同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:JK

   ● ヌキフレ!!4【バイノーラル】
   ● ドスケベ生徒会長のチ〇ポレッスン~セックスは躾のあとでネ♪
   ● 家出JK姉妹とラブラブになる7日間♪
   ● JKとHなだるまさんがころんだ
   ● 【KU100】ドスケベJKナースのダブル色仕掛け検査【バイノーラル】
   ● JKリフレ♪ とろイキあまあまフルコース ~甘やかし・耳舐め・濃密エッチ~
   ● 【早撃ち】早漏RTA(リアルタイムアタック)★射精できなかったらゲームオーバー「早漏チャンプ1」~まだ出ないなんて情けないオトコ~【音声で手コキ】
   ● 【新・超ぐっぽり耳舐め!!】ギャルJKと援交えっち!?童貞卒業委員会♪【KU100バイノーラル】
   ● 逆チカン電車~case01:いつも電車で見かける小悪魔JK~
   ● 内気な図書委員後輩JKたちに不器用ながらも迫られ濃厚密着発情エッチ




サークル「AXZ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、ノリが軽くてサービス精神旺盛なギャルJKが
セフレにあたる男子と色んな場所で濃いエッチを楽しみます。

援交や浮気から連想される重さや暗さを極力和らげた明るいエッチが行われており 
お金をもらう描写はあるものの明確な金額は言わず、時々サービスもして彼の負担を軽減し
エッチが始まるとキスやポジティブなセリフを織り交ぜながら
吐息交じりの気持ちよさそうな喘ぎ声を漏らして彼の興奮を誘います。
コスプレエッチで熱い夏を
レイナと4種類のエッチをするお話。

「あっ んっ マジ マジ気持ちいい あんたの立ちバック すごくいい」
レイナは砕けた話し方をするしっとりした声の女の子。
とある夏の日、チアガール姿で主人公に立ちバックで責められ
気持ちよさそうな喘ぎ声を上げるところから物語は始まります。

本作品はお金とエッチが大好きなギャルJKが
セフレとして付き合ってる彼と120分近くに渡ってたっぷり愛し合います。
シリーズ4作目で2人の関係がほぼ固まってることを踏まえて
挨拶や状況説明といった前置きはばっさりカットし、音声開始から30秒後には早速エッチが始まります。

本シリーズの背景を説明しますと、主人公にはさやかという清楚系の恋人がおり
それなりに付き合ってるのですがまだキスしかできてない状況が続いてます。
そんな2人をより深い関係にするためにレイナがエッチに関する色んな指導をしてるわけです。
そして浮気との差別化をするためにお金を払う描写を盛り込んだり、さやかとのエッチをけしかけて応援します。

基本的にはエッチするだけですから過去作未視聴でも特に問題ありません。
私も現時点で「ヌキフレ!!2」しか聴いてませんが普通に楽しめました。

「筋裏 舌先でほじりながら 張りつめてる太いカリの縁を れろりと…」
最大の魅力はエロさ。
ギャルらしい口調で話しかけながら彼を上手にリードし
逆に責められてる時は吐息交じりの熱っぽい喘ぎ声を漏らして気持ちいいことをアピールします。

どのパートも必ずSEXするおかげで彼女の乱れるシーンが多く
体位も立ちバック、対面座位、駅弁、正常位と種類が豊富です。

喘ぎ声を聴いてほしいからか、ピストン音はにちゃにちゃしたものではなく
乾燥してる割と控えめな音を使ってました。
その代わりシーンによってペースやストロークを変えてリアリティを出してます。

「かき回されて マン汁溢れて 堪らないっ あんたのチンポに 夢中になっちゃいそう」
レイナについては彼をしきりに褒めるポジティブなキャラに描かれてます。
おちんちんの立派さや耐久性の高さに驚いたり
SEXの最中は状況説明しながら自分の気持ちを素直に伝えるなど表裏のない接し方をします。

キスシーンを多く盛り込んでるのも面白いですね。
恋人とエッチするための練習だからでしょうけど、セフレと恋人の中間あたりの態度を取ります。
お金と引き換えに仕方なく相手するのではなく、彼と同じくらいエッチを楽しんでるのが伝わってきます。
サンプル画像の2枚目に「Sっ気たっぷり」と書いてありますけどM向けの要素はほとんどありません。

エッチをがっつりやる抜きを意識した作りとレイナのカラッとしたキャラ。
過去3作の特徴を継承しつつほんの少し物語を前進させた明るい援交作品です。
濃くて激しいエッチ
エッチシーンは4パート93分間。
プレイはSEX(立ちバック、対面座位、駅弁、正常位)、フェラ、キス、玉舐めです。
SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「マジ熱い めっちゃ熱い汁お尻に飛んでる」
冒頭に立ちバックで主人公を早速射精させたレイナは
中出ししそうになったことを軽く注意してからお掃除フェラで元気にします。

エッチは彼女がリードしつつほぼ対等な立場で愛し合います。
一番最初のシーン1は物語の雰囲気づくりに近い内容(約28分)。
開始から5分後に1回目の射精を迎え、その後はフェラしながら後日参加する夏のイベントについて話します。
時間はフェラのほうがずっと長いですけど射精するのはSEXの1回のみです。

「昨日のさやかとのデート どこまで進んだ? やっぱまだキス? もぅしっかりしろよな」
彼女は彼とのエッチにすっかりハマってる一方でさやかとの関係を気にかけており
なかなかエッチに持ち込めない彼に状況を尋ね、時には励ます言葉をかけます。
またイベントで彼が協力する女子たちが手を出さないように
ホテルに泊まってる間は自分とだけエッチするよう釘を刺します。

さすがに恋人には譲るけど、それ以外の女性なら彼を渡したくないという微妙な思いが窺えます。
過去3作で何度もエッチしてれば多少なりとも情が湧くはずですし
体の相性もかなり良いので今後もこの関係を続けたいと思ってるのでしょう。
その証拠に自分とエッチする際に払うお金を適度にサービスして付き合いやすくしてます。
エロさを出しつつこのシリーズを初めて聴く人に彼女の魅力を伝える結構重要なパートです。

続く2パート42分間はイベント当日のお話。
シーン2は会場の屋上、シーン3は宿泊先のホテルと場所を変えて異なるSEXをします。

「あっあっあっあっ マジマジ ちょっとちょっと いつもと違うところに当たって」
挿し絵に描かれてる水着姿で彼を誘惑し
やる気になった後は対面座位→駅弁でガンガン突きまくる本作品らしいプレイです。
場所が外だからでしょうけど囁き声に近い抑えた喘ぎ声を漏らしてました。
言葉責めの類は特にやらず、彼女が感じる姿を重点的に描いて興奮させます。

「あんたがもし さやかとできないんなら その分の精液 ここであたしがもらってあげてもいいよ」
続くシーン3は同じ部屋に恋人のさやかもいるちょっぴり背徳的なシチュ。
彼女が寝てる間にレイナが彼に初エッチするよう持ち掛けたものの
彼が遠慮したので場所を風呂場へ移し代わりに精液を搾り取ります。

作中では明確に描かれてませんが、レイナがすぐ近くにいる状況でエッチするのは気が引けたのかもしれません。
プレイ自体は軽いフェラを挟んでから立ちバックで繋がるスタンダードなものです。
前の2パートでは禁止してた中出しを初めて許すなど、多少スリリングなエッチに仕上がってます。

最後のシーン4は翌日の朝(約23分)。
寝ている彼をフェラで起こしたレイナが今度は正常位でおちんちんを味わいます。

「とろとろの ヒダヒダが 竿に絡んで堪らない? あんたの あんたの硬い生チンも マジすごいって」
昨日2回射精したのにすっかり元気なおちんちんをベタ褒めしながら
SEXとキスを同時に行い上下の口で愛し合う密着感の強いプレイです。
パートの途中からドキッとすることを突然言ってきたりと
彼女の気持ちが単なるセフレから変わりつつあるのが窺えます。

作品を聴いた感想ですが、どのパートも抜きを意識していて興奮状態を維持しやすかったです。
シーン1はフェラを丁寧にやりながら後日参加するイベントのことを語って作品世界に引き込み
シーン2以降は場所や時間を変えてレイナとひたすら気持ちよくなります。

2人ともエッチの経験が十分なおかげで余計な準備ややり取りがほとんどなく
SEXを始めた後はちゅぱ音、喘ぎ声、ピストン音を組み合わせてその様子をリアルにお届けします。
声、音、演技にわざとらしさがないのでどのプレイも自然ですし
射精シーンも前半はゴム有り、後半は無しと変化をつけてます。

ですが、全パートでSEXをすることやその表現方法にそれほどの違いがないため
通しで聴くとやや単調に感じるところもありました。
例えばSEXしながら耳を舐めるなどオプションにあたるプレイを変えるとか
彼女がSキャラに設定されてるならひとつくらい言葉責めをするパートがあっても良かったと思います。

これがシリーズ1作目なら私もこういう指摘をすることはありません。
でも4作目ともなればマンネリ感を軽減する工夫をして欲しいです。
ストーリーやキャラ作りがしってりしてたからこそ余計気になりました。

このように、レイナのキャラや2人の関係を忠実に反映させたエッチが繰り広げられてます。
甘さのある援交作品
良い意味で援交らしくないエッチが楽しめる作品です。

レイナはセフレの関係にある主人公と存分に気持ちよくなろうと
エッチと関係のない要素を極力省いておちんちんを舐めたりおまんこで刺激を与えます。
そしてパートごとに場所や体位を切り替え、さらに彼女の心情が伝わるように進めます。

ギャルのイメージにぴったりな女の子が仲の良い男子とひたすらSEXするノーマル向けのシチュ
エッチの時間をできるだけ長く取り、最中は抜き要素を重ねて鳴らす実用性重視の作り
多くのシーンでキスをしたり彼のことをよく褒める彼女の明るいキャラ。
夏のイベントをテーマに2人が以前よりもさらに仲良くなる様子をエッチな視点で描いてます。

「もしも もしもあんたがさ クリスマスまでに…」
中でも彼女はギャル特有の積極性や淫乱さを持つ一方で
主人公とさやかの仲を応援する健気なところもあって魅力的です。
物語の終盤で思わせぶりなことを言ってたところを見ると
次回作あたりで何か大きな変化が訪れるのかもしれません。

射精シーンは4回。
くちゅ音と喘ぎ声多め、淫語とちゅぱ音それなりです。

CV:小石川うにさん
総時間 1:55:17

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2020年1月29日まで15%OFFの935円で販売されてます。



サークル「パースペクティブ少女幻奏」さんの同人音声作品。
昨年12月に処女作を出されたばかりの新しいサークルさんです。

今回紹介する作品は、見た目は上品だけど内面はドスケベな生徒会長が
自分の痴態を盗撮した男子生徒を変わった手段で躾けます。

彼女が持つアブノーマル性癖を前面に押し出した変態プレイが行われており
悪さをした彼を自分の奴隷として調教しながら
やや下品な淫語をガンガン言う、オナニーを見せるといったご褒美をあげて心を引き寄せます。
露出シーンを多めに用意して興奮させるのもポイントです。
生徒会長とするスリリングな遊び
城ヶ峰綾乃と5種類のエッチをするお話。

