同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:露出

   ● 男の娘の変態露出女装催眠
   ● チクニー中毒者のつくりかた‐白と黒の悪戯日記‐
   ● 女体化催眠:ドスケベビッチなオタサーの姫 オナニー配信と愛憎のレズ化調教
   ● マゾ犬モデルの羞恥絶頂グラビア撮影会
   ● ドスケベ生徒会長のチ〇ポレッスン~セックスは躾のあとでネ♪
   ● 乳首開発をしていたはずが、変態乳首オナニーを晒していた件
   ● 俺を手コキした手で俺の描いた本を売るのか
   ● ビッチ姫の耳舐め魔法!?【バイノーラル/ハイレゾ】
   ● 露出狂のためのマーキング責め調教
   ● ヒトイヌ催眠 ヒトイヌペットとして躾けられる催眠音声




サークル「国屋敷」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、声も態度も穏やかなお姉さんが
催眠を交えたアブノーマルなエッチで主人公の願いを叶えます。

他人に女装姿を見られる快感や見せつける快感に力を入れたエッチが行われており
催眠パートは深化させてから化粧や女装する様子を聴き手視点で丁寧に実況し
その後は街中に出て多くの視線に晒されたり公開オナニーして気持ちいい絶頂を迎えます。
女の子になりきって街に出よう
お姉さんに催眠をかけられ街中を歩いたりオナニーするお話。

「お邪魔するね あなたの願望 叶えに来てあげたよ」
お姉さんは明るくて穏やかな声の女性。
音声を聴く際の注意事項や環境を簡単に説明すると
催眠を使って主人公がやりたがってる女装を叶えます。

本作品は普段と違う自分になりきって変態プレイを楽しむことを目的に
彼女がおよそ100分かけて催眠誘導や独特なエッチをします。
彼のリクエストに合わせて前半の催眠パートは女の子気分を膨らませることに注力し
後半のエッチはそれを活かしたアプローチで2種類の絶頂を味わわせます。

「ショートパンツに 足を通す きゅっと股間を包み込む感覚に ズキンとおちんちんが疼く」
催眠音声では女体化がすっかり定着してますが、作中で彼の体を女性に変える描写は一切ありません。
男の体のまま化粧をし、ウィッグを着け、女の子の服を身に着けて街へ出ます。
女装シーンに30分くらい時間を割いてますから内容は非常に丁寧です。
単に見た目を変えるだけでなく、そのことに喜びを感じるようにリードしてくれます。

エッチは見られる快感や見せつける快感といった露出プレイに特化してます。
終盤で軽くオナニーするシーンがありますけど、それ以外は通常のプレイを一切やりません。
誰かに女装だとバレるかもしれないスリルを与えて心を上手に盛り上げてくれます。
シチュで興奮させるタイプですから属性が合う人なら強烈な快感が得られるでしょう。

催眠状態を深めてからじっくり時間をかけて女装する催眠と視線でイかせるエッチ。
国屋敷さんが得意とされてる変態要素を多く盛り込んだM向けの作品です。
扉に例えて心を開閉する催眠
催眠は2パート47分間。
仰向けに横になって目を瞑り、まずは深呼吸や体の脱力で催眠に入りやすい状況を作ります。

「すーっと 肩が軽くなる 十分ほぐれてたと思ってたのに さっきよりもずーっと軽い 軽くて気持ちいい」
最初の「3 導入(約16分)」パートは催眠をかけることに専念してるので女装はまだ出てきません。
深呼吸は「吸ってー 吐いてー」の合図を小まめに出してリズムを取り
脱力も肩、腕、足、頭など全身を主要なパーツに分けてそれぞれに軽さと重さを伝えてました。
頭以外は軽さで頭だけは「沈む」を多めに言う深化を見据えたアプローチです。

シナリオ担当が普段の国屋敷さんとは別の方のようですけど
多少暗示が少ないことを除けば手堅く組み立てられてます。
セリフを区切りながら穏やかに語る紅月ことねさんの演技も相まってリラックスしやすいです。

本作品固有の要素が出てくるのは導入パートの終盤から。
心の中にあるドアをイメージし、それを閉じて催眠状態をさらに深めます。
ちなみにドアが登場するシーンでは毎回開けたり閉じる音が鳴ります。

「ドアが閉まる 鍵がかかる あなたの思考のドア もう開かないね だから何も考えられない」
「思考が止まる」とストレートに言われてもイマイチわかりにくいですから
こうやって別のものに例えて直感的に聴き手へ伝えます。
この扉のイメージは今後のシーンでも何度か出てくるので
繰り返していくうちにどういうものか徐々に掴めると思います。

次の「4 深化(約31分)」はいよいよ本題の女装に取り掛かります。
場所を自分の部屋から電車の中へ移し、彼女に化粧してもらったり
降りた駅のトイレで衣服を着替えて街に出る準備を整えます。

「抵抗のドアが閉まる 体から抵抗が薄れていく」
時間に余裕があるからでしょうけど、いきなり化粧を始めるのではなく
まずは女装に対する抵抗心を取り除くところから入ります。
お姉さんの言うことを素直に受け入れられる暗示を入れることもあれば
先ほどとは違うドアを用意し、それを閉じて感覚を変えることもありました。

そしてメイク開始後はその様子を細かく実況しながら
生まれ変わっていく自分に喜びを感じさせて気分を晴れやかにします。
化粧水を塗ってからアイシャドウを使い、リップライナーで見た目を整えるなど本格的な内容です。
パート終盤には着替える様子を主観的に表現して臨場感を出してますし
本作品の鍵になるシーンなだけあって前のパートよりも描写に力を入れてます。

催眠状態をある程度深めてから女装に移るテーマ性の強い催眠です。
聴き手の見た目を女の子に変えたうえでそれに幸せを感じさせることを目的に
導入パートは深呼吸、脱力、扉のイメージを交えた深化でスムーズに落とし
深化パートは心のケアもしながら化粧や女装する様子を丁寧に描きます。

深化パートでもう少し催眠を深める動作を加えたほうが安定するような気もしますが
全体の流れや各パートでやることはしっかりしてて作品の世界に浸りやすいです。
女装に力を入れてる点も女体化との差別化ができてて良いなと。
男性の自分を残したまま別の存在へと生まれ変わらせることに成功してます。
心と体をゾクゾクさせるエッチ
エッチシーンは33分間。
プレイは街中を歩く、ステージに上がる、カウントによる絶頂、公開オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
途中で服を脱ぐ指示が出ることはありません。

「普段は 服で隠れてる肌を 直接 お日様や風が撫でていくの 舐めていくの 気持ちいいね ゾクゾクしちゃう」
長めの催眠で主人公を女の子とほぼ同じ姿に変えたお姉さんは
一緒に街を歩きながら彼が味わってる感覚を語ってスリルと興奮を高めます。

エッチは彼女が語るイメージを聴いて絶頂を目指します。
最初の26分間は雰囲気作りをしながらドライオーガズムを迎えるシーン。
駅から出て街の商店街に向かい、そこで偶然やってたイベントのステージに上がって多くの視線に晒されます。

「1歩進むたび ブラジャーの内側で 乳首が擦れる 1歩進むたび パンツの中で おちんちんがビクビクする」
「羞恥心のドアを開く 心臓が大きく跳ねる かーっと全身が熱くなる 急に恥ずかしさがこみ上げる」

街中を歩くだけですから普通に考えれば全然エロくありません。
でも自分が女装してることや、それを不特定多数の人に見られてる状況を使ってドキドキさせます。
さらに別のドアが登場したりと、本作品が持つ様々な特徴を総動員して心を責めてくれます。

このシーンは体に触れる指示が一切出ませんから
絶頂する時は股間よりも脳に強い快感が湧いてくるでしょう。
羞恥やゾクゾク感といった弱めの刺激を積み重ねて追い込んでくれます。
催眠の段階からイメージ主体の誘導だったのもこれを成功させるためだと私は見ています。

残りの7分間は実際にやったら確実に捕まるプレイ。
ステージに上がったままおちんちんを取り出しオナニーもして背徳的な射精を味わいます。

内容は長めのカウントを数えてる間自由にしごき続けて0で出すシンプルなものですが
ここまで作り上げてきた状況と公開オナニーによって予想以上に興奮できました。
やってはいけないことをした時の快感はやはり強烈です。
精液を観客にぶちまける展開も含めてドライの時よりも各要素の刺激が強化されてます。

このように、露出の強みを活かしながら2種類の絶頂を味わわせる変態プレイが繰り広げられてます。
シチュ重視の作品
現実世界ではできないことを仮想体験させてくれるアブノーマルな作品です。

お姉さんは主人公の女装願望を無理のない形で叶えようと
まずは催眠を通じて別世界へ案内し、そこで女装して街を歩いても大丈夫な状況を作ります。
そしてエッチは見られる快感や見せつける快感を小まめに刺激し
さらに最後は公開オナニーまでさせて心と体をスッキリさせます。

穏やかなお姉さんが女装趣味の男性に刺激的なプレイを提供するM向けのシチュ
手堅い技術で落としてからイメージ主体の女装でなりきらせる目的を見据えた催眠
多くの人々に自分の体や痴態を見られる様子を通じて興奮させる変わったエッチ。
催眠音声だからこそできることを積極的にやって個性の強い作品に仕上げてます。

中でもエッチは体への責めを最小限に留めて
心をがっつり責めるチャレンジ精神旺盛なリードをします。
初めての女装によるドキドキ感、それを他人にバレるかもしれないスリル
おちんちんどころかオナニーや射精まで見られる快感など色んな成分が詰め込まれてました。

催眠の時点からイメージ重視だったおかげで
私が聴いた時はその場の様子が頭の中に自然と浮かんできました。
絶頂感も頭のほうが強かったですし、セルフありですけどドライも楽しめる内容になってます。

絶頂シーンはドライ1回、射精1回。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:紅月ことねさん
総時間 1:44:29

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2020年9月23日まで50%OFFの660円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。



サークル「MayThird」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、会員制のクラブで働いてる双子の催眠術師が
そこへ迷い込んできた男性を使って恥ずかしくて気持ちいいショーを披露します。

乳首と前立腺を刺激してドライオーガズムを目指すのが特徴で
前半はボイスドラマ形式で催眠の準備と雰囲気作りを行い
後半は左右同時に暗示を入れながら乳首オナニーと前立腺マッサージをして絶頂へ追い込みます。
お客の前でする乳首オナニー
白と黒に催眠をかけられステージで乳首オナニーするお話。

「ねぇねぇお兄さん こんなとこで寝てたら風邪ひいちゃうよ?」
白と黒は若干声質の違う穏やかな声の女の子。
作品のコンセプトや音声を聴く際の注意事項を手短に説明すると
ユウロウアン(漢字で書くと「遊楼庵」かな?)で寝てる主人公に声をかけて誰か尋ねます。

本作品はストリップやSMなど性に関する様々なサービスをやってるクラブで
そこに所属する彼女たちが70分ほどを使って彼に気持ちいい催眠を施します。
彼は何らかの事情でここへ迷い込んだらしく、通常ならつまみ出されることになります。
しかし2人はそれじゃ可愛そうだと思い自分たちの助手としてショーに参加させます。

白「良かったら 私たちのショーのキャストとして 出演してみませんか?」
黒「そうそう 普段は抑制しているものを発散できるからって 結構人気あるんだよ」
妹の白は丁寧語で話すしっかり者、姉の黒はフレンドリーでややいい加減と
性格に多少の違いを持たせたうえで連携を取ってリードします。
双子のい・い・な・り」のように高度なアプローチをかけることはないものの
一部のシーンで2人いなければできないことをやってくれます。

