同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:TransparentChorion

   ● 性感催眠サービスはいかがですか?
   ● 星の少女と絵本のお話
   ● Masked ball(TS)
   ● Dollize(TS)
   ● 妹マッサージ
   ● なでなで催眠
   ● お風呂催眠 for men 関西弁版
   ● 甘夏
   ● 快楽の珠
   ● イイコイイコ催眠


性感催眠サービスはいかがですか?

サークル「Transparent Chorion」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、変わったサービスをしてる個室ビデオを舞台に
そこの店員さんが催眠を交えた幸せで気持ちいいご奉仕をします。

サークル主であるみもりあいのさんの持ち味を存分に活かした癒し効果満点のサービスが行われており
催眠音声でよく聞く「とろける心地よさ」を強く味わいながら催眠に入ったり絶頂することができます。
多くのシーンで体を密着させ至近距離から吐息やちゅぱ音を鳴らしてくれるのもポイントです。
ビデオよりもずっととろけるひと時を
個室ビデオの店員「みいな」が性感催眠サービスをするお話。

「いらっしゃいませ 当店のシステムはご存知ですか?」
みいなは甘く落ち着いた声のお姉さん。
仕事の帰りに新しくできた個室ビデオを訪れたお客に挨拶すると
お店のシステムを説明してから誰を指名するか尋ねます。

本作品はAV鑑賞以上に気持ちいいひと時を味わってもらおうと
彼女がおよそ1時間に渡って催眠をかけたり体を直接責めてドライオーガズムへ導きます。
彼女は普段受付をしておりお客を直接相手することはないそうですが
他の店員たちに催眠の指導をしてるだけあってかなりの実力を持ってます。
それを踏まえて催眠は特殊なやり方で手短に済ませ、その後のエッチをじっくり行うスタイルで進めます。

全編を通じて言える大きな特徴は「甘さ」。
彼女の声、催眠のかけ方、その時のセリフ表現、エッチの内容などあらゆる要素が癒しに満ちてます。
台本を担当された暗中模索さんはこのところずっとご自分の作品にみもりさんを起用されてますから
どうすれば彼女の持ち味を活かせるか熟知してます。
本作の場合だとM性の強いことを控える、擬声語を積極的に使うなどが挙げられます。

「あーっ アリスちゃーん どうしよー? お客さんにつくことになっちゃった」
女の子キャラを担当することが多いみもりさんの中ではみいなは比較的大人びた女性です。
しかしお客を部屋に移動させ準備してる時には突然の展開に戸惑う仕草を見せ
エッチに入ると自分も一緒に興奮し絶頂する可愛らしいところもあります。
彼女に十分な魅力があるからエッチした時により癒やされたり幸せに感じるわけです。

催眠はおよそ11分間。
個室に移ってから仰向けに寝て目を瞑り、まずは彼女のお話に耳を傾けます。

「朝起きた時の眠たい感覚 体の力が抜けていて 腕や足がなんだかだるくて 重たくて ふかふかの布団にどこまでの沈んでしまいそうなくらい」
お話の内容は催眠誘導の最初になぜリラックスさせるか。
その理由を我々が日常生活でよく感じる心地いい感覚を交えてわかりやすく語ります。
「これから催眠を始めます」とかは特に言わないのであまり催眠っぽく感じないと思います。
しかしこのお話の中には「力が抜ける」「重たい」といったリラックスや脱力を促す暗示が非常に多いです。

ほんの5分程度ですが彼女のあまあまな声も相まって早速心地良い感覚が湧いてきます。
テーマの癒しに大変マッチしてる親しみやすくて柔らかい催眠です。

次にするのはクイズ。
彼女の声を聴いてるとなぜ気持ちよくなるのか、という問題に対し
彼女が提示したいくつかの選択肢の中から正解を選びます。

「体の力が抜けていって 空っぽになっていって 気持ちいい声がふわーっと響いて 意識がふわーっと浮かんで 深いところにすーっと落ちていく」
クイズの選択肢を書いたらつまらないでしょうから伏せるとして
ここでもクイズの流れに合った形で暗示を小まめに入れて心地よさや催眠の感覚をさらに膨らませます。
上のセリフのように擬声語を盛り込みながらリズミカルに話すのがいいですね。
先ほどのシーンで生まれた感覚がさらに強くなったり心身がとろけるような感覚がするでしょう。
意識の反らし方や暗示の散りばめ方がとても上手で短い時間でも結構深いところまで入れます。

エッチを存分に楽しめる環境づくりを素早く行う個性的かつ洗練された催眠です。
聴き手の心と体をリラックスさせ心地いい感覚で包み込むことを目的に
前半は日常生活に関連した催眠のお話、後半はクイズをしながら
時間に対する暗示を多めに用意し、それらをセリフの中に散りばめてスムーズに深化させます。

催眠誘導で11分は相当に短い部類に属するのですが
実際に聴いたらびっくりするほど深く入れてすごく気持ちよかったです。
この記事を書いてる今もその時の感覚を思い出して入りかけてるくらいに強力です。
意識に邪魔されにくいやり方で色んなところから暗示を入れてくるのが大きいです。
彼女の息遣いを近くに感じながら
エッチシーンは45分間。
プレイはキス、耳舐め、太もも/おちんちんの愛撫、素股です。

素股の際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。

「あなたの内側から あなたの心と体を エッチに変えていってもいいですか?」
催眠を使ってお客を気持ちいい世界に案内したみいなは
彼にもっと気持ちよくなってもらおうとお店で禁止されてるキスを始めます。

エッチはお店のサービスということで終始彼女がリードします。
前半の20分間はお口を使ったプレイが中心。
ソフトなキスから入り舌を絡めるディープキス、さらに耳舐めと
エッチな音を積極的に鳴らしながら気持ちよくなる暗示を入れて心身をバランス良く盛り上げます。

「もっと激しくキスすると 今度はトロトロだけじゃなく ゾクゾクの快感も感じ始めちゃいますよ」
エッチに入っても彼女の甘さと優しさは留まるところを知りません。
彼を楽しませるのはもちろん、自分もこのエッチを楽しめるように多くのシーンで体を密着させ
至近距離から熱っぽい吐息を漏らして自分の温もりと興奮を伝えます。

バイノーラル録音特有の微かな風圧も感じられてものすごくリアルです。
彼女の吐息につられて股間が熱くなる人がきっといるでしょう。

プレイ開始直後は暗示重視で進め、後になるほどちゅぱ音の割合を増やしていくのもポイント。
催眠音声のエッチに不足しがちな純粋なエロさを補いつつ催眠特有の快感を味わわせます。
心身がとろける感覚も引き続き味わえますから癒されながら気持ちよくなれます。

シーン最後の絶頂時は股間を中心にムズムズした快感がじわじわと湧き上がってくるのを感じました。
一気に突き抜けて収まるのではなく弱めに長く続くタイプの絶頂感です。

続く後半はターゲットをおちんちんに移し
ズボン越し→直接の順に指で優しく愛撫してから素股で二人一緒の絶頂を目指します。

「精液の通り道を 快感が通り抜ける 気持ちいい 撫でるたびに快感は強くなりますよ」
おちんちんの愛撫は指一本だけを使って根本から先端に向けてゆっくり撫でるソフトなプレイ。
ですが先ほどよりも明らかに興奮してる彼女の息遣いや丁寧な暗示の効果で前半以上に気持ちよくなれます。
彼女が精液の通り道に沿って指を這わせることで遠回しに射精の快感を喚起してるからかもしれません。
焦らし系ですが意地悪さを打ち消して進めるおかげでノーマルな人でも普通に聴けます。

「ん、んっ… おちんちんとおまんこが擦れて 快感が溢れていくのを感じる 気持ちよくとろけていく」
純粋なエロさが最も高いのはやはり最後の素股でしょうね。
我慢できなくなった彼女がすっかり濡れたおまんこを生のおちんちんと何度も擦らせます。
おちんちんの愛撫と同じく1回1回ゆっくり動かし、そのたびに効果音と軽めの喘ぎ声を漏らします。

ここで最初の絶頂を迎えた後に責めが一気に激しくなりますから
ドライ慣れしてる人なら連続絶頂も十分可能だと思います。
連続絶頂シーンが2分ほど取られていてここも長く快感を味わえるようになってます。

このように、お客と店員よりも恋人同士に近い距離でする臨場感の高いエッチが繰り広げられてます。
隅から隅まで甘い作品
可愛さのある大人の女性とひたすらイチャイチャする癒し成分の強い作品です。

みいなは新しくできたお店に来てくれたお客にスッキリしてもらおうと
丁寧な言葉遣いの中に親しみを込めて語りかけながら催眠を交えたエッチなサービスをします。
そして催眠、エッチいずれも色んな方向から働きかけて幸福感と性的快感をゆっくりじっくり広げます。

