同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:VTuber

   ● 【寝落ちASMR13時間】99.99%ぐ~っすり寝かせちゃう癒しの安眠屋さん。(極上耳かき・マッサージ・赤ちゃん綿棒・囁き)(後編)
   ● 【寝落ちASMR13時間】99.99%ぐ~っすり寝かせちゃう癒しの安眠屋さん。(極上耳かき・マッサージ・赤ちゃん綿棒・囁き)(前編)
   ● 独占欲が強すぎる彼女にイジラレまくる耳舐め調教【CV.音霊魂子】
   ● 【KU100】OLカノジョとあまあまネカフェセックス!~密着いちゃいちゃ囁きえっち~
   ● 魔法少女の遠隔相互催眠オナニーヒーリング
   ● 【処女作】えっちなメイドがペロペロしこしこ♪~ご主人さまのせいしで、なののおまんこいっぱいにしてください~
   ● 【寝落ちASMR】悪魔娘が最高に癒すのでものすごく眠れる(耳かき・囁き・マッサージ・泡オイル)(後編)
   ● 【寝落ちASMR】悪魔娘が最高に癒すのでものすごく眠れる(耳かき・囁き・マッサージ・泡オイル)(前編)
   ● さあ……、ふたなりになりましょう?-女性のあなたをふたなり化させる催眠音声-
   ● 2P舐め-記憶の舌から抜け出せない-【両耳舐め+ハイレゾ&KU100】




【寝落ちASMR13時間】99.99%ぐ~っすり寝かせちゃう癒しの安眠屋さん。(極上耳かき・マッサージ・赤ちゃん綿棒・囁き)(前編)」に引き続いての後編です。
今回は「02_眠くなる音(声なし)」の様子を中心に紹介します。
ひとつの音をたっぷりお届け
最初の2パート77分間は耳かきに関する音。
「01_竹の耳かき(声なし)(約47分)」は竹の耳かき
「02_綿棒の耳かき(声なし)赤ちゃん綿棒あり(約30分)」は綿棒を使って時間いっぱいお世話します。

わざわざ「声なし」と書いてあるようにこのシーンは全パートセリフがありません。
吐息も流れませんから本当に音だけを楽しむ感じになってます。

また色んな種類の音を鳴らすことを意識してた本編とは違い
ここでは基本的に単一の器具を使うシンプルな構造をしてます。
10秒程度の短い間隔で動きやリズムが変わるため単調な印象は特にしません。
様々な動きを披露して癒す別方向のASMRが繰り広げられてます。

01パートは左耳を奥から手前に大きく掻き出したり
浅いところを小さく擦る感じに動くところから始まります。
そして5分ほど経つとペースが上がり、その2分後には逆に遅くなります。
長時間聴いても頭が痛くならないように、煤竹耳かきよりも幅が広く丸みを帯びた音を鳴らしてました。

こういう場合パートの前半は左耳、後半は右耳と分けることが多いのですが
本作品では早い段階に右へ切り替え、さらに一部で両耳を同時にケアするシーンを挟みます。
これも単調さを防ぐための工夫なのかなと。
普段は別々ですが左右のリズムを完全に合わせて掻き出すこともあります。

時間が長いことや音を通じて伝わってくる刺激がやや強いことから
安眠する時に聴く場合は音量を下げておいたほうが妨げにならないと思います。
耳かき棒の中では尖りが少ないものを採用してるおかげで耳に優しいです。
手前と奥の違いも音でちゃんと表現されてて本編と同じく質が高いです。

02パートは乾燥した綿棒を使ってるので耳かき棒よりも音が柔らかくなってます。
大小様々なストロークとリズムで耳の壁を撫でることが多く
面積も広めでこちらのほうが安眠のお供に適してます。

パートの前半は5分くらいの間隔で左右を入れ替えてたのが
後半に入ると左右同時に鳴らしたり切り替える時間が短くなります。
実況を一切しないので通常の綿棒と赤ちゃん綿棒の違いはよくわかりませんでした。
暑い季節によく効く泡音
続く2パート46分間は炭酸を扱うサービス。
「03_炭酸の中(声なし)(約31分)」は炭酸が入った水の中に頭を入れ
「04_炭酸氷(声なし)(約15分)」は炭酸水と氷が入ったグラスの音を耳元で聴きます。

前者は炭酸特有のシュワシュワした音よりも
プールに潜ってる時のような水の揺れる音や弾ける音を楽しむ感じになってます。
一応パートの序盤は清涼感のある音が鳴りますが、割と早い段階に炭酸が抜けてしまうので
それ以降は水に頭を突っ込んでる時の音がメインに変わります。
手で水をかいてるのか水の揺れる音が割と頻繁に鳴ってました。

それに対して後者は耳だけで炭酸を感じます。
最初にたぶん缶だと思うのですが、グラスに炭酸水を注ぐシーンがありまして
泡がパチパチ弾ける音が耳のすぐ近くで聞こえます。
また数分単位で中をかき混ぜる動作があって、その時は氷がグラスにぶつかる音が鳴ります。

ASMRではよく使われる音なのでこれ自体は全然問題ないですけど
03パートと同じく5分くらい経つと泡の音がほとんど聞こえなくなってしまい
それ以降は無音に近い状況になってたのは残念です。
数分間隔で継ぎ足す形にしたほうがより長く音を楽しめたと思います。
あるいはパートの時間をもっと短くするのもいいでしょう。

最後の「05_タッピング(声なし)(約17分)」は音の幅広さが魅力のパート。
指を使って何かを優しく叩く音を数分間隔で切り替えながら流します。

左右の耳を直接とんとんしてるような音から始まり
一旦中央に移動してから今度はこめかみのあたりを擦るジョリジョリした音へ変わります。
それからガラス瓶を叩く音、紙コップを叩く音、プラスチック製の容器を叩く音など
前の4パートとは違いテーマを揃えたうえで色んな質感の音を鳴らしてました。
ここだけは本編の内容に結構近いように思えます。

このように、声やセリフを一切使わず音だけで表現する本作品らしいサービスが繰り広げられてます。
癒しと安眠効果の高いASMR作品
全年齢向けのありとあらゆる音を網羅してる豪華な作品です。

パトラさんは仕事を頑張りすぎて心身共に疲れてる主人公を元気にしようと
首から上のマッサージ、耳かき、心のケアで体の内外を綺麗にします。
そしてこれらの大部分をリアルな音で表現し、サービスの種類も増やして耳を楽しませてくれます。

VTuberとして活躍中の温和な悪魔が心を込めてお世話するノーマル向けのシチュ
音の質、量、幅広さのすべてにこだわってるASMR成分の強いサービス
本編は多種多様な音を聴かせる、眠くなる音は単一の音を色んな動きで鳴らすといったように
同じASMRでもシーンによって異なる特徴や方向性を持たせた構成。
13時間もある状況を活かしてあらゆる音や要素を詰め込んだ決定版みたいな作品に仕上がってます。

中でも2番目は前作の長所を継承しつつボリュームをさらに増してて素晴らしいです。
これだけ音が豊富なら聴き手の様々なニーズにも応えられるでしょうし
「ASMR作品で何かひとつ選ぶとしたら?」という質問に対する答えとして挙げられます。

あとはVTuberなのに敢えて音で勝負する姿勢が私は好きです。
昨年あたりから全年齢、18禁を問わずVTuberが出演する作品が結構出てますけど
そのほとんどは中の人がしゃべったり演技するのをメインに据えてます。
でもパトラさんの場合は自分を一歩後ろに下げて音を前面に押し出してます。

自分の音作りや編集技術にそれだけ自信があるのでしょう。
チャンネル登録者数45万人というアドバンテージがあるのは否定しませんが
それにあぐらをかかず他のASMR作者と同じ土俵に立とうとしてるのも事実です。
このへんもASMR・オブ・ザ・イヤーを受賞した理由のひとつだと思います。

前編の初めのほうで書いたようにこの作品に点数はつけません。
ですがASMRに興味があるすべての人におすすめします。

おまけは「01_お昼寝を起こしてあげるね」と「02_2時間ASMR(LIVE視聴版)」です。

CV:周防パトラさん
総時間 13:32:55(01_本編…3:23:48 02_眠くなる音(声なし)…2:20:46 03_シチュエーション…4:02:15 04_マニアックフォルダ…59:21 おまけ…2:21:32 フリートーク…25:13)


体験版はこちらにあります

追記
2021年7月11日まで30%OFFの1001円で販売されてます。
前作も7月11日まで30%OFFの1001円で販売されてます。



サークル「周防パトラ」さんの同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、見た目は悪魔だけど性格は天使な女の子が
心と体に疲れを感じてる人をたっぷり癒して眠らせます。

質、量、種類のすべてにこだわったASMR系のサービスが行われており
ヘッドスパ、耳のケア、顔のケア、耳かきなどパートごとに異なるテーマを掲げ
その中で多種多様なお世話をしながらリアルな音を鳴らして心身両面を心地よくします。
耳に優しい音ばかりですから普通に聴くのはもちろん、寝る時のお供にも役立つでしょう。

総時間が13時間もあるので前編(01_本編)、後編(02_眠くなる音(声なし))の2回に分けてお送りします。
人気VTuberが送る癒しのひと時
周防パトラさんが色んなシチュとサービスで癒すお話。

「こんばんは ここに来るの 初めてですよね」
パトラさんは甘く可愛い声の女の子。
突然不思議な場所にやって来た主人公を穏やかに迎えると
自己紹介の後に眠れない人のサポートをしてると告げます。

本作品は喫茶店で働きながら人々に健全なお世話もしてる彼女が
心と体に疲れを感じてる彼を思う存分癒してスッキリさせます。
01_本編(203分)、02_眠くなる音(声なし)(140分)、03_シチュエーション(242分)
04_マニアックフォルダ(59分)、おまけ(141分)と5つのシーンに分かれており
それぞれで違うコンセプトを持たせたうえで音重視のサービスを行います。

当サイトでは基本的におまけ以外のシーンをすべて紹介してるのですが
今回はさすがに総時間が長すぎて無理なので最初の6時間に的を絞って行います。
それに伴い前作と同じく点数は掲載しませんのでご了承ください。

周防パトラさんを知らない人がまだいると思うので先に説明しますと
昨年に発売した「悪魔娘が最高に癒すのでものすごく眠れる」という作品が
2020年のボイス・ASMR部門で累計ランキング1位に輝いてます。
しかも出たのが10月だから実質3か月でそれを達成してるというとんでもない作品です。
今作も全年齢の音声で初めて発売日に1万DLを突破しました。