「あぁ はぁ はぁ ふふっ はぁーあ 今日も来ちゃった」
綾乃は上品で穏やかな声の女の子。
ある日の放課後、荒い息遣いで教卓の上に乗ると
この様子を見られることをイメージしながらオナニーします。

本作品は表向きは真面目な生徒会長だけど本性はド淫乱な彼女が
自分の痴態を偶然見てしまった彼をおよそ80分に渡ってエッチに調教します。
教室内、体育館、屋上、学校近くの公園、そして生徒会室とパートごとに場所を変え
現実世界でやったら破滅するレベルの刺激的なプレイを楽しみます。

「おまんこ おまんこいいっ おまんこもっとぬるぬるして させてっ」
一番の魅力は彼女のドスケベさ。
音声開始直後から淫語を連呼しながら一心不乱にオナニーし
その様子をロッカー内で盗撮した彼を発見した後も変わらぬ態度で責めたり乱れます。
彼女の性格をわかりやすくするために全編を通じて淫語の量が多めです。
上品な声から繰り出される「チンポ」「マンコ」といった言葉の数々が股間に響きました。

彼女は変態性癖を持ってるのでエッチの内容もアブノーマル路線です。
調教中は一部を除いて彼のおちんちんに貞操帯を着けて射精を制限し
自分の脱ぎたてブラで体を拘束したり、オナニーを見せつけてもどかしい気分を与えます。
また物語の中盤ではわざと野外でエッチして見られる快感を煽ります。

「ねぇ 気づいた? ここ 校庭から見上げると ばっちり見えちゃう位置なんだよね」
彼女自身が露出プレイ大好きなので、その魅力を彼にも教えようとするわけです。
一緒にスリルを味わう形ですから意地悪さはそれほど高くありません。
自分の変態性癖を受け止められる男性に出会えてむしろ嬉しそうでした。
最後には十分すぎるほどのご褒美をくれますし、飴と鞭を上手に使い分けて彼を躾けます。

見た目と性格に大きなギャップのある彼女のキャラとアブノーマルなエッチ。
キャラとプレイの両方に個性をつけてるM向け作品です。
シチュとプレイで興奮させるエッチ
エッチシーンは5パート67分間。
プレイは綾乃のオナニー、乳首責め、フェラ、貞操帯装着、写真撮影、体の拘束、綾乃の裸体鑑賞、耳舐め、公園での散歩、キス、SEX(騎乗位)です。
服を脱ぐ、オナニー、写真撮影、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「うわぁ それにあなた 超ギンギンじゃん もう粘っこい涙まで流して」
スマホのシャッター音で誰かいることに気づいた綾乃は
ロッカー内にいた主人公を軽く問いただしてから勃起したおちんちんを口で味わいます。

エッチはご主人様にあたる彼女が終始リードします。
一番最初の「01_わたしのド変態ローションオナニー…見てたでしょ?」は2人が主従関係を結ぶシーン(約16分)。
前半は彼女のオナニーを鑑賞し、後半は乳首責めからのフェラで1回目の射精に追い込みます。

「どうしよう もう私の口 あなたのケダモノチンポで汚されちゃったよ」
普通なら怒ったり恥ずかしがる状況なのに彼女はまったく動じません。
いつも通りの落ち着いた態度で彼に近づき、うっとりした表情で生のおちんちんを観察します。
フェラも軽く舐めてから咥え込み、口で絞るようなちゅぱ音を鳴らしますし
射精シーンは口で受け止め精液に汚されたことをむしろ喜びます。

本作品は彼女のドスケベっぷりが一番の魅力ですから
序盤でそれをはっきり出しておくのはとても有効です。
それでいてきっちりご主人様になれる材料を揃えるのも彼女らしいなと。
さらなるアブノーマルプレイに進むための重要な役割を果たします。

続く3パート39分間はもうひとつの魅力である露出プレイが光るシーン。
「02_体育館のステージで…ドスケベストリップだよ?」は体育館でのオナニー鑑賞
「03_屋上で…勃起ちんぽ露出して?」は屋上での耳舐め
「04_公園で課外レッスン…犬になってチンチンして?」は公園で犬の真似をする、とどんどんエスカレートします。

「ねぇほら 見て 見て? 私のJKマンコ つるっつるのパイパンなんだよ?」
彼女は普段生徒会長をやってるだけあって人心掌握が上手です。
だから射精を禁止する代わりに体育館ではおっぱいやおまんこを見せつけてご褒美をあげます。
見られれば見られるほど息が荒くなるのも印象的でした。
彼を言う通りにするのと同時に彼女自身も楽しむ方針でエッチを進めます。

「いい? チンチン …ん? 聞こえなかった?」
この中で変態度が最も高いのは公園パート。
深夜の公園に彼を全裸で待機させ、自身はノーパン姿で現れ散歩やチンチンをさせます。
そして後半は彼女がオナニーを披露し彼が無事我慢できるか確かめます。
わざわざ自分も危ない橋を渡ろうとするところにドスケベさを感じました。
彼にSEXをおねだりするシーンもあったりして心の強さが試されます。

そうやって彼を無事躾けられた後はタイトル通りSEXのご褒美をあげます。
2人きりになれる生徒会室へ彼を招待しひとつになります。

「いっ あぁぁぁぁぁぁ すっごぉい 何これ 熱い あつぅい」
彼と同じく彼女もこの瞬間を待ちわびてたのでしょう。
いつでも挿入できるようにおまんこの部分が穴開きになってるパンツを身に着け
挿入した瞬間に気持ちよさそうな声を上げて絶頂します。
ピストン開始後もキスを挟みながら思い切り乱れてくれたりと
これまで意地悪してきたことへの謝罪も込めて彼を存分にもてなします。

01パート以来ずっと射精を禁止されてた状況も相まって
最後は満たされた気分で普段よりも多く射精することができました。
サークルさんもこの射精をどれだけ充実したものにするか考えてプレイを組み立ててるのだと思います。

作品を聴いた感想ですが、やはり彼女のキャラがすごく立ってました。
最初のパートからドスケベっぷりがわかりやすく表現されてますし
調教中も彼だけに辛い思いをさせず、恥ずかしい気持ちを共有しようとします。
そして最後はこれらすべてを補って余りあるほどの熱いSEXをします。
オナニーを見られたからご主人様になっただけで性癖はSではなくかなりのMです。

中盤のパートが体よりも心への責めを重視してるので、そのへんはやや人を選びそうですが
「露出」という大きなテーマを掲げて異なるプレイをしてくれます。
02~04は気持ちを盛り上げる、05は抜かせるとはっきり役割分担してます。

このように、作品の持ち味を活かしたアブノーマルなエッチが繰り広げられてます。
変態向けの作品
お嬢様と変態プレイを楽しむ変わった切り口の作品です。

綾乃は主人公が自分の性癖を受け止められるか試そうと
フェラで1回抜いてからわざと射精を禁止し色んな露出プレイをします。
そして無事耐え抜いた後はおまんこを使って気持ちよく中出しさせます。

見た目は上品だけど内面はかなり下品な生徒会長が男子生徒を躾けるM向けのシチュ
淫語をガンガン言ったり痴態を見られるほど興奮する彼女のドスケベキャラ
飴と鞭を使い分ける巧みな調教。
Mな人が興奮し気持ちよくなれるように作品を組み立ててます。

「クソマゾ変態奴隷の子 種付けされてりゅぅ」
中でも彼女は露出や汚されることに快感を覚えるキャラに描かれてます。
タイトルが「ドスケベ」となってたのでエッチな事は事前に把握してたのですが
やることが予想以上にぶっ飛んでて楽しみながら聴くことができました。
意地悪とご褒美のバランスも良く、最後はきっちり気持ちよくなれます。

あとは彼女も一緒に露出するシーンがあるおかげで
ドM向け作品に比べるとM度がやや下がってます。
スリルを与えるだけで破滅することもありません。
現実世界だとできないことを積極的にやって射精時の快感を上手く押し上げてます。

射精シーンは2回。
淫語多め、くちゅ音とちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

CV:天知遥さん
総時間 1:18:52

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年1月23日まで10%OFFの990円で販売されてます。

【50%OFFクーポン付き】家出JK姉妹とラブラブになる7日間♪

サークル「しゃーぷ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、性格は多少違うけどどちらも優しいJK姉妹が
家出した自分たちを拾ってくれた男性にエッチなお礼をします。

多くのシーンで体を密着させてキスや耳舐めを小まめにしたり
「好き」など親しみを感じるセリフを言いながら積極的に責めるなど
イチャラブ感を前面に押し出した甘く幸せなエッチをするのが特徴です。
家出JKとの幸せな1週間
家出した姉妹と6種類のエッチをするお話。

「お兄さん あの…少しいいですか?」
姉は上品でおっとりした声のお姉さん。
「なんだか優しそうだったので 声をかけちゃいました」
妹は可愛くて穏やかな声の女の子。
とある雨の日、街中で見かけた主人公に一晩泊まらせて欲しいとお願いすると
家出した事情を説明してから彼の自宅に移動します。

本作品は両親の厳しい躾に耐えられず家を飛び出した2人が
なんとなく良さそうだと思った彼の家に泊まり込み、そこで90分程度のエッチを楽しみます。
当初は雨宿りのついでに一晩だけお世話になるつもりだったのが
彼の優しさと実家よりもずっと居心地が良いことに満足し、自分からもっと長居したいと言い出します。

最大の魅力は「イチャラブ感」
赤の他人に過ぎない自分たちを拾ってくれたことに深く感謝し
それを示すために序盤から積極的に耳やおちんちんを刺激します。
女性が2人いる状況を活かして姉は右、妹は左に陣取り
性感帯を交互に、あるいは同時に責めるシーンが多いです。

姉「いい方に拾ってもらえて 良かったです」
妹「お世話になってる分 お兄さんにいっぱいご奉仕しちゃうね」
また甘さを聴き手によりわかりやすく伝えるために
作中のほとんどで彼女たちが体を密着させ至近距離から囁くスタイルを取り
さらに彼を肯定したり甘やかすセリフをガンガン言って幸せな射精に導きます。

プレイ中にキスを小まめに挟んでくるのもその一貫なのでしょう。
彼に迫られて仕方なくやるのではなく、常に自分の意思でやるから雰囲気はとても明るいです。

もうひとつ、物語が進むにつれて彼女たちのセリフや態度が変化します。
序盤はまだ会ったばかりなので遠慮がちに接するのですが
初エッチをした後はどんどん打ち解けて姉妹それぞれの性格に合った責め方をします。

姉は普段は穏やかだけどSEX中はキスをしきりに求めるややギャップのあるキャラ
妹は甘えん坊でちょっぴり意地悪なキャラと多少の違いを持たせてます。
中盤には個別で活躍するシーンもあったりと、2人の存在感や魅力を引き立てることに力を入れてます。

