同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:陽向葵ゅか

   ● 同棲彼女のセックスおねだりボイス~朝までどっぷり種付け~
   ● 優しいように感じられる双子の耳舐めオナニーサポート
   ● 天使と悪魔の堕とし方~何回逝っても終わらない~
   ● あまあまいじめりょかん
   ● (全バイノーラル)うち…お兄ちゃんのこと、ばり好いとーよ!~遊びに来た、いとこと連休にイチャイチャしちゃった件~完全版(後編)
   ● (全バイノーラル)うち…お兄ちゃんのこと、ばり好いとーよ!~遊びに来た、いとこと連休にイチャイチャしちゃった件~完全版(前編)
   ● ふたご妹のささやき☆スローオナニー ~愛しのお兄ちゃんに最高の射精を~
   ● 内緒の隠れ家 裏・あまえた樓 彩華【超リアル仕様】
   ● 快楽絶頂ソープランド2~アリサとさゆり編~
   ● 天使と悪魔に堕とされる~終わらない搾精ボイス~


同棲彼女のセックスおねだりボイス~朝までどっぷり種付け~

サークル「甘とろ屋」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、甘えん坊で積極的な同棲彼女が
愛する人と色んなエッチをしてより深い関係になります。

プレイ中にキスを多めに挟んだり、終盤には妊娠覚悟のSEXをするなど
仲の良さを感じる描写を多く盛り込んだあまあまなエッチが楽しめます。
同じプレイでも状況に応じて音を切り替えてくるのもポイントです。
同棲彼女の大胆なおねだり
同棲中の彼女とエッチするお話。

「あっ おかえりー 今日も一日お疲れ様」
彼女は明るくて可愛い声の女の子。
休日前に疲れた様子で帰宅した主人公を元気に迎えると
すぐさまハグしたり彼の激しいキスを受け止めます。

本作品はそろそろ恋人から夫婦に変わろうと考えてる男女が
お互いの気持ちを確認しながらおよそ60分に渡って色んなエッチをします。
彼女が甘えん坊な性格で最近は本能的に孕みたくなってることを踏まえて
彼がリードしつつ彼女がおねだりする流れで進めます。

「もう我慢出来ない そんな優しくしてくれる彼氏には 抱きついちゃうんだから」
最大の魅力はすべてが甘いこと。
彼の疲れを少しでも和らげようと序盤からスキンシップを取り
エッチ開始後も彼への好意をアピールしながら思う存分乱れます。

キスシーンを意識して多く盛り込んだり深い仲でないとできないエッチをするのがいいですね。
特にSEXは後半の2パートを割いて本気の子作りを披露します。
「好き」などの言葉よりも行動で彼にとことん尽くすからプレイに重みがあるし
ちゅぱ音や喘ぎ声といったエロ要素も豊富でオカズとしての実用性も高いです。

また2人の気持ちの推移や高ぶりを直感的に表現しようと
同じプレイでもちゅぱ音や効果音を微妙に変えてあります。

例えば冒頭のイントロパートでは貪る感じの熱いキスをしてたのが
続くイチャイチャ&ベロキスパートに入るとじっくり味わうようなゆっくり優しい音に変わります。
山場のSEXも責める側によって音のパワーが変わるなど細かな部分に気を配って制作されてます。

2人の親密度を反映させたエッチとそれを下から支える音の数々。
心を満たしつつ抜かせることを目指したノーマル向けの作品です。
想いをひたすらぶつけ合うエッチ
エッチシーンは4パート49分間。
プレイはハグ、キス、乳揉み、フェラ、手マン、SEX(対面座位、正常位)です。
手マン、SEX、射精の際に効果音が鳴ります。

「今日はいつもより いっぱいイチャイチャしようね」
夕食を終え1年に渡る主人公との同棲生活を軽く振り返った彼女は
エッチ開始の合図として抱きついたまま彼にキスをおねだりします。

エッチはシーンごとに責め手を入れ替えながらほぼ対等な立場で愛し合います。
前半の2パート22分間は口を使ったプレイがメイン。
「イチャイチャ&ベロキス」はキスや乳揉み、「執拗なフェラ」はフェラでお互いに1回ずつの絶頂を迎えます。

「ねぇ お願い 私とあなたの舌をくっつけて お互いの舌を絡め合って ぐちょぐちょに唾液を混ぜ合って 頭真っ白になるくらい スケベなベロチューがしたいのぉ」
始まったばかりなのでそこまで踏み込んだことはしないものの
彼女は早速持ち前の甘えっぷりを発揮して男心を上手にくすぐります。
可愛い声でここまで真っ直ぐおねだりされたら揺らがない人はなかなかいないでしょう。
完全な受け身にならずやる気になるようきちんとサポートします。

プレイについてはフェラが結構特徴的。
包茎おちんちんを皮越しに舐めるところから始まり亀頭との間に舌を滑り込ませる
そのまま口で剥いて直接舐める、先端にキスをする、カリの段差や裏筋を個別に舐めるなど
1~2分ごとに責め方を変え、その都度ちゅぱ音の質感や動きも切り替えて進めます。

前項の最後のほうで説明した要素が最も強く反映されてるプレイです。
個々の時間が短いので特定の音をじっくり聴きたい人には不向きですが
色んなタイプの音を組み合わせてひとつの流れを作り上げてます。

フェラで舐めをメインに据えてるのも珍しいなと。
舐め、吸い、啜りのバランスを同じくらいにしてる作品が多いです。
吸いや啜りもやりますが射精直前に1分30秒程度とかなり削ってあります。

後半の27分間はタイトルにもなってる種付けが目的のプレイ。
「愛撫からの対面座位」は軽い手マンを挟んでから対面座位で主に彼女が
「だいしゅきホールド」は正常位で彼が腰を打ちつけます。

「あなたと生ハメSEXしたいのぉ 生ハメSEX 生ハメSEXぅ」
「あなたの精液 ぜーんぶ搾り取るまで 絶対離さないもん」

彼女は最初から妊娠覚悟でエッチに臨んでますから自分の気持ちを一切偽りません。
生でハメたい、精液を中出しして欲しいとストレートにアピールします。
SEX中の乱れっぷりも結構激しく彼女が本気で感じてるのが伝わってきます。
ピストン中にキスのおねだりをするなど甘さと深さの両方が今まで以上に強いです。

対面座位パートの終盤に彼が下から腰を突き上げ始めるのがとても印象的でした。
ずっと彼女がピストンし続けて中出しまで持っていったら逆レイプっぽくなってしまうので
彼も彼女に孕ませたがってることを行為でわかりやすく表現してます。
種付けは1人じゃ絶対にできませんから主人公の気持ちも結構大事です。

「おまんこえぐられるぅ えぐられて気持ちいいよぉ」
1回中出しされたらもう止まりません。
続くだいしゅきホールドパートはピストンを彼に任せ、彼女は喘ぎ声や気持ちよさそうなセリフを存分に漏らします。
対面座位の時よりも力強い肉のぶつかりあう音が鳴り響き
それが徐々にペースを増していく様子も野性味があってエロいです。
単に気持ちよくなるためではなく新しい命を生み出そうとする必死なSEXが楽しめます。

このように、甘い雰囲気で激しく交わる濃ゆいエッチが繰り広げられてます。
一歩踏み込んだ作品
親しい男女が夫婦になる直前の様子を描いた抜き重視の作品です。

彼女は大好きな主人公と幸せなひと時を過ごしつつより親密な関係になろうと
ハグやキスを積極的にしながらエッチなおねだりをします。
そして彼がやる気になったら主導権を譲り自分はすべてを曝け出して興奮を煽ります。

キャラ、プレイ、雰囲気といった作品を構成する色んな要素を甘く揃えた作り
最終目標を種付けに据えたエロく深みのあるエッチ
これらの最中に鳴る多彩で生々しいちゅぱ音と効果音。
2人の心情を盛り込んだうえできちんと抜ける物語に仕上げてます。

種付けがテーマなのに重さを感じないところも本作品の大きな魅力です。
2人が十分過ぎるほど仲の良い関係を築いてる背景や
ヤンデレのような押し付けがましいことをせず最終決断を彼に委ねてるのが大きいです。

「私はね あなたが嫌だと思うことはしたくないんだ」
彼女もおねだりはするけど強引に迫ったりはしません。
その代わり痴態を見せたりエッチな声を多く漏らして彼の意思が固まるよう応援します。
お互いの気持ちを尊重したまま上手に種付けまで持っていってます。

絶頂シーンは主人公3回、彼女5回。
くちゅ音とちゅぱ音多め、淫語と喘ぎ声それなりです。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 1:06:15

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

優しいように感じられる双子の耳舐めオナニーサポート

サークル「B-bishop」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、見た目はあどけないけど性格は結構意地悪な双子が
左右から密着しながら主人公の耳を徹底的に責め続けます。

彼女たちが耳を責めてる間だけオナニーする変わったシステムが採用されており
吐息や息を吹きかける、直接舐める、舐めながら指示や応援をするなど
全部で10種類ものプレイを組み合わせて寸止め地獄を味わわせます。

今回は【裏】モードを聴いてのレビューをお送りします。
優しい双子の過酷なオナサポ
双子に耳を舐められながら寸止めオナニーするお話。

「こんばんは ようこそ 私たちのお部屋へ」
双子は若干声質の違うどちらも可愛くて穏やかな声の女の子。
耳舐めされながらオナニーしたい主人公を温かく迎えると
これからするオナサポのルールを早速説明します。

本作品は見た目と性格に大きなギャップを抱えてる彼女たちが
彼を左右から挟み込みながらおよそ50分に渡る独特なオナサポをします。
オナサポと言えばシコシコボイスやカウントでペースと強さを細かく指示するタイプが有名ですが
彼女たちの場合は開始、停止、射精のタイミングだけ指示しあとは彼の好きにやらせます。

これだけを聞くと結構緩いオナサポに感じるかもしれません。
しかし実際は耳舐めしてる間はノンストップでしごくルールを設定し
3~4分の間隔で舐め方や責め方を小まめに変えることで射精を我慢できない状況へ追い込みます。