…といった感じに一見してすごいとわかるわけですが
当サイトではさらに掘り下げてなぜそうなのかを皆さんに伝える方針で紹介していきます。
私も前作を聴く前は「VTuberとしての知名度で売れてるのかな?」と思ってました。
でもこの人に限って言えば人気だけで売れてるわけではないと今は認識してます。

その理由をものすごくシンプルに表すと音の質、量、幅広さのすべてが高水準です。
量は13時間もあればすぐわかることなので説明を省略するとして
質は現在活躍されてる全年齢向けサークルさんの中でもトップクラスに位置するリアルさを持ってます。
単純に質感が良いだけでなく位置、距離、リズム、動かし方、間の取り方など
かなり細かいレベルまで調整されててどの音も耳に違和感なく入ってきます。

同じサービスでも状況に応じて違う音が使われてますし
同一の音を延々垂れ流すのではなく、実際にお世話されてる雰囲気が出るように鳴らします。
タイトルを見ればわかるように本作品は安眠を強く意識してまして
どのパートも耳に優しい音で揃えてそのまま眠っても大丈夫なように作られてます。
本当に99.99%なのかは私にもわかりませんけど、眠りやすさを重視してるのは間違いないです。

幅広さについては例えば本編の耳かきパートだと
耳をブラシで優しく撫でて外側の汚れを取ってから通常の乾いた綿棒で耳の内外をお掃除し
さらにゴム製の耳かき棒、オイルに浸した綿棒、煤竹の耳かき棒と器具を使い分けてじっくりケアします。
当然サービスが変われば音も変化するわけで、専門店らしさを出したり単調さを防ぐことに繋がってます。
その次にも時間は短いですが両耳を梵天や指でかくパートが用意されてます。

今は専門店さながらのサービスをする音声も増えてきてますが
それを考慮してもここまで多種多様な音を聴ける作品はなかなかないです。
音を楽しみやすくするために最中は無言になったり「こねこね」などの擬声語を囁き声で言います。
VTuberなのに主役を音に譲ってるのも彼女の作品が持つ大きな特徴です。
音と言葉で癒す本編
5分程度の雑談を挟んだ後に始まる3パート105分間はマッサージと汚れ取り。
「02_とろけるヘッドスパ&もちもちシャンプー(約36分)」はヘッドスパ、炭酸シャンプー、トリートメント
「03_スペシャルお耳ケア(約46分)」は様々な洗浄をしてからの保湿
「04_スペシャルフェイスケア&ハンドケア(約23分)」は顔や手のパックと
主に首から上をターゲットにしてひとつずつ丁寧にケアします。

「頭皮のほうもこうやって 優しくマッサージするように…」
完全な無言だとさすがに味気ないので何をするかの説明は挟みますが
それ以外はできるだけ会話量を減らして音に集中できる環境を作ります。
擬声語を多めに言ってくれるおかげでほのぼのした雰囲気ができてました。

そして本作品の武器である音が早速大活躍します。
02パートは指で髪越しに頭皮を擦る時はじょりじょりした音が鳴り
その後のパドルブラシを使ったブラッシングは質感が多少硬くなる代わりに間が長くなります。
そして炭酸シャンプーは19分くらいの時間をかけてわしゃわしゃした小気味よい泡音を鳴らします。

ここだけでも色んなサービスが出てきますけど、炭酸シャンプーの存在感が最も大きいです。
頭頂部や側頭部を小刻みに擦ってたかと思えば一旦ペースを緩め
少し経つと再び加速して質感や動きに変化をつけます。
音を通じて微弱な振動も伝わってきますし、本作品の持ち味がしっかり表現されてます。

「床屋さんみたいですか? ふふっ くるくる もちもちな泡ができましたよー」
03パートは時間が長い状況を活かして内容を充実させてます。
ここだけで13種類もの異なるサービスを盛り込み
それぞれの状況に合った音を鳴らしつつ、それらを繋げてひとつの流れを作ります。
単に音を鳴らすだけだと彼の疲れを取り除くことには繋がらないので
専門店でやってくれそうなことをそのまま表現して癒しの空間を作ります。

個人的に面白いと思ったのがパート終盤に出てくる耳の保湿。
クリーム、オイル、炭酸化粧水、馬油を使い分ける凝った内容になってます。
耳の穴を手のひらや指で塞がれるシーンが何度もあり
その時は軽い圧迫感や閉塞感が味わえて彼女にお世話されてる気分に浸れます。

表面の汚れを一通り落とした後はより深い部分も綺麗にします。
「05_しっかりとお耳掃除(約37分)」は前項でも触れた様々なやり方で左右の耳を個別にケアし
「06_両耳みみかき(約9分)」はその直後に梵天、綿棒、タオル、指で細かい汚れを取ります。

「お耳の壁にへばりついた垢を 優しく丁寧に取っていくからね」
耳かきはASMRにおける定番なだけあってかなり力を入れてます。
綿棒は「ずしずし」と粗さのある柔らかい音だったのが、直後のゴムブラシはやや弾力のある音へと変わります。
オイル綿棒も乾燥綿棒より若干湿り気を帯びててリアルです。
そして煤竹耳かきは我々にとってお馴染みの細くて硬いゴリゴリした音を鳴らします。
最も刺激の強い煤竹耳かきでも耳に若干響く程度で力がかなり抑えられてました。

またここでは手前と奥の概念があるため、同じ器具でもトーンや強さがそれなりに変わります。
面積の広さ(2次元)と深さ(3次元)を組み合わせてあってなかなか濃い内容です。
06パートの両耳かきは左右同時に音を鳴らすことで個性を出してますし
テーマ性を持たせたうえでそれぞれができるだけ被らないように工夫して作られてます。

パトラさんの魅力が最も出てるのは「09_心のケア(約11分)」。
サービスを一通り終えて綺麗になった彼を優しさと温もりで内側から浄化します。

「なでなでなでなで いっぱいいい子して 心が温かくなったら 優しい気持ちに いっぱいなれるから 安心してね」
これまでができるだけしゃべらないようにしてたからこそ
ここで見せる彼女の甘い声やセリフが余計心に響きます。
終盤にぎゅっと抱きしめて心音を聞かせるシーンがあったりと
エッチじゃないやり方で愛情を注いで彼を気分よく送り出します。

前編部分をまとめますと、まだ全体の4分の1くらいしか聴いてないのに
もう十分満足できると言えるくらい癒しと安眠のパワーが強いです。
ASMRの基本である「音を主役に据える」をきちんと守って進めてますし
音も本当に多彩で3時間以上あっても飽きることなく聴き続けられました。
終盤には彼女の魅力が出てるシーンもあるので、彼女の作品としてちゃんと成り立ってると思います。

おまけは「01_お昼寝を起こしてあげるね」と「02_2時間ASMR(LIVE視聴版)」です。

後編へ続く…。
【寝落ちASMR13時間】99.99%ぐ~っすり寝かせちゃう癒しの安眠屋さん。(極上耳かき・マッサージ・赤ちゃん綿棒・囁き)(後編)

CV:周防パトラさん
総時間 13:32:55(01_本編…3:23:48 02_眠くなる音(声なし)…2:20:46 03_シチュエーション…4:02:15 04_マニアックフォルダ…59:21 おまけ…2:21:32 フリートーク…25:13)


体験版はこちらにあります

追記
2021年7月11日まで30%OFFの1001円で販売されてます。
前作も7月11日まで30%OFFの1001円で販売されてます。



サークル「あおぎり高校」さんの同人音声作品(R-15指定)。

今回紹介する作品は、田舎から出てきて社会人男性の家に居候してる女の子が
帰宅した彼に料理を振舞ったりちょっぴりエッチなサービスをして元気づけます。

Vtuberの音霊魂子さんと同棲生活を送るのが最大の特徴で
総時間の57%を耳舐めに割いて左右の至近距離から比較的リアルなちゅぱ音を鳴らし
物語も後になるほど2人の距離を縮めながら彼女の心情を描いてイチャラブ感を出します。
ごく一部で大胆な描写もありますから人によってはオカズにもなるでしょう。
家出娘と過ごすちょっぴりエッチな日々
家出娘と自宅で会話や耳舐めを楽しむお話。

家出娘は明るくて穏やかな声の女の子。
帰宅した主人公にゲームしながら今日何をしてたか教えると
彼の親切さを褒めてから自分がもし追い出されたらどうなるか語ります。

本作品は実家から家出したものの路頭に迷ってた彼女が
偶然拾ってくれた彼とおよそ100分に渡ってイチャイチャします。
平日4パート62分、休日2パート36分と全体を大きくふたつのシーンに分け
日常会話をしながらR-15の範囲内で刺激的なサービスもします。

私はこの作品に触れるまで音霊さんのことを知らなかったのですが
現時点でチャンネル登録者数13万人を誇るだけあって耳に馴染む声と演技をされてます。
ヒモに近い立場でも変にかしこまったりせずゲームや漫画を楽しんでたかと思えば
彼のために野菜がたっぷり入ったラーメンを作る家庭的なところも見せてくれます。

企業勢なだけあって最中に鳴る音も全体的に高品質でした。
彼女が添い寝してる時に布団が擦れる音が適度にしたり
料理を作るシーンはほぼ全部の音を入れて臨場感を出してます。
彼女がラーメンやアイスを食べる音もあったりと、セリフに負けないくらい力を入れてるのがわかります。

そして音の中では耳舐めが最も大きな存在感を放ってます。
全パート合わせて56分とかなりの時間を割いてますし
舐めてる最中はセリフをほとんど入れずに音だけを楽しませてくれます。
舐め方の種類があまりないのは残念ですが、音質は軒並みリアルで本作品の売りになってます。
R-15だからでしょうけど水分を控えてゆっくり舐めるシーンが多いです。

もうひとつ、R-18ほどではありませんがエッチな事にも挑戦してます。
淫語や喘ぎ声といったストレートな要素を使わない代わりに
思わせぶりなことを言ったりエッチと見て取れる描写を入れてドキドキさせてくれます。

