同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:秋野かえで

   ● おねえちゃんのローション乳首オナニーサポート
   ● 【過去作50%OFF!! 新・超ぐっぽり耳舐め!!】ギャルJKと援交えっち!?童貞卒業委員会♪【KU100バイノーラル】
   ● サマーフォーリー
   ● お屋敷づとめ。Vol.11―天城優香 円ヶ丘館のお世話係―
   ● ドレスサキュバスフィーネのお洋服赤ちゃん調教催眠【バイノーラル音声+漫画】
   ● 椎菜と甘酸っぱい夏祭り♪【ASMR音声&フルカラー漫画】
   ● 出会って7分で、たたみかけるような最高の射精~3人に囲まれて、最初から最後まで射精のことしか考えられない7分30秒~
   ● つきあい始めのありさちゃんは夜這いがしたい
   ● 被虐願望ネクラJKとらぶらぶド変態えっち…♪
   ● 【ハイレゾ・バイノーラル】こよみの初恋―お耳だけでリアルな近距離恋愛を―【KU100】


おねえちゃんのローション乳首オナニーサポート

サークル「チューン」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声も態度もあまあまなお姉ちゃんが
親切丁寧なオナサポで弟に乳首の快感を教えます。

最初から最後まで乳首とその周辺だけをいじる尖った作りが魅力で
前半はシャツ越しに、後半はローションをつけて直にとスタイルを変えながら
色んないじり方を指示しつつ小まめに合図を出してゆっくりじっくり気持ちよくします。

視聴時にはローションをご用意ください(一応無しでも可)。
お姉ちゃんの気持ちいいプレゼント
おねえちゃんの言うことに従って乳首オナニーするお話。

「お疲れ様 今日も1日頑張ったね」
おねえちゃんは甘く穏やかな声のお姉さん。
ある日の夜、うまく寝付けない彼を気持ちよくしようと
乳首オナニーのやり方を手取り足取り教えます。

本作品は男性の隠れた性感帯にあたる乳首を開発するために
彼女が80分ほどを使ってそれに沿った独特なオナサポをします。
彼が乳首の快感にまったく目覚めてない状況を踏まえて
いじり方はもちろん、小まめに合図を出してそのタイミングも丁寧に教えます。

「くるくるくるくる 乳輪くるくる」
胸を揉む時は「もみもみ」、乳輪を撫でる時は「くるくる」とプレイによってセリフを変え
さらにこれらを数分単位で切り替えて色んな刺激を与えます。
文字通り完全サポート体制を取ってますから、彼女の言う通りにするだけで少しずつ気持ちよくなるでしょう。
プレイ時間も60分強と長く、絶頂に向けて一歩ずつ着実に進めます。

作中でおちんちんに触れるシーンは一切ありませんから絶頂形式はドライです。
勃起したとしても敢えてスルーし乳首の快感だけを追求します。
チューンさんは元々乳首オナサポを専門に制作されてるサークルさんですから
得意な部分をひたすら磨き上げて新しい快感の扉を開くお手伝いをします。

タイトルにもなってるローションはエッチの後半から登場します。
その途中に触手責めされるイメージを取り入れるなど
通常のオナサポ作品とはやや違う部分も持ってます。
詳しくは後で説明しますが、催眠音声の視聴経験がある人のほうがやりやすいです。

「やり方がわからない? うんうん おねえちゃんが ちゃーんと教えてあげる」
これらを行うおねえちゃんはイメージ通りの女性。
彼が少しでも気持ちよくなれるよう親身になってお世話します。
エッチの内容はややMですけどこちらを見下すことはまったくありません。
丁寧な指示を出しつつ励ますセリフを投げかけて心も上手に責めます。
秋野かえでさんの慈愛に満ちた声も相まって雰囲気はとてつもなく甘いです。

一番最初の「2_リラックスパート」は下準備(約11分)。
軽いやり取りの後にTシャツとパンツだけの格好になり
とあるイメージをしたり大きく深呼吸して心身を一旦リセットします。
ちなみにここの2分44秒までは「1_導入」パートと内容が一緒です。

「おねえちゃんの言う通りに ちゃーんとできて えらいね」
そして彼女は早速お姉ちゃんらしい優しさを見せます。
やり方をわかりやすく教えてからカウントを数えてタイミングを指示し
無事できたら思い切り褒めて自分の言葉を受け入れやすい環境を整えます。

人によっては催眠音声に似てると感じるかもしれませんね。
過去に催眠音声を作ったことがあるサークルさんだからでしょうけど
作品内の色んなシーンに催眠っぽい要素を盛り込んでます。
じっくり焦らして感度増強
エッチシーンは2パート64分間。
プレイは胸を揉む、乳輪/乳首オナニー、ローションを使った乳首オナニー、触手に責められてるイメージです。
エッチな効果音はありません。

「まずは Tシャツの上から触ってみようね」
イメージと深呼吸で乳首オナニーできる環境を整えたおねえちゃんは
ひとまず服は脱がさずシャツの上から胸、乳輪、乳首をいじるように言います。

エッチは終始彼女に言われた通りいじります。
前半の「3_シャツの上からの乳首オナニー」は感度上昇がメイン(約29分)。
胸全体を揉むところから始まり乳輪周辺を撫でる、円を描くように乳輪を触る
乳首を色んな手段で刺激する、といった具合に少しずつ中心へ近づけます。

「自分の指が 羽になったみたいに 優しくゆっくり触れてね」
本作品の絶頂シーンは1回だけなのでこのパートは非常に緩く進めます。
どのプレイも右→左→両方の順に2分くらいの間隔でいじり続け
その最中は彼女が小まめに合図を出してペースも指示します。

開始から15分くらい経たないと乳首をいじる許可が出ませんから
その間はたぶんくすぐったい感覚のほうが強いと思います。
そして適度に焦らしたからこそ、乳首に触れた時の快感がより強く実感できます。

乳首オナニーは乳頭を指先で触れる、優しく擦る、小刻みにつつく
二本の指で挟み摘む、とこちらも種類が豊富です。
初心者向けだからでしょうけど爪で引っ掻いたりつねる動作はありませんでした。
「ピリッ ジーン」みたいな複数の快感が味わえて結構気持ちよかったです。

続く「4_ローション乳首オナニー」はいよいよ売りであるローションオナニーが登場します(約35分)。
シャツを脱いでから冷たく感じないよう手に垂らして人肌で温め
それから前のパートの後半でやった乳首オナニーをおさらいします。

やってる事はほぼ一緒ですが、シャツ越しと地肌の違いがある程度快感にも影響します。
具体的にはローションのほうが摩擦は弱いけど熱が高い感じです。
一長一短なのでどちらが好きかは人によって違うんじゃないかなと。

しかしパート後半から登場する触手プレイはローションとの相性が抜群です。
歯ブラシのような形状で催淫効果のある触手に責められる様子をイメージしながら乳首オナニーに耽ります。

「ぬめぬめの触手が つんつんっと 右の乳首を刺激してくる あぁ やっと待ち望んでいた刺激に エッチなあなたの体は ピクピクと反応してしまう」
そしてこれの開始に合わせて彼女のセリフも大幅に変わります。
やることを教えてから合図を出す従来のやり方を完全に捨て
聴き手視点でプレイの様子をわかりやすく実況しながら気持ちよくなる暗示を入れます。
ペースは大まかに指示していじり方だけ説明する比較的緩いスタイルです。

これが前項の最後に言った催眠っぽい要素にあたります。
催眠誘導をしてないので暗示の効果が出るかどうかは微妙なところですが
ローションを使ってる状況を活かしてるのも事実です。
そしてこれは今まで弱めだった「心への責め」を強化するのに役立ってます。
欲を言うなら専用の効果音を鳴らしたほうがよりエロくなったし臨場感も出たかなと。

たぶん経験者なら女体化モノの催眠音声に似てると感じるはずです。
本作品の最終目的地であるドライオーガズムとの相性が良いですし
サークルさん自身の経験も考慮してこういうプレイを取り入れたのでしょう。
絶頂時には追い込み暗示を多めに入れてくれます。

このように、乳首だけを責めつつ催眠の要素も取り入れた独特なエッチが繰り広げられてます。
変わった切り口の作品
乳首未開発者や開発途中の人をメインターゲットにしてる作品です。

おねえちゃんは主人公に乳首の快感を知ってもらおうと
お姉ちゃんらしいあまあまな声と態度できめ細かなリードをします。
そして前半はシャツ越しに焦らし重視で、後半はローションを使ってねっとりと、と
スタイルを大きく変えながら絶頂できる環境を整えます。

