同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:offtonton

   ● 生徒紙導
   ● 積み木遊び ver1.3(再レビュー)


off ton tonさんで公開されてる無料の催眠音声作品(男女両用)。

今回紹介する作品は、上品でちょっぴりSなところもある生徒指導の先生が
生徒手帳をなくした生徒に催眠を交えた気持ちいい指導をします。

作品固有の要素を上手に組み合わせた斬新なサービスが行われており
催眠を通じてストレス解消させながら彼女の言うことに従える心を養い
エッチは彼の体を生徒手帳に見立て、それを撫でたり破ったりして心地よさと性的快感を与えます。
女教師がする気持ちいい生徒指導
国語の先生が生徒にちょっぴりエッチな催眠をかけるお話。

「あぁ こっちよ こっち」
先生は上品で穏やかな声のお姉さん。
生徒指導室に呼ばれてやって来た主人公に挨拶すると
新しい生徒手帳を渡す前に催眠を使ったカウンセリングをします。

本作品は生徒指導担当として生徒たちのサポートに励んでる彼女が
手帳を渡すついでにお疲れ気味な彼へ60分程度に渡る変わった催眠をかけます。
教師と生徒の間柄なので直接肌を重ねることはないものの
作品固有の要素を組み合わせて少しずつドライオーガズムに導きます。

サークル主の麓さんはこれまで「積み木遊び ver1.3」などフリーの台本を読む活動されてきました。
しかし今回は台本制作にも挑戦されてます。
女性だからでしょうけど基本的には優しいリードを心がけ
男女両方が楽しめるよう性差を感じさせない言い回しを心がけてます。

最初から言ってしまうと内容が奇抜ですごく面白いです。
タイトルをわざわざ生徒「紙」導にしてる理由も音声を聴けばちゃんとわかります。

「あなたの溜まったストレス 解消してあげる」
テーマはもちろん生徒指導。
生徒手帳をなくしたことに対しては特に怒ったりせず、彼の心を軽くする方針で進めます。
雰囲気を出すためでしょうがストレートに催眠をかけることはなく
カウンセリングをする中に技術を込めるストーリー仕立てになってます。

リラックスと信頼関係の構築に力を入れてますから
聴いてれば自然と彼女の言葉を受け入れやすくなるでしょう。
そしてエッチの時は催眠音声ならではの不思議な快感が味わえます。
催眠も十分個性的ですが、それ以上にエッチで攻めたプレイをしてくれます。
校則を使って拘束する催眠
催眠はおよそ28分間。
生徒指導室の前で先生と出会い軽く雑談した後、主人公が緊張気味なのでひとまず深呼吸します。
そして中に入ったら部屋の電気を消し彼女の指導に集中できる環境を整えます。
聴いた限りだと姿勢は寝るのではなく座ることを想定してるようです。

「部屋の真ん中には 黒い皮の1人掛けソファが2脚と 2人掛けソファが1脚」
深呼吸は合図を出しながら軽めの暗示を入れるシンプルなものですが
その直後の部屋へ入るシーンで中の様子を事細かに語ります。
生徒指導室は教室と違ってみんなが入ったことのある場所ではありませんから
イメージしやすいように内装やそこに置かれてるものまで丁寧に教えてくれます。

「明かりが消える 暗くなる あなたと私の輪郭が 暗闇に溶けていく 心地いい」
次の明かりを消すシーンは10個あるそれを1個ずつ消していくカウントダウン方式。
1回ごとに心地よさを感じる暗示を入れ、さらに「カチッ」という効果音も鳴らします。
本作品はこの後のエッチシーンでも音を起点に感覚をコントロールします。
所謂音モノにあたりますからそれが好きな人ほど楽しめるでしょう。

お次はこれから渡す新しい生徒手帳に書かれてることを彼女がひとつずつ読み
そのすべてに同じ返事をするように言われます。

「あなたは私に拘束されて 視姦されると どんどん崩れた表情をしていくの 〇〇?」
最初は割と普通の内容だったのがどんどんエスカレートし
最後のほうには彼女と一時的に主従関係を結びます。
校則を通じて彼を拘束するところが面白いなと。
こちらが受け入れやすく感じる言い回しを心がけて柔らかさを出してます。

生徒指導する様子に色んな技術を盛り込んだ流れのある催眠です。
聴き手を先生の言いなりにするのを目的に、部屋へ入る前に軽い深呼吸でリラックスさせ
それからカウントとスイッチの音を交えて心身の脱力を促します。
そして最後は彼女の言うことに答える形で暗示を入れます(イエスセット)。

