同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:逢坂成美

   ● いつでもどこでも性処理おまんこしてくれる清楚なオナホ従者【バイノーラル】
   ● ファンレターを読み上げながらセックスなんてアイドル失格なこと絶対にやりませんからね
   ● 青夏おま○こフレンズートライアングルー【フォーリーサウンド】
   ● 青夏おま○こフレンズー蒼ー【フォーリーサウンド】
   ● 人外メスガキオナホ! ~異世界まんこにわからせセックス~
   ● 乳首責め射精専門店☆愛羅撫乳☆乳首責め手コキ射精コース・乳首責めフェラ射精コース・乳首責めだけで射精コース♪
   ● エロかわ家出ギャルJK×2とイチャイチャハーレム同棲生活~オタクん家はウチらが占拠しま~す♪~
   ● 即デレっ ヤンキーメイドちゃんはえっちによわよわ
   ● 純愛おま○こ当番 After【フォーリーサウンド】
   ● びしょ濡れ無口系JKと雨らぶバス停えっち【バイノーラル/フォーリーサウンド】




サークル「防鯖潤滑剤」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、人間と魔王が戦ってるファンタジー世界を舞台に
変わった能力を持つ女性が従者になっておちんちんのお世話をします。

彼のすべてを受け入れ、持ち上げながらとことん尽くす愛情たっぷりなエッチをするのが特徴で
清楚な声と態度で宿泊中だけでなく休憩中にも自分からエッチを持ち掛け
開始後は上下の口を使ってゆっくり責めながら熱っぽい吐息や淫語を漏らして射精を応援します。
旅を助ける気持ちいいパートナー
冒険しながら従者のナナと5種類のエッチをするお話。

「こんにちは。あるじ様。お待ちしておりました。」
ナナは丁寧語で話す可憐な声の女の子。
主人公に挨拶し、これから一緒に旅をすることを告げると
事情が飲み込めてない彼に座ってもらい説明します。

本作品はオーリア・ナホ族という人間とは違う種族にあたる彼女が
これから魔王を倒しに出かける彼に付き添いおよそ120分に渡ってエッチに応援します。
彼はまだ勇者候補に過ぎず戦闘力はそれほど高くありません。
そのため村や町をひとつずつ進みながら心と体をレベルアップさせる流れで冒険します。

「勇者を志望するような方々は、大体、強い魔力を持っておられますから…… 性欲処理をしていただくことは、わたくしたちにとっても得になるのです」
彼女の種族には男性の精液を魔力として吸収する特殊能力が備わっており
戦闘の補助や荷物持ち以外に性欲処理も重要なお仕事になってます。
そんなわけで彼と会った直後にいつでもエッチしていいことをはっきり伝えます。

精液をもらえればそれだけ強くなれますから彼女にとっても悪い話じゃありません。
長く辛い旅に潤いを与えることにも繋がり一石二鳥と言えます。
彼に命令されて嫌々相手するのではなく、自分から積極的に動いて明るい雰囲気を作ります。

エッチについては彼を持ち上げたりとことん尽くす姿勢を取ります。
経験がないことを知るとゆっくり優しくリードして興奮と勃起を促し
その後は上下のお口を使って無理なく追い込み幸せな射精に導きます。
射精時にはぴゅっぴゅのセリフを言う、事後はお掃除フェラするなど至れり尽くせりです。

「お射精……ぴゅっぴゅに、我慢は必要ありません。好きなときに、好きなだけ、オナホ従者のおまんこに、ぴゅっぴゅしてくださいませ」
これらをする際に自分の体をモノ扱いするように言うのもポイントです。
主人にあたる彼が満足してくれれば自分は何をされてもいい。
そういう自己犠牲の精神が彼に過酷な冒険を乗り切る活力を与えます。
独占欲や征服欲をくすぐる要素も結構あってノーマル~ややSな人に向いてます。

ただし、彼がものすごく優しい性格をしてるので乱暴に責めるシーンは一切ありません。
従者に過ぎない彼女を対等な仲間と認め、むしろ大事に扱います。
そうやってお互いがお互いを思いやりながらエッチするからものすごく甘いプレイが味わえます。
純粋なエロさも十分ありますが、会話や心の繋がりといった他の部分で盛り上げてるのも大きいです。
心も体も深く繋がるエッチ
エッチシーンは5パート85分間。
プレイはキス、SEX(騎乗位、立ちバック、対面座位、正常位)、耳舐め、フェラ、イラマチオです。
SEX、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「戦力を増やす、という名目で構いませんので…… ぜひ、わたくしを、オナホとして使っていただけないでしょうか?」
ナナと2人で旅することが決まり、ひとまずお城の近くにある村へ到着した主人公は
彼女にお願いされて早速初めてのエッチをします。

エッチはパートによって責め手を切り替えながら進めます。
最初の3パート55分間はエッチしながら2人が仲良くなる様子も描いてるシーン。
「1.『早速、わたくしをお使いいただくのはいかがでしょうか?』(約25分)」は騎乗位
「2.『休憩のときにも、ぜひオナホ従者をお使いください』(約15分)」は立ちバック
「3.『癒されるような性処理おまんこをいたしましょう』(約15分)」は耳舐め+対面座位でSEXします。

オーリア・ナホ族は愛液がすぐ分泌する体質をしてるので
SEXする時に前戯を挟むパートはありません。
1番目の騎乗位も服を脱いだらすぐさま挿入&ピストンするスムーズな展開になってます。

「処女ですから…… きっと、中がキツキツで、きゅうきゅうに締め付けてくると思います。あるじ様は、どうぞ、わたくしのことは気にせず……好きだけ、感じてくださいませ♪」
そして彼女は早速彼に尽くす姿勢を見せて癒しながら気持ちよくします。
服を脱いだ時は恥ずかしそうな仕草でおっぱいやおまんこを見せ
SEX開始後はゆっくりピストンしながら先ほどまで処女だったことを教えます。
フィニッシュも全部中出しだったりとやることが本当に手厚いです。

会ったばかりの相手にここまでするのは彼女が元々献身的な性格なのだと思います。
躊躇する彼にぐいぐい迫ってSEXに持ち込む展開も含めて
体だけでなく心のケアにも力を入れて甘さとエロさを押し上げてます。

「お射精……ぴゅっぴゅに、我慢は必要ありません。好きなときに、好きなだけ、オナホ従者のおまんこに、ぴゅっぴゅしてくださいませ」
防鯖潤滑剤さんが得意とされてる淫語ももちろん出てきます。
おちんぽ、おまんこ、ぴゅっぴゅといった単語をセリフに違和感なく盛り込み応援します。
SEX中は吐息を漏らすことが多いので過去作ほど多く言うわけではありませんが
彼女が彼を興奮させようと頑張ってることを表現する重要な役割を果たします。

2番目と3番目のパートは同じSEXでもそれぞれに違った良さがあります。
前者は彼が初めて責め手に回るためやり方を優しく教えますし
後者は長旅で疲れた彼を気遣い、ピストンは軽くして耳舐めでカバーします。

「あぁ……。幸せ、です……。頭が、とろけてしまいそう……」
これらの最中に彼女がとても幸せそうな表情を見せるのが印象的でした。
勇者候補のサポート役として同行したのが、次第に情が移って別の感情を抱き始めます。
ほぼ恋人に近い雰囲気でエッチしますから聴いてるこっちが恥ずかしくなるくらいに甘いです。
対面座位SEXは他よりもスローになってて2人がこの時間を純粋に楽しんでるのがわかります。

続く2パート30分間は2人の関係がさらに前進します。
「4.『ぜひ、わたくしのお口もオナホにしてくださいませ』(約13分)」はフェラとイラマチオ
「5.『わたくしの心も体も、あるじ様のものです……♪』(約17分)」はキスを交えた正常位SEXをします。

「本当に、遠慮は必要ありません♪ もっと奥まで、おちんぽハメハメいただいても、大丈夫ですよ」
4番目のパートは前項で説明した「お互いを思いやる姿勢」が色濃く出てます。
彼のリクエストを受けて初めてSEX以外のプレイを選び
彼女が自分の口をオナホのように乱暴に扱うよう言います。
しかし彼は彼女を気遣って腰を浅めにゆっくり動かします。

彼女からしてみれば申し訳なく思うのでしょうけど
1人の女性として大事に扱われるのはきっと嬉しいはずです。
性欲処理をテーマにしてますが、実際は心の繋がりも感じられてイチャラブ感が強いです。

そしてこのプレイを挟んだ後にするから5番目の正常位SEXがより甘く感じます。
これまでよりもキスを多めにする、「好き」など愛の言葉を積極的に言うなど
彼女が彼に十分以上の好意を寄せてることをわかりやすく表現しながら愛し合います。

1~3番目のパートも相当に甘いですけど
色んなものを積み上げてきた後にこういうプレイが出てくると格別に思えます。
シナリオ力のあるサークルさんらしい深みのあるSEXが聴けて大変満足しました。

このように、SEX重視にしたうえで2人の心情描写にも力を入れてるラブラブなエッチが繰り広げられてます。
甘さ抜群な作品
キャラ、シチュ、セリフ、プレイなどあらゆる要素を甘く揃えてる作品です。

ナナはこれから魔王討伐の旅に出る主人公を色んな面でサポートしようと
戦闘や冒険は得意の魔法を使い、休憩中や宿泊中は体を張って性欲を処理します。
そして彼女はとことん尽くす、彼はそんな彼女を労わる姿勢を見せて2人の心がどんどん近づきます。

精液で強くなる能力を持つ女の子が勇者候補の男性をエッチで応援するシチュ
5パート中4パートでSEXを行い、体位やスタイルを変えながら深く愛し合う純愛系のエッチ
彼をとことん持ち上げる彼女と、彼女を大事にしようとする彼が惹かれ合う展開。
エッチメインなんだけどキャラもしっかり立てて没入できるようにしてます。

「あるじ様の優しさを感じられるような、美味しいおちんぽミルクでした♪ 新鮮な魔力が、体に満ちていくようです……」
プレイ自体は4種類のSEX&フェラという割とシンプルな内容です。
それを彼女のセリフや反応といったシナリオ面で幅広さや深みを出してます。
彼女の能力や世界観も独特で面白いですし、すごくサークルさんらしい作品だと思います。

あとは効果音や環境音といった音の扱いにも気を配ってます。
複数種類の鳥の声、川の流れる音、波の音がパートによって変わりますし
ピストン音もペースや力強さを変えて臨場感を出してます。

彼女は最初から最後まで清楚に振舞うのでギャップ萌えを狙ってるところはありません。
でも純粋に彼をお世話したい、力になりたいという気持ちが言葉と行為の両方に込められてて
聴けば聴くほど幸せを感じたり胸のあたりがポカポカします。
心と体を充実させてから射精へ持っていく流れになってて
ストレートなドスケベな作品とは違った良さがあります。

射精シーンは5回。
淫語とくちゅ音それなり、吐息とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

女性に優しくされたい、尽くされたいと思ってる人には特におすすめします。
おまけは「淫語を囁いてご奉仕させていただきます」です。

CV:逢坂成美さん
総時間 2:04:49(本編…1:57:43 おまけ…7:06)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年9月9日まで10%OFFの1089円で販売されてます。



サークル「甘師子チャンネル」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、アイドルをしてる清楚なイメージの女の子が
マネージャーとラブホで何度もエッチして幸せな時間を過ごします。

彼女に送られてきたファンレターを読みながらSEXしたり
ピストンが激しくなるのに合わせて喘ぎ声が下品になるなど
アイドルの特徴を活かした甘くてドスケベなエッチが楽しめます。
彼女が寝取られるイメージも絡めてくるので軽い嫉妬心を抱きながら抜けるでしょう。
アイドルが見せるもうひとつの顔
水瀬美里 (みなせみり)と3種類のエッチをするお話。

「皆さんこんばんはっ。夢に向かってく~るくるっ……。スイートパンプキンのみーみーこと、水瀬美里ですっ……!」
美里は明るくて可憐な声の女の子。
自分がパーソナリティを務めるラジオ番組でリスナーたちに挨拶すると
CM出演やライブ開催といった嬉しいニュースを報告します。

