同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:複数人プレイ

   ● 今月のダブルセフレ係
   ● 【KU100】冒険者ギルドで遊び人のお姉さんたちに逆ナンされて冒険どころではなくなるお話♪
   ● 【KU100】JK耳舐めサロン~合法耳セックスでお耳ま○こ処女もらってあげる~
   ● メイドさん達との中出しハメ比べ性活。【フォーリーサウンド】
   ● 子作りオナホ村【バイノーラル】
   ● 嫁と嫁
   ● 打倒!他人外娘風俗!そこの君サキュバスの魅力を皆に伝えるの手伝ってっ♪
   ● ひとつ屋根の下、親戚の旅館で同居性活☆
   ● 【3周年だョ】全員えっちなセクシー女優
   ● 【KU100】助けた奴隷少女たちに、ひたすら耳舐め恩返しをされてしまうお話♪




サークル「しゃーぷ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、ほぼ正反対の性格をしてる2人のJKが
学校でただ1人の男子生徒へ交互に、あるいは同時にエッチなご奉仕をします。

片方は彼を見下したり呆れるセリフを言いながら一生懸命責める
もう片方はストレートに甘やかす、といった具合に
2人の魅力をわかりやすく表現しながら何度も射精させるキャラ&抜き重視の作りになってます。
温かいJKと冷たいJK
セフレ係の茅野さん(挿し絵右)、佐倉さん(挿し絵左)と6種類のエッチをするお話。

「あなたが お相手の男子ですか? 今月のセフレ係になった茅野です。よろしくお願いします。」
茅野さんは淡々と話すクールな声の女の子。
「あっ、いたいた~♪ 楽しみにしてた? こんにちは、わたし、今月のセフレ係の佐倉だよ♪」
佐倉さんは明るくて甘い声の女の子。
主人公に挨拶し早速左右から密着すると、彼女たちが担当してるセフレ係が何か教えます。

本作品は今年から共学になり今は男子生徒が1人しかいない学校を舞台に
今月のセフレ係になった2人がおよそ90分に渡って色んなエッチをします。
セフレ係で精液を搾り取ると成績が上がるシステムになってるらしく
2人とも序盤から積極的に耳とおちんちんを責め続けます。

佐倉「あなたが興奮できるように頑張るから♪」
茅野「ずいぶんと欲張りな方ですね、さては都合よくなんでもしてもらえると思っていましたか?」
しかしエッチするにあたって2人はほぼ正反対の態度を取ります。
佐倉さんは実の弟を甘やかすように優しく接するのに対し
茅野さんは終始クールな声で見下す姿勢を見せます。

特に茅野さんは「毒舌JK」と呼ばれてるだけあって言うことが割と容赦ないです。

ただし、ドSキャラのように手厳しいことをするわけではありません。
嫌そうな表情を見せながらしっかりお世話する面倒見のいい女性に描かれてます。
物語の終盤は佐倉さんよりも踏み込んだことをしますし
言葉に出さないだけで多少は彼に好意を抱いてるように受け取れます。
事務的そうに見えてそうじゃないのが彼女の魅力です。

プレイは耳舐め、手コキ、SEXといったノーマル向けのものばかりですから
私はややM~ややSがメインターゲットになると見てます。
興味が湧いたら誰でも聴けるあたりに調整されてて守備範囲が広いです。

エッチについては最大の売りである2人のキャラが活きるように
序盤は一対一だったのが中盤以降は3Pへと変わります。
一部のシーンはわざと展開を同じにしてあって性格の違いがすごくわかりやすいです。
佐倉さんのあまあまなキャラと茅野さんのクールなキャラのギャップが引き立ってます。

抜き性能についても複数人プレイ作品を数多く制作されてるサークルさんなだけあって高めです。
片方がおちんちんを責めてる時はもう片方が耳舐めでサポートしますし
どのパートも会話量を多めにして方向性の違う言葉責めをガンガンします。

耳舐めの時間はそこまで長くないですけど
耳の外をちゅぱちゅぱ舐めたり吸うお馴染みの音ではなく
耳の内側をジョリジョリ擦る感じの独特な音を鳴らしてました。
効果音も挿入とピストンで大きく違ったりと、音に対するこだわりも見られます。
一生懸命お世話するエッチ
エッチシーンは6パート77分間。
プレイはキス、耳舐め、ハンカチコキ、手コキ、オナホコキ、SEX(正常位)、フェラです。
ハンカチコキ、手コキ、オナホコキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「あなたの膝の上、跨っても良いですか? 近くでわたしの身体を感じれた方が…興奮するんじゃないですか?」
最初から2人同時にエッチするのは恥ずかしいので主人公に相手を選んでもらうと
指名された茅野さんは彼の上に跨り熱いキスをします。

エッチは彼女たちがリードしつつ一部で攻守を入れ替えます。
最初の2パート30分間は2人の魅力や違いをわかりやすく表現してるシーン。
「02茅野の冷ややかハンカチ越し手コキ(約16分)」は茅野さんが
「03佐倉の優しい甘やかし手コキ(約14分)」は佐倉さんがキスと手コキをします。

「女の子の匂い、ですか? シンプルに気持ち悪いですね…ただのシャンプーですから」
「セフレ係になったのは成績が理由ですが…まあ、性犯罪者を減らす世直しだと思えば悪くないですね」

茅野さんは学校初の男子を警戒してるのか序盤からきつめの言葉責めをします。
ハグしてる時に良い匂いがすることを言われて「気持ち悪い」と言ったり
彼を性犯罪者予備軍に指定するなどストレートな表現が多いです。
クールな声や淡々とした口調も相まって事務的キャラに映ります。

しかしやってることは結構手厚いです。
パート序盤でするキスは舌を絡めるディープなやつだし
自分から制服の上を脱ぎブラを見せつけて彼を上手に興奮させます。
成績が絡んでることを加味してもサービス精神旺盛なほうと言えます。

手コキはどちらのパートも精液を回収する必要があるのでゴム越しにやります。
最初はゆっくり、終盤だけハイペースでしごいて無理なく追い込んでました。
セリフ以外は割と甘い責め方をしますからM度が低い人でも聴きやすく感じると思います。

「あ~、皮被ってる、可愛い♪ ちゃんとムキムキしてあげるからね~♪」
それに対して佐倉さんは甘やかし上手なお姉ちゃんキャラ。
セフレ係の仕事で相手する彼に嬉しそうな表情で話しかけます。
こちらを受け入れたり全肯定するセリフが多いので雰囲気も非常に甘いです。
茅野さんの次に佐倉さんのパートを置いて2人を上手く対比させてます。

ちなみに本作品は手コキする02~03パートと
SEXする05~06パートはほぼ同じ展開とプレイ構成にしてます。
でもセリフが大きく違うおかげで聴いた時の印象もガラリと変わります。
こういう演出からもサークルさんがキャラを大事にされてることがわかります。

次の4パート47分間は3P。
「04左右耳舐めダブルオナホコキ(約12分)」は両耳舐め+オナホコキ
「05甘やかし誘惑イチャラブセックス(約11分)」は佐倉さんとのSEX+茅野さんの耳舐め
「06茅野と事務的わからせナマハメセックス(約11分)」は茅野さんとのSEX+佐倉さんの耳舐め
「07事後おちんぽ交互お掃除フェラ(約13分)」はお掃除フェラと通常のフェラで合計4回射精させます。

茅野「彼女でもなんでもない子に…耳なめされてすぐ興奮しちゃうんですね。男子というのは…」
佐倉「そんなことないよね? わたしたちのこと気に入ってくれてるんだよ♪」
そしてここからは2人が掛け合うシーンが一気に増えます。
彼を否定的な目で見る茅野さんを佐倉さんがたしなめるなど、2人の性格の差を活かしたものが多いです。
佐倉さんに多少は感化されたのか、茅野さんの態度が徐々に柔らかくなります。

それをわかりやすく物語ってるのがSEXシーン。
最初の佐倉さんはゴム有り、次の茅野さんはゴム無しと大事な部分で違いを持たせます。

茅野「んっ… サイアク…あなたのおちんぽが入ってくる感触…気持ち悪いです」
セリフのほうは相変わらず冷たいですけど、普段よりも吐息が明らかに熱っぽいですし
喘ぎ声を軽く漏らした時に「感じてない」と否定する可愛いところも見せてくれます。
中出し射精する時は同時にキスする、事後に彼の性欲の強さを心配するなど
彼に対してマイナスの感情を持ってないことを匂わせる描写がいくつも出てきます。

この学校は去年まで女子校でしたから、茅野さんも男をよく知らなかったのだと思います。
でも実際に肌を重ねた結果そんなに悪いものではないと認識を改めたのでしょう。
言うことが相変わらず冷たいのは照れ隠ししてるのかもしれません。
言葉と行為に大きなギャップがあって魅力的に描かれてます。

もちろん佐倉さんも甘やかし上手で違う魅力を持ってます。
2人が同じくらい活躍するようにエッチを組み立ててあって聴き比べる楽しさがあります。

このように、おちんちんをしっかり責めつつ他の部分にも力を入れてる穏やかなエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視の濃い作品
複数人プレイの要所を押さえたうえでキャラにも光を当ててる優れた作品です。

佐倉さんと茅野さんは主人公が女子生徒だらけの校内で問題を起こさないように
おちんちんを責めながらそれぞれの個性を活かした言葉責めもしてスッキリさせます。
そして中盤以降は3Pに切り替えて掛け合いを挟みつつ協力して上手に責めます。

甘やかし上手なJKとクールなJKが個別に、あるいは同時に童貞男子を責めるシチュ
彼女たちをほぼ正反対の性格にしてセリフに大きな違いを持たせたキャラ重視の演出
耳、唇、おちんちんを同時に責めてエッチな声や音をガンガン鳴らす複数人プレイ。
キャラ、セリフ、プレイ構成、音など色んな要素にこだわって作られてます。

中でも2番目はバランス感覚に気を配ってあってすごく良いです。
茅野さんは順当にいけば事務的なドSキャラになるのに
実際はセリフがきついけど責めっぷりは優しい女性にして聴きやすくしてます。
物語の終盤は佐倉さん以上に手厚いサービスをするなど、心情変化がプレイを通じて伝わってきます。

佐倉さんは最初から最後まであまあまなキャラを通すので
私は茅野さんのほうが深みのある女性に映りました。
嫌がったり無理矢理責めることもなく、彼のために尽くす姿勢でリードします。
彼女をわからせるシーンもあったりと男が喜びそうな素材が充実してます。

射精シーンは6回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。
キャラ作りがしっかりしてる複数人プレイ作品が好きな人には特におすすめします。

CV:佐倉さん…逢坂成美さん 茅野さん…思ちぽさん
総時間 1:35:27

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年4月22日まで15%OFFの1122円で販売されてます。



サークル「ダチュラスクリプト」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、戦闘は苦手だけどエッチは得意な遊び人のお姉さんが
新米勇者とパーティーを組んでエッチな経験値稼ぎをします。

おねショタ特有の甘さとエロさを組み合わせた濃厚なエッチをするのが特徴で
片方は彼を少年扱いしながら色っぽく、もう片方はとことん持ち上げながら健気にとスタイルを変え
下品なちゅぱ音を激しく鳴らしたり連携を取って責めて何度も射精に導きます。
物語が進むほど2人が彼に本気で惚れますから甘さがどんどん強くなるのを感じるでしょう。
お姉さんとする気持ちいい冒険
ステラ(挿し絵左)、マリー(挿し絵右)と6種類のエッチをするお話。

「あ、ねぇねぇマリー あの子にしない?」
ステラは上品で色っぽい声のお姉さん。
「どの子ですか? あぁ あの子ですね」
マリーは丁寧語で話す明るい声のお姉さん。
主人公に突然声をかけて事情を話すと、彼が勇者だと知って驚きます。

