同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:JK

   ● びしょ濡れ無口系JKと雨らぶバス停えっち【バイノーラル/フォーリーサウンド】
   ● 今月のダブルセフレ係
   ● 【KU100】JK耳舐めサロン~合法耳セックスでお耳ま○こ処女もらってあげる~
   ● 【バイノーラル】オナホ係の同級生ギャルJKは意外にチョロくて惚れやすい
   ● 憧れの姫宮さんは僕だけの催眠性処理ご奉仕メイド
   ● ドスケベビッチJKに見られながらガードのゆるい性知識ゼロJKに無邪気に抜いてもらう【バイノーラル】
   ● チクビセックス
   ● だるまさんが転んだ~射精したら即負けのオナニーサポート
   ● ドスケベチアガールのエロエロ変態部活動♪~清楚な学園のアイドルはド変態で最っ低な露出狂でした♪~
   ● 催眠動画で生いき生主が生イキする生放送~音声編~




サークル「EXcute」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、大人しそうに見えて結構大胆なクラスメイトが
雨の日に偶然会った顔見知りの男子とバス停や自宅でイチャイチャします。

バックで雨音を流しながらゆっくりじっくり愛し合うのが特徴で
序盤はバス停、中盤はお風呂場、終盤は部屋とシーンごとに場所を変え
ちゅぱ音、効果音、環境音を組み合わせてエッチの様子をしっとりした雰囲気で描きます。
雨がくれた温かいプレゼント
クラスメイトの水無月早霧と3種類のエッチをするお話。

「あ、こんにちは うん 傘 持ってきてない」
早霧はややトーンが低く穏やかな声の女の子。
本屋へ行く途中で雨に降られたところを主人公に話しかけられると
一緒の傘に入りお礼を言ってからバス停へ移動します。

本作品は教室や図書室でよく会う程度の関係だった男女が
雨の日に偶然出会い、およそ90分に渡るエッチをして仲良くなります。
彼女は物語の開始時点から彼に一定以上の好意を寄せており
冒頭の相合傘で会話するシーンにもそれが早速出てきます。

「私服 見てみたかった? じゃあ 今度写真撮ってくるね」
休日なのに制服を着てる理由を尋ねられた時は「私服姿を見せてあげる」と言ったり
同じ傘に入ってる状況を見て「恋人みたい」と思わせぶりなことを言うなど
彼女が彼をどう思ってるかがわかるように進めます。

2人とも本が好きなようですからそこに親近感が湧いたのかもしれません。
しゃべり方は淡々としてますが性格は純情で年頃の女の子らしいです。

また雨の日にイチャイチャしてることを表現するために
物語の大部分でリアルな雨音が流れ続けます。
外にいる時はクリアだったのが、自宅に着いた後は若干こもって遠くなるなど
2人がいる場所に応じて鳴らし方を変える凝った演出がされてます。

彼女がセリフを区切りながらゆっくりのんびり話すおかげで
声と音の両方を無理なく聴けるようになってます。
終盤のSEXシーンは会話量を減らしてエッチな音を中心に据えてますし
彼女と一緒にいる雰囲気を味わいながら抜くしっとりした作品です。
キャラ重視の穏やかなエッチ
エッチシーンは6パート69分間。
プレイは耳舐め、キス、手コキ、フェラ、SEX(騎乗位)です。
手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「私も 我慢するの 無理かも こういうエッチな事 君としたかったから」
バス停に到着し、軽い耳舐めとキスで主人公を興奮させた早霧は
バスが来るまでの時間を使って気持ちいい恩返しをします。

エッチは終始彼女が責め続けます。
一番最初の「02_田舎のバス停、雨音と手コキ(約15分)」でするのは手コキ。
左右の手を竿と亀頭に被せてゆっくりペースでしごきます。

「大丈夫 私の両手で すっかり隠してるから もし他の人が来ても 恥ずかしいところは 見えないよ エッチな事してるのは バレちゃうけど」
声や態度は普段通り落ち着いてますがやることは積極的。
彼が寒い思いをせずに済むようおちんちん全体を優しく包み込み
優しい言葉をかけて羞恥心を和らげながら丁寧に責め続けます。

手コキのペースが終始ゆっくりで彼女の口調と合ってました。
でも音自体は割と下品でそれが余計エロく感じます。
雨音を聞きながら公共の場でこっそりエッチする状況も本作品らしさがあって良いです。
彼女と一緒にいる雰囲気を作りながらその魅力を伝える結構重要なパートです。

続く4パート27分間は彼女の家のお風呂場が舞台。
雨で冷えた体を温めようと2人で一緒にシャワーを浴び
そのまま勢いで耳舐め手コキとフェラをして再度の射精に導きます。

「これで もう寒くないよね」
脱衣所で躊躇する彼を見て「手伝おうか?」と尋ねたり
お風呂場へ移動した後は体を密着させて温める大胆なところを見せてくれます。
バス停の時も十分積極的でしたが、誰にも邪魔されない場所だから遠慮しなくなったのかもしれません。
無口だから行動で気持ちを伝えようとするところに愛らしさを感じました。

プレイについては「05_耳舐め手コキ-その1(約8分)」と「07_耳舐め手コキ-その2(約5分)」は耳舐め手コキ
「06_焦らされ舐め(約5分)」「08_じゅぽじゅぽフェラ(約9分)」はフェラと
それぞれを2回ずつ交互に行うスタイルを取ってます。

05と07は左右を切り替えてるだけなのでそこまで変化はありませんが
06はおちんちんを舐めたりしゃぶるスタンダードなフェラ
08は咥え込んだまま吸い多めでパワフルに責めるフェラでギャップがあります。
特に08は射精に直結するパートだからわざとやや下品に振舞ってました。
フィニッシュはしっかり口で受け止め飲んでくれますし、ここも彼女の愛を感じる描写が多いです。

そうやってお互いの心の距離を近づけた後
「09_誰もいない静かな部屋で雨らぶ甘々えっち(約27分)」で体のほうもひとつになります。
彼女が上に跨って腰を打ちつける女性上位のシチュですが
甘いセリフやエロ可愛い喘ぎ声が多いおかげでノーマル向けのプレイになってます。

「好き 好き 好き 大好きぃ」
山場にあたるシーンだからでしょうけど、これまで以上に彼女の心情描写に力を入れてました。
中盤からは熱っぽい吐息、喘ぎ声、キス&耳舐めによるちゅぱ音の割合が上がり
バックで流れる雨音と組み合わさって彼女がすぐそばにいるような感覚が味わえます。
ストレートな愛の言葉も言ってくれますし、満たされながら抜けるプレイに仕上がってます。

このように、2人の親密度に合わせてプレイも濃くなるイチャラブ系のエッチが繰り広げられてます。
雰囲気の良い作品
雨の日に女の子とエッチする様子を忠実に描いた落ち着いてる作品です。

早霧は以前からある程度の好意を寄せてた主人公に相合傘のお礼をしようと
まずはバス停でゆっくり手コキしながら自分の気持ちを伝えます。
そして自宅に着いた後はより大胆に責めて彼の心をガッチリ掴みます。

好きな人にはとことん尽くす物静かな女の子が、知り合いの男子とエッチで仲良くなるノーマル向けのシチュ
多くのシーンで雨音を流しながらゆっくり愛し合う雰囲気の良いエッチ
無機質な表情で何を思い、感じてるかをストレートに伝える彼女のピュアなキャラ。
静けさや落ち着きを大事にしながら2人の恋愛模様を描きます。

「なんで ここまですると思う? こんなこと 嫌いな人にはしないよ」
中でも3番目はもっと内気な女性かと思いきや、ストレートなセリフが多くて少し驚きました。
エッチも「彼のことが好き」という気持ちを込めてやるので事務的感はありません。
ファーストキスや処女といった大事なものを彼に捧げて惜しみない愛情を注ぎます。
一部では割とパワフルな責めもしますし、M向けの要素がまったくないので誰でも聴けます。

ただし、彼女が彼を好きになった経緯や理由が曖昧になってるところや
バス停でエッチするのがエッチシーンのおよそ22%と控えめなところは気になりました。
前者は2人の関係が「図書室でよく会う」くらいしか書かれてないので
それだけでここまでのエッチをするのはさすがに飛躍してると思います。

例えばエッチの最中にそのへん事情をもう少し語ってくれたら違ったでしょう。
あるいはエッチを通じて彼の魅力を表現するとか。
本作品は抜き系ではなく雰囲気を楽しむタイプなので
そのへんをしっかりさせておいたほうが聴いた時の違和感がなくなり没入できます。

後者はタイトルが「バス停えっち」なら半分くらいの時間は欲しいかなぁと。
今の内容だとバス停エッチは2人がより仲良くなるきっかけ程度の位置づけで
メインはお風呂場や部屋でのプレイになります。

射精シーンは3回。
くちゅ音とちゅぱ音それなり、淫語と喘ぎ声そこそこです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:逢坂成美さん
総時間 1:34:41

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2021年5月6日まで30%OFFの616円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。



サークル「しゃーぷ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、ほぼ正反対の性格をしてる2人のJKが
学校でただ1人の男子生徒へ交互に、あるいは同時にエッチなご奉仕をします。

片方は彼を見下したり呆れるセリフを言いながら一生懸命責める
もう片方はストレートに甘やかす、といった具合に
2人の魅力をわかりやすく表現しながら何度も射精させるキャラ&抜き重視の作りになってます。
温かいJKと冷たいJK
セフレ係の茅野さん(挿し絵右)、佐倉さん(挿し絵左)と6種類のエッチをするお話。

「あなたが お相手の男子ですか? 今月のセフレ係になった茅野です。よろしくお願いします。」
茅野さんは淡々と話すクールな声の女の子。
「あっ、いたいた~♪ 楽しみにしてた? こんにちは、わたし、今月のセフレ係の佐倉だよ♪」
佐倉さんは明るくて甘い声の女の子。
主人公に挨拶し早速左右から密着すると、彼女たちが担当してるセフレ係が何か教えます。

本作品は今年から共学になり今は男子生徒が1人しかいない学校を舞台に
今月のセフレ係になった2人がおよそ90分に渡って色んなエッチをします。
セフレ係で精液を搾り取ると成績が上がるシステムになってるらしく
2人とも序盤から積極的に耳とおちんちんを責め続けます。

佐倉「あなたが興奮できるように頑張るから♪」
茅野「ずいぶんと欲張りな方ですね、さては都合よくなんでもしてもらえると思っていましたか?」
しかしエッチするにあたって2人はほぼ正反対の態度を取ります。
佐倉さんは実の弟を甘やかすように優しく接するのに対し
茅野さんは終始クールな声で見下す姿勢を見せます。

特に茅野さんは「毒舌JK」と呼ばれてるだけあって言うことが割と容赦ないです。

ただし、ドSキャラのように手厳しいことをするわけではありません。
嫌そうな表情を見せながらしっかりお世話する面倒見のいい女性に描かれてます。
物語の終盤は佐倉さんよりも踏み込んだことをしますし
言葉に出さないだけで多少は彼に好意を抱いてるように受け取れます。
事務的そうに見えてそうじゃないのが彼女の魅力です。

プレイは耳舐め、手コキ、SEXといったノーマル向けのものばかりですから
私はややM~ややSがメインターゲットになると見てます。
興味が湧いたら誰でも聴けるあたりに調整されてて守備範囲が広いです。

エッチについては最大の売りである2人のキャラが活きるように
序盤は一対一だったのが中盤以降は3Pへと変わります。
一部のシーンはわざと展開を同じにしてあって性格の違いがすごくわかりやすいです。
佐倉さんのあまあまなキャラと茅野さんのクールなキャラのギャップが引き立ってます。

