同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:連続絶頂

   ● 奴隷人形の乳首オナニー催眠
   ● Mの快感(TS)
   ● 性感催眠サービスはいかがですか?
   ● 催眠音声『電車の中の痴女』~えっちなお姉さんの性欲のはけ口にされちゃうアタシ(ボク)~
   ● 丁寧語で射精管理されたい催眠音声
   ● 催眠術師の悪戯~催眠ショーのステージの上で…~
   ● MSOT.
   ● 天使と悪魔の相反催眠
   ● セイレーンの檻
   ● 「敗北ヒロイン淫堕独白・2」極薄防護スーツ無力化の快楽拷問に曝されるスペースエージェント・リリィ


奴隷人形の乳首オナニー催眠

サークル「チューン」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、普段は穏やかだけどSっ気も強いお姉さんが
催眠を使って男性を自分の操り人形に変え、その状況を活かしたエッチな調教を施します。

タイトルにもなっている「人形」と「乳首」を大事にしたM向けのサービスが行われており
催眠パートは彼女の声に対する集中力や好感度を高めながら心と体を脱力させ
エッチに入ると女王様っぽい声と態度で見下すセリフや命令をガンガンぶつけます。
トレーニング要素は薄いですから乳首を既に開発してる人のほうがずっと楽しめるでしょう。
奴隷になって乳首をたっぷり
お姉さんに催眠をかけられ乳首オナニーするお話。

「こんにちは もしかしたら今あなたは朝の挨拶のほうが正しいかもしれませんね」
お姉さんは明るくて穏やかな声の女性。
音声を聴く際の注意事項を説明し、二人だけの世界に来た主人公を温かく迎えると
催眠を使って心地いい夢と現実の境目へと案内します。

本作品は女性に心と体を操られながら絶頂する「人形化」をテーマに
彼女が75分程度に渡って催眠をかけたり2種類のエッチな調教をします。
チューンさんは乳首オナニーがとても好きなサークルさんのようで
処女作「お姉さまのマゾ犬調教乳首オナニー」ではおちんちんに指一本触れない尖ったエッチをされてました。

それを受けて本作品でもエッチの前半は乳首オナニーのみ、後半は乳首+おちんちんといったように
乳首で気持ちよくなることを強く意識したリードをします。
細かないじり方やペースはあまり指示してきませんから未経験者よりも普段いじり慣れてる人のほうがやりやすいです。
焦らしや言葉責めといったM向けの要素も多く、同じジャンルで有名なちちのひシリーズとは違った良さを持ってます。

催眠はおよそ19分間。
仰向けに横になってまずは深呼吸しながら彼女の言葉に耳を傾けます。

「あまり固くならないでください 決して怖い思いをすることはありません むしろあなたは これから私の声を聞くたびに とても大きな喜びを感じるようになります」
彼女には彼を無理矢理押さえつけて隷属させる気が一切なく
催眠のところどころで声に対する集中力が高まったり良い印象を抱きたくなる言葉を投げかけます。
人形になりきるにはご主人様の言葉を素直に受け入れられる心が必要です。
だからまずはリラックス重視の誘導をして自然とそうなれる環境を整えます。

最初から最後までほぼずっと深呼吸を続けるのも特徴のひとつです。
前半は心の、後半は体の脱力を狙った暗示を色々と入れてくるので
後になるほど頭の中がぽわぽわするとか、手足を中心に重さを感じるといった変化が現れます。

「皮膚の感覚も徐々になくなって ずーっと深い 水の中にいるような脱力感」
後半の脱力も聴き手が受け入れやすく感じる言葉を選びながら
「重くなる」などの暗示をところどころで入れる緩い内容になってます。
脱力の暗示をやたら重ねると押しつけがましさが出て雰囲気に合いませんし
彼女の言葉をすんなり受け入れる心構えができてれば沢山入れる必要もありません。
脱力する部位を手足に絞ってるのもそれさえやっておけばエッチを十分楽しめるからです。

簡単に言うと目的を見据えた効果的なアプローチをされてます。
初めての催眠音声でこういう組み立て方ができるのはすごいことだと思います。
深呼吸を多めにやる流れや紅月ことねさんの演技も相まって心地良い脱力感が味わえました。

エッチの準備に注力したシンプルでテーマ性のある催眠です。
聴き手の心と身体を空っぽにし、命令を素直に受け入れられる人形にすることを目的に
深呼吸から始まってリラックスの暗示、手足の脱力、カウントを使った深化と
やることをある程度絞り込みそれらを順序よく丁寧に行います。

本作品のエッチはセルフ主体ですから、後々無理なく手を動かせるように脱力はほどほどに抑え
命令を受け入れ遂行しやすくする心の脱力に力を入れてます。
深化が軽いのでそれほど深い催眠状態には入れないでしょうけど心身がスッキリした感覚はすると思います。
この後M向けのエッチをするとは思えないほど雰囲気が穏やかで癒やされました。
心身をバランス良く責める恥ずかしいエッチ
エッチシーンは2パート38分間。
プレイはおちんちんの観察、乳首オナニー、オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
エッチ開始直後に服を脱ぐ指示が出ます。

「さぁ これであなたは私の命令以外で 指一本動かせない木偶の坊」
催眠を使って主人公を何もできない人形に作り変えたお姉さんは
早速全裸になる指示を出し、露わになった彼のおちんちんを強めに貶します。

エッチはどちらも彼女に言われた通りに体を動かします。
前半の乳首オナニーパートは本作品のメインとも言えるパート(約22分)。
脱衣後におちんちんを観察されて興奮を少し高めてから最初は片方、少し経つと両方同時に乳首をいじります。
ちなみに腕を動かす際は事前に脱力を解除する暗示が入ります。

「私の鼻にペニスでなんて触ったら 命令して 自分でその汚らわしいブタチンポ ねじ切らせちゃうわよ」
「ほら 乳首をいじれ 好きなだけ勝手に気持ちよくなってろ ブタ」

彼が自分の言うことに一切反発できなくなったと判断したのでしょう。
催眠パートとは随分違う嗜虐的な声でこちらを見下す言葉責めを積極的に浴びせます。
上のセリフはどんなに深い催眠に入ってても絶対に遂行しない命令ですし
こんな脅しをかけられたら催眠の大前提となる信頼関係が一気に崩れて解けてしまいます。
言葉責めも「クズ」「ブタ」などきついものが多く、残念ながら内容が催眠から脱線してしまってます。

乳首オナニーについては乳首がくすぐったくなる暗示を入れるのに合わせて始め
カウントを数えて感度を強化したり、再度脱力させて焦らすなど表面上は催眠音声らしい流れになってます。
しかしこの後のオナニーパートも含めてカウントの前後に入れる暗示が弱く
その効果をうまく伝えられてるかと言われれば首を捻ります。
私が聴いた時も普段の乳首オナニーとさほど変わらない気持ちよさでした。

後半の射精パートはおちんちんへの刺激も含めたプレイ(約16分)。
序盤は緩く、中盤以降はフリースタイルで乳首やおちんちんをいじり
彼女が許可を出すまで射精をひたすら我慢し続けます。

「目の前であなたの乳首オナニーを見ていたら 我慢汁が少し顔にかかっちゃったじゃない このクズ」
「おちんちんが壊れるくらいにまで 変態クソザーメン吐き出せ! イケっ! 変態ドMブタ野郎!」

前のパートと同じくカウントを適度に数えてプレイの開始や射精の合図を出すシンプルなもので
彼の奴隷化が進行したのに合わせて言葉責めがさらにきついものに変化します。
事前に「命令や言葉責めを受けるほど幸せを感じる」と暗示を入れていればまた違ったのでしょうが
催眠をあまり活用できておらず同人音声のオナサポに近いプレイになってしまってます。
言葉責めをするにしても単に見下すのではなくメリットを強調するなど言い回しに気を遣って欲しかったです。

私が聴いた時は言葉責めがきつすぎてエッチの序盤に催眠が解けてしまいました。
同人音声から入ったサークルさんはそちらの制作経験があるせいで
催眠音声も同じノリで作ってしまう傾向が見られます。
同人と催眠はエッチが根本的に違いますからもっと技術を活かして組み立てたほうがいいと思います。

このように、乳首をたっぷりいじらせつつ罵倒するきついエッチが繰り広げられてます。
テーマ性はあるのだが…
どちらかというと催眠パートに光るものを感じる作品です。

普段は穏やかだけどエッチになると急にSっ気を発揮するお姉さんが
リラックス重視の催眠をかけて人形化の土台を整えてからそれに合わせた乳首メインのエッチを行います。

最初から最後までほぼずっと乳首をいじり続けるサークルさんの作風を反映させたエッチ
その準備として申し分ない誘導をするテーマに沿った催眠。
奴隷人形になりきって気持ちいい絶頂を迎えることだけを見据えたサービスをします。

特に催眠は古典系の技術をベースにセリフの表現を柔らかくし
さらにリラックスや脱力の暗示をほどほどにして集中力や信頼度の向上に努めてます。
言葉だけでイかせる純粋なドライとは違い本作品は乳首オナニーという十分な触媒があるので
そこまで深い催眠状態に誘導する必要がないというメリットがあります。
あまりに深くすると今度は手をうまく動かせなくなりますし、これくらいが丁度いいです。
技術そのものよりも方向性や匙加減といったバランス面に優れたものを持ってます。

その一方でエッチは大崩れと言いますか、催眠に比べると品質がかなり落ちてます。
催眠を活かしたプレイや言葉責めをしてないのが一番の理由です。

「私が話してる間に さっきの乳首と同じように 快感が増大し続けていたから 感じちゃうのはしょうがないよね」
例えば射精パートにこんなセリフがあるのですが
催眠者が何もしてないのに感度が増大することなんて普通はありません。
技術を駆使して実際にそうなるようにきちんと誘導するから効果が現れるのです。

サークルさんが催眠状態を過信されてるのかもしれませんが
エッチに入ると暗示の入れ方が一気に雑になり、言えば何でもその通りになるかのようなリードをしています。
M性の高いプレイほどセリフの表現やアプローチの方法を繊細にしたほうがいいと思います。

絶頂シーンはドライ1回、ウェット1回。
淫語(言葉責め含む)それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

催眠は良いのだけどエッチがうーん…な作品です。

CV:紅月ことねさん
総時間 1:16:41

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は5点。
76分で700円とコスパがいいので+1してあります。

Mの快感(TS)

サークル「TS heaven」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、体にとある秘密を持ってる色っぽい社長令嬢が
南の島に伝わる儀式と特殊な薬を使ってM女性の快感を味わわせます。

現地に移動したり儀式をする様子を通じて深化と女体化を進める催眠
体を拘束されてる気分をリアルに味わわせながら女性の象徴を責めて何度もイかせるエッチなど
聴き手が主人公とできるだけ同じ視点で楽しめるようにゆっくりじっくりリードします。
初エッチは女同士で
社長令嬢に女体化催眠をかけられエッチをするお話。

「こっち、こっちー! きっと来てくれると思っていたんだぁ、本当にありがとう!」
社長令嬢はトーンが低く色っぽい声の女性。
同じ会社に務める主人公と付き合い始めたある日、まだ打ち明けてない秘密があることを告げると
より親密な関係になるために彼を東南アジアの離れ小島へ招待します。

本作品はMの女性になりきって同性に責められる快感を味わわせることを目的に
彼女が80分程度の時間をほぼ半々に分けて催眠をかけたり変わったエッチをします。
TS heavenさんは今回が有料処女作なので知らない方もいるかもしれませんが
過去に無料作品をいくつか制作されており、そのすべてが女体化モノという女体化専門のサークルさんです。

本作品でもより多くの人が女性になりきって気持ちよくなれるように
体だけでなく心のほうもケアしながら丁寧に誘導します。
催眠音声は催眠にかけないと始まりませんから以前の作品以上に手堅く進めてます。

「困ったことに射精したい相手は女体化した男性ってことに、数年前に気づいたんだよね」
社長令嬢は上品な声からは想像できないほど大きなおちんちんを持つふたなり。
しかも女体化したMな男性が相手でないとエッチで気持ちよくなれない変わった性癖を持ってます。
そこでその素質が十分にある彼に近づき今回の旅行を持ちかけました。

お互いの性的欲求を同時に満たす方向でエッチしますから手ひどいことはほとんどしません。
プレイのほうも女性の感じる部分を的確に責めていて同性らしさが出ています。

催眠はおよそ40分間。
前半の「誘導・深化」は社長令嬢の父親が持つ飛行機に主人公を案内し
離陸してから島に到着するまでの時間を使って深い催眠状態へ導きます。

「吸ってぇーー 吐いてーー、全身がだらーんとなる」
「飛行機が滑走路から飛び立つ、体がふわっと軽くなり、直後に重力がかかってくる 全身が後ろに引っ張られて、体全体が一気に重くなる」

離陸するまでの間は気持ちを落ち着けるために深呼吸を繰り返し
離陸の瞬間はその様子を主観的に実況しながら体が一気に重くなる暗示を入れるなど
この旅行に登場する色んなイメージに技術を絡めて少しずつ確実に落とします。

