同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:Hypnotic_Yanh

   ● 絶望のロリータ・お前がママになるんだよ《催眠音声》
   ● 生体コア化実験
   ● 精神感応機械-エクスタシオン- Ver1.2
   ● ザーメンぶっかけ催眠
   ● 塔の少女の寸止め催眠~魔女とカードに握られた運命~
   ● サイボーグ改造手術催眠
   ● セクサリオン・リリィ【催眠音声】(後編)
   ● セクサリオン・リリィ【催眠音声】(前編)
   ● 男の娘・コスプレセックス催眠
   ● アクメノイド適合検査




サークル「Hypnotic_Yanh」さんの催眠音声作品(男女両用)。

今回紹介する作品は、上品で穏やかな声の女性カウンセラーが
催眠を使って自分の患者にあたる少女が過去に味わったエッチな出来事を疑似体験させます。

少女が独白する形で女体化、感度上昇、絶頂させるのが特徴で
その時の様子だけでなく彼女が何を思い、感じたかまで綿密に語り
それらを聴き手が自分のこととして受け入れられる表現にすることで少しずつ没入感を高めます。
凌辱がテーマですけど快楽堕ちっぽい内容になってるのでM性のある人なら普通に聴けるし楽しめます。

今回はP音入りバージョンを聴いてのレビューをお送りします。
少女の心に自分を重ね合わせて
カウンセラーに催眠をかけられ少女のエッチな体験談を聞くお話。

「まずは部屋をできる限り暗くし、ベッドか布団の上に、上を向いて横になり、そして、ゆーっくりと、呼吸しながら、全身の力を、抜きましょう」
カウンセラーは上品な声の女性。
音声を聴く際の注意事項や環境を簡単に説明すると
ひとまず横になって深呼吸するように言います。

本作品はカウンセラーとして日々患者の心を癒してる彼女が
その1人にあたる少女を治療するために85分程度の変わったサービスをします。
少女は物語の開始時点で心に傷を負っており、そのことを誰かに話せば気分が楽になるそうです。
そのため登場人物たちが直接肌を重ねることはなく、少女の体験談を通じて女体化や絶頂をさせます。

少女「くらくら、ふらふらして、何がなんだか分からなくなる。そして、体の芯がすこしずつ、すこしずつジンジンと痺れ始め、なんだかとても、おかしな気分になってきました」
何をされたのかはもちろん、その時にどう感じたのかまでわかりやすく語り
さらにセリフの表現を工夫して聴き手が彼女と同じ視点でプレイを楽しめるようにします。
実際に音声を聞いてみると妙に臨場感があるように感じるでしょう。

一般的な女体化作品のように男性から女性の体へ変えるアプローチは特にせず
聴き手が自然と女性になったことを実感できるように物語を進めます。
これがあるから女性でも問題なく聴けるわけです。
プレイに合った効果音を鳴らすなど、イメージ力や没入感を高める要素が充実してます。

催眠についてはカウンセラーが担当し
手堅い技法を中心に据えて少しずつ確実に催眠状態を深めます。
エッチで一体感がより得やすくなるようこの時点から少女を被験者として参加させ
彼女が催眠にかかって心地よさそうにしてる様子も実況する
変わったアプローチがされてます。

これは「Side Effect」や「催眠術師の悪戯~催眠ショーのステージの上で…~」にも使われてるもので
催眠に入るにあたっての抵抗感を取り除く役割を果たします。
本作品は少女のエッチを疑似体験するのがコンセプトですから
催眠の時点からこういう形で共通点を作るのは効果的と言えます。

もうひとつ、本作品には「P音(自主規制音)入り」と「表現をマイルドにしたもの」の2パターンが存在します。
18禁作品でも入れておくとまずいワードへの対策で、前者の場合は合計で10回くらいあの音が鳴ります。
サークルさんはP音入りを推奨されてるので、とりあえず1回目はそちらを聴いて
合わないと感じたら2回目以降は後者に変えるといいでしょう。
これも催眠音声だと滅多に見かけない要素ですね。

少女が独白する形で凌辱プレイを疑似体験するスタイルと、聴き手以外にも被験者を用意した催眠。
催眠、エッチいずれも強い個性を持つドM向けの作品です。
音を交えた心地いい催眠
催眠はおよそ28分間。
横になって楽な姿勢を取り、目を瞑ってまずは数回深呼吸します。
それから少女を部屋に入れて暗示を入れたり音を鳴らしてリラックスを深めます。

カウンセラー「ゆれていく…心地いい…ゆれていく…ゆーーーら、ゆーーーら、揺れ続ける。心地いい。まるで、振り子のような…心地いい、心地いい そうですよね?」
少女「…はい…いい…かんじです…」
カウンセラーが入れる暗示と少女の心地よさそうな姿を組み合わせて
意識が揺れる感覚を上手に伝えます。
Hypnotic_Yanhさんは結構変わった催眠をかける作品も制作されてるのですが
今回は割とシンプルかつストレートに進めてました。
凌辱がテーマとは思えないほど雰囲気も穏やかで心身両面をしっかり脱力できます。

カウンセラー「振り子の ように、ゆれている、あなたの、心も、ゆれている まるで、今の、意識の、ように、ゆれている、ゆれている」
その後から始まる音を使った誘導も意識の揺れに焦点を当ててます。
「ぼーん」というトーンの低い鐘のような音を1回ごとに左右へ移動させながら
それと同じリズムで「揺れる」と暗示を入れて意識の力をさらに弱めます。
このシーンで意識のぼやけが強くなる人が多いでしょうね。
最後にカウントを刻んできっちり落とす手堅いリードがされてます。

少女の独白が始まるのは開始からおよそ19分後。
事前にひとつだけ約束してからメインの語り手がカウンセラーから彼女へと変わり
学校から帰宅する際に普段とは別の道を通ったことを話します。

少女「降りていくたび、周りはだんだん、だんだんと暗くなり、それに連れて、意識もだんだんと、暗くなっていきます。スーッと、吸い込まれていくように、感じます」
薄暗い地下道へ続く階段を足音を鳴らして一段ずつ下り
その様子を主観視点で語りながら深化を促す暗示を入れます。
「体が女性になる」とか女体化ではお馴染みのセリフは一切出てきません。
でも音声を聴いてれば彼女が見てる情景が頭の中に自然と浮かんでくるでしょう。

十分深化させてから独白形式へと移る本作品らしい催眠です。
少女のお話を彼女と同じ視点で楽しめるようにすることを目的に
深呼吸から入って振り子の音を鳴らす音響法、カウントを使った深化
そして階段を下りるイメージによるさらなる深化と
古典催眠の技術に作品独自の要素を組み込んで進めます。

以前から催眠の技術力が高いサークルさんなだけあって
全体の流れ、技術の使い方、暗示の表現と入れ方がどれも高い品質を持ってます。
少女も一緒に催眠にかかる描写がなかったとしてもスムーズに入れるでしょうね。
終盤に独白へと変わる展開も作品のコンセプトをしっかり見据えてて良いです。
エッチはやや人を選びますけど、催眠は初心者から上級者まで誰でも楽しめると思います。
絶望と快楽に飲み込まれるエッチ
エッチシーンは4パート43分間。
プレイは乳首責め、媚薬を吸わせる、手マン、クンニ、イラマチオ、SEX(正常位)、バイブ責めです。

クンニ・イラマチオの際にちゅぱ音が、手マン・SEX・バイブ責め・射精の際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。

「気がつくと、私は薄暗い部屋のベットの上に、仰向けに寝かされていました」
薄暗い地下道を歩いてる最中に気を失ってしまった少女は
その後ベッドの上で目を覚まし、体を拘束されてることや2人の男がいることに気づきます。

エッチは身動きの取れない彼女を彼らが責め続けます。
前半の2パート21分間は比較的ソフトなプレイ。
「02_凌辱1初めての絶頂」は媚薬まみれのハンカチを吸ってから乳首責めと手マン
「03_凌辱2口内射精」はクンニ+イラマチオで合計3回の絶頂を迎えます。
ここから先はほとんど少女が話し、カウンセラーは時折合図を出す役を務めます。

「爪でカリカリとひっかいたり、時折ギュッとつまんだり…。そのたびに、私の乳首から、胸、全体に、ビリビリとした感覚が伝わり、体の芯を震わせる。思わず声を上げてしまう。気持ちいい、本当に気持ちいい…」
少女はエッチをまだしたことがない年齢なので
乳首をいじられてもくすぐったそうな反応をします。
しかし媚薬を吸い込んだ後は感度が一気に上がり、それを主観視点で話して聴き手にも伝えます。

表現方法は通常の女体化とやや違いますけど、やってることは結構近いです。
実況、気持ちよくなる暗示、彼女の心情描写を組み合わせてプレイをリアルにお届けします。
内容は間違いなく凌辱ですが快楽堕ちっぽい展開にしてあって聴きやすいです。

「おしっこを出す所を舐められながら、男がおしっこを出す所をじゃぶる。ひどい、気持ち悪い。助けて。でも気持ちいい。なんなのこれ。私はさらに、さらに意識が混乱し、快感と、気持ち悪さで訳が分からなくなっていきます」
03パートは無理矢理感を多少上げて凌辱されてる気分を味わいやすくします。
1人はクンニとクリ舐め、もう1人は上に跨ってのイラマチオと役割分担し
その両方で彼女が何を思ってるかを綴って一体感を高めます。

見知らぬ男のおちんちんを咥えるのは彼女にとって耐えがたい苦痛なはずです。
でもおまんこから湧き上がる快感にそれすらも塗りつぶされる。
ふたつの感覚に挟まれ、溺れていく展開にして凌辱らしさを出してます。
プレイ中は快楽重視ですけど、最後に精液を口で受け止める描写を入れて一気に盛り返します。
このへんからM度の高い人はゾクゾクし始めるのではないかなと。

後半の2パート22分間はよりハードなプレイ。
「04_凌辱3お前がママに」は正常位の初SEX
「05_凌辱4おもちゃ責め(追加音声)」は電動バイブ責めで何度も何度も絶頂します。

「すでに、全身がガクガクと震え、まるで電気を流されているかのように、体全体で快感を受け止める。気持ちいい。本当に気持ちいい」
04は本作品の中で最も凌辱色の強いプレイということで
挿入から中出しに至る様子をわかりやすく描きつつ
彼女が絶望したり押し寄せる快感に飲み込まれていく様子を忠実に伝えます。
挿入直後は絶望寄りですけど、ある程度進んだ後は気持ちよくなる暗示を重点的に入れてました。

シチュで心を、プレイで体をバランスよく責めるおかげで
聴いてると股間がだんだん熱くなり、絶頂のカウントに合わせて筋肉がぷるぷる震えてました。
それを4回繰り返す時点で結構ハードなプレイだとわかっていただけるはずです。
そして最後はきっちり中出しを決めて心を折ってくれます。
強めの快感と背徳感が同時に味わえる充実したパートです。

最後の05パートは偽物のおちんちんに蹂躙される展開。
状況に合った効果音を鳴らしながらSEXとほぼ同じ要領で連続絶頂を迎えます。
ちなみにここだけはオプション扱いで無理に聴く必要はありません。

「おもちゃの動きは止まらない、快感も止まらない」
およそ11分間で10回もの絶頂シーンを用意してある非常に過酷な内容です。
10回目以外はほぼノンストップで繰り返しますから
連続絶頂ではなくロングオーガズム(イキっぱなし)になるかもしれません。
視聴後は股間が軽く筋肉痛になるほどでしたし、必須構成に入れてないのも頷けます。
でも本作品の最後を飾るに相応しいプレイだとも思います。

このように、独白形式で実況と暗示を入れながら心身を責めるハードなエッチが繰り広げられてます。
聴きやすさに配慮した凌辱作品
暗さや重さを多少和らげて凌辱プレイを体験させてくれる良作です。

カウンセラーは少女が現在抱えてる心の治療を主人公に手伝ってもらおうと
2人を同じ部屋に招いてから催眠をかけて共通点を作ります。
そしてその後は語り手を少女に任せ、その独白を通じて気持ちいい絶頂へと導きます。

