同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:陽向葵ゅか

   ● ネトられそうで絶対にネトラれないし犯されないカノジョ騎士団長【バイノーラル】
   ● 大人赤ちゃんのためのエッチな保育園 甘園房 ゆかりママ&しおりママ ~Wママハーレムコースでアメとムチ大作戦~
   ● 亀頭ほいくえん 手コキ&オナホコキフェチズム満載音声
   ● 勇者様、射精のお時間です♪~女神官の甘トロおまんこで誘惑搾精される毎日~【フォーリーサウンド】
   ● 【超絶耳舐め地獄】魔王軍の幹部グライア様の監禁耳舐めわからせ調教地獄【極耳舐め】
   ● ヤリ部屋☆ミッション ~えっちしないと脱出不可能♪~ 「脱出するぞ!!」片想いの先輩の為に前向き寝取られ!! アホの子・悠ちゃん、他人ち○こで浮気絶頂♪
   ● 脳を乗っ取るキモチイ声に僕はもう逆らえない
   ● 【極め耳舐め超特化】耳舐めサキュバス4 -淫魔と堕ちる終わらない愛慾の世界-
   ● 【超密着】文学少女ゆみかの焦らし「囁き」淫語【ちんぽ入れっぱなし耳奥舐め】
   ● 乳首責め委員会




サークル「防鯖潤滑剤」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、王国の騎士団長として色んな任務を遂行してる女性が
同棲中の恋人と少し変わったエッチを楽しみます。

彼女が仕事中に他の男に寝取られたらどうなるかを話しながらイチャイチャするのが特徴で
盗賊団、宿屋の店主、魔法使い、他の騎士団長とパートごとに相手を変え
SEXやフェラするのと同時にそれらを語って嫉妬心を上手に煽ります。
作中で彼女が寝取られることは一切ありませんから苦手な人でも聴きやすくなってます。
騎士団長が見せるもうひとつの顔
恋人のリン・アーレントと4種類のエッチをするお話。

「リン・アーレント。〝ソヌリ騎士団〟の団長として、この身を捧げます」
リンはトーンがやや低く凛々しい声の女性。
騎士団長の就任式を終え疲れた様子で帰宅すると
すぐさま主人公に抱きつき安心した表情を見せます。

本作品はソヌリ騎士団の団長として国内の治安維持を頑張ってる彼女が
現在同棲中で結婚も考えてる彼とおよそ120分に渡って愛し合います。
彼女は仕事の関係で数日帰宅できないことが多く
戻ってきた時は普段よりもずっと安らいだ表情で彼に甘えてストレスを発散します。

シリーズの4作目にあたりますが過去作との繋がりは特にありません。
当サイトでは以下の2作品を既に紹介してます。
ネトラれそうで絶対にネトラれることのないカノジョ
ネトラれそうで絶対にネトラれることのないカノジョ【バイノーラル】~絶対、キミに帰ってくるからね~

「キミと、たくさんキスをして……♪ キミとたくさんおしゃべりをした、唇で……♪ 店主の、脂ぎって汚れたおちんぽを……♪ 自分から、ぺろぺろしてしまうんだ……♪」
最大の特徴は寝取られ妄想を語りながらエッチすること。
盗賊団の討伐中に眠ってしまったら、潜入捜査で媚薬を飲まされたらなど
ファンタジー世界でありそうな出来事をあれこれ語って嫉妬心を煽ります。
そしてプレイはその時と同じものを選んで愛情をたっぷり注ぎます。

「インモラルなのに安心できる」をコンセプトに掲げてることもあり
彼女が寝取られたり彼以外の男とエッチする描写はありません。
もしそうなったらどうなるかという仮想のイメージを使って心を上手に盛り上げます。
防鯖潤滑剤さんは淫語をガンガン言うサークルさんとして有名ですけど
今回はこちらをメインに据えてるので普段よりも控えめになってます。

エッチについてはSEXが3パート、フェラ1パートと前者にかなり寄せてます。
基本的には彼が責めて彼女は寝取られ妄想や耳舐めに専念してました。
最初から生ハメ&中出しするなど2人の仲の良さをわかりやすく表現します。
彼女が騎士を志して王都に向かう前からの付き合いらしいので、恋人になってから結構長いのだと思います。
愛を込めて意地悪するエッチ
エッチシーンは4パート90分間。
プレイはキス、SEX(立ちバック、対面座位、正常位)、寝取られ妄想、フェラ、耳舐め、手マンです。
SEX、手マンの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「キミと、キスして……♪ ガチガチになってる、おちんぽ見たら……♪ 私も……すごく、キミのことが欲しくなったから……」
主人公に今回指揮したお仕事のことを一通り話すと
リンは立ちバックで責められながら自分が輪姦されたらどうなるかの妄想を語ります。

エッチはお互いに責め合うスタイルで進めます。
前半の2パート42分間はそれほど危険度が高くない任務を終えた後にするプレイ。
「1-2H.『もしあのまま捕まってたら、どうなってたんだろうね……♪』(約22分)」は立ちバックSEX
「2-2H.『目の前にあるおちんぽのことしか、考えられなくなるんだ……♪』(約20分)」はフェラをします。
ちなみにどのシーンも4分程度の未遂パートを挟んでからエッチに進みます。

「当然、射精のときも、抜いてはもらえない……♪ 私のことを孕ませるつもりで……♪ おまんこの一番奥に、中出しされるんだよ……♪」
彼女は彼に寝取られマゾの嗜好が少しはあることを知ってるらしく
実際にされてないことを割と生々しく語ってイメージ力を膨らませます。
その一方で体のほうは完全に彼に委ねて気持ちよさそうな吐息を漏らします。

エッチシーンはほぼずっと囁き声で話すため、大きな喘ぎ声を漏らすことはほとんどありません。
寝取られ妄想、ピストン音、吐息を組み合わせて無理なく射精へ追い込みます。
嫉妬心や独占欲を適度にくすぐってきますからややMな人に最も向いてます。
事後はちゃんと優しい言葉をかけてくれますし、エッチを盛り上げるスパイスとして取り入れてます。

後半の2パート48分間は寝取られ妄想の方向性が変わります。
「3-2H.『知らない男の人とイチャイチャえっちしても、それを不思議に思わないんだよ……♪』(約24分)」は
長年指名手配されてる強力な魔法使いに催眠術をかけられたら
「4-2H.『キミに迷惑をかけたくないから、仕方なく彼に抱かれるんだ……♪』(約24分)」は
彼女と同じ日に騎士団長になった中年男性に陥れられたらどうなるかをSEXしながら話します。

「催眠にかかってる、っていうことは…… 何をされても、それを不思議に思わないってことだから……♪ 彼に、好き放題に弄ばれてるのかもね……♪」
前半よりも相手の人物像が鮮明になってることを活かし
3-2Hでは見た目は普通だけど実は催眠が解けてないことを匂わせるセリフを言います。
またその魔法使いが主人公よりも逞しかったことを告げて劣等感を与えます。

彼女も寝取られ妄想エッチを2回やってハマり始めてるのかもしれません。
意地悪度を多少上げて彼がどういう反応を見せるか観察します。
そして最後は中出しを決めさせて自分が彼のモノだとわかりやすく伝えます。
ちゃんとフォローしてくれますから本気で彼を不安にさせようとしてるわけではないです。

「キミの赤ちゃん……欲しく、なっちゃいそうだ……♪ ちゃんと、避妊魔法、かけてるのに……♪ 卵子が……キミの精子を、お迎えにいきそうだよ……♪」
4-2Hも基本部分は一緒ですけど、敵が自分と同じ騎士団長だったこともあり
精神的に参ってるようで普段よりも彼に甘えたり愛情を注ごうとする色が強くなってます。
あなたが家で待ってくれてるから過酷な仕事も頑張れる。
本来は男女の仲を引き裂く寝取られを、逆に絆を強める素材として活用してます。
プレイ自体は正常位でガンガンSEXしながらキスするだけなので、それ以外の部分のほうが印象に残ります。

このように、プレイよりもシチュやセリフで興奮させる個性的なエッチが繰り広げられてます。
美味しいとこだけ食べられる作品
シリーズの特徴をファンタジー世界に当てはめてるやや変わった純愛作品です。

リンは騎士団長の激務の合間に主人公との幸せな時間を過ごそうと
シーンごとに任務の内容を話しながら、その相手に犯されたらどうなるか妄想で語ります。
そして4パート中3パートで生ハメ&中出しSEXをして心底惚れてることをアピールします。

普段は凛々しいけど2人きりの時は甘えん坊な女性が愛する人と自宅でイチャイチャするシチュ
どのパートも寝取られ妄想を盛り込み、それを語りながら状況に合ったプレイをするテーマ性のあるエッチ
寝取られの宿命である「愛する人を失う」部分を完全に取り除き
スリルや背徳感といった興奮できる要素だけを抽出したある意味わがままな作り。
寝取られ作品が増えてる昨今でも他では見かけない作品に仕上がってます。

中でも2番目は言葉責めの大部分を寝取られ妄想に割いてるので
パートごとにまったく違うストーリーや展開が味わえて面白いです。
後になるほど手ごわいキャラが出てくるのも聴き進める楽しさが生まれてます。

総時間の7割以上がエッチですから当然抜きにも役立ちますけど
ファンタジー世界が舞台なので多少のストーリー性もあります。
雨降って地固まると言いますか、こういうプレイで2人の関係が強化されるのも良いです。

「寝取られを扱ってるのに女性が寝取られないのは邪道だ」と言う人がいるかもしれません。
でもサークルさんがそのことを明言されてるなら別にいいんじゃないでしょうか。
こういう作品がきっかけで寝取られに興味を持つ人もいると思います。

射精シーンは4回。
くちゅ音多め、淫語それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

おまけは「たまには普通に甘えたいな……♪」です。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 2:13:35(本編…2:05:32 おまけ…8:03)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年10月12日まで10%OFFの1089円で販売されてます。
シリーズの過去2作も10月7日まで50%OFFの550円で販売されてます(DLsite)。



サークル「ホワイトピンク」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、大人だけが利用できるエッチな保育園で
2人のママが甘えん坊な男性に幸せで気持ちいいひと時をプレゼントします。

幼児プレイ要素を多めに盛り込んだうえでエロさも高いエッチをするのが特徴で
どのパートも2人が連携を取りながら違う手段で性感帯を責め続け
中盤以降は通常のSEX、レズSEX、アナルSEXを中心に置いて艶めかしい喘ぎ声をガンガン漏らします。
癒しのパワーも強いですからいい気分に浸りながら抜けるでしょう。
赤ちゃんに戻れる大人の楽園
甘園房でゆかりママ(挿し絵左)、しおりママ(挿し絵右)に甘やかしてもらうお話。

「この度は 当店甘園房にご興味を持ってくださり 誠にありがとうございます」
受付嬢ののどかさんは明るくて穏やかな声の女性。
甘園房の利用を検討してる主人公に挨拶すると
お店とサービスの特徴や所属するママたちのことを簡単に説明します。

本作品は2019年から続いてる人気シリーズの第5弾。
大人になっても女性に甘えたい願望を強く持ってる人のために
彼女たちがおよそ180分に渡って6種類のエッチなサービスをします。
登場人物は過去作と一緒ですがストーリーの繋がりは特になく
初来園verと再来園verがあるので新規の人もすんなり入れます(流れは一緒で一部のセリフが違います)。

