同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:F・A・S

   ● 最悪死ぬ催眠音声
   ● スパイの人類催眠奴隷化工作(後編)
   ● スパイの人類催眠奴隷化工作(前編)
   ● F・A・S淫魔研究所「快楽の犠牲者レポート File1~12セット」(後編)
   ● F・A・S淫魔研究所「快楽の犠牲者レポート File1~12セット」(前編)
   ● 4ジゲントリップ催眠(再レビュー)
   ● ダブルサキュバスのイキっぱなし洗脳オナニーサポート
   ● スパイの快楽セミナー催眠
   ● 悪の組織のヒーロー悪堕ち洗脳催眠
   ● サキュバスのエナジードレイン催眠(再レビュー)


サークル「.␣(Dot-Space)」さんの無料の催眠音声の名を冠した得体のしれない何か。

今回紹介する作品は、2人のお姉さんが催眠音声で時折耳にする
ある言葉をテーマにした催眠っぽいサービスをします。

催眠音声でよく見られる技法をギャグテイストで行うのが特徴で
冒頭に癒しとは違う路線の音楽を流したり、聞き覚えのあるBGV(バックグラウンドボイス)を流すなど
様々な音を組み込んでイメージしやすくしながら左右からテンポよく語り掛けます。
エイプリルフールのネタ音声ですから広い心を持ってお聴きください。
堅苦しい世の中をほぐす音声
2人のお姉さんが催眠っぽいやり方でほぼ健全なサービスをするお話。

「それでは 簡単なリラックス運動をしましょう」
左のお姉さんはややトーンが低く穏やかな声の女性。
「しばらくの間 立ち上がった状態でやるので 準備はしっかりしてくださいね」
右のお姉さんは明るくて優しい声の女性。
音声を聴く際の注意事項やコンセプトを簡単に説明すると、本編へ入る前に簡単な運動をします。

本作品は2018年のエイプリルフールに1日だけ公開された幻の音声。
彼女たちがおよそ15分に渡ってジョーク系の催眠をかけます。
しかし一般的な催眠音声のようにガチで技術を使うのではなく
それらを元に内容をややずらしてわざとかかりにくくなるように進めます。

公開ページでも「視聴者を催眠に掛けることを放棄しています」と明言されてます。

右「墓石と戒名の手配も 忘れずに しておきましょうね」
タイトルの「最悪死ぬ」は催眠音声を知る人なら聞き覚えのあるフレーズなはずです。
実際は行為の現場を見られたら社会的信用を失うという意味なのですが
ここでは色んな意味で内容をヤバくすることでテーマに合わせようとしてます。

催眠音声ではまず出てこない要素ばかりなので
聴く楽しみを奪わないよう本レビューでもできるだけ内容を伏せて紹介します。
今はウィルスが蔓延してる関係で、自宅で仕事したり外の娯楽を控えてる人も結構いるはずです。
そんな方々に笑いを提供できればと思い再び公開されたのだと思います。
音を多めに盛り込んだ催眠っぽい何か
催眠は2パート13分間。
最初の「02.リラックス運動(約2分)」は立ったまま肩幅くらいに脚を開き
ある行為をしながら音楽を聞いて心身の緊張をほぐします。
ちなみに本作品は全編を通じて双子形式を採用してます。

F・A・Sさんの作品などで見られる要素ですが(彼も本作品の制作に携わってます)
水の流れる音や癒しの音楽を流すのとは随分違う曲調になってます。
音量がやや大きいので普段よりも少し下げておいたほうがいいと思います。

次の「03.最悪死ぬ催眠音声(約11分)」はメインパート。
横になって目を瞑り深呼吸、脱力、カウントといったお馴染みの技法を順に繰り出します。

「ほら あなたはいつの間にか全身 特に肩から下が ぽかぽかと 先ほどより温かくなってることに気づきます」
催眠音声サークルさんが作ってるだけあって一見すると催眠らしさがあります。
しかしどれも通常とは極端に違うことをやっており
催眠の感覚よりも心がほぐれるとか、笑えるといった別の感覚が湧いてきます。

実際に笑えるかどうかは人それぞれでしょうけど
作者さんがそうさせようとする意図が見られます。
2種類のBGVが流れたり、状況に合った効果音が鳴るなど音の存在感をやや大きくしてます。

「多分これが 一番早いと思います」
終盤の4分間はカウントを数えるシーン。
催眠音声だと深化や絶頂で使われる要素を多少アレンジしてます。
上のセリフを見てピンとくる人はどんな内容かすぐ把握できると思います。
1カウントごとに長めのセリフを挟んでくるなかなか丁寧なリードです。

このように、催眠音声でよく見かけるものをわざと捻った独特なサービスが繰り広げられてます。
ギャグテイストの作品
エイプリルフールに相応しい良い意味で不真面目な作品です。

2人のお姉さんは短時間で主人公の心をほぐそうと
リラックス運動、深呼吸、イメージを交えた脱力、カウントなど
催眠音声では定番の行為をアレンジしながら施します。
そして双子形式で進めたり効果音、音楽、BGVを盛り込んで個性を出します。

お姉さんが左右から連携を取ってジョーク系のサービスをするシチュ
催眠っぽいんだけどなんか違うことをやる展開。
催眠をかけることを敢えて放棄し、別方向へ伸ばした作品に仕上がってます。

私は2018年当時にこの作品を聴いてるのですが
改めて聴くとやっぱり「変わってるなぁ」って思います。
あくまでネタ作品ですから、自分に合わなかったとして怒らず寛大に受け止めましょう。

無料なので興味の湧いた方は是非お試しください。

CV:ftnrさん kurokoさん つみぴろさん(BGVを担当)
総時間 15:48

ダウンロードはこちら
https://ci-en.dlsite.com/creator/1316/article/522227



スパイの人類催眠奴隷化工作(前編)」に引き続いての後編です。
今回は「05.人生を操る射精管理プレイ」以降の様子を中心に紹介します。
スパイにすべてを捧げ、暴かれる快感
後編のエッチシーンは2パート44分間。
プレイは射精管理、オナニー、乳首オナニー、エッチな質問、恥ずかしいセリフの復唱です。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
途中で服を脱ぐ指示が出ることはありません。

「05.人生を操る射精管理プレイ(約40分)」は前編からおよそ1週間後のお話。
ファミレスでスパイと再会した主人公が、打ち合わせの最中に再び彼女に弄ばれます。
後編ももちろんすべてのシーンで雰囲気に合った音楽が流れます。

スパイ「ところで注文はまだみたいですが 決まりましたか?」
主人公「あぁ ちょっと待ってください 僕は慌てて テーブルの上に開きっぱなしになってるメニュを見始める」
そしてここではスパイだけでなく主人公のセリフも盛り込み
掛け合いながら彼の視点で色々語って臨場感を出します。

本作品のテーマは「自分で自分を洗脳調教する」なので独白との相性も良いです。
両者の声質は似てますから雰囲気が大きく変わるというほどではありません。

内容については10分ほど雑談した後に8分くらいかけて軽めの催眠を施し
それから彼女が気持ちよくなる暗示を入れながらズボンに手を入れてオナニーします。
パート名の通り射精管理が目的なので射精シーンはありません。
洗脳を強化しつつ多少焦らして彼女の言う通りにする快感を与えます。

「私の指示に従うことで 自ら自分に対して催眠をかけてもいるの 自己催眠という形でね」
催眠は前編に比べて時間が大幅に短くなってますけど
前回催眠を入念にかけられた経験と記憶が残ってることや
所々で自己暗示を入れるスタイルのおかげで予想以上に深いところまで入れました。
使う技術は割とシンプルにする代わり暗示量を増やしてスムーズに落とします。

「体に力は入らないのに 下半身は熱を帯びて どんどん内股になってくる」
エッチは前編の最後に指示した「ある行為」に関するを質問をしてから
下半身が熱くなったり手が勝手に動く暗示を入れてギリギリまで追い込みます。
ファミレスでやってる設定ですが、周りの客や店員に見つかるスリルを煽ることはありません。
彼女の奴隷になる快感を味わわせながら射精できないもどかしさを膨らませます。

この次のパートも含めて後編は「ある行為」を実際にすることで
心の興奮や体の快感がより得られるように作られてます。

本作品を聴く人ならそんなに難しいことでもありませんし
やはり通しで聴くよりも分けたほうが気持ちよくなれると思います。

「06.洗脳強化オナニーサポート(約34分)」はセルフ系のプレイ。
以前催眠をかけてもらった時のスタジオで今度はオナニーを見てもらいます。
このパートで主人公が独白することはありません。

「指先でコリコリ 爪の先でカリカリーっていじりながら 喘ぎなさい」
「ちょっと口に出しただけなのに 背筋がゾクゾクして 脳が痺れる快感が来るよね」

オナニーの指示は何をするかや開始、射精のタイミングを取る程度と緩くして
最中は感度の上昇や絶頂を後押しする暗示を入れる催眠色の強いプレイです。
また前編にも登場した恥ずかしいセリフの復唱をここでも取り入れ
彼女に自分の性癖を暴露する恥ずかしさや背徳感も与えて盛り上げます。

体はほぼ自由にいじらせて心への責めに力を入れてました。
途中である質問をしてくるシーンもあったりと
声に出して何かを言うことを快感に上手く変換してます。

このパートの序盤で彼女が「脳イキしながら射精させる」と言うのですが
私が聴いた時も確かに射精時にゾクゾク、ゾワゾワした感覚がこみ上げてきました。
やってはいけないことする快感、知られてはいけないことを知られる快感といった
背徳感を伴う気持ちよさを上乗せして射精の快感を押し上げてます。

乳首オナニーの時間が20分くらいあるので開発済みだとより気持ちよくなれるでしょう。
未開発でも心への責めとおちんちんオナニーがあるので消化不良になることはありません。
前編のドライとは別種の絶頂感が味わえますし、長時間を活かした幅広い内容になってます。

このように悪いお姉さんに弄ばれる快感、催眠による快感、純粋な快感を組み合わせたややブラックなエッチが繰り広げられてます。
シチュ重視の洗脳作品
敵国の女性に篭絡される快感を主観的に味わえるM~ドM向けの作品です。

スパイは催眠音声サークル主として人気と実力を兼ね備えてる主人公を自分の奴隷にしようと
まずは新人声優を名乗って彼に近づき、自作の催眠音声を聴かせて心をガッチリ掴みます。
そしてその後は射精管理→オナサポとM向けのプレイを繰り出し
さらに自己暗示や復唱も盛り込んで心身をバランスよく責め上げます。

妖艶で男を弄ぶのが得意なスパイがM男を変わった手段で手懐けるシチュ
前半は催眠をじっくりかけてからドライ系のプレイをする
後半は催眠が軽めな代わりにエッチを充実させると違うスタイルで気持ちよくする展開
声を出したり自己暗示を入れるシーンを多めに取り入れたテーマ性のあるリード。
過去2作と似た特徴を持たせたうえでやり方を大きく変えてます。

中でも3番目は催眠音声ではそれほど力を入れない要素なので
声を出すほうが気持ちよくなる、背徳感が増すようにしてるのは実に面白いです。
頭の中で呟いても別にいいですけど実際に言うほうが気持ちも盛り上がると思います。

