同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:織田リコ

   ● 寝ながら乳首オナニー専用ボイス─ソフトM向け中上級編─
   ● 寝ながら乳首オナニー専用ボイス─ソフトM向け中級編─
   ● 寝ながら乳首オナ専用ボイス─ソフトM向け入門編─
   ● 性癖特化ボイス!~授乳手コキスペシャル~
   ● 強制女体化催眠~サキュバスの誘惑~
   ● 調教愛催眠
   ● レズえっち2~立場逆転TSレズ・年下お嬢様に虐められて~
   ● へんたいぱんつ催眠
   ● こだわり淫語〜おやすみ前の癒らし添い寝手コキ編〜
   ● 成人限定!大人の保育園~優しいママやかわいい先生に赤ちゃんプレイと幼児プレイでザーメンをヌキヌキされちゃおう♪~


寝ながら乳首オナニー専用ボイス─ソフトM向け中上級編─

サークル「東山誠BRAND」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、乳首オナニーで今まで以上に感じられる心と体になるのを目的に
上品な先生の指導に従い乳首だけを徹底的にいじります。

過去作で好評だったきめ細かなリードに加え
今作ではイメージングによる擬似的な女体化エクササイズも登場し
体だけでなく心も鍛える一歩進んだトレーニングが楽しめます。
乳首開発の最終段階へと突入
最上澪(もがみ れい)先生の指導に従い乳首オナニーするお話。

「毎日チクニーしてますか? こんにちは 最上澪です」
澪先生は上品で穏やかな声の女性。
入門編や中級編をクリアし中上級編へと臨む主人公に挨拶すると
今回行うトレーニングの目的や内容を具体的に説明します。

本作品は以前紹介した「寝ながら乳首オナ専用ボイス─ソフトM向け入門編─
寝ながら乳首オナニー専用ボイス─ソフトM向け中級編─」に続くシリーズ3作目。
様々なエクササイズを経て乳首で感じられる体になった後のさらなるステップアップとして
前半は体を、後半は心を主に刺激するエクササイズを彼女が伝授します。
(厳密には4作目なのですが、3作目が課外授業扱いのため本レビューでは除外しています)

「イメージングによって 男性が女性になった後に乳首オナニーをすることで これまでよりも繊細で かつ刺激的なチクニーを味わうことが出来ます」
今回の目的は「乳首オナニーだけで射精するための心と体の準備をする」というもの。
それに向けての具体的な手段として、前半は主に中指を使った乳首オナニーを実践し
後半は女性になりきってエッチや乳首オナニーをするイメージングを行います。

「寝ながら乳首オナニー」シリーズは今までずっと乳首のいじり方だけを指導してきましたから
イメージプレイによるトレーニングは完全な新要素です。
中上級編の名の通り今までよりも高度な内容となっています。

じゃあとっつきにくいのかと言われればそうでもありません。
今まで以上に難しいことをやるからこそ、先生は噛んで含めるようにわかりやすく説明し
一歩一歩前進する形で少しずつエクササイズを行います。

「次は 外側に弾いた後に 体の内側に向かって中指を伸ばして 弾き返します」
「左利きの方や 腕のポジションがしっくりこない方は 一度右腕を外し 左腕の上から 右腕を被せて腕を入れ替えてみましょう」

具体的には乳首オナニーの際にどの指をどのように動かせばいいのか
そして最中はどのようなことに気をつければいいのかを細かく教えてくれます。
シリーズ作品なだけあって聴き手が気分よくトレーニングできるように考えられています。

乳首オナニーをテーマにした作品自体が少ないのもありますが
この手の作品において本シリーズほどきめ細かなリードをしてくれるものはありません。
隅から隅まで優しく丁寧に教えてくれるのですごくやりやすいです。
異なる性質を持つ2種類のトレーニング
エッチシーンは3パート37分30秒ほど。
プレイは乳首オナニー、先生との擬似エッチ(乳揉み、キス、クンニ、手マン、貝合わせ)です。
手マン、貝合わせの際に効果音が鳴ります。

「今回の課題は チクニーを交えてオナニーをしていただき 射精に至ることです」
今回のトレーニング中に達成して欲しいことを主人公に提示すると
先生は最初のエクササイズとして「左右反転中指弾き」のやり方を説明します。

エッチは終始先生のリードに従う形で行います。
最初の「実技レクチャー中上級編」パートは乳首を実際にいじるプレイ。
両腕を胸の前で交差させ、反対側の乳首を中指で弾く「左右反転中指弾き」
右手は右胸、左手は左胸に置いて弾く「中指弾き」を順に行います。
そして最後にこの2つを組み合わせた乳首オナニーでより気持ちよくなります。

各プレイの大まかな流れは説明の後にまずは聴き手が一人で行い
しばらくすると先生も一緒になって乳首をいじり始めます。

「焦らずに 体の力を抜いて 焦らしながら…あんっ やさしーく…んっ」
前者の時は「弾く」と合図を出してタイミングや方向を指示してくれますし
後者では普段よりも息遣いが熱っぽくなり、弾く際に色っぽい喘ぎ声を漏らします。
乳首をいじりながらエッチな雰囲気も出してくれるのがポイントです。

実際にやってみたところ、2つのエクササイズで中指の弾く方向が逆になるので
それぞれに違った性的快感が味わえました。
やりやすさの点では中指弾きの方が優れてますが、得られる刺激は左右反転中指弾きの方が強いかなと。
パートの時間が15分程度しかない関係でいじるよりも説明する時間が長く取られています。

その後に始まる2パートは本作品固有のエクササイズ。
仰向けに横になって目を瞑り、先生の言うイメージに耳を傾けます。
「女性を求めるイメージング」と「男性を求めるイメージング」があり
前者は彼女とのレズプレイ、後者は彼女が男性になったと仮定した上であまあまなエッチを楽しみます。

「心地よい波の音が聞こえ その船は 間もなく あなたの潜在意識が受け入れた世界 向こう岸の世界に到着します」
そして聴き手ができるだけ女性になりきれるように
事前に手をぎゅっと握りながら軽く深呼吸をしたり川を渡るイメージをします。
同時にバックで波の打ち寄せる音も鳴り始めます。
催眠音声における女体化誘導のような本格的なものではなく、2分程度軽くやる感じです。

私が催眠音声を聴いているのもあるのでしょうが
この音声を聴いて女性になりきるのは正直かなり難しいと思います。
特別な技術を使ってるわけでもなく、聴き手のイメージ力に完全に任せてるからです。
本気でイメージングさせるならもっとリラックスさせたほうがよかったかなと。

先生「あぁダメ オナ子 イクっ 私イクっ」
主人公「あぁ すごい 澪 私もイキそう 一緒にイこっ!」
女性になった後は先生が責めを担当して普通のエッチをします。
その際に主人公が独自のセリフを言うのも雰囲気に浸らせるためのものでしょう。
声質の若干違う2人の喘ぎ声が漏れるシーンが多くそれなりのエロさを感じます。
また最中には先ほど習得した乳首オナニーの一部を実践します。

このように、方向性の大きく異なる2種類のエクササイズが繰り広げられています。
発想力は素晴らしいのだが…
独特なやり方で乳首開発を応援してくれる作品です。

澪先生は乳首で感じる体になり、より強い快感を求めている主人公のために
中指で乳首を弾く、という今まで以上に刺激的なエクササイズを提供します。
トレーニングを始める前に目的や課題を提示したり
最中はやり方や心構えを手取り足取り指導するなど本当に心の行き届いたリードをしてくれます。

いじり方についても変化をつけて興奮状態を維持させ
さらに彼女も一緒にいじってエッチな喘ぎ声を漏らします。
教師と生徒からくる事務的感が非常に薄く終始温かい雰囲気が漂っています。

前半は過去2作と同じく大変素晴らしいものを持っています。
それに対して後半のイメージングは色々と引っかかります。
聴き手を女性になりきらせるための準備が不足していること
彼女が冒頭で掲げた目標とプレイ内容がまったく噛み合ってないことがその理由です。

前者は私は催眠誘導するのが理想と考えています。
そうすれば少なくとも今よりはずっと女性の気分でプレイを楽しめます。
先生が女性になったことを意識させるセリフを投げかければより効果的です。

後者は彼女が「乳首オナニーしながら射精を目指しましょう」と冒頭で言っているにも関わらず
プレイ中に聴き手を射精に導くアプローチが特にされてません。
女性としてエッチを楽しみ、絶頂するドライオーガズムを想定したプレイです。
これが「女性の快感を楽しみましょう」とか「ドライを目指しましょう」だったら随分変わったはずです。
目標を定めたのにそれに向けてリードしていないのが非常に残念です。

