同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:逢坂成美

   ● びしょ濡れ無口系JKと雨らぶバス停えっち【バイノーラル/フォーリーサウンド】
   ● 今月のダブルセフレ係
   ● クールな後輩痴女に、マゾち○ぽを弄ばれる。【耳舐めタイツコキ】
   ● 【KU100】JK耳舐めサロン~合法耳セックスでお耳ま○こ処女もらってあげる~
   ● 子作りオナホ村【バイノーラル】
   ● ヒプノパラサイト~寸止め地獄と脳フェラで、自我の吹き飛ぶブレインアクメ~【全編バイノーラル!!】
   ● 【KU100】HERO-TEMPTATION~VSアイスクリーム屋のお姉さん~
   ● JKマッチング♪ ~精子と卵子の相性MAX~
   ● ヒプノアドベンチャー3 ~甘媚びサキュバスと裏切り勇者~
   ● 純愛おま○こ当番【フォーリーサウンド】




サークル「EXcute」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、大人しそうに見えて結構大胆なクラスメイトが
雨の日に偶然会った顔見知りの男子とバス停や自宅でイチャイチャします。

バックで雨音を流しながらゆっくりじっくり愛し合うのが特徴で
序盤はバス停、中盤はお風呂場、終盤は部屋とシーンごとに場所を変え
ちゅぱ音、効果音、環境音を組み合わせてエッチの様子をしっとりした雰囲気で描きます。
雨がくれた温かいプレゼント
クラスメイトの水無月早霧と3種類のエッチをするお話。

「あ、こんにちは うん 傘 持ってきてない」
早霧はややトーンが低く穏やかな声の女の子。
本屋へ行く途中で雨に降られたところを主人公に話しかけられると
一緒の傘に入りお礼を言ってからバス停へ移動します。

本作品は教室や図書室でよく会う程度の関係だった男女が
雨の日に偶然出会い、およそ90分に渡るエッチをして仲良くなります。
彼女は物語の開始時点から彼に一定以上の好意を寄せており
冒頭の相合傘で会話するシーンにもそれが早速出てきます。

「私服 見てみたかった? じゃあ 今度写真撮ってくるね」
休日なのに制服を着てる理由を尋ねられた時は「私服姿を見せてあげる」と言ったり
同じ傘に入ってる状況を見て「恋人みたい」と思わせぶりなことを言うなど
彼女が彼をどう思ってるかがわかるように進めます。

2人とも本が好きなようですからそこに親近感が湧いたのかもしれません。
しゃべり方は淡々としてますが性格は純情で年頃の女の子らしいです。

また雨の日にイチャイチャしてることを表現するために
物語の大部分でリアルな雨音が流れ続けます。
外にいる時はクリアだったのが、自宅に着いた後は若干こもって遠くなるなど
2人がいる場所に応じて鳴らし方を変える凝った演出がされてます。

彼女がセリフを区切りながらゆっくりのんびり話すおかげで
声と音の両方を無理なく聴けるようになってます。
終盤のSEXシーンは会話量を減らしてエッチな音を中心に据えてますし
彼女と一緒にいる雰囲気を味わいながら抜くしっとりした作品です。
キャラ重視の穏やかなエッチ
エッチシーンは6パート69分間。
プレイは耳舐め、キス、手コキ、フェラ、SEX(騎乗位)です。
手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「私も 我慢するの 無理かも こういうエッチな事 君としたかったから」
バス停に到着し、軽い耳舐めとキスで主人公を興奮させた早霧は
バスが来るまでの時間を使って気持ちいい恩返しをします。

エッチは終始彼女が責め続けます。
一番最初の「02_田舎のバス停、雨音と手コキ(約15分)」でするのは手コキ。
左右の手を竿と亀頭に被せてゆっくりペースでしごきます。

「大丈夫 私の両手で すっかり隠してるから もし他の人が来ても 恥ずかしいところは 見えないよ エッチな事してるのは バレちゃうけど」
声や態度は普段通り落ち着いてますがやることは積極的。
彼が寒い思いをせずに済むようおちんちん全体を優しく包み込み
優しい言葉をかけて羞恥心を和らげながら丁寧に責め続けます。

手コキのペースが終始ゆっくりで彼女の口調と合ってました。
でも音自体は割と下品でそれが余計エロく感じます。
雨音を聞きながら公共の場でこっそりエッチする状況も本作品らしさがあって良いです。
彼女と一緒にいる雰囲気を作りながらその魅力を伝える結構重要なパートです。

続く4パート27分間は彼女の家のお風呂場が舞台。
雨で冷えた体を温めようと2人で一緒にシャワーを浴び
そのまま勢いで耳舐め手コキとフェラをして再度の射精に導きます。

「これで もう寒くないよね」
脱衣所で躊躇する彼を見て「手伝おうか?」と尋ねたり
お風呂場へ移動した後は体を密着させて温める大胆なところを見せてくれます。
バス停の時も十分積極的でしたが、誰にも邪魔されない場所だから遠慮しなくなったのかもしれません。
無口だから行動で気持ちを伝えようとするところに愛らしさを感じました。

プレイについては「05_耳舐め手コキ-その1(約8分)」と「07_耳舐め手コキ-その2(約5分)」は耳舐め手コキ
「06_焦らされ舐め(約5分)」「08_じゅぽじゅぽフェラ(約9分)」はフェラと
それぞれを2回ずつ交互に行うスタイルを取ってます。

05と07は左右を切り替えてるだけなのでそこまで変化はありませんが
06はおちんちんを舐めたりしゃぶるスタンダードなフェラ
08は咥え込んだまま吸い多めでパワフルに責めるフェラでギャップがあります。
特に08は射精に直結するパートだからわざとやや下品に振舞ってました。
フィニッシュはしっかり口で受け止め飲んでくれますし、ここも彼女の愛を感じる描写が多いです。

そうやってお互いの心の距離を近づけた後
「09_誰もいない静かな部屋で雨らぶ甘々えっち(約27分)」で体のほうもひとつになります。
彼女が上に跨って腰を打ちつける女性上位のシチュですが
甘いセリフやエロ可愛い喘ぎ声が多いおかげでノーマル向けのプレイになってます。

「好き 好き 好き 大好きぃ」
山場にあたるシーンだからでしょうけど、これまで以上に彼女の心情描写に力を入れてました。
中盤からは熱っぽい吐息、喘ぎ声、キス&耳舐めによるちゅぱ音の割合が上がり
バックで流れる雨音と組み合わさって彼女がすぐそばにいるような感覚が味わえます。
ストレートな愛の言葉も言ってくれますし、満たされながら抜けるプレイに仕上がってます。

このように、2人の親密度に合わせてプレイも濃くなるイチャラブ系のエッチが繰り広げられてます。
雰囲気の良い作品
雨の日に女の子とエッチする様子を忠実に描いた落ち着いてる作品です。

早霧は以前からある程度の好意を寄せてた主人公に相合傘のお礼をしようと
まずはバス停でゆっくり手コキしながら自分の気持ちを伝えます。
そして自宅に着いた後はより大胆に責めて彼の心をガッチリ掴みます。

好きな人にはとことん尽くす物静かな女の子が、知り合いの男子とエッチで仲良くなるノーマル向けのシチュ
多くのシーンで雨音を流しながらゆっくり愛し合う雰囲気の良いエッチ
無機質な表情で何を思い、感じてるかをストレートに伝える彼女のピュアなキャラ。
静けさや落ち着きを大事にしながら2人の恋愛模様を描きます。

「なんで ここまですると思う? こんなこと 嫌いな人にはしないよ」
中でも3番目はもっと内気な女性かと思いきや、ストレートなセリフが多くて少し驚きました。
エッチも「彼のことが好き」という気持ちを込めてやるので事務的感はありません。
ファーストキスや処女といった大事なものを彼に捧げて惜しみない愛情を注ぎます。
一部では割とパワフルな責めもしますし、M向けの要素がまったくないので誰でも聴けます。

ただし、彼女が彼を好きになった経緯や理由が曖昧になってるところや
バス停でエッチするのがエッチシーンのおよそ22%と控えめなところは気になりました。
前者は2人の関係が「図書室でよく会う」くらいしか書かれてないので
それだけでここまでのエッチをするのはさすがに飛躍してると思います。

例えばエッチの最中にそのへん事情をもう少し語ってくれたら違ったでしょう。
あるいはエッチを通じて彼の魅力を表現するとか。
本作品は抜き系ではなく雰囲気を楽しむタイプなので
そのへんをしっかりさせておいたほうが聴いた時の違和感がなくなり没入できます。

後者はタイトルが「バス停えっち」なら半分くらいの時間は欲しいかなぁと。
今の内容だとバス停エッチは2人がより仲良くなるきっかけ程度の位置づけで
メインはお風呂場や部屋でのプレイになります。

射精シーンは3回。
くちゅ音とちゅぱ音それなり、淫語と喘ぎ声そこそこです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:逢坂成美さん
総時間 1:34:41

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2021年5月6日まで30%OFFの616円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。



サークル「しゃーぷ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、ほぼ正反対の性格をしてる2人のJKが
学校でただ1人の男子生徒へ交互に、あるいは同時にエッチなご奉仕をします。

片方は彼を見下したり呆れるセリフを言いながら一生懸命責める
もう片方はストレートに甘やかす、といった具合に
2人の魅力をわかりやすく表現しながら何度も射精させるキャラ&抜き重視の作りになってます。
温かいJKと冷たいJK
セフレ係の茅野さん(挿し絵右)、佐倉さん(挿し絵左)と6種類のエッチをするお話。

「あなたが お相手の男子ですか? 今月のセフレ係になった茅野です。よろしくお願いします。」
茅野さんは淡々と話すクールな声の女の子。
「あっ、いたいた~♪ 楽しみにしてた? こんにちは、わたし、今月のセフレ係の佐倉だよ♪」
佐倉さんは明るくて甘い声の女の子。
主人公に挨拶し早速左右から密着すると、彼女たちが担当してるセフレ係が何か教えます。

本作品は今年から共学になり今は男子生徒が1人しかいない学校を舞台に
今月のセフレ係になった2人がおよそ90分に渡って色んなエッチをします。
セフレ係で精液を搾り取ると成績が上がるシステムになってるらしく
2人とも序盤から積極的に耳とおちんちんを責め続けます。

佐倉「あなたが興奮できるように頑張るから♪」
茅野「ずいぶんと欲張りな方ですね、さては都合よくなんでもしてもらえると思っていましたか?」
しかしエッチするにあたって2人はほぼ正反対の態度を取ります。
佐倉さんは実の弟を甘やかすように優しく接するのに対し
茅野さんは終始クールな声で見下す姿勢を見せます。

特に茅野さんは「毒舌JK」と呼ばれてるだけあって言うことが割と容赦ないです。

ただし、ドSキャラのように手厳しいことをするわけではありません。
嫌そうな表情を見せながらしっかりお世話する面倒見のいい女性に描かれてます。
物語の終盤は佐倉さんよりも踏み込んだことをしますし
言葉に出さないだけで多少は彼に好意を抱いてるように受け取れます。
事務的そうに見えてそうじゃないのが彼女の魅力です。

プレイは耳舐め、手コキ、SEXといったノーマル向けのものばかりですから
私はややM~ややSがメインターゲットになると見てます。
興味が湧いたら誰でも聴けるあたりに調整されてて守備範囲が広いです。

エッチについては最大の売りである2人のキャラが活きるように
序盤は一対一だったのが中盤以降は3Pへと変わります。
一部のシーンはわざと展開を同じにしてあって性格の違いがすごくわかりやすいです。
佐倉さんのあまあまなキャラと茅野さんのクールなキャラのギャップが引き立ってます。

抜き性能についても複数人プレイ作品を数多く制作されてるサークルさんなだけあって高めです。
片方がおちんちんを責めてる時はもう片方が耳舐めでサポートしますし
どのパートも会話量を多めにして方向性の違う言葉責めをガンガンします。

