同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:露出

   ● キミの乳首、イジめてあげる ~裏アカ配信お姉さん編~
   ● マゾ堕ちの囁き~背徳と羞恥の悦楽~
   ● ドスケベチアガールのエロエロ変態部活動♪~清楚な学園のアイドルはド変態で最っ低な露出狂でした♪~
   ● 催眠動画で生いき生主が生イキする生放送~音声編~
   ● 【時間停止】公共の場で人生のゲームオーバー「時間よとまれ1」~時間停止射精我慢シコシコゲーム~【音声で手コキ】
   ● 男の娘の変態露出女装催眠
   ● チクニー中毒者のつくりかた‐白と黒の悪戯日記‐
   ● 女体化催眠:ドスケベビッチなオタサーの姫 オナニー配信と愛憎のレズ化調教
   ● マゾ犬モデルの羞恥絶頂グラビア撮影会
   ● ドスケベ生徒会長のチ〇ポレッスン~セックスは躾のあとでネ♪




サークル「セツナシロップ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、際どい内容のネット配信をしてるお姉さんが
熱心なファンの1人に通話形式で気持ちいいご褒美をあげます。

タイトル通り乳首への責めに特化したエッチをするのが特徴で
全編を3日に分けてオナ禁もさせながら、緩急をつけた指示でまったく違う快感を与えたり
彼女に見られてることを意識させて心身をバランスよく盛り上げます。

事前に以下のアイテムを用意しておくとより楽しめます(無しでも可)。
アイマスク、薄手のシャツ、濃いめのローション、コンドーム
人気配信者が贈る気持ちいいプレゼント
ソフィーが3日間の乳首オナサポをするお話。

「はい、ということで~、ソフィーのドキドキ生配信でした」
ソフィーは可愛くて澄んだ声のお姉さん。
配信の終盤に差し掛かりお別れの挨拶をすると
視聴者に延長戦を求められたのでその説明をします。

本作品はネット配信や支援型ファンサイトで男性たちの人気を得てる彼女が
その中の1人にあたる彼と通話形式でおよそ60分間のオナサポをします。
彼はファンサイトで一番高いプランに加入するほど彼女を応援してるため
その気持ちに応えようと最初から親しげな態度で色んな指示を出します。

「凄かったなぁ…奥からあふれ出てくるみたいにどんどん出てきて… 出てる間も乳首をくいっ、くいっ、て軽くつまんであげるとそれに合わせてどくん、どくん…って」
今回のテーマは乳首だけで射精させること。
彼女が過去に他の男性を相手にやった出来事を再現しようと
どのパートも乳首とその周辺だけをいじるように言います。
おちんちんを取り出して彼女に見せるシーンはありますが触れることはありません。
乳首の快感をひたすら追求して射精まで持っていく方針で進めます。

乳首を指でぎゅっとつまんだり爪で引っかくのが中心になってるので
どちらかと言えば既に開発してる人向けの内容だと思います。
主人公も乳首オナニーが好きらしいですから開発済みと見るのが妥当です。

それ以外の特徴は射精管理や露出の要素があること。
前者はエッチの各パートが日を分けて聴く設定になっており、それぞれで使うアイテムが多少変わります。
総時間がそれほど長くないのでもちろん通しで聴くのもOKですが
その場合は2~3日オナ禁してから聴いたほうが楽しめると思います。

「あははっ、どうですか? カメラ越しで見られながら自分の乳首いじるの …顔、赤くなってる でも手はしっかり動いて…キミ、えっちなんですねぇ」
後者は2人が同じ場所にいない状況を踏まえて心への責めに力を入れてます。
彼女に痴態を見られる快感をくすぐってくることが多く
終盤には多少の言葉責めや意地悪もして射精を応援します。

彼女のS度はそこまで高くないので罵倒されるとかはありません。
乳首の刺激だけで射精まで持っていくのはなかなか大変ですから
それを少しでも解消するためにこういうことをしてるのでしょう。
サービスの意味合いが強く雰囲気は終始和やかです。

乳首特化のオナサポをするシチュと射精管理や露出を絡めた責め。
シリーズの要所を押さえつつ新しい要素を盛り込んだM向けの作品です。
じっくり追い込むエッチ
エッチシーンは2パート45分間。
プレイは乳首を見せる、乳首オナニー、手ブラです。
エッチな効果音はありません。

「じゃあキミの恥ずかしいヒミツ…教えてくれたお礼に… このまま画面越しにキミの乳首オナニー、見ててあげましょうか」
配信終了後に主人公と一対一で通話してプレイの方針を決めたソフィーは
明日使うものを教えてからひとまず彼の乳首を見せてもらいます。

エッチは終始彼女がリードします。
最初の2パート25分間は乳首射精に向けた準備。
「2:最初の日♪(約5分)」は雑談の後に乳首を見たり軽くいじらせて具合を確かめ
「3:2日目♪(約20分)」はアイマスクを着けさせてから丁寧に指示を出して気持ちよくします。

最初の日はオナサポよりも下ごしらえの意味合いが強いパートです。
彼女に乳首を見られてることを意識させて没入感を与えたり、軽くいじって感度を上げる程度に留めてます。
プレイ時間も短いですから焦らしの要素が強いですね。
彼女の性格や本作品の雰囲気を掴んでもらって2日目以降をやりやすくします。

「…あははっ、良いですよ 乳首押しつぶして…ふふっ そのまま引っ張りましょうか はーいグリグリ~ ぎゅっ、ぎゅっ ぎゅっ、ぎゅっ」
2日目はリードの丁寧さが光ります。
2本の指でぎゅっとつまむ→ソフトに撫でる→手ブラを経由してから再びつまむと
シーンごとに刺激の落差の大きくして別の快感を与えます。
掛け声を常に出すわけではないので完全サポートとまではいきませんけど
何をするか細かく教えてくれるおかげでやりやすかったです。

もちろんここでも彼女に見られてることを意識させます。
自分のすべてを曝け出して快感に没頭できるようにするなど心のケアにも力を入れてました。
彼女の声や態度が優しくて自然と依存したくなる気分にさせてくれます。

最後の「4:お待ちかねの・・・♪(約20分)」はノーハンド射精を目指すパート。
アイマスクを外す代わりに薄手のシャツを身に着け、さらにゴムも装着した状態で乳首オナニーします。

「ほらっ…固くなった乳首を指ですりすり撫でまわしながら徐々に指を立てていって… 爪で…カリカリって ふふふ 左右で交互にカリカリしてみましょうか」
2日目との違いが出るように乳首を爪で引っかく責めを中心に据え
さらに彼女の視線も意識させておちんちんを勃起しやすくします。
またパート中盤ではおちんちんオナニーと乳首オナニーによる射精の違いを
誰にでもわかるイメージを使って説明してくれます。

ノーハンド射精をしたことがある人は少ないでしょうから
簡単なイメージトレーニングを挟んでから本番に突入するのは有効だと思います。
乳首を気持ち良くするだけでなく、色んな方向から応援してくれるところに彼女の優しさを感じました。

パート終盤は体の刺激もさらに上げていきます。
詳しい内容は伏せますが、乳首オナサポでもなかなかお目にかかれない責め方をしてました。
普段よりも煽るような口調で言葉責めするなど、Mな人が興奮する要素を組み合わせて
射精できるくらいのパワーを作り出します。

私がやった時は残念ながらノーハンド射精できなかったのですが
おちんちんが何度もビクビクしてたところを見るといい線までいけてたのだと思います。
どうしても射精したい場合はおちんちんも一緒にしごけば簡単に出せます。
露出や言葉責めを随所でやるから興奮を維持しやすいです。

このように、乳首を存分に気持ちよくしながら射精へ持っていく堅実なエッチが繰り広げられてます。
乳首特化の穏やかな作品
ファンサービスとして乳首オナサポするバランスの取れた作品です。

ソフィーは自分の配信を観たりファンサイトでお金を出してくれてる主人公にお礼をしようと
彼が大好きな乳首オナサポを選び3日に分けて違うプレイをします。
そして乳首のいじり方をわかりやすく教えながら露出や言葉責めも挟んで心身両面を盛り上げます。

優しくてサービス精神旺盛なお姉さんがファンの1人を通話形式でオナサポするシチュ
最初から最後まで乳首の快感を追求してるシリーズの特徴を継承したエッチ
彼女に見られる快感や意地悪される快感を盛り込んで射精へ持っていく配慮。
難度の高いプレイをできるだけ達成しやすくなるように作品を組み立ててます。

中でも2番目はサークルさんの特徴にもあたるので作りがしっかりしてます。
同じプレイをだらだらと続けるのではなく2日目は緩急をつけて感度を上げ
3日目も爪で引っかくプレイを中心に据えたうえで多少の変化を与えます。

開発要素が薄いため乳首を普段まったくいじらない人には不向きに思えますが
よくいじってる人や現在開発中の人なら十分楽しめる内容になってます。
軽い痛みを伴う快感、じんわり湧いてくる弱い快感、ピリッとした鋭い快感など色々味わえました。
ノーハンドにさえこだわらなければ射精も普通に可能です。

射精シーンは1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

CV:来夢ふらんさん
総時間 1:01:07

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年3月23日まで10%OFFの891円で販売されてます。



サークル「被支配中毒」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、大学の同じサークルに所属するSなお姉さんが
後輩の隠れマゾを優しくリードして従順な奴隷にします。

シチュ、言葉責め、体への責めを組み合わせたスリリングなエッチをするのが特徴で
彼女にマゾだと見抜かれ弄ばれる快感、他のメンバーにエッチを見られるかもしれないゾクゾク感を与えながら
Mが喜びそうなセリフを囁き声で言ったり、オナニーの指示を大まかに出して焦らしながら追い込みます。
どぎつい要素はありませんからややMあたりの人でも普通に楽しめるでしょう。
かっこいい後輩の正体はマゾ
北条あまねがソフトな調教をするお話。

「ねぇ 起きてる? ふふっ 起きてるんでしょ?」
あまねはトーンが低く穏やかな声のお姉さん。
サークル仲間との宅飲みで酔いつぶれた主人公に声をかけると
仰向けに寝かせてから「彼の秘密を見抜いてる」と言います。

本作品は弱いM男を叱ったり涙目にさせるのが大好きな彼女が
以前から目をつけてた彼を相手におよそ35分間のエッチをします。
彼は普段どちらかと言うとS寄りに振る舞ってますが本当はマゾ。
その匂いを感じ取った彼女が2人きりになれる状況を作って彼の心を開放します。

「表面の君がいくら取り繕っても 気づいて欲しそうに 私に暴いて欲しそうに 見てたよね」
予想ではなく確信を持って彼がMだと告げたり
エッチ開始後は焦らしや寸止めといったプレイを組み合わせて徐々に追い込むなど
M男を扱い慣れてることがわかる描写が色んなところで出てきます。
しかし彼を喜ばせることも決して忘れず心身両面に快感を与えます。

周りに他の人がいる状況でエッチするのでそれほど大胆なことはやりません。
ほぼずっと囁き声で語りかけながら2人が主従関係を結ぶ様子を描きます。
タイトル通りマゾ堕ちする快感を味わわせる作品ですね。
ドMには物足りないでしょうけど、ややM~Mなら楽しめる内容だと思います。

それ以外の特徴は言葉責めに力を入れてること。
「マゾ」「変態」といったお馴染みのセリフだけでなく
隠れマゾな彼がこのエッチを気分よく楽しめるよう様々な要素を盛り込んでます。