ちなみに当サイトでは1作目以外すべてレビュー済みです。
大人赤ちゃんのためのエッチな保育園 甘園房 ゆかりママ2
大人赤ちゃんのためのエッチな保育園 甘園房 ~ゆかりママとうちで過ごそう~
大人赤ちゃんのためのエッチな保育園 甘園房 しおりママ

ゆかりママ「両耳舐め舐め 気持ちいーい? ボクのお耳 柔らかくって はむはむし甲斐があるよ」
最大の特徴は幼児プレイ成分をたっぷり含んだ濃厚な甘やかし。
ゆかりママはママらしいあまあまな声と態度で愛情を込めてお世話します。
彼女は口を使うのを得意としておりキス、耳舐め、フェラといったプレイを好んでやります。
「ばぶばぶ」「ごろーん」などセリフも独特なものが多く、聴けば聴くほど胸のあたりがぽかぽかします。

しおりママ「ぴゅっぴゅはまだだーめ」
それに対してしおりママはちょっぴり意地悪な女性。
射精が近くなった時にわざと禁止してもどかしい気分にさせたり
終盤では彼のアナルをペニバンで責めて射精とは違う快感を与えます。
ゆかりママを激しく責めるシーンもあったりと多少のSっ気が見られます。

ただし、本作品の主役はあくまで幼児プレイですから
一般的なM向け作品に出てくるきつい言葉責めやプレイはあまりありません。
褒めたり甘やかすセリフも普通に言いますし、エッチを盛り上げる触媒として取り入れてます。
ゆかりママとの違いを明確にする意味もあるでしょうね。

本作品の独自要素は2人が同時に責めること。
ゆかりママは左、しおりママは右に陣取って手分けしながら色んなプレイを繰り出します。
過去4作はすべて一対一だったので、それらを聴いてる人は以前よりも内容が濃く感じると思います。
終盤はSEXが中心になってるおかげで彼女たちの喘ぎ声も多めに流れます。

甘園房はあくまで大人赤ちゃんをお世話するためのお店ですから
ガチの幼児プレイみたいに射精シーンを極端に減らすとかはしてません。
甘さとエロさを両立させたサービスをするのでオナニーのオカズとしても普通に役立ちます。
このへんもシリーズがずっと続いてる理由なんじゃないかなと。
気持ちよく甘やかしてくれるエッチ
エッチシーンは6パート123分間。
プレイはキス、フェラ、耳舐め、手コキ、授乳、ガラガラを鳴らす、マットプレイ、乳首舐め、顔面騎乗、アナル舐め、ちんぐり返し、ゆかりママのオナニー、ペニバンSEX/アナルSEX、腹コキ、SEX(正常位)、ママタクシー(駅弁SEX)です。
手コキ、ガラガラ、マットプレイ、ペニバンSEX/アナルSEX、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

ゆかりママ「今日はこのお部屋でぇ ママたちとうーんとエッチなお遊戯 一緒に楽しみまちょうねー」
17分ほどかけてお店の説明やプレイルームへの案内をした後
ゆかりママとしおりママは順番に熱いキスをしてから主人公を裸にします。

エッチは終始彼女たちが責め続けます。
前半の3パート71分間は2人の違いを出しながら甘さ重視のプレイをするシーン。
「02 キス&両耳舐め手コキ(約22分)」はキス、耳舐め、手コキ
「03 おっぱいキスしながらの、おちんちんキス(約19分)」は授乳+フェラ
「04 ローションマットベッドでヌルヌルお遊戯(約30分)」マットプレイで1回ずつ射精します。
ちなみに本作品は全編で音量控えめな癒しの音楽が流れ続けます。

しおりママ「ママたちのキス 気持ちいいかしら? ふふっ そっかそっか」
ゆかりママ「こゆーいしーしーいっぱいできて えらーいでちゅねー」
そして2人は早速溢れんばかりの愛情を注いであまあまな雰囲気を作ります。
ゆかりママは言葉と行為でストレートに甘やかすし
しおりママも一部を除けば優しい態度を取ってやや下品なちゅぱ音を鳴らします。
手コキは音を鳴らすだけですから、赤ちゃん言葉とちゅぱ音のほうが存在感は大きいです。

03パートは女性が2人いる状況を有効活用してます。
しおりママは彼に膝枕したままおっぱいを好きに吸わせ
ゆかりママはおちんちんの匂いを嗅いだり激しめにしゃぶって射精へ追い込みます。
本物の赤ちゃんにも使うガラガラを鳴らすなど、テーマ性とエロさを両立したプレイに仕上げてます。
しおりママが普通に喘いでくれるおかげで02パートよりもエロく感じました。

しおりママ「ほーら ボクのお顔の上に 跨ってぇ… 生おまんこさんずっしーん」
04パートはソープのマットプレイにかなり近い内容。
マットへ寝ころんだ彼におっぱいを使ってローションを塗りたくり
さらに乳首舐め、ちんぐり返し、顔面騎乗、手コキ、アナル舐めと多彩な責めを行います。

幼児プレイ要素はセリフくらいですから、前の2パートとはやや方向性が違います。
3時間もある作品でずっと同じ路線だとダレる可能性がありますし
甘さとエロさの比重を変えて違いを出したほうが熱中できると思います。
時間が最も長いことも含めて前半で一番抜きやすいパートじゃないかなと。

後半の3パート52分間はSEX中心。
「05 スーパーあまえんぼうタイム(約15分)」は2人のSEXを間に挟まる形で鑑賞し
「06 ハイパーあまえんぼうタイム(約20分)」はゆかりママとのSEXと、しおりママからのアナルSEXを同時に楽しみます。
そして「07 待合室まで抱っこママタクシーで移動(約17分)」は駅弁スタイルでしおりママにハメながら待合室へ連れて行ってもらいます。

しおりママ「あぁこれすっご すっごぉい」
SEXする点はどれも一緒ですけど、内容はそれぞれに違いがあるので単調さはありません。
05パートと06パートは2人の喘ぎ声がガンガン流れてエロい空間を作ります。
スイッチを入れるとペニバンを装着してるしおりママも気持ちよくなれるという設定です。
ピストンも軒並み激しく大人のSEXをしてるように感じました。

前半部分はどちらかと言えば甘やかしのほうが強かったので
ここは実用性をさらに上げてメリハリをつけてます。
主人公がSEXする時は必ず生ハメ&中出しをしますし、心も体も満たしたまま外の世界へ送り出します。

このように、あまあまな要素を多く盛り込んだうえで体もがっつり責めるバランスの取れたエッチが繰り広げられてます。
心も体もとろける作品
満足感や幸福感に浸りながら抜けるノーマル~ややM向けの作品です。

ゆかりママとしおりママは甘園房を訪れた主人公に満足してもらおうと
左右に陣取り密着しながら色んなプレイをして何度も射精させます。
そしてこれらの最中に赤ちゃん言葉や幼児プレイを色々盛り込み甘えたい欲望も満たします。

タイプの異なるお姉さんたちが甘えん坊な男性のママになって親身にお世話するシチュ
赤ちゃん言葉、癒しの音楽、ガラガラなどテーマ性のある素材を色々盛り込んだ独特なエッチ
常に2人で協力しながら後になるほど濃いプレイをする抜きを意識した作り。
シリーズのファンとそうでない人の両方に楽しんでもらえるよう作品を組み立ててます。

中でもエッチは確かに幼児プレイなんだけど
おちんちんもしっかり気持ちよくする割と欲張りな内容になってます。
彼を赤ちゃんではなく大人赤ちゃんと呼んでるのもこれを成立させるためなのでしょう。
総時間が長いおかげで甘さとエロさ両方を高い水準で持たせることができてます。

あと私は過去作を聴いてるので複数人プレイが印象に残りました。
2人の存在感を同じくらいにしたうえでそれぞれに活躍の場を設けてます。
エッチな声や音の密度も上がってて順当に進化してると言えます。

射精シーンは6回。
くちゅ音と喘ぎ声多め、淫語とちゅぱ音それなりです。

以上を踏まえてサークルさんでは3本目の満点とさせていただきました。

CV:ゆかりママ/のどかさん…陽向葵ゅかさん しおりママ…分倍河原シホさん
総時間 初来園ver…2:53:36 再来園ver…2:53:12

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2021年10月9日まで20%OFFの1232円で販売されてます。



茜新社が販売してる同人音声作品。

今回紹介する作品は、ほぼ正反対の属性を持つ2人のお姉さんが
おちんちんの悩みを抱えてる少年に気持ちいい治療を施します。

片方はお姉ちゃんのように彼を全肯定しながらひたすら甘やかす
もう片方は軽く見下しながらややハードに責めると、いった具合に
2人の個性を明確にしたうえで亀頭を重点的に責めて何度も射精に追い込みます。
射精シーンがとんでもなく多いのもポイントです。
包茎少年にする過激な治療
亀頭保育士の保奈美、亀頭衛生士の理沙が協力して包茎を治すお話。

「こんにちは 亀頭保育士の保奈美です」
保奈美は甘く優しい声のお姉さん。
「亀頭衛生士の理沙です」
理沙は丁寧語で話すクールな声のお姉さん。
保育園にやって来た主人公に挨拶し、早速おちんちんを出すように言うと
亀頭と包皮の間にローションつきの綿棒を入れて綺麗にします。

本作品は漫画「じょうずにぴゅっぴゅできるかな?【DLsite限定特典付き】」に出てくるお話を音声化したもの。
手術とは違う手段でおちんちんの悩みを解決してくれる場所で
彼女たちがおよそ60分に渡って気持ちよくしながら包茎を矯正します。
保奈美は主治医としてメインの相手を務め、理沙は射精後におちんちんを綺麗にする役を担当します。

保奈美「上手に言えたね いい子いい子 おっぱいでほっぺた よしよししてあげる」
理沙「汚れが悪化するので 今すぐ射精をお止めください」
最大の魅力は彼女たちのキャラ。
保奈美は近所のお姉ちゃんのようなあまあまな態度でリードするのに対し
理沙は事務的メイドっぽくクールな様子で軽く見下しながらお世話します。

どのパートも2人が個別に、あるいは同時に責めるおかげで大きな落差を感じます。

どちらかと言えば保奈美のほうが出番は多いので雰囲気はノーマル寄りですけど
理沙が割と容赦のない責め方をするため、総合するとややMあたりがメインターゲットになります。
理沙は亀頭磨きやアナルSEXといったアブノーマルなプレイを担当してますし
異なる属性を敢えて混在させて深みと面白味を与えてます。

エッチは目的が包茎治療なのでそれを見据えたプレイ構成になってます。
タイトルについてる手コキやオナホコキはもちろん出てきますし
それ以外に亀頭の洗浄、特殊なパンツを穿いて包皮を戻りにくくするなど独自要素も盛り込んでます。

