同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:綾坂めろ

   ● リレースクリプト2016
   ● 眠れない夜のための安眠音声
   ● [Enquete]
   ● [Halloween-DinnerParty]
   ● 通常版催眠音声


黒子ごっこさんで公開されている無料の催眠音声作品。

今回紹介する作品は、色っぽいお姉さんの催眠で声に反応する操り人形に変えられた後
それを使って性感を高め、絶頂する催眠音声らしいエッチを楽しみます。

6名の製作者が1つのシナリオを協力して作り上げているのが大きな特徴で
統一されたテーマ性を持ちつつ所々で作者さんらしいアプローチがされています。
現在のところ男女合わせて6名の読み手さんが音声化されてますから
好きなバージョンを聴くのはもちろん、他のバージョンと聴き比べてみるのもいいでしょう。

今回はるのあさんのバージョンを聴いてのレビューをお送りします。
声に反応しやすい心と体へ
お姉さんに人形化の催眠をかけられ、声だけで何度もイカされるお話。

「あなたは「催眠術」に興味はありますか?」
お姉さんは色っぽく落ち着いた声の女性。
自己紹介など前置きにあたる部分はすべて省略し
日常生活に潜んでいる催眠っぽい体験に関するお話を始めます。

本作品はkuroko.さんという催眠音声の製作者さんがtwitter上で主催し
それに賛同した他の製作者さんとリレーをする形でひとつのシナリオを作り
後日何名かの読み手さんが音声化されました。
今回参加された製作者さんは以下の通りです(敬称略)。

Yanh(Hypnotic_Yanh)、tareme(F・A・S)、あのん(Tuberose kiss
MarKuS(.␣(Dot-Space))、蓮れい(Lotophagos)、kuroko.(ftnr×kuroko.ぷろじぇくと

作者名の横にあるリンク先を見ていただければわかるように
男性向け、女性向けの両方で活躍されている方ばかりです。
催眠音声は1~2名程度の少数でシナリオを書くケースがほとんどなだけに
ここまで多くの方々が協力して催眠音声を作るという試み自体が非常に珍しいです。

催眠はおよそ12分30秒間。
最初は我々が日常的に体験している催眠の感覚を彼女が具体的に説明し
それをイメージしながら声に耳を傾けリラックスします。

催眠と聞くと自分とは縁遠いものに感じる人もいるでしょうが
実は人間なら誰もが毎日のようにそれに近い体験をしています。
よく例に挙げられるのが楽しいことをしていると時間があっという間に過ぎ去ってしまう感覚です。

「うーん そうですねー では高速道路で運転している時 同じ景色ばかり見てボーっとしちゃったこととか…無いですか?」
彼女もわかりやすい例を用いて催眠が身近なものであることを教えてくれます。
催眠慣れしている人ならこれだけでも軽くボーっとするでしょうね。

「今からほんの少しの間だけでいいから 私の言葉に耳を傾けて 集中して下さい」
また彼女はお話をしながら適度に自分の声に集中するよう呼びかけます。
ヘッドホンあるいはイヤホンをつけて聴いていれば声は自然と耳に入ってきますから
無理に意識しなくても音声を聴いていれば勝手にそうなります。
ですからあまり身構えずリラックスして聴くのがいいでしょう。

声を聴く心の準備が整ったところで彼女は体が温かくなる、あるいは力が抜ける暗示を入れ
こちらをさらに深い催眠状態へと導きます。

「そう 私の声があなたの耳に入って鼓動を揺らすたびに そのエネルギーは優しい熱へと変わり あなたを温める」
「私の声があなたの全てを上書きしていく そう あなたは私のお人形 私が全て塗りつぶしちゃったから」

最初は単なるコミュニケーションの手段と思っていた声に対して
聴いていると妙に気分がいいとか、心地よく感じる人がきっといるはずです。
彼女もそう感じてもらえるように声に関連付けながら暗示を入れています。
そうやって声に反応しやすい心と体に作り変えてくれるわけです。

声への集中力を高め、それ維持しつつ上手に暗示を入れるシンプルな催眠です。
聴き手を声に操られる人形にすることを目的に
まずは軽いお話で催眠への疑念を解くと同時に両者の信頼関係を構築し
声への興味を引きながらよりリラックスできる言葉を投げかけます。

