同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:逢坂成美

   ● 天使をやめる、七祈田のえる。~気持ちぃおなかの中の音~【断面音&バイノーラル録音】
   ● JKフォーリー
   ● 【耳舐めこだわり】オレっ娘アリスの癒し(ドS)のご奉仕
   ● 【快楽堕ち】サキュバスサヴァイブ-淫魔の姉妹に捕らえられた僕【敗北】
   ● 【KU100】さいみんレコーディング ~バイノーラルマイクになって「収録」されちゃう音声~
   ● Cure Attendant-咲愛2(後編)
   ● Cure Attendant-咲愛2(前編)
   ● 雪女の宿【エレナ&アイリ編】~雪に閉ざされた宿で、懐かれて、遊ばれる~(後編)
   ● 雪女の宿【エレナ&アイリ編】~雪に閉ざされた宿で、懐かれて、遊ばれる~(前編)
   ● 病的に愛が重いメンヘラサブカルクソ女の監禁調教観察日記【全編バイノーラル収録】(後編)




サークル「上海飯店」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、人間界で仕事をしてる最中に実体化してしまった天使が
街中で偶然出会った男性にエッチの手ほどきを受けます。

彼女が性教育を受けて少しずつ成長していくキャラ重視のエッチが行われており
最初はマッサージを受けながら男女の体や快感を学び
それからSEXを中心としたより深い快感、そして異性を愛したり愛される喜びと一歩ずつじっくり進めます。
後になるほど彼女が淫乱になりますから終盤は普段とのギャップにグッとくるものを感じるでしょう。
天使はエッチに興味津々
天使の「七祈田(ななきだ)のえる」と3種類のエッチをするお話。

「いったぁ たたたた なんで…あれ? 翼が消えてる」
のえるは丁寧な言葉遣いをする清純そうな声の女の子。
街中で慌ててるところを主人公に見られると
ひとまず人目のつかない場所に連れていってほしいとお願いします。

本作品はとある事情で一時的に人間の体になってしまった彼女が
その瞬間を偶然見た彼の家に住まわせてもらい130分以上に渡るエッチを楽しみます。
彼女は正真正銘の天使で人間としての生き方をほとんど知りません。
だからエッチする際も基礎の基礎から学んで少しずつ成長します。

「この包み紙は はがして食べるのですか? なるほど すべてはがさず 食べる部分だけ出すと 手が汚れずに済む、と よく考えられてますね」
冒頭の22分間は背景説明や彼女が食事をするシーンに充てられてるのですが
何をするにも興味津々な様子でこのひと時を楽しみます。
こういう場合天使に戻れないのを不安がったり嘆くことも考えられるのですが
彼女は非常にポジティブな性格をしており、むしろ人間として楽しく生きようとします。

エッチも彼にリードされながら積極的に相手しますし
純真無垢な女の子とのあまあまなプレイが楽しめます。
ただし、彼女の性格を考慮して全体的に進むペースは遅めです。
時間に対する射精回数も少ないのでスローSEXが好きな人に向いてます。

またこれらをするにあたって断面音という独自の効果音が取り入れられてます。
これはエッチな漫画などに登場するおまんこの断面図を音にしたもので
主にSEXシーンで彼女が下腹部に聴診器を当ててその音を彼に聞かせます。
2パートあって時間は合計すると23分ほどでした。

「ぐぷっ」みたいな弾力のある鈍い音でピストン音と一緒に鳴ります。
(断面音だけ鳴らないバージョンも入ってます)
そして耳舐めや喘ぎ声といった他のエロ要素とも組み合わせてあります。
彼女の健気さや積極性を表現するために取り入れたのかもしれません。
快感に溺れていくエッチ
エッチシーンは3パート130分間。
プレイは体の愛撫、乳揉み、手マン、キス、フェラ、手コキ、クンニ、耳舐め、SEX(対面座位、正常位、騎乗位)、口腔愛撫(口の中を指でいじる行為)、のえるのオナニーです。
服を脱ぐ、手コキ、手マン、SEX、オナニーの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「触ってみたいのですか? ええ 構いませんよ」
食事を終え主人公の家でお世話になることが決まったのえるは
改めて自己紹介してから彼に体をマッサージしてもらいます。

エッチは何も知らない彼女を彼がリードする形で進めます。
一番最初のtrack02は性教育要素の強いプレイ(約54分)。
手、肩、お腹、腕、太もも、おっぱい、おまんこと後になるほど大事な部分を揉みほぐします。
そして十分ほぐれた後はキス、フェラ、クンニ、手コキでお互いに気持ちよくなります。

「えーっと 太ももでしょうか そこを揉まれるのは いい感触です」
「いえ 痛くはありません 性器をなぞるようなマッサージなのですね 柔らかい手つきです」

彼女は誰かを疑う、警戒するといった感情を持ってないようで
普通の女性なら拒否する部位も快く任せて気持ちよさそうな吐息を漏らします。
口調は普段通り丁寧ですが明らかに熱っぽいので興奮してるのがわかります。
マッサージの途中で男女の性器の呼び方も教わるなど、一歩ずつ着実に成長します。

彼にマッサージしてもらった後、自分もお返ししたいと言うのが彼女らしいですね。
恩を受けたらきちんと返す律儀な性格をしてます。
彼女は仕事柄人間界にいることが多いおかげでその生態に強い興味を持ってました。
だからこの機会に自分が知りたい、体験したいことを全部試そうとします。
彼女視点のセリフが多いことも含めて、キャラの魅力をできるだけ引き出す方針でエッチを組み立ててます。

断面音が出てくるのは次のtrack03から(約40分)。
後日帰宅した主人公と軽くイチャイチャしてからいよいよ初SEXを体験します。

「わかりました 気持ちいいこと 好きです のえるに愛撫 してください」
彼女は彼とエッチしたことを後悔するどころか好ましく思っており
前回以上に深く繋がり気持ちよくなろうと積極的に動きます。
天使の時には味わえなかった快楽に目覚め始めてる感じですね。
彼に手マンされたらあっさり絶頂するなど、体のほうもそれなりに開発されてるのがわかります。

「聞こえました 私とあなた様がひとつになる音 ずん ずん ずん ずん 心臓の鼓動とは違う 体の内側から 喜びが溢れているような音」
山場のSEXはおよそ半分にあたる20分を割き
対面座位でゆっくり挿入してからピストンする様子を聴診器を使ってよりリアルにお届けします。
彼に責められながら彼女が嬉しそうな表情を見せるのが印象的でした。
文字通り身も心も深く繋がって充実した射精に導きます。
彼女の内面が変化してることにも触れるなど、エッチを通じて人間味も増してるのが伝わってきます。

最後のtrack04は彼女の淫乱さが耳を惹くパート(約36分)。
さらに後日、人間界の生活にすっかり馴染んだのえるが
今度はエッチを通じて得られる幸せについて勉強します。

といってもそんなに難しいことをするわけではありません。
キスから始まり耳舐めや69でお互いの気持ちを十分に高めてから
最初は正常位、次は騎乗位でSEXします。

「これですっ ずっとこれを 待っていました」
このパートの彼女を淫乱と言う理由は態度や反応が今までと違うからです。
声や口調はこれまで通り清楚ですが、おちんちんを待ちわびてたような表情を見せ
開始後は熱を強めに帯びた吐息を漏らしながら大きめの喘ぎ声を上げます。

1回目のSEXは吐息と一緒に漏らす感じの控えめな喘ぎ声だったのに対し
2回目は腹から出すような少し力強い声へと変わります。
自然に漏らすことを心がけてるのでわざとらしさは感じません。
彼女の清楚なキャラと声に多少のギャップを持たせて快感に酔いしれてることを表現します。

実際に聴いた時もこのパートが一番エロかったです。
エッチにすっかり慣れたおかげでテンポが以前よりも良くなってますし
彼女が乱れたり絶頂する時間を長めに取ってます。
最初から最後までスローSEXだったら聴き手が消化不良になるでしょうから
1パートくらいはこういう激しめのプレイがあってもいいんじゃないかなと。

このように、天使だった彼女が人間の女性として目覚めていく様子を描いた甘いエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視のスローな作品
のえるの魅力を出しつつパートごとに変化をつけるまったり系の作品です。

のえるは困ってる自分を助けてくれた主人公に恩返ししようと
彼の自宅で人間のことを勉強し、帰ってきたらエッチの相手もして愛情を注ぎます。
そして次第に彼と今後も一緒にいたいと思うようになり、終盤はSEXしながら愛の言葉を投げかけます。

トラブルで天使から人間になってしまった女の子が男性にエッチの手ほどきを受けるノーマル向けのシチュ
人間世界のあらゆることに興味津々な姿勢を見せる彼女のピュアなキャラ
そんな彼女がエッチを重ねるうちにどんどん淫乱になっていくギャップを持たせた展開。
最大の売りである彼女の存在感や魅力を引き立たせる方針で作品を仕上げてます。

「あなたと一緒に これからも楽しい日々を過ごせると思うと のえるは嬉しくて仕方ないのです」
エッチを繰り返しても彼女が元々持ってる純真さはまったく消えないのもすごく良いなと。
人間になっても天使の時と同じく相手を慈しむ姿勢を取ります。
やり方によっては暗くなるかもしれないお話をとことん明るく描いてるのも
彼女に幸せになって欲しいというサークルさんの思いが込められてるのかもしれませんね。

エッチは何も知らなかった彼女が知識や技術を吸収していく過程を楽しみます。
終盤は結構エロくなりますけど、中盤まではソフト路線なことだけご注意ください。

射精シーンは3回。
くちゅ音多め、淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声それなりです。

CV:逢坂成美さん
総時間 2:59:27

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2020年5月29日まで20%OFFの1056円で販売されてます。



サークル「レジスタンステグヤマ」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、ほぼ正反対の性格をしてる2人のJKが
修学旅行の最中に先生へ夜這いをかけて禁断のエッチを楽しみます。

ふたつのサークルさんがお互いの長所を出しながらひとつの作品にまとめてるのが特徴で
ある時は心情描写や間といった雰囲気を重視して彼女たちの魅力を引き出し
またある時は淫語を交えた言葉責めや喘ぎ声といった純粋なエロをぶつけて射精を応援します。
全編を通じて雨音が流れ続けるため落ち着いた空気を感じるでしょう。
彼女たちの熱と想いを感じながら
教え子のえる、八重奈とこっそりエッチするお話。

「おはよー 来ちゃった」
える(挿し絵左)は明るくて優しい声の女の子。
「先生 来てやったぞ」
八重奈(挿し絵右)はやや砕けた口調で話す甘い声の女の子。
修学旅行中の夜、主人公のもとに2人でやって来ると
彼の左右に密着してイチャイチャします。

本作品は親友でどちらも彼に強い好意を抱いてる2人が
一緒の場所に泊まってる機会を利用しおよそ150分に渡る濃いエッチをします。
同人音声サークルとして活躍中のテグラユウキさんとレジスタンス和歌山さんのコラボということで
それぞれの持ち味を出しながら甘く切ない物語を描きます。

