同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:耳舐め

   ● 【超絶耳舐め地獄】魔王軍の幹部グライア様の監禁耳舐めわからせ調教地獄【極耳舐め】
   ● ASMR囁き耳レイプ ~TKTKボイス輪姦で脳アクメが止まらない~
   ● 本当に気持ちいい耳穴Gスポット開発♪舌筋耳舐め&ニセモノベロで両耳ぐちゅイキ挟み
   ● 脳を乗っ取るキモチイ声に僕はもう逆らえない
   ● 【極め耳舐め超特化】耳舐めサキュバス4 -淫魔と堕ちる終わらない愛慾の世界-
   ● ガチ恋不可避の耳リフレ2~ぼくっこ店員ゆずるの出張サービス~
   ● 【超密着】文学少女ゆみかの焦らし「囁き」淫語【ちんぽ入れっぱなし耳奥舐め】
   ● 妹催眠2-Little Sister Hypnosis-(再レビュー)
   ● 【両耳奥舐め】転送魔法で生絞り☆サキュバスちゃんねる~精液いっぱい貢いでね♪~
   ● 女の子の催眠勝負2 -どっちのお耳が気持ちいい?-




サークル「Cum Cum Creampie」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、人間と蛇の特徴を合わせ持つ魔王軍の女幹部が
捕まえてきた人間たちをエッチな手段で1人ずつ弄びます。

特徴的な質感の耳舐めをたっぷりやりながらねっとり責めるのが特徴で
耳の内側や奥を舌でゾリゾリ舐めたり、舌先で穴を塞いで軽い圧迫感を与えながら
パートごとに違うプレイを繰り出して彼らの体を存分に味わいます。
終盤は逆におちんちんでわからされる展開になるのもポイントです。
捕虜たちを襲う気持ちいいお仕置き
魔王軍の幹部グライアが冒険者たちとエッチするお話。

「はじめまして 聖騎士さま ここがどこだかおわかりかしら?」
グライアは上品で穏やかな声のお姉さん。
特別な監禁部屋で目覚めた主人公に事情を説明すると
彼の体を使ってエッチな実験を始めると言います。

本作品は勇者と魔王が戦ってるファンタジー世界を舞台に
魔王側で高い地位についてる彼女が人間たちとおよそ140分に渡るエッチをします。
聖騎士、賢者、女性の踊り子とパートごとに相手する人物を変え
それぞれに合った責め方をしながら耳もたっぷり舐めて心と体をとろかせます。

「大丈夫 痛くしたりはしないから 私はね…うふふ エッチなことが大好きなの」
魔王城の中で裸になり、ベッドに手足を拘束されてるからでしょうけど
彼女は敵である彼らに対して終始穏やかな態度で接します。
痛みや苦しみは与えないことを告げてから比較的緩いペースで責め
1回の射精に向けてじっくり追い込みながら悶える姿を嬉しそうに眺めます。

人外娘特有のプレイもあまり出てこないので、人間の女性とエッチするのに近いです。
ただし、好意や愛情は一切込めずおもちゃとして扱うことに徹します。
中盤に百合プレイを挟むなど、登場人物が毎回変わるシステムを有効活用してます。

そしてこれらをするにあたって彼女は耳舐めをものすごく多くやります。
本編はエッチシーンの74%にあたる93分も割いており
プレイ中はセリフをできるだけ挟まず音だけを楽しめるように進めます。

本編とは別に色んな耳舐めをするパートもありますから(約72分)
それも合わせたら相当なボリュームになります。

音の質感についても結構独特です。
外側をちゅぱちゅぱ舐めたり吸う通常のものはほとんどやらず
内側をゆっくり舐める、穴に舌先を出し入れする
穴を塞いでそのまま維持するといった深さのある耳舐めをメインに据えてます。

「じゅりっ」というトーンが低くざらつきのある音を鳴らすので個性的です。
長時間舐め続けるからでしょうけど、刺激についてはわざと弱めにしてました。
両耳を同時に舐めたらゾクゾクするあたりに調整してます。
おちんちんへの責めは音を鳴らすだけなので耳舐めが好きな人に最も向いてます。
わからされる快感とわからせる快感
本編のエッチシーンは5パート126分間。
プレイはキス、耳舐め、手コキ、素股、手マン、フェラ、SEX(騎乗位、対面座位?)です。
手コキ、素股、手マン、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「ほら 口を開けなさい キスしてあげるわ」
聖騎士の男性と軽く雑談してから早速キスすると
グライアはさらに右耳も舐めておちんちんを元気にします。

エッチは最終パートを除き彼女が責め続けます。
最初の3パート86分間は本作品の特徴がよく出てるシーン。
「01_手足拘束台 耳舐め・乳首責め調教地獄(約22分)」は聖騎士に耳舐め+手コキ
「02_磔台 耳舐め・素股調教地獄(約30分)」は賢者に耳舐め+素股をします。
そして「03_百合落ち 両耳舐め・愛撫調教地獄(約34分)」は踊り子を両耳舐め+手マンで何度もイかせます。

「蛇とキスするのは初めて? 舌の先が割れてるからすごいでしょ?」
手際がスムーズなところを見ると彼女は以前から多くの人間とエッチしてるのでしょう。
挿し絵にも描かれてるスプリットタンを使って唇や耳を丹念に責め
ある程度興奮してきた後はおちんちんも緩めに責めて無理なく射精に導きます。
01パートは耳舐め・乳首責めとなってますが乳首を責める描写はありませんでした。

そして本作品の売りである耳舐めが早速威力を発揮します。
18~30分とどのパートも十分な時間を割いて片方だけじっくり責め続けます。
製品版には左右を反転したファイルも入ってるので好きなほうをお選びください。
耳元至近距離からややこもったパワフルな音を鳴らすシーンが多くて密着感があります。

ちなみに耳とおちんちんを同時に責める場合は効果音が消えてちゅぱ音だけ鳴ります。
1~2分舐め続けてから少し話すのを繰り返すためASMR成分も高めです。
舐め方を短い間隔で切り替えて単調さを薄めてました。
主役はあくまで耳舐めで、おちんちんは脇役あたりに位置づけてます。

「耳も おまんこもびしょびしょ どうしたの? ずっとイってるの? もっとイキ続けなさい」
03パートは本作品で唯一女性が生贄になります。
踊り子の反応が初々しいのを見て普段よりも柔らかい態度を取り
両耳とおまんこを同時にいじめて男よりも気持ちいいひと時をプレゼントします。

前の2パートが片耳だったから両耳同時は余計濃く感じました。
ペースや力加減も丁度良く、サークルさんが配慮してるのがわかります。
おちんちんを生やして挿入するとかもないですし割と正統派の百合プレイです。

続く2パート40分間は状況が大きく変わります。
異世界から転生してきた遊び人を相手に
「04_形勢逆転!? 異世界転生者『巨根』フェラ(約15分)」はフェラと玉舐め
「05_妖魔淫落……グライア絶頂異種交姦(約25分)」は耳舐めと2種類のSEXで彼女が逆にわからされます。

「あぁ おちんぽぉ まだ舐めるぅ」
フェラが始まった直後から彼女の息遣いが明らかに熱っぽくなり
普段よりもとろけた表情でおちんちんを愛おしそうに舐め続けます。
今までのエッチは躾やお仕置きといった調教寄りのプレイでしたが
この2パートはむしろご奉仕と呼んだほうがしっくりくる内容です。

ここだけ連続でエッチするなど、彼女が彼に対して強い興味を抱いてるのが窺えます。

「私の負け おちんぽに負けちゃったからぁ あっ あっ」
05パートは立場が完全に逆転して彼女が乱れる姿を拝めます。
体の拘束を解いて自由に責めさせ、さらに自分から敗北宣言する情けない姿を晒します。
彼のおちんちんが他の男とどう違うのかには触れられてませんけど
これまで一方的に責めてたのが一気に変わってギャップがあります。
個人的には耳舐めをもう少し減らして喘ぎ声重視にしたほうが良かったように思えます。

このように、序盤から中盤にかけてと終盤でスタイルが正反対になる落差の大きいエッチが繰り広げられてます。
耳舐め重視の穏やかな人外作品
ハードさや残忍さをかなり薄めて耳舐めを磨き上げてるややS~ややM向けの作品です。

グライアは何らかの手段で捕らえてきた人間たちをおもちゃにしようと
抵抗できない状況にしてから耳とおちんちんを同時に責めてじっくり追い込みます。
そして終盤は予想外の逸材に出会い遊び人とのエッチを本気で楽しみます。

穏やかでSっ気もある女幹部が勇者一行を個別に弄ぶシチュ
耳舐めの時間をものすごく多く用意し、質感や動きにも個性を持たせた尖ったエッチ
最初は彼女にわからされる快感、次は彼女をわからせる快感を味わう展開。
サークルさんの強みを活かしたうえで追加要素を盛り込み聴き応えのある作品に仕上げてます。

中でも耳舐めはVOICE LOVERさんが制作に携わってるだけあってレベルが高いです。
耳舐め作品が数多く出てる現在でも他では聴けない音になってます。
耳舐めだけを聴けるパートが用意されてたりと、耳舐め好きな人を楽しませる要素が充実してます。

それ以外についてはパートごとに相手が代わるとか
終盤で立場逆転するといった耳舐めとまったく違う特徴を持たせてます。
敵同士がエッチする状況でも暗さや重さを感じる部分はほとんどありません。
言葉責めも穏やかな声で軽く見下すソフトなものに留まってます。

本編の射精シーンは4回。
ちゅぱ音大量、くちゅ音それなり、淫語と喘ぎ声そこそこです。

耳舐めパートは6種類の耳舐め音声です。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 3:36:01(本編…2:23:27 耳舐めパート…1:12:34)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
216分で1100円とコスパが良いので+1してあります。

2021年9月28日まで30%OFFの770円で販売されてます。



サークル「ボトムズ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、男を弄ぶのが好きな2人のお姉さんが
M男の左右に陣取り耳と心を同時に犯して惨めで幸せな射精へ導きます。

ほぼ全編で両耳舐めしながらM向けの色んな言葉責めをするのが特徴で
ストレートに見下す、彼の弱さを貶す、女性に弄ばれる快感を煽るなど
シーンごとに方向性を変えながらリアルなちゅぱ音と喘ぎ声を絶え間なく流して上手に興奮させます。
TKTK音声と呼ばれる独自要素を盛り込んでるのもポイントです。
音と言葉でみっちり調教
2人のお姉さんに耳を責められながらオナニーするお話。

右「前戯? うふふふ 何を言ってるのかな? レイプにそんなの必要ないでしょ」
左「私達の舌ペニスで、オマエの耳マンコを滅茶苦茶に犯してあげる 何を驚いてるの? レイプ、好きでしょ?」
お姉さんたちはややトーンの違うどちらも穏やかな声の女性。
音声開始直後から耳舐めっぽいちゅぱ音を同時に鳴らすと
早速感じてる主人公を嬉しそうに眺めます。

本作品は耳と脳をねっとり犯される快感を味わわせることを目的に
彼女たちがおよそ40分に渡って非常に変わったエッチをします。
挨拶や背景説明といった前置きは全部省略してすぐさまエッチを始め
どのシーンも必ず2人同時に話したり耳舐めしてゾクゾク感を与えます。

