同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:青葉ゆめ

   ● 甘い私を味わって?【舐め音詰め合わせ】
   ● お姉ちゃん先生の甘々ごほうび
   ● 夢の中へ~癒しの耳かき~


甘い私を味わって?【舐め音詰め合わせ】

サークル「甘耳-kanmi-」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、チョコレートの妖精を名乗るあまあまな女の子が
男性の色んなところにご奉仕して幸せなひと時を過ごします。

「舐め音詰め合わせ」の名の通りちゅぱ音に特化したエッチをするのが特徴で
チョコの口移し、ディープキス、耳舐めなどシーンによってプレイを変えながら
彼女の清純なキャラに合った適度なエロさの音を時間いっぱい鳴らします。
甘い女の子のエッチなプレゼント
いちごとビターに体を舐められまくるお話。

「よいしょっと …あれ 寝てるのかな?」
いちごは明るくて穏やかな声の女の子。
寝ている主人公の部屋に突然現れ声をかけると
両耳を軽く舐めたりチョコレートを口移しで食べさせて起こします。

本作品は何らかの事情で彼を知り好きになったチョコレートの妖精が
およそ37分に渡って色んな性感帯を舐めたり吸ったりします。
彼女が人間の姿になり彼へ好意を寄せるまでの経緯はすべて省略し
音声開始から30秒後には早速耳を舐め始めるサービス重視の作りです。

最大の特徴は何と言ってもちゅぱ音。
エッチシーンのほぼ全部をキス、耳舐め、フェラといったお口を使ったプレイに割き
状況に応じて舐め方を変えながら一心不乱に鳴らし続けて興奮を煽ります。

舐めてる最中はセリフの量が一気に減るので音だけを楽しみやすく
バイノーラル録音ならではのリアルな質感も相まって十分なエロさも持ってます。

キスが11分、耳舐めは9分と愛情表現の時間をより長く取ってるのがいいですね。
チョコレートの妖精らしいあまあまなサービスで好きな人を幸せにします。
(おまけも合わせるとキスは16分、耳舐めは14分まで延びます)

それに対しおちんちんへの責めはフェラが5分程度と控えめです。
射精の直前にオナニーの指示も出ますが効果音は鳴りません。
ストレートに責めるよりもちゅぱ音をたっぷり聴かせて抜かせることを意識してます。
愛を感じる初々しいエッチ
エッチシーンはほぼ全編にあたる2パート36分30秒間。
プレイは耳舐め、チョコの口移し、キス、いちごへの体舐め、乳首舐め、ダブル耳舐め、いちごのフェラ、オナニーです。
エッチな効果音はありません。

「いちごからのお願いです あと少しだけ味わってもらえませんか?」
キスや耳舐めをされてすぐさま起きた主人公に軽く自己紹介すると
いちごはそのまま特性のチョコレートを口移しで食べさせてあげます。

エッチは女性たちが終始責め続けます。
最初の「いちごといちゃらぶ」は彼女と一対一で愛し合うパート(約24分)。
ライトな耳舐めから入り、口移しによるキス、舌を絡めるディープキス、さっきよりも踏み込んだ耳舐めと
唇と耳をメインターゲットに据えてそれぞれに合ったちゅぱ音を鳴らします。

「いちごは 早く君に舐めてほしくて うずうずしてるんですよ」
彼女は男性とのエッチをあまり経験してないようで
清純なキャラに相応しいゆったりした比較的上品な舐めっぷりを披露します。
しかし彼に対する想いは強く、突然の展開に戸惑う様子を見て積極的におねだりします。
初々しい女性が相手の気を引こうと頑張る姿が愛らしく、後になるほど熱を帯びる吐息にも自然なエロさを感じます。

どちらかと言うと耳舐めよりもキスのほうが印象的でした。
舌をがっつり絡め合ったり唇を優しく吸う様子が音でリアルに表現されてます。

耳舐めが映えてるのは次の「いちごとビターどっちがいいの?」パート(約12分30秒)。
濃厚なキスを終えて休憩してる主人公の部屋に突然現れたビターが
いちごよりも積極的な責めを繰り出して彼の心を自分に引き寄せようとします。
これといった説明はされてませんがたぶんビター味のチョコレートが擬人化した存在なのでしょう。

