同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:Whisp

   ● 【美容室ASMR】美容室『Aphrodite』菱山六花
   ● 【時計の音と退行催眠】『クロック・クロック・ヒプノシス~時計じかけの年齢退行催眠~』
   ● 【後輩耳舐め】センパイ、バレちゃダメですよ?~退屈後輩と図書委員のお仕事~
   ● 【尻尾耳かき】癒やされ処・夢月邸――夢魔の尻尾でお耳をちゅうちゅうマッサージ――
   ● 【入浴・耳かき】あやかし郷愁譚 ~洗濯狐 お紺・秋~【焼き芋・香油マッサージ】
   ● メイドデリバリーサービス『メイドハンドヘブン』梨乃愛&玲乃愛編




サークル「Whisp」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、美容室とリラクゼーションサロンを兼ね備えたお店に所属するお姉さんが
来店した男性の心と体をしっかりケアしてスッキリさせます。

幅広いサービスのすべてを主に音を使って表現するのが特徴で
シャンプー、カット、ヘッドスパ、顔や肩のマッサージなど
頭部を中心に色んなサービスを用意し、音もたっぷり鳴らして自然な癒しを与えます。
エッチも40分くらいやるので癒しとエロの両方を楽しみたい人に向いてます。
音を駆使して大きな癒しを
Aphroditeの店員「菱山 六花(ひしやま りっか)」が様々なサービスをするお話。

「いらっしゃいませ『アフロディーテ』へようこそ」
六花は明るくて穏やかな声のお姉さん。
来店した主人公に挨拶し、予約済みかどうかを確認すると
自分を指名してくれたことにお礼を言ってから施術室へ案内します。

本作品は男性だけが利用できるビューティーサロンを舞台に
彼女がおよそ140分に渡って多種多様な癒しとエッチなサービスをします。
非エロ86分、エロ49分と前者の割合を高めに設定し
肩から上にかけてをしっかりケアしてから性欲発散のお手伝いもします。

美容室なので髪のカットやセットはもちろんやりますが
それ以外にもシャンプー、ヘッドスパ、顔のマッサージ、耳かきと結構手広く行います。
エッチも要所を押さえてますし、より多くの人が楽しめるよう大衆性を高くした作品と言えます。

そしてこれらの一部始終を比較的リアルな音を駆使して表現します。
服を着替える音や小さな物音まで入っており芸が細かいです。
サービスについても同じ音を垂れ流すのではなく、位置やリズムを小まめに変えて臨場感を出します。

総時間が長いのでセリフもそれなりに入ってますけど
状況説明や当たり障りのない雑談が中心で音のほうが存在感は大きいです。
手を動かしながら吐息だけを漏らすシーンもあったりして静かな印象を受けました。
また一部のパートでは特徴のある音を鳴らして耳を楽しませてくれます。

「私は、お客様に最高の満足をお届けする、この信念を持ってやっております」
これらを行う六花についてはプロ意識の強い女性です。
冒頭シーンで「主人公を満足させる」と明言し
サービス開始後は流れるような手つきでそれぞれをこなします。

いわゆるデキる女性にあたるわけですが堅苦しさはありません。
彼が癒されに来たことを理解してるので穏やかな声と口調で語りかけます。
そして非エロパートがしっかりしてるからこそ、エロパートで見せる可愛さがより引き立ってます。
変わった性癖も持ってたりして大ボリュームの音に押しつぶされないくらいの魅力があります。

すべての行為を主に音で表現するASMR系の作りと気配り上手で可愛さもある彼女のキャラ。
「美容室ASMR」の名の通り音を前面に押し出したうえでキャラも立ててる癒し系作品です。
質感と動きにこだわったサービス
7分程度の前置きを挟んだ後に始まる3パート34分間は髪と頭のケア。
「トラック2、シャンプー」「トラック3、カット」「トラック4、ヘッドスパ」と
パート名通りのサービスをひとつずつ丁寧にこなします。

そして本作品の売りであるリアルな音が早速炸裂します。
シャンプーはワシャワシャという小気味よい泡音が上方やや後ろで鳴り
カットはシャクシャクという優しい金属音
ヘッドスパはシャンプーに近い音を経由してからフェイスマッサージに移ります。

サービスごとの音の質感はほぼ一緒なのですが
位置、動き、リズムが30秒くらいの間隔で変化するおかげで単調さはまったくありません。
どれも爽快感を覚える音なので聴けば聴くほど気持ちがスッキリするでしょう。
またカットパートは通常のハサミと、それよりやや鈍い音がするすきバサミを使い分けて進めます。

「お客様、お首は苦しくありませんか? 大丈夫ですか……ありがとうございます」
「雑誌二冊買ったらそれくらい行っちゃいますしね…… ん、っと…………場所も取らないし、おススメです」

最中の六花はプロらしい気配りを見せる一方で
ある程度進んだら自分の趣味の話をして場を和ませます。
非エロとエロの違いも含めて、サークルさんが彼女にふたつの顔を持たせてるように映りました。
密着しながら話しかけるシーンが多く、彼女にお世話されてる雰囲気がちゃんとできてます。

続く3パート51分間は頭以外を中心に据えたサービス。
「トラック5、マッサージ」は首、肩、背中を擦ったり指圧してほぐし(約21分)
「トラック6、カット仕上げ」は再び髪をハサミで切り揃えてからドライヤーで乾かし(約6分)
「トラック7、耳掃除」は2種類の器具を使って左右の耳を綺麗にします(約24分)。

「最初に……肩を手のひらで…… ぐぐっと、押しながら……ほぐしていきます……っと……」
マッサージは本作品の音に対するこだわりがよく出てるパートです。
どのシーンも彼女が軽く実況してイメージしやすくしたうえで
肩は布を擦る音と「ぐぐっ」と押し込む音を織り交ぜる
首は肩よりも面積が狭いので動きを控えめにしながら揉み込む
背中は幅広く滑らかな摩擦音をゆっくり鳴らして部位ごとの違いを表現します。

同じマッサージでも動きが大きく変わるので聴いた時の感覚もそれなりに変わります。
終盤では肩叩きもやって音に変化をつけるなど、これまでと同じく音の種類が豊富です。
効果音と彼女の吐息だけが流れるひと時はとても静かで落ち着きました。

それに対して耳かきは変わり種を投入してます。
最初の耳かき棒は「ずすっ」という乾いてて丸みを帯びた割とよく聴くタイプの音なのですが
その後に炭酸綿棒が登場し、そこではシュワシュワパチパチした爽やかな音が鳴ります。

