同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:調教

   ● 奴隷人形の乳首オナニー催眠
   ● 吸精サキュバスの幼児化調教催眠3(後編)
   ● 吸精サキュバスの幼児化調教催眠3(前編)
   ● 男をいじめる逆痴漢 このおち○ちんは私のオモチャ♪
   ● 催眠メルトダウン(再レビュー)
   ● 丁寧語で射精管理されたい催眠音声
   ● MSOT.
   ● 隣のお姉ちゃんに優しく調教されて、乳首でメスイキしちゃう音声
   ● 「敗北ヒロイン淫堕独白・2」極薄防護スーツ無力化の快楽拷問に曝されるスペースエージェント・リリィ
   ● お世話の日~優しく甘いご主人様開発調教日記~


奴隷人形の乳首オナニー催眠

サークル「チューン」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、普段は穏やかだけどSっ気も強いお姉さんが
催眠を使って男性を自分の操り人形に変え、その状況を活かしたエッチな調教を施します。

タイトルにもなっている「人形」と「乳首」を大事にしたM向けのサービスが行われており
催眠パートは彼女の声に対する集中力や好感度を高めながら心と体を脱力させ
エッチに入ると女王様っぽい声と態度で見下すセリフや命令をガンガンぶつけます。
トレーニング要素は薄いですから乳首を既に開発してる人のほうがずっと楽しめるでしょう。
奴隷になって乳首をたっぷり
お姉さんに催眠をかけられ乳首オナニーするお話。

「こんにちは もしかしたら今あなたは朝の挨拶のほうが正しいかもしれませんね」
お姉さんは明るくて穏やかな声の女性。
音声を聴く際の注意事項を説明し、二人だけの世界に来た主人公を温かく迎えると
催眠を使って心地いい夢と現実の境目へと案内します。

本作品は女性に心と体を操られながら絶頂する「人形化」をテーマに
彼女が75分程度に渡って催眠をかけたり2種類のエッチな調教をします。
チューンさんは乳首オナニーがとても好きなサークルさんのようで
処女作「お姉さまのマゾ犬調教乳首オナニー」ではおちんちんに指一本触れない尖ったエッチをされてました。

それを受けて本作品でもエッチの前半は乳首オナニーのみ、後半は乳首+おちんちんといったように
乳首で気持ちよくなることを強く意識したリードをします。
細かないじり方やペースはあまり指示してきませんから未経験者よりも普段いじり慣れてる人のほうがやりやすいです。
焦らしや言葉責めといったM向けの要素も多く、同じジャンルで有名なちちのひシリーズとは違った良さを持ってます。

催眠はおよそ19分間。
仰向けに横になってまずは深呼吸しながら彼女の言葉に耳を傾けます。

「あまり固くならないでください 決して怖い思いをすることはありません むしろあなたは これから私の声を聞くたびに とても大きな喜びを感じるようになります」
彼女には彼を無理矢理押さえつけて隷属させる気が一切なく
催眠のところどころで声に対する集中力が高まったり良い印象を抱きたくなる言葉を投げかけます。
人形になりきるにはご主人様の言葉を素直に受け入れられる心が必要です。
だからまずはリラックス重視の誘導をして自然とそうなれる環境を整えます。

最初から最後までほぼずっと深呼吸を続けるのも特徴のひとつです。
前半は心の、後半は体の脱力を狙った暗示を色々と入れてくるので
後になるほど頭の中がぽわぽわするとか、手足を中心に重さを感じるといった変化が現れます。

「皮膚の感覚も徐々になくなって ずーっと深い 水の中にいるような脱力感」
後半の脱力も聴き手が受け入れやすく感じる言葉を選びながら
「重くなる」などの暗示をところどころで入れる緩い内容になってます。
脱力の暗示をやたら重ねると押しつけがましさが出て雰囲気に合いませんし
彼女の言葉をすんなり受け入れる心構えができてれば沢山入れる必要もありません。
脱力する部位を手足に絞ってるのもそれさえやっておけばエッチを十分楽しめるからです。

簡単に言うと目的を見据えた効果的なアプローチをされてます。
初めての催眠音声でこういう組み立て方ができるのはすごいことだと思います。
深呼吸を多めにやる流れや紅月ことねさんの演技も相まって心地良い脱力感が味わえました。

エッチの準備に注力したシンプルでテーマ性のある催眠です。
聴き手の心と身体を空っぽにし、命令を素直に受け入れられる人形にすることを目的に
深呼吸から始まってリラックスの暗示、手足の脱力、カウントを使った深化と
やることをある程度絞り込みそれらを順序よく丁寧に行います。

本作品のエッチはセルフ主体ですから、後々無理なく手を動かせるように脱力はほどほどに抑え
命令を受け入れ遂行しやすくする心の脱力に力を入れてます。
深化が軽いのでそれほど深い催眠状態には入れないでしょうけど心身がスッキリした感覚はすると思います。
この後M向けのエッチをするとは思えないほど雰囲気が穏やかで癒やされました。
心身をバランス良く責める恥ずかしいエッチ
エッチシーンは2パート38分間。
プレイはおちんちんの観察、乳首オナニー、オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
エッチ開始直後に服を脱ぐ指示が出ます。

「さぁ これであなたは私の命令以外で 指一本動かせない木偶の坊」
催眠を使って主人公を何もできない人形に作り変えたお姉さんは
早速全裸になる指示を出し、露わになった彼のおちんちんを強めに貶します。

エッチはどちらも彼女に言われた通りに体を動かします。
前半の乳首オナニーパートは本作品のメインとも言えるパート(約22分)。
脱衣後におちんちんを観察されて興奮を少し高めてから最初は片方、少し経つと両方同時に乳首をいじります。
ちなみに腕を動かす際は事前に脱力を解除する暗示が入ります。

「私の鼻にペニスでなんて触ったら 命令して 自分でその汚らわしいブタチンポ ねじ切らせちゃうわよ」
「ほら 乳首をいじれ 好きなだけ勝手に気持ちよくなってろ ブタ」

彼が自分の言うことに一切反発できなくなったと判断したのでしょう。
催眠パートとは随分違う嗜虐的な声でこちらを見下す言葉責めを積極的に浴びせます。
上のセリフはどんなに深い催眠に入ってても絶対に遂行しない命令ですし
こんな脅しをかけられたら催眠の大前提となる信頼関係が一気に崩れて解けてしまいます。
言葉責めも「クズ」「ブタ」などきついものが多く、残念ながら内容が催眠から脱線してしまってます。

乳首オナニーについては乳首がくすぐったくなる暗示を入れるのに合わせて始め
カウントを数えて感度を強化したり、再度脱力させて焦らすなど表面上は催眠音声らしい流れになってます。
しかしこの後のオナニーパートも含めてカウントの前後に入れる暗示が弱く
その効果をうまく伝えられてるかと言われれば首を捻ります。
私が聴いた時も普段の乳首オナニーとさほど変わらない気持ちよさでした。

後半の射精パートはおちんちんへの刺激も含めたプレイ(約16分)。
序盤は緩く、中盤以降はフリースタイルで乳首やおちんちんをいじり
彼女が許可を出すまで射精をひたすら我慢し続けます。

「目の前であなたの乳首オナニーを見ていたら 我慢汁が少し顔にかかっちゃったじゃない このクズ」
「おちんちんが壊れるくらいにまで 変態クソザーメン吐き出せ! イケっ! 変態ドMブタ野郎!」

前のパートと同じくカウントを適度に数えてプレイの開始や射精の合図を出すシンプルなもので
彼の奴隷化が進行したのに合わせて言葉責めがさらにきついものに変化します。
事前に「命令や言葉責めを受けるほど幸せを感じる」と暗示を入れていればまた違ったのでしょうが
催眠をあまり活用できておらず同人音声のオナサポに近いプレイになってしまってます。
言葉責めをするにしても単に見下すのではなくメリットを強調するなど言い回しに気を遣って欲しかったです。

私が聴いた時は言葉責めがきつすぎてエッチの序盤に催眠が解けてしまいました。
同人音声から入ったサークルさんはそちらの制作経験があるせいで
催眠音声も同じノリで作ってしまう傾向が見られます。
同人と催眠はエッチが根本的に違いますからもっと技術を活かして組み立てたほうがいいと思います。

このように、乳首をたっぷりいじらせつつ罵倒するきついエッチが繰り広げられてます。
テーマ性はあるのだが…
どちらかというと催眠パートに光るものを感じる作品です。

普段は穏やかだけどエッチになると急にSっ気を発揮するお姉さんが
リラックス重視の催眠をかけて人形化の土台を整えてからそれに合わせた乳首メインのエッチを行います。

最初から最後までほぼずっと乳首をいじり続けるサークルさんの作風を反映させたエッチ
その準備として申し分ない誘導をするテーマに沿った催眠。
奴隷人形になりきって気持ちいい絶頂を迎えることだけを見据えたサービスをします。

特に催眠は古典系の技術をベースにセリフの表現を柔らかくし
さらにリラックスや脱力の暗示をほどほどにして集中力や信頼度の向上に努めてます。
言葉だけでイかせる純粋なドライとは違い本作品は乳首オナニーという十分な触媒があるので
そこまで深い催眠状態に誘導する必要がないというメリットがあります。
あまりに深くすると今度は手をうまく動かせなくなりますし、これくらいが丁度いいです。
技術そのものよりも方向性や匙加減といったバランス面に優れたものを持ってます。

その一方でエッチは大崩れと言いますか、催眠に比べると品質がかなり落ちてます。
催眠を活かしたプレイや言葉責めをしてないのが一番の理由です。

「私が話してる間に さっきの乳首と同じように 快感が増大し続けていたから 感じちゃうのはしょうがないよね」
例えば射精パートにこんなセリフがあるのですが
催眠者が何もしてないのに感度が増大することなんて普通はありません。
技術を駆使して実際にそうなるようにきちんと誘導するから効果が現れるのです。

サークルさんが催眠状態を過信されてるのかもしれませんが
エッチに入ると暗示の入れ方が一気に雑になり、言えば何でもその通りになるかのようなリードをしています。
M性の高いプレイほどセリフの表現やアプローチの方法を繊細にしたほうがいいと思います。

絶頂シーンはドライ1回、ウェット1回。
淫語(言葉責め含む)それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

催眠は良いのだけどエッチがうーん…な作品です。

CV:紅月ことねさん
総時間 1:16:41

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は5点。
76分で700円とコスパがいいので+1してあります。