カウンセラーに催眠をかけられ、少女のエッチな記憶を疑似体験する珍しいシチュ
少女を被験者側に立たせて一緒に催眠をかけたり独白で深化させる高度でテーマ性の強い催眠
前半は臨場感を出しつつ抑えめのプレイをして少女と同じ視点に持っていき
後半から凌辱色を上げて連続絶頂させる緩急をつけたエッチ。
本作品が持つ様々な特徴を組み合わせてひとつのサービスに仕上げてます。

中でもエッチはタイトルに直結する要素なだけあって作り込みが凄まじいです。
従来の女体化作品よりも心情描写を多くして少女と同じ感覚で聴きやすくし
さらに効果音も色々入れてエロさ、背徳感、絶望感を出してます。

キメセクっぽい内容なのでものすごく重苦しいわけではないですけど
口の中に射精させる、処女を奪われる、中出しされるシーンは心にくるものがありました。
催眠音声との相性が悪そうな素材をサークルさんなりのやり方で上手く料理されてます。

あと催眠が抜群にかかりやすかったです。
ここまで深く入れたのは久しぶりのように思います。
技術が優れてる、少女と一緒に催眠にかかる、分倍河原シホさんの巧みな演技と
プラスの要素が色々盛り込まれてるからではないかなと。

絶頂シーンは17回。
効果音それなり、淫語とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

テーマは決して大衆向けとは言えませんけど
それを補って余りあるほどの個性とクオリティを持ってることを考慮し
サークルさんでは9本目の満点とさせていただきました。

CV:分倍河原シホさん
総時間 1:24:47

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2020年6月2日まで20%OFFの792円で販売されてます。

生体コア化実験

サークル「Hypnotic_Yanh」さんの無料の催眠音声作品。

今回紹介する作品は、声は穏やかだけど性格は割とSな中央演算システムが
生体コアの適性をを持つ人間に催眠を交えた気持ちいい実験をします。

様々な音と技術を組み合わせてリードするのが特徴で
催眠は深呼吸しながら振動音や泡の弾ける音を聞いて心に馴染ませ
エッチは時計の音やエネルギーの集まる音を使って何度も絶頂へ追い込みます。

女子用スクール水着やレオタードを用意しておくとより楽しめるそうです(無しでもOK)。
生体ユニットになる心地よさを疑似体験
中央演算システムの生体ユニットになる実験を受けるお話。

「あー あー あー 聞こえますか? 聞こえますか?」
中央演算システムは穏やかでちょっぴり無機質な声の女性。
被験者No.19072という名前に指定された主人公にそのことを伝えると
生体コンピューターシステムのコアとして耐えられるかの実験をします。

本作品は何らかの事情で生体ユニットになる人材を探してる彼女が
その適性を持つ彼に30分近くのエッチな催眠をかけます。
サークルさんが2014年に公開された無料作品「機械は無慈悲な夜の女王」の続編の序章に位置付けられており
フェラやSEXといった人間同士がする一般的なプレイとはまったく違うやり方で気持ちよくします。
お話は完全に独立してますから前作未視聴でも大丈夫です。

シチュだけを見るとヤバそうに思うかもしれませんけど
痛みや苦しみを与える描写はほとんどありません。
彼女もより多くの聴き手がこの実験を楽しめるようゆっくり丁寧にリードします。

「この音と 私の声が あなたの体の中に浸透していくのを イメージしてください」
全編を通じて言える大きな特徴は状況に合ったリアルな音を鳴らすこと。
例えば音声開始直後は空気が揺れてるような音がバックで流れ
催眠が始まると「ぶぅぅぅぅん」という別の音に変わります。
その後のシーンも色んな音が登場してイメージ力と没入感を高めます。

音そのものに暗示を込めることもありますし、ジャンルは音モノに分類するのが妥当でしょう。
総時間が短いと言葉だけで全部やるのは大変ですから、音の助けを借りてよりスムーズに進めます。
時折オペレーターと思しき別の声が聞こえたりと雰囲気作りにとても力を入れてます。

エッチについてはドM向けで有名なサークルさんらしい結構ハードな内容です。
具体的には最後に多めの連続絶頂シーンが用意されてます。
ここでも音を効果的に使ってますから、それに釣られて快感がせりあがるのを感じるでしょう。
私が聴いた時も体力をそれなりに消費したので休日に聴いたほうが安全だと思います。

音と技術を組み合わせた個性的なサービスと濃度の高いエッチ。
前作の特徴を受け継いだうえで聴きやすさにも配慮したM~ドM向けの作品です。
引き込まれる催眠
催眠はおよそ12分間。
横になって目を瞑り、まずはお馴染みの深呼吸でリラックスします。
主人公は最初の時点で挿し絵の格好だそうですから
スク水やレオタードは視聴開始前に着ておくのがいいでしょう

「そう そんなふうに 力を抜き 全身を楽にすればするほど さらに さらにあなたは心地よくなります」
催眠音声ではお馴染みの行為ですが、効果音が流れるおかげで聴いた時の印象は随分違います。
吸う時、吐く時で鳴る音が違いそれによってリズムを取ります。
そして中央演算システムも言葉でリラックスを後押しします。
生体ユニットになる気持ちよさも教えるなど、聴き手が前向きな気持ちで聴けるよう上手に働きかけます。

深呼吸の時間は7分ほどあるのですが前半と後半で音とイメージが変わります。
後半は挿し絵にも描かれてる卵型の装置へ移され
その中を特殊な液体で満たして中央演算システムと体を接続します。
ぶくぶくという水の泡立つ音が心地よく、体がほんのり温かくなるのを感じました。
雰囲気は独特ですけど癒し重視の内容になってて聴きやすいです。

体を接続した後は心の接続。
強めの振動音が鳴り始め、さらにカウントを数えて深い催眠状態に導きます。

「音とともに あなたの意識が 消えてゆきます まるで 深い眠りの中にいるような 意識がとろけてしまったような 心地いい感覚」
ここでも音に集中させながら意識がさらに弱まる暗示を入れるテーマに沿ったアプローチをします。
振動音はマッサージ機に座ってる時みたいに脳を小刻みに揺さぶられて気持ちいいです。
前のシーンよりも暗示を厚めに入れる配慮もされてますし
意識のぼやけや眠気を感じる人が結構いると思います。

実験に向けた準備を着実に行う本作品らしい催眠です。
実験に対する不安を取り除きながら中央演算システムの言いなりになるようにすることを目的に
複数の音を鳴らしながらする深呼吸→振動音とカウントを組み合わせた深化と
やることを絞り込み、それぞれをしっかりやって催眠状態を深めます。

この作品は言葉と音の両方で働きかけるように作られてますから
時間は短いですけど中程度以上の深さに入れる品質を持ってます。
「機械は無慈悲な夜の女王」を過去に聴いてる人ならより入りやすく感じるでしょう。
快感を操られる快感
エッチシーンは14分間。
プレイはデータのインストール、音を使った連続絶頂です。

両方に特殊な効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありません。

「そのクリアーな意識に 私のプログラムを インストールして差し上げましょう」
特殊な催眠で主人公の頭の中を空っぽにした中央演算システムは
ひとまずそこにプログラムを注入していつでも絶頂できる状態にします。

エッチは通常のプレイを一切やらずに音と技術で気持ちよくします。
最初の6分間は絶頂に向けた準備をするシーン。
これまでとは別の音が鳴り始め、さらに女の子の喘ぎ声も加わりエッチな雰囲気を作ります。

「あなたは この声を聞くたび 体がビクンと反応し 快感が増幅していくんです」
エッチに入っても音重視の流れは変わりません。
喘ぎ声に暗示を込めて反応できるようにし、ストレートに気持ちよくなる暗示も入れて快感を操作します。
私が聴いた時は脇腹がピリピリするのを感じました。
もう少し経つとおちんちんも勝手にムズムズしてきて催眠に入ってることを実感しやすいです。

残りの時間は本題の実験。
バックで「チキチキ」という時計の音が鳴り始め
一定の間隔でカウントを数えて絶頂するのを繰り返します。

「さぁ カウントが減るたび 快感はますます大きくなる 絶頂が近づいてくる」
言葉でももちろんサポートしますけど、ここもやはり音の存在感が大きいです。
カウントが減るにつれてエネルギーが収縮し、0と同時に弾けて電流がバチバチする音が鳴ります。
同じ動作を繰り返すのは機械的に振る舞う意味合いもあるのでしょうけど
聴き手に繰り返してもらうことでよりイキやすくする配慮もあるのだと思います。
実際のところ1回目より最後のほうが湧き上がってくる快感は強かったです。

このように、無慈悲にイかされる雰囲気を出しながら追い込む比較的ハードなエッチが繰り広げられてます。
独特なシチュの音モノ
序章と銘打ってますがこれ1本でも十分な聴き応えがある作品です。

中央演算システムは生体ユニットの適性を持つ主人公を無理なくテストしようと
まずは様々な音を交えた癒し系の催眠で自分と感覚をリンクさせます。
そしてエッチはデータのインストールや音を使った連続絶頂で気持ちよくします。

謎の機械の生体ユニットになり何度もイかされる変わったシチュ
深呼吸を多めにやりながら音を鳴らして心地よさを与えるテーマに沿った催眠
純粋なエロ要素を少なく設定したうえで感度上昇と連続絶頂をするM向けのエッチ。
短いながらも強烈な個性と実用性を兼ね備えた作品に仕上がってます。

中でも2番目は音の種類が豊富でこれらを聴いてるだけでも気持ちが落ち着きます。
そしてこれは連続絶頂に向けて音に慣れさせる意味合いも持ってます。
エロさが低めなのに体が熱くなったり股間に快感が集まってきてすごく面白かったです。

音モノでドライを迎える練習に聴くのもいいんじゃないかなと。
総時間が30分未満なら繰り返し聴くのも楽ですからね。
今後出るであろう「機械は無慈悲な夜の女王2」に向けた準備をする役割も持ってそうです。

絶頂シーンは7回。
効果音それなり、喘ぎ声そこそこ、淫語ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

無料ですから興味の湧いた方は是非お試しください。

CV:中央演算システム…VOICEROID2 結月ゆかりさん オペレーター…Voiceroid+民安ともえさん
総時間 28:47

視聴&ダウンロードはこちら
https://ci-en.dlsite.com/creator/1321/article/258978

ecd4b8ab

サークル「Hypnotic_Yanh」さんの無料の催眠音声作品。

今回紹介する作品は、地球の平和を守り続けてるロボットが
パイロット適正を持つ男性に催眠をかけてからエッチな手段で起動を手伝ってもらいます。

複数の音と技術を組み合わせて何度も絶頂させる独特なエッチが行われており
「ぶぉぉぉぉん」というトーンの低い振動音や「ぽちゃん」という水音を鳴らしながら
それらを聴くほど感度が上がり気持ちよくなる暗示を入れて脳と股間をとろとろにします。

視聴前に女性用スクール水着を用意しておくとより楽しめます(一応無しでも可)。
巨大ロボの原動力は…
エクスタシオンに乗り込み絶頂しまくるお話。

「それでは、一度目を閉じて、リラックスしてください」
エクスタシオンはややトーンの低い淡々とした声の女性。
音声を聴く際の注意事項や服装を簡単に説明すると
目を閉じたまま足をほんの少し浮かすように言います。

本作品は地球を守るために存在してるけど今は動けずにいる巨大ロボが
パイロットの適性を持つ彼とおよそ60分間の比較的ハードなエッチをします。
戦いに必要なエネルギーを充填するためにエッチすることを考えれば
彼女はおそらくAIやコアにあたる存在なのでしょう。
彼に頼む立場にあるので終始穏やかな態度で接します。

「かすかに、気持ちいい音が、聞こえています。この音は、精神感応カプセルの、作動する音」
最大の特徴は音と技術を組み合わせて連続絶頂させること。
プレイ中はタイプの異なる3つの音が登場し、それらが後になるほど激しくなります。
フェラやSEXといった定番のプレイはほとんどやらず、エクスタシオンとの精神感応を通じて気持ちよくなります。
機械は無慈悲な夜の女王」や「アクメノイド・イリア《催眠音声》」に内容が似てますが
こちらは体への刺激を極力削ってあるのでより音モノ色が強いです。

