同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:B-bishop

   ● 優しい耳舐め専門店と意地悪な足コキ専門店が合体しちゃった 甘やかされながら叱られて頭どろどろになっていいよ?
   ● かくれんぼバイノーラルオナニーゲーム2 過激なドキドキタイム
   ● 耳責めリモコンで両手を完全支配されてしまうオナニーサポート
   ● 情けないゲームオーバーへようこそ 救済と絶望ゲーム式オナニーサポート
   ● かくれんぼバイノーラルオナニーゲーム 難易度は運次第
   ● 無感情冷酷少女のペニス耐性強化訓練 よりハードになるボイスオプション選択可能
   ● 悪意のないスローオナニーサポート
   ● ロリビッチに負かされるフェラチオフルコース
   ● 恥ずかしいゲームオーバーへようこそ 罠だらけゲーム式オナニーサポート
   ● 意地悪な少女に催眠支配される音声 地獄級射精禁止オナニーサポート バイノーラル仕様




サークル「B-bishop」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、ほぼ正反対の属性を持つ2人の女の子が
協力してMな男性を責め続けて心と体をとろとろにします。

片方は優しい言葉をかけながら左耳を舐める
もう片方は言葉責めしながらおちんちんを足で責める、といった具合に
甘いプレイと厳しいプレイを融合させた独特なエッチが行われてます。
2人の女の子がする複雑なサービス
さゆちゃん(挿し絵左)とさよちゃん(挿し絵右)が協力して4種類のエッチをするお話。

「いらっしゃい うふふ 何もないところだけど どうぞゆっくりしていってね」
さゆちゃんは甘く可愛い声の女の子。
「んふふ ねぇねぇ お兄さんは どっち? あまーくされたいの? それとも 意地悪されたいの?」
さよちゃんは可愛くて穏やかな声の女の子。
来店した主人公に挨拶し、どういうサービスが好きか尋ねると
その内容を教えてから自信満々な様子で自己紹介します。

本作品はあまり人が来ない場所でひっそり営業してる風俗店で
彼女たちが彼におよそ110分間のエッチなサービスをします。
タイトル通りどのパートも耳舐めと足コキを主軸に据えており
コースの内容に沿って多少アレンジしながら1回ずつの射精に向けてじっくり追い込みます。
2人とも「この道のプロだ」と言ってたので以前は違うお店で働いてたのでしょう。

さゆ「大丈夫 私が隣にいるから 安心して? ずっと優しく 囁いてあげるから ね?」
最大の特徴は2人の温度差。
さゆちゃんは温和な性格をしており彼に対しても終始優しく接します。
左手至近距離から常に囁き声で語り掛けたり、多少パワフルな耳舐め音を積極的に鳴らすなど
風俗嬢らしくお客をもてなす姿勢で責めることを心がけてます。
セリフも甘めのものばかりですから、M向け作品を制作されてるB-bishopさんでは珍しいキャラです。

さよ「ほらほら あんよの皺を擦りつけるみたいに どーだ 変態さん 参ったか いひひひひひ」
それに対してさよちゃんは小悪魔と呼ぶのがしっくりくる割と意地悪なキャラ。
彼のおちんちんを色んな手段で足蹴にしながら言葉責めをぶつけ
後になるほど刺激を強くして彼が悶える姿を嘲笑交じりに眺めます。

調教や拷問と呼ぶほどハードなことはやりませんけど
あまあまなさゆちゃんとはほぼ正反対の属性を持ってます。
常に2人が同時責めするので実際に聴いてみるとやや不思議な印象を受けます。

プレイについては耳舐めと足コキをメインに据えたうえで
焦らしや寸止めといったM向けの要素を盛り込みパートごとの違いを出します。
同じ足コキでも責め方によって効果音を細かく変えますからそれほど単調ではありません。
後になるほどM度を上げるなど、比較的甘い作品でもサークルさんらしさがしっかり出てます。
音と言葉で盛り上げるエッチ
エッチシーンは4パート94分間。
プレイは耳舐め、足コキ、喘ぎ声を漏らす、足を使ったお腹/脇腹の愛撫、乳首責め、〇〇です。
足コキ(03~05パート)の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

さゆ「服は着たままでいいから 私たちに 体を委ねてね」
主人公に簡単な説明をしてから無料の体験コースがあることを教えると
さゆちゃんは左、さよちゃんは中央に陣取って耳とおちんちんをソフトに責め始めます。

エッチは終始彼女たちが責め続けます。
最初の2パート31分間は彼が初来店した時のお話。
「02.お試しコース(約12分)」は服を着たまま耳舐め+足コキで射精の手前まで追い込み
「03.耳舐め足裏オナニーコース(約19分)」は足コキを疑似SEX風のものに切り替えます。
どのコースも具体的な料金は不明です。

さよ「あんよ持ち上げてるから おまんこ見放題になっちゃってるな 私たちのこの際どい衣装 ふふっ パンツなんか穿いてるわけないよな」
開店してまだ日が浅いのか、彼が初めてのお客ということで2人ともやる気満々。
さゆちゃんはゆっくりペースで水分低めの筋っぽいちゅぱ音を丁寧に鳴らし
さよちゃんはおまんこを軽く見せながら股間を優しく撫でて弱めの快感を与えます。

お試しコースはサービスの特徴を理解してもらうことを目的にしてるので
他よりもわざと快感のレベルを下げてもどかしい気分を与えます。
そうしたほうが次のパートに繋げやすいというのもあるのでしょう。
ここだけは足コキの効果音を鳴らさずセリフで実況するスタイルを取ってます。

さよ「あんっ チンポが足裏に擦れちゃうよぉ んっ」
さゆ「耳元で喘がれると 余計気持ちよくなっちゃうね」
耳舐め足裏オナニーコースは有料サービスの第一歩ということで比較的甘い内容。
さよちゃんが足でしごくのではなく、足裏を合わせて作った偽物のおまんこに彼が挿入します。
それに合わせて2人が軽く喘いで雰囲気を作るなど、風俗らしさを感じる描写が至るところで見られます。
耳舐めも多少パワーアップしますからここからが本番になりますね。

続く2パート63分間はM度がどんどん上がります。
「04.添い寝足コキコース(約29分)」はさゆちゃんが添い寝しながらさよちゃんが意地悪な足コキを行い
「05.変態さん向けハードコース(約34分)」はそれよりもさらにアブノーマルなプレイを加えたり
体への刺激も上げて一番強い快感をプレゼントします。

さよ「乳首をつま先で さわ さわ さわ さわー 優しくいたぶってぇ」
添い寝足コキコースは後日のお話になるので前置きをほとんど挟まずスピーディーにエッチします。
プレイ時間が長い状況を活かしてまずは耳舐めと乳首責めだけやって性感を高め
それからおちんちんに息を吹きかける、足で竿をしごく、カリを重点的に責めるなど
後になるほど気持ちいいプレイを繰り出し、射精しそうになったところで寸止めをお見舞いします。

ここからは焦らしや寸止めといった意地悪な要素を前面に押し出してきますから
前の2パートが生ぬるく感じた人も認識を改めると思います。
セリフや言葉責めは引き続き甘めにして、体への責めを強化します。

さゆ「このおちんちん とっても敏感さんなんだもん 優しくしてあげないと ね? お兄さん」
さよ「お兄さんのチンポ手加減必要なんだって よわよわだってさゆちゃんにもバレちゃってたね」
あまあまな性格のさゆちゃんまでちょっぴり意地悪になるのが良いですね。
焦らしを終えてそろそろ足コキに移ろうとするさよちゃんを制止したり
自覚はないのでしょうけど彼のおちんちんが弱いことを遠回しに告げます。

2人で一緒に責めてたらお互いに相手の影響を受けるのは自然ですから
そういう要素も加えてM度を徐々に上げていきます。
寸止めの回数はまだ少ないので、どちらかと言えば焦らしのほうが強いプレイかなと。

最後の変態さん向けハードコースは名前の通り最もハードなプレイ。
すっかり常連になった彼を満足させようと、引き続き耳舐め+足コキを主軸にガンガン責めます。

序盤の6分間は気持ちを盛り上げることに専念しますが
それ以降は色んなタイプの足コキをしながら寸止めを繰り返すので
添い寝足コキコースよりも純粋な快感は強いと言えます。
サークルさんが内容を伏せてらっしゃいますから、これ以上は聴いてのお楽しみとさせてください。

このように、プレイ自体はほぼ固定して幅広く表現したり他の要素で変化をつける濃いエッチが繰り広げられてます。
ふたつの属性を合わせ持つ作品
サークルさんらしい部分とそうでない部分を両方持ってる変わった趣向の作品です。

さゆちゃんとさよちゃんは来店した主人公に気持ちいいひと時を提供しようと
どのパートも左と中央に陣取って耳とおちんちんを手分けして責め続けます。
そしてコースごとに刺激の強弱を変えたり、焦らしや寸止めを盛り込んで後になるほどM度を上げます。

ほぼ正反対の性格をしてる2人の女の子がM男をじっくり弄ぶM向けのシチュ
耳の内側を舌先や舌の腹で丁寧に舐めながら囁き声で優しい言葉をかけるさゆちゃん
おちんちんを足の裏や指の間で責めつつ意地悪な言葉責めをするさよちゃん。
エッチの相手を務める2人の個性や魅力が出るように作品を組み立ててます。

さゆ「大丈夫 そのまま気持ちいい気持ちいいってなっててね ずっとぎゅーってしてるから」
中でもさゆちゃんはM向け作品とは縁遠い性格をしてるのでいいアクセントになってます。
ですが主に後半の2パートではややMと見て取れる描写が出てきます。
総合して見るとMあたりに落ち着いてるので、サークルさんのファンも過去作に近い感覚で楽しめるでしょう。
足コキが割と容赦ないからというのもあります。

耳舐めは音の感じから耳の外側よりも内側を責めるほうが多いです。
全体的にトーンが低めで速度を落とし聴きやすくしてました。
音質も良いですがほぼずっと左耳だけ舐めてるのが残念です。
さよちゃんが中央に陣取ってるなら右に移動して舐めても良かったと思います。
あるいは左右を反転させたファイルを同梱するとか。

射精シーンは3回。
ちゅぱ音多め、淫語とくちゅ音それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

温度差の違うキャラを同居させてることや、足コキに特化してる個性の強さとその表現力を考慮し
今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:さゆちゃん…兎月りりむ。さん さよちゃん…来夢ふらんさん
総時間 1:51:04

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

優しい耳舐め専門店と意地悪な足コキ専門店が合体しちゃった 甘やかされながら叱られて頭どろどろになっていいよ?
FANZAの体験版はこちら



サークル「B-bishop」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、男をいじめるのが大好きなメスガキが
女の子にいじめられたがってるM男にゲーム感覚のオナサポをします。

