同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:耳舐め

   ● 魔改造されたオナサポ音声を女の子に強制的に実行させられる音声
   ● 癒しの耳舐めワールド
   ● 耳穴開発♪奥までぐっぽり耳舐めで幸せに包まれる甘々癒されエッチ【バイノーラル】
   ● 気まぐれ小悪魔たちに囚われてたっぷり弄ばれちゃう音声
   ● 耳責め音声の実験台 私の声で興奮しちゃうかな?
   ● 【新作100円】【全編バイノーラル】 甘やかしオナサポ~メイドのお姉さんの言う通り~【ボイス40分強】
   ● 囚われの奴隷性活
   ● みみよん!
   ● 【囁き耳舐め】双子サキュバスの強制連続搾精♪【バイノーラル】
   ● 優しいように感じられる双子の耳舐めオナニーサポート


魔改造されたオナサポ音声を女の子に強制的に実行させられる音声

サークル「B-bishop」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、男性をおもちゃにするのが好きな女の子が
主人公が持ってた音声を魔改造して地獄のオナニーを味わわせます。

彼女の意地悪な性格を色濃く反映させた複数人プレイ形式のオナサポが行われており
音声は耳舐めやカウントといった指示を主に担当し
彼女はそれに合わせて嘲笑を漏らしたりきつめの言葉責めをして羞恥心を煽ります。
1セットあたりの時間が長く休憩も短いことから多くの人が辛くもどかしい思いをするでしょう。
ソフトなオナサポをハードに改造
女の子が魔改造した音声を聴きながらオナニーするお話。

「ねぇねぇ あんたさ オナサポ音声好きなの?」
女の子は明るくて可愛い声の女の子。
先日主人公のプレイヤーにとあるオナサポ音声が入ってるのを見つけると
彼にそのことを尋ね、口外しない代わりに使う様子を見せて欲しいとお願いをします。

本作品は彼の弱みを偶然発見した意地悪な彼女が
その口止め料として60分近くに渡るオナニーを強要します。
タイトル通りオナニー自体は彼女が事前に用意した音声に任せ
自身は嘲笑や罵倒といった言葉責めに専念しM心をくすぐります。

女の子「ほーら 音声にいいように勃起させられるとこ見せてよ」
音声「おちんちん ガチガチになってるね もうシコシコしたいのまるわかり」
基本的には2人が同時に話しかけてきますから複数人形式のオナサポですね。
音声の子がほぼずっと耳舐めするおかげで純粋なエロさが高めです。
もちろんB-bishopさんならではのエグい責めもガンガンしてきます。

今回するプレイの元となった作中作は「えっちな女の子に優しくオナサポをしてもらう音声」。
25分程度の時間内に耳舐めやカウントを交えたソフトなオナサポをします。
製品版にはオリジナルの音声も同梱されてますから
事前にそちらを一度聴いたうえで本編に挑戦したほうが違いを楽しめると思います。
こちらの声は陽向葵ゅかさんが担当されており、おまけで女の子役を務める秋野かえでさんのバージョンも入ってます。

そして魔改造したバージョンは時間がその2.5倍程度に増え
焦らしや寸止めといったM向けの要素が格段にパワーアップしてます。
全体の特徴としては1セットあたりの時間が長く、休憩も極端に短いです。
射精感を鎮める余裕を与えずにオナニーを続けるため、後になるほど食い止めるのが難しくなるでしょう。
連携の取れた意地悪なエッチ
エッチシーンは61分間。
プレイは耳舐め、オナニー、喘ぎ声責めです。
エッチな効果音はありません。

女の子「いよいよ始まっちゃうねー」
主人公との取引を無事成立させた女の子は、早速自分が魔改造した音声を渡し
それを流しながら彼がどのような反応をするか興味深そうに見守ります。

エッチは音声の指示に従ってひたすら射精を我慢します。
最初の20分間はオリジナルのオナサポ音声をそのままなぞる展開。
おちんちんを取り出し音声の子が左右の耳を個別に舐めてる間だけオナニーします。
そしてしばらく経つと今度はカウントダウンに合わせて自分を射精へ追い込みます。
ちなみにカウントはその都度長めの耳舐めを挟んでゆっくり進めます。

音声「今からお兄さんのお耳を いっぱいぺろぺろしちゃうの」
オリジナルの音声がソフト路線の作品なのでシコシコボイスは一切言いません。
開始と停止の合図を出し、その間は聴き手の好きなペースとパワーでしごかせます。
ただしカウントダウンの時だけは数字が減るほど激しくしごくよう言われます。
まだ序盤ということで休憩時間も少しはもらえますし、ここでギブアップする人はさすがにいないと思います。

女の子「女の子の目の前でするオナニーは気持ちいいですかー? にひひっ」
それに対して女の子はオナニーに関する指示を出さない代わりに
オナニーを見られてることを意識させたり嘲笑して心の興奮を煽ります。
嘲笑の頻度が結構高く最初は煩わしく感じるかもしれませんが
少なくとも私の場合は次第に慣れてさほど気にならなくなりました。
音声は指示&耳舐め、女の子は言葉責めと連携を取ってオナニーをリードします。

魔改造の真価が出てくるのはその後から。
通常なら射精できるシーンで寸止めが入り、そのままループを繰り返して暴発を促します。

女の子「手加減すんな 射精まで思いっきり追い込め この変態」
先ほど聴いたカウントをもう一度繰り返す、少ないカウントを何度も巻き戻す
一番最初にやった耳舐めまで戻るなど、単調さが出ないよう変化をつけて進めます。
また終盤に差し掛かるとオリジナルに入ってたおまけも投入し心身両面を揺さぶります。
彼女の言葉責めも命令口調に変わって見下されてる感が強めです。

とにかく休める時間がないので真面目にやると開始から40分後には結構きつくなります。
カウント1セットあたりの時間が5~10分なのに対し、インターバルは30秒ほどしかありません。
唯一の救いはペースや強さを自分である程度コントロールできるところです。
このへんをどう調節するかで終盤の難度が随分変わるでしょう。

このように、マイルドなオナサポをハードにアレンジした密度の高いエッチが繰り広げられてます。
とことん焦らす作品
焦らしと寸止めにかなり力を入れてるM向け作品です。

女の子は変わった性的嗜好を持つ主人公をおもちゃにして遊ぼうと
それを他人にバラさないのと引き換えに目の前でオナニーするよう言います。
そして使用する音声をオリジナルではなく魔改造したものに変え、彼が悶える様子を嬉しそうに眺めます。

意地悪な女の子が手を加えたオナサポ音声に挑戦する変わったシチュ
音声は耳舐め&カウント、彼女は言葉責め&嘲笑を同時に繰り出す重厚な責め
おちんちんをしごき続ける時間を長く、休憩を短く取る暴発しやすい作り。
ハード路線のオナサポを数多く作ってきたサークルさんらしい容赦のないプレイが楽しめます。

女の子「チンポ壊れそう? じゃあ勝手に壊れれば? あははははっ」
彼女は彼を気持ちよくするのではなく、むしろ壊すために今回のオナサポをします。
シコシコボイスで細かく制御しないの実際にそうなることはさすがにないでしょうけど
真面目にやったらかなりきついと言える難度に設定されてるのも事実です。
カウントを何度もループさせたりしてオナニーを止められるタイミングをしきりに遅らせます。

音声の子が意外と優しいキャラなのもプレイとのギャップが引き立ってて良いです。
特に終盤は左右両方から耳舐め音や喘ぎ声を同時に流して強烈に追いこんできます。
オナサポの中では珍しくちゅぱ音が充実してるので、そういうタイプが好きな人ほど向いてます。
記載がないところを見るとバイノーラルではないようですが音質は十分リアルです。

射精シーンは1回。
ちゅぱ音多め、淫語それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

exは「えっちな女の子に優しくオナサポをしてもらう音声」とおまけボイス3種です。

CV:女の子…秋野かえでさん 音声の子…陽向葵ゅかさん
総時間 2:14:15(本編…1:09:59 ex…1:04:16)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

癒しの耳舐めワールド

サークル「ありみえASMRワールド」さんの同人音声作品。
Youtubeで耳かきや耳舐め音声を公開されてるサークルさんです。

今回紹介するサークルさんの処女作は、主人公との関係が一切不明の女の子が
合計5種類の耳舐めで耳と心を癒します。

最初から最後まで全部耳舐めという非常に尖った作りが魅力で
セリフと呼べるものは一切挟まず音声開始3秒後からひたすら舐め続けます。
18禁になってますが射精シーンはないので耳舐めだけを純粋に楽しみたい人に最も向いてます。
多彩な耳舐めであなたに癒しを
女の子がひたすら耳を舐め続けるお話。

「ちゅぴっ こりゅこりゅこりゅこりゅ」
女の子は積極的な女の子。
挨拶などの前置きは省略し、主人公の右耳を早速舐め始めます。

本作品は同人音声ですっかり定着してる耳舐めを満喫してもらおうと
彼女が100分近くに渡って5種類のサービスをします。
浅い耳舐め、キスを交えた耳舐め、深い耳舐めとパートごとに異なるテーマを掲げ
開始から終了までそれだけをやり続ける大変シンプルな内容です。

耳舐めをしてると途中で「んっ」などの微かな吐息が入ることも多いのですが
本作品はそれすら排除し100%ちゅぱ音で構成されてます。
聴いた限りだとおそらくバイノーラル録音なのでしょう。
質感が結構リアルですし、鼻息を漏らすと微かな風圧が耳に伝わってきます。