簡単に言えば耳舐めがシコシコボイスやカウントの役割を果たすわけです。
休憩時間がプレイを切り替える際に30秒~1分だけと短く
最初は余裕だったとしても後になるに連れてこみ上げてくるのを抑えにくくなってきます。

肝心の耳舐めについても変化に富んでてエロいです。
最初から最後までほぼずっと2人同時に別の音を鳴らし続けるのに加えて
舌や唇を使って水音を鳴らす一般的なものより吐息を量を増やし、舐め方を少しずつ激しくしていきます。
販売ページには特に記載がありませんがおそらくバイノーラル録音なのでしょう。
耳舐めの合間に漏れる吐息が熱っぽく、彼女たちとの距離の近さを感じます。

左「お兄さんが願えば 私たちの心の声が聞こえるようになっちゃうんです」
プレイスタイルと並ぶもうひとつの特徴は彼女たちのキャラ。
タイトル通り優しさを強く感じる声と態度で接しつつ、それとは逆の感情を彼にぶつけます。
製品版には【表】と【裏】の2パターンが用意されており、後者ではプレイ中に彼女たちの心の声も流れ続けます。

耳舐めしながらほぼひっきりなしに言葉責めをするため
純粋に耳舐めを楽しみたい人は【表】を聴いたほうがいいです。
そして耳舐めだけだと物足りない、もっといじめて欲しいMな人は【裏】のほうがおすすめです。
同じプレイなんだけど心の声の有無で属性が随分変わります。

耳舐め特化のオナサポとふたつの顔を持つ双子のキャラ。
本来なら癒し系作品で使われる要素をM向けにアレンジした結構ハードな作品です。
二重三重に責める濃いエッチ
エッチシーンは45分間。
プレイは吐息責め、両耳舐め、オナニー、息吹き、双子のオナニーです。
エッチな効果音はありません。

左「じゃあ 早速気持ちいい気持ちいいオナニー 始めましょうね」
オナサポに関するあれこれを話し主人公の同意を取りつけた双子は
彼に服を脱いでもらってから左右に密着し両耳に熱っぽい吐息を送ります。

エッチは彼女たちに責められながらルール通りにオナニーします。
一番最初にするプレイは吐息責め(約3分30秒)。
名前の通り舐めたりしゃぶったりせず左右から別のリズムでひっきりなしに吐きかけます。

左(心)「ふふっ 吐息流し込むたびにヒクヒクヒクヒク あぁあぁあぁ 恥ずかしい恥ずかしい」
右(心)「表向きは優しくしないとだけど 心の中だったら何言っても大丈夫」
オナニー前におちんちんを勃起させるためのソフトなものですが
【裏】を選んだ場合は早速彼女たちの本心を聴くことができます。
自分たちの言いなりになって興奮してる彼を小馬鹿にする姿は【表】の時とは随分違います。

本題の耳舐めオナサポが始まるのはその次から。
控えめなペースで舐めるところから始まり、水分をやや上げてちゅぱちゅぱ吸う
シコシコボイスを挟みながら舐める、咀嚼するように唇で挟み込みコリコリさせるなど
ルールの範囲内でできる色んな責めを繰り出します。

両耳舐め、オナニー、【裏】の場合はさらに言葉責めと複数のプレイを同時に行い
射精を我慢できなくなったら寸止めする非常に密度の高いものです。

オナニーはほぼ時間いっぱい続けますからフリースタイルといってもそれなりの負荷がかかります。
【表】の場合は耳舐めを存分に堪能できますし、オナサポとしての実用性は高めと言えます。

彼女たちの二面性が際立ってるのは終盤の8分間。
シーン前半はオナニーに参加して一緒にエロ可愛い喘ぎ声を漏らし
後半はこれまでで最も激しい耳舐めをしつつ限界ギリギリまで射精の許可を遅らせます。

左(心)「ほらほらほら まだまだ我慢 私たち合図してないから」
心を抉られるというほどではないにせよ、心の声を聴いて結構意地悪に感じるのではないでしょうか。
ご奉仕してるように見えてしっかりコントロールするのが面白いです。
最後の射精シーンも【表】と【裏】では印象が随分変わります。

実際やってみた感じでは聴き手自身がどれくらいガチでやるかで難度が変わりそうです。
耳舐め中はオナニーを続け、合図が出るまで射精を我慢すること以外は大きな制約はありません。
だから手を抜こうと思えば抜けるし寸止め回数も減らすことができます。

【表】と【裏】のどちらを選ぶかによっても変わるでしょうね。
そういう幅広さ、とっつきやすさも本作品の良いところだと思います。
耳舐め特化のノーマル~M向け作品
2つのモードを用意することで属性に幅を持たせたオナサポ作品です。

双子はMな主人公を満足させ、同時に自分たちのS心も満たそうと
表面上は優しい態度で彼の耳に積極的なご奉仕をします。
その一方で心の中では見下したり意地悪する別の顔を見せます。

2人の女性が時間いっぱい耳を責め続ける尖ったエッチ
それとオナニーを連動させ数分単位で責め方を変える凝った作り
天使と小悪魔が同居してる彼女たちのキャラ。
従来のオナサポよりもシンプルなルールでエロさの高いプレイに仕上げてます。

耳舐めはこのところ音声作品では相当に人気のあるプレイになっており
18禁だけでなく15禁にも多くの作品で取り入れられてます。
しかしオナニーの動きとしっかり連動させてる作品はまだまだ数が少ないです。
この発想力や運用力の高さこそがB-bishopさんの持ち味なのだと思います。

オナサポはハード路線の作品がガンガン出てますから
こういう緩くて幅広い作品は多くの聴き手に対応できる点で魅力的です。
耳舐めを聴きながらオナニーするのは大衆性が高いですしね。
ただそれだけだと従来のファンが満足しないだろうということで【裏】モードを別に用意してます。
一言で言うとすごく聴き手に配慮してる作品だなと。

射精シーンは1回。
ちゅぱ音大量、淫語そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

耳舐めとオナサポの両方が好きな人には特におすすめします。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 54:11

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

天使と悪魔の堕とし方~何回逝っても終わらない~

サークル「双子プロジェクト」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、以前主人公を散々に弄び精液を搾り取った天使と悪魔が
再び呼び出されハードな責めで彼と同じ思いを味わわされます。

ローター、バイブ、電マ、ドリルバイブなど機械を使ったプレイに限定し
彼女たちが乱れる様子を専用の効果音と喘ぎ声でエッチに描いてます。
音声作品では珍しくSっ気の強い内容ですから属性の合う人ほど楽しめるでしょう。
天使と悪魔にエッチなお仕置き
天使と悪魔を機械で何度もイかせるお話。

「うふっ 私を召喚したのはあなた?」
天使は上品で透き通った声のお姉さん。
自分を再び召喚した主人公に嬉しそうな表情で挨拶すると
突然翼を縛られ力を奪われてしまいます。

本作品は2018年2月に発売された「天使と悪魔に堕とされる~終わらない搾精ボイス~」の続編。
軽い気持ちで呼び出した結果精液をとことん搾り取られた主人公が
その復讐のため彼女たちを個別に呼び出しハードかつ無慈悲に責め立てます。
挿し絵では2人同時になってますが実際は天使→悪魔の順に一対一でエッチします。

他のシリーズ作品と同じく前作を聴いておいたほうが楽しめるのは間違いありませんが
属性がMからSへ大幅に切り替わってるため、自分の属性に合ったほうを選ぶのがいいでしょう。
作中に射精シーンは一切なく、彼女たちが乱れる様子をオカズにして楽しみます。

全編を通じて言える大きな特徴はふたつ。
ひとつはプレイが進むほど彼女たちの態度や心情が変化すること
もうひとつは喘ぎ声の量が非常に多いことです。

「私たちは あなたたち人間から生命力を奪い取ることが使命なのです このままでは その使命を果たせません」
「ごめん…なさい ごめんなさい 謝るから 謝るからもうやめて」

前者は既に彼を一度負かしてる背景があるため、最初の時点では2人とも彼を見下して接します。
しかしエッチを通じて彼が並々ならぬ決意を持ってることを知ると
その顔が剥がれて彼にひたすら懇願する態度を取るようになります。

聴くのをやめたくなるほど辛そうな声を上げることはないものの結構激しい喘ぎ声を漏らします。
人間より遥かに強い存在を一方的に責め立て這いつくばらせるS向けらしいシチュです。

心の声「同時になんて初めてです こんなの…声が出てしまいます」
後者はエッチシーンが総時間の86%と多く、その全部が彼女たちを責めるプレイに割いてるのに加えて
一部のシーンで喘ぎ声を上げながら心の声を漏らす演出がされてます。
機械を使ったプレイは全部個別の効果音が入ってるので
彼女たちがどのように責められ、感じてるかが簡単にイメージできるでしょう。
後になるほど激しさを増す機械責め
エッチシーンは2パート49分間。
プレイはローター責め、ローションを塗る、バイブ責め、ドリルバイブ責め、悪魔の放尿です。
放尿以外の全プレイで固有の効果音が鳴ります。

「乳首 硬くなってますか? それは…生理現象ですから 仕方ありません」
主人公に無理矢理体を拘束され特殊な椅子に座らされた天使は
ローターで責められすっかり勃起した乳首を「生理現象だ」と言って抵抗します。

エッチは彼女たちが終始責められ続けます。
前半の天使パートは24分ほど。
乳首を2個のローターで責めるところから始まり、媚薬入りのローションを塗りたくる
3個目のローターをクリトリスに当てる、2種類のバイブでおまんこを責め立てるなど
手やおちんちんを使わずに色んな刺激を与えます。

「…やぁっ 止めてって言ってるのに どうして固定するんです?」
心の声「なんで どうしてこんなに気持ちいいの? さっきよりもすごく敏感になってる」

彼女は彼がこのような行動に出ると予想してませんでしたから
最初のうちから戸惑ったり控えめな態度で反抗する姿勢を取ります。
しかし体を責められると思わず艶めかしい声を漏らし、さらに心の中では気持ちいいことを認めます。
やり方は確かに強引ですが快楽で堕とそうとするので凄惨さはそれほどありません。

