同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:MASOINWASH

   ● 巨乳ロリサキュバスの射精管理地獄
   ● 湖のサキュバスのマゾ犬調教催眠
   ● 俺に目隠しをした彼女が淫らに囁いた夜


巨乳ロリサキュバスの射精管理地獄

サークル「MASOINWASH」さんの同人音声作品。

本作品はいつもとはちょっと違った属性を持つサキュバスの命令で
1週間に渡る射精禁止の日々を送ることになります。
もちろんただ待たせるだけではなく合間にオカズ音声を聴くのを義務付けられますから
単なるオナ禁より強い射精への欲求に駆られるに違いありません。

そんなきつめの試練を乗り越えた先にはパイズリのご褒美が待ち構えています。
Sっ気の強い彼女に言葉で羞恥心を煽られながら迎える射精の快感は
いつもより一段階強く心と体響き渡ることでしょう。

また専用のソフトを起動させて聴くのも特徴です。
製品版では個々の音声データも同梱されているため
ここでは作品の内容に絞ってレビューを進めていきます。

巨乳ロリサキュバスの射精管理地獄
↑こんな感じ



楽しくももどかしい1週間
サキュバス「ニーナ」の命令で1週間オナ禁をした後、パイズリで気持ちよくしてもらうお話。

「こんばんは 私を呼んでくれて どうもありがとう」
ニーナはやや幼さを感じる可愛い声の女の子。
年下にいじめられたい願望を持つ主人公に対して
まずは1週間ほど射精を禁止して精液を溜めるように命令します。

「私 頑張ってる男の人の心を折ってあげるの 大好きなの」
ニーナは子供っぽい見た目ながらも巨乳で性格はかなりのS。
声や雰囲気は比較的甘いですが容赦の無いセリフを浴びせかけてきます。

本作品は大きく4つのパートに分かれており
最初は諸々の説明、2~3番目は寸止め、最後がパイズリでの射精です。
寸止めパートはニーナが普通のオナ禁じゃつまらないだろうと思って
7日の間に最低でもそれぞれを1回ずつ聴かせるために用意しました。

作品を十二分に楽しみたいのなら実際にオナ禁するのがベストでしょう。
寸止めは期間内に何度聴いても問題ないと彼女は言っていますし
終わりに近づけば近づくほど、寸止めパートを聴いた際のもどかしさ・苦しさは大きくなり
その結果射精パートでの解放感はきっと素晴らしいものになるはずです。



3方向からの同時責め
エッチシーンは3パート合わせて48分30秒ほど。
プレイはパート別にオナニー/耳舐め、オナニー/乳首オナニー/耳舐め
母乳プレイ/パイズリ/耳舐め/乳首責め
 となります。
エッチな効果音はありません。

「私みたいな年下の女の子に 心も体も支配されたい 無様に感じて 涙目になっているところを笑われたい この音声は そういう変態さんのための音声なの」
前述のとおり最初の2パートは彼女の音声による指示に従いながら
射精しないように己を慰め続けます。

「射精管理地獄」のタイトルから管理具合が気になる方は多いでしょう。
結論から言うととてもとても緩いです。
音声中ではしごく速度や回数は一切指定されず、自分で射精をコントロールします。
じゃあ大したことないかと言われるとそうでもありません。
自分で制御するからこそ、彼女の誘惑に負けない強い意志が必要になります。

「あらあら 何その貧相なものは そんなものを女の子の前に晒して 恥ずかしくないの?」
ニーナは相手がMであることを知ってますから様々な言葉責めで羞恥心を煽ってきます。
特に「変態」を意識して多めに言ってくれるのがいいですね。

「イっちゃいましょ 私のおっぱいで パイズリされてるところを想像しながら 気持ちよーく 射精しちゃいましょ」
寸止めパートの後半になると恥ずかしいセリフを言うように命令してきたりと
M男の心を的確に責めて射精を促します。
さらにエッチなイメージをさせたり、射精すると楽になることを教えて
どんどん射精への誘惑を増幅させてくるのがなんともいやらしいところ。
彼女が途中で停止の合図をしないおかげで余計に寸止めの難度が上がっているわけです。

