同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:SEX

   ● チ○ポ係
   ● 自堕落的セックス三昧 音声
   ● ひぷのせっくす。


チ○ポ係

サークル「ベレス解部」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、態度はクールだけど内面はとても優しい同級生が
学校の内外で精力絶倫な男子生徒の性欲処理を手伝います。

彼女の魅力を前面に押し出した愛情たっぷりなエッチが行われており
彼が望むプレイを全部してあげたり、赤ちゃん言葉を交えたセリフで甘やかすなど
チンポ係だから仕方なくやるのではなく、相手が気持ちよく射精できるよう一生懸命ご奉仕します。
総時間に対するエッチの割合が高く抜きやすいのもポイントです。
チンポ係とのラブラブな1ヶ月
チンポ係と5種類のエッチをするお話。

「……私だけど。そ。今月はずっと私」
チンポ係はクールで可愛いの女の子。
SEXしたくて自分に声をかけてきた主人公に彼女がいないか尋ねると
すぐさま挿入を許しそのままおちんちんが大きくなるのを待ちます。

本作品は1ヶ月交代で女子が男子たちの性欲処理をする変わった学校で
今月担当になった彼女が彼を相手に130分程度の長く深いエッチをします。
彼女はどういうわけか他の男子に人気がないためどのパートも彼を一対一で相手し
温かい言葉をかけながら彼が望むことを何でもやって幸せな射精に導きます。

「オマンコに甘えるの幸せだね。幸せチンポで白いのいっぱいだそうね」
チンポ係は学校の規則でやることですから事務的にお世話されても仕方ありません。
でも彼女の場合はそういった部分をまったく見せず最後までしっかり付き合います。
抱きついておっぱいを揉ませる、すべすべの太ももを撫でさせる、生挿入&中出しさせるなど
彼のすべてを受け止めながら嫌な顔ひとつ見せない姿はまさしく天使です。

感情を表に出すのが苦手なキャラなので声や態度はやや素っ気ないですが
セリフやリードは思いやりが強く自然に甘えたくなる雰囲気を持ってます。
そして最初は謎の同級生に過ぎなかった彼女の素性が徐々に明らかになります。
ベレス解部さんは以前からキャラ重視の作風ですし、今作でも彼女の存在感がとても大きいです。

エッチについては5パート中3パートをSEXメインにし
合計3種類の体位でゆっくりめにピストンしながらキスを至るところで挟みます。
主人公がキス大好きだからなのでしょうけどボリュームがとんでもなく多いです。
常にやるのではなく多い時とそうでない時をきっちり分けてメリハリをつけてます。

ちゅぱ音も全体的にねっとりしていて彼女が嫌々やってる感じはまったくしません。
同時に行うSEXはピストンの音とリズムを小まめに変えるなど
2人が愛し合う様子をよりエロくリアルに表現するための細かな工夫がされてます。

エッチを始める前の会話を極力減らしてる点も魅力です。
例えば最初のパートは開始から1分後にはSEXが始まりますし
2番目と3番目は1秒後にもうピストン音や手コキ音が鳴ってます。
その代わりエッチの最中に色んな会話をして親密度を少しずつ上げていきます。

2人の関係は簡単に言うとセフレですから、エッチを第一に据えたうえでキャラの魅力を引き立たせてます。
「チンポ」などの淫語も多く純粋なエロさが高いです。
射精シーンが各パート1回ずつなので、タイミングを合わせる場合は焦らし気味になるでしょうね。
とことん甘やかすエッチ
エッチシーンは5パート133分間。
プレイはSEX(正常位、対面座位、立ちバック)、キス、太ももを撫でる、乳揉み、授乳手コキ、手コキ、スカートコキです。
SEX、太もも撫で、手コキ、スカートコキの際に効果音が鳴ります。