絶頂シーンは主人公2回、先生1回。
淫語と喘ぎ声そこそこ、くちゅ音とちゅぱ音ごく僅かです。

コンセプトは面白いのだけど完成度に難がある作品です。
過去作をすべて聴き、本レビューを読んだ上で興味の湧いた方にのみおすすめします。

おまけは「女人禁制ラジオ「ティッシュの王国」」です。
※登場人物の声はすべて男性です。

CV:織田リコさん
総時間 本編…55:46 おまけ…31:18
(本編で一部重複あり オリジナルの時間は約50分)

オススメ度
■■■■■□□□□□ 5点


体験版はこちらにあります

寝ながら乳首オナニー専用ボイス─ソフトM向け中級編─

サークル「東山誠BRAND」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、乳首オナニーの魅力に目覚めた人を対象に
上品な先生がより乳首で感じられるいじり方を手取り足取り指導します。

音声作品では極めて珍しいガチな乳首開発が行われており
彼女は今回のエクササイズの目的や具体的な内容を説明してから
一緒にする形でひとつひとつ順を追ってやり方を伝授します。
乳首だけで勃起できる体になろう
最上澪(もがみ れい)先生の指導に従い乳首オナニーするお話。

「毎日乳首オナニーしてますか? お久しぶりです 最上澪です」
澪先生は上品で穏やかな声の女性。
入門編を終えた主人公に改めて挨拶すると
専属コーチとして前回より一歩進んだトレーニングを指導します。

本作品は「寝ながら乳首オナ専用ボイス─ソフトM向け入門編─」の続編として
彼女の言うことを聞きながら合計3つのエクササイズを行います。
「乳首オナニー専用ボイス」とあるように本作品の目的は乳首開発です。
作中で乳首以外をいじるシーンは一切ありません。

「これから本格的に乳首オナを学んでいくことになりますが 大切なのは あなたご自身が 自分の成長を実感していただくことです」
そして聴き手がこの音声だけで乳首開発ができるように
先生は隅から隅まで本当に丁寧なレクチャーをしてくれます。
例えば最初のパートはプレイに入る前の準備として
今回行うエクササイズの目的と簡単な流れを説明します。

彼女によると最終目的は乳首だけで射精できる体になることらしいのですが
中級編ではその前段階として
1、乳首への刺激だけで勃起する 2、乳首オナニーだけでカウパーを分泌させる
以上の2点を達成できればOKだそうです。

リアルで行うトレーニングと同じく目的意識を持ってエクササイズするわけです。
彼女も聴き手がよりプレイを楽しめるよう一緒になって乳首をいじります。
ここまで親切丁寧なリードをする作品はそうそうありません。
エンターテインメントではなく本気で乳首開発を応援してくれます。

入門編については聴いておくに越したことはないのですが
エクササイズの最初に簡単なおさらいをしてくれますのでここから始めても構いません。
入門編はエクササイズの時間が短く刺激もソフトで物足りなく感じる可能性があります。
中級編の方がずっと本格的なトレーニングをしています。
一歩一歩前進する堅実なエクササイズ
エッチシーンは3パート52分ほど。
プレイは乳首オナニー、剃毛、ローター責め、アナル責めです。
剃毛、ローター責め、アナル責めの際に効果音が鳴ります。

「まずは 人差し指と親指の腹で 両方の乳首を挟んでください」
今回行うトレーニングの概要を説明した後
先生はレクチャー1として主人公に指で乳首を挟むよう指示します。

エッチは彼女に言われたとおりに指を動かし乳首を刺激します。
最初のパートは作品の本編にあたる中級編エクササイズをするシーン。
内容を大きく3つに分けて最初は説明しながらゆっくりいじり
後になるとペースを速めたりプレイ時間を増やしてより実践的なプレイをします。

レクチャー1は初級編のおさらいと乳首を勃起させる準備運動。
2本の指で乳首を挟み「1 2」の掛け声で力を入れるプレイと
乳首を指でつまんで引っ張り離すプレイを順に行います。

「まず両手の人差し指を 引き金を引くように曲げます 次に 親指の腹と曲げた人差し指の間に乳首を挟んで 軽く摘みます」
「力を入れる方向は 床と水平のイメージですが 実際には 胸のラインに沿って 人差し指よりも親指が下がり 斜めになるのが正しいです」

そして先生は主人公が無心になってエクササイズに励めるようにと
使用する指とその動かし方、力の入れ加減やペースに至るまで懇切丁寧に教えます。
本当に何から何まで教えてくれるのですごくやりやすく感じます。

「乳首をつまんでー ぐーっと引っ張り すっ(と離す) つまんでー ぐーっと引っ張ってー すっ」
実際にいじる時もすべて彼女の声に合わせて行う親切設計です。
声をかけるタイミングも丁度良く、ペースも遅れないよう少しずつ速くしていきます。
すべての要素が聴き手を第一に考えながら行われています。

「1 2 1 2 …んっ」
「このプログラムを受講される時だけでも 日常の自分から離れて 自然に出る喘ぎ声は 遠慮なく出してあげてください」

さらに素晴らしいのが心へのケアもしてくれること。
各エクササイズの中盤以降は先生も一緒に乳首をいじるため
掛け声の合間に大人の女性らしい色っぽい吐息や喘ぎ声が適度に流れます。
そしてプレイ中に気持ちよくなったら好きなだけ声を出していいよと言います。

オナニーは肉体と精神両方が興奮したほうがずっと気持ちいいですから
それをトレーニングと並行してサポートしているわけです。
このように様々な美点を持つ高度なエクササイズが繰り広げられています。

レクチャー2はいよいよ中級編最初のメニューとして
人差し指で勃起した乳首を「弾く」の声に合わせてデコピンするエクササイズを行います。
じんわりとした心地いい痺れを感じたレクチャー1に対し
こちらはピリッとした強めの快感が味わえます。
力加減は自由にしていいそうですから、痛みを感じない程度に弾くのがいいでしょう。

レクチャー3はレクチャー2の応用編。
最初は爪で乳頭をくりくりと引っかき、それから人差し指・中指・薬指を使って乳首を弾きます。
緩急をつけた責めで乳首をより敏感にするのが目的です。

「もっと刺激が欲しい という気持ちが出てきても 無視して焦らしていきます」
「押し当ててー 引っ張る! ああっ…いい」

ここでも先生は乳首のいじり方やタイミングまで上手に指導し
さらには強めの刺激だからか今まで以上に喘ぎ声を漏らします。

実際にやってみたところ、3本の指で乳首を弾くのはちょっと難しいのですが
爪でいじるプレイはムズムズした快感が味わえました。
色んな形で乳首をいじりますので勃起くらいなら割と簡単にできると思います。
相当に本格的な乳首開発プレイです。

2番目の「おまけチャプター1」パートは主人公の家にやって来た先生が
彼に乳首オナニーをさせながらおちんちんの毛を剃ったりローターと指でアナルを責めます。
彼を女、先生を男に見立てて行う調教に近いプレイです。

「仰向けに寝てくれる おい! ぐずぐずしない! 股を開いて仰向けで寝る!」
「ほら! きったないケツして 乳首だけでなく アナルも欲しいんだろ? オナ子」

おまけなので本編のようなトレーニング要素はほぼなく
女性にきつめの言葉責めをされたり変態的な責めを受けるシチュを楽しむ感じです。
本編の感覚で聴いたら雰囲気の違いにおそらくドン引きするでしょう。
個人的にはやりすぎに感じますが、Mな人なら楽しめるかもしれません。

3番目の「おまけチャプター2」パートはおまけチャプター1の最後に先生が渡す音声データです。
内容は本編のエクササイズ3種の説明を減らし、その分いじる時間を増やしています。
バックでエアロビクスでよく聴くリズミカルな音楽が鳴る点が大きな違いです。

このように、乳首開発を手取り足取り指導する緻密なプレイが繰り広げられています。
高品質な乳首開発作品
希少なジャンルと高い完成度を併せ持つ大変貴重な作品です。

上品で面倒見のいい先生がわかりやすい説明を交えながら
乳首の効果的ないじり方を最初から最後まで徹底的にレクチャーします。
プレイの際に乳首をいじる作品自体が現在でもまだまだ少ないのに
それだけに焦点を当て、ここまでリアルな指導もしてくれるのは本当にありがたいです。
特にエクササイズの進め方がずば抜けて優れています。

