同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:野上菜月

   ● スパイの人類催眠奴隷化工作(後編)
   ● スパイの人類催眠奴隷化工作(前編)
   ● 【音の素材利用OK】キミと過ごす1日のオト~ASMR生活音集~
   ● Heaven's dry orgasm~天使の誘惑催眠~
   ● サキュバス様の催眠洗脳セックス支配 「無限脳イキ地獄へようこそ♪」
   ● 続・あなたのママになってあげる。
   ● あいどるは~れむ♪
   ● スパイの快楽セミナー催眠
   ● ケダモノSEX~ダウナー系ムチムチ妖狐とのイチャラブ性活~
   ● 【密着囁きっ♪】ドスケベメイドのえっろぉ~い変態ご奉仕えっちっ♪ ~濃厚密着エロエロさんどでお精子搾りつくしちゃいますっ♪~【ドスケベフォーリー】(後編)




スパイの人類催眠奴隷化工作(前編)」に引き続いての後編です。
今回は「05.人生を操る射精管理プレイ」以降の様子を中心に紹介します。
スパイにすべてを捧げ、暴かれる快感
後編のエッチシーンは2パート44分間。
プレイは射精管理、オナニー、乳首オナニー、エッチな質問、恥ずかしいセリフの復唱です。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
途中で服を脱ぐ指示が出ることはありません。

「05.人生を操る射精管理プレイ(約40分)」は前編からおよそ1週間後のお話。
ファミレスでスパイと再会した主人公が、打ち合わせの最中に再び彼女に弄ばれます。
後編ももちろんすべてのシーンで雰囲気に合った音楽が流れます。

スパイ「ところで注文はまだみたいですが 決まりましたか?」
主人公「あぁ ちょっと待ってください 僕は慌てて テーブルの上に開きっぱなしになってるメニュを見始める」
そしてここではスパイだけでなく主人公のセリフも盛り込み
掛け合いながら彼の視点で色々語って臨場感を出します。

本作品のテーマは「自分で自分を洗脳調教する」なので独白との相性も良いです。
両者の声質は似てますから雰囲気が大きく変わるというほどではありません。

内容については10分ほど雑談した後に8分くらいかけて軽めの催眠を施し
それから彼女が気持ちよくなる暗示を入れながらズボンに手を入れてオナニーします。
パート名の通り射精管理が目的なので射精シーンはありません。
洗脳を強化しつつ多少焦らして彼女の言う通りにする快感を与えます。

「私の指示に従うことで 自ら自分に対して催眠をかけてもいるの 自己催眠という形でね」
催眠は前編に比べて時間が大幅に短くなってますけど
前回催眠を入念にかけられた経験と記憶が残ってることや
所々で自己暗示を入れるスタイルのおかげで予想以上に深いところまで入れました。
使う技術は割とシンプルにする代わり暗示量を増やしてスムーズに落とします。

「体に力は入らないのに 下半身は熱を帯びて どんどん内股になってくる」
エッチは前編の最後に指示した「ある行為」に関するを質問をしてから
下半身が熱くなったり手が勝手に動く暗示を入れてギリギリまで追い込みます。
ファミレスでやってる設定ですが、周りの客や店員に見つかるスリルを煽ることはありません。
彼女の奴隷になる快感を味わわせながら射精できないもどかしさを膨らませます。

この次のパートも含めて後編は「ある行為」を実際にすることで
心の興奮や体の快感がより得られるように作られてます。

本作品を聴く人ならそんなに難しいことでもありませんし
やはり通しで聴くよりも分けたほうが気持ちよくなれると思います。

「06.洗脳強化オナニーサポート(約34分)」はセルフ系のプレイ。
以前催眠をかけてもらった時のスタジオで今度はオナニーを見てもらいます。
このパートで主人公が独白することはありません。

「指先でコリコリ 爪の先でカリカリーっていじりながら 喘ぎなさい」
「ちょっと口に出しただけなのに 背筋がゾクゾクして 脳が痺れる快感が来るよね」

オナニーの指示は何をするかや開始、射精のタイミングを取る程度と緩くして
最中は感度の上昇や絶頂を後押しする暗示を入れる催眠色の強いプレイです。
また前編にも登場した恥ずかしいセリフの復唱をここでも取り入れ
彼女に自分の性癖を暴露する恥ずかしさや背徳感も与えて盛り上げます。

体はほぼ自由にいじらせて心への責めに力を入れてました。
途中である質問をしてくるシーンもあったりと
声に出して何かを言うことを快感に上手く変換してます。

このパートの序盤で彼女が「脳イキしながら射精させる」と言うのですが
私が聴いた時も確かに射精時にゾクゾク、ゾワゾワした感覚がこみ上げてきました。
やってはいけないことする快感、知られてはいけないことを知られる快感といった
背徳感を伴う気持ちよさを上乗せして射精の快感を押し上げてます。

乳首オナニーの時間が20分くらいあるので開発済みだとより気持ちよくなれるでしょう。
未開発でも心への責めとおちんちんオナニーがあるので消化不良になることはありません。
前編のドライとは別種の絶頂感が味わえますし、長時間を活かした幅広い内容になってます。

このように悪いお姉さんに弄ばれる快感、催眠による快感、純粋な快感を組み合わせたややブラックなエッチが繰り広げられてます。
シチュ重視の洗脳作品
敵国の女性に篭絡される快感を主観的に味わえるM~ドM向けの作品です。

スパイは催眠音声サークル主として人気と実力を兼ね備えてる主人公を自分の奴隷にしようと
まずは新人声優を名乗って彼に近づき、自作の催眠音声を聴かせて心をガッチリ掴みます。
そしてその後は射精管理→オナサポとM向けのプレイを繰り出し
さらに自己暗示や復唱も盛り込んで心身をバランスよく責め上げます。

妖艶で男を弄ぶのが得意なスパイがM男を変わった手段で手懐けるシチュ
前半は催眠をじっくりかけてからドライ系のプレイをする
後半は催眠が軽めな代わりにエッチを充実させると違うスタイルで気持ちよくする展開
声を出したり自己暗示を入れるシーンを多めに取り入れたテーマ性のあるリード。
過去2作と似た特徴を持たせたうえでやり方を大きく変えてます。

中でも3番目は催眠音声ではそれほど力を入れない要素なので
声を出すほうが気持ちよくなる、背徳感が増すようにしてるのは実に面白いです。
頭の中で呟いても別にいいですけど実際に言うほうが気持ちも盛り上がると思います。

あとは途中で視聴を止められるようにしてあるのもありがたいです。
3時間30分の作品を一気に聴ける人は少ないでしょうから
前編で区切って数日後に後編を聴く流れは聴き手に寄り添ってると言えます。
中断してる間に別のことをする指示を出してくるので、音声を聴いてない時もプレイの一部になってます。

後編の射精シーンは1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。
悪いお姉さんに弄ばれるシチュが好きな人には特におすすめします。

CV:野上菜月さん
総時間 3:34:30

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年8月13日まで20%OFFの1232円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。



サークル「F・A・S」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、敵国に所属する妖艶なスパイが
売れっ子の催眠音声サークル運営者をエッチな催眠で従順な奴隷にします。

技術と復唱を駆使して聴き手が自分で自分を洗脳するスタイルが特徴で
ほぼ全編で状況に合った音楽を流しながら、彼女が指示したセリフを言ったりある行為をして
悪いお姉さんに弄ばれて破滅する快感をたっぷり味わわせます。

総時間が214分もあるので前編(01~04)、後編(05~08)の2回に分けてお送りします。
声優の正体は敵国のスパイ
スパイに催眠をかけられドライ絶頂したりオナニーするお話。

「これから話すのは とある男性が異国の女スパイに操られ 彼女の計画に加担させられるお話です」
スパイは上品で穏やかな声の女性。
音声を聴く際の注意事項を簡単に説明すると
物語のあらすじや登場人物たちの背景をわかりやすく語ります。

本作品はヒプノトランス連邦という架空の国に所属する彼女が
敵対国へ声優として潜入し、サークル活動をしてる男性をエッチな手段で手懐けます。
今回紹介する前編(約119分)はリラックス、催眠誘導、ドライ絶頂といったサービスを行い
後編(約95分)は射精管理やオナサポなど前編とはまったく違うプレイで気持ちよくします。

スパイの快楽尋問催眠」「スパイの快楽セミナー催眠」 と同じキャラが登場しますが
物語は完全に独立してるので未視聴でも大丈夫です。

「復唱すればするほど スパイである私のことが好きになる」
テーマは「自分で自分を洗脳調教してしまう射精管理」
通常の催眠音声よりも聴き手が復唱するシーンを多く用意し
自分で自分に暗示を入れるスタイルにして彼女の言いなりになる快感を強化します。
また前編の最後にあるギミックを用意してそれをするほど奴隷化が促進するよう働きかけます。

このシリーズは国家機密を漏らす快感や、会社ごと敵国に寝返る快感など
大事なものを失うことで背徳的な気持ちよさを与えることを目標にしてます。
本作品も同じ要素を持ってますから主にエッチシーンでゾクゾクするでしょう。
痛みや苦しみを与える描写もないですし、Mな人なら割と誰でも聴けるようになってます。

ほぼ全編で状況に合った音楽を流すのもF・A・Sさんの大きな特徴です。
催眠パートは癒し系、エッチはやや不穏な曲調とシーンによって内容を変えて
リラックスや没入感を与える重要な役割を果たします。
音声の冒頭で行う運動にも様々な音が登場して耳を楽しませてくれます。
リラックス重視の入念な催眠
催眠は2パート56分間。
最初の「02.深く音を感じるためのレクリエーション(約19分)」は横になって目を瞑り
お姉さん(スパイとは別の人物)の声や彼女が指定した音に意識を向けます。

「さぁ まずは 水滴が落ちる音だけに意識を向けてください」
水滴、メトロノーム、鳥の声など多くの人が癒しを感じる音を同時に流し
その中のひとつに意識を向けて集中力を高めます。
これはマインドフルネス瞑想と呼ばれるもので、サークルさんの過去作にも導入されてます。
このパートだけでも結構癒されますから空いた時間に聴くといい気分転換になるでしょう。
1回目の視聴だけは必須で2回目以降は飛ばすこともできます。

本格的な催眠が始まるのはその後から。
7分程度をかけて物語に関する諸々を説明し
それから声優に扮したスパイがスタジオ内で自作の催眠音声を演技してみせます。

「(左)とにかく 声を出すことを我慢すればするほど (右)頭の中で声が発散できずにどんどん大きくなって (中央)それが自分を縛る暗示になっちゃうってこと あるよね」
そしてここからは彼女の声が左右中央へ小まめに移動します。
脳を軽く揺さぶられてる感覚がして心地よさを感じるでしょう。
またこの時点から自分で自分を洗脳調教する準備も始まります。
深呼吸した後にまずは顎の脱力をして声を出しにくい状況を作ります。

本当に声を出せなくなるかは人それぞれでしょうけど
割と小まめに働きかけてくるので出しにくく感じる人は多いと思います。
喘ぎ声を漏らせなくなれば快感を外へ発散しにくくなりますし
破滅的なドライ絶頂へ向けて一歩ずつ着実に誘導します。

