同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:DoseandDreams

   ● ゼリー、美味しく頂きます。
   ● 鍵屋さんによる拘束と甘やかし。
   ● 触手による快楽調教
   ● 執事君による安眠と、しつけ。


朝の月さんで配布されてる無料の催眠音声作品(男女両用)。

今回紹介する作品は、ちょっぴり変わった趣味を持つお淑やかなお姉さんが
ゼリーをテーマにした催眠とエッチで普段とは違うタイプの快感を与えます。

ゼリーを作る様子に技術を絡めた催眠、完成したゼリーをつついたり食べて気持ちよくするエッチなど
聴き手にグロさを感じさせないように気をつけながらテーマに沿ったサービスをします。
体の温かさや心地よさを伝える暗示が充実してるおかげで癒し効果も高めです。
ゼリーのようにとろける心地よさを
お姉さんにゼリー化の催眠をかけられるお話。

「あ、こんばんわ。こんな夜遅くにどうしたんです?」
お姉さんは明るくてお淑やかな声の女性。
自分の部屋にやって来た主人公に先ほどまでゼリーを作ってたことを話すと
お疲れ気味な彼をベッドに寝かせてリラックスさせます。

本作品は女性向けをメインに製作されてるDose and Dreamsさんのフリー台本をあさつきさんが音声化されたもので
彼女の催眠でゼリーになりきり、指で弄ばれたり食べられる快感を楽しみます。
所謂イートミー属性を持ってるわけですが痛みや苦しみを与えるシーンは一切なく
全身がゼリーのようにとろける心地よさを少しずつ強化して絶頂へと導きます。

ちなみにあさつきさんのバージョンには男性向け、女性向け両方が入ってまして
ごく一部のプレイで責める部位が違う以外はほぼ一緒です。
原作者にあたる望さんが読まれたバージョンもありますから女性の方はそちらを聴くといいでしょう。

催眠はおよそ16分間。
ベッドに仰向けに寝て目を瞑り、まずは軽い深呼吸や脱力で心身を落ち着けます。

「上からお布団被って、暖かい。ポカポカ、じーんわり。全身があたたかい」
「腕も、足も。付け根から、先まで。じんわり、ぽかぽか、抜けていく。力がどんどん抜けていく」

布団から感じられる自然な温かさや暗示を通じて体の熱をコントロールするシーンが多く
時間が経つほど手足やお腹を中心にぽかぽかしてきます。
「力が抜ける」「温かい」といった重要な単語をやや強調して投げかける演技もそれを後押しします。
短めのカウントを数えて軽く落とすなど、前半はテーマを絡めず堅実に誘導します。

お次は最終目標のゼリー化に向けてさらに催眠を深めていきます。
腕、下半身、全身がゼラチンに包まれ溶けていくイメージや
ぐるぐるとかき混ぜられるイメージで体の感覚と意識の両方をドロドロにします。

「右腕にゼラチン。あったかい。その上からすぅーっと撫でていく。私の手がなでていく。撫でられると、じわーっと溶けていって、気持ちいい」
「熔かされるの、気持ちいいね。暖かくて、心地いいですね。ぐーるぐる、ぐーるぐる。温かいゼラチンの中で、とろけて溶けて」

そしてここでも先ほど生まれた熱や心地よさを増幅させてとろける気分を与えます。
催眠状態が深まると手足がなくなったような感覚を抱いた経験はないでしょうか?
体が溶けていく様子の実況はほとんどせず、その感覚だけを柔らかい表現で伝えます。
おかげでぬるま湯に浸かってるような心地よさを強めに味わえました。

適度にリラックスさせてからゼリー化に取り掛かるシンプルでテーマ性のある催眠です。
聴き手にゼリーの気分や感覚を疑似体験させることを目的に
前半は深呼吸、脱力、カウントを使った深化などオーソドックスな技法を用い
後半からゼリーを作る様子を語りながらそうなった感覚を暗示で上手に伝えます。

