同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:筆おろし

   ● 射精管理JK×2の耳元誘惑トレーニング~一緒に早漏治そうね?~
   ● 【KU100】二人の嫁と毎日ナマハメ妊活をしまくるお話♪【過去作50%オフクーポン付き!】
   ● 生意気なメスガキJKなんかに…まっ、負けるはずないだろ!
   ● ストーカーお姉さんの花梨を愛して愛されて
   ● あなた専用 性指導を受けた年下処女お姉さんの甘々筆下ろし
   ● 【超・超!!ぐっぽり耳舐め!!】ツンデレJKとはじめてえっち!童貞卒業委員会♪【KU100バイノーラル】
   ● 【濃厚耳舐め】執拗に耳を舐められながらの筆おろし!女監督も混じって3Pしちゃう3時間☆【両耳舐め】
   ● 【快楽堕ち】サキュバスサヴァイブ-淫魔の姉妹に捕らえられた僕【敗北】
   ● 酔いどれお姉さんがお好きでしょ?
   ● 陸上部マネの二股彼氏持ちな後輩にもてあそばれるお話




サークル「ブラックジャック」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、違った特徴を持つ2人のJKが
男子が抱えてる悩みをエッチな手段で解決します。

軽い意地悪をしながら少しずつステップアップするのが特徴で
オナニー、手コキ、オナホコキ、フェラ、SEXとパートごとにプレイを変えながら
普段よりも少しだけ我慢させておちんちんの耐久力を上げていきます。
2人がとても優しくしてくれますからノーマル~ややMの人が最も楽しめるでしょう。
JKたちとするおちんちんのトレーニング
エクササイズ部のエリとユズからエッチの手ほどきを受けるお話。

「…あれ? 君 見ない顔だね うちの部員じゃなさそうだけど ユズは何か知ってる?」
エリは明るくて元気な声の女の子。
「いや たぶん初めて見る顔かなー」
ユズは穏やかな声の女の子。
エクササイズ部にやって来た主人公に入部希望者かどうか尋ねると
ひとまず理由を確認し、それを聞いて驚きます。

本作品は表ではエクササイズ部、裏では射精管理部の活動をしてる彼女たちが
早漏に悩んでる彼と90分程度のエッチなトレーニングをします。
彼が女性とまともに付き合ったことすらない童貞なことを踏まえて
いきなりハードなメニューをやったりせず少しずつ成長させる流れで進めます。

エリ「大切なのは 筋肉じゃなくて 体を動かそうって気持ちだと思うなー」
エリは体を動かすのが大好きな健康的な女の子。
恥ずかしい悩みを打ち明けてくれた彼を爽やかな声と態度で励まし
トレーニング開始後は本気で改善させるために多少きついことも要求します。

悪意があって意地悪するわけじゃないのでSっ気はまったくありません。
毎日のようにスポーツに励んでるからこそ、自分を追い込む大切さをよく理解してます。
終盤にはちゃんとご褒美もくれるので雰囲気が本当に明るいです。

ユズ「いいよ 興奮したままじゃ辛いだろうし 一発あたしらで抜いて スッキリしちゃおうか」
それに対してユズは若干Sっ気のある小悪魔キャラ。
射精を我慢しないといけないところでわざと飴を与えて心を揺さぶったり
SEXの時は騎乗位でガンガン責めながらベロチューして上手に射精へ追い込みます。

彼女の場合は早漏改善を手伝うよりもエッチを純粋に楽しむ色合いが強いです。
エリが割と厳しい性格をしてるからこういうキャラにしてバランスを取ったのでしょう。
気持ちよくなりながらトレーニング出来るならそれに越したことはありませんし
2人の個性をはっきり出す点も含めて重要な役割を果たします。

エッチについてはエリが右、ユズが左に密着して女性に慣れるところから始まり
耳を優しく責める、軽めのオナニーをする、手コキへ移るといった具合に
彼の経験に合わせてプレイの内容や刺激を濃くする方針を取ります。
また女性が複数人いる状況を活かして同時責めするシーンをそれなりに用意してます。

ところどころで意地悪することももちろんありますが
「カウントを数えてる間は我慢する」とか「〇分間責めに耐える」などかなり抑えてます。
M向け作品のように焦らしや寸止めを強めにやるわけではないので
メインターゲットはノーマル~ややMあたりと私は見てます。

違う個性を持つ2人のJKとおちんちんをトレーニングするシチュと徐々に激しくなるエッチ。
彼女たちのキャラを活かしたスポーツ感覚のエッチをする作品です。
少しの意地悪と手厚いご褒美
エッチシーンは6パート65分間。
プレイは耳舐め、オナニー、手コキ、乳首責め、オナホコキ、キス、フェラ、SEX(正常位、騎乗位)です。
エッチな効果音はありません。

エリ「へぇ これが君のおちんちん…」
ユズ「君がどの程度早漏なのかってより どのくらい敏感なのかを調べたほうがいいかも」
主人公の話を聞いてトレーニングを請け負うことにした2人は
ひとまず軽いプレイをして彼がどれくらい早漏なのか確認します。

エッチは経験豊富な彼女たちが童貞な彼をリードします。
最初の2パート21分間は小手調べに近い内容。
「【トラック2】淫語と耳舐めでオナニー我慢しようね」は耳舐め+オナニー
「【トラック3】W手コキ&両耳舐めでも射精我慢だよ」は両耳舐め+手コキで1回ずつ射精させます。

エリ「自分に素直になって 匂い くんくんしてみよ?」
彼女たちは射精管理部に所属してるだけあって男子の扱いをよく心得てます。
彼からするのは難しいだろうということで体を密着させ
運動で少し汗ばんだ体の匂いを嗅がせて素直になっていいんだよと教えます。
そして十分慣れた後にようやく耳へ息を吹きかけます。

物語の序盤なので彼女たちの人柄を表現することに力を入れてました。
エリは面倒見がいいけどちょっぴり厳しい
ユズは積極性が高くてやや意地悪と大きな違いが見られます。
それでいてちゃんと連携が取れてるのは2人の仲が相当に良いからでしょう。

エリ「辛いのはわかるけど ここを乗り越えれば あと少しだからね」
ユズ「ふふっ チンコガチガチだね でもまだだーめ」
トラック3は本格的なトレーニングの第一歩。
エリは励ます、ユズは禁止すると多少言い回しを変えたうえで13分ほど我慢させます。
効果音が入ってないせいで彼女たちがどう責めてるのかわからないのは残念ですが
聴いた限りだとそれなりに手加減してるのだと思います。
射精後に精液の量と濃さに感心するなど、心のケアもしながら一歩ずつ前進します。

中盤の2パート28分間は本番に向けた準備。
「【トラック4】オナホコキでも射精しちゃだーめ」はオナホコキと少しの耳舐め
「【トラック5】キス責め&Wフェラで出しちゃえ」は2人がかりのキスとフェラで耐久度をさらに上げます。

ユズ「最初なら焦らすのもありだけど 終盤はガンガン突いて 相手をイかせてあげないと」
トラック4は偽物とはいえおまんこ相手に責めるので疑似SEX風に進めます。
パートの前半は手でしごかれてたのが、後半に入ると彼に動くよう指示します。
あまりの気持ちよさに腰を動かせない彼を言葉で励ますなど
最初の2パートよりもトレーニングらしさが出てるプレイです。

エリ「口の中 あっつい」
それに対してトラック5は女性の責めに耐えられるおちんちんに鍛えようとします。
2人が交互にキスやフェラを繰り出しながら比較的ハイペースのちゅぱ音をガンガン鳴らします。
セリフが彼女たちの様子や内面描写に寄せてあるのも実戦に近づけたのかもしれませんね。
フィニッシュはしっかり口で受け止め飲み干すなど、ご褒美もちゃんとあげて彼のやる気を引き出してました。

終盤の2パート16分間はトレーニングの成果を試すシーン。
トラック6はエリと正常位で、トラック7はユズと騎乗位で繋がり本物のおまんこを味わいます。

エリ「初めてのおまんこに おちんちん 驚いちゃってるんだね 中とろっとろで 絡みついてきて オナホとは全然違うでしょう?」
トラック5の後も色々トレーニングしたらしく、彼女たちも彼の成長を素直に認めてます。
だからここでは簡単なやり方だけを教えて後は好きに乱れて普通に楽しみます。
これまで一度も出てこなかった喘ぎ声が加わるおかげで他のパートよりもエロく感じました。
SEXしてないほうは耳舐めでサポートしてエッチな声や音の密度を上げてます。

ユズ「君の精液 おまんこに頂戴」
私個人はエリよりもユズとのSEXのほうが印象に残りました。
普段とは違う可愛い喘ぎ声を漏らしてくれて多少のギャップがあります。
終盤にベロチューしてから中出しに進む流れも恋人っぽさがあって良いです。
途中で意地悪したこともあったけど、最後は優しさを見せて悪意がなかったことをしっかり伝えます。

このように、シーンによって異なる目標を掲げて行う丁寧なエッチが繰り広げられてます。
爽やかなエッチをする作品
できるだけM性を持たせずに早漏改善トレーニングする作品です。

エリとユズは早漏に悩んでる主人公の力になろうと
ネガティブな要素を一切入れずにトレーニングのメニューを組み立て実践します。
そして2人の違いを出しながら少しずつ踏み込んだプレイに移り、最後は童貞卒業を手伝います。

性格は違うけどどちらも根は優しいJKたちが男子生徒のおちんちんを鍛えるシチュ
2人で協力しながらステップアップする目的意識の強いエッチ
多少の意地悪をしたうえでそれ以上のご褒美をあげるM性を薄めた作り。
トレーニングから連想されるきつさを極力取り除いた明るいエッチが楽しめます。

エリ「今までよく頑張ったね 君とのSEX とっても熱くなれたし 気持ちよかったよ」
中でも3番目は早漏改善にとって重要な心のケアをする役割を果たします。
童貞や早漏といった女性から見ればマイナスの属性を持ってる彼に対して
彼女たちはネガティブなことを一切言いません。
彼のすべてを受け入れたうえでどうすれば鍛えられるか真剣に考え、実行します。

爽やかなエッチをするので本当に早漏な人でも頑張れるのではないでしょうか。
ユズは小悪魔キャラですが悪戯程度で彼を見下してるようには思えません。
最終パートで彼の中出しを許すのがいい証拠です。
そんなわけでキャラやエッチの展開といったシナリオ面はしっかりしてます。

しかし、エッチで効果音が鳴らない点だけは首を捻ります。
本作品は彼女たちがどうやっておちんちんを鍛えていくかが聴きどころですから
その様子をできるだけリアルかつエロく表現するのが重要になります。

例えばこの作品が耳舐め特化やフェラ特化だったら別に効果音無しでもいいんじゃないでしょうか。
でも実際は早漏改善がテーマなので効果音を入れておくのが望ましいです。

射精シーンは6回。
淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

CV:エリ…花城かざりさん ユズ…財木桜さん
総時間 1:33:23

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は7点。
93分で1430円だとやや割高なので-1してあります。

2020年6月29日まで90%OFFの143円で販売されてます。
その場合の点数は7点です。



サークル「ダチュラスクリプト」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、戦争によって多くの男たちを失った国の王妃と王女が
大国から留学してきた王子をエッチな手段でとことんもてなします。

女性に尽くされる喜びを与えながら射精へ導くあまあまラブラブなエッチが行われており
多くのシーンで彼を褒めつつやや下品な淫語を言って心を盛り上げ
体も2人が協力して耳やおちんちんを責めてスムーズに追い込みます。
物語が進むほど2人との関係が変わり、それに合わせてプレイが濃くなるのも魅力です。
王国を救う唯一の手段は
王妃ソレイユ、王女レインと色んなエッチを楽しむお話。

「こんにちは 王子様 私は このサンレイニー王国の王妃 ソレイユです」
ソレイユは明るくて穏やかな声のお姉さん。
「こんにちは 王子様 私は サンレイニー王国の王女 レインです」
レインはややトーンが低く落ち着いた声の女の子。
サンレイニー王国に留学してきた主人公を嬉しそうに迎えると
長旅の疲れを癒したいと言い、早速服を脱がせて彼のおちんちんを洗い始めます。

