな声の女性。
目覚めた主人公にレムのことを紹介すると
自分が扱ってる黒魔術の世界に興味があるか尋ねます。

本作品は「淫らな蜜の黒魔術」「淫らな従属の黒魔術」に続くシリーズ第3弾。
黒魔術を研究してる中二病っぽい性格の彼女が
レムの性エネルギーを補充するために70分程度のエッチな催眠をかけます。

魔法陣を組んだり、ちょっとした呪文を唱えるシーンがあるなど
黒魔術っぽさが出るようにちょっぴり怪しい雰囲気を出しながらお話を進めます。
世界観が一緒なだけでストーリーの繋がりはありませんから今作からでも大丈夫です。

頭が少しずつ重く 重たくなる 意識が鈍く 働かなくなる
そして彼女たちは音声の序盤から連携を取って様々なアプローチをかけます。
黒魔女子が左、レムは右に陣取り上のセリフのように文節単位で左右へ小まめに揺さぶったり
1人の時だとまず不可能な息もつかせぬ追い込み暗示を入れてスムーズに落します。

このシリーズで双子を扱うのは今作が初ですが
暗中模索さんは過去に「催眠音声魔界ステージ」という作品で同様のことをやられてまして
品質がかなり高かったのをよく覚えてます。

こちらもそれと同じ、あるいは超えるレベルに仕上がってますから
双子催眠をよく聴いてる人でも満足できると思います。
みもりあいのさんも他のサークルさんで双子を何度も演じられてて安定感があります。

主にエッチシーンで独自のアレンジを加えてるのもポイント。
パートごとに担当を変えながら片方は主人公を直接責め
もう片方はその様子を実況したり気持ちよくなる暗示を入れてサポートします。

通常の双子催眠は催眠パートに引き続き暗示責めすることが多いのですが
本作品ではわざと1人を催眠からやや離しエロさを出す役割を持たせます。

ちゅぱ音や効果音といったエロ要素を結構盛り込んであるおかげで
催眠音声の中では純粋に興奮しやすくなってます。
絶頂形式はドライですけど射精シーンがありますから、人によってはオナニーするのも有りだと思います。
不思議な音に意識を揺さぶられて
催眠は2パート13分間。
楽な姿勢で目を瞑り、まずは2人が言う真っ暗な世界をイメージします。
ここからは読みやすさを優先して交互に話す場合もすべて青字で表記します。

「意識がぐらりと揺らぐ 重さが強くのしかかる あなたの心が闇に落ちることを受け入れたことに気がつきましたか?」
そして彼女たちは早速黒魔術っぽさを出しながらテンポよく暗示を入れます。
「理性が闇に飲まれる」「心が闇に落ちる」など怪しさを感じる言い回しを多めに用意し
双子らしく声を小まめに振り分けて主に頭へ重さを伝えます。

それでいてあまり恐怖を感じないのは同時に心地よさも与えるからでしょう。
「逃げるなら今のうちですよ」と警告するなど、聴き手の抵抗を削ぐ配慮もきちんとされてます。
ネガティブな感情を抱かせたら催眠に入りにくくなりますし
そうならない範囲で黒魔術の要素を盛り込んでます。

催眠で面白いのが2番目の「誘導_闇の侵食」。
シンギングボールと呼ばれる変わった楽器の音をバックで流し
今度は「重い」「沈む」といった深化を促す暗示を厚めに入れて闇の世界へ引きずり込みます。

「あなたの意識の中に闇を流し込む音 意識の中を闇で埋め尽くす音 どんどん重くなる 重く鈍くなる」
シンギングボールは「フォンフォン」といううねりのある神秘的な音で、このパート中ほぼずっと流れます。
質感は振動があまりない音叉とでも言えばいいのでしょうか(体験版で視聴できます)。
初めて聴きましたが脳を軽く揺さぶられる感覚がして気持ちよかったです。
彼女たちも暗示に音を絡めて催眠に入りやすくしてます。

作品固有の要素を違和感なく組み合わせた質の高い催眠です。
レムに性エネルギーを搾取されやすい状態にすることを目的に
闇のイメージを絡めた重感操作→シンギングボールを鳴らしながらの深化と
黒魔術らしさを大事にしながらほぼ一直線に進みます。