左右中央のどこかから流れるちゅぱ音を回避するかくれんぼ形式に
ドキドキタイムと呼ばれる新しいルールを加えてよりハードなプレイをお届けします。
3つの難易度が用意されてますから早漏具合やM度に合わせて選ぶといいでしょう。

今回はむずかしいを聴いてのレビューをお送りします。
事前にローションを用意しておくとやりやすくなります(無しでも一応可)。
子供の遊びを大人向けにアレンジ
メスガキの指示に従ってオナニーするお話。

「おぉー 変態いるじゃん へへへ」
メスガキは明るくて可愛い声の女の子。
見かけた主人公をすぐさま変態呼ばわりすると
何をして欲しいか尋ねてから左の耳元で囁いてからかいます。

本作品は2020年の11月に発売された
かくれんぼバイノーラルオナニーゲーム 難易度は運次第」の続編。
前作の女の子に負けないくらい生意気で意地悪な彼女が彼をおよそ70分に渡って弄びます。
コンセプトが一緒なだけで繋がりはありませんから今作からでも大丈夫です。
声優さんも秋山はるるさんから陽向葵ゅかさんに交代してます。

「あーしが かくれんぼって言ったら 左 真ん中 右のどっかに隠れてね」
最大の魅力はタイトルにもなってるかくれんぼ。
彼女が「かくれんぼ」と宣言してから左右中央のどこかでちゅぱ音を鳴らすので
それを予測し回避できれば勝ち、ぶつかってしまったら負けとなります。

そして勝った場合は次のかくれんぼまで休憩し、負けたらオナニーを続けます。

1セットあたりの時間は1~3分と短いのですべてを回避するのは不可能です。
またかんたん(約25分)、ふつう(約39分)、むずかしい(約57分)と3つの難易度が存在し
後になるほど体への刺激が強くなるようにリードします。
前作を聴いてる人はいきなりむずかしいでもいいですけど
未視聴なら1回目はふつうあたりで様子を見るのもありだと思います。

また今作からはドキドキタイムと呼ばれる新しい要素が加わってます。
これは通常のかくれんぼをパワーアップさせたもので
オナニーの速度を指定する、時間を長くする、寸止めするなど別のルールが加わります。
亀頭責めを指示されることも結構ありますから、ローションを使ったほうが安全にシコれます。

まとめると、体への責めが比較的ハードなのに加えてちゅぱ音も多い割とバランスの取れた作品です。
エッチ開始後はセリフとちゅぱ音が同時に流れるスタイルに変わるため言葉責めもそれなりにあります。
ルール自体は割とシンプルにして抜きやすさや幅広さに力を入れる感じに組み立ててます。
少しずつ確実に追い込むエッチ
むずかしいのエッチシーンは54分間。
プレイはおちんちんの根元を支える、オナニー、耳舐め、キス、亀頭オナニーです。
エッチな効果音はありません。

「ほらほら チンポはちゃーんとあーしに差し出してる?」
事前に11分ほどかけてオナサポのルールを説明したメスガキは
おちんちんの根元を支えて差し出すポーズを取らせてから1回目のかくれんぼを宣言します。

エッチは終始彼女に言われた通り動きます。
最初の24分間は練習も兼ねてるウォーミングアップに近い内容。
彼女がかくれんぼと言った直後に左右中央のどこかからちゅぱ音が鳴ります。

「興奮してんの? 変態じゃん 色気たっぷりの大人の女じゃなくて あーしみたいなメスガキがいいんだ?」
まだ始まったばかりなので彼女もそこまで意地悪なことはしません。
1分程度の間隔でかくれんぼを繰り返しながら彼を見下すセリフを投げかけます。
耳舐めは外側を舐めたり吸ったりするスタンダードなもの
キスはディープキスに近いゆっくりめでねっとりしたちゅぱ音を鳴らしてました。

ここはやさしいのシーンにあたるためギブアップする人はまずいないと思います。
ドキドキタイムも1種類の縛りを3回する程度とかなり抑えてます。

プレイがハードになってくるのは中盤から。
これまで1方向だったちゅぱ音を2方向に増やして隠れられる確率を一気に下げます。

「さーて ここらでチンポ 追い込んじゃおっか」
彼女も言ってるようにここからが本番と見るのが妥当です。
休憩できる時間が減れば当然暴発する可能性も上がりますし
ドキドキタイムの割合も増やして射精感を減衰できない状況を作ります。
ちゅぱ音の激しさが特に変わらないのは残念ですけど、体への責めはかなり上がって歯ごたえがあります。

またふつうの終盤はドキドキタイムを連続して繰り出すシーンがあります。
1回ごとにやり方を変えてくるのでここが最初の山場になるでしょう。
B-bishopさんの場合はふつうでも他のサークルさんのハードあたりの難度があります。

そして終盤の12分間はいよいよむずかしいの領域に突入します。
さすがにここまで書くと聴く楽しみが薄れるので内容は伏せますが
ふつうよりもさらにハードなプレイが出てくるのは間違いないです。
最後の最後まで気を抜けない展開になっててクリアするには心身両面の強さが求められます。

このように、ルールをしっかり守ったうえで徐々に負荷を上げる割と過酷なエッチが繰り広げられてます。
人によって難度が変わる作品
オナサポによくある一本道をランダム性で解消したM~ドM向けの作品です。

メスガキは年下の女の子にいじめられたがってる主人公をおもちゃにして遊ぼうと
かくれんぼを題材にした独特なルールを設定し、3つの難易度で内容を変えながら進めます。
そしてドキドキタイムの間は普段は自由なオナニーに一定の縛りを設け
後になるほどその頻度や同時にやる種類を増やして射精から逃げられない状況へ追い込みます。

いかにもメスガキといった感じの生意気な女の子がM男をオナサポで弄ぶシチュ
かくれんぼを宣言するたびに左右中央のどこかからちゅぱ音を鳴らし
さらに中盤以降は2方向以上に増やして隠れられなくするゲーム感覚のエッチ
ドキドキタイムを宣言した時だけ特殊ルールを追加する変化に富んだ作り。
前作の特徴を継承しつつ新たな要素を加えて順調にパワーアップさせてます。

私は前作を聴いてるので何をするかはある程度わかってました。
それでも最後まで楽しめたし歯ごたえを感じたのはランダム性にあると思います。
左右中央のどこを選んだかによってオナニーの時間と強度が変わるため
聴く人によって違う展開になります。


私はハードなほうだと書いてますけど、人によっては簡単だと思う可能性があります。
それは運よく隠れられるシーンが多かったからでしょう。
本作品のかくれんぼは回数がかなり多いので、すべての位置を覚えるのは不可能です。
ドキドキタイムも相まって割と複雑なプレイに仕上がってます。

射精シーンは1回。
ちゅぱ音多め、淫語それなり、喘ぎ声はありません。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 1:09:37

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります



サークル「B-bishop」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声は可愛いけど性格はドSなメスガキが
様々な音を使ったオナサポでM男を悶えさせます。

耳舐めのちゅぱ音が鳴ったら竿をしごく、嘲笑されたら乳首オナニーするといった具合に
合計6種類のルールを定めたうえで左右から別の音を鳴らして射精へ徐々に追い込みます。
やりやすさにも気を配ってありますからしばらく続けるうちに慣れてくるでしょう。

亀頭オナニーするシーンがそれなりにあるので
ローションを用意しておいたほうが無理なく楽しめます(無しでも一応可)。
エッチな音で完全サポート
メスガキが流す音を聞きながらオナニーするお話。

「いひひっ こんばんは お兄さん オナニーしたくて 私に会いに来たの?」
メスガキは甘く可愛い声の女の子。
主人公の気持ちをすぐさま見抜いて微笑むと
左右の耳元へ軽く囁いて彼の反応を見ます。

本作品は女の子にいじめられたいM男の願いを叶えながら気持ちよくすることを目的に
彼女がおよそ70分に渡って独特なオナサポをします。
射精回数が1回なので連続射精ほど過酷な内容ではありませんけど
出したくても出せないもどかしさを存分に味わわせようと様々な意地悪をします。

「スイッチひとつで お兄さんの耳に 音声流せるんだよ」
それに最も役立ってる要素が様々な音。
ちゅぱ音、鼻息、吐息、嘲笑、喘ぎ声と同人音声ではお馴染みの音を用意し
それぞれに別の効果を持たせてオナニーをきめ細かくリードします。

オナサポ音声は指示とシコシコボイスを組み合わせて行うのが一般的です。
しかし本作品ではシコシコボイスを一切使わずにプレイを組み立ててます。

それぞれの音と効果は以下の通りです(DLsiteの販売ページから引用)
・水音が流れてきた方の手でペニスを扱く
・鼻息が流れてきた方の手でペニスの根元を支える
・くすくす笑いが流れてきた方の手で乳首を弄る
・喘ぎが流れてきた方の手で亀頭を磨く
・ふぅぅぅと両耳に息を吹きかけられるとスピードアップ
・はぁぁぁと両耳に息を吹きかけられるとスピードダウン

割と特殊なルールなので、最初のパートはひとつひとつ説明しながら実際にやって感覚を掴みます。
本番に入っても途中までは何をするか教えてくれるので意外とやりやすく感じるでしょう。
他の作品ではやらないオナサポだからちゃんと気を配ってます。

右手と左手で別の指示を出すのもポイント。
右はおちんちんをしごいて左は乳首いじり、右でおちんちんを支えて左は亀頭オナニーといった具合に
左右の手を使い分けてより濃厚なオナニーをさせてくれます。
左右で同じプレイをするシーンはほとんどありません。
男性ならオナニーの利き手があるはずですから、反対の手も取り入れて快感に変化をつけます。

色んな音を使ってオナサポする展開と左右を使い分ける作り。
オナサポを数多く制作されてるサークルさんらしい他とは一味違う作品です。
丁寧に弄ぶエッチ
エッチシーンは2パート60分間。
プレイはおちんちんの根元を支える、オナニー、乳首オナニー、亀頭オナニー、疑似フェラ、耳舐め、吐息責めです。
エッチな効果音はありません。

「ここからはお兄さんの体を使って たっぷり遊んであげるから 覚悟しなよ」
「01.ルール説明(約12分)」で6種類の音とそれが持つ効果を教えたメスガキは
ひとまずおちんちんの根元を支えさせてから軽くフェラして勃起させます。

エッチは彼女が指示した通りにオナニーします。
「02.リモコンオナニーサポート(約48分)」は勃起から射精までこなすメインパート。
最初の28分間は事前に説明した通りの音を鳴らしながら
それがどんな指示にあたるか教えてオナニーしやすい環境を整えます。

