同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:Voiceroid+民安ともえ

   ● 精神感応機械-エクスタシオン- Ver1.2
   ● サイボーグ改造手術催眠
   ● 搾精チェンバー2
   ● 催眠マスク


ecd4b8ab

サークル「Hypnotic_Yanh」さんの無料の催眠音声作品。

今回紹介する作品は、地球の平和を守り続けてるロボットが
パイロット適正を持つ男性に催眠をかけてからエッチな手段で起動を手伝ってもらいます。

複数の音と技術を組み合わせて何度も絶頂させる独特なエッチが行われており
「ぶぉぉぉぉん」というトーンの低い振動音や「ぽちゃん」という水音を鳴らしながら
それらを聴くほど感度が上がり気持ちよくなる暗示を入れて脳と股間をとろとろにします。

視聴前に女性用スクール水着を用意しておくとより楽しめます(一応無しでも可)。
巨大ロボの原動力は…
エクスタシオンに乗り込み絶頂しまくるお話。

「それでは、一度目を閉じて、リラックスしてください」
エクスタシオンはややトーンの低い淡々とした声の女性。
音声を聴く際の注意事項や服装を簡単に説明すると
目を閉じたまま足をほんの少し浮かすように言います。

本作品は地球を守るために存在してるけど今は動けずにいる巨大ロボが
パイロットの適性を持つ彼とおよそ60分間の比較的ハードなエッチをします。
戦いに必要なエネルギーを充填するためにエッチすることを考えれば
彼女はおそらくAIやコアにあたる存在なのでしょう。
彼に頼む立場にあるので終始穏やかな態度で接します。

「かすかに、気持ちいい音が、聞こえています。この音は、精神感応カプセルの、作動する音」
最大の特徴は音と技術を組み合わせて連続絶頂させること。
プレイ中はタイプの異なる3つの音が登場し、それらが後になるほど激しくなります。
フェラやSEXといった定番のプレイはほとんどやらず、エクスタシオンとの精神感応を通じて気持ちよくなります。
機械は無慈悲な夜の女王」や「アクメノイド・イリア《催眠音声》」に内容が似てますが
こちらは体への刺激を極力削ってあるのでより音モノ色が強いです。

振動音はオベパルスと呼ばれるもので、実際に聴いてみると脳を軽く揺さぶられる感覚がします。
他に出てくる作品は「おべぱるす催眠」くらいですから結構レアですね。
バイノーラルビートやヘミシンクに似た質感の音です。

他にもお風呂にタブレット状の入浴剤を入れた時のような音が鳴ったり
その直後に「びびっ」という電流っぽい音が鳴るなど
音声作品でよく使われるくちゅ音やちゅぱ音とは明らかに性質の異なるもので揃えてます。

催眠についてはエッチが特殊なことやエクスタシオンと感覚をリンクさせる展開を踏まえて
聴き手の抵抗心を削ぐことに力を入れながら進めます。
エッチはM向けですけど催眠は癒しのパワーが強いので催眠特有の心地よさを味わいやすいです。

また冒頭でも触れたように本作品ではスク水を実際に着るシーンがあります。
作中ではスク水ではなくパイロットスーツと呼ばれており
サークルさんによると原則必須ですが体に密着する衣服なら別のものでも一応いいそうです。
無難なところだとボクサーパンツにサイズが小さめのシャツでしょうか。
これを活かしたアプローチもかけてきますから、何か身につけて聴いたほうが楽しめると思います。
お互いの心を近づけてく催眠
催眠はおよそ24分間。
仰向けに横になって目を瞑り、軽い運動の後に深呼吸して心身をリラックスさせます。
そして主人公の気持ちを確認してから全身をパーツごとに脱力して催眠に入ります。

「あなたは、選ばれた人間です。突然で驚いた事でしょう。しかし、これは真実です」
「あなたは、催眠に、入りたい。催眠に、かかりたい。催眠で、気持ちよくなりたい。そう、思っています。そうですよね」

Voiceroidが声を担当してるので声優さんに比べると無機質な感じはしますが
セリフ自体は彼のことを持ち上げるものが非常に多いです。
音声の序盤から彼を「選ばれた人間」と呼び
運動や深呼吸の指示を出しながら催眠に対して前向きな気持ちになるようリードします。
「選ばれた人間」はこの後何度も出てきますし、本作品におけるキーワードのひとつと言えます。