「R-15だから大したことないだろ」と思って聴いたらたぶんビックリするでしょう。
私もR-15でここまで攻めてる作品は初めて聴きました。
Youtubeでは決してできないことをやるファンサービスの意味合いも強いです。
少しずつ想いを漏らす甘い物語
最初の4パート62分間は平日のお話。
「#1.私のキモチにちゃんと気づいてる?(約8分)」は雑談のあと一緒に寝る
「#2.今日はガマンできない日だって知ってた?(約25分)」は1回目の耳舐め
「#3.キミに気づいてほしいからがんばるんだよ?(約8分)」は家出娘が作った料理を食べ
「#4.たまにはシットしてもいいよね?(約21分)」は嫉妬する様子を見せながら再度耳舐めします。

彼女が居候を始めてしばらく経ったところから物語が始まるので
序盤からリラックスした表情で仕事帰りの彼をいたわります。
彼が寝ると言ったらすぐさま同じベッドに入るなど近めの距離感で接します。
音霊さんの声や演技ものほほんとしてて穏やかな空気が漂ってました。

#2の耳舐めは本作品の魅力なだけあって力を入れてます。
このパートだけで17分もの時間を用意し、右耳→左耳の順で丁寧に舐め続けます。
最初は唇で挟んで甘噛みしたり舌をゆっくり動かす控えめなものでしたが
少し経つと耳の穴を舐めるようになって音も低く鈍いものへと変わります。


音の位置もきちんと近づいてましたし、なかなかリアルな耳舐めだと思います。
多すぎない程度に吐息を挟んでくるのも良いですね。
そうやって彼女がすぐ近くにいる雰囲気を作って同棲してる気分に浸らせます。

#3は日常に関する素朴な音が充実してます。
包丁で野菜を切る音、換気扇っぽい風の音、鍋に水を入れて火をつける音など
料理に関する様々な音をタイミングよく鳴らして耳と心を癒します。
彼女もさすがに家賃も払わないでここに居座り続けてることに後ろめたさを感じてるのでしょう。
自分のできる範囲で彼のために尽くして愛情を注ぎます。

各パートの名前を見ればわかるように、本作品は彼女の内面描写にも気を配ってます。
ストレートに「好き」と言ったりせず会話、行為、態度でやんわり伝えるところに健気さを感じました。
彼女は居候してるので自分から好意を伝えにくい状況にあります。
だから重さを感じないレベルで彼が自分を好きになってくれるように働きかけます。

その部分が最もよく出てるのが「#5.ここまでするのはキミだけだからね?(約18分)」。
休日の朝にこれまでと同じく耳舐めするのですが、その内容がかなり踏み込んでます。
前項で「エッチな事にも挑戦してます」と書いたのはこのパートのことです。

具体的に何をするかは伏せますけど、R-15でこういうことをする作品は滅多に見かけません。
私が聴いた時も「よくDLsiteがR-15でOK出したなぁ」と感心しました。
内容を知らずに聴いたほうが絶対楽しめるし驚くサービスです。

このように、日常会話で彼女のキャラを立てながら色んな音も鳴らすバランスの良い物語が繰り広げられてます。
キャラ重視の耳舐め作品
音霊さんの声や演技と耳舐めを柱に据えてるエロ寄りの作品です。

家出娘は住むところがなく困ってた自分を保護してくれた主人公を元気にしようと
帰宅した彼と色んな会話をしたり料理を振舞って純粋に癒します。
そして耳舐めの時間を長めに取り、左右に密着しながらゆっくり舐めてエッチな気分も膨らませます。

優しくて積極的な女の子が同居してる男性と自宅でイチャイチャする甘いシチュ
人気Vtuberさんの魅力が出るように物語を進めるほのぼのした純愛ストーリー
エロさを感じるセリフや描写を交えて耳舐めをたっぷりやるドキドキする演出。
R-15の限界に挑戦してファンはもちろん、そうでない人にも幸せな時間をプレゼントします。

中でも3番目は予想のさらに上を行く内容で興味深かったです。
耳舐めはR-18にならないように抑えた音を鳴らし、それ以外でラインのギリギリを突いてきます。
個人的にはもうちょっと耳舐めの種類を多くして欲しかったですが
これがサークルさんの1作目なことを考えれば様子を見たと受け取ることもできます。
細かな物音もきちんと入っててこだわりを感じました。

彼女については自然体と言いますか、だらーっとした様子で親しげに接します。
タイトルからヤンデレキャラだと思う人もいるでしょうけど
嫉妬するのは#4パートくらいですし、内容も軽めで人を選ぶほどではありません。
調教要素も特にないのでノーマルな人でも普通に聴けるし楽しめます。

気になった点はマスター音量が小さいことです。
耳舐めは音量が小さいと臨場感も落ちてしまいますからもっと大きくしたほうがいいでしょう。

エロさのあるR-15作品が好きな人、耳舐め好きな人には特におすすめします。

CV:音霊魂子さん
総時間 1:38:52

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年6月18日まで25%OFFの990円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



サークル「ドスケベーション!」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、穏やかでエッチ大好きなOLのお姉さんが
ネカフェのブース内で周りにバレないようこっそりエッチします。

大きな声や激しい動きをできるだけ出さずに愛し合ったり
1回戦は普段と同じ、2回戦は恋人に近い距離感でSEXするなど
シチュや2人の関係を大事にしながらイチャイチャする甘いプレイが楽しめます。
バレるかもしれないスリルを味わいながら
OLのお姉さんとネットカフェでエッチするお話。

「ごめんねー お待たせ」
お姉さんは明るくて穏やかな声のお姉さん。
受付で手続きを終えて主人公と一緒にブースへ移動すると
自分から腕を組んだり彼を軽くからかって反応を見ます。

本作品は恋人じゃないけど体の相性がいいためよくエッチしてる男女が
ネカフェのカップルシートでおよそ80分に渡りイチャイチャします。
2人の関係を踏まえて挨拶や前置きは必要最低限まで削り
ブースに到着した後はすぐさまエッチを始める抜き重視の作りです。

「すっごい楽しみにしてたもん 久々のネ・カ・フェ SEX」
彼女は声のイメージよりもずっと積極的な女性。
彼とのエッチを待ちわびてたことを素直に告げて期待と興奮を煽ります。
そしてプレイ中は要所でおねだりしながら気持ちよさそうな声を漏らします。

挿し絵に描かれてる網タイツを見せつけてくるシーンもあったりと
結構エッチ慣れしてる印象を受けました。
SEXシーンが多く、しかもほとんど彼が責めるので属性はほぼノーマルです。
彼女が乱れる姿を厚めに描いて一緒にいる雰囲気を作ります。

エッチの多くで彼女が密着しながら囁いてくるのも大きなポイント。
ここはネカフェですから大声で喘いだり激しく責めたら店員や他の客に見つかってしまいます。
そのため全編を通じて声量を落としたり控えめに責めてこっそりやってる感じを出します。

プレイ以外の細かな動作にも効果音が入ってて割と臨場感がありました。
SEXの時も「ぱんぱん」というお馴染みの音ではなく
ブースの下に敷かれてるビニールクッションが沈む音と水音を組み合わせてます。
至近距離から吐息を漏らしたり、SEX中は口を手で覆ってるようなこもった喘ぎ声を漏らしてました。
普通のエッチではもう満足できないのか、2人が見つかるかもしれないスリルも楽しんでるのがわかります。

優しくて男を喜ばせるのが上手な彼女のキャラとシチュに合わせたやや控えめなエッチ。
現実世界でやったら出禁になりそうな行為をリアルにお届けするノーマル向けの作品です。
SEX重視の甘いエッチ
エッチシーンは4パート58分間。
プレイはキス、おちんちんの愛撫、乳首責め、フェラ、手コキ、耳舐め、SEX(バック、騎乗位、対面座位?)です。
おちんちんの愛撫、手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「ねぇ キスの音 周りに聞こえちゃうかな?」
途中で飲み物を手に入れてからブースへ到着したお姉さんは
もう我慢できないという様子で早速熱いキスをします。

エッチは彼女がリードしながら責め合うスタイルで進めます。
最初の2パート33分間は普段通りに愛し合うシーン。
「Track02.密着らぶいちゃ前戯(約15分)」はキスと手コキ
「Track03.こっそりえっち(約18分)」はバック&騎乗位SEXで1回目の射精に導きます。

「やっぱり ここのくびれのところが弱いんだ? ほーら かりかり かりかり」
2人は物語が始まる前から何度もエッチしてるのでお互いの弱点を知ってます。
Track02はパンツ越し→直接と一歩ずつ前進する形で彼のおちんちんを味わいます。
優しく撫でて勃起具合を確認する、顔を近づけ鼻をくんくんさせて匂いを嗅ぐ
カリの段差をかりかりして弱めの快感を与えるなど責め方を小まめに変えてました。
滑らかな摩擦音も鳴りますしサークルさんのこだわりを感じます。

痴女と言うほどではないけど結構淫乱な女性に映りました。
仕事でストレスが溜まってるのか、序盤から己を曝け出してエッチしたいことをアピールします。
Track02は射精しませんから次に向けて気持ちを盛り上げる意味合いが強いです。

「いいよ 思いっきり突いて? ちゃんと声我慢するから いつもみたいにぐちゃぐちゃに突いて?」
Track03は主導権を彼に譲り彼女はバレない程度に乱れます。
最初はバックで繋がってたのが途中ちょっとしたアクシデントが起こり騎乗位へと変わります。
責めるのは彼ですけど彼女は完全な受け身にならず、おねだりを適度に投げかけて上手にリードします。
喘ぎ声の漏らし方も状況に合っててネカフェらしさを感じるプレイに仕上がってました。

恋人じゃないけどキスシーンが割と多いおかげで甘さを感じます。
2人は体の相性が非常に良いそうですから、彼女も状況次第でくっつくことを考えてるのかもしれません。
割り切ったエッチをするのとは明らかに違うので
彼らの関係を知らずに聴いたら恋人同士と勘違いしてもおかしくないです。

続く2パート25分間はその部分が色濃く出てるシーン。
「Track04.もう終わりなの?(約5分)」はお掃除フェラや水分補給で2回戦の準備を整え
「Track05.バレちゃってもいいから(約20分)」は先ほどと違う体位で再びSEXします。
音声を聴いた限りでは対面座位か正常位のどちらかだと思います。

「あのね 手握って ぎゅってして? そう 恋人繋ぎ」
そしてここでは彼女のほうから恋人になりきってエッチしようと持ち掛けます。
挿入後に恋人繋ぎをしたり、喘ぎ声の合間に「好き」を何度も言うなど
雰囲気や彼女の態度を前半とは多少変えてより甘いプレイを行います。

