同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:ButterflyDream

   ● 癒しガール -ruriko-
   ● 癒しガール -sayuki-
   ● たんぽぽの綿毛


癒しガール -ruriko-

サークル「Butterfly Dream」さんの同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、とっても一途で頑張り屋な妹が
実の兄と一緒に夜を楽しく過ごします。

サービス中は音重視、その前後は会話重視とメリハリのある作りになっており
器具ごとの特徴を上手く捉えたリアルで優しい音の数々や
異性よりも肉親として彼に強い信頼を寄せる彼女の純粋な姿が癒しを与えてくれます。
兄さんと過ごす幸せな夜
妹の瑠璃子とのんびりするお話。

「に、兄さん 起きてますか?」
瑠璃子は丁寧な言葉遣いをするお淑やかな声の女の子。
ある日の夜、兄にあたる主人公の部屋にやって来ると
先ほど観たホラー番組が恐かったので一緒にいて欲しいとお願いします。

本作品は3歳年下で今年高校1年生になった実の妹が
50分近くに渡って耳かき、手のマッサージ、添い寝をします。
血の繋がった間柄ということで堅苦しさや心の距離を感じる部分は一切なく
彼のために一生懸命尽くす姿も愛情に満ちてます。

作品独自の特徴はふたつ。
ひとつはサービスの様子を主に音で表現してること、もうひとつは彼女のキャラやセリフです。

前者は現在の耳かき音声で流行ってる音フェチ(ASMR)要素が強く
耳かき中は必要最低限のことを話す以外は効果音と彼女の吐息だけが流れます。
Butterfly Dreamさんは浅見ゆいさんの個人サークルなので、どうしても彼女の声や演技が注目されがちなのですが
効果音の質感、動き、力加減なども非常にレベルが高いです。

またサービスに使う道具を用意する音、二人が布団に入りもぞもぞする音など
サービス以外の細かな動作にもきちんと効果音が入ってます。
ご自身が耳かき音声に多数出演されてるからか、音に対する強いこだわりを感じました。

「大好きな兄さんのお耳をお掃除できるなんて 嬉しいです」
後者については恐怖を和らげるために彼を頼るところから始まり
どのパートも彼が癒しを感じるように気をつけながらお世話を続けます。
そして所々で今の自分の気持ちを正直に伝えます。

彼女が彼に対して好意を抱いてるのは間違いないのですが
聴いた感じでは恋愛感情よりも信頼や羨望に近い気持ちに映りました。
小さい頃からずっと一緒に過ごしてきた人とこれからも同じ関係でいたい。
そんな思いがセリフの端々から伝わってきて心がとても温まります。

そしてこのふたつの特徴を両立させるために
サービス中は音に焦点を当て、その前後は会話を重視するメリハリをつけた構造にしています。
ですから音が好きな人、キャラが好きな人どちらも楽しめるでしょう。
音と言葉が織り成す癒しの空間
2分程度のドラマパートを経てから始まる最初のサービスは耳かき(約17分30秒間)。
膝枕の状態で右耳→左耳の順に耳かき棒と梵天で汚れを取り
仕上げに弱めの風圧で3回程度息を吹きかける家庭的なものです。

耳かき棒は「すりっ じじっ」と乾いた軽い音
梵天は「ぷすぷす しゅるっ」という耳かき棒よりもずっと広く柔らかい音が使われており
前者は耳の中を優しくほじるように、後者は穴に残った細かな汚れを絡め取るようにゆっくり動きます。

効果音もバイノーラル録音とのことで、どちらの器具も音が鳴った際に細かな刺激が伝わってきます。
中でも梵天は耳の穴を微かに圧迫される感じがして臨場感が一際高いです。
梵天でここまでの音を出せるサークルさんは現在でもそんなにいません。
長く聴いても耳が痛くならない力加減になってますし、声と音のバランスも丁度いいです。

他にも耳かき棒を使用する時は取れた耳垢をティッシュに置く動作が適度に入るとか
梵天に切り替える直前で奥を掃除してるのか効果音の質感がやや低く重くなるなど
現実世界でする耳かきにできるだけ近づけようとする細かな気配りが見られます。

