同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:紅月ことね

   ● 女神の女体化催眠 -乳首オナニーで感じる女の子の幸せ-
   ● 意外と母性的なギャル姉に、愛され、囁かれ、襲われる
   ● お江戸しゃぼん物語 洗い屋 椿
   ● お姉さまのマゾ犬調教乳首オナニー
   ● ドスケベお姉ちゃんのイタズラ催眠
   ● すんどめない -射精管理官の射精管理-
   ● ヒプノリラクゼーション(再レビュー)
   ● ことね様のエロに特化した喘ぎ声10分~100円+税~
   ● ねむりのゆりかご ヒプノクレイドル
   ● あんしん・甘々おねショタ催眠


女神の女体化催眠 -乳首オナニーで感じる女の子の幸せ-

サークル「夢色パラダイス」さんの催眠音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、声も態度もあまあまな女神が
自分の犯した罪を償おうと男性に気持ちいいご褒美をあげます。

乳首オナニーに特化したエッチが最大の魅力で
服の上から乳輪を撫でる、乳首をこねるなど様々な指示を出して丁寧にリードします。
女体化要素は薄めですから乳首系のオナサポボイスと捉えたほうがずっと楽しめます。
女神でも間違いはあるの
女神に女体化催眠をかけられ乳首オナニーするお話。

「聞こえますか? …聞こえますか?」
女神はおおらかで優しい声のお姉さん。
主人公の心に直接語りかけて自己紹介すると、彼を本来の姿に変えるための催眠をかけます。

本作品は男性では味わえないタイプの快感を疑似体験させることを目的に
心と体を女性になりきらせてから特殊なオナニーに取り組みます。
彼は元々女性に生まれる定めにありましたが、彼女の手違いにより男性の人生を歩むことになりました。
罪滅ぼしのためにするサービスなのでM性を感じる部分は一切なく終始優しくリードします。

「まずは 右の乳首の乳輪 その外側を優しく 指の先で触ってみてください」
そして彼女はエッチでいじる対象を乳首に絞り込み
撫でる、擦る、引っかく、摘む、弾くといった様々な刺激を与えて気持ちよくします。

乳首特化の催眠音声と言えば「ちちのひ」シリーズが有名ですが、それ以外はほとんどありません。
時間も30分近くと長めに取られており、聴き手が飽きないよう変化に富んだプレイ構成にしています。

ただし、本作品の乳首オナニーは同人音声のオナサポとほぼ同じ作りをしています。
暗示を入れて感度を上げるとか、女性になった気分を膨らませるといったアプローチは特にしません。
どこをどういじるかやそのペースを指示することだけ頑張ります。

催眠に入ってるかどうかで感度や快感に違いの出にくいプレイをしてるので
ドライオーガズムを初めとする催眠特有の快感が味わえる可能性は低いです。
女体化催眠音声ではなく催眠つきのオナサポ作品と思ってください。
信頼関係とリラックスを大事にした催眠
一番最初の「女神との出会い」はドラマパート(約11分)。
二人が出会い、女神と主人公の事情を説明してからサービスの内容を教えます。

「自分の体を慰めることは 恥ずかしいことではありません」
「しっかりとした手順を踏めば 女性と同じような快感を得ることができるのです 味わってみたいですよね?」

彼女は彼を男性にしてしまったことを申し訳なく思ってるようです。
だから彼がオナニー大好きでも嫌な顔ひとつせず、むしろそれが当然と言って受け入れ
初めての乳首オナニーに不安がると「自分の言う通りにすればできますよ」と励まします。

催眠の技術と呼べるものは特にありませんが、催眠者との信頼関係を構築するのに役立ってるシーンと言えます。
女神のイメージにぴったりなおおらかな声と態度に癒しを感じました。

その後に始まる催眠は2パート30分間。
「準備運動」は催眠に入りやすくなるための準備としてストレッチや腹式呼吸をします。
ちなみにこのパートは椅子やベッドに座った状態で行います。

「まずは右から 息を吸ってー はい 息を吐きながら数を数えます」
両腕を上に上げたまま体を左右に曲げたり、足の裏を合わせてから上半身を倒すなど
ストレッチのやり方や体を動かすタイミングを女神が丁寧に教えます。
力を抜いた瞬間に暗示を入れるとかはせず純粋なリラックスを心がけてます。
被暗示性の高低に関係ない運動ですから筋肉のほぐれや体の温かさを誰でも感じるでしょう。

本格的な催眠に取り掛かるのは次の「女体化催眠」パートから(約18分)。
仰向けに横になって目を瞑り、全身が水面に浮かんでるイメージをしながら再度深呼吸します。
さらに水の中に体を沈めたりそこにある階段を上って目の前に見える光へ進みます。

「呼吸を重ねるごとに あなたの体は どんどん軽くなっていきます」
そして彼女はその様子を語りながら体が軽くなる暗示を何度も入れます。
本作品の女体化は女性像をイメージするとか部分ごとに変えていくといったアプローチではなく
男性の時よりも体が軽くなったことを実感させて変化した気分を膨らませようとします。

かなり遠まわしな女体化なので女体化催眠を数多く聴いてる玄人でも厳しいと見ています。
私の場合も体が軽くなった感じはしたのですが、心と体が女性になった感覚はありませんでした。

「私が10数えると あなたの体から 完全に力が抜け落ちます そして数え終わった瞬間に あなたは女の子になっているのです」
一番最後にある女体化の総仕上げもカウントを数えた後に女性になったことを告げるだけです。
技術やイメージを使って女性気分に浸らせてこその女体化催眠ではないでしょうか。
催眠誘導自体は割としっかりしてるのですが、本題にあたる女体化がこの内容ではさすがに弱すぎます。

十分にリラックスさせてからほんの少し女体化させる癒しに寄った催眠です。
聴き手の心と体を女性にすることを目的に、信頼関係の構築から始まってリラックス運動へと繋ぎ
最後のパートで自然物のイメージやカウントを交えた深化と女体化を行います。

時間に対する暗示の量が少ない関係でそこまで深く入れるとは思いませんが
体の軽さや心地いい感覚はそれなりに実感できます。
ですが最終目的にあたる女体化をクリアできてるかと言われれば私は首を捻ります。

女体化誘導が淡白なのに加えて心を女性化するアプローチをまったく取ってないのが痛いです。
彼女は催眠中に「エッチで気持ちよくなるには心も女性にする必要がある」と明言しています。
しかし実際は体の軽さや柔らかさの変化を多少意識させるだけで終わります。

彼が元々女性に生まれるはずだった背景を考えると
深化後に退行の暗示を入れ、一度赤ちゃんに戻してから改めて女性の人生を歩ませるようにすれば
キャラを活かしつつ心と体の両方を女性に変えられたと思います。
女体化への道筋ができてるのにそれを形にできなかったのはもったいないなと。
ソフトなものからハードなものまで
エッチシーンは26分30秒間。
プレイは乳首オナニーのみです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありになります。

「私と一緒に 女の子の気持ちよさを 体験しましょうね」
催眠を使って主人公を女の子に変えた女神は
服の上から乳輪を優しく撫でさせて男性の体との違いを楽しませます。

エッチは終始彼女の指示に従って乳首をいじり続けます。
前半の13分間はソフトな乳首オナニー。
乳輪だけをなぞるところから始まり側面から乳首に近づける、少しペースを上げる
上から撫でる、指で押し込むなど少しずつ刺激が強くなるように進めます。
ちなみに本作品のエッチはすべてシャツなどの薄い上着を着たまま行います。

「いきなりでは刺激が強いですから ゆっくり優しく触ってくださいね」
乳首未開発の人でも楽しめるようにどこをどういじるかはもちろん
いじり方のコツまで教えてくれるとても親切なリードです。
彼女が隅から隅までやってくれるので頭を空っぽにしたまま快感に集中できます。

「普段その場所に指を触れたとしても 何も感じないと思います ですが今は違う それが女の子の刺激なのです」
また彼女はプレイの合間に乳首が普段よりも敏感になってることを意識させます。
開発済みの人なら男性でも乳首で気持ちよくなれることを十分に理解されてるでしょうから
リードも含めてそうでない人を対象にしたプレイなのだと思います。

実際にやってみた感じでは普段との違いは特にありませんでした。
催眠音声のエッチは技術を使って気持ちよくするのが醍醐味ですし、もっと積極的に暗示を入れて欲しかったです。

対する後半は刺激の強いプレイが中心。
爪を立てて乳首を引っかく、弾く、摘む、これら全部といった責めを駆使してドライに追い込みます。

「全身に電気が流れたみたいな 頭から足先まで ピリピリくるような感じでしょうか」
プレイがハードになっても彼女の優しさはいささかも変わりません。
指の使い方やいじるタイミングをきめ細かく指示し、声を出したくなったら好きにしていいと言います。
前半が弱めだったからこそ、最中は軽い電流が走るような快感が味わえました。
未開発の人にもこれが当てはまるかはわかりませんが、少なくともくすぐったいだけではないはずです。

このように、後になるほど刺激を強くしていくオナサポ色の強いプレイが繰り広げられてます。
乳首未開発者向けの作品
女性の快感ではなく乳首の快感を追求してる作品です。

女神は本来女性に生まれるはずだった主人公にその快感を味わわせようと
ストレッチを織り交ぜた癒し系の催眠と乳首特化のエッチをプレゼントします。
ひとつのプレイを色んな方向から楽しませる作り、彼女の慈愛に満ちたキャラと柔らかいリード。
女神らしさを出しつつ新しい快感に目覚めさせる方向でプレイを進めます。

「また 女の子になって 気持ちよくなりたい時は いつでも私を呼んでください」
KUKURIさんや風呂井戸ソフトさんの影響が強いからでしょうけど
女体化作品はどうしてもM寄りになる傾向が見られます。
しかし本作品は完全ノーマルと言っていいほどすべての要素があまあまです。
オナサポスタイルでも意地悪なことはまったくしませんし本当に誰でも聴けます。

ですがテーマの女体化催眠については残念ながら上手くいってないと見ています。
女性に関するイメージを使ったアプローチをほとんどしないこと
心の女性化を匂わせるシーンがまったくないことなどが挙げられます。
エッチも女性ならではと言える要素が特に見当たりません。

「その気持ちよさの先に 何かがあることに気づくと思います それがドライオーガズムです 女の子だけの気持ちよさなのです」
個人的に最も気になったのがサークルさんの乳首オナニーやドライに対する認識です。
前項でも軽く触れましたが女神はエッチで「乳首は男性だと気持ちよくない」と言ったり
終盤に上のようなセリフを投げかけます。

勘違いされると困るのではっきり言いますと、ドライオーガズムは女性だけの気持ちよさではありません。
まとめWikiにも書いてあるように射精しないで絶頂することを意味します。
女体化させずにドライへ持っていく催眠音声も数多くあります。
有料作品で間違ったことをおっしゃってるのはさすがにまずいです。

ネガティブな表現を使うのではなく「男性の時よりもずっと気持ちいい」みたいに
ポジティブな暗示を入れる流れで進めていれば違和感がなくなったのではないでしょうか。
催眠パートも含めて今のままでは女体化がむしろ足枷になってるように思えます。

絶頂シーンは1回。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上のことから今回はこの点数とさせていただきました。

CV:紅月ことねさん
総時間 初回用…1:18:02 2回目以降用…59:18(前置きなどが簡略化されてます)

オススメ度
■■■□□□□□□□ 3点


体験版はこちらにあります

意外と母性的なギャル姉に、愛され、囁かれ、襲われる

サークル「Aggressive Measures」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、ノリが軽くて思いやりも強いお姉ちゃんが
大好きな弟に優しい言葉をかけながらエッチに甘やかします。

