同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:連続絶頂

   ● 小鳥遊紗奈の催眠遊戯‐変態チクニスト矯正プログラム‐
   ● サキュバスのエナジードレイン催眠(再レビュー)
   ● 【催眠音声】キス好きな年下双子のバイノーラル快感漬け催眠
   ● レイプ・サウンド・ガール♪(再レビュー)
   ● 触手の飼い方~卵・餌篇~
   ● 貞操帯所有者のための強制ED化調教
   ● 絶望のロリータ・お前がママになるんだよ《催眠音声》
   ● 初心者向けチクニーサポート専門店『メスイキボディ開発クラブ』初めての乳首愛撫~初めての乳首絶頂~初めての連続絶頂♪
   ● 【ASMR催眠音声】スライム娘のグチュクチュ失神オーガズム調教【耳穴責め・脳イキ】
   ● 生体コア化実験




サークル「MayThird」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、声も態度も穏やかな心理カウンセラーが
マゾの傾向がある男性患者にエッチな催眠をかけて性的欲求を満たします。

乳首オナニーを中心に据えたM向けのプレイをするのが特徴で
乳頭をつつく、指の腹で撫でる、爪の先で優しく引っかくなどいじり方を適度に変えながら
彼女に従う喜びや見られる快感もくすぐって心身をバランスよく盛り上げます。
真のマゾプレイをお試し
カウンセラーの小鳥遊紗奈に催眠をかけられ乳首オナニーするお話。

「はーい 次の方どうぞー 本日はどうなされましたか?」
紗奈は明るくて穏やかな声の女性。
音声を聴く際の注意事項や本編の内容を簡単に説明すると
自分のマゾ性癖を治したがってる主人公を軽く罵倒してその度合いを確認します。

本作品は日々多くの人の悩みと向き合ってる彼女が
マゾ性癖を抱えてる彼を相手におよそ90分間の気持ちいい施術をします。
恋人同士や風俗サービスとは違うので2人が体を触れ合うシーンは一切なく
彼女の指示に従いながら性感帯をいじったり痴態を見せつけて欲望を発散させます。

「かりっ かりっ かりっ かりっ このくらいのペースで指を動かすの」
そして彼女はこれらをするにあたって乳首を重点的にいじらせます。
おちんちんに意識を向けたり勃起させるシーンはありますが直接触れることはありません。
その代わり乳首オナニーの時間を長めに取ったり、同時に前立腺を刺激する指示も出して別の快感を与えます。
前立腺はアネロス(エネマグラ)を挿入する本格的なものじゃなくて
PC筋(おしっこを止める時に動かす筋肉)を収縮させる誰にでもできるものです。

乳首オナニーは指先でつつく、腹で撫でる、2本の指でつまむ、爪の先で引っかくなど
ソフトなものからハードなものまで幅広く行います。
そして状況に応じてこれらを切り替えながら掛け声を出してペースやリズムを教えます。

同人音声のオナサポほどきめ細かな指示を出すわけではありませんが
乳首をある程度いじってる人ならわかるくらいにはリードしてくれます。
乳首開発の要素は薄いので、どちらかと言えば既にいじってる人向けのプレイだと思います。
40分くらい断続的にいじり続けますから結構気持ちよくなれるでしょう。

「恥ずかしいから体が熱くなって なんだか背筋がゾクゾクしちゃう」
もうひとつの特徴は乳首オナニーと同時に心も積極的に責めてくれること。
彼女に従う快感や痴態を見られる快感を小まめに与えてドライを迎えやすくします。
乳首オナニー単体だとどうしてもパワー不足になるので
それを補いつつ彼のマゾ性癖を満たせるようにこの要素を盛り込んでます。
従う快感のほうがウェイトは高く、羞恥心は時々意識させる程度でした。

催眠音声なのでこれをするにあたっての言い回しにも気を配ってます。
「私の言うことに従えば幸せ」みたいにメリットを強調する形で語りかけてくるので
それほど嫌な感覚を抱かずに受け入れられるでしょう。
彼を喜ばせるためにこういうプレイをしてるだけで、本気で奴隷にする気はありません。
調教ではなくカウンセリングとして成立するように進め方を工夫してます。

乳首オナニーをがっつりやりながら心への責めにも気を配るエッチ。
サークルさんが得意とされてる乳首を中心に据えた優しい雰囲気のややM~M向け作品です。
会話調の独特な催眠
催眠は3パート34分間。
最初の導入パート(約14分)は催眠に入りやすくなるための準備として
紗奈が言ったポーズを順にとって主に体をほぐします。
これらを始める前に全裸になる指示も出ます。

「体の凝りをほぐすと 体から余計な力が抜けて心地よくなれる そんな感じはしないかな?」
四つん這いになり背中を天井に持ち上げる、うつ伏せで上半身だけを起こす
仰向けのまま両足の裏をくっつける、足の裏を天井に向けてしばらく維持するなど
運動よりもストレッチと呼ぶほうがしっくりくるなかなか本格的なものです。

体の柔らかさや太り具合によってはできないものもありますから
そういう場合は無理のない範囲で言われた通りのことをやるといいでしょう。
暗示も少しは入れてきますけど、それよりも純粋に体を動かす色合いが強いです。

次の催眠パート(約13分)はカウンセラーの彼女らしい内容。
マゾとは何なのかを説明してから彼もそうなりたい気分にさせます。

「本物のマゾヒスト 君はもう それが知りたくて仕方がない」
彼女は彼をガチなマゾだとは思ってないようで
彼のことを偽物に位置付けてから、この後本物のマゾプレイを教えてあげると言って興味を引きます。
そしてそれにハマったとしても「催眠に入ってるから仕方ない」と教えて逃げ道を用意します。

催眠パートと言えば深呼吸や脱力をしながら暗示を入れるのが定番ですが
本作品は彼女のキャラに合わせて普通に会話しながら心をほぐす流れで進めます。
前のパートは体、こっちは心とケアする場所をはっきり分けてあります。
たぶんここを聴き終えた時点で催眠に入れてる人はあまりいないでしょう。

最後の深化パートは本格的な催眠(約7分)。
前の2パートで彼が十分リラックスできてることを考慮し
「意識が沈む」など深化を見据えた暗示を時間いっぱい入念に入れます。

「ほら 意識がゆっくりと沈んで 眠くなっていくね」
ここを聴く前は「これで本当に催眠に入れるのか?」と疑問を感じてたのですが
一転して暗示を厚く入れてくれたおかげでするすると入ることができました。
準備をしっかりしてから一気に落とす感じの誘導です。

時間が短いので被暗示性が低い人には厳しいかもしれませんけど
そうじゃないなら割とあっさり入れると思います。
深化と同時に彼女に対する服従心の増幅も行うなど、この後から始まるエッチを見据えてあって良いです。

心身をリラックスさせてからサクッと落とす緩急をつけた催眠です。
紗奈の指示や暗示を受け入れやすくすることを目的に
一風変わったストレッチから入ってカウンセリング形式による心の開放
そして暗示だけを使ったストレートな深化とパートごとに異なる目的を持って進めます。

導入パートと催眠パートは変わってますが深化パートはかなりの王道です。
暗示の入れ方や表現方法が上手ですし、催眠に入れる人は普通にいると思います。
ひとつ前の催眠パートでもう少し保険をかけておいてくれればより入りやすくなったでしょう。
心身両面を盛り上げるエッチ
エッチシーンはおよそ40分間。
プレイは乳首オナニー、PC筋トレーニング、恥ずかしいポーズをとるです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。

「乳首に向かって指が動いてるのに 肝心の乳首には触れない」
催眠を使って主人公を普段よりも従順にした紗奈は
早速軽いおあずけをさせてその効果を確認します。

エッチは終始彼女に言われた通りにオナニーします。
前半の18分間は絶頂に向けて体を温めたり気持ちを盛り上げるシーン。
焦らし気味の乳首オナニーから入って少し経つとPC筋トレーニングが加わり
さらに彼女が軽めの言葉責めをして自分に従う快感を教えます。

「ほらほら 乳首でだんだんと気持ちよくなってきちゃったね でも まだまだ足りないね もっともっと気持ちよくなりたいよね? なら私の言うことをちゃんと聞くんだよ?」
乳首オナニーをする時は「かりかり」「きゅっ」などの掛け声を適度に出し
さらに彼女の指示に従うこととリンクさせて主従関係を明確にします。
PC筋トレーニングの指示はあまりしませんから乳首オナニーがメインになるでしょう。
既に開発してる人ならピリッという鋭い快感や、熱を伴うじんわりした快感が味わえます。

ご主人様になった後も彼女の態度は非常に優しいです。
彼が満足できないように焦らすところはやや意地悪ですけど
声や態度は催眠パートとほとんど変わりません。
言葉責めも表現がソフトでややMの人でも聴けるあたりに留まってます。

後半の22分間は心身両面の刺激が強くなります。
前半ではあまり言わなかった乳首が気持ちよくなる暗示が追加され
一部で冒頭の導入パートにもやったポーズをとらせて羞恥心を煽ります。
そして乳首オナニーやPC筋トレーニングも継続して絶頂できるところまで持って行きます。

「ほら 意識を乳首に向けてると だんだん快感が鋭くなって ビクッと震えちゃう」
前半は指示重視の内容で催眠音声のエッチと見るには物足りなく感じました。
でも後半はそれがある程度解消されて各要素のバランスが良くなってます。
彼が絶頂しそうになったところでおあずけを食らわせるシーンもありますし
こちらのほうがご主人様に操られてる気分が味わいやすいです。

あと最後の絶頂シーンは連続絶頂形式になってます。
1回目の絶頂開始から終了までおよそ2分と長めの時間を取り
その間は追い込み暗示を入れ続けて強く長い絶頂感を味わわせます。


本作品のエッチは乳首オナニー以外が割とマイルドなので
それを改善するために最後をこういう激しめのやつにしたのでしょう。
ドライはできませんでしたが暗示に合わせて股間が軽くビクビクして気持ちよかったです。

このように、乳首を中心に据えたうえで色んな要素を盛り込んでるやや意地悪なエッチが繰り広げられてます。
穏やかな乳首系作品
きつさを和らげてアブノーマルなプレイをする作品です。

紗奈はマゾ性癖で悩んでる主人公をスッキリさせようと
まずは催眠を通じて心身をリラックスさせながら素直に従える心を養います。
そしてエッチは乳首オナニーの指示を出しつつ従う喜びと痴態を見られる快感をくすぐります。

穏やかで多少のSっ気もあるカウンセラーがエッチな催眠でM男を喜ばせるシチュ
リラックスや会話を長めにしてから厚い暗示で一気に落とす催眠
様々なやり方で乳首をいじらせ、それと同時にPC筋トレーニングと軽めの言葉責めをするエッチ。
明確な個性を持たせたうえで催眠、エッチいずれも柔らかく仕上げてます。

中でもエッチは催眠よりも長い時間を用意し
そのほぼすべてで乳首オナニーするタイトルを強く意識した作りになってます。
ただそれだけだと催眠を活かせないので指示と連動させて幸福感を膨らませるとか
ストレートに気持ちよくなる暗示を入れて乳首オナニーを補助します。
前立腺はおまけに近い位置づけですから、ぶっちゃけやらなくても気持ちよさはあまり変わらないと思います。

良くも悪くも乳首に寄せてあるので乳首の快感を知ってる人向けの作品かなと。
いじり方の指示はわかりやすいですしバリエーションも豊富です。
でも催眠と組み合わせてある関係でオナサポに比べると指示が多少疎かになってます。
そのへんが乳首未開発者にはとっつきにくいだろうと感じました。
日常的にいじってる人や、いじり方をある程度知ってる人なら無理なくできるし気持ちよくなれます。

絶頂シーンは2回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:梓乃さん
総時間 1:28:11

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2020年9月23日まで50%OFFの385円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。



サークル「F・A・S」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第64回目は普段は穏やかだけどエッチになるとSっ気を見せるサキュバスが
催眠を使ってMな男性を自分の世界へ案内してから精気を搾り取ります。

様々な音や音楽を流しながら物語を進めるのが最大の特徴で
水が弾ける音、電子音、神秘的な音楽、やや不穏な音楽とシーンによって内容を切り替え
それと催眠の技術を上手に組み合わせて催眠に落ちる感覚や性的快感を呼び起こします。
音を駆使して気持ちいい世界に
サキュバスのディーナに精気を吸い取られるお話。

「今日は 催眠に入りやすくなる 簡単なリラックス運動を教えてあげるね」
ディーナはややトーンが低い穏やかな声のお姉さん。
音声を聴く際の注意事項や環境について簡単に説明すると
本編に入る前に体を動かして催眠に入りやすい状態にします。

本作品は男たちを弄ぶのが得意な彼女が
およそ75分に渡るエッチな催眠をかけてM気質な彼をとろとろにします。
物語の開始時点の彼女は声だけの存在で彼に直接触れることはできません。
だからまずは催眠を通じて彼女が住む淫魔の世界まで案内します。