聴く前は処女作だから手堅い技術を行使するのだろうと思ってたのですが
実際はテーマの生徒指導に合わせてアレンジしたり
メインの暗示を現代催眠のやり方で入れる凝ったものになってます。
音モノなので初心者向けではありませんけど、ある程度慣れてる人なら心地よさを感じるでしょう。
紙を撫でられ、破られる快感
エッチシーンは19分間。
プレイは生徒手帳を撫でる/破る、カウントによる絶頂です。

撫でる、破る際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンはありません)。
セルフはありません。

「私はあなたに直接触れてはあげない でもあなたは私に触れられていないのに あなたの生徒手帳に触れられると あなたが直接触れられたように 気持ちよくなっちゃうの」
催眠を使って主人公を従順にした先生は
自分が手に持ってる生徒手帳を彼の体に見立てて撫でたり破ったりします。

エッチは体に直接触れず生徒手帳を使って気持ちよくします。
最初の8分間は絶頂に向けて快感を高めるシーン。
「しゅーっ」という摩擦音を間隔を変えながら鳴らし
それに合わせて気持ちよくなる暗示を入れて彼の体と生徒手帳をリンクさせます。

「手帳につーっと手のひらが触れる 頭が撫でられる感触 気持ちいい」
生徒指導と聞くとM寄りな印象を受ける人もいるでしょうけど
エッチに入っても彼女はいつもと同じく穏やかな態度で接します。
頭を撫でながら「いい子 いい子」と言う姿に優しさを感じました。
効果音が鳴る頻度も比較的高く、音で気持ちよくする形ができてます。

残りの11分間はドライオーガズムへ追い込むシーン。
これまでとは違い「ビリッ」という紙を破る音を鳴らして快感を膨らませます。

「手帳が破かれる ビリビリする 快感が走る 気持ちいい 破かれてビリビリにされるのは気持ちいい 電気が走ったように気持ちいい」
紙が破かれる音と痺れる感覚はどちらも「ビリビリ」と表現できます。
だからここでは電流が体を走る快感を重点的に伝えて統一感を出します。
催眠パートにあった「校則」と「拘束」も含めて言葉選びが秀逸です。
音も結構リアルですし、鳴るのに合わせて反応する人が普通にいると思います。

ちなみに絶頂シーンはカウントに合わせて3回連続で行います。
私が聴いた時は0を宣言した時に股間がブルブル震えました。
エッチな要素がほとんどないのにこういう体験ができるのが催眠音声の面白いところです。
性感帯も「気持ちいいところ」と表現をぼかして男女どちらでも楽しめるようにしてます。

このように、エッチとまったく関係ない要素を使って絶頂させる非常に変わったエッチが繰り広げられてます。
穏やかな音モノ
テーマを活かした優しいタッチの音系作品です。

先生は生徒手帳をなくした主人公に新しいものを渡すついでにストレスを発散させようと
まずは当初の予定通り生徒指導をしながら催眠状態を深め
その後は手帳を撫でたり破ったりする様子を通じて徐々に気持ちよくします。
そしてこれらの中に専用の音を用意し、それと暗示を連動させて感覚を操作します。

優しいけどちょっぴりSっ気もある先生が生徒を変わった手段で指導するノーマル~ややM向けのシチュ
生徒指導の中に技術を込めて言うことを受け入れやすくするストーリー性を持たせた催眠
一般的なプレイをせず生徒手帳をいじってドライまで持っていく奇抜なエッチ。
テーマを大事にしたうえで技術面にも個性を持たせた作品に仕上がってます。

中でもエッチは割と難度の高いことを上手くこなしてて驚きました。
催眠パートで彼女の言うことを素直に従うところを重点的にやったのは
このぶっ飛んだプレイをできるだけスムーズに進めるための配慮なのでしょう。

催眠音声の処女作は深呼吸して、体を脱力して、カウントを数えるといった
技術をとりあえずこなそうとする作品をそれなりに見かけます。
しかし本作品は何をするか明確なビジョンを持ち、それに合った技術を選んで行使してます。
作品に溶け込ませるアレンジもしてたりと非凡なものを感じました。
声と台本の両方をこなせる方は少ないですし、今後も無理のないペースで活動されることを願ってます。

絶頂シーンは3回。
効果音それなり、淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

男性はもちろん、女性声に抵抗がなければ女性の方も是非お試しください。

CV:麓さん
総時間 56:29

ダウンロードはこちらから
https://fmfmtonton.hatenablog.com/entry/2020/02/28/230053

off ton tonさんで公開されてる無料の催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第51回目は穏やかでちょっぴりSっ気もあるお姉さんが
子供の頃にやった遊びを通じて催眠をかけたり気持ちよくします。

