同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:HypnoLifeforMEN

   ● ヒプノポリネシアン~BlueHeaven~(再レビュー)
   ● 催眠音声~こたつ彼女~
   ● Hypno parallel room~ヒプノパラレルルーム~
   ● 猫耳っ娘とニャンニャンしちゃう催眠音声
   ● 雨恋~misty drop~
   ● 偏愛主義彼女~yandere lover~
   ● ヒプノポリネシアン~BlueHeaven~


ヒプノポリネシアン~BlueHeaven~

サークル「HypnoLifeforMEN」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第19回目は声も態度もあまあまなお姉さんが
旅行先のホテルで大好きな人とまったりしたエッチを楽しみます。

ポリネシアンセックスを題材にしたエッチが最大の魅力で
1日目はキス、2日目は耳舐めと1日ごとに別の部位を責めてまずは心と体を盛り上げ
それから最後に深く繋がり強い快感と幸福感を二人で一緒に味わいます。

今回はノーマルバージョンを聴いてのレビューをお送りします。
恋人とする最高のエッチ
恋人とポリネシアンセックスをするお話。

「うふふっ 待ってよー ちょっとー 待ってってばー」
恋人は明るくてお淑やかな声のお姉さん。
海辺で主人公と二人きりの休暇を楽しんでる最中
遊び疲れた彼にホテルで安眠できる催眠をかけてあげます。

本作品はタイトルにもなってるポリネシアンセックスをテーマに
彼女と5日間に渡るスローペースのエッチに取り組みます。

ポリネシアンセックスは名前の通りポリネシア地方に伝わる伝統的なエッチで
最初の4日間はお互いの性器に一切触れず性感を高めるプレイを続け
興奮と我慢の限界に達したところで挿入し、ゆっくり刺激を与えて絶頂へと上り詰めます。

本作品でもそれに合わせて1日目~4日目はかなりソフトなプレイをしますから
聴いてる最中は股間を中心にもどかしく感じる人がそれなりにいると思います。
そして最後の瞬間にはそれらをすべて吹き飛ばすレベルの強烈な快感が味わえるでしょう。
作中では日を分けてますが実際に聴くときは通しで大丈夫です。

「好きだよ 大好き こうして二人きりでずっと抱き合っていられる ずっと君のことだけ考えていられる これってとっても幸せなことだよ」
エッチの相手を務める彼女の存在も重要なポイント。
音声の最初から親しみを感じる態度で接し、プレイ中は愛の言葉を何度も投げかけて心を温めます。
そしてこちらの気持ちを代弁するかのように切なそうな表情をしたり
最終日のSEXシーンでは溜まりに溜まった性欲を発散しようと艶かしい喘ぎ声やイキ声を漏らします。

催眠音声では術者がエッチに直接参加することがあまりなく
その結果エッチシーンにおける雰囲気がやや淡白になる傾向が見られます。
しかし本作品では恋人が術者も兼任し聴き手と同じ目線でエッチを楽しむおかげで
キスや耳舐めをする際にはそれぞれに適したちゅぱ音を多めに鳴らします。

スローなエッチをするからこそ興奮を維持できるように雰囲気をエロくしてるわけです。
一体感のある描写も多く彼女の存在を近くに感じながらエッチを聴くことができます。
「彼女と一緒に」ポリネシアンセックスを楽しむ作りになってる点も大きな魅力です。
自然物を活用した癒し効果抜群の催眠
催眠は3パート31分ほど。
一番最初の「導入」は浜辺からホテルの部屋に戻って寛ぐシーン。
窓を開けて波の打ち寄せる音に耳を傾けながら彼女が話すイメージを思い浮かべます。
ちなみに波の音は音声の冒頭から催眠終了時までほぼずっと流れ続けます。

「波で刻々と変わっていく海を眺めるのも楽しいし 深呼吸をするように 空気をいっぱい吸い込むと 暖かい風と 潮の香りが胸いっぱいに広がって 清々しい気分になれる」
「全身からは力が抜けて ちゃぷん ちゃぷん ゆらゆら ゆらゆら とってもい気持ち」

彼女は故郷が港町とのことで小さい頃に過ごした海の様子を懐かしそうに語ります。
青い空、白い雲、広い海、心地いい波の音。
夏の海から連想される風景の中にリラックスできる暗示を込めて癒そうとします。

本作品は恋人たちが旅行先でのんびり過ごす様子をできるだけ崩さないように
「これから催眠を始めます」といったことを一切言いません。
暗示も会話調にしたり表現を和らげて催眠っぽさを適度にぼかしています。

「聴いてるうちに気がついたらとても眠くなってた」という体験をする人がきっといるでしょうね。
女性向けでも大活躍されてるサークルさんなだけあって催眠のレベルが高いです。
バックで流れ続けるリアルな波の音も相まって強烈な眠気が襲ってきました。

「ちゃぷん ちゃぷん 両方の爪先から すーっと力が抜けていく」
続く「導入追加分」は被暗示性が低い人に向けた保険。
全身を海に浮かべるイメージをしながら下から上へと脱力感を広げます。
催眠音声でよく使われる分割弛緩法を本作品なりにアレンジした感じです。
前のパートだけでも十分リラックスできるので無理に聴く必要はないと思います。

「安らかな眠りのように 穏やかな眠りのように 潜っていくにつれて 少しずつ眠気が増していくのを感じられるかもしれないし 気づかないうちに 意識が遠のいてしまうかもしれない」
そうやって暗示を受け入れられる準備が整ったところでいよいよ催眠状態をさらに深めます。
ここでは海に沈むイメージから「深く」「沈む」「潜る」といった深化を促す暗示を入れるのに加えて
聴き手をストレートに眠らせる暗示を小まめに入れてくるのが大きな特徴です。

所謂「寝落ち」を意図的に誘発するアプローチですね。
仕事などで疲れた後に聴いたら相当眠くなるのではないでしょうか。
この時点では本題のポリネシアンセックスにまだ触れず、彼を癒すことに専念しています。

二人がいる場所や状況を上手く活用した大変癒される催眠です。
聴き手を眠らせ、尚且つ恋人の言葉を素直に受け入れられる心にすることを目的に
イメージを通じて癒しの暗示を入れたり、海に浮かんだり潜る様子を通じて意識の力をさらに弱めるなど
人間なら誰もが癒しを感じる自然物を用いて効果的に催眠状態を深めます。

ゆったりと打ち寄せる波の音だけでもかなり癒されますし
彼女の思いやりに満ちた声や態度にも心温まるものを感じます。
寝落ち率の高い内容なのでエッチを楽しみたい場合は寝る前に聴くのは避けたほうがいいでしょう。
使用するイメージがどれも大衆性の高いものですし、催眠の経験が浅い人でも心地いい感覚が味わえると思います。
適度に焦らしつつ絶頂へ
エッチシーンは5パート51分ほど。
プレイはキス、耳舐め、乳首責め、全身舐め、素股、手コキ、フェラ、SEX(騎乗位)です。

素股、手コキの際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。

「今日は初日だから キスだけ 唇だけで 気持ちよくしてあげるね」
眠りから目覚めた主人公にポリネシアンセックスを提案した恋人は
手始めに熱いキスで彼の興奮と性感を高めます。

エッチはどのパートも彼女がリードする形で進みます。
1日目にするのはキス。
最初は軽く唇を触れるソフトなもの、少し経つと舌を絡めるハードなものへと変化させ
それぞれに合ったちゅぱ音を多めに鳴らしてエッチな気分を盛り上げます。
ちなみに1日目から3日目まではちゅぱ音のボリュームがさらに増したロングバージョンもあります。

「裸でこんなことしてると 体が火照ってきちゃうね」
彼女はエッチにとても積極的な性格で、普段のお淑やかな声とはやや違う下品な責めをよくします。
そしてちゅぱ音の合間にキスの感覚や彼女の温もりを伝える暗示を軽く入れます。

催眠音声の中では暗示が少なめのエッチですが
雰囲気がしっかりしてるので途中で解けた感じはまったくなく
むしろ股間を中心にムズムズした感覚がどんどん強くなるのを感じました。

2日目から4日目までも焦らし系のプレイが続きます。
2日目は耳舐め、3日目は乳首責め、4日目は耳&乳首舐めと内容を切り替えつつ
プレイの様子を実況したり愛の言葉を投げかけてSEXへの期待をさらに膨らませます。