使われてる技術は古典催眠のものが中心なので多少堅苦しく感じるかもしれませんが
技術の使い方や暗示の入れ方がしっかりしていて後になるほど意識のぼやけが強くなります。

「落ちる、どんどん落ちていく、機体がエアポケットに入ったようにさーっと落ちていく 体がぐんぐん重くなり、君はどんどん、どんどん雲の中を落ちていく」
離陸した後は窓の外に浮かぶ雲を通じて浮遊感を伝えたり
その直後に今度はカウントを絡めて落ちる暗示を厚めに入れて意識を揺さぶります。
本作品は催眠、エッチいずれもカウントを数えるシーンが非常に多く
その最中や直後に目的の暗示を入れて感覚をスムーズに操作します。
パートの終盤に女体化を受け入れやすくなるアプローチをかけるのも良いです。

続く「女体化」でするのはもちろん本題の女体化。
目的地の別荘に到着し、服を脱いでそこに置かれてる椅子に座ると
彼女が会社で開発した女体化薬を飲ませてからこの島に伝わる儀式を行います。

「男だった自分が嘘のように過去のものになる、君は女性になることに喜びを感じる」
「ぼーっと輝く小さな光が頭の中に入ってくる それが今、君の頭の中のてっぺんでぼんやりと光っている オレンジ色の小さな丸い光 それは女性の象徴、女性そのもの」

地下の部屋に移動する様子にカウントを絡めて心を男性から女性にシフトさせる暗示を入れたり
到着後は挿し絵に描かれてるローソクが生み出した光を通じて女性に変わっていくことを実感させるなど
前半に引き続きイメージを活用しながら心身両面の女性化を推し進めます。

女体化は髪、両肩、胸、性器、体全体と男女の差が出やすい部分を中心に
短いカウントを何度も数えてその都度変化した様子を主観的に語ります。
光の玉と連動させてやるおかげで今どこを変えてるかがわかりやすく
おっぱいやおまんこは他よりも長めの時間を割いて強めに実感させてくれます。
一番最後に鏡を使って女性になった自分を定着させるなど、作品の売りである「丁寧さ」が最も発揮されてるパートです。

しっかり落としてから女体化をじっくり行う安定感のある催眠です。
聴き手を社長令嬢の言う南の島へ案内し心と体を女性に変えることを目的に
前半は旅行の様子に深呼吸、イメージやカウントを使った脱力と深化、軽い揺さぶりを組み合わせ
後半は階段を下りるイメージによる心の女性化、球体心像法を絡めた部位ごとの女体化と
古典催眠の技術に作品固有の要素を組み込みゆっくり誘導します。

このところの催眠音声はテーマや技術に奇抜なものが多いのでやや大人しくも感じますが
被暗示性の高い人なら十分な深さにまで入れる品質を持ってるのも事実です。
女体化も強引さをできるだけ出さないよう慎重に進めてますし
少なくとも女性になることに対して抵抗を感じる人はあまりいないと思います。
無料作品で見られたサークルさんの良い部分が有料でもきちんと発揮されてます。
逃げられないからより気持ちよくなる
エッチシーンは4パート30分間。
プレイは体の拘束、乳揉み、乳首責め、クンニ、バイブ責め、手マン、乳首の電流鞭、SEXです。

クンニの際にちゅぱ音が、乳首責め、バイブ責め、手マン、乳首の電流鞭、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。
セルフはありません。

「さて、M女性の責め方っていくつもあるんだけど、今日は快感が快感を呼ぶ責め方をしてあげるね」
催眠を使って主人公を自分好みのMな女性に変えた社長令嬢は
彼の体を拘束してからおっぱいやおまんこをねっとり刺激します。

エッチは終始彼女が責める形で進みます。
一番最初の「プレイタイム01」はおっぱいと乳首に的を絞ったプレイ(約8分)。
乳房を揉みながらスペンス乳腺(横乳)を親指で責めたり、乳首をつねって最初の絶頂へと追い込みます。

「両手で下から乳房を持ち上げられながら、脇の下のスペンス乳腺を親指で刺激される 胸の脇からじわっとムズがゆい快感が腕から胸全体へと広がっていく」
そして彼女はこれらのプレイを主人公と同じ視点で楽しめるように
その様子を主観視点で実況しながら気持ちよくなる暗示を丁寧に入れて興奮を盛り上げます。
催眠パートと同じくカウントを起点に暗示を入れるスタイルで、私の場合は体が少しずつ熱くなるのを感じました。

「あーあ、上半身が身動きできなくなって快感を発散できなくなったわよ (腕に力が入らない)」
プレイ中に若干エフェクトのかかった声で脱力する暗示を小まめに入れてくるのもポイント
本作品のエッチは拘束されながら責められるのがコンセプトですから
継続的に体の自由を封じて快感から逃げられない状況を作ります。
そこまで強烈ではありませんが多少の不自由感はありました。

ハードなプレイが登場するのはその次から。
「プレイタイム02」はクンニで濡らしてから太めのバイブを挿入し
「お仕置き」は手マンで4分以内に3回連続の絶頂をさせ
「 プレイタイム03」はいよいよ彼女の極太おちんちんを体の奥深くまで受け入れます。

「すごい、こんな奥まで入れられて気持ちいいなんて、おまんこ感じるよね? これが女の快感だよ」
プレイだけを見ると結構エグそうですが彼女はあくまで彼を楽しませるためにこれらを行います。
その証拠に声や口調は引き続き穏やかですし、バイブやおちんちんを挿入する際も快感を強調する形で伝えます。
同性ならどうやって責めれば痛みを感じないかもわかってるので雰囲気は意外と和やかです。

ただし、プレイタイム03の前半に登場する乳首の電流鞭は割と過激なプレイです。
乳首に電流を流したり鞭を打ち付けるのではなく指でつねる責めなのですが
その際に「ビシッ」という鋭い鞭の音が繰り返し流れます。

乳首を鞭で叩かれてるような感覚を擬似的に味わわせたかったからこの音を使ったのでしょう。
製品版にはこの音だけ入ってないバージョンも用意されてますから
苦手そうに感じたらひとまずそちらを選ぶといいでしょう。

このように、SMプレイにならないギリギリのラインを突いて女性固有の性感帯を責める独特なエッチが繰り広げられてます。
丁寧な女体化作品
女体化の要所を押さえつつ個性的なエッチをしてる作品です。

社長令嬢は主人公の心に眠る女体化願望やMの欲求を満たし、自分自身の性欲も発散させさせるために
二人きりになれる場所へと案内してからM向けのややハードなプレイをします。
そしてその中に催眠の技術を多数盛り込み臨場感と女性になった感覚を聴き手に与えます。

飛行機に乗り込んでから別荘に到着するまでのイメージを駆使して深める催眠
そこから地下に移動し薬や儀式を行いながら少しずつ変化させる女体化
体の動きを封じてから女性の弱点を的確に責める繊細でやや激しいエッチ。
主人公と同じ視点で楽しみ、感じ、絶頂できるようにサービスを進めます。

「私、凄く嬉しくて楽しくて、たまらなく興奮したよ」
彼女は彼をおちんちんで蹂躙したいからこの旅行を企画したわけですが
実際は最後の最後にSEXをするだけで、それ以外は彼をもてなす方向でリードします。
プレイの描写やセリフの表現もかなり抑えられてますし、ドM向けと言うほどハードなものではありません。
体を動かせない暗示を小まめに入れることも含めて雰囲気重視のエッチだなと。
「好き」とかは言いませんけど態度や行動に愛情と思いやりを感じました。

催眠はこれまで無料をメインに制作されてきたサークルさんだからでしょうけど
カウントを使いすぎてるせいで全体の流れが単調になってるのがどうしても気になりました。

有料作品は商品ですから催眠技法にもある程度の個性が求められます。
わかりやすいところだと双子ですね。
それ以外にもサークルさんごとに何らかの特色を持ってます。
この部分を今後どのように作り上げていくかが有料作品制作におけるひとつのカギになると思います。

絶頂シーンは6回。
淫語それなり、くちゅ音そこそこ、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

以上のことから今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:柚木つばめさん
総時間 1:22:32

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

性感催眠サービスはいかがですか?

サークル「Transparent Chorion」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、変わったサービスをしてる個室ビデオを舞台に
そこの店員さんが催眠を交えた幸せで気持ちいいご奉仕をします。

サークル主であるみもりあいのさんの持ち味を存分に活かした癒し効果満点のサービスが行われており
催眠音声でよく聞く「とろける心地よさ」を強く味わいながら催眠に入ったり絶頂することができます。
多くのシーンで体を密着させ至近距離から吐息やちゅぱ音を鳴らしてくれるのもポイントです。
ビデオよりもずっととろけるひと時を
個室ビデオの店員「みいな」が性感催眠サービスをするお話。

「いらっしゃいませ 当店のシステムはご存知ですか?」
みいなは甘く落ち着いた声のお姉さん。
仕事の帰りに新しくできた個室ビデオを訪れたお客に挨拶すると
お店のシステムを説明してから誰を指名するか尋ねます。

本作品はAV鑑賞以上に気持ちいいひと時を味わってもらおうと
彼女がおよそ1時間に渡って催眠をかけたり体を直接責めてドライオーガズムへ導きます。
彼女は普段受付をしておりお客を直接相手することはないそうですが
他の店員たちに催眠の指導をしてるだけあってかなりの実力を持ってます。
それを踏まえて催眠は特殊なやり方で手短に済ませ、その後のエッチをじっくり行うスタイルで進めます。

全編を通じて言える大きな特徴は「甘さ」。
彼女の声、催眠のかけ方、その時のセリフ表現、エッチの内容などあらゆる要素が癒しに満ちてます。
台本を担当された暗中模索さんはこのところずっとご自分の作品にみもりさんを起用されてますから
どうすれば彼女の持ち味を活かせるか熟知してます。
本作の場合だとM性の強いことを控える、擬声語を積極的に使うなどが挙げられます。

「あーっ アリスちゃーん どうしよー? お客さんにつくことになっちゃった」
女の子キャラを担当することが多いみもりさんの中ではみいなは比較的大人びた女性です。
しかしお客を部屋に移動させ準備してる時には突然の展開に戸惑う仕草を見せ
エッチに入ると自分も一緒に興奮し絶頂する可愛らしいところもあります。
彼女に十分な魅力があるからエッチした時により癒やされたり幸せに感じるわけです。

催眠はおよそ11分間。
個室に移ってから仰向けに寝て目を瞑り、まずは彼女のお話に耳を傾けます。

「朝起きた時の眠たい感覚 体の力が抜けていて 腕や足がなんだかだるくて 重たくて ふかふかの布団にどこまでの沈んでしまいそうなくらい」
お話の内容は催眠誘導の最初になぜリラックスさせるか。
その理由を我々が日常生活でよく感じる心地いい感覚を交えてわかりやすく語ります。
「これから催眠を始めます」とかは特に言わないのであまり催眠っぽく感じないと思います。
しかしこのお話の中には「力が抜ける」「重たい」といったリラックスや脱力を促す暗示が非常に多いです。

ほんの5分程度ですが彼女のあまあまな声も相まって早速心地良い感覚が湧いてきます。
テーマの癒しに大変マッチしてる親しみやすくて柔らかい催眠です。

次にするのはクイズ。
彼女の声を聴いてるとなぜ気持ちよくなるのか、という問題に対し
彼女が提示したいくつかの選択肢の中から正解を選びます。

「体の力が抜けていって 空っぽになっていって 気持ちいい声がふわーっと響いて 意識がふわーっと浮かんで 深いところにすーっと落ちていく」
クイズの選択肢を書いたらつまらないでしょうから伏せるとして
ここでもクイズの流れに合った形で暗示を小まめに入れて心地よさや催眠の感覚をさらに膨らませます。
上のセリフのように擬声語を盛り込みながらリズミカルに話すのがいいですね。
先ほどのシーンで生まれた感覚がさらに強くなったり心身がとろけるような感覚がするでしょう。
意識の反らし方や暗示の散りばめ方がとても上手で短い時間でも結構深いところまで入れます。

エッチを存分に楽しめる環境づくりを素早く行う個性的かつ洗練された催眠です。
聴き手の心と体をリラックスさせ心地いい感覚で包み込むことを目的に
前半は日常生活に関連した催眠のお話、後半はクイズをしながら
時間に対する暗示を多めに用意し、それらをセリフの中に散りばめてスムーズに深化させます。

催眠誘導で11分は相当に短い部類に属するのですが
実際に聴いたらびっくりするほど深く入れてすごく気持ちよかったです。
この記事を書いてる今もその時の感覚を思い出して入りかけてるくらいに強力です。
意識に邪魔されにくいやり方で色んなところから暗示を入れてくるのが大きいです。
彼女の息遣いを近くに感じながら
エッチシーンは45分間。
プレイはキス、耳舐め、太もも/おちんちんの愛撫、素股です。