ちなみにディーナという名前は本作品には出てきません。
名前がついたのは後の作品でこれが出た当時は「いやらし系ドSサキュバス」と呼んでました。

そして彼女は聴き手が別世界に移動し自分に精気を吸い取られる感覚をよりリアルに味わえるように
序盤から様々な音や音楽を流して雰囲気を作ります。
基本的には癒しを感じるものばかりですが、終盤のエナジードレインするシーンだけは
他よりもちょっぴり不穏な音にしてスリルを与えてました。

痛みや苦しみ感じたり死に至ることは一切ありません。
サキュバスらしさを出すために怪しくしてるだけなのでMっ気がある人なら誰でも聴けます。
今のF・A・Sさんにとっては当たり前の要素ですけど、それもこの作品から始まってます。
音、技術、イメージを組み合わせた質の高い催眠
催眠はおよそ46分間。
最初の12分間は本編へ入る前の準備として立ち上がったまま足を肩幅くらいに開き
両腕を好きなペースで前後にぶらぶらさせて体の筋肉をほぐします。
「スワイショウ」という気功や太極拳で行われてる準備運動です。

「これから 頭を落ち着ける音を流してあげるから そのまま ぶらーんぶらーんと前後に手を動かしたままでいてね」
そして本作品の売りである音が早速流れ始めます。
このシーンでは水がぶくぶくと弾けるような音が使われており
その清涼な印象のおかげでしばらく聞いてると気分がスッキリしてきます。
腕の運動も肩のあたりを中心にぽかぽかして心地よかったです。

最近の作品では女性が軽めの暗示を入れたり本編のあらすじを語るのですが
本作品ではディーナが一切話さず音だけが流れ続けます。
被暗示性の高い人ならこのシーンだけでも軽く催眠に入れるかもしれませんね。

準備運動が終わった後はいよいよ彼女が淫魔の世界へ案内してくれます。
「ぷっぷっぷっぷっ」という昔のゲームで鳴りそうな電子音が左右へスライドするように動き
それを聞きながらベッドに横になって目を開けたまま数回深呼吸するのを繰り返します。

「目を閉じると 体からも勝手に力が抜けて リラックスしてくる気がする」
最初は深呼吸に合わせて、少し経つと瞼を開閉させながらとスタイルを切り替えながら
彼女は瞼が重くなる暗示を小まめに入れます。
目を開閉するシーンは後になるほど開けるのが辛くなるでしょう。
そうやって自分が催眠に入りつつあることを聴き手が実感できるように進めます。

本作品は結構独特な作りをしてますが初心者向けの配慮も随所でされてます。
例えば深呼吸を始める前には日常生活で催眠の感覚を体験できる具体例を教えて
催眠が我々にとって身近なものだと教えます。
それ以降のシーンも誘導が丁寧ですし、催眠にあまり触れてない人でも普段と違う感覚が味わえるでしょう。

2人が淫魔の世界へ向かうのはその次から。
長めのカウントを数えながら彼女が声の魔法をかけて暗示をより受け入れやすい状況を作り
さらに白い部屋→川のある場所→鏡張りの部屋と移動して催眠状態を深めます。
音楽も穏やかな曲調の神秘的なものに変わります。

「光に包まれて 真っ白になる 真っ白な光に 意識が引っ張られる」
「一段下りると 君の意識と体が 遠くなった気がする」

白い部屋を通る時は「真っ白」、階段を下りるときは「意識が遠くなる」といった具合に
各イメージに合った暗示を入れて少しずつ確実に深めます。
川のある場所では実際に川の音が鳴ったりと作品の特徴も上手く活かしてます。

リラックス運動から始まって40分以上もじっくり誘導してくれるおかげで
鏡のある部屋に到着した頃には意識のぼやけや体の重さが結構強くなってました。
到着後も浮遊感や頭が揺れる感覚を与えるなど、初心者でも入れるように手堅くリードします。

ストーリーに沿った形で様々な技術を行使する個性的でレベルの高い催眠です。
聴き手をディーナが住む淫魔の世界へ案内することを目的に
リラックス運動から入って深呼吸を交えた凝視法、目の開閉法、カウントを使った暗示
色のついた3つの場所を移動しながらする深化と
古典催眠の技術をベースに作品固有の要素を盛り込んで流れを作ります。

サークルさんの中では初期に制作されたものですが完成度は非常に高く
催眠特有の心地よさにどっぷり浸りながら彼女の声や音楽を聴くことができます。
音楽の扱い方も巧みでリラックスやイメージ力の向上を助ける重要な役割を果たしてました。
発売から5年半経った今でも十分聴く価値がある品質と面白さを持ってます。
落差をつけたM向けのエッチ
エッチシーンは24分間。
プレイは疑似手コキ、SEX(体位不明)、おっぱいを押し付けるです。
疑似手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「徹底的に抵抗力を削いで ボクのおもちゃにしてあげるよ」
長めの催眠をかけて主人公を自分の世界へ招待したディーナは
魔力を乗せた音を流して彼の性感をコントロールします。

エッチは終始彼女が責め続けます。
前半の14分間は音と技術を組み合わせてイかせるプレイ。
手コキ音を鳴らしながらそれに暗示を込めてエッチな感覚を高め
準備ができた後はカウントを数えながら寸止めしてやや意地悪に追い込みます。

「音と一緒に 快感の波が来る 音の波が 頭から足までを愛撫し 全身の毛穴から 精気を噴き出していく」
ここはもう彼女の領域ですから人間の彼が逆らうことなどできません。
それを踏まえて彼女の声と態度が以前よりもやや嗜虐的になります。
音を起点に感度を上げるアプローチも本作品ならではで面白いです。

おちんちんに快感を集中させる方針で進めますから
後になるほど股間が熱くなったりムズムズするでしょう。
カウントもイキそうでイけない状況を維持した後に解放する焦らし気味の内容です。
Mな人が喜ぶように催眠パートよりも言葉と行為の両方にSっ気を持たせてます。

続く10分間は打って変わって連続絶頂。
彼女が直接おまんこで彼のおちんちんを包み込み
ピストンしながら抱きついたり言葉責めを浴びせかけてストレートに興奮を高めます。

「君はどうしようもなく愚かで 惨めで 恥ずかしい変態だね」
前半が催眠重視の内容だったからこそ、こういうセリフに余計ゾクゾクするでしょうね。
SEXしてるのに喘ぎ声を一切漏らさないところにも圧倒的な力の差を感じます。
焦らしや寸止めで1回の絶頂を盛り上げてた先ほどとは違い
終盤にカウントを何度も数えてその都度絶頂させます。

こちらのほうがエナジードレインらしいプレイじゃないかなと。
彼の精気を存分に搾り取ろうとする彼女の気持ちがしっかり込められてます。

このように、前半と後半でスタイルを大きく変える比較的激しいエッチが繰り広げられてます。
安定感のある音系作品
斬新さと堅実さを合わせ持つ高品質な作品です。

ディーナは主人公の中にある精気を無理のない程度に搾り取ろうと
まずは催眠を使ってエナジードレインができる淫魔の世界まで連れて行きます。
そして到着後は2種類の手段で気持ちよくしながら目的を果たします。

穏やかでSっ気もあるサキュバスがエッチな手段で精気をいただくM向けのシチュ
リラックス運動や音楽といった固有の要素と技術を融合させた流れのある催眠
焦らし&寸止め→連続絶頂とほぼ正反対のやり方を組み合わせて責めるドライ系のエッチ。
サークルさんが現在の作品でも取り入れてる様々な要素がここに凝縮されてます。

中でも2番目は他のサークルさんがやられてないことだからでしょうけど
通常の催眠誘導よりもゆっくりじっくり進めてて入りやすいです。
個性的なことをやった結果催眠に入れないじゃ意味がありませんから
初心者から玄人まで誰にでも通用するようにバランスを取ってます。

エッチは前半が催眠重視、後半はそれよりもエロさ重視とタイプが違います。
個人的には準備が丁寧なぶん前半のほうがドライを迎えやすいと思いますけど
後半は言葉責めや連続絶頂によってM向けの要素が強化してます。
このへんも聴き手の相性を考えてふたつ用意したんじゃないかなと。
催眠、エッチいずれも「1人でも多くの聴き手に楽しんで欲しい」という思いが込められてます。

絶頂シーンは6回。
くちゅ音それなり、淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて前回と同じ点数にさせていただきました。
おまけは3種類の音楽です。

CV:沢野ぽぷらさん
総時間 1:36:09(本編…1:16:12 おまけ…19:57)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2020年9月23日まで50%OFFの550円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。



サークル「綿谷SVLさいみんクラブ」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、声も態度もあまあまな双子の女の子が
催眠をかけてからキスをたっぷりやって幸せな絶頂に導きます。

タイトルに入ってる「キス」と「双子」を組み合わせた甘いサービスが魅力で
催眠は2人で役割分担しながら深呼吸、脱力、深化をする双子形式でスムーズに誘導し
エッチは彼女たちの性格を反映させてキスだけで感度を上げたり絶頂させます。
純粋なエロさは控えめですから幸せイキに近い感覚が味わえるでしょう。
双子がする魔法のキス
双子に催眠をかけられキスだけで絶頂するお話。

「こんばんは ようこそいらっしゃいました」
双子はやや声質の違うどちらも可愛い声の女の子。
音声を聴く際の注意事項を簡単に説明すると
自分たちのところへ来た主人公を嬉しそうに迎えます。

本作品は主人公と友達あたりの関係にある2人が
およそ40分に渡るエッチな催眠で気持ち良くて幸せなひと時をプレゼントします。
2人ともキスが大好きなことを踏まえてエッチシーンはプレイをほぼキスに絞り込み
比較的ソフトなちゅぱ音を小まめに鳴らしながら暗示を入れて少しずつ性感を高めます。

左右「私たち2人に同時にしゃべられて 言葉を理解しきれないのが楽しいんだ」
催眠で双子と言えば双子形式が有名です。
本作品も左右に陣取り交互に、あるいは同時に話しかけてテンポよくリードします。
本家をはじめとする他の双子作品を研究されたのか
技術の使い方や2人の役割分担がしっかりしててスムーズに催眠へ入れます。

技術自体は割とシンプルな代わりに運用を丁寧に行ってる感じです。
エッチもちゅぱ音を起点に感度を上げる音モノっぽいアプローチをかけてました。
本レビューでは読みやすさを優先してセリフの色を青で統一してますが
実際は短めの文節単位で左右を小まめに振り分けて意識を揺さぶってきます。

可愛い双子が連携の取れた催眠とキス特化のエッチで気持ち良くする。
短いながらも明確な個性を持ってる質の高い作品です。
リラックス重視の手堅い催眠
催眠はおよそ11分間。
楽な姿勢で目を瞑り、まずは深呼吸しながら体をパーツごとに脱力して心身をリラックスさせます。

「深い呼吸をしていると 筋肉の緊張がほぐれていく 心地いい感覚」
そして早速双子の持ち味を活かした誘導を行います。
右の子が「吸ってー 吐いてー」の合図を出しながら
左の子は呼吸音を漏らしたり暗示を入れてリラックスを後押しします。
左右のセリフが被らないよう間をきちんと調節してました。

脱力も左右の腕、脚、胴体、頭と全身を大まかに分けたうえで
頭以外は「力が抜ける」、頭は「意識が抜ける」「落ちる」と表現を変えて進めます。
体よりも頭のほうに長い時間をかけてるおかげで聴いてるとだんだん意識がぼやけてきます。
この後のシーンも含めて深化を重視してますから催眠特有の心地よさを実感できるでしょう。

十分リラックスできた後は催眠状態を深めます。
カウントアップで半覚醒、カウントダウンで催眠状態になるのを何度も繰り返し
その中に深化の暗示を込めて少しずつ確実に深いところへ案内します。

「瞼が閉じるとすっと意識が消える 気持ちいい世界に落ちていく」
彼女たちが言う通り、カウントダウンに合わせて目を閉じると軽く意識が飛んで気持ちよかったです。
そして後になるほど目を開けるのが辛く感じるでしょう。
そうやって自分が催眠に入りつつあることを実感しやすくしてます。

無駄を極力削いでストレートに誘導する洗練された催眠です。
双子のキスで感覚を操られやすくすることを目的に
深呼吸から入って分割弛緩法、カウントを交えた揺さぶりと古典催眠の技術をベースに誘導します。

技術自体は催眠音声では定番のものばかりです。
しかし双子形式のおかげでやり方が独特ですし時間の短縮にも成功してます。
1人で催眠をかける場合の11分は相当に厳しい長さなのですが
双子なら複数の動作を同時に行えるので結構深いところまで入れます。
2人の役割分担もきちんとしてて完成度が高いです。
キスだけでイかせるエッチ
エッチシーンは20分間。
プレイは全身へのキス、カウントによる絶頂です。