彼女の暗示を受け入れやすくなった後はより深いところへ移動します。
ロボットアニメの話をしてこれから何をするか遠回しに教え
自分が催眠に入った時の感覚を呼び起こす暗示を数回に分けて入れます。
そして最後にカウントを数えて深化させ、エッチの舞台となるコックピットの入り口まで彼を運びます。

「ズーンと、沈む、感覚 声が、体全体に、染み込む、感覚 頭が、ぼーっとして、幸せに、満たされる、感覚」
深化のシーンは声に多少のエフェクトをかけて
催眠に入った時に味わう感覚を色んな表現で伝える経験者向けのアプローチです。
私もここを聴いた瞬間、意識のぼやけが強くなったり落ちる感覚がしました。
催眠の要所ということで他のシーンよりも入念にやってくれます。

エッチを楽しめる環境作りに専念した心地いい催眠です。
聴き手をエクスタシオンのパイロットになる気にさせてからコックピットへ導くことを目的に
手、足、首を軽く持ち上げる運動から入って深呼吸、分割弛緩法
そして無意識に眠る催眠の感覚を呼び起こす深化と心身両面にバランスよく働きかけます。

個性的な作品を数多く出されてるサークルさんなだけあって
定番の技術をただ繋げるようなことはせず、合間に本作品独自の会話を挟みながら進めます。
言い回しに結構気を遣ってくれてるおかげで嫌な気分をまったく抱かずに聴けました。
深化時の感覚も結構強烈でしたし、催眠に入ったことのある人なら私と似た体験ができると思います。
ロボットと快感を結びつけるエッチ
エッチシーンは2パート30分間。
プレイはスーツ(スク水)の着用、音による絶頂、自分の体を愛撫する(オナニー)です。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
エッチの序盤に着替える指示が出ます。

「○○と、いう言葉を聞くと、何でも受け入れます」
催眠を使って主人公をコックピットの入り口まで連れて行ったエクスタシオンは
とある暗示を入れてからエネルギーを充填するためのスーツに着替えてもらいます。

エッチシーンは彼女に言われた通りに動いたり絶頂します。
最初の「エロパート1」は本格的なプレイをする前の準備にあたるシーン(約10分)。
予め用意したスク水(やそれに類する衣服)を身に着け、その後再度深化して催眠状態を安定させます。

「寝たままでも、少し起き上がっても構いません。体を起こしても、催眠は解けません」
「あなたがスーツを意識するたびに、快感が何倍にも膨れ上がります。スーツの締め付けを思い出すたびに、快感が増幅します」

体を動かしても催眠が解けることはないと明言したうえで丁寧な指示を出し
さらにスーツを着てる状況やその質感に対して快感を覚える暗示を入れます。
本作品のエッチは体への刺激を弱めに設定してますから
上手く絶頂するには心の興奮をどれくらい高められるかが重要になります。
それを踏まえて準備の段階から感度を上げて音で感じられる体勢を整えます。

続く「エロパート2」は音を使ったプレイでイかせるシーン(約20分)。
開始直後から低めの振動音が鳴り始め、少し経つと水音が加わり彼女と精神を同調させます。

「私の快感が一気に逆流します。あなたに快感が注ぎ込まれます」
前者は彼が味わってる快感の大きさ、後者は彼女に伝わってる快感の度合いを意味し
これらを組み合わせて現在の気持ちよさと絶頂までの時間を直感的に伝えます。
音自体ははっきり言ってエロくありません。
でも音と彼女の言葉を聞けば聞くほど何かが自然とせり上がってくるのがわかります。
ストレートなエロ要素をほぼ使わずに絶頂させる催眠音声ならではのエッチです。

パートの後半に入るといよいよ連続絶頂が始まります。
初めはカウントを数える要領で水音を何度も鳴らし
その後は普通に短めのカウントを数えながら追い込み暗示を入れます。

「全身がのけぞるような快感が、あなたを襲います。脳が快感を襲います。脳でいく快感。脳の絶頂。これが、精神感応」
「あなたは、脳で絶頂しても、最後の液を放出しても構いません」