時間が短いのでどちらかといえば経験者向けの催眠だと思います。
しかし序盤の心の掴み方や中盤以降の暗示の入れ方はかなりの大衆性があります。

何より面白いのが複数の製作者さんが共同でシナリオを書いてるのにもかかわらず
聴いててそこまで大きな違和感がないことです。
言い回しに多少の違いはあっても催眠の流れや使用している素材は統一されています。
製作時間もかなり短かったようですし、そういったハンデを考えれば十分な完成度を誇ると言えます。
自分の行為に羞恥を感じながら
エッチシーンは20分ほど。
プレイは声による絶頂、記念撮影です。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「ほうら どんどん快感が込み上げてきますね じくじくとした黒い快感が とめどなく湧き出てきますね」
催眠を使って主人公を自分の声の虜にしたお姉さんは
引き続きそれを使って感度を高め、射精とは違うオーガズムへと導きます。

エッチは肉体的な刺激を一切与えず暗示やイメージだけで気持ちを高めます。
先ほどの催眠で育ててきた声に対する印象を活用したプレイをしてますから
うまく催眠に入っていれば自然に体が熱くなり、股間がムズムズする感覚が湧いてくるでしょう。

「今の自分 アヘ顔人形の姿を もっと鮮明にイメージして そうすれば ほら ますます気持ちよくなる」
「アヘ顔ダブルピース? 本当に無様 本当にふしだら 本当にみっともないね そう そうすることで あなたの快感はますます強くなっていく」

もうひとつの大きな特徴はこちらが羞恥を感じるポーズを取らせ
それによって性的興奮を促してくれること。
彼女は途中でアヘ顔になったり、股を開いてダブルピースをする指示を出します。

Mな人なら実際にやってみるといい感じに興奮できるのではないでしょうか。
催眠とは打って変わったやや変態的なプレイが繰り広げられています。

「0! 0! 0! 甘い快感が電流のように体を駆け抜けて あなたはイく! …もう頭の中は真っ白 意識の全てが漂白されて何もわからない」
終盤の絶頂シーンも3回続けて行うややハードなものです。
1回ごとに別の製作者さんが担当されていることもあり
それぞれで多少違う快感が味わえるかもしれません。
私個人は一番最初が最も強く大きな快感を得られました。

このように、それなりのM性を持った催眠音声らしいプレイが楽しめます。
声の力を活かした作品
声に対するイメージを軸に据えた比較的オーソドックスな作品ではありますが
ところどころで製作者さんたちの持ち味が垣間見える面白い部分も持っています。

お姉さんは主人公が声だけで気持ちよくなれるように
最初から声への興味を引き、それに関連付けながら様々な暗示を入れます。
そしてエッチも声で性的興奮を高め、絶頂へと追い込みます。
6名の作者さんが思い思いに作られたとは思えないほどテーマ性がしっかりしています。
私はこの部分に最も感銘を受けました。

そして細かな言い回しやエッチのプレイ内容に個性が見られます。
アヘ顔ダブルピースはその最もわかりやすい例です。
ただし、いきなりそれを持ってくるのではなく前後の調整もしたうえで行っています。
どの作者さんも聴き手に違和感を与えないよう気をつけながらシナリオを書かれています。
作風は違っても根幹的な部分は皆さん同じなんだなってすごく思いました。

エッチは引き続き声でイカせる流れにスパイスとして多少の変態要素を加えています。
絶頂シーンは全部で3回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

同人活動をそのまま具現化したような極めて個性的なスタイルの作品です。
興味を持った方は男女を問わずお試しください。

CV:るのあさん、三森愛乃さん、綾坂めろさん、ftnrさん、豆腐屋ジョニーさん、想さん
総時間 41:12(読み手さんによって多少前後します)

黒子ごっこ
http://kur0k0kk0.blog.fc2.com/blog-entry-75.html

Have a sweet time.さんで配布されている無料の催眠音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、声も態度も温かい癒し系の女の子が
催眠を使って主人公を安らかな眠りに導きます。

シンプルな技術をテーマや目的に合わせてアレンジしているきめ細かな作りが特徴で
彼女はいきなり眠らせるのではなくまずは眠りやすい環境を整え
それから聴き手が催眠を深めながら自然と眠れるようにサポートします。
適度な疲れを感じながら安らかな眠りへ
女の子に安眠できる催眠をかけてもらうお話。

「どうしたの? 寝れないの? それとも 私に寝かせて欲しくなったのかな?」
女の子は甘く温かい声の女の子。
なかなか寝付けない主人公に声をかけると
催眠を使って彼がぐっすり眠れるお手伝いをします。