本作品はクエストやモンスター退治をせず酒場やカジノで働いてお金を稼いでる彼女たちが
ギルドの前で偶然見かけた彼とパーティーを組み、およそ100分に渡って色んなエッチをします。
2人は遊び人なので戦闘ができない代わりにエッチのレベルは非常に高いです。
だから初心で童貞な彼を優しくリードしながら自分たちの魅力をアピールします。

ステラ「ドスケベな大人のお姉さんに食べられちゃう前に ステラたちが たっぷり教育をしてあげるね」
ステラは「悪いお姉さん」と呼ぶのがピッタリの淫乱な女性。
このあたりに痴女が出るから保護すると言って彼を捕まえ(もちろん犯人は彼女たち)
音声開始から3分後にはもうおちんちんを取り出してしごき始めます。
大山チロルさんの妖艶な声も相まって王道の痴女キャラになってます。

マリー「おっきなチンポの勇者様と パーティーを組めて マリーたちは幸せです」
それに対してマリーは尽くすタイプの女性。
彼のことを「勇者様」と呼んで持ち上げたり、自分の気持ちを素直に伝えて幸せな感覚を与えます。
ステラと組んでるのでもちろんエッチは上手ですけど
痴女よりも近所のお姉さんに近い温かみのある女性です。

同じ遊び人でも性格が随分違うのでキャラが立ってました。
2人で同時に責めるシーンと交互に責めるシーンを同じくらいの時間用意し
複数人プレイと彼女たちの個性が両方出るようにバランスを取ってます。
お話が進むにつれて2人の態度が変わるなど、エッチ以外の部分にも気を配って作品に深みを与えてます。

エッチは遊び人の痴女から連想される通りエロさの高いものです。
2人で同時に責める時は複数のちゅぱ音を鳴らしながら熱っぽい吐息を漏らすし
交互に責める時も例えばフェラならステラは下品に、マリーはそれよりも大人しくと
キャラの違いがわかりやすくなるように責め方を変えてます。
射精シーンが比較的多いですから抜き場に困ることはまずないでしょう。

完全女性上位ですがM向けの要素はほとんどないのでノーマル向けです。
年上の女性にねっとり優しくお世話されるのが好きな人に最も向いてます。
音の量と密度にこだわったエッチ
エッチシーンは6パート78分間。
プレイは手コキ、フェラ、耳舐め、SEX(騎乗位)、キスです。
手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

マリー「ふふっ 暴れちゃダメですよ勇者様 これは マリーたちとあなたが仲良くなるための ただのご挨拶みたいなものなのですよ」
主人公と無事パーティーを組めたステラとマリーは
その場でズボンとパンツを脱がせて挨拶代わりに手コキします。

エッチは経験豊富な彼女たちが終始リードします。
最初の3パート45分間は2人の痴女っぷりをわかりやすく描いてるシーン。
「01.ステラとマリーの逆ナン耳キス♪(約10分)」はギルドの前で手コキ
「02.ステラとマリーの連続フェラチオ♪(約20分)」は宿に移動してから2連続フェラ
「03.ステラとマリーの耳舐め手コキ♪(約15分)」は翌朝に耳舐め手コキして4回射精させます。

ステラ「変態バニーのステラに お精子見せて? ザーメンいっぱい ぴゅっぴゅして?」
マリー「やっぱり勇者様は おちんぽのほうも一流なんですね」
彼女たちは職業柄パーティーに入ろうとすると断られることが多く
ほぼふたつ返事で仲間にしてくれたことが余程嬉しかったようです。
ステラは右、マリーは左に体を密着させてからおちんちんをゆっくりペースでしごきます。
そしてプレイ中はやや媚びる感じでおねだりしたり彼を持ち上げていい気分にさせます。

この世界でも勇者になれる人は希少らしいですから
彼が上、彼女たちが下という関係を維持したまま気持ちよくします。
ちなみに01パートは「耳キス」がついてますけどやるのは手コキのみです。

本作品のエロさをストレートに物語ってるのが02パート。
ステラ→マリーの順にフェラするのですが
ステラは水分高めの下品なちゅぱ音をガンガン鳴らします。

最初は緩めのペースで吸い中心だったのが、少し経つと包皮の間に舌を滑り込ませ
さらにバキュームを絡めたピストンフェラで一気に射精へ追い込みます。
「童貞がこれやられたらすぐ出ちゃうだろうなぁ」と思うくらい強烈なフェラです。
次に出てくるマリーも十分エロいですがステラの直後に聴くと控えめな印象を受けます。
精液はきっちり口で受け止め飲み干すなど、男慣れしてるのがプレイを通じて伝わってきます。

03パートは2人いる状況を活かした密度の高いプレイ。
手コキから始まりその3分後に両耳舐めが加わります。
ここもステラは舌で素早く舐める、マリーはゆっくりちゅぱちゅぱするといった具合に
音だけで2人の性格の違いがなんとなくわかるように演じ分けてます。

マリー「あなたは本当なら 今頃 命を賭けて モンスターを退治する 勇敢な冒険者になってたはずですよね でも わるーい遊び人のお姉さんたちに捕まったばっかりに こうして おちんぽを 好き勝手に弄ばれてるんです」
手コキ音が小さめですからここは耳舐めを楽しむパートかなと。
冒険を忘れてエッチに励んでる状況を教えて軽く背徳感を煽るなど
心身両面をバランスよく責めて充実した射精に導きます。
ここでの2人は初心な少年を堕落させる悪いお姉さんに描かれてます。

続く2パート24分間はSEXシーン。
「04.バニーお姉さんのぴょんぴょんセックス!(約11分)」はステラ
「05.猫耳お姉さんとの猫撫で声セックス!(約13分)」はマリーと騎乗位で生ハメします。

マリー「童貞の卒業 おめでとうございます」
ステラ「ステラも 君のチンポのことが ますます好きになっちゃったよ」
04パートは筆おろしにあたるので丁寧に進めます。
挿入後にお祝いの言葉を言ったり、射精後は満足そうな表情を見せて幸せな初体験をプレゼントします。
ピストンのペースを緩めに設定する、最中に濃厚なキスを挟むなど
初心な少年を弄ぶのではなく本気で愛情を注ぐつもりで相手をします。

彼と何度かエッチしたことで彼女たちの内面に変化があったことがわかります。
SEXによって体をひとつにするのと同時に心の距離も近づけて甘さを出してました。
これらの次にあたる「06.ステラとマリーの耳かき♪」で2人の気持ちがきちんと語られてます。

このように、彼女たちの魅力を出しつつ抜きやすさにも配慮したエッチが繰り広げられてます。
エロさ重視のおねショタ作品
年上のお姉さんに甘やかされながら搾り取られるややハードな作品です。

ステラとマリーはクエストを受けに来た主人公の仲間になろうと
軽い雑談をしてから早速手コキして彼の心を一気に引き寄せます。
そして宿に移動した後はより踏み込んだプレイをして親密度をさらに高めます。

遊び人をしてる2人のお姉さんが新米勇者をエッチで鍛える魅力的なシチュ
2人同時に責めるパートと一対一で責めるパートを同じくらい用意し
その両方でステラとマリーの違いが出るように行うキャラを大事にしたエッチ
下品なちゅぱ音、熱い吐息、連続生ハメといった痴女らしさを感じる要素の数々。
一般的なおねショタよりも刺激を強くして実用性を上げてます。

中でも2番目はステラは「勇者くん」、マリーは「勇者様」と呼称がまず違いますし
責めっぷりもそれぞれの口調や性格に合わせてあってなかなか凝ってます。
得意なプレイとかは設定されてないのでやることは基本的に一緒ですが
声優歴の長い大山チロルさん、琴音有波さんの演技力によって明確な違いが出てます。
02パートのフェラはそれが顕著に出てるし2人の痴女っぷりがわかりやすく表現されてます。

マリー「マリーは今 勇者様に 心の底から 惚れてしまってるんですよ」
悪いお姉さんがいいお姉さんに変わる展開も面白いです。
最初は彼の体を味わいたくて近づいたのが
彼の魅力に少しずつ気づいて彼女たちのほうから惚れ込んでいきます。
遊び人の自分たちを仲間にしてくれた優しさ、エッチで見せる可愛さ、そして立派なおちんちん。
そうなってもおかしくない要素がちゃんとあるので彼女たちの変化も頷けます。

色んな特徴を持ってるからでしょうけど視聴後の余韻も多少長く続きました。
抜き性能も割と高いですし(特に02パート)、総合力の高い作品と私は見てます。

射精シーンは7回。
くちゅ音多め、淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

CV:ステラ…大山チロルさん マリー…琴音有波さん
総時間 1:47:32

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年4月7日まで30%OFFの1155円で販売されてます。



サークル「はーとこれくと」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、JKたちがたっぷり耳舐めしてくれる風俗店を舞台に
そこで働いてる2人の女の子が通常よりも濃い耳舐めを提供します。

前半は通常の耳舐め、後半は「耳セックス」と呼ばれる特殊なプレイをするのが特徴で
常に左右同時に異なるちゅぱ音を鳴らしながら
責め方や深さをシーンによって切り替えて彼女たちに耳を犯されてる雰囲気を作ります。
完全女性上位ですがM向けの要素はほとんどありませんからノーマル~ややMの人が最も楽しめるでしょう。
耳舐めで女性の気分を疑似体験
日向いお(挿し絵左)、姉崎りお(挿し絵右)が色んな耳舐めをするお話。

「私は日向いお いおって呼んで?」
いおはギャルっぽい話し方をする明るい声の女の子。
「私は姉崎りおでーす りおって呼んでください」
りおは穏やかで色っぽい声の女の子。
JK耳舐めサロンを初めて訪れた主人公に挨拶すると
ここへ来た理由を尋ねてから耳セックスの魅力を語ります。

本作品はエッチ大好きでサービス精神旺盛な2人が
耳舐め好きな彼をおよそ80分に渡ってもてなします。
どのパートもいおが左、りおは右に陣取って協力しながら責めるスタイルを取り
エッチシーンのほぼ全部で耳舐めする非常に尖った作りです。

耳舐め専門の風俗店なので彼女たちが彼の耳以外を責めることはありません。
ですが耳舐めと同時にオナニーしたり、彼にもオナニーの指示を出して一緒の絶頂を目指します。
2人の砕けた口調も相まって終始和やかな空気が漂ってます。
絶頂形式は射精ですからちゅぱ音をオカズにおちんちんをしごく感じになります。

そして耳舐めに特化してるからこそ質量共に優れたサービスが味わえます。
量はおよそ70分間やると言えばそれ以上の説明は不要だと思います。
質については前半が耳キスや耳舐めといったスタンダードなプレイをするのに対し
後半はタイトルにもなってる「耳セックス」を重点的に行います。

いお「JKの耳チンポ お耳マンコに欲しいっておねだりしてよ お兄さん」
耳セックスは簡単に言うと耳の穴を舌で責めることを意味し
彼女たちの舌をおちんちん、彼の耳穴をおまんこに見立てて色んな責めを繰り出します。
前戯や後戯といった通常のSEXでやることも挟んできたりと
聴き手がSEXにおける女性側の視点で楽しめるように進めます。

パートごとに意識して違う責め方をしますから、同じ耳舐めでも聴いた時の印象が随分違います。
舌の腹で舐める、舌先をちろちろする、舌先で軽くほじる、口をすぼめて吸い上げるなど様々です。
音の質感も結構リアルですし耳舐め好きならかなり楽しめます。
一緒に楽しむエッチ
エッチシーンは7パート71分間。
プレイは耳吐息、耳キス、彼女たちのオナニー、オナニー、耳舐め、耳セックスです。
エッチな効果音はありません。