吸精サキュバスの幼児化調教催眠3

吸精サキュバスの幼児化調教催眠3(前編)」に引き続いての後編です。
今回は「2 メインパート2」以降の様子を中心に紹介します。
ママとする気持ちいいお遊戯
後編のエッチシーンは4パート55分間。
プレイは言葉のお勉強、授乳、鬼ごっこ、耳へのキス、乳首責め、おちんちんに触る、キス、ハグ、お相撲さんごっこ(床オナ)、尻尾によるアナル責め、オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
途中で服を脱ぐ指示は出ません。

「今いるここはね ママがボクちゃんのために用意してあげた ボクちゃん専用のお遊戯部屋」
催眠を使って主人公を赤ちゃんへと戻し、専用の空間へ案内した吸精サキュバスは
そこの様子を軽くイメージさせてから精気を気持ちよく吸い取ります。

エッチは引き続き3人に分身した彼女がリードする形で進みます。
一番最初の「2 メインパート2」は時間、内容の両方が最も充実してるパート(約30分)。
部屋の中に漂うピンクと紫のもやを吸い込んでエッチな気分を盛り上げてから
彼女が指定した言葉を連呼して心と体を幸せな感覚で包み込みます。

右「ほら 言えば言うほど 気持ちよくなってくる 言葉が 快感が 体の中で響いて 反響して 全身を染め上げていく」
左「うふふっ 上手にお遊戯できるかな? ほら ママの言葉に合わせて言ってみようね」
本作品のテーマは幼児化調教ですから普通のプレイをしたらそれから脱線してしまいます。
だから彼女はママが赤ちゃんに言葉を教えるスタイルで感度を強化します。
この後のパートも含めて本作品のエッチは何らかのお遊戯をしながら絶頂へ導きます。

母子の愛を育むにはスキンシップも欠かせません。
一通り言葉を教えてあげた後はそのご褒美におっぱいの匂いを嗅がせたり乳首を吸わせてとことん甘やかします。
M向けの要素もありますが女性に弄ばれる快感、負ける快感といったソフトなものが中心です。
催眠パートで育ててきた赤ちゃん気分を維持できるように優しく優しく調教します。

中央「これからするお遊戯 絶頂に導く儀式は 鬼ごっこ」
山場となる絶頂シーンも鬼ごっこになぞらえて
中央からは長いカウントを数え、左右は簡単な耳舐めや乳首責めをして彼の心をがっちり掴みます。
絶頂の時間がおよそ1分と長めに取ってあり、その間に0の連呼や追い込み暗示を入れ続ける連続絶頂方式です。
射精のような突き抜けてすぐ収まる快感ではなく、じわじわと押し寄せて残り続ける穏やかな絶頂感が得られました。

残りの3パート25分間はオプション扱い。
「3 追加ドライパート」はキス、「4 床オナパート」はお相撲さんごっこ、「5 通常セルフパート」はいないいないばぁと
それぞれに異なるお遊戯やご褒美を用意してドライオーガズムと射精を応援します。

中央「あんっ いい感じでちゅよ もっともっと満足させてね」
この中で最も面白いのはやはり「4 床オナパート」ですね(約15分)。
彼女が下になる形で抱き合い、その体におちんちんを擦りつけるスタイルでオナニーします。
左右のサキュバスが言葉で体の柔らかい感触をリアルに伝え
さらに深呼吸を挟んで匂いを堪能させるなど、彼女の存在を身近に感じさせながら進める温かみのあるプレイです。

実際にやる時は柔らかいクッションを下に置き
おちんちんに手を添えて腰を振ると体にあまり負担をかけずに気持ちよくなれます。
プレイ中に彼女がわざと手加減して負ける快感を煽ったり、尻尾でアナルや前立腺を刺激してくるのもいいですね。
心と体をバランスよく責めて赤ちゃん気分とMの欲求を同時に満たします。

中央「シコ シコ シコ シコ」
右「もしお漏らししちゃいそうなら 手の力を緩めてもいいでちゅからねー」
それに対して「5 通常セルフパート」(約6分)はシコシコボイスでペースと強さを指定し
左右から優しい言葉をかけて応援するスタンダードなセルフプレイです。
本編を全部聴こうとするとどうしても集中力の維持が難しくなりますから
催眠慣れしてない人は「2 メインパート2」でドライに挑戦し、その後このパートで射精するのが無難だと思います。

このように、現実世界の母子のやり取りをエッチにアレンジした個性的なプレイが繰り広げられてます。
甘く恥ずかしい作品
大人の男性がなかなか補充できない心の栄養をたっぷり注入してくれる作品です。

吸精サキュバスは主人公の幼児化願望を叶えつつ彼の精気を吸い取ろうと
まずは長時間に渡る催眠を通じて身も心も赤ちゃんになりきらせ
それからその状態を維持しやすいやり方でドライ、ウェット両方の絶頂を味わわせます。

ママになった彼女にひたすら甘えて幸福感と性的快感を楽しむ展開
催眠の途中から彼女が3人に分身し、コンビネーションを取って誘導したり責める独特な作り
そしてママと赤ちゃんがするお遊戯にエッチな要素や暗示を絡めて気持ちよくするエッチ。
タイトルの幼児化調教にサキュバスらしさを盛り込んだ丁寧なサービスを行います。

左「これからもずーっと ママがそばにいて 可愛がってあげまちゅからね」
精気を吸い取られた結果彼が苦しんだり死ぬことは一切ありません。
現実世界のママと同じく赤ちゃんになった彼の面倒を最後まできちんとみます。
エッチが甘やかしメインですからM性が低めの人でも無理なく聴けるでしょう。
女性に甘える快感、それによって得られる安心感や幸福感、純粋な性的快感を一挙に補給できます。

エッチはドライ2、ウェット2とバランスが取れてます。
どのパートも基本は1人が相手をし、残る2人がそのサポートに回ってたので
1パートくらいは3人で体を同時に責めるプレイがあってよかったかもしれません。
催眠音声だから仕方ないところもあるのでしょうけど、女性が複数人登場するならもうちょっとエロさが欲しいです。

絶頂シーンはドライ1+α(連続絶頂)、ウェット2回。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声ごく僅かです。

幸福感に浸りながらイけるし抜けるあまあまな作品です。
以上を踏まえてサークルさんでは初の満点とさせていただきました。
おまけは2回目以降用の音声2本です。

CV:紅月ことねさん
総時間 4:02:49(本編…2:42:18 おまけ…1:20:31)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

吸精サキュバスの幼児化調教催眠3

サークル「ホワイトピンク」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、大きなおっぱいを持つ母性の強いサキュバスが
催眠を使って男性を赤ちゃんに戻してから幸せで気持ちいいエッチを提供します。

総時間の約半分をかけて入念な催眠を施しながら
その中でお話が進むほどママらしい口調と態度に変化させたり
途中から最大3人に分身して左右中央から暗示を畳み掛けるように入れるなど
催眠の心地よさと赤ちゃん気分にどっぷり浸れる甘く重厚なサービスが繰り広げられてます。
エッチでドライ、ウェット両方の絶頂を楽しめるのもポイントです。

音声を聴く前におむつを用意しておくとより楽しめます(無しでも可)。
本編の時間が3時間近くあるため前編(0~1パート)、後編(2~7パート)の2回に分けてお送りします。
サキュバスママの甘い誘惑
吸精サキュバスに幼児化催眠をかけられエッチに責められるお話。

「ようこそ よく来てくれました」
吸精サキュバスは穏やかで上品な声のお姉さん。
自分の領域に自らやって来た主人公を温かく迎えると
自己紹介してから彼の欲望をくすぐるお話を始めます。

本作品は「吸精サキュバスの幼児化調教催眠」「吸精サキュバスの幼児化調教催眠2」に続く看板シリーズ第3弾。
大らかな性格と魅力的な容姿を持つ彼女が幼児願望を抱くMな男性を相手に
およそ2時間40分に渡って催眠をかけたり色んなエッチをします。
内容は完全に独立してますから今作から聴き始めても特に問題はありません。

「私 ただ精気を吸い取るだけじゃなくて 男の人を赤ちゃんに変えるのも だーい好きなんですよ」
彼女は名前の通り男性が持つ精気を吸い取るのを得意としており
それをやるにあたって相手を赤ちゃんに戻し、そのママになって甘やかすのを好みます。
そんな背景を踏まえてハードに責めたり心身を痛めつけるようなことはせず
聴き手の無意識に眠る女性に甘えたい欲望を膨らませて自分からそうなりたくなるよう導きます。

今回は数々の名作を手がけられてきたキャンドルマンさんが協力してるだけあって
過去2作よりもお話の進め方が丁寧ですしアプローチのレベルも上がってます。
催眠特有の心地いい感覚を強めに味わいながら絶頂できますから多くの人が幸せに感じるでしょう。
一般的なサキュバスのイメージよりもずっと柔らかい物腰で優しく精気を吸い取ってくれます。

前編で紹介する0~1パートは催眠部分にあたり
本編総時間の約半分にあたる80分を割いて段階的に意識の力を弱めます。
催眠の技術も数多く込められてますが、それに加えて聴き手を納得させる会話にも力を入れてるのが大きな特徴です。
最後のほうには彼女のサービスをお試しで体験できるシーンもあったりと質量共に大変充実してます。
心身を少しずつ骨抜きにされる心地よさ
催眠は79分30秒ほど。
簡単な挨拶を終えた直後に早速仰向けに横になって目を瞑り
まずは彼女のお話に耳を傾けて心身を軽くリラックスさせます。

「私は 男の人の性のエネルギー 精気を吸い取るのがだーい好きな 吸精サキュバス」
「こうやって 声を聞いているだけで なんだかぼーっとしてきて ねむたーくなってきて 夢の世界へと 飲み込まれていく」

お話の内容は彼女自身のこと、これからするエッチなサービスのこと
またそのやり方など作品固有のものばかり。
これらを通じて彼女が何者なのかを理解してもらい、並行して声に対する集中力を高めようとします。

このシーンには催眠暗示にあたるセリフはそれほどありません。
しかし彼女との信頼関係を高め、本格的な催眠を受け入れやすくする心の準備に大きく貢献してます。
まだ始まったばかりなので口調は普通ですけど、間を長めに取りながらゆっくり語りかける彼女の声にも癒やされます。
時間に余裕がある状況を活かして一歩ずつ丁寧に幼児化を進めます。