日常会話っぽい話し方でさり気なく暗示を入れるナチュラルな催眠
自分から積極的に体を密着させ、エッチな吐息を漏らしながら気持ちよくするエッチ。
お店のサービスから連想される心の距離や割り切り感を徹底的に取り除き
彼女との一体感を味わわせながらドライオーガズムへ導きます。

「また いらしてくださいね よければ次の時もご指名いただけると嬉しいです」
専門店でここまで踏み込んだサービスをすることに疑問を感じる人がいるかもしれません。
ですがそれを解消するやり取りが作中にきちんと入ってます。
彼女をサービス担当ではなく受付に置いたのもこのプレイを違和感なく成立させるための配慮なのでしょう。
彼女の内面を反映させたお世話をするから甘く感じるわけです。

催眠は誘導の流れや暗示の忍び込ませ方が秀逸です。
双子を使わずにここまでの短時間で見事に深化できる作品はなかなかありません。
みもりさんの声質とセリフの表現がマッチしてるのも大きいのだと思います。

エッチは淫語をできるだけ言わずにちゅぱ音、吐息、暗示で興奮を誘います。
密着して耳元に囁きかけるシーンも多く雰囲気が良いです。

絶頂シーンは2回+α(連続絶頂)。
吐息多め、ちゅぱ音それなり、くちゅ音と喘ぎ声そこそこ、淫語ごく僅かです。

催眠に入りやすくエッチも充実してる総合力の高い作品です。

CV:みもりあいのさん
総時間 1:04:05

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

星の少女と絵本のお話

サークル「Transparent Chorion」さんの同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、とある事情で山奥に一人で住んでるぽわぽわした女の子が
偶然訪れた男性を様々なサービスとお話でもてなします。

星をテーマにした心温まるお話、緊張気味だった彼女が徐々に心を開いていく展開など
緑豊かな場所で彼らがのんびり過ごす様子をそのまま描いた癒しのストーリーが楽しめます。
星が綺麗な山奥で
謎の少女が住む家で一晩を過ごすお話。

「…誰? こんなところに人間が来るなんて 珍しい」
少女は温かくて可愛い声の女の子。
ある日、山奥にある自分の屋敷にやって来た主人公に声をかけると
彼が旅の途中に偶然ここを訪れたことを知り、星の写真を撮るのを手伝ってあげます。

本作品はとある事情があってここに一人で暮らしている彼女が
彼のために一晩の宿を提供し、あれこれお世話してあげる様子が描かれています。
専門店とは違うのでお茶を淹れたりシャンプーで髪を洗うなど家庭的なサービスが多く
彼女の堅苦しくない態度や最中のほのぼのしたお話が心を癒してくれます。

「人間はみんな ここをお化け屋敷って呼んでいるそうよ」
彼女は挿し絵のように薄緑色の髪と変わった角を持つ人とは違う存在。
人間に対して特に害意を抱くことはなく日々をのんびり過ごしてます。
しかし周辺の住民には気味悪がられていてちょっぴり寂しい思いをしてました。
作中ではそんな彼女が彼と少しずつ打ち解け、心の内を漏らすシーンがいくつも登場します。

登場人物同士の関係が徐々に変化していくドラマ性を持ったストーリーです。
最初はまったくわからなかった彼女の素性やここにいる目的も聴き進むにつれてわかるようになります。
演出面にも力が入れられていて物語の世界に自然と引き込まれていく感覚が味わえます。

この物語のテーマはずばり「星」。
彼が星を見にやって来たことや彼女が星に関する詳しい知識を持ってる背景を踏まえて
最中は星に関する様々なお話が登場します。

中には「音声だけだとイメージしにくいかな?」と思われる部分もありますが
都会だとなかなか見えないものですし、自然物ということでロマンチックな雰囲気が漂ってます。
ただし、恋愛要素は一切絡めず純粋な癒しを与えるスタイルで進めます。
後になるほど温かさが増す癒しのサービス
ここからは各サービスを個別に紹介していきます。

少女が主人公に最初に振舞うのは紅茶。
家の庭で育てた茶葉と屋敷に元からあった器具を使って手際よく淹れます。
カップを用意する音や紅茶を注ぐ音ももちろん鳴ります。

「夏に入る前の雨の季節はとても嫌いだわ ずっと天気が悪くて 空が見えないし じめじめするし」
「これは…カメラ? これが こういうので 本に載ってる写真を撮っているのね」

まだお互いをよく知らないこともあって、ここでは彼女が自分のことを語ったり
彼が持参してる器具についてあれこれ訊ねる会話をよくします。

カメラ・ランプ・非常食を興味深そうな表情で眺め、実際に試してみる彼女の姿がほのぼのしてて可愛いです。
彼女が彼を他の人間とは違う正当なお客と認識する大事なシーンです。

次に登場する「星空の案内」パートは本作品ならではのサービス。
夜が更けてきたのを見て彼を特別な部屋へと案内し
そこで一緒に横になりながら彼女が夜空に広がる夏の星座のことを丁寧に教えます。

「スプーンみたいな形に繋げるわ 柄杓とも言えるわね これが北斗七星」
内容は北斗七星や北極星を見つけるところから始まり
おおぐま座や夏の大三角(ベガ、デネブ、アルタイル)といったメジャーなものから
りょうけん座、かみのけ座などのややマイナーなものまで多種多様です。

プラネタリウムで行われる説明に近い割と本格的なものです。
小中学校あたりで習った天体に関する知識を持ってる人ならだいたいわかるはずです。
ですが実際に星図を見ながら聴いた方がずっとイメージしやすいでしょう。
お話を無理に追うよりは星を見ている雰囲気に浸ったほうが心が落ち着くとも思います。

彼女がなぜここまで星に詳しいのか疑問に思う人がいるかもしれません。
それについても物語を最後まで聴けばちゃんとわかるようになってます。

2人の関係が大きく変化するのがその後にある「一緒にお風呂」パート。
彼女が事前に沸かしておいたお風呂に一緒に入りお互いにシャンプーをしてあげます。
ここだけは彼女の声が若干反響します。
全年齢向けですのでエッチな描写は一切ありません。

彼が彼女に、彼女が彼にと順番に行うのですが
シャクシャクという泡交じりの水音が最初はやや遠くで、次は頭上やや近くで鳴り響きます。
手の動かし方も実際に録音されたのでしょうか、ループとは違う変化が見られます。
こういった細かな効果音の数々が作品全体にリアリティを与えています。
音フェチと言うほどではないものの効果音のレベルは結構高いです。

「なんだか不思議な感じする んー よくわからない でもすごく楽しいかも」
最中に見せる彼女の反応も大きなポイント。
普通の人から見れば他愛もない行為であっても、彼女にとってはなかなか体験できない貴重なひと時です。
冒頭のシーンよりもずっと柔らかい口調で彼のサービスを嬉しそうに受け入れます。
直後のお風呂に浸かるシーンでも可愛らしい仕草が楽しめます。

そうやってお互いのことをよく知った後、最後の最後に彼女がとある絵本を読み聞かせます。
このお話は物語のキーとなる部分ですので内容は聴いてのお楽しみとさせてください。
私が聴いたときは「あぁ そうだったのか」と納得したのと同時にしんみりした気分になりました。

このように、心の距離の変化に焦点を当てた個性的かつ家庭的なサービスが繰り広げられています。
人の温もりを教えてくれる作品
何気ないものから癒しを与えてくれる比較的ハイレベルなボイスドラマです。

とある目的を持って一人静かに屋敷で暮らし続けている少女が
自分を差別しない男性と出会い、誰かと同じ時を過ごす幸せな感覚を少しずつ思い出します。
彼女は泊める側ですから当然あれこれお世話してあげるのですが
後になるほど彼女が彼に何かをしてあげることに喜びを感じてるのがわかります。

サービス自体は星の説明を除けばシンプルなものばかりです。
でも彼女に隠されてる謎が明らかになっていく展開や
彼女の心情や態度の変化が自然と伝わってくるところが聴いてて非常に面白いです。
みもりあいのさんの独特な癒し系ボイスや可愛らしい仕草も心をたっぷり温めてくれます。
作中でほんの少しだけ鳴るオルゴールも雰囲気に合っていて実に良いです。

「きっと この家では誰かと誰かが暮らしていたんだわ こうやって 同じカップで 同じ飲み物を」
個人的に一番印象に残ったのは彼女が住む屋敷に関するお話がたびたび登場するところです。
山奥に建ってるにも関わらず色んな設備や本が置いてある場所らしく
彼女がここに元々住んでた人たちのことを予測の形で時々語ります。

私も最初は「彼女なりに気になってるんだろうな」程度に思ってたのですが
終盤あたりに差しかかるとその意図がわかってスッキリしました。
作品を構成する様々な要素が複雑に絡み合ってひとつの「答え」へと収束します。
ストーリーが練られてるので人によっては終盤に切なさを感じるでしょう。

