同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:JK

   ● 即おち!~"city girls"~脈なし女子を即堕ち催眠→水泳部員・葵ちゃん、救済NTR・処女貫通♪ スランプ脱却+大会優勝!! ご褒美中出し金メダル!!!(後編)
   ● 即おち!~"city girls"~脈なし女子を即堕ち催眠→水泳部員・葵ちゃん、救済NTR・処女貫通♪ スランプ脱却+大会優勝!! ご褒美中出し金メダル!!!(前編)
   ● 叱られ射精4 ダウナー幼馴染JKの嫌々ママ手コキ
   ● 『可愛い』という甘い毒 ~現役JKに気が狂うほど可愛がられて“マゾイキ”させられる催眠音声~【フォーリー/バイノーラル】
   ● 【極め耳舐め超特化】耳舐めサキュバス4 -淫魔と堕ちる終わらない愛慾の世界-
   ● ガチエロ援交JKズっ♪~あまあまギャル×ドS優等生とナイショのヤッバいえっちシよっ♪~
   ● 性欲解放!淫乳幼馴染姉妹シスター×JK「私たち二人とも、貴方の雌奴隷にしてもらいます……♪」
   ● 【超密着】文学少女ゆみかの焦らし「囁き」淫語【ちんぽ入れっぱなし耳奥舐め】
   ● 毒舌クールなJKリネットに性的に翻弄される音声
   ● 巨乳後輩チアガールがチンカス汚ちんぽにご奉仕してくれるお話♪【KU100】




即おち!~"city girls"~脈なし女子を即堕ち催眠→水泳部員・葵ちゃん、救済NTR・処女貫通♪ スランプ脱却+大会優勝!! ご褒美中出し金メダル!!!(前編)」に引き続いての後編です。
今回はtrack05以降の様子を中心に紹介します。
お仕置き&ご褒美の中出し
後編のエッチシーンは3パート56分間。
プレイは性器を密着させる、葵の乳首オナニー、素股、SEX(騎乗位、正常位?)、キス、耳舐め、乳首責め、手マン、〇〇です。
素股、SEX、手マンの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「なに? お腹に おちんちん当てるの? 入れるんじゃなくて」
主人公に「挿入しなくても済む訓練がある」と言われて興味を持った葵は
その通りの体勢になってもどかしそうな表情をします。

エッチは前編に引き続き彼がリードします。
最初のtrack05(約24分)はtrack04の直後にするプレイ。
水泳で結果が出せなかった彼女を鍛える名目でお互いの性器を密着させたまま維持します(彼女が上)。

「あっ うっ うぅぅぅぅ んぐっ はっ はいっ はいっちゃぁ」
彼女の心はまだ恋人に傾いてるのでこれ以上SEXするのは避けたいと思ってます。
しかしいつでも挿入できる状態なことや、最中に彼が何度も指を鳴らすおかげで
しばらくすると腰を下ろし生ハメに突入してしまいます。
初めてのゴム無しだからでしょうけど、前回のSEXよりも喘ぎ声が激しいです。

ここでのポイントはその気になれば彼女がいつでも中断できること。
騎乗位なので腰を上げて体をずらせば最小限の被害で済みます。
しかし彼女はそれよりも快楽を求めるほうを選びます。
主導権を握ってるのは彼なんだけど、彼女に選択権を与えることで無理矢理感を上手に打ち消してます。

「好き 好きだよ あぁ、違う 好きじゃなくて 全然好きとかじゃないの でもでも 気持ちよくはないけど これはちょっと気持ちいいほうかなって」
彼女の心が揺らぎ始めてるセリフが入ってるのも良いですね。
本来なら彼氏に言うべき言葉をほんの少しですが彼にも言うようになります。
カウントを数えた後に中出しを決めても怒ったり泣き出すことはないですし
彼女にも楽しんでもらう、受け入れてもらうことを意識しながらじっくり攻略します。

終盤の2パート32分間は本作品の最終目的である寝取りを完成させるシーン。
さらに後日、ラブホで再会した2人がより濃いエッチをして心のほうも結ばれます。

「そういえば あたし ちょっと前から 低用量ピル飲み始めたんですよ」
この日の彼女は水泳で優勝したため上機嫌。
そのことを嬉しそうに報告したり、中出しOKなことをさり気なく教えます。
そしてエッチが始まると「安心する」と言って彼にすべてを預けます。

このへんまで来ると彼女の彼に対する好感度はかなり上がってるので
催眠にかかってる時とそうでない時の反応はあまり変わりません。

だから指パッチンは感度を上げたり淫乱さを増すといった純粋な媚薬として活用します。
彼のおかげで優勝できたようなことを言ってましたから、それが大きく影響してるのでしょう。

傍から見ればもう恋人同士だよね?と言っていいくらいイチャラブ感があります。
しかし彼女はまだ恋人と別れてないので彼はさらなるアプローチをかけます。
track06(約11分)では敢えて受け身に回って彼女を焦らし
track07(約21分)はSEXしながら恋人を選ぶか、主人公を選ぶかという究極の選択を迫ります。

「赤ちゃんつくろ? 私と一緒に 可愛い赤ちゃん」
具体的に何をするかは思いっきりネタバレになるのですいませんが書けません。
でもそれをやる前と後で彼女の様子がそれなりに変わるのは間違いないです。
「好き」と何度も言ったり、彼のために妊娠するとまで告げるベタ惚れっぷりに甘さを感じました。
一時の快楽に溺れて彼を選んだのではなく、人生のパートナーとして今後も一緒に歩んでいく決意が見られます。

寝取りがテーマの時点で主人公とくっつくのはわかってますから
それをどのように成し遂げるかがtrack07の聴きどころだと思います。
2人同時に絶頂を迎えるところも心の距離が近づいてるのを感じられてすごく良いです。

このように、彼女の気持ちに寄り添いながら快楽を与えて堕とす明るい寝取りが繰り広げられてます。
キャラ&ストーリー重視の聴きやすい作品
癖のあるジャンルを大衆向けに上手くまとめてるノーマル~ややS向けの作品です。

主人公は街中で偶然出会い興味を持った葵を自分の恋人にしようと
まずは得意の指パッチンで素早く発情させ、ラブホへ移動し初SEXまで行います。
そしてその後は彼女が抱えてる悩みを解決したり、今の彼氏と別れる手伝いをして関係を強化します。

水泳を頑張ってる初心なJKが特殊能力を持つ男性に心と体をじっくり開発されるシチュ
パートごとにプレイの種類を絞り込み、ひとつひとつを濃く描いて臨場感とエロさを出す重厚なエッチ
前半は催眠を解除すると抵抗する姿勢を見せてたのが
後半に入ると素直になり彼を本気で愛し始める彼女の変化。
シリーズの売りであるスピード感と、じっくり堕とす駆け引きの要素を合わせ持つ作品に仕上がってます。

中でも3番目は1日目に文字通りの即堕ちを決めてたのが
2日目以降は過程も大事にするスタイルへ変わり彼女の心を開こうとします。
一般的な寝取りは女性の体を味わうために追い詰めたり快楽で堕とすことが多いのに
このシリーズは心もガッチリ掴んで女性のほうからそうなることを求めるようにお話を進めます。

このへんがノーマルな人でも聴きやすく感じる理由じゃないかなと。

エッチは処女喪失→お仕置き中出し→ご褒美中出しとSEXを中心に据え
さらに手マンや乳首責めも盛り込んで彼女の喘ぎ声をたっぷり聴けるようにしてます。
終盤で「お"っ」みたいな声を上げることもありますが
オホ声作品みたいにガンガン漏らすわけではありません。
エロ可愛さを出しつつちょっぴり下品にして彼女の感じ具合を表現します。

後編の射精シーンは2回。
くちゅ音と喘ぎ声それなり、淫語そこそこ、ちゅぱ音ごく僅かです。

以上を踏まえてサークルさんでは7本目の満点とさせていただきました。
ライトな寝取りが好きな人、キャラやストーリーに力を入れてる作品が好きな人には特におすすめします。

CV:葵…思ちぽさん 希…涼花みなせさん(track01のみ登場)
総時間 3:14:38

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2021年10月1日まで20%OFFの1056円で販売されてます。



サークル「上海飯店」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、水泳部のエースとして頑張ってる彼氏持ちのJKが
街中で偶然会った男性にエッチな手段で悩みを解決してもらいます。

指を1回鳴らしただけで即発情するスピード感のあるエッチが魅力で
催眠にかかってる時とそうでない時でほぼ正反対の仕草を見せながら
初フェラ、初SEX、初中出しと色んなプレイを経験して心と体を開発します。

総時間が194分もあるため前編(track01~04)、後編(track05~07)の2回に分けてお送りします。
ボーイッシュな水泳女子をじっくり開発
広瀬 葵と3日に渡ってエッチするお話。

「マジかー そうなんだ まぁそうだよね てか のんちゃんの性格的にさ 絶対無理だよね年上じゃないと」
葵は明るくて優しい声の女の子。
街中で友人の希と雑談した後、主人公に駅への道を尋ねられると
彼に突然指を鳴らされ熱っぽい吐息を漏らします。

本作品は高校二年生で水泳部に所属してる彼女が
会ったばかりの男性とたっぷりエッチする様子をおよそ190分に渡って描きます。
彼女には現在付き合ってる彼氏がおり(こちらも水泳部のエース)
部活に励みながら清い交際をしてるわけですが、このところスランプに陥り記録が伸び悩んでます。
そんな心の隙を巧みに突いて若く引き締まった体を存分に味わいます。

「止めてって言ったのに なんなんすかマジで 言葉通じない人?」
「ねぇ行こ? ホテル行こ? 早く行こ? おちんちん パコパコして?」

最大の魅力はタイトルにもなってる即堕ち展開。
通常時は彼と話すことすら嫌がってたのに、指をパチンと1回鳴らすだけで
吐息が明らかに熱っぽくなったり自分からホテルへ誘う発情モードに変わります。

もちろんエッチの最中も指パッチンを使って気持ちよくするシーンが多いです。

また指を2回鳴らしたら催眠が解けるシステムを活用し
時折わざと解除して素の彼女がどう思ってるかも表現します。
両者でほぼ正反対の反応をするシーンもあったりしてなかなか落差が大きいです。
恋人とキスしかしたことがない女性の色んな初めてを奪う展開も寝取りの醍醐味と言えます。

シリーズの前作前々作は攻略が難しい女性をじっくり堕とす駆け引きを売りにしてましたが
今作は指パッチンであっさり堕ちるシリーズ初期の展開に近づけてます。
前の2作は4時間を超えてましたからサークルさんもさすがに圧縮しようと考えたのかもしれません。
序盤をスピーディーに進める代わりに中盤はスタイルを変えて駆け引きの面白さを出してます。