またサークルさんが「催眠ボイスドラマ」とおっしゃられてる通り
冒頭の20分間は彼女たちのことや背景説明といった前置きに費やされてます。
そこで催眠と呼べることはほとんどしませんが、本作品はショー催眠をテーマにしてるので
こういう形で雰囲気作りをするのは有効だと思います。
お客に呼びかけるシーンもあったりして通常の催眠とは違う要素が見られます。

エッチはタイトルにもなってる乳首オナニーに力を入れてます。
エッチシーンの80%近くにあたる24分もの時間を用意し
優しく撫でる、爪で引っかく、2本の指で挟んでこねるといった責め方をしてドライを目指します。
また途中からお尻の筋肉に力を入れて前立腺を刺激する指示も出ます。

オナサポのように掛け声を出していじらせるタイプではなく
開始、中断、終了のタイミングや大まかないじり方を教える緩いリードです。
おちんちんに一切触れないことを考えると乳首開発済みな人のほうが向いてます。
催眠に上手く入っていれば胸のあたりが熱くなったりピリピリするでしょう。
ボイスドラマ形式を活かした催眠
催眠はおよそ13分間。
楽な姿勢で目を瞑り、まずは簡単なストレッチや深呼吸で気持ちを落ち着けます。
そして最後に白と黒が左右から暗示を同時に入れて催眠状態を一気に深めます。

黒「次で最後だよ ぐぐぐーって体を伸ばして」
白「伸びている体を 意識してください」
黒は指示、白はその際のコツとセリフの内容に違いを持たせ
両腕を伸ばしたり腰をゆっくり持ち上げるのを数回繰り返します。
「主人公が協力的でやりやすい」と褒めるなど、信頼関係の構築も意識してました。
2人が催眠を本格的にかけるのはステージに上がった後なのでここは軽めに済ませてます。

黒「お兄さんの体は 私の声に合わせて自然と動いてしまいます 意識的、無意識的にも 私の声を聞いてしまうようになります」
次の暗示は左右から畳みかけるような暗示を同時に入れるなかなか濃いシーンです。
これ以前がずっと片方ずつしゃべってたからこそ、人によっては軽く混乱するかもしれません。
作中でも教えてくれますがどちらか片方を聴くようにするのが良いでしょう。

作品に関する雑談をしてから誘導する変則的な催眠です。
双子の指示や暗示を受け入れやすくすることを目的に
軽い運動や深呼吸をしてから2人いる状況を活かした暗示を入れます。

ドラマパートは催眠と直接関係ありませんがリラックスや没入感を高める効果があります。
だから最後の暗示を聞いた時に全身がずーんと重くなったりビクビクする人はいると思います。
事前に片方だけ聞く指示を出すことで、もう片方の暗示を入りやすくしてるのがポイントです。

通常の催眠よりも催眠色を随分薄めてあるので
どちらかと言えば初心者よりも経験者のほうが入りやすいんじゃないかなと。
双子形式をもう少し活かしてればより良い催眠になったでしょう。
お客の前で自分を曝け出すエッチ
エッチシーンは31分間。
プレイは乳首オナニー、お尻に力を入れる(前立腺マッサージ)です。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
途中で裸になる指示が出ます。

黒「こんな優しそうなお兄さんが 私たちから催眠術をかけられて 乳首オナニー好きのド変態になっちゃうんですから」
軽い前口上をしてから主人公をステージに上げた白と黒は
それを見てる観客に語りかけながら彼に乳首の感度が上がる暗示を入れます。

エッチは2人に言われた通りに乳首をいじります。
前半の15分間は絶頂に向けて心身を温めるシーン。
紙のように薄い衣服を着た彼の感度を上げた後に乳首をいじらせ
さらにおちんちんも晒して純粋な快感と見られる快感を同時に高めます。

黒「お兄さんはだんだんと乳首を触りたくなっていきます」
白「乳首は気持ちいい性感帯 だってお兄さんの乳首はとっても敏感な淫乱乳首だから」
そしてここでも催眠の終盤にやった左右同時の暗示が登場します。
言い回しは違いますがどちらも似た意味のことを言ってました。
他のシーンでも気持ちよくなる暗示を小まめに入れたりと
ショー催眠らしく技術を駆使して気持ちよくしようとします。

乳首オナニーはエッチ開始から4分後くらいにいじる指示が出て
最初はフリースタイル、次は爪の先で優しく引っかく
さらに親指と中指で乳首をつまんで優しく擦る、と数分間隔でいじり方を変えます。
片方と両方どちらかは言われないので好きにしていいのでしょう。
時間が長めに取られてるおかげで結構気持ちよかったです。

後半の16分間は絶頂に向けてさらに追い込みます。
ほぼ全裸の格好にしてからチンチンのポーズをさせて羞恥を煽り
乳首オナニーと前立腺マッサージを組み合わせて少しずつエネルギーを蓄えます。

白「くるくる さわさわしてるだけで 乳首がすごく気持ちいい 前立腺も疼いて 自然と力が入っちゃうかもしれませんね」
前立腺マッサージは息を吸うのに合わせて力を入れ、吐く時に脱力する簡単なものです。
作中では「お尻の筋肉を収縮させる」と言ってましたが
前立腺を刺激するならPC筋(おしっこを止める時に動かす筋肉)のほうが良いと思います。
繰り返すうちに会陰のあたりがシュワシュワパチパチしてきます。

ただこの内容だと股間よりも乳首のほうが気持ちいいでしょうね。
彼女たちの暗示が乳首を気持ち良くすることを重視してるからです。
終盤のカウントに合わせて軽く絶頂したのですが、その時も胸や脳が起点になってました。
アナルや前立腺を開発してる人なら多少は変わるのかもしれません。

このように、おちんちん以外の性感帯を重点的に責めるタイトル通りのエッチが繰り広げられてます。
乳首好きなら
サークルさんが得意とされてる要素をやや変わった視点で描いてる作品です。

白と黒はクラブに迷い込んだ主人公を無事に出してあげようと
これから自分たちがするショー催眠の助手に指名し、控室で簡単な催眠をかけます。
そしてショー開始後は乳首オナニーを見せつける露出プレイを味わわせます。

双子の催眠術師が男性に催眠をかけて恥ずかしいエッチをさせるややM~M向けのシチュ
ドラマパートを経由してから左右同時に暗示を入れて操作する変わった催眠
乳首を長めにいじらせながら暗示でサポートするアブノーマルなエッチ。
乳首系の作品をよく制作されてるMayThirdさんの特徴が色濃く出てます。

中でもエッチは「チクニー中毒者」の名の通り腰を据えてできるように作られてます。
大まかな指示を出してから好きにやらせる流れも緩くて良いです。
前立腺についてはアネロス(エネマグラ)を使わないことや
それに関する暗示が少ないことから乳首オナニーの補助役と見るのが妥当です。
乳首を開発してる人ならやってもやらなくてもドライ絶頂できるのではないかなと。

催眠については内容が結構独特なのでかかりやすさにムラがありそうです。
乳首で気持ちよくなるのが好きなら止めたりはしませんけど
そうでないなら催眠慣れしてる人のほうが満足度は高くなると思います。

絶頂シーンは2回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

CV:浪実みおさん
総時間 1:13:49

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
2020年9月23日まで50%OFFの385円で販売されてます。
その場合の点数は7点です。



サークル「しりあるヒプノ」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、同じ大学に通ってる穏やかで積極的な女の子が
催眠をかけて昔のエッチな体験を呼び起こしたりレズプレイの素晴らしさを教えます。

後になるほど女体化やレズ化が進むようにエッチするのが特徴で
催眠はある程度深化させてから女体化の手始めだけ行い
その後はパートごとにシチュを変えながら主観視点で描いて主人公になりきりやすくします。
初心者向けの丁寧なリードをしますから、女体化作品を聴き始めたばかりの人でも楽しめるでしょう。
女体化の弱点を巧みに克服
催眠音声を聴きながら3種類のエッチをするお話。

「ねぇ 今日もサークルの集まりに行く?」
女の子(挿し絵右)は明るくて優しい声の女の子。
主人公にこれから催眠をかけてくれるCDを聴く予定だったことを確認すると
プレイヤーを取り出し一緒に聴く準備をします。

本作品は奥手だった女子が新しい快感の扉を開く様子を疑似体験させることを目的に
彼女がおよそ80分に渡って催眠をかけたり変わったエッチをします。
作中では催眠音声を聴く設定になってますが、そこで流れる声は彼女とほぼ一緒です。
またエッチはパートごとに時期の差を設け、自分が歩んできた道を追体験する流れで進めます。

最大の特徴はエッチを通じて女体化を強化すること。
催眠をかけ、女体化誘導し、エッチする通常の女体化作品とは違い
2番目と3番目をほぼ同時にやることでエッチの量を確保しつつ総時間の短縮に成功してます。
実際のところエッチシーンは総時間の約半分にあたる40分ほどです。

これより総時間が短い、あるいはエッチの割合が高い作品ももちろんあります。
でも催眠に時間を割く必要がある関係でエッチが淡白になってるとか
逆にエッチを頑張りすぎたせいで催眠が疎かになってるといった弱点を抱えてます。

催眠にちゃんとかかれて、女性気分も味わえて、尚且つエッチも楽しめるから凄いと言うわけです。
女体化作品を数多く制作されてるサークルさんだからこの問題を解消できたのでしょう。
繰り返し聴いて楽しむことも考えればこれくらいの時間が丁度いいです。

「そう 自ら望んで積極的に催眠にかかりたい姿勢があれば 状況は違えど ぽんぽんと言葉は体と精神に行き渡ります」
それ以外の特徴は全体的にリードが丁寧です。
例えば催眠を始める前に催眠のことを軽く話して心構えを身に着け
その後も何をするかはもちろん、合間にちょっとしたコツを教えて入りやすくします。
エッチも実況、主人公の心情、感覚を伝える暗示をバランスよく配置してました。

「エッチを通じて女体化する」と聞くと難しく感じるかもしれませんが
実際は音声を聴いてれば勝手に主人公と同じ視点になります。
リラックスしながら音声に集中してればエッチの情景が自然と浮かんでくるでしょう。
私個人は女体化の中でも初心者向けの作品だと思ってます。
納得させながらかける催眠
催眠はおよそ22分間。
ベッドや布団に寝てまずは肩を上げ下げする運動をして筋肉をほぐし
さらに深呼吸を繰り返して心のほうも落ち着けます。
ちなみに目は開ける/閉じるどちらでもいいそうです(後で閉じる指示が出ます)。

「すーっと吐きながら肩をすーっと下ろして 力がすーっと抜けていきます」
「それほど自然に行われている呼吸を 意識的にゆっくりと深く行う深呼吸は 非日常への入り口でもあるのです」

肩の運動はカウントを数えて力を入れる/抜く両方のタイミングを教え
深呼吸は事前に何故するのかを話して前向きな気持ちにするなど
本作品の丁寧なところが早速発揮されててやりやすいです。
もちろん暗示も適度に入れてくれますからリラックスと脱力を実感できます。

深呼吸は最初にやる回数を指定し、1回ごとにカウントや暗示の内容が変わります。
催眠慣れしてる人なら最後の1回をやった時に軽い落下感がするかもしれません。
シンプルな技法を堅実に行使する初心者にも優しい誘導です。