テグラユウキさんはこのところ毎週のように新作を出してるにも関わらず
そのすべてが高品質な実力と安定感を兼ね備えてる音に強いサークルさんです。
現在は本作品のタイトルにもなってるフォーリーに力を入れており
セリフの言い回しをリアルの会話に近づけ、間も上手に取って自然さを追求してます。

フォーリーは「演者の動きに合わせて収録された効果音」という意味で
声優さんの演技を真似ながら効果音を別途録音し、それらを組み合わせてひとつの音声にします。
海外の映画では吹き替えを円滑に行うためにこれを使ってるそうです。

それに対してレジスタンス和歌山さんは王道と言いますか
淫語を交えた言葉責めを得意とされてるサークルさんです。
今作でもえるがSっ気を見せるシーンがあり、そこで言葉責めを多めにします。

今回はパートごとにお二人が分担したらしく
同じ作品内でもセリフの表現や責め方が結構変わります。
ちゃんと足並みは揃えてますから聴いてて明らかにおかしいと感じることはないでしょう。

える「みんなリア充してさー 参っちゃうよ だから私たちも リア充しに来たんだよ ねー?」
八重奈「いや 別にちげーし からかいに来ただけだし」
ヒロインを務める2人もサークルさんに負けないくらい違う個性を持ってます。
えるは元々積極的な性格に加えて先日彼とエッチした背景があるので
彼に対しても一切遠慮せずぐいぐい詰め寄る姿勢を見せます。
それに対して八重奈はかなり奥手で終始恥ずかしがる仕草を見せます。

えるは主人公と八重奈が相思相愛なことを知ってるので
今回のエッチを通じて2人が結ばれるように動きます。
八重奈もえるの気持ちに応えようと頑張り少しずつ自分の気持ちに素直になります。
何をするにもモジモジしたり口ごもる姿が愛らしいです。

彼女たちの心情を多めに交えながらエッチするためサクッと抜きたい人向けではありません。
でも彼女たちがすごく生き生きしてて没入感は高いです。
純粋なエロさも十分ありますけど、そこに一体感や幸福感を加えてより満たされる射精へ押し上げます。
また終盤には切ないシーンを入れてしんみりした気持ちにさせます。
全編で雨音が流れ続けるのも相まって雰囲気はしっとりしてます。

ふたつのサークルさんが協力して作り上げてる点とキャラや雰囲気を重視したエッチ。
教師と生徒の禁断の愛を独自の手段で表現した甘くほろ苦い作品です。
音、セリフ、感情を密接に絡めたエッチ
エッチシーンは5パート107分間。
プレイはフェラ、玉舐め、キス、SEX(騎乗位)、オナニー、乳首舐め、えるのオナニーです。
SEX、オナニー、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

八重奈「しょうがないから まあ、その 触ってやらないこともないけど」
イチャイチャしてる途中で主人公の勃起に気づいたえるは
恥ずかしがる八重奈を説得して2人がより仲良くなれるきっかけを作ります。

エッチは彼女たちが終始責め続けます。
最初の2パート39分間は彼女たちの特徴がよく表れてるシーン。
「1.八重奈とえるのいちゃいちゃ夜這い。」はえるが八重奈を引っ張る形でおちんちんの愛撫やフェラをし
「2.えるにいじめられえっち。」は八重奈が一時退出した時間を利用し、えると一対一で楽しみます。

える「いいんだよ? 欲望に忠実になって」
える「ねぇ先生 私たち 初めておちんちん舐めるからぁ どうすればいいかわかんないよぉ」

えるは男性経験がそれなりにあるのか、エッチに関しては八重奈よりもずっと上手です。
初めての体験に戸惑う八重奈を優しい言葉で解きほぐし
さらに主人公にも協力を求めて2人が自然に愛し合える環境を作ります。
自分よりも八重奈を立てることを大事にする親友思いな女性です。

1番目のパートはプレイ時間が22分ほどありますけど
八重奈の初々しさや頑張る姿に焦点を当ててるので内容は結構ソフトです。
おちんちんを服越し→直に愛撫するのに8分ほど費やし
残りの14分も八重奈が控えめなちゅぱ音を鳴らしたり彼の精液を飲み込みます。
プレイそのものよりもそこに至る過程や彼女たちの内面を重視してます。

える「入れたいなら ちゃんとお願いして? 変態教師のおちんちん JKのドスケベマンコに挿入させてくださいって」
2番目はレジスタンス和歌山さんの作風が色濃く出てるパート。
恥ずかしさに耐えきれず部屋を出て行った八重奈が戻るまでえるが騎乗位SEXします。
彼のことを変態呼ばわりしたり、恥ずかしいおねだりをさせて羞恥心を煽るなど
彼女のSなところを感じる要素が多いです。

SEX中も言葉責めをガンガンしてました。
すぐエッチするしエロエロなのでこちらのほうが抜きやすいんじゃないかなと。
ふたつのサークルさんが共同制作してる特徴が早速発揮されてます。

続く2パート52分間は主人公と八重奈がくっつくシーン。
「3.八重奈とえるの淫語囁き。」は彼にオナニーさせながら2人が淫語責めと乳首舐めを分担し
「4.八重奈とらぶらぶえっち。」はお膳立てを終えたえるが退出して八重奈の処女をいただきます。

八重奈「せっ 先生 その 私のも おっぱい、とか お尻とか いっぱい 見ていいから」
八重奈「先生 そのっ えっと 私の声で 気持ちよくなったら 先生の精子 私にかけて」

そしてここからは八重奈が少しずつ積極的になります。
物語の冒頭ではおちんちんに触ることすら恥ずかしがってたのが
彼のオナニーを観察しながら誘惑をかけられるまでに成長します。
それでいて初々しく感じるのは言い方がぎこちないからでしょう。
好きな人のために一生懸命頑張る姿が堪らなく可愛いです。

八重奈「なんだ? 先生 出たの? あそっか なんだ 出ちゃったか ふふっ」
4番目のパートはキス→フェラと繋いで騎乗位でひとつになります。
「彼となら別にいい」と遠回しに好意を伝え
挿入直後に彼が射精したら少し驚きながら微笑交じりにそのことを確認するなど
彼女が彼とエッチすることに幸せを感じてるのがわかるように進めます。

SEXの時間は約10分とそこまで長くありませんが
ここまでゆっくりじっくり積み上げてきたおかげでグッとくるものを感じます。
終わった後は余韻に浸りながら会話したり抱き合うイチャラブ感の強いプレイです。

…といった具合に無事2人は結ばれるわけですが
本作品では最後に「5.八重奈のえっちと、えるのオナニー。」というパートを用意してます(約16分)。
これは先ほど退出したえるがその後どうしたのかを描いており
名前の通り自分の部屋に戻ってからオナニーに耽ります。
ここは是非実際に聴いてほしいので詳細は伏せさせていただきます。

このように、女性たちの心情を交えながらゆっくりじっくり愛し合う雰囲気の良いエッチが繰り広げられてます。
甘く切ない作品
JKたちがエッチを通じてちょっぴり大人になる様子をリアルに描いたノーマル~ややM向けの作品です。

えるは両想いなのになかなかくっつかない主人公と八重奈を助けようと
一緒の場所に泊まってる修学旅行中に2人で夜這いをかけます。
そして最初は八重奈を引っ張って心を開き、準備できた後は部屋を出て彼らの自由に任せます。

異なる作風を持つふたつのサークルさんが協力した豪華な作り
ほぼ正反対のJKたちの持ち味を出しながら責めるキャラ重視のエッチ
臨場感抜群な声と音を違和感なく組み合わせてその様子を生々しくお届けする凝った演出。
なかなかない機会だからこそ、お二方の全力を出し切る形で作品を仕上げてます。

中でも2番目はえると八重奈が何を思い、感じてるのかがとてもわかりやすいです。
同人音声でJKとエッチする場合ストレートなエロを追求することが多いのですが
本作品ではそれらとの差別化を図るために彼女たちの近さと息吹を感じられるように進めます。

声や音が高品質かつ自然なので聴いてれば作品の世界にするすると引き込まれますし
彼女たちの魅力もすごく引き立っててどちらにも感情移入しやすいです。
ストーリーやプレイの展開だけを見ると八重奈がメインヒロインに映るのですけど
彼女を助けるえるの存在も大きくて女の友情を感じます。
挿し絵右の「選ばれる甘さと選ばれない苦味を感じる」はそんな2人のことを指してるのでしょう。

エッチは八重奈の初エッチをテーマに掲げてる関係で
全体的にテンポを緩くし一歩ずつ着実に進めます。
ただそれだけでは抜きにくいだろうということでエッチ慣れしてるえるも活躍させます。
一番抜きやすいのはふたつあるSEXパートじゃないかなと。

射精シーンは5回。
くちゅ音多め、淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声それなりです。

CV:える…逢坂成美さん 八重奈…秋野かえでさん
総時間 2:31:54

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2020年5月15日まで15%OFFの1122円で販売されてます。



サークル「Re:Apple」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、ほぼ正反対の人格を合わせ持つ可愛い女の子が
現実とは別の世界で男性を癒したり気持ちよくします。

彼女が持つ二面性とリアルな音を組み合わせたバランスの良いサービスが行われており
非エロの時は話す時とそうでない時をある程度分けて両方を楽しみやすくし
エッチもちゅぱ音をガンガン鳴らしながらとことん尽くして興奮と幸福感を与えます。
ドSキャラに設定されてますけどキツい描写はないのでノーマルな人でも楽しめるでしょう。
2人のアリスが個別にご奉仕
アリスが耳かきやエッチをするお話。

「はーい お疲れ様 今日はお仕事? それとも学校? それともニート?」
白アリスは明るくて可愛い声の女の子。
主人公のもとへ癒すためにやって来たことを告げると
その手始めに膝枕で耳かきします。

本作品は「不思議の国のアリス」をモチーフにした可憐な女の子が
現実世界とは違う場所で彼をおよそ110分に渡ってもてなします。
挿し絵には2人のアリスが描かれてますが作中で同時に登場するシーンはなく
序盤は白アリス、中盤以降は黒アリスが一対一でそれぞれに合ったサービスをします。

白「お姉さん 妹 幼馴染 彼女 ママ あなたの望むボクになってあげる」
白アリスは元ネタのアリスに近い清楚なキャラ。
彼よりも年下なはずなのに包容力があって甘やかしながら耳かきや散髪をします。
雑談を交えて一生懸命お世話する姿に癒しを感じるでしょう。
一人称は「ボク」が多く、時々「私」とも呼びます。

黒「よう変態 エッチな事したくてオレを呼んだか?」
それに対して黒アリスは自分のことを「オレ」と呼び主にエッチを担当します。
口を使ったプレイが得意なようでフェラと耳舐めを積極的にしてました。
彼のことを変態呼ばわりすることもありますが見下してるわけではありません。
おちんちんの立派さや精液の多さを褒めて自信を持たせるシーンも登場します。