「んん、んぅ……甘えるの好きなの? ……好きっていうか、したかったんだ。うん。よしよし。チンポ挿れながら抱きついていいよ」
正常位でおちんちんを迎え入れ主人公に好きなペースでピストンさせると
チンポ係はその様子を眺めながらギュッと抱きしめ幸せな気持ちで包み込みます。

エッチは彼女がリードしつつSEXは彼が、それ以外は彼女が責めます。
最初の2パート58分間はチンポ係のお仕事風景を描いたシーン。
「童貞セックス」は正常位と対面座位、「抱きつきセックス」は立ちバックでまったり愛し合います。

「……ほら入った。あんま動かない方がいいかも。まだチンチンやわいから。 中でおっきくしようね」
彼女はチンポ係に選ばれたことに期待も絶望も抱いておらず
自分の名前すら覚えてない男子のおちんちんを当たり前のように受け入れます。
本当にいきなりSEXが始まるので彼女がなぜここまで優しいのか疑問を抱く人もいるでしょう。
でもそれは物語を聴き進めていけばだんだんわかるようになってます。

「童貞セックス」パート(約30分)は彼の童貞卒業も兼ねてるため
全体的にペースを落とし、さらに軽い休憩も挟んでゆっくり射精を目指します。
そしてSEX開始から3分後にはキスが加わり、そちらはねっとりしたいやらしい音を鳴らし続けます。
やることを絞り込み最中の会話を充実させるキャラ重視のスタイルです。

「……ママのチュー美味ちいんだ。うん。いっぱいチューしてチンポおっきくしよーね」
最初からこういう濃厚なプレイを持ってくるのは面白いですね。
終盤には赤ちゃん言葉が登場し、射精シーンでぴゅっぴゅのセリフを言うなどリードが手厚いです。
同級生の女の子をママに見立てて甘えるシチュもそそります。
彼女のことはよくわからないけど、少なくとも悪人ではないのがプレイを通じて伝わってきました。

「抱きつきセックス 」パートは休み時間のお話(約28分)。
あれから暇を見つけて何度も体を求めてくる精力絶倫な主人公を立ちバックで迎え撃ちます。

「まぁ 可愛い子の脚とか見てチンポ挿れたくなるのは分からないでもないけど、そこは我慢しないと。チンポ係で我慢しなよ」
底なしの性欲を持つ彼のおちんちんを「ホワイトホール」と言ってやや呆れるものの
エッチを嫌がる素振りはまったく見せません。
それどころか他の女子に手を出さないか心配し、いつでも相手するよと言います。

チンポ係としての義務感もあるのでしょうけど、彼を放っておけない気持ちを抱いてるのも事実です。
こんな風にエッチの回数に合わせて最中の会話が少しずつ変わっていきます。
おちんちんの逞しさや彼の頑張りを褒めるセリフも多くて本当にあまあまです。

続く2パート35分間は幼児プレイ色を強くしたシーン。
「甘えんぼ体育」は体育の授業中に倉庫で、「ショッピングセンター手コキ」は学校外で手コキをします。

「うん。ママでちゅよ。ママの体に甘々しないと気持ちよくお射精できないんだ。甘えチンポでちゅね」
これまでのエッチで彼が甘えん坊なことを十分理解したのでしょう。
「~でちゅ」などの赤ちゃん言葉を積極的に盛り込み今まで以上に甘やかします。
SEXはしませんけどキスは引き続き行い、さらにおちんちんの様子を実況して見られる快感を煽ります。

どちらのパートもセリフがとろけるように甘く、聴いてるだけで胸がぽかぽかしてきます。
手コキも特定の音をループさせるのではなく
数回しごいてニギニギするなどペースやリズムを不規則にしてあってリアルです。

「触り方エロいね。……いいんじゃない。脚触ってるとこ見られてもどうってことないでしょ。普通の学生カップルだよ」
またチンポ係の心情にも大きな変化が表れ始めます。
上のセリフはショッピングセンター手コキに出てくるものですが
公衆の場で彼に自分の太ももを撫でることを許し、さらにカップルに見られても構わないとまで言います。

