同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:調教

   ● 調教催眠~不思議な夢で淫猥な国のアリス~Ver.白兎
   ● 意地悪なお姉さんの超変態完全オナ指示 あなたのオナニーで私を楽しませなさい♪
   ● 危険度MAX!? ドSお姉様による禁断の露出オナニー調教
   ● ~おち○ぽ耐久テスト~委員長の厳しいオナ指示で射精する快感
   ● みみどみねくいんず
   ● 鍵屋さんによる拘束と甘やかし。
   ● 菜月お姉ちゃんのバイノーラル包茎イジメ~左右同時に包茎チ○ポ嫐ってあげるからすぐにビュッビュって敗北しちゃいなさい~
   ● お姉さまのマゾ犬調教乳首オナニー
   ● 淫らな従属の黒魔術
   ● 女体化催眠! 「あらあら可愛いお嬢ちゃんね♪」


調教催眠~不思議な夢で淫猥な国のアリス~Ver.白兎

サークル「吟遊夜会」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、児童小説「不思議の国のアリス」に登場する白兎を模した女性が
不思議の国に招待してから2種類のエッチでマゾの快感を味わわせます。

彼女と一緒に不思議の国へ向かう様子に技術を絡めた催眠
途中に登場する薬の効果に合わせてまったく異なる方向から気持ちよくするエッチなど
原作の世界観をできるだけ活用した流れのある調教をします。

音声を聴く前に一口分の水が入った小瓶またはペットボトルをご用意ください。
今回は「調教催眠 小さい」を聴いてのレビューをお送りします。
兎を追って不思議の国へ
不思議の国のアリスになりきって白兎に調教されるお話。

「あなたは今 おとぎ話を読んでいます」
お姉さんは甘く穏やかな声の女性。
注意事項や自己紹介といった前置きはすべて省略し
作品のテーマである不思議の国のアリスに関するお話を早速始めます。

本作品は不思議の国のアリスの世界に入り込んで気持ちよくなることを目的に
バニーガールの姿をした白兎が案内役になって催眠をかけたりエッチなサービスをします。
お姉さんは主人公と白兎が出会うまでの4分間だけ登場し、残りはすべて白兎一人が担当します。

吟遊夜会さんは魔汚館シリーズなど主にドM向けの同人音声を制作されてるサークルさんで
催眠音声は随分前に女性向けの無料を一本作ってますが有料はこれが初めてのはずです。
しかし白兎に連れられて不思議の国まで行く様子に音と暗示を絡めて催眠状態を深めたり
特定の言葉を復唱させて調教される喜びを教え込むなど、新規サークルさんの中ではかなり思い切ったことをされてます。
そしてエッチは原作にはない要素なのでご自身の嗜好に合った方法で責めてます。

ちなみに製品版には今回紹介する「調教催眠 小さい」以外に「調教催眠 大きい」も入ってます。
両者の違いは主にエッチシーンでそれぞれの名前に合ったプレイの内容や方向性で進めます。
催眠部分はごく一部の文言に差がある以外ほぼ一緒です。
「調教催眠 大きい」のエッチシーンについては聴いてのお楽しみとさせてください。

催眠は57分30秒ほど。
原作と同じく白兎の後について大きな穴の空いてる木の中に入り込むと
主人公に気づいた彼女が挨拶し、軽いストレッチをしながら不思議の国の入り口まで案内します。

「おや? キミは… なーるほど ボクの後をついてきてしまったんだね」
白兎はお姉さんよりも中性的な声と言葉遣いのボクっ娘。
不思議の国へ迷い込んだ主人公を快く迎え、移動中にリラックスを兼ねて頷く練習をさせます。
本作品はこの後も聴き手に能動的な参加を促すシーンがいくつかあり
言われた通りにすればするほど催眠が深まるように作られてます。
体を直接動かす指示が出るのはここだけで、他は復唱がメインになってます。

不思議の国の入り口に到着した後にするのはさらなるリラックスと軽い深化。
深呼吸から始まって体の脱力、大きな滑り台を下りるイメージ、そして彼女が持つ時計の音と
古典催眠の技術に作品独自の要素を組み合わせて心身をバランスよくほぐします。

「すっと力が抜ける 全身から力が抜けて 心地よいリラックス状態になる」
「鳴り響く 鳴り響く 時計の音がキミの中に染み込んでいく 一定のリズムで染み込んでくる音が心地いい」

これまでのシーンは普通の会話に近い口調で語りかけてたのが
ここからは「力が抜ける」「落ちる」「心地いい」といった暗示の割合が一気に増え
特に時計を鳴らすシーンはカチカチというリズミカルな音と言葉でその感覚を効果的に伝えます。
これらの後に入り具合のチェックもするなどゆっくりじっくり誘導します。

最後の仕上げはさらなる深化とエッチに向けての準備。
予め用意した小瓶に入った水を飲み、彼女の言葉を何度も復唱して従う心を身に着けます。

「こうやって繰り返しているだけで キミはさらに深い催眠状態に落ちている」
水を飲むシーンは純粋に喉の渇きを潤す以外にも特別な意味を持ってます。
その後の復唱も自己暗示形式で催眠に落ちていく、入っていくのを促してますし
一般的な催眠音声とはやや違うやり方でエッチを楽しめる環境を整えてくれます。

白兎がアリスを案内する様子に技術を盛り込んだテーマ性の強い催眠です。
聴き手を不思議の国に招待しアリスになりきらせることを目的に
首の運動を兼ねた心の準備から入って深呼吸、漸進的弛緩法、イメージや音を使った深化
沈黙法、自己暗示形式でのさらなる深化など時間に余裕がある状況を活かして一歩ずつ着実に進めます。

「優しく優しく導いて キミを…まで導くよ」
どのシーンも事前の説明をしっかりしてから始めるおかげでやりやすく
ところどころで敢えて言葉を濁してこの先何が待ち構えてるか期待させてもくれます。
原作のある物語ということで当然それに関する素材も結構使ってますし
有料処女作として見る分には比較的優れてると言えます。

ですが説明部分に時間を多く割いた影響で暗示が少なくなってるかなぁと。
催眠音声はまず催眠状態に誘導しないと始まりませんから、とりあえずはそちらをきちんとこなし
そのうえでストーリー部分や前後の説明を強化したほうが良いと思います。
私が聴いた時もリラックスはできたのですが催眠の入り具合は浅めでした。

イメージをもっと活用してればより良い催眠になったと思います。
例えば脱力した後に始まる滑り台を下りていくシーンでもっと効果的に暗示を入れてれば
少なくとも今よりは深く誘導できたのではないでしょうか。
有料一本目だから仕方ないところもあるのでしょうけど、技術と素材の親和性にぎこちなさを感じました。
ただし時計の音を鳴らして心地よくするシーンはすごく良かったです。
甘やかされる快感と嘲笑される快感
「調教催眠 小さい」のエッチシーンは36分間。
プレイはオナニー、おしゃぶりです。

エッチな効果音はありません。
セリフはありです。
エッチを始める直前に服を脱ぐ指示が出ます。

「今度はキミを調教する この物語の住人としての役をこなそうか」
催眠を通じて主人公を不思議で淫猥な国に案内した白兎は
今までよりもやや嗜虐的な表情になって彼に変わった調教を施します。

エッチはご主人様にあたる彼女に終始責められます。
最初の13分間は主に心を盛り上げるプレイ。
裸になってほんの少しだけオナニーしてから先ほど飲んだ小瓶の効果を確認します。

「ほらアリス キミのおちんちんに謝りなよ 変態マゾ奴隷の短小おちんちんとしてしか まともに使ってもらえないおちんちんにしてごめんなさいって」
小瓶に入った液体には魔法がかけてあり、これを飲むとおちんちんが小さくなるそうです。
だから彼女は「短小」と何度も言って普段よりもずっと小さくなったそれを貶します。
調教を受けるほど催眠が深まる暗示を入れてるので催眠を使ったエッチなのは間違いありませんが
暗示で感度を高めるよりも惨めさや調教される快感で興奮させるスタイルを取ってます。

本作品のエッチのポイントはもうひとつあります。
準備を終えてオナニーを開始したあたりから主人公が赤ちゃん、白兎がママの役になり
赤ちゃん言葉で甘やかしたり小馬鹿にするセリフを投げかけます。

「ママはアリスちゃんの その小さいおちんちんが好きでちゅから 大きさなんて気にせず いっぱいシコシコしまちょうね」
魔汚館シリーズのようにペースや強さを細かく指定せず射精だけを禁止して
およそ23分間に渡りたっぷりオナニーさせてくれます。
でもそれだけだと単なる甘やかしになってしまうので終盤には多少意地悪なプレイも用意されてます。
催眠からやや離れたプレイをしてるのは残念ですが短小+幼児プレイと個性があるのも事実です。

このように、軽い退行要素を交えてオナニーするM向けのプレイが繰り広げられてます。
ストーリー性のあるM向け作品
原作が持つ魅力をサークルさんなりのやり方でアレンジした独特な作品です。

白兎は自分たちが住む世界に迷い込んだ主人公の願いを叶えるために
十分過ぎる時間をかけて催眠状態と没入感を高め、それからマゾ調教をテーマにしたエッチに取り組みます。
不思議の国のアリスの登場人物が物語に沿って誘導する催眠
そして小さいと大きいで内容を大きく切り替えるどちらもM向けのエッチ。
多くの人が知ってる原作の強みを活かしつつタイトル通りのプレイをします。

「たまには ボクのことを思い出して また来てくれると嬉しいな」
白兎は特にエッチシーンで色々と意地悪なことをしてきますが
それは彼のためを思ってのことで本当に従わせる気はありません。
同意の上での調教に近い内容ですから痛みや苦しみを与える描写はほぼなく
吟遊夜会さんの作品の中ではかなりマイルドなものに仕上がってます。

今後シリーズ化すると明言されてますし、そちらでよりハードなプレイが登場するのでしょう。
不思議の国の案内役を務めてるだけあってサービスも調教初心者向けです。

エッチは特徴となる短小と幼児化のアプローチがいずれも弱いのが気になりました。
短小は薬の効果を告げてそれを連呼するよりも、おちんちんに触れさせた際に
「普段よりも小さくなった気がする」とか「股間が軽くなった気がする」など
視覚以外で実感できる暗示を入れたほうがそういう気分に浸りやすいと思います。
目を閉じた状態で短小と言われても聴き手はそれを確認できませんからね。

「想像できたかな? うん それならキミは今 赤ちゃんになった」
幼児化についても自分が赤ちゃんになった様子をイメージさせてから
上のセリフを言うだけでプレイに移ってしまっては催眠をかけた意味がなくなってしまいます。
技術を駆使して聴き手が赤ちゃんになった気分にさせてこその催眠音声ではないでしょうか?
感度を上げる暗示が少ないことも含めて催眠を持て余してるように見えます。
オナサポ音声として見る分には良く出来てるし気持ちよくもなれます。

「調教催眠 小さい」の射精シーンは1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上のことから今回はこちらの点数とさせていただきました。
おまけは次回作の予告です。