抜き性能についても複数人プレイ作品を数多く制作されてるサークルさんなだけあって高めです。
片方がおちんちんを責めてる時はもう片方が耳舐めでサポートしますし
どのパートも会話量を多めにして方向性の違う言葉責めをガンガンします。

耳舐めの時間はそこまで長くないですけど
耳の外をちゅぱちゅぱ舐めたり吸うお馴染みの音ではなく
耳の内側をジョリジョリ擦る感じの独特な音を鳴らしてました。
効果音も挿入とピストンで大きく違ったりと、音に対するこだわりも見られます。
一生懸命お世話するエッチ
エッチシーンは6パート77分間。
プレイはキス、耳舐め、ハンカチコキ、手コキ、オナホコキ、SEX(正常位)、フェラです。
ハンカチコキ、手コキ、オナホコキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「あなたの膝の上、跨っても良いですか? 近くでわたしの身体を感じれた方が…興奮するんじゃないですか?」
最初から2人同時にエッチするのは恥ずかしいので主人公に相手を選んでもらうと
指名された茅野さんは彼の上に跨り熱いキスをします。

エッチは彼女たちがリードしつつ一部で攻守を入れ替えます。
最初の2パート30分間は2人の魅力や違いをわかりやすく表現してるシーン。
「02茅野の冷ややかハンカチ越し手コキ(約16分)」は茅野さんが
「03佐倉の優しい甘やかし手コキ(約14分)」は佐倉さんがキスと手コキをします。

「女の子の匂い、ですか? シンプルに気持ち悪いですね…ただのシャンプーですから」
「セフレ係になったのは成績が理由ですが…まあ、性犯罪者を減らす世直しだと思えば悪くないですね」

茅野さんは学校初の男子を警戒してるのか序盤からきつめの言葉責めをします。
ハグしてる時に良い匂いがすることを言われて「気持ち悪い」と言ったり
彼を性犯罪者予備軍に指定するなどストレートな表現が多いです。
クールな声や淡々とした口調も相まって事務的キャラに映ります。

しかしやってることは結構手厚いです。
パート序盤でするキスは舌を絡めるディープなやつだし
自分から制服の上を脱ぎブラを見せつけて彼を上手に興奮させます。
成績が絡んでることを加味してもサービス精神旺盛なほうと言えます。

手コキはどちらのパートも精液を回収する必要があるのでゴム越しにやります。
最初はゆっくり、終盤だけハイペースでしごいて無理なく追い込んでました。
セリフ以外は割と甘い責め方をしますからM度が低い人でも聴きやすく感じると思います。

「あ~、皮被ってる、可愛い♪ ちゃんとムキムキしてあげるからね~♪」
それに対して佐倉さんは甘やかし上手なお姉ちゃんキャラ。
セフレ係の仕事で相手する彼に嬉しそうな表情で話しかけます。
こちらを受け入れたり全肯定するセリフが多いので雰囲気も非常に甘いです。
茅野さんの次に佐倉さんのパートを置いて2人を上手く対比させてます。

ちなみに本作品は手コキする02~03パートと
SEXする05~06パートはほぼ同じ展開とプレイ構成にしてます。
でもセリフが大きく違うおかげで聴いた時の印象もガラリと変わります。
こういう演出からもサークルさんがキャラを大事にされてることがわかります。

次の4パート47分間は3P。
「04左右耳舐めダブルオナホコキ(約12分)」は両耳舐め+オナホコキ
「05甘やかし誘惑イチャラブセックス(約11分)」は佐倉さんとのSEX+茅野さんの耳舐め
「06茅野と事務的わからせナマハメセックス(約11分)」は茅野さんとのSEX+佐倉さんの耳舐め
「07事後おちんぽ交互お掃除フェラ(約13分)」はお掃除フェラと通常のフェラで合計4回射精させます。

茅野「彼女でもなんでもない子に…耳なめされてすぐ興奮しちゃうんですね。男子というのは…」
佐倉「そんなことないよね? わたしたちのこと気に入ってくれてるんだよ♪」
そしてここからは2人が掛け合うシーンが一気に増えます。
彼を否定的な目で見る茅野さんを佐倉さんがたしなめるなど、2人の性格の差を活かしたものが多いです。
佐倉さんに多少は感化されたのか、茅野さんの態度が徐々に柔らかくなります。

それをわかりやすく物語ってるのがSEXシーン。
最初の佐倉さんはゴム有り、次の茅野さんはゴム無しと大事な部分で違いを持たせます。

茅野「んっ… サイアク…あなたのおちんぽが入ってくる感触…気持ち悪いです」
セリフのほうは相変わらず冷たいですけど、普段よりも吐息が明らかに熱っぽいですし
喘ぎ声を軽く漏らした時に「感じてない」と否定する可愛いところも見せてくれます。
中出し射精する時は同時にキスする、事後に彼の性欲の強さを心配するなど
彼に対してマイナスの感情を持ってないことを匂わせる描写がいくつも出てきます。

この学校は去年まで女子校でしたから、茅野さんも男をよく知らなかったのだと思います。
でも実際に肌を重ねた結果そんなに悪いものではないと認識を改めたのでしょう。
言うことが相変わらず冷たいのは照れ隠ししてるのかもしれません。
言葉と行為に大きなギャップがあって魅力的に描かれてます。

もちろん佐倉さんも甘やかし上手で違う魅力を持ってます。
2人が同じくらい活躍するようにエッチを組み立ててあって聴き比べる楽しさがあります。

このように、おちんちんをしっかり責めつつ他の部分にも力を入れてる穏やかなエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視の濃い作品
複数人プレイの要所を押さえたうえでキャラにも光を当ててる優れた作品です。

佐倉さんと茅野さんは主人公が女子生徒だらけの校内で問題を起こさないように
おちんちんを責めながらそれぞれの個性を活かした言葉責めもしてスッキリさせます。
そして中盤以降は3Pに切り替えて掛け合いを挟みつつ協力して上手に責めます。

甘やかし上手なJKとクールなJKが個別に、あるいは同時に童貞男子を責めるシチュ
彼女たちをほぼ正反対の性格にしてセリフに大きな違いを持たせたキャラ重視の演出
耳、唇、おちんちんを同時に責めてエッチな声や音をガンガン鳴らす複数人プレイ。
キャラ、セリフ、プレイ構成、音など色んな要素にこだわって作られてます。

中でも2番目はバランス感覚に気を配ってあってすごく良いです。
茅野さんは順当にいけば事務的なドSキャラになるのに
実際はセリフがきついけど責めっぷりは優しい女性にして聴きやすくしてます。
物語の終盤は佐倉さん以上に手厚いサービスをするなど、心情変化がプレイを通じて伝わってきます。

佐倉さんは最初から最後まであまあまなキャラを通すので
私は茅野さんのほうが深みのある女性に映りました。
嫌がったり無理矢理責めることもなく、彼のために尽くす姿勢でリードします。
彼女をわからせるシーンもあったりと男が喜びそうな素材が充実してます。

射精シーンは6回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。
キャラ作りがしっかりしてる複数人プレイ作品が好きな人には特におすすめします。

CV:佐倉さん…逢坂成美さん 茅野さん…思ちぽさん
総時間 1:35:27

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年4月22日まで15%OFFの1122円で販売されてます。



サークル「はーとこれくと」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、JKたちがたっぷり耳舐めしてくれる風俗店を舞台に
そこで働いてる2人の女の子が通常よりも濃い耳舐めを提供します。

前半は通常の耳舐め、後半は「耳セックス」と呼ばれる特殊なプレイをするのが特徴で
常に左右同時に異なるちゅぱ音を鳴らしながら
責め方や深さをシーンによって切り替えて彼女たちに耳を犯されてる雰囲気を作ります。
完全女性上位ですがM向けの要素はほとんどありませんからノーマル~ややMの人が最も楽しめるでしょう。
耳舐めで女性の気分を疑似体験
日向いお(挿し絵左)、姉崎りお(挿し絵右)が色んな耳舐めをするお話。

「私は日向いお いおって呼んで?」
いおはギャルっぽい話し方をする明るい声の女の子。
「私は姉崎りおでーす りおって呼んでください」
りおは穏やかで色っぽい声の女の子。
JK耳舐めサロンを初めて訪れた主人公に挨拶すると
ここへ来た理由を尋ねてから耳セックスの魅力を語ります。

本作品はエッチ大好きでサービス精神旺盛な2人が
耳舐め好きな彼をおよそ80分に渡ってもてなします。
どのパートもいおが左、りおは右に陣取って協力しながら責めるスタイルを取り
エッチシーンのほぼ全部で耳舐めする非常に尖った作りです。

耳舐め専門の風俗店なので彼女たちが彼の耳以外を責めることはありません。
ですが耳舐めと同時にオナニーしたり、彼にもオナニーの指示を出して一緒の絶頂を目指します。
2人の砕けた口調も相まって終始和やかな空気が漂ってます。
絶頂形式は射精ですからちゅぱ音をオカズにおちんちんをしごく感じになります。

そして耳舐めに特化してるからこそ質量共に優れたサービスが味わえます。
量はおよそ70分間やると言えばそれ以上の説明は不要だと思います。
質については前半が耳キスや耳舐めといったスタンダードなプレイをするのに対し
後半はタイトルにもなってる「耳セックス」を重点的に行います。

いお「JKの耳チンポ お耳マンコに欲しいっておねだりしてよ お兄さん」
耳セックスは簡単に言うと耳の穴を舌で責めることを意味し
彼女たちの舌をおちんちん、彼の耳穴をおまんこに見立てて色んな責めを繰り出します。
前戯や後戯といった通常のSEXでやることも挟んできたりと
聴き手がSEXにおける女性側の視点で楽しめるように進めます。

パートごとに意識して違う責め方をしますから、同じ耳舐めでも聴いた時の印象が随分違います。
舌の腹で舐める、舌先をちろちろする、舌先で軽くほじる、口をすぼめて吸い上げるなど様々です。
音の質感も結構リアルですし耳舐め好きならかなり楽しめます。
一緒に楽しむエッチ
エッチシーンは7パート71分間。
プレイは耳吐息、耳キス、彼女たちのオナニー、オナニー、耳舐め、耳セックスです。
エッチな効果音はありません。

りお「優しい耳キス 気持ちいいでしょう? 前戯は大事だからね ふふっ」
耳セックスの醍醐味を語って主人公の期待と興奮を煽った2人は
左右に陣取り弱めの息吹きやソフトな耳キスでまずは感度を上げます。

エッチは風俗店なので終始彼女たちが責め続けます。
最初の3パート28分間は耳セックスを始めるまでの準備。
「トラック1 耳セックス前戯(約8分)」は耳吐息と耳キス
「トラック2 耳セックス前戯(約10分)」は外側を舌先や舌の腹で舐めるスタンダードな耳舐め
「トラック3 耳セックス挿入(約10分)」は舌を耳の穴へゆっくり挿入しながら少し動かします。

いお「りおは相変わらずむっつりだよねー そんな耳マンコの匂い くんくん嗅いじゃってさ」
りお「だって 男の人の匂い ちょー好きなんだもん 嗅ぐだけでおまんこ濡れてくるっていうか むらむらしてくるっていうか」
2人ともここで1年以上働いてるだけあって責めっぷりはスムーズ。
JKらしく砕けた調子で話しながら同時に責めて心身を少しずつ温めます。
彼女たちが楽しみながら責めるのが良いですね。
特にりおは匂いフェチなので匂いを嗅ぐシーンを適度に挟み、うっとりした声を漏らします。

風俗店を題材にした作品の中では心の距離を近めに設定してます。
JKに礼儀正しい態度を取られるのも妙な感じがしますし
友達に接するような態度で責めて和やかな雰囲気を作ります。
心のケアにも気を配ってるところはプロらしいなと。