りお「優しい耳キス 気持ちいいでしょう? 前戯は大事だからね ふふっ」
耳セックスの醍醐味を語って主人公の期待と興奮を煽った2人は
左右に陣取り弱めの息吹きやソフトな耳キスでまずは感度を上げます。

エッチは風俗店なので終始彼女たちが責め続けます。
最初の3パート28分間は耳セックスを始めるまでの準備。
「トラック1 耳セックス前戯(約8分)」は耳吐息と耳キス
「トラック2 耳セックス前戯(約10分)」は外側を舌先や舌の腹で舐めるスタンダードな耳舐め
「トラック3 耳セックス挿入(約10分)」は舌を耳の穴へゆっくり挿入しながら少し動かします。

いお「りおは相変わらずむっつりだよねー そんな耳マンコの匂い くんくん嗅いじゃってさ」
りお「だって 男の人の匂い ちょー好きなんだもん 嗅ぐだけでおまんこ濡れてくるっていうか むらむらしてくるっていうか」
2人ともここで1年以上働いてるだけあって責めっぷりはスムーズ。
JKらしく砕けた調子で話しながら同時に責めて心身を少しずつ温めます。
彼女たちが楽しみながら責めるのが良いですね。
特にりおは匂いフェチなので匂いを嗅ぐシーンを適度に挟み、うっとりした声を漏らします。

風俗店を題材にした作品の中では心の距離を近めに設定してます。
JKに礼儀正しい態度を取られるのも妙な感じがしますし
友達に接するような態度で責めて和やかな雰囲気を作ります。
心のケアにも気を配ってるところはプロらしいなと。

肝心の耳舐めはどのパートもちゅぱ音を比較的ゆっくり鳴らしてて聴きやすいです。
トラック1はちゅぱちゅぱついばむ感じの音だったのが
トラック2は舌でれろーっと舐める幅の広い音に変わります。
そしてトラック3は耳の穴が対象なので動く範囲を狭める代わりに深さの違いを出します。
横の動きと縦の動きを使い分けててサークルさんのこだわりを感じました。

また彼女たちはトラック1、彼はトラック2からオナニーを始めます。
露骨に喘いだりせず熱っぽい吐息を漏らしてました。
おちんちんオナニーもほぼ指示を出しませんし、あくまで耳舐めを主役に据えてます。

次の3パート37分間は選択式。
「トラック4 耳セックスフィニッシュa(約12分)」は優しく叩いたりほじる耳舐め
「トラック5 耳セックスフィニッシュb(約11分)」は吸い中心の耳舐め
「トラック6 耳セックスフィニッシュc(約14分)」は舌先を素早く動かす耳舐めで1回ずつ射精させます。

りお「ほら 感じて? お兄さん 耳の膣壁 かるーく叩くように舐めてあげる」
そして2人はよりSEXらしさが出るようなセリフを投げかけながら進めます。
トラック4は耳かきの動作を舌に置き換えてるようなプレイで
奥から手前へ掻き出す際に微弱な振動が伝わってきます。
質感も外側に比べると低く鈍いものになってます。

圧迫感や閉塞感がもう少しあればよりリアルになると思いますけど
音の質感、動きいずれも十分高い水準に達してます。
2人同時にやるから個々の刺激を多少抑えてバランスを取ってました。

またトラック5はシチュにも新しい要素を加えて彼を上手にもてなします。
具体的にそれが何かは伏せますが、彼の被虐心を煽ることを見据えてます。
彼女たちが意地悪になるわけじゃなく興奮できるスパイスを用意する感じです。
耳舐めもトラック4から大幅に変わってて新鮮な気分で聴けました。

トラック6は縦と横の動きを組み合わせたうえで2人の吐息をさらに熱っぽくします。
前半は舌を小刻みに動かす、後半は穴の奥をやや激しく責めると位置を切り替え
さらに途中から彼女たちが乳首オナニーを加えて純粋なエロさも高めます。
このパートは喘ぎ声の割合が他より高めになってました。
耳舐めだけでなく、それ以外の要素も違いを出してるのが面白いです。

このように、最大の武器である耳舐めをがっつり行うテーマに沿ったエッチが繰り広げられてます。
音の種類と濃さにこだわった耳舐め作品
王道のものからマイナーなものまで幅広く取り揃えてる耳舐め作品です。

いおとりおはお店を初めて利用する主人公に耳セックスの素晴らしさを教えようと
左右に陣取り連携を取りながら耳の外側、穴の入り口、さらに奥を慣れた舌さばきで責め続けます。
そしてパートごとにちゅぱ音の質感、動き、深さを色々変えて単調さをなくします。

明るくてサービス精神旺盛なJKたちが男性の耳を舌で丁寧に犯すノーマル~ややM向けのシチュ
彼の耳をおまんこ、彼女たちの舌をおちんちんに見立てて色んな責め方をする耳舐め特化のエッチ
しゃべる役と舐める役を交互にやってちゅぱ音を途切れさせなくしたり
彼の目の前で乳首やおまんこをいじって熱っぽい吐息を漏らす彼女たちのリード。
JKが持つ明るさやノリの良さをきちんと反映させた耳舐めをします。

中でも耳舐めは単純に時間が長いだけでなく色んな部分にこだわってます。
外側を舐めたり吸ったりするお馴染みの耳舐めは前半シーンでやる程度に留め
中盤以降はパートごとに違うやり方で穴の入り口や奥を重点的に責めます。

耳舐めが好きかどうかで満足度に多少の違いが出るのは否定しませんが
より多くの人が楽しめるように色々配慮してるのも事実です。
早い段階からオナニーを始めたり、フィニッシュを3種類用意してるのがいい例です。
言葉責めも非常にライトで彼をもてなすことを強く意識してます。

射精シーンは3回。
ちゅぱ音多め、淫語と喘ぎ声そこそこです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:日向いお…逢坂成美さん 姉崎りお…MOMOKA。さん
総時間 1:22:30

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年4月24日まで20%OFFの1056円で販売されてます。



サークル「テグラユウキ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、それぞれに違った個性を持つ3人のメイドが
自分たちのご主人様やお客へ個別に、あるいは同時にエッチなご奉仕をします。

セリフよりも音の量をずっと多くした作りが魅力で
前半は3人同時に、後半は3対3とスタイルを変えながら
どちらもちゅぱ音や喘ぎ声といった抜き要素を多めに盛り込み密度の高いプレイに仕上げてます。
エッチの後半は3つの視点でお届けするのも大きな特徴です。
3人のメイドたちに囲まれて
メイ、ヒナ、エルと5種類のエッチをするお話。

「失礼いたします ご主人様 お待たせいたしました」
エルは丁寧語で話す上品な声のお姉さん。
「失礼しまーす 夜のご奉仕に来てやったぞー」
メイは砕けた口調で話す甘い声の女の子。
ヒナと合わせた3人で主人公の部屋に押しかけると
挨拶もそこそこに早速キスや耳舐めをします。

本作品は身の回りだけでなくおちんちんのお世話も日常的にしてる彼女たちが
およそ180分に渡って主人公やお客をエッチな手段でもてなします。
お城へ人を招く描写があることから、主人公は王様や領主といった身分の高い人物なのでしょう。
そんなわけで彼女たちも終始彼に尽くす姿勢を取ります。

エル「メイドたちの舌先でのご奉仕 いかがですか?」
メイ「あるじー 乳首も好きっしょ? あたし知ってんだから 舐めてあげるね」
エルはしっかり者、メイはギャルっぽい性格、ヒナは無口と違う属性を持っており
自分たちに合った口調で話しかけながら協力して色んな責めを繰り出します。
ストーリー性がほとんどない作品なので音声開始から1分後には早速エッチが始まります。

そしてどのパートもセリフより音の割合を上げてエロさ高めに表現します。
何をしてるかの実況は必要最低限に留め、軽い会話を挟みながらエッチな音をガンガン鳴らします。
女性が3人出てくるおかげで同時責めするシーンが多く
時間に対するエロ要素の密度も通常の作品より高くなってます。

テグラユウキさんは以前から音に対してこだわりを持ってるサークルさんです。
だから今作も多くを語らず音で表現することを心がけてます。
位置、距離、鳴らし方、質感といった色んな部分が練られておりプレイに臨場感があります。

サークルさんがこのところ力を入れてるもうひとつの要素は乱交。
物語の後半は3人の男性を登場させ、メイドが彼らを相手する様子を3つの視点で描きます。
男性1人を女性が複数人で相手するシチュは音声作品だとよくあることです。
でも男性側も複数人にするケースは他ではなかなかお目にかかれません。

文化祭限定ギャルハメJK風俗店」から始まってもう半年くらい経ちますけど
私が知る限り今のところこういうエッチが聴けるのはテグラユウキさんだけです。
機材の調達、録音、編集といった技術面がなかなか難しいのかもしれません。

セリフよりも音でエッチを表現する作りと後半から始まる3元中継。
サークルさんが得意とされてる部分をストレートに活かしたノーマル向けの作品です。
甘くやや激しく責めるエッチ
エッチシーンは11パート153分間。
プレイはキス、フェラ、玉舐め、耳舐め、SEX(騎乗位)、メイドのオナニー、体の愛撫、手コキです。
SEX、オナニー、体の愛撫、手コキの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

メイ「あるじはここも好きだもんなー ふふっ」
簡単な挨拶を済ませてから主人公に密着すると
メイドたちは早速彼の唇や耳をゆっくり舐めたり吸って興奮させます。

エッチは終始彼女たちが責め続けます。
最初の2パート36分間は3人を同時に相手するハーレムプレイ。
「#1.ご主人様へメイド3人ご奉仕リップ(約12分)」はキス、耳舐め、フェラといった口を使うプレイ
「#2.ご主人様へメイド3人ご奉仕セックス(約24分)」は
エル→メイ→ヒナの順に騎乗位SEXして合計4回射精します。

ヒナ「はい 舌を入れさせていただきますね」
前置きがほとんどないところを見ると普段も頻繁にエッチしてるのでしょう。
彼女たちも慣れた様子で手分けしながら彼の体を丁寧に責めます。
音だけだとわかりにくい部分はセリフで補足し、それ以外は音を鳴らす形で進めます。
#1はちゅぱ音を鳴らすプレイに集中してるのでなかなか濃いです。

1~2人がおちんちんを担当し残りは唇、耳、乳首を責めてました。
メイ以外の2人はセリフが丁寧ですし、3人とも彼を敬う姿勢を見せるので雰囲気は甘いです。
射精後は口移しで精液を分け合うなど、言葉と行為の両方で彼を大事にしてることを示します。

#2はピストン音、吐息、喘ぎ声といった別のエロ要素が加わります。
1人がSEX、残りの2人はキスや耳舐めとここも役割分担し
3人が同じくらいの存在感を出せるように進めます。

エル「実は 私もう さっきから おまんこがこんなになっちゃって…」
メイ「あるじ あるじー あたしの中でも出してくれる?」
ですが彼女たちの様子を見ると独占欲が強そうなところも感じます。
3人の中で1番しっかりしてるエルが我慢できない様子で一番手を務めたり
無口で大人しそうなヒナが挿入直後からハイペースでピストンするなどです。
彼を取り合って喧嘩することはないですけど、「自分を一番見て欲しい」と思ってる気配はあります。

3人と順番にSEXする展開は良いのですが、1人あたりの時間が約5分とかなり短くなってるのは残念です。
SEX→休憩→SEX→休憩→SEXと続くので、これならSEXの時間をもう少し長くしたほうが
気持ちを高めやすくなってより抜けるんじゃないかと思います。
責めっぷりは割と激しいのでもうちょっと持続力が欲しいなと。