最大の特徴はちゅぱ音、言葉責め、TKTK音声、喘ぎ声、振動音を組み合わせて責めること。
ちゅぱ音はほぼずっとと言っていいくらい鳴り続けますし
言葉責めも本編の半分以上に渡ってM向けの様々なセリフを丁寧に投げかけます。
また彼女たちもそれなりに興奮してるようで、中盤以降は喘ぎ声の割合が徐々に増えていきます。

本編の時間は43分と短めですが常に2~5種類の声や音が同時に流れ続けるので
実時間よりも明らかに濃いひと時が送れます。
時間に対する情報量が多く、視聴後は軽い疲れを感じる人がいると思います。

「スクスクスクスクスクスク」
TKTK音声については「スクスクスク」という擬声語を囁き声で言い続けます。
これ自体に意味はなく、口を使ったASMRの一種と見るのが妥当です。
音声では初めて見かける要素ですから本作品における個性のひとつと言えます。

もうひとつ、エッチ開始直後から「ぶぅぅぅぅん」という小刻みな振動音も流れます。
最初はノイズだと思ってたのですが、一定間隔で音が強弱するところを見ると意図的に鳴らしてるようです。
催眠音声で時々使われるバイノーラルビートのような音で
しばらく聴いてると脳を軽く揺さぶられるような心地よさが味わえます。

ここまでをまとめると、様々な音を駆使して悶えさせるASMR寄りの作品です。
言葉責めの量もそれなりにありますけど、それより音のほうが存在感は大きいです。
純粋なエロさを出しつつ脳をとろかすような作りになってて
音声を聴いてる最中は別の世界にいるような不思議な感覚に浸れます。
興奮と恍惚感を与えるエッチ
エッチシーンは43分間。
プレイは両耳舐め、言葉責め、TKTK音声、オナニー、おちんちんを踏みつける、喘ぎ声を漏らすです。
オナニーの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

右「まだこっちは何もしてないのにw 勝手に負けるのやめてほしいわ」
左「今の恥ずかしい恰好。皆に見て貰おうか?」
両耳舐めされてすぐ負けそうになる主人公を微笑交じりに見下すと
お姉さんはさらなる言葉責めをしたり音重視の責めを繰り出してもっとゾクゾクさせます。

エッチは終始彼女たちが責め続けます。
前半の21分間は本作品の特徴がよく出てるシーン。
序盤の5分間は左右で違う言葉責めを同時に繰り出し
残りの16分間はセリフを一切挟まず色んな音を組み合わせて性感と興奮を高めます。

どういう経緯で今回のエッチをすることになったのかはわかりませんが
彼女たちはS、彼はMとお互いの性癖が見事に噛み合ってます。
だから2人とも穏やかな声と態度でややハードな言葉責めをガンガンぶつけます。
表現が辛辣な代わりに言い方を和らげて聴きやすくしてました。

言葉責めをする5分間は2人のセリフが思いきり被っており
両方同時に聴こうとしたら脳が疲れると思います。
基本的には片方に意識を向け、あとは音を楽しむ感じにすれば無理なく聴けるでしょう。
後半は同じセリフを左右同時に言うスタイルに変わりますから本当にここだけです。

続く16分間は耳舐め、TKTK音声、喘ぎ声、振動音のみ流れ続けます。
といっても同じ音を垂れ流す単調なものではなく
ちゅぱ音が強弱したり喘ぎ声の割合を上げ下げして波を作ります。
振動音も大きくなったり小さくなったりしてなかなか凝ってました。
中央からオナニーと思しき効果音も鳴り始めるなど、前半の時点で音の密度がかなり高いです。

後半の22分間は言葉責めを再開してじわじわと射精へ追い込みます。
彼自身を犬呼ばわりしたり、おちんちんや精液をゴミに例えて上下関係を明確にし
さらにMな人が喜ぶ要素を色んな方向からぶつけて心を上手に盛り上げます。

左右「終わってる終わってる終わってる オマエは終わってるゴミマゾ ゴミゴミゴミゴミゴミ イケイケイケイケイケ」
左右「好きよ、愛してる、オマエしか見えない 私が踏みつけてるオマエのマゾチンポ プルプル震えて気持ちいいわぁ」

見下したり突き放すセリフの合間に甘やかすセリフを置いてるのが良いですね。
飴と鞭を使い分けて彼女たちに従う喜びを教えます。
2人のキャラがそんなに冷たくないので愛玩動物っぽい扱いをしてるかなと。
焦らしや寸止めといった意地悪な要素もなく、1回の射精を充実させる方針でリードします。

音については構成は前半とそこまで変わりません。
しかし耳舐め音や喘ぎ声を多少激しくして純粋なエロさを上げてます。
左右同時に同じ言葉責めをするおかげで聴きやすくなってますし
やっぱりこのシーンのほうが抜きやすいと思います。
最後に彼女たちが激しい喘ぎ声を上げたりカウントを数えるので、それに合わせて出す形になります。

このように、音と言葉をいくつも重ねてじっくり追い込む独特なエッチが繰り広げられてます。
脳がとろける作品
体よりも心への責めが充実してるM向け作品です。

お姉さんたちは何らかの事情でエッチすることになった主人公を存分に弄ぼうと
音声開始直後から左右同時に耳舐めを行い、さらにTKTK音声や喘ぎ声も加えて興奮させます。
そして前半と後半で違うスタイルの言葉責めをしたり
おちんちんを踏みつける描写も挟んで情けない射精へ追い込みます。

声や態度は穏やかだけど性格は結構Sなお姉さんが従順なM男をエッチで躾けるシチュ
複数の声や音を同時に鳴らし、さらに前半と後半で責め方を変える密度の高いエッチ
TKTK音声や振動音といった独自の要素を盛り込み役立ててる演出。
耳舐めが豊富で、ASMRで、言葉責めも充実してるなかなか欲張りな作品に仕上がってます。

中でもエッチはリアリティよりも音に包まれる快感を重視した作りになってます。
おちんちんへの責めはオナニーのみ、しかも音を鳴らすだけなので
耳や脳といった頭部への責めに特化したプレイと言えます。
ちゅぱ音や喘ぎ声による純粋なエロさと、音に包まれる恍惚感が同時に味わえて面白かったです。
オナサポ要素は皆無ですから好きにしごいて最後に出せばOKです。

射精シーンは1回。
ちゅぱ音大量、淫語と喘ぎ声それなり、くちゅ音そこそこです。

音声作品の流行を捉えつつ自分の色もちゃんと出してる優れた作品です。
おまけはフリートークとNG集です。

CV:宮坂雪さん 柚木つばめさん
総時間 1:39:17(本編…43:01 分割ファイル…25:32 おまけ…30:44)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります



サークル「すたぁぱれっと」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、Gカップのおっぱいを持つ純情な女の子が
以前から好意を寄せてる男性を独特なエッチで誘惑します。

質、量、密度にこだわった耳舐めをするのが特徴で
最初は片耳舐めだったのが途中から反対側を指で責めるようになり
通常とは違う深くてジョリジョリしたちゅぱ音を鳴らして耳とおちんちんをゾクゾクさせます。
エッチを通じて2人の心の距離が縮まる様子を描いてるのもポイントです。
後輩がする濃い誘惑
後輩のリコと学校や自宅で4種類のエッチをするお話。

「先輩 そっちのプリント取ってください」
リコは甘く可愛い声の女の子。
主人公と2人で委員会の仕事をこなしてると
疲れたので少し休もうと言います。

本作品は以前から彼に強い好意を寄せてる彼女が
2人きりになれた機会におよそ180分間のエッチな誘惑をかけます。
パートごとの時間を平均32分と長めに取り
毎回プレイを変えながらひとつずつ丁寧にやって彼の心をガッチリ掴みます。

「耳とおちんぽ 一緒にずぽずぽされるの 気持ちいいですかー?」
そして彼女はほとんどのシーンで耳とおちんちんを同時に責めます。
耳舐めはエッチのおよそ7割にあたる93分もやります
それ以外にも指で耳穴を責めたり、耳舐め音声を聴かせるなどかなり力を入れてます。

すたぁぱれっとさんは以前から耳舐め特化の作品をいくつも制作されてますから
その特徴を維持しつつ新しい要素を加えてパワーアップさせてます。
両耳を同時に責めるシーンも結構あるので音の密度が高いです。

ちゅぱ音も結構独特でジョリジョリした若干ざらつきのある音を耳の深いところで鳴らします。
他のサークルさんだとHORNETさんの耳舐め音に割と近いかなと。
パワフルな音ですが舐める速度を落としてあるので頭に響くほどではありません。
時間、密度、質のすべてが揃っており耳舐めが好きな人ほど楽しめます。

おちんちんのほうは手コキ、太ももコキ、パイズリ、SEXと耳舐めに負けないくらい厚く責めてくれます。
射精シーンが毎パート1回しかないので途中で暴発しそうな気もしますが
音をじっくり楽しんでから射精する展開は本作品のコンセプトに合ってます。

プレイ中に軽く意地悪してくるのも彼の気を引くためで悪意はまったくありません。
不器用なりに頑張る姿が健気で甘い空気が漂ってます。
愛を込めて責めるエッチ
エッチシーンは4パート131分間。
プレイは手コキ、キス、耳舐め、太ももコキ、乳首責め、指を使った耳責め、パイズリ、フェラ、SEX(正常位?)、耳舐め音声を流すです。
手コキ、太ももコキ、耳責め、パイズリ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「先輩のことだから もちろん今まで誰かにおちんぽ触られたことなんて ないですよねー」
Gカップのおっぱいを見せつけて主人公のおちんちんを元気にしたリコは
体を密着させたまま優しくしごいたり熱いキスをします。

エッチは序盤から中盤にかけては彼女が責め、終盤はお互いに責め合うスタイルで進めます。
前半の2パート74分間は本作品の特徴がわかりやすく表現されてるシーン。
「2. 奥までずぷずぷ♪Gスポット耳舐め手コキ(約38分)」は手コキ、キス、耳舐め
「3. Gスポット耳舐め&指ベロで両耳ぐちゅイキ挟み♪寸止めクリーム太ももコキ(約36分)」は
耳舐め、太ももコキ、乳首責め、指を使った耳責めで1回ずつ射精させます。

「いっぱいちゅっちゅするのに合わせて おちんぽシコシコしてあげますからね たーくさんキスしちゃいましょうね」
自分からエッチに持ち込んだだけあって彼女は終始積極的。
ゆっくりペースでおちんちんをしごきながらキスで頭をとろとろにします。
気持ちいい時は声を出していいと言うなど、まずは心を開放することに力を入れてます。

耳舐めが始まるのはエッチ開始からおよそ8分後。
耳元至近距離から低く鈍いちゅぱ音をゆっくりペースで鳴らします。
2番目のパートは片耳舐めに専念するので個々の音を聴きやすいです。
最初は割と小まめにセリフを挟んでたのが
しばらくすると2~3分舐め続けてから少ししゃべる音重視のスタイルへ変わります。