耳舐めの時間はそこまで長くないですけど
耳の外をちゅぱちゅぱ舐めたり吸うお馴染みの音ではなく
耳の内側をジョリジョリ擦る感じの独特な音を鳴らしてました。
効果音も挿入とピストンで大きく違ったりと、音に対するこだわりも見られます。
一生懸命お世話するエッチ
エッチシーンは6パート77分間。
プレイはキス、耳舐め、ハンカチコキ、手コキ、オナホコキ、SEX(正常位)、フェラです。
ハンカチコキ、手コキ、オナホコキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「あなたの膝の上、跨っても良いですか? 近くでわたしの身体を感じれた方が…興奮するんじゃないですか?」
最初から2人同時にエッチするのは恥ずかしいので主人公に相手を選んでもらうと
指名された茅野さんは彼の上に跨り熱いキスをします。

エッチは彼女たちがリードしつつ一部で攻守を入れ替えます。
最初の2パート30分間は2人の魅力や違いをわかりやすく表現してるシーン。
「02茅野の冷ややかハンカチ越し手コキ(約16分)」は茅野さんが
「03佐倉の優しい甘やかし手コキ(約14分)」は佐倉さんがキスと手コキをします。

「女の子の匂い、ですか? シンプルに気持ち悪いですね…ただのシャンプーですから」
「セフレ係になったのは成績が理由ですが…まあ、性犯罪者を減らす世直しだと思えば悪くないですね」

茅野さんは学校初の男子を警戒してるのか序盤からきつめの言葉責めをします。
ハグしてる時に良い匂いがすることを言われて「気持ち悪い」と言ったり
彼を性犯罪者予備軍に指定するなどストレートな表現が多いです。
クールな声や淡々とした口調も相まって事務的キャラに映ります。

しかしやってることは結構手厚いです。
パート序盤でするキスは舌を絡めるディープなやつだし
自分から制服の上を脱ぎブラを見せつけて彼を上手に興奮させます。
成績が絡んでることを加味してもサービス精神旺盛なほうと言えます。

手コキはどちらのパートも精液を回収する必要があるのでゴム越しにやります。
最初はゆっくり、終盤だけハイペースでしごいて無理なく追い込んでました。
セリフ以外は割と甘い責め方をしますからM度が低い人でも聴きやすく感じると思います。

「あ~、皮被ってる、可愛い♪ ちゃんとムキムキしてあげるからね~♪」
それに対して佐倉さんは甘やかし上手なお姉ちゃんキャラ。
セフレ係の仕事で相手する彼に嬉しそうな表情で話しかけます。
こちらを受け入れたり全肯定するセリフが多いので雰囲気も非常に甘いです。
茅野さんの次に佐倉さんのパートを置いて2人を上手く対比させてます。

ちなみに本作品は手コキする02~03パートと
SEXする05~06パートはほぼ同じ展開とプレイ構成にしてます。
でもセリフが大きく違うおかげで聴いた時の印象もガラリと変わります。
こういう演出からもサークルさんがキャラを大事にされてることがわかります。

次の4パート47分間は3P。
「04左右耳舐めダブルオナホコキ(約12分)」は両耳舐め+オナホコキ
「05甘やかし誘惑イチャラブセックス(約11分)」は佐倉さんとのSEX+茅野さんの耳舐め
「06茅野と事務的わからせナマハメセックス(約11分)」は茅野さんとのSEX+佐倉さんの耳舐め
「07事後おちんぽ交互お掃除フェラ(約13分)」はお掃除フェラと通常のフェラで合計4回射精させます。

茅野「彼女でもなんでもない子に…耳なめされてすぐ興奮しちゃうんですね。男子というのは…」
佐倉「そんなことないよね? わたしたちのこと気に入ってくれてるんだよ♪」
そしてここからは2人が掛け合うシーンが一気に増えます。
彼を否定的な目で見る茅野さんを佐倉さんがたしなめるなど、2人の性格の差を活かしたものが多いです。
佐倉さんに多少は感化されたのか、茅野さんの態度が徐々に柔らかくなります。

それをわかりやすく物語ってるのがSEXシーン。
最初の佐倉さんはゴム有り、次の茅野さんはゴム無しと大事な部分で違いを持たせます。

茅野「んっ… サイアク…あなたのおちんぽが入ってくる感触…気持ち悪いです」
セリフのほうは相変わらず冷たいですけど、普段よりも吐息が明らかに熱っぽいですし
喘ぎ声を軽く漏らした時に「感じてない」と否定する可愛いところも見せてくれます。
中出し射精する時は同時にキスする、事後に彼の性欲の強さを心配するなど
彼に対してマイナスの感情を持ってないことを匂わせる描写がいくつも出てきます。

この学校は去年まで女子校でしたから、茅野さんも男をよく知らなかったのだと思います。
でも実際に肌を重ねた結果そんなに悪いものではないと認識を改めたのでしょう。
言うことが相変わらず冷たいのは照れ隠ししてるのかもしれません。
言葉と行為に大きなギャップがあって魅力的に描かれてます。

もちろん佐倉さんも甘やかし上手で違う魅力を持ってます。
2人が同じくらい活躍するようにエッチを組み立ててあって聴き比べる楽しさがあります。

このように、おちんちんをしっかり責めつつ他の部分にも力を入れてる穏やかなエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視の濃い作品
複数人プレイの要所を押さえたうえでキャラにも光を当ててる優れた作品です。

佐倉さんと茅野さんは主人公が女子生徒だらけの校内で問題を起こさないように
おちんちんを責めながらそれぞれの個性を活かした言葉責めもしてスッキリさせます。
そして中盤以降は3Pに切り替えて掛け合いを挟みつつ協力して上手に責めます。

甘やかし上手なJKとクールなJKが個別に、あるいは同時に童貞男子を責めるシチュ
彼女たちをほぼ正反対の性格にしてセリフに大きな違いを持たせたキャラ重視の演出
耳、唇、おちんちんを同時に責めてエッチな声や音をガンガン鳴らす複数人プレイ。
キャラ、セリフ、プレイ構成、音など色んな要素にこだわって作られてます。

中でも2番目はバランス感覚に気を配ってあってすごく良いです。
茅野さんは順当にいけば事務的なドSキャラになるのに
実際はセリフがきついけど責めっぷりは優しい女性にして聴きやすくしてます。
物語の終盤は佐倉さん以上に手厚いサービスをするなど、心情変化がプレイを通じて伝わってきます。

佐倉さんは最初から最後まであまあまなキャラを通すので
私は茅野さんのほうが深みのある女性に映りました。
嫌がったり無理矢理責めることもなく、彼のために尽くす姿勢でリードします。
彼女をわからせるシーンもあったりと男が喜びそうな素材が充実してます。

射精シーンは6回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。
キャラ作りがしっかりしてる複数人プレイ作品が好きな人には特におすすめします。

CV:佐倉さん…逢坂成美さん 茅野さん…思ちぽさん
総時間 1:35:27

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年4月22日まで15%OFFの1122円で販売されてます。



サークル「#ハチゼロニ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声や態度はクールだけど性格はドスケベな女の子が
自分に興味を持った学校の先輩とアブノーマルなエッチを楽しみます。

彼女の性格や嗜好を前面に押し出したややM向けのプレイをするのが特徴で
序盤は官能小説を読みながら彼にもやってみせる、中盤は黒タイツを活用するなど
シーンによって違う特徴を持たせ、後になるほど彼女も自分を曝け出して痴女っぷりをアピールします。
文学少女の正体は痴女
静内 美津莉と5種類のエッチするお話。

「はぁ なんですか? 私に何かご用でしょうか」
美津莉は可愛くて凛々しい声の女の子。
図書室の奥で読書中に主人公が近づいてきたので理由を尋ねると
読書の邪魔をしないように告げてから1か月前のことを話します。

本作品は読書好きで物静かな図書委員らしい性格をしてる彼女が
自分に興味を持った彼とおよそ120分に渡りイチャイチャします。
最初の3パートは図書室の奥、次の2パートはラブホと場所を変え
それぞれでまったく違うプレイをしながら少しずつ仲良くなります。

「今日の本のタイトルは 痴女の吐息 サブタイトルは 弄ばれる硬直」
彼女は一見すると知的な女性ですけど実際は超がつくほどの痴女。
この日も彼が来るまで痴女がM男を弄ぶ官能小説をクールな表情で読んでました。
そして1か月前から自分を密かに見てた彼に興味を持ったのか
この中に描かれてるプレイを実際にやってみようと提案します。

痴女はドスケベっぷりを露骨にアピールするキャラが多いですけど
彼女の場合は結構むっつりで中盤までは落ち着いた態度を取ります。
ギャップを意識してると言いますか、冷たそうに見えて積極的にサービスするのが面白いです。

エッチは本作品の売りである官能小説と痴女に焦点を当ててます。
序盤は2人がまだ疎遠なので朗読を中心に据えた比較的ソフトなプレイを行い
中盤以降は彼女が本領を発揮して激しい責めっぷりや乱れっぷりを披露します。
特に朗読はセリフの表現が非常にリアルでイメージしやすいです。

「今日でお役御免ですから もちろんぶっかけ上等です 射精する時は 是非タイツを汚してくださいね」
また中盤は挿し絵でも描かれてる黒タイツを使ったプレイが出てきます。
片足や両足でおちんちんをしごく、太ももで挟み込んでお互いの性器を擦り合わせるなどです。
射精シーンではタイツにぶっかける指示を出したりと、足フェチな彼の嗜好に合った責め方をします。

クールな女性がM男を相手する場合、きつめの言葉責めや調教をするケースをよく見かけます。
しかし彼女は自分も変態だと強く自覚してるので彼を見下したり貶すことはありません。
お互いの性癖をストレートにぶつけ合って楽しむ感じで進めます。
セリフも彼女の心情や反応に寄せてますし、属性はややMあたりに留まってます。
少しずつ踏み込んでくエッチ
エッチシーンは5パート91分間。
プレイは官能小説の朗読、手コキ、タイツで足コキ、耳舐め、タイツ素股、キス、顔面騎乗、69、SEX(正常位、騎乗位)です。
手コキ、足コキ、素股、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(track1~2のみ無しも選択可)。
ちなみに効果音は全編を通じて音量が小さめです。

「ほら この章では 初めて男性と絡む場面なのですが 先輩のために 小声で音読してみましょうか」
自分が痴女だと知っても怯まない主人公に興味を持った美津莉は
手に持ってる官能小説を読みながらそれと同じプレイをしてあげます。

エッチはパートによって責め手を入れ替えながら進めます。
最初の2パート41分間は官能小説の朗読を取り入れた独特なプレイ。
「track1. 先輩はマゾの変態ですね(約15分)」は手コキ
「track2. タイツ、好きですよね(約26分)」は耳舐め+タイツ足コキで1回ずつ射精させます。

「最も駅間の距離が長い区間に差し掛かったところで ふと違和感を覚える ぴりり、という静電気を受けた時のような小さな刺激 次いで むず痒い感覚が 腰の周りに走る」
朗読は聴き手が物語の男性と同じ視点で楽しめるように、何を思い感じてるかを綿密に語ります。
主語をわざとなくして同一視しやすくしたり、セリフの描写を官能小説らしくするなど
一般的な音声作品とは明らかに違う要素が見られます。

track1は満員電車に乗ってる男性の背後に女学生が立ち
ズボン越しにおちんちんを愛撫してからチャックを下ろして竿や金玉をゆっくり責めます。
公共の場で見知らぬ女性に大事な部分を弄ばれるシチュにゾクゾクしました。
でも無理矢理感は一切なく、彼の意志を確かめながらじっくり射精に導きます。

そしてパート後半からは主人公にも同じプレイをしてあげます。
彼女は学校に通う年頃で官能小説好きなだけあって男の体に強い興味を持ってます。
そのため彼に許可を取ってからズボン越し→直接の順でおちんちんを刺激します。
手コキの時間は6分程度と短めですからシチュを楽しむ意味合いが強いです。

track2は彼女の性格と黒タイツを組み合わせたプレイ。
後日再び会いに来た彼の後ろに抱きついて足でリズミカルにしごきます。
track1と違い朗読は冒頭の6分程度で切り上げ
以降は耳舐めと足コキを同時にやってMな彼を喜ばせます。