13分の催眠誘導は1人の場合ですと結構厳しい部類にあたります。
しかし2人いれば時間内にできることがほぼ2倍になるので慌ただしさは特にありません。
イメージや音と暗示の組み合わせ方も上手であっさり入ることができました。
中でもシンギングボールは言葉とは別方向の心地よさを与えてくれます。

本作品はエッチの序盤も深化の役割を果たしてるので
この時点で多少かかりが悪かったとしても普通に楽しめると思います。
ちゃんと保険をかけてるところも古参サークルさんらしいなと。
初心者向けとは言いませんが大衆性の高い催眠だと私は見ています。
幅広さが光るエッチ
エッチシーンは3パート37分30秒間。
プレイはキス、SEX(騎乗位)、手マン、耳舐めです。

服を脱ぐ、手マン、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありませんが射精表現はあります。

レム「さぁ 今度は私と 共鳴しましょうね」
催眠を使って主人公を骨抜きにした黒魔女子とレムは
性エネルギーをいただく第一歩として濃厚なキスをします。

エッチはパートによって相手を変えながら女性側がリードします。
最初の2パート19分30秒間はレムが相手。
「口吸い」はキス、「膣吸い」は騎乗位SEXで合計3回絶頂させます。

黒魔女子「頭の奥が ぐらりと揺れる ゾクゾクとした快感が頭の奥に広がる」
そしてここからは2人がまったく異なる役割を持って動きます。
レムはエッチのパートナーなので主に中央からねっとりしたちゅぱ音を鳴らし
黒魔女子はその様子を眺めながら聴き手視点で快感を徐々に高めます。

「口吸い」は並行して脳がとろける感覚も与えてくれますから
催眠に深く入った時のドロドロした心地よさを感じる人がそれなりにいると思います。
頭に快感を集めてイかせるため脳イキに近い快感が味わえるでしょう。

「キスで頭の中を溶かされたように おまんこの中で おちんちん溶かされちゃうんですよ」
それに対して「膣吸い」はおまんこの温かさ、柔らかさ、気持ちよさなど
主におちんちんに襲ってくる快感を重点的に伝えます。
同じドライでもパートによって気持ちよくする部位が大きく違うのが
本作品のエッチにおける特徴のひとつです。

私が実際に聴いた時もそれを実感できました。
キスの時は勃起してましたけど脳内のほうがずっと気持ちよかったし
絶頂時も脳に電流が走ったような痺れがありました。
そしてSEXでは股間を中心に生暖かい快感が少しずつ湧いてきました。

ひとつの作品でイかせ方を変えてくるものはあまりないので
催眠に入れるけどドライは未経験な人が練習するのにいいかもしれません。
前々項の最後でも書いたようにエロ要素が充実していて興奮しやすいのも大きいです。

最後の「主従逆転セックス」はややS向けを意識したプレイ(約18分)。
エネルギーを無事補給し終えたレムが黒魔女子の服を脱がせ
自分と同じく騎乗位SEXで主人公のおちんちんを味わわせます。

黒魔女子「あ、当たってる 熱い…」
レム「ぬるぬる擦れて ひと突きするたびに強い快感が腰の奥に突き抜ける」
これまで主に暗示を担当してた黒魔女子のセリフと反応が一気に同人音声寄りになり
レムは催眠者に戻って彼女のおまんこの感覚を言葉で上手に伝えます。
レムが人形だからでしょうけど、「膣吸い」では喘ぎ声は特に漏らしませんでした。
しかしこちらでは熱っぽい吐息や囁きに近い声量控えめな喘ぎ声が頻繁に流れます。

時間が最も長いですし、個人的にはここが一番イキやすいんじゃないかと思います。
パート終盤の絶頂シーンが2分ほどあってタイミングを合わせやすいのもあります。
その中で1回絶頂してもいいし、慣れてる人なら連続絶頂もできる緩いスタイルです。