「もっと刺激が欲しい という気持ちが出てきても 無視して焦らしていきます」
個々のシーンにおいて何をすればいいのかだけでなく
何を思い、考えればいいのかまでケアしてくれているところが素晴らしいです。
おかげでやらされてる感じがまったくしません。
この心遣いや優しさがプレイを気分よくできる雰囲気を作り上げています。

エクササイズについても最初は前回のおさらいをし
それから新しいプレイに取り組む堅実な流れです。
後になるほど刺激を強くする展開も性的欲求を満たすのに適しています。
あくまでトレーニングなので本編に明確な絶頂シーンはないのですが
いじっている最中はそれなりの快感が得られると思います。

ただし、本作品を一度聴いただけで乳首開発ができるわけではありません。
男性の乳首はある程度いじり続けることで初めて気持ちよさを実感できます。
ですから複数回聴いて徐々に慣らす感じで取り組んでみてください。
おまけの2パートは本編に比べれば本当におまけな内容です。

絶頂シーンはおまけチャプター1に1回。
喘ぎ声それなり、淫語とくちゅ音そこそこ、ちゅぱ音はありません。

真面目な乳首開発をさせてくれる個性的な作品です。
乳首開発に興味がある方、いじってみたけどいまいち気持ちよくなかった方に強くおすしめします。

CV:織田リコさん
総時間 本編…31:36 おまけ…28:57

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

寝ながら乳首オナ専用ボイス─ソフトM向け入門編─

サークル「東山誠BRAND」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、普段乳首をまったくいじったことのない人のために
穏やかな物腰のお姉さんが乳首オナニーのやり方をレクチャーします。

乳首のいじり方だけでなく乳首オナニーをするにあたっての注意事項など
まさに入門向けにふさわしい様々なアドバイスをしてくれるのが特徴です。
一般的なオナニーにマンネリ感を抱いている人にとっては
きっと新しい快感の扉を開くいいきっかけになるでしょう。



乳首オナニーに慣れさせるための訓練法とは
最上澪(もがみ れい)先生の指導に従いながら乳首オナニーをするお話。

「こんにちは 今日からあなたの乳首オナニー 略して 乳首オナの 専属コーチを務めさせていただく 最上澪と申します」
澪先生は明るく穏やかな声の女性。
軽く自己紹介を済ませると、早速今回のレッスンの目的を説明します。

本作品は「ソフトM向け入門編」とあるように、乳首オナニーの初心者に向けて
乳首をいじることの気持ちよさを理解してもらうのを目的としています。
それを反映するかのように、作中で聴き手は100%乳首だけをいじり続けます。
(先生がおちんちんをいじってくれるシーンはあります)

主にM系の作品では乳首をいじらせるプレイを取り入れているものもありますが
こういう1から手とり足とり指導してくれるものはなかなかありません。
乳首開発に興味のある人にとってかなり魅力的な作品と言えるでしょう。
エクササイズ以外にも実践編として彼女とエッチをするシーンがあります。

今回のエクササイズの目的は2つ。
ひとつはオナニーをする際に乳首を愛撫する癖を身につけること
もうひとつは愛撫によって乳首の感度を上げていくことです。

先生も作中で言われていますが、乳首はすぐさま開発できるものではありません。
普通のオナニーをしながら継続的にいじっていくことで少しずつ気持ちよくなります。
私も開発まで3か月くらいかかりました。
ですから本作を1度聴いただけでいきなり気持ちよくなるとは思わないでください。
定期的に何度も聴いていくのを想定して作られています。

「初心者の方は 布ずれを利用したほうが刺激を感じやすいので シャツを1枚着た状態でエクササイズすることをお薦めします」
澪先生はこちらが乳首を一度もいじったことがないことを踏まえて
エクササイズのやり方の他に服装など細かいところまで指導してくれます。
言葉遣いもとても丁寧で受け入れやすく、多くの人がやりやすさを感じるでしょう。



最初は一人で、次は一緒に
エッチシーンは3パート33分間。
プレイは乳首オナニー、澪先生の乳首オナニー、足コキ、剃毛です。
足コキをする際に一部で手を擦りあわせるような効果音が鳴ります。

「まずは 人差指の腹で 円を描くように 乳頭を優しく撫でてみましょう」
諸注意を終えていよいよエクササイズに入ると
澪先生は主人公にまずは優しく乳首をいじるように指示します。

最初のパートは作品の本編にあたるエクササイズ(9分間)。
レクチャー1はオーソドックスに乳首を指でこねくり回すプレイ
レクチャー2は乳首を親指と人差し指でつまみ、上に引っ張ってから離します。
最初はソフトに、次はややハードにとステップアップする感じですね。

「はい 乳首をつまんでー そのままぐーっと体の外へと引っ張り スライドさせてスッと離す」
エクササイズはそれぞれ2つの行程が設けられていて
一通りのやり方を説明してから1回目はこちらの好きなようにいじらせます。
上のセリフのようにどのタイミングでどういじるかまで本当に詳しく教えてくれますので
何をすればいいかわからないことはまずないでしょう。

「つまんでぇ…んんっ ぐーっと持ち上げて スライドっ…うんっ 最後にスッと滑らす…はぁん」
そして2回目に入ると今度は先生も一緒に乳首オナニーに取り組んでくれます。
いつもの端正な声が刺激を与えるたびに艶めかしくなる様子がたまりません。
こうやってエクササイズに足りない精神的な興奮を煽ってくれるわけです。
乳首メインですが股間が思わず熱くなる人もいるでしょう。

その後の2パートは先生が家に来訪し、乳首の開発具合を確認しながら
おちんちんを主に足で慰めてくれます。
一人暮らし、親と同居、彼女と同居の3パターンがありますが
セリフが若干違うだけでプレイの流れはどれも同じです。

「ふっ きったない乳首 お前随分遊んでるな? お前は乳首オナ中毒者か?」
「そこに横になれ ほら さっさと横になれ チン毛を全部剃ってやるから」

中でもチャプター2の「ハードSなレイ先生にバカにされながらの乳首オナ」は
先生が今までとは打って変わってSっ気たっぷりのキャラになり
声のトーンが下がるだけでなく、手厳しい口調へと変化し様々な命令を下します。

一部で軽く怒鳴るシーンがあったり剃毛なんていうド変態向けなプレイも登場しますから
そういった要素に耐性の無い方が聴くとおそらくドン引きします。
乳首をいじらせながらシチュで興奮を高めてくれるM向けのプレイです。

このように、隅から隅まで乳首尽くしの変わったプレイが繰り広げられます。



乳首の快感に目覚めさせてくれる作品
コンセプト通り乳首オナニー未経験者にはかなりお薦めできる作品です。

比較的短時間ながらも乳首オナニーのノウハウを手とり足とり教えてくれます。
エクササイズや先生のレクチャーも非常に実践的。
彼女から教えられたやり方を頭に叩き込んでいじり続ければ
そのうちおちんちんとは違った乳首特有の気持ちよさに目覚めることもできるでしょう。
乳首開発済みの立場から見ても結構実用性の高い作品だと思います。

個人的には最初はレクチャー2のような強い刺激は避けて
レクチャー1のような比較的ソフトな責めを続けていくのをお薦めします。
最初のうちは単にくすぐったく感じるだけでしょうけど
だんだんと体に電流が走るようなピリッとした気持ちよさが湧いてきます。
そしておちんちんのみよりも両方同時の方がずっと気持ちいいのに気づくはずです。

乳首は真面目に開発すればガチで気持ちよくなる器官です。
興味のある方は騙されたと思ってとりあえず1か月くらいいじってみてください。

…話が少し脱線したので元に戻します。
そんな感じでレクチャーの内容や取り組みについてはすごく良いのですが
エクササイズの時間が実質9分間と非常に短いところは残念です。

何回も聴くことを想定してわざと短くされたのかもしれません。
ですがエクササイズの時間をもっと長く取ったほうが純粋にいじる時間が長くなりますし
先生と一緒にやることで開発に対する飽きを軽減することもできます。
本編よりおまけの方が長いという構成にも疑問を感じます。
淫語と喘ぎ声ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

一部で惜しいところもあるのですが目の付け所は非常に面白い作品です。
一般的なオナサポとはまったく違ったスタンスの作品ですので
基本的には乳首での快感を楽しんでみたい初心者の方にのみお薦めします。