エッチについては相手が処女なので通常よりも責めるペースを緩め
彼女が気持ちよさそうな喘ぎ声を漏らす姿を厚めに描いてエロさを出します。
時間に対するプレイの種類を少なくしてるおかげでひとつひとつが濃いです。
嫌がる彼女を無理矢理犯すことも特になく、寝取りとは思えないほど雰囲気が穏やかで聴きやすくなってます。
心と体を育てるエッチ
前編のエッチシーンは3パート85分間。
プレイはキス、乳首責め、手マン、フェラ、SEX(正常位、騎乗位)、耳舐めです。
手マン、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「お兄さん こっち来て おいで はい、ぎゅーして」
ホテルに移動しハグやキスで軽くイチャイチャした後
葵は主人公におっぱいを見られて恥ずかしそうにします。

エッチは年上の彼がリードしながら責め合うスタイルで進めます。
最初の2パート64分間は2人が初めて出会った時のお話。
track02(約24分)はキス、手マン、フェラ
track03(約40分)は2種類の体位で繋がりながら軽く耳舐めします。

「今度はお兄さん 意地悪ですね なんでそんな 周りばっかさわさわするの? 直接触ればいいじゃん」
「あっ んっ あ、あれっ? そこ触んないで お兄さん待って」

この時点から彼女はもう催眠にかかってるのでとても積極的。
処女なのに自分からおねだりしたり、手マンの時はエロ可愛い喘ぎ声を漏らして彼を誘惑します。
恋人を裏切る気持ちは特になく、体の火照りを鎮めるために彼の協力を求める感じです。
途中で指を2回鳴らして素の反応を描くなど、本作品の売りである二面性を早速活用します。

プレイについては最初の10分間はハグ、キス、おっぱいの鑑賞、軽い乳首責めを行い
それから手マン→フェラの順にやってSEXできる状況を整えます。
track02は彼氏のことや現在抱えてる悩みに関する話も出てくるので雰囲気作りの意味合いが強いです。
エッチを始めるまでのところはサクッと済ませ
その後はイチャイチャしながらキャラや物語を掘り下げていきます。


「あぁ あぁぁ 気持ち、いい、とこぉ 自分でぐりぐりできる これ やばい やばぁ」
track03は彼女が処女を喪失する最初の山場。
パート開始から5分後には早速正常位で繋がり
しばらく経つと騎乗位に切り替えて喘ぎ声をガンガン漏らします。
指パッチンで正常な判断ができなくなってるからでしょうけど、痛がる様子もなくあっさり挿入してました。
その代わり挿入後に催眠を解くシーンを時折挟んで素の彼女がどう思ってるかを確かめます。

通常なら暗く重くなりがちなところを聴きやすくしてるのが印象的でした。
彼女がすっかり発情しておちんちんを欲しがるように誘導したり
自分から責める機会を与えて嫌々相手してる感じを打ち消してるのが大きいです。
SEXの時間が35分くらいあるおかげで喘ぎ声の量も多く、オナニーのオカズとしても役立ってくれます。

前編最後のtrack04(約21分)はしばらく後のお話。
ラブホで再会した2人が長めの雑談を挟んでから手マン、耳舐め、乳首責めを楽しみます。

「お兄さんは最低だけど 言ってることは合ってる部分も結構あんだよね」
このパートの時間は42分ほどありますが、その前半はエッチな要素を盛り込んだ会話を楽しみます。
先日のエッチを終えた後、水泳の記録はどうだったかとか
どうすれば彼氏をエッチに持ち込めるかといったお悩み相談です。
彼女は物語の開始前から思いつめてたので、中盤以降はそれを解消することも見据えてエッチします。
彼を信頼する姿勢を見せるところにも彼女の気持ちが窺えます。

後半から始まるエッチは彼を恋人に見立てて彼女が誘惑するスタイルを取り
無事できた後は乳首とおまんこを同時に責めて気持ちいい絶頂に導きます。

「やばっ やばいそれっ それ あっ あぁぁ Gスポとんとんやばいやばいやばい」
つい先日まで処女だった子がGスポットを重点的に責められ思いっきりよがる。
彼女の体が少しずつ開発されてく様子を描きながらエロさをパワーアップさせます。
前半でキャラやストーリーを掘り下げたぶん、ここでの彼女は一層魅力的に映りました。
1日目は速攻、2日目はじっくり攻略と同じ作品内でも方向性が随分違ってて面白いです。

前編の射精シーンは1回。
喘ぎ声多め、淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音そこそこです。

後編へ続く…。
即おち!~"city girls"~脈なし女子を即堕ち催眠→水泳部員・葵ちゃん、救済NTR・処女貫通♪ スランプ脱却+大会優勝!! ご褒美中出し金メダル!!!(後編)

CV:葵…思ちぽさん 希…涼花みなせさん(track01のみ登場)
総時間 3:14:38


体験版はこちらにあります

追記
2021年10月1日まで20%OFFの1056円で販売されてます。



サークル「もぷもぷ実験室」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、幼馴染で現在はママになってる女の子が
お金と引き換えに甘えん坊でMな男子と変わった幼児プレイをします。

甘やかしと意地悪を組み合わせたエッチをするのが特徴で
囁きに近い声量で赤ちゃん言葉を多めに言いながら
きつめの言葉責め、亀頭責め、スパンキングといったM向けのプレイもして上手に追い込みます。
射精シーンでどちらにするか選べるようになってるのもポイントです。
幼馴染がする意地悪な甘やかし
幼馴染(作中の呼称はママ)が手コキや亀頭責めをするお話。

「はーい ママでちゅよー なに本気にしてんの? やっぱお前おかしいよ」
ママは淡々と話す穏やかな声の女の子。
素っ気ない態度で主人公のママになりきると
お金をもらってから服を脱ぐよう指示します。

本作品は彼と以前から付き合いがあり現在は特殊な関係になってる彼女が
およそ35分に渡るエッチで甘やかしたりいじめて気持ちいい射精に導きます。
冒頭にお金のやり取りがあるので援交にあたりますが事務的感はあまりなく
彼が喜ぶことをガンガンやりながら射精をひたすら我慢させる方針で進めます。
物語と声優さんが毎回違うのでシリーズの過去作未視聴でもまったく問題ありません。

「優しいママにいーっぱい甘やかされた後 こわーいママに叱られちゃうの 好きなんだよね?」
全編を通じて赤ちゃん言葉を話すところは確かに甘いですけど
プレイ自体はM度の高いものが多く、さらに命令口調の言葉責めも挟んできます。
どちらかと言えば意地悪の比率が高いですからMな人に最も向いてます。
また終盤に差し掛かると褒められ射精エンドと叱られ射精エンドに分岐します。

ちなみに彼女はマゾが嫌いだけど彼に対して十分な好意を持ってます。
そういう複雑な心境をエッチで表現したかったのかもしれません。
サークルさんのコンセプトである「あまあまだが容赦ない責め」とも合致してます。

エッチについてはローションを馴染ませてからおちんちんの竿や亀頭を責め続け
そこに乳首責め、スパンキング、呼吸管理といったアブノーマルなプレイを盛り込んでます。
亀頭責めの時間は10分以上ありますから、ローションを用意しておいたほうがやりやすいです。
言葉責めの量も多く心身をバランスよく盛り上げてくれます。
飴と鞭を使い分けるエッチ
エッチシーンはおよそ34分間。
プレイは手コキ、スパンキング、乳首責め、亀頭責め、乳首オナニー、息を止めるです。
手コキ、スパンキング、亀頭責めの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ほーら ママのお手々 柔らかいでちゅね」
ローションを塗っただけで勃起するよわよわおちんちんを軽く貶すと
ママは体を密着させてから手で握り包皮を剥き始めます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の28分間は射精の寸前まで追い込むシーン。
手コキから始まり赤ちゃん言葉を交えた言葉責め、スパンキング
乳首責め、そして息を止める指示と色んなプレイを繰り出します。

「次喘ぎ声出したらさ あれやろっか? 先っちょだけなでなでしておかしくするやつ」
2人は1年くらい前からこの関係を続けてるので
彼女もどうすれば彼が喜ぶかをよく心得てます。
言う通りにしてる間はママらしく優しい声と態度で接し
そうでない時は叱ったり罰を与えて彼を上手にコントロールします。

手コキはちゅこちゅこと小刻みな水音を鳴らすだけですから(状況に応じて音がちゃんと変わります)
それよりも言葉責めのほうが個性的だし存在感が大きいです。
ダウナーキャラらしく冷めた様子で手厚くサービスするところに彼女の心情が表れてます。

「マゾ赤ちゃんは お尻ぺんぺんして 躾けまちゅからねー」
エッチ開始から10分ほど経つとM度が徐々に上がります。
悪い子を躾けるために「ぱんっ」という音を長めの間隔で鳴らすようになり
さらに手コキから亀頭責めに切り替えて体の刺激も強くします。
射精を絶対にしないよう念押しするなど意地悪な要素が充実してます。

これだけいじめられてるのに彼が喜んでるところを見ると相当なMなのでしょう。
サークルさんが「ただ甘やかすだけがママじゃない」とおっしゃられてる通り
いじめてるように見えて彼をもてなすプレイがきちんとできてます。

ここの終盤から出てくる呼吸管理はかなりニッチなプレイです。
彼女が合図を出してからしばらく止めるのを数回繰り返します。
1分30秒くらい続けるシーンもあるので、決して無理せずできる範囲で取り組みましょう。
オナニーしながら息を止め続けるのはなかなか大変ですからね。

終盤の6分間はお待ちかねの射精シーン。
「2A. 褒められ射精エンド(約3分)」はひたすら甘やかし
「2B. 叱られ射精エンド(約3分)」はより意地悪に振る舞って惨めな射精に追い込みます。

「ぎゅってされるの いいんでちゅか? おぉおぉ そんなにしがみついて よちよち よちよち」
「は? できなくてもやれよ マゾ」

そして両者の違いがはっきり出るように彼女はほぼ正反対の態度を取ります。
Mな人にとっては叱られ射精もご褒美になるんじゃないでしょうか。
でも後味を重視するなら褒められ射精を選んだほうがいいと思います。

このように、優しさと厳しさを合わせ持つ独特なエッチが繰り広げられてます。
深みのある作品
ほぼ正反対の要素を敢えて融合させてる凝った作品です。

ママはお金を払ってでもいじめてもらいたい主人公の願いを叶えようと
同い年なのにママになりきって手コキや亀頭責めをします。
そして最中は赤ちゃん言葉、見下すセリフ、命令を組み合わせた言葉責めもして
甘えん坊でMな彼を興奮させながら射精をコントロールします。

クールで面倒見のいいJKが幼馴染の男子をエッチに躾けるM向けのシチュ
甘やかしと意地悪を組み合わせた言葉責めをしながら
手コキ、亀頭責め、スパンキング、呼吸管理をするバランスの取れたエッチ。
本来なら相性の悪いものを同居させて作品に深みを与えてます。

「ほら 男の子でしょ お行儀よくしなさいっ」
中でも言葉責めはどちらかと言えば意地悪寄りですけど
彼女がまんざらでもなさそうなところも窺えて面白いです。
気だるそうな態度でやるべきことをきちんとこなしますし
頻度は低いですがノリのいいところも見せてくれます。

