同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:黄金アイス

   ● 【バイノーラル】亀頭だけを激しく刺激!神に仕えるシスターと背徳的な謝罪オナニー
   ● 頭の中が真っ白に!?三種のエンディングを選べる静かな保育園でのオナニーレッスン
   ● ダメっそんなとこばっかり壊れちゃう‼敏感亀頭を集中攻撃快楽中毒者の為の最低で最高な亀頭オナニー体験


【バイノーラル】亀頭だけを激しく刺激!神に仕えるシスターと背徳的な謝罪オナニー

サークル「黄金アイス」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、神を心から敬愛してる慈悲深いシスターが
とある罪を犯した男性の心を変わった方法で浄化します。

亀頭への責めに特化したオナサポをするのが特徴で
潤滑油を垂らしてから蓋を開けたり閉める要領で敏感な部分に刺激を与え続けます。
おおらかな声でやや下品な淫語やちゅぱ音をぶつける彼女の責めもポイントです。

音声を聴く前にローションをご用意ください。
無しでも一応いけますが途中で痛くなる可能性があります。
シスターのちょっぴり痛いお仕置き
シスターに見られながら亀頭オナニーするお話。

「あら こんにちは あなたは確か 少し前から礼拝に参加されている 新しい入信者の方ですよね」
シスターは上品でおっとりした声の女性。
懺悔をさせてほしくて教会にやって来た主人公を温かく迎えると
その内容を確認してから更生するお手伝いをします。

本作品は彼女の体が目的で入信した彼を本当の信者へ変えるために
彼女がおよそ50分を使って懺悔形式の比較的ハードなオナサポをします。
罰を与えることを目的としたプレイのため開始直後から亀頭だけをいじり
その後もある程度の時間ごとに責め方を変えながら痛みを伴う快感を与え続けます。


オナサポの多様化に伴い亀頭オナニーを扱った作品も増えてますが
最初から最後までこれだけをやるものは極めてレアです。
大抵はシーンの前半や射精の直前に普通のオナニーを挟んできます。
シスターは唾液でもOKと言ってますけどローションを使ったほうが気持ちよくなれるし安全です。

「きゅっきゅっ きゅっきゅっ」
敏感な部位なのを考慮して序盤から中盤にかけては緩めのペースを設定し
瓶の蓋を開ける感じに手を回したり、逆に閉める動作を行って亀頭全体を幅広く刺激します。
そして終盤に入るとペースと速さの両方を上げて一気に射精へ追い込みます。
プレイ中は彼女が合図を出して細かくリードしますからやりやすく感じるでしょう。

シスターが相手だからこそできる要素を取り入れてるのも本作品の大きな特徴です。
イメージにぴったりのおおらかな声と態度で彼に語りかけ
これがいけないことだとしっかり思い知らせながらちょっぴり大胆なサービスをします。

「もっと もっとですよ もっとおちんぽに苦痛を与えるのです」
中でも淫語は「おちんぽ」などやや下品な表現を積極的に使ってギャップを出してます。
こちらを受け入れ励ます言葉を適度にかけてくれるおかげで雰囲気も意外と穏やか。
ひたすら痛めつけるのではなく、彼を良い方向へと導く愛のムチを与えます。

亀頭責めオンリーで他の部分も厳しくするとどうしても辛さが先行してしまいますから
こういう形でバランスを取るのは良いことだと思います。
射精シーンでは多少の背徳感も味わわせるなど、心への責めにも気を配ってプレイを組み立ててます。
弱点をいじめ抜く過酷なエッチ
エッチシーンは2パート36分30秒間。
プレイはおちんちんの鑑賞、亀頭オナニー、耳舐め(短時間)です。
エッチな効果音はありません。

「それでは あなたが犯した罪に対して 神の名のもとに 罰を与えます」
シスターに欲情することを懺悔しに来たのにすぐさま勃起した主人公に優しい言葉をかけると
早速おちんちんを潤滑油で湿らせてから最初の亀頭オナニーを指示します。

エッチは終始彼女に言われた通りに手を動かします。
前半の「敏感亀頭への戒め」は亀頭オナニーに慣れさせながら心身を盛り上げるパート(約21分30秒)。
片方の手でおちんちんの根本を押さえて包皮が被らないようにし
彼女の合図に従って軽く絞る感じにもう片方を動かします。