「つま先から力が抜けると かかとの力も抜けてくる すると だんだんと 足首からも力が抜けてくるよね」
もちろん顎以外も入念に脱力します。
つま先、かかと、足首と全身を下から上へ流す感じで行い
そのひとつひとつで「力が抜ける」「気持ちいい」と暗示を多めに入れて感覚を上手に伝えます。
この後のシーンも含めて、催眠はシーンごとにキーワードを定めてそれを厚めに言ってました。

普段のサークルさんよりも暗示の表現がストレートに感じましたが
彼女が催眠音声の台本を書くのは今回が初めてなので、それに合わせたのかもしれません。
最初にやったマインドフルネス瞑想や音楽と合わさってかなりの脱力感が得られます。

「心が 脳が 私の色に染まって 認識すべてを私に塗り替えられて 〇〇」
そして終盤は催眠状態をさらに深めながら
彼の頭の中を空っぽにして彼女の従順な奴隷にします。
ここもふたつのキーワードを定め、片方は自己暗示を入れて催眠が深まる
もう片方は催眠が浅くなっても再び深くなると別の効果を持たせます。
前者は声とは別にバックで流れ続けたりと、できるだけ深いところまで入れるようしっかりリードします。

このへんまでくると体の脱力や意識のぼやけがかなり強くなってて心地いいです。
催眠で頭の中を空っぽにしてから彼女の暗示を入れ続ける展開もテーマに合致してます。

しっかりリラックスしてから重要な暗示を入れる親切丁寧な催眠です。
聴き手をスパイに逆らえない状況にすることを目的に
マインドフルネス瞑想から入って深呼吸、顎から始まる分割弛緩法
キーワードを交えた深化、そして暗示とひとつずつ着実に行使します。

時間が十分ある、音楽が流れ続ける、リラックスに力を入れてるなど
初心者から上級者まで誰でも楽しめる構造になってます。
私が聴いた時もレビューを書く必要がなかったらそのまま寝たくなるほど癒されました。
テーマの自己洗脳を見据えたアプローチもかけてて高い品質を持ってます。
我慢してから一気に発散
前編のエッチシーンは42分間。
プレイは感度上昇、恥ずかしいセリフの復唱、カウントによる絶頂です。

エッチな効果音はありません。
セルフはありません。

「さぁ 私の催眠奴隷くん 君は私の声に逆らえない」
催眠を使って主人公を自分の言いなりにしたスパイは
彼の恥ずかしい性癖を暴露させながら気持ちいい絶頂へと追い込みます。

エッチは服を脱いだり体を触れ合わず言葉だけでドライさせます。
最初の14分間は性感を上昇させてイキやすくするシーン。
これまでよりもやや嗜虐的な声と態度でおちんちんや前立腺が気持ちよくなる暗示を入れます。

「我慢を意識すればするほど さらに快感は増幅しちゃうよね」
そしてここでも彼が声を出せない状況を有効活用します。
声を出すことを我慢させて快感を発散しにくい環境を作り
そのまま暗示を入れ続けて絶頂の瞬間に一気に放出できるようにします。

エッチに入ると左右の彼女が同じセリフを同時に言うようになるので
音声を聴くと彼女の声が頭の中で軽く反響してるように感じるでしょう。
音楽も催眠パートから随分変わりますし、雰囲気作りにも力を入れてます。

続く28分間はお待ちかねの絶頂シーン。
これまでずっと封印してきた声を出すタイプの復唱をようやく解禁し
1セットごとに違うことを言わせながら長めのカウントを数えて絶頂するのを繰り返します。

「言葉が溢れるほど 前立腺にまた痺れが押し寄せて 頭にはピリピリと甘い痺れが行き渡る」
どれも彼女が指定したセリフを繰り返し言う形になっており
心の中に溜まったものを吐き出す快感と純粋な快感の両方を味わえます。
1カウントごとに長めの暗示を入れながらゆっくり進めますから
股間を中心にビクビク、ジンジンした快感が徐々に強くなるのを感じます。

ここは実際に声を出すかどうかでイキやすさが随分変わるので
是非とも声を出せる環境で聴いてみてください。
恥ずかしさ、背徳感、爽快感など心の快感も複数同時に襲ってきました。

前編部分をまとめると、催眠がしっかりしてるしエッチもテーマ性が強くてかなり気持ちよくなれます。
声を出す、出さないという催眠音声ではあまり着目されない要素に光を当て
それと敵国のスパイに篭絡される背徳感や、自分の性癖を曝け出す快感を組み合わせて追い込みます。
誘導も無理矢理感がまったくなく、Mな人が喜びそうな餌を与えて手懐けます。

ここで一旦区切れるようになってますから後編部分と分けて聴くのがいいでしょう。
04パートの最後に催眠を解除するシーンがあります。
サークルさんも1日~数日後にこの先を聴くことを推奨されてます。

前編の絶頂シーンは3回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

後編へ続く…。
スパイの人類催眠奴隷化工作(後編)

CV:野上菜月さん
総時間 3:34:30


体験版はこちらにあります

追記
2021年8月13日まで20%OFFの1232円で販売されてます。



サークル「Atelier Honey*」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声も態度もあまあまな彼女が
大好きな人と朝から夜までたっぷりイチャイチャします。

リアルな音を至るところで鳴らしながら色んな雑談をするバランスの取れた作りが特徴で
布団をもぞもぞする音、料理を作る音、お風呂で体を洗う音、そしてエッチな音など
パートごとに違う音を用意し、さらに恋人らしい会話もたくさんして仲の良さを表現します。
作中で使われてる音を収録した素材集が入ってるのもポイントです。
甘えん坊な彼女と過ごす1日
恋人の仁奈(にいな)と1日中イチャイチャするお話。

「はぁ 朝か おはよー おーはーよーおー」
仁奈は甘く穏やかな声の女の子。
ある日の朝、眠そうな様子で主人公に挨拶すると
軽く伸びをしてから先に起きてコーヒーを淹れに行きます。

本作品は献身的で甘えるのも上手な彼女が
現在付き合ってる彼と自宅でおよそ110分に渡ってのんびり過ごします。
朝、昼、夕、夜と本編を4つのシーンに分け
非エロとエロを同じくらいの時間に分けてそれぞれを思う存分楽しみます。
サークルさんではおよそ1年7か月ぶりの新作ですからかなり久々ですね。

最大の魅力は日常感
それぞれの時間帯に適したリアルな音を鳴らしながら
他愛もない会話をいくつもして仲の良さを表現します。

前者は2人が布団に入ってもぞもぞしてる音から始まり
木の床を歩く音、コーヒーを淹れる音、お昼ご飯に焼きそばを作る音など
我々が日常的に聞く音を数多く盛り込んでます。

会話量が多いのでASMRとは方向性が違うのですけど
雰囲気作りや癒しを与えるのに役立ってるのも事実です。
かなり細かい音まで入っててサークルさんのこだわりを感じます。

「んーーーー もーーーー 布団がふわふわで抗えない じゃあ 30分だけだかんね」
後者はセリフの表現を砕けたものにしたり、演技もナチュラル系にして現実世界の恋人に近づけてます。
「んー」「はぁ」など意味を持たない言葉をそれなりに盛り込んであってアドリブっぽさがありました。
今作はサークル主の野上菜月さんがシナリオも担当されてるので
大まかな方針を定めた後はその場でセリフや演技を決めてるのかもしれません。

作中で毎日エッチしてると言ってましたからおそらく同棲してるのでしょう。
言葉と行為の両方から彼のことが大好きだとわかりやすくアピールします。
癒しの効果ももちろんありますが、私はそれよりも元気をもらえる作品だと思います。
彼女の声や口調が割とハイテンションなのが大きいです。

もうひとつ、日常生活に関する127種類の効果音を別途収録してるのも魅力です。
現在の音声作品で使われてる素材集は比較的古いものが多いですから
最近作られた音を採用すれば品質の向上に繋がります。

どちらかと言えば聴き手よりもサークルさん向けの特徴ですね。
2種類の機材で同じ音を録音されてて「ほーこんなに違うのか」と感心しました。
ふたつの手段で愛情を注ぐサービス
本編の4パート中2パートが非エロとエロを混在させてるため
両者を分ける普段とは違い、物語の流れをそのまま追う形で内容を紹介します。

前半の2パート55分間は昼間のお話。
「Scene01_朝のオト(約31分)」は起床後の会話からコーヒーを飲んで耳舐め手コキに移り
「Scene02_昼のオト(約24分)」は買い出しから戻った後にお昼を作ったり耳かきします。

「ね、しちゃう? 朝から えっちっち」
Scene01はまだ始まったばかりということで
仁奈の魅力や2人の仲の良さを表現することに力を入れてます。
せっかく起きてコーヒーを飲んだのにまたベッドへ戻ってしまったり
彼のおちんちんが元気なのを見てすぐさまお世話を持ち掛るところがエロ可愛いです。

コーヒーを作るシーンは音の良さを伝えるために
敢えて何をしてるかの実況を一切入れずに進めてました。
カップにお湯を入れてスプーンでかき混ぜる音が耳に心地いいです。

エッチはプレイ時間を17分とそれなりに取って丁寧に責めます。
左耳を舐めながらおちんちんの愛撫→手コキと進め
手コキの時はにちゃにちゃした割といやらしい音をリズミカルに鳴らします。
耳舐めも至近距離からゆっくりペースでコリコリした音を鳴らしててなかなかリアルです。
変に下品に振舞わず、彼女の可愛さをしっかり出して甘さのあるエロスに仕上げてあります。

「このさー野菜のさー しゃきしゃき加減てご家庭の味が出るよね」
Scene02は完全非エロなので会話と音で場を和ませます。
パート前半の料理するシーンは一部始終を音で表現してますし
食事中の会話もメニューの焼きそばにちなんだ何気ないものが中心です。
彼女が料理上手なことをアピールするのにも繋がってて日常らしさが良く出てます。

耳かきは綿棒だけを使って左→右の順にお世話するシンプルなもの。
「ずすっ」という乾いてて柔らかい音を、耳の壁をなぞるようにゆっくり動かします。
音が活きるサービスなので会話を少なめにするのかと思いきや
実際はかなり多くてセリフと音の存在感が同じくらいになってます。

後半の2パート43分間はエッチの割合を多少上げてるシーン。
「Scene03_夕方のオト(約19分)」は一緒にお風呂に入って体や髪を洗いっこし
「Scene04_夜のオト(約24分)」は素股→2種類のSEXと繋いで大人の時間を楽しみます。

「これっ 気持ちいいの 声っ 我慢できない あっあっあっあっ」
これまでのシーンは比較的ソフトなプレイをしてたので彼女も我慢できなくなったのでしょう。
Scene04は最初から積極的におねだりし、一緒の布団で体を密着させてお互いの性器を擦り合わせます。
可愛さと艶めかしさを織り交ぜた喘ぎ声が漏れるシーンが多く
普段の彼女が割と無邪気だからこそ余計股間に響きます。