CV:花見るんさん
総時間 小さい…1:48:13 大きい…1:41:45 おまけ…00:40
(重複部分を除いた時間は2:16:00程度)

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
「調教催眠 小さい」が6点、「調教催眠 大きい」は7点なので実質6.5点です。
小さいよりも大きいのほうが催眠音声らしいプレイをされてます。

意地悪なお姉さんの超変態完全オナ指示 あなたのオナニーで私を楽しませなさい♪

サークル「Alphatolyl」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声は穏やかだけど性格はかなりSなお姉さんが
屈辱的かつ変態的なオナサポでドMな男性をもてなします。

がに股、四つん這い、ちんぐり返しなど恥ずかしいポーズを取りながらオナニーするのが特徴で
シコシコボイスでペースと強さを指示しながら彼女に見られてることを意識させて羞恥心を煽ります。
ポーズや責めの方向性が異なる3種類の射精シーンが用意されてるのも魅力です。

音声を聴く前にローションをご用意ください(唾液での代用も一応可)。
色んなポーズで恥ずかしいオナニーを
お姉さんの指示に従って変態的なオナニーをするお話。

「こんばんは 今日も私にオナニーの指示 してほしいの?」
お姉さんは穏やかで色っぽい声の女性。
自分にオナニーの指示をされたくてやって来た主人公を温かく迎えると
彼を奴隷人形に見立ててエッチで変態的な遊びを始めます。

本作品は普通のオナニーではもう満足できないM男を気持ちよく射精させるために
彼女が1時間近くをかけて彼のオナニーをコントロールします。
音声開始から30秒後には早速オナニーが始まり、総時間の93%をエッチシーンに割くなど
無駄な部分を削りに削ってじっくりオナニーに取り組みます。

「たとえどんな恥ずかしい体勢でのオナニーを私が命令したところで あなたはその命令に絶対服従 そうよね?」
一般的なオナサポとの大きな違いは恥ずかしいポーズを取らせながらプレイを進めること。
裸のままM字開脚しておちんちんを曝け出すところから始まり
牛や豚のように四つん這いになっておちんちんをしごいたり、終盤にはちんぐり返しをするなど
他人に見られたら社会的に死にそうなことを積極的にさせて性的興奮を盛り上げます。

寝たままオナニーするシーンがないので実際にやると結構疲れます。
寝る前や休日など後に何もすることがない時に聴くのがいいでしょう。
彼女も見られる快感を刺激する言葉責めを投げかけて変態プレイを応援します。

もうひとつの特徴は射精シーンが3パターンあること。
それぞれに違ったポーズと別のシチュを用意し聴き手の好みに合った射精を提供します。
選択肢によっては精飲も絡んでくるので結構ハードルが高いです。
射精後のことを考えてすぐ近くにティッシュを用意してくことをおすすめします。

恥ずかしいポーズを取り、それに合った言葉責めをする変態向けのプレイと幅広い射精シーン。
M~ドMを喜ばせることだけを考えたバランスの良い作品です。
変化に富んだきめ細かなエッチ
エッチシーンはほぼ全編にあたる4パート56分間。
プレイはおちんちんの鑑賞/匂いを嗅ぐ、恥ずかしいポーズ、皮オナニー、お尻を振る、カリ首オナニー、亀頭オナニー、疑似SEXオナニーです。
エッチな効果音はありません。

「そのままの体勢でこすりあげさせても面白くないから…そうねぇ… まずはM字開脚、してもらおうかしら」
全裸になった主人公のみすぼらしいおちんちんをまじまじと観察したお姉さんは
M字開脚の指示を出してからシコシコボイスでゆっくりオナニーさせます。

エッチは最初から最後まで彼女の言う通りに手や体を動かします。
一番最初の本編パートは名前通りメインパート(約40分)。
M字開脚での皮オナニーから始まり四つん這いでの変則オナニー、カリや亀頭に的を絞ったハードなオナニーなど
後になるほど心と体の両方に強い刺激を与える責めを繰り出します。

基本的な流れはまずシコシコボイスでペースや強さを設定し
30秒くらい続けた後は聴き手にそれを維持させて彼女は言葉責めに移行します。
シコシコボイスだけを続けるとやりやすい反面雰囲気がエロくなくなりますから
それを回避するためにシコシコボイスのウェイトを下げてあります。

「急所をあけっぴろげにした サイテーのポーズで サイテーの行為 恥ずかしすぎて顔が真っ赤になっちゃう?」
「どうして舌 しまったままなのかしら? 犬なら犬らしく しっかり舌を突き出してハアハアって情けない顔 晒しなさい」

ポーズに目がいきがちな作品ですが言葉責めにキレがあります。
見られてることを強く意識させ、それでも喜んでる彼のMっぷりを見下し
四つん這いでオナニーする時は家畜に見立てて追加の指示を出します。
お尻を振ったり舌を出してオナニーするあたりはテーマに合ってるし個性的です。

パートの前半はオナニーに対するやる気を出させようと
シコシコボイスのペースを緩めに設定する代わりに心への責めを重視してます。
休憩は少なめですが暴発するほど激しいオナニーではないです。

それが大きく変わるのが後半シーン。
四つん這いを解除して立ち上がり、3本の指を使ってカリを集中攻撃するプレイや
皮を剥いて亀頭を直接いじるプレイに切り替えて射精できる準備を整えます。

「ほらほら もっと敏感な尿道を掌にこすりつけるみたいに しっかりすりすりしなさい」
カリや尿道口といった一際敏感な部分を前半よりも速いペースでしごくことになるので
これまでのプレイを生ぬるいと感じた人も満足できると思います。
射精したくてもできないもどかしさを味わわせる一般的な亀頭オナニーとは違い
本作品ではカリ責めの頻度を多めにして暴発を誘います。

ローションをつけてやってみたら結構厳しかったです。
シコシコボイスの平均ペースは1秒2コキくらいでしょうか。
休憩時間と逃げ道がほぼ無い最もハードなシーンです。

残りの3パートは前項で説明した選択式の射精シーン。
がに股腰振り射精(約7分)、四つん這い射精(約4分)、ちんぐり返し射精(約5分)と異なるポーズを用意し
それに言葉責めやエッチな声を添えて気持ちいい射精に導きます。

「ねえ もっといっぱいついて もっと激しくして 気持ちいいちんぽ いっぱいちょうだい おまんこいっぱいかき回して」
最もやりやすいのは最初のがに股腰振り射精。
前のパートの体勢をそのまま引き継ぎ、両手を組んで作ったおまんこ目がけて腰をヘコヘコさせます。
演技とはいえ彼女が喘ぎ声を漏らしてくれるおかげで純粋なエロさの面でも一番上です。
それでいてフィニシュを中出しにするあたりがS女らしいなと。

「ほら チンポの先っぽをちゃんと顔に向けなさい くっさいザーメンが余すことなく顔にかかるよう しっかり方向を定めるのよ」
変態度が最も高いのは間違いなくちんぐり返し射精でしょう。
おちんちんだけでなく金玉やアナルも丸見えという非常に屈辱的なポーズに加え
射精もコンドームやティッシュで受け止めることを許さずそのまま出させます。
射精の快感と引き換えにプライドを打ち砕くレアで難度の高いプレイです。

このように、オナニーをしっかりリードしながら色んなプレイを提供する充実したオナサポが繰り広げられてます。
羞恥に悶えさせてくれる作品
個性と実用性を兼ね備えてるM向けオナサポ作品です。

お姉さんはドMな主人公の記憶に残るオナニーをプレゼントしようと
最初は奴隷、しばらく経つと家畜に見立てて色んなポーズを取らせながらたっぷりオナニーさせます。
そしてシコシコボイスや言葉責めといった定番の要素で心身両面を巧みにコントロールします。

見られる快感や見せつける快感を執拗にくすぐるプレイスタイル
後になるほど敏感な部分をハイペースで責め続けるハードな作り
そして嗜好や変態度にある程度の差をつけた3種類の射精シーン。
痛みや苦しみではなく羞恥や快感で屈服させる比較的マイルドな変態プレイが楽しめます。

オナニーは平たく言うとおちんちんをいじって射精する行為なので
オナサポでもおちんちんをどのように責めるかが注目されがちです。
しかし本作品ではそれよりも心をどのように責めるかに着目して作られてます。
恥ずかしいポーズを取るのも、見られてることを意識させるのも結局は聴き手を興奮させたいからです。

本編の後半シーンを除けばオナニー自体はむしろ優しいと思います。
でも勃起や興奮状態を維持しやすいおかげであまり余裕のないオナニーに仕上がってます。
盛り上げ方が上手いとでも言えばいいのでしょうか、M向けの中でも異色の作品です。

エッチはシコシコボイスをある程度削る代わりに他の部分を充実させてます。
速い→遅い→速いみたいに短時間で緩急をつけた指示はそれほどせず
平均ペースを少しずつ上げてじわじわと射精へ追い込みます。
ポーズはもちろん、精液の扱いにもこだわりが見られて変態色が強いです。

射精シーンは3回(1視聴あたり1回が3パターン)。
淫語それなり、喘ぎ声ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

癖があるけどやりやすい風変わりな作品です。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 1:00:04

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2017年11月15日まで10%OFFの900円で販売されてます。

危険度MAX!? ドSお姉様による禁断の露出オナニー調教

サークル「Alphatolyl」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、Sっ気が強いけど面倒見のいいお姉様が
ドMな男性に普段よりもずっと刺激の強いオナニーをプレゼントします。

上品な声できつめの言葉責めを多くぶつけたり、がに股で腰を動かしおちんちんを振り回すなど
Mな人が喜ぶ素材をいくつも盛り込んだ変態度の高いオナサポが味わえます。
露出は弱めですから一風変わったオナサポ作品と捉えたほうがずっと満足できます。

音声を聴く際に油性ペンをご用意ください(水性やイメージでの代用も可)。
ド変態なオナニーをあなたに
お姉様の指示に従い外でオナニーするお話。

「こんばんは マゾで変態などうしようもないお兄さん」
お姉様は穏やかで色っぽい声の女性。
女性の言いなりになりたいドMな主人公を軽く罵ると、彼のご主人様になって変態調教を施します。

本作品は現実世界でやるにはリスクの高いプレイを疑似体験させることを目的に
彼女がおよそ1時間に渡りハードで変態性の強いオナニーをリードします。
総時間の9割以上をエッチシーンに割いてるのに加えて言葉責めが全体的にきつく
プレイも羞恥心や女性に屈服させられる快感を味わわせるものばかりです。


「奴隷は人権も何もないゴミくず以下のとっても哀れで惨めな存在」
音声開始直後の時点でこちらをゴミ呼ばわりしてきますからM性の強い人ほどゾクゾクするでしょう。
といっても口調は常に柔らかく後に残るほど厳しいものではありません。
ひたすら凹ませるのではなくMな人を喜ばせるレベルに設定されてます。

もうひとつの特徴はタイトルにもなってる露出
エッチ開始直後から彼女の視線を意識させて見られる快感を煽り
野外に移動した後は裸や痴態を誰かに見られるかもしれないスリルを適度に味わわせます。
サークルさんがジョーク音声とおっしゃられてるように実際にやることを想定したプレイではありません。