「好き 大好き 今すぐに入れちゃいたい」
プレイだけを見ると意地悪に思うかもしれません。
ですがもどかしい思いをしてるのは彼女も一緒で、プレイ中に時々切なそうな表情を見せます。
「彼女も我慢してるのだから頑張ろう」という気持ちにさせてくれる本作品らしいアプローチですね。
エッチを通じて彼女との一体感や信頼関係も高めていくからこそ最後の絶頂が大きくなるわけです。

最後の5日目はお待ちかねのSEX。
ここでも前半は全身舐め、手コキ、フェラで心と体をぎりぎりまで温めてから
一気に挿入し二人同時の連続絶頂を目指します。

「あぁっ 硬くてすごく熱いよ」
4分~12分で終わってた4日目までとは違い20分近くの時間を用意し
素股や手コキではにちゃにちゃしたいやらしい効果音を
フェラでは「ずびゅぶぶぶぶぅ」という激しいバキュームを含んだ今まで以上に下品なちゅぱ音を鳴らします。

「現実世界でやったらここで間違いなく射精するよね」と思えるくらいに激しい責めです。
プレイのイメージもしやすくおちんちんがずっとビクビクしっぱなしでした。

「快感が膨らむ 膨らむ 弾けるっ イクっ イクっ イクっ!」
「波のように押し寄せる快感 何度も 何度も押し寄せては引いていく」

そして何より特徴的なのが最後におよそ3分間も絶頂を続けることです。
挿入後に感度強化の暗示で絶頂できる環境を整えてから言葉で何度も何度も追い込みます。
彼女の熱っぽくて切ない声や息遣いも一緒に絶頂してる感じがよく出ており
ポリネシアンセックスの醍醐味とも言える「深く長い絶頂」を上手に後押ししてくれます。

焦らしに焦らした後一気に爆発させる流れなのでかなり強い快感が得られました。
それでいて事後にさほど疲労を感じなかったのは性感をじっくり高めていったことや
オナニーとは違い彼女と一緒にエッチしてる気分を満喫できたからだと思います。

大好きな人と心身をしっかり繋ぎ合わせて一緒の絶頂を目指す。
テーマやシチュを大事にしつつエロさもある充実したエッチが繰り広げられてます。
心も体も満たされる作品
個性と実用性を併せ持つドライ系の名作です。

海の見えるホテルで恋人にあたる女性と5日間を二人きりでまったり過ごし
その中で普段だとなかなかできないタイプのエッチをして親密度をさらに高めます。

他人行儀なところがまったくなく最初から最後まで親身に尽くしてくれる彼女のキャラ
そして聴き手を物語の世界に引きこみ徐々に気持ちよくする催眠とエッチ。
作品を構成するありとあらゆる要素がしっかり噛み合っており
癒しと没入感を味わいながら最終目的の絶頂へと押し上げてくれます。

本作品の最も優れてる部分は焦らし方だと思います。
ポリネシアンセックスなら女性が常に責め続けるプレイスタイルでも無理なく受け入れられますし
最中にエッチな音を鳴らしつつ励ましたり彼女自身の気持ちを伝えることで性感と我慢の両方を維持できます。

「あぁすごい 熱くて溶けちゃいそう 君のおちんちん 今までないくらい熱くなってる」
特に後者はエッチしてる相手の存在を身近に感じさせるのにも役立ってます。
M寄りのプレイを色々工夫してノーマル向けにアレンジしてる、とでも言えばいいのでしょうか。
ちゅぱ音や暗示とのバランスもある程度考えられていて絶頂を迎えやすいエッチと言えます。

エッチの前に行う催眠も相当に優れてます。
HypnoLife(HypnoLifeforMEN)さんは他の作品もそうですが催眠の柔軟性が非常に高く
物語の舞台や登場人物といった素材と技術を違和感なく組み合わせるのに長けてます。
寝落ちの懸念はありますがかなり深く入れるのも事実です。

絶頂シーンは最後に1回(連続絶頂)。
ちゅぱ音それなり(ロングなら多め)、淫語そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

幸せに包まれながら気持ちよくなれる作品です。
改めて聴いた結果前回より1点プラスし満点とさせていただきました。

CV:分倍河原シホさん
総時間 ノーマル…1:38:08 ロング…1:57:07

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

催眠音声~こたつ彼女~

サークル「HypnoLifeforMEN」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、人間の女の子の姿になったこたつが
日頃のご恩返しにあまあまな催眠とエッチをプレゼントします。

こたつ本来の機能ともいえる体を温めることに特化した催眠が特徴で
彼女はこたつに入るイメージを交えながら何度も何度も暗示を入れて
体が少しずつ温まり、気持ちよさを感じるよう導いてくれます。
その柔らかく温かい声も相まって寝落ちしたくなるほどの心地よさが味わえるでしょう。



ご主人様への温かい恩返し
こたつな女の子に体が温まる催眠をかけられてからエッチするお話。

「おかえりなさーい 失礼して 先にあったまってましたー」
こたつは明るくお淑やかな声の女の子。
帰宅した主人公を出迎えてから事情を説明すると
ご恩返しに自分の体で温めてあげます。

彼女は彼の家で使っていたこたつが擬人化した存在。
くる日もくる日も大事に使ってくれていることに深く感謝しており
今日は精一杯ご奉仕するために一晩限りでやってきました。

音声作品では同人側で最近ちらほら擬人化キャラが出てきたものの
催眠音声では私の知る限り他に思い当たる作品はありません。
そして彼女はその特性を生かして心や体が温まる催眠を施してくれます。
癒しや安眠の要素が非常に強い作品と思ってください。

催眠は3パート37分ほど。
まずはこたつに足を入れるイメージをしながら彼女の声に耳を傾けます。

「じわじわ ぽかぽか 温かい じわじわ ぽかぽか いい気持ち」
実際にこたつに入った時のように足元から少しずつ温かさを広げていくのですが
その際彼女は「じんじん」「ぽかぽか」などの擬態語を織り交ぜながら
リズミカルに暗示を入れて感覚を効果的に伝えようとします。

本作品ではこの先の深化やエッチでも意識的に擬態語を多く使う傾向が見られます。
おかげでちょっとした音楽を聴いている時のような心地よさを感じるでしょう。
序盤では特にお腹のあたりに温かさを感じやすいと思います。

続く2番目のパートで行うのは脱力。
腕、足、頭に部位を絞りそれぞれをいくつかのパートに分けながら
脱力感や心地よさを少しずつ強めていきます。
ちなみにここはオプション扱いですので飛ばすことも可能です。

「肩から力が抜ける だらーん だらーんとして 力が入らない」
「頭がぼーっとして 何も考えられない 頭がぼんやり してしまう」

事前に入念な前暗示を入れてから肩→肘→手のひら、といったように
1カウントごとにパーツ変えながらを長めの暗示を入れる丁寧な脱力で
既に適度な温かさを感じているのもあり
長時間正座をした直後のような感覚が麻痺している状態が味わえました。
頭のほうもこのあたりから眠気や意識のぼやけが感じられ初めます。

そして最後のパートは仕上げとして体の温かさをさらに強めながら
今度はそれを心へと移し、幸福感や心地よい気分で包み込みます。

「この脱力感に 頭が包まれるということは 何も考えられなくなるということ この声に すべてを委ねるということ」
「幸せ 私の声を聞くだけで 心の中がぽかぽかする」

最初のパートとの違いは温かさを感じる暗示を入れる一方で
彼女が自分の声にも心地よさを感じるように誘導してくることです。

温かいのは気持ちいい、彼女の温かい声を聞いているのも気持ちいい
だから彼女の言うことに従っているのも気持ちいい。
温かさや気持ちよさというプラスのイメージを持つ感覚を上手に使って
彼女はこの先のエッチで重要になる声への依存心を養っていきます。
テーマを上手に活用した流れるような催眠が光っています。

こたつらしさを出すために温感に特化したシンプルな催眠です。
事前に彼女自身の事情を説明しながらこたつのイメージを軽く呼び起こし
その温かさや心地よさを暗示を使って段階的に強めていきます。
催眠における温感や重感は比較的誰でも味わいやすい感覚ですし
時期的にまだ寒いのもあって多くの人が体の火照りを実感するでしょう。
主に手足、お腹、首周りあたりでしょうか。