催眠開始から12分後、ある程度準備できたところでいよいよ夢の世界へ移動し始めます。
数回ゆっくり深呼吸してから全身を入念に脱力し
さらに頭の中も空っぽにして赤ちゃんと同じ無力な存在へと生まれ変わります。

「体全体から 力がすーーーっと 抜けていく 抜けていく」
「サキュバスの声には 睡眠を促す魔力も込められていますから そうなってくるのは自然なこと」

特定の部位を指定せずに「力が抜ける」などの暗示をきめ細かく入れ
その中に比喩やサキュバス固有の能力を組み込んで効果的に脱力を促します。
下のセリフは「魔法をかけられてるなら脱力するのは当然だよね」と聴き手に思わせるのを狙ってます。

技術でゴリ押しするのではなく、自然に受け入れてもらおうとする彼女らしいアプローチです。
最初の会話の効果も相まってこのあたりから脱力感、意識のぼやけ、眠気を感じ始めました。

幼児化催眠らしさが大きく出てくるのはその後から。
彼のことを「ボクちゃん」、自分を「ママ」と呼ぶようになり
さらに赤ちゃん言葉も交えて先ほど生まれた心地いい感覚をより膨らませます。
後になるほど赤ちゃん成分が強くなっていくのが本作品の催眠における特徴のひとつです。

「赤ちゃん言葉であやされるたび 一番敏感なところに 快感が集まってきて じわーっとした あるいはピリピリとした 心地いい快感に侵されて ピクンピクンって反応しちゃう」
これまでよりもさらに表現が柔らかくなったセリフとあまあまな声とのコンボは強烈で
まるで宙に浮かんでるような幸せな感覚が自然と湧いてきます。
肌を敏感にしたりおちんちんに快感を集める暗示も入れてくれますから
肌がピリピリするとか性的に気持ちよく感じる人もいると思います。

右「ほら 3人の言葉が聞こえるから さっきまでの3倍気持ちよくなれちゃう」
左「さっきまでの3倍のスピードで 深く入ってしまう」
中央「さっきまでの3倍快感を感じて 幸せになっちゃう」
このシーンから彼女が3人に分身して語りかけてくるのが面白いですね。
右、左、中央に陣取って別のセリフを同時に言ったり1人ずつ順番に話して意識を頻繁に揺さぶります。
読みやすくするためにセリフの色を変えてありますが声質は全員一緒です。

1人の時よりもセリフの間隔が短くなってしゃべるペースも上がりますから
全部同時に聴こうとするよりも左右のどちらかに意識を向けたほうがいいです。
左右で交互に、あるいは同時に話すことが多く中央のセリフは少なめです。
畳み掛けるような暗示の数々につられて深い催眠に入っていく感覚を鮮明に感じることができました。
ここを聴き終えた時点で催眠開始からおよそ50分が経過してます。
サキュバスとのエッチを軽くお試し
前編のエッチシーンは14分間。
プレイは体/おちんちんの愛撫、負け犬のポーズです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

右「さぁ このまま3人がかりで とろけきったボクちゃんに いたずら しちゃいまちゅ」
多彩かつ重厚な催眠ですっかり赤ちゃんになった主人公を見て
吸精サキュバスはより赤ちゃんらしい方法で甘えん坊なMの欲求を満たしてあげます。

エッチは3人に分かれた彼女に言われた通りの格好をします。
ちなみにこのシーンは「1 メインパート1」の一部でして、前項の最初に書いた79分30秒の中に含まれてます。
つまり幼児化催眠の一環なのですが、エッチな描写や行為が出てくるため別枠で紹介します。

中央「ボクちゃんは ○○って言われると それだけで意識がストンと深いところに落ちて 頭がぼーっとして ママの声だけに集中する」
内容はとあるキーワードを起点に催眠状態をより深めてから
体を軽く撫でたり負け犬のポーズを取らせて心身をバランスよく気持ちよくするライトなものです。
本番に向けての軽いお試しといったところでしょうか。
立ち上がる指示が出ないので負け犬のポーズは寝たままやればいいようです。

ここまで聴いてれば十分以上の深さにまで入れてる人が多いでしょうから
その感覚と3人の女性に甘やかされる感覚が組み合わさってかなり気持ちよくなれます。
性的快感よりも充実感や幸福感といった心の快感のほうが強かったです。
終盤には長めのカウントを数えながら快感をさらに高めてくれるシーンがありますし
自分が既に催眠に入ってることや彼女に甘やかされる、弄ばれる環境が整ってることを実感できます。
サークルさんたちの長所を違和感なく融合した催眠
十分過ぎる時間を使って本当に少しずつ催眠と赤ちゃんの感覚を膨らませる大変丁寧な催眠です。

聴き手の心と体をとろとろに溶かして赤ちゃんと同じ無力な存在にし
吸精サキュバスたちがいるプレイルームへ自分から行きたい気分にさせることを目的に
信頼構築を目指した会話から入って深呼吸や脱力で効果的にリラックスを促し
さらに赤ちゃん言葉を交えた3人体勢での深化、興味や関心をより引くための軽いエッチといったように
正統派の催眠よりも柔らかさを持たせつつ色んな方向から働きかけて目的地へ導きます。

今回説明した以外にも多くの小技が使われてますので
彼女自身やその言うことに対して嫌な気分を抱く人はまったくいないと思います。
むしろ彼女に語りかけられてるこのひと時を心地よく感じるのではないでしょうか。
紅月ことねさんの演技も彼女のキャラにマッチしていてとても癒やされます。

テーマやキャラといった土台の部分はホワイトピンクさんの特徴をそのまま継承し
直前に話した小技にキャンドルマンさんらしさを感じました。
彼女が徐々にママの顔を見せていく流れもテーマに合ってて良いです。

催眠だけで80分は長い部類に属するのですが、私が聴いた時は集中力が途切れることも特になく
心身がリラックスする感覚、催眠に入る感覚、そこに漂う感覚、彼女の言葉につられて感度が変化する感覚など
気持ちいい、あるいは面白い体験をいくつも味わうことができました。
少なくとも催眠は過去2作より明らかに品質が上がってます。

おまけは2回目以降用の音声2本です。

後編へ続く…。
吸精サキュバスの幼児化調教催眠3(後編)

CV:紅月ことねさん
総時間 4:02:49(本編…2:42:18 おまけ…1:20:31)


体験版はこちらにあります

男をいじめる逆痴漢 このおち○ちんは私のオモチャ♪

サークル「Alphatolyl」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声や口調は穏やかだけど性格はかなりSなJKが
電車内で盗撮してた男性に恥ずかしくて惨めなお仕置きをします。

体よりも心への責めに力を入れてるのが特徴で
おちんちんを取り出してから周りの乗客に見られるスリルを煽ったり
童貞だと知るとすぐさま貶すなど、シチュを絡めながらMな人が喜ぶ言葉責めを多めにぶつけます。
女の敵を素早く調教
電車の中でJKに奴隷化調教を受けるお話。

「お兄さん 今前の子のスカートの中盗撮しましたよね ふふ 私ちゃんと見てましたよ」
JKは甘く穏やかな声の女の子。
電車内でスマホを使って他の女の子のパンツを盗撮してた主人公に声をかけると
通報しない代わりに自分の言うことを聞くよう指示します。

本作品は女性とエッチができず犯罪行為に及んだ男性を屈服させるために
彼女が25分程度の時間をかけて言葉責めをしながらおちんちんを激しくしごきます。
満員電車で他の乗客にばれないようエッチするシチュを踏まえて彼女の声や態度は終始穏やかにし
その代わり言葉責めをきつめにしたりスリルを味わわせてバランスを取ってます。

「今誰かに見られたら確実に人生終わっちゃいますね ふふ でもお兄さんがした盗撮もこれとおんなじことなんですよ」
盗撮を周りの人にばらされる、おちんちんを露出させてることを誰かに知られる
盗撮対象だった女の子にそれをソフトに擦りつけたり精液をぶっかけるよう激しく追い込むなど
二人の特徴や置かれてる状況を活かして心を上手に責めてくれます。

体への責めはほぼ手コキのみ、しかも効果音を鳴らすだけなので
言葉責めこそが本作品における一番の抜き要素だと思います。
Sっ気の強い女性なのでやることが結構えげつないです。
また終盤には言葉と行為の両方で彼女の奴隷に成り下がったことを思い知らせます。
後になるほど激しさを増すエッチ
エッチシーンはほぼ全編にあたる24分間。
プレイは手コキ、スカートに亀頭を擦らせる、貞操帯装着です。
手コキ、貞操帯装着の際に効果音が鳴ります。

「それじゃあ今から私にどんなことをされてもおとなしくしていてくださいね わかりましたか?」
盗撮をバラさない代わりに自分に従うことを主人公に了承させたJKは
その場でズボンを脱がせておちんちんを取り出し、手で力強くしごきながらMが喜びそうな言葉責めをぶつけます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の8分間は聴き手の勃起や性的興奮を促すことを目的にしたプレイ。
音声開始から2分後には早速エッチを開始し、軽い言葉責めをぶつけてから
「にゅちゅ」という水気を帯びた摩擦音を標準くらいのペースでリズミカルに鳴らします。

彼が盗撮したことをこの場で言いふらすのはやめたものの
彼女にパンツを撮った彼を許す気はまったくありません。
見つかったら間違いなく社会的に死ぬレベルの羞恥を味わわせながらそのことを言葉で意識させたり
年下に大事な部分を弄ばれ感じてる姿を見下した様子で眺めます。

「ふふ さっきからおちんちんがひくひくしていますよ そんなにこの女の子のスカート気持ちいいんですか?」
目の前に他の女の子がいる状況を利用して責めるのがいいですね。
相手に気づかれないレベルで亀頭だけをスカートに優しく擦りつけたり
彼女のスカートが短いのを利用して太ももをよく見るよう指示します。
羞恥心、見られる快感、敗北感、見知らぬ女性を汚す快感など色んな刺激を組み合わせて心を盛り上げようとします。

続く16分間は痴女行為よりも調教の色合いがずっと強くなります。
彼が女性と一度もエッチしてないことを知るとそれを貶してプライドを打ち砕き
恥ずかしい言葉を復唱させながら手コキのペースを段階的に上げ
主従の契約を結ばせた後に屈辱的な射精へと導きます。

「頷くだけじゃだめですよ ちゃんと言葉にしていってください ほら「○○」でしょ?」
エッチに入っても彼女の声と態度は穏やかですから雰囲気はそれほどハードじゃありません。
でも手コキはかなり激しいですし、言葉責めも彼を確実に奴隷へと追い詰めようとする意思を感じます。
彼の立場が最初から圧倒的に弱いのも大きく影響してるのでしょうけど
やはり彼女のリードがあるからこそ成り立つプレイと言えます。