本作品は20分程度の短い時間の中
軽い運動や深呼吸でしっかりとリラックスし
それから彼女に抱かれるイメージをしながらゆっくりと眠りにつきます。
ちなみに女の子は自分の恋人や家族などを自由に当てはめていいそうです。

今まで主に催眠音声の読み手として活躍されていた綾坂さんが
今回はシナリオも担当し、聴き手がいい気分で眠れるよう工夫しながら催眠を施しています。
作りはかなりシンプルなんだけど細かな言葉使いやアプローチがやや個性的です。
雰囲気作りにもこだわってますし、聴いた感じでは眠りやすい作品だと思います。

催眠はほぼ全編にあたる20分間。
最初は手や全身に力を入れたり首を軽く持ち上げ、彼女のカウントに合わせて脱力します。

「全部の力が一気に抜けて だらーんと脱力する 力が全部抜ける」
「枕に頭が沈み込む 頭を上げる前より 枕に頭が沈みこんでるのを実感できるよね」

脱力した直後にそれを促す暗示を入れるだけでなく
彼女は1回ごとに今の状態を確認するセリフを投げかけたり
小話を挟んで聴き手の心に余裕を持たせてあげます。

力を入れる時間も苦しくない程度にきちんと抑えられてますし
直後に十分な休憩時間が与えられてますから
適度な疲労とリラックス感の両方が得られるでしょう。
聴き手の状態をしっかり見ながらできるだけ相手に合わせる形で催眠を進めています。

個人的には脱力の際に刻まれるカウントの演技も印象的でした。
シーンや数字ごとに声のトーンとスピードを微妙に切り替え
聴いていると自然と力が抜けたり眠くなる雰囲気を作り上げています。

他にも後になるほど話すペースを緩め、セリフの間を長く取っていたりと
演技の面でもこだわりを感じる部分がいくつも見られます。
様々な部分が練られている作品だなと。

お次は休憩がてらに少しの間深呼吸をし
短いカウントで一度目を開け、同じくカウントに合わせて目を閉じ催眠を深めます。

「呼吸をしていると 頭の中がからっぽになっていく 頭の中がからっぽになると 頭はふわふわ かるーくなっていく」
「すとんと落ちる 気持ちのいい ふわふわした 眠りの世界に落ちていく 眠りへと落ちていく」

運動をした後なので深呼吸が普段よりもずっと心地よく感じるでしょうね。
彼女もその感覚を強く味わってもらえるようにと暗示で上手に後押しします。
そして直後のカウントで体の重さ、心の心地よさがさらに強くなるのを感じるはずです。
暗示を入れるタイミングや表現も的確ですんなり催眠に入ることができます。

そして最後は彼女が主人公の体にそっと手を置き
しばらくすると優しく抱いて人の温もりを与えながらゆっくりと眠りに導きます。

「指と指が絡み合わせて 手と手が密着する そう これ 恋人繋ぎって言うんだったね」
「このまま2人で 一緒に寝ようね 一緒に寝れて 幸せ 大好きだよ 大好き」

ここでは暗示で体に温かさを感じさせるだけでなく
彼女がそばにいて触れ合っているイメージも交えて癒しを与えてくれます。
気分良く眠るには心と体の両方が安らいでいるのが一番です。
だからこそ、聴き手がそう感じられるように優しい言葉をかけています。

このように、巧みな技術と癒される雰囲気で眠らせる催眠が繰り広げられています。
心も体もぽかぽかしてくる作品
初めて作ったとは思えないほど完成度が高く効果的でもある作品です。

女の子は主人公が心安らかに眠れるように
まずはわざと筋肉を硬直させて軽い疲労を誘い
その後から主に古典系の技術を使って少しずつ眠りたくなる気分にさせます。

ベースは古典なのですが細かな言い回しやアプローチに現代催眠の技術も使われており
それが安眠にとって必要な柔らかさ、穏やかさを醸し出しています。
言われた部位を意識して脱力する一般的な分割弛緩法よりも自然な脱力ができますし
後半のスピーディーな深化や彼女に抱かれるイメージも安眠に効果的と言えます。

あとはやはり演技ですね。
どのシーンもどういう風に声をかければ聴き手が受け入れやすく感じるかが考えられています。
ご自分でシナリオを書かれたから最適な演技ができるのでしょう。
お声もすごく良くて聴いてるだけでも幸せな気分が湧いてきます。