エッチな効果音はありません。
セルフはありません。

「ちゅーされる感覚と 性感の意識を繋げてあげるよ」
催眠を使って主人公を自分たちの虜にした双子は
ひとまず彼の顔や体にたっぷりキスして体の熱を徐々に上げます。

エッチはフェラやSEXといった定番のプレイを一切やらずにキスと技術でイかせます。
前半の10分間はドライに向けて準備するシーン。
頬から始まって左右の腕、脚、腰、顔と全身を満遍なくキスします。
乳首やおちんちんといった性感帯はわざと避けてました。

「キスされたところに 気持ちよさが入って来る 痺れるような快感が手の全体を包む 流れた電流の快感は消えずに 気持ちよく残ってる」
キスだけで絶頂するのは普通だと無理なのでここでも催眠を活用します。
序盤はキスされるほど気持ちよくなる暗示を厚めに入れてちゅぱ音で反応できる体にし
その後はキスを多めにやって熱や痺れといった気持ちいい感覚を積み重ねていきます。

女の子が2人いるおかげでキスの量も多くタイトル通りのプレイに仕上がってます。
私が聴いた時も手のひらや脇の下がピリピリするのを感じました。
彼女たちが快感を電流に例えながら進めるので、同様の感覚を味わう人が結構いそうです。

後半の10分間は本題の絶頂シーン。
これまで避けてきた唇へのキスを解禁し、それとカウントを組み合わせて4回連続の絶頂に導きます。

「恋愛感情が膨れ上がる 好き 大好き 可愛い 愛してる そんな気持ちが強く大きくなって あなたの心の中を満たしていく」
本作品の山場ということでいつも以上に暗示の密度を上げ
彼女たちに愛される幸福感や頭が真っ白になる感覚といった射精とは別の気持ちよさを与えます。
絶頂時に2人が唇へキスするので股間よりも脳でイク形になるでしょう。
私の時も股間はある程度熱いあたりで留まる代わりに脳が軽く爆発する感覚が味わえました。

最初の2回と次の2回で分けてあるのも良いですね。
2回終えた時点で全身へのキスを再度行い、多少冷めた熱を回復させてから次の2回に進みます。
カウントの最中や直後にもしっかり追い込み暗示を入れてくれたりと
催眠パートと同じくやることを絞り込んで丁寧にリードしてました。

このように、ほぼキスだけで感度上昇と絶頂を行う独特なエッチが繰り広げられてます。
隠れた秀作
催眠に入れるし絶頂もできる個性的で安定感もある作品です。

双子は親しい関係にある主人公に気持ちいいひと時をプレゼントしようと
まずは連携の取れた催眠でリラックスと深化をサクッと行います。
そしてエッチは自分たちが好きなキスをやりながら暗示を小まめに入れて感覚を操作します。

可愛くてキス好きな双子がエッチな催眠でもてなすノーマル向けのシチュ
双子形式を上手く活用した効果的で無駄のない催眠
キスと暗示を組み合わせて感度を上げたり連続絶頂させるタイトルを意識したエッチ。
「双子」と「キス」をふたつの柱にして作品を組み立ててます。

中でも催眠は双子の要所や長所をしっかり捉えてあって驚きました。
綿谷SVLさいみんクラブさんはこの時点でまだ2作目ですから
経験だけを考えれば双子を無理なくこなすのはやや難しい段階です。
それをきっちりやり遂げてることが何より素晴らしいです。

エッチもプレイをキスだけにしたうえで暗示の内容や追い込み方を変えて絶頂へ持って行きます。
キスの頻度は多いですけどちゅぱ音は割とソフトですし
淫語や喘ぎ声もほとんどないので純粋なエロさはそれほど高くありません。
でも暗示の量や入れ方に気を配ってるおかげで意外なほどあっさりイけました。

絶頂シーンは4回。
ちゅぱ音それなり、淫語ごく僅か、喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数にさせていただきました。
甘い雰囲気の双子作品が好きな人には特におすすめします。

CV:そらまめ。さん
総時間 38:04

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります



サークル「キャンドルマン」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第62回目は普段は穏やかだけどスイッチが入るとSになるお姉さんが
いくつかの音を使った不思議な催眠でM男を立派な負け犬にしつけます。

一般的なプレイはもちろん、淫語も極力言わずに調教する音モノ色の強いサービスが行われており
催眠誘導の段階から音を鳴らしながら暗示を入れて心と体に馴染ませ
エッチは彼女に従う快感と複数の音を組み合わせて何度も絶頂に追い込みます。
音を駆使した気持ちいい調教
お姉さんに催眠をかけられ負け犬調教を受けるお話。

「ねぇ いつも寝ちゃう時って どんな感じ?」
お姉さんは明るくて整った声の女性。
音声を聴く際の注意事項や環境を簡単に確認すると、まずは主人公に眠くなる時の感覚を尋ねます。

本作品は女性に服従するMの快感を味わいながらドライ絶頂することを目的に
彼女がおよそ110分に渡って非常に変わった催眠とエッチをします。
発売したのは2011年4月とかなり昔ですが今でも根強い人気を誇っており
DLsiteの催眠音声では双子のい・い・な・り、サイニィコンディショナーに次ぐ第3位につけてます。
タイトルの各頭文字を取って「RSG」と呼ばれることもあります。

「音が 体に響き渡っていく 音が 体に染み渡っていく」
最大の特徴は音を使って感覚を操作すること。
催眠をかける段階から「ぶんっ」という弦楽器を軽く弾いたような低く鈍い音が鳴り始め
エッチに入ると「ふぃぃぃん」というトーンの高い澄んだ音や
「ぐんっ」という最初のよりも力強い音を起点に感度強化や絶頂を促します。

これらはどれもくちゅ音やちゅぱ音といったエロい音からかけ離れてます。
通常の精神状態でこれらを聴いても興奮したり気持ちよくなることはまずないでしょう。
それを催眠の技術によって成立させるから多くの人がハマるわけです。
現在ではすっかり定着してる音モノの草分け的存在です。

そして全編を通じてお姉さんは非常に丁寧なリードをします。
いきなり音を鳴らしても効果が見込みにくいので
まずは音の間隔を長めに取ったうえで暗示も厚めに入れて音に反応できる状況を作ります。
エッチも感度の強化に十分な時間と手間をかけてから徐々に激しくする慎重な展開です。

「ほらっ 泣けよ もっともっと泣けよ あははははっ」
エッチの後半で罵倒っぽい言葉責めもしてきますけど
それも彼が音で操られる惨めな負け犬になった後に満を持して投入します。
途中で再度深化するシーンを用意して催眠状態を維持しやすくするなど
1人でも多くの聴き手がこの作品を楽しめるよう気を配って作られてます。

音を起点に催眠状態へ落としたり絶頂させるアプローチと丁寧なリード。
奇抜さと取り組みやすさを合わせ持つM~ドM向けの作品です。
音に馴染ませる催眠
催眠は2パート37分間。
最初の「1.誘導(約27分)」は仰向けに横になってその感覚に集中し
それからお姉さんが鳴らす音と言葉を聞いてより深いリラックスを得ます。
途中で目を閉じるシーンがあるので今は目を開けたまま聴きます。

「少しすると 体がぽかぽかあったくなってきて あったかさが増してくると なんだか幸せな気分になっていく」
音を使った調教がテーマの作品ですけど、この時点の彼女はとても優しく
ベッドや布団から伝わってくる温かさや心地よさを暗示で強化しスムーズに脱力させます。
普段よりもややトーンを下げた声も催眠に合ってて良いです。

「君の意識も それに合わせて ゆっくりと動き出す」
音を鳴らすシーンは弦楽器のような音を長めの間隔でリズミカルに鳴らし続け
途中から音そのものを左右に動かして意識に軽い揺さぶりをかけます。
催眠音声ではあまり聴かないタイプの音ですけど、しばらくすれば徐々に慣れてくるはずです。
エッチを見据えて序盤から音が鳴っても聴き手が気にしない状況を作ります。

パートの後半は催眠状態をさらに深めます。
2種類のカウントを数えながら半覚醒状態と催眠状態を往復し
後者の時にだけ音を鳴らして催眠へ入る合図にします。

「繰り返せば 繰り返すほど さらに深い世界へと落ちていく」
催眠における重要シーンということでカウントを数える回数を多めに設定し
そのたびに暗示を入れて少しずつ確実に誘導してました。
これらが完了した後には彼女の言葉に従いたくなるアプローチもかけるなど
ご主人様と負け犬の関係になるための準備を着実に進めます。

2番目の「2.暗示と調教(約10分)」は心の開放を見据えたサービス。
彼女が用意した特殊なお薬を飲んで変態的な快楽の世界に移動します。

「薬が どんどん染み渡っていく 股間の奥のあたりに じんわりとした熱さを感じる」
全身が今の場所から落下する深化の暗示に加えて
薬の効果で主に股間が熱くなる暗示も入れて集中力を高めてました。
本作品のエッチは股間を起点に感じたり絶頂する流れになってますから
このシーンでそれ以外の部位にあまり意識を向ける必要がないことを教えてるのでしょう。
深化が二段構えになってる点も先ほど説明した「丁寧なリード」を物語ってます。

音を適度に鳴らしつつ催眠状態を深めていくテーマに合った堅実な催眠です。
主人公の心と体を音に反応できるようにすることを目的に
ベッドの温かさと心地よさを伝える暗示から始まって音を使ったリラックスと集中力の向上
音とカウントを組み合わせた揺さぶり、媚薬のイメージを絡めたさらなる深化とほぼ一直線に進めます。

催眠への入りやすさを優先したからでしょうけど、この時点では音はそこまで鳴らしません。
間隔を長めに取って彼女の声と言葉を聞きやすくしてますし
技術も古典催眠をアレンジしたうえで暗示を厚めに入れてます。

私が聴いた時も心地よさや落ちる感覚が強めに味わえました。
後々ご主人様になるからといって無理矢理何かをさせたりせず
彼が自分の意志でそうなることを望むように働きかけてるのも良いです。
音と言葉で巧みに調教
エッチシーンは2パート59分間。
音を使った責めと絶頂、パンツの匂いを嗅ぐです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありません。
途中で服を脱ぐ指示が出ることはありません。

「さぁ お行儀よくおちんぽを 指先だけで触れてる状態にして?」
催眠を使って主人公を従順にしたお姉さんは
おちんちんに指先で軽く触れさせてからこれまでとは別の音を鳴らします。

エッチは体への刺激を最小限に弱めて言葉、音、イメージで気持ちよくします。
最初の「2.暗示と調教(約22分)」は心身を温めながら主従関係を確立するパート。
「ぐんっ」という力強い音を催眠パートよりも短い間隔で鳴らし
少し後には「ふぃぃぃん」という3つ目の音も登場させて焦らします。

「2.暗示と調教」は元々ひとつのパートなのですが
音声を聴いた結果本レビューでは最初の10分を催眠、後の22分をエッチに分類しました。

「股間の奥 君の一番いやらしいところに どんどん切なさともどかしさが溜まっていく」
そしてここでも音を前面に押し出して快感を膨らませます。
前立腺とアナルの間あたりに音で感じられる架空の器官をイメージし
そこへ意識を向けながら暗示を丁寧に入れて実際に気持ちよくします。
さらに乳首やアナルといった別の性感帯にも集中して快感を広く強くします。

序盤でも説明したように音自体は特にエロくはありません。
ですが深い催眠に入った状態で聴くと股間を中心に心地よい振動が走ります。
催眠パートよりも音量が大きめなことや、複数の音を組み合わせてるのが影響してるのかなと。
彼女がちょっぴり嗜虐的な態度と口調になるのも調教らしさが出てます。

本格的な音責めが始まるのは次の「3.プレイタイム(約37分)」。
事前に再度深化させてこれまでとは別の場所へ移動し
そこで彼女がご主人様、彼は負け犬の立場で独特な調教を施します。

「私は ご主人様に快楽で屈服させられて 惨めな負け犬に堕とされてしまいました」
自分が負け犬になったことを復唱させて羞恥心を煽ったり
これまでよりもきつめの言葉責めをするなど、音以外の要素も強化して心をゾクゾクさせます。
ご褒美にお姉さんのパンツを嗅ぐシーンもありますし
通常の調教と同じく飴と鞭を使い分けて上手に屈服させます。

音については前のパートで使った2つの音を組み合わせ
さらに絶頂時はカウント0の時に「どんっっ」という軽く爆発するような音が登場します。
中盤あたりから絶頂の練習が始まり、終盤は12回連続で絶頂を迎えるなかなかハードな内容です。

このへんまでくると暗示よりも音の割合が増えてくるので
上手く催眠にかかっていれば体がビクビクしたり頭の中が弾ける不思議な体験ができるでしょう。
私は股間に意識が集中してたので股間のほうが気持ち良かったです。
音と同時に強めの快感が走り、それが少しの間続くのを何度も味わいました。
12回連続するシーンは人によってはマルチプルオーガズム(イキながらイク)を経験するかもしれません。

