同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:調教

   ● ASMR囁き耳レイプ ~TKTKボイス輪姦で脳アクメが止まらない~
   ● 催眠乳首調教倶楽部『なでしこ』-フェイクオーガズムコース-
   ● わるすぎお姉さんに騙されてマゾな”弟”にさせられた ~優しいフリして声質変えるお姉ちゃん~【バイノーラル】
   ● ヒプノドラッグレディ(再レビュー)
   ● 【オナニー誘惑我慢】勇者の熟成精液回収サキュバス【KU100】
   ● ~Ruined Orgasm~恋奴隷のための射精剥奪責め調教
   ● お姉様の奴隷催眠(再レビュー)
   ● ニップルオーガズム‐サドな彼女の命令でマゾな私が完全にマゾ堕ちさせられるまで-
   ● 【M男初心者向け】ダウナーサキュバスの家畜調教フルコース
   ● もちもちぷにまんの強制パコパコセックスに合わせておちんちんしこしこゲーム~桃狐のFapHero型射精管理オナサポボイス~




サークル「ボトムズ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、男を弄ぶのが好きな2人のお姉さんが
M男の左右に陣取り耳と心を同時に犯して惨めで幸せな射精へ導きます。

ほぼ全編で両耳舐めしながらM向けの色んな言葉責めをするのが特徴で
ストレートに見下す、彼の弱さを貶す、女性に弄ばれる快感を煽るなど
シーンごとに方向性を変えながらリアルなちゅぱ音と喘ぎ声を絶え間なく流して上手に興奮させます。
TKTK音声と呼ばれる独自要素を盛り込んでるのもポイントです。
音と言葉でみっちり調教
2人のお姉さんに耳を責められながらオナニーするお話。

右「前戯? うふふふ 何を言ってるのかな? レイプにそんなの必要ないでしょ」
左「私達の舌ペニスで、オマエの耳マンコを滅茶苦茶に犯してあげる 何を驚いてるの? レイプ、好きでしょ?」
お姉さんたちはややトーンの違うどちらも穏やかな声の女性。
音声開始直後から耳舐めっぽいちゅぱ音を同時に鳴らすと
早速感じてる主人公を嬉しそうに眺めます。

本作品は耳と脳をねっとり犯される快感を味わわせることを目的に
彼女たちがおよそ40分に渡って非常に変わったエッチをします。
挨拶や背景説明といった前置きは全部省略してすぐさまエッチを始め
どのシーンも必ず2人同時に話したり耳舐めしてゾクゾク感を与えます。

最大の特徴はちゅぱ音、言葉責め、TKTK音声、喘ぎ声、振動音を組み合わせて責めること。
ちゅぱ音はほぼずっとと言っていいくらい鳴り続けますし
言葉責めも本編の半分以上に渡ってM向けの様々なセリフを丁寧に投げかけます。
また彼女たちもそれなりに興奮してるようで、中盤以降は喘ぎ声の割合が徐々に増えていきます。

本編の時間は43分と短めですが常に2~5種類の声や音が同時に流れ続けるので
実時間よりも明らかに濃いひと時が送れます。
時間に対する情報量が多く、視聴後は軽い疲れを感じる人がいると思います。

「スクスクスクスクスクスク」
TKTK音声については「スクスクスク」という擬声語を囁き声で言い続けます。
これ自体に意味はなく、口を使ったASMRの一種と見るのが妥当です。
音声では初めて見かける要素ですから本作品における個性のひとつと言えます。

もうひとつ、エッチ開始直後から「ぶぅぅぅぅん」という小刻みな振動音も流れます。
最初はノイズだと思ってたのですが、一定間隔で音が強弱するところを見ると意図的に鳴らしてるようです。
催眠音声で時々使われるバイノーラルビートのような音で
しばらく聴いてると脳を軽く揺さぶられるような心地よさが味わえます。

ここまでをまとめると、様々な音を駆使して悶えさせるASMR寄りの作品です。
言葉責めの量もそれなりにありますけど、それより音のほうが存在感は大きいです。
純粋なエロさを出しつつ脳をとろかすような作りになってて
音声を聴いてる最中は別の世界にいるような不思議な感覚に浸れます。
興奮と恍惚感を与えるエッチ
エッチシーンは43分間。
プレイは両耳舐め、言葉責め、TKTK音声、オナニー、おちんちんを踏みつける、喘ぎ声を漏らすです。
オナニーの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

右「まだこっちは何もしてないのにw 勝手に負けるのやめてほしいわ」
左「今の恥ずかしい恰好。皆に見て貰おうか?」
両耳舐めされてすぐ負けそうになる主人公を微笑交じりに見下すと
お姉さんはさらなる言葉責めをしたり音重視の責めを繰り出してもっとゾクゾクさせます。

エッチは終始彼女たちが責め続けます。
前半の21分間は本作品の特徴がよく出てるシーン。
序盤の5分間は左右で違う言葉責めを同時に繰り出し
残りの16分間はセリフを一切挟まず色んな音を組み合わせて性感と興奮を高めます。

どういう経緯で今回のエッチをすることになったのかはわかりませんが
彼女たちはS、彼はMとお互いの性癖が見事に噛み合ってます。
だから2人とも穏やかな声と態度でややハードな言葉責めをガンガンぶつけます。
表現が辛辣な代わりに言い方を和らげて聴きやすくしてました。

言葉責めをする5分間は2人のセリフが思いきり被っており
両方同時に聴こうとしたら脳が疲れると思います。
基本的には片方に意識を向け、あとは音を楽しむ感じにすれば無理なく聴けるでしょう。
後半は同じセリフを左右同時に言うスタイルに変わりますから本当にここだけです。

続く16分間は耳舐め、TKTK音声、喘ぎ声、振動音のみ流れ続けます。
といっても同じ音を垂れ流す単調なものではなく
ちゅぱ音が強弱したり喘ぎ声の割合を上げ下げして波を作ります。
振動音も大きくなったり小さくなったりしてなかなか凝ってました。
中央からオナニーと思しき効果音も鳴り始めるなど、前半の時点で音の密度がかなり高いです。

後半の22分間は言葉責めを再開してじわじわと射精へ追い込みます。
彼自身を犬呼ばわりしたり、おちんちんや精液をゴミに例えて上下関係を明確にし
さらにMな人が喜ぶ要素を色んな方向からぶつけて心を上手に盛り上げます。

左右「終わってる終わってる終わってる オマエは終わってるゴミマゾ ゴミゴミゴミゴミゴミ イケイケイケイケイケ」
左右「好きよ、愛してる、オマエしか見えない 私が踏みつけてるオマエのマゾチンポ プルプル震えて気持ちいいわぁ」

見下したり突き放すセリフの合間に甘やかすセリフを置いてるのが良いですね。
飴と鞭を使い分けて彼女たちに従う喜びを教えます。
2人のキャラがそんなに冷たくないので愛玩動物っぽい扱いをしてるかなと。
焦らしや寸止めといった意地悪な要素もなく、1回の射精を充実させる方針でリードします。

音については構成は前半とそこまで変わりません。
しかし耳舐め音や喘ぎ声を多少激しくして純粋なエロさを上げてます。
左右同時に同じ言葉責めをするおかげで聴きやすくなってますし
やっぱりこのシーンのほうが抜きやすいと思います。
最後に彼女たちが激しい喘ぎ声を上げたりカウントを数えるので、それに合わせて出す形になります。

このように、音と言葉をいくつも重ねてじっくり追い込む独特なエッチが繰り広げられてます。
脳がとろける作品
体よりも心への責めが充実してるM向け作品です。

お姉さんたちは何らかの事情でエッチすることになった主人公を存分に弄ぼうと
音声開始直後から左右同時に耳舐めを行い、さらにTKTK音声や喘ぎ声も加えて興奮させます。
そして前半と後半で違うスタイルの言葉責めをしたり
おちんちんを踏みつける描写も挟んで情けない射精へ追い込みます。

声や態度は穏やかだけど性格は結構Sなお姉さんが従順なM男をエッチで躾けるシチュ
複数の声や音を同時に鳴らし、さらに前半と後半で責め方を変える密度の高いエッチ
TKTK音声や振動音といった独自の要素を盛り込み役立ててる演出。
耳舐めが豊富で、ASMRで、言葉責めも充実してるなかなか欲張りな作品に仕上がってます。

中でもエッチはリアリティよりも音に包まれる快感を重視した作りになってます。
おちんちんへの責めはオナニーのみ、しかも音を鳴らすだけなので
耳や脳といった頭部への責めに特化したプレイと言えます。
ちゅぱ音や喘ぎ声による純粋なエロさと、音に包まれる恍惚感が同時に味わえて面白かったです。
オナサポ要素は皆無ですから好きにしごいて最後に出せばOKです。

射精シーンは1回。
ちゅぱ音大量、淫語と喘ぎ声それなり、くちゅ音そこそこです。

音声作品の流行を捉えつつ自分の色もちゃんと出してる優れた作品です。
おまけはフリートークとNG集です。

CV:宮坂雪さん 柚木つばめさん
総時間 1:39:17(本編…43:01 分割ファイル…25:32 おまけ…30:44)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります



サークル「MayThird」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、アブノーマルなプレイを提供してる風俗店のお姉さんが
催眠を少し絡めた特殊なエッチで新しい快感の扉を開きます。

彼女が指示したタイミングでイったフリをするフェイクオーガズムが魅力で
おちんちんには指一本触れず乳首と前立腺を重点的に責めながら
一歩ずつ前進する形で体の感度を上げたり連続ドライ絶頂へ追い込みます。
催眠の要素は薄めなので、乳首オナサポ作品と思って聴いたほうが満足できるでしょう。
ドライを迎えるコツは演技
催眠乳首調教倶楽部『なでしこ』でアヤメのサービスを受けるお話。

「いらっしゃい 今日は 私のコースを選んでくれて どうもありがとう」
アヤメは明るくて穏やかな声のお姉さん。
フェイクオーガズムコースを選んだ主人公に挨拶すると
その内容を説明してからイったフリをしたことがあるか尋ねます。

本作品はおちんちんや射精以外の方法で気持ちよくなることを目的に
彼女がおよそ90分に渡ってオナサポに近いエッチをします。
全編を通じて乳首オナニーとPC筋トレーニング(おしっこする時の筋肉を収縮する)に専念し
そこにフェイクオーガズムを加えてドライの感覚を徐々に膨らませます。