二重人格キャラなので声のトーンやしゃべり方は大きく違いますが
それぞれに相手の特徴をある程度残してるのがわかります。
白アリスは正統派の癒しキャラだけど一人称がころころ変わるところに不安定さが窺えるし
黒アリスも一見するとドSキャラですが彼を満足させることを第一に考えて動きます。

黒はもっとSっ気のあるキャラだと思ってたので意外でした。
物語の最後に彼女が耳かきするパートを用意するなど、ちゃんと癒されるように作られてます。
白アリスを守るために敢えて汚れ役を請け負ってる健気なキャラです。

もうひとつのポイントは最中に鳴る音。
各サービスに専用の効果音を用意し、それを状況に応じ変化させてリアルに表現します。
質感も十分高品質ですが、私はそれよりも動きにこだわりを感じました。
位置を小まめに移動させたりリズムやストロークを変えて自然なサービスに仕上げてます。
一部のパートではセリフを極端に減らすなど、ASMR作品としての側面も持ってます。

可愛い女の子がふたつの人格を使い分けてお世話するシチュとリアルな音の数々。
キャラとサービスの両方に特徴を持たせた癒し系作品です。
音とセリフのバランスが取れたサービス
最初の2パート39分間は白アリスが活躍するシーン。
「1.白アリスの癒し耳かき」はスタンダードな耳かき
「2.白アリスの髪切り・洗髪」は散髪とシャンプーで耳と頭部をケアします。

耳かきは膝枕の状態で右耳→左耳の順に耳かき棒と梵天で掃除し
両方終わった後に左右10回ずつ強めの風圧で息吹きします。
耳かき棒は「ぞすぞす」という乾いてて硬さのある音、梵天はふわふわした面積広めの音が使われており
奥から手前にゆっくり掻き出す、軸を持って回転させると器具に合った動きをします。

耳かきは会話量がそれなりにあるのでASMR成分は低めですが
それでもリアルな音の数々に多くの人が癒しを感じるでしょう。
彼女のキャラに合った優しくて温かみのある音です。

「そのうち 私は黒くなるから 耐性あるなら黒いほうのボクも楽しむといいよ」
耳かき中は自分や後で出てくる黒アリスのことを軽く話します。
耳かきの実況はまったくしないで雑談に専念してました。
初っ端から無言だと彼女たちのことがわかりませんからこれが妥当だと思います。

次の散髪は音にかなり寄せてるパート。
金属製のハサミを使って髪を切り揃え、それから風呂場へ移動しシャンプーで綺麗にします。

髪を切ってる時は「しゃくしゃく」という軽快な金属音がリズミカルに鳴り
数秒単位で位置を動かし頭部全体をケアしてる様子を表現します。
特定の音を垂れ流すのではなく、実際のサービスに近づけた音使いをしてました。
普通に切る時と細部を切り揃える時で微妙に変わるなど、本作品の特徴が上手く発揮されてます。

音の種類が豊富なのもこのパートの魅力です。
ハサミで髪を切る音、シャンプーする音、耳のあたりを指でマッサージする音
シャワーで洗い流す音、ドライヤーをかける音、タオルで拭く音と
およそ20分の中に数多くの音を盛り込みお世話されてる雰囲気を作ります。
耳を指や道具でいじる時だけ音がこもったり軽い圧迫感がするのもそれに大きく貢献してます。
ちゅぱ音重視のエッチ
エッチシーンは4パート43分間。
プレイはフェラ、耳舐め、手コキ、SEX(正常位?)、キス、お尻を揉む、黒アリスのオナニーです。
エッチな効果音はありません。

「なんだ 勃起したらなかなかじゃないか 硬さもあるし お前 自信持っていいぞ」
黒アリスはトーンが低く中性的な声の女の子。
会ってすぐさま主人公におちんちんを出す指示をし
少し舐めて大きくなったそれを軽く褒めます。

エッチは一部を除いて彼女が責め続けます。
一番最初の「3.黒アリスのお口抜き」でするのはフェラ(約8分)。
パート開始から30秒後に早速始め、軽い会話を挟みながら熱心にしゃぶります。

「出していいぞ この黒い服 白いザーメンで染めてみろよ」
彼女は他の男の相手もしてるらしくエッチの腕はなかなか。
慣れた様子でちゅぱ音を鳴らし、後になるほどパワーを上げて責めます。
中央やや下の位置でゆっくり舐める、同じペースで吸い上げる、ピストンフェラで追い込むと
短いながらも変化のあるフェラをしてくれます。

口調はやや乱暴ですけど言葉責めや意地悪な要素は特にありません。
白アリスと同じく彼を喜ばせる方針でリードします。

単体で最も長いのは次の「4.黒アリスのえぐい耳舐め手コキ」(約24分)。
パート開始1秒後から右耳を舐め始め、後半は左耳に切り替えてちゅぱ音をたっぷり鳴らします。

タイトルに「耳舐めこだわり」とついてるだけあって力の入ったプレイが楽しめます。
具体的には耳の外側よりも内側や穴の入り口を重点的に責めます。
舌でじょりじょり擦る、舌先でぐりぐりするといったパワフルな音が多く
セリフも必要最低限まで削ってちゅぱ音だけを楽しみやすくしてます。

録音環境の影響なのか振動はそれほど感じられませんでしたが
音の質感はリアルだし、どんなふうに責めてるかも音だけでだいたいわかります。
彼女によると手コキも同時にやってるらしいです。
効果音は鳴らないので耳舐めを楽しみながら自由にオナニーするパートと見るのが妥当でしょう。

残りの2パート11分間は彼女のキャラが魅力。
「5.黒アリスの○女ボディを無理やり犯す」はSEX(たぶん正常位)
「7.黒アリスと人混み悪戯エッチ」はショッピングモールで体をいじり合ってからフェラで〆ます。

「こらっ もっと優しくしろ」
「まぁ オレもドキドキしながら気持ちよくなってるから同罪か」

口では抵抗しても彼の責めを受け入れ中出しまで許す姿や
公共施設で突然体を求められてもすぐさま反撃し、最後はきっちり射精させてあげる姿に優しさを感じました。
これまでとは違い吐息や喘ぎ声でプレイの様子を表現します。
最初から最後までちゅぱ音だと単調になりますから変化をつけたのでしょう。

このように、口で責めるプレイを中心に据えたほぼノーマル向けのエッチが繰り広げられてます。
癒しもエロもいける作品
癒しはもちろん、抜きにもそれなりに役立つ総合力の高い作品です。

アリスは現実世界で頑張ってる主人公にスッキリしてもらおうと
まずは白が登場し耳かきや散髪といった健全なご奉仕をします。
そして体が綺麗になった後は耳とおちんちんを責めて性欲も解消します。

白と黒の顔を持つ女の子が色んなサービスで癒すシチュ
シーンによってふたつの人格を使い分けるキャラを活かした展開
サービスの最中に鳴る質感と動きにこだわった音の数々。
珍しいキャラと安定感のある音を組み合わせて物語を作り上げてます。

黒「オレはお前をすべて肯定してやるぞ」
中でも彼女は元々持ってる優しさや思いやりの強さを維持したまま
白と黒で声や口調が大きく変わって面白いです。
黒は言い方は乱暴ですが彼を肯定することが非常に多いです。

見下す、罵倒する、意地悪するといったM向けの要素はほとんどありません。
ツンデレに近い性格をしてるのでドSと言うほどではないかなと。
エッチはフェラや耳舐めのウェイトが高く、そのへんが好きかどうかで満足度が変わりそうです。

射精シーンは4回。
ちゅぱ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

おまけはフリートークと耳舐めです。

CV:逢坂成美さん
総時間 2:07:57(本編…1:49:40 おまけ…18:17)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
127分で880円とコスパが良いので+1してあります。

2020年4月4日まで50%OFFの440円で販売されてます。



サークル「ディーブルスト」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、性格は結構違うけどどちらもエッチ大好きなサキュバス姉妹が
自分たちを討伐しに来た冒険者を捕らえてエッチな勝負を楽しみます。

彼女たちの特徴を反映させたM向けのエッチが行われており
姉は彼を露骨に見下し、妹は割と無邪気に接しながら
おちんちんをはじめとする性感帯をがっつり責めて自分たちには勝てないことを思い知らせます。
サキュバスを討伐しに来たはずが
サキュバスのルイゼ(姉)とプルネラ(妹)に精液を搾り取られるお話。

「このおにーさんが今回の侵入者? どれどれぇ…。んー? 結構可愛い顔してるんじゃない?」
プルネラは明るくて無邪気な声の女の子。
「…顔なんてどうでもいいのよ 人間のオスなんて、どんなに屈強だろうが精神性が尊かろうが、最終的には性欲に溺れてしまう愚か者しかいないんだから」
ルイゼは上品で色っぽい声のお姉さん。
魔法のトラップにかかり捕らえられた主人公を興味深そうに眺めると
目覚めた彼にこうなった経緯を話したうえでエッチなゲームを持ち掛けます。

本作品は戦うのは苦手だけど男を誘惑するのは得意な彼女たちが
村から討伐依頼を受けてやって来た彼をおよそ120分に渡ってエッチに弄びます。
序盤から中盤は一対一、終盤は2人同時とプレイスタイルを切り替え
後になるほど主従関係がはっきりするように心身をバランスよく責めます。

ルイゼ「無駄よ。体が痺れて動けないでしょう? …つまりは、今、あなたは、無抵抗なの。自分の立場を理解しなさい」
2人は同じサキュバスでも性格に大きな違いがあり
彼への接し方やプレイ内容にもそれを色濃く反映させてます。
ルイゼはサキュバスらしい妖艶な声と態度で最初から彼を見下し
おちんちんを足で踏みつける、顔面騎乗で息苦しくするといったM向けのプレイを繰り出します。
彼女のほうが射精回数が多かったりと比較的ハードな路線を歩みます。

プルネラ「…ねぇ? おにーさん? ここで見たこと忘れて、大人しく帰るなら~、見逃してあげてもいいよ?って言ったらどうするー?」
それに対してプルネラは彼にそこまで敵意を抱いておらず
プレイ中に多少の優しさを見せて彼が苦しい思いをしないようにリードします。
ルイゼと同じく結局は搾精されるのですが、その過程や雰囲気が割かし穏やかです。
プレイの内容もルイゼよりノーマルなもので構成されてます。

もちろん2人に共通してる要素も存在します。
それは純粋なエロさと彼を屈服させようとする言葉責め。
前者は彼を責めてる間だけセリフの量を大幅に減らしてエッチな音をガンガン鳴らします。

声優さんが違うので同じプレイでも責め方は微妙に違いますが
ルイゼ、プルネラいずれも貪りつく感じのちゅぱ音を鳴らすことを意識してました。
ペースが緩い代わりに水分高めでパワフルな音ばかりですから
これらを聴いてるだけでも自然と勃起しオナニーしたくなるでしょう。
SEXの時も喘ぎ声を積極的に漏らしますし、どうすれば男が喜ぶかをよく心得てます。