また最中は「温かい」「気持ちいい」「力が抜ける」などの
リラックスを助長する暗示を非常に入念に入れてくることから
結構な確率で寝落ちすると思われます。
私も聴いてる時は眠くて眠くて仕方ありませんでした。

「さぁ おやすみなさい 意識の 奥深い場所へ 深く深く 沈んでいきます」
彼女も意図的に眠らせようとするセリフを何度も投げかけてきます。
ですから寝る前にここだけ聴く、という使い方も大いに有りです。

またオプション扱いの第2パートについては
やはり聴いたほうが脱力感は強くなります。
ですがその一方で眠気がより強くなる可能性もあることから
他の作品でよく寝落ちする人は聴かないのが無難です。
聴かなかったとしても中程度くらいの深さまではいけるのではないかなと。
相当に意識がぼやけます。



温かさをエッチな熱へと変えながら
エッチシーンは3パート21分30秒間。
プレイは足コキ、キス、性器の相互愛撫、乳首責め、SEX(騎乗位)です。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「よーし 少し エッチないたずら しちゃいましょうか」
催眠を使って主人公を眠らせたこたつは
しばらく後に彼を起こそうとおちんちんに手を伸ばします。

エッチは寝起きでぼんやりしている彼に彼女がご奉仕する形で進められます。
時間が催眠の半分程度と結構短くなっているのですが
彼女の温もりや2人の仲の良さやが感じられるあまあまなプレイが多く
引き続き心と体をぽかぽかにしたまま気持ちよくなれます。

一番最初に行うプレイは足コキ。
事前に感度を上昇させる暗示を入れてからこたつ越しにおちんちんをいじります。
手でなく足にしているのは物理的に届かないからでしょう。
その証拠にM的な要素はほとんどありません。

「温かいと感じるたびに 何ともいえない気持ちよさを感じちゃう」
「びくんっ びくんっ 温かいのが気持ちいい」

ここでは彼女がエッチの下準備として
催眠で生まれた温かさをエッチな熱へと変えて感度を高めようとします。
ぽかぽかがチリチリに変わる、とでも言えばいいのでしょうか。
結構はっきりわかるくらいに顔などがカーッと熱くなってきます。
催眠パートでは穏やかだった彼女の声もエッチに入ると一気に力強くなります。

雰囲気とエッチな気分の両方が最も盛り上がるのは最後のSEXシーン。
ベッドではなくこたつの上に寝た彼に彼女が跨る体勢でひとつになります。

「ほら お互いの蜜を絡めると 熱が増して 快感 興奮も 増していく」
ここでは2人が一緒に気持ちよくなることを意識させるセリフが多く
彼女の熱を帯びた声につられて絶頂感が高まるのを感じるでしょう。
幸福感や充実感を伴った絶頂を味わうことができます。

このように、擬人化少女との愛のあるエッチが繰り広げられます。



癒しや安眠に最適な作品
時間的にも内容的にもエロより癒しの成分が強い作品です。

こたつな女の子がそのキャラにぴったりな温かい催眠をかけてくれます。
催眠音声で温かさを感じさせるのは結構定番なのですが
ここまで絞りに絞って暗示を入れ続けてくれる作品は珍しいです。
聴く前と後で自分の心や体の温度差がかなり実感できます。
心を温めてくれるコンセプト的にも癒し目当てで聴くのが一番です。

「私はこたつですよ いつでもあなたのそばにいます」
こたつはおそらく次の日になったら元の姿に戻るのでしょうけど
そんな寂しさにはほとんど触れずに最後の最後まで癒し続けてくれます。
擬人化と言っても内容は人間の女の子とのエッチとほとんど変わりませんし
女性に尽くしてもらいたい人なら誰でも聴けます。

対するエッチについてはそもそもの時間が短いことに加えて
主に2人が一緒に気持ちよくなるシーンにおけるアプローチに疑問を感じます。
というのも、彼女は相互愛撫やSEXシーンでも感覚操作の暗示を入れ続けることが多く
彼女自身が感じたり乱れることはあまりありません。
その結果何やらこちらだけが気持ちよくなってしまっているような印象を受けるのです。

フェラや手コキといった女性が男性を責めるプレイならこれでも良いと思います。
でもお互いがお互いを気持ちよくするプレイの場合
女性側が気持ちよくなっているところも同じくらい力を入れるのが自然でしょう。
特に本作は心と体の一体感をエッチの一つのテーマに据えていますし
彼女が喘いだり感じているところをもう少し聴きたかったです。

絶頂シーンは相互愛撫で2回連続、SEXで1回です。
淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声いずれもごく僅かです。

催眠は非常に良かった反面エッチがパワー不足に感じたことから
今回は以下の点数とさせていただきました。
何度も言っているように癒しの効果は抜群ですので
それ目的で聴くのならきっと満足していただけます。

CV:分倍河原シホ(彩瀬ゆり)さん
総時間 1:22:17


オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

Hypno parallel room~ヒプノパラレルルーム~

サークル「HypnoLifeforMEN」さんの催眠音声作品。

今年に入って4作目と精力的に活動されている同サークルさんの今回の作品は
現実とは違う不思議な世界に住むお姉さんに導かれて心身をリフレッシュします。
仮想世界での出来事を想定してイメージを作品の根幹に置き
聴き手がイメージしやすい環境を整えながらゆっくりと作品の世界に引き込んでくれます。

催眠音声ではあまり見かけない被暗示性のテストなども行ってくれますから
催眠に不慣れだったり自分の被暗示性を確かめたい人に特に向いています。



現実と虚構の狭間にある不思議な世界で
お姉さんに催眠をかけてもらってから一緒に気持ちよくなるお話。

「お目覚めですか? 急に起き上がらない方がいいと思いますよ」
お姉さんは可愛くてお淑やかな声の女性。
彼女の住む不思議な世界へと迷い込んできた主人公に対して
現在の状況やここがどんな場所なのかを説明してあげます。

本作品の舞台は彼女曰く「現実世界と虚構の世界の狭間にある空間」。
普通はたどり着くことのできない場所なのですが
仕事のストレスなど心身に何らかの問題を抱えている場合に迷い込んでしまうそうです。
そして今回の主人公はそれだけでなく性的な欲求も溜まっているため
それを開放するために彼女が催眠でリラックスさせてから相手をしてくれます。

催眠は3パート33分ほど。
まずは被暗示性のチェックとして2つの洗面器のような容器をイメージします。

「じわじわ じわじわと 左手が どんどん温かく 温かくなっていく」
「冷たい 冷たい 呼吸するたびに どんどん右手が冷えて 冷えて じんじん 痺れて 感覚がなくなっていく」

左の容器には温かいお湯、右は冷たい氷水が入っており
それぞれに手を浸しながら彼女に言われた通りの感覚をイメージしてみてください。
左手の方が妙に温かくなったような感覚を受けるでしょう。
今のような寒い時期だとジンジンとした痺れも感じるかもしれません。

イメージすれば感覚が変わることを聴き手に実感させることで
催眠をより受け入れやすい環境を作り上げてくれるわけです。
もちろん左手が全然温かくならなかったとしても気にすることはありません。
彼女の声に従って何かを実践するだけでも催眠にとってはプラスに働きます。

被暗示性チェックの直後に7分にも渡って全身のストレッチをするなど
催眠を本格的に行う前の下準備を入念に行ってくれるのが本作品の大きな特徴です。
催眠音声初心者をかなり意識した進め方ですね。

本格的な導入と深化はおよそ20分間。
目を瞑って呼吸に意識を向けながら彼女の声に耳を傾けます。

「ふわり ふわり ゆら ゆら 体が軽くなって 風船のように そのまま浮かんでいきそうなイメージ」
体の下の方から爽やかな風が通り過ぎるのをイメージしながら
心と体の両方の力をさらに抜いていきましょう。
被暗示性チェックやストレッチで体の方は適度にほぐれているでしょうから
その心地よさも手伝って頭の中がぼんやりする感覚が強くなってきます。

「ふわり」「ゆらゆら」などの擬態語を使ってセリフにリズムを作り上げているのもポイント。
彼女の声そのものに対しても気持ちよさを感じさせながら
この先の暗示をより受け入れやすくする準備を進めてくれています。