ビター「早くおちんぽ触ってくださいって 体は正直ね」
彼女はいちごよりもずっと大人っぽくエッチに慣れてる女性。
耳を舐め始めた直後に戻ってきたいちごに文句を言われてもまったく気にせず
むしろ嫉妬心を軽く煽ってそのままダブル耳舐めへ持っていきます。
そしていちごがこれまで言わなかった淫語をぶつけて彼の興奮も誘います。

「君の汚いおちんぽで いちごの綺麗なお口 汚れちゃったね」
でも彼女が本気でいちごから彼を奪おうとしてるとは思えません。
その証拠に耳舐めの途中で主人公にフェラのおねだりをさせ
それを受けたいちごがおちんちんを舐め始めても一切邪魔せず耳や乳首を舐め続けます。
彼女の口をおちんちんで汚してることを意識させるのも射精しやすくするためです。

私にはエッチに不慣れな2人がくっつくサポートをしてるように映りました。
ごく一部で「変態」と言うシーンがあるものの囁き声なのでS性は極めて低いです。
あまあまな雰囲気を壊さない形でアクセントを与え、さらにエッチの密度を高めてます。
時間は3分30秒程度と短いですがダブル耳舐めはやはり強烈です。

このように、変化をつけながらちゅぱ音をできるだけ多く鳴らす尖ったエッチが繰り広げられてます。
ちゅぱ音まみれの作品
女の子たちとイチャイチャする様子を主にちゅぱ音で表現してる甘い作品です。

いちごは大好きな主人公と幸せな時間を過ごそうと
余計な前置きは挟まずお口を使ったご奉仕をしながら自分の想いを伝えます。
そしてライバルが登場した後は最初よりも大胆なプレイをします。

どこを聴いてもちゅぱ音と言っていいくらいに特化した作り
チョコレートの妖精らしい甘さを持たせた責めと会話
1人→2人とパートごとにスタイルを変え密度やエロさも上げていく展開。
作品が持つ長所をふんだんに使いつつマンネリ感が出ないよう工夫したサービスが楽しめます。

「ちょっと苦いけど ちゃんといちごが綺麗にするね」
時間に対する量が多いのでちゅぱ音が最大の魅力なのは間違いありませんが
第2パートのいちごの積極的な姿を見るとキャラもある程度立ってると言えます。
「主人公をビターに取られたくない」という気持ちが言葉とプレイの両方から伝わってきました。
そしてそのことを理解してるからこそビターもやり過ぎない程度に2人を挑発します。

射精シーンは1回。
ちゅぱ音多め、淫語ごく僅か、喘ぎ声はありません。

季節感を持たせた純愛系のちゅぱ音作品です。
おまけはディープキス、耳舐め、フリートークです。

CV:青葉ゆめさん
総時間 51:51(本編…37:57 おまけ…13:54)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
52分で400円とコスパがいいので+1してあります。

2018年2月28日まで30%OFFの280円で販売されてます。

お姉ちゃん先生の甘々ごほうび

サークル「甘耳-kanmi-」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、幼馴染で今は家庭教師を務めてる近所のお姉ちゃんが
大好きな主人公にエッチな事も含めた色んなご褒美をあげます。

彼女のあまあまなキャラを活かして癒したり興奮させるのが特徴で
非エロパートはハグや膝枕をしながら心温まる言葉を投げかけ
エッチに入ると耳舐め+手コキ、指舐め+パイズリなど複数の音を同時に鳴らします。
彼女が彼を強く求めてるのがわかるようにお世話するので後になるほど心がぽかぽかしてきます。
あなたと少しでも一緒にいたくて
幼馴染のお姉ちゃんがたっぷり甘やかすお話。

「ん…どうしたの? 顔色悪いよ?」
お姉ちゃんは穏やかで落ち着いた声の女性。
元気のない主人公に理由を尋ねると、教えてくれない彼をぎゅっと抱きしめて優しい言葉をかけます。

本作品は子供の頃はよく遊んでたけど今は一緒にいる時間が少なくなってる男女が
彼の両親が旅行に出かけたのをきっかけに昔の関係を取り戻し
さらに色んなサービスを通じて恋人同士になっていく様子が描かれてます。
非エロが22分、エロは33分と後者のほうがやや充実してますが
プレイ中に彼のことを甘やかす言葉や仕草がたくさん入っており癒しのパワーも結構強いです。