パート名を見ればわかるように、ここでの彼女はもう周りにバレてもいいと思ってます。
さすがに大声を上げることはないですけど喘ぎ声を漏らす頻度は上がってるし
彼のピストンも激しくなってて2人の意志がプレイにきちんと込められてます。

Track03と05で敢えて同じプレイを選択し、両者を対比させてる演出が面白いです。
前者はセフレらしくストレートなエロを追求してたのが
後者は聴き手に幸せな気分を与えながら抜かせる方針に変わります。

このように、公共の場所でこっそりやってる雰囲気を大事にした甘めのエッチが繰り広げられてます。
キャラ&シチュ重視のイチャラブ作品
敢えて全力を出さないことでリアリティを持たせてる変わった趣向の作品です。

OLのお姉さんは友人にあたる主人公と楽しくて気持ちいい時間を過ごそうと
ラブホではなくネカフェを選び、そこのカップルシートで色んなプレイをします。
そして前半はセフレらしくストレートに、後半はそれよりも恋人っぽさを持たせて進めます。

穏やかで積極的なお姉さんとネカフェでこっそりエッチする変わったシチュ
囁き声や吐息の量を多くしてイチャイチャするリアル志向の作り
前半と後半で違うテーマを持たせてSEXする2人の関係を活かしたエッチ。
セフレやネカフェといった作品固有の要素を活かして物語を組み立ててます。

中でも3番目はセフレから連想される体だけの関係とは違うものに描いてます。
後半のSEXで「恋人らしく振る舞おう」と言ったのは今後に向けた伏線なのかもしれません。
タイトルをわざわざ「OLカノジョ」にしてるのもそのへんを表現したかったのではないかなと。

エッチはここまで書いてきたように激しさをやや抑えて他の部分で補ってます。
時間に対する射精回数が少なめですから普通に抜けると思います。

射精シーンは2回。
くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声それなり、淫語そこそこです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:浅瀬ゆうぎさん
総時間 1:24:06(本編…1:19:16 フリートーク…4:50)

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2021年3月14日まで30%OFFの770円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。



サークル「PINK PUNK PRO」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、VTuberとして現在活躍中の流川らきさんが
癒しを求めてる男性に催眠を交えた独特なサービスをします。

彼女との一体感を味わわせながら癒したり気持ちよくするのが特徴で
催眠は深呼吸や脱力を中心に据えて心と体がリラックスする暗示を入れ
エッチは乳首やおちんちんをいじるのに合わせて彼女も熱い吐息や喘ぎ声を漏らします。
魔法少女が贈る気持ちいいプレゼント
流川らきさんに催眠をかけられオナニーするお話。

「こんにちは あなたに癒しを届けに参りました」
らきさんは明るくて優しい声の女の子。
主人公に自己紹介し、彼が何を求めてるか言い当てると
特別な癒しを届けに来たと言います。

本作品は魔法少女を目指して現在修行中の彼女が
気持ちよさや心地よさを求めてる彼をおよそ45分に渡ってエッチにお世話します。
催眠15分、エッチ20分と両者のバランスをほぼ同じに揃え
どちらもリラックスや一体感といった癒しの感覚が得られるように進めます。

「もし難しければ 吸う時に すーっとお腹を膨らませて 吐く時に はーっとお腹を絞ることをイメージしながら ゆっくり深呼吸してみてください」
例えば催眠は深呼吸や脱力といったリラックスに役立つ技法を重点的にやります。
またそれらをする際に簡単なコツを伝えて催眠に入りやすくします。
彼女自身が催眠音声フェチらしいので、基本的な技法をそつなくこなすことを意識してました。
囁き声で話すシーンもあったりして穏やかな空気が漂ってます。

それに対してエッチはキスや耳舐めの割合を高めに設定し
さらに中盤以降は熱い吐息や喘ぎ声も漏らして気持ちいいことをアピールします。
「遠隔相互催眠オナニーヒーリング」の名の通り相互オナニーっぽいスタイルで進めてました。
挿し絵の「絶対抜ける」はさすがに言い過ぎだと思いますけど
催眠音声の中では比較的エロい部類に属します。

彼女については優しくて面倒見のいい女性に描かれてます。
初対面な彼に最初から最後まで親しく接して信頼関係を構築するところや
エッチの際に割と激しく責めたり乱れるところにそれが表れてます。
M向けの要素は特にありませんからノーマルな人が最も楽しめると思います。
癒し重視の催眠
催眠はおよそ15分間。
楽な姿勢で目を瞑り、まずは7分ほど断続的に深呼吸を繰り返します。
そしてある程度リラックスできた後は全身を下から上に向けて脱力します。

「吸ってー 息を吸うのは 気持ちいい 吐いてー 頭がぼやぼやとする」
「吸ってー」「吐いてー」と合図を出しながらその両方に軽い暗示を入れるシンプルな内容です。
数回やって中断し、再開するのを繰り返す感じだったので
それなら時間いっぱい続けてタイミングよく暗示を入れたほうがリラックスできると思います。
本作品のように誘導時間が短い場合は無駄を削ぐことを意識したほうが良いです。
セリフについては心にゆとりを持たせるものを適度に挟んでて良かったです。

続く脱力は左右の脚から始まり腰、腕、頭&首と全身を大まかなパーツに分け
それぞれで3~10のカウントを数えながら脱力する暗示を入れます。

「あなたの考えていたこと 悩んでいたこと すべて抜けていく 頭と 顔の力が抜け 気持ちいい 気持ちいい」
腕までは暗示が軽いかなぁと思ってたのですが
最後の頭&首については他よりもずっと厚めに追い込んでて心地いい感覚が味わえました。
本作品はセルフ系のエッチをしますから、腕はそこまで脱力しないほうが後々やりやすくなります。
そのへんも見据えてこの配分にしたのなら見事と言えます。

定番の技法をサークルさんなりに手堅くやるシンプルな催眠です。
聴き手を癒しつつ、らきさんの言葉を受け入れやすくするのを目的に
前半は深呼吸と簡単なアドバイス、後半はカウントを交えた分割弛緩法を行います。
そして脱力の最後に暗示を厚めに入れてそのまま深化させます。

もう少しスピーディーかつスムーズに誘導できそうな点もありますけど
催眠音声を初めて制作されたことを考えれば割といい線いってると思います。
脱力感は正直さっぱりでしたが意識のぼやけはそこそこ感じました。
快感を共有して一緒の絶頂へ
エッチシーンは20分間。
プレイはキス、耳舐め、乳首オナニー、オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
エッチの途中で服を脱ぐ指示が出ます(最初から全裸でもOK)。

「あなたの ゾクゾクするところはどこですか?」
催眠を使って主人公に心地いい感覚を与えたらきさんは
もうひとつの望みである「気持ちよさ」を味わわせるために耳と唇を舐め始めます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
前半の9分間は心身の熱を高めることを目指したプレイ。
キスから始まり右耳→左耳の順に舐めながら熱っぽい吐息を漏らします。

「あなたにかけているヒーリングは 私にもかかっているから 私も気持ちいいんです」
そして彼女はこれらをするにあたって2人の快感がリンクしてることを伝えます。
キス、耳舐めいずれも激しめにちゅぱ音を鳴らしますから
それに釣られて体が熱くなったりドキドキする人は普通にいると思います。
吐息も耳元至近距離から漏らすことを意識してて熱を感じました。

できれば催眠の技術を使って彼女との一体感を出してほしかったのですが
サークルさんがそれよりも純粋なエロさを重視したのかもしれません。
催眠音声と同人音声のハイブリッドっぽいエッチと私は見てます。

後半はいよいよオナニーが加わります。
乳首→おちんちん→両方と後になるほど刺激を強くしたうえで
彼女もキスや喘ぎ声交じりの吐息で応援し一緒の絶頂を目指します。

「気持ちいいね 気持ちいいね 声出すと 何倍も気持ちいいよ もっと もっと 気持ちいい声聞かせて?」
ここもエッチな声や音を多めに漏らして抜きやすい雰囲気を作り
さらに彼女も感じてることをアピールするわかりやすいリードをします。
オナニーに関する指示はほとんど出さないので自由にやっていいのでしょう。
最後はカウントを数えて射精のタイミングを教えてくれます。

このように、ちゅぱ音や吐息を多めに盛り込んだ熱いエッチが繰り広げられてます。
もう一歩な作品
らきさんの魅力やテーマ性を出しつつ癒しと快感をバランスよく与える作品です。

らきさんは心地よさや気持ちよさを求めてる主人公の願いを叶えようと
まずは催眠を通じて心身を癒し、それと同時に快感を共有できる環境を整えます。
そしてエッチは唇、耳、乳首、おちんちんと複数の性感帯を同時に責め
さらに彼女自身も吐息や喘ぎ声を漏らして一体感を演出します。

心優しい魔法少女が男性をエッチな催眠で癒すノーマル向けのシチュ
深呼吸や脱力を中心に行うシンプルな催眠
暗示よりもエッチな声や音の割合を増やしたエロさ高めのエッチ。
彼が求めてるものを順番に与える流れで作品を組み立ててます。

中でもエッチは感覚を共有してる状況を活かして
彼の体を責めながら彼女自身がオカズになるようにリードします。
同人音声っぽい内容なら催眠に入れなかったとしても楽しめますし
Youtubeではできないことをファンへお届けするためにこうしたのかもしれません。

ただし、催眠音声というか音声作品として気になったところもそれなりにあります。
全編を通じて多少のノイズが入ってること、エッチの序盤でキスの音を鳴らす位置がなぜか左にずれてること
特にエッチシーンで催眠としてのアプローチが弱いことなどが挙げられます。

最初のふたつは編集技術に関する問題ですから、企業勢である以上は絶対に改善してほしいです。
最後のひとつはキスやちゅぱ音の割合を上げたことが影響してます。
私ならエッチだけ分身させて片方は舐める役、もう片方は暗示を入れる役に振り分けます。
魔法少女ならそれくらいできても別におかしくないでしょう。

あるいは事前に「ちゅぱ音を聞くほど体が熱くなる 気持ちよくなる」などの
暗示を入念に入れてから舐め始める音モノっぽい作りにします。
今後制作の経験を積んでいくことで少しずつ改善されることを期待してます。

射精シーンは1回。
吐息とちゅぱ音そこそこ、淫語と喘ぎ声ごく僅かです。

CV:流川らきさん
総時間 46:46(本編…42:30 おまけNG…4:16)

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
2021年1月3日まで20%OFFの704円で販売されてます。