「こんなこといつまでも続けてたら本当に誰かがあなたのこと発見しちゃうかも」
また作中では見つかる寸前に留めてあるので露出プレイの中ではマイルドな部類に属します。
周囲の様子や近くを行き交う人々の実況も特にしませんから
露出によって得られる精神面の興奮や快感は弱めです。
彼女のセリフがイメージよりもオナニーの指示を重視してるのもあります。

オナサポ自体はしっかりしてるので最後に射精するのは簡単でしょうが
露出に過度な期待をすると肩透かしを食らう可能性があることをご了承ください。
私個人は仮想プレイならもうちょっと大胆なことをしても良かったんじゃないかと思います。
M心を執拗にくすぐるエッチ
エッチシーンは2パート53分間。
プレイは脱衣、体に字を書く、おちんちんオナニー、エッチな言葉の復唱、乳首オナニー、エアSEX、擬似SEXです。
エッチな効果音はありません。

「恥ずかしい? 私におちんちん丸出しの格好をこうやってまじまじと嘗め回すように、まるで見定めるみたいに じーっくり観察されるの」
主人公に自分の奴隷になることを同意させたお姉様は
早速服を全部脱ぐ指示を出し、露わになったおちんちんを興味深そうに眺めます。

エッチは終始彼女に言われた通りに動きます。
最初の「露出に向けての下準備」は自宅でするプレイ(約12分)。
全裸になってから彼女におちんちんが勃起する様子を見られ
さらに予め用意した油性ペンを使って体のいくつかに恥ずかしい言葉を刻みます。

「あなたの体は汚い公衆便所と同じ 汚されて落書きされるのがお似合いの惨めな体だっていうこと」
まだ外に出てないので露出成分は低いものの、強めの言葉責めが羞恥と屈辱感を煽ってくれますし
体に書く言葉も他人に見られたら社会的に危うくなるものばかりでゾクゾクします。
ペンを使わない場合は指で同じことをするだけでも十分雰囲気に浸れます。

またパートの最後には彼女の完全な所有物になったことを自ら宣誓します。
次のパートも含めて声を出すシーンが結構ありますから、家族や他人に聞かれないようくれぐれもご注意ください。
こっちの危険度は確かにMAXレベルです。

続く「露出オナニー調教本編」は本作品のメインにあたるパート(約41分)。
主人公が望む場所へと移動してから一枚ずつゆっくり服を脱ぎ
お姉様のシコシコボイスや指示に従って変態的なオナニーを満喫します。

「皮あまりの包茎おちんちん オナニー専用の童貞おちんちん」
誰かに見られるかもしれないスリルを味わわせるセリフは3~5分に一言程度まで減らし
その代わりにおちんちんのみすぼらしさを貶したり
野外で女性に言われるままオナニーしてるシチュで興奮させてくれます。
露出とやや違いますが彼女に痴態を見られる快感はそれなりに味わえるでしょう。

「そんなぎこちない腰振りじゃ 女の子を気持ちよくさせることなんてできないわよ まあ 変態でマゾなあなたにそんな機会はないでしょうけど」
プレイのほうはパート後半から登場するエアSEXと擬似SEXが面白いです。
前者はおちんちんに指一本触れず腰をへこへこさせ
後者は両手を組んでおまんこの形を作り「へこへこ」の声に合わせて同じくピストンします。
彼女も雰囲気が出るように演技の喘ぎ声を上げて応援します。

言葉責めは確かにきつめですが指示はどのシーンも丁寧で取り組みやすいです。
おちんちんをしごく時間が30分以上と長く、寸止めもそこそこしてくれるので最後に気持ちよく射精できます。
射精した直後にも言葉責めを浴びせかけてくるのがとても印象的でした。

このように、セリフとプレイの両方でM心をくすぐるきめ細かなオナサポが繰り広げられてます。
シチュが独特なオナサポ
露出がメインの作品ではなく露出要素を多少盛り込んでるオナサポ作品です。

普通のプレイではもう満足できない心と体になってしまった主人公を
ドSなお姉様がその両方に強めの刺激を与えるオナサポで満たします。

性格はきつめだけどリードが的確で繊細な彼女のキャラ、羞恥や屈辱感を与えることに特化したプレイ
そして誰かに見られる、あるいは既に見られてるかもしれないことを意識させるシチュ。
ドMな人だけをターゲットにしたオナサポにテーマの露出を交えて個性と精神面の責めを強化しています。

中でもプレイはオナサポでは定番となってるシコシコボイスを押さえつつ
女性に見られたら恥ずかしいと感じるものを積極的に取り入れて「彼女に」見られる快感を煽ります。
声を出す指示が多めなのも彼女がすぐそばにいる気分に浸ってもらいたかったからでしょう。
露出よりも視姦(受け)の色合いが強い内容です。

露出についてはこれまで書いてきた通りメインと呼ぶには存在感が薄いです。
主人公がオナニーしてる場所を敢えて明言しなかったことや結局他人に見られないのが大きな要因です。

前者は聴き手に好きな場所を選んでもらうためにこうしたのでしょうが
その結果彼女が周りの様子を実況できなくなりイメージを膨らませにくくなってます。
露出は野外でする行為ですから聴き手が部屋以外の場所にいる気分に浸れるかどうかはとても重要です。
この部分が弱まってるおかげでお姉様と一対一でオナニーしてるのとあまり変わりません。

後者は露出の醍醐味であるリスクを打ち消してます。
現実世界だと無理なプレイだからこそ、もっと破滅的な展開にしてもよかったのではないでしょうか。
「危険度MAX!?」をつけてる割には描写が控えめで物足りなく感じました。
今よりも露出推しのエッチをしたほうがタイトルに合ってると思います。

射精シーンは1回。
淫語それなり、喘ぎ声ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

一部で厳しいことも書きましたがオナサポとしての実用性は高めの作品です。

CV:篠守ゆきこさん
総時間 58:05

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

~おち○ぽ耐久テスト~委員長の厳しいオナ指示で射精する快感

サークル「マゾマゾ本舗」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、態度は素っ気ないけど根は優しい委員長が
自分と恋人になりたい男性にM向けのエッチなテストをします。

「完全オナニーサポート」と呼ぶのがぴったりなきめ細かなリードが魅力で
序盤は皮オナニー、中盤以降は亀頭オナニーとプレイスタイルを切り替えながら
シーンごとに異なるペースのシコシコボイスをたっぷり言ってくれます。
亀頭オナニーが充実してますから、彼女に見られ続けるシチュも相まって強めの快感が味わえるでしょう。

音声を聴く際にローションをご用意ください。
(サークルさんは唾液で代用可とおっしゃられてますが私は必須だと思います)
強い男にしか興味ありません
委員長にオナサポされながら射精を我慢するお話。

「あら まだ残っていたんですね」
委員長は甘く穏やかな声の女の子。
約束の時間から遅れて教室に行き、主人公の告白をすぐさま断ると
必死に食い下がる彼に一度だけチャンスをあげます。

本作品はクールで多少のSっ気もある彼女が
恋人候補にあたる彼へのテストとしておよそ1時間に渡るオナサポをします。
いずれも30分程度だった過去2作からボリュームが一気に増えたおかげでプレイの種類が多く
内容も女性に見下される、辱められるといったM向けのものばかりです。
サンプル画像のように彼女が乳首を責めたり足コキするシーンはありません。

全編を通じて言える大きな特徴はリードの丁寧さ。
シーンごとに大まかなテーマを設け、それに合ったプレイを用意し
開始後はシコシコボイスをできるだけ多く言ってペースや強さを細かく管理します。

シコシコボイスをある程度言ってからそのままのペースでしごかせるシーンも一部あるものの
基本的に隅から隅までオナニーを指示する完全サポートスタイルです。

「あなたは今 だーい好きな私の目の前で おちんぽしごきを披露しちゃってるんですよ」
言葉責めについてはシコシコボイスを優先した結果、時間に対するボリュームが少なめになってますが
彼女に見られながらオナニーしてるシチュを活かして羞恥や興奮を盛り上げます。
露出願望を持ってる人のほうがより気持ちよくなれるでしょう。
一部でかなり恥ずかしいプレイをするシーンもありますし、心への責めに一貫性があります。

もうひとつのポイントは亀頭オナニーに力を入れてること。
エッチシーンの65%近くの時間を割いて手のひらでこねる、指でカリを集中攻撃する
皮オナニーと同じ要領で激しくしごくなど色んな方法で敏感な部分に刺激を与え続けます。
(苦手な人向けに皮オナニーだけで終わるバージョンも入ってます)

レビューの冒頭にローション必須と書いた理由はこれです。
唾液だとローションに比べて粘性が低くすぐ乾いてしまいますから途中で痛みを感じるかもしれません。
やりやすさと安全性の両方を考えてローションを使うのがいいでしょう。

「私の許可も待てずに すぐ射精してしまうような情けないオスには 私と恋人になる資格などないのですよ」
今回お相手を務める委員長はクールで優しい女性。
諦めの悪い主人公を素っ気ない態度で見下す一方できちんとチャンスを与え
彼のオナニーを観察しながら自分の恋人に相応しいかをじっくり見定めます。

一見すると事務的キャラなんだけど、プレイ中に優しい顔を時々見せてもくれます。
オナサポをいい加減にやることもありませんし彼を本当の意味で嫌ってるわけではありません。
自分の価値を知ってるからこそ彼にも同等の器量を求めてるのだと思います。
緻密でハードなエッチ
エッチシーンは55分間。
プレイは皮オナニー、亀頭オナニー、擬似SEXです。
エッチな効果音はありません。

「ひとまずおちんちんのサイズは合格です あとはどれだけ射精を堪えられるかですので 頑張ってくださいね」
主人公にテストを受ける意思を確かめズボンとパンツを脱いでもらった委員長は
彼のおちんちんをチェックしてから手始めに緩いオナニーをさせます。

エッチは終始彼女に言われた通り手を動かします。
最初の19分間でするのはオーソドックスな皮オナニー。
2秒1コキのペースから始まり少しずつスピードを上げていきながら
見られてることを意識させたり、軽く貶すセリフを投げかけて彼のM心をくすぐります。

「それにしてもあなた 皮を使ったオナニーがとてもお上手なんですね」
まだ始まったばかりなので心身どちらも刺激は弱いものの
シコシコボイスでリズムを取ってくれるおかげでオナニーはとてもやりやすく
彼女のつれない表情やセリフも作品の雰囲気にマッチしてます。

前項で書いたように本作品のメインは亀頭オナニーですから
皮オナニーはそれに向けたウォーミングアップの意味合いが強いです。
ただし、シーンの終盤にはルール違反を犯した彼への罰としてやや激しいシコシコボイスも登場します。
Mな人にとっては比較的優しいプレイでしょうが、亀頭オナニーをより厳しくする役割をきちんと果たしてます。

続く亀頭オナニーの前半は幅広いプレイが楽しめるシーン(約21分)。
手に潤滑油をつけてからペットボトルの蓋を開ける感じに亀頭を擦ったり
指で輪を作りカリだけを責めるなど、皮オナニーよりもずっと強い刺激を与えて射精へ追い込みます。