本作品はスイートパンプキンというアイドルグループのリーダーをやってる彼女が
そのマネージャーをしてる彼とラブホでおよそ90分に渡りイチャイチャします。
2人がエッチするのは毎回ラジオの収録が終わった直後なため
4分程度のラジオパートを挟んでからエッチに移ります。

「クール担当の私なりに……皆さんの事も巻き込んじゃいますから……。その、覚悟……しておいてくださいね……?ふふっ……。」
彼女は世間ではクールで清楚なキャラをしており
ラジオの時はファンに感謝の気持ちを込めながら自分たちの活動報告をします。
終盤にはストーカーで悩んでることを正直に告げるなど、裏表のない女性に描かれてます。
声や容姿もレベルが高いですし、アイドルとして十分やっていけるものを持ってます。

しかし彼女はアイドル活動と同じくらい彼のことが大好き。
ファンの期待を裏切ることをしてる自覚があるのに関係を断ち切れず
この背徳的な状況にむしろ興奮してるような態度を見せます。

「ファンレターを読ませながらの射精……そんなに気持ち良かったんですか……? マネージャーさんの、すけべ……」
その最もわかりやすい例がファンレターを読みながらするSEX。
パートごとに相手を変えながらそれらを読み上げ、その内容に沿ったプレイもして気持ちいい絶頂を迎えます。
彼女自身はあまり乗り気じゃないようですが、元々押しに弱い性格をしており
彼に頼まれたらなんだかんだで引き受けて期待に応えようとします。

彼らは純粋に愛し合ってる関係なので雰囲気は終始あまあまです。
公然と付き合えない状況にもどかしさを感じてるからこそ
2人きりになれた時は激しいエッチをするのかもしれません。
ファンレターを使って彼の嫉妬心を煽るなど、言葉と行為の両方から愛情をたっぷり注ぎます。

「お゛っお゛っお゛っお゛っお゛っお゛っお゛っお゛っお゛っお゛っお゛っお゛っお゛っお゛っお゛っ」
アイドルのイメージを逆手に取って興奮させてくれるのもポイント。
どのパートもSEXをメインに据えてピストン音に合わせて彼女が喘ぎ声を多めに漏らします。
ピストンが始まった直後は「あんっ」というエロ可愛い声だったのが
ペースや力強さが増すにつれて下品な声に変わります。


サークルさんは「汚喘ぎ」と命名されており、オホ声に近いトーンが低めのやつです。
突然漏らすのではなく徐々に割合を増やす感じにして自然さを出してました。
喘ぎ声とピストン音のリズムを完全に合わせてリアルに表現するなど
本作品の最重要プレイなだけあって色んなこだわりが見られます。
S、M両方の要素を盛り込んだエッチ
エッチシーンは3パート58分間。
プレイはキス、フェラ、ファンレターを読む、SEX(正常位、騎乗位、バック)、乳首舐めです。
SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「あっ……んはぁ……うぅ、分かりました……。けど、ちょっとだけ待ってください……。まだ心の準備ができてませんから……って、ひゃっ……。」
ラジオの収録を終え主人公とこっそりラブホへ移動した美里は
彼に突然キスされて思わずビックリします。

エッチはパートによって攻守を切り替える形で進めます。
一番最初の「02「いつも笑顔で元気を届けてくれるみーみーの姿が、心の支えになってます」(約16分)」は
2人の関係や本作品の特徴をわかりやすく表現してるパート。
キス→フェラ→正常位SEXと繋いで女の子が送ってくれたファンレターも読みます。

「どうせ、いくらお説教しても無駄なんでしょうから……。仕方ないので……気持ち良くしてあげます。それに……二人きりの時だけは……。私は、あなたの彼女、ですしね……」
彼女も彼のことを正式な恋人と認めており
多少強引に体を求められてもきちんと受け止め満足させます。
そしてSEXが始まるとエロ可愛い声を多めに漏らして彼を上手に興奮させます。
ピストン音もペースやリズムが小まめに変わってとてもリアルに感じました。

展開がスムーズなところを見ると付き合い始めてから結構時間が経ってるようです。
ファンレターの読み上げ、汚喘ぎといった本作品独自の要素も出てきますし
2人が相思相愛なことをはっきり伝えながらエロくお届けします。
ファンレターの内容が真面目だからこそ、それをオカズにSEXしてる状況が余計背徳的に映りました。

続く2パート42分間は内容がさらにエスカレートします。
「04「僕からアドバイスだけど、みーみーは今後も清楚なアイドルとして頑張るべきだと思う」(約20分)」は
ライブ衣装の候補に挙がってた小悪魔コスで乳首舐めと騎乗位SEXを行い
「06「僕とみーみーで仲良く密着しながら、バックでセックスしまくろうね」(約22分)」は
悪い意味で熱烈なファンの手紙を読みながら2種類のSEXを楽しみます。

「みーみーが、ファンにセックスされちゃうんですよ? 汗臭いおちんぽを入れられて……腰を激しく打ち付けられて…… 小悪魔コスチュームのみーみーに抱きついて、精液ぴゅっぴゅ……」
04パートは彼女が小悪魔になりきってするコスプレに近い内容。
前回とは逆に彼女が主導権を握り、腰を打ちつけながらファンとエッチしてるイメージをさせます。
アイドルのファンでそういう妄想をする人は結構いるはずです。
でも彼にとっては大事な恋人を汚されたり寝取られる耐えがたい行為になります。

仮想的な寝取られとでもいいますか、彼女の立場を活かして彼の嫉妬心を上手にくすぐります。
アイドルを独占する満足感も味わえますしS、M両方の属性を持つ面白いプレイです。
後で彼女がフォローしてくれますから後味が悪くなることはないでしょう。

「ゴムをとって……ナマで……してもらえませんか……? ゆ、許されないこと、ですけど……それでも…… 今は……マネージャーさんを直接感じたいんです……」
それに対して06パートは純粋なエロさが上がります。
プレイ時間のほとんどをSEXに割いてるので喘ぎ声の量が増えますし
1回戦はゴムあり、2回戦はゴムなしにして背徳感も強化します。
生ハメ&中出しは彼女のほうからおねだりするので暗さや重さはほとんどありません。
ファンレターの内容も妙に生々しくて2人の興奮を盛り上げる重要な役割を果たします。

アイドルという特殊な仕事に携わってるからこそ
2人とも普通の恋人がするエッチでは満足できなくなってるのかもしれません。
やってはいけないとわかってるのに刺激が欲しくて止められない。
快楽の沼にどっぷり浸かり抜け出せなくなってるように感じました。

このように、イチャラブ感を出しつつ変わった要素を加えて個性とエロさを出してる
ややアブノーマルなエッチが繰り広げられてます。
夢を叶える作品
絶対に手の届かないアイドルの心と体をモノにできる夢のある作品です。

美里は誰にもバレないようこっそり付き合ってる主人公と幸せな時間を過ごすために
ラジオの収録後にラブホへ移動しSEXメインの甘く深いエッチをします。
そしてその最中にファンレターの読み上げ、汚喘ぎ、寝取られるイメージを盛り込んで
アイドルとイチャイチャしてることを強く印象付けたり嫉妬心や興奮を煽ります。

夢に向かって頑張ってる清純派アイドルがマネージャーとエッチするシチュ
どのパートもSEXを必ず行い、パートによって体位やファンレターの内容を変える特化型のエッチ
恋人を寝取られそうになる悔しさやアイドルをモノにできる優越感を与える演出。
プレイを絞り込んだうえで色んな要素を盛り込み抜きやすくしてます。

中でも2番目は毎回違う内容のファンレターを読む展開が面白いですし
それをちゃんとエッチに反映させて同じSEXでも違うものに変えてます。
ピストン音や喘ぎ声にもこだわってたりとすべての要素が高い水準でまとまってます。

「私……これからも、アイドルとして頑張っていきます。多くの応援を糧に、夢の舞台を目指します。その道の途中で……もし危ない事があったら……。マネージャーさんが……守ってくださいね」
そしてヒロインを務める美里が純粋に可愛いです。
背徳的なエッチにハマってもピュアなところをきちんと持っててキラキラしてます。
純愛系のストーリーにアイドル要素を加えた感じに制作されてますから
2人の絆の強さがきちんと伝わってきて終始甘いです。
後日関係がバレたとしても別れないんじゃないでしょうか。

エッチはSEXをいかに幅広く表現するかに力を入れてます。
体位による攻守の入れ替え、読み上げるファンレターの内容、ゴムの有無などです。
汚喘ぎも聴き手の股間に響くように使うタイミングを絞ってあります。
この内容なら属性はややS~ややMになるでしょう。

射精シーンは4回。
淫語・くちゅ音・喘ぎ声それなり、ちゅぱ音そこそこです。

CV:逢坂成美さん
総時間 1:36:08(本編…1:23:51 フリートーク…12:17)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年8月15日まで20%OFFの968円で販売されてます。



サークル「青春×フェティシズム」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、幼馴染としてずっと一緒に過ごしてきた3人の男女が
最後の夏に色んな場所でエッチして楽しい思い出を作ります。

彼を取り合うのではなく共有する形で青春特有の甘酸っぱいエッチをするのが特徴で
前半はほぼ一対一、後半は2人同時に責めるとスタイルを変えながら
和やかな掛け合いを挟んだり気持ちよさそうな喘ぎ声を漏らして明るいエロスをお届けします。
最後は3人で仲良くエッチ
幼馴染の莉子、蒼と4種類のエッチをするお話。

「あ、おかえり~」
莉子は明るくて可愛い声の女の子。
「アクリとポカエリ? くれるの? サンキュ」
蒼はトーンが低く落ち着いた声の女の子。
とある夏の日、主人公が差し出したスポーツドリンクを美味しそうに飲むと
軽く雑談してから週末に水着を見に行く約束をします。

本作品は「青夏おま○こフレンズ」「青夏おま○こフレンズー蒼ー」に続くシリーズ第3弾。
卒業を来年に控え、それぞれ別の道を歩むことがほぼ決まってる彼らが
最後の夏休みを利用しておよそ120分に渡る濃厚なエッチを楽しみます。
過去2作は彼女たち1人ずつとエッチするお話だったので
今作はどのパートも必ず2人登場し、さらに序盤から踏み込んだプレイをして仲の良さを表現します。

彼らの関係やエッチするようになった経緯とかは一切教えてくれないので
この内容なら過去作を事前に聴いておいたほうが違和感なく楽しめると思います。
最中の会話やエッチの構成もそれを想定したものになってます。

莉子「きみにセクシィーなの選んでもらうんだ~って そわそわもぞもぞしてたもんね、あおちゃん」
蒼「し、してないから! もぞもぞなんて!」
最大の魅力は彼女たちのキャラ。
幼馴染らしくテンポのいい掛け合いを挟みながら明るい雰囲気でエッチします。
莉子は明るくて元気な田舎の子らしいキャラ、蒼はクールで性欲旺盛なむっつりスケベと
それぞれに違う属性を持たせて協力したり競い合う感じに進めます。


2人は恋のライバルであり親友でもあるので喧嘩することはありません。
事前に協定を結んだらしく、彼を共有する方針で仲良く相手します。
そして彼は2人を相手にしても有り余るほどの性欲を持ってるので
どのパートも2~3回連続射精して彼女たち両方を満足させます。

サークルさんの作品で複数の女性と同時にエッチするのは今回が初なのですが
それぞれに活躍の場を設けて存在感が同じくらいになるよう上手く調整してました。
物語の前半は片方ずつ、後半は2人同時にとスタイルを変えて単調になるのを防いでます。

エッチについてはSEXに最も力を入れてるのに加え
教室、お店、バス停といった公共の場でするシーンが多いです。

M向けの作品じゃないので見られる快感を煽ることはありません。
でも見つかりそうになるスリルを与えたり、それを避けようとこっそり責め合うことで臨場感を出します。
そしてこれは彼に求められたらどこでも相手する彼女たちの想いの強さにも繋がってます。