「そんなに気持ちいいの? みんなが起きてくるかもしれない緊張感と そんな場所で私に責められて 我慢汁垂らしちゃう背徳感 欲しかったんでしょ? このひりひりした感じ」
具体的には自分の本性が彼女以外の人物にバレるかもしれないスリルや
全裸になってオナニーしたり射精する露出の快感を適度にくすぐってきます。
彼がマゾを隠してるのはたぶん他人に知られたくないからでしょう。
だからこそやってはいけないことをしたらどうなるかイメージさせて心に強めの刺激を与えます。

彼女は彼を飼い慣らしたいと思ってるので本当にばらすつもりはありません。
そうならないギリギリの線を突いて興奮を後押しします。
リスクがあるプレイの美味しいところだけ抽出するあたりに彼女らしさを感じました。
相手が求めてるものを与えてスムーズに手懐けます。
心身をバランスよく責めるエッチ
エッチシーンは27分間。
プレイは乳首責め、服を脱ぐ、オナニー、〇〇です。
エッチな効果音はありません。

「ねぇ せっかくみんな同じ部屋にいるしさ このままマゾの君を どうにかしちゃいたいな」
主人公の本性を暴いてからエッチを持ち掛けたあまねは
ひとまず服越しに乳首を優しくいじって彼のM度を確認します。

エッチはご主人様の彼女が終始リードします。
最初の11分間は彼の心を掴みながら興奮させる雰囲気作りに近いプレイ。
乳首責めと言葉責めを同時に行い心身両面を少しずつ盛り上げます。

「ほら そのジンジンしてるマゾ乳首 もっと感じるようにしてあげるね」
彼女はM男を弄ぶのが好きだそうですから、過去にも色んな男を調教してるのでしょう。
慣れた手つきで乳首を撫でる、2本の指でつまむ、爪で引っかく、指先でつつくなどをしながら
「くりくり」「かりかり」「ちょんちょん」といった掛け声を出してわかりやすく実況します。
言葉責めもするので完全サポートではありませんが、聴き手が自分でいじることも想定してるように感じました。

続く16分間はやや過激なプレイに挑戦します。
ここまで上着だけ脱いでたのが全裸になる指示を出し
おちんちんをしごかせながらバレる快感や痴態を見せつける快感を煽ります。

エッチで裸になるのは当たり前ですけど、この状況においてはリスクの高い行為です。
もし見つかったらこれまで築いてきた彼のイメージが崩壊するかもしれません。
でもそんなスリルがあるからこそ、実際にやった時の快感も大きくなります。
シチュを活用して興奮させるところにサークルさんのこだわりが見られます。

オナニーはおよそ10分に渡ってゆっくりしごいたり寸止めする割とシンプルなものです。
言葉責め重視の作品でこっちも頑張るとごちゃごちゃしてしまいますから良いと思います。
事前の感度上昇や焦らしがしっかりしてるおかげで予想以上にあっさり抜けました。

このように、彼のM性癖を開放しながら気持ち良くする比較的ソフトなエッチが繰り広げられてます。
スリリングなM向け作品
固有の要素を上手く組み合わせて個性的なプレイに仕上げてるややM~M向けの作品です。

あまねはマゾを隠しながらサークルで活動してる主人公をスッキリさせようと
他のメンバーが酔いつぶれてる時に声をかけ、まずは本当にMなのかを確認します。
そして同意が得られた後は彼を破滅させない程度に追い込んで背徳的な射精を味わわせます。

男を弄ぶのが得意なお姉さんが隠れマゾを優しく調教するシチュ
体への責めはシンプルにして心をがっつり責める言葉責め重視のエッチ
Mなのがバレるかもしれない、他人に痴態を見られるかもしれないスリルを適度に煽る展開。
Mが喜ぶ要素をバランスよく組み合わせて上手くまとめてます。

「今日から君は 私のものだからね」
プレイの最中に彼女がさり気ない愛情を見せるのも印象的でした。
彼を使って遊んだらおしまいではなく、今後も主従関係を続けようとする意志が込められてます。
自分の隠れた性癖を他人に見せるのは勇気がいりますから
それに見合ったご褒美をあげることを意識しながらリードします。
一方的に痛めつけるのとは違うのでM性が低めの人でも聴きやすく感じるでしょう。

この内容なら続編を聴いてみたいですね。
今回は導入っぽいお話ですから、後日2人がどういうプレイをしてるのか気になります。

射精シーンは1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

元からMな人、自分がMなんじゃないかと思ってる人には特におすすめします。

CV:大山チロルさん
総時間 35:17

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
35分で1650円は割高なので-1してあります。



サークル「レジスタンス和歌山」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、学校では人気者で通ってるが裏でド変態なことをしてるJKが
チア部の顧問と協力して刺激的なエッチに挑戦します。

女子更衣室のロッカーに入って密着しながら耳舐め手コキしたり
学校近くの公園で全裸になりお互いの性器をいじり合うなど
現実世界でやるにはリスクの高いプレイをガンガンやってスリリングな射精に導きます。
ドスケベチアガールとする危ないエッチ
チア部に所属する如月るりと4種類のエッチをするお話。

「あっ 先生 お疲れ様です はい 今チア部の片付けも終わったところです」
るりは明るくて可愛い声の女の子。
大会に向けた練習を終えて主人公に挨拶すると
たくさんお話したいから一緒に帰ろうと言います。

本作品は勉強と部活動を頑張りながら危ない活動もしてる彼女が
それを知ったチア部顧問の彼とおよそ120分に渡って独特なエッチを楽しみます。
彼女は物語の開始前から露出趣味を持っており
この日彼が話した不審者に関する情報も驚いたりせずむしろ嬉しそうに聞きます。

「不審者? 学校の周りを最近うろついてる人がいるんですか? へぇ そうなんですね 怖いなぁ …なーんだ バレちゃってたんだ」
際どい格好で歩いてるところを誰かに見られても怯む様子はなく
逆に「それは自分のことだ」とはっきり伝えて彼の反応を見ます。
さらに今までできなかったプレイに挑戦するため彼をパートナーに勧誘します。

露出趣味のJKなんてそうそういませんから
彼女も自分の性癖を受け止められる人を探してたのでしょう。
安全な場所から彼が恥ずかしがったり危険な目に遭うのを観察して楽しむのではなく
彼と同じ立場に立ってスリルと快感を共有する大胆な性格をしてます。

破滅しそうな状況ほど興奮するあたりがかなりの変態だなぁと。

後になるほど彼女が突っ走るので、そのドスケベでド変態な姿がいいオカズになります。
教え子とエッチする背徳感をくすぐることはほとんどなく
彼女が彼とのエッチを純粋に楽しんでるのが伝わってきて雰囲気は結構明るいです。

プレイについては彼女の性癖を色濃く反映させてます。
手コキやSEXといった王道のプレイももちろんやりますが
その環境を作品固有のものに設定して個性と彼女らしさを出してます。
具体的には見つかりそうで見つからない状況や青姦を中心に据えてます。

聴き手が主人公とできるだけ同じ視点で楽しめるよう前置きを長めに取ってました。
体への責めは割と普通なのでシチュを楽しむ作品だと思います。
物語の後半は彼女の心情や乱れっぷりを重点的に描くなど
彼女と2人で露出プレイを楽しんでるのが実感できるようにゆっくり丁寧に進めます。
背筋がゾクゾクするエッチ
エッチシーンは4パート101分間。
プレイはエッチなポーズ、オナニーの見せ合い、ハグ、耳舐め、手コキ、SEX(立ちバック)、キス、露出、性器の相互愛撫です。
オナニー、手コキ、SEX、性器の相互愛撫の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「今日は先生にちゃんと評価してもらうために わざと面積少ない攻め攻めおぱんつ穿いてきました」
露出趣味を主人公に打ち明けた次の日、学校内で彼を呼び出したるりは
チア部の更衣室へ移動してから際どい下着を見せて誘惑します。

エッチは終始彼女がリードします。
前半の2パート49分間はウォーミングアップを兼ねた比較的ソフトなプレイ。
「(2)部室で変態同士のオナニー見せあいっこ♪(約20分)」は2人きりの更衣室でオナニーを見せ合い
「(3)部員に隠れてバレないように背徳密着耳舐め♪(約29分)」はチア部員たちにバレないよう
更衣室のロッカーに隠れてこっそり耳舐め手コキします。

「先生 今からるりのことオカズにして オナニーしてください」
2人は顧問と生徒の関係である程度打ち解けてますから彼女もまったく遠慮しません。
今までなかなか満たせなかった露出願望を彼に叩きつけてスッキリします。
最初は下着を見せながら彼にオナニーさせるだけだったのが
パート後半に入ると我慢できなくなったようで自分からオナニーを披露します。

チア部らしく彼のオナニーを応援するシーンもありますし
アブノーマルなテーマを扱ってる割には和やかな空気が漂ってました。
多少の言葉責めもしますけど彼女が彼を見下すことはほとんどありません。
むしろ自分の痴態を積極的に見せつけて彼を満足させようとします。

「るりの偽おまんこに 中出ししちゃいたいんですね」
耳舐め手コキパートはロッカーの外でチア部員たちが着替えてるので
彼女も囁き声で話したりゆっくりおちんちんをしごく控えめな責め方をします。
至近距離から彼女が話すたびに微かな風圧が感じられてとてもリアルでした。
彼女の手をおまんこに見立てて責めたり、射精時には体にぶっかける許可を与えるご奉仕色の強いプレイです。

でも普通にエッチするだけでは物足りなかったのか
パート終盤から彼女が変わった行動を取り始めます。
教師とエッチしてるのがバレちゃいけないとわかってるのに誰かに知ってもらいたい。
見られる快感や見せつける快感を追い求めてる彼女の変態性が窺えるパートでした。

後半の2パート52分間は前半よりもずっとアブノーマルなプレイ。
「(4)全校生徒に屋上から見せつける、バック本気レイプ♪(約24分)」は学校の屋上で立ちバックSEX
「(5)学校近くの公園でド変態野外露出プレイ♪(約28分)」は公園で服を脱いでからお互いの性器をいじります。

「ね、先生 るりのこと 犯してください」
ここまで来ると彼女の暴走はもう止まりません。
グラウンドで部活動してる生徒たちを眺めながら生ハメ&中出しして露出の快感に酔いしれます。
前のパートが抑えるプレイだったからでしょうけど
ここでは大きめの喘ぎ声をたっぷり漏らすドスケベっぷりが光ってました。

またパート後半に入ると下で練習してる野球部のキャプテンに寝取られ報告をします。
(屋上から主人公とSEXしてることを告げるだけで直接言うわけではありません)
実際に彼と付き合ってるわけではないのですが
背徳的なシチュを作って自分がレイプされてる気分に浸ろうとします。
前半の2パートも含めて聴き手の心を盛り上げる要素が充実してて抜きやすいです。

最もエロく刺激的なのが最後の露出パート。
彼女が普段よく使ってる見つかりにくい場所へ移動し
そこで服を脱いでから近くのベンチに座っておちんちんとおまんこをいじり合います。

「変態同士のセンズリプレイで ゴミアクメイクぅ」
今までで最も過激なプレイをしてるからでしょうけど
彼女も最初から最後までノリノリな様子でエロく情けない姿を晒します。
自分から先に全裸になって初めての露出に気後れしてる彼を引っ張り
お互いの体をいじり合うシーンでは普段よりも下品な喘ぎ声を嬉しそうに漏らします。

途中で近くを通った見知らぬ人に気づいてほしそうな表情をするなど
一時の快楽と引き換えに破滅してもいいと思ってる露出狂の特徴がよく出てます。
体への責めはSEXに比べて落ちてますが、その分シチュが強化されてて同じくらい興奮できました。
喘ぎ声もアヘり気味で彼女が強い快感を味わってるのがわかります。