優しいお姉ちゃんが乳首オナニーのやり方を丁寧に教える甘いシチュ
最初から最後まで乳首とその周辺だけをいじる特化型の作り
ローションと触手に責められるイメージを組み合わせて盛り上げる催眠要素を含んだエッチ。
テーマだけでなくそのやり方も趣向を凝らした作品に仕上がってます。

中でも3番目は本気でドライさせる意思を持った責め方をしてて印象的でした。
ドライは主に催眠音声で登場する絶頂形式ですから
催眠抜きでそれを成し遂げるのは相当に困難です。
それを見据えてエッチの後半から暗示を入れたりイメージを活用する工夫をしてます。

ドライ自体が簡単に迎えられるものではないので
この作品を1回聴いてそうなるかと言われれば私は首を捻ります。
ですが元々の目的は乳首開発であり、ドライはあくまで挑戦要素に過ぎません。
乳首開発はしっかりやってますから問題ないと思います。

経験者視点でこの作品を見るともう少し刺激が欲しいです。
準備を長くしてあるのといじり方が比較的ソフトなのが影響してます。

絶頂シーンは1回。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

CV:秋野かえでさん
総時間 1:21:51

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2019年10月30日まで30%OFFの770円で販売されてます。

【過去作50%OFF!! 新・超ぐっぽり耳舐め!!】ギャルJKと援交えっち!?童貞卒業委員会♪【KU100バイノーラル】

サークル「C_Realization」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、お金とエッチが大好きなギャルJKが
お金持ちの童貞男子と援交スタイルのエッチを楽しみます。

耳舐めの量と深さにこだわってるのが最大の特徴で
エッチシーンの9割以上もの時間を割き
同時にするプレイを切り替えながらコリコリした音を至近距離から鳴らし続けます。
お金が絡んでますがあまあま路線なので冷たさを特に感じずに聴けるでしょう。
明るいギャルの濃厚なご奉仕
ギャルJKと4種類のエッチを楽しむお話。

「あっ ここにいたんだ 探したよー?」
ギャルJKは砕けた話し方をする明るい声の女の子。
ある日の放課後、保健室でソシャゲをしてる主人公に話しかけると
お金持ちな彼に課金よりもっといい使い道があると囁きます。

本作品はエッチに積極的で面倒見もいい彼女が
150分もの時間を使って彼を弄んだり筆おろしします。
童貞卒業委員会というボランティア活動をしてるらしいのですが
彼女の場合はお金が欲しいようで序盤からサービスに見合う対価を要求します。

「ね、どうせなら そのお金 あたしに使ってみない?」
学生から見るとそれなりの額が設定されてますけど
彼は学校に通いながらネットでお金をかなり稼いでるらしく
その状況を考えればぼったくりと言えるほどひどくはありません。
事前にその情報を掴んでたからとりあえず交渉してみたように思えます。

そしてお金をもらった後はそれと同等、あるいは以上のサービスをして期待に応えます。
経験者らしく筆おろしまではゆっくり丁寧にリードし
その合間に優しい言葉をかけて彼の緊張をほぐします。
山場のSEXシーンもあまあまですし、援交特有の冷たさや距離感を極力和らげて進めます。

それに最も貢献してるのが耳舐め。
エッチシーンのおよそ9割にあたる118分も用意し
左右を交互に、あるいは同時に舐め続けながらおちんちんも一緒にお世話します。


このところ耳舐めを主軸にしてる作品が結構増えてますが
それでもこれだけのボリュームを誇るものはまだまだ少ないです。
高級な機材で録音してるだけあって音質も良く、彼女の近さを表現するのにとても役立ってます。

もうひとつ、本作品の耳舐めは深さにもこだわってます。
穴の入り口に舌を添えてぐりぐりするシーンが非常に多いため
エッチの最中はほぼずっと耳に微弱な刺激を受け続けることになります。
タイトルの「超ぐっぽり」感を音で上手く表現してます。

ノリの軽いギャルJKが耳舐め重視のエッチで童貞をもてなす。
シチュよりもプレイが魅力の明るくて刺激が強めな作品です。
耳舐め主体の濃いエッチ
エッチシーンは4パート130分間。
プレイは手コキ、耳舐め、SEX(騎乗位、正常位)、キス、オナニーです。
服を脱ぐ、手コキ、SEX、オナニー、射精の際に効果音が鳴ります

「そんじゃ手コキしてあげっから おちんぽ見せてよ」
お金と引き替えにエッチすることを提案し、交渉を成立させたギャルJKは
早速おちんちんを出してもらい耳舐めしながら手でゆっくりしごきます。

エッチは一部を除いて彼女が責め続けます。
一番最初の「(1)囁き耳舐め手コキ」は比較的ソフトなプレイ(約38分)。
左右を適度に変えながらたっぷり耳を舐め、同時に粘性のある効果音を鳴らします。

「どう? あたしの耳舐め めっちゃ気持ちいいでしょ?」
彼女は男性経験が豊富なようで序盤から積極的にリードします。
30秒~1分程度耳を舐め続けから感想を聞いたり心情を漏らすことが多く
手コキのペースがゆっくりなのも相まって割と穏やかな空気が漂ってます。
童貞相手だからわざと手加減して長く楽しませようとする思いやりを感じました。

しかし耳舐めは全体的に音がパワフルです。
舌を動かすたびに「ゴリゴリ」といった刺激が強めの音が鳴ります。
長時間聴いたら頭が痛くなるほどどぎついものではありません。
払ったお金の分だけきっちりお世話するところに面倒見の良さが窺えます。

ここでの射精はカウントに合わせて行います。
しかし1カウントごとに長めの耳舐めを挟みながら14分も続けるため
実際に聴いてみると焦らされてる感覚がするでしょう。
この後のパートでも優しさと意地悪さを混在させて彼女のキャラに深みを与えてます。

続く2パート58分間はお待ちかねの筆おろし。
「(2)囁き耳舐め童貞卒業セックス」は騎乗位で彼女が
「(3)囁き耳舐め後輩JK連続絶頂セックス」は正常位で彼が主導権を握ります。

「よしよし 初めてだったんだもんね 仕方ないよね」
そしてここからは彼女の優しさが際立ってきます。
お金と引き替えではありますが生挿入OKと言い
開始直後に気持ちよくて射精してしまった彼を嫌な顔ひとつせず慰めます。
そして2回戦は「いい子」など甘やかす言葉を挟みながら耳もたっぷり舐めてあげます。

彼女がお金目当てで彼に近づいたのはおそらく事実でしょうけど
SEXシーンからはそれよりも彼自身に強い興味を持ち始めます。
恋人同士がする甘いエッチにどんどん近づきますから
援交が余程苦手な人でもない限りは普通に聴けるし抜けると思います。

「ガチで危険日 無防備マンコ あんたのチンポで孕ませて」
同じSEXでも両パートで展開が大きく違うのも良いですね。
(2)は筆おろしのイメージにぴったりなスローペースで彼が押され続けてたのに
(3)に入ると一転して彼が彼女を圧倒し何度も何度もイかせます。
そして彼女も激しく責められることに喜びを感じ、とうとう自分から孕ませて欲しいとお願いします。

こうなった理由は彼の精力が恐ろしく強いのが影響してます。
(1)パートの最後に射精シーンがあり、そこで効果音が鳴るのですが
一般的な18禁作品より明らかに回数が多く相当な量を出してるのがわかります。
SEXでさらに4回射精してもピンピンしてますし、そういう姿に逞しさを感じたのではないかなと。
こういう描写を挟むことで援交色を薄め、多くの人が聴きやすいエッチに仕上がってます。

最後の「(4)ダブル囁き耳舐めオナニー」は逆に意地悪さが光るパート(約34分)。
SEXを頑張りすぎて眠った彼が夢の中で2人のギャルJKと出会い
両耳を舐められながらオナニーして最後の射精を目指します。

「これはお仕置きなんだから そのままずっと悶えてなさい」
つい先程まで童貞だった男に好き放題されて彼女もちょっぴり悔しかったのでしょう。
両耳を弄びつつおちんちんには指一本触れずにおいて彼を焦らします。
途中でおねだりのセリフを復唱させるシーンもありますし
これまでとは違う接し方をして揺さぶりをかけます。

それでいて最後はきちんと優しくしてくれるあたりが彼女らしいなと
十分仕返しした後は「よしよし」「いい子」を何度も言って気分良く射精させてくれます。
最初から最後まで両耳舐めをするおかげでこれまでよりもプレイが濃厚に感じました。

このように、最大の武器を活かしつつ彼女の魅力も引き出すイチャラブ系のエッチが繰り広げられてます。
耳舐め好きなら
耳舐めの量と力強さに定評のある作品です。

ギャルJKは主人公の筆おろしを手伝いつつお小遣いも手に入れようと
まずは彼にとっては安めの金額を提示して耳舐め手コキやSEXをします。
そして後半はお金の概念を自分からなくし、快楽と愛情を求める姿勢に変わります。