一線を越えることに躊躇する彼を気遣ってわざとソフトなプレイを提案したり
包容力のあるセリフと態度で女性に甘える気持ちよさと幸福感を存分に味わわせるなど
近親相姦から連想される重さや暗さを徹底的に排除した温かくて明るいエッチが行われています。

イメージを膨らませる、あるいは男心をくすぐるセリフが充実してますから
リアルな効果音も相まってオナニーのオカズに役立ってくれるでしょう。
お姉ちゃんの甘い誘惑
ギャルなお姉ちゃんと色んなエッチをするお話。

「ふー、気持ちよかった~! やっぱ、お風呂って最高だわー♪」
お姉ちゃんは砕けた口調で話す明るい声のお姉さん。
お風呂上がりにタオル一枚の格好でいることを弟に注意されると
自分の体で興奮してる彼のためにオナニーを手伝ってあげます。

本作品はこれまでごく普通の姉弟として一緒に暮らしていた男女が
ふとした出来事をきっかけに一線を越え、最終的には子作りSEXまでする様子を彼の視点で楽しみます。
近親相姦モノになるのですが背徳感を煽るアプローチは特にせず
おねショタならではの甘さや優しさを前面に押し出して丁寧にリードします。

「おねえちゃんが、かわいい弟の面倒をみる……、それってぇ……アタリマエのことっしょ?」
最大の魅力は彼女のキャラ。
ギャルらしく軽いノリで語りかけて童貞な彼の緊張や不安を解きほぐし
エッチに入るとやや下品なちゅぱ音と色っぽい吐息を積極的に漏らしてやる気にさせます。
そして彼が情けない姿を晒しても全部受け止めて安心感を与えます。

体への責めはもちろん、心への責めもしっかりやってくれるおかげで
勃起や性的興奮がしやすく射精シーンで気持ちよく抜けます。
プレイも十分ディープなのですが個人的にはセリフのほうにより光るものを感じました。
彼の喜ぶツボを的確に突くギャルらしい言葉責めを繰り出します。

もうひとつのポイントは弟の心情変化を描きながらエッチを進めること。
最初はお姉ちゃんの積極的な態度に戸惑いを感じてたのが
彼女やエッチの魅力を知るにつれて甘えることに抵抗がなくなり
最後のほうになると彼女を他の男に奪われることに危機感や嫉妬心を抱くようになります。

通しで聴いてみると二人の関係が徐々に変わっていくことに気づくと思います。
具体的には前半は彼女が彼を追い続け、後半はそこに彼が彼女を追う要素も加わります。
女性が男性に愛情を一方的に注ぎ続けるスタイルとは違い
お互いの心が姉弟からさらに深く繋がっていくのが感じられて感情移入しやすいです。

心と体をバランスよく責めるお姉ちゃんの母性漂うキャラと絆の変化。
特別な関係にある男女がより親密になる様子を甘くエロく描いた作品です。
セリフと音にこだわったエッチ
エッチシーンは4パート77分30秒間。
プレイはオナニー、ベロフェラ、乳首責め、キス、オナホコキ、耳舐め、SEX(騎乗位、正常位)、授乳です。
オナニー、オナホコキ、SEX、射精の際にリアルな効果音が鳴ります。

「1人オナニー、見られるの、とっても恥ずかしいけどぉ……、おねえちゃんと一緒だから……、さみしくないでしょ……?♪」
恥ずかしがる弟を説得し、椅子に座らせておちんちんを取り出したお姉ちゃんは
タオルを敢えて外さずに胸の谷間を見せつけて興奮を誘います。

エッチはどのパートも彼女がリードします。
一番最初の「お風呂上がりのムチムチギャル姉に指示され、見られながらオナニー」は
二人がエッチな関係になるきっかけにあたるパート(約15分)。
オナニー自体は彼の自由にやらせて彼女が体や言葉でオカズを提供します。

「お風呂あがりでぇ、バスタオル巻いてるだけの……、ほとんど裸なムチムチお姉ちゃんと体ぴたぁ~ってくっつけながらぁ……、きもちいいこと……してもいいよ?」
彼女は彼のことを相当に溺愛してるらしく、最初の段階からとても積極的にスキンシップを取ります。
しかし彼は姉弟でエッチすることにそれなりの抵抗があり、彼女のご褒美を拒絶する姿勢を見せます。
そこで全裸になってそのままの勢いでSEXに持ち込むといったことはひとまず避け
今回は彼が納得するレベルのプレイで妥協するわけです。

やってることは明らかに色仕掛けなのですが、彼に対する遠慮や思いやりが随所に見られます。
弟の性欲を解消してあげたい、でも彼の嫌がることは絶対にしたくない。
彼女の母性がプレイにもしっかり反映されていて雰囲気はとても温かいです。

「はぁい♪ぴゅっぴゅっぴゅ~~~~♪ どっぴゅぅううう~~~ん♪ おねえちゃんめがけてぇ、ぶっぴゅっぴゅうう~~♪」
しかしプレイのほうは抜きを非常に意識したものばかりです。
オナニーが始まると同時に粘性のある水音が流れ
彼の舌をフェラする時はねっとりしたいやらしくて激しいちゅぱ音を鳴らします。
そして射精シーンは効果音とセリフの両方でその様子を実況します。

遠慮ばかりしてたらギャルの良さが出ませんから、彼の許可を得た範囲内でエロく振舞ってくれます。
どのパートも効果音のレベルが非常に高いのも大きな魅力です。
オナニーとオナホコキで音の質感が明らかに違いますし、一部でセリフに合わせて音を鳴らす凝った演出もされてます。
オナニー+ベロフェラ、キス+SEXなど複数のエッチな音を同時に鳴らすシーンがいくつもあって実用性が高いです。

最大の山場は3番目の「ギャル姉に夜這いされ、愛され逆レイプ生セックス」パート(約22分30秒)。
オナニーやオナホを使ったちょっぴり意地悪なプレイで親密度を高めた後
お姉ちゃんはいよいよ夜這いの形で彼の童貞をいただこうとします。

「おねえちゃんはぁ、あんたが嫌だっていっても、ずっとそばにいるから……♪」
お姉ちゃんはいつだって自分の気持ちに素直です。
乳首をいじりながら甘い言葉を投げかけ、さらにこの前拒絶されたキスも試みます。
彼がそれをすんなり受け入れたところに心情の変化がしっかり出ています。
大事なプレイだからこそ、彼女は彼の心を傷つけないよう慎重にリードします。

「あぁん、おもらしでちゃう♪どぴゅどぴゅしちゃうぅう~♪ 大好きなおねえちゃんの色白でやわらかぁいエロエロの体に襲われたらぁ、一瞬で理性なんてなくなって、はらませ射精しちゃう~~♪」
「今日は、おまんこ中出し安全日♪だから……おねえちゃんの子宮に、むっちゅぅ~~ってちんちんつっこんでぇ、子宮口にちょくせつ、種付け汁……、どくどくどくぅって……そそぎこんでね……?♪」

SEXが始まった後も彼女の優しさは留まるところを知りません。
すぐに射精しないよう比較的ゆっくりペースで腰を打ちつけながら
彼の心の声を感情たっぷりに実況したり、多くの男性が心を揺さぶられるおねだりをして気持ちを盛り上げます。
これが前項で説明した「心への責めもしっかりやってくれる」のいい例です。

SEXを始める前に恋人同士になるやり取りを交わすおかげで
近親相姦のドロドロした空気がほとんど感じられず、年上の女性に甘やかされる気分だけを味わえます。
純粋なエロさもかなりのものですし、本作品の中で最も充実してるパートと言えます。

面白いプレイが登場するのは4番目の「ギャル姉ママとバブバブ幼児プレイ」パート(約17分)。
幼児プレイを扱ったAVを弟が持ってることに気づいたお姉ちゃんが
赤ちゃん言葉をしゃべりながらスリリングなSEXを楽しみます。

「~でちゅ」などの言葉遣いを続ける以外は普通の男女がするエッチに近いです。
彼女が彼を軽く貶してM心をくすぐってくるのでM寄りの人のほうが楽しめるでしょう。
体位を正常位にしてることも含めて、前のパートとの違いを意識しながらプレイを組み立ててます。

「ママがぁシャワーを先に浴びてぇ、ベッドの中で全裸で待たされてぇ、もう我慢できずにキュンキュンってうずいちゃってる肉オマンコにぃ、指をちゅぷぅっていれて、1人いじり始めちゃった所でぇ、彼が上から襲いかかってくるの♪」
「バブバブ~ママだいちゅき~って甘えながら、しろいおしっこどぷどぷお漏らししてぇ……、ママを、僕ちゃんのぉ所有物……♪にぃ、してくだちゃいね……?♪」

何より特徴的なのが最中に投げかけられるセリフ。
他の男とエッチしてる様子を細かく実況し、そのうえで危険日のおまんこに中出しするようおねだりします。
男性が潜在的に持ってる女性に対する独占欲、征服欲をくすぐるわけです。

彼女が実際にこういう体験をしてるかどうかは語られてませんが
自分の好きな女性が他の男に寝取られそうになったら誰だって嫉妬するはずです。
そしてこれは彼の彼女に対する愛情の強さを測るいい物差しになります。
男心を的確に突いた珍しくて効果的な言葉責めと言えるでしょう。

このように、登場人物の距離感や心情も交えた深くて抜けるエッチが繰り広げられてます。
思いやりに溢れた作品
お姉ちゃんと弟の気持ちがエッチを通じて自然と伝わってくる作品です。

お姉ちゃんはエッチに不慣れで恥ずかしがり屋な弟とより一層仲良くなるために
自分の体はもちろん、押し引きを兼ね備えた言葉も使って優しく優しくリードします。

優しさ、温かさ、母性といった様々な魅力を持つ彼女のキャラ
エッチに対する貪欲さが強く込められた下品で濃厚な責め
性的興奮だけでなく支配欲や嫉妬心まで掻き立てる言葉の数々。
18禁音声作品を構成する要素のすべてに耳を惹くものを持ったプレイをします。

「世界中みんなが敵になっても、あたしだけは、あんたの味方だよ……?わかった?♪」
彼女は最初から最後まで彼を一途に愛し続けます。
でも自分から愛情を注ぎ続けるだけでは彼を射止めることはできないしマンネリにもなると思い
途中でわざと意地悪に振舞ったり他の男の存在を匂わせて反応を見ます。

二人がご近所さん同士や学校の先輩後輩あたりの関係だったらここまでのことはしなかったでしょう。
血の繋がった姉弟だから、くっついた場合に色んな困難が予想されるから
こういう形で彼の覚悟を確かめたかったのではないでしょうか。
そして彼女自身も彼に強く愛されたかったのだと思います。
女性が一方的に甘やかし続ける一般的なおねショタとは明らかに違う部分を持ってます。

エッチは良いところを書いたらきりがないほど色んな美点を持ってます。
中でも感情移入のしやすさや効果音の質の高さが印象的でした。
「愛してる」とかの言葉よりも態度や行動で気持ちを伝えてくれるので重みがあります。
効果音も音を鳴らすタイミングやペースに気を遣っていてプレイをさらにリアルにしています。
作品独自のプレイやアプローチもあってすごく熱中して聴けました。

射精シーンは4回。
くちゅ音多め、淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

いい気分に浸りながら射精できる総合力の高い作品です。
以上を踏まえてサークルさんでは初の満点とさせていただきました。

CV:紅月ことねさん
総時間 1:29:12

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2017年9月22日まで半額の600円で販売されてます。