素股の際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。

「あなたの内側から あなたの心と体を エッチに変えていってもいいですか?」
催眠を使ってお客を気持ちいい世界に案内したみいなは
彼にもっと気持ちよくなってもらおうとお店で禁止されてるキスを始めます。

エッチはお店のサービスということで終始彼女がリードします。
前半の20分間はお口を使ったプレイが中心。
ソフトなキスから入り舌を絡めるディープキス、さらに耳舐めと
エッチな音を積極的に鳴らしながら気持ちよくなる暗示を入れて心身をバランス良く盛り上げます。

「もっと激しくキスすると 今度はトロトロだけじゃなく ゾクゾクの快感も感じ始めちゃいますよ」
エッチに入っても彼女の甘さと優しさは留まるところを知りません。
彼を楽しませるのはもちろん、自分もこのエッチを楽しめるように多くのシーンで体を密着させ
至近距離から熱っぽい吐息を漏らして自分の温もりと興奮を伝えます。

バイノーラル録音特有の微かな風圧も感じられてものすごくリアルです。
彼女の吐息につられて股間が熱くなる人がきっといるでしょう。

プレイ開始直後は暗示重視で進め、後になるほどちゅぱ音の割合を増やしていくのもポイント。
催眠音声のエッチに不足しがちな純粋なエロさを補いつつ催眠特有の快感を味わわせます。
心身がとろける感覚も引き続き味わえますから癒されながら気持ちよくなれます。

シーン最後の絶頂時は股間を中心にムズムズした快感がじわじわと湧き上がってくるのを感じました。
一気に突き抜けて収まるのではなく弱めに長く続くタイプの絶頂感です。

続く後半はターゲットをおちんちんに移し
ズボン越し→直接の順に指で優しく愛撫してから素股で二人一緒の絶頂を目指します。

「精液の通り道を 快感が通り抜ける 気持ちいい 撫でるたびに快感は強くなりますよ」
おちんちんの愛撫は指一本だけを使って根本から先端に向けてゆっくり撫でるソフトなプレイ。
ですが先ほどよりも明らかに興奮してる彼女の息遣いや丁寧な暗示の効果で前半以上に気持ちよくなれます。
彼女が精液の通り道に沿って指を這わせることで遠回しに射精の快感を喚起してるからかもしれません。
焦らし系ですが意地悪さを打ち消して進めるおかげでノーマルな人でも普通に聴けます。

「ん、んっ… おちんちんとおまんこが擦れて 快感が溢れていくのを感じる 気持ちよくとろけていく」
純粋なエロさが最も高いのはやはり最後の素股でしょうね。
我慢できなくなった彼女がすっかり濡れたおまんこを生のおちんちんと何度も擦らせます。
おちんちんの愛撫と同じく1回1回ゆっくり動かし、そのたびに効果音と軽めの喘ぎ声を漏らします。

ここで最初の絶頂を迎えた後に責めが一気に激しくなりますから
ドライ慣れしてる人なら連続絶頂も十分可能だと思います。
連続絶頂シーンが2分ほど取られていてここも長く快感を味わえるようになってます。

このように、お客と店員よりも恋人同士に近い距離でする臨場感の高いエッチが繰り広げられてます。
隅から隅まで甘い作品
可愛さのある大人の女性とひたすらイチャイチャする癒し成分の強い作品です。

みいなは新しくできたお店に来てくれたお客にスッキリしてもらおうと
丁寧な言葉遣いの中に親しみを込めて語りかけながら催眠を交えたエッチなサービスをします。
そして催眠、エッチいずれも色んな方向から働きかけて幸福感と性的快感をゆっくりじっくり広げます。

日常会話っぽい話し方でさり気なく暗示を入れるナチュラルな催眠
自分から積極的に体を密着させ、エッチな吐息を漏らしながら気持ちよくするエッチ。
お店のサービスから連想される心の距離や割り切り感を徹底的に取り除き
彼女との一体感を味わわせながらドライオーガズムへ導きます。

「また いらしてくださいね よければ次の時もご指名いただけると嬉しいです」
専門店でここまで踏み込んだサービスをすることに疑問を感じる人がいるかもしれません。
ですがそれを解消するやり取りが作中にきちんと入ってます。
彼女をサービス担当ではなく受付に置いたのもこのプレイを違和感なく成立させるための配慮なのでしょう。
彼女の内面を反映させたお世話をするから甘く感じるわけです。

催眠は誘導の流れや暗示の忍び込ませ方が秀逸です。
双子を使わずにここまでの短時間で見事に深化できる作品はなかなかありません。
みもりさんの声質とセリフの表現がマッチしてるのも大きいのだと思います。

エッチは淫語をできるだけ言わずにちゅぱ音、吐息、暗示で興奮を誘います。
密着して耳元に囁きかけるシーンも多く雰囲気が良いです。

絶頂シーンは2回+α(連続絶頂)。
吐息多め、ちゅぱ音それなり、くちゅ音と喘ぎ声そこそこ、淫語ごく僅かです。

催眠に入りやすくエッチも充実してる総合力の高い作品です。

CV:みもりあいのさん
総時間 1:04:05

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

催眠音声『電車の中の痴女』~えっちなお姉さんの性欲のはけ口にされちゃうアタシ(ボク)~

サークル「しりあるヒプノ」さんの催眠音声作品(男女両用)。

今回紹介する作品は、エッチな事が大好きで催眠にも精通してるお姉さんが
同じく淫乱な少女に電車内で新しい女の悦びを教えます。

主人公が電車に乗り込み、お姉さんと会話する様子を通じてリラックスや深化を促したり
自分が女性になってる気分にさせながらイメージと暗示で気持ちよくするなど
相手を無理矢理犯すのではなく楽しませることを目指した和やかな痴女プレイを行います。

今回は少女ルートを聴いてのレビューをお送りします。
塾の後は大人のレッスン
電車内でお姉さんに催眠をかけられ何度もイかされるお話。

「確かに幼い頃から エッチな事に対する興味が一際強かった」
主人公は淡々と話す明るい声の女性。
音声を聴く際の注意事項を簡単に説明すると、以前自分が体験したエッチな事について独白し始めます。

本作品は満員電車で痴女に襲われる感覚を気持ちよく味わってもらうことを目的に
お姉さんが65分程度の時間を使って若い体をじっくり弄びます。

製品版には少女ルートと少年ルートの2パターンがありまして
前者は主人公が女の子で男女両用、後者は少年で男性専用と内容に大きな違いがあります。
催眠パートは共通でエッチから分岐する流れです。

痴女モノということで結果的には彼女に色々されるわけですが
その方法は男性が女性を襲う痴漢とは随分違いかなりマイルドです。
作中に体を押さえつけて無理矢理責めたり脅すシーンは一切ありません。
若い彼らが持ってる性に対する強い欲求をくすぐり、まだ知らない大人の快感を教える方向でエッチを進めます。

注意事項を説明して終えてからの10分間は主人公がお姉さんに出会うまでのお話。
塾を終えて家に帰る途中、土砂降りの中を駅まで移動し多くの乗客に揉まれながら窓際に陣取ります。
このシーンはモノローグなのでメインの語り手は主人公自身です。

「だから ゆっくりと深呼吸をして 気持ちを落ち着けることにしたの」
「電車は 人をたくさん乗せて とっても重たそうに ホームからゆっくりと 滑り出していく」

とある用事に時間をかけたせいで終電近くまで遅くなり、乗れない不安を打ち消そうと深呼吸したり
乗車後は周りの様子を語りながら「ゆっくり」「重い」といった言葉を投げかけるなど
彼の視点でお話を進めつつ聴き手が少しずつリラックスできるように働きかけます。

ドラマパートっぽい内容ですが明らかに催眠誘導しようとする意思が見られます。
バックで流れ続ける雨音や電車の音も相まって心地良い気分が湧いてくるでしょう。
イメージや言葉を使って現実世界で電車に乗った時の感覚をさり気なく呼び起こします。
電車が移動する様子を「カタン スーッ サー」と擬声語で表現し、それに合わせて効果音を鳴らす凝った演出もされてます。

続く25分間は語り手を主人公の真後ろに立ってるお姉さんへバトンタッチし
大学時代に勉強していた知識と技術を駆使してより深い催眠状態へ導きます。
これ以降に主人公が話すことは一度もありません。

「あなたが希望の学校に入れるように お姉さんが無意識に働きかけて 物事にしっかり集中できる催眠をかけてあげる」
彼女の心は襲いたい気持ちで溢れてるのでしょうが
いきなりそんなことをしたら拒絶されたり通報されるのは目に見えてます。
だから受験を控えてピリピリしてる彼の心を落ち着けるために催眠を施し、その中でエッチを有利に進める環境を整えます。
二人が出会う直前に大雨の影響で電車が止まり暗くなるなど、物語として違和感が出ないように考えて作られてます。

ここからの催眠は雲の間に見える満月を眺めたり
彼女のカウントに合わせて深呼吸しながら力を入れる→脱力を繰り返したり
前暗示を入れてからしばらく無言になって雨音だけを流すといったわかりやすいスタイルで進めます。

「すーっと一気に力が抜ける 圧迫されていたお腹のあたりから 上半身全体に 鼓動に合わせて 波のように温かさと脱力が広がっていき 海で砂山が波にさらわれていくように 体の支えがすーっと消えていく」
中でも深呼吸と脱力は10分程度の時間を用意し
瞼、口、お腹や太もも、脚と全身を上から下へ流す感じに少しずつ感覚を広げます。
力を抜く直前は素早く力強く、脱力後はゆったり柔らかく暗示を入れるのがいいですね。
モノローグ部分から引き続き脱力するおかげで体がだらんとするのを強めに実感します。

作品のテーマに合わせた形でリラックスと集中力を高める比較的高度な催眠です。
聴き手を物語の主人公になりきらせ、お姉さんとエッチしたい気分にさせることを目的に
最初の10分間は彼の視点で背景を語りながら軽めの暗示を入れて意識の力を弱め
次の25分間は凝視法、漸進的弛緩法、沈黙法、カウントを交えた深化と
古典催眠の技術を中心に据えて後になるほど催眠の感覚が強くなるように働きかけます。

ドラマ性をそれなりに含んでるおかげで主人公の状況や心情がわかりやすく
バックで流れる雨音や電車の音も作品世界への没入を大いに助けてます。
催眠話者が途中で切り替わる作りですが、モノローグは予備導入までなので催眠者は明らかにお姉さんです。
しばらくすると何も考えなくても彼らが置かれてる状況が頭に浮かぶのではないでしょうか。
催眠の技術と物語の親和性が高いおかげで入りやすいです。
同性らしい甘く淫靡なエッチ
少女ルートのエッチシーンは29分30秒間。
プレイはオナニー動画の視聴、手マン、指を舐める(愛液のお掃除)、Gスポット責め、パンツを咥える、クリ責めです。

オナニー、手マン、クリ責めの際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。
服を脱ぐ指示も出ません。

「どう? あなたにも 心当たりあるでしょ?」
催眠を使って主人公の集中力を高めたお姉さんは
催眠パートの最後に流したのとは別のエッチな動画を見せてその様子を実況します。

エッチは年上の彼女が終始リードします。
最初の6分30秒間は聴き手を主人公によりなりきらせつつ性的興奮を高めるシーン。
動画に映ってる女の子のオナニーを二人で一緒に鑑賞します。
ちなみにここでは右手から女の子の喘ぎ声やくちゅ音が流れます。

「可愛いタイツ履いてるわね 女の子らしく 足先が小さくて 足首もきゅっと締まってる」
「華奢な肩から すらりと伸びる腕 小さな手のひらから 綺麗な指が伸びてるけど あなたはその指で いつもエロい事してるのよね?」

前項を読み終えた時点で「女体化はどこでやるんだ?」と思った人がいるのではないでしょうか。
本作品ではエッチがふたつのルートに分かれる関係で女体化をエッチの最初に行います。
しかも体をパーツごとに変化させたり一気に変身させるストレートなアプローチを避け
動画内の女の子の容姿や痴態を主観的に語る流れで進めます。

簡単に言えば男から女にするのではなく最初から女だったと思わせるわけです。
一般的な女体化誘導に比べてやり方が独特かつ曖昧なので
女体化音声を数多く聴いてる中上級者か、リアルで女装をやって女性になることに慣れてる人向けと私は考えてます。
女体化に不慣れな人だとすんなり受け入れられない可能性があります。

ただし、女体化後のセリフ描写は聴き手=女性をとにかく徹底してます。
だからこのシーンで女性になりきれなかったとしても、自分が普段と違う存在になった感覚はすると思います。
そういう意味ではエッチ全体で女体化を徐々に推し進める作品とも見て取れます。

本格的なプレイが始まるのはその後から。
激しいオナニーを見てすっかり発情した主人公のおまんこにお姉さんが指を挿入し
女性の性感帯のひとつであるGスポットを押して絶頂へと導きます。

「ぎゅーっと押されると そこから腰全体に快感がじわーっと吹き上げてくる」
お姉さんも女性ですから主人公を無理矢理犯すことはありません。
最初は1本、次は2本と痛みを与えないように大事な部分を刺激し
それに合わせて気持ちよくなる暗示を入れて聴き手にも同じ快感を与えます。
他の乗客に見られる、知られるスリルを煽ることはほぼなく割と穏やかな雰囲気です。