またサークルさんが「エロなしのただただ癒しを追求したとっても健全な作品です」とおっしゃられてる通り
作中に興奮させたり射精するシーンはありません。
18禁にカテゴライズされてる理由はよくわかりませんけど
DLsite側がこの内容では15禁にはできないと判断したのかもしれません。

刺激はそれなりにあっても全体的に水分低めでエロを意図したものではないです。
休憩中のBGM代わりに使ったり安眠のお供にするのが良いと思います。
量にこだわった耳舐め
エッチシーンは全編にあたる5パート101分間。
プレイは耳舐め、耳へのキスです。
エッチな効果音はありません。

エッチは終始女の子が責め続けます。
一番最初の「浅い耳舐め」は耳かき音声などでよく聴くタイプの耳舐め(約26分)。
右耳→左耳の順に口を近づけ丁寧に舐めます。
ちなみにこの後のパートも順番は常に右→左で時間配分はほぼ半々です。

癒しをコンセプトにしてるだけあって唾液をそこまで多く使わず
ペースも標準よりやや落としたまま舌を小刻みに動かします。
耳舐め特有のコリコリした音が心地よく、セリフが一切ないおかげで頭を空っぽにして聴けます。

責め方についてはシーンごとにペースやパワーを変えるといったことは特にせず
とにかく時間いっぱい鳴らすことを心がけて進めます。
良い言い方をすればASMR、悪い言い方だと垂れ流しっぽい内容です。
後になるほど追い込む感じで舐めるとか、流れを持たせていればまた違ったかもしれません。

本作品で最もエロいと感じたのは次の「キス+吸い耳舐め」(約20分)。
前のパートよりも水分を一段階上げ、ちゅっちゅとついばむ感じに責め立てます。

キスも挟んでるようですけど吸いと基本的に一緒の動作ですから違いはよくわかりません。
ただ健全な作品のイメージよりややエロ寄りになってるのは事実です。
バキュームと呼ぶほど強烈なものはありませんでした。

終盤の2パート33分間は密度や激しさを引き立ててるプレイ。
「両耳耳舐め」は左右同時に別々のリズムで、「激しい耳舐め」は今までで最も速いペースで耳舐めします。

前者は左右どちらも舌で耳の内側をやや力強く撫でるような筋っぽい音が使われてます。
そしてこれはひとつ前に位置する「奥をねっとり耳舐め」の舐め方とほぼ一緒です。
音の密度が高いしリズムに微妙な違いがあるのは良いのですが
せっかく両耳同時に責めてるならちゅぱ音のタイプも別々にしたほうが面白かったかなと。

後者は引き続き耳の内側をやや力強く撫でる動きを高速で行います。
サークルさんが掲げられてる「癒しの耳舐め」とは方向性が違うようにも思えますが
作中で最も刺激が耳に伝わりやすいのも事実です。

このように、色んなタイプのちゅぱ音を延々と鳴らすシンプルなエッチが繰り広げられてます。
耳舐め尽くしの作品
どこを聴いても耳舐めと言えるくらい突き抜けてる作品です。

女の子は主人公をとことん癒そうと、言葉と呼べるものを完全に排除したうえで
最初から最後まで左右の耳を個別に、あるいは同時に舐め続けます。
そしてパートごとにテーマを変え、それに合ったちゅぱ音を鳴らしてイメージを膨らませます。

音声で人気のあるプレイをとことん掘り下げた作り
時間に余裕がある状況を活かした幅広い責めっぷり。
耳かきやマッサージとは違うタイプのASMR作品を作り上げてます。

耳舐めはバイノーラルとの相性が抜群に良い関係で取り入れてる作品が多いです。
ただそれらはだいたい1パートだけやるとか、手コキなどのついでにやるなど
癒しや興奮を盛り上げるための触媒っぽい役割を果たします。
ですが本作品は耳舐めを完全な主役に置き量と幅広さにこだわって進めます。

内容がはっきりしてるので耳舐め好きかどうかで満足度に大きな差が出ます。
でも理解して聴くなら楽しめると言えるくらいの品質は持ってます。
水分控えめなおかげで舌の動きがわかりやすく、耳の内外を撫でられてる感覚が音によく表れてます。

気になった点はどのパートも流れがほぼ一定なことと
前項の最後にも少し触れましたけど、癒し目的のはずなのにそれから逆行する耳舐めをしてることです。
パート内のどこを聴いてもペースや強さが同じだとどうしてもダレてきますし
癒しますよと言ったうえでがっつく感じに責めたら「それは違うんじゃないの?」と言われても仕方ありません。
私個人は最終パートを入れないほうが良かったと思います。

射精シーンはありません。
ちゅぱ音超大量、淫語と喘ぎ声はありません。

現時点で十分な個性があるけど改善の余地もそれなりにあると判断し
今回はこちらの点数とさせていただきました。
おまけは「萌袖でさわさわ」です。

CV:不明
総時間 1:54:10(本編…1:41:08 おまけ…13:02)

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は6点。
114分で600円とコスパが良いので+1してあります。

2019年2月4日まで50%OFFの300円で販売されてます。

耳穴開発♪奥までぐっぽり耳舐めで幸せに包まれる甘々癒されエッチ【バイノーラル】

サークル「すたぁぱれっと」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、やや変わった趣味を持つ穏やかで世話好きな彼女が
両親がいない機会を利用して恋人と甘く濃厚なエッチを楽しみます。

彼の耳をじっくり開発しながら愛し合うのが特徴で
序盤から中盤にかけては耳舐め特化、中盤から終盤はノーマルなエッチといったように
耳舐めをする時とそうでない時をある程度分けてテーマ性と自然さを出してます。
あなたのお耳、開発してあげる
恋人のみつきに耳を舐められまくるお話。

「いらっしゃい よく来てくれたわね」
みつきは上品で落ち着いた声のお姉さん。
自宅へ泊まりに来た主人公にそう頼んだ事情を話すと
手作りの夕食を一緒に食べてから耳かきしてあげます。

本作品は耳舐めをまったく体験してない人にその魅力を伝えることを目的に
彼女が2時間10分程度に渡ってそれに沿った癒しとエッチなサービスをします。
ただひたすら舐める一般的な耳舐め作品との違いを出そうと
最初は敢えてソフトに責めて性感を高め、それからパワフルな音をたっぷり鳴らすなど目的意識を持って進めます。

一番最初の耳かきを除けば全パート必ず耳舐めします。
耳の縁へ舌をゆっくり這わせるソフトなものから穴の入り口をぐりぐりするものまで幅広く
3分程度の短い間隔で左右を切り替えながらそれらを存分に鳴らして気持ちを盛り上げます。
耳や頭に微弱な振動が伝わってきますから心地良いとかゾクゾクする感覚が味わえるでしょう。
音の位置が非常に近く吐息も適度に混じってて彼女の温もりを感じます。

しかし単に耳を舐め続けるだけでは恋人らしさが出せません。
それを解消するために中盤の2パートは敢えて耳舐め以外のプレイをメインに据えてます。
具体的にはTrack4がフェラとSEX、Track5はパイズリフェラを行いその合間に多少の耳舐めをします。

「耳舐めがテーマの作品でそれ以外のことをやるのはおかしくない?」と思う人がいるかもしれません。
ですが2時間以上もある作品でずーっと耳舐めばかりしてたらきっと流れが単調になります。
1時間くらいだったら耳舐めオンリーのほうが良いですけどね。
メリハリをつけたほうが全体が締まるのでこういうシーンは必要だと私は思います。

そして何より世話好きな彼女のキャラに合ってません。
確かに彼女は耳舐めが好きで彼にもそれを知ってもらいたい願望を抱いてます。
だからといってそれを押し付けたら恋人への思いやりが欠けてる女性になってしまいます。

「今 料理を学んでいるのよ でも食べてくれるのが両親だけだと 勉強にならないから」
彼女は好きな人にとことん尽くすタイプの女性です。
彼と将来同棲や結婚しても大丈夫なように料理の勉強をしてます。
そのイメージと耳の開発を両立させるためにこのようなスタイルを取ったのでしょう。
すたぁぱれっとさんはこういったバランス感覚に定評のあるサークルさんです。

本作品で唯一非エロのサービスをするのが最初のTrack1(約14分)。
自宅に来た主人公と夕食を楽しんでから膝枕で左耳→右耳の順にお掃除し、最後に2回ほど息吹きします。
使用する器具は明言されてませんが音の感じから耳かき棒と梵天だと思います。

耳かき棒は「ぞりぞり ずずっ」という細く硬い音が使われており
穴の手前と奥を往復させる感じにゆっくり動きます。
動きがやや単調だったり音の途切れがほぼないところは気になりますが、音質は十分リアルと言えます。
梵天もふわふわした質感が表現されていてこそばゆい感覚がしました。
耳を責めつつ愛を育むエッチ
エッチシーンは5パート97分間。
プレイは耳舐め、乳首責め、乳首を擦り合わせる、手コキ、キス、フェラ、尻コキ、SEX(対面座位)、乳揉み、パイズリです。
乳首を擦り合わせる、手コキ、尻コキ、SEX、パイズリの際に効果音が鳴ります。

「ねぇ知ってる? 人の耳って沢山の神経が集中しているってこと」
耳の内外を綺麗にして耳開発の準備を整えたみつきは
ひとまず主人公がくすぐったく感じないレベルの微弱な刺激を与えます。