「今度は手を動かすのではなく 腰のほうを前後に動かして亀頭を刺激していきましょうね」
ここで面白いのは2種類の擬似SEX風オナニー。
膝立ちになり最初は片手で、しばらくすると両手で作ったおまんこ目がけて腰をヘコヘコさせます。
「1 2」の掛け声を言うリズムを小まめに変えて快感に慣れなさせない工夫をしてますし
何より格好が情けないので精神面の快感もそれなりに得られます。

両方合わせて10分近くやりますから他のプレイに比べて体力の消耗も激しいです。
きめ細かなリードと羞恥を与える責めが上手く噛み合ってる本作品らしいプレイと言えるでしょう。

最後の15分間はお待ちかねの射精シーン。
これまでの試練を通じて彼の強さを認めた委員長が
最後の仕上げにカウントを使ったシンプルかつ過酷な亀頭オナニーをプレゼントします。

「カウントのやり直しが辛いみたいですね でもあなたのマゾチンポはビクビクいって喜んでるみたいですよ」
もちろん彼女がすんなり射精を許すことはありません。
わざと間延びした言い方でカウントを数えたり、合間にセリフやシコシコボイスを挟んでとことん焦らします。
カウントと相性のいい寸止めも登場するなど最後の試練と呼ぶに相応しい内容です。

このように、射精だけでなくオナニーも完全に制御する取り組みやすいエッチが繰り広げられてます。
リードが丁寧な作品
女性に射精をコントロールされてる気分が味わいやすいM向け作品です。

委員長は告白を断っても諦めてくれない主人公を円満に引き下がらせるために
時間が長めで刺激も強いオナサポをして心を折ろうとします。
シコシコボイスを中心に据えた完全サポートスタイル、痴態を見られる快感を適度に煽るアプローチ。
上下関係を出しつつMが喜ぶ責めを積極的に盛り込んで射精感を上手に盛り上げます。

シコシコボイスはオナサポの定番とも言える要素ですが、その扱い方はサークルさんによってかなり違います。
マゾマゾ本舗さんの場合はそれこそ頭を空っぽにできるレベルの大変丁寧なものです。
オナサポ初心者はもちろん、女性にすべてを委ねたいM男も安心して楽しめます。

「私も楽しめましたし 今日のことはなかったことにしてあげます」
委員長についてはクーデレと呼んでも差し支えないくらいの優しさを持ってる女性です。
未練がましい主人公になんだかんだで最後まで付き合ってあげますし、プレイ中に頑張ってると判断したら素直に褒めます。
主導権は絶対に渡しませんが細かい部分で思いやりを見せてくれるので事務的感も薄いです。
プレイの厳しさを彼女のキャラである程度中和してます。

エッチは亀頭オナニーがとにかく充実してます。
ほとんどのプレイで亀頭全体を刺激しますから射精も普通にできます。
個人的には擬似SEX風オナニーが一番気持ちよかったです。
ただ見られる快感を煽る言葉責めはもうちょっと多くしてくれたほうが興奮しやすいかなと。

射精シーンは1回。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

CV:山田じぇみ子さん
総時間 1:05:09

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

みみどみねくいんず

サークル「すくりぷてっどこねくしょん」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、それぞれに違った魅力を持つ四人の女王様が
ドMな男性を個別に、あるいは同時に責め続けます。

エッチのM度と密度の両方が後になるほど増すのが特徴で
一人目は甘い声で軽めの言葉責めをする程度だったのが
三人目に入ると口調が一気に厳しいものになり、土下座や鞭打ちといった屈辱的な責めも登場します。
登場人物が多いおかげで耳や股間の同時責めも充実してます。
ややMからドMまで幅広く
ナナ、アリサ、ユウナギ、ミカに調教されるお話。

「ナナの3分クッキングのコーナー! さて 今日のお料理は…」
ナナは甘く可愛い声の女の子。
本日のメニュー「おちんちんの精液和え」に使う材料を説明すると
裸で後ろ手に縛られてる主人公に早速フェラを始めます。

本作品は女性に激しく責められたい、飼い慣らされたいM男の欲求を満たすために
彼女たちが100分近くもの時間をかけて様々な調教を施します。
すくりぷてっどこねくしょんさんは催眠音声で非常に有名なサークルさんですが
今回はその技術をあまり使わずSMチックなプレイや言葉責めで射精に追い込みます。

全体を通じて言える特徴はふたつ。
彼女たちのS性に違いを持たせてることと同時責めに力を入れてることです。

ナナ「体がビクってするたび おちんちんもビクビクして 可愛い」
ユウナギ「ほらチンポ振れよ 忘れてんじゃねぇぞ!」
前者はナナとアリサが優しいキャラ、ユウナギとミカをきつめのキャラに設定し
属性が近い二人の間にもこだわりを持たせて個性を引き立ててます。
特にユウナギとミカは土下座や鞭打ちといったいかにも女王様らしいプレイを積極的に行います。

聴き始めた直後は「それほど厳しいことはしてこないな」と思ってた人も
後の二人が登場するあたりから認識が大きく変わるでしょうね。
時間に対する射精回数が少なめなので壊れるレベルではありませんが、M性の高い人のほうが楽しめるのも事実です。

後者は二人以上の女王様が登場するパートで
ダブル耳舐め、ダブルフェラといった複数のエッチな音が同時に鳴るプレイをいくつも繰り出します。
全員がバイノーラル録音なだけあって音の質感がどれも高くプレイもかなり濃いです。
目隠し&拘束をされた主人公を彼女たちが一方的に責めるスタイルなのでご奉仕っぽい部分も持ってます。
手広く構えたM向けのエッチ
エッチシーンは7パート95分間。
プレイは体の拘束、フェラ、耳舐め、乳首責め、亀頭責め、オナニー、鞭打ち、パンツを頭に被る、クンニ、手コキ、足舐め、スパンキング、アナル責め、女王様同士のキスです。
体の拘束、亀頭責め、鞭打ち、手コキ、スパンキング、アナル責めの際に効果音が鳴ります。

「ここで口を動かしたら カリに擦れて 気持ちいいんだってね」
主人公のおちんちんを軽く絞り上げるように口で責めていたナナは
中断してから手の拘束を解除して彼におちんちんの根元を持たせ
自分はそのまま耳や乳首を刺激しもどかしい感覚を与えます。

エッチはどのパートも彼女たちが責め続けます。
最初の4パート31分間はお試しに近いプレイ。
ナナ、アリサ、ユウナギ、ミカの順に思い思いのやり方で彼を調教します。

ナナ「いいよいいよ 変態なんだから そのくらいやってても」
アリサ「射精したい 出したい そんな風に感じ方が変わってきたら ようやくスタートラインです ここからが 本当の快楽地獄ですよ」
「変態」などの言葉責めを交えながら終始明るい態度で責めるナナ
表面上は礼儀正しいけど亀頭だけをねっとりいじり続けて射精させないアリサ。
Mな人が喜びそうな要素を交えたプレイが早速登場します。

彼女たち自身がお試しと言ってることもあり射精シーンがあるのはユウナギのみです。
複数人プレイをするパートに向けて彼女たちを知る、気持ちを盛り上げる意味合いの強いプレイと思ってください。

ユウナギ「おいブタ! いっちょまえに二足歩行してんじゃねぇよ」
ミカ「どうだ? 楽でいいだろう 頭の中がどんどん真っ白になる」
ただし、ユウナギとミカに関しては精神面の刺激がとても強くなってます。
ユウナギは最初から彼をブタ呼ばわりして乱暴な言葉遣いで接しますし
ミカは「ピシィッ」と鋭い鞭の音を鳴らしながら言葉で奴隷の心構えを身につけさせます。

時間感覚の歪曲を狙ったオナニーや催眠暗示っぽいセリフも出てきますし
この2パートはすくりぷさんらしさもある程度表現されてます。
ユウナギはキャラが軽いけど言葉はきつく、ミカは落ち着いてるけど逆らえないオーラを持ってます。

これらの後に始まる2-1、3-1はもうひとつの特徴である複数人プレイが光るパート。
ソフトはナナとアリサ、ハードはユウナギとミカ、みんなでわいわいは全員と登場人物を切り替え
それぞれのS性に沿った密度の高い調教で射精に追い込みます。

ナナ「この子 乳首立ってまーす」
アリサ「あらあら本当ですね 寒いのかしら?」
ソフトはダブル乳首責め、クンニ+亀頭責め、ダブルフェラなど一般的なエッチに寄せたプレイを多めにする代わりに
彼の情けない姿を観察したり焦らし気味に責めて多少のMっ気を出してます。
彼女たちが掛け合いながら進めるので賑やかな印象を抱くでしょう。
雰囲気がとても明るく意地悪さも少なめの和やかなパートです。

ユウナギ「ブタでもちゃんとできるもんなんだな 体が硬くて届きませんブヒーとかってならなくてよかったな」
ミカ「床に届かなければ 届かせてやればいいだけだ」
それに対してハードは土下座から始まりミカへの足舐め、四つんばいでの鞭打ち、見られながらのオナニーなど
男のプライドを徹底的に打ち砕くことを見据えたきつめのプレイが揃ってます。
二人ともSっ気が強いので最中のセリフも容赦がありません。
お預けもきっちりしてくれますし女性に飼われたい人ほど喜ぶパートと言えます。

ミカ「アナルは一度気持ちよさを味わうと どんどん深みにはまっていくからな」
アリサ「みんなにアナルで感じてるところ 見られてますよ 恥ずかしいですね」
最後のみんなでわいわいは複数同時責めに加えてアナルに関するプレイがいくつか登場します。
ミカがローションつきの指でほぐし、専用の器具を備え付けた椅子に座らせて前立腺を刺激し
それで感じてる姿を彼女たちが嬉しそうに眺めます。
自分でいじる指示は出ませんからアナル未開発でも問題なく聴けます。

これまでのパートに比べて言葉責めの割合を減らし、その分エッチな音をたっぷり鳴らすのもいいですね。
四人の声優さんが別なおかげで同じ耳舐めでもペースや音の質感に違いがあります。
オナニー開始から射精までの時間を今の4分から8分くらいにまで伸ばせばより抜きやすくなったと思います。

このように、女王様たちの違いを出しつつ重ねて責めるテーマに沿ったプレイが繰り広げられてます。
一風変わったM向け作品
女性が複数人いる状況を最大限に活用した調教作品です。

四人の女王様はMな主人公にいつもとは違う快感を味わわせようと
一人ずつ、二人ずつ、全員とスタイルを切り替えながらそれぞれで異なる責めを加えます。

拘束、鞭打ち、罵声、足舐めなど調教らしさを強く意識したプレイの数々
彼女たちのSっ気や性的嗜好の違い、耳やおちんちんを複数人で同時に責めるスタイル。
女性に支配される、意地悪される快感を前面に押し出したきつめのサービスを行います。

ナナ「次はもっと いっぱい遊んであげるね」
一部でヤバいプレイがあるものの、ナナやアリサがそれをある程度中和してたり
個々のプレイ時間を短めにして幅広く責めるおかげで凄惨と感じるほどではありません。
彼女たちの奴隷になった気分を擬似体験させるあたりに留まってます。
オナニーも射精のタイミングを制御するくらいでペースや強さはほぼ自由です。