射精させて終わりじゃなく事後に貞操帯を装着するのも、彼女の所有物になったことを印象づけるための演出です。
盗撮犯の心と体をがっちり縛りつけてまたやらないよう管理する。
Mへのご褒美であり戒めでもある一風変わった調教プレイが繰り広げられてます。
優しく貶める作品
ハードさをできるだけ表に出さない形で心をえぐってくる作品です。

JKは自分と同年代の女性を盗撮した主人公を徹底的に懲らしめようと
盗撮自体を敢えて不問にする代わりに一生忘れられないレベルの羞恥と屈辱感を与えます。

満員電車の中でおちんちんを晒しながら感じてる姿や射精を見られないよう我慢するシチュ
彼の心理を逆手に取ったM心をくすぐる言葉責めの数々
そして言葉と行為の両方で彼女に勝てないことを思い知らせる展開。
作品が持つ色んな要素を組み合わせたスリリングな調教プレイを行います。

「これからずーっとその変態おちんちん私が管理してあげますからね」
弱みを握られたとはいえJKにおちんちんを弄ばれるのは童貞にとってそれほど悪い話じゃありません。
だからこそ彼女は美味しい体験で終わらせないよう色んな罠を仕掛けます。
正統派の痴女プレイよりもややブラックと言いますか、追い詰められる感覚が味わえるでしょう。
電車内でエッチしてる雰囲気を壊さないよう体への責めをシンプルにしてるのも良いです。

射精シーンは1回。
くちゅ音それなり、淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

言葉責め主体のM向けプレイが好きな人におすすめします。

CV:山田じぇみ子さん
総時間 27:20

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2018年2月15日まで90%OFFの30円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。

催眠メルトダウン

サークル「キャンドルマン」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第28回目は穏やかでねっとりした声のお姉さんが
催眠を交えた珍しい調教でマゾ奴隷に堕ちる快感を味わわせます。

催眠はカウントを小まめに数えて揺さぶりながら従う快感をゆっくり教え込み
エッチは様々な指示を出して辱められる快感に浸らせる、といったように
少しずつダメになっていくのが自覚できてるのに逃れられなくなるよう丁寧にリードします。
心をどろどろに溶かしてあげる
お姉さんに催眠をかけられオナニーするお話。

「ゆったりと 楽な体勢で 楽な呼吸で聴いてください」
お姉さんは明るくて甘い声の女性。
音声を聴く際の環境や注意事項を簡単に説明すると
主人公にリラックスできてる時の自分をイメージするよう言います。

本作品は彼女の言葉で心を溶かされダメになっていく快感を味わわせるために
シンプルな催眠を施してからM向けの恥ずかしいエッチをします。
サークルさんの処女作ということで技術的にそこまでぶっ飛んだことはやりませんが
お話の進め方が丁寧でM心をくすぐるのも上手です。

「とろとろに とろける 不快感は何も感じなくなる とろけて 広がっていく」
彼女が全編を通じてとろける快感を味わわせようとするのもポイント。
催眠に入った時に感じられる心地よさやエッチで彼女に見られながらオナニーする快感をそれに例え
強引に隷属させるのではなく聴き手自身がそのままでいたくなるよう導きます。
販売ページのジャンルタグにSMや調教がついてますが心身を痛めつける描写はほとんどありません。

催眠は2パート19分間。
仰向けに横になり自分が日常生活の中でリラックスできるシーンをイメージした後
彼女の短いカウントとその前後に入る暗示を何度も聴いて催眠状態を少しずつ深めます。

前暗示→数え下ろす→追い込み暗示→もう一度数え下ろして手を叩く→追加の暗示。
この動作を何度も何度も繰り返しながら、序盤は暗示を受け入れやすくするためにリラックスを重視し
中盤は彼女の声に対して心地よさを感じるように誘導し
終盤は彼女の指示に従うことや辱められることに快感を覚える暗示を丁寧に入れます。

「あなたは 私の言葉を 気持ちよく受け入れられる 私の前では いつもより恥ずかしがり屋」
「あなたは 従順に従うことに 快楽を感じます あなたは 恥ずかしいと快楽を感じてしまいます」

やってることはものすごくシンプルです。
でも1セットごとに暗示の内容を微妙に変えながらゆっくり進めるおかげで
彼女に対して嫌な印象を抱くことなく声が妙に気持ちいい、幸せといった感覚が湧いてきます。
終盤に差し掛かると全身あるいは特定の部位が熱くなるかもしれません。

リラックスと深化と暗示をほぼ全部並行して進める変わった催眠です。
聴き手をお姉さんの言いなりにすることを目的に、リラックスできるイメージで軽く気持ちを落ち着けてから
呼吸に意識を向けさせつつカウントで揺さぶり続けて意識の力を少しずつ確実に弱めます。
そしてシーンによって暗示の内容を切り替え声に対する依存心を高めます。

催眠状態と半覚醒状態を頻繁に行き来するため、後になるほど意識のぼやけや瞼の重さを強く感じます。
暗示の表現や入れるタイミングもしっかりしていて受け入れやすく
この感覚に漂い続けたい気分に自然とさせてくれます。
彼女の声も終始穏やかでこの後調教をするとは思えないほど雰囲気が温かいです。
見られる快感、堕ちる快感
エッチシーンは3パート26分30秒間。
プレイはストリップ、裏筋オナニー、竿オナニー、尿道口オナニー、おちんちんをつねる(1回だけ)です。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
開始直後に服を脱ぐ指示が出ます。

「今から目いっぱい辱めて マゾの快楽の味をたっぷりと 心と体に教え込んであげます」
催眠を通じて主人公の心をどろどろに溶かしたお姉さんは
服を一枚ずつ脱ぐ指示を出し、その様子を嬉しそうに眺めます。

エッチは終始彼女に言われた通りのプレイをします。
最初の「melt 3」でするのはストリップ(約4分30秒)。
ズボン→パンツの順に脱がせながら羞恥心や見られる快感を言葉で煽ります。

「太ももが少しだけ見えてるのが かえって恥ずかしいですね」
一気に脱いでしまったら普段と変わらないということで
見られてることを意識させたり肌を少しずつ露出させる流れにして盛り上げてくれます。
催眠パートで脱力する暗示をほとんど入れてませんから体はすんなり動くはずです。
彼女の下僕になったことを実感させつつ興奮させるところが素晴らしいです。

本番のオナニーが始まるのはその次から。
「melt 4」は裏筋、尿道口、全体と刺激する部位を変えて性感をさらに高め(約15分)。
「melt 5」は彼にとある決断をさせてからそのご褒美に射精をプレゼントします(約7分)。

「股を開けって言われて 素直に開いちゃうんですね 私が知ってる限りでは そんなことをしてしまう生き物は あなたみたいな変態マゾか SEX中毒の淫乱女くらいです」
おちんちんをいじるようになっても彼女の言葉責めは止まりません。
体をくねくねさせたり喘ぎ声を出させて恥ずかしい気持ちを膨らませ
melt 4の終盤には屈辱的なセリフを復唱させて自分が奴隷に堕ちたことを自覚させます。

普段一人でやるオナニーではなく、ご主人様に見せるためのオナニーをするわけです。
オナニー自体は開始、停止、終了のタイミングを指示するくらいでペースや強さにまで細かく口を出すことはありません。
オナサポ作品との違いが出るようにシチュやイメージを使った心への責めに力を入れてます。

「もうあなたは 快楽に貪られるだけ 家畜以下の存在です」
その特徴が最もよく出てるのがmelt 5パート。
もう少しで射精できそうなところまで追い込んだ後に敢えて奴隷から人間に戻る機会を与え
快楽に負けさせることで自ら堕落する快感を味わわせます。
そしてオナニーはもちろん、射精のタイミングも彼女に全部委ねて気持ちいい絶頂を目指します。

誰かに言われて強引に隷属させられるよりも自分の意思でそうなったほうが背徳感は強くなります。
自分で自分の心と体を黒く染め上げ、その見返りに普段とは違う快感をいただく。
罵声やハードな寸止めといった過酷さとは無縁のやり方でMを喜ばせます。
とろける作品
頭の中に心地いいものを感じながら気持ちよくなれるマイルドなM向け作品です。

声も態度も穏やかなお姉さんが、催眠を使ってまずは指示を受け入れやすい精神状態へと導き
それから言葉に従う快感や辱められる快感を織り交ぜた焦らし系のオナニーをさせます。

カウントの前後に様々な暗示を置いて徐々に催眠状態と服従心を強めていく催眠
ご主人様に見られてることを意識しながら情けないオナニーをするエッチ。
男性の誰もがするプレイにMが喜びそうなスパイスを混ぜて別のプレイに変化させてます。

本作品の持ち味は心と体に対する責めのバランスの良さだと私は思います。
催眠は人間の無意識に働きかける行為ですから当然心を責めるのに向いてます。
でもそれだけだと気持ちいい射精は迎えられないので体のほうもそれなりの刺激を与えます。

断続的とはいえ合計15分程度しごけますし、おちんちんの快感が弱いということはありません。
そして握るだけとか一部の性感帯だけをいじらせて焦らす場合は
指示に従う快感や羞恥心といった別の要素で刺激の弱さを補ってます。
従う快感やとろける快感と指示を連動させてるおかげで催眠状態を維持しやすいのも魅力です。

射精シーンは1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて前回と同じ点数にさせていただきました。

CV:みる☆くるみさん
総時間 57:29

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2018年2月15日まで50%OFFの300円で販売されてます。

サークル「すくりぷてっどこねくしょん」さんの無料の催眠音声作品。

今回紹介する作品は、口調は穏やかだけど性格は結構Sなお姉さんが
調教済みの男性に射精とは違う快楽を与えます。

催眠→エッチの順に行う一般的な催眠音声とは違い、軽めのエッチをした後に深化を挟み
それから様々な暗示を組み合わせて絶頂させる変わったサービスが楽しめます。
乳首をいじるシーンが多いので開発済みな人のほうが気持ちよくなれるでしょう。
精液を出せない代わりのご褒美に
お姉さんの指示に従って気持ちよくなるお話。

「うふふっ こんばんは こんな時間にどうしたんですか?」
お姉さんは明るくて可愛い声の女性。
自分にエッチな事をしてほしくて寝つけずにいる主人公を温かく迎えると
お望み通り焦らしに焦らしてから気持ちいい絶頂に導きます。