「私が鼻息を耳元で鳴らしたら そっちの方向の手で チンポの根元をきゅって支えるの」
前のパートで色々教えてくれたからここは言葉責めに専念するのだろうと思いきや
実際は言葉責めと指示を半々くらいの割合にして丁寧にリードします。
5分くらい激しめのフェラをしてストレートに興奮させ
それから色んな音を左右別々に鳴らして乳首とおちんちんを同時に気持ちよくします。

その後も右手でオナニーを開始したかと思えば
左でおちんちんを支えながら右で乳首オナニー、左だけ通常のオナニーに変える
そのまま右でおちんちんの根元を支えるといった感じに
2分程度の短い間隔で音の組み合わせを変えて焦らし気味に責め続けます。

序盤は左右同時に変えず片方だけそうしてるのがすごく親切だなと。
オナサポの中では複雑なルールだからこそ、エッチの中盤くらいまでは慣らすことも見据えてます。
B-bishopさんの作品では珍しく責め方も緩やかでクリア難度は低めだと思います。
乳首をいじる時間がそれなりにありますから開発してる人のほうが楽しめるでしょう。

「にひひっ また亀頭責めだね スイッチひとつで思いのまま こんなに簡単にいじめられて嬉しいね」
メスガキについては彼を見下したり好き勝手できて喜ぶ無邪気な姿を見せます。
命令口調で指示を出すこともありますが、その時は囁き声に変わるためきつさはあまり感じません。
彼女が上、彼が下の関係を定着させたうえで弄ぶ感じに接します。
亀頭オナニーの時は喘ぎ声を流しますし、割とサービス精神旺盛なキャラだなと。

それに対してパート後半は音の割合が一気に上がります。
彼女が敢えてしゃべらないシーンを用意してその間は音だけでオナニーを指示し
終盤は左右にちゅぱ音と嘲笑(竿オナニー+乳首オナニー)が同時に流れ
指定されたタイミングまで自由にいじりながら射精をひたすら我慢します。

「ここからは音だけで お兄さんを狂わせるから」
最後まで彼女が言葉で指示を出すとルールを定めた意味がありませんから
聴き手が十分に慣れたと思えるところでASMR寄りの構成にします。
ここから射精シーンまでは乳首とおちんちんをいじる時間が長めです。
射精後にもハードなプレゼントがあったりと、メスガキらしい意地悪な締めくくりになってます。

作品を聴いた感想ですが、思ってた以上にやりやすくて安心しました。
最初はこのルールを覚えられるか、覚えられてもスムーズにできるかが気になってました。
でも練習パートで実際にやりながらそれぞれを教えてくれるし
本番に入っても30分くらいは何をするかの指示とセットで音を変えてきます。

シコシコボイスとかは他の作品でもよく使われてるのでやり方をすっかり覚えてますけど
本作品のルールは私が知る限りだと他では見たことがありません。
だからここまで丁寧にリードしたのではないかなと。
サークルさんの売りであるハードさを落とす代わりにとっつきやすさをかなり向上させてます。
終盤以外はそんなにきつくないのでドMじゃなくても聴けるでしょう。

このように、独特なルールを上手に運用して追い込む個性的なエッチが繰り広げられてます。
ASMR成分を含んだオナサポ作品
既存のオナサポとは明らかに違うやり方でリードするM向けの作品です。

メスガキは自分にいじめられたい主人公の願いを叶えようと
最初に6つの音を鳴らしながら何をするかわかりやすく教え
それから本番の途中くらいまで音と指示をセットで伝えて徐々に追い込みます。
そして終盤は音の割合を一気に上げたり責めっぷりをハードにしたうえで射精をギリギリまで我慢させます。

可愛い声と意地悪な性格を持つメスガキが特殊なオナサポで悶えさせるシチュ
ちゅぱ音、吐息、喘ぎ声といったエッチな音を起点にプレイを変える珍しいエッチ
多くの聴き手がスムーズにオナニーできるようやりやすさに力を入れた作り。
新しいことに挑戦しつつ、聴き手を置いてけぼりにしないように作品を組み立ててます。

中でも2番目はオナサポでは不足しがちなエロさを補う役割も果たしてて良いです。
サークルさんの過去作を数多く聴いてる人にとっては生ぬるく感じるでしょうけど
初の試みということを考えれば慎重に制作するのは妥当だと思います。

あとは乳首オナニーを取り入れてるのが意外でした。
B-bishopさんは乳首オナサポをあまりやらない方なので
(覚えてる限りだと取り入れてるのは「優しいお姉さんのちょっぴり意地悪なオナサポ」くらい)
乳首オナサポ作品が増えてる今の状況を見て試しに入れてみたのかもしれません。
今後乳首重視の作品が出てくれたら面白そうだなって思います。

射精シーンは1回。
ちゅぱ音と吐息それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

既存のオナサポにマンネリを感じてる人には特におすすめします。

CV:大山チロルさん
総時間 1:07:23

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります



サークル「B-bishop」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声は可愛いけど性格はとっても意地悪な女の子が
ドMな男性にゲーム形式でハードなオナサポをします。

4つあるステージでオナニーの内容が変えながら最大3人で同時責めしたり
救済ステージ、絶望ステージを用意して聴き手がそこに退避できるようにするなど
聴き手にある程度の選択肢を与えたうえで激しく追い込む個性的なプレイが楽しめます。
クリアを左右するふたつのルート
ガイドの女の子がドM向けのオナサポをするお話。

「ようこそ ゲーム式オナニーサポートの世界へ」
ガイドは甘く可愛い声の女の子。
自分にオナニーを支配されたいMな主人公を軽く貶すと
これからするオナサポの概要を教えてから遊んであげます。

本作品は可愛い声とは裏腹に意地悪な性格をしてるメスガキっぽい彼女が
いじめてほしい願望を持つ彼を相手におよそ160分間のオナサポをします。
ファースト、セカンド、サード、射精と合計4つのステージを用意し
射精以外はさらに3つのパートに分けてそれぞれで違う責めを繰り出します。
シリーズものですが毎回内容や声優さんが変わってるので今作からの視聴でも大丈夫です。

「これは ゲーム式オナニーだから ゲーム要素があんの」
最大の特徴はゲーム感覚でオナニーすること。
「射精ステージにたどり着くまで射精は禁止」という大きなルールを設け
彼女が心身両面をきつめに責めて我慢したくてもできない状態に追い込みます。

全編を通じて休憩できる時間を短くすることで射精感を鎮めにくくし
さらにオナニー自体も後になるほど速く力強くしごく指示を出して逃げ道を塞ぎます。
最大でおよそ115分間オナニーしますから普通にやったらクリアするのはかなり難しいです。

「救済と言っている状態で お漏らしの我慢ができなくなったら 救済ステージへ行くこと」
しかし本作品ではそれを見越して救済ステージと絶望ステージが用意されてます。
これはプレイ中に彼女が「救済」もしくは「絶望」と宣言した時にのみ発動するルールで
その間にギブアップしたらそれぞれのステージを聴くことでゲームを続行できます。
そして視聴後は元に戻るのではなく次のプレイへ進みます。

救済、絶望どちらも4つのファイルがありまして
1回目は1、2回目は2と数字の小さいものから順に聴くことになります。
4回目まで使い果たしたらそれ以降は発動できません。
救済は名前の通り休憩できるボーナスタイム、絶望はそれとほぼ真逆のよりハードになるルートです。

宣言する頻度はどちらも同じくらいでしたから
ヤバいと感じた時に救済が出たら休憩し、仕切り直して次に進めば完遂できるでしょう。
絶望はこのオナサポを生ぬるいと感じる人向けの要素ですね。
使わなくても十分ハードなので基本的には回避するのがいいと思います。
エロさと密度の高いエッチ
エッチシーンは19パート119分間。
プレイはおちんちんを見せつける、耳舐め、リズムオナニー、吐息責め、フェラ、喘ぎ声責め、ノンストップオナニー、〇〇オナニーです。
エッチな効果音はありません。

「じゃ まずはそのチンポ 確認しよっかにゃー」
説明が一通り終わったところで主人公に服を脱ぐ指示を出すと
ガイドはそのみすぼらしいおちんちんを眺めて彼を興奮させます。

エッチは終始彼女に言われた通り動きます。
最初の3パート27分間はファーストステージ。
両耳舐めで勃起させてから「1、2」の掛け声を出してオナニーのリズムを取り
さらに至近距離から囁き声で言葉責めもして心身をバランスよく盛り上げます。

本作品はファースト~サードステージと射精パートが複数人プレイになってまして
ファーストステージの場合はオナニーの指示、言葉責め、吐息を吐きかける、耳舐めを
シーンによって構成を変えながら同時にやる密度の高い責め方をします。

「お兄さんが情けないと チンポまで情けないんだぁ」
オナサポ作品で言葉責め、吐息、ちゅぱ音のすべてが充実してるのは結構珍しいなと。
指示を頑張りすぎた結果雰囲気が淡白になるケースが割とありますし
それをきっちり解消してより抜きやすいプレイに仕上げてます。
本作品はハードさが売りなので、こうしたほうが負けに追い込みやすいというのもあります。

掛け声のペースは4秒1コキ~1秒1コキと幅がありました。
B-bishopさんの作品の中では手加減してるほうかなと。
序盤から全力でしごかせたら最後まで聴けませんからこれくらいが丁度いいと思います。

続く6パート46分間はオナニーも厳しくなってきます。
セカンドステージ(3パート23分間)はノンストップゲーム
サードステージ(3パート23分間)は射精直前破壊ゲームとルールを変えて負けさせようとします。

「ほら 握り込め ずっとこの至近距離で 顔観察しててあげる」
ノンストップゲームは開始を宣言したらパートが変わるまでずっとしごき続けます。
掛け声は特にないのでペースは聴き手がある程度自由に選べますが
「握り込み」「ストローク」というおちんちんを握る強さやしごき方を指示する固有ルールが存在し
後のパートになるほど快感から逃げられなくして徐々に追い込みます。

また救済と絶望についてもここから新しい要素が登場します。

ほとんど休憩できない作りになってることから
ここをしっかりやり遂げた場合、サードステージでギブアップする可能性がそれなりに上がります。
ファーストステージは救済を温存してここから使うのがいいでしょう。

「ほら 我慢できなくなるならここだよ 救済で済むうちに 我慢できなくなっちゃえよ」
サードステージはサークルさんが内容を伏せられてるので
本レビューでも具体的に何をするかは書かずにおきます。
ただ「射精直前破壊ゲーム」という名前からどんなプレイか予想できるんじゃないでしょうか。
彼女も多少は焦り始めたのか、今まで以上に容赦のない責めを繰り出します。