プルネラ「気持ちは頑張るつもりでも、体は正直に反応しちゃうの…すっごくかっこ悪いよー♪」
ルイゼ「情っけない…♪ よわよわの冒険者おちんぽは、足で踏まれながら絶頂してしまうのね 本当、かっこ悪い。淫魔の足に屈しちゃうの」
後者はエッチな勝負をして勝ったら開放するルールを定めてあることを踏まえて
エッチの最中におちんちんの弱さを貶したり、射精シーンの前後で負ける快感をくすぐることが多いです。
ディーブルストさんは優しいお姉ちゃんが甘やかすシチュを得意とされてるサークルさんですが
去年あたりからこういうM向けの作品にも挑戦されてます。

エッチな音だけを鳴らす時間を結構取ってるおかげで言葉責めの量は減ってますし
表現についてもそこまでどぎつい印象はありません。
Mな人を喜ばせるためのスパイスと見るのが妥当です。

サキュバス姉妹がそれぞれの持ち味を活かしたエッチで童貞の冒険者を屈服させる。
サキュバスが持つエロさと負けシチュを組み合わせた実用性の高いM向け作品です。
じっくりわからせていくエッチ
エッチシーンは3パート90分間。
プレイはキス、玉舐め、手コキ、足コキ、顔面騎乗、クンニ、乳首責め、首筋舐め、尻尾による体の愛撫、SEX(騎乗位、対面座位)、耳舐めです。
手コキ、足コキ、体の愛撫、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「体、ずーっと固まっちゃったままだね? こういうの、あんまり慣れてないのかなぁ?」
後日再び主人公のもとを訪れたプルネラは
軽く会話した後すかさずキスをし、彼が女性に慣れてないことを見抜きます。

エッチは経験豊富な彼女たちが終始責め続けます。
最初の2パート56分間は2人の個性に焦点を当てたプレイ。
Track2はプルネラ、Track3はルイゼがいずれも一対一で彼を合計3回射精させます。

プルネラはノーマルなエッチが好きなようで
キスから始まり弱めのフェラ→手コキ→強めのフェラと手加減しながら丁寧に責めます。
しかし最中に鳴るちゅぱ音は声よりもずっと下品なものが多くギャップが引き立ってます。
Sっ気は低めだけどおちんちんや精液に対する貪欲さが音で上手く表現されてました。

「強くなるために? こういうエッチなことはダメって思ってた、ってこと? …なるほどなー♪ でもそれってさー 欲望を煽るのが得意なサキュバスとかって…すごーく相性悪いんじゃない?」
言葉責めの内容が割と論理的なのも面白いですね。
「強さを極めるために女性との関わりを断ってきた」と言う彼に対し
その結果エッチがよわよわになってることを教えて心を軽く折ります。
そしてパートの前半は敢えて手加減し、中盤から少しだけ本気を出して格の違いを見せつけます。

ルイゼほど露骨に見下すことはありませんが
彼女も彼がエッチで自分たちに絶対勝てないことを思い知らせようとします。
無邪気なようで痛いところを的確に突いてくる割と恐ろしいキャラです。

「虐げられて喜んだりしない限り、その感情は普通のことよ でも、今のあなたのおちんぽは、硬くなってしまっているみたいよ?」
「ほら、ぁっ…頑張って? 私のワンちゃん♪」

それに対してルイゼは同じくキスから始まり足コキで1回
直後に休憩を挟まず顔面騎乗でクンニさせながらの足コキでもう1回射精させます。
こちらのほうがテーマの「敗北」をよりストレートに表現してますね。
大事な部分を足蹴にされて興奮する彼を変態呼ばわりし、クンニの時は犬扱いします。

そしてクンニの最中は気持ちよさそうな喘ぎ声を漏らして彼の頑張りに応えます。
ペットを手懐けるのと同じく、飴と鞭を使い分けて上下関係を自然に確立する彼女らしいプレイです。
顔面騎乗してる間だけ彼女の声が若干こもるなど、細かな演出にも気を配ってました。

Track4は彼を完全に屈服させることを目指したプレイ(約34分)。
前半はルイゼとの騎乗位、後半はプルネラとの対面座位で3回連続射精させます。
そして繋がってないほうは言葉責め、首筋舐め、乳首責め、クンニ、耳舐めでサポートします。

プルネラ「そんな素直なおにーさんには~…ごほーび、あげちゃう♪」
ルイゼ「あらあら♪ 相変わらず私に、イジメられるのが好きみたい… 素直なのは美徳よ。嬉しいわぁ♪ ふふ、だったら少しサービスしてあげるわね」
過去2回のエッチを通じて彼の調教がある程度進んでるため、2人も以前より柔らかい態度で接します。
彼へのご褒美に童貞を奪ってあげますし、彼を褒めるセリフがちょこちょこ出てきます。
雰囲気だけを見れば本作品の中で最も穏やかに感じました。

しかしそれと反比例するかのように体の責めがハードになってます。
おちんちんをはじめとする性感帯を2人がかりで30分以上ほぼノンストップで責め続けますし
ちゅぱ音や喘ぎ声が同時に流れるシーンが多くて股間にビンビンきます。
特に喘ぎ声はSEXを中心に据えてるおかげで量が多いです。

片方が責めてる間はもう片方がしゃべるスタイルにしてるのも抜きに向いてます。
最後を飾るに相応しい濃厚なひと時を送ることができました。
彼にとっては残念な結果なのでしょうけど、快楽堕ちする展開なので暗さや重さはありません。

このように、エッチに未熟な男性をとことん気持ちよくして骨抜きにするエッチが繰り広げられてます。
気持ちよく負かしてくれる作品
サキュバスから快楽調教を受ける様子を比較的柔らかい雰囲気で描いた作品です。

ルイゼとプルネラは自分たちを倒しにやって来た屈強な冒険者を従順なペットにしようと
まずは1人ずつ相手をしながら色んな快楽を与えて抵抗する気力を少しずつ削ぎます。
そしてエッチを十分味わわせた後は初SEXを教えてそれ無しでは生きられない心と体にします。

性格は違うけどいずれもエッチが得意なサキュバスたちが童貞をあっさり負かすM向けのシチュ
プルネラはややM、ルイゼはMと属性を変えてそれに合ったプレイをするキャラを活かした展開
見下したり負ける快感をくすぐる言葉責めで心を
ちゅぱ音や喘ぎ声をがっつり流すプレイで体を責めるバランスの取れたエッチ。
サキュバスから連想されるエロさや貪欲さに作品独自の要素を加えて個性を出してます。

中でも3番目は本作品を最も特徴づける要素なだけあって力を入れてます。
言葉責めは量は少なめですけど言うタイミングがばっちりですし
その内容も少しずつ表現を変えて彼が自分から堕落していけるように仕向けます。

童貞とサキュバスの組み合わせも実力差が圧倒的でこのテーマにうってつけと言えます。
最初から勝てないことがわかりきってるので負ける快感だけを純粋に味わえます。

射精シーンは6回。
くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声多め、淫語それなりです。

おまけはPRボイスとフリートークです。
フリートークは面白いので本編視聴後に是非聴いてみてください(笑えるではなく興味深いという意味です)。

CV:ルイゼ…野上菜月さん プルネラ…逢坂成美さん
総時間 2:21:34(本編…1:56:05 おまけ…25:29)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2020年3月31日まで30%OFFの1001円で販売されてます。



サークル「.␣(Dot-Space)」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、録音スタジオの店員と声優が
催眠を交えた珍しいサービスで耳と脳を気持ちよくします。

バイノーラルマイクになりきって耳を犯される斬新なエッチが行われており
催眠は頭を空っぽにしたりマイクやメモリを装着して没入感を高め
エッチは前半が収録、後半はそれを流す動作を通じてドライへ追い込みます。
収録するはずがされる側に
バイノーラルマイクになってスタッフや声優に責められるお話。

「いらっしゃいませ ご予約の方でございますね?」
スタッフ(挿し絵左)はトーンが低く穏やかな声のお姉さん。
収録の立ち合いにやって来た主人公を嬉しそうに迎えると
今回彼が受ける「バイノーラル収録おまかせコース」の概要を説明します。

本作品は現在の音声にもう不可欠となったバイノーラルマイクの気分を疑似体験させることを目的に
彼女と後から出てくる声優が協力して50分程度に渡るちょっぴりエッチなサービスをします。
サークルさんの処女作「Recording」のリメイクにあたるらしく
男女がする通常のエッチとはプレイの内容が大きく異なります。

声優「はぁい、『〇〇』 そう、この言葉だけで、幸せで鼓膜がガクガク震える」
具体的には音、キーワード、暗示を組み合わせて感度を上げたり絶頂させます。
エッチ開始時の主人公はバイノーラルマイクになってるので、責める対象は当然耳に絞られます。
そして耳を通じて脳も気持ちよくしてドライさせるわけです。

催眠色の強い内容になってますから深く入っているほど面白い快感が味わえます。
おちんちんは特に無反応で首から上だけ熱くなったり気持ちよくなる不思議な感覚です。
録音はもちろんバイノーラルマイクで行っており実際に話しかけられてる気分にとても近いです。

またサークルさんでは初のダブルキャスト作品ということで
主にエッチシーンで2人が連携を取りながらリードします。
やり方がやや変則的なため通常の双子とは色合いが異なりますが
同じ意味を持つ暗示を左右から別の表現で同時に入れる、カウントと暗示を分担するといった
催眠者が2人以上いなければできないことを積極的にやって個性を出してます。

バイノーラルマイクになって耳をがっつり責められるシチュと準双子形式で進めるエッチ。
原作の特徴を受け継いだまま新しい要素を盛り込んでるややM向けの作品です。
声を受け入れられる空っぽの頭に
催眠はおよそ23分間。
まずは目を開けたまま簡単なストレッチをして収録に向けた緊張をほぐします。
声優はまだスタジオに到着してないのでここはスタッフが1人で進めます。

「ぐーーっ と身体が伸びてー だらーーん と力が抜ける ぽかぽかした感覚が、段々広がっていく」
「私の質問や呼びかけに対しては、心の中で「はい」と答えればいいですからね」

ストレッチは実際に体を伸ばしてから力を抜くのを何度か繰り返し
力が抜けた時に合わせてそれを後押しする暗示を入れます。
演技も力を入れる時と抜く時で声を変えてあって丁寧でした。
より深い催眠に入りやすくなる心構えをさり気なく教えるなど様々な気配りがされてます。

現実世界でバイノーラルマイクになるのは不可能ですから
その分なりきりやすくするための配慮が手厚くなってます。
テーマと技術の親和性も高く、聴けば聴くほどそうなった気分が自然に強くなります。

お次はバイノーラルマイクになるための具体的な作業に取り掛かります。
目を閉じて深呼吸しながら体の中の悪いものを取り除き
カウントに合わせてマイクとメモリを装着し、頭の中のデータを吸い取って空っぽの状態にします。