お次は催眠状態をさらに深めつつ女体化の手始めに取り掛かります。
すべすべで繊細な指に体を撫でられてる様子をイメージし
女の子が言った部位に意識を向けて全身を隅々まで脱力します。
そして最後に時計の音に耳を傾けて女子校に通ってた頃の自分に戻ります。

「すーっと変化が固定化していく 体中女子校時代のものになっていく」
女体化作品では男性の体を女性に変えるアプローチをよくしますが
本作品は主人公が元々女性だった設定がされてます。
そしてその様子を主観的に描くことで聴き手の心と体を徐々に重ね合わせます。

最初のうちは違和感があるかもしれませんけど
ある程度聴いてればだんだんそれが当たり前の心境になっていきます。
時計の音を使ったのは時間を巻き戻すからでしょう。
約3分間音だけを鳴らして自分の内面に意識を向けやすくします。

エッチに向けた環境づくりに専念してる比較的高品質な催眠です。
聴き手の心と体を主人公に近づけることを目的に
肩に限定した漸進的弛緩法から入り深呼吸、イメージを交えた分割弛緩法
そして時計の音を使った沈黙法と古典催眠の技術をベースに誘導します。

このパートでは女体化をあまりやらないのでそちらはピンと来ないかもしれません。
でも催眠にはしっかり入れるので後々実感できる準備はできてます。
単に技術を行使するのではなく、合間に説明を挟んで受け入れやすくする配慮もされてます。
私が聴いた時も脱力感、意識のぼやけ、温感が味わえて心地よかったです。
新たな性癖に目覚めていくエッチ
エッチシーンは3パート40分間。
プレイは図書館でのオナニー、オナニー配信、女の子とのレズプレイ(手マン、キス、乳揉み)です。

オナニー、手マンの際に音量控えめな効果音が鳴ります(無しも選択可)。
セルフはありません。

「エロ本ではないもの それは性に目覚めた女の子にとってはとっても強烈で ついつい誰が来るかもわからない図書館なのに あそこに手が伸びていく」
1人で図書館にいる時に偶然他人の性行為を描いた本を見つけた主人公は
生々しい光景に思わず興奮し、その場でおまんこを慰め始めます。

エッチは主人公の視点で各プレイを疑似体験します。
一番最初の「03深化しながら図書館オナニーと女体化」は女体化を定着させるパート(約5分)。
パンツ越しにおまんこをいじり、少し経つとカウントを数えて1回目の絶頂を迎えます。

「あそこが熱い あそこが痺れる こんな危ないところでオナニーするなんて いつもより感じる」
女体化を定着させると言っても特別なことはやりません。
聴き手が女性になりきれる言い回しを心がけながら暗示を入れて快感を伝えます。
実況が結構緻密で行為の様子が頭の中に自然と浮かんできました。
図書館でこっそりオナニーするシチュもそれに上手く役立ってます。

絶頂シーンはありますけど、このパートはイかせるよりも作品世界に引き込む意味合いが強いです。
回想形式にして聴き手が実際にいじらなくてもよくする配慮がされてます。

次の「04オナニー配信」はさらに踏み込んだプレイ(約16分)。
図書館でしたオナニーにすっかりハマった主人公が
今度はネットにリアルタイムで配信しながらオナニーしてより強い刺激を求めます。

「カメラの前でM字に脚を広げると 数人の視聴者から 次々とコメントが私に対して飛んでくる それがさらに恥ずかしいことをたくさんの人に晒している実感となって マゾ的な快感が大きくなっていく」
公共の場とはいえ1人きりの安全な状態だった図書館オナニーとは違い
今回は不特定多数の人たちに見られる快感を加えてより気持ちよくなれるようにします。
最初は数人だった視聴者が100人、1000人と増え
そこにコメントを読む声も挟んで配信らしさを出してます。

感度を上げる暗示も入れてきますけど、それよりシチュのほうが大きいプレイです。
恥ずかしさを感じつつおまんこを一心不乱にいじる彼女の姿もエロいです。
時間が十分取られてますし、ここで1回目の絶頂を迎える人は多いと思います。

最後の「05愛憎のレズ化調教」さらに進んで今のお話(約19分)。
目の前にいる女の子と直接絡んで今度はレズの快感に目覚めます。

「股間全体に気持ちよさが響き渡る なのに直接的な刺激じゃないからイけない」
女の子は同性なので当然女の感じるところをよく知ってます。
だからいきなりハードな刺激を与えたりせず、まずは焦らしてより気持ちよくなれる準備を整えます。
意地悪と見ることもできますけど、主人公に女同士の良さを教えたかったのではないかなと。
じっくり溜めてから終盤に大きく1回イク流れもドライを迎えやすくて良いです。

04と05パートの序盤に再度深化させるのも印象的でした。
絶頂を迎えて催眠が浅くなるのを防ぐ役割を果たします。
ややアブノーマルなプレイをきめ細かなリードできっちり楽しみやすくしてます。

このように、プレイとシチュを組み合わせて責める臨場感のあるエッチが繰り広げられてます。
個性と機能性が高い作品
催眠、エッチいずれもコンパクトにまとまってる作品です。

女の子は主人公に自分が過去に味わったエッチな体験を再度味わわせようと
催眠を通じて昔の自分やその時の感覚を呼び起こし
さらにエッチの前半で綿密に実況してほぼ同じ視点で気持ちよくします。
そしてそれらが終わった後は自ら責めてレズの魅力を教えます。

女の子が用意した催眠音声を聴いて新しい性癖の扉を開くややM~M向けのシチュ
説明を挟みながら催眠を丁寧にかけ、女体化はエッチと並行して進める変わった作り
パートごとに異なる性癖を用意し、それとプレイを組み合わせて絶頂へ追い込むエッチ。
女性になった気分や女性の快感をできるだけ長く忠実に楽しめるよう仕上げてます。

中でも2番目は女体化作品の弱点を効果的な手段で克服してます。
男性から女性に変えるアプローチもそれはそれでわかりやすいのですが
本作品のように最初から女性だった設定にして、徐々に視点を合わせるアプローチも有りだと思います。
セリフの表現や各要素のバランスが練られており最後まで熱中しながら聴けました。

エッチは最初は女体化の定着、次は露出性癖をくすぐる、最後はレズ化調教と
パートごとに異なる特徴や目的を持ってます。
私個人はオナニー配信が最も刺激的でイキやすかったです。
逆にレズ化調教は名前の印象よりもプレイ、雰囲気ともにソフトでした。

絶頂シーンは4回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

CV:涼花みなせさん
総時間 1:22:28

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2020年5月6日まで30%OFFの847円で販売されてます。



サークル「ヒット&アウェイ」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、声は穏やかだけど性格は割とSなお姉さんが
元々M性を持ってる男性を本格的なマゾ犬へと調教します。

見られる快感を上手に煽りながら少しずつ屈服させるマイルドな調教が行われており
どのシーンも彼の気持ちに配慮したうえでやる気と興奮を盛り上げるセリフを投げかけ
撮影時は恥ずかしいポーズを取らせながら何度もシャッター音を鳴らして露出性癖を満たします。

音声を聴く前に以下のアイテムをご用意ください。
必須:マスクとコンドーム 任意:首輪とローション
身も心も裸にする撮影会
雑誌の企画担当をしてるキリシマ ミカに恥ずかしい姿を撮影されるお話。

「そこのお兄さん? はい、貴方のことです」
ミカは上品で落ち着いた声のお姉さん。
街中で偶然見かけた主人公に声をかけると
雑誌のモデルを探してることを告げてからその詳細を教えます。

本作品は現実世界ではまずできない破滅的な快感を味わわせることを目的に
彼女が90分ほどをかけて彼と一対一の撮影会を開きます。
S女向けの雑誌に掲載する写真を撮るために行うので彼女が彼に触れるシーンは一切なく
パートごとに異なるポーズを取らせながらシャッター音を頻繁に鳴らして見られる快感を煽ります。

「次は恥ずかしがり屋の女の子みたいに乳首と股間を両腕で隠すようなポーズをとってみましょうかぁ。片腕でおちんちんを隠してぇ、もう片方の腕で両乳首を隠すんです」
序盤は全裸、中盤は犬の真似、終盤はオナニーと後になるほどハードな題材を要求し
そのひとつひとつに丁寧な指示と合図を出して撮影会らしい雰囲気を作ります。
シャッターを押すたびに声の位置が移動するあたりもこだわってるなと。
彼女のほうからお願いした背景があるのできつい描写はほとんどなく雰囲気も結構穏やかです。

中盤以降は誰かに見られたら社会的に死ぬレベルの行為をいくつもやりますから
見られたり見せつけるのが好きな人ほど興奮できるでしょう。
屈辱感や破滅する快感もくすぐってきますが、それと同じくらい本当の自分を曝け出せた開放感も得られます。

もうひとつの魅力は最中に行う言葉責め。
彼がこの撮影会を良い気分で終えられるように様々なセリフを投げかけます。

「弊社では...そして私は...あなたのような可愛いマゾ犬さんは歓迎しますよ」
「せっかく自分がマゾ犬だと心から自覚することができたんですから、生ぬるかった普通の人生では絶対に味わえない快感を思う存分貪りましょうねぇ」

例えば会った直後のシーンでは彼がMだと見抜いたうえで歓迎する態度を取り
モデルの本契約を結ぶまでは撮影したデータを削除できると言って参加しやすくします。
そして撮影開始後も決して無理な要求はせず少しずつ過激なプレイに持っていきます。
彼が興奮し始めたらマゾ犬に堕ちることのメリットを強調するなど、Mが喜ぶツボをよく心得てます。

最終的に彼は奴隷になるわけですが、愛玩動物に近い位置づけなのでひどいことはされません。
心の底で露出や女性に飼われたいと思ってる男性の願いを叶えるだけです。
彼の意志を尊重しながら柔らかいアプローチをかけてくれますし
一定以上のM性を持ってる人なら彼女に対して嫌な気分を抱くことはほぼないでしょう。
最初から言ってしまうとこの言葉責めがかなり秀逸です。

女性に恥ずかしい姿をたっぷり撮影されるシチュと聴き手をもてなす言葉責め。
体よりも心への責めに力を入れてるM~ドM向けの作品です。
見られる快感から飼われる快感へ
エッチシーンは7パート70分間。
プレイは写真撮影、エッチなポーズ、土下座、犬の真似、首輪の装着、ゴムの装着、オナニーです。
写真撮影の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「それでは撮影を始める前にマスクを付けましょうか」
撮影会のことを軽く説明し、主人公が乗り気なのを見てホテルの一室へ案内すると
ミカはひとまずマスクをつけた状態で局部を隠した写真を撮り彼の緊張をほぐします。

エッチは終始彼女に言われた通り行動します。
序盤の2パート16分間はマゾ犬に堕ちるための準備。
「3.脱衣」は3種類のポーズを順に撮影し
「4.契約」はお試しから本契約へ移るにあたってとある儀式を行います。

「どれどれ~~おちんちんはどうなっちゃてるのかなぁ? うふふ、やっぱりもう興奮しておちんちん膨らませて透明な汁をお・漏・ら・し、しちゃってましたねぇ」
彼女は過去に何人もの男性へマゾ犬調教を施してるので焦ったりはしません。
彼が抵抗を感じないよう一歩ずつ前進する形で恥ずかしさのレベルを上げ
さらにシャッター音を小まめに鳴らしつつ見られてることを意識させて興奮を煽ります。
語尾をちょっぴり上げるしゃべり方も程よい嗜虐性があって良いです。