JK姉妹と密着しながらイチャイチャするシチュと2人の気持ちや態度の変化。
複数人プレイを得意とされてるサークルさんの持ち味を活かした甘さの強い作品です。
身も心も深く繋がるエッチ
エッチシーンは6パート65分間。
プレイは手コキ、キス、オナホコキ、両耳舐め、SEX(正常位)、体の洗浄、乳揉みです。
手コキ、オナホコキ、SEX、体の洗浄の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

姉「こんなに親切にしてもらえて その お返しができたらと思って」
主人公を説得して彼の自宅で泊まれることになった姉妹は
一緒のベッドで寝てる最中、彼の勃起に気づき手コキさせて欲しいと言います。

エッチはパートによって責め手を変えながら進めます。
最初の2パート22分間は彼女たちがひたすら尽くすプレイ。
2日目はベロチュー+手コキ、3日目は耳舐め+オナホコキで1回ずつ射精させます。

姉「性癖曝け出して 頭空っぽの 変態ベロチューしてもいいんですよ」
彼は会社で働いてる年齢なので彼女たちとエッチすることに戸惑います。
だから2人は自分たちが好きでご奉仕してることをはっきり伝えたうえで
序盤からねっとりしたキスもして彼の心を開こうとします。
それに対して手コキはほぼ効果音を鳴らすだけに留めてます。

前項でも話したように本作品は姉妹との距離感もポイントですから
それを縮めることを意識しながらエッチを組み立ててます。
彼女たちが話すたびに微かな風圧が感じられてちょっぴりゾクゾクしました。

姉「お兄さん 大好き これからも一緒にいましょうね」
どちらかと言えば3日目のほうがそのへんはわかりやすいでしょうね。
あまり持ってないお金を出してわざわざ彼のためにオナホを購入し
それで責めながら彼が好きな耳舐めもして愛情を注ぎます。
「好き」と小まめに言ってくれるのも相まって、女性上位でもM性をまったく感じずに聴けました。

全パートで射精シーンにぴゅっぴゅのセリフを言ってくれるのも良いですね。
通常ですとM向けの作品に使われる要素ですが
本作品の場合は単純にタイミングを合わせやすくしたり興奮させる意味合いが強いです。

続く2パート23分間は姉妹のそれぞれに光を当ててるシーン。
4日目は妹、5日目は姉と正常位でSEXします。

妹「あんっ 手コキだけのつもりだったんですけど 待ってくださいよぉ 許して」
姉「この硬いおちんぽで ぐちゅぐちゅにおまんこかき回してほしいの」
そしてここでは2人の性格の違いを引き立てて興奮を盛り上げます。
妹は彼のほうから押し倒して生意気な彼女をわからせるプレイ
姉はキスを多めに交えながら後になるほど激しく責める王道のプレイを楽しみます。

妹は嫌がるセリフを適度に言いますが、自分からキスもしてくるので演技なのだと思います。
男性が潜在的に持ってる女性への征服欲をくすぐるためにわざとそう振る舞ってるのでしょう。
ちなみにSEXしてない側は実況や耳舐めを担当します。

終盤の2パート20分間は2人とより深い仲になるシーン。
6日目は一緒にお風呂へ入って彼女たちにおちんちんを洗ってもらい
7日目は彼を取り合う形で妹→姉の順に再びSEXします。

姉「お兄さん 今度は私 この子とどっちが気持ちいいか 食べ比べしてみて?」
7日目はおよそ11分と時間は決して長くないのですが
彼女たちが競うようにSEXをおねだりする展開や
JK姉妹をおちんちんで食べ比べるシチュなど魅力を感じる要素が多いです。
キスしながら姉に中出しする展開も幸せいっぱいで良い気分に浸ることができました。
純粋なエロさはもちろん、心のケアにも配慮してあって射精した時の満足感が高いです。

このように、タイプの異なる女の子がひたすら尽くしてくれるあまあまラブラブなエッチが繰り広げられてます。
臨場感のあるイチャラブ作品
JK姉妹の熱や息吹を感じながら抜ける作品です。

2人はその場の勢いで家出し途方に暮れてた自分たちを拾ってくれた主人公へ恩返ししようと
最初から左右に体を密着させて囁き声で優しさや好意を感じるセリフを投げかけます。
そしてある程度エッチした後はありのままの自分をぶつけながら何度もSEXします。

性格は多少違うけどどちらも優しいJK姉妹が男性をひたすらもてなすノーマル向けのシチュ
ほぼ全編で至近距離から囁きながら責める臨場感の高いエッチ
後になるほど2人がより柔らかく積極的に接するようになる展開。
彼女たちと一緒にいる雰囲気に浸らせることを強く意識した作品に仕上がってます。

中でもエッチは囁き主体でポジティブなセリフをガンガン言う甘さ満点の内容です。
声やちゅぱ音が聴きやすくなるよう効果音のボリュームをやや下げてありました。
興奮するにつれて吐息も熱っぽくなりますし、囁きや吐息が好きな人ほど満足できると思います。

体への責めについては個人的にもう少し種類を多くして欲しかったのですが
密着感を重視してる時点でやれることはある程度制限されますから
その結果こういうプレイ構成に落ち着いたのかなと。
キスや耳舐めはよくやるのにフェラをしないのがいい証拠です。

射精シーンは6回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:姉…かの仔さん 妹…一之瀬りとさん
総時間 1:34:39

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2019年12月19日まで20%OFFの968円で販売されてます。

JKとHなだるまさんがころんだ

サークル「シルトクレーテ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、M男をいじめるのが大好きな明るいJKが
街中で偶然見かけた男性をカラオケボックスに誘い、そこで変わったオナサポをします。

だるまさんがころんだのルールに従いオナニーするのが特徴で
序盤は慣れさせる意味も込めて比較的ソフトにやってたのが
中盤に入ると別のプレイが加わったり、1セットごとの時間が長くなるといった具合に
後になるほど体への刺激が強くなるよう調節しながら射精をひたすら我慢させます。
子供の遊びを大人向けにアレンジ
JKの指示に従ってオナニーするお話。

「ねぇねぇお兄さん ねぇって ふぅん もう聞こえてるんでしょ?」
JKは明るくて整った声の女の子。
主人公がなかなか振り向いてくれないのでマゾ呼ばわりすると
Mをいじめるのが好きと伝えてからエッチな遊びを持ちかけます。

本作品は男のM性を瞬時に見抜けるSっ気の強い彼女が
彼とカラオケボックス内で70分程度に渡る独特なオナサポをします。
耳舐めやキスをするシーンもありますが彼女は最初から最後まで着衣のまま接し
おちんちんを丸出しにした彼を適度に罵倒しながら意地悪な責めを繰り出します。

「普通のルールだと お兄さんは鬼のあたしにどんどん近づいていくと思うんだけど 今からするやつはそうじゃなくって 代わりにチンポをシコシコしごくの」
最大の特徴はもちろん「だるまさんがころんだ」。
彼女がこれを言ってる間だけおちんちんをしごき、最後の「だ」を宣言したら止めるのを繰り返します。
そしてシーンによって追加ルールを提示し、よりハードなプレイに変化させます。

わかりやすく言うとオナサポでよくあるカウントがこれに置き換わった感じです。
実際の遊びと同じく言い終わるまでの時間を幅広く設定して焦らしたり暴発を誘います。
M向けのオナサポ作品をほぼ専門に制作されてるサークルさんなだけあって
全体の流れや各シーンの追い込み方がしっかりしていて結構きついです。

「はぁ? 男なんだから一瞬でしょ? さっさとしろよこの変態」
これらを行うJKは可愛げのあるSキャラ。
彼が自分の言いなりになってる間は年齢相応の可愛い態度で接しますが
そこから外れると声のトーンが一気に下がり、命令口調で言葉責めを浴びせかけます。
そして無事従順になった後は多少の飴を与えて彼のご機嫌を取ります。

だるまさんがころんだ自体はエロとまったく関係ありませんから
サークルさんの過去作よりも言葉責めを多くしてる印象を受けました。
言い終わった後の休憩時間を極端に短くするなど
M~ドMな人が満足できるよう心身両面をハード路線に設定してます。
後になるほど厳しさが増す変化に富んだエッチ
エッチシーンは5パート63分間。
プレイは竿オナニー、喘ぎ声を漏らす、耳舐め、亀頭オナニー、ベロを突き出す、キス、寸止めオナニーです。
各オナニーの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「じゃっ 準備しよっか 待ちきれないもんねー マゾのお兄さん」
主人公との交渉を終えカラオケボックスに移動すると
JKはゲームのルールを説明してから耳に息を吹きかけたり
軽く喘ぎ声を漏らして彼をやる気にさせます。

エッチは終始彼女に言われた通りオナニーします。
最初の2パート23分間はウォーミングアップに近いプレイ。
「2. 勃起パート」はだるまさんがころんだができるように勃起を促し
「3. 基本ルール」はそれを宣言しながら小まめにストップをかけて適度に焦らします。

「だーるーまーさーんーがー ほらっ シコってシコって?」
オナサポ作品ではおそらく初めて登場するやり方なことを踏まえて
彼女はしごき方やそれを始める/止めるタイミングを丁寧に指示します。
ペースや強さは聴き手の自由ですが、オナニー中は効果音が鳴るのでそれに合わせるといいでしょう。
1セットあたりの時間は20秒~1分程度と短めです。

「ちょっとサービスで舐めてあげただけで 感じ過ぎじゃない? お兄さん そういうの何て言うか知ってる? ざ、こって言うんだよ」
しかし言葉責めは序盤から彼女らしさ全開で行います。
年上の彼を「マゾ」「雑魚」と呼んで見下し、「だるまさんが」の後にわざと会話を挟んで長引かせます。
体への責めがソフトだから射精することはないでしょうけど
彼女のセリフにゾクゾクする人はそれなりにいると思います。

このオナサポが本領を発揮するのは次のパートから。
「4. 応用ルール」は「だるまさんが」の後を別の言葉に変えて色んな指示を出し(約22分)
「5. 寸止め」は元に戻る代わり後になるほど追い込ませて暴発を誘います(約11分)。

応用ルールがハードと言える理由はふたつ。
1セットあたりの時間が5分近くまで伸びること、責め方の幅が一気に増えることです。

「ちゅこ ちゅこって小さく手を動かして 情けないセンズリするの キモいお兄さんにはお似合いでしょ?」
前者は基本ルールと比べて5~15倍の長さになるので当然負荷が上がります。
後者は1セット目は色んないじり方でおちんちん全体を刺激する
2セット目は羞恥を煽る、3セット目はペースの落差を大きくして揺さぶりをかけるといった具合に
同じことを極力やらないように考えながらリードします。

カウントが主体のオナサポでも数えるペースを大幅に変える
特定の数字を数え続けて足踏みさせる
逆に数え上げておあずけを食らわすなど色んな責め方が存在します。
それをだるまさんがころんだにも反映させてるわけです。
休憩時間が20秒くらいしかないのも相まって、このへんからギブアップする人が出始めると思います。

「種付けできないゴミザーメンは さっさと廃棄処分するのが一番」
寸止めもカウントで数が小さくなるほど射精へ追い込むのに近い内容です。
ぼちぼち終盤ということで彼女の言葉責めも辛辣さを増します。
射精できないとわかってるのに射精を目指さなければならない展開もきついですね。
私が挑戦した時もここが一番厳しかったです。