「まずはほら お兄さんのお顔を おっぱいで包み込んであげる」
ようやく最後のパイズリパートへとたどり着いてもニーナはまだ焦らします。
おっぱいを背中に押し付けたり、顔に押し付けて匂いを嗅がせるなど
わざとおちんちんをスルーするプレイがたまりません。

またここではニーナが最初に2人、途中から3人に増えて
両耳を別々に舐められながらパイズリしてくれる珍しいプレイが登場します。
特に耳舐めはかなり激しいちゅぱ音を鳴らしてくれますから
音の近さやリアルさがますます興奮を高めてくれるでしょう。

射精は最後の最後で立て続けに2回連続で行います。
ここまでニーナが心を重点的に責めてくれたおかげで
M度の高い方だと1回の射精では気持ちが収まらない場合があるからではないかなと。
1回に絞ったとしても溜めに溜めての発射ですから
きっといつもより突き抜けた快感が全身を駆け抜けると思います。



自分との戦いを強いられる作品
ニーナにガチガチに管理されるのではなく、大まかなルールだけを設定されて
彼女が仕掛ける数々の誘惑や煽りに耐え続ける作品です。

結果的に射精できないわけですから射精管理に間違いありませんが
その方向性はよくある射精管理とは大きく違います。
相手に管理してもらうのではなく自分で管理する。
このスタンスをどう捉えるかで本作品に対する見方は大きく変わるでしょう。

ニーナは最初に射精禁止を伝えると後は徹底的に射精させるように動きます。
今回は主人公が望んで彼女を呼び出したわけですから
一般的なサキュバスモノのように彼女が精液に飢えている設定がありません。

だからこそ純粋に彼が悶え苦しんでいる様子を楽しんでいるように感じました。
無邪気に見えて実に悪辣なキャラです。

プレイはバイノーラルを最大限に利用することを考えて
耳元で時折囁きながら行うものがほとんど。
彼女が後ろから語り掛けている様子をイメージしながら快感を高めていってください。
最終パートは特に聴き手の想像力が重要になるため
人によっては十分に感得できずに終わるかもしれません。
私のように催眠も聴いているのならより楽しみやすいでしょう。

一言で表すと「フリーダムな射精管理作品」でしょうか。
隅から隅まで気を配ってくれるタイプが好きな方にはやや不向きですが
「この手のジャンルに興味があるけどなんか色々大変そう」と思っている方にとっては
かなりとっつきやすい作品と言えます。

CV:沢野ぽぷらさん
総時間 1:19:58


オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
母乳プレイはニーナの母乳をおちんちんに塗りたくります。
主人公が飲んだりはしません。

湖のサキュバスのマゾ犬調教催眠

サークル「MASOINWASH」さんの催眠音声作品。
同サークルさんとしては初の催眠音声になります。

最近えらく新規参入されてくるサークルさんが多くて
聴き手としては非常にうれしい限りです。
「ヒプノマルチボイス」や「おゆうぎのじかん」あたりに触発されたのでしょうか。

本作品はご覧の通りの艶めかしいサキュバスに捕まって
気が狂うまで寸止めをされてしまう「射精管理」に特化しています。

比較的長い時間をかけて
何度も何度も直前での寸止めを行うことになりますから
事前にオナ禁をしていればしているほど
最後に射精した時の快感はより大きくなるでしょう。



静かな湖のほとりで、霧に包まれていく
サキュバスに射精管理をされて彼女の下僕になるお話。

「こんばんは よくいらっしゃいました あなたのご訪問を歓迎するわ」
サキュバスは丁寧な言葉遣いをする、妖艶な声の女性。
「夢の世界へ行きたい」そんな願望を抱いている主人公に対して
最初は自分の正体を伏せたままで
軽くサキュバスについてのお話をした後、催眠をかけてくれます。

催眠は2つのパートに分かれており、合計で24分間。
まずは深呼吸を行ったり、体のある部分に意識を集中させたりします。

深呼吸は右で呼吸の合図、左で簡単な暗示をかけてくる
双子っぽい作りなのが少し珍しいですね。
意識をするシーンでは、その部分がむず痒く感じることでしょう。

「ここは 大きな湖のほとり」
後半ではタイトルにある湖に行くことになります。
虫の鳴き声すら聞こえない、とても静かな場所で
お姉さんの声を聴きながら心を落ち着けていきましょう。