「思い出してみてください。あなたが正式にマゾ犬デビューした瞬間を撮った写真は全部削除されてしまうんですよ。それってすごくもったいないと思いませんかぁ?」
最初の山場にあたる契約はメリットを強調する形で進めます。
お試しで終われば普段通りの生活を送れるけど、もう二度とこんな快感は味わえないかもしれない。
メリットとデメリットを天秤にかけたうえで前者が勝るように働きかけます。
そして無事契約できた後は軽いご褒美をあげて頑張りに応えます。

無理矢理そうさせるのではなくきちんと対価を与えてるところが素晴らしいなと。
飴と鞭をあげながら2人の上下関係が自然と定着するようにリードします。

続く2パート24分間はマゾ犬モデルへの第一歩。
「5.犬」は犬ならではのポーズや鳴き真似をさせて羞恥心を煽り
「5.5.首輪」は予め用意した首輪を装着してより犬らしい格好になります。

「マゾワンちゃんいい子だねぇ~ ほぉらもっと媚びた表情してぇ~」
契約を結んだ後も彼女の態度はまったく変わりません。
これまでと同じく事前にわかりやすい指示を出して何をすればいいか教え
開始後はシャッターを押しながら褒めるセリフを小まめに投げかけて良い気分に浸らせます。
最中に「可愛い」と何度も言ってくれるなど、現実世界の犬みたいに甘やかすことを心がけてます。
でもやってることはかなりアブノーマルですから結構ゾクゾクするでしょうね。

首輪を装着するシーンは犬になったことを強く自覚させてくれます。
首輪を持ってる人はさすがに少ないでしょうしタオルやベルトで代用するといいです。
このパートの最後に外す許可が出るのでわざわざ用意する必要はありません。
でも実際にやってみたほうがずっと興奮できると思います。

終盤の3パート30分間はご褒美にあたるシーン。
「6.コンドーム装着」でゴムを装着し、「7.自慰行為開始」はフリースタイルでのオナニーを行い
最後の「8.射精」はカウントに合わせてゴムの中に勢いよく吐き出します。

「自分が情けなくて救いようの無い負け組の雄なんだということを噛みしめながらぁ、快楽の誘惑に負けてぇ、おちんちんをいじくりまわすんですよぉ?」
ゴムを装着した後に犬らしいポーズを取り
そのまま射精の許可が出るまでオナニーを続ける割と緩いプレイです。
シコシコボイスや効果音は流れませんから本当に自由にやっていいのでしょう。
彼女は恥ずかしさや惨めさを煽る言葉責めをガンガン言って応援します。

シャッター音を他よりも多く鳴らすことも含めて心への責めが充実してました。
オナニーする時間が11分ほどしかないので、2日以上貯めてから聴いたほうが無理なく出せると思います。
羞恥心や堕ちる快感が加わってるからでしょうけど射精時の快感は普段よりも強かったです。

作品を聴いた感想ですが、アプローチの方向性が予想と違ってて面白かったです。
聴く前は見られる快感や見せつける快感といった露出系の責めを手厚くやると思ってたのですが
実際はそれとマゾ犬になる快感や女性に飼われる喜びを組み合わせてあります。

単に露出性癖を満たすだけなら恥ずかしいポーズを取らせたうえで
見られてることを強く意識させれば事足ります。
でも本作品はそこにマゾ犬化の要素を加えて心をさらに堕落させようとします。
簡単に言えば撮影が彼を調教する手段に位置付けられてるわけです。

シャッター音が頻繁に鳴るので見られるスリルやゾクゾク感ももちろん味わえます。
でも先ほど会ったばかりの女性に手懐けられ、犬扱いされる快感のほうがずっと強かったです。
撮影会としての臨場感を出す工夫もちゃんとされてますし、適性がある人ならドハマリする可能性を秘めてます。

このように、見られる快感と堕ちる快感を組み合わせた個性的なエッチが繰り広げられてます。
気持ちよく破滅できる作品
心をじっくり丁寧に責めながら射精へ持っていくシチュ&言葉責め重視の作品です。

ミカはマゾ犬モデルの素質を十分過ぎるほど持ってる主人公を手懐けようと
まずはお試しの形で比較的ソフトな撮影をしてその醍醐味を教えます。
そして無事契約できた後はよりディープなプレイを提供しそこから離れられなくします。

声や態度は上品だけど性格は割とSなお姉さんがM男を変わった手段で調教するM向けのシチュ
パートによって異なるポーズを取らせてシャッター音を何度も鳴らす撮影会らしい責め
嫌な気分を抱かせないよう配慮しながら少しずつマゾ犬に堕とす巧みな言葉責め。
撮影会とマゾ犬調教を上手く組み合わせてMの快感を存分に味わわせます。

「はぁ~~いいですよぉ~~最っ低ですよぉ~~ とっても惨めでかわいいですよぉ~~」
中でも3番目は彼を良い気分に浸らせながら立派なマゾ犬に変える重要な役割を果たします。
惨めな気持ちにさせるセリフと甘やかすセリフをバランスよく振り分けてあって
最初から最後まで嫌な感覚を抱くことなく聴けました。
サークルさんがこういう性癖を持ってらっしゃるからでしょうけど
自分がされたら嬉しいと思うことを忠実に音声化してます。

全体的に事前の説明が多い関係でややプレイのテンポが悪くなってるかなぁとも感じましたが
処女作の時点でここまでのものを制作されてるなら十分素晴らしいと思います。
明確な個性を既に持たれてますし、今後さらなるご活躍が期待できそうです。

エッチは体への責めが淡白な代わりに心をがっつり責めてくれます。
精液を多少溜めた状態で聴きさえすればきっちり射精できるでしょう。
見られる快感、犬扱いされる快感、破滅する快感とM向けのスパイスが豊富です。

射精シーンは1回。
シャッター音多め、淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 1:33:56

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年3月6日まで10%OFFの1188円で販売されてます。



サークル「パースペクティブ少女幻奏」さんの同人音声作品。
昨年12月に処女作を出されたばかりの新しいサークルさんです。

今回紹介する作品は、見た目は上品だけど内面はドスケベな生徒会長が
自分の痴態を盗撮した男子生徒を変わった手段で躾けます。

彼女が持つアブノーマル性癖を前面に押し出した変態プレイが行われており
悪さをした彼を自分の奴隷として調教しながら
やや下品な淫語をガンガン言う、オナニーを見せるといったご褒美をあげて心を引き寄せます。
露出シーンを多めに用意して興奮させるのもポイントです。
生徒会長とするスリリングな遊び
城ヶ峰綾乃と5種類のエッチをするお話。

「あぁ はぁ はぁ ふふっ はぁーあ 今日も来ちゃった」
綾乃は上品で穏やかな声の女の子。
ある日の放課後、荒い息遣いで教卓の上に乗ると
この様子を見られることをイメージしながらオナニーします。

本作品は表向きは真面目な生徒会長だけど本性はド淫乱な彼女が
自分の痴態を偶然見てしまった彼をおよそ80分に渡ってエッチに調教します。
教室内、体育館、屋上、学校近くの公園、そして生徒会室とパートごとに場所を変え
現実世界でやったら破滅するレベルの刺激的なプレイを楽しみます。

「おまんこ おまんこいいっ おまんこもっとぬるぬるして させてっ」
一番の魅力は彼女のドスケベさ。
音声開始直後から淫語を連呼しながら一心不乱にオナニーし
その様子をロッカー内で盗撮した彼を発見した後も変わらぬ態度で責めたり乱れます。
彼女の性格をわかりやすくするために全編を通じて淫語の量が多めです。
上品な声から繰り出される「チンポ」「マンコ」といった言葉の数々が股間に響きました。

彼女は変態性癖を持ってるのでエッチの内容もアブノーマル路線です。
調教中は一部を除いて彼のおちんちんに貞操帯を着けて射精を制限し
自分の脱ぎたてブラで体を拘束したり、オナニーを見せつけてもどかしい気分を与えます。
また物語の中盤ではわざと野外でエッチして見られる快感を煽ります。

「ねぇ 気づいた? ここ 校庭から見上げると ばっちり見えちゃう位置なんだよね」
彼女自身が露出プレイ大好きなので、その魅力を彼にも教えようとするわけです。
一緒にスリルを味わう形ですから意地悪さはそれほど高くありません。
自分の変態性癖を受け止められる男性に出会えてむしろ嬉しそうでした。
最後には十分すぎるほどのご褒美をくれますし、飴と鞭を上手に使い分けて彼を躾けます。

見た目と性格に大きなギャップのある彼女のキャラとアブノーマルなエッチ。
キャラとプレイの両方に個性をつけてるM向け作品です。
シチュとプレイで興奮させるエッチ
エッチシーンは5パート67分間。
プレイは綾乃のオナニー、乳首責め、フェラ、貞操帯装着、写真撮影、体の拘束、綾乃の裸体鑑賞、耳舐め、公園での散歩、キス、SEX(騎乗位)です。
服を脱ぐ、オナニー、写真撮影、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「うわぁ それにあなた 超ギンギンじゃん もう粘っこい涙まで流して」
スマホのシャッター音で誰かいることに気づいた綾乃は
ロッカー内にいた主人公を軽く問いただしてから勃起したおちんちんを口で味わいます。

エッチはご主人様にあたる彼女が終始リードします。
一番最初の「01_わたしのド変態ローションオナニー…見てたでしょ?」は2人が主従関係を結ぶシーン(約16分)。
前半は彼女のオナニーを鑑賞し、後半は乳首責めからのフェラで1回目の射精に追い込みます。

「どうしよう もう私の口 あなたのケダモノチンポで汚されちゃったよ」
普通なら怒ったり恥ずかしがる状況なのに彼女はまったく動じません。
いつも通りの落ち着いた態度で彼に近づき、うっとりした表情で生のおちんちんを観察します。
フェラも軽く舐めてから咥え込み、口で絞るようなちゅぱ音を鳴らしますし
射精シーンは口で受け止め精液に汚されたことをむしろ喜びます。

本作品は彼女のドスケベっぷりが一番の魅力ですから
序盤でそれをはっきり出しておくのはとても有効です。
それでいてきっちりご主人様になれる材料を揃えるのも彼女らしいなと。
さらなるアブノーマルプレイに進むための重要な役割を果たします。

続く3パート39分間はもうひとつの魅力である露出プレイが光るシーン。
「02_体育館のステージで…ドスケベストリップだよ?」は体育館でのオナニー鑑賞
「03_屋上で…勃起ちんぽ露出して?」は屋上での耳舐め
「04_公園で課外レッスン…犬になってチンチンして?」は公園で犬の真似をする、とどんどんエスカレートします。

「ねぇほら 見て 見て? 私のJKマンコ つるっつるのパイパンなんだよ?」
彼女は普段生徒会長をやってるだけあって人心掌握が上手です。
だから射精を禁止する代わりに体育館ではおっぱいやおまんこを見せつけてご褒美をあげます。
見られれば見られるほど息が荒くなるのも印象的でした。
彼を言う通りにするのと同時に彼女自身も楽しむ方針でエッチを進めます。

「いい? チンチン …ん? 聞こえなかった?」
この中で変態度が最も高いのは公園パート。
深夜の公園に彼を全裸で待機させ、自身はノーパン姿で現れ散歩やチンチンをさせます。
そして後半は彼女がオナニーを披露し彼が無事我慢できるか確かめます。
わざわざ自分も危ない橋を渡ろうとするところにドスケベさを感じました。
彼にSEXをおねだりするシーンもあったりして心の強さが試されます。