催眠、スーツの着用、音を使った快感の注入と
いくつもの工程を経てから絶頂するおかげでその瞬間は気持ちいい波が全身に押し寄せてきました。
作中では股間→脳の順にイかせようとしてくるので、同じドライでもシーンによって快感が多少違います。
また一番最後の絶頂シーンだけは射精を許可するっぽいセリフも言ってくれます。

これの3分くらい前から自分の体を愛撫する指示がありまして
たぶんおちんちんをしごいてもいいんじゃないかなと。
といってもスーツ越しになるため実際は手や指で撫でる感じになるでしょう。
スク水以外を着用する場合は汚れてもいいものを選んだほうが良さそうです。

このように、音で感度を上げたり絶頂させる個性的なエッチが繰り広げられてます。
M向けの音モノ作品
穏やかな雰囲気で割とハードなエッチをする高品質な作品です。

エクスタシオンはパイロットの適性がある主人公にエネルギーを注入してもらおうと
まずは催眠を通じてパイロットになりたい気持ちにさせたうえでコックピットの前まで送ります。
そしてエッチはスーツの着用→音を使った精神感応を順に行い何度も絶頂させます。

性的快感をエネルギーにしてる巨大ロボがエッチな手段でそれを分けてもらう珍しいシチュ
パイロットになることや彼女に対する抵抗心を上手に削いでく優しい催眠
スク水のぴっちり感を味わわせながら音で気持ちよくする刺激が強めのエッチ。
サークルさんらしい独特な世界観とサービスで聴き手の心をガッチリ掴みます。

中でもエッチは敢えてエロさを下げて催眠状態下だからこそ迎えられる絶頂を目指します。
催眠を経験者向けにしたのもこのプレイの成功率を上げたかったからかもしれません。
ぶっ飛んだ内容ですがやってることは理に適っててスムーズにイけました。
スク水を使わなくても皮膚が敏感になってるのを実感できましたし
スク水がないからといって敬遠するのはもったいないと思います。

あと催眠音声で体を圧迫する服装を敢えてさせるのも面白いなと。
大抵の作品はリラックスの妨げになるから緩い服装をする指示が出ます。
スク水に着替えさせてから再度落とすあたりも考えられてて素晴らしいです。

絶頂シーンは7回。
効果音それなり、淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

無料なので興味のある方は是非聴いてみてください。

CV:Voiceroid+民安ともえさん
総時間 1:00:58

催眠オナニー・同人音声の日記
http://blog.livedoor.jp/yanh_japan/archives/2951691.html

サークル「Hypnotic_Yanh」さんの無料の催眠音声作品(男女両用)。

今回紹介する作品は、無機質でSっ気もそれなりにあるコンピュータが
機械化願望のある人間を催眠を使ってサイボーグの体に変えます。

全身に電流を流しながら気持ちよくなる暗示を入れたり
様々な機械音を鳴らしつつ何度も何度も絶頂させるなど
人間の時とは大きく異なる刺激的なエッチをするのが特徴です。
人間では味わえない快感をあなたに
AI1919(エーアイワンナインワンナイン)に催眠をかけられサイボーグになるお話。

「ようこそ、シークレットラボラトリーへ」
AI1919はややトーンの低い淡々とした声のお姉さん。
音声を聴く際の注意事項を簡単に説明すると
軽く自己紹介してから早速テーマのサイボーグに関するお話を始めます。

本作品は人間とは別タイプの快感を味わわせることを目的に
彼女が75分程度を使ってそれに沿ったエッチな催眠を施します。
サイボーグになって責められるのがコンセプトなので催眠パートは主に改造手術を行い
エッチで連続絶頂形式のハードなプレイを繰り出します。

サークルさんの別作品だと「セクサリオン・リリィ」が最も近いです。
催眠音声処女作でありながら独自の要素を取り入れてたりと
8年前の時点から現在の作品に通ずるものがいくつも込められてます。

「改造手術の前に、しなければならないこと。そう。手術の苦痛を、感じないようにすることです」
「サイボーグへの改造」と聞くと痛みや苦しみを連想する人がそれなりにいると思います。
だから彼女は最初の時点でそれらを取り除くことを明言し
実際に快感や幸福感を強めに与えながら改造を進めます。