音声を聴いた限りだと彼女自身はドSってわけではなさそうです。
彼がどうしようもないレベルのMだからそれに合わせてるように映りました。
お金をもらってることを考慮しても内容が手厚いなぁと。
およそ1年相手してる背景もありますし、彼女が本気で嫌がってる可能性は低いです。

射精シーンは2回(1視聴あたりの回数は1回)。
淫語とくちゅ音そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:秋野かえでさん
総時間 褒められ射精…32:44 叱られ射精…34:25 叱られ射精 合図無し差分…34:25

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年9月3日まで25%OFFの330円で販売されてます。



サークル「キャンドルマン」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、これまで数多くの男をマゾ堕ちさせてきたJKが
SNSで知り合った男性を変わった手段でマゾイキさせます。

全編を通じて「可愛い」を積極的に言うのが特徴で
通常の会話に混ぜたり連呼しながら、それを起点に幸福感や絶頂感を膨らませます。
キャンドルマンさんらしく強めの意地悪をするシーンもありますから
ノーマルからMな人まで幅広く楽しめるでしょう。

今回はねっとりロングコースを聴いてのレビューをお送りします。
マゾをとろかす魔法の言葉
JKのいちごに言葉だけでイかされるお話。

「年端もいかない少女に 口先だけで 恥も外聞もない状態へと堕とされる」
いちごは甘く可愛い声の女の子。
自己紹介は省略し作品のコンセプトや魅力を早速説明すると
催眠状態になるためのちょっとしたコツを教えます。

本作品は過去にM男が味わった気持ちいい体験を疑似的に味わうことを目的に
彼女がおよそ120分に渡って催眠をかけたり特化型のエッチをします。
彼女はまだ若いけどマゾの弱点を知り尽くしており、これまで同級生や教師を何人も堕とした実績があります。
そんなわけで今回の相手も流れるような手つきで弄びます。

「意識や 常識の束縛から解放されて 私の言葉に 心地よく支配された状態に とーっても 可愛い状態へと あなたは自ら進んで落ちていくんです」
それに最も貢献してる要素が「可愛い」。
催眠パートはもちろん、エッチでもガンガン言って心と体をとろかせます。
大人になった男性が現実世界で「可愛い」と言われることは滅多にないと思います。
そのため音声を聴いてると恥ずかしいとか、むず痒いといった特殊な感覚が湧いてきます。

本作品における「可愛い」は言葉通りの意味だけでなく
弱いとか、情けないといった軽く見下す要素も込められてます。

年下の女性に言葉だけで気持ちよくされ、イかされる。
ノーマルな男性にとってはやや屈辱的なプレイを甘い雰囲気でお届けします。

「常人をマゾに、マゾをもっとマゾに」をコンセプトに掲げてるだけあって
一般的なM向け作品よりも雰囲気はずっと穏やかです。
いちご役を演じる大山チロルさんもあまあまな声で優しく接してました。
ただし、エッチの終盤だけは割と意地悪な展開になってます。

またねっとりロングコース以外にあっさりショートコースもありまして
ショートのほうが30分くらい短くなってます。
サークルさんはロングを推奨されてるので、ショートを聴くのは2回目以降にするといいでしょう。
五感に幅広く働きかける催眠
催眠はおよそ30分間。
横になって目を瞑り、まずは五感に意識を向けて集中力を高めます。

「あなたは 私の声を聞いている 少しずつ はっきりと聞こえるようになってきた どこかの街の音へと 引き込まれるようにして」
本作品のサービスは別の男性のマゾ堕ちを追体験するスタイルなので
まずはいちごが男性と出会った世界に入り込むところから始めます。
最初は無音だったのが後になるほど少しずつガヤ音が聞こえるようになり
10分後には賑やかな繁華街の中にいるような感覚が味わえます。

一般的な催眠誘導とはやり方が結構違うため、最初は戸惑うかもしれません。
でも聴き続けていればイメージ力や没入感が自然と高まってることに気づきます。
効果音や環境音も軒並みリアルでそれを上手に後押しします。
視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚と幅広くアプローチするからそう感じるわけです。

「可愛い って言われるほどに 頭の奥が あまーくとろけていく 胸が幸せな気持ちで満たされていく」
もちろんただ音を鳴らすのではなく暗示も入れてきます。
テーマ性が出るように早速「可愛い」を至るところで盛り込み
それに合わせて心地よさや幸福感といったプラスの感覚が湧いてくるように働きかけます。

「可愛い」の言葉自体にも良いイメージがありますし、思わず顔がにやける人もいるでしょうね。
私が聴いた時も体の脱力感は特にありませんでしたが
その代わり心地よさや没入感がそれなりに味わえました。

繁華街に着いた後は彼女と2人でエッチの舞台となるラブホへ移動します。
足音を鳴らしながらガヤ音が少しずつ遠ざかり
その最中にも彼女が色んなことを話して女性に可愛がられる快感を教えます。

「あぁ 本当に マゾさんは可愛くって大好きです」
彼女はM男をいじめるのが大好きですけど、表面上はそこまでSっ気がありません。
愛玩動物へ接するように優しくリードして依存しやすい状況を作ります。
過去に彼とは別の男性をお世話した時のことを話して場を和ませるなど
技術だけではなくキャラ、言葉、音、雰囲気といった全体を使って催眠状態を深めます。

テーマ性を出しつつエッチに向けた環境作りをする柔らかい催眠です。
いちごと繁華街で会い、ラブホへ移動する様子を主観的に体験させることを目的に
前半は五感を鋭敏にする暗示を入れながらガヤ音を少しずつ大きくして物語の世界に引き込み
後半はラブホの部屋に到着するまでの様子を音で表現しながら
引き続き「可愛い」と何度も言ったり追加の暗示を入れて陶酔感を強めます。

かなり変わった誘導をするので初心者向けかと言われれば首を捻りますが
全体の流れやリードのやり方、そして音の扱いが丁寧で少しずつあちらの世界へ移動できます。
「可愛い」の量も多くて甘やかされてる感じがよく出てました。
「可愛い」を「気持ちいい」に変えるエッチ
ねっとりロングコースのエッチシーンは78分間。
プレイは「可愛い」を織り交ぜた言葉責め、〇〇です。

エッチな効果音はありません。
セルフはありません。

「今からあなたは 鼓膜を通じて 心身のすべてを犯されるんです」
甘めの催眠をかけて主人公を可愛い存在にしたいちごは
引き続きその言葉を使って徐々に性感と絶頂感を高めます。

エッチは体への接触を一切せず言葉だけでイかせます。
前半の44分間はそれに向けた準備をするシーン。
「可愛い」を数えきれないほどたくさん言いながら気持ちよくなる暗示も入れます。

「最初の変化は 大抵体に表れるんです 身じろぎして ビクビク ピクピクして 少しでも体の内側から 湧き上がる快感から 逃れようとするんです」
本作品のエッチは淫語やちゅぱ音といった純粋なエロ要素をほとんど使わないので
時間を十分に取って1回の絶頂に向けてじっくり追い込む方針を取ります。
最初は体に何らかの変化が表れるように働きかけ
そこから先はマゾに堕ちる快感や、彼女の言いなりになる快感と範囲を広げます。
快感をあるものに例えて膨らませるなどアプローチの内容が結構多彩です。

そして何より「可愛い」の存在感が催眠パートよりも大きくなります。
あちらよりも意識して多く言うので聞けば聞くほどこそばゆい感覚がします。
私は股間も結構ムズムズしましたが、それよりも脳が気持ちよくなる人のほうが多いでしょう。
「変態」「ゴミ」といった通常の言葉責めとは真逆の要素を使ってドライさせる非常に変わったプレイです。

それに対して後半の34分間は意地悪度の高いプレイ。
「可愛い」をよく言うところは先ほどと一緒ですが、そこに新たな要素を加えてとことん焦らします。

「ここから先は ただただ悶絶してください」
具体的に何をするかは思いきりネタバレになるので言えません。
でもこのシーンのほうがキャンドルマンさんらしいと私は思います。
かなり強めの焦らしをするので、これまでM度が低いと感じた人も考えを改めるでしょう。
そしてその後にドライを迎えるからこそ絶頂感も強く得られます。

このように、やることを絞り込んで入念に行う尖ったエッチが繰り広げられてます。
甘い雰囲気でダメにしてくれる作品
M向けには縁遠い言葉を使ってマゾイキさせるチャレンジ精神旺盛な作品です。

いちごは過去に自分が相手した男性の快感を主人公に疑似体験させようと
まずは催眠を通じて舞台となる繁華街やラブホへ案内します。
そしてエッチは「可愛い」を軸に据えた言葉責めをガンガンやって少しずつ確実に追い込みます。

声は甘いけど性格はSなJKが変わったエッチでM男を悶えさせるシチュ
五感を研ぎ澄ませながらリアルな効果音と環境音を鳴らして没入感を高める独特な催眠
フェラやSEXといった通常のプレイを一切やらず
「可愛い」を織り交ぜた言葉責めと暗示で気持ちよくするタイトル通りのエッチ。
技術力と発想力があるサークルさんらしい斬新な作品に仕上がってます。

中でもエッチは前半は甘め、後半はM度高めとスタイルを大きく変えて責めます。
乳首やおちんちんには一切触れませんし、エッチな声や音もほとんど出てきません。
なのに心や体がビクビク、ゾワゾワする不思議な感覚が味わえます。

ドライ未経験者にはやや難度が高いようにも思えますが
経験済みなら最後に絶頂できる可能性は十分にあります。
通常のドライ作品よりも絶頂時間が長めに味わえてスッキリしました。

ねっとりロングコースの絶頂シーンは1回。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:大山チロルさん
総時間 あっさりショートコース…1:31:53 ねっとりロングコース…2:02:26 独立完全解除パート…23:51

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年8月20日まで30%OFFの924円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。



サークル「HORNET」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、純情な性格でエッチも得意なサキュバスが
ネカフェや夢の中で大好きな人に気持ちいい誘惑をします。

シリーズ最大の武器である耳舐めに恋愛要素を絡めてるのが特徴で
他のサキュバスに心を奪われてることを序盤で表現してから
最初は普通の女の子として、次はサキュバスとして惜しみない愛情を注いで徐々に引き寄せます。
サキュバスたちが繰り広げるエッチな争奪戦
サキュバスのエミル、リリアに耳とおちんちんをたっぷり責められるお話。

「はーい お疲れ そろそろ部室閉めるよ」
リリアは明るくて穏やかな声の女の子。
部室でテスト勉強に打ち込んでる主人公に飲み物を差し出すと
それで眠らせた後に夢の中へ現れ自分が誰か教えます。

本作品は「耳舐めサキュバス」「耳舐めサキュバス2」「耳舐めサキュバス3」に続くシリーズ第4弾。
サキュバスが人間たちの中にこっそり溶け込んで生活してる世界を舞台に
2人のサキュバスが男子生徒をおよそ190分に渡って個別に味わいます。
エミルは2作目にも登場したキャラで部活の副部長をやっており
あちらでメインヒロインだった部長のリリアから彼を奪還しようと動きます。
ストーリー性は薄いですから過去未視聴でも特に問題はありません。