「深く 深く 深く 深く 入っていく 入っていく 入っていく」
「ゆらゆら ゆらゆら 自然に どんどん 深く入っていく」

そして最後はお馴染みのカウントを数えながら
「深い」「沈む」などの暗示を何度も何度も重ねてさらに深い催眠状態へと導きます。
数回に分けて段階的に進めてくれるタイプなので一気に落ちる感じはしにくいのですが
底なし沼にずぶずぶと飲み込まれていくような不思議な感覚が味わえます。
特に頭が後になるほど猛烈に重たく感じるようになるでしょう。

事前の準備で十分なリラックスと彼女との信頼関係を築いてから
主にイメージを絡めた暗示で少しずつ催眠を深めてくれる堅実な催眠です。
一番最初に催眠を行う目的や動機づけをはっきりとさせ
それから催眠とはどんなものかを実際に体験してもらう時間を設けるなど
聴き手にできるだけ催眠を楽しんでもらおうとする心遣いに溢れています。

他の作品の場合、本催眠がイメージ誘導のみだとパワー不足に感じるものなのですが
本作品に関してはこの入念な準備のおかげで割とあっさり催眠に入れます。
体を動かしたくなくなり、意識がぼやける感覚が少しずつ自然に広がっていきます。
初心者でも日常生活とは違った感覚を味わいやすいと思います。



エッチな音をたっぷり聴かせてくれるエッチ
エッチシーンは3パート合わせておよそ35分。
プレイはオナニー、キス、乳首舐め、性器の擦りあわせ、SEX(騎乗位)です。

性器を擦りあわせる時とSEXの際にリアルな効果音が鳴ります。(無しも選択可)
セルフ指示がありますが射精は行いません。

「それでは あなたの望みを 叶えさせていただきます」
丁寧な催眠で主人公を自分の声の虜にしたお姉さんは
彼の欲求不満を解消するために布団をはだけてその裸体を眺め始めます。

エッチは最初に暗示で感度を上昇させてから
オナニーを絡めたドライ連続絶頂や彼女とのSEXをします。
ちなみに本編は連続絶頂まででSEXはオプション扱いになっています。
(なぜオプションなのかは作中で彼女が教えてくれます)

「ぞくぞく ぞくぞく 頬が熱くなる 体が熱くなる 甘い 甘い熱に侵され いやらしいことしか考えられない」
一番最初の感度上昇パートは彼女の視線を感じながら
暗示を聴いて全身に少しずつエッチな熱を広げていきます。

彼女が敢えてストレートな淫語を使ってこないのでエロさはそれほどでもないのですが
催眠パートとはまったく違った力強い声とちょっとしたトリガーを聴いていると
私のように自然と勃起してくる不思議な体験をする人もいるでしょう。
トリガーに合わせて勝手におちんちんがピクピク反応することもありました。
エッチの下準備をしながら催眠の入り具合も確認できる面白いシーンです。

「私の声で 硬く勃起してしまった 恥ずかしい場所を 自分の好きなように 好きなだけいじって 感じてる顔を見せてください」
その後に行われる本格的なエッチは彼女に股を開いておちんちんを見せつけながら
自分の好きな強さ、好きなペースでオナニーを楽しみます。

ここでは先ほどまでの暗示重視だった展開とは打って変わって
彼女がキスや乳首舐めをしながらちゅぱ音をたっぷり聴かせてくれるのがいいですね。
上品さを漂わせながらもねっとりとした音が自然な興奮を誘ってくれます。
淫語を意識的に減らしているハンデをこちらで見事に補っています。

「脳が 快感で埋め尽くされる 体中が 快感で満たされる 快感でとろける とろとろにとろける」
そして途中で彼女にオナニーを停止する指示を受けてから
最後はお互いの性器を擦りあわせるプレイでドライ絶頂を目指します。
セルフで物理的な刺激を与えてからドライに移行する流れには疑問を感じるのですが
軽い連続絶頂を促すタイプである分、不慣れな人でも狙いやすいと思います。

このように、催眠と純粋なエッチの要素を併せ持つ濃密なエッチが繰り広げられます。



イメージの力を思い知らされる作品
仮想的な世界という素材を意識してイメージを大事にしながら
主に催眠的な感覚を楽しませてくれる作品です。

一番最初の被暗示性テストから始まり、催眠誘導やエッチにおいても
お姉さんは常にイメージすることの大切さやその効果を教えてくれます。
そういう意味では聴き手の素養に左右されそうな内容なのですが
イメージ力を膨らませるための準備やサポートを彼女がしっかりしてくれますし
イメージする内容もわかりやすいものばかりが選ばれています。
だから少なくとも何をすればいいのかがわからなくなることは無いと言えます。

中でも被暗示性のテストとストレッチのパートが非常に印象的でした。
正反対の感覚を交互に入れてその違いを実感させながら
「私も催眠にかかることができるのか!」という自信をつけさせてくれます。
ストレッチもただ単に体を伸ばすだけでなくヨガのポーズを取り入れたりと
聴き手が効果的にリラックスできるような工夫がされています。

そういった催眠誘導でのきめ細かさが光る作品なのですが
後半のエッチはやや残念と言いますか、消化不良に感じます。
先ほど触れた途中までセルフなのにドライ絶頂するのがその最たるところです。

催眠の内容が初心者向けであることを考えても
比較的簡単に催眠オナニーを楽しめるセルフでのフィニッシュが妥当です。
すぐ後にドライ絶頂できる挿入パートが控えているなら尚更です。
射精してからドライに持って行くのは難しいと考えたのかもしれませんが
挿入パートはオプション扱いですから聴かない選択も可能です。

「私もっ イきますね んっ イクっ はうぅぅぅん」
ちなみにSEXは誓いのキスを交わしてからゆっくりと挿入し
ピストンをしながらお姉さんのエロ可愛い喘ぎ声が聴ける愛に溢れたプレイです。
割とオーソドックスですが要所できっちり感度が上がる暗示を入れてくれますし
絶頂のトリガーもカウントなのでドライ絶頂しやすいと言えます。
ちゅぱ音それなり、くちゅ音とそこそこ、淫語と喘ぎ声ごく僅かです。

首をひねる部分もありますが、催眠音声として優れたものを持っている作品です。
無料系をある程度聴き終えて有料にも挑戦してみようと思っている方や
ある程度聴いたけど自分の被暗示性に疑問を抱いている人などに特にお薦めします。

CV:分倍河原シホ(彩瀬ゆり)さん
総時間 共通パート…1:08:06 挿入パート…13:23


オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

猫耳っ娘とニャンニャンしちゃう催眠音声

サークル「HypnoLifeforMEN」さんの催眠音声作品。

こちらは元々女性向けとして発売された作品を男性向けにリメイクしたもので
献身的な猫耳っ娘がエッチな恩返しをしてくれます。
猫らしく「にゃ」を語尾につけた可愛いキャラが生み出すほのぼのとした雰囲気と
主に温かさを感じさせる穏やかな催眠によって心安らぐひと時が送れます。

エッチは催眠とはちょっと違ったアブノーマルな展開。
彼女に軽く変態呼ばわりされながら、おちんちんとお尻に熱さと気持ちよさを感じます。



この世で過ごす最後の一日は命の恩人と
猫耳っ娘と2人だけの世界へ行ってエッチするお話。

「お兄ちゃん お兄ちゃーーーん 起きて! 起きて!」
猫耳っ娘は明るく元気な声の女の子。
いきなりたたき起こされて驚く主人公をよそに
自分が何者でなぜここへやってきたかを語り始めます。

「何もおかしいことじゃないのにゃん わかったかにゃ?」
彼女は元々普通の猫だった関係で、猫ならではの可愛い語尾で語り掛けてきます。
催眠音声ではあまり見かけない珍しいキャラですね。

催眠は2パート27分間。
最初のパートは主にリラックスを目的として
軽く深呼吸をした後にちょっとした冒険をするイメージをします。

目の前にある光り輝く扉を開けて爽やかな風の吹く地へ入り
そこにあるトンネルをくぐって夢の世界へと進みます。
具体的な描写はそこまでしてきませんので皆さんの好きに思い描くのがいいでしょう。

