同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:防鯖潤滑剤

   ● ネトラれそうで絶対にネトラれることのないカノジョ【バイノーラル】
   ● クールな錬金術師さんにお金をもらいながら素材として精液を提供する生活【バイノーラル】
   ● 即おち!~"Sweet"~脈なし女子を即堕ち催眠→レイヤーnicoちゃん低音アクメでオフパコ催眠【バイノーラル録音】
   ● 双子でクールなJKアイドルが性処理オナホになってくれる生活。【バイノーラル】
   ● 即おち!~"Sweet"~脈なし女子を即堕ち催眠→居酒屋バイトJDこのは・おねだり生中♪膣内射精【バイノーラル録音】
   ● 椎菜と甘酸っぱい夏祭り♪【ASMR音声&フルカラー漫画】
   ● 即おち!~"Sweet"~ 脈なし女子を即堕ち催眠!→タピオカ大好きJKのんちゃん【バイノーラル録音】
   ● 双子で事務的なJKメイドに性欲処理される生活。【バイノーラル】
   ● あなたを受け入れて全肯定してくれる異世界から来た魔王さま【バイノーラル】
   ● ゆるギャルJK!!(キリッ~ひなは試験中ですヶド?~【バイノーラル録音】




サークル「防鯖潤滑剤」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、恋人がいるのに色んな男から言い寄られる魅力的な彼女が
最近付き合い始めた彼氏とエッチしながら実際にあった体験談をします。

寝取られそうになった事実や、その場合どういうエッチをしたかを語って興奮させるのが特徴で
どれも未遂に終わったことをちゃんと伝えてから愛する彼女が他の男に取られるスリルを与え
さらにプレイ中は寝取られの様子を綿密に実況して彼の独占欲や征服欲を上手にくすぐります。
イメージプレイの範囲に収まってますから、寝取られが余程苦手な人でもない限り楽しめるでしょう。
彼女の寝取られを疑似体験
恋人の桜と4種類のエッチをするお話。

「あ。はーい。そっか。もうそんな時間ですね」
桜は明るくて甘い声の女の子。
書店の営業時間が終了し、先輩と2人でレジ清算をしてると
その最中に先月から付き合い始めた恋人のことを話します。

本作品は同じ大学に通い、同じサークルに所属し、同じアルバイトをしてる男女が
ここ最近あった出来事を振り返りながらおよそ120分に渡ってエッチします。
アルバイト先の先輩、大学教授、催眠術研究会、サークルの先輩と4人の男性が登場し
彼らに彼女が言い寄られた時の様子を語ってから
もし彼女が寝取られてたらどうなったか実況しつつそれに合ったプレイをします。


「やっぱり、ぎゅーってすると、キミのとこに帰ってきたんだー、って気分になるなー♪ 幸せ♪」
音声作品で寝取られを扱う場合、大抵は女性が犯されるのですが
本作品で彼女が実際にそうなるシーンはひとつもありません。
どのケースも男性を見事に撃退し彼への愛が本当なことを伝えます。
全編を通じてイチャラブ感が強く最中の会話も本当にあまあまです

ですが彼には寝取られマゾの気が多少あるらしく
彼女が寝取られ未遂の報告をするたびに悔しそうな表情で勃起します。
つまり彼をより効果的に興奮させる手段として寝取られ実況をするわけです。

「私もね。全然その気なかったのに……先生に耳、触られて、ピクってなっちゃったから……♪ ……もし、舐められたりしたら、すごい感じちゃったんだろーなー♪」
彼女にその気がまったくなかったとしても、こんなことを言われたら多少は嫉妬するはずです。
彼もまさしくその通りで、寝取られの話をすればするほど彼女の体を強く求めます。
女性に対する独占欲や征服欲をくすぐる言葉責めが充実してますから
音声を聴いてれば自然と彼女に感情移入していくでしょう。

防鯖潤滑剤さんは淫語の質と量にこだわってることで有名なサークルさんなのですが
今回はそれよりもシチュ重視の言葉責めをします。
プレイはスタンダードなものばかりなので言葉責めのほうが個性は強いかなと。
嫌な目に遭ってもくよくよせず、彼を喜ばせる材料にする彼女も実に逞しいです。
変わった手段で喜ばせるエッチ
エッチシーンは4パート71分間。
プレイはキス、フェラ、耳舐め、手コキ、乳揉み、授乳手コキ、SEX(正常位)です。
手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「私の、お口で…… キミのお・ち・ん・ぽ♪ ヌキヌキしてあげる♪」
バイト先であった出来事を主人公に話した桜は
少し傷ついた心を癒そうとその時先輩に求められたフェラを彼にしてあげます。

エッチは最終パートを除き彼女が責め続けます。
前半の2パート36分間は本作品の特徴をわかりやすく表現してるシーン。
「1-2H.『キミのおちんぽ、代わりにしゃぶってあげる♪』」はフェラ(約18分)
「2-2H.『あの先生、耳フェチだったのかな♪』」は耳舐め手コキで1回ずつ射精させます(約18分)。

「キミくらいのサイズが一番だと思うよ。私、キミのおちんぽ、大好きだよ♪ ふふ……♪」
「ひょっとしたら、先輩のおちんぽミルクを飲まされてたかもしれない、私のお口……♪ キミのおちんぽミルクで、いっぱいにして……♪」

フェラパートは2人が初めてこういうプレイに挑戦するため内容は最もマイルド。
ゆっくりペースでねっとりしたちゅぱ音を鳴らしながら彼のおちんちんを褒め称え
さらに先輩にフェラしてたかもしれない可能性をほのめかして上手に興奮させます。
そして射精はしっかり口で受け止め飲み干して自分は主人公のものだよとアピールします。

どのケースもどうやって男性を撃退したか教えてくれるので
彼に嘘をついてるわけではなさそうです。
彼の不安や嫉妬心を煽り、最後はきちんと安心させるところに優しさを感じました。

ちなみに口を使って責めるパートは20秒くらい黙々としゃぶり
その後に会話するのを繰り返して音とセリフの両方を聴きやすくしてます。

「はい、ぴゅっ、ぴゅっ、ぴゅっ、ぴゅっ、ぴゅ~~~……♪ ぴゅる、ぴゅるるる、ぴゅるる、ぴゅるるっ、ぴゅーーーー♪ どぴゅ、どぴゅ、どぴゅ、どぴゅ、どぴゅ~~~……♪」
2番目の耳舐め手コキパートは相手が女性慣れしてるおじさまということで
彼女も撃退するのに少し苦労したことを告げて彼にスリルを与えます。
フェラとは違い射精時にぴゅっぴゅのセリフを言うのですが
その量が多めに設定されてて彼がとても興奮したのがよくわかります。

くちゅ音とちゅぱ音が同時に鳴るおかげで純粋なエロさも高いですし
本作品の特徴を活かしたうえで抜きに上手く繋げてます。

後半の2パート35分間はプレイ、言葉責めいずれもより強化したシーン。
「3-2H.『私のおっぱい、好きにしてください……』」は催眠をかけられたフリをしながら授乳手コキ(約17分)
「4-2H.『キミのおちんぽで、私のおまんこ、征服してね……♪』」は
映画研究会の先輩(チャラ男)に犯されてる様子を実況しながら種付けSEXします(約18分)。

「ローションをかけてから、おっぱいにおちんぽを差し込んで……パイズリオナホールみたいにされたり……♪ おっぱいに向けて、おちんぽミルクをぴゅっぴゅして……おっぱいぶっかけ♪ 白い肌を、ザーメンでもっと真っ白にされたり……♪」
前半シーンを通じて2人ともこのプレイに慣れたのでしょう。
ここでは先ほどよりも寝取られ実況を生々しくして心を強めに責め立てます。
可能性をほのめかすところから実際にされてる時どうなるかにターゲットを変え
男たちに体を汚されてる様子や彼女が喜んでる姿を描いて生々しさを出します。
そして同時に彼へ手厚いご奉仕をしてそれがフィクションに過ぎないことを教えます。

後半のほうが言葉責めに力を入れてるので、属性が合う人ならより強いスリルが味わえるでしょう。
単にシチュを変えるだけでなく、言葉責めのバランスや方向性も変えてるところが素晴らしいです。

「先輩、ゴムなんて付けてくれないだろうから……♪ そのまま……おまんこの一番奥に、中出しされちゃうの……♪ 先輩の、元気いっぱいの精子が……私の卵子、一斉に襲っちゃうんだろうなぁ……♪」
「そうだね♪ 中出し、しないとね……♪ 愛する彼女のおまんこ、キミのおちんぽで征服しないとね……♪ 僕のものだぞ、って……♪ 誰にも渡さないぞ、って……♪」

刺激が最も強いのは最後のSEXパート。
チャラ男に生で挿入され、何度も精液を中出しされてる様子を彼女視点で実況し
それを聞いた彼が正常位で彼女に生ハメ&中出しを決めます。
彼にガンガンピストンされ喜んでる彼女の姿がとても印象的でした。
悪い男に言い寄られることが多いからこそ、好きな人にはとことん愛されたいのでしょう。

2人はまだ付き合い始めて日が浅く、お互いのことをそこまでよく知ってるわけではありません。
だから今回の出来事を通じてそれが深まるように物語を組み立ててます。
寝取られを扱ってるのにきちんと純愛プレイになってるのが面白いなと。
どのプレイも心身共に責め方の質が高く、気持ちよく抜くことができました。

このように、人を選ぶテーマをより多くの人が楽しめるようにアレンジした個性的なエッチが繰り広げられてます。
斬新な純愛系作品
サークルさん独自のやり方で寝取られを取り入れてる意欲作です。

桜は大好きな主人公を普段とは違う方法で興奮させようと
自分がここ最近体験した寝取られ未遂の話をし、男たちが失敗したことをきちんと伝えたうえで
もし成功してたらどうなったかを彼の体を使って実践します。
そして体への責めはシンプルに行い、その分寝取られ実況を充実させて征服欲をくすぐります。

男への対処方法をよく心得てる強い彼女が恋人と疑似寝取られエッチをするややM向けのシチュ
エッチな音と寝取られ実況を組み合わせて心身をバランスよく責めるテーマに沿ったエッチ
後になるほど実況の割合を増やし、かつ内容も過激にして彼の嫉妬心を煽る巧みなリード。
純愛作品にはまず出てこない要素を敢えて盛り込みエッチを組み立ててます。

「私……キミのおちんぽに、征服されちゃったね……♪ キミのものに、なっちゃった……♪」
中でも2番目は実際に寝取られてないことをはっきりさせてから
仮にそうなったらどうだったかを臨場感を出して描く面白い試みがされてます。
彼女は身も心も彼に捧げてるので浮気を匂わせる要素は一切ありません。
むしろ彼が喜ぶよう一生懸命責め、逆に責められてる時はとても嬉しそうな表情を見せます。

スリルやゾクゾク感といった寝取られのメリットだけを抽出してるのが印象的でした。
寝取られを扱ってるのにここまで安心して聴ける作品は珍しいです。
抜き性能も高く、属性が合う人ならきっと満足できるでしょう。

射精シーンは4回。
くちゅ音多め、淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

以上を踏まえてサークルさんでは2本目の満点とさせていただきました。
おまけは「たまには普通にイチャイチャしよっか♪」です。

CV:秋野かえでさん
総時間 2:05:51(本編…1:56:38 おまけ…9:13)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2020年3月29日まで10%OFFの990円で販売されてます。



サークル「防鯖潤滑剤」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、クールで知的好奇心旺盛な錬金術師が
とある研究をするために男性から精液を何度も搾ります。

彼女のキャラを崩さないように手厚くご奉仕するのが特徴で
2番目のパート以降は彼のリクエストを訊いてからプレイを決定し
前半は1人、後半は2人で耳やおちんちんを丁寧に責めます。
「おちんぽ」「おまんこ」といったやや下品な淫語をたくさん言ってくれるのもポイントです。
錬金術師とするエッチな研究
錬金術師のルルと5種類のエッチをするお話。