「あなたが自分に辛い刺激を強いれば強いるほど 神はあなたがちゃんと反省していると認めてくださいますので 頑張ってください」
彼女は彼が自分をオカズにオナニーしてることを認めても決して見捨てません。
普段通りの和やかな態度でこれが罪を洗い流す試練なのだと教えます。
淫語は結構言ってきますけど見下したり突き放すことはほとんどありません。
彼の悪いところも受け入れる姿にシスターらしさを感じました。

プレイについてはおちんちんを観察したり匂いを嗅いで軽く興奮させてから
亀頭を手で包み込んで左右にゆっくり絞る、逆手に握って責める指示を出します。
そして合間に左右の耳をちょっぴり舐めて心を突き崩します。

実際にやってみたところ始めた直後はちょっぴり痛かったです。
でも握り方や手の動かし方に慣れると快感のほうがずっと強くなりました。
特に逆手で握るシーンはカリを集中的にいじるので体がビクビクします。
合図に無理矢理合わせるよりも自分のペースでやったほうが気持ちよくなれるでしょうね。

続く「ごめんなさい連呼でどっぷり射精」は名前の通り射精シーン(約15分)。
順手でしごくスタンダードな亀頭オナニーへと戻す代わりに許可なく射精するのを禁じ
カウントを何度か数えて彼の気持ちが本当かどうかを確かめます。

「ごめんなさい ごめんなさいと 声に出して必死に許しを乞うのです」
ここでは「ごめんなさい」と口に出しながらオナニーするのが面白いですね。
悪いことをしてるんだと自分に言い聞かせることで射精時の背徳感を大きくします。
といっても射精時はぴゅっぴゅのセリフを多めに言ったり労りの言葉をかけてくれますから
無事やり遂げたことも含めてスッキリした気分で聴き終えられるでしょう。

このように、主人公になりきって楽しむ風変わりなエッチが繰り広げられてます。
痛気持ちいい作品
ストーリー、エッチいずれも十分な個性を持ってる作品です。

シスターは神への奉仕よりも性欲発散を優先してる主人公を改心させようと
彼の罪を見抜いたうえでそれを悔い改める意思があるか実際に試します。
そしてエッチの最中は亀頭だけをとことん責めて軽い痛みを伴う快感を与えます。

最初から最後まで亀頭だけを責め続ける尖ったエッチ
清楚な声でやや下品な言葉や音を投げかけるギャップを活かしたアプローチ
掛け声やカウントでオナニーをきめ細かくサポートする丁寧な作り。
ストーリーや目的に沿った形でオナサポする一歩進んだサービスが味わえます。

「これであなたも 自分の罪を償った 正式な信者になれましたね」
パートナーにあたる彼女の存在感が結構大きいのも印象的でした。
オナサポはプレイの内容が肝になるため、それをする女性にはあまり光が当たりません。
ですが本作品ではオナサポをするきっかけ作りやその方向性を定める重要な役割を果たします。
亀頭責めの厳しさを言葉や態度で和らげるのもシスターらしくて良いです。

エッチは亀頭責めをどう思うかで満足感が大きく変わります。
これを存分に楽しみたいならやはりローションは必須でしょう。
強めにしごいても痛みが走らないように塗り込んでおけば十分射精まで持っていけます。

射精シーンは1回。
淫語それなり、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

大胆だけどきちんと計算もされてる質の高い作品です。

CV:沢野ぽぷらさん
総時間 54:16

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
54分で300円とコスパが良いので+1してあります。

頭の中が真っ白に!?三種のエンディングを選べる静かな保育園でのオナニーレッスン

サークル「黄金アイス」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、優しくて甘やかし上手な保母さんが
夜になっても保育園から帰れずにいる少年とエッチなお遊戯をします。

柔らかい声と言葉でオナニーのやり方を手取り足取り教えながら
初めての体験に戸惑う彼の心もケアする甘さの強いオナサポが楽しめます。
それぞれで変わった責め方をする3種類のエンディングも魅力です。
2人だけで秘密の勉強
保母の「ななえ りこ」にオナニーを教えてもらうお話。

「ん? あら? あの子ったら どこに行ったのかしら?」
りこ先生は穏やかで色気のある声のお姉さん。
ある日の夜、主人公と2人きりで彼の母親が迎えに来るのを待ってると
呼び寄せてから優しく抱きしめて寂しい気持ちを和らげます。