時間がそれほど長くないことを考慮して主な暗示を「とろける心地よさ」と「温かさ」に絞り込み
シーンに応じて表現やイメージを変えながら入念に入れます。
ストレートな暗示と「ふわふわ」「ぐーるぐる」などの擬声語を組み合わせて誘導するスタイルも良いです。
全身をエッチに弄ばれる快感
エッチシーンは20分間。
プレイは体をつつく、指の挿入、指で体をかき回す、食べられるです。

指の挿入と体をかき回す際に効果音が、食べられた後に心音が鳴ります。
セルフはありません。

「とろけた体がゼリーになって、気持ちいいですね。つついたら、全身に快感が響いちゃいますね」
主人公とゼラチンをかき混ぜた後、息を吹きかけてゼリーを完成させたお姉さんは
指を使って彼の体を内側と外側の両方からいじって気持ちよくします。

エッチは無抵抗な彼を彼女が終始責め続けます。
最初の15分は絶頂に向けて心身の興奮を高めることを意識したプレイ。
ぷるぷるのゼリーを指先でつついたり、中に指を挿入してゆっくりかき回します。

「あ、締め付けてきてる。指の存在がどんどんはっきりしてきますね。温かい指が口の中全体に広がっている。広がって、心地よい」
「どこに、何が入ってるんです? 粘膜を、あつーいものでなんども嬲られるの、堪らないですか? 奥までなんども突き上げられて、きもちよくなっちゃうんですか?」

ゼリーをいじるだけですからやってること自体はそれほどエロくありません。
ですがお姉さんは聴き手の性感が高まるようにこれらを指フェラや手マンっぽく実況します。
下のセリフはおまんこをいじられてる時のセリフにかなり近いですよね。
バックで流れる「ぷちゅっ」という粘性のある水音もいやらしさを醸し出してます。

最も特徴的なプレイは終盤に登場する食事。
優しい責めですっかり出来上がった彼をスプーンを使っていただき
お腹の中に入った後は心音を通じて絶頂へ導きます。

「溶けていく体。きもちいい。ふふ、とっても美味しいよ。おいしい、って褒められて嬉しいね」
「溶けて、いく。溶けて、いっちゃう。溶けて 、溶けて、ぜーんぶとけて、いく」

彼女がスプーンで体を分ける、食べて消化する様子は必要最低限の描写に留め
全身が溶けていく快感や彼女に喜んでもらえた幸福感を言葉で膨らませます。
「溶けていく」を「溶けてイク」と掛け合わせてるところも面白いですね。
これまで積み上げてきた心地いい感覚をそのまま絶頂感へ繋げています。

このように、扱いの難しいプレイをとことんマイルドに描いた独特なエッチが繰り広げられてます。
一風変わったドライ作品
イートミーから連想されるマイナスの部分をプラスに上手く変換してる作品です。

お姉さんは自分に会いに来てくれた主人公に面白い快感を味わわせようと
ゼリーを作っていたお話をして軽い興味を抱かせてからそうなる催眠を施します。
そしてゼリーをいじる、食べる様子を男女のエッチっぽく描写したプレイでイかせます。

イートミー作品は誰得催眠製作所さんの「ちょこれーとになっちゃう催眠音声。」や
あいすくりーむになっちゃう催眠音声。」などがある程度で催眠音声の中ではかなりマイナーなジャンルです。
さらに私の知る限り女性向けメインでこういうことをする作品は他に聞いたことがありません。
レア度が非常に高く内容のほうもハイレベルです。

最も印象的だったのは暗示の方向性をしっかり定めてることです。
あまりの心地よさで感覚がなくなった状態をゼリーに例え、それと平行して熱も段階的に上げていきます。
そして両者をさらに高めながらストレートな描写を避けた責めで性感を盛り上げます。
最後の絶頂シーンも心音や特定のワードでイかせる独自のものです。

男性の場合、性的興奮は控えめでしょうけどエッチシーンで体の火照りをそれなりに感じるはずです。
人間同士がする一般的なプレイとは明らかに違いますし、純粋なドライを迎えやすい作品と見ています。
勃起しないまま脳や股間にエネルギーが溜まっていって弾ける感じです。