「こういうふうに あんっ あんって素直に感じなさい 感じながらゆっくりと 絶頂するイメージをしていくの」
女の子のように喘ぎ声を漏らすだけでなく、合図が出たら体も痙攣させる本格的なものです。
最初は演技ですからあまり気持ちよくないでしょうけど
繰り返していくうちに心と体に何らかの変化が表れることは十分にあります。
思い込みによって脳を騙し、妄想を現実にするのがこのプレイの狙いです。

また乳首の快感が重要になるのでそれに関するリードをしっかり行います。
乳輪を指で撫でる、乳首を指先でつつく、爪で優しく引っかく、つまんだまま擦るなど
数分単位でいじり方を変えながら「かりかり」などの掛け声を出してわかりやすくリードします。
掛け声はプレイを変えた直後に少し言う程度ですから好きなペースで取り組めます。

「催眠の要素は薄め」と冒頭で書いた理由は催眠誘導を明確にするシーンがないからです。
通常の催眠音声は何らかの技術を使って催眠状態を深めた後にエッチを始めますが
本作品は乳首オナニーのやり方を教える→フェイクオーガズムの練習をする→実際にやってみると
各パートの内容がほとんどエッチで、その中に催眠に類するセリフやアプローチを少し挟みます。

「あなたができる催眠のイメージだけを意識して できないことは諦めちゃいなさい それだけで あなたは催眠状態に入ることができるわ」
「自分でするオナニーとは違う部分を見つけるの そうすればきっと あなたなりの催眠状態を見つけられるから」

もう少し具体的に言うと彼女に催眠をかけてもらうのではなく、自分で催眠に入っていく流れで進めます。
つまりほぼ自己催眠なので、一般的な催眠音声に比べてかけ具合がかなり弱いです。
催眠音声を色々聴いてる人ならなんとかってレベルじゃないでしょうか。
私が聴いた時も「意識が軽くぼやけてるかな?」と感じる程度でした。

暗示を入れてくることも一応ありますけど
その前段階が結構人を選ぶものになってますから玄人向けかなぁと。
ここまで聴き手任せな誘導をする作品を催眠音声と呼ぶのは抵抗を感じます。
ですがオナニーのリード自体はしっかりしており、乳首重視のオナサポ作品としてなら楽しめると思います。
乳首、前立腺、心を同時に盛り上げるエッチ
エッチシーンは3パート75分間。
プレイは乳首オナニー、PC筋トレーニング、フェイクオーガズムです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
途中で服を脱ぐ指示が出ることはありません。

「最初は 乳首の開発からね ほら 両手を乳首のほうに持っていきなさい」
フェイクオーガズムの概要を説明した後
アヤメは早速両乳首をいじる指示を出して体を温めます。

エッチは終始彼女に言われた通り動きます。
一番最初の「02_性感開発パート(約18分)」は乳首開発。
「くーるくる」と言って乳首を撫でるところから始まり
指でつまんで左右に擦る、爪で引っかく、押しつぶすなど色んなプレイを実践します。
そして終盤にPC筋トレーニングを加えて別の快感を与えます。

「乳首は擦ったり 引っかいたりするだけだと大きくならないけど 押しつぶしてから乳首を伸ばすと 少しずつサイズが大きくなっていっちゃうの」
音声を聴く限り主人公はたぶん乳首未開発なのでしょう。
だからいじり方を指示しながらコツも教えてまずはスムーズにできるようにします。
催眠の要素はほとんどないのでオナサポ色が強いです。
PC筋トレーニングは「ぎゅーっ」と言って大まかなペースを教えます。

フェイクオーガズムが登場するのは次の「03_催眠パート(約20分)」。
引き続き乳首をいじり続けて彼女が合図を出したらイったフリをします。
そして2回やった後にどうすれば催眠に入れるかを説明したり軽い暗示を入れます。

「最初から最後まで 私が許すのはフェイクオーガズムだけ」
彼女がこう言ってるように、本作品の絶頂シーンはすべてフェイクです。
だから人によって実際にイク回数が違うと思います。
催眠に関する話は約5分と短いので、普通にかけたとしても深く入るのは難しいでしょう。
「催眠パート」と名付けてるのなら20分まるまる使ってしっかり催眠をかけてほしかったです。

最後の「04_フェイクオーガズムパート(約37分)」は
オナニーとフェイクオーガズムを存分に楽しむパート。
乳首オナニーとPC筋トレーニングを5分くらい続けた後に絶頂の合図を出し
少し休憩してから再開するのを繰り返します。
そして中盤以降は合図を多くして今度は連続絶頂へ追い込みます。

「フェイクオーガズムをすると あなたはどうなるんだっけ? そう 体の感度が上がっちゃうの」
絶頂シーンの直後に暗示を入れることも少しはありますけど
以前のパートと同じく指示や掛け声といったオナサポの要素が中心になってます。
そもそもこの誘導で一定以上の深さの催眠状態に入れる人がどれだけいるかわかりませんし
暗示を入れたとしても効果が出る可能性は低いと見てます。

そんなわけでやっぱり乳首の快感こそがこのエッチの肝になります。
いじる時間がものすごく長いので開発済みの人なら結構気持ちよくなれます。
PC筋トレーニングについてはほぼおまけですから、やってもやらなくてもあまり変わりません。
ぶっちゃけやらないほうが乳首に集中できていいと私は思います。

このように乳首オナニー、PC筋トレーニング、フェイクオーガズムを組み合わせたややM向けのエッチが繰り広げられてます。
コンセプトは面白いのだが…
脳を騙してドライを疑似体験させる珍しい切り口の作品です。

アヤメはフェイクオーガズムコースに興味を持った主人公を楽しませようと
まずは乳首オナニーやPC筋トレーニングの練習を行い
それからフェイクオーガズムを加えてエッチの準備を整えます。
そしてその後はそれらを繰り返しながら後になるほど負荷を上げて快感を強くします。

乳首をいじるのもいじらせるのも大好きな風俗嬢が乳首重視のサービスをするシチュ
乳首と前立腺を刺激しながら時折合図を出してイったフリをするタイトル通りのエッチ。
サークルさんが得意とされてる乳首に新しい要素を加えて変化をつけてます。

このところずっと乳首作品に取り組まれてるだけあって
乳首オナサポとしての品質はなかなか高いです。
いじり方を丁寧に教えてくれますし、掛け声を出して大まかなペースとリズムも取ります。
さらに聴き手が快感に慣れないよう短めの間隔でいじり方を変えてきます。

しかしサークルさんが催眠音声とおっしゃられてる以上、少なくとも私は催眠の質や内容を最も重視します。
その観点から見るとイマイチというのが率直な感想です。
催眠誘導を明確に行うシーンがありませんし、その手段も悪い言い方になりますが聴き手に丸投げしてます。
催眠をかけてもらいたくて聴いたのに「コツを教えるからあとは自分で催眠に入ってね」と言われたら
聴き手がどう思うかサークルさんは一度考えてみてはいかがでしょうか。

絶頂シーンは17回くらい。
淫語そこそこ、喘ぎ声ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:あいはらこはるさん
総時間 1:27:24

オススメ度
■■■■■□□□□□ 5点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は4点。
87分で770円とコスパが良いので+1してあります。
同人音声として見るなら6~7点です。

2021年9月2日まで20%OFFの616円で販売されてます。



サークル「極淑しすてむ」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、エッチ大好きな悪いお姉さんが
街で偶然見かけた男の子をエッチな手段で自分の弟にします。

優しさと厳しさを組み合わせたややM~M向けのエッチをするのが特徴で
優しい時は甘い声、厳しい時はトーンの低い声と状況に応じて声質を変えながら
ゲーム形式で弄ぶ、貪るようなフェラをする、ハードな足コキで躾けるなど
パートによって大きく違う態度やプレイをして彼を従順にします。
弟が欲しいお姉さんと
姉宮 紗也音と4種類のエッチをするお話。

「うーん…お? うふっ あ、やだあの子 すっごく好みかも」
紗也音は甘くて色っぽい声の女性。
街中で主人公を見かけてすぐさま声をかけると
これから一緒にデートしようと誘います。

本作品は1人っ子で「お姉ちゃん」と呼ばれることに憧れてる彼女が
好みの少年を弟に見立てておよそ60分間のエッチをします。
彼女にはお姉ちゃんから連想される優しい顔と、悪いお姉さんとしてのSな顔があり
作中ではパートやシーンごとに使い分けて甘やかされる快感といじめられる快感を与えます。

「お姉さんの本当の目的はね 君みたいな子をとっつかまえて 自分の弟にしちゃうこと」
彼を自分好みの弟にしようとするところは確かに強引ですけど
作中で彼が嫌がることはほとんどないので雰囲気は割と甘いです。
相手が従順なうちは優しく接して、そうじゃなくなったら態度を変える方針で進めます。
彼女の二面性をわかりやすくするために声質を変えてあるのも面白いです。

エッチについては手コキ、耳舐め、フェラ、足コキとパートごとにメインのプレイを切り替え
そこに彼女らしい言葉責めを盛り込んで個性を出します。
足コキ以外は責めっぷりもそんなに激しくないので属性はややM~Mあたりです。
ちん嗅ぎや顔面騎乗といったマイナーなプレイも盛り込むなど
色んなことに挑戦しようとするサークルさんの意気込みが見られます。

どちらかと言えばプレイよりもキャラ重視の作品ですから
年上の女性に弄ばれるのが好きな人が最も楽しめると思います。
紗也音役を務める大山チロルさんも魅力が引き立つように上手く演じ分けてました。
ロリからお姉さんまで幅広くこなせる声優さんなので、彼女にお願いしたのは正解だと思います。
お姉ちゃんの色んな顔を見られるエッチ
エッチシーンは4パート44分間。
プレイはおちんちんの愛撫、手コキ、耳舐め、ちん嗅ぎ、フェラ、足コキです。
おちんちんの愛撫、手コキ、足コキの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「この変態マゾ おちんちん見せろ」
人が滅多に来ない場所へ主人公を連れて行った紗也音は
声のトーンを一気に下げて命令口調でおちんちんを出すよう指示します。

エッチは年上の彼女が終始責め続けます。
前半の2パート21分間は彼女の性格や声の使い分けといった特徴がよく出てるシーン。
「01 <射精したら弟> 出会い~弟射精(約8分)」はおちんちんの愛撫と手コキ
「02 <密着息吹きかけ&耳舐め> えちえちかくれんぼで密着スケベ(約13分)」は
場所を彼女の家に移して簡単なゲームと耳舐めをします。