本作品は戦乱によって国王をはじめとする男性たちを数多く失った彼女たちが
国を立て直すために彼とおよそ130分に渡るエッチをして親睦を深めます。
彼はゴルゴンゾーラ帝国という大国の王子にあたり
小国のサンレイニー王国は帝国に助けてもらったおかげで滅亡せずに済みました。
そんな事情を踏まえて彼女たちは序盤から彼に精一杯の誠意と愛情を示します。

レイン「金玉の皺の一本一本にまで成分が行き渡るように 指先で丁寧に お金玉をマッサージさせていただきます」
国内で最も身分の高い女性なのに彼のおちんちんをありがたそうに扱い
プレイ中は褒めたり全肯定するセリフをたっぷり投げかけながらじっくり気持ちよくします。
とことん持ち上げてくれるので聴けば聴くほど良い気分になってくるでしょう。
ほとんどのシーンで彼女たちが責めますが、ご奉仕色が強いおかげでほぼノーマル向けになってます。

またエッチをするにあたって彼女たちは彼を本気でモノにしようとします。
留学中はいつでもどこでもエッチの相手をすると告げ
もし気に入ったのなら2人とも彼の妻になり、子供を産みたいとまで言います。
現役の王妃と王女がここまで媚びるのはなかなか珍しいです。

先ほど説明したように現在のサンレイニー王国は男女のバランスが著しく崩れてるので
このまま何もしなかったら確実に滅びる未来が待ち構えてます。
だから彼女たちが率先して小作りに励み、国民に希望を与えようとしてるのだと思います。
ゴルゴンゾーラ帝国の援助を得られれば復興がスムーズに進み、男性の流入も見込めるというのもあります。

…といった具合に政略要素を含むお話になってるのですが
当の本人たちはエッチを純粋に楽しむのでどろどろした雰囲気は一切ありません。
セフレ→婚約者→夫婦と関係を一歩ずつ前進させてから種付けに移るイチャラブ系の作品です。

ソレイユ「あなたの留学期間中 私たちはあなたのおちんぽに 精一杯ご奉仕させていただきますね」
エッチについてもうひとつ特徴を挙げると
上品な声でやや下品な淫語を言ったりちゅぱ音を鳴らすことが多いです。
王妃や王女と言えば間違いなく高貴な存在ですから
プレイ中の態度に敢えてギャップを持たせて興奮しやすくしたのでしょう。
特にソレイユは未亡人なのに彼のおちんちんを積極的に求める淫乱な性格をしてます。

2人の王族にとことん尽くされるシチュとギャップを持たせたエッチ。
背景や登場人物の属性を上手く活用した甘さとエロさの強い作品です。
惜しみない愛情を注ぐエッチ
エッチシーンは6パート85分間。
プレイは手コキ、玉揉み、乳揉み、フェラ、SEX(騎乗位)、キス、乳首責め、耳舐めです。
服を脱ぐ、手コキ、玉揉み、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

ソレイユ「わぁ 王子様のおちんぽ すごくおっきいです」
主人公のおちんちんを見て嬉しそうな声を上げると
ソレイユとレインは手分けしてそこに媚薬効果付きの聖なる水を塗り始めます。

エッチは終始彼女たちがご奉仕します。
最初の2パート43分間はセフレに近い関係でするエッチ。
「01 ソレイユとレインの、歓迎おもてなし手コキ♪」は手コキ+玉揉みで1回(約16分)
「02 ソレイユとレインの、逆プロポーズフェラチオ♪」は2人が交互にフェラして2回射精させます(約27分)。

ソレイユ「あなたが望むなら このサンレイニーを 若い女性とやり放題の ハーレム王国にしてもいいんです」
そして彼女たちは早速媚び媚びな態度で彼に猛アタックをかけます。
ソレイユは竿、レインは金玉を同時に優しく責めて気持ちよくしながら
物語の背景を説明したり自分たちと仲良くするメリットを説いて興味を引きます。

01パートは背景説明に結構力を入れてました。
独特な設定がある作品なので、まずはそのへんを聴き手に伝えて
このエッチが彼を陥れるための行為ではないことを教えます。
射精時にはぴゅっぴゅのセリフで応援し、事後はその見事さを褒めるなど序盤からリードが手厚いです。

レイン「おペニス様 レインのお口をオナホとして使っていただいて ありがとうございます」
それに対して02パートはもうひとつの売りであるギャップが光ります。
おちんちんのことを「おペニス様」と呼んで彼をとことん持ち上げたうえで
レイン→ソレイユの順にむしゃぶりつきます。
レインは初めてだからでしょうけどおちんちんの味を確かめるように少しずつ激しさを増し
ソレイユはひょっとこフェラをしてリズミカルなピストン音を鳴らします。

登場人物が2人いるのに同じ責め方をしてたら個性が出ないので
同じプレイをする時は意識して違う音や反応をするようにしてました。
フェラを始める前にちょっとした儀式をするなど、男心を上手にくすぐってくれます。
ここまでされて婚約を拒絶できる男性は少ないのではないでしょうか。

続く2パート22分間は婚約者になった時のお話。
「03 ソレイユの、婚約中出しセックス♪」はソレイユ
「04 レインの、らぶらぶ耳舐めセックス♪」はレインとSEXし、もう1人はその様子を見守ります。
体位はどちらも騎乗位と思われます。

ソレイユ「ソレイユの子宮に あなたの子種をたっぷりと 注ぎ込んでください」
ソレイユはレインの母親にあたりますがまだ20代と若く
うっとりした声を漏らして久しぶりのおちんちんを味わいながらリズミカルに腰を打ちつけます。
キスを絡めて彼の気持ちを盛り上げ、後になるほどペースを上げる慣れた責め方をしてました。
終盤は「ぱんっ」という力強い音がハイペースで鳴っててなかなか強烈です。
未亡人とはいえ人妻に中出しする展開も含めて興奮できる要素が充実してます。

レイン「レインの処女マンコを たっぷりと 味わってほしいです」
一方レインは今回が初めてなのでソレイユに比べればペースを落とし
処女マンコをおちんちんで蹂躙したり初中出しを決める快感をくすぐって射精へ追い込みます。
ソレイユがその様子を観察したり応援するところも面白いなと。
この2パートには親子丼プレイの良いところが色々詰まってます。

終盤の2パート30分間は夫婦になった後のお話。
「05 日常の中のサンレイニー王国 -二人の嫁との妊活生活-」はレインのフェラ→ソレイユのSEX
「07 ソレイユとレインの、感謝の耳キス♪」は耳キス+手コキで合計3回射精させます。

ソレイユ「私は旦那様のおちんぽも お人柄も 全部含めて大好きなんです」
彼と仲良くなる目的を達成した後も彼女たちの態度はまったく変わりません。
彼のことを「王国を救った英雄」と褒め称え
これまで以上の愛情と感謝を込めておちんちんを気持ちよくします。
責め方は以前のパートとそこまで違わないのですが、セリフが今まで以上に甘くなってて本当に幸せです。

最初は彼の力を借りて王国を立て直す打算も多少はあったのでしょうが
彼の人柄やおちんちんの逞しさに触れて純粋に愛するようになります。
キャラが甘く、セリフが甘く、プレイが甘く、展開も甘い。
作品を構成する各要素をひとつの属性で統一してイチャラブ感を大幅にパワーアップさせてます。

このように、高貴な親子と仲良くなる様子をエロメインで描いたストーリー性のあるエッチが繰り広げられてます。
満たされながら抜ける作品
女性に尽くされる幸福感や女性を独占する満足感にどっぷり浸れるあまあまラブラブな作品です。

ソレイユとレインはサンレイニー王国に留学してきた主人公を存分にもてなそうと
腰を低くして彼を褒めたり全肯定するセリフを投げかけ
さらにおちんちんも大事に扱いながらゆっくり丁寧に射精へ導きます。
そしてプレイ中はやや下品な淫語を多めに言ったり
2人で責め方や乱れ方を変えて興奮と射精を促します。

未亡人の王妃とその娘が大国の王子に精一杯のご奉仕をするノーマル向けのシチュ
エッチシーンのすべてで2人が登場し、手分けしながら彼をとことん持ち上げる甘さと密度の高いエッチ
母親と娘で責め方や乱れ方を変えるキャラを活かした演出。
タイトル通りエッチをしっかり描いたうえで2人の違いを持たせた作品に仕上げてます。

ソレイユ「これからもソレイユたちは 末永く 旦那様のおそばにいさせていただきます」
レイン「旦那様の身の回りのことは すべて 妻のレインたちが サポートして差し上げます」
中でも2番目は政略結婚っぽいシチュだからこそ、それを打ち消す大きな役割を果たします。
彼女たちは結婚し彼の子供を身ごもった後も彼にずっと感謝し続けます。
それはサンレイニー王国を救ってくれたことに対してというのもあるのでしょうが
自分たちを幸せにしてくれたことのほうが大きいと思います。

夫や父を失った悲しみを埋めてくれるばかりか
女として愛される喜びを与えてもらい、さらには王国の最優先事項にあたる子供まで授けてくれる。
彼女たちが彼を救世主だと思ってもまったくおかしくありません。
そんな気持ちを込めて全肯定してくれるから心が潤うわけです。

エッチで同時責めよりも片方が体を責め、もう片方がしゃべるシーンを多くしてるのは
サークルさんがこの要素を重視したからだと私は考えてます。
セリフで心を、エッチな声や音で体をバランスよく責めて幸せな射精を提供します。
2パートごとに2人との関係が変わることも含めて、単にエッチするだけの作品とは明らかに違うものを持ってます。

射精シーンは8回。
くちゅ音多め、淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

疲れやストレスで精神的に参ってる人には特におすすめします。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 2:15:29

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2020年7月13日まで15%OFFの1215円で販売されてます。



サークル「イニシアティブ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、今年JKになったばかりの女の子が
奥手で童貞な親戚の男性を意地悪なエッチで弄びます。

魅力的な体を彼に押し付けて童貞かどうか確かめたり
熱が入ると言葉責めが命令口調に変わって惨めな負け射精へ追い込むなど
彼女の生意気でSな性格をそのまま反映させたM向けのエッチが楽しめます。
生意気なメスガキをわからせるはずが…
メスガキJKと4種類のエッチをするお話。

「やっほーお兄さーん ひっさしぶりー」
メスガキJKは明るくて可愛い声の女の子。
制服姿で主人公の前に現れ挨拶すると、反応の悪い彼を軽くからかって楽しみます。

本作品は彼の従妹で以前から仲良くしてた彼女が
JKの制服姿でおよそ80分に渡り存分に弄びます。
彼は彼女より年上ですが女性との付き合いが苦手で童貞を卒業できてません。
そこで彼女は序盤から積極的に色仕掛けや挑発をして彼にやる気を出させようとします。

「このガキ 体だけは無駄に成長しやがって あーくそ チンコイライラする このまま泣いて謝るまで 何度もクソガキマンコに 精子流し込んで立場わからせてやる」
「童貞じゃない」と言い張る彼に自分から密着して反応を確かめたり
彼の心情を代弁して女性に対する征服欲をくすぐるなど
メスガキらしい生意気な態度でリードすることが多いです。
そしてエッチ開始後は負ける快感と純粋な快感を同時に与えて充実した射精に導きます。

設定によると彼女は彼のことが大好きだそうですから
彼を本気で痛めつける意図でこれらをするわけではありません。
終盤には童貞卒業を手伝った後に初中出しまでプレゼントするなど
彼に十分なご褒美を与える優しいところも見せてくれます。

エッチについては彼女のメスガキっぷりが聴き手に伝わるようM向けの要素が多いです。
全体的に言葉責めの量を多くし、プレイも彼女にわからせられる快感を与えることを意識してます。
アブノーマルなプレイは特にやらずシチュとセリフで負ける快感を与える感じです。

「ざーこ 早く負けろ」
また言葉責めは普段タメ口でやるのに、射精が近づくと命令口調に変わって
「雑魚」「弱い」と言ったきつめのセリフをガンガン言うようになります。