そうやって彼を無事躾けられた後はタイトル通りSEXのご褒美をあげます。
2人きりになれる生徒会室へ彼を招待しひとつになります。

「いっ あぁぁぁぁぁぁ すっごぉい 何これ 熱い あつぅい」
彼と同じく彼女もこの瞬間を待ちわびてたのでしょう。
いつでも挿入できるようにおまんこの部分が穴開きになってるパンツを身に着け
挿入した瞬間に気持ちよさそうな声を上げて絶頂します。
ピストン開始後もキスを挟みながら思い切り乱れてくれたりと
これまで意地悪してきたことへの謝罪も込めて彼を存分にもてなします。

01パート以来ずっと射精を禁止されてた状況も相まって
最後は満たされた気分で普段よりも多く射精することができました。
サークルさんもこの射精をどれだけ充実したものにするか考えてプレイを組み立ててるのだと思います。

作品を聴いた感想ですが、やはり彼女のキャラがすごく立ってました。
最初のパートからドスケベっぷりがわかりやすく表現されてますし
調教中も彼だけに辛い思いをさせず、恥ずかしい気持ちを共有しようとします。
そして最後はこれらすべてを補って余りあるほどの熱いSEXをします。
オナニーを見られたからご主人様になっただけで性癖はSではなくかなりのMです。

中盤のパートが体よりも心への責めを重視してるので、そのへんはやや人を選びそうですが
「露出」という大きなテーマを掲げて異なるプレイをしてくれます。
02~04は気持ちを盛り上げる、05は抜かせるとはっきり役割分担してます。

このように、作品の持ち味を活かしたアブノーマルなエッチが繰り広げられてます。
変態向けの作品
お嬢様と変態プレイを楽しむ変わった切り口の作品です。

綾乃は主人公が自分の性癖を受け止められるか試そうと
フェラで1回抜いてからわざと射精を禁止し色んな露出プレイをします。
そして無事耐え抜いた後はおまんこを使って気持ちよく中出しさせます。

見た目は上品だけど内面はかなり下品な生徒会長が男子生徒を躾けるM向けのシチュ
淫語をガンガン言ったり痴態を見られるほど興奮する彼女のドスケベキャラ
飴と鞭を使い分ける巧みな調教。
Mな人が興奮し気持ちよくなれるように作品を組み立ててます。

「クソマゾ変態奴隷の子 種付けされてりゅぅ」
中でも彼女は露出や汚されることに快感を覚えるキャラに描かれてます。
タイトルが「ドスケベ」となってたのでエッチな事は事前に把握してたのですが
やることが予想以上にぶっ飛んでて楽しみながら聴くことができました。
意地悪とご褒美のバランスも良く、最後はきっちり気持ちよくなれます。

あとは彼女も一緒に露出するシーンがあるおかげで
ドM向け作品に比べるとM度がやや下がってます。
スリルを与えるだけで破滅することもありません。
現実世界だとできないことを積極的にやって射精時の快感を上手く押し上げてます。

射精シーンは2回。
淫語多め、くちゅ音とちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

CV:天知遥さん
総時間 1:18:52

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年1月23日まで10%OFFの990円で販売されてます。

乳首開発をしていたはずが、変態乳首オナニーを晒していた件

サークル「MayThird」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、普段は優しいけどトレーニングが始まるとSになるお姉さんが
乳首開発希望の男性に色んな指示や命令を出してそれを応援します。

乳首開発とメス堕ちを組み合わせたM向けのサービスが行われており
催眠パートの序盤からおちんちんやアナルを見せる指示を出して羞恥を煽り
エッチに入ると乳首と前立腺を刺激させながら心をガンガン責めてM心をくすぐります。
乳首開発で大事なのは心
性感インストラクターの「観月あやか」に指示されながら乳首オナニーするお話。

「失礼します 本日お客様の乳首開発をする 観月と申します」
あやかは丁寧な言葉遣いをするお淑やかな声の女性。
性感開発の指導を初めて受ける主人公に挨拶すると
これから行うトレーニングの内容や注意点を大まかに説明します。

本作品は乳首でもっと感じられる心と体にすることを目的に
彼女が80分近くに渡って催眠を交えたエッチな指導をします。
作中で彼女と直接触れるシーンは一切なく
指示、命令、言葉責めといったセリフを駆使してリードします。

最大の特徴は乳首に特化してること。
エッチシーンの最初から最後まで乳首だけをいじり続け
その中に暗示を入れたりイメージを使って心も同時に盛り上げます。
また乳首オナニーと並行して前立腺の筋肉も動かし別の快感を与えます。

「ここでは肉体的な開発だけでなく 精神的な開発も同時進行で行っていきます」
作中で彼女が言ってるように、この乳首開発では心への責めも結構重視してます。
だから乳首のいじり方に関する指示は必要最低限に留め
開始後は羞恥心や見られる快感といったM向けのアプローチをしてドライできる環境を整えます。
乳首開発を扱ってる作品はそれなりにありますけど、ここまで心に寄せてる作品は珍しいです。

聴いた感じでは乳首未開発者よりも開発済みな人のほうが楽しめる内容でした。
直前で話したように乳首オナニーに関する指示が少ないことや
いじり方が全体的に強めに設定されてるのが主な理由です。
未開発の人がいきなり爪で引っ掻いたりしてもあまり気持ちよくないんじゃないかなと。
2人の関係を定める催眠
催眠はおよそ24分間。
最初の14分間は催眠に入るための準備として
全裸になって仰向けで軽く乳首オナニーしたり
うつ伏せであやかにアナルを見せつけて心身の緊張をほぐします。

「変態って呼ばれても 指を止めたくないんでしょう?」
会った直後の彼女は至って優しい女性ですが
トレーニングが始まると一気にS性が増し「マゾ」「変態」といった言葉責めをします。
声は特に変わらないのできつさは感じないものの、女王様っぽく振る舞ってるのも事実です。
催眠の初っ端から乳首オナニーさせるあたりが本作品らしいなと。

「一応 これも私からの指示だから ちゃんと従うこと いい? わかった?」
また彼女はこれらの最中に自分の指示に従う重要性を教えます。
これからする乳首開発は彼女に言われた通り動くのが基本スタイルなので
それを始める前の時点で心構えを身に着けさせたいのだと思います。
この後のシーンも含めて、彼女は暗示よりも指示や命令を多く出しながら進めます。

本格的な催眠が始まるのはその後から。
仰向けに戻ってから自分の体が揺れてるイメージをし
さらに自己暗示の形で自分がマゾなことを認めさせてより従いやすい心にします。

「ゆらゆら ゆらゆらと揺れて まるでゆりかごの中にいるみたいな感覚 すごく心地よくて 気持ちも穏やかになっていくね」
事前に体をある程度動かしたおかげで
このシーンを聴いてると意識が多少ぼやけるのを感じました。
ただこれは他の催眠音声における深呼吸や脱力の感覚に近く
所謂「落ちる」のよりもずっと軽かったです。

催眠へ深く落とすためにわざわざ乳首オナニーやアナル見せをやったのに
このシーンが淡白になってるのは正直もったいないです。
もっとしっかり暗示を入れて、脳内を心地よくしながら乳首オナニーさせたほうがずっと気持ちいいでしょう。
狙いはわかるのだけど、そのやり方に関して首を捻る部分がありました。

乳首オナニーに慣れさせながらM心を育てるテーマに沿った催眠です。
聴き手をあやかの従順な奴隷にすることを目的に
前半は乳首オナニー、アナル見せ、羞恥を感じるイメージなど
催眠とはあまり関係ない手段でリラックスさせ、それから軽い暗示を入れます。

私はてっきり24分をまるまる催眠誘導に費やすと思ってたのですが
実際は催眠と呼べる部分は10分程度と非常に短いです。
私がごく浅いところで留まったことを考えれば、深く入れる人は少ないんじゃないかなと。

「私は 君の期待を裏切らない 私は 君が期待した以上の快感を与えることができる だから君は私のことを信用しなさい」
あと主従関係を構築するのに命令してるのはさすがにまずいです。
催眠の主役は聴き手ですから、技術を駆使してこちらが自分からそう望むように誘導することで初めて成立します。
この場合ですと「私を信用して従えば幸せになり、より強い快感も得られます」という具合に
飴を強調して興味を引くのがいいでしょう。

命令してそれに従うだけならそもそも催眠をかける必要がないわけで
催眠がちゃんと活きるようにサービスを組み立ててほしかったです。
心身をバランスよく責めるエッチ
エッチシーンは2パート43分間。
プレイは乳首オナニー、PC筋トレーニング、女生徒たちに見られる/嘲笑されるです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。

「ほら 乳首をつまんで 左右に擦り始めなさい」
特殊な催眠で主人公を自分の言いなりにしたあやかは
乳首開発の第一歩として早速強めの刺激を与えるよう指示します。

エッチは彼女にリードされながら進めます。
最初の「04_乳首開発パート」は体を慣らすことを意識したプレイ(約13分)。
指で摘んで擦るところから始まり、5分ほど経つと前立腺(たぶんPC筋 尿を止める時に使う筋肉)も動かすように言われます。

「君はここで 男としての快感を捨てるの」
そして彼女は催眠パート以上にSっ気を増して言葉責めします。
乳首をいじるだけでおちんちんが勃起してるのを見て「覚悟が足りない」と言い
おちんちんの快感を捨ててメスになるよう命令します。
さらにそのことを彼自身に宣誓させて無意識にも刻みつけます。

口調が高圧的なところは引っかかりますが
おちんちんから切り離してエッチを組み立てるのはテーマに合ってて良いです。
ペースや強さは特に指示されないので自由にやっていいのでしょう。

次の「05_乳首オナニーパート」は心の開発を強く意識したプレイ(約30分)。
乳首は乳頭を爪で押す、爪で引っ掻くといったより刺激の強いものを中心に行い
その最中に様々な命令を出したり羞恥を感じるイメージを与えて心も一緒に盛り上げます。

「彼女たち一人一人の視線が 君のことを犯している」
ここで登場するイメージは女子校で生徒たちにオナニーを見られるというもの。
彼女たちに見られてることを意識させ、パート中盤からは嘲笑も流して露出性癖をくすぐります。
感度を上げる暗示を入れることも一応ありますが分量は少なめです。
もっと技術でコントロールするようにしたほうが催眠音声のエッチらしくなるでしょう。

実際に聴いた感想ですが、私は乳首を開発してるので体は結構気持ちよくなれました。
乳首開発でよくやるプレイよりも刺激の平均値が高いのが影響してます。
ただ心に関しては催眠のかかりがいまいちだったせいで体ほどではありませんでした。
ドライも終盤に3回ほどありますけどほとんど反応せずに終わりを迎えてます。

「これは全部 私からの命令だから すべてを受け入れなさい」
本作品で最も改善すべき点は命令の扱いだと思います。
上のように「命令だから従いなさい」とストレートに言ったら無意識が反発してしまうので
事前に「私の命令に従えば従うほど気持ちよくなる」と暗示を入れてプラスに受け止められるよう置き換えます。

これひとつやっておくだけで随分変わったでしょうね。
現にモルモットストリップさんの「ザーメンミルク催眠」では
この手法を取り入れたおかげで命令主体でありながら催眠にどっぷり浸かることができます。
命令をすること自体はそれほど問題ではありませんから
聴き手が受け入れやすく感じたり、自分から喜んで従うように工夫してほしかったです。