あとは途中で視聴を止められるようにしてあるのもありがたいです。
3時間30分の作品を一気に聴ける人は少ないでしょうから
前編で区切って数日後に後編を聴く流れは聴き手に寄り添ってると言えます。
中断してる間に別のことをする指示を出してくるので、音声を聴いてない時もプレイの一部になってます。

後編の射精シーンは1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。
悪いお姉さんに弄ばれるシチュが好きな人には特におすすめします。

CV:野上菜月さん
総時間 3:34:30

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年8月13日まで20%OFFの1232円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。



サークル「F・A・S」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、敵国に所属する妖艶なスパイが
売れっ子の催眠音声サークル運営者をエッチな催眠で従順な奴隷にします。

技術と復唱を駆使して聴き手が自分で自分を洗脳するスタイルが特徴で
ほぼ全編で状況に合った音楽を流しながら、彼女が指示したセリフを言ったりある行為をして
悪いお姉さんに弄ばれて破滅する快感をたっぷり味わわせます。

総時間が214分もあるので前編(01~04)、後編(05~08)の2回に分けてお送りします。
声優の正体は敵国のスパイ
スパイに催眠をかけられドライ絶頂したりオナニーするお話。

「これから話すのは とある男性が異国の女スパイに操られ 彼女の計画に加担させられるお話です」
スパイは上品で穏やかな声の女性。
音声を聴く際の注意事項を簡単に説明すると
物語のあらすじや登場人物たちの背景をわかりやすく語ります。

本作品はヒプノトランス連邦という架空の国に所属する彼女が
敵対国へ声優として潜入し、サークル活動をしてる男性をエッチな手段で手懐けます。
今回紹介する前編(約119分)はリラックス、催眠誘導、ドライ絶頂といったサービスを行い
後編(約95分)は射精管理やオナサポなど前編とはまったく違うプレイで気持ちよくします。

スパイの快楽尋問催眠」「スパイの快楽セミナー催眠」 と同じキャラが登場しますが
物語は完全に独立してるので未視聴でも大丈夫です。

「復唱すればするほど スパイである私のことが好きになる」
テーマは「自分で自分を洗脳調教してしまう射精管理」
通常の催眠音声よりも聴き手が復唱するシーンを多く用意し
自分で自分に暗示を入れるスタイルにして彼女の言いなりになる快感を強化します。
また前編の最後にあるギミックを用意してそれをするほど奴隷化が促進するよう働きかけます。

このシリーズは国家機密を漏らす快感や、会社ごと敵国に寝返る快感など
大事なものを失うことで背徳的な気持ちよさを与えることを目標にしてます。
本作品も同じ要素を持ってますから主にエッチシーンでゾクゾクするでしょう。
痛みや苦しみを与える描写もないですし、Mな人なら割と誰でも聴けるようになってます。

ほぼ全編で状況に合った音楽を流すのもF・A・Sさんの大きな特徴です。
催眠パートは癒し系、エッチはやや不穏な曲調とシーンによって内容を変えて
リラックスや没入感を与える重要な役割を果たします。
音声の冒頭で行う運動にも様々な音が登場して耳を楽しませてくれます。
リラックス重視の入念な催眠
催眠は2パート56分間。
最初の「02.深く音を感じるためのレクリエーション(約19分)」は横になって目を瞑り
お姉さん(スパイとは別の人物)の声や彼女が指定した音に意識を向けます。

「さぁ まずは 水滴が落ちる音だけに意識を向けてください」
水滴、メトロノーム、鳥の声など多くの人が癒しを感じる音を同時に流し
その中のひとつに意識を向けて集中力を高めます。
これはマインドフルネス瞑想と呼ばれるもので、サークルさんの過去作にも導入されてます。
このパートだけでも結構癒されますから空いた時間に聴くといい気分転換になるでしょう。
1回目の視聴だけは必須で2回目以降は飛ばすこともできます。

本格的な催眠が始まるのはその後から。
7分程度をかけて物語に関する諸々を説明し
それから声優に扮したスパイがスタジオ内で自作の催眠音声を演技してみせます。

「(左)とにかく 声を出すことを我慢すればするほど (右)頭の中で声が発散できずにどんどん大きくなって (中央)それが自分を縛る暗示になっちゃうってこと あるよね」
そしてここからは彼女の声が左右中央へ小まめに移動します。
脳を軽く揺さぶられてる感覚がして心地よさを感じるでしょう。
またこの時点から自分で自分を洗脳調教する準備も始まります。
深呼吸した後にまずは顎の脱力をして声を出しにくい状況を作ります。

本当に声を出せなくなるかは人それぞれでしょうけど
割と小まめに働きかけてくるので出しにくく感じる人は多いと思います。
喘ぎ声を漏らせなくなれば快感を外へ発散しにくくなりますし
破滅的なドライ絶頂へ向けて一歩ずつ着実に誘導します。

「つま先から力が抜けると かかとの力も抜けてくる すると だんだんと 足首からも力が抜けてくるよね」
もちろん顎以外も入念に脱力します。
つま先、かかと、足首と全身を下から上へ流す感じで行い
そのひとつひとつで「力が抜ける」「気持ちいい」と暗示を多めに入れて感覚を上手に伝えます。
この後のシーンも含めて、催眠はシーンごとにキーワードを定めてそれを厚めに言ってました。

普段のサークルさんよりも暗示の表現がストレートに感じましたが
彼女が催眠音声の台本を書くのは今回が初めてなので、それに合わせたのかもしれません。
最初にやったマインドフルネス瞑想や音楽と合わさってかなりの脱力感が得られます。

「心が 脳が 私の色に染まって 認識すべてを私に塗り替えられて 〇〇」
そして終盤は催眠状態をさらに深めながら
彼の頭の中を空っぽにして彼女の従順な奴隷にします。
ここもふたつのキーワードを定め、片方は自己暗示を入れて催眠が深まる
もう片方は催眠が浅くなっても再び深くなると別の効果を持たせます。
前者は声とは別にバックで流れ続けたりと、できるだけ深いところまで入れるようしっかりリードします。

このへんまでくると体の脱力や意識のぼやけがかなり強くなってて心地いいです。
催眠で頭の中を空っぽにしてから彼女の暗示を入れ続ける展開もテーマに合致してます。

しっかりリラックスしてから重要な暗示を入れる親切丁寧な催眠です。
聴き手をスパイに逆らえない状況にすることを目的に
マインドフルネス瞑想から入って深呼吸、顎から始まる分割弛緩法
キーワードを交えた深化、そして暗示とひとつずつ着実に行使します。

時間が十分ある、音楽が流れ続ける、リラックスに力を入れてるなど
初心者から上級者まで誰でも楽しめる構造になってます。
私が聴いた時もレビューを書く必要がなかったらそのまま寝たくなるほど癒されました。
テーマの自己洗脳を見据えたアプローチもかけてて高い品質を持ってます。
我慢してから一気に発散
前編のエッチシーンは42分間。
プレイは感度上昇、恥ずかしいセリフの復唱、カウントによる絶頂です。

エッチな効果音はありません。
セルフはありません。

「さぁ 私の催眠奴隷くん 君は私の声に逆らえない」
催眠を使って主人公を自分の言いなりにしたスパイは
彼の恥ずかしい性癖を暴露させながら気持ちいい絶頂へと追い込みます。

エッチは服を脱いだり体を触れ合わず言葉だけでドライさせます。
最初の14分間は性感を上昇させてイキやすくするシーン。
これまでよりもやや嗜虐的な声と態度でおちんちんや前立腺が気持ちよくなる暗示を入れます。

「我慢を意識すればするほど さらに快感は増幅しちゃうよね」
そしてここでも彼が声を出せない状況を有効活用します。
声を出すことを我慢させて快感を発散しにくい環境を作り
そのまま暗示を入れ続けて絶頂の瞬間に一気に放出できるようにします。

エッチに入ると左右の彼女が同じセリフを同時に言うようになるので
音声を聴くと彼女の声が頭の中で軽く反響してるように感じるでしょう。
音楽も催眠パートから随分変わりますし、雰囲気作りにも力を入れてます。

続く28分間はお待ちかねの絶頂シーン。
これまでずっと封印してきた声を出すタイプの復唱をようやく解禁し
1セットごとに違うことを言わせながら長めのカウントを数えて絶頂するのを繰り返します。

「言葉が溢れるほど 前立腺にまた痺れが押し寄せて 頭にはピリピリと甘い痺れが行き渡る」
どれも彼女が指定したセリフを繰り返し言う形になっており
心の中に溜まったものを吐き出す快感と純粋な快感の両方を味わえます。
1カウントごとに長めの暗示を入れながらゆっくり進めますから
股間を中心にビクビク、ジンジンした快感が徐々に強くなるのを感じます。

ここは実際に声を出すかどうかでイキやすさが随分変わるので
是非とも声を出せる環境で聴いてみてください。
恥ずかしさ、背徳感、爽快感など心の快感も複数同時に襲ってきました。

前編部分をまとめると、催眠がしっかりしてるしエッチもテーマ性が強くてかなり気持ちよくなれます。
声を出す、出さないという催眠音声ではあまり着目されない要素に光を当て
それと敵国のスパイに篭絡される背徳感や、自分の性癖を曝け出す快感を組み合わせて追い込みます。
誘導も無理矢理感がまったくなく、Mな人が喜びそうな餌を与えて手懐けます。

ここで一旦区切れるようになってますから後編部分と分けて聴くのがいいでしょう。
04パートの最後に催眠を解除するシーンがあります。
サークルさんも1日~数日後にこの先を聴くことを推奨されてます。

前編の絶頂シーンは3回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

後編へ続く…。
スパイの人類催眠奴隷化工作(後編)

CV:野上菜月さん
総時間 3:34:30


体験版はこちらにあります

追記
2021年8月13日まで20%OFFの1232円で販売されてます。



F・A・S淫魔研究所「快楽の犠牲者レポート File1~12セット」(前編)」に引き続いての後編です。
今回は「FAS淫魔研究所File7「失神する湿疹」」以降の様子を中心に紹介します。
男性たちを襲うエッチな出来事
後編のエッチシーンは6パート89分間。
プレイは体を傷つける、オナニー、キス、乳首責め、触手責め、乳首オナニー、手コキ、フェラ、オナニーの見せ合いです。
エッチな効果音はありません。

「蚊にでも刺されたのかな、と腕を見ると 赤い湿疹のようなものができていた」
File7(約19分)は痛みを快感へ変える湿疹に感染した男性に関するお話。
最初は左腕に小さくできてたのが引っかくうちにみるみる巨大化し
それに合わせて快感も強烈になってどんどん暴走していきます。

このパートには女性が一切登場せず彼の独白でお話が進みます。
だからこそ彼が何を思い、こういう過激なプレイに走ったのかが手に取るようにわかります。
初めは爪を立てて掻いてみる程度だったのが針で刺す、カッターで切るなど
普通に考えれば明らかにおかしい行動に移って自分を傷つけていきます。

SMプレイよりも遥かにハードな内容です。
最終的には取り返しのつかない事態になったりするので人を選ぶんじゃないかなと。
しかし彼が痛みや苦しみを感じる様子はまったくなく
アヘ声を漏らしながら何度も射精する真逆の反応を見せます。

続く2パート28分間は人外娘との愛をテーマにした甘めのプレイ。
「File8「嗜虐的ホムンクルス」(約15分)」はホムンクルスがオナサポを
「File9「愛玩植物育成キット」(約13分)」はアルラウネがキスや触手責めをします。