「風を肌に受けると 気分がすーっと晴れて いい気持になるにゃ」
これだけだと単に移動するだけに思われるかもしれませんが
情景を描きながら心がスッキリする暗示を入れたり
トンネルの中では暗さやひんやりとした空気を感じさせたりと
イメージを通じてこちらが催眠に入りやすくなるように彼女は働きかけてきます。

「ずっとあいつらの声を聴いていると 意識を乗っ取られるから ダメにゃよ 私の声だけに 意識を向けるのにゃ」
途中で他の人物を邪魔者として登場させながら
彼女の声により集中できるよう誘導してくるところも面白いですね。
作中で「催眠」を一度も言わない催眠色を薄くしたタイプの作品ですので
あからさまに催眠っぽい表現を極力使わないように進めています。

「イメージするのにゃ ふかふかの ベッド 柔らかーい お布団」
2番目のパートは夢の世界に到達した後のお話。
疲れた体を休めるように2人でベッドに横になって心地いい気分を膨らませます。
前のパートとはまったく違った猫耳っ娘の穏やかでのんびりした声を聴いていると
そのまま寝落ちしてしまいそうになるほど意識が朦朧とするかもしれません。

暗示についても「ぽかぽか」を文頭に意識して多く織り交ぜながら
主に体が温かくなるように何度も何度も働きかけてきます。
ベッドで寝ながら聴いていたら当然それを実感しやすいですし
ベッドに吸い込まれていくような体の重さも感じることができるでしょう。

「私の声だけが 頭に響いていて 他の事は 何も考えられない 何も考えたくない」
そして最後の最後でカウントを数回刻みながら段階的に催眠状態を深めていきます。
ここまで聴いてくれば十分にリラックスできているでしょうから
眠りに入る直前の頭の中がとろとろになるような感覚が味わえます。
現実とは明らかに違う、まさに夢の世界ならではの感覚ですね。

前半はイメージ、後半は感覚操作系の暗示を主体にしたやや珍しい催眠です。
一般的な催眠のように深呼吸をして、脱力してというような区切るタイプではなく
冒険をする流れを作りながらその都度暗示を使って催眠を深めていきます。
いい意味で催眠っぽくないところが非常に印象的でした。

「癒しの光が 全身に満ち溢れて ふんわり ふんわりと 柔らかい 温かい感覚で満たされていく」
中でも後半の温かさは多くの人が実感できるに違いありません。
たった一つの感覚をちょこちょこ表現を変えながら本当に丁寧に刷り込んでくれます。
最初は手足がぽかぽかして、それが全身へと徐々に広がっていく感じです。

猫耳っ娘の声の使い方も細かいところまで考えられており
言った通りの感覚を聴き手に伝えるための良い手助けになっています。
初心者にはあまり向いていないように思えますがレベルの高い心安らぐ催眠です。
安眠目的にここだけ聴く、なんて使い方も大いに有りでしょう。



舌でぺろぺろ、尻尾でぐりぐり
エッチシーンは28分ほど。
プレイは乳首責め、全身舐め、シックスナイン、SEX(騎乗位)、アナルへの尻尾挿入です。

SEXの際にリアルなくちゅ音が流れます(無しも選択可)。
セルフはありません。

「変態さんの体 私が いっぱい気持ちよくあげるにゃん」
誰にも邪魔されない夢の世界の一番底へとたどり着いた2人は
そこで他人にはとても見せられないちょっぴり恥ずかしいエッチを繰り広げます。

エッチは最初の5分ほどで暗示を使って感度の強化を行い
準備が整ったら猫耳っ娘が主に舌を使って責めてくれます。
猫と言えば顔を洗う仕草が有名ですし、舐めをプレイの中心にするのも頷けます。

「私にぺろぺろされたところが 熱くなって ジンジン痺れるような感覚がしていくよ」
そして彼女は体を舐めながらその部位が熱を帯びるように暗示を入れてきます。
催眠パートで体に程よい温かさを感じていたこともあって
それをもう少し強くすることはそんなに難しい事ではありません。

現に私はここで特に股間と頭が一気に熱くなるのを感じました。

プレイについても舐めてくれるわけですから当然ちゅぱ音が鳴り響きます。
キャラの影響か水分の控えめなややソフトに感じる舐め音なのですが
断続的に結構なボリュームを聴けることや事前の暗示の影響もあって
性的な興奮は意外に高めやすいです。
また舐めている最中はほとんどしゃべらずプレイをしっかり楽しませてくれます。

「おちんちん 私の つるつるおまんこの中に入れるのにゃ」
舐め以外で気になるのはやはりSEXシーンでしょう。
ここでは発育途中な彼女がやや苦しそうな様子で一生懸命おちんちんを咥えこみ
ピストンしながらエロ可愛い声を漏らす姿が楽しめます。

催眠音声でくちゅ音が鳴ること自体が珍しいですし、喘ぎ声も比較的多いこともあって
エッチな音声として普通に楽しめるレベルのエロさを持っています。
暗示によって体にエッチな熱さを感じていたらもっと楽しめるのは言うまでもありません。

「ぬぷ ぬぷ お尻の中に少しずつ 異物感を感じる 中に 入ってくるのがわかる」
唯一アブノーマルな尻尾をアナルに挿入するシーンも
もふもふの毛がお尻に当たった瞬間くすぐったさを感じさせるなど
暗示を使ってプレイを主体的に楽しませてくれます。
SEXと同時に行いますから、おちんちんとお尻の両方に熱が集まるのを感じるでしょう。
ちなみに絶頂は最後の最後に1回だけ行います。

このように、猫の特性を利用したややM向けのエッチが繰り広げられます。



催眠とエロのバランスが良い作品
時間や暗示のボリューム的に十分な催眠の効果を見込める作りでありながら
それに負けないくらいエロの要素も持っている作品です。

今回の目的が主人公への恩返しということで調教的な要素は極めて薄く
こちらを服従させるのではなく純粋に気持ちよくしようと暗示を入れてきます。
そのために深化部分で聴き手にまず温かさを感じさせよう誘導し
それをエッチでさらに強化して快感へと繋げる自然な流れがあります。
様々な感覚をあれこれ入れようとはせず、基本的には同系統のものを丁寧に入れてきますから
当然のように威力は高く、言われた通りの感覚が得やすいです。

聴き手に何を感じ取ってほしいかをしっかりと定め
そのために前に入れた暗示をしっかり繋げて後に活かしながら催眠を進めています。

これが先ほど私が「レベルの高い催眠」と言った一番の理由です。

エッチは序盤にプレイ抜きでを感度アップしてから
一気に暗示のボリュームを減らしてエッチのみを楽しませてくれます。
メリハリがあるからちゅぱ音や喘ぎ声のボリュームが多くなり
2人が愛し合っている雰囲気も普通に感じ取ることができるわけです。

「快感が体中を駆け抜ける 今までに感じたことのないような興奮の高まり 絶頂するっ 熱い! 熱い!」
しかし尻尾を挿入するシーンだけは仮想的なプレイだからときっちり暗示を入れてくれます。
自分が先導する部分と聴き手に任せるところの設定が実に見事です。
最後の絶頂シーンも叩きつけるような声が一気に気持ちを高めてくれました。
比較的ドライを目指しやすい作品だと思います。
淫語、ちゅぱ音、喘ぎ声いずれもそこそこです。

過去作同様安定感のある作品と判断しました。
プレイはややMですが雰囲気は限りなくノーマルに近いため
アナル責めが受け入れられるなら割と誰でも聴ける作品だと思います。

CV:野上菜月さん
総時間 1:06:39


オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
バイノーラルで有名な声優さんが声を担当されていますが
この作品はバイノーラル録音ではありません。

雨恋~misty drop~

サークル「HypnoLifeforMEN」さんの催眠音声作品。

同サークルさんの3作目にあたるこちらは、雨の日を過ごす恋人達の様子を描いた物語。
バックで流れる雨音を聞きながら、彼女の声に導かれて少しずつ催眠へと落ちていきます。
全体的にやることを絞り、一つ一つを時間をかけて丁寧に進めてくれるのが特徴で
催眠音声の経験があまり無い方でも安心して取り組むことができます。



彼女と過ごす静かなひと時
彼女とベッドで寝ころびながらまったりするお話。

「ねぇ 今日も雨降るみたい お出かけできないね」
彼女は穏やかで可愛い声の女の子。
一緒の布団で話すうちに主人公がドキドキしているのを察知した彼女は
催眠を使って心を落ち着かせてあげることにします。