このように、乳首と前立腺を動かしながら心も責める幅広いエッチが繰り広げられてます。
テーマはしっかりしてるが…
乳首開発に別の要素を盛り込んでる独特な切り口の作品です。

あやかは主人公に乳首の快感だけでなくメス堕ちの快感も教えようと
まずは催眠パートで恥ずかしい格好をさせて余計なプライドを取り除きます。
そしてエッチは乳首オナニーの開始、停止、いじり方の指示を出しつつ
女学生に見られるイメージやメスに堕ちる命令をします。

普段は優しいけど内面は割とSなお姉さんが乳首開発を手伝うM向けのシチュ
乳首オナニーやアナルの披露で体をほぐしてから軽く暗示を入れるテーマを意識した催眠
いじる部位は乳首と前立腺に絞り込み、そこに命令や言葉責めを盛り込んでイかせる特化型のエッチ。
タイトル通り乳首開発から始まり変態露出プレイに移行するよう作品を組み立ててます。

中でも3番目はものすごく割り切ってると言いますか
おちんちんを完全に切り離して他の部分で気持ちよくなるようにしてます。
乳首オナニーの時間も30分以上はありますし
既に開発してる人なら少なくとも体は気持ちよくなれると思います。

催眠に関しては難しい事に挑戦した結果、上手くいかなかった印象を受けました。
やりたいことはわかるしそれに向けた手段も割といいのに
工夫や配慮が及ばなくて品質が落ちてる感じです。

音声を聴いた限りだとたぶんサークルさんは現代催眠の勉強をされてると思います。
だからこそ言い回しをちょっと変えれば大幅に受け入れやすくなることを
この作品を通じて証明してほしかったです。
同じ意味の命令でも表現を少し変えればびっくりするほどまろやかになります。

絶頂シーンは3回。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:梓乃さん
総時間 1:17:57

オススメ度
■■■■■□□□□□ 5点


体験版はこちらにあります

俺を手コキした手で俺の描いた本を売るのか

サークル「俺だけが得する音声工房」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、素直で積極的なコスプレイヤーが
イベント会場でサークル主にエッチなご褒美をあげます。

全編でバックにガヤ音を流したり
会話やプレイの最中に同人誌を売るやり取りを小まめに挟むなど
イベントらしさを出しつつこっそり責めるシチュ重視のプレイが楽しめます。
イベント会場でコスプレイヤーと
コスプレイヤーの「れいはむっ」に手コキしてもらうお話。

「あ、いらっしゃいませ~ こちらが、今回の新刊になります~」
れいはむっは上品で整った声の女の子。
イベント会場で主人公が作った同人誌を売ってると
少し落ち着いてきたので先日描いてもらったイラストのお礼を言います。

本作品は現実世界の同人イベントでもよく見かけるコスプレ売り子さんが
サークル主のお手伝いをしながら手を使ってこっそり気持ちよくします。
イベント会場でエッチしてる気分を出すために全編でガヤ音を流し
さらに会話の合間に同人誌を売るやり取りを小まめに挟みながらゆっくり進めます。


「だって、好きな人のお手伝いが出来るなんて、すっごく嬉しいし、楽しいじゃないですか!」
彼女は彼に自分のコス写真をイラスト化してもらったのがとても嬉しかったようで
最初から活き活きとした表情で彼に語りかけます。
エッチ自体も彼に迫られて嫌々やるのではなく
とある勝負に勝ったご褒美としてすることを彼女のほうから提案します。

サークル関係者の「こういうことあったらいいなぁ」をそのまま音声化したような作品です。
プレイ自体はゆっくりペースで手コキするだけなのですが
そこに至る過程や責めっぷりがテーマに合ってて臨場感が高いです。
ちなみにこの物語は3部構成になっており、これはその第1部にあたります。

注意事項を終えた次に始まる「02.やっと落ち着いてお話ができますね♪」は
エッチが始まるきっかけを作るパート(約14分間)。
修羅場が終わり一息つけるようになったところで、引き続き同人誌を売りながら彼女と色んな会話をします。

「ね、もし良かったら~…この後、2人でアフターしませんか?」
挿し絵にも描かれてる際どい衣装のこと、いやらしいカメラマンのこと
終了後に行うアフターのことなどイベント特有の話題が多く
その端々から彼女が彼にプラスの感情を抱いてるのが伝わってきます。

さすがに今すぐ付き合いたいほど強烈な感情ではなさそうですが
衣装の下半身を見せたり、先ほどのカメラマンから身を隠す際に
おっぱいが当たっても全然気にしないくらいには親しみを持ってます。

エッチもお金が絡んできますけど、コスプレイヤーにしてもらえることを考えれば少額と言えます。
イベントらしさを出しつつ彼女とエッチできる雰囲気づくりをする重要なパートです。
周りにバレないようにこっそりと
エッチシーンは9パート58分間。
プレイはズボン越しにおちんちんを撫でる、耳への息吹き、手コキ(手袋あり/なし)、耳舐め、お掃除フェラです。
手コキ、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「新刊にもありますよね、手コキのシーン 好きなんですよね~? 手・コ・キ」
同人誌を売る際に主人公が自分のお尻を見て勃起してるのに気づいたれいはむっは
簡単なルールを設けて勝ったらお金をもらい、負けたら手コキするゲームを提案します。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の3パート17分間は焦らし気味に責めるシーン。
「03.勝負しませんか?」で勝負のルールを決めて開始し
「04.負けちゃいました」「05.いじめたくなっちゃうじゃないですか」はご褒美の手コキを断続的に行います。

「オチンチン、大丈夫ですか 可愛そうだから…んっ ズボンの上から、触ってあげますね」
エッチに入っても彼女の優しさはまったく変わりません。
勝負を始めたもののなかなか買う人が来ないのを見てソフトなご褒美をあげ
彼が勝ったら約束通りスローな手コキをしてあげます。

本作品のエッチは大勢の人がいる中でするため大っぴらに激しいことはやりません。
同人誌を売ってる態度を取りつつバレないようこっそり責めます。
その証拠にエッチの最中も同人誌を売るやり取りが何度か入ります。

人によってはテンポが悪く感じるかもしれませんが
リアリティを重視するならこうしたほうがむしろ自然です。
エッチの最中だけ誰も来ないなんてことはまずあり得ませんからね。
イベント会場で手コキされたらどうなるかを忠実に再現してます。

「ね、あの斜め向かいのスペースの売り子さん、こっち見てません?」
手コキの最中に他人の視線を意識させてくるのがそのいい例です。
露出系ではないので強いスリルを味わわせたりはしませんが
安全な場所との違いを出すことで見られる快感を適度に煽ります。
本気でバラす気はありませんし、意地悪よりもサービスに近い位置づけです。

ちなみに「04.負けちゃいました」以降の4パートは手袋あり、なしの2パターン用意されてます。
基本部分は一緒で細かなセリフと効果音に若干の違いがあります。
最後に精液を手袋にぶちまけたいか、彼女の手を直接汚したいかで選ぶといいでしょう。
本項の頭に書いたパート数と時間はこれらの合計で、1視聴あたりのエッチシーンは30分程度です。

残りの2パートはお待ちかねの射精シーン。
「06.ご挨拶みたいですよ?」は別サークル主の海東つかさと話しながら緩めにしごき
「07.いっぱい出しちゃってください」は射精させてから軽いお掃除フェラをします。

「それに…すんすん、結構臭いですよ~、ここにコンビニのウェットティッシュありますから、これで拭いてください」
射精へ追い込む際に息吹きや耳舐めを挟んで上手に応援し
さらに事後は精液の匂いを嗅いで嫌がってないことをアピールします。
エッチで一番大事なシーンだからでしょうけど、セリフや細かな行為に思いやりを感じました。
3部作ということで次のお話にさらなる期待が持てるように締めくくられてます。

このように、他人にバレないギリギリの線でご奉仕するちょっぴりスリリングなエッチが繰り広げられてます。
シチュが魅力の作品
固有の要素を上手に組み合わせて個性を出してる作品です。

れいはむっは自分の絵を描いてくれたことでファンになった主人公に恩返ししようと
イベントの売り子に応募し、自作のコスを用意し、さらに手コキで性欲処理のお手伝いまでします。
そしてその中にガヤ音や同人誌を売るやり取りを挟んでリアリティを出します。

素直で積極的なコスプレイヤーがイベント会場で手コキする魅力的なシチュ
イベントらしさを感じる要素の数々、他人に見られないようこっそり責めて射精させるエッチ。
ストレートなエロよりもテーマ性を大事にしながら作品を組み立ててます。

「えへへ 渡す新刊に精子が付いちゃいそうでした」
最初から最後まで彼女が明るく親しげに接してくれるのも印象的でした。
売り子の仕事をきっちりこなしつつ、彼のおちんちんまでお世話する健気な女性です。
今回は控えめな責めっぷりでしたが、2人きりなら結構大胆になってくれそうな予感がします。

エッチはコスプレイヤーに手コキされてる状況や
誰かに見られるかもしれないスリルといった心のスパイスが充実してます。
手コキ中は効果音が鳴りますけど、バックでガヤ音が流れ続けるためあまりよく聞こえません。
(製品版にはガヤ音なしのバージョンも用意されてます)
言葉責めもできませんし、こういうプレイが好きな人のための作品だと思います。

射精シーンは1回。
くちゅ音そこそこ、淫語とちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

CV:れいはむっ…陽向葵ゅかさん 海東つかさ…涼花みなせさん ゆっきー…柚木つばめさん
総時間 1:27:42(手袋あり 57:52 手袋なし 59:12)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

ビッチ姫の耳舐め魔法!?【バイノーラル/ハイレゾ】

サークル「バブバブの森」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、エッチ大好きな人だけがいる城のお姫様が
新しくやって来た騎士に変わった調教を施します。

耳舐めに著しく特化したエッチをするのが最大の特徴で
エッチシーンの9割以上もの間、両耳からリアルなちゅぱ音を鳴らし続け
さらに中央から別のプレイも同時に繰り出し彼のすべてを快楽で塗りつぶします。
耳舐め魔法で騎士を調教
淫乱城のお姫様アイナのちんちん奴隷になるお話。

「うふふっ こんにちは 騎士さん」
アイナは上品な声の女の子。
昨日すれ違った時に自分の体を見てた主人公に声をかけると
エッチ大好きなことを告げてからちんちん奴隷になるよう命令します。

本作品は淫乱な人だけがいるお城に赴任した彼が
興味を持った彼女に90分以上に渡ってエッチに責められ理性を少しずつ奪われていきます。
挿し絵の通り彼女は自分の口元だけを別に召喚する技術を持っており
エッチ開始3分後には早速それを使って彼の両耳をとろとろにします。

「実はアイナ 耳フェチのための とびきりエッチな魔法 知ってるんだ」
サークルさんが「耳舐め特化音声」とおっしゃられるだけあってボリュームが非常に多く
そのすべてで両耳を舐め続けるため視聴中はちゅぱ音に包まれてるような感覚がします。
具体的にはエッチシーンの9割にあたる81分30秒も行います。

ここまで耳舐めに特化できてるのは一切途切れさせないからです。
彼女が魔法を発動し、自分の口元をふたつ召喚した後は
パートが移動しても彼が射精してもちゅぱ音が収まることはありません。

実際のところ2番目のパート以降は開始直後から両耳舐めが始まります。
その一方で本体は耳舐めを一切せず、フェラやSEXといった他のプレイに専念します。

もちろん質に関しても十分以上のものを持ってます。
全編バイノーラル録音なので臨場感が高いですし、吐息を漏らすと微かな風圧が耳に感じられます。
また「倍速耳舐め」「四倍耳舐め」という他の作品にはないプレイも一部で登場し
そこでは普段以上にハイペース、あるいは高密度の耳舐めが楽しめます。