「君のってこーんな感触なのね 手のひらで形と熱がすっごくわかる あったかくてかったぁい」
彼女は彼のお姉ちゃんになるためにエッチするので
女王様よりもずっと優しい態度で接します。
パンツ越しにおちんちんを撫でて彼の反応を観察してから中に手を入れてしごき始めます。
01パートの段階では言葉責めもソフトで手加減してるのがわかります。

物語の冒頭に自分で「悪いお姉さん」と言ってたからハード路線なのかと思いきや
実際は甘やかしもきっちりやって彼の心を引き寄せようとします。
おねショタなんだけどプレイをM向けに寄せてる感じですね。
射精時には毎回ぴゅっぴゅのセリフを言ってくれたりと、彼を気持ちよくしようとする姿勢が随所で見られます。

「ダメだ これ 夢中になっちゃう」
02パートは彼女が彼にハマり始めてるのが窺えます。
かくれんぼをした後に耳舐めするのですが、その最中に心情を漏らして溺愛っぷりをアピールします。
彼も彼女にすっかり懐いてるようですし、おねショタ特有の甘い空気が漂ってます。
耳舐めだけして射精へ持っていく流れなので聴き手はオナニーする形になります。

後半の2パート23分間は彼女の二面性を強調してます。
「03 <ちん嗅ぎ&バキュームフェラ> 下品に嗅いだりっしゃぶったり(約11分)」はちん嗅ぎとフェラ
「04.<キツイお叱り・罵倒で足コキ> パンツを盗んだ弟には連続弟射精(約12分)」は
足コキ、顔面騎乗、罵倒に近い言葉責めを繰り出して合計4回射精させます。

「あぁ くっさぁ ほんとに臭いわねぇ まだダメ もっとお姉ちゃんに嗅がせてみなさい」
03パートは彼女のエロさと彼に対する愛情の深さがよく表れてます。
彼が自宅へ来た途端におちんちんへ顔を近づけ
鼻を何度も鳴らしてオス特有の匂いをじっくり堪能します。
そしてある程度満足した後はバキューム中心のフェラで直接味わいます。

音声を聴いた限りだと彼女は匂いフェチなのかもしれませんね。
プレイもご奉仕色が強く一時的に2人の立場が逆転してます。
最後は精液を口で受け止め飲み干すなど彼女の優しい部分が強く出てます。

「こんなの辛い? 何言ってるの? お姉ちゃんが出せって言ったら出すの 射精するの」
それに対して04パートは厳しいところが引き立ってます。
彼が悪いことをしたのに対する罰として、おちんちんを足蹴にしたまま3連続射精へ追い込みます。
最中のセリフも容赦のないものばかりでMな人ほど興奮できます。
03パートの直後にこういうプレイをする展開も落差が大きくて面白いです。

やってることは明らかにハードですけど
彼を躾けるために敢えて厳しく振る舞ったと考えることもできるので
これも彼女なりの愛情表現なのかもしれません。
悪いお姉さんが悪いことしないのもおかしいですからこういう締めくくり方は有りだと思います。

このように、甘やかしといじめをほぼ半々のバランスで行う独特なエッチが繰り広げられてます。
M向けのおねショタ作品
ノーマル向けが多いおねショタでは珍しくM度が高めの作品です。

紗也音は自分好みの容姿や性癖を持つ主人公を立派な弟に育てようと
まずは手コキや耳舐めで気持ちよくしながら優しい言葉をかけて甘やかします。
そしてある程度仲良くなった後はアブノーマルなプレイを投入して躾けます。

弟が欲しくて堪らないブラコンなお姉さんが少年をエッチな手段で手懐けるシチュ
彼女に優しい顔と厳しい顔を持たせ、その違いを声質や言葉責めで表現するキャラ重視の作り
後になるほど踏み込んだプレイを用意し彼女の二面性も大きくするM向けのエッチ。
年下が大好きで悪いところも持ってる彼女の魅力が出るように作品を組み立ててます。

中でも2番目は彼女が色んな顔を見せてくれて活き活きしてます。
一部でハードなプレイもやりますけど、彼はかなりMな性格なのでサービスと見ることもできます。
優しいところもありますし、これが2人にとっての付き合い方なのかなと。
後になるほど彼女も彼にのめり込んでるのが伝わってきて心の繋がりを感じます。

あとは声質を変えてふたつの顔を表現するところがすごく面白いです。
音声でこういう表現方法をする作品はあまり見かけません。
声優さんの人選もバッチリですし、今後もサークルさんの武器となる可能性を秘めてます。

射精シーンは6回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

EXパートは「<わるすぎ寸止め> 射精誘惑手コキから低い声で寸止め」です。

CV:大山チロルさん
総時間 1:20:04(本編…1:00:34 EXパート…19:30)

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2021年9月13日まで30%OFFの693円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。



サークル「キャンドルマン」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第79回目は声は穏やかだけど性格はドSなお姉さんが
音を使った不思議な催眠で快感と恍惚感を与えます。

合計6種類の音を鳴らしながらそれぞれに暗示を込めて感覚を操作するのが特徴で
ひとつひとつを丁寧にやって心と体に音を染み込ませてから
複数の音を組み合わせた寸止めを何度もやって性感を徐々に蓄積させます。

今回は初回コースを聴いてのレビューをお送ります。
音を使って不思議な世界に
お姉さんに催眠をかけられ寸止めを繰り返してからドライ絶頂するお話。

「ようこそ これがどういう音声なのか 知ってて聴いてるんですよね?」
お姉さんは穏やかで色っぽい声の女性。
主人公に催眠の世界に入る準備が整ってるか尋ねると
早速特殊な音を左右交互に鳴らし始めます。

本作品はサークルさんの代表作「レイプ・サウンド・ガール♪」の続編。
丁寧語で話しながらえげつないことをするドSなお姉さんが、Mな彼をおよそ100分に渡って弄びます。
フェラやSEXといった通常のプレイを一切しない代わりに音で感覚を操作するシーンが多く
彼女の言う通りにしてるだけで自然と心地よさや快感が湧いてくる不思議な体験ができます。
コンセプトが一緒なだけで繋がりはありませんから、前作未視聴でもまったく問題ないです。

「この音を聞けば聞くほど 力が抜けて リラーックスしていく」
催眠開始直後から何らかの音を鳴らし
さらにひとつひとつに別の効果を持たせて音に操られやすい状況を作ります。
そしてエッチに入った後は1~3個の音を組み合わせて絶頂感を高めます。
音自体はまったくエロくないので催眠状態だからこそ気持ちよくなれるプレイです。

音に負けないくらい暗示も入念に入れてきますから
正確に言うと音と暗示のバランス型にあたります。
催眠の途中から暗示の密度を上げる演出が加わるなど、催眠自体のレベルもかなり高いです。

また本作品には初回コースと2回目以降用が存在します。
後者はshort、middle、longの3パターンありまして70分から110分と時間にそれなりの違いがあります。
1回目はとりあえず初回コースを聴いて、2回目以降はこの中から好きなものを選ぶといいでしょう。
ある程度慣れを要する作品なので繰り返し聴くことを想定した作りになってます。
心と体に音を染み込ませる催眠
初回コースの催眠は2パート45分間。
最初の「HDL 初回-1」は仰向けで横になり、お姉さんが鳴らす音と言葉に耳を傾けます。
目は途中で閉じる指示が出ますから最初は開けたまま聴きます。

「あなたは 変化していく 今見ている 現実の世界が だんだん 夢の世界へと すり替わっていくような 不思議な感覚を味わいながら あなたは変化していく」
「ブンッ」という弦楽器のような音を鳴らしながら
現実世界から離れて心地いい場所に行く感覚をやんわり与えます。
この時点で出てくるは音は1種類、しかも鳴らす間隔が長く落ち着いた空気が漂ってます。
まずは音が鳴ってても気にならない状況を作るところから始めます。

左「音が鳴るたびに 幸福感が 隅々まで広がっていく」
右「リラックスを通り越して とろとろに とっても幸せな気持ち」

パートの後半から誘導のスタイルが変わるのもポイント。
彼女の声がふたつに増え、左右から違うセリフを同時に投げかけるようになります。
暗示の密度を上げるだけでなく、自分が夢の世界へ移動したことを実感しやすくするための演出です。
両方を同時に聴くのは大変なのでどちらか片方を意識するといいでしょう。

次の「HDL 初回-2」は新たな音が登場します。
「ぶぅん ぶぅん」という振動音、「どぅん」という弦を強めに弾くような音をタイミングよく鳴らしながら
さらに深い催眠状態へ誘導したり、理性など余計なものを取り除いて音に没頭しやすくします。

「視界に入るのは あなたがこの音声を聴く前に 見ていた部屋と同じ部屋 それなのにとてもそれが 同じものだとは思えない」
カウントに合わせて現実世界と夢の世界を往復する流れで進めますから
後になるほど意識のぼやけや恍惚感が強くなります。
音も割と響くものなので、それに合わせて心や体が軽くビクつくかもしれません。
前のパートで音に慣らしたから今度は音で反応できるようにします。

ちなみに最初のパートの終盤から2番目のパートの終盤まで(約17分間)
彼女がうつ伏せの状態で聴く指示を出します。
これについてはやってもやらないくてもそれほど変わらないと思います。
体重がある人とかは仰向けのまま聴いたほうが催眠に入りやすいんじゃないかなと。

本作品の売りである音を前面に押し出した特殊な催眠です。
聴き手の心と体を音に反応できるようにすることを目的に
最初のパートと次のパートで異なる音を2種類ずつ鳴らし、それぞれに暗示を込めて効果を伝えます。
そして途中からカウントを交えた揺さぶりをかけて催眠状態も深めます。

通常の催眠音声とは随分違うことをやるからでしょうけど
どのシーンもリードがゆっくりかつ丁寧で安心して聴けます。
キャンドルマンさんはカウントを数える前の暗示を入念に入れる傾向がありまして
本作品でもそれを活かして音のイメージや感覚を上手に伝えてくれます。
初心者向けとはさすがに言いませんが、ある程度催眠音声を聴いてるなら入りやすい部類だと思います。
寸止めしてから一気に発散
初回コースのエッチシーンは5パート49分間。
プレイは音による感度上昇/寸止め/絶頂です。

エッチな効果音はありません。
セルフはありません。

「イキそうでイけない 心が締めあげられるような切なさと のたうち回って 発狂するようなもどかしさを 何倍にも 何十倍にも 増幅してくれる音を 与えてあげます」
音を使った催眠で主人公を別の世界に案内したお姉さんは
さらなる音を加えたり、複数の音を組み合わせて今度は性的快感を与えます。