まだ若いから感情を上手くコントロールできてないのでしょう。
射精時にぴゅっぴゅのセリフを言うことも含めて、彼女の性格をわかりやすく表現してます。

年下の女の子に思う存分負かされるシチュと言葉責め重視のエッチ。
メスガキから連想される生意気さや意地悪さをストレートに反映させたM向けの作品です。
心を折りながら責めるエッチ
エッチシーンは4パート63分間。
プレイは乳揉み、手コキ、耳舐め、ローションパイズリ、素股、キス、SEX(騎乗位)です。
服を脱ぐ、手コキ、パイズリ、素股、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「んー? そこまで言うなら 確かめてみちゃおっかなー」
雑談の最中に主人公を恋人のいない童貞と煽ったメスガキJKは
それを否定する彼におっぱいを揉ませて本当かどうか確かめます。

エッチは経験済みな彼女が彼を終始リードします。
前半の2パート32分間は彼女のメスガキっぷりがよくわかるシーン。
Truck1は手コキと耳舐め(約21分)、Truck2はパイズリで1回ずつ射精させます(約11分)。

「もしかして 経験豊富なお兄さんが おっぱい揉んだだけで興奮しちゃったとか? ふふっ 違うよね お兄さんは ガキ相手に発情しない つよーい大人だもんね」
彼女は最初から彼がまだ童貞だと見抜いてるようで
ソフトなスキンシップでドキドキしたり勃起する彼の様子を楽しみながら
それを否定するセリフを投げかけて言いたくても言えない状況に追い込みます。

Truck1序盤の8分間をこのやり取りに割いてるあたりに
言葉責めを重視する本作品の特徴がよく出てます。
2人が久しぶりに会ったから仲良くなる時間を用意したのかもしれませんね。

そしてパート中盤以降は実力行使で彼にわからせようとします。
通常よりもゆっくりペースで手コキしてたかと思えば
少しの間だけ小刻みな責めに切り替えておちんちんの弱いところを的確に責め
さらに右耳舐めまで加えてエッチの経験と実力に大きな差があることを見せつけます。

序盤でしっかり煽られたからこそ、射精した時の敗北感や屈辱感をより強く味わえるでしょう。
彼に「負けないぞ」と思わせてから負かすところにメスガキとしてのこだわりを感じました。
耳舐めも7分程度と短いですがジョリジョリしたちゅぱ音を鳴らしてて独特です。

「バカ丸出しでだっさー ワンちゃんでもまだましな腰振りできるよ?」
Truck2は彼女のほうからハンデを与えたうえで存分に負かします。
パイズリで彼女ではなく彼が動くスタイルにしてから
腰を碌に動かせない彼を小馬鹿にする生意気度の高いプレイです。
そして射精が始まった後はそのまま責め続けて最後の一滴まで搾り取ります。

パートの時間が21分あるのに最初の10分を前置きに割いてるせいで
純粋なプレイ時間が短くなってるのだけは残念ですが、プレイ自体はテーマ性がしっかりあって良いです。

後半の2パート31分間はより踏み込んだプレイ。
Truck3は素股(約16分)、Truck4は騎乗位SEXで彼の反抗する気力を奪います(約15分)。

「あぁっ いやっ んんっ」
素股はこれまでと違って彼女からは責めないことを宣言し
開始後はピストンを受けながら気持ちよさそうな声を漏らす比較的甘い内容です。
最初は明らかに演技なのですが、途中から彼女の様子がやや変わります。
「好き」「カッコいい」など彼を称賛するセリフを多めに言ってくれるのも面白いです。

前のパートで彼に惨めな思いをさせてしまったから
ここで一旦自信を取り戻させようと思ったのかもしれませんね。
鞭ばかりだと相手がやる気をなくすので、多少の飴も与えてバランスを取ってます。

最後のTruck4も飴と鞭を組み合わせてますが、その両方がパワーアップしてます。
これまで散々馬鹿にしてた彼の童貞をもらってあげる点はかなりのご褒美ですけど
それにあたって彼の精液が枯れ果てるまで絞ろうとする展開もなかなかハードと言えます。
このパートだけ射精シーンが2回に増えてるのもそう感じる要因です。

「ほら 〇ね 〇ね ガキ相手に発情しちゃう 悪い大人なんて〇んじゃえ」
またパート後半から気持ちの高ぶった彼女が「〇ね」と何度も言うようになります。
このへんはかなり人を選ぶんじゃないかなぁと。
例えばプレイの後に悪口を言ったことを謝るとか、否定したうえで彼のことが好きと言うならわかるのですが
作中ではそういったフォローがないまま終わりを迎えます。

最終パートは作品を聴き終えた後の感触に大きく影響しますし
負けシチュがテーマだったとしても愛を感じる要素を盛り込んでおいたほうが良いと思います。
筆おろしがそれにあたるとも言えるのですが、セリフのほうでも何かしらあったほうがスッキリできます。
人外相手ではなく人間同士、しかも好意を抱いてるならそれをきちんと示してほしかったです。

このように、きつめの言葉責めを中心に据えたタイトル通りのエッチが繰り広げられてます。
ややハードなメスガキ作品
メスガキに負かされる、わからされる快感を追求した作品です。

メスガキJKはしばらく会えなかった主人公と変わった手段で遊ぼうと
まずはメスガキらしく生意気な態度で挑発して彼をやる気にさせます。
そしてエッチが始まった後は格の違いを見せつけて負け射精へ追い込みます。

メスガキのイメージにぴったりな女の子が年上の親戚をエッチでわからせるM向けのシチュ
「ざーこ」「弱い」など彼を小馬鹿にするセリフを多く盛り込んだ言葉責め
ある時はストレートに、またある時は彼に有利な状況を作ってから負かすテーマに沿ったエッチ。
このところ注目を浴びてるジャンルをサークルさんなりのやり方で表現してます。

中でも3番目はパートによってプレイ構成を切り替え
その中に飴と鞭を盛り込んで彼が「勝てそうだ」と思えるようにリードします。
しかし最後のTruck4だけは力でねじ伏せる感じのパワフルなSEXをします。

Truck3までは割と駆け引きを重視してたので
同じ負けシチュでもTruck4は聴いた時の印象や雰囲気がやや違います。
彼女が本性を現わしてると見るのが妥当なのかもしれません。
前項で書いたように癖があるので、そこだけはくれぐれもご注意ください。

射精シーンは5回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声そこそこです。

CV:結姫うさぎさん
総時間 1:25:42

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年6月28日まで15%OFFの841円で販売されてます。



サークル「あやめ勝負」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、自分から主人公のストーカーだと名乗るおっとりしたお姉さんが
彼と色んなエッチをして少しずつ仲良くなろうとします。

ストーカーのイメージよりもずっと柔らかいエッチをするのが特徴で
責める時は彼の気持ちを確かめたりリクエストを訊いて2人とも楽しめる状況を作り
ある程度経つと一歩引き、逆に彼の愛を求めてより深い関係になります。
大好きな人をモノにしたくて
ストーカーの花梨と5種類のエッチをするお話。

「あ、ごめんなさい 起こしちゃいました…?」
花梨はトーンが低く色っぽい声のお姉さん。
ある日の夜、鍵をかけ忘れた主人公の部屋に忍び込むと
起きた彼に自己紹介し、傷つける気はないと言って抱きつきます。

本作品は何らかの理由で彼のことをものすごく好きになった彼女が
およそ110分に渡ってエッチしたりイチャイチャして彼を落とそうとします。
作中で「現実のあなた」と言ってるのでたぶんネットで彼のことを知ったのでしょう。
最初から好感度MAXの状態で積極的にリードします。

「セックスはまだしないからっ ねっ、お願い… とりあえず一回! 一回してみて嫌って思ったら終わりでいいから…ねっ」
ストーカーを名乗るくらいだからヤバいことでもするのかと思いきや
近所のお姉さんのようなおおらかな態度で「1回だけエッチさせて欲しい」とお願いします。
開始後も彼の好みを的確に突いた責めをしますし、相手が望むものを与えて心を引き寄せようとします。

2人が出会うきっかけ作りとしてストーカー設定がある感じです。
エッチの内容は非常に甘いので、年上の女性に優しくご奉仕されるのが好きな人なら誰でも聴けます。
また物語が進むのに合わせて彼の心情も変化させて無理矢理感を打ち消します。
ヤンデレとの差別化を明確にしてる印象を受けました。

エッチについても彼女の穏やかな性格が色濃く反映されてます。
全編を通じてキスシーンを多く挟み、何をするにも嬉しそうな表情を見せて好きなことをアピールします。
ただそれだけだとストーカーっぽさが出ないので、ちゅぱ音は全体的に力強いものを鳴らします。
態度と行動の両方から愛情を注いで彼をモノにしようとするわけです。

またある程度仲が良くなった後は敢えて引いて彼が彼女を求めるように誘導します。
彼女は自分が彼を愛してるのと同じくらい彼に愛されたい性格をしてるので
ひたすら追い求めるのではなく、彼にも求めてもらえるように働きかけます。
具体的にはちょっぴり意地悪してもどかしい思いをさせるとか、受けに回って責めさせる感じです。
このへんはタイトルの「愛して愛されて」を意識してるのでしょう。

ストーカーになるくらい一途なお姉さんとエッチして仲良くなるシチュと愛を感じる要素の数々。
一歩間違えばかなり聴き手を選ぶ展開をとてもマイルドに仕上げたノーマル~ややM向けの作品です。
押し引きを組み合わせた濃いエッチ
エッチシーンは5パート75分間。
プレイはキス、耳舐め、手コキ、授乳、お掃除フェラ、太ももオナニー、足コキ、乳首責め、SEX(騎乗位、正常位)です。
手コキ、太ももオナニー、足コキ、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「はぁっ…♪ 今からあなたとキスできるなんて幸せ…♪」
冒頭に7分程度会話して主人公とエッチする権利を獲得した花梨は
嬉しそうな表情で早速熱いキスをします。

エッチは年上で経験者の彼女が童貞の彼をリードします。
一番最初の「01 ストーカーお姉さんに寝込みを襲われて」は
2人が今後もエッチできる環境づくりを見据えたプレイ(約25分)。
2種類のキスから入って耳舐め手コキに移り、終盤は彼女のおっぱいを吸って1回目の射精を迎えます。

「はぁっ・・・・♪ おちんちん凄く硬い…♪ このおちんちんが私のおまんこに入ってくるの想像しただけでっ…んんっ…♪」
彼が初エッチに緊張してることに気づいてキスのやり方を教えたり
おちんちんに触れるとため息交じりの声を漏らすなど
彼に対して十分な優しさを示しつつこの時を待ち焦がれてたことをアピールします。

ストーカーになるほど好きなら当然エッチも相当に嬉しいはずですから
そのへんをしっかり表現して甘さと幸福感を膨らませます。
この後のパートも含めて彼女の反応や心情描写を多めに盛り込んでました。

プレイについてはゆっくりペースでむしゃぶりつくようなキス
コリコリした音を耳元至近距離から鳴らす耳舐め、そして射精後のお掃除フェラと
口を使ったものを多く入れてそれぞれに違いを持たせてます。
本作品はどのパートも複合責めを主体にしており、複数のエッチな音を同時に鳴らしてエロさを引き立ててます。
沢野ぽぷらさんの色っぽい声と熱い吐息も股間に良い刺激を送ってくれます。

続く2パート26分間はより深い仲になることを目指したプレイ。
「02 寝たふりあなたを揶揄って(からかって)」はキス、耳舐め、セルフスタイルの太ももコキ
「03 あなたも花梨に依存して」は足コキ、乳首責め、耳舐めで1回ずつ射精します。

「目を閉じてるからビックリしちゃったの…? そんなことないよね? だってあなたは寝てるんだから、ビックリなんてしないよね♪」
02パートは彼が寝たふりをしてる設定にし、彼女に好きに責めさせることで
彼が彼女に対してもう危機感を抱いてないことを表現します。
彼女は彼が起きてるのに気づいてるようですがわざと知らない態度を取り
ちょっぴり意地悪な責め方をして彼の反応を楽しみます。