エッチ大好きで優しいところもあるギャルJKが童貞を筆おろしする魅力的なシチュ
どこを聴いても鳴ってると言っていいほど大ボリュームな耳舐め
後になるほど心の距離が近づいてく展開。
援交をきっかけに仲良くなる男女の様子を独自の視点で描いてます。

中でも耳舐めはサークルさんが自信を持ってる要素なだけあって充実してます。
耳を舐めたり唇で挟み込む一般的な責め方をあまりせず
耳の内側や穴の入り口をぐりぐりすることにとても力を入れてます。
耳舐めはこのところ作品数がかなり増えてますし、それらとの差別化を図るのにも役立ってます。

エッチは耳舐め主体なおかげでSEX中に喘ぎ声をあまり漏らさないのは残念ですが
それ以外は作品のコンセプトに合ったことをやってて聴き応えがあります。
時間が最も長い(1)、筆おろしをする(2)、立場逆転SEXの(3)、両耳舐めの(4)と
各パートに何かしらの持ち味があるのも良いです。

射精シーンは6回。
ちゅぱ音超大量、くちゅ音多め、淫語それなり、喘ぎ声そこそこです。

耳舐め好きな人には特におすすめします。

CV:秋野かえでさん
総時間 2:35:52(本編…2:28:39 フリートーク…7:13)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
解凍後の容量が20.5GBありますのでご注意ください。

2019年9月24日まで10%OFFの1069円で販売されてます。

サマーフォーリー

サークル「テグラユウキ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、元幼馴染で今は恋人の関係にある2人の女の子が
夏休みを利用し泊まり込みで遊んだりエッチします。

「フォーリー」と呼ばれる特殊な演出を取り入れたリアルな物語が描かれており
セミ、風鈴、ラムネ、花火と夏らしさを感じるものをいくつも取り入れ
彼女たちの会話と違和感なく融合させて作品の世界に少しずつ引き込みます。
恋人たちと過ごす熱い1日
恋人の「ゆか」「ぬい」と夏休みを満喫するお話。

「あ、ぬい もう弾ないんだけど 弾あればちょうだい?」
ゆかは砕けた話し方をする明るい声の女の子。
「ん? あ ごめんごめん 私自分の分しかない」
ぬいはクールで優しい声の女の子。
3人でFPSスマホゲームに熱中し負けてしまうと
ゆかは飲み物を取りに行き、ぬいは主人公と雑談します。

本作品は彼女たちと夏の日を過ごす様子をリアルに疑似体験させることを目的に
およそ135分に渡って会話したりノーマル向けのエッチを楽しみます。
3人が元から幼馴染なため堅苦しいところは一切なく
恋人になっても友達に接するような調子で何気ない話題を振ってきます。

最大の魅力はタイトルにもついてるフォーリー。
彼女たち自身が生み出す音はもちろん、周りの物や生き物の音もすべて盛り込み
それらを組み合わせて彼女たちと一緒にいる雰囲気を出します。


これは「演者の動きに合わせて収録された効果音」という意味で
声優さんの演技を真似ながら効果音を別途録音し、それらを組み合わせてひとつの音声にします。
海外の映画では吹き替えを円滑に行うためにこれを使ってるそうです。

私が知る限り現在のところこれを取り入れてる作品は
添い寝フレンドと行く温泉旅行 -おもちゃえっちつき-【フォーリー】」のみです。
(2019年9月中旬に別のサークルさんがフォーリー作品を出すそうです)
つい最近脚光を浴び始めた要素なのでおそらくこれから徐々に増えてくると思います。

実際に聴いてみるとものすごく自然に感じます。
日常風景をそのまま切り取ったような質感と鳴らし方になってて耳にスッと入ってきます。
エッチもがっつりやりますが、夏らしさを感じる音が多いおかげで癒しのパワーも強いです。

ぬい「私ら2人と付き合ってるってどう? めんどくない?」
ゆか「いやぁ やっぱあちーひはラムネだよな? あ あとアイス」
お相手を務める彼女たちのキャラも個性的。
上のセリフのようにわざと表現を砕けさせて柔らかさと仲の良さを出してます。
またセリフごとの間を長めにし、「んー」などあまり意味を持たない言葉を多めに挟んできます。

これは会話しながらでもフォーリーサウンドを聴きやすくするための工夫でしょう。
ASMR作品のように黙るのではなく、間を楽しめるように作られてて面白いです。
またエッチに入ると2人とも普段とは随分違う顔を見せてくれます。

フォーリーを駆使したリアル志向の作りとそれを活かした彼女たちのしゃべり方。
エロさはもちろん、臨場感や没入感にも力を入れてる新しいタイプの作品です。
夏らしさを感じるひと時
最初の3パート27分間は非エロのシーン。
「0.夏の時間と風鈴の音」はセリフ一切なしでセミの声や風鈴の音色が鳴り
「1.彼女と彼女と貴方の関係」は3人がゲームしたり休憩中に他愛もない話をします。
そして「2.彼女と夏とラムネと彼女」はゆかが持ってきたラムネを飲んで暑さを吹き飛ばします。

ぬい「まぁ 3人ともえっち好きだかんねぇ」
ここは雰囲気作りや背景説明の色が強く
ラムネを取りに行ったゆかの代わりにぬいが色んなことを話してくれます。
2人は彼と付き合い始める前から仲が良く、告白も一緒にして同時に恋人になったそうです。
そしてこれまでエッチを何度もして以前よりも深い関係になりました。

本作品はこの世界にどっぷり浸かりながら抜くことを目指してますから
エッチを始める前にこういう前置きを挟んだほうがすんなりいきます。
ゆかは明るくて元気、ぬいはややクールで気配り上手と性格に大きな違いが見られます。

音を楽しむ面だとラムネを飲むパートが一番でしょうね。
「ぷしゅっ」という爽快な音が数回鳴り、彼らが瓶を動かすのに合わせてビー玉の音もします。
彼女たちが体を少し動かす時にも小さな物音が鳴って本当に芸が細かいです。
視聴中は普段よりも時間がゆっくり流れてるように感じました。
2人の個性を大事にしたエッチ
エッチシーンは5パート65分間。
プレイはフェラ、手コキ、SEX(正常位)、キスです。
服を脱ぐ、手コキ、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

ぬい「ね? あのさ…そろそろ 今日もしちゃう?」
ラムネを飲んでリフレッシュできたぬいは
再び暇になったところで自分から主人公にエッチを持ちかけます。

エッチはパートによって責め手を変えながら進めます。
最初の2パート29分間にするのは協力プレイ。
「3.縁台なのに…あーあ…たっちゃうたっちゃう…」は服越しにおちんちんを擦ったり
服を脱がせて中央から観察して勃起を促し
「4.縁台と口と手とどきどきを彼女二人と…」は2人で交互にフェラと手コキをします。

ゆか「あれ…あのでもあれさ ほら あの コ コンドーム…とか な…なくね?」
ぬい「てか… ばれるかもって思いながらするのとか めっちゃドキドキするじゃん」
そしてエッチに入ると彼女たちがまったく違う仕草を見せます。
ぬいはすっかり慣れた様子でリードしつつちゅぱ音や効果音を鳴らし
ゆかはそれについていく感じで恥ずかしそうに相手します。


ゆかは普段が活発なキャラだからこそ、ここで見せる初心な姿にグッと来るでしょうね。
淫語ひとつ言うのも恥ずかしがるほどでギャップが大きいです。
そしてそんな彼女を上手く引っ張るぬいの面倒見の良さも魅力的と言えます。

プレイはぬいがやって見せてからゆかが同じことをする流れになってます。
フェラは最初は普通に、しばらく経つとディープスロートへ変化し
手コキもセリフをあまり挟まず音と息遣いで責めっぷりを表現します。

リアリティを重視してる関係で本作品のエッチはそこまでオーバーな描写をしません。
彼女たちとまったり愛し合ってる様子をそのままお届けすることを心がけてます。
言葉責めは特にしませんから、エッチな音や吐息が好きな人のほうが相性は良いと思います。

続く3パートはより深く愛し合うシーン。
「5.なまえっち」はゆか→ぬいの順で正常位SEXを楽しみ
「6.ゆかだけの貴方」「8.ぬいの手とお布団で二人きりのたまらない時間を」は
名前が入ってるほうのキャラと一対一でソフトにイチャイチャします。

ぬい「あんたのなら ほ ほしい から」
ゆか「んふぅ お前とのちゅー きもち」
彼に挿入されただけで絶頂し、その後もエロ可愛い声を上げるゆか
生のおちんちんを気持ちよさそうに味わい中出しまで求めるぬい。
引き続き彼女たちの魅力を出しつつ抜けるように組み立ててます。
パートの時間が23分と最も長いですし、SEXが一番の山場&抜き場になります。