振動音はオベパルスと呼ばれるもので、実際に聴いてみると脳を軽く揺さぶられる感覚がします。
他に出てくる作品は「おべぱるす催眠」くらいですから結構レアですね。
バイノーラルビートやヘミシンクに似た質感の音です。

他にもお風呂にタブレット状の入浴剤を入れた時のような音が鳴ったり
その直後に「びびっ」という電流っぽい音が鳴るなど
音声作品でよく使われるくちゅ音やちゅぱ音とは明らかに性質の異なるもので揃えてます。

催眠についてはエッチが特殊なことやエクスタシオンと感覚をリンクさせる展開を踏まえて
聴き手の抵抗心を削ぐことに力を入れながら進めます。
エッチはM向けですけど催眠は癒しのパワーが強いので催眠特有の心地よさを味わいやすいです。

また冒頭でも触れたように本作品ではスク水を実際に着るシーンがあります。
作中ではスク水ではなくパイロットスーツと呼ばれており
サークルさんによると原則必須ですが体に密着する衣服なら別のものでも一応いいそうです。
無難なところだとボクサーパンツにサイズが小さめのシャツでしょうか。
これを活かしたアプローチもかけてきますから、何か身につけて聴いたほうが楽しめると思います。
お互いの心を近づけてく催眠
催眠はおよそ24分間。
仰向けに横になって目を瞑り、軽い運動の後に深呼吸して心身をリラックスさせます。
そして主人公の気持ちを確認してから全身をパーツごとに脱力して催眠に入ります。

「あなたは、選ばれた人間です。突然で驚いた事でしょう。しかし、これは真実です」
「あなたは、催眠に、入りたい。催眠に、かかりたい。催眠で、気持ちよくなりたい。そう、思っています。そうですよね」

Voiceroidが声を担当してるので声優さんに比べると無機質な感じはしますが
セリフ自体は彼のことを持ち上げるものが非常に多いです。
音声の序盤から彼を「選ばれた人間」と呼び
運動や深呼吸の指示を出しながら催眠に対して前向きな気持ちになるようリードします。
「選ばれた人間」はこの後何度も出てきますし、本作品におけるキーワードのひとつと言えます。

彼女の暗示を受け入れやすくなった後はより深いところへ移動します。
ロボットアニメの話をしてこれから何をするか遠回しに教え
自分が催眠に入った時の感覚を呼び起こす暗示を数回に分けて入れます。
そして最後にカウントを数えて深化させ、エッチの舞台となるコックピットの入り口まで彼を運びます。

「ズーンと、沈む、感覚 声が、体全体に、染み込む、感覚 頭が、ぼーっとして、幸せに、満たされる、感覚」
深化のシーンは声に多少のエフェクトをかけて
催眠に入った時に味わう感覚を色んな表現で伝える経験者向けのアプローチです。
私もここを聴いた瞬間、意識のぼやけが強くなったり落ちる感覚がしました。
催眠の要所ということで他のシーンよりも入念にやってくれます。

エッチを楽しめる環境作りに専念した心地いい催眠です。
聴き手をエクスタシオンのパイロットになる気にさせてからコックピットへ導くことを目的に
手、足、首を軽く持ち上げる運動から入って深呼吸、分割弛緩法
そして無意識に眠る催眠の感覚を呼び起こす深化と心身両面にバランスよく働きかけます。

個性的な作品を数多く出されてるサークルさんなだけあって
定番の技術をただ繋げるようなことはせず、合間に本作品独自の会話を挟みながら進めます。
言い回しに結構気を遣ってくれてるおかげで嫌な気分をまったく抱かずに聴けました。
深化時の感覚も結構強烈でしたし、催眠に入ったことのある人なら私と似た体験ができると思います。
ロボットと快感を結びつけるエッチ
エッチシーンは2パート30分間。
プレイはスーツ(スク水)の着用、音による絶頂、自分の体を愛撫する(オナニー)です。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
エッチの序盤に着替える指示が出ます。

「○○と、いう言葉を聞くと、何でも受け入れます」
催眠を使って主人公をコックピットの入り口まで連れて行ったエクスタシオンは
とある暗示を入れてからエネルギーを充填するためのスーツに着替えてもらいます。

エッチシーンは彼女に言われた通りに動いたり絶頂します。
最初の「エロパート1」は本格的なプレイをする前の準備にあたるシーン(約10分)。
予め用意したスク水(やそれに類する衣服)を身に着け、その後再度深化して催眠状態を安定させます。

「寝たままでも、少し起き上がっても構いません。体を起こしても、催眠は解けません」
「あなたがスーツを意識するたびに、快感が何倍にも膨れ上がります。スーツの締め付けを思い出すたびに、快感が増幅します」

体を動かしても催眠が解けることはないと明言したうえで丁寧な指示を出し
さらにスーツを着てる状況やその質感に対して快感を覚える暗示を入れます。
本作品のエッチは体への刺激を弱めに設定してますから
上手く絶頂するには心の興奮をどれくらい高められるかが重要になります。
それを踏まえて準備の段階から感度を上げて音で感じられる体勢を整えます。

続く「エロパート2」は音を使ったプレイでイかせるシーン(約20分)。
開始直後から低めの振動音が鳴り始め、少し経つと水音が加わり彼女と精神を同調させます。

「私の快感が一気に逆流します。あなたに快感が注ぎ込まれます」
前者は彼が味わってる快感の大きさ、後者は彼女に伝わってる快感の度合いを意味し
これらを組み合わせて現在の気持ちよさと絶頂までの時間を直感的に伝えます。
音自体ははっきり言ってエロくありません。
でも音と彼女の言葉を聞けば聞くほど何かが自然とせり上がってくるのがわかります。
ストレートなエロ要素をほぼ使わずに絶頂させる催眠音声ならではのエッチです。

パートの後半に入るといよいよ連続絶頂が始まります。
初めはカウントを数える要領で水音を何度も鳴らし
その後は普通に短めのカウントを数えながら追い込み暗示を入れます。

「全身がのけぞるような快感が、あなたを襲います。脳が快感を襲います。脳でいく快感。脳の絶頂。これが、精神感応」
「あなたは、脳で絶頂しても、最後の液を放出しても構いません」

催眠、スーツの着用、音を使った快感の注入と
いくつもの工程を経てから絶頂するおかげでその瞬間は気持ちいい波が全身に押し寄せてきました。
作中では股間→脳の順にイかせようとしてくるので、同じドライでもシーンによって快感が多少違います。
また一番最後の絶頂シーンだけは射精を許可するっぽいセリフも言ってくれます。

これの3分くらい前から自分の体を愛撫する指示がありまして
たぶんおちんちんをしごいてもいいんじゃないかなと。
といってもスーツ越しになるため実際は手や指で撫でる感じになるでしょう。
スク水以外を着用する場合は汚れてもいいものを選んだほうが良さそうです。

このように、音で感度を上げたり絶頂させる個性的なエッチが繰り広げられてます。
M向けの音モノ作品
穏やかな雰囲気で割とハードなエッチをする高品質な作品です。

エクスタシオンはパイロットの適性がある主人公にエネルギーを注入してもらおうと
まずは催眠を通じてパイロットになりたい気持ちにさせたうえでコックピットの前まで送ります。
そしてエッチはスーツの着用→音を使った精神感応を順に行い何度も絶頂させます。

性的快感をエネルギーにしてる巨大ロボがエッチな手段でそれを分けてもらう珍しいシチュ
パイロットになることや彼女に対する抵抗心を上手に削いでく優しい催眠
スク水のぴっちり感を味わわせながら音で気持ちよくする刺激が強めのエッチ。
サークルさんらしい独特な世界観とサービスで聴き手の心をガッチリ掴みます。

中でもエッチは敢えてエロさを下げて催眠状態下だからこそ迎えられる絶頂を目指します。
催眠を経験者向けにしたのもこのプレイの成功率を上げたかったからかもしれません。
ぶっ飛んだ内容ですがやってることは理に適っててスムーズにイけました。
スク水を使わなくても皮膚が敏感になってるのを実感できましたし
スク水がないからといって敬遠するのはもったいないと思います。

あと催眠音声で体を圧迫する服装を敢えてさせるのも面白いなと。
大抵の作品はリラックスの妨げになるから緩い服装をする指示が出ます。
スク水に着替えさせてから再度落とすあたりも考えられてて素晴らしいです。

絶頂シーンは7回。
効果音それなり、淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

無料なので興味のある方は是非聴いてみてください。

CV:Voiceroid+民安ともえさん
総時間 1:00:58

催眠オナニー・同人音声の日記
http://blog.livedoor.jp/yanh_japan/archives/2951691.html

ザーメンぶっかけ催眠

サークル「Hypnotic_Yanh」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、声は穏やかだけど性格は割とSなお姉さんが
M性のある男性にとっても変態的なエッチをプレゼントします。

肉便器になりきってオナニーを楽しむ変態度の高いエッチが行われており
催眠パートは深化させてからそれに対する抵抗心を少しずつ削ぎ
エッチは開始や中断の合図を小まめに出しながら暗示を入れて心を上手に盛り上げます。
最後のほうに超ドM向けのプレイが登場するのも魅力です。

音声を聴く際は以下のアイテムをご用意ください(必須)。
コーンフレークのようなシリアル食品、それを入れるお皿、ティースプーン

今回はSEありを聴いてのレビューをお送りします。
ド変態の入り口をお試し
お姉さんに催眠をかけられてからオナニーするお話。

「まずは、布団やベッドの上に、仰向けに横になりましょう」
お姉さんは上品で穏やかな声の女性。
音声を聴く際の注意事項、服装、環境を説明すると
事前に用意しておいたアイテムをすぐそばに置くよう言います。

本作品は我々が普段やるエッチとは別次元の快感を味わわせることを目的に
彼女が75分ほどに渡ってそれに合わせたエッチな催眠を施します。
タイトルを見ればわかるように精液をぶっかける=セルフ系のプレイが主体となっており
ドM向けを得意とされてるサークルさんらしい変態度の高いものが楽しめます。

またこの作品には他の催眠音声には滅多に出てこないプレイが盛り込まれてます。
本レビューではそれが何かはっきり書くことは避けますが
サークルさんが「ザーメンミルク催眠のオマージュ」と公言されてることや
販売ページのジャンルにそれを匂わせるタグが入ってることから予想できると思います。

生半可なM度だとたぶん初回は完遂できません。
でもそれだけ難しいからこそ、成し遂げた時に強い快感と達成感が得られます。
やりやすくするための工夫も随所でされてますし
繰り返し挑戦すればできるあたりの難度に収まってます。

ちなみに本作品にはSEありとなしの2パターンが存在します。
違いは催眠パートの一部とエッチに少年の喘ぎ声が流れるかどうかで
ありのほうが純粋なエロさが上がるぶん射精しやすくなってます。
ほぼ女の子の声ですからホモっぽさはまったく感じません。
サークルさんも初回はありを推奨されてます。
心のケアに力を入れた催眠
催眠は2パート30分間。
準備を済ませてから仰向けで横になり
全身を軽く流す感じに脱力したり天井の一点を見つめて心身をリラックスさせます。
服装は最初から裸、もしくはおちんちんをすぐ出せるパンツ一枚がおすすめです。

「そして、両足の力を、もっと、もっと抜いていくと、足がまるで、シーツの上に、投げ出されたかのようになります」
「ほら、落ち始める。どんどん、どんどん、落ちていく。深い、深ーい、意識の底に、スーッ、スーーーッと、落ちていく」

エッチがド変態だから催眠もぶっ飛んでるのかと思いきや
そんな気配は一切見せずそれぞれを丁寧に行います。
脱力は足から腰、背中、腹、胸と下から上に向けて流す感じに進め
天井を見る時も瞼の重さを感じさせてからカウントに合わせて閉じる合図を出します。
その直後に普段よりもハイペースな暗示を入れて一気に落とす巧みなリードです。

お姉さんのぼんやりした声と的確な演技も相まって
音声開始から12分後には意識のぼやけや脱力感を実感しました。
前半の「01催眠導入」パートは作品独自の要素はほとんど入れず落とすことに専念します。