「さて、貴方がダミーヘッドになって 録音を始めるには、まだ色々と必要なものがあるのですが… 貴方はあまり深く考えず、「よく分からないけれど、次は何かな」くらいに思っていれば、いいですよ」
割とイメージ力が重要になるシーンだからでしょうけど
これらを始める前に彼女が簡単なアドバイスをして考え込まずに済むようにします。
深く考えると意識の力が強まって暗示が無意識に届きにくくなりますから
文字通り頭の中を空っぽにしたままぼーっと聴いてるほうが上手くいきます。

「ほら、意識が弾ける 真っ白、何も考えられない、貴方の耳の中を通って、何かが意識に入ってくる」
マイクやメモリを取り付けるシーンはカウントを数えた直後に深化の暗示を入れて
その後に装着したことを柔らかい表現で説明します。
過去に脳姦をテーマにした作品を制作されてるだけあってこのへんはかなり気遣ってました。
頭が真っ白になる感覚を断続的に伝えてくるおかげで
それに合わせて意識が軽く飛ぶのを何度も味わえました。

データの吸い出しは音を流してそれっぽさを出してます。
マウスの「カチッ」というクリック音に合わせて水がちょちょろ流れていくような音が鳴り
それと並行して頭が真っ白になったりぼーっとする暗示を入れる深化を強く意識した内容です。

ちなみにこのクリック音はエッチシーンでも登場します。
音モノの経験がある人だとこれに合わせて体が反応するかもしれません。

「聞こえますか? 〇〇 吹き込まれると、心も体もゾクゾクして 貴方はとろけてしまう」
そして最後は収録に向けてバイノーラルマイクのチェックをします。
彼女が至近距離で囁くたびに微かな風圧が伝わってきてゾクゾクしました。
最後の最後でさらなる念押しをするなど、エッチに向けて万全の体制を整えます。

テーマのバイノーラルマイク化を着実に進める高品質な催眠です。
聴き手をバイノーラルマイクへ変えることを目的に
簡単なストレッチから入って深呼吸、カウントと機器を装着するイメージを組み合わせた深化
データの吸い出し、テスト形式による暗示とひとつずつ丁寧に進めます。

およそ6年も活動を続けてらっしゃるだけあって技術レベルが高く
イメージとの絡め方も違和感がなくてあっさり催眠に入ることができます。
バイノーラルマイクになれたかどうかはここよりもエッチのほうが実感できますから
この時点では頭がぼーっとするとか、耳が敏感になった感覚さえしてれば十分です。
声や音を流し込まれる快感
エッチシーンは2パート22分間。
プレイは収録、耳への息吹き、耳舐め、録音した音声を流す、電源を落とすです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありません。

声優「…あら、今日は「いいマイク」なんですね」
声優は甘く優しい声の女の子。
スタジオに到着し先ほど完成したばかりのバイノーラルマイクを眺めると
スタッフと協力して早速録音を始めます。

エッチは彼女たちと直接触れず声や音だけで絶頂します。
前半の「2. Rec」はさらなるバイノーラルマイク化と感度の上昇に注力してるパート(約10分)。
スタッフが左、声優は右に陣取って話しかけたり耳舐め音を鳴らして耳と心を温めます。

声優「こうやって話しかけている、私の声が すーっと、ずぶずぶと貴方の頭の中に入り込む」
スタッフ「こうやって話しかけている、彼女の声は クリアに、はっきりと貴方の頭の中に入り込み」
そしてここからは女性が2人いる状況を活かして進めます。
同じ意味を持つ暗示を左右から同時に言って入りやすくする
スタッフはクリック音を鳴らし、声優はとあるキーワードを言うなど内容も多彩です。

声を重ねて言うシーンは両方聴こうとすると疲れますから
どちらかに意識を向けるか聞き流したほうが楽しめると思います。
音やキーワードも少しずつ刷り込んで後になるほど反応できるようにしてくれます。

後半の「3. Play」は絶頂シーン(約12分)。
確認を兼ねて先ほど録音した音声を流し、さらにスタッフがそれを魔改造して追い込みます。

スタッフ「ほら、今から再生ボタンをクリックするだけで、貴方がさっき記録した私達の声が、頭の中を駆け巡る 大好きな声でガクガク震え出して、火花を散らしてチカチカしちゃう」
最初のほうでも説明したように本作品のエッチは催眠色の強い内容なので
絶頂させる時も音やキーワードを起点とした暗示で責め続けます。
ただし、彼女たちの声と録音した音声の両方が流れて声や音の密度が非常に高くなってます。

これらに頭の中を包み込まれる感覚とでも言いましょうか。
催眠パートで行った空っぽになる感覚とほぼ正反対のアプローチをかけてます。
エロさは控えめですけど脳のあたりがジンジンして結構気持ちよかったです。
深い催眠状態に入ってるからこそ味わえる快感ですね。

このように、収録風景をバイノーラルマイクの視点で楽しむ催眠重視のエッチが繰り広げられてます。
変わった耳責め作品
首から上だけを徹底的に責める個性的なドライ系作品です。

スタッフは主人公にバイノーラルマイクの気分を味わってもらおうと
まずは催眠を通じて頭を空っぽにして彼女たちの声や言葉を受け入れられる状況を作ります。
そして声優が到着した後は本題の収録とその確認をしながら感度を上げたり絶頂させます。

バイノーラルマイクになりきって女性たちに責められる奇抜なシチュ
それに向けて一歩ずつ着実に進める親切丁寧な催眠
直接のエロ要素をできるだけ取り除き音、キーワード、暗示でイかせるエッチ。
人間以外の存在になったことを強く実感できるように作品を組み立ててます。

中でも催眠は本作品の鍵となるシーンなだけあってしっかり作り込まれてます。
技術自体は割とシンプルですが違和感のない流れを作ってる点や
各シーンで使用する技術の選定、イメージとの絡め方、暗示の入れ方とその内容など
1人でも多くの聴き手を催眠にかかりやすくする配慮が随所でされてます。

バイノーラルマイク化がテーマなのになりきれなかったら何も始まりませんから
ここを大事にするのは正しいし効果的と言えます。
エッチの序盤でさらに強化するアプローチもされてて普段以上に慎重に進めてる印象を受けました。

エッチは暗示を厚めに入れつつ音やキーワードにも反応できるよう作り変えます。
一般的な18禁作品とはプレイ内容が大きく違うので最初は戸惑うかもしれませんが
一定以上の催眠状態に入れていれば体が勝手に反応してくれます。
股間を刺激せずにドライへ持っていくので、ドライ未経験者がその感覚を掴むのに向いてます。

絶頂シーンは2回。
ちゅぱ音そこそこ、淫語ごく僅か、喘ぎ声はありません。

CV:スタッフ…逢坂成美さん 声優…秋野かえでさん
総時間 55:40

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2020年2月27日まで10%OFFの990円で販売されてます。



Cure Attendant-咲愛2(前編)」に引き続いての後編です。
今回は「Track5.空の旅の思い出…作りませんか?」以降の様子を中心に紹介します。
同人誌のエッチを現実に
エッチシーンは2パート65分間。
プレイはキス、乳揉み、オナホコキ、乳首舐め、SEX(対面座位)、耳舐めです。
服を脱がす、オナホコキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「それじゃあ、お客様ぁ… 即売会での思い出の他に…気持ちいい思い出、作ってみません?」
癒しのサービスを終え、眠ってた主人公に手荷物検査で預かったものを渡しに来た咲愛は
その中にあるエッチな同人誌でやってるプレイを実際にしてあげます。

エッチは年上の彼女が終始リードします。
最初の「Track5.空の旅の思い出…作りませんか?」は時間、内容いずれも充実してるメインパート(約40分)。
甘めのキスから始まりオナホコキ→乳首舐め追加→SEXで2回の射精に導きます。

「もう…わざわざ許可なんか取らなくてもいいのに 君が触りたいときに触っていいんだよ?」
エッチに入っても彼女のキャラはまったく変わりません。
CA相手にエッチしていいのか戸惑う彼を優しい言葉で解きほぐし
積極的に責めながらおっぱいを好きにいじらせて性的興奮も高めます。
彼が童貞なことを踏まえてすぐ射精しないよう全体的にゆっくり責めてました。

同人誌の内容が優しいお姉さんに性の手ほどきを受ける内容だったらしく
彼の呼称を「お客様」から「君」へと変更し、口調についても対等に近い柔らかなものにして雰囲気を出します。
意地悪な要素が一切ありませんから女性に甘やかされるのが好きな人ほど満足できるでしょう。
エロさを出しつつ本作品のテーマである「癒し」を大事にしてて本当に温かいです。

プレイについては時間に対するプレイの種類を少なめに設定し
キスや乳首舐めなど口を使って責める時はセリフをほとんど挟まずに進めます。
前者は中央至近距離からねっとりした甘いちゅぱ音を鳴らす
後者は口をすぼめてややパワフルに吸い上げる、といった具合に
非エロのサービスと同じく音の質感や鳴らし方にこだわってて臨場感が高いです。

「オナホの中から濃いザーメンがどろぉって溢れてきてるぅ…」
おちんちんのお世話についてもオナホコキは「ぐちゅっ」というやや筋っぽい水音を
最初はゆっくり、後になるほど少しずつペースアップする形で上下に動かし続けます。
この後のSEXも含めて複数のエッチな音を同時に鳴らすシーンが多く
責めの緩さから生まれる物足りなさをそれによってカバーする工夫がされてます。

ちなみに射精時は1回目、2回目いずれも彼女がイキ声を漏らします。
カウントを数えたりぴゅっぴゅのセリフを言わないのでややわかりにくいかもしれませんが
こちらのほうが実際のエッチに近くて自然だと思います。
マッサージがすごくリアル志向だったところを見ると、エッチもそれに合わせたのではないでしょうか。

このパートで最も盛り上がるのは終盤に登場するSEX(約11分)。
飛行機内なので対面座位にして2人同時の絶頂を目指します。

「こうやって…私が腰を動かしていくからぁっ… ん、んくっ…ん、はぁ…あ、うぅ…くぅん…」
1回出して満足する彼にすっかり濡れたおまんこをいじらせてやる気にさせたり
挿入後は吐息混じりの艶っぽい喘ぎ声を漏らすなど
ここでは普段の彼女とは少し違うエッチな姿を見せてくれます。

お客へサービスするのではなく、普通に楽しんでるように乱れてくれます。
途中から濃厚なキスをするのも相まって良い気分に浸りながら抜くことができます。
CAではなく1人の女性として接しようとするところに彼女の魅力を感じました。

続く「Track6.着陸までの耳舐めサービスです♪」でするのはもちろん耳舐め(約25分)。
濃厚なエッチですっきりした彼に着陸までの時間を使って最後のご奉仕をします。
作中で彼女が「耳舐めはエッチなサービスじゃない」と言うのですが
彼は興奮してるようなので本レビューではエッチに分類させていただきました。