ホムンクルス「でも 不思議ですわね どうして私は お父様のお心がわかるのでしょうか お父様の考えてることならば すべてわかるんですの」
前者は彼女が元自分の娘で死者を生き返らせた設定があるため
親子、男女と二重の意味での愛情模様が描かれてます。
彼女は凶悪な部分がまったくなく言葉遣いも上品で傍から見ればごく普通の女の子です。
しかし相手の心を読む能力が備わっており、それを使って彼を巧みにリードします。

本当はやってはいけないとわかってるのに
娘の前でおちんちんを晒し、さらにオナニーの指示まで出してもらう。
父親からすれば気持ちいいけど背徳感もある刺激的なプレイが味わえます。
このパートでやることはほぼオナニーのみで2人が体を触れ合うことはほとんどありません。
彼女の事情や2人の関係をプレイ中に語って男性の立場で聴きやすくしてます。

それに対して後者は人外娘が相手でなければむしろ応援したいプレイ。
仕事が原因で落ち込んでた男性が闇市で偶然アルラウネの苗木を購入し
その3か月後に2人がどのような生活を送ってるかわかりやすく描きます。

アルル「ご主人の乳首 まるで花のつぼみのようですわ とても愛らしい」
彼が命名したアルルという子は本当に献身的な女性で
帰宅した彼を嬉しそうに迎えて精一杯のご奉仕をします。
おまんこはついてないのでSEXはできませんが、リラックス効果のある香りを放って疲れを取り除いたり
キスや触手責めで心身両面をバランスよく温めて幸せな射精に導きます。

穏やかなBGMも相まって本作品の中でも上位に位置する甘さを持ってます。
彼女は彼の精液を食料としてもらい、彼は彼女に癒しと快感を与えてもらう。
作中で彼女のことを「妻」と呼んでますし、お互いに深く愛し合ってるのが伝わってきます。
「実は悪女でした」みたいなオチもないので安心して聴けるでしょう。

個人的に後編で最も個性が強いと思ったのは「File10「マインドコントロール音声」(約20分)」。
元ニートで今はバリバリ働いてる男性がそうなったきっかけにあたる音声を楽しみます。

左右「自分で自分の目を凝視していると なんだか 頭がぐらぐらする感覚を 感じるかもしれませんね」
冒頭に深呼吸しながらリラックスを後押しするセリフを投げかけたり
女性が常に左右同時に同じセリフを言うなど
非現実感が強く味わえるように他のパートよりも催眠色を強くしてお話を進めます。

実際に聴いてみると双子催眠を連想する人がいるんじゃないかなと。
テーマがマインドコントロール(=洗脳)なので、サークルさんの得意なやり方でお届けします。
プレイのほうは前半が乳首オナニー、後半はおちんちんオナニーとオナサポ寄りにしてました。
シコシコボイスは流しませんがどこをどういじるか小まめに教えてリードします。

体をいじるので純粋な快感ももちろん得られますけど
陶酔感や恍惚感といった心の快感も結構得られて心地いいです。
こちらを見下したり突き放すことがない代わりに
鏡に映った自分の姿を見る指示を出して羞恥心を煽ります。

終盤の2パート22分間は快楽と引き換えに破滅を味わうプレイ。
「File11「カーテンの向こう側」(約12分)」は廃ホテルの一室で女性が手コキとフェラを
「File12「愛の告白練習用電話ボックス」(約10分)」は不思議な効果を持つ電話ボックスで
大学生が恋心を抱いてる先輩とオナニーの見せ合いをします。

女性「ここに1人で住んでいる理由はね どんなに大きな声や物音を出しても 誰も気にしないってところ」
File11は人気のない場所で妖艶な女性とエッチするシチュということで
プレイ自体は割と素直ですけど終盤にハードな要素を盛り込んでます。
極上の快感が得られるなら何をしてもいいと言ってしまう男性もいると思います。
彼女は相手のそんな心理を逆手に取って彼の大事なものを奪います。
どぎつい描写はありませんけど多少ホラーテイストのお話です。

「たとえ現実では無理でも 心の中に溜まりに溜まった想いを吐き出したいという気持ちは強くあった」
File12は告白したくてもできない奥手な男性の心情とエッチを組み合わせてます。
この電話ボックスは特定の番号にかければ好きな異性の幻影と出会える機能があり
そこで告白すれば相手は必ず好意的な返事をしてくれます。
彼にとって先輩は高嶺の花なので、VRっぽい世界でその欲望を満たす日々を送ります。

ゲームの世界にハマりすぎて現実が嫌になるのに近い感覚なのかなと。
彼も彼女とのエッチを楽しんだ後にある大きな決断をします。
メリーバッドエンドの物語が好きな人が最も楽しめるでしょう。

このようにストーリー、シチュ、登場人物、プレイを毎回変えてお送りする多種多様なエッチが繰り広げられてます。
異種姦てんこ盛りの作品
人間以外の女性と様々な設定でエッチするM向け作品です。

エージェントたちは被害者の男性が過去に味わった出来事を聴き手に疑似体験させようと
男性視点で実況したり感覚の描写をしながら色んな人外娘に犯される様子をお届けします。
そしてどのお話もあらゆる要素を切り替えてまったく違うスリル、興奮、快感を与えてくれます。

人外娘が普通にいる世界で人間の男性たちが弄ばれたり愛し合うシチュ
合計12ものお話を用意し、そのすべてでシーンに合ったBGMを流しながら綿密に語る没入しやすい作り
男性が幸せになるものから破滅するものまで本当に幅広く取りそろえた個性の強いエッチ。
異種姦をテーマにしたありとあらゆるエッチな物語を思う存分楽しめます。

本作品では淫語をたっぷり言ったり激しく乱れる正統派のエロはあまりやりません。
人外娘に弄ばれたり特殊な設定でエッチするといったシナリオ面に力を入れてます。
イメージ力を膨らませるのが上手なので熱中しながら音声を聴けると思います。
一部で癖のあるプレイも出てきますが、反対にあまあまなお話もあって全体を見ればバランスが取れてます。

あとはここでしか聴けないストーリーやエッチがいくつもあるのが素晴らしいなと。
18禁同人音声で人外と言えばサキュバスに搾精されるのが定番ですが
そういうのはできるだけ避けて奇抜なものをいくつも用意してます。

ひとつひとつのお話が短めなおかげで時間があまり取れない人でものんびり完走できるし
声優さんも含めて全部が変わるから毎回新鮮な気持ちで聴くことができます。
音楽や暗示っぽいセリフ表現といったサークルさんらしさを感じる要素も多いです。

後編の射精シーンは9回。
淫語それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。
人外娘が好きな人、没入感や恍惚感を味わいながら抜きたい人には特におすすめします。

CV:大山チロルさん 陽向葵ゅかさん 分倍河原シホさん 野上菜月さん かの仔さん さくら真咲さん 
そらまめ。さん 柚木朱莉さん このえゆずこさん 沢野ぽぷらさん みもりあいのさん 霜月優さん
総時間 4:48:35

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年5月26日まで20%OFFの1056円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。



サークル「F・A・S」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、淫魔界と人間界が繋がってる架空の世界を舞台に
合計12人のエージェントが過去にあったエッチで不思議な出来事を被害者の視点で語ります。

様々な人外娘に弄ばれる様子を高い臨場感で描いてるのが特徴で
賃貸住宅に住み着いた地縛霊、淫魔、電車の形をした妖怪などお話ごとに相手を切り替え
主人公が独白する形式で実況したり、催眠暗示っぽい言い回しでどんな快感を味わってるか話して
聴き手が主人公とできるだけ同じ視点で楽しめるようにリードします。
シーンごとに異なるBGMを流して雰囲気を作るのもポイントです。

総時間が288分もあるので前編(File1~6)、後編(File7~12)の2回に分けてお送りします。
人外娘たちとのエッチを疑似体験
12種類のシチュで淫魔や妖怪たちに弄ばれるお話。

「この部屋に住み続けるのは 女性の地縛霊のようです」
エージェントは明るくて整った声のお姉さん。
格安物件に住み着いてる地縛霊に関する報告をすると
借主にあたる男性が過去に体験した憑依オナニーを追体験させます。

本作品はサークルさんがCi-enで有料プラン会員に公開してる企画の詰め合わせ。
人間と淫魔が共存する世界を舞台に12種類のエッチなエピソードを語ります。
どのお話も最初に3~4分の調査レポートパートがありまして
そこでエージェントが背景を語ってから主人公視点に移りエッチの様子をお届けします。

当サイトではわかりやすさを優先してFile1から12の順に紹介しますけど
世界観が一緒なだけでそれぞれのお話に繋がりはありません。
ですから気に入ったものから順に聴くのもいいでしょう。

最大の特徴は多種多様なM向けのシチュを用意してること。
淫魔の世界があるから当然サキュバスも登場しますし、地縛霊や触手型の妖怪なんかも出てきます。
プレイの内容も王道からアブノーマルまで本当に幅広くどれも内容が濃いです。
他のサークルさんでは見かけないホラーテイストの物語もあったりするので
スリルや背徳感を味わいながら射精したい人には特に向いてます。

今回紹介する前編部分だけで146分もありますけど
各Fileの時間は25分程度と手頃で分けて聴くなら平日でも全然問題ありません。
どのお話もプレイを絞って濃くお届けしますからサクッと抜くのに使えます。
また出演声優さんが全部違うため演技を聴き比べる楽しさがあります。

主人公「ひんやりした手は 吸い付くように俺のを包み 擦り始める しごかれるたびに 背筋をビリビリっとした刺激が駆け巡る」
もうひとつの大きな特徴は臨場感を出すための演出に力を入れてること。
どのお話も主人公視点のセリフを盛り込み、彼が何を見たり感じてるかを綿密に描きます。
F・A・Sさんは催眠音声がメインのサークルさんなので
特に快感を伝える時は催眠暗示っぽい表現を好んで使われてます。

実際に聴いてみると妙に生々しいとか、イメージしやすく感じるでしょう。
全編で状況に応じた音楽を流すなど、持ち味を活かして仮想のエッチをリアルにお届けします。

仮想世界ならではの幅広くぶっ飛んだお話と臨場感のあるエッチ。
人外娘に関するエピソードを王道から変わり種まで描いた個性の強い作品です。
上手に引き込んでくれるエッチ
前編のエッチシーンは6パート89分間。
プレイは憑依オナニー、オナホコキ、全身責め、薬を飲んでのオナニー、キス、乳首責め、手コキ、SEX(体位不明)です。
オナホコキ、全身責め、射精(File2、File3)の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「あぁん そんなに怖がらなくたっていいじゃない 確かに憑りつこうとは思ってるけど 別に呪ったりなんてしないわよ」
地縛霊は甘く穏やかな声のお姉さん。
賃貸住宅の脱衣所に立った男性へ後ろから話しかけると
悪意がないことをはっきり伝えてからエッチな悪戯を始めます。

エッチは一部を除き女性側が責め続けます。
最初の2パート30分間は割と王道の誘惑プレイ。
「File1「寄生する彼女」(約11分)」は女性の地縛霊が憑依してするオナニー
「File2「オナホールからの脱出」(約19分)」は淫魔がゲーム形式でオナホコキをします。
本作品は登場人物が非常に多いので今後すべてのセリフを男性は緑、女性は青で統一します。

