同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:色仕掛け

   ● ドスケベグラドル姉妹の逆寝取られ童貞いじめ邪悪好意マゾ堕とし
   ● 【オナニー誘惑我慢】勇者の熟成精液回収サキュバス【KU100】
   ● 【KU100】恋するクーデレ後輩はドスケベ色仕掛けであなたを堕としたい
   ● あざとい小悪魔メスガキ爆乳サキュバスの命乞いレベルドレイン色仕掛け
   ● 【マゾ・マニュアル】搾精ママの誘惑
   ● 完全女性上位の世界で意地悪なお姉さん2人のマゾいじめ射精我慢監獄
   ● ドスケベコスプレイヤーと媚び媚び誘惑交尾する話
   ● 【極め耳舐め】どスケベお嬢様のぐっぽり濃厚耳舐めに耐えることが出来たら100万円!【フォーリー】
   ● 【KU100】HERO-TEMPTATION~VSアイスクリーム屋のお姉さん~
   ● すきすキスキス




サークル「カモネギちゃんねる」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、学校に通いながらグラドルの仕事をしてる姉妹が
成績優秀な男子生徒に気持ちいいご褒美をあげます。

勉強を見てもらう際におっぱいを押し付けてさり気なく誘惑したり
「ちょろい」「ばーか」と軽く見下して彼のM心をくすぐるなど
悪い女の子に弄ばれる快感を追求した言葉責め重視の濃いエッチが楽しめます。
寝取られも絡めてきますが内容は軽いので、色仕掛け作品が好きなら問題なく聴けるでしょう。
淫乱グラドルたちの気持ちいい罠
グラドル姉妹に色んなエッチで弄ばれるお話。

「こんにちは♪ 今、良いですか?」
姉は甘くて穏やかな声のお姉さん。
「あれ? 私達の事知ってるの? くす♪」
妹は明るくて元気な声の女の子。
主人公に声をかけて勉強を教えてくれるようにお願いすると
その理由を話した後に体を密着させて誘惑します。

本作品は際どい格好をした写真集を出して男たちを喜ばせてる姉妹が
学校のクラスメイトにあたる彼とおよそ130分に渡ってエッチします。
彼には現在付き合ってる恋人がおり、彼女たちも2人が校内で仲良くしてる様子を見たことがあります。
そんな背景を踏まえて色仕掛けと軽い逆寝取られを組み合わせたプレイをします。

姉「くすくす♪ ありがとうございます♪ 嬉しいです♪ んー、ちゅっ♪」
仕事が忙しいせいで留年しそうなことを学年1位の彼に伝え
勉強を教えてもらう見返りにさり気なくスキンシップを取って心を揺さぶります。
そしてやる気にさせた後は手、オナホ、股を使って気持ちよく射精させます。
どのパートも必ず2人が協力して責めますから1人の時よりも内容が濃いです。

初心な童貞と魅力的な体を持つグラドルが勝負したらどうなるかは明らかです。
なので勝ち負けではなく彼をどのように負かすかが一番の聴きどころになります。
無理矢理感を出さずに快楽堕ちさせるのでダメになる快感だけを味わいやすくなってます。

妹「馬鹿みたいな説明文ばっかりだけど…おちんちんも馬鹿だからお似合い♪ くすくす♪」
エッチについてはサークルさんが得意とされてる言葉責めを中心に据え
そこに淫語、ちゅぱ音、効果音といった純粋なエロ要素を投入して上手に盛り上げます。
序盤は友達っぽく接したり媚びる態度を取るのですが
ある程度エッチして彼がMと判断した後は見下すセリフを加えて興奮を後押しします。

また物語の終盤にはキスをたっぷりするシーンが用意されてます。
ライトなやつじゃなく舌や唇をみっちり絡めるディープなものです。
その最中に「好き」と何度も言うなど、彼を本気で堕とそうとする2人の意志が込められてます。
男を手玉に取るエッチ
エッチシーンは6パート74分間。
プレイはキス、手コキ、オナニー、オナホコキ、素股です。
手コキ、オナホコキ、素股の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

姉「ん、ちゅっ♪ ね? ズボン、おろしますね…♪ はーい…♪」
妹「くすくす♪ もうガチガチじゃん♪ スケベ♪」
勉強会を終えた後に主人公へ体を密着させた姉妹は
おちんちんが勃起してるのに気づき、すぐさま脱がせて手でしごき始めます。

エッチはどのパートも彼女たちが責め続けます。
最初の4パート42分間は彼の心を徐々に引き寄せるシーン。
「2 囁き手コキ編(約11分)」は手コキ、「3 彼女からのメール編(約5分)」は軽いキス
「4 グラビアオナニー見学編(約15分)」はオナニー
「5 オナホ編(約11分)」はオナホコキで合計3回射精します。

姉「ほーらぁ、おっぱいも触っていいんですよ?♪  大きくてだらしがないセックスアピールしまくりのエロぉ~いおっぱい…♪」
妹「彼氏くんが他の女に欲情しないようにぃ、毎日ちゃーんと処理してあげるのになぁ♪」
そして2人は早速ドスケベグラドルらしい積極的な誘惑をします。
多くの男たちがオカズにしてる体を見せつけたうえで「今なら押し倒して犯せる」と挑発したり
自分たちが恋人になったら好きなだけエッチさせてあげると言います。
手コキもリズミカルで男慣れしてる印象を受けました。

やってることはあざといですけどストレートに責めてくるので雰囲気は明るいです。
勉強を教えてくれたお礼にエッチする形にして断りにくい状況を作るなど
彼を快楽の沼へ引きずり込もうとする罠が至るところに設置されてます。

大人ならともかく、学校に通ってる年頃の男子がこれを回避するのはまず無理でしょうね。
相手が喜ぶものをガンガン与えて手懐ける効果的な色仕掛けです。

姉「ほら、私達のグラビア写真、シコり倒していいですよぉ♪」
妹「最初はぁ…スクール水着♪」
4番目のパートはグラドルだからこそできるプレイ。
彼女たちの写真集を見ながら目の前でオナニーします。
スクール水着やマイクロビキニといったオカズを与えながら軽く見下して徐々に本性を現わします。
オナニー自体の指示は開始と射精の合図だけですからオナサポ成分は低いです。

終盤の2パート32分間はキスを中心に据えたプレイ。
「6 ベロチュー素股編(約17分)」は姉がキスと素股の両方を担当し
「7 ベロチューサンド編(約15分)」は姉妹で同時にベロチューしながら手コキで追い込みます。

姉「私も…彼女さんに悪いですけど…むふぅ、むふぅ♪ っ、ストレス発散代わりの逆レイプベロチューいきまぁ~ふ…んあー…あむちゅぅっ♪」
色仕掛けの総仕上げにあたるシーンなので2人も本気で堕としにかかります。
ねっとりしたパワフルなちゅぱ音をできるだけ多く鳴らしながら
その合間に言葉責めしたり、「好き」を連呼して心と体をとろかせます。
彼も別段抵抗してる様子はないのでもう成すがままといった感じです。
今までが言葉責め重視だったからこそ、ちゅぱ音重視のプレイは余計エロく感じます。

7番目のパートは一緒に手コキもするのですが
セリフの量をかなり減らしてキスに専念するのでちゅぱ音まみれになってます。
それに対して6番目は妹が言葉責めを担当するバランス型のプレイです。
逆寝取られの要素もちゃんと入ってますし、本作品の最後を飾るに相応しい内容と言えます。

このように、本来なら手の届かない存在である女性がたっぷり誘惑してくれる手厚いエッチが繰り広げられてます。
ソフトな逆寝取られ作品
悪い女の子たちに弄ばれる快感を味わわせてくれるややM~M向けの作品です。

グラドル姉妹は成績優秀で彼女までいる主人公を快楽堕ちさせようと
もっともらしい理由をつけて彼に近づき、まずは女の武器でストレートに誘惑します。
そして彼のことをある程度理解した後は、言葉責めや熱いキスを加えて幸せな負け射精へ追い込みます。

男の弱点をよく心得てるドスケベ姉妹が初心な男子を色んなエッチで誘惑するシチュ
2人で協力しながら色仕掛けと軽い逆寝取られを組み合わせたプレイをするタイトル通りのエッチ
終盤に登場する熱くて長いキスと好き好き連呼。
Mな男性が恍惚感に包まれながら逆寝取られ気分を味わえるように作品を組み立ててます。

姉・妹「彼女さんからぁ、キミを奪ってぇ、めちゃくちゃにしてあげるぅ…♪ くす、くすくすくす…♪」
中でも2番目はサークルさんが以前からよくやられてる色仕掛けに
逆寝取られの要素を盛り込むことでエッチに深みとスリルを与えてます。
ただし、本作品の寝取られは暗さや重さをものすごく薄めてありますから
この手のシチュが余程苦手な人でもない限り聴けるレベルの軽いものになってます。
詳細は伏せますけど後味が悪くなることはないと思います。

エッチは終盤のキスが一際印象に残りました。
彼女たちにとって彼を堕とすのはそんなに難しいわけではないのに
ここまで本気でやろうとするのはこだわりなのかもしれません。
SEXはさすがにしませんけど素股はやりますし、結構際どいところを突いてます。

射精シーンは5回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなり、喘ぎ声はありません。

番外編は3つの音声です。

CV:縁側こよりさん
総時間 2:10:14(本編…1:43:37 番外編…26:37)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年9月3日まで20%OFFの1056円で販売されてます。



サークル「常世常闇所々」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、戦闘力は低いけど色仕掛けは得意な2人のサキュバスが
魔王城に乗り込んできた勇者を巧みなエッチで骨抜きにします。

体よりも心を重点的に責めて彼が自分から負け射精するように誘導するのが特徴で
序盤から中盤にかけては両耳舐めをやりながら優しい言葉をかけて心身の感度を上げ
それからおちんちんを握る→数回しごく→わざとおあずけする、と焦らして快楽堕ちへ持っていきます。
M向けのシチュですがハードな要素はまったくないので、お姉さんに優しく弄ばれたい人に最も向いてます。
勇者の精液をねっとり回収
サキュバスのララ(挿し絵右)とエリザ(挿し絵左)が勇者を快楽堕ちさせるお話。

「勇者様ぁ ついに捕まっちゃったね」
エリザは穏やかで色っぽい声のお姉さん。
「魔王城の魔物を かなり倒したらしいね」
ララはエリザよりもトーンの高い声のお姉さん。
主人公の全身を魔法で拘束した後で魔王に報告すると
そうなった経緯を説明してから精液回収に取り掛かります。

本作品はたった1人で魔王城に乗り込み魔物たちをなぎ倒すほど強い彼を無力化しようと
彼女たちがおよそ80分に渡ってソフト路線の誘惑をします。
1回の射精をできるだけ充実させる方針で責めるため
一般的なサキュバス作品よりも体への責めを抑えて焦らし気味に進めます。

ララ「男の子のエッチな表情って 堪んないのよね 君も早く 快感の虜になろうよ」
彼の体を拘束してる圧倒的に有利な状況なのに
敵同士とは思えないほど穏やかな声と態度で接して弱めの刺激を与えます。
ちなみに作中で彼女たちがおちんちんに触れることはありません。
彼に様々な指示を出しながらオナニーしたい気分にさせるオナサポに近いリードをします。