絶頂シーンは1回。
くちゅ音そこそこ、淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

イートミーに抵抗がないならドライの練習に一度聴いてみることをおすすめします。
誘導の時間が短めなので催眠にある程度慣れてる人のほうが楽しめるでしょう。

CV:あさつきさん
総時間 40:39

朝の月
http://asatsuki2020.blog.fc2.com/blog-entry-9.html

望さんのバージョンはこちら
http://yam-kaw.hatenablog.com/entry/2016/12/24/235554

鍵屋さんによる拘束と甘やかし。

サークル「Dose and Dreams」さんの催眠音声作品(女性向け)。

今回紹介する作品は、お店で色んな鍵を扱ってるお兄さんが
それにちなんだ催眠とややアブノーマルなエッチでリフレッシュさせます。

鍵をかけるイメージで体に重さを伝えたり、逆に開くイメージで心を解き放つなど
鍵の特性を活かして心と体を巧みにコントロールしてくれます。
焦らしプレイで感度を十分に高めてから何度もイかせるエッチも魅力です。
鍵を使って優しく拘束
鍵屋さんに催眠をかけられ優しく弄ばれるお話。

「こんにちは お姉さん」
鍵屋さんは甘くぼんやりした声のお兄さん。
街中で見かけた主人公が鍵屋を探してることを知ると
自分のお店に案内しながら軽い世間話をします。

本作品はタイトルにもなってる「鍵」をテーマに
彼が60分ほどの時間を使って催眠をかけたりややM向けのエッチをします。
二人がつい先ほど会ったばかりということで踏み込んだ肉体関係は持たず
体を拘束してからイメージで気持ちを盛り上げたり、暗示で何度もイかせる催眠重視のプレイです。

催眠はおよそ17分間。
お店に着いた後、色んな鍵が置いてある部屋へと案内する途中で
緊張してる彼女を見た彼が深呼吸や脱力でリラックスさせます。

「すーっととかれるたびに 緩まっていく いいこ いいこ」
「握られた手のひらが温かい 温かさが伝わって 心地よくて どんどん力 抜けていくね」

冒頭のドラマパートよりもずっと緩やかな口調でセリフごとの間を長く取りながら
心地よさを感じる暗示を丁寧に投げかけたり、頭を撫でながら優しい言葉をかける甘やかし系の導入です。
また脱力させるシーンは温かさを感じる暗示も一緒に入れて安心感を与えます。

Dose and Dreamsさんは台本と声優を同じ方が担当されてる数少ないサークルさんです。
暗示が持つ意味を声や口調に込めながら進めてくれるおかげで
比較的早い段階から意識のぼやけを感じ始めます。
基本的にはのんびり話し、重要なシーンに入るとペースや語気が変化する丁寧な演技です。

テーマの鍵が登場するのはその次から。
カチャッという音を鳴らしながらさらに力が抜ける暗示を入れて体を固定します。
かける前と後で口調が大きく変わるおかげで軽く押さえられてる感覚がしました。
エッチで拘束プレイをすることを見据えて脱力にとても力を入れてます。

体の次は心の番。
エッチで快楽に没頭し存分に気持ちよくなれるように今度は別の鍵で開放します。
一旦半覚醒させてから段階的に落とすスタイルで
その中に「落ちる」などの言葉を多めに盛り込み脱力感と心地よさをさらに強化します。

「形が合えば ちゃーんと開くんだ だってもうたくさん 僕の言葉 受け入れてるもんね」
このあたりまで来ると彼の言葉に集中してるのがわかるでしょう。
彼も聴き手が自然とそうなるように言葉で少しずつ導きます。
現実世界にもある道具としての鍵と心を開くトリガーとしての鍵。
ふたつの鍵に技術を込めて色んな感覚を与えてくれます。
落差のあるちょっぴり意地悪なエッチ
エッチシーンは4パート31分間。
プレイは感度上昇、体の拘束、乳揉み/手マン/全身愛撫のイメージ、言葉による絶頂です。