本作品の締めくくりにあたるだけあって最も抜きやすいプレイです。
吐息、喘ぎ声、ピストン音を中心に据えてて他よりも音重視の構成でした。
プレイ中に色々とおねだりしてきますから、それに興奮する人が結構いるでしょう。
終盤に登場する騎乗位SEXは「ぱんっ」という力強い音を速めのペースで鳴らしてて激しいです。

このように、1日をそのままなぞる形で癒したり気持ちよくする甘さの強い物語が繰り広げられてます。
音も会話も楽しめる作品
自然さを大事にしながら音と会話の両方で元気にするノーマル向けの作品です。

仁奈は大好きな主人公と1日に幸せに過ごそうと
朝から夜まで常に2人一緒に行動し、色んな会話をしながら非エロ・エロ両方のお世話をします。
そしてその様子をリアルな音の数々で表現し臨場感と一体感を出します。

世話好きで甘えん坊な同棲彼女と1日をのんびり過ごす日常系のシチュ
癒しとエロのバランスを同じくらいにして両方で色んな音を鳴らす作り
砕けた口調で雑談したり、エッチの時はエロ可愛い喘ぎ声を積極的に漏らす彼女の愛らしいキャラ。
彼女がすぐ近くにいる感覚に浸れるように作品を組み立ててます。

「君がドスケベなせいで 仁奈もドスケベに…あっ なっちゃったの」
中でも3番目は日常パートとエロパートのメリハリがあって良いなと。
普段は活発でちょっと子供っぽさも感じるのに
エッチに入ると途端にしっとりした艶めかしさが出てきます。
同一パート内で非エロとエロを混在させてるのもこれを強調したかったのかもしれません。

バランス型なので最初から最後までエロエロなタイプではなく
徐々に盛り上げてからScene04でガツンとSEXする感じになってます。
抜けるとは思いますけどストレートにそうする作品ではないことをご了承ください。
全編を通じて質が高く、特に心が落ち込んでる人にはいいリフレッシュになると思います。

本編のエッチシーンは3パート49分間。
プレイはキス、耳舐め、おちんちんの愛撫、手コキ、体の洗いっこ、素股、SEX(対面側位?、騎乗位)です。
手コキ、素股、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

射精シーンは2回。
くちゅ音とちゅぱ音それなり、淫語と喘ぎ声そこそこです。

素材は2種類の機材で録音した127種類の音です。

CV:野上菜月さん
総時間 5:28:34(本編…1:38:53 フリートーク…10:12 素材…3:39:29)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年7月30日まで30%OFFの1232円で販売されてます。



サークル「へぶんすてーと」さんの催眠音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、声も態度もあまあまな天使が
仕事や生活に疲れを感じてる男性をエッチな手段で浄化します。

彼女の性格をそのまま反映させた癒し系のサービスが行われており
催眠は彼女との信頼関係を高めてから深呼吸とイメージを組み合わせて楽園へ案内し
エッチは簡単な運動をしながら暗示を厚めに入れる、耳舐め、フェラと
パートごとにやり方を変えて2種類の絶頂へ導きます。
天使の楽園で心身をリフレッシュ
天使のセラフに催眠をかけられ3種類のエッチをするお話。

「聞こえますか? 聞こえますか? 私は 空の彼方に住む天使 セラフです」
セラフは優しくて清らかな声のお姉さん。
疲れやストレスを感じてる主人公の意識に直接語りかけると
催眠を始める前に5つの質問をします。

本作品は体の内外にある悪いものを取り除いてリフレッシュすることを目的に
彼女がおよそ130分に渡って癒しの催眠をかけたり特徴を活かしたエッチをします。
催眠誘導してから暗示とイメージで気持ち良くする本編(約83分)と
催眠の要素をほとんど入れずにエッチする愛情形成パート(約44分)で構成されており
そのどちらも彼女が優しく接して癒しながら気持ちよくします。

「あなたには過去にも未来にもとらわれず 今ここで幸せになって欲しい」
天使のイメージにピッタリな声でのんびり語りかけたり
彼を喜ばせることを第一に考えながらリードするなど
多くの聴き手が癒しや幸福感を得られる要素が充実してます。
また一部のパートでは敢えて下品に振舞って彼を興奮させようとします。

サークルさんが「全受容」にこだわられてるだけあって包容力のあるキャラに描かれてました。
信頼関係の構築に力を入れてることも含めて、新規さんでは珍しく心のケアがしっかりしてます。

エッチについては本編は催眠色の強いもの、愛情形成パートは同人音声に近い内容と随分違います。
両者は繋げて聴く作りになってませんからとりあえず本編を聴いてみて
それから愛情形成パートへ進むといいでしょう。
本編は純粋なエロさをかなり抑えてあるので、それを補うことも見据えて用意したのかなと。
耳舐めやフェラといったちゅぱ音を鳴らすプレイが充実してます。
イメージ重視の穏やかな催眠
催眠は3パート37分間。
最初の「1.天使の誘い(催眠導入)(約4分)」は事前に10分ほど会話して不安や緊張を取り除いてから
仰向けに寝て天井の一点を見つめながら深呼吸します。
そして目を閉じた後は全身がふわふわ浮いてるイメージをして体も脱力します。

「呼吸をすればするほど どんどん深くなり どんどん楽になっていきます」
「あなたは今安全で 心地よさを感じられる場所にいます」

そして彼女はそれらを指示しながら癒される暗示を入れて応援します。
天使の楽園に移動してエッチするからでしょうけど、序盤からイメージを絡めて進めます。
ゆっくりのんびり語りかけてくれるおかげで雰囲気も穏やかでした。

2番目の「2.ふわふわ包まれて(安眠用)(約25分)」はそのまま寝るために聴く音声。
前半は全身を細かなパーツに分けて上から下へ力を入れたり抜くのを繰り返し
後半は扉の先にある大樹の下で彼女に添い寝されて眠りにつきます。

「ふわふわ ふわふわ とても落ち着くね ほら 羽の匂いを嗅いでみると アロマのような優しい香りがします」
そしてここでもイメージを絡めて没入感を高めます。
脱力が一通り終わった後は彼女の羽に包まれてる様子を主観的に伝え
後半もそれを強化しながら「意識が遠のく」「心地いい」といった眠気を促す暗示を入れます。
やることは割とシンプルですけどそれぞれをじっくりやるので癒しのパワーが強いです。
そのまま寝て起きたら普段よりも気分がスッキリするでしょう。

最後の「3.天使の導き(ドライ用)(約8分)」はエッチに進む場合に聴く音声。
引き続き癒しの暗示を入れてから扉を通って大樹の近くに移動し
彼女の翼に包まれて安心感を味わいます。

「ほら 全身が翼に包まれていく ふわふわ ふわふわって 柔らかい感覚が 全身を支配していく」
「ふわふわ」「ぞくぞく」といった擬声語を多めに挟んでセリフにリズムと柔らかさを出してます。
彼女が声の位置を左右交互に動かしながら話す双子っぽい演出もあったりと
安眠パートと似たことをやりながらエッチへ繋げられるように進めます。

サークルさんがどういう構成で聴くかの説明をされてないので断言はできませんが
たぶん最初の「1.天使の誘い(催眠導入)」は共通で
用途に応じて安眠とドライのどちらかを次に聴くのだと思います。
両方とも扉を通って大樹に行く描写がありますから繋げて聴いた場合は違和感が出ます。

ただそれだとドライへ進む場合は催眠誘導の時間がたったの12分になるんですよね…。
事前に信頼関係の構築をしてるとはいえ、新規のサークルさんでこれは短すぎると思います。
私が聴いた時も癒しは感じましたけど催眠に類する感覚はあまりしませんでした。

これが例えば大手サークルさん並みの実力と威光を持ってるなら十分可能です。
でも新規さんは「この人の作品なら催眠にかかれるだろう」というブランド力がまだないので
大手よりもむしろ手厚く催眠をかけるくらいのほうが安定します。
だから安眠パートも繋げて聴けるようになってたほうがいいんじゃないかなと。
「3パート繋げればいけるけど、2パートだとイマイチかなぁ」というのが私の考えです。
ふたつのシチュでふたつの快感を
エッチシーンは3パート72分間。
プレイは腰へのキス、乳首責め、紋章を刻む、PC筋トレーニング、耳舐め、フェラです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありません。

「触れ合えば触れ合うほど 腰からの快感が どこに繋がっていく? そう、背中から脳内に 繋がっていく」
催眠を使って主人公を天国に連れて行ったセラフは
自分の翼で体を包み込みながら体が敏感になる暗示を入れます。

エッチはどのパートも彼女が責め続けます。
一番最初の「3.天使の導き(ドライ用)(約31分)」はドライオーガズムを目指すパート。
翼に包まれるイメージを通じて体の感度を上げてから
腰へのキス→乳首責め→PC筋トレーニング→カウントを交えた絶頂と進みます。
催眠誘導の終盤とドライ系のプレイがセットになってる構成です。

「ほら 指先でかりかりってすると 乳首の感度が高まってくる こみ上げて こみ上げて ぞくぞくって震えてきちゃう」
乳首を色んな手段でいじる実況をしながらどんな快感が味わえるか伝えたり
おへその中に風船があるイメージを交えてお腹や股間のエッチな熱を高めるなど
純粋なエロさが控えめな代わりに催眠音声ならではのアプローチが多いです。
イメージもわかりやすいものばかりなので、苦手意識を持ってない限り大丈夫だと思います。

PC筋トレーニングはドライ系作品で割とよく見かけるプレイです。
おしっこを止めるのに使う筋肉を収縮させて前立腺に微弱な刺激を送ります。
掛け声を小まめに出したりはしませんから自由にやっていいのでしょう。
時間が長めに取られてる状況を活かしてゆっくりじっくり進めます。

「ほら ふわふわした快感が全身を包み込む どんどんどんどん快感があふれ出してくる」
終盤の絶頂シーンもほぼ同じ流れで進めます。
カウントを数えた後に絶頂を促す暗示を穏やかな声で入れ続けます。
0を宣言してから3分くらい後にエッチが終わったことを告げてたので
たぶんその間に好きなタイミングでイけばいいのだと思います。
「ふわふわ」「ぞくぞく」といった擬声語を織り交ぜてソフトに追い込んでました。

続く2パート41分間は愛情形成パートに分類されてるプレイ。
「1.天使の抱擁(約21分)」はハグしながら左右の耳を個別に舐め
「2.天使の口淫(約20分)」は彼女のイメージを逆手に取った下品なフェラを繰り出します。

「ほら もっともーっと 甘えていいんだよ?」
この2パートは同人音声寄りの内容。
耳元至近距離でちゅぱ音を鳴らしながら彼を受け入れるセリフを投げかけます。
ごく一部で暗示っぽいセリフも出てきますけど、そもそも催眠をかけてないので効果は薄いと思います。
セリフよりもちゅぱ音のほうが多くオナニーのオカズとして役立つように作られてます。

私はフェラのほうが断然抜けると思います。
おちんちんを舐めたりしゃぶったりするお馴染みのちゅぱ音ではなく
「ぶぶっ」という空気交じりのパワフルな音を積極的に鳴らします。
ギャップが非常に大きくて股間に強く響きました。
でも彼が喜ぶことなら何でもやるところは彼女の性格にすごく合ってます。