このように、後になるほど過激なプレイに挑戦する変態度の高いエッチが繰り広げられてます。
明るい露出作品
変わった趣味を持つ女性とスリリングなエッチを楽しむM向け作品です。

るりは自分が持つ露出性癖を存分に満たそうと
そのことを知った主人公を自分の仲間に加え、学校の内外で色んなプレイをします。
そして見られる快感や見せつける快感といった露出特有の要素を多く盛り込み
さらに彼女も一緒に楽しむスタイルにして積極的に痴態を晒します。

露出趣味を持つJKが部活の顧問とアブノーマルなエッチをする変わったシチュ
露出や青姦といった彼女の好みを色濃く反映させた過激なエッチ
彼をぐいぐい引っ張りながら嬉しそうな表情を見せる彼女のドスケベなキャラ。
JKのイメージとは随分違うエッチをとことん掘り下げて個性とエロさを出してます。

「あぁ バレちゃう バレちゃう バレちゃうぅ」
中でも3番目は危機的な状況になるほど感じるぶっ飛んだキャラに描かれてます。
主人公という協力者を得たことで今まで我慢してた部分が解放されたのでしょう。
どのパートも明るく伸び伸びとエッチに取り組んでて楽しんでるのがすごく伝わってきます。

あとは彼女が強い快感を得てるおかげで後半の2パートを中心に純粋なエロさが高くなってます。
アヘり気味の喘ぎ声、寝取られ妄想、中出し&放尿など
恥ずかしい姿や情けない姿を随所で見せてくれます。
露出と鑑賞両方の特徴を持ってるのでSな人でも楽しめるかもしれません。
露出もギリギリの線を突いてますし、嗜好の合う人ならドハマりする可能性が十分にあります。

射精シーンは4回。
くちゅ音多め、淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声それなりです。

CV:涼花みなせさん
総時間 2:03:40

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年1月24日まで15%OFFの1122円で販売されてます。



サークル「いちのや」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、学校に通いながらネット活動もしてる生意気なJKが
リスナーたちから指示を受ける形で過激なプレイに挑戦します。

学校の教室や男子トイレでこっそり公開オナニーしたり
夜の公園でエッチな記念撮影やディルド相手のSEXを披露するなど
やや危険な環境で彼女がたっぷり乱れるスリリングなエッチが楽しめます。

このレビューでは本編を中心に紹介します。
生意気なJKを催眠術で従順に
ネットで生配信してる生田 愛美(いくた まなみ)が恥ずかしい姿を晒すお話。

「あー あー みんな聞こえてる? こんまなー」
愛美は甘くて穏やかな声の女の子。
リスナーからもらったバイノーラルマイクを使って配信を始めると
右手に移動し至近距離から囁き声で話して彼らの反応を見ます。

本作品は満開全席さんというCGを制作されてるサークルさんといちのやさんのコラボ作品。
催眠動画で生いき生主が生イキする生放送~自宅・学校編~
催眠動画で生いき生主が生イキする生放送~公園露出編~」の2作品をひとつの音声にまとめ
一之瀬りとさんが愛美になりきってリアルにお届けします。

製品版にはCG集のセリフをそのまま音声化した「原作CG集忠実版(約27分)」と
原作を音声単体でも楽しめるようボリュームアップした「本編(約88分)」が入ってます。
私はCG集を買わずに本編を聴きましたが違和感は特にありませんでした。
音声だけでも十分抜けるけど、CGもあるとさらに使い勝手がよくなる感じに調整されてます。

ストーリーはいつものようにゲーム配信をしてた愛美が、リスナーの1人が送った催眠動画を再生してしまい
それ以降は彼らの言いなりになって後になるほど過激なプレイに挑戦します。
配信形式なので男性を直接相手するシーンは一切なく
彼女が乳首やおまんこをいじったり、夜の公園で露出する姿を鑑賞するスタイルになってます。

「大人なめんな? 大人とか こんな時間にコミュゲー配信見に来てるのって どうせ可愛そうな暇人ニートばっかでしょ」
「うぅ どうして なんで いくらコメントの言うことだからって まながこんな…あっ」

現役JKだからでしょうけど彼らを「童貞」「ニート」と馬鹿にする生意気な態度を取ります。
しかし催眠動画を見た後はコメントが送られるたびにあっさり従うようになります。
メスガキをわからせるのに近いシチュなのでSな人ほど興奮するでしょう。
オナニーシーンが多いため喘ぎ声の量が多く、オカズとしての実用度も高めです。
配信らしさが出るようにセリフの言い回しや一之瀬さんの演技もこだわってました。

これらをするにあたって多少のスリルを与えてくれるのも本作品の魅力です。
具体的には学校や公園といった公共の場でエッチする時間を長く用意し
さらに学校内だとモブの男子生徒を登場させてオナニーを見られるかもしれない状況に追い込みます。

露出のメリットだけを抽出する感じに制作されてるので
彼女が見つかって犯されたり逮捕されることはありません。
現実世界では難しいプレイをギリギリのところを突く形でリアルにお届けします。
原作者さんがこういうシチュを好きなのだと思いますけど加減が本当に絶妙でした。
JKの乱れる姿をたっぷり拝めるエッチ
本編のエッチシーンは8パート73分間。
プレイはおっぱいを見せる、乳首オナニー(指、口、ヘアピン、リップクリーム)、おまんこを見せる、放尿、オナニー、記念撮影、アナルバイブ責め、ディルド手コキ/フェラ/パイズリ/オナニーです。
服を脱ぐ、放尿、オナニー、記念撮影、アナルバイブ責め、ディルド手コキ/パイズリ/オナニーの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「胸なんてそんなに…あれ? でもコメントの言うことは絶対で もう わかったってば 見せればいいんでしょ?」
配信中に催眠動画に興味を持ち見てしまった愛美は
その直後にコメントでおっぱいを見せるように言われてあっさり服を脱ぎます。

エッチは彼女が指示を受けながらオナニーや露出プレイをします。
前半の4パート40分間は自宅・学校編。
「01 自宅編(約10分)」は自宅での乳首オナニー
「02 学校編(約12分)」は学校の男子トイレで放尿&おまんこオナニー
「03 自宅編part2(約10分)」は再び自宅で10回絶頂するまでオナニーを続け
「04 学校教室編(約8分)」は自分のクラスの教室で教卓を使った角オナニーをします。

「そんな…(乳首)つ、つまんでって言われても いつもより 強くなって はぁ あぁっ」
彼女は自分が催眠にかかるわけがないと思ってるので
コメントの言う通りに体が動いてしまう状況に戸惑いを見せます。
しかし乳首をいじり始めると吐息が熱っぽくなり気持ちよさそうな喘ぎ声を漏らします。
怒ったり泣き出すことはなく割とスムーズにオナニーしてくれました。

彼女が生意気なキャラだからこそ、従順になった時の可愛さや弱さが引き立ってます。
挿し絵の中央や左下に表示されてる赤いコメントが誘導してるらしく
彼女もそれを見るのに合わせてやることを変えていきます。

「えっ 嘘でしょ? さっきまでしたくなかったのに 勝手に漏れちゃう」
もうひとつの魅力であるスリルが加わるのは02パートから。
別の日にわざわざ男子トイレの個室に入って配信を始めた彼女が
その場でM字開脚しておまんこを見せつけたり放尿するエッチで恥ずかしい姿を晒します。
ちょろちょろという音量控えめな水音が流れてなかなかリアルでした。
パート後半では男子生徒が外にいるのにオナニーする刺激的なプレイも登場します。

また彼女が催眠にかかってる状況を活かしてギミックを起点に感じさせる演出もあります。
声を押し殺しながらオナニーに耽る様子もエロ可愛いですし
本作品の魅力が凝縮されてて個性的かつ抜きやすいプレイに仕上がってます。
元がCG集だからでしょうけど、音声作品ではあまり見かけないシチュだなと。

「もう無理ですっ これ以上イったらおかしくなっちゃ…やっ やだやだぁ」
前半で最も激しいプレイをするのは03パート。
自宅でするからスリルがなくなった代わりに彼女が時間いっぱいオナニーを披露します。
10分間で10回の絶頂を目指すため展開が速く、比較的激しい喘ぎ声を漏らしてくれていいオカズになります。
生意気だった彼女がすっかり従順になったりと、エッチな手段でわからせる部分もきっちり果たします。

後半の4パート33分間は公園露出編。
「05 野外露出編①(約4分)」は状況説明してから記念撮影を交えた自己紹介
「06 野外露出編②(約8分)」はサンプル画像4枚目にある猫のコスチュームに着替える
「07 野外露出編③(約4分)」は鉄棒におまんこを擦りつけるオナニー
「08 野外露出編④(約17分)」はディルド相手の手コキ、フェラ、パイズリ、オナニーをします。

「猫に尻尾が生えてるのは 当たり前だけど 散歩してると 余計に震えて お尻で気持ちよくなっちゃうにゃ」
自宅・学校編を通じてアブノーマルなプレイにある程度慣れたようで
以前に比べると抵抗したり生意気に振舞う頻度が明らかに減ってます。
猫の衣装に着替える時はバイブ機能のある尻尾をアナルに挿入して気持ちよさそうな声を漏らし
さらに猫らしく「にゃ」を語尾につけて話す媚びた態度を取ります。

刺激的なプレイを嫌がるどころか求めてるように映りました。
相変わらず暗さや重さを感じる描写もなく割と和やかな雰囲気でエッチを進めます。

この中で最もエロいのは08パート。
公園の遊具になぜかついてるディルドをおちんちんに見立てて色んなご奉仕をします。
恥ずかしがったりためらう様子は見られますけど
一度始まったらどのプレイも積極的にやる結構淫乱な姿を見せてくれます。

「こ、こんな大きさ 怖いのに おまんこ切なくて 止めらんない」
特に一番最後に出てくるディルドオナニーは騎乗位SEXとほぼ同じスタイルになっており
ゆっくり挿入してから体を上下させて気持ちよさそうな声を漏らします。
ここのピストン音をスプリングがギイギイする音で表現してるのが印象的でした。
いけないことだとわかってるのにのめり込んでる彼女も立派な痴女と言えます。

ここまでをまとめると自宅・学校編は彼女がアブノーマルなプレイに溺れる過程を中心に描き
公園露出編はそうなった後の彼女が楽しむ様子を重点的に描きます。
ちなみに配信形式の都合上、明確な射精シーンは08パートにしかありません。
抜ける素材は充実してますから我慢できなくなったら好きなタイミングで出せばいいと思います。
女性のオナニーや喘ぎ声が好きな人なら抜き場が多くて迷っちゃうでしょうね。

このように、ふたつのシーンに分けて彼女の痴態をじっくり拝むS向けのエッチが繰り広げられてます。
変わったわからせ作品
女の子が乱れたり恥ずかしがる姿を色んな角度から表現したエロい作品です。

愛美は自分の生配信を見てるリスナーたちをおもちゃにして遊ぼうと
彼らを小馬鹿にしたり挑発することを言って反応を見ます。
しかし催眠動画を見た後は一気に従順になり、普通の女の子にはとてもできない過激なプレイを積極的にします。

可愛くて生意気なJKがリスナーたちの言いなりになって痴態を晒すS向けのシチュ
生意気だった彼女がどんどん従順に、淫乱になっていくギャップを持たせた展開
彼女のオナニーを中心に据えてそこに露出を絡めたスリリングなエッチ。
JKがやりそうにないことをガンガンやらせて実用性を上げてます。