蒼「やだぁ、莉子……っ、みないで、はずいからぁ……」
莉子「おっおっおっ、んおっ、おっ、おっ」
蒼はクールな普段とは随分違う可愛さと初々しさがありますし
莉子は子供っぽいところがあるからこそ、エッチでは余計淫乱に映ります。
過去2作がキャラ重視だったので、今作も日常とエッチにギャップを持たせて魅力を引き出します。
今までずっと封印してたある要素を解禁するなど、シリーズの締めくくりに相応しい豪華なプレイになってます。
彼女たちの友情も感じられるエッチ
エッチシーンは4パート102分間。
プレイはSEX(騎乗位、正常位?、立ちバック、バック)、潮吹き、キス、乳揉み、耳舐め、パイズリ、フェラ、手コキです。
SEX、潮吹き、パイズリ、手コキ、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

莉子「はい、ちんちん出ました~」
蒼「もうガチガチだし」
雨の日に主人公と3人で学校の教室に出かけた莉子と蒼は
その理由を教えてからお互い全裸になりすぐさまSEXを始めます。

エッチはSEXは彼が、それ以外は彼女たちが主に責める形で進めます。
前半の2パート57分は彼女たち1人1人に光を当ててるシーン。
「track02_ 話は気持ちいいことのあと(約31分)」は教室で蒼→莉子→蒼
「track03_ 冒険の布面積、どうかな?(約26分)」は水着のお店で莉子→蒼の順にSEXします。

莉子「そのまままたがっちゃいなよ。おまんこでぎゅって抱きしめてあげるの」
彼女たちは過去作で彼と何度もエッチしてますから今作もまったく遠慮しません。
「教室でSEXしたい」という蒼の願いを叶えようと経験者の莉子がぐいぐい引っ張ります。
恥ずかしそうにしてるのに早速おまんこを濡らしてる蒼もなかなかエロいです。
莉子が2人の結合部を見てさらに羞恥を煽るなど、2人に別の役割を持たせて一体感を出します。

そして蒼が楽しんだ後は莉子も彼のおちんちんを存分に味わいます。
喘ぎ声や息遣いが一気に艶めかしくなってエッチ慣れしてる印象を受けました。
プレイ中にも2人の掛け合いが適度に入るので和やかな空気が漂ってます。
「明るくエロく」を大事にしており晴れやかな気分で射精できます。

莉子「見て見て? 鏡に映ってるよ。あたしときみの気持ちよさそうな顔♪」
track03は普通エッチしない場所でしてることを色んな要素で表現します。
バックで音量控えめなガヤ音が流れ続け、試着室の鏡に自分たちの痴態を映して彼の興奮を煽ります。
そしてSEX開始後はtrack02よりも声をひそめてこっそり愛し合います。

純粋なエロさは落ちてますけど、シチュ作りがしっかりしてて別の良さを持ってます。
最初は抵抗を感じてた蒼もなんだかんだで参戦しますし
彼の興味を引いたり満足させようとする2人の健気さが強く出ていて温かいです。

後半の2パート45分間は同時責めを解禁します。
「track04_ ふたり分の重み(約20分)」はラブホに移動して莉子と騎乗位、蒼とバックで繋がり
「track06_ 好き。他は知らないけど(約25分)」は花火で遊んだ直後に
バス停でSEX、ダブルパイズリ、耳舐め手コキをして3回射精させます。

track04は本作品で唯一プライベートを確保できる場所でするため
2人とも普段より大きめの喘ぎ声を漏らして気持ちいいことをアピールします。
冒頭に3人同時にキスしたり、SEX開始後はもう1人が耳舐めを担当するなど
複数人プレイの武器である密度の濃さで前半との違いをはっきり打ち出します。
またここからはエロさをさらに上げる大きなスパイスも加わります。

莉子「だったらさ、んんっ あたしたち一緒にいればいいじゃんさ」
track06は一番最後ということでこれまでよりもストーリー面を強化した内容。
プレイ自体はきっちりこなしますが、その最中に今後のことを語って終わりゆく夏を惜しみます。
莉子は看護師、蒼は医者になることを目指しておりその理由にも触れられてました。

離れ離れになるのは残念だけど、それ以上に大事なものがある。
彼に対する気持ちだけでなく、彼女たちの間にも強い絆が感じられて胸のあたりがぽかぽかしました。

このように、色んなシチュや体位でSEXしながら心情描写も厚く行うイチャラブ系のエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視の温かい作品
過去2作の良かった部分を継承しつつエッチの内容を濃くしてるノーマル向けの作品です。

莉子と蒼はセフレ以上恋人未満の関係にある主人公と幸せな時間を過ごそうと
教室、水着店、ラブホ、バス停と場所を変えて常に2人一緒にエッチします。
そして9回中8回の射精シーンをSEXに割き、前半と後半でスタイルを変えて幅広く表現します。

2人の幼馴染と明るい雰囲気でひたすらエッチする若者らしいシチュ
SEXを色んな角度から描いて甘さとエロさを出す特化型のエッチ
テンポの良い掛け合いをしながらある時は競い合い、ある時は協力して彼を責める展開。
シリーズ最終作ということで物語とエッチの両方を以前よりも掘り下げてお届けします。

蒼「たまたま咥えていいかな?」
莉子「おっけー、じゃあ、あたしか先っぽぱっくんしちゃう」
中でも3番目は2人がお互いを尊重してどちらも満足できるように進めます。
底なしな彼の精力を1人で受け止めるのは大変ですから
協力するのは結果的に良かったんじゃないでしょうか。
付き合い方は変わっても3人の関係は幼馴染の時とまったく変わらないです。

エッチはさすがにSEXに寄せすぎかなぁとも思いますが
2人のバランスや各プレイの設定にこだわりが見られます。
青春×フェティシズムさんが複数人プレイをするのは初めてですし
後の作品でもっとエロくて面白いことをしてくれるんじゃないかなと。

射精シーンは9回。
くちゅ音多め、淫語と喘ぎ声それなり、ちゅぱ音そこそこです。

おまけは17種類のアラーム音声です。

CV:莉子…柚木つばめさん 蒼…逢坂成美さん
総時間 2:06:28(本編…2:04:47 おまけ…1:41)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年8月27日まで25%OFFの1155円で販売されてます。



サークル「青春×フェティシズム」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、小さい頃からずっと仲良くしてきた幼馴染の男女が
とある出来事をきっかけに新しい関係へと進みます。

恥ずかしがったり照れる仕草を見せながら少しずつ濃いプレイに移ったり
彼女の心情や反応を厚めに描いて一体感と没入感を与えるなど
キャラの魅力を引き出しながら青春時代の甘酸っぱいエッチをリアルにお届けします。
海辺やバスの車内といった公共の場でエッチするシーンが多いのも特徴です。
夏の純愛物語再び
幼馴染の蒼(あおい)と4種類のエッチをするお話。

「あおちゃん、模試の結果どうだった?」
莉子は明るくて可愛い声の女の子。
「まあまあ。第一志望がB判定だったから次はAにしたい」
蒼はトーンが低く落ち着いた声の女の子。
主人公と3人で模試の結果を確認すると
蒼は頭の良さを、莉子はおっぱいの大きさを自慢して張り合います。

本作品は保育園からずっと一緒で来年は別の道を歩もうとしてる彼らが
最後の夏休みにおよそ110分間の気持ちいい思い出を作ります。
今年の5月に出た「青夏おま○こフレンズ」という作品の続編にあたり
主人公と莉子がSEXしてるのを蒼が偶然見た直後から物語は始まります。

「いいよ。わたしのおっぱいと莉子のおっぱい どっちが良いおっぱいなのか決めようじゃない」
蒼は前作だと勉強を頑張ってる真面目でクールなキャラに描かれてましたが
内心は彼に強い好意を抱いており、今回の出来事を受けてそれなりに動揺します。
冒頭シーンで莉子よりも自分のおっぱいのほうが大きいとアピールするのが良い例です。

蒼にとっては莉子も大事な幼馴染なので主人公との仲を悪くする気はありません。
でも自分だけ仲間外れや置いてけぼりを食らってるように感じて負けず嫌いなところを見せます。
2人が付き合えば自分の想いを捨てなければならないことにも繋がりますし
男1人、女2人による三角関係を蒼の視点から綿密に描いて物語の世界へ引き込みます。

一般的な同人音声よりもボイスドラマ成分が強い内容です。
エッチを始めるまでの過程を長めにしてるので雰囲気作りがしっかりしてます。
海でエッチするパートは控えめな音量で波の音が流れ続けます。

エッチについては蒼が処女なことを受けて
前半は比較的ソフトに、後半はディープかつハードにとメリハリを持たせてあります。
彼にエッチを持ち掛けるところまでは気丈に振る舞ってたのが
実際に始めると恥ずかしがったり戸惑う仕草を随所で見せてくれて初々しいです。

また4パート中3パートが公共の場でエッチする展開になってます。
これも彼女の積極性や想いの強さを表現するための演出なのでしょう。
彼に頼まれたらなんだなんだかんだで叶えてくれますし
彼女の魅力を最大限に引き出す方針でエッチを組み立ててます。
とことん尽くしてくれるエッチ
エッチシーンは4パート78分間。
プレイは乳揉み、おっぱいを見る、パイズリ、フェラ、キス、手コキ、SEX(正常位、騎乗位)です。
乳揉み、パイズリ、手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「はぁ。相変わらず優柔不断だなぁ。昨日もそうだったけど なら……もう一回、触って確かめてみる?」
主人公とバス停で偶然2人きりになったある日
蒼は自分のおっぱいを服越しに揉ませて莉子とどっちが大きいか確かめてもらいます。

エッチはほぼ対等な立場でお互いに責め合うスタイルを取ります。
前半の2パート41分間は彼女の魅力を出しつつゆっくり愛し合うシーン。
「track02_まだ莉子としてないこと(約24分)」は海辺のバス停で乳揉み、乳見せ、パイズリ
「track03_終点までにイッて(約17分)」は別の日にバスの車内で乳揉みと手コキをします。

「当たり前でしょ。は、初めてよ。人に見せるなんて」
このままだと彼を莉子に取られると思い焦ってるのでしょう。
野外にいるのに自分からおっぱいを触らせたり見せて心を引き寄せようとします。
SEXどころかキスすらしたことのない子がここまでやる展開にグッときました。
この後のパートも含めて彼女が尽くすシーンが多く、幸福感を味わいながら抜けます。

track02は彼女がおっぱい、彼はおちんちんを見せ合うところから始まり
後半の10分間でパイズリと亀頭へのキスをする割とソフトな内容です。
でも本作品がキャラ重視なことを考えればこうするのが自然かなと。
セリフ、態度、行為を組み合わせて彼女がどんな女性かわかりやすく表現します。

「さわり方、えげつないなぁ…… ずるいよ、こんなに上手いの」
「わたしのお手々まんこの中に濃ゆいセーエキ、思いっきり出して」

それに対してtrack03は多少のスリルを交えて行います。
乗客が彼らしかいないバスの中で運転手にバレないようお互いの性感帯を触り合います。
莉子と何度もエッチしたおかげで女性の責め方が上手くなってる彼に軽く嫉妬したり
射精シーンの直前では淫語交じりの言葉責めを積極的にするなど
負けず嫌いで献身的な彼女の性格がここでも色濃く反映されてます。

手コキの効果音が割とエロいので、個人的にはtrack02よりも抜きやすく感じました。
彼にお願いされたらなんだかんだで了承するところも愛らしいです。
公共の場でエッチするためプレイ自体は抑える代わりに、他の部分で熱さやエロさを補ってます。

続く2パート37分はいよいよ2人が幼馴染よりも特別な関係に前進します。
「track04_強制連行(ラブホに)(約22分)」は熱いキスをしながらの正常位SEX
「track06_うるさい!わたしはSEXしたいだけっ!(約15分)」は
別の日に再び海辺で騎乗位SEXを楽しみます。

track04は本作品の山場にあたるので前の2パートとは展開が随分違います。
開始から3秒後には早速キスを始め、シャワーを浴びる時間すら惜しんでおちんちんを求めます。