パートの後半に入ると激しさがグレードアップします。
「うぃぃぃん」というややトーンの高い電動音を鳴らしながらバイブによるピストンを繰り返し
立て続けに3回絶頂させた後にドリル型の特殊なバイブで彼女のおまんこを貫きます。

「何これっ こんなに気持ちいいの初めてぇぇぇ」
心の声「天使のこんな姿を見られて満足なんでしょう? こんなの 私もう 天使失格よ」

「ウゥウン」という鈍い電動音でバイブに比べて動きも遅いのですが
彼女はややアヘった今まで以上に激しい乱れっぷりで「気持ちいい」と何度も漏らします。
そして自分が天使からただの淫乱女に成り下がったことを心の中で悔しがります。
清純なイメージを持つ女性を存分に汚し屈辱感を与える復讐に相応しいプレイです。

後半の悪魔パートは25分間。
天使と同じく召喚された後に椅子へ拘束されローターやバイブで滅茶苦茶にされます。
両者のプレイ構成や流れはほぼ同じなのでこちらはキャラ部分に絞って紹介します。

「私は逃げも隠れもしない 正々堂々と挑んでやるよ」
「くふふっ これで天使は泣き叫んだのか? まったく情けない限りだ この程度 何も感じないな」

彼女は天使が責められたことを既に知っており彼がこれから何をするか理解してます。
そのうえで自ら拘束を受け、ローター責めを涼しい顔で受け続けます。
性格の違いを強く反映させた男らしい態度です。

しかし媚薬を塗られクリトリスやおまんこを責められるようになるとそれが徐々に変わります。
口では感じてないと言いつつ喘ぎ声を時々漏らし、さらにプレイを停止するよう呼びかけます。
さらに終盤のドリルバイブで責めるシーンは泣き言を言いながら放尿する醜態まで晒します。
最初が堂々としてるからこそ、パート後半の弱々しい姿とのギャップにグッときました。

このように、相手をする女性ごとに違いを出しながらひたすら機械責めする容赦のないエッチが繰り広げられてます。
完全S向けの作品
女性たちを激しい責めで屈服させるストレートな作品です。

主人公は以前辛く気持ちいい思いをさせられた天使と悪魔に仕返ししようと
色んな準備をしてから個別に呼び出し、抵抗できない状況に追い込んで一方的に弄びます。
そしてその様子をセリフ、効果音、喘ぎ声でリアルかつエッチに表現します。

男性が女性をひたすら責め続ける珍しいシチュ
射精シーンを入れない代わりに効果音や喘ぎ声を多く盛り込んだ作り
強気だった彼女たちが弱い姿を晒すようになる展開。
男性の無意識に眠る女性に対する征服欲を満たす方向でエッチを進めます。

「出ちゃう おしっこ出ちゃうからぁ それ以上は…いやぁぁ」
音声作品は聴き手が常に受け身になる性質上M向けの作品が圧倒的に多いです。
だからこういうSをターゲットにした作品はとても新鮮に思えました。
聴いてて嫌な気分を抱かないよう苦しさよりエロさを強調した演出がされてるのも良いです。

エッチは天使と悪魔でプレイの流れがほぼ同じな点だけは引っかかりますが
オナニーのオカズになるように純粋なエロさを強くしてます。
機械責めや喘ぎ声が好きな人ほど興奮できるでしょう。

絶頂シーンは天使、悪魔ともに5回。
効果音と喘ぎ声多め、淫語ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

過去作をまったく逆の視点で描いた抜き重視の作品です。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 56:46(天使パート…29:52 悪魔パート…26:54)

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

あまあまいじめりょかん

サークル「Little Oasis」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、可愛くて悪戯好きな2人の従業員が
男性の左右に寄り添い耳をたっぷり弄びながらオナニーを応援します。

総時間のおよそ93%で耳を責める非常に尖った作りが魅力で
全体的に舐めるペースを落とし、さらに息吹きや吐息を多めに交えて個性と甘さを出しつつ
両耳を同時に舐めたり耳舐めと言葉責めを分担して心身をバランスよく盛り上げます。
プレイは割とM向けですが表現はとても柔らかいので、興味があるならノーマルな人でも聴けると思います。
夜にだけする特別サービス
従業員の「まお」と「なずな」に耳を責められるお話。

まお「お客さまー、まおです」
まお(挿し絵左)は明るくて可愛い声の女の子。
なずな「なずなです。お待たせしましたー」
なずな(挿し絵右)はまおよりものんびり話す穏やかな声の女の子。
旅館を初めて利用するお客に挨拶しコースの確認をすると
目隠しを装着してから左右に寄り添い至近距離から息を吹きかけます。

本作品は日中はリラクゼーションスポットだけど夜になると雰囲気が変わる旅館を舞台に
彼女たちがおよそ90分に渡って個性的なサービスをします。
初宿泊、その1週間後、就寝時と大きく3つのシーンに分け
最初の2つは左右に体を密着させながらのエッチ、最後は添い寝による安眠と内容を大きく変えて進めます。

まお「この状態でお耳をマッサージいたしますが、お気分は悪くないですか?」
最大の魅力は何と言っても耳責め。
エッチシーンはもちろん、最後の添い寝パートでも彼女たちがひたすら耳に刺激を与えます。
唇で咥え込んでしゃぶる、舌の先端でを穴の入口をぐりぐりする、耳キス、息吹きなど責めのバリエーションが充実しており
登場人物が2人いる状況を利用してこれらをほとんど途切れさせずに続けます。

音声のどこを聴いてもこれらをやってると言っていいほど特化してますから
耳舐め好きな人ほど楽しめるし抜けるでしょう。
担当してる声優さんが違うおかげで長時間聴いてもあまり単調に感じないのもポイントです。

また彼女たちの容姿やタイトルの「あまあまいじめ」に合った耳舐めにするために
全編を通じて舐めるペースをやや遅くし、さらに吐息や息吹きを多めに盛り込んであります。
特に後者はバイノーラル録音特有の微かな風圧が小まめに感じられてこそばゆいです。
前者についても激しい耳舐めを長時間聴き続けたらさすがに疲れますから良い点と言えます。

耳責め以外の特徴はソフトな言葉責めをしてくること。
エッチをする2パートはどちらも序盤は耳責めに専念し
その後は片方が耳を舐めながらもう片方が言葉責めするスタイルでサービスを進めます。

まお「ほらほら、勃起してもいいんでしたっけ? 発情しちゃ、だーめ、でしたよね? おばかさん」
なずな「ほら、ワンちゃん そのかたーい尻尾を振って、ご褒美をおねだりするの」
「変態」「ばーか」「ワンちゃん」などを割と小まめに言ってくるのですが
セリフの表現や口調が和らげてあるおかげで心に突き刺さるほどの厳しさはありません。
彼女たちはあくまで従業員ですから、ややMな彼を喜ばせるためにこれらをぶつけます。
言うことをきいたらちゃんとご褒美もくれますし、ペットを可愛がるのに近い雰囲気で接します。

左右から常に行う大ボリュームの耳責めと優しい言葉責め。
ノーマル~ややMをメインターゲットにした甘く濃厚な作品です。
密着感と温もりのあるエッチ
エッチシーンは2パート63分間。
プレイは耳への息吹き、両耳舐め、オナニー、オナホオナニーです。
オナニー、オナホコキの際に効果音が鳴ります。

なずな「お客さま……いいえ、お兄さま。そんなに身構えてしまったら、取れる疲れも取れませんよ?」
初めての体験にお客が緊張してるのを察知した2人は
彼のことを「お兄さま」「おにいちゃん」と呼びながらゆっくり優しく両耳を愛し続けます。

エッチは終始彼女たちがリードします。
最初の「初宿泊」パートはおよそ37分間。
パート開始2分後には早速耳舐めが始まり、ある程度経つと下着を脱いでおちんちんをしごくように言います。

なずな「ふふっ、まだおっきい。言うこと聞けないなんて、悪いおちんちんですね」
まお「はい、いいですよ うわー ふふっ 本当にしこしこ、しちゃうんだね」
この旅館は日々の疲れを癒す場所ですから彼女たちは耳以外の部位を一切いじりません。
だから勃起おちんちんやオナニーを見られてることを適度に意識させて刺激の弱さを補います。
耳舐めも常に2人同時に続けるおかげで量と密度の両方が高いです。

オナニーが始まるのはエッチ開始から18分後。
開始、停止、射精のタイミングのみを指示して引き続き耳と心をバランスよく責めます。

なずな「そう、近づくだけ でも次は、射精の直前まで近づくの」
まお「びゅー、びゅー、とぷ、とぷ、びゅー、びゅー、びゅー」
そしてここからは彼のことを犬に見立てて「待て」「おあずけ」といった指示を出し
それらを無事守れた後に気持ちいい射精をプレゼントします。
カウントを数えてからぴゅっぴゅのセリフで応援し、事後は優しい言葉をかける甘さの強いフィニッシュです。
道中に寸止めが入りますが回数は少なく、射精時もすんなり出させてくれるので意地悪さは低めです。

ちなみにエッチは2パートともカウントダウンverと耳舐めver の2パターンが用意されており
前者はカウントを数える、後者は明確な指示を出さずにひたすら耳舐めして射精へ追い込みます。
違いのあるシーンは約2分でそれ以外は共通ですから好みで選ぶといいでしょう。
直前に説明したのはカウントダウンverのことで、耳舐めverはカウントとぴゅっぴゅのセリフがありません。

続く「初宿泊から1週間後」はおよそ26分間。
先日のエッチがよほど気に入ったのか、旅館を再び訪れたお客を2人が迎え
今度は最初から全裸になってもらって両耳を同じように責め続けます。

なずな「ふふっ 交尾だって、ワンちゃん でもほんとに、交尾してるみたいだね やらしー」
既に顔なじみなので早い段階から「おばかさん」などの言葉責めを行い
パート中盤からはそれにオナホオナニーを加えて前回以上の快感を与えます。
彼を犬に見立ててる状況を汲み取ってオナニーを「交尾」と呼ぶのがいいですね。
目の前に可愛い女の子が2人もいるのに、偽物のおまんこで気持ちよくなってることをやんわり意識させます。