本作品はご主人様として過去に彼を何度も調教してる彼女が
およそ40分に渡って催眠を交えたもどかしいプレイを提供します。
タイトル通り最初から最後まで丁寧語を貫くため調教モノの中では雰囲気が柔らかく
言葉責めについても催眠の技術を使って聴き手が受け入れやすく感じるように投げかけます。

最大の特徴はなんと言ってもサービスの進め方。
催眠誘導をしてからエッチに移る一般的な催眠音声とは違い
最初に軽めのエッチをした後に暗示を入れ始め、お話が進むほど催眠色が強くなるようにリードします。

簡単に言うと催眠誘導とエッチをほぼ同時に行うわけです。
そのため本レビューでも催眠とエッチを分けずエッチシーンの説明と一緒に催眠のことも話します。

すくりぷてっどこねくしょんさんは以前からエッチの最中にも深化の暗示を積極的に入れる傾向が見られました。
本作品はその特徴をより先鋭化させた珍しいタイプのものです。
催眠には入れるけどエッチの途中でそれが切れてしまうことの多い人には相性が良いと言えます。
優しく縛りつけるエッチ
エッチシーンはほぼ全編にあたる39分間。
プレイは玉揉み、乳首オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありですが射精表現はありません。
音声の最初に服を脱ぐ指示が出ます。

「じゃあ いつもの契りを交わしましょう」
主人公に服を脱いで正座する指示を出したお姉さんは
そのおちんちんが誰のものかを再確認してからボディチェックをします。

エッチは終始彼女に言われた通りに体を動かします。
最初の8分間は彼女の事や二人の関係を教えながら気持ちを盛り上げるプレイ。
全裸になって床に座り、脚を少し開いて彼女におちんちんを見てもらいます。

「この中で白くてどろっどろの精液を作っているんです」
彼女はご主人様ですから当然彼の射精の権利も握ってます。
だからまずは金玉を優しく撫でて射精できる状況かを確認します。
自分の急所を女性に委ねるあたりが調教らしくていいですね。
説明的でない方法で自分が彼女の所有物になったことを教えてくれます。

催眠の要素が本格的に出始めるのはその後から。
正座を解除してベッドに横になり、手をクロスさせた状態で乳首を左右同時に摘んだり
男性にとって最も敏感な前立腺に意識を向けて体のほうも気持ちよくします。

「乳首が感じると連動して 前立腺もきゅんってなるの そうするともっと 頭の中がぼーっとしちゃう」
「可愛いって言われるとなんだか幸せ エッチな気分になるのは幸せ あなたは私の声を聞いてると幸せ 幸せだから私の言うことはすべて受け入れ 何でも言う通りにします」

乳首オナニー自体は開始、停止、大まかないじり方を指示するのに留め
それらが終わった後は「幸せ」「ぼーっとする」といった催眠状態を深める言葉を厚めに投げかけます。
下のセリフのようにプラスの感覚を少しずつ変えて隷属を促すおかげで彼女の言うことを受け入れやすく
時間が経つほど寝起きのような意識のぼやけが強くなるのを感じました。

後半になると催眠らしさがより加速します。
乳首オナニーを停止させてから様々な暗示を入れて彼女に従う喜びを教え込み
無事完全な奴隷になれた後はご褒美として再度の乳首オナニーと絶頂をプレゼントします。

「頭から爪先まで全部 あなたのものすべてが 私のものになります それがあなたにとって とても幸せなことだから」
「あなたは私に○○と呼ばれると 頭が真っ白になります」

奴隷から連想されるマイナスのイメージを徹底的に和らげたセリフが丁寧口調とマッチしており
引き続き深化を推し進める展開も相まってとてもいい気分に浸ることができます。
精液の熟成具合がイマイチということで射精はお預けされますが
それに代わる十分な快感を多くの人が得られるでしょう。

このように、純粋な快感と従う喜びを組み合わせてイかせるテーマに沿ったエッチが繰り広げられてます。
優しく調教してくれる作品
自分から従いたい気分にさせてくれるマイルドな調教作品です。

お姉さんはこれまでの調教ですっかり従順になった主人公の射精をスムーズに管理しようと
ただ禁止するのではなく射精と同等、あるいはそれ以上の快感を与えて性的欲求を発散させます。
そして前半は体、後半は心と責めるターゲットを変化させて両方をバランス良く盛り上げます。

催眠とエッチをほぼ完全に同化させた大変珍しい構造
おちんちんへの刺激は一切行わず乳首や前立腺を責める流れ
彼女にすべてを委ね、従う快感を教えながらイかせる調教らしいプレイ。
キーワードの丁寧語と射精管理を上手く活用した柔らかい調教を施します。

「こうやってお預けされるのも エッチなご褒美のため 最高の快楽のため」
ご主人様だからといって高圧的に振る舞わず、むしろもてなす姿勢でリードするのがとても印象的でした。
奴隷といっても人間ですから射精を禁止されたらどうしても心に不満が残ってしまいます。
だから射精しない点だけは変えずにできる限りのことをしてあげます。
声が甘いおかげで丁寧口調でも冷たさは感じませんし、彼女に対して嫌な気分を抱く人はほとんどいないと思います。
セリフの表現が柔らかいもので統一されてるのも大きいです。

催眠は中盤以降でカウントを数えるシーンがあるものの
それ以外はほぼ暗示を繋げて誘導するサークルさん独自のものです。
暗示の量、表現、入れ方が全部優れてるので変則的でも入りやすい部類と言えます。
最初のほうは乳首や股間が気持ちよかったのに、後になると今度は頭の中のほうがそう感じるのではないでしょうか。
ドライの感覚も幸せイキに近いものでした。

絶頂シーンは4回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

エッチが充実してるのに加えて催眠の感覚もしっかり味わえる個性的な作品です。
無料ですから興味の湧いた方は是非お試しください。

CV:一之瀬りとさん
総時間 44:09

すくりぷてっどこねくしょん
http://107baknyuata.blog110.fc2.com/blog-entry-209.html

MSOT.

サークル「Es_Lab」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、男をメスに変えるサービスを専門に行なってる不思議なお店で
可愛らしい風俗嬢が催眠を使ってメスの快感を少しずつ教えます。

総時間の大部分を催眠に割いてリラックス、深化、メス化の暗示を一歩ずつ進め
最後におちんちん以外の部分を刺激して数回ドライさせるといったように
純粋な快感よりもメスへと堕ちていく過程を楽しませることを重視してリードします。
心だけを女の子へ
男の娘飼育倶楽部の店員「花表 咲ら(とりい さくら)」からエッチなサービスを受けるお話。

「いらっしゃいませ おにーさんっ 今日はご指名ありがとうございます」
咲らは明るくて可愛い声の女の子。
男の娘になりたい願望を抱いて来店した主人公を温かく迎えると
アイマスクを装着し椅子に座らせてからとあるゲームを持ちかけます。

本作品は心だけをメスに変えて気持ちよくドライ絶頂することを目的に
彼女が70分程度の時間をかけてメス堕ち催眠をかけたりその状況を活かしたプレイをします。
催眠音声ではお馴染みの女体化誘導は一切せず
様々なアプローチをかけて男性から遠ざけ女性に少しずつ近づけていきます。

催眠が55分、エッチは17分とかなり催眠に寄った構成になってるおかげで
催眠に入っていく感覚や漂う感覚が味わいやすく、自分が普段とは別の存在になった気分にも浸りやすいです。
サークルさんが「ちんこしゃぶりたい!って思わせたい」とおっしゃられてるだけあって
後のほうになると男性とのエッチにさほど抵抗を感じなくなる人が結構いると思います。
そして心がメス化するからこそおちんちん以外の部分を責めてイキやすくなるわけです。

テーマはアブノーマルですが進め方は大変丁寧なので
性癖はノーマルだけど変わったエッチに触れてみたいという人でも割と聴けます。
ごく一部を除いて咲らが明るく優しい態度で接し続けるため雰囲気はとても和やかです。
一歩ずつメスへ変えてく催眠
催眠は9パート55分間。
最初の「準備」「リラックス」「暗示」パートは本題のメス堕ちをあまり絡めず
運動や脱力をして咲らの言葉を受け入れやすくしたり暗示で深い催眠状態に入ります。

準備パートでする運動は彼女がカウントを数えてる間に特定の姿勢を維持する、といったもの。
座って聴くことを想定してるので寝て聴きたい人はこのパートを終えてからそうしたほうがやりやすいです。
リラックスさせつつ作品の世界に引き込むことを狙った演出がされており
バイノーラル録音特有のリアルな声やリップ音が距離の近さを感じさせてくれます。
これらを楽しそうに指示する彼女の姿にも癒されました。

「ずーんて音 ずっと聴いてると なんか脳波がどうこうで 体にいいみたい」
本格的催眠が始まるのは次のリラックスパートから。
ゆっくりした旋律の癒される音楽を流しつつ小刻みな振動を加えて意識の力を弱めます。
頭の中が揺さぶられてる感じがしてとても気持ちよかったです。
それと並行して入る脱力の暗示もその効果を増幅させるのに役立ってます。

「これから 君の意識はどんどん女の子 メスに変えられていっちゃうけど それは君が望んだこと だから君は進んでメスになろうって努力する」
催眠の感覚が一気に強まるのは暗示パートでしょうね。
「意識が沈む」など深化を促す暗示を立て続けに入れて夢の世界へ案内します。
その後もメス化に対する抵抗力を削いだり、彼女の言葉を素直に受け入れられる心構えを身につけるなど
メス堕ちに取り掛かろうとしてるのを匂わせるアプローチがいくつも登場します。

被暗示性の高い人はおそらくリラックスパートの時点でそれなりに入ってると思います。
深化のやり方も丁寧で上手ですし、メス化への土台作りとしてこの上ない品質を持ってます。

続く6パート32分間はいよいよメスになる快感を教えていきます。
「矯正」パートでは主人公の心を男性から女性へ大きくシフトさせ
その後の「刷り込み」や「学習用」ではその感覚を定着させる行為や暗示を入れます。

「そんなので生きてて楽しい? もう一回人生リセットしちゃったほうがよくない?」
この中で最も特徴的なのが矯正パート。
ダメなところをいくつか宣言させたり、今の自分を全否定するセリフを投げかけるなど
男性であることに嫌な気分を抱くように働きかけ、それと同時に女性になるメリットを教えて誘導します。
これが販売ページのジャンルに「洗脳」が入ってる理由です。