「やあ。いらっしゃい。うん。酒場の求人を見て、来たんだろう?」
ルルはややトーンが低く落ち着いた声のお姉さん。
酒場の求人を見てやって来た主人公を迎えると
自己紹介してから仕事の内容を教えます。

本作品は街から離れた森の中で仕事しながら研究に明け暮れてる彼女が
彼と100分近くに渡るエッチをしてそれに必要な素材を採取します。
現在彼女はホムンクルスの生成を目指しており
それを成し遂げるには良質な精液ができるだけ多く要るそうです。
そんな事情を踏まえて序盤から積極的に色んな手段でおちんちんを責めます。

「手でしごくもよし、私の体に擦りつけるもよし。キミがちゃんと興奮するやり方のほうが、質も量も充実した精液が取れるからね。できる限りのことはしよう」
声や態度は知的でクールな印象を受けますが
新しいことを知ったり体験することに対して貪欲な性格をしてます。
男性経験はまだないらしく、彼やおちんちんの反応を興味津々な表情で観察するシーンが多いです。
そして彼がより良い状態で射精できるように一生懸命尽くします。

感情の起伏に乏しいだけで事務的な要素はほとんどありません。
彼の気持ちを考えずにおちんちんを責めてもあまり精液を出してもらえませんし
2人の利害を一致させる方針でエッチを進めます。
終盤には彼の頑張りに体を張って応えるなど、彼女なりに愛情を持ってこの研究に取り組みます。
お金と引き換えに提供する設定ですが金額や受け渡す描写は省略されてます。

「中は柔らかい素材でできてて、おちんぽを刺激するためのヒダヒダでいっぱいだ。挿入すると、おちんぽが溶けそうになるほど気持ちいいらしい」
彼女のそんな気持ちをわかりやすく表現してるのが最中のセリフ。
「おちんぽ」「おまんこ」「ぴゅっぴゅ」など、やや下品に感じる言葉を数多く投げかけます。
特定の単語を連呼することもあれば、上のセリフのように会話調で言うこともあります。
防鯖潤滑剤さんは淫語で有名なサークルさんなので今作もその持ち味を十分発揮してます。

体への責めについてはオナホコキ、パイズリ、足コキなどコキ系のプレイが充実してます。
口を使うのはキスと耳舐めだけなので、そのぶん淫語を充実させて興奮しやすくしています。
効果音もプレイや責め方によって変化するなど全編を通じて安定感がありました。

クールで思いやりのある錬金術師が淫語をふんだんに盛り込んだエッチで精液を搾り取る。
キャラはクールに、それ以外は温かみを持たせたノーマル~ややM向けの作品です。
心身をバランスよく高めるエッチ
エッチシーンは5パート78分間。
プレイはオナホコキ、乳揉み、パイズリ、足コキ、耳舐め、フェラ、手マン、SEX(正常位)です。
オナホコキ、パイズリ、足コキ、手マン、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ふぅ。出てきた。これが男性器か。初めて見るけど、なかなか愛らしい形だね」
主人公に事情を説明し同意を得たルルは
早速彼の服を脱がせてまだ半立ちのおちんちんを興味深そうに眺めます。

エッチは一部のパートを除き彼女が責め続けます。
最初の2パート30分間は当初の予定通り精液を採取するシーン。
「1.『特製オナホで採取してあげよう』」はオナホコキ
「2.『パイズリで採取してあげよう』」はパイズリで1回ずつの射精に導きます。

「私のおまんこに、中出しする想像をしても構わないよ……。この、いやらしいトロトロおまんこオナホの中に……たくさん、ぴゅっぴゅして?」
彼女は男性と直接エッチするのは初めてですが事前に色々勉強したらしく
序盤から淫語を多めに交えた巧みな言葉責めで彼をやる気にさせます。
「ぎゅぷっ」という空気交じりの水音をゆっくりペースで鳴らしつつ
このオナホが彼女のおまんこを象ったものだと教え、そこへ中出しするイメージを通じて征服欲をくすぐります。

演技で喘ぎ声を漏らすことはありませんけど
クールキャラの印象とは随分違うエロさ高めの責めを繰り出してて驚きました。
最終パート以外はすべて射精時にぴゅっぴゅのセリフを多めに言うなど
男性がどうすれば喜んでくれるかをしっかり把握し実行します。

「なるほど。左右のおっぱいを同時に……じゃなくて、交互に動かしたほうが気持ちいいんだね。分かった」
2番目のパイズリはパートの冒頭で彼にリクエストを尋ね
その結果挿し絵にも描かれてる大きくて綺麗なおっぱいでおちんちんを包み込みます。
前半はスタンダードな上下運動、後半は乳房を交互に動かすパイズリを行い
その両方で効果音の質感や動きを変える凝ったものです。

圧倒的に優位な立場なのに彼の希望をかなえるところに彼女の優しさを感じました。
彼はお金で雇った相手ですからもっと彼女の自由に責めることもできるはずです。
でも実際は多くのシーンで彼の意志を尊重しながら動きます。

そうしたほうが良質な精液を大量にもらえるからというのもあるのでしょうけど
それを加味しても手厚い奉仕をしてくれていい気分に浸ることができます。
女性に尽くされるシチュが好きな人ほど向いてるエッチだなと。

その部分を最も強く実感できるのが3番目の「3.『足コキで採取してあげよう』」(約15分)。
パイズリをした日の夜、今度はニーソを履いたまま足でしごいてほしいと言われます。

「最高だよ。最高で、最低の、変態マゾちんぽだ。どうせだったら、ニーソがドロドロになるくらい、透明なおしっこ、おもらししてしまえ」
彼がMなことを知った瞬間は戸惑ってた彼女も
プレイが始まると両足裏でしごきながら軽めの罵倒をするノリノリな姿を見せます。
彼女はエッチに関して自分が未熟なことをよく理解しており
今回の研究を通じてそれを少しでも克服したいと思ってます。

こういうアブノーマルなプレイすら受け入れる包容力のある女性です。
当初は精液採取のためにエッチしてたはずが、回を重ねるうちに別の目的も加わってきます。

終盤の2パート33分間はご褒美色の強いプレイ。
試行錯誤した結果彼女が思い描くホムンクルスが誕生し
その動作確認も兼ねて両耳舐め手コキや中出しSEXを楽しみます。

「いいよ。おちんぽ、もっと感じて。これはお礼なんだから。好きなだけ、おちんぽ気持ちよくなって」
念願のホムンクルスを生成できて彼女もとても満足してるのでしょう。
これまでよりも柔らかい声と口調で彼にたっぷりご奉仕します。
またこのパートからはホムンクルスもエッチに加わります。
まだ会話できないので耳舐めするだけですが、それでも一対一の時より音の密度が高いです。

最後の「5.『私とおまんこしてくれないかな?』」は彼女の女性らしさを強調したパート。
仕事を終えアトリエを去ることになった彼に自分から「抱いてほしい」とお願いし
彼のピストンを受け止めながら熱っぽい吐息を漏らします。

「これは……想像以上に、すごいな……。一突き、ごとに……お腹が、丸々、抉られるような感覚だよ……」
彼を興奮させる淫語責めを中心に据えてたこれまでのパートとは違い
ここだけは彼女の内面描写を多めに入れて喜んだり感じてることを表現します。
キスや耳舐めをそれなりにするので喘ぎ声はほとんど漏らさないのですが
熱っぽい吐息や自分の気持ちを素直に曝け出す姿にエロさと可愛さを感じました。

クールに振る舞ってた彼女がいきなり大声で喘ぐとキャラが崩壊しますから
元々のイメージを維持したまま愛し合うことを心がけてます。
フィニッシュはしっかり中出しを決めるなど、言葉と行為の両方から惜しみない愛情を注いでくれます。

このように、目的を逸脱しない範囲で精一杯のご奉仕をする温かいエッチが繰り広げられてます。
淫語重視の穏やかな作品
充実した射精を迎えてもらうことを意識してる抜きやすい作品です。

ルルは酒場の求人を見てアトリエに来てくれた主人公から精液を搾り取るために
何をするかはっきり伝え、彼の了承を得た後にまずは3種類のプレイで気持ちよくします。
そして研究が無事終わったら完成したホムンクルスと協力して純粋な快楽を与えます。

声や口調はクールだけど性格は至って優しい錬金術師が男性とエッチするほぼノーマル向けのシチュ
彼の希望を受け入れながら色んなプレイに挑戦する事務的要素を極力薄めたエッチ
その最中に繰り出される多種多様かつやや下品な淫語の数々。
普通にやればM向けになりがちな物語を様々な工夫で誰でも聴けるように仕上げてます。

「どうかな。うん。おまんこ、鮮やかなピンク色だ。まだ、誰のおちんぽも入れてないからね」
中でも淫語はクールキャラにありがちな冷めた雰囲気を盛り返すのに役立ってます。
恥じらいを見せないあたりは確かにクールですけど
彼を喜ばせようと頑張るところは十分優しいと言えます。
普段はゴーレムやホムンクルスと暮らしてるそうですし、感情を出す機会に恵まれてないだけじゃないかなと。

エッチはごく一部で錬金術を絡める以外は王道のプレイで固めてます。
最初の3パートは精液を採取する必要があるのでそれに適した責め方をしてたのが
残りの2パートは射精後に精液を舐めたり中出しする一般的なものに変わります。
クールキャラの弱点を淫語で上手に補ってて実用性はかなり高いです。

射精シーンは5回。
淫語とくちゅ音多め、ちゅぱ音それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

おまけは「淫語を囁きながら採取しよう」です。

CV:秋山はるるさん
総時間 1:43:37(本編…1:38:02 おまけ…5:35)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年2月26日まで10%OFFの990円で販売されてます。



サークル「上海飯店」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、コスプレイヤーとして活躍してる可愛い女の子が
自分を撮りに来た男性に催眠術をかけられ激しいエッチを経験します。

シリーズの売りである「即おち」に恋愛ストーリーを絡めた甘いエッチが行われており
序盤は催眠術によって半ば無理矢理SEXしてたのが
中盤以降は彼女が自分の意思で彼を求める恋人っぽい態度を取るようになります。
シーンによって色んな表情を見せてくれますから感情移入しながら抜けるでしょう。
コスプレイヤーとする濃厚なエッチ
nicoと4種類のエッチをするお話。

「あぁ 撮影ですか? はーい いいですよ 可愛く撮ってね」
nicoは明るくて可愛い声の女の子。
イベント会場で自分を撮影しようとする主人公にサービスすると
オナニーの回数を突然訊かれて嫌そうな表情をします。

本作品は「タピオカ大好きJKのんちゃん」「居酒屋バイトJDこのは・おねだり生中♪膣内射精」に続く人気シリーズ第3弾。
現実世界やSNSで精力的に活動してる彼女が
初めて会った彼を相手におよそ120分に渡る色んなエッチを楽しみます。

イベント会場の女子トイレ、ラブホ、居酒屋の個室とパートによって場所を切り替え
プレイについてもできるだけ被らないようにしながらがっつり愛し合います。
システムが同じなだけで物語や登場人物は全部別ですから今作からでも問題なく聴けます。

催眠前「あの それ 普通にセクハラだよ? これ以上近づいたら スタッフ呼びますから」
催眠後「ディルドで Gスポ引っ掛けるように ズポズポするのが好きです」

最大の特徴は即おちシステム。
彼が指を1回鳴らしたら催眠にかかり、2回鳴らすと解ける設定にし
それをするたびに彼女がまったく違う表情や反応を見せてくれます。

通常なら初対面の男女がエッチまでたどり着くにはそれなりの時間がかかりますが
これのおかげで音声開始から3分後には早速エッチが始まる抜き重視の作りになってます。

彼女は男性経験はないけど元々ディルドオナニー大好きでエッチにも積極的。
コスプレイヤーという立場上ストレスを溜め込みやすく、それを自分でよく発散してました。
だから彼とエッチする時も序盤から淫乱な姿を見せてくれます。