その後の個別プレイはゆかがキス、ぬいはキス&手コキとイチャラブ感を大事にしてます。
年齢的に性欲旺盛なのは間違いないですけど
3人が体だけでなく心も深く繋がろうとしてるように感じました。
ゆかとぬいがお互いを尊重しながらエッチするのも含めて心情描写もしっかり行われてます。

このように、彼女たちの近さを感じられる雰囲気の良いエッチが繰り広げられてます。
飾らない作品
夏の日を恋人たちと過ごす様子をありのままに表現してる作品です。

ゆかとぬいは大好きな主人公との夏休みを満喫しようと
両親が帰省中でいないゆかの家に集まって泊まり込みで遊んだりエッチします。
そしてその一部始終をリアルな音と自然なセリフを組み合わせて聴き手へそのまま届けます。

異なる魅力を持つ恋人たちとひたすらイチャイチャするノーマル向けのシチュ
フォーリーサウンドと会話調のセリフを組み合わせた自然で柔らかな演出
積極的なぬいと奥手なゆかの対比を際立たせた愛のあるエッチ。
彼女たちとの一体感を味わいながら抜けるように作品を組み立ててます。

中でも2番目は単に声と音を別々に録音して合体させるのではなく
それぞれの良さが出るようにバランスを取ってあるのが素晴らしいです。
具体的にはセリフの間を長く取ったり意味のないセリフを挟んでるのがそれにあたります。
現実世界で友達と接する時は仕事の時よりも話し方が自然と緩みますから
それを忠実に表現して音と言葉の両方から癒しを与えます。

エッチは時間を長めに取って比較的ゆっくりペースで進めます。
でも彼女たちに入れ込みながら気持ちを高められるので
射精した時の満足感や幸福感をより強く実感できると思います。
事前に30分程度の非エロパートを挟んでるのもそのための布石ではないかなと。
ストレートにがっつり抜きたい人にはあまり向かないかもしれません。

射精シーンは3回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声いずれもそれなりです。

以上を踏まえてサークルさんでは3本目の満点とさせていただきました。

CV:ぬい…浅木式さん ゆか…秋野かえでさん ゆかのおばあちゃん…大山チロルさん(「1.彼女と彼女と貴方の関係」のみ登場)
総時間 2:29:04(本編…2:14:14 フリートーク…14:50)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2019年10月4日まで30%OFFの907円で販売されてます。

お屋敷づとめ。Vol.11―天城優香 円ヶ丘館のお世話係―

サークル「とらいさうんど」さんの同人音声作品(R-15指定)。

今回紹介する作品は、円ヶ丘館のお世話係を長く務めてきた女性が
それを辞めるまでの僅かな時間を使ってご主人様をとことんもてなします。

キャラと音のバランスが取れたサービスをするのが特徴で
音だけを鳴らすシーンと話すシーンを同じくらいの割合で用意し
前者は黙々と行って純粋な癒しを、後者は彼女の魅力や2人の仲の良さを表現して別の癒しを与えます。
熟練メイドの濃厚なご奉仕
お世話係の「天城優香(あまぎゆうか)」がご主人様を癒すお話。

「あったあった はい、これ ご主人様の好きな野菜ジュース 持ってきましたよ」
優香は上品で優しい声のお姉さん。
ある日の昼頃、主人公が好きなジュースを持ってくると
野菜ジュース以外の飲み物がない理由を尋ねます。

本作品は勉強のために仕事をしばらく休んでた彼女が
およそ120分に渡って耳かき、マッサージ、耳舐めをします。
勉強や新しい仕事に専念するため間もなく円ヶ丘館から去ることが決まっており
思い残すことがないよう精一杯のサービスをします。
シリーズものですが登場人物は毎回違うので今作からでも大丈夫です。

「すみませんねぇ 私って 男の人見てるだけで Sの血が騒いじゃうんですよねー」
シチュだけを見るとやや暗い印象がするお話ですが
彼女自身は普段通りの明るい態度で彼に色んな悪戯をします。
プロらしい慣れた手つきで体の隅々まで綺麗にしながら
友達に接するような調子で話したり、時折誘惑して彼の反応を嬉しそうに眺めます。

この作品に限らずお屋敷づとめ。シリーズは音とキャラのバランスを大事にしており
両方を同じくらいの分量や存在感で楽しめるように作られてます。

ASMR系の作品はサービスが始まるとほとんどしゃべらないものがありますけど
彼女は適度に話題を振り、それが終わったら黙々と手を動かすのを繰り返します。
効果音の質も全体的に良く、癒し系作品としての総合力が高いです。

またこれは私個人の感想なのですが、今作はシリーズの過去作よりも攻めてる印象を受けました。
具体的にはマッサージの時に鳴らす効果音をややエロくしたり
耳舐めを多少激しめにしてR-18に届かないギリギリの線を突いてます。

あくまでR-15ですから露骨にエロい描写はありませんけど
それでも一般的な癒し系作品よりはそう感じる人が割といるんじゃないかと思います。
お世話係として最後の仕事だから思い切ったことをやろうとする彼女の気持ちが込められてます。
心身をバランスよく癒すサービス
優香との昼食を楽しんだ次の日から始まる最初のサービスは耳のケア(約42分)。
膝枕の状態で右耳→左耳の順に綿棒を使ってお掃除し
それから仰向けに変えて両耳を同時に梵天で仕上げます。
そして最後は泡立てた石鹸を耳に塗って主に外側を綺麗にします。
耳に息を吹きかけることはありません。

綿棒は「ずりずり」という広くて若干粗さのある音が使われており
穴の中をゆっくり小刻みに擦るように動かします。
音の乾燥具合が丁度良く、微弱な刺激も伝わってきてかなりリアルでした。

「もしかして 寂しくて 絶賛甘え中だったりする?」
彼女との会話も忘れてはいけません。
メイドらしく彼の反応を見て上手くお世話できてるか確認し
さらに気持ちよさそうな顔をしてるのに気づくと軽くからかいます。
彼が通常以上に体を密着させても嫌な顔ひとつしないなど
2人の仲の良さが感じられるセリフが多くて和みました。

30秒くらい耳かき音を鳴らし、休憩がてら会話を挟む流れになっており
セリフと音のバランスを大事にする本作品の特徴が序盤から色濃く出てます。
耳かきなら音が途切れるのは当たり前ですから、会話が多めでもさほど違和感なく聴けるでしょう。

音については梵天や耳の泡洗浄のほうが個性は強いです。
梵天はふわふわした心地いい音が左右から別のペースで同時に鳴りますし
泡洗浄も耳元至近距離から泡の弾ける音がして清涼感があります。

特に泡洗浄は少しずつ音が大きくなるのが面白いです。
聴いた感じだと泡を数回に分けて塗り重ねてるのでしょう。
軽い圧迫感もあって本作品の音の良さがわかりやすく表現されてます。
このシーンだけは彼女も話すのを控えてますし、セリフと音に活躍の場を同じくらい与えてます。

前項で話した「攻めてる」部分が出てくるのは最終日の3日目(約58分)。
前半はうつ伏せになった彼のほぼ全身をオイルマッサージし
それから仰向けにさせ30分近くに渡って耳を舐め続けます。

「ちょっとやりにくいので 失礼ですけど こう ご主人様に馬乗りになって」
サークルさんが「濃密なご奉仕」というタイトルにしてるだけあって
R-15の中でも結構大胆なことをしてくれます。
効率を優先して自分から体を密着させて塗り拡げたり
下半身は太ももの付け根まで触れて彼の反応を楽しみます。

またマッサージで使うオイルは他の作品ですと結構さらさらしてるのですが
本作品では手コキの時に鳴るような粘性高めの音を敢えて使ってます。
「ちゅぷっ」という感じで人によってはエロく感じるかもしれません。

最後の耳舐めも水分はそこまで高くないものの
舌を素早く動かしてコリコリした音をガンガン鳴らします。
耳かきと同じく20秒くらい舐め続け、少し話すスタイルを取ってました。

間もなく仕事を終えるシーンにあたるため、彼女の会話にしんみりするかもしれません。
物悲しいと言うほどではないにせよ、2人がこのひと時を大事にしてるのが伝わってきます。

このように、キャラと音の両方に光を当てながらする安定したサービスが繰り広げられてます。
どちらが好きでも楽しめる作品
癒しながらちょっぴり興奮させるR-15らしい作品です。

優香は長い間お世話になり間もなくご主人様ではなくなる主人公に恩返ししようと
最初からメイドと友人の中間あたりの姿勢で接し、耳を中心に時間をかけてたっぷり癒します。
そしてその中で彼を誘惑したりやや大胆なことをしてからかいます。