「さっきは、左耳の後に、右耳……といいましたけど、このまま……右耳も同時に……綿棒入れちゃいますね……」
特にパート終盤では左右の耳で同時に鳴らす凝った演出も登場します。
音が二倍になると頭の中が包まれてる感覚がしてとても良いです。
耳かきをふたつの手段でやる流れも本作品の特徴に合ってるなと。
非エロの最後を飾るに相応しい癒しとリフレッシュ効果の高いパートと言えます。
心身両面をスッキリさせるエッチ
エッチシーンは2パート41分間。
プレイはキス、手コキ、玉揉み、耳舐め、髪コキ、乳揉み、SEX(騎乗位、立ちバック)です。
手コキ、髪コキ、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「ズボンの上から、つーーーっと、なぞったり、さすさす……さすったり……」
非エロのサービスをすべて無事終えた六花は
今度は主人公の性欲も発散させようとズボン越しにおちんちんを撫で始めます。

エッチはお店なのでごく一部を除き彼女が責めます。
最初の「トラック8、耳舐め&手コキ」は比較的スローなプレイ(約27分)。
キスから始まりズボン越しの愛撫→直の手コキ→耳舐め追加
→亀頭+玉揉み→おちんちんに髪を巻き付けての追い込みと流れを持たせてゆっくり進めます。

「じゃあ、おちんちんに、私のこの……長い黒髪を巻きつけて…… しこしこ、していきますね……」
非エロパートに引き続き効果音やちゅぱ音を多めに盛り込んだうえで
彼女の魅力や性格が引き立つ要素を盛り込んでます。
このパートだと終盤に登場する髪コキがそうですね。
彼女は作中で「自分は髪フェチ」と言っており、それを使って女性を汚す快感を煽ります。

おちんちんを直に触り始めた頃から息遣いが一気に熱を帯びるなど
彼女が何を思い、感じてるかもプレイに反映させて一体感を出してます。

次の「トラック9、騎乗位で挿入」は体のほうもひとつになるプレイ(約14分)。
1回射精してもまだまだ元気なおちんちんを満足させようと
すぐさま騎乗位で挿入し、ある程度経ったら立ちバックに変わって逆に責められます。

「お……おっぱい……しゅごい……おちんちんっ……いい…… あ、あ、あ、ああっ……ふぁぁ……ダメ、私、これ、しゅき……」
おっぱいや乳首を責められて気持ちよさそうな声を漏らしたり
彼よりも先に絶頂するなど、彼女のエロ可愛い姿を時間いっぱい拝むことができます。
普段がキリっとしてるからこそ、乱れてる時とのギャップが引き立ってて余計エロく感じました。
これまでずっとリードしてた彼女が最後の最後で受けに回る展開も良いです。

このように、エッチな声や音と彼女のキャラを上手く組み合わせた甘めのエッチが繰り広げられてます。
多彩な音が聴ける作品
全編を通じて流れる色んな音が一際耳を惹く作品です。

六花は自分を指名してくれた主人公に満足してもらおうと
至るところで彼を気遣いながら流れるような手つきで首から上を綺麗にします。
そしてその後はSEXも交えた濃いめのエッチで心の芯からスッキリさせます。

普段は凛々しいけどエッチの時は可愛くなる店員がたっぷりお世話するノーマル向けのシチュ
音の質感だけでなく動きやリズムにもこだわった耳に優しい非エロパート
エッチな声や音を重ねて鳴らしつつ彼女のギャップも引き立てるエロパート。
どちらかと言えば非エロ重視ですが、エロもきちんと抜けるように仕上げてます。

私はAphroditeシリーズを聴くのが初めてだったのでどうかなーと思ってたのですが
(現時点でこのシリーズは5本出てます。さらに今月もう1本出る予定)
音の使い方に力を入れてて完成度が高かったです。
同じ音をひたすら垂れ流すのではなく、実際のサービスに近づけた躍動感のある鳴らし方をしてます。

録音機材が影響してるのか、振動があまり伝わってこないのは惜しく感じましたが
ASMR作品が好きな人ならまず満足できるだろうと言える品質を持ってます。
髪や頭部のケアをメインに据えてる点も耳かき作品との差別化ができてて良いです。

エッチは彼女のエロさを引き出そうとしてるように映りました。
仕事をバリバリこなす女性が可愛く乱れる姿にグッとくる男性は多いはずです。
そういう心のツボを突いたうえで非エロと同じく音を厚めに鳴らします。
手コキ音やピストン音も結構鳴りますけど、それよりも吐息と喘ぎ声のほうが股間に響きました。

射精シーンは2回。
くちゅ音と吐息それなり、淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声そこそこです。

おまけはカット、ヘッドスパ、マッサージのASMRverです。

CV:小波すずさん
総時間 3:10:26(本編…2:24:16 おまけ…46:10)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年6月12日まで63%OFFの440円で販売されてます。
(まとめ買いキャンペーン対象作品。詳細はこちらをご覧ください)
DLsiteで5月のまとめ買いキャンペーン開催中です(同人音声編)
その場合の点数は9点です。



サークル「Whisp」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、時間遡行を得意とする催眠術師とその助手が
年齢退行をテーマにした催眠をかけてエッチな初体験を再び味わわせます。

全編を通じて時計の音がバックで流れ続けるのが特徴で
催眠の前半までは1種類、その後は2種類と音の構成を変えながら
リラックス、年齢退行、それに沿ったエッチを順にやって気持ちいいお漏らしへ導きます。
気持ちいい初体験をもう一度
クロックとラビットが幼児退行の催眠をかけるお話。

「いらっしゃいませ、お客様。ここは時計の間。時間が陽炎のように揺蕩い、移りゆく空間」
クロックは穏やかで落ち着いた声のお姉さん。
「そして私はアシスタント。あなたが催眠に落ちるお手伝いをいたします」
ラビットは明るくて可愛い声の女の子。
音声を聴く際の注意事項や環境を説明すると
テーマの時間遡行催眠やエッチな初体験に関するお話をします。

本作品は時計屋を営みながら催眠術師としても活躍してるクロックが
助手にあたるラビットと協力して110分程度に渡る独特なサービスをします。
タイトルを見ればわかるように年齢退行をテーマにしてまして
思春期→小学生→赤ちゃんと段階的に時を戻し、それぞれに合った快感を提供します。

全編を通じて言える大きな特徴は時計の音。
注意事項を説明した後から解除パートまでほぼずっと流れ続けます。
「カチ カチ」という小気味よい音が長めの間隔で鳴り続ける空間はとても落ち着いており
これを聞いてるだけで自然とリラックスしたり眠くなる人がそれなりにいると思います。
人間の脳はこういう単調な音に弱いので催眠音声にもよく使われます。

クロック「カチ、カチ、カチ、カチ。あなたの頭の中で針の回る音が残響します」
ラビット「カチ、カチ、カチ、カチ。音があなたをリラックスさせる」
また音そのものに暗示を込めてリラックスさせるシーンも登場します。
物語の途中から別の音が加わったり、時計のイメージを通じて退行させるなど
本作品にとって結構重要な役割を果たします。

彼女たちが2人体制で催眠をかけるのも特徴のひとつです。
こう言うと「双子のい・い・な・り」をはじめとする双子形式と思う人もいるでしょうが
その構造や使われてる技術はまったくの別物です。
詳しい理由は後で説明しますから、とりあえず双子催眠ではないことだけ理解しておけばOKです。
十分リラックスさせてから子供の頃へ
催眠は2パート42分間。
最初の催眠準備パートは立ち上がって足を肩幅くらいに開き
そのまま深呼吸、腕のストレッチ、首の回転などをして心身をリラックスさせます。