意地悪と言ってもM向けの作品よりずっとソフトな内容ですから
ノーマルな人でも無理なく聴けるでしょう。
終盤はそれを解除してあっさり射精させる優しさも見せてくれます。
エッチを通じて2人の関係が少しずつ前進してるのが伝わってきて微笑ましいです。

「ふふっ♪ 足コキなんて、マニアックな要求してくるんだからぁ♪ もう♪」
03パートは彼女が目指す愛して愛される関係に向けた第一歩。
彼のリクエストに応えて後ろから抱き着く体勢で足コキを行い
さらに耳舐めと乳首責めも同時にやってちょっぴり恥ずかしい射精へ導きます。

M向けのプレイを求められても嫌な顔ひとつせず
むしろノリノリな様子で責める彼女も包容力に溢れてます。
ストーカーだから事前に知ってたのでしょうけど、自分の性癖を晒してくれたことがきっと嬉しかったはずです。
そうやってお互いの幸せを共有して理想的な関係を作り上げます。

終盤の2パート24分間は総仕上げ。
「04 中から満たして満たされて」は彼女が彼を騎乗位で
「05 二人で仲良く交わって」は彼が彼女を正常位で責めて恋人以上の関係になります。

「ごめん…初めてだからゆっくりしてあげようと思ってたけど、そんな考え快感でどこかにいっちゃった♪」
彼の童貞をいただいた後、我慢できずに標準くらいのペースで腰を打ちつける姿
彼よりも先に絶頂を迎える姿、そして精液をおまんこで受け止め気持ちよさそうな声を漏らす姿など
物語の山場を飾るに相応しいエロさと甘さを兼ね備えたプレイが楽しめます。
キスを挟みながらやるので喘ぎ声の量はそれほど多くありませんが
リアルなピストン音とパワフルなちゅぱ音がそれをしっかりカバーしてます。

50分以上かけて親密度を上げていったからここまで盛り上がるのでしょう。
事後には中出しした後のことを話すなど、2人が新しい関係になってるのがわかります。

それに対して05パートは彼の気持ちの変化に光を当ててます。
SEXにそれほど慣れてないので引き続き彼女がリードするものの
挿入した後は好きに責めさせて愛される喜びを噛み締めます。

「なるほど…キスしながら弱いとこ責めるつもりなのね…♪ そんなの…耐えれるわけないでしょ…… 私のことよくわかってるね…♪ まるでストーカーみたい♪」
彼が彼女の弱点を突くところに大きな成長を感じました。
彼女に責めてもらった分だけ返そうとする気持ちが込められてます。
彼のことをわざわざストーカーと呼ぶのも自分に重ね合わせてるのでしょう。
04パートとは違う形で2人の仲の良さを表現してます。

このように、エロさを出しつつキャラの内面にも触れるあまあまラブラブなエッチが繰り広げられてます。
変わった設定の純愛作品
ストーカーのイメージとは随分違うまろやかな作品です。

花梨は以前から強い好意を抱いてた主人公を自分に振り向かせようと
たまたま鍵が開いてたのに気づいて中へ入り、彼にお願いして最初のエッチにこぎつけます。
そしてその後は自分の魅力をアピールしたり彼の望むものを与えて身も心も深く繋がります。

ストーカーを名乗ってるけど性格は至って善良なお姉さんが年下の童貞をエッチに甘やかすシチュ
ヤバさや強引さを一切見せず優しく接して彼の心を引き寄せる彼女らしいアプローチ
キスを多めに挟みながらおちんちんを色んな手段で責める密度の高いエッチ。
純愛系のプレイに彼女の性格や「愛して愛されて」を盛り込んだ作品に仕上がってます。

「好きな人と生でセックスするの気持ちいいよねっ♪ 心が満たされるような幸福感で、あったかくって幸せで体中とろ~んってなっちゃうね♪」
中でも2番目は彼を喜ばせるだけでなく、彼女も何かあるたびに喜んで
2人で一緒にいると幸せになれる環境を作ります。
彼はかなり奥手な性格らしいですから、最初は多少強引にでもエッチする必要があります。
でもその後は徐々に彼女が押す展開を減らし、逆に彼が求めるシーンを増やして共依存の関係に持っていきます。
エッチも十分しっかりしてますけど、キャラ作りや物語の流れも素晴らしいものを持ってます。

エッチは2人の関係を考慮し後になるほど濃いプレイに発展します。
01パート以外は10分程度と短めですが、同時責め主体なので物足りなさは感じません。
彼女に感情移入できるのも相まって抜きやすかったです。

射精シーンは5回。
ちゅぱ音多め、淫語とくちゅ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

CV:沢野ぽぷらさん
総時間 1:51:01

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年5月29日まで20%OFFの792円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



サークル「ルヒー出版」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、好きな人にはとことん尽くす年下のお姉さんが
童貞な男性を優しくリードしてエッチの素晴らしさを教えます。

心身両面をしっかりケアしながら少しずつ前進するのが特徴で
ぎゅっと抱きしめる、頭を撫でる、全肯定の言葉を投げかけるといった甘い要素で緊張をほぐし
物語の前半でじっくり練習し自信をつけてから本番へ突入します。
清楚に見えて結構変態な彼女のキャラも魅力です。
立派な男になるための儀式
大学生の川村しおりに筆おろししてもらうお話。

「こんにちは はじめまして 私が君の担当になった 川村しおりです」
しおりは清楚で穏やかな声のお姉さん。
緊張気味な主人公に穏やかな態度で挨拶すると
とりあえず隣に座り軽く雑談して場を和ませます。

本作品は童貞男性が増えてる状況を危惧した慈善団体のマッチングで巡り合った男女が
彼女がリードする形で女性の体やエッチのやり方を学び、初SEXする様子を彼の視点で楽しみます。
お見合いっぽいシチュですが好意を持った者同士が会うシステムなので堅苦しさはありません。
彼女も序盤から穏やかな態度で彼にできる限りの愛情を注ぎます。

「ほら もっとひっつこっか? ふふっ 大丈夫だよ ゆっくり女の人の体に慣れていこうね」
彼が女性とのエッチに緊張や不安を抱いてることを考慮し
ハグや頭を撫でるといった比較的ソフトな行為で慣れるところから始めます。
最中のセリフもとろけるように甘く、それを聴いてるだけで自然と心がぽかぽかしてきます。
最初から最後まで全肯定してくれるおかげで癒しや充足感も結構得られます。

筆おろしは極端な話、SEXしてしまえば完遂できます。
しかし彼女は彼が女性を愛情を持って責められる立派な男性になるようじっくり育てる方針で進めます。
パートごとに目標を掲げてゆっくりエッチしますから
それらを通じて彼女の魅力や優しさが自然と実感できるでしょう。
ルヒー出版さんの作品は初めて聴いたのですが、キャラ作りに力を入れてる印象を受けました。

エッチについては前半が授乳手コキ、キス&フェラで本番に向けた準備を行い
後半は基本的に彼が責めるスタイルで2種類のSEXをします。
どのパートも射精シーンを1回まで絞り込み、20分程度かけて無理なく追い込みます。

筆おろしを扱う作品はエッチの内容がソフトになる傾向が見られるのですが
本作品は筆おろし以外でもきちんと抜けるようエロさにも気を配ってます。
M性が出ないように言葉責めはあまあま路線を維持する代わり
彼女のイメージよりも下品なちゅぱ音を多く鳴らしたり、終盤は本当の姿を曝け出してギャップをつけてます。

特に最終パートは結構踏み込んだことをしますから
驚きを感じながら興奮するのではないかなと。
筆おろしが終わった後のお話も描かれてるあたりにキャラを大事にするサークルさんの姿勢が窺えます。

優しくリードしながら女性を自分の意志で愛せる自主性も育てる親身な筆おろしと
甘い要素とエロ要素を上手に組み合わせた心身両面が満たされるエッチ。
筆おろしそのものだけでなく、そこに至る過程やパートナーも大事にした純愛系の作品です。
やる気と興奮を掻き立てるエッチ
エッチシーンは4パート93分間。
プレイは乳揉み、ハグ、授乳、手コキ、キス、フェラ、手マン、SEX(正常位、バック)、スパンキング、アナル責め、アナルSEXです。
服を脱がす、手マン、SEX、スパンキング、アナルSEX、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「じゃあまず お姉さんの体 触ってみよっか?」
軽くお話してエッチできる雰囲気を作ったしおりは
おっぱいを自由にいじらせながら優しい言葉をかけて主人公が甘えやすくします。

エッチはどちらも初めてですが、事前にテキストや映像でやり方を教わってる彼女がリードします。
前半の2パート46分間は女性の体に慣れさせながら親密度を高めるシーン。
「【1】気持ちよくなる練習手コキ」は乳揉みからの授乳手コキ
「【2】お口オマンコにフェラチオ挿入練習」はキスとフェラチオで1回ずつ射精します。
ちなみに各パートは別の日に設定されてます。

「たくさん触って いっぱい仲良くなろうね」
彼女は彼と会う前からSEXする気でいるので
おっぱいを見られたり触られても嫌な顔ひとつしません。
初めての体験なのに勇気を振り絞ってる彼が気持ちよくなれるようとことん甘やかします。

「なーでなで」「よーしよし」といった掛け声を出してプレイの様子を実況し
さらにおっぱいを吸われ始めた後は少し熱っぽい声を漏らして感じてることをアピールします。
プレイ自体は割とソフトですけど、彼女の優しさが強く感じられて良い気分に浸れます。
赤ちゃん言葉は特に言わないので幼児プレイとはちょっと違います。

「服 脱がしてくれたら もっと近くで 撫で撫でよしよししてあげるよ」
「腰の動き 上手だね 偉いね」

一部で彼が自分で動くシーンを設けてるのもポイント。
隅から隅まで彼女がお世話したら彼はただのマグロになってしまいます。
それを防ぐために彼女の服は彼に脱がしてもらい
授乳手コキの終盤は彼に腰を振ってもらうSEXっぽいプレイにしてます。

2番目のパートも含めて疑似SEX形式にしてるのは本番を見据えてるからでしょう。
SEXと直接関係ないプレイもきちんと関連付けて大きな流れを作ってます。
2人の親密度を高めていくことも含めて、筆おろしが最も盛り上がるように上手く調整されてます。

フェラチオ挿入練習パートは打って変わってちゅぱ音が魅力(約25分)。
前半はキスしながらの手コキでしっかり勃起させ
後半は通常のフェラ→彼が腰を前後させるイラマチオっぽいフェラでイかせます。

口を使うので前のパートに比べて甘やかすセリフは減るものの
清楚な彼女とは違うやや下品なちゅぱ音を鳴らして興奮を誘います。
キスとフェラで音の質感や動きが違ってて結構エロいです。
彼女は淫乱な性格をしてますから、その片鱗をここで見せたかったのではないかなと。

そうやって十分な準備を整えた後、いよいよ本題の筆おろしに移ります。
「【3】本物オマンコ生中出しセックス練習」は正常位で彼が彼女に挿入し
「【4】本物恋人イチャイチャセックス」はSEXに加えてアブノーマルなプレイにも挑戦します。

「キスも脱がせるのもやっぱり上手だね すごいよ」
「これで童貞卒業だね えらいね すごいね 君の初めてのSEXの練習相手になれて 嬉しいよ」

本作品で最も重要なシーンだからこそ、彼女も今まで以上の優しさと愛情を示します。
キスや服を脱がせただけで彼を褒め称えてやる気を起こし
繋がった後は童貞卒業を祝い、腰を動かすたびに気持ちよさそうな声を漏らします。
最中にキスも小まめに挟んでくれてとろけるように甘いです。

彼にとってはもちろん記念すべき瞬間ですけど
彼女にとっても処女を捧げる人生の一大イベントにあたります。
だから彼女が喜んだり感じてる姿も描写して一体感を出します。
前半をまるまる準備に費やしたのも、これを聴き手に強く実感してもらいたかったからじゃないでしょうか。