エッチは四人の違いやコンビネーションを大事にしながら組み立ててます。
それぞれに別の魅力を持ってますし、どのパートが気に入るかは人それぞれでしょう。
私は普段強気に振舞うユウナギが時折見せる女の子らしさが印象的でした。
一部で百合っぽい描写もあって彼女たちの仲の良さも自然と伝わってきます。

射精シーンは5回。
ちゅぱ音多め、淫語それなり、くちゅ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

キャラが立っていてプレイにもインパクトがある濃い作品です。

CV:ナナ…みもりあいのさん アリサ…かの仔さん ユウナギ…そらまめ。さん ミカ…沢野ぽぷらさん
総時間 1:53:43

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

鍵屋さんによる拘束と甘やかし。

サークル「Dose and Dreams」さんの催眠音声作品(女性向け)。

今回紹介する作品は、お店で色んな鍵を扱ってるお兄さんが
それにちなんだ催眠とややアブノーマルなエッチでリフレッシュさせます。

鍵をかけるイメージで体に重さを伝えたり、逆に開くイメージで心を解き放つなど
鍵の特性を活かして心と体を巧みにコントロールしてくれます。
焦らしプレイで感度を十分に高めてから何度もイかせるエッチも魅力です。
鍵を使って優しく拘束
鍵屋さんに催眠をかけられ優しく弄ばれるお話。

「こんにちは お姉さん」
鍵屋さんは甘くぼんやりした声のお兄さん。
街中で見かけた主人公が鍵屋を探してることを知ると
自分のお店に案内しながら軽い世間話をします。

本作品はタイトルにもなってる「鍵」をテーマに
彼が60分ほどの時間を使って催眠をかけたりややM向けのエッチをします。
二人がつい先ほど会ったばかりということで踏み込んだ肉体関係は持たず
体を拘束してからイメージで気持ちを盛り上げたり、暗示で何度もイかせる催眠重視のプレイです。

催眠はおよそ17分間。
お店に着いた後、色んな鍵が置いてある部屋へと案内する途中で
緊張してる彼女を見た彼が深呼吸や脱力でリラックスさせます。

「すーっととかれるたびに 緩まっていく いいこ いいこ」
「握られた手のひらが温かい 温かさが伝わって 心地よくて どんどん力 抜けていくね」

冒頭のドラマパートよりもずっと緩やかな口調でセリフごとの間を長く取りながら
心地よさを感じる暗示を丁寧に投げかけたり、頭を撫でながら優しい言葉をかける甘やかし系の導入です。
また脱力させるシーンは温かさを感じる暗示も一緒に入れて安心感を与えます。

Dose and Dreamsさんは台本と声優を同じ方が担当されてる数少ないサークルさんです。
暗示が持つ意味を声や口調に込めながら進めてくれるおかげで
比較的早い段階から意識のぼやけを感じ始めます。
基本的にはのんびり話し、重要なシーンに入るとペースや語気が変化する丁寧な演技です。

テーマの鍵が登場するのはその次から。
カチャッという音を鳴らしながらさらに力が抜ける暗示を入れて体を固定します。
かける前と後で口調が大きく変わるおかげで軽く押さえられてる感覚がしました。
エッチで拘束プレイをすることを見据えて脱力にとても力を入れてます。

体の次は心の番。
エッチで快楽に没頭し存分に気持ちよくなれるように今度は別の鍵で開放します。
一旦半覚醒させてから段階的に落とすスタイルで
その中に「落ちる」などの言葉を多めに盛り込み脱力感と心地よさをさらに強化します。

「形が合えば ちゃーんと開くんだ だってもうたくさん 僕の言葉 受け入れてるもんね」
このあたりまで来ると彼の言葉に集中してるのがわかるでしょう。
彼も聴き手が自然とそうなるように言葉で少しずつ導きます。
現実世界にもある道具としての鍵と心を開くトリガーとしての鍵。
ふたつの鍵に技術を込めて色んな感覚を与えてくれます。
落差のあるちょっぴり意地悪なエッチ
エッチシーンは4パート31分間。
プレイは感度上昇、体の拘束、乳揉み/手マン/全身愛撫のイメージ、言葉による絶頂です。

手マン/手の愛撫のイメージの際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。

「体を包む温かさが 少しずつ あまーい快感に変わっていく」
催眠を使って主人公を心地いい世界に案内した鍵屋さんは
先ほど生まれた体の温かさをエッチな熱に変換し、より敏感な体へ変えていきます。

エッチは物理的な接触をせず言葉やイメージで気持ちよくします。
一番最初の「快感導入」は準備にあたるパート(約6分)。
引き続き暗示を使って体の熱をさらに上げ、それを股間に集めて感度を高めます。

「腰が疼いて ゾクゾクして 熱くなって 気持ちいいの染み込んじゃう」
彼は彼女を本当の意味で調教する気はないのでしょう。
圧倒的に有利な状況になっても穏やかな態度で接し
淫語やちゅぱ音といったストレートなエロ要素をほとんど交えずにプレイを進めます。

胸とか変態と言うシーンがほんの少しあるだけで、おまんこやクリトリスといった単語は出てきません。
彼に心と体を委ねてるシチュに暗示を絡めて興奮させます。

本格的なプレイが登場するのはその次から。
「焦らし」は目隠しや手足の拘束をしてから彼に優しく責められてるイメージで気持ちをさらに盛り上げ
「絶頂」と「追い込み」はその感覚をさらに煮詰めて合計6回の絶頂を目指します。

「下は表面を人差し指で焦らし続けて 指全体で優しく撫でて 前後して 指の先っぽだけちゅぷって入れたり」
「ほら 腰から快感がドクン ドクンと湧き上がる」

このシーンのポイントはメリハリ。
焦らすときは彼女の体をソフトに責めてる様子をねっとり実況し
イかせるときはカウントを数えながら強めの語気で暗示を多めに入れて追い込みます。
さらに聴き手がすんなり絶頂できるようにちょっぴり嗜虐的な声で語りかけます。
指を膣内に入れる際に効果音が鳴りますが、事前に服を脱がせてないことを考えると仮想プレイなのだと思います。

このように、拘束プレイをマイルドな雰囲気でやる変わったエッチが繰り広げられてます。
ソフトに縛ってくれる作品
服従心や依存心を上手にくすぐってくれる作品です。

鍵屋さんは鍵を求めてやって来た主人公に面白い体験をさせようと
鍵に関するイメージを交えた催眠やエッチで普段とは違う快感を提供します。
リアルな拘束プレイを目指した脱力重視の催眠、陵辱要素をまったく持たせずイメージと技術でイかせるエッチ。
一見するとヤバそうなプレイを気楽に楽しめるレベルにまで優しくアレンジしてます。

「ねぇ ちょっとだけ意地悪させて?」
彼は女性に対して十分な気配りのできる人物です。
だからエッチが始まっても拘束以外は直接的なプレイを行わず
彼女の機嫌を窺いながら少しずつハードなものへ移行します。
彼のS心を満たすためにやるのとは完全に違うので聴きやすいです。

催眠は鍵が持つ「開ける」「閉める」特徴を暗示に上手く反映させてます。
時間が短めなことを踏まえて暗示の密度をやや高くし
さらに脱力系の言葉を多めに配置して後になるほど手足をぐったりさせます。
声や演技のおかげで意識のぼやけも強めに感じると思います。

絶頂シーンは6回。
淫語とくちゅ音ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

ちょっぴりアブノーマルな方法で甘やかしてくれる作品です。

CV:望さん
総時間 1:05:58(本編…1:02:42 フリートーク…3:16)


体験版はこちらにあります

菜月お姉ちゃんのバイノーラル包茎イジメ~左右同時に包茎チ○ポ嫐ってあげるからすぐにビュッビュって敗北しちゃいなさい~

サークル「human chair」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、上品な声とSっ気の強い性格を持つお姉ちゃんが
情けないおちんちんをぶら下げてるM男に言葉責めをして射精へ追い込みます。

包茎をとことん貶すタイトル通りのプレイが魅力で
右は優しい感じの女性、左は女王様とキャラに多少の違いを持たせつつ
「包茎」「マゾ」「臭い」といった心を抉るセリフたっぷりぶつけます。
男の弱点を徹底攻撃
菜月お姉ちゃんに言葉責めされながらオナニーするお話。

「ねぇ包茎チンポ君 ここまで臭ってくるんだけど?」
菜月お姉ちゃんは明るくて艶のある声のお姉さん。
タイトルコールの後、包茎な主人公のおちんちんが臭ってることを告げると
それを聴いて喜んでる彼にさらなる罵声を浴びせます。

本作品は皮被りで不衛生なおちんちんを持つドMな男性へのご褒美に
彼女がおよそ20分に渡るややハードな言葉責めでオナニーを応援します。
コンパクトかつ低価格な作品を数多く制作されてるサークルさんなだけあって
自己紹介や状況説明といった背景部分はすべてカットし、音声開始から20秒後には早速プレイを始めます。

「いやらしい皮被り坊や センズリばっかりしてる包茎おちんぽ」
最大の特徴は包茎を徹底的に貶すこと。
皮を被ってる事実はもちろん、不衛生で臭い、早漏で女性に相手してもらえないなど
包茎から連想される様々なマイナス要素を組み合わせた言葉責めを終始続けます。
彼の存在自体を否定するややハードなものですが、口調は結構優しいので後に残るほどではありません。

オナニーについては射精以外の明確な指示を出さず
M向けのセリフをたっぷりぶつけて興奮させるシンプルな作りです。
バイノーラル録音による声の近さもプレイにリアリティを与えています。

また製品版には右パート、左パート、左右パートの3つが入っており
同じ言葉責めでも右と左ではキャラやセリフの表現に多少の違いがあります。
左右は両方を同時に行う密度の高いプレイです。
テーマ性のある多彩な言葉責め
エッチシーンは全編にあたる3パート30分間。
プレイは言葉責め、オナニーです。
エッチな効果音はありません。

「あなたのチンポはすごく臭くて ここまで匂いが漂ってくるの」
包茎おちんちんの臭いを指摘したところ、怒るどころか興奮してる主人公を見て
菜月お姉ちゃんは自分の思ってることをさらにぶつけて彼を喜ばせます。

エッチは彼女の言葉責めを聴きながら自由にオナニーします。
最初にあたる右パートはおよそ10分間。
上品さを感じるちょっぴりSなお姉ちゃんが包茎を軸にした様々な言葉責めをします。

「包茎って 生きてる必要性あるの?」
「ほーら ごめんなちゃいしなさい 包茎でごめんなちゃい マゾチンポでごめんなちゃいって」

包茎を貶すのがメインと言っても同じ単語を連呼するシーンは少なく
上のセリフのように包茎であることの惨めさを色んな方向から責めてM心をくすぐります。
言葉責めが命とも言えるプレイなので、その表現方法にかなり気を遣ってるのがわかります。
匂いに関するセリフが多いのもちょっと珍しいですね。