このように、プレイスタイルや絶頂形式を大きく変えて責めるノーマル~ややM向けのエッチが繰り広げられてます。
癒し重視の作品
自分の中にある嫌なものを洗い流してくれる作品です。

セラフは何らかの理由で疲れを感じてる主人公をリフレッシュさせようと
まずは催眠を通じて純粋に癒しながら自分たちの世界に招待します。
そしてエッチは暗示とイメージを駆使してドライさせる、耳舐めやフェラで射精させると
同人と催眠両方の特徴を持たせたプレイをします。

声も態度もあまあまな天使がエッチな催眠で男性を癒すシチュ
信頼関係の構築に力を入れて癒しの技術を行使するテーマに沿った催眠
ドライパートは催眠重視、愛情形成パートはちゅぱ音&ギャップ重視で責めるエッチ。
キャラを立てつつ一般的な催眠音声よりも幅広さを持たせて作品を組み立ててます。

中でもエッチは両者を完全に分けてるおかげで違う良さを出せてます。
催眠にかかれてドライもできる人はドライパートを聴けばいいし
そうじゃない人は愛情形成パートでオナニーすれば楽しめます。
後者は彼女のイメージと真逆のことをやってて面白いです。

催眠誘導の時間が短い点だけは首を捻りますけど
それ以外は処女作として見る分には割かし良いと思います。
催眠音声はいきなり良いものを作ることはなかなかできないので
今後も地道に制作を続けてくださることを期待してます。

絶頂シーンはドライ1回、射精1回。
ちゅぱ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声はありません。

CV:野上菜月さん
総時間 2:08:06

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2021年3月27日まで10%OFFの990円で販売されてます。



サークル「ボトムズ」さんの催眠?音声作品。

今回紹介する作品は、エッチ大好きでSっ気もある妖艶なサキュバスが
M男の夢の中に現れて人間の女性にはできないプレイをします。

本編のほぼ全部でヘミシンクが流れ続けるのが大きな特徴で
音の高さや振動の度合いを変えながら、言葉責めしたり艶めかしい喘ぎ声を漏らして興奮を誘います。

今回は初回用(初夜)を聴いてのレビューをお送りします。
サキュバスと過ごす不思議で気持ちいいひと時
サキュバスに魔法をかけられSEXするお話。

「私の声、聞こえてる? 聞こえないフリをしても無駄よ オマエはずっと私に監視されているんだから」
サキュバスは明るくて色っぽい声のお姉さん。
音声を聴く際の注意事項を簡単に説明すると
主人公の夢の中に現れ自己紹介してから特殊な音を流します。

本作品は男たちにエッチな夢を見せて弄ぶのが得意な彼女が
精力旺盛な彼とおよそ70分間の独特なプレイをします。
彼女の魔法はかけた相手に特殊な音が聞こえる効果があり
音声開始から1分後には「ぷぅぅぅぅん」という小刻みに振動する音が鳴り始めます。

これは催眠音声で割と使われてるヘミシンクというもので
しばらく聴いてると頭の中を軽く揺さぶられる感覚や意識のぼやけが生まれます。
同じ音をずっと鳴らし続けるのではなく状況に応じてトーン、リズム、振動の大きさが変わります。
現実世界の雑音を遮断する効果もあって音声に集中しやすいです。
ヘミシンクを使ってる作品で有名なものはエロトランスさんの「まどろみ世界」などです。

ただし、これ以外で催眠に類する要素はほとんどありません。
序盤で深呼吸するシーンが少しあるものの、それ以降はほぼ同人音声と同じ作りになってます。
音声と製品版についてる台本の両方をチェックしましたが
残念ながらセリフの言い回しが暗示ではなく普通に会話する感じでした。

サークルさんも「ボトムズ仕様の催眠路線を打ち出してみました」とおっしゃってますし
既存の催眠音声とは大きく違うことをご了承ください。
ぶっちゃけ私はこの音声を聴いて催眠にまったく入れなかったのですが
もしかしたら入れるかもしれない可能性があるので一応催眠音声側に分類してます。

「今の私の獲物はオマエ 逃げたり逆らったりしてくれてもいいんだよ? 捻じ伏せて力の差を思い知らせるのは、狩りの一番の楽しみだからね」
今回のお相手を務めるサキュバスはイメージ通りの妖艶なお姉さん。
主人公を獲物に見立てて見下したり、中盤ではややハードな言葉責めもして興奮させます。
その一方で気持ちよさそうな喘ぎ声を漏らしながら彼を褒める優しいところも見せます。

パートによって態度が結構変わるので、厳しさと優しさを兼ね備えてる女性に映りました。
エッチでやることはキスとSEXに絞り込んでじっくり進めます。
この内容なら属性はややM~Mがメインターゲットになるかなと。

また冒頭で触れたように本作品には初回用(初夜)と2回目以降用(堕眠)が存在します。
両者の違いは冒頭部分で2回目以降用は15分ほど短くなってます。
音とプレイを組み合わせたエッチ
エッチシーンは4パート48分間。
プレイはSEX(騎乗位?、正常位?)、キスです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありません。

「きて きて 私を滅茶苦茶に凌辱して 上手に出来たらご褒美に滅茶苦茶にしてあげる」
ヘミシンクを流しながら深呼吸させて主人公を落ち着けたサキュバスは
おちんちんをおまんこに迎え入れてその具合を確認します。

エッチは彼女がリードしながら責め手を切り替えます。
前半の2パート26分間は彼女のSなところが引き立ってるシーン。
「01.捕食開始(約7分)」はキスを交えた軽めのSEX
「03.征服侵食セックス(約19分)」は言葉責めを多めにするM向けのSEXをします。

「こっちは軽く体重掛けてるだけなのに、虫みたいにピクピクしちゃって 顔がブサイクな上に、オスとして最低限の力もない、か」
彼女はサキュバスですから男の扱い方をよく心得てます。
彼がMだと見抜くと見下したり貶すセリフを多めに盛り込んで女性に弄ばれる快感をくすぐります。
SEXと同時にやりますがピストン音が入ってませんし
この2パートは喘ぎ声をほとんど漏らさないので言葉責めがメインの抜き要素になります。

催眠音声なのに「死ね」と言うのはどうかと思いますけど
M向けの同人音声を数多く制作されてるサークルさんなだけあって
そちらの感覚で聴く分には楽しめる内容と言えます。
ヘミシンクも数分単位で変化させてて音に対するこだわりを感じました。

後半の2パート22分間はエロさと甘さを引き立ててるプレイ。
「04.発情淫魔セックス(約12分)」は彼女が喘ぎ声をたっぷり漏らし
「05.一夜睦言(約10分)」はそこに彼を褒めるセリフが加わります。

「おっ、おああっ、おああああっ あ、あひあうう、あうううう、あんっ」
04パートの喘ぎ声は通常のやつと野太いやつを組み合わせてました。
オホ声と言うほど露骨なものではありませんが、可愛さよりも下品さを感じる乱れっぷりです。
セリフや言葉責めの割合が一気に落ちて喘ぎ声メインに変わるので
同じ女性とSEXしてるのに聴いた時の印象が随分違います。

個人的にはここが一番抜けるんじゃないかなと。
喘ぎ声のリズムを変えてピストンの様子を表現するあたりも上手です。
内容がシンプルだからこそ声優さんの演技力が光ってます。

「好きよ♪ ずっとオマエのことを考えていた 私のスキを焼き付けてあげるね」
05はベタ惚れと言っていいくらい彼女が優しい態度を取ります。
「好き」とストレートに言う、キスを適度に挟む、パート終盤には潮吹きまでするなど
彼を喜ばせながら興奮させることを意図した要素が多いです。
厳しいばかりだと彼に逃げられちゃいますからここで飴を与えてるのかもしれません。

このように、前半と後半でスタイルを大きく変える独特なエッチが繰り広げられてます。
エロボイスとしてなら
催眠音声よりも同人音声の色合いが強い作品です。

サキュバスは普通の男性よりも強い精力を持つ主人公を手懐けようと
軽く深呼吸させてから前半は言葉責め重視のSEXをしてM心をくすぐります。
そして後半は喘ぎ声を重点的に漏らしたり、彼を甘やかして心をがっちり掴みます。

エロさとSっ気を兼ね備えたサキュバスがM男を夢の中でもてなすややM~M向けのシチュ
ほぼ全編を通じて流れ続けるヘミシンク、パートによって随分違う態度や反応を見せる彼女のキャラ。
やることはシンプルにしてそれ以外の部分で個性を出します。

中でもヘミシンクは単一の音を垂れ流すのではなく
シーンによって音の高低や強弱を変える凝ったものです。
催眠音声におけるヘミシンクは技術と組み合わせるのが定番ですけど
本作品では敢えて音とそれ以外をあまり関連付けずに進めます。

「この音を聴けば聴くほど意識がとろとろになる」とか
音に対して暗示を入れてれば少なくとも今よりは催眠に入りやすくなったでしょう。
解除音声が解除になってないことも含めて首を捻る部分が色々あります。

私がレビューの序盤で「もしかしたら入れるかもしれない可能性がある」と書いたのは
ヘミシンクを流す他の催眠音声を過去に聴いてる人が
この作品を聴いてその時の記憶や感覚を思い出すかもしれないからです。
それ以外で催眠に入れるケースがちょっと思いつきません。
催眠は結局のところ技術なので、それをいかに上手く使ってるかで作品の質もだいたい決まります。

絶頂シーンは2回くらい。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声そこそこです。

CV:野上菜月さん
総時間 1:18:40(初夜…1:06:35 堕眠…51:57)

オススメ度
■■■□□□□□□□ 3点


体験版はこちらにあります



サークル「きなこんZ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、大きなおっぱいを持つ甘やかし上手な義理のママが
大きくなっても甘えん坊な息子をゆっくりじっくり気持ちよくします。

言葉責めを多めに盛り込んだややM向けのエッチをするのが特徴で
母親らしく赤ちゃん言葉をガンガン言って甘やかしてたかと思えば
彼女が他の男に寝取られるイメージや軽く見下すセリフも投げかけて心を適度に揺さぶります。
優しくてちょっぴり意地悪なママと
お義母さんと4種類のエッチをするお話。

「ねぇボクちゃん いーっぱいためためしてきた?」
お義母さんは穏やかで色っぽい声の女性。
おちんちんに精液をたっぷり溜め込んできたか尋ねると
すぐさまズボンとパンツを脱がせてその具合を確認します。

本作品はサークルさんの代表作「あなたのママになってあげる。」から7年7か月ぶりに出た続編。
父親が再婚して親子の関係になった2人がおよそ130分間のエッチでさらに仲良くなります。
手コキ、パイズリ、お腹コキ、SEXとパートごとにするプレイを絞り込み
それらをじっくりやりながら多彩な言葉責めもして心身をバランスよく盛り上げます。
本編のおよそ90%がエッチシーンですから前作未視聴でもまったく問題ありません。