これまでずっと学校でエッチしてたところを見ると、おそらくチンポ係の役目は学校内に限られてるのだと思います。
そうでもしないと見つかったら確実に捕まりますからね・・・。
それを敢えて解禁したところに彼女が彼を特別な存在と捉えてるのが窺えます。
他人にバレるスリルはほとんど意識させないので、この部分を最も表現したかったのではないかなと。

単体で最も長いのは最後の「正常位からの対面座位」(約40分)。
彼女がチンポ係になってから1ヶ月後の様子が描かれてます。
一番の山場にあたるので本レビューでは敢えて内容に触れません。
この物語がどのような結末を迎えるのかはご自身の耳でお確かめください。

このように、濃厚なプレイと心温まる会話を組み合わせた甘く温かいエッチが繰り広げられてます。
素朴に甘やかしてくれる作品
エッチ重視だけどキャラも引き立ってる優れた作品です。

チンポ係は自分を何度も求めてくる主人公の性欲を発散させようと
彼のすべてを受け入れながら心身両面をバランスよく甘やかします。
そして最初はセフレ程度の感情しか抱いてなかったのが、後になるほどそれ以外の思いが強くなります。

態度はやや素っ気ないけど思いやりの強い同級生と色んなエッチをするシチュ
SEXに最も長い時間を割き、それと同時に大ボリュームのキスをする濃い作り
お話が進むほど優しさと甘やかしたい気持ちが強くなる彼女のキャラ。
特別なシステムがきっかけで巡り合った男女の恋愛模様を実用性重視のタッチで描いてます。

「うん。お射精しまちょうね。チンポ出し挿れ頑張ったね。ぎゅうって抱きついてベロチューで密着射精しまちょうね」
私は音声を聴く前はもっと淡白なエッチをするのだろうと予想してました。
学校の規則とはいえ好きでするわけじゃないからそういう部分が出るのが自然です。
でも彼女は最初から最後まで彼に尽くす姿勢を貫きます。
挿入したいと言われたらすぐさまおまんこを差し出し、精液も全部子宮で受け止めます。

彼女がここまで強い母性を持つ理由にもきちんと触れられてますし
最終パートを聴く頃には十分感情移入できます。
甘やかしの方法もすごく上手で幸せなひと時を送ることができました。
挿し絵では大胆なポーズを取ってますけど控えめな性格の女性です。

エッチはひとつひとつが充実しててがっつり抜けます。
プレイの実況はほとんどしないんですけど音の表現力が高くイメージしやすいです。
時間がこれだけ長いのにマンネリ感を抱かないのはそのへんが影響してるのでしょう。
特定のプレイをひたすら掘り下げゆっくり進めるスタイルも彼女のキャラに合ってます。

射精シーンは5回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音大量、喘ぎ声ごく僅かです。

以上のことからサークルさんでは3本目の満点とさせていただきました。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 2:27:05

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

自堕落的セックス三昧 音声

サークル「ぺありふこうぼう」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、ダウナー系だけど包容力のある女の子が
並外れた性欲を持つ男性と朝から晩まで色んなSEXを楽しみます。

「セックス三昧」の名の通りエッチシーンのほとんどをSEXに割き
正常位、バック、立位などパートごとに異なる体位で繋がりながら
エロ可愛い喘ぎ声や愛の言葉をたっぷり投げかけて心と体の両方を温めます。
休日にする事と言えば
糸島ゆるみとひたすらSEXするお話。

「はあ゛ー今日も疲れたー… まじむりー…ゲームしよ…」
ゆるみは可愛くてのほほんとした声の女の子。
とある夏の朝、だるそうな表情でゲームを始めると
帰宅した主人公に頼まれてそのままSEXさせてあげます。