続く9パート117分間は主人公ではなくお客の視点で楽しむエッチ。
「#4.お客様へメイのご奉仕手コキ(約16分*3)」はキス+手コキ
「#5.お客様へヒナのご奉仕フェラ(約10分*3)」はフェラ
「#6.お客様へメイド3人スワップえっち(約13分*3)」は前半と後半で相手を変えてSEXします。

ちなみにこの3パートはどれも3つのパターンが存在し
Aはメイ、Bはヒナ、Cはエルがメインの相手を務めます。
A~Cで音声自体は違いますけどシチュはどれも一緒なので
本レビューでは#4はA、#5はB、#6はCの1パターンずつ紹介します。

メイ「お客様のおちんぽ 滅茶苦茶熱くていらっしゃいます 手火傷しちゃいそう」
ここからは複数人から一対一へ変わるため#1~2よりもやや落ち着いてます。
メイは主人公に対しては砕けてますけど、お客にはちゃんとメイドらしく振る舞います。
普段よりも丁寧な口調で話しながら粘っこいキスとゆっくり目の手コキで丁寧に奉仕します。
ペースアップするのは射精の直前だけで割とまったり責めてました。

そうしてるのはたぶん他の2人の声や音を聞きやすくするためでしょう。
同じ空間で6人がエッチしてるので、やや遠くからヒナやエルの話し声やちゅぱ音が聞こえます。
セリフがはっきり聞き取れることはまれですから環境音に近い位置づけです。
射精後はきちんとお掃除フェラして再度の勃起を促します。

ヒナ「それでは はい ご要望通りにさせていただきます」
#5はヒナの真面目な性格をエロに上手く繋げてます。
お客に「下品なちゅぱ音を鳴らしてほしい」と言われたのを受けて
「ずびびっ」という空気交じりのちゅぱ音をパート内の多くで鳴らします。
ペースは引き続き遅めにして1回1回を力強く鳴らしてました。

途中に軽くせき込んでもフェラを続けるシーンがあったりと、彼女の仕事熱心な性格がよく表れてます。
そして彼女がそういう女性だからこそちゅぱ音とのギャップも引き立ってます。

#6は#2と同じくスワッピングを取り入れてます。
Cを選んだ場合は前半がエル、後半はヒナになり他のパートだと組み合わせが変わります。
内容は5分くらいSEXしてから交代する以前と似た流れです。

ヒナ「そうですね…比較的 大きなペニスだと思います」
ただし、お客によっておちんちんのサイズに違いがあるらしく
Cの場合は大きめのをやや大変そうに挿入する描写があります。
後半のヒナは他の2人よりも早く射精を迎えるなど早漏、遅漏の属性も盛り込んでました。
男性が複数人いる作品ならではの演出だと思います。

このように、キャラの違いを出しながら音の量と密度にこだわってる濃いエッチが繰り広げられてます。
音重視の甘い作品
メイドがするエッチなご奉仕をサークルさんらしいやり方で形にしてる作品です。

3人のメイドは敬愛する主人公に気持ちいい時間を提供しようと
パートごとにプレイを変えながら役割分担して複数の性感帯を同時に責めます。
そして物語の後半は彼が呼んだお客に尽くしてその様子を3つの視点からお届けします。

しっかり者、ギャル、無口と違う属性を持つメイドたちがご主人様やお客に奉仕するシチュ
セリフよりも音の割合を上げたうえで複数同時に鳴らす密度の高いエッチ
前半はハーレム、後半は乱交とスタイルを変えてエッチする珍しい作り。
聴き手が王様になった気分で聴けるよう豪華な作品に仕上げてます。

中でも2番目はかなり尖らせてると言いますか、通常の作品よりも目に見えて会話量を減らしてます。
パートごとのプレイを絞ってるからあまりしゃべる必要がないのもあります。
あとは純粋に音を楽しんでもらいたいのもあるでしょうね。
音に対して強いこだわりを持つサークルさんの気持ちがわかりやすく込められてます。

エッチは前項で書いたSEXの短さを除けば概ねまとまってます。
少なめですが掛け合いを挟んで彼女たちの性格の違いも出してますし
女性にたっぷり尽くされるのが好きな人ほど興奮できるし満足できます。

射精シーンは16回。
くちゅ音とちゅぱ音多め、喘ぎ声それなり、淫語そこそこです。

CV:メイ…秋野かえでさん ヒナ…浪実みおさん エル…柚木つばめさん
総時間 2:56:14

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年4月16日まで30%OFFの1540円で販売されてます。



サークル「防鯖潤滑剤」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、現実世界とは別の時空に住んでる双子の女の子が
偶然迷い込んできた男性を色んなエッチでもてなします。

淡々とした様子であまあまなエッチをするのが特徴で
彼の好きな耳舐めや淫語責めを積極的にやっておちんちんを元気にしたり
精液は必ず上下の口で受け止めて幸福感や満足感を与えます。
キャラはクールですが事務的感はまったくないのでノーマルな人も普通に楽しめます。
処女の双子とみっちり子作り
リサ(挿し絵右)、リト(挿し絵左)と4種類のエッチをするお話。

「こんにちは、お兄さん」
リサとリトはややトーンの違うどちらも穏やかな声の女の子。
森の中で道に迷った主人公に声をかけると、近くにある自分たちの村へ案内します。

本作品は現実とは別の場所(並行世界)で育った双子が
ここへ偶然やって来た彼とおよそ130分に渡って子作りに励みます。
ふたつの世界は通常だと行き来できないようになってますが
何らかの事情で時々繋がることがあり、彼以外にもここを訪れた人がいるそうです。
およそ1週間後に再びそうなることも知ってるので、その時まで村でのんびり過ごします。

リト「さすがに、一度や二度のおまんこだけでは、確実に妊娠できるとは言えないでしょう。少しでも可能性を高めるために、毎日、子作りさせてください」
しかし彼女たちは完全な無償で彼を泊めるわけではありません。
元の世界へ戻るまでの間はエッチしまくって種付けするようお願いされます。
並行世界の人同士で子供を作ることもできるそうですが
それを続けてたら村全体が血の繋がった者だらけになりそのうち滅びます。
作中で「子作り担当」と呼んでることから、適齢期の女性が交代で外の男性から精液をもらってるのでしょう。

この世界におけるSEXは村の人口を維持するための手段という意味合いが強いので
物語の開始時点で彼女たちも彼に好意や愛情は特に持ってません。
エッチ開始後も普段と同じクールな声で接します。
たぶん音声を聴き始めた直後はやや事務的な印象を受けるでしょう。

リト「お兄さんのおちんぽが、最高に気持ちよくなれて。睾丸……タマタマの中身が空っぽになるまで、中出ししてもらえるように……リトたちも、創意工夫させていただきます」
でもエッチの内容は声のイメージとほぼ正反対で非常に手厚いです。
彼がどうすれば喜ぶかを即座に察知して嗜好に合った責めを繰り出し
セリフも彼を持ち上げたり興奮させることを強く意識してます。
肝心のSEXも嫌な顔ひとつせず2人が順番で処女を捧げて中出しまで許します。

このクールな女の子たちがとことん甘いプレイをするのが本作品最大の特徴です。
サークルさんの過去作「双子で事務的なJKメイドに性欲処理される生活。」や
双子でクールなJKアイドルが性処理オナホになってくれる生活。」と似た部分を持ってるので
これらを好きな人が一番楽しめると思います。
M向けの要素がまったくと言っていいほどないので属性はほぼノーマルです。

エッチについては双子相手ということで常に2人が協力して責めます。
片方がSEXしてる時はもう片方が耳舐めしたり
フェラとキスを同時にやって別のちゅぱ音をお届けするなどなかなか濃いです。

リサ「お・ま・ん・こ。……ですとか」
リト「こういった……少し、下品めな淫語がお好きなようですね」
また彼が淫語に反応しやすいことを利用し淫語責めを積極的にやります。
クールな声で「おちんぽ」や「おまんこ」をガンガン言うギャップを持たせた責めっぷりです。
射精時にはぴゅっぴゅのセリフで応援するなど、淫語好きなサークルさんの持ち味がしっかり出てます。

クールな双子が温かみのあるご奉仕をするシチュと淫語を多めに交えた複数人プレイ。
ほぼ正反対の属性を持つ要素を上手く融合させたエロくて穏やかな作品です。
少しずつ変わる双子の心
エッチシーンは4パート99分間。
プレイは耳舐め、SEX(騎乗位、対面座位)、オナホコキ、乳首舐め、フェラ、キス、乳揉み、双子同士で精液の口移し、双子のオナニーです。
SEX、オナホコキ、オナニーの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

リサ「お兄さんの服、お脱がせいたします……」
リト「ん……しょ、っと……」
主人公に事情を話して無事同意を得た双子は
彼の服を脱がせてから両耳舐めしてまずはおちんちんを元気にします。

エッチはどのパートも彼女たちが責め続けます。
前半の2パート45分間は本作品のコンセプトや彼女たちの特徴を前面に押し出したプレイ。
「1.『リサとリトと、子作りしてください』(約30分)」はリサ→リトの順に騎乗位SEXし
「2.『本物のオナホでご奉仕いたします』(約15分)」はオナホコキで気持ちよくします。

リサ「今まで、おちんぽを挿入した経験がないものですから……桜色のお肉が、ぴったりと閉じたままですが……」
リト「クリトリスは、ぷくっと膨らんでいて。食べごろです」
この並行世界には人以外に物も流れ着いてくることがあるらしく
そこで手に入れたエッチな教材を使って今まで色んな勉強をしてきました。
だから男性と初めてエッチする状況でも不安がる様子は特になく
彼が喜びそうなことをガンガンやってスムーズに興奮させます。

肝心のSEXも騎乗位で挿入してからゆっくり腰を動かす割と穏やかなものです。
喘ぎ声の代わりに熱っぽい吐息を頻繁に漏らし
やや下品な淫語責めと耳舐めを組み合わせて抜きやすい空気を作ります。
愛情はほとんどありませんが彼のために尽くす姿勢は強く見られて健気に感じました。
会ったばかりの男性に自ら進んで処女と中出しを捧げる展開も甘いです。

リト「いえ。恥ずかしがる必要など、まったくありません。お兄さんのどんな性癖も、どんな欲望も、リトたちは笑ったりしません」
2番目のオナホコキは彼女たちの包容力がよく表れてます。
毎回SEXでは彼が飽きるだろうと思って偽物のおまんこを用意し
引き続き淫語を多めに投げかけながら耳、乳首、おちんちんを同時に責めます。
彼が乳首で感じても見下すどころか好意的に受け入れる姿がすごく優しいです。

子作り担当だから仕方なく相手するのではなく
彼のことを第一に考えながら工夫して責めることを常に心がけてます。
男性の気持ちを一切考慮せず無慈悲に責める事務的プレイとはほぼ対極に位置する内容です。
子作りが目的でもSEXに固執せず、彼がより良質な精液を出せる環境作りに努めます。

後半の2パート54分間はクールな2人に多少の変化が表れます。
「3.『お外でお口えっちしましょう』(約16分)」は村の中を散策してる途中でキス&フェラを行い
「4.『“好き”と言い合いながら子作りおまんこしましょう』(約38分)」は
彼が元の世界へ戻る前の晩に再びリト→リサの順に対面座位でSEXします。

リト「それに。ベロとベロを絡ませると、体がぽかぽか温かくなるような気がします」
彼と1週間近く生活を続けて多少は感化されたのでしょう。
普段通りのクールな声で彼女たちの中に不思議な感情が芽生えてることを漏らします。
たぶん好意や愛情にあたるのでしょうけど、それが何かわからず戸惑ってるように見て取れます。