このように、パートごとに内容を変化させる充実したエッチが繰り広げられてます。
エロさ高めの双子作品
個性が強く品質も高い優れた作品です。

黒魔女子はレムのエネルギー源を主人公からいただこうと
2人で協力してまずは深い催眠状態に導きます。
そしてエッチはレムとのキス&SEX、黒魔女子とのSEXと個別に相手しドライに持っていきます。

怪しい雰囲気の女性とその性傀儡が男性を弄ぶややM向けのシチュ
双子形式と変わった音を組み合わせたコンパクトな催眠
パートナーと催眠者を役割分担し脳とおちんちんを気持ちよくするエッチ。
テーマの黒魔術を活かした独特なサービスが楽しめます。

中でもエッチはキスを起点にした脳イキ、SEXによるおちんちん絶頂と
通常のドライ系作品よりも幅広さを持たせ、かつどれも上手にこなしてて素晴らしいです。
双子形式のおかげで催眠に入る、漂う感覚も味わいやすいですし
作品を通じて催眠に関する色んな感覚を体験できるように作られてます。

前作「淫らな従属の黒魔術」はSMメインのマニアック路線に進んでたので
今作はどうかなぁと思ってたのですが予想以上に聴きやすくて安心しました。
やり方は特殊ですけどプレイは人間の男女がする一般的なもので揃えてます。

催眠は双子の扱い方が柔軟です。
基本形にあたる左右交互に語りかけるアプローチは主に催眠パートで使用し
エッチはそれを崩してエロくする独自の方針を取ってます。
催眠者が2人いれば片方がエッチに専念しても催眠を放棄せずに済むわけで
そういう利点を理解し効果的に使用するところに実力の高さを感じました。

絶頂シーンは4回。
くちゅ音それなり、淫語・ちゅぱ音・吐息・喘ぎ声そこそこです。

シリーズの特徴を維持したままさらに進化させてる作品です。

CV:男性向け…みもりあいのさん 女性向け…和水創太さん
総時間 男性向け…1:09:55 女性向け…1:08:14

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2019年8月26日まで20%OFFの864円で販売されてます。

今日からあなたはロボメイド?~お嬢様だった私が変態アンドロイドメイドの身体に閉じ込められる~

サークル「百合虎魂」さんの催眠音声作品(男女両用)。

今回紹介する作品は、お嬢様に特別な感情を抱いてるアンドロイドのメイドが
とある悩みを抱えてる彼女に催眠をかけて解決します。

お互いの心を入れ替えてからエッチする変わったシチュが描かれており
物語の開始時点から主人公をお嬢様に設定して女体化誘導を完全に省略し
エッチは乳首やおまんこをいじる指示を出しながらメイドになったことを実感させます。

メイド服を用意しておくとより楽しめるそうです(無しでも可)。
お嬢様に大人の女性の感覚を
アンドロイドメイドのみさきがエッチな催眠をかけるお話。

「おや? いかがされました? お嬢様」
みさきは丁寧な言葉遣いをするお淑やかな声のお姉さん。
お嬢様の顔色が悪いのを見てすぐさまソファに寝かせると
そのまま深呼吸を繰り返して落ち着かせます。

本作品はアンドロイドが人間のお世話をするのが当たり前になった未来の世界で
彼女が70分程度に渡る催眠とエッチで大人の体を疑似体験させます。
お嬢様はJKになってもお子ちゃま体型なことをとても悩んでおり
大きなおっぱいを持つみさきのことを羨ましく思ってました。
そこで催眠を使って願いを叶えてあげるというのが大まかなストーリーです。

冒頭でも書いたように本作品には男性キャラが一切登場しません。
主人公はお嬢様で、催眠をかけた後はみさきの体に入れ替わります。
女性でも聴けるようにわざわざこういう風にしたのでしょうけど
少なくとも私は男性向けとして聴く場合、超上級者向けの内容だと思います。

というのも催眠をかけた後のエッチシーンがオナニー主体になってまして
胸やおまんこをいじりながらその感覚を伝える流れで進めます。
私も「男性向けで出してるのだから大丈夫だろう」と思って聴いてみたら完全に女性寄りでびっくりしました。
声優さんが女性なことを除けばほぼ女性向けと言っていいくらいに尖らせてます。
お嬢様からメイドの体に
催眠はおよそ11分間。
事前に7分程度のやり取りを挟んでから横になって目を瞑り
まずは深呼吸しながら体を脱力させます。