肝心の耳舐めはどのパートもちゅぱ音を比較的ゆっくり鳴らしてて聴きやすいです。
トラック1はちゅぱちゅぱついばむ感じの音だったのが
トラック2は舌でれろーっと舐める幅の広い音に変わります。
そしてトラック3は耳の穴が対象なので動く範囲を狭める代わりに深さの違いを出します。
横の動きと縦の動きを使い分けててサークルさんのこだわりを感じました。

また彼女たちはトラック1、彼はトラック2からオナニーを始めます。
露骨に喘いだりせず熱っぽい吐息を漏らしてました。
おちんちんオナニーもほぼ指示を出しませんし、あくまで耳舐めを主役に据えてます。

次の3パート37分間は選択式。
「トラック4 耳セックスフィニッシュa(約12分)」は優しく叩いたりほじる耳舐め
「トラック5 耳セックスフィニッシュb(約11分)」は吸い中心の耳舐め
「トラック6 耳セックスフィニッシュc(約14分)」は舌先を素早く動かす耳舐めで1回ずつ射精させます。

りお「ほら 感じて? お兄さん 耳の膣壁 かるーく叩くように舐めてあげる」
そして2人はよりSEXらしさが出るようなセリフを投げかけながら進めます。
トラック4は耳かきの動作を舌に置き換えてるようなプレイで
奥から手前へ掻き出す際に微弱な振動が伝わってきます。
質感も外側に比べると低く鈍いものになってます。

圧迫感や閉塞感がもう少しあればよりリアルになると思いますけど
音の質感、動きいずれも十分高い水準に達してます。
2人同時にやるから個々の刺激を多少抑えてバランスを取ってました。

またトラック5はシチュにも新しい要素を加えて彼を上手にもてなします。
具体的にそれが何かは伏せますが、彼の被虐心を煽ることを見据えてます。
彼女たちが意地悪になるわけじゃなく興奮できるスパイスを用意する感じです。
耳舐めもトラック4から大幅に変わってて新鮮な気分で聴けました。

トラック6は縦と横の動きを組み合わせたうえで2人の吐息をさらに熱っぽくします。
前半は舌を小刻みに動かす、後半は穴の奥をやや激しく責めると位置を切り替え
さらに途中から彼女たちが乳首オナニーを加えて純粋なエロさも高めます。
このパートは喘ぎ声の割合が他より高めになってました。
耳舐めだけでなく、それ以外の要素も違いを出してるのが面白いです。

このように、最大の武器である耳舐めをがっつり行うテーマに沿ったエッチが繰り広げられてます。
音の種類と濃さにこだわった耳舐め作品
王道のものからマイナーなものまで幅広く取り揃えてる耳舐め作品です。

いおとりおはお店を初めて利用する主人公に耳セックスの素晴らしさを教えようと
左右に陣取り連携を取りながら耳の外側、穴の入り口、さらに奥を慣れた舌さばきで責め続けます。
そしてパートごとにちゅぱ音の質感、動き、深さを色々変えて単調さをなくします。

明るくてサービス精神旺盛なJKたちが男性の耳を舌で丁寧に犯すノーマル~ややM向けのシチュ
彼の耳をおまんこ、彼女たちの舌をおちんちんに見立てて色んな責め方をする耳舐め特化のエッチ
しゃべる役と舐める役を交互にやってちゅぱ音を途切れさせなくしたり
彼の目の前で乳首やおまんこをいじって熱っぽい吐息を漏らす彼女たちのリード。
JKが持つ明るさやノリの良さをきちんと反映させた耳舐めをします。

中でも耳舐めは単純に時間が長いだけでなく色んな部分にこだわってます。
外側を舐めたり吸ったりするお馴染みの耳舐めは前半シーンでやる程度に留め
中盤以降はパートごとに違うやり方で穴の入り口や奥を重点的に責めます。

耳舐めが好きかどうかで満足度に多少の違いが出るのは否定しませんが
より多くの人が楽しめるように色々配慮してるのも事実です。
早い段階からオナニーを始めたり、フィニッシュを3種類用意してるのがいい例です。
言葉責めも非常にライトで彼をもてなすことを強く意識してます。

射精シーンは3回。
ちゅぱ音多め、淫語と喘ぎ声そこそこです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:日向いお…逢坂成美さん 姉崎りお…MOMOKA。さん
総時間 1:22:30

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年4月24日まで20%OFFの1056円で販売されてます。



サークル「ろんりーわん」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、オナホ係と呼ばれる制度がある学校を舞台に
ギャルJKがクラスメイトの男子に求められて甘いエッチをします。

物語が進むほど彼女が彼に惚れ込んでいくのが最大の特徴で
序盤は名前も覚えてないくらい疎遠な関係だったのが
何度も体を重ねるうちに少しずつ情が移り、最後は自分から告白するほどのデレっぷりを見せます。
2番目以降のパートはすぐさまエッチを始める抜き重視の作りも魅力です。
ノリが軽くて純情なギャルと
クラスメイトの早瀬エリと学校内や自宅でエッチするお話。

「ん…むにゃ…。ん~ふわぁ~~ あ~~、やばーめっちゃ寝た~」
エリは砕けた口調で話す明るい声の女の子。
ある日の放課後、居眠りから目覚めたところで目の前にいた主人公に要件を尋ねると
自分がオナホ係だったことを思い出し早速その場で相手します。

本作品はギャルのイメージにぴったりなノリの軽い彼女が
彼を相手におよそ90分間のエッチをして親睦を深めます。
この学校には交代制で女子が男子の性欲処理をする制度があり、今回は彼女が当番に選ばれました。
だから前置きは短く済ませて早速SEXを始めます。

「あ、それでどこ使いたいの? どこでもいいよ。オナホ係だからね~。あたしの身体好きなとこ使っていいよ」
彼女はギャル、彼はオタクとまったく属性の違う2人ですが
別段嫌がる様子もなくふたつ返事でおまんこを差し出します。
そしてプレイ中は彼やおちんちんをしきりに褒めて心のほうもぽかぽかにします。

係の仕事でも事務的なところは一切なく終始穏やかに接してました。
また各パートには「惚れられレベル」と呼ばれる彼女の心情を表すパラメータがありまして
後になるほどその数値が上がり、それに合わせて彼女の態度も徐々に変わります。
終盤は恋人同士に近い雰囲気になりますからほぼノーマル向けです。

エッチは彼女がオナホ代わりになるためSEXが充実してます。
5パート中4パートがSEXメインで、うち3パートが開始から10秒後には早速エッチを始めます。
プレイ中に彼女の魅力を引き出す感じで作られてるので展開がスムーズです。
キスも小まめに挟んできますし、イチャラブ感を出しながら抜けるように組み立ててます。
心の距離がわかるエッチ
エッチシーンは5パート77分間。
プレイはSEX(対面位、対面立位、立ちバック、正常位)、ペッキーゲーム、キス、フェラ、飲尿、耳舐めです。
SEX、放尿の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「あたし元々濡れやすいから、大丈夫♪ うん、ちんぽ入れちゃっていいよ♪」
軽い雑談をして主人公が自分とエッチしたがってることを理解したエリは
教室の椅子に座って股を開き彼のおちんちんを迎え入れます。

エッチはパートによって責め手を変えながら進めます。
最初の2パート21分間は彼女がオナホ係の仕事に励むシーン。
「1.初めての放課後オナホ係(約11分)」は教室で対面位
「2.10分休みお手軽エッチ(約10分)」は体育館裏で対面立位と体勢を変えてSEXします。

「ちょっと自信がないとこがネックかな~。それはそれで、可愛いけどね♪」
冒頭で彼の名前を確認してるところを見ると2人はほぼ他人同士の関係なのでしょう。
でも彼女は嫌な顔ひとつせずSEXを受け入れるし、彼のことをしきりに褒めて元気にします。
自覚があるかはわかりませんけど、思春期の男子が言われたら勘違いしそうなセリフばかりです。
1番目のパート中盤にはペッキーゲーム(ポッキーの両端を食べ合ってキスする)までやったりと
序盤から親しげな態度を見せて穏やかな雰囲気を作ります。

この後のパートも含めて会話量が多いので喘ぎ声はあまり漏らしませんが
彼を持ち上げたり彼女の心情を語るセリフが充実してて甘さが引き立ってます。
キスもちゅぱちゅぱするソフトなやつではなく、割とディープな音を鳴らしてました。

「ん…こんなあたしみたいなギャルがさ、オナホ係とはいえ、誰かの安心になってるなら…嬉しいじゃん?」
2番目のパートは少し後のお話にあたるので彼女も友達あたりの距離感で接します。
休み時間のたびに体を求めてくる彼の精力を褒めたり
自分が誰かの役に立ってることを喜ぶなど、ポジティブな要素が多く込められてて明るいプレイになってます。
SEXするところはどちらも一緒ですけど、セリフの内容にそれなりの違いがあって
彼女の心が少しずつ変化してるのを掴みやすいです。

続く3パート56分間はその部分が顕著に出てきます。
「3.体育抜け出し立ちバック(約18分)」は授業中に体育倉庫で立ちバックSEX
「4.下校時間 嫉妬フェラ(約18分)」は屋上へ続く階段の踊り場でフェラと飲尿
「5.最終日 告白ラブおまんこ(約20分)」は彼女の家に招待されて正常位SEXをします。

「オナホ係のあたしの方からは、こういのはあんましちゃダメだと思うけど。ん…でもさ、身体はあたしに寄りかかってきて体温感じてさ、ちんぽもあたしのまんこの温度味わってたら、上でも体温感じたいかなって…」
3番目のパートはセリフよりも行為に彼女のデレを感じます。
今まではオナホ係として終始受け身に徹してたのが、ここで初めて彼女のほうからキスをします。
上のセリフからも彼女が彼のために何かしたいと思ってるのがわかります。
本当に小さな変化ですけど、2人が新しい関係へと前進する大きな一歩と言えます。

またここからはキスの割合がさらに増えます。
本作品は全編を通じてキス多めなのですが、3番目と5番目は一際多いです。
このへんも惚れられレベルの上昇に合わせたのではないかなと。

「いいじゃん、しおりん。結構お似合いだったと思うし。じゅる 告ったら…すぐカップルになれるかもよ」
4番目は本作品で唯一SEXしないパート。
オナホ係の当番をそろそろ終えようとしてる時期に彼女が彼の本心を確認します。
彼女は当番が終わった後もこの関係を続けたいと思ってるようですが
彼も同じ考えかどうかはわかりません。
そこでフェラしながら軽く挑発するようなことを言って反応を見ます。

彼女は割と自分の気持ちを出してるのに、彼が煮え切らない態度を取るからこうなった感じです。
でも精液はちゃんと口で受け止めますし、その直後に彼のおしっこまで飲んであげます。
恋人同士でも普通できないことをやるのは大きな愛情表現と言えるでしょう。

そうやって色んなものを積み重ねてきた後、5番目のパートでようやく2人が結ばれます。
軽くキスしてから彼女の家に移動し、ベッドの上で繋がりながらお互いの気持ちを確かめます。

「ふふ、好きだよ。好き 君のこと、好き…。んっんっ…あっ」
これまで一度も言わなかった愛の言葉を初めて解禁し
熱いキスを交わしながらピストンを続ける姿はまさに恋人同士です。
彼女の心情描写を厚めに描いてるおかげで、彼女が幸福感に浸ってるのがしっかり伝わってきます。
キスの多さ、愛の言葉、彼女の姿と甘い要素をいくつも組み合わせて幸せな射精をプレゼントします。
純粋なエロさも最も高く、本作品の最後を飾るに相応しいプレイと言えます。