「うぅ、やっぱデカいよぉ ううんやめなくていい。信じる、あなたに任せる」
彼をやる気にさせるところまでは頑張って、それ以降は彼に任せるのがすごく良いなと。
想いは強いけどエッチは未熟な彼女の属性を活かして男心をくすぐってくれます。
彼もゆっくり挿入してからしばらく停止し
ある程度馴染んだら徐々にピストンを速める頼もしいところを見せてくれます。

こういうキャラ重視の作品は主人公がヒロインに見合った男性かどうかも重要です。
経験豊富な彼が処女な彼女を丁寧にリードして幸せな初体験をプレゼントします。
彼女の頑張りが無事報われたことも表現されてて本作品の中で最も甘いプレイに仕上がってます。

もちろん純粋なエロさについても高めです。
今までとは違いラブホでするから彼女もエロ可愛い喘ぎ声を遠慮なく漏らします。
効果音がリアル、途中からキスが加わる、ここだけ射精シーンが2回と
オナニーのオカズに役立つ要素が充実してるのもあります。
プレイをほぼSEXに絞り込んでるおかげで内容がなかなか濃いです。

このように、蒼とエッチしてる気分に浸らせることを大事にしたイチャラブ感の強いエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視の甘酸っぱい作品
友達以上恋人未満の男女がより深い関係になる様子を緻密に描いたノーマル向け作品です。

蒼は莉子が既に主人公とSEXしてることを知りなんとか彼を振り向かせようと
2人きりになれた時に自慢のおっぱいで誘惑しエッチできる環境を作ります。
しかしその後は一切経験がないため彼に主導権を譲り
自分は恥ずかしそうな仕草を見せたりエロ可愛く乱れて応援します。

普段はクールだけど好きな人には熱くなる女の子が幼馴染と色んなエッチをする純愛系のシチュ
彼女の心情や反応を濃く描いて近さと想いの強さを表現するキャラを大事にした作り
前半は過程を厚めに描きながら比較的ソフトに、後半はSEXで深く愛し合う落差のあるエッチ。
前作と同じく青春時代に戻って会話やエッチを楽しめるように組み立ててます。

「莉子とはキスとかしたの?」
中でも2番目は前作の結果を引き継ぎ蒼が焦りや危機感を抱いてる要素を盛り込んでます。
このまま何もしなくてもたぶん3人が幼馴染である点は変わらないでしょう。
でも莉子は彼とエッチし、自分はしてないという圧倒的な差が生まれます。
彼女としてはそれが耐えられなかったのだと思います。
作中で莉子と自分を比較するセリフが何度も出てくるのが良い証拠です。

彼を好きなのは本当でしょうけど、莉子に対するライバル心があるのも事実です。
こういうちょっぴりドロドロした部分を持ってるから引き込まれるのかなと。
青春モノの同人音声は多いのにこのシリーズはそれらとの明確な違いがあります。

また前作と同じくストーリー運びがすごく上手に感じました。
エッチに持っていくまでが自然ですし、開始後もただプレイをこなすのではなく
彼女が何を思い、感じてるかに着目してすぐ近くにいる雰囲気を作ります。

抜き系の作品が好きな人にはまどろっこしく感じるでしょうけど
過程をしっかり描いたほうがエッチで心を揺さぶられるし、視聴後の後味も良くなります。
結局は好みの問題なので、このレビューを読んで興味を持った人は満足できると思います。

射精シーンは5回。
淫語・くちゅ音・喘ぎ声それなり、ちゅぱ音そこそこです。

品質は優れてるのだけど前作の視聴が前提になってることを踏まえて
今回はこちらの点数とさせていただきました。
おまけは19種類のアラーム音声です。

CV:蒼…逢坂成美さん 莉子…柚木つばめさん
総時間 1:58:56(本編…1:55:57 おまけ…2:59)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年7月23日まで25%OFFの990円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。



サークル「おるがる堂」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、力がすべてを支配する世界に転生してしまった男性が
2人の強力なメスガキに大人のおもちゃとおちんちんで勝負を挑みます。

メスガキをわからせるエッチに異世界要素を盛り込んでるのが特徴で
最初は彼女たちの弱点を突いて1人ずつ攻略し
それ以降は一気に甘い雰囲気に変わって妊娠覚悟の種付けを何度も決めます。
喘ぎ声の量が多いので好きな人ほど興奮できるでしょう。
異界のメスガキをおちんちんで討伐
ファニル(挿し絵右 龍族の娘)、プラーナ(挿し絵左 魔界の王女)とエッチして屈服させるお話。

「ほら人間 ぼけっとしてないで さっさとそのゴミを捨ててくるのだ」
ファニルは明るくて可愛い声の女の子。
「なぁ ファニルよ そのゴミは お主が捨てに行けばよいのではないか?」
プラーナは古風なしゃべり方をする穏やかな声の女の子。
ゴミ捨てを命じても重くてできないと言う主人公をあからさまに見下すと
彼が反抗的な態度を取るので脅して黙らせます。

本作品は何らかの理由で異世界転生した彼が
そこを支配してる魔王や龍族の血を引くメスガキたちと130分に渡ってエッチします。
物語が始まった直後の彼は力が弱いせいで奴隷に近い扱いを受けてます。
しかし転生時にたまたま持ってた大人のおもちゃを使って少しずつ状況を変えていきます。

「ほら人間 さっさと参ったしたらどうなのだ?」
ファニルは「~なのだ」が口癖でエッチをほとんど知らない女の子。
彼に勝負を挑まれ最初は余裕たっぷりな表情を見せますが
ローターに責められるとすぐさま弱々しい声で喘ぎ始めます。
おちんちんを挿入された時も積極的に喘ぎますし、攻略が簡単なメスガキという印象です。

「大サービスじゃ わらわの尻尾で その醜いチンポをしごき抜いてやるのじゃ」
それに対してプラーナは魔王の娘なだけあってかなり手ごわい相手です。
エッチの経験はないけど知識は一通り持ってるし、性感帯を責められてもまったく反応しません。
彼も1回目の勝負をした時は敗北し、2回目でようやくわからせることに成功します。

女性が2人いる作品と言えば複数人プレイがお馴染みですけど
本作品は1人ずつ攻略する流れになってるので中盤まではほぼ一対一で進めます。
そのほうが彼女たちの個性や弱さが引き立ちますし、わからせを二度味わえますからね。
おもちゃの力を借りるのは最初だけで、それ以降はおちんちんでストレートに屈服させます。

エッチについてはわからせをテーマにしてることを踏まえて
彼女たちが責められて乱れるシーンが多いです。
ファニルはトーンが高くエロ可愛い声、プラーナはオホ声多めの下品な声と随分違います。
彼女たちが責める時は触手や尻尾を使いますし、人外娘らしさもきちんと盛り込まれてます。
攻略の前後で落差が大きいエッチ
エッチシーンは9パート107分間。
プレイはおもちゃ責め、乳首責め、手コキ、放尿、クンニ、SEX、触手責め、足コキ、耳舐め、尻尾コキ、アナル責め(指とおちんちん)、キス、フェラです。
おもちゃ責め、乳首責め、手コキ、放尿、SEX、触手責め、尻尾コキ、アナル責め、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「そ、それって確か プルプルするやつ んっ あぁぁぁぁ」
主人公に呼び止められてくすぐり勝負を挑まれたファニルは
ローターが生み出す初めての快感に早速切ない声を漏らします。

エッチは基本的に彼が責めて一部で彼女たちが反撃します。
前半の4パート52分間は2人を個別にわからせるシーン。
「02. 対決!性的無知僕っ子全身アクメ!(約13分)」はローター責めと手コキを同時に行い
「03. 陥落!無知まんこにわからせセックス!(約15分)」はクンニからのSEXでまずはファニルを落とします。
そして「04. 屈辱!触手まみれの死んじゃう射精!(約10分)」はプラーナの触手責めで敗北を味わい
「05. 逆襲!高貴なメスガキアナルをわからせ開発!(約14分)」はアナル責めでそのお返しをします。

「イクっ このビクビクってするの イクっていうのか?」
ファニルは力はあるけどエッチには弱いキャラなのでスムーズに堕ちます。
02パートでローター責めをしたらすぐさま喘ぎますし
反撃でする手コキも勝手がわからず終始押されて何度も絶頂します。

可愛さや初々しさを前面に押し出してるのでメスガキっぽさは薄めです。
無垢な女の子をストレートに開発する感じになってて明るいエロが楽しめます。
彼女が嫌がったり泣き出すこともないですし、快感にあっさり負けてて可愛さがあります。
SEXを終えた後に彼を「お兄ちゃん」と呼ぶところを見ると甘えん坊な性格なのかもしれません。

「待て貴様 それ以上そんなところを…ひぃぃぃ」
そしてファニルがチョロいからこそプラーナの手ごわさが引き立ってます。
04パートは文字通り手も足も出ない状況になってて格の差を見せつけてきます。
しかし彼女には「アナルだけはものすごく弱い」という特徴があるので
05パートでアナル責めを重点的にやると一転して情けない姿を晒します。

ファニルよりもトーンが低く太い声を漏らすので、普段の声とは随分違っててエロさを感じます。
余裕たっぷりだったメスガキを一気にわからせる展開も作品の趣旨に合ってて良いです。
触手責めの音もちゃんと入ってますし、人外娘ならではのプレイにも臨場感がありました。

後半の5パート55分間はわからせた後なのであまあま路線に変わります。
「06. 哀願!堕ちまんこ連続種付けわからせセックス!(約17分)」はプラーナをおちんちんで完全に攻略し
「07. 嫉妬!僕っ子メスガキのお風呂で逆レイプ!(約11分)」はファニルがフェラとSEXでご奉仕します。
さらに「08. 壮絶!堕ちメスガキたちの耳舐め全身愛撫!(約11分)」は耳舐め+フェラ
「09. 乱交!Wメスガキまんこに孕ませ中出し!(約11分)」はファニル→プラーナの順に種付けをします。

プラーナ「これで満足か? わらわの負けじゃ」
ファニル「にいに ボクの孕みたがりのくぱくぱメスガキおまんこに ぴちぴちの子種をたーっぷりぶち込んで 孕ませるのだ」
力がすべての世界なので、エッチで勝てないと判断した後は2人とも一気に丸くなります。
プラーナは自分から素直に負けを認めますし
ファニルは実の妹のようにひたすら慕ってくる可愛い姿を見せてくれます。
しかしエッチのほうは引き続き容赦がなく、前半は4回だった射精シーンが10回まで増えます。

普通にエッチするだけだと人間と変わらないから連続射精メインに切り替えてるのかなと。
ちゅぱ音や喘ぎ声も激しいものが多くて実用性が上がってるように感じました。
前半はメスガキをわからせるシチュが聴きどころだったのが、後半は割とストレートな内容になってます。

08パートと09パートは2人が同時に責めるのもそう言える理由のひとつです。
キスや耳舐めとフェラ、耳舐め+SEXとどちらも濃いプレイに仕上がってます。
S向けの要素がかなり減るのでこのシーンはほぼノーマル向けですね。
最後は彼女たちの母乳を飲むシーンもあったりと、穏やかな形で締めくくってます。

このように、メスガキをわからせる快感と愛される快感を味わわせる比較的激しいエッチが繰り広げられてます。
人気のジャンルを融合させてる作品
音声でこのところ人気があるメスガキと人外を上手く組み合わせてるややM~ややS向けの作品です。

主人公は転生したのに現実世界よりもずっと酷い扱いを受けてる今の状況を変えようと
あちらから持ってきた大人のおもちゃとおちんちんを駆使して2人のメスガキを順番にわからせます。
そして攻略した後は個別に、あるいは同時にイチャイチャして幸せな時間を過ごします。