長時間やると疲れたり頭が痛くなるからいずれも短めに設定されてますが
「ハード路線の耳舐め」という新たな試みがされており個性的です。
シーンによって舐め方を小まめに変えるのではなく、こういう特定の時だけ大幅に変えるようにしてます。

「みんな ちんちん奴隷くんのおちんちんに興味津々だね」
それ以外の要素についてはメイドたちが見守る前でオナニーを披露したり
彼女のちんちん奴隷になる宣誓をするなど、ややMあたりの人が喜ぶシチュと言葉責めを組み込んであります。

きつめのセリフは出てきませんし、最後は彼女が中出しSEXをさせてくれますから
ドM向けと言うほどハードな内容ではありません。
変態性癖を持つ彼をより興奮させるスパイスあたりに抑えられてます。
音の量と密度にこだわったエッチ
エッチシーンは5パート90分30秒間。
プレイは両耳舐め、フェラ、オナニー、アナル舐め、手コキ、メイドたちのオナニー、パイズリ、素股、パンツを被る、SEX(正常位?)、ベロチューです。
服を脱ぐ、オナニー、手コキ、パイズリ、素股、パンツを被る、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ねぇ おちんちん出して? アイナに見せて?」
ちんちん奴隷の話を聞いて主人公が勃起してるのに気づいたアイナは
ひとまずおちんちんを出してもらい、軽くしごいて硬さと熱さを確認します。

エッチはご主人様にあたる彼女が終始リードします。
一番最初の「初めての耳舐め魔法」は2人がこの関係になるいきさつを描いたシーン(約18分)。
彼の反応を見て耳が弱いと判断した彼女が早速魔法を発動させ
両耳舐めとフェラを同時にやってちんちん奴隷の魅力を教えます。

「カリの山がどんどん膨らんでる お姫様にチンコ舐められて チンチンが喜んじゃってるね」
「お姫様の口マンコに精液ぶっかけたい 柔らかい唇にザーメン擦りつけたい」

彼女は彼に命令できる立場にありますが、彼を無理矢理ちんちん奴隷にする気はありません。
だから耳舐めしながらおちんちんの様子を実況したり
年下の美しい女性を自分の精液で汚す快感をくすぐって離れられなくします。
快楽漬けにする感じですから一般的な調教よりも雰囲気はマイルドです。

実際に聴いた限りでは3人(本体+ふたつの口)の連携がしっかり取れてるなと。
本体にあたる中央に実況や言葉責めをすべて任せるのではなく
左右も時折口を離してそれを担当するようにできてます。

耳舐めを頑張りすぎてフェラが疎かになったら抜きにくくなりますからこれは大事なことです。
右が話してる間、左は耳舐めに専念してちゅぱ音を絶対途切れさせないよう気をつけてます。

続く2パート33分30秒はシチュで盛り上げるプレイ。
勤務中に「メイドさん達の前で耳舐めオナニー」は耳舐めオナニー
「メイドにぶっかけ尻舐め耳舐め手コキ」は耳舐め+アナル舐め+手コキをメイドたちに披露します。

「アイナが シコシコって言ってあげるから 騎士さんが射精するとこ みんな見たがってるし」
ここは見られる快感、見せつける快感を織り交ぜて進めるのがポイントです。
淫乱城はエッチな人だけがいる場所ですからメイドも例外ではありません。
彼のおちんちんや射精に強い興味を持つ彼女たちを喜ばせようと
アイナが視線を意識させたり痴態を披露させながら耳とおちんちんを責め続けます。

スリルは大幅に減ってますけど、その分多くの人が聴きやすくなってます。
お姫様が自分からアナルを舐めにいく展開もなかなか珍しいです。
彼の恥ずかしい気持ちを少しでも和らげようとする優しさを感じました。

終盤の2パート39分間は本作品固有の耳舐めが魅力。
「倍速耳舐め魔法でアヘ顔面接」は倍速耳舐め
「脳が蕩ける四倍耳舐め魔法!?」は8個の口で両耳を舐めて彼を完全なちんちん奴隷にします。

「じゃあ そんな悪い子には とっておきの魔法を使っちゃお」
倍速耳舐めは名前の通りスピードがとても速く
一般的な耳舐め音声でする時よりも明らかにハイペースと思えるちゅぱ音を鳴らします。
実際にやってるのか、それとも編集をかけてるのかはよくわかりませんが
あまり聴いたことのないちゅぱ音で新鮮に感じました。
同時に行うパイズリもそれに負けないようパワフルな効果音を鳴らします。

それに対して四倍耳舐めは密度が段違いに高いです。
激しくやると耳や頭が痛くなる可能性を考慮しペースは比較的緩め
代わりに舌や唇を小まめに動かして8つの口に舐められてる感じを出してます。
言葉責めや嘲笑も挟んできますけど、存在感は耳舐めのほうがずっと大きかったです。

このように、耳舐めを中心に据えつつ他の部分に色んな変化をつけたエッチが繰り広げられてます。
新しいタイプの耳舐め作品
音声作品で人気の高いプレイをサークルさんなりにアレンジした作品です。

アイナは淫乱城に新しくやって来た騎士を立派なちんちん奴隷に変えようと
軽い会話を挟んでから耳舐め魔法を使ってまずは耳を気持ちよくします。
そして十分とろけたところでおちんちんも責めて何度も射精させます。

ややSだけど思いやりもある姫様が変わった調教を施すシチュ
エッチシーンのほぼ全部で行う大ボリュームの耳舐め
パートごとにそれ以外のプレイを変え、さらにシチュでも盛り上げる凝ったアプローチ。
最大の武器を存分に活かしたうえで、それに頼り切らないように作品を組み立ててます。

耳舐めは音声との相性が非常に良い反面、サークルさんごとの個性を出しにくいプレイです。
でもこの作品は倍速耳舐め、四倍耳舐めといった独自のプレイを投入し
さらにパート開始直後からちゅぱ音を鳴らす面白い工夫がされてます。

彼女の本体に耳舐めをさせてないのが大きいです。
召喚した口元が舐めるから彼女と会ってエッチを始める前置きをすっ飛ばせるし
両耳を舐めながらおちんちんを責めたり言葉で興奮させることも可能になってます。
結構無茶なことをやってるんだけど、それを設定などできちんと整合させてるのが素晴らしいです。

射精シーンは5回。
ちゅぱ音超大量、くちゅ音多め、淫語それなり、喘ぎ声そこそこです。

おまけは「倍速耳舐めループ」と「四倍耳舐めループ」です。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 1:40:18(本編…1:36:43 おまけ…3:35)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2019年7月3日まで10%OFFの972円で販売されてます。

露出狂のためのマーキング責め調教

サークル「Chastity Fancier(性的禁欲愛好家)」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、上品でSっ気の強いミストレスが
露出をテーマにした変態度の高いエッチを提供します。

シチュとプレイを上手く組み合わせたスリリングなエッチが行われており
前半は放尿、後半は射精と2種類のお漏らしプレイを用意し
その最中に見られる快感と彼女に従う快感をくすぐって心も気持ちよくします。
2つのスパイスで破滅的な快感を
CLUB ドミナンスのミストレス「風祭 サラ」と露出プレイを楽しむお話。

「うふふ いらっしゃい 私を指名してくれてありがとう」
サラは明るくて上品な声のお姉さん。
露出責めコースを選んだ主人公に注意事項を説明すると
これから行うプレイの概要を説明してから本気でする覚悟があるか確かめます。

本作品は現実世界だとまずできないプレイを体験させることを目的に
彼女が70分近くに渡ってドM向けの変態プレイをします。
タイトルを見ていただければわかるように露出を大きなテーマに掲げ
衣服を脱ぐ指示を出したり他人に見られることを意識させてM心をくすぐります。

「自分が今まで積み重ねてきたもの全部 ひと時の快楽のために投げ捨てるの?」
サービスを始める前に彼女が「実際にやらないように」と念押ししてるので
基本的にはイメージの中で楽しむことを想定します。
しかしリードのやり方や心の責め方がどれも本格的で後になるほどゾクゾクします。

一歩ずつ慎重に進めてくれるおかげで多くの人がやりやすく感じるでしょう。
難度の高いプレイだからこそ、よりリアルに楽しめるよう気を配って制作されてます。

露出と並ぶもうひとつの魅力は2種類のお漏らし
最初は尿、次は精液を野外で出すことを指示して異なる快感を与えます。
前者は普通にやったらそこまで気持ちよくならないことを踏まえて露出と濃い目に絡め
後者は焦らしや寸止めといった意地悪な要素を組み合わせて限界まで追い込みます。

実際に放尿する指示が出ますからトイレで聴くのがいいかもしれません。
最後の射精に向けて心身を盛り上げる重要な役割を果たします。
露出で心を、2種類のお漏らしで体を刺激するバランスの取れた作品です。
徐々に追い詰めていくエッチ
エッチシーンは11パート63分間。
プレイは露出、オナニー、耳舐め、放尿、写真撮影、キスです。
写真撮影の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「まずは 服を着た状態で ズボンの中のチンチン 勃起させてみようか」
主人公と人気のない公園へ移動したサラは
ひとまずそこの椅子に座らせ、バレないようこっそりオナニーする指示を出します。

エッチは終始彼女に言われた通り動きます。
前半の6パート32分間は露出のスリルを味わいながら放尿するシーン。
パンツに手を入れてするソフトなオナニーから始まり
彼女の軽い耳舐め、おちんちんだけの露出、その状態でのオナニー、そして放尿と
後になるほど難度の高いものを行い一歩ずつ前進します。

「そんなに激しくオナニーしてたら 周りの人にオナニーしてるってバレちゃうかもよ?」
そして彼女は早速野外プレイならではの言葉責めで興奮を煽ります。
今回は人がいないシチュでの露出なので危険度は低めですが
それでもオナニーや放尿を見られる可能性は0じゃありません。
だから彼が萎縮しない程度に他人の存在や視線を意識させて臨場感を出します。

プレイのほうはオナニーもちょこちょこやりますがそれよりも放尿がメインです。
「おちんちんを出すだけなら立ちションと変わらない」と言って出しやすくし
そのまま3分程度のオナニーをさせてスリルを与え
最後に17分ほどかけて立ったまま→犬のように四つん這いで片足を上げた姿勢でお漏らしします。

「今からさせるのは ただのお漏らしじゃない マゾ犬がするマーキング」
放尿を犬がするマーキングに例えてるのが良いですね。
わざと動物扱いすることで心に快感を与えながら出させます。
オナニーと絡めるのも気持ちよくするためでしょうし
多少の捻りを加えて単なる排泄行為をひとつのプレイとして成立させてます。

それに対して後半の31分間は白いおしっこを出すシーン。
無事マーキングできたご褒美に全裸でのオナニーをプレゼントし
さらにカウントを数えながら寸止めを繰り返して出したくても出せない状況を維持します。

「君が誰かに見つかっちゃうまで 君の人生が終わるまで 永遠におあずけを繰り返してあげる」
プレイだけでも十分M向けですが、ここに露出が加わることで別の魅力が生まれます。
オナニーを長く続けるということはそれだけ見つかるリスクが上がるわけで
彼女もそれを見越して意地悪に振る舞い純粋な快感とスリルの両方を与えます。