寒い季節にぴったりな温もりを感じる作品です。
無料ですので興味のある方は是非お試しください。

CV:綾坂めろさん
総時間 21:10

Have a sweet time.
http://mero313n.blog.fc2.com/blog-entry-31.html

Have a sweet time.さんで公開されている無料の催眠音声作品。

今回紹介する作品は、街中で出会ったお姉さんのアンケートを受けながら
その声に従う喜びを感じたり絶頂する不思議な体験を楽しみます。

質問形式で催眠やエッチを進めていく変わったスタイルが取られており
彼女はすべての質問に「はい」「いいえ」のどちらかを同意させながら
催眠に入ったりエッチな熱が高まってくるよう巧みに誘導します。
アンケートに答えていたはずが…
お姉さんのアンケートに答えていくお話。

「あのー すみません よろしければ 今から簡単なアンケートにご協力頂けませんか?」
お姉さんは明るくてお淑やかな声の女の子。
たまたま近くにいた主人公に声をかけると
アンケートとしてイライラしたときにどうやって解消するかを質問します。

本作品は彼女が何らかの質問をしてくるシーンが多数盛り込まれており
そのすべてに対して「はい」か「いいえ」で答える形で物語が進んでいきます。


解除を除いた総時間47分に対し、質問は全部で100問。
およそ30秒に1問と言えば相当に多いのがわかっていただけるはずです。
まさに質問責めと呼ぶに相応しいテーマに沿った内容です。

「あなたは今、私に出会う前よりも落ち着いた気分になっていますか?」「はい」
ですがすべての質問に対し本当に自分で考えて答える必要はありません。
彼女の質問を聴き、その直後に言ってくる答えを頭の中でチェックするのが基本スタイルです。
いちいち考えていたらテンポが悪くなりますし、何より頭を空っぽにしにくいですからね。
そしてこの「質問(=暗示)に同意する」ことが催眠にとって非常にプラスに働きます。

催眠はおよそ20分間。
最初の質問「イライラしたときの解消法」への答えとして
まずは声に合わせてゆっくりと深呼吸をします。

「息を吐くと 緊張による余計な力や 中に溜まっていたイライラ モヤモヤした気持ちが 一緒に吐き出されて なんだか 落ち着いた気分になりますよね」
アンケートを始める前の準備運動的な位置づけなだけあって
彼女は明確な質問は敢えてせず、呼吸に合わせて同意を求める言葉を投げかけてきます。
「今日は暑いですよね?」と言われると「今日は暑いですか?」よりもなんとなく否定しくく感じないでしょうか?
そうやって彼女は少しずつ自分の質問を受け入れやすい環境を整えていきます。

手始めに彼女がしてくる質問は現在の状況確認。
深呼吸をして適度にリラックスしている今の感覚を確かめながら
聴き手が催眠に入りつつあることを遠まわしに自覚させます。

「もしかして 少し眠たくなってきましたか?」「はい」
「ほら 「はい」に向かって意識が広がって 頭の中を塗り潰していく その衝撃で頭がゆらゆらしてしまうような錯覚を覚える」

ここで面白いのがアンケートの問いや答えの直後に必ず念押しをしてくることです。
「あなたは眠くなってきている」という質問に対して同意する=自己暗示と
念押し=後追い暗示の2段構えの形式
を取ることで
彼女の言った通りの感覚へと効果的に誘導してくれています。

簡単に言えば同じ内容の暗示を方向性を切り替えながら重ねて入れてるわけです。
しかも表現を変えながら何度も質問をしてくるのだから効かないわけがありません。
このあたりから体の不自由感がだんだんと強くなってきます。

「つまり あなたは私に質問されただけで感じて悦ぶ 変態マゾなんですか?」「はい」
「そう 私に質問される事に快感を感じる 明らかに異常な変態」

そしてその後はこれから行うエッチの準備として
彼女の質問に答えることに快楽を覚える暗示を入れていきます。

本作品のエッチは質問責めですから、それをどう感じるかはとても重要です。
だからこそ彼女はキーとなる質問は繰り返し言ってそうなりやすくしています。
断りにくい言い回しの質問を使って徐々に聴き手の心を動かしていく。
他の作品ではまず見られない非常に個性的な催眠が繰り広げられています。

テーマに沿って質問と答えを提示しながら進めていく面白い催眠です。
お姉さんの言葉や質問を前向きに受け入れられる心を育てることを目的に
軽くリラックスさせてからは常に質問をしながら催眠が深まるよう誘導しています。

暗示の内容自体は催眠音声で割と見かけるものが多いのですが
そのすべてが質問形式で投げかけられていること
さらに聴き手に必ず回答=同意を求めている斬新な表現方法が光っています。