エッチは引き続き音を鳴らしながら暗示を入れて気持ちよくします。
最初の「HDL 初回-3(約23分)」はここから出てくる音に馴染ませるパート。
「ふぃぃぃぃん」という細くトーンの高い音や
「ピシィ」という鞭がしなる音を投入し、さらに催眠パートで出てきた音も使って軽く追い込みます。

右「私に痛めつけられる 甘い苦痛 少しずつ 少しずつ 苦痛の中で 甘い快感が 女に痛めつけられる喜びが じわり じわりと 湧き上がってくる」
そしてここからはM向けの要素が一気に増えます。
絶頂シーンを1回に絞り込んでひたすら音で寸止めさせたり
鞭の音をリズミカルに鳴らして痛みを伴う快感を与えるSMっぽい責め方をします。
実際に叩くわけではありませんからあくまでイメージ上の話です。

左右から同時に話しかける、複数の音を同時に鳴らすなど
催眠パート以上に声と音の密度を上げて別世界にいる感覚を与えます。

次の4パート26分間は絶頂に向けてさらに追い込みます。
カウントを始めてから合計3つの音を後になるほど重ねて雰囲気を作り
0の手前で止める動作を何度も繰り返して音イキの練習をします。
そして最後の「HDL 初回-7(約5分)」でようやく絶頂の許可が下ります。

「繰り返すたびに 射精レベルの強烈な快感が走る でも 決して満足できない」
このへんまで来ると音が鳴ってない時間のほうが少ないです。
彼女も気持ちよくなる暗示とM向けの言葉責めを組み合わせてそれを後押しします。
やることはシンプルにして、聴き手がイける準備を整えてから絶頂させる丁寧なリードです。
50分近く焦らしに焦らされたからこそ、最後の絶頂シーンはとてつもない快感が襲ってきます。

ちなみに私が初めてドライを経験したのはこの作品です。
久しぶりに聴いたら股間が軽く爆発するような感覚と、その直後にすーっとする爽快感が味わえました。
発売から9年以上経ってもまったく色褪せてないのが素晴らしいです。

このように、様々な音と暗示をバランスよく投げかけるテーマ性の強いエッチが繰り広げられてます。
高品質な音モノ
催眠音声が数多く出てる今でも強烈な個性を持ってる大変優れた作品です。

お姉さんはエッチじゃない音で気持ちよくなったり絶頂する感覚を味わわせようと
催眠パートは比較的落ち着いた音を鳴らしながらそれぞれに暗示を込めて催眠状態を深めます。
そしてエッチは先ほど使った音と新しい音をいくつも組み合わせ
さらに軽い言葉責め、SMプレイ、寸止めも盛り込む豪華なプレイで1回の絶頂を充実したものにします。

声は穏やかだけど性格はSなお姉さんがM男を変わったプレイで弄ぶシチュ
複数の音を順に鳴らし、それらに暗示を込めたりカウントを数えて落とす個性の強い催眠
合計6種類の音を使い分けて寸止めを繰り返してから絶頂へ追い込む割と意地悪なエッチ。
音モノというジャンルが確立されてなかった時代に出たのに極めて高い完成度を誇ります。

ひとつひとつの行為に十分な時間をかけてるから落ち着いて聴けますし
エッチも練習を繰り返した後で本番に臨む親切設計です。
奇抜なことをやっても聴き手がついてこれなかったらサークルさんの独りよがりになりますから
できるだけ多くの人が催眠に入れたり絶頂できるように考えて制作されてます。

個性と丁寧さを両立できてるところが本作品の一番すごいところだと思います。

ここまでを読めばわかるように結構変わったことをやるので
「1回目の視聴で上手くいくか?」と言われれば私は首を捻ります。
こういう作品は繰り返し聴くことで徐々に馴染んでいくものだと思います。
ですから1回目でイマイチだったとしても気にせず再度チャレンジしてみてください。
サークルさんもそのために2回目以降用の音声を用意してくださってます。

初回コースの絶頂シーンは1回。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて前回と同じ点数にさせていただきました。

CV:紅月ことねさん
総時間 初回コース…1:42:35 2回目以降short…1:10:58 2回目以降middle…1:30:39 2回目以降long…1:48:00
音声ドラッグ…24:18 説得+解除…29:00

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2021年9月13日まで50%OFFの605円で販売されてます。



サークル「常世常闇所々」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、戦闘力は低いけど色仕掛けは得意な2人のサキュバスが
魔王城に乗り込んできた勇者を巧みなエッチで骨抜きにします。

体よりも心を重点的に責めて彼が自分から負け射精するように誘導するのが特徴で
序盤から中盤にかけては両耳舐めをやりながら優しい言葉をかけて心身の感度を上げ
それからおちんちんを握る→数回しごく→わざとおあずけする、と焦らして快楽堕ちへ持っていきます。
M向けのシチュですがハードな要素はまったくないので、お姉さんに優しく弄ばれたい人に最も向いてます。
勇者の精液をねっとり回収
サキュバスのララ(挿し絵右)とエリザ(挿し絵左)が勇者を快楽堕ちさせるお話。

「勇者様ぁ ついに捕まっちゃったね」
エリザは穏やかで色っぽい声のお姉さん。
「魔王城の魔物を かなり倒したらしいね」
ララはエリザよりもトーンの高い声のお姉さん。
主人公の全身を魔法で拘束した後で魔王に報告すると
そうなった経緯を説明してから精液回収に取り掛かります。

本作品はたった1人で魔王城に乗り込み魔物たちをなぎ倒すほど強い彼を無力化しようと
彼女たちがおよそ80分に渡ってソフト路線の誘惑をします。
1回の射精をできるだけ充実させる方針で責めるため
一般的なサキュバス作品よりも体への責めを抑えて焦らし気味に進めます。

ララ「男の子のエッチな表情って 堪んないのよね 君も早く 快感の虜になろうよ」
彼の体を拘束してる圧倒的に有利な状況なのに
敵同士とは思えないほど穏やかな声と態度で接して弱めの刺激を与えます。
ちなみに作中で彼女たちがおちんちんに触れることはありません。
彼に様々な指示を出しながらオナニーしたい気分にさせるオナサポに近いリードをします。

本格的なオナニーが始まるのは終盤からになるので
視聴中はもどかしかったりウズウズする人が結構いると思います。
でも焦らしたほうが精液を熟成できるのは事実ですからタイトルに合ったプレイをしてると言えます。
先々を見据えて一歩ずつ追い込む展開が実にサキュバスらしいなと。

こうやって書くと生ぬるいエッチをすると思う人がいるかもしれません。
しかし言葉責めにとても力を入れてるおかげで彼女たちに弄ばれる気分を強く味わえます。
2人いる状況を活かして片方が言葉責め、もう片方は耳舐めをするシーンが多く
彼の反抗心を上手に削ぎながら負け射精の誘惑に屈服するよう追い込みます。

エリザ「とっても幸せ 私のこと好き? ずっとキスする?」
しかも「変態」「クズ」といった彼を見下す言葉は敢えて使わず
望むものを与えたりそそのかす誘惑成分の高い責めを繰り出します。
声、態度、セリフ、雰囲気がすごく穏やかだからこそ抵抗できない不思議なプレイです。
彼の精液を奪っておしまいではなく、自分たちの味方に引き込むことも見据えたエッチをします。
じわじわと追い込むエッチ
エッチシーンは9パート66分間。
プレイは耳舐め、耳への息吹き、キス、太ももや金玉を撫でる、おちんちんを握る、乳首オナニー、オナニーです。
エッチな効果音はありません。

ララ「それじゃあ 強い勇者様をメロメロにしてあ・げ・る」
主人公が快楽にとことん弱いことをすぐさま見抜いたララとエリザは
熱いキスをしたり優しい言葉をかけてまずは彼の心を和らげます。

エッチは終始彼女たちが責め続けます。
最初の3パート25分間は心と体の興奮を盛り上げることに専念するシーン。
「2.【勇者誘惑】 ねっとり蕩ける耳舐め(約9分)」は両耳舐め
「3.【勇者誘惑】 サキュバスのえっちな生吐息(約4分)」は両耳への息吹き
「4.【勇者メロメロ】チャームのすきすき誘惑(約12分)」はキスと耳舐めを同時にします。

ララ「誘惑に負けてもいいの ここには私たちしかないない だから好きなだけ気持ちよくなって?」
エッチが始まる前の時点で彼が逃げられる可能性は0なので2人はまったく焦りません。
普段通りの穏やかな声と態度で話しながら誘惑に負ける魅力を教えて心に隙を作ります。
過去に自分たちが相手してきた男たちのことを軽く語るなど
聴き手が負けを受け入れやすく感じるように言葉を選んで投げかけます。

言葉責め重視の作品だからセリフの表現や言う順番にこだわりを持ってます。
無理矢理感をまったく出さずにエッチするのも、彼が自分から堕ちられるようにするための布石です。
恋人や夫婦といった親しい関係じゃないことを踏まえて雰囲気作りから始めます。

これらの最中に耳舐めをよくするのも大きな特徴です。
ゆっくりペースで水分高めのねっとりしたちゅぱ音を鳴らしててなかなかエロいです。
キスも含めてちゅぱ音は比較的パワフルにしてサキュバスらしさを出してます。

おちんちんへの刺激が加わるのは「5.【勇者発情】ハアハア生吐息の誘惑(約7分)」から。
ズボンとパンツを脱ぎ太ももの内側や金玉を撫でてさらに焦らし
それから竿を握る→乳首オナニーを加える→指定された回数だけしごくと
後になるほど体の快感が少しずつ強くなるように引き続きゆっくり進めます。

ララ「これが本当の最後だよ? オナニー中毒になっちゃいそうだから」
そして彼が絶対に射精しないよう手加減することで屈服しやすい状況を作ります。
オナニーを始めた後に自分の意志で射精せずに終えるのはなかなか難しいですから
男の心理を逆手に取ってより強い快楽を欲しがる気分に持っていきます。
シコシコボイスの回数も少ないですから焦らされてる感覚が強いです。

そして焦らしに焦らしてきたからこそ、終盤の追い込みで十分過ぎるほどの快感が味わえます。
あるパートからオナニーの制限を完全に解除し
シコシコボイスを言い続けたり激しめの耳舐めをして射精感を一気に押し上げます。

溜めをしっかり作った後で放出する展開になってますから
射精する時は普段よりも強めの快感が襲ってきます。
私が聴いた時も腰が軽く抜ける感覚がして少しの間動けませんでした。
彼女たちに負けたのにまったく悔しいと思わないのも面白いです。