そうやって数々の試練を乗り越えてきた後
「05.射精ステージ(約10分)」でようやく射精の許可が出ます。
ご褒美パートなのでこれまでに出てきたゲーム要素はほとんどなくなり
両耳舐めとフェラを同時にするちゅぱ音まみれのひと時が味わえます。

彼女が指定したタイミングに射精する取り決めがある以外は本当に自由です。
ちゅぱ音を聴きながらその時が来るまでオナニーを続けてもいいし
出そうになったら好きな時に手を止めても構いません。
彼女は相変わらず意地悪ですけど約束は守ってくれますからきっちり射精できます。

このように、厳しく責めながらその救済策も用意されてる戦略性のあるエッチが繰り広げられてます。
幅の広いオナサポ作品
オナサポに強いサークルさんの持ち味を活かした贅沢な作品です。

ガイドは自分にいじめられたがってる主人公をおもちゃにして遊ぼうと
合計4つのステージでまったく違うオナサポをし
さらに救済、絶望という別のステージを用意して彼を助けたり苦しめます。
そしてオナニーの指示をしっかりこなしながら、言葉責めやちゅぱ音もガンガンぶつけて興奮させます。

意地悪でSっ気も強い女の子が比較的長時間の過酷なオナサポをするドM向けのシチュ
各ステージで違うルールに従ってオナニーさせ
それと同時に他の彼女が言葉責め、吐息責め、ちゅぱ音責めをする密度の高いエッチ
ギブアップするタイミングによって天国にも地獄にもなる作品独自のシステム。
オナサポの要所を押さえたうえで、やり応えやゲームとしての面白さを与えてます。

中でも2番目はどのパートも色んなプレイが詰まってて内容が豪華です。
オナサポ自体はどのステージも割とシンプルなルールにして
言葉責めやちゅぱ音を加えてもごちゃごちゃしないように調整してます。

全部にこだわるとそれぞれが喧嘩して統一感がなくなってしまいますから
こういう構成にしたほうがオナニーしやすく、興奮もしやすいと思います。

あとは囁き声や吐息を多くして密着感を出してました。
セリフは結構きついけどこれのおかげで雰囲気は比較的穏やかになってます。

射精シーンは1回。
淫語・ちゅぱ音・吐息多め、喘ぎ声それなりです。

一本道のオナサポにマンネリ感を抱いてる人には特におすすめします。

CV:七凪るとろさん
総時間 2:42:51(音声ファイルの合計 1視聴あたりの時間は100~115分くらい)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります



サークル「B-bishop」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声は可愛いけど性格は結構意地悪な女の子が
かくれんぼをモチーフにした独特なオナサポでM男を弄びます。

彼女が耳舐めやキスをする位置を予測しながらオナニーするのが特徴で
無事回避出来たら休憩、できなかったらオナニーするのを何度も繰り返し
さらに10分程度の間隔でしごく速さやルールを変えて隠れられない状況へと追い込みます。

今回はむずかしいコースを聴いた場合のレビューをお送りします。
女の子とする気持ちいいかくれんぼ
女の子とゲーム形式のオナサポをするお話。

「こんにちは お兄さん ここに来たってことは 私に命令されて 寸止めオナニーしたいってことですよね?」
女の子は丁寧語で話す可愛い声の女の子。
自分に会いに来た主人公を早速変態呼ばわりすると
普通のオナサポでは面白くないから変わったルールを提案します。

本作品は従来のオナサポとは違うやり方で射精へ追い込むことを目的に
彼女がおよそ70分に渡る個性的なエッチをします。
オナサポなのでおちんちんを直接責めるシーンは一切なく
どんなふうにオナニーすればいいか指示しながら後になるほどハードな責めを繰り出します。

「私がかくれんぼって言ったら お兄さんから見て 左、真ん中、右 その3択の中からひとつ選んでください」
最大の魅力はもちろんかくれんぼ。
左右中央の中から彼女が舐める位置を選び、聴き手の予測と一致したらオナニー開始
しなかったらそのまま休憩して次のかくれんぼを待つ流れで進めます。
左右は耳舐め、中央はディープキスしてる時間だけしごき続けることから
オナサポ作品では珍しくちゅぱ音の量が多くなってます。

またエッチ開始以降はセリフとちゅぱ音が同時に流れるため
耳舐めやキスをしながら言葉責めするシーンもそれなりにあります。
ちゅぱ音を聴きやすくするためでしょうけど囁き声で話すことが多いです。
シコシコボイスをちゅぱ音に切り替えた感じのオナサポですから無理なくついていけるでしょう。
1セットあたりの時間は30秒~2分と短めです。

ここまでを読んで「クリアするのが簡単そうだ」と思った人がいるかもしれません。
ですがM向けの作品を数多く制作されてるサークルさんなだけあって
今作もすんなりクリアできない歯ごたえのあるプレイに仕上がってます。
後になるほどしごくペースが速く、休憩時間が短くなることや
それと同時にオナニーを回避しずらいルールに変化するのがそう言える理由です。

そして製品版ではより多くの人がこのオナサポを楽しめるように
かんたん、ふつう、むずかしいと3つの難度が用意されてます。
サークルさんの過去作を経験してる人ならいきなりむずかしいでも行けるでしょうけど
そうでないならふつうをあたりを選んで様子を見るのがいいと思います。

女の子がキスや耳舐めをする位置を予測しながらオナニーする流れと3つの難度。
聴き手の選択次第で難易度がある程度上下する個性的な作品です。
隠れ場所を少しずつ塞いでいくエッチ
むずかしいコースのエッチシーンは60分間。
プレイはオナニー、耳舐め、キスです。
エッチな効果音はありません。

「楽しい楽しい寸止めかくれんぼの開始です」
冒頭の6分間でかくれんぼオナサポの大まかなルールを説明すると
女の子はその練習も兼ねてひとまずソフトなオナニーをさせます。

エッチは終始彼女に言われた通りオナニーします。
前半の30分間はルールに慣れさせながらおちんちんを優しく刺激するシーン。
3秒1コキのペースでオーソドックスなかくれんぼをするところから始まり
中央を塞いで左右どちらかに絞り込む、3方向に戻し途中からちゅぱ音の位置を移動させるなど
後になるほどオナニーの回避を難しくする流れで進めます。

「年に似合わないくらいに えっろーい大人のチュー これでメロメロにならないなんて無理ですから さっさと女の子に負けちゃってください」
彼女は声や見た目の割にエッチが上手で、耳舐めの時は至近距離からコリコリしたちゅぱ音を
ディープキスでは中央から水分高めのやや下品なちゅぱ音を積極的に鳴らします。
丁寧語で話したり囁き声なことから言葉責めはそこまできつくありません。
男が興奮する音をたっぷり浴びせながらおちんちんをじっくり刺激して射精を我慢しにくい状況を作ります。

かくれんぼオナニーについてはまだウォーミングアップの段階なのでぬるめです。
最初の10分はしごくペースが非常に緩いですし
その後も2秒1コキあたりに抑えて性感をゆっくり蓄積させます。

「舐める音が移動しますから 移動先の場所も その時点からシコシコ開始です」
ちゅぱ音が途中で移動するかくれんぼはその前後両方でオナニーする必要があります。
最初は3分の2、少し経つと2分の1、そしてここは3分の1と
エッチが進むにつれて休憩できる機会と時間を減らして確実にダメージを与えます。
前半で射精する人は少ないでしょうけど、後々暴発する可能性を上げる役割はきっちり果たしてます。

続く後半の30分間は体への刺激も厳しくなるシーン。
しごくペースが1秒1コキまで上がり、さらに舐める場所を2か所同時に増やして隠れにくくします。

「私の探す場所 しっかりと当ててくださいね しごく速さがヤバいんですから 見つかったら致命傷になるかもしれませんし」
彼女自身が言ってるように、ここからはいかに隠れる時間を確保するかがクリアの鍵になります。
1セットあたりの時間がおよそ1分と短いものの
それでも休憩を挟めるかどうかで終盤の耐えやすさが随分変わります。
またちゅぱ音が2種類同時に流れるおかげで純粋なエロさも上がります。

終盤の20分は隠れるのがさらに難しくなります。
何をやるかは敢えて伏せますが、これまでやってきたプレイを応用した面白いものです。
また舐めてる女の子も「変態」「射精しろ」といった軽い言葉責めをするようになります。
射精シーン直前の5分間はさらに濃いプレイも登場したりと変化に富んでます。

実際にやってみた感想ですが、前半はかなりの余裕を持って通過できました。
オナニーのペースが緩めで隠れられるチャンスも多く彼女が手加減してるのがわかります。
それが後半に入ると一気に制限されて射精感を抑えるのが難しくなります。
純粋に運がなかったのも相まって55分あたりでギブアップしました。

タイトルにわざわざ「難易度は運次第」と書いてあるように
人によってクリアの難度がある程度変わると思います。
耳舐めやキスをガンガンやってくれるおかげで雰囲気も結構エロかったです。

このように、作品独自のルールを上手く活用した手ごわいエッチが繰り広げられてます。
ランダム要素を盛り込んだ作品
一本道なことが多いオナサポの弱点を発想力でカバーしてる面白い作品です。

女の子は主人公を射精したくてもできない状況に追い込もうと
かくれんぼをモチーフにした独特なオナサポで耳、唇、おちんちんを同時に責めます。
そして10分程度の間隔でルールを変えながらよりハードなプレイを投入します。

話し方は上品だけど責め方は下品な女の子が変わったオナサポをするM~ドM向けのシチュ
彼女がちゅぱ音を鳴らす方向を事前に予測し、その結果でオナニーするかどうかが決まる珍しいシステム
セリフとちゅぱ音を同時に流して心身をバランスよく責める実用性重視の作り。
数多くのオナサポ作品を制作されてるサークルさんらしい創意溢れる作品に仕上がってます。

中でも2番目のかくれんぼはおそらく音声作品で初登場のプレイです。
しかも基本を押さえたままどんどん内容を変えて単調になるのを防ぎます。
耳舐めやキスをここまでするオナサポも珍しいですし
もうすっかり開拓されたと思ってたジャンルに新たな可能性を示してます。

射精シーンは1回。
ちゅぱ音多め、淫語そこそこ、喘ぎ声はありません。

新しいタイプのオナサポ作品を聴いてみたい人には特におすすめします。

CV:秋山はるるさん
総時間 共通パート…7:20 かんたん…27:46 ふつう…41:27 難しい…1:01:51

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります



サークル「B-bishop」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、クールな声と無慈悲な性格を合わせ持つ女の子が
よわよわなおちんちんを持つM男を独自のエッチで鍛え上げます。

Mな人が喜ぶ要素をたっぷり盛り込んだトレーニングをするのが特徴で
最初は焦らし、次は寸止めとパートごとにプレイの方向性を変えながら
おちんちんの弱さを貶す言葉責めを投げかけて情けない射精へ追い込みます。