魔王の娘と龍族の娘が人間の男におちんちんでわからされる珍しいシチュ
反抗的な態度を取る彼女たちを1人ずつ攻略する前半シーン
すっかり従順になった2人と責め合いながらきっちり種付けもする後半シーン。
わからせておしまいではなく、その後の様子も描いて甘さとエロさを上げてます。

中でも2番目は本作品の見せ場にあたるためそれぞれが違う展開になってます。
ファニルは本当にあっさり堕ちるので物足りなく感じるでしょうが
その部分をプラーナが補って丁度いいあたりに収まってます。
乱れた時のギャップもプラーナのほうが大きくて印象に残りました。
ファニルは小動物的な可愛さのある女の子です。

エッチはわからせをテーマにしてる関係で彼女たちが乱れるシーンを多く用意してます。
喘ぎ声にもちゃんと違いがあってサークルさんがキャラを大事にしてるのがわかります。
触手責めや尻尾責めも出てきますけどやっぱりメインはSEXです。

射精シーンは14回。
くちゅ音と喘ぎ声多め、淫語とちゅぱ音それなりです。

一風変わったわからせ作品を探してる人には特におすすめします。

CV:ファニル…逢坂成美さん プラーナ…秋野かえでさん
総時間 2:11:51

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年7月2日まで15%OFFの1122円で販売されてます。



サークル「夢色パラダイス」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、それぞれに違った個性を持つ3人の風俗嬢が
男性の乳首をがっつり責めて気持ちいい射精に導きます。

乳首を中心に据えたうえでパートごとに異なる責め方をするのが特徴で
乳首舐め+手コキ、乳首責め+フェラ、オナサポ系の乳首責めと
テーマの範囲内でできるだけ幅広いプレイを用意して無理なく追い込みます。
声優さんが毎回交代しますから同じ作品でも雰囲気が結構変わります。
乳首好きな紳士のために
愛羅撫乳で静香、ユナ、紗百合が個別にサービスするお話。

「いらっしゃいませ ようこそお越しくださいました」
静香(挿し絵中央)はクールで落ち着いた声のお姉さん。
主人公に挨拶し、早速ベッドへ横になってもらうと
すっかり元気なおちんちんを見てしごき始めます。

本作品は乳首をいじりながら気持ちいい射精を迎えることを目的に
彼女たちがおよそ70分に渡って3種類のエッチなご奉仕をします。
音声を聴いた限りだとここへ来た直後の彼は乳首未開発なようです。
だからいきなりディープなプレイをやったりせず、一歩ずつ前進する形で乳首を開発します。

静香「しこしこ しこしこ おちんちんしこしこ おちんちんしこしこ」
具体的に言うと1番目と2番目のパートは乳首とおちんちんを同時に責めます。
静香は口で、次のユナは指でと手段も変えてあってなかなか幅広いです。
そして最後の紗百合はオナサポ色の強い乳首特化のプレイをします。

夢色パラダイスさんは乳首がテーマの作品を色々制作されてますから
乳首をメインに据えたうえで彼女たちのキャラが立つように組み立ててます。
パートが変われば声やしゃべり方も大きく変わるので
同じ乳首責めでも聴いた時の印象が随分違います。

どのパートも最後に必ず射精するのも本作品の魅力です。
乳首オナサポの中ではドライオーガズム(射精しない絶頂)を目指すものもそれなりにあります。
でも彼女たちは最初から射精させることを見据えて動くので
音声を聴きながらオナニーすれば乳首とおちんちん両方の快感が味わえます。

乳首未開発者がいきなり乳首だけをいじり続けても消化不良になる可能性が高いですから
乳首とおちんちんの快感をリンクさせるのは有効な手段と言えます。
言葉責めはほとんどしませんけど、ちゅぱ音が結構パワフルでエロいです。
乳首の魅力が詰まったエッチ
エッチシーンは3パート62分間。
プレイは手コキ、乳首舐め、フェラ、乳首責めです。
手コキ、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「乳首責めといいますと 男性が女性にするものだというイメージが強いかと思いますが 男性でも乳首で感じることができるんです」
主人公がやる気満々なので音声開始から30秒後に手コキを始めると
静香はその少し後に乳首舐めも加えて乳首の魅力をわかりやすく説明します。

エッチはお店なので終始彼女たちが責め続けます。
一番最初の「1・クールなお姉さんの事務的乳首責め+手コキで射精コース(約13分)」は
彼が乳首の快感を初めて味わうパート。
クールだけど面倒見のいい彼女が乳首舐め+手コキで無理なく射精へ追い込みます。

静香「声 我慢しなくても大丈夫ですよ ここには私しかいませんから」
サークルさんは事務的キャラとおっしゃられてますけど
プレイ中に彼が嫌がることは一切やりません。
声のイメージよりも下品なちゅぱ音を鳴らしながら心のケアもして快感に浸りやすくします。
乳首舐めも序盤は舐め、中盤は吸い、終盤は両方と複雑な責め方をしてました。

ちゅぱ音を聴きやすくするためでしょうけど、手コキ音が鳴り始めるのは11分頃と結構遅いです。
なのでやっぱり乳首舐めが主役のパートだと思います。
焦らしや寸止めもやりませんからM度が低い人でも普通に楽しめるでしょう。

2番目の「2・お馬鹿ギャルのノリノリ乳首責め+フェラで射精コース(約18分)」は
キャラとプレイの両方が静香とほぼ真逆の内容。
挿し絵左に立ってるユナが自慢のフェラテクと乳首責めを組み合わせて気持ちよくします。

ユナ「あたし お兄さんみたいな人 嫌いじゃないよ 自分に正直で 性欲隠しきれない変態くんはさ」
彼女はギャルなので思ったことをストレートに言うシーンが多く雰囲気は明るいです。
また乳首責めのお店では珍しくフェラが得意で序盤から積極的にしゃぶります。
時折口を離して「ぐりぐり」「ぎゅー」といった掛け声を出して乳首責めの様子を実況しますが
フェラのちゅぱ音のほうが明らかに存在感は大きく、乳首は脇役に近い位置づけに感じました。

でも責めっぷりは激しいですし、一応乳首責めの描写もするので
オカズとして使う分には普通に役立つ品質を持ってます。
本作品は3人のプレイをできるだけ被せないように意識してるからこうなったのかなと。
他の2パートとは方向性が少し違うことだけご了承ください。

最後の「3・セクシー人妻お姉さんの乳首責めだけで射精コース(約31分)」は最も本作品らしいプレイ。
おちんちんには指一本触れず、乳首責めだけで射精へ追い込みます。

紗百合「まずは乳輪の周囲を 指で くるくるーってしてあげる」
エッチシーンの丁度半分を割いてるだけあって内容も非常に丁寧。
深呼吸で軽くリラックスしてからまずは乳輪の外側を円を描くように撫で続け
それから乳輪→乳首と徐々に中心へ近づけてより大きな快感が得られるようにします。

パートの後半から乳首を本格的にいじり始めるので焦らされてる感覚がするでしょう。
でも焦らした後に乳首をいじると普段よりも気持ちよくなれるのも事実です。

また聴き手が乳首オナニーしやすいように掛け声を小まめに出します。
乳首の先端に爪を引っかけて優しく擦る時は「こりこり」
親指と人差し指で挟んで擦る時は「くりくり」などいじり方の種類も多めです。
終盤は乳首を引っ張ったまま擦るシーンもあったりと、前半で焦らした分をきっちり取り返します。

このパートはサークルさんが普段やられてる乳首オナサポに最も近いです。
おちんちんをいじらずに射精を目指すあたりは難度が高いですが
それにこだわらず乳首とおちんちんを一緒にいじれば3人の中で最も気持ちいい射精が迎えられます。
2番目の乳首成分が弱めだったから余計ここが充実してるように感じました。

このように、乳首責めは揃えたうえでまったく違うプレイをするテーマ性の強いエッチが繰り広げられてます。
乳首重視の幅広い作品
個性的な女性たちが乳首に関する色んなプレイをする幅広さを持たせた作品です。

静香、ユナ、紗百合は乳首の快感に興味を持ってる主人公をしっかり開発しようと
それぞれでやるプレイを切り替えながら乳首をがっつりいじって感度を上げます。
そして最後のパートはおちんちんへの刺激を止めて乳首だけで射精を目指します。

クール、ギャル、人妻と異なる属性を持つ風俗嬢が一対一で男性をもてなすややM向けのシチュ
どのパートも必ず乳首をいじり、しかもやり方を変える特化型のエッチ
乳首舐めやフェラの時は下品な音をガンガン鳴らし
乳首責めは様々な掛け声を出して聴き手もやりやすくする実用性を意識した作り。
サークルさんが得意とされてるジャンルを今までとはやや違う形で表現してます。

中でも2番目は乳首に強いサークルさんなだけあって内容が充実してます。
オナサポと呼べるのは最終パートだけですが、そこに最も長い時間を割いてるのでじっくり楽しめますし
他の2パートもおちんちんへの責めと組み合わせて違った魅力を引き出してます。
純粋なエロさを向上させる工夫もされてて全体のバランスが取れてます。

この内容なら乳首未開発者でも楽しめるんじゃないかなと。
常に射精を目指しますし、おちんちんも一緒にいじるのでとっつきやすいです。
最終パートもノーハンド射精にこだわらなければ満足できると思います。

射精シーンは3回。
淫語とちゅぱ音それなり、くちゅ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

CV:静香…涼花みなせさん ユナ…逢坂成美さん 紗百合…秋山はるるさん
総時間 1:08:06

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年6月15日まで30%OFFの770円で販売されてます。



サークル「ワサビ屋」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、ノリが良くてサービス精神旺盛な2人のギャルJKが
学校の近くに住んでるオタクと色んなエッチを楽しみます。

彼女たちの性格をストレートに反映させた明るいエッチが行われており
良い/悪い両方とも自分が思ってることをストレートに伝え
体を責める時も2人で協力しながら活躍する場を同じくらい設けて魅力を引き出します。
ややM向けの言葉責めが多少ありますけど、悪意はまったくありませんからノーマルな人でも聴けます。
JKとオタクがひとつ屋根の下で
アヤメ(挿し絵右)、ホノカ(挿し絵左)と6種類のエッチをするお話。

「おっ お兄さんおっかー」
アヤメは明るくて上品な声の女の子。
「うぃーっす ってか今日遅くね?」
ホノカは砕けた口調で話すトーンが低い声の女の子。
帰宅した主人公に挨拶し、家にあったアニメの感想を言うと
服を着たままおっぱいを見せつけてアニメとどっちのほうが大きいか尋ねます。

本作品はギャルJKのイメージ通り明るくてノリが良い2人が
現在居候させてもらってる彼とおよそ120分に渡ってイチャイチャします。
彼の家は彼女たちが通ってる学校から近いらしく
しばらく住まわせてもらう代わりにエッチするという条件で同棲を始めました。
このへんの経緯は販売ページの説明文で済ませて音声は少し経った後から始まります。

アヤメ「この家 学校近いからほんと助かってるんだよ お兄さん サンキュ」
アヤメはオタクにも優しいタイプのギャルなので彼とも普通に接します。
エッチも自分から積極的にキスしたり、一部で赤ちゃん言葉を言うなど甘やかし上手なところを見せます。
物語の後半に差し掛かると彼を本気で好きになってる様子を見せますし
ギャルと近所のお姉さんを掛け合わせたようなあまあまなキャラに描かれてます。

ホノカ「ちょっといじっただけでいじいじすんなし ったく ほんっとオタクくせーな」
それに対してホノカは良く言えば活発、悪く言えば乱暴な性格をしてます。
彼のことを見下したり突き放すセリフをところどころで言いますし(同じくらい褒めてもくれます)
責めっぷりも比較的ハードで荒々しさがあります。
でも彼を本気で嫌ってる様子はないのでこれが彼女にとっての自然体なのでしょう。

同じギャルでも話し方や態度が随分違ってて2人の個性が引き立ってます。
しかし、思ったことをはっきり言う点だけは共通してます。
表裏のないエッチをするので実際に聴いてみるとカラッとした印象を受けるでしょう。
軽く悪態をつくのも彼に対する信頼の表れと私は見てます。