積み木を聴き手の意識に例えて音を鳴らしながら何度も揺さぶりをかけたり
複数の手段で快感を増幅させ全身を気持ちよくするなど
作品固有の要素を上手に組み合わせたイメージ重視のサービスを行います。

今回は最近公開された麓さんのバージョンでお送りします。
積み木と自分を重ね合わせて
お姉さんと積み木遊びをしてからエッチに弄ばれるお話。

「お帰りなさい お仕事お疲れ様です」
お姉さんは温かくて穏やかな声の女性。
仕事から帰った主人公に優しい言葉をかけると
ベッドの上で深呼吸してリラックスさせます。

本作品は変わった手段で心身をリフレッシュさせることを目的に
彼女が60分ほどをかけてタイトルに沿った催眠やエッチをします。
催眠オナニーwikiに掲載されてるフリーの台本なのですがレベルは非常に高く
公開から長い年月が経った今でも十分通用するほどの個性と実用性を持ってます。

「もう一個 積み木を手に取って 上に置く」
全編を通じて言える特徴はイメージを活用しながら誘導すること。
催眠パートは積み木を積み上げていく様子を言葉と音でわかりやすく表現し
それを通じて意識が揺らいだり落ちる感覚を上手に伝えます。
またエッチでは聴き手をおもちゃにして直接のエロ要素をできるだけ使わずに気持ちよくします。

イメージが苦手な人にとってはやや不向きなところもありますが
内容は至ってシンプルですし音も鳴るので難しいと言うほどではありません。
催眠の技術も優れており催眠音声を聴き始めた方でも不思議な感覚が味わいやすいです。

催眠はおよそ28分間。
楽な姿勢で目を瞑り、2分ほど深呼吸してから
タイトルにもなってる積み木を積んでいくイメージをします。

「数を重ねる毎に、あなたのイメージする積み木が高くなっていく」
「カタッ」という乾いた小さな物音を一定の間隔で鳴らしながら
その様子をゆっくり語ってイメージ力を膨らませます。
同じ言葉と音が繰り返されるひと時はとても静かで落ち着きました。
まだ始まったばかりなのでリラックスを重視して進めます。

お次は先ほどよりもゆっくりペースで深呼吸した後に
彼女が積み木に息を吹きかけて崩す→再び積み上げるのを何度か繰り返します。

「ゆらーり ゆらーり 頭が揺れる 意識が揺れる」
「ほら、また崩れる あなたの意識が崩れる 息を吹きかける度に意識が遠のく 深い眠りに落ちる」

イメージの中にある積み木を聴き手の意識と繋げてるのが良いですね。
積み木が揺れれば意識も揺らぎ、崩れたら「遠のく」と言って催眠状態をさらに深めます。
「ゆらーり」などの擬音語を文頭に置いてセリフにリズムを作るなど
シンプルな内容だからこそ言葉やアプローチを練りに練って効果的に落とします。

初回の時点では音が心地良いとか、静かといった癒しの感覚がするでしょうけど
これを繰り返すうちに意識がどんどんぼやけたり全身が重くなるのを実感できます。
音やセリフもそうなのですが、反復することで無意識に少しずつ染み込ませる工夫がされてます。

積み木遊びを通じてリラックスや深化を促す大変優れた催眠です。
聴き手の心を積み木と連動して反応できるようにすることを目的に
深呼吸から入って音を鳴らしながら積み木を積んでいくイメージをし
ある程度慣れたらそれを息で崩したり、その動作を何度も繰り返して深いところに誘導します。

この作品を聴いたのは随分久しぶりですけど前回と同じくがっつり入れました。
音とセリフの組み合わせた方が絶妙でイメージすればするほど集中力も上がります。
積み木を組んでいくだけならイメージが苦手な人でも無理なく聴けるのではないでしょうか。
催眠初心者から上級者まで誰でも聴ける親しみやすさも魅力です。
お姉さんのエッチなおもちゃになって
エッチシーンは32分間。
プレイはおもちゃ化、乳首責め、快感責め、全身膣内挿入です。

全身膣内挿入の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありません。

「あなたはこれから体中を崩され、私のオモチャになる」
積み木遊びのイメージを使って主人公の心をとろとろにしたお姉さんは
今度は彼の体を積み木に見立てて全身の力を抜いていきます。