今回はすべての訓練にボイスオプションをつけた場合のレビューをお送りします。
女の子とするハードな特訓
女の子が4種類のエッチな訓練をするお話。

「こんにちは 今日からペニスの訓練ね」
女の子は淡々と話すややトーンが低い声の女の子。
主人公のおちんちんを訓練する担当になったことを告げると、その内容について軽く説明します。

本作品はこれまで色んな男性のおちんちんを鍛え上げてきた彼女が
彼を相手におよそ90分に渡るエッチなトレーニングをします。
誘惑耐性、快楽耐性、刺激耐性、射精耐性とパートごとに異なるテーマを用意し
それぞれに合った手段でおちんちんを重点的に責め続けます。

「ねぇ こんなのされて感じるって どんだけザコチンポなの?」
最大の特徴は彼女の冷酷さ。
最初から最後までクールな声と態度で接しながら
早漏な人はもちろん、普通の人でも厳しいと感じことをやってギリギリまで追い込みます。
おちんちんの弱さを見下す言葉責め、焦らし、寸止め、連続射精などM向けの要素が充実しており
属性が合う人なら心身両面に強めの快感を味わいながら射精できます。

彼女が作中で「自分はスパルタだ」と言ってるだけあってなかなか過酷です。
でも普通のプレイをしてたらおちんちんが強くなることは絶対にないですから
多少厳しいあたりに設定してるのは妥当だと思います。

また今回の訓練では物足りないドMな人でも歯ごたえが出るように
どのパートもボイスオプションの有無を選べるようになってます。
これは彼女が予め録音した声や音を聴きながら訓練するというもので
有りを選ぶと吐息交じりの喘ぎ声、耳舐め、囁き声による罵倒といった別のプレイが加わります。

簡単に言うと純粋なエロさが上がります。
本作品は彼女のキャラのおかげで雰囲気が割と淡白ですから
有りのほうが抜きやすくなるのと同時に射精を我慢するのが難しくなります。
どちらにするかはご自分の嗜好と相談して決めるのがいいでしょう。

冷酷な女の子がM度の高い訓練をするシチュとそれをさらに上げる要素。
サークルさんが得意とされてるジャンルをストレートに磨き上げた結構ハードな作品です。
大きく揺さぶりをかけてくるエッチ
エッチシーンは4パート74分間。
プレイは体の拘束、おちんちんの愛撫/息吹き/唾を吐きかける、手コキ、足コキ、フェラ、耳舐め、指/手/ガーゼを使った亀頭責め、罵倒囁き、オナホコキです。
手コキ、足コキ、亀頭責め、オナホコキの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「誘惑耐性強化訓練の開始ね 私が色々な方法で そのペニスを勃起させて疼かせるわ」
全裸で四つん這いになった主人公の体を拘束し逃げられなくすると
女の子は手始めに弱い刺激を与えておちんちんの強度を確かめます。

エッチは抵抗できない彼を彼女が一方的に責め続けます。
一番最初の「02.誘惑耐性強化訓練(約15分)」は焦らしに特化したプレイ。
指先を使っておちんちんを撫でるところから始まり
息を吹きかける、唾を吐きかけると体への刺激をあまり与えないで勃起させます。
そしてボイスオプション有りの場合は左右から吐息交じりの喘ぎ声が流れます。

「私の指先が 隠れてたカリ首に そのまま溝に沿うようにして さわさわ さわさわ」
手コキと違い音が鳴らないのでどんなふうに責めてるかをわかりやすく実況し
その合間に敏感に反応する彼の弱さを軽く貶して心のほうも盛り上げます。
そして息吹きは「ふー」と吹きかける音、唾吐きは「ぺっ」と実際に吐きかける演技をします。
実況がしっかりしてるのでおちんちんの愛撫は一緒にしてみると気持ちいいでしょう。

個人的にこのパートは喘ぎ声が一番エロく感じました。
普段の彼女よりも熱っぽい息遣いと切ない声が軽いギャップを生み出してます。
本作品の特徴を出しつつ次に向けて準備する結構重要なパートです。

次の2パート43分間は体への責めが一気に激しくなります。
「03.快楽耐性強化訓練(約27分)」は手コキ、足コキ、フェラを順にやって何度も寸止めし
「04.刺激耐性強化訓練(約16分)」はおちんちんで最も敏感な亀頭を3つの手段で集中攻撃します。

「蒸れた足裏にこうやってプレスされるだけで ザコチンポは気持ちよくなる」
03パートは最初の山場と言っていいほど内容が充実してます。
本作品の中で最も時間が長いこと、02パートとの責めの落差が大きいこと
寸止めの回数が比較的多いこと、ボイスオプション有りの場合はずっと両耳舐めすることなどが影響してます。
言葉責めも積極的にやってきますし、射精シーンがあったら十分出せるパワーを持ってます。

そこで敢えて我慢させるのが本作品らしいなと。
前のパートがぬるかったからこそ、彼女のスパルタっぷりがより引き立ってます。

「ガーゼを見たらおかしくなるくらい 躾けてあげる」
体への責めが最もハードなのは間違いなく04パートでしょう。
時間は短めですが亀頭に的を絞ってるだけあって結構きついです。
実際にやる場合はローションを用意しておくことをおすすめします。
またパート終盤にはガーゼで亀頭を磨くプレイが登場します。

単体でも十分きついですけど、45分近くおちんちんを責めた後にするのが余計エグいなと。
焦らし、寸止め、亀頭責めと責め方を変えて快感に慣れにくくするのもプロならではです。

最後の「05.射精耐性強化訓練(約16分)」は本番を意識したプレイ。
女性のおまんこをそのままかたどったオナホを使って今度は連続射精に挑みます。
ボイスオプションはサークルさんが秘密にされてるので聴いてのお楽しみとさせてください。

「このまま休憩なしで 連続射精へ移行するわ」
今まで一切できなかった射精を解禁するところは優しく感じますが
射精した後もまったく手を止めずに責め続けるこれまでとは真逆のきつさを持ってます。
1回出すのは簡単ですけど2回目以降は人によるんじゃないでしょうか。
私は2回まででしたがプレイ時間がもう少し長ければ3回いけそうな気はします。

このように、おちんちんを色んな手段で鍛え上げるテーマ性の強いエッチが繰り広げられてます。
容赦のない作品
おちんちんが弱い男性の弱点をひたすら突いてくるなかなか手厳しい作品です。

女の子はおちんちんを強くしたくて自分のところにやって来た主人公を鍛えようと
前半は焦らしや寸止めといった意地悪なプレイをしてどれくらい弱いか確かめます。
そして後半は亀頭責めやオナホコキによる連続射精でとことん追い込みます。

クールな声と無慈悲な性格を合わせ持つ女の子がエッチな訓練をするM~ドM向けのシチュ
彼女の性格をそのまま反映させた多彩で容赦のないエッチ
ボイスオプションの有無によって難度が多少上下する聴き手に寄り添った演出。
女性に弄ばれる、いじめられる快感を追求した作品に仕上がってます。

中でもエッチは色んなことをやってるけどちゃんとトレーニングになってるのが素晴らしいです。
焦らしは軽い責めではビクともしないおちんちんを作る
寸止めは女性の責めに耐えられる心身の強さを身につけるなど
ひとつずつ順を追ってSEXしても大丈夫なように持って行こうとします。

彼が弱すぎるせいであまり上手くいかなかったみたいですけど
彼女は目的を見据えて真面目に取り組んでるので特に間違ってるとは思いません。
仕事をきっちりこなすという意味で熱いところも持ってる女性に映りました。

エッチはどのパートも個性があって責め方も心身のバランスが取れてます。
体はこれまで書いてきたようにかなりハードな部類に属しますし
心も言葉責めやボイスオプションを使って興奮を維持できるように調整されてます。

射精シーンは3回。
くちゅ音とちゅぱ音多め、淫語それなり、喘ぎ声そこそこです。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 1:29:55

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります



サークル「B-bishop」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声と態度は穏やかだけど性格は割とSなお姉さんが
合計4種類のスローオナニーでM男をたっぷり悶えさせます。

おちんちんへの刺激をできるだけ弱めて焦らし続ける意地悪なオナサポが行われており
彼女が宣言した数字の数だけしごく、6秒1コキくらいのペースでしごき続ける
ちゅぱ音が鳴ってる間だけ自由にオナニーできるなど
シーンごとに異なるルールを定め、決して満足できないようにリードして生殺し感覚を味わわせまず。
終盤はちゃんとオナニーさせてくれますから遅漏でもない限り普通に射精できるでしょう。
体への責めを極力抑えたオナニー
お姉さんの指示に従ってオナニーするお話。

「ねぇお兄さん ゆっくり じっくりのオナニーってしたことありますか?」
お姉さんは丁寧語で話すおおらかな声の女性。
自己紹介や背景説明といった前置きはすべて省略し
早速作品のテーマであるスローオナニーに興味があるか尋ねます。

本作品は早漏な人でも辛い思いをせず気持ちよく射精できるように
彼女がおよそ60分に渡ってかなりソフトなオナサポをします。
ノルマ式オナニー、シコシコボイスオナニー、カウントダウンオナニー
そしてちゅぱ音に合わせてしごくオナニーと合計4つのシーンを設け
いずれも通常のオナサポより体への刺激をかなり緩めながら進めます。

スローオナニーがテーマだから当たり前なのですが
それを考慮しても弱く設定されてるので、満足に気持ちよくなれない人が続出するでしょう。
必要最低限の快感を与えて射精したい欲求を膨らませる感じです。
中盤までは休憩も小まめに挟みますから早漏な人でも暴発する可能性は低いです。

「もっとですか? あんまりシコシコしちゃうと 射精直前までいっちゃうかもしれませんよ」
彼女についてはタイトル通り表面上は悪意のない態度を取ります。
彼がもっと刺激を欲しがってるのを見て制止したり
無事我慢できたら褒めるなど、スローオナニーを完遂できるように優しく働きかけます。
しかし物語の後半に差し掛かるともうひとつの顔が見え始めます。

露骨に意地悪な態度を取ることはありませんけど
ところどころで意地悪に感じる人がいるんじゃないかなと。
わざと満足できないようにオナサポすることも含めてM度は高めと言えます。

射精したくてもできない強さでオナニーを続ける焦らし特化のエッチと彼女のキャラ。
通常なら優しい行為にあたるはずのスローオナニーを逆の視点で描いた風変わりな作品です。
じっくり焦らして一気に追い込むエッチ
エッチシーンは52分間。
プレイは耳舐め、オナニー、疑似フェラです。
エッチな効果音はありません。