「私は 官能小説が大好きなので 官能的に快楽に溺れていく先輩を 否定したりはしませんから」
情けない姿を晒す彼を軽蔑するのかと思いきや、逆に受け入れるのが印象的でした。
彼女は自分が普通の女の子と違う嗜好を持ってることを理解しており
以前からクラスメイトと距離を取る生活を送ってきました。
だから官能小説が好きだと打ち明けても軽蔑しなかった彼を信頼し始めます。

物語が進むにつれて彼女が生の自分を曝け出すようになるのが面白いです。
「好き」などの愛の言葉を投げかけるのではなく態度や行動で気持ちを示します。
元がクールキャラだからデレた時の様子が余計可愛く感じました。

その部分がわかりやすく表現されてるのが終盤の2パート。
「track4. 休日はラブホで初体験(約18分)」は69を経由してから正常位で
「track5. ひたすらアヘ交尾(約16分)」は騎乗位でがっつりSEXを楽しみます。

このへんまで来ると彼女は彼をすっかり信頼しており
自分から積極的におねだりしたり思い切り乱れて気持ちいいことをアピールします。
部屋に入った直後に激しいキスをするところや
69の時にパワフルなちゅぱ音を鳴らしておちんちんを味わう姿は実に痴女らしいです。

「あぁこれ全然違う 自分の指の何倍も気持ちいいっ」
肝心のSEXも自分の内面を素直に曝け出して快感に浸ります。
冒頭のクールな彼女とはまるで違う様子を見せますから驚くでしょうね。
でもそっちは猫を被ってるだけで、本当の彼女は快楽に従順な女性なのだと思います。

またtrack4、track5いずれも彼が責めるシーンが多く(騎乗位も下から突き上げるのがメイン)
彼女が大きめの喘ぎ声を漏らしてくれるので純粋なエロさも高いです。
彼女をイキ狂わせる展開になっておりM向けの要素はほとんどありません。
ピストンされて乱れる姿を楽しむ王道のイチャラブプレイです。
彼女視点のセリフが非常に多いことも含めて痴女っぷりを前面に押し出してます。

このように序盤は官能小説、中盤はタイツ、終盤は痴女と違う特徴を持つ独特なエッチが繰り広げられてます。
個性的で臨場感もある作品
痴女なことを他人に隠してた女の子がそれを徐々に曝け出すキャラ重視の作品です。

美津莉は自分に興味を持ってくれた主人公と楽しい時間を過ごそうと
まずは官能小説を朗読しながら手や足でおちんちんを責めて彼の反応を見ます。
そして自分と同じ変態だとわかった後はより踏み込んだプレイをして願いを叶えます。

クールそうに見えてドスケベな女の子が先輩と変わったエッチをするややM向けのシチュ
官能小説の朗読、タイツを使ったプレイ、SEX中の激しい乱れっぷりと
彼女の個性が出るようにソフトなものからハードなものまでやる割と幅広いエッチ
序盤と終盤でまったく違う顔を見せてくれる彼女の愛らしいキャラ。
本作品が持つ色んな特徴を上手く組み合わせた純愛系のストーリーが楽しめます。

特に3番目はクールキャラだから事務的に責めるのかと思いきや
後になるほど大胆でエロさの高いプレイをするのが意外でした。
朗読をしてる時とSEXの時とのギャップが非常に大きいです。
彼とのエッチで「この人になら自分を曝け出せる」と思えたことがこうなった一番の要因だと思います。
条件が揃えば熱いところを見せてくれる二面性を持った女性です。

エッチは最初の朗読が私は一番好きですね。
同人音声だと敬遠されるセリフの表現を敢えてやって臨場感を出してます。
これをやるのはほぼtrack1だけなので、できればもう1パートくらいやって欲しかったなぁと。
終盤のSEXは彼女をガンガン責めるスタイルですからノーマル~ややS向けの内容です。

射精シーンは5回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声いずれもそれなりです。

CV:逢坂成美さん
総時間 2:03:14

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年4月19日まで25%OFFの990円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



サークル「はーとこれくと」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、JKたちがたっぷり耳舐めしてくれる風俗店を舞台に
そこで働いてる2人の女の子が通常よりも濃い耳舐めを提供します。

前半は通常の耳舐め、後半は「耳セックス」と呼ばれる特殊なプレイをするのが特徴で
常に左右同時に異なるちゅぱ音を鳴らしながら
責め方や深さをシーンによって切り替えて彼女たちに耳を犯されてる雰囲気を作ります。
完全女性上位ですがM向けの要素はほとんどありませんからノーマル~ややMの人が最も楽しめるでしょう。
耳舐めで女性の気分を疑似体験
日向いお(挿し絵左)、姉崎りお(挿し絵右)が色んな耳舐めをするお話。

「私は日向いお いおって呼んで?」
いおはギャルっぽい話し方をする明るい声の女の子。
「私は姉崎りおでーす りおって呼んでください」
りおは穏やかで色っぽい声の女の子。
JK耳舐めサロンを初めて訪れた主人公に挨拶すると
ここへ来た理由を尋ねてから耳セックスの魅力を語ります。

本作品はエッチ大好きでサービス精神旺盛な2人が
耳舐め好きな彼をおよそ80分に渡ってもてなします。
どのパートもいおが左、りおは右に陣取って協力しながら責めるスタイルを取り
エッチシーンのほぼ全部で耳舐めする非常に尖った作りです。

耳舐め専門の風俗店なので彼女たちが彼の耳以外を責めることはありません。
ですが耳舐めと同時にオナニーしたり、彼にもオナニーの指示を出して一緒の絶頂を目指します。
2人の砕けた口調も相まって終始和やかな空気が漂ってます。
絶頂形式は射精ですからちゅぱ音をオカズにおちんちんをしごく感じになります。

そして耳舐めに特化してるからこそ質量共に優れたサービスが味わえます。
量はおよそ70分間やると言えばそれ以上の説明は不要だと思います。
質については前半が耳キスや耳舐めといったスタンダードなプレイをするのに対し
後半はタイトルにもなってる「耳セックス」を重点的に行います。

いお「JKの耳チンポ お耳マンコに欲しいっておねだりしてよ お兄さん」
耳セックスは簡単に言うと耳の穴を舌で責めることを意味し
彼女たちの舌をおちんちん、彼の耳穴をおまんこに見立てて色んな責めを繰り出します。
前戯や後戯といった通常のSEXでやることも挟んできたりと
聴き手がSEXにおける女性側の視点で楽しめるように進めます。

パートごとに意識して違う責め方をしますから、同じ耳舐めでも聴いた時の印象が随分違います。
舌の腹で舐める、舌先をちろちろする、舌先で軽くほじる、口をすぼめて吸い上げるなど様々です。
音の質感も結構リアルですし耳舐め好きならかなり楽しめます。
一緒に楽しむエッチ
エッチシーンは7パート71分間。
プレイは耳吐息、耳キス、彼女たちのオナニー、オナニー、耳舐め、耳セックスです。
エッチな効果音はありません。

りお「優しい耳キス 気持ちいいでしょう? 前戯は大事だからね ふふっ」
耳セックスの醍醐味を語って主人公の期待と興奮を煽った2人は
左右に陣取り弱めの息吹きやソフトな耳キスでまずは感度を上げます。

エッチは風俗店なので終始彼女たちが責め続けます。
最初の3パート28分間は耳セックスを始めるまでの準備。
「トラック1 耳セックス前戯(約8分)」は耳吐息と耳キス
「トラック2 耳セックス前戯(約10分)」は外側を舌先や舌の腹で舐めるスタンダードな耳舐め
「トラック3 耳セックス挿入(約10分)」は舌を耳の穴へゆっくり挿入しながら少し動かします。

いお「りおは相変わらずむっつりだよねー そんな耳マンコの匂い くんくん嗅いじゃってさ」
りお「だって 男の人の匂い ちょー好きなんだもん 嗅ぐだけでおまんこ濡れてくるっていうか むらむらしてくるっていうか」
2人ともここで1年以上働いてるだけあって責めっぷりはスムーズ。
JKらしく砕けた調子で話しながら同時に責めて心身を少しずつ温めます。
彼女たちが楽しみながら責めるのが良いですね。
特にりおは匂いフェチなので匂いを嗅ぐシーンを適度に挟み、うっとりした声を漏らします。

風俗店を題材にした作品の中では心の距離を近めに設定してます。
JKに礼儀正しい態度を取られるのも妙な感じがしますし
友達に接するような態度で責めて和やかな雰囲気を作ります。
心のケアにも気を配ってるところはプロらしいなと。

肝心の耳舐めはどのパートもちゅぱ音を比較的ゆっくり鳴らしてて聴きやすいです。
トラック1はちゅぱちゅぱついばむ感じの音だったのが
トラック2は舌でれろーっと舐める幅の広い音に変わります。
そしてトラック3は耳の穴が対象なので動く範囲を狭める代わりに深さの違いを出します。
横の動きと縦の動きを使い分けててサークルさんのこだわりを感じました。

また彼女たちはトラック1、彼はトラック2からオナニーを始めます。
露骨に喘いだりせず熱っぽい吐息を漏らしてました。
おちんちんオナニーもほぼ指示を出しませんし、あくまで耳舐めを主役に据えてます。

次の3パート37分間は選択式。
「トラック4 耳セックスフィニッシュa(約12分)」は優しく叩いたりほじる耳舐め
「トラック5 耳セックスフィニッシュb(約11分)」は吸い中心の耳舐め
「トラック6 耳セックスフィニッシュc(約14分)」は舌先を素早く動かす耳舐めで1回ずつ射精させます。

りお「ほら 感じて? お兄さん 耳の膣壁 かるーく叩くように舐めてあげる」
そして2人はよりSEXらしさが出るようなセリフを投げかけながら進めます。
トラック4は耳かきの動作を舌に置き換えてるようなプレイで
奥から手前へ掻き出す際に微弱な振動が伝わってきます。
質感も外側に比べると低く鈍いものになってます。

圧迫感や閉塞感がもう少しあればよりリアルになると思いますけど
音の質感、動きいずれも十分高い水準に達してます。
2人同時にやるから個々の刺激を多少抑えてバランスを取ってました。

またトラック5はシチュにも新しい要素を加えて彼を上手にもてなします。
具体的にそれが何かは伏せますが、彼の被虐心を煽ることを見据えてます。
彼女たちが意地悪になるわけじゃなく興奮できるスパイスを用意する感じです。
耳舐めもトラック4から大幅に変わってて新鮮な気分で聴けました。

トラック6は縦と横の動きを組み合わせたうえで2人の吐息をさらに熱っぽくします。
前半は舌を小刻みに動かす、後半は穴の奥をやや激しく責めると位置を切り替え
さらに途中から彼女たちが乳首オナニーを加えて純粋なエロさも高めます。
このパートは喘ぎ声の割合が他より高めになってました。
耳舐めだけでなく、それ以外の要素も違いを出してるのが面白いです。

このように、最大の武器である耳舐めをがっつり行うテーマに沿ったエッチが繰り広げられてます。
音の種類と濃さにこだわった耳舐め作品
王道のものからマイナーなものまで幅広く取り揃えてる耳舐め作品です。

いおとりおはお店を初めて利用する主人公に耳セックスの素晴らしさを教えようと
左右に陣取り連携を取りながら耳の外側、穴の入り口、さらに奥を慣れた舌さばきで責め続けます。
そしてパートごとにちゅぱ音の質感、動き、深さを色々変えて単調さをなくします。

明るくてサービス精神旺盛なJKたちが男性の耳を舌で丁寧に犯すノーマル~ややM向けのシチュ
彼の耳をおまんこ、彼女たちの舌をおちんちんに見立てて色んな責め方をする耳舐め特化のエッチ
しゃべる役と舐める役を交互にやってちゅぱ音を途切れさせなくしたり
彼の目の前で乳首やおまんこをいじって熱っぽい吐息を漏らす彼女たちのリード。
JKが持つ明るさやノリの良さをきちんと反映させた耳舐めをします。