道中は結構ゆるーい進め方になってるのですが最後のほうで一気に激しくなります。
準備をしっかりしてから本番へ突入するのでやりやすく感じるのではないかなと。

このように、音と調教を組み合わせた刺激的なエッチが繰り広げられてます。
独特な調教作品
発売から9年以上経った今でも強烈な個性を放ってる作品です。

お姉さんは催眠音声ならではの方法で主人公を従順な犬に変えようと
まずは催眠をかけながら音を適度に鳴らしてエッチで感じられる準備をします。
そしてエッチは言葉責めや羞恥を与える指示と複数の音を組み合わせて心身両面の興奮を高め
最後のほうに飛び切りハードな絶頂シーンを用意して彼の心をガッチリ掴みます。

優しくてSっ気もあるお姉さんがM男に変わった調教をするシチュ
全編を通じて何らかの音を鳴らし、そこに暗示を込めて感覚を操作する独特なアプローチ
内容が奇抜だからこそ丁寧にリードしてやりやすくする聴き手に寄り添った作り。
現在聴いても十分楽しめる要素がいくつも込められてます。

中でも2番目は敢えてエッチな音を使わないところにこだわりを感じました。
最近の作品だと耳舐めをガンガンやるASMR作品とか
エッチとの親和性が高い音を使う音モノをそれなりに見かけます。
ですが本作品は純粋なエロさを下げて音と技術でイかせることを目指してます。

催眠重視の内容になってるので催眠に安定して入れることが前提になりますが
そこさえクリアしてれば割といけるんじゃないかと言える品質を持ってます。
1回聴いてピンと来なかったとしても繰り返せば徐々に変化が表れるでしょう。
こういう特殊な作品は経験の有無によって結果が大きく変わります。

絶頂シーンは19回。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて前回と同じ点数にさせていただきました。

CV:紗藤ましろさん
総時間 1:49:33

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
109分で770円とコスパが良いので+1してあります。

2020年9月23日まで50%OFFの385円で販売されてます。



サークル「KUKURI」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、神社で偶然触手の卵を拾った女の子が
それをエッチな手段で育てる様子を彼女の立場で楽しみます

触手プレイの要所を押さえつつ比較的穏やかな雰囲気でエッチするのが特徴で
前半は体の熱と感度を高めながら触手に愛される幸福感を与え
後半はおまんこ、アナル、乳首といった性感帯を同時責めされる様子を
わかりやすい実況を交えた厚めの暗示で主観的に伝えます。
触手の赤ちゃんをエッチに育成
お姉さんに催眠をかけられ触手を育てるお話。

「今から物語の世界に入るための 手続きをしていきます」
お姉さんは穏やかな声の女性。
音声を聴く際の注意事項や環境について説明すると
物語の世界に入っていく感覚をわかりやすく教えます。

本作品は音声でよく登場する触手プレイを普段とは別の視点から描いたもので
彼女がおよそ120分をほぼ半々に分けて催眠をかけたり2種類のエッチをします。
彼女は天の声としてエッチに参加せず案内役と催眠者を担当し
主人公が触手に責められてる様子をリアルに伝えて興奮と絶頂を後押しします。

あらすじを簡単に説明しますと、主人公が作中でなりきる女の子は
雨の日に神社の境内で偶然不思議な卵を拾いました。
鳥のように温め続けた結果数日で触手の赤ちゃんがかえり
以降は汗や愛液といった自分の体液を提供して少しずつ育てます。

キューキューと鳴いて自分に近づいてきたり
体にしがみついて体液を美味しそうに吸収する姿を愛おしく感じたのでしょう。
大部分の作品では敵方として登場する触手を
自分のペットや赤ちゃんに見立てて相手する
非常に変わった展開になってます。

「チンアナゴや イソギンチャクみたいな形状のアルス それが可愛くて 可愛くて仕方がない」
そして女の子の気持ちが聴き手にも伝わるように
プレイ中は触手に対してポジティブな感情を抱くように働きかけます。
実際にそうなるかは人それぞれでしょうけど
少なくとも触手に対して悪い印象は抱かないと思います。

もちろん触手が元々持ってる特徴も受け継いでます。
主にエッチシーンの後半で複数の性感帯を同時責めする比較的ハードなプレイが出てきます。

「触手の先端が おまんこの割れ目に触れる その瞬間 全身に強い衝撃が走る」
現実世界では体験できないプレイなので実況を小まめに挟みながら
体が熱くなったり気持ちよくなる暗示を入れて気持ちを高めてくれます。
謎生物に凌辱される絶望感はほとんど与えずに進めてました。
絶頂シーンを一番最後に固めてあることも含めて、乱暴さを抑えたエッチに仕上げてます。
ふたつの感覚を高める催眠
催眠は3パート44分間。
一番最初の催眠誘導パートは仰向けに横になってお姉さんの話を聞き
さらに深呼吸やカウントで作品世界の入り口まで案内します。
後に目を閉じる指示が出るのでこの時点では目を開けたまま聴きます。

「大きく鼻から 息を吸って ゆっくりと口から 吐き出します そうすることに よって あなたの心と体は ゆったりとすることができるでしょう」
「~かもしれない」「~することもできる」と通常よりも柔らかい言い回しで語り掛けて
体が温かくなる感覚や心地よさを少しずつ聴き手に伝えます。
時間が長めに取られてるからでしょうけど、どのパートもゆっくりのんびり進めてました。
テーマの触手は無理に絡めず催眠状態を深めることだけ考えてリードします。

「例えば 今が何時なのか 例えば あなたの体の温かさ 例えば あなたの利き手の感覚」
そしてこれらをするにあたって彼女は
聴き手の集中力とイメージ力が高まるように働きかけます。
前者は意識を自分の外側→内側の順に向けて聴覚をはじめとする感覚を鋭敏にし
後者はカウントの最中に彼女が言ったものをイメージするシーンが出てきます。

集中力は催眠の入りやすさと物語への没入感に影響する要素ですし
イメージ力は触手とのエッチに臨場感を与える重要な役割を果たします。
単に催眠をかけるのではなく、エッチをより楽しめるように組み立ててるのが素晴らしいです。
ここを聴いた時点ではピンと来なかったとしても、エッチに入ればその効果を実感できると思います。

続く2パート21分間は女体化。
女体化イメージパート(約8分)はこれからなりきる女の子と抱き合うイメージをし
次の女体化パート(約13分)で体と感覚を彼女に重ね合わせます。

「女の子の温もりが伝わってくる それはあなたの心と体を温めてくれる」
女体化する前にイメージパートを挟んでるのは
ひとつ前でイメージ力を高めたのを活かすためでしょうね。
女の子の具体的な容姿は敢えて描写せずに
抱き合ってる様子を実況しながらその感覚を主観的に伝えてました。

本作品は催眠、エッチいずれも温感を高めることに力を入れてるので
エッチに入ると特定の部位が妙に熱く感じる人がそれなりにいると思います。
私の場合は首の周辺、脇腹、手のひら、股間がそうなりました。

「指先で円を描くように ぐるぐると両手で 自分の胸を愛撫するのです」
女体化は頭、胸、お尻、全身、そして股間と
エッチで重要になる部位を中心に指で触ってから変化したことを教えます。
自分の体に触れる指示が出ますが頭の中で補完するだけでも構いません。
私個人は無理に触らないほうがスムーズに女体化できると見てます。

エッチを有利に進められるように調整したやや変わってる催眠です。
聴き手を物語に登場する女の子になりきらせることを目的に
集中力とイメージ力を向上させながらのリラックス&深化
女の子と抱き合って一体感を得るイメージ、そして女体化とパートごとに異なる目的を掲げて進めます。

古典催眠の技術をよく使うKUKURIさんでは珍しくイメージ主体にしてます。
普通に話すように誘導するのであまり催眠っぽく感じないのではないでしょうか。
がっつり落とすタイプではないですけど、エッチで体の火照りやイメージの向上を実感できました。
愛を感じながら蹂躙されるエッチ
エッチシーンは2パート51分間。
プレイは触手責めのみです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありません。

「自分の体に触れて 脇に汗が残ってるのを確認する 試しに そこにアルスを近づけてみる」
温め始めてから数日後にふ化した触手が自分に懐いてくるのを見て愛を感じた女の子は
その子をアルスと命名し、とりあえずやや汗ばんだ自分の体に近づけてみます。

エッチは人外相手なので終始女の子が責められ続けます。
前半の卵篇は触手に対して良い印象を抱かせながら感度を高めるパート(約21分)。
一本の触手が上半身を中心に動き回って汗を吸収し、それと同時に特殊な粘液を分泌します。

「最後にあなたが感じたのは 喜びです その喜びは アルスには あなたが必要ということです まるで赤ちゃんに母乳をあげる 母親のような気持ちです」
プレイ自体は割とスタンダードな内容ですが
そこに触手へ愛を感じるセリフを盛り込むことで個性を出してます。
嫌悪や絶望を感じることが多い触手に真逆の感情を抱く。
純粋な快感よりも一体感や没入感を重視する本作品らしいプレイです。

体の熱や感度を上げる暗示もそれなりに入れてきますけど
絶頂シーンはないので後半に向けた準備と見るのが妥当です。

続く餌篇は正統派の触手プレイ(約30分)。
後日、成長した結果1本から3本に増えた触手が
今度は女の子の下半身を重点的に責めて2回連続の絶頂へと追い込みます。

「全身がどんどん熱くなり 触手による快感で 全身が狂うほど 頭の中が真っ白になり わけがわからない」
分泌する粘液の効果で体の自由を奪われたまま
おまんこ、アナル、乳首を同時に責められる前半よりもずっとハードな内容です。
女の子が嫌がってる様子はないので雰囲気は引き続き穏やかですが
感度を上げたり気持ちよくする暗示がパワーアップしてて体がどんどん熱くなります。

前半が焦らし気味だったからこそ、ここで気持ちよくドライを迎えられるでしょうね。
私もお姉さんのカウントに合わせて股間がカーッと熱くなり
そのまま弾けるような感覚がして気持ちよかったです。
触手モノでは珍しく暗さや重さがないのもプラスに働いてます。

このように、触手と仲良くなりながら責められるややM~M向けのエッチが繰り広げられてます。
マイルドな触手作品
激しさや凄惨さを敢えて薄めた触手プレイをする意欲作です。

お姉さんは女の子が体験した不思議なエッチを主人公にも疑似体験させようと
まずはイメージ重視の催眠で作品世界に引き込みながら彼女と体を重ね合わせます。
そしてエッチは前半と後半でスタイルを変えてゆっくり絶頂へ追い込みます。

触手を敵ではなく味方に立たせてエッチする珍しいシチュ
集中力とイメージ力を高めてから女体化に進む丁寧な催眠
最初は甘く、次は激しくと大きな落差をつけて責めるエッチ。
ハードな同時責めが売りの触手に別の要素を盛り込み物語を作り上げてます。

中でもエッチは触手に対して良い感情を抱かせるのが面白いです。
人間相手に例えればわかりやすいですが、好きでもない男に凌辱されるよりも
恋人や夫に愛されながら責められるほうがずっと気持ちいいはずです。
それを触手に当てはめたうえで人間にはできないプレイを盛り込んでます。

触手責め特化の時点で人を選ぶのは否定しません。
でも内容はしっかりしてて興味がある人なら楽しめる品質を持ってます。
絶頂シーンが絞られてるおかげでじっくり取り組めるのも良いです。
後半に女の子が母乳を飲ませるシーンがあるのでそういうのが苦手な方はご注意ください。

絶頂シーンは2回。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:涼貴涼さん
総時間 2:02:58

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります



サークル「Chastity Fancier(性的禁欲愛好家)」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声や態度は穏やかだけど性格は割とSなお姉さんが
変わった願望を持つ男性を丁寧に調教して射精とは違う快感を教えます。

おちんちんの勃起を抑えながら乳首と前立腺をいじり続けるのが特徴で
貞操帯を着けて物理的に大きくできない状況にし
さらにアナルのことを「ケツマンコ」と呼びながら何度もイかせて射精への興味を失わせます。
調教のやり方は至って穏やかですから抵抗を感じずに取り組めるでしょう。

以下のアイテムを用意しておくとより楽しめます(無しでも可)。
貞操帯&鍵、エネマグラ&ローション、電気マッサージ器

今回はメスイキverを聴いてのレビューをお送りします。
二方向からメス化を後押し
CLUBドミナンスのミストレス「宝城キョウカ」から調教を受けるお話。

「よく来たわねお客さん 今日お客さんの担当をさせてもらうことになった CLUBドミナンスの宝城キョウカよ」
キョウカは色っぽい声のお姉さん。
来店した主人公に挨拶し、お店や所属するミストレスのことを簡単に説明すると
今回行う強制ED化コースの概要を教えます。

本作品は勃起や射精といった男性機能を減衰させながらメスイキさせることを目的に
彼女が90分程度に渡って独特な調教を施します。
風俗サービスとして彼を躾けるので痛みや苦しみを与えるシーンは一切なく
心身両面をケアしながら少しずつ前進する丁寧なリードを心がけてます。