そうやって様々な難関を突破した後、ようやく射精の瞬間が訪れます(約7分)。
右耳から言葉責め、左耳から耳舐めと2人体勢に変化し
これまでと同じくぎりぎりまで我慢してから一気に吐き出します。

約60分はオナサポの中でそれほど長いわけではありません。
しかし体への責めが割とハードなこと、シーンによって責め方が変わることから
射精を迎えた時の快感と達成感はなかなかのものでした。
だるまさんがころんだの運用方法もシンプルで思ってたよりもやりやすかったです。

このように、オナニーするタイミングをきめ細かく指示するM向けのエッチが繰り広げられてます。
発想力が光る作品
だるまさんがころんだをオナサポに上手く溶け込ませてる作品です。

JKはMな主人公を喜ばせながら自分もオナサポを楽しもうと
2人きりになれる場所に移動してからだるまさんがころんだを何度も言います。
そして序盤は回数多めでスタンダードに、中盤は回数少なめで責めの幅を広く
終盤は寸止めを交えてよりハードに、とシーンごとに方向性を変えてハードに追い込みます。

SなJKに見られながらオナニーや射精をするM向けのシチュ
だるまさんがころんだを使ってオナニーを制御する珍しいタイプのエッチ
言葉責めをきつめに設定したり、後になるほど厳しく責めるやりごたえのある展開。
既存のオナサポの特徴を継承しつつ独自色が出るよう作品を組み立ててます。

中でも2番目はカウントやシコシコボイスとは違う手段で新鮮味があります。
応用ルールでは「だるまさんが」の後に別の言葉を入れることによって
オナニーの時間を伸ばし、幅を広げる創意に溢れたアプローチをしてくれます。
これはカウントだと絶対できないことなのでしっかり差別化されてるなと。
寸止めも一番厳しい時間帯に最もハードなプレイを投入してて容赦ないです。

「あたしにお口犯してもらいながらするオナニー 気持ちよかった?」
彼女については完全なドSキャラにせず多少の優しさを見せてくれます。
応用ルールの終盤で彼の舌に吸い付くのは意外でした。
面白いオナニーを見せてくれたことに対する感謝の気持ちなのかもしれません。
結構ハードなプレイをする見返りに飴を与えてやる気を持続しやすくしてます。

射精シーンは1回。
くちゅ音多め、淫語それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

既存のオナサポ作品にマンネリ感を抱いてる人には特におすすめします。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 1:12:47

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

【KU100】ドスケベJKナースのダブル色仕掛け検査【バイノーラル】

サークル「甘辛ギネコクラシー」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、性格は多少違うけどどちらもエッチ大好きな2人のナースが
検査を受けに来た童貞をエッチに誘惑して何度も射精させます。

体を責めつつ多彩な言葉責めをするのが特徴で
自分よりも年下の女性に弄ばれる快感をソフトにくすぐりながら
恋人宣言や中出しなど男性が魅力を感じる要素を餌にして巧みに誘導します。
言葉責めは小馬鹿にする程度ですからややMな人が最も楽しめるでしょう。
JKナースのパワフルな色仕掛け
アリサとルイに誘惑されながら射精を我慢するお話。

「こんばんはー 初めまして色仕掛けナースのルイでーす」
ルイは甘く可愛い声の女の子。
「同じく 色仕掛けナースのアリサです」
アリサは上品で穏やかな声のお姉さん。
色仕掛け誘惑検査を受けるために入院した主人公に挨拶すると
自己紹介しながら早速彼を誘惑します。

本作品は学校に通いつつナースのお仕事もこなしてる2人が
患者の1人にあたる彼と80分に渡って5種類のエッチをします。
「彼女たちから色仕掛けを受け続けて射精を我慢できたら勝ち」というルールを定め
彼を全敗させようと色んな方向から心身をバランス良く責め立てます。

アリサ「アイドルみたいな顔してるのに 全身からフェロモンぷんぷん撒き散らしちゃってる おちんぽ大好きなエロ娘」
序盤から大きなおっぱいを左右同時に押しつけて勃起を促したり
ビッチなことをはっきり告げたうえで女の武器をストレートにぶつけるなど
序盤からエロさを前面に押し出した明るい色仕掛けをしてくれます。

今回するエッチはあくまで検査ですから、彼が負けてもそこまできついことは言いません。
「本気じゃなくて演技ですよね?」とフォローしたり「ばーか」と軽く見下す程度に留めてます。
彼女たちは色仕掛けのプロだから勝って当然と思ってるのかもしれませんね。
彼がいい気分に浸りながら負けられるよう言葉責めにも力を入れてます。

ただし、これだけだと負けても敗北感や罪悪感があまり湧かないだろうということで
彼には婚約者がおり、その女性に頼まれてこの検査を受ける設定がされてます。
彼女はガードが相当に硬いらしく、間もなく結婚するほど仲が良いのに
今までエッチはおろかキスすらさせてくれません。
検査を受けさせたのもおそらく結婚後に彼が浮気しないか確かめたかったのでしょう。

そんな生殺しの状態で1週間オナ禁してから2人の色仕掛けを受ける。
婚約者を取るか、快楽を取るかの状況に追い込み負けた時の快感を大きくします。
寝取られっぽいシチュですが、婚約者とはまだ一度も寝てないので少し違うように私は思います。

体への責めについては女性が2人いる状況を活かすことが多いです。
どのパートもアリサは左、ルイは右に陣取って至近距離から話しかけ
手コキと同時に耳舐めやキスをしたり、SEXシーンではやってない側が言葉責めを担当します。
全体的に密度が高いので属性さえ合ってれば抜きやすいほうと言えます。

ドスケベJKナースが年上の童貞を言葉と肉欲で負けに追い込む。
明るくて濃いめのエロが味わえるややM向けの作品です。
男の弱点を的確に突くエッチ
エッチシーンは5パート65分間。
プレイは手コキ、キス、耳舐め、乳首舐め、オナホコキ、SEX(騎乗位)です。
手コキ、オナホコキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

ルイ「というわけで 早速検査始めちゃいまーす」
これからする検査のルールを説明したアリサとルイは
早速左右に陣取りゴムを装着してからおちんちんをしごき始めます。

エッチは熟練者の彼女たちが終始責め続けます。
最初の2パート24分でするのは手コキベースの色仕掛け。
track1は言葉責め、track2はキスや耳舐めを交えて1回ずつの射精に導きます。

アリサ「でも こうは考えられませんか? 5回で不合格ってことは 4回まではセーフだって」
アリサ「大人の癖に 小娘の手コキに負けるなんて 恥だし」
track1はまだ序盤なのでキャラや雰囲気作りを重視してます。
自分たちがいかにエロいかをわかりやすく伝え、カリや亀頭を集中攻撃します。
そして彼が射精しそうになったら「4回までなら大丈夫」と言って心の緩みを誘います。
ルイは年下に負ける屈辱感をくすぐるなど心への責めが本当に的確です。

確かに5回中1回我慢すればいいのにここで終わったら損でしょうね。
特に彼は今のままだと結婚するまで女性と一切エッチできなくなります。
作品固有の要素をきっちり盛り込んだ言葉責めをして射精したい状況へ追い込みます。

アリサ「私たちとのキスは 言わば舌と唇を使ったSEX」
それに対してtrack2は複数人プレイの持ち味が出ています。
おちんちんへの責めは引き続き手コキですが
アリサ→ルイ→アリサ→2人同時と数分ごとに交代しながらねっとり系のキスもします。
そしてキスしてない側は耳舐めでそれを応援します。

片方ずつしゃべるおかげでちゅぱ音の途切れる時間が短くなってますし
track1よりもストレートなエロを追求してて内容が濃いです。
言葉責め、複数人プレイ、そして負けシチュ。
作品の特徴を組み合わせて女性に弄ばれる快感をたっぷり味わわせてくれます。

M度が最も高いのは次のtrack3(約15分)。
さらに後日、彼にそろそろ本気で我慢するようけしかけてから
病院特製のオナホでおちんちんをさらに激しく責め立てます。

アリサ「ほーんと バカ丸出しの顔ですよね ばーか ばーか」
ルイ「乳首はマゾの弱点だもんね ちょっといじっただけでキモい喘ぎ声出しまくり」
彼があまりに弱いので普段は温厚なアリサも彼を小馬鹿にする態度を取り
元々Sなルイはストレートに見下しながら彼の乳首を擦ったり舐めます。
凹むほどきついことは言いませんけど、前の2パートに比べれば明らかにパワーアップしてます。
彼が快感に慣れるのを防ぐために言葉責めの属性にも多少の落差をつけたのかもしれません。
オナホコキは手コキとほぼ同じ効果音を鳴らしてました。

終盤の2パート26分は打って変わって甘さを感じるプレイ。
track4は愛の言葉を投げかけながらのオナホコキ
track5は交互の騎乗位SEXで幸せな射精に導きます。

アリサ「私たちを彼女にしたら 私たちはお兄さん専用のオ・ナ・ホ」
パートの序盤に自分から彼の恋人になると宣言し
キスしながら「付き合えばこの体を好き放題できるよ」と言って心を引き寄せます。
track3と続けて聴いたら同じオナホコキでも随分違う印象を受けるでしょうね。
ぼちぼち彼の全敗が見えてきた局面だからこそ、大きな飴をちらつかせて負けやすい状況を作ります。

アリサ「ほらお兄さん 今度こそ中出し決めてください ザーメンでとどめ刺しちゃってください」
track5はその色がさらに強くなります。
これまではゴムありだったのに今回は敢えてなしを選び
騎乗位で挿入してから中出ししてくれるようお願いします。

色仕掛けで散々負かされてきた生意気なJKたちを自分のおちんちんで屈服させる。
男性が持つ征服欲を上手にくすぐり最後の射精を引き出します。
このパートだけは彼女たちの吐息が熱っぽくなり喘ぎ声も漏らすので
純粋なエロさについてもtrack2と同じくらいの品質を持ってました。

プレイ構成や言葉責めがパートごとに結構変わりますから
人によって一番抜けるパートは違うんじゃないかと思います。
言葉責めが好きならtrack1と3と4、エッチな音声の量と密度ならtrack2と4に分があります。

このように、多彩なアプローチで童貞を弄ぶ高度な色仕掛けが繰り広げられてます。
シチュと言葉責めが魅力の作品
暗さや悔しさをあまり与えずに負けさせてくれる甘めの色仕掛け作品です。

アリサとルイは婚約者に頼まれて色仕掛け検査を受けに来た主人公を射精させようと
最初からエロさ全開で彼に接して勃起を促し、その後は手・オナホ・おまんこで気持ちよくします。
そして最中はノーマル~M向けの言葉責めをガンガンぶつけて心も同じくらい盛り上げます。

2人のドスケベJKナースが童貞をエッチに検査する魅力的なシチュ
パートや状況によって変化する充実した言葉責め
複数人プレイの持ち味を活かした濃いめのエッチ。
ややMな男性が喜ぶ要素をいくつも盛り込み気持ちよく負かしてくれます。