このように、他人→友達→恋人と2人関係を変化させながらSEXするキャラ重視のエッチが繰り広げられてます。
流れのあるイチャラブ作品
クラスメイトのギャルと変わった経緯で仲良くなる様子をエロさ&甘さ高めに描いてる作品です。

エリはクラスで唯一自分の体を求めてきた主人公の期待に応えようと
ギャルらしい軽いノリと明るい態度で彼のピストンを応援します。
そして中盤以降は自分からお世話したい気持ちが芽生え
最後は恋人になって今までよりも深くて幸せなSEXを楽しみます。

遊んでるように見えて割と純情なギャルがクラスメイトの男子とエッチしまくるシチュ
多くのパートをキスとSEXメインにし、さらに余計な前置きを極力省いて行う抜きを意識した作り
後になるほど彼女が彼に本気で惚れ込む展開。
体→心の順に距離を縮めていく通常の恋愛とは真逆の流れで作品を組み立ててます。

中でも3番目は本作品を最も特徴づける要素なので一際力を入れてます。
最初は彼を気遣いながら明るく相手してたのが
中盤以降は「彼と」エッチすることに特別な感情を抱き始めます。
そして終盤は自分の気持ちをストレートに叩きつけて彼を独占しようとします。

セリフの方向性が彼を褒める→彼女の内面へとシフトするのがすごく面白いなと。
4番目のパート以降は彼女が何を思い、感じてるかを綿密に描いて惚れてることを表現します。
彼女がそうなる理由にも触れられてますからストーリーもしっかりしてます。

エッチシーンが総時間の88%もあるので十分抜きにも使えますけど
所謂ガチエロ系ではなく、キャラやストーリーといった他の要素も合わせて楽しむ作りになってます。
SEX中に喘ぎ声よりも会話やキスを優先してるのが良い例です。
最終パートは幸福感や満足感に浸りながら抜けるので特に実用性が高いです。

射精シーンは5回。
くちゅ音とちゅぱ音それなり、淫語と喘ぎ声そこそこです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:こやまはるさん
総時間 1:27:58

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年4月1日まで20%OFFの968円で販売されてます。



サークル「甘師子チャンネル」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、清楚で面倒見のいいクラスメイトの女の子が
催眠アプリの効果で性処理メイドになり甘く濃厚なエッチをします。

日常パートは優しく接しながらきちんと距離を取る
催眠パートは彼のことを「ご主人様」と呼びながら一生懸命尽くす、といった具合に
ふたつの場面で大きなギャップを持たせてエロさと下品さを引き立ててます。
憧れの人を性処理メイドに
姫宮 小春 (ひめみや こはる)と3種類のエッチをするお話。

「ぁ… あの… 手紙、くれたのって…」
姫宮さんは可憐な声の女の子。
ある日の放課後、主人公の手紙に書かれてる待ち合わせ場所に行くと
やや緊張した様子で呼び出した理由を尋ねます。

本作品は裕福な家に生まれ両親から愛情をたっぷり受けて育ったお嬢様が
自分に好意を寄せてる男子のメイドになっておよそ100分に渡るエッチなご奉仕をします。
この世界には特殊な音を鳴らすだけで相手を意のままに操れるアプリが存在し
それを使って彼は物語が始まる3か月前から彼女と肉体関係を結んでます。

「この前、文化祭の時に、その…  ぁ、えっと… 告白… されて… りーくんと、付き合うことになったの… だ、だから… ごめんなさいっ!」
冒頭の彼が告白するシーンで遠慮がちに断ったり
2人きりで係の仕事をしてる時は先日振ったことを気にかけるなど
相手に対する思いやりを決して忘れない優しくて清楚な女性に描かれてます。
また現在付き合ってる男性がいるため主人公とは一定の距離を取ろうとします。

「大丈夫ですよ 姫宮小春は、あなただけのメイドですから… 安心してください」
それに対してエッチシーンは彼にとことん尽くす姿勢を取ります。
彼がご主人様、彼女がメイドの関係を維持したまま
ディープキスしたり全身を丁寧に舐めるなかなか濃いサービスをします。

日常パートとエッチパートが交互に来る構成になってますから
普段の彼女とメイドになった彼女のギャップが非常に大きく感じます。

声はどちらも一緒なので同一人物なのは間違いないですけど
やることや言うことは別人と言っても大げさじゃないくらい変わります。

ちなみに2人がこうなった経緯については付属の前日譚小説で語られてます。
そちらを読んだ後に音声へ進んだほうが状況を掴みやすくなるでしょう。
10分もあれば読み終わるくらいの長さです。
音声では彼女がすっかり従順になったところからスタートするので重さや暗さはほとんどありません。

エッチについては先ほど説明したギャップを引き立てるためなのか
どのパートも下品でパワフルなちゅぱ音を鳴らします。
ディープキスは舌を絡めて舐めたり吸う濃いものですし
2番目のパートに出てくるフェラも口をすぼめて絞ったり吸い上げる感じの音を鳴らします。

飲尿、アナル舐め、精飲といった汚いプレイも盛り込んだりと
綺麗な女性を汚す快感をくすぐることを意識してます。
基本的には彼女がリードしますけど、M向けの要素は特にないのでややS~S向けになります。
心を込めて気持ち良くするエッチ
エッチシーンは3パート75分間。
プレイは催眠アプリを使う、キス、乳首責め、手コキ、飲尿、全身舐め、フェラ、イラマチオ(短時間)、SEX(正常位、騎乗位)です。
催眠アプリ、手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ほら、舌を出して… まずはベロチューをして、おちんちん、しっかり勃起させていきますから」
帰宅した主人公に普段よりも親しげな態度でおかえりの挨拶をした姫宮さんは
彼が食事よりもエッチを優先したい気分なのを察して早速熱いキスをします。

エッチはパートごとに責め手を変えながら進めます。
最初の2パート47分は彼らの日常風景。
「02ご奉仕あまあま手コキプレイ(約19分)」はディープキス、乳首責め、手コキ、飲尿
「04全身リップお口ご奉仕プレイ(約28分)」は全身舐めからのフェラで1回ずつ射精させます。

「…ふふっ じょ~ず ご主人様のおちんちん、今日もすっごくおりこうさんですね」
彼女はアプリの効果ですっかり彼を本物のご主人様だと思い込んでますから
プレイ中に抵抗したり泣き出すことはありません。
同い年の彼を弟のように可愛がりながら各プレイを丁寧にこなして無理なく射精へ導きます。
彼女には歳の離れた弟がいるそうですから元々甘やかすのが好きなのでしょう。

そして声や態度の甘さに反して下品なちゅぱ音を積極的に鳴らします。
ディープキスを小まめに挟んで彼に惜しみない愛情を注ぎ
乳首やおちんちんにも唾液をまぶして彼の心と体をとろとろにします。

02パートは彼が彼女に振られた直後のお話なはずですが
それがまるで嘘だったかのように感じられるほどリードが手厚いです。
射精後にはおしっこを口で直飲みするなど、恋人同士でもできないことを平然とやってのけます。

04パートは本作品の売りであるちゅぱ音に焦点を当ててます。
キスから始まり顔、喉ぼとけ、腋、乳首と全身を上から下へ流す感じに舐め続け
おちんちんに到着した後は全体を綺麗にしてから咥え込んで強めの刺激を与えます。
部位に応じて音の位置や舐め方を小まめに変える凝った演技をされてます。

「私なんかの性処理でそんなに気持ち良くなってもらえて… すごく… その… 嬉しいです…」
これらの最中に彼女が嬉しそうな表情を見せるのも印象的でした。
恋人以外の男性とエッチしてる自覚がないからでしょうけど
汚いところも含めて全部口でお世話する献身的な姿を見せてくれます。

ここまでやってくれると主人公が彼女に惚れ込むのもなんとなくわかります。
事務的感や無理矢理感を一切出さずにエッチするので雰囲気は終始穏やかです。
セリフも優しいものばかりで女性に甘やかされる心地よさを感じながら抜けます。

最後の「06ご主人様専用おま○こ好き好きご奉仕プレイ(約28分)」は
主人公が姫宮さんに二度目の告白をして振られた直後のお話。
思い通りにいかないもどかしさをぶつけるように彼女をやや乱暴に責め立てます。

「さっきも言った通り… ご主人様がしたいこと、何でも… 全部… 大丈夫ですから… 私の体を使って… たっくさん、気持ち良くなってくださいね」
帰宅した直後におちんちんを口へねじ込まれたり
正常位で激しくピストンされても彼女は決して彼を見捨てません。
性処理メイドとしての役目を果たすため自分の体を好きに使うように言います。
そしてパート中盤から始まるSEXではエロ可愛い喘ぎ声を漏らして射精を応援します。

ピストン音と喘ぎ声のタイミングが完全に合ってるおかげでSEXがリアルに感じました。
音が鳴るたびに「あんっ」などの声を漏らして気持ちいいことをアピールします。
状況の応じてピストンのペースも変わりますし、キャラやシチュ以外の部分もこだわってエロさを上げてます。

「お゛っ お゛っ お゛っ お゛っ ぁ、だめ、いく、いく、いくいくいくっ」
喘ぎ声が後になるほどオホ声交じりになるのも良いですね。
彼女が持つ「下品さ」をちゅぱ音とは別の形で表現してギャップを作ります。
セリフや態度に多少の変化が表れるなど、02や04パートとの違いが色んなところで見られます。

このように、彼女が元々持ってる魅力を出しながらやや下品に愛し合う濃いエッチが繰り広げられてます。
キャラ&エロさ重視の寝取り作品
寝取りの過程はほぼ省略して結果を重点的に描いてる珍しいタイプの作品です。

主人公は前から好きだったのに他の男と付き合い始めた姫宮さんをモノにしようと
事前にアプリを使って性処理メイドになりきらせてから色んなエッチをします。
そして彼女は彼を弟のように甘やかしながら一生懸命尽くして愛情を注ぎます。

自分には到底手の届かないお嬢様を従順なメイドに変えてエッチする夢のあるシチュ
日常パートとエッチパートと交互に挟んで進めるギャップを持たせた展開
優しい言葉をかけながら下品なちゅぱ音や喘ぎ声を漏らすキャラを活かしたエッチ。
本作品が持つ固有の要素を組み合わせて個性的な作品に仕上げてます。

中でもエッチは日常パートの直後に聴くから甘さやエロさが余計引き立ってます。
寝取り作品は躊躇したり嫌がる女性を巧みな話術や快楽で堕とす過程を楽しむことが多いのですが
本作品は敢えてそこを端折ってすっかり言いなりになった彼女とエッチする様子に的を絞ってます。
そのため寝取り特有のドロドロした部分がかなり薄れていて聴きやすいです。

ただし、販売ページの説明文で「本当の姫宮さんは、決して僕を見ていない」と書いてあるように
彼女が完全に堕ちたわけではないことを匂わせる描写も一部で見られます。
体は好き放題できても心だけは決して手に入らない。
十分満足していい状況なのになぜか切なさも感じるところが面白いです。
この内容だともう1作くらいお話が続きそうに思えます。

射精シーンは3回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

CV:MOMOKA。さん
総時間 1:49:12(本編…1:40:06 フリートーク…9:06)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年3月23日まで20%OFFの880円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。



サークル「桜色ピアノ」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、エッチの知識や経験がゼロな女の子が
クラスメイトの男子に頼まれて性欲処理を手伝います。

恋人でもないのにふたつ返事でOKして一生懸命ご奉仕したり
彼のおちんちんや精液で汚されても嫌がるどころか嬉しそうな表情を見せるなど
純真無垢な彼女の魅力を出しながら征服欲をくすぐって満たされた射精に導きます。
無防備な女の子がたっぷりご奉仕
クラスメイトのまほ、かなと7種類のエッチをするお話。