「いーっぱい 赤ちゃんみたいに あやちてあげまちゅからね」
「変態 変態チンポ へ・ん・た・い チンポ」

具体的には赤ちゃん言葉をたっぷり交えて彼をとことん甘やかすママらしいセリフと
彼の変態っぷりやダメさ加減を優しく貶すセリフを組み合わせて進めます。
前者は「おてて」「いい子」「バブちゃん」など幼児プレイならではの表現が非常に多く
おっぱいをオムツに見立ててカウパーや精液を搾り取ったり
挿し絵のように抱っこ紐を使ってお世話する変わったプレイも登場します。

意地悪なことをするシーンも多少はありますけど
彼を興奮させたりより気持ちよく射精させるスパイスの意味合いが強いです。
愛情表現の一環としてやりますから嫌な気分を抱かずに聴けるでしょう。
そしてそういう描写があるからこそ、甘やかされた時により強い幸福感と満足感が得られます。

昔から活動されてるサークルさんだからでしょうけど
ASMRや耳舐めが流行ってる今の音声業界とは随分違う路線を歩んでます。
言葉責めがものすごく濃いので、そういうエッチが好きな人ならたぶんハマります。

体への責めについては1回ずつじっくり追い込みます。
どのパートも責める速さを控えめにして焦らし気味に進め
射精する時は効果音とぴゅっぴゅのセリフを組み合わせて一気に追い込みます。
2人の血が繋がってないこと、前作で既にエッチしてることから暗さや重さを感じる要素はありません。
終盤にはキスやSEXも登場しますし、年上の女性に溺愛される感覚をストレートに表現してます。
個性的で濃厚な幼児プレイ
エッチシーンは4パート116分間。
プレイは手コキ、パイズリ、SEXのイメージ、耳舐め、お腹コキ、アナル責め、キス、SEX(対面座位?)です。
手コキ、パイズリ、お腹コキ、アナル責め、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「はーい いい子 いい子 あぁ いい子 いい子 うふふ」
主人公の包茎おちんちんに手を伸ばしてゆっくりしごき始めると
お義母さんはそれにもし耐えられたら気持ちいいご褒美をあげると言います。

エッチは終始彼女が責め続けます。
前半の2パートは54分間は幼児プレイ、言葉責め、彼女のキャラといった
本作品の特徴がわかりやすく表現されてるシーン。
「マザコンちんちんマゾらせ編(約37分)」はM向けのイメージを交えた手コキで盛り上げ
「爆乳逆レイプおむつ編(約17分)」はパイズリで1回目の射精に導きます。

「お姉さんもね 息子のオナ禁ムラムラおちんぽを おっぱいでおまんこしてあげるのは 母親のお仕事 なんて考えているの」
彼女はこの日のためにオナ禁させるくらいですから当然ドスケベです。
上のように淫語を多く盛り込んだセリフを至るところで言って彼をやる気にさせ
おちんちんは敢えてゆっくり責めて出したくても出せない状況を作ります。

また手コキパートの中盤から彼女が他の少年に寝取られた時の様子をリアルに語ります。
大きなおっぱいで誘惑してからSEXに持ち込み
何度も何度も射精される様子をドアの隙間から彼に見てもらうなかなか刺激的なプレイです。
イメージ内で射精する時に効果音が鳴ったりと臨場感を出す工夫がされてます。

もちろんこれは作り話ですから彼女が寝取られることはないし、彼女自身もその気はありません。
でも甘えん坊でMな彼の嫉妬心を煽るのに有効な手段と言えます。
言葉責めに力を入れてる本作品らしいアプローチです。

「ほーら 皮オナばーっかりして いっつも引きこもってる 大人しくてか弱いピンク色亀さん むき出しにされて チンカスまでこそぎ落とされちゃったよ」
そして2番目のパイズリパートは意地悪した分たっぷり甘やかします。
彼の顔よりもサイズの大きいおっぱいでおちんちんを挟み込み
包皮を剥いたり亀頭にこびりついてるチンカスを擦り落として嬉しそうな表情を見せます。
彼の汚いところまでちゃんと受け止めるところに愛情の深さを感じました。
言葉と行為の両方から彼に尽くして心をガッチリ掴みます。

後半の2パート62分間はプレイがさらに濃くなります。
「にゅっとり抱っこ紐赤ちゃん編(約28分)」は抱っこ紐で彼女に抱きつきながらお腹におちんちんを擦りつけ
「変態母子おセックチュ編(約34分)」はこれまで封印してたキスとSEXを解禁します。

「四六時中 ママの抱っこ紐赤ちゃんにされちゃったら ボクちゃん どぴゅどぴゅしっぱなしでちゅね」
前者は幼児プレイ作品が結構出てる今でもなかなかお目にかかれないプレイです。
おちんちんを手やおっぱいで責める必要がないので彼女は耳舐めや言葉責めに専念し
パート終盤にはローションつきの指でアナルも責めて恥ずかしい射精に導きます。

抱っこ紐による甘さとアナル責めの変態性を組み合わせてあって面白いです。
相反する属性を敢えて融合させてるから通常の幼児プレイよりも複雑に感じます。
それでいてちゃんと甘やかしになってるのは彼を喜ばせてるからでしょう。
恋人でも相手のアナルまでお世話するのはなかなかできないことです。

最後のSEXパートは甘さと愛が最高潮に達するパート。
前半は引き続きお腹コキしながら彼に一線を越える意思があるかを確認し
その後は生で繋がって彼のすべてを受け止めます。

「あぁぁ 入っちゃったぁ おちんぽぬるぬるーって ママおまんこに 入っちゃったぁ」
セリフが多い関係で喘ぎ声を漏らすことはほとんどありませんけど
挿入されると息遣いが一気に熱っぽくなったり彼女が幸せそうな表情を見せます。
一歩ずつ積み重ねてきた後にSEXするので近親相姦でも意外と爽やかでした。
ここだけは他のパートよりも恋人に近い距離感で接します。

このように、色んな手段で彼をとことん甘やかす愛情深いエッチが繰り広げられてます。
言葉責め重視の幼児プレイ作品
幼児プレイの要所を押さえながらサークルさんの特徴も出してる温かい作品です。

お義母さんは甘えん坊でMな主人公を前作以上に喜ばせようと
赤ちゃん言葉で話しかけながらおちんちんもゆっくり責めて無理なく射精へ追い込みます。
そしてこれらの中にM向けの要素もそれなりに入れてもうひとつの性癖も満たします。

優しくて面倒見のいい義理のママが息子をエッチな手段で甘やかすシチュ
赤ちゃん言葉、おっぱいオムツ、抱っこ紐などを組み合わせた独特な幼児プレイ
甘やかすセリフとM向けのセリフを交互に繰り出す重厚な言葉責め。
幼児プレイをしっかりこなし、さらに別のところも尖らせて個性を出してます。

中でも言葉責めは前作に引き続き質量ともにこだわってます。
幼児プレイがテーマなので当然赤ちゃん言葉はガンガン言うし
その口調のままM男が喜ぶことも言って別方向からも興奮させます。

体への責めは実況しながら音を鳴らす割とシンプルなもので
例えば耳舐めだったら外側、内側、穴の中を舐め分けるみたいに
ひとつのプレイを掘り下げてるわけではありません。
ですから私は言葉責めこそが本作品最大の魅力だと思います。

飴と鞭の使い分けが上手だなと。
どのパートも混在させたうえで飴のほうが強くなるように調整してます。
そうしないと甘やかしじゃなくいじめになってしまいますからね。
彼のために意地悪してることが伝わるようにリードします。

射精シーンは3回。
淫語多め、くちゅ音それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

おまけは「聴いたことのないママの喘ぎ声」です。

CV:野上菜月さん
総時間 2:10:13(本編…2:09:04 おまけ…1:09)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります



サークル「しゃーぷ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、人気アイドルユニットとして忙しい日々を送ってる女の子たちが
大好きなプロデューサーと色んな場所でエッチして幸福感に浸ります。

序盤から積極的に好意をアピールして彼の心を引き寄せたり
1人ずつ順番に生ハメ&中出しながらキスや両耳舐めを多めにするなど
ハーレム感を出しつつ彼女たちの魅力や想いを表現する甘くて濃いエッチが楽しめます。
3人のアイドルを独占する快感
アイドルユニット「フラタニティ」に所属する千夏、恋花、朝菜と色んなエッチをするお話。

「おはようプロデューサーさん」
朝菜(挿し絵右)は明るくて甘い声の女の子。
「学校帰りに、寄っちゃった…」
恋花(挿し絵左)はのんびり話す内気そうな声の女の子。
学校の帰りに主人公の家を訪れると、早速朝菜が彼に愛の告白をします。

本作品はイベントやライブなど様々なお仕事を精力的にこなしてる彼女たちが
そのプロデューサーをしてる彼とおよそ150分に渡ってたっぷりイチャイチャします。
作中では特に描かれてませんがこれまで色んなことがあったのでしょう。
3人とも最初から好感度MAXの状態で自分の気持ちをストレートに伝えます。

朝菜「あのね わたし プロデューサーさんのこと 好きになっちゃった」
恋花「恋花も、なーちゃんの応援に来た…!」
体を密着させてソフトなキスをする、大きなおっぱいを押し付けながら甘い言葉を囁くなど
多くの男性が好むことをガンガンやって彼の心を引き寄せようとします。
そして本格的なエッチが始まったら全身でもてなしながら嬉しそうな表情を見せます。

アイドルと言えば何もしなくても男が群がってくる存在です。
でも彼女たちは偉ぶったりせず彼に尽くす姿勢を取ります。
年齢が若いからでしょうけどみんな表裏のない素直なキャラに描かれてました。
エッチの内容も濃いものが多く、幸福感に包まれながら抜くことができます。

プレイしたことのある人向けに追記すると
彼女たちの元ネタはアイドルマスター シャイニーカラーズのアルストロメリアです。
千夏は桑山 千雪、朝菜は大崎 甘奈、恋花は大崎 甜花にあたり性格や口調も結構似てます。

エッチについては女性が3人登場することを踏まえて複合責めを主体にしてます。
全パートで全員出てくると流れが単調になると判断したのか
3人でお世話するパートが3つ、2人も3つと半々のバランスになってます。

SEXシーンはしてないキャラをキスや両耳舐めといったサポート役に置き
それ以外は一緒に手コキやパイズリする連携の取れた責めを繰り出します。
主人公を3人で共有する形になりますが取り合ったり喧嘩することはありません。
彼女たちも非常に仲が良いので全員の存在感が同じくらいになるよう調整されてます。

3人のアイドルが愛を込めてご奉仕する展開と複数の性感帯を同時に責める濃いエッチ。
タイトルの「アイドル」と「ハーレム」を上手く組み合わせたあまあまラブラブな作品です。
和やかに愛し合うエッチ
エッチシーンは6パート104分間。
プレイはキス、乳揉み、手コキ、耳舐め、SEX(バック、正常位、騎乗位)、恋花のオナニー、記念撮影、フェラ、パイズリです。
手コキ、SEX、パイズリの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「アイドルとプロデューサー…その関係より、もっとあなたに近づきたい…♪ わたしの気持ち…受け止めて、くれますよね…?」
千夏は丁寧語で話すお淑やかな声のお姉さん。
「オーディションで優勝したら恋人になる」という約束を無事果たした後
ライブ会場の控室で早速主人公と熱いキスをします。