次の「02導入2肉便器化」パートは催眠をさらに深めつつエッチの準備を整えます。
変態度が高まるほど得られる快感も上がることを教えてから
イメージを絡めて彼が肉便器化を前向きに受け止められるように誘導します。

「究極の変態行為は、究極の快感。ですから私は、この二人だけの世界で、あなたをそこまで、堕としてあげるんです」
確かに非現実的なプレイであるほど気持ちが高ぶる人は多いと思います。
わかりやすい例だと露出や貢ぎマゾあたりでしょうか。
本作品のエッチは内容が特殊ですから、その最中に聴き手が嫌悪や抵抗を感じないよう
催眠の時点でそれを軽減するアプローチをかけます。


このパートで登場するイメージは挿し絵に描かれてる肉便器の少年。
公衆トイレで男たちの精液を浴びてるのに嫌がるどころか恍惚とした表情を見せます。
「もう少し経てばあなたもこうなれますよ」と伝えたかったのでしょう。
エロ可愛い喘ぎ声も流れるなど(約1分)、色んな方面から働きかけて聴き手をやる気にします。

スムーズに落としてから手厚い心のケアをするテーマに沿った催眠です。
肉便器化に対して前向きな気持ちを持てるようにすることを目的に
前半は分割弛緩法、凝視法、深呼吸とリラックス重視で行い
後半は肉便器になることのメリットをわかりやすく伝えて自分からそれを受け入れるように導きます。

催眠の技術力が高いサークルさんなだけあって前半だけでもがっつりかかれました。
前半は古典催眠をベースにしてるのですが、後半は現代催眠のテクニックを色々盛り込んでます。
具体的にはイメージを語る中に「深い」「ぼーっと」などの暗示を散りばめる
最初に高いハードルを設け、直後に一段低くすることで本題へ導きやすくするなどです。

肉便器になれたかどうかはここよりもエッチでその効果を実感するでしょう。
時間も長すぎず短すぎず丁度いいあたりに調整されてます。
エッチが変わってるので初心者向けの作品とは言いませんけど催眠の質は非常に高いです。
ふたつの快感が味わえるエッチ
エッチシーンは2パート34分間。
プレイは玉揉み、オナニー、手の匂いを嗅ぐ、媚薬を飲む、精液をぶっかける、○○です。

一部で肉便器ちゃんの喘ぎ声が流れます(合計で5分くらい)。
セルフはありです。

「その、小汚いペニスと睾丸で、ドロドロの濃厚なザーメンを、たっぷりと、作ってもらいますね」
催眠を使って主人公の心を肉便器化したお姉さんは
変態プレイの手始めとしておちんちんを手で握る指示を出します。

エッチは彼女と直接触れることは一切せず言われた通りに動きます。
最初の「03ザーメンぶっかけ」は体の快感を重視してるパート(約25分)。
両手でおちんちんと金玉にソフトな刺激を与えたり竿をしごいて射精を目指します。

「強くする必要はありません。優しく、モミモミーって、するだけでいいんですよ」
本作品のエッチは射精したら終わりじゃありません。
だからより多く濃い精液を出すために焦らしながら進めます。
初めの7分間は手で触れたり軽く揉む程度に留め
オナニー開始後も「ヨシ!」「マテ!」の合図を小まめに出して射精をコントロールします。

同人音声のオナサポみたいにシコシコボイスで細かく指示するのではなく
開始、中断、射精のタイミングだけを教えてあとは割かし自由にやらせます。
停止の指示が何度も出ますから、多少溜めた状態で聴いたほうが射精しやすいと思います。

「せーの、はい。舐めなさい! そうすると…ほら!全身が熱くなる。欲情が、興奮が膨れ上がる、性的欲求が爆発し、今までの何倍にも大きくなる」
催眠音声らしく技術を使うシーンももちろん出てきます。
金玉を覆っていた手を顔に被せ、オスの匂いを嗅がせながら興奮する暗示を入れたり
あるものを媚薬に見立ててそれを舐めたら感度が上がるように誘導します。
オナニーで体は十分気持ちよくなれるのを踏まえて、暗示は心を盛り上げることを重視してました。

実際にやってみたところ予想以上にあっさり射精できました。
催眠がしっかりしてるおかげでプレイ中もほぼずっと陶酔感が味わえますし
指示と暗示のバランスが絶妙で興奮を高めながら気持ちよくなれます。
少年(肉便器ちゃん)の声も気が散らないよう流すタイミングと長さが考えられてて素晴らしいです。

次の「04ザーメン便器」は本作品を象徴するパート(約9分)。
前のパートの最後に予め用意した食品入りのお皿に精液をぶっかけたところで
肉便器ならではのド変態プレイに挑戦します。

ここまで書けば何をするかは明らかでしょうから、あとは聴いてのお楽しみとさせてください。
私は味がついてるシリアルを使用したのですが
それよりも味がほとんどないもののほうが変に混ざらなくてやりやすいように思えます。
サークルさんのブログにおすすめの食材が紹介されてます。
http://blog.livedoor.jp/yanh_japan/archives/9492470.html

このように、男性の一般的な快感と特殊な快感を同時に味わえるドM向けのエッチが繰り広げられてます。
ぶっ飛んでる作品
強烈な個性を出しつつやりやすさにも配慮してる優れた作品です。

お姉さんは主人公に肉便器の入り口を体験してもらおうと
まずは総時間のおよそ半分を使ってそれに沿った入念な催眠を施します。
そしてエッチは焦らし系のオナニー→作品固有のプレイと繋いで変態欲求を満たします。

穏やかなお姉さんに導かれて肉便器に堕ちるM向けのシチュ
前半は手堅く進め、後半で肉便器に対する抵抗心を削ぐ目的意識の強い催眠
体と心の両方に強めの快感を与えるアブノーマルなエッチ。
Mな男性を喜ばせることだけを見据えた非常に変わった作品に仕上がってます。

特にエッチは変態向けで有名なモルモットストリップさんの有名作をモチーフにし
そこにさらなる改良を加えて心身の快楽だけを得やすくしてます。
こういう癖のある作品ほど進め方によって難度が大きく変わります。
確かにぶっ飛んだことをやってますけど、それを乗り越えやすくする気配りも十分込められてます。

最後まで聴き終えた時は達成感が凄まじかったです。
私はザーメンミルク催眠を過去に何度も聴いてるので何をやるかはほぼ理解してました。
それでもこういう感覚を得られたことが何より面白かったです。
催眠に深く入れたからでしょうけど抵抗感はほとんどありませんでした。
射精の快感も得られますからクリアできなくても十分楽しめます。

射精シーンは1回。
淫語それなり、喘ぎ声そこそこ、ちゅぱ音はありません。

普通のプレイではもう満足できないMな人には特におすすめします。

CV:分倍河原シホさん
総時間 SEあり…1:14:39 SEなし…1:13:26

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

塔の少女の寸止め催眠~魔女とカードに握られた運命~

サークル「にじいろのほし」さんの催眠音声作品。
声優をやられてる分倍河原シホさんの個人サークルです。

今回紹介する作品は、穏やかでミステリアスなお姉さんが
タロットカードにまつわる催眠とエッチで気持ちいい射精へ導きます。

とあるカードに関する物語をしながら催眠状態を深めたり
カードに書かれた数字の分だけオナニーするのを繰り返すなど
作品固有の要素と催眠の技術を高度に組み合わせたややM~M向けのプレイが楽しめます。

今回はロングVerを聴いてのレビューをお送りします。
カードに込められたエッチな物語
お姉さんに催眠をかけられ寸止めオナニーするお話。

「あなたがもし 今からほんの1時間ばかりを 私にご提供いただけるなら あなたは今までに体験したことのないような 至高の快楽を 味わうことができます」
お姉さんは上品で落ち着いた声の女性。
音声を聴く際の注意事項や環境を説明してから
1時間だけ付き合ってくれれば大きな快楽を与えると言います。

本作品は手頃な時間で普段よりも気持ちいい射精を味わわせることを目的に
彼女がおよそ80分をほぼ半々に分けて催眠をかけたりややM向けのエッチをします。
副題に「カード」と書かれてる通りタロットカードがテーマになってまして
催眠、エッチいずれもそれを違和感なく盛り込んで作品の世界へ巧みに引き込みます。


例えば催眠パートでは彼女と関連性があるふたつのカードに関する物語をし
その前後最中に技術を込めてリラックスや深化を促します。
そしてエッチはすべてのカードを動員して焦らしたり寸止めを繰り返します。

シナリオ担当が数多くのドM向け作品を制作されてるHypnotic_Yanhさんなだけあって
処女作の時点で大手サークルさんと並ぶくらいの品質を持ってます。
分倍河原さんも数多くの作品に出演されてますし
催眠音声を色々聴いてる人でも満足できるものに仕上がってます。

もうひとつの大きな特徴は完全セルフスタイルのエッチをすること。
エッチシーンの序盤からおちんちんを握り、彼女が宣言した回数だけしごきます。
また中盤からは乳首や金玉といった別の性感帯をいじる指示も出ます。

催眠音声はドライオーガズムを目指したエッチをすることが多く
おちんちんには指一本触れないとか、終盤の10分間だけしごく作品をよく見かけます。
だからこそとっつきやすさの面でこの作品は優れてると言えます。
ドライは確かに魅力ですけど、深い催眠に入ったままする射精もかなり気持ちいいです。

ちなみに本作品にはロングVerとショートVerがあり
前者のほうがエッチの時間が8分ほど長くなってます(催眠パートは共通)。
ショートは途中で暴発する恐れのある早漏な人向けで通常はロングを聴くことが推奨されてます。
私もロングが丁度いい長さとハードさに感じました。

タロットカードを駆使したリードとオナニー特化のエッチ。
催眠の快感と肉体の快感をバランス良くお届けする聴きやすい作品です。
物語を通じてその世界へ
催眠はおよそ34分間。
ベッドに横になり、まずは目を開けたまま深呼吸や軽い脱力をします。
そしてお姉さんの合図に従って目を瞑り、少し後に開いてからタロットカードに関するお話を聞きます。

「閉じた瞼が さらにさらに重くなって まるで 意識のシャッターが下りていくように感じたり もやもやした黒い霧が だんだん だんだんと深くなっていったり」
深呼吸&脱力はおよそ6分と短いものの
本題の物語に向けた準備という重要な役割を果たします。
全身を上から下へ流す感じに力を抜き、最後に閉眼と同時に的確な暗示を入れて軽く落とします。
催眠慣れしてる人ならこのシーンだけでも催眠に入れるでしょう。

そう言える理由のひとつが演技。
話す速度、声の強弱、間の長短などがシーンによって大きく変わります。
冒頭よりも低くぼんやりした声も相まって聞けば聞くほど意識がぼやけました。
演技の質で催眠の入りやすさは結構変わるので、ここがしっかりしてるかどうかは非常に重要です。

「すーっと 目を閉じてー すると ほら 意識がさらに落ちる」
タロットカードの物語は10分ほどあり
とある少女やそれに関係する2枚のカードの逸話をわかりやすく話します。
私はタロットカードの知識をほとんど持ってないのですが
それでも別段困らない内容で普通に面白かったです。
そしてシーンの最後に改めて目を閉じ、先ほど以上に深い場所へ導きます。

後半の18分は物語の世界に入りエッチの準備を整えるシーン。
主人公に自分の目の前でオナニーする気があるかを改めて確認し
それから彼女が待つ深い森にそびえる塔へ移動します。

「この声に従い この声に身を委ね そして この声の言う通りにする それだけで あなたは今までに味わったことのないような 鮮烈な快感を味わえるんです」
「世界を 見渡せるここから 審判の 螺旋階段を下りていく」

意思を確認する時は快感という餌をちらつかせて彼の興味を引き
塔に移動した後はタロットカードの絵柄を絡めたイメージを使って快感への集中力を高めるなど
引き続きカードと催眠の技術を巧みに組み合わせて心身の熱を高めます。
並行して深化のアプローチもしますから、このパートを聴き終える頃にはかなり深いところに入ってるでしょう。

作品独自の要素を活用したストーリー性のある催眠です。
聴き手を彼女がいる塔へ案内し、さらに性欲だけを追い求めるようにすることを目的に
深呼吸と脱力によるリラックスから入って本題のタロットカードに関する物語
そして塔へ移動するイメージを用いたさらなる深化&感度強化と
この後にするエッチに向けて没入感と性感を上手に高めます。