中でも2番目は駆け引きが上手でするすると引き込まれるのを感じました。
同じ言葉責めでもパートによって内容や方向性が随分違います。
検査のルールや婚約者がいる状況を活かして流れのあるエッチに仕上げてます。

複数人プレイなのでちゅぱ音や喘ぎ声のエロさも十分にありますけど
私は言葉責めが本作品を最も象徴する要素だと思います。
量が多く、内容が幅広く、仕掛けるタイミングが絶妙と光るものをいくつも持ってます。

アリサ「お兄さんさえ望むなら 私たちが特別に お兄さん専用のおまんこナースになってあげてもいいですよ」
彼女たちについては検査だからといって事務的に振る舞わず
今回のエッチを純粋に楽しもうとする姿勢で取り組みます。
こちらを小馬鹿にしたり負けに追い込むこともありますけど悪意を持ってるわけではありません。
童貞相手でも一切手を抜かずに色仕掛けする姿はプロらしいと言えます。

結婚目前まで来てるのにキスすらさせてくれない女性よりも
彼女たちを選んだほうが明るい未来が送れるのではないでしょうか。
やり方がストレートなので雰囲気も明るくカラッとしてます。

射精シーンは5回。
くちゅ音多め、淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

CV:そらまめ。さん
総時間 1:21:52

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

JKリフレ♪ とろイキあまあまフルコース ~甘やかし・耳舐め・濃密エッチ~

サークル「ほわいとばーど」さんの同人音声作品。
今年3月に処女作を出されたばかりの新しいサークルさんです。

今回紹介する作品は、真面目だけどエッチに興味津々な処女JKが
最初のお客にあたる男性と耳かきや色んなエッチを楽しみます。

様々な初体験をしながら少しずつ踏み込んだサービスに移るキャラ重視の作りが魅力で
序盤は淫語を言うことすら恥ずかしがってたのが
回を重ねるうちに積極性が増し、最後は自ら処女を捧げて幸せそうな表情を見せます。
初々しいJKと少しずつ親密に
ラブエステティックの店員「天宮 理緒(あまみや りお)」が色んなサービスをするお話。

「ご、ご指名ありがとうございます 理緒と申します」
理緒は可憐な声の女の子。
来店した主人公に緊張した様子で挨拶すると
今日が初めてだと伝えてから最初のサービスに取り掛かります。

本作品はお金が欲しくてつい最近この仕事を始めた彼女が
偶然1人目の客になった彼を90分近くに渡って癒したり気持ちよくします。
一番最初に耳かきする以外はすべてエッチシーンになっており
キス、フェラ、手コキ、SEXなどプレイを幅広く用意し一生懸命もてなします。

「これが オナホール この道具であなたの お、おちんちんを擦るんですね」
最大の魅力は彼女のキャラ。
SEXはもちろん、キスすら生まれてから一度もしたことないため
序盤は恥ずかしがったり驚くシーンがたびたび登場します。
しかしある程度慣れてくると自分から積極的に動く大胆な姿も見せてくれます。

物語が進むほど彼女の態度や行動が変化していきますから
最初と最後で彼女に対する印象が随分変わるでしょう。
サービスを重ねるにつれて2人の仲が良くなる様子も描かれてて感情移入しやすいです。

エッチについては彼女の処女属性を活かして「初体験」を大事にしてます。
ファーストキス、初めて見るおちんちんや射精、そしてSEXと彼女は彼に色んな初めてを捧げます。
元々エッチな事に興味がある性格ですし、彼が無理矢理やらせることもないので雰囲気は終始和やか。
「今の彼ならここまでやってもいい」というラインを定め、その範囲内でできる限りご奉仕します。

最終的に彼女は処女喪失しますが、これらすべてを1日でやるわけではありません。
初日は耳かき、その1週間後にキス&オナホコキといった具合に
1ヶ月程度をかけてじっくり進める方針を取ってます。

耳かき終了時に連絡先を交換してるところを見ると
音声以外の部分で2人が何らかのやり取りをしてるのかもしれません。
心の距離を少しずつ近づけ、それに合わせてプレイを大胆にする純愛系のエッチが楽しめます。

理緒の初仕事にあたる01パートでするのは耳かき(約18分)。
簡単な挨拶を終えるとすぐさま膝枕に誘い、右耳→左耳の順に耳かき棒と梵天でお掃除します。
仕上げに息を吹きかけることはありません。

耳かき棒は「ずりずり」という細くて硬い音が使われており
耳の壁を小さく掻き出す感じに動きます。
動きにまったく変化がないのは残念ですが、音の品質は比較的良いと言えます。
割とパワフルなので視聴中は耳に微弱な振動が伝わってきます。

「それにしても こうして人に耳かきされるのは そんなに気持ちいいものなのでしょうか?」
「そうですね 少しだけ この仕事の楽しさというか やりがいがわかったような気がします」

最中の彼女はまだ仕事をしてる実感があまりないのか
耳かきで安らいでる彼の様子を不思議そうに眺めます。
でも後半に入ると彼が自分に甘えてくれることに喜びを感じ始め
「この先もやっていけそうだ」という自信を掴みます。

本作品のセリフは彼女の仕草や内面に関するものがほとんどです。
実況はもちろんしますが、それ以外は彼女が何を思い感じてるかの描写に注力してます。
そしてこれがあるから彼女の魅力が引き立ち感情移入できるわけです。
キャラを最も大事にしてる本作品らしい表現方法と言えるでしょう。
初々しさと健気さのあるエッチ
エッチシーンは5パート57分間。
プレイはローション洗体、耳舐め、キス、オナホコキ、パイズリ、フェラ、乳首を舐め合う、手コキ、SEX(正常位)です。
ローション洗体、オナホコキ、パイズリ、手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「えっと まずは 体にこのホットローションを塗りつけて」
耳かきからおよそ1週間後、主人公が指定したコースに合わせてビキニ姿で現れると
理緒は自分の体にローションを垂らしてから彼に密着し擦りつけます。

エッチはお店のサービスなので基本的には彼女が責めます。
最初の3パート31分間は初々しさが光るシーン。
02と03はローション洗体、初キス、オナホコキをし
その後日にあたる04は自慢のおっぱいを使ったパイズリフェラに挑戦します。

「もっと強く胸とかを擦りつけて欲しいですか? わ、わかりました やってみますね」
ビキニ姿を見られるだけでとても恥ずかしそうな表情を見せたり
普通にご奉仕しながら彼のリクエストに応えて動くなど
彼女はエッチに対する不得手さを見せながら一生懸命取り組みます。

02と03は責めるペースが緩めですから抜きよりも雰囲気作りの意味合いが強いかなと。
自分のために尽くしてくれる姿が健気で心が自然と温まります。

「キス…気持ちいい もっともっと して?」
このシーンの鍵になるプレイはキス。
02は彼からソフトに、03は彼女からディープにとスタイルを切り替え濃いめのちゅぱ音を鳴らします。
この後もしきりにキスをおねだりするところを見ると気に入ったのでしょう。
店員とお客だった2人がより親密な関係になるきっかけを生んでます。

「このおちんちんの匂いも 頭がぼーっとなってきます」
04は彼女が初めておちんちんに直接触れるパートなのでそこの描写に力を入れてます。
すぐ目の前にあるそれの匂いにクラクラしてたかと思えば
プレイの途中から滲み出してきたカウパーに興味津々な様子でむしゃぶりつきます。
そして精液を顔に浴びたり直接飲んで男の味をしっかり確かめます。

このパートから彼女が自分から積極的に動くようになるのが印象的でした。
最初はパイズリだけしてたのが、途中からフェラを加えてより気持ちよくしようと頑張ります。
彼も無理に指示を出すことはありませんし、風俗嬢として一歩前進したのがわかります。

続く2パート26分間はより踏み込んだプレイ。
05は甘やかしながらの手コキ、06は初SEXと内容が濃密になります。
04、05、06はすべて別日の設定です。

「はっ 入ってくるっ お兄さんのおっきいおちんちん あっ んっ」
特にSEXは事前に2分くらいキスを続けてお互いの気持ちを盛り上げ
挿入してから少し停止し、ゆっくり動き始める愛に溢れたプレイです。
彼女の反応や乱れっぷりもエロ可愛く、これまで時間をかけてキャラに魂を吹き込んだ背景もあり
最後の射精シーンは充足感に包まれながら抜くことができました。

SEXに持っていくまでの過程がすごく良く出来てるなと。
彼女が彼に対して心を開き、その結果処女を捧げる決断をしたのがエッチを通じて描かれてます。
形式上は風俗サービスですが内容はほぼ恋人同士と言って差し支えないです。

ちなみにタイトルから耳舐めを結構すると予測する人がいるでしょうけど
実際は全パート合わせて10分程度と非常に短いです。
他のプレイと一緒にちょろっとやる感じで固めて鳴らすことはありません。
ですから耳舐め目当てにこの作品を聴くのは止めたほうがいいと思います。

このように、初々しい女の子が女になる様子を描いたあまあまラブラブなエッチが繰り広げられてます。
成長を感じる作品
風俗店によくある心の距離を取っ払ってるキャラ重視の作品です。

理緒は自分にとって初めてのお客にあたる主人公を満足させようと
まずは耳かきを通じて男性を喜ばせるコツを掴み、同時にその醍醐味も実感します。
そしてエッチに入ると少しずつ大胆なプレイに進み、最後は大事なものを彼に捧げます。

初々しいJKと色んなエッチを楽しむノーマル向けのシチュ
親密度に合わせてプレイ内容が変化するエッチ
最初は不得手なりに頑張り、慣れた後は積極的に責める彼女の姿。
物語を通じて彼女が女性として成長するように作品を組み立ててます。

「お兄さん 私の体で いっぱい気持ちよくなってくれたんですね 嬉しいです」
中でも彼女はどのシーンも彼のことを第一に考える献身的な姿勢を取ります。
お金が欲しくてやってるのは間違いありませんけど
それだけにしては熱や感情がこもってるように映りました。
男性をお世話したり女性の快感を味わうことに目覚めたのかもしれません。

音声を聴く前は「風俗店で処女喪失はさすがに重いんじゃないかなぁ」と思ってました。
でも実際に聴いてみると2人の絆が強まる過程を綿密に描いてて
彼女が納得したうえでこうしたことがわかりさほど違和感はありませんでした。
出会ったきっかけが風俗だっただけで、やってることは思いっきり純愛路線です。

エッチは責めを比較的ソフトにする代わりに抜き系の音を複数同時に鳴らします。
耳舐め+オナホコキ、パイズリ+フェラといった具合です。
パートごとの時間が10分程度と短いので3パートくらい繋げて1回抜く感じになると思います。

射精シーンは5回。
くちゅ音多め、ちゅぱ音それなり、淫語と喘ぎ声そこそこです。

キャラ萌え成分の強い作品が好きな人には特におすすめします。

CV:一之瀬りとさん
総時間 1:31:42(本編…1:29:54 エンディング…1:48)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2019年10月19日まで30%OFFの756円で販売されてます。