エッチは彼女がリードしつつほぼ対等な立場で愛し合います。
最初の2パート45分間は当初の予定通り耳の開発を重視したプレイ。
Track2は息吹きやソフトな舐めで耳を刺激されることに慣れさせ
Track3はスタンダードな耳舐めに乳首責めと手コキを加えて1回目の射精へ導きます。

「これはくすぐったことじゃなくて 気持ちいいこと あなたが求めてる気持ちいいことだよ」
「何も隠さなくていいんだよ 私は あなたが気持ちいいことが 幸せなんだから」

エッチに入っても彼女の優しさはまったく衰えません。
耳を優しく舐められて反応する彼にそれは当たり前のことだよと教え
だんだん感じ始めてきたのを見ると優しい言葉をかけて心を解き放ちます。

耳舐めですからちゅぱ音がメインなのは間違いありません。
でも彼女の細やかな気遣いが耳の開発をスムーズにしてるのも事実です。
恋人から連想される甘さや温かさを十分に出しながら責めてくれます。

耳舐めについてはTrack2が耳の外側を中心にゆっくり舐めたり吸う
Track3は水分を上げて丹念にペロペロする、舌で内側をこそぐようにぐりぐりする
耳を唇で挟みコリコリした音を鳴らす、といったように後になるほどエロさと刺激が上がります。
最中のセリフを大幅に削ってあるおかげで音に集中しやすいです。

「私も刺激が欲しくて 体が火照ってきちゃった 見て? 私の乳首 立っちゃってるの」
Track3の中盤から彼女も一緒に気持ちよくなるのが良いですね。
お互いの乳首を擦り合わせながらおちんちんもしごいて気持ちいい射精に持っていきます。
彼女が一方的に責め続けるとどうして対等な関係を維持しにくいので
本筋から脱線しない範囲でこういうご褒美を用意してます。
彼の精液を手で受け止めうっとりした表情を漏らす姿にも満たされるものを感じました。

続く2パート38分間は恋人らしさを優先したプレイ。
Track4はフェラと尻コキを経由してのSEX、Track5はSEXを中断してからパイズリフェラでフィニッシュします。

「子宮の入り口に おちんちんの先っぽ くっついちゃった 亀頭でぐーって押し上げられると なんだか体がふわふわする」
今までが耳舐め特化だったからこそ随分違う印象を抱くでしょう。
耳舐めはSEX開始後に少しやる程度で他はスタンダードなエッチをします。
上品な声でやや下品なフェラをしたり、挿入後に実況しながら自分の気持ちを漏らすなど
引き続き彼を楽しませることを意識しながらエッチな姿を見せてくれます。

「最後は この勃起したおちんぽを 私のおっぱいでマッサージしてあげる」
Track5でSEXを敢えて止めパイズリに切り替えるあたりもやや珍しいです。
SEXは2人が一緒に気持ちよくなれる良いプレイですが
彼女としてはできるだけ全身を使って彼を喜ばせたかったのでしょう。
パイズリ音とフェラ音が同時に鳴るひと時は濃厚でSEXに負けないエロさを持ってます。

そうやって2人きりの時間を存分に楽しんだ後、Track6で耳開発の成果を試します(約14分)。
このパートはおちんちんに指一本触れず耳舐めだけで射精を目指します。
音声でこれを達成するのはさすがに厳しいでしょうから、普通に耳舐めされながらオナニーするのがいいと思います。
短い時間で興奮できるよう激しめのちゅぱ音を鳴らしてくれました。

このように、耳舐めを主役に据えつつ2人の親密さも表現する温かいエッチが繰り広げられてます。
流れのある耳舐め作品
耳舐めを起点にひとつのストーリーを作ってるあまあまラブラブな作品です。

みつきは大好きな主人公に耳舐めの魅力を理解してもらおうと
耳かきで綺麗にしてからまずは2種類の耳舐めをたっぷり行い感じやすい体にします。
そしてしばらくノーマルなエッチを挟んでから最後にそれだけで射精へ追い込みます。

物語の大部分で多彩かつ重厚な耳舐めをするタイトル通りの作り
パートごとに耳舐めのタイプを変えて少しずつ慣れさせる目的を見据えたリード
フェラやSEXを通じて耳舐めとは別のエッチな音声を鳴らす中盤シーン。
耳舐めの存在感を最も大きくしたうえで他のプレイやキャラにも光を当てたサービスに仕上げてます。

「耳舐めで気持ちよくなっちゃうあなたが だーい好きだよ」
これだけ音重視なのに彼女のキャラがきちんと立ってるところも実に良いです。
押し付けがましさを感じないレベルで積極的に働きかけ
その中に愛の言葉や自分が乱れるシーンも組み込み一体感を出してます。
愛情表現の一環として耳の開発をするので属性はほぼノーマル向けです。

耳舐めは質量共に充実していて好きな人ほど満足できます。
今回は耳の内側や穴の入り口をぐりぐりする責めが多く、一般的な耳舐め作品よりも刺激が強めに感じました。
その一方で啜ったり唇で吸い上げる行為を控えめにしてあります。
Track3までは幅広い舐め方をするんだけど、それ以降はパワフルな音だけをガンガン鳴らします。

エッチは中盤にフェラやSEXを挟むおかげで耳舐め特化型よりも抜きやすいです。
おまけに両耳舐めパートを用意して不足分を補ってますし
彼女の家で一晩を過ごすシチュを維持したまま耳の開発を成し遂げてます。
キスシーンがもうちょっとあれば尚良かったです。

射精シーンは4回。
ちゅぱ音大量、くちゅ音多め、淫語それなり、喘ぎ声そこそこです。

恋人と深く繋がりながら耳を深く責められる作品です。
おまけは「両耳舐めオンリートラック」です。

CV:神楽琴美さん
総時間 2:12:05(本編…2:00:55 おまけ…11:10)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は9点。
132分で900円とコスパが良いので+1してあります。

気まぐれ小悪魔たちに囚われてたっぷり弄ばれちゃう音声

サークル「Little Oasis」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声は可愛いけど性格は結構残忍な2人の小悪魔が
獲物として自分たちの世界にやって来た男性をおもちゃにして楽しみます。

ややブラックなシチュで甘いプレイをするのが特徴で
左右に寄り添い両耳を同時にゆっくり舐めながら心にもないことを言ったり
手やスライムで大事な部分を慰め情けなく射精する姿を小馬鹿にしてM心をくすぐります。
餌になるか、おもちゃになるか
リリィとベルに耳を舐められ続けるお話。

「ほら 人間 起きて?」
リリィはか弱くて大人しそうな声の女の子。
「早く起きたほうがいいよ」
ベルは可愛くて人懐っこい声の女の子。
森にいた主人公を眠らせベルの住処に連れ去ると
目覚めた彼に死刑宣告したうえで生き残る唯一の手段を教えます。

本作品は精液ではなく人間そのものを食べて生きてる彼女たちが
およそ50分に渡る3種類のエッチで彼を弄びます。
彼女たちが彼を気まぐれでおもちゃにした背景を踏まえて
どのシーンも上下関係をはっきりさせながらモノ扱いするやや無慈悲な接し方をします。

ベル「ねぇねぇ お兄ちゃん いっぱいちゅーされて嬉しいね」
しかしプレイ自体はそれと正反対のあまあまなものばかり。
音声開始直後からリリィは右、ベルは左に陣取り至近距離からちゅぱ音を鳴らします。
エッチの最中はほぼずっと耳を舐め続けますから耳舐め好きほど楽しめるでしょう。
セリフのほうも囁き声で彼を「お兄ちゃん」と呼び、適度に優しい言葉をかけていい気分に浸らせます。

もちろん彼女たちは本心でこれらをやってるわけではありません。
甘やかしてみたら人間がどういう反応を見せるか単に知りたいだけです。
その証拠に彼があっさり騙され骨抜きになる様子を軽くあざ笑うシーンが何度もあります。
愛情を込めずに甘やかすあたりが独特で面白いです。

ちなみに作中で「殺す」と脅されることがあるため、そういうのが苦手な人には重く感じるかもしれません。
最初から最後まで徹底的にモノ扱いされることだけご注意ください。
良くも悪くも耳舐めが持つイメージとは真逆の路線を歩んでます。
耳とおちんちんを徹底攻撃
エッチシーンは3パート50分間。
プレイは両耳キス、両耳舐め、オナニー、スライムコキです。
オナニー、スライムコキ、射精の際に効果音が鳴ります。

リリィ「さぁ これからお前に 下僕の印をつけてあげる」
ベル「ベルたちのものっていう印 刻んであげる」
自分たちの下僕になれば命を助けると言い、主人公の同意を得たリリィとベルは
主従の契約として左右の耳へ同時にソフトなキスをします。

エッチは終始彼女たちに責められます。
最初の「小悪魔たちの暇つぶし_その1」でするのは両耳舐め+オナニー(約22分)。
耳キスから始まって耳舐めへと変化し、興奮が十分高まったところでおちんちんをしごくことを許します。

リリィ「こいつ もっと優しくされたら どうなっちゃうのかな? ベル 試してみよっか?」
彼女たちは人間の生態をまったくと言っていいほど知りません。
だからおちんちんが自然と勃起したり、耳舐めでだらしない顔を晒す様子を面白そうに眺めます。
そして途中からリリィの提案でより甘いプレイを試しにやってみます。