本作品はまだ小さいのにおちんちんで気持ちよくなることを知ってる彼へ
彼女が60分近くに渡っておちんちんの慰め方や射精のやり方を親切丁寧に教えます。
相手が保母さんということでオナサポ自体はもちろん、心のケアもしっかり行う甘さの強い内容です。

「えっ? そうしてるとおちんちんが気持ちいいの? ダメよボクちゃん いくら気持ちよくても 女の人におちんちんを押しつけるのは よくないことなの」
赤ちゃん言葉は言わないものの彼のことを最初から「ボクちゃん」と呼び
女性の体を使って性欲解消するのはいけないことだよと事前に教えてから
どこをどのようにいじるかを説明したりシコシコボイスでペースや強さを指示します。

性教育っぽさを多少持たせてリードするのも2人のキャラに合わせたのでしょう。
大山チロルさんの声や口調が大変マッチしていて聴けば聴くほど満たされます。

もうひとつのポイントは3種類のエンディングがあること。
歌でリズムを取ってするオナニー、淫語を多めに言うオナニー、若干背徳的なオナニーと
それぞれで異なる方向性を持たせて射精を応援します。
オナサポ作品ですから彼女がフェラやSEXをすることはありません。

サークルさんはどれかひとつの選択を推奨されてるようですが
それだと1回あたりの視聴時間が35分程度と短いので、個人的には全部繋げて聴くのも有りだと思います。
後になるほど彼女が保母さんからメスの顔に変わっていくのがよくわかります。
優しく包み込んでくれるエッチ
エッチシーンは4パート48分間。
プレイはおちんちんを擦りつける、おちんちんの鑑賞、オナニー、皮剥き、キスです。
エッチな効果音はありません。

「ボクちゃんがおちんちん擦りつけるのをやめてくれたら もっと気持ちよくなれること 教えてあげる」
主人公が自分の体におちんちんを擦りつけてることに気づいたりこ先生は
優しい言葉でひとまずそれを止めさせ、代わりに自分で気持ちよくする方法を教えます。

エッチは年上の彼女が終始リードします。
一番最初の「共通部分」はエッチの開始から射精の直前までを描いたメインパート(約22分)。
服を脱いで彼女におちんちんを見られるところから始まり
皮オナニーや亀頭オナニーを少しずつペースを上げながらじっくり行います。

「ボクちゃんは男の子だから おちんちんさが言うことをきいてくれない時があるのは仕方ないけど そんな時はオナニーをやって わるーい気持ちをぴゅっぴゅって お外に吐き出してあげるんだよ」
彼女は彼が自分の体で気持ちよくなってたことに対して特に怒っておらず
それがなぜ悪いか、どうしてそういう気分になるのかを柔らかい表現でひとつずつ説明します。
エッチな気分になるのは仕方ないから、それを正しい方法で解消させようという考えです。
オナニーを上手くできてたらきちんと褒めるなど、彼を甘やかす方向でプレイを進めます。

プレイについてはシコシコボイスを30秒くらい続けて言った後は
性教育に関することや彼をいたわる言葉をかけます。
しごく時間は結構長いですけどペースが全体的に遅いおかげできついと感じるほどではありません。
最後の瞬間に気持ちいい射精を迎えられるよう心身をバランスよく温めてくれます。

続く3パートは射精シーン。
オナニーを継続しつつ前パートの流れに沿ったものや脱線したプレイをします。

「じゃあ 先生がお歌を歌ってあげるから 今度はお歌に合わせて おちんちんさんシコシコしてみよっか」
前者にあたるのはエンディング1。
前半はシコシコボイスで、後半はとある童謡に合わせておちんちんをしごきます。
エロ要素が極端に少ないせいで勃起と興奮を維持しにくいところがあるものの
保母さんが少年にエッチの手ほどきをするシチュに合ったプレイなのも事実です。

「ボクちゃんを見てると 先生の母性本能がくすぐられちゃうみたい」
後者にあたるのはエンディング3。
彼の素直で可愛い姿に母性をくすぐられた彼女が大人のキスを伝授します。
シコシコボイスをあまり言わない代わりにちゅぱ音が多く
その質感も子供より大人相手に近いねっとりしたエロさの強いものです。
最後の射精シーンでぴゅっぴゅのセリフを言うなど3つの中で実用性が一番高いです。

このように、おねショタを強く意識したマイルドなオナサポが繰り広げられてます。
シチュ重視のオナサポ作品
女性の優しさや温かさを感じながら射精できるあまあまな作品です。