「マゾチンチン マゾチンチンシコシコ」
しかし終盤に差し掛かると「マゾ」など他のM向けワードと組み合わせて連呼する頻度が上がります。
最初から最後まで同じスタイルを続けてたら気持ちを盛り上げにくい部分もありますし
言葉責めの変化で射精のタイミングが近づいてることを教えるのは良いと思います。

ただ射精の合図を出した直後に音声が終了するのだけは残念です。
射精の時間は確かに短いですが、余韻に浸る余裕もあったほうが聴きやすいのではないでしょうか。
臭いに力を入れてるのに精液の臭いを貶さないのももったいない気がします。

続く左パートも10分間。
右に比べてトーンが低く語気も強い女王様気質のお姉ちゃんが
同じく包茎重視の言葉責めで彼を射精に追い込みます。

「包茎ってすぐマゾ奴隷に調教できるよね だって自分から進んでいじめてくださいって顔してるんだもん」
「あんたは包茎だからダメなのよ 包茎はすべてをダメにするの」

言葉遣いが若干乱暴だったり包茎=価値無しみたいなことを平気で言うので
M度の高い人にとってはこちらのほうが刺さると思います。
基本的な流れは左右で揃え、細かな部分に違いを出してる感じです。

そして最後の左右バージョンは二人のお姉ちゃんが同時に言葉責めをします。
内容は個別の時と同じでも、左右からひっきりなしに言われるスタイルになるとやはり濃いです。
セリフの間がほとんどないですし、文字通り言葉で頭の中を包まれてるような気分が味わえます。

このように、テーマに沿った言葉責めをひたすら続けるM向けのプレイが繰り広げられてます。
筋の通った作品
言葉の力だけで興奮や射精を促すシンプルな作品です。

菜月お姉ちゃんはどうしようもないおちんちんとM性癖を持つ主人公を喜ばせようと
最初から彼の弱点とも言える包茎やその臭い、女性に勝てない惨めさなどを徹底的に指摘します。

タイトルコール以外はほぼ全部エッチに注ぎ込んだ潔い作り
包茎だけでなくそこから連想される他のイメージも組み合わせて責める展開。
大事な部分はしっかり守ったうえで別の要素を盛り込み個性とエロさを出してます。

右「正直 もうずっとチンポ握っていたいでしょ? チンポ握ってシコシコすること以外 何にもしたくないでしょ?」
左「包茎ってだけで すべてが台無しなの ゲームオーバー」
そしてこれらを行うお姉ちゃんのキャラにも違いを出し
それに合わせた表現にすることで聴き手が単調さを感じにくくしています。
言葉自体は手厳しいですが口調は意外と穏やかなのも聴きやすくて良いです。

射精シーンは3回。
淫語(言葉責め)それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

特定の属性を持つ人のためだけに作られたやや尖ってる作品です。

CV:野上菜月さん
総時間 30:03(右…10:01 左…10:01 左右…10:01)

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
2017年9月22日まで半額の150円で販売されてます。
その場合の点数は7点です。

お姉さまのマゾ犬調教乳首オナニー

サークル「チューン」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、上品でSっ気の強いお姉さまが
普段とは違うタイプのオナサポでMな男性に新しい快感を教えます。

おちんちんには指一本触れず乳首だけをひたすらいじり続けるのが特徴で
前半は焦らし気味にゆっくりと、後半は激しくハイペースにとスタイルを大きく切り替えながら
いじり方をわかりやすく教えたり、擬声語でペースと強さを指示するなどきめ細かくリードします。

催眠暗示っぽいセリフを多めに言ってくれますから
催眠慣れしてる人のほうがより気持ちよくなれると思います。
M男に女性の快感を
お姉さまの指示に従って乳首オナニーするお話。

「あなたね、私にオナニーの指示をしてもらいたいっていうM男くんは」
お姉さまは穏やかでちょっぴり嗜虐的な声の女性。
乳首だけで絶頂したい願望を抱く主人公を嬉しそうに迎えると
プレイのルールを簡単に説明してからシャツと下着だけの格好にさせます。

本作品は普通のオナニーではもう満足できないMな人を対象に
彼女がおよそ50分に渡るきめ細かなオナサポでドライオーガズムへと導きます。
中盤あたりでパンツを脱ぐシーンがあるものの、おちんちんに触れることは一切なく
最初から最後まで色んな方向から乳首だけをいじり続ける尖ったプレイが楽しめます。
挿し絵のように彼女が脱ぐことはありません。

「下着の上から、乳輪をすりすり……すり、すり……。優しく、丁寧に……すりすり、すりすり。指を回すようにして、くるくる、くるくる、すりすり、すりすり」
そして彼女は乳首オナニー未経験者でも無理なくついてこれるように
いじり方はもちろん、使用する指、力加減やペースまで細かく指示します。
プレイ自体もバリエーション豊富で後になるほど強い快感が味わえます。

オナサポは音声作品における人気ジャンルとして様々な作品がありますが
その多くはおちんちんをいじるもので乳首に的を絞ったものはほとんどありません。
それを踏まえて彼女は「取り組みやすさ」を重視しながらプレイを進めます。

「乳首オナニーのコツは、継続した快感だから、あまり刺激に慣れちゃうと気持ちよくなれないの」
例えばプレイ開始直後は敢えて服を着たまま乳首の外側をいじらせ
ある程度時間が経ったら脱がせて今度は直に触り違いを楽しませます。
その後も乳輪を撫でる、指先だけで乳首をつつく、爪で軽く引っかく、二本の指で摘むなど
同じ刺激をだらだら与え続けない=飽きさせないことに気をつけてリードします。

また普段乳首をいじらない人は物理的な刺激だけでは気持ちよくなりにくいことを考慮し
後半に差し掛かると「変態」などの言葉責めを多くしたり、珍しいセリフを投げかけて心も盛り上げようとします。
新規さんのオナサポはいじることだけをひたすら頑張るケースが多いので
本作品のように心身をバランスよく責めてくれるのはありがたいです。

乳首だけを徹底的にいじるスタイルと変化に富んだリード。
個性だけでなく実用性にも力を入れた優しいオナサポ作品です。
独自要素を盛り込んだ丁寧なエッチ
エッチシーンはほぼ全編にあたる48分間。
プレイは乳首オナニーのみです。
エッチな効果音はありません。

「触りたい、って思ってる? だからこそダメなの。焦らして、焦らして、もう無理、ってなった時に触った方が気持ちいいの」
自分の指示には必ず従うことを主人公に了承させたお姉さまは
彼をベッドの上に寝かせまずはシャツ越しに乳輪をソフトに撫でさせます。

エッチは彼女に言われた通りに手や指を動かし乳首をいじります。
最初の10分間は本番に向けて心と体の準備をするシーン。
服越し→直接の順に乳首を避けるように指で触り、物足りなく感じそうになったところで爪で引っかくプレイを許可します。

「気持ちいいでしょ? まだすっごく弱くて微妙だけど、さっきとは違う確実な快感がある。シャツ越しに焦らしたからこそ、その快感があるのよ」
乳首で存分に気持ちよくなるには感度を高めることが重要です。
だから彼女は敢えて焦らす感じにいじらせ、同時に簡単な心得を教えて感じやすい環境を整えます。
乳首オナニーだけで48分はかなり長いほうですし、絶頂に向けて焦らずゆっくり進めます。

乳輪はそれほど敏感な部位じゃないのでくすぐったく感じる程度ですが
時折指の端が乳首に擦れてピリッとした鋭い快感が走ります。
いじるペースや強さも擬声語を交えて丁寧に教えてくれるのでやりやすいです。

乳首を実際にいじり始めるのはその後から。
すっかり勃起した乳首の先端をちょんと優しく触れるところから始まり
密着させて押し回す、腕を交差させて反対側を同時にいじる、爪を立てて断続的に弾くなど
後になるほどより強い刺激を与えてドライへと追い込みます。

「でも、本当に乳首だけで射精しちゃったら……私、笑っちゃうかも。だって、そんなおかしな男の人、今まで見たことないから。きっととんでもない変態ね、そんな人」
「背中にぞくぞくが走る。頭の中が快感でとろけてくる。何も考えたくなくなる。ただただ乳首をいじりつづけていたくなる」

プレイが切り替わるたびにどんなことをするのか教え
しばらくペースを取ったら言葉責めをぶつけ始める感じです。
またここからは下のセリフのような催眠暗示っぽい言葉もかなり言うようになります。

本作品は催眠誘導をしないので彼女が言った通りの感覚が湧いてくる可能性は正直低いですが
彼女にオナニーだけでなく感覚までコントロールされてる雰囲気を出す役目は果たしてます。
ちゅぱ音や喘ぎ声といったストレートなエロ要素を使わずに興奮させる独特な責めです。

乳首オナニーについては触れ始めた直後と爪や指で弾くプレイがかなり気持ちいいです。
特に後者は刺激が強いおかげで休憩中もじんじんした余韻が残ります。
強いと言っても傷みを伴うほどのことはしませんからMな人なら問題なく楽しめるでしょう。

そうやって心と体を十分盛り上げたところでようやく絶頂の許可が出ます。
1回目は乳首を強めにつねりながら単発で、2回目以降は色んないじり方を組み合わせて連続絶頂するスタイルです。

「あなたはただの豚よ。変態の豚。乳首オナニーでイキ狂う、ドマゾで、ド変態の豚。ほら、ぶひぶひ鳴いてみなさい」
ここまで来ると彼女は持ち前のSっ気を存分に発揮します。
彼のことを豚呼ばわりし、先ほどに引き続き感覚支配の暗示を小まめに入れ
イった後もノンストップでいじり続けさせる最もハードな責めを繰り出します。

さすがに全部のシーンで絶頂を迎えることはできなくても
途中で乳首を中心に体が痙攣するとか、股間にエネルギーが集まるといった感覚を味わう人はいると思います。
おちんちんをいじらなくてもイけるように口調とセリフの両方をパワフルにしています。

このように、後になるほど刺激を強くするテーマに沿ったエッチが繰り広げられてます。
刺激的な乳首作品
乳首オナニーによるドライを本気で見据えた個性的な作品です。

普段は優しいけど熱が入るとSっ気を見せるお姉さんが
最初から最後まできめ細かな指示を出しながら乳首だけをとことんいじらせます。

おちんちんに触れないどころか意識すらほとんどさせない尖った作り
快感に飽きないよう小まめにプレイを切り替えるスタイル、そして催眠っぽさを含んだ言葉責め。
テーマを大事にしつつ聴き手を絶頂へ追い込むための様々な工夫が見られます。

乳首オナニーは十分に気持ちいいのですが、それだけで絶頂まで持っていくのはなかなか難しいです。
だからオナニー以外の部分からも働きかけるようにしたのでしょう。
催眠音声では「ちちのひ」シリーズなど既に完成されてる乳首オナニー作品があるので
サークルさんがそこで使われてる要素を取り入れたのだと思います。