サークル「バーチャルメイド喫茶『ますかれーど』」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、現在VTuberとして活躍されてる天使なのさんが
派遣先の男性に長時間のエッチなご奉仕をします。

メイドらしさを出しつつちゅぱ音重視のエッチをするのが特徴で
彼の希望を訊いたり喜ぶことを積極的にやりながら
キス、フェラ、耳舐め、乳首舐めといったプレイを繰り出してゆっくりじっくり気持ちよくします。
エッチの経験によって責めっぷりが多少変化するのもポイントです。
メイドVTuberがする手厚いご奉仕
天使なのさんが住み込みでたっぷりエッチするお話。

「おかえりなさいませ ご主人様 本日からご奉仕させていただくことになった 天使なのです」
なのさんは丁寧語で話す可愛い声の女の子。
帰宅した主人公に丁寧な挨拶をすると
戸惑う彼にまずは家族から受け取った手紙を読んで事情を説明します。

本作品は2020年7月にデビューし、現時点でチャンネル登録者数が6万8千人まで増えてる彼女が
彼の専属メイドとしておよそ140分に渡るエッチなサービスをします。
彼の両親が心配して派遣されてきた背景を踏まえていきなりハードなプレイはやらず
少しずつ慣らしていく形で後になるほど踏み込んだものに変わります。
ちなみに音響効果、録音編集、台本監修をエロトランスさんが担当されてるそうです。

「よーし なの 頑張りますよー まずはお掃除しますね」
最大の魅力は彼女のキャラ。
何をするにも一生懸命に取り組み、しかも彼のことを第一に考えながらリードします。
ドジっ子属性があるのか家事はそこまで得意じゃないですけど
エッチについてはとことん尽くしてくれるのでメイドらしさが強く出てます。

声だけでなくシナリオも彼女が担当したそうで
彼を思いやったり喜ばせようとするセリフが充実してます。
そして彼が気持ちよくなると自分も満足そうな表情を見せて一体感を出します。
エッチの後半は受けに回って存分に乱れるなど、主従と恋人の中間あたりの距離感になってました。

エッチについてはタイトルの「ペロペロ」を色濃く反映させてます。
どのパートもキス、耳舐め、フェラ、乳首舐めといった口を使うプレイを多めに盛り込み
それぞれで位置、距離、舐め方を変えて臨場感とエロさを出します。

特定のプレイに特化させるのではなく、乳首舐め以外はどれも満遍なくやるスタイルにしてました。
耳舐め手コキやキス+SEXといった同時責めもそれなりにやるので内容が割と濃いです。

VTuberなので同人声優さんほど舐め方にこだわってるわけではありませんが
彼女のファンなら満足できるくらいの品質は持ってると思います。
吸いや啜りを多めにやる少し変わった舐め方をしてました。
慣れるにつれてちゅぱ音が下品になりますし、エッチを通じて彼女が成長する様子も描かれてます。
愛情をたっぷり込めたエッチ
エッチシーンは3パート121分間。
プレイはキス、手コキ、フェラ、耳舐め、乳首舐め、SEX(正常位)です。
手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「なのと 本に描いてあるみたいなこと しますか?」
主人公の部屋でゴミの分別をしてる最中にエッチな本を見つけたなのさんは
彼の願いを叶えようとエッチを持ち掛け、手始めにソフトなキスをします。

エッチは彼女がリードしつつ時折責め手を切り替えます。
最初の「02_えっちな本を見られた僕に、なのちゃんがえっちなご奉仕(約63分)」は
彼女の魅力を前面に押し出したパート。
軽めのキスから始まりディープキス→耳舐め→耳舐め手コキと
後になるほど濃いプレイを繰り出す形でゆっくりじっくり進めます。

「ご主人様 我慢は体によくないですよ なのに何をして欲しいか言って?」
そして彼女は早速メイドらしい細かな気配りを見せます。
彼が自分とエッチすることに抵抗を感じてたらそれを解きほぐす言葉を投げかけ
耳舐めやメイドが好きな彼の嗜好に沿ったプレイを提案して満足させようとします。
ちゅぱ音重視の構成ですけどプレイ時間が長いので彼を癒すセリフもそれなりに入ってます。

体への責めについては彼女が慣れていく様子を描きながら進めます。
キス、耳舐めいずれも複数のパターンが存在し
後に登場するものほどちゅぱ音が濃く、激しく、エロいものへと変わります。

効果音も状況に応じて質感や動きが変わったりと、音の量やバリエーションを多くする工夫がされてました。

「普通の耳舐めと 耳奥舐め どっちが好きなんですか?」
中でもパート終盤から登場する耳舐め手コキは抜きに最も役立つプレイです。
ご奉仕にある程度慣れたおかげで耳舐めのペースと激しさがそれなりに上がり
同時に手コキの滑らかな水音もリズミカルに鳴らして彼女に責められてる雰囲気を作ります。
耳舐めは外側と内側の2パターンあって、後者は位置が近くなったり音がこもってました。
最後は精液を手できっちり受け止めてくれますし、彼女の尽くす姿勢がプレイにわかりやすく反映されてます。

次の「03_突然寝室を訪ねてきたなのちゃんと、初めての夜(約52分)」は夜のお話。
布団に潜り込んできた彼女とキス、乳首舐め、フェラ、SEXをします。

「ご主人様 このカリのところが 好きですもんね もっともっと 舐めてあげますね」
前のパートで耳舐めを30分以上もやったからでしょうけど
ここではその量を大幅に減らし、代わりにフェラを12分くらいやります。
最初は外側を舐める大人しい責め方だったのがしばらく経つとおちんちんを咥え始め
じゅるじゅるとやや下品な音を鳴らしながらちょっぴり苦しそうな声を漏らします。

最も時間を長く取ってるのはもちろんSEX。
中盤から始まりおよそ30分に渡ってじっくり愛し合います。
今までとは違って彼が責め手に回り、ゆっくり挿入してから徐々にペースを上げる無理のない展開です。

「奥っ 奥はダメっ 奥とんとんされるの 好きっ」
そして受けに回った彼女は熱い吐息や切ない喘ぎ声を漏らして気持ちいいことをアピールします。
自分だけ先にイってしまったことを彼に謝ったり
キスや耳舐めで応援するなど引き続き彼を喜ばせることを強く意識してて甘いです。
フィニッシュは中出し、しかもお掃除フェラもしてくれて至れり尽くせりでした。
ちゅぱ音好きなら02、喘ぎ声が好きなら03パートが抜きやすいと思います。

このように、言葉と行為の両方から愛情を注ぐノーマル向けのエッチが繰り広げられてます。
舐め重視の甘い作品
なのさんと2人きりでイチャイチャする様子をそのままお届けする割と音重視の作品です。

なのさんは派遣先でご主人様になった主人公に幸せなひと時をプレゼントしようと
メイドらしく彼を気遣ったり尽くす姿勢を見せながらまずは口を使ったご奉仕をします。
そしてある程度仲良くなれた後はフェラやSEXでより深い関係になります。

可愛くて献身的なメイドと長時間に渡るエッチをする甘いシチュ
口を使うプレイを多く盛り込んだ濃いめのエッチ
優しい言葉をかけながら嬉しそうな表情を見せる彼女の愛に満ちたキャラ。
VTuberの出演作品ということで彼女の持ち味が出るように作品を組み立ててます。

「ご主人様のメイドになれて 本当に幸せ ありがとう」
時間に対する会話量が少なめだからこそ、ひとつひとつのセリフにより温かみを感じました。
ネガティブな要素が一切なくて終始穏やかな気持ちで聴くことができます。
プレイ中もキャラを崩さないようエロ可愛い責め方や乱れ方をしてます。
メイド作品としての要所を押さえてあって安定感があります。

エッチについては彼女がほとんど経験してないことを考慮しスローペースで進めます。
パートごとの射精シーンが1回しかないので早漏な人にはちょっときついかもしれません。
それなのに焦らされてる感覚がしないのは意地悪な要素がまったくないからです。
おちんちんを責め始めるのを中盤以降にしてあまり負担がかからないようにしてます。

射精シーンは3回。
ちゅぱ音多め、淫語・くちゅ音・喘ぎ声それなりです。

おまけは「なのちゃん。収録を終えて」です。

CV:天使なのさん
総時間 2:24:43(本編…2:22:45 おまけ…1:58)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年12月12日まで10%OFFの1188円で販売されてます。



【寝落ちASMR】悪魔娘が最高に癒すのでものすごく眠れる(耳かき・囁き・マッサージ・泡オイル)(前編)」に引き続いての後編です。
今回は「02_眠くなる音」の様子を中心に紹介します。
癒しの音で安らかな眠りへ
このシーンで一番最初の「01_頭から足まで全身マッサージ(約24分)」はマッサージが主役。
首や肩のお世話から始まり背中や太もものあたりを丁寧に揉みほぐし
それから耳や頭部に戻って仕上げます。

ちなみに「02_眠くなる音」にはセリフが一切ありません。
最初から最後まで本当に音だけで表現するASMR色の強いサービスです。
ただし控えめな音量で吐息が漏れてるので、パトラさんにお世話してもらってる雰囲気はあります。

そしてここでも本作品の武器である音をふんだんに盛り込んでます。
オイルの入ったボトルを振る音、それを手に馴染ませる音といった細かなものも入っており
マッサージも擦る、撫でる、揉む、叩くといった手でできるものを小まめに変えて行います。

実況すら入ってないので最初はイメージできるか不安なところもありましたが
ある程度聴くと音だけでだいたいわかるようになって癒されました。
効果音と吐息だけが鳴るひと時はとても静かで落ち着きます。

音についても強いこだわりが見られます。
首と背中では位置や距離が明らかに違いますし
手の動きも範囲が狭い部位は短く、広い部位は大きめにとリアル志向になってます。
数秒~数十秒間隔で音と動きが変わりますから聴いてて飽きることもありません。
同じ動作でも複数のパターンを用意して前編と同じく音に幅広さを持たせます。

「全身マッサージ」となってますけど
実際は耳、肩、頭のマッサージにおよそ半分の時間を費やしてます。
耳マッサージは撫でたり揉む動作の合間に両手で耳を塞ぐシーンを挟み
その際に「ごごごご」という音とともに圧迫感が伝わってきます。
また肩を叩く時は最初は手のひらで、次は手を組み甲ですると床屋さんっぽく振る舞います。

音と一緒に感覚も刺激してくるシーンが多いですから
単に音が鳴るタイプの作品よりもリアルに感じるでしょう。
前編部分でやってたことをさらに掘り下げてて大変満足しました。