ヤバそうなところは表現をかなりぼかしてありますから
M~ドMの性癖を持ってる人ならマイナスの感情を抱くことなく楽しめるでしょう。

ちなみに声は機械らしさを重視されたのかボイスロイドが担当してます。
脱力感を与える時は話すペースを一気に緩め、逆に追い込む時はハイペースで畳み掛ける細かな編集がされてます。
心のケアにも配慮した催眠
催眠は3パート28分間。
仰向けに横になって目を瞑り、まずは部屋にあるマスクを装着するイメージをしながら深呼吸します。

「催眠ガスが 肺を満たします 催眠ガスが 体中に染み渡ります ガスがあなたの体を弛緩させていきます」
「ふしゅー」という空気の噴出音が長めの間隔で鳴り始め
さらにAI1919も呼吸の合図を出しつつリラックスを促す暗示を入れます。
このように本作品では状況に応じてリアルな音を鳴らすことが多く
それを起点にイメージを膨らませたり感覚をコントロールしようとします。

サイボーグ改造手術は現実世界だとまず体験できない行為ですから
リアリティを出すためにこういう演出は結構重要になります。
エッチシーンで音に釣られて絶頂感がこみ上げてくる人がきっといるでしょう。

「右手に、催眠薬が入って来ました。力が抜けてくる。どんどん抜けていく。右肩の力が抜け、腕の力が抜け、手のひらも、力が抜け、だらーんとなりました」
お次は両腕と両足にチューブを刺し、そこへ催眠薬を注入します。
右腕、左腕、右足、左足、胴体、頭と全身を主要なパーツに分割し
そのひとつひとつに言葉で脱力感や重さを伝えます。

感覚が湧く範囲を少しずつ広げていくのが良いですね。
実際に薬を注入した時に近い進め方にしてリアリティを出してます。
私が聴いた時は重さと一緒に軽い痺れも感じました。

2番目の「3・ナノマシン注入。改造手術」でするのは本題のサイボーグ化。
事前に手術を受ける意思を確認してから主人公が寝ているベッドを溶かし
全身を白い液体に浸してそこにあるナノマシンが改造します。

「深い、液体の中。下も、上も、分からない。右も、左も、分からない。ゆらゆら、ゆらゆら、分からない」
「ナノマシンがあなたの体を犯す。快感を発する。脊髄がしびれる。股間がしびれる。脳がしびれる。ナノマシンが脳も犯す。体が変わっていく、改造されていく。もう止まらない。快感が止まらない」

バックに「ブブブブブブ」という低く小刻みな振動音を鳴らしながら
ベッドが溶けるシーンは体が沈む感覚と液体に揺られる感覚
改造中は詳細な実況を避ける代わりに得られる感覚を伝える、といった具合に
引き続き音とセリフを組み合わせてサイボーグになった気分を膨らませます。

このパートの最後にはドライ絶頂させるシーンもありまして
催眠慣れしてる人ならそれに合わせて体がビクつくかもしれません。

凄惨さをできるだけ出さずに改造するテーマ性の強い催眠です。
聴き手の体を人間からサイボーグに変えることを目的に
前半は深呼吸からの分割弛緩法、後半はカウントを交えた深化&最初の絶頂と
古典催眠の技術を本作品なりにアレンジして改造する様子をそのままなぞります。

リラックスや心の抵抗を取り除くことに力を入れてあるおかげで
聴いてる最中はぬるま湯に浸かってるような心地いい感覚が続いてました。
深化も軽い落下感が味わえましたし十分なクオリティを持ってます。
わかりにくい部分を効果音で上手くサポートできてるのも大きいです。
機械の体で犯される快感
エッチシーンは3パート36分間。
プレイはオナニー、電流責め、体の愛撫、乳首オナニー、充電責めです。

電流責め、充電責めの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありです。
途中で服を脱ぐ指示が出ることはありません。

「あなたの体の中には、まだ少し、ナノマシンが残っています。あなたのボディーに悪影響を与えないよう、これらをすべて、体外に出してしまいましょう」
催眠を交えた改造で主人公の体をサイボーグに変えたAI1919は
その際に使ったナノマシンを変わった手段で除去しようとします。

エッチは終始彼女に言われた通りにします。
最初の「5A・ナノマシン排出」でするのはオナニー(約7分)。
片方の手でおちんちんを握り、そのまま上下に擦って射精を目指します。
ちなみに本作品のエッチは選択式になってまして、3つあるルートの中から1つ選んで聴きます。