催眠は43分と結構長め。
最初は深呼吸をしながら彼女の話を聞きます。

「こうして一緒に お布団の中に入っていると すごく温かいね」
「君のお布団って 君の匂いがする なんか 安心するの すごく落ち着く」

タイトルにちなんだ雨に関するお話をしながら
彼女はしきりに心が落ち着くタイプの語句を交えたセリフを投げかけてきます。
「君の心は落ち着いてくる」みたいに聴き手に直接働きかけるような暗示ではありませんが
意識的に多く交えながら言われるおかげで、こちらもほんのりそんな気分が湧いてくるでしょう。

これはあまり催眠っぽさを感じさせずに催眠を始めるための工夫ですね。
しばらくすると温かさや幸福感を直接感じさせるタイプの暗示に切り替えてきます。

「雨の音 少し強くなってきたかも」
開始から11分ほど経過すると、外で降る雨の音が聞こえ始めます。
控えめに流れるリアルな雨音が自然なリラックスを促してくれるでしょう。
過去作「ヒプノポリネシアン~BlueHeaven~」でもそうでしたが
こういった環境音は非常に効果的に心を落ち着けてくれます。

「すーって 少しずつ お薬が染みてくみたいに 心の中が すーってして 綺麗に洗い流されて 透明になってくる」
もちろん音だけでなく彼女の暗示もリラックスを促進してくれます。
全身を雨に打たれて心と体が綺麗に洗い流され、自分に潤いを与えてくれる。
そんなちょっぴり幻想的な描写にホッとするものを感じました。
こういった美しい描写は、女性向け作品を手掛けているサークルさんならではです。

単に「脱力する」とか「意識が沈む」と言われるよりもずっとイメージがしやすく
その結果より多くの人が彼女の言った通りの感覚を得られると思います。
この後にしばらく雨音だけが流れ続ける時間が用意されていて
そこで全身が更にだらーんとするのが実感できるでしょう。

「私の声が 雨のように 心の奥へ 染み込んでいく」
雨を全身に十分に染み込ませた後、仕上げに今度は彼女の声を心に染み込ませます。
心身のリラックスにおよそ30分とかなり長い時間をかけているのもあって
彼女の声をすんなりと受け入れられる態勢が整っているはずです。

特に最後に行われる立て続けのカウントの際に、「0」や「落ちる」と言われた瞬間
体がビクンと跳ねたり頭が一気に沈んでいく感覚が得られる人もいるでしょう。
上記以外でも彼女の声に体が勝手に反応を示す可能性が大いに見込めます。
そうやって聴き手も自分が催眠に入っていることを自覚するわけです。

古典的な催眠法をテーマに合わせてアレンジした面白い催眠です。
恋人同士がベッドで語らう雰囲気を崩さないように、わざと序盤で催眠っぽさをぼかしたり
雨の音を上手に使って暗示を受け入れやすい状態へ導いたりと
細かい部分で作り手が聴き手に違和感を持たせないように腐心しているのがわかります。

そして40分とやや長めの時間ながら、やることを3つ程度に絞り込み
同様の暗示を表現を変えながら何度も入れて確実に心を作り変えてくれます。
彼女が言葉を意識して区切ってゆっくり、のんびりとした空気を
「ぽかぽか」「しとしと」といった擬態語を2つ並べてリズムを生み出しているのもいいところ。
そういった音感的な部分でも聴きやすさを感じるように作られています。

リラックスに力を入れている分、被暗示性の低い人でも
他の作品とは違った不思議な感覚が得やすいと言えます。
内容的に誰でも聴ける万人向けの催眠です。



2人で気持ちよくなる至福の瞬間
エッチシーンは3パート合わせて29分30秒ほど。
プレイは声による絶頂、耳舐め、乳首舐め、おちんちんの愛撫、オナニーの見せ合い、SEXです。

エッチな効果音はありません。
セルフとドライの両方が体験できます。

「わかってるよ いっぱい いやらしい事してあげる」
催眠で主人公にとっても幸せな気分を味わわせた彼女は
エッチでさらに幸せになるために彼の感度を高めていきます。

エッチは最初の共通パート(約23分)が感度アップとドライ
その後はセルフ/ドライパートのいずれか片方を選びます。
セルフパートを選んだ場合はドライとセルフの両方が味わえるわけです。

「雨に触れた体は 熱っぽくなり 頬が赤みを帯びて 少しずつ 呼吸が乱れていく」
感度アップは媚薬の雨が全身をエッチに染めていくイメージ。
先ほどとは違った、やや強まった雨音を聴きながら体を徐々に熱くしていきます。
ここも体の表面を十分に火照らせてから体内に着手する丁寧な進め方で
頭の中はとろとろ、体はじんじんする不思議な気分が味わえるでしょう。
私の場合は股間と両腕の表面が一際熱く感じられました。

「全身が火照ったように熱い! 気持ちいい! 雨の媚薬に侵されて 気持ちいい! 乳首やおちんちんが熱く 硬く勃起してしまう 気持ちいい! 全身が 強い快感に襲われる 気持ちいい!」
そして準備ができたところで彼女の叩きつけるような声が襲い掛かります。
ペースを速めて、語気を強くした声に押し上げられていく感じを受けるに違いありません。
ただ「これからイかせるよ」みたいに心の準備を促す明確なセリフがなかったり
絶頂後の追い込み暗示が無いことから、このドライはやや難度の高い中級者向けかなと。
ここまでがすごく丁寧だった分、余計に性急さを感じました。

「ストップ やっぱり入れたくなっちゃった 君のおちんちんでイキたいから ごめん もう挿入れちゃうね」
しかし、もう一方のドライパートはそうじゃありません。
SEXによる心身両面における彼女との一体感、それを表すような艶めかしい喘ぎ声が
脳と股間に嫌と言うほど熱い刺激を与えてくれます。

こちらはカウントを刻んで絶頂するタイプだから初心者でも大丈夫。
彼女のイキ声とその後の満足そうな荒い息遣いもたまりません。
おちんちんの根元がきゅーって締まってから軽く爆発する気持ちのいい感覚が味わえました。

このように、催眠を重視したあまあまラブラブなエッチが繰り広げられます。



心も体も幸せになれる作品
しっかりした催眠と要所を押さえたエッチ、両方のバランスがよく取れた作品です。

有料作品の場合、個性を持たせるためにエッチのボリュームを多くする傾向が強いのですが
そこを我慢してじっくりと催眠を施してくれるスタンスが素晴らしいです。

内容も最初から2人がベッドで寝ているから寝るように指示を出す必要が無いですし
外で雨が降っているからその音を聞きながらリラックスする、と展開が自然で
作品の世界に浸るのと同時に催眠を深めていくことができます。
物語としての完成度も非常に高くて感心しました。

そして催眠がしっかりしているからエッチでも存分に気持ちよくなれます。
声に体の感覚を操られる体験を比較的味わいやすい作品と言えます。

同じく雨の音を使う作品として有名な「ヒプノレイン」と比較すると
効果音重視のあちらに対して、こちらは暗示のウェイトを重くして効果音を補助に回しています。
聴き手の素質に左右されにくい分、こちらのほうがより初心者向けと言えるでしょう。
(「ヒプノレイン」のレビューは8月か9月の掲載を予定しています。)

エッチは最初のドライは個人的にうーん…でしたが、後半はうまく波に乗れました。
ドライオーガズムがかなり狙いやすいシーンだと思います。
セルフも同じくカウントで射精するタイプですからやりやすいでしょう。
「イクっ んっ んんんんんんんん ぬうっ」というちょっぴり下品なイキ声がエロいです。
事後の時間が長めに用意してあって、射精後の余韻に浸れるのもいいですね。
淫語と喘ぎ声そこそこ、ちゅぱ音ごく僅かです。

総合的に見て、誰にでもお薦めできる良作と判断しました。
現在彼女がいてリア充ライフを送っている人でもない限り
きっと彼女の声や姿勢に心満たされるものを感じることでしょう。

CV:分倍河原シホ(彩瀬ゆり)さん
総時間 1:20:38(選択するファイルによって多少前後します)


オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
雨音は流れ始めて以降時々聞こえなくなるシーンもありますが
基本的にはずっと流れ続けてくれると思ってもらって構いません。

偏愛主義彼女~yandere lover~

サークル「HypnoLifeforMEN」さんの催眠音声作品。

本作品は恋人を深すぎるほどに愛している女の子が
その心と体を独占するために催眠とややアブノーマルなエッチをします。
ヤンデレはかなり人を選ぶジャンルとして有名ですが
今回登場する彼女は手足の拘束や痛いことを一切しない極めてソフトな部類ですから
このジャンルに相当な嫌悪を持っていない限りは無理なく聴けると言えます。

エッチはちょっとしたアクセントとしてアナルを責めるプレイが登場します。
女性の手で体の中を犯される屈辱感を味わうのと同時に
お尻のあたりに気持ちのいい熱さが湧きあがってくるのを感じることでしょう。



私だけを見てほしいの
彼女に催眠をかけられた後エッチするお話。

「おかえりなさーい やーっと帰ってきたー ずーっと待ってたんですよ」
彼女は甘く可愛い声の女の子。
主人公に無断で合鍵を作って家に上がり込んでいた彼女は
帰ってきた彼を出迎えながらその体をチェックし始めます。

「あなたに裏切られるたびに 傷つけられるたびに あなたに対する愛情と 相反する嫉妬で押しつぶされて 狂ってしまいそうになるの」
彼女は作品のタイトル通りヤンデレの属性を持っており
首筋に女性のキスの跡を発見すると激しく動揺し、彼を問い詰め始めます。
浮気は誰でも許せないでしょうけど反応の大きさがいかにもヤンデレらしいですね。

催眠導入・深化はおよそ30分。
横になって目を開けたまま最初に軽く逆腹式呼吸を行い
その後天井の一点をできるだけ瞬きをしないように見つめます。

※逆腹式呼吸とは
息を吸う際にお腹を引っ込め、吐く際に膨らませる呼吸法。
通常の呼吸とはお腹の動きが全く逆になるため
戻した際にかなり楽になった感じがします。

「瞬きはしないで 一点だけを じーっと見つめる」
しばらく見つめているとだんだん視界がぼんやりしてきて眠くなるかもしれません。
でも彼女の許可が出るまでは頑張って続けてみてください。
すると目を閉じた際にふっと体が沈むような感覚が味わえるはずです。
それが所謂「トランスに入る時の感覚」にあたります。

「ゆーっくり ゆーっくり 落ちることもできるし ガクンと 急に深いところへ 入り込むこともできる」
十分に心と体をリラックスさせたところでさらに深いトランス状態へと移行します。
カウントを何度も数える比較的オーソドックスなものではありますが
個々のカウントの声やリズムに微妙な変化を与えることで
聴き手を少しずつ催眠の世界に引きずり込んでいこうとする意図が窺えます。

特に一番最後の4回目のカウントで体がずーんと重くなるのを感じると思います。
私はそれと同時に頭の中をすーっと気持ちのいい何かが下りていく感じがしました。

「私に支配されて 独占されること 服従することが あなたの幸せ そうですよね?」
そして最後の最後で彼女の声に従うように導く暗示を入れられます。
耳元で囁くような声には逆らえなくなるような不思議な力が宿っており
催眠状態が十分なこともあって拒絶感より気持ちよさを感じることでしょう。

内容自体は至ってシンプルですが
長めの時間を活かしてそれぞれをゆっくり丁寧に行ってくれるおかげで
比較的誰でも催眠状態へと移行できるように作られている手堅い催眠です。

心身のリラックスに18分程度と十分な時間が取られていますし
深化も何度もカウントを数え直して段階的に催眠状態を強めています。
そして最後のシーンでもまず声の響く感覚に気持ちよさを感じさせてから
本題である声に従いたくなる暗示を表現を変えながら何度も何度も入れてきます。

多くの方が体が重くなったり温かくなるとか
頭がとろけるような気持ちのいい感覚が味わえるでしょう。
催眠音声初心者にも自信をもってお薦めできるほどに取り組みやすい催眠です。



徹底的に焦らしてお仕置き
エッチシーンは40分ほど。
プレイはキス、全身舐め、アナル舐め、アナル指挿入、SEX(騎乗位?)です。

アナル指挿入、SEXの際にリアル目なくちゅ音が鳴ります。
(効果音無しバージョンも同梱されています)
セルフはありません。

「もう 跡をつけるところがなくなるくらい 全身に 私の形跡を残してあげます」
催眠によって主人公の心と体を支配できるようになった彼女は
まずは他の女の痕跡を取り除くため全身を唇で愛撫し始めます。

エッチは浮気をした彼の心と体を取り戻すことを目的としており
嫉妬深い彼女が自分の唾液で全身を清めてから
自分の素晴らしさを深く焼き付ける様子がとても甘い雰囲気の中繰り広げられます。
拘束もされませんしかなりのノーマル寄りと思ってください。

「唇や 舌で触れられた場所が 全部性感帯みたいに 火照って 熱くなって 疼いてくる」
彼女がプレイによって得られる感覚を随所で暗示として入れてくれるおかげで
聴き手が本当に相手をしているような感覚で聴ける
のがいいですね。

催眠音声におけるエッチは感覚支配の暗示を入れてくるケースがほとんどなのですが
それらと比べて暗示の緻密さ、重厚さが1周りも2周りも優れています。
彼女に言われた通りの感覚が得られなかったとしても
心と体に何らかの反応が自然と生まれてくるのを実感しやすいと思います。

プレイの様子はというと、主人公を大股開きにさせて痴態を観察したり
わざと弱めの刺激を与えてもどかしい気分を味わわせたりと
心身両面において焦らす方向で進められています。
同時に声を使って上手に心を縛ってくれますから、むずむずとかじんじんといった
気持ちいいけど切ない感覚がたっぷりと味わえるでしょう。
痛めつけるのではなくやきもきさせる方向でのお仕置きですね。

「ここも 私が舐めて 綺麗にしてあげますね」
珍しいプレイは後半で登場するアナル責めでしょうか。
女性のように体内に受け入れながら責められる感覚を味わってもらうために
彼女が激しくお尻の内外を責め上げてくれます。
汚い部分を愛おしそうに舐めてくれる彼女の健気な様子を聴いていたら
お尻のあたりが一気に熱く火照ってくるのを感じました。

「お願いだから ずっと 私のことだけ見てて 約束ですよ?」
諸々のプレイで彼の心をがっちりと掴んだ後、最後にようやく2人は結ばれます。
挿入直後に自分だけ絶頂して申し訳なさそうにしたり
可愛い喘ぎ声を上げて感じまくる彼女がとても印象的でした。
股間を中心に熱い快感が湧き上がってくるのはもちろん
必死で心を繋ぎとめようとしてくる彼女にグッとくるものを感じるに違いありません。

絶頂回数はアナル責め1回、SEX2回の合計3回。
最初の2回は声に合わせて、最後はカウントでドライを目指します。

このように、ヤンデレ特有のブラックな要素は極めて薄いあまあまなエッチが楽しめます。



声で感覚を操られる作品
エッチにおけるきめ細かい感覚支配の暗示がひときわ目を引く作品です。

常に聴き手の立場に立ってどういうときにどういった感覚が生まれるかを
暗示として丁寧に心に刷り込んでくれます。
だから聴いていて彼女とエッチをしている感覚がかなり得やすく感じるでしょう。
私は聴いている間中股間が熱くて仕方がありませんでした。

催眠は古典系の催眠法を違和感なく繋ぎ合わせたオーソドックスな作りです。
ただこれだと面白みに欠けると思ったのか、逆腹式呼吸を取り入れたり
「ちゃぷちゃぷ」「ゆらゆら」といった擬態語を多用することで
オリジナリティとリズムを作り上げています。

エッチはとにかく焦らしに焦らして最後の方で爆発させています。
これは前作「ヒプノポリネシアン~BlueHeaven~」でもそうだったのですが
溜めに溜めてるおかげで絶頂時にかなり強烈な快感が味わえます。
それこそ腰が砕けるようなレベルのものを味わえる方がいるかもしれません。
淫語、ちゅぱ音、喘ぎ声いずれもそこそこです。