中でも耳舐めは単純に時間が長いだけでなく色んな部分にこだわってます。
外側を舐めたり吸ったりするお馴染みの耳舐めは前半シーンでやる程度に留め
中盤以降はパートごとに違うやり方で穴の入り口や奥を重点的に責めます。

耳舐めが好きかどうかで満足度に多少の違いが出るのは否定しませんが
より多くの人が楽しめるように色々配慮してるのも事実です。
早い段階からオナニーを始めたり、フィニッシュを3種類用意してるのがいい例です。
言葉責めも非常にライトで彼をもてなすことを強く意識してます。

射精シーンは3回。
ちゅぱ音多め、淫語と喘ぎ声そこそこです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:日向いお…逢坂成美さん 姉崎りお…MOMOKA。さん
総時間 1:22:30

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年4月24日まで20%OFFの1056円で販売されてます。



サークル「防鯖潤滑剤」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、現実世界とは別の時空に住んでる双子の女の子が
偶然迷い込んできた男性を色んなエッチでもてなします。

淡々とした様子であまあまなエッチをするのが特徴で
彼の好きな耳舐めや淫語責めを積極的にやっておちんちんを元気にしたり
精液は必ず上下の口で受け止めて幸福感や満足感を与えます。
キャラはクールですが事務的感はまったくないのでノーマルな人も普通に楽しめます。
処女の双子とみっちり子作り
リサ(挿し絵右)、リト(挿し絵左)と4種類のエッチをするお話。

「こんにちは、お兄さん」
リサとリトはややトーンの違うどちらも穏やかな声の女の子。
森の中で道に迷った主人公に声をかけると、近くにある自分たちの村へ案内します。

本作品は現実とは別の場所(並行世界)で育った双子が
ここへ偶然やって来た彼とおよそ130分に渡って子作りに励みます。
ふたつの世界は通常だと行き来できないようになってますが
何らかの事情で時々繋がることがあり、彼以外にもここを訪れた人がいるそうです。
およそ1週間後に再びそうなることも知ってるので、その時まで村でのんびり過ごします。

リト「さすがに、一度や二度のおまんこだけでは、確実に妊娠できるとは言えないでしょう。少しでも可能性を高めるために、毎日、子作りさせてください」
しかし彼女たちは完全な無償で彼を泊めるわけではありません。
元の世界へ戻るまでの間はエッチしまくって種付けするようお願いされます。
並行世界の人同士で子供を作ることもできるそうですが
それを続けてたら村全体が血の繋がった者だらけになりそのうち滅びます。
作中で「子作り担当」と呼んでることから、適齢期の女性が交代で外の男性から精液をもらってるのでしょう。

この世界におけるSEXは村の人口を維持するための手段という意味合いが強いので
物語の開始時点で彼女たちも彼に好意や愛情は特に持ってません。
エッチ開始後も普段と同じクールな声で接します。
たぶん音声を聴き始めた直後はやや事務的な印象を受けるでしょう。

リト「お兄さんのおちんぽが、最高に気持ちよくなれて。睾丸……タマタマの中身が空っぽになるまで、中出ししてもらえるように……リトたちも、創意工夫させていただきます」
でもエッチの内容は声のイメージとほぼ正反対で非常に手厚いです。
彼がどうすれば喜ぶかを即座に察知して嗜好に合った責めを繰り出し
セリフも彼を持ち上げたり興奮させることを強く意識してます。
肝心のSEXも嫌な顔ひとつせず2人が順番で処女を捧げて中出しまで許します。

このクールな女の子たちがとことん甘いプレイをするのが本作品最大の特徴です。
サークルさんの過去作「双子で事務的なJKメイドに性欲処理される生活。」や
双子でクールなJKアイドルが性処理オナホになってくれる生活。」と似た部分を持ってるので
これらを好きな人が一番楽しめると思います。
M向けの要素がまったくと言っていいほどないので属性はほぼノーマルです。

エッチについては双子相手ということで常に2人が協力して責めます。
片方がSEXしてる時はもう片方が耳舐めしたり
フェラとキスを同時にやって別のちゅぱ音をお届けするなどなかなか濃いです。

リサ「お・ま・ん・こ。……ですとか」
リト「こういった……少し、下品めな淫語がお好きなようですね」
また彼が淫語に反応しやすいことを利用し淫語責めを積極的にやります。
クールな声で「おちんぽ」や「おまんこ」をガンガン言うギャップを持たせた責めっぷりです。
射精時にはぴゅっぴゅのセリフで応援するなど、淫語好きなサークルさんの持ち味がしっかり出てます。

クールな双子が温かみのあるご奉仕をするシチュと淫語を多めに交えた複数人プレイ。
ほぼ正反対の属性を持つ要素を上手く融合させたエロくて穏やかな作品です。
少しずつ変わる双子の心
エッチシーンは4パート99分間。
プレイは耳舐め、SEX(騎乗位、対面座位)、オナホコキ、乳首舐め、フェラ、キス、乳揉み、双子同士で精液の口移し、双子のオナニーです。
SEX、オナホコキ、オナニーの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

リサ「お兄さんの服、お脱がせいたします……」
リト「ん……しょ、っと……」
主人公に事情を話して無事同意を得た双子は
彼の服を脱がせてから両耳舐めしてまずはおちんちんを元気にします。

エッチはどのパートも彼女たちが責め続けます。
前半の2パート45分間は本作品のコンセプトや彼女たちの特徴を前面に押し出したプレイ。
「1.『リサとリトと、子作りしてください』(約30分)」はリサ→リトの順に騎乗位SEXし
「2.『本物のオナホでご奉仕いたします』(約15分)」はオナホコキで気持ちよくします。

リサ「今まで、おちんぽを挿入した経験がないものですから……桜色のお肉が、ぴったりと閉じたままですが……」
リト「クリトリスは、ぷくっと膨らんでいて。食べごろです」
この並行世界には人以外に物も流れ着いてくることがあるらしく
そこで手に入れたエッチな教材を使って今まで色んな勉強をしてきました。
だから男性と初めてエッチする状況でも不安がる様子は特になく
彼が喜びそうなことをガンガンやってスムーズに興奮させます。

肝心のSEXも騎乗位で挿入してからゆっくり腰を動かす割と穏やかなものです。
喘ぎ声の代わりに熱っぽい吐息を頻繁に漏らし
やや下品な淫語責めと耳舐めを組み合わせて抜きやすい空気を作ります。
愛情はほとんどありませんが彼のために尽くす姿勢は強く見られて健気に感じました。
会ったばかりの男性に自ら進んで処女と中出しを捧げる展開も甘いです。

リト「いえ。恥ずかしがる必要など、まったくありません。お兄さんのどんな性癖も、どんな欲望も、リトたちは笑ったりしません」
2番目のオナホコキは彼女たちの包容力がよく表れてます。
毎回SEXでは彼が飽きるだろうと思って偽物のおまんこを用意し
引き続き淫語を多めに投げかけながら耳、乳首、おちんちんを同時に責めます。
彼が乳首で感じても見下すどころか好意的に受け入れる姿がすごく優しいです。

子作り担当だから仕方なく相手するのではなく
彼のことを第一に考えながら工夫して責めることを常に心がけてます。
男性の気持ちを一切考慮せず無慈悲に責める事務的プレイとはほぼ対極に位置する内容です。
子作りが目的でもSEXに固執せず、彼がより良質な精液を出せる環境作りに努めます。

後半の2パート54分間はクールな2人に多少の変化が表れます。
「3.『お外でお口えっちしましょう』(約16分)」は村の中を散策してる途中でキス&フェラを行い
「4.『“好き”と言い合いながら子作りおまんこしましょう』(約38分)」は
彼が元の世界へ戻る前の晩に再びリト→リサの順に対面座位でSEXします。

リト「それに。ベロとベロを絡ませると、体がぽかぽか温かくなるような気がします」
彼と1週間近く生活を続けて多少は感化されたのでしょう。
普段通りのクールな声で彼女たちの中に不思議な感情が芽生えてることを漏らします。
たぶん好意や愛情にあたるのでしょうけど、それが何かわからず戸惑ってるように見て取れます。

またフェラ、ベロチュー、精飲と口を使うプレイで固めてるおかげで
複数のちゅぱ音が同時に鳴るシーンが多くエロさ高めです。
前半の2パートは淫語重視でしたから、ここで責めの方針を変えてメリハリをつけてます。
物語が佳境に入ったのを受けてキャラとエッチの両方に新しい要素が加わってます。

そして最終パートは時間、エロさ、温かさのすべてが最も充実してます。
騎乗位よりも顔の位置が近くなる対面座位を選んでピストンとキスを繰り返し
さらに彼のリクエストを受けて「好き」と何度も言って甘さをさらに強化します。
SEXしないほうは耳舐めで応援してました。

リト「確かに、これなら……〝好き〟と言い合ったほうが、気持ちが盛り上がるのも、納得です」
彼女たちがSEXが持つ別の意味を理解し始めてるのが印象的でした。
最初は単なる生殖行為にすぎなかったプレイを愛情表現へと変えてます。
これのおかげで同じSEXでも最初と最後のパートでは雰囲気が随分違います。
引き続き喘ぎ声は漏らしませんけど、吐息は前回よりも明らかに熱っぽいです。

このように、双子の心情変化も描きながら彼にとことん尽くす甘さの強いエッチが繰り広げられてます。
心がぽかぽかする作品
偶然出会った男女がエッチを通じて少しずつ仲良くなるイチャラブ系の作品です。

村のルールで子作り担当になったリサとリトは主人公の子供を確実に妊娠しようと
物語の序盤で早速SEXして精液をおまんこでしっかり受け止めます。
そしてその後は無理のない頻度でエッチしながら心の距離も徐々に近づけます。

別世界に住んでる双子が初対面の男性と子作りSEXに励む変わったシチュ
SEXシーンを長めに用意し1回目と2回目で違う魅力を持たせるテーマに沿ったエッチ
淫語を多めに投げかけながら彼が喜ぶことを積極的にやる健気な責めっぷり。
サークルさんが以前からやられてる「事務的キャラの甘いエッチ」を独自の世界観で行います。

中でも2番目は会った直後と別れる直前にSEXするのでそれなりの違いが見られます。
通常だと処女喪失や初中出しが絡んでる1回目のほうが甘く感じるのですが
本作品の場合はむしろある程度仲良くなった後にする2回目にそれが強く表れてます。
当初の目的である精液と、異性を愛することの大切さを彼女たちが同時に受け取るからです。

キャラが崩れないように彼女たちは最後までクールなままでいます。
でも彼と過ごした1週間が大きな影響を与えたのは間違いありません。
そういう温かみを感じる要素があるおかげで普段よりも満たされた射精が迎えられます。
異世界でエッチする状況を上手く活かして良いお話にまとめてます。

エッチはパートごとの時間が比較的長く、すべてが複数人プレイなのでどれも濃いです。
淫語を意識して多く盛り込んだりちゅぱ音重視のパートを挟むなど細かな工夫も見られます。
彼女たちの属性を大事にしてるのでそこまで激しく責めるシーンはありません。
彼の心身に負担がかからないよう徐々に刺激を上げる方針で進めます。。

射精シーンは6回。
淫語とくちゅ音多め、ちゅぱ音と吐息それなり、喘ぎ声はありません。

おまけは「二人で左右から耳舐めさせていただきます」です。

CV:逢坂成美さん
総時間 2:21:59(本編…2:14:36 おまけ…7:23)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年4月14日まで10%OFFの1089円で販売されてます。
過去作も4月14日まで50%OFFの550円で販売されてます。



サークル「逢縁喜縁」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、実体を持たず声だけで存在する変わった悪魔が
男性の脳に寄生して心と体に強烈な快感を与えます。