本作品はめんどくさがり屋だけど彼のことを心底愛してる彼女が
朝から夜にかけておよそ60分に渡るあまあまラブラブなエッチをします。
作中では明言されてませんがおそらく2人は同棲中の恋人同士なのでしょう。
堅苦しいところは一切見せず最初からゆるーい調子で語りかけます。

「はげし はげし き い ぎ… ひっ あぁダメだ さき イク」
最大の特徴はSEXにとことん力を入れてること。
エッチシーンのおよそ92%をSEXに割き正常位、騎乗位、バックなど色んな体位で愛し合います。
すべてのパートで性欲を抑えられない彼が彼女を責めるスタイルを取ってるため
彼女の熱っぽい吐息や喘ぎ声をたっぷり聴くことができます。

パートによってはセリフをほとんど挟まず効果音と喘ぎ声だけでプレイの様子を表現します。
「大好き」などの愛の言葉も多く、プレイを通じて2人の仲の良さが自然と伝わってきます。

もうひとつのポイントは彼女のキャラ。
ものぐさな性格と夏の暑さでぐったりした態度を取りつつ彼に精一杯の愛情を注ぎます。

「えー 今ゲームやってんじゃん まぁ そういうと思ってバスタオル置いといたよ。そこ。左後ろ…」
「ふふふふ…なか気持ちいいー ねーぇ やっぱり良くない? 幸せだよねー いひひ ずっとこうしていたいなぁー」

体験版を聴いていただければわかるように結構だらけた話し方をします。
しかしゲーム中や夕食を作ってる最中にSEXを求められても一切拒絶しませんし
気持ちがノッてくると逆にご奉仕したり自分の気持ちをストレートに漏らします。

無感情キャラや事務的キャラと明らかに違うので冷たさはまったく感じません。
むしろどんな時でも応じる姿が健気で愛らしいです。
彼のことを深く信頼してるからこそ常に自然体で相手します。

SEX特化のエッチと彼女のゆるーいキャラ。
お互いに変わったところを持つ男女が1日中イチャイチャする甘く穏やかな作品です。
変化に富んだSEX
エッチシーンは6パート55分間。
プレイはSEX(寝バック、バック、正常位、座位、立ちバック、立位)、放尿、キス、フェラ、乳揉みです。
SEX、放尿の際に効果音が鳴ります。

「んんっ… あっ あ あ あぁ あっ ふ ぅ こ こいつぅ…」
ゲームしながら主人公のおちんちんを後ろから受け入れると
ゆるみは早速小動物のような可愛くて切ない声を漏らし始めます。

エッチはごく一部を除いて彼が責め続けます。
最初の2パート19分間は朝のお話。
「1.ソファで」は寝バック、「2.居間で」はバックと騎乗位で1回ずつの射精を決めます。

「ほら 早く…早く… あ!ぅっ…はっ」
「はっは、どうだ イッちゃえ イッちゃえっ 騎乗位って疲れるけど…たまには私が動いてやらないとね」

SEXをする点はどちらも同じなのですが、シチュや最中のやり取りに大きな違いが見られます。
例えば前者はゲームをするついでにピストンを受け止めてたのが次第にやる気を見せ
終盤に差し掛かるとゲームを投げ出し後になるほど熱っぽい喘ぎ声を漏らします。
それに対して後者は「イッたほうが負け」という勝負形式を採用し交互に責めて楽しみます。

これらの最中に鳴る効果音も変化に富んでてリアルです。
寝バックの時は「しゅこんっ」というやや硬い水音だったのが、バックに移ると「きゅぽん」と弾力のある音に変わります。
ピストンのリズムや力強さも体位によって違いますし、マンネリ感が出ないよう工夫して制作されてます。
SEX中に実況説明をほとんどしないのも効果音に自信があるからでしょうね。

続く2パート20分間は昼間のお話。
「3.玄関で」は買い物帰りの玄関で正常位、「4.トイレで」はフェラを挟んでから挿入します。
トイレは便座に座ってる彼女に挿入してるようなので体位はたぶん座位です。