「大丈夫 あなたの気が済むまで 私に今のあなたの気持ちをぶつけるの」
最大の魅力は彼女のキャラ。
音声開始1分後には彼を早速抱きしめ、そのまま優しい言葉をかけて心のほうも潤します。
それ以降のパートも二人が体を密着させるシーンが多く
バイノーラル録音を活かした的確な位置取りのおかげで彼女の温もりを感じやすいです。
年上のイメージにピッタリな包容力のある女性です。

しかし女性が一方的に甘やかす一般的な年上モノとは違い
彼女の場合は彼に甘えてくれるよう求めたり、逆に自分の体をいじらせるなど
彼女自身も癒やされる、満たされることを目指したご奉仕を行います。

「だって幸せだから 私の手で 口でこんなにあなたが喜んでるの 嬉しいな」
彼の疲れやストレスを取るために色んなご褒美をあげてるはずが
むしろ彼よりも彼女のほうが喜んでるように映ります。
興奮したら息が熱っぽくなり、責められたら素直に乱れるところも初々しくて可愛いです。
彼女の内面や弱さも描きながら進めるので一体感をより得やすくなってます。

最初の3パート22分間は非エロのご褒美。
「癒しのごほうび1」はハグ、2は膝枕、3はマッサージ&耳かきと内容を切り替え
その合間合間に思いやりのこもった言葉も投げかけて内と外の両方から癒します。

「じゃあまずは ぎゅーっ このまま ぎゅーってされてて?」
「いい子いい子 よしよし よしよし」

彼女と体を重ねる際に微かな布擦れの音がするのがいいですね。
ハグしてる時だけ耳や頭のあたりに軽い圧迫感もあってリアルです。
気落ちしてる彼を慰めようと母親に近い態度で接するところも彼女のキャラに合ってます。
音、言葉、雰囲気といった色んな要素を組み合わせて二人きりの空間を作り上げてます。

ちなみに「癒しのごほうび3」でやるマッサージや耳かきは非常に簡素なものです。
前者は左右の肩を手のひらで優しく擦り、後者は左右合わせて3分程度をかけて軽くお手入れします。
耳かきの音質は良かったのでもう少し長くやってほしかったですね。
スキンシップや会話に力を入れて二人の仲の良さを表現してます。
お互いに与え合うラブラブなエッチ
エッチシーンは33分30秒間。
プレイは手コキ、耳舐め、乳揉み、乳首舐め、お掃除フェラ、パイズリ、指舐め、キス、SEX(騎乗位)です。
手コキ、パイズリ、射精の際に効果音が鳴ります。

「このご褒美のことは 二人だけの秘密だよ? 誰にもしゃべっちゃダメだからね」
主人公の母親に頼まれて様子を見に来たお姉ちゃんは
マッサージしようとしたところで彼が興奮してることに気づきエッチなご褒美を持ちかけます。

エッチは彼女がリードしつつ時折彼にも責めさせます。
最初の3パート23分間は彼女のキャラをストレートに反映させたプレイ。
囁きながらの手コキ、耳舐め手コキ、お掃除フェラ&パイズリと後になるほど踏み込んだものへと変化し
それに合わせて彼女の態度やセリフがどんどん大胆になっていきます。

「ほら お姉ちゃんのおっぱい 舐めてくれる? 赤ちゃんに戻った気持ちで いっぱいちゅっちゅって吸ってもいいんだよ」
「すごい すごいよ おちんちんすごいギンギンになってる」

エッチに入っても彼女の甘さや優しさは留まるところを知りません。
自分から積極的に体を密着させておちんちんの様子を嬉しそうに観察し
しばらく経つと大きなおっぱいを彼に差し出して好きにいじらせてあげます。

彼女だけが責め続けるスタイルとは違うので熱っぽい吐息の割合が意外と多く
カウパーが出てきたあたりから「ちゅぴっ」という細めの手コキ音も加わって結構エロいです。
言葉責めにあたるセリフは一切なく満たされた気分で射精できるでしょう。
彼女と一緒にエッチしてる雰囲気作りを大事にしながらご奉仕します。