またフェラ、ベロチュー、精飲と口を使うプレイで固めてるおかげで
複数のちゅぱ音が同時に鳴るシーンが多くエロさ高めです。
前半の2パートは淫語重視でしたから、ここで責めの方針を変えてメリハリをつけてます。
物語が佳境に入ったのを受けてキャラとエッチの両方に新しい要素が加わってます。

そして最終パートは時間、エロさ、温かさのすべてが最も充実してます。
騎乗位よりも顔の位置が近くなる対面座位を選んでピストンとキスを繰り返し
さらに彼のリクエストを受けて「好き」と何度も言って甘さをさらに強化します。
SEXしないほうは耳舐めで応援してました。

リト「確かに、これなら……〝好き〟と言い合ったほうが、気持ちが盛り上がるのも、納得です」
彼女たちがSEXが持つ別の意味を理解し始めてるのが印象的でした。
最初は単なる生殖行為にすぎなかったプレイを愛情表現へと変えてます。
これのおかげで同じSEXでも最初と最後のパートでは雰囲気が随分違います。
引き続き喘ぎ声は漏らしませんけど、吐息は前回よりも明らかに熱っぽいです。

このように、双子の心情変化も描きながら彼にとことん尽くす甘さの強いエッチが繰り広げられてます。
心がぽかぽかする作品
偶然出会った男女がエッチを通じて少しずつ仲良くなるイチャラブ系の作品です。

村のルールで子作り担当になったリサとリトは主人公の子供を確実に妊娠しようと
物語の序盤で早速SEXして精液をおまんこでしっかり受け止めます。
そしてその後は無理のない頻度でエッチしながら心の距離も徐々に近づけます。

別世界に住んでる双子が初対面の男性と子作りSEXに励む変わったシチュ
SEXシーンを長めに用意し1回目と2回目で違う魅力を持たせるテーマに沿ったエッチ
淫語を多めに投げかけながら彼が喜ぶことを積極的にやる健気な責めっぷり。
サークルさんが以前からやられてる「事務的キャラの甘いエッチ」を独自の世界観で行います。

中でも2番目は会った直後と別れる直前にSEXするのでそれなりの違いが見られます。
通常だと処女喪失や初中出しが絡んでる1回目のほうが甘く感じるのですが
本作品の場合はむしろある程度仲良くなった後にする2回目にそれが強く表れてます。
当初の目的である精液と、異性を愛することの大切さを彼女たちが同時に受け取るからです。

キャラが崩れないように彼女たちは最後までクールなままでいます。
でも彼と過ごした1週間が大きな影響を与えたのは間違いありません。
そういう温かみを感じる要素があるおかげで普段よりも満たされた射精が迎えられます。
異世界でエッチする状況を上手く活かして良いお話にまとめてます。

エッチはパートごとの時間が比較的長く、すべてが複数人プレイなのでどれも濃いです。
淫語を意識して多く盛り込んだりちゅぱ音重視のパートを挟むなど細かな工夫も見られます。
彼女たちの属性を大事にしてるのでそこまで激しく責めるシーンはありません。
彼の心身に負担がかからないよう徐々に刺激を上げる方針で進めます。。

射精シーンは6回。
淫語とくちゅ音多め、ちゅぱ音と吐息それなり、喘ぎ声はありません。

おまけは「二人で左右から耳舐めさせていただきます」です。

CV:逢坂成美さん
総時間 2:21:59(本編…2:14:36 おまけ…7:23)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年4月14日まで10%OFFの1089円で販売されてます。
過去作も4月14日まで50%OFFの550円で販売されてます。



サークル「SWEET×MONSTER」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、現実世界の嫁と2次元世界の嫁が
個別に、あるいは同時にエッチして幸せな時間を過ごします。

甘さとエロさを両立させた抜きやすいエッチをするのが特徴で
2人とも序盤から好感度MAXの状態で接しながら
前置きを大幅に削りくちゅ音、ちゅぱ音、喘ぎ声をガンガン流して興奮と射精を応援します。
2人の嫁とたっぷりイチャイチャ
ゆいこ、クレアと6種類のエッチをするお話。

「あ、だーめ お触り禁止だよ? 今日は 私があなたに たっぷり尽くしてあげる日なんだから」
ゆいこ(挿し絵左)は可愛くて穏やかな声のお姉さん。
主人公の右耳を早速舐めてからじっとしてるように言うと
さらに腰をゆっくり打ちつけておちんちんも気持ちよくします。

本作品は立場は違えど彼のことを深く愛してる2人の女性が
スタイルを変えながらおよそ75分に渡って色んなエッチをします。
ゆいこは現実世界で結婚してる正真正銘の嫁
クレアは彼が以前からオナニーのオカズにしてる2次元の嫁にあたります。

最大の魅力は甘さとエロさ。
序盤から夫婦らしくイチャイチャしながらエッチな声や音を鳴らして楽しい時間を過ごします。

「はしたない声 いっぱい出ちゃう やっぱり生だと 全然違うね」
ゆいこは恋人だった頃はエッチにそれほど熱心ではなかったのですが
結婚して生SEXを経験したらすっかりハマり、以降は彼の体を積極的に求めます。
そして熱いキスや耳舐めをしたり、ピストンのたびにエロ可愛い喘ぎ声を漏らして男心をくすぐります。
愛の言葉も随所で投げかけますし、幸せの絶頂期にいるのが自然と伝わってきます。

「旦那様の 奥方として 当然のことをしてるだけですよ」
それに対してクレアは彼に尽くす姿勢を見せます。
彼のことを「旦那様」と呼びながらおちんちんを愛おしそうに舐めしゃぶり
SEXの時も初々しい反応を見せて大好きな人とひとつになれた喜びに浸ります。
2人の付き合いは長いですけど、彼女が画面から出てきてエッチするのは今回が初めてだそうです。

ゆいことクレアが対面した時も喧嘩することはありません。
左右に陣取り協力して耳やおちんちんを責め続けます。
彼に対して同じ思いを持つ者同士だから分かり合えたのでしょう。

エロさについてはちゅぱ音や効果音が軒並みリアルなのに加えて
どのパートも開始から5秒後には早速エッチが始まります。
本当に何の前置きもなくちゅぱ音が鳴り始めるので最初は驚くと思います。
「気軽に、手軽に抜ける作品を目指した」とサークルさんがおっしゃられてる通り抜きを強く意識してます。

もうひとつ、本作品は2021年3月25日までたったの110円で販売されてます。
26日以降は1100円になるそうですから、今聴く時間がない人もとりあえず買っておくことをおすすめします。
愛を込めて責めるエッチ
エッチシーンは6パート70分間。
プレイは耳舐め、SEX(騎乗位、正常位)、キス、フェラ、素股、電マ/ローター責め、手マンです。
SEX、素股、電マ/ローター責め、手マン、射精の際に効果音が鳴ります(01~04パートは無しも選択可)。

「ぎゅって 強く抱きしめられるの 好き」
騎乗位SEXで主人公を射精に導いたゆいこは
繋がったままキスやハグをして絶頂の余韻に浸ります。

エッチは状況に応じて責め手を交代しながらほぼ対等な立場で愛し合います。
最初の2パート34分間は一対一でするシーン。
「01_ゆいことえっち(約17分)」はゆいこが耳舐め、キス、SEXを
「02_クレアのおしゃぶり(約17分)」はクレアがフェラやお掃除フェラをします。

ゆいこ「あっ あぁすご 気持ちいいとこ 全部バレちゃってて 恥ずかしいから 声我慢したいのにっ あっ 漏れちゃうよぉ」
そして本作品の売りである甘さとエロさが早速威力を発揮します。
01パートは開始時点で既にSEXしてるのでちゅぱ音とピストン音がすぐ鳴り始め
1回戦は騎乗位、2回戦は正常位とお互いに責め合う形で2度の絶頂を目指します。
無駄をとことん省いてるおかげでエッチだけを楽しめるようになっててなかなか濃いです。

またサークルさんがリアリティを追求して制作されたそうで
特にちゅぱ音は臨場感が高いです。
舌の細かな動きが音だけでなんとなくわかる品質を持ってます。
ゆっくり目に責めてくれますから音の違いを聴き取りやすく感じるでしょう。

クレア「旦那様のぴゅっぴゅした精液 ぜーんぶ飲んじゃいました すっごく濃厚でしたね」
02パートはクレアが初めてエッチするので一途さや初々しさを前面に押し出してます。
寝ている彼のおちんちんへむしゃぶりついてじっくり味わい
起きた後は亀頭や裏筋といった弱点を個別に責めてさらに気持ちよくします。
精液はきっちり口で受け止め飲み干すなど、男性がされたら喜ぶことをしっかり押さえてありました。

続く「03_嫁と嫁の中出し懇願えっち(約21分)」は2人が協力して責めるパート。
ゆいこは右、クレアは左に陣取って両耳舐めしてからクレア→ゆいこの順にSEXします。

両耳舐めは左右から違うちゅぱ音が同時に鳴りますし
SEX中も片方はピストンやキス、もう片方は耳舐めと連携を取って責めてました。
01~02パートに比べてエッチな声や音の密度が高く実用性がさらに上がってます。
2人が仲良く責めるシチュも相まって、ものすごく甘い空気が漂ってました。
体位はどちらも騎乗位、SEXの時間は6分ずつと存在感が同じになるよう調整してます。

残りの3パート15分間はサクッと抜きたい人向けのプレイ。
「04_嫁と嫁の囁きオナニーサポート(約5分)」は
愛の言葉、シコシコボイス、ぴゅっぴゅのセリフで応援するオナサポ
「05_玩具に責められるゆいこ(約5分)」と「06_玩具に責められるクレア(約5分)」は
パート名についてる子が電マやローターで責められてる様子を楽しみます。

04は実際にオナニーする時間がおよそ1分しかないので
05と06のほうがいいオカズになると思います。
使うおもちゃが違うのか両者で鳴る音が被ってませんし
手マンの音や感じてる声も流れてこっちのほうがずっとエロいです。

このように、嫁らしく愛情を注ぎながら気持ち良くするあまあまラブラブなエッチが繰り広げられてます。
満たされながら抜ける作品
イチャラブ感とエロさを上手く両立させてるノーマル向けの作品です。

ゆいことクレアは大好きな主人公と幸せで気持ちいい時間を過ごそうと
まずは個別にSEXやフェラをしてそれぞれの個性や想いの強さを表現します。
そして3番目のパートは2人同時に責めてより濃いプレイを提供します。

現実世界の嫁と2次元の嫁が個別に、あるいは同時にご奉仕する甘いシチュ
エッチに直接関係ない部分を極力削いだ抜き重視の作り
最中に鳴るリアルなちゅぱ音の数々。
サークルさんがおすすめポイントとして掲げられてる要素を違和感なく融合させてます。

中でも2番目はなかなか見かけない構成なので驚きました。
キャラ設定はあるけどストーリー性はほとんどない作品なので
キャラの魅力を出しつつエロさを上げる感じに仕上げてます。
連続射精するパートがふたつありますし、雰囲気の甘さに反して責めっぷりはやや激しいです。

射精シーンは6回。
くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声それなり、淫語そこそこです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。
あまあま路線で抜きにも使える作品が好きな人には特におすすめします。

CV:天知遥さん
総時間 1:21:00(本編…1:14:24 フリートーク…6:36)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
割引中はコスパが良いので9点をつけます。



サークル「あやめ勝負」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、他の人外娘に押されて経営難に陥ってるサキュバス風俗店で
そこの責任者が精力旺盛な男性に色んなサービスをして宣伝します。