「こういうやり方があるのか!」と正直唸りました。
催眠としてきっちり成り立たせているのがさらに素晴らしいですね。
脱力する暗示はあまり入れてこないので、この時点ではいまいち実感できない人もいるかもしれません。
ですがこの後のエッチで妙にムラムラする面白い感覚が湧き上がってきます。
質問だけでイかされる心地よさ
エッチシーンは24分ほど。
プレイは質問責めです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「これから あなたをもっと質問責めにしてあげますから その快楽に溺れて 震える姿を見せて 私の事を愉しませて下さい」
度重なる質問で主人公を催眠状態へと導いたお姉さんは
ちょっぴりSっ気を見せながらさらなる質問で彼を快感に身悶えさせます。

エッチは引き続き質問形式で進められます。
ここまでで随分な数の質問に答えてきたように思えるでしょうが
実はこの時点での質問数はたったの20程度。
つまり催眠とほぼ同じ時間で約4倍の質問を彼女が繰り出してくるわけです。

「快感が溜まり続けて 爆発してしまいそうですか?」「はい」
「私に質問されただけで快楽を得るなんて 酷い性癖…」

序盤の質問はマゾ心の開花を促すものがメイン。
先ほどまでと同じく質問と回答をセットにし、それに対するコメントとして軽い言葉責めをしてきます。

ちなみに本作品では明確な性差を感じさせる表現は一切登場しません。
ですから男性にとってはやや温い印象を受けるでしょうが
裏を返せば暗示だけでイク催眠特有の感覚に特化していることを意味します。
「全然エロくないんだけどなぜかすごく気持ちいい」といった具合の不思議な感覚です。

「ほら またあなたの奥底から快感がぞわぞわ這い上がってきているの 感じちゃう?」「はい」
「全身埋め尽くされて滅茶苦茶にされちゃう?」「はい」

プレイ開始から10分ほど経過したあたりから彼女の責めがパワーアップします。
今まで必ず入れていた念押しのセリフを省き
質問責めと呼ぶに相応しい、ひたすら質問を重ね続けるスタイルへと変化します。

内容も性的快感が湧き上がってくるとか、イキたくなるなどドライオーガズムに関連したものばかり。
だけど彼女は絶頂する許可をなかなか与えてくれません。
そうやって焦らしながらドライに必要な快感の蓄積をしきりに促します。
ちょっぴり意地悪で効果的なアプローチだと思います。

「快感が一瞬で沸騰して ぼこぼこと体内を駆け巡って 質問責めで溜まった異常な快楽で全身ガクガク震えながら 意識ブッ飛ばして壊れちゃえ!」
そうして我慢に我慢を重ねた後でようやく絶頂の許可が下ります。
これまでとはまるで違う強い語気とスピーディーな追い込み暗示に釣られて
股間の熱やムズムズが一気にこみ上げてくるのを感じました。
正統派のドライを的確に誘発している質の高いフィニッシュと言えます。

このように、ひたすら質問しながら絶頂させる変わったエッチが繰り広げられています。
声や言葉が持つ力を思い知らせてくれる作品
すべてを質問に絡めながら行っている極めて斬新な作品です。

お姉さんは主人公に声だけでイかされる快感を味わわせるために
まずはアンケートに答えさせながらしっかりと催眠に落とし
それからやや嗜虐的な質問をぶつけ続けて心を高ぶらせようとします。

何をするにも必ず質問している非常に変わった展開もさることながら
催眠音声としても十分良いと言えるレベルの品質を持っていることに驚きました。
彼女の暗示を抵抗無く受け入れ、自分からそうなりたいと思えるように
質問する際の細かな言い回しがきちんと考えられていています。

個人的にすごく面白いと思うのがすべての質問に同意を求めていることです。
催眠では彼女の言葉を無意識的に受け入れる良い材料になってますし
エッチはドライの感覚を反射的に引き起こすトリガーとして有効に機能しています。

他にも催眠の序盤は「はい」と「いいえ」を交互に答えさせて意識を揺さぶってきたり
エッチの終盤は「はい」を答え続けさせて彼女の言いなりになった気分を味わわせてくれます。
質問の内容に加えて回答パターンも目的に合わせて変化させているところが素晴らしいです。

エッチは18禁と呼ぶのが躊躇われるほど表現がソフトです。
それに引っかかる要素は言葉責めの「変態」と絶頂時の「イク」くらいしかありません。
でもドライを多少なりとも経験している人なら割と普通にイケます。
淫語ごくごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