中でも3番目は配信形式と露出という変わった組み合わせになってて個性が強いです。
配信、露出いずれも単体だと音声でも割と見かけるのですが
両者を組み合わせることによってより刺激的な物語に進化してます。

「まなで おシコリ報告 ありがとう」
それでいて彼女は破滅せず、むしろ幸せそうな表情を見せるのが良いなと。
確かに彼女は生意気ですけど少なくともリスナーたちは魅力を感じてるはずです。
だから彼らの願いを叶えたうえで彼女も満足する路線を歩んでます。
後味もそれほど悪くないですし、一風変わった抜き系作品として上手にまとめてます。

本編の射精シーンは1回(公園露出編の最後)。
喘ぎ声多め、くちゅ音とちゅぱ音それなり、淫語そこそこです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:一之瀬りとさん
総時間 1:55:22(本編…1:27:57 原作CG集忠実版音声…27:25)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年1月20日まで10%OFFの1287円で販売されてます。



サークル「072LABO」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、時間を停止できる不思議なアイテムを持ってるJKが
それを使って普段よりもスリリングなオナサポをします。

シチュを活かしたうえでエロさ高めにリードするのが特徴で
作中でオナニーするシーンがない代わりにシコシコボイスで速度や強さをわかりやすく教え
そこへやや下品な淫語を言ったり彼女と普通にエッチして興奮できる声や音を多めに流します。
時間を止めて街中でエッチ
陽奈(ひな)と4種類のエッチな勝負をするお話。

「お兄さん こんばんは 私の名前は陽奈」
陽奈は明るくて可愛い声の女の子。
主人公に突然話しかけて気持ちいいゲームを持ち掛けると
彼の同意を得てからそのルールを説明します。

本作品はお店や電車といった公共の場所でエッチする感覚を疑似体験させることを目的に
彼女がおよそ120分に渡ってちょっぴりスリリングなオナサポをします。
4つあるステージすべてで彼女の責めを耐え抜いたら勝ち、途中で射精したら負けというルールを定め
パートごとに異なる場所やプレイを用意して上手に揺さぶりをかけます。

「今手に持ってるこれなんだけどね このストップウォッチね なんと時間を止めることができるの すごいでしょ?」
そして彼女はこのゲームをするにあたって時間を止めてから責め始めます。
このストップウォッチは時間を止められるけど彼の快感までは止めることができません。
だから時間を止めた後はおちんちんを普通に責めて射精を我慢できない状況へ追い込みます。

停止中は声を上げたりオナニーを緩めるのも禁止と
通常のオナサポよりもやや厳しい条件が設けられてます。
他にも周りにいる女性をオカズにするシーンがあるなど作品独自の要素を上手く使って進めます。

「出てきたよ チ・ン・ポ チンポさんは 今こんな状態ね」
それ以外の全体的な特徴は純粋なエロさをやや上げてること。
「チンポ」「おまんこ」といった淫語を言う、プレイの時に効果音を鳴らす
終盤にはSEXパートをふたつ用意して喘ぐなど
普通のエッチに近い作りにしてオナサポの弱点を補ってます。

サークルさんが元々持ってる特徴も受け継がれてます。
彼女のセリフとシコシコボイスが同時に流れるおかげでオナニーしやすいですし
ステイフィールド、ヘンタイといった過去作で何度も出てきた要素も入ってます。

未視聴の方向けに簡単な説明をすると、ステイフィールドは全ステージ内で3回だけ使用できるもので
これを宣言したら即座にオナニーを休憩できます。
そして彼女がヘンタイと言ったら効果が切れてオナニーを再開します。
どのステージも休憩時間が短く設定されてますから
ステイフィールドを使うタイミングによってクリア難度が結構変わります。

JKが街中で時間を止めてからエロさ高めに責めるシチュと実用性に配慮した作り。
奇抜なことに挑戦しつつ安定性も持たせたややM向けの作品です。
緩急をつけて暴発を誘うエッチ
エッチシーンは7パート91分間。
プレイは手コキ、パンツを見る、足コキ、69、フェラ、素股、SEX(騎乗位、正常位)、放尿、耳舐めです。
手コキ、足コキ、素股、SEXの際に控えめな効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「止めちゃおっか 時間」
事前に説明と9分程度の練習で今回するオナサポを理解してもらった陽奈は
ハンバーガーショップへ場所を移して最初のゲームを行います。

エッチはごく一部を除き彼女が責め続けます。
ゲーム前半の2パートはウォーミングアップに近いやや抑えたプレイ。
ステージ1(約15分)はJKが沢山いるハンバーガーショップで手コキ
ステージ2(約18分)は家族連れのいるショッピングモールで足コキと69をします。

「丁度お兄さんの目線からパンツ 見えそうだね 良かったじゃん 女子校生を見ながらシコれるなんて」
彼女もさすがにこの時点で彼を負かそうとは思ってないようです。
4秒1コキ~2秒1コキの緩いペースを中心に据えてじっくり快感を与えます。
そしてハンバーガーショップではJKのスカートをめくりパンツを見せてあげます。

野外でエッチすることから露出もそれなりに絡んでくるのですが
本作品の場合は周りが全員彼らに気づかない状況ですから
見られる快感や見せつける快感はあまりありません。
公共の場でエッチする新鮮さを楽しみながら危害を与えない程度に悪戯します。

またシコシコボイスは速い→遅い→速いと緩急をつけてくることが多いです。
同じペースでしごき続けたら快感に慣れてしまいますから
こうしたほうが気持ちよくなりやすいし射精の我慢も難しくなります。
一気に追い込まない代わりに後半へ向けて確実にダメージを与える方針で進めます。

ステージ2はステージ1と状況が近いですけど
パートの後半に彼女もパンツを脱いでおまんこを見せつけるシーンがあります。
彼だけでなく彼女も一緒に楽しむからこのエッチを「ゲーム」と呼んでるのでしょう。
言葉責めもほとんどしませんし、M向けのシチュでも雰囲気は結構穏やかです。

後半の2ステージは彼を負かすことを意識した内容。
ステージ3(約16分)は地下鉄内での手コキ
最終ステージ(約17分)はスクランブル交差点の真ん中でするSEXと
より公共性の高い場所で過激なプレイを楽しみます。

「ねぇ どっちにかけたい? OLさんの黒ストッキング? それとも 女子校生の紺色スカート?」
4秒1コキからスタートするところは前半と一緒ですけど
それ以降の平均ペースがどちらも上がっており体への刺激が強くなります。
シチュを活かした言葉責めも健在で、ステージ3では目の前に座ってる2人の女性に対し
おちんちんを近づけてぶっかけさせようとする背徳的なアプローチをします。

前半でステイフィールドを1度も使わなかった人も
たぶんこのへんから使わないと厳しい状況に追い込まれると思います。
パート終盤にはカウントを数えてタイミングを取ったりと
音声をよく聴いてる人が出しやすくなる罠がいくつも用意されてます。

クリア難度が最も高いのはもちろん最終ステージ。
周りに100人以上いる超過密エリアで堂々と騎乗位SEXに励みます。

「あのね 陽奈思うの こんなところでSEXした人なんていないと思うの」
彼女の言う通りこんな場所でSEXしたら確実に捕まります。
だからこそ敢えてやって彼の興奮を一気に高めます。
これまでとは違いお互いに責め合うプレイなので喘ぎ声がそれなりに漏れますし
シコシコボイスのペースもかなり速くてここまで我慢してきた人でもきつい部類に属します。

本作品はとにかく射精感を抑える機会が少ないですから
ステイフィールドをどれだけ残し、どうやって使うかが試されるパートと言えます。
純粋なエロさも割と高くて私が聴いた時もきつく感じました。

このように、色んな要素を組み合わせて徐々に追い込む歯ごたえのあるエッチが繰り広げられてます。
バランスが取れてる作品
シコシコボイス、シチュ、エッチな声と音を使って心身両面を責めてくれる作品です。

陽奈は主人公に普段よりもずっと刺激的な体験をさせようと
お店や街中といった家以外の場所で時間を止めておちんちんを責め始めます。
そしてその様子を落差のあるシコシコボイスやシチュを活かした言葉責めで聴き手にも味わわせます。

明るくて大胆なJKが時間停止をテーマにしたオナサポをする音声では珍しいシチュ
シコシコボイス、ステイフィールド、ヘンタイといったルールを組み合わせた丁寧なリード
周りにいる女性をオカズにしたり彼女とSEXするエロさを高めに設定したエッチ。
オナニーのやりやすさだけでなく個性や興奮のしやすさにも気を配って作品を仕上げてます。

中でも3番目はオナサポの宿命と言いますか
指示重視だとどうしても雰囲気が淡白になる点をきちんと解消してます。
彼女も一緒にこのゲームを楽しもうとしてるのが大きいです。
ステージ2では自らおまんこを見せつける、最終ステージでは生SEXとサービスしてくれます。

でもこれは裏を返せばかなりの試練とも言えます。
ゲームで勝つには全ステージを射精無しで切り抜けなければなりません。
JKと生ハメしてても射精できないのは美味しいようで辛い状況です。
餌を与えて勝ちをもぎ取ろうとする駆け引きの要素も込められてます。

射精シーンは1回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声そこそこです。

実用性が高くて風変わりなオナサポを聴いてみたい人には特におすすめします。

CV:雨宮涼さん
総時間 2:13:54(本編…2:02:18 PRボイス…11:36)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年10月19日まで20%OFFの880円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



サークル「国屋敷」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、声も態度も穏やかなお姉さんが
催眠を交えたアブノーマルなエッチで主人公の願いを叶えます。

他人に女装姿を見られる快感や見せつける快感に力を入れたエッチが行われており
催眠パートは深化させてから化粧や女装する様子を聴き手視点で丁寧に実況し
その後は街中に出て多くの視線に晒されたり公開オナニーして気持ちいい絶頂を迎えます。
女の子になりきって街に出よう
お姉さんに催眠をかけられ街中を歩いたりオナニーするお話。

「お邪魔するね あなたの願望 叶えに来てあげたよ」
お姉さんは明るくて穏やかな声の女性。
音声を聴く際の注意事項や環境を簡単に説明すると
催眠を使って主人公がやりたがってる女装を叶えます。

本作品は普段と違う自分になりきって変態プレイを楽しむことを目的に
彼女がおよそ100分かけて催眠誘導や独特なエッチをします。
彼のリクエストに合わせて前半の催眠パートは女の子気分を膨らませることに注力し
後半のエッチはそれを活かしたアプローチで2種類の絶頂を味わわせます。

「ショートパンツに 足を通す きゅっと股間を包み込む感覚に ズキンとおちんちんが疼く」
催眠音声では女体化がすっかり定着してますが、作中で彼の体を女性に変える描写は一切ありません。
男の体のまま化粧をし、ウィッグを着け、女の子の服を身に着けて街へ出ます。
女装シーンに30分くらい時間を割いてますから内容は非常に丁寧です。
単に見た目を変えるだけでなく、そのことに喜びを感じるようにリードしてくれます。

エッチは見られる快感や見せつける快感といった露出プレイに特化してます。
終盤で軽くオナニーするシーンがありますけど、それ以外は通常のプレイを一切やりません。
誰かに女装だとバレるかもしれないスリルを与えて心を上手に盛り上げてくれます。
シチュで興奮させるタイプですから属性が合う人なら強烈な快感が得られるでしょう。