物語の部分をほぼ完全に伏せたので、ややわかりにくいところがあるかもしれませんが
完成度はとても高くリラックスしながら彼女のお話に熱中できます。
会話調の誘導ですからあまり催眠っぽく感じないのはないかなと。
タロットカードを知らない人でも聴けるように配慮されてて親切丁寧です。
カードの力で射精を制御
ロングVerのエッチシーンは37分間。
プレイはタロットカードを引く、オナニー、玉オナニー、亀頭オナニー、乳首オナニー、○○です。

カードを引く際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありです。
下を脱いでおく指示が作品の冒頭で出ます。

「今日はちょっと趣向を変えて このタロットが 指し示す通りにやってもらいましょう」
催眠を使って主人公を物語の世界にある塔へ招待したお姉さんは
自分が持つタロットカードを1枚ずつ選び、それに合ったオナニーを指示します。

エッチは彼女が数字を宣言し、その回数分だけしごく流れで進めます。
前半の16分間はプレイに慣れながら射精の準備を整えるシーン。
1回目は2(女教皇)、2回目は16(塔)と絵柄も交えて丁寧に進めます。

「ほら だんだん気持ちよくなってきましたね おちんぽも さらに硬くなってきましたね 快感が ますます強くなる」
そして淫語責めや耳舐めといった通常のプレイをしない代わりに
カウントの合間に性感が高まる暗示を入れて少しずつ追い込みます。
本作品は射精シーンが1回しかありませんし、休憩も小まめに挟むのでそれほどハードではありません。
だから焦らしや寸止めといった意地悪な要素を使って射精への欲求を膨らませます。

「昔ローマで使っていた 馬が引く戦車 すごいスピードが出たそうです だから 今度は スピード素早く数えますから」
カードの絵柄に合ったオナニーをするのもポイント。
11(力)のカードは普段よりも力強く、7(戦車)のカードはより素早くと
カードに運命を操られてる雰囲気を出しながらリードします。
他にも回数の落差を大きくつけるなど、こちらを揺さぶる意図を持って責めることが多いです。

それに対して後半は純粋な刺激をより強くしたシーン。
数字の平均が前半よりも上がり、乳首オナニーや亀頭オナニーも加えて射精へ追い込みます。

「あなたは 繰り返される寸止めのせいで もう全身が とてつもなく敏感になっている」
彼女自身が言ってるように寸止めの回数が結構多いおかげで
おちんちんをしごくたびにゾワゾワした快感が走り、射精を我慢するのが難しくなります。
気のせいかもしれませんが彼女の声が若干嗜虐的になってるようにも感じました。
射精の直前はしごく回数を一気に増やしたりとタイミングよく出せるように制御してます。

指示やカウントの割合が高めなので暗示で気持ちよくする部分はやや弱くなってますが
催眠状態を維持しやすく快感に熱中しながらオナニーできます。
射精回数の少なさも含めてややM~Mがメインターゲットになるかなと。

このように、タロットカードが持つ意味を込めたセルフ系のエッチが繰り広げられてます。
テーマを存分に活かした作品
作品固有の要素を色濃く反映させてる質の高い作品です。

お姉さんは通常よりも一段上の射精を主人公にプレゼントしようと
まずは独特な催眠をかけて2人きりになれる場所まで案内します。
そしてエッチは直接肌を重ねずタロットカードで射精をコントロールします。

謎のお姉さんにエッチな催眠で弄ばれるM向けのシチュ
タロットカードに関する物語をしながら深めていく流れのある催眠
カードに書かれた絵柄と数字に合わせて焦らしたり寸止めする風変わりなエッチ。
現在出てる催眠音声とはやや違う独自路線の作品に仕上がってます。

中でもエッチは「カウントによる寸止め」という定番の要素を軸に据えたうえで
暗示を入れて気持ちを盛り上げたり、カードに合ったプレイをして個性を出してます。
最初から最後までセルフで通す催眠音声がこのところめっきり減ってますし
催眠に入れるけどドライはまだの人や、ドライは満喫したから射精したいという人には特に向いてます。

あとは演技が素晴らしいです。
言葉が持つ意味や伝えたいことを声にきちんと込めて話しかけてます。
演技に安定感があれば信頼する気持ちが生まれて催眠にも入りやすくなるわけで
作品を構成する各パーツがガッチリ噛み合い良い方向に進んでます。

射精シーンは1回。
淫語それなり、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

CV:分倍河原シホさん
総時間 ロングVer…1:19:44 ショートVer…1:11:01

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

サークル「Hypnotic_Yanh」さんの無料の催眠音声作品(男女両用)。

今回紹介する作品は、無機質でSっ気もそれなりにあるコンピュータが
機械化願望のある人間を催眠を使ってサイボーグの体に変えます。

全身に電流を流しながら気持ちよくなる暗示を入れたり
様々な機械音を鳴らしつつ何度も何度も絶頂させるなど
人間の時とは大きく異なる刺激的なエッチをするのが特徴です。
人間では味わえない快感をあなたに
AI1919(エーアイワンナインワンナイン)に催眠をかけられサイボーグになるお話。

「ようこそ、シークレットラボラトリーへ」
AI1919はややトーンの低い淡々とした声のお姉さん。
音声を聴く際の注意事項を簡単に説明すると
軽く自己紹介してから早速テーマのサイボーグに関するお話を始めます。

本作品は人間とは別タイプの快感を味わわせることを目的に
彼女が75分程度を使ってそれに沿ったエッチな催眠を施します。
サイボーグになって責められるのがコンセプトなので催眠パートは主に改造手術を行い
エッチで連続絶頂形式のハードなプレイを繰り出します。

サークルさんの別作品だと「セクサリオン・リリィ」が最も近いです。
催眠音声処女作でありながら独自の要素を取り入れてたりと
8年前の時点から現在の作品に通ずるものがいくつも込められてます。

「改造手術の前に、しなければならないこと。そう。手術の苦痛を、感じないようにすることです」
「サイボーグへの改造」と聞くと痛みや苦しみを連想する人がそれなりにいると思います。
だから彼女は最初の時点でそれらを取り除くことを明言し
実際に快感や幸福感を強めに与えながら改造を進めます。

ヤバそうなところは表現をかなりぼかしてありますから
M~ドMの性癖を持ってる人ならマイナスの感情を抱くことなく楽しめるでしょう。

ちなみに声は機械らしさを重視されたのかボイスロイドが担当してます。
脱力感を与える時は話すペースを一気に緩め、逆に追い込む時はハイペースで畳み掛ける細かな編集がされてます。
心のケアにも配慮した催眠
催眠は3パート28分間。
仰向けに横になって目を瞑り、まずは部屋にあるマスクを装着するイメージをしながら深呼吸します。

「催眠ガスが 肺を満たします 催眠ガスが 体中に染み渡ります ガスがあなたの体を弛緩させていきます」
「ふしゅー」という空気の噴出音が長めの間隔で鳴り始め
さらにAI1919も呼吸の合図を出しつつリラックスを促す暗示を入れます。
このように本作品では状況に応じてリアルな音を鳴らすことが多く
それを起点にイメージを膨らませたり感覚をコントロールしようとします。

サイボーグ改造手術は現実世界だとまず体験できない行為ですから
リアリティを出すためにこういう演出は結構重要になります。
エッチシーンで音に釣られて絶頂感がこみ上げてくる人がきっといるでしょう。

「右手に、催眠薬が入って来ました。力が抜けてくる。どんどん抜けていく。右肩の力が抜け、腕の力が抜け、手のひらも、力が抜け、だらーんとなりました」
お次は両腕と両足にチューブを刺し、そこへ催眠薬を注入します。
右腕、左腕、右足、左足、胴体、頭と全身を主要なパーツに分割し
そのひとつひとつに言葉で脱力感や重さを伝えます。

感覚が湧く範囲を少しずつ広げていくのが良いですね。
実際に薬を注入した時に近い進め方にしてリアリティを出してます。
私が聴いた時は重さと一緒に軽い痺れも感じました。

2番目の「3・ナノマシン注入。改造手術」でするのは本題のサイボーグ化。
事前に手術を受ける意思を確認してから主人公が寝ているベッドを溶かし
全身を白い液体に浸してそこにあるナノマシンが改造します。

「深い、液体の中。下も、上も、分からない。右も、左も、分からない。ゆらゆら、ゆらゆら、分からない」
「ナノマシンがあなたの体を犯す。快感を発する。脊髄がしびれる。股間がしびれる。脳がしびれる。ナノマシンが脳も犯す。体が変わっていく、改造されていく。もう止まらない。快感が止まらない」

バックに「ブブブブブブ」という低く小刻みな振動音を鳴らしながら
ベッドが溶けるシーンは体が沈む感覚と液体に揺られる感覚
改造中は詳細な実況を避ける代わりに得られる感覚を伝える、といった具合に
引き続き音とセリフを組み合わせてサイボーグになった気分を膨らませます。

このパートの最後にはドライ絶頂させるシーンもありまして
催眠慣れしてる人ならそれに合わせて体がビクつくかもしれません。

凄惨さをできるだけ出さずに改造するテーマ性の強い催眠です。
聴き手の体を人間からサイボーグに変えることを目的に
前半は深呼吸からの分割弛緩法、後半はカウントを交えた深化&最初の絶頂と
古典催眠の技術を本作品なりにアレンジして改造する様子をそのままなぞります。

リラックスや心の抵抗を取り除くことに力を入れてあるおかげで
聴いてる最中はぬるま湯に浸かってるような心地いい感覚が続いてました。
深化も軽い落下感が味わえましたし十分なクオリティを持ってます。
わかりにくい部分を効果音で上手くサポートできてるのも大きいです。
機械の体で犯される快感
エッチシーンは3パート36分間。
プレイはオナニー、電流責め、体の愛撫、乳首オナニー、充電責めです。

電流責め、充電責めの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありです。
途中で服を脱ぐ指示が出ることはありません。

「あなたの体の中には、まだ少し、ナノマシンが残っています。あなたのボディーに悪影響を与えないよう、これらをすべて、体外に出してしまいましょう」
催眠を交えた改造で主人公の体をサイボーグに変えたAI1919は
その際に使ったナノマシンを変わった手段で除去しようとします。

エッチは終始彼女に言われた通りにします。
最初の「5A・ナノマシン排出」でするのはオナニー(約7分)。
片方の手でおちんちんを握り、そのまま上下に擦って射精を目指します。
ちなみに本作品のエッチは選択式になってまして、3つあるルートの中から1つ選んで聴きます。

「規則的に股間の突起物をこすり続ける。その、突起物に刺激を与えると、その部分にだんだんと、何かが溜まってくる感覚がしてきます」
一見するとスタンダードなプレイなのですが
おちんちんのことをわざと「股間の突起物」とぼかしたり
直接的なエロ要素を極力を挟まないことで人間がするエッチとの違いを出してます。

彼女の口調もこれまでと同じく淡々としてます。
時間が短いので1~2日溜めてから聴いたほうがいいでしょう。

それに対して残りの2パート29分間はドライ形式。
「5B・ナノマシン破壊」は体内に電流を流して5回(約6分)。
「05C充電責め」は体を軽く愛撫した後にエネルギーを充填して7回絶頂します(約23分)。

「ほら、どんどん快感が、脳のほうに上がってきました。このパルスが聞こえますか?。このパルスは、快感増幅装置の発する音」
そしてここでは効果音が重要な役割を果たします。
電流責めはビリビリという音が左右同時に流れ
充電責めの時も胸は「ぎゅわんぎゅわん」、アナルは「ぶぉん」という特殊な音が鳴り
さらに絶頂へ近づくにつれてパルス音のペースが速くなります。

並行して気持ちよくなる暗示ももちろん入れてきますが
音を起点に盛り上げようとする意図が見られるのも事実です。
充電責めは「セクサリオン・リリィ」にも登場してますし、あちらを視聴済みならハマる可能性があります。

実際に聴いてみた感じですとやはり充電責めのほうが気持ちよかったです。
時間が他の2パートより長めに取られていて余裕があり
絶頂までの持って行き方も言葉と音を組み合わせていて上手です。
本当にノンストップで繰り返しますから、筋肉の痙攣や疲労を感じることを覚悟してお聴きください。