テーマ・進め方・プレイの内容などすべての要素が新鮮味に溢れている作品です。
作品としての面白さがずば抜けて優れてますから興味を持った方は是非ともお試しください。

CV:綾坂めろさん
総時間 49:02

Have a sweet time.
http://mero313n.blog.fc2.com/blog-entry-21.html

kuroko.さんが読まれたバージョンもあります
http://kur0k0kk0.blog.fc2.com/blog-entry-68.html

[Halloween-DinnerParty]

サークル「.␣(Dot-Space)」さんの無料の催眠音声作品。

本作品は今の時期にぴったりなハロウィンをテーマに
パーティーの料理に作り変えられて食べられる快感や幸福感を味わいます。
総時間のほとんどを催眠誘導に費やす催眠に特化した作りをしており
お姉さんと食材を買いに行ったり料理するイメージをしながら
暗示を使って少しずつ催眠の世界へと引きずり込んでくれます。

エッチはよくあるプレイとはまったく違い
食事の風景をストレートに描いて無意識的な反応を楽しみます。



ハロウィンの雰囲気を大事にしながら進められる催眠
かぼちゃのスープになってお姉さんとその娘たちに食べられるお話。

「あら お待ちしておりました あなたが お手伝いの方かしら?」
お姉さんは落ち着いた声の女性。
ハロウィンパーティーの手伝いにやってきた主人公に対して
今回の仕事の内容を軽く説明してから2人で一緒に買い物に出かけます。

催眠は2パート43分ほど。
ジャック・オー・ランタンの仮装として事前にかぼちゃを頭に被せられてから
かぼちゃの中に炎が揺らめく様子をイメージします。

「そのきらめく光を発しているのは あなたの意識の炎 魂の炎」
実際にかぼちゃを被っているかのようなやや反響する声で
彼女は「ゆらゆら」と炎の揺らめきを擬態語であらわしながら
まずはその炎が聴き手の意識とリンクしていることを強く印象付けてきます。

最初の時点だといまいちピンと来ないかもしれませんが
十分な時間を使ってじっくりとそう感じるように彼女が誘導してくれます。
だからあまり気にせず作品の雰囲気を感じながらリラックスしてみてください。
また声の音響効果は長時間聴いていても頭が痛くなりにくいレベルに弱めてあります。
しばらく聴いていると眠くなるとか、頭がぽわぽわする感じがするでしょう。

「お鍋の中は まだからっぽ 意識を広げられるスペースが沢山ある あなたの頭と同じ」
買い物を終えて家に戻ったところでいよいよ料理作りに取り掛かります。
今回の料理はかぼちゃのスープ。
空の鍋に鳥の骨、かぼちゃ、ミルクの順に入れる様子を描きながら
鍋と聴き手の意識をリンクさせて催眠状態をさらに強めます。

「お鍋とシンクロした あなたの頭の中も 骨を一つ置くたびに ずん ずんと重みを感じていく 意識が 押しつぶされる」
「ほら 頭の中に カボチャがごろごろ 一つ置くたびに ずぶずぶと頭が重たくなって 意識を広げられるスペースが、さらに減っていく」

カウントを数えながらそれぞれの素材を1つずつ入れていくのを聴いていると
頭が妙に重くなったような気がするかもしれません。
それは彼女が聴き手の無意識に働きかけるような言い回しをしているからです。

「あなたの意識は消え 私の言葉に従う ほら 混ぜる 混ぜる 私と一緒に 混ぜる 頭の中を くるくる混ぜる」
そして最後は満杯になった具材に火をかけてじっくりとかき回します。
何度も繰り返される「ぐるぐる ぐるぐる」という声を聴きながら
根気よく何度も入れられる暗示に頭の中がぐらぐらと揺れる思いがしました。
そうやって彼女は声に従うことに幸せを感じるよう心を誘導していくわけです。

テーマであるハロウィンパーティーの準備を進めながら
主にイメージを利用して段階的に催眠状態を深めてくれる催眠です。
料理の手伝いとして主人公が呼ばれた背景をできるだけ崩さないように
一緒に買い物に出かけたり料理を作るイメージをさせながら
「意識がぼやける」「頭の中がとろける」といった催眠に入る/漂う感覚を刷り込んできます。
催眠と世界観との親和性が非常に高くて浸りやすさを感じました。