「大好き 大好き大好き 大好きだーいすき 大好き大好き 大好き」
玄関パートは前の2パートとは打って変わってセリフ重視。
ピストン音は腰をぐりぐりさせてる感じの控えめなものに留め
その代わり彼女がおよそ8分に渡って「大好き」をたくさん言ってくれます。

絶頂シーンはないのでエロさよりも2人の心の繋がりを重視したプレイと言えるでしょう。
性欲が異常に強い点も含めて彼のすべてを愛しています。

「フェラ? …んまぁ おしっこ引っ込んじゃったし…いいよ…やるよぉ…」
トイレパートは場所が場所なので放尿シーンを2度挟んできます。
効果音も鳴りますし多少人を選ぶプレイかなと。
詳細な実況はせず主に彼女の反応や音で表現してます。

最後の2パート16分間は夕方から夜にかけて。
「5.ゲームしながら」は再びゲームしながら、「6.台所で」は夕飯の準備中にSEXします。

「くひぃ!!ぎっ 深っ! あぁぁ…良いっこれ 良いぃぃぃ… さいこー…」
「はっ はっ はっ はっ はっ はっ  ちょっ 何回出すんっ!くぁぁっ」

台所パートは約8分と時間の面では短いものの
この間に彼女が4回連続の絶頂を決める最も激しいプレイに仕上がってます。
最初は規則的に漏らしてた吐息と喘ぎ声が絶頂を重ねるほどに乱れ
最後の方に差し掛かると若干苦しそうな表情を見せます。

しかしそれだけ激しく責められても彼女は恨み言をほとんど言いません。
むしろ自分を強く求めてくれたことを感謝し、事後に「大好き」と何度も言います。
彼から受け取った愛情を同じくらいの質と量できちんと返せる健気な女性です。

このように、のんびりした雰囲気で濃厚に愛し合う純愛系のエッチが繰り広げられてます。
緩くて激しい作品
付き合いの長い男女の変わった愛情模様を描いた作品です。

ゆるみは1日に何回射精しても衰えない主人公の性欲を満たそうと
基本的には受け身にまわり、おまんこでおちんちんを抱きしめながら言葉や反応で興奮させます。
そしてある時は口でストレートに、またある時は態度で愛情を伝えます。

ほぼすべてのシーンでSEXする尖った作り
パートごとに体位、効果音、セリフや喘ぎ声の分量を切り替える演出
テンションは低いけどやることをしっかりやる彼女のキャラ。
緩い要素と激しい要素を組み合わせて2人の絆の強さを表現してます。

「おま まだやりたいって、ほんと性欲大魔神だな ま、そっちの方が私は嬉しいけど いひひ」
特に彼女はダウナーな声から連想される素っ気なさがまったくなく
ひたすら体を求める彼の気持ちを全部受け止め満足させます。
彼が自分を大事に思ってくれるところに惚れたのかもしれませんね。
時間に対する絶頂回数も多く彼女もしっかり楽しんでます。

エッチは彼女の自然体なキャラを崩さないよう説明的なセリフを大幅に削ってます。
効果音がしっかりしてますからどんな風に責めてるかはだいたいわかると思います。
シーンごとに環境音が切り替わるなど音に対するこだわりを感じました。

絶頂シーンは主人公4回、ゆるみ8回。
くちゅ音と喘ぎ声多め、淫語とちゅぱ音そこそこです。

風変わりな純愛作品が好きな人には特におすすめします。
おまけは収録前の声合わせ、全年齢抜粋、大好き+褒め言葉抜粋、R-18抜粋です。

CV:御崎ひよりさん
総時間 2:16:58(本編…1:07:01 おまけ…1:09:57)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2018年6月19日まで10%OFFの900円で販売されてます。