「んんんんん ぎもじいいぃ」
それをわかりやすく物語ってるのが最中に漏らす喘ぎ声。
1回目のエッチをした時点ではキャラに合った可愛い声だったのに
回数を重ねるにつれて唸る感じになったり軽くアヘるようになります。
SEX中のセリフが多いせいで喘ぎ声のボリュームはそこまで多くはないものの
通しで聴けば変化してるのがわかるくらい特徴のある乱れっぷりを披露します。

もうひとつのポイントは彼女の態度。
初エッチや2回目の時点では嫌そうな表情を見せてたのが
次第に彼といるのが楽しくなり自分からエッチするようになります。

このへんの事情は作中できちんと語られてるので不自然さはそれほどありません。
好き放題エッチしておしまいだと陵辱っぽくなって後味が悪いですし
何よりタイトルの「Sweet」に相応しくなくなるので結構な甘さを持たせてあります。
2人が仲良くなるきっかけに催眠が絡んでるだけで、その後は割と正統派の純愛ストーリーです。

指を鳴らすだけで女の子がすぐおちるシチュと彼女の心情変化。
過去作の持ち味を継承したうえでキャラにさらなる魅力を持たせてるほぼノーマル向けの作品です。
後になるほど甘さが増すエッチ
エッチシーンは4パート78分間。
プレイはフェラ、SEX(立ちバック、正常位、騎乗位)、ハメ撮り、耳舐め、乳首責め、キス、エッチな画像の鑑賞、手コキ、手マンです。
SEX、ハメ撮り、手コキ、手マンの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ほら ぼーっとしないでよ さっさとチンポ出しなさい」
主人公に指を1回鳴らされてすぐさま言いなりになったnicoは
彼が勃起してるのを見て女子トイレに連れて行きフェラを始めます。

エッチはパートによって責め手を変えながら対等な立場で愛し合います。
最初の2パート32分間は催眠姦のイメージ通りのプレイ。
track01はフェラからの立ちバックで1回目の中出しを決め
track02は後日ラブホで撮影の後にコスプレイヤーらしいエッチをします。

「ちょっと 何ぼーっとしてんの? こんなにマンコ濡れて ぱっくり開いてるんだから チンポぶち込んでよ」
冒頭では丁寧語で話してたのが催眠にかかるとタメ口に変わり
彼とエッチするのが当たり前のような態度でSEXをおねだりします。
そして挿入後は彼女にぴったりなエロ可愛い喘ぎ声を多めに漏らしてくれます。

その前にやるフェラもやや下品なちゅぱ音を鳴らしてくれますし
彼女が元々持ってるエロさがストレートに発揮されてて股間が自然と熱くなりました。
一番最初のパートにこういう激しめのSEXをするあたりも即おちシリーズらしいなと。

またこれらの最中にほんの少しだけ催眠を解くシーンを数回挟みます(30秒くらい)。
ずっとかかりっぱなしだとこれが催眠姦だとわかりにくいからでしょうね。
泣き出したり絶望することはなく嫌がったり戸惑う態度を見せます。

ちなみに射精シーンは最後のtrack05以外はカウントダウンする形式です。
おかげでいきなり射精の描写が入るよりもタイミングを合わせやすくなってます。
このシリーズはエロさ(=抜きやすさ)をとても重視してますから、それに適した要素だと思います。

「チンポ入ったぁ めっちゃおっきい これだよなぁ」
続くtrack02は彼女がコスプレイヤーということで
プライベート撮影から入りその姿のままエッチに突入します。
乳首に貼られたシール越しに指でいじられるとトーン高めの喘ぎ声を上げ(サンプル画像4枚目の左から2番目を参照)
騎乗位SEXが始まったら1回目よりもやや低い喘ぎ声を漏らして気持ちいいことをアピールします。

本物のエッチを体験した結果少し開発された感じですね。
射精シーンの直前にはより深い場所での中出しをおねだりするなど
同じSEXでも彼女の積極性や乱れっぷりを変えてエロさをパワーアップさせてます。

もうひとつの柱である彼女の魅力が出始めるのはtrack04から(約20分)。
事前に電話で連絡を取り居酒屋で待ち合わせる約束をした2人が
そこの個室で彼女の自撮りエロ画像を鑑賞しながら耳舐め手コキします。

「お兄さんが nicoのコスを使わないなら 強制的に 使わせればいいんだよね」
彼が彼女を快楽責めにしてた最初の2パートとは違い
ここからは彼女が彼を満足させようと様々なサービスをするようになります。
普通のファンにはとても見せられない際どい画像をいくつも送りつけたり
それに対する感想がもらえてないことに拗ねてわざわざ居酒屋で抜かせるなど
女性が彼氏に対して何かを求めたりお世話するのに近い態度に変わります。

この転換期にあたるのがひとつ前のtrack03で(約18分)
ここでは電話越しに彼女が色んなことを話します。
内容がほぼ非エロなことや、サークルさんが作品説明で内容を伏せてることから
本レビューでも聴いてのお楽しみとさせていただきます。
このパートを聴けば彼女がなぜ彼と親しくするのかがなんとなくわかるでしょう。

プレイ自体は他のお客にバレないように囁き声で耳舐め手コキするだけなので
本作品の中では最もソフトな部類に属します。
しかしtrack01や02とは大きく違う点があることや、最中の会話が非常に甘いおかげで
彼女に愛されてる、あるいは大事にされてる気分に浸りながら抜くことができます。
エッチなコスプレ画像を見ながらすることも含めて、体よりも心への責めが充実してるパートだなと。

最後のtrack05は催眠を変わった手段で活用してるパート(約26分)。
ラブホへ入った直後に彼が羞恥心30倍&絶頂禁止の暗示を入れてから正常位で繋がります。

「nico すごいことしちゃってる でも 恥ずかしくてしょうがないのに もっとしてあげたいって思うな えへへ」
「おっ おっ おっ おっ おおおおおっ」

物語の序盤では自分からおまんこを見せつけたり中出しを求めるほど積極的だったのが
このパートだけは服を脱ぐことすら恥ずかしがる初々しい仕草を見せてくれます。
それでいて彼のために一生懸命ご奉仕するのが堪らなく可愛いです。
挿入後に漏らす喘ぎ声も腹から出すタイプで恥じらう姿とのギャップが引き立ってました。

今までと同じ催眠をかけたら他のパートとの違いが出しにくいですし
そもそもこの時点で彼女は彼にすっかり惚れてるのでわざわざかける必要がありません。
だから別方向のコントロールを加えて彼女の違った魅力を見せようとします。
終盤は「好き」と何度も言ってくれますし、本作品の最後を飾るに相応しいプレイだと思います。

作品を聴いた感想ですが、track02を聴き終えた時点では
「過去作との違いがあまりないなぁ」と否定的な見方をしてました。
会ったばかりの女性を催眠で好き放題する展開は過去2作で何度もやってきたことです。

しかしtrack03以降は一気にキャラ重視の純愛ストーリーに変わって驚きました。
過去作にはなかったエッチをしないパートを敢えて3番目に挟み
その前後で彼女の態度、エッチの内容、催眠の使い方が大幅に変わります。
でもそれだけだと催眠姦にならないからtrack05で彼女を奥手にする暗示を入れて恥じらう姿を楽しみます。
シリーズものの宿命であるマンネリ感を良い形で解消できてるなと。

このように、作品が持つふたつの特徴を組み合わせた濃くて甘いエッチが繰り広げられてます。
シチュを活かした作品
エロさを重視しながらキャラにも光を当ててるバランスの取れた作品です。

主人公はイベント会場で見かけたnicoをモノにしようと
まずは得意の催眠で虜にしてから女子トイレやラブホでエッチして男の良さを教えます。
そして後半はそれにすっかりハマった彼女が逆に彼を求めるようになります。

好きなことにはとことんハマるコスプレイヤーが男性とのエッチに溺れる抜き重視のシチュ
指を鳴らすだけで彼女がまったく違う顔を見せるシリーズお馴染みのシステム
前半はストレートな催眠姦、後半はイチャラブ系のエッチをする甘めの展開。
過去2作とはやや違う要素を取り入れて新しい「即おち!」を表現してます。

中でも3番目は催眠の有無と組み合わさることで彼女の表情や反応が豊かになってます。
彼女は物語の開始時点では処女ですから当然おちんちんの良さをまったく知りません。
そんな時に彼と出会い、本物を味わうことで世の中にオナニーよりも気持ちいい行為があることを理解します。
そしてこの変化はコスプレイヤーとしての彼女にとても良い結果をもたらします。

快楽堕ちしておしまいではなく、最終的に彼女も幸せになるから甘さを感じるわけです。
過去作ではこのへんがやや曖昧に感じたところがあったので
それを作品の中ではっきり形にできたのは大きな前進だと思います。

エッチはSEXシーンを多めに入れて彼女の乱れる姿を楽しめるようにしてます。
個人的にはもうちょっと喘ぎ声のボリュームを多くしたほうがエロくなる気もしますけど
今作は結構キャラを大事にしてるので、それとの折り合いをつけた結果こうなったのかもしれません。
コスプレイヤーならではのプレイも入ってますし十分個性は出てると言えます。

射精シーンは4回。
淫語、くちゅ音、ちゅぱ音、喘ぎ声いずれもそれなりです。

以上を踏まえてサークルさんでは4本目の満点とさせていただきました。

CV:nico…結姫うさぎさん このは…小石川うにさん(track04のみ登場)
総時間 2:05:49

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2020年1月24日まで20%OFFの968円で販売されてます。

双子でクールなJKアイドルが性処理オナホになってくれる生活。【バイノーラル】

サークル「防鯖潤滑剤」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声はクールだけど性格はとっても優しい双子のアイドルが
従兄弟にあたる男性に家や控室でエッチなご奉仕をします。

自分たちとエッチすることに戸惑う彼を全肯定してやる気にさせたり
2人で協力して責めながらアイドルの体を汚す快感をくすぐるなど
作品固有の要素を上手く組み合わせて幸福感と充足感を与えます。
事務的要素は皆無ですから年下の女性に尽くされるシチュが好きな人なら誰でも聴けます。
アイドルと過ごす幸せな日々
従姉妹のメイ、ユイと5種類のエッチをするお話。

「こんばんは。お兄ちゃん。」
メイとユイはややトーンの違うどちらも可愛い声の女の子。
アイドルの仕事をしてる間、自分たちを泊めてくれてる主人公に感謝すると
そのお礼に一人ずつ彼にキスをします。

本作品はとある願いを叶えるためにアイドルになった2人が
従兄弟にあたる彼と110分近くに渡ってエッチにイチャイチャします。
ある時は彼の自宅、またある時はイベントの控室とパートごとに日や場所を切り替え
メイは右、ユイは左に陣取り協力して耳やおちんちんを気持ちよくします。

ユイ「それに、お仕事にも、すごく集中できるの。おかげで最近、とっても好調なんだよ。」
メイ「歌とダンスがとってもよくなった、って褒められるの。お仕事もたくさん増えて、嬉しいな。」
タイトル通り2人はクールさを売りにしてるアイドルなので
最初から最後まで淡々とした声と口調で彼に接します。
しかしセリフはポジティブなものが非常に多く、彼に深く感謝してることが自然と伝わってきます。

エッチも完全女性上位ですがM向けの要素はまったくありません。
全肯定の言葉を投げかけながらひたすら尽くして幸せな射精に導きます。
終盤には中出しを連続で決めるシーンもあったりと、文字通り彼にすべてを捧げる甘さの強い内容です。

もうひとつのポイントはアイドルを活かして抜かせること。
一般人にはとても手の届かない存在だからこそ、序盤から淫らに振る舞い男心を上手にくすぐります。

メイ「おちんぽミルクぴゅっぴゅーってして…… メイとユイの手、真っ白に汚して?」
「おちんぽ」などやや下品な淫語を適度に言うところから始まり
彼の精液を体や子宮で嬉しそうに受け止める、おちんちんをマイク代わりに握ってしごくなど
アイドルを汚す快感を刺激するシーンが多いです。

アイドルと言えば現実世界でも清純さを売りにしてる人が多いですし
それを自分の体や体液で征服する展開にはそそるものがあります。
複数人プレイが主体なので純粋なエロさももちろん高めですけど
それよりも「アイドルだからこそできるエッチ」を重視してる印象を受けました。