「あたしがあなたのおちんちん 使い物にならない ダメちんちんにしてあげるわね」
テーマはずばり「ED化」。
彼のおちんちんを台無しにしようとふたつの方向からアプローチをかけます。
具体的には物語の序盤に貞操帯を着けて物理的にいじれなくし
それから乳首やアナルといった別の性感帯を責めてドライオーガズムに導きます。


ドライと聞くと催眠音声のそれをイメージする人がいるかもしれません。
ですが本作品のドライは前立腺を圧迫するタイプで、催眠音声のようにノーハンドでイクのとは違います。
催眠をかけるシーンもありませんから催眠音声の視聴経験はほぼ無関係と思ってもらって大丈夫です。
ただし、絶頂させる際にカウントを数えたり暗示を入れることがあります。

「ほら 少しずつ 深く入れて 入れたらまた 引き抜いて ゆーっくり エネマグラを ケツマンコに沈めていきなさい」
キョウカについては「穏やかな女王様」と呼ぶのがしっくりくる女性です。
どのパートも指示や合図を小まめに出してわかりやすくリードし
さらにアナルのことを「ケツマンコ」と呼んだり
おちんちんよりも乳首や前立腺のほうが気持ちいいことを教えてED化とメスイキを促します。

焦らしや寸止めといったやや意地悪なこともしますけど
それはより気持ちよくイかせるためのスパイスの意味合いが強いです。
終盤には連続絶頂シーンを用意して満足させるなど、飴と鞭の使い方をよく心得てます。

また本作品では今回紹介するメスイキver以外に射精verも用意されてます。
途中の75分くらいまでは両者共通で、終盤の20分間だけ内容が変わります。
どちらを聴くかはお好みですけど作品の内容を考えればメスイキが正規ルートかなと。

おちんちんを封じたうえで他の部位を気持ち良くするスタイルと丁寧なリード。
アブノーマルなプレイをできるだけ親しみやすく仕上げたM~ドM向けの作品です。
少しずつ追い込んでくエッチ
メスイキverのエッチシーンは9パート70分間。
プレイは貞操帯の装着、お尻の穴を見せつける、エネマグラ挿入、お尻を締める(PC筋トレーニング)、貞操帯越しのオナニー、乳首オナニー、カウントによる絶頂、耳舐めです。
エッチな効果音はありません。

「ほら 貞操帯の中に閉じ込めてあげなさい」
一通りの説明を終えて主人公に服を脱いでもらうと
キョウカはあらかじめ用意した貞操帯を着けさせてオナニーと射精を封じます。

エッチは終始彼女に言われた通りに動きます。
最初の2パート15分間は調教を始める前の準備。
「3_貞操帯装着♪」は貞操帯をおちんちんに装着し
「4_エネマグラ挿入♪」はローションで湿らせたエネマグラをアナルへ挿入します。
両方持ってない人にとっては雰囲気作りになりますね。

「これで興奮しても 気持ちよくなっても 勃起 できなくなっちゃったわね」
彼女は彼の願望を叶えるためにこの調教をしてるので無理矢理感はほとんどありません。
貞操帯を着ける時は本当にいいのか確認してから時間を用意し
エネマグラの時もアナルの入り口をほぐした後にゆっくり挿入するよう言います。

この後のパートも含めて本作品のエッチは心のケアもしっかり行うので
聴いていくうちに彼女の指示に従うことに快感を覚える人も出てくるでしょう。
オナサポの要所を押さえつつ調教らしさが出るようにプレイを組み立ててます。

本格的なプレイが始まるのは「5_貞操帯の中でのおちんちん勃起♪」から(約13分)。
お尻の筋肉を収縮させて前立腺をリズミカルに圧迫し
さらに別のプレイでおちんちんではもう気持ちよくなれないことを教えます。
そして「6_乳首責め&強制ED化♪」からは乳首オナニーも同時に行い(約11分)
「7_わずかなご褒美…メスイキ♪」で1回目のドライオーガズムをプレゼントします(約4分)。

「締め付けるたびにケツマンコがほぐれていく きゅっ きゅっ きゅっ きゅっ」
「あらあら 無駄な努力なのに おちんちんが硬くなろうと頑張ってるわね」

アナルの締め付けは「きゅっ きゅっ」、乳首オナニーは「くり くり」と
プレイに対応した掛け声を出しながら軽い言葉責めをしてM心をくすぐります。
通常のメスイキ作品との差別化を図るために、乳首&アナル責めに注力しつつ
おちんちんも意識させたり刺激を与えて両者の快感の違いを引き立てます。

おちんちんより乳首やアナルのほうが気持ちいいとわかれば自然とED化が進みますからね。
乳首オナニーはそれほど細かな指示は出しませんけど
全パート合わせておよそ39分とかなりの時間が用意されてます。

「乳首で生まれた快感が 背筋を通って 前立腺に集まっていく」
ドライへの追い込みはカウントを数えながら催眠暗示っぽいセリフを投げかけます。
初回は演技でいいからイったように振る舞う指示が出てましたし
終盤に向けて心身を少しずつ温めていく方針で進めます。

残りの4パート27分間は落差をつけたプレイ。
「8_妄想&メスイキの取り上げちゃう♪」「9_勃起誘発&メスイキ寸止め♪」は寸止め
「11_メスイキ選択&ご褒美ドライオーガズム♪」「12_ラストスパート♪ご褒美連続絶頂♪」は連続絶頂と
ほぼ正反対の責めを繰り出してメスイキの良さを存分に教えます。

「ほーら 前立腺がじんじんと痺れてきた 快感が蓄積する」
連続絶頂はプレイの最後を飾るだけあってなかなかハード。
およそ12分間で8回以上の絶頂シーンを用意し
毎回カウントを数えてから0を刻むテンポの良い追い込みをかけます。

12番目のパートが絶頂回数をかなり多くしてまして、2パート合わせて20回はいってると思います。

私は道具を一切用意せずに聴いたのですが
それでも股間のあたりにエネルギーがこみ上げてきて弾ける感覚を2、3回味わえました。
乳首オナニーは指なので誰でもできますし、前立腺責めもPC筋トレーニングである程度代用できます。
道具があるほうが楽しめるのは確かでしょうけど、無しでも予想以上に気持ちよくなれて驚きました。
全体の流れ、指示、各所のリードがしっかりしてるのが大きいです。

このように、おちんちんよりも乳首や前立腺に魅力を感じさせるテーマに沿ったエッチが繰り広げられてます。
本気でドライを目指す作品
従来のやり方とはやや違う手段でメスイキさせる作品です。

キョウカはED化調教に強い興味を持った主人公にそれを味わわせようと
おちんちんには貞操帯、アナルにはエネマグラを装着し
さらに乳首オナニーもしながら勃起や射精から徐々に遠ざけます。
そしてある程度進んだ後は焦らし&寸止めからの連続絶頂で心を一気に引き寄せます。

穏やかでSっ気もあるお姉さんがED化の調教を施すM向けのシチュ
おちんちんを物理的にいじれなくしたうえで乳首や前立腺を刺激する目的を見据えたエッチ
何をするかきめ細かく指示しながら言葉責めもしてメスへ近づける巧みなリード。
サークルさんが元々持ってる良いところが今作でも遺憾なく発揮されてます。

「ゆっくりでいいから 乳首とお尻の快感に集中して おちんちんのことを忘れるの」
中でも2番目は本作品の鍵になる要素なだけあって上手に対比させてます。
途中でおちんちんを意図的に勃起させるシーンもありますし
貞操帯を着けてる状況を活かして射精する気を削いでくれます。
おちんちんをいじるシーンはほとんどないので、用意できなくてもオナニーを我慢すれば大丈夫です。

この内容ならどちらかと言えば乳首を開発してる人のほうが楽しめるでしょう。
6番目のパート以外は乳首オナニーに関する指示を控えめにしてました。
フリースタイルでいじることが多くなるため、自分でどういじればいいか知ってる人のほうがやりやすいです。

絶頂シーンは8回+α(連続絶頂)。
淫語それなり、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:琴音有波(紅月ことね)さん
総時間 1:48:14(共通パート…1:16:02 メスイキver…20:13 射精ver…11:59)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
約30分のEXパートが後日追加されるそうです。

2020年7月17日まで20%OFFの968円で販売されてます。



サークル「Hypnotic_Yanh」さんの催眠音声作品(男女両用)。

今回紹介する作品は、上品で穏やかな声の女性カウンセラーが
催眠を使って自分の患者にあたる少女が過去に味わったエッチな出来事を疑似体験させます。

少女が独白する形で女体化、感度上昇、絶頂させるのが特徴で
その時の様子だけでなく彼女が何を思い、感じたかまで綿密に語り
それらを聴き手が自分のこととして受け入れられる表現にすることで少しずつ没入感を高めます。
凌辱がテーマですけど快楽堕ちっぽい内容になってるのでM性のある人なら普通に聴けるし楽しめます。

今回はP音入りバージョンを聴いてのレビューをお送りします。
少女の心に自分を重ね合わせて
カウンセラーに催眠をかけられ少女のエッチな体験談を聞くお話。

「まずは部屋をできる限り暗くし、ベッドか布団の上に、上を向いて横になり、そして、ゆーっくりと、呼吸しながら、全身の力を、抜きましょう」
カウンセラーは上品な声の女性。
音声を聴く際の注意事項や環境を簡単に説明すると
ひとまず横になって深呼吸するように言います。

本作品はカウンセラーとして日々患者の心を癒してる彼女が
その1人にあたる少女を治療するために85分程度の変わったサービスをします。
少女は物語の開始時点で心に傷を負っており、そのことを誰かに話せば気分が楽になるそうです。
そのため登場人物たちが直接肌を重ねることはなく、少女の体験談を通じて女体化や絶頂をさせます。

少女「くらくら、ふらふらして、何がなんだか分からなくなる。そして、体の芯がすこしずつ、すこしずつジンジンと痺れ始め、なんだかとても、おかしな気分になってきました」
何をされたのかはもちろん、その時にどう感じたのかまでわかりやすく語り
さらにセリフの表現を工夫して聴き手が彼女と同じ視点でプレイを楽しめるようにします。
実際に音声を聞いてみると妙に臨場感があるように感じるでしょう。

一般的な女体化作品のように男性から女性の体へ変えるアプローチは特にせず
聴き手が自然と女性になったことを実感できるように物語を進めます。
これがあるから女性でも問題なく聴けるわけです。
プレイに合った効果音を鳴らすなど、イメージ力や没入感を高める要素が充実してます。

催眠についてはカウンセラーが担当し
手堅い技法を中心に据えて少しずつ確実に催眠状態を深めます。
エッチで一体感がより得やすくなるようこの時点から少女を被験者として参加させ
彼女が催眠にかかって心地よさそうにしてる様子も実況する
変わったアプローチがされてます。

これは「Side Effect」や「催眠術師の悪戯~催眠ショーのステージの上で…~」にも使われてるもので
催眠に入るにあたっての抵抗感を取り除く役割を果たします。
本作品は少女のエッチを疑似体験するのがコンセプトですから
催眠の時点からこういう形で共通点を作るのは効果的と言えます。

もうひとつ、本作品には「P音(自主規制音)入り」と「表現をマイルドにしたもの」の2パターンが存在します。
18禁作品でも入れておくとまずいワードへの対策で、前者の場合は合計で10回くらいあの音が鳴ります。
サークルさんはP音入りを推奨されてるので、とりあえず1回目はそちらを聴いて
合わないと感じたら2回目以降は後者に変えるといいでしょう。
これも催眠音声だと滅多に見かけない要素ですね。

少女が独白する形で凌辱プレイを疑似体験するスタイルと、聴き手以外にも被験者を用意した催眠。
催眠、エッチいずれも強い個性を持つドM向けの作品です。
音を交えた心地いい催眠
催眠はおよそ28分間。
横になって楽な姿勢を取り、目を瞑ってまずは数回深呼吸します。
それから少女を部屋に入れて暗示を入れたり音を鳴らしてリラックスを深めます。

カウンセラー「ゆれていく…心地いい…ゆれていく…ゆーーーら、ゆーーーら、揺れ続ける。心地いい。まるで、振り子のような…心地いい、心地いい そうですよね?」
少女「…はい…いい…かんじです…」
カウンセラーが入れる暗示と少女の心地よさそうな姿を組み合わせて
意識が揺れる感覚を上手に伝えます。
Hypnotic_Yanhさんは結構変わった催眠をかける作品も制作されてるのですが
今回は割とシンプルかつストレートに進めてました。
凌辱がテーマとは思えないほど雰囲気も穏やかで心身両面をしっかり脱力できます。

カウンセラー「振り子の ように、ゆれている、あなたの、心も、ゆれている まるで、今の、意識の、ように、ゆれている、ゆれている」
その後から始まる音を使った誘導も意識の揺れに焦点を当ててます。
「ぼーん」というトーンの低い鐘のような音を1回ごとに左右へ移動させながら
それと同じリズムで「揺れる」と暗示を入れて意識の力をさらに弱めます。
このシーンで意識のぼやけが強くなる人が多いでしょうね。
最後にカウントを刻んできっちり落とす手堅いリードがされてます。