「あなたは 私の声に従うのが好き 私の声に従うと
とても気持ちが良くなれるから」

一人ぼっちの寂しい場所で「私が守ってあげる」と言われたら
誰だってすがりつきたくなるでしょう。
彼女は巧妙に声への依存心を植え付け、最後の最後で落としてきます。

このように、心身のリラックスをかなり重視しています。
ただ、リラックスさせた後
催眠にかける部分の威力がイマイチ弱いように感じられました。

落ちられるチャンスもかなり限られていますから
ある程度場慣れしている方でもないと
深いところまで入れないのではないでしょうか。



口汚く罵られながらの寸止め地獄
エッチシーンはおよそ24分間。
プレイはオナニーのみです。

エッチな効果音はありません。
セルフは有りになります。

「これからあなたには 私のおもちゃになってもらうわ」
催眠によって心を絡め取られてしまった主人公は
本性を現したサキュバスに様々な言葉責めを受けることになります。

「せいぜい無様に泣きわめいて 私を楽しませなさいよね 負け犬くん」
ここでは「負け犬」「マゾ」「変態」「ドM」など
手厳しい単語を交えながら、サキュバスが散々に罵ってくれます。


やや語気を強めるシーンもありますから
言葉でいじられたい方には良いプレイと言えるでしょう。
怒鳴る感じではなく、なじるように責めてきます。

プレイの方は本当にオナニー1本に絞られていますが
前半は彼女の「しこ しこ」の言葉に合わせて
後半はカウントダウンに2種類の効果音を絡めてと
変化をつけることで、聴き手が飽きないようにとの配慮もされています。

「ほら イケイケイケイケイケイケイケ」
後半のカウントダウンは後になればなるほど
お姉さんの言葉はエスカレートしていきます。

急き立てるような速さで語り掛け、射精を促しつつも絶対にイカせない。
そんな「気持ちいい」と「もどかしい」の間を
行ったり来たりするような感覚を味わえると思います。

ある意味典型的な射精管理といった感じです。
言葉責めに加えて、彼女に見られていることを意識させることで
羞恥心と興奮を煽っていきながら、何度も寸止めを行う。
そんな徹底されたプレイを味わうことができるでしょう。



催眠にかかれれば楽しめる作品
元々非催眠をメインに作られているサークルさんなだけあって
エッチ部分がそれなりにしっかりと作られている作品です。

絡みつくような粘着質の声で罵られながら
彼女の言うがままにおちんちんを管理され
子孫を残すためではなく、彼女のお腹を満たすために精液を吐き出す。
色々と要点を押さえた、安定感のあるプレイと言えるでしょう。

催眠はリラックス部分が非常に良かったと思います。
ただ催眠はリラックスして終わりではありませんから
催眠にかけていく部分にも、もう少し時間をかけて
段階的に落としていくようにしてほしかったです。

例えば湖にたどり着いた主人公が、水に浸かって底に沈んでいく様子を
催眠の「沈む」感覚に合わせてかけていくとか。
あくまで一例ですが、タイトルにある湖をもっと生かせたのではないかなと。

エッチは完全にM向けです。
サキュバスとの接触は序盤に少しあるだけで
あとは言葉を叩きつけるだけとかなり徹底されています。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声は皆無です。

CV:紅月ことねさん
総時間 1:07:36


オススメ度
■■■■■□□□□□ 5点


体験版はこちらにあります

俺に目隠しをした彼女が淫らに囁いた夜

サークル「MASOINWASH」さんの同人音声作品。
様々なタイプの女性を扱ったM向けの作品を主に作られているサークルさんです。

本作品は耳責めに非常に特化しているのが特徴で
主人公は視界を塞がれ、体を拘束された状態で
彼女からの耳舐めや囁きをひたすら受け続けることになります。

また、3つあるチャプターのうち1つは
アプリケーションソフトを使って聴くのもポイントです。

このような方式の作品を作られているのは
射精寸止めボイス3 男子は女子生徒のオモチャになる校則がある学校♪
などでお馴染みのqpStudioさんくらいですから
非常に珍しいと言えるでしょう。