「ねえ、聞いてる? 今まほの話してるんだけど♪ 君も興味あるでしょ~♪」
かな(挿し絵右)は可愛くて穏やかな声の女の子。
主人公にまほをオカズにオナニーしてるか尋ねると
彼女とエッチな関係になるためのアイデアを授けます。

本作品は魅力的な体をしてるのに隙だらけでクラスの男子に大人気なまほが
かなに入れ知恵された主人公とおよそ150分に渡ってエッチします。
まほは元々世話好きな性格で困ってる人がいると誰でも助けたくなります。
彼はその性格を利用し、おちんちんの勃起を病気と偽って性欲処理をお願いします。

まほ「もし膿が出そうになったら、勢いよく出しちゃうんだよ? まほの手が汚れちゃうとか、考えなくていいからね♪」
同い年の彼に弟や赤ちゃんに接するような優しい口調で語りかけ
自分の手が我慢汁や精液で汚れてもまったく気にせず嬉しそうな表情をします。
恋人でもないのにすぐさまエッチをOKするなど、確かにガードの緩さが随所で見られます。

そして彼女が真面目に一途に相手してくれるからこそ
そんな女性を騙して気持ちよくなることに多少の後ろめたさを感じます。
おちんちんや体液で彼女を汚すことも含めてややS向けの要素がそれなりに充実してます。
彼が彼女を無理矢理襲うことはなく、お願いする形でやりますから凌辱色はありません。

エッチについては彼女の属性を活かして少しずつ踏み込んだプレイに移ります。
序盤から中盤にかけては手コキ、耳舐め手コキ、授乳手コキといった比較的ソフトなもので固め
もう1人のヒロインにあたるかなが登場した後はSEXメインに変わります。

かな「あ♪ ほらほら見て~♪ まほ、必死になっておちんちん咥えて…… まじでえっろ~い♪ お口も舌も ぜ~んぶ使って、唾液で音立てながら 一生懸命舐めてくれてるよ~♪」
かなは主人公とまほがエッチするきっかけを作った人物なので
エッチシーンでも基本的には2人をサポートする役にまわります。
彼にはプレイの様子を実況しながら背徳感や征服欲をくすぐる言葉責めをする
まほにはドスケベビッチJKらしく男の責め方を教えたり手本を見せるといった感じです。

SEXだけはかなが先にやりますけど、それ以外はまほを引き立てるようにリードしてました。
ですからまほがメインヒロイン、かなはサブヒロインと見るのが妥当です。
女性が複数人登場する作品はそれぞれの存在感を同じくらいにすることが多いので
こうやって明確な差を設けてるのは割と珍しいです。
言葉と行為で甘やかすエッチ
エッチシーンは7パート128分間。
プレイは手コキ、耳舐め、ぱふぱふ、授乳、フェラ、SEX(騎乗位)、キスです。
手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「あっ♪ ほんのちょっと触れただけなのに びくびく震えて……苦しいんですか?」
放課後の理科室で主人公におちんちんのことを話されたまほは
「膿を出せば収まる」と言われてその場で手コキを始めます。

エッチは終始女性たちが責め続けます。
最初の3パート62分間はまほと一対一でエッチするシーン。
「【#2】『まほの性知識ゼロ手コキ♪』(約19分)」は手コキ
「【#3】『まほの性知識ゼロ耳舐め手コキ♪』(約27分)」は耳舐め手コキ
「【#4】『まほの性知識ゼロ授乳手コキ♪』(約16分)」は授乳手コキで1回ずつ射精させます。

「おちんちんを上下にこするときは、 しこしこって言った方がいいんだね♪ まほのおちんちんしこしこで、安心してくださいね~♪」
まほにはこれがエッチな行為だという認識がないので態度は普段と変わりません。
ゆっくりペースで手を上下に動かしながら彼にアドバイスをもらってシコシコボイスを加えます。
そして彼の反応を見るたびに嬉しそうな表情を見せて安心させます。

体だけでなく心もケアするので聴けば聴くほど幸福感が湧いてきます。
ただのクラスメイトに過ぎない彼にここまで尽くす姿に彼女の人の好さが強く表れてました。
途中から赤ちゃん言葉に近いセリフを言うなど、彼を甘やかすことに力を入れてます。

「はぁ~い♪ ぴゅっぴゅっぴゅ~♪ びゅるるる、びゅくびゅく~♪ ぴゅ、ぴゅ、ぴゅうう~♪どぷどぷどぷ~♪」
射精シーンで必ずぴゅっぴゅをセリフを言うのも良いですね。
一番気持ちいい瞬間をより盛り上げようとする彼女の優しさが伝わってきます。
性知識ゼロなのに彼のリクエストも受けずやってるところは違和感がありますが
抜きやすさに貢献してるのは事実です。

2番目の耳舐め手コキは各要素のバランスが取れてるプレイ。
しばらく舐めてから少し話すのを繰り返して無理なく射精へ追い込みます。

耳舐めは外側を舐めたり吸うスタンダードなものではなく
耳の内側を舌の腹で擦るようなジョリジョリした音をよく鳴らしてました。
吐息や囁き声で密着感も演出して彼女にお世話されてる雰囲気をリアルに表現します。
本作品は特化型と呼ぶほどではないですけど耳舐めの量も結構多いです。

「難しいことなんてなにもないの♪ まほのおっぱい、おいちいおいちいしてくだちゃいね~♪」
彼女らしさが最もよく出てるのは授乳手コキ。
彼がおっぱいに顔を埋めてきたのを見て母性本能をくすぐられたのか
自分から赤ちゃん言葉に変えてぱふぱふや授乳しながらおちんちんを責めます。

ここもおっぱいを見られたり吸われるのを嫌がることは一切ありません。
2回お世話したおかげでエッチしても問題ない関係が既に出来上がってます。
手コキはこれまでと一緒なのでセリフのほうが個性的です。

続く4パート66分間はかなを加えてする3P。
「【#5】『まほの性知識ゼロフェラ&かなのドスケベ耳舐め♪』(約22分)」は耳舐め+フェラ
「【#6】『かなとドスケベセックス&まほの性知識ゼロ耳舐め♪』(約18分)」はかなとのSEX
「【#7】『まほと禁断のいちゃらぶセックス&かなのドスケベ耳舐め♪』(約16分)」はまほとのSEX
「【#8】『まほとかなのW耳舐めタイム♪』(約10分)」は両耳舐めと踏み込んだプレイに変わります。

かな「クラスメイトに見られながら、なんにも知らない無邪気なまほに おちんちん舐めさせちゃうぅ~♪ 背筋がぞくぞくってなるくらい、興奮しちゃうねっ♪」
かなはドスケベビッチなので2人がエッチしてるのを見てもそこまで驚きません。
むしろ自分もその輪に入り一緒に楽しもうとします。
囁き声で何も知らないまほにエッチなことをさせてる罪悪感をくすぐる
慣れた様子で右耳を舐める、射精時にぴゅっぴゅのセリフを言うなど引き立て役に徹します。

まほ「君の唾液、いっぱい飲んじゃった♪ まほ……君のこと以外何にも、考えられないよ……♪」
最も盛り上がるのは#7。
かなに手本を見せてもらった後、今度はまほが生ハメ&中出しをします。
彼のことを気遣う母親っぽい態度を取ってた今までとは違い
ここは彼のことを対等な恋人と認識しながら熱っぽい吐息を漏らします。

これまでのエッチを通じて彼女の中で好意が少しずつ芽生えてたのでしょう。
かなの助けを借りてそれを無事形にできたところに甘さを感じます。
まほを騙し続けて処女を奪うのは後味が悪すぎますから
そのへんをきっちり解消するのは良い締めくくり方だと思います。
純粋なエロさよりも、彼女の心情&反応やひとつになれたシチュにグッとくるプレイです。

このように、まほの個性や魅力を出しながら少しずつ成長させるイチャラブ系のエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視のほのぼのした作品
まほの純真さや一途さに心を浄化されながら抜ける作品です。

まほはおちんちんに膿が溜まる病気にかかってる(実際はただの勃起)主人公を助けようと
手コキ、耳舐め手コキ、授乳手コキをしながら優しい言葉もかけて気持ちよく出させます。
そしてかなが加わった後は彼をお世話するのと同時に自分も楽しむ方針でエッチします。

エッチの知識と経験がゼロな女の子がクラスメイトの男子と色んなプレイを経験する初々しいシチュ
彼に騙されてることも知らずに一生懸命尽くす彼女の慈愛に満ちたキャラ
耳舐めを多めにやりながら後になるほど踏み込んだプレイに進む王道のエッチ。
最大の売りであるまほの魅力が引き立つように作品を組み立ててます。

まほ「いいよ♪ いいよ♪ まほのお口に、いっぱい出して♪ 真っ白いどろどろで、いっぱい汚していいんだよ♪」
嬉しそうな表情でこういうセリフをガンガン言う姿が印象的でした。
相手が喜んでくれさえすれば満足する奉仕精神の強い女性です。
そしてこれはおちんちんや精液で汚す快感を強化するのにも役立ってます。
手や体にぶっかけたり精飲する描写を盛り込んでるのもそれを意識してるのでしょう。

最後に主人公とまほが恋人に近い関係に収まってるので暗さや重さはありません。
2人がエッチするきっかけや道中が特殊なだけで純愛系のお話になってます。
かなが背徳感をくすぐるシーンも少なめですし、ノーマルな人が一番楽しめるんじゃないかなと。

エッチはまほの初々しさを出すために授乳手コキパートまではゆっくり責め続けます。
でもそれぞれの時間を長めに取ってるおかげで1回ずつ抜けるエロさを持ってます。
その後のフェラやSEXも複数人形式にして濃いプレイに仕上がってました。

ただし、まほが性知識ゼロなのに割と責めるのが上手なことや(ぴゅっぴゅのセリフなど)
ドスケベビッチJKと呼ばれてるかなが何故か処女だったことは疑問を感じます。
キャラ重視の作品で設定と実際の内容にズレがあると聴いた時に違和感が出ますから
今後の作品で改善されていくことを期待してます。

射精シーンは6回。
くちゅ音とちゅぱ音多め、淫語それなり、喘ぎ声そこそこです。

おまけは告知ボイスと応援感謝ボイスです。

CV:まほ…涼花みなせさん かな…陽向葵ゅかさん
総時間 2:37:36(本編…2:35:37 おまけ…1:59)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年2月27日まで25%OFFの990円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



サークル「ユーフォリアファクトリー」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、勉強は苦手だけど男を責めるのは得意なJKが
後輩にあたる男子とややアブノーマルなエッチでイチャイチャします。

乳首責めの質と量にこだわってるのが最大の特徴で
エッチシーンのほぼ全部で乳首や乳輪を責め続け
その際に「こりこり」「かりかり」といった掛け声を多く出してわかりやすく実況します。
恋人らしく甘さを出して責めますからM度が低い人でも楽しめるでしょう。
優しくいじめてくれる先輩と
白銀 栞(しろがね しおり)がたっぷり乳首を責めてくれるお話。

「うぃーっす いらっしゃーい」
栞は明るくて可愛い声の女の子。
保健室にやって来た主人公へ気さくに挨拶すると
軽く雑談してから自分の体が匂ってないか尋ねます。

本作品は「えっち回数券」という珍しいシステムがある学校を舞台に
彼女が後輩にあたる彼をおよそ80分に渡って気持ちよくします。
えっち回数券は成績が良い生徒ほど多く配布されることになっており
それを渡せば好きな生徒や教師とエッチできる権利が得られます。
そして勉強が苦手な生徒は回数券を多く受け取れば就職や進学が有利になります。