「ほら しっかり私に観察させてください ふむ ふむふむ なかなか面白いおちんちんですね」
全裸になった主人公のおちんちんを興味深そうに観察すると
お姉さんは根元を握らせてから耳舐めしてさらに硬くします。

エッチは終始彼女の言う通りに動きます。
前半の30分間は心身をバランスよく盛り上げることを重視したプレイ。
最初に7分程度耳舐めした後、彼女が数えるカウントに合わせてオナニーを続け
さらに定番のシコシコボイスを流すオナニーへと切り替わります。
ちなみにシコシコボイスはセリフと別に流れるようになってます。

「射精直前まで追い込んじゃうような野蛮なオナニーなんてさせられませんよ」
そして本作品の強い焦らしっぷりが早速彼を苦しめます。
回数指定スローオナニーは緩いペースで10回だけしごくのを数セット繰り返し
じっくりシコシコボイスオナニーは6秒1コキを標準に定め、休憩を挟みながら12分ほど続けます。

オナニーしてるのは間違いないのですが、明らかに物足りないレベルに調整されてます。
人によっては勃起を維持するのが難しく感じるかもしれません。
耳舐めも散発的にやる形にしてエロさを意図的に抑えてます。

オナサポ作品は色々聴いてますけどシコシコボイスの6秒1コキは初めてです。
大抵は緩いものでも3秒1コキあたりですからそれの倍遅いことになります。
ごく一部で速くなることがあっても10秒後には元に戻ります。
「生殺し」と呼ぶのがピッタリな逆の意味で厳しいオナサポをしてくれます。

「そのいかにも弱いおちんちんに そんな残酷なことできるわけないじゃないですか」
彼女については悪意のない様子を見せつつ軽く見下してきます。
彼のオナニーを見て「上手ですね」と褒めたり
「おちんちんが弱いから強い刺激は与えられない」とかばうなどです。

ポジティブなセリフを意地悪な気持ちを込めて言うのが面白いなと。
指示重視なので言葉責めは少なめですが、Mな人を興奮させる役割を果たしてるのも事実です。

後半の22分間は射精に向けて少しずつ刺激を上げていきます。
カウントダウン焦らしオナニーは数字が減るほど射精に追い込むルールを設け
最後の水音が流れている間のみのオナニーは耳舐めや疑似フェラの音に合わせてしごきます。

前半に比べればマシになってますけど、それでも通常のオナサポより明らかに弱いです。
カウントダウンは少ない数字へ差し掛かる前に仕切りなおすのを繰り返します。
ただし、今までよりも休憩時間が減ってるおかげで快感をずっと得られるようになりました。
射精シーンが近づいてるのにプレイが一緒だと抜きにくいので、このへんはちゃんと考えられてます。

「ほら 射精しろ このマゾ!」
そしてこれまでが生ぬるかったからこそ最後の水音オナニーの激しさが際立ってます。
「ここだけは自分の好きなペースでオナニーしてもいい」と言われ
疑似フェラが始まると吸い多めの下品なちゅぱ音を積極的に鳴らします。
最中の言葉責めもパワーアップしててメリハリがあります。

このシーンに関してはかなりやりやすくなってました。
ちゅぱ音を鳴らす時間が長めに取られており音自体も結構エロいです。
また射精シーンの直前にはそれをより強化する特別な演出も登場します。

実際に聴いた感想ですが、最初は「これはかなり楽だなぁ」と思いました。
でも中盤に入ったあたりから「もっとしごかせてくれ」という気持ちが強くなってます。
最後にきちんと追い込んでくれるので射精は十分可能ですけど
そこに至るまでがもどかしくてきつく感じるのではないかなと。

このように、色んな手段でじわじわ追い込むテーマに沿ったエッチが繰り広げられてます。
焦らし特化のオナサポ作品
寸止めはほとんどせず焦らしに注力してる作品です。

お姉さんはMな主人公の体に負担をかけずに射精まで持っていこうと
前半は耳舐めを交えた非常にソフトなオナニーで少しずつ性感を高めます。
そして後半は休憩時間を一気に減らし、自由にしごける時間を長くして軽く追い込みます。

穏やかそうに見えて意地悪なところもあるお姉さんが焦らし特化のオナサポをするM向けのシチュ
カウントやシコシコボイスといった定番の要素を極力弱く設定したスローオナニー
シーンごとにやることを変えて徐々に追い込む無理のない作り。
スローオナニーの要所を押さえつつ、サークルさんの持ち味が出るように作品を組み立ててます。

中でも2番目はオナサポを数多く出されてるサークルさんなだけあって
どれくらいに設定すれば強い焦らしプレイになるかをよく心得てます。
他と同じスローオナニーをしたら代わり映えしませんから
それよりもさらに下げて意地悪さが出るようにリードしてます。

普段のサークルさんとは真逆の路線を歩んでるので
ハードなオナサポを好む人には正直あまり向きません。
でも「眠れない添い寝」シリーズが好きな人には適性が高いと思います。

射精シーンは1回。
淫語とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

CV:柚凪さん
総時間 56:16

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります



サークル「B-bishop」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、見た目よりもずっと経験豊富な女の子が
自分に好意を抱いてる男性とエッチな勝負を楽しみます。

18種類のフェラを組み合わせて責めるのが最大の特徴で
序盤はソフト、中盤はスタンダード、終盤はハードとシーンによって方向性を変え
各プレイで鳴らすちゅぱ音を小まめに切り替え少しずつ確実に射精へ追い込みます。
女の子とするスリリングなゲーム
女の子のフェラに耐え続けるお話。

「えーっと、私にこの手紙をくれたのってお兄さん?」
女の子はやや幼さを感じる可愛い声の女の子。
手紙をくれた主人公に会ってその理由を尋ねると
告白してきた彼に本当の自分を教えてあげます。

本作品は多くのクラスメイトを自慢のテクで屈服させてるビッチな彼女が
自分と付き合いたがってる彼にエッチなテストをします。
勝ったらSEXでも何でもさせてあげる、負けたら破滅的な状況へ追い込むと
ハイリスクハイリターンな条件を設けて時間いっぱいフェラします。

「私のフェラチオに耐えられたら、お兄さんの勝ち 全部で18種類、クラスの男子を骨抜きのペットにした強烈なフェラチオ」
フェラチオフルコースの名の通り、彼女がするのは本当にフェラだけです。
しかし数分単位で責め方が変化するため単調さはまったくありません。
見た目よりもずっと慣れた手つきでしゃぶる姿にも彼女らしさを感じます。

おちんちんへキスする、玉を舐める、ハーモニカフェラをする
頬の内側で亀頭をぐりぐりする、激しいピストンをするなど
定番のものから音声だとあまり見かけないものまで多種多様です。
しゃぶってる最中は無言になり、休憩中に言葉責めするおかげで音の違いを楽しみやすくなってます。

「こんな小さな女の子に跪きたいんだ? あははは、ロリコン!ロリコン!この変態!」
彼女についてはメスガキと呼ぶのがぴったりな生意気キャラです。
年上な彼を最初から見下してロリコン呼ばわりし
エッチ開始後は体をビクつかせる姿を面白そうに眺めます。

彼女は自分の腕に絶対の自信を持ってるので、この勝負に負けることはないと思ってます。
だから序盤から中盤にかけてはわざと手加減し、終盤で一気に追い込んで格の違いを見せつけます。
屈辱感や負ける快感を適度に煽ってきますから、そういうのが好きなMの人に最も向いてます。
フェラがメインですけど言葉責めもそれなりにやってくれます。

質量共に優れたフェラと彼女の生意気なキャラ。
ひとつのプレイを掘り下げつつ登場人物にも個性を持たせた尖ってる作品です。
色んなちゅぱ音が聴けるエッチ
エッチシーンは58分間。
プレイは18種類のフェラです。
エッチな効果音はありません。

「んふふふ、もうおちんちんたってる 好きとか言っておいてここはもうギンギン 男の子って情けないよねー?」
ゲームのルールを説明し、主人公の同意を得た女の子は
ひとまずソフトなフェラをして彼の感度を確かめます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
序盤の20分間はウォーミングアップに近いプレイ。
「01 おち○ちんちゅ~」から始まり「06 おしおきカメさん」までひとつずつ丁寧にやります。

「くくく、そのお顔だらしなーい クラスの男子の方がまだましだよー 大人なのに恥ずかしー」
彼女はクラスの男子とガンガンエッチしてるので経験豊富。
それぞれに合ったちゅぱ音を2分程度鳴らし、プレイを変える時に軽い言葉責めをします。
早速感じてる彼を見て「男子よりも弱い」とまで言う負けシチュを意識したものです。
態度が終始可愛いので冷たさはありませんが、子供らしくストレートな表現が多いです。

フェラについては01がちゅぱちゅぱと小刻みに吸い付く
02は頬張って吸い付く、03は「じりゅっ」みたいな音を間を空けながら鳴らす
04は位置を固定しじゅるじゅるした音を鳴らす、といった具合に明確な違いがあります。

事前に彼女が説明してくれますから何をしてるかわからないことはないでしょう。
水分高めでエロいですけどペースが緩めで抑えてます。

中盤の18分間は本格的なフェラ。
おちんちんを咥え込んでゆっくりしゃぶるところからスタートし
速さと力強さを段階的に上げ、その後はバキュームフェラに移ってより激しく責めます。

「次はねー おちんちん、いっぱい吸ってあげるの ほっぺたをきゅーーって絞ってじゅーーーってね 掃除機みたいにしてあげる」
音声作品でよく聴くフェラはここから登場します。
特に10と11で行うそうじきフェラは長めに吸い上げる音を繰り返し鳴らしてて強烈です。
序盤が割とソフトだったからこそ、中盤以降のフェラがより激しく感じました。
勝負だからといって焦らず彼が悶える姿をじっくり楽しもうとします。

終盤の20分間は彼を負けに追い込むフェラ。
「13 ほっぺとちゅ~」は頬の内側と舌を組み合わせて亀頭を集中攻撃し
それから口の中でもごもごする、口をすぼめて亀頭だけを強く刺激する
2段階のピストンフェラと射精の直前によく出てくるものを中心にして責めます。

「飲んであげると思った? こんなだめだめせーし飲むわけないでしょ?」
これまでと同じくペースはそれほど速くありませんが
それを補って余りあるほどパワーが強く、音自体も下品です。
彼が射精した時にそれを「ぺっ」と吐き出すところも印象的でした。
最初から最後まで徹底的に見下してMを喜ばせます。

時間に対するプレイの種類が多いおかげでややテンポが悪い感じもしましたが
タイトルのフェラチオフルコースに沿ったことをしてるのは事実です。
言葉責めもちゃんとしてくれますし、この手の属性を持ってる人なら普通に抜けると思います。