エッチは一部を除き彼女たちが責め続けます。
最初の3パート60分間は3人の魅力を出しつつ順番にSEXするシーン。
「4 念願の担当アイドルたちとのライブ後生ハメえっち♪(約23分)」は千夏とバック
「5 事務所でおちんぽ握手・生ハメえっち♪(約18分)」は朝菜と正常位
「6 担当アイドルとプライベート撮影生ハメえっち♪(約19分)」は恋花と騎乗位で繋がります。
そして残りの1~2人はその様子を眺めながら耳舐めで応援します。

千夏「プロデューサーさん…あの、わたしのおまんこに、お精子、ナカ出ししませんか?」
千夏は3人の中で最年長なだけあって妖艶なキャラに描かれてます。
上品な声と態度でおまんこがすっかり触れてることを伝えたり
SEXする前に「中出しして欲しい」とストレートにお願いして男心をくすぐります。
挿入後の乱れっぷりも色っぽくて年上好きな人ほど興奮できます。

他の2人よりも先にSEXしますし割と淫乱な印象を受けました。
甘いセリフを投げかけながら嬉しそうな表情を見せてくれて非常に甘いです。
彼女たちにとっては願いが叶ったわけですから、そういう心情をきちんと描きながらエッチします。

ちなみに本作品のエッチは射精シーンで必ずぴゅっぴゅのセリフを言います。
1回あたりの量は少ないですが好きな人には刺さるんじゃないかなと。
個人的にはもっとたっぷり言ってくれたほうが興奮できると思います。

朝菜「朝菜たちのおちんぽ握手会に来てくれて、ありがとうございまーす♪」
朝菜「おちんぽ入ってくるのって、こんな感じなんだ… ん、ふぅ…っ♪ 初めての感覚、気持ちいい、かも…」

2番手の朝菜はアイドルらしく握手会形式で気持ちよくします。
場所が事務所なので外に声が漏れないよう普段よりも声をひそめ
おちんちんを一通りしごいてから彼に主導権を譲って初SEXを経験します。

アイドルが処女を捧げてくれる展開がすごくいいなと。
千夏よりも責めっぷりをややソフトにして不慣れなところを表現してました。

恋花「あの…折角だから…えっちなれんか…カメラで撮って欲しい…♪」
最後の恋花は他の2人よりもアブノーマル路線に進みます。
エッチの開始直後に彼女のほうから「一部始終を録画してほしい」とお願いし
騎乗位でピストンしながら情けない表情を見せるハメ撮りSEXをします。
そんな恋花を見下したりせず嬉しそうに見守る2人に優しさを感じました。
それぞれがやりたい方法で彼と生ハメ&中出しして惜しみない愛情を注ぎます。

続く3パート44分間はプレイの幅を広げます。
「7 おねだり濃厚フェラ(約13分)」は恋花のフェラ
「8 まったり濃厚パイずり(約20分)」は千夏と朝菜のダブルパイズリ
「9 三人でぶりっこ枕営業ごっこ♪(約11分)」は3人で普段よりもちょっぴり意地悪なプレイをします。

千夏「舐めとって…亀さんをキレイキレイしようね♪」
恋花「…ん…舐めても、どんどんあふれてくる…♪」
3人とも彼とのSEXを終えて色々吹っ切れたのでしょう。
今まで以上に積極的かつストレートに彼の体を求めます。
フェラパートは恋花が舐める役、千夏は責め方を教える役を担当し
ちゅぱ音と実況を組み合わせてプレイの様子をわかりやすく表現します。

射精の直前に行うバキュームフェラが割と激しくてギャップが引き立ってました。
そのまま口で受け止め飲み干す展開も内気な恋花のイメージとは違ってて愛を感じます。

朝菜「おっぱいが四つも、おちんぽを囲んで…こんなの超レアなんだからね?」
その次のパイズリは1人ずつ交互にやるのではなく
おちんちんを左右から挟み込んでしごくなかなか豪華なプレイです。
音自体は1人でやるのとほぼ一緒ですからシチュで興奮させるパートかなと。
終盤にはフェラも追加して精液を一滴残らず飲み干してくれます。

このように、前半と後半でスタイルを変えて同時責めするハーレムらしいエッチが繰り広げられてます。
あまあまなアイドル作品
アイドルたちが協力してプロデューサーとイチャイチャするノーマル向けの作品です。

千夏、恋花、朝菜は大好きな主人公とより深い関係になろうと
恋人になって欲しいことをはっきり伝えてからアイドルのお仕事をきっちりこなします。
そして無事エッチできるようになった後は順番にSEXしたりお口やおっぱいで存分にご奉仕します。

性格の異なる3人のアイドルが色んな場所やシチュでプロデューサーとエッチする甘い展開
アイドル特有のやり方で彼に尽くす彼女たちの愛に満ちたキャラ
どのパートも必ず2人以上で組んで責める密度の高いエッチ。
本作品が持つふたつの特徴を組み合わせてストレートに仕上げてます。

中でもエッチはキスや耳舐めとセットでおちんちんを責めるおかげで
時間あたりのエッチな声や音の量が通常よりも多くなってます。
アイドルのイメージを崩さないよう露骨に下品なことはしませんが
彼女たちが持つ魅力をプレイや責め方に反映させる工夫がされてます。

全員に活躍の場があるのでどの子が一番目立ってるとかはないです。
でも前半にSEXを固めて配置してるのは珍しいなと。
最初から濃いプレイをやって聴き手の心をガッチリ掴みます。
こうしたほうが彼女たちの想いの強さも伝わりやすいですからね。

射精シーンは6回。
くちゅ音とちゅぱ音多め、淫語と喘ぎ声それなりです。

アイドル好き、ハーレム好きな人には特におすすめします。

CV:千夏…野上菜月さん 恋花…陽向葵ゅかさん 朝菜…沢野ぽぷらさん
総時間 2:37:33

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年1月21日まで20%OFFの1232円で販売されてます。



サークル「F・A・S」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、敵対国家に所属しスパイ活動をしてる妖艶なお姉さんが
仕事で行き詰ってる男性に催眠を交えた気持ちいいセミナーをします。

快楽と引き換えに自分の国家と会社を裏切る背徳的なエッチを味わえるのが魅力で
最初は3つの契約を復唱して彼女に従う心を養い
それから緩めのオナニーをして精液と一緒に大事なものを全部吐き出します。
癒しの音楽を流しながら双子形式でじっくり催眠をかけてくれるので
催眠音声初心者や被暗示性が低い人も心地いい感覚を実感しやすくなってます。
スパイの誘惑再び
女スパイに催眠をかけられ気持ちいい契約を結ぶお話。

「このたびは セミナーCDをご購入いただき ありがとうございます」
スパイは上品で穏やかな声の女性。
CDに興味を持ち再生してる主人公にそのお礼を言うと
セミナーが持つふたつの効果を教えてからある男性に関する話をします。

本作品はサークルさんの人気作「スパイの快楽尋問催眠」の続編。
ヒプノトランス連邦という敵対国家に所属する彼女が
音声セミナーを通じて彼に快楽を与え従順な奴隷にします。
2人が直接会ってるわけではないのでフェラやSEXといった触れ合うプレイは一切やらず
巧みな話術と背徳的な快感を組み合わせて彼が自分からそうなりたくなるよう誘導します。

前作との共通点は登場人物だけで物語の繋がりはありません。
ですから今作から聴いても問題なく楽しめます。

「君はこれから 君の国と 会社を同時に裏切るんだよ? 射精とともに 君の心も体も 私のものになっちゃうんだよ?」
最大の特徴は自分の国や会社を裏切る快感を味わわせながら気持ちよくすること。
エッチシーンで3つの契約をひとつずつ結んで彼女に従う喜びを教え
最後の仕上げに寝返る快感を与えながらオナニーさせてブラックな射精に導きます。

前作は国家機密にあたるパスワードを漏らす快感を追求してましたから
今作もそれと同じ、もしくはそれ以上の破滅的な快感を味わせてくれます。
背筋がゾクゾクする快感、取り返しのつかないことをやってしまった快感など
体よりも心への刺激が強く得られるようになってて個性が強いです。

催眠についてもサークルさんの過去作と同じく色んな個性を持ってます。
本編に入る前に15分ほどのリラックス運動をすること、ほぼ全部のシーンで状況に合った音楽が流れること
本編の序盤から彼女が3人に増え左右中央から個別に
あるいは同時に話しかける双子形式を採用してる
ことなどです。

特に双子は編集にかなりこだわって制作したらしく
彼女の声が頭の中で響くように聞こえたり、左右で違う動きをするシーンがあります。
60分くらい割いてゆっくりじっくり催眠をかけますから癒しの感覚も強めです。
他人の体験を語りながら進めるなど、現実世界のセミナーに近いやり方で誘惑します。
リラックス要素を多く盛り込んだ催眠
催眠は2パート57分間。
最初の「02.リラックス運動(約15分)」は本編に入る前の準備として
立ち上がって脚を開き両腕を前後にぶらぶらさせる運動をします。

「気持ちいい音を聞いていると 心が 安らぎますね」
そしてお姉さんは早速癒しの音楽を流して心もほぐします。
水滴の音が混じってるおかげで清涼感がありました。
軽めの暗示を入れたり本編の大まかなあらすじも語ってくれるので
とりあえず1回目の視聴時は必ず聴くことをおすすめします。

ここ数作はマインドフルネス瞑想をやってたのですが
本作品はそこまでイメージ力を要求しないからリラックス運動に戻ったのかなと。
実際に体を動かすおかげで肩を中心に温かさと心地よさが湧いてきます。

続く「03.スパイの快楽セミナー催眠(約42分)」はスパイが本格的な催眠をかけ始めます。
軽い前置きを挟んでから深呼吸を数回繰り返し
その後全身を下から上へ流す感じで15分ほどかけて入念に脱力します。

右「次は足首に〇〇を感じ始める」
左「と同時に 足首からも力が抜けてくる」

深呼吸を始める段階から彼女の声が左右中央に分かれ(左右は事前に録音した音声という設定)
「力が抜ける」「だらーんとする」などのリラックスに役立つ暗示を小まめに入れます。
元々このセミナーは主人公が仕事で抱えてる悩みを取り除くために開いてるので
催眠パートは心身のリフレッシュを重点的に行い彼の願いを叶えます。

信頼関係を築いておいたほうがエッチで手懐けやすくなりますからね。

双子についても結構複雑です。
本レビューでは読みやすさを優先して普段と同じ表記にしてますが
実際は文節単位で左右を切り替えたり、同じセリフを左右同時に言うシーンが何度も登場します。
暗示の入れ方、入れる量、その表現も秀逸で聴けば聴くほど手足を中心に体がだらーんとします。

「彼は 悩み苦しんだ末に 私のセミナーを受けに来たの 私には 彼の悩みの原因がすぐにわかったわ それは〇〇だって」
セミナーを受けた他の男性の体験談を合間に語るのも良いですね。
セミナーの効果を裏付けるいい材料になりますし
「この後彼はどうなったのだろう?」と聴き手の興味を引くこともできます。
このお話はエッチの終盤まで断続的に続きますから、それを聞く面白さも生まれてます。