催眠音声では催眠者がネガティブなことを言うのはあまりよくないとされてます。
ですが本作品の場合は凹ませるためではなくメス化を推し進めるための手段として意図的に取り入れてます。
マイルドなバージョンも用意されてますから罵倒が苦手な人はそちらを選ぶといいでしょう。

学習用パートは初回用、2回目以降用、チョーカーを着ける用、ガーターリングを着ける用の4種類があります。
後のふたつは実際に持ってる人向けで内容に合わせて暗示が若干違うものになってます。
催眠にうまく入れていれば彼女の言葉を意外なほどすんなり受け入れられてることに気づくでしょう。
彼女の声が左右に分かれてひたすら暗示を入れてくるので結構強烈です。

時間をかけてゆっくりじっくり進めるテーマ性の強い催眠です。
聴き手の心を男性からメスへ変えることを目的に、前半は音楽や音を交えた正統派の催眠誘導
後半は罵声や多少の双子要素を取り入れたメス化と方針を大きく切り替えて行います。
これまで数多くの名作を制作されてきたサークルさんなだけあって催眠のレベルが高く
メインのメス化も聴き手との信頼関係を崩さないよう気をつけながら突き放します。

本作品は女体化作品のように体を作り変えるアプローチができないので
多少刺激的な要素を盛り込んでおかないと女性になったことを実感させづらいところがあります。
矯正パート以外は至って穏やかですしあまり気にならないのではないでしょうか。
復唱を挟んでるのも聴き手が自らそうなるのを後押しする狙いがあるのだと思います。
おちんちん以外の性感帯でイク快感
エッチシーンは17分間。
プレイはリボン装着、PC筋を動かす、乳首オナニー、舌を撫でる、咲らのオナニーです。

咲らのオナニーの際に効果音が鳴ります。
セルフはありですが射精表現はありません。
服を脱ぐ指示は特に出ません。

「そろそろ 気持ちいいことしたいよね? いいよ 私がいっぱい気持ちよくしてあげる ね?」
催眠を使って主人公の心をメスに変えた咲らは
おちんちんの根本にリボンをつけて射精しにくくしてから変わったオナニーを指示します。

エッチは彼女に言われた通りに手や筋肉を動かします。
最初の7分間はトレーニング要素を含んだプレイ。
カウントや声に合わせてPC筋を動かしながら乳首を指でいじり
さらに舌を突き出しその腹を撫でてメスになった気分をさらに膨らませます。
ちなみにリボンがない場合は指でおちんちんの根本を握ればOKだそうです。

「力の加減が変わるたびに どんどん疼いてくる エッチな気持ちになってくる」
おちんちんへの刺激がほぼないプレイなので純粋な快感はそこまで強くないものの
複数の性感帯を同時に責める流れや気持ちよくなる暗示の効果で
股間を中心にムズムズした快感が少しずつ湧いてきます。
女の子の前で痴態を晒し続けるシチュも心を盛り上げるのに役立ってます。

続く10分間は主にドライオーガズムを楽しむシーン。
長めのカウントに合わせてPC筋に力を入れ続けてから緩めたり
乳首と舌を引き続きいじって射精とは違うタイプの絶頂を何度も目指します。

「一生懸命動かしなさい 乳首もお尻に合わせて 一緒に強弱つけていじりなさい そうすれば もっと気持ちよくなれる」
多少の意地悪をしてくるものの彼女の声や態度は引き続き優しく
終盤には一緒にオナニーを始めて絶頂までします。
彼女は彼を男の娘にするためにこのサービスをしてるので見下すことはほとんどありません。
恥ずかしいことも全部受けとめてくれるから良い気分でエッチに取り組むことができます。

このように、股間への刺激を極力避けながらイかせる独特なエッチが繰り広げられてます。
マイルドなTS作品
自分の心が男性から女性へと変わっていく過程を楽しませる和やかな作品です。

咲らは女性の気持ちや快感を味わってみたくてお店を訪れた主人公の願いを叶えようと
最初から最後まで明るく優しい態度で接しながら目的に沿ったエッチなサービスをします。

催眠をしっかり深めてからメス化に移る丁寧な流れ、色んな方向から働きかけて自発的にそうさせる柔らかいアプローチ
そしてメスになったことを自覚させたままイかせるテーマに沿ったエッチ。
タイトル通りメスに堕ちたことを強く感じさせながらドライオーガズムへ導きます。

「何度も何度もメスイキして 心も体も 本物のメスになろうね」
テーマやサービスの内容だけを見ればアブノーマルです。
でもそこに至るまでの過程や彼女のキャラが穏やかでとっつきやすくなってます。
Es_Labさんは以前からぶっ飛んだサービスを大衆性を持たせて行う傾向がありましたが
本作品はその中でも一際マイルドな路線を歩んでます。


そう感じる一番の理由は催眠がとてつもなくきめ細かいからです。
エッチよりもずっと長い時間を割いて催眠誘導からひとつずつ慎重に行います。
最初の深化をした後も合間に再深化の暗示を入れて催眠状態の維持に努めてますし
催眠の心地よさを十分に感じながらメス化する方向で組み立ててます。

パートによってやることがまるで違うから聴いてて飽きが来ず
メス化の流れも個性と合理性を兼ね備えたハイレベルなものです。
女体化とは違い心だけを女性に変えるにどうすればいいかが考えられてます。
きつい描写があるパートに別バージョンを用意してるのもその一環です。
催眠も入りやすく普段の自分とは違う心境で気持ちよくなれます。

エッチはおちんちんへの刺激を避けて心身をバランスよく責めます。
乳首の開発具合によって差が出る部分もありますが、
メス堕ちを主観的に味わわせるのが目的の作品なら乳首オナニーは外せないと思います。

絶頂シーンは3回。
淫語そこそこ、くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声ごく僅かです。

催眠音声でもレアなジャンルに挑戦し十分な成功を収めてる作品です。
おまけは「射精管理?」パートです。

CV:杏子 御津(あんず みつ)さん
総時間 1:38:44(本編…1:28:57 おまけ…9:47)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

隣のお姉ちゃんに優しく調教されて、乳首でメスイキしちゃう音声

サークル「へーどねー」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、年下を可愛がるのが好きな隣のお姉ちゃんが
精通を終えたばかりの少年の乳首をたっぷりいじって新しい快感を教えます。

おねショタと乳首責めを組み合わせた甘くてややアブノーマルなエッチが行われており
指で擦る、爪の先で引っかく、歯ブラシでゴシゴシする、舌で舐めるなど
色んな方法で乳首を刺激しつつ優しい言葉をかけて快感と幸福感を与えます。
おちんちんもそれなりにいじりますから乳首を開発途中の人でも楽しめるでしょう。
男の子に教える大人の快感
お姉ちゃんに乳首とおちんちんを責められるお話。

「あ、いらっしゃい」
お姉ちゃんは明るくて甘い声のお姉さん。
ある日の深夜、家を抜け出して自分の部屋にやって来た主人公を嬉しそうに迎えると
一緒のベッドに寝て乳首とおちんちんを責めてあげます。

本作品はお隣さん同士として普通とは違うお付き合いをしてる男女が
2パート35分程度に渡って乳首開発したり動画を鑑賞しながら気持ちよくなります。
完全受身+逆転なしということで彼女に弄ばれ続ける展開になりますが
タイトル通り優しく調教するのでおねショタ特有のあまあまな雰囲気が漂ってます。

「乳首でメスイキできる立派な男の子になれるように、がんばろうね」
へーどねーさんは専門店で乳首マッサージをしたり、女性と感覚をリンクさせて乳首オナニーするなど
乳首を扱った作品に力を入れてるサークルさんです。
本作品もその流れを忠実に受け継いでおり、エッチシーンの7割強にあたる26分間も乳首を責め続けます。

いじり方もスタンダードなものから個性的なものまで幅広く
乳首開発を済ませてる方が実際にいじりながら聴けばかなりの快感が得られます。
エッチの前半はドライオーガズムを目指しますから催眠音声の経験がある人はより楽しめるでしょう。
それに対し後半はおちんちんの割合をかなり増やし射精に追い込む取り組みやすいプレイです。

「ほら、こっちにおいで? お姉ちゃんのベッド、ふかふかだよ ふかふかのベッドで、一緒にねんねしよ?」
これらを行うお姉ちゃんのキャラもポイント。
近所のお姉さんのイメージにぴったりな柔らかい声と態度で彼に接し
エッチが始まってもアブノーマルなプレイで感じてる彼を一切見下すことなく
むしろ嬉しそうに応援したり弱点の乳首を効果的に責め続けます。

タイトルに「調教」がついてますが彼のほうから受けに行ってるのでサービスと呼ぶのが妥当です。
焦らしや寸止めといった意地悪な要素もほぼなく一風変わったおねショタプレイあたりに留まってます。
彼のことが好きだから大人の快感を色々教えたくなったのでしょう。
可愛がりながら責める甘いエッチ
エッチシーンは2パート36分間。
プレイは乳首責め、亀頭責め、乳首舐め、動画鑑賞(フェラ、足コキ、乳首責め、手コキ)、オナニーです。
乳首責め、オナニーの際に効果音が鳴ります。

「お姉ちゃん、いっぱい我慢できる子が好きだなあ ふふふ、我慢できるよねー?」
主人公に服を脱いでもらいベッドに寝かせると
お姉ちゃんは早速彼の乳輪を優しく撫でて興奮と性感を高めます。

エッチはどちらのパートも彼女が責め続けます。
前半の「一日目」でするのは乳首責めと亀頭責め(約18分)。
乳輪を優しく撫でるところから始まり歯ブラシを使った乳首責め、爪で引っかく責め
乳首舐め、指での責めと色んな方法で刺激します。
そして歯ブラシ責めと爪で引っかく間に2分30秒程度の亀頭責めが入ります。

「まだ指でこりこりいじるのには早いから、まずは……この歯ブラシで、よーくさわさわしてあげる 用意しておいたんだよ」
彼は彼女の部屋に毎日通ってるほどこのプレイに没頭しており
これまでのエッチで乳首開発は済ませたもののまだメスイキだけはできてませんでした。
そんな状況を踏まえて彼女も幅広い刺激を与えてイける環境を整えます。
痛みを感じないよう柔らかい毛先のものを使ってるそうですから拷問とは明らかに違います。