シチュの印象よりもずっと穏やかな聴きやすいリードが行われており
催眠はリラックスする技法を行使しながら彼女たちの声に心地よさを感じる暗示を入れ
エッチは寸止めオナニー、脳フェラによる連続ドライとまったく違う方針で気持ちよくします。
催眠に入れない人でも楽しめるように作られてるのも魅力です。
脳に寄生するエッチな悪魔たち
4人の声魔に催眠をかけられ2種類のエッチをするお話。

「こんばんは 私たちは声魔 声だけの存在」
声魔は上品で穏やかな声のお姉さん。
音声を聴く際の環境や注意事項を簡単に説明すると
自己紹介してから自分たちと一緒に気持ちいいことをしようと言います。

本作品は脳を直接責められイかされる快感を疑似体験させることを目的に
彼女たちがおよそ150分に渡って催眠をかけたり独特なエッチをします。
作中に出てくる声魔は全員で4人おり、中央寄りの左右と耳元近くに陣取って話しかけます。
年上2人、年下2人の構成でそれぞれに異なる人格があって声も違います。

右「こうして 左右から話しかけられるだけでも」
左「耳がこそばゆくて気持ちいい でしょう?」

そして彼女たちは4人いる状況を活かして連携の取れたリードします。
左右から深呼吸の合図を出しながら中央でリラックスを後押しする暗示を入れたり
両耳舐めとカウントと喘ぎ声を同時に流す濃いプレイを繰り出します。
催眠音声では非常に人気のある双子形式に近い作りです。

逢縁喜縁さんが催眠音声を制作するのはこれが初なのですが
同人、催眠音声を数多く制作されてるアイロンウェアーさんがシナリオを担当されてるだけあって
一般的な新規さんよりもずっと品質が高いです。
時間に対してやることの種類を少なめにして、それぞれをじっくりこなす堅実な作りをしてます。

またサークルさんが「催眠にかからなくても楽しめるような作品」を目指して制作されたらしく
寸止めオナニーパートが同人と催眠を組み合わせたような内容になってます。

催眠音声は構造上催眠に入れないとあまり気持ちよくなれないことが多いので
それをできるだけ回避するためにわざとこうしたのだと思います。
催眠音声1作目なら催眠をまったく経験してない人が聴く可能性は高いですからね。

勘違いされると困るのではっきり言っておきますと
催眠誘導パートとドライオーガズムパートは通常の催眠音声とほぼ同じ作りです。
私が聴いた時も催眠は入りやすかったし、エッチも責め方が個性的で気持ちよくなれました。
正統派の催眠音声とは一部の作りが違うことだけ理解しておけば問題なく楽しめます。
寄生されたい気分にさせる癒しの催眠
催眠はおよそ43分間。
楽な姿勢で目を瞑り、まずはお馴染みの深呼吸で心身を落ち着けます。
そして2種類の方法で手足を中心に脱力しながらある暗示を入れます。
ちなみに催眠開始からおよそ20分間は癒しのBGMが流れ続けます。

「寄生する悪魔」と聞くとヤバそうな気がする人もいるでしょうけど
彼女たちは友好的な性格をしており彼が本気で嫌がることはしません。
脳を一時的に借りて快楽を味わわせてもらう代わりに
人間の女性には決してできない不思議なエッチを提供します。

「私の声を聞くのは 心地いい 私の声は 心地いい」
彼女たちの声に良い印象を持たせる暗示を小まめに入れるのもその一例です。
彼女たちの声は気持ちいい、気持ちいいから従いたくなる。
メリットを強調する形で働きかけて彼が「寄生されてもいいかな」と思うようにリードします。
信頼関係を構築しながら技術を行使する催眠の基本がしっかりできてます。

本レビューでは読みやすさを優先してセリフを普段通りに表記してますが
実際は中央寄りの左右と耳元の左右へ声が頻繁に移動します。
聴き続けてると声に意識を揺さぶられてるような感覚がするでしょう。
同じ意味を持つ暗示を別の表現で同時に入れるなど、女性が複数人いる状況を活かした催眠を行います。

「左腕に集中すると 重さを感じる 左腕に集中すると 存在を感じる」
「あなたの右の手首に 糸が結ばれている 赤い糸 細い糸」

脱力はサークルさんが重要視されてるのか二段構えになってます。
1回目は実際に手を上げてからその状態を維持する
2回目は手や足に細い糸を巻き付けられてるイメージをする、と違う手段で進めます。
左右の腕を重点的にやるおかげでだらーんとする感覚がそれなりに実感できました。
深呼吸や脱力といったリラックス系の技法で固めて癒しながら落とします。

「深く ふかーく 意識が沈んでいく 脳が気持ちよくって 痺れて その意識の空白はもう 私たちに掌握されている」
終盤の深化(約15分)は2回目の脱力と同じ流れで行います。
耳の穴から糸が出てるのをイメージし、それを彼女たちに引っ張られて脳(=心)の緊張を緩めます。
短いカウントを数えてから追い込み暗示を入れるのを繰り返してました。

心ではなく脳にしたのはドライオーガズムパートで脳フェラするからでしょう。
催眠を進めるにつれて彼女たちの声の位置が徐々に近づくなど
仮想的なシチュを聴き手にわかりやすく伝える工夫が随所でされてます。

催眠音声では定番の技術と本作品固有の要素を組み合わせた手堅い催眠です。
声魔たちに脳へ寄生され言いなりになる感覚を味わわせることを目的に
深呼吸から入って実際に腕を動かしながらする脱力、糸のイメージを使ったさらなる脱力
カウントと糸のイメージを組み合わせた深化と古典催眠の技術をベースにゆっくり進めます。

パートの途中まで流れるBGMも含めて癒しの要素が多く
心地よい脱力感と意識のぼやけを感じることができました。
寄生されることに対する不安や恐怖を取り除くアプローチにも力を入れてます。
難しいことは特にやりませんから、催眠音声初心者でも無理なくついて行けると思います。
イけない快感とイキ続ける快感
エッチシーンは2パート70分間。
プレイはオナニー、両耳舐め、脳フェラ、下垂体をいじるイメージ、カウントによる絶頂です。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
途中で服を脱ぐ指示が出ることはありません。

「さぁ それじゃいよいよ あなたを気持ちよくしてあげる」
催眠を使って主人公の脳に無事寄生できた声魔は
いよいよ彼を操りながらオナニーして一緒に快感を楽しみます。

エッチはどちらも彼女たちが責め続けます。
最初の「トラック02 寸止めオナニー(約37分)」はセルフからの射精。
開始、停止、射精のタイミングと大まかなペースを指示する流れでオナニーを続け
その中に寸止めを何度も挟んで出したくても出せない状況に追い込みます。
ちなみにエッチシーンはどちらもBGMが流れることはありません。

「頭がふわっとして 夢の中にいるみたい あなたの頭の中で 何人もの女の子たちが感じている」
ここでの彼らは一心同体の関係ですから
彼がおちんちんで気持ちよくなれば当然彼女たちにも影響が及びます。
そのためオナニー中は熱っぽい吐息や艶めかしい喘ぎ声がよく流れます。
作品固有の設定を使ってエロさを上げてるのは面白いなと。

気持ちよくなる暗示ももちろん入れてきますけど
レビューの序盤で書いたように、このパートは同人と催眠のハイブリッドみたいな作りになってます。
時間に対する暗示の量を少なめにする代わり、喘ぎ声やちゅぱ音といった純粋なエロ要素を多くしてます。

40分近くオナニーを続けるのに暗示をガンガン入れたら途中で暴発する可能性が上がりますから
それを避けるためにわざと減らしたと見ることもできます。
オナサポとしての側面も持ってるおかげで催眠にかかってなくても楽しめると思います。
声や音の密度が高く別世界にいるような感覚が味わえました。

それに対して次の「トラック03 ドライオーガズム(約33分)」は催眠色の強い内容。
絶頂形式をドライに切り替え、体に一切刺激を与えずに8回連続でイかせます。

「脳がじんじん痺れる快感 痺れてとろける 脳があまーく染まっていく」
寸止めオナニーとは違って気持ちよくなる暗示や絶頂を後押しする暗示を小まめに入れ
さらに下垂体という脳内物質を分泌する器官をいじるイメージも出てきます。
両パート聴くと同じエッチでも随分違う印象がするでしょう。
こちらのほうが催眠音声らしいプレイと言えます。

またパート開始から15分後くらいに脳フェラが登場します。
これは名前の通り脳を彼女たちが舐めてる様子を音にしたもので
至近距離から耳舐めよりも舐めの割合を高くしたちゅぱ音を鳴らします。
耳舐めはコリコリした音なので聴き比べると両者の違いはすぐわかります。

暗示、ちゅぱ音、彼女たちの喘ぎ声が同時に流れる時間は非常に濃く
さすがに8回は無理でしたが3回ほどドライできました。
完全に脳だけを責めるので股間はほぼ反応せず首から上だけ気持ちよくなります。

このように、スタイルを大きく変えて2種類の絶頂を味わわせる密度の高いエッチが繰り広げられてます。
脳もおちんちんも気持ちよくなれる作品
催眠、エッチいずれも要所を押さえた安定感のあるややM~M向けの作品です。

声魔は主人公に寄生して大好きな快感を一緒に味わおうと
まずは催眠を通じて彼の心と体と解きほぐし、さらに気分よく従える環境を整えます。
そしてエッチは寸止めオナニー、脳フェラ+ドライとまったく違う手段でイかせます。

それぞれに違う人格を持つ4人の声魔が男性に不思議な快感を提供する割と穏やかなシチュ
深呼吸、脱力、糸のイメージ、音楽を組み合わせてゆっくり落とす取り組みやすい催眠
催眠の割合を下げたプレイと催眠音声ならではのプレイを個別に行う守備範囲の広いエッチ。
1作目だからでしょうけど、全編を通じて親しみやすさや堅実さを意識しながら作品を組み立ててます。

中でもエッチは催眠に入れる人とそうでない人の両方に対応してて素晴らしいです。
1回目の視聴で上手く入れなかったら「催眠音声ってこんなものなのか」と思われる場合もありますし
それをサークルさんなりのやり方で回避しようとする意図が見られます。
ドライパートは割と王道の内容になってて冒険しつつ保険をかける構成にしてます。
催眠音声の新規でここまで気を配れるサークルさんはなかなかいないです。

催眠もやることを絞り込んでかかりやすく進めてます。
深呼吸や脱力をきちんとやればそれだけ暗示を受け入れやすくなりますし
声に対して良い印象を与える暗示もエッチをより楽しめる環境作りに役立ちます。
無理矢理感を出さずに寄生へ持っていくのでややMあたりの人でも普通に聴けます。

絶頂シーンは射精1回、ドライ8回。
ちゅぱ音多め、淫語と喘ぎ声それなりです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:逢坂成美さん
総時間 2:57:44(本編…2:31:54 おまけの耳舐め…25:50)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年3月6日まで20%OFFの1144円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。
そして割引期間中のみ逢坂さんのフリートークがついてます(約9分)。



サークル「SweetNightmare」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、珍しい手段で地球侵略を目論んでる異星人を倒すために
機関によって選ばれた男性がエッチな手段で勝負を挑みます。

幼児プレイを中心に据えた独特な色仕掛けが行われており
前半は赤ちゃん言葉をたっぷり言いながらとことん甘やかして彼の心をとろかせ
後半に入るとより踏み込んだプレイをして敵対する女性に負ける快感を与えます。
地球の命運を賭けた気持ちいい戦い
Creepに所属する「来栖 愛乃(くるす あいの)」とエッチな勝負をするお話。

「覚えていませんか?貴方はコンビニに行く途中、私たちに確保されました」
テレビの女性はトーンが低く落ち着いた声のお姉さん。
睡眠薬の効果が切れて目覚めた主人公に事情を説明すると
HEROになってこの世界を救うのを手伝ってほしいと言います。

本作品は人型の異星人に侵略されつつある地球を救うために
秘密裏に設立された機関に選ばれた彼が愛乃とおよそ140分に渡ってエッチします。
Creepは見た目や生態は地球人とほぼ一緒ですが特殊なフェロモンを発する能力があり
しかもSEXして生まれてくる子供は全員女性という珍しい特徴を持ってます。