ラビット「胸の中で呼吸が整ったのを感じて……。吸って…………吐いて……。息を吸って吐くだけなのに……気持ちいい…………気持ちいい…………」
クロック「息を吐き出すと共に、あなたの中に溜まっていた力が抜けていく……」
そして2人は早速協力して呼吸の合図を出したり癒しを与える暗示を入れます。
双子催眠だとこういう場合、片方が呼吸のリズムを取り
もう片方がタイミングよく暗示を入れる流れで進めるのですが
本作品ではそういった役割分担を特にせず1人ずつ話しかけてました。

また全編を通じて2人の話すペースが非常に緩く、間も長めに取ってます。
これは1人で催眠をかけるなら有効ですけど、2人の場合はむしろデメリットになります。
時間あたりの暗示量を増やしたり、左右から同時に働きかけるといった双子の持ち味を潰すからです。

簡単に言うと本作品の催眠は1人でできることをわざわざ2人で手分けしてやってるんです。
それに対して双子催眠は2人いなければ絶対にできないことをやります。
これが本作品が双子形式じゃないと言う一番の理由です。

クロック「ぶらぶらと、体全体を揺らしてみましょう。力は入れないまま、首をふらふらと揺らして…………転びそうになったら、無理せずに座ってくださいね……」
ただやってることはリラックス重視で良いです。
腕や首を実際に動かせば意識するだけよりもずっと筋肉がほぐれますし
バックで流れ続ける時計の音も心の緊張をほぐすのに役立ってます。
安全性に配慮したアドバイスもしてくれたりと色々考えられてます。

2番目の催眠導入パートは深化と退行をするシーン。
前のパートの終盤でベッドへ横になり、そのまま時計の音を聞いて少しずつ昔の自分に戻します。

ラビット「針の音が鳴る度に、あなたの頭に気持ちいいのが流れ込んでくる。時計の音が気持ちいい。昔に戻っていくのが気持ちいい」
2人のセリフを聴いた限りでは両者をほぼ同時にやってるようです。
時計の音がもたらす心地よさと昔に戻る心地よさを関連付けてました。
またここからは「カチャ」というやや違う音を加えて時計が逆に動く様子も表現してます。
音に集中させながら暗示を入れる流れも本作品らしいなと。

十分にリラックスさせてから深化に進むテーマ性のある催眠です。
聴き手の心だけをある程度若くすることを目的に
最初のパートは深呼吸、時計の音を使った音響法、回頭法と思しき首の運動
ほんの少しの沈黙法、軽い分割弛緩法といった古典催眠の技術を小刻みに繋げ
次は時計の音をひとつ増やしてからそれに暗示を込めて落とします。

時計の音やリラックス要素が充実してるおかげで、意識がぼーっとする感覚が多少味わえました。
ですが技術の種類を多く入れ過ぎた影響でひとつひとつの効果が弱まってるのは気になります。
意識のぼやけも技術よりは時計の音によるところが大きいです。

やることを増やすとそれぞれに説明する時間を割く必要が生まれます。
それだったらもっと絞り込みゆっくりじっくり進めたほうが効果的です。
Whispさんは確か今回が催眠音声初挑戦だったはずなので
双子形式も含めて技術面に色々と改善の余地があります。
退行とプレイを組み合わせたエッチ
エッチシーンは2パート32分間。
プレイはオナニー、手コキ、おちんちんを見られる、放尿です。

エッチな効果音はありません。
セルフは一応ありです(3分くらい)。
途中で服を脱ぐ指示が出ることはありません。

ラビット「あなたは今、人生ではじめてのオナニーをしています」
催眠を使って主人公を思春期あたりの年齢まで戻したクロックとラビットは
彼がオナニーや勃起してる様子を実況しながらさらに退行させます。

エッチは退行する様子を厚めに描きながらその合間合間に気持ちよくします。
最初の「初めてのオナニー」パートは小学生あたりまで戻るシーン(約24分)。
彼が初めてのオナニーをしてるところへ乱入しておちんちんを軽くいじり
そこから退行暗示を入れて今度は初勃起の感覚を味わわせます。

ラビット「かち、かち、かち、かち。あなたは幼くなっていく」
クロック「わからない。わからない。オナニーがなんだかわからない」
最初から言ってしまいますと本作品のエッチは退行がメインです。
他の退行作品では思春期に戻った状態でオナニーしたりお姉さんに弄ばれるといった
プレイの様子や得られる快感を主観視点でお届けすることを中心に据えます。
しかしこの作品では自分が普段よりも若くなった感覚や、オナニーのことがわからない戸惑いなど
初体験に直面した時のドキドキ感を主に味わわせようとします。

感度を上げたり気持ちよくする暗示も一応入れてくるのですが
それよりも若くなった情景やその心情描写のほうに力を入れてます。
かなり特殊なプレイなので人によって好みが分かれるのではないかなと。

例えばこのパートですと彼がオナニーしてるところから始まり
その3分後には2人のお姉さんが登場しておちんちんをいじり始めます。
そしてさらに3分経ったら時計の音に集中して小学生まで退行し
おちんちんが初めて勃起した時のムズムズ感を追体験させます。
場面やプレイがころころ変わるので得られる快感も弱めです。

続く「初めてのおしっこ」パートは赤ちゃんがするお漏らし(約8分)。
時計の音を交えた長めのカウントで年齢をさらに下げ
赤ちゃんになったところでムズムズ感を暗示で強化し絶頂まで持っていきます。

ラビット「大好きなママが見てくれてる」
クロック「おちんちんの根本に、ぎゅ~~~っとムズムズが集まってくる」
ここも退行に十分な時間を割き、それが終わったら母親がいることを意識させつつ
感度が上がる暗示を適度に入れるテーマ性を重視したものです。
絶頂シーンで「白いおしっこ」と言ってたのでたぶん射精を狙ってると思うのですが
ここまでおちんちんへの刺激が弱い状況ならむしろドライにしたほうが現実味があります。

このように、テーマの年齢退行を強めに味わわせながら気持ちよくする変わったエッチが繰り広げられてます。
個性はあるのだが
全編を通じて流れる時計の音が一際耳を惹く作品です。

クロックとラビットは主人公に色んな初体験を疑似的に味わわせようと
まずはリラックス重視の催眠をかけて精通した頃まで戻します。
そしてエッチはそこからさらに小学生→赤ちゃんと戻しながらおちんちんのムズムズを強化します。

催眠術師とその助手が年齢退行をテーマにしたエッチな催眠をかけるノーマル向けのシチュ
時計の音をバックで流しながらリラックス、深化、退行を行う多彩な催眠
初オナニー、初勃起、初お漏らしを順に味わわせる退行成分の強いエッチ。
作品の鍵にあたる「時計」と「退行」を組み合わせてサービスを作り上げてます。