真面目で誘惑癖のあるメイドが色んなお世話をする大衆性の高いシチュ
高品質で動きもバッチリな効果音、2人の仲の良さが感じられる和やかなセリフの数々。
最後だからといって湿っぽくせず、笑って締めくくる方針で作品を組み立ててます。

「おっ いい表情しますね ご馳走様です」
特にセリフはメイドらしく真面目に振る舞う一方で
彼の気持ちを解きほぐすことにも気を配ってます。
音だけでも十分癒されますが、会話を入れることでさらにパワーアップしてます。
キャラを大事にするシリーズの特徴が上手く発揮されてて魅力的に映りました。

音についても一線級と言って差し支えない水準に達してます。
耳かきの時点ではそこまで感じないかもしれませんが
その後の梵天や泡洗浄は音を通じて触覚も刺激する高度なものです。
総時間が長めなおかげでマッサージや耳舐めも十分な量の音を確保できてます。

以上のことから今回はこちらの点数とさせていただきました。
キャラ重視の作品が好きな人には特におすすめします。

CV:秋野かえでさん
総時間 1:57:10

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

ドレスサキュバスフィーネのお洋服赤ちゃん調教催眠【バイノーラル音声+漫画】

サークル「ホワイトピンク」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、大きなおっぱいを持つ母性の強いサキュバスたちが
甘えん坊な男性に催眠をかけてから濃厚な幼児プレイをします。

「お洋服赤ちゃん」と呼ばれる特殊なシチュで2種類の絶頂を目指すのが特徴で
彼女の体とスーツに包まれてる感覚を味わわせながら
金髪、ピンク髪の2人も加わり3人で協力してとことん甘やかします。
催眠音声と同人誌がセットになってるのも大きな魅力です。
3人のサキュバスに甘やかされて
サキュバスのフィーネや2人の部下と幼児プレイを楽しむお話。

「いらっしゃい よく来てくれたわね」
フィーネは穏やかで色っぽい声のお姉さん。
同人誌を読み自分のところへやって来た主人公を嬉しそうに迎えると
既に魅了の魔法にかかってると告げてから深い催眠に導きます。

本作品は男の子に赤ちゃん調教するのが得意な彼女が
それに興味を持った男性を120分程度に渡って甘やかし続けます。
彼女以外に金髪サキュバスとピンク髪サキュバスも登場するのですが
メインの語り手および催眠者はフィーネが担当し、他の2人はそれをサポートする役に回ります。

「あなたを 私の可愛いぼくちゃんへと 生み直してあげる」
精液を奪うためなら何でもやる一般的なサキュバスとは違い
彼女は実の母親のような優しい態度で終始接します。
物語の序盤から彼のことを「ぼくちゃん」と呼び
ぎゅっと抱きしめる、頭を撫でる、大きなおっぱいで包み込むなど
多くの男性が癒しや安らぎを感じることを積極的にやって骨抜きにします。

結局彼女の言いなりになるのでやってることは間違いなく調教です。
でもその手段が非常に優しいため嫌な気分を抱くことなく受け入れられます。
他の2人もあまあまですし、年上の女性に甘やかされるシチュが好きな人ほど楽しめるでしょう。

また冒頭で触れたように本作品には催眠音声以外に32ページの同人誌も入ってます。
主人公とは別人の勇者が彼女たちに調教される様子が描かれており
本作品の独特な世界観を知るのにとても役立ちます。

「お洋服赤ちゃん」というプレイをする作品は他にありませんし
事前に読んでから催眠音声に進んだほうがずっとイメージしやすくなるでしょう。
同人誌のセリフを読み上げる音声(約27分)も同梱されてて親切丁寧です。
癒し要素満載の催眠
催眠はおよそ23分間。
フィーネだけが登場し、まずは目を軽く開けたまま深呼吸と脱力をします。

「眠る時のように だんだんと全身から緊張が抜けていって 体も心も すーっと落ち着いてくるのがわかる」
息を吸う/吐くタイミングを合図を出して伝えながら
緊張が和らいだり脱力感が全身に広がる暗示を投げかけてスムーズにリラックスさせます。
催眠中は常にゆっくりペースで間を開けながら語りかけてくるのが良いですね。
セリフと雰囲気の両方から癒して彼女の赤ちゃんになる心の準備をさせます。

「ほら 頭ふわふわー 気持ちいいでちゅか? ぼくちゃん」
また中盤からはそれをより実感しやすくするために
上のセリフのように赤ちゃん言葉を適度に交えて話すようになります。
音声を構成する要素のすべてがとろけるように甘く
現実世界で疲れやストレスを感じてる人ほど心が潤うでしょう。
そしてこれは催眠にとって重要な「信頼関係の構築」にもプラスに働いてます。

後半シーンは催眠の深化と幼児化をさらに進めます。
目を閉じる指示を出してから柔らかいベッドに横たわってる感覚を言葉で伝え
彼女たちに情けない姿を晒せば晒すほど幸福感が湧くようにします。

「声を聞けば聞くほど 頭の中に そのイメージが浸透していって 快感はより深く ふかーくなっていく」
本作品のエッチは現実世界だとまずできないものですから
それをリアルに楽しむにはイメージ力が重要となります。
そこで彼女はベッドで寝るイメージを通じて軽く練習させ、その中に「深い」を入れて深化も促します。
醜態を晒すほど気持ちよくなる暗示を入れるのも普段の自分と切り離すためです。
そうやって赤ちゃんになりきりやすい環境を一歩ずつ整えていくところが素晴らしいです。

エッチに向けた準備を強く意識した甘さの強い催眠です。
聴き手をサキュバス達がいる夢の世界へ案内することを目的に
深呼吸から入って脱力、イメージを絡めた深化、メインの暗示、そしてカウントと
催眠音声では定番の技法を作品に合わせてアレンジしゆっくり丁寧に進めます。

リラックス重視で進めるおかげで頭を空っぽにしやすく
彼女ののんびりした口調もそれにマッチしててとても癒されます。
深化時は一気に落ちるのではなくずぶずぶと沈む感覚がするでしょう。
私が聴いた時もそのまま寝てしまいたくなるほど意識がとろけるのを感じました。
初心者はわかりませんけど催眠慣れしてる人ならあっさり入れるくらいの品質を持ってます。
ママの体とスーツに挟まれて
エッチシーンは2パート50分間。
プレイはおちんちんカリカリゲーム、頭を撫でる、両耳舐め、アナル舐め、床オナ、キスです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありませんが実際に射精するシーンがあります。
途中で服を脱ぐ指示が出ることはありません。

「いらっしゃい ぼくちゃん お遊戯部屋へようこそ」
催眠を使って主人公を自分のお遊戯部屋へ案内したフィーネは
早速彼を自分の体とスーツで挟み込んで何もできない赤ちゃんにします。

エッチは終始彼女たちが責めます。
最初の「02_02 ドライ絶頂パート」は名前の通りドライだけするメインパート(約37分)。
お洋服赤ちゃんになった気分を膨らませてからおちんちんをソフトにいじったり
ここから登場する金髪サキュバスとピンク髪サキュバスが両耳を舐めて気持ちよくします。

フィーネ「程よい強さで むぎゅっ むぎゅっ むぎゅっ むぎゅっーって ママの体へと締め付けられる ママの体に沈む 沈む 沈む 沈み込んでいく」
お洋服赤ちゃんは簡単に言うと頭部より下が彼女のスーツの内側へ入ってる状態。
このパートでは背中を彼女の体、おちんちんをスーツに刺激されるようにし
そのまま軽く圧迫したり比較的ソフトにいじって性感を徐々に高めます。
販売ページのサンプル画像を見ていただくのが一番わかりやすいです。

窒息させる描写は一切ありませんから、ややMあたりの人なら本当に誰でも聴けます。
ママとの一体感を出しつつ複合的に責める非常に珍しいプレイです。

金髪「あらあら びっくりさせちゃったかしら?」
ピンク髪「はぁーい いらっしゃい ぼくちゃん ここに来てくれて ママたちとっても嬉しいよ」
フィーネの部下にあたる2人の存在も忘れてはいけません。
金髪は左、ピンク髪は右に陣取り軽い言葉責めをしたりちゅぱ音を鳴らしてドライを応援します。
暗示にあたるセリフを言うこともありますが、双子催眠のように複雑なアプローチをかけるわけではありません。
引き続きフィーネをメインに据え、必要に応じて彼女たちがそれを助けるスタイルを取ってます。

プレイは彼女の体とスーツに挟まれてる感覚を膨らませてから
おちんちんカリカリゲーム(指先でカリや裏筋をソフトにいじり続けるプレイ)で体を温め
さらに両耳舐めを経由してからカウントを何度も数えて連続絶頂させます。