「こういうところでコソコソ イチャイチャするのって ゾクゾクするよね」
彼と2人きりでネカフェに出かけて体を密着させ
さらにスカートをゆっくり上げて太ももやパンツを見せるなど
サキュバスよりも普通の女の子に近い正統派の色仕掛けをします。
物語の中盤まではそこまで特殊なことをやりませんし、最中のセリフも割と甘いです。

サキュバスが登場する作品は男性の精液を搾るためにエッチすることが多いです。
しかしエミルの場合は彼を純粋に好きだからこういうことをします。
言葉責めしたり無理矢理犯すこともなく、エロいけど穏やかな空気が漂ってます。

そして耳舐めサキュバスの名の通り、今作も質量共に優れた耳舐めが登場します。
エッチシーンのおよそ70%にあたる112分も用意し
左右から個別に、あるいは同時に若干ざらつきのあるちゅぱ音をゆっくりペースで鳴らします。

「【極】トラック」というおまけっぽいパートも用意されてまして
それも入れればさらに90分ほど時間が延びます。

ずっと舐め続けてたらダレるので敢えてあまり舐めないパートもありますけど
全体を見れば「耳舐め尽くし」と言っていいくらい充実してるのは間違いないです。
耳の外側を舐めたり吸ってちゅぱちゅぱした音を鳴らすことはほとんどなく
耳の内側、穴の入り口、穴の中といった深い部分を重点的に責めます。
舐め方も数分単位で切り替えてあってシリーズの長所がきちんと受け継がれてます。

あとは質感が結構独特なので初めて聴いた人は驚くと思います。
舌の表面にあるざらつきを忠実に表現したかったのか
ジョリジョリという粗さのある音を至るところで鳴らします。

やや刺激的な音ですが全編に渡ってペースを落としたり
力を抑えてあるので耳や頭に響くほどではありません。
両耳舐めしながらフェラするシーンもあったりと、ちゅぱ音を存分に楽しめるよう調整されてます。
効果音にも細かな気配りがされてて作りが丁寧です。

普通のJKに近い性格のサキュバスがエッチな手段で誘惑するシチュと
大ボリュームかつ特徴的な音を鳴らす耳舐め。
過去作の視聴者はもちろん、新規の人も楽しめるように作られたややM向けの作品です。
後になるほど密度が増すエッチ
メインのエッチシーンは6パート158分間。
プレイは耳舐め、キス、パンツを見せる、おちんちんの愛撫、乳揉み、素股、足コキ、手コキ、フェラ、SEX(騎乗位)、脳髄舐めです。
おちんちんの愛撫、乳揉み、素股、足コキ、手コキ、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(SEX、射精だけ無しも選択可)。

「さぁ 今宵も誓約に従い ご主人様に その身を捧げなさい 我がしもべ」
夢の中で主人公に優しい口調で命令を出したリリアは
片方ずつ→両方の順に耳を舐めて弄びます。

エッチは女性たちが終始責め続けます。
一番最初の「[00]サキュバス・リリア(約17分)」は
本作品の特徴を出しつつエミルが今回のエッチをするきっかけを描いたパート。
過去作で彼を存分に気持ちよくしてすっかり骨抜きにしたリリアが
2人だけの世界で時間いっぱい耳舐めだけをします。

物語の背景とかは全然語りませんから
いきなりメインヒロインじゃない女性が耳舐めする展開に戸惑う人もいるでしょう。
でも2作目からの流れを考えれば最初にリリアが登場するのは自然です。
耳舐めの魅力を伝えるには実際にやるのが一番ですし、本作品らしい立ち上がりと言えます。

エミルが登場するのはその次から。
場所をネカフェのペアシートへ移し「[01]青春(約26分)」はキス、パンツ鑑賞、素股
「[02]誘惑 (約20分)」は足コキと耳舐め手コキをします。
そして軽めの耳かきを挟んだ後で「[04]淫夢(約14分)」は両耳舐め+フェラ
「[05]正体(約15分)」は片耳&両耳舐め+SEXとさらに濃いプレイを投入します。

「いっぱい触って? エミルのこと 気持ちよくして?」
彼女は彼の心がすっかりリリアに屈服してることを知っており
それをなんとかこちらへ傾けようとストレートかつ健気に誘惑します。
この日のために用意した勝負下着を見せて興奮を高めてから
パンツ越しの素股→手コキと繋ぎ、そこに耳舐めも加えて幅広く気持ちよくします。
また公共の場でエッチしてる雰囲気が出るようにほぼずっと囁き声で語り掛けます。

01パートは7分、02パートは11分と序盤は耳舐めを控えめにしてました。
00パートでがっつり耳舐めしますからマンネリ化を防ぐためにこうしたのでしょう。
メリハリをつけて耳舐めするので飽きにくくなってます。
耳舐め中はセリフをほとんど挟まなかったりと、耳舐めを最後まで楽しめる工夫がされてます。

そして最初が割とあっさりしてるからそれ以降が余計濃く感じます。
04パートは11分、05パートは10分と時間だけを見ればそれほど変わりませんが
両耳舐め主体に切り替えてくるので音の密度が一気に上がります。

右「あれー? あれれれれー? フェラされてるはずなのに エミルの声がこっちからも聞こえるよ」
特に04パートは左右で耳舐め、中央でフェラを同時にやるちゅぱ音まみれのプレイです。
実際に聴いてみたら頭の中をちゅぱ音で包まれてるような感覚がしました。
フェラも射精へ近づくほどハードに責めててなかなかエロいです。
人間にはできないプレイですし、このへんからサキュバスらしさが出てきます。

「まだ まだよ そのまま そのまま 腰を動かし続けて?」
それに対して05パートは彼女の想いの強さや、サキュバスの快楽に対する貪欲さが色濃く出てます。
騎乗位で挿入してから抜かずに3連続射精するハードな展開と
ピストンや射精に合わせて気持ちよさそうな喘ぎ声とイキ声を漏らすのがそう言える理由です。

ここは最大で5種類の音声が同時に流れますから今まで以上に濃くなります。
サークルさんが「多面音響」と命名されてる要素で、エロさを上げるのにも大きく役立ってます。
このパートに限って言えば搾り取られてる感じがするかなと。

メインの最後を飾る「[06]常しえの愛DDDω(約66分)」は耳舐め特化のプレイ。
パート開始から1分後には早速両耳舐めが始まり
それに合わせてバックでやや不穏な音楽も流れ続けます(流れないバージョンもあります)。
そして10分くらい続けたところで彼女の喘ぎ声が加わり、カウントに合わせて射精するのを繰り返します。

ここはどこを聴いても耳舐めと言っていいくらい尖った構造です。
セリフは冒頭と終盤に少し出てくるだけでほとんどエッチな音だけになってます。
射精シーンが何度かありますが、おちんちんを責めてる描写は特にありません。
耳舐めをオカズに抜くことを想定した本作品ならではのパートです。

また終盤の12分間だけ脳髄舐めという特殊なプレイが登場します。
中央至近距離からジョリジョリしたちゅぱ音を鳴らす感じで
現実世界では決してできないプレイを盛り込み異世界感を出してます。
実況とかは全然しませんからグロさを感じることはないでしょう。

このように、シーンによってスタイルを変えながら多種多様な耳舐めをする特化型のエッチが繰り広げられてます。
耳舐め重視で甘めの作品
シリーズの売りである耳舐めをきっちりこなしつつ、多少の純愛要素も盛り込んでる作品です。

エミルは2作目でリリアに誘惑され、すっかり堕ちてる主人公を助けようと
ネカフェのブース内でまずはJKらしいスタンダードなエッチをします。
そして中盤以降は耳舐めや声の密度をさらに上げて何度も射精へ追い込みます。

エッチは上手いけど性格は割と純情なサキュバスがたっぷりエッチして男子生徒に愛情を注ぐシチュ
エッチの全パートで必ず耳舐めを行い、さらに片耳・両耳・多面音響を使い分ける個性的で凝ったエッチ。
過去作のサブキャラをメインに据えて別のストーリーを展開します。

中でも耳舐めは同じ音を延々垂れ流す単調なものではなく
序盤は片耳メインで軽めに、中盤は両耳も交えて手厚く、終盤はそれだけに専念してとろかせると
シーンごとに違う方向性を持たせてあって聴き応えがあります。

細かな部分を見ても舐め方やリズムを変える間隔が短めだったり
両耳舐めの時は左右の音を別々にして複雑さを出してます。
奥と手前の概念もありますから幅広く濃厚な耳舐めと言えます。

「私が満たしてあげる とこしえの 愛で」
あとは彼女が純粋な好意で彼を気持ちよくするのも面白いなと。
やってることは思いっきりサキュバスなんですけど
無慈悲さがあまりなくてM度が低い人でも聴きやすくなってます。
リリアとの差別化を図るために甘さを持たせたのかもしれませんね。

エッチは耳舐めを主役に据えたうえでおちんちんもがっつり責めてくれます。
射精シーンで毎回カウントを数えてくれますからタイミングを合わせやすいです。

メインの射精シーンは10回。
ちゅぱ音大量、淫語とくちゅ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

297分で880円とコスパも申し分ありません。
以上を踏まえてサークルさんでは10本目の満点とさせていただきました。
【極】トラックは6種類の耳舐めと脳髄舐めです。

CV:エミル…陽向葵ゅかさん リリア…遊佐ミコトさん
総時間 4:57:28(メイン…3:12:31 【極】トラック…1:44:57)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2021年8月20日まで10%OFFの792円で販売されてます。



サークル「レジスタンス和歌山」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、性格が大きく異なる2人のJKが
街中で偶然会った教師と色んなエッチを楽しみます。

片方はギャルらしく明るい態度で甘えたり甘やかす責め
もう片方はクールにきつめの言葉責めをする調教っぽい責め、といった具合に
彼女たちの個性が引き立つようにひたすら愛し合う抜き重視のプレイをします。
ドスケベJKたちとする秘密の授業
木下ゆりな(挿し絵右)、藤堂紗矢(挿し絵左)と5種類のエッチをするお話。

「あれー? もしかして先生?」
ゆりなは砕けた口調で話す明るい声の女の子。
「あ、本当ですね 先生 こんにちは」
紗矢は丁寧語で話すお淑やかな声の女の子。
とある休日、街中で偶然会った主人公に声をかけると
勉強を教えてもらいたいことを告げて近くのカフェまで案内します。

本作品はお金と引き換えに色んな男性とエッチしてる2人が
「援交JK街」と呼ばれる場所を訪れた彼とおよそ90分に渡りイチャイチャします。
今回は口止め料として気持ちよくする設定なのでお金のやり取りは一切なく
それぞれの魅力を出しながらあれこれサービスして何度も射精へ追い込みます。

ゆりな「うち 先生のこと大好き 先生にだったら 何されてもいいよ」
ゆりなはいかにもギャルJKといった感じの明るい女の子。
自分の学校で教師をしてる彼にも友達に近い距離感で接し
エッチ開始後はおっぱい、手、口、おまんこを使って手厚いご奉仕をします。

ポジティブなセリフを言うシーンが多いですし
終盤は恋人になりきってSEXするので彼女とのエッチは雰囲気がとても甘いです。
乙女な性格をしてますから幸福感も味わいながら気分よく抜けるでしょう。