総合的に見てややヤンデレ力に欠けるものの特にエッチのレベルが高い作品と言えます。

おまけは彼女の寝息です。

CV:分倍河原シホ(彩瀬ゆり)さん
総時間 本編…1:25:15 おまけ…2:41


オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2014年3月28日現在体験版は公開されていません。
前作では発売から2日後に出てますし、きっと近日中に聴けるはずです。

2014年3月30日追記
体験版公開されました 1分30秒ほどです。

ヒプノポリネシアン~BlueHeaven~

サークル「HypnoLifeforMEN」さんの催眠音声作品。

サークル「HypnoLife」として主に女性向け作品を作られており
男性向けのほうは今回が初になります。
あちらでは過去2年間に12本製作していずれも高評価と
人気実力共にあるサークルさんのようです。
そんなわけで私個人も非常に期待しながら待っていました。

本作品はポリネシアン・セックスをテーマに
恋人同士が時間をかけてゆっくりと興奮を高めていき
最後の最後で快感を爆発させる様子が描かれています。
焦らしに焦らした末での絶頂になりますから
普段よりずっと強烈な快感が体を突き抜けることでしょう。

催眠は夏の海に関する細かい描写に加えて、波の音が気持ちを落ち着かせてくれます。
またエッチシーンでも段階的に暗示をかけていくことで
心と体を盛り上げてくれるなど、全体的に作りが丁寧なのが特徴です。

今回は時間の長いロングバージョンでのレビューとなります。



深く深く愛し合うために
彼女とポリネシアン・セックスをするお話。

「待ってよー ちょっとー 待ってってばー」
彼女は柔らかく可愛い声の女性。
主人公とは恋人の関係で、2人で夏の海へと旅行にやってきました。
そこで彼女の提案によりポリネシアン・セックスをすることになります。

ポリネシアン・セックスは名前の通りポリネシア地方に伝わるSEXの方法で
5日間を1セットとし、最初の4日間は性器に一切触れず愛撫のみで感度を高め
5日目も長時間前戯をしたり、挿入後もしばらく動かさなかったりと
性的興奮を極限まで溜めることによって、絶頂時の快感を爆発的なものにするそうです。
男からしたら地獄のようにも思えますが、達成できたら確かに気持ちよさそうですね。

催眠は3パート29分30秒ほど。
まずはバックで流れる波の音を聴きながら、彼女の言葉に耳を傾けていきます。

「見渡す限りの真っ白な砂浜と 深い青色した海の水面に 太陽の光が反射して
きらきら きらきらしてるの」

空、海、砂浜、太陽の光、風、そこにある植物や動物など
夏の海の風景を彼女は事細かに描写していきます。

彼女の海のイメージを頭に入れながら
自分が本当に海でくつろいでいるような情景を思い描いてみましょう。
そうすれば自然と心地よい気分が全身を覆い始めます。

「それじゃあそのまま 呼吸を整えて 意識を眉間に集めるようなイメージ」
後半もイメージですが、今度は意識を深い海の底に沈めていきます。

「潜る 深く 深く 潜る」
彼女は「潜る」「抜ける」などの言葉を何度も言ってきます。
何度も言うということはそれだけ重要なことを表しますから
それらを意識しながら、彼女の言うとおりのことをイメージしてみてください。
私の場合はここで後頭部が地面に引き寄せられるような感覚がありました。

作品のテーマである夏の海を時間をかけてイメージさせることで
その世界にすんなりと深く入れるように作られています。
催眠はストンと一気に落ちるような感覚ではなく
ゆっくりと底なし沼に飲み込まれていくような感覚が味わえるでしょう。

途中でセリフの間がやや短かったり
描写が細かすぎて情報量が多く感じる部分もあるのですが
最後の沈んでいくシーンは同じ表現を何度も繰り返す丁寧な作りですから
比較的頭を空っぽにしやすく、その結果催眠状態に入りやすくなっています。
まったくの初心者でもない限りは、誰が聴いても大丈夫ではないかなと。

ちなみに、導入部分には補助音声として体をパーツごとに脱力していくシーンもあります。
こちらは催眠音声によくあるカッチリしたやり方ですから
イメージだけだとうまく脱力できない方は合わせて聴いてみてください。



ひたすら我慢 我慢 我慢
エッチシーンは5パート62分とかなり長時間。
プレイはキス、耳舐め、乳首責め、愛撫、性器の擦りあわせ、手コキ
フェラ、SEX
と豊富です。

性器を擦りあわせたり手コキをする際に、ややリアルなくちゃ音が鳴ります。
セルフはありません。

「今日は初日だから キスだけ 唇だけで 気持ちよくしてあげるね」
ポリネシアン・セックスの慣例通り
彼女は最初の4日間はおちんちんに一切触れることなく
主人公の唇、耳、胸などを刺激し続けます。

1日ごとにキス→耳舐め→乳首責め→耳+乳首責めと続き
最後の最後でようやく合体する。
そんな焦らしに焦らしたプレイが特徴となっています。

2人が恋人同士なこともあって雰囲気はとてもとても甘く
彼女は非常に積極的に主人公の体を求めてきます。
しかも彼女は「ぶっ びぶっ」といった感じの割と下品な音を立ててくれますから
聞けば聞くほどに股間に熱いものを感じてしまいます。

「私もしたいよ でも今日は だーめ」
でも彼女はおちんちんへの刺激を当然許してくれません。
「体は十分興奮しているんだけど、それを発散できない」
そんなもどかしい気分を割と長時間味わうことになるでしょう。
そう考えると射精管理系にあたるプレイなのかもしれません。

「おはよう 今日は最終日だから 最後までしてあげるね」
そしていよいよ最終日、ようやくゴールを迎えるわけですが
ここでも彼女は最後の最後まで挿入を焦らします。

特に直前の手コキ+フェラが強敵で
効果音もしっかり入ってるしちゅぱ音もえらく下品で激しいなど
純粋にこのシーンだけで余裕で抜けるほどの破壊力を持っています。
本当に股間がムズムズして仕方ありません。

「イクッ! イクッ! イクゥ!」
それらの難関を越えて、ようやく彼女と結ばれます。
SEXシーン自体の時間は7分程度と短めになっていますが
ここまで色々なものを溜めてあるのと、彼女の絶頂時の激しい喘ぎ声のおかげで
割と簡単にドライを目指せると思います。

絶頂シーンは連続してイク形で、2分ほどとやや長めの時間が取られています。
私の場合は最初の時点で股間に「どーん」と突き刺さるような快感が走って
その後3分ほどをかけて、気持ちいい感覚がぱぁーっと少しずつ広がっていきました。
感覚自体は「ヒプノドラッグレディ」あたりでも味わったものなのですが
それに比べると持続時間が格段に長いのが印象的でした。



ドラ イ系作品としてかなりの良作
催眠もエッチも時間をかけて行うだけあって深く味わえます。

催眠は深化パートまでだとそれほど深く入っていたわけではないのですが
その後のエッチシーンで適度に入る暗示がうまく心を縛り付けてきます。
5日目を迎える頃には頭がとろとろになっていることでしょう。
波の音のおかげでリラックス効果も抜群です。

エッチは催眠経験の浅い方なら、ショートバージョンを聴くことを強くおすすめします。
ちなみにロングとショートの違いは
エッチシーンの1~3日目のちゅぱ音が多いか少ないかだけで
催眠的にはどちらもほぼ違いはありません。

ロングはショートに比べて非催眠要素が増えるだけなので
その分催眠状態を維持するのが難しくなりますし
時間的にもショートの95分というのは
人間が集中力を持続できる時間のほぼ限界にあたります。
催眠を十分に楽しみたいのならショートで聴くのが無難です。

「女性向けサークルが男性向けでも果たして力を発揮できるのだろうか?」
そんな不安を見事に払拭してくれました。
コスパも非常にいいですし、聴いて損をすることはまずないでしょう。

CV:彩瀬ゆりさん(分倍河原シホさんは旧名です)
総時間 ロングバージョン…1:59:25 ショートバージョン…1:35:04


オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
11月25日現在、DLsiteに体験版はありません。
サークルさんが現在準備中とのことですから
踏ん切りの付かない方はそれまで待つのも手です。

11/27追記 体験版追加されました。20分と長めです。

2017年4月30日追記
再レビューを公開しました。
http://doonroom.blog.jp/archives/70654967.html

↑このページのトップヘ