人間の男性を巧みに誘惑して子孫を増やすことで女性の比率を徐々に上げ
最終的には地球を自分たちのモノにする壮大な計画を立ててます。
それを察知した国が機関を設立して主人公のような精力の強い男性をHEROに選び
彼女たちとSEXさせて妊娠できない体にする対抗策を編み出しました。

…といった感じの独特な世界観を持ってるわけですが
やることは基本的にエッチだけなので差し迫ってる様子は特にありません。
今回のターゲットにあたる愛乃も敵とは思えないほど手厚いサービスをしてくれます。

ちなみに現時点でこのシリーズは4作出ており、今作以外に以下の2本をレビュー済みです。
世界観や目的が一緒なだけで内容は独立してますから過去作未視聴でもまったく問題ありません。
HERO-TEMPTATION~VSジムトレーナーのお姉さん~
HERO-TEMPTATION~VS海の家のお姉さん~

愛乃「いっぱい甘えて いっぱい興奮してくだちゃいね お姉さんは 赤ちゃんみたいに甘えてくれる男の人 好みですから」
主人公が甘えん坊な性格だと知るとすぐさまママ役を志願し
エッチシーンの多くで赤ちゃん言葉を話しながらとことん甘やかします。
シナリオ担当が幼児プレイ作品を数多く制作されてるバブバブの森さんなだけあって
セリフとプレイの両方がとろけるように甘くなってます。

女性に負かされる敗北感や背徳感も多少は味わえますけど
それよりも女性に甘やかされる幸福感や充足感のほうがずっと強いです。
彼女が彼に本気でのめり込むシーンもありますし
敵同士じゃなかったら2人は結構いいカップルになれたと思います。
惜しみない愛情を注ぐエッチ
エッチシーンは7パート104分間。
プレイはさとりとのキス/手コキ/耳舐め/ソフトなスパンキング、愛乃とのキス/手コキ/乳揉み/授乳/オナニー/69/パイズリ/SEX(騎乗位)です。
手コキ、スパンキング、パイズリ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「初めまして。私、今回貴方様のサポート係を務めさせて頂きます、さとり、と申します」
さとりは丁寧語で話すお淑やかな声の女の子。
テレビの女性から説明を受けた主人公に自分の役割を話すと
まずはCreep打倒のカギとなる薬を口移しで飲ませます。

エッチは終始女性たちが責め続けます。
一番最初の「トラック1 サポート係(約13分)」は任務開始前の準備。
機関の本部でさとりに薬を飲ませてもらってから手コキでとりあえず1回抜きます。

「私の…小ぶりですが形のいいおっぱい…見ますか? 少しでもおかずにして頂ければ…んっ…」
彼女は彼に対して好意的な感情は特に抱いてませんが責任感は強く
これから大事な仕事に出かける彼を自分なりのやり方でもてなします。
薬を飲ませる時はねっとりしたちゅぱ音を鳴らすし
手コキ中は自分からおっぱいを見せたり押し付けて興奮させる健気な姿を見せます。

「地球を救う任務」と聞くとどうしても重さや堅苦しさを感じますから
本作品ではそれらすべてをエッチに置き換えて柔らかく、抜きやすくしてます。
事後に任務のことを話しますから脱線してる感じはまったくしません。

愛乃とエッチするのはトラック3(約21分)から。
アイスクリーム屋を訪れた主人公に興味を持った彼女が2人きりになれる口実を作り
まずは軽めのキスと手コキをしながら赤ちゃん言葉で話しかけて甘えやすくします。
そしてトラック4(約11分)は定番の授乳手コキで最初の射精に導きます。

「よちよーち お姉さんが いっぱいなでなでして おちんちんのお手伝いちまちゅからね 待っててくだちゃいね」
彼女は元から甘えん坊な変態をお世話するのが好きらしく
先ほど会ったばかりの彼に対して惜しみない愛情を注ぎます。
ほっぺについたアイスを口で舐め取る、Gカップのおっぱいを好きに揉ませる
「ちゅこちゅこ」と小刻みな水音を鳴らしながらリズミカルに手コキするなど至れり尽くせりです。

彼女が彼をまだHEROだと知らないことを差し引いてもかなりの甘やかしっぷりだなと。
体への責めは割と普通なのですが、セリフの表現が秀逸で聴けば聴くほど脳がとろけます。

「ほら お姉さんママが じーっと見ててあげまちゅから 大きい声で叫んでみてくだちゃい ばぶばぶー ばぶばぶー」
トラック4は彼が甘え、彼女が甘やかす関係が定着するパート。
引き続き柔らかい言い回しで赤ちゃんらしく振る舞うよう指示しながら
おっぱいをちゅーちゅー吸わせて彼の欲望を満たします。

彼を陥れるための罠と見ることもできますけど
プレイ中の彼女がとても嬉しそうな表情をするところを見るとまんざらでもなさそうです。
射精時には「ぴゅるぴゅるー ぴゅっぴゅ」と言って応援してくれますし
幼児プレイのポイントを押さえた安定感のあるリードを披露します。

続く3パート47分間は徐々に対決色が強くなってきます。
トラック5(約6分)で軽めのオナニーをしてからトラック6(約18分)は69
トラック7(約23分)は騎乗位SEXとお互いが責め合うスタイルに変わります。

「甘い甘いアイスと ママ愛液が混ざって絶妙な美味しさにブレンドされた 特製シャーベット 楽しんでくだちゃい」
佳境に入っても彼女の甘さはまったく衰えません。
トラック6では自分のお尻にアイスを塗って舐めやすくしてから
彼のおちんちんをチョコバナナに見立てて強烈なパイズリフェラをします。
口を使うので赤ちゃん言葉の量は減ってますがフェラ、パイズリいずれも音が力強くてエロいです。

吐き出された精液をそのまま口で受け止め喉を鳴らす姿も印象的でした。
彼が彼女に溺れるのと同じくらい彼女も彼にのめり込んでるのがわかります。

そしてトラック7はいよいよ彼女に特殊な精液を中出しして妊娠機能を奪いにかかります。
本作品の山場なので詳細は敢えて伏せますが
時間が長く内容も濃くて負けシチュが好きな人ほど抜けるプレイに仕上がってます。
幼児プレイ成分も強めですから視聴後の後味も割とスッキリしてます。

このように、母性たっぷりなお姉さんの赤ちゃんになりきって射精する甘いエッチが繰り広げられてます。
あまあまな色仕掛け作品
シリーズ特有の設定と幼児プレイを組み合わせたややM向けの作品です。

愛乃は自分が経営するアイスクリーム屋を訪れた主人公と仲良くなろうと
最初から好意的な態度で接しながらアイスを作ったり一緒に食べます。
そして彼が甘えん坊な性格だと知るとすぐママになって言葉と行為の両方からとことん甘やかします。

大きなおっぱいを持つ母性の強い異星人が人間の男性とエッチする甘いシチュ
赤ちゃん言葉や授乳手コキといった幼児プレイを主軸に据えたエッチ
優しい言葉をたっぷり投げかけながら嬉しそうな表情を見せる彼女の優しいキャラ。
敵対する女性とエッチで勝負してるとは思えないほど和やかな空気が漂ってます。

中でも2番目はわざわざバブバブの森さんに依頼されただけあって
本作品で最も力を入れてる要素と言えるくらい内容が充実してます。
赤ちゃん言葉が質量共に優れてますし、体への責めも彼女の性格が引き立つものが多いです。

幼児プレイメインで多少の負けシチュ成分がある感じに調整されてますから
やはり幼児プレイを好きな人が最も楽しめると思います。
文字通り全身でご奉仕してくれるおかげで満たされながら射精できます。
そして愛乃とのエッチがあまあまだからこそ、トラック1と8でするさとりとのエッチのギャップが引き立ってます。

射精シーンは5回(愛乃3回、さとり2回)。
淫語とくちゅ音多め、ちゅぱ音それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:来栖愛乃…逢坂成美さん テレビの女性/さとり…MOMOKA。さん
総時間 2:21:20

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年1月23日まで10%OFFの990円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。

過去作も1月24日まで30%OFFの770円で販売されてます。



サークル「熊鈴」さんの同人音声作品。
今年10月に処女作を出されたばかりの新しいサークルさんです。

今回紹介する作品は、少子化対策のマッチングアプリを通じて出会った男女が
ラブホで初めてエッチする様子を彼の視点で楽しみます。

キャラや雰囲気作りを重視しながらゆっくり進めるのが特徴で
序盤は色んな会話と軽めのスキンシップで心の距離を少しずつ縮め
中盤以降はオナホコキ→フェラ→SEXと後になるほど踏み込んだプレイに挑戦します。
相性バッチリな処女JKと
小牧綾(こまきあや)とラブホで子作りSEXするお話。

「ねぇねぇ そこのお兄さん ちょっといい?」
綾は砕けた口調で話す優しい声の女の子。
主人公に占いアプリに興味があるか尋ねると
マッチングの相手か確認してから自分の誕生日や血液型を教えます。

本作品は政府公認のマッチングアプリ『スナップベア』を通じて出会った2人が
少子化が加速してるこの国を少しでも改善しようとおよそ120分に渡るエッチをします。
お見合いっぽいシチュなので恋人同士のようにいきなりSEXするのは避け
序盤から中盤にかけては会話、スキンシップ、比較的ソフトなプレイを中心にこなし
場が十分に温まったところでSEXに突入する雰囲気重視の作りになってます。


「ほんとに エッチしちゃうんだ… あたしたち」
彼女はギャルっぽいしゃべり方をしますがキスすらしたことのない処女です。
だからつい先ほど会ったばかりの彼とエッチすることに緊張と不安を抱きます。
しかし一緒にいる時間が長くなるにつれて心の距離もどんどん近づき
最後は彼の精液を何度も受け止めながら絶頂するエロ可愛い姿を見せてくれます。

マッチングアプリを使ってる時点で2人の相性は抜群にいいはずですから
それを彼らが実感する機会を設けてあまあまな子作りができるように持っていきます。
おちんちんの感触や反応に驚くシーンも多くてとても初々しく感じました。
そういう女の子とエッチする展開に幸福感を覚える人が結構いるでしょう。

エッチは本作品の持ち味が出るようかなりのスローペースになってます。
最初はキスやペッティングといった浅めのプレイに専念してますし
中盤以降も会話を小まめに挟みながら一歩ずつ着実に進めます。

いわゆる抜き系の作品とはほぼ対極の位置にあるのでまわりくどいと思う人もいるでしょうが
他人だった2人が恋人に近い関係になる様子を綿密に描いてて引き込まれるものを感じます。
山場のSEXシーンは時間、内容いずれも濃くなってますから
内容を理解したうえで聴く分には抜けると私は考えてます。
甘く優しいエッチ
エッチシーンは5パート88分間。
プレイはハグ、キス、耳舐め、体を洗う、オナホコキ、フェラ、手マン、SEX(対面座位)です。
体を洗う、オナホコキ、手マン、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「どう? 結構大きいでしょ? あたしのおっぱい」
ラブホに到着し内装やサービスを一通り確認した綾は
自分から主人公に抱きついてまずはお互いの心をほぐします。

エッチはパートごとに責め手を変えながら愛し合います。
最初の2パート33分間は本格的なプレイに向けて心の準備をするシーン。
「02_排卵誘発剤は媚薬入り(約18分)」はハグやキスしながら媚薬を飲み
「03_お風呂でボディスポンジ♪(約15分)」はお風呂に移動してお互いの体を洗います。

「あたしだけじゃ恥ずかしいから あんたも脱いで?」
彼女は彼と会う時点で子作りSEXすることを理解してますから
嫌がる様子は一切見せず世間話をしたりスキンシップを取って場を和ませます。
しかし男性に裸を見られるのは恥ずかしいようで女の子らしくモジモジします。

JKなら男性と一度も付き合ったことがなくても別におかしくないですし
どういう風に接していけばいいかわからず戸惑ってるように感じました。
口移しで媚薬を飲ませたり、ブラ→パンツの順にゆっくり下着を脱がせるなど
他の作品ではすぐ済ませる行為を厚めに描いて主人公と同じ視点で楽しみやすくしてます。