なかなか気まぐれな動機ですがやってることは確かに甘やかしです。
耳舐めのペースが全体的に緩くて甘いですし、吐息も小まめに挟んできます。
どのパートもほぼ囁き声で話しかけてくるので凄惨さはほとんどありません。
小悪魔の名の通り可愛い手段で彼を屈服させようとします。

リリィ「お兄ちゃんもリリィのこと 好きになっていいよ だーい好き」
リリィ「もし精液 いーっぱい出せなかったら すぐに殺しちゃうね」

ただしセリフだけは少女と悪魔両方の部分を持ってます。
可愛い声で「好き」と言って彼を持ち上げたかと思えば、要所で脅してきっちりコントロールします。
彼女たちに生殺与奪の権利を握られるスリルが心に良い刺激を与えてくれるでしょう。

続く「小悪魔たちの暇つぶし_その2」は魔界ならではのプレイ(約19分)。
彼女たちは引き続き耳舐めと言葉責めに専念し
おちんちんはスライムをオナホ代わりにして彼にしごかせます。

ベル「これで遊ぶのとっても面白いもん ベル気に入っちゃった」
前のパートから何度もエッチを繰り返し彼の面白さを理解したのでしょう。
子供がおもちゃを使って遊ぶように耳舐めしながら彼が感じる姿を眺めて楽しみます。
恋愛感情をまったく抱いてないのがわかるので見下されてる感覚がそれなりに味わえます。

リリィ「リリィは お兄ちゃんのこと だーい好きだよ ね? うふふふふ ばーか」
プレイのほうは耳舐めのスタイルはそのままにしてスライムコキで変化をつけてます。
「ぐちゅる」と空気混じりのねっとりした水音がゆっくりペースで鳴り続け
スライムの生態や生殖方法を教えて背徳感とスリルを与えます。
残酷な描写は特にありませんから背筋が軽くゾクゾクする程度で済むでしょう。
彼女たちも「ばーか」と言って快感にあっさり負ける彼を可愛くあざ笑います。

唯一射精シーンがないのは最後の「小悪魔たちの寝かしつけ?」(約9分)。
脱出を試みた結果大きな傷を負った彼を彼女たちが助けて寝かしつけます。

ベル「怖かったよね お兄ちゃん 今日は隣でいっぱい慰めてあげるからね」
他の魔物に食われそうになった彼の心に配慮して
このパートは今まで以上に優しい言葉をかけ続けます。
しかし「寝かしつけ?」となってるように彼女たちには別の思惑があります。
本レビューをここまで全部読んできた方ならなんとなく予想がつくのではないでしょうか。

このように、男性を弄ぶために甘やかす愛のないエッチが繰り広げられてます。
やや癖のある耳舐め作品
相反する要素を敢えて組み合わせた異色の作品です。

リリィとルナは普段食事にしてる人間の生態を暇つぶしに確かめようと
そのうちの1人を自分たちの下僕にして両耳を同時に舐め続けます。
そしてパートごとに他のプレイや言葉責めを変えて彼がどういう反応を見せるか面白そうに眺めます。

2人の小悪魔がひたすら耳を舐め続ける密度の高いプレイ
相手を本気で甘やかすのではなく騙すつもりでかける優しい言葉の数々。
癒し系作品でよく見かけるプレイをブラックな方向に用いた独特なサービスを行います。

ベル「(精液)いっぱい飛ばしたねー もう終わり? あーあ 終わっちゃった」
彼女たちは最初から最後まで彼を文字通りおもちゃ扱いします。
エッチを重ねるうちに情が移るとか、愛玩動物のように可愛がることはありません。
表面上はかなり甘いですけど心の底ではとことん見下します。

耳舐めや囁きが充実してるので雰囲気は結構穏やかです。
ただその背景に癖がありまして、人によっては受け付けない可能性があります。
調教やSMも根底には愛情がある行為ですし、それを取り除いてることに対してどう思うかで評価が分かれそうです。
私が聴いた時もやや後味が悪く感じました。

品質についてはすごく良いです。
耳舐めのボリュームが多くて質感がリアルですし
言葉責めも彼らの関係を踏まえて甘やかしにわざとブレーキをかけてます。
ここまで思い切ったことをやってくる作品はなかなか見かけません。

射精シーンは2回。
ちゅぱ音多め、くちゅ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声はありません。

内容を理解したうえで聴くなら満足できる作品です。

CV:リリィ…御崎ひよりさん ベル…一之瀬りとさん
総時間 1:06:37

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

耳責め音声の実験台 私の声で興奮しちゃうかな?

サークル「B-bishop」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、明るくて人懐っこい女友達が
録音した声と音だけを使って男性のオナニーをコントロールします。

2種類の声を同時に聞かせて興奮を煽る変わったプレイが行われており
音声は下品で艶めかしいものを左右から流し続け
それと同時に彼女が普段通りの声でしゃべってギャップを引き立てます。
オナニーは緩めですからM性がそれほど高くない人でも無理なく聴けるでしょう。
親しい友人が持つ女の顔
女友達が録ったエッチな音声を聴くお話。

「今日はちょっとあなたに手伝って欲しいことがあってね そうそうお手伝い」
女友達は明るくて穏やかな声の女の子。
主人公に協力して欲しいことがあると告げると
嫌がる彼にその内容を手短に教えます。

本作品は十分以上に親しいけど恋愛感情を抱いてはいない男女が
実験形式で50分程度に渡る特殊なエッチを楽しみます。
彼女に元々エッチする気がないことを踏まえて体への接触は一切せず
事前に用意した合計17種類の音声を順番に聴く流れで進めます。

色んなタイプの両耳舐め、シコシコボイス、喘ぎ声などが用意されており
いずれも3分程度の間隔で切り替えながら合間に軽いやり取りを挟みます。
全体的にエロさの高いものを取り揃え、しかも左右同時に別々のリズムで鳴らす抜きを意識した作りです。
両耳舐めの時間を長めに取ってありますからそれが好きな人に最も向いてると思います。

「ねぇねぇ この押し殺した喘ぎ声どうかな? 私のこんな声 想像もできなかったよねー」
しかしそれ以上に魅力的なのが声のギャップ。
艶めかしい声や音を鳴らしながら彼女が普段通りの態度で語りかけます。
冒頭のやり取りを見る限り主人公は彼女を異性として意識したことがないのでしょう。
そんな人が普段とはまるで違う淫靡な姿を晒せば驚きやドキドキが生まれてもおかしくありません。

清楚な印象の女性ほどエッチで乱れる姿にグッとくる男性は多いはずです。
そういった喜ぶツボも同時に突いてオナニーや射精をしたい気分にさせます。
サークルさんはわざとパートナーを女友達に設定したと私は見ています。
これが例えば恋人だったらエッチな姿もよく知ってるのでこの効果が大幅に減衰しますからね。

オナニーについてはお話がある程度進んだ頃に開始の許可を出し
あとは途中の射精を禁止すること、音声が流れてる最中だけしごくことだけを定めます。
B-bishopさんの中では制約が少なく初心者向けです。
ただしプレイ時間は33分とそれなりのボリュームがあります。

友達以上恋人未満の女性がエッチな音声を聴かせながら悶える姿を観察する。
やることはシンプルにしてシチュや人間関係に個性を持たせた緩いオナサポ作品です。
2つの声に翻弄されるエッチ
エッチシーンはおよそ52分間。
プレイは音声を聴く(両耳責め、シコシコボイス、喘ぎ声責め、唾吐き)、オナニーです。
エッチな効果音はありません。

「じゃ 心の準備はいいかな? 始めるよ」
「自分の声を聴いても興奮するわけない」と主人公に言われてムッとした女友達は
それを証明してもらうために目隠ししてから最初の音声を流します。

エッチは彼女に見られながら音声をひとつずつ聴いていきます。
最初の17分間はオナニーに向けた心の準備をするシーン。
両耳舐めから始まりバキューム多めの両耳舐め、ハイペースな両耳舐め、喘ぎ声多めの耳舐めといったように
ベースのプレイを固定したまま他の部分を変えて勃起を促します。

「ほらほら これ本気で感じてる声だよ すぐそこにいる生意気な私が こんな声出しちゃってるの」
彼女は演技だと一応言ってますが、どの音声も感情がこもっていてかなりエロいです。
耳舐め自体が水分高めでパワフルですし、合間に入る吐息も色気があります。
でも一緒に話しかけてくる彼女の声は普段通りカラッとしてます。
作品の持ち味である声のギャップが早速有効に働いてます。

彼女がしゃべる時とそうでない時をある程度分けてるのもいいですね。
ずっとしゃべり続けてたら肝心の音声が聴きにくくなりますから
適度に無言の時間を設けて両方をバランスよく楽しめるようにしてます。

オナニーが始まるのはその後から。
嘲笑混じりの両耳舐め、がっつく感じの両耳舐めなどさらなる責めを繰り出し
両耳舐めが一通り終わった後は喘ぎ声やシコシコボイスといった別の要素で射精へ追い込みます。

「私を本気で怒らせて 罰としてオナニーさせてるーって思ったら 興奮できる?」
彼と同じく彼女も相手の本当の顔を知らなかったようです。
Mでないと引くタイプの音声を聴いて喜ぶ彼の反応に戸惑いつつそれに合ったセリフを投げかけます。
元々彼女が頼んで始めたことですから強く突き放したりはしません。
むしろM向けの音声を立て続けに流して射精しやすい環境を整えます。