【早撃ち】早漏RTA(リアルタイムアタック)★射精できなかったらゲームオーバー「早漏チャンプ1」〜まだ出ないなんて情けないオトコ〜【音声で手コキ】

サークル「072LABO」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、可愛くてサービス精神旺盛なJKが
ゲーム形式のエッチで射精の早さを測定します。

定められた時間内に必ず射精する独特なオナサポが行われており
パートごとに異なるシチュとプレイを用意し、バックでシコシコボイスを流しながら
できるだけ早く射精するよう応援して早漏な人ほど楽しめるようにします。
より早い射精を目指して
JKの育美とエッチしながら射精RTAするお話。

「この作品は 射精できなかったらゲームオーバーという 今までの射精ゲームとは違う 新感覚オナニーゲームです」
ナレーターのお姉さんはトーンが低く落ち着いた声の女性
音声を聴く際の注意事項やオナニーのルールを手短に説明すると
ゲームへ入る前に軽く手コキして勃起を促します。

本作品は早漏な男がカッコいいと思われてる世界を舞台に
彼女や育美がおよ90分に渡る色んなオナサポをします。
終盤の射精シーンまでひたすら我慢する通常のオナサポとは違い
ここではいかに早く射精するかを競う形でサービスを進めます。

「是非好記録を狙い SNSやレビュー欄で各ステージの クールでかっこいい早漏スピードを自慢してください」
彼が早漏でも見下すどころかむしろ褒め称え
いい記録が出たらみんなに自慢するようすすめるあたりが非常に面白いです。
作中ではごく一部を除き明確な射精シーンを設けずいつでも好きな時に出すことができます。
「オナサポは好きだけど我慢するのは苦手」という人もこれなら安心ですね。
オナサポが得意なサークルさんだからこそ、まったく新しい視点でオナニーを楽しませてくれます。

今回するオナニーのルールは至って簡単。
育美が「レディ・ゴー」と言ったところでオナニーを開始し
ストップをかけるまでの時間内に1回射精するだけです。
そしてどのパートもバックでシコシコボイスが流れてペースを細かく指示します。

他作品も含めて072LABOさんの作品はセリフとシコシコボイスが完全に独立してますから
オナサポでありながら淫語や効果音も結構充実してます。
音とシコシコボイスのペースを合わせて疑似プレイをリアルに表現するなど
これまで培ってきた技術を存分に投入してやりやすさにも気を配ってます。

ちなみに各ステージで必ず1回射精するため
通しで聴くと体力をとんでもなく消耗します(合計8回)。
普通の人にはまず不可能でしょうから、ステージをクリアした時点で中断し
精液と性欲が十分溜まったら次に挑戦するのがいいでしょう。
連続射精する選択肢もあることからM度が高い人にも向いてると思います。
後になるほど射精が難しくなるエッチ
エッチシーンは10パート72分間。
プレイは手コキ、SEX(正常位)、69、耳舐め、足コキ、パンチラ、育美のオナニーです。
服を脱ぐ、手コキ、SEX、足コキの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「わぁ お兄ちゃん こんばんわ 私の名前は育美だよ」
育美は明るくて甘い声の女の子。
ゲームの準備を終えたところでお姉さんとバトンタッチし
早速ステージの内容に沿ったプレイで射精を応援します。

エッチは彼女と楽しんでる様子をイメージしながらシコシコボイスに合わせてオナニーします。
最初の3パート27分間は比較的楽なステージ
ステージ1は正常位SEX、2は69、3は罵倒されながらの手コキと内容が大きく変わります。

「最近さ なかなかイかないダメ男って多いよね」
彼女は他の男性にもオナサポしてるらしく
早く出せる男こそが素晴らしいことを教えながら熱心にご奉仕します。
ほとんどの音声作品が「早漏=情けない」と設定してるので新鮮に感じるでしょう。
責めっぷりも積極的で男が喜ぶツボをよく心得てます。

純粋な抜きやすさはステージ1が一番です(約8分)。
制服はそのままにパンツだけを脱いで股を開き、挿入後は熱っぽい吐息を漏らして抜きやすくします。
シコシコボイスも4秒1コキから始まり徐々にペースを上げるSEXに合わせた追い込みです。
M性は低いですがエロ要素が充実してるので、多くの人が簡単に感じるのではないでしょうか。

「ってかさ まだ? キモいよ」
しかしステージ3まで進むとそうはいかなくなります。
時間はおよそ10分と長くなってるものの、シコシコボイスの平均ペースが一気に下がります。
そして最中の彼女は手コキ音を鳴らしながら軽く見下す態度を取ります。
ステージ1を正統派のエッチと呼ぶならこちらは焦らし重視のやや意地悪なプレイです。

同じ条件で聴いたとしてもステージ3のほうが抜きにくく感じると思います。
こんな風にステージが進むほど刺激を弱めて射精を難しくするのも本作品の大きな特徴です。

後半の4パート30分間はその傾向がさらに強まります。
ステージ4は耳舐め手コキ、ステージ5は手コキ&足コキ
ファイナルステージは彼女のパンツを見ながらのオナニーをいずれも8分程度行います。
そして全てが終わったらエンディングステージでより高度な射精に挑みます。

「申し訳ないけど 自分でして? 育美は宿題をします」
ファイナルステージに一番ソフトなプレイを持ってくるのが本作品らしいなと。
彼女が宿題する様子やちらりと見えるパンツをオカズにオナニーします。
3日間オナ禁すればいけるでしょうけど連続射精でここをクリアするのは相当に難しそうです。
シコシコボイスはちゃんと流れますから雰囲気のエロさが弱くなってるだけです。

実際にやってみたところステージ1と2は楽勝でした。
プレイがしっかりしてる、それに合った効果音が鳴る、シコシコボイスも速めと
ある程度精液が溜まってる状態なら射精できる環境が整ってます。
ステージ3は罵倒が弱めなので焦らしが好きかどうかで難度が変わるでしょう。
それ以降は心身の調子がクリアの成否に大きく影響しそうです。

ちなみに短時間では抜けない人のために「寸止めエスケープ」というパートも用意されてます。
これは挑戦するステージの前に聴く音声で、お姉さんがSEXして射精直前まで持っていってくれます。
時間は5分と短いもののそれなりにエロく、後半を乗り切るのに役立ってくれるはずです。

このように、テーマの早撃ちに合った個性的なエッチが繰り広げられてます。
手軽で歯ごたえもある作品
既存のオナサポに苦手意識を持ってる人にこそ聴いて欲しい作品です。

お姉さんと育美は早漏こそが素晴らしいことを主人公に教えようと
「早く射精できれば勝ち」という通常とは真逆のルールを設定し
ステージごとに異なるプレイを繰り出してそれを応援します。
そしてステージが進むほど内容をソフトにして射精の難度を上げます。

明るくて積極的なJKが早漏な男性の射精を手伝うノーマル~ややM向けのシチュ
明確な射精シーンを敢えて設けず時間内に出せるようリードする独特なエッチ
バックでシコシコボイスを流し、プレイによってペースを変えるやりやすい作り。
オナサポの要所を押さえたうえでまったく新しいことに挑戦してます。

中でも2番目は逆転の発想とでも言いましょうか、既存のオナサポでは見たことのない視点です。
このところ同人音声は長時間化の傾向が強く、オナサポも90分あたりの作品が結構増えてます。
休憩を挟みながらやったとしてもその間ずっと射精を耐え続けるのは結構大変です。
だからこそこういうサクッと抜ける作品を制作されたのでしょう。

それでいて歯ごたえを感じるのはいくつかの難度が用意されてるからです。
エッチな声や音を聴きながらオナニーすれば男性なら割と簡単に射精できます。
でもそれが少ない、あるいは時間が短い場合は何か他のもので補う必要が出てきます。
毎ステージ1回射精するルールのおかげで連続射精に挑むこともできたりと
手軽さだけで終わってないところが素晴らしいです。

唯一気になったのはステージ1~5とファイナルステージで
プレイ終了3分前になると専用のBGMが流れ始めることです。
音楽自体がエロさと無縁で射精の妨げになってるように思えます。
せめてこれが入ってないバージョンもあれば良かったのですが…うーん。
体験版だとサンプル04の1分55秒頃から流れます。

射精シーンは8回。
くちゅ音多め、淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声ごく僅かです。

CV:大山チロルさん
総時間 1:33:11

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

【過去作50%OFF!! 新・超ぐっぽり耳舐め!!】ギャルJKと援交えっち!?童貞卒業委員会♪【KU100バイノーラル】

サークル「C_Realization」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、お金とエッチが大好きなギャルJKが
お金持ちの童貞男子と援交スタイルのエッチを楽しみます。

耳舐めの量と深さにこだわってるのが最大の特徴で
エッチシーンの9割以上もの時間を割き
同時にするプレイを切り替えながらコリコリした音を至近距離から鳴らし続けます。
お金が絡んでますがあまあま路線なので冷たさを特に感じずに聴けるでしょう。
明るいギャルの濃厚なご奉仕
ギャルJKと4種類のエッチを楽しむお話。

「あっ ここにいたんだ 探したよー?」
ギャルJKは砕けた話し方をする明るい声の女の子。
ある日の放課後、保健室でソシャゲをしてる主人公に話しかけると
お金持ちな彼に課金よりもっといい使い道があると囁きます。

本作品はエッチに積極的で面倒見もいい彼女が
150分もの時間を使って彼を弄んだり筆おろしします。
童貞卒業委員会というボランティア活動をしてるらしいのですが
彼女の場合はお金が欲しいようで序盤からサービスに見合う対価を要求します。

「ね、どうせなら そのお金 あたしに使ってみない?」
学生から見るとそれなりの額が設定されてますけど
彼は学校に通いながらネットでお金をかなり稼いでるらしく
その状況を考えればぼったくりと言えるほどひどくはありません。
事前にその情報を掴んでたからとりあえず交渉してみたように思えます。

そしてお金をもらった後はそれと同等、あるいは以上のサービスをして期待に応えます。
経験者らしく筆おろしまではゆっくり丁寧にリードし
その合間に優しい言葉をかけて彼の緊張をほぐします。
山場のSEXシーンもあまあまですし、援交特有の冷たさや距離感を極力和らげて進めます。

それに最も貢献してるのが耳舐め。
エッチシーンのおよそ9割にあたる118分も用意し
左右を交互に、あるいは同時に舐め続けながらおちんちんも一緒にお世話します。


このところ耳舐めを主軸にしてる作品が結構増えてますが
それでもこれだけのボリュームを誇るものはまだまだ少ないです。
高級な機材で録音してるだけあって音質も良く、彼女の近さを表現するのにとても役立ってます。

もうひとつ、本作品の耳舐めは深さにもこだわってます。
穴の入り口に舌を添えてぐりぐりするシーンが非常に多いため
エッチの最中はほぼずっと耳に微弱な刺激を受け続けることになります。
タイトルの「超ぐっぽり」感を音で上手く表現してます。

ノリの軽いギャルJKが耳舐め重視のエッチで童貞をもてなす。
シチュよりもプレイが魅力の明るくて刺激が強めな作品です。
耳舐め主体の濃いエッチ
エッチシーンは4パート130分間。
プレイは手コキ、耳舐め、SEX(騎乗位、正常位)、キス、オナニーです。
服を脱ぐ、手コキ、SEX、オナニー、射精の際に効果音が鳴ります