「体から 力が抜けていく 手足が 重くなっていく」
「吸ってー」「吐いてー」と合図を出しながら
吐いた直後にのみリラックスする暗示を入れる堅実なアプローチがされてます。
セリフごとの間隔が長めに取ってあるおかげで雰囲気も落ち着いてます。

お次は自分の体が海に沈んでいく様子をイメージし
さらにその底にある扉を抜けてから自分の体がみさきになったことを実感します。

「0と1の数字に分解されて あなた自身が 海へと変わってゆく」
「遙か上空で 鳥のさえずる声 あなたの耳は 高性能な集音機能を持っている」

深化にあたるシーンが非常に短いことや
一部でよくわからないセリフが出てくるところは引っかかるものの
リラックスできた状況を引き継ぎ、入れ替わりへと繋げようとしてる意図が見られます。
入れ替わった後は大まかな容姿以外にアンドロイドっぽさを出すセリフもありました。

リラックスさせてからイメージを繋げて深化と入れ替わりをするコンパクトな催眠です。
聴き手の心をお嬢様からみさきに移すことを目的に
深呼吸しながらの脱力、海に沈むイメージを起点にした深化、そして変化後の描写と
要所をしっかり押さえてひとつの流れを作ってます。

全体の流れはそ良いと思うのですが、時間が極端に短いせいで品質が結構落ちてます。
特に深化以降は寝てるところへ突然海のイメージが出てきたり
海底に沈んだ先に扉があって、その先に元いた部屋が出てくるなど
聴いてて違和感を覚えるところがいくつもありました。

催眠は聴き手が催眠者の言葉を受け入れやすくなるように
言い回しを平易にしたり疑念を抱かせる要素を取り除きながら進めます。
この作品は女体化を省略してますから、男性に対しては尚更上手くやる必要があります。
僅か11分でこれらすべてをこなすのはほぼ不可能なので、もう10分くらい伸ばしたほうが良かったと思います。

私が聴いた時も少しリラックスできた程度でした。
以上のことから大変厳しい催眠と見ています。
愛する人に見られながら
エッチシーンは2パート32分間。
プレイは乳首オナニー、おまんこオナニー、キスです。

おまんこオナニーの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。
セルフはありです。
エッチの途中で服を脱ぐ指示が出ます。

「お嬢様 せっかくですから 私の体で 楽しんでいただいてもいいんですよ」
催眠を使ってお嬢様の心を自分と入れ替えたみさきは
大人の体を手に入れた彼女に胸やおまんこをいじる指示を出します。

エッチは新しくお嬢様になった彼女が見守る前でオナニーします。
最初の「2 あなたは今日からロボメイド」はオナニーに励むメインパート(約26分)。
大きくなった胸を揉むところから始まり乳首→おまんこと敏感な部分へ移ります。

「あなたはそのままゆっくりと 大きな胸を揉んでみる 手の中で 大きな胸が 形を変える ひりつくような快感が じんわり胸元に広がっていく」
そして彼女は実況しながら気持ちよくなる暗示を小まめに入れて臨場感を出します。
催眠パートは良くないと言いましたが、ここでの言い回しや実況と暗示の配分はよくできてました。
女性なら実際に体をいじれるので気持ちよくなれると思います。
逆に男性の場合はいじらずにイメージしたほうが疑念を抱かずに聴けるでしょう。

「さぁ みさき いつもみたいにオナニーしてみて」
後になるほどみさきがお嬢様っぽく振る舞うようになるのもポイント。
お嬢様のことを「みさき」と呼び、さらに命令することで入れ替わったことを実感させます。
2人が体を接触させることはほとんどありませんからシチュ重視のエッチですね。
言葉責めはしませんがオナニーを見られてることを時々意識させます。