中でも催眠は時計の音を普通に聞かせてリラックスを促進する
音そのものに暗示を込めてそれを強化する
時計が巻き戻るイメージを通じて退行させると色々な工夫が見られます。
深化を始めるまでの準備に長めの時間を割いてることも含めて癒しの感覚はそれなりに得られます。

ですが他の部分に関してはぶっちゃけ厳しいかなぁと…。
催眠音声初挑戦で退行を扱うこと自体ハードルが高いですし
2人いるのにしゃべり方が1人の時とまったく同じとか、エッチが退行重視で快感が弱くなってるとか
指摘したいところが残念ながらいくつもあります。

最も改善すべき点は的を絞ることだと思います。
催眠は今よりも技術の数を減らしてひとつひとつを丁寧にこなす
エッチは思春期、小学生、赤ちゃんを順にやるのではなく
どれかひとつの世代に限定してそれを臨場感を出しながら濃く表現するといった具合です。
これさえやっておけば少なくとも今よりはずっと良いものになったはずです。

絶頂シーンは1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。
おまけは3つの音声です。

CV:クロック…花澤さくらさん ラビット…広深香菜さん
総時間 2:01:25(本編…1:52:16 おまけ…9:09)

オススメ度
■■■■□□□□□□ 4点


体験版はこちらにあります

追記
2020年3月23日まで20%OFFの1056円で販売されてます。



サークル「Whisp」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、主人公と一緒にいたくて図書委員になった健気な後輩が
暇な時間を利用しエッチな悪戯を仕掛けます。

他人にバレないよう多くのシーンで密着し囁きながら責めるのが特徴で
前半は本を読んでる彼をやる気にする、後半は一緒に気持ちよくなると方針を変えながら
耳元至近距離からエッチな声や音を多めに鳴らして臨場感とエロさをを出します。
図書室でする気持ちいい暇つぶし
後輩のやよいと5種類のエッチをするお話。

「はいっ それでは返却は1週間後なので 忘れずによろしくお願いします」
やよいは明るくて元気な声の女の子。
図書委員の仕事を済ませて主人公と2人きりになると
読書を始める彼に暇だから構ってほしいと言います。

本作品は本は別に好きじゃないけど彼と親しくなりたくて図書委員になった彼女が
営業中の特にやることがない時間を使って100分程度に渡るエッチを楽しみます。
2人が出会った経緯が描かれてないので詳細はよくわからないのですが
彼女は最初から好感度MAXの状態で積極的にちょっかいをかけます。

「何して遊びます? あっ 家庭科の授業で作ったクッキーがあるので食べますか? 自信作なんですよ」
本を読み始めた彼に手作りクッキーを差し出す、体を密着させ耳元至近距離から甘い言葉を投げかけるなど
自分の気持ちを隠すことなくストレートに好意を伝えます。
公共の場所でエッチすることを踏まえて囁き声で話すシーンが多く
見つかりそうになるところを声を抑えて乗り切る描写も出てきます。

といっても露出がテーマの作品ではありませんからスリルを煽ることはほとんどありません。
彼女と密着しながらこっそりエッチする舞台を整える程度の弱い位置づけです。
女性上位ですけどM向けの要素は一切なく穏やかな空気が漂ってます。

エッチについては前半は耳舐め、後半はSEXと特定のプレイを掘り下げる形で進めます。
シチュに合わせて責めるペースは全体的に緩くしてありますが
くちゅ音、ちゅぱ音、喘ぎ声を鳴らす時間が長く取られておりなかなかのエロさを誇ります。
複数のプレイを組み合わせて密度を高める工夫もされてたりと
18禁同人音声にとって重要な「抜きやすさ」をかなり意識してます。

自分の気持ちを伝えながらガンガン責める彼女のキャラと密着感のある音重視のエッチ。
友達以上恋人未満の女性と変わった場所でイチャイチャする様子をリアルに描いた純愛系作品です。
近さと温もりを感じるエッチ
エッチシーンは5パート92分間。
プレイは耳舐め、手コキ、素股、SEX(座位、対面座位)、キス、お掃除フェラです。
服を脱がす、手コキ、素股、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「わかりました センパイがそんな態度を取るなら 私も好き勝手させてもらいますよ」
気を引こうとしてもなかなか振り向いてくれない主人公の態度を見て
やよいは我慢できなくなったのか彼に抱きつき耳を舐めて誘惑します。

エッチは彼女がリードしながらほぼ対等な立場で愛し合います。
最初の2パート44分間は耳舐めが主役のシーン。
「2.センパイ、無視ですか?」は右耳、「3.センパイ、いつまで我慢できますか?」は左耳を舐め
後者の時におちんちんも一緒に責めて1回目の射精へ導きます。

「センパイが 私のぺろぺろに耐えきれなくなって 本を読むのを止めるまで ずーっと続けますからね」
彼女は彼の心を射止めるためなら何でもする覚悟を最初から持ってるようで
30秒程度固めて舐めてから少し話すのを繰り返して性的興奮を煽ります。
耳舐めは耳を咥えて舌で舐める音をガンガン鳴らしてました。

2パートとも舐め方がほぼずっと同じなのは残念ですが
高品質な機器で録音されてるだけあって質感はかなりリアルです。
現在は耳舐めを扱った作品が数多く出てますから
パートやシーンによって舐める位置や舐め方を変える工夫をしたほうが良いでしょう。

「それよりどうですか? これくらいの強さが気持ち良かったりします? もっと強くした方がいいんでしょうか……?」
おちんちんについてはたぶん彼のものに初めて触れるからでしょうけど
ズボン越しに優しくさする→取り出して揉む→ゆっくりしごくと慎重に進めます。
それぞれに異なる音が鳴るおかげで状況をイメージしやすく
彼を気遣うセリフから彼女の優しさも伝わってきます。
仲良くなりたいけどいい手段が見つからず、エッチな行動を取る不器用な女性に描かれてました。

続く2パート37分間はちょっぴりスリリングなプレイ。
「4.センパイ、こっそりしましょうね♪」はカウンターで座位
「5.センパイ、こっちに来てください♪」は図書室の人目につかない隅っこで対面座位と
場所や体位を変えてゆっくりじっくり気持ちよくなります。

「おちんちん、すごい……んっ、んん……私の中、パンパンです……あっ、はふぅ……ん、んあぁあ……あ、ふああ……♪」
そしてここからは彼女の熱い吐息や喘ぎ声が股間に響きます。
念願だった彼とのSEXを迎えられて嬉しそうな表情を見せ
ピストン開始後は粘性高めの効果音と同時に甘く切ない声を漏らします。

途中から別の生徒が図書館へ勉強しに来るので、それにバレないようこっそり腰を動かしてました。
囁き声や密着感といった本作品の特徴が色濃く出ていてリアルです。
責めっぷりはソフトなのでエロさよりも雰囲気重視のSEXかなと。