主人公はクリオナしかしたことがないそうですから
同性の先輩としてそれとは違う快感を教えてあげたかったのかもしれません。
ソフトな言葉責めや彼女のパンツを口に咥えるプレイで心も盛り上げてくれますし
電車が動き出すまでの時間を使って受験のストレスを発散させつつ自分も楽しむ方向で責めます。

絶頂は最初に2回軽めに迎え、しばらく性感を溜めてから最後に大きく1回イキます。
どれもカウントに合わせてやりますからタイミングを合わせやすいです。
Gスポットを責められてる時はおちんちんの根本が、クリは亀頭のあたりがムズムズピリピリしました。

このように、女性になった気分にさせながら弄ぶ和やかなエッチが繰り広げられてます。
マイルドな痴女作品
女性の快感を変わった視点で味わわせてくれる作品です。

お姉さんは主人公とできるだけ円満な形でエッチしようと
電車に乗り込んだ時点では手を出さずにおっぱいだけを体に押しつけ
しばらく下りられない状況になったところで初めて動き出します。
そして受験生の心理を突いた方法で催眠をかけ、その後は女性が気持ちよくなれるツボを的確に責めます。

聴き手が主人公と同じ視点で楽しめることを強く意識したストーリー性の強い内容
イメージに暗示や音を組み合わせてさり気なくリラックスさせる導入シーン
信頼関係を築きながら手堅い技術でかっつり落とすメインの催眠
動画鑑賞を通じて女性になりきらせてから性感帯を後になるほど強く厚く責めるエッチ。
己の欲求を満たすためだけにする現実世界の痴女行為とは違い、相手への思いやりを強く込めて年下の同性を弄びます。

「あなたを見ていたら だいぶ興奮してしまっているみたい」
彼女が自分の欲望を曝け出し始めるのは本当に最後のほうです。
それまではOLのイメージ通りのおっとりした上品なキャラに徹します。
そこに持っていくまでの流れも丁寧ですし、珍しいシチュでするレズエッチと呼ぶほうが妥当かもしれません。
ハード系ではありませんから属性はややM~Mあたりと見ています。

催眠はモノローグとお姉さんのシーンで方向性を切り替えてくるのが印象的でした。
前者は間接的、後者は直接的にアプローチしてきます。
バックで流れ続ける雨音もリラックスやストーリーの辻褄合わせに大変役立ってます。
催眠パートの最後に止みますからエッチの邪魔になることはありません。

エッチは前項でも話した通り女体化できるかどうかが大きなカギです。
私が聴いた時もこの部分の接続に多少の違和感を覚えました。
しかしそれ以降のGスポット責めやクリ責めは女性に自然となりきれる表現ばかりで素晴らしいです。

少女ルートの絶頂シーンは3回。
淫語とくちゅ音それなり、喘ぎ声そこそこ、ちゅぱ音はありません。

それなりの慣れを要する部分もありますが品質は十分優れてる作品です。

CV:分倍河原シホさん 浅木式さん(諸注意のみ担当)
総時間 1:33:09(少女ルート…1:11:04 少年ルート…58:51)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2018年2月5日まで20%OFFの880円で販売されてます。

サークル「すくりぷてっどこねくしょん」さんの無料の催眠音声作品。

今回紹介する作品は、口調は穏やかだけど性格は結構Sなお姉さんが
調教済みの男性に射精とは違う快楽を与えます。

催眠→エッチの順に行う一般的な催眠音声とは違い、軽めのエッチをした後に深化を挟み
それから様々な暗示を組み合わせて絶頂させる変わったサービスが楽しめます。
乳首をいじるシーンが多いので開発済みな人のほうが気持ちよくなれるでしょう。
精液を出せない代わりのご褒美に
お姉さんの指示に従って気持ちよくなるお話。

「うふふっ こんばんは こんな時間にどうしたんですか?」
お姉さんは明るくて可愛い声の女性。
自分にエッチな事をしてほしくて寝つけずにいる主人公を温かく迎えると
お望み通り焦らしに焦らしてから気持ちいい絶頂に導きます。

本作品はご主人様として過去に彼を何度も調教してる彼女が
およそ40分に渡って催眠を交えたもどかしいプレイを提供します。
タイトル通り最初から最後まで丁寧語を貫くため調教モノの中では雰囲気が柔らかく
言葉責めについても催眠の技術を使って聴き手が受け入れやすく感じるように投げかけます。

最大の特徴はなんと言ってもサービスの進め方。
催眠誘導をしてからエッチに移る一般的な催眠音声とは違い
最初に軽めのエッチをした後に暗示を入れ始め、お話が進むほど催眠色が強くなるようにリードします。

簡単に言うと催眠誘導とエッチをほぼ同時に行うわけです。
そのため本レビューでも催眠とエッチを分けずエッチシーンの説明と一緒に催眠のことも話します。

すくりぷてっどこねくしょんさんは以前からエッチの最中にも深化の暗示を積極的に入れる傾向が見られました。
本作品はその特徴をより先鋭化させた珍しいタイプのものです。
催眠には入れるけどエッチの途中でそれが切れてしまうことの多い人には相性が良いと言えます。
優しく縛りつけるエッチ
エッチシーンはほぼ全編にあたる39分間。
プレイは玉揉み、乳首オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありですが射精表現はありません。
音声の最初に服を脱ぐ指示が出ます。

「じゃあ いつもの契りを交わしましょう」
主人公に服を脱いで正座する指示を出したお姉さんは
そのおちんちんが誰のものかを再確認してからボディチェックをします。

エッチは終始彼女に言われた通りに体を動かします。
最初の8分間は彼女の事や二人の関係を教えながら気持ちを盛り上げるプレイ。
全裸になって床に座り、脚を少し開いて彼女におちんちんを見てもらいます。

「この中で白くてどろっどろの精液を作っているんです」
彼女はご主人様ですから当然彼の射精の権利も握ってます。
だからまずは金玉を優しく撫でて射精できる状況かを確認します。
自分の急所を女性に委ねるあたりが調教らしくていいですね。
説明的でない方法で自分が彼女の所有物になったことを教えてくれます。

催眠の要素が本格的に出始めるのはその後から。
正座を解除してベッドに横になり、手をクロスさせた状態で乳首を左右同時に摘んだり
男性にとって最も敏感な前立腺に意識を向けて体のほうも気持ちよくします。

「乳首が感じると連動して 前立腺もきゅんってなるの そうするともっと 頭の中がぼーっとしちゃう」
「可愛いって言われるとなんだか幸せ エッチな気分になるのは幸せ あなたは私の声を聞いてると幸せ 幸せだから私の言うことはすべて受け入れ 何でも言う通りにします」

乳首オナニー自体は開始、停止、大まかないじり方を指示するのに留め
それらが終わった後は「幸せ」「ぼーっとする」といった催眠状態を深める言葉を厚めに投げかけます。
下のセリフのようにプラスの感覚を少しずつ変えて隷属を促すおかげで彼女の言うことを受け入れやすく
時間が経つほど寝起きのような意識のぼやけが強くなるのを感じました。

後半になると催眠らしさがより加速します。
乳首オナニーを停止させてから様々な暗示を入れて彼女に従う喜びを教え込み
無事完全な奴隷になれた後はご褒美として再度の乳首オナニーと絶頂をプレゼントします。

「頭から爪先まで全部 あなたのものすべてが 私のものになります それがあなたにとって とても幸せなことだから」
「あなたは私に○○と呼ばれると 頭が真っ白になります」

奴隷から連想されるマイナスのイメージを徹底的に和らげたセリフが丁寧口調とマッチしており
引き続き深化を推し進める展開も相まってとてもいい気分に浸ることができます。
精液の熟成具合がイマイチということで射精はお預けされますが
それに代わる十分な快感を多くの人が得られるでしょう。

このように、純粋な快感と従う喜びを組み合わせてイかせるテーマに沿ったエッチが繰り広げられてます。
優しく調教してくれる作品
自分から従いたい気分にさせてくれるマイルドな調教作品です。

お姉さんはこれまでの調教ですっかり従順になった主人公の射精をスムーズに管理しようと
ただ禁止するのではなく射精と同等、あるいはそれ以上の快感を与えて性的欲求を発散させます。
そして前半は体、後半は心と責めるターゲットを変化させて両方をバランス良く盛り上げます。

催眠とエッチをほぼ完全に同化させた大変珍しい構造
おちんちんへの刺激は一切行わず乳首や前立腺を責める流れ
彼女にすべてを委ね、従う快感を教えながらイかせる調教らしいプレイ。
キーワードの丁寧語と射精管理を上手く活用した柔らかい調教を施します。

「こうやってお預けされるのも エッチなご褒美のため 最高の快楽のため」
ご主人様だからといって高圧的に振る舞わず、むしろもてなす姿勢でリードするのがとても印象的でした。
奴隷といっても人間ですから射精を禁止されたらどうしても心に不満が残ってしまいます。
だから射精しない点だけは変えずにできる限りのことをしてあげます。
声が甘いおかげで丁寧口調でも冷たさは感じませんし、彼女に対して嫌な気分を抱く人はほとんどいないと思います。
セリフの表現が柔らかいもので統一されてるのも大きいです。

催眠は中盤以降でカウントを数えるシーンがあるものの
それ以外はほぼ暗示を繋げて誘導するサークルさん独自のものです。
暗示の量、表現、入れ方が全部優れてるので変則的でも入りやすい部類と言えます。
最初のほうは乳首や股間が気持ちよかったのに、後になると今度は頭の中のほうがそう感じるのではないでしょうか。
ドライの感覚も幸せイキに近いものでした。

絶頂シーンは4回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

エッチが充実してるのに加えて催眠の感覚もしっかり味わえる個性的な作品です。
無料ですから興味の湧いた方は是非お試しください。

CV:一之瀬りとさん
総時間 44:09

すくりぷてっどこねくしょん
http://107baknyuata.blog110.fc2.com/blog-entry-209.html

催眠術師の悪戯~催眠ショーのステージの上で…~

サークル「エロトランス」さんの催眠音声作品(男女両用)。

今回紹介する作品は、明るくていたずら好きな催眠術師が
男女二人へ同時に催眠をかけてからエンターテインメント性の強いエッチをします。

聴き手と一緒に参加してる女の子に異なる暗示を入れたり
彼女を動物や別の人物になりきらせ、それに合ったプレイをするなど
催眠ショーの予行演習を疑似体験させることを強く意識した独特なサービスを行います。
女性が二人いるおかげでエッチの最中にちゅぱ音が多く鳴るのも魅力です。
催眠ショーの参加者になりきって
催眠術師に催眠をかけられ女の子とエッチするお話。

「ごめんねー 今日は二人に来てもらって」
催眠術師は砕けた口調で話す和やかな声の女の子。
自分が参加する催眠ショーの前日に主人公と女の子を呼び出すと
事情を話してからショーの段取りを説明します。

本作品は現実世界のテレビ番組などで行われてる催眠ショーをテーマに
彼女がおよそ80分に渡って催眠を交えた独特なサービスをします。

催眠音声では一般的にかかる側は聴き手一人ですが、今回は臨場感を出すために女性の被験者も別に用意し
自分と彼女に異なる暗示を入れるシーンが適度にあります。

催眠の内容も単にかけるのではなく、会場にいる観客にも楽しんでもらうことを目指したものばかりです。
ちなみに製品版には男性向けの他に淫語を調整した女性向けバージョンも入ってます。

「催眠ってね あのーほら 先にかかってる人がおると なんかその後にかける人 かかる人にかかる 催眠がかかる可能性がね ぐーんとこう上がるんよ?」
またサークルさんがこれまで3作出されてるリアルヒプノシリーズの続編ということで
彼女たちの口調は実際の会話とほぼ同じものになってます。
術師と2人の関係は不明ですがセリフを聞いてる限りではそれなりに親しいのでしょう。
練習といっても開始後は本番とほぼ同じ雰囲気で真剣に取り組みます。

本作品のショーらしさを形作るもうひとつの要素は声の使い方。
明日来るであろう観衆や女の子に話しかける時はやや遠く
主人公の時はかなり近くと位置や距離を大きく切り替えながら積極的に動き回ります。
普段よりも広いスタジオで録音したそうで空間を意識した演技がされてます。
テーマ、しゃべり方、雰囲気といった色んな要素を駆使して催眠ショーの世界に引き込んでくれます。
盛り上げながらかける活き活きした催眠
催眠はおよそ27分30秒間。
最初の「催眠ショー1」は小話から入って催眠に関する注意点を簡単に説明し
それから被暗示性のテスト、体の脱力、深化と後になるほど催眠状態が深まるように誘導します。