「私は 好きでもない男の人に こんなことしませんよ」
プレイ中に思わせぶりなセリフを適度に投げかけてくるのも良いですね。
彼をからかいたいのではなく愛情表現の一環としてやってることをアピールします。
2人が正式に付き合うのは後のほうになりますけど
彼女の内面をわかりやすくしてるおかげで雰囲気は終始甘いです。

「おちんちんに 乳首に お耳 3か所一気に気持ちよくされちゃうの すごすぎますねー」
3番目のパートは耳への責めがパワーアップします。
プレイ開始から5分くらい後に指を使った耳責めが加わり
左右から別の音を同時に鳴らしてプレイの様子をリアルに表現します。
耳責めは耳舐めに比べて面積が広くざらつきのある音が使われてます。

同時に太ももコキもやりますが、耳舐めのほうが音量は大きいのでやっぱり主役はこちらかなと。
乳首責めはこれらの合間に少し実況するだけですから完全に脇役です。
この2パートだけで60分も耳舐めするところにサークルさんのこだわりを感じました。

後半の2パート57分間はイチャラブ感が強くなります。
場所を学校から彼女の自宅へ移し
「4. カウパー汁ドクドク♪赤ちゃん言葉でパイズリフェラ(約15分)」は赤ちゃん言葉を交えたパイズリフェラ
「5. Gスポット耳舐め&指ベロ・イヤホンベロで両耳ぐちゅイキ挟み♪とろける生ハメえっち(約42分)」は
(たぶん)正常位SEXと両耳舐めを同時にやって幸せな射精をプレゼントします。

「いいんでちゅよー 男の子はみんな おっぱいがだーいちゅきなんでちゅもんねー」
誰にも邪魔されない場所でエッチするからでしょうけど
彼女の甘やかしはさらにエスカレートします。
年上の彼を赤ちゃんに見立てて話しかけ、快楽でだらしなくなってもすべてを受け入れて心を潤します。
フィニッシュはきっちり口で受け止め飲み干すなど、言葉と行為の両方から惜しみない愛情を注ぎます。

このパートだけ耳舐めを一切しないのがすごく良いなと
これによってメリハリができて耳舐めの鮮度を維持しやすくなります。
サークルさんの過去作でもやってたことなので演出と見るのが妥当です。

「ふふっ どうですか? 先輩耳舐めが大好きみたいだから こうして片方のお耳に 耳舐め音声流しながら 私が…んーんっ」
最終パートは時間が最も長いだけあって内容が充実してます。
耳舐め、耳責め、耳舐め音声を流すとプレイの種類を最も多くし
後になるほどピストンの速度を上げて身も心もひとつになります。

ほぼずっとSEXする展開ですが、耳舐めを優先してるおかげで喘ぎ声はほとんど漏れません。
その代わり彼女のセリフを普段よりも素直にして甘さを上げてます。
あくまで耳舐めや耳責めを主役にしてるところは本作品らしいなと。
左右を適度に入れ替えたりプレイの組み合わせを変えて単調になるのを防いでます。

このように、耳舐めを前面に押し出しながら2人が仲良くなる様子も描いたノーマル向けのエッチが繰り広げられてます。
耳舐め重視の甘い作品
年下の女の子が好きな人に想いを伝える様子を耳舐めメインで表現した純愛作品です。

リコは主人公のことが好きなのに先輩後輩の関係に留まってる状況を改善しようと
序盤から女の武器を使って積極的にアプローチをかけ
おちんちんが勃起したら耳舐め重視のエッチをたっぷりやって気持ちよくします。
そしてこれらの最中に自分の気持ちもはっきり伝えて特別な関係になります。

好きな人のためなら大胆になれる女の子が学校や自宅で先輩とエッチするシチュ
耳舐めの時間をとても長く取り、他のプレイと組み合わせてがっつり責める尖ったエッチ
体を重ねるにつれて2人がどんどん仲良くなる甘い展開。
サークルさんの個性を出しつつ青春を感じられるように作品を組み立ててます。

中でも耳舐めは量が多い、密度が高い、音も独特と色んな魅力を持ってます。
このところ耳舐め音声が結構出てる関係で量だけだとアドバンテージが取れなくなってます。
そこで他の部分もきちんと強化し聴き応えのある耳舐めに仕上げてます。

時間に対する射精回数が少ないところだけは気になりますけど
聴き手側で調整できる要素なので好みの問題と言えます。
おちんちんも耳舐めに負けないくらい責めますから割とバランスが取れてます。

射精シーンは4回。
ちゅぱ音大量、くちゅ音多め、淫語そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

Extraは「耳穴Gスポットをぞりぞり♪両耳舐めオンリートラック」です。

CV:神楽琴美さん
総時間 3:08:34(本編…2:58:26 Extra…10:08)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年8月20日まで15%OFFの1028円で販売されてます。



サークル「被支配中毒」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、肉体を持たずデータだけで存在するAIのお姉さんが
音声に興味を持った男性に変わったオナサポをします。

耳、乳首、おちんちん、心をバランスよく責めるのが特徴で
序盤は耳舐め重視で焦らし気味に進めてたのが
中盤以降は乳首オナニーとおちんちんオナニーを同時にやり
さらにある言葉を起点に暗示も入れて彼女に乗っ取られる快感を味わわせます。

サークルさんは催眠音声と認識されてるようですが
実際に聴いてみたら催眠音声とは構造が違ったので、当サイトでは同人音声として紹介します。
お姉さんの言う通りにオナニーしてたはずが…
人工知能の不死川燈子(しなずがわとうこ)にオナサポ洗脳されるお話。

「あー あー あー 聞こえてますかー? うん 再生完了してるみたいだね」
燈子は明るくて穏やかな声のお姉さん。
音声を聴く際の注意事項を簡単に説明すると
自己紹介してからオナニーの準備を始めます。

本作品は声や態度は穏やかだけど性格は割とSな彼女が
音声に興味を持った彼におよそ50分間のオナサポをします。
「こりこり」「シコシコ」といった掛け声でリードする王道のやり方に
耳舐めが多い、途中から洗脳要素が加わるという独自要素を盛り込んでます。

耳舐めはプレイの序盤と終盤に登場し、合わせて20分ほどやります。
耳の内側を舐めたり舌先でぐりぐりするようにゆっくり責めてました。
水分が控えめなのでそれほどエロいって感じはしませんけど音や動きの臨場感は高いです。

「これは催眠なの 私が このキーワードを言うことで あなたは指示に従わざるを得なくなる」
後者は音声の中盤以降に登場するもので
あるキーワードを起点に彼女の言いなりになる暗示を小まめに入れてきます。
かなり頻繁に言うのでどれがキーワードにあたるかはすぐわかります。
「いつの間にか彼女に逆らえなくなってた」と感じる人がそれなりにいるでしょうね。
エッチの展開がスムーズですし、アプローチの手段も柔らかくて受け入れやすいです。

本作品を催眠音声じゃないと言う理由は催眠誘導にあたるシーンがないからです。
一般的な催眠音声は深呼吸や脱力をしてまずは暗示を受け入れやすい状況を作り
それからカウントを数えたり揺さぶりをかけて深化させます。
しかし本作品の場合は普通にオナサポしてたところへ途中からいきなり暗示を入れ始めます。

私は被暗示性が高いほうですから抵抗できない感覚をそれなりに味わえたのですが
この内容だと「誰にでもそれが通用するとは言いにくいかなぁ」と考えてます。
洗脳要素を含んだオナサポ音声として見るなら面白いところを持ってるので
そういう認識で聴いたほうが楽しめると思います。
ちなみに製品版には解除音声が入っており、本編終了後はそれを聴いて締めくくります。
言葉と快楽で乗っ取るエッチ
エッチシーンは38分間。
プレイはオナニー、耳舐め、乳首オナニー、暗示を使った洗脳です。
エッチな効果音はありません。

「それじゃ オナニーを始めようか」
主人公に服装や部屋の環境を確認してもらった後
燈子はソフトなオナニーをさせながら左右の耳を舐めておちんちんを元気にします。

エッチは終始彼女に言われた通り動きます。
最初の15分間は普通のオナサポに近い内容。
オナニーはほぼ自由にやらせて彼女は左右の耳を交互に舐め続けます。

「〇〇 そのまま聴きながら 本気でオナニーはしないでね まだまだ 準備なんだから」
耳舐め中はセリフをほとんど挟まず、数分ごとに軽く話しかけてくる緩いリードです。
しかし前項で説明したキーワードは早速登場しており
彼女が先々を見据えてこういう責め方をしてるのがわかります。

このシーンを聴いて「あれ? 思ってたより普通だな」と感じた人も
中盤以降で認識が一気に改まるはずです。
勃起してないと最後に射精できませんし、まずはオナサポに専念するのは良いことだと思います。

本作品が本領を発揮するのはその次から。
耳舐めから乳首オナニーに切り替え、「こりこり」という掛け声を小まめに出し始めます。
そしてキーワードを絡めた暗示を入れたり
おちんちんもシコシコボイスで後になるほど激しくしごく指示を出します。

「どんどんどんどん 何度も 何でも あなたは私に従わざるを得なくなっていく たかが音声データの私に 操られていく」
ほぼフリーだった序盤とは打って変わって指示を丁寧に出しますし
最中のセリフも洗脳を意識したものが一気に増えてM度が上がります。
乳首とおちんちんを同時にいじりますから、乳首を開発してる人のほうが気持ちよくなれるでしょう。
キーワードを頻繁に言うおかげでそれを聞くたびに自然と意識してることにも気づきます。

また終盤の10分間は声の密度を上げて洗脳されてる気分をより強く味わわせます。
中央からは「シコシコ」「こりこり」の掛け声、左右では耳舐め+言葉責めと
最大3つの声や音を同時に流し、それぞれが別の役割を持って動きます。

このへんまで来ると体だけでなく心の快感もそれなりに強くなってますから
射精する時は彼女の言いなりになった陶酔感や、言う通りにできた達成感も湧いてくると思います。
オナサポ自体が相手の言う通りにオナニーする行為なので洗脳との相性は良いです。

このように、序盤と中盤以降でスタイルを大きく変えるM向けのエッチが繰り広げられてます。
洗脳を交えたオナサポ作品
指示をしっかり出しながら独自要素も使って気持ちよくする変わったオナサポ作品です。

燈子は音声を聴いてくれた主人公を自分の言いなりにしようと
穏やかな声と態度で接しながらまずは耳舐めを重点的にやって興奮を後押しします。
そして中盤以降は乳首+おちんちんオナニーに切り替え
さらにキーワードを使った暗示も組み込んで心身をバランスよく盛り上げます。

生身の人間になりたいと思ってるAIがオナサポを通じて男性の心を乗っ取るM向けのシチュ
耳舐めを多めにやったりシコシコボイスなどの掛け声を小まめに出す堅実なリード
最初は普通にオナサポしてたのが、途中から洗脳要素を一気に上げる落差のあるエッチ。
オナサポの要所を押さえつつ作品独自のプレイもやって個性を出してます。