「あっ、ああ……おちんちん、はげし……ひぐっ、ん、んあ、あ、ああ……きて……きてください……♪ 熱い精液、いっぱい注いでぇ……っ♪」
それに対して5番目のパートは多少激しさを上げて変化をつけてます。
大声でも上げない限り他人にはバレない場所までわざわざ移動し
そこで先ほどよりも深く繋がれる体位で20分ほどがっつり愛し合います。

パートの途中から彼が腰を動かし始めるのが印象的でした。
これまで彼女がぐいぐい責める流れがずっと続いてただけに
彼の中に彼女と仲良くなろうとする気持ちが芽生えたと見ることができます。
SEXはいずれも中出しで〆るなど、彼女も最大限の愛情を彼に注いでてプレイが甘いです。

作品を聴いた感想ですが、予想してたよりもずっと穏やかなエッチをしてて聴きやすかったです。
やよいは悪戯好きな性格と書いてあったので多少は意地悪なことをするのかと思いきや
最初から最後まで彼に尽くす姿勢を取る正統派の純愛プレイに仕上がってます。

前半と後半でメインのプレイをひとつずつ定めてるおかげで慌ただしさがなく
パートごとに多少内容を変えてエッチな音をがっつり鳴らす安定志向の作りになってます。
総時間の87%がエッチシーンなので責めるペースが緩くても物足りなさは特に感じません。
ちゅぱ音や喘ぎ声といった音を中心に据えたプレイが好きな人に向いてます。

このように、M性を極力出さずに悪戯してくれる比較的静かなエッチが繰り広げられてます。
こっそり尽くしてくれる作品
やよいの気持ちを色濃く反映させた雰囲気の良い作品です。

やよいは大好きな主人公と今まで以上に仲良くしようと
図書委員の業務中に空いた時間を使って彼に軽めのちょっかいを出します。
そしてやる気になった後は他人に隠れてじっくりSEXを楽しみます。

好きな気持ちをはっきり出す後輩と図書室でエッチするノーマル向けのシチュ
体を密着させて囁きながら耳舐めやエッチをする状況に合わせたエッチ
淫語以外のエロ要素を多めに盛り込んだ抜きを意識した作り。
年齢相応のやり方で誘惑をかける明るい作品に仕上がってます。

中でも2番目は図書室でエッチしてる雰囲気を出すために
敢えて責めるペースや音を控えめにする
工夫がされてます。
図書室であんあん喘ぎながらSEXするのは場違い感が強いので
彼女も声を押し殺したり耳舐めやキスを挟んで聞こえないよう我慢します。

ただそれだけだと実用性が落ちてしまうことを考慮し
エッチの時間をかなり長く取ったりエロ要素を複数重ねてカバーします。
ソフト路線のエッチだけどこれなら抜けるレベルに達してると思います。

射精シーンは4回。
くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声多め、淫語そこそこです。

CV:天上紫乃華さん
総時間 1:46:16

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2020年2月3日まで20%OFFの880円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。

★過去作0円クーポン付属★【尻尾耳かき】癒やされ処・夢月邸――夢魔の尻尾でお耳をちゅうちゅうマッサージ――

サークル「Whisp」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、近所のお姉さんっぽい性格をしてる穏やかなサキュバスが
夢の中で一風変わった耳かきやマッサージをします。

サキュバスらしさを出しつつ主に音で癒す作りになっており
耳かきやマッサージといった定番はもちろん、彼女だからこそできるものも用意し
それらの一部始終をリアルかつちょっぴり刺激的な音で表現しお世話されてる雰囲気を出します。
夢の世界でサキュバスと
夢月邸で働いてるサキュバスからサービスを受けるお話。

「あなたは今、真っ暗な地面に立っています。遠くにアカリの灯っているお屋敷が見えますね」
サキュバスはのんびりした穏やかな声のお姉さん。
夢月邸の近くに来てる主人公と手を繋いで案内すると
その途中にここがどこか、自分が誰かを教えます。

本作品は夢と月の間にある変わったお店を舞台に
彼女が120分程度に渡って耳かき、マッサージ、エッチをします。
サキュバスと言えばハードかつ濃厚なエッチをするキャラで有名ですが
彼女の場合は時間、内容共に癒しを重視して進めます。

彼のことを「男の子」と言ってるのでたぶん彼はまだ少年なのだと思います。

「お客様を落ち着かせるデフューザーを焚きましたので、良い香りがしてくると思います」
異世界に迷い込んだ彼を出迎え丁重に案内し
到着後は癒しの香りを漂わせながらマッサージ台の上で一生懸命ご奉仕します。
声や態度が近所のお姉さんっぽいほんわかした雰囲気の女性です。
終盤には愛の言葉も投げかけるなど心のケアにも力を入れてます。

エッチシーン以外はセリフよりも音や吐息の量を多くしてありますから
ASMR系の作品が好きな人ほど楽しめるでしょう。
どの音も質感が良く動きもリアルで耳に心地いい刺激を送ってくれます。

しかしサキュバスらしさを感じる要素もそれなりに用意されてます。
お金を取らない代わりに彼の精液をいただくことにし
物語の中盤以降は逆ハート型の尻尾を使って耳やおちんちんを気持ちよくします。
中でも耳へのマッサージは他の作品でもなかなかお目にかかれないものです。

穏やかな性格のサキュバスが音重視のサービスで少年をもてなす。
サキュバスらしさを残しつつ癒しに大きく寄せたまったり系の作品です。
音と吐息が織りなす静かなひと時
夢月邸に到着した後、最初の2パート54分間でするのは定番のサービス。
「丁寧なヘッドマッサージと、ヒミツのぱふぱふ」は頭部のマッサージ(約26分)
「サキュバスしっぽで、奥までとろとろ耳かき(通常編)」は耳のマッサージと耳かきで健全に癒します(約28分)。

そして本作品の持ち味である音が早速威力を発揮します。
ヘッドマッサージは 「しゅるー」という滑らかな摩擦音が鳴り、状況に応じて動きが小まめに変化します。
手のひらで頭頂部を優しく撫でる、両手の指先でツボを押す、後頭部を左右交互に擦る
頭部全体を手で包み込んで揉むなど種類も多く、このパートだけでも結構癒されます。

「指先で 頭のツボを、ぐ ぐって押していきますね」
最中の彼女は何をするか事前に伝える以外はほぼ吐息のみを漏らします。
効果音と吐息だけが流れるひと時はとても静かで落ち着きました。
癒し系専門店なのでまずは人間の時と同じく純粋に癒す方針で進めます。

2番目の耳かきは座った彼の後ろに彼女が陣取り
耳を片方ずつ蒸しタオルで拭いてから右→左の順に耳かき棒で綺麗にします。
そしてこの合間と終了時に軽く息を吹きかけます。

蒸しタオルは「ずりずり」という柔らかさのある摩擦音
耳かき棒は「じゅりっ」という乾いてて平べったい音が使われており
いずれもゆっくり往復させる感じに動きます。
耳かき棒は綿棒に近い動きをしてますが、音の質感は良いほうと言えます。