時間をほぼ半々に分けて左耳→右耳の順に行い
どちらも前半は主に耳の外側や耳たぶ、後半は内側と場所を変えてゆっくり丁寧に責めます。
位置がとても近いおかげで細かな舌の動きもはっきりわかるくらい音が鮮明ですし
内側に移ると質感がやや低く鈍いものに変わる凝った演出もされてます。

セリフは2分程度の間隔で軽くするだけと非常に少ないですから
耳舐め好きな人はきっと満足できるでしょう。
Track5では一切やらず、Track6でがっつりやるメリハリのある展開も良いです。

作品を聴いた感想ですが非エロ、エロいずれも安定感があってすごく癒されました。
非エロはサークルさんの武器である音をふんだんに盛り込んでサービスの様子を忠実に表現し
エロは一転して彼女の優しさや面倒見の良さが出るプレイをじっくり行います。

それでいてエッチもASMR成分が強めなのはしゃべる時とそうでない時を分けてるからです。
時間に余裕があれば音だけを鳴らすシーンがあっても普通にキャラを立たせることができます。
現在流行ってる耳舐めも最後にきっちりやるなど隙のない作品に仕上がってます。

このように、2つの手段で心身を癒す穏やかなエッチが繰り広げられてます。
隅から隅まで甘い作品
癒し、エッチどちら目当てで聴いても楽しめる作品です。

咲愛は同人誌イベントを終えて疲れてる主人公を元気にしようと
まずは環境音を流したり足や首まわりをマッサージして純粋な癒しを与えます。
そして後半は1週間ほど溜め込んだ精液を勢いよく吐き出させて内側から綺麗にします。

優しくてエッチも積極的なCAのお姉さんが男性を親身にもてなすノーマル向けのシチュ
リアルな音を駆使した癒しのサービス、音を大事にしながら彼女のエロを引き立たせるエッチ。
前作の良かった部分をそのまま引き継いだうえでパワーアップさせてます。

中でも2番目はASMRを扱う作品が増えてるからこそ質の高さが際立ってて素晴らしいです。
マッサージ自体は相手の体を擦ったり揉む行為ですから派手さはそれほどありません。
でも細かな動きに至るまでひとつひとつ丁寧に行えば芸術レベルまで昇華できます。
環境音も自然の音だけを抽出して流すこだわりのあるサービスです。

エッチは音の良さと彼女の優しさを上手い具合に融合してます。
同人誌の内容に関する説明がほとんどないので、本当にその通りのプレイをしてるかどうかはよくわかりませんが
それ抜きでも各プレイの描写がしっかりしてるし十分なエロさもあります。
彼女が普段よりずっと淫乱に振る舞うところもギャップがあって良いです。

射精シーンは2回。
くちゅ音とちゅぱ音多め、喘ぎ声それなり、淫語そこそこです。

おまけはPRボイスとフリートークです。

CV:逢坂成美さん
総時間 3:05:19(本編…2:51:38 おまけ…13:41)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2019年12月29日まで600円引きの770円で販売されてます。
また12月30日から2020年1月22日までは400円引きで販売されるそうです。
その場合の点数は10点です(600円引き、400円引き両方)。



サークル「ディーブルスト」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、優しくてお世話上手なCAのお姉さんが
イベント帰りで疲れてる男性をマッサージやエッチで癒します。

エロと非エロ、キャラと音のバランスを大事にしたあまあまなサービスが行われており
物語の前半は環境音を流したり疲れやすい部位を丁寧に揉みほぐす様子を主に音で表現し
後半は彼が買った同人誌と同じプレイや濃厚な耳舐めをして気持ちよく送り出します。

総時間が185分もあるため前編(Track1~4)、後編(Track5~6)の2回に分けてお送りします。
特別席でより快適な空の旅を
IYS航空のCA「咲愛(えあ)」から色んなサービスを受けるお話。

「この度はIYS航空をご利用、有難うございます まもなく当便は東京を出発します」
咲愛は明るくてお淑やかな声のお姉さん。
搭乗にあたっての注意事項やサービスの内容を日本語と英語で説明すると
主人公に直接挨拶し、特別席専用サービスの準備に取り掛かります。

本作品は2018年6月に発売された「Cure Attendant-咲愛」の続編。
声も態度もあまあまな彼女がイベントの帰りに搭乗した彼を3時間近くに渡ってたっぷりもてなします。
今回紹介する前編(約96分)は完全非エロ、後編(約75分)はエロと両者のバランスを同じくらいに設定し
時間に対するサービスの種類を少なめにしてそれぞれをゆっくりじっくり行います。
彼女が登場する以外は完全に別のお話ですから今作からでも問題なく楽しめます。

全編を通じて言える大きな特徴はふたつ。
彼女のキャラ最中に鳴るリアルで多彩な音です。

「もう~…急に無理して笑顔を作らなくても良いんですよ? お疲れなのでしたら、お客様が一番楽な状態でいてください」
前者はCAらしく礼儀正しい言葉遣いをしながら彼が望むことをやってスムーズに癒し
さらにその合間に優しい言葉をかけて心のほうも解きほぐします。
前編の時点では音のウェイトが高いので存在感は控えめになってますけど
後編のエッチシーンでは踏み込んだことをガンガンやってくれて本当に甘いです。

逢坂成美さんの声も近所のお姉さんっぽい穏やかさと艶がありますし
乗客へのサービスから連想される堅苦しさや心の距離を取り除くことに力を入れてます。
またTrack1では流暢な英語を話す本格的なシーンもあります。

もうひとつの柱にあたる音については効果音と環境音の両方を用意し
それらをパートごとに使い分けてサービスに幅を持たせます。
ディーブルストさんは以前から音に強いサークルさんとして有名で
過去にフェイスケアやフットケアといったマイナーなASMR作品を出されてたりします。
同じマッサージでも位置、距離、動き、リズムを変える凝った演出がされてて非常にレベルが高いです。

非エロのサービスは最中のセリフもかなり少ないですから
癒しはもちろん、安眠のお供にも役立ってくれるでしょう。
前作の特徴を継承しつつ音にさらなる磨きをかけた癒し一色の作品です。
自然の音とマッサージ音に包まれて
7分程度の前置きを挟んだ後に始まるTrack2は環境音を流すサービス(約26分)。
前半は波の音、後半は雨音と水に関するもので揃えて純粋な癒しを与えます。

「これは波の音ですね… 浜辺での波打ち際と違って、静かで優しい音… どちらかというと 水をかき混ぜるような音に近いかもしれませんね」
波の音と聞くと「ざぶーん」という勢いのあるものをイメージするでしょうが
ここでは場所を敢えて港に設定し、「ちゃぷちゃぷ」という水の揺れる音をメインに据えてます。
人工物に関する音を極力削いであるおかげでどの音も柔らかく
目を瞑って聴けばそこにいるような感覚に浸れてすごく癒されます。
咲愛もちゃんと説明してくれますけど、それがなくてもだいたいイメージできるくらいに音の質が高いです。

続く雨音も土や植物に当たってるからでしょうけど、勢いが割と強いのに音はかなり柔らかいです。
アスファルトや建物に水が当たって生まれるお馴染みの雨音との違いをはっきり出してて驚きました。
音だけが流れる時間はとても静かで落ち着きます。

続く2パート63分間でするのはマッサージ。
Track3は膝から足にかけて、Track4は首や肩とお世話する部位を切り替え
いずれも多種多様な音を駆使してその様子をリアルにお届けします。

脛のあたりをゆっくり撫でていく時は「しゅるー」という水気混じりの摩擦音を長めのストロークで鳴らしてたのが
次の脹脛は音が大人しく、ストロークが短くなるといった具合に
お世話してる部位やその手段によって音の質感と動きが目まぐるしく変わります。
ここまで掘り下げたフットマッサージをするのはディーブルストさんくらいですから
ASMR系の作品が好きな人ほど楽しめるし癒されるでしょう。
シーンによって左右がきちんと切り替わるのもリアリティの向上に役立ってます。

「ふふ、ぷるんぷるん揺れちゃってますね♪ 強く叩くと筋肉を傷めますから、これくらいの強さが一番なんです」
またある程度進むと指圧や拳で優しく叩く別タイプのマッサージも登場します。
彼女も多すぎない程度に実況や説明を挟んでくれるのでイメージしやすいです。
足のマッサージにおよそ40分もかける余裕のある作りも癒しに適してます。

Track4の首と肩のマッサージも疲れが溜まりやすい部位なだけあって丁寧に行います。
両肩を手のひらで同時に擦る、首を両手で包み込み上下に動かす
疲労解消に効くツボをカウントを数えながら指圧する、左右交互に拳でリズミカルに叩くなど
メジャーなものからマイナーなものまで幅広く取り揃えてあって本格的です。

「痛くないです…? では同じ強さでもう一度… いーち…にー…さーん…し、ごっ…」
足に比べて耳に近い部位ですから効果音がやや大きく聞こえるようになってます。
彼のことを気遣いながら一生懸命取り組む彼女の姿にも優しさを感じました。
この後から始まるエッチを存分に楽しめる環境づくりをみっちりやってくれます。

これだけ音に寄せた構成だとかなり眠くなるでしょうね。
私もレビューを書く必要がなかったらそのまま寝落ちしたくなるほど心地よかったです。
音自体が癒しのパワーを持ってることに加えて鳴らし方も優れてます。
位置、距離、タイミング、リズム、ストロークの大小など細かな部分が練られてました。
今はASMR系の作品が結構出てますから、「それらとはひと味違うぞ」という老舗の底力を感じるサービスに仕上がってます。

おまけはPRボイスとフリートークです。

後編へ続く…。
Cure Attendant-咲愛2(後編)

CV:逢坂成美さん
総時間 3:05:19(本編…2:51:38 おまけ…13:41)


体験版はこちらにあります

追記
2019年12月29日まで600円引きの770円で販売されてます。
また12月30日から2020年1月22日までは400円引きで販売されるそうです。

雪女の宿【エレナ&アイリ編】~雪に閉ざされた宿で、懐かれて、遊ばれる~

雪女の宿【エレナ&アイリ編】~雪に閉ざされた宿で、懐かれて、遊ばれる~(前編)」に引き続いての後編です。
今回は「パート06 散髪と耳舐め」以降の様子を中心に紹介します。
双子とより親密な関係に
2種類のエッチでスッキリした後にするのは散髪と耳舐め(約28分)。
主人公の髪が伸びてるのを気にしたエレナが右
彼女に誘われ一緒にやることになったアイリが左に陣取りハサミの音を鳴らします。

エレナ「まずは 切りやすいように 髪をブラシでとかしまーす」
エレナは普段から宿の人の髪も切ってるだけあって
最初から鼻歌を歌いながら慣れた手つきでハサミを使います。
それに対してアイリはやったことがないようで、ゆっくり慎重に音を鳴らしてました。
エッチで一度逆転した2人の立場がほぼ元に戻ってます。