手マン/手の愛撫のイメージの際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。

「体を包む温かさが 少しずつ あまーい快感に変わっていく」
催眠を使って主人公を心地いい世界に案内した鍵屋さんは
先ほど生まれた体の温かさをエッチな熱に変換し、より敏感な体へ変えていきます。

エッチは物理的な接触をせず言葉やイメージで気持ちよくします。
一番最初の「快感導入」は準備にあたるパート(約6分)。
引き続き暗示を使って体の熱をさらに上げ、それを股間に集めて感度を高めます。

「腰が疼いて ゾクゾクして 熱くなって 気持ちいいの染み込んじゃう」
彼は彼女を本当の意味で調教する気はないのでしょう。
圧倒的に有利な状況になっても穏やかな態度で接し
淫語やちゅぱ音といったストレートなエロ要素をほとんど交えずにプレイを進めます。

胸とか変態と言うシーンがほんの少しあるだけで、おまんこやクリトリスといった単語は出てきません。
彼に心と体を委ねてるシチュに暗示を絡めて興奮させます。

本格的なプレイが登場するのはその次から。
「焦らし」は目隠しや手足の拘束をしてから彼に優しく責められてるイメージで気持ちをさらに盛り上げ
「絶頂」と「追い込み」はその感覚をさらに煮詰めて合計6回の絶頂を目指します。

「下は表面を人差し指で焦らし続けて 指全体で優しく撫でて 前後して 指の先っぽだけちゅぷって入れたり」
「ほら 腰から快感がドクン ドクンと湧き上がる」

このシーンのポイントはメリハリ。
焦らすときは彼女の体をソフトに責めてる様子をねっとり実況し
イかせるときはカウントを数えながら強めの語気で暗示を多めに入れて追い込みます。
さらに聴き手がすんなり絶頂できるようにちょっぴり嗜虐的な声で語りかけます。
指を膣内に入れる際に効果音が鳴りますが、事前に服を脱がせてないことを考えると仮想プレイなのだと思います。

このように、拘束プレイをマイルドな雰囲気でやる変わったエッチが繰り広げられてます。
ソフトに縛ってくれる作品
服従心や依存心を上手にくすぐってくれる作品です。

鍵屋さんは鍵を求めてやって来た主人公に面白い体験をさせようと
鍵に関するイメージを交えた催眠やエッチで普段とは違う快感を提供します。
リアルな拘束プレイを目指した脱力重視の催眠、陵辱要素をまったく持たせずイメージと技術でイかせるエッチ。
一見するとヤバそうなプレイを気楽に楽しめるレベルにまで優しくアレンジしてます。

「ねぇ ちょっとだけ意地悪させて?」
彼は女性に対して十分な気配りのできる人物です。
だからエッチが始まっても拘束以外は直接的なプレイを行わず
彼女の機嫌を窺いながら少しずつハードなものへ移行します。
彼のS心を満たすためにやるのとは完全に違うので聴きやすいです。

催眠は鍵が持つ「開ける」「閉める」特徴を暗示に上手く反映させてます。
時間が短めなことを踏まえて暗示の密度をやや高くし
さらに脱力系の言葉を多めに配置して後になるほど手足をぐったりさせます。
声や演技のおかげで意識のぼやけも強めに感じると思います。

絶頂シーンは6回。
淫語とくちゅ音ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

ちょっぴりアブノーマルな方法で甘やかしてくれる作品です。

CV:望さん
総時間 1:05:58(本編…1:02:42 フリートーク…3:16)


体験版はこちらにあります

触手による快楽調教

サークル「Dose and Dreams」さんの催眠音声作品(女性向け)。

今回紹介する作品は、普段は優しいけどエッチになるとSっ気を発揮するお兄さんが
催眠と触手を絡めたプレイで女性を満足させます。

触手に胸を吸われながら軽い言葉責めを受けるM向けのエッチが最大の魅力です。
催眠パートで体を隅々までしっかり脱力してから
恥ずかしい言葉を復唱させたり、効果音を鳴らしつつ感度が高まる暗示を入れるなど
仮想的なプレイをリアルに味わえる環境をしっかり整えたうえで行います。