クールで愛らしい双子がひたすら尽くしてくれるシチュとアイドルを活かした盛り上げ方。
特別な女性とのエッチを甘く温かく描いた幸せいっぱいな作品です。
惜しみない愛情を注ぐエッチ
エッチシーンは5パート85分間。
プレイは手コキ、グラビア写真を見る、太もも/パンツの鑑賞、両耳舐め、おっぱいサンドイッチ、授乳、パイズリ、ベロチュー、SEX(騎乗位)です。
服を脱がす、手コキ、パイズリ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

メイ「服脱がすね。お兄ちゃん。よいしょ、よいしょ……」
恋愛禁止なのにラブソングを歌ったりグラビアを撮るのは難しいと言った双子は
恋愛やエッチをする練習に付き合って欲しいとお願いし、すぐさま主人公の服を脱がせます。

エッチは終始彼女たちがリードします。
最初の2パート31分間は彼女たちの魅力が引き立ってるプレイ。
「1.『おちんぽ用のオカズ、一緒に見よ?』」はグラビア画像や生の体を見ながらの手コキ
「2.『緊張ほぐすために、お耳舐めさせて』」は握手会の控室で両耳舐め手コキをします。

メイ「JKアイドルのおててオナホ。ふにふにで、もちもちで、柔らかいでしょ。」
ユイ「さぁ、お兄ちゃん。グラビアじゃなくて……ユイたちの太ももとパンツ。生オカズにしていいよ。」
自分の手を敢えてオナホ呼ばわりしてためらう彼を後押ししたり
グラビアを見せてから目の前でスカートをたくし上げて太ももとパンツを見せるなど
2人は早速最大限の愛情を示して彼が好きなことをストレートに伝えます。
そして精液を太ももにぶっかけられても嫌がるどころか嬉しそうな表情で感謝します。

「リアルでここまでされたら絶対我慢できないでしょ」と言えるくらい尽くしてくれますから
純粋な快感と同時に満たされるものを感じるでしょう。
普通なら絶対に手の届かない女性が自分からエッチな姿を晒すところも実に良いです。

メイ「匂いが染みついて……ファンの人たちに気付かれちゃうくらい、濃いおちんぽザーメンをちょうだい。」
2番目の耳舐め手コキはアイドルを汚す快感を使って気持ちを盛り上げます。
間もなく握手会があるということはこれから多くの男性ファンと触れ合うのでしょう。
その前におちんちんを握って「私たちはもうあなたのものだよ」とわかりやすくアピールします。
両耳舐めも13分くらいやってくれるのでエッチな音と言葉の両方を楽しむことができます。

続く2パート28分間はより踏み込んだプレイ。
「3.『JKアイドルのおっぱいフルコースだよ』」は自宅でおっぱい尽くしのプレイをし
「4.『緊張してるから、ベロチューしよ?』」はライブ会場の控室でベロチュー手コキして緊張を鎮めます。

ユイ「ユイの生おっぱい、オナホだって思っていいからね。清楚アイドルのおっぱいオナホで、ヌキヌキぴゅっぴゅ、してあげる。」
おっぱいフルコースはまさしくおっぱいに特化したパート。
Eカップのそれを使ってメイは授乳、ユイはパイズリと分担して責め続けます。
最初の手コキパートも含めて彼女たちが自分の体をモノ扱いするよう求めるのが印象的でした。
清楚な女性を思う存分蹂躙する快感を彼に与えて心を一気に引き寄せます。
彼が自分の意思ではそういうことを絶対にしないと信じてるから言えるのでしょう。

最も盛り上がるのは最後の「5.『一日中、おまんこオナホでハメヌキして』」(約26分)。
ライブを無事成功させた次の日、お休みをもらった双子がいよいよ彼におまんこを捧げます。

ユイ「ねぇ、お兄ちゃん。こんな可愛いアイドルと、今、生ハメおまんこしてるんだよ……。」
挿し絵に描かれてるライブ衣装に着替えてからメイ→ユイの順に繋がり
SEXしてる側は「んっ」など囁きに近い喘ぎ声、もう1人は彼の興奮を煽るセリフを投げかけて追い込みます。
2人のキャラが崩れないよう責めっぷりはやや大人しくしてました。
その代わり彼が喜ぶことをガンガン言って幸福感と充足感を与えます。
最後はきっちり中出しを決めますし、本作品の最後を飾るに相応しいプレイと言えるでしょう。

実際に聴いた感想ですが後味がものすごく良かったです。
最初から最後まで甘い、優しいもので統一されてるから癒されながら抜けます。
パートによってエロさ重視、シチュ重視が多少変わるので
通しで聴いてもマンネリ感を抱くことはないんじゃないかなと。

一番抜けるのは最後のSEXパートだと思いますけど
個人的にはおっぱいフルコースパートも個性が強くて良かったです。
今の音声作品は音質の向上に伴い耳舐めやフェラといったちゅぱ音を扱う作品が増えており
その影響でおっぱいを前面に押し出したプレイをすることが減ってます。

本作品は双子が自分たちのすべてを捧げる展開が魅力なので
口、手、おっぱい、おまんことできるだけ多くの部位を使うようにエッチを組み立ててます。

欲を言うならフェラで精液を直飲みしてくれるシーンも欲しかったです。

このように、作品が持つふたつの特徴を上手に組み合わせたあまあまラブラブなエッチが繰り広げられてます。
ひとつの終着点
聴けば聴くほど心が潤う作品です。

メイとユイは大好きな主人公にアイドルの練習に付き合ってもらおうと
体を積極的に密着させておちんちんをいじったり全肯定のセリフを投げかけます。
そして中盤はおっぱいやキス、終盤はSEXと徐々に解禁して自分たちの愛が本物だとわかりやすく伝えます。

声はクールだけど性格はとっても健気な双子アイドルとイチャイチャするノーマル向けのシチュ
アイドルだからといって傲慢に振る舞わず、むしろ腰を低くして彼に尽くすスタイル
アイドルの体や大事なところを汚す快感をくすぐる演出。
現実世界だとまず実現できないプレイをリアルかつ抜けるように仕上げてます。

メイ「せっかくアイドルになったんだもん。お兄ちゃんが喜んでくれるように、気持ちいいことは、なんでもしないとね。」
彼女たちはどのパートでも彼とまっすぐ向き合います。
エッチしたいと思ったらすぐ行動に移すし、好きな気持ちを隠すことなく伝えます。
グラビア画像を見せながら本物のパンツを見せつけたり、最後におまんこを捧げることも含めて
大事にされてることを強く実感できる描写が多く良い気分に浸れます。

エッチも複数人プレイの長所を活かしてエッチな音や淫語をぶつけながら
愛を感じる、あるいはアイドルを汚す喜びを伝えることを言うバランス重視の作りです。
音の鳴らし方をやや抑える代わりに密度で補ってるように映りました。
幸福感を味わいながら抜けるので、射精した時の快感や余韻を普段よりも強く感じると思います。

またこれは私の個人的な感想なのですが
この作品はサークルさんの過去作に出てきた要素を組み合わせて作られてるように思えます。
アイドルは最初期に制作された「オナボイス! ~オカズにできるアイドル~
クールキャラは「事務的×淫語×おま○こメイド
全肯定のセリフは「あなたを抱きしめて耳元で全肯定してくれるお姉ちゃん」といった具合です。

みっつの特徴をひとつに凝縮してるから内容が結構濃くなってます。
それでいてバランスを取れてるのが防鯖潤滑剤さんの凄いところだなと。
サークルさんにとってある種の集大成に位置する作品と私は見ています。

射精シーンは6回。
くちゅ音多め、淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

おまけは「淫語でオナサポするね」です。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 1:53:51(本編…1:48:48 おまけ…5:03)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2019年12月12日まで10%OFFの990円で販売されてます。

即おち!〜"Sweet"〜脈なし女子を即堕ち催眠→居酒屋バイトJDこのは・おねだり生中♪膣内射精【バイノーラル録音】

サークル「上海飯店」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、居酒屋でアルバイトをしてる初々しいJDが
客としてやって来た男性に催眠をかけられ濃厚なエッチをします。

「即おち」の名の通り指を鳴らしただけですぐさま淫乱な表情を見せ
体を密着させてキスや耳舐めをガンガンやったり、中出しを求める抜き重視の作りになってます。
寝取り要素を含んでますが重さや暗さを薄めてありますので
よほど苦手な人でもなければ普通に聴けるし抜けると思います。
彼氏持ちのJDをマイルドに寝取り
居酒屋の個室でこのはと3種類のエッチをするお話。

「失礼します ご注文お決まりですか?」
このはは明るくて可愛い声の女の子。
注文を取りに主人公のテーブルへやって来ると
指を鳴らしていいかと言われてその音を聞きます。

本作品は今年6月に発売された
即おち!~"Sweet"~ 脈なし女子を即堕ち催眠!→タピオカ大好きJKのんちゃん」に続くシリーズ第2弾。
ある日突然指を鳴らすだけで相手を催眠に落とせる技を手に入れた彼が
それを使って偶然注文を取りに来た彼女と90分ほどに渡るエッチを楽しみます。
コンセプトが一緒なだけでキャラやストーリーは別ですから、前作を未視聴でも大丈夫です。

今回使う催眠のルールは至って簡単。
彼が指を1回鳴らしたら催眠に入り、2回連続で鳴らすと即座に解けます。
そして入ってる時に追加で1回鳴らすと彼女の感度が上がります。
実際に効果音が鳴るのでどのタイミングでかけてるかはすぐわかります。

「指 太い 中 とんとんされて いやっ」
「おっ おまんこいいっ それ好きぃ もっと激しくして」

そしてこの設定が活きるように作中では彼女がふたつの顔を見せてくれます。
通常時はエッチの経験がほとんどないので恥ずかしがったり嫌がる仕草を見せてたのが
指を鳴らすと一気に積極性が増し、自分からキスやSEXをおねだりします。

元々淫乱な性格だったのが今回の出来事で表に出てきた感じです。
SEXシーンでは「囁きアヘ声」と呼ばれるやや変わった声を漏らすなど
両者の態度や反応に大きなギャップを持たせてエロさを引き立たせてます。

全編を通じて密着しながらエッチするのも本作品の大きな特徴です。
場所が居酒屋の個室なので声、音いずれも通常より控えめにし
その代わり至近距離から囁いたり耳舐めして彼女とエッチしてる雰囲気を出します。
エッチシーンが総時間のおよそ85%と高いので、責めっぷりが多少控えめでも十分抜きに使えます。

もうひとつ、本作品には寝取りの要素が盛り込まれてます。
彼女にはバイトの先輩で付き合ってる男性がおり、その人とはまだエッチしてない状況です。
そこを主人公が催眠で一気に堕とす「即おち」展開となってます。

ただし、この手のジャンルが苦手な人でもある程度受け入れられるように
彼女が泣いたり絶望する描写は取り除き「Sweet」な部分を持たせて和らげてます。
この行為が寝取りなのは間違いないですけど
正統派の寝取りよりもずっと聴きやすくなってるのも事実です。

初々しいJDが見せるふたつの顔と密着感のあるエッチ。
前作の長所を継承しつつ別の個性を持たせた臨場感の高い作品です。
本能を曝け出すエッチ
エッチシーンは3パート79分間。
プレイはキス、耳舐め、乳首責め、手マン、フェラ、SEX(正常位)です。
服を脱ぐ、手マン、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「大変お待たせしました ご注文の このはの ご奉仕です」
注文を確認した後、主人公に指を鳴らされ催眠状態に入ったこのはは
すぐさま体を密着させ舌を上手に動かし彼の唇を味わいます。

エッチは彼がリードしつつ責め手を切り替える形で行います。
一番最初のトラック1は2人が初めて会った時のお話(約30分)。
ライト→ディープなキスから始まり彼女の耳舐め、彼の乳首責め、そしてフェラと
お互いが順番に責め合って一緒の絶頂を目指します。