効果音はシャキシャキという軽快な金属音の中に時折やや粗い音が混じります。
基本はそろえる感じで先端を切り、一部で深くカットしてるのだと思います。
実況のセリフがほとんどないのでもう少し入れたほうがイメージしやすかったかもしれません。
ですがブラシや櫛で髪を撫でる音も入ってたりして結構リアルな散髪と言えます。

エレナ「お兄ちゃんの気持ちよさそうな声 なんだか可愛いね」
またパートの後半からは散髪で耳に入った短い髪を取るために両耳舐めをしてくれます。
気持ちよさそうにしてる彼を「可愛い」と言って喜び
彼を子猫、自分たちを母猫に例えて「にゃー」を語尾につけながら話しかけるなど
3人が初めて出会った頃よりもずっと仲良くなったことを感じさせながら進めます。

散髪の一部っぽい位置づけですが、彼が勃起する描写もありますし
この後から始まる最後のエッチに向けた雰囲気作りの意味合いもあります。
エレナは舐め、アイリは吸いと音の種類を変えてあるのもいいですね。
双子だけど性格が大きく違う2人の特徴が音にきちんと込められてます。
身も心もひとつになるエッチ
後編のエッチシーンは48分間。
プレイはキス、SEX(騎乗位、正常位)、エレナのオナニー、アイリの耳舐め/手マン?です。
SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

エレナ「一番好きな人とはね チューするんだって」
今日のお世話を終えて主人公やアイリと一緒に寝ることにしたエレナは
自分の気持ちを彼にはっきり伝え、さらにファーストキスも捧げます。

エッチは相手によって攻守を入れ替えながら楽しみます。
最初の30分間はアイリと初SEXするシーン。
彼がエレナとキスしてるのに気づくと自分もそれに参加し
それからエレナに手本を見せる形で騎乗位SEXをします。

アイリ「男の人は おちんちんを触れられたり 好きな人とキスしたりすると おちんちんが大きくなって エッチな気持ちになっちゃうの」
エッチに関して何も知らないエレナに男性の生理現象をわかりやすく教え
SEXする時もすっかり濡れてるおまんこや結合部を見せつけて繋がり方を教えます。
実の姉とはいえ他の女性にこういう姿を晒すあたりは彼女らしくてエロいなと。
処女なことを踏まえて挿入に4分もかけ、ピストンを少しずつ速くする緩いスタイルを取ってます。

そして本作品の山場なのでプレイの様子を綿密に描写します。
ちょっぴり痛そうな表情を見せながら大きめのおちんちんをゆっくり迎え入れ
最初はぐちゅぐちゅと小刻みな水音を鳴らしてたのが
ある程度経つと「くちゅっ ぱんっ」というピストン混じりのものに変化します。
合間にキスも挟んできたりと実際のSEXに近い雰囲気を持ってます。

一体感を味わいながら抜けるプレイだなと。
吐息、ちゅぱ音、喘ぎ声、ピストン音を組み合わせて彼女の近さと温もりを表現してます。
処女を捧げてもらい中出しまで決めるシチュも相まっていい気分に浸ることができました。

エレナ「ア、アイリも 気持ちいいんだ…」
シーンの終盤からエレナがつられてオナニーを始めるのも良いですね。
これまでアイリにずっと押されっぱなしだった彼女がエロい姿を見せてくれます。
女性が2人いるのに見学してるだけというのはもったいないですし
エレナが女性の快感に目覚める様子を描く形でより抜きやすくしてます。

続く18分間はエレナが主役。
アイリとは逆に正常位で彼のおちんちんを受け止め
同じく徐々にペースを上げながらキスもして一緒の絶頂を目指します。
そしてアイリは耳舐めしたり彼の手をおまんこに招いて艶めかしい声を漏らします。

エレナ「苦しいけど あんまり痛くない」
そしてここでも2人の個性が引き立つようにプレイを進めます。
アイリのように積極的な責めをすることはないものの
手加減してる彼にもっと激しくピストンするようおねだりし
終盤は気持ちよさそうな喘ぎ声を漏らして男心をくすぐります。

現時点でアイリに勝てないことを理解したうえで
アイリとできるだけ同じ扱いをされようと頑張る姿が印象的でした。
お絵かきや本の読み聞かせで満足してた時より明らかに成長してるのがわかります。
アイリも1回戦とは別のやり方でサポートして2人の初SEXを上手に盛り上げます。

純粋なエロさではアイリのほうが上に感じましたが
キャラ萌え要素で見るならエレナに軍配が上がると私は思います。

このように、2人の魅力が引き立つように初体験を描いたイチャラブ系のエッチが繰り広げられてます。
温もりを感じる作品
少女たちとの色んなやり取りを通じて幸せになれる作品です。

エレナとアイリは吹雪の中わざわざやって来た主人公を満足させようと
正式な店員ではないことをはっきり告げてからお風呂やお部屋で色んなサービスをします。
そして非エロはエレナ、エロはアイリと得意分野を持たせて2人が同じくらい活躍するように進めます。

活発な姉と内気な妹が協力して癒したり気持ちよくするノーマル向けのシチュ
年齢相応の無邪気な態度でひたすら甘えてくるエレナ
普段は控えめだけどエッチになると大胆な姿を見せるアイリ。
方向性は違うけどそれぞれに合ったやり方で愛情を惜しみなく注ぎます。

私はサークルさんの処女作「雪女の宿【小雪編】」を以前聴いたことがあるので
今作もキャラにギャップを持たせてくるだろうとは予想してました。
ですが実際は良い意味でその斜め上を行く内容になってて面白かったです。

アイリ「らしてっ らしてっ せーしっ せーしほしっ」
特にアイリはスイッチが入ると止まらなくなる性格を持っており
エッチの要所でそれを見せて抜きやすい状況を作ります。
豹変と言うほどではありませんけどキャラが割と変わるので驚く人がいると思います。
おちんちんにむしゃぶりついたり自分から中出しを求める姿にグッと来ました。

それに対してエレナは主人公に懐く少女らしいところを見せ
最後のSEXシーンでちょっぴり大人になります。
これもある種のギャップですよね。
妹を通じてエッチな事に興味を持ち、ハマり始める様子を優しいタッチで描いてます。

エッチは展開、プレイ内容、時間の長さを考えれば「パート07 3人でエッチ」が一番抜けると思います。
それ以前に積み重ねてきたものを全部使って2人との初エッチを盛り上げてます。
非エロは非エロで癒しのパワーが強いですし、キャラやサービスのバランスが取れてる作品と言えます。

後編の射精シーンは2回。
くちゅ音多め、淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声それなりです。

可愛い女の子たちとイチャイチャするのが好きな人には特におすすめします。

CV:逢坂成美さん
総時間 3:33:58

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2019年11月22日まで25%OFFの907円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。

雪女の宿【エレナ&アイリ編】~雪に閉ざされた宿で、懐かれて、遊ばれる~

サークル「陸わかめの潮騒」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、見た目は同じだけど性格は大きく違う双子の女の子が
遠路はるばるやって来た男性に心のこもったサービスをします。

2人の性格を引き立たせながらお世話するのが特徴で
エレナは思ったことをそのまま言ったり行動し
アイリは控えめな態度でそれをサポートする、と別々の役割を持たせ
そこに和やかな会話とリアルな音を組み込み温かい空間を作り上げてます。

総時間が214分もあるため前編(パート01~05)、後編(パート06~08)の2回に分けてお送りします。
寒い日を温かい双子と
雪女の宿にいるエレナとアイリから色んなご奉仕を受けるお話。

「うおっ ちめた お兄ちゃんの手 つめたーい」
エレナはやや幼さを感じる明るい声の女の子。
「あ、あの お兄さんは お客さん…ですか?」
アイリは優しくて大人しそうな声の女の子。
とある冬の日、吹雪の中をやって来た主人公を温かく迎えると
秘密の部屋へ案内してからお世話させて欲しいとお願いします。

本作品は何らかの事情で親元を離れここに住んでる2人が
雪山を登ってまで来てくれた彼を長時間に渡って癒したり気持ちよくします。
彼女たちはまだ若いため宿の正式な店員ではないのですが
女将さんや店員たちがお世話してる様子を見て、自分たちもそうすることに憧れてました。
そのため正式なサービスではなく内緒でこっそりやるスタイルを取ってます。

エレナ「アイリ お兄ちゃんの頭にお湯かけて?」
アイリ「わ、わかった」
最大の魅力は彼女たちのキャラ。
姉のエレナは年齢相応の明るく元気な態度でアイリを引っ張り
妹のアイリはそれについていきながら一生懸命ご奉仕します。

双子とは思えないほど性格に大きな違いがあるのでそれぞれの個性が引き立ってます。
2人同時に何かをするシーンが多く、声と音の密度も高いです。

これだけを聞くとアイリが脇役っぽく思えるかもしれません。
ですが彼女には「快楽に貪欲」という隠れた要素があり
エッチシーンに入ると普段よりもずっと積極的に振る舞うようになります。

エレナは表裏のないキャラ、アリサは非エロとエロのギャップが大きいキャラと
元々の性格とは別の面でも2人にほぼ正反対の属性を持たせてます。
シーンによって彼女たちの印象が随分変わるでしょうね。
店員よりも実の妹に近い態度で接してくれて終始和やかな空気が漂ってます。

サービスについては前編部分ですと非エロは入浴と耳かき
エロはフェラや手コキと王道のもので固めてあります。
やることは割とスタンダードですが、それらのやり方に本作品ならではの要素が込められてます。
細かな動作にも効果音がきちんと入っててどれもレベルが高いです。
距離の近さを感じるサービス
主人公が双子と出会い部屋へ案内された後、最初にするのは入浴(約28分)。
宿へ来るまでに冷えた体を温めながら2人がシャンプーと体の洗浄をします。
全員裸になってますがエッチな描写はほとんどありません。

エレナ「おーっ! お兄ちゃんすごーい 貸して貸して」
そして2人は早速それぞれの持ち味を活かしてお世話します。
彼に裸を見られてもまったく気にせず、むしろ自分からくっついて楽しそうにするエレナ
大きなタオルを巻いて恥ずかしそうな仕草をし、一緒に湯船へ浸かる時は見ないようお願いするアイリ。
活発な姉が内気な妹を引っ張る構図がわかりやすく出来上がってます。

またシャンプー、体の洗浄いずれも2人同時に行うことでサービスの密度を上げてます。
シャンプーはわしゃわしゃした泡音が左右から別のリズムで鳴り
体の洗浄は石鹸ではなく泡風呂に入って手で擦る様子をお湯の揺れる音で表現します。

エレナはやや速く小刻みに、アイリは力弱めでゆっくりと音にも性格の違いが見られて面白いです。
そして体を洗ってる時はアイリだけ息遣いが熱っぽくなります。
序盤に裸の付き合いを持ってくることでお互いの心の距離を一気に縮めます。

次の耳かきはおよそ19分間。
ベッドに寝た彼の左右に2人が陣取り、耳かき棒のみを使って同時にお掃除します。
梵天や息吹きをするシーンはありません。

耳かき棒は「ずすっ」という乾いた平べったい音が使われており
ゆっくり掻き出すように動かします。
最中は音がほとんど途切れないのが1人の時と違い新鮮でした。
音質は同じですけど左右でリズムを若干変えて2人にお世話されてる感じを出してます。