エッチについてはどのパートも2人で協力して責め続けます。
キス、耳舐め、フェラ、顔舐めといったちゅぱ音を鳴らすシーンを多く用意し
パートごとに主役を切り替えながら無理のないペースで責めて射精へ持っていきます。
総時間に対するエッチシーンの割合が88%とかなり高いのも魅力です。

先ほど説明した言葉責め、ちゅぱ音、効果音を組み合わせて責めるので
彼女たちらしさが出てるしエロさもあると本作品の趣旨に合ったエッチに仕上がってます。
どのパートも彼女たちが責めますが尽くす姿勢が強いのでM度は低いです。
アヤメ、ホノカどちらにも活躍の場を設けてあってキャラを大事にしてるのが伝わってきます。

異なる魅力を持つ2人のギャルとひたすらエッチするシチュとちゅぱ音重視の濃いエッチ。
ギャルとオタクという正反対のキャラを敢えてくっつけたイチャラブ系の作品です。
どんどん本気になるエッチ
エッチシーンは6パート113分間。
プレイは手コキ、玉揉み、耳舐め、パイズリ、フェラ、キス、ちん嗅ぎ、乳首責め、顔舐め、授乳、SEX(立ちバック、騎乗位)です。
手コキ、パイズリ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

アヤメ「うわぁ チンポムレムレのギンギンじゃん」
ホノカ「うちらの爆乳とパンチラでこんな勃起して お前ほんと性欲強い むっつりスケベ野郎だよなぁ」
主人公が帰宅したら毎回抜く習慣ができてるので彼を早速誘惑すると
アヤメとホノカは汗で蒸れたおちんちんを嬉しそうに眺めます。

エッチは2人の役割を切り替えながら協力して責め続けます。
最初の3パート53分間は彼女たちの性格やエロさをストレートに表現してるシーン。
「01Wギャルがお出迎え♪労い耳舐め甘責めW手コキ♪(約19分)」は両耳舐め手コキ
「02パイズリ天国♪アヤのデカパイおちんぽイジめ♪(約16分)」はアヤメのパイズリフェラ
「03こづかい稼ぎ♪ホノカのチンシャブ乳首責めフェラ♪(約18分)」はホノカのフェラで1回ずつ射精させます。

ホノカ「くさっ うわぁ えっろい匂い でもなんか 癖になるな」
アヤメ「お兄さんは うちらの手の中を きつきつどろどろおまんこだと思って 味わってね」
2人は学校の近くから通える今の生活にとても満足してるようで
そこの家主にあたる彼に明るく接して精一杯のご奉仕をします。
ホノカは口調は悪いですけど本気で嫌がることはなく積極的に責めますし
アヤメはお姉ちゃんっぽい声と態度で尽くして幸せな射精に導きます。

方向性は違いますけどどちらも彼に好意や愛情を示してるのがわかります。
手コキも乱暴さがないゆっくりペースで気持ちよくしようとする意志が込められてます。
射精時にはぴゅっぴゅのセリフを左右同時に言うなど、序盤から彼を持ち上げるスタイルでエッチします。

02~03パートは彼女たち1人ずつに光を当ててます。
前者はHカップのおっぱいで後になるほど激しく責め
後者はお小遣い目当てとはいえ緩急のあるフェラを繰り出して彼を喜ばせます。

ホノカ「唇 カリ首に思いっきり吸い付いてぇ このまま 口マンコで ザーメンぶっこ抜いてやんよ」
冒頭にちん嗅ぎを挟んでおちんちんを元気にしてから
キス→ピストン→舐め→ひょっとこっぽいピストンと強弱をつけて揺さぶりをかけます。
ギャルなだけあってたどたどしさはまったくなく、彼女もノリノリな様子で責めてました。
ちゅぱ音も下品かつパワフルでキャラに合ってます。
男っぽい性格をしてるけど、やることはきっちりやる義理堅い女性に描かれてます。

後半の3パート60分間は彼女たちの心情にも触れながらより踏み込んだプレイをやります。
「04ぬるぬる王様ゲーム♪イチャイチャ唾液責め手コキ♪(約22分)」は様々な舐め+手コキ
「05お風呂で3P♪エロ水着でバック中出しSEX♪(約14分)」はお風呂でアヤメと立ちバックSEX
「06乱交パーティー♪騎乗位で二人といちゃラブ中出しSEX♪(約24分)」は
ホノカ→アヤメの順でいずれも騎乗位SEXをします。

ホノカ「うーわっ アヤのキスいきなりラッブ これからって感じで妬けるわぁ」
アヤメ「ねぇ うちらラブラブだもんね 付き合ったら 毎日キス三昧決定」
前半の3パートも十分手厚いエッチをしてたのですが
ここからはアヤメが彼に本気で入れ込むようになり、それを反映させたプレイが出てきます。
例えば04パートは彼女とキスするシーンが多めにありますし
05パートもホノカより先に繋がって艶めかしい喘ぎ声を漏らします。
ホノカも軽く嫉妬する様子を見せたりと、2人で彼を取り合う要素が加わります。

といっても2人は仲良しですから修羅場になることはありません。
自分の魅力をアピールして彼の気を引こうとする程度です。
何もしなくても男が寄ってくるギャルたちがオタク相手にここまでする展開も面白いです。

ホノカ「やっぱ生最っ高 ぜんっぜん違うわ」
最も抜きに役立つのは最後の06パート。
05でアヤメだけがSEXしてるのでここはホノカが先手を取り(時間もアヤメよりやや長いです)
普段の声とは違う艶めかしい喘ぎ声を漏らしながら素直な気持ちを伝えます。
彼を見下すセリフがほとんどなくなり、自分から中出しを求めるあたりに甘さとエロさを感じました。

口には出しませんけどアヤメと同じくらい彼のことが好きなのかもしれませんね。
乱れっぷりにも多少のギャップがあって彼女の別の顔が見られます。
そして2番手のアヤメはキスを多めに挟んで溺愛っぷりを表現します。
2人とも生ハメ&中出しすることも含めて、本作品の締めくくりに相応しいプレイと言えます。

このように、2人の個性を大事にしながら同じくらいの存在感を持たせたエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視の明るい作品
ギャルから連想される明るさとエロさをふたつの方向から描いてるノーマル~ややM向けの作品です。

アヤメとホノカは自分たちを学校近くにある家に住ませてくれた主人公に恩返ししようと
序盤から気さくな態度で接したり誘惑をかけてエッチへスムーズに持っていきます。
そして開始後はパートごとに違うプレイを用意し、さらに2人が活躍する比重も変えて魅力を引き出します。

タイプの違う2人のギャルJKがオタクにエッチなサービスをする現実ではまずあり得ないシチュ
2人で協力して責めながらメインヒロインを務めるパートを2か所ずつ用意したエッチ
やり方は違うけど思ったことをはっきり伝えて信頼と好意を示す2人のキャラ。
聴き手が晴れやかな気分で抜けるように作品を組み立ててます。

中でも3番目はギャルらしいしゃべり方をするのに加えて
アヤメはお姉ちゃん、ホノカはボーイッシュと異なる属性を持たせて深みを出してます。
アヤメのほうが表現はストレートだからわかりやすいですけど
ホノカもなんだかんだで彼を特別視してるのが窺えます。
アヤメが先に彼をゲットしようと乗り出したから言いにくくなったのかもしれませんね。

エッチは時間が長い、常に2人同時に責める、サービス精神旺盛なギャルと抜ける要素が揃ってます。
最終パート以外は1回ずつ射精するので道中は割とのんびり責めてました。
そのほうが言葉責めをやりやすいし、彼女たちが好きで彼とエッチしてるのも伝わりやすくなります。
ちゅぱ音を鳴らすプレイを多めに入れてたりとサークルさんのこだわりを感じました。

射精シーンは6回。
ちゅぱ音多め、淫語とくちゅ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。
キャラが立ってて抜きにも使える作品が好きな人には特におすすめします。

CV:アヤメ…かの仔さん ホノカ…逢坂成美さん
総時間 2:08:56

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年5月21日まで25%OFFの990円で販売されてます。



サークル「こっぺぱんさうんど」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、元ヤンキーで今はご主人様の専属メイドをしてる女の子が
エッチなご奉仕を色々しながらたっぷり愛情を注ぎます。

普段は勝気な彼女が責められると途端に弱くなるギャップが魅力で
男っぽいしゃべり方でメイドらしく一生懸命ご奉仕してたのが
SEXシーンに入るとエロ可愛い喘ぎ声を随所で漏らすようになります。
元ヤンキーメイドの弱点は…
メイドの「鳴代 月色(みょうだい るな)」と5種類のエッチをするお話。

「どーも。失礼します、おはよーございます、ご主人様」
ルナは砕けたしゃべり方をするトーンの低い声の女の子。
ある日の朝、主人公に新しく働き始めた挨拶をすると
彼に近づいてから自分の身の上話をします。

本作品は以前不良の女子を束ねてたことがあり、現在はこの屋敷で働いてる彼女が
その主にあたる彼をおよそ110分に渡るエッチでもてなします。
ここでは1人のメイドが交代制で身の回りやおちんちんの世話をするシステムがあり
今回は彼女がその担当になったため朝から晩までイチャイチャします。

「…へへ、目逸らさなくていいって ご主人様になら、いくら見られても構わねーよ 他の奴だったら、ただじゃおかねーけど…」
挿し絵の右側から彼女が嫌がってるように思う人もいるかもしれません。
でも実際は逆で彼女は自分からこうなることを望みました。
メイドらしからぬ荒っぽい口調で話しながら大きなおっぱいを目と手で自由に犯させ
自分は耳、唇、おちんちんを丁寧に責めて気分よく射精させます。

処女設定のおかげで初々しい表情や反応を至るところで見せますし
責めっぷりも彼に尽くす姿勢が色濃く出ていて非常に甘いです。
最初は自分の経歴や性格にコンプレックスを抱いてたのが
彼の優しさに触れて徐々に素直になる純愛要素も盛り込まれてます。

「…きゃん うぐ、変な声出ちまった… 今のは、ちげーから…」
責めてる時は普段通りだけど受けに回ると途端に弱くなるのも彼女の大きな魅力です。
男に免疫があまりないので体を触られることに慣れておらず
性感帯を触られると女の子らしい可愛い喘ぎ声を漏らします。
SEXの中盤以降はアヘ声っぽくなりますし、ギャップを強く意識してるのがわかります。

普段勝気な女性が見せる弱々しい姿にグッとくる人が結構いるでしょう。
それは彼を強く信頼してる証でもあります。
彼女の特徴と2人の関係を上手く組み合わせたノーマル向けの作品です。
不器用だけど温かいエッチ
エッチシーンは5パート94分間。
プレイはキス、手コキ、乳揉み、体の愛撫、耳舐め、フェラ、オナニー音声を流す、SEX(騎乗位)です。
手コキ、体の愛撫、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「まずは、その…ちゅー、だよな? 目ぇ閉じろよ… いくぞ…」
主人公に事情を話してから軽くキスすると
ルナはその直後に彼から濃厚なキスをお返しされて驚きます。

エッチはメイドの彼女が終始リードします。
最初の3パート58分間は彼女の初々しさや可愛さを前面に押し出してるシーン。
「01.ちんちんになんて負けねーから(約15分)」はキスと手コキ
「02.可愛いとか、ゆーな(約23分)」は耳舐め手コキ
「03.ごっくんで感じる訳ねーだろ(約20分)」はフェラと変わったプレイで1回ずつ射精します。

「あ、でか… これが、ご主人様の… ちんちん」
彼女は元々屋敷の警備をしてたのですが、彼に一目ぼれしたのをきっかけにメイドへ転職しました。
そんな経緯があるので序盤から一生懸命ご奉仕します。
初めてのキスに戸惑う姿を見せたり、彼のおちんちんを見てその大きさに驚くなど
男をまったく知らないことを匂わせる描写が何度も出てきます。