中でも3番目は序盤がスタンダードだからこそ、中盤以降のプレイが余計引き立ってます。
レビューの序盤で書いたように本格的な催眠をかけるわけではないので
彼女に洗脳される感覚が誰でも味わえるとは言い切れません。
ですが徐々に本性を現わす展開や、キーワードを使って乗っ取ろうとするアプローチは面白いです。
オナサポもちゃんとやってくれますし、嗜好が合うなら普通に射精できます。

射精シーンは1回。
ちゅぱ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声はありません。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 46:53

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
47分で1650円だと割高なので-1してあります。



サークル「HORNET」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、純情な性格でエッチも得意なサキュバスが
ネカフェや夢の中で大好きな人に気持ちいい誘惑をします。

シリーズ最大の武器である耳舐めに恋愛要素を絡めてるのが特徴で
他のサキュバスに心を奪われてることを序盤で表現してから
最初は普通の女の子として、次はサキュバスとして惜しみない愛情を注いで徐々に引き寄せます。
サキュバスたちが繰り広げるエッチな争奪戦
サキュバスのエミル、リリアに耳とおちんちんをたっぷり責められるお話。

「はーい お疲れ そろそろ部室閉めるよ」
リリアは明るくて穏やかな声の女の子。
部室でテスト勉強に打ち込んでる主人公に飲み物を差し出すと
それで眠らせた後に夢の中へ現れ自分が誰か教えます。

本作品は「耳舐めサキュバス」「耳舐めサキュバス2」「耳舐めサキュバス3」に続くシリーズ第4弾。
サキュバスが人間たちの中にこっそり溶け込んで生活してる世界を舞台に
2人のサキュバスが男子生徒をおよそ190分に渡って個別に味わいます。
エミルは2作目にも登場したキャラで部活の副部長をやっており
あちらでメインヒロインだった部長のリリアから彼を奪還しようと動きます。
ストーリー性は薄いですから過去未視聴でも特に問題はありません。

「こういうところでコソコソ イチャイチャするのって ゾクゾクするよね」
彼と2人きりでネカフェに出かけて体を密着させ
さらにスカートをゆっくり上げて太ももやパンツを見せるなど
サキュバスよりも普通の女の子に近い正統派の色仕掛けをします。
物語の中盤まではそこまで特殊なことをやりませんし、最中のセリフも割と甘いです。

サキュバスが登場する作品は男性の精液を搾るためにエッチすることが多いです。
しかしエミルの場合は彼を純粋に好きだからこういうことをします。
言葉責めしたり無理矢理犯すこともなく、エロいけど穏やかな空気が漂ってます。

そして耳舐めサキュバスの名の通り、今作も質量共に優れた耳舐めが登場します。
エッチシーンのおよそ70%にあたる112分も用意し
左右から個別に、あるいは同時に若干ざらつきのあるちゅぱ音をゆっくりペースで鳴らします。

「【極】トラック」というおまけっぽいパートも用意されてまして
それも入れればさらに90分ほど時間が延びます。

ずっと舐め続けてたらダレるので敢えてあまり舐めないパートもありますけど
全体を見れば「耳舐め尽くし」と言っていいくらい充実してるのは間違いないです。
耳の外側を舐めたり吸ってちゅぱちゅぱした音を鳴らすことはほとんどなく
耳の内側、穴の入り口、穴の中といった深い部分を重点的に責めます。
舐め方も数分単位で切り替えてあってシリーズの長所がきちんと受け継がれてます。

あとは質感が結構独特なので初めて聴いた人は驚くと思います。
舌の表面にあるざらつきを忠実に表現したかったのか
ジョリジョリという粗さのある音を至るところで鳴らします。

やや刺激的な音ですが全編に渡ってペースを落としたり
力を抑えてあるので耳や頭に響くほどではありません。
両耳舐めしながらフェラするシーンもあったりと、ちゅぱ音を存分に楽しめるよう調整されてます。
効果音にも細かな気配りがされてて作りが丁寧です。

普通のJKに近い性格のサキュバスがエッチな手段で誘惑するシチュと
大ボリュームかつ特徴的な音を鳴らす耳舐め。
過去作の視聴者はもちろん、新規の人も楽しめるように作られたややM向けの作品です。
後になるほど密度が増すエッチ
メインのエッチシーンは6パート158分間。
プレイは耳舐め、キス、パンツを見せる、おちんちんの愛撫、乳揉み、素股、足コキ、手コキ、フェラ、SEX(騎乗位)、脳髄舐めです。
おちんちんの愛撫、乳揉み、素股、足コキ、手コキ、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(SEX、射精だけ無しも選択可)。

「さぁ 今宵も誓約に従い ご主人様に その身を捧げなさい 我がしもべ」
夢の中で主人公に優しい口調で命令を出したリリアは
片方ずつ→両方の順に耳を舐めて弄びます。

エッチは女性たちが終始責め続けます。
一番最初の「[00]サキュバス・リリア(約17分)」は
本作品の特徴を出しつつエミルが今回のエッチをするきっかけを描いたパート。
過去作で彼を存分に気持ちよくしてすっかり骨抜きにしたリリアが
2人だけの世界で時間いっぱい耳舐めだけをします。

物語の背景とかは全然語りませんから
いきなりメインヒロインじゃない女性が耳舐めする展開に戸惑う人もいるでしょう。
でも2作目からの流れを考えれば最初にリリアが登場するのは自然です。
耳舐めの魅力を伝えるには実際にやるのが一番ですし、本作品らしい立ち上がりと言えます。

エミルが登場するのはその次から。
場所をネカフェのペアシートへ移し「[01]青春(約26分)」はキス、パンツ鑑賞、素股
「[02]誘惑 (約20分)」は足コキと耳舐め手コキをします。
そして軽めの耳かきを挟んだ後で「[04]淫夢(約14分)」は両耳舐め+フェラ
「[05]正体(約15分)」は片耳&両耳舐め+SEXとさらに濃いプレイを投入します。

「いっぱい触って? エミルのこと 気持ちよくして?」
彼女は彼の心がすっかりリリアに屈服してることを知っており
それをなんとかこちらへ傾けようとストレートかつ健気に誘惑します。
この日のために用意した勝負下着を見せて興奮を高めてから
パンツ越しの素股→手コキと繋ぎ、そこに耳舐めも加えて幅広く気持ちよくします。
また公共の場でエッチしてる雰囲気が出るようにほぼずっと囁き声で語り掛けます。

01パートは7分、02パートは11分と序盤は耳舐めを控えめにしてました。
00パートでがっつり耳舐めしますからマンネリ化を防ぐためにこうしたのでしょう。
メリハリをつけて耳舐めするので飽きにくくなってます。
耳舐め中はセリフをほとんど挟まなかったりと、耳舐めを最後まで楽しめる工夫がされてます。

そして最初が割とあっさりしてるからそれ以降が余計濃く感じます。
04パートは11分、05パートは10分と時間だけを見ればそれほど変わりませんが
両耳舐め主体に切り替えてくるので音の密度が一気に上がります。

右「あれー? あれれれれー? フェラされてるはずなのに エミルの声がこっちからも聞こえるよ」
特に04パートは左右で耳舐め、中央でフェラを同時にやるちゅぱ音まみれのプレイです。
実際に聴いてみたら頭の中をちゅぱ音で包まれてるような感覚がしました。
フェラも射精へ近づくほどハードに責めててなかなかエロいです。
人間にはできないプレイですし、このへんからサキュバスらしさが出てきます。

「まだ まだよ そのまま そのまま 腰を動かし続けて?」
それに対して05パートは彼女の想いの強さや、サキュバスの快楽に対する貪欲さが色濃く出てます。
騎乗位で挿入してから抜かずに3連続射精するハードな展開と
ピストンや射精に合わせて気持ちよさそうな喘ぎ声とイキ声を漏らすのがそう言える理由です。

ここは最大で5種類の音声が同時に流れますから今まで以上に濃くなります。
サークルさんが「多面音響」と命名されてる要素で、エロさを上げるのにも大きく役立ってます。
このパートに限って言えば搾り取られてる感じがするかなと。

メインの最後を飾る「[06]常しえの愛DDDω(約66分)」は耳舐め特化のプレイ。
パート開始から1分後には早速両耳舐めが始まり
それに合わせてバックでやや不穏な音楽も流れ続けます(流れないバージョンもあります)。
そして10分くらい続けたところで彼女の喘ぎ声が加わり、カウントに合わせて射精するのを繰り返します。

ここはどこを聴いても耳舐めと言っていいくらい尖った構造です。
セリフは冒頭と終盤に少し出てくるだけでほとんどエッチな音だけになってます。
射精シーンが何度かありますが、おちんちんを責めてる描写は特にありません。
耳舐めをオカズに抜くことを想定した本作品ならではのパートです。

また終盤の12分間だけ脳髄舐めという特殊なプレイが登場します。
中央至近距離からジョリジョリしたちゅぱ音を鳴らす感じで
現実世界では決してできないプレイを盛り込み異世界感を出してます。
実況とかは全然しませんからグロさを感じることはないでしょう。

このように、シーンによってスタイルを変えながら多種多様な耳舐めをする特化型のエッチが繰り広げられてます。
耳舐め重視で甘めの作品
シリーズの売りである耳舐めをきっちりこなしつつ、多少の純愛要素も盛り込んでる作品です。

エミルは2作目でリリアに誘惑され、すっかり堕ちてる主人公を助けようと
ネカフェのブース内でまずはJKらしいスタンダードなエッチをします。
そして中盤以降は耳舐めや声の密度をさらに上げて何度も射精へ追い込みます。

エッチは上手いけど性格は割と純情なサキュバスがたっぷりエッチして男子生徒に愛情を注ぐシチュ
エッチの全パートで必ず耳舐めを行い、さらに片耳・両耳・多面音響を使い分ける個性的で凝ったエッチ。
過去作のサブキャラをメインに据えて別のストーリーを展開します。

中でも耳舐めは同じ音を延々垂れ流す単調なものではなく
序盤は片耳メインで軽めに、中盤は両耳も交えて手厚く、終盤はそれだけに専念してとろかせると
シーンごとに違う方向性を持たせてあって聴き応えがあります。

細かな部分を見ても舐め方やリズムを変える間隔が短めだったり
両耳舐めの時は左右の音を別々にして複雑さを出してます。
奥と手前の概念もありますから幅広く濃厚な耳舐めと言えます。

「私が満たしてあげる とこしえの 愛で」
あとは彼女が純粋な好意で彼を気持ちよくするのも面白いなと。
やってることは思いっきりサキュバスなんですけど
無慈悲さがあまりなくてM度が低い人でも聴きやすくなってます。
リリアとの差別化を図るために甘さを持たせたのかもしれませんね。

エッチは耳舐めを主役に据えたうえでおちんちんもがっつり責めてくれます。
射精シーンで毎回カウントを数えてくれますからタイミングを合わせやすいです。

メインの射精シーンは10回。
ちゅぱ音大量、淫語とくちゅ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

297分で880円とコスパも申し分ありません。
以上を踏まえてサークルさんでは10本目の満点とさせていただきました。
【極】トラックは6種類の耳舐めと脳髄舐めです。

CV:エミル…陽向葵ゅかさん リリア…遊佐ミコトさん
総時間 4:57:28(メイン…3:12:31 【極】トラック…1:44:57)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2021年8月20日まで10%OFFの792円で販売されてます。