本格的なオナニーが始まるのは終盤からになるので
視聴中はもどかしかったりウズウズする人が結構いると思います。
でも焦らしたほうが精液を熟成できるのは事実ですからタイトルに合ったプレイをしてると言えます。
先々を見据えて一歩ずつ追い込む展開が実にサキュバスらしいなと。

こうやって書くと生ぬるいエッチをすると思う人がいるかもしれません。
しかし言葉責めにとても力を入れてるおかげで彼女たちに弄ばれる気分を強く味わえます。
2人いる状況を活かして片方が言葉責め、もう片方は耳舐めをするシーンが多く
彼の反抗心を上手に削ぎながら負け射精の誘惑に屈服するよう追い込みます。

エリザ「とっても幸せ 私のこと好き? ずっとキスする?」
しかも「変態」「クズ」といった彼を見下す言葉は敢えて使わず
望むものを与えたりそそのかす誘惑成分の高い責めを繰り出します。
声、態度、セリフ、雰囲気がすごく穏やかだからこそ抵抗できない不思議なプレイです。
彼の精液を奪っておしまいではなく、自分たちの味方に引き込むことも見据えたエッチをします。
じわじわと追い込むエッチ
エッチシーンは9パート66分間。
プレイは耳舐め、耳への息吹き、キス、太ももや金玉を撫でる、おちんちんを握る、乳首オナニー、オナニーです。
エッチな効果音はありません。

ララ「それじゃあ 強い勇者様をメロメロにしてあ・げ・る」
主人公が快楽にとことん弱いことをすぐさま見抜いたララとエリザは
熱いキスをしたり優しい言葉をかけてまずは彼の心を和らげます。

エッチは終始彼女たちが責め続けます。
最初の3パート25分間は心と体の興奮を盛り上げることに専念するシーン。
「2.【勇者誘惑】 ねっとり蕩ける耳舐め(約9分)」は両耳舐め
「3.【勇者誘惑】 サキュバスのえっちな生吐息(約4分)」は両耳への息吹き
「4.【勇者メロメロ】チャームのすきすき誘惑(約12分)」はキスと耳舐めを同時にします。

ララ「誘惑に負けてもいいの ここには私たちしかないない だから好きなだけ気持ちよくなって?」
エッチが始まる前の時点で彼が逃げられる可能性は0なので2人はまったく焦りません。
普段通りの穏やかな声と態度で話しながら誘惑に負ける魅力を教えて心に隙を作ります。
過去に自分たちが相手してきた男たちのことを軽く語るなど
聴き手が負けを受け入れやすく感じるように言葉を選んで投げかけます。

言葉責め重視の作品だからセリフの表現や言う順番にこだわりを持ってます。
無理矢理感をまったく出さずにエッチするのも、彼が自分から堕ちられるようにするための布石です。
恋人や夫婦といった親しい関係じゃないことを踏まえて雰囲気作りから始めます。

これらの最中に耳舐めをよくするのも大きな特徴です。
ゆっくりペースで水分高めのねっとりしたちゅぱ音を鳴らしててなかなかエロいです。
キスも含めてちゅぱ音は比較的パワフルにしてサキュバスらしさを出してます。

おちんちんへの刺激が加わるのは「5.【勇者発情】ハアハア生吐息の誘惑(約7分)」から。
ズボンとパンツを脱ぎ太ももの内側や金玉を撫でてさらに焦らし
それから竿を握る→乳首オナニーを加える→指定された回数だけしごくと
後になるほど体の快感が少しずつ強くなるように引き続きゆっくり進めます。

ララ「これが本当の最後だよ? オナニー中毒になっちゃいそうだから」
そして彼が絶対に射精しないよう手加減することで屈服しやすい状況を作ります。
オナニーを始めた後に自分の意志で射精せずに終えるのはなかなか難しいですから
男の心理を逆手に取ってより強い快楽を欲しがる気分に持っていきます。
シコシコボイスの回数も少ないですから焦らされてる感覚が強いです。

そして焦らしに焦らしてきたからこそ、終盤の追い込みで十分過ぎるほどの快感が味わえます。
あるパートからオナニーの制限を完全に解除し
シコシコボイスを言い続けたり激しめの耳舐めをして射精感を一気に押し上げます。

溜めをしっかり作った後で放出する展開になってますから
射精する時は普段よりも強めの快感が襲ってきます。
私が聴いた時も腰が軽く抜ける感覚がして少しの間動けませんでした。
彼女たちに負けたのにまったく悔しいと思わないのも面白いです。

このように、体よりも心への責めを重視してじっくり追い込む緻密なエッチが繰り広げられてます。
巧みな色仕掛け作品
悪いお姉さんたちに言葉で操られる快感を味わわせてくれるややM向けの作品です。

ララとエリザは自分たちよりも遥かに強い主人公を従順な奴隷にしようと
終始穏やかな声と態度で接しながら序盤は彼の抵抗心を削ぐ方針で言葉責めと耳舐めをします。
そして中盤はおちんちんや乳首へのソフトな責め、終盤はほぼフリーのオナニーと体への刺激を上げ
さらに彼女たちに従う喜びや負ける快感もくすぐって普段よりも気持ちいい射精へ導きます。

倒すべき相手である2人のサキュバスに弄ばれて負け射精するM向けのシチュ
彼が受け入れやすく感じる言葉を選んで投げかけながら一歩ずつ追い込む巧みなリード
耳舐め以外の刺激を抑えて焦らし気味に進める比較的ソフトなエッチ。
ハードでドスケベに振る舞うことが多いサキュバスのイメージとは随分違う作品に仕上げてます。

中でも2番目はこちらを見下したり突き放す表現を使わずに屈服させるところが素晴らしいです。
魔法で体を拘束してる時点である程度の安全は確保されてますけど
主人公を怒らせるようなことをしたらそれが引き金になってまた暴れ出すかもしれません。
だから心を鎮めたり快楽に負けたくなる言葉責めをすることを心がけてます。

耳舐めも結構エロくて濃いので大きな魅力だと思うのですが
私はそれよりも言葉責めやエッチの展開といったシナリオ面に感銘を受けました。
色仕掛けや精液の熟成といった作品のテーマとも合ってますし
サキュバス作品が多い同人音声の中でしっかりとした個性と存在感を持ってます。

一般的なサキュバス作品よりも体への責めを抑えてる点だけご注意ください。
他の部分を強化してバランスを取ってますから物足りなさはありません。

射精シーンは1回。
淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声はありません。

CV:琴音有波さん
総時間 1:21:48

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年8月22日まで20%OFFの1056円で販売されてます。



サークル「レッドキャビア」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声や態度はクールだけど性格はとっても一途な女の子が
受験勉強に励む先輩をエッチな手段で妨害します。

彼女が他の男に寝取られる様子を生々しく語りながらオナニーさせたり
彼の上に跨っていつでも挿入できる状況のまま素股をするなど
Mな彼が喜ぶプレイをしながら想いを伝える独特な色仕掛けが楽しめます。
卒業後もずっと一緒にいたくて
天枷沙雪(あまかせ さゆき)が4種類のエッチで受験勉強を邪魔するお話。

「先輩 ゲームをしましょう 何でもいいですよ」
沙雪は淡々と話す優しい声の女の子。
主人公と一緒にゲームをしようと言って断られると
今度はお菓子や漫画を差し出して彼を遊ばせようとします。

本作品は田舎に生まれ彼とずっと仲良くしてきた彼女が
大学進学を控えてる時期におよそ100分間のエッチな誘惑をします。
彼女は今後も彼と地元で一緒にいることを望んでるのですが
彼は都会の大学に行って一人暮らしすることに憧れてます。
そんなわけで彼の学力ができるだけ上がらないよう積極的に行動します。

「私は至って本気、ですよ あの手この手で誘ってるのに 先輩が乗ってくれないから 最終手段に出たまでです」
彼のことが好きだから、離れたくないから色仕掛けすることをはっきり告げたり
ゲームに勝ったらその日は自分と遊ぶルールを定めるなど
彼に本気で嫌われるのを避けながら色んなプレイをします。
途中で軽く意地悪したりややM向けのプレイをするのも愛情の裏返しで悪意はまったくありません。
感情を表に出すのが苦手な女の子がなんとか引き留めようとする姿が健気で愛らしいです。

彼女は処女なのでドスケベといってもそこまで下品なことはやりません。
年頃の男子が食いつきそうな餌を垂らして上手に釣り上げます。
すごく一途に振舞いますから幸福感や満足感といった癒しの感覚も得られます。

エッチについては耳舐め手コキ、オナニー、オナホコキ、素股&SEXと
パートごとにプレイを切り替え後になるほど踏み込んだものを投入します。
彼がそれなりにMなのでストレートにイチャイチャするのではなく
軽い言葉責めをしたり、彼女が寝取られるイメージを絡めてゾクゾクさせます。


彼女自身は全然Sじゃないけど彼が喜んでくれるからやる感じです。
終盤には初キス、初SEX、初中出しをまとめて捧げますし
甘さを出しつつ変わった要素も盛り込んで個性とエロさを出してます。
変化に富んだ甘いエッチ
エッチシーンは4パート76分間。
プレイは耳舐め、手コキ、寝取られ妄想、オナニー、体の拘束、オナホコキ、素股、キス、SEX(騎乗位)です。
手コキ、オナニー、オナホコキ、素股、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「先輩 今日のゲームの内容は 先輩が 勃起したら負けというゲームです」
勉強中の主人公にこれからするゲームの内容を説明すると
沙雪は左側に密着しゆっくり耳を舐めておちんちんを元気にします。

エッチはごく一部を除き彼女が責め続けます。
前半の2パート42分間は彼女の想いの強さを表現しながら優しく弄ぶシーン。
「1.誘惑色仕掛け&寸止め手コキ(約23分)」は耳舐めと寸止め手コキ
「2.寝取られ妄想&セルフ手コキ(約19分)」は自由にオナニーさせたまま寝取られ妄想を語ります。

「字が男らしくて ちょっと雑なところが好き 一生懸命努力してるところが好き」
勉強を邪魔するのも、エッチなゲームを持ち掛けるのもすべては彼のことが好きだからです。
そのことを序盤から言葉と行為でわかりやすく伝えて悪女っぽさを上手に打ち消します。
離れ離れにさえならなければ大学に行くことも別に反対しませんし
絶対に譲れないラインを定めたうえである程度は譲歩する姿勢を見せます。

プレイについては前半の11分間は耳舐めに専念して
ゲームの勝敗がついた後から手コキを加えて追い込みます。
途中に寸止めを挟むところは意地悪ですけど「頑張れ」「好き」といったポジティブなセリフも多く
彼のM性癖に合わせてわざとこうしてるのが窺えます。
射精時にはぴゅっぴゅのセリフを言うなどリードがきめ細かいです。