次の「3 一番したいこと」はちょっぴり切なさを感じるパート(約6分)。
入れ替わった2人の心が体へ定着する前に、みさきがお嬢様へとあるお願いをします。
時間が短いですし絶頂シーンもありませんから内容はとてもマイルドです。
でもこれを最後に持ってきたのは2人の絆を描きたかったのだと思います。

このように、テーマの主従逆転を交えたセルフ系のエッチが繰り広げられてます。
シチュは面白いのだが
やってる事は個性的なのですが、その表現方法に首を捻るところがある作品です。

みさきは豊満な体に憧れてるお嬢様の願いを叶えようと
まずは催眠を通じてお互いの心を交換します。
そしてエッチは新しい体を自分でいじらせながらメイドになったことを自覚させます。

ほぼ人間と変わらない心と体を持つアンドロイドがお嬢様とエッチする百合シチュ
リラックスしてからイメージを繋げるシンプルな催眠
ご主人様の指示に従っておっぱいやおまんこをいじるシチュ重視のエッチ。
現在世に出てる他の女体化作品とは随分違った作りになってます。

言いたいことは色々あるのですが、やはり主人公が最初から女性なのはどうかと思います。
女体化催眠音声は技術を使って女性気分を疑似体験させるのが売りですから
それを省略するのは男性の聴き手に対して不親切と言わざるを得ません。
男女両用にしたいのなら男性用に女体化誘導パートを追加すればいいだけです。

あとは催眠の時間ですね。
11分でこれらすべてをこなすのは大手サークルさんでも厳しいんじゃないでしょうか。
百合虎魂さんは今年2月に処女作を出されたばかりの新規さんですから
サークルの威光(ブランド力)がまだあまりないことを考慮し、通常よりも入念にかけたほうがいいです。

「うちは催眠をちゃんとかけられるぞ」と最初の段階でアピールしておかないと
新作を出してもDL数が伸び悩む状況が続いてしまいます。
確かに今の有料作品は奇抜なものが多いですが、人気のあるものはすべて催眠がしっかりしてます。
エッチは百合という大きな特徴がありますから、催眠の質さえ上がればより良い作品が生まれると思います。

絶頂シーンは1回。
淫語とくちゅ音そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上のことから今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:水谷六花さん
総時間 1:10:06

オススメ度
■■■■□□□□□□ 4点


体験版はこちらにあります

追記
2019年9月17日まで50%OFFの594円で販売されてます。
その場合の点数は5点です。

女子校の人気女子たちのおち○ぽペットにされちゃうお話♪

サークル「ダチュラスクリプト」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、それぞれに違った魅力を持つ2人の生徒が
女子校内で唯一の男性教師をペットにしようと誘惑します。

彼を屈服させようとしたのが逆に屈服させられる展開が魅力で
どのパートも2人同時に責めながら最初はペットになるよう呼びかけてたのが
彼やおちんちんの魅力を知るにつれて自ら従うことに喜びを感じ始めます。
おちんちんを屈服させるつもりが
白川咲夜と久野美雪のおちんぽペットになるお話。

「こんにちは 先生 私は白川咲夜だよ」
咲夜はトーンが低く落ち着いた声の女の子。
「こんにちは 先生 私は久野美雪です」
美雪は上品でおっとりした声の女の子。
主人公を呼び出し自分たちのおちんぽペットになってほしいと言うと
早速勃起した彼のおちんちんを直に触って感触を確かめます。

本作品は文武両道な優等生の咲夜と母性溢れる学級委員長の美雪が
学校内でただ1人の男性をペットにしようと80分近くに渡る色んなエッチをします。
女性が2人いる状況を活かしてどのパートも咲夜が右、美雪は左に陣取り
耳やおちんちんを同時に、あるいは手分けして責める複数人プレイを主軸に置いて進めます。

両耳舐め、耳舐め+フェラ、キスしながらのSEXとエッチな音が複数同時に鳴るシーンが多く
バイノーラル録音も相まって彼女たちの近さや熱を感じながら聴くことができます。
ダチュラスクリプトさんは設立当初から複数人プレイの作品をよく制作されてるサークルさんですから
このシチュをどう扱えば抜きに繋がるかをよく心得てます。
同じ舐め系でも耳舐めとフェラではちゅぱ音の鳴らし方が随分違ったりと細かなところまで気を配ってます。