紗矢「私の生パンツと いやらしい罵倒をオカズにしながら すっごく気持ちいい変態イキ かましてくださいね」
それに対して紗矢は男をいじめることに快感を覚えるドS。
口調は終始丁寧ですが彼を見下したり貶すシーンが何度も出てきます。
一部できつめの罵倒をするなど、同じJKでもゆりなとはまったく違う性格をしてます。

2人にほぼ正反対の属性を持たせて交互に責めるのが本作品の大きな特徴です。
ややS~ややM向けと通常の同人音声よりも守備範囲が広く
パートによって違う責め方をするので最後まで楽しく聴くことができます。
序盤は個別に、中盤以降は2人同時に責めるスタイルになってます。

エッチについては手コキ、オナニー、フェラ、SEXと王道のプレイで揃えてます。
でも相手するキャラによってセリフや展開が変わりますし
複数人プレイになった後は純粋なエロさも高くていいオカズになります。

教師と生徒でエッチする背徳感をくすぐることはほとんどありません。
終盤には生意気な紗矢をわからせるシーンがあったりと
身も心もスッキリできるように作品を組み立ててます。
2人の魅力を引き立てるエッチ
エッチシーンは5パート72分間。
プレイは乳揉み、手コキ、オナニー、パンツを見せる、フェラ、キス、SEX(正常位、騎乗位)、耳舐めです。
乳揉み、手コキ、オナニー、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

ゆりな「そんな遠慮しないで もっといっぱい触っていいよ?」
主人公をカフェではなくラブホへ連れて行ったゆりなは
突然の展開に戸惑う彼に自慢のおっぱいを揉ませてあげます。

エッチは彼女たちがリードして一部で彼が責めに回ります。
最初の2パート25分間は彼女たち1人1人に焦点を当ててるシーン。
「(2)あまあまギャル”ゆりな”のらぶらぶ囁き&密着手コキ♪(約11分)」は乳揉み+手コキ
「(3)ドS優等生”紗矢”の罵倒プレイ&おぱんつで変態見抜きプレイ♪(約14分)」はオナニーで1回ずつ射精します。
この2パートはもう1人がしゃべることはほとんどありません。

ゆりな「すっごいね 先生 めっちゃ出たじゃん」
ゆりなは恋愛やエッチが大好きなので序盤から積極的に動きます。
Gカップのおっぱいを好きにさせて興奮を煽り
ある程度経ったらおちんちんに手を伸ばしてゆっくりしごき始めます。

最中の会話も明るいものばかりで援交特有の割り切り感はありません。
おっぱいに熱中する彼を「可愛い」と言うなど
できるだけフレンドリーに接して幸せな時間を提供します。

紗矢「おい変態 聞こえてるか変態 今何してるか言ってみろ」
そしてゆりなが甘いからこそ、紗矢のSっぷりが一層引き立ってます。
彼女にとってゆりなは親友で肉体関係もある特別な存在です。
だから直前にエッチした彼に冷たい態度で接して露骨に見下します。

囁きに近い穏やかな声で言葉責めするのでそれほどきつい印象はしませんが
エッチを通じて彼女が上、彼が下の関係を作ろうとしてるのがよくわかります。
プレイのほうも彼女はパンツを見せるだけでそれをオカズにオナニーします。

「(4)ゆりな&紗矢のガチレズドエロべろちゅ~でWフェラ♪(約14分)」以降は
2人が協力して責めるスタイルへと変わります。
ゆりなが右、紗矢は左に陣取って同時にフェラを始め
ある程度経つと2人がキスするようになって仲の良さをアピールします。

ゆりな「紗矢 紗矢」
紗矢「ゆりな 好き」
本作品でするのはキスだけですが、最中のセリフを見るともっと濃いプレイもしてるのでしょう。
2つのちゅぱ音が同時に鳴り続ける展開もエロく
最後は彼女たちの顔へ精液をぶっかけて教え子を汚す快感を与えます。
言葉責めはほとんどしませんから雰囲気は結構甘いです。

最も抜きに役立つのは終盤の2パート33分間。
ゆりなは正常位、紗矢は騎乗位で生ハメ&中出しSEXするのですが
同じプレイでも2人がまったく違うアプローチをかけてきます。

ゆりな「先生なら 何回中に出してもいいんだからね 先生のおちんちんの形 覚えちゃうくらい いっぱい愛して?」
具体的にはゆりなは一時的に恋人になりきって愛し合う甘さの強いプレイ
紗矢は腰を下から突き上げてわからせるややS向けのプレイをします。
ディープキスや彼を思いやるセリフが多いおかげで恋人らしさがきちんと出てますし
激しい責めを受けて降参したりややアヘった喘ぎ声を漏らす紗矢の情けない姿もそそります。

本作品は基本的にノーマル向けのエッチをするので
最後にややS向けのプレイをやってバランスを取ってるのかなと。
ゆりなは魅力をストレートに引き出し、紗矢はギャップを持たせてエロさを上げてます。
聴いた時の感触も両パートで大きく違ってて新鮮な気分がしました。

このように、2人の個性を活かして幅広く責め合う抜きやすいエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視の抜きボイス
2人の属性に大きな違いを持たせて色んな要素を盛り込んでる作品です。

ゆりなと紗矢は自分たちが援交してることを主人公に黙っててもらおうと
彼をラブホに連れ込んで個別に、あるいは同時におちんちんを責め続けます。
そして片方は明るい態度でとことん甘く、もう片方はドSなんだけど責められるのに弱いと
2人にまったく違う特徴を持たせてパートごとに違うプレイを行います。

エッチ大好きでレズっ気もあるJKたちが学校の教師とこっそりエッチするやや背徳的なシチュ
自分が思ってることを素直に伝えながら彼をとことん甘やかすゆりな
有利な時は彼を罵倒し、逆に責められてる時は情けない姿を晒す紗矢。
プレイ自体は割と普通にしてキャラが立つように作品を組み立ててます。

前後の会話をできるだけ省いてあるおかげでエッチの内容がどれも濃く
特に中盤以降は連携を取って責めるから複数人プレイの良さがしっかり出てます。
SEXシーンも相手するのは片方ですけど、もう片方は実況や耳舐めで応援します。
甘やかし、罵倒、レズ、恋人プレイ、わからせとパートによって異なる特徴があるのも良いです。

射精シーンは5回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声いずれもそれなりです。

キャラが立ってるドスケベ作品が好きな人には特におすすめします。

CV:木下ゆりな…かの仔さん 藤堂紗矢…そらまめ。さん
総時間 1:29:47

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年8月15日まで15%OFFの1122円で販売されてます。



サークル「四風の街」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、それぞれに違う属性を持つ爆乳姉妹が
婚約者や兄にあたる男性と色んなエッチをして幸せな時間を過ごします。

姉はシスターらしく上品に振舞いながらエッチの時だけ下品になる
妹は自分の気持ちをストレートに伝えて彼を誘惑する、といった具合に
2人のドスケベっぷりを全面に押し出して色んなプレイをする抜き重視の作りになってます。
どちらも尽くす姿勢で相手しますから優越感や充足感を抱きながら抜けるでしょう。
爆乳ドスケベ姉妹を独り占め
御園星愛(せりあ)、御園澪鈴(れいら)と11種類のエッチをするお話。

「ごきげんよう あなた よくいらっしゃいましたね」
星愛はややトーンが低く穏やかな声のお姉さん。
「いらっしゃい お兄ちゃん」
澪鈴は明るくて上品な声の女の子。
とある雨の日、山奥にある教会へやって来た主人公に挨拶すると
彼を心配してたことを告げてからお風呂へ案内します。

本作品は婚約者で現在シスターをしてる星愛が
妹にあたる澪鈴と協力しておよそ160分に渡る濃厚なご奉仕をします。
彼らが幼馴染で付き合いも長いことを踏まえて他人行儀なところはまったくなく
それぞれの魅力を出しながら会話したりたっぷり愛し合います。

星愛「そんなことはいけません 私が 25の誕生日を迎えるまでは シスターとして 貞操を守る責務があるのですから」
星愛は現在24歳ということで声や態度に気品が漂っており
家の決まりに従ってこの時まで処女を貫く貞淑な性格もしてます。
しかし本性はとんでもないドスケベで後になるほどその部分が出てきます。

シスターのイメージとは随分違うエッチをしますから
両者の大きなギャップに興奮したり股間がウズウズする人が大勢いるでしょう。
声を担当されてる沢野ぽぷらさんも彼女の二面性が引き立つように演技されてます。
Nカップ121cmのおっぱいを使うシーンもそれなりにあって強い個性を感じます。

澪鈴「じゃあ あたしがお兄ちゃんと一緒にお風呂入っちゃおうかなー」
それに対して澪鈴は16歳の現役JK。
彼のことを「お兄ちゃん」と呼んでストレートに甘えます。
エッチの時もエロ可愛く振る舞いますし、欲望に忠実な女性という印象です。
姉が彼とSEXできない状況なので自分から性欲処理を志願します。

三角関係っぽいシチュですけど2人が彼を取り合うことはありません。
むしろ共有する方針にして両手に華の気分を味わわせます。
序盤から中盤にかけては個別に、それ以降は同時に責める流れになってますから
彼女たちの魅力がきちんと立ってるし複数人プレイもじっくり楽しめます。

エッチについてはパート数が非常に多いことを踏まえて色んなプレイを用意します。
2人の巨乳が活きるようにパイズリするパートが4つもあったり
キス、フェラ、SEXといった王道のプレイもほぼすべて網羅してます。
終盤にはアナルSEXもするなど、できるだけ幅広いニーズに応えられるよう組み立ててました。

射精シーンも豊富で抜きボイスとして申し分ないクオリティを持ってます。
1パートあたりの時間は11~19分と短めですから
2~3パートで1回出す感じで聴いたほうが無理なく楽しめると思います。
どんどんエロさが増すエッチ
エッチシーンは11パート119分間。
プレイはキス、耳舐め、手コキ、姉妹のオナニー、パイズリ、フェラ、SEX(立位、騎乗位、正常位)、体の洗浄、玉揉み、動画撮影、クリ責めです。
手コキ、パイズリ、SEX、体の洗浄、クリ責め、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

星愛「ねぇ あなた もしあなたがよろしければ 前のように 私のお手々で しごいて差し上げたいのだけど いかがかしら?」
主人公が入浴中のお風呂場へ裸で入ってきた星愛は
体を洗うついでにキスや手コキしておちんちんもスッキリさせます。

エッチは彼女たちがリードしつつ一部で攻守を入れ替えます。
最初の4パート47分間は彼女たち1人1人に光を当ててるシーン。
「【1】婚約者星愛によるお背中流し&お風呂場手コキ(約15分)」はキス+手コキ
「【2】婚約者の妹、澪鈴による夜這いフェラチオ&パイズリ!(約8分)」はパイズリフェラ
「【3】澪鈴との濡れ濡れバス停処女喪失セックス!(約10分)」は立位SEX
「【4】夜這いしにきた星愛によるドスケベ杭打ち騎乗位処女喪失セックス♪(約14分)」は騎乗位SEXで1回ずつ射精します。