サークル「みやぢ屋」さんの同人音声作品(R-15指定)。

今回紹介する作品は、耳リフレ店で働いてるボクっ子店員が
常連客の家に出向いて癒したりちょっぴりエッチなサービスをします。

リアルな音を鳴らしながら色んな会話をするバランス型の作りが魅力で
前者は耳かき棒、耳マッサージ、梵天といった定番のサービスをひとつずつ丁寧に行い
後者は2人の距離が少しずつ縮まる様子を描いてイチャラブ感を出します。
今度は自宅でたっぷりご奉仕
癒珠庵(ゆずあん)の店員ゆずるが耳かきと耳舐めをするお話。

「あ…お客様 こんにちは お久しぶりです」
ゆずるは穏やかで中性的な声の女の子。
とある夏の日、癒珠庵の出張サービスを利用した主人公に挨拶すると
軽く雑談してから中へ入り部屋が綺麗なことを褒めます。

本作品は2020年4月に発売した「ガチ恋不可避の耳リフレ。~ぼくっこ店員ゆずるの場合~」の続編。
当時は働き始めてまだ1か月の新人だった彼女がすっかり成長し
今度は出張形式でおよそ120分間の癒しのサービスをします。
耳リフレをするお店なだけあって耳のケアに特化しており
耳かき、耳マッサージ、梵天、耳舐めを同じくらいの割合でひとつずつ丁寧にこなします。

前作を聴いてたほうが楽しめるのは間違いないですけど
物語の序盤で背景を教えてくれますから、彼が彼女の常連客なことさえ理解しておけば大丈夫です。

「お部屋 綺麗にされてるんですね はい とても清潔感があって 僕の部屋のほうが 散らかってるかも」
彼女はトーンが低めの声、一人称の「僕」、スカートをあまり穿かないなど
通常の女性よりも男の子っぽいところを持つキャラ。
しかし性格はとても純情で彼の家に初めて上がると室内を興味深そうに眺めます。

仕事中なので終始丁寧語で話しますが
会話の内容は友達や恋人といった親しい相手とするものがそれなりに混じってます。
物語が進むにつれて2人の距離が縮まる様子を描いたりと
専門店によく見られる他人行儀なところを意図的に削いでイチャラブ感を出します。

前作に引き続き結構キャラ重視の構成になってます。

サービスについてはリアルで優しい音を駆使して臨場感を出します。
器具ごとに音の質感、動き、リズムを変えて違いをわかりやすく表現したり
耳かきは手前と奥の概念、耳マッサージは音を通じて軽い閉塞感を与えるなど
実際に彼女からお世話されてる気分に浸りやすくする工夫が随所でされてます。

基本部分はシンプルですが、ところどころでマイナーなサービスを組み込んであったりと
恋人やお姉ちゃんがする耳かきとは違うプロらしさが窺えます。
前作は初々しさを出しつつ一生懸命取り組む姿を魅力にしてたので
今作はそれから時が経って成長した彼女の姿を表現する方針で進めます。
音と会話を楽しむサービス
最初の6パート90分間は健全なサービス。
膝枕の状態で左耳→右耳の順に竹耳かきでお掃除し
3種類の耳マッサージを挟んでから梵天で仕上げます。

「あの頃の僕は お客様が続けて指名してくださるようになって 少し浮かれてしまっていたのかもしれません」
そしてゆずるは序盤から色んなことを話して2人きりの時間を楽しみます。
お店が自粛してるせいでしばらく会えなかったらしく
初めて会った頃のことを思い出しながら手をスムーズに動かして心身をバランスよく癒します。

track.2の左耳かきは前作未視聴な人でも楽しんでもらえるように背景を語ってました。
それに対してtrack.3の右耳かきは「かりかり」と擬声語をよく言って静けさを演出します。
彼に耳かきに関するアドバイスをしたりと、店員として以前よりも成長したのがわかります。

音については「ぞりぞり」という硬くて若干尖った音が使われており
奥と手前を往復する感じで優しく引っかいてました。
力を弱めに設定してるおかげで音が鳴るたびに微弱な振動が耳に伝わってきます。
手前と奥で多少質感が変わりますし、音に強いサークルさんの長所がきちんと発揮されてます。

track.4の耳マッサージは音の良さが光ります。
蒸しタオルで温めてから素手→炭酸を含ませたスポンジでお世話するのですが
どのシーンも音の質が高くて癒しのパワーが強いです。

「しゅわーっと 微細な炭酸泡の音がするのするのがわかりますか?」
特にスポンジは炭酸水ほどではありませんが音に多少の清涼感がありますし
両耳を同時に塞がれると「ごごごご」というややこもった音に変化します。
音を通じて触覚も刺激されるからよりリアルに感じます。
マッサージするところは合わせたうえで色んな手段を投入するなかなか凝った内容です。

それに対して梵天は2人の親密度が上がる様子を中心に描きます。
「さすさす」という面積広めで柔らかい音をバックでゆっくり鳴らしながら
思わせぶりなセリフを言ったり、彼の返事や反応も入れて甘い雰囲気を作ります。

告白と捉えてもいいことをストレートに言うところを見ると、それくらい彼のことが好きなのでしょう。
耳リフレの技術は上達しても初心なところは以前と一緒で愛らしいです。
彼の反応を挟むのも一方通行じゃないことを表現してて良いです。
彼女の想いが報われたのをわかりやすく描いたほうが物語も上手くまとまります。

終盤の2パート28分間はR-15ならではのサービス。
別の日に再びやって来た彼女が左耳→右耳の順に舐めまくります。

ここでは彼女が普段よりも大胆に振舞います。
具体的にどうするのかは伏せますが、それだけで彼に対する好感度の高さがわかります。
耳舐めは水分控えめでコリコリした音をよく鳴らしてました。
彼女が熱っぽい吐息を漏らすシーンが多く、多少興奮してるのが感じられます。
個人的にはもう少し会話量を減らして耳舐めに専念してほしかったです。

このように、サービスをきっちりこなしながら恋愛要素も取り入れてる純愛ストーリーが繰り広げられてます。
音とキャラの両方が立ってる作品
専門店に見られる心の距離を敢えて取っ払ってるノーマル向け作品です。

ゆずるは久しぶりに再会した主人公に幸せなひと時をプレゼントしようと
プロらしい流れるような手つきで耳かき、耳マッサージ、梵天をします。
そしてこれらの最中に自分の想いも伝えてより親密な関係になろうとします。

中性的で初心な女の子が好意を寄せてる男性の耳をケアする甘いシチュ
リアルな音をタイミングよく鳴らしながら触覚も軽く刺激する臨場感の高いサービス
会話量を多めにして彼女の心情や2人が仲良くなる様子を描くキャラ重視の構成。
一般的なASMR作品よりもボイスドラマ成分を上げてあります。

中でも3番目は恥ずかしがり屋な彼女が勇気を出して想いを伝える姿が心を潤します。
彼女は自分に女性としての魅力があまりないと思ってるようで
彼に対してもなかなか素直になれずにいます。
でも彼の言葉や反応に影響されてそれが少しずつ変わっていきます。

今の耳かき音声はセリフを極端に少なくして音を楽しませるように作られてますが
本作品はセリフと音を同じくらい楽しめるバランス型の作りになってます。
両方とも質が高くて私は大変満足しました。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:みやぢさん
総時間 2:01:55

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年8月13日まで15%OFFの841円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。



サークル「ふわとろ☆ギャラクシー」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、普段は奥手だけど好きな人が相手だと大胆になる女の子が
好意を寄せてる先輩と濃いエッチをして心をガッチリ掴みます。

2人が好きな官能小説を絡めながらちゅぱ音をたっぷり鳴らすのが特徴で
年下の女性が男性を弄ぶお話を軽く朗読してからそれと同じプレイをしたり
体を密着させたままキス、耳舐め、乳首舐めをガンガンやって想いの強さを伝えます。
一部でM向けのプレイも出てきますが愛情表現としてやる感じですから
キャラやシチュが好きならノーマルな人でも普通に聴けるし抜けるでしょう。
文学少女とするアブノーマルなエッチ
後輩のゆみかと4種類のエッチをするお話。

「失礼します 先輩 お一人ですか?」
ゆみかはのんびり話す穏やかな声の女の子。
文学部の部室にやって来て主人公に挨拶すると
彼が読んでる本のことを話してから突然ある質問をします。

本作品は読書が好きで同じ趣味を持つ彼のことも深く愛してる彼女が
部室やお互いの自宅でおよそ130分に渡る濃厚なエッチをします。
彼女は以前から官能小説を色々読んでおり、物語の中でするようなエッチに憧れてました。
だから彼と愛し合う時も序盤は小説を朗読して雰囲気を作ります。

「2人分の熱く濡れた舌が びきびきと張った裏筋を舐め上げて 開ききったカリを転がす」
会話とは違う独特な言い回しが妙に生々しく
感情を込めて読む彼女の姿も相まって淫靡な空気が漂ってます。
どの物語も年下の女性が男性を弄ぶ展開になってますから、ややMあたりの人に最も向いてます。

お互いの性癖が噛み合った結果こういうプレイをするだけで悪意はありません。
奥手な彼女が持つドスケベなところを強調してギャップを持たせます。
SEXシーンが多く射精は毎回中出しを決めるなど、想いの強さが至るところに込められてます。

もうひとつの大きな特徴はちゅぱ音を鳴らすプレイが充実してること。
キス、片耳舐め、乳首舐めをエッチシーンの大部分でやって興奮を後押しします。
耳舐めだけでも54分やりますから、全部合わせたら確実にエッチの半分を超えるボリュームです。
キスは激しく貪るように、耳舐めは奥のほうを舌先で優しくぐりぐりするといった具合に
プレイによって鳴らし方を明確に変えて臨場感を出してました。

おちんちんへの責めについても彼女の淫乱さや積極性がわかりやすく出てます。
シーンの序盤から中盤にかけては比較的ソフトなプレイを中心に据えて焦らし気味に進め
SEX開始後はその日のエッチが終わるまでずっと繋がったままでいます。
タイトルにつけてるだけあって焦らしは強めに行います。

SEX中は吐息メインで喘ぎ声をほとんど漏らさないところは大人しく感じますが
口を使ったプレイをしっかりやるので物足りなさはありません。
全部を激しくすると彼女のキャラが大きく崩れるからわざと抑えたのでしょう。
朗読も言葉責めの一種ですし、上の口を使った責めに力を入れてます。
身も心も密着するエッチ
エッチシーンは4パート118分間。
プレイは官能小説の朗読、耳舐め、キス、手コキ、素股、SEX(騎乗位)、乳首舐め、体の拘束、足コキです。
手コキ、素股、SEX、体の拘束、足コキの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「幼馴染で微妙な関係の 男子学生と 女子学生たちの物語」
主人公も官能小説が好きなことを知って喜んだゆみかは
自分が持ってる本をその場で読み聞かせてエッチな気分を膨らませます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
一番最初の「01.部室で誘惑ささやき密着耳舐め手コキ(約21分)」は
本作品の特徴や彼女のドスケベなところがわかりやすく表現されてるパート。
官能小説の朗読から始まり耳舐め→手コキと前進します。