このようにフェラ、負けシチュ、言葉責めを組み合わせた容赦のないエッチが繰り広げられてます。
フェラチオのカタログ
ちゅぱ音の種類に定評のある作品です。

女の子は自分と付き合いたがってる主人公を撃退しようと
得意のフェラを使った勝負を挑み、18種類もの責めを繰り出して徐々に追い詰めます。
そしてその様子を多彩なちゅぱ音ですべて表現します。

声や見た目は可愛いけど性格は結構Sな女の子がフェラで屈服させるM向けのシチュ
最初から最後までフェラだけするタイトル通りのエッチ
その合間に繰り出すストレートかつ意地悪な言葉責め。
最大の売りであるフェラをしっかりやり、他の要素でサポートするよう仕上げてます。

中でもフェラはひとつの作品でここまで幅広いちゅぱ音が出てくることはなかなかありません。
事前に説明してからそれに合った音を鳴らす丁寧な進め方をしてます。
序盤、中盤、終盤の時間がほぼ均等で特定の音をがっつり聴くことはできないのですが
それでも彼女らしい水分高めの力強い音を鳴らすことが多いです。

エッチの時間が十分取られており、射精も最後の1回だけなので
そのタイミングで出すエロさは十分持ってると思います。
エッチ終了後に彼女が突然大声を上げるシーンがある点だけご注意ください。
通常よりも音量を気持ち下げて聴いたほうがビックリせずに済みます。

射精シーンは1回。
ちゅぱ音多め、淫語それなり、喘ぎ声はありません。

CV:餅よもぎさん
総時間 1:07:26

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
4月1日は餅よもぎさんの命日です(2016年に亡くなりました)。
今後も毎年この日に彼女の作品を紹介していく予定です。
新作はもう出ないのでいつまでやれるかわかりませんが…。



サークル「B-bishop」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、可愛くて結構意地悪な女の子が
ドMな男性にゲーム形式の変わったオナサポをプレゼントします。

冒頭に渡された3つのアイテムを聴き手が好きなタイミングで使えたり
ステージ内に鍵を隠し、その取得数によって射精の内容が変わるなど
基本ルールを定めたうえである程度の戦略性や幅広さも持たせた独特なエッチが楽しめます。

※販売ページの説明文が普段よりも内容を伏せてあるため
本レビューもそれに合わせていつも以上にネタバレを回避してます。
女の子とするエッチで過酷なゲーム
ガイドの指示に従ってオナニーするお話。

「ようこそ ゲーム式オナニーサポートの世界へ」
ガイドは明るくて可愛い声の女の子。
とっても楽しくて残酷なオナニーを求めてる主人公に挨拶すると
ゲーム式オナサポの基本ルールやシステムを説明します。

本作品は2018年5月に発売された「惨めなゲームオーバーへようこそ ゲーム式オナニーサポート」の続編。
メスガキと呼ぶのがぴったりな可愛くて生意気な性格の彼女が
ドMな男性を相手に個性の強いオナサポをします。
コンセプトが一緒なだけでキャラやストーリーは別ですから前作未視聴でも大丈夫です。

この作品を個性的と言う最大の要因はゲーム性。
物語の冒頭に「懇願カード」「自罰カード」「ワープカード」を配布し
3つあるステージの中で好きな時に使える
ルールが設けられてます。

「まずは懇願カードを3つ これを使えばお兄さんはオナニーの手を止めることができるの」
懇願カードは彼女が「変態」と言うまでオナニーを休憩できる
自罰カードは「ばーか」と言われるまで竿ではなく亀頭オナニーをするなど
それぞれに違った効果があり、かつプレイ中に彼女が効果を打ち消そうと働きかけてきます。
ワープカードは使用した瞬間にそのステージを強制終了できるかなり強力なアイテムです。

オナサポは女性の指示通りにオナニーする受け身のスタイルが定番ですから
そこに聴き手がある程度能動的に動ける要素を加えて面白味を出してます。
072LABOさんの作品全般に割と近い内容ですね。
ステージごとに異なるプレイを繰り出してきますし変化に富んでます。

本作品を面白くするもうひとつの要素は鍵の存在。
各ステージにひとつずつ隠されており、ある条件をクリアすれば手に入ります。
そして得られた鍵の数によって射精の手段が変わります。

鍵を取れたかどうかは各ステージの最後に判定するので
1回目の視聴時にそれが何かはわかりません。
途中で彼女がヒントっぽいことを言ってくれますけど難度は割と高いです。

また射精パート以外にも5つのゲームオーバーパートが用意されており
そこでは後になるほどより雑なやり方で射精に追い込みます。
射精はさせてもらえるのでスッキリできると思いますけど
物足りないとかもやもやするといったしこりを残す人がいそうです。

3つのアイテムを駆使して3つのステージに挑戦する仕組みと多種多様な射精パート。
前作よりもゲーム性と幅広さを向上させたやりごたえのある作品です。
後になるほど過酷さが増すエッチ
エッチシーンは12パート??分間。
プレイは両耳舐め、オナニー、疑似〇〇です。
エッチな効果音はありません。

「お兄さんは今から私のおもちゃ おもちゃはご主人様の命令を守らないといけないの」
冒頭のガイダンスパートでオナサポやアイテムに関する説明を一通りしたガイドは
主人公に服を脱いでもらった後に最初のプレイに取り掛かります。

エッチは終始彼女が責め続けます。
一番最初の「02.ファーストステージ お人形さん遊び」は小手調べと呼ぶのが妥当な内容。
おちんちんの根元を持ったまま両耳舐めを受けて勃起させ
それから開始と停止のタイミングだけを定めるゆるーいオナニーで体を温めます。

ちなみに本作品は時間をわからなくするために全パート30分で揃えられてます。
プレイを終えたら無音になるので次のパートに進むといいでしょう。

「女の子の前なんだよ? 変態だねー そんなことしちゃうのは 変態以外にありえないよねー」
まだ序盤ということで彼女もきつい追い込みをかけたりはしません。
生意気さが引き立つようにこちらを軽く見下す言葉責めを適度にします。
そしてその中に「変態」や「ばーか」を盛り込みアイテムの使用を妨害します。
時間もそれほど長くありませんし、このルールに慣れるさせることを意識してるようです。

次の2パートは一転してハードな責めを繰り出します。
「03.セカンドステージ」はリズム遊び、「04.サードステージ」は徹底射精我慢遊びをテーマに掲げ
時間内にアイテムを使わせゲームオーバーへ追い込む意思を持って進めます。

「ほらほらお兄さん チンポちゃんとどんどん危なくしてる? ちゃんと見てるぞー」
サークルさんが内容を伏せられてるので詳細は秘密にしますが
どちらのステージもオナサポ経験者ならお馴染みの要素をメインに据えてます。
実際にやってみた感じではサードステージのほうが厳しかったです。
あと鍵の入手は設定されてる条件だとクリアできない人が結構いるんじゃないかなと。

そうやって3つの試練を潜り抜けた後、ようやく射精シーンが訪れます。
射精ステージ、エクストラステージ、スペシャルエクストラステージが用意されており
各ステージで獲得した鍵の個数に応じてゴールが変わります。

「あぁ 出る出る出るぅ 金玉に溜め込んだゼリーみたいなザーメン出ちゃうぅ」
射精する点だけで見ればこれらはすべて一緒です。
でも内容や彼女の態度にそれなりの違いが見られます。
甘さが一番強いのはエクストラステージで、屈辱感は射精ステージが高かったです。
スペシャルエクストラステージは前の2つの後に登場するのでしごく時間が最も長くなります。

作品を聴いた感想ですが、従来のB-bishopさんの作品に新しい要素を盛り込んであって熱中できました。
今まではシコシコボイスやカウントを厚めに入れる正統派のオナサポをしてたのが
今作は聴き手が任意で発動できるアイテムを用意し、さらに射精パートが合計8個も存在します。

メインにあたる3つのステージは全部足してもそこまで長い時間にはなりません。
ですからオナサポを聴き慣れてる人ならアイテムを使わずにクリアするのは可能だと思います。
鍵を探す要素を加えたのはハードさ以外の手段で難度を上げたかったからでしょう。
これの獲得数に応じて射精パートの内容が変化する流れも面白いです。

全パートを30分に揃えたことによって
聴き手が毎回次のパートに進む動作をする必要がある点だけは気になりましたが
サークルさんはそれによって生まれる手間よりも先が見えない面白さを優先されたのでしょう。

このように、従来のオナサポに不確定要素を盛り込んだ真新しいエッチが繰り広げられてます。
幅広い作品
現在出てるオナサポ作品にマンネリ感を抱いてる人にこそ聴いてほしい作品です。

ガイドは通常のオナニーではもう満足できないドMな主人公を気持ちよくしようと
最初からやや生意気な態度でゲーム式オナサポの説明と進行をします。
そして各ステージだけでなく射精パートでもまったく異なるプレイを繰り出します。

メスガキっぽい女の子がゲーム形式でオナニーを制御するM向けのシチュ
3種類のアイテムを駆使してステージクリアと鍵取得を目指すテーマに沿った展開
その結果によって射精パートが切り替わる幅広さを持たせた作り。
受け身の姿勢や一本道といったオナサポが抱える問題を解消する方向で作品を組み立ててます。

中でも2番目は本作品を最も特徴づけてる要素と言えます。
タイトルに「罠だらけ」とあるように、この作品にはいくつかのトラップが仕掛けられてます。
それを見つけ、食らっていくのもMにとっては堪らないのではないでしょうか。

エッチはやること自体は割かしシンプルにし、ルールやシステムで個性を出してます。
アイテムの使用がやや手間取るかもしれませんけどオナニー自体は至って簡単です。
プレイまで複雑にすると快感に集中しにくくなるので良い調整だと思います。

射精シーンは合計8回。
淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 重複抜きで1:30:00ほど

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります



サークル「B-bishop」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、可愛くてとっても意地悪な少女が
ドMな男性に焦らしと寸止めを組み合わせたハードなエッチをプレゼントします。

シリーズの特徴を継承しつつ催眠を絡めてるのが最大の特徴で
序盤に催眠をかけて彼女の言葉に従える状況を作り
それからシーンによって異なるプレイを繰り出して絶頂をギリギリまで我慢させます。

今回は最も激しいヘルモードのレビューをお送りします。
催眠の力でさらなる地獄を
少女に催眠をかけられ絶頂を我慢し続けるお話。

「こんばんはお兄さん 私に会いに来たってことは エッチなことしたいってことだよね?」
少女は甘く可愛い声の女の子。
音声を聴く際の注意点や各難易度の違いを簡単に説明すると
自分に会いに来た主人公を嬉しそうに迎えます。