りこ先生は夜になっても母親に会えずにいる主人公の寂しい気持ちを和らげようと
自分から抱きつき優しい言葉をかけて甘やかします。
そして性欲が溜まってるのに気づいた後はオナニーのやり方をひとつずつ丁寧に教えます。

保母さんに見守られながらオナニーや射精をするシチュ
シコシコボイスを適度に言いながら性教育する彼女らしいリード
聴き手のニーズに配慮した3種類の射精パート。
オナサポの基本を押さえつつテーマが活きるようにエッチを組み立ててます。

「よしよーし ボクちゃんはいい子 ボクちゃんはいい子」
幼児プレイ要素を取り入れずに甘やかしてるのがすごくいいと思います。
そして普段が穏やかだからこそ、射精パートの一部で暴走する姿とのギャップが引き立ってます。
お話の流れを見ればエンディング1が最も相応しいのでしょうけど
エンディング2は淫語、3はちゅぱ音が充実していてこれらのほうが抜きやすいです。

射精シーンは3回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

大衆性や手軽さが魅力の作品です。

CV:大山チロルさん
総時間 59:12

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は7点。
59分で300円とコスパがいいので+1してあります。

ダメっそんなとこばっかり壊れちゃう‼敏感亀頭を集中攻撃快楽中毒者の為の最低で最高な亀頭オナニー体験

サークル「黄金アイス」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、上品でSっ気の強いお姉さんが
普通のオナニーでは満足できないドMに変わったオナニーをプレゼントします。

亀頭への責めに特化した刺激の強いオナニーが行われており
上下に擦る、手で全体を包み込み撫でる、手のひらで先端だけをぐりぐりするなど
適度な間隔でいじり方を変えながらきつめの言葉責めをぶつけて心身をバランスよく盛り上げます。

音声を聴く前にローションを用意しておくとより楽しめます。
(サークルさんは「あれば嬉しい」とおっしゃってますが私は必須と見ています)
動物になりきってハードなオナニーを
お姉さんの指示に従って亀頭オナニーするお話。

「はぁーい こんにちは 社会の最底辺に住んでるド変態なお兄さん」
お姉さんはややきつい口調で話す穏やかな声の女性。
自分1人じゃ満足に精処理もできない変態たちが集う指導室に来た主人公を迎えると
普通の人間には到底できないハードで変態的なオナニーを味わわせます。

本作品は普段よりも下等な生物になりきって情けないオナニーを楽しむことを目的に
彼女がおよそ40分に渡りハードでM性の強いオナサポをします。
サークルさんが「低価格高品質を目指します!」と宣言されてるだけあって
価格がたったの300円とコスパが良く気軽に聴くことができます。

もちろん内容のほうにも強いこだわりが窺えます。
オナニーは最初から最後までずっと亀頭だけをいじり続けます
どのシーンもやり方を事前に説明してからシコシコボイスを多めに言ってくれるのでやりやすいです。
竿よりもずっと敏感な場所ですからスムーズにやるにはやはりローションをしっかり使うのがいいでしょう。

「人間の尊厳を捨ててまで 私にオナ指示されるのがそんなに気持ちいいの? どうしようもないわねこの○は 変態 ド変態!」
最中の言葉責めもMな人を喜ばせることを意識したきつめのものを用意してます。
彼女がこちらを動物呼ばわりしながらエッチするので羞恥や屈辱感を覚えるのではないでしょうか。
普段は優しいけど要所で一気にSっ気を発揮する彼女の姿にもゾクゾクします。

亀頭に的を絞ったオナニーと動物に例えて見下す比較的ハードな言葉責め。
体と心をバランスよく責めてMを喜ばせるコンパクトで個性的な作品です。
刺激の強さを追求したエッチ
エッチシーンはほぼ全編にあたる2パート36分間。
プレイは動物の鳴き真似、亀頭オナニーです。
エッチな効果音はありません。

「人間よりも下等な生物 つまり 動物の名前をあなたに与えたいのだけれど あなたにはどの動物の名前が一番似合うかしら?」
これから行うプレイの概要を簡単に説明すると
お姉さんは早速主人公をどの動物に見立てるのがいいかテストします。

エッチは終始彼女に言われた通りに手を動かします。
前半パート(約10分)でするのは動物になりきる心の準備。
彼女が指定した動物の鳴き真似を実際に行い、自分が人間以下の存在に成り下がったことを心に刻みます。