しかし本作品には同時責め以上に大きな魅力があります。
それは主人公と彼女たちの立場が後になるほど逆転することです。

美雪「おちんぽペットになって 私たちにその体を見せてもらいたいんです」
彼女たちはほぼ女性だけの世界で生活してることもあり
男性の生理やおちんちんのことをほとんど知りません。
だから学内で人気のある自分たちなら簡単に飼い慣らせるだろうとナメてかかります。
少なくとも音声開始直後は彼をやや下に置いて接します。

咲夜「先生のおちんぽを触ってるうちに おちんぽは可愛いだけじゃなくて 尊敬できる存在だって気づき始めたんだ」
しかし本物のおちんちんを味わうにつれてその魅力に取り憑かれ
ある程度経つと自分たちの考えが間違ってたことに気づき「おちんぽ様」と褒め称えるようになります。
そしておちんちんで責められ、精液で汚されることを心の底から喜びます。

ペットにしようと思ってたのが逆にペットにさせられてしまうわけです。
プレイスタイルが完全女性上位なので調教っぽさはほとんどありませんけど
女性に対する征服欲をくすぐる描写やセリフが多いことからややS~ノーマルな人に向いてます。
こちらをとことん持ち上げてくるのでいい気分に浸りながら聴けるでしょう。

タイプが異なる2人の女性が同時に責めるシチュと立場逆転をテーマにした展開。
順当に行けばM向けになるお話を敢えて逆方向にアレンジした風変わりな作品です。
心情変化を大事にした穏やかなエッチ
エッチシーンは6パート76分間。
プレイは手コキ、耳舐め、フェラ、SEX(騎乗位)、キス、アナル責め、乳揉み、飲尿です。
手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります。

咲夜「しょうがないから 私が君のチンポジを直してあげるよ」
主人公をペットにしようとその魅力をあれこれ話した咲夜と美雪は
おちんちんが勃起し始めてることに気づき今度は実践形式でアピールします。

エッチはどのパートも彼女たちが責め続けます。
一番最初の「先生をおち○ぽペットに勧誘しながら、手コキしてくる女子校生」は
当初の予定通り彼女たちが彼を誘惑するシーン(約11分)。
チンポジを直すフリをして咲夜が手コキを開始し、少し経つと美雪も続いて同時に弄びます。
そして中盤以降は両耳舐めも加えてペットの喜びを教えようとします。

美雪「私たちのペットになったら ペニスの先に紐をつけて お散歩させてあげますからね」」
この時点の彼女たちはおちんちんに興味があるだけで恋愛感情は一切ありません。
だからプレイ中に割り切ったことを言ったりペットになった後のことを話して上下関係を持たせます。
その一方で初めて見る/触れる男性のシンボルに驚いた表情を見せます。

主導権を握ろうと頑張ってるけど初めての体験に戸惑いを隠しきれない感じです。
育ちが良いのか乱暴な責めも特にしませんし、射精時にはぴゅっぴゅのセリフで応援してくれます。
強引に服従させるのではなく飴をあげてそうするところがお嬢様らしいなと。
本作品におけるペットは奴隷よりも愛玩動物に近い意味で使われてます。

続く2パート25分間は主従逆転のきっかけになるシーン。
初回のエッチでペットの契約を結べなかった2人が、実際にそうなったらどういう体験ができるか教えます。

美雪「もちろんいいですよ 私たちは先生をおちんぽペットにできるなら 何だってやってあげます」
咲夜「先生は王様みたいに 黙ってちんぽとお耳を差し出してればいいからね」
彼女たちはおちんちんに並々ならぬ興味を抱いたのでしょう。
彼が耳舐めフェラをして欲しいと言ったらすぐさま了承し、2人で手分けして熱心にご奉仕します。
そして彼のことを王様に例えて全部自分たちに任せて欲しいと言います。