「ふふっ 兄さん 気持ち良さそうですね このふわふわの綿でお掃除するの お好きなんですか?」
最中の瑠璃子は前項で説明したように基本的には吐息を漏らし
所々で主人公を気遣うセリフを投げかけたり、彼の反応を見て嬉しそうな表情を見せます。
まだ始まったばかりということで、ひとまず聴き手の心を落ち着ける方向でお世話します。

最も個性的なサービスは二番目のハンドマッサージ(約8分30秒)。
彼女が使ってる化粧水をつけて肌を潤してからハンドクリームを丁寧に塗り広げていきます。

ここも化粧水は「すりゅっ」という音量控えめな水気のある摩擦音
ハンドクリームはそれよりもややざらつきのある音を鳴らして表現します。
どちらも同じ液体なのに音の違いがはっきりわかるのが素晴らしいです。
手の甲と指で動きに違いがちゃんと出てますし、耳かきと同じく音を上手に活用した質の高いサービスが味わえます。

もうひとつの特徴である彼女のキャラが立ってるのは最後の添い寝(約20分)。
彼と同じベッドの左手に陣取り、吐息を漏らしながら色んなことを語ります。

「今日ね 学校で調理実習があったんです マフィンを作ったんですよ」
「兄さん 兄さんにとって 私はどんな妹ですか?」

学校の出来事、彼のこと、そして彼女の気持ち。
お互いに成長した結果、こうしていられる機会がめっきり減ったからこそ
彼女は今しかできない話題を投げかけてより親密になろうとします。

彼女はブラコンな部分も確かにありますがヤンデレと言うほど独占欲が強いわけではありません。
大事な人が自分をどう思ってるかを知りたいし、自分の気持ちも伝えたいというだけです。
しばらく吐息を漏らしてから会話を挟み、また吐息に戻るのを繰り返す流れになってますから
添い寝パートなのにセリフが多くて眠りにくいと感じることはないと思います。

このように、優しい音と言葉で包み込む癒し効果の高いサービスが繰り広げられてます。
素朴な作品
兄想いの妹が今の自分にできる限りのことをする温かい作品です。

お互いに成長して一緒に過ごす時間が減ってきた兄妹が
とある出来事をきっかけに同じ布団で寝る機会を得ます。
そして癒し系のサービスをしながら色んなことを話して親睦を深めます。

一途さや健気さを強く感じる彼女の言葉や態度、サービス中に鳴るハイレベルな音の数々。
音声作品としての特徴を出しつつ二人きりで過ごす様子をリアルに描いてます。

「兄さん 大好きです」
そして一歩間違えば男女の関係に発展しそうなシチュを、彼女のキャラで健全なレベルに上手く抑えてます。
一途で純真な女の子が大好きな人のためにひたすら尽くす。
全年齢向け作品に相応しい甘さ満点なストーリーも大きな魅力です。

サービス自体も全体的にかなりの高水準です。
中でも耳かきは大手の耳かきサークルさんに対抗できる品質を持ってます。
音の鳴らし方や聞かせ方も聴き手のことをしっかり考えていて素晴らしいです。
バックに環境音が流れるようになったらさらにパワーアップするでしょう。

肉親らしい雰囲気漂うホッとする作品です。
以上を踏まえて本作品をサークルさん初の満点とさせていただきました。

CV:浅見ゆいさん
総時間 52:22

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は9点。
52分で300円とコスパがいいので+1してあります。

癒しガール -sayuki-

サークル「Butterfly Dream」さんの同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、口下手だけどとっても献身的な女の子が
小さい頃から仲良くしてる親戚の男性を3つのサービスで癒します。

音フェチ要素が強い作りでありながらキャラも立ってるバランスの良さが魅力で
耳かき、マッサージ、寝息といった音がもたらすリラックスだけでなく
それらを一生懸命行いながら自分の気持ちをなんとか伝えようとする彼女の姿も心を潤します。
あと一歩が届かない微妙な関係
親戚の女の子「紗雪」に色々お世話してもらうお話。

「あ、もしもし ユキ 紗雪だけど」
紗雪はたどたどしい口調で話すややトーンの低い声の女の子。
親戚にあたる主人公の携帯に彼女が電話をかけ
これから泊まりに行っていいか尋ねるところから物語は始まります。