少女の独白が始まるのは開始からおよそ19分後。
事前にひとつだけ約束してからメインの語り手がカウンセラーから彼女へと変わり
学校から帰宅する際に普段とは別の道を通ったことを話します。

少女「降りていくたび、周りはだんだん、だんだんと暗くなり、それに連れて、意識もだんだんと、暗くなっていきます。スーッと、吸い込まれていくように、感じます」
薄暗い地下道へ続く階段を足音を鳴らして一段ずつ下り
その様子を主観視点で語りながら深化を促す暗示を入れます。
「体が女性になる」とか女体化ではお馴染みのセリフは一切出てきません。
でも音声を聴いてれば彼女が見てる情景が頭の中に自然と浮かんでくるでしょう。

十分深化させてから独白形式へと移る本作品らしい催眠です。
少女のお話を彼女と同じ視点で楽しめるようにすることを目的に
深呼吸から入って振り子の音を鳴らす音響法、カウントを使った深化
そして階段を下りるイメージによるさらなる深化と
古典催眠の技術に作品独自の要素を組み込んで進めます。

以前から催眠の技術力が高いサークルさんなだけあって
全体の流れ、技術の使い方、暗示の表現と入れ方がどれも高い品質を持ってます。
少女も一緒に催眠にかかる描写がなかったとしてもスムーズに入れるでしょうね。
終盤に独白へと変わる展開も作品のコンセプトをしっかり見据えてて良いです。
エッチはやや人を選びますけど、催眠は初心者から上級者まで誰でも楽しめると思います。
絶望と快楽に飲み込まれるエッチ
エッチシーンは4パート43分間。
プレイは乳首責め、媚薬を吸わせる、手マン、クンニ、イラマチオ、SEX(正常位)、バイブ責めです。

クンニ・イラマチオの際にちゅぱ音が、手マン・SEX・バイブ責め・射精の際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。

「気がつくと、私は薄暗い部屋のベットの上に、仰向けに寝かされていました」
薄暗い地下道を歩いてる最中に気を失ってしまった少女は
その後ベッドの上で目を覚まし、体を拘束されてることや2人の男がいることに気づきます。

エッチは身動きの取れない彼女を彼らが責め続けます。
前半の2パート21分間は比較的ソフトなプレイ。
「02_凌辱1初めての絶頂」は媚薬まみれのハンカチを吸ってから乳首責めと手マン
「03_凌辱2口内射精」はクンニ+イラマチオで合計3回の絶頂を迎えます。
ここから先はほとんど少女が話し、カウンセラーは時折合図を出す役を務めます。

「爪でカリカリとひっかいたり、時折ギュッとつまんだり…。そのたびに、私の乳首から、胸、全体に、ビリビリとした感覚が伝わり、体の芯を震わせる。思わず声を上げてしまう。気持ちいい、本当に気持ちいい…」
少女はエッチをまだしたことがない年齢なので
乳首をいじられてもくすぐったそうな反応をします。
しかし媚薬を吸い込んだ後は感度が一気に上がり、それを主観視点で話して聴き手にも伝えます。

表現方法は通常の女体化とやや違いますけど、やってることは結構近いです。
実況、気持ちよくなる暗示、彼女の心情描写を組み合わせてプレイをリアルにお届けします。
内容は間違いなく凌辱ですが快楽堕ちっぽい展開にしてあって聴きやすいです。

「おしっこを出す所を舐められながら、男がおしっこを出す所をじゃぶる。ひどい、気持ち悪い。助けて。でも気持ちいい。なんなのこれ。私はさらに、さらに意識が混乱し、快感と、気持ち悪さで訳が分からなくなっていきます」
03パートは無理矢理感を多少上げて凌辱されてる気分を味わいやすくします。
1人はクンニとクリ舐め、もう1人は上に跨ってのイラマチオと役割分担し
その両方で彼女が何を思ってるかを綴って一体感を高めます。

見知らぬ男のおちんちんを咥えるのは彼女にとって耐えがたい苦痛なはずです。
でもおまんこから湧き上がる快感にそれすらも塗りつぶされる。
ふたつの感覚に挟まれ、溺れていく展開にして凌辱らしさを出してます。
プレイ中は快楽重視ですけど、最後に精液を口で受け止める描写を入れて一気に盛り返します。
このへんからM度の高い人はゾクゾクし始めるのではないかなと。

後半の2パート22分間はよりハードなプレイ。
「04_凌辱3お前がママに」は正常位の初SEX
「05_凌辱4おもちゃ責め(追加音声)」は電動バイブ責めで何度も何度も絶頂します。

「すでに、全身がガクガクと震え、まるで電気を流されているかのように、体全体で快感を受け止める。気持ちいい。本当に気持ちいい」
04は本作品の中で最も凌辱色の強いプレイということで
挿入から中出しに至る様子をわかりやすく描きつつ
彼女が絶望したり押し寄せる快感に飲み込まれていく様子を忠実に伝えます。
挿入直後は絶望寄りですけど、ある程度進んだ後は気持ちよくなる暗示を重点的に入れてました。

シチュで心を、プレイで体をバランスよく責めるおかげで
聴いてると股間がだんだん熱くなり、絶頂のカウントに合わせて筋肉がぷるぷる震えてました。
それを4回繰り返す時点で結構ハードなプレイだとわかっていただけるはずです。
そして最後はきっちり中出しを決めて心を折ってくれます。
強めの快感と背徳感が同時に味わえる充実したパートです。

最後の05パートは偽物のおちんちんに蹂躙される展開。
状況に合った効果音を鳴らしながらSEXとほぼ同じ要領で連続絶頂を迎えます。
ちなみにここだけはオプション扱いで無理に聴く必要はありません。

「おもちゃの動きは止まらない、快感も止まらない」
およそ11分間で10回もの絶頂シーンを用意してある非常に過酷な内容です。
10回目以外はほぼノンストップで繰り返しますから
連続絶頂ではなくロングオーガズム(イキっぱなし)になるかもしれません。
視聴後は股間が軽く筋肉痛になるほどでしたし、必須構成に入れてないのも頷けます。
でも本作品の最後を飾るに相応しいプレイだとも思います。

このように、独白形式で実況と暗示を入れながら心身を責めるハードなエッチが繰り広げられてます。
聴きやすさに配慮した凌辱作品
暗さや重さを多少和らげて凌辱プレイを体験させてくれる良作です。

カウンセラーは少女が現在抱えてる心の治療を主人公に手伝ってもらおうと
2人を同じ部屋に招いてから催眠をかけて共通点を作ります。
そしてその後は語り手を少女に任せ、その独白を通じて気持ちいい絶頂へと導きます。

カウンセラーに催眠をかけられ、少女のエッチな記憶を疑似体験する珍しいシチュ
少女を被験者側に立たせて一緒に催眠をかけたり独白で深化させる高度でテーマ性の強い催眠
前半は臨場感を出しつつ抑えめのプレイをして少女と同じ視点に持っていき
後半から凌辱色を上げて連続絶頂させる緩急をつけたエッチ。
本作品が持つ様々な特徴を組み合わせてひとつのサービスに仕上げてます。

中でもエッチはタイトルに直結する要素なだけあって作り込みが凄まじいです。
従来の女体化作品よりも心情描写を多くして少女と同じ感覚で聴きやすくし
さらに効果音も色々入れてエロさ、背徳感、絶望感を出してます。

キメセクっぽい内容なのでものすごく重苦しいわけではないですけど
口の中に射精させる、処女を奪われる、中出しされるシーンは心にくるものがありました。
催眠音声との相性が悪そうな素材をサークルさんなりのやり方で上手く料理されてます。

あと催眠が抜群にかかりやすかったです。
ここまで深く入れたのは久しぶりのように思います。
技術が優れてる、少女と一緒に催眠にかかる、分倍河原シホさんの巧みな演技と
プラスの要素が色々盛り込まれてるからではないかなと。

絶頂シーンは17回。
効果音それなり、淫語とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

テーマは決して大衆向けとは言えませんけど
それを補って余りあるほどの個性とクオリティを持ってることを考慮し
サークルさんでは9本目の満点とさせていただきました。

CV:分倍河原シホさん
総時間 1:24:47

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2020年6月2日まで20%OFFの792円で販売されてます。



サークル「夢色パラダイス」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、それぞれに違った個性を持つ3人の風俗嬢が
乳首未開発な男性にその気持ちよさを手取り足取り教えます。

パートごとに異なる目標を掲げて乳首とその周辺をたっぷりいじるのが特徴で
最初に深呼吸や簡単なストレッチをして心身をリラックスし
それから胸→乳輪→乳首と一歩ずつ踏み込む形でゆっくり丁寧にオナニーします。
プレイ中は掛け声を小まめに言ってくれますから、頭を空っぽにしたまま乳首の快感に浸れるでしょう。
新しい快感の扉を開くお手伝い
雪絵、茜、真奈美が一対一で乳首オナサポするお話。

「こんにちは ご指名いただき ありがとうございます 雪絵と申します」
雪絵はのんびり話す上品な声のお姉さん。
受付を終えて自分のところにやって来た主人公を温かく迎えると
コースの概要を説明してから緊張気味な彼をリラックスさせます。

本作品は乳首だけで感じたり絶頂できるようにすることを目的に
彼女たちがおよそ120分に渡って3種類のエッチなサービスをします。
雪絵は初めての乳首愛撫コース、茜は初めての乳首絶頂コース、真奈美は初めての連続絶頂コースと
それぞれに異なる目標を掲げ、どれも約40分に揃えてゆっくりじっくりリードします。

「当クラブは 乳首を開発し 乳首オナニーによる ドライオーガズムを迎えられる体になっていただくことを目的としたお店です」
作中でシャツ一枚(下半身裸)の格好になる指示が出ますけど
おちんちんに触れたり意識させることはほとんどありません。
最初から最後まで乳首とその周辺だけを刺激してドライオーガズムを目指します。
同人音声でドライする作品は非常に珍しいです。

そして射精よりも難しい絶頂に挑戦するからこそ
彼女たちは通常のオナサポ以上に優しいやり方でサービスを進めます。
いきなり乳首を触らせるのではなく、まずは深呼吸で心身を落ち着け
それから胸を手で揉む、乳輪を指でいじるプレイを挟んで性感を高めます。

タイトルに「初心者向け」がついてるだけあって指示がものすごく丁寧です。
やることはほぼ乳首オナニーだけですけどいじり方の種類が結構多く
そのすべてに「かりかり」「すりすり」といった掛け声を入れてペースと強さを教えます。
パートごとにやることが変わるおかげで単調さはまったくありません。

今まで乳首を一度もいじったことがない人でも無理なくついていけるレベルです。
乳首とその周辺をいじる時間は3パート合わせて86分とかなり長く取られてますから
最初はくすぐったいだけでも終盤に差し掛かる頃には気持ちいい感覚が味わえるかもしれません。
乳首はいじる頻度や時間が多いほど開発が進む部位なので
どれだけたくさんいじれるかがその成否に大きく影響します。

また2回目以降も無理なく楽しめるように
通常版(約122分)以外に短縮版(約100分)が用意されてます。
短縮版は事前の説明や深呼吸といった準備が省略されてるそうです。
同じ説明を何度もされるのはダレますからこういう配慮は助かります。

乳首とその周辺をたっぷりいじってドライを目指す特化型の作りとリードの丁寧さ。
乳首開発をこれからする人をメインターゲットにした取り組みやすい作品です。
一歩ずつ着実に進めるエッチ
エッチシーンは3パート86分間。
プレイは胸/乳輪/乳首オナニー、絶頂したふり、カウントによる絶頂です。
エッチな効果音はありません。

「シャツを伸ばしきったら 両手を胸の上に置きましょうか そうしたら 胸全体を ゆっくり優しく 撫でてあげましょう」
事前に7分くらい深呼吸して主人公をリラックスさせた雪絵は
ひとまず乳首は置いといて、胸に手を当て全体をゆっくり揉むように言います。

エッチは風俗店ということで終始彼女たちがリードします。
一番最初の「1・初めての乳首愛撫コース」は肩慣らしに近い内容(約26分)。
胸全体をゆっくり揉んで乳首の血行を良くし
それから乳輪の外側に人差し指を置いて撫でる、乳首の上に指を置いて腹で撫でると
比較的ソフトなプレイを中心に据えてまずは乳首オナニーに慣れさせます。

ちなみにここから最終パートの中盤まではずっとシャツを着た状態でやります。
着てることを前提にしたプレイをするので必ず着た状態で聴いてください。

「そうです 乳首や乳輪には触れずに なで なで なで なで なーで なで」
「さぁ 想像してみてください 乳首を愛してあげることによって 胸の奥に生まれた熱が 体の隅々まで広がり お客様の心を 幸せな気持ちでいっぱいに満たします」