お江戸しゃぼん物語 洗い屋 椿

サークル「オレンジぷらねっと」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、吉原の遊女をしていたいなせな女性が
お金と引き換えに性欲旺盛な男性へ熱のこもったご奉仕をします。

江戸時代の世界観を大事にしながらエッチするのが特徴で
「肉壷」「ちんぽ汁」など片仮名を使わない淫語のみを使用し
プレイもタイトルのしゃぼん以外は道具を一切使わず純粋なテクニックで射精に導きます。
江戸時代のソープを疑似体験
洗い屋の店主「椿」からエッチなサービスを受けるお話。

「いらっしゃい あらあらお侍さん 見ない顔だね 初めてかい?」
椿は明るくてさっぱりした声の女性。
評判を聞きつけてやって来た主人公を明るく迎えると
緊張気味な彼の気持ちを会話で解きほぐしてから体を洗い始めます。

本作品は元吉原の遊女でとある事情からここに住むことになった彼女が
侍の男性に日を分けて手コキ、フェラ、SEXをします。
江戸時代が舞台になってるだけあってセリフの表現が純和風で統一されており
彼女の振る舞いにも上品な中に江戸っ子らしさが漂ってます。

「そのお茶? えっと40文 天ぷら蕎麦が食べられる? そうだねぇ」
話しぶりから始まってお金の呼び方、当時流行っていた食べ物
そしてプレイの内容など雰囲気をできるだけ崩さないよう気を配って作られてるのがわかります。
といってもエッチ自体は現代の風俗サービスにとても近く、実用性を意識した演出もされてます。
「一風変わった世界観を持つ抜きボイス」と表現するのが妥当な作品です。

今回のお相手を務める椿は強くて律儀な女性。
手洗いは500文、口洗いはそれプラス300文とサービスに合ったお金を請求する一方で
もらった後は男性が満足できるようにプロらしい責めを繰り出します。

「そう 白くて柔らかいだろう? …あんっ まだまだ吉原の下っ端遊女なんかに負けてないと思うよ」
彼女は今でこそボロ長屋に住んでますが遊女としてのプライドもきちんと持っており
プレイ中はおちんちんの弱い部分を的確に突いたり、男が喜ぶことをさせてあげるなど
相手を楽しませることを強く意識しながらリードします。
彼女自身も楽しんでる様子が見られますし、時代を反映して他人行儀な部分がかなり薄くなってます。
方向性の異なる3種類のエッチ
エッチシーンは3パート29分30秒間。
プレイは手コキ、フェラ、キス、乳首舐め、パイズリ、手マン、SEXです。
エッチな効果音はありません。

「さて そいじゃ 着物脱いだらふんどしほどいて そこに横になってね」
サービスの料金を告げ主人公からもらった銭を確認すると
椿は自慢のしゃぼんを使った手コキでおちんちんを勃起させようとします。

エッチはどのパートも彼女がリードします。
一番最初の「手洗い」は洗い屋が普段やってるプレイ(約8分)。
今で言うところのローション代わりに石鹸を使い最初はゆっくり、後になるほど激しくしごきます。

「ちんぽ しこしこ ぬるぬる」
タイトルにもなっている割と重要なシーンなのですが
効果音は特に鳴らさず「しこしこ」などの擬声語を使って実況する淡白なものです。
他のパートよりも事前のやり取りが長いおかげで実プレイ時間が短めですし
残念ながらこのパートに関しては実用性に欠けるというのが正直な感想です。

その部分が大きく改善されるのは次のパートから。
「口洗い」は手洗いで満足できなかった人だけにする追加のフェラ
「壷洗い」は女性の一番大事な部分でご奉仕する最も濃厚なプレイで精液を搾り取ります。

「ほら ここ 雁首 嬲るように舐めてあげる」
口洗いはちゅぱ音、壷洗いは喘ぎ声とエッチな要素のボリュームが時間に対して多く
特に口洗いは竿を舐める、カリ首を舌で小刻みに責める、金玉を頬張って吸うなど
プロらしい多彩かつ下品な音を積極的に鳴らします。

どこをどう舐めるか以外はほとんどしゃべりませんから
ちゅぱ音の品質も相まってプレイの様子がイメージしやすいです。
私個人は口洗いが本作品の中で一番抜けるパートと思ってます。

「あっ それっ 気持ちいい そこっ そこいいっ」
最後の壷洗いパートは彼から思いがけない大金をもらったのを受けて
今回に限り特別にお店では普段しないプレイを提供します。
熱いキスを交わしてからおっぱいを吸わせ、さらにおまんこを指や舌でいじるようおねだりするなど
彼に敢えて責める側に回し、自分は甘く切ない声をたっぷり漏らして興奮を後押しします。

実プレイ時間が10分程度しかないのにプレイの種類を多く盛り込んだ結果
SEX以外のプレイが軽くなってるのは残念ですが、純粋なエロさは時間分くらいあると見てます。

このように、女性の体や純粋なテクニックでもてなす古風なエッチが繰り広げられてます。
艶のある作品
当時にあった風俗サービスに近いエッチをする情の濃い作品です。

元遊女として小さな風俗店を一人で経営してる女性が
その噂を頼りに訊ねてきた男性と3度に渡るエッチをします。

当時の情勢を踏まえた雑談を織り交ぜつつほぼ自分の体だけを使ってもてなす展開
そして実用性を高めるためにちゅぱ音や喘ぎ声を多めに盛り込んだ作り。
世界観を大事にしつつ18禁音声の要所を押さえてサービスを進めます。

「ああそうだ 一緒に湯屋に行こうか?」
椿は確かにお金にうるさいところもあるのですが
もらった以上はしっかり働こうとする責任感の強い女性です。
店員よりも友達に話しかけるような砕けた口調も相まって和やかな雰囲気が漂ってます。
そしてプレイの合間に見せるプロらしさに遊女だった面影が窺えます。
結構キャラの立ってる作品と言えるでしょう。

肝心のエッチについては看板サービスにあたる手洗いが弱いことや
最後の壷洗いがやや慌しい点がどうしても気になりました。

しゃぼんは現代で言うところのローションに近い使われ方をしてますし
やはり効果音なしでこのプレイを表現するのは無理があるかなと。
あとは口洗い以降でしゃぼんがまったく登場しないのも引っ掛かります。

射精シーンは3回。
淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声いずれもそこそこです。

雰囲気は出てるのだけどサービスがやや弱いと判断し、今回はこの点数とさせていただきました。

CV:紅月ことねさん
総時間 40:53

オススメ度
■■■■■□□□□□ 5点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は6点。
41分で1000円とやや割高なので-1してあります。

2017年9月22日まで9割引の100円で販売されてます。
その場合の点数は7点です。

お姉さまのマゾ犬調教乳首オナニー

サークル「チューン」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、上品でSっ気の強いお姉さまが
普段とは違うタイプのオナサポでMな男性に新しい快感を教えます。

おちんちんには指一本触れず乳首だけをひたすらいじり続けるのが特徴で
前半は焦らし気味にゆっくりと、後半は激しくハイペースにとスタイルを大きく切り替えながら
いじり方をわかりやすく教えたり、擬声語でペースと強さを指示するなどきめ細かくリードします。

催眠暗示っぽいセリフを多めに言ってくれますから
催眠慣れしてる人のほうがより気持ちよくなれると思います。
M男に女性の快感を
お姉さまの指示に従って乳首オナニーするお話。

「あなたね、私にオナニーの指示をしてもらいたいっていうM男くんは」
お姉さまは穏やかでちょっぴり嗜虐的な声の女性。
乳首だけで絶頂したい願望を抱く主人公を嬉しそうに迎えると
プレイのルールを簡単に説明してからシャツと下着だけの格好にさせます。

本作品は普通のオナニーではもう満足できないMな人を対象に
彼女がおよそ50分に渡るきめ細かなオナサポでドライオーガズムへと導きます。
中盤あたりでパンツを脱ぐシーンがあるものの、おちんちんに触れることは一切なく
最初から最後まで色んな方向から乳首だけをいじり続ける尖ったプレイが楽しめます。
挿し絵のように彼女が脱ぐことはありません。

「下着の上から、乳輪をすりすり……すり、すり……。優しく、丁寧に……すりすり、すりすり。指を回すようにして、くるくる、くるくる、すりすり、すりすり」
そして彼女は乳首オナニー未経験者でも無理なくついてこれるように
いじり方はもちろん、使用する指、力加減やペースまで細かく指示します。
プレイ自体もバリエーション豊富で後になるほど強い快感が味わえます。

オナサポは音声作品における人気ジャンルとして様々な作品がありますが
その多くはおちんちんをいじるもので乳首に的を絞ったものはほとんどありません。
それを踏まえて彼女は「取り組みやすさ」を重視しながらプレイを進めます。

「乳首オナニーのコツは、継続した快感だから、あまり刺激に慣れちゃうと気持ちよくなれないの」
例えばプレイ開始直後は敢えて服を着たまま乳首の外側をいじらせ
ある程度時間が経ったら脱がせて今度は直に触り違いを楽しませます。
その後も乳輪を撫でる、指先だけで乳首をつつく、爪で軽く引っかく、二本の指で摘むなど
同じ刺激をだらだら与え続けない=飽きさせないことに気をつけてリードします。

また普段乳首をいじらない人は物理的な刺激だけでは気持ちよくなりにくいことを考慮し
後半に差し掛かると「変態」などの言葉責めを多くしたり、珍しいセリフを投げかけて心も盛り上げようとします。
新規さんのオナサポはいじることだけをひたすら頑張るケースが多いので
本作品のように心身をバランスよく責めてくれるのはありがたいです。

乳首だけを徹底的にいじるスタイルと変化に富んだリード。
個性だけでなく実用性にも力を入れた優しいオナサポ作品です。
独自要素を盛り込んだ丁寧なエッチ
エッチシーンはほぼ全編にあたる48分間。
プレイは乳首オナニーのみです。
エッチな効果音はありません。

「触りたい、って思ってる? だからこそダメなの。焦らして、焦らして、もう無理、ってなった時に触った方が気持ちいいの」
自分の指示には必ず従うことを主人公に了承させたお姉さまは
彼をベッドの上に寝かせまずはシャツ越しに乳輪をソフトに撫でさせます。

エッチは彼女に言われた通りに手や指を動かし乳首をいじります。
最初の10分間は本番に向けて心と体の準備をするシーン。
服越し→直接の順に乳首を避けるように指で触り、物足りなく感じそうになったところで爪で引っかくプレイを許可します。

「気持ちいいでしょ? まだすっごく弱くて微妙だけど、さっきとは違う確実な快感がある。シャツ越しに焦らしたからこそ、その快感があるのよ」
乳首で存分に気持ちよくなるには感度を高めることが重要です。
だから彼女は敢えて焦らす感じにいじらせ、同時に簡単な心得を教えて感じやすい環境を整えます。
乳首オナニーだけで48分はかなり長いほうですし、絶頂に向けて焦らずゆっくり進めます。

乳輪はそれほど敏感な部位じゃないのでくすぐったく感じる程度ですが
時折指の端が乳首に擦れてピリッとした鋭い快感が走ります。
いじるペースや強さも擬声語を交えて丁寧に教えてくれるのでやりやすいです。

乳首を実際にいじり始めるのはその後から。
すっかり勃起した乳首の先端をちょんと優しく触れるところから始まり
密着させて押し回す、腕を交差させて反対側を同時にいじる、爪を立てて断続的に弾くなど
後になるほどより強い刺激を与えてドライへと追い込みます。