「弾ける。身体が跳ねる。全身の筋肉が勝手に躍動する。野獣の叫び声みたいな喘ぎが止められない。射精の何倍もの快感。身体全体が敏感になって、暴れる手足がベッドに触れるだけでも気持ちいい」
私がそう判断したのは一番最後の絶頂シーンで許可を出した後に上のセリフを言ってたからです。
催眠音声だとカウントの後に入る追い込み暗示にとても近い表現と使われ方をしています。

同人音声のオナサポでこういう言葉を投げかける作品はほとんどありません。
直前に「イケ!」と言い、絶頂開始後は無音になることが多いです。
あるいは「ぴゅっぴゅー」と言って射精の様子を実況しつつ応援するとかですね。

ただし、あれらは催眠誘導をして初めて成り立つプレイですから
本作品のようにエッチシーンで感度が上がる暗示らしきセリフを言うだけでは効果が薄いです。
このプレイをよりリアルにするなら事前に催眠をかけたほうがいいでしょう。
発想は面白いのだけど完成度の面でやや難があると見ています。

絶頂シーンは5回。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上のことから今回はこの点数にさせていただきました。
現時点で十分な個性を持ってるので今後どう成長されるのかがとても楽しみです。

CV:紅月ことねさん
総時間 51:50

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

淫らな従属の黒魔術

サークル「暗中模索」さんの催眠音声作品(男女両用)。

今回紹介する作品は、黒魔術を研究してる怪しいお姉さんが
3つのアイテムを使って催眠をかけたりマゾの快感を教えます。

催眠はベル、エッチは縄や鞭の音を鳴らしながら暗示を入れるSM色の強いサービスが魅力で
彼女に服従し痛めつけられるだけの表層的なものではなく
その先にある心の繋がりや快楽を目指してゆっくりじっくりリードします。

今回は通常版のレビューなので、口枷パートの入ってるバージョンで登場するプレイには触れてません。
音声を聴く前にタオルをご用意ください(通常版なら無しでも可)。
苦痛の先にある快感を求めて
お姉さんに催眠をかけられ調教されるお話。

「こんばんは あなたは黒魔術って知ってますか?」
お姉さんは淡々とした口調で話すぼんやりした声の女性。
音声を聴く際の注意事項や準備物を説明すると、早速黒魔術に関するお話を始めます。

本作品は今からほぼ1年前に発売された「淫らな蜜の黒魔術」の続編。
彼女の誘導に従い催眠に入った後、2種類の器具を交えた比較的激しいエッチを楽しみます。
タイトルに「黒魔術」が入ってますが彼に呪いをかけるシーンは特になく
彼女のキャラ、雰囲気、サービスに怪しさを持たせてそれらしさを出してます。
シリーズものですがお話は完全に独立してますから今作から聴いても大丈夫です。

テーマは「幸福による服従」。
主従関係から連想されるマイナスの要素をできるだけ取り除き
彼女に従う喜びや、責めを受けることによって生まれる苦痛を快感に変換してマゾの醍醐味を味わわせます。
プレイ自体はSMに近いのですが、言葉の表現に気を遣っていて雰囲気はとても穏やかです。
彼女が罵倒に類するセリフをほとんど言わないのもあります。

そしてこの過酷なプレイを聴き手ができるだけ身近に楽しめるように
彼女はいくつかの音に暗示を込めて感覚をコントロールします。
催眠パートは音モノの色が特に強いですから、音に反応して催眠に入る不思議な感覚が味わえるでしょう。

催眠はおよそ28分間。
まずは座った状態で深呼吸しながら彼女が鳴らすベルの音を聴きます。
寝ながら聴いたほうが入れる人はもちろんそうしても大丈夫です。

「硬くなった心 緊張や不安 理性や心の防御壁 心を取り囲む様々な要素がベルの音と共に消えていく」
「りぃーん」という涼やかな音を長めの間隔で鳴らしながら
お姉さんは心身の緊張がほぐれたり催眠状態が深まる暗示を丁寧に入れます。
音と暗示を必ずセットにしてるおかげで最初は単なる効果音としか感じなくても
後のほうになるとそれに連動して体がビクついたり心が震える反応が現れます。

シーンによって暗示の入れ方や内容が切り替わっていくのもポイント。
最初は「心地いい」「まどろむ」などリラックスを促す言葉をメインにしてたのが
少し経つと「落ちる」「消える」といった深化に関わりのあるワードへとシフトします。

他にも声とベルの位置を左右に振り分け、意識を大きく逸らすことで暗示を入れやすくする効果的なアプローチをします。
やってることを簡単に言うと「ベルを鳴らしながら暗示を入れる」なのですが
催眠音声を数多く製作されてるサークルさんなだけあってその流れは変化に富んでます。

「あなたは私と二人だからこそ 限界を超えて乱れることができるし ありふれた関係では決して見ることの出来ない 美しいあなたの姿に 私は酔いしれて 魅了され 溺れる」
ある程度催眠が深まった後はいよいよ本題となるマゾの快感に関するお話をします。
自分ひとりの力ではできることに限界がある。
だから彼女が色んなプレイをし、それによって彼の本当の姿を引き出す。
彼女ではなく彼=聴き手のメリットを強調する形でマゾへの興味をくすぐります。

本作品のプレイは結構人を選びますから心構えも重要です。
この後始まるエッチでも彼女は信頼や愛情を至るところで見せます。
彼女の言葉をある程度受け入れやすくなった段階でこれを切り出すところも秀逸と言えます。

第一のアイテムにあたるベルを活用して催眠状態を深める独特な催眠です。
SMプレイに耐えられる前向きな心を育てることを目的に
序盤は純粋なリラックス、中盤は深化を意識した言葉を盛り込みながらベルをうるさく感じない程度に鳴らし
それからSMの人間関係に関するお話を通じて魅力を伝え、最後に改めてがっちり落とします。

割と特殊な誘導なのですが暗示の量、入れ方、表現が工夫されていて
意識のぼやけや体のだるさが比較的早い段階から実感できます。
途中でイエスセットっぽい言い方をして落とすシーンもあるなど色んな技術が盛り込まれてます。
ベルの少し響く透き通った音も心地いいです。
飴と鞭を織り交ぜたエッチ
エッチシーンは42分間。
プレイは縄による拘束、背中/お尻への鞭打ち、キス、耳舐め(超短時間)です。

拘束、鞭打ちの際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。

「これからたくさん可愛がってあげますからね」
催眠を使って主人公の心を従順なマゾへと変えたお姉さんは
彼のために作った特別な縄で体を隅々まで縛ります。

エッチはご主人様にあたる彼女に終始責められます。
最初の12分間でするのは縄による拘束。
体をどんな風に縛ってるか話しながらその感覚を暗示で小まめに伝えます。

「少し硬く しなやかな縄の感触に ゾクリと震える」
「ぐっと締め上げる 快感が溢れ出して心が形を変えていく 窮屈で 苦しくて でも気持ちがいい」

一見するとヤバいプレイに感じるでしょうけど、彼女はここでも縛られる痛みにはほとんど触れず
女性に縛られるシチュやそこから得られる精神的な快感を強く味わわせます。
最中に鳴る効果音も非常にリアルで縛られる様子をイメージするのに役立ちます。

音そのものに暗示を入れることはあまりありませんが
縄をぎゅーっと締めた時に鳴る音に反応してゾクゾクする人がいると思います。
催眠パートと同じく音が重要な役割を果たしてます。

準備ができた後に始まるのは鞭打ち。
バラ鞭と呼ばれる枝分かれした器具を最初は背中、次はお尻に何度も叩きつけます。
お尻を叩く時に四つん這いになる指示が出ますが無理にやらなくてもいいそうです。

「大丈夫ですか? もし強すぎて辛ければ 首を横に振って教えてくださいね」
「刺激に敏感になった肌に 甘いキスのご褒美」

このいかにもSMなプレイの最中にも彼女は信頼や愛情を注ぎます。
序盤は「ぺしっ」という叩くよりも撫でると言ったほうがしっくり来る音を鳴らし
彼が痛みを我慢してそうだと判断したら優しい言葉をかけて力加減を調節します。
そして背中を一通り叩いた後にはご褒美のキスをして彼の心をさらに蕩かそうとします。

ひたすら痛めつけるだけでは拷問になってしまいますから
SMにとって重要な「心の繋がり」を感じられるようにプレイを進めます。
男女両用だからというのもあるのでしょうけど鞭の音もかなり抑えられてて聴きやすいです。

肉体よりも精神への責めがずっと充実してるエッチですね。
自分が彼女に縛られてる、体を叩かれてる、恥ずかしい姿を見られてる状況で気持ちを盛り上げます。

「快感が打ちつけられる 体の中を通り 前立腺に ペニスに快感が響く」
ただし、絶頂が絡む終盤だけはハードな責めを繰り出します。
普段よりも嗜虐的な表情を見せつつ嬉しそうに鞭を振るう姿はまさしく女王様。
お尻を叩きながら強めの語気で暗示を入れるシチュも相まって股間が強めにウズウズします。

最初に1回絶頂し、少し後に2回連続でイク流れです。
溜めが長いからか私は1回目のほうがイキやすかったし快感も強めでした。

このように、SMプレイを受ける心情を綿密に描いて興奮させる雰囲気重視のエッチが繰り広げられてます。
挑戦的な作品
催眠音声ではタブーとされてる要素を積極的に盛り込んでる作品です。

ちょっぴり中二病をこじらせてる怪しい雰囲気のお姉さんが
タイトルの黒魔術らしさを持たせた催眠とエッチでMの快感を味わわせます。

ベルの音と暗示を連動させて落とす催眠、縄を縛る音や鞭で叩く音を多めに鳴らしイかせるエッチと
どちらも「音」を重要な位置に置いて感覚を少しずつ膨らませます。
中でも催眠はシーンごとに音の位置まで切り替える凝ったものです。

ここまでガチなSMプレイをするのも非常に珍しいです。
催眠は被験者と催眠者の信頼関係があって初めて成り立つ行為なので
本作品のように相手をストレートに痛めつける描写を入れることはほとんどありません。
大抵が快楽漬けにするとか、背徳感を強く味わわせるといった別方向のアプローチをします。

「私だって あなたという奴隷なしで 生きていけない心になってるんですよ」
普通にやったら聴き手が抵抗を感じる可能性が高いことを考慮し
彼女はこの行為が愛に基づくことを強調し、その先に快感が待ってることを教えます。
痛みや苦しみといったマイナスの感情をできるだけ弱めたりぼかしながら進めるので
実際に聴いてみると凄惨さは相当に薄いです。

彼女がプレイ中に飴と鞭を織り交ぜてるのも大きいです。
縄の音や鞭の音がややハードに感じるからこそ、キスの音や労わりの言葉で中和します。
最中の暗示も快楽を増幅させるものがほとんどですし、難しいテーマを繊細に扱ってるのがよくわかります。

SMを受け入れられるかどうかで満足感に違いが出るのは否定しませんが
できるだけ多くの人に楽しんでもらおうとする創意工夫が込められてるのも事実です。
サークルさんが1時間近くの体験版を用意されたのも納得したうえで製品版を聴いて欲しいからだと思います。