残りの3パート72分間は耳かき。
竹の耳かき棒、綿棒(右耳)、綿棒(左耳)の順にどれも22分程度かけてじっくりお世話します。

竹の耳かきは右耳からスタートして手前→奥の順に掃除してから左耳に移ります。
たぶん前編で使ったものと同じ器具を使用してると思います。
「ぞりぞり」という硬さと若干尖り気のある音が適度な刺激を与えてくれました。
ペースを多少緩くしたり力を弱めてあるので頭に響くほどではありません。
音の位置、距離、速さ、リズム、動き方が目まぐるしく変わる音好きには堪らないサービスです。

続く綿棒は耳かき棒の倍近い時間を割いてるだけあって濃厚です。
耳垢水を使ってないからか、「ずしゅっ」という前編よりも乾いてて柔らかさのある音が使われており
耳の内側の溝をなぞるところから始まって穴の中→奥→再び手前と満遍なくケアします。
耳の壁をなぞったり、前後を往復させたりと動きのほうも割と多彩です。

息吹きや他のサービスは一切しませんから完全に安眠を意識したパートだと思います。
ペースや力加減の強弱もされてて「色んな音を聞いて欲しい」というパトラさんの思いが込められてました。

このように、耳かきやマッサージを様々な視点から描いた重厚なサービスが繰り広げられてます。
実力派ASMR作品
VTuberが制作したことを考慮しなくても十分に優れてる作品です。

パトラさんはASMRが好きな主人公に癒されるひと時を提供しようと
良い意味で悪魔っぽくないフレンドリーな態度で彼に接します。
そして耳かき、マッサージいずれも多種多様な音を用意して耳と心に優しい刺激を送ります。

VTuberとして活躍してる悪魔の女王が長時間に渡る健全なご奉仕をするノーマル向けのシチュ
それらの多くをリアルかつ種類が豊富な音で表現するASMR色の強い作り。
パトラさんがこれまでの活動で培ってきたものを出し切るかのように作られてます。

VTuberはしゃべることで己を表現する人が多いです。
でも本作品はそれをわざと控えて音で勝負します。

これをやってる時点で一般的なVTuber出演作品とは明らかに別物です。
ASMRを好きな方がVTuberもやってて、それで生まれた作品と私は見てます。

そして予想以上のクオリティの高さに驚きました。
これだけ実力があるなら音声業界に参入するのも納得できます。
そう言える理由は色々あるのですが、やはり音作りの丁寧さが最も大きいです。
質感、位置、距離、動き、リズム、速度、力加減、間の取り方、他のサービスとの関連性など
様々な要素ができるだけリアルで癒される作品にしようと練られてます。

音だけが良いASMR作品は結構あります。
でもそれ以外の部分も良い作品はなかなかありません。
そこを高い水準で形にできてるから「優れてる」と言うわけです。

レビューの序盤でも書いたように今回は点数を掲載してません。
ですがASMRを知ってる人、好きな人全員におすすめします。

CV:周防パトラさん
総時間 10:02:12(01_ストーリー…2:48:55 02_眠くなる音…1:35:41 03_シチュ、色々。…4:47:42 フリートーク…49:54)


体験版はこちらにあります

追記
2020年11月1日まで30%OFFの1001円で販売されてます。



サークル「周防パトラ」さんの同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、可愛くて世話好きな悪魔の女王が
ASMR好きな人間に多種多様かつ濃厚な癒しのサービスをします。

VTuberとして活躍されてる周防パトラさんが声、台本、録音、編集を担当されてるのが特徴で
どのパートもセリフより音の割合を高くして安眠しやすい環境を作り
サービスごとに質感と動きを変えて彼女にお世話されてる感覚をリアルにお届けします。
ASMR作品としての品質が抜群に高いですから彼女のファンはもちろん、知らない人も問題なく楽しめます。

総時間が602分もあるので前編(01_ストーリー)、後編(02_眠くなる音)の2回に分けてお送りします。
悪魔娘がする豪華なサービス
周防パトラさんが3つの手段で健全なご奉仕をするお話。

「あっ 起きた? おはようございます」
パトラさんは甘く可愛い声の女の子。
目覚めた主人公に自己紹介すると、ここへ来た目的を教えてから耳に息を吹きかけます。

本作品は現在VTuberとして多くの人に癒しを与えてる彼女が
およそ10時間に渡って耳かき、マッサージ、シャンプーといった全年齢向けのサービスをします。
「01_ストーリー(約169分)」は主人公のためだけにお世話する同人音声ではお馴染みのシーン
「02_眠くなる音(約95分)」は特別な設定は設けず安眠のお供に役立つ音を鳴らすASMR色の強いシーン
「03_シチュ、色々。(約287分)」は彼女が悪魔以外のキャラになりきって接するシーンと
それぞれに違う特徴を持たせてゆっくりじっくり進めます。

当サイトでは基本的に本編を全部聴いたうえでレビューするのですが
03はパトラさんが以前YouTubeに投稿した音声の高音質版が多く含まれており
完全オリジナルの部分がそれほどないことを考慮し敢えて省略することにしました。
それに伴い今回だけは点数を掲載してませんのでご了承ください。

10時間まるまる紹介するのが物理的に厳しいことや
最後まで書かなくても十分魅力を伝えられるというのもあります。
販売ページ2枚目(サンプル3枚目)の画像に「おまけは色んなシチュエーションや…」と書いてあるので
サークルさんも03は本編とはやや違う位置づけと認識されてるようです。

「あなたの好きな このASMR これと 同じことしてもいい?」
最大の魅力は最中に鳴る様々な音。
主人公がASMR好きなことを既に知ってるのでセリフよりも音の量を多くしてこれらを行います。
長時間作品ですからセリフももちろん結構ありますが
何をするか教えるとか、「かりかり」などの擬声語を言うのが大半です。

タイトルを見ればわかるように本作品は安眠を目的に定めてます。
そのためあれこれしゃべって妨げるよりは音でストレートに癒したほうが良いと判断されたのでしょう。
作品の肝にあたる要素なだけあってどのパートも非常にしっかりしてます。
その証拠に発売から僅か3日で13000DLと驚異的な数字を叩き出してます。

VTuberが音声作品に出演する場合、人気のおかげで売れてると思う人が割といるはずです。
確かに今年はアニメ系の声優さんが出演してる作品がいくつも出てます。
しかしこの作品に限って言えば人気+モノが良いからそうなったと私は見てます。
詳しい内容はこれから説明していきますが全体的に作りが丁寧です。

「人間のリラックスできる香りも ちゃんと勉強済みなんだよ? おいしょ おいしょ」
彼女については人外のイメージと随分違うぽわぽわした女性です。
「人間の生態を勉強したいからお世話させて欲しい」と冒頭にはっきり伝え
彼の了承を得てから嬉しそうな表情で手と器具を動かします。
「うんしょ」などの掛け声も適度に入ってて可愛く感じました。

彼女のファンでなければわからない設定とかセリフは特に入ってないので
普通のASMR作品とほぼ同じ感覚で聴けます。
私も彼女のことを名前くらいしか知りませんけど問題なく楽しめました。
声と態度の両方が優しくて眠くなる人が続出するでしょう。
広さと深さを兼ね備えたサービス
2分程度の前置きを挟んだ後「02_早速お耳マッサージしちゃいますよ(約32分)」でするのは耳マッサージ。
アロマオイルで揉みほぐすところから始まり合計9種類のサービスが登場します。

そして本作品の売りである高品質な音が早速大活躍します。
オイルマッサージは「ぞしゅーっ」というざらつきのある音が左右同時に鳴り
しかも耳の外側、内側、裏側、耳たぶで質感と動きが変わります。
状況に応じてペースが速くなったり遅くなるなど、専門店に近いガチなご奉仕をします。

その後も泡洗浄は滑らかな泡音をゆっくりペースで
次の炭酸泡は通常の泡よりも清涼感のある音に変化する、と
同じ泡でも音に明確な違いを設けて変化をつけたり流れを作ってます。
耳マッサージをここまで色んな視点からする作品はそうそうありません。
産毛処理やブラシといったマイナーなサービスも取り入れてあって本当に幅広いです。

そしてこれはASMR作品としての持ち味にもプラスに働きます。
音の種類が多ければ当然音をより楽しめるようになるわけで
さらに長時間作品にありがちな単調さを薄めることにも繋がります。

「手でよく 泡立てた 泡を…よいしょ」
最中のパトラさんは音よりも一歩下がって控えめにしゃべります。
何をしてるかを和やかな口調で話し、その後はサービスに合った掛け声を適度に漏らします。
個人的には吐息を多少入れておいても良かった気がするのですが
音を楽しむ本作品のコンセプトからやや脱線するのでこうしたのかもしれません。
音だけが鳴り続けるひと時はとても静かで頭を空っぽにしたまま聴けます。

前編部分で最も長いのは「03_膝枕で耳ケアしちゃいますよ(約67分)」。
膝枕の状態で耳かきを中心とした11種類のサービスを行います。

「これ 気持ちいいの? 気に入ったんならよかった ふふっ」
耳垢を取りやすくするために耳垢水で耳の中を湿らせ
それが馴染むまでの時間を使って再び泡でマッサージし
タオルで拭いてから赤ちゃん綿棒、竹の耳かき、尻尾耳かきを使い分けて綺麗にします。
その後もタオルの指かき、シャワー綿棒、両耳ゴムブラシ、ベビーワセリンと小技がいくつも出てきます。
そして彼女は彼の様子を時折確認して微笑みます。

耳かき作品は数多くありますが、それに耳垢水を取り入れてる作品はまだ少ないです。
しかも耳の中が湿ってる状況を反映させて赤ちゃん綿棒や竹耳かきの音も若干湿ってます。
こういう細かな気配りにサークルさんのこだわりを感じました。
各サービスが連携を取ってるので種類が多くてもひとつの流れができてます。

耳かきに大部分の時間を割いてるのも良いですね。
赤ちゃん綿棒は14分、竹耳かきは22分と十分な量を確保してます。
前者は「こしゅっ」という柔らかい音、後者は「ぞりっ」という硬さのある音と
同じ耳かきでも音の質感や動きが結構大きく変わります。