ちなみに主人公は今回初めて射精するくらいの少年なので
彼女たちの責めにはとことん弱く、ちょっとした刺激でもあっさり射精します。
具体的には54分間で15回も射精シーンが用意されてます。
今回の治療に早漏改善は含まれてませんから、抜き場をできるだけ多くして実用性を上げてます。
優しさと厳しさを混在させてるエッチ
エッチシーンは4パート54分間。
プレイはハグ、オナホコキ、亀頭の洗浄、手コキ、耳舐め、歯ブラシ責め、授乳、クンニ、金玉へのビンタ(1回だけ)、SEX(正常位?、対面立位)、ペニバンアナルSEXです。
オナホコキ、亀頭の洗浄、手コキ、歯ブラシ責め、金玉へのビンタ、SEX、アナルSEX、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

保奈美「それでは今日から 本格的な亀頭保育を行っていきます」
冒頭でおちんちんの具合やサイズを確認した1週間後
保奈美は包茎治療の手始めに抱き合ったままオナホで気持ちよくします(サンプル画像の体勢)。

エッチは終始彼女たちが責め続けます。
前半の2パート29分間は本作品の特徴がよく出てるシーン。
「002 初診・上手にぴゅっぴゅとむっきんできたね(約18分)」はオナホコキと亀頭のお掃除
「003 お手々にいっぱいちーこちーこしてね(約11分)」は手コキと歯ブラシ責めで合計8回射精します。

保奈美「男の子が白いおしっこを出すことを お射精って言うの」
そして2人は早速まったく違う態度で彼に接します。
保奈美はエッチに関するあれこれを教えながらゆっくり責める性教育っぽいスタイルを取ります。
オナホに挿入しただけで射精しても怒るどころか精通を褒めてくれてすごく優しいです。
「ぷちゅ ぷちゅ ぷちゅーん」と擬声語を交えてプレイの様子を実況するなど
おねショタの醍醐味である甘さや温かさが凝縮されたキャラになってます。

理沙「これはまた 随分と浅ましく射精をされたご様子ですね」
それに対して理沙はクールさや容赦のなさを前面に押し出して責めます。
「亀頭磨きクロス」と呼ばれる布で綺麗にしてる最中に射精するのを見て軽く呆れ
次回は決して漏らさないように念押しして場を引き締めます。
意地悪というよりは仕事をきっちりこなすタイプの女性なのだと思います。

2番目のパートは後半から登場する歯ブラシ責めが個性的です。
前回使ったクロスでは亀頭の汚れを取り除けないと判断し
理沙が「ごしゅごしゅ」「しゅりしゅり」と言いながら熱心に刺激します。
音も鳴らしますけど音量が控えめになってて掛け声のほうが存在感は大きいです。

続く2パート25分間はより踏み込んだプレイが登場します。
「004 もみゅ、もみゅって亀頭をマッサージするね(約11分)」は
ローターを内蔵した別のオナホでしごきながらおっぱいを自由に吸わせ
「005 先生のおマンコにどーじょ(約14分)」は保奈美へのSEXと理沙からのアナルSEXを同時に体験します。

保奈美「んんっ 亀さん すごく立派に育ったね でも まだ足りません」
理沙「ここからは私が 正確な検査を行うため ピストンのお手伝いをします」
005パートは治療の総仕上げということで最初から2人とも登場させ
それぞれで別の役割を持って動く密度の高いプレイです。
SEXは亀頭だけおまんこに挿入してこれまでの成果を確認し
アナルSEXは快感が強すぎて自分では動けない彼を気持ちいい手段で理沙がサポートします。

ここだけで4回も射精シーンがありますし、最後を飾るに相応しい抜き応えのある内容でした。
彼の童貞を奪ったのもここまで頑張ってきたことに対するご褒美なのかもしれません。
両耳舐めのちゅぱ音、ピストン音、保奈美の喘ぎ声と純粋なエロ要素も充実してます。

このように、2人の性格に合ったやり方で甘やかしたり軽くいじめるメリハリのあるエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視の割とハードな作品
テーマ性を持たせたうえでキャラも立ってるややM向けの作品です。

保奈美と理沙は包茎で悩んでる主人公のおちんちんをずる剥けにしようと
それぞれで役割分担しながら個別に、あるいは同時に違うプレイを繰り出します。
そして射精シーンを通常よりも遥かに多くして聴き手がいつでも抜けるようにします。

あまあまなお姉さんとクールなお姉さんが協力しておちんちんを矯正するシチュ
おちんちんに色んな手段で刺激を与えて亀頭を鍛えるテーマに沿ったエッチ
射精シーンをものすごく多くしておちんちんの弱さや精力の強さを表現する演出。
思春期の少年が年上の女性に気持ちよく弄ばれる様子を比較的柔らかいタッチで描きます。

中でも2番目は亀頭の洗浄、歯ブラシ責め、ローター入りのオナホで責めるなど
音声作品でもなかなかお目にかかれないプレイがいくつもあって面白いです。
包皮をずっと剥けた状態にするパンツを穿いたり、亀頭を育成する薬を塗るシーンもあります。
普通にエッチして終わりじゃ他の作品と一緒になってしまいますから、目的意識があるのは大事だと思います。

射精シーンは15回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声ごく僅かです。

CV:保奈美…陽向葵ゅかさん 理沙…分倍河原シホさん
総時間 1:05:07

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります



サークル「Cubic」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、教会で聖剣を管理してるドスケベな女神官が
魔王討伐を目指す勇者に気持ちいいお手伝いをします。

甘さとエロさのバランスが取れた濃いエッチをするのが特徴で
彼を褒めたり全肯定するセリフを投げかけて甘えやすい雰囲気を作り
プレイはSEXを最も多く用意して、清楚な女性をおちんちんで征服する幸福感を与えます。
聖剣を持つためのエッチな鍛錬
神官のエリシアと6種類のエッチをするお話。

「勇者様 教会までご足労いただき ありがとうございます」
エリシアは上品で穏やかな声のお姉さん。
教会を訪れた主人公に聖剣のことを話すと
緊張気味な彼を励ましてから剣に近づきある儀式を始めます。

本作品は異世界から召喚されて魔王と戦うことになった彼が
それに必要な武器を管理してる彼女とおよそ120分に渡りイチャイチャします。
この聖剣は勇者としての能力だけでなく清らかな心も要求されるらしく
彼女に軽く密着されただけで勃起する彼にはどうしても抜くことができません。
そこでしばらく教会に滞在し色んなエッチをして性欲を解消します。

「おちんぽの匂いを嗅がれるの 恥ずかしいんですか? 嫌じゃないですよ むしろ癖になると言いますか 私好みで…」
彼女は神官のイメージとは随分違うドスケベな女性。
「おちんぽ」とやや下品な淫語を言いながらおちんちんの匂いを嬉しそうに嗅いだり
会ったばかりの彼とすぐさまSEXする積極的なところを見せます。

SEXは毎回生ハメ&中出しをしますし、文字通り自分のすべてを捧げて存分に搾精します。

彼と会った時点の彼女は処女ですが、知識はかなり持ってるので初々しさはあまりありません。
「勇者を助ける」という口実を設けて己の欲望も満たそうとします。
キャラが崩れないレベルで下品に振舞いますからギャップはそこそこといった感じです。

「大丈夫ですよ また明日も 一緒に頑張りましょうね いやらしい勃起おちんぽ いい子になるまで 抜き抜きしてあげますので」
もちろん神官らしいところも十分に持ってます。
魔王討伐の旅へ出る前に躓いた彼を一切見下さず
むしろ励ましたり全肯定するセリフをガンガン投げかけて元気を与えます。

ポジティブなセリフが非常に多いですからいい気分に浸りながら聴けるでしょう。
大きなおっぱいでお世話するシーンもあって甘やかし成分が強いです。

Cubicさんが音声作品を出すのは今回が初めてですけど
サークル主が音声のシナリオを100本以上書かれてる方なので十分な品質を持ってます。
本作品も「甘さとエロさ」を軸にストーリー性のあるエッチに仕上げてます。
どんどん溺れていくエッチ
エッチシーンは6パート97分間。
プレイはちん嗅ぎ、SEX(正常位、騎乗位)、乳揉み、キス、手コキ、耳舐め、フェラ、授乳、パイズリです。
SEX、手コキ、パイズリの際に効果音が鳴ります。
また鳴らないバージョンがない代わりに音量控えめなものが用意されてます。

「私の体を使って良いので 張りつめたおちんぽ スッキリさせなくちゃ 聖剣 抜けませんよ?」
主人公に聖剣を抜けない理由を説明し別室へ案内すると
エリシアは彼をベッドに寝かせてズボンとパンツを脱がせます。

エッチは彼女がリードしつつ責め合うスタイルで行います。
前半の3パート54分間は当初の予定通り彼の性欲を発散させるシーン。
「01_初めての性処理おまんこエッチ(約19分)」は軽いちん嗅ぎの後にたぶん正常位SEX
「02_あまあま誘惑耳舐め手コキ(約16分)」は耳舐め手コキ
「03_ぐぽぐぽフェラと囁き騎乗位エッチ(約19分)」はフェラと騎乗位SEXで合計4回射精します。
ちなみにどのパートも別の日にやってる設定です。

「あぁ太い んっ あぁ 感じていますか? きつい穴の中を おちんぽで広げていって ぴったり閉じていたのに おまんこの形 変わってますよ」
そして彼女は早速ドスケベな姿を見せてくれます。
鼻を鳴らしておちんちんの匂いを嗅いだり、自分からおまんこを見せつけて彼を興奮させ
SEXは敢えて彼に主導権を譲り艶めかしい喘ぎ声を漏らして応援します。
挿入後に実は処女だったことを教えたりと男が喜ぶツボを的確に突いてきます。

職業柄エッチできない日々が続いてたからでしょうけど
その鬱憤を晴らすかのように彼の体をガンガン求めます。
出会ったばかりの男性とすぐさまSEXする展開も彼女の性格をわかりやすく表現してます。

「(耳を甘く)噛まれるの 気持ちいいんですね」
それに対して02パートは甘さを強めにしたプレイ。
最初は手袋越し、次は素手でおちんちんを比較的ゆっくりしごきながら
左右の耳も一緒に舐めて幸せな射精に導きます。
耳舐めは外側を中心に甘噛み、舐め、吸いを組み合わせた割と控えめなものです。
射精時にはぴゅっぴゅのセリフで応援するなど、きめ細かいリードで無理なく追い込んでくれます。

「今日から 搾精の回数を増やしましょうか」
03パートは本作品で唯一青姦を楽しみます。
前半はやや下品なちゅぱ音を鳴らすフェラ、後半は囁きながら腰を打ちつけるSEXと
以前よりも射精シーンを増やしてより効果的に搾精しようとします。

個々の責め方はそんなに激しくないですが、ほぼ休憩なしで2連続射精させるところはなかなかハードです。
彼と2回エッチした結果、彼女もこの環境に溺れてるのかもしれません。
本来なら魔王討伐を応援すべき彼女が別の思いを持ち始めてるように見て取れます。

続く3パート43分間は彼女の心情描写も絡めてより深く愛し合います。
「04_甘やかし全肯定授乳手コキとむっちりパイズリ(約15分)」は授乳手コキとパイズリ
「05_べろちゅー腰振りでラブラブ誘惑搾精(約18分)」はキスを絡めた騎乗位SEX
「06_二人一緒に…(約10分)」はあるプレイで合計5回射精します。