また耳かき棒は穴の手前と奥の2パターンあり
奥へ進むと効果音が若干近く大きいものに変化します。

音が売りの作品なだけあって細かいところにも気を配って制作されてます。

サキュバスらしさが出てくるのはその次から。
「サキュバスしっぽで、奥までとろとろ耳かき(スペシャル編)」は尻尾を使って耳マッサージし(約30分)
「むっちり太ももで、むにむにフェイスマッサージ」は太ももや股間といったエッチな場所で顔を揉みほぐします(約15分)。

「私のしっぽとお客さまのお耳でぇ ぱこぱこ交尾、しましょ♪」
スペシャル編は本作品の副題にもなってる非常に個性的なサービス。
尻尾を開いた中にある触手を耳の穴に滑り込ませます。
指を耳に入れてぐりぐりしてるような弾力のある音が鳴り始め
シーンの後半に入るとSEXしてるように出し入れして強めの刺激を送ります。

癒しとエッチの中間あたりに位置するサービスですね。
耳の中を傷つけない配慮がされてますからヤバさは特に感じません。
視聴時は耳を優しく撫でられてるような感覚がして心地いいです。
人間の女性にはできないことをやってサキュバスの魅力をアピールします。

「お客さまのほっぺをぉ さするみたいに 太ももを 前後に 動かしてぇ。 むに むに なで なで♪」
太ももマッサージは軽い圧迫感を音で表現してるのが魅力です。
両耳を中心に「ぞぞぞっ」みたいな音が鳴り続けます。
服越しとはいえおまんこを自分から押しつけるなど、エッチに向けた心の準備も見据えてお世話します。

両パートの共通点は普段あまり聴かないタイプの音で構成されてることです。
音を楽しむ意味合いが強いのでASMR系の作品が好きな人ほど楽しめるでしょう。
エッチな手段をできるだけ使わずにサキュバスの持ち味を出してるのも素晴らしいです。
愛を込めて搾り取るエッチ
エッチシーンは1パート18分間。
プレイは尻尾コキ、キスです。
尻尾コキ、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「私最初に言いましたよね。ここは夢の世界。あなたをマッサージで安らげてあげる代わりに お代を頂くって」
100分近くに及ぶ癒しのサービスで主人公の耳と頭部を綺麗にしたサキュバスは
最初に約束した通りおちんちんを尻尾でしごいて精液をいただきます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
内容は序盤から「ちゅぷん」という力強い水音が鳴り始め
オナホコキと同じように上下に動いてしごきます。
途中でキスも入りますけど基本的にはこれ一本です。

「形も硬さも大きさも 私の理想のおちんぽ様です♪」
「お客さまのおちんぽ 私、大好きです♪」

そしてこのパートだけは彼女が色んなことを話したり嬉しそうな反応を随所で見せます。
おちんちんを「おちんぽ様」と呼んで褒め称え
それや彼自身に対するポジティブな言葉をガンガン投げかけて気分良く射精させます。


プレイは確かにサキュバスなのですが、雰囲気は近所のお姉さんにとても近いです。
M性がほとんどないのでノーマルな人でも普通に聴けるでしょう。
効果音がそれなりにエロいですから2~3日溜めた状態でオナニーすれば抜けると思います。

また彼女がなぜ彼にここまで尽くすかも語られてます。
最初から最後まで音重視だと彼女の影が薄くなるからこうしたのでしょう。
本作品に合ったあまあまなエッチに仕上がってます。
音が魅力の作品
エッチが得意なキャラを敢えて癒しに活用してる面白い作品です。

サキュバスは夢月邸の近くで出会った主人公に幸せな時間を提供しようと
近所のお姉さんっぽい穏やかな態度で接しながら耳と頭部を丹念にケアします。
そしてその途中で彼が興奮したのを見計らってサービスの対価に精液を搾り取ります。

良い意味でサキュバスらしくない女性が少年と思しき男性を癒すノーマル向けのシチュ
セリフよりも音の割合を増やし、状況に応じて変化させるASMR系の作り
尻尾を使った耳マッサージや尻尾コキといったサキュバス特有のサービスを盛り込む演出。
一般的な癒し系作品との差別化をしっかり行ってます。

中でも音は動きにこだわっててレベルが高いです。
同じマッサージでも動きが違えば幅広さが出るしよりリアルになりますからね。
太ももで挟まれてる感覚も忠実に表現されててセリフ少なめでも簡単にイメージできます。

サービスは尻尾を使った耳責めが最も印象的でした。
現実世界ではできない行為ということで、実況を適度に挟みつつ特徴のある音を鳴らします。
耳かきの直後にやるからそれぞれの違いがはっきりわかります。

エッチはおまけとは言いませんけど脇役に近い位置づけです。
純粋な快感だけでなく彼女の愛情や思いやりも感じながら抜けるようになってます。
癒しのサービスがこれだけ充実してるのなら別にいいんじゃないかなと。
内容を理解したうえで聴く分には満足できるクオリティを持ってます。

射精シーンは1回。
くちゅ音それなり、淫語と吐息そこそこ、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

CV:古都ことりさん
総時間 2:09:11

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2019年10月7日まで30%OFFの756円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。

【入浴・耳かき】あやかし郷愁譚 ~洗濯狐 お紺・秋~【焼き芋・香油マッサージ】

サークル「Whisp」さんの同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、人里離れた場所で洗濯屋を営んでる妖狐が
そこを再び訪れた旅人に色んな癒しのサービスをします。

全パートで何らかの環境音を流しながら色々話すバランスの取れた作りが魅力で
風の音、鳥や虫の鳴き声、囲炉裏の燃える音など季節を感じるものを状況に応じて切り替えながら
他愛もないものからやや込み入ったものまで色々話して心の汚れを取り除きます。
山奥でする素朴なおもてなし
洗濯屋・お紺の店主「お紺」と2人きりで1日を過ごすお話。

「ようこそいらしてくださいました 私はお紺 洗濯狐」
お紺は明るくて澄んだ声の女の子。
タイトルコールや自己紹介の後にこの音声の楽しみ方を説明すると
再び洗濯屋を訪ねてくれた主人公に駆け寄りお礼を言います。

本作品は人間とあやかし(妖怪の類)が共生してる世界を舞台に
彼女が100分近くに渡って4種類の健全なサービスをします。
囲炉裏を囲んでの雑談、風呂場での洗浄、耳かき、添い寝と素朴なものを取り揃え
そのすべてで状況に合った環境音を流して臨場感を出します。

例えば冒頭の2人が出会うシーンでは風の音や鳥の鳴き声だったのが
お店に入ると彼女が炊いた囲炉裏の音へと切り替わります。
お風呂場では当然お湯の沸く音が鳴るなど雰囲気作りに大きく貢献してます。
もちろんサービス中にも色んな効果音が鳴りますからこれらを聴いてるだけでも癒やされるでしょう。