体への責めは比較的ソフトですが
時間を十分に取り少しずつ絶頂まで持っていくので物足りなさはありません。
赤ちゃん言葉や頭を撫でるといった幼児プレイならではの行為も絡めて幸せイキさせます。
私が聴いた時もお漏らしししたような生暖かい感覚が股間に湧いてきました。
定番の授乳手コキを敢えて外し、作品固有のやり方で心身を盛り上げるのも面白いです。

絶頂後の時間を長めに取ってる(約6分)のも印象的でした。
「とっても可愛かった」と褒めてくれますし、スッキリした気分で聴き終えられるでしょう。
サキュバスにつきものの貪欲さや残忍さを削り自然と甘えたくなる気分にさせてくれます。

続く「02_03 追加射精パート」は打って変わってウェット(約13分)。
先ほどとは前後を逆にし、フィーネのお腹におちんちんを擦りつけて射精を目指します。
ちなみにこのパートはオプション扱いで聴くかどうかを自由に選べます。

フィーネ「健気にへこへこ おじょうじゅおじょうじゅ」
手を一切使わず床オナする非常に独特なプレイです。
彼女たちもそれを踏まえて「すりすり へこへこ」の掛け声をやや遅いペースで言います。
うつ伏せになることも考慮すると結構上級者向けのプレイかなと。
やったことのない人はおちんちんに手を添えると多少やりやすくなるかもしれません。

このように、年上の女性たちにとことん甘やかされる穏やかなエッチが繰り広げられてます。
雰囲気の良い作品
サキュバスによる幼児化調教を甘いタッチで描いた作品です。

フィーネはお洋服赤ちゃんに興味がある主人公を立派な赤ちゃんに育てようと
まずは催眠を通じて自分がママであることを伝えて甘えられる環境を作ります。
そしてエッチは自分の体とスーツの間に挟み込んだまま2種類の絶頂を味わわせます。

母性の強いサキュバスたちが男の子を赤ちゃんに見立ててお世話するあまあまなシチュ
癒し系の技術と赤ちゃん言葉を組み合わせた効果的な催眠
密着感と一体感を出しながら絶頂までゆっくり持っていくソフト路線のエッチ。
年上の女性が持つ優しさや温かさをリアルに伝えて心と体を潤します。

金髪「はじゅかちいのが気持ちいい はじゅかちいから気持ちいい」
甘えたい欲求を持つ男性が喜ぶツボを心得てるのがすごく良いなと。
催眠パートで甘えるのに不要な羞恥心や世間体を取り除き
エッチに入ると彼のすべてを受け入れて安心感を与えます。
無理矢理甘えさせるところが一切なく、聴き手が自分からそうなりたくなるよう導きます。

幼児プレイ好きが一番楽しめるのは間違いないですけど
そうでもない人も割と聴けるのではないでしょうか。
でちゅまちゅをそこまで多用せず自然なしゃべり方を心がけてるのも大きいです。

エッチはどちらもシチュで気持ちよくする方針を取ってます。
彼女たちに甘える快感、逆に甘やかされる快感、痴態を見られる快感などです。
ウェットは床オナで時間が短めですし、ドライメインと捉えるのが妥当でしょう。
じっくり盛り上げてくれたからか余韻が普段よりも長く続いてるように感じました。

絶頂シーンはドライ5回、ウェット1回。
淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声はありません。

変わった幼児プレイを聴きたい人には特におすすめします。

CV:フィーネ…大山チロルさん 金髪サキュバス…陽向葵ゅかさん ピンク髪サキュバス…秋野かえでさん
総時間 2:26:02(同人誌セリフ読み上げ…26:59 催眠音声…1:59:03)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

椎菜と甘酸っぱい夏祭り♪【ASMR音声&フルカラー漫画】

サークル「上海飯店」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、ご近所さんから恋人の関係になった男女が
夏祭りの会場やホテルであまあまラブラブなエッチをします。

音声と漫画(22ページ)がセットになってるのが最大の特徴で
状況説明やSEXの体位といったわかりにくい部分は漫画に任せ
音声はちゅぱ音や喘ぎ声を多めに鳴らしてストレートに射精を応援します。
祭りの時はちょっぴり意地悪に
恋人の葉月椎菜と祭り会場近くのホテルでエッチするお話。

「椎菜 お祭りなんて久しぶりです」
椎菜は甘く可愛い声の女の子。
浴衣を着て主人公と夏祭りに出かけると
その独特な雰囲気にウキウキしながら何をしようか尋ねます。

本作品は「JK椎菜とえっちな勉強しませんか♪」「椎菜といっぱい夏休み♪
JK椎菜とひみつのお泊まりしませんか♪」に続くサークルさんの人気シリーズ第4弾。
過去作を通じてすっかり仲良くなった2人がおよそ40分に渡って夏祭りとエッチを楽しみます。
サークルさんが抜き重視で制作されたとのことで、総時間の90%をエッチシーンに割り当て
その中でイチャラブ感を出しつつ比較的ハードなプレイをします。

シリーズ作品ですがお話は単体で完結してますから
過去作を事前に聴いておかなくても普通に楽しめます。
ちなみに2019年9月17日まですべて50%OFFで販売されてます。

そう言える一番の理由は漫画を読みながら音声を聴くスタイルになってること。
漫画の中で彼女が話すことをそのまま音声化しており
音声単体で楽しむよりも視覚的にイメージしやすいです。


同系統の作品は先ほど紹介した「椎菜といっぱい夏休み♪」と「双子はきみが好き!!
あとは別サークルさんの「シンコンコチヤ」くらいしかありません。
サンプル画像を見ていただければわかるように漫画の品質も非常に高く
これ単体でオナニーできるくらいのエロさを持ってます。

そしてこの特徴が最大限に発揮されるように
音声作品でよくある状況説明のセリフを極力省いて物語を進めます。
例えば場所を移る時やSEXで体位を変更する時は環境音や声の位置を切り替え
あとは漫画に任せるという思い切ったことをされてます。
その一方でキスや耳舐めといった漫画では表現しにくいプレイは音声でしっかりカバーしてます。

実際に聴いてみると言い回しが普段と違うように感じるでしょう。
別の媒体で同じストーリーを描きつつお互いの弱点を補ってるのが素晴らしいです。

「隣に、お兄さんもいて… 椎菜 とってもワクワクしてます」
椎菜はまだ学生ということで年齢相応の一途で純情な女の子。
久しぶりに参加した夏祭りを無邪気に楽しむ可愛い姿を見せてくれます。
しかしエッチの場数もかなり踏んでおり、プレイ中は積極的におねだりしたり
エロ可愛い喘ぎ声を漏らして男心を上手にくすぐります。

主人公のほうが年上なので彼女が受け身に回ることが多いです。
激しめに責められたら声が若干アヘるなど、普段とのギャップを持たせてエロさを出してます。
意地悪に振る舞うシーンもありますが彼もやり返すので属性はほぼノーマルです。
素直にたっぷり乱れるエッチ
エッチシーンはほぼ全編にあたる37分間。
プレイはローター責め、キス、乳首責め、クリ責め、耳舐め、SEX(バック、正常位、背面座位、対面座位)です。
ローター責め、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「もう…椎菜、おまんこすることしか、考えられなくなっちゃいました…」
祭りの会場で出店を回りながら主人公にエッチな悪戯をされた椎菜は
ホテルへ移動した後にそれを軽く怒ってからすっかり濡れたおまんこを見せつけます。

エッチは彼がリードしつつほぼ対等な立場で愛し合います。
事前に7分程度のお祭りシーンを挟んでから始まるホテルでのプレイはおよそ30分間。
前半は部屋で彼女を1回イかせてからのバック+正常位
後半はお風呂に移って背面座位、バック、正常位、対面座位の順に繋がり1回ずつ射精します。

「ローターじゃ ダメなんですっ お兄さんの手も 気持ちいいけど でもやっぱりおちんぽがいいんですっ」
そしてここでは彼女が普段と随分違う淫乱な姿を見せてくれます。
おもちゃよりもおちんちんのほうが好きとストレートに伝え
彼に責められてる時は切ない喘ぎ声を積極的に漏らします。
その中でおねだりも適度にするなど、マグロにならず色んな手段で彼をやる気にさせます。

清純そうに見えて慣れてるギャップが魅力的だなと。
何度もエッチしてる仲なので恥ずかしがったりせずありのままの自分をさらけ出します。

プレイのほうはSEXがおよそ18分と最も長いです。
少し前で書いたように体位の種類が充実しており
バックの時はやや遠く、対面座位は耳元近くと声の位置を小まめに変えて表現します。
このへんは漫画でちゃんとわかるようになってますから見ながら聴けば簡単にイメージできます。