プレイ自体はオナニーがオナホオナニーに変わった程度の差なのですが
10分程度短くてもきちんと抜けるように耳舐め、言葉責めいずれも刺激をやや強くしてます。
わかりやすいのだとパートの途中と射精後に復唱の指示が出ることです。
あとはカウントダウン、耳舐めどちらのverを選んでもぴゅっぴゅのセリフを言ってくれます。

このように、作品が持つふたつの特徴を上手く組み合わせた柔らかいエッチが繰り広げられてます。
愛を込めていじめる作品
タイトル通りのあまあまないじめが楽しめる作品です。

まおとなずなはお客が幸せを感じながら射精できるように
サービス開始直後から体を密着させて至近距離から耳と心を責め続けます。
そして耳舐めは比較的ソフトな音を維持し、言葉のほうで軽く見下したり羞恥を与えます。

全編ほぼノンストップで行う耳責め、その合間に投げかけられる優しい言葉責め
2人が役割を交代しながらそれらを行う連携の取れた作り。
プレイはややM、雰囲気はほぼノーマルと属性に若干の幅を持たせることで「あまあまいじめ」を成立させてます。

なずな「うん、なずなもうれしい」
まお「やったぁ いっしょにおねんね、しようねー」
彼女たちはプロのテクニックと容姿相応の無邪気さを兼ね備えてる女性です。
だから自分たちの責めで骨抜きになりオナニーや射精までする彼を決して突き放さず
むしろやる気を出させる方向で活き活きとリードします。

鞭よりも飴を強調したサービスとでも言えばいいのでしょうか。
彼を喜ばせよう、気持ちよくしようとする思いが随所に込められていていい気分で聴くことができました。
最後を安眠パートで締めくくる流れも作品全体に温かみを与えてます。

エッチは耳責めが好きかどうかで満足度に大きな差が出ます。
このところ耳責めに力を入れた作品が増えてきてるので、本作品のように明確な個性を持つものは安心して聴けます。
彼女たちのキャラに合ったエロさと癒しの両方を感じるちゅぱ音でした。

射精シーンは2回。
ちゅぱ音大量、くちゅ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声はありません。

以上のことからサークルさんでは初の満点とさせていただきました。

CV:まお…陽向葵ゅかさん なずな…御崎ひよりさん
総時間 1:29:44

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は9点。
90分で700円とコスパがいいので+1してあります。

(全バイノーラル)うち…お兄ちゃんのこと、ばり好いとーよ!~遊びに来た、いとこと連休にイチャイチャしちゃった件~完全版

(全バイノーラル)うち…お兄ちゃんのこと、ばり好いとーよ!~遊びに来た、いとこと連休にイチャイチャしちゃった件~完全版(前編)」に引き続いての後編です。
今回は「5.『お風呂…一緒に入らん?』」以降の様子を中心に紹介します。
お風呂とお部屋でさらにイチャイチャ
「お風呂…一緒に入らん?」の舞台はもちろんお風呂(約48分)。
際どい水着姿になった遥が主人公の上半身を隅々まで洗い
中盤に起こったある出来事をきっかけに初エッチへ突入します。

「お兄ちゃんの背中 広かね 手に伝わる感触もごつごつして 当たり前やけど うちの体と全然違うっちゃね」
物語の後半に入っても彼女の可愛さや健気さは留まるところを知りません。
自分とはまるで違う彼の体を興味深そうに確かめながら「じゅりっ」という滑らかな水音を鳴らします。
そしてタオルやスポンジを使わず敢えて素手で行い、背中からおっぱいを押しつけるといった大胆なこともします。

彼女のキャラを崩さないレベルで誘惑してくる感じです。
前半と同じく声の位置がとても近くて密着感がリアルに表現されてます。

その後から始まるエッチシーンは2パート44分間。
プレイは手コキ、手マン、遥への乳責め、パイズリ、フェラ、キス、SEX(騎乗位)、耳舐めです。
手コキ、乳責め、パイズリ、SEX、射精の際に効果音が鳴ります。

「お、お兄ちゃん? あ、アレが あそこが大きくなっちゃってるんやけど」
体を一通り洗い終えてお風呂を出ようとした遥は
彼のおちんちんがすっかり大きくなってるのに気づき、今度はそちらのお世話を志願します。

エッチは彼女がリードしつつほぼ対等な立場で愛し合います。
「お風呂…一緒に入らん?」のほぼ後半分を使って行うのは手コキとパイズリ(約23分)。
彼女は後ろからおちんちんを、彼は水着越しにおまんこをいじり
彼女が先に絶頂した後、前に移動し自慢のおっぱいで1回目の射精へ導きます。

「ええと 手で擦ればいいっちゃろ? こうやって 握る感じで…熱っ え? おちんちんってこげん熱いと?」
「お兄ちゃんの指 優しすぎるよぉ はぁ はぁ」

彼女は今回が初めてのエッチでどうすれば男性を気持ちよくできるかよく知りません。
だから彼にそれを尋ねながらおちんちんの感触を確かめるようにじっくりしごきます。
そして彼がおまんこを触り始めても抵抗せず気持ちよさそうな声を漏らします。

手コキが始まって少し経つと彼女の息遣いが明らかに熱っぽくなってることに気づくでしょう。
本作品は声の質感が良いのでそういう微妙な変化によって彼女の興奮具合を伝えます。
絶頂する直前に大胆なことを暴露するなど、初々しさを出しつつ普段と違う彼女を見せてくれます。

「ドロドロっとして 少し苦いっちゃけど 満たされる感じするたい」
パイズリは絶頂させてくれたお礼なだけあってとことん尽くします。
彼の目の前で水着の上だけ脱ぎ最初は左右同時、少し経つと交互に乳房を擦りつけ
さらにカウパーや精液を自分から味わいに行く積極的な責めを披露します。

パイズリ単体から入ってパイズリフェラへ発展する流れも良いですね。
後になるほどエッチな音の量や密度を上げて抜きやすくしてます。

後半の「うちの初めて…もらって…」はSEXがメイン(約21分)。
お風呂から出て8分程度の休憩を挟んでから最後の一線を超えます。

「初めてなんに うち 感じちゃって…んんっ」
「お兄ちゃん 好きっ 好き好きっ ばり好きっ」

処女のはずですが痛がる様子は特に見せず、挿入直後から比較的ハイペースなピストンを繰り返します。
それと並行してキスや耳舐めを挟んだり、ストレートな愛の言葉を投げかけるなどとても甘いプレイに仕上がってます。
実況や言葉責めはほとんどせず彼女の心情描写とエッチな音を多めに用意してます。

聴き始めた直後は「年下の彼女に騎乗位で初SEXさせるのはどうかなぁ」とも思ったのですが
途中から彼が腰を突き上げるようになるのでマグロにはなってません。
彼女が魅力的に描かれてる一方で彼の存在感が薄かったら釣り合いが取れませんから
最後の最後で男らしいところをきちんと見せてくれて安心しました。

このように、お互いがお互いを思いやりながら気持ちよくなる恋人らしいエッチが繰り広げられてます。
愛に満ち溢れてる作品
遠距離恋愛中の男女が一緒の時間を過ごす様子を穏やかに描いた作品です。

遥は遠い場所で仕事を頑張ってる主人公を元気づけつつ自分も幸せになろうと
突然の訪問で驚かせてから料理、耳かき、エッチなど色んなことに取り組みます。
そしてその中で自分がいかに彼のことが好きかを言葉、態度、行為で伝えます。

全編博多弁で元気いっぱいに話す彼女の明るく純真なキャラ
状況に応じて声の位置や距離を小まめに切り替えるリアルな演出
前半は非エロ、後半はエロを中心に据えてひたすらイチャイチャする甘い展開。
最大の武器である方言をふんだんに盛り込んだ純愛ストーリーが楽しめます。

「お兄ちゃん うちとの連休は まだまだ終わらんばい」
中でも彼女はなかなか会えない寂しさをあまり表に出さず
今の時間をできるだけ充実したものにしようと精一杯のご奉仕をします。
年下だからといって甘えるのではなく、自分から積極的に癒そうとする姿勢が愛らしく感じました。
エッチで多少の不得手さが見られるのも年齢相応で良いです。

それに対して主人公は控えめに振る舞いながらも要所できちんとリードします。
具体的にはエッチシーンでおちんちんのいじり方を教えたり
最後のSEXで騎乗位のまま突き上げてイかせるといったところです。

年上なのに奥手過ぎる、受け身過ぎると感じる人がいるかもしれません。
でも私には彼女のことがとても大事だからこういう姿勢で接してるように映りました。
例えばお風呂のパートで手コキと手マンを同時にするシーンがありますが
彼はそこで敢えて水着の中に指を入れずに彼女をイかせます。

恋人同士、しかもこちらは裸の状態なら別に水着をめくって直接いじってもいいはずです。
それをやらなかったのは彼女に気を遣ったからではないでしょうか。
サービスの最中に出てくる細かな描写に彼の気持ちが込められてます。
エッチのきっかけとなった勃起を察知されるシーンも彼は最初それを隠そうとします。

絶頂シーンは主人公、遥ともに2回。
効果音それなり、淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声そこそこです。

癒し重視だけど抜き場もきちんと用意されてる充実した作品です。
おまけはフリートークと予告です。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 2:51:32(本編…2:37:05 おまけ…14:27)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
171分で1000円とコスパがいいので+1してあります。

(全バイノーラル)うち…お兄ちゃんのこと、ばり好いとーよ!~遊びに来た、いとこと連休にイチャイチャしちゃった件~完全版

サークル「ドッグイヤーカンパニー」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、従姉妹であり恋人でもある年下の女性が
GWを利用して主人公の家を訪れ幸せなひと時を過ごします。

方言をふんだんに盛り込んだあまあまラブラブなサービスが魅力で
「~ばい」「~と?」など彼女が全編で言うナチュラルな博多弁や
東京で1人暮らししてる彼を気遣いながら親身にお世話する姿が心を温めてくれます。