「でも、本当に乳首だけで射精しちゃったら……私、笑っちゃうかも。だって、そんなおかしな男の人、今まで見たことないから。きっととんでもない変態ね、そんな人」
「背中にぞくぞくが走る。頭の中が快感でとろけてくる。何も考えたくなくなる。ただただ乳首をいじりつづけていたくなる」

プレイが切り替わるたびにどんなことをするのか教え
しばらくペースを取ったら言葉責めをぶつけ始める感じです。
またここからは下のセリフのような催眠暗示っぽい言葉もかなり言うようになります。

本作品は催眠誘導をしないので彼女が言った通りの感覚が湧いてくる可能性は正直低いですが
彼女にオナニーだけでなく感覚までコントロールされてる雰囲気を出す役目は果たしてます。
ちゅぱ音や喘ぎ声といったストレートなエロ要素を使わずに興奮させる独特な責めです。

乳首オナニーについては触れ始めた直後と爪や指で弾くプレイがかなり気持ちいいです。
特に後者は刺激が強いおかげで休憩中もじんじんした余韻が残ります。
強いと言っても傷みを伴うほどのことはしませんからMな人なら問題なく楽しめるでしょう。

そうやって心と体を十分盛り上げたところでようやく絶頂の許可が出ます。
1回目は乳首を強めにつねりながら単発で、2回目以降は色んないじり方を組み合わせて連続絶頂するスタイルです。

「あなたはただの豚よ。変態の豚。乳首オナニーでイキ狂う、ドマゾで、ド変態の豚。ほら、ぶひぶひ鳴いてみなさい」
ここまで来ると彼女は持ち前のSっ気を存分に発揮します。
彼のことを豚呼ばわりし、先ほどに引き続き感覚支配の暗示を小まめに入れ
イった後もノンストップでいじり続けさせる最もハードな責めを繰り出します。

さすがに全部のシーンで絶頂を迎えることはできなくても
途中で乳首を中心に体が痙攣するとか、股間にエネルギーが集まるといった感覚を味わう人はいると思います。
おちんちんをいじらなくてもイけるように口調とセリフの両方をパワフルにしています。

このように、後になるほど刺激を強くするテーマに沿ったエッチが繰り広げられてます。
刺激的な乳首作品
乳首オナニーによるドライを本気で見据えた個性的な作品です。

普段は優しいけど熱が入るとSっ気を見せるお姉さんが
最初から最後まできめ細かな指示を出しながら乳首だけをとことんいじらせます。

おちんちんに触れないどころか意識すらほとんどさせない尖った作り
快感に飽きないよう小まめにプレイを切り替えるスタイル、そして催眠っぽさを含んだ言葉責め。
テーマを大事にしつつ聴き手を絶頂へ追い込むための様々な工夫が見られます。

乳首オナニーは十分に気持ちいいのですが、それだけで絶頂まで持っていくのはなかなか難しいです。
だからオナニー以外の部分からも働きかけるようにしたのでしょう。
催眠音声では「ちちのひ」シリーズなど既に完成されてる乳首オナニー作品があるので
サークルさんがそこで使われてる要素を取り入れたのだと思います。

「弾ける。身体が跳ねる。全身の筋肉が勝手に躍動する。野獣の叫び声みたいな喘ぎが止められない。射精の何倍もの快感。身体全体が敏感になって、暴れる手足がベッドに触れるだけでも気持ちいい」
私がそう判断したのは一番最後の絶頂シーンで許可を出した後に上のセリフを言ってたからです。
催眠音声だとカウントの後に入る追い込み暗示にとても近い表現と使われ方をしています。

同人音声のオナサポでこういう言葉を投げかける作品はほとんどありません。
直前に「イケ!」と言い、絶頂開始後は無音になることが多いです。
あるいは「ぴゅっぴゅー」と言って射精の様子を実況しつつ応援するとかですね。

ただし、あれらは催眠誘導をして初めて成り立つプレイですから
本作品のようにエッチシーンで感度が上がる暗示らしきセリフを言うだけでは効果が薄いです。
このプレイをよりリアルにするなら事前に催眠をかけたほうがいいでしょう。
発想は面白いのだけど完成度の面でやや難があると見ています。

絶頂シーンは5回。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上のことから今回はこの点数にさせていただきました。
現時点で十分な個性を持ってるので今後どう成長されるのかがとても楽しみです。

CV:紅月ことねさん
総時間 51:50

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

ドスケベお姉ちゃんのイタズラ催眠

サークル「すたじお ちぇりー」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、優しくて悪戯好きなお姉ちゃんが
寝たフリをしてる少年に催眠をかけてから変わったエッチをします。

深呼吸をたっぷりさせながら軽い暗示を入れるリラックス特化の催眠
特定の音やカウントを起点に興奮と絶頂を促すエッチなど
年上の女性に優しく弄ばれる雰囲気を大事にした催眠音声らしいサービスを行います。

この作品はDMM専売となっておりDLsiteでは現在販売されてません。
今後発売される見込みもないようですから興味を持った方はDMMにてお買い求めください。
お姉ちゃんとするいけないお遊戯
お姉ちゃんに催眠をかけられ何度もイかされるお話。

「おーい おーい おーい 起きろ」
お姉ちゃんはやや男らしい話し方をする優しい声のお姉さん。
主人公の部屋に来たところ彼が寝てるので起こそうとすると
寝たフリをしてるとすぐさま見抜き、催眠を使ったエッチな悪戯を始めます。

本作品は肉親もしくは幼馴染あたりの非常に親しい間柄にある彼女が
無抵抗な彼にちょっぴり意地悪する形で催眠やエッチなサービスを提供します。
「ドスケベお姉ちゃん」と言われてるだけあってほぼすべてのシーンを積極的にリードし
エッチも前半と後半でスタイルを大きく切り替え何度も何度も絶頂へ追い込みます。

「あたしがお前に催眠術かけて すっごいいやらしいことしてやる」
セリフだけを見ると乱暴な印象を受けるでしょうが
口調は終始穏やかで高圧的に感じることはまずありません。
弄ばれてる雰囲気をより強く出すために敢えて男性っぽい部分を持たせた感じです。
無理矢理犯す展開にもなりませんし、聴き手を楽しませることを第一に考えながらプレイを進めます。

催眠はおよそ19分間。
仰向けに横になって目を瞑り、まずはお馴染みの深呼吸で心身を一旦落ち着けます。

「本当に眠ってるみたいに 眠ってるみたいに ゆーっくり」
彼が寝たフリをしてる状況を利用し寝てる時の感覚をイメージさせたり
息を吐くのに合わせて「力が抜ける」と軽い暗示を入れるなど
催眠に入るための環境作りを見据えて最中は色んな言葉を投げかけます。

本作品は催眠パートが19分、エッチは11分と深呼吸する時間が非常に長く
これらを続けてるだけでも胸のあたりがスッキリするとか、意識がぼんやりする感覚が湧いてきます。
催眠は意地悪な要素がまったくありませんからいい気分に浸って聴けるでしょう。

7分程度深呼吸を続けた次はいよいよ催眠状態を少しずつ深めていきます。
引き続き呼吸しながら彼女が手を叩くのに合わせて目を開き、しばらくしたら閉じるのを繰り返します。

サークルさんは半覚醒状態と催眠状態を往復させる揺さぶりを意図してやられてると思うのですが
1回目をやる際に目を閉じるタイミングが明確に指定されないこと
閉じたのに合わせて追い込みの暗示を入れてこないことから
このシーンで催眠に入っていく感覚が味わえる可能性は低いと見てます。
私の場合も深呼吸による眠気を軽く感じただけで体の重さや催眠特有の感覚はありませんでした。

深呼吸も合図はしっかりしてるのですがそれに合わせて暗示を入れる頻度が低く
結局のところ暗示を受け入れやすい状況を作ったところで終わってます。
この流れなら例えば呼吸の合図と暗示を入れる声をふたつに分け
それぞれがタイミングを取って語りかけていれば今よりもずっと深いところに誘導できたはずです。
「何のために深呼吸や目の開閉をさせるのか」を考えながら催眠を組み立てて欲しかったです。

ひたすら深呼吸を繰り返すリラックス特化の催眠です。
聴き手の心と体を骨抜きにし、お姉ちゃんが好きに弄べる状態にすることを目的に
最初から最後までほぼずっと深呼吸を繰り返し、その合間に脱力の暗示を入れたり目の開閉をさせます。

全体の流れは特に問題ないと思います。
ですが時間に対する暗示のボリュームが少なく、入れるタイミングも的確とは言えません。
催眠のキーとなってる深呼吸を有効活用できてないところも引っ掛かります。
彼女の目的を考えれば脱力にもっと力を入れてもよかったのではないかなと。

以上のことからあまりよくない催眠と私は考えてます。
最初は優しく、次は意地悪に
エッチシーンは38分間。
プレイは擬似手コキ、音による絶頂、上半身舐め、フェラ、お姉ちゃんのオナニーです。

擬似手コキ、オナニーの際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。

「今からお姉ちゃんが ご褒美をあげような」
催眠を使って主人公を抵抗できない状態にしたお姉ちゃんは
言葉と音を組み合わせた責めで体の感度や絶頂したい気分を盛り上げます。

エッチは終始彼女がリードする形で進みます。
前半の20分間はおねショタらしい甘やかすスタイルでの責め。
手コキっぽい音を鳴らしながらおちんちんが敏感になる暗示を入れ
ある程度準備できた後にカウントと心臓の鼓動音を組み合わせて最初の絶頂へと導きます。

「この音が聞こえるたびに お姉ちゃんがキスしてくれる おでこの奥が ムズムズして ジンジンして 気持ちよくなる」
「この音がするたびに お前の体の奥がキューッとなって 切なくなる」

このシーンでは彼女が彼の体に直接触れる描写がほとんどない代わりに
責められてるイメージを膨らませる音を適度に鳴らして興奮を後押しします。
特定の音をトリガーに感覚を操作する音モノっぽいプレイと思ってください。
心音以外の音は同人音声のエッチシーンで流れる効果音とほぼ同じで結構エロいです。

絶頂については心音が鳴った瞬間にイク暗示を事前に入れ
それから10あるいは5カウントをストレートに数えるシンプルなものです。
面白い試みだと思うのですが、残念ながらここも前後の暗示が弱い関係で効果が薄くなってます。
今回がまだ2作目なのもあるのでしょうけど、音やカウントといった素材を持て余してる印象を受けました。

それに対して後半は彼女の態度がややSへと傾きます。
心音でイクことを教え込んだうえで今まで通りカウントを数え、それを最後にわざと鳴らさなかったり
5秒程度ちゅぱ音を鳴らしてしゃべるのを繰り返す焦らし系のフェラで性感を限界ギリギリまで蓄積させます。

「イかせてもらえないたびに お前の中でムズムズしたものが溜まって 気が変になりそう」
プレイ自体は意地悪ですが彼女の態度は引き続きさばさばしてます。
言葉責めをしたり彼の情けない姿を嘲笑うことはありません。
前半よりも強い絶頂を味わわせるために敢えてこうしてると見るのが妥当です。

カウントを使った寸止めプレイがメインになるので、カウントを数えるシーンがとにかく多いです。
ただカウントは単に数えるだけだと催眠にとってそれほど意味のある行為にはなりませんから
回数をもう少し減らす代わりに「数が減るほど股間のムズムズが強くなる」など
カウントそのものに暗示を丁寧に入れることを頑張ったほうがより機能したと思います。