心身を十分脱力できた後は催眠状態を深めます。
中央から長めのカウントをゆっくり数え、左右からは暗示を小まめに入れて落とす王道のアプローチです。
色んな手段でリラックスした後に始まるおかげで
数字が減るほど意識がぼやけたり全身が沈み込む心地いい感覚が味わえました。

今後に向けて催眠状態を維持しやすくするキーワードを設定するなど
催眠の丁寧さに定評のあるサークルさんの持ち味が今作でも発揮されてます。

心身を存分に癒してから深化させる手堅くて質も高い催眠です。
疲れや悩みを取り除きながらスパイの言うことを受け入れやすくすることを目的に
リラックス運動から入って軽い深呼吸、分割弛緩法、カウントを交えた深化と
古典催眠の技術を本作品に合うようアレンジしてゆっくりじっくり進めます。

時間に対してやることを絞ってあるのでどのシーンもゆとりがあるし
双子形式による手厚いリードも相まってかなり深いところまで入れます。
バックで流れ続ける音楽にも多くの人が癒しを感じるでしょう。
背徳的なシチュを扱ってる作品とは思えないくらい催眠パートは雰囲気が穏やかです。
シチュ重視のややブラックなエッチ
エッチシーンは46分間。
プレイはおちんちんを握る、契約を結ぶ、カウントによる絶頂、オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。

「これから君の一番隠したくて そして一番見てほしい部分を見てあげる」
催眠を使って主人公の悩みを取り除いたスパイは
勃起したおちんちんやオナニーを観察してMの快感を与えます。

エッチは終始彼女に言われた通りに動きます。
最初の29分間は彼を奴隷として手懐けながら気持ちよくするシーン。
彼女が提示した3つの契約をひとつずつ確認し、さらに長めのカウントを数えて絶頂するのを繰り返します。
おちんちんを握る指示が出ますがしごくのはNGです。

「本当はこんな契約 結んじゃいけないのに 君はそうやってどんどん気持ちよく堕ちていくの」
そしてここからの彼女は悪いお姉さんへと変わります。
自国を裏切りヒプノトランス連邦に利益をもたらすよう働きかけながら
やってはいけないことをする快感をくすぐってそれに抗えないようにします。

音声セミナーなら彼の意志でいつでも視聴を止められますから
彼女もそこまで強引に押さず、話術を駆使して彼が快楽に負けたくなるように誘導します。
純粋なエロ要素は控えめにしてシチュで興奮させることを意識してます。

「0 おちんちんの奥から痺れがのぼってきて弾ける ぞわぞわーっと鳥肌が立つように 波が何度も押し寄せる」
そして契約に同意した場合は厚めの追い込み暗示を入れてイかせます。
快楽(飴)と服従(鞭)を組み合わせてるところがスパイらしいなと。
主導権を握ったまま彼にもメリットがあるように関係を作ります。

続く17分間は最後の仕上げ。
おちんちんをゆっくりしごく許可を出してから男性が最終的にどうなったか話し
さらに彼にも自国と自社を裏切る決断をさせて背徳射精に追い込みます。

「もうダメなの? 何がダメなの? 出ちゃうの? 何が出ちゃうの?」
オナニーに関する指示は開始と射精のタイミングを決めるだけに留め
彼女は射精の快感と裏切る快感を言葉でリンクさせて悪堕ちを応援します。
これは前作にもあった要素ですから今作に出てくるのも頷けます。
体への刺激を控えめにする代わりにシチュを強烈にして心を上手く盛り上げます。
私が聴いた時も背筋がゾクゾクする感覚を何度も味わいました。

このように、本作品固有の要素と快感を融合させたM向けのエッチが繰り広げられてます。
非日常的な快感が味わえる作品
現実世界ではまず味わえないタイプの快感を疑似体験できる高品質な作品です。

スパイは自己啓発セミナーのCDに手を出した主人公を従順な快楽奴隷にするために
まずは長めの催眠を通じて彼が抱えてる悩みを取り除きます。
そしてエッチは自分に服従する快感や裏切る快感を前面に押し出して心を重点的に責めます。

巧みな話術と妖艶な声を合わせ持つスパイが真面目な会社員をエッチに手懐けるシチュ
リラックス運動や脱力をしっかりやってからカウントで深化させる双子形式の催眠
最初はドライ、次は射精の快感と引き換えに裏切りを約束させる背徳的なエッチ。
催眠は癒し、エッチはインモラルとほぼ正反対の要素を繋げて上手に堕落させます。

中でもエッチは同人音声、催眠音声どちらでもあまり見かけないアプローチをかけてて面白いです。
人間はやってはいけないことをした時に強い快感や満足感を得る生き物ですから
そこを執拗にくすぐりながら純粋な快感も与えて彼が誘惑に負けるよう仕向けます。
契約を結ぶ展開にしたのも彼が「自分の意志で」裏切る形にするためでしょう。
彼女に無理矢理そうさせられるより、自分でそうしたほうが強い背徳感が湧いてきます。

あとは他の男性の体験談を織り交ぜたり、彼女に自然と依存できるようにしてるのが見事です。
両方とも自己啓発セミナーに関連する要素でテーマに合ってます。
催眠とエッチで音楽の曲調を変えてあったりと
色んな特徴を盛り込んだうえでそれぞれが連携を取れるように仕上げてます。

絶頂シーンは4回(ドライ3回、射精1回)。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

悪いお姉さんに弄ばれるのが好きな人には特におすすめします。

CV:野上菜月さん
総時間 2:18:23

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年1月5日まで20%OFFの1056円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。
前作も2021年2月4日まで50%OFFの550円で販売されてます。



サークル「牛乳ソフト」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、むっちりした体をしてる怠け者の妖狐が
自分を助けてくれた人間とふたつのシチュでエッチします。

発情前と発情後で彼女の積極性やエロさが変わるのが特徴で
普段は気だるげな態度でのんびり彼の相手をしてたのが
発情すると自分からおちんちんにむしゃぶりついたり激しめの喘ぎ声を漏らします。
ふたつのモードでたっぷりイチャイチャ
妖狐の「九十九乃神 狐子(つくものかみ きつねこ)」と色んなエッチをするお話。

「ん? あぁ、帰ったか ヌシさまおかえり」
狐子は古風なしゃべり方をする上品な声のお姉さん。
とある夏の日、帰宅した主人公を眠そうな表情で迎えると
エアコンのおかげで快適な日々を過ごせてると喜びます。

本作品は以前彼に助けられ現在居候してる彼女が
およそ130分に渡るエッチで彼とより仲良くなろうとします。
前半は発情前、後半は発情期と全体を大きくふたつのシーンに分け
それぞれで彼女が違った表情や反応を見せてギャップと変化をつけます。


「ん、はぁ…… やはり今の時代は最高じゃな エアコンのおかげで五回も昼寝してしもうた」
彼女は見た目は若いですがもうかなりの年齢に達しており
家でごろごろ過ごす自堕落な日々を送ってます。
自分の体がだらしないことも自覚してて「くたびれたばばあ」と呼びます。
しかし彼を愛する気持ちは非常に強く、求められたらきちんと相手する健気なところを見せます。

ダウナーキャラですけど事務的な性格ではありません。
彼女が責めるシーンも普通にありますし、落ち着きのある大人のエッチを披露します。
そして態度が落ち着いてるからこそ最中に鳴るやや下品な音が股間によく響きます。

「くんくんくん、ふわああぁぁぁぁ。雄の濃い匂いが、ぁ、ぁぁぁ…… 嗅いでるだけで、脳が蕩けて、達してしまいそぉじゃぁ……」
また後半の発情期には普段よりもずっと積極的な姿勢を取ります。
自分からエッチしたいと彼におねだりする、おちんちんの匂いを嗅いでうっとりした声を漏らす
SEXの時は軽く動かしただけで絶頂を迎えるなど、できるだけエロく振る舞って彼をやる気にさせます。
両方にSEXシーンがあるのですが後半のほうが明らかに激しいです。

豹変と言うほど人格が変わるわけではありません。
でも息遣いが明らかに熱っぽいし責め方も濃厚になります。
セリフはどちらも状況説明や彼女の内面描写が中心なので属性はほぼノーマルです。
年齢が大きく離れた男女が愛し合う様子をエッチメインで描いた甘い作品です。
狐子の魅力を引き出すエッチ
エッチシーンは7パート84分間。
プレイはオナホコキ、キス、素股、乳揉み、SEX(騎乗位)、手コキ、フェラ、耳舐め、全身舐め、パイズリです。
オナホコキ、SEX、手コキ、パイズリ、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「ほれ、先走り汁で濡れんよう、はよう下着を脱げ、ほれほれ」
主人公を膝枕で労ってる最中におちんちんが勃起したことに気づくと
狐子はすぐさま服を脱がせ特製のオナホで気持ちよくします。

エッチは一部を除いて彼女が責め続けます。
前半の4パート42分間は発情前の彼女とするシーン。
トラック2(約11分)はオナホコキ、トラック3(約12分)はキス+素股
トラック4(約12分)は騎乗位SEX、トラック5(約7分)はフェラ+手コキと
ひとつひとつプレイを変えて1回ずつ射精させます。

「どうじゃ。作り物のほととは言え、感触はワシの雌穴と何ら変わらんじゃろう?」
ここでの彼女は別に発情してないので終始落ち着いてます。
自分のおまんこを象ったうえに妖力を込めたオナホでゆっくりしごき
彼女らしい古風な言い回しでその様子を実況します。
また「ぐちゅ ぐちゅ」と掛け声を出しながら音を鳴らして臨場感を出します。

どのパートも英語やカタカナ言葉を極力使わずに話してくれますから
実際に聴いてみると普通の作品とはやや違う印象を抱くでしょう。
キャラが売りの作品なのでセリフの表現も個性が出るように気を配ってます。

個人的にエロいと思ったのはトラック3と4。
前者はキスと素股を交互にやるのですが、その際に貪るような激しめのちゅぱ音を鳴らします。
恋人同士でもない2人がこういうことを躊躇なくできるのは日頃よくエッチしてるのでしょう。
わざとらしいセリフを挟まずエッチの様子を通じて仲の良さを表現します。

「お、おぉっ、おぉぉぉっ……びゅる、びゅるって、出ておるっ、ヌシさまの子種がっ! ワシの腹を内側から叩いておるぅ……ぁ、ぁっ、イくっ、またイくぅっ……!」
トラック4は名前の「めんどくさそうに騎乗位」とは裏腹に愛情深いSEXをします。
最初から生挿入&中出しを確定させて進めますし
その最中に吐息多めの気持ちよさそうな喘ぎ声とイキ声を漏らします。
彼の精力が恐ろしく強いからでしょうけど、年上の彼女がかなり押されてるように感じました。

ここでの「めんどくさい」はやる気がないことを意味するのではなく
彼の体力には叶わないから勘弁してほしいという彼女の心情を指します。
ペースを上げ下げしながら射精するまでちゃんと付き合うところが優しくて良いです。