総時間が3時間近くあるため前編(1~4パート)、後編(5~8パート)の2回に分けてお送りします。
大型連休は大好きな人と
恋人の遥とイチャイチャするお話。

「あっ お兄ちゃん? もぅ やっと出た」
遥は独特な口調で話す可愛い声の女の子。
GW中に家でごろごろしてる主人公に電話をかけると
近況を確認してからインターホンを鳴らして家の中に入ります。

本作品は以前は従姉妹、今は恋人にあたる彼女が
大型連休を利用して彼の家を訪問し、2時間40分近くに渡って様々なサービスをします。
彼女がまだ高校生ということで今のところは遠距離恋愛をしてるらしく
久々に会えたことを喜びながら体を密着させたりあれこれ世話を焼いてくれます。
ちなみに前編部分は完全非エロで後編に入るとエッチメインに切り替わります。

「そんなの決まっとうよ お兄ちゃんのこと ばり好きやし」
最大の魅力は何と言っても博多弁
標準語とは大きく違う個性的で愛らしい言葉を数多く投げかけます。

遥役の陽向葵ゅかさんは福岡出身、しかも本作の方言監修までされてるとのことで
少なくとも私が聴いた限りではスムーズな演技をされてました。
方言の魅力が引き立つように訛りを強めにしてます。
セリフも感情をストレートに伝えるシーンが多く、彼を一途に愛してるのがわかります。

また全編バイノーラル録音なのを活かして状況によって声の位置や距離を小まめに変えます。
耳元至近距離で囁く時は吐息にほのかな熱が感じられるほど生々しく
2人が休日を楽しく過ごす様子をよりリアルに表現するのに貢献してます。
声、言葉、態度、雰囲気といった色んなもから彼女の温もりや想いの強さが感じられて胸がぽかぽかしました。
音と言葉で癒す家庭的なサービス
遥が家に上がったあと最初にするのは料理(約15分)。
主人公の家にあった食材を使って野菜炒めを作り、彼女が予め用意したおにぎりと一緒に食べます。

「どげん? うちの包丁さばき 全然危なっかしくなかろ?」
心配する彼に「この日のために料理の腕を磨いてきた」と自信ありげに言ったり
鼻歌を歌いながら包丁を使って手際よく野菜を切るなど
彼女の健気さ、可愛さを引き立たせながら料理を進めます。
完成後は彼女が彼に食べさせるお約束のシーンもあり、聴いてるこっちが恥ずかしくなるほど最初からラブラブです。

また料理中に包丁で野菜を切る音もしっかり入ってます。
最初は「トントン」、少し経ったら「ザクッ」と野菜によって音の質感やペースを変化させててリアルです。
切り終えた食材をフライパンで炒める音も入ってますし多少の音フェチ要素も含んでます。

続く「うちとポッキー半分こ、しよ?」でするのはポッキーゲーム(約17分)。
食事を終えてのんびりしてるところへ彼女がポッキーを取り出し
それを2人で両端から同時に食べるちょっぴり大胆な遊びを提案します。

「…キス しちゃったね」
ゲーム開始と同時にポリポリという小気味良い咀嚼音が鳴り、少し経つとライトなちゅぱ音へと変化します。
音声作品でこういうサービスは初めて聴きました。
事後に恥ずかしそうにする彼女の姿も初々しくて良いです。
そのままエッチになだれ込むことはないものの、物語の後半に向けて伏線を張ってるように受け取れます。

前編で最も長いパートは「耳のマッサージと耳かきばい」(約32分)。
膝枕の状態で最初は上を向いたまま両耳を同時にオイルマッサージし
その後は耳かき棒のみを使って右耳→左耳の順番にお掃除します。
梵天や息吹きをするシーンはありません。

マッサージは「くしゅっ」という粘性のある水音を小さめのストロークで
耳かき棒は「かり ぞり」という細くて硬い音を奥から手前へ掻き出すように、と
各サービスに合った音をいずれもゆっくり鳴らし続けます。

音の質感、動きいずれもリアルなのですが、耳かき音声のようにリアルタイムで小まめに変化するのではなく
いくつかの音を組み合わせてループさせてるように聞こえました。
簡単に言うと聞き覚えのある音がそれなりに登場します。
ただし、穴の手前から奥へ移ると音の位置が近づき質感もやや重くなります。

マッサージも似た音を同じリズムで何度も鳴らしてますし、人によっては物足りなく感じるんじゃないかなと。
効果音と声の音量がほぼ同じなせいで音を聴き取りにくくなってるのも残念です。
これらは耳を直接いじるサービスですから音量バランスは自然と音>声になります。
あとマッサージと耳かきの間にタオルで耳についたオイルを拭く動作が入っていればよりリアルになったと思います。

「お兄ちゃんの耳 たくさんいじっちゃった」
「なんかこうやって お兄ちゃんのお世話するの よかね うちでも 年上のお兄ちゃんに与えられるものがあるたいって思うと 嬉しいと」

このパートの主役は音よりも彼女との会話や仕草です。
初挑戦の耳マッサージをやり終えた後に満足そうな表情を見せ
耳かき中に彼が眠そうにしてると「そのまま寝ていいよ」と言って背中を押します。
耳かきをしてる彼女自身がとても幸せそうで、その気持ちが声や言葉を通じてなんとなく伝わってきます。

サービスの様子だけでなくそれをしてる相手の心情も組み込んでるのが本作品らしいですね。
このパートに限っては彼女に年上っぽさを感じました。

おまけはフリートークと予告です。

後編へ続く…。
(全バイノーラル)うち…お兄ちゃんのこと、ばり好いとーよ!~遊びに来た、いとこと連休にイチャイチャしちゃった件~完全版(後編)

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 2:51:32(本編…2:37:05 おまけ…14:27)


体験版はこちらにあります

ふたご妹のささやき☆スローオナニー ~愛しのお兄ちゃんに最高の射精を~

サークル「調教少女」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、それぞれに違った魅力を持つ双子の妹が
愛するお兄ちゃんを一風変わったオナニーで最高の射精へ導きます。

おちんちんへの刺激を弱めに設定し、意地悪さを極力薄めて焦らし続けるゆるーいリードや
2人で耳舐め、息吹き、乳首責めを小まめにしながら手分けして指示を出すスタイルなど
タイトルのスローオナニーと複数人プレイを組み合わせた甘さの強いオナサポが楽しめます。

音声を聴く前にローションとタオルを用意しておくとより楽しめます。
より深く充実した射精へ
妹の「久住恋」と「久住凜」がオナサポするお話。

「恋だよ お兄ちゃん 入っていい?」
恋(挿し絵右)は明るくて可愛い子の女の子。
「凛もいるよ 入るよ? お兄」
凛(挿し絵左)はトーンが低く内気な声の女の子。
オナニーしようとしてたお兄ちゃんの部屋にやって来て事情を察すると
図書館で勉強してきた知識を使ってそのお手伝いをします。

本作品は毎日のようにオナニーしてる彼により気持ちいい射精をプレゼントしようと
彼女たちが80分程度に渡ってゆるーいオナサポをします。
恋が右、凜が左に陣取り多くのシーンで体を密着させながら
オナニーの指示を出しつつおちんちん以外の性感帯も同時に責めて心身を少しずつ盛り上げます。

最大の特徴はプレイスタイル。
男性が普段やってる刹那的なオナニーとの違いを出すために刺激をかなり抑えて進めます。
おちんちんに触れる前に金玉や亀頭を優しくいじって感度を上げ
本格的なオナニーが始まった後もしごくペースをかなり遅くして勢いよく出せる環境を整えます。

プレイの後半に30分くらいオナニーの時間が用意されてるので消化不良にはならないでしょうが
道中はより強い快感が欲しくてもどかしい気分になる人がそれなりにいるでしょう。
でも心身に負担があまりかからないおかげで事後の疲労感や虚無感が少ないという利点もあります。

恋「お兄ちゃんは妹大好きな変態さんなんだから 仕方ないよね ま、恋もお兄ちゃん大好きなんだけど」
凜「り、凜も負けてないもん 好き お兄のこと」
こういうプレイをする場合、相手を意地悪に感じることが多いのですが
彼女たちは彼が途中でやる気を失ったり射精の誘惑に負けないように色んなご奉仕をします。
愛の言葉を投げかける、耳や乳首を美味しそうに舐める、終盤に至近距離でオナニーを披露するなど
一般的なオナサポよりも心と体の距離をずっと近づけてオナニーを応援します。

彼女たちは彼の入浴を覗き見るほど強い好意を抱いてる一方で
血の繋がった兄妹が一線を超えるのはよくないとも自覚してます。
だからそうならないギリギリのラインを突いてできる限りのことをします。
女性が2人いる利点を活かして片方が指示を出し、もう片方がオカズを提供する連携の取れた責めも魅力です。

愛情たっぷりな妹たちがオナサポのルールを崩さない範囲で精一杯のご奉仕をする。
登場人物の関係や性格を反映させた温かく穏やかなオナサポ作品です。
少しずつレベルを上げるあまあまなエッチ
エッチシーンは4パート55分間。
プレイは耳舐め、乳首責め、竿/金玉の愛撫、亀頭オナニー、オナニー、双子のオナニーです。
愛撫、亀頭オナニー、オナニーの際に効果音が鳴ります。

恋「実はさっきから このお兄ちゃんのお耳 気になってたんだ」
これからするプレイの説明を受けてすっかり興奮したお兄ちゃんを深呼吸で一旦落ち着けると
双子は早速左右に寄り添いまずは耳を舐めておちんちんを再度勃起させます。

エッチは彼女たちに言われた通りに股間をいじります。
前半の2パート26分はオナニーをより気持ちよくする準備。
「ローションと耳舐め愛撫で高めていこうね♪」は耳舐めされながら金玉や竿の一部を優しくいじり
「耳舐めされつつ亀頭オナニー♪」は同じスタイルで今度は亀頭へローションを馴染ませます。