「私 彼氏と軽いキスしかしたことなくて」
彼女は今の彼氏と何度もデートし楽しい日々を送ってるのですが
その一方で彼がなかなかエッチに誘ってくれないことを不満に思ってました。
そんな気持ちがあるからか、序盤からねっとりしたちゅぱ音を鳴らして性欲を満たそうとします。

舐めてる最中はセリフの量が一気に減り、エッチな音だけを楽しむことができます。
キスと耳舐めで音の質感、位置、動きが明らかに違いますし
本作品の売りである臨場感の高さが早速発揮されてます。
ちなみにトラック1とトラック3は射精シーンでカウントを数えてくれます。

「すごい クリぃ もっと 触ってほしいです」
「エッチって こんなに気持ちよかったんですね 早くすれば良かったな」

もうひとつの柱である彼女のキャラも忘れてはいけません。
何かして欲しい時はストレートにおねだりし、思ったことをはっきり伝えて己のすべてを曝け出します。
彼の催眠には彼女の性欲を開放する効果があるそうですから
そのへんが聴き手にわかりやすく伝わるようにこういう要素を取り入れたのでしょう。
普段は真面目そうな女の子が淫乱な姿を見せてくれるシチュにもグッときます。

続く2パート49分間はより踏み込んだプレイ。
同じく居酒屋の個室でトラック2はゴムあり(約23分)、トラック3はゴムなしのSEXを楽しみます(約26分)。

「今日 これ 入れてくれるんですよね? ふふっ やったー」
トラック1の最後に「もう二度と話しかけないで」と言った彼女も
彼に指を鳴らされたらあっさり堕ちて初SEXを喜びます。
密着感が出るようにどちらもキスや耳舐めといったソフトなプレイで気分を盛り上げ
中盤頃から繋がりゆっくりペースでピストンを続けます。

しかしゴムの有無を踏まえてSEX中の描写や展開にそれなりの違いが見られます。
ありの時はゴムを装着するシーンを2分ほど挟み
途中から中出しのおねだりが入ったり、最後に吐き出された精液を飲み干してくれます。
それに対してゴムなしはありの時よりピストンを激しくして彼女の感じる、喜ぶ姿を多めに描きます。

「お兄さん 私に中出し教えて下さい」
エッチの経験はほとんどないのに男を喜ばせるのがすごく上手な女性だなと。
おねだりをするタイミングや内容が絶妙で良い気分に浸りながら抜くことができます。
中出しで彼女を征服することも含めて、純粋なエロさだけでなく精神面の快楽も強めに得られました。

またSEXの最中は彼女が「おほっ」みたいなやや変わった喘ぎ声を漏らします。
通常のアヘ声みたいに露骨なやつではなく不意に出てくる感じです。
純粋なエロさを補うのと共に、彼女が快感に酔いしれてる状況をわかりやすく表現してます。
SEXと同時に耳舐めもしてくれますし、どちらのパートも内容が濃かったです。

このように、彼女の淫乱さを前面に押し出した近さと熱を感じるエッチが繰り広げられてます。
ライトな寝取り作品
可愛いJDを催眠で好き放題する状況をリアルに描いた夢のある作品です。

主人公は居酒屋で偶然出会ったこのはとたっぷりエッチしようと
自分だけが持ってる技を使って彼女の淫らな本性を引き出します。
そして回を重ねるほどより深いプレイを行い、最後は中出し射精で心とおまんこを征服します。

エッチの経験はないけど強い興味を持ってるJDを催眠で寝取る珍しいシチュ
通常時と催眠時で見せる彼女のまったく違う顔
至近距離からちゅぱ音や囁きアヘ声を漏らす密着感のあるエッチ。
出会ったばかりの女性を即おちさせるタイトル通りの作品に仕上がってます。

中でも2番目はシーンによってほぼ正反対の反応を見せてくれて面白いです。
いつもは爽やかな声で嫌がってたのが、指を鳴らしただけでぼんやりしたものに代わり
彼がすることを自分から受け入れてより楽しく、気持ちいいエッチをします。

そして彼女のこの部分が引き立つように
声を担当されてる小石川うにさんもメリハリのある演技をされてます。
シーンによってはそれこそ数秒単位で催眠をかけたり解いたりするので
録音するのは結構大変だったのではないかと私は思います。

効果音やエッチの前後で流れる居酒屋のガヤ音もリアルですし
作品を構成する全要素が丁寧に作られてて完成が高いです。

エッチは淫語、くちゅ音、ちゅぱ音、喘ぎ声のバランスに気を配ってます。
どのパートもプレイ時間が25分ほどあり1回ずつ抜けるエロさを持ってます。
一番盛り上がるのはトラック3ですけど、前の2パートがあるからこそそう感じるのではないかなと。
彼女が中出しされたがってることを事前に伝えておけば陵辱色が薄れますからね。

射精シーンは3回。
ちゅぱ音多め、淫語・くちゅ音・喘ぎ声それなりです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:小石川うにさん
総時間 1:33:17

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2019年11月18日まで15%OFFの935円で販売されてます。

椎菜と甘酸っぱい夏祭り♪【ASMR音声&フルカラー漫画】

サークル「上海飯店」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、ご近所さんから恋人の関係になった男女が
夏祭りの会場やホテルであまあまラブラブなエッチをします。

音声と漫画(22ページ)がセットになってるのが最大の特徴で
状況説明やSEXの体位といったわかりにくい部分は漫画に任せ
音声はちゅぱ音や喘ぎ声を多めに鳴らしてストレートに射精を応援します。
祭りの時はちょっぴり意地悪に
恋人の葉月椎菜と祭り会場近くのホテルでエッチするお話。

「椎菜 お祭りなんて久しぶりです」
椎菜は甘く可愛い声の女の子。
浴衣を着て主人公と夏祭りに出かけると
その独特な雰囲気にウキウキしながら何をしようか尋ねます。

本作品は「JK椎菜とえっちな勉強しませんか♪」「椎菜といっぱい夏休み♪
JK椎菜とひみつのお泊まりしませんか♪」に続くサークルさんの人気シリーズ第4弾。
過去作を通じてすっかり仲良くなった2人がおよそ40分に渡って夏祭りとエッチを楽しみます。
サークルさんが抜き重視で制作されたとのことで、総時間の90%をエッチシーンに割り当て
その中でイチャラブ感を出しつつ比較的ハードなプレイをします。

シリーズ作品ですがお話は単体で完結してますから
過去作を事前に聴いておかなくても普通に楽しめます。
ちなみに2019年9月17日まですべて50%OFFで販売されてます。

そう言える一番の理由は漫画を読みながら音声を聴くスタイルになってること。
漫画の中で彼女が話すことをそのまま音声化しており
音声単体で楽しむよりも視覚的にイメージしやすいです。


同系統の作品は先ほど紹介した「椎菜といっぱい夏休み♪」と「双子はきみが好き!!
あとは別サークルさんの「シンコンコチヤ」くらいしかありません。
サンプル画像を見ていただければわかるように漫画の品質も非常に高く
これ単体でオナニーできるくらいのエロさを持ってます。

そしてこの特徴が最大限に発揮されるように
音声作品でよくある状況説明のセリフを極力省いて物語を進めます。
例えば場所を移る時やSEXで体位を変更する時は環境音や声の位置を切り替え
あとは漫画に任せるという思い切ったことをされてます。
その一方でキスや耳舐めといった漫画では表現しにくいプレイは音声でしっかりカバーしてます。

実際に聴いてみると言い回しが普段と違うように感じるでしょう。
別の媒体で同じストーリーを描きつつお互いの弱点を補ってるのが素晴らしいです。

「隣に、お兄さんもいて… 椎菜 とってもワクワクしてます」
椎菜はまだ学生ということで年齢相応の一途で純情な女の子。
久しぶりに参加した夏祭りを無邪気に楽しむ可愛い姿を見せてくれます。
しかしエッチの場数もかなり踏んでおり、プレイ中は積極的におねだりしたり
エロ可愛い喘ぎ声を漏らして男心を上手にくすぐります。

主人公のほうが年上なので彼女が受け身に回ることが多いです。
激しめに責められたら声が若干アヘるなど、普段とのギャップを持たせてエロさを出してます。
意地悪に振る舞うシーンもありますが彼もやり返すので属性はほぼノーマルです。
素直にたっぷり乱れるエッチ
エッチシーンはほぼ全編にあたる37分間。
プレイはローター責め、キス、乳首責め、クリ責め、耳舐め、SEX(バック、正常位、背面座位、対面座位)です。
ローター責め、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「もう…椎菜、おまんこすることしか、考えられなくなっちゃいました…」
祭りの会場で出店を回りながら主人公にエッチな悪戯をされた椎菜は
ホテルへ移動した後にそれを軽く怒ってからすっかり濡れたおまんこを見せつけます。

エッチは彼がリードしつつほぼ対等な立場で愛し合います。
事前に7分程度のお祭りシーンを挟んでから始まるホテルでのプレイはおよそ30分間。
前半は部屋で彼女を1回イかせてからのバック+正常位
後半はお風呂に移って背面座位、バック、正常位、対面座位の順に繋がり1回ずつ射精します。

「ローターじゃ ダメなんですっ お兄さんの手も 気持ちいいけど でもやっぱりおちんぽがいいんですっ」
そしてここでは彼女が普段と随分違う淫乱な姿を見せてくれます。
おもちゃよりもおちんちんのほうが好きとストレートに伝え
彼に責められてる時は切ない喘ぎ声を積極的に漏らします。
その中でおねだりも適度にするなど、マグロにならず色んな手段で彼をやる気にさせます。

清純そうに見えて慣れてるギャップが魅力的だなと。
何度もエッチしてる仲なので恥ずかしがったりせずありのままの自分をさらけ出します。

プレイのほうはSEXがおよそ18分と最も長いです。
少し前で書いたように体位の種類が充実しており
バックの時はやや遠く、対面座位は耳元近くと声の位置を小まめに変えて表現します。
このへんは漫画でちゃんとわかるようになってますから見ながら聴けば簡単にイメージできます。

「椎菜に、激しくおまんこして… えっちじゃ、なくて… 交尾で、いいから…」
最中のセリフは彼女視点のものが非常に多いです。
激しめに責められて最初は戸惑ってたのが徐々に快楽へ溺れていき
終盤に差し掛かると獣のようなSEXを求める大胆な姿を見せてくれます。
喘ぎ声も微妙に変化させてますし、漫画で伝わりにくいところを上手くカバーしてます。

このように、抜きに寄せつつ2人の心の繋がりも描いた純愛系のエッチが繰り広げられてます。
没入できる作品
視覚と聴覚を両方同時に楽しませてくれる作品です。

椎菜は大好きな主人公と夏祭りを満喫しようと
浴衣姿で登場し、まずは夜店を回りながら彼のエッチなリクエストに応えます。
そしてホテルに移動した後は色んなSEXをして何度も絶頂します。

可愛くてエッチも得意な年下彼女と夏の夜を楽しむ甘いシチュ
漫画と音声を用意し、それぞれの長所を活かして物語を進める個性的で抜きやすい作り
彼女の魅力を出しつつ喘ぎ声を多めに盛り込んだSEX重視のエッチ。
シリーズの流れを受け継いだうえでよりリアルかつエロい作品に仕上がってます。

実際に聴いた感想は「エロい」の一言です。
漫画を見ながら聴く時点で視覚からの興奮が得られますし
そこに描かれてるエッチの様子を音声で忠実に表現していて高い没入感が味わえます。
音声単体だとわかりにくい部分もあるので、やはりふたつでひとつの作品なのかなと。

あとは可愛さとエロさを兼ね備えた椎菜のキャラも印象的でした。
エッチで淫乱に振る舞うシーンもあるけどそれほど下品に感じないのは
普段の彼女がごく普通の女子学生だからでしょう。
久しぶりのお祭りを純粋に楽しみ、彼と思い出を共有できたことを素直に喜びます。

サークルさんが現時点で続編を予定されてるかはわかりませんが
まだまだお話が続きそうな気配を感じました。

絶頂シーンは主人公2回、椎菜4回。
喘ぎ声多め、淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音そこそこです。