キャラやストーリーがしっかりしている癒し系作品です。
耳かきやマッサージとは違う形で癒しを得たい人におすすめします。

CV:みもりあいのさん
総時間 1:05:45

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

Transparent Chorionさんで配布されている無料の催眠音声作品。

今回紹介する作品は、寂しがり屋でちょっぴり独占欲の強い幽霊が
主人公を仮面舞踏会へと招待し、参加者たちの前でラブラブなエッチをします。

効果音と暗示を組み合わせた独特な催眠が行われており
彼女が鳴らす振り子の音や鐘の音を聴いているだけでだんだんと意識がぼやけ
最後のほうになると意識がガクッと揺れるような心地いい感覚が味わえます。
幽霊でも友達が欲しいの
女の子の幽霊に女体化催眠をかけられ舞踏会に参加するお話。

「それでは、まず、深呼吸をしましょう」
幽霊は温かく可愛い声の女の子。
主人公が自分の声を初めてキャッチしてくれたことに喜ぶと
一緒に遊ぶために催眠をかけて精神だけの存在になってもらいます。

本作品は仮面舞踏会をテーマに催眠パートでは幽体になって彼女と会場で踊り
その後は大勢の大人たちが見守る中あまあまなエッチをします。
今年4月に紹介した「Dollize(TS) 」と同じ方が台本を担当されてますから
そちらが楽しめた方は本作も問題なく楽しめるでしょう。

催眠はおよそ29分間。
まずは仰向けになって目を瞑り、彼女が合図を出すまで深呼吸をしながら
バックで流れる振り子時計の音に耳を傾けます。

「この音を聞いていると、だんだん意識が沈んでいきます。この音を数えていると、意識がずーんと沈んで、眠くなっていく」
「こつーん こつーん」というリズミカルな音を聴いていると
それだけで心が落ち着くとか、意識がぼんやりする感覚が湧いてきます。
聴き手がそれをより強く実感できるように彼女も良いタイミングでリラックスできる暗示を投げかけます。

本作品の催眠はこんな感じに効果音と暗示を組み合わせて進めるシーンが多く
声だけの催眠よりも効果的にリラックスや深化を促してくれます。
後になるほど体の重さや意識のぼやけを強く感じるでしょう。

お次は両腕、両脚、胴体など体全体を部分ごとに脱力し
さらにはカウントを適度に数えてもっと深いところまで落ちてゆきます。

「振り子を数えれば数えるほど、あなたはどんどん深いところに落ちていく。何も考えられない、とっても気持ちのいいところまで」
「落ちる、ずーんと意識が落ちる、何も考えられない深い眠りの世界へと落ちていき、意識が消えていく!」

ここでは先ほどの振り子の音に加えて鐘の音も登場し
それらをタイミングよく鳴らしながら前後に的確な暗示を入れてくれます。
暗示を入れやすくするために音を活用する感じですね。

暗示のボリュームがもう少し欲しい気もしますが、表現方法や入れ方はしっかりしていて
頭や腕を中心に体が重くなっていくのを感じました。
大事なシーンなので普段以上に慎重かつ丁寧に進めてくれます。

精神だけを切り離した後は自分の容姿を女の子へと作り変え
それから彼女と舞踏会の会場へ移動し観客の見守る中2人で踊ります。

「スベスベでシミひとつない美しい肌。ぱっちりとした瞳に、小さな鼻。このままでも、誰もが振り返るくらい可愛らしい顔立ちです」
女体化は顔立ち、髪、下着、服装、靴など外見の変化を部分ごとにイメージします。
彼女の側から具体的な容姿を言うことはありません。
一通り終わったところで女性になった自分の姿を鏡で見るシーンがありますから
そこでなんとなく思いついた女性像を思い描いてみてください。

作品のテーマを見据えて堅実に進める比較的レベルの高い催眠です。
聴き手を女の子の容姿に変え舞踏会に案内するのを目的に
分割弛緩法、混乱法、揺さぶりなど古典催眠の技術をベースに
2種類の効果音やシーンに適した暗示を盛り込んで少しずつ催眠を深めてくれます。

全体的に基本に忠実と言いますか、暗示の入れ方が丁寧なので
リラックスしたり意識がぼやけていく感覚を多くの人が味わうでしょう。
一定のリズムを刻み続ける効果音もそれらを大いに助けています。

他にも最後の幽霊と一緒に舞踏会で踊るシーンに
催眠音声にはあまり見かけないちょっとしたギミックも潜んでたりします。
私の場合はここで頭の中がガクっと揺れる心地よい感覚がしました。
やや博打要素の強い技術なのですが進め方は割と上手です。
大勢の参加者に見守られながら
エッチシーンは23分ほど。
プレイはキス、乳責め、手マンです。

キスの際にちゅぱ音が鳴ります。
セルフはありません。

「それじゃあ一緒に気持ちいい、オトナの遊びをしましょ?」
舞踏会の会場で父親に「お前に友達がいるとは思わなかった」と言われて悔しく思った幽霊は
多くの参加者が見守る中、休憩中の主人公にすかさずキスをして仲の良さをアピールします。

エッチは彼女にリードされる形で進みます。
前半はキスや胸の愛撫などソフトなプレイが中心。
その様子を描写しながら暗示を使って体の火照りや幸福感を伝えます。

「みんな、あなたの胸に釘づけよ。その視線を意識すると、あなたは自分の体はどんどん火照っていく」
本作品のエッチにおける大きな特徴は大人たちに見られながらプレイすること。
幽霊は責めながら他の参加者たちの視線を意識させ
見られる快感や見せつける快感をしきりに煽って聴き手を興奮させます。


顔を隠して参加する仮面舞踏会といっても
自分の裸を見られたらやっぱり恥ずかしいものです。
単に幽霊とレズプレイをするのではなく、場の状況を活かしたエッチを楽しませてくれます。

続く後半はプレイがさらにエスカレート。
おっぱいだけでなくおまんこにも手を伸ばし、さらには顔を覆っていた仮面までも取り外して
大勢の人々に自分の恥ずかしい姿をすべて曝け出す快感を教えます。

「仮面を無くしたあなたの羞恥心は燃え上がる。周囲の大人たちは一斉にあなたの顔を見て、軽蔑する」
仮面舞踏会で痴態を晒し、仮面まで外す姿に参加者も露骨な侮蔑の視線を浴びせます。
でもそれすらも気持ちいいと感じるよう幽霊は巧みにリードします。
シチュ的にMな人の方がきっと楽しめるでしょうね。
肉体への責めが弱めな一方で心への責めはしっかりしていて気持ちを盛り上げやすいです。

このように、羞恥心を与えながら責めるアブノーマルなプレイが繰り広げられています。
バランスの取れた作品
催眠、エッチどちらにも面白い部分を持っている作品です。

長い間ずっと一人ぼっちだった幽霊は、主人公が自分の本当の友達になれるように
まずは催眠をかけて女の子の姿に変え、それから舞踏会に招待して周囲の人々に仲の良さをアピールします。

2種類の音を使って作品の世界に引き込みながら深化させる催眠。
パーティー会場にいる状況を使って興奮させイかせるエッチ。
どちらも作品が持つ特徴を踏まえながら上手に組み立て進めます。

中でも催眠は振り子の音をリラックスに、鐘の音を暗示のトリガーに用いることで
声だけで誘導する催眠よりも効果的かつ面白味のある内容にしています。
かといって音に甘えず催眠の技術をちゃんと駆使しているところも素晴らしいです。
2作目とは思えないほど進め方が柔軟です。

「お上品なあの人達にはもう、あなたが穢らわしいものにしか見えないのかしら。でも、私だけはずっと友達でいてあげるから、気持ちよくなっていいのよ」
エッチはこれまで書いた以外に幽霊の内面に触れているところも面白いです。
彼女が主人公にここまで恥ずかしい思いをさせるのは周囲の嫌悪を敢えて誘い
それによって自分が彼を独占しようとする意図があるからです。
プレイ中に感度の操作と並行して彼女への依存心を強める暗示を入れてくるのがその証拠です。

彼女の境遇を考えると友達ができたのが余程嬉しかったのでしょう。
だからこそ失いたくない、奪われたくないという強い思いが伝わってきます。
愛し方がちょっぴり過激なのでヤンデレ要素も多少含んでいる作品と言えます。

絶頂シーンは全部で3回(すべてカウントを数えてくれます)。
淫語とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

女性が変わった方法で愛してくれる女体化作品です。
興味を持った方は無料ですので是非一度お試しください。

CV:三森愛乃さん
総時間 1:06:13

Transparent Chorion
http://chorion.sub.jp/?page_id=11

Transparent Chorionさんで配布されている無料の催眠音声作品。

今回紹介する作品は、催眠を使える機能を持つアンドロイドが
人形化をテーマにしたエッチな催眠を施します。

3人の男性から同時に責められるややハードなプレイが行われており
彼女は3人が彼の体をどのように責めているのか、その結果どのような快感が湧き上がってくるのかを
様々な暗示を駆使して上手に伝え、ドライオーガズムへと導きます。
アンドロイドの操り人形に
アンドロイドの催眠で女の子の人形になり男性たちに犯されるお話。