「いつもは優しい先輩が 欲情して 豹変して 『いやぁ』 震える声で小さく叫びながら みかは気づけば いやらしくのけぞっていた」
彼女は彼とエッチする気満々ですから朗読の時点で早速それをアピールします。
女子の後輩と男子の先輩が絡むお話を用意し
さらにヒロインの名前も「みか」にして自分たちと重ね合わせやすくします。
セリフを言う際に感情を込めて喘ぎ声を漏らすなど、明らかに彼を誘ってるのがわかります。

そしてある程度経つと彼女が体を密着させ
そのまま左右の耳をねっとり舐めて純粋な快楽を与えます。
官能小説の流れに沿って責める感じになっててすごく本作品らしいなと。
パートの終盤はキスや手コキも加えて気持ちいい射精に追い込みます。
このパートだけで12分くらい耳舐めをやりますから好きな人ほど興奮できます。

続く3パート97分間は2人の関係がどんどん親密になります。
「02.ちんぽ挿れっぱなしねっとりじっくり耳奥舐め(約33分)」と
「03.ちんぽ挿れっぱなしで乳首と耳奥舐め(約24分)」は彼の家でイチャイチャし
「04.ちんぽ挿れっぱなし痴女られっぱなし耳奥舐め(約40分)」は
逆に彼女の家に行ってアブノーマルなプレイに挑戦します。

02と03パートは焦らしの強さや、ちんぽ挿れっぱなしが光ってるシーン。
前回とは別の官能小説を軽く読んでから20分くらい耳舐めや素股を続け
十分盛り上がったところで騎乗位で繋がり、03パートが終わるまでずっと繋がったままでいます。

「私はずっと 先輩が好きでした ずっと見てました」
割と意地悪な展開ですが彼女のセリフがあまあまなのでM度はそれほどありません。
挿入後は2回の射精を生のおまんこで受け止めて惜しみない愛情を注ぎます。
彼がまったく抵抗しないところを見ると、元々女性に責められるのが好きなのでしょう。
彼女も多少のSっ気を出してきますし、お互いに自分を曝け出して親密度を高めます。

「さすがはMちんちん ほんとに変態ね 先輩って どうしようもないエロマゾ男」
「先輩の赤ちゃん 欲しい 赤ちゃん頂戴 このおちんちんで孕ませて?」

最後の04パートはその部分がさらに強化されてます。
目隠しと体の拘束で彼を抵抗できない状況にしてからおちんちんを足蹴にしたり
軽く見下す言葉責めを投げかけて心身両面をゾクゾクさせます。
でもパート後半から始まるSEXでは何度も種付けをおねだりする従順な姿を見せてくれます。

ほぼ正反対の内容ですけどどちらも彼女にとっては本心なのでしょう。
年上の男性を性的にいじめたい欲求と、好きな人と身も心も深く繋がりたい欲求。
彼女が持つ二面性をエッチにきちんと反映させて魅力を引き出してます。
後半のSEXはM度が低いので、前半は調教よりもイメージプレイと呼ぶほうがしっくりきます。

このように、彼女の性格と本作品の特徴を上手に組み合わせた独特なイチャラブプレイが繰り広げられてます。
ちゅぱ音重視の純愛作品
文学少女のイメージとは随分違うエッチをするギャップのある作品です。

ゆみかはずっと前から好きだった主人公と特別な関係になるために
まずは彼が好きな官能小説を読み聞かせてエッチな雰囲気を作ります。
そしてエッチ開始後は小説の内容に沿ったプレイをしたり
キス、耳舐め、SEXをたっぷりやって満たされた射精に導きます。

奥手でドスケベな後輩が同じ部の先輩に変わった誘惑をするノーマル~ややM向けのシチュ
官能小説の朗読から始めてそれと同じ責め方をする彼女らしいエッチ
囁き声や吐息を多くして密着感を、ちゅぱ音を多く鳴らしてエロさを出す演出。
作品独自の要素がしっかり生きるように組み立ててます。

中でも2番目は2人が肉体関係を結ぶきっかけになったり
M寄りのプレイを無理なくこなす土台にもなる大事な役割を果たします。
朗読自体はどのパートも序盤の5分程度で終わるため、個人的にはもう少し長くやって欲しかったのですが
そうすると今度はちゅぱ音の量が減るからわざとこうしたのかもしれません。
小説の設定も2人の性癖に合わせてあって考えられてるのがわかります。

彼女の態度が終始落ち着いてるのにちゅぱ音が激しめなのも良いです。
SEXは音量控えめな効果音を鳴らしながら吐息を漏らす程度ですから(ペースは適度に変わります)
私はキスや耳舐めのほうが存在感は大きいと思います。

ちんぽ入れっぱなしについては02と03は機能してますけど
01と04は場面が変わる関係で通常のSEXとほとんど違いがありません。
01と02、03と04でシーン分けしたほうがこの部分を活かせたんじゃないかなと。
内容に対する特徴の種類が多いせいで持て余し気味になってます。

射精シーンは4回。
ちゅぱ音と吐息多め、淫語とくちゅ音それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 2:13:11

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年7月30日まで20%OFFの1056円で販売されてます。



サークル「Es_Lab」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第76回目は声も態度もあまあまな実の妹が
催眠を交えたアブノーマルなエッチで幸せなひと時をプレゼントします。

彼女の想いの強さをしっかり込めてる愛情たっぷりなサービスが行われており
催眠は一緒にストレッチしてからロウソクのイメージでリラックスと深化を促し
エッチは耳、乳首、おちんちんを同時に責めて2種類の絶頂に無理なく導きます。
雰囲気がものすごく穏やかなので、プレイを受け入れられるならノーマルな人でも楽しめるでしょう。
お兄ちゃんが大好きな妹と
妹に催眠をかけられ2種類のエッチをするお話。

「こんな時間にどうしたの? お兄ちゃん」
妹は明るくて可愛い声の女の子。
ある日の夜、自室に突然押しかけてきた主人公に勉強中なことを教えると
その成果を試すために催眠の実験台になるようお願いします。

本作品は彼のことを異性としても深く愛してる彼女が
およそ70分に渡る催眠とエッチでその気持ちをわかりやすく伝えます。
妹催眠」の続編にあたりますがお話はほぼ独立しており
人懐っこい態度で序盤から惜しみない愛情を注ぎます。

「催眠術をかけさせてくれたら 後で何でも言うこときくからぁ ね?」
彼に甘える態度を取って催眠をかける許可をもらい
開始後は体を密着させて耳元から穏やかに語りかけます。
エッチはサークルさんの嗜好に合わせてややM向けの内容になってますけど
愛情表現の一環であって無理矢理感や調教っぽさはまったくありません。
愛の言葉を適度に言ってくれますし、全編を通じてとろけるように甘い空気が漂ってます。

Es_Labさんの作品の中ではかなり大衆性が高い内容です。
催眠の技術も優れてますから作風を知りたい人はここから入ることをおすすめします。
妹のキャラがとにかく可愛くて感情移入しながら聴けます。

エッチについては2015年に出た作品では珍しく耳舐めと乳首オナニーを重視してます。
ふたつあるパートの両方でこれらを行い、それ以外のプレイで違いを出してます。
ドライ→ウェット(射精)の順で絶頂しますから得られる快感にも違いがあります。
催眠っぽさを多少薄める代わりに甘さとエロさを強化してました。
一体感を持たせた催眠
催眠はおよそ27分間。
最初のパートはベッドに座る姿勢で彼女に言われた通りストレッチします。

「最初は腕を前に出して ぐーって はい ぐーって押し出すー んんん」
体の前で手を組んでから頭の上に上げる、両足を床から上げて30秒維持するなど
ストレッチ自体はそこまで特別なものではありません。
しかしこれらすべてを彼女も一緒にやります。
声が多少力んだりちょっぴり息が上がってるので実際にやってることがわかります。

妹は主人公にとって大変身近な存在ですけど、聴き手にもそれが当てはまるわけではありません。
だからストレッチを一緒にやることで共通点を作り
今後の催眠を受け入れやすく感じる環境を整えます。
体が温まる暗示を多少入れるのも彼女の温もりを伝えたいのでしょう。
実際に体を動かすおかげで意識するだけの時よりもずっとリラックスできます。

「ロウソクの火が消えて お兄ちゃんの意識もふっと真っ暗になる ほら すーっと意識がなくなっていく」
2番目のパートは横になって目を瞑り、ロウソクの炎が揺らめくイメージをします。
カウントに合わせて息を吹きかけ、その直後に深化の暗示を小まめに入れてました。
ロウソクの火を見つめる時は「ゆらゆら揺れる」と言いますし
このへんから意識のぼやけや脳がとろける感覚が一気に強くなります。

そして最後のパートは彼女がこの催眠をかける理由に触れます。
「好き」「幸せ」といった多くの人が癒しを感じるセリフを積極的に盛り込み
さらにキーワードも定めてエッチに入った後も催眠状態を維持できるようにします。

キーワードにだけ軽いエフェクトがかかってますから
音声を聴けばそれが何かすぐわかるでしょう。
彼を一途に愛する彼女の性格にも合致しててものすごく甘いです。
催眠の技術と純粋な癒し要素を組み合わせてるのも本作品の魅力です。

リラックス→深化→暗示と一歩ずつ前進する堅実で穏やかな催眠です。
聴き手が妹を好きになるようにすることを目的に
最初のストレッチは手足を動かしながら彼女も一緒にやって信頼関係を構築し
次はロウソクのイメージとカウントを組み合わせてスムーズに落とします。
そして最後は彼女の気持ちを伝えながら暗示も入れて心の芯から潤します。

エッチが特殊なので本作品を初心者向けとは言いませんが
催眠に限って言えば初心者から上級者まで誰でも楽しめる内容です。
各パートの内容がしっかりしてるし、妹のキャラや性格も本当に可愛いです。
女性の愛に飢えてる人が聴いたら温かいものがこみ上げてくるでしょう。
複数の性感帯を手広く責めるエッチ
エッチシーンは2パート35分間。
プレイは耳舐め、乳首オナニー、疑似足コキです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。

「これから私と気持ちいいこと いっぱいしようね お兄ちゃん」
甘く濃厚な催眠で主人公を自分の虜にした妹は
体を密着させて左右の耳をゆっくりパワフルに舐め始めます。

エッチは彼女に責められながら自分もオナニーします。
最初の「Imouto2_05(約16分)」は耳と乳首に的を絞ったプレイ。
数分間隔で左右を切り替えながらほぼ時間いっぱい耳を舐め続けます。
そして途中から乳首オナニーを加えてドライオーガズムに導きます。

「ほーら 耳のゾクゾクと 乳首の快感が繋がって もっと気持ちよくなってくよ」
プレイは割とM向けですけど彼女の態度は引き続きあまあま。
吸い中心の力強いちゅぱ音を耳元で鳴らしながら
気持ちよくなる暗示も適度に入れて心身をバランスよく盛り上げます。

一般的な催眠音声よりも耳舐めを重視した作りになってるので純粋なエロさも高めです。
ちゅぱ音を多く鳴らす代わりに暗示の量を減らしてます。
乳首オナニーについては開始の指示を出すだけでほぼ自由にやらせてました。
この内容ならどちらかと言えば開発済みな人向けかなと。