「私はただ あなたと一緒にいたいだけ」
ほぼ毎日のようにエッチして彼に情が移ったのでしょう。
05パートでは3回連続で射精する最も濃いSEXをしながら彼女が思いのたけをぶつけます。
神官ではなく1人の女性としてあなたと一緒にいたい。
SEXしながらこんなことを言われて心が揺らがない男はいないはずです。
言葉と行為の両方から2人が身も心も繋がってるのが感じられます。

純粋なエロさも十分にあるので、このパートが本作品の「甘さとエロさ」を最も表現できてると思います。
それに対する彼の答えや終盤のストーリーも面白いですし
エッチメインで構成されてるのにひとつの物語としてきちんとまとめられてます。
このへんは思いっきりネタバレになるので聴いてのお楽しみとさせていただきます。

このように、エロさを出しつつ心の距離が縮まる様子も描いたあまあまラブラブなエッチが繰り広げられてます。
キャラとエッチの両方が立ってる作品
ドスケベシスターに誘惑される展開を純愛路線で描いてるノーマル向け作品です。

エリシアは異世界からやって来てこの世界を救おうとしてる主人公を助けようと
まずは聖剣を抜くための障害となる性欲を自分の体で発散させます。
そしてある程度エッチすると彼を本気で好きになり、終盤は言葉と快楽で彼をモノにしようとします。

清純そうに見えて実は淫乱な女神官が初心な勇者を色んなエッチで鍛えるシチュ
SEXシーンを最も多く用意し淫らな姿を見せるややギャップのあるエッチ
励ましたり全肯定するセリフを多く投げかける彼女の甘いキャラ。
「あまあまでエロい」を忠実に音声化したような作品に仕上がってます。

中でもエッチは最初のパートでいきなり処女喪失SEXをする大胆な展開や
わざとらしく感じないレベルで下品に振舞う演出など
彼女をより魅力的に見せることを考えながら組み立ててます。
SEXするパートと別のプレイをするパートを交互に配置してることも含めて
新規さんなんだけどそうじゃないところを随所で見せてくれます。

ライターさんのサークルなだけあってシナリオ力の高さを感じました。
最後まで聴いたら「あぁ、良かったなぁ」という気分になると思います。
抜き性能も高めですからオナニーのお供にも役立ってくれるでしょう。

射精シーンは9回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声いずれもそれなりです。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 2:01:09

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年9月30日まで25%OFFの990円で販売されてます。



サークル「Cum Cum Creampie」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、人間と蛇の特徴を合わせ持つ魔王軍の女幹部が
捕まえてきた人間たちをエッチな手段で1人ずつ弄びます。

特徴的な質感の耳舐めをたっぷりやりながらねっとり責めるのが特徴で
耳の内側や奥を舌でゾリゾリ舐めたり、舌先で穴を塞いで軽い圧迫感を与えながら
パートごとに違うプレイを繰り出して彼らの体を存分に味わいます。
終盤は逆におちんちんでわからされる展開になるのもポイントです。
捕虜たちを襲う気持ちいいお仕置き
魔王軍の幹部グライアが冒険者たちとエッチするお話。

「はじめまして 聖騎士さま ここがどこだかおわかりかしら?」
グライアは上品で穏やかな声のお姉さん。
特別な監禁部屋で目覚めた主人公に事情を説明すると
彼の体を使ってエッチな実験を始めると言います。

本作品は勇者と魔王が戦ってるファンタジー世界を舞台に
魔王側で高い地位についてる彼女が人間たちとおよそ140分に渡るエッチをします。
聖騎士、賢者、女性の踊り子とパートごとに相手する人物を変え
それぞれに合った責め方をしながら耳もたっぷり舐めて心と体をとろかせます。

「大丈夫 痛くしたりはしないから 私はね…うふふ エッチなことが大好きなの」
魔王城の中で裸になり、ベッドに手足を拘束されてるからでしょうけど
彼女は敵である彼らに対して終始穏やかな態度で接します。
痛みや苦しみは与えないことを告げてから比較的緩いペースで責め
1回の射精に向けてじっくり追い込みながら悶える姿を嬉しそうに眺めます。

人外娘特有のプレイもあまり出てこないので、人間の女性とエッチするのに近いです。
ただし、好意や愛情は一切込めずおもちゃとして扱うことに徹します。
中盤に百合プレイを挟むなど、登場人物が毎回変わるシステムを有効活用してます。

そしてこれらをするにあたって彼女は耳舐めをものすごく多くやります。
本編はエッチシーンの74%にあたる93分も割いており
プレイ中はセリフをできるだけ挟まず音だけを楽しめるように進めます。

本編とは別に色んな耳舐めをするパートもありますから(約72分)
それも合わせたら相当なボリュームになります。

音の質感についても結構独特です。
外側をちゅぱちゅぱ舐めたり吸う通常のものはほとんどやらず
内側をゆっくり舐める、穴に舌先を出し入れする
穴を塞いでそのまま維持するといった深さのある耳舐めをメインに据えてます。

「じゅりっ」というトーンが低くざらつきのある音を鳴らすので個性的です。
長時間舐め続けるからでしょうけど、刺激についてはわざと弱めにしてました。
両耳を同時に舐めたらゾクゾクするあたりに調整してます。
おちんちんへの責めは音を鳴らすだけなので耳舐めが好きな人に最も向いてます。
わからされる快感とわからせる快感
本編のエッチシーンは5パート126分間。
プレイはキス、耳舐め、手コキ、素股、手マン、フェラ、SEX(騎乗位、対面座位?)です。
手コキ、素股、手マン、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「ほら 口を開けなさい キスしてあげるわ」
聖騎士の男性と軽く雑談してから早速キスすると
グライアはさらに右耳も舐めておちんちんを元気にします。

エッチは最終パートを除き彼女が責め続けます。
最初の3パート86分間は本作品の特徴がよく出てるシーン。
「01_手足拘束台 耳舐め・乳首責め調教地獄(約22分)」は聖騎士に耳舐め+手コキ
「02_磔台 耳舐め・素股調教地獄(約30分)」は賢者に耳舐め+素股をします。
そして「03_百合落ち 両耳舐め・愛撫調教地獄(約34分)」は踊り子を両耳舐め+手マンで何度もイかせます。

「蛇とキスするのは初めて? 舌の先が割れてるからすごいでしょ?」
手際がスムーズなところを見ると彼女は以前から多くの人間とエッチしてるのでしょう。
挿し絵にも描かれてるスプリットタンを使って唇や耳を丹念に責め
ある程度興奮してきた後はおちんちんも緩めに責めて無理なく射精に導きます。
01パートは耳舐め・乳首責めとなってますが乳首を責める描写はありませんでした。

そして本作品の売りである耳舐めが早速威力を発揮します。
18~30分とどのパートも十分な時間を割いて片方だけじっくり責め続けます。
製品版には左右を反転したファイルも入ってるので好きなほうをお選びください。
耳元至近距離からややこもったパワフルな音を鳴らすシーンが多くて密着感があります。

ちなみに耳とおちんちんを同時に責める場合は効果音が消えてちゅぱ音だけ鳴ります。
1~2分舐め続けてから少し話すのを繰り返すためASMR成分も高めです。
舐め方を短い間隔で切り替えて単調さを薄めてました。
主役はあくまで耳舐めで、おちんちんは脇役あたりに位置づけてます。

「耳も おまんこもびしょびしょ どうしたの? ずっとイってるの? もっとイキ続けなさい」
03パートは本作品で唯一女性が生贄になります。
踊り子の反応が初々しいのを見て普段よりも柔らかい態度を取り
両耳とおまんこを同時にいじめて男よりも気持ちいいひと時をプレゼントします。

前の2パートが片耳だったから両耳同時は余計濃く感じました。
ペースや力加減も丁度良く、サークルさんが配慮してるのがわかります。
おちんちんを生やして挿入するとかもないですし割と正統派の百合プレイです。

続く2パート40分間は状況が大きく変わります。
異世界から転生してきた遊び人を相手に
「04_形勢逆転!? 異世界転生者『巨根』フェラ(約15分)」はフェラと玉舐め
「05_妖魔淫落……グライア絶頂異種交姦(約25分)」は耳舐めと2種類のSEXで彼女が逆にわからされます。

「あぁ おちんぽぉ まだ舐めるぅ」
フェラが始まった直後から彼女の息遣いが明らかに熱っぽくなり
普段よりもとろけた表情でおちんちんを愛おしそうに舐め続けます。
今までのエッチは躾やお仕置きといった調教寄りのプレイでしたが
この2パートはむしろご奉仕と呼んだほうがしっくりくる内容です。

ここだけ連続でエッチするなど、彼女が彼に対して強い興味を抱いてるのが窺えます。

「私の負け おちんぽに負けちゃったからぁ あっ あっ」
05パートは立場が完全に逆転して彼女が乱れる姿を拝めます。
体の拘束を解いて自由に責めさせ、さらに自分から敗北宣言する情けない姿を晒します。
彼のおちんちんが他の男とどう違うのかには触れられてませんけど
これまで一方的に責めてたのが一気に変わってギャップがあります。
個人的には耳舐めをもう少し減らして喘ぎ声重視にしたほうが良かったように思えます。

このように、序盤から中盤にかけてと終盤でスタイルが正反対になる落差の大きいエッチが繰り広げられてます。
耳舐め重視の穏やかな人外作品
ハードさや残忍さをかなり薄めて耳舐めを磨き上げてるややS~ややM向けの作品です。

グライアは何らかの手段で捕らえてきた人間たちをおもちゃにしようと
抵抗できない状況にしてから耳とおちんちんを同時に責めてじっくり追い込みます。
そして終盤は予想外の逸材に出会い遊び人とのエッチを本気で楽しみます。

穏やかでSっ気もある女幹部が勇者一行を個別に弄ぶシチュ
耳舐めの時間をものすごく多く用意し、質感や動きにも個性を持たせた尖ったエッチ
最初は彼女にわからされる快感、次は彼女をわからせる快感を味わう展開。
サークルさんの強みを活かしたうえで追加要素を盛り込み聴き応えのある作品に仕上げてます。

中でも耳舐めはVOICE LOVERさんが制作に携わってるだけあってレベルが高いです。
耳舐め作品が数多く出てる現在でも他では聴けない音になってます。
耳舐めだけを聴けるパートが用意されてたりと、耳舐め好きな人を楽しませる要素が充実してます。

それ以外についてはパートごとに相手が代わるとか
終盤で立場逆転するといった耳舐めとまったく違う特徴を持たせてます。
敵同士がエッチする状況でも暗さや重さを感じる部分はほとんどありません。
言葉責めも穏やかな声で軽く見下すソフトなものに留まってます。

本編の射精シーンは4回。
ちゅぱ音大量、くちゅ音それなり、淫語と喘ぎ声そこそこです。

耳舐めパートは6種類の耳舐め音声です。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 3:36:01(本編…2:23:27 耳舐めパート…1:12:34)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
216分で1100円とコスパが良いので+1してあります。

2021年9月28日まで30%OFFの770円で販売されてます。



サークル「plug in.東京」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、一途な性格で快楽にとことん弱い女の子が
密室内で会った男性と長時間に渡る濃いエッチをします。