CV:織田リコさん
総時間 本編…11:12 おまけ…26:45


オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
本作品は2015年2月1日まで半額の400円で販売されています。
その場合の点数は8点です。

性癖特化ボイス!~授乳手コキスペシャル~

サークル「USA WORKS」さんの同人音声作品。

今回紹介するのは音声ではかなり珍しい授乳手コキに特化した作品です。
プレイのほぼ全部が授乳手コキと非常に偏った作りをしていて
3人の女性がそれぞれの個性を活かしながら優しく射精へと導いてくれます。



3つのシチュで授乳手コキ
3人の女性に授乳手コキをしてもらうお話。

「いらっしゃいませ 喫茶ミルキーウェイへようこそ」
店員さんは明るく元気な声のお姉さん。
喫茶店らしく普通に注文を取りながら
この店だけの特別メニュー「スペシャルミルク」について説明をします。

本作品はこの他に気さくなお姉ちゃん、不愛想なメイドの2人を加えた合計3名の女性が
お客様、弟、ご主人様を相手にとことん授乳手コキをします。
音声作品だと幼児プレイを扱っている場合に時々登場するプレイなのですが
これ専門の作品はもしかしたら他に無いかもしれません。
音だけだと感じ取りにくいプレイなだけに、どうやって表現するかがカギになります。

作品は一番最初の店員編が30分、他の2つがいずれも20分と適度な長さで
どのパートも最初の3分間は登場人物同士のやり取りに費やされています。
短時間ですがキャラの性質や物語の背景がわかりやすく描かれており
エッチに持ち込むまでの流れをスムーズにして、作品に没入しやすい環境を整えています。

「だから…あれよ 授乳手コキだっけ? してあげるから こっち来なさいって言ってんの」
中でも2番目に登場するお姉ちゃんのキャラが非常に個性的。
嫌々言いながらも結局は弟の言いなりになってしまう世話好きな女性に描かれています。
このパートはプレイ以外にボイスドラマとしての面白さも持ってますので
一番最後に聴いて他2つとの違いを楽しむのをお薦めします。



おっぱいを吸いながらおちんちんをシコシコ
エッチシーンは3パート51分30秒ほど。
プレイは授乳、手コキ、乳揉み、授乳手コキです。
手コキの際にややリアルな効果音が流れます。

「それでは早速 おっぱい お飲みになりますか?」
スペシャルミルク=母乳の注文を受けた店員さんは
お客に膝枕をしてからおっぱいを取り出して早速飲ませ始めます。

エッチはどれも女性たちに膝枕をされた状態で
おちんちんを扱かれながらおっぱいに吸い付きます。
しかしいきなり両方を始めるわけではなく、最初のパートは長めに授乳をしてから授乳手コキへ
2番目は手コキをしてからおっぱいを吸い始めるといったように
授乳手コキに至るまでの流れに若干の違いがあります。
ストーリーを追いながらプレイを切り替えていく感じですね。

ちなみに作中で実際に母乳が出るのは店員さんのみで
他の二人は疑似授乳と言いますか、乳首を吸うプレイに留まっています。
また手コキはすべて最初にローションを垂らし、プレイ中はくちゅ音をたっぷり聴かせてくれます。

「嫌なことも全部忘れて 甘えてしまっていいんです よしよし いいこいいこ」
最初の店員さんパートは時間が一番長くプレイの密度も最も濃いです。
実際に母乳が出るだけあって声や雰囲気に母性が感じられ
おっぱいの揉み方を丁寧に教えてくれたり、ちょっと悪戯をすると優しく叱ってくれたりして
自分が子供に戻ったような気分を味わいやすい空気が漂っています。

授乳を開始してから10分が授乳+乳揉み、その後の10分が授乳手コキと
プレイのバランスが取れているのも特徴です。
前半は刺激を受けないのでソフト目なプレイに思われるかもしれませんが
おっぱいを揉む際に適度に漏れる切ない喘ぎ声がある程度興奮を高めてくれるでしょう。

「おっぱいちゅっちゅしながら たくさんお射精しまーす」
後半の授乳手コキも引き続きあまあまな雰囲気。
ちょっぴり我儘を言うお客を受け入れながら段階的にペースを上げて射精へと追い込みます。
射精が近づいたのを見計らってきっちりペースを上げてくれていますし
心身両方をバランスよく盛り上げてくれるきめ細かいプレイと言えるでしょう。
喫茶店でのエッチというシチュのユニークさでも他2つより一段上のプレイに感じます。

2番目のパートは上で軽く触れたようにお姉ちゃんのキャラが一番のポイント。
親しみやすいざっくばらんな口調に加えて
授乳手コキをして欲しいと突然言い出す弟に最初は呆れていたのに
結局は受け入れてあげる溺愛っぷりがたまらない魅力を生み出しています。

「初めておっぱい触ったんだろうから 仕方ないのかもしれないけど それでも こういう時は ちゃーんと優しくしないと 女の子に嫌われちゃうぞ?」
おっぱいの扱いが不慣れな弟が乱暴にいじっても決して怒らず
自分の身を挺して彼を立派な男に育てようとする姿にも大きな愛を感じました。
肉親相手ですし女性に甘やかされる感覚をダントツで味わえるパートと言えます。

「いくらご自分の性欲を満たすためとはいっても あまり相手に無理を強いてはいけません」
そして最後のパートは雰囲気がガラリと変わって冷徹なメイドが事務的に射精させてくれます。
てっきりこちらの都合を一切顧みずしごきまくるのかと思いきや
自分のおっぱいを見られて恥ずかしがったり、プレイを通じて性愛の行い方を諭したりと
教育係のような割と人間味のあるキャラとして描かれています。

プレイの方も他2つとの違いはそこまでありませんし
普通のメイドものと捉えて聴いても問題ないでしょう。

このように、キャラによって若干視点を変えながら甘やかされるプレイが繰り広げられます。



着眼点の面白い作品
タイトルにもなっている授乳手コキの魅力に溢れた作品です。

音では表現できない授乳部分をわかりやすく、それでいて説明的でないセリフで補いながら
手コキのくちゅ音や甘やかす類の言葉で徐々に快感を高めてくれます。
プレイの終着点は同じですが、パートごとにそこに至るまでの過程を微妙に変化させて
単一のプレイでも聴いていて飽きさせないようにする心配りが見られます。

キャラについても店員さんはお店のシステムと相まって非常に個性的ですし
お姉ちゃんについても気の強そうに見えてダダ甘と面白い部分を持っています。
プレイの内容では店員編、キャラではお姉ちゃん編が最も優れています。

「仕方ありませんね 少しだけですよ」
しかしメイドはこの内容だと事務的と言うには厳しいかもしれません。
口調は確かに無感情なのですが、随所に労わるようなセリフが登場しますし
物扱いされる感覚は得にくいんじゃないかなと。
プレイの方もなりふり構わず精液を搾り取るようなものには程遠いです。

プレイについては授乳および手コキにほぼ的を絞っています。
一番気になっていた授乳の表現方法については
おっぱいの揉み方や吸い方をレクチャーするシーンを多めに配置して
主人公がおっぱいをいじくっている、もしくは舐めている様子を演出しています。

個人的にはもうちょっと喘いでくれた方が抜きやすくなると思うのですが
このへんは人によって違った印象を受けるかもしれません。
でも女性に抱かれている雰囲気は十分に感じられました。
淫語とくちゅ音それなり、喘ぎ声ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

難しいテーマに果敢に挑戦した意欲作です。
いくつか疑問点や形になりきれてない部分があった関係で
点数をやや引かせていただきましたが
個性は十分にありますし、この手のプレイが好きな人もきっといるはずです。
そういった属性をお持ちの方なら普通に楽しめる作品と言えます。

CV:分倍河原シホ(彩瀬ゆり)さん、織田リコさん、みる☆くるみさん
総時間 1:08:11


オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

強制女体化催眠~サキュバスの誘惑~

サークル「サイクロンミント」さんの催眠音声作品。

こちらは同サークルさん唯一の人外を扱った作品で
ちょっぴり嗜虐的なふたなりのサキュバスによって女の子へと変えられます。
女体化と言うと体を変化させることのみにスポットを当てた作品が多いのですが
本作品では心についても時間をかけて段階的に女性へと変えていってくれます。

催眠は作品のテーマに合わせた女体化重視の構成です。
特におっぱいとおまんこのイメージや感覚を念入りに刷り込んでくれますから
エッチの際に女性になりきって男性に犯される感覚がかなり味わいやすいです。