「オナニー気持ちいいっ チンポ チンポ好きっ」
最後の絶頂を迎える終盤だけはプレイの内容が大きく変化します。
これまでのプレイで我慢できなくなった彼女が彼に跨ってオナニーを始め
おまんこをかき回す音を鳴らしながらやや下品な淫語を連呼します。

最後まで意地悪に振舞ってたらおねショタらしさが崩れてしまいますし
二人で一緒に楽しんで締めくくる展開はとても良いと思います。

このように、優しさと厳しさが混在した催眠音声らしいエッチが繰り広げられてます。
シチュは良いのだが…
ワイルドな女性が自分なりのやり方で少年をもてなす穏やかな作品です。

お姉ちゃんは自分が来ても恥ずかしくて起きられない主人公を楽しませようと
まずはリラックスできる催眠を施して緊張をほぐし、それから緩急をつけた独特なエッチをします。

全編の半分近くで深呼吸を続けるスタイル、音やカウントといった催眠らしい要素を織り交ぜたエッチ。
おねショタの醍醐味である年上の女性が優しくリードする姿勢を維持しつつ
男女がする普通のエッチとは明らかに違うプレイで彼をドライオーガズムに導きます。

「また遊んで欲しかったら 何度でも戻ってきていいんだぞ? お姉ちゃんは お前のこと大好きだから」
彼女は自分となかなか上手く接することができない彼を可愛いと感じており
強引に責めたりせず言葉と体への刺激を組み合わせてじっくり気持ちよくします。
そしてエッチの終盤では我慢できずにオナニーを始める可愛いところも見せてくれます。
頼り甲斐があって女性らしさも持ってる魅力的なキャラに映りました。

催眠は暗示の扱いや表現が軽い点を改善した方がいいと思います。
深呼吸は催眠音声だと本当によく見かける行為ですが
サークルさんの実力や経験によってその品質に大きな差が出ます。
深呼吸をしっかりやること自体は問題ないので、今後の作品でそれをどう活かすかに期待したいです。

エッチは催眠音声だからこそできるプレイを強く意識してます。
中でもくちゅ音や心音に暗示を連動させるアプローチは珍しくて面白いです。
ただカウントは今のままでは闇雲に数えてるだけになってるかなぁと。
序盤の感度強化も「ムズムズ」「ジンジン」といった同じ単語を繰り返し言ってましたし
催眠パートと同じく暗示の表現力や幅広さを磨いていけばもっと良いものが生まれると思います。

絶頂シーンは10回。
くちゅ音それなり、淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声ごく僅かです。

以上のことから今回はこの点数とさせていただきました。
価格がたったの100円ですから興味を持った方はどうぞ気軽にお試しください。

CV:紅月ことねさん
総時間 1:07:43

オススメ度
■■■■■□□□□□ 5点

ドスケベお姉ちゃんのイタズラ催眠
体験版はこちらにあります


追記
ページがうまく表示されない場合は以下のコメントご覧ください。
http://doonroom.blog.jp/archives/36419653.html#comments

作品自体の点数は3点。
コスパが非常に良いので+2してあります。

すんどめない -射精管理官の射精管理-

サークル「カジハラエム」さんの催眠?音声作品。

今回紹介する作品は、男性が気軽にオナニーできなくなった世界を舞台に
可愛くて恥ずかしがり屋な女の子が体を使って射精を管理します。

同人音声と催眠音声の中間あたりに位置する作りになってるのが特徴で
一般的な催眠音声で行われる誘導や深化を明確な形ではやらずに
彼女と仲良くなったりエッチする様子に暗示を多少織り交ぜて臨場感を出してます。
あなたの精子、お恵みください
射精管理官のBeBe(ツービー)とエッチするお話。

「はじめまして。本日より、あなたの射精を管理する事になりました、射精管理官のBeBeと申します」
BeBeはやや幼さを感じる明るい声の女の子。
一等国民になった主人公の家にやって来て事情を説明すると
早速本日分の精液が欲しいとおねだりします。

本作品は少子化の加速に伴い現在よりも精子が貴重になった世界で
彼女が催眠要素を織り交ぜたおよそ1時間に渡るサービスで良質な射精に導きます。
タイトルの「射精管理」からM向けのプレイをイメージする方もいるでしょうが
この場合は射精させないのではなく、彼が無駄撃ちしないように回数を制限する意味で使われてます。

「自慰のような、射精のための射精からは永遠にお別れです♪」
彼女のキャラも事務的、あるいは高圧的なものとは程遠く
オナニーできない彼を満足させようと全身を使ってご奉仕します。
先ほど説明した設定がなければ純愛系のお話と言っても差し支えないほどに甘いです。
属性はノーマル~ややMあたりの人が最も向いてると思います。

もうひとつの特徴は同人音声と催眠音声のハイブリッドに近い構造をしてること。
二人がエッチを始めるまでに催眠誘導っぽいことを多少するものの
催眠状態を深めるアプローチや暗示がほとんどなく、リラックスさせるところまでに留まっています。
またその後に始まるエッチも催眠音声のそれとは随分違う表現がされてます。

私が聴いた時も催眠に類する感覚は特に得られませんでした。
ただ一部のシーンで催眠暗示っぽいことを言ってくるので
彼女が身近にいる気分がしたり、エッチが普段よりもリアルに感じる可能性はあります。

催眠をかけてあれこれ操作するのではなく、表現方法のひとつとして技術を取り入れてる感じです。
一般的な催眠音声とは違う方向性を持った作品であることをご了承ください。

催眠にあたるシーンはおよそ18分間。
簡単なやり取りを済ませ、これから彼の精液をいただくことに同意してもらったうえで
二人きりになれる豪華な部屋へと移動します。

「あたたかい、ヒトハダ。心から優しい気持ちになれます」
「体温に、意識が、(引っ張られます) 温もりに、意識を、(引っ張られます)」

そして彼女は手を繋いでる状況を利用して体が温かくなる暗示を入れたり
その合間に意識の力を弱める意味合いを含んだ言葉を投げかけます。
深呼吸やストレッチといったリラックス動作をやらずにいきなり入れてくるため効果は薄めですが
催眠音声の序盤で見られるセリフに似た表現なのも事実です。

部屋に到着した後にするのは心の準備。
深呼吸で部屋の新鮮な空気を取り込んだり、ベッドに一緒に寝て耳に息を吹きかけてもらいます。

「手を繋ぐよりも体温を感じられますけど、こうした方が、もっと…わかります…」
良質な精液を大量に出してもらうには心の充実が必要不可欠です。
だから彼女は彼を見下すことなく積極的に体を密着させて信頼を得ようとします。
先ほど体が温まる暗示を入れたのはこのシーンに臨場感を持たせたかったからかもしれませんね。
言葉よりも態度や雰囲気で彼女との一体感を伝えようとしています。

こんな風に暗示がちょこちょこ出てくるものの、催眠状態に導くのとは明らかに違うことをします。
音声の最後に解除音声がないことからサークルさんご自身にも誘導する意図はないのが見て取れます。
かといってまったく催眠ではないとも言い切れないので冒頭に「催眠?音声作品」と書かせていただきました。
射精に向けてたっぷりご奉仕
エッチシーンは34分ほど。
プレイはおちんちんの愛撫、フェラ、耳舐め、全身愛撫、SEX(騎乗位)です。

愛撫、SEXの際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。

「お洋服は必要ありませんので、このまま、脱がせてしまいますね」
会話と自分の温もりで主人公の心を落ち着けさせたBeBeは
彼の衣服を脱がせてからおちんちんを優しく刺激して勃起を促します。

エッチは終始彼女がリードする形で進みます。
最初の23分間は本番に向けて心と体を温めることを意識したプレイ。
おちんちんのソフトな愛撫から始まりフェラ→耳舐め→全身愛撫と多少焦らす感じに責めます。

「感動です…。改めて、あなたの射精を管理できる事に感謝…っ。本日は、わたくしにとっても、人生のメモリアル…」
精液が貴重になってるということは多くの女性がおちんちんを見たことがないのでしょう。
彼女も彼の立派なそれに嬉しそうな表情を見せ、感謝の気持ちを表しながらご奉仕を続けます。
おちんちんや精液をとてもありがたがってくれるので良い気分で聴くことができます。
この低姿勢っぷりも射精管理が持つM性を中和するのに役立ってます。

本作品のエッチはこの後始まるSEXシーンも含めて彼女の視点や内面を中心に描きながらプレイを進めます。
催眠音声では聴き手が主人公と感覚を重ねやすいように主観視点で語ることがほとんどですし
これも同人音声と催眠音声のハイブリッドと言える要因のひとつです。
イメージしやすいのだけど自分がエッチしてる気分には浸りにくいかなと。

「右と左、(舐め音)ふたつのお耳、(舐め音)ふたつの性器を、(舐め音)隅々まで…、(舐め音)余すところなく、(舐め音)舐めて」
プレイについては愛撫が滑らかな摩擦音、フェラと耳舐めはちゅぱ音を適度に鳴らしながら話します。
上のセリフのように2~3秒舐めてから少ししゃべり、また舐めるのを繰り返すことが多く
それぞれを固めてやるのに比べてエロさが落ちてる印象を受けました。
舐めてる最中にしゃべられないのは当たり前ですし、無理にセリフを挟まないほうが自然だと思います。

残りの11分間は本題となるSEXシーン。
彼女が上に跨ってすっかり濡れたおまんこを見せつけ
ゆっくり挿入してから速めのペースでピストンを繰り返します。

「腰がぁ…、勝手に…動き始めます…。感動を貪欲に求める、無意識の、グラインド。抑えられません」
「あ…ふン…っ。子宮口に当たる、あなたのおチンポが…っ。ヤバすぎ…。快感…、沸騰。あぁううぅぁあっあううぅ……ぁあっ」

おちんちんを大事な部分に受け入れて喜ぶ姿や、腰を積極的に動かし快感を貪る姿がエロ可愛いです。
暗示にあたるセリフは特にないものの、喘ぎ声をそれなりに漏らしてくれますからオカズにはなると思います。
絶頂後に幸せそうな息遣いで余韻を楽しむところも印象的でした。

このように、献身的な女性がじっくり射精に導く緩いエッチが繰り広げられてます。
臨場感を持たせたボイスドラマ
多少の催眠要素を含んだボイスドラマ作品です。

良質な精液を持つ男性の専属射精管理官に任命された女の子が
彼を縛りつけるのではなく楽しませるスタイルでエッチに取り組みます。

上下関係を一切感じさせず、思ったことを素直に言葉にする優しくてピュアなキャラ
そして1回の射精に向けて心のケアもしながら一体感のあるエッチをする展開。
Sな女性が意地悪しながら射精させるのとはまるで違うあまあまなサービスをします。

私も作品を聴く前はてっきりM向けのエッチをすると思ってました。
音声作品における射精管理は3~7日間に渡って実際にオナ禁したり
女性に射精の権利を奪われもどかしい思いをさせられるものが多いです。
しかしこの作品では性感や興奮をできるだけ溜めてから吐き出せるようにリードします。

タイトル通り寸止めは一切やらず最後もすんなり射精させてくれます。
ですからどちらかと言えばM性の低い人のほうが楽しめるでしょう。
エッチの内容や雰囲気も恋人同士がするのにとても近いです。

催眠についてはおまけと言っていいほどに存在感が薄いです。
エッチを始めるまでのシーンは先ほど説明した通りですし
エッチの最中も全身愛撫をする際に感度が上がる暗示っぽいことをほんの少し言う程度です。
この音声を聴いて一定以上の催眠状態に入れる人は皆無でしょう。