地縛霊「この部屋 彼氏ができたら 一緒に住みたいと思ってたんだよね だから しばらくでいいから 私の彼氏になってくれない?」
地縛霊は人外娘では珍しくとても友好的な性格。
彼を金縛りにするところは多少強引ですけど、それ以降はおちんちんを優しくしごいて気持ちよくします。
彼女が幽霊になった経緯を語り、彼がそれに同情するシーンもあったりと
2人がお互いに歩み寄ってこの時間を楽しもうとします。

プレイ自体は彼女に実体がないので彼の手を借りてするオナニーっぽい内容です。
しかし憑依すると質感や骨格までも変わるらしく、女性にしごかれてるような快感を味わいます。
ノンストップで2連続射精させる以外はほのぼのしたプレイに感じました。
彼もなんだかんだで満足してて多少のイチャラブ感があります。

淫魔「ふふっ 寸止め 射精なんてさせるわけないじゃないですか」
File2の淫魔はイメージ通りのエロくて狡猾な女性。
「定められた時間内にオナホを引き抜けば彼女の体を好き放題できる」というルールを設け
体を密着させながら標準くらいのペースでオナホコキします。
彼にとって圧倒的に有利なルールですけど、彼女はそれを見越したうえで負けへ追い込みます。

割と駆け引きの要素があるお話ですから、具体的にどうするかは聴いてのお楽しみとさせてください。
知らずに聴いたほうが間違いなく楽しめます。

続く2パート35分間はややブラックなお話。
「File3「降車できない環状線」(約19分)」は終電後にホームへ来た電車に乗り込んだ男性が
そこの座席に座ったまま体の拘束&触手責めされる特殊なプレイ
「File4「最高に気持ちいいダイエット」(約16分)」は飲んでオナニーするだけで痩せられる薬を買った男性が
付属のCDから話しかけてくるお姉さんの言う通りにエクササイズします。

「ぬめぬめした温かい肉壁に包まれて 触手のようにうごめいて 体の肌という肌を丁寧に舐められて まるで 体ごとおまんこに入れられてるような感覚を感じる」
両方とも現実ではまずあり得ないプレイなので実況や雰囲気作りに一際力を入れてました。
File3は電車の走行音や触手音をバックで鳴らしますし
彼がどのように責められてるかも主観視点で綿密に描いて一体感を出します。
販売ページのジャンルに入ってるので言ってしまうと、ここでするのは丸呑みです。

ただし、彼が痛みや苦しみを感じてる様子は一切ありません。
快楽で塗りつぶされていく様子をソフトな表現で描いて聴きやすくしてます。
人外相手で気持ち良くするだけというのも生ぬるい気がしますから
一部でこういうプレイを入れるのは有りなんじゃないかと私は思います。

お姉さん「ねぇ 最後くらい 我慢せずに楽しんでいいんじゃない?」
File4はお姉さんの巧みな誘惑が光ります。
プレイ自体は薬を飲んでからオナニーする至ってシンプルなものですが
男性が何を求めてるかを察知し、それを叶えさせることで破滅に導きます。
一時の快楽と引き換えに大事なものを失うMには堪らない展開です。

前編終盤の2パート24分間は一転してソフトな内容。
「File5「五感変化全身スーツ」(約16分)」は全身スーツ型のVR機器を装着して疑似エッチを楽しみ
「File6「夏祭りのあの子」(約8分)」は夏祭りの時にだけ現れる女の子と甘酸っぱいエッチをします。

「おぉ 本当に感触がある あまりに感動した俺は つい声を出してしまった」
File5はVRを扱ってることもあり臨場感を出すことを意識してます。
彼が部屋にいながらメロちゃんという女の子に責められてる様子をわかりやすく語り
催眠暗示っぽいセリフも積極的に盛り込んで乳首とおちんちんを同時に気持ちよくします。

催眠にかかることはさすがにないと思いますけど
目を瞑って聴けばエッチの様子が自然と浮かび上がってくるような感覚がしました。
キス、乳首責め、手コキとプレイは定番で固めて他の部分で個性を出してます。

File6は本作品の中で最もM度が低い内容。
夏祭りの直前に失恋した男性の前に女の子が現れデートやエッチで慰めます。
彼女が恥ずかしそうな仕草を見せたり、SEXする際は処女のようで軽く痛がるなど
学生時代に体験しそうな出来事を追体験させてくれます。
プレイ時間が短いのでエッチよりもイチャラブ感を楽しむお話かなと。

前編部分をまとめると、M向けなところはどれも一致してますけど
どのお話も内容や激しさに明確な違いがあって新鮮な気分で聴けました。
File1~2は正統派の色仕掛け、3~4はややダークなプレイ、5~6はデメリットの低いエッチという感じです。
他のサークルさんでは見かけないシチュやプレイばかりなのも良いです。

前編の射精シーンは9回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声ごく僅かです。

後編へ続く…。
F・A・S淫魔研究所「快楽の犠牲者レポート File1~12セット」(後編)

CV:大山チロルさん 陽向葵ゅかさん 分倍河原シホさん 野上菜月さん かの仔さん さくら真咲さん 
そらまめ。さん 柚木朱莉さん このえゆずこさん 沢野ぽぷらさん みもりあいのさん 霜月優さん
総時間 4:48:35


体験版はこちらにあります

追記
出演声優さんが多いのでタブに声優さんの名前は入れずに掲載してます。

2021年5月26日まで20%OFFの1056円で販売されてます。



サークル「F・A・S」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第74回目は声も態度もあまあまなお姉さんと女の子が
心の中にあるクラブハウスへ案内し、そこで気持ち良くて幸せな時間をプレゼントします。

ほぼ全編で何らかの音楽を流し続けるのが最大の特徴で
催眠パートは癒し系のゆったりした音楽、その後はハウス系テクノと異なるものを用意し
音楽と暗示を組み合わせて充足感や幸福感といった癒しの感覚に包み込みながら絶頂させます。
序盤に2種類の運動をするおかげでリラックスしやすいのも魅力です。
クラブハウスで素敵なひと時を
お姉さんに催眠をかけられ、女の子とクラブハウスでイチャイチャするお話。

「それではまず 催眠に入りやすくなる 簡単なリラックス運動をしましょう」
お姉さんは甘く穏やかな声の女性。
音声を聴く際の注意事項を簡単に説明してから
本編へ入る前にリラックス運動を始めます。

本作品はサークルさんの中で特に人気が高いクラブミュージック催眠の第1弾。
名前はないけど主人公に強い好意を抱いてる女性が
催眠を通じて架空のクラブハウスへ招待し、そこで音楽を楽しみながら抱き合ったり絶頂します。
場所が場所なのでフェラやSEXなどのストレートなプレイはやらず
女の子に愛される幸福感や、抱き合う一体感といった癒しの感覚で気持ちよくします。

最大の特徴はもちろん音楽。
ハウス系テクノが30分ほど流れ、それ以外のシーンも水の音や癒しの音楽が登場します。
F・A・Sさんが音楽を本格的に導入した初期の作品にあたるのですが
曲のレベルは非常に高く、クラブハウスにいる感覚をしっかり味わえます。

曲自体の質が良いのに加えてシーンごとに曲調が変わる演出がされており
女の子の気持ち、プレイの様子、絶頂のタイミングを伝えて上手に乗せてくれます。
もちろん暗示も小まめに入れてくれますからふたつの要素で感覚を操作するスタイルです。
最初は戸惑うかもしれませんが、聴いてるうちにだんだん没入していくのを感じるでしょう。
現実世界から切り離す意味合いもあって本作品における大事な要素と言えます。

それ以外だとリラックスさせる運動を2種類行うのが特徴です。
本編に入る前に7~13分ほど立って運動するシーンがあり
それ以降も寝たまま体を軽く動かす指示を出して全身をくまなく脱力させます。

リラックスが十分できてれば当然催眠にも入りやすくなるわけで
「クラブハウスに行って音楽にイかされる」という独特なエッチを楽しみやすくしてくれます。
催眠中も音楽を流すので疲れてる人が聴いたら眠くなるかもしれません。
音モノでは珍しくM度も低いためノーマル~ややMあたりの人におすすめします。
音楽に馴染ませながら落とす催眠
催眠はおよそ37分間。
最初の「02.リラックス運動(約11分)」は立ち上がって足を肩幅くらいに開き
好きなペースで腕をブラブラさせて体の力を抜きます。
ちなみに催眠は主にお姉さんが担当し、終盤から女の子に交代します。

「これから 頭を落ち着ける音を流していきますので そのまま ぶらーんぶらーんと 前後に手を動かすのを続けてくださいね」
そして本作品の売りである音楽が早速登場します。
ここで流れるのは水の弾ける音ですが、それを聞いてるだけでも癒しや清涼感が得られます。
運動中は彼女が一切しゃべらないので頭を空っぽにしたまま運動できます。
ちなみにこのパートは短縮版(約7分)も用意されてます。

本編に入った後は本格的な催眠をかけ始めます。
事前に3分ほど使って催眠に関する小話をしてから
仰向けに横になって目を瞑り、先ほどとは違う運動を行います。
ここからは音楽も水音からゆったりした曲調のものへと変わります。

「グーをイメージしながら 息を吸って 握り込んだ手が 胸へ押し付けられていく 腰が浮く パーをイメージしながら 息を吐いて 胸から手が離れて 開いていく 腰がベッドに沈み込む」
ここでする運動は全身でグーとパーを表現する変わったもの。
息を吸うのに合わせて全身を丸め、吐いた時に元へ戻すのを繰り返します。
最初は細かな指示を出しながらゆっくりやってたのが
しばらく経つとカウントに合わせて繰り返すスタイルに変わります。

冒頭のリラックス運動と合わせて20分くらいやりますから
両方終えた頃には体がポカポカしたり弛緩してるのを感じるでしょう。
催眠に限って言えば初心者向けの内容だと思います。

お次はいよいよ女の子が待ってるクラブハウスへ移動します。
カウントに合わせて深化の暗示を入れて催眠状態を強化し
それから目の前にあるドアを通って目的地に移動します。

「頭がぼーっとして 見とれてしまう 周りの音が遠ざかり 時間が止まってしまったように感じる」
クラブハウスへ行ったことがない人でもイメージできるように
周りの情景を細かく実況してそこにいる感覚を膨らませます。
楽しく踊ってる他の客、色とりどりの光を放つ天井、そしてテンポの良い曲。
それらを語りながら暗示も小まめに入れて没入感を高めます。

音楽が癒し系からクラブミュージックに変わるので
聴いてるとなんだか踊りたい気分になるでしょうね。
音量が大きめですけどしばらく聴いてれば次第に慣れると思います。

音、音楽、技術、イメージを上手に組み合わせた本作品らしい催眠です。
クラブハウスにいる気分に浸らせることを目的に
リラックス運動から入って深呼吸を交えた漸進的弛緩法、カウントによる深化
そしてクラブハウスのイメージと時間をかけてゆっくり誘導します。

ほぼ全編で流れ続ける音楽が耳と心に心地よく
催眠の技術も的確でかなり深いところまで入れました。
リラックスに力を入れてる構成もかかりやすさに貢献してます。
愛と音楽に包まれるエッチ
エッチシーンは30分間。
プレイは愛の言葉、ハグ、背中/脇腹の愛撫、音楽による絶頂です。