プレイのほうは「すりすり」「くるくる」「なでなで」といった擬声語を言いながら
粘着質の水音をリズミカルに鳴らして様子を表現します。
歯ブラシ責めも指責めとほぼ同じ滑らかな音を使ってました。
彼女がいじる設定ですけど乳首オナニーしながら聴いたほうがずっと楽しめます。
歯ブラシは筆あたりで代用すると指とは違う快感が得られるでしょう。

「おちんちんくんごめんねー、今日はメスイキの日だから、あんまり触ってあげられないの」
「女の子用の乳首いじりはどう? そうだね、女の子になっちゃったみたいだねえ どんどん女の子になっちゃうね」

もうひとつの柱にあたるお姉ちゃんのキャラも忘れてはいけません。
おちんちんをいじりたそうにしてる彼の気持ちを察して亀頭だけを指で優しく撫で
終わりにする時は上のセリフを言ってから次へと移ります。
その後も男性の快感を捨て女性のそれに浸ってる彼を穏やかな表情で見守ります。

女性に乳首を一方的に責められるシチュだけを見れば割とM向けです。
でも彼女の柔らかい声、セリフ、細かな気遣いがそれをある程度中和してます。
甘やかしながらアブノーマルなエッチをしますから興味のある人なら誰でも聴けると思います。

続く「二日目」は打って変わっておちんちんへの責めを重視したプレイ(約18分)。
別の日、部屋を再び訪れた主人公にこれまで撮影してきた自分たちのエッチな動画を見せ
その中に登場するプレイを真似る形で乳首とおちんちんをバランス良くいじります。

「お姉ちゃんの舌で、亀頭のつるつるしてるところも、パンパンになってる竿の部分も やわらかいたまたまも、べろべろ舐め回されてる」
精通時、SMっぽいプレイ、乳首とおちんちんの同時責めと3つのシーンを用意し
そのすべてを彼女が聴き手視点で実況してイメージを膨らませます。
ストレートに責めていた一日目とは違いシチュを使って興奮させるわけです。
おちんちんを責めてる時は前半と同じく擬声語を使ってしごくペースを指示します。

「両方の乳首を一緒に、カリカリカリ カリカリカリカリ」
しかし乳首好きな彼女が乳首責めをせずに射精させることはありません。
パートの中盤あたりから両乳首をいじり、彼には引き続きおちんちんをいじらせます。
爪で引っかく、二本の指で挟んで振動させる、つねるなど刺激の強いプレイで固め
最後の瞬間に気持ちよく射精できるよう側面からサポートします。

乳首を開発してる人ならわかると思うのですが、乳首とおちんちんを同時にいじると
おちんちんだけをいじる時よりもずっと気持ちよくなれます。
テーマ性をきっちり残しつつ彼の願望を叶えるところに彼女の優しさを感じました。
事後には労りの言葉をかけてくれますし、スッキリした気分で聴き終えることができます。

このように、作品が持つ2つの長所を活かした穏やかなエッチが繰り広げられてます。
優しく開発してくれる作品
乳首だけでなく心も気持ちよくしてくれる甘さの強い作品です。

お姉ちゃんは自分とのエッチを通じて乳首の快感に目覚めた主人公をより気持ちよくしようと
年上らしい穏やかな態度でリードしつつ最初は乳首を、次は乳首とおちんちんを同時に責めて
それぞれで異なる快感や絶頂感を与えます。
そしてM向けのプレイをできるだけ取り組みやすくするために思いやりの言葉を多めに投げかけます。

エッチシーンの大部分で行われる幅広い乳首責め
乳首だけでイクのが難しい人でも楽しめるおちんちんとの同時責め
そしてこれらを行う彼女の慈愛に満ちたキャラ。
乳首特化のプレイとおねショタの醍醐味である温かさを組み合わせて仲の良さを表現しています。

「可愛いよ 射精とっても可愛い ふふふふふ、大好きだよ」
中でもお姉ちゃんはややアブノーマルなプレイで気持ちよくなってる彼のすべてを受け入れ
エッチの最中に彼の希望をある程度叶えながら進める優しさを見せます。
この状況ならもっともっと彼女の意思を尊重したプレイ運びにできたはずです。
そこを敢えてやらなかったのは彼を喜ばせたい気持ちが強いからです。
彼が彼女を求める気持ちと同じくらい彼女も彼を大事に思ってるのが伝わってきます。

エッチは前半は乳首特化、後半はおちんちんとのバランス型と方向性を変えてます。
後半は映像を見ながらオナニーしてる感じを出すために実況を増やしてあったりと
同じ乳首系でも違った楽しさや快感が味わえるように考えて組み立ててます。
純粋にどちらが気持ちいいかと言われれば断然後半でしょうね。

絶頂シーンはドライ1回、射精1回。
くちゅ音それなり、淫語そこそこ、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

CV:天知遥さん
総時間 40:53

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はありません

「敗北ヒロイン淫堕独白・2」極薄防護スーツ無力化の快楽拷問に曝されるスペースエージェント・リリィ

サークル「カオティックブリード」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、宇宙管制機構の凄腕エージェントとして活躍してる女性が
敵対勢力に捕まり快楽拷問を受けて何度も何度も絶頂します。

セリフよりも喘ぎ声のボリュームを圧倒的に多くした抜き重視の作りが魅力で
彼女の心情を所々で語りつつ最初は甘め、中盤はややハード、終盤はエグめにと
プレイの内容や責めっぷりに応じたエッチな声をたっぷり漏らします。
スーツは無敵でも中身は
リリィ・フェルナッサが快楽拷問を受けるお話。

モノローグ「くっ! 猿ぐつわが強すぎよ」
リリィは明るくて活発な声の女性。
仲間の捜索をしてる最中、敵対する妖魔ヴァンキューレに囚えられた彼女が
拘束具や猿ぐつわを装着され取り調べを受けるシーンから物語は始まります。

本作品は女性が激しく責められ乱れる様子を楽しむ抜きボイス。
特殊なスーツを身につけ悪と戦い続けてる彼女が
およそ30分に渡り薬や機械で責められ続け連続絶頂へと追い込まれる様子を独白形式で描きます。
サークルさん独自の固有名詞や設定が登場しますが、やってることは割とスタンダードな機械姦なので
過去作を聴いてなくても特に問題はありません。

「いっ いいっ うっ うぅ」
全編を通じて言える大きな特徴は喘ぎ声がとにかく多いこと。
最初はやや熱っぽい吐息を漏らしてたのが機械を使い始めると軽くうめくような声になり
後半のおまんこを責められるシーンでは若干悲痛なものへと変化します。
拷問目的のエッチということで甘さよりも苦しさのほうをやや強調して演技されてます。

物語の序盤から中盤にかけて状況説明や彼女の心情をモノローグで軽く語る以外はほぼ全部喘ぎ声です。
セリフよりも喘ぎ声のほうが圧倒的に多いですから女性の乱れる声が好きな人ほど楽しめます。

もうひとつの魅力は絶頂シーンの多さ。
エッチの中盤あたりに1回目を迎えてから終了まで責めの手をまったく緩めず
そのまま彼女が降参するまで10回連続の絶頂へと追い込みます。

だいたい3分に1回のペースで絶頂シーンがあることになりますね。
絶頂を迎えるたびに弱気になる彼女の様子にも拷問らしさがよく出ています。
喘ぎ声と絶頂シーンの両方が多いシンプルで実用性高めの作品です。
後になるほど激しさを増すエッチ
エッチシーンはほぼ全編にあたる31分30秒間。
プレイは乳揉み、媚薬を使った全身愛撫、電マ責め、機械によるおまんこ責めです。
電マ責め、おまんこ責めの際に効果音が鳴ります。

モノローグ「えっ? 胸揉むの? こっこういう緩い刺激だと 防護機能が働かないのよね」
あらゆる攻撃を無効化するガードスーツを剥ぎ取れずにいる妖魔は
次なる手としてスーツ越しにリリィの胸を優しく揉み始めます。

エッチは抵抗できない彼女を妖魔が一方的に責め続けます。
最初の8分間は連続絶頂に向けて感じやすい体にする前戯シーン。
乳揉みから始まり全身へ媚薬を塗り込みながらの愛撫、さらに弱めの電マ責めと比較的ソフトな刺激を与えます。

モノローグ「解毒機能も機能しない成分みたいで すごく効いちゃってる」
ガードスーツがある限り拷問を受けても大丈夫と思ってたのでしょう。
拷問とは正反対の甘い責めに戸惑いつつ熱っぽい吐息と甘い声を漏らします。
モノローグが適度に入るおかげで彼女の心理も掴みやすいです。

そんなまったりした雰囲気が電マのパワーを上げた途端一気に変わります。
彼女の喘ぎ声が軽く泣くようなものへと変わり、絶頂を繰り返すにつれて心のほうもどんどん弱気になります。

「あっ あぁっ あうっ ううっ ひっ ひぃっ」
「やめてっ これ以上イったら 死んじゃう」

どんなに体を鍛えてる人でも性的快感は堪らえようがありません。
耳を覆いたくなるほどではないものの、押し寄せてくる強烈な快感を我慢できずにいるのがわかります。
電マがパワーアップしてから止まるまでの10分間で5回も絶頂し続けますし、この時点で十分ハードなプレイと言えます。

しかし妖魔の拷問はまだまだ終わりません。
彼女の心が緩んだ隙に下半身だけスーツを脱がせ、露わになったおまんこに別の機械で何度も何度もピストンします。

「あぁぁぁぁうぅぅぅぅ あぁっ あぁぁっ! いぃぃぃぃ」
「きもひいいぃ きもひいっ きもひいぃ」

「ドゥドゥドゥドゥ」という小刻みな振動音が鳴るたびに今まで以上の激しい声を上げ
やや呂律が回らない様子で喜びの声を上げるなど、正義のヒロインのイメージからかけ離れた姿を晒します。
このへんまで来るとモノローグもほとんどなくなって本当に喘ぎ声まみれです。
凄惨さをちゃんと抑えてありますからオナニーのオカズに役立つでしょう。

このように、悪堕ちなどブラックな要素を取り除いた抜きやすい快楽拷問が繰り広げられてます。
喘ぎ声尽くしの作品
全編に渡って流れ続ける喘ぎ声が魅力の作品です。

強い心と強靭な装備を持つ女性エージェントが
思いもよらない方法で弱点を責められ、最後は敵に懇願する醜態を晒します。
そしてその様子を言葉ではなく女性が生み出すエッチな声によって表現してます。