そして本作品の売りである「丁寧さ」が早速本領を発揮します。
すべてのシーンで何をするかわかりやすく教えてからいじり方に合った掛け声を出し
その合間にどんな感覚がするか実況したり、ドライオーガズムのイメージをするなど
心身両面をきめ細かくケアして乳首オナニーしやすい環境を整えます。

乳首オナニーは乳首をいじる行為ですけど
気持ちよくなれるか、絶頂できるかどうかは心がそれなりに影響します。
だから序盤の時点でそちらにも触れて信頼関係を構築しつつ、ドライに対して前向きな気持ちに持っていきます。

「イク時は イっちゃうーって 女の子のように色っぽい声を出してみましょうか」
その良い例がパート終盤の絶頂したふりをするシーン。
本番と同じやり方でカウントを数え、0になったら声を上げて予行演習します。
練習の意味合いが強いですけど、自分自身の脳を騙すことも狙ってると思います。
「トイレに行きたい」と思ってれば次第に行きたくなるのと一緒です。

2番目の「2・初めての乳首絶頂コース」は初ドライを目指すパート(約29分)。
雪絵から茜に担当が代わり、前回のおさらいをしてから新しい乳首オナニーに取り組みます。

「次は力を弱めてー さすさす さすさす さすさす」
前回はパート開始から26分後に乳首へ触れてたのが17分まで早まり
「さす さす」の掛け声に合わせて乳首全体を擦る、円を描いて刺激する
爪の先で軽く引っかくなど、より強い快感が得られるものを積極的に取り入れてます。
同じプレイでも強弱をつけて快感に慣れさせない配慮もされてるのが素晴らしいです。

私は乳首を開発済みなので最初のパートは物足りなく感じたのですが
ここからは十分な快感が得られて気持ちよかったです。
ピリッという鋭い感覚が走り、その後に胸全体へじんわり広がっていきます。

最後の「3・初めての連続絶頂コース」は総仕上げ(約31分)。
トーンが低く色っぽい声の真奈美が2回連続のドライ絶頂を応援します。

「くるくるした後は 指先で乳輪をくすぐってみましょう」
序盤に深呼吸するところは前の2パートと一緒ですが
その後は複数のいじり方を組み合わせてより深い快感を与える方針で進めます。
乳輪の外側を撫でたり触る、1本→2本の指で揉むとこれまでのプレイを応用させてます。
乳首をいじり始めるのは18分頃ですけど全体的に刺激は強いです。

肝心の絶頂シーンにもその傾向が見られます。
1回目は乳首を親指と人差し指で挟んだままこねたり回転させる
2回目はシャツを脱ぎ指を唾液で湿らせてから指先で引っかいて目指します。

両方とも単一のプレイにしてるのは快感を継続して与えるためでしょう。
乳首だけでイクには十分気持ちよくなる必要がありますから
プレイを切り替えることでそれが減衰するのを避けたかったのだと思います。
前のパートと同じく緩急をつけて快感を大きくしてました。

私は催眠音声のドライに慣れてるため今回は絶頂できませんでしたが
それでも乳首をがっつりいじれて満足しました。
未開発者向けの時点でいきなりドライできる可能性は低いですし
無理のない間隔で短縮版を聴いて少しずつ鍛えていくことになります。

このように、様々な手段で乳首をいじって開発するテーマ性の強いエッチが繰り広げられてます。
乳首オナニーの入門作品
乳首オナニーのド素人でも無理なく聴けるし楽しめる親しみやすい作品です。

雪絵、茜、真奈美は乳首の快感をまったく知らない主人公にその魅力を伝えようと
パートごとに異なる目標を掲げ、それぞれに合った乳首オナニーを提供します。
そして心のケアをしたり掛け声を小まめに出す親切丁寧なリードでしっかり応援します。

違った魅力を持つ3人の女性が男性の乳首開発を優しくサポートするノーマル~ややM向けのシチュ
最初から最後まで乳首とその周辺だけをいじる尖った作り
完全な初心者でもついていけるレベルのきめ細かなオナサポ。
テーマ性を出しつつやりやすさにも配慮した作品に仕上がってます。

乳首オナサポはここ2年くらいで認知度が上がり色んな作品が出てます。
本作品はその中でも5本の指に入るくらい初心者向けとしてしっかりできてます。
ここまで手取り足取り教えてくれる作品はなかなかありません。
乳首オナニーに興味があるけどやり方がよくわからない人には強くおすすめします。
その一方で開発済みな人には回りくどく感じるかもしれない点だけご注意ください。

絶頂シーンは3回。
淫語それなり、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

CV:受付…しりかげるさん 雪絵…浅木式さん 茜…陽向葵ゅかさん 真奈美…大山チロルさん
総時間 通常版…2:02:36 短縮版…1:38:09

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年5月30日まで10%OFFの990円で販売されてます。



サークル「キャンドルマン」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、穏やかな声と柔らかい体を持つスライム娘が
ドMな男性に催眠をかけてからあるものを食べて気持ちよくします。

物語の序盤から効果音を鳴らして臨場感と快感を膨らませるのが特徴で
ぐちゅぐちゅという触手っぽい音をシーンによって小まめに変えながら
彼女に全身を包まれてる感覚や、耳と脳を犯される感覚を言葉で上手に伝えます。

今回は初回ロングコースを聴いてのレビューをお送りします。
スライム娘がする優しい脳姦
ラヴィス・ゴスに催眠をかけられ耳と脳を責められるお話。

「あら? こんばんは ここに来たってことは 私の養分になりに来てくれたのかしら?」
ラヴィスは穏やかな声のお姉さん。
自分に会いに来てくれた主人公を快く迎えると
彼がMなことをすぐ見抜いてからその自我や精神を食べてあげます。

本作品は不定形の肉体を持つスライム娘が
自分に食べられたい願望を抱いてるMな彼とおよそ120分に渡る独特なエッチをします。
最終目的を脳イキに据えてるため、おちんちんや乳首といった定番の性感帯は敢えてスルーし
最初から最後まで首から上を重点的に責めて何度もドライ絶頂させます。

「同じ人間にすら 下等と扱われて それに興奮を覚える 変態マゾ君 ふふっ」
スライムに脳姦&捕食される展開からグロい作品だと思う人がいるかもしれません。
しかし彼女に彼を痛めつける意思は一切なく、むしろ気持ちよくする方針で進めます。
彼がMだと知っても冷たくするどころか好意的な態度を取り
サービスが始まった後は一歩ずつ丁寧に進めてより多くの人が脳イキできる環境を整えます。

時間に対してやることを絞り込み、それぞれを入念にやってくれますから
催眠音声の経験があまりない人でも不思議な感覚が味わいやすいと思います。
さすがにいきなり脳イキできるとは言いませんけど、ドライ未経験者にも配慮した内容になってます。

本題の脳姦や捕食についても非常に柔らかい表現が使われてます。
前者は生々しい実況はしないで得られる快感を伝える方針にしてますし
後者も体ではなく自我や精神といった形を持たないものをいただく設定にしてます。
一晩寝れば普通に生活できるらしいので彼女なりに手加減してるのでしょう。
デメリットを極力軽減し、メリットだけを得られるように作品を組み立ててます。

それを下から支えるのが最中に鳴る音。
プレイはもちろん、彼女が体を動かす時にも粘着質の水音が鳴ります。
本作品のエッチは現実世界だと絶対にできないものですからイメージ力が重要になります。
それを踏まえて言葉だけでなく音によっても彼女が近くにいることを聴き手に伝えます。

同じ音を繰り返し垂れ流すのではなく、彼女の位置や動きによって鳴り方が変わります。
質感も非常にリアルで特に耳を責められてる時は小さな振動も伝わってきます。
音を起点に感度を上げたり絶頂させる音モノらしいアプローチもあったりと
催眠音声業界で去年から流行り始めてるASMRを活用したサービスをしてくれます。

キャンドルマンさんは随分前に「レイプ・サウンド・ガール♪」「ヒプノドラッグレディ」といった
音で感覚を操作する作品を出されてるサークルさんです。
なのでこういうタイプの作品を今出すのは割と自然に感じます。

また冒頭で軽く触れたように、本作品にはショートコースとロングコースの2パターンが存在します。
大きな違いは時間の長さで前者は85分、後者は122分ほどあります。
サークルさんによると催眠はショート、エッチはロングみたいに両者を組み合わせるのもOKだそうです。

ヤバそうなテーマやプレイをできるだけまろやかに、かつ丁寧にお届けする親切設計と
最中に鳴るリアルでゾクゾクする音の数々。
サークルさんの作風と現在の流行を上手く組み合わせた個性的な作品です。
五感すべてに働きかける催眠
ロングコースの催眠はおよそ35分間。
仰向けに横になり、まずはラヴィスに顔以外の全身を包まれる様子をイメージします。
目はパート終盤に閉じる指示が出ますけど、最初から閉じておいたほうがいいと思います。
また全編で彼女の声に若干のエフェクトがかかります。

「まるで薄い何かが まとわりついているような 生暖かい粘液の中を泳ぐような 心地よい感覚があることに 音が鳴るたびに 少しずつ 少しずつ 這いあがってくるみたい」
ぐちゅぐちゅという音を適度に鳴らしながら
足→脛→腰→腕と全身を下から上に向けてゆっくり覆っていきます。
そしてそれと並行して温かさや心地よさを暗示で伝えて臨場感を出します。
上半身へ行くにつれて効果音と彼女の声が近づくなど細かな部分にもこだわってます。

「バラの花束のような あるいは 濃厚なワインのような 意識を酩酊させる うっとりとした匂いを」
途中から彼女が発する匂いにも意識を向けさせるのが良いですね。
視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚のすべてに働きかけてイメージ力を高めるわけです。
人間は五感で感知する生き物ですから、その範囲が広がれば広がるほどより鮮明に相手を認識できます。
スライム娘に脳姦される仮想プレイをリアルに味わわせようとするサークルさんの配慮が見られます。

一通り終わった後は彼女に言われた部位を動かして脱力具合を確認し
最後は彼女が用意した特製ドリンクを飲んでより深い催眠状態に移行します。

「自由に動かすよりも 委ねているほうが 気持ちいいから仕方ない」
体を動かすシーンは動かないほうが気持ちいいことを教える柔らかなアプローチが光ります。
彼女に無理矢理動かせなくされるよりも、自分の意志でそうなったほうが受け入れやすいですからね。
自分から捕食されに来た彼の気持ちを尊重しながら催眠を進めます。

「染み渡っていく 染み渡っていく 強い酸味が 濃厚な甘みが 華やかな香りが うっとりした心地よさが 一気に染み渡っていく」
最後の飲み物を飲むシーンは五感に働きかけるこの催眠の総仕上げにあたります。
味を実況しながら心地よさと陶酔感を与える深化を意識した内容です。
時間をかけてゆっくり進める展開や効果音も相まって
このへんまで来ると脱力感や意識のぼやけをそれなりに実感できるでしょう。
これから脳姦するとは思えないほど彼女の態度や雰囲気が穏やかで癒しを感じました。

彼女がすぐ近くにいる感覚を膨らませることを見据えた独特な催眠です。
彼女にほぼ全身を包まれてる気分にし、それに心地よさを感じさせることを目的に
パートの前半は少しずつ体を包んでいく様子を実況しながら温かさとリラックス感を伝え
後半はその確認をしてから飲み物を飲む動作に合わせて深化の暗示を入れます。

イメージと暗示を組み合わせてるため催眠音声でよくやる行為はほとんど出てきません。
ですが全体の流れやセリフの言い回しが秀逸で少しずつ引き込まれていく感覚がします。
本作品はイメージ力をどれだけ向上できるかが重要になるので
それを効果的に後押しできる誘導を選ばれたのではないかなと。
少なくともロングコースはかなり入りやすかったし、その感覚も深かったです。
しっかり練習してから本番に
ロングコースのエッチシーンは2パート71分間。
プレイは耳/額/後頭部/頭頂部責め、絶頂の練習、カウントと音による絶頂です。

耳/額/後頭部/頭頂部責めの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありません。

「これからたーっぷり 溶かしてあげる たーっぷり 味わってあげる お望み通り、ね」
催眠を使って主人公の身も心も虜にしたラヴィスは
脳姦や自我の吸収へ移る前に入念な練習をします。

エッチは終始彼女が責め続けます。
前半の「仕込みと仕上げ」は感度上昇してから絶頂の手前まで追い込むパート(約36分)。
片耳、両耳、額、後頭部、頭頂部と後になるほど同時に責める部位を増やし
1回ごとに短めのカウントを数え、0に合わせて絶頂したフリをします。

「焦らすように より敏感になるよう 少しずつ 少しずつ 私の与える小さな快感を あなたの体は健気に受け取って 蓄積していく 感じ取って 蓄積していく そのたびに 体がひとりでに ピクピクと反応しちゃう」
本作品の売りである「丁寧さ」はエッチに入ってもまったく変わりません。
耳元至近距離から先ほどよりも筋っぽくて力強い水音を鳴らし
それと同時に気持ちよくなる暗示を厚めに入れて責められてる気分に浸りやすくします。
耳責めの音はまだ外側のようで質感がクリアでした。