次のお風呂パートはお互い裸になって体を触る練習。
彼女は自慢のおっぱいを使って背中を丹念に洗い
彼もそのお返しに乳揉みや手マンで気持ちよくします。
絶頂シーンはありませんからまだ準備の段階と見るのが妥当でしょう。
好意を感じるセリフも出るようになってきて彼女の心がやわらぎ始めてるのを感じます。

中盤の2パート26分間は一般的なプレイ。
「04_おなほ手コキでお射精(約12分)」は耳舐め+オナホコキ
「05_ぺろぺろ刺激フェラで口内射精(約14分)」はフェラで1回ずつ射精させます。

「どう? これくらいだと遅すぎるかな もう少し速く? わかった」
このへんまで来ると彼の体に触れることには抵抗がなくなってますが
今度はエッチ未経験なのでどう責めればいいかわからず戸惑います。
そんな彼女にアドバイスする彼の優しさと、それを受けて頑張る彼女の姿がどちらも甘いです。

女性上位のプレイを2人が協力するスタイルに変えてるのは面白いなと。
こうすれば心の距離感もわかりやすくなるので本作品のシチュに合ってると思います。
次のフェラも竿や金玉を丹念に舐めてから精液を口で受け止めてくれる愛のあるプレイです。

そうやってじっくり雰囲気作りをした後、ようやくSEXシーンに突入します。
「06_お腹突き上げで連続射精(約29分)」はこれまでと違って彼が主導権を握り
対面座位で繋がってからほぼ時間いっぱいSEXして中出し射精を何度も決めます。

「あたしのおまんこ あんたのチンポの形に変えちゃってよ あんただけのおまんこにして?」
キスと手マンで心身をほぐしてからゆっくり挿入し
彼女が痛みを感じないようピストンもわざと抑えて思いやりを見せます。
彼女も彼に独占されることに喜びを感じてるのが伝わってきて
もうすっかり恋人同士に近い関係になってます。

SEXの前置きに長い時間を割いて一歩ずつ着実に進めるので
SEXに入った時の幸福感や満足感が通常の作品よりも強めに得られます。

盛り上げ方が上手とでも言いましょうか、細かなセリフや行為にも気を配ってて作りが丁寧です。

そして彼女のおまんこが慣れた後は徐々にペースを上げます。
パートの前半は普通に話すことのほうが多かったのに
後半に入ると喘ぎ声の割合が一気に増えて抜きやすい雰囲気へと変わります。
ほぼノンストップで連続射精する展開もなかなかハードですし
本作品の山場なだけあって実用性にも結構配慮してます。

中盤のオナホコキやフェラが割とあっさりしてたからこそ
SEXパートの濃さやエロさがより引き立ってました。
ここだけ彼女を受けにしたのも喘ぎ声を漏らしやすくするためなのかもしれません。
キスや耳舐めも挟んで上手にサポートしてくれます。

このように、結果だけでなく過程も大事にしたあまあまラブラブなエッチが繰り広げられてます。
キャラ&雰囲気重視のイチャラブ作品
2人の関係や心情の推移を交えたエッチをする深い作品です。

綾はマッチングアプリを通じて出会った主人公と子作りに励もうと
2人きりになれる場所へ移動してからまずは軽めのスキンシップを取ります。
そして中盤はおちんちんをオナホや口で責める、終盤は逆におまんこを責めてもらうと
お互いがほぼ対等な関係になるようバランスを取ってとことん愛し合います。

男をまったく知らないJKと本気の種付けSEXをするノーマル向けのシチュ
彼女の内面や反応を厚めに描きながら少しずつ前進する穏やかなエッチ
恥ずかしがったり戸惑う仕草を見せつつ彼に一生懸命尽くす彼女の愛らしいキャラ。
本題のSEXはもちろん、その周りもしっかり肉付けして充実した物語に仕上げてます。

中でも2番目は国の政策だからといって事務的になったりせず
2人とも相手を思いやりながら幸せな時間を過ごそうとする意志が見られます。
彼女は元々尽くすのが好きな性格なのであれこれ世話を焼いてくれるし
彼も強引に襲ったりせず彼女の気持ちが固まるのをじっくり待ちます。
プレイ運びも慎重で違和感なくSEXに到達できてます。

あとは綾役を務める逢坂成美さんの演技が素晴らしいです。
感情が豊かなキャラなので、それが聴き手にも伝わるよう活き活きと演技されてます。

オウム返し(主人公の言ったことを綾が代弁する)を多用してる点だけは気になりましたが
それ以外については新規さんとは思えないほど現時点で高い品質を持ってます。
ちなみに最後の「07_甘やかしタイム(約15分)」はエッチではなく耳かきをします。

射精シーンは5回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

CV:逢坂成美さん
総時間 2:07:45(本編…2:02:51 おまけエピソード…4:54)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年12月27日まで20%OFFの880円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



サークル「.␣(Dot-Space)」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、男を誘惑してダメにするのが得意な上級サキュバスが
異世界から転生してきたM男を色んな手段で骨抜きにします。

ファンタジー色を強く持たせたドM向けのエッチをするのが特徴で
毒、拘束、脱力といった状態異常を通じて快感を膨らませたり
彼女や一緒に戦ってる仲間の魔法を受けて絶頂するなど
本来なら痛みや苦しみを感じる行為を催眠を使って上手に快感へと変換させます。
勇者になって異世界を救うはずだったのに
ナビゲーターに催眠をかけられ上級サキュバスのベルアに誘惑されるお話。

「ようこそ ヒプノアドベンチャーの世界へ」
ナビゲーターはトーンが低く穏やかな声のお姉さん。
主人公に今の状況やこれからするサービスの概要を説明すると
彼を異世界へ転生させるための催眠をかけ始めます。

本作品は「ヒプノアドベンチャー」「ヒプノアドベンチャーII」に続くシリーズ第3弾。
魔物との戦いで人間側が劣勢な世界を救うために
そこの王国に召喚された彼がサキュバスのベルアと戦います。
最初の催眠誘導はまだ現実世界側にいるのでナビゲーターが担当し
異世界に移った後はメインの語り手がベルアに代わってファンタジー色の強いプレイをします。

シリーズものですが前の2作とストーリーの繋がりはないので今作からでも大丈夫です。
声の担当も彩音まりかさんから逢坂成美さんと井上果林さんに交代してます。

ベルア「快楽電流の大ダメージでアヘアヘにされちゃう 悶えちゃう」
最大の特徴はダメージを受ける行為を通じて気持ち良くすること。
武闘家の打撃、魔法使いの電撃魔法、ベルアの毒の吐息など
RPGならHPが減るタイプのものをいくつも用意し
そのすべてに快感や絶頂感が高まる暗示を入れてご褒美にします。

キスやオナニーといった通常のプレイももちろん出てきますけど
それよりもファンタジー世界ならではのプレイのほうがずっと充実してます。
痛みを快感に変換することを基本路線にしてるので、SMなどが好きな人に最も向いてます。

また一緒に戦ってる仲間を裏切る背徳感や
ベルアに心身のエネルギーを吸い取られるスリルも適度にくすぐってきます。
アブノーマルな成分が強く人を選ぶところはありますが
進め方は非常にしっかりしてるので興味を持った人ならかなり楽しめるでしょう。
王国を救う勇者の心を胸に
催眠はおよそ18分間。
ベッドやソファで楽な姿勢になって目を瞑り、まずは深呼吸を丁寧にやって気持ちを落ち着けます。
それから催眠状態と半覚醒状態を短時間で往復させて徐々に深いところへ導きます。

深呼吸は吐く時間を長めに取り、その直後に軽く暗示を入れて意識の力を弱めます。
まだ異世界へ移動する前なので特殊なことはやらず手堅く進めます。
その後の往復するシーンも30秒程度の間隔で繰り返すスピーディーな誘導です。
ここまでおよそ7分ですが、これだけでも意識のぼやけをそれなりに実感できました。

「この不思議な音が耳に入ってくるだけで またふわーっとしてきていますね」
途中からヘミシンクという特殊な音が流れ始めるのもいいですね。
「ぷぅぅぅん」という軽い振動を伴うトーンが高めの音が心地よさを膨らませてくれます。
この音は今後のシーンでも割と頻繁に登場して催眠状態を維持する役割を果たします。
およそ6年活動されてるだけあって今作の催眠も安定感があります。

終盤はエッチの舞台となる異世界へ移動し勇者の心を養います。
ナビゲーターがとあるキーワードを絡めた暗示を入れ
それからヘミシンクを流しながらカウントを数えてあちらの世界に送り出します。

催眠の締めくくりにあたる重要なシーンだからでしょうけど
今までよりも暗示を厚めに入れたり、実際にキーワードを使った練習もして準備を整えます。
最後のカウントは長めの追い込み暗示を入れてきっちり落とすなど
より多くの聴き手がエッチを楽しめるように細かな気配りを見せてくれます。

エッチに向けた環境作りに専念してる堅実な催眠です。
聴き手を異世界で活躍する勇者になりきらせることを目的に
深呼吸から入って揺さぶり、ヘミシンクを交えた深化、メインの暗示、さらなる深化と
催眠状態を深めたり安定させることを意識しながらスムーズに進めます。

ヘミシンクを使う点は特殊ですけど、それ以外は割とスタンダードな内容でした。
本作品はエッチの個性がかなり強いので、催眠はその橋渡しをするだけで十分だと思います。
脱力感はあまりないけど意識のぼやけを強めに実感できました。
痛気持ちいいエッチ
エッチシーンは3パート45分間。
プレイは耳舐め、攻撃を受け止める、キス、魔法による絶頂、足で踏まれる、魔法使いと武闘家に殴られる、息を吐きかける、体の拘束、スライム責め、エナジードレイン(全身SEX)、オナニーです。

攻撃を受け止める、絶頂、足で踏まれる、殴られる、体の拘束、スライム責め、エナジードレインの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありです。
途中で服を脱ぐ指示が出ることはありません。

「これ以上 無駄な争いはしたくないの だから…〇〇」
催眠で異世界へ降り立った主人公の夢の中に現れたベルアは
明日自分が城を攻める時に仲間を裏切って欲しいとお願いします。

エッチは終始女性たちに責められ続けます。
一番最初の「第2章_裏切り勇者(約16分)」は当初の予定通り王国を守るシーン。
夢の中で打ち合わせをした次の日に彼女が現れ
彼と一緒にいた武闘家や魔法使いの攻撃を代わりに受け止めるよう指示します。

「ほら ビクンって強い衝撃で体が跳ねる 余韻が痺れになって全身に広がる」
そして彼女は早速彼の痛みが快感になるよう働きかけます。
武闘家の攻撃を盾で受けた時は振動による痺れ
魔法使いの電撃を受けた時は痺れる快感と両者に共通点を持たせ
さらに聴き手がネガティブな感情を抱きにくい表現で主観的に実況します。

普通に「痛みが走る」と言ったら拒絶されるに決まってますから
そのへんは催眠の技術を使って気持ちよく感じるように工夫してます。
パート終盤の絶頂もカウントに合わせてベルアが魔法を放つ展開になってますし
戦闘の様子を描きながら気持ちよくなったりイけるように上手く進めます。

次の「第3章_報復(約8分)」は負けて捕まった後のお話。
同じ牢屋に入れられた武闘家と魔法使いに拳で裏切りへの報復を受けます。
ちなみにここはオプション扱いで必ずしも聴く必要はありません。

魔法使い「ちょっと殴られて なにくねくねしてるのよ このブタ!」
彼女たちも彼のせいで負けたことが余程悔しかったのでしょう。
きつめの言葉責めを浴びせながら殴ったり魔法をぶつける容赦ない仕打ちを与えます。
傍から見れば拷問に近い状況でも主人公にとってはなんともありません。
むしろ攻撃を受けるたびに快感を覚え、最後は絶頂する醜態を晒します。