「なんか自分がやってるゲームをしてる人を電車の中で見かけると めっちゃテンション上がりません?」
催眠を本格的に始める前に会話シーンを挟んでるのが面白いですね。
催眠ショーは観客を楽しませるためにするものですから、まずは彼らの興味を引くところから始めます。
直後に被暗示性のテストをするのも彼らに催眠をできるだけ身近に感じてもらうためです。
こんな風に一対一でかける催眠とは明らかに違う部分がいくつも見られます。

「左肩の力も すーっと抜いていく 肘の力も 指の力も どんどん抜いていく」
その後に始まる脱力は右腕、左腕、胸とお腹など全身を大まかなパーツに分け
それぞれに「力が抜ける」などの暗示を的確に入れます。
聴き手の心を掴んでから催眠に入るからか驚くほどあっさり力が抜けました。
術師役の陽向葵ゅかさんは催眠音声初挑戦とのことですがしっかりした演技をされてます。

本作品の特徴が出始めるのは次の「催眠ショー2」(約10分30秒)。
術師が観客の中から主人公と女の子を選んでるように振る舞い
さらに深い催眠状態に落としてからそれぞれに一風変わった暗示を入れます。

女の子「(手を)握って…いいの?」
術師「うんいいですよー ほーら 触れるともっと幸せ」
具体的な内容は聴いてのお楽しみにさせていただくとして
ここからはもう一人の被験者にあたる女の子もしゃべり始めます。
術師とはまるで違う控えめそうな子がうっとりした表情で手を握る。
他の人たちが見たら盛り上がりそうなアプローチをかけて催眠の面白さや心地よさを教えます。

不特定多数を楽しませることを意識した非常に独特な催眠です。
聴き手を催眠ショーの参加者になりきらせ幸せな感覚で包み込むことを目的に
最初のパートは会話によるリラックス、脱力、最初の深化を行い
次のパートはさらなる深化とエッチに向けての準備を見据えて伸び伸びとリードします。

技術も十分個性的なのですが、私にはそれ以上に術師の話し方や声の動かし方のほうが印象に残りました。
バイノーラル録音作品でよく使われる左右の振り分けよりも遠近感を重視してます。
彼女が女の子のほうに移動したり自分に近づいてくる様子が声でリアルに表現されてるので
自分が主役ではなく参加者の一人であることが実感しやすいです。
一種の没入感を味わいながら催眠に入ることができるでしょう。
美味しいけど素直に喜べない複雑なエッチ
エッチシーンは2パート34分間。
プレイは耳舐め、フェラ、オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
服を脱ぐ指示は特に出ません(サークルさんは最初から脱いでおくことを推奨)。

「そういえば あなたは舐めること大好きだったよね?」
催眠を使って主人公と女の子を幸せな気分で満たした術師は
女の子の嗜好に合った暗示を入れてから彼の耳を舐めさせます。

エッチは心への責めを術師が、体は女の子が担当します。
最初の「エロパート1」は感度の上昇や蓄積を目的にしたプレイ(約8分)。
女の子に彼の耳を舐めたくなる暗示、彼には舐められると頭の中がとろける暗示を入れ
左耳至近距離からやや激しいちゅぱ音を鳴らします。

「期待しちゃうよねー どんな舐め方するのかな? 控えめに舐めてくれるのかな? 激しく舐めてくれるのかな?」
そしてここでも彼だけでなく観客の期待も煽りながらプレイを進めます。
女の子は声質や仕草からエッチがそれほど上手そうな女性には見えません。
そんな彼女が舌を小まめに動かして積極的に責める姿にもグッとくるものがあります。
この後のパートも含めて本作品のエッチは彼女の特徴を逆手に取ったプレイで興奮させてくれます。

術師が暗示、女の子は耳舐めと役割分担がはっきりできてるのもいいですね。
催眠音声の中でもちゅぱ音の量が多く、音がリアルなおかげで耳にこそばゆい刺激が感じられます。
パート終盤にはほんの少しですがダブル耳舐めもありますし、純粋なエロさにおいてもかなりのものを持ってます。

さらに面白いプレイが登場するのが「エロパート2」(約26分)。
今度は女の子へ子猫になる暗示を入れ、美味しいミルクが入ってる彼のおちんちんをたっぷり舐めさせます。

プレイ自体はフェラなのですが、女の子は催眠の効果で猫になりきってるので
これがエッチな行為かどうかを認識できません。
その証拠にプレイ中は適度に「にゃーにゃー」と可愛い鳴き声を上げます。
しかしちゅぱ音はねっとりした水分高めのもので結構エロいです。

「可哀想 まだ性の知識のない子に舐めさせてるようなものだよ けど罪悪感や背徳感が混じり合い それがよりあなたを興奮させるよね」
ついさっき会ったばかりの女性におちんちんを舐めさせ最後に精液を飲ます。
清純そうな女の子の体を汚す喜びと背徳感を与えて絶頂できる環境を整えます。
音声を聴く限り主人公と女の子は術師との面識を個別に持ってるだけで当人同士はおそらく初対面と思われます。

催眠暗示、シチュ、ちゅぱ音など興奮できる材料がいくつも用意されてるからか
絶頂シーンではおちんちんの根本がビクビク痙攣してそのたびに気持ちいい感覚が広がっていきました。
射精表現がありますしノーハンドで出る人がいるかもしれませんね。
それくらい盛り上げ方が上手です。

術師「ほら 惨めにイキなさい」
女の子「謝りながらイくんだよ? ごめんなさいごめんなさいって」
このパートの魅力はまだあります。
ドライオーガズムを迎えた後、術師が猫から自分のサポート役に女の子へと切り替え
先ほどまでのプレイを彼に反省させながらオナニーを観察します。

女の子に精液を飲ませて終わりでは後味が悪いから仕返しするシーンを設けたのでしょう。
ちょっぴり意地悪に振る舞う程度でドM向けと呼ぶほどハードなことは言いません。
オナニー自体は運動支配の暗示で腕の動きを制御し、途中から耳舐めを加えて射精させる割とシンプルなものです。
このエッチだとドライだけじゃスッキリできない可能性がありますし
最後にセルフからの射精を置いてくれるのはありがたいです。

このように、もう一人の被験者も参加させて心身をバランス良く責める奇抜なエッチが繰り広げられてます。
楽しみながらイける作品
催眠ショーらしさを大事にしながら気持ちよくする高品質な作品です。

術師は催眠ショーの練習に付き合ってくれた二人を楽しませようと
本番と同じ流れで催眠を施し、それから観客に見せることを強く意識した面白いエッチをします。

聴き手以外にもう一人の被験者を用意し別の暗示を入れる独特な作り
猫になる、催眠術師になるなど催眠音声ではあまり見かけないアプローチの数々
そして女の子のキャラを活かして興奮や絶頂を促す若干ブラックなエッチ。
テーマ性を出しつつ催眠とエッチの両方を満喫してもらう方向でサービスを進めます。

女の子「ねぇ あなたのミルク飲ませて興奮した?」
中でもエッチは現実世界でやったら捕まりそうなレベルの大胆なプレイを盛り込んでます。
ほぼ二対一の構成ですけど双子催眠とはまったく違ってすごく面白かったです。
女の子を被験者側に置いてるから耳舐めやフェラが充実してます。
ドライとウェット両方の絶頂形式が入ってたりと性的に満足できるものに仕上がってます。

催眠は被験者ごとに暗示の内容を切り替えてるのが最大の特徴です。
女の子に暗示を入れる時も何をやってるかがわかるからその後の展開にワクワクします。
ところどころに再深化を挟んで催眠状態を維持しやすくしてますし
サークルさんが以前から持ってる手堅さや表現力の高さが本作品にもきっちり反映されてます。

絶頂シーンはドライ2回、射精1回。
ちゅぱ音多め、淫語ごく僅か、喘ぎ声はありません。

変わった作品が好きな人には特におすすめします。
おまけはフリートークとNG集です。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 1:29:05(本編…1:18:48 おまけ…10:17)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

MSOT.

サークル「Es_Lab」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、男をメスに変えるサービスを専門に行なってる不思議なお店で
可愛らしい風俗嬢が催眠を使ってメスの快感を少しずつ教えます。

総時間の大部分を催眠に割いてリラックス、深化、メス化の暗示を一歩ずつ進め
最後におちんちん以外の部分を刺激して数回ドライさせるといったように
純粋な快感よりもメスへと堕ちていく過程を楽しませることを重視してリードします。
心だけを女の子へ
男の娘飼育倶楽部の店員「花表 咲ら(とりい さくら)」からエッチなサービスを受けるお話。

「いらっしゃいませ おにーさんっ 今日はご指名ありがとうございます」
咲らは明るくて可愛い声の女の子。
男の娘になりたい願望を抱いて来店した主人公を温かく迎えると
アイマスクを装着し椅子に座らせてからとあるゲームを持ちかけます。

本作品は心だけをメスに変えて気持ちよくドライ絶頂することを目的に
彼女が70分程度の時間をかけてメス堕ち催眠をかけたりその状況を活かしたプレイをします。
催眠音声ではお馴染みの女体化誘導は一切せず
様々なアプローチをかけて男性から遠ざけ女性に少しずつ近づけていきます。

催眠が55分、エッチは17分とかなり催眠に寄った構成になってるおかげで
催眠に入っていく感覚や漂う感覚が味わいやすく、自分が普段とは別の存在になった気分にも浸りやすいです。
サークルさんが「ちんこしゃぶりたい!って思わせたい」とおっしゃられてるだけあって
後のほうになると男性とのエッチにさほど抵抗を感じなくなる人が結構いると思います。
そして心がメス化するからこそおちんちん以外の部分を責めてイキやすくなるわけです。

テーマはアブノーマルですが進め方は大変丁寧なので
性癖はノーマルだけど変わったエッチに触れてみたいという人でも割と聴けます。
ごく一部を除いて咲らが明るく優しい態度で接し続けるため雰囲気はとても和やかです。
一歩ずつメスへ変えてく催眠
催眠は9パート55分間。
最初の「準備」「リラックス」「暗示」パートは本題のメス堕ちをあまり絡めず
運動や脱力をして咲らの言葉を受け入れやすくしたり暗示で深い催眠状態に入ります。

準備パートでする運動は彼女がカウントを数えてる間に特定の姿勢を維持する、といったもの。
座って聴くことを想定してるので寝て聴きたい人はこのパートを終えてからそうしたほうがやりやすいです。
リラックスさせつつ作品の世界に引き込むことを狙った演出がされており
バイノーラル録音特有のリアルな声やリップ音が距離の近さを感じさせてくれます。
これらを楽しそうに指示する彼女の姿にも癒されました。

「ずーんて音 ずっと聴いてると なんか脳波がどうこうで 体にいいみたい」
本格的催眠が始まるのは次のリラックスパートから。
ゆっくりした旋律の癒される音楽を流しつつ小刻みな振動を加えて意識の力を弱めます。
頭の中が揺さぶられてる感じがしてとても気持ちよかったです。
それと並行して入る脱力の暗示もその効果を増幅させるのに役立ってます。

「これから 君の意識はどんどん女の子 メスに変えられていっちゃうけど それは君が望んだこと だから君は進んでメスになろうって努力する」
催眠の感覚が一気に強まるのは暗示パートでしょうね。
「意識が沈む」など深化を促す暗示を立て続けに入れて夢の世界へ案内します。
その後もメス化に対する抵抗力を削いだり、彼女の言葉を素直に受け入れられる心構えを身につけるなど
メス堕ちに取り掛かろうとしてるのを匂わせるアプローチがいくつも登場します。

被暗示性の高い人はおそらくリラックスパートの時点でそれなりに入ってると思います。
深化のやり方も丁寧で上手ですし、メス化への土台作りとしてこの上ない品質を持ってます。

続く6パート32分間はいよいよメスになる快感を教えていきます。
「矯正」パートでは主人公の心を男性から女性へ大きくシフトさせ
その後の「刷り込み」や「学習用」ではその感覚を定着させる行為や暗示を入れます。

「そんなので生きてて楽しい? もう一回人生リセットしちゃったほうがよくない?」
この中で最も特徴的なのが矯正パート。
ダメなところをいくつか宣言させたり、今の自分を全否定するセリフを投げかけるなど
男性であることに嫌な気分を抱くように働きかけ、それと同時に女性になるメリットを教えて誘導します。
これが販売ページのジャンルに「洗脳」が入ってる理由です。

催眠音声では催眠者がネガティブなことを言うのはあまりよくないとされてます。
ですが本作品の場合は凹ませるためではなくメス化を推し進めるための手段として意図的に取り入れてます。
マイルドなバージョンも用意されてますから罵倒が苦手な人はそちらを選ぶといいでしょう。

学習用パートは初回用、2回目以降用、チョーカーを着ける用、ガーターリングを着ける用の4種類があります。
後のふたつは実際に持ってる人向けで内容に合わせて暗示が若干違うものになってます。
催眠にうまく入れていれば彼女の言葉を意外なほどすんなり受け入れられてることに気づくでしょう。
彼女の声が左右に分かれてひたすら暗示を入れてくるので結構強烈です。