「椎菜に、激しくおまんこして… えっちじゃ、なくて… 交尾で、いいから…」
最中のセリフは彼女視点のものが非常に多いです。
激しめに責められて最初は戸惑ってたのが徐々に快楽へ溺れていき
終盤に差し掛かると獣のようなSEXを求める大胆な姿を見せてくれます。
喘ぎ声も微妙に変化させてますし、漫画で伝わりにくいところを上手くカバーしてます。

このように、抜きに寄せつつ2人の心の繋がりも描いた純愛系のエッチが繰り広げられてます。
没入できる作品
視覚と聴覚を両方同時に楽しませてくれる作品です。

椎菜は大好きな主人公と夏祭りを満喫しようと
浴衣姿で登場し、まずは夜店を回りながら彼のエッチなリクエストに応えます。
そしてホテルに移動した後は色んなSEXをして何度も絶頂します。

可愛くてエッチも得意な年下彼女と夏の夜を楽しむ甘いシチュ
漫画と音声を用意し、それぞれの長所を活かして物語を進める個性的で抜きやすい作り
彼女の魅力を出しつつ喘ぎ声を多めに盛り込んだSEX重視のエッチ。
シリーズの流れを受け継いだうえでよりリアルかつエロい作品に仕上がってます。

実際に聴いた感想は「エロい」の一言です。
漫画を見ながら聴く時点で視覚からの興奮が得られますし
そこに描かれてるエッチの様子を音声で忠実に表現していて高い没入感が味わえます。
音声単体だとわかりにくい部分もあるので、やはりふたつでひとつの作品なのかなと。

あとは可愛さとエロさを兼ね備えた椎菜のキャラも印象的でした。
エッチで淫乱に振る舞うシーンもあるけどそれほど下品に感じないのは
普段の彼女がごく普通の女子学生だからでしょう。
久しぶりのお祭りを純粋に楽しみ、彼と思い出を共有できたことを素直に喜びます。

サークルさんが現時点で続編を予定されてるかはわかりませんが
まだまだお話が続きそうな気配を感じました。

絶頂シーンは主人公2回、椎菜4回。
喘ぎ声多め、淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音そこそこです。

以上を踏まえてサークルさんでは3本目の満点とさせていただきました。

CV:秋野かえでさん
総時間 41:22

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2019年9月5日まで20%OFFの1296円で販売されてます。

出会って7分で、たたみかけるような最高の射精~3人に囲まれて、最初から最後まで射精のことしか考えられない7分30秒~

サークル「へーどねー」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、それぞれに違った個性を持つ3人のお姉さんが
男性を取り囲み色んな責めを繰り出して射精させます。

本編の総時間が僅か7分30秒という大変コンパクトな作りになっており
彼女たちが左右中央に陣取り言葉責めを同時に投げかけてスムーズにリードします。
短時間で最高の射精を
3人のお姉さんが射精を応援するお話。

「うふふっ もっともっとエッチなこと 早くしようね」
1人目のお姉さんは素朴で穏やかな声の女性。
自己紹介などの前置きはすべて省略し
早速淫語をガンガン言って主人公をエッチな気分にさせます。

本作品は時間に余裕がない人を気持ちよく射精させることを目的に
彼女たちが7分30秒ほどを使って彼の心身を同時に責め立てます。
1人目は中央、2人目は右、3人目は左とそれぞれが異なる位置に陣取り
方向性の違う言葉責めを畳み掛けるように投げかけて興奮を煽ります。


1人目「私の声を聞いていると お兄さんの感じる刺激がどんどん大きくなるの」
2人目「私の声も 舐められる音も 全部気持ちいいんでしょ? 声だけでイっちゃう? ざーこ」
3人目「こんなに責められたらもうダメなのに 必死に我慢してるんでしゅねー えらーいえらい」
具体的には1人目は催眠暗示っぽいセリフを言いながらカウントを数える
2人目は軽く見下す、3人目は逆に甘やかすスタイルを取ってます。
声質は全員一緒ですが言ってることが大きく違うので誰が言ってるかすぐわかるでしょう。
複数人プレイらしさが出るようセリフを重ねるシーンも多く、短時間ながらも濃いプレイに仕上がってます。

耳、乳首、おちんちんを責めてる描写も一応ありますが
耳舐めはごく僅かですし、他の2つも効果音が鳴らないのでおまけに近い位置づけです。
私個人は言葉責めこそが本作品最大の魅力だと思います。
1~2日溜めてから聴いたほうがタイミングを合わせやすいでしょう。
一気に追い込むエッチ
エッチシーンはほぼ全編にあたる4パート22分30秒間。
プレイは言葉責め、オナニー、乳首オナニー、耳舐め、手コキです。
エッチな効果音はありません。

「発情しながら 乳首も おちんちんもいじめて 快感だけに身を任せて」
軽い淫語責めの後に乳首とおちんちんを一緒にいじる指示を出した1人目のお姉さんは
そのまま自分の声に集中させつつ気持ちよくなる暗示を入れて射精を後押しします。

エッチは彼女たちのセリフを聴きながらオナニーします。
最初の3パート15分間は3人が個別に責めるシーン。
1人目、2人目、3人目の順にそれぞれの持ち味を活かした言葉責めをします。
たぶんこちらはおまけに位置づけられてると思うのですが
総時間が非常に短いので今回は一緒に紹介します。

2人目「耳舐められただけで発情させられてるの 本当に無様だね」
3人目「好き 好き 好き 大好き 大好き 大好き」
こちらのほうが彼女たちの個性を掴みやすく感じました。
1人目はメインの誘導役としてオナニーの大まかな指示を出し
2人目は意地悪、3人目は甘やかす感じに接しながら耳を軽く舐めたりセリフで盛り上げます。
オナニーは開始、終了、どこをいじるかを教える以外はほぼ自由です。

声質がとても柔らかいので2人目もそれほどきつい感じはしません。
短時間で射精させるには刺激を強める必要がありますからわざとこうしてるのでしょう。

最後の本編パートはタイトル通り7分30秒間。
3人が左右中央に手分けして陣取り、思い思いのやり方で彼の興奮を掻き立てます。

2人目「ほら イかないように 優しくおちんちん撫でてあげるから 我慢しようね」
3人目「ほら 気持ちよーくなって いっぱいあんあんって エッチな声出しまちょうねー」
個別→本編の順番で聴いてみたら随分違う印象を受けました。
まず彼女たちのセリフが細かく分けられてるので協力してる感じが出てますし
一部のシーンでは正反対のセリフを同時に言ってこちらを混乱させようとします。
射精に向けたカウントダウンもひとつひとつの間隔が長めに取ってあって焦らし気味でした。

もうちょっと耳舐めしてくれたほうがエロくなるかなぁとも思うのですが
それだと3人の違いが出にくくなるから言葉責め主体にしたのかもしれません。
今の内容でも複数人プレイとして十分な品質を持ってると言えます。
ただタイミングよく射精するには画像あたりとセットにしたほうがいいでしょう。

このように、主に言葉を使って気持ちをコントロールするコンパクトなエッチが繰り広げられてます。
密度の高い作品
現在の音声業界の主流と真逆の道を歩んでる思い切った作品です。

3人のお姉さんは主人公を7分30秒間で射精させようと
それぞれで役割分担し、さらにセリフも大きく変えたうえで協力して責め立てます。

エッチ以外の要素を完全に取っ払った抜きだけを目指してる作り
音声作品の中で上位に位置する短い時間
3人に明確なキャラを設定し、それぞれに合った言葉責めを繰り出す展開。
短さだけを売りにするのではなく、本気で抜かせる気概を持って作品を組み立ててます。

このところ音声作品(特に同人音声)は長時間化の傾向が強く
体感ですけど90分~120分あたりの作品が主流になってます。
その一方で60分を切るものは目に見えて減りました。
そこへ敢えてこういう作品を出すところがすごく面白いなと。

プレイについても限られた時間内で最善のことをやってると思います。
タイトルの「たたみかける」感が出るよう言葉責めをメインの抜き要素に据え
属性の異なるものを同時にぶつけ、さらに1人目は進行役としてオナニーをリードします。

ここまで極端に短いとそもそもまとめるのが非常に難しいです。
それを成し遂げてる時点で十分素晴らしいと言えます。
ちゅぱ音を時間いっぱい垂れ流すとかではなく、ひとつのプレイとしてきちんと作られてます。

価格がたったの200円ですから内容を理解したうえで聴く分にはまず損はしません。
そしてこの値段なら画像とセットで使っても特に問題ないでしょう。

射精シーンは1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声ごく僅かです。

CV:秋野かえでさん
総時間 23:14(本編…7:30 個別音声…15:44)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2019年7月22日まで10%OFFの194円で販売されてます。