このへんはプレイ開始前にベルアがあることをしてくれるので
催眠にちゃんとかかってれば聴き手もそうなる可能性は十分にあります。
エッチとまったく関係ない行為をそれに変える本作品ならではのパートです。

最後の「第4章_淫魔の戯れ(約21分)」はベルアからのご褒美。
牢屋から別の部屋に案内され、そこで彼女と痛気持ちいいプレイをします。

「ぎゅーぎゅー締め付けられてるのに その状況が気持ちいい ゾクゾクしてもう訳がわからない」
毒の吐息で継続ダメージを受ける快感、アルラウネに体を拘束される快感
スライムに体の力を奪われる快感、そして彼女にエナジードレインされる快感。
人間相手の時とはまったく違うプレイを取り揃え、そのすべてに気持ちよくなる暗示を入れます。

私の文章だけだとピンとこないでしょうが
作中ではそれぞれに効果音が用意されてて雰囲気を掴みやすくなってます。
終盤の7分間はオナニーする指示が出ますし、前の2パートとは違う快感を味わわせる方針で責めてくれます。
痛みの要素が一番弱いことからこのパートが最もイキやすいのではないかなと。

このように、一般的なプレイをほとんど入れずに2種類の絶頂へ追い込む個性的なエッチが繰り広げられてます。
ドM向けファンタジー作品
過去2作と同じテーマでさらに攻めたエッチをしてる作品です。

ナビゲーターは魔物たちの侵略を受けてる異世界を救ってもらおうと
まずは催眠をかけて主人公をあちらの勇者に生まれ変わらせます。
そしてベルアは自分たちにとって邪魔な彼を変わった手段で寝返らせます。

異世界を救うはずだったのに裏切ってサキュバスの奴隷になるM向けのシチュ
エッチをより長く楽しんでもらうために時間を短く設定してスムーズに誘導する洗練された催眠
物理/魔法ダメージや状態異常を駆使して気持ちよくする風変わりなエッチ。
ファンタジーらしさを出しつつ催眠とエッチの両方を楽しめるように仕上げてます。

中でもエッチは予想してたよりも大胆な内容になってて驚きました。
ストレートに気持ちいいと感じるプレイは最後に出てくるオナニーくらいで
他は通常の精神状態だと痛みや苦しみを感じそうなもので揃えてます。
それを催眠の技術を駆使して快感に変換してるところが素晴らしいです。

私が聴いた時も第2章でドライ、第4章でウェットを1回ずつ迎えられました。
第3章は割と容赦ないのでM性がとても高い人向けの内容だと思います。

絶頂シーンはドライ2回、ウェット1回。
くちゅ音とちゅぱ音そこそこ、淫語ごく僅か、喘ぎ声はありません。

自分のM性に自信がある人には特におすすめします。

CV:ベルア…逢坂成美さん ナビゲーター、魔法使い、武闘家…井上果林さん
総時間 1:19:12

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2020年9月15日まで10%OFFの990円で販売されてます。



サークル「青春×フェティシズム」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、あまり目立たないけど世話好きな性格をしてる女の子が
おま○こ当番に選ばれたことをきっかけに男子生徒と様々なエッチをします。

初体験に緊張する彼に優しい言葉をかけながら筆おろししたり
彼が望むことを積極的にやって幸せな中出し射精へ導くなど
彼女の性格を前面に押し出したSEXメインの甘いエッチをするのが特徴です。
クールで優しいおま○こ当番と
おま○こ当番の女の子と5種類のエッチをするお話。

「ん? 何かよう? 読書してるんだけど」
おま○こ当番は穏やかな声の女の子。
主人公が自分に声をかけてきたのに気づくと
当番になったことを思い出し早速エッチの相手をします。

本作品は女子が男子の性欲処理をする規則がある学校を舞台に
彼女がおよそ120分に渡って性欲旺盛な彼をスッキリさせます。
このおま○こ当番は一定の期間で交代するらしく、彼女にも今回たまたまその順番が回ってきました。
つまり恋愛感情抜きで相手するわけですが、そうとは思えないほど手厚いリードを見せてくれます。

「で、もう挿れたい? おま○こ そりゃ挿れるでしょう おま○こ当番なんだから」
彼にSEXをお願いされたら嫌がるどころかふたつ返事で了承し
童貞なことを知ると自分から責めて幸せな初体験をプレゼントします。
その後も全肯定のセリフを投げかけたり、彼が望むプレイをやったりと至れり尽くせりです。
言葉と行為の両方で存分に甘やかしてくれますからいい気分に浸りながら射精できるでしょう。
彼女がなぜここまで世話好きなのかも後でわかるようになってます。

ちなみに「おま○こ」「チ〇ポ」とセリフの一部が伏せてありますが
ピー音は一切鳴らず普通に言ってくれますのでご安心ください。

エッチについてはタイトルに合わせてSEXシーンが豊富です。
騎乗位、バック、正常位、立ちバックと体位の種類も比較的多く
さらにフィニッシュは必ず中出しにして彼を心の芯から満足させます。
射精時にカウントを数えたり、直後にぴゅっぴゅのセリフを言うなど追い込みもしっかりしてます。

またこれらの最中に鳴る音も全体的にリアルです。
例えば同じプレイでも彼女が唾液を垂らした後は水分が上がりますし
SEXも教室でする時はピストンに合わせて椅子がきしむ音が鳴ります。

昼はセミの声、夜は虫の鳴き声と状況に応じて環境音も変わりますし(いずれも音量は控えめ)
彼女とエッチしてる雰囲気作りや純粋なエロさにもこだわって作られてます。
射精シーンが多めですから抜き場に困ることはまずないでしょう。
責めっぷりはそこまで激しくないんですけど、甘やかすセリフと音を組み合わせて上手くカバーしてます。

聴いたことのある人向けに補足すると
この作品はベレス解部さんの代表作「チ○ポ係」にキャラやシチュが似てます。
ですからあちらを楽しめた人にはかなり向いてると思います。
心の距離が少しずつ近づいてくエッチ
エッチシーンは5パート96分間。
プレイは手コキ、SEX(騎乗位、バック、正常位、立ちバック)、乳揉み、キス、パイズリ、乳首舐めです。
手コキ、SEX、パイズリの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「うわ、おっきい。けど、ちょっと皮被ってる」
緊張気味な主人公を隣に座らせたおま○こ当番は
とりあえずおちんちんを取り出し軽い手コキで元気にします。

エッチはシーンによって責め手を変えながら進めます。
最初の2パート42分間は2人がエッチするようになった頃のお話。
「track01_童貞くんとおま○こ当番さん(約22分)」は手コキとSEX(騎乗位、バック)
「track02_青春×学園屋上セックス(約20分)」はキス交えた立ちバックSEXで合計3回射精します。

「子宮の入り口から離す気ないんだ 受精させる気まんまんの射精だね 童貞なのに、上手だね」
「これで恋人が出来たときも、えろい交尾できるね」

track01は童貞な彼を彼女が優しく筆おろしします。
途中で暴発しないように責めるペースを緩めたうえで「いつでも出していいよ」と言い
さらに射精後は自分を本気で孕ませようとする姿を褒めて心も潤します。
そのうえで下のようなセリフを言ってこれがおま○こ当番の仕事でしてることだともアピールします。

彼女は自分が男子に人気がないと思ってるそうですから
今回のエッチもあくまで性欲処理に過ぎないと考えてるのでしょう。
ご奉仕が手厚いので事務的感は特にないのですが、彼女なりに心の距離を取ってるのがわかります。
今のところはひいき目に見てもセフレあたりの淡白な関係です。

「前向かせて? キスする時くらい、君の顔見せてよ」
しかしtrack02に入るとそれが多少前進します。
まだおまんこの気持ちよさに慣れてないようで、ピストンと休憩を繰り返すスローなSEXを続ける中
彼のほうから突然キスしてより甘く深いプレイに変化します。
これには彼女も驚いたようですが、嫌がったりせずきちんと受け止めてくれます。
ちゅぱ音が結構激しくて彼女のクールな態度とのギャップが引き立ってました。

track01の後からtrack02が始まるまでに何度もエッチしてたようですから
彼女の中でおま○こ当番としての義務感以外の感情が芽生え始めたのかもしれません。
こんなふうにほぼ他人に近かった男女がエッチを通じて徐々に仲良くなる展開も本作品の魅力です。

続く2パート34分間は射精シーンの多さが魅力。
「track03_夏とスク水と授業抜けだしセックス(約16分)」はスク水姿のまま3回
「track04_おま○こ当番のえちえち自宅補習(約18分)」は彼女の自宅で2回抜き抜きします。

「ちゃあんと、ママが気持ち良くしてあげまちゅからね」
このへんまで来ると彼女も彼をお世話するのにすっかり慣れており
甘えん坊な彼のママになって赤ちゃん言葉を少ししゃべりながら丁寧に気持ちよくします。
track03は1~2回戦は彼が横から挿入するタイプのパイズリをして最後に3分程度のSEXで〆ます。
パイズリ中に乳首舐めもするためエッチな音の密度が高くなってました。
効果音もリアルでSEXが多い本作品の中で口直しする役割を果たします。

「うん、私も気持ちいい。君のチ〇ポに夢中だよ」
track04は唯一学校の外でエッチすることを踏まえて普段と少し違う彼女を拝めます。
前半はおっぱいを吸わせながらする手コキ、後半はSEXと内容を切り替え
彼を甘やかすおま○こ当番の姿と、おちんちんを純粋に楽しむ女の子の姿を織り交ぜてます。

おま○こ当番は男子生徒のおちんちんをお世話するのが仕事ですから
それにあたって自分が気持ちよくなったり幸せになる必要はありません。
でもここではそれを敢えて入れて心情の変化を表現してます。
恋人と言うほど仲良しではないですけど、彼女が彼とのエッチを好意的に受け止めてるように感じました。

最後の「track06_純愛×カレカノセックス(約20分)」は彼女が当番を終えた後のお話。
主人公の相手をする必要はもうなくなったのにある行動を取ります。
ここは物語の山場ですから聴いてのお楽しみとさせてください。
プレイはこれまでと同じくSEX重視ですけど内容に様々な違いが見られます。

このように、甘やかすセリフとSEXを組み合わせた濃くて幸せなエッチが繰り広げられてます。
抜き重視のイチャラブ作品
ゆるーい雰囲気で女の子とがっつりSEXする純愛系作品です。

おま○こ当番は性欲旺盛で童貞な主人公をスッキリさせようと
全編を通じて甘やかすセリフを投げかけながらおちんちんをたっぷりお世話します。
そしておま○こ当番の持ち味を活かすためにSEX重視で進めたり
その際にリアルな音をタイミングよく鳴らしてエロさと臨場感を出します。

声はダウナーだけど性格はとても優しい女の子が男子生徒を気持ち良くするノーマル向けのシチュ
言葉と行為の両方からとことん甘やかす幸せいっぱいなエッチ
最初は仕事と割り切ってた彼女が少しずつ彼に入れ込んでいく展開。
珍しいきっかけで出会った男女の恋愛模様をエッチメインで描いてます。

中でもエッチはSEXの時間が十分に取られており種類も豊富なのに加えて
最中のセリフがとろけるように甘く聴けば聴くほど胸のあたりがぽかぽかします。
そんな状態で射精を迎えたらもちろん気持ちいいわけで
彼女の世話好きな性格がリードにしっかり反映されてます。

「オッパイに包まれて幸せだよね。おっぱいは 男の子を幸せにするためにあるんだよ」
あとレビューではあまり触れられませんでしたがおっぱいにも着目してます。
ぎゅっと抱きしめる、顔を埋める、前や後ろから揉む、吸い付いて甘える、おちんちんを挟み込むなどです。
最初から最後までSEXだけだとどうしても単調になりますし
それを防ぎつつ彼女の魅力を引き出すのに上手く役立ってます。

射精シーンは9回。
くちゅ音多め、淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

たっぷり甘やかされたい人、SEX重視の作品が好きな人には特におすすめします。

CV:逢坂成美さん
総時間 2:00:38

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2020年9月26日まで15%OFFの1122円で販売されてます。

↑このページのトップヘ