本作品のエッチをエロいと感じるもうひとつの理由は複数の音を組み合わせてるから。
耳舐め手コキは当然ちゅぱ音と効果音が同時に鳴りますし
その次のお掃除フェラ&パイズリも最初はフェラ、次はパイズリ+彼への指舐めと重ねることを意識してます。
それぞれの音もねっとりしたやや激しいものばかりで彼女とのギャップを感じます。

唯一違った方向性を持ってるのは最後の「酔った彼女はちょっといじわる」パート(約10分30秒)。
先ほどのエッチを通じてようやく彼と恋人同士になった彼女が
後日彼を呼び出し普段よりもやや意地悪なご褒美をあげます。

「ねぇ エッチしようよ いいから ほら パンツ脱ぎなさいよ」
「欲しかったの これが欲しかったの 何これ 気持ちよすぎ…あっ」

ややハイテンションな口調で命令を出したり、乳首やおちんちんを最初からパワフルに責めるなど
お酒を飲んでる状況を踏まえてちょっぴり乱暴な態度で取り組みます。
しかしパート終盤から始まるSEXシーンでは打って変わって可愛らしい姿を見せてくれます。

愛情表現の手段としてこういうプレイをやるだけですからM性はほとんどありません。
SEX中の仕草やセリフにむしろ心温まるものを感じるのではないでしょうか。
自分の気持ちを伝えるのがそれほど上手でないところも彼女の魅力だと思います。

このように、年上モノの要所を押さえつつ多少の捻りも加えた温かいエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視の作品
お姉ちゃんが持つ優しさや初々しさを全面に押し出した愛に溢れる作品です。

小さい頃は一緒に遊んでたのに今は先生と生徒の関係になってしまった男女が
頑張ってる主人公にご褒美をあげながら少しずつ恋人同士へと近づいてきます。

最初から最後までほぼずっとあまあまな彼女のキャラ、密着感を味わいやすい温かなサービス
そしてリアルでエッチな声や音をできるだけ重ねる実用性を意識した作り。
彼女の魅力を中心に据え、その中に多少のイレギュラー要素を盛り込んで癒しと興奮を与えます。

「ねぇ お姉ちゃんのこと好き? 好き? 私も 私も好き 好き 好きぃ」
彼女はおそらく彼と疎遠になって寂しい思いをしてたのでしょう。
今回ご褒美をあげるのも結局は彼とできるだけ長く一緒にいたいからです。
エッチシーンで年上や家庭教師といった有利な立場を捨て、できるだけ対等に接するのも
自分を保護者ではなく一人の女性として見てほしかったのだと思います。
そしてこういった背景があるからこそ山場のがっつき具合や乱れっぷりが一層引き立ってます。

私も最初は年上のイメージにぴったりな母性の強い女性だなぁという印象だけを抱いてました。
しかし彼女のセリフや仕草にある種の見返りを求めてるのが感じられて
終盤に差し掛かる頃にはそこに「不器用で可愛い」が加わってました。
甘やかしながら自分の魅力をアピールする感じなので押しつけがましさは特にありません。
せっかく掴んだチャンスをなんとかモノにしようと頑張る姿が微笑ましいです。

エッチは前作「夢の中へ~癒しの耳かき~」が全年齢向けだったことから
そこまで激しいことはしてこないだろうと予想してました。
しかし実際は音の質感や鳴らし方に工夫がされていて実用性は比較的高いです。
最後の意地悪するパートも中盤までと終盤に大きなギャップを持たせて初SEXをドラマチックに演出してます。

射精シーンは4回。
くちゅ音とちゅぱ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

癒しとエロのバランスが取れてる充実した作品です。

CV:青葉ゆめさん
総時間 1:07:02

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
67分で500円とコスパがいいので+1してあります。

夢の中へ~癒しの耳かき~

サークル「甘耳-kanmi-」さんの同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介するサークルさんの処女作は、夢の中に住んでるほっこりした女の子が
うまく寝つけない主人公にコンパクトなサービスをして安眠できる環境を整えます。

耳かきはセリフをほとんど交えず器具ごとに異なる音をゆっくり鳴らし
その後の添い寝は冷えた心を温める言葉をたくさん投げかける、といったように
サービスによって主役を大きく切り替えて別方向から癒します。
夢の中で安らかな眠りを
女の子にあれこれ癒してもらうお話。