次の「Imouto2_06(約19分)」はおちんちんの快感も加えたより濃いプレイ。
彼女に足コキされてるイメージをしながらあることをしておちんちんを気持ちよくします。
具体的に何をするかは伏せますが、こういうやり方でオナニーする作品は他に見たことがないです。

「妹に足コキされて気持ちくなってる変態お兄ちゃん 可愛い」
おちんちんを足蹴にする変態プレイをしても彼女はまったく引きません。
普段通りの明るくて優しい態度で彼のすべてを受け入れます。
そして後になるほど息を荒くして一緒に興奮してることを表現します。
催眠パートで見られた彼女の包容力や一体感がしっかり引き継がれてるのが素晴らしいです。

オナニーのやり方が特殊なので1回目に射精するのは難しいかもしれません。
その場合は無理に合わせず普通にオナニーしたほうが気持ちよくなれます。
精神的に満たされた状態で出すため射精時の快感も普段より強めです。
彼の嗜好に合わせてアブノーマルなプレイをするところに彼女の一途さや愛らしさを感じました。

このように、催眠の技術と純粋なエロ要素を組み合わせてバランスよく責めるあまあまなエッチが繰り広げられてます。
疲れが吹っ飛ぶ作品
妹の魅力を出しつつサービスもしっかりやる総合力の高い作品です。

妹はエッチしたいほど大好きな主人公に気持ちよくなってもらおうと
まずは催眠を通じて体のリラックス、心の心地よさ、幸福感を与えます。
そしてエッチはそれらを引き継いだまま耳、乳首、おちんちんを同時に責め
さらにドライとウェット両方の絶頂も用意してスッキリさせます。

可愛くて世話好きな妹がお兄ちゃんとたっぷりイチャイチャする純愛系のシチュ
パートごとに違う目的を定めてそれぞれを堅実にこなす入りやすい催眠
耳舐めと乳首オナニーを重点的にやりながら暗示や愛の言葉で心も潤す温かいエッチ。
年下の女の子に愛される感覚を強めに与えながら体のほうも気持ちよくします。

中でも催眠は単に落とすだけでなく彼女の性格や想いを込めてて癒しのパワーが強いです。
ストレッチは指示を出しながら自分も一緒にやって一体感を作り
深化は古典系の手堅いアプローチですんなり深いところまで誘導します。
そして最後の暗示は彼女の気持ちをたっぷり込めて好きだからしてることをアピールします。

彼女がものすごくピュアな女性に描かれてますから
声、言葉、態度、仕草といった諸々に愛らしさを感じると思います。
そしてそんな子にとことん尽くされる展開が心を存分に温めてくれます。

催眠音声だから催眠の技術が重要なのは間違いないですけど
本作品の場合はキャラにもかなり力を入れており、それがきちんとプラスに働いてます。
エッチで暗示メインにしなかったのも彼女らしさを出したかったのではないかなと。
前回のレビューでも書いたように「あぁ この作品を聴いてよかった」と思える作品です。

絶頂シーンはドライ1回、射精1回。
ちゅぱ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

以上を踏まえて前回と同じ点数にさせていただきました。

CV:いちるさん
総時間 1:13:05

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります



サークル「ブラックマの嫁」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、エッチ大好きでサービス精神旺盛な双子のサキュバスが
配信形式でたっぷりエッチして視聴者たちから精液を搾り取ります。

耳舐めを多めにやりながらサキュバスならではのやり方で責めるのが特徴で
姉は左、妹は右に陣取ってほとんどのシーンで耳を舐めながら
オナニーの指示を出したり特殊な道具を使って何度も射精に追い込みます。
プレイは割とハードですけど言葉責めはしないのでややMな人に最も向いてます。
サキュバスだからできるエッチな配信
ミーシャ(妹)とアイラ(姉)がネット配信で搾精するお話。

「私はミーシャ サキュバスでーす」
ミーシャは明るくて優しい声の女の子。
「私はアイラ 同じくサキュバスよ」
アイラはトーンがやや低く色気のある声のお姉さん。
動画を見てる人たちに挨拶と自己紹介をすると
自分たちが立派なサキュバスであることを教えてから軽く誘惑します。

本作品は他のサキュバスと同じく精液を吸収して生きてる彼女たちが
およそ140分に渡るエッチで男性たちを何度も射精させます。
配信形式を採用してるので2人と直接会うシーンは一切なく
純粋なエロ要素と魔法のアイテムを組み合わせて興奮と射精を応援します。

アイラ「私たちは なっがーく一緒に あなたたち人間と楽しみたいの だから色々共存のための努力はしてるのよ」
彼女たちはネットやそれに関する機器を使いこなせるだけあって
人間たちに対して割と友好的な態度を取ります。
精液はしっかりいただくけど命を奪うほど過激なことはやらないと告げ
エッチも視聴者をもてなす姿勢で責め続けます。
アイラはイメージ通りの妖艶なキャラ、ミーシャはしっかり者の可愛いキャラと違いも見られます。

焦らし、寸止め、言葉責めといったM向けの要素もほぼなく終始和やかな空気が漂ってます。
でも時間に対する射精シーンが多めですし、純粋なエロさも高いのでちゃんとサキュバスになってます。
サークルさんが得意とされてる耳舐めも全パート合わせて77分と多いです。
後になるほどエロさが増すエッチ
エッチシーンは5パート92分間。
プレイは耳舐め、オナニー、手コキ、フェラ、パイズリ、乳首責め、ディルドオナニー(SEX)です。
手コキ、パイズリ、ディルドオナニーの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

ミーシャ「どうですか? いきなり両耳を責められちゃいましたけど」
アイラ「ふふっ 男の子って みんな耳が弱いのよね」
自己紹介動画を投稿した次の日にリアルタイム配信を始めたミーシャとアイラは
左右に陣取り密着しながらまずは両耳を同時に舐めておちんちんを元気にします。

エッチは終始彼女たちが責め続けます。
最初の2パート42分間は彼女たちの個性を出しつつ濃厚なプレイをするシーン。
「02_バイノーラル処女配信(約20分)」は両耳舐め+オナニー
「03_転送魔法で気持ちよくなれる配信(約22分)」は両耳舐め、手コキ、フェラ、パイズリで1回ずつ射精させます。

ミーシャ「私たちでおちんぽオナニーしてくれて ありがとうございます」
配信するのは初めてですけど2人ともエッチの経験は非常に豊富です。
両耳を丁寧に舐めながら感謝の言葉を投げかけて明るい雰囲気を作ります。
さすがにいきなり両耳舐めすると淡白になると思ったようで
02パートは片方が舐めて、もう片方がしゃべるのを交互に繰り返すスタイルにしてました。

オナニーはパート中盤に開始の合図が出て
終盤にカウントを数えて出すタイミングを教える緩いリードです。
挿し絵中央に描かれてる魔法の瓶に彼らの精液を転送し、それを味わうことでどんどんパワーアップします。
投げ銭を精液に置き換えてる発想が面白いなと。

耳舐めについては「両耳奥舐め」と書いてあるので低く鈍いちゅぱ音を鳴らすのかと思いきや
実際はクリアな質感で舐めたり吸ったりする割とスタンダードな音でした。
後のパートで鳴らし方を変えることも特にないですし、質よりも量が魅力のプレイだと思います。
ミーシャとアイラで得意とする舐め方に違いがあればもっとキャラが立ったでしょう。

アイラ「耳レイプ されちゃってる それだけですごく気持ちいいのに おちんぽも 一緒にシコシコされちゃってるんだもの」
03パートはもうひとつの重要アイテムである魔法のディルドが登場します。
これは視聴者のおちんちんの感覚と繋げられる効果があり
配信形式でも実際にエッチするのとほぼ同じ快感を与えられます。

我慢できなくなったアイラが暴走気味におちんちんへむしゃぶりつき
それをミーシャが右耳舐めでサポートする連携の取れたプレイです。
パイズリもアイラが担当するので彼女のほうが活躍してました。
人間の女性には決してできないエッチをしててサキュバスらしさが出ています。

続く3パート50分間はSEXメイン。
「04_転送魔法でもっと気持ちよくなる配信(約17分)」はアイラ→ミーシャ
「05_皆のおちん〇をオナニーに使う配信(約16分)」はアイラが2回
「06_おち〇ぽお仕置き配信(約17分)」はミーシャが1回の構成で精液を搾り取ります。

アイラ「あぁっ あぁいい 奥 気持ちいいとこ カリでゴリゴリってさせるの」
ミーシャ「いつでも好きな時に 好きなタイミングで 私のおまんこに中出ししてくれればいいですよ」
ここでのSEXは魔法のディルドをおまんこに出し入れしてるだけなので厳密に言えばオナニーです。
しかし視聴者たちにSEXしてる気分を味わわせようと精一杯のサービスをします。
「にゅちゅっ」という泡交じりの粘っこい水音をリズミカルに鳴らしながら
アイラは艶めかしく、ミーシャはエロ可愛く喘いで上手に盛り上げます。
最中のセリフもSEXを意識したものが多く雰囲気作りがしっかりできてます。

当然両耳舐めもやりますから前の2パート以上に濃いプレイに感じるでしょう。
04と05パートは射精シーンが2回あって実用性も高いです。
06パートはお仕置きがテーマなので他よりもM度を上げて違いを出してます。
といっても多少意地悪する程度ですから一般的なM向け作品よりずっとソフトです。

ここまでをまとめると、耳舐めをがっつりやったうえで抜き要素をガンガン投入してます。
サキュバスが2人同時に責める時点でエロいことが約束されてますし
どのパートも20分程度の時間を取って1回は抜けるように仕上げてます。
SEXパートもそれぞれで活躍するキャラやシチュに違いがあるのでマンネリ感はありません。
現実世界のネット配信と同じく視聴に楽しんでもらうことを第一に考えてます。

このように、サキュバスがエッチな配信をしたらどうなるかを形にしたノーマル~ややM向けのエッチが繰り広げられてます。
抜き重視のサキュバス作品
サキュバスが持つプラスの部分(性に貪欲で責めるのも上手)だけを抽出した明るい抜きボイスです。

ミーシャとアイラは人間の男たちからより多くの精液を効率よくいただこうと
家に直接出向くのではなくネット配信を選び、精液を転送できる瓶を用意してエッチなサービスをします。
そして開始後は耳舐めを小まめにやりながらおちんちんもがっつり責めて何度も何度も射精させます。

異なる特徴を持つ双子のサキュバスが配信形式で搾精する変わったシチュ
サークルさんの売りである耳舐めを積極的にやりながら
おちんちんも色んな手段で協力して責める密度の高いエッチ
視聴者たちをモノではなくお客として扱い、楽しませようと頑張る2人のひたむきな性格。
一般的なサキュバスよりも暗さや重さを薄めてより多くの人が聴きやすく、抜きやすくしてます。

中でも2番目は魔法の瓶やディルドといったサキュバス固有のアイテムを上手に盛り込んでます。
配信形式の時点でおちんちんを直接責めるのは無理ですから
それを解決するためにこういうアイデアを取り入れたのでしょう。
2人が個別に活躍するパートもあってキャラとプレイの両方が立ってます。