「お尻叩いちゃダメっ んっ 気持ちいいよ お尻叩かれるの 好きぃ」
それに対してイチャイチャセックスパートはより深い関係になることを目指したプレイ(約24分)。
彼女がおまんこを見せるけるようにお尻を振って彼を挑発し
挿入後は軽めのスパンキング、指を使ったアナル責め、少しのアナルSEXを経由し正常位で果てます。
スパンキングやアナルSEXは人によっては関係が破綻するほどリスキーな行為ですが
彼女の場合は元々Mっ気があるようでむしろ嬉しそうに受け入れます。

最初にバックでのSEXをおねだりしたのもこれをやってもらうためかもしれませんね。
責め手は完全に主人公ですけど彼女がリードしてるのがわかります。
スパンキング、アナルSEXいずれも約3分と短いのでこれメインではありません。
バック&正常位SEXを軸に据えつつ、前のパートとの違いを出すためのスパイスとして盛り込んでます。
あとは彼女が本当の自分を曝け出せる相手と彼を認めたことも表してます。

このように、筆おろしだけでなくその前後の様子も綿密に描いた甘さの強いエッチが繰り広げられてます。
優しく導いてくれる作品
主人公はもちろん、パートナーのしおりも幸せになる充実した筆おろし作品です。

しおりは登録されてる女性の中から自分を選んでくれた主人公に幸せな初SEXをプレゼントしようと
物語の前半部分で授乳手コキやフェラをしながら親密度を高めて心と体の準備を整えます。
そして後半はSEXをメインに据え、パートごとに体位を変えてストレートに愛し合います。

見た目や声は清楚だけど性格は割と淫乱なお姉さんが筆おろしする魅力的なシチュ
頭を撫でる、ハグ、キス、全肯定のセリフなど甘い要素を数多く盛り込んだエッチ
彼が立派な男になれるよう育てながら筆おろしする現実的かつ思いやりに満ちた演出。
彼女とSEXしておしまいではなく、ひとつの物語として成り立つように作品を組み立ててます。

「後ろからお尻犯されてイっちゃう変態お姉さんのおまんこだから 好きなだけ乱暴に使っていいんだよ?」
中でも3番目は男性が一方的に責められることが多い音声では割と珍しい要素です。
それでいて筆おろしらしさがちゃんと出てるのは彼女が適度におねだりするからです。
女性を犯したり征服する欲望を上手にくすぐって彼を責めたい気分にさせます。

前半はしっかりリードしながら所々で彼に動いてもらってますし
彼の成長具合に合わせて彼女の動き方を変化させてます。
責め手が変わっても別段違和感がないのはこのへんが影響してるのかなと。

エッチは奇数パートはキャラや雰囲気重視、偶数パートはエロさ重視とメリハリをつけてます。
一番盛り上がるのは筆おろしですけど、それ以外のパートも違った良さを持ってて聴き応えがあります。
各パートの時間をほぼ同じに揃えてることも含めて全体のバランスが良いです。

射精シーンは4回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声いずれもそれなりです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:浪実みおさん
総時間 1:40:53

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年5月18日まで40%OFFの792円で販売されてます。



サークル「C_Realization」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、見た目はツンツンしてるけど性格はとっても一途な同級生が
好きな男子の童貞卒業を手伝いながら自分の想いを伝えます。

質量ともに充実した耳舐めをしながら筆おろしするのが特徴で
耳の内側や穴の入り口をターゲットにやや筋っぽいちゅぱ音をゆっくり丁寧に鳴らし
筆おろしもただSEXするのではなく、彼女の気持ちや魅力を織り交ぜて甘さとエロさを引き立てます。
ツンデレ同級生の大胆な告白
ツンデレJKが耳舐めしながら筆おろしするお話。

「あ、やっと来たわね 待ちくたびれたわよ」
ツンデレJKは明るくてちょっぴり気が強そうな声の女の子。
保健室にやって来た主人公に筆おろし担当として選ばれたことを話すと
隣に座らせ少し話してから早速ズボンを脱がせます。

本作品は彼のことが大好きだけど恥ずかしくて告白できなかった彼女が
草食系だけどエッチは経験したい彼とおよそ160分に渡ってイチャイチャします。
この学校には童貞卒業委員会というものがあり
男子生徒が志願すればいつでも筆おろししてくれるそうです。
これまでにも小悪魔、ギャル、ドスケベ先生など色んなキャラが登場しました。

「勝手に選ばれただけなんだからね だから仕方なく 仕方なく相手しにきたんだからね」
彼女の場合は彼が他の女子に童貞を捧げるのを防ごうと
委員でもないのに今回限りで志願してます。
しかしさすがにそれは言えないので序盤は定番のセリフで隠そうとします。
典型的なツンデレキャラで反応がすごくわかりやすいです。

そして中盤から始まる筆おろし以降はデレが一気に強くなります。
「好き」「愛してる」といった言葉を何度も言う、キスをおねだりする
危険日なのに妊娠覚悟の中出しを求めるなどすべてを曝け出して彼の心を掴みます。
彼も彼女が結構好きだったことも相まって、お互いの気持ちを確かめた後は雰囲気がさらに甘くなります。

しかしそれ以上に特徴的なのが耳舐め。
エッチシーンのおよそ90%にあたる128分かけて片方あるいは両方をがっつり舐めてくれます。
セリフを言ったりプレイを変更する時はさすがに中断しますけど
それ以外はほぼずっとやってると言っていいくらいに特化してます。

このシリーズの場合はちゅぱ音も結構独特です。
「超・超!!ぐっぽり耳舐め!!」の名の通り、耳の外よりも内側や穴を集中攻撃します。
音の位置が近く質感も低く鈍いものが使われててリアルです。
音がするたびに微弱な振動が感じられて耳がゾクゾクするでしょう。

私は過去作を2本聴いてるのでそれらとの違いにも触れますと
以前は力任せと言いますか、ゴリゴリした響く音をよく鳴らしてたのですが
今作ではそれをややマイルドにする代わり質感にざらつきが生まれてます。

サークルHORNETさんの「せんべろ」シリーズに似た耳舐め音ですね。
人間の舌は腹の部分がざらついてるので、舐め音も多少じょりじょりするのが自然です。
以前よりも長時間聴きやすくなり、かつ個性が強くなったと思います。

ツンデレな女の子が筆おろししながら愛を伝える展開と質量ともに優れた耳舐め。
シリーズの特徴を継承しつつ、さらに磨き上げたあまあまラブラブな作品です。
少しずつデレていくエッチ
エッチシーンは5パート144分間。
プレイは手コキ、耳舐め、SEX(騎乗位、正常位)、キス、両耳舐め、オナニー、フェラ(1分くらい)です。
手コキ、SEX、オナニー、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「おちんちんって こんなに大きいの?」
主人公に事情を説明しズボンを脱がせたツンデレJKは
初めて見るおちんちんに少し驚いてからひとまず手で刺激します。

エッチは一部のパートを除き彼女が責めます。
一番最初の「1.囁き耳舐め手コキ」は本番に向けた雰囲気作り(約41分)。
手コキから入りその3分後には耳舐めが加わります。
そして数分ごとに左右を切り替えながらがっつり責めて1回目の射精に追い込みます。

「はぁ? シコシコって掛け声 してもらいたいの? 何それ? バカじゃないの?」
彼女は臨時で童貞卒業委員をやってるので男性経験は一度もありません。
だからおちんちんの大きさに戸惑ったり、彼のリクエストに呆れつつゆっくり責め続けます。
パートの時間が長いからでしょうけど結構抑えてる印象を受けました。

しかし耳舐めについては射精に直結しないので最初から積極的にやります。
「ぐぷっ」という低く鈍い音が鳴ってたかと思えば
より奥をお世話するようになると「じゅりっ」みたいな筋っぽい音に変化します。

質感は強めですけど音がそれほど尖ってませんし
力も弱めに設定されてて長時間聴いても頭が痛くなるほどではありません。
エッチ開始後は彼女がほぼずっと囁き声で話してくれることも含めて穏やかな空気が漂ってます。

耳舐めを楽しみやすくするためでしょうけど
この後も含めて本作品のエッチはパートごとにやることを絞りこんでます。
ここも耳舐め手コキしながら合間に軽くしゃべり
終盤に差し掛かるとカウントダウンする至ってシンプルな内容です。

本題の筆おろしが始まるのはその次から。
「2.囁き耳舐め童貞卒業セックス」は騎乗位で筆おろしを済ませ(約34分)
「3.囁き耳舐めツンデレJK連続絶頂セックス」は逆に彼が正常位で彼女を責めます(約36分)。

「おっぱいだって おまんこだって 子宮だって 卵子だって ぜーんぶあんたのものだよ」
そしてここからは彼女のデレがどんどん強くなります。
挿入を終えたところで自分が処女だったことをはっきり伝え
さらに両想いだったと知ると嬉しそうな表情で彼にすべてを捧げます。

ヤンデレと言うほどではありませんが割と独占欲の強い女性です。
自分のすべてを彼にあげる代わりに彼のすべてをもらおうとします。
どちらのパートも中出しさせてるのが良い例です。

同じSEXでも両パートには大きな違いがあります。
騎乗位は2人が初めて繋がるシーンなので、その様子をゆっくりペースで綿密に描き
正常位は彼女が乱れたり絶頂する姿に焦点を当ててエロさを上げてます。
彼女が彼を愛し、お返しに彼が彼女を愛す展開もイチャラブ感が強くて良いです。

終盤の「4.ダブル囁き耳舐め手コキ」は夢の中のお話(約32分)。
SEXを頑張りすぎて疲れた彼が眠ってる最中に2人のツンデレJKと出会い
左右に寄り添い両耳を舐めながらオナニーと手コキをして最後の射精をプレゼントします。

ここの最大の魅力はやはり両耳舐めでしょう。
1人でも十分特徴的だったちゅぱ音がふたつに増えてほぼずっと鳴り続けます。
ペースがそれほど速くないおかげでうるさい感じは特にしませんでした。
合間のセリフも意地悪なところと優しいところが混在しててツンデレな彼女に合ってます。
筆おろしや告白はもう終わってますし、耳舐めを純粋に楽しむパートです。

このように、2人の仲が良くなる様子に耳舐めを絡めた穏やかで濃いエッチが繰り広げられてます。
耳舐め特化の甘い作品
耳舐めが一番の売りなのは間違いないですけどキャラも立ってる作品です。

ツンデレJKは大好きな主人公の初めてを自分がいただくために
童貞卒業委員会へ志願し、最初はツンツンした態度で耳とおちんちんをお世話します。
そしてお互いの気持ちを確認できた後は一気に素直になって彼の愛と精液を受け止めます。

根が優しくて恥ずかしがり屋な女の子が好きな男子と結ばれる純愛系のシチュ
彼女のツンとデレをパートごとに変化させながら筆おろしするキャラ重視のエッチ
これらの最中にほぼずっと行われる独特な音の耳舐め。
ツンデレ、筆おろし、耳舐めといった特徴を組み合わせて作品を仕上げてます。

中でも耳舐めはこのシリーズ最大の魅力なだけあって聴き応えがあります。
量は以前から本当に多かったですけど、今回は聴きやすさにも配慮してるのがすごく印象的でした。
力強いんだけど優しさもあるあまり聴かないタイプのちゅぱ音です。
欲を言うならパートごとでいいからもう少しバリエーションが欲しかったなと。

それ以外については彼女のツンデレとプレイを上手く連動させてます。
ツンな時もセリフがややきついだけでハードなことをするわけではありません。
初めてエッチすることや彼が好きなことを隠すためにそうしてるだけです。
そして筆おろし開始後は一転してデレデレになります。

射精シーンは4回。
ちゅぱ音大量、くちゅ音多め、淫語と喘ぎ声それなりです。

耳舐めやツンデレキャラが好きな人には特におすすめします。

CV:秋野かえでさん
総時間 2:47:28(本編…2:37:57 フリートーク…9:31)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2020年5月18日まで20%OFFの968円で販売されてます。



サークル「1日分のもちもちだま」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、エッチ大好きでサービス精神旺盛なAV女優が
企画に参加してくれた素人の童貞をゆっくり優しく筆おろしします。