「例えばキス 恋人同士の優しい 温かいキスなんて最初だけで すぐに舌と舌を濃厚に絡ませた 激しいディープキスをしちゃうんです」
本作品で最も面白いプレイが出てくるのは2番目のパート。
彼が大学に無事合格した後、彼女が他の男とエッチする様子を綿密に語ります。
彼よりもずっと立派なおちんちんを持つ相手が、彼よりもずっと積極的にアプローチをかけ
まだ男を知らない彼女の魅力的な体を蹂躙し、快楽堕ちさせる。
多くの男性が嫉妬心を抱きそうな話題を提供して彼の気持ちを確かめます。

彼にとって彼女が本当の意味でどうでもいい存在だったら
こういう物語をされても心はまったく揺れ動かないはずです。
でも彼はこの背徳的なシチュに興奮し、前回以上に大量の精液を吐き出します。
一途な彼女とMな彼の性癖が見事に噛み合った素晴らしいプレイと言えます。

レッドキャビアさんは寝取られをテーマにした作品をいくつも制作されてるので
本作品でもきちんと盛り込み個性とエロさを出してます。
彼女自身にこうなる気はまったくないはずですからサービスと見るのが妥当です。

後半の2パート34分間はより踏み込んだプレイに移ります。
「3.おしおき拘束オナホコキ疑似セックス連続射精(約16分)」はオナホコキ
「4.愛情200%ラブラブ生ハメ交尾(約18分)」は素股と騎乗位SEXで合計3回射精します。

「気持ちいいですか? あったかいですか? 私のおまんこ」
3番目のパートは偽物のおまんこを使ったプレイということで
疑似SEX風にして本番に向けた練習を行います。
実際に繋がってるように感じるセリフを盛り込んだり、一部で喘ぎ声を漏らして雰囲気を出します。
そしてここだけ2回連続射精するスタイルにして軽いお仕置きもします。

4番目のパートは2人が初めてSEXするだけあって最もあまあま。
まずは素股で焦らして彼を十分やる気にさせてから突入します。
ここの展開も彼の気持ちに配慮してあってとても優しく感じました。
生おっぱいを見せる、キスを解禁する、本気で喘ぐと以前のパートよりも明らに深い内容になってます。

結果だけを見れば彼女の思い通りになってます。
でもこれらすべてが彼を満足させることを見据えてるおかげであざとさはあまり感じません。
彼女なりに工夫して責めてるから立派な愛情表現になってます。

このように、押しつけがましさをできるだけ感じさせずに誘惑する純愛系のエッチが繰り広げられてます。
愛を込めて意地悪する作品
好感度MAXな女の子が大好きな人に色仕掛けする様子をややM向けに表現してる作品です。

沙雪は来年都会の学校に行くために勉強してる主人公を思い留まらせようと
毎日のように彼の家へ出かけてエッチなゲームを持ち掛けます。
そして勝った後は毎回違うプレイをして幸せな射精に導きます。

声や態度はクールだけど性格はとても温かい女の子が、幼馴染の男子に色仕掛けするシチュ
寸止め手コキ、寝取られ妄想、ソフトな言葉責めを盛り込んだうえで
「好き」など愛を感じるセリフもたっぷり投げかける甘くてちょっぴり意地悪なエッチ
最初から自分の気持ちをはっきり伝えて引き留めるためなら何でもする彼女の一途なキャラ。
快楽を餌に男を堕とす展開をかなり甘くアレンジしてイチャラブ系に変えてます。

中でもエッチは敢えてM向けの要素を入れて面白味を出してます。
このへんも付き合いが長い間柄だからこそできることではないかなと。
個人的には2番目のパートが最も印象に残りました。
サークルさんの持ち味を活かして彼の心を一気に引き寄せます。
声がクールなだけで事務的感はまったくありませんから、興味があるならノーマルな人でも普通に聴けます。

射精シーンは5回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声そこそこです。

おまけは「センター試験前日に村秘伝特製媚薬キメてドスケベ発情セックス」です。

CV:こやまはるさん
総時間 1:48:07(本編…1:40:07 おまけ…8:00)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年9月1日まで20%OFFの968円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



サークル「エーアイスタジオ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、戦闘は苦手だけど男を誘惑するのは得意なサキュバスが
自分より遥かに強い勇者を色んなエッチで恋奴隷にします。

サキュバス特有の要素を交えながら女性に負ける快感を味わわせるのが特徴で
最初は媚びた様子でご奉仕してたのが、1回目のレベルドレインをした後から生意気な態度に変わり
おっぱいから発するフェロモンを吸わせる、魅了効果のあるキスをするなど
人間の女性にはできないプレイを色々やって経験値をどんどん貢がせます。
体への責めが軽い代わりに言葉責めは充実してますから、言葉責めが好きな人ほど興奮できるでしょう。
弱いサキュバスを見逃しただけだったのに…
サキュバスと4種類のエッチをしてレベルを吸い取られるお話。

「やぁん 勇者様強い 負けちゃいますぅ」
サキュバスは甘く可愛い声の女の子。
勇者との戦いで負けそうになり媚びた態度で命乞いをすると
許してくれた場合は気持ちいいご褒美をあげると言います。

本作品は低レベルで人間にいじめられるくらい非力な彼女が
偶然会った彼とおよそ70分間のエッチをしてどんどん強くなります。
彼女は戦闘能力が低い代わりに男を誘惑する様々な能力を持っており
マゾな彼にもそれらを駆使して少しずつ立場を逆転させます。

「ありがとうございまーす 勇者様って とってもお優しいんですね」
「マーゾ マーゾ よわよわマゾ勇者様」

物語の序盤は見逃してもらえるように媚びる姿勢を見せてたのが
レベルドレインを繰り返すうちに勝ち誇ったりあざ笑う生意気な態度を取るようになります。
終盤には興味なさそうな様子でオナニーの命令を出すなど
女性に負かされたり小馬鹿にされる快感を執拗にくすぐってくれます。

レベルドレインも貢ぎマゾっぽい内容なので完全にM向けです。
体への責めはかなりソフトですから、シチュや言葉責めといった心への責めを楽しむ作品だと思います。
「ざーこ」「ばーか」といったメスガキらしいセリフも出てきてキャラが活き活きしてました。
ハードな描写は特にないので嗜好が合う人にはむしろご褒美に感じるでしょう。

エッチについては彼女の能力を盛り込んだうえで後になるほど責めが淡白になります。
前半はフェラや手コキといった一般的なプレイをしてたのが
後半に入ると彼の体にほとんど触れず、言葉責めと色仕掛けで負け射精へ追い込みます。

彼女が責めてくれない場合はオナニーするので消化不良になることはないでしょうけど
一般的なサキュバス作品にみられる搾精要素はかなり薄くなってます。
純粋なエロさも控えめなので、割と人を選ぶ内容じゃないかなと。
自分よりも弱い存在にあっさり負かされる展開こそが最大の抜き要素だと思います。
サキュバスにすべてを捧げるエッチ
エッチシーンは4パート59分間。
プレイはフェラ、レベルドレイン、キス、手コキ、おっぱいを見せつける、フェロモンを吸う、ぱふぱふ、オナニー、〇〇です。
手コキ、オナニーの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ほーら ひと口だけ フェラされちゃいましょうよー」
自分にフェラされたらどれだけ気持ちいいかを軽く実況して勇者の興味を引いたサキュバスは
キスや舐めといった比較的ソフトな手段で責めて焦らします。

エッチは終始彼女が責め続けます。
前半の2パート28分間は2人の立場を逆転させることを重視してるシーン。
「01命乞い色仕掛けと搾精フェラチオ(約15分)」はフェラ
「02レベルドレインとチャームキッス手コキ(約13分)」はキスと手コキで1回ずつ射精させます。

「勇者様 知ってますか? サキュバスにレベルを吸われちゃうのって とーっても気持ちいいことなんですよ」
この時点の彼女は彼よりもずっと弱い存在なので
変に煽ったりせず腰を低くしておちんちんにご奉仕します。
しかし逆転を狙う狡猾なところはきちんと持っており
レベルドレインの気持ちよさをアピールして彼が自分から吸われたくなるように誘導します。

フェラは音量が小さく責めっぷりも控えめなので、私は話術のほうが印象に残りました。
フェラ開始後は声が増えて左右から軽い言葉責めをするようになります。
彼がマゾだとわかったら「ざーこ」とかを言うようになりますし
まずは相手の性癖を分析して今後有利に立てる状況を作ります。

「顔中にリップマークつけられて メロメロになってる勇者様 とっても無様で可愛いですよ」
02パートは魅了の魔法を使って彼を骨抜きにします。
後日再びやって来た彼に投げキッスして興奮させた後
ゆっくり手コキしながら顔中にキスして幸せな負け射精に導きます。
1回レベルドレインして強くなったからでしょうけど、彼女も生意気な態度を取り始めます。

体への責めはスタンダードにして他の部分で個性を出してます。
キス、手コキいずれも音自体は割とソフトですから
色仕掛けや負けシチュが好きかどうかで興奮度が随分変わるでしょう。

後半の2パート31分間は体への責めがよりソフトになります。
「03乳揺らし誘惑とぱふぱふ攻撃に敗北射精(約16分)」はおっぱいを使ったプレイ
「04恋奴隷化、見抜き魅了オナサポ(約15分)」は見抜きオナニーで彼のレベルを全部吸い取ります。

「できまちゅか? できまちぇんね お手々でおちんちん押さえとけ ばーか」
このへんまで来ると彼女も自分の本性をまったく隠しません。
彼にレベルで勝ってるから遠慮なく小馬鹿にしたり見下してM心をくすぐります。
赤ちゃん言葉を多少交えた言葉責めをするのが良い例です。
でも手荒なことを一切しないところに彼女なりの優しさも感じます。

03パートは挿し絵にもある大きなおっぱいを見せつけたり
上下に揺らす、抱きしめてフェロモンを吸わせるなどおっぱいに特化してます。
おちんちんを責める描写は一切ないのでノーハンド射精になりますね。
実況はしっかりしてくれますけど、エッチな声や音は特になくエロさに乏しいかなぁと。

「あはっ とろけた顔して たまたま揉んでるの情けなーい」
04パートも乳揺れや言葉責めをオカズにオナニーする形になります。
オナニーの指示は開始と射精のタイミングくらいですからオナサポ成分は低いです。
パートの終盤で面白い言葉責めが登場しますし
言葉責めを重視する本作品らしい締めくくり方になってます。

このように、体への責めよりもシチュやセリフで屈服させるサキュバスでは珍しいエッチが繰り広げられてます。
面白いところは持ってるのだが…
良いところとそうでないところが割とはっきりしてる作品です。

サキュバスは自分を倒そうとしてる勇者を上手く手懐けようと
まずは媚びた態度でフェラや手コキをして快楽と引き換えに彼のレベルを吸い取ります。
そして後半は体への接触を極力避けておっぱいを見せつけたり言葉責めして負け射精へ追い込みます。

あざといメスガキサキュバスが屈強な勇者をエッチで負かすM向けのシチュ
小馬鹿にしたり見下す言葉責めをガンガンして彼女に負ける快感を煽るエッチ
レベルドレイン、魅了のキス、フェロモンなどサキュバス特有のプレイを盛り込んだ作り。
色んな特徴を持つ彼女のキャラが活きるように作品を組み立ててます。