今回私が聴いたのは不具合修正後のバージョンです。
催眠で日常とは違う快楽を
お兄さんに催眠をかけられ触手で責められるお話。

「催眠を始める前に ちょっとだけ僕とお話しましょうか」
お兄さんは穏やかで落ち着いた声の男性。
自己紹介などの前置きはすべて省略し、お話に付き合って欲しいと主人公に呼びかけると
横になった状態で深呼吸させながら語りかけます。

本作品は現実世界ではなかなか味わえないタイプの快楽を提供することを目的に
彼が総時間の半分以上を使って入念な催眠を施し
それからタイトルの触手を絡めたプレイで心身をスッキリさせます。

エッチの最中に主従を匂わせるセリフを彼がそれなりに言いますが
基本的には彼女をもてなすために調教をするのでそこまでどぎつい描写はありません。
催眠パートやエッチ終了後は普段通りの優しいキャラで接してくれますし
一風変わったイメージプレイあたりに留まってます。

催眠は4パート28分30秒ほど。
一番最初の「予備導入」は催眠に入りやすくする準備パート。
深呼吸しながら腕、足、胴体、頭など全身をいくつかのパーツに分けて脱力します。
催眠慣れしてる人は2回目以降にここを省略してもいいそうです。

「こうしていると なんだか体が力が抜けていって じわじわと 心地いい感覚が広がっていくことを 感じることができますよ」
「手のひら 初めよりも 温かくなっているよ」

催眠に関して勉強熱心なサークルさんなだけあって
深呼吸も脱力も内容に沿った暗示をタイミングよく入れながら丁寧に進めます。
一通り終わったところで今の感覚を確認させてくれるのがいいですね。
脱力してる部分とそうでない部分との違いがわかりやすく、自分が催眠に入り始めてるのがわかります。

ちなみに本作品の催眠は脱力にとても力を入れてます。
そのため手足を中心にだらーんとしたり、重さを感じる人がかなりいるでしょう。
私自身も前半は両腕、後半は両足に強い重さを感じました。

続く「導入」は本編の最初にあたるパート。
軽い挨拶をしてから以前体験した催眠に入った時の感覚をイメージさせます。

「呼吸がゆっくりになって 体が少し落ち着いて 力が抜けて おもーくなって いくんでしたっけ」
催眠音声をそれなりに聴いてる人が味わってそうな感覚を具体的に話しながら
「力が抜けて」「意識が休まって」「深く落ちる」といった暗示を何度も入れてさらなるリラックスを促します。
初心者も含めた万人向けの脱力をしていた予備導入に対し、こちらは催眠経験者に有効なアプローチです。

方向性が違うので同じ脱力でも異なる感覚がするかもしれませんね。
パート終盤のカウントを数えるシーンも声の扱い方が上手で全身がずーんと一気に重くなります。

「手のひらから 上に向かって触手が巻きついてくる 両腕から力が抜けていく」
その後の2パートは脱力感をさらに膨らませながら深い催眠状態へと導きます。
ここからはエッチの相手を務める触手が登場し、それが全身に絡みつくイメージを伝えながら進めます。
今まで何度も脱力してたのは触手拘束の感覚をリアルに味わわせたかったからだと私は見てます。
バックで流れるちょっぴり水っぽい効果音もそれを大いに助けてます。

段階的に脱力させながら催眠状態も深めていくテーマに沿った催眠です。
全身を触手が絡みついてる感覚を与え、さらにマゾの心を育てることを目的に
最初は一般的な弛緩法、次は喚起による脱力とスタイルを変えつつ暗示を丁寧に入れ
準備が整ったところでその感覚をそのまま触手へ繋げます。