催眠の技術面についてもイメージだけでなく沈黙法や揺さぶり法を織り交ぜながら
シーンに適した表現を駆使して焦らずゆっくりと進めてくれます。
一気に落ちるのではなく、ずぶずぶと沈んでいくような感覚が味わえるでしょう。
中が空洞のかぼちゃに入った炎や鍋を例えに用いて
どうイメージすればいいのかをわかりやすく伝えているのもいいですね。

目的となるかぼちゃスープ化についても十分な深さにまで持っていき
きちんと声に従える環境を整えてから行っていてとても丁寧です。
ネタの面白さだけでなく催眠音声初心者にも比較的取り組みやすい催眠だと思います。



無邪気な声でむしゃむしゃ
エッチシーンは5分30秒ほど。
プレイはお姉さんと娘に食べられるです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「うん、お腹ぺこぺこー!」
「早くご飯たべたーい!」
「ええ 特別な料理をたくさん作ったわよ すぐに準備しましょうね」

お姉さんの催眠によってかぼちゃスープそのものになった主人公は
彼女と3人の娘に代わる代わる食べられて気持ちよさと幸せを感じます。

エッチはフェラやSEXといった性行為は一切行わず
彼女たちに食べられる様子を聴いて楽しみます。


ちなみに食事は4人が会話を交えながら咀嚼音を鳴らす演出がされており
「彼女たちの体内に吸収されると幸福感が湧いてくる」などの直接的な暗示は入りません。
しかし料理の最中に何度もそう感じるよう仕向けられていることもあって
催眠の入り具合によっては体が熱を帯びるとか、心が盛り上がる場合もあるでしょう。

事前の誘導をしっかり行って、あとは聴き手の無意識に任せているように思えます。
娘たちのちょっぴり行儀の悪い唾液音にゾクッとする人もいるかもしれませんね。
皆さんの好きなようにこのプレイを楽しんでみてください。

このように、他ではあまり見かけない独特なプレイが繰り広げられます。



個性的だが堅実な作品
エロよりも催眠に入る、催眠状態に漂う感覚を重視している作品です。

ハロウィンにちなんだキャラを登場させるだけではなく
実際にパーティーの準備をしながらそれらにうまく催眠を取り入れることで
作品の世界に引き込むのと同時に催眠状態も深めてくれます。
暗示についてもあれこれ詰め込もうとせず内容を数個に絞り
それを何度も叩き込みながら確実にそう感じてもらえるように誘導します。

いきなりがっつりくるタイプではないので
経験の浅い人だと最初は催眠に入っているのが実感しにくいかもしれません。
しかし後半の材料を鍋に入れるシーンや具材をかき混ぜるシーンまで行くと
頭の中を何かがうねっているような違和感を覚えるようになります。
そんな普段とは明らかに違った感覚、それこそが催眠に入った感覚です。

催眠は序盤にかぼちゃの炎をイメージさせてきた時点で凝視法と予想していたのが
まったく違った展開になってそれ以降のめり込むことができました。
イメージもできるだけ具体的にを心がけながらわかりやすく伝えてくれます。
全体的にすごく丁寧に行ってくれているなと。

エッチは誰得催眠製作所さんの「ちょこれーとになっちゃう催眠音声。」みたいに
エッチな表現を使わず雰囲気だけで絶頂へと導きます。
かなりレベルの高いプレイなので人を選ぶ部分もあるのですが
時間が短いですし催眠だけでも十分に楽しめます。
ちなみに明確な絶頂シーンはありません。
ちゅぱ音(咀嚼音)そこそこ、淫語ごく僅か、喘ぎ声はありません。

まさしく今の時期にぴったりな作品です。
催眠状態そのものを楽しみたい人が聴くのに一番適していますが
そうでない方も無料ですので是非一度お試しください。

CV:ftnrさん、三森愛乃さん、綾瀬桂吾さん、綾坂めろさん
(後ろの3人はエッチシーン以降で登場します)
総時間 1:03:16

Dot-Space
http://markusdotspace.blog.fc2.com/blog-entry-11.html

Have a sweet time.さんで配布されている無料の催眠音声作品(全年齢向け)。
癒し系催眠音声の読み手をされている綾坂めろさんのサイトです。

こちらはとある企画でkuroko.さんが書かれた台本を綾坂さんが読まれたもので
名前の通り聴き手により安らかな眠りを提供します。
安眠音声の中には深呼吸や脱力をさせて意図的なリラックス状態を作り出すものもありますが
本作品はそれとはまったく別のアプローチで自然な眠りへと誘ってくれます。