序盤から分身して左右に陣取り別の性感帯を2人で同時に責めたり
フェロモン、媚薬、尻尾責め、搾精といったサキュバスらしさを感じる要素をいくつも盛り込むなど
彼女の個性と複数人プレイを組み合わせたエロくて濃いエッチをするのが特徴です。
プレイは割とハードですが雰囲気は穏やかなのでややMあたりの人が丁度いいでしょう。
お客が来ない風俗店を救うために
サキュバスと5種類のエッチをするお話。

「こんにちは ふふっ、君が応募してくれた子ね 当選おめでとう♪」
サキュバスは明るくて穏やかな声のお姉さん。
主人公の隣に座ってこれから行う企画の内容を説明すると
彼を選んだ理由にも触れてから分身して左右に陣取ります。

本作品は人間と魔物が仲良く共存してる平和な世界で
風俗店を経営する会社に勤めてる彼女が彼と協力しておよそ110分に渡るエッチな宣伝をします。
ここではサキュバス以外の人外娘も風俗店を出しており
それらに押されて現在はお客があまり来ない状況が続いてます。
サキュバスとするエッチは定番すぎて真新しさに欠けるのが原因のようです。

「精力を吸うのが生業のサキュバスがこの業界で負けるわけにいかないし、サキュバス全体で力を合わせて盛り上げようってなったのよ」
彼女はこの地域の風俗店を統括してる比較的地位の高い人物ですが
エッチの腕も一流でこの危機を体を張って乗り切ろうとします。
ある手段で選考した結果優れた精力を持つと診断された彼をパートナーに選び
カメラを回しながら色んなプレイをしてサキュバスの素晴らしさを改めて広めようとします。

サキュバスの魅力をアピールするためにエッチするので
人間の女性相手では出てこない要素がいくつも盛り込まれてます。

純粋なエロさももちろん高いですからオナニーの良いオカズになるでしょう。
彼がMなので途中に多少意地悪することもありますがどぎつい描写はありません。
現実世界の風俗店と同じくお客を満足させることを大事にしながらリードします。

「サキュバス風俗店は一人指名したら二人指名したのと一緒っていうのも宣伝したいから基本このスタイルで責めてあげるからね」
そのわかりやすい例がエッチの序盤から分身して責めること。
左右に陣取り連携を取りながら複数の性感帯を責めたり彼が興奮する言葉を投げかけます。
両耳舐めのように同じ部位を同時に責めるシーンはあまりなく
キス+乳首責め、耳舐め+SEXなど別のプレイを組み合わせることが多いです。
エッチな声や音の密度も高く、バイノーラル録音も相まってリアルなエッチが味わえます。

OLっぽい穏やかなサキュバスが持ち味を活かしたエッチをするシチュと複数人プレイ。
物語の背景やキャラを上手く反映させたややM向けのサキュバス作品です。
サキュバスの魅力が詰まったエッチ
エッチシーンは5パート92分間。
プレイは両耳舐め、手コキ、キス、乳首責め、フェラ、パイズリ、乳揉み、尻尾オナホコキ、SEX(騎乗位、正常位)です。
手コキ、パイズリ、尻尾オナホコキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ふふっ♪ いつもより敏感になった気がする? 敏感になってるんだよ サキュバスの匂いには強い催淫作用があるからね~♪」
諸々の手続きを終え主人公に抱きついたサキュバスは
フェロモンを嗅がせながら左右の耳を優しく責めてやる気にさせます。

エッチは最終パートを除き彼女が責め続けます。
最初の3パート53分間はサキュバスらしさを大事にしてるプレイ。
「02 両耳舐め言葉責め手コキ♪(約27分)」は両耳舐め手コキ
「03 ふわふわ誘惑パイズリ♪(約15分)」はフェラを経由してからのパイズリ
「04 搾精尻尾オナホ♪(約11分)」はオナホのような形状をした尻尾でしごいて合計4回射精させます。

左「ふふっ♪ 君を責めるのが楽しすぎてつい意地悪したくなっちゃうわ♪」
彼女はサキュバスなだけあって男の弱点を見抜くのが得意です。
軽めのプレイをした結果彼がMだと判断し、以降は多少焦らしたり意地悪する方針を取ります。
耳に吐息を吐きかけたり擬声語を囁いてゾワゾワさせる
キスと乳首責めを左右から同時にやりながらおちんちんをゆっくりしごくなどです。

序盤からハードなことをしたらあまり良い宣伝になりませんから
少しずつギアを上げる形でじっくり追い込みます。
片方がしゃべってる間はもう片方が耳舐めしたりと2人の連携が取れてました。
効果音も同じ音を垂れ流すのではなく、動きや速度に緩急をつけてリアリティを出してます。

右「はーい♪ びゅっびゅっびゅー♪ びゅるびゅるびゅー♪ 気持ちいいね幸せだね♪」
射精シーンで必ずぴゅっぴゅのセリフを言うのも良いですね。
出すタイミングがわかりやすいのに加えて興奮も高めやすくなります。
片方が多めに言ったり2人で同時に言うなどパートごとにスタイルを変えてました。
心と体をバランスよく責めるところにプロらしさを感じます。

サキュバスとしての個性が最も出てるのは04パートでしょう。
にちゃにちゃした水音を鳴らしながら緩めに責めて気持ちいい射精へ導きます。

右「おちんちんが飲み込まれる度、熱くうごめく肉壁にこすれ、気持ちよさを増幅させる愛液がおちんちんに染みこみで あんっ♪ また跳ねたっ♪」
現実世界ではできないプレイだからでしょうけど、他のパートよりも実況を丁寧に行ってました。
ゆっくり挿入してから後になるほどペースを上げ
彼が射精しそうになっても軽く意地悪してもどかしい気分を与えます。
責めてないほうは耳舐めで応援したりと2人いる状況も活かしてあってなかなか濃いです。

続く2パート39分間はSEX中心。
「05 ラストシーンだよ♪ サキュバスの本気騎乗位♪(約20分)」は騎乗位
「06 大成功のお礼♪ らぶらぶ契約正常位(約19分)」は正常位で1回ずつ射精させます。

左「サキュバスを気持ちよくさせようなんていう身の程知らずのおちんちんには徹底的にお仕置きしないとね♪」
05パートは宣伝映像の最後を飾るシーンということで
普段よりもSっ気を上げてサキュバスに搾精される雰囲気を出します。
声や態度は引き続き穏やかですが多少過激なことを言うので
ここだけはややMよりもM向けかなぁと私は思います。

肝心のSEXも風俗店らしく堅実に進めます。
素股を挟んでから挿入し、まずはゆっくり動かしておまんこの感触を楽しませます。
そしてある程度経つと平均ペースを徐々に上げながら緩急をつけて確実に追い込みます。
喘ぎ声はほとんど漏らさない代わりに吐息を多くしてました。
言葉責めや耳舐めも積極的にやっててエロ要素が充実してます。

「君とセックスしてるってだけで十分幸せだよ ふふっ♪ ねぇ、手繋ごうよ ほら、両手を開いて恋人繋ぎしよ♪」
それに対して06パートはご褒美色の強いプレイ。
宣伝が無事成功し大盛況になった風俗店へ再びやって来た彼が
彼女と再度SEXしながらエッチな契約を結びます。
前のパートとは違って彼に責め手を任せ、彼女は幸せそうな表情で語りかけてきます。

ここだけは1人で相手しますから他のパートよりも落ち着いてる印象を受けます。
キスしながらピストンするシーンが多く恋人に近い空気が漂ってました。
仕事を通じて知り合った2人がお互いに惹かれ合ってるのが伝わってきます。
契約をするところはサキュバスらしいとも言えますし、本作品の特徴を維持したまま穏やかに締めくくってます。

このように、十分なエロさを出しながら穏やかな雰囲気で責める聴きやすいエッチが繰り広げられてます。
マイルドなサキュバス作品
サキュバスの要所をしっかり押さえたうえで独自要素を盛り込んでる作品です。

サキュバスは経営不振に陥ってる風俗店を救うために
良質な精気を持つ主人公を選んでエッチの一部始終を録画します。
そして多くのシーンで分身したりフェロモン、媚薬、尻尾、搾精など
サキュバスから連想されるものを色々入れて個性とエロさを出します。

お店の面倒を見ながら風俗嬢もやってる働き者のサキュバスが
他の人外娘に奪われたお客を取り返すためにエッチな宣伝をする面白い設定
2人いる状況を活かして言葉責め、ちゅぱ音、吐息、効果音を複数同時に繰り出す密度の高いエッチ
サキュバスの魅力をアピールしながらエッチを進めるテーマに沿った作り。
作品数が多いジャンルだからこそ、他との違いをはっきり出す形で作品を組み立ててます。

中でもエッチは期待を裏切らない品質を持ってて抜きやすいです。
焦らしたり意地悪するのは彼の性癖に合わせてるだけですし
終盤にはあまあまなSEXをするので面倒見のいい彼女の性格がきちんと反映されてます。
ハードさや無慈悲さを和らげてありますから、この内容ならややMがメインターゲットになるでしょう。

あとは複数人プレイの運用が上手です。
同じことを一緒にやるのではなく2人が違う役割を持って動きます。
ソフトな言葉責めを積極的にやったりぴゅっぴゅのセリフを多く言うのも印象的でした。

射精シーンは6回。
くちゅ音多め、淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

「サキュバスは好きだけどきついのはちょっと…」という方には特におすすめします。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 1:54:08

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年3月23日まで15%OFFの841円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



サークル「ブラックマの嫁」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、緑豊かな場所で温泉旅館を経営してる親戚のお姉さんが
しばらく居候することになった男性をエッチな手段で甘やかします。

2人の違いを出しながらたっぷりご奉仕する甘いシチュが魅力で
姉は貞操観念がないのか序盤から積極的にお世話する
妹は2人のエッチを止めるため仕方なくやってるように見せて実はすごく楽しんでる、といった具合に
ほぼ正反対の態度を取って若い男の体を存分に味わいます。
ちゅぱ音、吐息、効果音、環境音の質が高く臨場感があるのも魅力です。
若女将たちの気持ちいいおもてなし
親戚のはな(姉 挿し絵右)、アヤ(妹 挿し絵左)と4種類のエッチをするお話。

「あら うふふ いらっしゃいませ ご入浴のお客様ですか?」
はなは明るくてしっとりした声のお姉さん。
旅館へやって来た主人公が予約を取ってないのでアヤを呼ぶと
紹介されて来たことを聞いて一応確認します。

本作品は旅行できないこのご時世で少しでもその気分を味わってもらうことを目的に
彼女たちが長期休みを利用して来た彼をおよそ130分に渡ってエッチにもてなします。
彼らは親戚にあたりますがそこまで面識があるわけではなく
冒頭シーンでは彼の体が聞いてたよりも大きくて驚く様子が描かれてます。

はな「仲良くするには裸の付き合いが一番よ ほらほら遠慮しないで こっち来て?」
はなはやや抜けたところがあるのんびりした女性。
たぶん高校生くらいの年齢にあたる彼を仕事の合間にあれこれお世話します。
自慢の温泉に入ってる時は裸になって体を洗う、翌朝はおまんこを使って朝立ちおちんちんを鎮めるなど
年上の女性から連想される優しさや温かさを感じるシーンが至るところで登場します。

エッチもごく一部を除いて甘く責めますからおねショタっぽい空気が漂ってます。
妹のアヤもなんだかんだで優しいですし属性はほぼノーマルです。
最初は興味本位で相手してたのが、後になるほど彼女たちのほうがのめり込んでくのがわかります。

もうひとつの魅力は最中に鳴る音。
旅館で過ごしてる気分がリアルに味わえるように色んな環境音が流れます。
彼が旅館に着いた時は鳥の声や時計の音、温泉はお湯がさらさら流れる音と
彼らがいる場所や時間帯に応じて変化するなかなか凝ったものです。
部屋にいる時も近くで水がちょろちょろ流れる音がしてました。