「この音源は あなたが疲れてしまった時に なかなか寝付かれない夜に 気持ちを柔らかに解きほぐす そのお手伝いをできたらいいな、を目的とした音源です」
お紺については人間の少女とさほど変わらない純朴な性格をしてます。
この地を再び訪れてくれた彼を嬉しそうに迎え入れ、心の汚れが少しでも落ちるよう一生懸命お世話します。
最中の会話も序盤から中盤は当たり障りもないものを中心に据え、終盤だけ若干込み入ったことを話します。
続編らしいですけど前作を未視聴の私でも特に問題なく楽しめました。

会話量が非常に多いのでASMR系の作品ではありません。
諸々の音と会話を同じくらいの存在感にしてるバランス重視の作風です。
季節感のある物語
主人公がお紺の店にやって来た直後にするのは雑談(約22分30秒)。
秋の山奥を移動して冷えた体を囲炉裏で暖めながら話し、ついでに焼いたお芋をいただきます。

「このアルミホイルというのは 便利ですね」
「居心地のいい距離をお互い取り合って あやかしたちと 人間たちが 共存している」

彼女は見た目は若々しいですけど妖狐なだけあってそれなりの年月を生きてます。
火に入れても焼けないアルミホイルを不思議そうな面持ちで使い
2人がいる茂伸(ものべの)で彼が出会ったあやかしのことを興味深そうに聞きます。

最初から顔見知りなので堅苦しいやり取りは一切ありません。
サービスらしいことを敢えてやらず、何気ない情景を描いてまずは作品の世界に引き込みます。

続く「お紺の背中流し」は体の洗濯(約19分)。
風呂場に移動し彼の背中、腕、肩をヘチマのスポンジで綺麗にし
仕上げに米ぬかを原料にした油を塗っていい香りにします。

「旅の方 ご存知ですか? 石鹸で泡を立てます時には まず手を洗って 手の脂を綺麗に落としませんと」
旧式の風呂釜に火を炊く音、手桶で体にお湯をかける音、泡混じりのぽりぽりした石鹸の音など
ここからは様々な効果音が耳を楽しませてくれます。
会話も何をしてるか実況しながら優しい言葉をかけるイメージ重視のものです。

最初にお風呂を持ってきたのは前のパートで服が汚れてしまったのもあるのでしょうけど
寒くなりつつあるこの時期に体を温めるのが大事だと思ったからでしょう。
先ほどの囲炉裏も含めて音やサービスに季節感を出しながら物語を進めます。

時間が最も長いサービスは次の耳かき(約24分)。
膝枕の状態で右耳→左耳の順に綿棒のみを使って汚れを取ります。
そして最後に軽く息を吹きかけます。

綿棒は「くしゅっ」というやや湿り気を帯びた柔らかい摩擦音が使われており、中の壁を優しく撫でるように動きます。
クレジットの最後に「その他:シロクマの嫁」と書かれてるところを見ると
もしかしたら効果音の作成でシロクマさんに協力してもらったのかもしれません。
音質、動きいずれもそれなりの品質を持ってます。

「初めての耳かきの時は 体緊張でこわばって お紺のほうがすこーしだけ怖いくらいだったのに」
ただし、このパートに関しては耳かきよりも会話のほうがずっと存在感が大きいです。
前回2人が初めて出会った頃の頃を思い出したり、この家にある鉢植えの花に関するお話をします。
お風呂の時までは当たり障りのない話題ばかりだったのですが
ここに来て本作品ならではの要素が登場して深みが増します。

どこを掃除してるとか耳かきに関する実況はほとんどしません。
効果音や環境音をBGM代わりにして会話を楽しむ変わった耳かきに仕上がってます。
お話自体は興味深かったのですが、セリフごとの間をもっと長く取ったほうが落ち着くかなぁと。
全編を通じて割とガンガン話しかけてくるのでもう少し無駄を用意したほうがいいと思います。

このように音で体を、会話で心を洗濯する彼女らしいサービスが繰り広げられてます。
風情のある作品
山奥で洗濯狐とのんびり過ごす様子を和やかに描いた作品です。

お紺は洗濯屋を再び訪れてくれた主人公に心安らぐ時間を提供しようと
店員よりもやや近い距離感で接しながら上半身とお耳を隅々まで綺麗にします。
そしてこれらの最中に他愛もないことやロマンチックなことを話して心のほうもケアします。

秋らしさを感じる効果音と環境音、良い意味で人外らしくない彼女のキャラ
両者の分量をほぼ半々に保ち両方から癒やす作り。
一般的な耳かき作品よりもキャラを重視してお話を組み立ててます。

「叶わないってわかりきってる恋ならば それは優しいって思うから」
特に2番目の要素は店員だからといって距離を置こうとせず
友達以上恋人未満あたりの親密さでお世話してくれます。
もう少しあやかしっぽさを出したほうが作品と彼女に魅力が出るとも思いますが
まだお話は続くようですし、これから色々変わっていくのかもしれません。

サービスについては効果音よりも環境音のほうが印象に残りました。
囲炉裏の音や風呂釜の音など温かみを感じるものが多いです。
ただループっぽく聞こえたのでもう少しリアリティを出す工夫が欲しいかなぁとも思います。

CV:伊ヶ崎綾香さん
総時間 1:36:32

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2019年2月12日まで50%OFFの400円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。

メイドデリバリーサービス『メイドハンドヘブン』梨乃愛&玲乃愛編

サークル「Whisp」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、見た目はほぼ一緒だけど内面は大きく違う双子が
サンタコスで出張形式の癒しとエッチなサービスをします。

左右に陣取り同時に息吹きや耳舐めをしたり
片方がSEXしてる間にもう片方は手マンしてもらい異なる喘ぎ声を漏らすなど
女性が2人いる状況を活かした密度の高いエッチをするのが特徴です。
可愛い双子と気持ちいい聖夜を
星咲梨乃愛と星咲玲乃愛がデリバリーサービスするお話。

「きょ、今日は……ご指名頂きありがとうございます、御主人様! メイドデリバリーサービス、メイドハンドヘブンからきました、梨乃愛と……」
梨乃愛(挿し絵左)は内気で大人しそうな声の女の子。
「玲乃愛だよ! クリスマスに呼んでくれてありがと、御主人様!」
玲乃愛(挿し絵右)は明るくて元気な声の女の子。
クリスマスの夜、自分を指名してくれた主人公の家へ出かけて挨拶すると
まずはこれから行うサービスの概要を説明します。

本作品は1人でクリスマスを迎えた彼を幸せな気分にしようと
彼女たちが左右に寄り添い個別に、あるいは同時に3種類のご奉仕をします。
季節感を出すためにサンタコスやそれにちなんだ挨拶をしますが
やってることはクリスマスとほぼ無関係なのでこの時期じゃないくても普通に聴けます。

大きな特徴はプレイスタイルとキャラ。
双子らしさが出るように中盤以降は常に2人同時に責め続け
ちゅぱ音や喘ぎ声といったエッチな要素を重ねてエロさと密度を上げます。