耳舐めを多めにしながら少しずつリードするのが特徴で
冒頭に耳かきをやって彼の緊張を解きほぐし
それから耳舐めのみ→耳舐め手コキ→耳舐めSEXとだんだん濃いプレイに移ります。
途中から監督(女性)も参加するおかげで両耳舐めのボリュームも多いです。
初SEXの相手はAV女優
穂波や監督と色んなエッチをするお話。

「ふーっ うふっ ビクビクーってしたね」
穂波は明るくて可愛い声の女の子。
AVの筆おろし企画に参加し緊張気味な主人公に話しかけると
それを取り除くためにはまずは丁寧な耳かきをします。

本作品は現実世界のAVでも行われてる素人モノの音声版。
AV女優として活躍中の彼女が童貞な彼を相手に180分ほどに渡って筆おろしします。
基本的には穂波が相手をするのですが、一部で監督も加わるパートもあり
その両方で耳舐めをたっぷりしながらおちんちんも責め続けます。

「自分で言うのもなんだけど 私 尽くす系の女だから」
作中でこう言ってるように、彼女は男性を喜ばせるのが大好きな女性です。
だから序盤のサービスで彼は耳が弱いとわかればそこを重点的に気持ちよくします。
「エッチシーンの68%にあたる85分もやる」と言えば量の多さがわかっていただけるはずです。
うち40分は両耳舐めになっており、耳舐めが好きな人ほど楽しめるでしょう。

パートごとに舐め方をそこまで変えてくるわけではないですし
ほとんどでおちんちんと同時責めすることから特化型と言うほどではありません。
あくまでメインは筆おろしで、それをより特徴づけるスパイスとして活用します。
全体的に責めっぷりが激しくて耳に微弱な刺激が何度も伝わってきました。
彼は彼女の大ファンだそうですから、日頃の応援に対する感謝を込めてお世話します。

それ以外の特徴はSEXシーンが充実してること。
6パート中4パートにSEXを盛り込み、状況に応じて体位や責め方を変えながら進めます。
耳舐めも同時にやるおかげでエッチな声や音の密度が高く
彼女のあまあまなキャラも相まって気分よく抜けます。
全パート中出しするのも彼にとって特別な日を華々しく飾るための優しさです。

一番最初の「01_緊張してる?」は撮影開始前の出来事(約24分)。
緊張してる主人公を少しでもリラックスさせようと膝枕で耳かきします。
耳かき棒→綿棒→梵天と繋ぎ、耳垢水で中を綺麗にしてから綿棒で水分を取る凝ったものです。

耳かき棒は「ずすっ」という乾いてて平べったい音
綿棒は「ぷすっ」という広めで柔らかい音、梵天は「すしゅっ」という柔らかくて滑らかな音と
器具によって音の質感や動きがきちんと変わります。
耳垢水を使う時はプールに入ってるような閉塞感があってリアルです。

「好きなんだ 男の子がね こうやってぜーんぶ預けて リラックスしてくれるのが」
そして最中は効果音の邪魔にならない程度に会話して別方向から癒します。
彼は彼女のことをよく知ってるはずですが、それはAVの中の話に過ぎません。
だからエッチとは関係ないことをしながらコミュニケーションを取って素の自分を教えます。
耳かきも手慣れてますし、他の男優さんにしてあげてるのかもしれませんね。
最初はソフトに、それから激しく
エッチシーンは6パート125分間。
プレイは耳舐め、手コキ、キス、SEX(正常位、騎乗位)、首筋/乳首舐め、素股です。
手コキ、SEX、素股の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「エッチな音声を みんなにお届けしたいと思いまーす」
耳かきをした後に監督や他のスタッフがやって来て準備を整えたところで
穂波はAVを観てる人たちに挨拶してから主人公の耳を舐め始めます。

エッチは経験豊富な彼女が終始リードします。
序盤の2パート36分間は筆おろしに向けて気持ちを高めるプレイ。
「02_収録スタート」は左右を小まめに切り替えながらの耳舐め
「03_初めては最高の快楽で」はキスを経由してからの耳舐め手コキで射精寸前まで追い込みます。

「本当は あぁ 気持ちいい 気持ちいいよぉって はぁはぁって可愛い声を上げたいのに ちゃんと我慢してるんだね 偉いぞー」
そして彼女は早速プロらしい流れるような手つきを披露します。
事前に約束した通り責められても声を出さない彼を褒め称え
耳舐めは内側や穴の入り口を重点的に責めてコリコリしたやや鈍いちゅぱ音を鳴らします。
02パートは本当に耳舐めしかやらないので本作品の耳舐めの良さがわかりやすくなってます。

続く03パートは焦らしや寸止めを交えた若干意地悪なプレイ。
「くちゅっ」という泡交じりの水音を上下にゆっくり動かし
彼が我慢できなくなったところで休憩するのを数回繰り返します。

「童貞ってことは こうやって女の子の手で おちんぽシコシコされるのは初めてだよね?」
撮影してるからやむを得ずそうしてるだけで彼女は別にSじゃありません。
その証拠に彼の初めての人になって満足感を与え
さらにキスも自分からしてできる限りの愛情を注ぎます。

淡白な雰囲気で筆おろしするのは彼が可愛そうですから
形だけとはいえ恋人に近い態度で接します。
耳舐め一辺倒だった02パートよりもこちらのほうが内容は濃いです。

中盤の2パート39分間は本題の筆おろし。
「04_穂波に種付け 」は正常位、「05_穂波、我慢できない」は騎乗位で繋がり合計3回射精します。

「来て? 私のこと 私のおまんこ 君のおちんぽで 思い切り犯して?」
通常なら彼女が騎乗位で挿入するのが妥当ですが
ここで敢えて彼に主導権を譲って幸せな初体験をプレゼントします。
挿入直後に射精しても嫌な顔ひとつしなかったり
その後は一緒に腰を動かして2回目の中出しを決めるあまあまなSEXです。

雰囲気重視だからでしょうけどかなりゆっくり進めてました。
本作品はSEXパートが多いので初回はこういう流れで良いと思います。

「あぁ来ちゃう 来ちゃうっ 赤ちゃんの部屋疼いて イクっ イクイクイク イクぅぅぅ」
次の05パートは04とは打って変わって激しく愛し合います。
体位を彼女が動きやすい騎乗位に変え、まだまだ足りないことを素直に伝えて腰を打ちつけます。
04パートが緩やかだったからこそ余計激しく感じました。
監督が加わり2人で協力して左右の耳を同時に舐めるのも大きいです。

終盤の2パート50分間は撮影後のお話。
「07_分岐1穂波とラブラブえっち」は打ち上げに参加した主人公を穂波のほうから延長戦に誘います。
そして「08_分岐2穂波と監督と3P」は監督が加わり3人でさらに楽しみます。
分岐と書かれてる通り、ここだけはいずれか片方を選択して聴きます。

「あっ やっぱり このおちんちん素敵」
イチャラブ感を楽しみたいなら07パートでしょうね。
耳舐めSEXするのは中盤と一緒ですが、その前に首筋舐めや素股が入ります。
撮影じゃないからでしょうけど彼女もエッチを純粋に楽しんでるように感じました。
優しいセリフ、吐息、くちゅ音、ちゅぱ音、喘ぎ声を組み合わせて幸せな空間を作り上げてます。

監督「あっ あぁぁぁぁ カリ首 太い」
05パートを気に入った人は08パートのほうが楽しめます。
両耳舐めが引き続き強烈ですし、前半は監督とのSEXも行います。
彼女はAV女優ではないそうですが時には撮影に参加する積極的な女性です。
そして後半は穂波にバトンタッチして同じく中出しを決めます。
05よりもこちらのほうが純粋な3Pですね。

このように、筆おろしや耳舐めといった特徴を色濃く反映させた深いエッチが繰り広げられてます。
耳舐め重視の筆おろし作品
AVらしいエロさを持たせつつ個性も出してる作品です。

穂波は今回の企画に参加してくれた主人公に忘れられない初体験をプレゼントしようと
どのシーンも優しく接しながら耳とおちんちんを丁寧に責めて気持ちよくします。
そして筆おろしはもちろん、その後のSEXもすべて生挿入&中出しさせて心も満たします。

男性にお世話するのが大好きなAV女優が筆おろししてくれる魅力的なシチュ
エッチシーンのすべてで耳舐めを多くするタイトル通りの作り
4つのSEXパートを用意し、それぞれで違った責め方をするテーマに合ったエッチ。
筆おろしと耳舐めを両方がっつりやってどのパートも抜けるように仕上げてます。

中でもエッチは質量共に充実してて満足できました。
AVの企画で筆おろしする展開が面白いですし、きちんとそれに沿った流れで進めます。
責めっぷりは激しめですけど彼に対するいたわりも見られてあまあまです。
筆おろしと耳舐めのどちらが好きな人でも楽しめるでしょう。

射精シーンは6回。
ちゅぱ音大量、くちゅ音多め、淫語と喘ぎ声それなりです。

おまけは舐め音あつめとフリートークです。

CV:穂波…天知遥さん 監督…伊ヶ崎綾香さん
総時間 3:30:36(本編…2:56:05 おまけ…34:31)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2020年4月30日まで20%OFFの968円で販売されてます。



サークル「ディーブルスト」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、性格は結構違うけどどちらもエッチ大好きなサキュバス姉妹が
自分たちを討伐しに来た冒険者を捕らえてエッチな勝負を楽しみます。

彼女たちの特徴を反映させたM向けのエッチが行われており
姉は彼を露骨に見下し、妹は割と無邪気に接しながら
おちんちんをはじめとする性感帯をがっつり責めて自分たちには勝てないことを思い知らせます。
サキュバスを討伐しに来たはずが
サキュバスのルイゼ(姉)とプルネラ(妹)に精液を搾り取られるお話。

「このおにーさんが今回の侵入者? どれどれぇ…。んー? 結構可愛い顔してるんじゃない?」
プルネラは明るくて無邪気な声の女の子。
「…顔なんてどうでもいいのよ 人間のオスなんて、どんなに屈強だろうが精神性が尊かろうが、最終的には性欲に溺れてしまう愚か者しかいないんだから」
ルイゼは上品で色っぽい声のお姉さん。
魔法のトラップにかかり捕らえられた主人公を興味深そうに眺めると
目覚めた彼にこうなった経緯を話したうえでエッチなゲームを持ち掛けます。

本作品は戦うのは苦手だけど男を誘惑するのは得意な彼女たちが
村から討伐依頼を受けてやって来た彼をおよそ120分に渡ってエッチに弄びます。
序盤から中盤は一対一、終盤は2人同時とプレイスタイルを切り替え
後になるほど主従関係がはっきりするように心身をバランスよく責めます。

ルイゼ「無駄よ。体が痺れて動けないでしょう? …つまりは、今、あなたは、無抵抗なの。自分の立場を理解しなさい」
2人は同じサキュバスでも性格に大きな違いがあり
彼への接し方やプレイ内容にもそれを色濃く反映させてます。
ルイゼはサキュバスらしい妖艶な声と態度で最初から彼を見下し
おちんちんを足で踏みつける、顔面騎乗で息苦しくするといったM向けのプレイを繰り出します。
彼女のほうが射精回数が多かったりと比較的ハードな路線を歩みます。

プルネラ「…ねぇ? おにーさん? ここで見たこと忘れて、大人しく帰るなら~、見逃してあげてもいいよ?って言ったらどうするー?」
それに対してプルネラは彼にそこまで敵意を抱いておらず
プレイ中に多少の優しさを見せて彼が苦しい思いをしないようにリードします。
ルイゼと同じく結局は搾精されるのですが、その過程や雰囲気が割かし穏やかです。
プレイの内容もルイゼよりノーマルなもので構成されてます。

もちろん2人に共通してる要素も存在します。
それは純粋なエロさと彼を屈服させようとする言葉責め。
前者は彼を責めてる間だけセリフの量を大幅に減らしてエッチな音をガンガン鳴らします。