このパートをまるまる絶頂の練習に費やすのも、本番でよりイキやすくする心の準備と見て取れます。
最初はピンと来なかったとしても繰り返すうちに少しずつ変化が表れます。
癖のあるプレイだからこそ、しっかりイけるようにケアしてくれてやりやすいです。

またここからは従来の水音以外に新たな音が加わります。
具体的には絶頂シーンでのみ「じゅわわー」と炭酸が弾けるような音がします。
これはたぶん彼の自我が溶けていくのを表現してるのでしょう。
「自我が溶ける」と言われてもイメージしにくいですから、音で直感的に伝えるのは有効だと思います。

次の「捕食と消化」はお待ちかねの絶頂シーン(約35分)。
先ほどの練習ですっかり温まった彼の耳や脳を責めて何度も何度もイかせます。

「私の養分になる幸せによって あなたの自我は 急速に0へと近づいていく 近づいて イク」
責めてる様子を生々しく実況すると聴き手に抵抗感を与えるので大まかに描写し
それによって得られる快感を重点的に伝えて気持ちいい絶頂へと導きます。
最も重要なシーンだからこそポジティブな表現を心がけてました。
耳責めの音がやや近く鈍いものに変化して脳に微弱な振動を送ってくれるのも良いです。

基本的な流れは前のパートと一緒なのですが
単調さが出ないよう1回ごとに微妙な違いを持たせて進めます。
パート内に合計8回も絶頂シーンがあり、上手くいけば強烈な快感と絶頂感が襲ってきます。

おちんちんや乳首にノータッチだからでしょうけど
私が聴いた時は首から上(特に耳と頭の中)が熱くなるのを感じました。
そしてカウントが減るにつれてもやもやしたものが集まり、0で軽く爆発するのを複数回味わえました。
エロさはそれほどないので射精とは結構違う感覚です。

ちなみに本作品は視聴後にそのまま寝る流れになってまして
解除音声は本編とは別に用意されてます。
寝る前に聴くのが理想ですけど、視聴後に出かける可能性がある場合は必ず最後に解除音声を聴いてください。

このように、やることは割とシンプルにしたうえでみっちり行う脳イキ特化のエッチが繰り広げられてます。
M向けの音モノ
スライムとするエッチを今風の表現方法でリアルにお届けする良作です。

ラヴィスはわざわざ自我を吸われにやって来た主人公を楽しませようと
まずは催眠を通じて自分が近くにいることや、その体に包まれてる感覚を与えます。
そしてエッチは前半が練習、後半は本番と着実に進めて何度も脳イキさせます。

穏やかな声と柔らかい体を持つスライム娘が変わった手段でM男をもてなすシチュ
五感すべてに働きかけてイメージ力と脱力感を強化するテーマに沿った催眠
耳を責める音や自我を溶かされる音と暗示を組み合わせて快感をコントロールする奇抜なエッチ。
M~ドMな人が存分に楽しめるよう音と技術の両方にこだわって作品を仕上げてます。

「私は決して 無理強いはしない そんなことをしても 味が落ちるだけだからね」
中でもエッチはおちんちんには触れないどころか意識すらさせず
耳とその奥にある脳を重点的に責める結構尖った内容です。
それなのに雰囲気が割と穏やかなのは彼女の態度が柔らかいからでしょう。
捕食されるかどうかを彼の意志に委ね、実行する際も労わりながら責め続けます。

エッチシーンに入ると声が多少嗜虐的になりますけど
それはMな彼を喜ばせる意味合いが強いんじゃないかなと。
やり方が非常に丁寧ですし、セリフの表現もかなり柔らかくしてあります。

ASMRをテーマにした催眠音声はノーマル向けが優勢な状況なので
本作品のようにMをメインターゲットにした作品はありがたいです。
品質もすごく良くてドライ慣れしてる人ならかなり気持ちよくなれるはずです。
ドライ未経験者もショートコースでいいので繰り返し聴けば徐々に感覚が掴めるでしょう。

絶頂シーンは最低でも8回。
くちゅ音大量、淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえてサークルさんでは6本目の満点とさせていただきました。

CV:琴音有波(紅月ことね)さん
総時間 ショート…1:25:25 ロング…2:01:56 解除音声…14:35

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2020年5月31日まで20%OFFの968円で販売されてます。

生体コア化実験

サークル「Hypnotic_Yanh」さんの無料の催眠音声作品。

今回紹介する作品は、声は穏やかだけど性格は割とSな中央演算システムが
生体コアの適性をを持つ人間に催眠を交えた気持ちいい実験をします。

様々な音と技術を組み合わせてリードするのが特徴で
催眠は深呼吸しながら振動音や泡の弾ける音を聞いて心に馴染ませ
エッチは時計の音やエネルギーの集まる音を使って何度も絶頂へ追い込みます。

女子用スクール水着やレオタードを用意しておくとより楽しめるそうです(無しでもOK)。
生体ユニットになる心地よさを疑似体験
中央演算システムの生体ユニットになる実験を受けるお話。

「あー あー あー 聞こえますか? 聞こえますか?」
中央演算システムは穏やかでちょっぴり無機質な声の女性。
被験者No.19072という名前に指定された主人公にそのことを伝えると
生体コンピューターシステムのコアとして耐えられるかの実験をします。

本作品は何らかの事情で生体ユニットになる人材を探してる彼女が
その適性を持つ彼に30分近くのエッチな催眠をかけます。
サークルさんが2014年に公開された無料作品「機械は無慈悲な夜の女王」の続編の序章に位置付けられており
フェラやSEXといった人間同士がする一般的なプレイとはまったく違うやり方で気持ちよくします。
お話は完全に独立してますから前作未視聴でも大丈夫です。

シチュだけを見るとヤバそうに思うかもしれませんけど
痛みや苦しみを与える描写はほとんどありません。
彼女もより多くの聴き手がこの実験を楽しめるようゆっくり丁寧にリードします。

「この音と 私の声が あなたの体の中に浸透していくのを イメージしてください」
全編を通じて言える大きな特徴は状況に合ったリアルな音を鳴らすこと。
例えば音声開始直後は空気が揺れてるような音がバックで流れ
催眠が始まると「ぶぅぅぅぅん」という別の音に変わります。
その後のシーンも色んな音が登場してイメージ力と没入感を高めます。

音そのものに暗示を込めることもありますし、ジャンルは音モノに分類するのが妥当でしょう。
総時間が短いと言葉だけで全部やるのは大変ですから、音の助けを借りてよりスムーズに進めます。
時折オペレーターと思しき別の声が聞こえたりと雰囲気作りにとても力を入れてます。

エッチについてはドM向けで有名なサークルさんらしい結構ハードな内容です。
具体的には最後に多めの連続絶頂シーンが用意されてます。
ここでも音を効果的に使ってますから、それに釣られて快感がせりあがるのを感じるでしょう。
私が聴いた時も体力をそれなりに消費したので休日に聴いたほうが安全だと思います。

音と技術を組み合わせた個性的なサービスと濃度の高いエッチ。
前作の特徴を受け継いだうえで聴きやすさにも配慮したM~ドM向けの作品です。
引き込まれる催眠
催眠はおよそ12分間。
横になって目を瞑り、まずはお馴染みの深呼吸でリラックスします。
主人公は最初の時点で挿し絵の格好だそうですから
スク水やレオタードは視聴開始前に着ておくのがいいでしょう

「そう そんなふうに 力を抜き 全身を楽にすればするほど さらに さらにあなたは心地よくなります」
催眠音声ではお馴染みの行為ですが、効果音が流れるおかげで聴いた時の印象は随分違います。
吸う時、吐く時で鳴る音が違いそれによってリズムを取ります。
そして中央演算システムも言葉でリラックスを後押しします。
生体ユニットになる気持ちよさも教えるなど、聴き手が前向きな気持ちで聴けるよう上手に働きかけます。

深呼吸の時間は7分ほどあるのですが前半と後半で音とイメージが変わります。
後半は挿し絵にも描かれてる卵型の装置へ移され
その中を特殊な液体で満たして中央演算システムと体を接続します。
ぶくぶくという水の泡立つ音が心地よく、体がほんのり温かくなるのを感じました。
雰囲気は独特ですけど癒し重視の内容になってて聴きやすいです。

体を接続した後は心の接続。
強めの振動音が鳴り始め、さらにカウントを数えて深い催眠状態に導きます。

「音とともに あなたの意識が 消えてゆきます まるで 深い眠りの中にいるような 意識がとろけてしまったような 心地いい感覚」
ここでも音に集中させながら意識がさらに弱まる暗示を入れるテーマに沿ったアプローチをします。
振動音はマッサージ機に座ってる時みたいに脳を小刻みに揺さぶられて気持ちいいです。
前のシーンよりも暗示を厚めに入れる配慮もされてますし
意識のぼやけや眠気を感じる人が結構いると思います。

実験に向けた準備を着実に行う本作品らしい催眠です。
実験に対する不安を取り除きながら中央演算システムの言いなりになるようにすることを目的に
複数の音を鳴らしながらする深呼吸→振動音とカウントを組み合わせた深化と
やることを絞り込み、それぞれをしっかりやって催眠状態を深めます。

この作品は言葉と音の両方で働きかけるように作られてますから
時間は短いですけど中程度以上の深さに入れる品質を持ってます。
「機械は無慈悲な夜の女王」を過去に聴いてる人ならより入りやすく感じるでしょう。
快感を操られる快感
エッチシーンは14分間。
プレイはデータのインストール、音を使った連続絶頂です。

両方に特殊な効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありません。

「そのクリアーな意識に 私のプログラムを インストールして差し上げましょう」
特殊な催眠で主人公の頭の中を空っぽにした中央演算システムは
ひとまずそこにプログラムを注入していつでも絶頂できる状態にします。

エッチは通常のプレイを一切やらずに音と技術で気持ちよくします。
最初の6分間は絶頂に向けた準備をするシーン。
これまでとは別の音が鳴り始め、さらに女の子の喘ぎ声も加わりエッチな雰囲気を作ります。

「あなたは この声を聞くたび 体がビクンと反応し 快感が増幅していくんです」
エッチに入っても音重視の流れは変わりません。
喘ぎ声に暗示を込めて反応できるようにし、ストレートに気持ちよくなる暗示も入れて快感を操作します。
私が聴いた時は脇腹がピリピリするのを感じました。
もう少し経つとおちんちんも勝手にムズムズしてきて催眠に入ってることを実感しやすいです。

残りの時間は本題の実験。
バックで「チキチキ」という時計の音が鳴り始め
一定の間隔でカウントを数えて絶頂するのを繰り返します。

「さぁ カウントが減るたび 快感はますます大きくなる 絶頂が近づいてくる」
言葉でももちろんサポートしますけど、ここもやはり音の存在感が大きいです。
カウントが減るにつれてエネルギーが収縮し、0と同時に弾けて電流がバチバチする音が鳴ります。
同じ動作を繰り返すのは機械的に振る舞う意味合いもあるのでしょうけど
聴き手に繰り返してもらうことでよりイキやすくする配慮もあるのだと思います。
実際のところ1回目より最後のほうが湧き上がってくる快感は強かったです。

このように、無慈悲にイかされる雰囲気を出しながら追い込む比較的ハードなエッチが繰り広げられてます。
独特なシチュの音モノ
序章と銘打ってますがこれ1本でも十分な聴き応えがある作品です。

中央演算システムは生体ユニットの適性を持つ主人公を無理なくテストしようと
まずは様々な音を交えた癒し系の催眠で自分と感覚をリンクさせます。
そしてエッチはデータのインストールや音を使った連続絶頂で気持ちよくします。

謎の機械の生体ユニットになり何度もイかされる変わったシチュ
深呼吸を多めにやりながら音を鳴らして心地よさを与えるテーマに沿った催眠
純粋なエロ要素を少なく設定したうえで感度上昇と連続絶頂をするM向けのエッチ。
短いながらも強烈な個性と実用性を兼ね備えた作品に仕上がってます。

中でも2番目は音の種類が豊富でこれらを聴いてるだけでも気持ちが落ち着きます。
そしてこれは連続絶頂に向けて音に慣れさせる意味合いも持ってます。
エロさが低めなのに体が熱くなったり股間に快感が集まってきてすごく面白かったです。

音モノでドライを迎える練習に聴くのもいいんじゃないかなと。
総時間が30分未満なら繰り返し聴くのも楽ですからね。
今後出るであろう「機械は無慈悲な夜の女王2」に向けた準備をする役割も持ってそうです。

絶頂シーンは7回。
効果音それなり、喘ぎ声そこそこ、淫語ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

無料ですから興味の湧いた方は是非お試しください。

CV:中央演算システム…VOICEROID2 結月ゆかりさん オペレーター…Voiceroid+民安ともえさん
総時間 28:47

視聴&ダウンロードはこちら
https://ci-en.dlsite.com/creator/1321/article/258978

↑このページのトップヘ