エッチな効果音はありません。
セルフはありません。

「言葉は違うけど 愛してるって言われたら 安心感で胸がいっぱいになって 君のことずっと考えてたよ なんて言われたら 幸せで満たされたような気持ちになるかも」
女の子はお姉さんよりも若々しい声の女の子。
クラブハウスにやって来た主人公を嬉しそうに迎えると
愛の言葉をたっぷり投げかけて幸せな感覚で包み込みます。

エッチは引き続きクラブミュージックを聴きながら彼女とソフトにイチャイチャします。
前半の14分間は幸福感を与えながら上半身を責めるシーン。
「好き」などのセリフを多めに言い、さらに途中から抱き合って体の距離も近づけます。

「好きで好きで堪らない 大好き 心の中で 頭の中で 快感がどんどん膨らんでいき 体へと流れていく」
彼女は最初から彼に好意を抱いてるので声も態度もあまあま。
愛の言葉を聞くほど心がぽかぽかしたり体が気持ちよくなる暗示を丁寧に入れます。
バックで流れる音楽もビートが効いてて体に軽く響きます。
音楽が売りの作品ですから両方を組み合わせて気持ち良くすることを意識してます。

後半の16分間は絶頂シーン。
1回目は30カウント、2回目は20カウントと総数を徐々に減らしていき
その都度追い込み暗示を入れたり専用の音を鳴らしてドライへ導きます。

「おちんちんをピリピリした快感が襲う おまんこもどんどん熱くなって ビクビクと震えてきた 君が感じると 私も感じる 気持ちいい無限ループ」
そしてここでは彼女との一体感を出すためにお互いの感覚をリンクさせます。
カウントを数えてる間は控えめな喘ぎ声を漏らして多少のエロさを出してました。
絶頂時の音は「だららららららら だんっ」みたいな結果発表をする時の音に近いドラム音です。
後になるほど鳴らす間隔を狭めていく連続絶頂っぽい追い込みをしてくれます。

彼女が股間に意識を向ける指示を出してくれたからでしょうけど
股間を中心に熱が高まったりビクビクするのを数回繰り返して気持ち良かったです。
女の子と一緒に絶頂を迎える展開もあまあまで良いなと。
F・A・SさんはM度の高いシチュを好む傾向がありますが、この作品に限ってはかなり低くて聴きやすいです。

このように、恋人っぽい雰囲気で幸せイキを目指すほぼノーマル向けのエッチが繰り広げられてます。
親切で没入しやすい作品
発売から6年近く経った今でも十分聴く価値がある優れた作品です。

お姉さんと女の子は主人公にクラブハウスで過ごす楽しさを疑似体験させようと
まずはリラックス重視の催眠でしっかり落としてから目的地に案内します。
そしてその後は愛の言葉、音楽、催眠の技術を組み合わせて一体感と幸福感を与えます。

2人の女性が手分けして独特な催眠とエッチをする甘いシチュ
ほぼ全編で何らかの音や音楽が流れ続ける個性的な作り
2種類の運動をしてからイメージ主体の深化をする催眠
イチャラブ感を出しつつ暗示と音でドライへ追い込むテーマ性のあるエッチ。
催眠音声が数多く出てる現在でも強烈な個性を放ってます。

中でも2番目はサークルさんの今の作品にも受け継がれてる要素で非常にレベルが高いです。
特定の音楽を垂れ流すのではなく、状況に応じて曲調やリズムがシームレスに変化します。
クラブハウスのシーンも雰囲気作りがしっかりしてて高い没入感を得られました。
エッチは音モノの側面を持ってるので絶頂するには多少の慣れが要ると思います。

絶頂シーンは9回。
淫語と喘ぎ声ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

以上を踏まえて前回から1点だけ上げさせていただきました。
音モノに興味があるけどどれから聴けばいいかわからない人には特におすすめします。

CV:沢野ぽぷらさん
総時間 共通パート…54:55 リラックス運動(オリジナル版)…13:07 リラックス運動(短縮版)…7:07

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年5月17日まで50%OFFの550円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。



サークル「F・A・S」さんの同人動画作品。

今回紹介する作品は、それぞれに違った個性を持つ2人のサキュバスが
Mな男性を個別に、あるいは同時に責めて何度も絶頂させます。

映像形式でオナサポするのが最大の特徴で
片方は乳首、もう片方はおちんちんと責めるターゲットを分担し
どちらも焦らし気味にいじりながら暗示っぽいセリフを言ったりカウントを数えて追い込みます。
乳首責めの割合が高いので既に開発してる人のほうが楽しめるでしょう。
サキュバスの搾精をよりリアルに
サキュバスのディーナとスルーアが3種類のオナサポをするお話。

「こんばんは へぇ 今日はボクと一緒に遊びたいんだね」
ディーナ(挿し絵左)は穏やかで色っぽい声のお姉さん。
ある日の夜、動画を再生した主人公に挨拶すると
これから始まるオナサポのルールを説明します。

本作品は「ディーナのバーチャル催眠」「スルーアの快楽オナニーサポート」に続く人気シリーズ第3弾。
M男を弄ぶのが得意な彼女たちがおよそ110分に渡って彼を何度もイかせます。
序盤から中盤にかけては一対一、終盤は2人同時にとスタイルを変え
いずれも乳首やおちんちんといった性感帯を指示通りにいじって気持ちよくなります。
どの作品も内容が独立してますから今作からでも大丈夫です。
ダブルサキュバス
そして彼女たちはエッチのすべてを映像形式で行います。
動画ファイルを起動するとこんなふうに彼女たちが現れ
ぬるぬる動きながら話しかけたり手を使って彼の弱点を焦らし気味にいじります。
背景の光の玉がゆらゆら動いたり、状況に合った音楽が流れるなど雰囲気作りがしっかりしてます。

過去作の時点でVtuberと同じくらいの品質を持ってましたが
今作はキャラのデザインや動きがさらに向上し、アニメとして非常に高い水準に達してます。
セリフに合わせて口の開き具合が微妙に変わったり
同じプレイでも位置、ペース、責め方を変えて彼女たちが目の前にいる気分をリアルに味わわせます。

オナサポについては説明的なセリフを挟まず彼女たちがやることを真似る形で行います。
ディーナは乳首、スルーアはおちんちんと別の部位を担当し
いずれも体への責めをソフトにする代わり言葉責めに力を入れてます。

ディーナ「ほら 爪の先が服に触れるたびに 肌と服が擦れて ゾクゾクした気持ちになるね」
例えばディーナは初めて動画化された作品が催眠だからでしょうけど
「マゾ」「変態」といった同人音声でよく見るものではなく
催眠暗示のような快感を後押しするセリフを数多く投げかけます。

乳首はおちんちんに比べてどうしても快感が弱くなりますから
それをサークルさんらしいやり方で補ったのだと思います。
ディーナ、スルーアいずれもエッチを始める前に深呼吸するシーンがありますし
一般的なオナサポよりも催眠色を強くして個性と実用性を上げてます。

ちなみに本作品のエッチは乳首をいじってドライオーガズムさせることが多いです。
乳首オナニーの時間が全パート合わせて約58分と長く
絶頂させる時はカウントを数えながら追い込み暗示を入れるスタイルを取ってます。
射精もしますが最終パートに1回だけですからかなり焦らされますね。
どちらかと言えば既に開発してる人のほうが楽しみやすいと思います。
焦らしてから追い込むエッチ
エッチシーンは3パート89分間。
プレイは乳首責め(乳首オナニー)、カウントによる絶頂、太もも/金玉/おちんちんの愛撫、手コキ(オナニー)です。
エッチな効果音はありません。

ディーナ「さーて まずは直接乳首をいじる前に 少し胸の周りをいじってあげようか」
オナサポのルールを説明してから軽い深呼吸で主人公をリラックスさせたディーナは
シャツとパンツを着た状態でまずは胸全体を優しく撫でるように言います。

エッチは終始彼女たちに言われた通りに動きます。
最初の2パート59分間は焦らしながら優しく調教するシーン。
「01.ディーナの脳イキ乳首オナニーサポート(約28分)」はディーナが乳首を
「02.スルーアの指コキおちんちんオナニーサポート(約31分)」はスルーアがおちんちんをいじります。
ちなみにここはどちらを先に聴いてもいいそうです。

ディーナ「早く指先でカリカリってしたり 弾いたりしたいよね? でもだーめ そんな強い刺激は与えてあげないよ」
2人は今回のエッチを通じて彼を飼い慣らす気でいますから
パートの序盤から中盤にかけては満足できないレベルの刺激を与えます。
指の先だけで胸を撫でるところから始まり、次は乳輪を爪の先で撫で続けます。
そして絶頂させる時だけ乳首を指で弾いて強めの快感を送ります。

実際にやってみると気持ちいいとくすぐったいの中間あたりの感覚がしました。
オナサポの中では弱い部類なのでもどかしく感じるでしょう。
しかしディーナの場合は気持ちよくなる暗示を小まめに入れてくるおかげで
脳が軽くとろけるような感覚も味わえます。

ディーナ「イクっ ダメっ イっちゃう! ビリっと強い刺激が頭までかけのぼる」
絶頂シーンのやり方も催眠音声のそれに結構近いです。
1カウントごとに短めのセリフを挟み、0になったら追い込むのを何度も行います。
完全にドライを見据えたリードですから股間よりも胸や脳が気持ち良くなります。
焦らしながら多少のご褒美も与える飴と鞭を組み合わせたプレイです。

もう1人のヒロインにあたるスルーアは二重人格のサキュバス。
普段は丁寧語で優しく接する温和な性格をしてますが
時折トーンの低い声で彼を見下す正統派の言葉責めをします。


スルーア「指だけで気持ちよくされて 恥ずかしくないの?」
彼女のほうが催眠暗示っぽいセリフは少ないので普通のオナサポに近いかなと。
おちんちんなら乳首よりも気持ちよくなれますから言葉責めの方向性も変えてます。
ただし、体への責めはディーナと同じく控えめにしてあります。
パンツ越しに太もも、金玉、おちんちん全体を愛撫するのが中心です。

特におちんちんは人差し指1本だけで亀頭や裏筋を撫で続けます。
絶対に射精できないレベルの刺激に落としてあるので股間がムズムズしました。
そしてパート終盤は敢えて射精ではなくドライへ持っていきます。
最終パートに向けての準備と言いますか、決して満足させないように調整されてます。

最後の「03.ダブルサキュバスのイキっぱなし洗脳オナニーサポート(約30分)」は
いよいよ2人が協力してドライと射精の両方に追い込みます。
ディーナは左、スルーアは右に陣取ってまずは乳首とその周辺を集中攻撃し
中盤以降は乳首とおちんちんを同時に責めて少しずつ確実に追い込みます。

私はレビューを書く関係で全パートを連続で聴いてますが
サークルさんによると01と02の視聴後に数日オナ禁を挟んでから03へ進むのが本来の聴き方だそうです。
後日実際にやってみて何か書くことがあればここに追記します。

ディーナ「焦らされ 乳首が弾かれた あの意識が一瞬消えるような感覚 思い出して?」
スルーア「私たちの指示で脳イキしながら射精して 名実共に サキュバスの家畜になるんだよ」
ここも2人が自分の持ち味を出しながら連携を取ります。
ディーナは序盤から中盤にかけては乳首責めに専念し、終盤の手コキだけおちんちんをいじります。
そしてスルーアは序盤は乳首、中盤はおちんちん、終盤は両方と幅広くカバーします。
セリフにも違いが見られますしキャラを大事にしてるように感じました。
映像もリアルで男を弄ぶのに慣れてるのがよくわかります。