「こんばんは 聞こえますか?」
女の子は素朴で穏やかな声の女の子。
主人公の夢の中にある癒しの空間に現れて彼に声をかけると
ここがどこかや自分が何者かを話してから安眠のお手伝いをします。

本作品は仕事や勉強などからくる不安やストレスで眠りが浅くなってる人向けに
彼女がおよそ30分(おまけも合わせると50分)に渡ってそれに適したサービスをします。
耳かき、添い寝しながらのお話、羊を数える、寝息など家庭寄りのものが多く
彼女のぽかぽかした声や口調も相まって落ち着ける雰囲気が終始漂ってます。

作品全体を通じて言える大きな特徴はメリハリをつけてお世話すること。
耳かきは使用する器具やお世話のやり方を言う以外はほぼ話さずに音だけを鳴らし
それが終わった後に行う添い寝は逆に色んなことを話して彼女と一緒にいる気分を出します。

聴いた限りでは声、効果音いずれもバイノーラル録音ではないので
臨場感の面では大手サークルさんに届かないものの
器具の動かし方や力加減はしっかりしており安心して聴くことができます。
まだ始まったばかりのサークルさんですし今後より活躍しそうな可能性を十分に秘めてます。

軽いやり取りの後から始まるメインのサービスは耳かき(約18分)。
膝枕の状態で左耳→右耳の順に耳マッサージ、綿棒での耳かき、手ぬぐいを使った耳拭きと続きます。
耳に息を吹きかけるシーンはありません。

耳マッサージは「さすさす」と滑らかな摩擦音、綿棒は「じりっ ぷしゅっ」と柔らかく若干パチパチした音
耳拭きは綿棒よりも面積が広く湿り気を帯びた音、と内容に応じて効果音の質感や動きが大きく変化します。

「だんだんだんだん 上に 上に ゆっくりとマッサージしていきますね」
綿棒と耳拭きは耳の中と外の両方を綺麗にするのですが
その際に同じ器具でも音の聞こえ方がきちんと変わるので違いを楽しみやすいです。
女の子も必要最低限のことだけ話してあとは黙々と手を動かします。
実際に聴いてみるとすごく静かなひと時に感じるでしょう。

本編で登場するもうひとつのサービスは添い寝(約9分)。
耳かきで耳と心の汚れを落とした彼を用意した布団に寝かせ
彼女は左手に寄り添って心温まる言葉を投げかけます。

「不思議ですね あなたといると とても心地が良い あとどこか懐かしさも感じます」
「よしよし よしよし よしよし」

「素敵」「愛してる」といった好意を伝える言葉に加えて、彼女自身も彼といることに安心感した表情を見せます。
パート中盤に入ると赤ちゃんをあやすように「よしよし」を多く言うようになりますし
ここで寝かせるというよりはこの後ぐっすり眠れるようにお世話します。

このように、頭を空っぽにしながら聴ける落ち着いたサービスが繰り広げられてます。
シンプルで温かい作品
実家で寛いでるような雰囲気が漂ってる作品です。

主人公の夢の中で彼のことをずっと見守ってきた女の子が
何らかの事情で眠れずにいるのを改善しようと体を密着させながらあれこれお世話します。

無駄な演出をせず彼女と二人きりで過ごす様子をありのまま音声化した素朴な作り
耳かきは音フェチ、添い寝は会話と癒しのポイントを大きく切り替える流れ。
有料作品だからといって飾ることなくすべてをストレートに表現します。

本編だけだと癒しと安眠が半々くらいなのですが、おまけも合わせると後者の色がずっと濃くなります。
通しで聴かなくてもそれほど問題ない作りになってますし
寝る前に好きなパートをちょろっと聴くだけでも眠りやすくなると思います。
非エロ、エロいずれも長時間化の傾向にある今の状況を考えれば手軽さは大きな武器と言えます。

処女作として見る分には十分な癒しのパワーを持ってる作品です。
おまけは「羊を数えます」「背中をとんとん、寝息」です。

CV:青葉ゆめさん
総時間 51:03(本編…30:05 おまけ…20:58)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は7点。
51分で300円とコスパが良いので+1してあります。

↑このページのトップヘ