凜「先っぽもねばねばしたお汁で濡れてて なんかすごい」
恋「お兄ちゃんの逞しいおちんちんと いやらしい白いお汁がいっぱい詰まってるたまたまさんを ぬるぬるに、ね」
彼女たちは彼のおちんちんを間近で見るのが初めてらしく
自分たちにはない独特なモノを興味津々な様子で眺めながら指示を出します。
裸を見られる羞恥を煽ったり、年下に弄ばれてる状況を見下すといったことは一切しません。
それどころか彼の耳や乳首を口で嬉しそうに愛します。

プレイ中に耳舐めや耳への息吹きをするシーンが多いですから、これらが好きな人ほど楽しめるでしょう。
バイノーラル録音の長所を活かした密着感のあるオナサポです。

プレイのほうは耳舐めや乳首責めで勃起させた後に愛撫の指示が出て
そこからは音量控えめな水音を流しつつ「なで なで」「かり かり」と言葉でペースを取ります。
スローオナニーがテーマなだけあってかなり遅く、私の場合は快感よりもくすぐったさを感じました。
亀頭を手のひらで包み込んでいじるシーンがありますから、ローション有りのほうがずっとやりやすいです。

続く後半の29分間はいよいよ竿オナニーが解禁されます。
「シコシコ解禁♪」は後になるほどペースを上げてシコシコボイスを言い続け
「いっしょにオナニーして最高の射精しようね♪」はカウントをゆっくり数えながら彼女たちと一緒の絶頂を目指します。

凜「ゆっくりすぎて焦れったい? だって 最初から速くシコシコしちゃったら お兄すぐイっちゃうから」
後半に入ってもスローなところは変わりません。
2秒1コキからスタートして4秒1コキに一旦落とし、そこから最終的には1秒1コキまで上がります。
2人が1分間隔でシコシコボイスと耳&乳首責めを交代するおかげでエッチな音の量も多く
体への刺激が弱いハンデをある程度補うのに役立ってます。

30分くらい焦らした後にしごき始めるのでいじった直後はとても気持ちよかったです。
でもしばらく続けてるとやはり物足りない気分になります。
本作品の要となるパートなだけあってシコシコボイスも非常にきめ細かくやりやすいです。
欲を言うなら淫語をもう少し多く盛り込んでほしかったなと。

恋「お兄ちゃんのエッチなオナニー見てたら 恋もすっごい感じちゃって…あんっ」
凜「おまんこイクっ おまんこイっちゃう イクイクイクっ」
それに対して最終パートは射精のタイミングだけを設定し
カウント中はそれを我慢する以外好きにオナニーさせる縛りの弱いプレイです。
11分くらいノンストップで自由にしごけますから最後は気持ちよく出せるでしょう。
囁き声に近い控えめな吐息と喘ぎ声を同時に漏らし続ける2人もエロ可愛いです。

このように、1回の射精に向けて着実に進むタイトル通りのエッチが繰り広げられてます。
ノーマル向けの焦らし作品
M向けになりがちな題材を柔らかくアレンジした愛情たっぷりの作品です。

恋と凜は大好きなお兄ちゃんに最高のオナニーを味わってもらおうと
事前にそのやり方を図書館で勉強してから2人で協力してゆっくりじっくりリードします。
そして従来のオナサポに耳舐め、乳首責め、自分たちのオナニーを盛り込んで意地悪さを中和してます。

十分すぎる時間を用意し、どのパートも刺激を抑えて進めるスローなオナニー
指示と並行してエッチな声や音をぶつける複数人ならではの責め
愛情をストレートに伝えながら一緒にオナニーを楽しむ彼女たちの甘いキャラ。
特別な関係にある男女が変わったエッチをする様子を和やかなタッチで描いてます。

本作品の一番面白いところはできる限りノーマルに近づけた焦らしプレイをすることです。
前半はおちんちんをしごけないもどかしさを耳や乳首への刺激である程度発散させ
後半は序盤から中盤にかけては緩く、それ以降は比較的速く激しくおちんちんをしごかせます。
最終パートで相互オナニーをするのも一体感を出しつつ彼女たち自身がオカズになるのを狙ってます。

恋「お兄ちゃんのオナニー かっこよかったよ」
愛情を感じるセリフや仕草が多く、彼女たちが彼のためにこのプレイをしてるのがわかります。
事前に彼の嗜好を色々リサーチしたそうですから、スローオナニーもおそらくそれを踏まえて選んだのでしょう。
聴き手をとことん持ち上げながら若干意地悪なプレイをするのでノーマルな人でも普通に聴けます。
女性が2人いるおかげで指示がしっかりしてるし純粋なエロさも高めです。

射精シーンは1回。
くちゅ音多め、ちゅぱ音それなり、淫語と喘ぎ声そこそこです。

現在人気のジャンルにサークルさんなりのやり方で個性を持たせた大衆性の高い作品です。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 1:23:35(本編…1:18:58 キャストコメント…4:37)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2018年5月11日まで10%OFFの810円で販売されてます。

内緒の隠れ家 裏・あまえた樓 彩華【超リアル仕様】

サークル「VOICE LOVER」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、博多弁を話す人懐っこい女の子が
日頃お世話になってるお客に大胆なサービスをして感謝の気持ちを伝えます。

セリフよりも音の割合を多くした音フェチ系の作りになっており
耳を泡でマッサージする音、体のどこかを擦る音、おまんこをかき回す音など
後になるほどエロく感じる音を繰り出して癒しと興奮を盛り上げます。
音の品質がものすごく高いですから、目を瞑って聴けば彼女がすぐ近くにいる感覚がするでしょう。
特別な人へ特別なおもてなし
あまえた楼の店員「彩華」からエッチなサービスを受けるお話。

「うふふっ 嫌だもう お兄ちゃんたら」
彩華は明るくて可愛い声の女の子。
あまえた楼で楽しい時間を過ごし、帰ろうとしてる主人公に次回いつ来るか尋ねると
もじもじした様子で裏・あまえた樓の招待状を差し出します。

本作品は2016年9月に発売された「和み隠れ家 あまえた楼 彩華【超リアル仕様】【ASMR】」のR-18版。
お店の常連として自分を何度も指名してくれる彼への恩返しに
彼女が100分程度の時間をかけてエッチな事も含んだ温かいサービスをします。
「お客側からのお触りはNG」というルールがあるためプレイ自体は比較的ソフトですが
彼女が持つ2つの特徴を上手に使って個性と臨場感を出してます。

「さっきもさ 耳かきしとう時とか お兄ちゃん ばりびくんびくんしとったろ?」
ひとつめはあまえた楼シリーズの売りである方言。
音声の最初から最後まで「~と」「~ばい」など特徴的な口調で語りかけます。
福岡出身の声優さんを起用されてるだけあって話し方に違和感がなく
妹になりきって素直に甘える仕草も可愛くてほっこりします。

もうひとつの特徴は「音」。
どのパートもセリフより音の分量をずっと多くし、その質感・位置・距離でサービスの様子を表現します。
音フェチ要素が強かった前作の長所をそのまま受け継いだ感じですね。
特別な器具をあまり使わず舐めたり体を擦ってエッチな音を積極的に鳴らします。

主人公が再度お店を訪れ裏・あまえた樓へ案内された直後にするのは非エロのサービス(約40分)。
膝枕の状態で両耳を同時に泡洗浄してから彼女の鳴らす音が何か答えるクイズをします。

泡洗浄は「じりゅっ」という泡混じりの水音が耳元至近距離で流れ始め
楕円を描くように耳のあたりをゆっくり優しく撫で続けます。
事後におしぼりで耳を拭くシーンも含めて耳に微かな刺激が伝わってくるほどにリアルです。
あまえた楼よりも踏み込んだサービスを初めてするからか、彼女の表情にも若干の緊張が見られます。

音当てクイズは全部で9問あり、どれも彼女が自分や彼の体を擦ったり舐めて音を出します。
音量が小さかったり似通ってて違いがわかりにくいところもありますが
パート後半から始まる指舐めや耳舐めは適度なエロさを持った生々しい音が楽しめます。

性感帯をいじる頃から彼女の吐息が熱っぽくなるのもいいですね。
「気持ちいい」などの言葉を使わず音によって相手の心理状態を表現します。
恥じらいを見せながらご奉仕する初々しいエッチ
エッチシーンは3パート54分30秒間。
プレイは擬似フェラ、オナニー、エッチな音当てクイズ(彩華のオナニー)、お掃除フェラです。
音当てクイズの際に効果音が鳴ります。

「よし 剥けた じゃーんっ これなーんだ?」
クイズの最後に耳を多めに舐めて主人公を軽く興奮させた彩華は
彼にもっと楽しんでもらおうと予め用意した魚肉ソーセージをしゃぶり始めます。

エッチは彼の側から責められないので終始彼女がリードします。
最初の「魚肉ソーセージぺろぺろ」でするのは擬似フェラ(約17分)。
魚肉ソーセージをおちんちんに見立てて変化に富んだちゅぱ音を鳴らします。

「もーっとエッチなのばい こういう事 彩華にされるの想像して?」
彼女は生のおちんちんを今回初めて見るほどエッチの経験が浅い女性ですが
普段と同じく彼に喜んでもらおうと一生懸命取り組みます。
最初は大人しかったのが4分ほど経つとペースと強さが一段階上がり
彼にパンツを脱いでもらった後はより本物のフェラに近いエロさと動きで責め続けます。

おちんちんを見た時の驚いた表情や、射精シーンで「感動した」と漏らす姿が初々しく
目の前で痴態を晒しても一切見下さないところにも彼に対する思いやりが見られます。
音重視の作品ですがこういう細かな描写を積み重ねて2人の仲の良さも表現してます。

純粋なエロさが最も高いのは次の「これはなんの音でしょうかクイズR18」パート(約36分)。
名前の通りどんな音を鳴らしてるか当てる流れで後になるほど大胆なプレイをします。