「規則的に股間の突起物をこすり続ける。その、突起物に刺激を与えると、その部分にだんだんと、何かが溜まってくる感覚がしてきます」
一見するとスタンダードなプレイなのですが
おちんちんのことをわざと「股間の突起物」とぼかしたり
直接的なエロ要素を極力を挟まないことで人間がするエッチとの違いを出してます。

彼女の口調もこれまでと同じく淡々としてます。
時間が短いので1~2日溜めてから聴いたほうがいいでしょう。

それに対して残りの2パート29分間はドライ形式。
「5B・ナノマシン破壊」は体内に電流を流して5回(約6分)。
「05C充電責め」は体を軽く愛撫した後にエネルギーを充填して7回絶頂します(約23分)。

「ほら、どんどん快感が、脳のほうに上がってきました。このパルスが聞こえますか?。このパルスは、快感増幅装置の発する音」
そしてここでは効果音が重要な役割を果たします。
電流責めはビリビリという音が左右同時に流れ
充電責めの時も胸は「ぎゅわんぎゅわん」、アナルは「ぶぉん」という特殊な音が鳴り
さらに絶頂へ近づくにつれてパルス音のペースが速くなります。

並行して気持ちよくなる暗示ももちろん入れてきますが
音を起点に盛り上げようとする意図が見られるのも事実です。
充電責めは「セクサリオン・リリィ」にも登場してますし、あちらを視聴済みならハマる可能性があります。

実際に聴いてみた感じですとやはり充電責めのほうが気持ちよかったです。
時間が他の2パートより長めに取られていて余裕があり
絶頂までの持って行き方も言葉と音を組み合わせていて上手です。
本当にノンストップで繰り返しますから、筋肉の痙攣や疲労を感じることを覚悟してお聴きください。

このように、人間らしさを極力排除したハードかつアブノーマルなエッチが繰り広げられてます。
マイルドな機械作品
サークルさん独自の視点で機械姦を描いてる作品です。

AI1919は機械化願望のある主人公にそれを叶えさせようと
まずは催眠を通じて全身麻酔とナノマシンによる改造を施し
エッチは人間がされたら絶命してもおかしくないプレイを提供します。
そしてこれらをするにあたって様々な効果音を取り入れ臨場感を出します。

無機質なコンピュータが人間を機械に変えて犯す変わったシチュ
シンプルな技術と個性的な要素を融合させた催眠
3つのルートを用意し、それぞれで異なる責めを繰り出すぶっ飛んだエッチ。
催眠にかかりやすくしたうえでM性の強い人が喜びそうな作品に仕上げてます。

「この声に、従うことは、気持ちいい。この声の、言うとおりにすることは、気持ちいい。この声に、コントロールされるのは、気持ちいい」
この作品を「マイルドな機械作品」と評した理由は彼女の進め方にあります。
最初に彼が改造手術を受けたいかどうかをしっかり確認し
さらに宣誓までさせてそうなることを受け入れやすくします。
そしてサービス中は彼女の声に対する集中力を高め、心地よさを感じさせ、従いやすくします。

元々彼が望んでサイボーグになった経緯も相まって
ヤバそうなシチュとは思えないほど穏やかな空気が漂ってます。
プレイはかなりハードですけど、それを前向きに楽しめる環境をきちんと整えてくれます。

エッチは何度も言ってるように音の存在がプラスに働いてます。
これがなかったら相当イメージしにくくなってたのではないでしょうか。
万人向けではありませんがやり方は筋が通ってるし理に適ってます。

絶頂シーンは14回(ドライ13回、ウェット1回)。
効果音それなり、淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

公開から長い時が経った今でも強烈な個性を放ってる作品です。

CV:Voiceroid+民安ともえさん
総時間 1:14:57

ダウンロードはこちらから
http://blog.livedoor.jp/yanh_japan/archives/2344290.html

サークル「Hypnotic_Yanh」さんの無料の同人音声作品。

今回紹介する作品は、新開発された搾精機のテスターに選ばれた少年が
胸や股間を中心に様々な機械で徹底的に責められます。

多種多様な効果音を駆使したリアルな機械姦が行われており
振動、圧迫、電気など現実世界で行われるエッチとは違う刺激を与えながら
彼の心身がぶっ壊れないギリギリのラインで何度も射精させます。
男をイかせ続ける夢の機械
搾精チェンバー2の実験台になり何度もイかされるお話。