エッチはフェラやSEXといった一般的なプレイをほとんどやらずにイメージで気持ちよくします。
前半の18分間は彼をおもちゃになりきらせながら感度を上げるシーン。
催眠パートと同じく積み木を積み上げ崩す様子を通じて全身の力を抜き
さらに乳首へ快感を集めてから放出し、彼女の言葉で感じられる状況を作ります。

「あなたの右手が崩れた 重たい 動かせない 感覚がない ない ない」
脱力はエッチと直接関係があるわけではないのですが
催眠のかかり具合を確認したり、彼女の言いなりになる心構えを身につける結構大事なシーンです。
積み木遊びとほぼ同じ要領でやりますから
上手く催眠に入れていれば手足が重くなったり全身がズーンと沈む感覚が味わえます。
おもちゃは自分の意思で動けませんし、技術を使って身動きを取れなくする展開も妥当と言えます。

「吸って… 吐いて… 何もしてないのに、乳首が気持ち良い 呼吸をする度に、甘い感覚が強くなってくる」
乳首の感度上昇は綿あめや飴玉といった別のものに例えて意識を集中させ
さらに深呼吸しながら気持ちよくなる暗示を丁寧に入れて感覚を膨らませます。
本作品はテーマに合わせて淫語を必要最低限まで削っており
性的に気持ちよくする際もエロ要素とは別のものを使ってコントロールすることが多いです。

続く後半の14分はいよいよドライオーガズムを目指します。
体に電気を流すイメージを使って全身をより敏感にし
それを頭から股間に移動させて絶頂できる体勢を整えます。
そして最後はバイブオナニーする要領で全身を彼女のおまんこに侵入させ文字通りひとつになります。

「体中が痺れる どんどん どんどん 体に溜まった痺れが、ゆっくり頭に流れ込んでくる」
電流を流すイメージは拷問ではなく電動式のおもちゃにエネルギーを注入する感じです。
最中のセリフも「体が痺れる」と気持ちよくなれる表現に留めてあります。
私が聴いた時は頭のてっぺんと腰回りがピリピリするのを感じました。
直後の股間へ移動させるシーンでは胸のあたりが温かくなりましたし
自分が催眠にしっかり入ってることを認識しながら気持ちよくなれます。

最後の絶頂シーンは唯一エロさを感じるプレイを行います。
挿入と同時に「くちゅっ」という水音が鳴り始め、時間が経つほどそのペースが上がるわかりやすい内容です。
ここだけは彼女の声が切なくなり、幸福感が膨らむ暗示も入れてくれて甘さを感じました。
カウントを数えたり合図を出すことはないので絶頂のタイミングは好きに設定していいのだと思います。

このように、多少の意地悪をする程度に弄ぶややM向けのエッチが繰り広げられてます。
催眠にどっぷり浸かれる作品
催眠に入る、漂う感覚を実感しやすい作品です。

お姉さんは日頃頑張ってる主人公の疲れやストレスを軽減しようと
まずは子供の頃にやった積み木遊びをしながら暗示を入れて催眠の世界に導きます。
そしてエッチは彼をおもちゃに見立てて感度を上げたり絶頂させます。

普段は穏やかだけど時折Sっ気も見せるお姉さんが催眠をかけて癒やすシチュ
積み木遊びのイメージと音を組み合わせて意識の力を弱める変わった催眠
体の動きを封じてから頭、乳首、股間、全身を気持ちよくするイメージ重視のエッチ。
彼を一時的に子供へ戻し気分転換させる方針でリードします。

中でも催眠は積み木遊びという行為を忠実に表現しつつ
技術を違和感なく忍び込ませて少しずつ確実に落とす大変レベルの高いものです。
同じことを繰り返しやる展開も親切丁寧で取り組みやすく
音と言葉に癒しや安らぎを感じながら聴くことができます。

エッチも子供っぽさを出すためにおもちゃで遊ぶスタイルを取り
その中で感度が上がったり気持ちよくなれるようゆっくりじっくり働きかけます。
エッチな要素が薄いからこそ催眠特有の快感が味わいやすいです。

麓さんの演技については序盤は「しゃべるのが少し速いかな?」とも思ったのですが
ある程度経つと丁度いいスピードや間に落ち着いて聴きやすかったです。
活動開始から2ヶ月弱で3本も音声化されてますし
今後も無理のないペースで色んな作品を公開してくださることを期待してます。

絶頂シーンは1回。
淫語とくちゅ音ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

CV:麓さん
総時間 1:04:17

off ton ton
https://fmfmtonton.hatenablog.com/entry/2019/12/08/080905

追記
ファイルをうまくダウンロードできない場合はダウンロードページを更新してみてください。
そうすれば接続するサーバーが勝手に切り替わります。

↑このページのトップヘ