以上を踏まえてサークルさんでは3本目の満点とさせていただきました。

CV:秋野かえでさん
総時間 41:22

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2019年9月5日まで20%OFFの1296円で販売されてます。

即おち!〜"Sweet"〜 脈なし女子を即堕ち催眠!→タピオカ大好きJKのんちゃん【バイノーラル録音】

サークル「上海飯店」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、好きな人ができて楽しい毎日を送ってるJKが
街中で偶然出会った男性と刺激的なエッチを経験します。

通常時と催眠時で彼女が大きく違う姿を見せてくれるのが特徴で
好きでもない男性におまんこを責められて悔しがてったのが
指を鳴らすと途端に態度が変わり、気持ちよさそうな表情でアヘ声を漏らし始めます。
寝取りがテーマになってますけど表現がかなり抑えられてますから、重さをあまり感じずに聴けるでしょう。
好みのJKを催眠で即堕ちに
JKののぞみと3種類のエッチをするお話。

「はい? すみません 今急いでるんで」
のぞみは明るくて可愛い声の女の子。
ファッション誌のスカウトと偽り声をかけてきた主人公の名刺を疑わしそうに確認すると
少し考えてから話を聞くことに決め、その直後に彼の聴覚テストを受けます。

本作品はエッチどころかキスの経験すらない清楚な彼女が
彼が持つ特殊な技能によってあっさり陥落し100分程度の激しいエッチを楽しみます。
作中では特に説明されてないのですが、彼は指を鳴らすと相手を催眠にかけられるらしく
状況に応じてかけたり解いたりして彼女を巧みにリードします。
彼女が大好きなタピオカを使ったプレイは特に出てきません。

通常時「もう 止めてって こんなの 嘘だし さっきの私は ほんとじゃないから」
催眠時「これ これぇ このチンチン ダメになるぅ」

彼女は彼のことを別に好きじゃないので当然抵抗する姿勢を見せます。
しかし催眠にかかると息遣いが一気に熱を帯び、彼のおちんちんを嬉しそうに受け入れます。
心は許してないんだけど快楽に負けてつい流されてしまう感じです。

エッチシーンのほとんどでSEXを行い、かつアヘった喘ぎ声を多く漏らしてくれますから
女性が乱れる様子をオカズにオナニーするのが好きな人には特におすすめします。
具体的に言うとエッチの86%にあたる81分もSEXします。

ちなみに音声作品で催眠と聞くと催眠音声をイメージする人もいるでしょうが
かける相手が女性、しかも催眠誘導を一切しないため聴き手が催眠にかかることはありません。
エッチの前置きをできるだけ削り、かつ盛り上げるためにこの要素を取り入れてます。

「ごめん ごめんね 好きな人のじゃないチンチンで マンコ イクぅ」
もうひとつ、本作品には「寝取り」の成分がそれなりに含まれてます。
彼女には物語の開始時点で好意を寄せてる男子生徒がおり
キスやSEXをする際に初めてを奪われて悔しそうな表情を見せます。
知り合ったばかりの男性の前で絶頂することを謝るシーンもあったりします。

こうやって書くと重苦しい話に感じるかもしれませんが
彼女が快楽にあっさり負けるため陵辱色はそれほど強くありません。
むしろパートの後半は彼がわざと焦らし、彼女がもっと責めて欲しいとおねだりするようになります。

他にも販売ページの説明文でサークルさんが「タイトルの「Sweet」が意味する結末」と書かれてるように
後味が悪くならないようにする工夫がされてます。
盛大なネタバレになるので本レビューでは伏せさせていただきますが
サークルさんの過去作を視聴されてる方ならほぼ同じ感覚で楽しめるでしょう。

可愛くて初々しいJKが催眠によって淫乱なメスへと変えられる。
女の子がエッチに乱れる姿を時間いっぱいお届けする抜きやすい作品です。
ギャップを活かした激しいエッチ
エッチシーンは3パート94分間。
プレイはのぞみのオナニー/放尿、SEX(正常位、騎乗位)、耳舐め、キス、写真撮影、電話です。
オナニー、SEX、写真撮影の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「あっ やだ 何 これ ちっ、違うの 違うんです」
聴覚テストで指を鳴らされ突然体が疼いたのぞみは
このままではまずいと思って主人公をカラオケ屋へ誘い、そこですぐさまオナニーを始めます。

エッチは年上の彼が処女な彼女をリードします。
一番最初のtrack01は2人が肉体関係を結ぶきっかけを描いたパート(約23分)。
性欲を抑えられなくなった彼女がオナニーでひとまず1回絶頂し
その直後に彼のおちんちんで初めてを奪われます。

「何…これ わ、私 イっちゃったの? し、知らない人の前で?」
「私 初めてなのに 痛いのに でもなんで こんなに気持ちいいの?」

この時点の彼女は指を鳴らすと催眠にかかるギミックを知らないので
初めての体験に戸惑いつつ気持ちよさそうな表情を見せます。
SEXをする時も会ったばかりの男性に犯された絶望感より
思ってたより痛くない、むしろ気持ちいいことを不思議がります。

要はブラックになりがちな要素を和らげながらエッチするわけです。
このおかげでやってることはほぼ陵辱なのに、さほど悲痛な印象を抱くことなく音声を聴けます。
そしてこれは通常、催眠という2つのモードのギャップを引き立てるのにも役立ってます。

エッチの大部分を占めるSEXシーンの魅力は喘ぎ声と反応
前者は清純そうな普段の声とは随分違うアヘ声混じりのものを大量に漏らします。

「や、やだぁ せ、せーし 出てるぅ せーし あちゅい」
「おほぉ」とか「あひぃ」みたいにオーバーなやつではなく
あまりの気持ちよさに呂律が回らなくなる感じの可愛さを残したアヘりを見せてくれます。
単調さが出ないよう吐息と組み合わせて変化をつけてるのも良いですね。
本作品一番の抜き要素ということで、のぞみ役の涼花みなせさんも熱のこもった演技をされてます。

「つ、次は何するの? き、キス? うん する するする」
「奥 切ない から ムズムズ ち、チンチンのノック 届かないよぉ」

後者については彼が時折ピストンをわざと中断したり焦らすことで
彼女が自分から快楽を求めようとする機会を用意します。
最初から最後まで彼がガンガン責めてたら彼女もSEXしたがってることを表現するのが難しくなりますから
嫌がってないシーンを挟むことで陵辱色を緩和し、かつタイトルの「即おち」らしさを出してます。

両方ともかなりエロいので、パート終盤の射精シーンが来る前に
「もう我慢出来ない、抜きたい」と思う人が続出するのではないでしょうか。
内容が結構シンプルだからこそ、その作り込みにこだわって実用性を上げてます。

続くtrack02はしばらく後のお話(約43分)。
前のパートの最後に電話番号を教え、後日主人公に呼び出されたのぞみが
今度はホテルで前回以上の濃いSEXを経験します。

「私のここ ま、マンコって言うの? やだよぉ そんな恥ずかしいこと ち、チンチン 止めちゃやだぁ」
彼女はこの時点で例の彼氏と付き合い始めており
恋人を裏切りたくないからもうこういう関係は断ち切ろうという意思を持って臨みます。
しかし彼が指を1回鳴らしただけであっさり陥落し、アヘ声混じりの気持ちよさそうな喘ぎ声を漏らします。

「生はまずいからゴムを着けて」と彼女に言われた直後に生挿入する
「チンコ」「マンコ」といった淫語を言わせる、パート中盤からは騎乗位に変えて彼女にも動いてもらうなど
プレイのほうもSEXを中心に据えつつより踏み込んだことをしていて大変エロいです。
時間がこれだけ長いなら2回抜くくらいが丁度いいんじゃないかなと。
一部のシーンで本音をぽろりと漏らすなど、彼女が彼とのエッチに強烈な魅力を感じ始めてるのがわかります。

そして最後のtrack03では今までと大幅に異なるSEXが登場します(約28分)。
彼女が彼に対して何を思い、どう行動するのか。
すべては聴いてのお楽しみとさせてください。

このように、女性が生み出す声や音を前面に押し出したエロ可愛いエッチが繰り広げられてます。
SEX特化の抜きボイス
独自の設定を交えてガンガンSEXする突き抜けた作品です。

主人公は街中で偶然見かけたのぞみとエッチな関係になろうと
まずはモデルをスカウトするフリをして彼女に近づき、指パッチンによる催眠で感度を一気に上げます。
そしてエッチできる環境が整った後は押し引きを兼ね備えたSEXで彼女をさらに堕とします。

好きな男子がいるJKを催眠で快楽漬けにする寝取りシチュ
彼女が乱れたりおねだりする様子を中心に描いたSEX特化のエッチ
通常時と催眠時で異なる仕草や反応を見せる彼女のキャラ。
男性の多くが興奮し、射精したくなる要素をいくつも盛り込みひとつの物語を作り上げてます。

中でも2番目は耳舐めや女性上位がすごい勢いを持ってる現在において
女性を責めて感じる姿をひたすら追い求めて抜かせる道を歩んでおり個性的です。
しかも和姦ではなく敢えて寝取り設定にし、そこを指パッチンひとつで打開する面白い展開にしています。
サークルさんが「ハイパー自己中エロ音声作品」とおっしゃられてる通り
妄想や願望を忠実に音声化した夢のある作品に仕上がってます。

「おっ おぉぉぉぉぉぉ きったぁぁぁ」
エッチはアヘ声が質量共に優れてます。
催眠をかけるからといっていきなり大幅にアヘらせず、後のパートになるほどそれが強くなるよう丁寧に進めます。
感度が上がってる状況でも彼女の気持ちを大事にしてるのがすごく良いなと。
おかげで寝取りをテーマにした作品なのに割と晴れやかな気分で聴き終えることができました。
ピストン音もペース、リズム、強さが状況によって小まめに切り替わっててリアルです。

絶頂シーンは主人公3回、のぞみ7回。
喘ぎ声大量、くちゅ音多め、淫語それなり、ちゅぱ音そこそこです。

以上のことからサークルさんでは2本目の満点とさせていただきました。

CV:涼花みなせさん
総時間 1:45:58

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は9点。
106分で864円とコスパが良いので+1してあります。

2019年7月9日まで10%OFFの777円で販売されてます。

双子で事務的なJKメイドに性欲処理される生活。【バイノーラル】

サークル「防鯖潤滑剤」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声はクールだけど態度はとっても優しい双子JKメイドが
協力して一緒に住んでる従兄にエッチなご奉仕をします。

感情をあまり表に出さずに甘めのプレイをするのが特徴で
おちんちんをしごきながら「おちんぽ」「おまんこ」といった淫語をガンガン言ったり
勉強しながらおちんちんをニーソで足蹴にして彼を気持ちよく射精させます。
愛情に基づいた事務的プレイをしますから、内容を理解して聴くならノーマルな人でも楽しめるでしょう。
JKメイドの濃厚なご奉仕
従姉妹のルリとリリが5種類のエッチをするお話。

「おはようございます、ご主人様」
リリとルリはトーンの違うどちらも淡々とした声の女の子。
ある日の朝、主人公を起こしてこれからすることを話すと
物語の背景を説明してからエッチなご奉仕を始めます。

本作品は現在通ってる学校の入学に合わせて彼と同居を始めた2人が
メイドになりきりながらおよそ100分に渡って色んなエッチをします。
無料で彼の家に住ませてもらうのは申し訳ないからそうしてるだけで本物のメイドとは違うのですが
サービスの内容はどれも彼を喜ばせよう、気持ちよくしようとするものばかりで思いやりに満ちてます。
聴いた感じでは主人公は高貴な身分ではなく普通の会社員だと思います。

最大の特徴は彼女たちが終始クールな声で話しかけること。
音声作品によく出てくるJKのように喜怒哀楽を露わにすることはほとんどなく
常に冷めた感じで彼に接したりおちんちんをお世話します。