そして道中の焦らしが強いからこそ、最後の射精は強烈な快感が襲ってきました。
乳首やおちんちんをソフトに撫でる時間が多いから敏感になってたのでしょう。
私の場合は軽めの催眠状態に入ってたのもあります。
連続視聴でこれだとオナ禁後に聴いたらヤバいことになりそうです。

このように、彼女たちに調教されてる気分を味わわせながらイかせるM向けのエッチが繰り広げられてます。
没入できる作品
サークルさんの夢をそのまま形にしたような質の高い作品です。

ディーナとスルーアは主人公の心身にできるだけ負担をかけずに精気をいただこうと
まずは一対一で相手しながら乳首とおちんちんを優しく責めて性感を高めます。
そして最後は合流し両方をバランスよく責めて幸せな射精に導きます。

違う個性を持つ2人のサキュバスがM男を優しく弄ぶシチュ
物語の一部始終を映像でお届けする没入しやすい作り
乳首とおちんちんを比較的ソフトに責めてゆっくりじっくり追い込む焦らし系のエッチ。
他のサークルさんがやられてるオナサポとは明らかに違うところがいくつも見られます。

中でも2番目はこれだけサークルさんの数が増えた状況でも滅多に見かけませんし
アニメーションの品質も非常に高くて臨場感があります。
エッチも観ながらいじることを想定しておりすごく個性的な作品に仕上がってます。
得意の催眠を織り交ぜてるのもF・A・Sさんらしいなと。

何度も言ってるように体への刺激は弱めです。
女性に射精を管理されたり焦らされることに快感を覚える人がたぶん一番楽しめます。
あとは催眠や乳首オナニーに多少慣れてるとより気持ちよくなりやすいです。
最後に射精しますからドライできるかどうかはそれほど影響しないと思います。

絶頂シーンはドライ13回、射精1回。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえてサークルさんでは11本目の満点とさせていただきました。

CV:ディーナ…沢野ぽぷらさん スルーア…柚木朱莉さん
総時間 1:50:06

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2021年3月25日まで20%OFFの1760円で販売されてます。



サークル「F・A・S」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、敵対国家に所属しスパイ活動をしてる妖艶なお姉さんが
仕事で行き詰ってる男性に催眠を交えた気持ちいいセミナーをします。

快楽と引き換えに自分の国家と会社を裏切る背徳的なエッチを味わえるのが魅力で
最初は3つの契約を復唱して彼女に従う心を養い
それから緩めのオナニーをして精液と一緒に大事なものを全部吐き出します。
癒しの音楽を流しながら双子形式でじっくり催眠をかけてくれるので
催眠音声初心者や被暗示性が低い人も心地いい感覚を実感しやすくなってます。
スパイの誘惑再び
女スパイに催眠をかけられ気持ちいい契約を結ぶお話。

「このたびは セミナーCDをご購入いただき ありがとうございます」
スパイは上品で穏やかな声の女性。
CDに興味を持ち再生してる主人公にそのお礼を言うと
セミナーが持つふたつの効果を教えてからある男性に関する話をします。

本作品はサークルさんの人気作「スパイの快楽尋問催眠」の続編。
ヒプノトランス連邦という敵対国家に所属する彼女が
音声セミナーを通じて彼に快楽を与え従順な奴隷にします。
2人が直接会ってるわけではないのでフェラやSEXといった触れ合うプレイは一切やらず
巧みな話術と背徳的な快感を組み合わせて彼が自分からそうなりたくなるよう誘導します。

前作との共通点は登場人物だけで物語の繋がりはありません。
ですから今作から聴いても問題なく楽しめます。

「君はこれから 君の国と 会社を同時に裏切るんだよ? 射精とともに 君の心も体も 私のものになっちゃうんだよ?」
最大の特徴は自分の国や会社を裏切る快感を味わわせながら気持ちよくすること。
エッチシーンで3つの契約をひとつずつ結んで彼女に従う喜びを教え
最後の仕上げに寝返る快感を与えながらオナニーさせてブラックな射精に導きます。

前作は国家機密にあたるパスワードを漏らす快感を追求してましたから
今作もそれと同じ、もしくはそれ以上の破滅的な快感を味わせてくれます。
背筋がゾクゾクする快感、取り返しのつかないことをやってしまった快感など
体よりも心への刺激が強く得られるようになってて個性が強いです。

催眠についてもサークルさんの過去作と同じく色んな個性を持ってます。
本編に入る前に15分ほどのリラックス運動をすること、ほぼ全部のシーンで状況に合った音楽が流れること
本編の序盤から彼女が3人に増え左右中央から個別に
あるいは同時に話しかける双子形式を採用してる
ことなどです。

特に双子は編集にかなりこだわって制作したらしく
彼女の声が頭の中で響くように聞こえたり、左右で違う動きをするシーンがあります。
60分くらい割いてゆっくりじっくり催眠をかけますから癒しの感覚も強めです。
他人の体験を語りながら進めるなど、現実世界のセミナーに近いやり方で誘惑します。
リラックス要素を多く盛り込んだ催眠
催眠は2パート57分間。
最初の「02.リラックス運動(約15分)」は本編に入る前の準備として
立ち上がって脚を開き両腕を前後にぶらぶらさせる運動をします。

「気持ちいい音を聞いていると 心が 安らぎますね」
そしてお姉さんは早速癒しの音楽を流して心もほぐします。
水滴の音が混じってるおかげで清涼感がありました。
軽めの暗示を入れたり本編の大まかなあらすじも語ってくれるので
とりあえず1回目の視聴時は必ず聴くことをおすすめします。

ここ数作はマインドフルネス瞑想をやってたのですが
本作品はそこまでイメージ力を要求しないからリラックス運動に戻ったのかなと。
実際に体を動かすおかげで肩を中心に温かさと心地よさが湧いてきます。

続く「03.スパイの快楽セミナー催眠(約42分)」はスパイが本格的な催眠をかけ始めます。
軽い前置きを挟んでから深呼吸を数回繰り返し
その後全身を下から上へ流す感じで15分ほどかけて入念に脱力します。

右「次は足首に〇〇を感じ始める」
左「と同時に 足首からも力が抜けてくる」

深呼吸を始める段階から彼女の声が左右中央に分かれ(左右は事前に録音した音声という設定)
「力が抜ける」「だらーんとする」などのリラックスに役立つ暗示を小まめに入れます。
元々このセミナーは主人公が仕事で抱えてる悩みを取り除くために開いてるので
催眠パートは心身のリフレッシュを重点的に行い彼の願いを叶えます。

信頼関係を築いておいたほうがエッチで手懐けやすくなりますからね。

双子についても結構複雑です。
本レビューでは読みやすさを優先して普段と同じ表記にしてますが
実際は文節単位で左右を切り替えたり、同じセリフを左右同時に言うシーンが何度も登場します。
暗示の入れ方、入れる量、その表現も秀逸で聴けば聴くほど手足を中心に体がだらーんとします。

「彼は 悩み苦しんだ末に 私のセミナーを受けに来たの 私には 彼の悩みの原因がすぐにわかったわ それは〇〇だって」
セミナーを受けた他の男性の体験談を合間に語るのも良いですね。
セミナーの効果を裏付けるいい材料になりますし
「この後彼はどうなったのだろう?」と聴き手の興味を引くこともできます。
このお話はエッチの終盤まで断続的に続きますから、それを聞く面白さも生まれてます。

心身を十分脱力できた後は催眠状態を深めます。
中央から長めのカウントをゆっくり数え、左右からは暗示を小まめに入れて落とす王道のアプローチです。
色んな手段でリラックスした後に始まるおかげで
数字が減るほど意識がぼやけたり全身が沈み込む心地いい感覚が味わえました。

今後に向けて催眠状態を維持しやすくするキーワードを設定するなど
催眠の丁寧さに定評のあるサークルさんの持ち味が今作でも発揮されてます。

心身を存分に癒してから深化させる手堅くて質も高い催眠です。
疲れや悩みを取り除きながらスパイの言うことを受け入れやすくすることを目的に
リラックス運動から入って軽い深呼吸、分割弛緩法、カウントを交えた深化と
古典催眠の技術を本作品に合うようアレンジしてゆっくりじっくり進めます。

時間に対してやることを絞ってあるのでどのシーンもゆとりがあるし
双子形式による手厚いリードも相まってかなり深いところまで入れます。
バックで流れ続ける音楽にも多くの人が癒しを感じるでしょう。
背徳的なシチュを扱ってる作品とは思えないくらい催眠パートは雰囲気が穏やかです。
シチュ重視のややブラックなエッチ
エッチシーンは46分間。
プレイはおちんちんを握る、契約を結ぶ、カウントによる絶頂、オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。

「これから君の一番隠したくて そして一番見てほしい部分を見てあげる」
催眠を使って主人公の悩みを取り除いたスパイは
勃起したおちんちんやオナニーを観察してMの快感を与えます。

エッチは終始彼女に言われた通りに動きます。
最初の29分間は彼を奴隷として手懐けながら気持ちよくするシーン。
彼女が提示した3つの契約をひとつずつ確認し、さらに長めのカウントを数えて絶頂するのを繰り返します。
おちんちんを握る指示が出ますがしごくのはNGです。

「本当はこんな契約 結んじゃいけないのに 君はそうやってどんどん気持ちよく堕ちていくの」
そしてここからの彼女は悪いお姉さんへと変わります。
自国を裏切りヒプノトランス連邦に利益をもたらすよう働きかけながら
やってはいけないことをする快感をくすぐってそれに抗えないようにします。

音声セミナーなら彼の意志でいつでも視聴を止められますから
彼女もそこまで強引に押さず、話術を駆使して彼が快楽に負けたくなるように誘導します。
純粋なエロ要素は控えめにしてシチュで興奮させることを意識してます。

「0 おちんちんの奥から痺れがのぼってきて弾ける ぞわぞわーっと鳥肌が立つように 波が何度も押し寄せる」
そして契約に同意した場合は厚めの追い込み暗示を入れてイかせます。
快楽(飴)と服従(鞭)を組み合わせてるところがスパイらしいなと。
主導権を握ったまま彼にもメリットがあるように関係を作ります。

続く17分間は最後の仕上げ。
おちんちんをゆっくりしごく許可を出してから男性が最終的にどうなったか話し
さらに彼にも自国と自社を裏切る決断をさせて背徳射精に追い込みます。

「もうダメなの? 何がダメなの? 出ちゃうの? 何が出ちゃうの?」
オナニーに関する指示は開始と射精のタイミングを決めるだけに留め
彼女は射精の快感と裏切る快感を言葉でリンクさせて悪堕ちを応援します。
これは前作にもあった要素ですから今作に出てくるのも頷けます。
体への刺激を控えめにする代わりにシチュを強烈にして心を上手く盛り上げます。
私が聴いた時も背筋がゾクゾクする感覚を何度も味わいました。

このように、本作品固有の要素と快感を融合させたM向けのエッチが繰り広げられてます。
非日常的な快感が味わえる作品
現実世界ではまず味わえないタイプの快感を疑似体験できる高品質な作品です。

スパイは自己啓発セミナーのCDに手を出した主人公を従順な快楽奴隷にするために
まずは長めの催眠を通じて彼が抱えてる悩みを取り除きます。
そしてエッチは自分に服従する快感や裏切る快感を前面に押し出して心を重点的に責めます。