喘ぎ声は音声作品だと主にSEXシーンで活躍する抜き要素ですが
このところ耳舐めなどに押されてたっぷり聴ける機会が少なくなってます。
そのへんの需要を満たしてくれる点でも役立つ作品と言えます。

状況説明をほとんどしないのでイメージを膨らませにくいところもありますが
拷問の様子を生々しく実況したらむしろ抜きにくくなる可能性がありますし
シチュだけ説明してあとはがっつり喘ぐのは有りだと思います。
プレイによって喘ぎ声のタイプを切り替えてるのも実に良いです。

残念だったのはモノローグのエフェクトが強すぎることです。
心の中でしゃべってる感じを出したかったのでしょうけど、反響が大きすぎてセリフがうまく聞き取れません。
もっと抑えたバージョンやエフェクトなしも同梱してほしかったです。

絶頂シーンはおよそ10回。
喘ぎ声多め、効果音それなり、淫語ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

CV:紅葉美兎さん
総時間 33:34

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は6点。
33分で100円とコスパがいいので+1してあります。

2018年2月15日まで10%OFFの90円で販売されてます。

お世話の日~優しく甘いご主人様開発調教日記~

サークル「サイドオフ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、母性とSっ気の両方を兼ね備えた二人のメイドが
幼児プレイ要素をそれなりに含んだエッチなお世話をします。

左右に寄り添い耳を同時に舐めながら軽めの言葉責めをしたり
大きなおっぱいから吹き出す母乳で彼の顔を真っ白にするなど
Mな男性をもてなすことを強く意識した甘く恥ずかしいサービスをしてくれます。
ダブル耳舐めの時間が長いのでこれが好きな人ほど楽しめるでしょう。
Mで甘えん坊なご主人様へのプレゼント
メイドのアリスとカリンがエッチにご奉仕するお話。

「おはようございます ご主人様 ご気分はいかがですか?」
アリスは上品で穏やかな声のお姉さん。
月に一度だけあるお世話の日の朝、嬉しそうな表情の主人公に挨拶すると
早速お目覚めの耳舐めをして気持ちいい射精へ導きます。

本作品は仕事や日頃の生活を頑張ってる彼へのご褒美に
彼女たちが4つのシーンに渡ってややM~M向けの変わった調教を施します。
母乳をぶっかける、顔を足で踏みつけるといったアブノーマル路線のプレイ構成ですが
特別な日ならではのやり方で彼の欲求を満たしてるだけで彼女たちに悪意はまったくありません。
愛情を感じる言葉が至る所に散りばめられていて雰囲気はとってもあまあまです。

アリス「はーいご主人様 おっぱいの時間ですよー」
カリン「私たち二人の分 いっぱい飲んでくだちゃいねー」
複数の女性が登場する長所を活かし多くのシーンで体を密着させ二人同時に責めてくるのもそう感じる理由です。
挿し絵の通り大きなおっぱいを持ってるだけあって二人とも母性が強く
変態的な責めを受けて喜んだり恥ずかしがってる彼を嬉しそうに見守ります。

お世話の際に二人が耳舐めを積極的にするのも大きな特徴です。
2番目のお昼パートを除く3パートで登場し、総時間の約6割にあたる43分間行います。
特にダブル耳舐めは34分もありますからちゅぱ音に頭の中を包まれてる気分がするでしょう。
ペースを緩めにする代わりに音の質感をやや下品にしてエロさを出してます。

母性漂う女性たちが同時にアブノーマルなプレイをするシチュと充実した耳舐め。
男女がする一般的なエッチとは色んな部分に違いを持たせたマイルドな調教作品です。
見下しつつ甘やかすエッチ
エッチシーンは4パート60分間。
プレイは耳舐め、おむつの装着、顔に母乳をかけられる、顔を足で踏まれる、手コキ、ダブル耳舐め、オナニーです。
母乳噴射、足で踏まれる、手コキの際に効果音が鳴ります。

「いいんですよ 素直に感じて 私たちがしっかり開発…いえ お世話してあげますからね」
これからされるお世話に期待してる主人公の右耳に軽く息を吹きかけると
アリスはそのまま耳の上側を舐めて彼の気持ちに応えます。

エッチはどのパートもメイドたちがご奉仕します。
一番最初の「朝のお世話」はアリスと一対一でエッチするパート(約9分)。
前半は右耳、後半は左耳と位置を変えて耳の各部位を舐めたり赤ちゃん言葉を話します。

「前のお世話でも言ったセリフだよね? あの時はハイハイバブバブまでやったのに 何を今更恥ずかしがってたんでちゅか? 言えまちゅよね?」
「ん? 持ち帰ってどうするのって? それはもちろん 匂いを楽しんだり 自分で穿いてあそこの部分を 私のあそこに擦り合わせたりするんですよ」

アリスは年上系メイドのイメージにピッタリな優しくて世話好きなキャラ。
アブノーマルなプレイを恥ずかしがる彼の心を言葉で開放して赤ちゃん気分に浸らせたり
カウパーで汚れた彼のパンツをオカズに後でオナニーすると明言して愛情を示します。
喜びも、快感も、羞恥も分かち合おうとするあたりに主従の絆を感じました。

耳舐めについては30秒くらいちゅぱ音を鳴らしてから軽く話すのを繰り返します。
単調さが出ないように耳の上側、耳たぶ、穴の入口とシーンによって責める部位を変え
それに合わせて音の質感も変えてプレイに臨場感を与えてます。
おちんちんに一切触れずに射精させてるので実際に抜くのは難しいでしょうが雰囲気作りの役割は十分果たしてます。

本作品の売りである同時責めが始まるのは次の「お昼のお世話」から(約16分)。
お昼ご飯に母乳を飲ませようとして拒否されたメイドたちが
左右から彼の顔に何度もぶっかけて赤ちゃんの心構えを教えます。
さらに次の「夕方のお世話」パートではダブル耳舐めをたっぷりして彼の耳と心を蕩かせます(約24分)。
ちなみにこれ以降は赤ちゃん言葉をあまり言わなくなります。

「やだご主人様 そんなことなさってたんですか? 最低なド変態野郎ですね」
「なんだかすごい背徳感で お腹のあたりが疼きますわ」

ここから登場するカリンはアリスに比べてSっ気の強いキャラ。
ややトーンの低い落ち着いた声で彼に軽めの言葉責めをぶつけつつ
母乳まみれの情けない姿に母性をくすぐられて興奮します。
変態なご主人様に仕えてるだけあって彼女たちもそれなりに変態なところを持ってます。

母乳噴射については「ぶぴゅっ」という水音を左右交互に何度も鳴らします。
もうちょっと実況してくれたほうがリアリティが出るかなぁとも思いますが
元々音声で表現するのが難しいプレイですし雰囲気は出てると思います。
中盤に5分程度やる顔踏みや終盤の手コキなど、前のパートに比べて効果音が充実してます。

カリン「いつも変態音声聴きながら 私たちにこうされることを想像してたんでしょ? この淫乱マゾ」
アリス「ほら ためらわないで ご主人様の恥ずかしい姿 全部見ててあげるから」
「夕方のお世話」パートでするダブル耳舐めもちゅぱ音とセリフをある程度分け
アリスは優しめ、カリンはきつめと二人の違いが出る表現で言葉責めをちょこちょこぶつけます。
幼児プレイ要素が薄いパートなので本作品の中では変態度が低めです。
オナニーの時間も17分程度用意されていて最も抜きやすくなってます。

このように、愛情深い女性たちが相手に合わせた方法で甘やかす変わったエッチが繰り広げられてます。
愛のあるM向け作品
Mな人を喜ばせることだけを考えた密度の高い作品です。

アリスとカリンは日頃お世話になってる主人公にお世話の日を思いっきり楽しんでもらおうと
朝から夜までつきっきりで変態向けの色んなプレイをします。
そしてその中に作品の特徴を盛り込んで個性を打ち出してます。

年上の女性が左右に寄り添い個別に、あるいは同時に責めるシチュ
ノーマルなプレイとアブノーマルなプレイを組み合わせた独特な幼児プレイ
根は優しいけど彼のためならSにもなれる二人のキャラ。
複数人プレイの持ち味である密度の高さや彼女たちの違いが出る形でエッチを行い仲の良さを表現してます。

アリス「ご主人様は おちんちんシコシコしながら喘ぐ 恥ずかしいお方ですね」
カリン「私たちはそのお姿を 今夜のオカズにするんですよ」
中でもキャラは言葉や行動に彼を慕う気持ちが滲み出てます。
恥ずかしい姿を見たがるのは結局のところすべてを知りたいほど彼のことが好きからです。
その証拠に彼女たちも自分たちの気持ちや性癖をためらうことなく晒します。
良いところも悪いところも全部受け止め合える大変親密な主従です。

しかしその一方でエッチは機械的と言いますか単調さが目立ちます。
どのパートも二人がまったく同じプレイを同時にするだけで
そのやり方もパートやキャラごとの違いが特に見られないのが主な理由です。

前者はお昼がダブル母乳噴射、夕方はダブル耳舐め、夜はその両方を同時にやります。
例えばアリスが耳を舐めてカリンが言葉責めをするとか母乳噴射+フェラなど
異なるプレイを同時にやっていればコンビネーションが生まれてまた違うエッチになったでしょう。
ダブル耳舐めをするのは別にいいのですが、全パートで二人がまったく同じことをするのはどうかと思います。

後者は特に耳舐めがわかりやすいんですけど、30秒くらいちゅぱ音を固めて鳴らし
それから軽くしゃべって耳舐めに戻るのを全パートで繰り返します。
しかもダブル耳舐め中にしゃべる時はほぼ必ず二人同時に舐めるのを止めます。
また耳舐めの流れも耳の上側→耳たぶ→穴の入口で統一されてます。

彼女たちが性処理用アンドロイドならこういう緻密なプレイでも良かったのかもしれません。
ですが人間に設定されてるならもう少し不規則さを盛り込んだほうがらしさが出ると思います。
具体的には性格を反映させてアリスはお淑やかな、カリンはややパワフルなちゅぱ音を鳴らすとか
片方が耳の上側、もう片方が穴の入口を舐めて違うタイプの音を同時に楽しんでもらうといった感じです。
お昼以降のパートは根っこがどれも一緒なので、もっと表現に幅を持たせてエッチを組み立てて欲しかったです。

射精シーンは4回。
ちゅぱ音多め、くちゅ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声はありません。

プレイは面白いのだけど全体の流れが単調になってると判断し
今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:柚木桃香さん
総時間 1:11:45

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