「いらっしゃいませ。ここは、人形やアンドロイドがお客様に安らぎの時間を提供する場です」
アンドロイドは淡々と話す穏やかな声のお姉さん。
アンドロイドが癒してくれる変わった施設にやって来た主人公に挨拶すると
彼女が得意としている催眠のサービスを提供します。

本作品は「催眠オナニー気持ちよすぎ まとめWiki」に掲載されているフリーの台本を
三森さんが音声化されたもので、彼女の言葉に心と体を操られる人形になりきり
男性たちの慰み者になる快感や幸福感を楽しみます。

台本製作者が不明のため私も聴く前はどんなものかと不安だったのですが
催眠の誘導スタイルや使用されている技術
そしてエッチの内容に至るまでかなり高いレベルを持っており
大手サークルさんの無料作品に近い満足度が得られます。
はっきり言って下手な有料作品よりずっと優れています。

2016年4月4日追記
台本製作者はササジマさんという方だそうです。

「全身に糸を結び付けられて支配され、ご主人様の意志のままに動く操り人形」
アンドロイド役を務める三森愛乃さんの演技もポイント。
普段は甘くぽわぽわした声で語りかけてくることが多い彼女も
今回だけは機械的と言いますか、感情を意識的に押し殺しながら演技されています。
レア度の点で彼女のファンなら一度は聴いておきたい作品と言えます。

催眠はおよそ22分間。
仰向けに横になった状態で最初に2分近く深呼吸をしてから
腕、足、胴体など体をいくつかのパーツに分けて脱力します。

「5本の指の先と手の甲に糸が繋がり、それを通して、手の力が抜けていく。 それに連れて、手が重く感じ始める。 まるで地面に引張られているよう」
今回受ける催眠の最終目的にあたる「女の子の人形化」に合わせて
彼女は早速体に糸を結びつけるイメージを交えて脱力を促します。
腕と足は細かく分けながら脱力してくれますから特に重さを感じるでしょうね。

「それに連れて、手が重く感じ始める。 まるで地面に沈んでいくよう」
「何かが乗っているかのように、左腕が重くなっていく」

また人形化の要となる要素なのを考えて、彼女はストレートな暗示以外にも
上のセリフのような比喩を交えて感覚を伝えてくれます。

他にも「重い」「抜けていく」といったキーとなる暗示を特に重く鈍く投げかけるなど
細かい部分にまで気を配りながら催眠を進めてくれています。
このあたりが先ほど本作品を「優れている」と言った理由のひとつです。

十分に体の力が抜けた後は軽いテスト。
彼女に言われた通りに手足を握ったり大きく深呼吸するのを繰り返します。

「まずは右手を握りましょう。ゆっくりとで構いません。 力強く握る必要もありません。軽く握りこぶしを作るだけで構いません。 そう、ゆっくり、ゆっくりと」
脱力した直後に体を動かさせることに疑問を感じる人もいるでしょうが
彼女はあくまで聴き手ができる範囲内で指示に従って欲しいと呼びかけます。
そしてこれは自分がどれだけ脱力できているかを確認するいい機会になります。

催眠に不慣れな人ほど自分が催眠に入っているか気づきにくいものです。
だからこそこういう場を用意したのだろうと私は考えています。
テーマに沿う形で無理なく進めてくれているところが素晴らしいです。

「頭を右に向ける。 右手を握り、 両手を開く。 右足の先を丸める。 大きく息を吸って、 両足の指を伸ばす」
「指示に従う度に、自分の頭で考えるのが面倒になる。私の声が心地よく聞こえてくる」

そしてこのシーンにはもうひとつの大きな役割があります。
彼女は様々な指示をわざと短い間隔で立て続けに与え
その合間に意識の力が弱まり自分の言うことにより従いたくなる暗示を投げかけます。

実際に聴いてみると軽い混乱状態と言いますか、頭の中が軽く揺れるような感覚がするはずです。
でもなぜか嫌な感じがしない、心地いい。
自分が催眠に入りつつあるのを実感しやすいシーンと言えます。

「お腹の筋肉はすっかり落ちて柔らかくなり、腰はくびれる。 お尻は少し膨らみ、 股間には女性器と、敏感なクリトリスができる」
そして最後はエッチに向けての準備に女体化をします。
約2分をかけて体の上から下までなぞるように行うシンプルなものです。
既に人形化しているおかげで生身に比べると受け入れやすさを感じます。

人形化してから女体化するシンプルかつ効果的な催眠です。
聴き手の体を女の子の人形に変えることを目的に
分割弛緩法、沈黙法、混乱法など古典催眠の技術をテーマに合わせてアレンジし
シーンごとにリラックスや催眠が深まる暗示を上手に投げかけます。
そして十分に深まったところで仕上げの女体化に取り掛かります。

個々の技術を行使する手順や方法、暗示の表現や方向性、そしてアンドロイドの演技に至るまで
あらゆる部分の完成度が高くすんなりと催眠に入ることができます。
体の脱力感は催眠でもかなり初期に味わう感覚ですし
テーマにもマッチしていて催眠音声初心者でも不思議な感覚が体感しやすいです。
深化シーンで味わう平衡感覚を失ったような気分も面白いです。

まとめると、誰にでも取り組みやすい親切丁寧な催眠です。
男性たちに求められる喜び
エッチシーンは16分30秒ほど。
プレイは乳首責め、手マン、クンニ、SEX(騎乗位)、アナルSEX、フェラです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「ここには、人形でも構わないから、というお客様もたくさんいらっしゃいますし。やってみましょうか」
催眠を使って主人公を女の子の人形へと作り変えたアンドロイドは
自分が興味を持っているSEXを観賞しようと3人の男性を呼び
彼らに彼女の体を好きにいじらせます。

エッチは男性たちが主人公を犯す様子を彼女が実況します。
最初の絶頂を迎えるまでの前半シーンはソフトな責めが中心。
3人のうち2人が乳首を、もう1人は股間を指でいじったり舐めたりします。

「二人のいやらしい指遣いにより、あなたは徐々に感じ始める。男たちが乳首を転がし、擦ったりする度に、乳首から甘い快感が全身へと広がる」
アンドロイドには性愛に関する機能がないため
催眠パートと同じく淡々とした口調で彼らの責める様子を語ります。
そして聴き手が主人公になりきって楽しめるように
各プレイにおいて感覚操作の暗示を比較的入念に入れます。

彼女の声が艶かしくなったりはしないので雰囲気は落ち着いています。
でも聴いているうちに体がだんだんと熱くなったりムズムズしてくるでしょう。
技術を使って感じさせる催眠音声らしいプレイが繰り広げられています。

対する後半は主人公が四つん這いの格好になり
男性たちが騎乗位、アナルSEX、フェラと3つの穴を同時に責めるハードなプレイ。
ここでは彼女が運動支配の暗示を入れて実際に腰を動かすように誘導します。

「ゆっくりと、お尻を上げて、抜けきる直前で下ろす。 上げて、下ろす。 男の人のものをあそこで上下に擦ってあげるように」
「先ほどイッてしまい、かなり敏感になったあなたはそれだけの動作もおぼつかない。動く度に、膣内から快感が湧き上がり、腰が砕けてしまいそうになる」

脱力具合によっては体がうまく動かせない人もいるでしょう。
彼女はそれすらも考慮に入れてこちらの心と体を操ろうとします。
ドライ系で実際に体を動かす作品自体が少ないですし個性も感じます。

「今のあなたの役目はお客様を楽しませ、気持よくすること。だから、その役目を果たしている今は、とても喜びに満ちた瞬間」
また彼女は今までの性的快感だけでなく
男性たちに犯されること自体に喜びを感じる暗示も入れてきます。
まるで道具のように自分の体を乱暴に扱われ、それでもなお相手を喜ばせることに幸せを感じる。
プレイを通じて心の人形化を進めているところが非常に面白いです。

このように、人形気分で複数人の男性を相手にするやや珍しいエッチが楽しめます。
堅実な作りの作品
テーマの人形化に従い催眠、エッチの両方を丁寧に進めている手堅い作品です。

エッチは苦手だけど催眠は得意なアンドロイドが
主人公の心と体を操る形で彼の欲求を満たします。

人形気分を味わえるように体の脱力感を重視した催眠
体の不自由を感じさせながら犯される喜びを与えるエッチ。
いずれも彼女が冒頭で宣言した「人形化」にマッチしており
聴き手が主人公になりきれるよう様々な技術を駆使して着実に進めています。

ここまで紹介した部分以外でもカウントの数え方や前後の暗示の入れ方が上手だったり
同じ脱力でもかける言葉や暗示の内容を微妙に変えていたりと
かなり細かいレベルで練られた催眠を施しています。
おかげで早い段階で体の重さが感じられたし、深化パートでも心地よい意識の揺れを感じました。
「聴きやすさ」という点では相当に優れたものを持っている作品です。