ルリ「ルリたち、ご主人様に感謝しているんです。ルリたちが、こっちの学校に通えるように、ご主人様のお家に住まわせてもらっているんですから」
ただし、ドM向けの事務的作品のような冷たさやきつさは一切ありません。
単に感情を出すのが苦手なだけで、実際は彼にとても強い好意を抱いてます。
特に終盤は愛の言葉を投げかけながら中出しを決める大変甘いプレイが登場します。

サークルさんの過去作「事務的×淫語×おま○こメイド」や
姉妹サークルの「ひたすら事務的に性欲処理をしてくれるナースさん」と似た特徴を持つ作品です。
声と行為のギャップが非常に大きいですから、後になるほど彼女たちを優しいと感じるようになるでしょう。

リリ「お・ち・ん・ぽ。おちんぽ。おちんぽ。おちんぽ。おちんぽ。おちんぽ」
リリ「はい、ぴゅっ、ぴゅっ、ぴゅーーーっ、どぴゅ、どぴゅるるるっ、どぴゅ、どぴゅっ」

もうひとつ、彼女たちがいつも2人で協力してご奉仕するため
一対一でエッチする時よりも濃いプレイが楽しめます。

わかりやすいものですと「おちんぽ」「おまんこ」といった淫語や
射精時にぴゅっぴゅのセリフを左右同時に言うところです。
ルリは右、リリは左に陣取って異なる責めを繰り出すなど変化に富んでます。

防鯖潤滑剤さんは淫語の量にこだわってるサークルさんですから
人数が増えればその分持ち味も出しやすくなります。
おちんちんへの責めと心への責めのバランスが取れてるおかげで抜きやすかったです。

クールで愛情深いJKメイドが身内の男性に協力してご奉仕する。
キャラが持つギャップと複数人プレイを上手に組み合わせた珍しいタイプの純愛系作品です。
属性の幅が広いエッチ
エッチシーンは5パート82分間。
プレイは手コキ、淫語責め、授乳、ニーソ足コキ、両耳舐め、キス、SEX(正常位)です。
服を脱ぐ、手コキ、足コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

リリ「おちんぽが興奮したときにヌキヌキするのが、一番気持ちいいですよね」
主人公のおちんちんが朝立ちで硬くなってるのを確認した2人は
自分からご奉仕を志願し、竿と亀頭を手分けして握り優しくしごきます。

エッチは最終パートを除き彼女たちが責め続けます。
最初の2パート24分間は彼らの日常風景。
「ご主人様の性癖は把握済みです」は淫語責め+ダブル手コキ
「こういった甘やかしプレイもお好きでしょう」は授乳手コキで1回ずつの射精に導きます。

ルリ「早漏であろうが、遅漏であろうが、ルリたちは何も気にしません。ご主人様の性欲と性癖を受け止めるのが、JKメイドです」
彼女たちは彼の専属メイドですからもちろん喜ぶツボを心得てます。
すぐ射精しないようペースを敢えて落とし、その最中に淫語をガンガン言って興奮させたり
おっぱいを飲ませる役と手コキ役を分担して女性に甘やかされる幸福感を与えます。
声は相変わらず淡々としてますがやってることは本当に手厚いです。

授乳手コキをする際にわざと上半身だけ裸になるのも印象的でした。
メイドと言えば服装も大きな魅力ですから、それを失わないよう必要な部分だけ肌を出します。
授乳してる側だけ声が若干熱を帯びたりと、細かな部分にまでこだわったプレイが楽しめます。

本作品で最も事務的感が強いのは3番目の「片手間の性欲処理で失礼します」(約14分)。
別の日、テスト前の勉強をしてる2人がそれと彼へのご奉仕を両立させようと
ニーソを穿いた足でおちんちんをしごきながら軽い言葉責めをします。

ルリ「恥ずかしくないんですか? JKのパンツをオカズに、チンポ足コキされて、こんなに勃起して。本当に変態ですね」
プレイ自体が今までよりもM向けなことを踏まえて
セリフも見下したり突き放すものを多少盛り込んであります。
そして事後は優しい言葉をかけて本心からそう思ってないことをきちんと伝えます。
こういう心のケアがしっかりしてるから声がクールでも甘く感じるわけです。

逆に彼女たちの愛情が最も強く表れてるのが最後の「週末には夜伽を行います」(約26分)。
3人全員が明日お休みの夜、2人が彼の部屋に出向きリリ→ルリの順に正常位で繋がります。

リリ「ご主人様? 別に、夜伽なんて、初めてのことじゃないのに。まだ、JKを抱くことに、躊躇しているんですか?」
リリ「ご主人様……好きです。ご主人様。好き。好き。好きです……。とても好きです……」

現役JKとSEXすることにためらいを感じてる彼にこれがお情けじゃないことをはっきり伝え
挿入後は「好き」と全肯定のセリフを組み合わせながら控えめな喘ぎ声を漏らします。
山場の射精シーンも中出しと同時に幸せそうな声を上げますし
メイドとご主人様ではなく、対等な恋人同士に近い距離感でエッチしてます。

時間が最も長く、射精シーンが唯一2回あることから実用性も高いです。
普段はメイドらしく振る舞ってるけど、大事なシーンは普通の女の子に戻るところに愛らしさを感じました。

このように、色んなご奉仕を通じて愛情を深めるノーマル~M向けのエッチが繰り広げられてます。
事務的な純愛作品
事務的感を出しつつキャラの魅力を引き立ててる総合力の高い作品です。

ルリとリリは自分たちとの同居を許してくれた主人公に少しでも恩返ししようと
メイドとして身の回りのお世話はもちろん、性欲処理まで積極的に行います。
そして事務的感のある声で愛情深いご奉仕をいくつもこなして想いの強さを伝えます。

感情を表に出すのが苦手な双子JKが従兄にエッチなお世話をする魅力的なシチュ
パートごとにプレイを大きく変え、その中に彼女たちの魅力とエロさを詰め込んだ濃いエッチ
その最中に投げかけられる多めの淫語とぴゅっぴゅのセリフ。
サークルさんが元々持ってる特徴と、このところ力を入れてる要素を新しい方向でかけ合わせてます。

ルリ「おまんこ……暖かい……。どろどろの精液、いっぱい……。これだけ濃いと……妊娠の確率、高そう……。嬉しいです、ご主人様……」
中でも2番目は事務的なところとそうでないところを上手に共存させてます。
事務的と言えば男性側の都合を一切考えずとことん冷たく振る舞うのが定番です。
でも防鯖潤滑剤さんの場合は声だけを事務的にすることで、内面の優しさとのギャップを引き立ててます。

ひとつのジャンルよりも表現方法の一種に近い扱い方をされてるなと。
他のサークルさんではやられてないことなので武器としてしっかり確立されてます。
M向けの要素をほぼノーマル向けにアレンジするのは力量や経験がないとできないことだと思います。

エッチは聴きやすさや彼女たちの健気さを強調したプレイが多いです。
淫語を連呼するのも、おちんちんを足蹴にするのもすべてに彼に喜んで欲しいからです。
そういった背景がプレイの中に込められてるおかげで心の繋がりを感じながら抜けます。

射精シーンは6回。
淫語とくちゅ音多め、ちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

おまけは「JK双子メイドの両耳淫語連呼」です。

CV:天知遥さん
総時間 1:44:52(本編…1:41:01 おまけ…3:51)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

あなたを受け入れて全肯定してくれる異世界から来た魔王さま【バイノーラル】

サークル「防鯖潤滑剤」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、何らかの事情で異世界からやって来た女性の魔王さまが
偶然出会い自分を拾ってくれた男性とひたすらイチャイチャします。

多くのシーンで抱き着いて大きなおっぱいを押し付けたり
「すごい」「えらい」といった全肯定のセリフを投げかけながら気持ちよくするなど
女性に甘やかされる幸福感を大事にしたとても温かいサービスが楽しめます。
魔王さまによる濃厚な甘やかし
同居中の魔王さまがエッチに慰めるお話。

「おかえり、人間ー。今日も遅かったなー」
魔王さまは明るくて穏やかな声のお姉さん。
帰宅した主人公が辛そうな顔をしてるのでぎゅっと抱きしめると
彼と出会った頃のことを話しながら感謝の気持ちを伝えます。

本作品は異世界で魔物たちを束ねていた彼女が
現実世界で自分に優しくしてくれる彼と120分近くに渡ってイチャイチャします。
彼が仕事であまり良い思いをしてない状況を踏まえて
ぎゅっと抱きしめたまま優しい言葉をかけたり、エッチで気持ちよくしながらとことん甘やかします。

「んー。人間ってすごいなー。そんなに嫌なことされたのに……人間にそんなことした奴、なんで燃やさないんだー?」
魔王らしさを出すためなのでしょうけどセリフが結構独特でした。
彼を否定することは一切言わず、受け止めたうえで自分の意見を述べて元気づけます。
狡猾さや残忍さは特に見られず緩い口調で思ったことをはっきり言うカラッとした女性です。
ちなみに彼のことをいつも「人間」と呼びます。

各シーンの冒頭に9分程度の非エロパートを挟んでるのも良いですね。
いきなりエッチするのではなく、状況を説明しながら癒して彼女の魅力を引き立てます。
心が満たされた状態でエッチすれば当然より気持ちよくなれますから
甘やかしながら射精させる本作品のコンセプトにも合ってます。

エッチは魔法をかける、謎生物を使うといった人外系のプレイを避け
SEX、耳舐め、授乳手コキなど人間同士でやるものに揃えてあります。
防鯖潤滑剤さんと言えば淫語が得意なことで有名なサークルさんですが
今回はそれにこだわらず各要素のバランスに気をつけて組み立ててます。

甘やかしのセリフが充実してるパートもあれば
ちゅぱ音にかなり寄せてるパートもあって内容が幅広いです。
それでいて一貫したテーマ性を持ってるのが素晴らしいなと。
言葉や行為を通じて「彼を癒したい、満足させたい」という彼女の気持ちが伝わってきます。

包容力豊かな魔王さまが人間の男性を色んな手段で甘やかす。
以前の全肯定シリーズよりもキャラに焦点を当てた独特な癒し系作品です。
愛を込めて尽くすエッチ
エッチシーンは4パート67分間。
プレイはハグ、SEX(対面座位、正常位)、キス、授乳、手コキ、耳舐めです。
服を脱がす、SEX、手コキ、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「余も服、脱がないとなー。あ、人間的には、全部脱がないほうがよかったりするかー? 半脱ぎだと、興奮するんだろー?」
抱きしめてる最中に主人公がもじもじするのを見た魔王さまは
彼の気持ちを察してすぐさま服を脱ぎ、大きな生おっぱいで再び抱きしめます。

エッチはどのパートも彼女がリードします。
一番最初の「余とえっちなこと、するぞー♪」でするのは対面座位のSEX(約14分)。
ハグから始まりおまんこを見せつけてから挿入、そしてキスと最初からイチャラブ感全開で進めます。

「ん……♪ すごいぞー♪ おちんちん、ずーっと固いままだ……♪ こんなにおちんちん固くできるなんて、人間は、すごいなー♪」
そして彼女は早速彼を全肯定して心のほうも満たします。
おちんちんを硬くしただけで褒め称え、キスを求められたら応じ
精液をおまんこで直に受け止め、その際にぴゅっぴゅのセリフで応援するなど至れり尽くせり。
時間はそれほど長くありませんがこのパートに彼女の魅力がぎっしり詰まってます。

好きな人にはとことん尽くすタイプですね。
魔王だからといって尊大に振舞わず、ありのままの自分を曝け出して甘えやすくします。

続く2パート32分間はプレイに個性を持たせたサービス。
「余が甘やかしながら気持ちよくしてやるぞー♪」は授乳手コキ
「余が耳舐め手コキしてやるぞー♪」は耳舐め手コキで1回ずつの射精に導きます。

「今の人間は、赤子なんだから♪ 母のおっぱいたくさん飲んで、おっきくならないとなー♪ おっぱいじょーず、おっぱいじょーず♪」
前者はおっぱい大好きな彼の欲望を満たそうと
この間だけ母親になりきって好きに吸わせてあげます。
赤ちゃん言葉は言いませんが幼児プレイ好きな人ほど楽しめるでしょう。
これらをする際に見せる彼女の嬉しそうな表情も印象的でした。