「負けちゃえ負けちゃえ 特濃おっぱいフェロモンで 恋奴隷に落ちちゃえ」
中でも2番目はサークルさんが重視されてるのか、質量共に充実してて良かったです。
メスガキを組み込んでるおかげで生意気さが引き立ってました。
それでいてあまり冷たさを感じないのは彼女の声や態度が終始穏やかだからです。
レベルが逆転しても彼を襲ったりせず最後まで面倒を見ます。

ただ全体的にエッチな声や音が不足してることや
サキュバスが相手なのに体への責めがあっさりしてることには首を捻ります。
レベルドレインとかやるのでサキュバスらしさは出てますけど
もっとドスケベかつハードに立ち回ったほうが素材を活かせると思います。

03パートでおっぱいを見せつけたり揺らすプレイをメインに据えてるのが良い例です。
ここをイメージ主体ではなく音声も引き立つように組み立てていれば
聴いた時の印象やエロさも随分変わったでしょう。
売りであるレベルドレインも射精したことを報告するだけなので
専用の効果音を入れたり表現を多少オーバーにして通常の射精との差別化を図って欲しかったです。

シチュや言葉責めはしっかりしてるのだけど
体への責めが全体的に弱かったり、声や音を活かしたプレイが乏しいことから(この内容なら嘘喘ぎとか)
総合すると「微妙な作品」というのが私の感想です。
こうなった理由はだいたいわかるのですが、思いきりネガティブな発言になるので伏せさせていただきます。

射精シーンは4回。
淫語それなり、くちゅ音とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:みもりあいのさん
総時間 1:13:27

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
2021年8月13日まで30%OFFの847円で販売されてます。
その場合の点数は7点です。



サークル「常世常闇所々」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、これまで数多くの男をマゾ堕ちさせてきた2人の人妻が
新しく送られてきた男子を様々な色仕掛けて負け射精へ追い込みます。

体への責めを控えめにする代わりに誘惑や言葉責めに力を入れてるのが特徴で
彼を応援したり褒めるママらしい態度を見せながら
吐息責め、両耳舐め、オナニーや射精したくなるセリフを投げかけて少しずつ確実に追い込みます。
雰囲気、プレイいずれも穏やかですからややMな人が最も楽しめるでしょう。
男たちを屈服させる気持ちいいマニュアル
アキエ(左側)とマリコ(右側)が協力して射精させるお話。

「あ、いたいた 元気なさそうな顔してますねぇ」
アキエは上品で落ち着いた声のお姉さん。
「この子 結構イケメンだね 可愛い顔してるじゃん」
マリコは明るくて穏やかな声のお姉さん。
ある日突然誘拐されて奴隷施設に送られてきた主人公に事情を話すと
ここを脱出する唯一の手段であるエッチなゲームのルールを説明します。

本作品は主婦をやりながら男たちを誘惑する仕事もこなしてる彼女たちが
まだ学校に通ってる年齢の彼をおよそ50分に渡ってエッチに弄びます。
彼がなぜ奴隷に選ばれたのかはわかりませんけど
どんな性癖を持ってるかを事前に調査されてるそうです。
そのため2人は組織から提供されたマゾ・マニュアルに従って誘惑します。

マリコ「私たちは あの手この手で君を興奮させて オナニーを誘惑します そして 最後まで射精を我慢できれば 君の勝ち」
ルールは至って簡単。
彼女たちの責めに耐えられず射精したら負けて別の施設に送られ
最後まで我慢できたら勝ちになり元の生活へと戻れます。
しかし彼女たちがおちんちんに直接触れるのはNGなため、彼にオナニーさせようとします。

タイトルを見てM度の高いプレイをすると思う人がいるかもしれません。
でも実際はキャラ、セリフ、責め方いずれも穏やかで調教っぽさは薄いです。
彼が自分の意志で快楽に負け、射精してしまうように導きます。
年上の女性に色仕掛けされるシチュが一番の魅力だと思います。

エッチについてはルールに従いソフトな言葉責めや心への責めに力を入れてます。
人妻らしく終始色っぽい声と態度で接しながら
耳元で熱い吐息を漏らしたり、両耳を同時に舐めてオナニーしたい気分にさせます。
吐息責めの時間を長めに取ってますから好きな人ほど興奮できるでしょう。
じわじわ追い詰めるエッチ
エッチシーンは4パート41分間。
プレイは吐息責め、乳首オナニー、金玉オナニー、竿オナニー、授乳、キスです。
エッチな効果音はありません。

アキエ「とっても柔らかい むちむちの女体に抱きしめられても エッチな気分にならないよう 頑張って」
何も知らない主人公を軽く励ましたアキエとマリコは
左右に体を密着させながら熱い吐息を漏らしてまずは彼を興奮させます。

エッチは終始彼女たちがリードします。
前半の2パート21分間は本作品の特徴を出しつつ心身の熱を高めるプレイ。
「2.あつい吐息と乳首オナニーの誘惑(約9分)」は吐息責めと乳首オナニー
「3.おちんぽにぎにぎの焦らし誘惑(約12分)」は乳首、金玉、竿をいじらせながら
両耳舐めもして射精したい気分にさせます。

アキエ「あらあら 可愛いおちんぽさんですね」
2人はゲームに勝っても負けてもお金がもらえるそうですから
主人公を本気で負けさせようと思ってるわけではありません。
これらのプレイはすべてマゾ・マニュアルに書いてあることだと教えたうえで
彼を甘やかしたり元気づけるセリフを投げかけます。

途中で彼が快楽に負けそうになったらストップするなど
できるだけ頑張らせようとする姿勢を至るところで見せてました。
実際に音声を聴いても彼女たちに対してあまり悪い印象は抱かないと思います。
普通の人妻が臨時で裏のお仕事をしてる感じになってて雰囲気は甘めです。

この2パートは乳首オナニーをメインに据えてるので開発してる人ほど楽しめるでしょう。
乳輪を優しく撫でたり爪で引っかく指示を出してから「かりかり」などの掛け声を出します。
おちんちんをしごく時間はたったの4分と短いです。
ここで負けさせるのではなく後半でそうなるように準備してると見るのが妥当でしょう。

続く2パート20分間は本題の射精へじわじわ追い込みます。
「4.ママのメロメロ母性堕ちオナニー誘惑(約11分)」は
赤ちゃん言葉で話しかけながら授乳やキスをして甘えたい気分を膨らませ
「5.ママのびゅるびゅるお射精誘惑(約9分)」は吐息責めの後に王道の手段で射精へ追い込みます。

マリコ「あら 可愛いわね いい子さんですわね そんなお利口さんなボクちゃんには おっぱいあげまちゅね」
4番目のパートは人妻な彼女たちの特徴を活かしたプレイで非常に甘いです。
彼を赤ちゃんに見立てて1人ずつ順番におっぱいを吸わせ
その後は大人の女性らしい熱くパワフルなキスで心をとろとろにします。

おちんちんはダメだけど首から上なら責めてもいいみたいです。
パート終盤には乳首オナニーやおちんちんを握る指示を再度出すなど
彼を自分たちの言いなりにして負け射精するように誘導します。

作中で竿オナニーする時間は全パート合わせても12分くらいですから
事前に2日くらい溜めた状態で聴いたほうがすんなり出せると思います。
吐息責めも含めて心への責めにかなり力を入れてて幸せな感覚に浸れました。

このように、彼が望むものをどんどん与えて骨抜きにする人妻らしい誘惑が繰り広げられてます。
穏やかな色仕掛け作品
無理矢理感を極力出さずに射精への欲求をくすぐるややM向けの作品です。

アキエとマリコは施設へ送られてきた主人公を気分よく負けさせようと
人妻らしい穏やかな態度で接しながら体を密着させて上手に興奮させます。
そしてエッチはおちんちんに触れない代わりに吐息責め、耳舐め、キスをやったり
乳首オナニーの指示を出して射精で発散したい状況に追い込みます。

上品で色っぽい人妻たちが男子をねっとり責めて射精させるシチュ
首から上を重点的に責めておちんちんをいじりたい気分にさせるルールに沿ったエッチ
やることをきっちりこなしたうえで適度な優しさも見せる彼女たちのキャラ。
M向けの作品によくあるハードさや冷たさを和らげてより多くの人が聴きやすくしてます。

アキエ「でも 白い精液ぴゅっぴゅする光景を思い浮かべたら 絶対ダメ」
中でも2番目はおちんちんを責められないハンデを補う工夫が随所でされてます。
例えば3番目のパートにこういうセリフが出てくるのですが
これは射精を食い止めてるように見えて実際は促す効果を持ってます。

最後のパートでもこれとは別の話術が使われてますし
「マゾ」「変態」といったストレートな言葉責めとは違うやり方で負けさせようとします。
何かに特化させるのではなく、様々な要素を組み合わせて徐々に追い込む熟練の誘惑です。

射精シーンは○○回(伏せてます)。
吐息それなり、淫語そこそこ、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

ソフト路線の色仕掛けが好きな人には特におすすめします。

CV:分倍河原シホさん
総時間 50:08

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2021年6月20日まで20%OFFの880円で販売されてます。



サークル「カモネギちゃんねる」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、現実よりも女性がずっと上の立場にいる世界で
2人のお姉さんがM男に5種類のエッチな試験をします。

質量共に優れた言葉責めと純粋なエロ要素を組み合わせた濃いプレイが行われており
序盤は手コキしながら女性に見下される快感や負ける快感をストレートに煽る
中盤は激しいキスや恥ずかしいポーズを加えて別方向から盛り上げる
終盤はSEXメインにして女性を好き放題する征服欲をくすぐる、といった具合に
シーンごとにやることを変えて彼が自分から破滅するように導きます。
悪いお姉さんたちとする気持ちいいテスト
2人のお姉さんが6つのエッチでM男を負かすお話。

「くす♪ ようこそ♪ さぁ、座って♪」
左のお姉さんは甘く穏やかな声の女性。
「不安がらなくても大丈夫♪ 私達のことは知ってるかしら?」
右のお姉さんはトーンが低く凛々しい声の女性。
主人公がいる部屋にやって来て彼がマゾなことを言い当てると
エッチなテストをしておちんちんと心の強さを確かめます。

本作品は今後女性に対して問題を起こす可能性がないかチェックする仕事をしてる2人が
その対象に選ばれた彼をおよそ140分に渡るエッチで試します。
彼は今のところごく普通の生活をしてますが性欲は非常に旺盛です。
そのため2人同時に相手する形で様々な責めを繰り出します。

試験のルールは至って簡単。
彼女たちの誘惑に耐えて射精しなければ勝ち、できなかったら負けです。
そして5つあるプレイの中でひとつでもクリアすれば合格になります。
一見簡単そうですが、彼女たちは至るところに罠を張ってそれを阻もうとします。

右「仕方ないよねぇ♪ 本当は弱いんでちゅもんね? ドスケベなお姉さんにぃ、エロぉ~くせまられたら白いおしっこしーしーしちゃう…♪」
それに最も貢献してるのが多種多様な言葉責め。
彼を気持ちいい負け射精へ追い込もうと言葉を使って巧みに誘導します。
興奮や射精をストレートに煽るセリフももちろんありますが
女性に負ける快感をくすぐったり、逆に媚びて彼女たちを屈服させる喜びを教えます。