前半シーンとは違いオナニーだけを続けますから
これまで消化不良気味に感じてた人も結構気持ちよくなれると思います。
それでいてすんなり射精させないところが彼女らしいなと。
調教の基本である飴と鞭を使い分けて上手にリードします。

ちなみに終盤の射精シーンは2パターンありまして
ソフトverはストレートに、露出狂verは追加の条件を提示したうえでと内容が若干異なります。
射精への持って行き方はほぼ一緒で露出プレイが追加される感じです。
満足できた方は前者、もう少し刺激がほしい方は後者を選ぶといいでしょう。

このように、作品固有の要素を組み合わせたド変態向けのエッチが繰り広げられてます。
シチュで悶えさせる作品
アブノーマル成分が強めの露出プレイをする作品です。

サラは破滅的な快感を味わいたくて来店した主人公を満足させようと
彼が指定した露出責めコースの内容に沿った変態プレイを提供します。
そして露出の快感を与えつつ前半は放尿、後半は射精をさせて体も気持ちよくします。

上品でSっ気の強いお姉さんが変わった調教をするドM向けのシチュ
タイトルの露出を前面に押し出した言葉責め
2種類のお漏らしを順にさせるスリリングかつ恥ずかしいエッチ。
露出プレイをサークルさんなりにアレンジした個性の強いサービスが楽しめます。

「どうオナニーは? さっきまでと違って おちんちん外に出してするオナニーはすごいでしょ?」
中でも露出は晒す部位を序盤は少なめにしてやりやすさを出し
その前後で同じプレイをして違いを味わわせるといった様々な工夫がされてます。
リアリティを追求した内容なのでイメージしやすいのではないかなと。
放尿や射精との絡め方も自然で完成度が高いです。

エッチは放尿をどう見るかで随分変わるでしょうね。
結構人を選ぶ要素なので向き不向きがはっきり出そうです。
オナニーの時間は25分程度ですから途中で暴発することはないでしょう。

射精シーンは2回(1視聴あたりの回数は1回)。
淫語それなり、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

CV:分倍河原シホさん
総時間 1:17:44

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2019年6月19日の24時まで30%OFFの756円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。

ヒトイヌ催眠 ヒトイヌペットとして躾けられる催眠音声

サークル「ヒプノン」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、上品でSっ気のあるお姉さんが
Mな男性に催眠を使った変態プレイを提供します。

人でありながら犬扱いされる快感を追求したサービスが行われており
催眠は全身に特殊な液体を塗り込みながら温感と脱力感を与え
エッチは散歩や犬の芸を通じて見られる快感と見下される快感を膨らませます。
お姉さんの犬になりきって
お姉さんがヒトイヌ化の調教を施すお話。

「ようこそ ここはヒトイヌペット体験の会場なんだけど…あなたはお客さんで 合ってるよね?」
お姉さんは上品で穏やかな声の女性。
ヒトイヌペット体験に興味を持った主人公に確認すると
これからするプレイの内容を大まかに説明します。

本作品は女性に見下されたり人々に痴態を見られる快感を味わわせることを目的に
彼女が90分程度の時間をほぼ半々に分けて催眠とエッチをします。
体験ツアーっぽい設定でサービスするため彼女が彼を痛めつけるシーンは特になく
M男の中に眠る欲求を膨らませてから悶えさせるシチュ重視の責めを繰り出します。

「ヒトイヌプレイっていうのはね 人の腕や脚を折りたたんで本物のワンちゃんみたいにして、ワンちゃんとして躾けられる、そういうプレイだよ」
タイトルになってるヒトイヌとは人でありながら犬のように扱われる存在。
四つん這いになり腕と脚を曲げ4本の足で歩行し
彼女が教える芸を身に着けご褒美にエッチな快感をもらいます。

ヒトイヌについては冒頭の説明パートで簡単な練習をしますから
最初はピンと来なかったとしても次第に掴めるでしょう。
シチュやプレイが国屋敷さんの「マゾ犬ペット化催眠」シリーズに似ています(声優さんも一緒)。
現実世界ではできない変態プレイをやって欲望を発散させるM向け作品です。

ちなみに主人公が体を動かす描写があっても実際にせずすべて脳内で補完します。
その後のシーンも含めて本作品はイメージを主軸に据えたアプローチを行います。

催眠はおよそ34分間。
ベッドに横になって楽な姿勢を取り、まずは彼女が鳴らす音に合わせてゆっくり深呼吸します。

「体からは 意識が抜けている だから空っぽの体は 力が完全に抜けて ぐったりと重くなっている」
「だんだん 体との距離が離れていく 離れて 離れて 重なるところも少なくなっていって」

「きぃーん」という高い音で息を吸い、「ぽーん」というそれより低い音で吐き出しながら
その両方で短い暗示を入れてリラックスさせます。
また少し経つとベッドに寝てる自分をイメージし、現実世界の自分から心だけを離していきます。

本作品はイメージ力が非常に重要となるため、催眠の序盤からそれが膨らむようにリードします。
内容は結構簡単なので余程苦手な人でもない限りついていけるんじゃないかなと。

心身がある程度落ち着いた後はいよいよヒトイヌ化に取り掛かります。
18分ほどをかけて右足→左足→胴体→右腕→左腕の順に特殊な液体を塗りつけ
そのたびに体が温かくなったり重くなる暗示を入れます。

「こうやってぬーりぬりってするたびに あなたの力がもっと抜けて抜けて ふにゃふにゃになる」
「ぬーりぬり」を小まめに言いながら状況説明をするあたりはイメージしやすくて良いです。
しかし肝心の温感や脱力感を与える暗示が少なく
塗られた結果自分がどういう感覚を味わってるかが伝わりにくくなってます。

イメージ主体だから実況寄りにしたのでしょうけど
それを主観的に認識できなければ臨場感が大幅に落ちてしまいます。
もう少し暗示の比重を上げて変化を実感できるように働きかけたほうがいいと思います。
私が聴いた時も残念ながら脱力した感覚はほとんどありませんでした。

「ほら かーっと顔が赤くなって エッチな事 いやらしい事がしたくなって たまらなくなる」
そして最後はエッチに向けた準備として体の感度を強化します。
先ほど塗った液体にはそういう効果があるらしく
ストレートに暗示を入れたりカウントを数えてその感覚を伝えます。

直前の脱力が弱いことを考えれば
このシーンの前に一度大きく深化させる動作を挟んで欲しかったです。
催眠状態が浅い状態でイメージ主体のエッチをしても楽しみにくいですし
有料処女作=サークルの威光がまだそれほどない状況も考えれば多少手厚くしたほうが安定します。

見た目のヒトイヌ化を進めながら技術を行使するテーマに沿った催眠です。
聴き手の心を一度現実から切り離し、イメージの中にあるヒトイヌの自分と繋げることを目的に
長めの深呼吸から入って液体を塗るイメージを交えた分割弛緩法
体が敏感になる暗示と後になるほど普段の自分とは違う存在になるよう導きます。

以前にVOICEROIDを使った無料作品をいくつか制作されてるだけあって
テーマと技術の絡め方や流れの作り方については上手です。
しかし脱力以降のシーンにもっと丁寧さや慎重さが欲しいです。
あそこで暗示をもっと入念に入れていればよりスムーズに進められたと思います。
躾けられる快感と見られる快感
エッチシーンは2パート36分間。
プレイはリードの装着、お散歩、芸を覚える、リード責め、足へおちんちんを擦りつけるです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「それじゃあまずはお散歩 いこっか」
催眠を使って主人公を四つん這いで歩くヒトイヌに変えたお姉さんは
本格的な躾をする前に彼を今いる暗い世界から公園へと案内します。

エッチはご主人様にあたる彼女が言ったことをイメージします。
最初の「しつけ」はヒトイヌとしての心構えを身につけるメインパート(約28分)。
首ではなくカリの段差にリードをつけてから光の差す場所へと移動し
そこからさらに近くの公園まで彼女との散歩を楽しみます。

「だんだん だんだん 私の手が あなたのおちんちんに近づいていって ピタっと触れる そしてあなたのカリ首を 優しく包んで きゅっ」
「全身が性感帯になってるのに 全身余すところなく視線に晒される 背筋はゾクゾク 手も足も快感の電流が走ってもうめちゃくちゃ」

エッチに入った後も彼女は引き続き穏やか。
催眠と同じく何をしてるかわかりやすく語ってイメージ力を膨らませ
光の先にある普通の世界に移動したところから周りにいる人々の視線を感じさせます。

ヒトイヌになった彼は先ほど塗りつけた液体が固まってラバースーツのようになってますが
首から上とおちんちんは丸出しにしてる状態です。
そんな姿を見たら当然人々は注目しますから、その視線を通じて羞恥心を与えます。
一風変わった露出プレイとでも言えばいいのでしょうか、なかなか面白い責め方だと思います。

「ぴくっ ぴくっ ぴくっ 快感が際限なく膨らんで膨らんで もうイク寸前」
公園に着いたところで始まる躾も変わったものばかり。
横になり腹を見せる服従のポーズをしたかと思えば
先ほど取り付けたリールを小刻みに引っ張って彼の敏感な部分を刺激します。
そして絶頂だけは禁止し彼女に従う喜びを教えます。

ただでさえ恥ずかしい格好をしてるところへ
性的に感じたり絶頂する別の恥ずかしさを追加するわけです。
引き続き視線も適度に意識させるなど、様々な要素を使って心をとことん責めてくれます。

もうひとつの「ご褒美」はさらに変態的なプレイ(約8分)。
これまでの躾を無事やり遂げた彼に彼女の足で気持ちよくなる権利を与えます。

「ほら 私の足に負けて もっと情けないヒトイヌになっちゃおう?」
一般的な足コキとは違い彼が彼女の足におちんちんを擦りつけるというもので
手、口、おっぱい、おまんこといったメジャーな部位を敢えて使わず
人々が見守る中でヘコヘコさせてMの欲求を一気に発散させます。

普通の人にとっては屈辱的でしょうけど、属性のある人ならご褒美に感じるのではないでしょうか。
体への責めを弱くする代わりに刺激的なシチュをいくつも用意しドライしやすくしています。

このように、ヒトイヌになりきってご主人様に従う独特なエッチが繰り広げられてます。
シチュは面白いのだが
後半から始まる奇抜なエッチが耳を惹く作品です。

お姉さんは主人公にヒトイヌの醍醐味を味わってもらおうと
まずは催眠を使って手足の動きを封じ、さらに体の感度を上げて普段と別の存在にします。
そしてエッチは散歩や芸の仕込みなど実際の犬に近いことをやらせて羞恥に悶えさせます。

穏やかでちょっぴりSっ気のあるお姉さんがM男を犬扱いする変態的なシチュ
深呼吸と脱力に特化してるイメージ重視の催眠
従う快感と見られる快感を組み合わせて心を盛り上げるタイトル通りのエッチ。
ヒトイヌや躾といった作品独自の要素が光るように作品を組み立ててます。

「ほらっ もっと 溢れ出した快感は止まらない!」
特にエッチはプレイ自体が個性的なものばかりですし
イメージ力が高まってる状況を利用し周りの視線も活用してます。
彼女に一対一で躾けられるよりも見られながらのほうが当然変態度は上がりますから
体をいじらないハンデを補うのに大変役立ってます。
催眠パートとは違い暗示の入れ方やボリュームがしっかりしていて安定感がありました。

絶頂シーンは2回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

エッチは良いのだけど催眠にやや難があると判断し
今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:紅月ことねさん
総時間 1:32:23

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