同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:鉄ONE

   ● ペニス部 ~いっしょに朝練しましょ♪~
   ● どら☆こん ~あなたと私でナイスショット~


ペニス部 ~いっしょに朝練しましょ♪~

サークル「鉄ONE」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、オナニーが立派なスポーツとして認められてる世界を舞台に
名門ペニス部の部長がマンツーマンでその正しいやり方を伝授します。

おちんちんをラケットに見立てて握り方やしごき方を丁寧に教えたり
彼女の艶めかしい喘ぎ声を聴きながら指定された回数だけオナニーするなど
作品固有の要素をそのまま活かしたきめ細かなオナサポをしてくれます。
熱心な部長と2人きりで
子増座環(こましざわ)大学ペニス部部長の赤坂先輩と朝練するお話。

「あ、おはよー 話は他の部員から聞いてたよ、君が新入部員ね?」
赤坂先輩は明るくて活発な声のお姉さん。
ペニス部に新しく入部した主人公に気さくな態度で声をかけると
きつい練習についていけるか不安がる彼を励ましてから朝練を始めます。

本作品は現実世界のテニスを練習するのに似たスタンスで
彼女がおよそ40分かけて心身両面をバランスよく盛り上げ気持ちいい射精に導きます。
今回する練習はダブルスということで彼におちんちんをしごかせるだけでなく
彼女自身もおまんこを指でいじり艶めかしい喘ぎ声を何度も漏らします。

「ただし、まだあなたのラケットには触れないこと 許可されてないのにラケット触ると、フォルトになっちゃうからね」
全編を通じて言える大きな特徴はセリフの表現方法。
おちんちんをラケット、オナニーの1コキをストロークと命名し
ペニスのルールに沿った流れでオナニーの一部始終を指示します。

といってもやることは一般的なオナサポと大差ないですから雰囲気作りの意味合いが強いです。
おちんちんの立派さやオナニーの上手さを彼女が適度に褒めてくれるおかげで
最初から最後までいい気分に浸りながら取り組めるでしょう。
学生スポーツから連想される「爽やかさ」を大事にしてエッチを組み立ててます。

肝心のオナサポについては事前に回数を宣言し、カウントを数えてる最中にそれをこなすノルマ式。
最初は10回だったのが30回、50回と徐々に増えてどんどんハードになります。
物語の前半は説明が多いので物足りなく感じる人もいるでしょうが
後半に入るとしごく回数が一気に増えて射精できる状態に持っていってくれます。

また終盤には現在のオナサポでは見かけない変わったプレイも登場します。
ほぼノーマルな属性に反して体への責めは割かしハードです。

簡単な挨拶を終えた後、ペニスの練習に取り掛かる前にするのはフォームの確認(約6分)。
柔らかい素材でできたコートに仰向けに寝転び
彼女が数えるカウントに合わせて体の力を脱いたり深呼吸して心身をほぐします。

「君はこれから、私と楽しくペニスすることだけ、考えてればいい 君がどんなにペニスしても、見てるのは私だけだよ だから、ペニス以外のこと、何も気にする必要はないからね」
スポーツにせよエッチにせよ没頭するには集中できる環境にあるのが一番です。
だから彼女は敢えてオナニーとは真逆のことを最初にやらせます。
ほぼ同時期に発売された「おててレッスン! ~妹の手コキサポート~」も似たことをやってますし
これが2011年当時のオナサポの流行だったのかもしれません。
加速度的に負荷が増すエッチ
エッチシーンは35分間。
プレイは赤坂先輩のオナニー、フェラ、オナニーです。
エッチな効果音はありません。

「プロのペニスプレイヤーでも、これほど使い込んでる人、そういないんじゃないかな これは・・・将来有望だね」
服を脱いで露わになった主人公のおちんちんを見て「素質がある」と褒め称えると
赤坂先輩はひとまずラケットの握り方やそのしごき方といった基本的な事を教えます。