竹耳かきは強めの音だから敢えて力を弱めに調節してました。
処女作の時点で大手サークルさんとほぼ並ぶ品質を持ってて素晴らしいです。

パトラさんらしさが出てるのは「04_両耳から二人のパトラ(約22分)」。
悪魔の力を使って分身した彼女が左右同時に耳をケアします。

右「両耳 こしょこしょ 私たちの尻尾 もふもふで気持ちいいでしょ」
内容は息吹き、尻尾耳かき、綿棒などで03パートとそれなりに被ってるのですが
今回は効果音がふたつに増えてるので聴いた時の印象も変わります。
頭の中を音に包まれてるとでも言いましょうか、濃厚な時間を過ごせました。
このパートは安眠よりも音を楽しむ意味合いのほうが強いかなと。

前編終盤の「06_ヘッドスパしちゃいますよ(約30分)」は
これまでと違い頭部や髪のお世話に注力してるパート。
頭皮マッサージ、ブラシ、シャンプー、トリートメント、タオル、ツボ押し、オイルマッサージと
今までと同じく時間に対するサービスの種類を多めにして多彩な音を披露します。

「こうしてブラッシングすることによって 頭皮の汚れも 一緒に落としてくれるんだよ」
これまでのパートに比べて定番のものが多くなってるおかげで
音の良さや動きのリアルさを純粋に楽しむことができます。
頭皮マッサージは髪越しに擦るので若干ざらついてる
トリートメントはシャンプーに比べて質感が滑らかとかです。
そして彼女が合間に簡単な説明を挟んでお世話されてる雰囲気を作ります。

私はレビューを書く関係でここまで通しで聴いたのですが
これまでのパートが癒しの効果抜群だったおかげでかなり眠くなってました。
彼女の口数が少ないのも寝てる彼を起こさないための優しさなのでしょう。
VTuberなのに敢えてあまりしゃべらないのはそれだけ音に自信があるからだと思います。

後編へ続く…。
【寝落ちASMR】悪魔娘が最高に癒すのでものすごく眠れる(耳かき・囁き・マッサージ・泡オイル)(後編)

CV:周防パトラさん
総時間 10:02:12(01_ストーリー…2:48:55 02_眠くなる音…1:35:41 03_シチュ、色々。…4:47:42 フリートーク…49:54)


体験版はこちらにあります

追記
2020年11月1日まで30%OFFの1001円で販売されてます。



サークル「Clubはにわり」さんの催眠音声作品(男女両用)。

今回紹介する作品は、女性の体とおちんちんを合わせ持つふたなりの女の子が
「ふたなり化」をテーマにした気持ちいい催眠をかけます。

催眠をしっかりかけてからオナニーするシンプルかつ丁寧な作りが魅力で
エッチの倍近い時間をかけてリラックスや深化を堅実にこなし
エッチも体の動きや快感を操作する暗示を入れて催眠音声ならではの射精に導きます。
全編を通じて初心者向けの内容になってますから、催眠音声を最近聴き始めた人が慣れるのにも向いてます。
ふたなりの快感をお試し
ふたなりの女の子に催眠をかけられオナニーするお話。

「こんにちは 今日はあなたに 催眠状態になっていただこうと思っております」
女の子は明るくて澄んだ声の女の子。
主人公に挨拶し、リラックスできる環境や衣服を教えると
催眠に関する簡単なアドバイスをしてから始めます。

本作品はおちんちんが生えてる感覚やオナニー&射精する快感を疑似体験させることを目的に
彼女がおよそ40分を使ってふたなり化をテーマにした催眠をかけます。
タイトルを見ると女性向けの作品だと思う人もいるでしょうが
実際は男性、女性どちらでも楽しめるように作られてます(販売されてる場所は男性向けです)。

そう言える一番の要因は催眠重視であること。
総時間の半分以上にあたる22分を割いてリラックスや深化を丁寧に行います。
Clubはにわりさんは同人音声メインのサークルさんで、催眠音声は今のところ2作品だけです。
しかしシナリオ担当が腕のいい方のようで催眠の技術力がなかなかの水準に達してます。

「最初のうちは どうしても緊張してしまって 思うように催眠にかかれないこともあるかもしれません それでも 何度か試しているうちに ある時すっと 催眠にかかれることが できると思います」
例えば冒頭の前説パート(約5分)では催眠に入りやすい環境や服装を確認した後
催眠を受けるにあたっての心構えを簡単に説明して心の緊張をほぐします。
そして「初回で入れなくても繰り返し聴けば上手くいく」と言って経験を積むことの大切さを教えます。
場数を踏めば普通は入りやすくなるので彼女の言ってることは正しいです。

肝心の催眠誘導も少しずつ進めてくれますし
催眠音声の初心者が聴きやすいと感じる要素がいくつも見られます。
テーマのふたなり化も男性に配慮した(と見て取れる)言い回しにしてありますから
実際に聴いてみたら他の男性向けとそこまで感触は違わないと思います。

エッチについてはふたなりになった後なのでおちんちんに的を絞ってます。
暗示を入れて勃起を促す、体の感度を上げる、腕の動きを制御する、射精へ追い込むと
女性でもおちんちんオナニーをリアルに味わえるよう催眠を重視してました。
そしてこれは男性にとってもより気持ちよくなれることに繋がります。

本作品を女性から見れば男性向けにおける女体化に近い割と攻めてる内容です。
しかし男性にとっては多少の捻りを加えたセルフ系作品あたりに収まってます。
女の子にアナルやおまんこを責められる展開にもなりませんし
このへんも催眠音声初心者を意識してるように思えます。
ゆっくり進める堅実な催眠
催眠は2パート22分間。
最初の「02.導入(約12分)」は楽な姿勢で目を瞑り
まずは深呼吸や体の脱力をして女の子の暗示を受け入れやすい状態にします。
ちなみにほぼ全編で彼女の声に若干のエフェクトがかかります。

「例えば ぬるめの温泉 ぬるめの温泉に右足は浸かって ぽかぽかと温まって とろけて 消えてしまいそうなほど心地いい 力が 入らなくなる」
深呼吸は軽く合図を出して後は聴き手の自由にやらせる簡素なものですが
脱力は自分が温泉に入ってるイメージを交えて温かさと心地よさを伝えます。
左右の腕、脚、胴体、顔と末端から中枢に向けて伝播させる流れにしてました。

最中の暗示も丁寧に入れてくれますし、体が多少温かくなるのを実感できるでしょう。
私の場合は腕や肩でしたが人によってそうなる場所は違うと思います。

「ほら 意識がしゅーっと 深く深く 落ちて落ちて 落ちて落ちて 落ちていって とても とても とても幸せ」
そしてパートの終盤から深化に移ります。
カウントを数えながら「深く」「落ちる」といった暗示を入れる堅実なもので
その前後にも厚めに語りかけて入りやすくしてました。
テーマのふたなり化には敢えて触れず催眠を深めることに専念します。

催眠慣れしてる人ならこのパートだけでも中程度あたりまで入れるでしょう。
王道の技術を違和感なく組み合わせてますし、暗示の入れ方や表現方法も割としっかりしてます。

次の「03.本番 ふたなり化 オナニー指示(約10分)」はいよいよふたなり化に取り掛かります。
事前に半覚醒状態と催眠状態を往復させてさらに深化してから
おちんちんが生えてる感覚やしごきたくなる感覚を与えて心の準備を整えます。
ちなみにこのパートは前半がふたなり化、後半がエッチの構成になってます。

「さて 私の言葉を聞いていると あなたの股間のあたりが むずむずとしてきましたね」
「新たな肉体の部分が できていきます それは 根元のほうから 少しずつ膨れ上がって 上のほうに 垂直に伸びていきます」

「股間のあたりがむずむずする」は男性向けの感度上昇でよく使われるフレーズです。
そして下のセリフの後半はおちんちんが生える様子と勃起する様子の両方で捉えることができます。
これが前項で「男性にも配慮してる」と書いた理由です。
純粋にふたなり化だけを見据えてるならもっとストレートに表現するんじゃないかなと。

穏やかな雰囲気でリラックス、深化、ふたなり化を進める比較的質の高い催眠です。
女性はおちんちんが生えてる感覚を与え、男性はおちんちんを普段よりも敏感にすることを目的に
深呼吸から入って温泉のイメージを交えた分割弛緩法、カウントによる深化
軽めの揺さぶり、ふたなり化&感度上昇の暗示と
古典催眠の技術をベースにゆっくりじっくり進めます。

催眠を始める前に簡単な心構えを説明することも含めて
全体的に誘導がとても丁寧で入りやすかったです。
私は男性なので女性がふたなり気分を味わえるかについてはわかりません。
でも催眠は結構効きましたしおちんちんも自然とぴりぴりするのを実感できました。
変わったテーマを扱ってますけど内容はかなり初心者向けです。
心と体をコントロールされながら
エッチシーンはおよそ10分間。
プレイはオナニーのみです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。

「ほら 手をそっと 股間に近づけてみましょう」
催眠を使って主人公をふたなりに変えた女の子は
おちんちんの感触を味わってもらおうと早速手で触れる指示を出します。

エッチは彼女にリードされながらオナニーします。
同人音声のオナサポのようにシコシコボイスを小まめに言うのではなく
運動支配と感覚支配の暗示を組み合わせた催眠音声ならではのプレイです。

「何かが体の奥底から こみ上げてくる感覚 下腹部から何かがやって来て おちんちんの中を上っていくような感覚」
女性向けに多少の実況も挟んできますが
それよりもおちんちんをしごいた時の快感を伝えることのほうがずっと多いです。
男性向けのセルフ作品に近い言い回しになってるので普通に楽しめます。
オナニー自体は後になるほどスピードを上げていく王道の内容です。

プレイ時間がやや短い点を除けば上手くまとまってます。
催眠にかかってる状況が活きるリードをしますし
射精シーンをおよそ2分も取って普段よりも長く深い快感が味わえるようにしてます。
連続射精ではなく、その間は絶頂の暗示を入れ続けるロングオーガズムっぽい追い込みです。

純粋なエロさは低めですから催眠に入ってるかどうかで快感が随分変わるでしょう。
オナニーを見られる羞恥を煽ることも、情けない姿を彼女に見下されることもありません。
催眠パートと同じく終始穏やかな態度で接します。

このように、オナニーの快感を技術で押し上げるシンプルなエッチが繰り広げられてます。
催眠重視の親切なセルフ作品
催眠をしっかりかけてからサクッとオナニーする使い勝手のいい作品です。

女の子は主人公(女性)におちんちんの快感を味わってもらおうと
まずは催眠パートでリラックスと深化を行い、最後におちんちんが生える感覚やその快感を伝えます。
そしてエッチは腕の動きや快感を制御して気持ちいい射精に導きます。