01パートの中盤から始まる手コキもゆっくりペースで行います。
右耳の近くに顔を近づけてやや熱っぽい吐息を漏らす密着感のあるプレイです。
他のパートも含めて射精時にはぴゅっぴゅのセリフを言って応援するなど
彼が上、彼女が下の関係を作って彼を喜ばせようと頑張ります。

彼が温厚な性格をしてるおかげで無理矢理何かさせるシーンもありません。
処女の彼女に責めさせてるのも相手の意志を尊重したからだと思います。
プレイ自体は割と普通ですから彼女の反応が一番の聴きどころです。

音声「こーやって、指で、その、あそこ…おまんこ、触って…んん はぁ、はぁ …んぅっ くちゅ、くちゅ、くちゅ、くちゅ…ぅ」
03パートはエッチに多少慣れたのかやや大胆な行動に出ます。
フェラする直前に彼の耳へイヤホンを装着し
本体がしゃぶってる間は音声で前日に録音したオナニーの様子を流します。
いつもの声よりずっと可愛い喘ぎ声が艶めかしく、彼のためにここまでするシチュも股間に響きます。

パートの序盤で「エッチにのめり込み始めてる」と言ってましたし
単にご奉仕するだけでなく、自分も一緒に楽しもうとする部分が出てきたのかもしれません。
ちゅぱ音と喘ぎ声が同時に流れるので純粋なエロさも高いです。
初心だった彼女が少し成長したのがわかるプレイと言えます。

続く2パート36分間は彼女の弱さに焦点を当ててます。
「04.だから好きってゆーなぁ(約16分)」「05.正直な気持ち(約20分)」いずれも騎乗位SEXするのですが
両者で彼女の様子やセリフに違いを持たせて変化を描きます。

「ちんちん、ちんちん、すきぃ、ちんちんすきぃ アタシがぜってー勝てない、かっこいい、ご主人様のでかちんちん すき、すき、すき、すき…ぃ」
04パートは処女喪失と2人が気持ちを確かめ合う要素を盛り込んであり
彼らが主従よりも親密な関係に発展したのが伝わってきます。
SEX中に自分から降参宣言するのも良いですね。
おちんちんには勝てないことをアピールしたうえでそれに満足します。

そしておまんこを責められることによる吐息や喘ぎ声も充実してます。
騎乗位なので彼女が責めてるはずですが、彼も下から突き上げてるのかもしれません。
ピストンと喘ぎ声のタイミングを合わせてリアリティを出してるところもこだわってます。

「かっこよくて、優しくて、アタシのこと大切にしてくれるご主人様に、愛してもらえんの、幸せ、ぇ…」
それに対して05パートは自分の想いが彼に通じて安心するデレっぷりが楽しめます。
SEX開始前にフェラするシーンでおちんちんに頬ずりしたり
ピストンのペースを上げた直後に彼よりも先にイったことを報告するのが良い例です。

彼女みたいに強がってる女性が弱いところを見せるのは勇気のいることですから
それができる相手に出会えて満足したのでしょう。
エッチを通じて彼女の気持ちが素直になっていく展開も本作品の魅力です。

このように、メイドのお仕事をしながら彼女が成長する姿も描いたイチャラブ系のエッチが繰り広げられてます。
ギャップ萌えする作品
ルナが持つふたつの顔を引き立ててエッチするキャラ重視の作品です。

ルナは屋敷の主で好きになった主人公と親密な関係になるために
警備員からメイドになり、仕事を学んで彼の専属に選ばれようと頑張ります。
そしてなった後は自然体で接しながら一生懸命ご奉仕して気持ちをストレートに伝えます。

乱暴なように見えて結構繊細なメイドがご主人様にエッチなご奉仕をするノーマル向けのシチュ
彼女視点のセリフや反応を多めに入れて魅力を引き出すキャラ萌えしやすい作り
序盤は初々しく、中盤はやや大胆に、終盤はエロ可愛く乱れながら弱い姿を晒すと
彼女が持つ色んな属性をシーンごとに切り替える流れを持たせたエッチ。
メイドをやりそうにない女性を敢えて登場させて個性を出してます。

中でも2番目は彼のことが好きなんだけどなかなか表に出せない純情さと
SEXシーンで「好き」と何度も言う姿のギャップが大きくて胸のあたりがぽかぽかします。
彼女は自分が女性らしくないことを自覚しており、エッチの時もそれを気にかけてました。
それが彼の優しさに触れて今のままでも別にいいことを知ります。

もちろん今後もメイドの腕を磨く必要はありますけど
自分の根っこまでわざわざ変える必要がないとわかって安心したのでしょう。
それが最終パートで見せるデレっぷりに繋がったのだと思います。

エッチは作中に1つくらいは彼女が完全な受けに回るパートがあっても良かったかなぁと。
今の作りだと彼女が責め続けるのでどうしても弱さを出しにくいんですよね。
「メイド=ご主人様に奉仕するもの」という考えにこだわり過ぎてるように映りました。

射精シーンは5回。
くちゅ音多め、淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

CV:逢坂成美さん
総時間 1:53:01

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2021年5月21日まで10%OFFの990円で販売されてます。



サークル「青春×フェティシズム」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、元おま○こ当番で現在は付き合ってる同級生の女の子が
夏から秋にかけての季節に彼氏と色んなエッチをして幸せな日々を過ごします。

イチャラブ感とエロさの両方が高い甘さ抜群のエッチをするのが特徴で
前者はキス、愛の言葉、彼女の心情描写を多く入れて惚れ込んでることを表現し
後者はSEXシーンを全パートに用意して熱い吐息やエロ可愛い喘ぎ声をたっぷり漏らします。
効果音や環境音のレベルも高いですから、彼女がすぐ近くにいる感覚を抱きながら抜けるでしょう。
おま○こ当番からおま○こ彼女へ
恋人になった女の子と5種類のエッチをするお話。

「よ。お疲れ様 綺麗になったね。プール」
おま○こ当番は穏やかな声の女の子。
とある夏の日、プール掃除を終えて主人公を労うと
軽く雑談してからその場で熱いキスをします。

本作品は現時点で34000DLを叩き出してる人気作「純愛おま○こ当番【フォーリーサウンド】」の続編。
前作で色んなエッチをした結果恋人同士になった2人が
夏の間に再びエッチする様子を彼の視点で楽しみます。
親密度が最初からMAXなのでよそよそしいところは一切なく
エッチも踏み込んだプレイを多く用意して絆の強さをわかりやすく表現します。

音声作品の場合、続編単体でも聴けるようになってるケースが多いのですが
この作品に限っては前作を予め聴いておくことを強くおすすめします。
冒頭でサークルさんも同様のことをおっしゃってます。
それを踏まえて前作は5月17日まで50%OFFの660円で販売されてます。

背景を簡単に説明しますと、この学校には女子が男子の性欲処理をするシステムがあり
前作でその当番になった彼女が彼とエッチして徐々に仲良くなります。
今作はその約1年後にあたるらしく、彼女はもうおま○こ当番ではありません。
そのため最初から最後までイチャラブ感の強いエッチを繰り広げます。

「うん、ずっと君の彼女だよ 君だけのおまんこだよ」
「よしよし えらかったね いいよ ぜんぶ受け止めてあげる」

身も心も彼だけのものであることを教えて満足感を与えたり
同い年なのにお姉ちゃんっぽく振る舞って甘えたい気分にさせるなど
世話好きな性格を前面に押し出して彼のすべてを受け止めます。
エッチもほぼ対等な関係でやりますから属性は完全にノーマル向けです。

前作は優しいんだけど多少冷めてると言いますか、ダウナーなところがありました。
でも今作は彼に心底惚れ込んでるので好意や愛情を惜しみなく注ぎます。
「好き」「ありがとう」といった甘いセリフも多く、癒しを感じながら抜くことができます。

エッチについては前作の特徴を受け継いでSEXを最も多くやります。
5パート中4パートで射精シーンを2回用意し
1回目はSEX以外のプレイ、2回目はSEXとバランスに気を配って行います。

「びゅっ、びゅっ、びゅううぅぅ びゅるるる~ びゅるるるる、びゅるる、びゅるるる」
SEXは全部彼女が受けに回るため吐息や喘ぎ声を漏らすことが多く
さらに射精時はぴゅっぴゅのセリフを長めに言って上手に応援します。
逆に責める時は割と下品なちゅぱ音を鳴らしますし、全体的にエロさ高めでお届けします。

青春×フェティシズムさんは効果音や環境音のレベルも高いので
エッチも臨場感が高くて彼女がすぐ近くにいる感覚が味わえます。
フェラの時に彼女がおちんちんへ頬ずりするシーンがあるのですが
そこにもきちんと効果音が入ってて作りが丁寧です。
セミの声、プールの音、花火など夏を感じる音も色々入ってたりと実力の高さが窺えます。

元おま○こ当番の女の子と甘く深く愛し合うシチュと実用性を重視したエッチ。
キャラ、プレイ、音など各要素が高水準でまとまってる非常に優れた作品です。
とろけるように甘いエッチ
エッチシーンは5パート107分間。
プレイはキス、乳揉み、SEX(対面座位?、バック、正常位、背面座位)、おっぱいに顔を押し付ける、フェラ、パイズリ、手コキ、耳舐めです。
SEX、パイズリ、手コキ、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「キス 唐突だね ちょっと、ちゅーエロ過ぎない?」
主人公が興奮してるのに気づいて見つかりにくいプールの角へ移動すると
おま○こ当番は体位のリクエストを訊いてから早速繋がります。

エッチはプレイによって攻守を切り替えながら進めます。
最初の2パート46分間は2人の仲の良さを描きながら積極的に責め合うシーン。
「track01_プール掃除とおま○こ彼女(約24分)」はプールで2種類のSEX
「track02_猫耳彼女と二人だけの文化祭準備(約22分)」はパイズリフェラとSEXをします。

「いいよ、チンポぶっさして。君のモノってわからせて」
彼女は前作で何度もSEXしてるのでどうすれば彼が喜ぶかよく心得てます。
だから彼に責めさせながら独占欲をくすぐるセリフで興奮させたり
おっぱいを揉んだり舐めてる時は甘やかすセリフを言って幸福感を与えます。
キスもしますけどtrack01はセリフのほうが多くて彼女の気配り上手な性格がよく出てます。

1回戦は正面で向き合う、2回戦はバックで繋がると体位を変えるだけでなく
後者はより激しく責めて彼女が大きめの喘ぎ声を漏らします。
SEXは毎回必ず生ハメ&中出しをするなど、彼のためなら何でもするという意思が込められてます。

「ご主人様のエッチなお汁 もっと欲しいにゃん」
track02も彼女の尽くす姿勢が色濃く出てます。
文化祭の出し物でアニマル喫茶をやることになり
頭に猫耳を装着した姿で「にゃん」をつけたおねだりをします。
以前の彼女ならまずこういうことはしませんから、彼と恋人になって多少影響を受けてるのでしょう。

そして声や態度が甘いからこそ、1回戦でするフェラのパワフルなちゅぱ音が引き立ってます。
舐める時の音は普通ですけど吸いがなかなか強烈で
射精直前に繰り出すピストンフェラも「搾り取る」と呼ぶのが相応しいプレイです。
事後は精液を口で受け止め飲み干したりと男が喜ぶツボを的確に突いてきます。

「好き すればするほど、どんどん君のこと好きになる」
2回戦はバックでのSEXに変わり彼女が受けに回るため
今度は自分の気持ちをストレートに漏らして幸せを噛み締めます。
音声の場合女性が一方的に責め続ける作品が多いのですが
本作品は2人がバランスよく責め合う展開になっててお互いを思いやってるのが伝わってきます。

彼が彼女にハマってるのと同じくらい彼女も彼を特別な存在と認識してます。

続く2パート43分間は甘さがさらにパワーアップします。
「track03_新妻カンカクお目覚めえっち(約26分)」は彼の自宅で耳舐め手コキとSEX
「track04_夏と花火と浴衣セックス(約17分)」は夏祭り会場からやや離れた神社で青姦SEXをします。