星愛「あなたのお耳舐め舐めして 発情しまくってる びちょ濡れおまんこ いじってます」
そして2人は思い思いのやり方で彼に自分の想いや欲望を叩きつけます。
星愛は性感帯を責めながら目の前でオナニーを始めてオカズを提供しますし
澪鈴も彼らが婚約してるのを知りながら夜這いをかけておちんちんを味わいます。

プレイ自体は比較的ノーマルですけどキス、耳舐め、フェラのちゅぱ音が軒並みパワフルなため
彼女たちが普通の女性よりも強い性欲を持ってるのが自然と伝わってきます。
「ききゅーっ」と吸い上げる音をよく鳴らすので貪ってる感じがよく出てます。

澪鈴「あぁすっご お兄ちゃんのチンポ 奥まで来た」
星愛「おっ おぉぉ いぃ おまんごいぐっ いくっ いくっ いぐっ いっぐぅぅぅ」
2人の違いが鮮明に出るのが初SEXするシーン。
澪鈴はJKらしくエロ可愛い声で乱れるのに対し、星愛はオホ声メインの下品な反応を見せてくれます。
彼女はSEXしたくてもできない状況が長く続いてましたから
その気持ちをきちんと込めたうえで普段の上品な態度とのギャップを持たせてます。
個人的にこのシーンでは4番目のパートが一番抜けると思います。

続く7パート72分間は複数人プレイが中心。
澪鈴のフェラ+星愛のキス、澪鈴とのSEX+星愛のキス、星愛のパイズリフェラ+澪鈴のキス
星愛とのアナルSEX+澪鈴のキス、協力しての手コキ+耳舐め
軽いレズプレイ+フェラ+ダブルパイズリ、そして澪鈴→星愛の順にするSEXと
2人が同じくらい活躍するバランスで何度も射精に追い込みます。

全部説明するのはさすがに大変なので印象に残ったパートをいくつか紹介します。
星愛のドスケベっぷりが引き立ってるのは
「【8】処女を守り続けてきた婚約者シスターとの雌犬アナルセックス♪(約8分)」。
今までとは違い後ろの穴でおちんちんを受け止めます。

星愛「これで 見えますからしら? 私のケツ穴 処女ケツマンコ」
自分からM字開脚してアナルを見せつけたり
挿入後は通常のSEXと同じくオホ声メインの喘ぎ声を漏らすなど
おまんこを使えない彼女がそちらの開発を頑張ってたことがプレイを通じてわかります。
汚い描写はまったくないので余程苦手な人でもない限り普通に聴けるでしょう。

またこの7パートは2人が連携を取って責めるスタイルに変わるため
複数のちゅぱ音が同時に鳴ったり、効果音とちゅぱ音を組み合わせて責めるシーンが多くなります。
プレイも全体的に濃くなってて1人を相手にする時よりも充実した時間が過ごせます。

澪鈴「あぁ イクっ イってる お兄ちゃんのチンポ入れられて イってるぅ」
星愛「んっ んぅぅ イグっ イグっ イグイグ いっぐぅぅぅぅ」
最も幸せなプレイが登場するのは最後の「【11】御園姉妹によるガチハメ種付けセックス♪(約14分)」。
教会を離れる前日に2人へ順番に種付けします。
澪鈴はエロ可愛く、星愛は下品にとそれぞれの乱れっぷりを順に味わえ
さらに中出しを決める展開も女性に対する征服欲を満たしてくれます。

星愛としては彼を独り占めしたかったのでしょうけど
可愛い妹の願いも聞き入れて3人で一緒に生きる道を選びます。
暗さや重さを感じるところがまったくなくて視聴後の後味もスッキリしてました。

このように、2人の魅力を引き出しながら色んなプレイをする豪華なエッチが繰り広げられてます。
抜き重視のイチャラブ作品
属性の違う女の子たちとひたすらエッチする実用性高めの作品です。

星愛と澪鈴は大好きな主人公と幸せで気持ちいいひと時を送ろうと
山奥の教会内や野外でまずは個別に誘惑して自分の処女を捧げます。
そしてその後は2人一緒におちんちん、耳、唇を責めて精液をたっぷり搾ります。

歳の離れたドスケベ姉妹が親しい関係にある男性とガンガンエッチするわかりやすいシチュ
星愛は普段とエッチのギャップを持たせ、澪鈴は明るくストレートに責めるキャラを活かしたリード
キス、フェラ、パイズリ、SEXなどメジャーなプレイをほぼ網羅し
さらに尽くす姿勢を見せて雌奴隷っぷりをアピールするノーマル~ややS向けのエッチ。
18禁音声にとって重要な「抜きやすさ」が上がるように作品を組み立ててます。

中でも2番目は星愛に婚約者だけどSEXできない制限を設けて
澪鈴との違いを出したり心を開放する様子を描いてます。
25になるまでSEX禁止というルールは宗教上の戒律ではなく家の決まりごとなので
ぶっちゃけ破ってもそこまで深刻なことにはなりません。
それでも守り続けてきた彼女は律儀だし、澪鈴から影響を受けて破る展開も面白いです。

そして今までずっと我慢してきたからこそ
SEXやアナルSEXで低めのオホ声を漏らしてもあまり違和感が出なくなってます。
オホ声はインパクトが強い反面、使い方を誤ると聴き手を逆に萎えさせる可能性があります。
澪鈴は通常の喘ぎ声で通して差別化を図ってますし、キャラをすごく大事にしてるなと思いました。

エッチはパート数が多い=前後の会話が増えてる関係で総時間の73%程度に留まってますが
それでも全部合わせて2時間近くあってオナニーのお供にかなり役立ちます。
私は星愛が主役になるパートのほうが興奮しましたが
澪鈴もエロさと積極性の両方があって十分魅力的なキャラと言えます。

射精シーンは13回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声いずれもそれなりです。

CV:星愛…沢野ぽぷらさん 澪鈴…かの仔さん
総時間 2:43:58

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は9点。
164分で1980円だとやや割高なので-1してあります。

2021年7月29日まで30%OFFの1386円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



サークル「ふわとろ☆ギャラクシー」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、普段は奥手だけど好きな人が相手だと大胆になる女の子が
好意を寄せてる先輩と濃いエッチをして心をガッチリ掴みます。

2人が好きな官能小説を絡めながらちゅぱ音をたっぷり鳴らすのが特徴で
年下の女性が男性を弄ぶお話を軽く朗読してからそれと同じプレイをしたり
体を密着させたままキス、耳舐め、乳首舐めをガンガンやって想いの強さを伝えます。
一部でM向けのプレイも出てきますが愛情表現としてやる感じですから
キャラやシチュが好きならノーマルな人でも普通に聴けるし抜けるでしょう。
文学少女とするアブノーマルなエッチ
後輩のゆみかと4種類のエッチをするお話。

「失礼します 先輩 お一人ですか?」
ゆみかはのんびり話す穏やかな声の女の子。
文学部の部室にやって来て主人公に挨拶すると
彼が読んでる本のことを話してから突然ある質問をします。

本作品は読書が好きで同じ趣味を持つ彼のことも深く愛してる彼女が
部室やお互いの自宅でおよそ130分に渡る濃厚なエッチをします。
彼女は以前から官能小説を色々読んでおり、物語の中でするようなエッチに憧れてました。
だから彼と愛し合う時も序盤は小説を朗読して雰囲気を作ります。

「2人分の熱く濡れた舌が びきびきと張った裏筋を舐め上げて 開ききったカリを転がす」
会話とは違う独特な言い回しが妙に生々しく
感情を込めて読む彼女の姿も相まって淫靡な空気が漂ってます。
どの物語も年下の女性が男性を弄ぶ展開になってますから、ややMあたりの人に最も向いてます。

お互いの性癖が噛み合った結果こういうプレイをするだけで悪意はありません。
奥手な彼女が持つドスケベなところを強調してギャップを持たせます。
SEXシーンが多く射精は毎回中出しを決めるなど、想いの強さが至るところに込められてます。

もうひとつの大きな特徴はちゅぱ音を鳴らすプレイが充実してること。
キス、片耳舐め、乳首舐めをエッチシーンの大部分でやって興奮を後押しします。
耳舐めだけでも54分やりますから、全部合わせたら確実にエッチの半分を超えるボリュームです。
キスは激しく貪るように、耳舐めは奥のほうを舌先で優しくぐりぐりするといった具合に
プレイによって鳴らし方を明確に変えて臨場感を出してました。

おちんちんへの責めについても彼女の淫乱さや積極性がわかりやすく出てます。
シーンの序盤から中盤にかけては比較的ソフトなプレイを中心に据えて焦らし気味に進め
SEX開始後はその日のエッチが終わるまでずっと繋がったままでいます。
タイトルにつけてるだけあって焦らしは強めに行います。

SEX中は吐息メインで喘ぎ声をほとんど漏らさないところは大人しく感じますが
口を使ったプレイをしっかりやるので物足りなさはありません。
全部を激しくすると彼女のキャラが大きく崩れるからわざと抑えたのでしょう。
朗読も言葉責めの一種ですし、上の口を使った責めに力を入れてます。
身も心も密着するエッチ
エッチシーンは4パート118分間。
プレイは官能小説の朗読、耳舐め、キス、手コキ、素股、SEX(騎乗位)、乳首舐め、体の拘束、足コキです。
手コキ、素股、SEX、体の拘束、足コキの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「幼馴染で微妙な関係の 男子学生と 女子学生たちの物語」
主人公も官能小説が好きなことを知って喜んだゆみかは
自分が持ってる本をその場で読み聞かせてエッチな気分を膨らませます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
一番最初の「01.部室で誘惑ささやき密着耳舐め手コキ(約21分)」は
本作品の特徴や彼女のドスケベなところがわかりやすく表現されてるパート。
官能小説の朗読から始まり耳舐め→手コキと前進します。

「いつもは優しい先輩が 欲情して 豹変して 『いやぁ』 震える声で小さく叫びながら みかは気づけば いやらしくのけぞっていた」
彼女は彼とエッチする気満々ですから朗読の時点で早速それをアピールします。
女子の後輩と男子の先輩が絡むお話を用意し
さらにヒロインの名前も「みか」にして自分たちと重ね合わせやすくします。
セリフを言う際に感情を込めて喘ぎ声を漏らすなど、明らかに彼を誘ってるのがわかります。

そしてある程度経つと彼女が体を密着させ
そのまま左右の耳をねっとり舐めて純粋な快楽を与えます。
官能小説の流れに沿って責める感じになっててすごく本作品らしいなと。
パートの終盤はキスや手コキも加えて気持ちいい射精に追い込みます。
このパートだけで12分くらい耳舐めをやりますから好きな人ほど興奮できます。

続く3パート97分間は2人の関係がどんどん親密になります。
「02.ちんぽ挿れっぱなしねっとりじっくり耳奥舐め(約33分)」と
「03.ちんぽ挿れっぱなしで乳首と耳奥舐め(約24分)」は彼の家でイチャイチャし
「04.ちんぽ挿れっぱなし痴女られっぱなし耳奥舐め(約40分)」は
逆に彼女の家に行ってアブノーマルなプレイに挑戦します。