射精シーンは7回。
ちゅぱ音多め、淫語・くちゅ音・喘ぎ声それなりです。

耳舐め重視のサキュバス作品が好きな人には特におすすめします。

CV:伊ヶ崎綾香さん
総時間 2:38:41(本編…2:19:21 フリートーク…19:20)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年7月7日まで50%OFFの495円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。



サークル「あるみかん」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、声も態度もあまあまな2人の女の子が
左右に寄り添い密着しながら催眠をかけたりセルフ系のエッチをします。

催眠は2人が別々の技法を同時に使って徐々に深める
エッチは耳舐めや吐息責めをしながら気持ちよくなる暗示を小まめに入れて射精へ導く、といった具合に
双子形式の長所を活かした密度の高いサービスが味わえます。
催眠にかなり力を入れてるので、脳がとろけるような心地よさを強めに実感できるでしょう。
双子催眠で両耳を幸せに
女の子たちに催眠をかけられオナニーするお話。

「こんばんは お久しぶり、かな それとも初めましてかな?」
女の子はややトーンの違うどちらも可愛い声の女の子。
主人公に挨拶し、どっちのほうが気持ちいいか決めてもらうことを告げると
その前に彼を深い深い催眠状態に導きます。

本作品は2019年に公開された「女の子の催眠勝負 -どっちの催眠が気持ちいい?-」の続編。
主人公と親しい関係にある彼女たちが、およそ40分間の催眠とエッチで心と体をとろとろにします。
催眠19分、エッチ21分と両者のバランスをほぼ同じにしたうえで
どちらも甘さや幸福感をゆっくりじっくり膨らませて幸せな射精をプレゼントします。

登場人物が一緒なだけでストーリーの繋がりは特にありません。
前作は無料ですから先にあちらを聴いて、気に入ったらこちらに手を出すのも良いでしょう。
あちらも時間が36分と短くて気軽に聴けます。

左「とっても気持ちよくしてあげるから 楽しみにしていてね」
右「とっても深い催眠状態で 気持ちよくしてあげるから 私たちの声を受け入れてね」
最大の魅力は双子形式。
左右で交互に語り掛けたり、別のことを同時にやってスムーズに催眠状態を深めます。
前作では正反対のアプローチをかけて軽く混乱を誘う感じに進めてましたが
今作は同じ目的に向けて別の道を歩む流れで進めます。

作中で2人が同時にしゃべるシーンがそれなりにありますから
無理に両方聴こうとせず、とりあえずどちらか片方に集中してみるといいでしょう。
どちらを選んでもちゃんと催眠に入れるようになってます。
催眠慣れしてる人は両方を聞き流すようにするとサクッと落ちられるかもしれません。

元々催眠に定評のあるサークルさんなだけあって
催眠、エッチいずれも技術がしっかりしてて心地いい感覚にどっぷり浸れます。
意識のぼやけ、脳がとろとろに溶ける快感、そして幸福感と癒しを与えるものばかり。
2人の可愛い声も相まって甘い空気が終始漂ってます。

エッチについては「溜め込んだ快感を一回の射精で出し切る」を目標に掲げてる関係で
ドライではなくセルフからの射精を目指す形になってます。
オナニーそのものの制御は開始と射精のタイミングを指示する程度に留め
彼女たちは気持ちよくなる暗示を入れたり両耳を舐めて応援します。

「(左)私の声が気持ちいい (右)私の声のほうが気持ちよくなるよ? (左)私の言葉が気持ちいい (右)私の言葉のほうが気持ちよくなるよ?」
またタイトルに合わせて左右のどっちが気持ちいいか確かめるセリフを投げかけます。
別に喧嘩してるわけじゃありませんから自分の魅力をアピールする程度です。
このシステムをオナニーに活用したりと、2人いる状況を最大限に使って快感を押し上げてくれます。
女の子に取り合いされるのは男にとって嬉しいことですから、これも癒しの要素と言えるでしょう。

2人が別の手段を使ってリラックスや深化を促す催眠と
どっちの耳が気持ちいいか確かめながらオナニーするエッチ。
催眠初心者から上級者まで誰でも楽しめるようにしたノーマル向けのあまあまな作品です。
連携の取れた高度な催眠
催眠はおよそ19分間。
横になって目を瞑り、まずは女の子たちの声に耳を傾けます。

右「催眠状態に入っている人のことを想像してみて? イメージしてみて? あるいは催眠状態の感覚を思い出してみて?」
左「呼吸に意識を向けて? 全身に意識を向けていると 私たちの声の心地よさからは 意識が離れていたかもしれない それでいいの」
冒頭で彼女たちの声に気持ちよさを感じる暗示を入れるところは共通ですが
その後からは2人が別の行動を取るようになります。
右は自分が催眠に入った時の記憶や感覚を呼び起こすアプローチ
左は深呼吸の合図を出しながらリラックスする暗示をストレートに入れます。

このシーンに限って言えば初心者は左に集中したほうが入りやすいです。
逆に慣れてる人は右のほうが意識のぼやけや心地よさが実感しやすくなります。
リラックスの段階から初心者と経験者両方に対応してるのが素晴らしいです。

右「体からすーっと力が抜ける 力が抜ける もっと抜ける ずーんと抜ける」
ある程度リラックスできた後は体の力も抜いていきます。
ここも2人が役割分担しながら「力が抜ける」を多めに言ってました。
本作品のエッチはセルフなので腕を入念に脱力するとかはやりません。
全身を軽めに流してより深い催眠状態に入りやすくします。

後半の10分間は深化やエッチの準備に取り掛かります。
カウントを交えて「ぼーっとする」「落ちる」といった深化を匂わせるセリフを投げかけ
さらに意識がとろける暗示や頭の中が気持ちよくなる暗示を入れて
この後から始まる耳舐めを存分に楽しめる環境を作ります。

右「ほら ずーん ふかーい世界に 滑り落ちていく とーっても とーっても気持ちいい 幸せ」
左「落ちる 落ちる 落ちる 落ちる 落ちる 落ちる 落ちる 落ちる」
左右でやることはそこまで大きく変えてませんけど
セリフの言い回しや方向性に明らかな違いが見られます。
セリフを重ねるタイミングにも気を配ってあって心地よさがさらに強くなるのを感じました。
双子形式は時間あたりの暗示量が多くなるので、同じ時間でも1人の時より深いところまで入れます。

しっかり催眠をかけてからエッチで役立つ暗示も入れる丁寧で手堅い催眠です。
女の子たちの声や言葉に心地よさを感じさせることを目的に
異なるアプローチによるリラックスから入って協力する脱力
別の暗示を同時に入れる深化、そして言い回しを変えた感度強化の暗示と
基本部分は割とシンプルにして双子催眠の長所が出るように組み立ててます。

声が聞こえない時間がかなり少ないおかげで声に包まれてるような感覚が味わえました。
催眠開始から5分後にはもう意識のぼやけを実感できましたし
この内容なら催眠音声を聴き始めた人でも楽しめるんじゃないかと思います。
運動とかはしないので本当に聴いてるだけで入れるお手軽設計です。
頭の快感を股間に移して
エッチシーンは21分間。
プレイは耳キス、両手でおちんちんを挟む、耳舐め、オナニー、吐息責めです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
途中で服を脱ぐ指示が出ることはありません。

左「息を吹きかけるだけで あんなに気持ちよかったのに 耳にキス されちゃったらどんなに気持ちいいんだろう?」
催眠を使って主人公をとろとろふにゃふにゃにした女の子たちは
耳に吐息を吐きかけたり直接舐めてその感覚をさらに強化します。

エッチは終始彼女たちがリードします。
最初の6分間はオナニーに向けて気持ちを高めるシーン。
左右同時に耳キスや吐息責めをしながら引き続き暗示を入れて盛り上げます。

左「耳を舐められるたび お兄さんの意識は とろとろと溶けていく 気持ちいい」
同人音声との違いを出すためにストレートな淫語はあまり言わないようにしたうえで
体の快感と催眠の感覚が両方高まるように働きかけます。
エッチ開始後も深化を見据えたアプローチをかけてくるのは初心者を意識してて良いなと。
2人いれば耳キスしながら暗示も入れられるのでバランスの良い責め方ができます。

オナニーが加わるのはその後から。
おちんちんを左右の手のひらで挟む体勢になり、そのまま好きなペースでしごいて射精の合図を待ちます。

右「右耳が気持ちいいって感じたら 右耳の快感を右手で逃がすように右手が動いちゃう」
わざわざこの握り方にしたのは彼を取り合う構図を成立させるためでしょう。
このへんから左右で別の効果がある暗示を入れて、自分のほうが気持ちよくできることをアピールします。
左右で動きが変わるかどうかは人それぞれですけど
単におちんちんを握ってしごくよりも面白いプレイになってるのは事実です。
耳キスから耳舐めに変えて純粋なエロさもパワーアップします。

最後の射精シーンが長めに取られてるのもポイント。
精液を全部搾り出せるように最中も彼女たちが応援してくれます。
オナニーの時間が15分くらいあるので出すのはそんなに難しくありません。
催眠特有の心地よさや幸福感も強烈に味わえて余韻が普段よりも長くなってました。

このように、耳から生まれた快感をおちんちんに伝播させて放出する催眠色が強めのエッチが繰り広げられてます。
甘さの強い双子作品
双子催眠の要所を押さえてやりやすさにも気を配ってる親切丁寧な作品です。

女の子たちは主人公にどっちのほうが気持ちいいか決めてもらおうと
まずはそれぞれで違うアプローチをかける濃厚な催眠で深いところまで導きます。
そしてエッチは吐息や口で耳を集中攻撃しながらオナニーさせて充実した射精を味わわせます。

可愛くてご奉仕上手な女の子が左右に密着しながらエッチな催眠をかける甘いシチュ
2人が同じ目的に向かって別々のことを同時にする双子ならではの催眠
耳舐めやオナニーをやりながらどっちのほうが気持ちいいか尋ねてくるタイトル通りのエッチ。
両手に花の状況を味わいながら抜けるように優しく優しくリードします。

中でも催眠はサークルさんの実力がきちんと発揮されてて素晴らしいです。
本家の双子よりもしゃべるペースを落とす代わりにセリフを重ねるシーンを増やし
さらに2人が別のことをする展開にして競ってる感じを出します。
エッチもオナニー開始後に同様の描写が出てくるのでテーマ性があると思います。

あとは暗示の量を多めに設定してるおかげで催眠の感覚をがっつり味わえます。
たぶんこれだけでもかなりの癒しやリフレッシュが得られるでしょう。
幸福感に包まれながら射精すれば当然気持ちよくなれますし
1回の射精をより良いものにするサークルさんの意志が色濃く込められてます。
総時間が43分なら休日のちょっと暇な時に聴けますから使い勝手も良いです。

射精シーンは1回。
ちゅぱ音それなり、淫語ごく僅か、喘ぎ声はありません。

おまけは2回目以降用のバージョンです。

CV:みもりあいのさん
総時間 本編…43:42 おまけ…43:08

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