「そのまま堕ちてしまいなさい あなたみたいな変態が 人間のフリをしている必要はないの」
おちんちんをいじることは一切ないので体の快感は特に得られませんが
作品のテーマである「動物的射精」を目指すためには必要不可欠な儀式です。
普段と別の存在になりきることで道徳心や世間体といったエッチに不要なものを捨て去ることも狙ったのだと思います。
鳴き真似を誰かに聴かれたら社会的に死ぬ可能性がありますからくれぐれもご注意ください。

最大の魅力である亀頭オナニーが始まるのは後半パートから(約26分)。
ローションを手に垂らし亀頭に塗りつけてから数種類のプレイを順に行います。

「ローションの量は500円玉くらいにして あまり多く取り過ぎちゃダメよ」
オナサポの中では比較的マイナーなプレイということで
使用するローションの量、指を何本使ってどんな風にいじるかを事前にきちんと説明し
開始直後は「シコシコ」「ぐちゃぐちゃ」などの掛け声を使ってペースや強さを細かく指示します。
あんまり激しくやったら痛みが走ることを考慮し1秒1コキ~1秒2コキあたりでしごくことが多いです。
竿オナニーよりも若干遅いですが、それでもきつい場合はもう少し落として様子を見るのがいいでしょう。

「こんな乱暴な刺激を与えても勃起するなんて さすがは変態さんね」
そして掛け声を1~2分言い続けた後はそのペースを維持させ
今度は作品の内容に合った言葉責めをぶつけて心のほうを盛り上げます。
パートの序盤は指示や掛け声に力を入れてるのでそこまできついことは言いません。
亀頭オナニーもまだぬるい方ですし、この特別なプレイに慣れさせることを意識して進めます。

責めがハードになるのは中盤以降。
手のひらで亀頭全体を包み込んで手首を回す、開いた手のひらを先端にくっつけてスライドさせるなど
スタンダードな亀頭オナニーよりも広く強い刺激が得られるプレイに移行します。

「あなたはチンポを気持ちよくするために生きている チンポ奴隷」
プレイが激しくなるのに合わせて彼女のSっ気も増すのがいいですね。
これまでに引き続き彼を動物扱いしながらチンポ奴隷呼ばわりし
語気もかなり強いものにして彼女に逆らえない雰囲気を作り上げます。

亀頭オナニーのペースはそれほど変わりませんが亀頭が熱かったりヒリヒリするかもしれません。
ローションでぬめりをよくしておけば最後のシーンで射精するのは十分可能です。

このようにおちんちんに強い刺激を、心に敗北感や屈辱感を与えるM~ドM向けのプレイが繰り広げられてます。
尖ってる作品
オナサポの中でもかなりハードな路線を突き進んでる作品です。

お姉さんは普通のオナニーではもう満足できない主人公に新しい快感を教えようと
竿をしごくことを完全に禁止し、敏感な亀頭だけを徹底的にいじらせます。
そして同時に彼を動物扱いしたりきつめに見下す言葉責めもぶつけます。

指や手だけを使って亀頭を色々いじるタイトル通りのプレイ
体への刺激に負けないパワーを持った心への責め。
エッチを構成する各要素の刺激をできるだけ強くして興奮と射精感を高めます。

そしてこれらを下から支えるオナサポも十分な品質を持ってます。
シコシコボイスと言葉責めのバランスが取れてるおかげで動物扱いされてる気分に浸れますし
快感が単調にならないようある程度の時間で区切って責め方を変えてます。
ひたすら激しく責めるだけだと単なる拷問になってしまいますからこの部分は重要です。

ただ言葉責めが動物を強く意識してるのに対し、オナニーは人間がするのと何ら変わりない点だけは引っかかりました。
プレイの途中に四つん這いでオナニーするシーンがあれば多少は違ったかもしれません。
あるいは難度が高いですけどそのまま亀頭だけを床に擦りつけるとか。
オナニーにもテーマの「動物的射精」をある程度反映させたほうが統一感が上がったと思います。

射精シーンは1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上のことから今回はこちらの点数とさせていただきました。
寸止めをしないハードなオナサポが好きな人には特におすすめします。

CV:分倍河原シホさん
総時間 40:54

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は7点。
41分で300円とコスパがいいので+1してあります。

↑このページのトップヘ