「お目覚めになりましたでしょうか」
A.I.1919は淡々と話す明るい声のお姉さん。
搾精チェンバー2の第一号テスターに選ばれた主人公の体を拘束すると
今回行うテストの内容を簡単に説明します。

本作品は2010年8月に発売されたサークルAshさんの名作「搾精チェンバー」を聴いて
感銘を受けたHypnotic_Yanhさんが原作を元に独自に製作されました。
催眠音声で有名な同サークルさん唯一の同人音声です。
お話が独立してますから原作を無理に聴く必要はありません。

内容は原作と同じくとある企業で開発された搾精チェンバーの改良版を
A.I.1919のナビゲーションに従い思春期くらいの少年が体を張ってテストするというもの。
その一部始終を様々な効果音を使ってリアルに表現しています。
ちなみにA.I.1919の声は声優さんではなくボイスロイドが担当しています。

テストに登場する機械ごとに質感の異なる音が鳴るのはもちろん
彼の体を拘束したり体調をチェックするといった細かなシーンにも固有の音が入ってます。
効果音にこだわっていた原作の作風を忠実に継承してます。

もちろん肝心のテストも個性的なものばかり。
大型の電マでおちんちん全体に振動を与えるプレイから始まり
吸引機とバイブで乳首とアナルを同時に責めたり、性感帯に電流を流すぶっ飛んだものまで登場します。
そして最中は彼が喘ぎ声を上げながら何度も何度も射精します。

「血圧、脈拍、体温、ペニスの膨張率、射精回数のいずれかが、規定数値をオーバーした際には、自動的に停止いたしますので、ご安心下さい」
ただし今回行うのはあくまで動作テストですから
被験者の心身をとことん痛めつけ、壊してしまうほどに過酷な展開にはなりません。
開始前にはA.I.1919がテストを受けられる状態かどうかを細かくチェックし
最中も彼の様子がおかしくなった時は安全装置が作動しプレイを中断させます。

一言で言えば思いやりのある機械姦をしてくれます。
責め方は確かにハードなんだけど彼女の態度のおかげで雰囲気は意外に和やかです。
エンディングも至って明るいですし、ブラックな作品が苦手な人でも普通に聴けます。
これも原作にあった非常に面白い要素です。
股間の内外を集中攻撃
エッチシーンは4パート26分30秒ほど。
プレイは電マ責め、乳首&アナル同時責め、電流責め、尿道責めです。
すべてのプレイに極めてリアルな効果音が鳴ります。

「それでは、最初のテストを開始いたします」
説明を終え主人公を第一テストのステージに移動させると
A.I.1919は彼の体に異常がないのを確認し、電マを股間から10cmの位置に近づけます。

エッチはどのパートも機械に責められる形で進みます。
最初の「chamber02」パートで行われるのは電マ責め。
AVで使うものよりずっと大きいサイズのそれをおちんちんに少しずつ近づけ
おちんちんの膨張率、脈拍、彼の反応などを逐一チェックします。

電マが近づくにつれて「ブブブブブ」という効果音が徐々に重く鈍くなり
おちんちんに接触するようになると微かな摩擦音が入り、音のリズムも若干不規則になります。
このパートだけでも本作品の音の素晴らしさがきっとわかっていただけるはずです。
射精の際も心臓の鼓動音と吸引音が同時に鳴って精液採取の様子をリアルに表現しています。

主人公「ひゃんっ」
A.I.1919「ペニスへの充血を確認。被験者に、空気振動と音による興奮が認められます」
そしてプレイ中はシーンに応じて主人公が女性とほぼ同じな可愛い喘ぎ声を漏らします。
(喘ぎ声が入ってないバージョンもあります)
悲鳴に近い声を漏らすシーンも一部ありますが凄惨さはそれほど感じません。

最も個性的なプレイが登場するのは「chamber04」パート。
2つの睾丸、亀頭、アナル(前立腺)に電極を装着し
少しずつ慣らしながら電流を流す部位を増やしパワーも上げていきます。

敏感な部分に伝わる初めての刺激が余程気持ちいいのか
主人公は僅か6分間に3回連続で射精するほどの激しい反応を見せます。
バックで流れる「ジジジジジジ」という小刻みな効果音や彼の喘ぎ声からも責めのハードさが伝わってきます。