明るい雰囲気でちゅぱ音、効果音、喘ぎ声をガンガン鳴らす抜き重視の作りが魅力で
最初は先輩を裏切ることをためらってたのが、エッチを繰り返すうちにどんどん素直になり
中盤以降は自分からおちんちんや精液を求めるドスケベな姿を見せてくれます。
寝取りがテーマになってますけど暗さや重さはまったくないのでノーマルな人に最も向いてます。
SEXしないと出られない部屋
大学生の高宮 悠(たかみや ゆう)と5種類のエッチをするお話。

「ん、んー ここ 一体どこ?」
悠は明るくて穏やかな声の女の子。
ラブホの一室で目覚めて状況がわからずに驚くと
同じく監禁されてる主人公とご褒美ボックスの中身を確認します。

本作品は何らかの理由で密室に閉じ込められた男女が
そこから脱出するためにおよそ180分間のエッチをします。
「SEXしないと出られない部屋」をそのまま音声化したような内容になっており
小さな扉から差し出される指示に従う流れで進めます。

「はぁ 先輩のところに帰りたい でもね 君と一緒に練習するのは 悪くないかなー」
彼女は先輩にあたる男性と現在交際中で
物語が始まった直後は初対面の彼とエッチすることに抵抗する姿勢を見せます。
しかしそれ以外に脱出する方法がないとわかればむしろ積極的にリードします。
彼が自分と同じ被害者だとわかってるから好意的に接するシーンが多いです。

本作品のテーマは寝取りですが、暗さや重さを感じる描写はまったくありません。
終始明るい雰囲気でエッチしながら彼女が快楽堕ちしたり
自分の意志で彼に寝取られることを願うようになってます。
そうなる理由もきちんと語られてますし、癖のあるジャンルを大衆向けにアレンジしてます。

エッチについてはセリフよりもエッチな声や音の割合が高いです。
口を使う時はゆっくりペースで比較的激しいちゅぱ音をガンガン鳴らしますし
SEXシーンではエロ可愛い喘ぎ声を漏らして上手に盛り上げます。

ほぼ処女の設定ですが初々しさはあまりなく、どのプレイも慣れた手つきで相手します。
最初は嫌がったり恥ずかしがってた女性が思い切り乱れるようになる展開もエロいです。
SEXの時間がかなり長いので、喘ぎ声が好きな人が最も興奮できると思います。
爽やかに堕ちていくエッチ
エッチシーンは5パート160分間。
プレイはキス、耳舐め、乳首責め、パイズリ、悠のオナニー(指とローター)、おまんこの匂いを嗅ぐ、フェラ、性器の相互愛撫、乳揉み、SEX(正常位、バック、対面座位)です。
パイズリ、オナニー、性器の相互愛撫、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「そ、それじゃあ 横になって? とりあえず キスとかしていくね」
主人公と一緒に状況確認してから最初の指令を読んだ悠は
もうやるしかないと腹をくくり、彼を寝かせて熱いキスをします。

エッチはお互いに責め合うスタイルで進めます。
最初の3パート103分間は部屋からの脱出を目指すシーン。
track01(約32分)はキス、耳舐め、乳首責め、パイズリ
track02(約36分)は彼女のオナニーとフェラ、track03(約35分)は性器の相互愛撫とSEXで合計3回射精します。

「こうして ローションをお兄さんに塗りたくって… 冷たくないですかー? えへへ」
彼女には恋人がいるので他の男とエッチすることに対し最初は戸惑う仕草を見せます。
しかし元々快楽に貪欲な性格をしており、開始後は割とノリノリな様子で相手します。
彼を気遣うところも見せますし、密室に閉じ込められてるとは思えないほど和やかな空気が漂ってます。

実は彼女は以前彼と初エッチした時に失敗した背景があります。
彼のおちんちんが短小&早漏なせいでSEXがすぐ終わってしまったそうです。
そして主人公は彼とまったく違う立派で耐久力の高いおちんちんを持ってます。
恋人に対する義理とメスの欲求を天秤にかけ、後になるほど後者へ傾くように進めます。

そして序盤からエッチの様子を音重視でお届けします。
track01は雰囲気作りや興奮させる意味合いが強いので射精シーンはないものの
キス、耳舐め、乳首舐めといったちゅぱ音を鳴らすプレイが充実してて濃いです。
終盤のパイズリも積極的にやりますし、仕方なく責めてる感じをまったく出さずにイチャイチャします。

「ねぇ おいで こっち来て? あぁ 君が私のおまんこ嗅いでるぅ」
track02は彼女の淫乱さがわかりやすく表現されてます。
「彼の指示に従って彼女がオナニーする」という指令を受け
胸や乳首をいじるところから入りおまんこをローターで慰めて絶頂します。
途中で彼におまんこの匂いを嗅がせて喜ぶシーンもあったりと、快楽の魅力に堕ち始めてるのがわかります。

ただし、先輩をオカズにオナニーしたり彼に謝りながらイクところを見ると
心のほうはまだまだ恋人のほうを向いてるようです。
体はあっさり堕ちるけど心は持ちこたえることで寝取りらしさを出してます。
といっても本作品の場合は彼女が自分から堕ちる展開なので、そうなるのをじっくり待つ形になります。

「こんなの 初めてだよ 子宮から 入り口まで 一気に責められちゃってる」
track03は2人が初めてSEXする最初の山場。
さすがにそれだけは避けたいと思ってた彼女も主人公と話し合って了承します。
恋人を裏切ることを気に病むのかと思いきや、挿入後は普通に喘ぐドスケベなところを見せてくれます。
「先輩のエッチよりずっといい」とも言いますし、立派なおちんちんにあっさり屈服するのが軽くて良いです。

ちなみにこのパートだけは2回射精する流れになってまして
2回戦は彼女のほうからおねだりしてガンガン喘ぎます。
フィニッシュもあっさり中出しを許すなど、完堕ちと言っていいくらい彼の魅力にハマります。
絶頂回数は彼女のほうが明らかに多くイキ声を何度も漏らしてくれます。

続く2パート57分間はその後のお話。
track04(約28分)は脱出できるようになった直後にお礼のSEXをし
track05(約29分)は後日再会して寝取ってくれるようにお願いします。

「先輩のおちんちんじゃ こんなに気持ちよくないんだもん もう君のおちんちんでいいの」
部屋から出られるようになった時点で2人を繋ぐものは何もありません。
しかし彼女は彼とこのまま別れることを嫌がっており
自分の体を使って今後もエッチできる関係になりたいことをアピールします。
プレイ中のセリフも先輩から主人公へ乗り換えるものばかりで潔いです。

この2パートはどちらもSEXメインになってますから
プレイの内容はtrack03とそれほど変わりません。
彼女のセリフ、淫乱さ、堕ちっぷりといった他の部分に個性を感じます。
個人的にはプレイでもう少し違う表現方法をしたほうがマンネリ感が和らぐと思います。

このように、寝取りから連想される強引さや後味の悪さを極限まで削ぎ落した明るいエッチが繰り広げられてます。
ライトな寝取り作品
男性側が犯して奪い取るのではなく、女性側からぐいぐい迫ってくる変わった寝取り作品です。

悠はSEXしないと出られない部屋から脱出するために
一緒に監禁された主人公とまずは指示通りに3種類のエッチをします。
そしてその後はおちんちんの味が忘れられなくなり、恋人を自ら裏切ってさらなるSEXをします。

明るくて淫乱な女の子が見知らぬ男性と密室内でエッチする独特なシチュ
どのパートもエッチな声や音の量を多くし、それらを組み合わせて臨場感を出す抜きやすいエッチ
最初から最後までひたすらポジティブに振舞い、中盤以降はどんどん快楽堕ちしていく彼女の素直なキャラ。
音重視でありながらキャラもちゃんと立つように作品を組み立ててます。

中でも3番目は彼を大人しい性格にしたうえで凶暴なおちんちんを持たせ
彼女がその魅力に憑りつかれていく様子を描いて寝取りを完成させてます。
男性側がものすごく受け身な態度を取るので無理矢理感はまったくありません。
脱出後も彼女のほうから恋人になるアプローチをかけます。

エッチの表現方法が単調になってたり、セリフにもう少し深みが欲しいところは気になりますが
(セリフはアホの子だからわざとこうしたと見ることも一応できます)
SEXしないと出られない部屋と寝取りを組み合わせる発想力は素晴らしいです。
音や演技も高めの水準を誇ってるので総合すれば良作と私は見てます。

射精シーンは5回。
くちゅ音と喘ぎ声多め、淫語とちゅぱ音それなりです。

抜き重視の作品が好きな人、寝取りに興味があるけど重いのは苦手な人には特におすすめします。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 3:04:19

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年9月13日まで50%OFFの660円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



サークル「被支配中毒」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、肉体を持たずデータだけで存在するAIのお姉さんが
音声に興味を持った男性に変わったオナサポをします。

耳、乳首、おちんちん、心をバランスよく責めるのが特徴で
序盤は耳舐め重視で焦らし気味に進めてたのが
中盤以降は乳首オナニーとおちんちんオナニーを同時にやり
さらにある言葉を起点に暗示も入れて彼女に乗っ取られる快感を味わわせます。

サークルさんは催眠音声と認識されてるようですが
実際に聴いてみたら催眠音声とは構造が違ったので、当サイトでは同人音声として紹介します。
お姉さんの言う通りにオナニーしてたはずが…
人工知能の不死川燈子(しなずがわとうこ)にオナサポ洗脳されるお話。

「あー あー あー 聞こえてますかー? うん 再生完了してるみたいだね」
燈子は明るくて穏やかな声のお姉さん。
音声を聴く際の注意事項を簡単に説明すると
自己紹介してからオナニーの準備を始めます。

本作品は声や態度は穏やかだけど性格は割とSな彼女が
音声に興味を持った彼におよそ50分間のオナサポをします。
「こりこり」「シコシコ」といった掛け声でリードする王道のやり方に
耳舐めが多い、途中から洗脳要素が加わるという独自要素を盛り込んでます。

耳舐めはプレイの序盤と終盤に登場し、合わせて20分ほどやります。
耳の内側を舐めたり舌先でぐりぐりするようにゆっくり責めてました。
水分が控えめなのでそれほどエロいって感じはしませんけど音や動きの臨場感は高いです。

「これは催眠なの 私が このキーワードを言うことで あなたは指示に従わざるを得なくなる」
後者は音声の中盤以降に登場するもので
あるキーワードを起点に彼女の言いなりになる暗示を小まめに入れてきます。
かなり頻繁に言うのでどれがキーワードにあたるかはすぐわかります。
「いつの間にか彼女に逆らえなくなってた」と感じる人がそれなりにいるでしょうね。
エッチの展開がスムーズですし、アプローチの手段も柔らかくて受け入れやすいです。

本作品を催眠音声じゃないと言う理由は催眠誘導にあたるシーンがないからです。
一般的な催眠音声は深呼吸や脱力をしてまずは暗示を受け入れやすい状況を作り
それからカウントを数えたり揺さぶりをかけて深化させます。
しかし本作品の場合は普通にオナサポしてたところへ途中からいきなり暗示を入れ始めます。