ただ精を搾り取るのに飽きたの
サキュバス「リリコ」の催眠で女の子に変えられるお話。

「ねぇねぇ そこの坊や 私の声 聞こえてるでしょ?」
リリコはのんびりと話す色っぽい声の女性。
人間にエッチな夢を見させて精のエキスを吸い取る能力を持つ彼女は
主人公に対してちょっぴり変わった快感を与えてあげることにします。

催眠は導入11分30秒、女体化33分の合計44分30秒とやや長め。
導入はサキュバスの世界に行くための準備として
主に深呼吸や脱力をしながら心身をリラックスさせます。

「ゆっくりと 体が沈んでいく 意識が 深い水の中に沈んでいく」
リリコは「抜ける」「沈む」「動かない」といった語句を意識的に織り交ぜながら
ゆっくりと話すことで言葉と雰囲気の両方から聴き手を心地いい気分へと導きます。
脱力後の水に浮かんで沈むイメージも彼女の世界へ移動する過程として違和感がなく
そういった統一感によって静かで落ち着いた空間を生み出すことに成功しています。

「とくん」「ゆーらゆら」「とぷん」などの擬態語もいい感じにアクセントを与えてくれていました。
この段階で意識がぼんやりしてくる人もそれなりにいるでしょう。

「女の遺伝子が 体に組み込まれる 体の情報が入れ替わる」
催眠のメインとなる女体化は最初にキスで媚薬効果のある唾液を飲み込み
一旦分子レベルで自分の男の体をドロドロにしてから女性の体へと作り変えます。
パーツごとの変化ではなく一気に変身する感じの女体化です。
ちなみにここでは胸と性器以外の部分に限定して変身させています。

直前にリリコが自分がなりたいと思う女性像を尋ねてくることから
作品を聴く前の段階で好きな女性やお気に入りの芸能人の画像を見たりして
ある程度イメージを固めておいた方が確実にやりやすくなります。
聴き手の資質任せな要素がある分、女体化音声をそこそこ経験した人向けとも言えます。

そして最後の仕上げとして女性の身体的特徴である
おっぱいとおまんこを17分30秒もの時間をかけて作り上げていきます。
つまりこの2カ所の方が他より時間の割合が多いわけです。
エッチで女の子になりきって楽しむために何が大事かを知っている
ほぼ女体化音声専門なサークルさんならではの心遣いですね。

「柔らかい 母性を含んだ 二つの塊へと変わっていく 重みを感じて ほら 重みはどんどん増していくよ」
おっぱいは見た目や感度だけでなく胸のあたりが重くなる暗示を入れてくるのが印象的でした。
「言われてみればそうだよなー」と思うのですがなかなか気づくものではありません。
サークルさんらしいきめ細かさが光っているシーンと言えるでしょう。

「そんな飾りだけのちんぽ もういらないよね?」
一方おまんこは性のシンボルであることを考えて心理面への働きかけを強くしています。
精液を作り出せなくなったおちんちんにはもう男性器としての価値は無い。
つまり自分は男性ではない。
それをフェラという儀式によって聴き手に思い知らせているようとしているように思えました。
リリコのすべてを吸い尽くすような激しいちゅぱ音もそれを助長しています。

精神面を重視したやや珍しいタイプの女体化催眠です。
過去作「えっちな女の子になっちゃう催眠2」でもそうだったのですが
サイクロンミントさんは女性の心理面の刷り込みに非常に気を遣われていて
結果的に体だけでなく心も女性になりきってエッチを楽しめるようになります。
女体化ではなく女性化と呼んだ方が正しいかもしれません。



おちんちんを受け入れることに幸福を感じながら
エッチシーンは2パート21分30秒。
プレイはフェラとSEXのイメージ、リリコとのSEXです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「あなたは サキュバスのしもべ 気持ちいいことが大好きな サキュバスのしもべ」
催眠によって心も体も女性となった主人公から良質の精を搾り取るために
リリコは彼に女の悦びを教えてあげます。

エッチの前半は男性に犯される様子を描きながらの感度上昇。
ここではシーンに応じて感覚支配の暗示を入れながら
女になったばかりの聴き手がより女らしく感じられるように作り変えていきます。
私はここが女体化を完成させるパートだと考えています。

「ちんぽを咥えているという事実に 頭がぼーっとする ちんぽを舐めるたびに お腹が 股間のあたりが熱くなる」
普段の心理状態で上のセリフを聴いたら普通は嫌悪感でいっぱいになるでしょう。
でも入念な女体化を経た後で聴いてみると何だか悪くない。
そんな心理の変化が感じられる人はきっといるはずです。
そうやって自分が女になったことを自覚できればもっとエッチを楽しめるようになります。

「ちんぽ入れられているだけで幸せ すべてが満たされている」
そして最後の最後でようやく本物のおちんちんが体を貫きます。
自分が責められている様子をイメージしながらそのことに幸せを感じていきましょう。
リリコの艶めかしい喘ぎ声も手伝って股間が熱くなるのを感じるはずです。

最後のドライについては追い込みで暗示を入れてくれないこともあって
人によって湧きあがってくる気持ちよさにある程度の差が出ると思われます。
催眠同様経験者向けの内容ですね。

このように、男性に犯される感覚を重視した女体化作品らしいエッチが繰り広げられます。



しっかりと女性になりきらせてくれる作品
作品の大部分にあたる女体化部分に丁寧さと綿密さを感じる作品です。

女体化音声は女性になってエッチを楽しむのが主な目的になるわけですが
そのためにまず何をするべきかをきちんと考えて
そのうえで独自の視点で個性を持たせながら作られています。
本作品では男性に責められることへの気持ちよさや幸福感に重点を置いています。

実際の女体化もまず体だけを女性に切り替えて心と体の間に違和感を抱かせてから
聴き手に自分が女性になったことを自覚させる方向で心の女性化を行っています。
暗示は他人に入れられるよりも自分自身で入れる方がずっと効果的です。
これによってエッチシーンでより女性になりきって楽しめるわけです。

催眠は導入が淡白かな?とも思ったのですが
メインの女体化がしっかりしているのでそこまで問題は感じません。
でも一応初心者は他の作品で慣れてから聴いてみてください。
催眠自体は古典系の至ってシンプルなものです。

エッチはプレイそのものよりも感情面の描写を重視しています。
そういう意味ではある程度聴き手側で様子をイメージする力が要求されます。
個人的にはもうちょっとバランスよく表現してほしかったなと。
でも脳内補正できれば勝手に体が反応する体験はしやすいです。
淫語、ちゅぱ音、喘ぎ声いずれもそこそこです。

催眠音声としても女体化音声としても中上級者向けの作品です。

CV:織田リコさん
総時間 1:21:45


オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は7点。
コスパで+1してあります。

調教愛催眠

サークル「エロトランス」さんの催眠音声作品。

有料では3番目とかなり初期にリリースされたこちらの作品は
調教をちょっぴり変わった視点で体験できるのが特徴です。
調教にありがちな罵声や打擲といったきつめの要素は一切なく
大好きな人の命令に従う喜びを催眠によって植え付けてくれます。

エッチは催眠で培った感覚をさらに強化していきながら
リアルではまずできないとっても恥ずかしいシチュでオナニーをします。
無事成し遂げた後にはご主人様が気持ちいいご褒美をくれますから
恥ずかしさ、気持ちよさ、達成感、幸福感をの4つの感覚を同時に味わえることでしょう。



大好きだからこそ従いたくなる
お姉さんの奴隷になってエッチな事をするお話。

「私の言うことや命令を聞けば あなたはとてもとても 幸せなことになります」
お姉さんはトーンの低い落ち着いた声の女性。
彼女自身の素性や主人公との関係には一切触れずに
早速催眠における感覚に関する軽いお話を始めます。

催眠は2パート26分ほど。
最初のパートは心身をリラックスして暗示を受け入れやすい状態を作ることを目的に
主に深呼吸や脱力を行っていきます。

「力の抜き方がわからなくていいのよ 抜けるイメージをするだけでもいいの」
お姉さんは催眠初心者でも無理なくついていけるように
この音声を聴く際の心構えやコツを適度に教えてくれます。
彼女が言うように脱力がうまくいかないときは抜けたフリをしてみましょう。
それだけでもしなかった時よりずっとリラックスしているのを感じるはずです。