声優さんが違うので同じプレイでも責め方は微妙に違いますが
ルイゼ、プルネラいずれも貪りつく感じのちゅぱ音を鳴らすことを意識してました。
ペースが緩い代わりに水分高めでパワフルな音ばかりですから
これらを聴いてるだけでも自然と勃起しオナニーしたくなるでしょう。
SEXの時も喘ぎ声を積極的に漏らしますし、どうすれば男が喜ぶかをよく心得てます。

プルネラ「気持ちは頑張るつもりでも、体は正直に反応しちゃうの…すっごくかっこ悪いよー♪」
ルイゼ「情っけない…♪ よわよわの冒険者おちんぽは、足で踏まれながら絶頂してしまうのね 本当、かっこ悪い。淫魔の足に屈しちゃうの」
後者はエッチな勝負をして勝ったら開放するルールを定めてあることを踏まえて
エッチの最中におちんちんの弱さを貶したり、射精シーンの前後で負ける快感をくすぐることが多いです。
ディーブルストさんは優しいお姉ちゃんが甘やかすシチュを得意とされてるサークルさんですが
去年あたりからこういうM向けの作品にも挑戦されてます。

エッチな音だけを鳴らす時間を結構取ってるおかげで言葉責めの量は減ってますし
表現についてもそこまでどぎつい印象はありません。
Mな人を喜ばせるためのスパイスと見るのが妥当です。

サキュバス姉妹がそれぞれの持ち味を活かしたエッチで童貞の冒険者を屈服させる。
サキュバスが持つエロさと負けシチュを組み合わせた実用性の高いM向け作品です。
じっくりわからせていくエッチ
エッチシーンは3パート90分間。
プレイはキス、玉舐め、手コキ、足コキ、顔面騎乗、クンニ、乳首責め、首筋舐め、尻尾による体の愛撫、SEX(騎乗位、対面座位)、耳舐めです。
手コキ、足コキ、体の愛撫、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「体、ずーっと固まっちゃったままだね? こういうの、あんまり慣れてないのかなぁ?」
後日再び主人公のもとを訪れたプルネラは
軽く会話した後すかさずキスをし、彼が女性に慣れてないことを見抜きます。

エッチは経験豊富な彼女たちが終始責め続けます。
最初の2パート56分間は2人の個性に焦点を当てたプレイ。
Track2はプルネラ、Track3はルイゼがいずれも一対一で彼を合計3回射精させます。

プルネラはノーマルなエッチが好きなようで
キスから始まり弱めのフェラ→手コキ→強めのフェラと手加減しながら丁寧に責めます。
しかし最中に鳴るちゅぱ音は声よりもずっと下品なものが多くギャップが引き立ってます。
Sっ気は低めだけどおちんちんや精液に対する貪欲さが音で上手く表現されてました。

「強くなるために? こういうエッチなことはダメって思ってた、ってこと? …なるほどなー♪ でもそれってさー 欲望を煽るのが得意なサキュバスとかって…すごーく相性悪いんじゃない?」
言葉責めの内容が割と論理的なのも面白いですね。
「強さを極めるために女性との関わりを断ってきた」と言う彼に対し
その結果エッチがよわよわになってることを教えて心を軽く折ります。
そしてパートの前半は敢えて手加減し、中盤から少しだけ本気を出して格の違いを見せつけます。

ルイゼほど露骨に見下すことはありませんが
彼女も彼がエッチで自分たちに絶対勝てないことを思い知らせようとします。
無邪気なようで痛いところを的確に突いてくる割と恐ろしいキャラです。

「虐げられて喜んだりしない限り、その感情は普通のことよ でも、今のあなたのおちんぽは、硬くなってしまっているみたいよ?」
「ほら、ぁっ…頑張って? 私のワンちゃん♪」

それに対してルイゼは同じくキスから始まり足コキで1回
直後に休憩を挟まず顔面騎乗でクンニさせながらの足コキでもう1回射精させます。
こちらのほうがテーマの「敗北」をよりストレートに表現してますね。
大事な部分を足蹴にされて興奮する彼を変態呼ばわりし、クンニの時は犬扱いします。

そしてクンニの最中は気持ちよさそうな喘ぎ声を漏らして彼の頑張りに応えます。
ペットを手懐けるのと同じく、飴と鞭を使い分けて上下関係を自然に確立する彼女らしいプレイです。
顔面騎乗してる間だけ彼女の声が若干こもるなど、細かな演出にも気を配ってました。

Track4は彼を完全に屈服させることを目指したプレイ(約34分)。
前半はルイゼとの騎乗位、後半はプルネラとの対面座位で3回連続射精させます。
そして繋がってないほうは言葉責め、首筋舐め、乳首責め、クンニ、耳舐めでサポートします。

プルネラ「そんな素直なおにーさんには~…ごほーび、あげちゃう♪」
ルイゼ「あらあら♪ 相変わらず私に、イジメられるのが好きみたい… 素直なのは美徳よ。嬉しいわぁ♪ ふふ、だったら少しサービスしてあげるわね」
過去2回のエッチを通じて彼の調教がある程度進んでるため、2人も以前より柔らかい態度で接します。
彼へのご褒美に童貞を奪ってあげますし、彼を褒めるセリフがちょこちょこ出てきます。
雰囲気だけを見れば本作品の中で最も穏やかに感じました。

しかしそれと反比例するかのように体の責めがハードになってます。
おちんちんをはじめとする性感帯を2人がかりで30分以上ほぼノンストップで責め続けますし
ちゅぱ音や喘ぎ声が同時に流れるシーンが多くて股間にビンビンきます。
特に喘ぎ声はSEXを中心に据えてるおかげで量が多いです。

片方が責めてる間はもう片方がしゃべるスタイルにしてるのも抜きに向いてます。
最後を飾るに相応しい濃厚なひと時を送ることができました。
彼にとっては残念な結果なのでしょうけど、快楽堕ちする展開なので暗さや重さはありません。

このように、エッチに未熟な男性をとことん気持ちよくして骨抜きにするエッチが繰り広げられてます。
気持ちよく負かしてくれる作品
サキュバスから快楽調教を受ける様子を比較的柔らかい雰囲気で描いた作品です。

ルイゼとプルネラは自分たちを倒しにやって来た屈強な冒険者を従順なペットにしようと
まずは1人ずつ相手をしながら色んな快楽を与えて抵抗する気力を少しずつ削ぎます。
そしてエッチを十分味わわせた後は初SEXを教えてそれ無しでは生きられない心と体にします。

性格は違うけどいずれもエッチが得意なサキュバスたちが童貞をあっさり負かすM向けのシチュ
プルネラはややM、ルイゼはMと属性を変えてそれに合ったプレイをするキャラを活かした展開
見下したり負ける快感をくすぐる言葉責めで心を
ちゅぱ音や喘ぎ声をがっつり流すプレイで体を責めるバランスの取れたエッチ。
サキュバスから連想されるエロさや貪欲さに作品独自の要素を加えて個性を出してます。

中でも3番目は本作品を最も特徴づける要素なだけあって力を入れてます。
言葉責めは量は少なめですけど言うタイミングがばっちりですし
その内容も少しずつ表現を変えて彼が自分から堕落していけるように仕向けます。

童貞とサキュバスの組み合わせも実力差が圧倒的でこのテーマにうってつけと言えます。
最初から勝てないことがわかりきってるので負ける快感だけを純粋に味わえます。

射精シーンは6回。
くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声多め、淫語それなりです。

おまけはPRボイスとフリートークです。
フリートークは面白いので本編視聴後に是非聴いてみてください(笑えるではなく興味深いという意味です)。

CV:ルイゼ…野上菜月さん プルネラ…逢坂成美さん
総時間 2:21:34(本編…1:56:05 おまけ…25:29)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2020年3月31日まで30%OFFの1001円で販売されてます。



サークル「いちのや」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、優しくて面倒見のいい職場のお姉さんが
酒に酔った勢いで同僚と濃いエッチを楽しみます。

生々しさとエロさにこだわった臨場感のあるエッチをするのが特徴で
2人がエッチを始めるまでの過程も描いて自然な流れを作り
開始後は彼女を敢えて受けに回し乱れる姿をたっぷり描いて興奮と射精を応援します。
プレイ中はセリフをほとんど挟まずリアルな音を組み合わせて表現するのもポイントです。
同僚が見せるいつもと違う顔
職場で一緒に働いてる佐伯すみれと飲んだりエッチするお話。

「あっ 来た来た こっちこっち」
すみれは甘く穏やかな声のお姉さん。
個室居酒屋へやって来た主人公に声をかけると
仕事の愚痴を軽くこぼしてから乾杯します。

本作品は普段は落ち着いてるけど酒を飲むとキャラが変わる彼女が
彼を飲みに誘ってからその場の勢いでラブホへ移動し初エッチします。
2人とも相手の気持ちに気づいてませんが最初から相思相愛の関係で
お酒が入ってることもあり結構大胆な責めや乱れっぷりを披露します。

全編を通じて言える大きな特徴は「生々しさ」
彼女とエッチする様子をできるだけ彼と同じ視点で楽しめるように
そうなった経緯や移動中のやり取りまで綿密に描いて雰囲気を作ります。

「たまにはいいじゃん 明日休みなんだしさ」
冒頭の17分間を2人が居酒屋で飲むシーンに割き
仕事のことを軽く話しながらお酒を飲むほど彼女の態度が砕けたものに変化します。
入社してからもう3年が経ち、しかも同期ということで堅苦しさはまったくありません。
酔いが回ってくると自分からおっぱいを見せたり無防備な姿勢を取って彼を巧みに誘惑します。

最中に鳴る効果音や環境音も非常にリアルです。
例えば居酒屋のシーンではBGMと他の客のガヤ音を組み合わせてそれらしさを出し
彼が個室に入るとそれらの音量が一段階下がって少し静かになります。
SEXの際にはピストン音だけでなくベッドの軋む音とシーツが擦れる音も入ってたりと
一般的な音声作品より音の情報量を多くすることで生々しさを出してます。

エッチについては年上の彼女が童貞な彼をリードします。
しかし年上モノによくある女性側が責め続けるスタイルではなく
彼に主導権を譲り、責めるのをサポートしながらたっぷり乱れてやる気にさせます。

「もっと もっと突いて 突いて? 私のことを もっと愛して いっぱい愛して?」
責めるのがめんどくさいのではなく、男性を愛するよりも愛されたい性分なのでしょう。
SEXの時間を長く取ってるおかげで喘ぎ声の量が多いです。
またプレイ中は状況説明のセリフをできるだけ挟まず
吐息、くちゅ音、ちゅぱ音、喘ぎ声といったエッチな要素だけでその様子を表現します。


販売ページの説明文に「ASMR要素満載」と書かれてるのはこれのことだと思います。
先ほども言ったように音の品質が高いので、セリフ抜きでも何をしてるかわかります。
そしてこれは18禁作品にとって重要な「抜きやすさ」の向上にも繋がってます。

生々しさを追求した様々な演出と音重視の抜きやすいエッチ。
年上の女性とイチャイチャする様子を甘くエロく描いたノーマル向けの作品です。
心の距離も近づけていくエッチ
エッチシーンは4パート51分間。
プレイは耳舐め、キス、乳揉み、手マン、SEX(正常位)、体の洗いっこ、パイズリ、フェラです。
乳揉み、手マン、SEX、洗いっこ、パイズリの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「わるーい子には お仕置き してあげないといけないよね」
飲んでる最中におっぱいを押し付けたりパンツが見えそうな姿勢を取ってからかったすみれは
主人公の反応が非常に良いのでさらに右耳を舐めて誘惑します。

エッチは彼女がリードしつつ対等な立場で愛し合います。
最初の2パート19分間は2人が初めて結ばれるシーン。
「01.酔いどれお姉さんと居酒屋で」の終盤4分に耳舐めしてホテルへ行く雰囲気を作り
「02.二人で初ホテル」はエレベーターや部屋の中でキス、相互愛撫、SEXを楽しみます(約15分)。

「ね、ちゅーしよ? いいからぁ かがんで?」
彼女はお酒が入るとノリが良くなるようで最初から積極的。
勝手がわからない彼にラブホの使い方を教えながらぐいぐい引っ張ります。
彼が大好きなおっぱいも存分に触らせてあげますし、男が喜ぶツボをよく心得てます。