時間をかけてゆっくりじっくり進めるテーマ性の強い催眠です。
聴き手の心を男性からメスへ変えることを目的に、前半は音楽や音を交えた正統派の催眠誘導
後半は罵声や多少の双子要素を取り入れたメス化と方針を大きく切り替えて行います。
これまで数多くの名作を制作されてきたサークルさんなだけあって催眠のレベルが高く
メインのメス化も聴き手との信頼関係を崩さないよう気をつけながら突き放します。

本作品は女体化作品のように体を作り変えるアプローチができないので
多少刺激的な要素を盛り込んでおかないと女性になったことを実感させづらいところがあります。
矯正パート以外は至って穏やかですしあまり気にならないのではないでしょうか。
復唱を挟んでるのも聴き手が自らそうなるのを後押しする狙いがあるのだと思います。
おちんちん以外の性感帯でイク快感
エッチシーンは17分間。
プレイはリボン装着、PC筋を動かす、乳首オナニー、舌を撫でる、咲らのオナニーです。

咲らのオナニーの際に効果音が鳴ります。
セルフはありですが射精表現はありません。
服を脱ぐ指示は特に出ません。

「そろそろ 気持ちいいことしたいよね? いいよ 私がいっぱい気持ちよくしてあげる ね?」
催眠を使って主人公の心をメスに変えた咲らは
おちんちんの根本にリボンをつけて射精しにくくしてから変わったオナニーを指示します。

エッチは彼女に言われた通りに手や筋肉を動かします。
最初の7分間はトレーニング要素を含んだプレイ。
カウントや声に合わせてPC筋を動かしながら乳首を指でいじり
さらに舌を突き出しその腹を撫でてメスになった気分をさらに膨らませます。
ちなみにリボンがない場合は指でおちんちんの根本を握ればOKだそうです。

「力の加減が変わるたびに どんどん疼いてくる エッチな気持ちになってくる」
おちんちんへの刺激がほぼないプレイなので純粋な快感はそこまで強くないものの
複数の性感帯を同時に責める流れや気持ちよくなる暗示の効果で
股間を中心にムズムズした快感が少しずつ湧いてきます。
女の子の前で痴態を晒し続けるシチュも心を盛り上げるのに役立ってます。

続く10分間は主にドライオーガズムを楽しむシーン。
長めのカウントに合わせてPC筋に力を入れ続けてから緩めたり
乳首と舌を引き続きいじって射精とは違うタイプの絶頂を何度も目指します。

「一生懸命動かしなさい 乳首もお尻に合わせて 一緒に強弱つけていじりなさい そうすれば もっと気持ちよくなれる」
多少の意地悪をしてくるものの彼女の声や態度は引き続き優しく
終盤には一緒にオナニーを始めて絶頂までします。
彼女は彼を男の娘にするためにこのサービスをしてるので見下すことはほとんどありません。
恥ずかしいことも全部受けとめてくれるから良い気分でエッチに取り組むことができます。

このように、股間への刺激を極力避けながらイかせる独特なエッチが繰り広げられてます。
マイルドなTS作品
自分の心が男性から女性へと変わっていく過程を楽しませる和やかな作品です。

咲らは女性の気持ちや快感を味わってみたくてお店を訪れた主人公の願いを叶えようと
最初から最後まで明るく優しい態度で接しながら目的に沿ったエッチなサービスをします。

催眠をしっかり深めてからメス化に移る丁寧な流れ、色んな方向から働きかけて自発的にそうさせる柔らかいアプローチ
そしてメスになったことを自覚させたままイかせるテーマに沿ったエッチ。
タイトル通りメスに堕ちたことを強く感じさせながらドライオーガズムへ導きます。

「何度も何度もメスイキして 心も体も 本物のメスになろうね」
テーマやサービスの内容だけを見ればアブノーマルです。
でもそこに至るまでの過程や彼女のキャラが穏やかでとっつきやすくなってます。
Es_Labさんは以前からぶっ飛んだサービスを大衆性を持たせて行う傾向がありましたが
本作品はその中でも一際マイルドな路線を歩んでます。


そう感じる一番の理由は催眠がとてつもなくきめ細かいからです。
エッチよりもずっと長い時間を割いて催眠誘導からひとつずつ慎重に行います。
最初の深化をした後も合間に再深化の暗示を入れて催眠状態の維持に努めてますし
催眠の心地よさを十分に感じながらメス化する方向で組み立ててます。

パートによってやることがまるで違うから聴いてて飽きが来ず
メス化の流れも個性と合理性を兼ね備えたハイレベルなものです。
女体化とは違い心だけを女性に変えるにどうすればいいかが考えられてます。
きつい描写があるパートに別バージョンを用意してるのもその一環です。
催眠も入りやすく普段の自分とは違う心境で気持ちよくなれます。

エッチはおちんちんへの刺激を避けて心身をバランスよく責めます。
乳首の開発具合によって差が出る部分もありますが、
メス堕ちを主観的に味わわせるのが目的の作品なら乳首オナニーは外せないと思います。

絶頂シーンは3回。
淫語そこそこ、くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声ごく僅かです。

催眠音声でもレアなジャンルに挑戦し十分な成功を収めてる作品です。
おまけは「射精管理?」パートです。

CV:杏子 御津(あんず みつ)さん
総時間 1:38:44(本編…1:28:57 おまけ…9:47)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

天使と悪魔の相反催眠

サークル「F・A・S」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、ほぼ正反対の特徴や性格を持つ二人の女性が
男性の左右に寄り添いながら催眠を交えたエッチなサービスをします。

片方が脱力させようとするともう片方がそれを食い止めたり
真逆のカウントや暗示を同時に入れて混乱させるなど
作品のテーマに合わせた独特な双子催眠をするのが特徴です。
心身ともにそれなりの負荷がかかりますから、疲れてもいい休日に聴くことをおすすめします。
天使と悪魔の甘い誘惑
天使と悪魔に催眠をかけられ何度も絶頂するお話。

「それでは 催眠に入りやすくなる 簡単なリラックス運動をしましょう」
天使は穏やかで澄んだ声のお姉さん。
「10分くらい立ち上がった状態でやるから 準備はしっかりしてくださいね」
悪魔は上品で色っぽい声のお姉さん。
音声を聴く際の注意事項を左右交互に話す形で説明すると
本編を始める前に催眠に入りやすくなるための運動をします。

本作品はアニメや漫画で時々見かける脳内会議を気持ちよく体験してもらうために
彼女たちがおよそ1時間40分に渡って交互に、あるいは同時に語りかけます。
催眠音声ではすっかりお馴染みの双子形式にあたるわけですが
悪魔は彼の魂を堕落させる、天使は浄化させると真逆の目的を持ってるおかげで進め方が非常に独特です。

悪魔「安心して 君はそのまま 私の言葉を聞いているだけでいいんだよ」
天使「いいえ 惑わされてはダメですよ 私の声を聞いてくださいね」
例えば悪魔が快楽を餌に自分の声を聴くよう呼びかけると
天使は「聴いちゃダメ」と言ってそれを阻止しようとします。
他にも深化させる際に正反対のカウントや暗示を同時に入れるなど
二人のセリフをまったく違うものにし、それを両方同時に聞かせることで聴き手の混乱を誘います。

一般的な双子催眠は二人が協力して催眠やエッチを進めますから
本作品を実際に聴いてみるとそれらとは随分違う印象を抱くでしょう。
そして一部のシーンでは平衡感覚を失ったかのようなクラクラする気分が味わえるはずです。

ただし、二人を真正面から衝突させ続けてたらお話が成立しないことを踏まえて
天使も基本的には彼を気持ちよくする方向でリードします。
そして悪魔の手先に成り下がりそうなところで助け舟を出し軌道修正を図ります。
18禁催眠音声で気持ちよくなれなかったらまずいですからそのへんはきちんと考えられてます。

もうひとつ、全編を通じて二人の話すペースが緩やかなのも大きな特徴です。
双子催眠は時間に対するセリフや暗示の量が多い長所を活かすために
一人でサービスする時よりも気持ち速くしゃべることが多いです。
あるいは同じセリフを同時に言うとかセリフごとの間を極端に短くするなどです。

しかし本作品では先ほど説明した相反するセリフを無理なく楽しんでもらうために
大部分でのんびり話し、深化や絶頂シーンといった山場でのみペースを上げたり声を重ねます。
正反対のことを1時間以上も畳み掛けられたら脳に負荷がかかりすぎて気持ち悪くなる人もいるでしょうし
どちらの言う通りにするか悩むゆとりを与える意味でも効果的と言えます。

天使と悪魔が相反することを言って誘導する流れと話すペースの緩さ。
双子催眠の長所を維持しつつ別方向へと進化した大変面白い作品です。
リラックス重視の独特な催眠
催眠は2パート40分間。
最初のリラックス運動パートは部屋を明るくしたまま立ち上がって足を肩幅くらいに開き
そのまま好きなやり方で10分くらい腕をブラブラさせます。
サークルさんの過去作を聴いたことのある人ならお馴染みのシーンですね。

肩の筋肉がほぐれていくと 体がとてもだらーんとしてきます
本編開始前ということで天使と悪魔が言い争うことは特になく
ひとつのセリフを分担する、一部の重要な言葉だけを重ねて話すといった通常の双子催眠が楽しめます。
リラックスや脱力を促す暗示をそれなりに入れてきますから
催眠慣れしてる人ならここを聴き終えた時点で軽く入ってる感覚がするでしょう。

またここから解除パートの最後までサークルさんの持ち味である癒しの音楽が流れ続けます。
今回は音系ではないのでそこまで目まぐるしく変わることはありませんが
シーンごとの雰囲気に合ったものを流して作品への没入感を高めてくれます。

その後に始まる本編の催眠は28分ほど。
挨拶や前置きを少し挟んでから深呼吸や体の脱力をして深い催眠に入る準備を整えます。

悪魔「欲望を叶えるって気持ちいいんだよ? って そんなこと もちろん君はわかってるよね」
天使「何かに打ち込んで結果が返ってくる それもとても気持ちいいですよね」
そしてここからは二人のセリフに大きな違いが出てきます。
悪魔は彼をたぶらかして快楽に溺れさせたいことをストレートに伝えて誘惑し
天使は気持ちよくなることを肯定しつつ、爽快感や幸福感といった癒し系の快感を与える方向で動きます。

どちらの言葉に集中しても結局聴き手は気持ちよくなれるわけです。
彼女たちが話してる間も10分くらい深呼吸を続けるおかげで意識のぼやけを強めに実感できます。

悪魔「両足のつま先から力がどんどん抜けていく」
天使「力が抜けていく それを想像してはいけませんよ」
脱力は足先、足首、脹脛、太ももなど全身を10個のパーツに分け
下から上へ流しながらその都度悪魔が脱力する暗示を小まめに入れます。
そして天使はすかさず「脱力する自分を想像しちゃいけませんよ」と釘を刺します。

これ、一見すると天使は脱力を妨害してるように思えるのではないでしょうか?
でも実際は彼女も脱力にしっかり貢献してます。
人間の脳は否定形を認識できないので「~しちゃダメ」は「~してね」とほぼ同じに処理されるからです。
表面上は反目する姿勢を取り、その中で実は協力する高度な催眠が繰り広げられてます。
足から始めるからか私の場合は膝から下が強烈に重くなるのを感じました。

仕上げの深化も作品のテーマを強く反映させたものです。
天使は1から数え上げる、悪魔は30から数え下ろすと正反対の方針を採り
さらに1カウントごとに前者は空に浮かび上がる、後者は深く沈む暗示を入れ続けます。

悪魔「ずーんと 深いところに沈んでいく感覚」
天使「ふわっと 空に浮かび上がる感覚」
言ってることは完全な正反対ですが、二人のセリフの文字数や語感が揃えられていて統一感があります。
深化の感覚は人によって随分変わるでしょうね。
どちらの味方をしようか迷ってる人ほど混乱する感覚が強く味わえると思います。

タイトルの「相反催眠」を忠実に音声化した奇抜な催眠です。
聴き手を天使や悪魔の言いなりにすることを目的に、最初のリラックス運動は心身の軽い脱力
続く本編は作品のスタイルに合わせて深呼吸、分割弛緩法、カウントを交えた深化を行います。
事前のリラックスに力を入れてるおかげで癒されるし声に対する集中力の向上も実感できます。

悪魔「ねぇ 幸せになることと 快感で絶頂すること どっちが好きなの?」
これまで説明したこと以外だとダブルバインドを積極的に使ってるのが印象的でした。
例えば上のセリフだと前者を選べば天使の、後者は悪魔のやることを無意識的に受け入れたことになります。
サークルさんは「実験的な側面もありますが」とおっしゃられてますけど
細かなテクニックが散りばめられており、言葉の吟味もされていて完成度は高いです。
ふたつの快感に挟まれながら
エッチシーンは42分間。
プレイはカウントによる絶頂、オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
途中で服を脱ぐ指示が出ることはありません。