どの音声も二重に流すおかげでプレイの割にエロさが高く感じました。
声や音も男心をくすぐるものばかりで早い段階から勃起する人が多いと思います。
サークルさんの他作品に比べるとM度が低めな点だけご注意ください。
音声を切り替える際に1分程度の休憩が入りますので途中に暴発する可能性も低めです。

このように、音声を流しながら本当の姿を晒し合うシチュ重視のエッチが繰り広げられてます。
心理を突いた作品
女性が普段見せない姿を垣間見る喜びを教えてくれる作品です。

女友達は自分が最近ハマってる音声収録の成果を確かめようと
主人公にそれを順番に聞かせてどういう反応をするか観察します。
そしておちんちんが十分勃起した後は好きにオナニーさせて気持ちよくします。

耳舐めを主軸に置いた色んな音声を聴かせる変わったプレイ
そこで流れるエッチな声とセリフの大きなギャップ、音声を必ず左右同時に流す密度の高い作り。
体の接触を行わずに興奮させたり抜かせるサービスに仕上げてます。

本作品の主人公は我々聴き手とほぼ同じ状況です。
エッチな音声を聴くだけで目の前にいる彼女に触れることは許されません。
だからこそ状況をイメージしやすいし、サークルさんも抜けるツボをきちんと捉えて制作されてます。

「どう? 私に射精させられた気分は?」
女友達という親しい相手がエッチな姿をわざと見せるのが一番の抜きどころだと思います。
これが単にエッチな音声を流し続けるだけだったら満足度は大幅に下がったでしょう。
そしてこれを引き金に主人公も彼女に生の自分を晒します。
プレイ重視に見えるけど実際は登場人物の関係が大きな影響を与えてます。

エッチは両耳舐めのボリュームを多くし、あとは喘ぎ声も積極的に流します。
言葉責めは弱いのでややMあたりの人に向いてるんじゃないかなと。
ただし終盤はそれなりに焦らしてきます。

射精シーンは1回。
ちゅぱ音と喘ぎ声多め、淫語そこそこです。

CV:逢坂成美さん
総時間 55:54

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

【新作100円】【全編バイノーラル】 甘やかしオナサポ~メイドのお姉さんの言う通り~【ボイス40分強】

サークル「玄姫屋」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、穏やかでご奉仕大好きなメイドが
就寝前のご主人様に2種類のエッチなサービスをします。

セリフよりもちゅぱ音や効果音をたっぷり鳴らす音フェチ系の作りが魅力で
序盤は耳舐め、中盤以降は耳舐め手コキとプレイを切り替えながら
あまりしゃべらずこれらをガンガン鳴らして時間いっぱい性感を蓄積させます。
一日の最後の仕事は性欲処理
メイドがご主人様の耳とおちんちんを責め続けるお話。

「あら? ご主人様 もうお休みですか?」
メイドは可愛くておっとりした声の女の子。
ある日の深夜、ご主人様がなかなか自室に来ないので逆に押しかけると
その理由を尋ねてからおちんちんへのご奉仕を始めます。

本作品は彼がそれを望んでいなくてもつい尽くしてしまう献身的な女性が
お休み前に40分程度の気持ちいいサービスをします。
サークルさんの販売音声作品5000本突破記念ということで価格をたったの100円に設定し
言葉よりも音にウェイトを置いてゆっくりじっくり射精へ導きます。
(早期購入者様特別価格だそうですからそのうち値上がりするのだと思います。時期は不明。)

タイトルに「オナサポ」が入ってますが作中におちんちんを直接いじる指示は出ません。
オナニーしやすいプレイを用意し抜くのに役立つオカズを提供する形で進めます。
全編バイノーラル録音を採用し、しかも耳舐めを多めに盛り込んであるので音のレベルが高いです。

「私もさすがにご主人様がおかしくなっちゃうのは 困りますね だって あくまでご主人様に気持ちよくなって欲しいんですから」
メイドについては世間のイメージ通りの従順なキャラ。
最初から最後まで彼に気を配りながら慣れた手つきで責め続けます。
射精シーンが1回しかない関係で焦らし気味に進めるものの、おちんちんを「チンポ様」と敬い
彼の希望をある程度叶えるなど上下関係を維持しようとする姿勢が見られます。

言葉責めも特にしませんから属性はほぼノーマルですね。
心身にできるだけ負担をかけずに射精させるまったり系のプレイが楽しめます。
音の量と密度にこだわったエッチ
エッチシーンはほぼ全編にあたる40分間。
プレイは耳舐め、手コキです。
手コキの際に効果音が鳴ります。

「それでは これからご主人様に最高の快楽 味わわせて差し上げます」
理由はわからないけどエッチを嫌がる彼におねだりしてやる気にさせると
メイドは彼の体に密着し左右の耳を舐めて勃起と興奮を促します。

エッチは年上の彼女が終始リードします。
最初の14分間はおちんちんをいじる前の準備にあたるプレイ。
数分ごとに左右を切り替えながらほぼ無言で耳を舐め続けます。

「あぁ ご主人様のお耳 おいしいです」
右は唇で吸う、左は舌で舐めると責め方の比重に若干の違いを持たせつつ
耳元至近距離からコリコリしたちゅぱ音を比較的ゆっくりペースで鳴らします。
このシーンはおちんちんに一切触れませんから彼女なりの焦らしとも受け取れますね。
作品の持ち味であるリアルな音を序盤から積極的に使います。

彼女が手コキに取り掛かるのはエッチ開始からおよそ17分後。
カウパーですっかり湿ってるのか、水気を帯びた筋っぽい摩擦音を2秒1コキ程度のペースで鳴らします。
そして数分ごとにスピードを上げ射精できる態勢まで持っていきます。
シコシコボイスは言いませんから音に合わせてしごくと良いでしょう。

「いくらご主人様が これ以上速くしたらお漏らししちゃうんじゃないかって 私が思ってても ご主人様がじれったいということであれば スピード上げて差し上げます」
射精を禁止する点だけを見れば確かに彼女は意地悪です。
でもそれがより気持ちよく射精する近道であることを告げ
さらにリクエスト通り途中からペースを上げてある程度中和します。

少し経つと耳舐めも追加してエッチな音の密度をさらに高めるなど手厚いです。
言葉責めが少ないおかげで雰囲気がやや淡白なところもありますが
耳舐め手コキの時間が約23分と十分に取られてますから1回出すくらいは十分に可能です。

メイドの画像とセットで使ったほうが抜きやすいんじゃないかなと。
価格がこれだけ安ければそういう使い方をしても簡単に元が取れます。
ちなみに射精はカウントに合わせて行います。

このように、エッチな音を前面に押し出したメイドらしいエッチが繰り広げられてます。
スローな作品
十分に溜めてから一気に射精させるシンプルな作品です。

メイドはご主人様がぐっすり眠れるように、自分の意思で彼の寝室に出向き
体を密着させながら耳とおちんちんを個別に、あるいは同時に責めて少しずつ性感を溜めた後に開放します。
そしてその様子を言葉ではなく音で表現して純粋なエロさも上げます。

ご奉仕好きな女性が主人にあたる男性に尽くす和やかなシチュ
耳舐めと手コキに的を絞り、シーンごとにその配分を変える濃度の高いプレイ
ちゅぱ音や効果音といったセリフ以外の要素を重点的に盛り込んだ作り。
価格が低いことを踏まえてシナリオよりも実用性を重視したサービスを行います。

「チンポ様 私の手のひらの中でびくびくしててとっても可愛いですよ」
オナニーしないのにオナサポと命名してる点だけは首を捻りますが
エッチ自体はしっかりしていてメイドらしい優しさも伝わってきます。
耳舐めの分量が多めですからそれが好きな人ほど楽しめるでしょう。

射精シーンは1回。
ちゅぱ音多め、くちゅ音それなり、淫語ごく僅か、喘ぎ声はありません。

CV:山田じぇみ子さん
総時間 44:20

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は7点。
44分で100円とコスパが良いので+1してあります。

囚われの奴隷性活

サークル「シロクマの嫁」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、態度はツンツンしてるけどサービス精神旺盛なサキュバスが
搾精願望を抱く男性を気持ちよく調教します。

耳舐めをふんだんに盛り込んだ落差のあるエッチが行われており
前半は耳とおちんちんを責めつつ焦らしと寸止めを繰り返し
後半は逆にノンストップで激しく責めて連続射精や潮吹きへと追い込みます。
お姉さんに弄ばれたかったのに
サキュバスと5日間に渡ってエッチするお話。

「ほう お前か サキュバスの館に忍び込んだという命知らずの人間は」
サキュバスはやや幼くて気が強そうな声の女の子。
自分の館に侵入した主人公を捕らえると
彼の気持ちを察して軽く叱りつけてから躾を始めます。

本作品はサキュバスに弄ばれながら搾精される快感を追求した抜きボイス。
館の主にあたる彼女(挿し絵左)が彼を拘束したまま80分以上かけて色んなエッチをします。
挿し絵には2人の女性が描かれてますが複数人プレイをするシーンはありません。
しかしエッチの質、量いずれもそれに負けないものを持ってます。

全編を通じて言える特徴は大きくふたつ。
耳舐めに大変力を入れてること、前半と後半で責めのスタイルが大幅に変わることです。

前者は音声開始から4分後には早速耳に熱い吐息を吹きかけ
彼がどれくらい敏感なのかを見定めてから左右交互にたっぷり舐めます。
相手を屈服させるためにするプレイなので序盤は敢えて緩く責め
中盤以降は舌を小刻みに動かしながらコリコリしたちゅぱ音を鳴らし続けます。