「え、アナタ? 胸が苦しいの おっぱい飲んで?」
track03は終盤で彼女が奥さんっぽく振る舞うのがいいですね。
恋人になっても満足できず、さらに深い関係になろうとする気持ちが込められてます。
まだ眠ってる彼を起こそうと耳やおちんちんを責める展開も夫婦っぽいです。
元々面倒見のいい性格ですからこういう行為に幸せを感じるのでしょうね。

それに対して2回戦は彼が男らしさを発揮します。
彼女をベッドに押し倒してから正常位で挿入し、腰をガンガン打ちつけて先ほどのお礼をします。
彼がマグロにならずきちんとお返ししてくれるから彼女も惚れたのかもしれません。
彼女が魅力的な女性だからこそ、彼にも見せ場を作って釣り合う相手なことを表現します。

「これ完全にヘンタイだよね 外で浴衣の裾広げて 中出しされたおまんこみせつけるなんて」
track04はお祭りで2人ともテンションが上がってるのか
濃いSEXをしながらややアブノーマルなこともやって夏の思い出を作ります。
バックで花火が音量控えめに鳴る中でSEXする展開もややドラマチックに感じました。
そして今が華やかだからこそ、夏が終わった時の寂しさも大きくなります。

このように、SEXを多めにやりながら心のほうも深く繋がるあまあまラブラブなエッチが繰り広げられてます。
エロさの高い純愛作品
セフレっぽい関係から恋人同士になった男女のその後をエッチ重視で描いてる良作です。

おま○こ当番は前作で何度もエッチした結果本気で好きになった主人公を喜ばせようと
甘やかす言葉や愛の言葉を投げかけながらとことん尽くして愛情を注ぎます。
そしてエッチは以前と同じくSEXを中心に据え、2回射精するスタイルにして他のプレイも盛り込みます。

主人公のことを心底愛してる女の子が学校、自宅、野外でたっぷりエッチするノーマル向けのシチュ
SEXシーンが多い(吐息や喘ぎ声も多い)、連続射精、パワフルなちゅぱ音と
多くの男性がエロいと感じる要素をふんだんに盛り込んでる抜きやすいエッチ
彼を思いやったり素直に喜んで幸せを噛み締める彼女の献身的でピュアな姿。
前作で好評だった部分を受け継いだうえで物語を前進させてます。

中でもエッチは心身をバランスよく責めてくれるところが抜きに大きく役立ってます。
単にエロいよりも彼女に愛されてるのを実感できた方が充実した射精を迎えられます。
彼女も愛の言葉を言うだけでなく、自分が彼だけのモノであることをアピールして独占欲をくすぐります。
プレイ中に嬉しさや気持ちいい感情を曝け出すことも含めて、彼を強く信頼してるのが伝わってきます。

私はこの作品を聴く前に「おま○こ当番じゃなくなった時点でお話をどう膨らませるんだ?」と思ってました。
前作はほぼ他人同士だった2人がエッチを通じて仲良くなる過程が肝だったので
そこが終わってるところからスタートしたら盛り上げようがないんじゃないかと見てました。
でも実際はそういう場所がちゃんと用意されてて幸福感に浸りながら聴き終えることができました。

実はこの作品、track05以降が最大の山場です。
ネタバレ度が高いので本レビューでは完全に伏せましたが
最後まで聴くと切ない気持ちや感動といった心に染み入るものが得られると思います。
同じシリーズの「純情おま○こ当番【フォーリーサウンド】」でも似た要素がありましたし
物語の盛り上げ方が上手だなって思います。

射精シーンは9回。
くちゅ音と喘ぎ声多め、淫語とちゅぱ音それなりです。

以上を踏まえてサークルさんでは2本目の満点とさせていただきました。
おまけは19種類のアラーム音声です。

CV:逢坂成美さん
総時間 2:16:43(本編…2:14:33 おまけ…2:10)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2021年5月22日まで10%OFFの1287円で販売されてます。



サークル「EXcute」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、大人しそうに見えて結構大胆なクラスメイトが
雨の日に偶然会った顔見知りの男子とバス停や自宅でイチャイチャします。

バックで雨音を流しながらゆっくりじっくり愛し合うのが特徴で
序盤はバス停、中盤はお風呂場、終盤は部屋とシーンごとに場所を変え
ちゅぱ音、効果音、環境音を組み合わせてエッチの様子をしっとりした雰囲気で描きます。
雨がくれた温かいプレゼント
クラスメイトの水無月早霧と3種類のエッチをするお話。

「あ、こんにちは うん 傘 持ってきてない」
早霧はややトーンが低く穏やかな声の女の子。
本屋へ行く途中で雨に降られたところを主人公に話しかけられると
一緒の傘に入りお礼を言ってからバス停へ移動します。

本作品は教室や図書室でよく会う程度の関係だった男女が
雨の日に偶然出会い、およそ90分に渡るエッチをして仲良くなります。
彼女は物語の開始時点から彼に一定以上の好意を寄せており
冒頭の相合傘で会話するシーンにもそれが早速出てきます。

「私服 見てみたかった? じゃあ 今度写真撮ってくるね」
休日なのに制服を着てる理由を尋ねられた時は「私服姿を見せてあげる」と言ったり
同じ傘に入ってる状況を見て「恋人みたい」と思わせぶりなことを言うなど
彼女が彼をどう思ってるかがわかるように進めます。

2人とも本が好きなようですからそこに親近感が湧いたのかもしれません。
しゃべり方は淡々としてますが性格は純情で年頃の女の子らしいです。

また雨の日にイチャイチャしてることを表現するために
物語の大部分でリアルな雨音が流れ続けます。
外にいる時はクリアだったのが、自宅に着いた後は若干こもって遠くなるなど
2人がいる場所に応じて鳴らし方を変える凝った演出がされてます。

彼女がセリフを区切りながらゆっくりのんびり話すおかげで
声と音の両方を無理なく聴けるようになってます。
終盤のSEXシーンは会話量を減らしてエッチな音を中心に据えてますし
彼女と一緒にいる雰囲気を味わいながら抜くしっとりした作品です。
キャラ重視の穏やかなエッチ
エッチシーンは6パート69分間。
プレイは耳舐め、キス、手コキ、フェラ、SEX(騎乗位)です。
手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「私も 我慢するの 無理かも こういうエッチな事 君としたかったから」
バス停に到着し、軽い耳舐めとキスで主人公を興奮させた早霧は
バスが来るまでの時間を使って気持ちいい恩返しをします。

エッチは終始彼女が責め続けます。
一番最初の「02_田舎のバス停、雨音と手コキ(約15分)」でするのは手コキ。
左右の手を竿と亀頭に被せてゆっくりペースでしごきます。

「大丈夫 私の両手で すっかり隠してるから もし他の人が来ても 恥ずかしいところは 見えないよ エッチな事してるのは バレちゃうけど」
声や態度は普段通り落ち着いてますがやることは積極的。
彼が寒い思いをせずに済むようおちんちん全体を優しく包み込み
優しい言葉をかけて羞恥心を和らげながら丁寧に責め続けます。

手コキのペースが終始ゆっくりで彼女の口調と合ってました。
でも音自体は割と下品でそれが余計エロく感じます。
雨音を聞きながら公共の場でこっそりエッチする状況も本作品らしさがあって良いです。
彼女と一緒にいる雰囲気を作りながらその魅力を伝える結構重要なパートです。

続く4パート27分間は彼女の家のお風呂場が舞台。
雨で冷えた体を温めようと2人で一緒にシャワーを浴び
そのまま勢いで耳舐め手コキとフェラをして再度の射精に導きます。

「これで もう寒くないよね」
脱衣所で躊躇する彼を見て「手伝おうか?」と尋ねたり
お風呂場へ移動した後は体を密着させて温める大胆なところを見せてくれます。
バス停の時も十分積極的でしたが、誰にも邪魔されない場所だから遠慮しなくなったのかもしれません。
無口だから行動で気持ちを伝えようとするところに愛らしさを感じました。

プレイについては「05_耳舐め手コキ-その1(約8分)」と「07_耳舐め手コキ-その2(約5分)」は耳舐め手コキ
「06_焦らされ舐め(約5分)」「08_じゅぽじゅぽフェラ(約9分)」はフェラと
それぞれを2回ずつ交互に行うスタイルを取ってます。

05と07は左右を切り替えてるだけなのでそこまで変化はありませんが
06はおちんちんを舐めたりしゃぶるスタンダードなフェラ
08は咥え込んだまま吸い多めでパワフルに責めるフェラでギャップがあります。
特に08は射精に直結するパートだからわざとやや下品に振舞ってました。
フィニッシュはしっかり口で受け止め飲んでくれますし、ここも彼女の愛を感じる描写が多いです。

そうやってお互いの心の距離を近づけた後
「09_誰もいない静かな部屋で雨らぶ甘々えっち(約27分)」で体のほうもひとつになります。
彼女が上に跨って腰を打ちつける女性上位のシチュですが
甘いセリフやエロ可愛い喘ぎ声が多いおかげでノーマル向けのプレイになってます。

「好き 好き 好き 大好きぃ」
山場にあたるシーンだからでしょうけど、これまで以上に彼女の心情描写に力を入れてました。
中盤からは熱っぽい吐息、喘ぎ声、キス&耳舐めによるちゅぱ音の割合が上がり
バックで流れる雨音と組み合わさって彼女がすぐそばにいるような感覚が味わえます。
ストレートな愛の言葉も言ってくれますし、満たされながら抜けるプレイに仕上がってます。

このように、2人の親密度に合わせてプレイも濃くなるイチャラブ系のエッチが繰り広げられてます。
雰囲気の良い作品
雨の日に女の子とエッチする様子を忠実に描いた落ち着いてる作品です。

早霧は以前からある程度の好意を寄せてた主人公に相合傘のお礼をしようと
まずはバス停でゆっくり手コキしながら自分の気持ちを伝えます。
そして自宅に着いた後はより大胆に責めて彼の心をガッチリ掴みます。

好きな人にはとことん尽くす物静かな女の子が、知り合いの男子とエッチで仲良くなるノーマル向けのシチュ
多くのシーンで雨音を流しながらゆっくり愛し合う雰囲気の良いエッチ
無機質な表情で何を思い、感じてるかをストレートに伝える彼女のピュアなキャラ。
静けさや落ち着きを大事にしながら2人の恋愛模様を描きます。

「なんで ここまですると思う? こんなこと 嫌いな人にはしないよ」
中でも3番目はもっと内気な女性かと思いきや、ストレートなセリフが多くて少し驚きました。
エッチも「彼のことが好き」という気持ちを込めてやるので事務的感はありません。
ファーストキスや処女といった大事なものを彼に捧げて惜しみない愛情を注ぎます。
一部では割とパワフルな責めもしますし、M向けの要素がまったくないので誰でも聴けます。

ただし、彼女が彼を好きになった経緯や理由が曖昧になってるところや
バス停でエッチするのがエッチシーンのおよそ22%と控えめなところは気になりました。
前者は2人の関係が「図書室でよく会う」くらいしか書かれてないので
それだけでここまでのエッチをするのはさすがに飛躍してると思います。

例えばエッチの最中にそのへん事情をもう少し語ってくれたら違ったでしょう。
あるいはエッチを通じて彼の魅力を表現するとか。
本作品は抜き系ではなく雰囲気を楽しむタイプなので
そのへんをしっかりさせておいたほうが聴いた時の違和感がなくなり没入できます。

後者はタイトルが「バス停えっち」なら半分くらいの時間は欲しいかなぁと。
今の内容だとバス停エッチは2人がより仲良くなるきっかけ程度の位置づけで
メインはお風呂場や部屋でのプレイになります。

射精シーンは3回。
くちゅ音とちゅぱ音それなり、淫語と喘ぎ声そこそこです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:逢坂成美さん
総時間 1:34:41

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2021年5月6日まで30%OFFの616円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。

↑このページのトップヘ