「お兄ちゃん 彩華 今すっごく敏感なところ触っとるよ」
おっぱい、乳首、太もも、クリトリス、おまんこなど女性の感じる部分を個別にいじり
さらに耳元至近距離から熱っぽくて切ない吐息をたっぷり漏らす雰囲気重視のサービスです。
特に吐息はいじる部位やいじり方によって熱やリズムが微妙に変化して大変リアルです。
淫語も多少は言いますがやはり音こそが最大の抜き要素です。

またパートの中盤からは相互オナニーへと変化します。
恥ずかしがりながらも自らおまんこを積極的にかき回す彼女の姿に優しさと健気さを感じました。
さっきまで穿いてたパンツをおちんちんに被せたり、射精後にお掃除フェラまでするなど
特別な想いを抱く男性に最後までとことん尽くす純愛系のプレイが楽しめます。

このように、彼女の気持ちを込めながらほぼ対等な立場で愛し合うあまあまラブラブなエッチが繰り広げられてます。
臨場感の高い作品
音フェチ系でありながらキャラも十分立ってる作品です。

あまえた楼に所属する小町の中で自分を最も大切にしてくれてる男性に
エッチをほとんど経験してない女の子が普段と同じスタイルでより大胆なご奉仕をします。
そして色んな音を鳴らしながら後になるほどエロさを上げて抜きやすい環境を整えます。

全編博多弁で人懐っこく話す彼女のキャラ
セリフよりも音を使って癒しや興奮を与える作り、そして音そのものの質の高さ。
彩華の売りである「音あそび」に18禁要素を盛り込んだ穏やかで生々しいサービスをします。

「お兄ちゃん また彩華にフェラさせてくれる?」
中でも彼女のキャラは声、態度、言葉、行為などすべてを使って愛情を示します。
お店でサービスする場合ある程度割り切ってお世話することのほうが多いですが
裏・あまえた樓は小町の側から相手を指名しお金を一切取らない業態なので恋人同士に近いです。
尽くされてるのが音声を通じて伝わってきて満たされた気分になりました。

エッチは彼女のキャラを崩さないよう露骨に下品な音は鳴らさず
体を密着させたまま吐息や喘ぎ声を漏らして興奮具合を表現します。
魚肉ソーセージパートはちゅぱ音、クイズパートは吐息&音と住み分けができててどちらもレベルが高いです。
欲を言うなら自慢のおっぱいを使った擬似パイズリも聴きたかったです。

射精シーンは2回。
喘ぎ声(吐息含む)多め、くちゅ音とちゅぱ音それなり、淫語そこそこです。

音が持つ力を最大限に引き出した超リアル仕様の作品です。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 1:47:29

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2018年3月23日まで40%OFFの720円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。

快楽絶頂ソープランド2~アリサとさゆり編~

サークル「桃箱」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、それぞれに違った個性を持つ2人のソープ嬢が
お風呂場やベッドで交互に、あるいは同時にエッチなサービスをします。

3人で一緒にシャワーを浴びながらお互いの体を洗い合ったり
専用のマットで唇、乳首、おちんちんを手分けして責めるなど
現実世界の二輪車プレイを意識した密度の高いプレイが楽しめます。
前作の流れを受け継ぎ後半に耳かき&耳舐めパートを挟んでるのも特徴です。
初めてとは違う立場で
ソープ嬢のアリサとさゆりがご奉仕するお話。

「ご指名いただき 誠にありがとうございます アリサです」
アリサ(挿し絵右)は甘く可愛い声の女の子。
久しぶりに再会した主人公を嬉しそうに迎えると
彼に相談したうえで二輪車プレイのパートナーにあたるさゆりを紹介します。

本作品はサークルさんの代表作「快楽絶頂ソープランド~アリサとミキ~」の続編。
前作から数年が経ち、新人から売れっ子ソープ嬢へと成長したアリサが
新人研修しながらその時自分を指名してくれた男性と再びエッチします。
登場人物は一緒ですがお話は独立してますので、2人が顔見知りなことを知っておけば今作からでも大丈夫です。

そして2人は最初から最後まで一緒に彼に寄り添い
左右から同時に体を擦りつけたり別の部位を責めるなど連携の取れたプレイをします。
複数人プレイの持ち味を活かしてエッチな音を同時に鳴らすシーンが多く
その多くがねっとりとしたいやらしい質感のもので純粋なエロさが高くなってます。


ソープランドは気持ちよくなるために行く場所ですから、それに適したエッチをするのはとても大事です。
ローションを使ったマットプレイに最も長い時間を割いてるのもソープらしさを出すための演出でしょう。
またそれだけでは個性が足りないとサークルさんが思われたのか、後のほうに耳かきするパートも用意してます。

さゆり「あら なかなか良い面をしていますね タイプだわ アリサ この殿方を指名しますわ 私」
アリサ「えっ? いやいやいや さゆりちゃんがなんで指名してるの? 逆だよ逆」
もうひとつの魅力は彼女たちのキャラ。
アリサは先輩らしくサービスの進行を担当しつつさゆりのエッチをサポートし
さゆりはお風呂の準備など細かい仕事をこなしながら自分なりのやり方で彼を気持ちよくします。
さゆりが典型的なお嬢様キャラなので2人のやり取りを聴いてるとむしろアリサが後輩に思えるでしょうね。
でもお嬢様によくあるプライドを捨て一生懸命尽くす姿に初々しさを感じます。

アリサが厳しい先輩ではないので研修っぽさはそれほどありません。
むしろマイペースなさゆりの良さが出るように伸び伸びとやらせます。
2人が個別に主役を務めるパートを用意するなど、ほぼ同程度の存在感が出るようにサービスを組み立ててます。
エッチな音の量と密度が高いエッチ
エッチシーンは3パート50分30秒間。
プレイは体の洗浄(手コキ)、2人への乳首責め、ローションを塗る、マットプレイ、乳首舐め、キス、フェラ、SEX(騎乗位、正常位)です。
体の洗浄、ローションを塗る、マットプレイ、SEXの際に効果音が鳴ります。

アリサ「アリサ お客様が気持ちよくなれるよう 精一杯努めさせていただきますね」
さゆり「よろしくってよ イかせてみせますわ さ、お洋服を脱がしてもらえる?」
挨拶や自己紹介の後にサービスの注意点を簡単に説明すると
さゆりはお風呂の準備に取り掛かり、アリサはその時間を使って主人公の服を脱がせます。

エッチはパートごとに役割を切り替えながら彼女たちがリードします。
一番最初のTAKE2は本格的なプレイをする前の準備にあたるパート(約13分30秒)。
3人とも裸になってお風呂場に移動し、シャワーで体を一通り綺麗にしてからローションを塗りたくります。

アリサ「さゆりちゃん ここも洗ってあげて?」
さゆり「んっ んん 意外と難しいわね こうかしら?」
仕事とはいえ初めて会った男性の目の前で肌を晒しエッチまでするのは相当な勇気が要るはずです。
しかしさゆりはそういう状況になってもほとんど気後れしません。
不得手なところも多少見せつつ自分から積極的に彼の体やおちんちんを撫で続けます。
アリサもやり方を教えたり手本を見せてさゆりをしっかり応援します。

体を洗うついでに軽く手コキする感じなので射精はできないでしょうが
ソープランドにいる雰囲気作りに役立ってるのも事実です。
最中に鳴る粘性高めの効果音や、体をいじられて喘ぐ彼女たちの声もエロいです。

続くTAKE3はソープの定番とも言えるマットプレイ(約25分)。
お風呂場に用意したゴム製のマットにうつ伏せになり、そこへ彼女たちが左右から寄り添って色んなご奉仕をします。

体を優しく擦りつけながら熱っぽい吐息を漏らす、左右の乳首を一緒に舐める
太ももや下腹部を使っておちんちんをしごく、アリサがフェラしたり馬乗りになってSEXするなど
密着感を大事にしながらくちゅ音、ちゅぱ音、喘ぎ声を複数同時にたっぷり鳴らして興奮を煽ります。
「ぎにゅっ」というゴム混じりの摩擦音がバックでゆっくり流れるのも雰囲気作りに役立ってます。

このパートは時間に対するセリフの量がかなり少なくなってまして
プレイの様子を諸々の音や息遣いで表現することに力を入れてます。
ややイメージしにくい部分があるものの純粋なエロさが最も高く抜きに適してます。
後半はアリサが1人でおちんちんを責める役を務めるので彼女が主役のパートと言えるでしょう。

それに対してさゆりが活躍するのは最後のTAKE5(約12分)。
先ほどのSEXで1回射精した後、20分程度の耳かき休憩を挟んでから今度は彼女がおまんこで奉仕します。

さゆり「もっと もっとぉ んっ そうよ 奥にぃ」
お客との初SEXに緊張するどころかむしろ発情した表情を見せ
彼のおちんちんを気持ちよさそうに受け止める姿が愛らしいです。
彼女のお嬢様キャラが崩れないよう上品で艶めかしい乱れっぷりを披露してました。
アリサが責める姿勢でSEXしてたのに対し、彼女は自分の体を好きにさせることで男の欲望を満たします。

このように、2人の女性が協力して射精へ導く濃厚なエッチが繰り広げられてます。
ねっとりした作品
2人の個性を出しつつ抜きやすく仕上げてる作品です。

アリサは高いお金を払って自分を指名してくれた主人公の期待に応えようと
新人のさゆりと一緒に体の色んなところを綺麗にしたり気持ちよくします。
そして最中に多くの男性が勃起や興奮する音を重ねて鳴らしエロのパワーを上げてます。

彼女たちがずっと体を密着させて同時にお世話する二輪車らしいプレイスタイル
可愛くて熟練したアリサと上品で初々しいさゆりの魅力を引き立てるやり取りと責めっぷり
ソープランド特有のサービスを盛り込み、それらを主に音で表現する実用性重視の作り。
作品が持つ色んな特徴を活かした明るくて和やかなサービスが楽しめます。

さゆり「あら キスなのに何だか恥ずかしいわね 目を瞑ってくださる?」
私は音声を聴く前にさゆりはもっと恥じらうキャラだと予想してました。
しかし実際はどのパートも堂々とエッチに取り組み、その中にちょっぴり女の子の表情を忍び込ませてます。
ソープ嬢だからといって過度にかしこまらず、ありのままの自分をぶつける清々しい女性です。
お嬢様の良い部分だけを抽出したキャラになっていて強い個性を感じました。