「射精を確認しました。精液を採取中です。安全装置解除中のため、このまま、テストを続けます」
パート終盤にA.I.1919が彼の同意を得た上で安全装置を解除し責め続けるシーンがあったりと
機械に無慈悲に犯され、イかされるドM向けのプレイが楽しめます。
音声作品では滅多に登場しない電流責めも魅力です。

このように、限界ギリギリまで男性を追い込むハードなプレイが繰り広げられています。
独特な機械姦が楽しめる作品
機械姦の醍醐味が数多く詰まっている作品です。

感情を表に出さないA.I.1919がテストでより良い結果を出すために
心身を壊さないよう気をつけながら主人公の性感帯をとことんまで責め抜きます。

機械姦からイメージされる激しさと無慈悲さ、それに付随する射精回数の多さに加え
前立腺や尿道責めといった人間相手では難しいプレイもきっちり登場します。
そしてそのすべてをリアルな効果音によって臨場感を出しながら進めています。

普段とは違うエッチだからこそ、聴き手がイメージしやすく感じる演出が重要になります。
その点において本作品は非の打ち所がないほど優れてます。

「よくここまでプレイにマッチした音をタイミング良く鳴らせるなぁ」と本当に感心しました。
喘ぎ声無しバージョンなら自分が実際に責められてる気分がより強く味わえます。

「まだ射精を迎えていないため、体が疼いているようですね? では、少し落ち着かれてから、テストを再開します」
そしてテスト中にA.I.1919が適度に見せる優しさも
機械姦につきまといがちな暗さや凄惨さをうまく中和しています。
彼女はテストの妨げにならない限りは彼をできるだけ楽しませます。
責め方も過度な負担をかけないよう段階的に強くしていて思いやりがあります。
これらのおかげで嫌な気分を抱くことなくプレイに熱中できます。

エッチはプレイの内容がどれも個性的で力加減も絶妙です。
紹介できなかった2つのパートもこの手の嗜好を持つ人ならきっと楽しめるでしょう。
処女作の段階で今のサークルさんの魅力が垣間見えます。

射精シーンは全部で10回。
くちゅ音(機械音含む)多め、喘ぎ声それなり、淫語そこそこ、ちゅぱ音はありません。

激しいながらも制御された機械姦が楽しめる作品です。
機械姦好きはもちろん、そうでない人も興味を持ったのなら是非お試しください。

CV:Voiceroid+民安ともえさん、涼貴涼さん(使用している素材の喘ぎ声を担当)
総時間 36:18

催眠オナニー・同人音声の日記
http://blog.livedoor.jp/yanh_japan/archives/2249853.html

サークル「Hypnotic_Yanh」さんの無料の催眠音声作品。

こちらはエイプリルフールにふさわしいややぶっ飛んだプレイが体験できる作品です。
タイトルの通り風邪や花粉対策に装着するマスクを使うのが特徴で
マスクを何度も着脱しながら少しずつマスクを着けていたくなる心境に導いてくれます。
ちなみにマスクありきでお話は進みますから必須です。

エッチはマスクを着けた状態での陶酔感に浸りながら己を慰めます。
今回はジョーク的な要素が非常に強く射精後にも大きな難関が控えてますので
完遂するのがやや難しい、まさにド変態向けのエッチと言えます。



マスクを着けている方が落ち着いてくる
お姉さんの催眠でマスクが大好きになるお話。

「それでは まず 風邪や 花粉症用のマスクを 一枚準備してください」
お姉さんは淡々としたロボロボしい声の女性。
彼女自身の素性や主人公との関係には敢えて触れずに
早速マスクについてのお話を始めます。

本作品はVoiceroidが声の担当をしています。
声優さんの声とはやや雰囲気が違う印象を受けるでしょうが
Voiceroidだから催眠に入れないということは特にありません。
実際私は今回が初めてのVoiceroid作品でしたがうまくいってます。

催眠はおよそ18分。
まずはマスクを着けた状態とずらして口を露出させた状態を何度も往復しながら
その都度深呼吸を行います。

「どうでしょう? マスクをつけているのと外しているのと どちらが気持ちいいですか?」
お姉さんは1回ごとに深呼吸によってもたらされる感覚をイメージさせてきます。
最初はおそらくマスクを着けて呼吸をすると息苦しさを感じるでしょう。
でも慣れてくると口の周辺が温かい方が落ち着いてくるかもしれません。