エッチについても1回目の絶頂はプレイの雰囲気を掴みつつ感度の強化を
2回目は人形気分をより味わえるように体を動かしながら犯される幸せを味わわせています。
プレイだけを見ると結構ハードだし陵辱的にも思えるのですが
心持ちが前向きなのでそれほどヤバさは感じません。
聴き手を大事にしながら楽しませるあたりに留めています。

絶頂シーンは全部で2回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

催眠、エッチどちらを目的に聴いても楽しめるバランスの良い作品です。
無料ですから興味を持った方は是非お試しください。

CV:三森愛乃さん
総時間 44:29

Transparent Chorion
http://chorion.sub.jp/?page_id=11

Transparent Chorionさんで配布されている無料の催眠音声作品(全年齢向け)。

こちらはサークル暗中模索さんの台本を三森さんが音声化された作品で
人懐っこい妹がマッサージをしながら眠りに導いてくれます。

総時間17分弱とかなり短いながらも十分な癒しのパワーを持っており
彼女は年齢相応のちょっぴり幼い仕草を見せながら
マッサージによって得られる感覚を暗示という形で上手に伝えていきます。
温かい雰囲気と心洗われる様々な優しい言葉に安らぎを感じるでしょう。



寂しがり屋の妹による献身的なマッサージ
妹と一緒のベッドで寝ながらマッサージしてもらうお話。

「おーにーいーちゃーん お? 寝てるねー」
妹は無邪気で可愛い声の女の子。
枕投げをしにお兄ちゃんの部屋へやってきたところ
眠いと言われて断念し、一緒に寝ることにします。

「お兄ちゃん狭いー もっとそっちいってよぉ えぇー? いいじゃん お兄ちゃんと寝たいの」
本作に登場する妹はいかにも女の子、といったとっても人懐っこいキャラで
本格的な催眠を開始する前に行われるやり取りでは
砕けた口調で甘えてきたり、ちょっとした茶番を演じたりします。

この和気藹々とした雰囲気が肩の力を適度に解してくれるでしょう。
短時間なのに敢えてこういうシーンを事前に挟んでいるのは
聴き手にできるだけリラックスしながら聴いて欲しかったからだと思います。
三森さんも堅苦しくならないようにと普通の会話に近い演技をされています。

催眠は14分30秒ほど。
まずは仰向けに寝た状態で深呼吸をしながら彼女のマッサージを受けます。
マッサージ中に効果音が鳴ることはありません。

「自分じゃない人の指と手の平って ちょっとだけ体温がちがく感じるよね? なんていうか じんわりとあったかい感じ」
「肩揉まれて 気持ちよくて うっとりしてきちゃってるでしょ? マッサージって 気持ち良くて うっとりとしてきちゃうよね」

妹は実際のマッサージの様子を聴き手が実感しやすいようにと
上のセリフのようなやや遠まわしな表現を使いながら
手の温かさや揉まれる心地よさを伝えてきます。

冒頭ではとっても元気だった彼女の声が一気にゆっくり、ぼんやりとしたものとなり
そのトーンの違いや適度に間を取りながら語りかけられるセリフを聴いていると
妙に落ち着いたり安らぐ気分がするでしょう。
声と暗示の性質がマッチしていて本当に癒されます。

「目の周りから 目の奥も 気持ちいいリラックスが広がって行く 目の奥がじわじわムズムズして気持ちいい」
肩を一通り終えた後は首のマッサージ。
ここには目の疲れに効くツボがあることを利用して
彼女は首だけでなく目や頭の中が気持ちよくなる暗示を入れてきます。

特に頭の中をマッサージするシーンでは
聴いたら多くの人が幸せを感じる言葉を何度も言ってくれますから
適度にリラックスしているのも相まってとてもいい気分が湧き上がってくるでしょう。
心も体もぽわぽわとした気持ちいい状態で眠りにつくことができます。

このように、マッサージの感覚を楽しみながら眠る
癒しに満ちた催眠が繰り広げられます。



短時間でのリフレッシュが見込める作品
時間分以上の癒しが得られる、お手頃かつ効果的な作品です。

事前のやり取りで適度に作品の世界に引き込んでから
肩や首をマッサージしていく至ってシンプルな内容なのですが
そこに散りばめられている暗示の濃度が非常に高く洗練されているおかげで
聴き進めていくほど体がえらくぽかぽかする感じが強くなっていきます。
それと合わせて心がスッキリしたような心地もしてきます。

「ぐにぐに むにむに 目の疲れも取れていくよ 緊張していた目の周りの筋肉が解れていく ムズムズじわじわして気持ちいいの」
個人的に気になっていた催眠とマッサージをどう融合させるかについても
客観描写はどこをどう揉んでいるかあたりに留めて
マッサージされている感覚をかなり重視しながら暗示を入れています。

まさに「言葉による心のマッサージ」とでも言えばいいのでしょうか。
効果音無しでもそれに近い感覚が得られるようにきちんと作られています。
妹の可愛くて人懐っこいキャラも癒しに大いに貢献しています。

時間的にも内容的にも寝る直前に聴くのに適した作品です。
最近寝つきが悪い、心に潤いが欲しいといった悩みを抱えている人にお薦めします。

CV:三森愛乃さん
総時間 16:51

Transparent Chorion
http://chorion.sub.jp/?page_id=11

Transparent Chorionさんで配布されている無料の催眠音声作品。

こちらは「催眠オナニー気持ちよすぎ@wiki」にあるフリーの台本を三森さんが読まれたもので
お姉さんに優しく頭をなでなでされながら幸せなひと時を味わいます。
18禁作品ですが催眠状態特有の気持ちよさ、心地よさに浸るのを目的としており
頭の中がぽわぽわとするまどろむような感覚が割と得やすいです。



なでなでされる心地よいひと時
お姉さんに頭をなでなでされるお話。

「こんばんは また遊びに来ちゃいました」
お姉さんはホッとするような優しい声の女の子。
主人公の感じている姿やイキ顔を見るのが大好きな彼女は
再びそれを見るために彼に催眠をかけてあげます。

催眠はおよそ13分間。
最初はベッドに寝て目を瞑った状態で
両手両足に一度力を入れてから脱力したり、深呼吸をして心身をリラックスさせます。

「右手の力が抜けると そのまま右手は重く おもーくなっていきます」
脱力する瞬間や息を吐いた時に入る、トーンの低い重くゆっくりとした暗示によって
言われた部分が重く感じたり、動かしたくなくなるように感じることでしょう。
かなり声の落差が激しくて一気に感覚が広がってくるのがわかりやすいです。

「あなたがもっと 気持ちよくなるために 頭をなでなでしてあげますね」
そして十分にリラックスできたのを見計らって
今度は彼女の声により従いやすくなれるように、膝枕をしながら頭を撫でてくれます。
「なで なで」と語句を区切ってゆったりと刻まれる言葉のリズム、セリフの内容、温かい声
それらすべてが癒しの要素で固められており、とても心地よい気分が味わえます。

仕事で最近疲れている人が寝る前に聴くとそのまま寝てしまうでしょうね。
そうやって幸せな気分を与えることで、聴き手を声の虜にしていくわけです。

時間が短いこともあってかなり内容を絞ったシンプルな催眠です。
気持ちよさや心地よさを味わわせるのを目的としているため
できるだけ聴き手に不安を与えないようなセリフと声を心がけながら進めています。
そういった諸々の要素が徐々に緊張を和らげ、自然に心を穏やかにしてくれます。

お姉さん役の三森さんの声の使い方が特に印象的でした。
脱力する/息を吐く際に入れる暗示の声にすごく重さが伝わってきます。
「声の雰囲気につられてそうなる」気分を味わいやすい作品だと思います。



頭の中を撫でられる気持ちよさ
エッチシーンはおよそ11分。
プレイは脳をいじられての絶頂です。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「次はもっと気持ちよくなっちゃう場所を なでなでしてあげるね」
主人公を気持ちのいい催眠の世界へと導いたお姉さんは
もっと気持ちよくするために彼の脳みそを直接なでなでし始めます。

エッチはおちんちんや乳首といった外側の性感帯には一切触れず
イメージを使って彼女に頭の中をいじられる感覚を味わいます。
性的な気持ちよさではなく脳でイク方向に特化した珍しいプレイです。
グロ系の表現はほとんど出てきませんが、プレイがプレイなのでやや人を選ぶかもしれません。

「なで なで なで なで 脳みそ気持ちいいね 脳みそ幸せだね」
こちらも外側を撫でた時と同様に「なでなで」「くちゅくちゅ」といった擬音語を言いながら
それらが持つイメージによって聴き手に感覚を伝えようとしてきます。
ある程度の深さの催眠状態に入っていれば
頭の側面や首のつけ根あたりにむずむず、じんじんするような感覚が湧いてくるでしょう。

「ねぇ知ってますか? 脳みそもおちんちんみたいに いっぱい刺激したら 潮 吹いちゃうんですよ」
そして最後は女性の潮吹きのように頭の中をエッチな汁で染め上げます。
背後で流れ続ける様々な擬音語と彼女の刻むカウントを聴きながら
少しずつ気持ちを高めて絶頂への準備を進めていきましょう。
内容的にドライを過去に経験済みであるほうがずっとイキやすいと思います。