「あなたの心 魂が 私の声を求めている そうでしょ?」
2番目のパートは本題である彼女の声に従える心を身に着けます。
ちょっとしたイメージやこちらの同意を求めてくるようなセリフを織り交ぜながら
催眠をかけてくれるお姉さんのことが大好きになるように導いてくれます。

今感じている催眠状態は気持ちいい→催眠をかけてもらうのは気持ちいい
→催眠をかけてくれる人は大好き→大好きだから従いたくなる、といった感じで
彼女が少しずつ表現を変えながら声への服従心を植え付けていくのですが
こちらに悪い感情を抱かせないように言葉を選んでくれているおかげで
途中で拒絶反応を起こさずすんなりと受け入れられると思います。

「あなたは催眠も 私のことも大好きだから あなたの体も心も 私の言う通り」
そして最後はカウントを細かく刻んで催眠と半覚醒の状態を何度も往復しながら
催眠状態をさらに強めていきます。
後になればなるほど体が重くなったり目を開けるのが辛く感じるでしょう。
でもとても気持ちいい、だからお姉さんの声に従いたくなる。
上から押さえつけるのではなく自発的に服従するように彼女は心を誘導してくれます。

調教というかなり人を選ぶテーマに聴き手に抵抗なく取り組んでもらうために
「~かもしれない」などの曖昧で柔らかい印象のする言葉を意識して多く使いながら
正しい順序と方法で施してくれるとても安定感のある効果的な催眠です。

お姉さんは終始とても穏やかな口調で話しかけながら
まず催眠特有の気持ちよさをたっぷりと味わってもらい
そこから離れたくない気持ちにしてから徐々に服従するように導いてくれます。
服従も束縛されるデメリットよりも気持ちいい・幸せといったメリットを強調しているおかげで
聴いていて嫌な感じのする方はそこまでいないはずです。
アプローチの仕方が実に見事ですね。



恥ずかしいけど気持ちいい
エッチシーンはおよそ25分。
プレイは公開オナニーとフェラです。

エッチな効果音はありません。
セルフは有りになります。

「まずは おちんちんを握りなさい」
主人公を命令に従うのが大好きな心と体に作り変えたお姉さん改めご主人様は
その喜びを存分に味わわせるために早速オナニーの命令をします。

エッチシーンは調教らしく彼女の指示に従う形で進められます。
彼女の命令が無い状態だとなんとなく寂しいとか
命令を遂行して褒められると嬉しいといった奴隷的な感覚がたっぷり味わえるでしょう。

「今からあなたは 全校生徒の前で オナニーをするの」
プレイは最初に焦らされながら軽くオナニーをした後
学校の朝礼で全校生徒を前にオナニーする様子をイメージしながらしごきます。
ご主人様が細かい描写で上手に羞恥心を煽ってくれますから
それによって生まれる熱さを快感に変えながらおちんちんをしごいていきましょう。

「いっぱい言うこときけたから 私がご褒美に 気持ちよくさせてあげる」
オナニー後にご褒美としてご主人様がフェラをしてくれるのが珍しいですね。
彼女のフェラの様子はとっても幸せそうで愛に満ち溢れており
唾液音を下品に鳴らしながらねっとりといやらしくおちんちんを舐めてくれます。

ここを聴いてる最中はおちんちんが軽くピクピクと跳ね続けていて
とても気持ちよかったのをよく覚えています。
ちなみにここはセルフ・ドライどちらの絶頂でも構いません。

このように、恥ずかしくて愛のある調教プレイが繰り広げられます。



依存する心地よさを味わわせてくれる作品
調教のメリットを前面に押し出すことで悪いイメージを見事に払拭し
その結果比較的誰でも楽しめる作品に仕上がっています。

実際に聴いてみるとおそらくびっくりするほど調教らしさを感じないでしょう。
それはお姉さんがただ命令するだけの存在ではなく
聴き手を愛し、頑張ったらきちんとご褒美をくれるからです。
そんな彼女に依存することに安心し、幸せを感じる。
調教の奴隷側におけるメンタル的なメカニズムをある程度実感しやすい作品だと思います。
(私はリアル調教未経験なのであくまで個人的な感想です)

催眠は導入も深化も非常に丁寧で取り組みやすいです。
イメージはお風呂・扉と誰でも思い浮かべられるものばかりですし
隷属化も段階的に少しずつ進めてくれる親切設計。
調教に抵抗さえなければ初心者でも普通に楽しめる作りです。

エッチはプレイそのものよりも従うことの気持ちよさや幸福感を重視しています。
公開オナニーはイメージの中で行うライトなものながら
描写が細かく見られていることを適度に意識させてくれるおかげで
恥ずかしさや背徳感を味わいやすいと言えます。
射精に追い込む際の彼女のセリフにすごくスピード感があって
自然に股間のあたりが熱く盛り上がってくるのを感じることができました。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はごくわずかです。

奇抜さを売りとされているエロトランスさんの作品の中では大人しい部類ではありますが
催眠に対する知識や技術の高さが凝縮されていてとても完成度は高いと言えます。
調教モノにあまり興味のないノーマルな方に特に聴いてみていただきたいです。

CV:織田リコさん
総時間 54:23


オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

レズえっち2~立場逆転TSレズ・年下お嬢様に虐められて~

サークル「風呂井戸ソフト」さんの催眠音声作品。

当サイトではかなり久しぶりの紹介となりました風呂井戸さんのこちらの作品は
女体化をして2人の女性からかなりハードな責めを受けます。
レズよりはふたなりものにカテゴライズされるようなプレイがメインですから
おちんちんを挿入されて精液を流し込まれることで背徳的な気分が味わえるでしょう。

催眠は導入部分をシンプルにしてエッチで適度に心を縛ってきます。
お姉さんが何でもやってくれるようなタイプではありませんので
できるだけ自分から雰囲気に浸ろうとする姿勢で臨むのがいいと思います。



先生が好き でも男は嫌い
高宮レイコと山本シズカにエッチな責めを受けるお話。

「ようこそいらっしゃいました先生 家庭訪問お疲れ様です」
レイコはお嬢様らしい言葉遣いの丁寧なすました声の女の子。
主人公は彼女の担任教師で、今日は家庭訪問のために屋敷へやってきました。

「高宮家の専属カウンセラーとして雇われております 山本シズカと申します」
シズカは落ち着いた声の大人の女性。
主人公の顔色が優れないのを見て取ったレイコが彼女を呼んで
催眠を使ってリフレッシュしてあげることになります。

しかしそれはレイコの仕組んだ罠。
彼女は彼のことが好きではあるのですが男性を苦手としているため
女体化させてから愛し尽くす、これが物語の大まかな流れです。

催眠は2パート17分。
深呼吸をして心身を軽くリラックスさせてからシズカの話を聞いていきます。

「私の声を聞いていると だるい気持ちになってくる 私の声を聞くのが とても好きになる」
シズカの声は気持ちいい、気持ちよくなると体の力が抜けてくる。
そんな連続性のある暗示で少しずつ催眠の世界へと引きずり込んでいきます。
合間に短いカウントを使って何を意識すればいいのかを教えてくれますから
それに従ってさえいれば彼女の声に素直に従えるようになるでしょう。

「自分の体に違和感を感じる 全身がむずむずする」
その後はレイコとエッチをするために女体化します。
男性のシンボルであるおちんちんから始まって
肌や胸など特に男女に違いの出る部分をピックアップして変化させます。
時間がおよそ6分と短めですが、エッチでも適度に女性を意識させてきますし
ここは大まかな枠組みを作り変えていく程度と思ってください。

無理に物語のテーマに合わせるようなことはしない暗示中心のシンプルな催眠です。
表現方法や話し方もきちんと考えられて作られていますし
暗示の内容も声への服従と女体化に的を絞って行われています。
女体化初心者でさえなければおそらくついていけるでしょう。



女としていじめられる快感
エッチシーンは15パート72分と長時間。
プレイはキス、乳揉み、乳首責め、手マン、フェラ、SEX(正常位、バック)、アナル指挿入、2穴同時責めです。
フェラ以外のプレイはすべて受け、フェラだけはする側にまわります。

手マンやSEXシーンでややリアルな効果音が鳴ります。
セルフはもちろんありません。

「そうだ レナという名前がいいですわ 私が以前飼っていた メス犬の名前なんですの」
女性となった主人公の姿を鏡で確認させた後
レイコは女性らしい名前を付けてメス奴隷としての調教を始めます。