ふたなりの女の子が催眠を使っておちんちんの快感を教えるほぼノーマル向けのシチュ
十分な時間を割いてそれぞれを丁寧に行う初心者向けの入りやすい催眠
淫語やちゅぱ音はできるだけ使わず暗示で気持ち良くするエッチ。
催眠音声の要所を押さえたうえで個性も出るように作品を組み立ててます。

私も音声を聴く前は「これ男でも楽しめるのか?」と多少の不安を抱いてました。
でも実際に聴いてみるとそれをあっさり払拭してくれて驚きました。
催眠重視にすれば男女両方に対応できますし、エッチもオナニーに絞り込んでやりやすくしてます。
ふたなり化を除けば男性向けのセルフ作品とほぼ同じ内容です。

そしてふたなり絡みの部分も男性が聴くことを意識した言い回しになってます。
この細かな配慮が素晴らしいなと。
これなら男性でも問題なく聴けるし楽しめると私は判断してます。

射精シーンは1回。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:弐珠司さん
総時間 40:08

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2020年10月30日まで10%OFFの792円で販売されてます。



サークル「メヤスバコ-MeyasuBako-」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、子供の頃よく遊んでた2人の幼馴染が
久しぶりに再会しエッチを通じて昔の思い出を取り戻します。

彼女たちの片方の心の傷を癒しながら進めるストーリー性のあるエッチが行われており
非エロパートは昔よく使ってたおもちゃの音と耳舐めを組み合わせて癒しを与え
エッチは大人になった自分たちを曝け出しながら悪い思い出を良い思い出で上書きしようとします。
VTuberのまどろみもあさんが出演されてるのも大きな魅力です。
失われた時を取り戻すために
幼馴染のミィやカナタと家でイチャイチャするお話。

「あ、ねぇ君 やっぱりそうだ ふふっ」
カナタは明るくて整った声の女の子。
街中で偶然見かけた主人公に声をかけ、自分を覚えてるか尋ねると
昔の思い出を懐かしそうに語ってから近況を尋ねます。

本作品は小学校に通ってた頃仲良くしてた3人が
大人になった後で再び出会い、およそ90分に渡って会話やエッチを楽しみます。
ミィとカナタは高校まで一緒だったそうですが
彼とは中学校へ通う頃にはもう疎遠になっており、当時から10年程度の月日が経ってます。
そんな事情を踏まえて昔の関係を取り戻すことを意識しながら物語を進めます。

「3人で一緒に 昔みたいに…いいよね?」
カナタはこの街でずっと暮らし続けてたこともあり純朴な性格をしてます。
久しぶりに彼と会ったことを素直に喜び、自分から家に誘って泊まろうとまで言います。
彼に対して恋愛感情を抱いてるかどうかはわかりませんけど
昔と同じく性別に囚われずに付き合おうとする姿勢が見られます。

「今 思い出した ひさし…ぶり」
それに対してミィは一度都会に出てから地元へ戻ってきた背景があり
あちらで心に傷を負ったせいでぼんやりした反応をします。
甘く可愛い声と子供っぽい仕草からカナタよりも幼い印象を受けるのですが
エッチに入るとカナタをぐいぐい引っ張る積極的な姿を見せてくれます。

サークルさんが「奥行きと陰影のあるストーリー」とおっしゃられてるように
本作品は彼女たちとの会話やエッチを通じて
会わない間に何があったのかが少しずつわかるように作られてます。
抜き系ではなくキャラやストーリーを楽しむボイスドラマ寄りの作品です。

若干ダークな要素を含んでるので純粋な癒し系作品ほど大衆性は高くありません。
しかし彼女たちとの失われた思い出を取り戻す展開や
ミィの心を癒そうとする様子に心揺さぶられるものを感じる人は多いはずです。
成長した幼馴染とエッチするシチュも相まって感情移入しながら射精できます。

エッチについてはタイトル通り両耳舐めに力を入れてます。
確認したところ全パート合計すると総時間の47%にあたる43分ほどやってました。
舐めてる最中はほぼ無言になってちゅぱ音を鳴らすので聴きやすいです。
また非エロとエロで音の鳴らし方を変える工夫がされてます。
エッチでは耳とおちんちんを同時に責めますからどのプレイも通常より濃く感じるでしょう。

ミィ「君の真っ白な精液 ザーメン 赤ちゃん汁 いっぱい 出して?」
また冒頭でも触れたようにまどろみもあさんがミィ役を担当されてます。
ASMRや催眠の動画をYoutubeで公開されてる方です。
同人音声に出演するのは初らしいですからファンには堪らないのではないでしょうか。
表現はぼかしてあるのだろうと思ってたら淫語を割とバンバン言ってくれて驚きました。
声と演技もしっかりしてますし、カナタ役の涼花みなせさんとの掛け合いに違和感はなかったです。

幼馴染たちとの思い出を取り戻すためにエッチするストーリーと両耳舐めを多く盛り込んだエッチ。
登場人物たちの背景や内面に光を当てた穏やかでちょっぴり切ない作品です。
すべてを曝け出すエッチ
エッチシーンは4パート51分間。
プレイは手コキ、耳舐め、2人の百合プレイ(乳揉み、手マン)、オナニーです。
服を脱がす、手コキ、手マンの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

ミィ「ねぇ どうして君のここ こんなに硬くなってるの? どうして私たちにお耳舐められてるだけで こんなに勃起してるの?」
カナタの家に移動し、そこにいたミィと3人で同じベッドで横になった主人公は
イチャイチャしてる最中に勃起を気づかれミィにその理由を訊かれます。

エッチはどのパートも彼女たちが責め続けます。
一番最初の「Tr3「耳舐め手コキを、代わりばんこに……」」は大人の遊びを楽しむパート(約17分)
ミィがすかさず手コキを始め、少し後にカナタも参加し両耳舐めと同時にします。

ミィ「あのね カナタ 見てて? こうすると もっと大きくなるんだよ」
カナタ「これって 気持ちいいの? おちんちんシコシコされると 気持ちよくなっちゃうの?」
ミィは都会でエッチした経験があるおかげで男性の責め方を心得ており
処女なカナタに率先してやり方を教えます。
そしてカナタはミィよりもゆっくりペースでしごき、彼にこれで大丈夫か尋ねる初々しい姿を見せてくれます。

エッチが始まる前のシーンを聴いた時はカナタのほうが大人びてる印象がしたので
ミィがカナタを引っ張る展開は意外だし面白かったです。
前半はミィ、後半はカナタが手コキを担当し効果音に違いを出してるのも良いです。
キャラのイメージとエッチの上手さを正反対にしてギャップを引き立ててます。

個人的に一番エロいと感じたのは次の「Tr4「女の子同士の性的な交わり」」(約15分)。
彼の精液を見てすっかり発情したミィが、彼の目の前でカナタと普段やってることを披露します。

ミィ「今 私の手が 揉んでいるの カナタのおっぱい」
主人公は直接参加しないので実況を多めに用意し
責められてる側は切なそうな喘ぎ声を漏らして臨場感を出します。
パート後半はカナタがミィに手マンする様子をオカズにオナニーするシーンもありますし
仲良くしてた女性たちがすっかり大人になったことを実感しながら、ちょっぴり背徳的な射精を迎えられます。
純粋なエロさとシチュが組み合わさってるから余計抜きやすく感じるわけです。

単体で最も時間が長いのは3番目の「Tr5「過去と、現在と、全ての絶頂へ……」」(約19分)。
昔の自分たちと今の自分たちを両方曝け出した後の総仕上げに
ミィの心の傷を癒そうと再び両耳舐め手コキします。

カナタ「君が ミィのために射精してくれた分だけ その流した体液で 〇〇されていくと思うの」
やってることはTr3に近いのですが、セリフの内容が目的を強く見据えてます。
幼馴染が苦しんでたらそれを助けたいと思うのは当然ですし
純粋な快楽とは別の意味合いも持たせてより充実したプレイに押し上げてます。

ここは詳細を話すとかなりのネタバレになってしまうので
これ以上はすいませんが聴いてのお楽しみとさせてください。
途中に長めの会話が挟まるせいで若干テンポは悪くなってますけど
本作品のテーマやコンセプトを考えればこうするのが妥当だと思います。

このように、昔の関係を取り戻してから新しい関係に前進するテーマ性の強いエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視の耳舐め作品
2人の幼馴染それぞれに異なる特徴と背景を持たせてエッチするドラマ性のある作品です。

カナタは久しぶりに再会した主人公と昔のように仲良くしようと
気さくな態度で自宅へ招き、そこにいたミィも誘ってベッドでソフトにイチャイチャします。
そしてある程度気分が盛り上がったところで主導権が逆転し
今度はミィがカナタを引っ張る形で耳舐め重視のエッチを楽しみます。

10年くらい前に仲良くしてた2人の幼馴染と再び出会い仲良くする穏やかなシチュ
2人の背景やエッチの経験に大きな違いを持たせ、それを活かして進めるキャラ重視の作り
非エロ、エロいずれも多くのシーンで両耳を舐めるタイトル通りのサービス。
作品の柱となる「キャラ」と「耳舐め」を組み合わせてひとつの物語を作り上げてます。

耳舐めが多い作品だからエロエロなのかと思いきや
わざと暗い要素を盛り込んだり、それに関する会話を挟んでキャラに深みを与えてるのが印象的でした。
重く感じるのは一部なので聴いてて気持ちが沈むほどではありません。
心に傷を負った女性が幼馴染の助けを借りて癒される様子を通じて心に潤いを与えます。

エッチは彼女たちが主人公と再会したばかりだからでしょうけど
SEXなどの踏み込んだプレイはやらず耳舐めと手コキをメインに据えてます。
2人いるおかげでエッチな声と音の密度が高く
さらに耳とおちんちんを同時責めするスタイルにして実用性を上げてます。

前項で「Tr4が一番エロい」と書いたのは最も素直にエッチするからであって
他のパートも1回抜くくらいのパワーは持ってると思います。
3人が関係を取り戻す展開やミィを救う流れとプレイを上手く組み合わせてあります。

射精シーンは3回。
ちゅぱ音多め、淫語とくちゅ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。
完成度は高いので興味を持った方は是非お聴きください。

CV:ミィ…まどろみもあさん カナタ…涼花みなせさん
総時間 1:32:44

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2020年6月21日まで10%OFFの990円で販売されてます。

↑このページのトップヘ