1日目から5日目の60分間はほぼずっと舐め続けると思ってもらっていいです。
ずっと前から耳舐め好きなサークルさんの特徴をストレートに反映させてます。

後者はエッチ開始から1回目の射精を迎えるまではひたすら焦らしや寸止めを繰り返し
彼が彼女の下僕になる誓いを立てた後は一転して金玉が空になるまで搾り取ります。
落差がものすごく大きいのでもどかしい思いと辛い思いを両方味わうことになります。

「なんだかんだいって久しぶりの人間だからな 大切に大切に飼って 殺さぬようなるべく長い時間をかけて 味わい尽くしてやろう」
このところのサキュバスは近所のお姉さんみたいに優しいキャラもいますけど
彼女の場合は男を道具として扱い精液だけを追い求めるイメージ通りのキャラです。
しかしいじめるだけでは良質な精が生み出せないことも理解してるので
弱点の耳を積極的に責めたり、一番最後に耳かきして手懐ける優しい部分も持ってます。

プレイは結構きついけど雰囲気はそれほどハードじゃありません。
元々彼がこうなることを期待して館を訪れた背景もありますし
最後はスッキリした気分で聴き終えられるでしょう。

誇り高くSっ気も強いサキュバスがふたつの手段で男性を屈服させる。
M~ドMをターゲットにした過酷なサービスをする作品です。
たっぷり溜めてガンガン放出
エッチシーンは8パート83分間。
プレイは耳舐め、おちんちんの根本を縛る、手コキ、乳首責め、フェラ、パイズリ、SEX(騎乗位)、耳を尻尾で撫でる、潮吹きです。
手コキ、乳首責め、パイズリ、SEX、耳撫での際に効果音が鳴ります。

「お前が泣いて射精を乞うまで このまま苦しみ続けるがいい」
お姉さんを期待してたのにお子ちゃま体型だったことをガッカリされてるのに気づいたサキュバスは
逃げ出そうとする主人公を拘束したまま耳を舐めて自分の魅力を思い知らせます。

エッチはどのパートも彼女が責め続けます。
最初の4パート44分間は焦らし特化のプレイ。
1日目は耳舐めと息吹き、2日目は耳舐め+おちんちんの根本を縛るといったように
耳舐めを固定したまま他の部分を変えて精液を限界まで熟成させます。

「やはり 焦らせば焦らすほど 敏感になるのだな 最初とは比べ物にならないほど ビクビク震えてる」
彼女はサキュバスですからどうすれば男が喜ぶかを熟知してます。
それを踏まえて射精のトリガーとなるカリ周辺にはできるだけ刺激を与えず
乳首、金玉、竿の付け根とわざと逸らして気持ちいけど射精できない状況へと追い込みます。

そして何より耳舐めが強烈です。
耳たぶを唇で挟みちゅぱちゅぱする、舌を素早く力強く這わせるなど多彩な責めを繰り出します。
吐息も違和感が出ないレベルで挟んできますから耳がこそばゆく感じるでしょう。
ペースやパワーを徐々に上げながら軽い言葉責めを挟むあたりも上手です。

最初の射精を迎えるのは音声開始から50分以上経った5日目(約11分)。
これまでと同じく焦らすつもりだったのが、途中で彼が降参したためご褒美をあげます。

「気が狂いそうか? 安心しろ そろそろ出してやる」
彼が自分の奴隷になると誓ってくれたことが余程嬉しかったのでしょう。
普段よりも上機嫌でおちんちんを激しくしごきます。
事後に吐き出された精液を味わうシーンがあるのもサキュバスならではですね。
そこを境に彼女の口調や態度が今までよりも若干柔らかくなります。

残りの3パート28分間は連続絶頂がメイン。
パイズリ、SEX、手コキと別のプレイを用意し合計5回イかせます。

「ほらっ 犬のようにおまんこを舐めてみろ もっと舌を使え」
「知ってるか? 男というのは射精した後に亀頭をしごき続けると 潮を吹いて 射精よりも強い快楽を得られるらしいぞ」

早漏だけど回復力が高い彼の特徴をすぐさま把握し
本当に屈服したのかを確認しながらノンストップで何度も責め立てます。
これまで以上にM寄りのプレイをしますからそっちの属性が強い人ほどゾクゾクするでしょう。
言葉と行為の両方で彼女の所有物になったことを思い知らせてくれます。

このように、射精できない辛さと射精し続ける辛さを合体させた調教色の強いエッチが繰り広げられてます。
抜き重視のM向け作品
エッチな要素をふんだんに盛り込んで意地悪する実用性の高い作品です。

サキュバスは自分に搾り取られたくて館を訪れた主人公の期待に応えようと
甘い声とやや尊大な態度で接しながら男の生理現象を有効活用したプレイをします。
そして射精を厳しく制御する代わりに耳舐めを多く盛り込んで過酷さをある程度中和します。

多くのシーンで左右の耳を個別に舐めるサークルさんらしいプレイスタイル
射精の権利を取り上げ、それを餌に相手を屈服させるM向けのアプローチ
1回目の射精シーンを境に声や態度が変わる彼女のキャラ。
サキュバスが持つ性に対する貪欲さを前面に押し出したサービスが楽しめます。

「終わったと言われて完全に油断していたな ははっ やはりお前は…いや なんでもない」
お話が進むほど彼女が彼に多少の情を見せるのが印象的でした。
冒頭で「人間を飼うのは久しぶり」と言ってましたし
彼女にとっても今回のエッチは決して悪い話じゃありません。
それを遠回しに伝えたかったのか、一番最後には彼のケアを名目に15分程度の耳かきもしてあげます。

最初から最後まで厳しくしたら2時間の作品だとやっぱり疲れます。
だからこういうイレギュラーな要素を組み込んで聴きやすくしてるのだと思います。
シロクマさんはどちらかと言えば癒し系のサークルさんなので配慮するのも頷けます。
挿し絵になぜ2人のサキュバスが描かれてるかもわかるようにできてます。

エッチは前半が耳メイン、後半はおちんちんメインとメリハリがあります。
耳舐めの分量もきちんと変えてあって最後まで飽きずに聴けました。
数パート単位で分けて聴いてももちろん大丈夫です。
量は少ないですけど言葉責めもある程度挟んでM度が上がるように工夫してます。

絶頂シーンは6回(射精5回、潮吹き1回)。
ちゅぱ音大量、くちゅ音多め、淫語それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

以上を踏まえてサークルさんでは14本目の満点とさせていただきました。
おまけは耳舐めフリートークです。

CV:伊ヶ崎綾香さん
総時間 2:07:18(本編…1:51:31 おまけ…15:47)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

みみよん!

サークル「ネコノッテ!」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、可愛くて悪戯好きな女の子が
耳舐めに特化したご奉仕で主人公の安眠を妨害します。

総時間のほぼ全部が耳舐め音という非常に尖った作りをしており
はむはむ、ぺろぺろ、じゅるじゅるとシーンごとにタイプを変えながら
それぞれに合ったちゅぱ音を積極的に鳴らして耳に心地いい刺激を与えます。
あなたのお耳をたっぷり舐め舐め
莉羽(リウ)が耳を舐め続けるお話。

「はーむっ ちゅる ちゅる」
莉羽はやや幼さを感じる可愛らしい声の女の子。
挨拶や背景説明といった前置きはすべて省略し
音声開始から2秒後には早速寝てる主人公の耳を舐め始めます。

本作品は音声ではすっかりメジャーになった耳舐めをとことん楽しんでもらうことを目的に
彼女がおよそ60分間に渡って合計3種類のプレイをします。
総時間をほぼ3等分して唇で挟む、舌で舐める、唾液を多めにして責めると
後になるほどエロさと激しさが増すようにゆっくりじっくり責め続けます。

サークルさんが「95%耳舐め音声」とおっしゃられてる通りちゅぱ音のボリュームが凄まじいです。
セリフは数分ごとに一言二言挟む程度で後はほぼずっと舐めてます。
バイノーラル録音のおかげで舐めるたびに微弱な振動も伝わってきますから
目を瞑って聴けば実際に舐められてるのに近い気分が味わえるでしょう。
バイノーラルマイクを寝かせて録音してるのか、反対側にも時々小さな摩擦音が鳴ります。

「ここ どしたの? おっきくなってるけど」
ちなみに彼女はまだおちんちんを気持ちよくする方法すら知らない乙女です。
そのため全体的にペースが緩く、音自体も上品で大人しいものに揃えてます。
癒しとエロの中間を意識した舐めっぷりですね。
心身の疲れを取ってから最後に1発抜けるようにエッチを組み立ててます。
健気で甘い耳舐め
エッチシーンはほぼ全編にあたる6パート60分間。
プレイは耳舐め、オナニーです。
エッチな効果音はありません。

「ふふっ さすがに起きちゃった ごめん」
耳舐め中に目覚めた主人公に謝った莉羽は
そのまま左右片方ずつ唇ではむはむし続けてエッチな気分を煽ります。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の2パート20分間でするのははむはむ耳舐め。
右耳→左耳の順に時間いっぱい舐め続け、ところどころで彼を気遣います。