このように、催眠音声ならではのちょっぴり変わったプレイが繰り広げられます。



心安らぐ作品
聴き手を催眠に持っていくまでの誘導部分に大きな癒しを感じる作品です。

短時間でできるだけ心身にリラックスの感覚を味わってもらえるように
セリフの無駄を省いてわかりやすく、一直線に催眠へと導いてくれます。
今回は内容的にそこまで深い催眠状態に導く必要もありませんし
彼女に気持ちよくさせられる気分が十分に味わえると思います。

エッチについてはプレイが独特なのもそうですが
脳みそをいじる際の表現に擬音語を多用していることもあって
具体的にどのあたりがどう気持ちいいのか、といった部分がやや弱くなっており
結果的にかなり聴き手の催眠の資質や想像力に頼る作りになっています。

だから彼女に脳をいじられてイク感覚はちょっと得にくいかもしれません。
でも催眠に入るところまではすごく簡単ですので
気持ちいい気分に浸りながら挑戦する感じでプレイを楽しんでみてください。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

短時間で催眠の感覚が味わえるリフレッシュに最適な作品です。
最近どうも寝つきが悪いとか、精神面の調子がよくない方には特にお薦めします。
ちなみに解除パートはそのまま寝るか覚醒するかを選択できます。

CV:三森 愛乃さん
総時間 共通パート…26:51 解除~睡眠…1:31 解除~覚醒…3:37

Transparent Chorion
http://chorion.sub.jp/?page_id=11

Transparent Chorionさんで配布されている、無料の催眠音声作品。

こちらは関西弁で話す可愛い声の女の子が
お風呂をテーマにした催眠をかけてくれる作品です。
お風呂催眠 for men」というオリジナルのバージョンを過去に掲載済みなのですが
方言で語り掛けてくれる催眠音声が非常にレアなため別途紹介します。



方言が作り出す心の距離の近さ
お姉さんにお風呂に入れてもらいながら気持ちよくなるお話。

「ただいまー なんな 聞いて 今 会社で入浴剤を開発しててな」
お姉さんは素朴で可愛い声の女の子。
自分の会社で開発中の特殊な入浴剤を主人公に試してもらうため
庭に専用のバスタブを用意し、そこに浸かってもらうようお願いします。

冒頭でも触れたように、彼女は全編を通じて関西弁で語り掛けてくれます。
私は関西圏の人間ではないのでどのあたりの方言かはよくわからないのですが
おそらく大阪近辺で使われているものでしょう。
演者の三森さんが関西出身だそうですから言葉遣いも自然です。

「君は 私の声だけを聞いて ゆったりした気分で 横になるだけでええの どや? 興味湧いてきたやろ?」
標準語に比べるとざっくばらんな印象が強くイントネーションもまったく違うため
関西圏以外の人なら聴いてみると新鮮に感じると思います。
そしてこれは個人的な感想なのですが、なんとなく心の距離の近さを感じました。
砕けた表現が生み出すのんびりとした雰囲気が原因だと思います。

催眠はおよそ20分間。
最初に簡単なイメージを交えながら長めに深呼吸を行った後
作品のキーアイテムである入浴剤を浴槽に入れていきます。

「温かさを感じると 両足に 脱力感が広がり 両足が お湯の中に沈んでいく」
足のつま先、ふくらはぎ、太ももと実際にお湯を入れる要領で
下から順に体が温かくなったり重くなる暗示を丁寧に入れてくれます。
日本人なら夏場でもなければ毎日のようにお風呂に入るのが当たり前でしょうし
その時の感覚を思い出しながらイメージするとより実感しやすいです。

「ふわふわ ふわふわ 君を包み込んだ泡が 弾けそう」
「すーっと落ちてゆく 体が沈みこむ 柔らかいお湯が 君を優しく受け止める」

ある程度体を脱力させた後は心の脱力。
お風呂にちなんで大きな泡に全身を包み込まれながら体を浮かび上がらせ
しばらくすると落ちてお風呂に戻るイメージを数回に分けて行います。

後になるにつれて持ち上がる高さが上がることから
1回ごとに得られる感覚にある程度の差が生まれると思います。
特に最後の1回がすとーんと来るのが実感できて非常に印象的でした。
誰かに手で軽く押さえつけられているように感じるほど頭が重たくなります。

約半分の時間を使って脱力し、残り半分でイメージを使って落としてくるシンプルな催眠です。
どちらのシーンもテーマであるお風呂を絡めているため内容に違和感がなく
作品の世界に浸りながら自然な形で催眠を深めていくことができます。
催眠音声の経験関係なしに誰でもイメージできるテーマを扱っているおかげで
体が勝手にぽかぽかしてくる感覚を多くの人が味わうことになるでしょう。

「血行が良くなってるから 体中がぽかぽかしてるね」
催眠誘導が終わった後、エッチの冒頭で体の熱さを再確認するシーンがあるのですが
そこで自分の手足が以上に熱くなっているのに気づいてびっくりしました。
「温かい」「力が抜ける」「沈む」といった暗示をややばらけさせながら継続的に入れてくるため
最初は何とも思わなくてもしばらくしたら変化に気づく可能性も十分にあります。

催眠的な感覚が比較的得やすい催眠と言えます。



ぽかぽかをエッチな熱さに
エッチシーンは17分ほど。
プレイは全身愛撫、耳舐め、乳首責め、アナル撫で、泡責めです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「メレンゲのようにきめ細かい泡を立てて 君の頬をなでる」
入浴剤を使って主人公を催眠状態へと導いたお姉さんは
今度は細かい泡を彼の全身に塗り込みながらエッチな気持ちを高めていきます。

エッチは引き続きお風呂に浸かった状態で彼女から泡のマッサージを受けます。
催眠パートで体に生まれた火照りをそのまま性的な熱さに繋げており
ストーリー、催眠の流れの両方で理にかなった内容と言えます。

「耳 反応してまうんやね? 可愛い 耳たぶ舐めるよ」
前半は耳舐めや乳首舐めといったちゅぱ音の鳴るプレイを交えながら
その都度「気持ちいい」をぶつけて少しずつ感度を上げていきます。
おちんちんへの刺激をわざと控えながら他の部分を刺激するちょっぴり意地悪な責めが
体をより熱く、もどかしくしてくれるでしょう。
こんな感じでエッチな気分を溜めに溜めてから吐き出させるプレイが繰り広げられます。

「先っぽの 穴のところを…んっ」
その後のおちんちんへの責めはアナルと同時に責めてくるのが珍しいですね。
指を挿入するのではなく入り口を軽く撫でる程度のソフトなプレイですが
それだけに受け入れやすくお尻に熱さも感じやすいです。

「泡が弾けるたびに 君の体は もっともっと気持ちよくなってくる」
最後の泡責めは体に小さな泡をイメージし、それが割れるのに合わせて気持ちを高めます。
計3回に渡って行う中、後になるほど力強くなっていく彼女の暗示を聴いていると
自然と心が押し上げられていくように感じるかもしれません。

そして絶頂シーンではおちんちんが勝手にビクビクしながら気持ちいい感覚が湧いてきました。
自分にとってはドライの手前くらいに味わえる感覚なのですが
射精のように刹那的な快感ではないため、気持ちよさをゆっくり噛みしめることができます。

このように、快感を蓄積させてから解き放つドライを意識したエッチが繰り広げられます。



気持ちいい温かさに浸れる作品
暗示によって体温が操作される感覚が味わえる作品です。

テーマのお風呂やお姉さんの声が生み出す温かい雰囲気が自然なリラックスを促し
それをさらに過熱させて快感を得る流れがスマートで取り組みやすいです。
暗示もあれこれ行うのではなく温かさや重さに的を絞っており
無意識に対して何度も働きかけることで少しずつそう実感できるように誘導しています。
やることもかなりシンプルですし、催眠音声の経験が浅めの人でも楽しめるでしょう。

関西弁についてはさすがに劇的に催眠に入りやすくなった、ということはないのですが
それでも聴き始めの段階から温かさや柔らかさを感じることができました。
被暗示性の高い私がそう感じたくらいですから
低い人ならより一層やりやすく感じるのではないでしょうか。
少なくとも方言だから催眠に入れない、入りにくくなるということはありません。
オリジナルとの違いは主に一部の言い回しとイントネーションです。

最近は夜になると随分寒くなる日もありますし
そういう時に聴くと心と体が温まって眠りにつきやすいと思います。

CV:三森 愛乃さん
総時間 共通部分…40:35 覚醒…3:49 睡眠移行…2:39

Transparent Chorion
http://chorion.sub.jp/?page_id=11

Transparent Chorionさんで配布されている、無料の催眠音声作品。

こちらは久々に再会した幼馴染の女の子と一緒に夏祭りへ行く情景を描きながら
ちょっと変わったスタンスで催眠を行う珍しいタイプの作品です。
催眠音声でよくある「~してください」といった表現がほとんどなく
普通に彼女の話を聞いていくうちに催眠状態に入っていきますから
「いつの間にか頭がぼーっとしていた」みたいな感覚が味わえます。