またその際のセリフや反応に多少の違いを出して彼女たちの魅力を出します。

前者は両耳舐め&息吹き、SEXしながらの手マンとシーンごとに表現方法を変え
セリフよりも声や音の割合を増やすASMRっぽい表現がされてます。
彼女たちはメイドになりきってお世話しますからM向けの要素もまったくありません。
バイノーラルの長所と両手に華の気分が出るようストレートなエッチをします。

玲乃愛「こっちの方が早いって♪ ね、御主人様~ ふぅ~~~~~」
梨乃愛「もう……玲乃愛ったら。 では私も……ふぅ~~~~~」
後者は活発な玲乃愛が控えめな梨乃愛を引っ張りつつ
2人が同じくらいの存在感を出せるように物語を組み立ててます。
見た目はほぼ一緒ですけど内面は随分違う双子だなと。
特にSEXシーンは積極的におねだりする梨乃愛、普段よりも可愛く乱れる玲乃愛といったように
多少のギャップを持たせて魅力を引き出してます。

コースに関する説明を終えた直後にする最初のサービスは耳かき(約14分)。
梨乃愛は右耳、玲乃愛は左耳を担当しどちらも耳かき棒のみを使って手前と奥をお掃除します。
そして開始後はセリフが一気に減り、効果音と彼女たちの吐息だけが流れます。
息吹きはエッチの序盤にやるのでこのシーンにはありません。

耳かき棒は「すりすり」という滑らかな摩擦音が使われており
手前の時はゆっくり撫でるように、奥は小刻みにやや力強く引っかくように動きます。
効果音はバイノーラルじゃないのか質感に立体感があまり感じられませんでした。
動きについても変化に乏しく、最近の耳かき情勢を考えればかなり厳しいと見ています。

効果音よりも声の音量が大きいことにも首を捻ります。
耳かきは耳の中を器具で直接お世話する行為ですから効果音>声となるのが自然です。
この部分が逆だと臨場感が下がり、効果音を聞き取りづらくなってしまい品質に悪影響が出ます。

もうひとつ、耳かき中に彼女たちがほとんどしゃべらないのももったいなく思います。
本作品は女性が2人登場するのが売りですから、非エロのシーンでセリフを大幅に減らすとそれを活かしにくくなります。
一番最初のシーンで黙ってしまうと雰囲気作りもできませんし、もっと話していったほうが良いんじゃないかなと。
それなら効果音より声の音量を大きくした意味も出ます。
音重視の穏やかなエッチ
エッチシーンは4パート27分間。
プレイは耳舐め、手コキ、キス、SEX(正常位、騎乗位)、手マンです。
手コキ、SEX、手マンの際に効果音が鳴ります。

梨乃愛「それではご主人様………… これより、お耳を綺麗にさせていただきますね」
玲乃愛「え?もう綺麗になった?? ふふ~ん、まだなんだなぁ~ これからがある意味……本番、だよっ♪」
耳かきで主人公の耳の中を綺麗にした双子は
そのまま息吹きや耳舐めで今度は外側のお掃除に取り掛かります。

エッチは時折責め手を変えながら彼女たちがリードします。
前半の2パート10分間でするのは耳舐め手コキ。
「基本サービス『梨乃愛&玲乃愛 耳舐め』」は耳責めに専念し
次の「基本サービス『梨乃愛&玲乃愛 耳舐め手コキ』」でダブル手コキが加わります。

玲乃愛「あ、おねえちゃん替わって。ボク、亀頭の部分を手のひらでいじる♪ これ……頭が真っ白になるくらい気持ちいいんだよ~♪」
双子なだけあって彼女たちの息はバッチリ。
梨乃愛は竿、玲乃愛は亀頭と手分けして耳とおちんちんを同時に責めます。
耳かきと同じくセリフよりも声や音の比重を大きくし、後になるほど激しくいじって射精へ追い込みます。
別の声優さんを起用してるのに耳舐め音がほぼ一緒だったのは残念ですが
メイドがご主人様に奉仕してる雰囲気は出ています。

抜きに役立つのは後半の2パート17分間。
梨乃愛(正常位)→玲乃愛(騎乗位)の順に繋がり、もう片方は手マンで3人同時の絶頂を目指します。

梨乃愛「おちんちん……いれてください、御主人様…… ええ、そのまま……生で………… お願いします、入れてください御主人様…………」
玲乃愛「んはぁ……おおきっ……んあ、あ、っ、あっ……ふはぁ…… え、えへへ……奥まで入ったよ、御主人様……はぁ、はぁ」
そしてここでは前項で話した2人のギャップが効果を発揮します。
個人的には玲乃愛のほうが普段よりもずっと可愛らしくてグッと来ました。
左右から喘ぎ声、中央から効果音が同時に流れるひと時はとても濃厚です。
ピストンのペースを緩めにしたのは喘ぎ声を聴きやすくするための配慮なのかもしれませんね。

このように、双子らしい連携の取れた複数人プレイが繰り広げられてます。
密度の高い作品
時間に対する音の量や密度にこだわってる甘い作品です。

梨乃愛と玲乃愛はクリスマスに自分たちを指名してくれた主人公の心身を満たそうと
メイドよりは妹っぽい態度で彼に接し、コースに沿った癒しとエッチなサービスをします。
そしてその多くで2人が手分けしたり同時に責めて双子にご奉仕されてる気分を出します。

性格が大きく異なる双子が一生懸命ご奉仕するシチュ
2人の魅力や存在感が出るように配慮したプレイスタイル、主にSEXシーンで見せる普段とのギャップ。
音重視でありながらキャラも多少引き立つように作品を組み立ててます。

私はWhispさんの作品を初めて聴いたものですから聴く前は期待と不安がほぼ半々でした。
耳かきの時点では「こりゃ厳しいなぁ」と思ったのですが
その後のエッチは女性が1人の時とは明らかに違うプレイをされていて良かったです。
どちらかと言えばエッチを得意とされてるサークルさんなのかなと。

販売ページのジャンルにASMRがついてることからも音を重視してるのが窺えます。
セリフはサービスの進行や彼を気遣うものが中心で言葉責めと呼べるものはほとんどありません。
それに対して音はくちゅ音、ちゅぱ音、喘ぎ声を積極的に鳴らしていて内容が濃いです。

でも音で抜かせるなら彼女たちひとりひとりに明確な特徴をつけたほうが良いとも思います。
例えばそれぞれに得意なプレイを設定し、それをやるパートで活躍させるとかです。
声とセリフは個性が出てるんだけど、責めっぷりに関してはほぼ一緒になってしまってます。

絶頂シーンは主人公3回、双子いずれも2回。
くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声それなり、淫語そこそこです。

以上のことから今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:梨乃愛…奥寺かすみさん 玲乃愛…愛花むぎさん
総時間 55:11

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
2019年2月4日まで50%OFFの600円で販売されてます。
その場合の点数は7点です。

↑このページのトップヘ