以前から言葉責めを得意としてるサークルさんなだけあって
ややM~Mな人が喜ぶツボを的確に突いてきます。
中盤以降は女性が2人いる状況を活かしてちゅぱ音や熱っぽい吐息も加わりますから
悪いお姉さんに弄ばれたり屈服させられる快感を味わいながら抜けるでしょう。

体への責めについては割かしシンプルです。
手コキ、素股、オナホコキ、SEXなどそこまでハードじゃないプレイを用意し
各パート1回の射精に向けて標準くらいのペースで責め続けます。

効果音のペース、強さ、質感をそこまで小まめに変えてくるわけではないので
やはり言葉責めのほうが存在感は大きいと思います。
SEXの時に喘ぎ声のタイプを変えるなど、2人の違いを出す工夫がされてました。
自分の意志で負けたくなるエッチ
本編のエッチシーンは6パート97分間。
プレイは言葉責め、手コキ、素股、ベロチュー、オナホコキ、SEX(正常位)です。
手コキ、素股、オナホコキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

左「んふ♪ それじゃあおちんちん握るわね♪ 最初の試験は手コキでーす♪ 左側からは私のお手手が♪」
右「右からは私が、手を繋ぐみたいにおちんちん挟んで握るの♪」
物語の背景やこれからする試験のルールを説明した後
お姉さんたちは左右からおっぱいを押し付けながらおちんちんをリズミカルにしごきます。

エッチは序盤から中盤は彼女たちが、終盤は彼が責めます。
最初の2パート33分間は言葉責め重視な特徴をわかりやすく表現してるプレイ。
「2 手コキ編(約13分)」は通常の手コキ
「3 寸止め手コキ編(約20分)」は寸止めを何度もする手コキで1回ずつ射精させます。

左「ううん♪ 射精したいよね♪ こんな気持ちいいの反則♪ このままきもちよぉ~くぴゅっぴゅしたぁ~いぃ~♪」
右「絶対ダーメ♪ 性欲煽られてぇ精液登ってきてるけどぉ、我慢♪」
2人はこれまで数多くの男をテストしてきたプロですから
彼がエッチなお姉さんにいじめられるのが好きなマゾだと見抜いてます。
左のお姉さんは射精を後押しするセリフ、右のお姉さんは射精を食い止めるセリフと役割分担したり
おちんちんの弱さを優しく貶す、赤ちゃん言葉を交えて小馬鹿にするなど多彩な責めを繰り出します。

「マゾ」「ば~か」といったストレートな言葉も多少は出てきますけど
それよりも彼が元々持ってる欲望を膨らませることを意識したものが多いです。
彼女たちは彼を試験するにあたって自分から負けたくなるように誘導します。
だから言葉責め重視でも雰囲気は終始穏やかですし、負けた時の悔しさも軽めで済みます。

左「ね…♪ 僕の負けです、射精させてくださいって言えたらぁ、きもちよぉ~くお漏らしさせてあげる…♪」
その部分がよく出てるのは寸止め手コキパート。
彼女たちは寸止めを繰り返すのに専念し、彼が降参するのをのんびり待ちます。
2人に激しく責められて射精させられるよりも、自分で負けを認めたほうが快感や背徳感が大きくなります。
そうやって最初のうちから負け癖をつけて中盤以降を有利に進める環境を整えます。
各試験の内容は独立してますけど全体に明確な流れがあって面白いです。

射精時に必ずぴゅっぴゅのセリフを多めに言ってくれるのもポイント。
男にとって最も無防備で情けない瞬間をじっくり見られてることを教えます。
プレイの内容によって言う量を多少増減させててなかなか凝ってました。
赤ちゃん言葉も含めて言葉責めでよく使われる要素をほぼ網羅してます。

中盤の2パート34分間は純粋なエロさが上がります。
「4 素股ベロチュー編(約16分)」は右のお姉さんと素股+ベロチューし
「5 オナホ搾精編(約18分)」は新しい要素を加えたオナホコキでより充実した射精へ追い込みます。

右「んふ♪ 今回はせっかくだからぁ、恋人っぽくイチャイチャラブラブしながらしましょっかぁ…♪」
素股ベロチューはキスをガンガンやっても違和感が出ないように
右のお姉さんと恋人になった設定でエッチします。
彼女は物語の開始時点で彼に強い興味を持ってますから、それをストレートに伝えたいのでしょう。
「むさぼる」と呼ぶのがピッタリな下品で激しいちゅぱ音を多めに鳴らします。

そして右のお姉さんがしゃべれないハンデを左のお姉さんが補います。
右は甘く、左はやや意地悪にと両者の属性に違いを持たせてました。
キスが強烈なおかげで素股の音がほとんど聞こえないのはちょっと残念です。

終盤の2パート30分間はこれまでと違いややS向けのプレイ。
右のお姉さん→左のお姉さんの順にSEXして両方中出しを決めます。
体位は明言されてませんが、彼がピストンしてることから正常位だと思います。

右「んっ、あっ…♪ んふふ♪ いれちゃったねぇ…♪」
左「そうよね、頭のわるぅ~いオスが目の前に餌ぶら下げられて我慢できるわけないものね?♪ くすくす♪」
彼にとってここは今まで散々弄ばれてきた2人に反撃できるシーンです。
SEXしてるほうは熱い吐息や艶めかしい喘ぎ声を漏らし
もう1人は相手を屈服させる快感を煽って女性に対する征服欲を満たします。
フィニッシュをどちらも中出しにしてるのもそれを狙ってるのでしょう。

プレイだけを見ると今までと真逆の内容ですが、これにも大きな意味が込められてます。
彼が自分でピストンして射精する展開は彼女たちにとって好都合ですし
今回の試験が持つもうひとつの要素にも影響をもたらします。
それが何かは伏せますけど考えがあってこのスタイルにしてるのは間違いないです。

左のお姉さんは通常の甘く可愛い喘ぎ声、右のお姉さんはオホ声交じりの喘ぎ声と
2人の乱れ方に明確な違いを持たせてエロさと個性を出してました。

右のお姉さんは普段がかっこいいキャラなので左よりもギャップが大きいです。
露骨に媚びてやる気を出させるなど、これまでとは違うやり方で負け射精へきちんと誘導します。

このように、女の武器と巧みな言葉責めを組み合わせた明るいエッチが繰り広げられてます。
言葉責め重視の色仕掛け作品
サークルさんの持ち味と作品固有の要素を上手く融合させてる優れた色仕掛け作品です。

2人のお姉さんは女性にいじめてもらいたい願望を抱いてる彼を気分よく負かそうと
試験のルールを説明してからパートごとに違うプレイをやって何度も射精させます。
そしてこれらの中に多種多様かつ重厚な言葉責めを盛り込んで心もしっかりケアします。

男専用の監獄で働いてるお姉さんたちが性欲旺盛なマゾとエッチな試験をするM向けのシチュ
無理矢理負かすのではなく、彼が自分の意志で負けたくなるように導く高品質な言葉責め
中盤はベロチュー、終盤は喘ぎ声と2人いる状況を活かして役割分担する密度の高いエッチ。
悪いお姉さんに誘惑される快感を様々な方向から描いてます。

中でも言葉責めは内容が本当に多彩で実力の高さを感じました。
負ける快感をストレートに煽ってたかと思えば、中盤以降は方針を変えて心を突き崩します。
終盤のSEXもプレイはややSなのにちゃんとテーマに合ってて素晴らしいです。
お姉さんに弄ばれるのが好きな人ならかなり満足できる作品に仕上がってます。

あとはベロチューや喘ぎ声の激しさも際立ってました。
彼を嫌々相手してるようには見えませんし、彼女たちもなんだかんだで楽しんでるのでしょう。
事務的感がまったくないおかげで気分よく負けることができます。

本編の射精シーンは6回。
淫語とくちゅ音多め、ちゅぱ音と喘ぎ声そこそこです。

以上を踏まえてサークルさんでは5本目の満点とさせていただきました。
番外編はダブルベロチュー顔舐め編、マゾ囁きオナてつ編、どぴゅどぴゅ囁き編、ダブル鼻息耳舐め編です。

CV:大山チロルさん
総時間 2:51:50(本編…2:17:44 番外編…28:22 フリートーク…5:44)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2021年5月20日まで20%OFFの1056円で販売されてます。



サークル「宙果てスタジオ」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、大きなおっぱいとお尻を持つドスケベコスプレイヤーが
大好きな同人作家をラブホへ連れ込み濃厚なエッチで誘惑します。

彼のおちんちんや精液を褒め称えたり、淫語交じりの言葉責めをガンガンするなど
彼に媚びたり尽くす姿勢を見せながらゆっくりご奉仕する実用性重視のプレイを行います。
M向けの要素はまったくありませんから彼女を独占する優越感に浸りながら抜けるでしょう。
イベント後にするエッチな交流
コスプレイヤーと5種類のエッチをするお話。

「せーんせい お疲れさまでした」
コスプレイヤーは甘くて穏やかな声の女の子。
イベントの売り子を終えて主人公に挨拶すると
彼のファンだと告げてから同人誌の感想を語ります。

本作品は以前から彼の作品(18禁)が大好きでエッチなことにも積極的な彼女が
イベントで一緒になったのをきっかけにおよそ60分間の誘惑を仕掛けます。
挿し絵にも描かれてる布面積の少ない衣装を着たり(彼の同人誌に出てくるキャラだそうです)
ホテルで2人きりになった後はガンガンご奉仕するなど
序盤から自分の気持ちをストレートにぶつけて彼の心を掴もうとします。

こういうシチュだと男性を陥れたり堕落させる作品もありますが
彼女の場合は純粋に好きだからするだけで悪女っぽさは一切ありません。
プレイも王道のやつで揃えてますから属性はノーマル~ややS向けです。

「金玉重すぎて これ絶対精子みっちり詰まってる 射精してないのに 優秀なオスだってバレバレです」
そして彼女はエッチをするにあたってひたすら媚びてきます。
彼のおちんちんや精力が立派なことを伝えて優越感に浸らせたり
98cmの大きなおっぱいでパイズリして性欲を存分に満たします。
陽向葵ゅかさんの甘い声や若干語尾を伸ばした口調も相まって
女性に尽くされる満足感や幸福感が強めに得られます。

おちんちんを責めるシーンも十分ありますが
それよりも言葉責めに力を入れてるので興奮を高めやすいです。
淫語を多く盛り込んでしきりに誘惑してくるあたりはすごく彼女らしいなと。
終盤は2人が恋人になって生ハメSEXしますし、甘さとエロさを両立させたエッチになってます。
相手が求めるものを惜しみなく与えるエッチ
エッチシーンは5パート49分間。
プレイはコスの鑑賞、ちん嗅ぎ、手コキ、玉揉み、乳揉み、パイズリ、フェラ、SEX(正常位?)、キスです。
手コキ、パイズリ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「あとは ここの股間部分 際どくてぇ 布面積も少なすぎ」
イベント終了後に主人公を会場近くのラブホへ連れ込んだコスプレイヤーは
自分の衣装を彼にじっくり見てもらい原作と違うところがないか尋ねます。