本作品はこれまで6作出てる地獄級オナニーサポートの最新作。
1作目「意地悪な少女に完全支配される音声 地獄級射精禁止オナニーサポート」に登場した少女が
これまでとは異なるやり方で最大90分に渡るハードなエッチをします。
今回は催眠音声で有名なエロトランスさんの協力を仰ぎ
エッチを始める前に催眠をかけて彼女の命令に従いやすい環境を整えます。

一応リメイクにあたりますが登場人物が一緒なだけですから今作からでも問題ありません。
催眠を絡めてる時点でシリーズの過去作とは完全な別物と思ったほうがいいです。
挿し絵には3人の女の子が描かれてますが、後ろの2人が登場するのは終盤だけでほぼ1対1です。

このシリーズをひとつも聴いたことがない人もいるでしょうから特徴を説明しますと
1回の絶頂に向けて色んな責めを繰り出し
さらに最中はシコシコボイスをセリフと別に流してオナニーのペースをしっかり指示します。

前者はハード、ベリーハード、ヘルと3つの難易度が用意されており
後になるほどより長く、より過酷なプレイを行い絶頂を我慢できない状況へと追い込みます。
上の難易度は下の難易度に専用のプレイが追加されてますから
一通り試したい人はヘルを聴けば大丈夫です。
ただ内容が結構きついので、楽しみたいならハードから順に聴いて慣らしたほうが良いと思います。

後者については3秒1コキ~1秒3コキまで複数のペースを設定し
同時に行うプレイの内容によってそれを切り替えて快感をコントロールします。
以前の作品では実際にオナニーするスタイルだったのですが
今作では心の快感を盛り上げたり揺さぶりをかけるといった別の役割を持たせてます。

私が聴いた限りでは作中で明確にオナニーする指示は出ませんでした。
絶頂シーンも「絶頂する」「快感が爆発する」と射精とは異なる描写になってます。
サークルさんが販売ページの説明文で
「今作は催眠音声のため脳内へ送り込む快楽ボイスとして形を変えました」ともおっしゃってることから
絶頂形式はドライを想定してるのだと思います。

でもこれだけシコシコボイスが充実してるのなら
プレイ中にしごきたくなる人も結構いるんじゃないかなと。
オナサポをよく聴いてる人なら「シコシコボイス=オナニーする」という構図が出来上がってますし
私はしごく、しごかないどちらでも良いと思ってます。
ドライでも気持ちよくなれますけど、オナサポなら実際にしごくほうが自然ですからね。

催眠をかけてからエッチに進む展開とハードさを売りにしたプレイの数々。
地獄級の特徴を継承したままさらに進化させてるドM向けの作品です。
つかの間の天国を味わわせる催眠
催眠はおよそ13分間。
この部屋に漂ってる不思議なガスのことを教えてからまずは深呼吸します。

「このガスはね 心を落ち着かせる成分だったり 力が入らなくなっていく成分が入ってるんだよ」
このガスには吸った者の力を奪う効果があり
後のシーンでも適度に意識させて心身両面をふにゃふにゃにします。
本作品は催眠は13分、エッチ69分と後者の割合がかなり高くなってるので
こういう要素を絡めて催眠状態を維持しやすくする工夫がされてます。

「目を開いて 閉じて 開いて 閉じて」
深呼吸については吸う時に目を開き、吐く時に閉じる指示が出ます。
実際にやってみると目の周辺に重さを感じるでしょう。
そして目を開ける必要がなくなったら気持ちいい感覚が湧いてきます。
時間が短めだからこそ、聴き手に軽い疲労を与えて暗示をより受け入れやすい状況を作ります。

お次は右腕→左腕→右足→左足の順に脱力します。
中枢から末端にかけて感覚を伝播させるアプローチを取り
その際に「力が抜ける」を多めに言って脱力感を上手に伝えてました。

どちらかと言えば腕よりも足のほうを入念にやってました。
オナニーしたくなった時に腕を動かしやすくするための配慮なのかもしれません。

リラックスを入念に行うコンパクトな催眠です。
聴き手をこれから始まるエッチに集中させることを目的に
ガスのイメージを絡めた深呼吸→手足に絞った脱力と初歩的な技法をメインに行います。

催眠をかける時間自体は短いですけど、この後も継続して無意識に働きかけますから
催眠が途中で解ける可能性は低めです。
目の開閉をしてる最中にエッチを有利に進める暗示も入れてくれます。
後になるほど厳しさが増すエッチ
ヘルモードのエッチシーンは69分間。
プレイは耳舐め、オナニーのイメージ、疑似フェラ、少女のオナニー演技、〇〇、キスです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありません。
音声の冒頭に服を脱いでおく指示が出ます。

「お兄さんのお耳を 舐められれば舐められるほど 下半身にどんどん 快感が蓄積されていってしまう」
催眠を使って主人公の心身をとろとろにした少女は
エッチの手始めに彼の耳を片方ずつ舐めて興奮させます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の21分間はウォーミングアップに近い内容。
「02.強制勃起」は左耳→右耳の順に舐めながら気持ちよくなる暗示を入れ
「03.支配調教」は緩めのシコシコボイスを流しておちんちんに快感を送ります。

「あぁあぁあぁ 唾液の音で 脳みそがかき回される」
「ほら チンポが気持ちいい 私の声に反応して 勝手に気持ちよくなる」

まだ始まったばかりなので責め自体はソフトに留め
代わりにこの後もっと感じられるようにする準備を整えます。
02は耳元至近距離からやや下品でコリコリしたちゅぱ音を鳴らして気持ちよさを伝え
03もシコシコボイスと彼女の声を組み合わせて感度を上げる催眠音声らしい責め方です。

さすがにここで絶頂を我慢できなくなる人はいないと思います。
催眠パートでは脱力感や彼女に対する服従心に焦点を当ててたので
エッチの序盤はもう一歩踏み込んでハードなプレイで感じられる状況を作ります。

本格的なプレイが始まるのはその次から
「04.疑似フェラ」「05.オナニー演技」は名前通りのプレイを彼女がやってエッチな声や音を流し込み
「06.スピード責め」はシコシコボイスに特化させて別の快感を与えます。

「私ね 今 あそこを優しく いじいじ いじいじ」
純粋なエロさで見るなら05が一番でしょうね。
彼女がクリトリスをいじるのに合わせてシコシコボイスの速度が変化します。
これまで一切出てこなかった熱っぽい吐息と艶めかしい喘ぎ声が股間にビンビン来ました。
序盤では不足がちだった要素をここで投入するあたりもよく考えられてます。

「もしこれでイけたら すごく気持ちいいんだよ」
それに対してハードさで優れてるのは06。
これまでで最も速いペースのシコシコボイスを流し、軽い休憩を挟むのを何度も繰り返します。
このへんまで来るとシコシコボイスである程度反応できるようになってるでしょうから
それに合わせておちんちんのあたりがムズムズ、ビクビクする可能性も十分にあります。

私が聴いた時もオナニーしてないのにそれに近い快感が襲ってきました。
ドライ未経験者は実際にしごけばそれに似た快感が味わえると思います。

07以降はベリーハードとヘルモード専用のプレイ。
「07.ノンストップ責め」は速度を多少落とした代わりに休憩を挟まない責めを繰り出し
「09.メインディッシュ」は挿し絵の左右に描かれてる双子が加わり両耳舐めで絶頂へと追い込みます。
「08.追加攻撃」はサークルさんがお楽しみとおっしゃられてるので伏せさせていただきます。
プレイ一覧にある「〇〇」はここで登場します。

「必死に我慢し続けて もうダメ 耳舐めが気持ちいい シコシコボイスが気持ちいい 私の声が気持ちいい」
09は絶頂シーンなだけあって最も濃いプレイが楽しめます(約17分)。
始まった直後から左右両方でちゅぱ音が鳴り、引き続きシコシコボイスも流しながら
少女がこれらを聴けば聴くほど快感が高まる暗示を入れます。

純粋なエロさがなかなかありますし、これまでずっと我慢し続けてきた状況も相まって
10カウント後の絶頂シーンは股間を中心に強烈な快感が湧いてきて気持ちよかったです。
またヘルモードの場合はそこからさらに連続絶頂へと発展します。

作品を聴いた感想ですが、シリーズを忠実に踏襲したエッチになってて熱中できました。
序盤は責めをソフトにする代わりに感度の上がる暗示を入れる
中盤は疑似プレイで純粋なエロさを提供しつつより激しいシコシコボイスを流す
終盤はこれまでになかったプレイを投入したりそれらを組み合わせて密度を上げる、といった具合に
各シーンで明確な役割分担をして最後に気持ちよく絶頂できるよう導きます。

ドライ目当てで聴くなら最初からヘルでも良さそうですけど
オナニーする場合はやはりハードから順番に進んだほうが達成しやすいと思います。
シコシコボイスのボリュームが非常に多いので結構きついです。
ドライ慣れしてる人ならおちんちんをいじらなくても満足できるのではないかなと。

このように、後になるほどハードなプレイが登場する意地悪なエッチが繰り広げられてます。
珍しい切り口の作品
同人音声のオナサポとは違う形でシコシコボイスを活用してる作品です。

少女は主人公に地獄のような苦しみと天国のような絶頂を味わわせようと
まずは催眠を通じて自分の声やこれから始まるエッチに集中できる心を養います。
そしてエッチは過去作と同じく短めの間隔でプレイを小まめに変えながらひたすら絶頂を我慢させます。

声と性格に大きなギャップのある少女がハードな調教を施すドM向けのシチュ
深呼吸や脱力で心身をリセットする癒し系の催眠
序盤、中盤、終盤に異なる役割を持たせて少しずつ絶頂感を高める緻密なエッチ。
シリーズが元々持ってる良いところをできるだけ損なわずに催眠を組み込んでます。

中でもエッチはシコシコボイスを流すのに明確なオナニーの指示を出さないという
ある意味オナサポの常識を覆すようなことをやってのけてます。
これについては賛否両論あると思うのですが、私は「聴き手の自由に任せた」と好意的に解釈してます。
催眠パートの脱力をそこまでがっつりやるわけでもないですし
エッチシーンで実際にオナニーすることもある程度想定してるのだと思います。

「お兄さんは 唾液の音と シコシコボイスに狂わされるだけ」
あとは耳舐め音やシコシコボイスを起点に快感をコントロールする
音モノっぽいアプローチがされてるのも独特です。
催眠は結構維持しやすいので、最初は単なる音と認識してても
聴き続けるうちに何かしらの反応が出る可能性は大いにあります。
そのへんを見越してエッチの時間を長く取ったのかもしれませんね。

ヘルモードの絶頂シーンは5回。
ちゅぱ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:沢野ぽぷらさん
総時間 ハード…1:12:20 ベリーハード…1:17:19 ヘル…1:30:53

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