02と03パートは焦らしの強さや、ちんぽ挿れっぱなしが光ってるシーン。
前回とは別の官能小説を軽く読んでから20分くらい耳舐めや素股を続け
十分盛り上がったところで騎乗位で繋がり、03パートが終わるまでずっと繋がったままでいます。

「私はずっと 先輩が好きでした ずっと見てました」
割と意地悪な展開ですが彼女のセリフがあまあまなのでM度はそれほどありません。
挿入後は2回の射精を生のおまんこで受け止めて惜しみない愛情を注ぎます。
彼がまったく抵抗しないところを見ると、元々女性に責められるのが好きなのでしょう。
彼女も多少のSっ気を出してきますし、お互いに自分を曝け出して親密度を高めます。

「さすがはMちんちん ほんとに変態ね 先輩って どうしようもないエロマゾ男」
「先輩の赤ちゃん 欲しい 赤ちゃん頂戴 このおちんちんで孕ませて?」

最後の04パートはその部分がさらに強化されてます。
目隠しと体の拘束で彼を抵抗できない状況にしてからおちんちんを足蹴にしたり
軽く見下す言葉責めを投げかけて心身両面をゾクゾクさせます。
でもパート後半から始まるSEXでは何度も種付けをおねだりする従順な姿を見せてくれます。

ほぼ正反対の内容ですけどどちらも彼女にとっては本心なのでしょう。
年上の男性を性的にいじめたい欲求と、好きな人と身も心も深く繋がりたい欲求。
彼女が持つ二面性をエッチにきちんと反映させて魅力を引き出してます。
後半のSEXはM度が低いので、前半は調教よりもイメージプレイと呼ぶほうがしっくりきます。

このように、彼女の性格と本作品の特徴を上手に組み合わせた独特なイチャラブプレイが繰り広げられてます。
ちゅぱ音重視の純愛作品
文学少女のイメージとは随分違うエッチをするギャップのある作品です。

ゆみかはずっと前から好きだった主人公と特別な関係になるために
まずは彼が好きな官能小説を読み聞かせてエッチな雰囲気を作ります。
そしてエッチ開始後は小説の内容に沿ったプレイをしたり
キス、耳舐め、SEXをたっぷりやって満たされた射精に導きます。

奥手でドスケベな後輩が同じ部の先輩に変わった誘惑をするノーマル~ややM向けのシチュ
官能小説の朗読から始めてそれと同じ責め方をする彼女らしいエッチ
囁き声や吐息を多くして密着感を、ちゅぱ音を多く鳴らしてエロさを出す演出。
作品独自の要素がしっかり生きるように組み立ててます。

中でも2番目は2人が肉体関係を結ぶきっかけになったり
M寄りのプレイを無理なくこなす土台にもなる大事な役割を果たします。
朗読自体はどのパートも序盤の5分程度で終わるため、個人的にはもう少し長くやって欲しかったのですが
そうすると今度はちゅぱ音の量が減るからわざとこうしたのかもしれません。
小説の設定も2人の性癖に合わせてあって考えられてるのがわかります。

彼女の態度が終始落ち着いてるのにちゅぱ音が激しめなのも良いです。
SEXは音量控えめな効果音を鳴らしながら吐息を漏らす程度ですから(ペースは適度に変わります)
私はキスや耳舐めのほうが存在感は大きいと思います。

ちんぽ入れっぱなしについては02と03は機能してますけど
01と04は場面が変わる関係で通常のSEXとほとんど違いがありません。
01と02、03と04でシーン分けしたほうがこの部分を活かせたんじゃないかなと。
内容に対する特徴の種類が多いせいで持て余し気味になってます。

射精シーンは4回。
ちゅぱ音と吐息多め、淫語とくちゅ音それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 2:13:11

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年7月30日まで20%OFFの1056円で販売されてます。



サークル「はちみつトラップ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、魔法学校に通ってるクールな女の子が
元勇者の男性にアブノーマルなエッチをして喜ばせます。

下着を使うプレイを色々やりながらさり気なく愛情を注ぐのが特徴で
パンツコキ、ブラチラ、頭に被る、素股など幅広く用意し
彼が喜ぶことを積極的にやって幸せな射精に導きます。
勇者様にする変態サービス
リネットと5種類のエッチをするお話。

「お粗末さまでした 美味しかったのなら何よりです」
リネットは丁寧語で話すクールな声の女の子。
本作品のコンセプトや原作に関する説明をすると
主人公を部屋に招き、料理を振舞ってから事件のお詫びを申し出ます。

本作品は以前とある犯罪に手を染め今は更生してる彼女が
その機会をくれた彼を相手におよそ110分間のエッチなご奉仕をします。
彼は現在なんでも屋を営んでますが以前勇者として世界を救ったことがあるため
作中でも「勇者様」と呼びながら色々サービスしてくれます。

ちなみに彼女は「破滅のかみさま」というアドベンチャーゲームに登場するキャラだそうです。
独立したお話になってますから原作を未プレイでも特に問題はありません。
サークルさんの過去作に登場したキャラに近い性格をしてますし、他の作品と同じ感覚で楽しめます。

「勇者様なのに 女子生徒のおっぱい見ながら おちんちんごしごし オナニー必死ですね」
彼女はジト目、クールな声、無感情と事務的なキャラに見えますが
性格は割と穏やかで彼が喜ぶことをガンガンします。
元勇者なのに自分の前で情けない姿を晒す彼を軽い言葉責めで興奮させたり
自分からおっぱいやおまんこをちらちら見せてオナニーのオカズを提供します。
本番はしない代わりにそれに近いプレイもやるなど、見た目よりもずっと手厚いエッチをします。

サークルさんの過去作と同じく愛情を込めて弄んでくれますから
最初は冷たそうに感じたとしても聴き終える頃には印象が随分変わってると思います。
感情を表に出すのが苦手なだけで女の子らしいところをちゃんと持ってます。

エッチについてはブラやパンツを使うプレイが充実してます。
定番のパンツコキはもちろん、薄手のブラウス越しに乳首を吸う珍しいものも出てきます。
射精する時は毎回パンツにぶっかけますし、女の子にとって大事なものを汚す征服欲をくすぐってくれます。
もし持ってるなら女性用のパンツを用意しておくとオナニーがはかどるでしょう。

クールな女の子に優しくいじめられる展開とパンツを積極的に盛り込んだエッチ。
キャラとプレイの両方に個性を持たせたややM向けの穏やかな作品です。
飴多めでちょっぴり意地悪もするエッチ
エッチシーンは5パート79分間。
プレイはパンツコキ、パンチラ、ブラチラ、オナニー、乳揉み、ぱふぱふ、スカートコキ、オナホコキ、スカートをめくる、下着を顔に被せる、手コキ、授乳、素股です。
パンツコキ、オナニー、乳揉み、スカートコキ、オナホコキ、手コキ、素股の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「今だってもう おちんちん大きくしてるでしょ? ほら ズボンの上からでも ガチガチです」
お金の代わりに自分の下着を主人公にあげることにしたリネットは
それを見せてる最中に勃起してるのに気づき自分から手コキを提案します。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の3パート47分間は本作品の特徴がよく出てるシーン。
「01.誘惑パンツコキ編(約14分)」はパンツコキとパンチラ
「02.おっぱい堪能オナサポ&スカートコキ編(約15分)」はオナニー、スカートコキ、胸を使ったプレイ
「03.妄想えっちオナホコキ編(約18分)」は2種類のオナホコキで合計5回射精させます。

「パンツで拭き拭きしてるだけでこれとか おちんちんが弱いのにもほどがあります」
クールキャラだからきつめのプレイをするのかと思いきや
彼女は序盤から彼の喜ぶツボを的確に突いて興奮と射精を後押しします。
パンツコキの時は彼が凹まない程度におちんちんの弱さを指摘してM心をくすぐり
さらに射精する瞬間に今穿いてるパンツを見せつけて上手に追い込みます。
全パートで射精時にぴゅっぴゅのセリフを言うなど、心身をバランスよく盛り上げてくれます。

ちなみに彼女はこれらをするにあたって彼にお金を要求します。
具体的な金額は言いませんし、彼が困ってる様子も見せないのでぼったくりではなさそうです。
彼女はお金にがめついキャラじゃないですからもっと別の意味があるのだと思います。

「おっぱい 触らなくていいんですか? 何驚いてるんです? 別にお触り禁止とは言ってません」
「びっくりしましたか? 今日は (パンツを)たまたま穿き忘れたんです ええ、たまたま」

その部分が見えてくるのが02と03パート。
前者は彼に頼まれてもないのにブラを見せたりおっぱいを揉ませ
後者はオナホコキの後半でノーパンのスカートを軽くめくり生のおまんこを見せてくれます。
パンツをたまたま穿き忘れることは普通ないですから、彼女なりのサービスと見るのが妥当です。

私には彼女が彼の気を引こうとしてるように映りました。
詳細は話せませんけど、作中でそう受け取れる描写がいくつか出てきます。
援交プレイと見るには良い意味でやり過ぎてますから
好意や思いやりといった感情が込められてるのだと思います。
これがあるおかげで彼女のキャラがクールでも雰囲気は結構甘いです。

本作品で最も甘いプレイをするのは「04.ブラウス越し授乳&パンツおむつ授乳手コキ編(約16分)」。
膝枕の状態で手コキしながらブラウス越し→直におっぱいを吸わせます。

「はい ぴゅっぴゅいっぱいできまちた えらかったでちゅね」
自分に甘えてくる彼を見下すどころか穏やかな表情で受け入れ
射精時には自分のパンツをおむつ代わりにして精液を全部受け止めます。
ほんの少しですが赤ちゃん言葉も出てきますし、甘やかし要素が充実してて幸せな射精を迎えられます。
クールキャラがこういう仕草を見せるとギャップがあって余計魅力的に感じます。

逆に最も過激なプレイをするのは「05.ランジェリーショップでこっそりパンツ素股(約16分)」。
彼女の下着を買いに訪れたお店の試着室でこっそり素股を楽しみます。

「性癖歪んじゃった変態さん向けのサービスです」
公共の場で見つかるかもしれないスリルを感じながらエッチするのは確かに変態向けです。
でも彼女はそんな彼を見捨てず最後までしっかり面倒を見ます。
パンツを穿いたままおちんちんと擦りつけて射精まで許すところがすごく優しいなと。
甘えん坊な彼と甘やかし上手な彼女の性癖がしっかり噛み合ってます。

このように、彼女の魅力を出しつつ変わったプレイをガンガンやる愛を感じるエッチが繰り広げられてます。
パンツ尽くしの甘い作品
音声作品ではあまり脚光を浴びないプレイを積極的にやるあまあまな作品です。

リネットは女の子の体やパンツに異常な執着心を見せる主人公を満足させようと
お金と引き換えに自分の下着を使って責めながら軽めの言葉責めをします。
そしてネガティブな要素を極力取り除き、彼を肯定する姿勢を見せて心も潤します。