悪魔「ねぇ 過去に頭がエッチな気持ちに切り替わった瞬間を思い描いてみて」
天使「エッチなビデオで 一番興奮したシーン フェチな妄想 深い催眠に落ちて イク寸前の気持ち良さを味わってる時 そういったものを思い描いてはいけませんよ」
催眠を使って主人公を自分の声の虜にした悪魔は
そのまま彼にエッチなイメージをさせて今度は性的興奮を煽ります。
そして天使は彼の魂が堕落しないようにそれを阻止するセリフを投げかけます。

エッチは物理的な接触をせず二人が正反対のアプローチをかけます。
前半の24分間でするのは連続ドライオーガズム。
悪魔がイメージで軽く興奮させてから天使と相談して方針を決め
深化シーンでやった正反対のカウントと暗示を何度も繰り返して気持ちいい感覚を与え続けます。

天使「心地よさを欲するのは人の本質 幸せになるために 真っ白で美しい高い空へ上り詰める」
天使は彼が射精し悪魔に屈服するのを防ぎたいだけで快感に浸ることを否定してるわけではありません。
だから悪魔に「彼を気持ちよくするのと射精させるのはどちらがいい?」と質問されると前者を選び
射精したい気持ちすら起きなくなるよう一緒になってドライを応援します。
悪堕ちのポイントを射精のみに定めてるから前半は背徳感が薄めです。

ただしドライオーガズムは心身ともに結構ハードなものです。
1セットあたりのカウント数が30~50と多く、そのひとつひとつで気持ちよくなる暗示を厚めに入れることや
およそ17分間に渡って休憩をほぼ挟まずにこれを繰り返すからです。

催眠パートと同じく話すペースが比較的ゆっくりですし、絶頂指示した直後の暗示も割と軽いので
1セットごとに得られる快感はそこまで強烈なものではありません。
しかしそれを何度も繰り返し、かつ快感や絶頂感を鎮める余裕を与えてくれないから後になるほど強くなります。
私の時も最中はそれほどでもなかったのに聴き終えた後で疲労がどっと襲ってきました。
溜めに溜めて絶頂時の爆発力を上げるタイプではなく、強めの快感をできるだけ長く味わわせるタイプです。

続く18分間は打って変わってセルフスタイルでのオナニー。
主人公をすっかり骨抜きにした悪魔が最後の仕上げに両腕の脱力を解除し
そのままおちんちんを握らせて後になるほど速くしごきたくなる暗示を入れます。

天使「触れるだけ 触るだけ そう 私の言葉だけ聞きましょう 我慢するの 負けてはダメですよ」
悪魔「ほーら ダメだよね 触るだけでもおちんちん気持ちいいよね」
悪魔はどうやったら男性が堕落するかをよく知ってますから
天使の言葉に従いなかなかしごこうとしない彼を甘い言葉で誘惑します。
「少し動かすだけなら射精しないよね?」と言って抵抗心を削いでくるのもポイント。
射精まで小刻みに近づけて快楽に負けやすい状況を作り、最後の一線だけは彼自身に超えさせようとします。

射精シーンの寸前まで天使が食い止めようとしますから
「このまま射精していいのだろうか?」という多少の後ろめたさを感じるでしょうね。
でもそれは射精した時の背徳感がより強く味わえることを意味します。
作品のテーマに沿った形で焦らしプレイをするのが素晴らしいです。

このように、二人のキャラを活かしたちょっぴり後味の悪いエッチが繰り広げられてます。
葛藤させる作品
複雑な気分を多少抱きながら気持ちよくなれる異色の作品です。

主人公の魂を堕落させ自分のモノにしようと異世界からやって来た悪魔は
男性の誰もが弱い快楽への欲求をストレートにくすぐり少しずつ言いなりにします。
そして悪魔の後を追ってやって来た天使は逆に彼の汚れかけた魂を浄化しようと
清らかな声で語りかけながら要所要所で悪堕ちを食い止め別の快感を与えます。

天使と悪魔が反目したり協力して催眠とエッチを進める面白いシチュ
二人の役割や立ち位置に大きな違いを持たせて絶頂を目指すテーマ性のある展開
そしてこれらを作品として成立させるための高度な技術。
奇抜さだけでなく機能性にも配慮したきめ細かなサービスが味わえます。

天使「これだけ我慢したんだから 射精すると 本当に快感で壊れてしまうかもしれません」
本作品の肝は天使のセリフと立ち回りです。
彼女は射精させない側に立ってるので聴き手にとっては邪魔な存在になります。
でも言い回しを工夫したり一部で悪魔と協調路線を取らせてその印象を上手く中和してます。
セリフの表現を二人でできるだけ揃えてることも含めてしっかり連携が取れてます。

作品の性質上二人が正反対のことを同時に言うところが注目されがちですが
私はそれらを下から支える言葉選びこそが最大の魅力だと思います。

どう話せば聴き手が良い印象を持つか、聴いた時リズミカルに感じるかを本当に細かく考えて組み立ててます。
かれこれ4年近く制作を続けられてるサークルさんの底力を感じました。

エッチは通常の性的快感に葛藤を組み込んで心を盛り上げてくれます。
悪魔に弄ばれてストレートに負けるよりも、一度踏ん張ってからそうしたほうが堕ちる快感は強くなります。
それを楽しんでもらうために天使を登場させ、尚且つやや劣勢な立場に置いてます。
前半と後半で絶頂形式、プレイ、二人の動き方が大きく違うのも良いです。

絶頂シーンはドライ5回、ウェット1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえてサークルさんでは5本目の満点とさせていただきました。

CV:天使…花笠れいさん 悪魔…野上菜月さん
総時間 1:43:28

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

セイレーンの檻

サークル「Atelier Honey*」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、ギリシア神話に登場する海の怪物「セイレーン」が
男性を誘惑してエッチに弄ぶ様子を彼の立場で楽しみます。

登場する二人の女性が交互に主役を務める変わった展開や
最中に流れるリアルな環境音を起点に絶頂を促すアプローチなど
彼女の特性を活かしたドラマ性のあるちょっぴり背徳的なサービスを行います。
夢と現実の狭間で
セイレーンに催眠をかけられ彼女やシレーヌとエッチするお話。

「ふふふ 気がついたかしら?」
セイレーンは上品で色っぽい声のお姉さん。
海を訪れた主人公に歌声を聞かせ特殊な空間に引きずり込むと
自己紹介してから気持ちよくなるおまじないをかけます。

本作品は彼女に誘惑され弄ばれる感覚を主観的に楽しむことを目的に
およそ100分に渡って催眠をかけたり様々なタイプのエッチをします。
サークルさん初の催眠音声ということで、ささやき庵シリーズで有名なVOICE LOVERさんの協力を仰ぎ
一般的な催眠音声とは随分違った作品に仕上がってます。

セイレーン「ふっふっふっ 私の可愛い坊や」
シレーヌ「緊張しないで 赤ちゃんになったつもりで 私に任せて?」
テーマはずばり「夢と現実」。
最初の催眠誘導パートはセイレーン、次のドラマパートはシレーヌといったように
1パートおきにメインの語り手が切り替わりそれぞれの性格に合ったサービスをします。
催眠音声でこういう構造のものは非常に珍しいですね。

夢の世界を担当するセイレーンはいかにも大人の女性といった感じの色っぽさが漂ってる女性
現実世界担当のシレーヌは清純さや素朴さを感じる優しいお姉さんと違った特徴を持ってます。
終盤に二人が同時に責めてくるシーンもありますが基本的には一対一で相手するスタイルです。

もうひとつの特徴は同人音声らしさを持たせてお話を進めること。
催眠パートは普通に催眠を施すのですが、その後のドラマパートやエッチシーンでは
暗示や音を使って快感をコントールする催眠音声では定番のアプローチと
くちゅ音、ちゅぱ音、喘ぎ声といったエロ要素をぶつけて興奮を煽る責めを組み合わせて絶頂へ導きます。

簡単に言うと催眠から脱線したエッチをするシーンがそれなりにあります。
このおかげで催眠状態特有の快感が得にくくなってる反面エロさが増してます。
セルフの指示は出ませんけど射精表現がありますし、途中でオナニーしたくなる人が普通にいるでしょうね。
これが先ほど「一般的な催眠音声とは随分違う」と書いた理由のひとつです。
シンプルで癒される催眠
催眠はおよそ22分間。
セイレーンの歌に誘われてやって来た空間内で目を瞑り
まずは深呼吸や体の脱力をして心身を軽くリラックスさせます。

「沈み込んでいくお腹を両手に感じてると 意識まで一緒に沈み込んでいくよう」
「どう? 気持ちいい? 私は力を込めずに軽く触れているだけ 私が擦ったところから どんどん力が抜けていく」

深呼吸ではお腹の上に両手を置いた状態でセリフと呼吸の声を分離させて話し
脱力では左腕、右腕、右足、左足、お腹、顔と全身をいくつかのパーツに分け
それぞれで体を優しく擦る音を鳴らしながら「力が抜ける」「重い」といった暗示を入れます。
催眠音声ではよく見かける技法を作品世界に合わせてアレンジしてるわけです。
脱力シーンは部位ごとに声の位置も切り替わって彼女にお世話されてる雰囲気がよく出てます。

お次は彼がここに来た経緯やセイレーンのことを忘れる暗示を入れ
さらにカウントを数えながら波の打ち寄せる音を流して夢と現実の中間点へ案内します。

「あなたは 忘れてしまう 自分が誰なのか 私が誰なのか 忘れてしまう」
「私の声で どんどん気持ちよくなる そう とてもリラックスした気分」

催眠音声でここまでストレートな健忘の暗示を入れるのは珍しいですね。
カウントを数えた後は彼女の声に心地よさを感じる暗示を入れるなど
波の力を借りて体の中にある悪いものを全部洗い流せるように働きかけます。
この後のシーンも含めて本作品ではこの波の音が重要な役割を果たします。

しかし、十分に深化させてない状況で記憶支配の暗示を入れてるため
これが実際に効くかどうかと言われればそうなる可能性は低いと見てます。
私が聴いた時も心地よさは感じましたが記憶が飛ぶことは特にありませんでした。

当サイトの催眠用語集にも書いてあるように、暗示は一般的に運動→感覚→記憶の順に入りにくくなります。
ですから本当に記憶を一時的にせよ飛ばしたいならもっともっと深く誘導してから暗示を入れるのが望ましいです。
例えばこれが一度がっつり落としてから暗示を入念に入れていく流れだったら随分違ったでしょう。
あるいは脱力の時点で運動支配を行ってるので、そのまま感覚支配の暗示を挟み最後に記憶に取りかかるとかです。

並行して波の音を流していたことを考えれば
「波の音を聴けば聴くほど気持ちよくて頭の中が真っ白になる」といった感じに健忘とリンクさせるのもいいでしょう。
その直後に一昨日食べた夕飯のメニューなどを質問すれば忘れたと錯覚させられるかもしれません。
今の作りでは準備とアプローチの工夫がちょっと不足してると思います。

これから始まるエッチの土台作りを見据えたシンプルで癒される催眠です。
聴き手を夢と現実の狭間にいる感覚に浸らせることを目的に
深呼吸から始まって分割弛緩法、カウントを絡めた健忘の暗示、意識の力が弱まる暗示と
古典催眠の技法や暗示表現に作品固有の要素を盛り込んでゆっくり進めます。

中盤の体を脱力させるシーンまでは良くできており結構な脱力感も味わえました。
しかし最後の深化や暗示を入れるシーンに改善の余地が見られます。
この部分がうまくいかないとエッチであまり気持ちよくなれない可能性があるので
脱力以上に慎重かつ入念にやっておいて損はありません。

以上のことから癒やされるけど詰めの甘い催眠と私は考えてます。
夢と現実に揺さぶられながら
エッチシーンは4パート43分間。
プレイはキス、乳揉み、授乳、お腹を撫でる、手コキ、耳舐め、手マン、フェラ、SEX(騎乗位)、ダブル耳舐めです。

お腹を撫でる、手コキ、手マン、SEXの際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。

「ほーら ママが お目覚めのちゅー してあげまちゅね」
催眠の後、浜辺に打ち上げられてたところをシレーヌに助けられた主人公は
彼女の介抱を受けてる最中に眠ってしまい、夢の中で再び出会ったセイレーンと恥ずかしいエッチをします。

エッチはパートによって責め手を変えながら進めます。
一番最初の「セイレーン」パートのお相手はもちろんセイレーン(約12分30秒)。
先ほどの催眠で赤ちゃんのような無垢な心になった彼の母親代わりになり
おっぱいを好きに吸わせたりおちんちんを手でいじって大人の時とは違う快感を与えます。

「坊や ママのおっぱい おいちい? いっぱい飲んで 元気になってね」
「むくむく膨らんできた 赤ちゃんなのに おちんちん 大きくなっちゃいまちたね」

ここでの彼女は海の魔物と思えないほど声と態度が柔らかく
先ほどの催眠ですっかり空っぽになった彼に赤ちゃん言葉で語りかけながらあれこれお世話します。
その一方で興奮してる彼を軽く見下して羞恥心と背徳感を煽ります。
やってることは王道の幼児プレイなのですが、シチュのおかげでややM寄りになってる感じです。