本作品は小さい頃から彼を実の兄のように慕ってる彼女が
泊り込みで耳かき、肩のマッサージ、添い寝をします。
ほぼ家族と同じ関係なので挨拶や自己紹介といった他人行儀なやり取りは一切なく
最初から親しげな態度で何気ない会話を交わします。

ちなみに耳かきパートは「【耳かきボイス】ロリっ子が耳かきしてくれる音声」というタイトルで
ニコニコ動画にまったく同じものが公開されてます。
ですからとりあえずこれを聴いて、他のサービスや前後のストーリーが気になった人は製品版を聴くといいでしょう。
1時間ちょっとで300円とコスパは良いです。

この作品が持つ特徴は大きくふたつ。
ひとつは効果音や息遣いといった「音」を中心に据えたサービスをすること、もうひとつは紗雪のキャラです。

前者は耳かきだと耳かき棒や梵天の音を鳴らしながら微かな息遣いが流れ
添い寝では寝息を多く漏らすなど音だけが流れる時間を長めに取ってます。
マッサージも動きや音の種類が比較的多彩で耳に心地いい刺激を与えてくれます。
詳しくは次項で説明しますが、有料二作目としてみる分には音のレベルが高いです。

「うん いないよね 知ってた だから ユキが(ご飯を)作りに来てあげる」
後者は感情をあまり表に出さずぽつりぽつりと話す素朴さや
16歳の年齢相応な恋愛に対する不器用さが見られて愛らしいです。
彼のことを異性として好きなんだけど、その性格からうまく伝えられないもどかしさがセリフに出ています。

紗雪役の浅見ゆいさんは、はきはきと話す明るくて穏やかな女性を演じることが多いので
こういう内気で大人しいキャラは聴いてて新鮮に思えます。
彼女の作品を数多く聴いてる人ほど声や演技の違いに驚くのではないでしょうか。
セリフの総量が少ないからこそ、ひとつひとつ言葉を選んで大事に話します。
初々しくて健気なサービス
主人公の家に着いた後、紗雪が最初にするのは耳かき(約25分)。
膝枕の状態で右耳→左耳の順に耳かき棒と梵天を使って綺麗にします。
仕上げの息吹きはありません。

耳かき棒は「ずりずり じじー」と若干硬さのある音
梵天はパチパチした音の混じった面積が広く柔らかい音が使われており
前者は奥から手前に掻き出したり耳の壁を優しくなぞるように、後者は軸をゆっくり回転させるように動きます。

耳かき棒の音に若干ノイズが混じってるものの音・動きいずれも質が高いです。
耳の中が乾燥してる人ほどリアルに感じるでしょうね。
彼の耳が結構汚れてるのか、耳垢を掻き分けるようなガサガサした音が適度に混じります。
梵天は圧迫感をもう少し音で表現できれば完璧と言えるほどに優れてます。

「耳かきするの ちょっとだけ 慣れてきた…けど ゆっくり 慎重に」
彼女が他人に初めて耳かきする状況を踏まえて、どちらもゆっくり丁寧に進めてるところが印象的でした。
キャラの性格に合った耳かきをしてるので音と声に一体感があります。
わざと下手に振舞うのではなく意識してペースを緩くしてます。

「ユキも小さい頃はしてもらってたけど 今は自分でやるから こういう風に 誰かにしてもらうこと あるのかなって」
最中のやり取りも彼女らしいものばかり。
彼に最近の耳かき事情を尋ねて恋人がいるかを遠まわしに確認したり
学校生活のことをきかれた際に彼が心配してくれたことを喜んだりと、控えめながらも純朴な反応を見せます。
セリフそのものよりもその裏に隠れてる彼女の意図や心情で癒しを与えます。

次に行う肩のマッサージはおよそ8分間。
手のひらで揉む、左右にスライドさせて擦る、拳でトントン叩くなどを順に行います。

「ユキは 一緒にいるの 好きだから 毎週でも来たいなって 思うけど 迷惑になってるなら 言って…ね?」
「さすさす しゅしゅっ」と布を擦るような音や左右交互に鳴る拳の振動が心地よく
彼女とのやり取りも表裏のないものばかりでほのぼのした雰囲気が漂ってます。
普段から両親にしてるだけあって耳かきよりも慣れた手つきでそれぞれを行います。