前作を聴いたことのある人向けに補足すると全体のレベルが上ってます。
まず時間が1.5倍以上まで増えてるのに値段が据え置きでコスパが良くなってます。
肝心のサービスについても片方が完全に遊んでる時間が減りました。
フェラやSEXといった1人しか担当できないプレイ以外はほぼずっと協力して責め続けます。

もうひとつ、ここまで説明できずにいたTAKE4の耳かきもなかなかの品質を誇ります。
2人が太ももを片方ずつ使って膝枕し綿棒でさゆりが右耳、アリサが左耳を掃除するというもので
「くしゅっ ぷすすっ」という乾いててふわふわした音が穴の浅い部分や外の縁を丁寧になぞります。
ループっぽい音だった前作とは違い音に単調さがなくなって微かな刺激も感じられます。

射精シーンは2回(いずれも中出し)。
くちゅ音とちゅぱ音多め、淫語と喘ぎ声それなりです。

特定のシチュで行う複数人プレイを比較的リアルに表現してる作品です。

CV:アリサ…御上みみさん さゆり…陽向葵ゅかさん
総時間 1:28:31

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は7点。
88分で700円とコスパがいいので+1してあります。

2018年3月21日まで55%OFFの315円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。

天使と悪魔に堕とされる~終わらない搾精ボイス~

サークル「双子プロジェクト」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、性格は随分違うけどエッチ大好きな2人の女性が
自分を召喚した男性に色んなエッチをして精液をとことん搾ります。

耳や乳首を左右同時に舐める、おちんちんを責めながら言葉で興奮を煽る
固有の能力を使って連続射精へ追い込むなど、女性が2人いる状況を活かして連携の取れたエッチをします。
前半と後半でプレイスタイルや属性が大きく変化するのもポイントです。
天使と悪魔の連携攻撃
天使と悪魔に搾精されるお話。

「うふふっ あなたですか? 天使である私を呼び出したのは」
天使は上品で透き通った声のお姉さん。
「ちょっと待てよ 呼び出されたのはこの私だ」
悪魔は男っぽい言葉遣いをする気の強そうな声のお姉さん。
いたずら半分で自分たちを召喚した主人公の前で軽く言い争うと
契約通り元の世界へ戻るために必要な精液をたっぷり搾り取ります。

本作品はそれぞれのイメージ通りの性格を持つ2人が
契約者にあたる彼へのご奉仕としておよそ60分に渡る濃厚かつハードなエッチをします。
彼女たちは人間に呼び出されたら一定以上の精液をもらわないと元の世界に帰れないらしく
それを達成しようと交互に、あるいは同時に色んな責めを繰り出します。

天使「すごく可愛い顔になってますね だったらここを舐めたらどんな声を出してくれるんでしょう」
悪魔「鼻息が荒くなってるぞ そんなに私の耳舐めが気に入ったか?」
天使と悪魔と聞くと仲が悪い印象を抱く人もいるでしょうが
彼女たちの場合は共通の目的を持ってるのでいがみ合うことはほとんどありません。
むしろお互いの長所を活かしながら協力してエッチに取り組みます。

同じ部位を2人同時に責める、手分けして心身をバランスよく盛り上げる
シチュやイメージを使って連続射精に追い込むなど責め方やアプローチが本当に多彩で面白いです。
ちゅぱ音や効果音といったエッチな音の量も多いので抜き場に困ることはまずないでしょう。

もう少し補足しておくと、本作品のエッチは前半と後半で内容がガラリと変わります。
具体的にはプレイスタイル、属性、主力となるエロ要素、射精シーンの密度などです。
最初は割と普通の複数人プレイだと思ってた人も、最後まで聴き終えたらその考えを改めることになるでしょう。
サークルさんご自身もおっしゃられてる通りなかなかハードな内容です。
後になるほどM性が増す多彩なエッチ
エッチシーンは7パート62分間。
プレイは耳舐め、乳首舐め、手コキ、フェラ、洗脳、足コキ、オナホコキです。
手コキ、足コキ、オナホコキの際に効果音が鳴ります。

天使「人間の男性は、音や刺激により興奮するんです ですからまずはこうやって じっくり興奮させてあげましょう」
魔法で主人公の動きを封じ無理矢理射精させようとする悪魔を見て
天使はそれよりも効率よく質の高い精液を搾り取る方法を教えます。

エッチは全パートで彼女たちに責められ続けます。
前半の3パート33分間はノーマル向けのスタンダードな複数人プレイ。
ダブル耳舐め、ダブル乳首舐め、手コキ&フェラとパートごとに責め方を変えながら
時間いっぱい性感と興奮を高めて精液をできる限り熟成させます。

天使「乳首舐め、というのはどうでしょうか? 女性も男性も 乳首って神経の数は同じらしいですよ」
悪魔「ああいいぞ こいつをとことん興奮させるためだったら 何でもしてやるさ」
悪魔は普段強引に搾り取るエッチをするのでこういうプレイに慣れてません。
だから天使が実践形式で責め方の手本を示し、悪魔がそれを真似る流れで進めます。
そして同じプレイでも天使は上品で緩やか、悪魔はそれよりもやや速く荒々しい音を鳴らして違いを出してます。
耳舐めと乳首舐めは始まるとセリフが一気に減ってエッチな音を集中的に楽しむことができます。

悪魔「しかしこの我慢汁の量 漏らしてるかのようだな」
天使「これだけ私たちに興奮してくれてるって思うと すごく嬉しいです」
1回目の射精を迎える手コキ&フェラパートはおちんちんが1本しかないため
数分ごとに2人が役割を入れ替えて少しずつ確実に追い込みます。
悪魔は軽く見下したり羞恥を煽る、天使は持ち上げて満たすと言葉責めにも特徴があって良いです。
天使と悪魔が同時に責めてる様子を色んな要素を使って臨場感高めに表現してます。

状況が一変するのは4番目の「悪魔の洗脳」パートから。
十分な精液を摂取できたのになぜか元の世界に戻ることができない2人が
精液をもっと搾る必要があると判断し、前半とは大きく異なるサービスに乗り出します。

悪魔「そのままどんどん深い深い世界へ入っていく 全身の力が抜けきって 頭の中もとろとろに溶けていくと 全身に心地のいい感覚が広がっていく」
洗脳パートは悪魔の固有能力ということで彼女1人で担当し
言葉を使って全身を脱力させたり精液を何度出しても性欲が衰えない体へ変えていきます。
催眠音声を聴いたことのある人なら催眠誘導に似てると感じるでしょうね。
双子プロジェクトさんは過去に催眠音声を制作されたことがありますし
その経験を活かしてこのサービスを取り入れたのだと思います。

後半シーンの魅力はそれだけではありません。
洗脳終了直後には悪魔→天使の順に足コキで1回ずつ射精させ
最後の2パートは逆に天使→悪魔の順で特性のオナホを使ったハードな責めを繰り出します。
簡単に言うと色んなところが一気にM向けになるわけです。

天使「全身がジーンという心地よい刺激に襲われる ジンジン ゾワゾワ」
悪魔「これから言うセリフを聴いていると お前の全身は またジーンと痺れだし いやらしい感情が溢れてくる」
プレイ中のセリフにも彼を洗脳した状況を強く反映させてます。
足コキは「じゅりっ」というやや筋っぽい水音、オナホコキは「ぎゅぷっ」という弾力のある粘性高めの摩擦音と
各パートで鳴る効果音も前半に比べてパワフルにしてあってエロいです。
(前半と同じく天使と悪魔で質感や動きが微妙に違います)
29分の中に射精シーンが5回と抜き場も多く、タイトルの「終わらない搾精」を忠実に表現してます。

個人的に最もゾクゾクしたのは天使がオナホコキするパート。
天界にだけ存在する彼女のおまんこを模したオナホを使って射精させます。
擬似SEXらしさが出るように息遣いが目に見えて熱っぽくなり
悪魔も主人公の興奮をかきたてようと神聖な女性を汚す快感を言葉で伝えます。
天使の特徴を逆手に取って男の征服欲をくすぐる質の高いプレイです。

このように、2人のキャラを引き立てながら色んな方向から責める幅広いエッチが繰り広げられてます。
変化に富んだ作品
2人の女性が息の合った責めでスムーズに搾精する充実した作品です。

天使と悪魔は自分たちをお遊びで呼び出した主人公にお仕置きしつつ元の世界へ戻ろうと
まずはM性の低いプレイを焦らし気味にやって精液の質と量を上げようとします。
そして1回では戻れないとわかった後はM向けのプレイに切り替え連続射精させます。

全パートで2人が交互に、あるいは同時に責め続ける複数人プレイらしい作り
前半はちゅぱ音主体でノーマルに、後半は効果音をたっぷり鳴らしてハードに責めるメリハリのある展開
彼女たちの特性をセリフや音にしっかり反映させるきめ細かな配慮。
天使と悪魔の特徴を引き立たせた大変個性的なサービスが味わえます。

悪魔「その精液をすべて搾り取るまで この契約は終わらないんだろうな」
天使「だとしたら まだまだ楽しめ…いえ 射精させてあげなくてはなりませんね」
今回のエッチを通じて2人が相互に影響を受けてるところも印象的でした。
悪魔は口調は乱暴だけど天使の言うことが納得できるものならすんなり受け入れるし
天使も軽い気持ちで自分を呼び出した彼に多少のSっ気を見せて仕返しします。
天使が悪魔っぽい表情を見せるのはMな人に対して効果的なのではないでしょうか。

エッチはパートごとに様々なプレイが登場して新鮮味に溢れてます。
複数人プレイを扱う作品はにわかに増えてますが、ここまで練られてるものはまだまだ少ないです。
キャラ、セリフ、プレイといったエッチを形作る各要素のバランスが取れていて素晴らしいです。

射精シーンは6回。
くちゅ音とちゅぱ音多め、淫語そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

彼女たちに責められてる気分にどっぷり浸りながら抜ける作品です。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 1:19:21

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