続く3パート42分間は発情した彼女とエッチするシーン。
トラック8(約19分)は耳舐め&全身舐め+手コキ
トラック9(約11分)はパイズリフェラ、トラック10(約12分)はより激しい騎乗位SEXと
前半とできるだけ内容が被らない構成にして進めます。

「耳を舐めしゃぶってるだけなのに、もうワシの方も子宮がグツグツに滾ってきおるわ…… ほんとヌシさまの身体は罪づくりじゃな」
彼女としてはこの疼きを早く収めたくて仕方ないのでしょう。
主人公が帰宅した時点でもう息遣いが熱っぽくなってたり
おちんちんや耳を責めながらいつでも挿入できることをアピールするなど
普段よりもずっと野性味のある積極的な態度を取ります。

発情期は複合責めを主体にしてるのも発情前との違いを出す演出のひとつです。
ちゅぱ音と効果音が同時に鳴るシーンが多いので純粋なエロさが増してます。
それぞれの音もねっとりしてて下品ですし、彼女の発情っぷりを直感的に伝える役割を果たします。

「ヌシさまのが欲しいぃ、腹の奥にっ、子袋の中にぃ、子宮っ、しきゅーっ、降りてるからっ、今ならいけるからぁっ ヌシさまのっ、ヌシさまのぉっん、ぁっ、当たってるっ、ヌシさまのがっ、先っぽっ、子宮の口に当たってるっ」
この中で一番の抜きどころはトラック10。
騎乗位SEXするところはトラック4と一緒ですが乱れっぷりに結構な違いが見られます。
具体的にはトラック4は吐息多め、トラック10は口を開けて漏らすスタンダードな喘ぎ声です。
またパート中盤以降は開いた子宮口で亀頭を飲み込む子宮姦も登場します。
中出しのおねだりもガンガンしますし、メスな姿を晒してくれてなかなエロいです。

このように、彼女が持つふたつの顔を使い分ける深くて濃いエッチが繰り広げられてます。
ギャップが売りの作品
ダウナーで可愛げのある妖狐とひたすらイチャイチャする純愛作品です。

狐子は自分を養ってくれてる主人公を性的に満足させようと
手、口、おっぱい、おまんこを使い分けて何度も射精させます。
そして発情期に入ると逆に自分からおねだりしておちんちんと精液を味わいます。

普段は落ち着いてるけどスイッチが入ると大胆になる妖狐とエッチしまくるノーマル向けのシチュ
発情前と発情期で態度、責め方、乱れっぷりが変わるケモノらしい演出
前者は単体、後者は複数同時にエッチな声や音を鳴らすことが多い変化をつけたエッチ。
彼女の個性や魅力が引き立つように作品を組み立ててます。

発情期はオホ声やバックでのSEXといったケモノじみたプレイが中心になってるのかと思いきや
実際はダウナーキャラを崩さない程度に乱れさせる抑えた描写をしてます。
その代わり複合責めでエロさを上げる工夫がされてます。
短い会話パートがある以外は全部エッチですから抜き性能も高めです。

「こうしてヌシさまをぎゅってしてるだけで……んっ、くぁ……ぁふ 夢心地じゃ」
あとは彼女が純粋に可愛いです。
自分よりずっと年下の彼へ尊大に振る舞うどころか素直に甘え
エッチも気持ちよくしよう、満足させようと頑張って尽くします。
最中のセリフも彼女視点のものが多く心情を掴みやすいです。

発情期は確かに彼女の性欲を満たす意味合いもありますけど
それを受け止めて余りあるほど彼が精力旺盛なので搾精って感じはしません。
激しめに責め合いながらほぼノーマルな内容にして多くの人が聴きやすくしてます。
野上菜月さんの熟女キャラも珍しくていいなと。

射精シーンは7回。
淫語、くちゅ音、ちゅぱ音、喘ぎ声いずれもそれなりです。

CV:野上菜月さん
総時間 2:09:25

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年10月22日まで10%OFFの1089円で販売されてます。



【密着囁きっ♪】ドスケベメイドのえっろぉ~い変態ご奉仕えっちっ♪ ~濃厚密着エロエロさんどでお精子搾りつくしちゃいますっ♪~【ドスケベフォーリー】(前編)」に引き続いての後編です。
今回は「(6)二人の高級ソープメイドに両耳から媚び媚び囁き+密着耳舐め+ドスケベ恋人繋ぎ手コキ♪」以降の様子を中心に紹介します。
2人が2つの顔を見せてくれるエッチ
後編のエッチシーンは3パート73分間。
プレイはダブル手コキ、耳舐め、SEX(正常位?)、キス、赤ちゃん言葉責め、アナル責めです。
手コキ、SEX、アナル責め、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

藍梨「ご主人様 お体の上におてて 失礼しますね」
いちご「それじゃあいちごも よいしょっと」
ふる~つさんどへ何度も通いすっかり常連になった主人公は
いちごと藍梨を2人同時に指名し今まで以上に濃厚なご奉仕を受けます。

エッチは最初から2人が登場しいちごは右、藍梨は左に陣取ってリードします。
一番最初の「(6)二人の高級ソープメイドに両耳から媚び媚び囁き+密着耳舐め+ドスケベ恋人繋ぎ手コキ♪(約29分)」は同時責めに主軸を置いたプレイ。
挿し絵のように2人が恋人繋ぎしながらおちんちんを握ってしごき
途中からは片耳舐めと両耳舐めを加えてゆっくりじっくり追い込みます。
後編部分はすべて夜なので音楽やガヤ音が流れることはありません。

この時点の2人は彼に何度も指名を受けてるのですっかり仲良し。
ご主人様を満足させようと自分から性処理道具になって征服欲をくすぐります。
いちごが藍梨に対抗意識を燃やしてたので多少は競争するのかと思いきや
そういう描写はほとんどなく役割分担しながら協力して責め続けます。

藍梨「この2人は自分専用の性処理道具だから 他のご主人様に取られないように ご主人様の強烈な体液の匂い しっかり擦りつけておかないとですね」
いちご「いちごたちのこと独り占めして 毎日性のお世話させようとか 考えちゃってるんですよねー さいてー」
ただし、最中に行う言葉責めは2人の性格が結構出てます。
藍梨は大人の女性らしく落ち着いた態度で彼に尽くすメイドらしい振る舞いをするのに
いちごは彼のM性癖を刺激しようと軽く見下すちょっぴり生意気な態度を取ります。

このへんは前編の特徴をそのまま受け継いでますね。
本作品はキャラ重視の内容ですから同じプレイでも責め方に明確な違いがあります。
基本的には片方ずつしゃべるのでセリフも聴きやすいです。

パート中盤から加わる耳舐めもそれがわかりやすく表現されてます。
いちご→藍梨→2人の順に出てくるのですが、いちごはちゅぱちゅぱついばんだり口に含む
藍梨は水分高めで口に含んで舐めたり吸うことが多いです。
両方ともペースは遅めですが藍梨のほうがより緩やかに責めてました。
両耳舐めの時はいちごは吸い、藍梨は舐めを中心に据えてて音に違いが見られます。

続く2パート44分はより踏み込んだプレイ。
「(7)両耳から囁かれながらいちごと密着ドスケベ分からせセックス♪(約21分)」はいちごと
「(8)両耳から囁かれながら藍梨と密着ドスケベお仕置きセックス♪(約23分)」は藍梨とSEXし
もう1人はその様子を実況したり主人公に指示を出してサポートします。
体位は作中で明言されてませんが、両方とも彼が責めてることから正常位だと思います。

そしてここでは今までになかった新しい要素が登場します。
彼女たちにはそれぞれ弱点がありまして、それを責める前と後で乱れ方が大きく変わります。

いちご「ママからエッチな離乳食 口移しで食べさせてもらってるんでちゅかー?」
例えばいちごは責める前は赤ちゃん言葉で彼を煽る生意気な態度を取ってたのが
弱点を責められると余裕が一気になくなりややアヘった声を漏らし始めます。
責める前にも喘ぎ声は漏らしますけど吐息の割合が高めですし、嘘っぽく喘いでみせることもあります。
しかし責めた後は普通に激しく喘ぐようになるので変化がわかりやすいです。

パート名の通りメスガキをわからせることを意識したSEXですね。
普段が割と強気だからこそ、弱点を責められて弱い姿を見せるところがエロ可愛いです。

藍梨「ご主人様のメスとして 子種 ぜーんぶ受け止めるから もっと もっと腰振って?」
続く藍梨はドスケベっぷりを強調した変貌を見せてくれます。
前半はいちごほどじゃないですけど余裕を持って彼のピストンを受け止めてたのが
いちごの指示で弱点を責め始めると切なそうな声で普通に喘ぐようになり
さらに媚びたセリフを言って彼の精液をおねだりします。

元々スケベだった女性がさらにパワーアップする感じですから良い抜き場になるでしょう。
藍梨の上品なキャラをわざと崩してエロさを引き立てるギャップを活かした演出が光ります。
両パートともSEXをしてない側は脇役に近い位置づけになってました。

このように、複数人プレイの長所を活かしたうえで2人の個性を出してるややM~ややS向けのエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視の濃厚な作品
いちごと藍梨にしっかり魅力を持たせて濃いエッチをする抜きやすい作品です。

2人はふる~つさんどを利用し始めたばかりの主人公を満足させようと
まずはお昼に手コキやオナニーでこっそり気持ちよくしてから夜の高級ソープへ誘います。
そしてその後はSEXを中心に据えた様々なプレイでご主人様気分を存分に味わわせます。

新人メイドとナンバーワンメイドが個別に、あるいは同時にエッチなご奉仕をするシチュ
どのパートもプレイを絞り込んでじっくり責める実用性の高いエッチ
いちごはやや生意気に振る舞いながら激しく、藍梨は色気を漂わせながらねっとり責める展開。
彼女たちの個性や魅力を大事にしてひとつひとつのパートをしっかり抜けるように仕上げてます。

中でも3番目は前編部分を一対一にして同じプレイを違うやり方で表現し
後編も複数人プレイなんだけど1人ずつ活躍するパートを設けて普段と違う顔を見せてくれます。
メイドなので彼に尽くす点は一致してますけど、いちごは彼のM性癖に合わせて軽く見下したり意地悪に接する
藍梨は焦らし気味に責めながら男心をくすぐることを言う、とその手段がまったく違います。
存在感や活躍する時間はほぼ同じですからどちらにも感情移入できるでしょう。

エッチは前編、後編合わせて180分近くもあるおかげで抜き場に困ることはありません。
どのパートも純粋なプレイ時間が20分以上あり1回ずつ抜けるエロさも持ってます。
全編を通じてエッチな音の量が多く、心への責めもしっかりやってくれるのが大きいです。
後編は耳舐めしながら言葉責めするシーンもあって前編よりも内容が濃く感じました。

後編の射精シーンは3回。
くちゅ音多め、淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声それなりです。

以上を踏まえてサークルさんでは初の満点とさせていただきました。

CV:いちご…陽向葵ゅかさん 藍梨…野上菜月さん
総時間 3:43:55

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は9点。
224分で1320円ならコスパが良いので+1してあります。

2020年9月19日まで15%OFFの1122円で販売されてます。

↑このページのトップヘ