そして最後は一緒の布団に入りゆっくりと眠りにつきます。
およそ25分の間流れ続ける寝息を聴いてるとこちらもつられて眠くなってきます。
パートの後半には彼女らしいシーンも登場するなど、音重視でありながらキャラもきちんと立たせて締めくくります。

このように、音や動きに紗雪のキャラを反映させた癒しのサービスが繰り広げられています。
キャラ萌え要素も強い音フェチ作品
キャラ好きでも音好きでも楽しめる珍しい作品です。

親戚の男性に幼い頃は妹として、現在は異性として一定以上の好意を抱く女の子が
週末に泊まりこみで彼を癒しながら自分の想いを控えめに伝えます。
そしてどのパートもサービスの様子を音で表現し、その合間にセリフを挟む形でゆっくり進めます。

「うん 最近は頑張って 思ったことを言ってたりして …よかった わかってもらえてた」
この作品が音フェチとキャラ萌えを両立できてる最大の要因は彼女のキャラにあります。
内気で話すのが苦手、でも自分の気持ちを何とかして彼に伝えたい。
その方法を考え、投げかける言葉を選ぶ時間を音だけにしています。

ただ黙ってるのではなく、演出としての側面を持ってるから個々のセリフの価値が上がってます。

私も最初は「随分と音に寄ってるなぁ」と思いながら聴いてました。
でも全部聴き終わった後に彼女の存在が妙に大きく感じました。
その理由がこのへんにあるのではないかと見ています。
「音をたっぷり聴かせたいから黙る」という一般的な音フェチ作品のコンセプトとはやや違う部分を持ってます。

サービスは家庭らしさを意識した素朴なものが多いです。
どれも十分優れてますから効果音が好きな人も普通に楽しめます。
個人的には梵天の音が最も優れてると思います。

可愛くて健気な女性が一生懸命癒してくれる作品です。
浅見ゆいさんのお声が好きな人には強くおすすめします。

CV:浅見ゆいさん
総時間 1:04:58

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
コスパがいいので+1してあります。

Butterfly Dreamさんで配布されている無料の催眠音声作品(全年齢向け)。
声優として活躍されている浅見ゆいさんのサイトです。

今回紹介する作品は、声も態度も温かいお姉さんが
たんぽぽのイメージを用いた催眠をかけて安らかな眠りに導きます。

たんぽぽが風に乗って浮かび上がり、時折休みながら目的地に向かう様子に
技術を組み込んで眠らせる柔らかな催眠を施してくれます。
彼女のホッとする声や事前にしっかりとリラックスさせてくれるおかげもあって
聴いていくほど心がポカポカしたり意識が薄れる心地よい感覚が湧いてきます。
爽やかな風に乗って大空へ
お姉さんに安眠できる催眠をかけてもらうお話。

「おかえりなさい お疲れ様でした」
お姉さんは素朴で温かい声の女性。
自己紹介など前置きにあたる部分はすべて省略し
主人公が気持ち良く眠れるように早速安眠誘導を開始します。

本作品は催眠音声wikiに掲載されているフリーの台本を浅見さんが音声化されたもので
最初に深呼吸を長めに行って心身を適度にリラックスさせた後
タイトルにもなっている綿毛のイメージを聴きながらゆっくりと眠りにつきます。

浅見さんのバージョンが最近たまたま公開されたので今回紹介してますが
実はこの作品は彼女以外に男女合わせて8名もの方が読まれているほどの人気を誇ります。
企画モノ以外でここまで多くのバージョンが存在する作品はおそらく他にありません。
全年齢向けですから男女を問わず楽しめます。
(リンクが死んでいて現在はDLできませんが野上菜月さんのバージョンもあります)

浅見さんバージョンの特徴として挙げられるのはお姉さんの声と口調。
男性なら聴いてるだけで自然と安心できるような柔らかさと温かさを兼ね備えています。
彼女は耳かきなどの癒し系同人音声に数多く出演している大変人気のある声優さんで
催眠初挑戦となる今回も読むペースを意識的に抑えた安定感のある演技をされています。
雰囲気を大事にしたリラックス重視の催眠
催眠はほぼ全編にあたる19分間。
まずは自分のペースで深呼吸しながらお姉さんの言葉に耳を傾けます。