「そんじゃ手コキしてあげっから おちんぽ見せてよ」
お金と引き替えにエッチすることを提案し、交渉を成立させたギャルJKは
早速おちんちんを出してもらい耳舐めしながら手でゆっくりしごきます。

エッチは一部を除いて彼女が責め続けます。
一番最初の「(1)囁き耳舐め手コキ」は比較的ソフトなプレイ(約38分)。
左右を適度に変えながらたっぷり耳を舐め、同時に粘性のある効果音を鳴らします。

「どう? あたしの耳舐め めっちゃ気持ちいいでしょ?」
彼女は男性経験が豊富なようで序盤から積極的にリードします。
30秒~1分程度耳を舐め続けから感想を聞いたり心情を漏らすことが多く
手コキのペースがゆっくりなのも相まって割と穏やかな空気が漂ってます。
童貞相手だからわざと手加減して長く楽しませようとする思いやりを感じました。

しかし耳舐めは全体的に音がパワフルです。
舌を動かすたびに「ゴリゴリ」といった刺激が強めの音が鳴ります。
長時間聴いたら頭が痛くなるほどどぎついものではありません。
払ったお金の分だけきっちりお世話するところに面倒見の良さが窺えます。

ここでの射精はカウントに合わせて行います。
しかし1カウントごとに長めの耳舐めを挟みながら14分も続けるため
実際に聴いてみると焦らされてる感覚がするでしょう。
この後のパートでも優しさと意地悪さを混在させて彼女のキャラに深みを与えてます。

続く2パート58分間はお待ちかねの筆おろし。
「(2)囁き耳舐め童貞卒業セックス」は騎乗位で彼女が
「(3)囁き耳舐め後輩JK連続絶頂セックス」は正常位で彼が主導権を握ります。

「よしよし 初めてだったんだもんね 仕方ないよね」
そしてここからは彼女の優しさが際立ってきます。
お金と引き替えではありますが生挿入OKと言い
開始直後に気持ちよくて射精してしまった彼を嫌な顔ひとつせず慰めます。
そして2回戦は「いい子」など甘やかす言葉を挟みながら耳もたっぷり舐めてあげます。

彼女がお金目当てで彼に近づいたのはおそらく事実でしょうけど
SEXシーンからはそれよりも彼自身に強い興味を持ち始めます。
恋人同士がする甘いエッチにどんどん近づきますから
援交が余程苦手な人でもない限りは普通に聴けるし抜けると思います。

「ガチで危険日 無防備マンコ あんたのチンポで孕ませて」
同じSEXでも両パートで展開が大きく違うのも良いですね。
(2)は筆おろしのイメージにぴったりなスローペースで彼が押され続けてたのに
(3)に入ると一転して彼が彼女を圧倒し何度も何度もイかせます。
そして彼女も激しく責められることに喜びを感じ、とうとう自分から孕ませて欲しいとお願いします。

こうなった理由は彼の精力が恐ろしく強いのが影響してます。
(1)パートの最後に射精シーンがあり、そこで効果音が鳴るのですが
一般的な18禁作品より明らかに回数が多く相当な量を出してるのがわかります。
SEXでさらに4回射精してもピンピンしてますし、そういう姿に逞しさを感じたのではないかなと。
こういう描写を挟むことで援交色を薄め、多くの人が聴きやすいエッチに仕上がってます。

最後の「(4)ダブル囁き耳舐めオナニー」は逆に意地悪さが光るパート(約34分)。
SEXを頑張りすぎて眠った彼が夢の中で2人のギャルJKと出会い
両耳を舐められながらオナニーして最後の射精を目指します。

「これはお仕置きなんだから そのままずっと悶えてなさい」
つい先程まで童貞だった男に好き放題されて彼女もちょっぴり悔しかったのでしょう。
両耳を弄びつつおちんちんには指一本触れずにおいて彼を焦らします。
途中でおねだりのセリフを復唱させるシーンもありますし
これまでとは違う接し方をして揺さぶりをかけます。

それでいて最後はきちんと優しくしてくれるあたりが彼女らしいなと
十分仕返しした後は「よしよし」「いい子」を何度も言って気分良く射精させてくれます。
最初から最後まで両耳舐めをするおかげでこれまでよりもプレイが濃厚に感じました。

このように、最大の武器を活かしつつ彼女の魅力も引き出すイチャラブ系のエッチが繰り広げられてます。
耳舐め好きなら
耳舐めの量と力強さに定評のある作品です。

ギャルJKは主人公の筆おろしを手伝いつつお小遣いも手に入れようと
まずは彼にとっては安めの金額を提示して耳舐め手コキやSEXをします。
そして後半はお金の概念を自分からなくし、快楽と愛情を求める姿勢に変わります。

エッチ大好きで優しいところもあるギャルJKが童貞を筆おろしする魅力的なシチュ
どこを聴いても鳴ってると言っていいほど大ボリュームな耳舐め
後になるほど心の距離が近づいてく展開。
援交をきっかけに仲良くなる男女の様子を独自の視点で描いてます。

中でも耳舐めはサークルさんが自信を持ってる要素なだけあって充実してます。
耳を舐めたり唇で挟み込む一般的な責め方をあまりせず
耳の内側や穴の入り口をぐりぐりすることにとても力を入れてます。
耳舐めはこのところ作品数がかなり増えてますし、それらとの差別化を図るのにも役立ってます。

エッチは耳舐め主体なおかげでSEX中に喘ぎ声をあまり漏らさないのは残念ですが
それ以外は作品のコンセプトに合ったことをやってて聴き応えがあります。
時間が最も長い(1)、筆おろしをする(2)、立場逆転SEXの(3)、両耳舐めの(4)と
各パートに何かしらの持ち味があるのも良いです。

射精シーンは6回。
ちゅぱ音超大量、くちゅ音多め、淫語それなり、喘ぎ声そこそこです。

耳舐め好きな人には特におすすめします。

CV:秋野かえでさん
総時間 2:35:52(本編…2:28:39 フリートーク…7:13)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
解凍後の容量が20.5GBありますのでご注意ください。

2019年9月24日まで10%OFFの1069円で販売されてます。

【9/12まで30%OFF&過去作30%割引クーポン付き】逆チカン電車~case01:いつも電車で見かける小悪魔JK~

サークル「US耳」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、逆痴漢に興味を持ってる積極的なJKが
電車内でよく顔を合わせる男性とスリリングなエッチを楽しみます。

逆痴漢をこなしつつ彼女と仲良くなる様子を描いたキャラ重視の作りが魅力で
彼が本当に捕まらないよう声を潜めたり責めを緩める代わりに言葉責めで気持ちを盛り上げ
電車を降りた後は一転して甘い態度になり初キスや童貞を奪ってくれます。
シチュはM向けですがどぎつい表現はないので、女性に優しく弄ばれるのが好きな人に最も向いてるでしょう。
悪戯したいJKとされたい童貞
森中 胡桃(もりなか くるみ)に逆痴漢されるお話。

「……ねえ。さっきからお尻に何か当たってるんだけど」
胡桃は可愛くて整った声の女の子。
電車内でおちんちんを勃起させてる主人公を痴漢と勘違いすると
顔見知りだとわかり軽く挨拶してから連絡先を交換しようと言います。

本作品は元々逆痴漢したい欲求を抱いてた彼女が
今回の出来事をきっかけに仲良くなった彼と75分に渡って4種類のエッチをします。
2人は同じ電車の同じ車両に乗り合わせることが多く、お互いになんとなく気になってたそうです。
それを踏まえて最初から友達に近い態度で気さくに接します。

「そうだ。お兄さん、ちょっと手貸して ……はい、おっぱいにむぎゅー♪」
彼みたいな童貞が好みだと言い、自分からFカップの巨乳を触らせ
彼が乗り気になった後は耳やおちんちんを積極的に責めます。
逆痴漢が好きなだけあってなかなかの痴女ですね。
でも彼を陥れる気はまったくなく、ギリギリの線を突いてスリルを味わいます。

こちらを見下したり辱めるセリフもそれなりにありますが
声や口調が常に明るくプレイを楽しんでるのが伝わってきます。
中盤以降は逆痴漢に協力したことへのご褒美をくれますし
変わった性癖を持つ優しい女性に描かれてます。
臨場感を大事にしたエッチ
エッチシーンは4パート58分間。
プレイは耳舐め、ズボン越しの手コキ、パイズリ、フェラ、キス、SEX(対面座位)、疑似SEXです。
服を脱ぐ、手コキ、パイズリ、SEX、疑似SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「声出したら周りに怪しまれるから、ちゃんと我慢してね?」
主人公が自分で興奮してることを餌に逆痴漢への同意を取りつけた胡桃は
声を出さないよう注意してから耳をねっとり舐め始めます。

エッチは経験者の彼女が童貞の彼をリードします。
一番最初の「02:満員電車の中で……」は逆痴漢を楽しむパート(約20分)。
至近距離から耳舐めしながら軽い言葉責めをして興奮を煽ります。
そして十分温まったところでポケットに手を入れそこからおちんちんをしごきます。

「ぷふっ。身体、くの字に曲げちゃって……ださっ♪ 今のお兄さんの姿、鏡で見せてあげたいよ♪」
「安心して、流石に電車の中でチンポ出せとまでは言わないからさ♪」

初めての経験にテンションが上がってるのか、彼の情けない姿を笑ったり見下すことが多いです。
しかしその一方で社会的に死なないようしっかり気配りします。
ここでするエッチは同意の上での逆痴漢ですから破滅まで追い込もうとはしません。
興味があった男性を楽しませつつ、自分の欲求も満たすことを目指します。

ただし体への責めは一切手加減しません。
耳舐めはペースを落してますが粘性高めのちゅぱ音を多めに鳴らし
手コキも後になるほど刺激を強めてしっかり射精に追い込みます。
囁き声もシチュに合ってますし、本番に近いイメージプレイをしっかりやってくれます。

ちなみに電車内でエッチするパートはバックで電車に関する音が流れます。
それが入ってないバージョンも同梱されてますから、気になる場合はそちらを選ぶといいでしょう。


2番目の「03:普段降りない駅のトイレで」は駅のトイレでするパイズリフェラ(約15分)。
射精で汚れてしまったパンツの換えを買ってきた彼女が
まだまだ元気なおちんちんを自慢のおっぱいで気持ちよくします。

「ほら、目の前でゆさゆさ揺らしてあげる。たぷたぷ、たぷたぷ~♪」
そしてここからはご褒美色が一気に強くなります。
彼が以前からおっぱいや太ももに興味津々だったのを汲み取って
自分から服を脱いでおっぱいを晒し、さらにローションまで垂らしてぬめりをよくします。