巧みな話術と妖艶な声を合わせ持つスパイが真面目な会社員をエッチに手懐けるシチュ
リラックス運動や脱力をしっかりやってからカウントで深化させる双子形式の催眠
最初はドライ、次は射精の快感と引き換えに裏切りを約束させる背徳的なエッチ。
催眠は癒し、エッチはインモラルとほぼ正反対の要素を繋げて上手に堕落させます。

中でもエッチは同人音声、催眠音声どちらでもあまり見かけないアプローチをかけてて面白いです。
人間はやってはいけないことをした時に強い快感や満足感を得る生き物ですから
そこを執拗にくすぐりながら純粋な快感も与えて彼が誘惑に負けるよう仕向けます。
契約を結ぶ展開にしたのも彼が「自分の意志で」裏切る形にするためでしょう。
彼女に無理矢理そうさせられるより、自分でそうしたほうが強い背徳感が湧いてきます。

あとは他の男性の体験談を織り交ぜたり、彼女に自然と依存できるようにしてるのが見事です。
両方とも自己啓発セミナーに関連する要素でテーマに合ってます。
催眠とエッチで音楽の曲調を変えてあったりと
色んな特徴を盛り込んだうえでそれぞれが連携を取れるように仕上げてます。

絶頂シーンは4回(ドライ3回、射精1回)。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

悪いお姉さんに弄ばれるのが好きな人には特におすすめします。

CV:野上菜月さん
総時間 2:18:23

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年1月5日まで20%OFFの1056円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。
前作も2021年2月4日まで50%OFFの550円で販売されてます。



サークル「F・A・S」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、怪人の製造や洗脳を得意としてる科学者っぽい女幹部が
ヒーローの少年を気持ちいい方法で悪堕ちさせます。

音、暗示、キーワードなど様々な要素を組み合わせて洗脳するのが特徴で
特殊な効果のある薬物を使って心と体の力を抜いたり
シーンによって異なるキーワードを定めて快楽を餌に自分から屈服したくなるよう仕向けるなど
痛み、苦しみ、無理矢理感を極力薄めて気持ちよく敗北できるように導きます。
背徳感を快感に変えて
悪の組織の女幹部に薬物と快楽で洗脳されるお話。

「おはよう ヒーローくーん」
女幹部は上品で穏やかな声の女性。
主人公を捕まえて自分たちのアジトへ連れて行くと
目覚めた彼に状況説明してから洗脳を始めます。

本作品は全人類を快楽漬けにして支配しようと目論んでる組織が
自分たちに敵対する少年ヒーローをおよそ130分に渡ってエッチに洗脳します。
特殊な効果がある薬物のプールに浸す、内側に触手がびっしり生えてるスーツを着せるなど
現実世界ではまずお目にかかれない独特なプレイで少しずつ確実に悪堕ちさせます。

「敗北や背徳 そして 悔しさへの快感は強くなる そう 無意識はどんどんその気持ちいいことに染まっていっちゃうの」
シチュだけを見ると結構ヤバそうですが暗さや重さはあまりありません。
それは彼女が敗北感や背徳感を快感に変換するアプローチをかけるからです。
「パンドラの箱」「禁断の果実」なんて単語があるように
人間はやってはいけないことを実行した時に強い快感や満足感が得られます。
だから彼女は彼の無意識にあるその手の欲望をくすぐって自分から屈服するように仕向けます。

嫌がることをやったらそもそも催眠にかけられませんから
聴き手が受け入れやすく感じるよう言い回しにかなり気を配ってます。
ひとつずつ順を追ってやるおかげで、後になるほど頭の中がとろとろになったような感覚が味わえるでしょう。

姉妹サークルのRubCraftさんで過去に発売された
ヒーロー完全無力化改造催眠」をさらに突き詰めてる感じの内容です。
エッチもシチュと純粋な快感を組み合わせてあって強いゾクゾク感が味わえます。

本作品の洗脳を支えるもうひとつの大きな要素は「音」。
物語の開始時点からシーンによって異なる音を鳴らし
それと暗示を関連付けてイメージ力や没入感を膨らませます。


F・A・Sさんは以前から音や音楽を積極的に活用されてるサークルさんです。
今作ではエッチシーンで「洗脳ノイズ」と呼ばれる音を鳴らして彼を寝返らせようとします。
もちろん音を鳴らすだけではなく、それと技術をリンクさせる催眠色の強いものです。
心地よさを感じる音が多いので癒しの感覚も結構得られます。

悪いお姉さんに洗脳される様子を気持ちよく疑似体験するシチュと音を活かした演出。
サークルさんが得意とされてる要素を上手に組みわせたスリリングなM向け作品です。
洗脳を受けやすいまっさらな心と体に
催眠は2パート69分間。
最初の「02.深く音を感じるためのレクリエーション(約18分)」は本編に入る前の準備として
女幹部よりも穏やかな声のお姉さんが様々な音を鳴らして癒します。

「色んな音を同時に流し その中からひとつひとつを聞き取り 最後にはすべてを同時に聞き分けるというものです」
水滴、メトロノーム、焚き火、鳥など耳に優しい音を撮り揃え
そのひとつひとつに意識を向ける指示を出してくれます。
最初はごちゃごちゃした印象を受けるかもしれませんが
しばらくすると彼女が指定した音以外が少し小さく聞こえるようになるでしょう。

これはマインドフルネス瞑想と呼ばれるリラックス法で
サークルさんが昨年末から取り入れられてます。
本作品は音が割と重要なサービスをしますから、それをより楽しめるように導入したのでしょう。
このパートを単体で聴いてもいいリラックスになります。

続く51分間は語り手が女幹部へ交代し、捕まった主人公が洗脳される様子を疑似体験します。
まずは「エナジー吸引装置」と呼ばれる器具を使って彼の体に溢れるヒーローの力を吸い取ります。

「肩のエナジーが抜けて重くなると 両腕もだらーんとしてくるよね 両腕に力が入らなくなると 装置にエナジーを吸い取られて消える」
呼吸が可能な液体に足から浸かるような描写がされており
つま先から始まって腰と背中、腕と肩、顔と全身を下から上へ流す形で進めます。
「重くなる」「力が入らなく」なるといった脱力を促す暗示が非常に多く
バックで流れる穏やかな音楽と泡の弾ける音も相まってどんどん体がだらーんとします。

催眠音声でよく使われる分割弛緩法を本作品に合わせてアレンジしたものです。
脱力具合を示すカウントも並行して数えたりと雰囲気作りが非常にしっかりしてます。
マインドフルネス瞑想の後に20分くらいかけてやりますから
寝不足な人が聴いたら途中で寝落ちする可能性も十分にあります。
セリフの表現がとても優しくてこれから洗脳するとは思えないほど穏やかな空気が漂ってました。

ここからエッチ終了まで頭の中で声がするような編集がされてるのも良いですね。
通常の声よりも厚みがあって心に響く感覚がします(常にではなく通常の声と織り交ぜてありました)。
F・A・Sさんは双子催眠を多用する傾向が見られますが
今作では左右交互に話しかけたりせずこのスタイルを取ってます。

体が脱力できた次は心の脱力。
先ほどとは違うBGMと心音っぽい音を鳴らしながら
洗脳にとって邪魔な思考や認識を少しずつ確実に取り除きます。

「どんどん 私の声が気持ちよくなってくるね 余計な部分が全部崩れて 脳細胞のすべてが 私の声と音だけに向いていくの」
ここも「彼女の声を聞くほど気持ちよくなる」とメリット強調する言い回しを軸に据え
その中に「崩れる」「消える」といった深化と関連性のある暗示を入れて催眠状態を深めます。
シーン後半からはとあるキーワード用意し、敗北感や背徳感に快感を覚えるアプローチもかけてきます。
本作品の重要シーンなだけあって一際入念にこなしてました。

リラックスを重視しながら心身を骨抜きにするテーマに沿った催眠です。
女幹部の言うことを素直に受け入れやすくすることを目的に
マインドフルネス瞑想から入ってイメージやカウントを交えた分割弛緩法
音とキーワードを交えて暗示を厚めに入れる深化と各シーンを堅実に進めます。

催眠だけで70分は相当に長いほうと言えますし
その内容もかなり重厚で聴けば聴くほど意識のぼやけや脱力感が強くなります。
これだけしっかり誘導してくれたら催眠初心者も入りやすいのではないでしょうか。
個性と実用性を兼ね備えた催眠に仕上げてあって素晴らしいです。
心をがっつり責めてくれるエッチ
エッチシーンは44分間。
プレイは触手スーツ責め、カウントによる絶頂、オナニーです。

触手スーツ責めの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。
セルフはありです。
途中で服を脱ぐ指示が出ることはありません。

「君に相応しい 新しいヒーロースーツを用意しておいてあげたの」
薬物を盛り込んだ催眠で主人公の心身をとろとろにした女幹部は
裏側に触手が生えてるスーツを彼に着せてさらなる誘惑をかけます。

エッチは彼女が一方的に責め続けます。
最初の24分間はドライオーガズムを目指して追い込むシーン。
変化に富んだ触手音を鳴らしながら彼女に負ける快感や仲間を裏切る快感をくすぐります。

「負けたくない 敵の女幹部の言いなりになんてなりたくない そんな君のささやかな抵抗の証が 私のノイズでどんどん大きく膨らんでく」
そしてここでは彼女に抵抗するよう勧めるやり取りが何度も登場します。
サークルさんは本作品のテーマを「洗脳VS抵抗」に定めてまして
そうしたほうが心身の快感が強くなる暗示を適度に入れます。

頑張った結果負けたほうがすんなり負けるよりも敗北感と背徳感が大きくなりますからね。
彼の正義の心を快楽で塗りつぶして自分から降参したくなる状況を作ります。
触手スーツはおちんちんだけ穴が開いてるそうですし
このシーンは体よりも心への刺激を強くしてドライへ上手に導きます。

ちなみにここでは絶頂シーンが2か所あるのですが
どちらも絶頂開始から終了までの時間を約3分と長めに取ってます。
ドライ慣れしてる人なら連続絶頂やロングオーガズムも体験できるでしょう。
未経験者に対してもタイミングを合わせやすくなるので親切丁寧だと思います。

続く20分間でするのはオナニー。
両腕の力を少し戻してから長いカウントを数え始め、0になったら射精します。

「甘い快感が乳首を犯して お腹の奥がどんどん痺れて チンポはビクビクしたまま止まらなくなる」
「ほーら 頭が飛ぶ 正義の心が溶ける 消える 全身がどんどん熱くなって 頂点まで上り詰める」

催眠状態特有の心地よさ、おちんちんから押し寄せてくる純粋な快感
そして敵である女性にその一部始終を見られ屈服する背徳感。
様々な感覚を同時に味わえる本作品で最も濃厚なシーンです。
彼女も心身両面の快感が強くなるようにバランスよく暗示を入れてました。

また前半だけでは物足りない人向けに
カウントの途中で絶頂指示を出すポイントが2か所あります。
射精は最後にしますからそこもドライオーガズムですね。
オナニーの時間も15分くらい用意されてて無理なく射精できます。