声はクールだけど性格は優しい女の子が元勇者の男性をエッチでもてなすシチュ
パンツやブラジャーといった下着を使って責める個性の強いエッチ
甘えん坊でMな彼が喜ぶものをガンガン投げかけて気分よく射精させる彼女の献身的なキャラ。
調教よりも愛情表現に近い感覚でアブノーマルなエッチをします。

中でも3番目はサークルさんの長所がしっかり発揮されててキャラが活き活きしてます。
はちみつトラップさんは「好き」とかストレートに気持ちを伝えるよりも
セリフ、行為、仕草を通じてほんのり匂い立たせる感情表現を得意とされてます。
本作品も彼女の本心は語られてないけど、なんとなくそうだと思える材料が散りばめられてます。

この要素があるから彼女の見下す言葉責めがご奉仕になったり
お金を受け取って相手するシステムが別の意味合いを持つようになるのです。
同人音声はストレートな表現をするサークルさんが多いので
こういうやや遠回しな描写は聴いてて深みを感じます。
エッチを終えた後に始まる3つの非エロパートからも彼女の気持ちが窺えます。

エッチはパンツ推しですけど人を選ぶほどニッチなわけではありません。
手コキや素股にパンツを絡めて個性を出してます。
パンツに精液をぶっかける行為も女性を汚す快感や満足感に上手く繋げてます。
時間に対する射精シーンも多く、抜き場に困ることはまずないでしょう。

射精シーンは9回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

CV:思ちぽさん
総時間 1:50:32

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年8月3日まで25%OFFの990円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。



サークル「ホロクサミドリ」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、明るくてサービス精神旺盛なチアガールが
ぶっといおちんちんを持つ性欲旺盛な先輩にエッチな誘惑をかけます。

彼女の魅力を出しつつ女の子をわからせる快感をくすぐってくるのが特徴で
チアガールらしく応援したり媚びるセリフを多めに投げかけながら
おちんちんの匂いを嗅ぐ、チンカスを口に含んで飲み込む、精液を顔やおまんこにぶっかけるなど
S向けの要素をいくつも入れて女性に対する征服欲を満たします。
彼女がとことん尽くしてくれますから女性の愛に飢えてる人も満足できるでしょう。
後輩チアガールがするエッチな応援
香具山(かぐやま)リコと6種類のエッチをするお話。

「せーんぱいっ♪ こーんにーちはー♪リコでーす。」
リコは明るくて穏やかな声の女の子。
主人公に手紙を出して放課後の教室に呼び出すと
自分たちをエッチな目で見てる彼の性欲処理を持ち掛けます。

本作品は明るい性格と魅力的なボディで多くの男子生徒を虜にしてる彼女が
先輩にあたる彼とおよそ100分に渡るエッチをして性欲解消を手伝います。
彼は以前からチアガールに対して異常なまでの執着心を持っており
先日はパンツが見えるくらいのローアングルで写真を撮る姿が目撃されてます。
それに危機感を抱いたチア部が彼女を派遣して精液を搾り取る、というのが大まかなストーリーです。

「安心してください♪ 先輩の異常性欲、リコが全部受け止めてあげますから♪」
つまり他の女の子たちを守るための身代わりになるわけですが
彼女がそれに対して怒ったり泣き出すことは一切ありません。
体を張って彼の性欲を全部受け止める献身的な態度を取ります。
言葉責めもM向けの見下すやつではなく、チアガールらしく応援するものが多いです。

エッチの内容も彼女の性格を色濃く受け継いでます。
SEXどころかキスすらしたことのない綺麗な体であることを事前にはっきり伝えたうえで
チンカスまみれの汚れたおちんちんへ丹念にご奉仕して征服欲をくすぐります。


「まったく、年下のJKに自分のチンカス食べさせたいなんて♪ 本当に先輩は変態です♪ いいですよ♪先輩のチンカスチーズ、リコが食べてあげますね♪」
本作品ではタイトルに合わせてチンカスの匂いを嗅いだり口に含む描写が出てきます。
最初から最後までそれだけをやるのではなく、他のプレイと絡める感じで個性を与える程度に留まってます。
普通の女性なら高確率で嫌がったりドン引きするはずなのに
彼女は彼に求められた通りに動いて何度も満足させます。
ネガティブなことを言う時も普段通り明るいですし、本心で嫌がってるわけではなさそうです。

物語が進むほど彼女の本心が見えてくるようになってますから
最後まで聴けばまぜここまでしてくれるかも自然とわかるでしょう。
女性をわからせる快感や汚す快感といったS向けの要素が充実してます。
言葉と行為で尽くすエッチ
エッチシーンは6パート84分間。
プレイはちん嗅ぎ、オナニー、パンツ/おっぱいを見る、耳舐め、手コキ、チンカスを食べる、フェラ、SEX(正常位?、騎乗位)、パイズリ、アナルSEXです。
手コキ、SEX、パイズリ、アナルSEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「それじゃあ先輩♪オナニー、してください♪」
主人公に事情を説明して無事同意を得たリコは
その場でオナニーする指示を出し、自分はオカズになって彼を応援します。

エッチは彼のリクエストを受け入れながら彼女がリードします。
最初の2パート26分間は2人が初めてエッチするシーン。
「02:せーんぱい♪ 私をオカズにして…シコってください♪(約13分)」は見抜き
「03:耳舐め応援しながら先輩のチンカス汚ちんぽをシコってあげます♪(約13分)」は
耳舐め手コキの合間にチンカスを口に含むシーンを挟みます。

「はーい、どうですか?見えてますか? リコのおっぱい♪ え?ブラですか?してませんよ♪ だって今日のリコは先輩のオカズになるためにここにいるんですから♪」
パンツが見えそうで見えないあたりに脚を組んでから開いたり
ブラをつけてない上着を脱いでおっぱいを見せつけるなど
彼女は早速積極的にサービスして彼を上手に興奮させます。
オナニーの指示は開始と射精のタイミングを取るだけなのでほぼ自由です。

彼女の誘惑にあっさり堕ちるあたりは弄ばれてる感じがしますけど
別にそうなっても彼にデメリットはないですからご奉仕と見るほうがしっくりきます。
射精シーンで精液をぶっかけられても嫌がるどころか軽く舐めてくれますし
彼女がチア部のために仕方なく相手してるのとは違うことがわかります。
もっと事務的に振舞うだろうと予想してたのでこの展開は意外でした。

03パートは本作品の売りであるチンカス絡みのプレイが登場します。
手コキの時に包皮を剥いて裏にこびりついてるそれを食べるというもので
約4分と長めの時間を割いて彼女の心情や反応をわかりやすく描きます。

「んはぁ、チンカス食べちゃいました♪ ごちそうさまでした♪ 先輩のチンカス、すっごく濃くて臭くて、最低の味でしたよ♪」
セリフだけを見ると彼女が嫌がってるのは明らかです。
しかしこれを言う時の口調がとても嬉しそうなところに彼女の本心が窺えます。
作中では特に言いませんけど、私には彼に尽くせたことを喜んでるように映りました。
女性どころか男性も汚いと思うものを口に含む行為が立派な愛情表現になってます。

続く3パート45分間はより踏み込んだプレイに挑戦します。
「04:チンカス汚ちんぽを私のおくちまんこでお掃除しちゃいますね♪(約14分)」は強めのフェラ
「05:ケダモノの先輩に思いっきり犯されちゃいました…♪(約11分)」は(たぶん)正常位SEXをします。
そして「06:おっぱいもおしりも先輩専用オナホールです…♪(約20分)」は
場所を彼女の家に移して馬乗りパイズリフェラとアナルSEXをします。

「チンカスチンポをばっくり咥えこんでる、下品なひょっとこフェラ顔…。はぁむ…。ガン見されちゃってる…。んちゅ…、ちゅぱ…。やぁん…、見ないでくださぁい…♪」
前回彼とエッチして病みつきになったのでしょう。
1週間も洗ってないムレムレのおちんちんを愛おしそうにしゃぶります。
04パートの後半では自分からひょっとこフェラを披露しますし
彼の目の前で下品に情けなく振る舞うことが快感になってるように見て取れます。
ご奉仕してるようで彼女も一緒に楽しんでるから雰囲気も結構穏やかです。

ここもチンカスを食べる描写がありますが、フェラのついでにやる感じなのでそれほどニッチじゃありません。
最後は精液を口で受け止め飲み干すなど、女性に尽くされる幸福感を伝える形でエッチします。

「や、んっ…、なんで、こんなに…♪ んほぉっ♪ お、おちんぽだめぇ♪ あん、んん、やっ、だめ…なのにぃ♪ おまんこ、喜んじゃってる…♪」
05パートはこれまで曖昧だった彼女の内面がわかりやすく描かれてます。
フェラで満足できなかった彼が彼女を押し倒して処女を奪うレイプっぽい展開なのに
おまんこを彼にあっさり委ねてオホ声交じりの気持ちよさそうな喘ぎ声を漏らします。

SEXやアナルSEXの乱れっぷりが激しめでギャップを感じました。
最中のセリフもストレートな言い回しが多くて彼女が嫌がってないことを教えてくれます。
このへんをはっきりさせないと視聴後の後味が悪くなりますから結構大事なことだと思います。
06パートも甘さが高くて音声の冒頭とは雰囲気や彼女の様子が随分違います。

04パートまでは割とチンカス推しなところがあったので
属性のない人がオナニーのお供に使うなら05パート以降をおすすめします。
06パートと最後の07パートは射精シーンが2回ずつあります。

このように、暗さや悲壮感を一切持たせずやや下品なプレイをする個性の強いエッチが繰り広げられてます。
わからせ欲を満たしてくれる作品
本来なら手の届かない女性を好き放題できる夢のある作品です。

リコは主人公の魔の手からチア部員たちを救うため
彼を2人きりになれる場所に呼んで性欲処理の相手をします。
しかし体を重ねてるうちにどんどんこのエッチや彼自身にのめり込み
最後はおまんことアナルの処女や中出しまで捧げるようになります。

チアガールをしてるわがままボディのJKをおちんちんでわからせるS向けのシチュ
彼の汚い部分も含めてすべて愛す献身的なエッチ
セリフと口調に大きな差をつけたり、中盤以降から内面描写を強化するキャラを大事にした作り。
処女作でありながら明確な個性を持つ変わった純愛作品に仕上がってます。

中でも2番目は臭いおちんちんやチンカスといった人を選ぶ要素を敢えて盛り込み
それを使って彼女の健気さや愛情の強さを表現してるのが素晴らしいです。
特化型にすると聴ける人がかなり限られてしまうので控えめに取り入れてました。
終盤はSEXやアナルSEX中心にしてオホ声交じりの喘ぎ声をガンガン漏らします。
やりたいことをやったうえで抜けるようにも調整してるのがすごく良いなと。

射精シーンは8回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声いずれもそれなりです。

女の子をわからせたい人、尽くしてもらいたい人には特におすすめします。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 1:39:31

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年6月25日まで20%OFFの1056円で販売されてます。

↑このページのトップヘ