エッチは終始彼女に言われた通りに手を動かします。
前半の16分間は彼女とラリーするための準備にあたるシーン。
両手で包皮を剥いたところへ彼女が軽いフェラをしておちんちんを完全に勃起させ
それから10カウントに合わせて10~30回を数セットしごきます。

「右手か左手、君がペニスするときの利き腕のほうの手を出して そしたら、その手の親指、人差し指、中指を、ラケットのヘッドの付け根、くびれのとこに巻きつけてみて みっつの指で、輪っかを作るようにね」
言い方は結構独特ですがリードは非常に細かく
どの指を使うか、どんな風に持つか、何回しごくかを事前にきちんと教えてくれます。
練習で慣らしながら徐々にステップアップしていく流れもスポーツらしくて良いです。
発売から7年近く経った今でも普通に聴けるクオリティを持ってます。

残る19分間はいよいよ彼女とペアになってラリーに取り組みます。
これまでの上限だった30回から50回までノルマが一気に増え
その先もどんどん上げていきながら己の限界に挑戦します。

「10 9…あんっ 8 7…はぁはぁ 6 5…んんっ」
ここからはカウントを数えてる彼女が喘ぎ始めるのがいいですね。
主人公のすぐ近くで片膝をつき、パンツを脱いでおまんこを見せつけながら指でいじり続けます。
オナサポ作品に不足しがちな純粋なエロさをテーマに合った形で補うわけです。
こちらを褒めるセリフも多く、体と同じくらい心へのアプローチにも気を配ってくれてます。

「目標を達成できたら、次の目標は直前の目標+10回になります」
もちろんオナサポのほうも変化します。
指定した回数だけピッタリしごいてた前半とは違い、ノルマをこなすたびに上限を10回ずつ増していき
上手くいかなかった場合は次回のノルマをその時の10の位に合わせます。

例えば35回だったら1の位を切り捨てて30から再スタートします。

ただしごく時間がこれまでと同じく10カウントで固定されてるので
毎回どれくらいしごいたかをカウントするのは難しいと思います。
50回の時点で全力でやらないと間に合わない感じです。
ですからノルマにこだわるよりも最善を尽くすスタンスでやったほうが楽しめるでしょう。

実際にやってみたところ射精感を抑えるのに苦労しました。
というのも今までは数セットやった後に2~3分の説明が入ってたのに
後半はその必要がなくなったおかげで休憩時間が一気に短くなります。
一応の救済措置もありますが射精間近のシーンではそれすら許されなくなります。

やり方を身に着けた後は実際にやって自分をとことん追い込む。
スポーツをテーマにした本作品らしい落差のあるエッチが繰り広げられてます。
爽やかなオナサポ作品
キャラやプレイを明るいもので統一した個性的な作品です。

赤坂先輩は新入部員にあたる主人公の素質や力量を試すために
最初から実践形式でペニスのやり方をひとつずつわかりやすく教えます。
そして前半はルールを覚えることに専念し、後半はおちんちんをひたすら責めて強い快感を与えます。

スポーツをする感覚でオナニーに取り組む変わったシチュ
気さくな態度で親身に教える先輩のキャラ、ノルマを定め徐々に負荷を上げていくプレイ。
作品が持つ特徴をそのまま取り入れた爽快感のあるオナサポが味わえます。

「あぁっ、やだっ、こんなの、やぁぁ 会ったばかりなのに・・・必死になってる君のこと、好きになっちゃう、好きになっちゃうよぉ」
最初から最後までこちらをとことん持ち上げてくれるところも素晴らしいです。
オナニー自体は体をいじる行為ですが、それによって得られる快感は心が強く影響します。
だから聴き手にやる気を出させる要素を色々と用意して気持ちを盛り上げてくれます。
彼女が一緒になってオナニーするのもそのへんを狙ったのでしょう。