まだ始まったばかりということであまり激しい音は鳴らさず
唇で挟む、小刻みにキスする、軽く吸い上げるといった比較的ソフトな責めを繰り出します。
この後のパートも含めて単調さが出ないよう舐め方を小まめに変化させながら進めるのが印象的でした。
音に著しく寄せた作品だからこそ、その良さを引き出す演出がされてます。

「大丈夫? 痛くない? おいしっ」
そして最中のセリフでは彼女の魅力を引き立ててます。
寝てる彼を起こしたことを素直に謝り、強めに舐めた後は痛くなかったかきちんと確認します。
純粋に好意を寄せてるからつい悪戯してしまう感じですね。
耳舐めだけでは表現しにくい彼女の気持ちを伝える重要な役割を果たします。

続く2パート19分30秒間は一転して舌メイン。
先ほどと同じく右→左の順にぺろぺろちゅぱちゅぱします。

はむはむの直後に聴くと音の違いがわかりやすいのではないでしょうか。
具体的には音がクリアになって水分も上がります。
あとは音の範囲がやや狭くなるところも特徴ですね。
舐めの合間に吸いを挟んでリズミカルに責めてくれます。

エロさが最も高いのは最後のじゅるじゅる(約20分30秒)。
これまでのプレイで彼が十分興奮してることに気づいた彼女が
より踏み込んだ音を鳴らしつつ途中から自由にオナニーさせます。

「莉羽 莉羽ね こんなにエッチな子だけどいい? 嫌いにならないで」
射精へ追い込むシーンということで平均ペースや強さを上げ
さらに熱っぽい吐息や軽い喘ぎ声を挟んで彼女自身も興奮してることをアピールします。
「じゅるじゅる」と聞くと下品な泡だった音をガンガン鳴らすように思えるかもしれません。
ですが本作品では彼女の初々しいキャラを崩さないよう抑えた音にしてあります。

私個人はちゅぱ音よりも吐息や喘ぎ声のほうにエロさを感じました。
終盤の射精シーンは決まったタイミングを設けず時間内に出すスタイルを取ってます。

このように、最初から最後まで耳だけを責め続ける筋の通ったエッチが繰り広げられてます。
耳舐め好きに捧げる作品
ひとつのプレイをとことん掘り下げてる作品です。

莉羽は自分にとって特別な存在にあたる主人公と幸せなひと時を過ごそうと
余計なやり取りをほぼ完全に取っ払って左右の耳をひたすら舐めます。
そしてシーンごとに舐め方を切り替え、後になるほど徐々に激しくして抜ける雰囲気を作り上げます。

どこを聴いてもちゅぱ音と言えるくらい耳舐めに特化した作り
舐め、吸い、キス、甘噛みのバランス配分を変えた3つのプレイ
一途で初々しい彼女のキャラとセリフ。
音をだらだら垂れ流すのではなく、ひとつの大きな流れを持たせたテーマ性の強いエッチをします。

音声との相性が良く人気も高いおかげでこういうタイプの作品が結構増えてきました。
本作品の場合は相手が年下系なのを見据えて露骨なエロさを出さずに責めてます。
大人の女性がするエロさ抜群のものに比べるとインパクトは弱いのですが
サークルさんが彼女の属性や心情を音に込めることを優先したのかもしれません。

ただ今のままでは18禁よりも15禁に近いプレイになってるかなぁと。
せめて最後のじゅるじゅるパートくらいはもっとがっついてほしかったです。
あるいは全体的に吐息をもう少し挟むとかでしょうか。
今後の作品でこのへんがどう変わっていくのか楽しみです。

射精シーンは1回。
ちゅぱ音大量、喘ぎ声そこそこ、淫語はありません。

耳舐め好きな人には特におすすめします。

CV:箱河ノアさん
総時間 1:04:17

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

【囁き耳舐め】双子サキュバスの強制連続搾精♪【バイノーラル】

サークル「C_Realization」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、ほぼ同じ声と性格を持つ双子のサキュバスが
ドMな童貞を左右から挟み込んで精液を一滴残らず搾り取ります。

両耳をとことん舐めながらサキュバスらしいぶっ飛んだ責めを繰り出すのが特徴で
エッチの最中はほぼずっとちゅぱ音が耳元至近距離で鳴り続け
それと同時におちんちんも手、尻尾、おまんこを使い分けて激しくしごきます。
妹系サキュバスの過酷な試練
双子のサキュバスに耳とおちんちんを責められ続けるお話。

右「えへへっ はじめましてお兄ちゃん 自分でサキュバス召喚するなんてすごいねー」
左「あれれー? お兄ちゃんってばすっごい童貞くさーい」
双子サキュバスはどちらも明るくて可愛い声の女の子。
自分たちを召喚した主人公にすぐさま体を密着させて童貞を見破ると
ズボンとパンツを下ろしまずは手で気持ちよくします。

本作品は声と態度は妹っぽいけどエッチの腕は優れてる彼女たちが
童貞な彼をおよそ90分に渡って弄びます。
手コキ、尻尾コキ、アナルSEX、SEXとパートごとにおちんちんへの責めを切り替え
それと同時にひたすら両耳を舐め続ける密度の高いプレイです。

エッチシーンが総時間のおよそ93%あり、そのほぼ全部でちゅぱ音を鳴らしますから
耳舐めが好きな人ほど楽しめるし興奮できるでしょう。
比較的ハイペースで舌をぐりぐりさせる、唇で挟み吸い上げるなど責めっぷりが結構激しいです。

右「年下の女の子2人に 童貞マゾの変態って蔑まれるのがいいんだよね」
耳舐め以外の部分も強烈。
4パート中3パートに連続射精のシーンを用意し
そのうち2パートは数分間に渡って精液を垂れ流すトコロテンっぽい描写が登場します。
さらに言葉責めは彼との上下関係を明確にして屈辱感を与えます。

明るい雰囲気でえげつないことをすると表現するのが妥当な内容です。
M性の低い人が聴くとドン引きしますが、高い人にとってはむしろご褒美に感じるのではないでしょうか。
また最後のSEXパートには彼女たちらしいやり方で愛の告白もしてくれます。

長時間かつ重厚な耳舐めとおちんちんや心へのハードな責め。
女性が2人いる状況とサキュバスらしさを活かしたドM向けの作品です。
すべてを搾り取るエッチ
エッチシーンは4パート88分間。
プレイは手コキ、両耳舐め、尻尾コキ、尿道に愛液を送り込む、アナルSEX、SEX(騎乗位)です。
手コキ、尻尾コキ、尿道に愛液を送り込む、アナル責め、SEX、射精の際に効果音が鳴ります。

左「お兄ちゃんのお耳 舌でぺろぺろしながら」
右「いっぱいシコシコしてあげる んーっ ぺろぺろ」
挨拶もそこそこに早速耳舐め手コキを始めた双子サキュバスは
彼の耳を舌で強めに刺激しながら軽い言葉責めをして最初の射精へ追い込みます。

エッチはどのパートも彼女たちが一方的に責め続けます。
前半の2パート39分間は上下関係の確立を目的としたプレイ。
耳舐め手コキ→耳舐め尻尾コキとおちんちんへの責めを多少切り替えつつ
ちゅぱ音をたっぷり鳴らして彼女たちの魅力を彼に思い知らせます。

左「僕の変態マゾザーメン サキュバス様に捧げますって」
彼女たちにとって男性は食料に過ぎませんから、召喚者である彼に対しても態度を変える気はありません。
年下系の可愛い声で従う喜びや弄ばれる快感を存分に教えます。
耳舐めをずっと続ける関係で手コキや尻尾コキの音がやや聴きにくくなってますが
密着感と臨場感が高く濃厚なひと時が味わえます。

左「金玉風船みたいにぷくーって膨らんでる」
左「すっご 射精全然止まらないね もうおちんぽも金玉も ぜーんぶ私たちが壊しちゃったから」

えげつなさで見るなら耳舐め尻尾コキパートのほうがずっと上です。
オナホ状の尻尾で連続射精に追い込むだけでなく
そこから愛液を尿道口に注入し金玉をパンパンにさせる独特なプレイもあります。
そして2度目の射精を迎えた後はおよそ6分に渡って精液を垂れ流し続けます。

サキュバスを扱った作品はよく聴きますが本作品はその中でも一際ハードな部類です。
人間の女性相手にするエッチとの違いがはっきり出ていてゾクゾクしました。

後半の2パート49分間は前半と路線を多少変えてるプレイ。
耳舐めアナルレイプパートは別の尻尾をアナルに挿入&中出しし
耳舐め子作りセックスパートはここまでを無事耐え抜いたご褒美に童貞を奪ってあげます。

右「お兄ちゃんだってわかってるでしょ? 私たちには勝てないって 私たちのペニスには敵わないって」
アナルレイプパートは責める場所が場所なのでメス化を意識しながら進めます。
童貞なのにおちんちんよりも先にアナルの処女を奪われ中出しまでされる。
前半で築き上げた関係を維持しつつM心をくすぐる方向で進めます。
おちんちんも尻尾で同時に責めますから射精シーンもきちんとあります。

右「あぁ精液ぃ 中にいっぱいどくどく出てるぅ」
左「好きっ あんっ 好き 好き好き好きぃ」
子作りセックスパートは雰囲気の面では最も甘いです。
通常の男性ならとっくに死んでる責めを耐え抜いた彼を「運命の人」と呼び
彼女たちのほうから本気で種付けしてほしいと懇願します。
言葉責め一辺倒だった前の3パートとは違い「好き」など愛の言葉が多く
中出しされた時に漏らすとろんとしたイキ声も幸せそうでエロいです。