「私とするやつは 特殊性癖が多すぎるんだよなー なんか ドMに人気なのが原因っぽい」
彼女はシルバービッチというあだ名を持つほどエッチの経験が豊富です。
そのため物語が始まる前から彼と何度もエッチして回数券を受け取ってます。
ドMに人気だそうですけど彼女自身にSっ気はほとんどなく
彼の弱点を上手に責めながら優しい言葉をかけて喜ばせます。

乳輪を優しく撫でて体を敏感にする、乳首を指先でつついて微弱な刺激を与える
爪の先でリズミカルに引っかいて彼をビクビクさせるなど
乳首とその周辺を責めるシーンが非常に多いです。

「人差し指の爪で マゾ乳首を かり かり かり かり かり」
実況するだけでなく責め方に応じた掛け声を小まめに出すのがいいですね。
「かりかり」「すりすり」といったセリフを状況に合わせて変化させます。
作中で乳首オナニーすることはありませんが
この通りにいじれば気持ちよくなれるのでオナサポとしても使えます。

最初は焦らし気味にゆっくり進める、次は爪で引っかくプレイをガンガンやると
パートによって責め方の方向性も変えてました。
どちらかと言えば開発済みの人のほうが楽しめると思いますけど
リードが丁寧なので未開発者や現在開発中の人がステップアップするのにも役立ちます。
甘く穏やかなエッチ
エッチシーンは4パート64分間。
プレイは乳首責め、耳舐め、キス、栞のオナニーです。
栞がオナニーする際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「まずは人差し指で 乳首の周りをゆーっくりなぞるように すーりすり すーりすり」
今回するエッチのメニューを決めた後、主人公の股に入り込んだ栞は
ひとまず乳首の周辺を優しく撫でて体の感度を上げます。

エッチは年上の彼女が終始リードします。
一番最初の「02.ねっとり耳舐めじっくりカウントダウン乳首射精(約30分)」は
本作品の特徴がわかりやすく表現されてるパート。
乳輪を撫でるところから始まり乳首を人差し指でつつく
人差し指と親指で挟む、爪で引っかくと徐々に刺激を上げていきます。

「マゾ乳首いじられて 顔がメスになってるよ? ふふっ 可愛い」
彼女は彼のことがかなり好きなので見下したり突き放すことはありません。
彼が感じてる姿を嬉しそうに眺めたり、所々で耳舐めもしてより気持ちよくします。
プレイ自体はアブノーマルですけどえっち回数券の制度があるのでご奉仕色が強いです。

このパートはソフトなものからハードなものまで幅広く取り揃えてますから
乳首開発済みな人はもちろん、未開発者がトレーニングするのにも向いてます。
実況と掛け声を上手く組み合わせてあってオナニーもやりやすいです。
終盤はカウントを数えてタイミングを取ったりと流れるようなリードを披露します。

ちなみに本作品の絶頂形式はすべて射精です。
おちんちんをいじることは一切なく、どのパートもノーハンドで出すことになります。
実際にやるのは厳しいでしょうからおちんちんと一緒にいじることをおすすめします。
未開発な人はそうしたほうが乳首の気持ちよさを認識しやすいです。

次の「03.壁の薄い女子寮で囁きたっぷり焦らし乳首射精(約20分)」は2人が恋人になった後のお話。
彼女がいる女子寮へ一緒に住むことになり、その部屋で再び耳舐め+乳首責めをします。

「後輩くん 大しゅきだよ 乳首だけで射精しちゃド変態の後輩くん 大しゅき」
後ろから抱き着いて両乳首をいじりながら
囁き声で愛の言葉を投げかけるなかなか甘いプレイです。
しかし乳首責めは爪で引っかくことが多く、前のパートより刺激が強くなってます。

軽い言葉責めや耳舐めを挟んだり、掛け声のペースを小まめに変えるので単調さはありません。
さっきが初心者向けだったから今度は開発済みな人向けのサービスをやります。
ピリッとした鋭い快感が断続的に味わえて気持ち良かったです。

終盤の「04.強制女装メスオチ誘導ベロチューカウントダウン乳首射精(約12分)」は
彼女の優しさや2人の仲の良さを前面に押し出したプレイ。
主人公に自分の制服を着せてから熱いキスと乳首責めで愛情を注ぎます。

「私のおまんこに おちんちん入れたら あったかい体温を おちんちんで感じられるよ」
最初はソフトに、次はハードにとちゅぱ音を変えてキスを多めにやり
さらにSEXしてもOKなことをさり気なく伝える今までとは違う色合いを持った内容です。
恋人になった後もただ乳首責めするだけでは味気ないですから
彼女の気持ちを以前より多く盛り込んでイチャラブ感を出してます。

体への責めはそんなにハードじゃないので雰囲気を楽しむパートかなと。
彼が射精した後もキスを続けて穏やかに締めくくってます。
乳首責めがテーマの作品でこういう要素を入れてるのは珍しいなと。

このように、乳首責めをしっかりやったうえで彼女の魅力も引き出す優しいエッチが繰り広げられてます。
乳首特化の純愛作品
乳首責めを通じて男女が仲良くなる変わった切り口の作品です。

栞はえっち回数券を使ってよくエッチしてくれてる主人公を喜ばせようと
親しげな態度で接しながら乳首と耳をたっぷり気持ちよくします。
そして物語が進むほど2人の関係が進展し、それに合わせてプレイも甘くなります。

エッチ大好きなJKが後輩を丁寧にもてなすノーマル~ややM向けのシチュ
どのパートも乳首責めを重点的に行い、実況と掛け声を組み合わせてわかりやすくリードするエッチ
乳首好きでマゾな彼を一切見下さず、むしろ積極的にお世話する彼女の優しいキャラ。
M向けになることが多い乳首作品では珍しく甘さを持たせて組み立ててます。

中でも2番目は本作品の最重要ポイントなだけあって作りがしっかりしてます。
最初のパートは焦らし気味に少しずつ刺激を上げる初心者を意識したプレイ
次は爪で引っかくのをガンガンやる開発者向けのプレイと同じ乳首責めでも方向性が違います。
彼女とイチャイチャする展開を絡めてるのも大きいです。

全パートでノーハンド射精を目指すところだけは人を選びますが
おちんちんも一緒にいじれば問題ありません。
耳舐めやキスで純粋なエロさを上げる工夫もされてます。
この内容ならノーマルな人でも普通に聴けるんじゃないかなと。

射精シーンは3回。
淫語とちゅぱ音それなり、くちゅ音と喘ぎ声ごく僅かです。

「乳首好きだけどM度が高いのはちょっと…」という方には特におすすめします。

CV:兎月りりむ。さん
総時間 1:15:10

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります



サークル「Delivery Voice」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、男をいじめるのが得意なメスガキっぽいJKが
弱いおちんちんを持つM男を変わった手段で弄びます。

イージー、ノーマル、ハード、メスガキと4つの難易度があるのが最大の特徴で
イージーはゆっくりしごく、ノーマルは前半焦らして後半から激しく責めるなど
モードによってプレイ構成や責め方を変えながら射精を我慢できない状況へと追い込みます。
セリフと掛け声を分離してオナニーのペースや強さをわかりやすくしてるのもポイントです。
意地悪なJKとする気持ちいいゲーム
JKとエッチなだるまさんが転んだをするお話。

「急に呼び出したりしてごめんなさい お兄さんには ちょっとしたゲームをやってもらいます」
JKは丁寧語で話す整った声の女の子。
主人公を突然呼び出しこれからゲームをすることを伝えると
早速そのルールや4つあるモードの説明をします。

本作品は子供の頃にやった遊びをアレンジしてオナサポするのをテーマに
彼女がおよそ120分に渡って合計4つのエッチなゲームをします。
冒頭でイージー、ノーマル、ハード、メスガキの中からひとつ選ぶように言われ
その後は名前に合ったM向けのプレイをして気持ちいい射精を目指します。

ルールは至って簡単。
彼女の言う通りに性感帯をいじり、許可が出るまで射精を我慢できたら勝ちです。
そして途中で射精したりギブアップした場合は専用の音声を聴きます。

「私が だるまさんが転んだって言うので 次に言うまでの間 射精をしちゃったり 射精をしたくなって 射精させてくださーいって言ったら お兄さんの負けです」
ルール説明の時に彼女がこんなセリフを言うのですが
実はプレイ中に「だるまさんが転んだ」を言うシーンがあまりありません。
イージーだけはガンガン言いますけど、ノーマル以降は頻度が一気に減ります。
メスガキモードに至ってはほんの少ししか言いませんので、少なくとも私はおまけと認識してます。

ただし、オナサポ作品を数多く制作されてるサークルさんなだけあって
オナサポ自体は結構しっかりしてます。
セリフとシコシコボイスを同時に流して指示を出しながら言葉責めしたり
難易度が上がるほど乳首オナニーや玉揉みといった別のプレイを組み込んで快感に慣れにくくします。


数分単位でやることを切り替えてくるので内容が幅広いです。
またノーマル以降の難易度は寸止めするシーンが何度も出てきます。
各難易度の時間は17~33分と短めですから、オナサポ初心者はイージーから始めて様子を見るといいでしょう。
そして慣れてる人は難度を上げたりふたつ以上を続けて聴く形にすれば歯ごたえが出ます。
聴き手の属性や経験に合ったプレイを選べるのは魅力だと思います。
複合責めに力を入れてるエッチ
エッチシーンは11パート114分間。
プレイはオナニー、両耳舐め、キス、玉揉み、乳首オナニー、フェラ、ぱふぱふのイメージ、SEX(騎乗位)、ニーソコキ、素股です。
SEX、ニーソコキ、素股の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「初めはおちんちんが全然勃起してませんから ゆーっくーりシコシコしましょうね」
本作品の特徴やルールを手短に説明したJKは
早速主人公におちんちんを出してもらい、ゆっくりペースのシコシコボイスを流します。

エッチは終始彼女に言われた通り動きます。
最初の2パート42分間はウォーミングアップに近い内容。
イージーモード(約17分)は緩めのオナニー、両耳舐め、だるまさんが転んだ
ノーマルモード(約25分)は標準くらいのオナニーと金玉オナニーで射精へ追い込みます。

「興奮して大きくなったおちんぽは 高速でシコシコしたくて堪らない そうじゃないですか?」
イージーは体への責めが弱い代わりに心への責めに力を入れてます。
2秒1コキくらいの射精しにくいペースでしごかせながら
もっと速くしごきたい欲望をくすぐって彼を悶えさせます。
そして途中からだるまさんが転んだと両耳舐めを同時に行いエッチな音も聞かせます。

オナサポはおちんちんなどの性感帯をいじるイメージが強いですが
本作品はオナニーとそれ以外のプレイを組み合わせてやることが多いです。
後のほうになるとシコシコボイス、素股、両耳への息吹き、言葉責めを同時にやるシーンも出てきます。

さすがにイージーをクリアできない人はいないと思います。
耳舐めをガンガンやると言っても肝心のオナニーがソフトですから。
時間も一番短いですし、次の難易度に向けた練習あたりの位置づけです。

「なんか息が荒くなってきてますよ? もしかして 玉袋きゅっきゅして 感じちゃってます?」
ノーマルは竿と金玉を同時にいじるスタイルへと変わります。
玉揉みの時は「もみもみ」という掛け声が流れ続け、シコシコボイスも1秒1コキまで速くなります。
ですが本格的にしごき始めるのは中盤以降なのできついってほどではありません。
体への刺激を慎重に上げて射精するかどうかギリギリのラインを突いてきます。

ちなみに本作品固有のルールに「タッチ」というものが存在します。
これは本来のだるまさんが転んだと同じで、彼女にタッチしたらこちらの勝ちになります。
それを踏まえてノーマル以降の難易度ではタッチした人向けのパートが用意されてます。