催眠状態を深めてからじっくり時間をかけて女装する催眠と視線でイかせるエッチ。
国屋敷さんが得意とされてる変態要素を多く盛り込んだM向けの作品です。
扉に例えて心を開閉する催眠
催眠は2パート47分間。
仰向けに横になって目を瞑り、まずは深呼吸や体の脱力で催眠に入りやすい状況を作ります。

「すーっと 肩が軽くなる 十分ほぐれてたと思ってたのに さっきよりもずーっと軽い 軽くて気持ちいい」
最初の「3 導入(約16分)」パートは催眠をかけることに専念してるので女装はまだ出てきません。
深呼吸は「吸ってー 吐いてー」の合図を小まめに出してリズムを取り
脱力も肩、腕、足、頭など全身を主要なパーツに分けてそれぞれに軽さと重さを伝えてました。
頭以外は軽さで頭だけは「沈む」を多めに言う深化を見据えたアプローチです。

シナリオ担当が普段の国屋敷さんとは別の方のようですけど
多少暗示が少ないことを除けば手堅く組み立てられてます。
セリフを区切りながら穏やかに語る紅月ことねさんの演技も相まってリラックスしやすいです。

本作品固有の要素が出てくるのは導入パートの終盤から。
心の中にあるドアをイメージし、それを閉じて催眠状態をさらに深めます。
ちなみにドアが登場するシーンでは毎回開けたり閉じる音が鳴ります。

「ドアが閉まる 鍵がかかる あなたの思考のドア もう開かないね だから何も考えられない」
「思考が止まる」とストレートに言われてもイマイチわかりにくいですから
こうやって別のものに例えて直感的に聴き手へ伝えます。
この扉のイメージは今後のシーンでも何度か出てくるので
繰り返していくうちにどういうものか徐々に掴めると思います。

次の「4 深化(約31分)」はいよいよ本題の女装に取り掛かります。
場所を自分の部屋から電車の中へ移し、彼女に化粧してもらったり
降りた駅のトイレで衣服を着替えて街に出る準備を整えます。

「抵抗のドアが閉まる 体から抵抗が薄れていく」
時間に余裕があるからでしょうけど、いきなり化粧を始めるのではなく
まずは女装に対する抵抗心を取り除くところから入ります。
お姉さんの言うことを素直に受け入れられる暗示を入れることもあれば
先ほどとは違うドアを用意し、それを閉じて感覚を変えることもありました。

そしてメイク開始後はその様子を細かく実況しながら
生まれ変わっていく自分に喜びを感じさせて気分を晴れやかにします。
化粧水を塗ってからアイシャドウを使い、リップライナーで見た目を整えるなど本格的な内容です。
パート終盤には着替える様子を主観的に表現して臨場感を出してますし
本作品の鍵になるシーンなだけあって前のパートよりも描写に力を入れてます。

催眠状態をある程度深めてから女装に移るテーマ性の強い催眠です。
聴き手の見た目を女の子に変えたうえでそれに幸せを感じさせることを目的に
導入パートは深呼吸、脱力、扉のイメージを交えた深化でスムーズに落とし
深化パートは心のケアもしながら化粧や女装する様子を丁寧に描きます。

深化パートでもう少し催眠を深める動作を加えたほうが安定するような気もしますが
全体の流れや各パートでやることはしっかりしてて作品の世界に浸りやすいです。
女装に力を入れてる点も女体化との差別化ができてて良いなと。
男性の自分を残したまま別の存在へと生まれ変わらせることに成功してます。
心と体をゾクゾクさせるエッチ
エッチシーンは33分間。
プレイは街中を歩く、ステージに上がる、カウントによる絶頂、公開オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
途中で服を脱ぐ指示が出ることはありません。

「普段は 服で隠れてる肌を 直接 お日様や風が撫でていくの 舐めていくの 気持ちいいね ゾクゾクしちゃう」
長めの催眠で主人公を女の子とほぼ同じ姿に変えたお姉さんは
一緒に街を歩きながら彼が味わってる感覚を語ってスリルと興奮を高めます。

エッチは彼女が語るイメージを聴いて絶頂を目指します。
最初の26分間は雰囲気作りをしながらドライオーガズムを迎えるシーン。
駅から出て街の商店街に向かい、そこで偶然やってたイベントのステージに上がって多くの視線に晒されます。

「1歩進むたび ブラジャーの内側で 乳首が擦れる 1歩進むたび パンツの中で おちんちんがビクビクする」
「羞恥心のドアを開く 心臓が大きく跳ねる かーっと全身が熱くなる 急に恥ずかしさがこみ上げる」

街中を歩くだけですから普通に考えれば全然エロくありません。
でも自分が女装してることや、それを不特定多数の人に見られてる状況を使ってドキドキさせます。
さらに別のドアが登場したりと、本作品が持つ様々な特徴を総動員して心を責めてくれます。

このシーンは体に触れる指示が一切出ませんから
絶頂する時は股間よりも脳に強い快感が湧いてくるでしょう。
羞恥やゾクゾク感といった弱めの刺激を積み重ねて追い込んでくれます。
催眠の段階からイメージ主体の誘導だったのもこれを成功させるためだと私は見ています。

残りの7分間は実際にやったら確実に捕まるプレイ。
ステージに上がったままおちんちんを取り出しオナニーもして背徳的な射精を味わいます。

内容は長めのカウントを数えてる間自由にしごき続けて0で出すシンプルなものですが
ここまで作り上げてきた状況と公開オナニーによって予想以上に興奮できました。
やってはいけないことをした時の快感はやはり強烈です。
精液を観客にぶちまける展開も含めてドライの時よりも各要素の刺激が強化されてます。

このように、露出の強みを活かしながら2種類の絶頂を味わわせる変態プレイが繰り広げられてます。
シチュ重視の作品
現実世界ではできないことを仮想体験させてくれるアブノーマルな作品です。

お姉さんは主人公の女装願望を無理のない形で叶えようと
まずは催眠を通じて別世界へ案内し、そこで女装して街を歩いても大丈夫な状況を作ります。
そしてエッチは見られる快感や見せつける快感を小まめに刺激し
さらに最後は公開オナニーまでさせて心と体をスッキリさせます。

穏やかなお姉さんが女装趣味の男性に刺激的なプレイを提供するM向けのシチュ
手堅い技術で落としてからイメージ主体の女装でなりきらせる目的を見据えた催眠
多くの人々に自分の体や痴態を見られる様子を通じて興奮させる変わったエッチ。
催眠音声だからこそできることを積極的にやって個性の強い作品に仕上げてます。

中でもエッチは体への責めを最小限に留めて
心をがっつり責めるチャレンジ精神旺盛なリードをします。
初めての女装によるドキドキ感、それを他人にバレるかもしれないスリル
おちんちんどころかオナニーや射精まで見られる快感など色んな成分が詰め込まれてました。

催眠の時点からイメージ重視だったおかげで
私が聴いた時はその場の様子が頭の中に自然と浮かんできました。
絶頂感も頭のほうが強かったですし、セルフありですけどドライも楽しめる内容になってます。

絶頂シーンはドライ1回、射精1回。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:紅月ことねさん
総時間 1:44:29

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2020年9月23日まで50%OFFの660円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。



サークル「MayThird」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、会員制のクラブで働いてる双子の催眠術師が
そこへ迷い込んできた男性を使って恥ずかしくて気持ちいいショーを披露します。

乳首と前立腺を刺激してドライオーガズムを目指すのが特徴で
前半はボイスドラマ形式で催眠の準備と雰囲気作りを行い
後半は左右同時に暗示を入れながら乳首オナニーと前立腺マッサージをして絶頂へ追い込みます。
お客の前でする乳首オナニー
白と黒に催眠をかけられステージで乳首オナニーするお話。

「ねぇねぇお兄さん こんなとこで寝てたら風邪ひいちゃうよ?」
白と黒は若干声質の違う穏やかな声の女の子。
作品のコンセプトや音声を聴く際の注意事項を手短に説明すると
ユウロウアン(漢字で書くと「遊楼庵」かな?)で寝てる主人公に声をかけて誰か尋ねます。

本作品はストリップやSMなど性に関する様々なサービスをやってるクラブで
そこに所属する彼女たちが70分ほどを使って彼に気持ちいい催眠を施します。
彼は何らかの事情でここへ迷い込んだらしく、通常ならつまみ出されることになります。
しかし2人はそれじゃ可愛そうだと思い自分たちの助手としてショーに参加させます。

白「良かったら 私たちのショーのキャストとして 出演してみませんか?」
黒「そうそう 普段は抑制しているものを発散できるからって 結構人気あるんだよ」
妹の白は丁寧語で話すしっかり者、姉の黒はフレンドリーでややいい加減と
性格に多少の違いを持たせたうえで連携を取ってリードします。
双子のい・い・な・り」のように高度なアプローチをかけることはないものの
一部のシーンで2人いなければできないことをやってくれます。

またサークルさんが「催眠ボイスドラマ」とおっしゃられてる通り
冒頭の20分間は彼女たちのことや背景説明といった前置きに費やされてます。
そこで催眠と呼べることはほとんどしませんが、本作品はショー催眠をテーマにしてるので
こういう形で雰囲気作りをするのは有効だと思います。
お客に呼びかけるシーンもあったりして通常の催眠とは違う要素が見られます。

エッチはタイトルにもなってる乳首オナニーに力を入れてます。
エッチシーンの80%近くにあたる24分もの時間を用意し
優しく撫でる、爪で引っかく、2本の指で挟んでこねるといった責め方をしてドライを目指します。
また途中からお尻の筋肉に力を入れて前立腺を刺激する指示も出ます。

オナサポのように掛け声を出していじらせるタイプではなく
開始、中断、終了のタイミングや大まかないじり方を教える緩いリードです。
おちんちんに一切触れないことを考えると乳首開発済みな人のほうが向いてます。
催眠に上手く入っていれば胸のあたりが熱くなったりピリピリするでしょう。
ボイスドラマ形式を活かした催眠
催眠はおよそ13分間。
楽な姿勢で目を瞑り、まずは簡単なストレッチや深呼吸で気持ちを落ち着けます。
そして最後に白と黒が左右から暗示を同時に入れて催眠状態を一気に深めます。

黒「次で最後だよ ぐぐぐーって体を伸ばして」
白「伸びている体を 意識してください」
黒は指示、白はその際のコツとセリフの内容に違いを持たせ
両腕を伸ばしたり腰をゆっくり持ち上げるのを数回繰り返します。
「主人公が協力的でやりやすい」と褒めるなど、信頼関係の構築も意識してました。
2人が催眠を本格的にかけるのはステージに上がった後なのでここは軽めに済ませてます。

黒「お兄さんの体は 私の声に合わせて自然と動いてしまいます 意識的、無意識的にも 私の声を聞いてしまうようになります」
次の暗示は左右から畳みかけるような暗示を同時に入れるなかなか濃いシーンです。
これ以前がずっと片方ずつしゃべってたからこそ、人によっては軽く混乱するかもしれません。
作中でも教えてくれますがどちらか片方を聴くようにするのが良いでしょう。

作品に関する雑談をしてから誘導する変則的な催眠です。
双子の指示や暗示を受け入れやすくすることを目的に
軽い運動や深呼吸をしてから2人いる状況を活かした暗示を入れます。

ドラマパートは催眠と直接関係ありませんがリラックスや没入感を高める効果があります。
だから最後の暗示を聞いた時に全身がずーんと重くなったりビクビクする人はいると思います。
事前に片方だけ聞く指示を出すことで、もう片方の暗示を入りやすくしてるのがポイントです。