エッチに入るとメインの話し手はレイコに代わり
暗示を入れる必要があるシーンになるとシズカが登場します。
レイコから受ける数々の責めを頭の中で思い浮かべながら
女性としての快感に浸っていきましょう。
また部屋には他にも5人のメイドがいて
直接プレイには参加しませんが色々な罵声で心を責めてくれます。

「この可愛い顔を 情けないアヘ顔にしてさしあげますから」
レイコはそのおしとやかな声に似合わずかなりの淫乱。
主人公のことが相当に好きだったのでしょう。
女性となった彼女を隅から隅まで愛します。
レズモノとは思えないほどにプレイがハードなのが本作品の魅力の一つです。

「ほら 出しなさい やらしくべろーって」
それを象徴するプレイの一つがフェラチオ。
とある薬の力で生やしたレイコのおちんちんをこちらが舐めます。
女体化音声で挿入される作品はそこそこありますが
フェラチオを要求されるものは正直ほとんどありません。
当然射精は口の中、精液は飲み込むように命令されます。
男では一生味わうことのない背徳的なプレイと言えるでしょう。

「シズカと3人で抱き合いながら 一緒に天国へ参りましょう」
最もハードなプレイは一番最後の2穴同時受けでしょう。
ここでは同じくおちんちんを生やしたシズカが参戦。
おまんこをレイコに、アナルをシズカに犯されます。
2人が交互に何度も中出しをしてきますから
一緒に刻まれるカウントに合わせて快感を高めていってください。

ちなみに作中で絶頂シーンは12もあります。
全部に合わせるのではなくて高まったタイミングで挑戦するのがいいでしょう。

このように、音声作品としてもなかなかお目にかかれないプレイがたっぷりと楽しめます。



雰囲気を楽しむ作品
サークルさん自身が催眠ボイスドラマと言われているように
催眠状態になってあれこれ操られて気持ちよくなるよりは
意識をぼやけさせた状態で作品の世界に身を入れて楽しむ作品です。

エッチシーンでもシズカからそこそこ暗示を入れられますが
それよりもレイコとのエッチの様子を描写するほうに力が入れられていますので
ある程度こちらで自主的にイメージしたほうが楽しめると思います。
女性に滅茶苦茶に犯されるプレイにかなりの個性を感じました。
M度が高いほどのめり込めるでしょう。

催眠はストレートに催眠状態へと持っていってくれます。
やや個性に欠けるようにも思えますが、エッチが色々と突き抜けていますし
それを考えて敢えて大人しく作られたのかもしれません。
女体化は変身ではなく変化するような形で描かれています。

エッチはふたなりの女性に犯されまくるかなり面白いプレイです。
レイコとシズカが射精する際に鳴る音がかなり下品でゾクゾクしました。
アナルを責められるシーンもそこそこあるのがいいですね。
アナルは男女共通ですからかなり感覚を得やすいのではないでしょうか。
くちゃ音多め、淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声少々です。

途中でメインの話し手が交代する点を考慮してやや低めに設定しましたが
他ではなかなか聴くことのできないエッチがかなりの魅力を持っている作品です。
ここに興味を持った方が聴く分にはかなり満足できると思います。

CV:レイコ…彩瀬ゆりさん シズカ…伊東もえさん メイド…織田リコさん、涼貴涼さん、ゆづきひなさん
総時間 1:47:29


オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

サークル「サイクロンミント」さんの無料の催眠音声作品。
女体化音声で有名なサークルさんですが、今回は女体化しない作品です。

タイトルに入っている「変態」と「パンツ」この2つの単語をクローズアップしており
聴き手は女性のパンツを身に着けて、お姉さんに変態と罵られることになります。
といっても、入手するのは色々と厳しいものがあるでしょうから
手に入らない方は、ボクサーパンツなどの肌に密着するものを履いてください。

プレイだけを見るとハードに感じるでしょうが
実際の雰囲気はお姉さんのキャラのおかげで至ってマイルド。
子供をあやすような感じで語り掛けてくる彼女に見守られながら
気持のよい射精を迎えることになります。



独特のアクセントが脳を蕩かせる
お姉さんに優しく罵られながらオナニーをするお話。

「へ・ん・た・いさん ねぇ変態さん 変態さんってば」
お姉さんはおっとりした声の女性。
「気持ちよくなりたい」そんな主人公の願いを叶える前に
きちんと女性の下着を履いているかを確認します。

お姉さんは全編を通じて関西弁で話します。
その柔らかな声に独特のアクセントが合わさることで
聴き手は大きな癒しを感じることでしょう。
雰囲気的にはお姉さんよりお母さんの方が近いかも。

催眠は22分30秒ほど。
まずはお馴染みの深呼吸と脱力で心身をリラックスさせます。

「目を左に動かして 目を閉じて 息を吸ってー」
深呼吸はただ呼吸をするだけではなく
同時に目を開閉したり動かしたりするやや珍しいタイプです。

結構お姉さんが矢継ぎ早に指示を与えてくるため
その通りに実行し続けるのはちょっと大変かもしれません。
そう思った方は深呼吸だけしっかり行うようにしましょう。

「気持ちいい 私の声に包まれると 気持ちいい」
その後はカウントに合わせて心と体を沈めながら
お姉さんの声を体に染み込ませていくことになります。
聴いていると心が満たされるような優しい声をしていますから
聴いていて気分を害することはまずないはずです。

お姉さんの声の特徴を生かして、ゆったりと進められる催眠です。
最初の深呼吸以外は体を動かすこともなく、声を聴くことだけに集中できます。
後半に淫語やエッチなイメージを登場させて
本番前に軽く興奮させるのは特徴的だと思います。



視線と言葉を股間に感じながら
エッチシーンはおよそ11分間。
プレイは言葉責めとオナニーになります。

エッチな効果音はありません。
セルフはもちろん有りです。

「なーにその恰好 ほんまに女の子の下着 身に着けてるんや」
女の子のパンツ1枚になった主人公を見たお姉さんは
色々な言葉を浴びせかけることで、彼の羞恥心を煽っていきます。

「ほら 変態 変態 変態 ド変態 へ・ん・た・いさん」
本作品はタイトルにも入っている「変態」を、お姉さんがたっぷり言ってくれます。
感度を上昇させるためのトリガーキーワードのような扱いですね。

ただ口調はとても穏やかで、主人公を汚らわしいと感じるよりは
「もう、しょうがない子ねぇ」と、悪い子をやんわり叱りつけるような調子ですから
そこまで心が傷つくことはないはずです。

「見せれば見せるほどに興奮する 解放感がたまらない」
また、お姉さんは主人公に「見ている」ことを度々意識させます。

「彼女に見られている」恥ずかしさをイメージし
「彼女にもっと見られたい」と心に願うことで、興奮度はより高まるでしょう。
視線を意識することは、エッチにおいて結構大きな効果をもたらすと私は思います。

「変態 変態 変態 変態 変態」
最後は彼女の視線を感じ、言葉を浴びせかけられながら絶頂を迎えます。
「変態」の一つ一つを股間で感じ、心を開放することができれば
いつもより気持ちの良い射精感が得られることでしょう。

このように、プレイはややアブノーマルながら
温かい雰囲気に満ちたエッチを楽しむことができます。



新しい快感に目覚めるかもしれない作品
変態入門用の作品と言えます。

プレイ自体は割とノーマルなのですが
敢えて女性の下着を履かせることで、背徳感が一気に増します。
オナニーを履いたままやらせたり、下着の中に射精されるのもポイント。

「やってしまった」という後悔が湧くか
それとも「やってやったぞ」という一線を越えた達成感が湧くか
このへんが自分の変態度を知る一つの物差しになるかもしれません。

催眠はリラックス部分をやや駆け足にして
その分後半でエッチな気分を増幅させるようにしています。
ある程度の深さまではいけるのではないかなと。
関西弁によるアクセントの違いはそこまで気になりません。

エッチはタイトルの2つの単語が上手に使われています。
フィニッシュはできればパンツにそのままぶちまけてほしいですね。
その方がずっと気持ちよくなれます。

「これで入門かよ!」と思う方もいるでしょうが
世の中にはもっとぶっ飛んだ作品もありますので…

CV:織田リコさん
総時間 39:13

サイクロンミント
http://b.dlsite.net/RG13573/



サークル「アイロンウェアー」さんの同人音声作品。
添い寝をしながらの手コキ、という
かなりシチュエーションの限定された作品集です。

タイトルにある「癒らし」の通り、ややソフトに作られています。
「ゆっくり落ち着いた雰囲気で、たっぷり甘えながら射精を迎えたい」
そんな願いを叶えてくれる5人の女性が登場します。