エッチはシコシコボイスを使わない代わりに時間あたりのしごく回数を多めにしてあります。
ドM向けの作品じゃありませんし、無理に回数をこなすことよりも楽しむことを優先したほうがいいです。
1セットごとに回数を上積みしていくプレイは筋トレなどに通じるものがあってすごくいいなと。

射精シーンは1回。
淫語と喘ぎ声それなり、ちゅぱ音ごく僅かです。

ノリが独特なのでやや人を選ぶところがあるものの中身はしっかりしてる作品です。

CV:桃華れんさん
総時間 45:31

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

どら☆こん ~あなたと私でナイスショット~

サークル「鉄ONE」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、明るくて活発なインストラクターのお姉さんが
とあるスポーツをテーマにしたオナサポで最高の射精を提供します。

オナニーをゴルフに例えて行うコメディタッチのエッチが特徴で
おちんちんをゴルフクラブ、ホールをおまんこ、精液をボールに置き換えながら
実際にスポーツをする時のように準備運動した上で少しずつハードなプレイへと進みます。
大人だけが通えるゴルフ教室へようこそ
おとなのゴルフ教室のインストラクター「赤坂さん」からエッチな指導を受けるお話。

「あ、おはようございまーす」
赤坂さんは明るくて元気な声のお姉さん。
教室に初めてやってきた主人公に気さくな態度で挨拶すると
今回行うレッスンの概要や進め方を軽く説明します。

本作品は普段よりも気持ちいい射精を求めてる彼が満足できるように
彼女が手取り足取り指示を出しながらおちんちんをたっぷりしごかせます。

最初に言っておきますと、この教室は元からエッチのトレーニングをする場所であって
ゴルフトレーニングから脱線した結果エッチな事をするわけではありません。
作品に個性を持たせるためにこういう設定にしたのだと思います。
オナサポ作品は数多く出てますが、スポーツをテーマにプレイする作品は初めて聴きました。

「パンパンになったあなたのドライバーで、快感の真芯をとらえて、より遠く、より高く、弾を飛ばして飛距離を出す快感、味わってもらいます」
今回行うトレーニングの目的は精液をより遠くへ飛ばすこと。
それに向けて彼女は最初の段階からおちんちんやおまんこをゴルフ用語に例え
現実世界で行うスポーツトレーニングに近いスタイルでオナニーをリードします。


実際に聴いてみると最初はバカっぽくも思えるのですが
オナニーをゴルフに置き換えるセリフの表現が結構工夫されてます。
プレイもしっかり抜けるように作られてますから他のオナサポ作品と同じ感覚で楽しめます。

大まかな説明を終えた後、トレーニングの最初にするのは準備運動。
仰向けになって目を瞑り、彼女の声に合わせて脱力や深呼吸をします。

「ナイスショットに余計な力はいりません 大事なのは、無心になっていい弾を飛ばそうとする、その気持ちです」
彼女自身が作中で言ってるように、気持ちいい射精を迎えるにはエッチに集中することが大事です。
だからこそエッチとは正反対の行為を敢えて行い心を一旦リセットします。
そして直後にちょっぴりエッチな耳の準備運動を行います。
スポーツする時も準備は大事ですし、テーマのゴルフをある程度見据えたリードをします。
高みへ向けてじっくり進む丁寧かつハードなエッチ
エッチシーンは2パート27分ほど。
プレイはオナニー、亀頭責め、赤坂さんのオナニー、フェラ、SEX(騎乗位)です。
エッチな効果音はありません。

「じゃ、両手でクラブ、触ってください そしたら、両手でクラブの皮を、根本まで引っ張ってください」
軽い準備運動で主人公の心身を温めた赤坂さんは
おちんちんがまだ完全に勃起してないのを見て少しだけフェラをしてあげます。

エッチは彼女に言われた通りにおちんちんをしごきます。
最初の「本編」パートはメインのオナサポを楽しむシーン。
彼女が彼の顔の上に跨ってオナニーしたりフェラをして適度に興奮させてから
まずはカウントに合わせて亀頭だけを手で何度もしごきます。