通常の催眠よりも催眠色を随分薄めてあるので
どちらかと言えば初心者よりも経験者のほうが入りやすいんじゃないかなと。
双子形式をもう少し活かしてればより良い催眠になったでしょう。
お客の前で自分を曝け出すエッチ
エッチシーンは31分間。
プレイは乳首オナニー、お尻に力を入れる(前立腺マッサージ)です。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
途中で裸になる指示が出ます。

黒「こんな優しそうなお兄さんが 私たちから催眠術をかけられて 乳首オナニー好きのド変態になっちゃうんですから」
軽い前口上をしてから主人公をステージに上げた白と黒は
それを見てる観客に語りかけながら彼に乳首の感度が上がる暗示を入れます。

エッチは2人に言われた通りに乳首をいじります。
前半の15分間は絶頂に向けて心身を温めるシーン。
紙のように薄い衣服を着た彼の感度を上げた後に乳首をいじらせ
さらにおちんちんも晒して純粋な快感と見られる快感を同時に高めます。

黒「お兄さんはだんだんと乳首を触りたくなっていきます」
白「乳首は気持ちいい性感帯 だってお兄さんの乳首はとっても敏感な淫乱乳首だから」
そしてここでも催眠の終盤にやった左右同時の暗示が登場します。
言い回しは違いますがどちらも似た意味のことを言ってました。
他のシーンでも気持ちよくなる暗示を小まめに入れたりと
ショー催眠らしく技術を駆使して気持ちよくしようとします。

乳首オナニーはエッチ開始から4分後くらいにいじる指示が出て
最初はフリースタイル、次は爪の先で優しく引っかく
さらに親指と中指で乳首をつまんで優しく擦る、と数分間隔でいじり方を変えます。
片方と両方どちらかは言われないので好きにしていいのでしょう。
時間が長めに取られてるおかげで結構気持ちよかったです。

後半の16分間は絶頂に向けてさらに追い込みます。
ほぼ全裸の格好にしてからチンチンのポーズをさせて羞恥を煽り
乳首オナニーと前立腺マッサージを組み合わせて少しずつエネルギーを蓄えます。

白「くるくる さわさわしてるだけで 乳首がすごく気持ちいい 前立腺も疼いて 自然と力が入っちゃうかもしれませんね」
前立腺マッサージは息を吸うのに合わせて力を入れ、吐く時に脱力する簡単なものです。
作中では「お尻の筋肉を収縮させる」と言ってましたが
前立腺を刺激するならPC筋(おしっこを止める時に動かす筋肉)のほうが良いと思います。
繰り返すうちに会陰のあたりがシュワシュワパチパチしてきます。

ただこの内容だと股間よりも乳首のほうが気持ちいいでしょうね。
彼女たちの暗示が乳首を気持ち良くすることを重視してるからです。
終盤のカウントに合わせて軽く絶頂したのですが、その時も胸や脳が起点になってました。
アナルや前立腺を開発してる人なら多少は変わるのかもしれません。

このように、おちんちん以外の性感帯を重点的に責めるタイトル通りのエッチが繰り広げられてます。
乳首好きなら
サークルさんが得意とされてる要素をやや変わった視点で描いてる作品です。

白と黒はクラブに迷い込んだ主人公を無事に出してあげようと
これから自分たちがするショー催眠の助手に指名し、控室で簡単な催眠をかけます。
そしてショー開始後は乳首オナニーを見せつける露出プレイを味わわせます。

双子の催眠術師が男性に催眠をかけて恥ずかしいエッチをさせるややM~M向けのシチュ
ドラマパートを経由してから左右同時に暗示を入れて操作する変わった催眠
乳首を長めにいじらせながら暗示でサポートするアブノーマルなエッチ。
乳首系の作品をよく制作されてるMayThirdさんの特徴が色濃く出てます。

中でもエッチは「チクニー中毒者」の名の通り腰を据えてできるように作られてます。
大まかな指示を出してから好きにやらせる流れも緩くて良いです。
前立腺についてはアネロス(エネマグラ)を使わないことや
それに関する暗示が少ないことから乳首オナニーの補助役と見るのが妥当です。
乳首を開発してる人ならやってもやらなくてもドライ絶頂できるのではないかなと。

催眠については内容が結構独特なのでかかりやすさにムラがありそうです。
乳首で気持ちよくなるのが好きなら止めたりはしませんけど
そうでないなら催眠慣れしてる人のほうが満足度は高くなると思います。

絶頂シーンは2回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

CV:浪実みおさん
総時間 1:13:49

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
2020年9月23日まで50%OFFの385円で販売されてます。
その場合の点数は7点です。



サークル「しりあるヒプノ」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、同じ大学に通ってる穏やかで積極的な女の子が
催眠をかけて昔のエッチな体験を呼び起こしたりレズプレイの素晴らしさを教えます。

後になるほど女体化やレズ化が進むようにエッチするのが特徴で
催眠はある程度深化させてから女体化の手始めだけ行い
その後はパートごとにシチュを変えながら主観視点で描いて主人公になりきりやすくします。
初心者向けの丁寧なリードをしますから、女体化作品を聴き始めたばかりの人でも楽しめるでしょう。
女体化の弱点を巧みに克服
催眠音声を聴きながら3種類のエッチをするお話。

「ねぇ 今日もサークルの集まりに行く?」
女の子(挿し絵右)は明るくて優しい声の女の子。
主人公にこれから催眠をかけてくれるCDを聴く予定だったことを確認すると
プレイヤーを取り出し一緒に聴く準備をします。

本作品は奥手だった女子が新しい快感の扉を開く様子を疑似体験させることを目的に
彼女がおよそ80分に渡って催眠をかけたり変わったエッチをします。
作中では催眠音声を聴く設定になってますが、そこで流れる声は彼女とほぼ一緒です。
またエッチはパートごとに時期の差を設け、自分が歩んできた道を追体験する流れで進めます。

最大の特徴はエッチを通じて女体化を強化すること。
催眠をかけ、女体化誘導し、エッチする通常の女体化作品とは違い
2番目と3番目をほぼ同時にやることでエッチの量を確保しつつ総時間の短縮に成功してます。
実際のところエッチシーンは総時間の約半分にあたる40分ほどです。

これより総時間が短い、あるいはエッチの割合が高い作品ももちろんあります。
でも催眠に時間を割く必要がある関係でエッチが淡白になってるとか
逆にエッチを頑張りすぎたせいで催眠が疎かになってるといった弱点を抱えてます。

催眠にちゃんとかかれて、女性気分も味わえて、尚且つエッチも楽しめるから凄いと言うわけです。
女体化作品を数多く制作されてるサークルさんだからこの問題を解消できたのでしょう。
繰り返し聴いて楽しむことも考えればこれくらいの時間が丁度いいです。

「そう 自ら望んで積極的に催眠にかかりたい姿勢があれば 状況は違えど ぽんぽんと言葉は体と精神に行き渡ります」
それ以外の特徴は全体的にリードが丁寧です。
例えば催眠を始める前に催眠のことを軽く話して心構えを身に着け
その後も何をするかはもちろん、合間にちょっとしたコツを教えて入りやすくします。
エッチも実況、主人公の心情、感覚を伝える暗示をバランスよく配置してました。

「エッチを通じて女体化する」と聞くと難しく感じるかもしれませんが
実際は音声を聴いてれば勝手に主人公と同じ視点になります。
リラックスしながら音声に集中してればエッチの情景が自然と浮かんでくるでしょう。
私個人は女体化の中でも初心者向けの作品だと思ってます。
納得させながらかける催眠
催眠はおよそ22分間。
ベッドや布団に寝てまずは肩を上げ下げする運動をして筋肉をほぐし
さらに深呼吸を繰り返して心のほうも落ち着けます。
ちなみに目は開ける/閉じるどちらでもいいそうです(後で閉じる指示が出ます)。

「すーっと吐きながら肩をすーっと下ろして 力がすーっと抜けていきます」
「それほど自然に行われている呼吸を 意識的にゆっくりと深く行う深呼吸は 非日常への入り口でもあるのです」

肩の運動はカウントを数えて力を入れる/抜く両方のタイミングを教え
深呼吸は事前に何故するのかを話して前向きな気持ちにするなど
本作品の丁寧なところが早速発揮されててやりやすいです。
もちろん暗示も適度に入れてくれますからリラックスと脱力を実感できます。

深呼吸は最初にやる回数を指定し、1回ごとにカウントや暗示の内容が変わります。
催眠慣れしてる人なら最後の1回をやった時に軽い落下感がするかもしれません。
シンプルな技法を堅実に行使する初心者にも優しい誘導です。

お次は催眠状態をさらに深めつつ女体化の手始めに取り掛かります。
すべすべで繊細な指に体を撫でられてる様子をイメージし
女の子が言った部位に意識を向けて全身を隅々まで脱力します。
そして最後に時計の音に耳を傾けて女子校に通ってた頃の自分に戻ります。

「すーっと変化が固定化していく 体中女子校時代のものになっていく」
女体化作品では男性の体を女性に変えるアプローチをよくしますが
本作品は主人公が元々女性だった設定がされてます。
そしてその様子を主観的に描くことで聴き手の心と体を徐々に重ね合わせます。

最初のうちは違和感があるかもしれませんけど
ある程度聴いてればだんだんそれが当たり前の心境になっていきます。
時計の音を使ったのは時間を巻き戻すからでしょう。
約3分間音だけを鳴らして自分の内面に意識を向けやすくします。

エッチに向けた環境づくりに専念してる比較的高品質な催眠です。
聴き手の心と体を主人公に近づけることを目的に
肩に限定した漸進的弛緩法から入り深呼吸、イメージを交えた分割弛緩法
そして時計の音を使った沈黙法と古典催眠の技術をベースに誘導します。

このパートでは女体化をあまりやらないのでそちらはピンと来ないかもしれません。
でも催眠にはしっかり入れるので後々実感できる準備はできてます。
単に技術を行使するのではなく、合間に説明を挟んで受け入れやすくする配慮もされてます。
私が聴いた時も脱力感、意識のぼやけ、温感が味わえて心地よかったです。
新たな性癖に目覚めていくエッチ
エッチシーンは3パート40分間。
プレイは図書館でのオナニー、オナニー配信、女の子とのレズプレイ(手マン、キス、乳揉み)です。

オナニー、手マンの際に音量控えめな効果音が鳴ります(無しも選択可)。
セルフはありません。

「エロ本ではないもの それは性に目覚めた女の子にとってはとっても強烈で ついつい誰が来るかもわからない図書館なのに あそこに手が伸びていく」
1人で図書館にいる時に偶然他人の性行為を描いた本を見つけた主人公は
生々しい光景に思わず興奮し、その場でおまんこを慰め始めます。

エッチは主人公の視点で各プレイを疑似体験します。
一番最初の「03深化しながら図書館オナニーと女体化」は女体化を定着させるパート(約5分)。
パンツ越しにおまんこをいじり、少し経つとカウントを数えて1回目の絶頂を迎えます。

「あそこが熱い あそこが痺れる こんな危ないところでオナニーするなんて いつもより感じる」
女体化を定着させると言っても特別なことはやりません。
聴き手が女性になりきれる言い回しを心がけながら暗示を入れて快感を伝えます。
実況が結構緻密で行為の様子が頭の中に自然と浮かんできました。
図書館でこっそりオナニーするシチュもそれに上手く役立ってます。

絶頂シーンはありますけど、このパートはイかせるよりも作品世界に引き込む意味合いが強いです。
回想形式にして聴き手が実際にいじらなくてもよくする配慮がされてます。

次の「04オナニー配信」はさらに踏み込んだプレイ(約16分)。
図書館でしたオナニーにすっかりハマった主人公が
今度はネットにリアルタイムで配信しながらオナニーしてより強い刺激を求めます。