このように、体よりも心への責めを重視してじっくり追い込む緻密なエッチが繰り広げられてます。
巧みな色仕掛け作品
悪いお姉さんたちに言葉で操られる快感を味わわせてくれるややM向けの作品です。

ララとエリザは自分たちよりも遥かに強い主人公を従順な奴隷にしようと
終始穏やかな声と態度で接しながら序盤は彼の抵抗心を削ぐ方針で言葉責めと耳舐めをします。
そして中盤はおちんちんや乳首へのソフトな責め、終盤はほぼフリーのオナニーと体への刺激を上げ
さらに彼女たちに従う喜びや負ける快感もくすぐって普段よりも気持ちいい射精へ導きます。

倒すべき相手である2人のサキュバスに弄ばれて負け射精するM向けのシチュ
彼が受け入れやすく感じる言葉を選んで投げかけながら一歩ずつ追い込む巧みなリード
耳舐め以外の刺激を抑えて焦らし気味に進める比較的ソフトなエッチ。
ハードでドスケベに振る舞うことが多いサキュバスのイメージとは随分違う作品に仕上げてます。

中でも2番目はこちらを見下したり突き放す表現を使わずに屈服させるところが素晴らしいです。
魔法で体を拘束してる時点である程度の安全は確保されてますけど
主人公を怒らせるようなことをしたらそれが引き金になってまた暴れ出すかもしれません。
だから心を鎮めたり快楽に負けたくなる言葉責めをすることを心がけてます。

耳舐めも結構エロくて濃いので大きな魅力だと思うのですが
私はそれよりも言葉責めやエッチの展開といったシナリオ面に感銘を受けました。
色仕掛けや精液の熟成といった作品のテーマとも合ってますし
サキュバス作品が多い同人音声の中でしっかりとした個性と存在感を持ってます。

一般的なサキュバス作品よりも体への責めを抑えてる点だけご注意ください。
他の部分を強化してバランスを取ってますから物足りなさはありません。

射精シーンは1回。
淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声はありません。

CV:琴音有波さん
総時間 1:21:48

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年8月22日まで20%OFFの1056円で販売されてます。



サークル「Chastity Fancier(性的禁欲愛好家)」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、穏やかで独占欲も強い風俗嬢が
通常とは違うオナサポでM男の大事なものを奪います。

ルーインドオーガズムに向けて何度も寸止めするのが特徴で
序盤から中盤にかけてはカウントを数えながら告白を求めて主従関係を強化し
終盤は2種類のやり方で甘出し射精へ追い込みます。
気持ちいい射精を取り上げられる快感
CLUB ドミナンスでユリカがオナサポするお話。

「こんばんはー あはっ 懲りずにまた来たんだ」
ユリカは明るくて上品な声のお姉さん。
音声に関する注意事項や作品のコンセプトを説明すると
お店を訪れた主人公にあるものを奪うと告げます。

本作品は男性にとって気持ちいいのが当たり前な射精を別の角度から体験することを目的に
彼女がおよそ90分に渡って調教要素の強いオナサポをします。
2人がエッチするのはこれが3回目なので上下関係はほぼ確立されており
彼女はご主人様、彼は恋奴隷という立ち位置でM度高めのプレイをします。

私は過去2作を聴いたことがないのでその時の様子はわかりません。
お話自体は独立してますから未視聴でも大丈夫です。

「知ってますか? ルインドオーガズムってすごいんですよ お射精したのに 気持ちよくないんです」
最大の魅力はタイトルにもなってるルーインドオーガズム(作中ではルインドオーガズム)。
射精する直前までオナニーを続け、始まったところで手を離し勢いよく出せない状況を作ります。
彼女は彼から射精の気持ちよさを奪うことを目標に掲げてるため
聴き手が敢えて消化不良に感じるようにリードします。

序盤から中盤にかけてはかなりの回数寸止めしますし
M~ドMな人をメインターゲットにしたなかなか意地悪な内容になってます。
射精シーンが1回だけだった過去作「~Ruined Orgasm~意地悪で台無しにされた射精」とは違い
今作は3回連続でルーインドオーガズムするハードなプレイも登場します。

「もっと私に夢中になって? もっと気持ちよくなって? 心の中全部 私のことだけを考えて もっと幸せになろ?」
もうひとつの特徴は彼女を好きになるように働きかけてくること。
エッチの序盤から彼女が指示した言葉を復唱したり
飴と鞭を使い分けてこの過酷なプレイを乗り切る気力を与えます。

2人は主従の関係にあるので恋人のように本気で愛し合うわけではありません。
でも彼女は彼に愛されたいと思ってるらしく、これらを通じて彼の忠誠を確かめようとします。
ごく一部でキスもしますし、ハードなプレイを雰囲気で多少和らげてるように感じました。
最後まで気の抜けないエッチ
エッチシーンは8パート76分間。
プレイはオナニー、告白、エアSEX(1分くらい)、キス、唾を吐きかける、ルーインドオーガズムです。
エッチな効果音はありません。

「ほら 何してる! マゾ 私にさっさと裸晒せよ」
事前のやり取りを終えて主人公にすぐさま服を脱ぐよう命令すると
ユリカは彼を仰向けに寝かせてひとまず自由にオナニーさせます。

エッチは終始彼女に言われた通りに動きます。
最初の3パート31分間はルーインドオーガズムに向けて準備するシーン。
「3_調教の手始めに(笑)♪(約12分)」はカウントを使った連続寸止め
「4_命令の上書き_「ゼロ」でイケない身体へ♪(約10分)」と
「5_射精欲求の限界突破♪(約9分)」はそれを多少アレンジして射精感を徐々に膨らませます。

「後悔させてあげる だからしっかり泣けよ 恋奴隷」
彼女は彼が自分の意志で射精剥奪責めコースを受けたことを知ってますから
ご主人様らしく命令口調で指示を出してM心をくすぐります。
声は引き続き上品ですが気迫を込めた演技をしてて逆らえない雰囲気を出してます。
途中からは彼女に対する告白を何度もさせるなど、心への責めにも力を入れてました。

プレイのほうはどのパートもカウントを数え、0に近づくほど自分を追い込む流れで進めます。
シコシコボイスはほとんど言わないので聴き手が自分で制御する感じです。
休憩時間も非常に短く30分ほぼしごきっぱなしの状況になります。
やろうと思えば手を抜けるのでさすがに暴発する人はいないでしょうけど
ルーインドオーガズムの準備をする役割はきちんと果たせてます。

続く5パート45分間は選択式。
通常ルート(約24分)は1回のルーインドオーガズムを目指し
連続Ruined Orgasmルート(約21分)は2種類の射精を順番に迎えます。

「たった1擦り たった1擦りだけ 絶頂を超える刺激を与える」
そしてここからはカウントによる寸止めに丁寧な説明を加えてやりやすくします。
ルーインドオーガズムの具体的なやり方を教えてから練習を行い
本番開始後も簡単なアドバイスを挟んで成功できるように応援します。


ルーインドオーガズム自体がまだ歴史の浅いジャンルですから
認知度を上げる意味でもしっかりリードしたほうが良いと思います。
通常ルートを選んだ場合は共通パートとほぼ同じ流れになっててフィニッシュだけ違います。
まだ一度もやったことがない人やコツを掴めてない人はこちらを先に聴くと良いでしょう。

「いいよ 特別にお射精 させてあげても た・だ・し 3回 ルインドオーガズムした後なら、ね」
それに対して連続Ruined Orgasmルートはチャレンジ要素の強いプレイ。
20分間で3回ルーインドオーガズムを迎えるだけでなく
それらを終えた後にもう1回通常の射精をします。

同じシーンでこれらを両方やる作品はもしかしたら初めてかもしれません。
ルーインドオーガズムの後に射精しても普通は精液があまり出ませんから
結局消化不良のまま終わるという彼女の目論見通りの展開になってます。

私が聴いた時はさすがに3回はきついので2回の後に射精してみました。
快感はやはり通常の射精のほうが強いですけど、それでも最初から普通に出すよりは明らかに弱いです。
精液を小出しにする流れになってるおかげで体への負担もそれなりにかかります。
こちらをやる場合は休日のほうが疲労が残らなくて良いと思います。

このように、基本部分はシンプルにしてルーインドオーガズムで幅広さを持たせたエッチが繰り広げられてます。
わざと満足させない作品
気持ちいい射精を迎えるためにする通常のオナサポとは真逆の道を歩んでる作品です。

ユリカは射精の快感を自分に奪われる感覚を主人公に教えようと
まずはカウントを交えた連続寸止めでいつでも射精できる状況へ持っていきます。
そしてその後は1回のルーインドオーガズムを目指す
3回のルーインドオーガズムと1回の射精を目指すとルートによって違う手段で追い込みます。

上品でSっ気の強い風俗嬢がドMな男性にハードなオナサポをするシチュ
きつめの言葉責めをしながら何度も寸止めを繰り返す意地悪なエッチ
ルーインドオーガズムで射精の快感をわざと弱めて満足できなくする展開。
同系統の過去作よりも一歩踏み込んだことをして個性の強い作品に仕上げてます。

中でも3番目は中盤までの路線を維持する比較的初心者向けのルートと
より難度の高いプレイをするドMな人向けのルートで差別化ができてます。
ルーインドオーガズムするところは共通ですけど、そのやり方やオプションが違ってて面白いです。
慣れてない人は通常ルートでコツを掴んでから連続Ruined Orgasmルートに進むといいでしょう。

射精シーンは5回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

CV:柚木朱莉さん
総時間 1:30:36(通常ルート…1:06:47 連続Ruined Orgasmルート…1:05:32)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年8月26日まで30%OFFの1001円で販売されてます。



サークル「国屋敷」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第77回目は声も態度も穏やかなお姉さんが
催眠を交えたエッチな調教でマゾの快感をたっぷり味わわせます。

無理矢理従わせるのではなく聴き手が自分からそうなりたくなるように誘導するのが特徴で
リラックスしながら声に対する興味や集中力を高めたり
深化後は幸福感と気持ちよさで包み込んで彼女に従う喜びを与えるなど
こちらが望むものをガンガン与えて手懐ける穏やかな調教を施します。
奴隷になって幸せなひと時を
お姉さんに催眠をかけられ恥ずかしいエッチをするお話。

「あら 目が覚めたのね 私の声 聞こえているかしら?」
お姉さんはトーンが低く穏やかな声の女性。
主人公を捕まえて部屋に連れ込み体を固定すると
事情がわからない彼にそのことを話し、これから調教すると告げます。