私は被暗示性が高いほうですから抵抗できない感覚をそれなりに味わえたのですが
この内容だと「誰にでもそれが通用するとは言いにくいかなぁ」と考えてます。
洗脳要素を含んだオナサポ音声として見るなら面白いところを持ってるので
そういう認識で聴いたほうが楽しめると思います。
ちなみに製品版には解除音声が入っており、本編終了後はそれを聴いて締めくくります。
言葉と快楽で乗っ取るエッチ
エッチシーンは38分間。
プレイはオナニー、耳舐め、乳首オナニー、暗示を使った洗脳です。
エッチな効果音はありません。

「それじゃ オナニーを始めようか」
主人公に服装や部屋の環境を確認してもらった後
燈子はソフトなオナニーをさせながら左右の耳を舐めておちんちんを元気にします。

エッチは終始彼女に言われた通り動きます。
最初の15分間は普通のオナサポに近い内容。
オナニーはほぼ自由にやらせて彼女は左右の耳を交互に舐め続けます。

「〇〇 そのまま聴きながら 本気でオナニーはしないでね まだまだ 準備なんだから」
耳舐め中はセリフをほとんど挟まず、数分ごとに軽く話しかけてくる緩いリードです。
しかし前項で説明したキーワードは早速登場しており
彼女が先々を見据えてこういう責め方をしてるのがわかります。

このシーンを聴いて「あれ? 思ってたより普通だな」と感じた人も
中盤以降で認識が一気に改まるはずです。
勃起してないと最後に射精できませんし、まずはオナサポに専念するのは良いことだと思います。

本作品が本領を発揮するのはその次から。
耳舐めから乳首オナニーに切り替え、「こりこり」という掛け声を小まめに出し始めます。
そしてキーワードを絡めた暗示を入れたり
おちんちんもシコシコボイスで後になるほど激しくしごく指示を出します。

「どんどんどんどん 何度も 何でも あなたは私に従わざるを得なくなっていく たかが音声データの私に 操られていく」
ほぼフリーだった序盤とは打って変わって指示を丁寧に出しますし
最中のセリフも洗脳を意識したものが一気に増えてM度が上がります。
乳首とおちんちんを同時にいじりますから、乳首を開発してる人のほうが気持ちよくなれるでしょう。
キーワードを頻繁に言うおかげでそれを聞くたびに自然と意識してることにも気づきます。

また終盤の10分間は声の密度を上げて洗脳されてる気分をより強く味わわせます。
中央からは「シコシコ」「こりこり」の掛け声、左右では耳舐め+言葉責めと
最大3つの声や音を同時に流し、それぞれが別の役割を持って動きます。

このへんまで来ると体だけでなく心の快感もそれなりに強くなってますから
射精する時は彼女の言いなりになった陶酔感や、言う通りにできた達成感も湧いてくると思います。
オナサポ自体が相手の言う通りにオナニーする行為なので洗脳との相性は良いです。

このように、序盤と中盤以降でスタイルを大きく変えるM向けのエッチが繰り広げられてます。
洗脳を交えたオナサポ作品
指示をしっかり出しながら独自要素も使って気持ちよくする変わったオナサポ作品です。

燈子は音声を聴いてくれた主人公を自分の言いなりにしようと
穏やかな声と態度で接しながらまずは耳舐めを重点的にやって興奮を後押しします。
そして中盤以降は乳首+おちんちんオナニーに切り替え
さらにキーワードを使った暗示も組み込んで心身をバランスよく盛り上げます。

生身の人間になりたいと思ってるAIがオナサポを通じて男性の心を乗っ取るM向けのシチュ
耳舐めを多めにやったりシコシコボイスなどの掛け声を小まめに出す堅実なリード
最初は普通にオナサポしてたのが、途中から洗脳要素を一気に上げる落差のあるエッチ。
オナサポの要所を押さえつつ作品独自のプレイもやって個性を出してます。

中でも3番目は序盤がスタンダードだからこそ、中盤以降のプレイが余計引き立ってます。
レビューの序盤で書いたように本格的な催眠をかけるわけではないので
彼女に洗脳される感覚が誰でも味わえるとは言い切れません。
ですが徐々に本性を現わす展開や、キーワードを使って乗っ取ろうとするアプローチは面白いです。
オナサポもちゃんとやってくれますし、嗜好が合うなら普通に射精できます。

射精シーンは1回。
ちゅぱ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声はありません。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 46:53

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
47分で1650円だと割高なので-1してあります。



サークル「HORNET」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、純情な性格でエッチも得意なサキュバスが
ネカフェや夢の中で大好きな人に気持ちいい誘惑をします。

シリーズ最大の武器である耳舐めに恋愛要素を絡めてるのが特徴で
他のサキュバスに心を奪われてることを序盤で表現してから
最初は普通の女の子として、次はサキュバスとして惜しみない愛情を注いで徐々に引き寄せます。
サキュバスたちが繰り広げるエッチな争奪戦
サキュバスのエミル、リリアに耳とおちんちんをたっぷり責められるお話。

「はーい お疲れ そろそろ部室閉めるよ」
リリアは明るくて穏やかな声の女の子。
部室でテスト勉強に打ち込んでる主人公に飲み物を差し出すと
それで眠らせた後に夢の中へ現れ自分が誰か教えます。

本作品は「耳舐めサキュバス」「耳舐めサキュバス2」「耳舐めサキュバス3」に続くシリーズ第4弾。
サキュバスが人間たちの中にこっそり溶け込んで生活してる世界を舞台に
2人のサキュバスが男子生徒をおよそ190分に渡って個別に味わいます。
エミルは2作目にも登場したキャラで部活の副部長をやっており
あちらでメインヒロインだった部長のリリアから彼を奪還しようと動きます。
ストーリー性は薄いですから過去未視聴でも特に問題はありません。

「こういうところでコソコソ イチャイチャするのって ゾクゾクするよね」
彼と2人きりでネカフェに出かけて体を密着させ
さらにスカートをゆっくり上げて太ももやパンツを見せるなど
サキュバスよりも普通の女の子に近い正統派の色仕掛けをします。
物語の中盤まではそこまで特殊なことをやりませんし、最中のセリフも割と甘いです。

サキュバスが登場する作品は男性の精液を搾るためにエッチすることが多いです。
しかしエミルの場合は彼を純粋に好きだからこういうことをします。
言葉責めしたり無理矢理犯すこともなく、エロいけど穏やかな空気が漂ってます。

そして耳舐めサキュバスの名の通り、今作も質量共に優れた耳舐めが登場します。
エッチシーンのおよそ70%にあたる112分も用意し
左右から個別に、あるいは同時に若干ざらつきのあるちゅぱ音をゆっくりペースで鳴らします。

「【極】トラック」というおまけっぽいパートも用意されてまして
それも入れればさらに90分ほど時間が延びます。

ずっと舐め続けてたらダレるので敢えてあまり舐めないパートもありますけど
全体を見れば「耳舐め尽くし」と言っていいくらい充実してるのは間違いないです。
耳の外側を舐めたり吸ってちゅぱちゅぱした音を鳴らすことはほとんどなく
耳の内側、穴の入り口、穴の中といった深い部分を重点的に責めます。
舐め方も数分単位で切り替えてあってシリーズの長所がきちんと受け継がれてます。

あとは質感が結構独特なので初めて聴いた人は驚くと思います。
舌の表面にあるざらつきを忠実に表現したかったのか
ジョリジョリという粗さのある音を至るところで鳴らします。

やや刺激的な音ですが全編に渡ってペースを落としたり
力を抑えてあるので耳や頭に響くほどではありません。
両耳舐めしながらフェラするシーンもあったりと、ちゅぱ音を存分に楽しめるよう調整されてます。
効果音にも細かな気配りがされてて作りが丁寧です。

普通のJKに近い性格のサキュバスがエッチな手段で誘惑するシチュと
大ボリュームかつ特徴的な音を鳴らす耳舐め。
過去作の視聴者はもちろん、新規の人も楽しめるように作られたややM向けの作品です。
後になるほど密度が増すエッチ
メインのエッチシーンは6パート158分間。
プレイは耳舐め、キス、パンツを見せる、おちんちんの愛撫、乳揉み、素股、足コキ、手コキ、フェラ、SEX(騎乗位)、脳髄舐めです。
おちんちんの愛撫、乳揉み、素股、足コキ、手コキ、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(SEX、射精だけ無しも選択可)。

「さぁ 今宵も誓約に従い ご主人様に その身を捧げなさい 我がしもべ」
夢の中で主人公に優しい口調で命令を出したリリアは
片方ずつ→両方の順に耳を舐めて弄びます。

エッチは女性たちが終始責め続けます。
一番最初の「[00]サキュバス・リリア(約17分)」は
本作品の特徴を出しつつエミルが今回のエッチをするきっかけを描いたパート。
過去作で彼を存分に気持ちよくしてすっかり骨抜きにしたリリアが
2人だけの世界で時間いっぱい耳舐めだけをします。

物語の背景とかは全然語りませんから
いきなりメインヒロインじゃない女性が耳舐めする展開に戸惑う人もいるでしょう。
でも2作目からの流れを考えれば最初にリリアが登場するのは自然です。
耳舐めの魅力を伝えるには実際にやるのが一番ですし、本作品らしい立ち上がりと言えます。

エミルが登場するのはその次から。
場所をネカフェのペアシートへ移し「[01]青春(約26分)」はキス、パンツ鑑賞、素股
「[02]誘惑 (約20分)」は足コキと耳舐め手コキをします。
そして軽めの耳かきを挟んだ後で「[04]淫夢(約14分)」は両耳舐め+フェラ
「[05]正体(約15分)」は片耳&両耳舐め+SEXとさらに濃いプレイを投入します。

「いっぱい触って? エミルのこと 気持ちよくして?」
彼女は彼の心がすっかりリリアに屈服してることを知っており
それをなんとかこちらへ傾けようとストレートかつ健気に誘惑します。
この日のために用意した勝負下着を見せて興奮を高めてから
パンツ越しの素股→手コキと繋ぎ、そこに耳舐めも加えて幅広く気持ちよくします。
また公共の場でエッチしてる雰囲気が出るようにほぼずっと囁き声で語り掛けます。

01パートは7分、02パートは11分と序盤は耳舐めを控えめにしてました。
00パートでがっつり耳舐めしますからマンネリ化を防ぐためにこうしたのでしょう。
メリハリをつけて耳舐めするので飽きにくくなってます。
耳舐め中はセリフをほとんど挟まなかったりと、耳舐めを最後まで楽しめる工夫がされてます。

そして最初が割とあっさりしてるからそれ以降が余計濃く感じます。
04パートは11分、05パートは10分と時間だけを見ればそれほど変わりませんが
両耳舐め主体に切り替えてくるので音の密度が一気に上がります。

右「あれー? あれれれれー? フェラされてるはずなのに エミルの声がこっちからも聞こえるよ」
特に04パートは左右で耳舐め、中央でフェラを同時にやるちゅぱ音まみれのプレイです。
実際に聴いてみたら頭の中をちゅぱ音で包まれてるような感覚がしました。
フェラも射精へ近づくほどハードに責めててなかなかエロいです。
人間にはできないプレイですし、このへんからサキュバスらしさが出てきます。