「あっ あっ そこっ 気持ちいい そこ そこっ もっと 触って?」
そして彼が十分やる気になった後は敢えて受けに回り気持ちよさそうな声を漏らします。
「ぱちゅん」という肉のぶつかり合う音と水音が混ざったピストン音が生々しく
1回1回力強く丁寧に突く動きも童貞っぽさがあって良いです。
無駄なセリフを極力削いでる作りも相まって、実時間よりもずっと濃いプレイに仕上がってます。

続く後半の2パート32分間は彼とさらに仲良くなることを目指したプレイ。
「03.一緒にお風呂で」はSEXで汚れた体を綺麗にしてからパイズリフェラを行い(約12分)
「04.告白えっち」は1回目と違う雰囲気でもう一度SEXします(約20分)。

「ほーら おっぱいマンコにチンポ押し付けてぇ エッチしてるみたいでしょ?」
お風呂パートは彼女が責めに回りますが彼にとことん尽くす姿勢を取ります。
自慢のおっぱいでおちんちんをしごくだけでなく口も使って全体を隅々まで責め
さらにおっぱいをおまんこに見立てる、我慢汁や精液を美味しそうに飲み干すなど
彼が幸せなひと時を過ごせるように考えながらリードします。

1回SEXしたおかげで彼女も色々と吹っ切れたのでしょう。
1日限りの関係で終わらせるのではなく、今後も彼と一緒でいられるようにエッチします。

その部分が最も強いのが04パート。
やることは02パートと同じ正常位SEXなのですが、最中のセリフが大幅に変わってます。

「好き 好きっ 好きなの 大好き」
具体的には「好き」「大好き」をびっくりするほど多く言ってくれます。
シンプルな言葉を繰り返し言うあたりに不器用さと可愛さを感じました。
このパートだけは他よりもセリフの量が多くなってますけど
引き続き実況はほとんどしないので作品のコンセプトに合ってると言えます。

1回目は純粋に快楽を得る手段、2回目は愛情表現とSEXを異なる意味合いでしてるのが面白いなと。
彼女の言葉が心に響いたのか、彼のピストンも2回目のほうが激しかったです。

このように、後になるほど身も心も深く繋がるあまあまラブラブなエッチが繰り広げられてます。
抜き重視の穏やかな作品
キャラが立ってて、エッチがリアルで、エロさも高い優れた作品です。

すみれは好意を寄せてる主人公と今以上に親しい関係になろうと
まずは個室居酒屋に誘って2人きりになり、さらにお酒を飲んで心を開放します。
そしてホテルに移動した後は童貞な彼をサポートしながらたっぷり尽くして自分の魅力をアピールします。

面倒見がよくて可愛さもある同僚のお姉さんと初エッチを楽しむノーマル向けのシチュ
エッチだけでなくそれを始めるまでの経緯も描く臨場感を持たせた演出
無駄なセリフをできるだけ省き、リアルな音を組み合わせてプレイを表現するASMR系のエッチ。
彼女と一緒にいる気分に浸りながらしっかり抜けるように作品を組み立ててます。

中でもエッチは自信を持って「エロい」と言えるクオリティに仕上がってます。
それぞれの音がリアルなのに加えてその組み合わせ方が自然ですし
セリフを徹底的に削いだ作りも密度や濃度を上げるのに役立ってます。

これはあくまで私個人の経験則なのですが
女性がシナリオを担当した場合、男性の時よりもエロさが落ちる傾向が見られます。
この作品もシナリオをサークル主の一之瀬りとさんが担当されてるのでそうだろうと予想してました。

しかしそれを良い形で裏切ってくれたことが一番の驚きでした。
ホテルへ移動した後はどのパートも十分な聴き応えがあります。
そんなわけで当サイトでは抜ける作品を探してる人に最もおすすめします。

射精シーンは3回。
くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声多め、淫語そこそこです。

以上を踏まえてサークルさんでは初の満点とさせていただきました。

CV:一之瀬りとさん
総時間 1:19:37

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2020年3月12日まで20%OFFの880円で販売されてます。



サークル「シルトクレーテ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、現在2人の彼氏と付き合ってるビッチな後輩が
童貞で冴えない部活の先輩を誘惑して自分のおもちゃにします。

とことん持ち上げてから叩き落す落差の大きいエッチが行われており
序盤はキスを多めにしたり中出しSEXまで許す恋人に近い態度を取ってたのが
その後は恥ずかしいプレイをさせながら見下すセリフをガンガン言って惨めな気分を与えます。
どぎつい描写はありませんから女性に優しく弄ばれたい人に向いてます。
可愛い後輩と付き合うはずが
陸上部マネージャーの「ゆり」と6種類のエッチをするお話。

「せんぱーい どうしたんですか? 何か忘れ物?」
ゆりは甘く可愛い声の女の子。
探し物をしてた主人公に声をかけると
その場所を教えてから話したいことがあると言います。

本作品は学年で一、二を争う可愛さを誇る彼女が
同じ部の先輩にあたる彼を110分近くに渡ってエッチに弄びます。
彼女は物語の開始時点で既に2人の彼氏がいるので彼と付き合う気はありません。
ですが序盤は敢えて恋人に近い雰囲気を作り彼を上手に期待させます。

「あのぉ 実は あたし 先輩のこと 好き…なんですよぉ」
ストレートに「好き」と伝えるところから始まり
自分からキスしてそれが本心だとわかりやすくアピールします。
そしてとどめに中出しOKのSEXまでして童貞卒業を応援します。
背景をまったく知らずに聴いたらまず見破れないくらいやってることが手厚いです。

しかしその後は雰囲気が大きく変わり、彼を見下したり凹ませる描写が数多く登場します。
「キモイ」「ざーこ」「変態」といった言葉責めをガンガンしますし
プレイについてもやや距離を取って彼が自分からおねだりするようけしかけます。

こうなる経緯についてはネタバレにあたるので伏せますが
エッチの経験に乏しい男を食いつかせ、離れられなくする巧みな色仕掛けをしてくれます。
惨めな思いをさせたり凹ませる要素が充実してるので、そういうのが好きな人ほど楽しめるでしょう。

もうひとつの特徴は多くのシーンで彼女が囁いてくること。
上下関係が確立した後も普段と同じ丁寧語で密着しながら話しかけます。

「きっしょい先輩らしいイキ顔 見せてくださいね」
彼女にとって彼は単なるおもちゃですが、それでも手放すのは惜しいようです。
だからきつめの言葉責めを丁寧語や囁きで多少中和してバランスを取ってます。
SEXシーンが2パート、しかも両方とも中出しとなんだかんだでご褒美もくれますし
この関係ができるだけ長く続くように飴と鞭を使い分けてます。

女の武器で心をがっちり掴んでから弄ぶ展開と囁き声での言葉責め。
恋人でもない女性に色仕掛けされる様子を疑似体験できるややM向けの作品です。
後になるほど突き放すエッチ
エッチシーンは6パート88分間。
プレイはキス、手コキ、手マン、SEX(正常位)、耳舐め、オナニー、乳揉み、フェラです。
服を脱ぐ、手コキ、SEX、オナニーの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「あのぉ 先輩 目を閉じてもらえませんか?」
主人公に告白しこの場でエッチしたいと言うと
ゆりはすかさず甘いキスをしてその気持ちが本気なのだと伝えます。

エッチは経験豊富な彼女が終始リードします。
一番最初の「1. 部活中」は2人がこの関係になるきっかけを作るパート(約26分)。
キスから始まり性器の相互愛撫、正常位SEXと至ってノーマルなプレイを楽しみます。

「先輩 上手 もっとやって?」
この時点の彼女は猫をかぶってるので態度もあまあま。
初体験の彼を優しくリードしつつ適度に褒めてやる気にさせます。
おまんこをいじられた時は可愛い喘ぎ声を漏らしますし男の扱い方をよく心得てます。

肝心のSEXも主導権を敢えて彼に譲り
ピストンに合わせて熱っぽい吐息と切ない声を漏らして応援します。
自分から生を希望し、中出しまでさせてくれたら童貞が喜ばないわけがありません。
そうやって彼女が彼にとって大事な人になるよう巧みに誘導します。

彼女が本性を現すのは次のパートから。
「2. 昼休み」は図書室での耳舐め手コキ、「3. 登校前」は部室での短いオナニー
「4. テスト後」は彼女の教室での長いオナニーと場所を変えて1回ずつ射精させます。

「先輩のおちんちん 弱すぎ ザコペニス確定ですね」
「先輩のくっさーい初心者マークのついたおちんちんなんて 咥えてあげませーん」

そしてここからは彼女が色んな言葉責めをして彼を存分に弄びます。
大して刺激を与えてもいないのに射精しそうになるおちんちんを雑魚呼ばわりし
彼にリクエストされてもきっちり断って心の距離を取ります。

3パートのうち2パートがオナニーになってることも含めて
最初のパートとは接し方が随分違います。
体への責めはくちゅ音とちゅぱ音を鳴らす程度に留め
彼を見下したり凹ませるセリフにかなり力を入れてました。

M性が最も高いのは終盤の「5. 放課後」(約14分)。
部活が休みの日の放課後、主人公を体育倉庫に呼び出したゆりが
これまで楽しませてくれたことへのご褒美に再度SEXさせてあげます。

「先輩のぎこちない腰の動きとか 全然 これっぽっちも気持ちよくなかったですよ」
プレイだけを見ると確かにご褒美と呼ぶに相応しいです。
しかしここでの彼女は彼にピストンされてもまったく喘ぎません。
それどころか普段と同じ態度で「気持ちよくない」とストレートに伝えます。

最初のSEXが甘かったからこそ、このパートとの落差が引き立ってます。
恋人になったはずがおもちゃにされ、学校内で情けない姿を晒し
さらに本気のピストンまで全否定される。
彼のプライドを完膚なきまでに打ち砕いて二度と逆らえないようにします。

…といった具合に結構ひどいことをされるのですが
丁寧語や囁き声のおかげで実際に聴いてみるとそれほどきつさは感じません。
焦らしや寸止めといった肉体面の意地悪要素が特にないのも影響してます。

サークルさんでは珍しく射精シーンが多めに用意されてたりと
キャラやテーマを大事にしつつ使い勝手が良くなるように調整されてます。
優しく凹ませてくれる作品
視聴後に長く残らない程度に貶してくれる作品です。

ゆりは部活の先輩でまだ童貞な主人公を自分のおもちゃにしようと
まずは一途で健気な女の子を演じながら純愛系のエッチをして彼の心を引き寄せます。
そしてその後は明確な上下関係を定めたまま校内で恥ずかしく情けないプレイをします。

エッチの経験豊富で男を誘惑するのが得意な後輩が先輩を弄ぶややM向けのシチュ
最初はとことんもてなし、それ以降は彼を見下す言葉責めを投げかける落差の大きいエッチ
丁寧語や囁き声できつさを和らげる聴きやすさに配慮した演出。
貞操観念のないビッチな彼女の特徴を活かして作品を組み立ててます。

「あたしのおまんこ 先輩のものですからね いっぱい使い込んでください」
「こうやって お情けで遊んでもらえるくらいが 先輩には丁度いいです」

中でも2番目は彼女がシーンによってまるで違う態度を取るので面白いです。
最初から彼を見下してたら当然相手にしてもらえないのでひとまず持ち上げる姿勢を見せ
女の味をある程度教えたら手のひらを返して主導権を握ります。
彼女が悪女なのは間違いないですけど、男に対する駆け引きが上手なのも事実です。

シルトクレーテさんはオナサポを主に制作されてるサークルさんなので
この作品を聴く前は期待と不安が半々くらいでした。
でも実際に聴いてみるとしっかりM向けの内容になってて安心しました。
どのパートも言葉責めが充実しており、体への責めも積極的で実用性が高いです。
一之瀬りとさんの声と演技も彼女のキャラにぴったり合ってます。

射精シーンは6回。
くちゅ音多め、淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

CV:一之瀬りとさん
総時間 1:49:31

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年3月22日まで10%OFFの1089円で販売されてます。

↑このページのトップヘ