「10数え下ろすまでにヘッドを20回、磨いてください」
本作品のオナサポは最近ではお馴染みのシコシコボイスではなく
カウントを数えてる間に彼女が言った回数だけしごく形で行います。

この段階ではまだ本格的なオナニーに入ってませんから30回程度と少な目です。
しかし射精が近づくにつれて回数が段階的に増えます。
特に終盤はひっきりなしにしごき続ける暴発率の高いプレイが登場します。

「もう…お願いだから、次でイッてください…でないと私が、先にイッちゃう…っ!」
もうひとつの特徴は最中の赤坂さんの態度。
序盤は普通に指示を出すだけだったのに、しばらくすると自分も一緒になってオナニーを始めます。
カウントやセリフの合間に喘ぎ声が適度に入るため、オナサポの割に雰囲気は結構エロいです。
単におちんちんをしごかせるのでなく心のケアもしてくれます。

2番目の「派生」パートはオナサポからやや脱線したプレイ。
オナサポの最中、我慢できなくなった彼女がSEXを懇願し騎乗位で繋がります。
分岐が発生するのは本編パートの22分くらいで、そのまま聴き続けた場合はオナニーで射精します。

「このオチンチン、私のマンコにぴったり、ずっぽり埋まっちゃってるよぉ…!」
レッスンではなくプライベートなエッチに入ったからか
彼女もおちんちんやおまんこをストレートな淫語で言うようになります。
当然のように喘ぎ声のボリュームも一気に増えてオカズとしての性能も上がります。

ただし、本編のようにおちんちんをしごく指示を一切出してこなくなるため
女性に指示されながらオナニーを楽しみたい人には不向きです。
本編を一度通しで聴いた後に試してみるのがいいでしょう。

このように、心と体をバランスよく責め立てる比較的ハードなオナサポが繰り広げられています。
爽やかなオナサポ作品
スポーツと同じくスカッとした雰囲気の中でオナニーする作品です。

赤坂さんは初めてオナサポに挑戦する主人公が最高の射精を迎えられるように
教師よりは友達に近い親しげな態度でわかりやすい指示を出します。
オナサポの重要ポイントとも言えるリードがどのシーンもしっかりしており
後になるほどおちんちんにムズムズした快感が蓄積されていきます。

言葉責め・寸止め・連続射精といったM向けの要素がまったくなく
オナサポ音声を初めて聴く人にも取り組みやすい作りになってるのも魅力です。
回数指定については終盤に差し掛かるとノルマ達成が物理的に難しくなるため
自分の限界に挑戦する感じでひたすらしごき続けるのがいいでしょう。

「私のホールに、あなたの旗、突きたててください…カップイン、しちゃってくださいっ…!」
あとはやはりセリフ周りが独特で面白いです。
中の人がゴルフ好きなのでしょうか、エッチにゴルフ用語を上手く絡めてます。
そして派生パートは敢えて普通の淫語を言わせてエロさを引き立ててます。
テーマのゴルフとの親和性を考慮したオナサポをすることに最も感銘を受けました。

エッチは今から6年以上前に出た作品なのでプレイが今のものとは随分違います。
シコシコボイスや耳舐めが登場しないあたりが良い例です。
ですが純粋にしごく回数が時間に対して多めですし、喘ぎ声によるサポートもしてくれます。
個人的には抜きやすい部類のプレイだと思います。

絶頂シーンは主人公1回、赤坂さん2回。
淫語(ゴルフ用語含む)と喘ぎ声そこそこ、ちゅぱ音ごく僅かです。

音声作品ではあまり見られない素材を用いたオナサポ作品です。
一風変わったオナニーを楽しんでみたいノーマルな性癖の人におすすめします。

CV:紅月ことねさん
総時間 35:18

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