どのパートも技術の行使や暗示の入れ方が安定しており
時間が経つにつれて脱力感や意識のぼやけが強くなるのを感じます。
演技も暗示の内容や状況に応じて語気、ペース、間を細かく切り替えるレベルの高いものです。
私が入れたくらいですから女性の方ならより入りやすく感じるのではないでしょうか。
胸と心を集中攻撃
エッチシーンは4パート13分ほど。
プレイは恥ずかしいセリフの復唱、触手による乳房&乳首責めです。
触手責めの際に効果音が鳴ります。

「あなたにも協力してもらおうかな もっと気持ちよくなる魔法の言葉」
催眠を使って主人公の体をすっかり骨抜きにしたお兄さんは
彼女に服従のセリフを復唱させてマゾの快感を教えます。

エッチは終始彼がリードする形で進みます。
プレイ一覧を見ていただければわかるように彼と直接絡むシーンはありません。
その代わり触手に絡め取られる感覚や弄ばれる感覚を言葉で丁寧に伝えます。

彼が手始めにするのは主従関係の確立。
復唱するセリフを教え、彼女に言わせながらそれに快感を覚える暗示を入れます。

「私は 意地悪されて 興奮する変態マゾです」
「背筋に快感が流れて 体がビクビク ゾクゾクが止まらない」

口に出すのが恥ずかしいなら心の中で呟くだけでも大丈夫です。
彼もマゾになるデメリットにはほとんど触れず、快楽だけを与えてプレイに浸らせます。

その後は体に絡みついてる触手が全身を撫でながらカウントを刻んで寸止めしたり
挿し絵右に描かれてる特殊な触手で左右の乳房と乳首をいやらしく揉んだり吸ったりします。
性器には一切触れず胸だけでイかせるのはちょっと珍しいかもしれません。

「ペットは ご主人様に従わないと」
そしてこのあたりから彼もSっ気を見せ始めます。
口調が若干嗜虐的になり、要所で命令を出してそれに従う喜びを教えます。
といっても感度を上げたり触手責めを主観的に味わわせる暗示のほうが圧倒的に多いですから
催眠を維持できる範囲内でほんの少しの意地悪をする感じです。

このように、言葉と触手で心身をバランスよく責めるエッチが繰り広げられてます。
調教される快感を教えてくれる作品
触手+調教というやや難しいジャンルに果敢に挑戦してる作品です。

お兄さんは主人公の心に眠るマゾの素質を開花させながら気持ちよくしようと
催眠で全身をくまなく脱力させて触手に拘束されてる気分を出し
エッチはその状況を活かして胸と心に快感を送り込みます。

作品名や挿し絵からヤバいプレイをすると思う方もいるでしょうが
実際は複数箇所同時責めや連続絶頂はせず緩めのペースでじっくり刺激を与えます。
シチュ重視と言いますか、触手に責められてる雰囲気で気持ちを盛り上げる部分が強いので
こういうプレイを受け入れられるのならM性がそれほどない人でも聴けるのではないかなと。

本作品において最も優れた部分は演技にあると私は思います。
脱力させる時は穏やかで重苦しく、エッチは適度なSっ気を出しながらといったふうに
シーンやかける言葉によって声の感じが大きく変化します。

Dose and Dreamsさんは台本と声を同じ人が担当されてるおかげで
セリフが持つ意味をそのまま声で表現することができます。
その強みが色んな部分で発揮されてるように感じました。

絶頂シーンは2回。
くちゅ音それなり、淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

変わったテーマを技術を使って手堅く纏め上げてる作品です。

CV:望さん
総時間 53:55(予備導入…12:15 本編…38:49 ふりーとーく…2:51)


体験版はこちらにあります

執事君による安眠と、しつけ。

サークル「Dose and Dreams」さんの催眠音声作品(女性向け)。

今回紹介する同サークルさんの処女作は、優しいけどちょっぴりSっ気もある執事が
リラックスできる催眠とアブノーマルなエッチで心身の疲れを取り除きます。

催眠パートは安眠、エッチはしつけと方向性のまったく異なるサービスが行われており
前者は両腕を中心に強烈な脱力感と心地よさを、後者は男性に優しくいじめられるMの快感が味わえます。