効果音も全体的に高品質で彼女たちがすぐそばにいる感覚に浸れます。
サークルさんが得意とされてる耳舐めはおよそ41分ありました。
他の作品に比べれば少ないですけど、両耳舐め主体にして密度を上げてます。

先に本作品で唯一健全なサービスをする「03_スッキリした後のお耳掃除(約20分)」を紹介します。
これは温泉ではなと最初のエッチをした後に出てくるパートで
綿棒、耳垢水、梵天、クリームマッサージを左右同時に行います。

そして先ほど説明したリアルな効果音が早速威力を発揮します。
綿棒は「ぞすぞす」という柔らかくて乾燥した音、耳垢水は「ぷすぷす」という湿り気を帯びた音
梵天は綿棒よりも面積が広く滑らかな音、とそれぞれに専用の音を用意し鳴らし分けてます。
耳かき音声の制作歴が長いサークルさんなだけあってどれも質が高いです。

耳かきで20分は決して長い時間ではありませんが
左右同時にお世話するおかげで濃厚なひと時を送れます。
2人も何気ない雑談を挟んで場を和ませますし、本作品の良いところがわかりやすく表現されてます。
イチャラブ感の強いエッチ
エッチシーンは4パート89分間。
プレイは体を洗う、手コキ、素股、授乳、SEX(対面座位、騎乗位?)、フェラ、パイズリ、パンツコキ、パンツをはくです。
体を洗う、手コキ、素股、SEX、パイズリ、パンツコキの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

はな「君にとって 私もちゃんと女だったのね 嬉しいな」
温泉へ入浴中の主人公のところへ裸でやって来たはなは
体を洗ってる最中におちんちんが勃起してることに気づきそちらもお世話してあげます。

エッチは年上の彼女たちが終始責め続けます。
前半の2パート43分間は一対一でご奉仕するシーン。
「02_お背中流してあげる(約25分)」ははなが手コキ、素股、ほんの少しのSEX
「04_夜這いはさせないわよ(約18分)」はアヤがパイズリフェラで1回ずつ射精させます。

はな「おっぱい吸いたいの? 赤ちゃんみたいで可愛いわね」
彼女は彼が自分の体で興奮してくれたことが嬉しかったのでしょう。
すぐ暴発しないようにゆっくりペースで責めながらおっぱいも吸わせて甘やかします。
パート後半はおまんこを擦りつけて追い込んだりと序盤から大胆なリードをします。
作中では「おばさん」と言ってますけど、まだアラサーなので熟女と言うほどではありません。

このパートで面白いのは射精シーン。
出る直前まで素股を続け、射精の時だけ挿入し中出しさせます。
彼が童貞だから奪わない範囲で味わいたかったのかもしれません。
彼女が性におおらかな性格だからこそ、先ほど会ったばかりの男性相手にここまでするのでしょう。
効果音や環境音もしっかりしており温泉でエッチしてる感じがよく出てました。

アヤ「熱い それに太い お口の中に入りきらないくらい いけない子」
04パートで相手を務めるアヤははなよりもずっとしっかりしてるお姉さん。
姉が彼に襲われるのを防ぐ名目でおちんちんを味わいます。
最初は少しツンツンした態度を取りますが、それは素直になれない性格のせいで本心ではありません。
その証拠にしばらくすると嬉しそうな表情でむしゃぶりつきます。
フィニッシュもしっかり口で受け止め飲み干してくれますし、姉に負けないくらいの淫乱さを持ってます。

後半の2パート46分間は2人が協力して責めるシーン。
「05_若さってすごい!(約24分)」は両耳舐め+SEX
「06_同居生活でのオナニー事情(約22分)」は両耳舐め+パンツコキで合計3回射精させます。

そしてここからは耳舐めが一気に存在感を増します。
前半は2パート合わせて5分程度しかやらなかったのが05は24分、06は12分と十分な時間が取られてます。
舐め方は外側を舐めたり吸うスタンダードなものです。

アヤ「今 すっごい跳ねた これじゃほんとに暴発しちゃうんじゃない?」
はな「それだけアヤちゃんの中と お耳舐められるのが気持ちよかったってことね いいんじゃない? それなら出しちゃっても」
特に05パートはSEXと同時にやりますが挿入後はピストンを一切しません。
膣圧だけで刺激を与えながら両耳を舐める変わったプレイになってます。
ピストン音が鳴らないのでほぼ耳舐めパートと呼んでいい内容です。
2人とも嬉しそうにお世話しますし、初めて会った時よりも打ち解けてるのがわかります。

06パートはそんな彼女たちの気持ちがプレイに反映されてます。
使用済みパンツを使ってこっそりオナニーしてたのを発見し
パンツコキやパンツをはかせたままの腰振りで情けない射精に導きます。

アヤ「そんなに私たちのパンツ シコシコ気持ちいい? へんたぁい」
一部でややM向けの言葉責めも出てきますが本気で見下してるわけではありません。
言ってくれればいつでもエッチするのに、それをやらずパンツで済ませるからお仕置きするわけです。
嫉妬心の裏返しみたいなものなのでノーマルな人でも普通に聴けるでしょう。
2人にとって彼はもう家族同然の存在になってるようです。

このように、2人の個性を出しながら前半と後半で違う甘やかし方をする和やかなエッチが繰り広げられてます。
音が魅力のイチャラブ作品
上品で淫乱なお姉さんたちとイチャイチャする様子をリアルに描いた作品です。

はなとアヤは親戚に頼まれてしばらく預かることになった主人公を喜ばせようと
最初からお姉ちゃんぽい態度で接しながらおちんちんのお世話もします。
そして物語の後半からは彼女たち自身が楽しむ意味合いも強くしてより濃いプレイに挑戦します。

おっとりした姉としっかり者の妹が年下の男性を優しく責めるほぼノーマル向けのシチュ
前半は一対一でまったり責め、後半は2人同時に両耳舐めをがっつりやる落差のあるエッチ
効果音、環境音、ちゅぱ音や吐息といった色んな音を違和感なく組み合わせた臨場感のある作り。
旅館という特別な場所でエッチしてる感覚がそのまま味わえるように組み立ててます。

中でもエッチは彼女たちの心の変化にも着目してます。
彼らの関係を他人に近いくらい疎遠にしたのは、たぶん後半の溺愛っぷりを引き立てるためでしょう。
最初から仲良しだとそのへんの違いが伝わりにくいですからね。
最終パートのパンツコキも彼が自分たちに遠慮したのを残念がる気持ちが込められてます。

音の良さや耳舐めの多さはサークルさんが元々持ってる長所です。
だから私はそれよりもこちらのほうが印象に残りました。
「歳が離れたお姉さん」という微妙な関係を上手く形にできてるなと。
エロ重視ですけど耳かきもやるので癒しの成分もそれなりに持ってます。

射精シーンは5回。
ちゅぱ音多め、淫語・くちゅ音・吐息それなり、喘ぎ声そこそこです。

おまけは「生おま〇こに甘えさせてあげるトーク」です。

CV:伊ヶ崎綾香さん
総時間 2:32:09(本編…2:14:32 おまけ…17:37)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年3月10日まで25%OFFの990円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。



サークル「さーべるたいにゃー」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、AV女優として活躍中のお姉さんたちが
大きなおちんちんを持つ弟を個別に、あるいは同時に責めて気持ちよくします。

彼女たちの個性を出しながら前半は1人ずつ、後半は複数人で責めるのが特徴で
ななはツン多めのブラコン、ゆあはゆるふわ、りんはクールでドスケベと違う魅力を持たせ
全員に活躍の場を与えながら色んなプレイを楽しみます。
お姉ちゃんはAV女優
園崎なな、春咲ゆあ、鷺宮りんと5種類のエッチをするお話。

「ったく あんたね ガタガタうるさい 昼間からシコってんじゃないわよ」
なな(挿し絵中央)は砕けた口調で話すトーンが低い声のお姉さん。
昼間からエロ動画を観ながらオナニーしてる主人公の部屋に押しかけると
彼のおちんちんがかなり大きいことに気づいて見せるように言います。

本作品は姉がAV女優なおかげで仕事もせず家でゴロゴロしてる彼が
彼女やその同僚にあたる2人のお姉さんとおよそ90分に渡ってエッチします。
彼は生活能力0のダメ人間ですが並み外れたおちんちんと精力が備わっており
それに目をつけた彼女たちが優しくリードしながら色んな手段で味わいます。
サークルさんの3周年を飾る作品ということで、声優さんも過去作に出演された方を起用してます。

最大の魅力は彼女たちのキャラ。
AV女優なのでエッチが上手いところは共通してますが
それぞれに違う特徴を持たせてセリフやプレイに個性を出します。

なな「一応弟だし 昔は可愛かったのになぁ」
例えば姉のななは基本的にはツンツンしてるけど重度のブラコン。
ヒモ同然の日々を送ってる彼をなんだかんだでお世話したり
彼のお願いは受け入れる優しさが随所で見られます。

ゆあ「根元だけガチガチに硬いし 先っぽもぷっくりして ほんといいおちんちん」
それに対して2番目に登場するゆあ(挿し絵左)は甘やかし上手な正統派のお姉ちゃん。
一人っ子で弟に憧れてたのか、彼のことを「弟くん」と呼びながら色んなサービスをします。
甘い声でのんびり話して穏やかな空気を作り、大きなおっぱいでしごいて射精へ導くなど
年上の女性が持つ優しさや温かさがストレートに表現されてます。

3人全員に活躍の場を設けてますが、聴いた限りではゆあが一番目立ってました。
ゆあ役のそらまめ。さんは14作品中9作と断トツで多く出演されてますから
そのへんを考慮して3人の中でけん引役に据えたのかなと。
相手する時間が長いという意味で、他の2人を脇役に据えてるわけではありません。

エッチについては手コキ、フェラ、パイズリ、SEXといった王道のプレイで固めてます。
前半は1人ずつ、後半は2~3人同時にとスタイルを変えて無理なく射精へ追い込みます。
おちんちんの立派さを褒めるセリフが多いですから良い気分で聴けるでしょう。
全員AV女優なだけあって純粋なエロさも高いです。
年上の魅力を凝縮したエッチ
エッチシーンは5パート59分間。
プレイはAV鑑賞、手コキ、乳首責め、フェラ、パイズリ、耳舐め、SEX(騎乗位、正常位)、キス、手マン、ハメ撮りです。
手コキ、パイズリ、SEX、手マン、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

なな「仕方ない 弟のために お姉ちゃんがひと肌脱いでやるか」
AV男優でも見かけないレベルのおちんちんに驚いたななは
主人公が射精したがってるのでそのお手伝いをすることにします。

エッチは序盤から中盤は彼女たちが、終盤は彼が責め続けます。
最初の2パート26分間はキャラの個性を出しながら一対一でするシーン。
「Tr1 お姉ちゃんごめんなさい(約8分)」はななが手コキを
「Tr3 ゆあ夜這い(約18分)」は後日遊びに来たゆあがフェラとパイズリをします。

なな「乳首感じちゃうの? あんた オナニーする時いじってるんだ へぇ 女の子みたい」
ななはツンデレキャラなので自分の気持ちを表に出すことはありません。
でも自主的に彼へご奉仕する姿勢や、乳首が敏感だと知っても見下さないところに優しさを感じます。
仕事柄男性の性癖に対して寛容なのかもしれませんね。
射精時にはぴゅっぴゅのセリフで応援するなど、AV女優らしさも感じるスムーズなリードをします。