このように、人間らしさを極力排除したハードかつアブノーマルなエッチが繰り広げられてます。
マイルドな機械作品
サークルさん独自の視点で機械姦を描いてる作品です。

AI1919は機械化願望のある主人公にそれを叶えさせようと
まずは催眠を通じて全身麻酔とナノマシンによる改造を施し
エッチは人間がされたら絶命してもおかしくないプレイを提供します。
そしてこれらをするにあたって様々な効果音を取り入れ臨場感を出します。

無機質なコンピュータが人間を機械に変えて犯す変わったシチュ
シンプルな技術と個性的な要素を融合させた催眠
3つのルートを用意し、それぞれで異なる責めを繰り出すぶっ飛んだエッチ。
催眠にかかりやすくしたうえでM性の強い人が喜びそうな作品に仕上げてます。

「この声に、従うことは、気持ちいい。この声の、言うとおりにすることは、気持ちいい。この声に、コントロールされるのは、気持ちいい」
この作品を「マイルドな機械作品」と評した理由は彼女の進め方にあります。
最初に彼が改造手術を受けたいかどうかをしっかり確認し
さらに宣誓までさせてそうなることを受け入れやすくします。
そしてサービス中は彼女の声に対する集中力を高め、心地よさを感じさせ、従いやすくします。

元々彼が望んでサイボーグになった経緯も相まって
ヤバそうなシチュとは思えないほど穏やかな空気が漂ってます。
プレイはかなりハードですけど、それを前向きに楽しめる環境をきちんと整えてくれます。

エッチは何度も言ってるように音の存在がプラスに働いてます。
これがなかったら相当イメージしにくくなってたのではないでしょうか。
万人向けではありませんがやり方は筋が通ってるし理に適ってます。

絶頂シーンは14回(ドライ13回、ウェット1回)。
効果音それなり、淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

公開から長い時が経った今でも強烈な個性を放ってる作品です。

CV:Voiceroid+民安ともえさん
総時間 1:14:57

ダウンロードはこちらから
http://blog.livedoor.jp/yanh_japan/archives/2344290.html

セクサリオン・リリィ【催眠音声】

セクサリオン・リリィ【催眠音声】(前編)」に引き続いての後編です。
今回は「09自慰」パート以降の様子を中心に紹介します。
好きな人と一緒にいたくて
後編のエッチシーンは5パート62分間。
プレイはオナニー、陰獣プレイ、カプセル責め、レイナのオナニー、キス、乳首舐め、クンニ、○○です。

オナニー、陰獣プレイ、カプセル責め、○○の際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。

「あの感覚、絶頂快感が欲しい、絶頂したい。そんな欲望を、あなたはもう、抑えられなくなっているのでした」
セクサリオンへの改造が完了し本番に向けて訓練を続けてるリリィは
ある日自然とエッチしたい気分なり、レイナに教わった方法でオナニーを始めます。

エッチは引き続きリリィになりきってストーリーを最後まで楽しみます。
最初の2パート16分間は作戦前の風景。
「09自慰」は自室でスタンダードなオナニーを楽しみ
「10陰獣」は陰獣と呼ばれる軟体系の生物と戦ってる途中に性感帯を責められます。

「星型の小さなケースに覆われた、あなたのクリトリス。そこが、まるで仔犬のペニスのように勃起して、震える。股間がビリビリと震え、快感がさらに高まっていく」
彼女は既に人間ではなくなってますから、通常のエッチをする時も特殊な工程で進めます。
エクスタシーモードで快感を増幅し、十分溜まったらオーガズムモードに移って絶頂を迎えます。
前編と同じく様々な電子音を鳴らして快感をコントロールする音モノっぽいプレイです。
追い込み暗示も要所できっちり入れてくれますし、比較的ソフトな内容でも強めの快感が得られます。

「乳首をギュウギュウと吸い上げる吸盤。お尻の穴を何度も出入りする触手。股間の割れ目に食い込みズリズリと刺激し続け、さらにクリトリスまでもが直接責められる」
続く陰獣とのエッチはタコのような生物が全身を拘束し
そのまま乳首、アナル、クリトリスを同時責めする陵辱っぽいプレイです。
これまでとは違い敵対する存在に何度もイかされる背徳感があってゾクゾクしました。
そしてこれらとの戦闘を終えた後、一抹の寂寥感も覚えるでしょう。
リリィにより没入できるよう彼女の心情にも焦点を当ててエッチを進めます。

そうやって様々な試練を乗り越えた後、いよいよ本題の核廃棄施設封印に乗り出します。
前編の最後にも登場したカプセル状の機械でエネルギーを一気に充填し
レイナと2人で現地へ向かい地下水脈の破壊を試みます。

レイナ「まず私が絶頂して、これでリリィにエナジーを流し込む。あなたも一緒に、絶頂してしまうけど…そしてあなたが、もう一度絶頂し、二人のパワーを集約して、フルパワーであの地下水脈を破壊するの」
レイナがオナニーで生み出したエネルギーを受け取り
さらにリリィ自身も絶頂して2人分のビームを放つ本作品らしい攻撃方法です。
物語の山場ということで効果音もこれまでより力強いものが使われてました。
終盤には1分30秒間に5回連続で絶頂する描写があったりと最もハードに仕上がってます。

このように、作品独自の要素をいくつも組み合わせた重厚なエッチが繰り広げられてます
熱中できる作品
物語の主人公になった気分で聴ける楽しくて気持ちいい作品です。

ナレーターは聴き手がリリィと心身を一体化してこのお話を聴けるように
通常よりも長めの時間を割いてそのあらすじや背景を語りながらじっくり催眠誘導し
その後は改造手術、エネルギー充填、訓練、本番とひとつずつ順を追う形で色んなエッチをします。
そしてその多くで効果音や固有の演出を使用し臨場感と没入感を出します。

セクサリオンと呼ばれるサイボーグになり地球を救う壮大なストーリー
その物語を楽しみながらリリィ自身になりきるドラマ性の高い催眠
機械や陰獣を相手にとんでもない回数絶頂させられる極めてハードなエッチ。
サークルさんが過去作で培ってきた知識・技術・経験をふんだんに盛り込んだ催眠ボイスドラマになってます。

レイナ「ね、リリィ、一緒になろ?心だけじゃなく、肉体も一緒になって、そして、出来れば
リリィが人間ではなくなってしまう展開やエッチの責めっぷりだけを見れば割と過酷な内容です。
しかしレイナの存在がそれを適度に和らげてくれてます。
「彼女のためなら頑張れる」という強い想いがあるから暗さや重さはさほど感じません。
その努力が報われるシーンもあったりと甘い部分も持ってます。

あとは没入感が凄まじいです。
セリフの言い回しが上手だからなのでしょうけど、聴けば聴くほどリリィになった気分が強くなります。
彼女の心情に合わせて喜んだり悲しむ人が普通にいるのではないでしょうか。
私は2回に分けて聴いたのですが、どちらも特にダレることなく最後まで楽しめました。

エッチは特殊な音と暗示を組み合わせて気持ちを盛り上げたり絶頂するのを繰り返します。
実践形式で徐々に慣らすので後のシーンになるほど体が反応しやすくなります。
グロい描写もほとんどありませんしM~ドMの人なら誰でも聴けるでしょう。

後編の絶頂シーンは23回。
効果音大量、淫語それなり、喘ぎ声そこそこ、ちゅぱ音ごく僅かです。

以上を踏まえてサークルさんでは8本目の満点とさせていただきました。
おまけは導入解除追加音声と差分です。

CV:井上果林さん
総時間 8:26:39(本編…4:22:29 おまけ…4:04:10)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2019年1月11日の24時まで20%OFFの960円で販売されてます。

セクサリオン・リリィ【催眠音声】

サークル「Hypnotic_Yanh」さんの催眠音声作品(男女両用)。

今回紹介する作品は、とある事情で破滅の危機を迎えてる地球を救うために
セクサリオンと呼ばれる少女になりきって大変ハードなエッチを体験します。

独自のストーリーを語りながら彼女との一体感を高めていったり
様々な機械で責められ何度も絶頂する様子を技術と音を駆使して主観的に伝えるなど
物語の世界にどっぷり浸かり気持ちよくなれるようドラマ性を持たせてゆっくり丁寧に進めます。

本編だけでも4時間20分以上あるため前編(01~08)、後編(09~16)の2回に分けてお送りします。
地球を救う力の源は…
セクサリオン・リリィになって核廃棄施設を封印しに行くお話。

「時に、西暦2029年。地球は今、最後の時を迎えようとしてた」
ナレーターはトーンが低いクールな声の女性。
この物語の背景を簡単に説明してから主人公のリリィに関する物語を始めます。

本作品はあと10年もすれば全生命が滅亡してしまう世界を舞台に
リリィという名の少女がそれを阻止しようと頑張る様子を彼女の視点で楽しみます。
コアポイント、セクサリオンなど作品固有の名詞がいくつも登場するため
音声を聴く前に付属のテキストを読んでおいたほうが掴みやすいと思います。
悲壮感漂うシチュですが内容は機械姦をテーマにしたエロ重視のものです。

また1人でも多くの聴き手が作品の世界にすんなり入り込めるよう
一般的な催眠音声よりもドラマ性を強く持たせて物語を進めます。
例えば一番最初のパートではリリィの先輩にあたるセクサリオン3号の作戦風景が描かれており
その次に始まる催眠誘導パートもストーリーや登場人物に関することを丁寧に語りながら催眠状態を深めます。
状況に応じて様々な効果音も鳴るため映画を観てるような没入感が得られます。

サークルさんの過去作だと「機械は無慈悲な夜の女王」「アクメノイド・イリア《催眠音声》」が最も近いです。
これらを聴いて楽しめた人にはかなり向いてると思います。
作中の絶頂シーンが合計45回と多く、その手段もハードなことからM性が強い人ほど満足できるでしょう。

今回紹介する前編部分だけでも体力をかなり消耗します。
それを踏まえてオプションで催眠誘導のショート版や途中休憩/中断用の音声も用意されてます。
4時間以上も集中力を持続させるのは難しいですし、皆さんにとって無理のない長さに分けて聴くことをおすすめします。

ちなみに冒頭で「男女両用」と書いた通り女性でも聴ける作りになってます。
声は常に女性なのですが性差を感じさせる描写は特になく
女体化も男性から女性に変えるのとは別の方法が使われてます。
没入感と一体感を高める催眠
通常の催眠導入はおよそ51分間。
仰向けに横になって軽いストレッチをし、それからナレーターの話に耳を傾けます。

「淡いピンク色の、真四角な部屋。外の世界とは完全に遮断され、出口も入り口もない、不思議な部屋」
「周りがスーッと、暗くなっていく。意識も、暗くなっていくように感じる。もう目を開けているのか、閉じているのか、分からなくなっていく」

ピンク色の空間で横たわってるレオタード姿の少女が誰か
どういう経緯でこうなったのかを語りながら、その子の視点で眠くなったり意識がぼやける暗示を入れます。
本作品は世界観やストーリーが非常に独特なので
その登場人物になりきるには諸々の事情をしっかり理解しておくのが重要です。
だからストレートに落とすのではなく、このように物語を読み聞かせるスタイルで進めます。
またピンクの部屋にいる時は振動を伴うゆったりしたBGMも流れます。

休憩を挟みながら少しずつ進めてくれますから
最初はピンと来なかったとしても徐々にその様子が頭の中に浮かんでくるでしょう。
非現実的な要素が多いからこそ、言葉と音を組み合わせてイメージ力を徐々に膨らませてくれます。

レイナ「あ、そういえば、リリィの首筋に○○があるよね? それ、私にも、あるんだ」
パートの中盤からはリリィがセクサリオンになるきっかけを作った
親友のレイナ(サンプル画像にも描かれてる赤い髪の女の子)が登場します。
2人は新体操教室の仲間であり、友達であり、恋人とも言える密接な関係です。
そんなキャラがこの物語にどう絡んでくるかを語りながら聴き手とリリィの一体感をさらに強めます。