エッチは一部を除き彼女が責め続けます。
最初の2パート19分間は彼女のドスケベで媚びる性格がよく出てるプレイ。
「1_イベント終わりに売り子のレイヤーから誘惑セックスアピール(約8分)」はコス鑑賞で興奮を煽り
「2_カウパーまみれのちんぽをチン嗅ぎエロエロ手コキ(約11分)」は
軽いちん嗅ぎの後に手コキと玉揉みへ進んで最初の射精に導きます。

「今日は 大好きな先生に ドスケベエロコスで誘惑して オフパコする気でしたぁ」
彼女は最初から彼とエッチする気満々なので変に隠したりはしません。
おっぱいや股間といった男が釘付けになる部位を見せつけながら自分の気持ちを素直に伝えます。
相手がコスプレイヤーだと彼のほうからは手を出しにくいですからね。
ありのままの自分を見せて彼を落とす正統派の色仕掛けをします。

「汗と混ざって最低なくっさーいオスの匂いがします でもでも 不思議とこの匂い 嫌いじゃないです むしろ好きかもですぅ」
2番目の手コキパートは言葉責めが威力を発揮します。
おちんちんの匂いや感触を彼女視点で綿密に描き
その中にやや下品な淫語を小まめに入れて男心をくすぐります。
言葉と行為の両方で彼が上、彼女が下の構図を作って媚びっぷりを表現します。

手コキするのはパート後半からの5分程度と短いです。
でも言葉責めが充実してるおかげで意外なほどあっさり抜けました。
焦らしとは違いますけど体を責めるタイミングを多少遅らせて溜めを作ってます。

続く2パート25分間はプレイのほうも濃くなります。
「3_ザーメンでマーキングしながらデカ乳パイズリ(約13分)」はパイズリフェラ
「4_媚び声でおねだりされながら濃厚生ハメ交尾(約12分)」はSEXで1回ずつ射精します。

「性欲の強いメスが恋人だなんて 大義名分なんて得ちゃったら 体のラインがまるわかりなエロコス着て チンポにくるドスケベ自撮りと一緒に 今日はこんなプレイがしたいでぇすってメッセージ送って 交尾せがんじゃいますよ?」
パイズリパートは彼女の武器であるおっぱいを使うこともあり
彼を自分の恋人にしようとする言葉責めが充実してます。
「ぷしゅん」という空気交じりの水音をゆっくりペースで鳴らしながら
彼女と恋人やセフレになった時のことを語って気持ちを前向きにします。
付き合った後はもっとサービスをするとも言いますし、彼女もそれを強く望んでることを伝えます。

たっぷりもてなしつつ彼女の思い描いた通りに誘導してるのが良いですね。
媚びてるように見えて彼をきちんとコントロールしてます。
ただエッチして終わりにするよりもこうしたほうがテーマに合ってます。

そして最後のSEXパートは彼女の一番大事なところで存分に満足させます。
ここだけは彼に責め手を譲って好き放題できる環境を作り
引き続き媚びたセリフを言いながら軽く喘ぎ声も漏らして最高の射精に導きます。

「これ 全部子宮に欲しいですぅ 1回で出し切れないなら 私のエロエロおまんこ何回使ってもいいですから 金玉が空っぽになるまで いっぱい愛してください」
彼女のような女性にこんなことを言われて心が揺らがない男はまずいないでしょう。
SEXを始める直前に2人は恋人同士になるのですが、その後も変わらず彼に尽くし続けます。
セリフが多い関係で喘ぎ声が少ないのだけは気になりました。
最後くらいは普通に乱れて彼女が喜んでる様子を表現しても良かったように思えます。

このように、濃厚な言葉責めと女の武器を組み合わせたエロさの高い誘惑が繰り広げられてます。
明るい色仕掛け作品
言葉責めを軸にした重厚な媚びっぷりが魅力の作品です。

コスプレイヤーは作家としても異性としても大好きな主人公をモノにしようと
イベントで売り子をした後に自分からホテルへ誘い、そこで魅力的な体を見せつけて誘惑します。
そして彼がやる気になった後は媚びた言葉責めをしながらおちんちんも責めて気持ちよく射精させます。

一途でドスケベなコスプレイヤーが同人作家とオフパコする夢のようなシチュ
淫語多めの言葉責めと緩めのプレイを組み合わせたどろっどろのエッチ
彼のためなら文字通りすべてを捧げようとする彼女の表裏のないキャラ。
悪いお姉さんが誘惑してくるのとは違うタイプの色仕掛けが味わえます。

中でも2番目は言葉責めが質量共に優れていてびっくりしました。
彼のことを持ち上げたり、逆に自分がエロく振る舞っていい気分に浸らせます。
愛情に基づいた行為なので暗さや重さはまったくありません。
普通の女の子のようにアプローチできないからこういうあざとい手段に出たのかもしれませんね。
その観点から見ると割かし不器用な女性にも映りました。
ちゃんと恋人になってからSEXに進む展開も甘さがあって良いです。

射精シーンは3回。
淫語多め、くちゅ音それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。
ノーマル向けの言葉責めが充実してる作品が好きな人には特におすすめします。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 59:12

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年4月29日まで20%OFFの968円で販売されてます。



サークル「VOICE LOVER」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、エッチに強い興味を持ってる財閥の末娘が
新しくやって来た童貞の執事を誘惑しながら色んなプレイを楽しみます。

耳舐めを多く盛り込んだゲーム形式のエッチをするのが特徴で
勃起したら負け、オナニーしたら負けなどシーンごとに違うルールを定め
後になるほど耳舐めの量を増やしたり濃いプレイを繰り出して彼を上手に負かします。
M向けの要素はほとんどありませんからノーマルな人でも問題なく楽しめるでしょう。
お嬢様とする気持ちいいゲーム
早乙女レイナの誘惑に耐えるお話。

「そう… あなたが新しく入った執事なのね」
レイナは丁寧語で話すお淑やかな声の女の子。
主人公を呼び出して恋人の有無を確認すると
彼の呼び名をテツオに決めてから勉強の手伝いをするよう言います。

本作品は早乙女財閥の末娘としてこれまで大事に育てられてきた彼女が
新しい専属執事で童貞な彼とおよそ180分に渡ってエッチします。
彼女は将来父親が決めた相手と政略結婚することが決まっており
男性とのエッチはもちろん、普通に接することすらできない窮屈な日々を送ってました。
そのため性に対して異常に強い興味を持つ痴女っぽい性格になってます。

「あぁ なんてごつごつした体なのかしら これが男の体」
初めて見たり触れる男の体にうっとりした声を漏らし
彼のオナニーを眺めながらその場でオナニーを始めて一緒に絶頂を迎えます。
物語が進むほど踏み込んだプレイが登場しますし
お嬢様のイメージとは随分違うサービス精神旺盛なドスケベキャラに描かれてます。

ご主人様なので命令することもありますけど、声や口調は終始穏やかでSっ気はそれほどありません。
プレイも2人で一緒に楽しむスタイルにして甘さを出してます。
属性はノーマル~ややMあたりの人が最も向いてます。

エッチについては全編を3つのシーンに分け、どれも彼女の誘惑に耐える流れになってます。
耳舐めされても勃起しなかったら10万円
上半身だけを責められオナニーしなかったら20万円と難度に合わせてもらえる金額が上がります。
そしてギブアップした場合は罰ゲームとして彼女に弄ばれます。

彼女の性格が基本的に温和なので、罰ゲームと言ってもハードなことはほとんどやりません。
どのシーンも射精は1回のみでそれに向けてじっくり責め続けます。
詳細は次で説明しますがこの内容ならむしろご褒美と呼ぶのが妥当です。

またこれらをするにあたって耳舐めを積極的に行います。
エッチのほぼ半分にあたる82分も用意し、7分→29分→46分といった具合に
後のシーンになるほど時間を増やしてよりディープなちゅぱ音を鳴らします。

VOICE LOVERさんは姉妹サークルのHORNETさんで耳舐め特化の作品をいくつも制作されてます。
本作品でもそのノウハウが導入されてて他とは違う耳舐めが味わえます。
おちんちんへの責めと一緒にやるので、耳舐め好きじゃなければ楽しめないわけではありません。
両者のバランスを上手く取ってより抜けるプレイに進化させてます。
初めてを捧げ合うエッチ
エッチシーンは6パート163分間。
プレイは裸の鑑賞、乳首責め、耳舐め、オナニー、下着を見せる、レイナのオナニー、キス、手コキ、髪コキ、パンツコキ、素股、手マン、乳揉み、SEX(正常位)、リボンでおちんちんを縛るです。
レイナのオナニー、手コキ、髪コキ、素股、手マン、乳揉み、SEX、射精の際に効果音が鳴ります。
(素股、手マン、乳揉み、SEX、射精音のみ有無を選択可)

「将来 旦那様のハートを繋ぎ止めるには 私にも性の知識が不可欠でしょう?」
軽く雑談してから主人公に早速服を脱ぐよう指示したレイナは
事情が飲み込めない彼に自分のエッチな勉強に協力してほしいと言います。

エッチは終始彼女がリードします。
最初の2パート38分間は彼女の性格をわかりやすく表現してるシーン。
「トラック1 10万円チャレンジ(約22分)」は裸の観察と耳舐め
「トラック2 10万円罰ゲーム(約16分)」はオナニーを見せ合って1回目の射精に導きます。

「男の人もオナニーする時は 乳首を触るの? 私はオナニーする時 必ずこうして乳首をいじめるわ」
そして彼女は己の欲望を満たそうと積極的に動きます。
彼の体を間近で見たり触れて女性との違いを確認し
乳首をソフトにいじりながらオナニーする時触れるかどうか尋ねます。
「自分の誘惑に耐えて勃起しなかったら10万円」というゲームをひらめくなど
エッチなことに対する探究心の強さが随所で見られます。

彼女の立場ならならきつく命令すれば彼も必ず従うはずです。
でもそれをやらず彼に勝つチャンスを与えるところに育ちの良さを感じました。
恥ずかしい姿をガンガン見せてくれますし、彼とできるだけ同じ立場でエッチしようとします。

「ずり上げた服からはみ出したブラジャー それから…ほら 見える? たくし上げたスカートの下から覗くパンティ」
そう言える良い例がトラック2の罰ゲーム。
最初は彼のオナニーを興味深そうに観察してたのが
途中から我慢できなくなっておっぱいやパンツを見せつけます。
そしてパート終盤は相互オナニーに変わり彼の目の前で絶頂を迎えます。

音声を聴いた限りだと彼女には露出趣味がありそうです。
彼が気持ちよく射精できるように自分の体をオカズとして提供します。
優しくて、エッチに貪欲で、見られるのが好きな彼女の性格がこの2パートに凝縮されてます。

もうひとつの柱である耳舐めが存在感を増すのは次のシーンから。
彼女に上半身を責められオナニーを我慢したら勝ちというルールを定め
「トラック3 20万円チャレンジ(約29分)」はキス、乳首舐め、耳舐めをやります。
そして「トラック4 20万円罰ゲーム(約29分)」は耳舐めしながら手コキ、髪コキ、パンツコキをします。