自分のリラックスできる環境を整えよう
お姉さんの話を聞きながら眠りにつくお話。

「この音声は あなたの睡眠の質を向上する お手伝いを目的として作成しています」
お姉さんは素朴で可愛い声の女の子。
事前にこの音声を聴く際の簡単な心構えを説明してから
早速聴き手に眠気を起こさせるためのお話を始めます。

催眠はほぼ全編にあたる13分30秒ほど。
まずは彼女に軽く質問を受けるような形で現在の状況を確認します。

「布団のふかふか シーツのさらさら 枕に沈む 頭の重さを感じられますか?」
「今のあなたの状態は いつも眠りについている時と 同じ体勢でしょうか?」

寝る時に使用しているベッドや枕、シーツの感触は
そこで寝るのが当たり前になっていますから、普段それほど意識することはありません。
だからそれらを再認識してみると
質感だとか心地よさがいつもとなんだか違うように感じられるはずです。
そして「今自分はベッドで寝ている」のを改めて実感することになるでしょう。

「寝ている人の呼吸は どうなっていますか? そんなに速く 呼吸はしていないですよね?」
今の自分を取り巻く環境を確認した後、今度は自分自身の呼吸に目を向けます。
呼吸は普段無意識的にするものですが、意識でも制御できる不思議な行為です。
無理に遅くしようとする必要はありませんが、少し意識を向けるだけでも
なんだか気持ちがすーっと安らぐのを感じるでしょう。
そうやって聴き手自身の体内からリラックス状態を引き出す形でお話は進みます。



電車に揺られながら心地よい眠りの世界へ
十分に眠りに入る状態を作り上げたところで
お姉さんは一気に話題を転換して電車の中でスマホをいじる時のお話を始めます。

「でも 電車が進むにつれて ガタン ゴトンっていう 心地いい揺れに ぼーっとしちゃったりして」
スマホを日常的に利用している人にとっては何気ない行為で
それは何気ないからこそとても心が落ち着く行為でもあります。
そんな中、電車がリズミカルに心地よい揺れを体に与えてくれる。
多くの人が体験している=無意識に感覚が宿っているイメージをわかりやすく描くことで
その気持ちよさをダイレクトに誘発し、更なる心地よさを全身に広げていきます。

「いつの間にか うとうと うとうと 徐々に 瞼が おもーく感じられてきて 徐々に 徐々に 視界が狭くなっていく」
リラックスの要素はイメージだけではありません。
お姉さんはこの段階に入ると一気に声のペースを下げて、とても眠そうに語り掛けてくれます。
彼女の声につられて眠気を催す人がきったたくさんいるでしょう。
これ以前の話し方との落差がとても大きく、余計にその感覚が伝わりやすくなっています。

「うとうと うとうと 次第に意識が 飛んでいく」
そして最後はその話し方を維持したまま、やや遠回しな暗示で直接眠りへと導きます。

作中で「催眠」を一度も使わなかったり、お姉さんの言い回しが指示的でなかったりと
極力催眠っぽさを排しながら、彼女が声でサポートする形で眠らせる柔らかい催眠です。
音声を聴いている時点で寝る意思が明らかであるのを考えて
あまり余計な入れ知恵をせず自然なリラックスを生み出すように進めています。

実際に聴いてみると他の安眠系作品とはかなり違った印象を受けるでしょう。
「眠らされる感」が無いとでも言えばいいのでしょうか。
暗示の表現がどれも柔らかくとても受け入れやすいものになっていますし
適度に同意や質問をするセリフを設けて興味や注意を引いているところも見事です。



シンプルだが奥深い作品
被暗示性が低めの方でも割と効果が見込める万人向けの作品です。
眠気を感じる暗示を入れるのではなく、聴き手の無意識に眠っている諸々の感覚を釣り上げて
そこから眠くなるように導くスタンスがとても催眠らしくて感心しました。

最初の段階で彼女が「お手伝いをする」と明言しているところもいいですね。
彼女が眠らせるのではなく、こちらが寝るのを声で補佐すると言われた方が
押し付けられる感じがしなくて、その言葉も受け入れやすくなります。
実際その先の諸々のお話も本当にサポート的なものばかりで
信頼関係を維持したまま無事に催眠を終えています。

聴き手の呼称が「あなた」だったり、作中に性差を感じさせる表現も無いため
女性でも普通に聴くことができるでしょう。
時間的にもお手頃ですし、無料ですので興味を持った方は是非聴いてみてください。

CV:綾坂めろさん
総時間 14:50

Have a sweet time.
http://mero313n.blog.fc2.com/blog-entry-12.html

↑このページのトップヘ