ただし体への責めは引き続きハードですからここもやっぱりドM向けかなと。
甘やかすのではなく快楽に溺れさせる方向で彼をもてなします。

このように、耳舐めと他の要素を上手に組み合わせた刺激の強いエッチが繰り広げられてます。
甘く激しい作品
「サキュバスに耳舐めされたらどうなるか」を忠実に音声化した作品です。

双子のサキュバスは自分たちを呼んでくれた主人公の期待に応えるために
最初から両耳を存分に舐めつつおちんちんをとことん気持ちよくします。
そして前半は調教路線、後半は若干の甘やかし路線と方向を切り替えて心も責めてあげます。

どこを聴いてもちゅぱ音が鳴ってると言っていいほど大ボリュームの耳舐め
それに負けないレベルの存在感を持つサキュバス特有のプレイ
最初はやや高圧的に振る舞ってたのが最後は彼に惚れ込む彼女たちのキャラ。
作品の柱である「耳舐め」と「サキュバス」を活かした風変わりな物語が楽しめます。

最初のパートを聴いた時点では「耳舐め特化の作品だな」と思ってたのですが
後に進むほどサキュバスじゃないとできないことの割合が増えてきて印象が随分変わりました。
彼の童貞属性を踏まえたプレイ構成になってますし、単なる耳舐め音声とは明らかに違います。

右「やっぱりお兄ちゃんは 私たちの運命の人なんだね」
エッチは最終パートの豹変っぷりが面白いです。
男を普段食い物にしてるからこそ認めた相手にはとことん甘くなります。
これのおかげで過酷なプレイでもスッキリした気分で聴き終えることができました。

射精シーンは8回。
ちゅぱ音超大量、くちゅ音多め、淫語と喘ぎ声それなりです。

CV:こやまはるさん
総時間 1:34:30

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
ファイルの容量が7.5GB近くあります。

優しいように感じられる双子の耳舐めオナニーサポート

サークル「B-bishop」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、見た目はあどけないけど性格は結構意地悪な双子が
左右から密着しながら主人公の耳を徹底的に責め続けます。

彼女たちが耳を責めてる間だけオナニーする変わったシステムが採用されており
吐息や息を吹きかける、直接舐める、舐めながら指示や応援をするなど
全部で10種類ものプレイを組み合わせて寸止め地獄を味わわせます。

今回は【裏】モードを聴いてのレビューをお送りします。
優しい双子の過酷なオナサポ
双子に耳を舐められながら寸止めオナニーするお話。

「こんばんは ようこそ 私たちのお部屋へ」
双子は若干声質の違うどちらも可愛くて穏やかな声の女の子。
耳舐めされながらオナニーしたい主人公を温かく迎えると
これからするオナサポのルールを早速説明します。

本作品は見た目と性格に大きなギャップを抱えてる彼女たちが
彼を左右から挟み込みながらおよそ50分に渡る独特なオナサポをします。
オナサポと言えばシコシコボイスやカウントでペースと強さを細かく指示するタイプが有名ですが
彼女たちの場合は開始、停止、射精のタイミングだけ指示しあとは彼の好きにやらせます。

これだけを聞くと結構緩いオナサポに感じるかもしれません。
しかし実際は耳舐めしてる間はノンストップでしごくルールを設定し
3~4分の間隔で舐め方や責め方を小まめに変えることで射精を我慢できない状況へ追い込みます。


簡単に言えば耳舐めがシコシコボイスやカウントの役割を果たすわけです。
休憩時間がプレイを切り替える際に30秒~1分だけと短く
最初は余裕だったとしても後になるに連れてこみ上げてくるのを抑えにくくなってきます。

肝心の耳舐めについても変化に富んでてエロいです。
最初から最後までほぼずっと2人同時に別の音を鳴らし続けるのに加えて
舌や唇を使って水音を鳴らす一般的なものより吐息を量を増やし、舐め方を少しずつ激しくしていきます。
販売ページには特に記載がありませんがおそらくバイノーラル録音なのでしょう。
耳舐めの合間に漏れる吐息が熱っぽく、彼女たちとの距離の近さを感じます。

左「お兄さんが願えば 私たちの心の声が聞こえるようになっちゃうんです」
プレイスタイルと並ぶもうひとつの特徴は彼女たちのキャラ。
タイトル通り優しさを強く感じる声と態度で接しつつ、それとは逆の感情を彼にぶつけます。
製品版には【表】と【裏】の2パターンが用意されており、後者ではプレイ中に彼女たちの心の声も流れ続けます。

耳舐めしながらほぼひっきりなしに言葉責めをするため
純粋に耳舐めを楽しみたい人は【表】を聴いたほうがいいです。
そして耳舐めだけだと物足りない、もっといじめて欲しいMな人は【裏】のほうがおすすめです。
同じプレイなんだけど心の声の有無で属性が随分変わります。

耳舐め特化のオナサポとふたつの顔を持つ双子のキャラ。
本来なら癒し系作品で使われる要素をM向けにアレンジした結構ハードな作品です。
二重三重に責める濃いエッチ
エッチシーンは45分間。
プレイは吐息責め、両耳舐め、オナニー、息吹き、双子のオナニーです。
エッチな効果音はありません。

左「じゃあ 早速気持ちいい気持ちいいオナニー 始めましょうね」
オナサポに関するあれこれを話し主人公の同意を取りつけた双子は
彼に服を脱いでもらってから左右に密着し両耳に熱っぽい吐息を送ります。

エッチは彼女たちに責められながらルール通りにオナニーします。
一番最初にするプレイは吐息責め(約3分30秒)。
名前の通り舐めたりしゃぶったりせず左右から別のリズムでひっきりなしに吐きかけます。

左(心)「ふふっ 吐息流し込むたびにヒクヒクヒクヒク あぁあぁあぁ 恥ずかしい恥ずかしい」
右(心)「表向きは優しくしないとだけど 心の中だったら何言っても大丈夫」
オナニー前におちんちんを勃起させるためのソフトなものですが
【裏】を選んだ場合は早速彼女たちの本心を聴くことができます。
自分たちの言いなりになって興奮してる彼を小馬鹿にする姿は【表】の時とは随分違います。

本題の耳舐めオナサポが始まるのはその次から。
控えめなペースで舐めるところから始まり、水分をやや上げてちゅぱちゅぱ吸う
シコシコボイスを挟みながら舐める、咀嚼するように唇で挟み込みコリコリさせるなど
ルールの範囲内でできる色んな責めを繰り出します。

両耳舐め、オナニー、【裏】の場合はさらに言葉責めと複数のプレイを同時に行い
射精を我慢できなくなったら寸止めする非常に密度の高いものです。

オナニーはほぼ時間いっぱい続けますからフリースタイルといってもそれなりの負荷がかかります。
【表】の場合は耳舐めを存分に堪能できますし、オナサポとしての実用性は高めと言えます。

彼女たちの二面性が際立ってるのは終盤の8分間。
シーン前半はオナニーに参加して一緒にエロ可愛い喘ぎ声を漏らし
後半はこれまでで最も激しい耳舐めをしつつ限界ギリギリまで射精の許可を遅らせます。

左(心)「ほらほらほら まだまだ我慢 私たち合図してないから」
心を抉られるというほどではないにせよ、心の声を聴いて結構意地悪に感じるのではないでしょうか。
ご奉仕してるように見えてしっかりコントロールするのが面白いです。
最後の射精シーンも【表】と【裏】では印象が随分変わります。

実際やってみた感じでは聴き手自身がどれくらいガチでやるかで難度が変わりそうです。
耳舐め中はオナニーを続け、合図が出るまで射精を我慢すること以外は大きな制約はありません。
だから手を抜こうと思えば抜けるし寸止め回数も減らすことができます。

【表】と【裏】のどちらを選ぶかによっても変わるでしょうね。
そういう幅広さ、とっつきやすさも本作品の良いところだと思います。
耳舐め特化のノーマル~M向け作品
2つのモードを用意することで属性に幅を持たせたオナサポ作品です。

双子はMな主人公を満足させ、同時に自分たちのS心も満たそうと
表面上は優しい態度で彼の耳に積極的なご奉仕をします。
その一方で心の中では見下したり意地悪する別の顔を見せます。

2人の女性が時間いっぱい耳を責め続ける尖ったエッチ
それとオナニーを連動させ数分単位で責め方を変える凝った作り
天使と小悪魔が同居してる彼女たちのキャラ。
従来のオナサポよりもシンプルなルールでエロさの高いプレイに仕上げてます。

耳舐めはこのところ音声作品では相当に人気のあるプレイになっており
18禁だけでなく15禁にも多くの作品で取り入れられてます。
しかしオナニーの動きとしっかり連動させてる作品はまだまだ数が少ないです。
この発想力や運用力の高さこそがB-bishopさんの持ち味なのだと思います。

オナサポはハード路線の作品がガンガン出てますから
こういう緩くて幅広い作品は多くの聴き手に対応できる点で魅力的です。
耳舐めを聴きながらオナニーするのは大衆性が高いですしね。
ただそれだけだと従来のファンが満足しないだろうということで【裏】モードを別に用意してます。
一言で言うとすごく聴き手に配慮してる作品だなと。

射精シーンは1回。
ちゅぱ音大量、淫語そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

耳舐めとオナサポの両方が好きな人には特におすすめします。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 54:11

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