本作品は大人の女性に従う快感を味わいながら射精することを目的に
彼女がおよそ60分に渡って催眠をかけたりM向けのプレイをします。
彼を拉致して体を拘束するところまでは割と強引ですけど
催眠開始後は手荒なことを一切せず、彼の心を解きほぐす方針で進めます。

「勃起したおちんちん見られるの 好きなんでしょ? 男の子の一番恥ずかしいところ 女の子に見てもらえるのが 嬉しいんでしょ?」
催眠パートは彼女の声や言葉に良い印象を持たせて受け入れやすい環境を作り
エッチはおちんちんを露出して彼女に見せつける、恥ずかしいセリフを復唱する
2つのやり方で射精してみせるなど羞恥心を煽ることに力を入れてます。

彼が特に嫌がってないところを見ると元からそういう性癖があるのでしょう。
彼女が好き放題弄んでるように見えて、実際は彼が喜ぶことをガンガンやります。
飴を与えて手懐けるスタイルですから無理矢理感はほとんどありません。
見下したり突き放す言葉責めも一切なく、愛玩動物に接するような優しい態度を取ります。

国屋敷さんは穏やかな雰囲気でアブノーマルなプレイをする作品が多いですから
どぎつい描写が苦手な人でも安心して聴けるしイけます。
ちなみにエッチはセルフありとなしの2種類ありまして、その両方で射精します。
落としてから躾ける催眠
催眠は2パート23分間。
仰向けに横になって目を瞑り、まずは深呼吸と脱力で心身をリラックスさせます。

「息を吸うと 安らかな空気が あなたの体に入ってくる 私の声が あなたの体の中に入っていく」
この時点の主人公は突然調教を受けることになり多少怒ってますから
彼女も自分の声や言葉を受け入れやすくなるように働きかけます。
深呼吸する時は息と共に彼女の声が体に染み込む暗示を入れ
脱力も「力が抜ける」と厚めに言って緊張をほぐします。

大山チロルさんの低音ボイスも相まって聴けば聴くほど気持ちが穏やかになります。
脱力の後はカウントを交えて半覚醒状態と催眠状態を往復するなど
定番の技術を組み合わせてストレートかつスムーズに催眠の世界へ案内します。

「ハートがあなたの体に入る 気持ちいい 幸せ 気持ちいい」
2番目の「4-深化」は主従関係をさらに強化し、彼女の命令に従う喜びを教えます。
ピンク色のハートを彼女からもらう様子をイメージするというもので
それに合わせて気持ちいい、幸せといったポジティブな感覚を伝えます。
彼女に従うことに幸せを感じさせれば何もせずとも自然に主従関係を維持できます。
言うことを聞いてくれた時は彼の頭を撫でて褒めるなど、適度に甘やかして依存心を膨らませます。

サクッと落としてからメインの暗示を入れる無駄のない催眠です。
聴き手をお姉さんの従順な奴隷に変えることを目的に
深呼吸から入って弛緩法、カウントを交えた揺さぶりでまずは催眠状態を深め
その後はハートのイメージを使った暗示、復唱形式による主従の契約と繋ぎます。

催眠誘導は要所を押さえてコンパクトにまとめてますし
2番目のパートも誰にでもわかるイメージを使って幸福感を与えます。
実際に聴いてみるとあまり隷属してる感覚はしないでしょう。
抵抗心を徹底的に削ぐアプローチがされててとても穏やかです。
羞恥を快感に変えるエッチ
エッチシーンは3パート29分間。
プレイはおちんちんを見せつける、カウントによる絶頂、オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
エッチの序盤で服を脱ぐ指示が出ます。

「お姉さんに命令されると あなたのおちんちんが 熱くなってしまう」
催眠を使って主人公を従順な奴隷にしたお姉さんは
その場で服を脱がせておちんちんを勃起させる命令を出します。

エッチは彼女の指示や命令に従って絶頂を目指します。
一番最初の「4-深化(約9分)」パートは射精に向けて気持ちを盛り上げるプレイ。
おちんちんを勃起させる→萎えさせるのを順にやって彼女の言う通りにできるか確認します。
このパートは前半が催眠の最後、後半はエッチの序盤にあたります。

「催眠奴隷は ご主人様の命令で いつでもおちんちん勃起させられる いい子ね」
主従関係が確立された後も彼女の態度はまったく変わりません。
目の前でおちんちんを勃起させても見下すどころか褒めてやる気にさせます。
彼女が「おちんちん」を多めに言うのもさり気ない応援なのでしょう。
逆に萎えさせる時は深化の暗示を入れてリラックスを促します。

射精シーンが出てくるのはその次から。
「5-絶頂(セルフなし)(約10分)」はおちんちんの勃起を維持したままカウントで快感を制御し
「6-絶頂(セルフあり)(約10分)」は直接しごいて1回ずつ出します。

「数字が減って 0に近づくと おちんちんの根元に 熱い感覚が訪れる」
前者はカウントと暗示を組み合わせた催眠色の強いものですから
私はどちらかと言えば射精よりもドライのほうが迎えやすく感じます。
音声を聴いた時も射精しない代わりにおちんちんが何度もビクビクしました。
最後に気持ちよくイけるように多少焦らして性感を蓄積させてから追い込みます。

後者は基本スタイルはセルフなしとほぼ一緒でオナニーが加わります。
時間が10分と短いですから事前に1~2日溜めてからのほうが抜きやすいでしょう。
催眠に深く入れてたおかげで射精時の快感が通常よりも強かったです。

このように、見られる快感を煽りながらふたつの手段で射精させるややアブノーマルなエッチが繰り広げられてます。
穏やかな調教作品
調教のイメージよりもずっとマイルドなやり方で躾けるややM~M向けの作品です。

お姉さんは主人公を自分の立派な奴隷にしようと
まずは催眠を通じて彼女に良いイメージを持たせたり、命令に従う喜びを教えます。
そしてエッチはおちんちんをじっくり観察する視姦っぽいプレイや
セルフあり、なし両方のケースで射精するプレイで羞恥心と快感を与えます。

トーンが低く穏やかな声のお姉さんが催眠を駆使して調教するM向けのシチュ
古典催眠の技術をベースに作品固有の要素を盛り込んだ堅実で入りやすい催眠
露出とオナニーに絞り込み、カウントと暗示で快感をコントロールする変態向けのエッチ。
どぎつい描写やプレイは入れず、女性に従う幸福感を与える方針で作品を組み立ててます。

中でも催眠はわざと主人公が抵抗する設定にしたうえで
それを徐々に解きほぐすチャレンジ精神のある内容になってます。
圧倒的に有利な状況なのに自分の考えを押し付けたりせず
むしろ彼が望むものを与えて屈服させる彼女のアプローチも良いです。

エッチのセルフなしがノーハンド射精を目指す形になってるので
ここだけは無理に狙わずドライにしたほうが迎えやすいと思います。
セルフは普通に出すだけですから本当に誰でもできます。

射精シーンは2回。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて前回と同じ点数にさせていただきました。

CV:大山チロルさん
総時間 1:01:09

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年9月13日まで50%OFFの660円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



サークル「MayThird」さんの同人/催眠音声作品。

今回紹介する作品は、声や口調は穏やかだけど性格はSなお姉さんが
ネットで知り合ったM男におちんちん以外の快感をたっぷり味わわせます。

最初から最後まで乳首と前立腺を刺激するドライ系のエッチが行われており
おちんちんは触れないどころから意識すらさせないように誘導し
色んな手段で乳首をいじりながらPC筋(おしっこを止める筋肉)も収縮させて少しずつ快感を膨らませます。
催眠の要素はかなり薄いので、乳首重視のオナサポ音声と思って聴いたほうが楽しめます。
ふたつの性感帯で気持ちよくマゾ堕ち
真咲冴依(まさきさえ)がオナサポ調教するお話。

「ちゃんと土下座をして待ってるなんて 本当に君は変態さんですね」
冴依は丁寧語で話す穏やかな声のお姉さん。
土下座で待ってた主人公に自分のペットになる宣誓をさせると
立ち上がってガニ股のポーズを取らせ、シャツをまくって乳首を見せるように言います。

本作品はネットで知り合い現在は主従関係を結んでる男女が
およそ80分に渡るアブノーマルなエッチをして性的欲求を満たします。
彼女はS、彼はMなので最初からお互いの立場が決まっており
この日も彼が土下座しながら迎えて彼女の下僕になってることを印象付けます。

「今日の目標を私なりに考えてきたんですけど 非勃起時に絶頂する、というのはどうですか?」
今回するエッチのテーマはメスイキ。
おちんちんを勃起させて射精する男性にとってお馴染みの絶頂は一切やらず
乳首と前立腺だけを終始刺激してドライオーガズムを目指します。

全裸になる描写はありますがおちんちんをいじることは一切ありません。
その代わり乳首オナニーの時間を長めに取って快感を補おうとします。

MayThirdさんは元々乳首をテーマにした作品をいくつも制作されてますから
それを継承したうえで調教要素を上げてシチュも楽しめるようにしてます。
彼女も終始ご主人様っぽく振る舞ってて女性に弄ばれる感覚が味わいやすいです。

催眠についてはエッチの途中に少し出てくる程度とかなり弱いです。
販売ページの説明文に「貴方は自ら催眠状態に入っていき」と書いてあるように
彼女が技術を駆使して誘導するシーンはあまりありません。
本作品の内容に沿った暗示をちょこちょこ入れて、最後に深化のアプローチを軽くかける感じです。

サークルさんには申し訳ないのですが
この内容だと被暗示性が相当に高い人でもない限り深く入れないと思います。
以前から催眠音声を数多く聴いてるM男ならクリアできるかもしれません。
私が聴いた時も他の催眠音声でよくある感覚は体験できませんでした。
解除パートのやり方も普段より簡略化されてます。

そんなわけで当サイトでは催眠の要素を含んだオナサポ作品として紹介します。
あくまで私個人の意見ですけど全体を10とした場合、同人8.5:催眠1.5くらいの比率です。
サークルさんの他作品とは方向性が違うのでくれぐれもご注意ください。
乳首と前立腺をじっくり開発するエッチ
エッチシーンは3パート67分間。
プレイは乳首オナニー、PC筋トレーニング、自分の胸を揉むです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありですが射精はありません。

「シャツをしっかりとまくってから 円を描くように乳輪をなぞってみてください」
主人公に今回やる調教のコンセプトや内容を説明した冴依は
ひとまず乳首には触れず乳輪をゆっくりいじらせて体の感度を上げます。