このあたりからナレーターの呼びかけに対して頷く指示が出ますので
実際にそうしてみるとより自分がリリィになった気分に浸れるでしょう。
重要な部分だから自己暗示形式にして受け入れやすくしています。

「ベッドは、まるでエレベーターのように、音もなく下へ、下へと移動していく、スーッ、スーーーッと、体も、意識も、沈み込んでいく感じがします」
そして最後は生身の人間からセクサリオンに変わるためベッドごと別の部屋へ移動します。
エレベーターで下りる時は「すーっと」「落ちる」「沈む」
レイナとのキスは「意識がぼやけける」、手術の初期段階は「消えていく」といったように
実況する中に意識の力をさらに弱める言葉を盛り込み催眠状態を深めます。

私が聴いた時は割と早い段階から意識がぼやけ始め、後になるほど音声に熱中してる気分が強くなりました。
趣味に没頭して時間を忘れる時のあの感覚ですね。
普通にお話をしてるように見えるけど実際は言い回しにかなり気を配ってあります。

作品の世界に引き込みつつリリィになりきらせる独特な催眠です。
心と体の感覚をリリィと繋げることを目的に、深呼吸や脱力といった定番の技法は使わず
序盤から物語を順番に語り、その中で集中力やイメージ力が高まるように働きかけます。

ドラマ仕立ての誘導でその内容を詳しく話すと聴く楽しみがなくなってしまうと判断し
今回は大まかな流れや特徴を説明するだけに留めました。
物語が結構面白いので「この後どうなるんだろう?」とワクワクしながら聴けると思います。
催眠っぽさは薄いですけどセリフ単位で見ていけば色んなテクニックが込められてます。
ハードで気持ちいい改造手術
前編のエッチシーンは5パート77分間。
プレイはオナニー、乳揉み、キス、クリ責め、乳責め、アナル責め、おまんこ責め、レイナのオナニー、カプセル責めです。

オナニー、クリ責め、乳責め、アナル責め、おまんこ責め、カプセル責めの際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。

「あなたは、ふわふわ、ふわふわと、意識の海を、漂っています。そう、ここは、記憶の海、あなたと、レイナの思い出がいっぱい詰まったところ」
セクサリオンになることを自分の意思で決め、その改造手術を受け始めたリリィは
消えゆく意識の中でレイナに関するふたつのエッチなエピソードを思い出します。

エッチはリリィが人間からセクサリオンへと変わる過程や、その後のテストを耐え抜く中で様々な機械に責められます。
一番最初の「03奇妙な関係」は夢の世界でのお話(約12分)。
前半はレイナからもらったアイテムをオカズにオナニーし、後半は彼女の家で初めてのキスをします。

「あなたは両手で、自分の胸をまさぐる。(中略)気持ちいい。とっても気持ちいい」
リリィは元々内気な性格でなかなか友達ができませんでした。
だから自分と親しげに接してくれるレイナに友人以上の感情を抱いてます。
2人がとある要素で強く結ばれてるのもあります。
そんな背景を語りながらオナニーの気持ちよさを聴き手視点で上手に伝えます。

単なる女体化ならここまで掘り下げた描写をすることはなかなかないでしょう。
身も心もリリィになりきらせるために催眠パート終了後も引き続き丁寧に働きかけます。
プレイ自体はソフトですから彼女の内面やシチュこそが気持ちよくなれる要素です。

それが次の「04改造手術1」になると大きく変わります。
手術の責任者であるドクター(女性)が登場し、クリトリスを機械で重点的に責めて何度も何度もイかせます。
そしてだいたいの改造が終わった後、「06改造手術3」でセクサリオンとして最初のテストを受けます。
ドクターはナレーターとしゃべり方が若干違うものの声質はほぼ一緒です。

そしてここからは多彩な効果音で機械姦の様子をリアルに表現します。
右からはドクター、左からは無機質なオペレーターの声が流れ
バックで電子音、振動音、何かが弾ける音などを鳴らして感度を徐々に上げていきます。


改造手術1はバイブやローター責めに近いプレイですが、それ以降は作品固有のものばかりで個性が強いです。
言葉だとなかなか言い表しにくい音なので体験版を聴いていただくのが一番早いかと。
これらの音に釣られて気持ちよくなったり絶頂感がこみ上げてくる人は多いと思います。

ドクター「さあ、また強くなった。全身の神経にビリビリという振動が伝わる。快感が股間だけでなく、足先から脳天まで伝わる。全身の震えがますます激しくなる」
特に絶頂シーンはカウントに合わせてエネルギーが収縮し、0と同時に放出されるわかりやすい演出がされてます。
もちろん音だけでなく言葉によっても追い込んでくれます。
比較的短い間隔で何度も繰り返す流れになってるので
最初はイマイチしっくりこなかったとしても回数を重ねるにつれて徐々に慣れるでしょう。
機械姦のイメージにピッタリなハードで無慈悲なプレイです。

前編部分で最も激しいのは「08充填カプセル」(約23分)。
無事セクサリオンになれたリリィがエネルギーを充填するために卵型の機械に入ります。

「少し休みたい、休ませて…機械は、そんなあなたの感情を無視し、ただ淡々と、快感を与え続け、そして、あなたの体もまた、意思とは関係なく感じ続けるのです」
このプレイはリリィを気持ちよくするのが目的ではありませんから
彼女がどれだけ感じても100%になるまで責めは止まりません。
このパートだけで8回も絶頂シーンがあると言えばその過酷さがなんとなくわかると思います。

流れは肩たたきのような振動音が小刻みに鳴り始め、絶頂が近づくにつれてペースがどんどん速くなります。
そしてある程度経つとカウントが始まり、先ほどの音にエネルギーを充填するような音が加わり最後に弾けます。
これをノンストップで何度も繰り返すので複数回絶頂する可能性が十分あります。
私の場合もカウント開始に合わせて股間の筋肉がきゅーっと締まり、絶頂と同時に軽く爆発する感覚を何度も味わいました。

正直このパートだけでも結構疲れます。
しかし彼女はまだ本格的な任務に取り掛かってません。
この先どんな運命が待ち構えてるのか、そしてどのような快感を味わうのか。
そんな期待も抱かせてくれるのが催眠ボイスドラマの良いところです。

前編の絶頂シーンは22回。
効果音大量、淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声ごく僅かです。

おまけは導入解除追加音声と差分です。

後編へ続く…。
セクサリオン・リリィ【催眠音声】(後編)

CV:井上果林さん
総時間 8:26:39(本編…4:22:29 おまけ…4:04:10)


体験版はこちらにあります

追記
2019年1月11日の24時まで20%OFFの960円で販売されてます。

男の娘・コスプレセックス催眠

サークル「Hypnotic_Yanh」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、メイド服を身にまとってる可愛らしい男の娘が
催眠を使って一般男性にその素晴らしさを教えます。

男の娘になりきって男の娘とエッチするのが特徴で
催眠パートでは男女の性差を少しずつ曖昧にして男の娘化への抵抗心を削ぎ
エッチもフェラやアナルSEXを受けで行い男性とは別の快感を味わわせます。

メイド服を用意しておくとより楽しめます(無しでも可)。
今回は基本プレイのレビューをお送りします。
男の娘同士でイチャイチャ
男の娘に催眠をかけられ甘いエッチをするお話。

「では最初に、あなたが、催眠にかかりやすくなるための、準備が出来ているか、確認しましょう」
お姉さんは澄んでて落ち着いた声の女性。
作品のテーマや注意事項を簡単に説明すると
まずは数回深呼吸して心身を軽くリラックスさせます。

本作品は性別は男性だけど容姿や内面はほぼ女性な男の娘になりきることを目的に
挿し絵に描かれてるメイド服姿の男の娘がおよそ80分に渡るエッチな催眠を施します。
お姉さんは主人公と男の娘が出会うまでの6分程度を担当し
それ以降は男の娘がメインの語り手になり一対一でお話を進めます。

つまり男性同士で色々やるわけですがホモっぽさはまったくありません。
男の娘の声や態度が女の子にとても近いことや
催眠やエッチを通じて男女の性差を上手に取り除くおかげで風変わりなイチャラブ作品あたりに留まってます。
サークルさんが「どなたでもお楽しみいただけます」とおっしゃられてるように
アブノーマルな性癖を持ってる人はもちろん、ノーマルな人でも感覚の変化を楽しめます。

また今回紹介する基本プレイ以外にもメイド服を実際に着るパートや
うつ伏せのセルフスタイルで射精を目指すプレイも用意されてます。
後者はドライとウェット両方の絶頂を同時に迎える作りになってまして内容がなかなか濃いです。
男性から徐々に切り離す催眠
催眠はおよそ37分間。
お姉さんの声に合わせて数回深呼吸してから街中にいる自分をイメージし
そこで偶然出会った男の娘の家へ招待されます。

「僕の部屋、女子の部屋みたいなんで、ドキドキしてるのかも知れませんが、気にしないで下さいね。僕の趣味ですから。おにーさんも、嫌いじゃないでしょ? こういうの」
男の娘はやや中性的で可愛らしい声の女の子。
主人公にも自分と同じ男の娘になって欲しいと思いつつ
それに戸惑う彼の気持ちを尊重して無理矢理押し付けず魅力をアピールします。

催眠を使って変えるというよりは興味を引いて膨らませる感じのアプローチです。
会話形式で誘導を進めるので堅苦しさがなく、音声を聴いてるだけで自然と男の娘に対する抵抗心が薄れます。
ぼんやりした声や暗示の効果で意識のぼやけや眠気も強めに感じるでしょう。

「体が落ち着けば落ち着くほど、おにーさんは、もっともっと、素直になって、もっともっと、僕の事を、受け入れられるように、なりますからね」
部屋にあるベッドへ横になった後は目を瞑って再度深呼吸したり
添い寝してきた男の娘の体温を感じながら男女の境界をさらにぼかします。
ストレートにそう伝えることもありますが多くは彼との信頼関係を構築することに力を入れており
彼の言葉を受け入れやすくすることで男の娘になりきりやすい環境を整えます。

中盤あたりに今までとは違うことをするシーンがありまして
そのへんから男の娘に対する認識の変化を実感することになると思います。
催眠状態についてもシーンの後半に二段構えで深化させていて作りが丁寧です。

エッチを満喫する準備に専念してる凝った催眠です。
男の娘になることに対して前向きな気持ちにさせ、さらに男の娘とのエッチを受け入れる心を身につけることを目的に
街中で彼と出会い自宅で色んな話をする様子に技術を絡めて少しずつ誘導します。

アプローチの内容やセリフの表現をシーンによって微妙に変えてくるため
普通に聴いてる限りでは押し付けがましさを感じることはほとんどないです。
でも最終的には聴き手がきちんと男の娘の気持ちになってエッチできるようにできてます。
セリフごとに注釈を加えないと意図を上手く説明できないタイプの催眠なので
今回は普段よりもざっくり紹介させていただきました。

私が聴いた時は音声開始から10分後あたりからかなりの眠気を感じ始め
27分あたりで頭の中がどろどろに解ける感覚が味わえました。
男の娘化については主にこの後から始まるエッチで実感できます。
体は男、心は女
基本プレイのエッチシーンは3パート31分間。
プレイはハグ、キス、フェラ、アナルSEXです。

アナルSEXの際に効果音が鳴ります。
セルフはありです。

「服だけなく、下着までが、完璧に、女の子。それを身につけた事で、君は、今までにない幸福感に包まれている事を、感じます」
催眠を通じて主人公を自分と同じメイド服姿の男の娘に変えた男の娘は
引き続き体を密着させながらまずは軽いキスをします。

エッチはどのパートも彼がリードします。
一番最初の「前戯」パートは男の娘化のさらなる安定を目指したプレイ(約18分)。
ハグから始まりライトなキス、69の体勢によるフェラと少しずつ踏み込んでいきます。

「こうやって、君と僕が触れ合う事で、メイド服を着た男の娘同士が触れ合う事で、男子と女子の境目が、完全に、溶けて、流れて、どうだって良くなっている事に、君は、気付きます」
このパートはエッチの序盤に位置づけられてますが催眠色が結構強く
プレイを起点に男女の差をより曖昧にしたり、彼とのエッチに対する抵抗を削ぐアプローチが随所でされてます。
男の娘といっても男性同士ですから、そのへんに配慮してかなり慎重に進めてます。