今回は付属のテキストに書かれてる構成例「R18追加」を聴いてのレビューをお送りします。
また音声を聴く前に好きな紅茶のイメージをしておくと催眠に入りやすくなります。
執事が贈るふたつのプレゼント
執事に催眠をかけられアブノーマルなエッチをするお話。

「こんばんは 今日はもうお休みですか?」
執事はやや鼻にかかった穏やかな声のお兄さん。
ご主人様がお疲れの様子なのを見て声をかけると、彼女が安眠できるように催眠をかけ始めます。

本作品は作品名にもなってる「安眠としつけ」をテーマに
50分以上もの時間をかけてリラックス特化の催眠を施し
心身を十分にほぐしてから20分程度の独特なエッチを楽しみます。

今回レビューする「R18追加」以外にも全年齢向けやエッチを強化した構成があり
短いものだと25分、最長で90分と幅広い聴き方ができるようになってます。
全部で21ある音声ファイルを組み合わせて聴くカスタマイズ性の高さも魅力です。

作品の紹介に入る前にサークルさんのことを説明します。
Dose and Dreamsさんは今回初めて有料作品を出されたサークルさんですが
中の人がフリーの音声をいくつか読まれていたり、催眠に対して強い向上心を持たれてるおかげで
特に催眠は処女作の段階でかなりのレベルに達しています。
声や演技については以前紹介した「安眠誘導-くらげ-」をご確認いただくのがわかりやすいです。

初心者を意識したアプローチが多いので、催眠音声を聴き始めたばかりの方や
聴いてるけどあまり実感できない人は試すと面白い感覚が味わえるかもしれません。
体が重くなったり温かくなる感覚に力を入れつつ丁寧にリードします。

催眠は5パート53分ほど。
一番最初の「催眠誘導」パートは催眠に入りやすくなる環境づくりを目的に
深呼吸や全身の脱力をじっくり行い心身を十分にリラックスさせます。

「ふかーい呼吸を続けていると 少しずつ 落ち着いていく」
彼は彼女のことがよほど心配だったのでしょう。
自分の催眠で充実した時間を送れるようにできるだけゆっくり、ぼんやりした声で語りかけます。
催眠に適した口調なので声を聴いてるだけでも多少の眠気を感じます。

「手の指からも 手の甲からも 力が抜けていく」
深呼吸の後に始まる脱力は右腕に5分、左腕に4分もの時間をかけ
腕の末端から中枢に向けて感覚を伝播させる形で暗示を入れます。

右腕の脱力を終えたところで左腕との感覚の違いを確認させるのがいいですね。
実感できるレベルの脱力感が得られますから、自分が催眠に入り始めてるのがよくわかります。
また全身を脱力し終えた後に短いカウントを数えて軽く深化させてもくれます。
声をかけるタイミングが絶妙でストンと落ちる感覚が味わえました。

続く4パート30分間は場所をティーカップへと移し
彼が注ぐお湯や紅茶、味付けの砂糖・ミルク・はちみつに浸かるイメージをして催眠をさらに深めます。
ここからは砂糖とミルクを注ぐ音やスプーンでかき混ぜる音が控えめな音量で鳴ります。

「両足の足先から ぽかぽかと じーんわりと 心地よさが広がる」
「温かい紅茶が あなたの中に染み込んでいく じーんわりと 心の芯から ぽかぽかと温かくなっていく」

ティーカップに体を浸す気分をより身近に味わってもらおうと
彼はお風呂に入るイメージに重ね合わせたうえで体が温かくなる暗示を入れます。
前のパートで腕の脱力を入念にしたからか、私の場合は手のひらや肘がぽかぽかしてきました。
またお湯の後に登場する紅茶を注ぐシーンでは、紅茶の成分が体に染み込むイメージでリラックスをさらに促します。