このように、色んなタイプの快感を同時に与える濃いエッチが繰り広げられてます。
ゾクゾクできる作品
悪いお姉さんに弄ばれる感覚を存分に味わわせてくれる名作です。

女幹部は組織の活動を邪魔する主人公を忠実なしもべに変えようと
まずは催眠を通じてヒーローの力を一時的に奪い、さらに洗脳を受けやすい空っぽな心にします。
そしてエッチはドライとウェット両方の快感を与えながら負ける快感や裏切る快感をくすぐります。

穏やかな物腰の女幹部が少年ヒーローを快楽洗脳するM向けのシチュ
作品の雰囲気に合ったやり方で心身を入念に脱力する堅実な催眠
敗北感や背徳感を快感に変えるアプローチと純粋な快感を組み合わせたちょっぴりブラックなエッチ。
現実世界ではなかなか得られないタイプの快楽をたっぷり味わえるように仕上げてます。

「自らした選択で 圧倒的な喪失感と敗北感が湧き上がり それが全部快感になる」
中でもエッチは体よりも心の責めに力を入れてるのが印象的でした。
脳内物質がドバドバ出るので絶頂時の快感も通常より強かったです。
彼が自分から負けを認める展開もそれを強化するのに貢献してます。

あとは過去作と同じく催眠のレベルが高いです。
時間に対してやることの種類を少なめにしてるおかげで初心者でもついて行けます。
さらに暗示の量を多めにしたり、言い回しを工夫して彼女の催眠を受け入れやすくしてます。
音や音楽も質が良く、まさに「言うことなし」な完成度に達してます。
催眠の心地よさと2種類の快感がたっぷり味わえて満足できました。

絶頂シーンはドライ4回、射精1回。
くちゅ音多め、淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえてサークルさんでは10本目の満点とさせていただきました。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 2:15:22

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2020年11月4日まで20%OFFの1056円で販売されてます。



サークル「F・A・S」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第64回目は普段は穏やかだけどエッチになるとSっ気を見せるサキュバスが
催眠を使ってMな男性を自分の世界へ案内してから精気を搾り取ります。

様々な音や音楽を流しながら物語を進めるのが最大の特徴で
水が弾ける音、電子音、神秘的な音楽、やや不穏な音楽とシーンによって内容を切り替え
それと催眠の技術を上手に組み合わせて催眠に落ちる感覚や性的快感を呼び起こします。
音を駆使して気持ちいい世界に
サキュバスのディーナに精気を吸い取られるお話。

「今日は 催眠に入りやすくなる 簡単なリラックス運動を教えてあげるね」
ディーナはややトーンが低い穏やかな声のお姉さん。
音声を聴く際の注意事項や環境について簡単に説明すると
本編に入る前に体を動かして催眠に入りやすい状態にします。

本作品は男たちを弄ぶのが得意な彼女が
およそ75分に渡るエッチな催眠をかけてM気質な彼をとろとろにします。
物語の開始時点の彼女は声だけの存在で彼に直接触れることはできません。
だからまずは催眠を通じて彼女が住む淫魔の世界まで案内します。

ちなみにディーナという名前は本作品には出てきません。
名前がついたのは後の作品でこれが出た当時は「いやらし系ドSサキュバス」と呼んでました。

そして彼女は聴き手が別世界に移動し自分に精気を吸い取られる感覚をよりリアルに味わえるように
序盤から様々な音や音楽を流して雰囲気を作ります。
基本的には癒しを感じるものばかりですが、終盤のエナジードレインするシーンだけは
他よりもちょっぴり不穏な音にしてスリルを与えてました。

痛みや苦しみ感じたり死に至ることは一切ありません。
サキュバスらしさを出すために怪しくしてるだけなのでMっ気がある人なら誰でも聴けます。
今のF・A・Sさんにとっては当たり前の要素ですけど、それもこの作品から始まってます。
音、技術、イメージを組み合わせた質の高い催眠
催眠はおよそ46分間。
最初の12分間は本編へ入る前の準備として立ち上がったまま足を肩幅くらいに開き
両腕を好きなペースで前後にぶらぶらさせて体の筋肉をほぐします。
「スワイショウ」という気功や太極拳で行われてる準備運動です。

「これから 頭を落ち着ける音を流してあげるから そのまま ぶらーんぶらーんと前後に手を動かしたままでいてね」
そして本作品の売りである音が早速流れ始めます。
このシーンでは水がぶくぶくと弾けるような音が使われており
その清涼な印象のおかげでしばらく聞いてると気分がスッキリしてきます。
腕の運動も肩のあたりを中心にぽかぽかして心地よかったです。

最近の作品では女性が軽めの暗示を入れたり本編のあらすじを語るのですが
本作品ではディーナが一切話さず音だけが流れ続けます。
被暗示性の高い人ならこのシーンだけでも軽く催眠に入れるかもしれませんね。

準備運動が終わった後はいよいよ彼女が淫魔の世界へ案内してくれます。
「ぷっぷっぷっぷっ」という昔のゲームで鳴りそうな電子音が左右へスライドするように動き
それを聞きながらベッドに横になって目を開けたまま数回深呼吸するのを繰り返します。

「目を閉じると 体からも勝手に力が抜けて リラックスしてくる気がする」
最初は深呼吸に合わせて、少し経つと瞼を開閉させながらとスタイルを切り替えながら
彼女は瞼が重くなる暗示を小まめに入れます。
目を開閉するシーンは後になるほど開けるのが辛くなるでしょう。
そうやって自分が催眠に入りつつあることを聴き手が実感できるように進めます。

本作品は結構独特な作りをしてますが初心者向けの配慮も随所でされてます。
例えば深呼吸を始める前には日常生活で催眠の感覚を体験できる具体例を教えて
催眠が我々にとって身近なものだと教えます。
それ以降のシーンも誘導が丁寧ですし、催眠にあまり触れてない人でも普段と違う感覚が味わえるでしょう。

2人が淫魔の世界へ向かうのはその次から。
長めのカウントを数えながら彼女が声の魔法をかけて暗示をより受け入れやすい状況を作り
さらに白い部屋→川のある場所→鏡張りの部屋と移動して催眠状態を深めます。
音楽も穏やかな曲調の神秘的なものに変わります。

「光に包まれて 真っ白になる 真っ白な光に 意識が引っ張られる」
「一段下りると 君の意識と体が 遠くなった気がする」

白い部屋を通る時は「真っ白」、階段を下りるときは「意識が遠くなる」といった具合に
各イメージに合った暗示を入れて少しずつ確実に深めます。
川のある場所では実際に川の音が鳴ったりと作品の特徴も上手く活かしてます。

リラックス運動から始まって40分以上もじっくり誘導してくれるおかげで
鏡のある部屋に到着した頃には意識のぼやけや体の重さが結構強くなってました。
到着後も浮遊感や頭が揺れる感覚を与えるなど、初心者でも入れるように手堅くリードします。

ストーリーに沿った形で様々な技術を行使する個性的でレベルの高い催眠です。
聴き手をディーナが住む淫魔の世界へ案内することを目的に
リラックス運動から入って深呼吸を交えた凝視法、目の開閉法、カウントを使った暗示
色のついた3つの場所を移動しながらする深化と
古典催眠の技術をベースに作品固有の要素を盛り込んで流れを作ります。

サークルさんの中では初期に制作されたものですが完成度は非常に高く
催眠特有の心地よさにどっぷり浸りながら彼女の声や音楽を聴くことができます。
音楽の扱い方も巧みでリラックスやイメージ力の向上を助ける重要な役割を果たしてました。
発売から5年半経った今でも十分聴く価値がある品質と面白さを持ってます。
落差をつけたM向けのエッチ
エッチシーンは24分間。
プレイは疑似手コキ、SEX(体位不明)、おっぱいを押し付けるです。
疑似手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「徹底的に抵抗力を削いで ボクのおもちゃにしてあげるよ」
長めの催眠をかけて主人公を自分の世界へ招待したディーナは
魔力を乗せた音を流して彼の性感をコントロールします。

エッチは終始彼女が責め続けます。
前半の14分間は音と技術を組み合わせてイかせるプレイ。
手コキ音を鳴らしながらそれに暗示を込めてエッチな感覚を高め
準備ができた後はカウントを数えながら寸止めしてやや意地悪に追い込みます。

「音と一緒に 快感の波が来る 音の波が 頭から足までを愛撫し 全身の毛穴から 精気を噴き出していく」
ここはもう彼女の領域ですから人間の彼が逆らうことなどできません。
それを踏まえて彼女の声と態度が以前よりもやや嗜虐的になります。
音を起点に感度を上げるアプローチも本作品ならではで面白いです。

おちんちんに快感を集中させる方針で進めますから
後になるほど股間が熱くなったりムズムズするでしょう。
カウントもイキそうでイけない状況を維持した後に解放する焦らし気味の内容です。
Mな人が喜ぶように催眠パートよりも言葉と行為の両方にSっ気を持たせてます。

続く10分間は打って変わって連続絶頂。
彼女が直接おまんこで彼のおちんちんを包み込み
ピストンしながら抱きついたり言葉責めを浴びせかけてストレートに興奮を高めます。

「君はどうしようもなく愚かで 惨めで 恥ずかしい変態だね」
前半が催眠重視の内容だったからこそ、こういうセリフに余計ゾクゾクするでしょうね。
SEXしてるのに喘ぎ声を一切漏らさないところにも圧倒的な力の差を感じます。
焦らしや寸止めで1回の絶頂を盛り上げてた先ほどとは違い
終盤にカウントを何度も数えてその都度絶頂させます。

こちらのほうがエナジードレインらしいプレイじゃないかなと。
彼の精気を存分に搾り取ろうとする彼女の気持ちがしっかり込められてます。

このように、前半と後半でスタイルを大きく変える比較的激しいエッチが繰り広げられてます。
安定感のある音系作品
斬新さと堅実さを合わせ持つ高品質な作品です。

ディーナは主人公の中にある精気を無理のない程度に搾り取ろうと
まずは催眠を使ってエナジードレインができる淫魔の世界まで連れて行きます。
そして到着後は2種類の手段で気持ちよくしながら目的を果たします。

穏やかでSっ気もあるサキュバスがエッチな手段で精気をいただくM向けのシチュ
リラックス運動や音楽といった固有の要素と技術を融合させた流れのある催眠
焦らし&寸止め→連続絶頂とほぼ正反対のやり方を組み合わせて責めるドライ系のエッチ。
サークルさんが現在の作品でも取り入れてる様々な要素がここに凝縮されてます。

中でも2番目は他のサークルさんがやられてないことだからでしょうけど
通常の催眠誘導よりもゆっくりじっくり進めてて入りやすいです。
個性的なことをやった結果催眠に入れないじゃ意味がありませんから
初心者から玄人まで誰にでも通用するようにバランスを取ってます。

エッチは前半が催眠重視、後半はそれよりもエロさ重視とタイプが違います。
個人的には準備が丁寧なぶん前半のほうがドライを迎えやすいと思いますけど
後半は言葉責めや連続絶頂によってM向けの要素が強化してます。
このへんも聴き手の相性を考えてふたつ用意したんじゃないかなと。
催眠、エッチいずれも「1人でも多くの聴き手に楽しんで欲しい」という思いが込められてます。

絶頂シーンは6回。
くちゅ音それなり、淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて前回と同じ点数にさせていただきました。
おまけは3種類の音楽です。

CV:沢野ぽぷらさん
総時間 1:36:09(本編…1:16:12 おまけ…19:57)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2020年9月23日まで50%OFFの550円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。

↑このページのトップヘ