エッチは終始彼女に言われた通り動きます。
一番最初の「01_導入パート(約18分)」はやり方を確認しながらソフトにいじるパート。
直に乳輪を触るところから始まりシャツ越しに乳首を引っかく
PC筋トレーニング(おしっこを止める筋肉を収縮させる)を個別にやり
最後にカウントを数えながら乳首と前立腺を同時に気持ちよくします。

「さっきも言ったけど 勝手に止めちゃダメだよ? 私が指示を出すまでは かりかり かりかりって続けること」
声や口調が上品なところを見ると彼女は結構育ちが良いのでしょう。
ご主人様だからといって強引なことはやらず、彼がちゃんとついて行けるようにリードします。
乳首を引っかく時は「かりかり」、PC筋トレーニングは「ぎゅー」と掛け声も出してました。
隅から隅までサポートするわけではないですけど、何をするか小まめに教えてくれるのでやりやすいです。
絶頂シーンもないのでウォーミングアップと呼ぶのがしっくりきます。

催眠の要素が出てくるのは次の「02_催眠パート(約19分)」。
彼がもっとマゾの心を身に着け、彼女の命令に従えるようにその手の暗示を少し入れます。

「くりくり くりくりっていじってる乳首の快感が どんどん どんどん大きくなっていく」
「聞いて? 君は数字が小さくなるにつれて 体の感度が ゆっくりと高まっていくの」

一般的な催眠誘導とは違い乳首&前立腺オナニーと同時にやるため
この内容ならエッチの一部と見るのが自然でしょう。
暗示自体は本作品のテーマに沿ってると思います。
体への責めは乳首を引っかく動作を多めにして快感を上げてました。

しかし、リラックスや深化といった暗示が入りやすくなる行為をやらずに入れるため
音声を実際に聴いて効果が出るか?と言われれば私は首を捻ります。
01パートでそれにあたることをやってればまた違ったのでしょうけど…うーん。
そんなわけで催眠をあまり有効活用できてないと私は見てます。

最後の「03_マゾ堕ちパート(約30分)」は絶頂シーン。
引き続き乳首と前立腺を責めながら適度に休憩を挟んで焦らし
終盤にようやく絶頂の許可が出てほぼノンストップで3連続行います。

「ほら 前立腺もぎゅーっと締めなさい 君のチンポが感じなくなるまで 乳首と前立腺をいじめ続けるの」
催眠をかけたのなら気持ちよくなる暗示や聴き手目線の実況をしたほうが効果的だと思うのですが
彼女は前の2パートと同じく指示や命令をするシーンが多いです。
構造面もオナサポに近いので、仮に催眠に入れたとしてもあまり意味はなさそうです。

でも指示自体はしっかり出してくれますし
数分単位で乳首オナニーのやり方を変えて快感に慣れにくくしてるのは良いです。
オナサポとして聴くならそんなに悪くないと思います。

このように、オナニーのやり方を小まめに教えてくれる割と親切なエッチが繰り広げられてます。
乳首好きなら
近頃流行りの乳首オナサポにサークルさん固有の要素を盛り込んでるM向け作品です。

冴依はMな主人公を喜ばせながら自分も一緒に楽しもうと
彼女がご主人様、彼が下僕の関係で乳首&前立腺オナニーをさせます。
そしてその途中にほんの少し催眠暗示を入れて個性を出します。

声や態度は上品だけど性格はSなお姉さんがM男を調教してメスイキさせるシチュ
最初から最後まで乳首オナニーとPC筋トレーニングをやり
パートによって刺激の強さやいじり方を変えて徐々にドライへ追い込むアブノーマルなエッチ。
おちんちんの快感を意図的に切り捨てて別の手段でイけるように組み立ててます。

催眠はイマイチだと言いましたが乳首オナサポのほうはしっかりしてると思います。
エッチシーンのほぼ全部でいじって開発しやすくしてますし
複数のプレイを用意して切り替えながら進めることで単調になるのを防いでます。
前立腺もエネマグラを使いませんから取り組みやすい内容と言えます。

ぶっちゃけこの内容なら催眠を完全に取り除いても良かったんじゃないでしょうか。
入れないほうがオナサポ作品としての完成度は上がると思います。
催眠を取り入れるのならしっかり誘導して、その状況を活かせる責め方をしたほうがいいです。

絶頂シーンは3回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:天音羽乃さん
総時間 1:16:56

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は6点。
77分で770円とコスパが良いので+1してあります。

2021年7月3日まで20%OFFの616円で販売されてます。



サークル「パステル*スノウ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、口調は乱暴だけど性格は割と優しいサキュバスが
Mな男性の性感帯を色々開発しながら精液をじっくり熟成させます。

耳、口、乳首、アナル、尿道&睾丸、おちんちんと手広く責めるのが特徴で
パートごとに部位を変えながら比較的ソフトな刺激を与えて焦らし続け
さらに射精も3パターン用意してM男初心者でも無理なく楽しめるように進めます。
サキュバスがする幅広い調教
サキュバスに色んな性感帯を責められるお話。

「おーい 起きろよ 起きろって」
サキュバスは砕けたしゃべり方をするトーンが低い声のお姉さん。
主人公に声をかけてここがどこか教えると
彼にドMか尋ねてから連れてきた理由を教えます。

本作品は他のサキュバスと同じく男の精液が大好きな彼女が
M性の強い彼を相手におよそ100分間の気持ちいい調教をします。
彼女が住んでる世界では現在M男を搾精するのが流行ってるらしく
元々そういうプレイを好んでた彼女も属性が合う人間を見繕ってました。

「何度もおあずけして 射精させてくださいって泣き入れるくらいまで責めるとな 何とも言えない味に熟成されんだよ 精液が」
男っぽい口調で話すことから乱暴そうに見えますけど
実際は飴と鞭を使い分ける正統派の調教をします。
精液をとことん熟成させてから吐き出させるのが目的なためハードな責めもほとんどありません。
女性に好き放題されながら体も気持ちよくなる焦らし系のエッチをします。

またフルコースの名の通り責める性感帯の種類をかなり多くしてます。
おちんちん、乳首、アナルといったお馴染みの部位を押さえたうえで
口内、尿道、金玉、心にも手を伸ばして異なる快感を味わわせます。

エッチパートと射精パートは選択式になってますから
1回目は普通に聴いて、それ以降は開発したい部位のパートを繰り返すという使い方ができます。
セツナシロップさんがシナリオを担当されてるだけあって乳首に最も長い時間を割いてました。
未開発者をターゲットにしてますから新しい快感の扉を開きたい人には特に向いてます。

Sなサキュバスにとことん焦らされてから射精する展開と、聴き手が自由に選べるエッチ。
サキュバスの中では比較的ソフトな内容にして聴きやすくしてるM向けの作品です。
じっくり丁寧に責めるエッチ
エッチシーンは9パート80分間。
プレイは耳舐め、指を使った口内責め、乳首責め、アナル責め、唾を吐きかけられる、アナルオナニー、尿道&睾丸責め、おちんちんの根元を支える、射精のイメージ、手コキ、キスです。
エッチな効果音はありません。

「さーて じゃ始めるとするか 最初は やっぱここからいっとくか」
主人公に事情を説明し、どの部位が弱いかも軽くチェックした後
サキュバスは両耳を同時に責めて心身両面を盛り上げます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の6パート58分間は彼の性感帯を個別に責めるシーン。
「2_分身両耳舐め(約9分)」は軽い言葉責めと両耳舐めを行い(ここだけは共通)
それから口内、乳首、アナル、尿道&睾丸、心を異なるプレイで刺激します。
各パートの時間は8~15分と短めです。

右「じゃ 最初はあたしからいくわ」
左「おっけー じゃ あたしはこっちから言葉で責めてやるかな」

彼女はサキュバスなので人間の女性にはできないプレイが登場します。
両耳舐めは分身を呼び出して左右交互に、あるいは同時に激しめの音を鳴らしますし
口を使う時は唾液に媚薬成分が含まれてることを教えて快感に没頭しやすくします。
尿道責めは器具の代わりに尻尾を使うなど、サキュバスらしさが随所に見られます。

この中で最も力を入れてるのは乳首責め(約15分)。
彼女が後ろから抱き着く姿勢で乳首を指先で軽く押しつぶすところから始まり
人差し指と親指を閉じたり開いたりする、少しつねってから擦る
爪で引っかくと後になるほど強い快感が得られるように進めます。

「ほら 撫でまわすように すりすり すりすり」
何をするかの説明や掛け声も出してくれますから
それに合わせていじってみればくすぐったさや気持ちよさが味わえるはずです。
このへんはセツナシロップさんの作風が強く出てるように感じました。
どのパートも指定した部位以外はいじらないので集中して取り組めます。

彼女の優しさがよく出てるのはアナル責めパート(約10分)。
事前に軽くチェックして未開発なことを確認してから
唾液を垂らす→指で入り口を撫でる→軽く挿入すると徐々に開発する感じで行います。

「お前 アナルの素質あるよ このまま開発続けていけば立派なアナルマゾの出来上がりだ」
責め方が丁寧ですし、最中のセリフも甘めで彼女が割と繊細な女性なことがわかります。
プレイ中に見られてることを意識させるのも羞恥を煽る意図があるのでしょう。
性感帯を開発してる段階で激しく責めるのは難しいですから
それ以外の要素を盛り込んで興奮や快感を補おうとする工夫が見られます。


変わったプレイが出てくるのは「3-E_妄想射精(約11分)」。
そろそろ射精したがってる彼にイメージ内でならOKという指示を出し
おちんちんの根元を支えたまま言葉責めしてさらにもどかしい思いをさせます。

「だんだん頭の中にもやがかかるみたいになって あっ おっ おっ あっ いいっ チンポ気持ちいいよぉ」
体には最低限の刺激だけ与え、耳に息を吹きかけたり彼の心情を代弁して焦らします。
パート終盤には音声作品ではお馴染みのアプローチも出てきますし
テーマの精液熟成をストレートに表現したなかなか意地悪なプレイになってます。

残りの3パート22分間は射精シーン。
途中で我慢できなくなった場合、無事乗り切れた場合
熟成に失敗した場合に分けてそれぞれに合った手段で射精させます。

「手加減なんかしないからな 最初っから全力でいくから いい声で鳴けよ?」
この中で最も手厚いのは2番目のケース。
ここまでずっと耐えてきた彼の頑張りに応えようと複数の性感帯を同時に責め続けます。
具体的にどうやるかは伏せますけど彼女なりにサービスしてるのが伝わってきました。
最後は普通に射精させてくれますし、強めに焦らしてから出す流れがきちんとできてます。