絶頂シーンは1回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

本来の催眠音声とは作りが根本的に違い効果も薄いこと
エッチシーンのセリフやプレイの表現方法に首を捻る部分があることから
当サイトでは以下の点数にさせていただきました。

CV:紅月ことねさん
総時間 57:11

オススメ度
■■■■□□□□□□ 4点


体験版はこちらにあります

追記
2017年7月31日まで2割引の560円で販売されてます。

ヒプノリラクゼーション

サークル「Ak Voice」さんの催眠音声作品(男女両用)。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第21回目は声も態度も穏やかなお姉さんが
「癒し」をテーマにした催眠とエッチで日々の疲れを取り除きます。

深呼吸や脱力をしっかり行い心身を隅々まで空っぽにする催眠
その状態を維持しながらイメージで性感と幸福感を高めるエッチなど
ハードな要素は一切交えずに時間をかけてじっくり癒します。
催眠で明日を生きる活力を
お姉さんに催眠をかけられ連続絶頂するお話。

「こんばんは また一日が終わりますね」
お姉さんは明るくて清らかな声の女性。
仕事や学校で頑張ってきた主人公に優しい言葉をかけると
一日の締めくくりにリフレッシュできる催眠をかけます。

本作品は日々の生活に疲れてる人へ安らぎを与えることを目的に
彼女が長めの時間を取って催眠を施し、十分に癒したところで催眠音声ならではのエッチをします。
癒しをテーマにしてるだけあって心身に負担がかかることは一切せず
寝たままぼーっとしてるだけで気持ちよくなれる親切設計です。

「いつもの 慌しい生活の中じゃ 感じられない ゆったりとした時間の流れ なんだか心が落ち着きますね」
そして彼女は一人でも多くの聴き手にこの時間を楽しんでもらえるように
序盤から天使のような穏やかな口調でのんびり語りかけます。
やることが非常にシンプルなおかげで頭を空っぽにしやすく
彼女自身も言ってるように時間の流れが緩やかになった感覚が味わいやすいです。

聴き手に何も考えなくていい時間を多く与えて癒すことを心がけてます。
全体の流れから細部の作りに至るまで、あらゆる要素が癒しで統一されてる作品です。

催眠は2パート39分ほど。
仰向けになって目を瞑り、まずは彼女の呼吸や合図に合わせて6分近く深呼吸します。

「息を吸うたびに 気持ちいいエネルギーが 体中に取り込まれていって あなたをリラックスさせていく」
催眠音声の序盤でよく見る光景ですが、呼吸する時間が普段よりも長く
最中にリラックスや意識のぼやける暗示を小まめに入れるテーマに沿った作りです。
囁くような彼女のおおらかな声も相まって、このシーンだけでも軽い眠気を感じるでしょう。
数多くの催眠音声に出演されてきた紅月ことねさんの演技も大きな魅力です。

お次は肩、腕、太もも、足など全身を13ものパーツに分けて
それぞれを意識させながら力が抜ける暗示を丁寧に入れます。

「意識を向けた右肩から 力が抜けていく すーっと抜けていく まるで蒸発してるかのように 力がどんどん抜けていく」
こちらも催眠音声でよく見かける分割弛緩法という技術です。
しかしこれだけに25分もの時間を割いてることや
ひとつひとつにカウントを数えながら「抜ける」「消える」と暗示を丁寧に入れる流れなど
普段以上の脱力感を与えることを目指した本当に堅実なアプローチがされてます。

個人的には彼女が「重い」とまったく言ってこないところが非常に印象的でした。
見えない力に押さえつけられてるようなずーんと来る感覚ではなく
激しい運動をした後によくあるぐったりした感覚が自然と湧いてきます。

続く深化パートはいよいよ深い深い催眠状態へと入ります。
真っ暗な世界に漂うイメージをしながらさらに底へ沈んでいく、というもので
「沈む」を多めに交えた暗示をカウントと絡めながら適度に入れて感覚を徐々に伝えます。

「ゆったりとしていて なんだか心地いい 心地よさで頭がぼーっとしてくる」
前のパートで十分以上に脱力できてるでしょうから
彼女のカウントや暗示に合わせて心地いい感覚が頭から全身へと広がったり
体全体がゆっくり沈んでいく不思議な感覚が味わえると思います。

イメージも頭を空っぽにしたまま無理なくできる簡単なものを選んでますし
当初の目的である「心身を癒す」ことを大事にした的確なリードと言えます。

リラックスをとことん追及したテーマ通りの催眠です。
聴き手を癒し、彼女の言葉に素直に従える心を養うことを目的に
最初のパートは深呼吸と脱力、次はイメージやカウントを使った深化と
難しい技術は敢えて使わずそれぞれを丁寧に行って意識の力を少しずつ確実に弱めます。

特に脱力は現在ある催眠音声の中でも上位に位置する力の入れようです。
言われた部位を意識するだけで他に何もする必要がなく
このシーンは文字通り頭を空っぽにしたままリラックスすることができます。
幸福感をさらに膨らませて
エッチシーンは2パート22分間。
プレイは声による絶頂、お姉さんとエッチするイメージです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「普通の快感も嬉しいですが エッチな快感は もっと嬉しいですよね?」
入念な催眠で主人公の中にある悪いものをすべて取り除いたお姉さんは
引き続き言葉を使って今までとは別の気持ちよさを体験させます。

エッチは彼女と直接の絡みなしに暗示やイメージでイかせる催眠音声ならではのものです。
最初の「暗示(エロ)」はドライオーガズムに向けて心身をさらに温めていくメインパート(約19分)。
カウントに合わせて感度が上がったりエッチなエネルギーが集まる暗示を丁寧に入れ
それから彼女の裸やエッチしてるイメージをして絶頂できる環境を整えます。

ちなみにこのパートだけは男性向け、女性向けの2パターンが存在します。
プレイの流れはどちらも同じで性差を感じる描写だけがそれぞれに合ったものへ変更されてます。
(おちんちん→あなたの大事なあそこ、など)
女性向けの場合レズっぽい展開になることだけご注意ください。

「ほら 全身が敏感になっていく 性感帯はもちろん 体全体がどんどん敏感になっていく」
そして彼女はここでもテーマの「癒し」を大事にしながらリードします。
淫語や喘ぎ声はパート終盤に少しだけ使用し、それまでは暗示の力で感度を高めることを頑張ります。
雰囲気的なエロさはかなり控えめですが暗示の入れ方は上手ですから
妙にムラムラするとか、股間がムズムズする人が普通にいるでしょう。

続く「連続ドライ」は名前の通り絶頂をひたすら味わい続けます。
前のパートで作り上げてきた状況を活かしてカウントを何度も刻むシンプルなもので
これまでやや消化不良だった性欲の発散に役立ってくれます。

「何度も何度も 強烈な快感が あなたを襲う」
3分間で5回と絶頂回数が多いことを踏まえてカウントの数字や最中の暗示を少なめにしてます。
個々のパワーが弱くドライ慣れしてる人でも厳しそうに感じました。
私が聴いた時も前パートの最後にある1回目のドライの方がずっと気持ちよかったです。

このように、性的興奮をできるだけ抑えたまま絶頂させる変わったエッチが繰り広げられてます。
癒し一色な作品
聴くだけで体が楽になったり気持ちが落ち着いてくる作品です。

お姉さんは日々の仕事や生活を頑張ってる主人公がこれからも元気で過ごせるように
エッチの倍近くの時間を使って心と体を存分にリフレッシュし
それから最後の仕上げに女性とのエッチやオナニーとは違うタイプの快感を与えます。

体を動かしたり難しい指示を与えずぼーっとできる時間を長めに用意した催眠
癒された状態をできるだけ崩さないよう気をつけながら絶頂へと導くエッチ。
どちらも聴き手に対する労わりの気持ちが込められていてとても癒されます。

「私はいつでも あなたの味方ですからね」
そして何よりこれらを行う彼女の声、言葉、演技が大変優れてます。
暗示の入れ方、間の取り方、話すスピードの切り替え方などが文節レベルで考えられており
それが台本と上手く噛み合うことで癒しのパワーをさらに増幅させてます。

疲れてる人が聴いたら最初の催眠パートでおそらく寝落ちするでしょう。
それくらい心身が潤う成分をたっぷり注入してくれます。
深化についても一気に落ちるのではなく少しずつ沈んでいく感覚がしました。

エッチについては露骨なエロや体力を消耗するオナニーを避けるなど
聴いた後に疲労を残さないよう色々と手加減してるのがわかります。
連続絶頂も表現やイかせ方がソフトですし、軽くドライするあたりに落ち着くのではないでしょうか。
絶頂した時の感覚も性的に登り詰めるよりは幸せイキに近かったです。

絶頂シーンは6回。
淫語と喘ぎ声ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

強い癒しと安らぎを感じながら気持ちよくなれる作品です。
改めて聴いた結果、前回より1点だけプラスさせていただきました。

CV:紅月ことねさん
総時間 1:12:27(共通パート…48:31 エロ(男性用)…23:55 エロ(女性用)…23:55)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

ことね様のエロに特化した喘ぎ声10分~100円+税~

サークル「human chair」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は同人・催眠を問わず数多くの作品に出演されてる紅月ことねさんが
およそ10分に渡ってオナニーのオカズになる喘ぎ声を上げます。

総時間のほぼ全部が喘ぎ声というタイトル通りの作りが魅力で
画像などと組み合わせて聴けばそれなりの実用性を発揮します。
声だけでイかせてあげる
ことね様の喘ぎ声を聴きながらオナニーするお話。

「君をイかせる目的で 淫らに喘ぐから 10分間我慢してみせてよ」
ことね様は穏やかで色っぽい声のお姉さん。
自己紹介など前置きにあたる部分はすべて省略し
自慢の喘ぎ声で主人公の性的興奮を煽ります。

本作品は気軽に、手軽に使えるオナニーのオカズをコンセプトに
彼女がタイトル通りおよそ10分間の喘ぎ声をサービスします。
総時間が非常に短いのでそれ以外のプレイは一切ありません。
喘ぎ声が好きな人にターゲットを絞った単純明快な内容です。

「あぁっ あふっ んっ あぁぁぁぁっ!」
主役となる喘ぎ声は大人の女性らしい色っぽさを出しつつ
前半はゆっくりペースでマイルドに、後半は絶頂を意識したハードなものと違いを持たせてます。
オナニーやSEXといった擬似プレイは想定せず、純粋なエロさで勝負してる感じですね。
そして彼のオナニーを興味深く観察してるのか喘ぎ声の合間に微笑を漏らします。

「もっと興奮しなさい ほぉら ほぉら ほぉら!」
プレイ中に興奮を煽るセリフが若干入るものの言葉責めと呼べるほどハードなものではありません。
彼女自身がオカズになってるわけですからほぼノーマル向けと言えます。

実際に聴いた限りでは音声単体だと抜くのにやや弱いかなぁというレベルで
お気に入りの画像と組み合わせると丁度いいエロさになりました。
価格の安さを考えればそういう使い方も十分有りだと思います。
後になるほど激しくなる喘ぎ声
エッチシーンはほぼ全編にあたる10分間。
プレイは喘ぎ声を聞かせる、オナニーです。
エッチな効果音はありません。