トッピングの砂糖・ミルク・はちみつを注ぐシーンもそれぞれの特性を言葉で的確に表現し
スプーンでかき混ぜる様子も交えて心をどろどろに溶かしてくれます。
事前の準備がしっかりしてますし、ミルクやはちみつのシーンで意識のぼやけを強く感じるでしょう。

疲れた心と体を芯から癒してくれる大変丁寧な催眠です。
聴き手を安眠に適した状態に誘導することを目的に
最初のパートは深呼吸や分割弛緩といったリラックスに専念し
ティーカップに浸かるパートはイメージを交えて体の内側からリフレッシュさせます。

処女作ということで無茶な冒険はせず、実力をアピールすることを意識して作られてるように思えます。
でもそれだけだと個性に欠けると判断し紅茶のイメージを取り入れてます。
初心者でも取り組みやすい重感や温感をじっくり時間をかけて操作してくれますから
純粋な癒しだけでなく体の一部が無性に重く、温かくなる感覚も十分に味わえるでしょう。
言葉によって声や口調を小まめに変化させる望さんの演技も実に良いです。
焦らされたり意地悪される快感
「R18追加」のエッチシーンは8パート18分30秒ほど。
プレイは背中やお尻の愛撫、スパンキングです。
すべてのプレイで効果音が鳴ります。

「今日は素直になる練習 しましょっか」
催眠パートの最後に主人公をティーカップからベッドに案内した執事は
つい無理をしてしまう彼女がもっと素直になれるように簡単な調教をします。

エッチはどのパートも彼に責められる形で進みます。
プレイ内容を見ていただければわかるように、本作品のエッチはかなりアブノーマルです。
催眠パートに見られた癒しの雰囲気がやや薄れ、男性に軽く意地悪されるM向けのシチュへと変化します。

といっても彼は執事ですから、ご主人様を本当の奴隷にするつもりはありません。
普段の精神状態だとなかなかできないプレイを敢えてすることで心を開放させたかったのでしょう。
プレイ中におまんこを見られてることを意識させるシーンが無いことから
おそらくは服を着たままプレイしてるのだと思います。

一番最初の「Tease and Spank」パートは手始めに近いプレイ。
背筋やお尻を優しく撫でてから軽めのスパンキングを食らわせます。

「ぺちんってされると 快感が 体中に広がる 快感が全身に響く」
スパンキングは「ピシィ」という刺激的な音が鳴り、それに連動させる形で気持ちよくなる暗示を入れます。
一見するとハードですがスパンキングの力は結構抑えられてます。
それと並行して「マゾ」などMな人が喜びそうな言葉責めを軽めにします。

その後のパートもおねだりの復唱させてからスパンキングしたり
1カウントごとにスパンキングしてから絶頂させたりと尖ったプレイを行います。
女性じゃないのでこのプレイを受け入れられるかどうか私にはわかりませんが
男性向けでもなかなか見かけることのない特徴的なエッチなのは事実です。

このように、スパンキングを中心とした独特なエッチが繰り広げられてます。
落差の大きい作品
催眠パートとエッチの内容が大きく異なる珍しいタイプの作品です。

執事は主人公が心身共に満たされたひと時を送れるように
まずは当初の目的である安眠を見据えた催眠を施し、そのうえでアブノーマルなエッチへと移ります。
中身だけを見ると噛み合わせが悪そうに思えるでしょうが
エッチは音と暗示を組み合わせて快感を与える催眠音声ならではのものです。

特に催眠は時間・内容いずれも充実していてとても癒されます。
これからの時期は体が冷えますから寝る前に聴くと効果を発揮してくれるでしょう。
紅茶を使ったイメージも男性向けには見られないもので面白かったです。
エロよりも癒しのパワーのほうがずっと強い作品です。

絶頂シーンは最低でも2回(2回目以降は連続絶頂)。
くちゅ音(スパンキング)そこそこ、淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

アブノーマル要素を含んだ癒し系作品です。

CV:望さん
総時間 1:33:45(R18追加…1:17:09)


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