エッチは初めて同士なこともあって初々しい雰囲気に包まれています。
ちょっぴり痛がりながらもこちらを気持ちよくさせるために頑張る彼女の様子に
可愛さや愛おしさを感じつつも興奮を覚えることでしょう。



女らしくなった幼 馴染と夏祭りへ
幼馴染と一緒に夏祭りに行くお話。

「起きて 起きて ほーら いつまで寝てるのよ?」
幼馴染は温かくて優しい声の女の子。
主人公とは小さい頃一緒によく遊んでいましたがその後転校したため
久々の再会を喜びながら寝ている彼を起こしにかかります。

催眠はおよそ22分間。
浴衣姿の彼女に興奮した主人公を落ち着かせるために深呼吸をしてから
お祭りの会場である神社へと向かいながら彼女のお話を聞きます。

本作品は作中で催眠という単語が特に出てきませんし
彼女が「これから催眠を開始します」なんてことも一切言いません。
でも聴いていると自然と催眠状態に入ってしまう、これが最大の特徴です。
よくある催眠音声とはまったく違った印象を受けることでしょう。

「赤い空がゆっくりと紫に変わりながら 次第に深い闇の色に変わっていくね」
お話は目の前で暮れていく夕日を眺めながら子供の頃の思い出を語ります。
内容自体は本当に世間話のように感じられるかもしれませんが
「深い」「暗い」「落ちる」など催眠と関わりのある単語が非常に多く登場し
かつそれらを強調して発音することで聴き手に無意識的な喚起を促してきます。


意識では「ああなんか色々話してるなぁ」と思いつつも
体の重さや頭がぼーっとする感覚が徐々に広がっていきます。
それは無意識が彼女の言葉を受け入れて催眠状態へと移行しようとしているからです。

「光がすーっと流れて 深い闇にすーっと落ちていく」
お話は2人でペルセウス座流星群を眺めた時のことへと続きます。
次々と流れる流星を描写する彼女の言葉を聞いていると
意識が文字通りすーっと落ちていく/沈んでいく感覚を受けるかもしれません。

「くしゅ っと微かな音がして 甘い綿あめがちぎれる 口の中でふわっと溶けて 君の意識が消えていく」
そして最後はお祭り会場に到着して綿あめを食べるイメージをしながら
残っている僅かな意識をさらに小さくして催眠状態を深めていきます。
こちらは「意識が消えていく」と指示的な表現が使われていますから
催眠に入っていればその言葉通りの感覚が得られるはずです。

物語の雰囲気や内容にあまり催眠らしさを感じさせないような作りではありますが
実は少しずつ確実に催眠状態へと導こうとしている一風変わった催眠が繰り広げられます。

幼馴染は終盤まで聴き手に対して直接的なアプローチは一切せず
ただ彼女の記憶の中にある昔の様子を割と細かい描写で語り続けます。
それを我々が勝手に自分のこととして解釈し、結果催眠へと落ちていく。
そんな非常に独特なアプローチに面白味を感じました。
おそらく被暗示性の低い人ほどより大きな変化を感じられるでしょう。



野外での初エッチ
エッチシーンは16分30秒ほど。
プレイはキス、手コキ、SEXです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「ねぇ キス してもいいかな?」
お祭りの後、他に誰もいない境内でお互いの気持ちを確認した2人は
主人公の希望でそのまま初めてのSEXをすることになります。

エッチは2人とも初体験ということであまりプレイに捻りを加えず
2人が愛し合う様子をストレートに描いています。
軽く唇に触れるところから始まって長めに唇を重ね、その後舌を絡めるなど
キスシーンにやや力を入れているところが印象的でした。

「細い指の感触と 柔らかい手のひらの感触 どっちが気持ちいい?」
プレイ中は催眠音声らしく彼女が適度にエッチの感覚をイメージさせてきます。
客観的な描写+感覚の暗示とかなり聴き手を意識した作りになっていて
プレイを自分が主人公になったような視点で味わいやすいです。

「熱く濡れて きゅって締め付けられるような 包み込まれるような気持ちよさ?」
特に山場であるSEXシーンは膣の感触を緻密に描写してくれます。
同時に「幸せ」「大好き」といった心を温めてくれる言葉を浴びせながら
聴き手の心と体を盛り上げてくれているきめ細かいプレイが楽しめます。

ちなみにラストはカウントではなく声に急き立てられるような形で絶頂を迎えます。
ここだけはやや経験が求められる場面かもしれません。



一風変わった催眠が楽しめる作品
催眠誘導の部分がとても珍しく特徴的な作品です。

深呼吸をして、脱力して、カウントするorイメージする、といった型にはまったタイプではなく
普通に会話をしながら徐々に催眠を深めていってくれます。
いわゆる現代催眠の色が濃い催眠で、命令されることに抵抗を感じている人にとっては
比較的取り組みやすく、そして催眠に入りやすい作品と言えます。

幼馴染が心と体をガチガチに操ろうとはしてこないため
脳がぐちゃぐちゃ、とろとろになる感覚はそこまでしないでしょうが
彼女の言葉に自分の体が勝手に反応しているのがわかると思います。
このへんも一般的な催眠音声との違いの1つですね。
私は「深い」と言われた時に体が軽くストンと落ちる感覚を何度も味わいました。

エッチは主人公になりきってダイレクトに感覚を味わってもらうような作りです。
特にSEXシーンでおちんちんが急に温かくなったり
勝手にビクビク動き出す感覚が起こりやすいでしょう。
ドライ絶頂については助走が短めのため初回での成功は難しいと考えています。
ちゅぱ音そこそこ、淫語と喘ぎ声ごく僅かです。

「へー 催眠音声ってこんなのもあるのか」と新しい発見をさせてくれる作品です。
現代催眠の技術自体は大手のサークルさんでそれなりに使用されているのですが
ここまで寄った作品はそれほど多くありません。
聴いていて新鮮味に溢れていてとても良い刺激を与えてくれました。

CV:三森 愛乃さん
総時間 42:46

Transparent Chorion
http://chorion.sub.jp/?page_id=11

Transparent Chorionさんで配布されている、無料の催眠音声作品。

本作品は「催眠オナニー気持ちよすぎ まとめWiki」に掲載されている
フリーの台本を三森愛乃さんが読まれたものです。
フリーの台本と言われると、あまり質が良くないように思われがちですが
今回は有料作品を数多く手掛けられている誰得催眠製作所さんによるもの。
つまりプロが書いたものですから問題はありません。

内容の方は気持ちよく眠りにつくことを目的としたあまあまな催眠から始まり
その後エッチの方で誰得さんらしい奇抜なプレイが展開されます。
全身がぽかぽかと温かくなる感覚や、じんじんと疼くような感覚が味わえるでしょう。



擬態語を意識して織り交ぜたリズミカルな催眠
お姉さんに催眠で気持ちよくしてもらうお話。

「こんばんは 今日も一日 お疲れさま」
お姉さんはほんわかとした温かい声の女性。
主人公をゆっくりと気持ちのいい眠りにつかせるために
催眠を使って心を落ち着けてくれます。

催眠は24分30秒ほど。
まずはいつものように深呼吸と脱力をして体をリラックスさせていきます。

「お布団の温かさと混ざり合って とっても心地いいね」
本作品は作中で布団の冷たさや温かさを意識させてきます。
こういったイメージは実際に取り組んだほうがずっとやりやすいですから
ベッドに寝る際に布団をかけて聴くのがいいでしょう。

「光に照らされていると じんわり じんわりと 顔が温かくなる」
後半はお姉さんが作品のタイトルにもなっている光の珠をくれます。
珠が体に近づくのに合わせて、日光のような心地よい温かさを感じてみてください。

お姉さんは作中を通じて「じんわり」「ぽかぽか」などの擬態語を数多く使っており
それを上のように2回続けて言うことでイメージを強く印象付けるのと同時に
セリフにリズムを持たせています。


こうやって文字に表しただけではどういったものかがわかりにくいでしょうけど
実際聴いてみると「あ、なんかいいな」と感じる部分があるはずです。
自分の好きな音楽を聴いてると気分が乗ってくるような感じでしょうか。

「意識がだんだん 光に丸い珠に飲まれていく」
そして最後は長めのカウントを使ってゆっくりと意識を沈めていきます。
数がすすむにつれて小さくなっていくお姉さんの声をぼんやりと聞きながら
頭を空っぽにしていきましょう。

オーソドックスな内容にタイトルの珠を交えたわかりやすい催眠です。
誰得さんはモンスター娘を使っての奇抜なエッチを得意とされている方で
催眠については割と正統派なものが多いです。
初心者が聴いても十分に楽しめるのではないかなと。