ちなみにこれらのプレイ中に彼女が暗示を使って心身の感度を上げるとか
責められてる感覚を伝えることはほぼありません。
同人音声でするエッチと同じく甘やかす言葉をかけながら行為に合ったエッチな音を鳴らすだけです。

エッチの前にある「安らぎの浜辺」パートも催眠要素が薄いですから
被暗示性の低い人はおそらくこのパートあたりで催眠が解けるものと思われます。
せっかく時間をかけて催眠を施したのにそれを維持しようと聴き手の無意識に働きかけないのはもったいないです。

「波の音が大きくなってくる お耳を舐められて 波の音を聴いてるだけなのに どんどん快感が高まっていく」
ただし、パート終盤の絶頂シーンだけは催眠音声らしい責めを繰り出します。
波の音で気持ちよくなれる暗示を入れてからそれをトリガーに快感を高めるというもので
絶頂時には一際激しい音を鳴らしてイク瞬間を迎えたことを教えます。

続く「シレーヌ」パートはシレーヌが頑張る番(約15分)。
セイレーンとのエッチにうなされて目覚めた主人公を安心させようと
今度は現実世界であまあまラブラブなエッチをします。

「いいよ 好きなだけ触って…あぁっ んっ」
怖い思いをした彼を慰めようとおっぱいやおまんこを好きにいじらせたり
シックスナインの体勢になっておちんちんを激しく責めるなど
お互いがほぼ対等な立場になって声よりもずっと下品なちゅぱ音や効果音を鳴らします。
引き続き催眠から脱線してますが、普通のボイスドラマとして見る分にはかなりエロいです。

プレイによって効果音の質感と動きが微妙に変化するのが非常に印象的でした。
手マンは空気混じりで粘性高めの音だったのが手コキに入ると筋っぽさが強くなり
SEXでは「ぱちゅん」というまた別の水音が鳴ります。
一般的な催眠音声に比べてエッチな音の量が多くなってるので抜きやすいです。

最後の2パートはこれまで溜めた性欲を全部吐き出すシーン(約15分30秒)。
「支配」はバトンタッチしてセイレーンが、「吸精」は彼女とシレーヌの二人で耳とおちんちんを激しく責め立てます。

セイレーン「いいのよ イっちゃって 押し寄せる快感の波に飲まれて 射精はできないまま 波に飲まれてイっちゃえばいい」
シレーヌ「欲しい 欲しいのおちんちん ねぇ 私にもっともっと おちんちんちょうだい」
この2パートは絶頂シーンに力を入れており、両方合わせて7回と回数が多いのに加えて
SEXのピストン音、シレーヌの喘ぎ声、ダブル耳舐めのちゅぱ音と抜き要素も充実してます。
絶頂のやり方は1回目と同じく大きな波の音に合わせてやるというもので
多少の間隔を置きながら音に強弱をつけてタイミングを指示します。

5回目から8回目の絶頂はシレーヌに中出ししてる描写がありますから
ドライでは満足できない人はおちんちんをしごいて射精してもいいと思います。
清純な声とは随分違う積極的な姿勢やエロ可愛い喘ぎ声が股間にものすごく響きました。
聴き終えた後に1発抜かないと落ち着かないくらいのエロさを持ってます。

このように、背徳的な要素をちょっぴり盛り込んだ興奮しやすいエッチが繰り広げられてます。
催眠音声と同人音声のハイブリッド
ボイスドラマ要素をそれなりに含んだ催眠音声と呼ぶのが妥当な作品です。

海で歌を歌って人々を惑わすセイレーンに襲われた男性が
彼女やその後出会った別の女性とイチャイチャしたりエッチに弄ばれます。
そしてその様子に催眠の技術や環境音を盛り込んで臨場感とエロさを出してます。

セイレーンとシレーヌが交互に相手を務める変わった作り
催眠の技術で気持ちよくする割合を減らし、その代わりエッチな音を多めに鳴らして興奮させるエッチ。
催眠音声専門のサークルさんとは違うやり方でドライオーガズムへと導きます。

セイレーン「私も手伝ってあげる ほーら こっちの耳は私が」
シレーヌ「ねぇ 耳 舐めてあげるね」
中でも最初の特徴はセイレーンが色っぽい悪女、シレーヌは清純派の優しいお姉さんとキャラに違いを持たせ
ドM向け作品などで行うハードなプレイをあまりやらずに弄ばれてる雰囲気を出してます。
主人公にとっては災難だったのでしょうけど、おいしいところがまったくないわけではありません。
野上さんの個人サークルらしい甘さを持たせた色仕掛けを行ってます。

催眠は終盤の深化と健忘の暗示を入れるシーンを改善し
その後のエッチシーンで暗示を継続して入れるスタイルにしてればもっと良くなってました。
同人音声を制作されてるサークルさんが催眠音声を作るとかなりの確率で催眠からやや離れたエッチが出来上がります。
この作品に限らずそういったケースを今まで何度も見てきました。

催眠音声のエッチは技術を活かしてプレイを組み立てるので同人音声のそれとは作りが根本的に違います。
また催眠パートで行った誘導方法や暗示がプレイと密接な関係を持ってます。
わかりやすいものだと催眠パートで体が温かくなる暗示を入れ、それを後でエッチな火照りに変換するとかです。
残念ながら本作品は催眠とエッチの親和性が低くなってます。
空っぽになった彼の心にセイレーンが技術を使って別のものを注ぎ込む流れだったらまた違ったのでしょうが…。

波の音をトリガーに絶頂させるアプローチは面白いし作品の内容に合ってると思います。
だからこそそこに持っていくまでの部分も頑張って欲しかったです。

エッチは野上さんの演技力が遺憾なく発揮されていてエロいです。
特にシレーヌは声と責めっぷり、乱れっぷりのギャップが大きくてそそります。
催眠状態を維持できるかはともかくオナニーのオカズには役立ってくれると思います。

絶頂シーンは8回。
くちゅ音それなり、淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声そこそこです。

以上のことから今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:野上菜月さん
総時間 2:06:36(本編…1:49:37 おまけコメント。…16:59)

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
2018年1月11日まで20%OFFの880円で販売されてます。
その場合の点数は7点です。

2018年1月7日追記
サークル様からいただいたご指摘通り「Re_01.永遠に」をおまけから本編へと移し
それに合わせて本編およびおまけの時間構成を修正しました。
大変失礼いたしました。

「敗北ヒロイン淫堕独白・2」極薄防護スーツ無力化の快楽拷問に曝されるスペースエージェント・リリィ

サークル「カオティックブリード」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、宇宙管制機構の凄腕エージェントとして活躍してる女性が
敵対勢力に捕まり快楽拷問を受けて何度も何度も絶頂します。

セリフよりも喘ぎ声のボリュームを圧倒的に多くした抜き重視の作りが魅力で
彼女の心情を所々で語りつつ最初は甘め、中盤はややハード、終盤はエグめにと
プレイの内容や責めっぷりに応じたエッチな声をたっぷり漏らします。
スーツは無敵でも中身は
リリィ・フェルナッサが快楽拷問を受けるお話。

モノローグ「くっ! 猿ぐつわが強すぎよ」
リリィは明るくて活発な声の女性。
仲間の捜索をしてる最中、敵対する妖魔ヴァンキューレに囚えられた彼女が
拘束具や猿ぐつわを装着され取り調べを受けるシーンから物語は始まります。

本作品は女性が激しく責められ乱れる様子を楽しむ抜きボイス。
特殊なスーツを身につけ悪と戦い続けてる彼女が
およそ30分に渡り薬や機械で責められ続け連続絶頂へと追い込まれる様子を独白形式で描きます。
サークルさん独自の固有名詞や設定が登場しますが、やってることは割とスタンダードな機械姦なので
過去作を聴いてなくても特に問題はありません。

「いっ いいっ うっ うぅ」
全編を通じて言える大きな特徴は喘ぎ声がとにかく多いこと。
最初はやや熱っぽい吐息を漏らしてたのが機械を使い始めると軽くうめくような声になり
後半のおまんこを責められるシーンでは若干悲痛なものへと変化します。
拷問目的のエッチということで甘さよりも苦しさのほうをやや強調して演技されてます。

物語の序盤から中盤にかけて状況説明や彼女の心情をモノローグで軽く語る以外はほぼ全部喘ぎ声です。
セリフよりも喘ぎ声のほうが圧倒的に多いですから女性の乱れる声が好きな人ほど楽しめます。

もうひとつの魅力は絶頂シーンの多さ。
エッチの中盤あたりに1回目を迎えてから終了まで責めの手をまったく緩めず
そのまま彼女が降参するまで10回連続の絶頂へと追い込みます。

だいたい3分に1回のペースで絶頂シーンがあることになりますね。
絶頂を迎えるたびに弱気になる彼女の様子にも拷問らしさがよく出ています。
喘ぎ声と絶頂シーンの両方が多いシンプルで実用性高めの作品です。
後になるほど激しさを増すエッチ
エッチシーンはほぼ全編にあたる31分30秒間。
プレイは乳揉み、媚薬を使った全身愛撫、電マ責め、機械によるおまんこ責めです。
電マ責め、おまんこ責めの際に効果音が鳴ります。

モノローグ「えっ? 胸揉むの? こっこういう緩い刺激だと 防護機能が働かないのよね」
あらゆる攻撃を無効化するガードスーツを剥ぎ取れずにいる妖魔は
次なる手としてスーツ越しにリリィの胸を優しく揉み始めます。

エッチは抵抗できない彼女を妖魔が一方的に責め続けます。
最初の8分間は連続絶頂に向けて感じやすい体にする前戯シーン。
乳揉みから始まり全身へ媚薬を塗り込みながらの愛撫、さらに弱めの電マ責めと比較的ソフトな刺激を与えます。

モノローグ「解毒機能も機能しない成分みたいで すごく効いちゃってる」
ガードスーツがある限り拷問を受けても大丈夫と思ってたのでしょう。
拷問とは正反対の甘い責めに戸惑いつつ熱っぽい吐息と甘い声を漏らします。
モノローグが適度に入るおかげで彼女の心理も掴みやすいです。

そんなまったりした雰囲気が電マのパワーを上げた途端一気に変わります。
彼女の喘ぎ声が軽く泣くようなものへと変わり、絶頂を繰り返すにつれて心のほうもどんどん弱気になります。

「あっ あぁっ あうっ ううっ ひっ ひぃっ」
「やめてっ これ以上イったら 死んじゃう」

どんなに体を鍛えてる人でも性的快感は堪らえようがありません。
耳を覆いたくなるほどではないものの、押し寄せてくる強烈な快感を我慢できずにいるのがわかります。
電マがパワーアップしてから止まるまでの10分間で5回も絶頂し続けますし、この時点で十分ハードなプレイと言えます。

しかし妖魔の拷問はまだまだ終わりません。
彼女の心が緩んだ隙に下半身だけスーツを脱がせ、露わになったおまんこに別の機械で何度も何度もピストンします。

「あぁぁぁぁうぅぅぅぅ あぁっ あぁぁっ! いぃぃぃぃ」
「きもひいいぃ きもひいっ きもひいぃ」

「ドゥドゥドゥドゥ」という小刻みな振動音が鳴るたびに今まで以上の激しい声を上げ
やや呂律が回らない様子で喜びの声を上げるなど、正義のヒロインのイメージからかけ離れた姿を晒します。
このへんまで来るとモノローグもほとんどなくなって本当に喘ぎ声まみれです。
凄惨さをちゃんと抑えてありますからオナニーのオカズに役立つでしょう。

このように、悪堕ちなどブラックな要素を取り除いた抜きやすい快楽拷問が繰り広げられてます。
喘ぎ声尽くしの作品
全編に渡って流れ続ける喘ぎ声が魅力の作品です。

強い心と強靭な装備を持つ女性エージェントが
思いもよらない方法で弱点を責められ、最後は敵に懇願する醜態を晒します。
そしてその様子を言葉ではなく女性が生み出すエッチな声によって表現してます。

喘ぎ声は音声作品だと主にSEXシーンで活躍する抜き要素ですが
このところ耳舐めなどに押されてたっぷり聴ける機会が少なくなってます。
そのへんの需要を満たしてくれる点でも役立つ作品と言えます。

状況説明をほとんどしないのでイメージを膨らませにくいところもありますが
拷問の様子を生々しく実況したらむしろ抜きにくくなる可能性がありますし
シチュだけ説明してあとはがっつり喘ぐのは有りだと思います。
プレイによって喘ぎ声のタイプを切り替えてるのも実に良いです。

残念だったのはモノローグのエフェクトが強すぎることです。
心の中でしゃべってる感じを出したかったのでしょうけど、反響が大きすぎてセリフがうまく聞き取れません。
もっと抑えたバージョンやエフェクトなしも同梱してほしかったです。

絶頂シーンはおよそ10回。
喘ぎ声多め、効果音それなり、淫語ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

CV:紅葉美兎さん
総時間 33:34

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は6点。
33分で100円とコスパがいいので+1してあります。

2018年2月15日まで10%OFFの90円で販売されてます。

↑このページのトップヘ