「冷えて 乾燥した空気が あなたの喉に突き刺さります」
さらにお姉さんはマスクを着けていない状態の呼吸に対しては悪いイメージを
「温かく 適度に湿った空気が あなたの喉を 心地よく潤します」
着けている時は良いイメージをわざと刷り込むことで
マスクを着けている方が気持ちよくなるように心を誘導します。

「マスクが好き という言葉が あなたの思考全体に染み込みます」
そうして徐々にマスクへの親近感を増幅させていった後で
最後の最後にカウントを使って気持ちをさらに強めていきます。
彼女の言う通り1カウントごとに「マスクが好き」と軽く復唱してみましょう。
復唱するたびに体に何らかの反応が生まれるかもしれません。
私の場合はその都度延髄のあたりにもやっと温かいものが湧いてくる感じがしました。

元々風邪や花粉を予防するために使うはずのマスクに対して
気持ちよさや心地よさを暗示を使って巧みに心に根付かせている催眠です。
繰り返しマスク有り/無しの状態を行き来するためお互いの違いが実感しやすく
それに加えて両者のイメージの距離を少しずつ広げて
聴き手に気づかれにくいように印象を操作しています。

後半になればなるほど頭がぼーっとしたり手足が重くなるでしょう。
深呼吸の前に会話をするような形でこれらの感覚に軽く触れている点も丁寧でいいですね。
一般的な作品に比べて現代催眠的なアプローチがやや多く使われているように思われます。



精液まみれでもマスクは大好き
エッチシーンはおよそ12分30秒。
プレイはオナニーと精飲です。

エッチな効果音はありません。
セルフはありになります。

「マスクをつけたままのオナニーは 気持ちいい」
お姉さんの催眠ですっかりマスクの虜になった主人公は
マスクの気持ちよさを感じながらお姉さんの指示でオナニーを始めます。

「マスクのおかげで あなたの匂いが あなたの興奮を さらに高めます」
オナニーは射精のタイミングだけを設定されてその他はフリースタイルです。
自分の吐く息の温かさを体に吸い込んで性的な熱へと変えていきましょう。
お姉さんの声があまりエロくはないので自己陶酔の強さこそが快感のカギです。

「あなたはマスクが大好き マスクに射精するなんて なんて気持ちいいんでしょう」
最終的にお姉さんは着けていたマスクを外してそこに射精するように指示してきます。
普通の作品ならここで終わりを迎えるわけですが…
この先に本作品最大の難関が待ち受けているわけです。

プレイに「精飲」と書きましたし敢えて多くは語りません。
おそらく完遂できる人は極々少数でしょう。
味はともかく至近距離で精液の匂いを嗅ぎ続けるのが結構きついですね…

このように、見られたら社会的に死ぬレベルのド変態なプレイが楽しめます。



心が変化する様子を実感できる作品
催眠らしい無意識に働きかける暗示の数々に魅力を感じる作品です。

「マスクを着けていると気持ちよくなる」なんて
これを読んでいる段階で共感できる人はほとんどいないと思います。
でも実際聴いてみるとまんざらでもなくなる、これが催眠の面白いところです。
10分程度と長めに深呼吸を繰り返すことから
マスクは大きめのものを用意したほうが取り組みやすいでしょう。

催眠は極力操られている感を出さないように言葉を慎重に選んで進めています。
聴き手がその時点で感じているだろう感覚を尊重したうえで
言う通りになるようにお姉さんが徐々に表現をシフトさせているのが印象的でした。
ネタ的な作品ですが催眠における感覚は十分に味わえます。
エッチがアレなので初心者にはお薦めしません。

エッチは色々とぶっ飛んでいる達人向けの内容です。
モルモットストリップさんの作品を鼻歌交じりに完遂できるくらいでないと
抵抗感が先行してなかなかやり遂げにくいと思われます。
普通の人はマスクに射精して解除するのが賢明です。
ジョーク系作品ですのでプレイそのものを否定する気はありません。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

総合的に見て催眠もエッチも非常に個性的な作品と言えます。

CV:Voiceroid+ 民安ともえさん
総時間 32:50

催眠オナニー・同人音声の日記
http://blog.livedoor.jp/yanh_japan/archives/3057711.html

↑このページのトップヘ