「まだ まだよ そのまま そのまま 腰を動かし続けて?」
それに対して05パートは彼女の想いの強さや、サキュバスの快楽に対する貪欲さが色濃く出てます。
騎乗位で挿入してから抜かずに3連続射精するハードな展開と
ピストンや射精に合わせて気持ちよさそうな喘ぎ声とイキ声を漏らすのがそう言える理由です。

ここは最大で5種類の音声が同時に流れますから今まで以上に濃くなります。
サークルさんが「多面音響」と命名されてる要素で、エロさを上げるのにも大きく役立ってます。
このパートに限って言えば搾り取られてる感じがするかなと。

メインの最後を飾る「[06]常しえの愛DDDω(約66分)」は耳舐め特化のプレイ。
パート開始から1分後には早速両耳舐めが始まり
それに合わせてバックでやや不穏な音楽も流れ続けます(流れないバージョンもあります)。
そして10分くらい続けたところで彼女の喘ぎ声が加わり、カウントに合わせて射精するのを繰り返します。

ここはどこを聴いても耳舐めと言っていいくらい尖った構造です。
セリフは冒頭と終盤に少し出てくるだけでほとんどエッチな音だけになってます。
射精シーンが何度かありますが、おちんちんを責めてる描写は特にありません。
耳舐めをオカズに抜くことを想定した本作品ならではのパートです。

また終盤の12分間だけ脳髄舐めという特殊なプレイが登場します。
中央至近距離からジョリジョリしたちゅぱ音を鳴らす感じで
現実世界では決してできないプレイを盛り込み異世界感を出してます。
実況とかは全然しませんからグロさを感じることはないでしょう。

このように、シーンによってスタイルを変えながら多種多様な耳舐めをする特化型のエッチが繰り広げられてます。
耳舐め重視で甘めの作品
シリーズの売りである耳舐めをきっちりこなしつつ、多少の純愛要素も盛り込んでる作品です。

エミルは2作目でリリアに誘惑され、すっかり堕ちてる主人公を助けようと
ネカフェのブース内でまずはJKらしいスタンダードなエッチをします。
そして中盤以降は耳舐めや声の密度をさらに上げて何度も射精へ追い込みます。

エッチは上手いけど性格は割と純情なサキュバスがたっぷりエッチして男子生徒に愛情を注ぐシチュ
エッチの全パートで必ず耳舐めを行い、さらに片耳・両耳・多面音響を使い分ける個性的で凝ったエッチ。
過去作のサブキャラをメインに据えて別のストーリーを展開します。

中でも耳舐めは同じ音を延々垂れ流す単調なものではなく
序盤は片耳メインで軽めに、中盤は両耳も交えて手厚く、終盤はそれだけに専念してとろかせると
シーンごとに違う方向性を持たせてあって聴き応えがあります。

細かな部分を見ても舐め方やリズムを変える間隔が短めだったり
両耳舐めの時は左右の音を別々にして複雑さを出してます。
奥と手前の概念もありますから幅広く濃厚な耳舐めと言えます。

「私が満たしてあげる とこしえの 愛で」
あとは彼女が純粋な好意で彼を気持ちよくするのも面白いなと。
やってることは思いっきりサキュバスなんですけど
無慈悲さがあまりなくてM度が低い人でも聴きやすくなってます。
リリアとの差別化を図るために甘さを持たせたのかもしれませんね。

エッチは耳舐めを主役に据えたうえでおちんちんもがっつり責めてくれます。
射精シーンで毎回カウントを数えてくれますからタイミングを合わせやすいです。

メインの射精シーンは10回。
ちゅぱ音大量、淫語とくちゅ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

297分で880円とコスパも申し分ありません。
以上を踏まえてサークルさんでは10本目の満点とさせていただきました。
【極】トラックは6種類の耳舐めと脳髄舐めです。

CV:エミル…陽向葵ゅかさん リリア…遊佐ミコトさん
総時間 4:57:28(メイン…3:12:31 【極】トラック…1:44:57)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2021年8月20日まで10%OFFの792円で販売されてます。



サークル「ふわとろ☆ギャラクシー」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、普段は奥手だけど好きな人が相手だと大胆になる女の子が
好意を寄せてる先輩と濃いエッチをして心をガッチリ掴みます。

2人が好きな官能小説を絡めながらちゅぱ音をたっぷり鳴らすのが特徴で
年下の女性が男性を弄ぶお話を軽く朗読してからそれと同じプレイをしたり
体を密着させたままキス、耳舐め、乳首舐めをガンガンやって想いの強さを伝えます。
一部でM向けのプレイも出てきますが愛情表現としてやる感じですから
キャラやシチュが好きならノーマルな人でも普通に聴けるし抜けるでしょう。
文学少女とするアブノーマルなエッチ
後輩のゆみかと4種類のエッチをするお話。

「失礼します 先輩 お一人ですか?」
ゆみかはのんびり話す穏やかな声の女の子。
文学部の部室にやって来て主人公に挨拶すると
彼が読んでる本のことを話してから突然ある質問をします。

本作品は読書が好きで同じ趣味を持つ彼のことも深く愛してる彼女が
部室やお互いの自宅でおよそ130分に渡る濃厚なエッチをします。
彼女は以前から官能小説を色々読んでおり、物語の中でするようなエッチに憧れてました。
だから彼と愛し合う時も序盤は小説を朗読して雰囲気を作ります。

「2人分の熱く濡れた舌が びきびきと張った裏筋を舐め上げて 開ききったカリを転がす」
会話とは違う独特な言い回しが妙に生々しく
感情を込めて読む彼女の姿も相まって淫靡な空気が漂ってます。
どの物語も年下の女性が男性を弄ぶ展開になってますから、ややMあたりの人に最も向いてます。

お互いの性癖が噛み合った結果こういうプレイをするだけで悪意はありません。
奥手な彼女が持つドスケベなところを強調してギャップを持たせます。
SEXシーンが多く射精は毎回中出しを決めるなど、想いの強さが至るところに込められてます。

もうひとつの大きな特徴はちゅぱ音を鳴らすプレイが充実してること。
キス、片耳舐め、乳首舐めをエッチシーンの大部分でやって興奮を後押しします。
耳舐めだけでも54分やりますから、全部合わせたら確実にエッチの半分を超えるボリュームです。
キスは激しく貪るように、耳舐めは奥のほうを舌先で優しくぐりぐりするといった具合に
プレイによって鳴らし方を明確に変えて臨場感を出してました。

おちんちんへの責めについても彼女の淫乱さや積極性がわかりやすく出てます。
シーンの序盤から中盤にかけては比較的ソフトなプレイを中心に据えて焦らし気味に進め
SEX開始後はその日のエッチが終わるまでずっと繋がったままでいます。
タイトルにつけてるだけあって焦らしは強めに行います。

SEX中は吐息メインで喘ぎ声をほとんど漏らさないところは大人しく感じますが
口を使ったプレイをしっかりやるので物足りなさはありません。
全部を激しくすると彼女のキャラが大きく崩れるからわざと抑えたのでしょう。
朗読も言葉責めの一種ですし、上の口を使った責めに力を入れてます。
身も心も密着するエッチ
エッチシーンは4パート118分間。
プレイは官能小説の朗読、耳舐め、キス、手コキ、素股、SEX(騎乗位)、乳首舐め、体の拘束、足コキです。
手コキ、素股、SEX、体の拘束、足コキの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「幼馴染で微妙な関係の 男子学生と 女子学生たちの物語」
主人公も官能小説が好きなことを知って喜んだゆみかは
自分が持ってる本をその場で読み聞かせてエッチな気分を膨らませます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
一番最初の「01.部室で誘惑ささやき密着耳舐め手コキ(約21分)」は
本作品の特徴や彼女のドスケベなところがわかりやすく表現されてるパート。
官能小説の朗読から始まり耳舐め→手コキと前進します。

「いつもは優しい先輩が 欲情して 豹変して 『いやぁ』 震える声で小さく叫びながら みかは気づけば いやらしくのけぞっていた」
彼女は彼とエッチする気満々ですから朗読の時点で早速それをアピールします。
女子の後輩と男子の先輩が絡むお話を用意し
さらにヒロインの名前も「みか」にして自分たちと重ね合わせやすくします。
セリフを言う際に感情を込めて喘ぎ声を漏らすなど、明らかに彼を誘ってるのがわかります。

そしてある程度経つと彼女が体を密着させ
そのまま左右の耳をねっとり舐めて純粋な快楽を与えます。
官能小説の流れに沿って責める感じになっててすごく本作品らしいなと。
パートの終盤はキスや手コキも加えて気持ちいい射精に追い込みます。
このパートだけで12分くらい耳舐めをやりますから好きな人ほど興奮できます。

続く3パート97分間は2人の関係がどんどん親密になります。
「02.ちんぽ挿れっぱなしねっとりじっくり耳奥舐め(約33分)」と
「03.ちんぽ挿れっぱなしで乳首と耳奥舐め(約24分)」は彼の家でイチャイチャし
「04.ちんぽ挿れっぱなし痴女られっぱなし耳奥舐め(約40分)」は
逆に彼女の家に行ってアブノーマルなプレイに挑戦します。

02と03パートは焦らしの強さや、ちんぽ挿れっぱなしが光ってるシーン。
前回とは別の官能小説を軽く読んでから20分くらい耳舐めや素股を続け
十分盛り上がったところで騎乗位で繋がり、03パートが終わるまでずっと繋がったままでいます。

「私はずっと 先輩が好きでした ずっと見てました」
割と意地悪な展開ですが彼女のセリフがあまあまなのでM度はそれほどありません。
挿入後は2回の射精を生のおまんこで受け止めて惜しみない愛情を注ぎます。
彼がまったく抵抗しないところを見ると、元々女性に責められるのが好きなのでしょう。
彼女も多少のSっ気を出してきますし、お互いに自分を曝け出して親密度を高めます。

「さすがはMちんちん ほんとに変態ね 先輩って どうしようもないエロマゾ男」
「先輩の赤ちゃん 欲しい 赤ちゃん頂戴 このおちんちんで孕ませて?」

最後の04パートはその部分がさらに強化されてます。
目隠しと体の拘束で彼を抵抗できない状況にしてからおちんちんを足蹴にしたり
軽く見下す言葉責めを投げかけて心身両面をゾクゾクさせます。
でもパート後半から始まるSEXでは何度も種付けをおねだりする従順な姿を見せてくれます。

ほぼ正反対の内容ですけどどちらも彼女にとっては本心なのでしょう。
年上の男性を性的にいじめたい欲求と、好きな人と身も心も深く繋がりたい欲求。
彼女が持つ二面性をエッチにきちんと反映させて魅力を引き出してます。
後半のSEXはM度が低いので、前半は調教よりもイメージプレイと呼ぶほうがしっくりきます。

このように、彼女の性格と本作品の特徴を上手に組み合わせた独特なイチャラブプレイが繰り広げられてます。
ちゅぱ音重視の純愛作品
文学少女のイメージとは随分違うエッチをするギャップのある作品です。

ゆみかはずっと前から好きだった主人公と特別な関係になるために
まずは彼が好きな官能小説を読み聞かせてエッチな雰囲気を作ります。
そしてエッチ開始後は小説の内容に沿ったプレイをしたり
キス、耳舐め、SEXをたっぷりやって満たされた射精に導きます。