ひぷのせっくす。

サークル「俺だけが得する音声工房」さんの催眠音声作品。

本作品は男女で行う最高の行為「SEX」を、色っぽいお姉さんと存分に楽しみます。
1時間以上に及ぶエッチシーンで行うプレイをキスとSEXの2つに絞り込み
淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声といったエロ要素を多く交えながら
少しずつ性的絶頂へと導いてくれるエロ重視な展開が売りです。

今回は総時間が短いショートバージョンでのレビューとなります。



いつもよりずっと気持ちいいSEXをするために
お姉さんに催眠誘導されてからSEXをするお話。

「私の声 聞こえてる? このくらいの声の大きさで 大丈夫かな?」
お姉さんは穏やかで色っぽい声の女性。
2人だけの世界に主人公を連れ込んだ彼女は
催眠状態でのSEXをしてお互い幸せになろうと言います。

催眠は25分30秒ほど。
4分程度の間じっくりと深呼吸をして軽くリラックスしてから
彼女の言う色にちなんだものをできるだけ多くイメージします。

「まずは 赤色 はい 赤いものをたくさんイメージしてね」
赤、青、黄、緑、白と様々な色を指定してきますので
パッと思いつくものをイメージしてみてください。
彼女もいくつか具体的なもの提示して手助けしてくれます。

最後の最後、とある色をイメージしている最中に
何かに吸い込まれていくかのように体がずーんと重く感じるかもしれません。
イメージしやすい要素を使用して催眠を深めていく流れですね。

「私の言う通りにしていれば 君は幸せに 気持ちよくなれることを知っている」
そして適度な催眠に入ったところで、この後のSEXをより楽しめるようになるために
彼女の声に対して気持ちよさや幸福感を覚える暗示を入れてくれます。

彼女の声自体がすごく魅力的と言いますか、男性からすれば好ましいタイプのものですし
その声を聴くことに対して嫌悪を感じる人はほとんどいないはずです。
彼女も押し付けるような言い回しを極力避けて受け入れやすいように誘導しています。

リラックス→イメージ誘導→暗示と続くオーソドックスな催眠です。
時間に対する工程数の少なさを活かしてそれぞれをゆっくり、じっくりと進めており
催眠にとって必要なリラックスと集中力を育みやすい環境を整えています。

「体の中のスイッチを切り換えたみたいに 無意識に ゆったりと 心が落ち着いて とっても心地いい状態」
要所で隠喩を使って聴き手にイメージをわかりやすく伝えているのも
催眠の世界に浸りやすくする良い要素と言えます。
深呼吸や色のイメージをさせる際に特に暗示を入れてこないのが残念ですが
標準よりやや浅いくらいの深さの催眠に入ることができました。



長時間に及ぶ濃厚なSEX
エッチシーンは4パート59分30秒間。
プレイはキスとSEXです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「君のガチガチに硬くなったおちんぽを 私のとろっとろのおまんこに入れるの」
主人公をほどほどな催眠状態へと導いたお姉さんは
本題のSEXを始める前に、暗示を使って主人公の感度を更に高めます。

エッチは事前に感度を高めてから騎乗位でじっくり愛し合います。
プレイをたった2つにまで絞り込んでいるのが一番の特徴で
前戯にあたるシーンがないから彼女との交わりがガッツリ楽しめます。

「君の頭の中が SEXのことでいっぱいになっていく なんだか 体が火照ってくる」
一番最初に行う感度上昇はとある単語をキーワードに設定し
それをセリフに数多く織り交ぜながら強烈に印象付けます。

キーワードを設定するところまではいいのですが、これ自体が淫語に該当するため
私は今回の催眠に用いるには不適と考えています。
催眠の結果なのか、それとも単なる性的興奮の結果なのかがわかりにくいからです。
エッチと直接関係ない単語で興奮させる方がより催眠らしいかなと。

「ほら ここが 君のチンポが入っていく 穴だよ このままゆっくり 入れてあげるね」
エッチ開始から21分後、準備が整ったところでいよいよ彼女と一つになります。
挿入シーンだけにおよそ3分もの時間を費やし
おちんちんが少しずつおまんこに飲み込まれていく様子を
イメージしやすいようにと非常にわかりやすく描写しています。