耳かき中の彼女たちは「かりかり こしょこしょ」といった擬声語を囁くことが多いです。
前のお風呂パートは結構賑やかに話してたので余計静かに感じました。
エレナみたいにテンションの高いキャラが終始話し続けてたら聴いてる側も疲れますし
こうして落ち着ける時間を設けるのは良いことだと思います。
双子の立場が大きく逆転するエッチ
前編のエッチシーンは2パート54分間。
プレイは乳首/おちんちんの愛撫、フェラ、キス、太ももにおまんこを擦りつける、乳首舐め、手コキです。
服を脱がす、手コキの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

アイリ「エレナちゃん お兄さんの服 脱がせちゃうの?」
エレナ「んー? うん もっかいお兄ちゃんのおっぱい見てみようって」
耳かきの後、寝入った主人公の顔に落書きして遊んでたエレナとアイリは
お風呂で見た彼の裸が気になり、服を脱がせて乳首を指でつつきます。

エッチは終始彼女たちが責め続けます。
前半の「パート04 お昼寝とイタズラ」でするのはソフトな愛撫とフェラ(約25分)。
エレナに誘われて乳首やおちんちんを撫でてたアイリが
我慢できなくなりおちんちんをねっとり舐め始めます。

エレナ「なんか おちんちんむくむくーってしてきたような」
アイリ「ふふっ ビクビクってした」
お風呂の時に彼のおちんちんを不思議そうに眺めてたということは
エレナはまだ男性の体に対してエッチな感覚を抱いてないのでしょう。
その証拠にこのパートでも彼の勃起に感心する表情を見せます。
それに対してアイリはそれが何を意味するのか理解してるような笑みを浮かべます。

乳首をいじれば硬くなることをアイリだけが知ってたりと
2人の性に対する知識や興味が大きく違うことを匂わせる描写がいくつもあります。
そして普段が大人しいからこそ、おちんちんに自分からむしゃぶりつくアイリの姿が余計エロく見えます。
乳首をいじり始めた時点でもう息遣いが熱っぽくなりますし、結構淫乱なキャラに映りました。

プレイについてはアイリがエレナをリードする形で乳首とおちんちんを舐め続けます。
ここでの主人公はずっと寝たままなので彼に話しかけることはありません。
彼女たちの行動、反応、心情だけを描いて2人の違いを引き立たせてます。
ペースはゆっくりですけど時間が十分ありますし、音も割と下品なので1回なら普通に抜けるでしょう。

続く「パート05 オママゴトとこっそりお世話」は音声でほとんど見かけないタイプのプレイ(約29分)。
エレナが母親、主人公がその息子、アイリが妹の役割でおままごとを始め
その直後にエレナがとある全年齢向けの本を左側から読み聞かせます。
そして彼とアイリは布団に入り、それを聞きながらこっそりイチャイチャします。

アイリ「私のお股も さわさわされると 気持ちよくなっちゃうみたいです」
アイリ「あぁ おちんちん かたぁい」

難しい漢字と格闘しながら本を熱心に読むエレナ。
その最中におちんちんを触り、自分もおまんこを彼の太ももに擦りつけて感じるアイリ。
同じ年齢なのに大人と子供と言っていいくらい違う姿を見せてくれます。
おちんちんを直接握った時に漏らす下のセリフは年齢以上の艶めかしさを感じました。
絶頂時のイキ声も大きめですごく気持ちよさそうです。

左から読み聞かせ、右からアイリの吐息や喘ぎ声と
性質の異なるセリフが同時に流れるので、通常のエッチよりもやや抜きにくく感じるかもしれません。
ですがキャラを大事にする本作品の特徴がよく出てるのも事実です。
純粋なエロさよりもシチュで抜くのを目指してるプレイかなと。
手コキ音は鳴ってるようでしたが音量が小さいのでほぼ脇役です。

前編の射精シーンは2回。
ちゅぱ音多め、淫語そこそこ、くちゅ音と喘ぎ声ごく僅かです。

後編へ続く…。
雪女の宿【エレナ&アイリ編】~雪に閉ざされた宿で、懐かれて、遊ばれる~(後編)

CV:逢坂成美さん
総時間 3:33:58


体験版はこちらにあります

追記
2019年11月22日まで25%OFFの907円で販売されてます。

【発売開始3日間限定30%OFF!!!】病的に愛が重いメンヘラサブカルクソ女の監禁調教観察日記【全編バイノーラル収録】

病的に愛が重いメンヘラサブカルクソ女の監禁調教観察日記【全編バイノーラル収録】(前編)」に引き続いての後編です。
今回は「後日談1 なんか彼女っぽいこと……耳かき、とか?」以降の様子を中心に紹介します。
愛する人とたっぷりいちゃいちゃ
最初の2パート60分間は非エロのサービス。
「後日談1 なんか彼女っぽいこと……耳かき、とか?」は耳かき(約37分)
「後日談2 お疲れのあんたの足、あたしに貸して?」はマッサージで彼の心身を癒します(約23分)。

「ねぇ なんか あたしにして欲しいこと ある?」
本編では結構過激なことをしてた彼女も
彼との関係が確定した後はごく普通の女の子に近い仕草を見せます。
体の拘束や快楽調教は一切行わず、彼が望むことを積極的にやってより親密になろうとします。

ところどころでやや重いセリフを言うことがありますけど
サービス自体は一般的な恋人同士がするものにとても近いです。
願ってたことが現実になり、幸せの絶頂にいる彼女の様子をストレートに描きます。

後日談全般で言えるもうひとつの大きな特徴は音を重視してること。
時間に対する会話量を本編よりも減らし、リアルな声や音を駆使してイチャラブ感を表現します。
本作品は音のレベルも高いですから、本編との違いを明確にする意味も込めてこういう作りにしたのでしょう。
どのパートも比較的静かで時間がゆっくり流れていく感覚がします。

耳かきは膝枕の状態で右耳→左耳の順に耳かき棒のみでお掃除し
左耳の最後にだけ軽く息を吹きかけます。
後日談の5番目に耳舐めと息吹きだけをするパートがあるのでここでは意図的に控えてます。

耳かき棒は「ずすー」という滑らかで若干ざらついた音が使われており
耳の壁をゆっくり撫でるように動かします。
結構乾燥度の高い音でした。
反対側の耳には軽い圧迫感があったりと、現実の耳かきに近づけた内容になってます。

また穴の入り口、やや奥、さらに奥と三段構えになってまして
奥へ進むほど音の位置が近く、質感が低く鈍く、動きが緩くなります。
そこまで大幅に変わるわけじゃないので人によってはあまり違いがわからないかもしれません。
デリケートな部分を傷つけないよう吐息を漏らして真剣に取り組むことが多く
音だけが聞こえるひと時はとても静かで落ち着きました。

「(耳垢を)あたしのために残していてくれたんだ ありがと」
最中のセリフは彼を気遣ったり感謝するのが中心。
付き合い始めたばかりでまだ実感できてないようにも見て取れます。
会話する時は手を止めてメリハリをつけてるのも良いですね。
声と音の両方を無理なく楽しめるように工夫してます。

次のマッサージは膝から下に的を絞り
足の指→脹脛→膝の順で片方ずつローションを塗り込みながらマッサージします。
本編と同じく自然さを重視して効果音の音量は控えめにし
その代わり実況を多めに挟んでイメージしやすくしています。

「立って仕事してたりしたら 疲れるよね なんだかんだ ずっと座ってるわけにもいかないしさ」
指をケアしてる時は割と粘っこい水音だったのが、脹脛に入ると滑らかな摩擦音に変わります。
さらに手のひらでぺしぺしと優しく叩く、膝や足の指をちゅぱちゅぱ舐めるなど
彼女の愛情深い性格を出しつつ丁寧なマッサージをしてくれます。
彼を労るセリフも相まって耳かきと同じくらい癒しのパワーが強いです。
シンプルで力強いエッチ
後編のエッチシーンは10分間。
プレイはフェラのみです。
エッチな効果音はありません。

「いいよ 丁度膝立ちだし このまま咥えちゃうね」
マッサージの途中で膝や指を舐められ興奮した主人公を見て
ひかりは彼の気持ちを確認してからおちんちんを強めに吸い上げます。

エッチはフェラなので終始彼女が責めます。
内容はパートの前半は咥えずに竿や裏筋を舐めたり吸ったりし
後半に入ると口に含んで強めのバキュームを続け精液を直飲みします。

音声作品のフェラだと舐めをメインに行うことが多いのですが
本作品では彼女らしさを出すために吸いを多くして力強さを持たせます。
セリフは少ないものの、彼の大事なところを独占しようとする意思のこもったプレイでした。
エロさは高めですけど時間が短いのでこれ単体で抜けるかどうかは人によるかなと。

このように、癒しをメインに据えつつ性欲も発散させる思いやりに満ちたサービスが繰り広げられてます。
重めの純愛作品
病的なまでに一途な女性との恋愛模様を描いた独自色の強い作品です。

ひかりは前々から好きだった主人公と親密な関係になるために
飲み物を使って眠らせ、その間に自宅へ運び手錠で体を拘束します。
そして「恋人になるまでは開放しない」と伝えたうえで色んな快楽を与えて骨抜きにします。

好きな人のためなら文字通り何でもするメンヘラ女性と一緒に過ごすやや重いシチュ
監禁調教を通じて自分の魅力をアピールする本編
彼にひたすら尽くしながら幸せそうな表情を見せる後日談。
彼女の個性をしっかり出したまま前半と後半でまったく違うことをします。

「明日の朝も 明日の夜も もう毎日マッサージしてあげるよ」
中でも彼女は己の欲望に忠実と言いますか
思ったことはやり遂げる強い意思を持ってて存在感が大きいです。
それでいて彼が嫌がることをきちんと避ける気配りもできます。
コミュニケーションが極端に苦手なだけで根は悪い人物ではないと思います。
その証拠に後日談はメンヘラっぽさがそれなりに薄れます。

あとは本編と後日談で上手くバランスを取ってるなと。
本編は割とタイトル通りのことをやり、後日談は暗さや重さを緩和する役割を果たします。
おかげで最後まで聴き終えたらスッキリした気分になれました。

本作品は聴き手の心を痛めつけるのではなく、彼女と生活し愛される感覚をリアルに伝えるのを目的にしてるので
後半からあまあま路線に転換しても別に問題ないと見ています。
レビューの前編でも書いたように、彼女は言うことを聞いてくれる相手には優しく接します。

後編の射精シーンは1回。
ちゅぱ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声はありません。

可愛い女性に強く愛されたい、求められたい人には特におすすめします。

CV:逢坂成美さん
総時間 3:53:40(本編…1:43:15 後日談…1:46:19 フリートーク…24:06)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2019年10月22日まで30%OFFの1001円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。

↑このページのトップヘ