逆痴漢を無事成し遂げたことに対する感謝の気持ちを表してるように映りました。
言葉責めも大幅に減り、彼を喜ばせることを第一に考えて責めます。

その部分が最も色濃く出るのが「04:ラブホでJKと悪いコト」(約14分)。
場所を駅のトイレからラブホへ移し、そこで彼の童貞を優しく奪ってあげます。

「そうそう、歯を食いしばっておまんこ刺激に耐えてっ……あんっ、あぁっ、んぅっ♪」
初めてのキス相手になれたことを素直に喜んだり
抱き合ったまま挿入して熱っぽい吐息と喘ぎ声を漏らすなど
このパートだけはほぼ対等な関係でストレートに愛し合います。
逆痴漢から内容は大きく脱線してますが、本作品はキャラを重視してる部分が強いので
こういう場面を作って彼女の優しさや面倒見の良さを出したかったのだと思います。

このように、逆痴漢を通じて出会った男女の愛情模様を描いたややアブノーマルなエッチが繰り広げられてます。
優しく弄んでくれる作品
年下の女性が変わったシチュで悪戯してくれるソフトM向けの作品です。

胡桃は自分の中にくすぶってる逆痴漢への欲求を満たすために
以前から電車内でよく見かけ、今回たまたま近くにいた主人公にそれを打ち明けます。
そして了承を取れた後は理想に近いプレイを成し遂げ、その後は十分過ぎるほどの見返りを与えます。

変わった性癖を持つ積極的なJKがM男を逆痴漢で弄ぶシチュ
エッチシーンのおよそ半分を電車内でのプレイに割いて励むタイトル通りの展開
その後は一転して優しくなり彼の童貞卒業を手伝う彼女の優しいキャラ。
要所をしっかり押さえつつキャラも引き立つように作品を組み立ててます。

「ふふっ……名残惜しそうな顔しちゃって。本当可愛いんだから」
中でも彼女は逆痴漢中の巧みな責めと以降のギャップが大きく魅力的です。
年上で童貞な彼を見下すどころか親身になってお世話するのでM性が低めの人でも普通に聴けます。
最終パートの「05:電車の中でへこへこオナニー」も別タイプの逆痴漢をしますし
2人が同じくらい満足できるように考えてリードしてくれます。

逆痴漢モノの中ではマイルドな部類に属しますが
「case01」がついてることからたぶんシリーズ化を予定してるのだと思います。
今後はよりハードかつ大胆な女性が登場するのではないでしょうか。
第一作ということで入門者向けの内容に抑えられてます。

射精シーンは4回。
くちゅ音多め、淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

Sっ気をあまり出さずに弄ばれるのが好きな人には特におすすめします。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 1:16:18

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2019年9月12日まで30%OFFの756円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。

内気な図書委員後輩JKたちに不器用ながらも迫られ濃厚密着発情エッチ

サークル「アルファートリル」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、図書委員をしてる奥手な女の子たちが
その先輩と色んなエッチをして男の体を勉強します。

初々しさを出しつつ後になるほど激しいプレイをするのが特徴で
最初はおちんちんの匂いや感触を確かめるたびに驚いてたのが
手や口で味わうほどその魅力に取りつかれ
終盤には中出しSEXをおねだりするほどの積極的な姿を見せてくれます。
全編を通じて体を密着し囁きながら責めるのもポイントです。
真面目な後輩の大胆なお願い
図書委員の「明宮彩音(あかみや・あやね)」「舞川由奈(まいかわ・ゆな)」と色んなエッチをするお話。

「新刊図書の分類 すべて終わりました」
彩音は丁寧な言葉遣いをする大人しそうな声の女の子。
由奈と一緒に図書委員の仕事が終わったことを報告すると
下校する前にとあるエッチなお願いをします。

本作品はエッチに対する興味が強いけど、奥手な性格のせいで何もできずにいる彼女たちが
同じく図書委員で日頃優しくしてもらってる彼と120分に渡る甘めのエッチをします。
登場人物が全員未経験なことを踏まえて序盤から中盤にかけてはスローペースで進め
終盤はその遅れを取り返すような熱いSEXを披露します。

彩音「お願いというのはですね その…男の人の象徴」
由奈「見たり 触ったりしたい というものでして」
男性に慣れてないのかちょっぴりおどおどした様子で彼に語りかけたり
初めて見る、触れるおちんちんに新鮮そうな表情を見せるなど
不器用さを感じるシーンが多くて初々しいです。

しかし男性の責め方を知るにつれてより踏み込んだプレイを求めるようになり
さらに今まで抑え込んできた自分の気持ちを素直に伝えて愛情を注ぎます。
物語が進むほど彼女たちが成長していくのを実感できて面白いです。
完全女性上位ですが彼を褒めたり全肯定するセリフが非常に多く、いい気分に浸りながら抜くことができます。

エッチする際に体を密着させて囁き声で話しかけるのも
2人の控えめな性格を表現するための工夫なのでしょう。
言葉責めにあたるセリフがほとんどないことも含めて、彼女たちのキャラ作りに最も力を入れてます。

彩音と由奈でプレイスタイルに違いを設けてるのもポイント。
彩音は水分控えめでゆっくり責め(シチュ重視)、由奈は彼の体へむしゃぶりつくように責めます(抜き重視)。
同じプレイを一対一で順番にやるシーンが用意されてますから
それらを聴き比べればこの点に気づきやすいと思います。
作品の長所を活かしたエッチ
エッチシーンは6パート103分間。
プレイはおちんちんの観察、耳舐め、手コキ、フェラ、キス、素股、SEX(対面立位、騎乗位)です。
服を脱がす、手コキ、素股、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

由奈「失礼、します うんしょ」
彩音「下着もいいですよね? うわ…すっご」
主人公に事情を説明しエッチに付き合ってもらえることになった2人は
早速ズボンとパンツを下ろし、自分たちにはついてないものを少し驚いた様子で観察します。

エッチは常に彼女たちが責め続けます。
一番最初の「【2】後輩内気図書委員JKたちの密着耳舐め手コキ♪」は初々しさを全面に押し出したプレイ(約20分)。
おちんちんを見たり匂いを嗅ぐところから始まり
中盤から手コキ、終盤は両耳舐めを加えて最初の射精に追い込みます。

彩音「お願いします もっとおちんちんの匂い 味わわせてください」
由奈「え? まだ一度もですか? いえ 引いたりなんかしません」
今回のエッチは彼女たちから誘ったためM向けの要素はまったくありません。
何をするにもお願いする姿勢を取り、彼が童貞だと知っても見下したりせず全肯定します。
プレイ自体は割とソフトなので性的興奮よりもむしろ癒しを感じるのではないでしょうか。
キャラ重視の作品だからこそ、まずは彼女たちがどんな人物かを伝えるところから始めます。

続く2パート25分間は2人の違いを引き立たせたシーン。
「【3】後輩内気JK彩音の濃密フェラ♪」は彩音、「【4】後輩内気JK由奈の発情フェラ♪」は由奈が
ほぼ1人で彼のおちんちんを存分に味わいます。

彩音「すごい これが先輩のおちんちんの味 オス臭くて エッチい味がします」
彩音は一歩ずつ前進するのが好きなようで
序盤から中盤にかけてはカリや裏筋といった感じる場所をキスしたり舐めて確かめます。
そして咥え込んだ後は少しずつペースを上げ、最後に精液を直飲みします。
知的好奇心を満たそうとする彼女の属性に合った緩めのフェラです。
由奈もすぐ近くにいるようですが、セリフを挟むことはほとんどありません。

由奈「可愛い 先輩の体 ビクビクしてる」
それに対して由奈は最初からおちんちんを咥え込み
口をすぼめて絞り上げるような力強いちゅぱ音を鳴らします。
そしてフェラに専念する彼女に代わり、彩音が左から実況や耳舐めでサポートします。
文字通り一心不乱に責める姿に貪欲さを感じました。
普段とのギャップも引き立っててこちらのほうが抜けると私は思います。

同じプレイをまったく同じ進め方で繰り返したら普通はダレますから
こんな風に大きな違いを持たせて2人のエッチに対する姿勢や考えを表現してます。
「由奈は彩音のフェラを見た後にするからその分慣れてる」と考えれば不自然さもありません。

一番の山場はその後から始まるSEXシーン(約40分)。
彩音は昼休みの図書室、由奈は放課後の体育倉庫とシチュを変えて深く愛し合います。

彩音「我慢できないなら 口 塞いであげますから」
そしてここでも2人の性格の差が見事に反映されてます。
彩音は他に誰かが来る可能性がある場所なので常に囁き声で話し
責められて声が出そうになる彼にキスして防ぎます。
太ももコキを経由してから対面立位SEXに臨むなど、心の繋がりや雰囲気を大事にしてるのがわかります。
20分あるので抜くのは問題ないですけどスローSEXが好きな人向けの内容かなと。

由奈「孕ませて孕ませて孕ませて 孕ませて孕ませて孕ませて」
一方由奈は性的快感や子作りといった本能でSEXを楽しみます。
放課後の体育倉庫なら大声を出さない限り邪魔される可能性は低いでしょうし
軽いキスを挟んだ後に早速騎乗位で挿入し、後になるほど激しく腰を打ちつけます。
上のセリフもヤンデレではなく心が高ぶって自分の気持ちを素直に漏らしたと見るのが妥当です。

このように、1人1人の個性を大事にした純愛系のエッチが繰り広げられてます。
キャラが魅力の作品
奥手な処女が少しずつ目覚めていく様子をエッチに描いた作品です。

彩音と由奈はエッチに興味があるけど体験できない状況を打破しようと
最も親しい男性にあたる主人公へ恥ずかしそうにお願いします。
そしてできるようになった後はだんだんハードなプレイに進み、同時に彼を心から愛します。

大人しくてエッチ大好きな女の子たちが先輩と色んな初体験をするノーマル向けのシチュ
敢えて2人が個別に責めるシーンを用意し、それぞれで異なる特徴を持たせたキャラ重視の作り
体を密着させ囁きながらじっくり責める一体感のあるエッチ。
登場人物の属性をエッチに上手く絡めて感情移入しながら抜けるように組み立ててます。

中でも2番目は複数人プレイの常識をある意味覆しておりすごく面白いです。
女性が2人いるなら同時責めさせたほうが特徴を活かせるしエロさも上がります。
でもそれだけだと彼女たちが「奥手な図書委員1号2号」になってしまう。
だからそれぞれに活躍の場を用意し、かつ違いが引き立つようにプレイを進めます。

初々しさの彩音、エロさの由奈という印象を受けました。
抜きだけを考えるなら由奈なのでしょうけど、シチュに合ってるのは彩音だと思います。
エッチの時間が長めですからどちらを贔屓にしても普通に抜けるはずです。
また最後の「【7】内気後輩文化系JKたちの先輩大好きベロキス手コキ♪」パートでは
最初のパートと同じく手コキをメインに据えることで彼女たちの成長具合を表現してます。

あとはセリフですね。
最初から最後までべた褒めするから癒しのパワーも強めです。
全肯定してくれるエッチが好きな人にも向いてると思います。

射精シーンは6回。
くちゅ音とちゅぱ音多め、淫語それなり、喘ぎ声そこそこです。

シンプルなように見えて実は色々練られてる質の高い作品です。

CV:明宮彩音…かの仔さん 舞川由奈…陽向葵ゅかさん
総時間 2:02:31

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2019年9月4日まで20%OFFの950円で販売されてます。

↑このページのトップヘ