そして本作品のエッチは他に催眠音声に比べると
淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声といったストレートなエロの要素が豊富なのも大きな特徴です。

色っぽいお姉さんが熱っぽく「チンポ」などのやや下品な淫語を連発するだけでも
自然に股間が盛り上がってくるのではないでしょうか。
ちゅぱ音や喘ぎ声を集中的に聴かせてくれるシーンもありますし
催眠以外の純粋なエロさも十分に持ち合わせています。

「ほら キスするだけで 君の体が おちんちんが敏感になっていく」
SEXと並ぶもう一つの柱であるキスも忘れてはいけません。
前半はピストンをせずに、後半はピストンしながら何度も何度も唇を重ねてます。
まさにディープキスと呼ぶにふさわしい、ねっとりとしたいやらしいちゅぱ音でした。

「私の中に 君がいっぱい とっても熱い君の精液で 私の中が いっぱいになってる」
絶頂は最後の最後に1回だけ行います。
ここまで長時間に渡るプレイや様々なエロ要素
さらに長めの復唱といった催眠らしい要素を交えながら焦らされてきただけに
適度に性感が蓄積されていると思います。
そのうえでの絶頂はいつもと一味違ったものになるでしょう。

このように、プレイを極端に絞った濃厚なエッチが繰り広げられます。



エロさに溢れた作品
作品のコンセプト通りエッチシーンが耳を惹く作品です。

キスとSEXという花形プレイを長時間に渡って存分に楽しめます。
音声作品全体を見てもここまでSEXに傾倒した作品はなかなかありません。
お姉さんの妖艶な喘ぎ声や乱れっぷりが股間を熱くしてくれます。
同人音声として見てもかなり抜きに向いた作品と言えます。

その反面催眠音声として見た場合、色々な問題を抱えていると言わざるを得ません。
催眠誘導についてはそこまで致命的な問題は無いと思うのですが
エッチに入ると催眠的な要素がやや薄くなってしまっています。

「入れては抜いて 抜いては入れて とっても単純なこと でもそれが気持ちいい」
ちゅぱ音や喘ぎ声だけが何度も登場することもそうですが
エッチで得られる感覚をすべて「気持ちいい」の一言で表現しているのは甚だ疑問です。

SEXの気持ちよさを言葉で上手に表現しながら
聴き手の無意識に伝えるのが催眠ではないでしょうか?
「私が腰を動かすたび おちんちんにビリビリとした心地よい電流が走る」とか
「股間にマグマが煮えたぎるような熱さがこみ上げてくる」など
もう一歩踏み込んだ表現が欲しかったところです。

絶頂の寸前まで来たところで約10分間復唱のみをさせたり
絶頂シーンで0カウントの後に追い込み暗示が一切入らないなど
プレイの流れにもいくつか腑に落ちない点がありました。
エッチの客観描写が優れているだけに残念でなりません。

催眠はシチュなどをあまり踏まえずストレートな誘導を行っています。
深呼吸が長いおかげで意識がぼやける感覚は得やすいでしょう。

エッチは「かなりエロい」というのが率直な感想です。
彩音まりかさんの声が作品に見事にマッチしています。
淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声いずれもそれなりです。

催眠音声の弱点とも言える純粋なエロさを前面に押し出した意欲作です。
一部でかなり手厳しいことも言わせていただきましたが
それはせっかく良い素材を扱っているのに活かしきれていないと思ったからです。
テーマのチョイスはすごく良いので、より催眠を活かしたプレイを今後に期待したいです。

CV:彩音まりかさん
総時間 ショート…1:55:21 ロング…2:13:19


オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は5点。
コスパで+1してあります。

ロングは時間的に催眠状態の維持が困難です。
まずはショートを聴くのをお薦めします。

↑このページのトップヘ