それに対して最も塩対応されるのが1番目のケース。
自分の調教を投げ出して射精を求めるヘタレな彼に冷たい反応をします。
怒鳴ったり痛みを与えることはないですけど後味が悪くなるかもしれません。
3番目の熟成失敗も含めてできれば聴かずに終えたいプレイです。

このように、彼女の特徴と本作品の特徴を組み合わせたある意味欲張りなエッチが繰り広げられてます。
M向け作品入門者用の作品
「M向けは好きだけどハードなのはちょっと…」という人に向いてる作品です。

サキュバスはM性が高いけどおちんちん以外の性感帯はほぼ未開発な主人公を立派な奴隷にしようと
パートごとに異なる部位を責めながら射精を我慢させてまずは精液を熟成します。
そして最後は複数の性感帯を同時に責めて気持ちいい射精に導きます。

男っぽい口調で話すサキュバスが素質のある男性を調教して精液を搾るM向けのシチュ
責める性感帯の種類を豊富に用意し、聴き手が自由に選べるようにした使い勝手のいいエッチ
サキュバス特有のプレイを盛り込んだり飴と鞭を使い分ける彼女のキャラ。
ハードな言葉責めやプレイをやらない代わりに幅広さや取り組みやすさに力を入れてます。

中でも2番目はここまで色んな部位を責める作品はなかなかなくて面白いです。
乳首やアナルは自分でもいじれるように実況や指示をしっかり出しますし
それ以外のプレイはイメージしやすいように進めます。

何かに特化してるタイプではないのでひとつひとつの内容は軽めですけど
サークルさんが「M男初心者向け」と書いてらっしゃるので別にいいんじゃないかなと。
ただし、効果音だけはできれば入れておいてほしかったです。

射精シーンは4回。
淫語それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

CV:篠守ゆきこさん
総時間 1:40:57

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は7点。
101分で770円とコスパが良いので+1してあります。

2021年6月26日まで30%OFFの539円で販売されてます。



サークル「桃狐の変態調教課題」さんの同人動画作品。

今回紹介する作品は、声や見た目は可愛いけど性格はドSな女の子が
短小包茎童貞な男性にとっても過酷なオナサポをプレゼントします。

映像を見ながらリズムに合わせておちんちんをしごくゲーム形式のオナニーが行われており
彼女が騎乗位SEXするアニメーションを流しながら
画面下にノーツ(リズムを指示するアイコン)を表示させてきめ細かくリードします。
非常にハードな内容ですからM度が高い人ほど楽しめるでしょう。
動画を観ながらリズミカルにシコシコ
桃狐(もこ)ちゃんがSEXしながらオナサポするお話。

「えーっと ようこそ 桃狐の変態調教へ」
桃狐ちゃんは明るくて可愛い声の女の子。
他の男性と騎乗位SEXしながらオナサポの概要を説明すると
主人公のおちんちんを早速貶して興奮させます。

本作品は人間の体と獣の耳や尻尾を持つエッチ大好きな彼女が
自分に会いに来てくれた彼をおよそ80分に渡るオナサポで悶えさせます。
可愛い声や容姿とは裏腹にSっ気が強く、彼のことを終始見下しながら色んな責めを繰り出します。

「このままだとただのエッチになっちゃうから リズムやペースを変えながら音ゲーっぽくおちんちんを責めるの」
最大の特徴は映像を使ってリードすること。
彼女が騎乗位でピストンする様子をアニメーションで表現し
その下にノーツを表示させてそれに合わせてオナニーするよう指示します。
音ゲーの要素を盛り込んでますからゲーム感覚で取り組めるでしょう。
全編でBGMが流れるのもゲームらしさを出すための演出なのかもしれません。

ちなみにこういう形式でオナニーするのをFapHeroと呼ぶそうです。
音声のオナサポはかなり出てますけどこのタイプの作品は初めて聴きました。
ずっと結合部を見せつけながらぬるぬる動くので視覚からの興奮も得られます。

もちろん肝心のプレイも結構しっかりしてます。
メインパートは4つのステージに分かれており
ステージ1は1秒に1~1.5コキで約930回、ステージ2は1秒2コキで約1240回と
後になるほどしごくペースと回数の両方が増えていきます。
そしてゲームの結果によって3つあるエンディングのどれかに分岐します。

最初から言ってしまいますと本作品のオナサポはとてつもなくハードです。
ドM向けのオナサポ音声で慣らしてる人でもたぶん苦戦します。
理由は後で説明しますが、生半可な気持ちで挑んだら痛い目を見ると思ってください。
でもオナサポにマンネリを感じてた人には良い刺激になるんじゃないかなと。

可愛い女の子が動画形式でオナサポするシチュと超ハード路線のエッチ。
ドMをメインターゲットにした個性的で歯ごたえのある作品です。
心身両面をハードに責めるエッチ
エッチシーンは5パート73分間。
プレイはエッチな音声を聴く、オナニー(騎乗位SEX)、キス、嘘喘ぎです。
SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「あーあ ひどい顔 おせっせそんなに嬉しいの? 大人がしていい顔じゃないよ みっともなぁい」
事前に5分程度のSEX音声を流して主人公をさらに元気にした桃狐ちゃんは
勃起したおちんちんを上から咥え込んで彼の童貞を奪います。

エッチはSEXしてる状況をイメージしながら映像の通りにオナニーします。
「02.本編(約49分)」はオナニー開始から射精の直前まで行うメインパート。
10分程度の間隔でステージを切り替え、それに合わせてオナニーの内容も徐々に変わります。
一応これの前に「01.チュートリアル(約6分)」というパートもあるのですが
画面を暗くしてから彼女の喘ぎ声とピストン音を流すだけなので説明は省略します。

「今日はあなたのこと 徹底的にゴミ扱いする気なんだから 文句ばっかり言っていたら調教止めちゃうよぉ」
彼女は今まで色んな男性とSEXしてるらしく童貞の彼なんて相手にならないと思ってます。
だから冒頭に彼をとことんいじめると宣言し、その通りに動きます。
オナニーの指示は映像と効果音ですべてやるため彼女がシコシコボイスを言うことはありません。
代わりに彼を見下す言葉責めをガンガン投げかけて心も上手に盛り上げます。

変態、ゴミ、クズなど言葉自体は割と辛らつです。
でも声がとても可愛いおかげでどぎつい印象はありません。
嘘喘ぎしながらおちんちんのみすぼらしさを指摘するシーンもありますし
Mな人にとってはご褒美と言えるレベルに収まってます。

オナサポについても工夫が見られます。
ステージ1の最初は1秒1コキくらいのペースでしごく至って普通のリードだったのが
少し経つと「とんとん とん」みたいに緩急をつけて快感に慣れにくくします。
この後のシーンでも速いしごきと普通のしごきをセットにし
3分程度の間隔でそれを切り替えてくることが多いです。


シーン内の動きは同じですからノーツをずっと見てなきゃいけないわけではありません。
リズムが変われば音の鳴り方も変わるのですぐにわかります。
強弱をつけたほうが揺さぶりをかけられますし実用面でも有効な手段と言えます。

本作品のハードさが目に見えてくるのはパート後半のステージ3から。
1秒あたり2.5コキまで平均ペースを上げ、6回普通にしごいてから4回素早くしごく
4回素早く+1回普通に、3回普通に+2回素早くなど色んなバリエーションを用意して射精へ追い込みます。
また女の子好きな彼が喜ぶようにそういう子とエッチするイメージも絡めます。

「パパの熱くて濃厚なザーメンで 私の顔をたくさん汚してよ」
体への責めは現時点で十分しっかりしてますから
あとは心を盛り上げていけばいずれ射精を我慢できなくなります。
彼女のほうから精液をストレートにおねだりしてくるなど
押し(貶す)だけでなく引き(媚びる)も使って彼の欲望を満たします。

「クズでゴミで性欲馬鹿でみすぼらしくて雑魚で負け犬なおちんちんなんて 誰にも見向きされないの」
それに対して最後のステージ4は正統派のM向けプレイ。
オナニーの速度を全力でしごかなければ追いつかないくらいまで上げ
さらにストレートな言葉責めを時間いっぱい浴びせかけてM心をくすぐります。

本作品のエッチには休憩時間がほとんどありません。
そのためこのパートだけでも40分以上しごき続ける相当に過酷な内容になってます。
手を抜いてないかチェックするセリフも挟んできますし、こちらの心理をよく把握してます。
大ボリュームの言葉責めも相まってここをノーミスで潜り抜けるのは至難の業と言えるでしょう。
私が聴いた時もステージ4でギブアップしました。

残りの3パート18分間は選択式。
「03a.Aエンド(約1分)」「03b.Bエンド(約2分)」「04.罰ゲーム(約15分)」と
ゲームの結果によってどれを聴くかが変わります。
サークルさんが秘密とおっしゃられてるので詳細は伏せさせていただきます。

このように、作品の特徴を活かした容赦ないエッチが繰り広げられてます。
難度は高いがやり甲斐のある作品
桃狐ちゃんの声や容姿とは随分違う地獄級のオナサポが味わえる作品です。

桃狐ちゃんは自分の調教を受けに来た主人公を負け射精に追い込もうと
可愛い声で様々な言葉責めを投げかけながらたっぷりピストンして心身両面を追い込みます。
そしてFapHeroを採用して聴き手にも彼と同じ視点でこのエッチを楽しませます。

可愛くてドSな女の子がM男に変わったオナサポをするシチュ
物語の一部始終を映像で表現し、さらにノーツも使ってオナニーのリズムを取る珍しいエッチ
言葉責めの量を多くしたりほぼノンストップでおちんちんを責めるハードな作り。
現在世に出てるオナサポの中でも上位に位置する難度を誇ります。

中でも2番目はまだ作品数が少ないのに加えてリードがしっかりしてます。
音声作品とは明らかに違うやり方でオナサポしてますし
シコシコボイスを言わなくていい利点を言葉責めに活かして興奮しやすくしてます。
映像によるエロさも相まって射精感を抑えるのがとても難しくなってます。

それでいてどぎつい印象がしないのは彼女が可愛いからでしょう。
聴きやすさや抜きやすさにもきちんと配慮してあって完成度が高いです。
アニメーションは基本的にループで、ノーツに合わせて動きのリズムを変えてます。
BGMの音量をもう少し下げて声を聴きやすくしてればなお良かったです。

射精シーンは1回以上。
淫語とくちゅ音多め、喘ぎ声それなり、ちゅぱ音そこそこです。

音声以外のオナサポをやってみたいMな人には特におすすめします。

CV:花見川ゆふさん
総時間 1:19:27

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年5月25日まで10%OFFの990円で販売されてます。

↑このページのトップヘ