触 手の中で触 手に犯される
エッチシーンはおよそ26分間。
プレイは手による全身愛撫、触手による全身愛撫、触手に丸呑みされるです。

触手が登場するシーンで、粘性のある水を手でかき回しているような効果音が流れます。
セルフはありません。

「ゆっくり ゆっくり 優しく 気持ちよくしてあげる」
主人公の全身を温かく気持ちの良い感覚に導いたお姉さんは
自分の指で愛撫することでそれを快感へと変化させていきます。

最初は手のひらや指を使ってのよくある愛撫から始まり
ある程度準備が整うと今度は触手で責め始めてきます。
今までの流れがとてもノーマルだっただけに、ちょっとびっくりするかもしれません。
でもこの作者さん的にはある意味順当な展開ともとれます。

「中が ぐにゅぐにゅとうねって あなたを飲み込んでいく」
最も特徴的なプレイはやはり大きな触手に体ごと呑まれるところでしょう。
同人ゲームではこういうプレイをたまに見かけることもありますが
音声作品で聴くのは初めてです。

「どんどん どんどん飲み込まれていく どんどん どんどん気持ちよくなっていく」
ここでは常に触手のうねるような音が聞こえてきますから
自分の体がぬめっとした温かいものに包まれていくのをイメージしていきましょう。
触手は主人公を食べるのではなく気持ちよくするために呑み込みますので
消化されることもなく雰囲気はとてもまったりとしています。

「無数の触手が 一斉にあなたに襲い掛かる どろどろに溶けたあなたを 一斉に犯す」
最後は大きな触手の体の中で小さな触手に全身を犯されます。
一応ドライ系作品なのですがカウントを刻んでからの絶頂や
言葉責めによる絶頂を促してきたりはしません。

元々の目的が心地よい眠りを得ることにありますから
温かく気持ちのいい感覚を長く楽しんでほしいといった配慮なのでしょう。
抜くよりはリフレッシュするような方向で〆られています。



男体で触 手責めに遭う珍しい作品
普通の作品と思って聴いていたらいつの間にか触手に全身を犯されている
そんな急転直下な展開が魅力の作品です。

プレイが奇抜といっても雰囲気は統一されていて、終始ゆったりとした気分に浸れます。
触手も手足を縛って弱いところを集中攻撃してくるわけでもなく
全身をくまなく愛撫してくれるような柔らかい表現に抑えてあります。
人外モノが大嫌いな方でもなければそこまで抵抗感は湧かないでしょう。
イメージについては空想上の生物ですからなんとなくでいいと思います。

催眠はこの後触手責めされるのを微塵も感じさせないほどにノーマルです。
布団に入っていれば自然と体は温かくなってきますから
彼女の言う感覚は実感しやすく取り組みやすいと言えるでしょう。
そのまま寝てしまいたくなるほどにお姉さんの声も穏やかで
ゆっくりと噛んで含めるような演技が作品の雰囲気とうまくマッチしていました。

エッチは女体化しない触手プレイの時点で非常にレアです。
もしかしたら他に無いのかもしれません。
プレイも敢えてソフトな路線に徹しているのが面白いですね。
愛撫する際に具体的な部位をある程度言ってくれれば尚良かったです。
最近丁度人外娘とあまあまなエッチをする作品を聴いていたのもあって
こういう触手プレイも有りかなと思っています。

CV:三森 愛乃さん
総時間 1:02:17

Transparent Chorion
http://chorion.sub.jp/?page_id=11

Transparent Chorionさんで配布されている、無料の催眠音声作品。
声優の三森 愛乃さんが運営されているサイトで
彼女の読み上げた作品をダウンロードすることができます。

本作品は台本がサークル暗中模索さんで無料公開されており
それを三森さんが読み上げることで完成しました。
こういった試みはまさに無料作品ならではで面白いですね。

内容のほうは寝付けない主人公を、お姉さんが添い寝で安心させたり
エッチですっきりさせた後に寝かしつけてくれたりと
主に安眠を目的とした作りになっています。

また、作品の途中で香りを意識させるシーンがいくつか登場しますので
機材をお持ちの方は事前に花の香りがするアロマなどを焚いておくと
より催眠の効果が上がるかもしれません。



ゆくりとした口調と、長い行間が眠りを誘う
寝付けない主人公のために、お姉さんが添い寝やエッチな事をしてくれるお話。

「どうしたの? 眠れないの?」
お姉さんはおっとりとした優しい声の女性。
恋人だとか姉弟だとか、そういった2人の具体的な関係については不明ですが
大切な人である主人公のために、催眠をかけて心を落ち着けさせてくれます。

催眠はおよそ18分30秒。
まずはお馴染みの深呼吸と脱力をすることで
主人公を催眠にかかりやすい状態にしていきます。

「考えてもわからないことだから 考えなくていいよ」
テーマが安眠ということもあって、お姉さんの声はとっても穏やか。
さらにセリフを非常にゆっくりと話し、かつ行間を長めに置くことで
とてもゆったりとした空間を上手く作り上げています。


あまり多くの情報を詰め込んでしまうと、当然眠れなくなってしまいます。
その点本作品のペースと情報量は
頭をぼんやりさせて聴くには丁度いいと言えるでしょう。

「私も少し眠くなってきちゃった 一緒に寝てもいいよね?」
後半は眠くなったお姉さんが添い寝してくれることに。
暖かい布団の中で、彼女に優しく頭を撫でられながら眠りにつくことになります。

「私の香り お花の香り 女の子の香りってドキドキするよね」
ここではお姉さんの香りに意識を向けさせるように進められており
彼女の放つ女性特有の甘い香りを感じながら
イイコイイコされている様子をイメージしてみてください。

このように、作品のコンセプトにぴったりな
甘い雰囲気に満ち満ちた催眠です。

リラックスすることに重点が置かれているおかげで
催眠効果はそこまで高くありませんが
作品の目的はあくまで安眠ですから、特に問題は感じません。

若干抽象的な表現が登場するシーンがあるものの
誰が聴いても大丈夫だと思います。



手コキとオナニー、いずれか好きなプレイを思い描こう
エッチシーンはおよそ5分間。
プレイは手コキもしくはオナニーを任意で選択するやや珍しい形式です。

エッチな効果音はありません。
セルフは一応有りになります。

「エッチな事したら ちゃーんと眠れるかな?」
添い寝をしても一向に寝付けない主人公のために
お姉さんは射精をさせることで、心と体をスッキリさせてあげようとします。

上で書いたように、本作品はプレイを聴き手側で選択することができます。
実際のところは表現が曖昧にされているおかげで
どちらをイメージしても違和感がない、といったところではありますが。
手コキとオナニー、どちらとも取れるプレイなのは事実です。

「君を火照らせる、媚薬のような私の香り 君の体を熱くする、媚薬のような私の香り」
また、催眠同様ここでも香りを意識させる表現が登場します。

彼女の香りがするということは、彼女がすぐそばにいるということ。
その存在を意識しながらプレイを聴いていくことで
より感情移入がしやすくなるのではないでしょうか。



いい意味で眠くなってしまう作品
台本とお姉さんの声がうまくマッチすることで
眠たくなるような甘い空間がうまく形成されています。

催眠は非常に簡素にすることで、頭を空っぽにしやすくしているのがポイント。
ゆっくりと呼吸しながら声に耳を傾けるだけですから
寝る前にここだけ聴いておくという使い方も十分有りでしょう。

解除音声がありませんが
そのまま聴き手を眠らせるような流れになっているため
寝ている間に解けることを考えれば、無くても特に問題は感じません。

もし聴いた後どこかに出かける用事などがある方は
手持ちの作品から別途解除音声を用意して
それを必ず聴いてからにしてください。


エッチは作り手が暗中模索さんの時点である程度予想はしていましたが
かなりソフト目なプレイが繰り広げられています。
喘ぎ声とちゅぱ音は無し、淫語は少々登場する程度ですから
彼女の温もりやプレイの雰囲気をイメージして抜くことになります。

彼女の目の前でオナニーをするシチュに若干M性を感じるものの
基本的には万人向けじゃないかなと。

寝る前に安眠目的で聴くのが一番ですが
寂しいだとか、色々あって精神的に参っているとか
そういう心身の弱っている方にも、安定させるという意味で有りでしょう。
時間も手頃ですし、無料ですから気軽に聴いてみてください。

本作品には今回紹介した三森 愛乃さんバージョン以外にも
綾瀬 桂吾さんが読まれたバージョンが存在します。
(もちろん無料です 男性向け)

台本が同じでも声優さんが違うと、作品のイメージがガラリと変わりますから
両方聴いてその違いを楽しんでみるのも面白いと思います。

CV:三森 愛乃さん
総時間 36:35

Transparent Chorion
http://chorion.sub.jp/?page_id=11

LLsize memorandum(綾瀬 桂吾さんver)
http://ayacell.dtiblog.com/blog-entry-3.html

催眠音声-暗中模索-
http://blog.livedoor.jp/anmo31min/

↑このページのトップヘ