絶頂シーンは3回。
効果音それなり、淫語とちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

癖のある素材を上手に料理してる作品です。

CV:男性向け…みもりあいのさん 女性向け…想さん
総時間 男性向け…1:25:39 女性向け…1:26:20

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

女体化催眠!  「あらあら可愛いお嬢ちゃんね♪」

サークル「ボトムズ」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、大きな体と逞しいおちんちんを持つ女調教師が
催眠を使って男性を女の子の姿に変え、それから甘く激しいエッチをします。

一般的なレズプレイに催眠とふたなりを盛り込んだ比較的マイルドサービスが行われており
催眠は古典系の技術に目的となる暗示を絡めてゆっくり深化させ
エッチも無理矢理犯すのではなく心と体の準備を十分にしてから気持ちよくイかせます。
ふたなり女性の優しい調教
ふたなり女調教師の奴隷になり犯されるお話。

「あら、気がついた? うふふ。驚かせてごめんなさい」
ふたなり女調教師は穏やかで色っぽい声の女性。
目を覚ました主人公にこれから何をするか教えてあげると
彼を自分好みの女の子にするための催眠をかけます。

本作品は彼女のペットになって女性の快感をたっぷり味わうことを目的に
まずは女体化催眠を通じて女性の体や奴隷としての心構えを身につけてから
前半はソフト、後半はハードなエッチで合計3度の絶頂を目指します。

ボトムズさんは私の知る限り今まで催眠音声を2本製作されていて
残念ながらそのどちらも品質に大きな難がありました。
しかし今回は無料側で活躍されてるササジマさん(願望消火栓)をシナリオ担当に迎えたおかげで
以前よりもずっと本格的な作品に仕上がっています。

挿し絵だけを見るとかなりハードな内容に思えるでしょうけど
実際は彼女が愛情を注ぎながら屈服させる比較的マイルドな路線で進めます。
痛みや苦しみを与えるシーンはほぼなく、女性特有の快感を与え続ける快楽堕ちっぽい調教です。

催眠はおよそ23分30秒間。
最初は彼女の声に合わせて深呼吸したりお話を聴いて心身をリラックスさせます。
作中では特に指定されませんが仰向けに横になって目を瞑るのがいいでしょう。
催眠開始からエッチ終了まで彼女の声に若干のエフェクトがかかります。

「ゆっくりと呼吸をして、私の話を聞いているうちに、きっと全身の力が抜けて 考えるのも面倒になって、体も心もドロドロになってしまう」
「例えば、大空から落ちてくる雨粒。重力に引かれて、落ちて、落ちて、落ちて、地上にぶつかる」

深呼吸の最中にタイミングよく言葉をかけたり、自然に関するイメージに暗示を込めるなど
ふたなり女調教師は早速様々なアプローチをかけて意識の力を少しずつ弱めます。
作品説明文のプロフィールではかなりの悪女となってますが
声や口調は至って上品で彼に対してもあまり高圧的な態度を取らずに接します。

他にもお話の最中に柔らかい表現で彼女に従うメリットを教えるなど
押し付けるのではなく自分からそうなりたくなるように誘導します。
言い回しにも気を遣ってますし、彼女に対して嫌な気分を抱く人は少ないと思います。

お次はカウントを数えて一度半覚醒させ、もう一度数えて深化させる動作を数回繰り返します。
催眠音声では割とよく見かける「揺さぶり」という技法です。

「崖から放り投げられた小石のように、何も考えず全てを任せて落ちていく。一番下の深い所まで落ちて、落ちて、落ちていく」
1回目は前後の暗示を厚めにして入念に、それ以降は段階的に間を短くしながら
「落ちる」などの言葉を多めに投げかける手堅い深化です。
回数が増えるほど半覚醒時の意識のぼやけや深化時の心地いい感覚が強く味わえるでしょう。
カウントの数え方や暗示の言い方にもっと気を配っていればより良くなったと思います。

本題にあたる女体化は最後の7分間。
顔、腕、胸、性器など男女の差が顕著に出る部位に的を絞りそれぞれでカウントを数えます。

「まずは頭から。長い髪、大きな瞳、小さな鼻、柔らかな唇」
進め方はいいと思うのですが、変化後の女性像に関するフォローが特にされてなかったり
容姿の変化にだけ触れておっぱいやおまんこの感覚はこれといった暗示を入れてこないなど
女体化催眠と呼ぶには配慮に欠ける部分がいくつか見られます。

前者は敢えて具体的に言わないことでイメージ力を膨らませようとしたのでしょうけど
それなら「あなたの好きな容姿をイメージしていいわよ」などを言って欲しかったです。
後者も見た目を変えるだけではエッチで気持ちよくなれませんから重要です。

脱力感を通じて男性よりも非力になった気分にさせるところまでは良かったのですが…。
聴き手を女性になりきらせるための工夫がもう少し欲しいです。

古典系の技術をベースに自然な服従を促すシンプルでテーマ性のある催眠です。
聴き手を女の子の姿に変え、尚且つふたなり女調教師の言葉を素直に受け入れられる心にすることを目的に
深呼吸やイメージによる脱力、揺さぶりを使った深化、追加の脱力&女体化と
後になるほど催眠が深まり抵抗力も薄れるように少しずつ導きます。

細かく見ると気になる部分はあるものの、深化させるところまでは十分な品質を持ってると言えます。
ただし催眠の〆を飾る女体化については先ほど書いたように粗さが見られました。
女体化作品で女体化に失敗するとこの後のエッチが成り立たなくなりますから
その可能性をできるだけ減らすための保険をかけても良かったと思います。
最初は優しく、次は激しく
エッチシーンは2パート39分間。
プレイは手マン、クリ責め、クリトリスへのキス、SEX(体位不明)です。

手マン、クリ責め、SEX、射精の際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。

「今からあなたにしてもらうのは、とっても気持ち良くて素敵なこと」
催眠を使って主人公を可愛い女の子へ変えたふたなり女調教師は
彼に脚を開かせ綺麗なおまんこを指で優しくいじります。

エッチは終始彼女が責める形で進みます。
最初の「処女を奪ってあげる」は前戯に力を入れてるパート(約25分30秒)。
指でおまんこの外側を十分にいじってから中に差し込み
そのままクリトリスも指や唇で責めて愛液をたっぷり分泌させます。

「ほら、私の指があなたのピッチリと閉じたおまんこの周囲を撫で回す。なんてことのない些細な刺激なのに、何だかとても気持ちいい」
そして彼女はプレイの様子を実況しながら気持ちよく暗示を丁寧に入れて、イメージ力と快感をバランスよく膨らませます。
本作品のエッチは感度を強化する暗示が非常に多く
焦らしや寸止めといったやや意地悪な責めも相まって後になるほど股間がムズムズしてきます。
セリフの邪魔にならないよう効果音の音量を控えめにしてるのも良いです。

エッチに入ってもふたなり女調教師は引き続き優しく接してくれますから
調教されてる感覚をあまり抱くことなく気持ちよくなれるでしょう。
女性の快感を思う存分味わわせて離れられなくする女体化作品らしい調教です。

穏やかな雰囲気に変化が訪れるのはプレイ開始からおよそ24分後。
エッチを通じて奴隷の心をさらに養い、おまんこもぐちょぐちょにしたところで
いよいよ自慢のおちんちんで彼の膣内を一気に貫きます。

「全身の快感が弾けて、頭の中が気持ちよさでめちゃくちゃになり、アクメに達する!」
このパート内のSEXは2分程度と非常に短いのですが
これまでに言葉、暗示、エッチな音を使って心身を十分に盛り上げてることや
穏やかだった前戯から一転して激しく責めるおかげで、股間を中心に熱やエネルギーが一気に高まってきます。
挿入後に流れる「ぱちゅん」というピストン音も激しく、絶頂時の追い込み暗示も力強いです。

まったり責め続けるだけでは奴隷への調教になりませんから
このように落差をつけてイかせるスタイルは効果的だと思います。
ご奉仕っぽいプレイだけど上下関係だけはきっちり維持するところも作品の雰囲気に合ってます。

続く「連続絶頂」は激しさを前面に押し出したパート(約13分30秒)。
先ほどのSEXで彼をイかせたものの、自分はまだまだ射精に届かず欲求不満なふたなり女調教師が
そのままプレイを続けて彼を2回連続の絶頂へと追い込みます。

「7、8、9、10、回数を重ねるごとに快感が積み重なっていって ほら、もっと感じてしまっていいのよ」
「クリトリスを責められる度に鋭い快感が全身に走って、中を責められる度に全身がとろけるような甘い快感が全身に広がる」

1回目は緩めのピストンで、2回目はクリ責めも一緒にとスタイルを切り替え
前のパートと同じく感度の上がる暗示を入念に入れる催眠音声らしいエッチです。
大事な部分をおちんちんで擦られる快感、ご主人様に犯される快感、そして彼女の精液を注がれる快感。
男性では決して味わえない要素をいくつも組み合わせて絶頂へ追い込んでくれます。

このように、多少の調教要素を交えた主観的に楽しみやすいエッチが繰り広げられてます。
マイルドな調教作品
どぎつい描写を極力抑えた聴きやすい作品です。

ふたなり女調教師は主人公を自分好みの従順なメス奴隷へと変えるために
まずは催眠を通じて女性の体を与えつつ抵抗心の除去を行い
それから緩急をつけたエッチで心身両面を自分の虜にします。

安定感のある技術と暗示を組み合わせてしっかり深める堅実な催眠
痛みや苦しみではなく快楽で彼を堕とす甘めのエッチ。
「調教」から連想される激しさや凄惨さをできるだけ匂わせずに彼を手懐けようとします。

「大丈夫よ。また可愛がってあげるから」
音声を聴く前は「最初は優しく接して徐々に本性を現すのかな?」とも思ってたのですが
実際は最初から最後まで気のいい女性であり続けます。
エッチの描写がソフトですし、エンディングもさっぱりしてるのでM性が低めの人でも割と聴けます。
ドMの人が期待して聴いたらおそらく拍子抜けするでしょう。

催眠はササジマさんが過去に出された無料作品に比べるとグレードダウンしてる印象を受けました。
彼が台本だけ担当したのか、それとも演技指導や編集まで手がけてるのかがわからないので
私もそこまで突っ込んだことを書けないというのが実際のところです。

「ねえ。私はあなた好みの主人よ? わかるよね? マゾなんだから?」
エッチはササジマさんがハード系の作品に初挑戦されたこともあり甘さが強いです。
彼女が調教師を名乗ってることや、主人公が作中である程度のM性を持ってると明言されてることを考えると
M心を刺激する描写やアプローチがもう少しあっても良かったかもしれません。
例えば他人に大事な部分を好き放題弄ばれてるシチュや、SEXであっさりイかされてしまった屈辱感などです。

あと連続絶頂パートの最後でカウントを数え、追い込み暗示を入れた直後に音声が終わるのも引っ掛かります。
ドライとはいえ連続絶頂を迎えたのですから、その余韻に浸る時間が30秒程度は欲しいです。

絶頂シーンは3回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

以上のことから今回はこちらの点数とさせていただきました。
おまけは「中古便器の分際で」パートです。

CV:柚木つばめさん
総時間 1:23:55(本編…1:17:06 おまけ…6:49)

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