「代わりに私のファーストキスを あなたにあげる」
前項で書いたように物語の開始時点で彼女は間違いなく処女です。
でもこのシーンでは彼にファーストキスを捧げたり
罰ゲームの際に大事な髪を使っておちんちんを気持ちよくします。
彼女のほうが立場が上なのに色々捧げてくれるから聴いてるとすごく満たされます。
目の前でパンツを脱いでしごく展開もお嬢様らしからぬ手厚いサービスと言えます。

耳舐めについてはサークルさんの特徴が色濃く出てます。
最初は耳の外側や耳たぶを舐めたり吸うお馴染みのちゅぱ音だったのが
少し経つと耳の内側や穴の入り口を重点的に責めるようになります。
耳舐め中はセリフが一気に減って音だけを楽しめます。

ちゅぱちゅぱではなくジョリジョリしたややざらつきのある音を鳴らすので
VOICE LOVERさんやHORNETさんの作品を聴いたことのない人は軽く驚くと思います。
また耳の穴を責めるようになった後は舌先で軽く塞いで圧迫感を与えたり
舌をおちんちんに見立てて出し入れするピストン耳舐めも登場します。
音と同時に微弱な刺激が伝わってきて耳のあたりがゾクゾクしました。

終盤の2パート67分間は最も濃くて抜きやすいプレイ。
定められた時間内に彼がSEXしたいと彼女に伝えたら負けというルールにして
「トラック5 100万円チャレンジ(約32分)」は耳舐め、素股、手マン
「トラック6 100万円罰ゲーム(約35分)」は耳舐めSEXをします。

「ぐちょぐちょの発情イキマンコ擦りつけられて SEXしたがってる女が目の前にいるというのに あなたは我慢するのね」
このシーンはルールが緩いこともあり彼女が最も大胆に誘惑します。
最初はパンツ越し、しばらくしたら地肌と2つのスタイルで素股を続け
さらに彼の手をおまんこに導いて目の前でイってみせます。
そしていつでも挿入できる状況にしたまま言葉でおねだりして彼の心を折ろうとします。

100万円も魅力的ですけど、これを我慢できる男はなかなかいないでしょう。
エッチの知識だけは豊富なので男が喜ぶツボを上手に突いてきます。
耳舐めも合計46分まで増えて今まで以上に深いちゅぱ音をガンガン鳴らします。

最後のトラック6はトラック5で溜め込んだもやもやを一気に吹き飛ばしてくれます。
彼の童貞を奪う代わりに処女を捧げる甘い展開や
普通の男性には決して手の届かない女性に生ハメ&中出しする満足感がそうさせてくれます。
耳舐めを多くする関係でSEX中の喘ぎ声は少なめでした。

このように、主従よりも恋人に近い距離感でするエロさの高いエッチが繰り広げられてます。
耳舐め重視の色仕掛け作品
女性に優しく誘惑されたり負かされるシチュに耳舐めを盛り込んでる明るい作品です。

レイナはエッチに強い興味があるのに満たせなかった状況を改善しようと
新しく執事になった主人公を相手に3つのゲームを持ち掛けます。
そしてお嬢様らしく振る舞いながら痴女なところを曝け出したり
耳を後になるほどたっぷり舐めて彼を気分よく負けさせます。

声や態度は上品だけど性格はドスケベなお嬢様が童貞執事とイチャイチャするシチュ
シーンごとに違うルールを定め、プレイも変えながら上手に負けへ追い込むゲーム形式のエッチ
耳の外側よりも内側や穴を集中攻撃する質量ともに優れた耳舐め。
キャラとプレイの両方に個性を持たせたうえで誰でも聴けるように仕上げてます。

中でも2番目は彼女の痴女なところを引き出すのにとても役立ってます。
ゲームに勝ったのに彼を喜ばせながら自分も痴態を晒すのが良い例です。
彼女は男性の体を強く知りたがってましたから、当然童貞の彼も女性の体を知りたいと認識してます。
そこで彼の願いを叶えるのと同時に見せつけたり汚される快感を満たす流れに持っていきます。

このゲームを通じて2人とも得をするから負けても全然嫌な気分にはなりません。
罰ゲームの内容を見ればむしろ「負けて良かった」と思う人のほうが多いでしょうね。
耳舐めも充実してますし色んな魅力を持った作品になってます。

射精シーンは3回。
くちゅ音とちゅぱ音多め、淫語と吐息それなり、喘ぎ声そこそこです。

色仕掛けや耳舐めが好きな人には特におすすめします。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 3:02:22

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年2月12日まで10%OFFの1188円で販売されてます。



サークル「SweetNightmare」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、珍しい手段で地球侵略を目論んでる異星人を倒すために
機関によって選ばれた男性がエッチな手段で勝負を挑みます。

幼児プレイを中心に据えた独特な色仕掛けが行われており
前半は赤ちゃん言葉をたっぷり言いながらとことん甘やかして彼の心をとろかせ
後半に入るとより踏み込んだプレイをして敵対する女性に負ける快感を与えます。
地球の命運を賭けた気持ちいい戦い
Creepに所属する「来栖 愛乃(くるす あいの)」とエッチな勝負をするお話。

「覚えていませんか?貴方はコンビニに行く途中、私たちに確保されました」
テレビの女性はトーンが低く落ち着いた声のお姉さん。
睡眠薬の効果が切れて目覚めた主人公に事情を説明すると
HEROになってこの世界を救うのを手伝ってほしいと言います。

本作品は人型の異星人に侵略されつつある地球を救うために
秘密裏に設立された機関に選ばれた彼が愛乃とおよそ140分に渡ってエッチします。
Creepは見た目や生態は地球人とほぼ一緒ですが特殊なフェロモンを発する能力があり
しかもSEXして生まれてくる子供は全員女性という珍しい特徴を持ってます。

人間の男性を巧みに誘惑して子孫を増やすことで女性の比率を徐々に上げ
最終的には地球を自分たちのモノにする壮大な計画を立ててます。
それを察知した国が機関を設立して主人公のような精力の強い男性をHEROに選び
彼女たちとSEXさせて妊娠できない体にする対抗策を編み出しました。

…といった感じの独特な世界観を持ってるわけですが
やることは基本的にエッチだけなので差し迫ってる様子は特にありません。
今回のターゲットにあたる愛乃も敵とは思えないほど手厚いサービスをしてくれます。

ちなみに現時点でこのシリーズは4作出ており、今作以外に以下の2本をレビュー済みです。
世界観や目的が一緒なだけで内容は独立してますから過去作未視聴でもまったく問題ありません。
HERO-TEMPTATION~VSジムトレーナーのお姉さん~
HERO-TEMPTATION~VS海の家のお姉さん~

愛乃「いっぱい甘えて いっぱい興奮してくだちゃいね お姉さんは 赤ちゃんみたいに甘えてくれる男の人 好みですから」
主人公が甘えん坊な性格だと知るとすぐさまママ役を志願し
エッチシーンの多くで赤ちゃん言葉を話しながらとことん甘やかします。
シナリオ担当が幼児プレイ作品を数多く制作されてるバブバブの森さんなだけあって
セリフとプレイの両方がとろけるように甘くなってます。

女性に負かされる敗北感や背徳感も多少は味わえますけど
それよりも女性に甘やかされる幸福感や充足感のほうがずっと強いです。
彼女が彼に本気でのめり込むシーンもありますし
敵同士じゃなかったら2人は結構いいカップルになれたと思います。
惜しみない愛情を注ぐエッチ
エッチシーンは7パート104分間。
プレイはさとりとのキス/手コキ/耳舐め/ソフトなスパンキング、愛乃とのキス/手コキ/乳揉み/授乳/オナニー/69/パイズリ/SEX(騎乗位)です。
手コキ、スパンキング、パイズリ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「初めまして。私、今回貴方様のサポート係を務めさせて頂きます、さとり、と申します」
さとりは丁寧語で話すお淑やかな声の女の子。
テレビの女性から説明を受けた主人公に自分の役割を話すと
まずはCreep打倒のカギとなる薬を口移しで飲ませます。

エッチは終始女性たちが責め続けます。
一番最初の「トラック1 サポート係(約13分)」は任務開始前の準備。
機関の本部でさとりに薬を飲ませてもらってから手コキでとりあえず1回抜きます。

「私の…小ぶりですが形のいいおっぱい…見ますか? 少しでもおかずにして頂ければ…んっ…」
彼女は彼に対して好意的な感情は特に抱いてませんが責任感は強く
これから大事な仕事に出かける彼を自分なりのやり方でもてなします。
薬を飲ませる時はねっとりしたちゅぱ音を鳴らすし
手コキ中は自分からおっぱいを見せたり押し付けて興奮させる健気な姿を見せます。

「地球を救う任務」と聞くとどうしても重さや堅苦しさを感じますから
本作品ではそれらすべてをエッチに置き換えて柔らかく、抜きやすくしてます。
事後に任務のことを話しますから脱線してる感じはまったくしません。

愛乃とエッチするのはトラック3(約21分)から。
アイスクリーム屋を訪れた主人公に興味を持った彼女が2人きりになれる口実を作り
まずは軽めのキスと手コキをしながら赤ちゃん言葉で話しかけて甘えやすくします。
そしてトラック4(約11分)は定番の授乳手コキで最初の射精に導きます。

「よちよーち お姉さんが いっぱいなでなでして おちんちんのお手伝いちまちゅからね 待っててくだちゃいね」
彼女は元から甘えん坊な変態をお世話するのが好きらしく
先ほど会ったばかりの彼に対して惜しみない愛情を注ぎます。
ほっぺについたアイスを口で舐め取る、Gカップのおっぱいを好きに揉ませる
「ちゅこちゅこ」と小刻みな水音を鳴らしながらリズミカルに手コキするなど至れり尽くせりです。

彼女が彼をまだHEROだと知らないことを差し引いてもかなりの甘やかしっぷりだなと。
体への責めは割と普通なのですが、セリフの表現が秀逸で聴けば聴くほど脳がとろけます。

「ほら お姉さんママが じーっと見ててあげまちゅから 大きい声で叫んでみてくだちゃい ばぶばぶー ばぶばぶー」
トラック4は彼が甘え、彼女が甘やかす関係が定着するパート。
引き続き柔らかい言い回しで赤ちゃんらしく振る舞うよう指示しながら
おっぱいをちゅーちゅー吸わせて彼の欲望を満たします。

彼を陥れるための罠と見ることもできますけど
プレイ中の彼女がとても嬉しそうな表情をするところを見るとまんざらでもなさそうです。
射精時には「ぴゅるぴゅるー ぴゅっぴゅ」と言って応援してくれますし
幼児プレイのポイントを押さえた安定感のあるリードを披露します。

続く3パート47分間は徐々に対決色が強くなってきます。
トラック5(約6分)で軽めのオナニーをしてからトラック6(約18分)は69
トラック7(約23分)は騎乗位SEXとお互いが責め合うスタイルに変わります。