「カメラの前でM字に脚を広げると 数人の視聴者から 次々とコメントが私に対して飛んでくる それがさらに恥ずかしいことをたくさんの人に晒している実感となって マゾ的な快感が大きくなっていく」
公共の場とはいえ1人きりの安全な状態だった図書館オナニーとは違い
今回は不特定多数の人たちに見られる快感を加えてより気持ちよくなれるようにします。
最初は数人だった視聴者が100人、1000人と増え
そこにコメントを読む声も挟んで配信らしさを出してます。

感度を上げる暗示も入れてきますけど、それよりシチュのほうが大きいプレイです。
恥ずかしさを感じつつおまんこを一心不乱にいじる彼女の姿もエロいです。
時間が十分取られてますし、ここで1回目の絶頂を迎える人は多いと思います。

最後の「05愛憎のレズ化調教」さらに進んで今のお話(約19分)。
目の前にいる女の子と直接絡んで今度はレズの快感に目覚めます。

「股間全体に気持ちよさが響き渡る なのに直接的な刺激じゃないからイけない」
女の子は同性なので当然女の感じるところをよく知ってます。
だからいきなりハードな刺激を与えたりせず、まずは焦らしてより気持ちよくなれる準備を整えます。
意地悪と見ることもできますけど、主人公に女同士の良さを教えたかったのではないかなと。
じっくり溜めてから終盤に大きく1回イク流れもドライを迎えやすくて良いです。

04と05パートの序盤に再度深化させるのも印象的でした。
絶頂を迎えて催眠が浅くなるのを防ぐ役割を果たします。
ややアブノーマルなプレイをきめ細かなリードできっちり楽しみやすくしてます。

このように、プレイとシチュを組み合わせて責める臨場感のあるエッチが繰り広げられてます。
個性と機能性が高い作品
催眠、エッチいずれもコンパクトにまとまってる作品です。

女の子は主人公に自分が過去に味わったエッチな体験を再度味わわせようと
催眠を通じて昔の自分やその時の感覚を呼び起こし
さらにエッチの前半で綿密に実況してほぼ同じ視点で気持ちよくします。
そしてそれらが終わった後は自ら責めてレズの魅力を教えます。

女の子が用意した催眠音声を聴いて新しい性癖の扉を開くややM~M向けのシチュ
説明を挟みながら催眠を丁寧にかけ、女体化はエッチと並行して進める変わった作り
パートごとに異なる性癖を用意し、それとプレイを組み合わせて絶頂へ追い込むエッチ。
女性になった気分や女性の快感をできるだけ長く忠実に楽しめるよう仕上げてます。

中でも2番目は女体化作品の弱点を効果的な手段で克服してます。
男性から女性に変えるアプローチもそれはそれでわかりやすいのですが
本作品のように最初から女性だった設定にして、徐々に視点を合わせるアプローチも有りだと思います。
セリフの表現や各要素のバランスが練られており最後まで熱中しながら聴けました。

エッチは最初は女体化の定着、次は露出性癖をくすぐる、最後はレズ化調教と
パートごとに異なる特徴や目的を持ってます。
私個人はオナニー配信が最も刺激的でイキやすかったです。
逆にレズ化調教は名前の印象よりもプレイ、雰囲気ともにソフトでした。

絶頂シーンは4回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

CV:涼花みなせさん
総時間 1:22:28

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2020年5月6日まで30%OFFの847円で販売されてます。



サークル「ヒット&アウェイ」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、声は穏やかだけど性格は割とSなお姉さんが
元々M性を持ってる男性を本格的なマゾ犬へと調教します。

見られる快感を上手に煽りながら少しずつ屈服させるマイルドな調教が行われており
どのシーンも彼の気持ちに配慮したうえでやる気と興奮を盛り上げるセリフを投げかけ
撮影時は恥ずかしいポーズを取らせながら何度もシャッター音を鳴らして露出性癖を満たします。

音声を聴く前に以下のアイテムをご用意ください。
必須:マスクとコンドーム 任意:首輪とローション
身も心も裸にする撮影会
雑誌の企画担当をしてるキリシマ ミカに恥ずかしい姿を撮影されるお話。

「そこのお兄さん? はい、貴方のことです」
ミカは上品で落ち着いた声のお姉さん。
街中で偶然見かけた主人公に声をかけると
雑誌のモデルを探してることを告げてからその詳細を教えます。

本作品は現実世界ではまずできない破滅的な快感を味わわせることを目的に
彼女が90分ほどをかけて彼と一対一の撮影会を開きます。
S女向けの雑誌に掲載する写真を撮るために行うので彼女が彼に触れるシーンは一切なく
パートごとに異なるポーズを取らせながらシャッター音を頻繁に鳴らして見られる快感を煽ります。

「次は恥ずかしがり屋の女の子みたいに乳首と股間を両腕で隠すようなポーズをとってみましょうかぁ。片腕でおちんちんを隠してぇ、もう片方の腕で両乳首を隠すんです」
序盤は全裸、中盤は犬の真似、終盤はオナニーと後になるほどハードな題材を要求し
そのひとつひとつに丁寧な指示と合図を出して撮影会らしい雰囲気を作ります。
シャッターを押すたびに声の位置が移動するあたりもこだわってるなと。
彼女のほうからお願いした背景があるのできつい描写はほとんどなく雰囲気も結構穏やかです。

中盤以降は誰かに見られたら社会的に死ぬレベルの行為をいくつもやりますから
見られたり見せつけるのが好きな人ほど興奮できるでしょう。
屈辱感や破滅する快感もくすぐってきますが、それと同じくらい本当の自分を曝け出せた開放感も得られます。

もうひとつの魅力は最中に行う言葉責め。
彼がこの撮影会を良い気分で終えられるように様々なセリフを投げかけます。

「弊社では...そして私は...あなたのような可愛いマゾ犬さんは歓迎しますよ」
「せっかく自分がマゾ犬だと心から自覚することができたんですから、生ぬるかった普通の人生では絶対に味わえない快感を思う存分貪りましょうねぇ」

例えば会った直後のシーンでは彼がMだと見抜いたうえで歓迎する態度を取り
モデルの本契約を結ぶまでは撮影したデータを削除できると言って参加しやすくします。
そして撮影開始後も決して無理な要求はせず少しずつ過激なプレイに持っていきます。
彼が興奮し始めたらマゾ犬に堕ちることのメリットを強調するなど、Mが喜ぶツボをよく心得てます。

最終的に彼は奴隷になるわけですが、愛玩動物に近い位置づけなのでひどいことはされません。
心の底で露出や女性に飼われたいと思ってる男性の願いを叶えるだけです。
彼の意志を尊重しながら柔らかいアプローチをかけてくれますし
一定以上のM性を持ってる人なら彼女に対して嫌な気分を抱くことはほぼないでしょう。
最初から言ってしまうとこの言葉責めがかなり秀逸です。

女性に恥ずかしい姿をたっぷり撮影されるシチュと聴き手をもてなす言葉責め。
体よりも心への責めに力を入れてるM~ドM向けの作品です。
見られる快感から飼われる快感へ
エッチシーンは7パート70分間。
プレイは写真撮影、エッチなポーズ、土下座、犬の真似、首輪の装着、ゴムの装着、オナニーです。
写真撮影の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「それでは撮影を始める前にマスクを付けましょうか」
撮影会のことを軽く説明し、主人公が乗り気なのを見てホテルの一室へ案内すると
ミカはひとまずマスクをつけた状態で局部を隠した写真を撮り彼の緊張をほぐします。

エッチは終始彼女に言われた通り行動します。
序盤の2パート16分間はマゾ犬に堕ちるための準備。
「3.脱衣」は3種類のポーズを順に撮影し
「4.契約」はお試しから本契約へ移るにあたってとある儀式を行います。

「どれどれ~~おちんちんはどうなっちゃてるのかなぁ? うふふ、やっぱりもう興奮しておちんちん膨らませて透明な汁をお・漏・ら・し、しちゃってましたねぇ」
彼女は過去に何人もの男性へマゾ犬調教を施してるので焦ったりはしません。
彼が抵抗を感じないよう一歩ずつ前進する形で恥ずかしさのレベルを上げ
さらにシャッター音を小まめに鳴らしつつ見られてることを意識させて興奮を煽ります。
語尾をちょっぴり上げるしゃべり方も程よい嗜虐性があって良いです。

「思い出してみてください。あなたが正式にマゾ犬デビューした瞬間を撮った写真は全部削除されてしまうんですよ。それってすごくもったいないと思いませんかぁ?」
最初の山場にあたる契約はメリットを強調する形で進めます。
お試しで終われば普段通りの生活を送れるけど、もう二度とこんな快感は味わえないかもしれない。
メリットとデメリットを天秤にかけたうえで前者が勝るように働きかけます。
そして無事契約できた後は軽いご褒美をあげて頑張りに応えます。

無理矢理そうさせるのではなくきちんと対価を与えてるところが素晴らしいなと。
飴と鞭をあげながら2人の上下関係が自然と定着するようにリードします。

続く2パート24分間はマゾ犬モデルへの第一歩。
「5.犬」は犬ならではのポーズや鳴き真似をさせて羞恥心を煽り
「5.5.首輪」は予め用意した首輪を装着してより犬らしい格好になります。

「マゾワンちゃんいい子だねぇ~ ほぉらもっと媚びた表情してぇ~」
契約を結んだ後も彼女の態度はまったく変わりません。
これまでと同じく事前にわかりやすい指示を出して何をすればいいか教え
開始後はシャッターを押しながら褒めるセリフを小まめに投げかけて良い気分に浸らせます。
最中に「可愛い」と何度も言ってくれるなど、現実世界の犬みたいに甘やかすことを心がけてます。
でもやってることはかなりアブノーマルですから結構ゾクゾクするでしょうね。

首輪を装着するシーンは犬になったことを強く自覚させてくれます。
首輪を持ってる人はさすがに少ないでしょうしタオルやベルトで代用するといいです。
このパートの最後に外す許可が出るのでわざわざ用意する必要はありません。
でも実際にやってみたほうがずっと興奮できると思います。

終盤の3パート30分間はご褒美にあたるシーン。
「6.コンドーム装着」でゴムを装着し、「7.自慰行為開始」はフリースタイルでのオナニーを行い
最後の「8.射精」はカウントに合わせてゴムの中に勢いよく吐き出します。

「自分が情けなくて救いようの無い負け組の雄なんだということを噛みしめながらぁ、快楽の誘惑に負けてぇ、おちんちんをいじくりまわすんですよぉ?」
ゴムを装着した後に犬らしいポーズを取り
そのまま射精の許可が出るまでオナニーを続ける割と緩いプレイです。
シコシコボイスや効果音は流れませんから本当に自由にやっていいのでしょう。
彼女は恥ずかしさや惨めさを煽る言葉責めをガンガン言って応援します。

シャッター音を他よりも多く鳴らすことも含めて心への責めが充実してました。
オナニーする時間が11分ほどしかないので、2日以上貯めてから聴いたほうが無理なく出せると思います。
羞恥心や堕ちる快感が加わってるからでしょうけど射精時の快感は普段よりも強かったです。

作品を聴いた感想ですが、アプローチの方向性が予想と違ってて面白かったです。
聴く前は見られる快感や見せつける快感といった露出系の責めを手厚くやると思ってたのですが
実際はそれとマゾ犬になる快感や女性に飼われる喜びを組み合わせてあります。