続く2パート58分は彼女が本領を発揮します。
これまで丁寧語で話してたのがタメ口へと変わり
ハードモード(約25分)は寸止め、フェラ、乳首オナニー、SEX
メスガキモード(約33分)はハードな寸止め、乳首オナニー、素股、SEXと内容も先ほどとは随分変わります。

「私に負かされて メスメスおちんぽになっちゃえよ 変態」
弱いと思ってた彼が意外と頑張ってるので少し機嫌が悪くなったのでしょう。
以前よりも強い言葉責めをガンガンして心の興奮を高めます。
そして体はおちんちん、金玉、乳首とさらに範囲を広げて射精を回避しにくくします。

オナサポなのに彼女が責めるプレイを導入してるのも、純粋なエロさを上げるための工夫なのだと思います。
効果音が流れますからそれに合わせてしごくといいでしょう。
亀頭をにぎにぎして刺激を与える変わったプレイも登場します。
一般的なオナサポ作品のようにおちんちんだけを集中攻撃するのではなく
複数の性感帯と心をバランスよく責めることを意識してました。


最後のメスガキモードは体への刺激が最も過酷になります。
序盤の12分間は彼女が宣言した回数だけ寸止めを繰り返し
その後は3分程度の短い間隔でやることを変えて徐々に追い込みます。

「マンコも もっともっと締め付けてやるからさ いい加減負けちゃえよ」
もう後がないからでしょうけど彼女の言葉責めも容赦ありません。
でも自分のおまんこを使って責めるあたりは意外と優しいようにも思えます。
パートの終盤にも寸止めの指示が出ますし、最後の最後まで射精を我慢させるテーマに沿ったプレイです。

このように、難易度に合わせて責め方を変えていくM向けのエッチが繰り広げられてます。
多彩なオナサポ作品
難易度やプレイの幅広さが一際耳を惹く作品です。

JKはMな主人公をおもちゃにして遊ぼうと
だるまさんが転んだをベースにしたエッチなゲームを持ち掛けます。
そして難易度を選ぶ権利を与え、それぞれでまったく違うプレイをして射精させます。

声は穏やかだけど性格はドSなJKとゲーム形式のオナサポをするシチュ
イージー、ノーマル、ハード、メスガキと4つの難易度を用意し
後になるほど責める強さと範囲が上がるM向けらしいエッチ
セリフと掛け声を分離して指示を出しながら言葉責めもする濃い作り。
早漏や遅漏、短く済ませたい人やじっくりやりたい人など色んなニーズに対応できるよう作られてます。

中でも2番目はおちんちんへの刺激をただ上げていくのではなく
玉揉みや乳首オナニーを加えたり、彼女が直接責めるプレイを投入して変化をつけてます。
同じ作品なのに難易度によってやることが大きく変わりますから飽きがきません。
言葉責めやちゅぱ音もそれなりに入れてオナサポで不足しがちなエロさを補ってます。

ですが、だるまさんが転んだの扱いについては正直首を捻ります。
ルールが「射精したら負け」だけなら普通のオナサポと変わりませんし
宣言する頻度も少なくて残念ながらタイトルにするほどの存在感はないです。

他のサークルさんの作品で申し訳ないのですが
シルトクレーテさんの「JKとHなだるまさんがころんだ」みたいに
言ってる間だけしごけるシステムにしたほうがオナサポに組み込みやすいんじゃないでしょうか。
難易度が上がるほど言わなくなることも含めて運用方法に改善の余地があります。

射精シーンは4回。
淫語とちゅぱ音それなり、くちゅ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:秋山はるるさん
総時間 2:02:57(イージー…17:31 ノーマル…28:01 ハード…26:20 メスガキ…34:11)

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります



サークル「レジスタンス和歌山」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、学校では人気者で通ってるが裏でド変態なことをしてるJKが
チア部の顧問と協力して刺激的なエッチに挑戦します。

女子更衣室のロッカーに入って密着しながら耳舐め手コキしたり
学校近くの公園で全裸になりお互いの性器をいじり合うなど
現実世界でやるにはリスクの高いプレイをガンガンやってスリリングな射精に導きます。
ドスケベチアガールとする危ないエッチ
チア部に所属する如月るりと4種類のエッチをするお話。

「あっ 先生 お疲れ様です はい 今チア部の片付けも終わったところです」
るりは明るくて可愛い声の女の子。
大会に向けた練習を終えて主人公に挨拶すると
たくさんお話したいから一緒に帰ろうと言います。

本作品は勉強と部活動を頑張りながら危ない活動もしてる彼女が
それを知ったチア部顧問の彼とおよそ120分に渡って独特なエッチを楽しみます。
彼女は物語の開始前から露出趣味を持っており
この日彼が話した不審者に関する情報も驚いたりせずむしろ嬉しそうに聞きます。

「不審者? 学校の周りを最近うろついてる人がいるんですか? へぇ そうなんですね 怖いなぁ …なーんだ バレちゃってたんだ」
際どい格好で歩いてるところを誰かに見られても怯む様子はなく
逆に「それは自分のことだ」とはっきり伝えて彼の反応を見ます。
さらに今までできなかったプレイに挑戦するため彼をパートナーに勧誘します。

露出趣味のJKなんてそうそういませんから
彼女も自分の性癖を受け止められる人を探してたのでしょう。
安全な場所から彼が恥ずかしがったり危険な目に遭うのを観察して楽しむのではなく
彼と同じ立場に立ってスリルと快感を共有する大胆な性格をしてます。

破滅しそうな状況ほど興奮するあたりがかなりの変態だなぁと。

後になるほど彼女が突っ走るので、そのドスケベでド変態な姿がいいオカズになります。
教え子とエッチする背徳感をくすぐることはほとんどなく
彼女が彼とのエッチを純粋に楽しんでるのが伝わってきて雰囲気は結構明るいです。

プレイについては彼女の性癖を色濃く反映させてます。
手コキやSEXといった王道のプレイももちろんやりますが
その環境を作品固有のものに設定して個性と彼女らしさを出してます。
具体的には見つかりそうで見つからない状況や青姦を中心に据えてます。

聴き手が主人公とできるだけ同じ視点で楽しめるよう前置きを長めに取ってました。
体への責めは割と普通なのでシチュを楽しむ作品だと思います。
物語の後半は彼女の心情や乱れっぷりを重点的に描くなど
彼女と2人で露出プレイを楽しんでるのが実感できるようにゆっくり丁寧に進めます。
背筋がゾクゾクするエッチ
エッチシーンは4パート101分間。
プレイはエッチなポーズ、オナニーの見せ合い、ハグ、耳舐め、手コキ、SEX(立ちバック)、キス、露出、性器の相互愛撫です。
オナニー、手コキ、SEX、性器の相互愛撫の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「今日は先生にちゃんと評価してもらうために わざと面積少ない攻め攻めおぱんつ穿いてきました」
露出趣味を主人公に打ち明けた次の日、学校内で彼を呼び出したるりは
チア部の更衣室へ移動してから際どい下着を見せて誘惑します。

エッチは終始彼女がリードします。
前半の2パート49分間はウォーミングアップを兼ねた比較的ソフトなプレイ。
「(2)部室で変態同士のオナニー見せあいっこ♪(約20分)」は2人きりの更衣室でオナニーを見せ合い
「(3)部員に隠れてバレないように背徳密着耳舐め♪(約29分)」はチア部員たちにバレないよう
更衣室のロッカーに隠れてこっそり耳舐め手コキします。

「先生 今からるりのことオカズにして オナニーしてください」
2人は顧問と生徒の関係である程度打ち解けてますから彼女もまったく遠慮しません。
今までなかなか満たせなかった露出願望を彼に叩きつけてスッキリします。
最初は下着を見せながら彼にオナニーさせるだけだったのが
パート後半に入ると我慢できなくなったようで自分からオナニーを披露します。

チア部らしく彼のオナニーを応援するシーンもありますし
アブノーマルなテーマを扱ってる割には和やかな空気が漂ってました。
多少の言葉責めもしますけど彼女が彼を見下すことはほとんどありません。
むしろ自分の痴態を積極的に見せつけて彼を満足させようとします。

「るりの偽おまんこに 中出ししちゃいたいんですね」
耳舐め手コキパートはロッカーの外でチア部員たちが着替えてるので
彼女も囁き声で話したりゆっくりおちんちんをしごく控えめな責め方をします。
至近距離から彼女が話すたびに微かな風圧が感じられてとてもリアルでした。
彼女の手をおまんこに見立てて責めたり、射精時には体にぶっかける許可を与えるご奉仕色の強いプレイです。

でも普通にエッチするだけでは物足りなかったのか
パート終盤から彼女が変わった行動を取り始めます。
教師とエッチしてるのがバレちゃいけないとわかってるのに誰かに知ってもらいたい。
見られる快感や見せつける快感を追い求めてる彼女の変態性が窺えるパートでした。

後半の2パート52分間は前半よりもずっとアブノーマルなプレイ。
「(4)全校生徒に屋上から見せつける、バック本気レイプ♪(約24分)」は学校の屋上で立ちバックSEX
「(5)学校近くの公園でド変態野外露出プレイ♪(約28分)」は公園で服を脱いでからお互いの性器をいじります。

「ね、先生 るりのこと 犯してください」
ここまで来ると彼女の暴走はもう止まりません。
グラウンドで部活動してる生徒たちを眺めながら生ハメ&中出しして露出の快感に酔いしれます。
前のパートが抑えるプレイだったからでしょうけど
ここでは大きめの喘ぎ声をたっぷり漏らすドスケベっぷりが光ってました。

またパート後半に入ると下で練習してる野球部のキャプテンに寝取られ報告をします。
(屋上から主人公とSEXしてることを告げるだけで直接言うわけではありません)
実際に彼と付き合ってるわけではないのですが
背徳的なシチュを作って自分がレイプされてる気分に浸ろうとします。
前半の2パートも含めて聴き手の心を盛り上げる要素が充実してて抜きやすいです。

最もエロく刺激的なのが最後の露出パート。
彼女が普段よく使ってる見つかりにくい場所へ移動し
そこで服を脱いでから近くのベンチに座っておちんちんとおまんこをいじり合います。

「変態同士のセンズリプレイで ゴミアクメイクぅ」
今までで最も過激なプレイをしてるからでしょうけど
彼女も最初から最後までノリノリな様子でエロく情けない姿を晒します。
自分から先に全裸になって初めての露出に気後れしてる彼を引っ張り
お互いの体をいじり合うシーンでは普段よりも下品な喘ぎ声を嬉しそうに漏らします。

途中で近くを通った見知らぬ人に気づいてほしそうな表情をするなど
一時の快楽と引き換えに破滅してもいいと思ってる露出狂の特徴がよく出てます。
体への責めはSEXに比べて落ちてますが、その分シチュが強化されてて同じくらい興奮できました。
喘ぎ声もアヘり気味で彼女が強い快感を味わってるのがわかります。

このように、後になるほど過激なプレイに挑戦する変態度の高いエッチが繰り広げられてます。
明るい露出作品
変わった趣味を持つ女性とスリリングなエッチを楽しむM向け作品です。

るりは自分が持つ露出性癖を存分に満たそうと
そのことを知った主人公を自分の仲間に加え、学校の内外で色んなプレイをします。
そして見られる快感や見せつける快感といった露出特有の要素を多く盛り込み
さらに彼女も一緒に楽しむスタイルにして積極的に痴態を晒します。

露出趣味を持つJKが部活の顧問とアブノーマルなエッチをする変わったシチュ
露出や青姦といった彼女の好みを色濃く反映させた過激なエッチ
彼をぐいぐい引っ張りながら嬉しそうな表情を見せる彼女のドスケベなキャラ。
JKのイメージとは随分違うエッチをとことん掘り下げて個性とエロさを出してます。