ゆあ「ほーら 弟くんの好きなおっぱいだよー」
Tr3のゆあはななと逆でストレートに甘やかします。
彼が自分のファンだと知ると素直に喜び、自慢のおっぱいで緩めに責め続けます。
彼をエッチに誘うシーンでも気配り上手なところが出てますし
「こういうお姉ちゃんがいたら幸せだろうなぁ」という願いを叶えてくれるプレイです。

そして声と態度があまあまだからこそプレイのエロさが引き立ってます。
序盤のフェラは「ずぶびゅー」と強めに吸う感じの音を何度も鳴らし
パイズリもペースが上がると乳首が擦れて気持ちいいのか切ない声を漏らします。
パイズリ中は実況を普段より多めにしてるおかげでイメージしやすく感じました。
射精前後の追い込みもしっかりしててプロらしさが出てます。

続く3パートは33分間は複数人プレイ。
「Tr4 鷺宮りん襲来(約15分)」はりんとの騎乗位SEX
「Tr5 りんちゃんだけズルい(約11分)」はゆあと正常位SEXを楽しみます。
そして「Tr6 お姉ちゃんとも(約7分)」は帰宅したななを加えた4Pに変わります。

りん「チンポ舐めて濡れちゃったから すぐ入るよ んっ んんんんん」
りんは普段はクールだけどエッチが始まると熱くなる性格。
会った直後は素っ気なかったのに主人公のおちんちんを見ると態度を改めます。
そしてフェラだけでは我慢できなくなり3人の中で最初にSEXへ突入します。
登場順が最後の時点で明らかに不利ですからこういうやり方で華を持たせたのでしょう。
ゆあやななともSEXするきっかけになりますし重要な役割を果たします。

女性が複数人いるおかげでエッチな要素がより多くなってるのもポイント。
Tr4と5はSEXと耳舐めを同時に行い、Tr6は軽いレズプレイやハメ撮りといった別の要素が加わります。

なな「先っぽ 当たってる あぁっ」
特にTr6は近親相姦が持つ暗さや重さを上手く中和してます。
彼をAV男優の候補に据えて撮影の練習をするスタイルにしたり
ななが普段よりもずっとエロ可愛い乱れっぷりを披露してくれるのが大きいです。

彼女は相当なブラコンですから内心彼とこうなりたかったのではないでしょうか。
そういう気持ちが作品を通じて伝わってくるから甘さを感じるわけです。

このように、彼女たちの属性を活かして色んなプレイをするイチャラブ系のエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視の甘い作品
年上の女性に気持ちよくお世話される様子をエロさ高めに描いたノーマル向け作品です。

ゆあとりんは立派なおちんちんを持つ主人公と楽しい時間を過ごそうと
夜這いをかけたりなながいない時に自宅を訪問してこっそりそれを味わいます。
そしてななは「彼をAV男優にする」という名目でおちんちんを受け入れ嬉しそうな声を漏らします。

同じ事務所に所属する3人のAV女優が弟くんとひたすらイチャイチャする甘いシチュ
ツンデレ、ゆるふわ、クールで淫乱と別の属性を持たせて
それぞれに合ったプレイを個別に、あるいは同時にするキャラ重視のエッチ。
彼女たちが彼をどう思ってるか表現しながら責めることを意識してます。

中でも2番目はAV女優なだけあっておちんちんに対する執着心が強く
手、口、おっぱい、おまんこと全身を使ってご奉仕します。
女性上位ですけどM向けの言葉責めがほとんどないのでいじめられてる感じはありません。
なながきつめの態度を取るのは愛情の裏返しですからあまあま路線と言えます。

パートあたりの時間が割と短いので複数繋げて1回抜くのが丁度いいでしょう。
効果音の扱いも割と丁寧で3周年の節目を飾るに相応しい品質を持ってます。

射精シーンは6回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

おまけは「特訓!花びら大回転連続射精訓練」です。

CV:園崎なな…大山チロルさん 春咲ゆあ…そらまめ。さん 鷺宮りん…天知遥さん
総時間 1:43:26(本編…1:31:58 おまけ…11:28)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

2021年3月10日まで30%OFFの770円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



サークル「ダチュラスクリプト」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、優しくてご奉仕上手な双子の姉妹が
自分たちを奴隷市場から救ってくれた男性にエッチな恩返しをします。

朝から晩まで色んなプレイをして彼を喜ばせたり
「大好き」などのセリフを言いながら嬉しそうな表情を見せるなど
言葉と行為の両方から感謝の気持ちを伝える甘いエッチを行います。
可愛い双子が一日中ご奉仕
奴隷のレム(挿し絵左 姉)やシエラ(挿し絵右 妹)と朝から夜までエッチするお話。

「おはようございます ご主人様」
レムとシエラはやや声質の違うどちらも可愛い声の女の子。
ある日の朝、主人公の左右に寄り添い挨拶すると
彼が目覚めないので耳とおちんちんにキスをします。

本作品は親の意志で子供を売りに出せるシステムがある世界で
彼女たちが彼とおよそ110分に渡ってエッチや耳かきをします。
2人は貧しい家に生まれて最近奴隷市場へ売り飛ばされたのですが
そこで彼と偶然出会いお金と引き換えに引き取られました。
そして現在は家族同然の手厚い保護を受けて幸せな日々を送ってます。

シエラ「こんなに気持ちのいい目覚まし時計を使えるのは ご主人様がシエラたちのことを あの奴隷市場から 救い出してくださったからなんですよ」
まだ寝てる彼に近づいておちんちんへキスしたり
プレイ中に好意を感じるセリフを何度も言うなど、最初から全力で感謝しながらお世話を続けます。
エッチの内容もご奉仕色が強く、女性に大事にされるのが好きな人ほど満足できます。

背景をほとんど語らずにエッチが始まるのでたぶん戸惑うでしょうけど
彼を責めながらそのへんを少しずつ話す流れで進めます。
彼に命令されて嫌々やることは一切なく、彼女たちが自分から彼に尽くそうとします。
朝昼晩のご飯まで作ってるようですし、色んな部分から感謝の気持ちが伝わってきます。

エッチについてはキス、フェラ、耳舐めといったちゅぱ音を鳴らすプレイが充実してます。
レムは右、シエラは左に陣取って耳舐めとフェラを同時にやったり
SEXの時は片方がピストンとキスを、もう片方はその実況と耳舐めを担当します。

耳舐めが一番多いですけど外側をちゅぱちゅぱ舐めるスタンダードな音が中心で
最中にもう片方がしゃべることも多いため特化型と言うほどではありません。
おちんちんと一緒に責めるのがほとんどですし、エロさを上げるスパイスとして取り入れてます。
彼女たちのキャラに合わせたのでしょうけど全体的にちゅぱ音が大人しいです。

双子の奴隷が感謝しながらご主人様に奉仕するシチュとちゅぱ音を多く盛り込んだエッチ。
不幸だった女の子が幸せを噛み締めてる様子を描きながらエッチするノーマル向けの作品です。
すべてを捧げて愛情を注ぐエッチ
エッチシーンは6パート77分間。
プレイはフェラ、耳舐め、手コキ、キス、SEX(騎乗位)、アナルSEX、放尿です。
手コキ、SEX、アナルSEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

レム「レムがおちんぽさんに 愛情を込めて お目覚めのキスをして差し上げますよ」
軽いご奉仕では主人公が起きてくれないと判断した2人は
本格的なフェラと耳舐めに移って気持ちいい目覚めと射精をプレゼントします。

エッチはどのパートも彼女たちが責め続けます。
前半の3パート36分間は彼らの日常風景。
01(約11分)は耳舐め+フェラ、02(約12分)は耳舐め+手コキ
03(約13分)はディープキス+手コキで1回ずつ射精させます。

レム「レムは ご主人様の奴隷になって 本当に良かったです」
そして2人は早速自分の気持ちを込めながら彼にご奉仕します。
奴隷市場で買われたので一応奴隷と名乗ってますが
無理矢理何かをやらされたり嫌がるシーンは一切ありません。
彼に拾われて良かったとか、大好きといったわかりやすいセリフをガンガン言って心を潤します。

どのパートも責めっぷりが割かしソフトなのでエロさよりも甘さを強く感じました。
彼女たちがこうなった経緯を語ることもあったりと
まずは彼をいかに深く愛してるかをしっかり伝えて雰囲気を作ります。

女性が2人いる状況を活用してるのもポイントです。
片方がしゃべってる時はもう片方が必ず責めるので
ちゅぱ音が途切れることはほとんどありません。

音の鳴らし方にあまり工夫は見られませんけど量が多いのは事実です。

後半の3パート41分間はプレイの内容や方向性が大きく変わります。
毎回1回射精するところは一緒ですが、04(約13分)はレムとのSEX
05(約10分)はアナルSEX、06(約18分)はフェラ+飲尿と割かしアブノーマル路線になります。

シエラ「シエラは ご主人様のことが好きすぎて アナルにチンポを出し入れされるとイっちゃう 淫乱オナホになってしまいましたよ」
アナルSEXと飲尿はどちらもシエラが担当しており
前者は熱っぽい声や気持ちよさそうな喘ぎ声、後者は嬉しそうな表情を見せて幸福感に浸ります。
飲尿も彼女のほうから言い出してやるので愛情表現と見るのが妥当です。
2人は親の愛に恵まれなかったそうですから、他人にどう愛を示せばいいのかわからないのかもしれませんね。

レム「ご主人様専用オナホのレムに 朝一番のザーメンを飲ませていただいて ありがとうございます」
それに対してレムは比較的ノーマルなプレイをこなします。
SEXパートは騎乗位でリズミカルに腰を打ちつけますし
フェラは激しめのちゅぱ音を鳴らしてから精液をしっかり受け止め飲み干します。

ちなみに04パートの名前が「奴隷少女の耳舐め処女セックス!」になってますけど
レムはこれをする前に彼とSEXを済ませて処女を卒業してます。
生ハメ&中出しを決めて彼にすべてを捧げる献身的なプレイです。

このように、前半と後半でスタイルを変えてひたすらご奉仕する甘いエッチが繰り広げられてます。
キャラもプレイも甘い作品
奴隷から連想される過酷なエッチとは真逆の道を歩んでる作品です。

レムとシエラは奴隷市場から自分たちを助けてくれた主人公に恩返ししようと
朝から晩までのご飯を作ったうえでおちんちんも協力してお世話します。
そしてこれらの最中に感謝の言葉を伝えたり、ちゅぱ音を多めに鳴らして心身をバランスよく責めます。

現在幸せな毎日を送ってる双子の奴隷がその恩人へたっぷりご奉仕する甘いシチュ
どのパートも2人が協力して唇、耳、おちんちんを同時責めする密度高めのエッチ
自分の気持ちをはっきり伝えながら嬉しそうな表情を見せる彼女たちの純真なキャラ。
暗さ、重さ、無理矢理感を完全に排除した穏やかな作品に仕上げてます。

レム「レムは ご主人様と出会って初めて愛を知って この愛をご主人様にもお返ししなきゃって思ったんです」
中でも3番目は彼女たちのセリフがどれも真っすぐで非常にわかりやすいです。
彼に出会えなかったら凄惨な日々を送ってた可能性があるからこそ
それを防いでくれたことに深く感謝してるのだと思います。
2人で役割分担しながら親身に責めたりとこちらを持ち上げる要素が多いです。

エッチは私個人はもう少しエロさや下品さが欲しいと感じました。
責めるペースが比較的緩かったり、音が上品だったりと抑えてる印象があります。
パートあたりの時間が15分前後と短めなので
1回ずつ射精させるならパワーを上げたほうが抜きやすくなるでしょう。

射精シーンは6回。
ちゅぱ音多め、淫語とくちゅ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 1:53:35

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2021年3月2日まで30%OFFの1155円で販売されてます。

↑このページのトップヘ