「すーっ って吸うと 体の中に新鮮な空気が入っていく 新鮮な空気はあなたの中に浸透していく きれいな心地よい空気が入っていきます」
安眠にとって大事なのはまずリラックスです。
だからこそ彼女は最初の7分近くを深呼吸に割き
新鮮な空気がもたらす爽快感と、息を吐き出したときに得られる安心感を言葉で上手に伝えます。

他の催眠音声のように術者の合図で行うスタイルにしなかったのも
聴き手に無理の無いペースで取り組んでもらいたかったからだと思います。
タイトルに相応しいゆったりとした調子で彼女は物語を進めます。

深い催眠に入る準備が整った後は爽やかな草原をイメージ。
緑豊かな大地、空に浮かぶ白く柔らかい雲、降り注ぐぽかぽかした日差しを思い浮かべながら
そこにあるたんぽぽの綿毛になり、風に乗って新たな命を生み出せる場所へと旅立ちます。

「ちょうどタイミング良く吹いてきた風に乗って ふわり ふわり と 飛んでいく」
ここからは「ふわり ふわり」などの擬声語をセリフに数多く組み込み
綿毛が宙を舞って空を泳いでいく感覚をリズミカルに伝えます。
テーマに即した柔らかい暗示がより大きなリラックスを与えてくれます。

「ふわり ふわり   ふっ また 風が止みました ゆっくりと降りていく感覚」
途中で何度か別の場所に降り立つシーンがあるのですが
彼女が「ふっ」と言ったところで軽く意識が飛ぶ感覚のする人がきっといるでしょう。
とても眠いときに一瞬だけ意識を失い頭がガクッと落ちる感覚に似ています。
「浮かぶ」感覚と「落ちる」感覚を交互に感じさせて催眠状態を少しずつ深めていきます。

「暖かな心地よいこの場所で あなたはゆっくり眠れます ふかふかで心地よいこの場所で あなたはゆっくり 眠れます」
そして最後はようやくたどり着いた安住の地で深い眠りに落ちます。
遠い場所へと冒険してきたことによるちょっとした疲れと達成感
そしてこの場から感じられる癒しの感覚がより強い眠気を生み出します。

このように、綿毛が移動する様子に暗示を絡めた癒される催眠が繰り広げられています。
柔らかく温かい作品
たんぽぽの綿毛が持つ印象をそのまま言葉にしたかのような作品です。

春の暖かい風に乗ってたんぽぽの綿毛が宙に舞い、芽を出すのに適した場所へとたどり着く。
そんな自然の風景に催眠の技術を上手に組み込んでいます。
内容だけを見るとリラックスさせてからイメージで深化と眠りに導く至ってシンプルなものです。
しかし作品の世界に聴き手がどっぷり浸れるよう様々な工夫がされています。

「何か思い出したり浮かんだり 音が気になったりするなら 私の言葉を 文字にして 思い浮かべながら聞き流してみてください」
催眠を開始する前にこんなセリフを投げかけて緊張感を解くことから始まり
ペースを敢えて指定せずその分長めに行う深呼吸
春の草原のイメージからリラックスを誘い、綿毛の様子を擬声語で表現した深化など
どのシーンも「緩さ」を感じる描写やアプローチを徹底しています。

お姉さんの声も終始温かく、セリフの間を意図的に長くとってのんびり語りかけてくれます。
イメージの多くを自然物にしているのも大衆的かつ癒しに適しています。
「すべての要素が安心できるから眠くなる」そんな作品です。

中でもたんぽぽが風に乗って移動する深化パートが見事です。
古典催眠のとある技法をテーマに合わせてアレンジしています。
催眠っぽさを適度にぼかしてあるおかげで堅苦しさをまったく感じないのも良いです。

聴いてるだけで自然と安らげる安眠特化の良作です。
無料ですので興味の湧いた方は是非お試しください。

CV:浅見ゆいさん
総時間 19:50

Butterfly Dream
http://butterfly.holy.jp/161.html
(ページ中上部「Activity」にある「安眠用音声無料公開中」からダウンロードできます)

凛茶屋
http://rinne11.blog.fc2.com/blog-category-5.html
(台本作者さんのブログ 他の読み手さんのバージョンがまとめられてます)

↑このページのトップヘ