タイプの違う5人が手コキ
寝ている主人公に対して、女性が添い寝しながら手コキをしてくれるお話。
タイトルのまんまです。

本作品には5つのお話が収録されており
それぞれに違ったタイプの女性が登場します。
大別すると、たっぷり甘えさせてくれるママ、イチャラブな幼馴染
健気な黒髪和服の妹、意地悪系なお姉ちゃんと後輩といった感じ。
1話あたりの時間は15~19分と手ごろな長さです。

3人の声優さんが演じていることもあって、シチュは同じであっても
別々の作品として楽しめるようになっています。

意地悪系にカテゴライズした2人については
あくまで他3人に比べたら意地悪というだけであって
音声作品全体で考えるとかなり甘い方です。
だから、どぎつい言葉を浴びせられるようなことにはなりません。

「ママのおっぱいに甘えちゃって まるで赤ちゃんみたいでちゅね」
一方、甘えの面はかなり強化されており
特にママパートは、まるで赤ちゃんに戻ったかのように
たっぷり甘えさせてくれます。



ゆっくり、じっくりとした手コキで射精に導かれる
エッチシーンの時間は各話によってまちまちで、10~15分程。
プレイは基本的には手コキのみです。

ただママパートだと母乳を飲ませてくれたり
幼馴染パートだとキスをしたりなど
キャラごとに僅かながら別のプレイが追加されています。

「いいよ お姉ちゃんがすっきりさせてあげる」
手コキは手にローションを塗り、少し温めてからおちんちんに触ります。
その際、くちょくちょという粘液質の効果音鳴り、場を盛り上げてくれます。

まずは非常にゆっくりとしたペースで亀頭をマッサージ。
「ちっちゃくって 皮かむりで 早漏の敏感おちんちん」
主人公は全員包茎という設定のため、亀頭は非常に敏感です。
女性達は痛い思いをさせないように
ゆっくりと大事な部分を刺激してくれます。

後半になると若干扱く効果音のスピードが上がります。
それでも一般的な手コキのスピードにはまだ及びません。
どのパートもゆっくりじっくり責めていく感じで
彼女達とお話をしながら、少しずつ気分を盛り上げていき
最後に一気にスパートをかけて
勢いのある、気持ちいい射精をさせてくれます。


射精1分前くらいにラストスパートがかかりますが
それでやっと普通の速さといったところ。

「ぴゅっぴゅ どぴゅどぴゅ ぴゅくぴゅく ぴゅー」
最後はどのパートも手の中に発射。
射精の瞬間は声優さんが口で射精音を言ってくれます。
そして、主人公が気持ちのよい射精を味わえるように
射精が始まってからも
出し終えるまでゆっくりとおちんちんを扱き続けてくれます。



シチュがツボに入る方ならかなりはまれる作品
やはりこの作品の評価の分かれ道は
「添い寝+手コキがどれくらい好きか」でしょう。

5つのパターンを用意することで、聴き手の層を広くしてはいますが
基本、手コキ以外のプレイはおまけ程度です。
また、射精後の精液を女性が飲み込んでくれることはありませんし
おちんちんのお掃除もタオルで行うなど、とてもソフトに作られています。

ただ「女性に見届けられながら射精する」というシチュにはかなり惹かれました。
淫語は雰囲気を壊さないようにと、比較的ソフトな言葉が使われています。

個人的には黒髪和服な妹のパートが一番印象に残りました。
静かな佇まいの、とても礼儀正しい女性が
とてもとても優しく、実の兄の竿と鈴口を刺激してくれます。

そして、兄に話しかけるときは非常に恭倹なのに
「びくんびくんって お返事して おりこうさんですね」
兄のおちんちんには、まるで弟に対するかのように接する
そんな可愛さも持ち合わせています。

本作品の体験版は、各パートごとに平均4分の音声データと
本編の台本がまるまる収録されています。
作品の雰囲気を掴むのに十分すぎるボリュームと言えるでしょう。

CV:織田リコさん、涼貴涼さん、桃華れんさん
総時間 1:27:51


オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります



サークル「みるーじゅ」さんの同人音声作品。
甘えたい人にとっては憧れかもしれない「幼児プレイ」をテーマとしています。

社会に出るとやっぱり精神的に疲れる、癒されたい。
そう少なからず思っている方は多いことでしょう。
本作品に登場する先生方は、園児である主人公を不快にさせないよう
誠心誠意おちんちんのお世話をしてくれます。



大人の保育園 それは男の理想郷
大人の保育園に入った主人公が
ママや先生方にエッチなお世話をしてもらうお話。

本作は4つのお話に分かれており、それぞれが独立していますから
通しで聴く必要は特にはありません。

各話で演じている声優さんが違うおかげで
話し方やプレイを比べて楽しめるのがいいですね。
ちなみに、1話当たりの時間は16~22分といったところです。

主人公が幼稚園児という設定もあって、登場する女性は全員お姉さん系。
シーン4の先生だけちょっとロリっぽくはありますが
基本的には大人な声で演じられています。
年上大好きな方だと特に楽しめることでしょう。

「今からママが ボクちゃんのおちんぽ掃除をしてあげまちゅね」
幼児プレイを強く印象付けるために
先生方は主人公に対し、本当の子供に接するかのような話し方をしてきます。
「子供のように甘えたい時もあるけど、やっぱり世間体とかあって恥ずかしい」
そんな方は主人公を自分に置き換えて、あやされる様を想像してみてください。



フェラを中心とした比較的ソフトなエッチ
プレイは全パートにフェラがあり、それ以外は手コキとSEX
SEXはシーン4のみということで、全体としてみれば割とソフトな内容です。
またプレイ時の効果音はありません。

「先生が キミのおちんちんを こすってあげるね」
大人である女性が子供に接するというシチュのため
基本的には先生側が主人公にご奉仕をする流れになります。

先生は主人公に対し、まるで腫れ物に触れるかのように
本当に優しく接してくれます。
包茎でチンカスだらけ、しかもオナニー後のティッシュのカスが残っているような
汚いおちんちんでも褒め称え、嫌な顔一つせず愛おしそうに舐めてくれます。

またまるで奴隷であるかのように、主人公の要求には絶対服従。
おっぱいを舐めたいと言えば舐めさせてくれるし
精液を飲んでほしいと言えば、おいしそうに飲み込んでくれます。

ただし要求は別段命令ではなく
あくまで最終的には先生方が進んで行う事になりますから
これといって背徳感が沸くわけでもありません。
むしろ「ここにいる間だけは彼らの好きなようにさせてあげたい」という
彼女達の愛情を感じます。

肝心のエッチシーンについては、フェラ中心ということで
ちゅぱ音をたっぷりと堪能できることでしょう。

表面を唇と舌でなぞるような、リップ音の多いフェラや
おちんちんを奥まで咥え込み、やや苦しそうに扱きあげるようなフェラなど
バリエーションもそこそこあります。

SEXシーンは時間的に8分程度と短めながら喘ぎ声が多め。
「おちんちん上手 おちんちん上手でちゅ」
大きな園児におまんこを貫かれると、みる☆くるみさん演じる先生が
一方で褒め称えながらも、小動物の鳴くような可愛い喘ぎ声を上げます。



あやされながらイかせてくれる作品
セリフの内容や演技に、幼児プレイが徹底されています。
幼児プレイ未経験者が雰囲気を掴むのにも向いていますし
経験者が聴いても、それなりに楽しめるクオリティを持っていると言えます。

全シーンにフェラがある、というのは作り手のこだわりなのでしょう。
プレイが被っていることを考えれば
日を分けて1話ずつ聴いた方が新鮮に楽しめると思います。

個人的にはシーン2が一番気に入っています。
処女/非処女は不明瞭ながらも、まだほとんど男を知らない女性が
主人公の求められるままにおちんちんを咥え、精液を飲み干す。


「ほら ちゃーんと 全部飲んだよ」
精液特有の味や喉越しにむせながらも
相手を傷つけまいと振る舞う様子が印象的でした。

プレイ内容的に物足りなく感じる方がいるかもしれません。
でも幼児プレイなら、これくらいが丁度いいのではないかなと。
淫語は一般的な作品と比べると、やや多いくらい。
みるーじゅさんの他作品と比べると少な目です。

CV:野中みかんさん、みる☆くるみさん、織田リコさん、伊吹雫さん
総時間 1:12:56


オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