「甘い甘いアイスと ママ愛液が混ざって絶妙な美味しさにブレンドされた 特製シャーベット 楽しんでくだちゃい」
佳境に入っても彼女の甘さはまったく衰えません。
トラック6では自分のお尻にアイスを塗って舐めやすくしてから
彼のおちんちんをチョコバナナに見立てて強烈なパイズリフェラをします。
口を使うので赤ちゃん言葉の量は減ってますがフェラ、パイズリいずれも音が力強くてエロいです。

吐き出された精液をそのまま口で受け止め喉を鳴らす姿も印象的でした。
彼が彼女に溺れるのと同じくらい彼女も彼にのめり込んでるのがわかります。

そしてトラック7はいよいよ彼女に特殊な精液を中出しして妊娠機能を奪いにかかります。
本作品の山場なので詳細は敢えて伏せますが
時間が長く内容も濃くて負けシチュが好きな人ほど抜けるプレイに仕上がってます。
幼児プレイ成分も強めですから視聴後の後味も割とスッキリしてます。

このように、母性たっぷりなお姉さんの赤ちゃんになりきって射精する甘いエッチが繰り広げられてます。
あまあまな色仕掛け作品
シリーズ特有の設定と幼児プレイを組み合わせたややM向けの作品です。

愛乃は自分が経営するアイスクリーム屋を訪れた主人公と仲良くなろうと
最初から好意的な態度で接しながらアイスを作ったり一緒に食べます。
そして彼が甘えん坊な性格だと知るとすぐママになって言葉と行為の両方からとことん甘やかします。

大きなおっぱいを持つ母性の強い異星人が人間の男性とエッチする甘いシチュ
赤ちゃん言葉や授乳手コキといった幼児プレイを主軸に据えたエッチ
優しい言葉をたっぷり投げかけながら嬉しそうな表情を見せる彼女の優しいキャラ。
敵対する女性とエッチで勝負してるとは思えないほど和やかな空気が漂ってます。

中でも2番目はわざわざバブバブの森さんに依頼されただけあって
本作品で最も力を入れてる要素と言えるくらい内容が充実してます。
赤ちゃん言葉が質量共に優れてますし、体への責めも彼女の性格が引き立つものが多いです。

幼児プレイメインで多少の負けシチュ成分がある感じに調整されてますから
やはり幼児プレイを好きな人が最も楽しめると思います。
文字通り全身でご奉仕してくれるおかげで満たされながら射精できます。
そして愛乃とのエッチがあまあまだからこそ、トラック1と8でするさとりとのエッチのギャップが引き立ってます。

射精シーンは5回(愛乃3回、さとり2回)。
淫語とくちゅ音多め、ちゅぱ音それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:来栖愛乃…逢坂成美さん テレビの女性/さとり…MOMOKA。さん
総時間 2:21:20

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年1月23日まで10%OFFの990円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。

過去作も1月24日まで30%OFFの770円で販売されてます。



サークル「へこへこ草」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、夢の中に住んでる可愛い双子の悪魔が
禁欲生活を続けてる若い神父に色仕掛けして堕落させます。

「好き」の言葉とキス(耳舐め)を織り交ぜた甘い誘惑をするのが特徴で
彼のことを全肯定して抵抗する気力を奪いながら
耳、唇、おちんちんをゆっくりペースで同時責めして自分から負けるように誘導します。
言葉責めが充実してるのでそういう作品が好きな人ほど楽しめるでしょう。
双子悪魔がする甘い誘惑
アルメリアとプルメリアがエッチな手段で神父を堕落させるお話。

「ここはあなたの夢の世界 そして私たちは 幸せを届ける夢の住人です」
アルメリア(挿し絵左)は可愛くて穏やかな声の女の子。
「神父様 今とっても疲れてるよね 大切にしてた日課のお祈りを忘れちゃうくらい 心も体もぐったりくたくた」
プルメリア(挿し絵右)はアルメリアよりもやや幼い声の女の子。
主人公の夢の中に現れて左右の耳を同時に舐めると
それに気づいた彼に挨拶してから今度は唇にキスします。

本作品はサキュバスよりも小悪魔と呼ぶほうがしっくりくる可愛い双子が
宗教上の理由で禁欲してる彼をおよそ80分に渡るエッチで骨抜きにします。
2人は夢の世界に住んでるので実体を持ってません。
だからどのパートも彼が眠った後に左右へ密着し色んな責めを繰り出します。

「好き好き すーき 好き 好き」
最大の特徴は色仕掛けのやり方。
アルメリアは左、プルメリアは右に陣取り「好き」などの甘い言葉をガンガン投げかけます。
一部で意地悪することもありますが彼を全肯定するセリフのほうがずっと多く
負けちゃいけない状況なのに抵抗する気力がまったく湧かない不思議な感覚が味わえます。

飴をたっぷり与えて手懐けるタイプの誘惑です。
彼女たちの声や態度も終始甘くてM向けの作品とは思えないほど穏やかな空気が漂ってます。
中盤からはスリルや背徳感を煽る言葉責めも登場したりと心への責めが充実してます。

タイトルからキスを沢山する作品だと思うかもしれません。
ですが実際は言葉責めが最も多く、その次に耳舐めとキスが同じくらい用意されてます。
序盤から中盤にかけては耳舐め+言葉責め
それ以降は厚めの言葉責めと多少のキス&耳舐めをする方針を取ってました。

へこへこ草さんは元々言葉責めを駆使して負かすシチュを得意とされてますから
今作もそれを活かすことを強く意識してます。
キスや耳舐め特化の作品ではないということだけご注意ください。
その代わり言葉責めが本当に巧みで気分よく負けられます。
少しずつダメにするエッチ
エッチシーンは6パート66分間。
プレイは耳舐め、キス、手コキ、オナニーです。
手コキ、オナニーの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

プルメリア「無理しなくていいんだよ? こんなに気持ちいいことを我慢する必要なんてないの」
キス+耳舐めを続けて主人公をさらに興奮させた2人は
すっかり勃起したおちんちんに手を伸ばしゆっくりしごき始めます。

エッチはどのパートも彼女たちが責め続けます。
前半の3パート27分間は彼を快楽に溺れさせることを目指したプレイ。
「01 すきすキスキス(約2分)」は好きと言いながらする耳舐め
「02 夢の世界のキス手コキ(約12分)」キスと耳舐めを役割分担しながらする手コキ
「03 悪魔の耳舐め手コキ(約13分)」は両耳舐め+手コキで合計2回射精させます。

アルメリア「神父様だけ我慢しなきゃいけないなんておかしいですよね。無理やり抑えつけておくなんて、体にいいはずありません」
彼女たちは悪魔ですから神に仕える彼の弱点をよく心得てます。
禁欲生活で性欲が溜まってる状況を利用し
おちんちんをソフトに責めながら「我慢するのは良くない」と諭すように語りかけます。
そして左右から甘い言葉責めもして心を少しずつ自分たちのほうに引き寄せます。

最終的に彼は堕落するわけですが、その過程で彼女たちが無理矢理何かすることはありません。
彼が望むものをどんどん与えて自分からダメになるよう誘導します。
抵抗したくなる要素がないから耐えるのが難しいわけです。
言葉責めを得意とする彼女たちらしい誘惑と言えます。

「ぴゅっぴゅー どぴゅどぴゅ ぴゅっぴゅっぴゅー」
射精時に毎回ぴゅっぴゅのセリフを言ってくれるのもそのひとつです。
彼女たちに負けたことを実感しながら気持ちよく射精できます。
キスや耳舐めもそれなりにしますけど、それよりもセリフのほうが存在感は大きいです。

後半の39分間は新たな心のスパイスを加えた色仕掛け。
「05 【やっちゃえ♪】背徳のオナニー誘惑【だめだよ♪】(約11分)」はシスターに膝枕されながらのオナニー
「06 契約のべろちゅ~手コキ(約15分)」はキス多めの手コキ
「07 あまあまいじわる指輪っか腰へこ射精(約13分)」は彼が腰を振るタイプの手コキでさらに3回射精します。

プルメリア「ここで出す必要ないよね お部屋戻って1人でしよ?」
アルメリア「今出したいですよね? 頭の中ぐちゃぐちゃにされながら 濁った性欲吐き出したいですよね」
05パートは唯一現実世界と接点のあるプレイなのでその状況を活用してます。
アルメリアは射精を促す、プルメリアは食い止めると正反対の言葉責めをして彼の心を揺さぶり
さらに目の前にいるシスターにオナニーを見せつけ、精液をぶっかける背徳的な快感を味わわせます。

これまでのエッチは彼が後悔するだけで済む話だったのに
ここからは彼と親しい人たちを巻き込んでさらなる刺激を与えます。
清楚な女性を精液で汚す快感も彼にとってはきっと強烈なはずです。
純粋な快楽だけでなく、神や仲間を裏切るスリルも与えて堕落させるあたりが悪魔らしいです。

アルメリア「私 男の人が1人エッチしてる姿 ちょっと可愛くて好きなんですよ」
最後の07パートはやや意地悪な内容。
寸止めを繰り返して射精したくてもできない状況に追い込んでから大きくイかせます。
様々なエッチで彼をすっかり堕落させた後も彼女たちの態度は変わりません。
見下したり突き放さず受け入れる姿勢を見せて幸せな射精に導きます。

輪っかを作った指に腰をヘコヘコさせてる姿を見てもドン引きしませんし
堕落から連想される暗さや重さをほとんど感じさせない和やかなエッチが楽しめます。

このように、ネガティブな要素をほとんど使わずに負けさせる技巧派のエッチが繰り広げられてます。
言葉責め重視の甘い作品
幸福感と背徳感に包まれながら負け射精できる高度な色仕掛け作品です。

アルメリアとプルメリアは村の人々に好かれてる真面目な主人公を快楽奴隷にしようと
彼が寝た時に夢の中で現れ、左右に陣取り耳舐めやキスしながらおちんちんを気持ちよくします。
そしてある程度慣れた後はさらなる要素を投入して彼が自分たちから離れられないようにします。

可愛くて穏やかな双子の悪魔が若い神父に色仕掛けするM向けのシチュ
愛の言葉や全肯定のセリフをたっぷり盛り込んで抵抗する力を奪う巧みな言葉責め
キス、耳舐め、手コキを組み合わせてゆっくり追い込む比較的ソフトなエッチ。
体よりも心への責めに力を入れて女性に負ける快感を味わわせます。

中でも言葉責めは彼のすべてを受け入れたうえで
心に眠るエッチな欲望を色んな方向からくすぐります。
最初は射精に対する罪悪感を取り除く、次はより強い快感を求めたくなるようにすると
十分なご褒美をあげながら彼女たちの言いなりにする展開になってて上手です。

個人的にはタイトルの「好き」やキスをもう少しやって欲しかったとも思いますが
今のスタイルがサークルさんらしいのも事実です。
そのへんを理解したうえで聴けばきっと楽しめるでしょう。
おちんちんへの責めは手コキとオナニーだけであっさりしてます。

射精シーンは5回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

言葉責めが充実してる色仕掛け作品が好きな人には特におすすめします。
おまけはキス、両耳舐め、フリートークです。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 1:41:16(本編…1:21:05 おまけ…20:11)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年11月30日まで20%OFFの968円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。

↑このページのトップヘ