単に露出性癖を満たすだけなら恥ずかしいポーズを取らせたうえで
見られてることを強く意識させれば事足ります。
でも本作品はそこにマゾ犬化の要素を加えて心をさらに堕落させようとします。
簡単に言えば撮影が彼を調教する手段に位置付けられてるわけです。

シャッター音が頻繁に鳴るので見られるスリルやゾクゾク感ももちろん味わえます。
でも先ほど会ったばかりの女性に手懐けられ、犬扱いされる快感のほうがずっと強かったです。
撮影会としての臨場感を出す工夫もちゃんとされてますし、適性がある人ならドハマリする可能性を秘めてます。

このように、見られる快感と堕ちる快感を組み合わせた個性的なエッチが繰り広げられてます。
気持ちよく破滅できる作品
心をじっくり丁寧に責めながら射精へ持っていくシチュ&言葉責め重視の作品です。

ミカはマゾ犬モデルの素質を十分過ぎるほど持ってる主人公を手懐けようと
まずはお試しの形で比較的ソフトな撮影をしてその醍醐味を教えます。
そして無事契約できた後はよりディープなプレイを提供しそこから離れられなくします。

声や態度は上品だけど性格は割とSなお姉さんがM男を変わった手段で調教するM向けのシチュ
パートによって異なるポーズを取らせてシャッター音を何度も鳴らす撮影会らしい責め
嫌な気分を抱かせないよう配慮しながら少しずつマゾ犬に堕とす巧みな言葉責め。
撮影会とマゾ犬調教を上手く組み合わせてMの快感を存分に味わわせます。

「はぁ~~いいですよぉ~~最っ低ですよぉ~~ とっても惨めでかわいいですよぉ~~」
中でも3番目は彼を良い気分に浸らせながら立派なマゾ犬に変える重要な役割を果たします。
惨めな気持ちにさせるセリフと甘やかすセリフをバランスよく振り分けてあって
最初から最後まで嫌な感覚を抱くことなく聴けました。
サークルさんがこういう性癖を持ってらっしゃるからでしょうけど
自分がされたら嬉しいと思うことを忠実に音声化してます。

全体的に事前の説明が多い関係でややプレイのテンポが悪くなってるかなぁとも感じましたが
処女作の時点でここまでのものを制作されてるなら十分素晴らしいと思います。
明確な個性を既に持たれてますし、今後さらなるご活躍が期待できそうです。

エッチは体への責めが淡白な代わりに心をがっつり責めてくれます。
精液を多少溜めた状態で聴きさえすればきっちり射精できるでしょう。
見られる快感、犬扱いされる快感、破滅する快感とM向けのスパイスが豊富です。

射精シーンは1回。
シャッター音多め、淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 1:33:56

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年3月6日まで10%OFFの1188円で販売されてます。



サークル「パースペクティブ少女幻奏」さんの同人音声作品。
昨年12月に処女作を出されたばかりの新しいサークルさんです。

今回紹介する作品は、見た目は上品だけど内面はドスケベな生徒会長が
自分の痴態を盗撮した男子生徒を変わった手段で躾けます。

彼女が持つアブノーマル性癖を前面に押し出した変態プレイが行われており
悪さをした彼を自分の奴隷として調教しながら
やや下品な淫語をガンガン言う、オナニーを見せるといったご褒美をあげて心を引き寄せます。
露出シーンを多めに用意して興奮させるのもポイントです。
生徒会長とするスリリングな遊び
城ヶ峰綾乃と5種類のエッチをするお話。

「あぁ はぁ はぁ ふふっ はぁーあ 今日も来ちゃった」
綾乃は上品で穏やかな声の女の子。
ある日の放課後、荒い息遣いで教卓の上に乗ると
この様子を見られることをイメージしながらオナニーします。

本作品は表向きは真面目な生徒会長だけど本性はド淫乱な彼女が
自分の痴態を偶然見てしまった彼をおよそ80分に渡ってエッチに調教します。
教室内、体育館、屋上、学校近くの公園、そして生徒会室とパートごとに場所を変え
現実世界でやったら破滅するレベルの刺激的なプレイを楽しみます。

「おまんこ おまんこいいっ おまんこもっとぬるぬるして させてっ」
一番の魅力は彼女のドスケベさ。
音声開始直後から淫語を連呼しながら一心不乱にオナニーし
その様子をロッカー内で盗撮した彼を発見した後も変わらぬ態度で責めたり乱れます。
彼女の性格をわかりやすくするために全編を通じて淫語の量が多めです。
上品な声から繰り出される「チンポ」「マンコ」といった言葉の数々が股間に響きました。

彼女は変態性癖を持ってるのでエッチの内容もアブノーマル路線です。
調教中は一部を除いて彼のおちんちんに貞操帯を着けて射精を制限し
自分の脱ぎたてブラで体を拘束したり、オナニーを見せつけてもどかしい気分を与えます。
また物語の中盤ではわざと野外でエッチして見られる快感を煽ります。

「ねぇ 気づいた? ここ 校庭から見上げると ばっちり見えちゃう位置なんだよね」
彼女自身が露出プレイ大好きなので、その魅力を彼にも教えようとするわけです。
一緒にスリルを味わう形ですから意地悪さはそれほど高くありません。
自分の変態性癖を受け止められる男性に出会えてむしろ嬉しそうでした。
最後には十分すぎるほどのご褒美をくれますし、飴と鞭を上手に使い分けて彼を躾けます。

見た目と性格に大きなギャップのある彼女のキャラとアブノーマルなエッチ。
キャラとプレイの両方に個性をつけてるM向け作品です。
シチュとプレイで興奮させるエッチ
エッチシーンは5パート67分間。
プレイは綾乃のオナニー、乳首責め、フェラ、貞操帯装着、写真撮影、体の拘束、綾乃の裸体鑑賞、耳舐め、公園での散歩、キス、SEX(騎乗位)です。
服を脱ぐ、オナニー、写真撮影、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「うわぁ それにあなた 超ギンギンじゃん もう粘っこい涙まで流して」
スマホのシャッター音で誰かいることに気づいた綾乃は
ロッカー内にいた主人公を軽く問いただしてから勃起したおちんちんを口で味わいます。

エッチはご主人様にあたる彼女が終始リードします。
一番最初の「01_わたしのド変態ローションオナニー…見てたでしょ?」は2人が主従関係を結ぶシーン(約16分)。
前半は彼女のオナニーを鑑賞し、後半は乳首責めからのフェラで1回目の射精に追い込みます。

「どうしよう もう私の口 あなたのケダモノチンポで汚されちゃったよ」
普通なら怒ったり恥ずかしがる状況なのに彼女はまったく動じません。
いつも通りの落ち着いた態度で彼に近づき、うっとりした表情で生のおちんちんを観察します。
フェラも軽く舐めてから咥え込み、口で絞るようなちゅぱ音を鳴らしますし
射精シーンは口で受け止め精液に汚されたことをむしろ喜びます。

本作品は彼女のドスケベっぷりが一番の魅力ですから
序盤でそれをはっきり出しておくのはとても有効です。
それでいてきっちりご主人様になれる材料を揃えるのも彼女らしいなと。
さらなるアブノーマルプレイに進むための重要な役割を果たします。

続く3パート39分間はもうひとつの魅力である露出プレイが光るシーン。
「02_体育館のステージで…ドスケベストリップだよ?」は体育館でのオナニー鑑賞
「03_屋上で…勃起ちんぽ露出して?」は屋上での耳舐め
「04_公園で課外レッスン…犬になってチンチンして?」は公園で犬の真似をする、とどんどんエスカレートします。

「ねぇほら 見て 見て? 私のJKマンコ つるっつるのパイパンなんだよ?」
彼女は普段生徒会長をやってるだけあって人心掌握が上手です。
だから射精を禁止する代わりに体育館ではおっぱいやおまんこを見せつけてご褒美をあげます。
見られれば見られるほど息が荒くなるのも印象的でした。
彼を言う通りにするのと同時に彼女自身も楽しむ方針でエッチを進めます。

「いい? チンチン …ん? 聞こえなかった?」
この中で変態度が最も高いのは公園パート。
深夜の公園に彼を全裸で待機させ、自身はノーパン姿で現れ散歩やチンチンをさせます。
そして後半は彼女がオナニーを披露し彼が無事我慢できるか確かめます。
わざわざ自分も危ない橋を渡ろうとするところにドスケベさを感じました。
彼にSEXをおねだりするシーンもあったりして心の強さが試されます。

そうやって彼を無事躾けられた後はタイトル通りSEXのご褒美をあげます。
2人きりになれる生徒会室へ彼を招待しひとつになります。

「いっ あぁぁぁぁぁぁ すっごぉい 何これ 熱い あつぅい」
彼と同じく彼女もこの瞬間を待ちわびてたのでしょう。
いつでも挿入できるようにおまんこの部分が穴開きになってるパンツを身に着け
挿入した瞬間に気持ちよさそうな声を上げて絶頂します。
ピストン開始後もキスを挟みながら思い切り乱れてくれたりと
これまで意地悪してきたことへの謝罪も込めて彼を存分にもてなします。

01パート以来ずっと射精を禁止されてた状況も相まって
最後は満たされた気分で普段よりも多く射精することができました。
サークルさんもこの射精をどれだけ充実したものにするか考えてプレイを組み立ててるのだと思います。

作品を聴いた感想ですが、やはり彼女のキャラがすごく立ってました。
最初のパートからドスケベっぷりがわかりやすく表現されてますし
調教中も彼だけに辛い思いをさせず、恥ずかしい気持ちを共有しようとします。
そして最後はこれらすべてを補って余りあるほどの熱いSEXをします。
オナニーを見られたからご主人様になっただけで性癖はSではなくかなりのMです。

中盤のパートが体よりも心への責めを重視してるので、そのへんはやや人を選びそうですが
「露出」という大きなテーマを掲げて異なるプレイをしてくれます。
02~04は気持ちを盛り上げる、05は抜かせるとはっきり役割分担してます。

このように、作品の持ち味を活かしたアブノーマルなエッチが繰り広げられてます。
変態向けの作品
お嬢様と変態プレイを楽しむ変わった切り口の作品です。

綾乃は主人公が自分の性癖を受け止められるか試そうと
フェラで1回抜いてからわざと射精を禁止し色んな露出プレイをします。
そして無事耐え抜いた後はおまんこを使って気持ちよく中出しさせます。

見た目は上品だけど内面はかなり下品な生徒会長が男子生徒を躾けるM向けのシチュ
淫語をガンガン言ったり痴態を見られるほど興奮する彼女のドスケベキャラ
飴と鞭を使い分ける巧みな調教。
Mな人が興奮し気持ちよくなれるように作品を組み立ててます。

「クソマゾ変態奴隷の子 種付けされてりゅぅ」
中でも彼女は露出や汚されることに快感を覚えるキャラに描かれてます。
タイトルが「ドスケベ」となってたのでエッチな事は事前に把握してたのですが
やることが予想以上にぶっ飛んでて楽しみながら聴くことができました。
意地悪とご褒美のバランスも良く、最後はきっちり気持ちよくなれます。

あとは彼女も一緒に露出するシーンがあるおかげで
ドM向け作品に比べるとM度がやや下がってます。
スリルを与えるだけで破滅することもありません。
現実世界だとできないことを積極的にやって射精時の快感を上手く押し上げてます。

射精シーンは2回。
淫語多め、くちゅ音とちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

CV:天知遥さん
総時間 1:18:52

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年1月23日まで10%OFFの990円で販売されてます。

↑このページのトップヘ