ターゲットは主人公と「あなた」
彼女に主人公と聴き手が耳を中心に責められるお話。

「はいこれ 着けて 何って…アイマスクよ 見ればわかるでしょ?」
彼女はとっても甘い声の女の子。
オセロで負けた主人公への罰ゲームとして
目隠しや手錠で自由を奪ってから、耳元で囁いたり息を吹きかけてきます。

「そうやって抵抗されると 意地でも喘がせたくなっちゃうな」
彼女は口調や雰囲気は穏やかながらも、かなりのSっ気を持っており
主人公を言葉を使って徐々に屈服させていったり
聴き手をとことん焦らしてもどかしい思いをさせたりと
きちんと要所を押さえた責めを聴かせてくれます。

本作品は大きく3つのチャプターに分かれており
最初のチャプターは恋人同士によるソフトSMのボイスドラマ
後の2つは彼女が聴き手に語り掛けるタイプのオナサポボイスとなっています。

時間的には3:7と聴き手向けのパートの方がずっと長いことから
形式としてはオナサポ系の方が近いのかもしれません。

また冒頭で触れたように、全体を通して耳への刺激を意識して作られているため
囁き声、吐息、息の吹きかけなどを
バイノーラル音声ならではのリアルな音で体験できます。

本当にほとんどの時間を耳元で話しかけられることになりますから
囁き系の作品が好きな方には特に向いていると言えるでしょう。



囁きながらひたすら焦らされる快感
エッチシーンは3パート合計で79分ほど。
プレイは耳舐め、手コキ、オナニーとなっています。
効果音はありません。

「君がどの程度Mなのか これから確かめてあげるね」
耳元で囁いたり、ふーっと息を吹きかけながら主人公の反応を確認し
結果彼がM男であると判断した彼女は
ねちねちとしたいやらしい言葉と手での責めによって、彼を服従させようとします。

プレイでの一番の特徴はもちろん耳責め。
耳を舐めたり、声で軽く叩いたり、息を吹きかけたりと
およそ考えられるすべての責めが長時間に渡って繰り広げられます。


それが特に顕著なのが最終パートで
聴き手に対してアイマスクなどで視界を塞いだ後
最初は右側、そして左側と時折声の位置を変えながら彼女は責めてきます。

目の前が真っ暗な状態でいきなりこれをやられると
驚いて全身にゾクッとした感覚が走るかもしれません。
こういった心の隙を突くプレイは面白いですね。

「女に責められるのがそんなにいいんだ このド変態」
彼女のSっぷりを示す要素として、もちろん言葉責めも外せません。
口調はいつもと変わらないため、心に突き刺さるようなタイプではありませんが
それでも自分が確実に彼女より下にいることをわからせてくれます。

「あなたにとって 女に支配されるのはとても幸せ」
チャプター2と3は彼女に誘導されながらオナニーをすることになりますから
文字通り彼女の操り人形になったような感覚を味わえるでしょう。
そのへんを考慮してか、チャプター3のラストは若干催眠音声っぽくなっています。

これ以外にもやや屈辱的な命令をされるなど
雰囲気自体はかなりのあまあまながら
それなりに心身に刺激を与えてくれるプレイが楽しめます。



耳責め特化だが、色々な要素が詰まった作品
ただただひたすらに耳を犯され続けます。
これほどまでに耳を刺激し続けてくれる作品はなかなかありません。

テーマがバイノーラル音声とうまく噛み合っているのもいいですね。
息を吹きかけられればきちんと感覚が伝わってきますし
耳を舐めたり吸ったりする音も、意識して大きく鳴らすような形で演じられているおかげで
臨場感のあるいやらしい音をたっぷりと味わえます。

プレイはどれも彼女が寄り添って囁きかける形になりますから
「全部同じなら、ずっと聴いていたら飽きるんじゃない?」と思う方がいるかもしれません。

そういう可能性を考えてか、ボイスドラマ・寸止め用オカズボイス・射精用ボイスと
別々の方向性を持たせることで、それぞれに違いを出しています。

特にチャプター3はとことんまで焦らしに焦らしてくるのに加えて
演出面が色々と工夫されていますから
無事その難関を潜り抜けることができれば
普段より1段階上の射精感を味わえるでしょう。

ちなみに、チャプター2については音声データ単体で聴くこともできます。

CV:野上菜月さん
総時間 1:45:53(5分間ほど内容の重複する部分があります)


オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