「もっと舐めていいんですよ。もっと強く、舐めて、ほおばって、吸って、いいんですよ。そうすれはするほど、君は気持ちよくなり、快感が膨れ上がり、そして、僕に犯される準備が、出来るんですよ」
男の娘になったのを最も実感しやすいのはパート終盤のフェラでしょうね。
上に乗った彼が差し出すおちんちんを舐めて愛情を示します。
快感や幸福感といったプラスの感情を重点的に伝えてくれるおかげで一種の陶酔感が味わえました。
シチュは割とアブノーマルですけど雰囲気は本当に甘いです。

続く2パート13分間はお待ちかねの絶頂シーン。
「セックス1」は単発、「セックス2」は連続とスタイルを変えて合計6回の絶頂を目指します。

「ほら、もっと感じて。僕と君は、やっと、心も体も、繋がったんですよ。大好きですよ。大好き大好き」
アナルとはいえ文字通りひとつになれたことに幸せを感じつつ
愛の言葉を何度も投げかけるイチャラブ系のプレイです。
セックス1の中盤以降は男の娘が切ない声を上げ始めたりと前戯よりもエロに寄せてあります。
最後のカウントに合わせておちんちんの根本やアナル周辺が何度もヒクヒクしました。

それに対してセックス2はカウントの回数を大幅に増やし
休憩をほとんど挟まずに絶頂を繰り返すハード路線の責めが味わえます。
これまで十分過ぎるほどの準備をしてきただけあって、ドライ慣れしてる人なら結構体力を消耗するのではないでしょうか。
基本プレイの中では最もサークルさんらしさが出てるパートだと思います。

このように、甘い雰囲気で激しくイかせる落差を持たせたエッチが繰り広げられてます。
珍しい切り口の作品
主人公だけでなくパートナーまで男の娘で揃えたチャレンジ精神旺盛な作品です。

男の娘は主人公にその魅力をたっぷり体験してもらおうと
催眠を通じてまずは心を普段の自分と切り離し、エッチもその路線を維持しつつドライオーガズムへ導きます。
そしてこれらすべてをより多くの人が受け入れやすく感じるように優しく優しく行います。

男の娘になりきって男の娘とイチャイチャする奇抜なシチュ
男の娘に対する印象操作を徹底的に行う催眠、快感と幸福感の両方を与えながら何度もイかせるエッチ。
男性同士から連想される悪い要素をとことん排除したサービスに仕上げてます。

男の娘はこのところ催眠音声でもちょこちょこ取り上げられ始めてるジャンルです。
有名どころだとEs_Labさんの「MSOT.」シリーズがありますし
他にもしりあるヒプノさん、風呂井戸ソフトさんなど女体化系のサークルさんが手がけられてます。
ただこれらの殆どは女性相手にエッチする形式で男性同士は本当にレアです。
だからこそここまで一歩ずつ丁寧に誘導するのでしょう。

一番面白いのは男の娘を相手にエッチしてもまったく嫌な感覚を抱かないことです。
音声だから声や態度だけだと女の子とまったく変わらないのもあるのでしょうけど
エッチシーンのキス、フェラ、アナルSEXあたりの印象が素の精神状態の時とまるで違います。
特にアナルSEXは快感の起点がおちんちんとアナルの両方になるのでより強く感じます。

私個人はこの手の性癖を持ってる人よりも普通の人にこそ聴いてほしいです。
嗜好が元々ある人はこういう作品を楽しめるのがある意味当たり前なので
そうでない人のほうが驚きや快感の違いといった面白さを実感しやすいと思うのです。
サークルさんもそのへんを見越してイチャラブ系のエッチにしたのではないかなと。

基本プレイの絶頂シーンは6回。
淫語とくちゅ音そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声ごく僅かです。

一歩間違えば大崩れしそうな素材を上手に料理してる作品です。
おまけはフェラです。

CV:綾瀬桂吾さん
総時間 1:37:51(基本プレイは1:20:04 おまけ…00:50)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

アクメノイド適合検査

サークル「Hypnotic_Yanh」さんの無料の催眠音声作品(男女両用)。

今回紹介する作品は、アクメノイドと呼ばれる特殊なパイロットになるための適合検査を
催眠の技術を使ってリアルかつエッチに疑似体験させます。

様々な音と暗示を組み合わせてアクメ(ドライオーガズム)へ導くのが特徴で
小刻みな振動音、水滴の落ちる音、パルス音などシーンによって異なる音を鳴らしながら
それを受けるとどうなるかを聴き手視点で伝えて少しずつ確実に性感と絶頂感を高めます。
時間は短いですが体力をそれなりに消耗するので、休日など余裕のある時に聴くことをおすすめします。
ハードで気持ちいい検査
催眠をかけられてからアクメノイド適合検査を受けるお話。

「それでは、部屋の電気を消し、周囲を出来る限り暗くして、布団かベッドの上に、仰向けに横になって下さい」
お姉さんは淡々とした口調で話す穏やかな声の女性。
音声を聴く際の注意事項を簡単に説明すると
部屋の環境や姿勢を確認してからどこかをぼーっと見つめるように言います。

本作品は2016年9月に発売された「アクメノイド・イリア《催眠音声》」の外伝。
異星人の侵攻に対抗する組織「IPTO」の自動実験管理装置が
およそ35分に渡って催眠を交えた比較的ハードな機械姦をします。
本伝を聴いてたほうが楽しめるのは間違いないですが本作から聴いても特に問題ありません。

このシリーズが持つ大きな特徴は音を使って感覚を操作すること。
今回行う検査には合計4つのステップがあり、状況に応じて使用する音を小まめに変えて雰囲気を出します。
現実世界ではなかなかできないタイプのプレイなので
言葉で逐一説明するよりもイメージ力を自然と膨らませる方向でサービスを組み立ててます。
特に絶頂シーンは演出にかなり力を入れてますから、音につられて何かがこみ上げてくる人が結構いると思います。

もうひとつの特徴はとっつきやすさ。
機械姦から連想される冷たさや無慈悲さを徹底的に排除し
聴き手がやる気と没入感を持続しながら音声を聴けるよう優しくリードします。

「無論、途中で気持ちが悪くなったり、苦痛を感じるようなら、いつでも申し出て下されば、検査は中止致します」
「そしてその先には、普通の人間が絶対に味わえないアクメ、強烈な絶頂快感が、待っているんですよ?」

彼女は少なくとも作中で彼に無理矢理何かをやらせることはありません。
検査を受けることに対する恐怖を和らげたうえで、その先にとてつもない快感が待ってると告げます。
実際のところ短時間とは思えないほど気持ちよくなれますし
こういうシチュを受け入れられる人ならマイナスの感情を抱くことなく最後まで聴けるでしょう。

催眠はおよそ7分間。
目を開けたまま横になり、どこかを見つめながら彼女の言葉に耳を傾けます。

「胸や、背中、お尻の力も抜くことで、首から下の、すべての力が抜け、とっても楽に、体を横たえた状態になります。とってもリラックスした、心地よい状態になります」
「こうやって、我慢すればするほど、あなたは目を閉じた時に、より一層、心地よくなれます。より深い、深ーーーい、意識の底まで、落ちる事が出来ます」

全身を下から上に向けて流す感じに脱力したり
瞼の重さを感じさせながらカウントを数え、さらに催眠が一気に深まる暗示を入れるなど
サークルさんでは珍しく古典催眠の技法をベースにさっくり誘導します。

時間が短いのでさすがに初心者向けとまでは言いませんが
技術の使い方や暗示の入れ方/表現方法が的確で慣れてる人ならあっさり入れます。
検査の序盤にもさらに深化させるシーンがありますから催眠状態の維持もそれほど難しくありません。
数多くの名作を制作されてるだけあって、限られた時間の中でやるべきことをきっちり捉え実行してます。
音を活用したユニークなエッチ
エッチシーンは22分間。
プレイは向精神薬の投与、アクメスーツ起動、電磁パルス照射です。

すべてのプレイでリアルな効果音が鳴ります。
セルフはありません。

「君に、今日ここに来てもらったのは、もう分かっていますよね? そう、君は晴れて、アクメノイド、一次スクリーニングテストに合格しました」
お姉さんの催眠を受けて快楽の世界に到着した主人公は
そこにいる自動実験管理装置「A013」から今回行う検査の概要を教えてもらいます。

エッチは機械姦ということで一方的に責められ続けます。
前半の11分間でするのはアクメを迎えやすくする準備。
ステップ1では向精神薬「A11」を投与してもらって精神安定と興奮促進を図り
ステップ2で着用してるアクメスーツを起動させて先ほど生まれた快感を凝縮させます。
声のトーンや催眠部分最後のセリフからお姉さんとA013は別人と判断しました。

「快感レベルとは、君の体の快感を指し示すもの。これが10になると、全身の快感が暴走し、アクメします。その感覚は、君が今まで味わったこともないような、鮮烈な感覚となるでしょうね? 良かったですね?」
男女がする一般的なエッチとはまったく違うことをするので
このシーンでは具体的に何をするかやそれによってどんな感覚が得られるかをわかりやすく説明します。
彼女以外にもバックでオペレーションボイスが登場し
そちらは感度の上昇具合やカウントなど進行状況に関する報告役を務めます。

淫語、ちゅぱ音、喘ぎ声といった直接的なエロ要素は一切出てきません。
諸々の効果音と暗示の力だけで絶頂へ追い込む催眠音声ならではのプレイです。
私がここを聴いた時は肌がなんとなくピリピリする感覚がしました。

続く後半は本題のアクメを決めるシーン。
ステップ3は「チュイーン」という鋭い電子音と共に電磁パルスを何度も照射し
ステップ4はその間隔を大幅に縮めて5回連続のアクメに挑戦します。

「またカウントが始まった。さっきアクメしたばかりなのに、またアクメの準備を始めてしまう君の体。そしてすぐにそれは… くる! くる!! アクメがやってくる。連続のアクメで全身が硬直する」
オペレーターがカウントを数え、それに合わせてA013が追い込む暗示を入れ
さらにバックの効果音が徐々にせり上がっていく連携の取れた責めを繰り出します。
これらを組み合わせて「もうすぐ絶頂するぞ」という雰囲気を作ってくれるので
カウントが0に近づくほど自分の心や体が変化していくのを実感するでしょう。

特にステップ4は30秒~1分程度の短い間隔で絶頂指示が出るハードな内容です。
このシーンを聴いてる時は股間の筋肉がずっと締まっててちょっと大変でした。
そして絶頂指示が出るたびにそれが少し緩み、代わりに軽く爆発する感覚が襲ってきます。

これだけ立て続けだと人によってはマルチプルオーガズム(絶頂中に絶頂する)を体験するかもしれませんね。
本伝の魅力をそのまま受け継ぎ短時間でも満足できるものに仕上げてます。

このように、機械に何度もイかされる様子をリアルかつハードに描いたエッチが繰り広げられてます。
密度の高い作品
催眠、エッチいずれもコンパクトにまとまってる良作です。

お姉さんはIPTOが行ってるアクメノイドの適合検査を主人公に楽しんでもらおうと
催眠誘導は必要最低限まで削り、その分エッチのほうを充実させます。
そしてエッチは特殊な効果音やオペレーターのセリフで検査してる雰囲気を出します。

世界を救うために何度もイかされる面白いストーリー
短時間ながらもキレのある催眠、本伝の持ち味を活かした音重視のエッチ。
男性はもちろん、女性でも普通に聴けるサービスを行います。

中でもエッチは性的興奮をダイレクトに刺激する要素がまったくないのに
彼女の言葉や音を聴いてるとなぜかこみ上げてくる不思議なプレイです。
演出面が大変優れており本当につられてイかされる感覚が味わえます。
時間の短さも含めてドライ未経験者が練習するのに向いてると思います。

絶頂シーンは6回。
効果音それなり、淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声はありません。

CV:VOICEROID2 結月ゆかりさん
総時間 37:50

https://ci-en.jp/creator/1321/article/2808
(DLsiteかCi-enへの登録とサークルさんのフォローが必要)

↑このページのトップヘ