夢の中へ~癒しの耳かき~

サークル「甘耳-kanmi-」さんの同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介するサークルさんの処女作は、夢の中に住んでるほっこりした女の子が
うまく寝つけない主人公にコンパクトなサービスをして安眠できる環境を整えます。

耳かきはセリフをほとんど交えず器具ごとに異なる音をゆっくり鳴らし
その後の添い寝は冷えた心を温める言葉をたくさん投げかける、といったように
サービスによって主役を大きく切り替えて別方向から癒します。
夢の中で安らかな眠りを
女の子にあれこれ癒してもらうお話。

「こんばんは 聞こえますか?」
女の子は素朴で穏やかな声の女の子。
主人公の夢の中にある癒しの空間に現れて彼に声をかけると
ここがどこかや自分が何者かを話してから安眠のお手伝いをします。

本作品は仕事や勉強などからくる不安やストレスで眠りが浅くなってる人向けに
彼女がおよそ30分(おまけも合わせると50分)に渡ってそれに適したサービスをします。
耳かき、添い寝しながらのお話、羊を数える、寝息など家庭寄りのものが多く
彼女のぽかぽかした声や口調も相まって落ち着ける雰囲気が終始漂ってます。

作品全体を通じて言える大きな特徴はメリハリをつけてお世話すること。
耳かきは使用する器具やお世話のやり方を言う以外はほぼ話さずに音だけを鳴らし
それが終わった後に行う添い寝は逆に色んなことを話して彼女と一緒にいる気分を出します。

聴いた限りでは声、効果音いずれもバイノーラル録音ではないので
臨場感の面では大手サークルさんに届かないものの
器具の動かし方や力加減はしっかりしており安心して聴くことができます。
まだ始まったばかりのサークルさんですし今後より活躍しそうな可能性を十分に秘めてます。

軽いやり取りの後から始まるメインのサービスは耳かき(約18分)。
膝枕の状態で左耳→右耳の順に耳マッサージ、綿棒での耳かき、手ぬぐいを使った耳拭きと続きます。
耳に息を吹きかけるシーンはありません。

耳マッサージは「さすさす」と滑らかな摩擦音、綿棒は「じりっ ぷしゅっ」と柔らかく若干パチパチした音
耳拭きは綿棒よりも面積が広く湿り気を帯びた音、と内容に応じて効果音の質感や動きが大きく変化します。

「だんだんだんだん 上に 上に ゆっくりとマッサージしていきますね」
綿棒と耳拭きは耳の中と外の両方を綺麗にするのですが
その際に同じ器具でも音の聞こえ方がきちんと変わるので違いを楽しみやすいです。
女の子も必要最低限のことだけ話してあとは黙々と手を動かします。
実際に聴いてみるとすごく静かなひと時に感じるでしょう。

本編で登場するもうひとつのサービスは添い寝(約9分)。
耳かきで耳と心の汚れを落とした彼を用意した布団に寝かせ
彼女は左手に寄り添って心温まる言葉を投げかけます。

「不思議ですね あなたといると とても心地が良い あとどこか懐かしさも感じます」
「よしよし よしよし よしよし」

「素敵」「愛してる」といった好意を伝える言葉に加えて、彼女自身も彼といることに安心感した表情を見せます。
パート中盤に入ると赤ちゃんをあやすように「よしよし」を多く言うようになりますし
ここで寝かせるというよりはこの後ぐっすり眠れるようにお世話します。

このように、頭を空っぽにしながら聴ける落ち着いたサービスが繰り広げられてます。
シンプルで温かい作品
実家で寛いでるような雰囲気が漂ってる作品です。

主人公の夢の中で彼のことをずっと見守ってきた女の子が
何らかの事情で眠れずにいるのを改善しようと体を密着させながらあれこれお世話します。

無駄な演出をせず彼女と二人きりで過ごす様子をありのまま音声化した素朴な作り
耳かきは音フェチ、添い寝は会話と癒しのポイントを大きく切り替える流れ。
有料作品だからといって飾ることなくすべてをストレートに表現します。

本編だけだと癒しと安眠が半々くらいなのですが、おまけも合わせると後者の色がずっと濃くなります。
通しで聴かなくてもそれほど問題ない作りになってますし
寝る前に好きなパートをちょろっと聴くだけでも眠りやすくなると思います。
非エロ、エロいずれも長時間化の傾向にある今の状況を考えれば手軽さは大きな武器と言えます。

処女作として見る分には十分な癒しのパワーを持ってる作品です。
おまけは「羊を数えます」「背中をとんとん、寝息」です。

CV:青葉ゆめさん
総時間 51:03(本編…30:05 おまけ…20:58)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は7点。
51分で300円とコスパが良いので+1してあります。