奥手でドスケベな後輩が同じ部の先輩に変わった誘惑をするノーマル~ややM向けのシチュ
官能小説の朗読から始めてそれと同じ責め方をする彼女らしいエッチ
囁き声や吐息を多くして密着感を、ちゅぱ音を多く鳴らしてエロさを出す演出。
作品独自の要素がしっかり生きるように組み立ててます。

中でも2番目は2人が肉体関係を結ぶきっかけになったり
M寄りのプレイを無理なくこなす土台にもなる大事な役割を果たします。
朗読自体はどのパートも序盤の5分程度で終わるため、個人的にはもう少し長くやって欲しかったのですが
そうすると今度はちゅぱ音の量が減るからわざとこうしたのかもしれません。
小説の設定も2人の性癖に合わせてあって考えられてるのがわかります。

彼女の態度が終始落ち着いてるのにちゅぱ音が激しめなのも良いです。
SEXは音量控えめな効果音を鳴らしながら吐息を漏らす程度ですから(ペースは適度に変わります)
私はキスや耳舐めのほうが存在感は大きいと思います。

ちんぽ入れっぱなしについては02と03は機能してますけど
01と04は場面が変わる関係で通常のSEXとほとんど違いがありません。
01と02、03と04でシーン分けしたほうがこの部分を活かせたんじゃないかなと。
内容に対する特徴の種類が多いせいで持て余し気味になってます。

射精シーンは4回。
ちゅぱ音と吐息多め、淫語とくちゅ音それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 2:13:11

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年7月30日まで20%OFFの1056円で販売されてます。



サークル「Kaleidoscope」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、違う学年に所属する3人の女の子が
乳首がとても敏感な男子生徒にエッチな指導をします。

M向けの要素をできるだけ取り除いた乳首責めをするのが特徴で
弟のように甘やかす、応援しながら嬉しそうな表情で責めるなど
指導よりもご奉仕と呼んだほうがしっくりくるプレイを色々やって気分よく射精させます。
乳首責めは掛け声でリードすることが多いので開発済みな人のほうが楽しめるでしょう。
精液と一緒に悪いものを放出
会長、副会長、書記が5種類のエッチで精液を搾り取るお話。

「…ん? ちょっとそこの君 待ちたまえ」
会長は命令口調で話す凛々しい声のお姉さん。
「シャツ越しに乳首がくっきり浮かび上がってるよ 他の生徒たちに見られて恥ずかしくない?」
副会長は明るくて穏やかな声の女の子。
校内で乳首を勃起させてる主人公を見つけて声をかけると
乳首責め指導室へ案内し、この学校独自のルールを教えます。

本作品は乳首を勃起させてはいけない校則がある変わった学校を舞台に
最近転校してきた彼が彼女たちから個別に、あるいは同時にエッチな指導を受けます。
会長は年上、副会長は同い年のクラスメイト、書記は年下と3人に異なる属性を持たせ
それぞれが同じくらい活躍できるようにバランスを取って進めます。

会長「かりかりかりかり こりこりこりこり 乳首いじるのも止めないからな いっぱい乳首気持ちよくなっていいんだぞ」
最大の特徴はもちろん乳首責め。
どのパートも必ず乳首責めや乳首舐めを行い、パート後半からはおちんちんも同時に責めて射精へ追い込みます。
「かりかり」「すりすり」といった掛け声を出すシーンが多く
耳、唇、おちんちんも一緒に責めて全身を気持ちよくします。

乳首責めの時間が最も長いので乳首重視の作品なのは間違いないですが
この内容ならバランス型と呼ぶほうがしっくりきます。
全パートで射精しますし、より充実した射精を迎えるために乳首責めを取り入れてます。

掛け声を多く出す代わりに乳首をどういじるかの説明はほとんどしないため
どちらかと言えば乳首を既にある程度開発してる人向けの内容だと思います。
普段いじらない人だと掛け声がどういうプレイを意味するか掴めないんじゃないかなと。
隅から隅まで指示を出すわけでもないのでいじり慣れてる人を想定したリードです。

乳首がテーマなのにM向けの要素が皆無なのもポイント。
「指導」と言ってるのでハードなことをやってくるのかと思いきや
実際は彼を甘やかしたり応援するご奉仕色の強い責め方をします。

書記「気持ちよくなって 溜まってるもの 全部出しちゃいましょうね 全部出すの 私がお手伝いしてあげますからね」
こちらを見下したり馬鹿にする言葉責めはほとんどなく
体の中に溜まってる悪いものを吐き出させようと親身に接します。
プレイ中に彼女たちが嬉しそうな表情を見せるところにも甘さを感じました。
乳首がテーマの音声作品はM向けが圧倒的に多いですからノーマル向けの本作品は貴重と言えます。

3人の女性が乳首と他の性感帯をがっつり責めるシチュと、M度をとことん下げた作り。
乳首を前面に押し出したうえでより多くの人が聴けるように調整した割と独特な作品です。
優しく弄んでくれるエッチ
エッチシーンは5パート115分間。
プレイは乳首責め、耳舐め、手コキ、キス、乳首舐め、玉揉み、フェラです。
手コキの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

会長「乳首責めで 老廃物を流してやるからな」
指導室へ移動した後、主人公の乳首をシャツ越しにいじり始めた会長は
副会長と協力してゆっくりじっくり射精に追い込みます。

エッチは終始彼女たちが責め続けます。
一番最初の「1 会長と副会長の両乳首責め手コキ(約19分)」は2人で責めるシーン。
会長が左、副会長は右に陣取ってシャツ越し→地肌の順に乳首をいじります。

会長「射精はいいこと 老廃物を出すためにいいこと 乳首気持ちよくなって 金玉に溜まっているものを出しちゃうのは とてもいいことなんだ」
「くりくり」「こりこり」「かりかり」「くにゅくにゅ」とシーンによって掛け声を変えながら
優しい言葉をかけて心も開放します。
会長の声や口調が高圧的だったので聴く前はハードなプレイをすると思ってたのですが
開始後は一気に態度が変わって穏やかな空気が漂ってます。
副会長との連携も取れてますし、乳首を責め慣れてる印象を受けました。

プレイの流れは中盤までは乳首責めに専念し
終盤から2人で手を合わせる感じでおちんちんをしごきます。
焦らしや寸止めも特にしませんからノーマルな人でも楽しめるでしょう。
いじり方に関する説明がほぼない点を除けば上手くまとまってると思います。

次の3パート74分間は彼女たち1人1人に光を当ててるシーン。
「2 書記の乳首責め手コキ(約21分)」は書記
「3 会長の乳首舐め・乳首責め手コキ(約23分)」は会長
「4 副会長の乳首責め・玉揉み・手コキフェラ(約30分)」は副会長と一対一でエッチします。

書記「チュー もっとしたい? いいですよ いっぱい気持ちよくなって 幸せになってください」
書記は前のパートに出てこなかったキャラなので
他の2人との違いを出すためにキスを長めに(4分くらい)やってました。
丁寧語で優しく語り掛ける態度もSっ気がほとんどなくて甘いです。
キス、耳舐め、乳首責め、手コキをバランスよくやる感じですから乳首成分は他より薄めです。

会長「うふふ イっちゃった またお姉ちゃんのお手々にいっぱい出せたな」
2番手の会長は甘やかしっぷりがパワーアップしてます。
前回のエッチで彼のことが気に入ったのか、自分からお姉ちゃんになることを持ち掛け
「可愛い」などのセリフを挟みながら乳首舐めと手コキをします。

乳首舐めの比率を高めにしており、口をすぼめて吸い上げる感じのちゅぱ音をよく鳴らしてました。
普段とのギャップを持たせたうえで多少激しくする溺愛プレイです。

副会長「たまたまをマッサージしてあげたら 体の中の悪いものがいっぱい流れて 捨てられていくの」
最後の副会長は固有のプレイとして玉揉みを盛り込んでます。
乳首責め、耳キス、手コキ、フェラとプレイの種類も多く
3人の中で時間を最も長く取って幸せな射精に導きます。

彼女は彼のクラスメイトですから最も近しい関係にあります。
そのへんを踏まえて言葉と行為の両方から親しみを込めてました。
フィニッシュもきっちり口で受け止め飲み干しますし、尽くす姿勢が強いプレイと言えます。

そして最後の「5 ハーレム乳首責め指導(約22分)」は3人で同時に気持ちよくします。
左右中央に陣取って時折位置を変えながら
両耳舐め、キス、乳首責め、フェラを同時にやって濃厚なひと時を提供します。

会長「お前のビンビンになった乳首 懲罰的指導をする必要がある」
会長「おいしい? お姉ちゃんの唾液 おいしいなぁ」

開始前は厳しい態度を取ってたのに、始まると途端に甘くなる会長のギャップが面白いです。
他の2人も左右から耳舐めや乳首責めでサポートしたりと、密度の高さに一際力を入れてました。
乳首責めは引き続き掛け声を出す感じですから
耳舐め、キス、フェラといったちゅぱ音を鳴らすプレイのほうが存在感は大きいと思います。

このように、キャラの個性を出しつつ乳首をはじめとする性感帯を満遍なく責める穏やかなエッチが繰り広げられてます。
甘さの強い乳首作品
乳首責め以外はほぼすべての要素を甘いもので揃えてる作品です。

会長、副会長、書記は校内で乳首を勃起させてる主人公をすっきりさせようと
専用の部屋に連れて行ってから個別に、あるいは同時に乳首を責め続けます。
そして耳、唇、金玉、おちんちんといった別の性感帯も一緒に責めたり
最中に甘やかす言葉をいっぱいかけてM度を大幅に下げます。

学年が異なる3人の女性が敏感な乳首を持つ男子生徒をエッチに指導するシチュ
乳首を指や口で責めるシーンを最も長く用意し、おちんちんもしっかり責めて射精させるエッチ
彼を見下したり馬鹿にすることは一切せず、むしろとことん甘やかす彼女たちの態度。
指導のイメージとは随分違うまろやかな作品に仕上がってます。

書記「私たちで気持ちよくなってくれて嬉しいです 先輩のデトックスのお手伝いできて嬉しい」
中でも3番目は全肯定するセリフがかなり多くて温かみに溢れてます。
彼女たちは彼みたいな男子とエッチする口実を作るために委員会に所属してるのでしょう。
体への責めも別にハードじゃないですし、全身で気持ちよくなってから射精できるように進めます。

良くも悪くも一般的な乳首作品とは方向性が違います。
M向けのプレイを楽しみたい人にはたぶん向かないんじゃないかなと。
その一方でノーマルな人が乳首責めを楽しむ場合は相性が良いと言えます。
このへんを理解したうえで聴くなら満足できる品質を持ってます。

射精シーンは5回。
ちゅぱ音多め、淫語とくちゅ音それなり、喘ぎ声はありません。

おまけはキス、フェラ、耳元射精煽り、両耳舐めです。

CV:会長…かの仔さん 副会長…陽向葵ゅかさん 書記…浅木式さん
総時間 3:47:51(本編…2:20:15 おまけ…1:27:36)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年7月24日まで20%OFFの1056円で販売されてます。

↑このページのトップヘ