もし彼女たちが本当に彼をペットにしたいのなら少なくともこういう展開にはならないはずです。
快楽を餌にして彼が屈服するよう仕向け、足やおまんこを舐めさせて自分が下になったことを思い知らせるでしょう。
あるいは女子生徒とエッチな関係を結んだ事実を弱みにするのも効果的です。
それなのに真逆の道を進むのが本作品の面白いところです。
世間知らずな女の子によくある駆け引きの不得手さを立場逆転に利用してます。

プレイのほうは2番目が耳舐めフェラ、3番目は耳舐め手コキと同時責めできるものを選んでます。
セリフが結構多いですけどちゅぱ音や効果音が途切れないよう交代で話す工夫がされてます。
ちなみにこれらはいずれも作中に2回同じことをするパートが用意されてます。
彼女たちの態度やセリフがかなり違うので、同じプレイでも違った印象を抱くと思います。

彼女たちの服従心が最もよく表れてるのが終盤の2パート26分間。
咲夜→美雪の順に騎乗位で繋がり処女と初中出しを主人公に捧げます。

咲夜「私が毎日何時間もトレーニングをしていたのは こうして先生のちんぽを喜ばせるためだったんだね」
このへんまで来ると2人ともおちんちんの完全な言いなり。
「宿直室でSEXしたい」と言われても怯むどころか喜んで受け入れ
自ら跨がり腰を沈めておちんちんを存分に味わいます。
そしてピストン中は彼やおちんちんのことを何度も褒めて心のほうも盛り上げます。

文字通りべた惚れって感じです。
最初から通しで聴くと彼女たちの様子が随分変わってるのがわかります。
彼がほぼ受け身に回るので無理矢理感もないですし、3人全員を傷つけずにペット化が完成してます。

パートごとの違いが出るよう2人の反応に大きな違いを出してるのもポイントです。
具体的には咲夜がクールな普段とは真逆の情けないアヘ声を上げ
美雪は妊娠を匂わせつつ中出しを何度もおねだりします。
前者は純粋なエロさやギャップ、後者はスリルや背徳感とそれぞれに異なる良さがあります。
でも心を許した相手にしかできない行為という点では共通してます。

世間知らずの女生徒たちが男性を飼いならそうとしてあっさり負ける。
登場人物の心情変化を描きながら同時責めする和やかなエッチが繰り広げられてます。
優越感に浸れる作品
暗さや凄惨さをまったく出さずに立場逆転を成立させてる面白い作品です。

咲夜と美雪は自分たちがまだ一度も触れたことのないおちんちんをモノにしようと
主人公を呼び出し事情を説明してから実際にいじってペットになるよう迫ります。
しかしある程度経つとおちんちんに屈服させられることに喜びを感じ始めます。

2人の女の子が左右に寄り添い耳とおちんちんを同時に責める濃い作り
ペットになるメリットを教えながら彼が望むことをしてあげる甘やかし系のリード
後になるほど進んで彼を持ち上げ自分を下に置く彼女たちのキャラ。
女性に弄ばれることが多い同人音声では異色のサービスが楽しめます。

美雪「私たちが愛を込めて 毎日性欲処理をして差し上げます」
彼女たちにおちんちんをお世話され続ける事実だけを見れば間違いなくペット化です。
でもそこに至る道筋や彼女たちの態度がとても柔らかく、調教とは明らかに違います。
エッチもご奉仕色が強いですし女性に大事にされるシチュが好きな人ほど満足できます。
あげられるものは何でもあげるとことん甘いご主人様です。

エッチは複数人プレイの売りである役割分担や同時責めがしっかりしてて安定感があります。
終盤のパートにアナル責めと飲尿がありますけど時間が短く描写もソフトです。
他のプレイのついでにちょろっとやる感じですからそっちの嗜好がなくても問題なく聴けるでしょう。
彼に身も心も捧げてることをわかりやすく表現するためのスパイスとして取り入れてます。

射精シーンは6回。
ちゅぱ音多め、淫語・くちゅ音・喘ぎ声それなりです。

おまけは「赤ちゃんおち○ぽへの甘やかし耳舐め」です。

CV:そらまめ。さん
総時間 1:45:42(本編…1:42:19 おまけ…3:23)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2019年1月4日まで20%OFFの800円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。

↑このページのトップヘ