「あぁ バレちゃう バレちゃう バレちゃうぅ」
中でも3番目は危機的な状況になるほど感じるぶっ飛んだキャラに描かれてます。
主人公という協力者を得たことで今まで我慢してた部分が解放されたのでしょう。
どのパートも明るく伸び伸びとエッチに取り組んでて楽しんでるのがすごく伝わってきます。

あとは彼女が強い快感を得てるおかげで後半の2パートを中心に純粋なエロさが高くなってます。
アヘり気味の喘ぎ声、寝取られ妄想、中出し&放尿など
恥ずかしい姿や情けない姿を随所で見せてくれます。
露出と鑑賞両方の特徴を持ってるのでSな人でも楽しめるかもしれません。
露出もギリギリの線を突いてますし、嗜好の合う人ならドハマりする可能性が十分にあります。

射精シーンは4回。
くちゅ音多め、淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声それなりです。

CV:涼花みなせさん
総時間 2:03:40

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年1月24日まで15%OFFの1122円で販売されてます。



サークル「いちのや」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、学校に通いながらネット活動もしてる生意気なJKが
リスナーたちから指示を受ける形で過激なプレイに挑戦します。

学校の教室や男子トイレでこっそり公開オナニーしたり
夜の公園でエッチな記念撮影やディルド相手のSEXを披露するなど
やや危険な環境で彼女がたっぷり乱れるスリリングなエッチが楽しめます。

このレビューでは本編を中心に紹介します。
生意気なJKを催眠術で従順に
ネットで生配信してる生田 愛美(いくた まなみ)が恥ずかしい姿を晒すお話。

「あー あー みんな聞こえてる? こんまなー」
愛美は甘くて穏やかな声の女の子。
リスナーからもらったバイノーラルマイクを使って配信を始めると
右手に移動し至近距離から囁き声で話して彼らの反応を見ます。

本作品は満開全席さんというCGを制作されてるサークルさんといちのやさんのコラボ作品。
催眠動画で生いき生主が生イキする生放送~自宅・学校編~
催眠動画で生いき生主が生イキする生放送~公園露出編~」の2作品をひとつの音声にまとめ
一之瀬りとさんが愛美になりきってリアルにお届けします。

製品版にはCG集のセリフをそのまま音声化した「原作CG集忠実版(約27分)」と
原作を音声単体でも楽しめるようボリュームアップした「本編(約88分)」が入ってます。
私はCG集を買わずに本編を聴きましたが違和感は特にありませんでした。
音声だけでも十分抜けるけど、CGもあるとさらに使い勝手がよくなる感じに調整されてます。

ストーリーはいつものようにゲーム配信をしてた愛美が、リスナーの1人が送った催眠動画を再生してしまい
それ以降は彼らの言いなりになって後になるほど過激なプレイに挑戦します。
配信形式なので男性を直接相手するシーンは一切なく
彼女が乳首やおまんこをいじったり、夜の公園で露出する姿を鑑賞するスタイルになってます。

「大人なめんな? 大人とか こんな時間にコミュゲー配信見に来てるのって どうせ可愛そうな暇人ニートばっかでしょ」
「うぅ どうして なんで いくらコメントの言うことだからって まながこんな…あっ」

現役JKだからでしょうけど彼らを「童貞」「ニート」と馬鹿にする生意気な態度を取ります。
しかし催眠動画を見た後はコメントが送られるたびにあっさり従うようになります。
メスガキをわからせるのに近いシチュなのでSな人ほど興奮するでしょう。
オナニーシーンが多いため喘ぎ声の量が多く、オカズとしての実用度も高めです。
配信らしさが出るようにセリフの言い回しや一之瀬さんの演技もこだわってました。

これらをするにあたって多少のスリルを与えてくれるのも本作品の魅力です。
具体的には学校や公園といった公共の場でエッチする時間を長く用意し
さらに学校内だとモブの男子生徒を登場させてオナニーを見られるかもしれない状況に追い込みます。

露出のメリットだけを抽出する感じに制作されてるので
彼女が見つかって犯されたり逮捕されることはありません。
現実世界では難しいプレイをギリギリのところを突く形でリアルにお届けします。
原作者さんがこういうシチュを好きなのだと思いますけど加減が本当に絶妙でした。
JKの乱れる姿をたっぷり拝めるエッチ
本編のエッチシーンは8パート73分間。
プレイはおっぱいを見せる、乳首オナニー(指、口、ヘアピン、リップクリーム)、おまんこを見せる、放尿、オナニー、記念撮影、アナルバイブ責め、ディルド手コキ/フェラ/パイズリ/オナニーです。
服を脱ぐ、放尿、オナニー、記念撮影、アナルバイブ責め、ディルド手コキ/パイズリ/オナニーの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「胸なんてそんなに…あれ? でもコメントの言うことは絶対で もう わかったってば 見せればいいんでしょ?」
配信中に催眠動画に興味を持ち見てしまった愛美は
その直後にコメントでおっぱいを見せるように言われてあっさり服を脱ぎます。

エッチは彼女が指示を受けながらオナニーや露出プレイをします。
前半の4パート40分間は自宅・学校編。
「01 自宅編(約10分)」は自宅での乳首オナニー
「02 学校編(約12分)」は学校の男子トイレで放尿&おまんこオナニー
「03 自宅編part2(約10分)」は再び自宅で10回絶頂するまでオナニーを続け
「04 学校教室編(約8分)」は自分のクラスの教室で教卓を使った角オナニーをします。

「そんな…(乳首)つ、つまんでって言われても いつもより 強くなって はぁ あぁっ」
彼女は自分が催眠にかかるわけがないと思ってるので
コメントの言う通りに体が動いてしまう状況に戸惑いを見せます。
しかし乳首をいじり始めると吐息が熱っぽくなり気持ちよさそうな喘ぎ声を漏らします。
怒ったり泣き出すことはなく割とスムーズにオナニーしてくれました。

彼女が生意気なキャラだからこそ、従順になった時の可愛さや弱さが引き立ってます。
挿し絵の中央や左下に表示されてる赤いコメントが誘導してるらしく
彼女もそれを見るのに合わせてやることを変えていきます。

「えっ 嘘でしょ? さっきまでしたくなかったのに 勝手に漏れちゃう」
もうひとつの魅力であるスリルが加わるのは02パートから。
別の日にわざわざ男子トイレの個室に入って配信を始めた彼女が
その場でM字開脚しておまんこを見せつけたり放尿するエッチで恥ずかしい姿を晒します。
ちょろちょろという音量控えめな水音が流れてなかなかリアルでした。
パート後半では男子生徒が外にいるのにオナニーする刺激的なプレイも登場します。

また彼女が催眠にかかってる状況を活かしてギミックを起点に感じさせる演出もあります。
声を押し殺しながらオナニーに耽る様子もエロ可愛いですし
本作品の魅力が凝縮されてて個性的かつ抜きやすいプレイに仕上がってます。
元がCG集だからでしょうけど、音声作品ではあまり見かけないシチュだなと。

「もう無理ですっ これ以上イったらおかしくなっちゃ…やっ やだやだぁ」
前半で最も激しいプレイをするのは03パート。
自宅でするからスリルがなくなった代わりに彼女が時間いっぱいオナニーを披露します。
10分間で10回の絶頂を目指すため展開が速く、比較的激しい喘ぎ声を漏らしてくれていいオカズになります。
生意気だった彼女がすっかり従順になったりと、エッチな手段でわからせる部分もきっちり果たします。

後半の4パート33分間は公園露出編。
「05 野外露出編①(約4分)」は状況説明してから記念撮影を交えた自己紹介
「06 野外露出編②(約8分)」はサンプル画像4枚目にある猫のコスチュームに着替える
「07 野外露出編③(約4分)」は鉄棒におまんこを擦りつけるオナニー
「08 野外露出編④(約17分)」はディルド相手の手コキ、フェラ、パイズリ、オナニーをします。

「猫に尻尾が生えてるのは 当たり前だけど 散歩してると 余計に震えて お尻で気持ちよくなっちゃうにゃ」
自宅・学校編を通じてアブノーマルなプレイにある程度慣れたようで
以前に比べると抵抗したり生意気に振舞う頻度が明らかに減ってます。
猫の衣装に着替える時はバイブ機能のある尻尾をアナルに挿入して気持ちよさそうな声を漏らし
さらに猫らしく「にゃ」を語尾につけて話す媚びた態度を取ります。

刺激的なプレイを嫌がるどころか求めてるように映りました。
相変わらず暗さや重さを感じる描写もなく割と和やかな雰囲気でエッチを進めます。

この中で最もエロいのは08パート。
公園の遊具になぜかついてるディルドをおちんちんに見立てて色んなご奉仕をします。
恥ずかしがったりためらう様子は見られますけど
一度始まったらどのプレイも積極的にやる結構淫乱な姿を見せてくれます。

「こ、こんな大きさ 怖いのに おまんこ切なくて 止めらんない」
特に一番最後に出てくるディルドオナニーは騎乗位SEXとほぼ同じスタイルになっており
ゆっくり挿入してから体を上下させて気持ちよさそうな声を漏らします。
ここのピストン音をスプリングがギイギイする音で表現してるのが印象的でした。
いけないことだとわかってるのにのめり込んでる彼女も立派な痴女と言えます。

ここまでをまとめると自宅・学校編は彼女がアブノーマルなプレイに溺れる過程を中心に描き
公園露出編はそうなった後の彼女が楽しむ様子を重点的に描きます。
ちなみに配信形式の都合上、明確な射精シーンは08パートにしかありません。
抜ける素材は充実してますから我慢できなくなったら好きなタイミングで出せばいいと思います。
女性のオナニーや喘ぎ声が好きな人なら抜き場が多くて迷っちゃうでしょうね。

このように、ふたつのシーンに分けて彼女の痴態をじっくり拝むS向けのエッチが繰り広げられてます。
変わったわからせ作品
女の子が乱れたり恥ずかしがる姿を色んな角度から表現したエロい作品です。

愛美は自分の生配信を見てるリスナーたちをおもちゃにして遊ぼうと
彼らを小馬鹿にしたり挑発することを言って反応を見ます。
しかし催眠動画を見た後は一気に従順になり、普通の女の子にはとてもできない過激なプレイを積極的にします。

可愛くて生意気なJKがリスナーたちの言いなりになって痴態を晒すS向けのシチュ
生意気だった彼女がどんどん従順に、淫乱になっていくギャップを持たせた展開
彼女のオナニーを中心に据えてそこに露出を絡めたスリリングなエッチ。
JKがやりそうにないことをガンガンやらせて実用性を上げてます。

中でも3番目は配信形式と露出という変わった組み合わせになってて個性が強いです。
配信、露出いずれも単体だと音声でも割と見かけるのですが
両者を組み合わせることによってより刺激的な物語に進化してます。

「まなで おシコリ報告 ありがとう」
それでいて彼女は破滅せず、むしろ幸せそうな表情を見せるのが良いなと。
確かに彼女は生意気ですけど少なくともリスナーたちは魅力を感じてるはずです。
だから彼らの願いを叶えたうえで彼女も満足する路線を歩んでます。
後味もそれほど悪くないですし、一風変わった抜き系作品として上手にまとめてます。

本編の射精シーンは1回(公園露出編の最後)。
喘ぎ声多め、くちゅ音とちゅぱ音それなり、淫語そこそこです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:一之瀬りとさん
総時間 1:55:22(本編…1:27:57 原作CG集忠実版音声…27:25)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年1月20日まで10%OFFの1287円で販売されてます。

↑このページのトップヘ