それに対して後者はセリフの量を一気に減らし 
耳元至近距離からちゅぱ音をいっぱい鳴らして興奮させます。
魔王さま役の天知遥さんは耳舐めが得意だからこういう作りにしたのでしょう。
手コキのペースを緩めに設定し、少しでも長く楽しませる配慮もされてます。

甘さが最も強いのは最後の「余の中で一緒に気持ちよくなろうなー♪」(約21分)。
別の日、普段よりも元気な様子で早く帰ってきた主人公をさらに元気づけようと
正常位でSEXしながら愛の言葉をガンガン投げかけます。

「誰かのこと好きになって……えっちして……気持ちよくなるって…… こんなに、幸せなことなんだな……♪」
疲れや寂しさを感じてる彼を慰める意味合いが強かったこれまでとは違い
ここでは彼女の心情や反応に焦点を当てて2人の一体感を出してます。
好きな人が元気なら当然彼女も幸せですから
それをストレートかつエッチに表現して物語の締めくくりを飾ります。

同じSEXでも最初のパートとはやや違う感じがするでしょう。
セリフの方向性を大きく変えて新鮮さを出しつつ盛り上げてます。

このように、心身をバランスよく責めて甘やかす充実したエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視の作品
満たされた気持ちで抜ける大変甘い作品です。

魔王さまは現実世界で右も左もわからない自分を拾ってくれた主人公のために
仕事から帰るたびにぎゅっと抱きしめ、気落ちしてたら話を聞いて力になります。
そしてエッチな気分を発散させたい時は優しい言葉をかけながらおちんちんを丁寧に刺激します。

良い意味で魔王っぽくない女性が同居中の男性を徹底的に甘やかすシチュ
タイトル通り彼を全肯定しながら気持ちよくする癒し一色のスタイル
セリフと抜き要素のバランスに配慮した深いエッチ。
単に抜かせるのではなく心のケアもできるように考えて作られてます。

「キスなんて文化、魔界にはなかったからなー♪ 人間と初めてしたとき、こんなに気持ちいーとは思わなかったんだよなー♪」
世間知らずだった彼女が今回のお話を通じて目覚める展開も良かったです。
魔王と言えば自分の考えを信じて疑わないイメージがありますから
それを彼に覆された事実を通じて信頼の強さを表現してます。
彼に快楽や幸福感を与える中で彼女も色んなものを彼から受け取ってます。

エッチはキスやSEXといった甘さの強いプレイを多めに入れつつ
授乳手コキや耳舐め手コキも押さえて幅広く甘やかします。
キャラ、セリフ、プレイ、雰囲気のすべてが癒しに統一されてるおかげで
ぬるま湯に浸かってるような心地よさを感じながら射精できました。

射精シーンは4回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声いずれもそれなりです。

おまけは「余が何も聞かずに慰めてやるぞー」です。

CV:天知遥さん
総時間 1:59:55(本編…1:52:33 おまけ…7:22)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

ゆるギャルJK!!(キリッ〜ひなは試験中ですヶド?〜【バイノーラル録音】

サークル「上海飯店」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、純情で頑張り屋なギャルJK彼女が
テスト期間の前後最中に大好きな人とあまあまラブラブなエッチをします。

彼にエッチな悪戯をされて最初は嫌がるものの結局受け入れたり
SEXしながら「好き」と何度も言って自分の気持ちを伝えるなど
彼女の魅力がしっかり出るよう会話を多めに挟みながらゆっくり愛し合うのが特徴です。
すっかり成長したJKとイチャイチャ
綾瀬ひなたと3種類のエッチをするお話。

「あ、お兄さん? やっぱりお兄さんだ こんにちは」
ひなたは可愛いくて穏やかな声の女の子。
試験の準備期間に街中で偶然出会った主人公に声をかけると
自分の格好を興味深そうに見られて恥ずかしがります。

本作品は2018年8月に発売されたサークルさんの代表作
ゆるギャルJK!!~綾瀬ひなたがおち○ちんに堕ちるまで~【バイノーラル録音】」の続編。
彼女の財布を拾ったのをきっかけに知り合い仲良くなった2人が
テストの前、最中、後の3シーンに分けて110分近くに渡るエッチを楽しみます。

前作では彼女がエッチのことをほとんど知らない処女だったため
初々しい仕草を見せてたのが色んなプレイを通じて大胆になる様子を中心に描いてました。
それに対し今作はすっかり成長した彼女がその後彼とどのように過ごしてるかをお届けします。
単体でも十分楽しめますけど、前作と合わせて聴いたほうがより満足できると思います。

「何じろじろ見てんの? ほんっとに地味だから あんまり見てほしくないんだけど」
最大の魅力は彼女のキャラ。
普段よりも地味な格好をしてるところを見られて恥ずかしがったり
久しぶりに会えたら彼にすぐさま抱きつきその匂いを嬉しそうに確かめるなど
年頃の女の子らしい可愛くて素直なところを数多く見せてくれます。

シリーズものなのでタイトルが「ギャルJK」となってますけど
今回はギャルっぽい話し方はそれほどせず、普通のJKに近い態度で接することが多いです。
彼と深い仲になったおかげで素の自分を見せられるようになったのでしょう。
言葉と行為の両方から彼に対する好意や信頼の気持ちが強く伝わってきます。

エッチについては2人の仲の良さを強調したいからか
どのパートも責めるペースは緩めに設定し、その合間に色んな会話を挟みながら進めます。
ソフト路線ですけど時間が30分以上と長めに取られてるので物足りなさは感じません。
彼女の健気な姿や乱れっぷりがエロ可愛く、胸のあたりに温かいものを感じながら抜けるでしょう。
純粋なエロさよりもキャラや雰囲気といった他の部分を大事にしてるように映りました。

一番最初のtrack01は非エロパート(約15分)。
街中で出会った2人が近くにあるカフェに入り、飲み食いしながら色んなことを話します。

「足引っ張ってるのは英語と数Ⅱかなー」
「理系か文系かで言ったら文系だけど 文系だと就職も色々と厳しいって聞くじゃん?」

目前に迫ったテスト対策に参考書を買った直後ということで
自分の苦手な科目や得意な科目を教えたり、将来のことにも少し触れるなど
18禁作品ではあまり出てこないタイプの話題がいくつも登場します。

本作品はキャラが売りなので、彼女の内面により多く触れればそれだけ魅力が引き立ちます。
自分の考えを持ちつつこれからのことに漠然とした不安を抱くごく普通の女の子です。
そして彼も話をしっかり聞き、人生の先輩としてアドバイスし彼女の気持ちに応えます。
エッチとは直接関係ないシーンですけど聴き手を作品の世界に引き込む重要な役割を果たしてます。
心の近さを感じるエッチ
エッチシーンは3パート107分間。
プレイは乳揉み、手マン、キス、SEX(背面座位、対面座位、騎乗位)、手コキ、フェラ、玉舐めです。
服を脱ぐ、手マン、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ひなは優等生なので そういうことはちょっと困るんですけど」
カフェから主人公の自宅に移動しテスト勉強を始めようとしたひなたは
彼に後ろから抱きつかれおっぱいを揉まれてちょっぴり戸惑います。

エッチは年上の彼がリードしつつほぼ対等な立場で愛し合います。
最初のtrack02はテスト期間に入る前のお話(約36分)。
勉強する気でいた彼女が彼にエッチな悪戯をされてだんだん我慢できなくなり
そのまま耳舐めやSEXをして心をリフレッシュします。

「ち、乳首立ってるとか そんなことないですってば」
「だって これからしばらく会えなくなるんだもん ひなが満足するまで おちんちんずぼずぼしてくれないと やだ」

彼女は学校の成績が微妙なところなので初めは軽く抵抗しようとします。
しかしある程度経つと愛の言葉を言い、自分からおねだりする積極的な姿勢に変化します。
甘いキスを適度に挟む、熱っぽい吐息を漏らすなど彼女との心の近さを感じる要素が多く
聴けば聴くほど可愛いとか、愛おしいといった感情が自然と湧いてきます。

プレイのほうは体の愛撫から始まって手マンで彼女を1回イかせ
休憩をほとんど挟まず後ろから挿入し2人同時の絶頂を目指します。
途中からは彼女も反撃の耳舐めをお見舞いしますし
完全な受け身にならず彼を喜ばせようとする気持ちがしっかり込められてます。
初っ端から中出しを決めることも含めて、2人の関係が相当に良いのがエッチを通じてわかります。

続くtrack03はテスト期間中のお話(約35分)。
主人公にしばらく会えなくて寂しくなった彼女が彼を呼び出し
カラオケボックスで耳舐め、手コキ、フェラチオをします。

「ひな お兄さんの精液 全部飲んじゃうからね ごっくんしたい」
場所が場所なのでSEXはさすがにやらないものの
部屋に着いた途端にハグやキスをしたり、そのままおちんちんを気持ちよくして精液を飲み干すなど
「彼と一緒にいられることが嬉しくてたまらない」という気持ちを込めてゆっくり愛し合います。
JKが自分から進んでとことん尽くしてくれるシチュにもグッと来るものを感じました。
単に気持ちよくするのではなく、心を満たしながら抜かせることを見据えてエッチを組み立ててます。

最後のtrack04はテストが終わった後のお話(約36分)。
まだ結果は出てないもののテストが好感触だった彼女が再び彼の家にやって来て
ちょっぴり変わった要素を交えたあまあまなSEXをします。

「よーちよーち おっぱい美味しいでちゅねー 飲むのも上手でちゅよー」
これまでとは違い彼女が最初からエッチする気だったこともあり
彼がおっぱいに吸い付くと赤ちゃん言葉で甘やかし
彼のピストンを受けて何度も絶頂する今まで以上にエロ可愛い姿を見せてくれます。
途中でちょっとしたイベントが起こり、そこで喘ぎ声を必死に我慢する姿も印象的でした。
彼の前ではエッチに振る舞えるけど、他の人には普通の女の子でいたいという恥じらいが見られます。

サークルさんが一押しとおっしゃられてるだけあって
プレイ、展開、彼女の乱れっぷりなどが一際優れてました。
「好き」などの愛の言葉もかなり多くイチャラブ感が最も強いです。
満たされる作品
年下の女性に求められる満足感が強めに得られる作品です。

ひなたは前作を通じて恋人の関係になった主人公とより幸せな時間を過ごそうと
テスト前後の大事な時期にも彼の家へ行って長く濃いエッチをします。
そしてその最中に色んな会話や愛の言葉を投げかけて心のほうもさらに深く繋がろうとします。

一途で可愛いJKとひたすらイチャイチャする甘いシチュ
彼女との仲の良さが感じられるセリフと行為の数々
プレイの種類を絞り込みゆっくり責め合う雰囲気重視のエッチ。
最大の魅力である彼女の存在を引き立てつつ前作よりも踏み込んだことをします。

「お兄さんといると 時間が経つの早すぎて困っちゃうなぁ」
特に2番目の要素は彼女が彼に強く依存してるのがわかるように描かれてます。
JKと言えば何もしなくてもちやほやされるくらい男性に人気のある存在です。
でも彼女はちょっぴり変態なところのある彼を敢えて選び、自分のすべてを捧げます。
結婚を匂わせるやり取りもありましたし、それだけ彼のことを本気で愛してるのでしょう。

エッチは各パートの射精シーンを1回に絞り込み、それへ向けてゆっくりじっくり盛り上げます。
会話量が多いので抜き系の作品を好む人にとってはややテンポが悪く感じるかもしれません。
ですが彼女との一体感が味わいやすく充実した気分で射精を迎えられます。
どれも内容が濃いですから1パートずつ分けて聴くことをおすすめします。

射精シーンは3回。
くちゅ音多め、淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声それなりです。

CV:綾瀬ひなた…一之瀬りとさん カラオケ店員…結姫うさぎさん(track03でのみ登場)
総時間 2:17:22

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2019年5月12日まで20%OFFの864円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。

↑このページのトップヘ