「あんっ あっ あふぅ ふふふっ」
これからするエッチをごくごく手短に説明すると
ことね様は早速喘ぎ声を上げて主人公のオナニーを応援します。

エッチは彼女の喘ぎ声を聴きながら合図が出るまで射精を我慢します。
前半は「あっ んふぅ」など激しさよりも色っぽさを強調した喘ぎ声がメイン。
始まったばかりということで彼が勃起し、オナニーを始めたくなる雰囲気を作ります。

「ああん あはぁ んん」
喘ぎ声だけで抜かせることを目指したプレイなので彼女も艶かしさにかなり力を入れてます。
ゆっくりながらも熱っぽい吐息とこちらを誘うような微笑が大人っぽくていいですね。
ここだけで抜くのはさすがに難しいでしょうが、本作品のコンセプトがわかりやすく表現されてます。

「あっあっあっあっあっ はぁはぁはぁはぁ」
「イクぅ イクぅ イクぅ イクっ イクっ イクっ」

対する後半は息遣いが一気に小刻みになり、軽く叫ぶような喘ぎ声を漏らすシーンが増えます。
「SEXでピストンされてるのに近い声」と言えばなんとなくわかるのではないでしょうか。
明確な絶頂指示は出さずにイキ声で射精のタイミングを教えます。

ことねさんなだけあって喘ぎ声自体は抜きに適してると思います。
ですがプレイ中に笑い声を挟むのが「演技で喘いでるよ」と遠まわしに言われてるようで私は引っ掛かりました。
ガチでオナニーしてる様子をそのまま表現したほうが抜きやすかったかなぁと。

このように、喘ぎ声だけを使って興奮を誘うテーマに沿ったプレイが繰り広げられてます。
コンパクトな抜きボイス
喘ぎ声だけを集中的に楽しめるシンプルな作品です。

ことね様は主人公が10分間でできるだけ興奮し、最終的には射精できるように
余計なセリフを極限まで削り色っぽい喘ぎ声をとことん漏らします。
タイトル通りの抜きを意識した演技がエロく、オナニーのお供として役立ちます。

ボリュームが物足りなかったりプレイの内容に若干気になる部分もありますが
値段を考えれば目を瞑れるレベルと言えます。
先ほども書いたように他のオカズと併用すれば弱点をカバーできるでしょう。

ただやっぱりプレイの流れと言いますか、彼女が何をイメージして喘ぎ声を出してるのかが
いまいち伝わってこなかったところは残念です。
同じ喘ぎ声でもオナニーとSEXでは随分変わるでしょうし
何らかの明確なビジョンを持ってやったほうが聴き手をより興奮させられると思います。

射精シーンは最後に1回。
喘ぎ声そこそこ、淫語ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

女性が感じる声だけに焦点を当てた作品です。

CV:紅月ことねさん
総時間 10:32

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
2017年6月15日まで半額の50円で販売されてます。

ねむりのゆりかご ヒプノクレイドル

サークル「ぺありふこうぼう」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、おっとりした声と態度の女の子が
じっくり時間をかけて安眠できる催眠を施したりエッチなご奉仕をします。

全編を通じて彼女が間を長く取りながら語りかけるゆったりした流れや
暗示、イメージ、寝息、愛の言葉を使い分けて心を浄化するスタイルなど
テーマの「安眠」を強く意識した癒し要素満載のサービスが味わえます。
眠そうな子の眠たくなる催眠
ねむりに安眠できる催眠をかけてもらうお話。

「ふぁー… おはよう」
ねむりはのんびり話すおっとりした声の女の子。
自分のところへ眠りにやって来た主人公を眠そうな様子で迎えると
準備ができたのを確認してから催眠を始めます。

本作品はストレスや緊張でうまく寝つけない人に良質な睡眠を提供することを目的に
彼女が本編の半分近くにあたる時間をかけて催眠を施し
それから一緒に眠りについたりエッチなことをして心身をリフレッシュさせます。

ぺありふこうぼうさんは私の知る限り今回初めて催眠音声を製作されたサークルさんのはずですが
催眠誘導の流れや暗示の表現、声の扱いなどあらゆる要素が安眠向けにセッティングされてます。
テーマの関係でエロは薄めになってますから、基本的には癒し目的で聴くのがいいでしょう。
サークルさんも初回は非エロの構成で聴くことを勧められてます。

「えーっと… きょおは… 暗示の力を使って… あなたの眠りをサポートするよ」
全編を通じて言える大きな特徴は彼女の話し方。
丁度寝起きなこともあり最初からぼんやりした声と口調で語りかけ
催眠中もセリフの間を長めに取ってゆっくり、のんびりリードします。

彼女の声につられて眠気を催す人が続出するでしょうね。
数多くの催眠音声に出演されてる紅月ことねさんの実力が遺憾なく発揮されてます。
他にもところどころであくびをしたり、催眠の後に寝息を立てるなど聴いてて眠くなる要素が満載です。

催眠はおよそ42分間。
寝起きの感覚に関するお話を軽くしてから
まずは深呼吸や体の脱力で心身をある程度リラックスさせます。

「あったかーい… 脱力感、やさしーい… 幸福感 色んな感情を、お布団は包み込んでくれる。あったかーい、あったかーい。体があったかーい」
人間なら誰でも毎日眠りますから、寝起きの感覚はとてもイメージしやすいはずです。
彼女もそれをよりリアルに味わえるよう布団の心地よさや温かさを言葉で伝えます。

脱力については腕、足、胴体をいくつかのパーツに分けて
「重い」「だらーん」を多めに交えた暗示をひとつずつ丁寧に入れます。
深呼吸も吸う時間が3秒、吐く時間が6秒とちゃんとリラックスできるペースでやってくれますし
処女作とは思えないほど序盤からきめ細かな誘導をしています。

催眠に入りやすい環境が整った次にするのはイメージ。
草原で爽やかな風を感じたり、ゆりかごに揺られる様子を思い描きながら
彼女の言葉やカウントを聴いて少しずつ眠りの世界に移動します。

「ここは あなたの ゆりかご。ゆらり、ゆらり、気ままに… ゆらり、ゆらり、さまよう」
「うとうと うとうと… 意識が揺れると… まぶたの裏で 夢を見る。くらいくらい 世界が広がる くっついて 離れ 広がり 輪になる」

中でもゆりかごに揺られるイメージは作品名になってるだけあって入念です。
「ゆらり」「うとうと」など柔らかさをを感じる言葉を選んで暗示を入れるのが実にいいですね。
終盤になると子供の頃に戻って家に帰るイメージも登場しますし
昔に味わった懐かしい感覚を呼び起こしてさらなる癒しや眠気を与えます。

シンプルな技術をテーマに合わせて多少アレンジしてる癒しに満ちた催眠です。
聴き手を一定以上の催眠状態に誘導し、尚且つ眠らせることを目的に
軽いイメージで睡眠の感覚を喚起してから深呼吸や分割弛緩法でそれを膨らませ
後半に入ると自然や子供時代に関するイメージをさせながら深化や安眠できる暗示を入れます。

序盤の時点では新規のサークルさんがよくやるありきたりな催眠と思ってたのですが
中盤に差し掛かった頃から作品の個性を出しつつ安眠に導く比較的高度なものへと変化します。
ことねさんも台本の持ち味が出るように演技されていて後になるほどものすごく眠くなりました。

この催眠で特に興味深かったのが前半は「重い」などの暗示をストレートに入れてたのが
後半になるとイメージを通じて感覚を伝えるアプローチに切り替わる
ことです。
催眠状態が深まると集中力やイメージ力が自然と高まりますから
そういった聴き手の精神状態に合わせてこのように働きかけてるのだと思います。

使用するイメージも誰にでも通用するもので統一してますし
技術を表面だけなぞって行使するのとは違う奥深さを持ってます。
正直びっくりしました。
落ちる感覚はそこまで強烈に味わえないでしょうけど安眠効果は相当に高いと見ています。
ちょっぴり背徳感のある快感を
エッチシーンは2パート19分間。
プレイは体の愛撫、フェラ、手コキ、SEX(騎乗位)です。

愛撫、手コキ、SEX、射精の際に効果音が鳴ります。
セルフは一応有りです。

「裏メニュー… 常連さんだからー 下の処理もしてあげるー」
催眠をかけて主人公を心地いい世界に招待したねむりは
性欲が溜まって安眠できない彼をスッキリさせようとエッチなご奉仕をします。

エッチは軽めの前戯を挟んでからSEXするシンプルな内容です。
プレイ自体はドライを最終目的としてますが、サークルさんによるとセルフでもOKだそうです。
その場合はオナホを使用するのがいいとおっしゃられてます。

最初の「ドライ フェラと手コキ 挿入」はSEXに向けて準備するパート。
感度上昇の暗示で気持ちを盛り上げてから彼女が体の愛撫やフェラをします。

「媚薬は、あなたの全身にうねる様に纏わりつく。媚薬に当てられ、あなたは段々…興奮する」
「女の子の柔肌が あなたの下半身に擦られていく すりすり…すりすり…一つ一つの感触を確かめるように すりすり…すりすり…気持ちいい…」

そしてここでも媚薬効果のあるピンク色のもやや
彼女が上に跨り肌を合わせてる様子をイメージさせてエッチな気分を高めます。
それでいてプレイ中はちゅぱ音、吐息、効果音を状況に合った形で鳴らすなど
暗示と抜き要素を上手に組み合わせてプレイに臨場感を与えています。

効果音の扱いには特に力を入れており、催眠音声の中では比較的エロいエッチと言えます。
幼さの残る女性にお世話してもらうシチュもちょっぴり背徳感があってそそります。

メインのプレイにあたるのは騎乗位SEX(約10分)。
全裸になった彼女の腰を掴んでおちんちんへと持っていき
挿入後は腰を激しく動かして二人同時の絶頂を目指します。

「…気持ち よさが、おちん ちん 全体に 広がるぅ… 私の…声 聴くた びに… ぁあなつぁは…興奮する」
挿入した途端に声が熱っぽくなり、ピストンに合わせて可愛い声を漏らし
普段よりも不規則な息遣いで気持ちよくなる暗示を入れるエロ重視のプレイが楽しめます。
催眠音声では催眠者がエッチに直接参加するケースはあまりないのですが
本作品では彼女と直接繋がるのでその雰囲気を出すことに力を入れて進めます。

彼女のキャラを崩さないレベルで結構乱れてくれますし
ドライはともかく射精については問題なくできるのではないでしょうか。
絶頂後の余韻に浸る時間をもう少し長く取ってくれたらより良くなったと思います。

このように、充実した気分を維持したまま絶頂するあまあまなエッチが繰り広げられてます。
ゆったりした作品
安眠はもちろん、癒しを得るのにも役立つ幸せいっぱいな作品です。

ねむりは何らかの事情でぐっすり眠れない主人公に良質な睡眠を提供しようと
眠気を誘うぼんやりした声でリラックスさせたり安眠できる暗示をたっぷり入れます。

時間に対するセリフの量をある程度減らしのんびり語りかける落ち着きやすい作り
そして大衆性の高いイメージを通じて眠たい気分を膨らませるアプローチ。
技術で無理矢理眠らせるのではなく、聴き手が自分から眠りたくなる環境を整える方向でサービスします。

ぺありふこうぼうさんが元々同人音声のほうで活躍されてるサークルさんなこともあり
聴く前は期待と不安が半々くらいの心境でした。
同人音声と催眠音声は構造が根本的に違うので、なまじ同人側の経験があると品質が落ちます。

しかし本作品に限って言えばまったくの杞憂でした。
催眠と非催眠がパートでしっかり分けてあり、尚且つどちらも十分以上の品質を持ってます。
特に最初の催眠パートはこれだけでぐっすり眠れる癒しのパワーがあります。
寝落ち率は相当に高いでしょうね。

エッチはオプション扱いですが催眠パートと繋げて聴いても違和感が出ないように調整されてます。
これも同人音声メインのサークルさんだとなかなかできないことです。
感度強化のシーンでは露骨なエロ描写を敢えて避け
彼女と直接エッチする時は対応した声や音を意識して鳴らすメリハリのあるリードをしています。

絶頂シーンは2回。
くちゅ音と喘ぎ声(吐息含む)そこそこ、淫語とちゅぱ音ごく僅かです。

かなりの安眠効果とそれなりの性欲解消効果を持つ作品です。
このところ眠りが浅いと感じてる人には特におすすめします。
おまけはハイテンポ導入、手短セッティング、全年齢と18禁の音声詰め合わせです。

CV:紅月ことねさん
総時間 4:11:30(本編…1:39:00 おまけ…2:32:30)
(販売ページの6時間23分はwaveとmp3を別の音声と扱って算出してます)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は7点。
4時間超えで1000円とコスパがいいので+1してあります。

2017年7月16日まで3割引の700円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。

あんしん・甘々おねショタ催眠

サークル「すたじお ちぇりー」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、声も態度もあまあまなお姉ちゃんが
甘えん坊な少年に催眠を交えた気持ちいいサービスをします。

総時間の半分以上の時間で深呼吸するリラックス特化の作りが魅力で
彼女と密着してる状況から温かさを伝えたり、それをエッチな感覚に変換してイかせるなど
ストレートなエロ要素をほとんど使わず言葉だけで心地よさや絶頂感を与えます。

この作品はDMM専売となっておりDLsiteでは現在販売されてません。
今後発売される見込みもないようですから興味を持った方はDMMにてお買い求めください。
温かい声と体に包まれて
お姉ちゃんに催眠をかけられ気持ちよく絶頂するお話。

「あら? こんにちは 今日も遊びに来たの?」
お姉ちゃんは明るくて温かい声のお姉さん。
音声を聴く際の注意事項を簡単に説明し目を閉じさせると
遊びに来た主人公と肌をくっつけて甘やかします。

本作品は甘やかし上手な彼女が甘えん坊な彼に終始体を密着させながら
総時間をほぼ均等に分けて催眠と2種類のエッチを提供します。
おねショタ系のエッチと聞くと筆おろしあたりをイメージするかもしれません。
ですが彼女はフェラやSEXといったストレートな責めを一切行わず言葉だけでイかせようとします。

私が聴いた限りだとエロ要素と呼べるのは淫語(「SEX」を一回言うだけ)くらいで
一般的な18禁音声作品よりもずっとマイルドな描写がされてます。
性的快感ではなく彼女と一緒にいる幸福感で絶頂させるタイプのエッチと思ってください。

癒しのパワーは結構強いですからそちら目当てで聴くほうが満足できるでしょう。
また75分近くのボリュームに対し価格がたったの100円とコスパが抜群に優れてます。

催眠はおよそ28分間。
横になって目を瞑り、まずはじっくり深呼吸しながら彼女の声に耳を傾けます。

「君は風船 空気が溜まる 大きくなる 空気が抜ける 小さくなる」
「息を吸って 吐くと とっても静かで 穏やかで ゆったりした とても幸せな気持ちに なれるよね」

彼女は一人でも多くの聴き手がより良いリラックスを得られるように
呼吸の様子を実況したり、風船に例えたり、心にプラスに働く暗示を適度に入れます。
本作品は催眠エッチ共に深呼吸に大変力を入れており、この先も深呼吸を指示するシーンがたびたび登場します。

「総時間の半分以上にあたる42分する」と言えばボリュームの多さがわかっていただけるはずです。
少し経つと彼女の声が呼吸のリズムを取る役と話しかける役に分かれますから
その通りに続けていけば徐々にスッキリした感覚が体中に広がっていきます。

心身を適度に落ち着けた後にするのは体の脱力。
左右の腕と足にひとつずつ意識を向けて脱力感や軽さを感じます。

「息を吸うと 右足が軽くなっていく 息を吐くと 右の指先がどんどん軽くなる」
ここでも彼女は彼が深呼吸してる状況を利用し
息を吸ったり吐いたりするほど感覚が強くなるように暗示を入れます。
時間に対する暗示の量が少ないためそれほど強い脱力感は得られないのですが
深呼吸を続けたことによる心地よさや眠気はそれなりに感じるでしょう。

深呼吸しながらひたすら脱力するリラックス特化の催眠です。
聴き手を深いリラックス状態にすることを目的に、パートの大部分で深呼吸させながら
最初は純粋なリラックス、その後は手足の脱力や温かさと内容を切り替えて進めます。
そして最後におそらく深化への誘導と思われるカウントを数えます。

流れが極めてシンプルですし内容もテーマの癒しに合ってると思います。
しかし技術面を見る限り残念ながらこの音声を聴いて深い催眠に入れる可能性は薄いです。
暗示の量が少なく方向も定まってないこと、深化部分が非常に弱いことが主な理由です。

前者は深呼吸を長時間する関係でそれらと連動して暗示を入れるシーンが多く
結果的に個々の暗示がものすごく軽くなってしまっています。

「息を吸うと お腹がぽかぽかしてくる 息を吐くと お腹が優しくスッキリしてくる」
「息を吸う 満ちていく 気持ちいい 息を吐く 綺麗になる 気持ちいい」

もう少し具体的に言うと、彼女は「深呼吸すると体が温かくなる」と言った数分後に
今度は「深呼吸すると気持ちよくなる」と暗示を入れます。
さらにその多くが二言程度しか言わないため、感覚が実際に湧いてくる前に次へ移ってしまうわけです。

例えば最初のシーンで深呼吸する際に森の中にいるイメージを絡めて
「森の空気を吸い込むと心が安らぎ、吐き出すと体の中に溜まったストレスが抜けていきます」と入れ
次の温かさを与えるシーンでは日向ぼっこのイメージ、その後の脱力は空に浮かんでるイメージなど
同じ深呼吸でも異なる題材を取り入れて暗示を入れていれば随分変わったと思います。

個人的には呼吸のリズムを取ってるのなら吐き出す時に暗示を的確に入れるだけでも
今よりずっと深いところまで誘導できたと見ています。
そうすれば少なくとも今より暗示の密度が高まり感覚を伝えやすくなるはずです。
全編を通じてセリフの間がほぼ一定ですし、今のままだとただ何となくやってるように映ります。
深呼吸を「なぜ」ここまでたっぷりやるのかを考えながら進めてほしかったです。

後者については脱力後に10カウントを数えるだけなのと
その前後と最中にこれといった暗示を入れてこないため深く入るのは難しいです。
この音声を聴いて意識がぼやけたり眠気を感じる人はそれなりにいると思います。
でもそれは深呼吸を長く続けた結果であって催眠の技術によるものではありません。
暗示を受け入れやすい環境を整えたところで深化させずエッチに進んでいます。

以上のことから大変厳しい催眠と見ています。
エロ要素を極力削った独特なエッチ
エッチシーンは2パート28分間。
プレイは言葉による絶頂のみです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「わかった 君のこと もっと もっと気持ちよくしてあげる」
催眠をかけて主人公の体を隅々まで心地いい感覚で包み込んだお姉ちゃんは
引き続き言葉を使って彼がもっと気持ちよくなれるように誘導します。

エッチは手やおっぱいを一切使わず、引き続き体を寄せ合ったまま声と言葉でイかせます。
ドライパート1と2がありますが基本的な流れや絶頂回数は一緒のため両方一緒に説明します。

「息を吸うと お腹の奥が じんじんしてくる 息を吐くと お腹の奥が むず痒くなる」
「息を吸うと もっと気持ちよくなれる 息を吐くと もっと気持ちよくなれる」

エッチに入っても彼女は催眠パートと同じく深呼吸を中心に据え
これまでで得られた心地よさがお腹のあたりに集まり、それがエッチな熱に変わる暗示を入れます。
またある程度進むと「気持ちよくなる」「快感が増える」など感度上昇に関するセリフを連呼します。

「お腹の奥で 気持ちよさが育ち始める」
また彼女は彼の体内に溜まった快感を植物に例え
それが成長していくイメージに沿って絶頂へと導きます。
直前に説明したことにも言えることですが直接的なエロ描写を徹底的に避けて進めます。

暗示や別のイメージを通じて性感を高める催眠音声らしいプレイですね。
絶頂シーンで数えるカウント数が違うくらいでアプローチやそれに用いる素材はどちらも同じです。

「息を吸うと もっと気持ちよくなれる 息を吐くと もっと気持ちよくなれる」
「気持ちよくなる 頭が真っ白になる 気持ちいい」

狙いはわかるし面白いのですが、聴き手を実際にイかせるには暗示の表現力が不足してるかなぁと。
「気持ちいい」などストレートな言葉をひたすら重ね続けます。
気持ちいい、と一言で言っても色んな気持ちよさがあるはずです。
そういった部分を含めてきっちりリードしないとこのタイプのエッチは成立しないと思います。

お姉ちゃんとせっかく体を密着させてるのですから
例えば少し体勢を変えておっぱいや太ももの間に顔を優しく挟む形にすれば
同じ深呼吸でも女性の匂いを嗅ぐ要素が生まれてイメージを膨らませやすくなります。
あるいは彼女の体温や柔らかさを意識させてもいいでしょう。
淫語やちゅぱ音を使わなくてもエロく感じさせる方法はいくらでもあります。

このように、男女がする一般的なプレイとはかなり違うエッチが繰り広げられてます。
確かに癒されるのだが
深呼吸による癒しは得られるけどそれ以外はうーん・・・な作品です。

お姉ちゃんは自分のもとに来てくれた主人公に少しでも幸せになってもらおうと
最初から肌を密着させ優しい言葉をかけながらエッチな催眠を施します。
人間なら誰でも癒しを感じる深呼吸を多く盛り込み、それに連動させて癒しの暗示を入れたり
同じくエッチな熱が高まる暗示を入れることで絶頂へと少しずつ誘導します。

「嬉しい お姉ちゃん 君のこと とっても大好きだよ」
エッチの内容はかなり淡白ですが、彼女が彼を嫌ってる様子はまったくありません。
むしろ彼にはまだ早いから敢えてこういうことをしてるように思えます。
あるいはサークルさんが催眠音声だからこそできるエッチに挑戦されたのかもしれません。
本作品に癒しの効果があるのは間違いないです。

ですが催眠音声である以上、催眠の技術を使って癒せてるかが重要になります。
その観点からいくと残念ながら非常に厳しいというのが正直な感想です。
深呼吸を催眠にあまり活用できてないこと、暗示の量が少なく入れ方も散発的なこと
エッチシーンが2パートあるのに内容がほぼ同じで暗示の表現力に乏しいことなどが理由として挙げられます。

実際に聴いた時も催眠に入った感覚は特にせず、エッチも別段気持ちよくなれませんでした。
お姉ちゃん役をやられてる紅月ことねさんの演技がしっかりしてただけに尚更残念です。

絶頂シーンは2回。
淫語ごくごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上のことから今回は以下の点数とさせていただきました。

CV:紅月ことねさん
総時間 1:14:09

オススメ度
■■■■□□□□□□ 4点

あんしん・甘々おねショタ催眠
体験版はこちらにあります


追記
ページがうまく表示されない場合は以下のコメントご覧ください。
http://doonroom.blog.jp/archives/36419653.html#comments

作品自体の点数は2点。
コスパが非常に良いので+2してあります。

↑このページのトップヘ