つきあい始めのありさちゃんは夜這いがしたい

サークル「調教少女」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、献身的でちょっぴり意地悪な彼女が
主人公の自宅や旅行先で彼とひたすらイチャイチャします。

「夜這い」をテーマにした甘く静かなエッチをするのが特徴で
彼の家族や教師にバレないよう声を潜めてゆっくり責めつつ
愛の言葉を多めに言ったり精液を中で受け止めて愛情をしっかり伝えます。
恋人になっても刺激が欲しいの
星川ありさと耳かきや2種類のエッチをするお話。

「よいしょ 寝顔かわいい 久しぶりに2人きりになれたね」
ありさは明るくて可愛い声の女の子。
ある日の夜、主人公の布団に潜り込むと
寝ている彼の耳元で甘い言葉を囁きます。

本作品は今年の1月に発売された
じらし上手なありさちゃんに負けてはいけない ~射精したら交際決定だよ♪~」の続編。
前作で無事恋人同士になった2人のその後を120分程度に渡ってお届けします。
最初は彼の自宅、次は修学旅行先と場所を切り替えいずれも同じテーマに沿って進めます。
2人が既に付き合ってることさえ把握してれば今作から聴いても大丈夫です。

「何してるのって 見たらわかるでしょ? よ・ば・い・だ・よ」
そのテーマはタイトルにもなってる「夜這い」。
彼女が彼に→その逆と攻守を変えて自分の愛を相手に伝えます。
夜這い自体がこっそりやる行為なので作中に彼女が激しく乱れるシーンはありません。
至近距離から囁いたり、緩めのペースでじっくり責める比較的静かなエッチをします。

すぐ近くに他人がいる描写も一応ありますが、見られるスリルをくすぐることはほとんどありません。
恋人に対する想いの強さや積極性を表現するためにこういう手段を取ってます。
責めっぷりが控えめなハンデを時間の長さでカバーしており十分抜きにも使えます。

一番最初の「キミに夜這い綿棒しちゃうぞ♪」でするのは耳かき(約42分)。
主人公の母親に協力してもらい彼の部屋へ侵入した彼女が
耳への息吹きで起こしてから綿棒を使って左耳→右耳の順にお掃除します。

綿棒は「ずずっ」という柔らかくて若干ざらついた音が使われており
耳の壁をなぞるようにゆっくり優しく動かします。
前作は耳かき棒と梵天を使ってたので器具が被らないようにしたのでしょう。
音質、動きいずれも上位に位置する品質を持ってます。
左右を切り替える時に綿棒を交換する動作を挟んでいれば尚良かったです。

「ねぇ ひょっとして ありさの見てないところで 他の女子と仲良くしてんじゃないの?」
最中の彼女は3分程度の間隔で彼を労る言葉を少しかけ
それ以外は微かな吐息を漏らしながら黙々と手を動かします。
彼が部活を頑張ってるせいであまり会えないことを寂しがったり
そこのマネージャーと仲良くなってないか不安がるなど可愛い仕草も見せてくれます。

本作品は静けさが売りなので序盤からわざとセリフを少なめにしたのでしょう。
既に付き合ってるから多くを語る必要がないのもあります。
効果音と吐息だけが流れる空間はとても静かで落ち着きました。
彼女の近さを感じるエッチ
エッチシーンは2パート64分間。
プレイはキス、乳首の相互愛撫、手コキ、耳舐め、フェラ、玉舐め、ありさのオナニー、SEX(騎乗位、正常位)です。
服を脱ぐ、手コキの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「ありさの夜這いは これからが本番なんだから 期待してよね」
長めの耳かきで主人公の耳と心を綺麗にしたありさは
いよいよ夜這いの手始めとして熱いキスをします。

エッチは彼女がリードしつつほぼ対等な立場で愛し合います。
最初の「息をこらして夜這いエッチ♪」は主に彼女が責めるシーン(約40分)。
キスから始まり耳舐め手コキ、フェラ、騎乗位SEXと後になるほど踏み込んだプレイを繰り出します。

「耳舐められるの好きだね ありさも好き 大好きな人にご奉仕したいの」
彼女は前作でわざわざエッチなゲームを仕掛けて彼をモノにしたくらいですから
今作も引き続き積極的に責めて自分の愛を伝えます。
彼の父親や弟にバレないよう音量やペースは落としてあるものの
ストレートな愛の言葉や熱っぽい吐息で距離の近さを伝えます。

雰囲気重視のエッチとでも言いましょうか。
激しく貪り合うのではなく、ゆっくり深く交わることを目指していてかなりリアルです。
こちらを肯定するセリフも多く女性の優しさを感じながら気持ちよくなれます。

「ありさの顔に出したいの? それともお口の中に出して ごくんして欲しいの? でーも まだだめー」
前作にあった特徴ももちろん受け継いでます。
「じらし上手」の名の通り今作でも彼の射精が近づくと責めを一旦停止し
それが収まったところで別のプレイをする若干意地悪なシーンがあります。

彼が悶える姿を見たいのではなく、最高の状態で射精して欲しいからそうする感じです。
その証拠に最後は生ハメSEXからの中出しを決めます。
全体を見ればかなり甘いですし、彼女なりの愛情表現と見るのが妥当でしょう。

「はぁ はぁ はぁ これすごい ありさ もうこのおちんちんないと もうダメになっちゃったの」
一番の抜きどころはやはり31分頃から始まるSEXです。
2回の寸止めですっかり大きくなったおちんちんを受け入れた途端に吐息がさらに熱くなり
おちんちんを褒め称えながら外に漏れないよう声量を抑えて切なく喘ぎます。
途中で手を握って欲しいとおねだりしたり、キスや耳舐めをするなど甘さを感じる要素も多く
彼女と心も深く繋がってることを実感しながら射精できます。

続く「押入れでドキドキ夜這いエッチ♪」は彼が彼女を夜這いする番(約24分)。
彼女の親友に協力してもらい宿泊先の部屋までやって来た彼が
そこの押し入れ内でフェラや正常位SEXを楽しみます。

「ねぇ もう欲しいの ありさのおまんこに欲しいよぉ 君の素敵なおちんちん」
「いいよ ありさ 君の赤ちゃん欲しいし」

教師に見つかる危険を冒してまで自分に会いに来てくれたのが余程嬉しかったのでしょう。
今まで以上に積極的なおねだりや愛の言葉を投げかけ
さらにSEXの最後は妊娠覚悟の中出しまで求めます。
効果音はうっすら聞こえてる感じもするのですが、はっきりとは聴き取れなかったので無しとしました。

ふすま一枚を隔てた先に彼女の親友や他の女子生徒がいるのを知っててここまでやるのは
2人が付き合い始めた時よりも一歩進んだ関係になったことを意味します。
さすがに見せつける気はないのでしょうけど、喘ぎ声を聞かれても別に構わないという意思を感じました。
意地悪な要素も一切ありませんし、引き続き静かながらも熱のこもったエッチを聴かせてくれます。

このように、夜這いのイメージにできるだけ合わせた密着感の高いエッチが繰り広げられてます。
穏やかな純愛作品
激しさやうるささを極力抑えてエッチする風変わりな作品です。

ありさは付き合い始めたものの部活の関係でなかなか会えない主人公とより仲良くなろうと
まずは自分から彼の自宅に夜這いして耳かきとまったり系のエッチをプレゼントします。
そして後日、修学旅行の時は逆に彼が同じことをして彼女の気持ちに応えます。

若い男女が順番に夜這いし合う変わったシチュ
セリフよりも音の量を多くしたASMR系の耳かき
熱い吐息やリアルな音で近さを表現する雰囲気重視のエッチ。
付き合い始めた恋人同士がよくするパワフルなエッチとはほぼ真逆の方法で愛し合います。

「なんか 人目とか気にするの馬鹿らしくなっちゃったね」
そして彼女がこれらを通じて一皮剥けたのも印象的でした。
物語の序盤では友人やクラスメイトに自分たちの関係を明かさずにいたのが
最終パートになるとむしろ見せつけるように堂々と奈良デートを楽しみます。
奥手だった彼がこれを受け入れられるようになったところにも成長が見られます。

エッチはこれまで書いてきた通り全体的に大人しいです。
でもどちらのパートも射精に向けてじっくり気持ちを高めていくので物足りなさはありません。
愛の言葉や熱っぽい吐息がリアルで彼女との一体感を味わえます。
学生同士では珍しく大人なエッチをしています。

射精シーンは2回。
淫語とちゅぱ音それなり、くちゅ音と喘ぎ声そこそこです。

おまけは収録直後コメントと感謝のメッセージです。

CV:星川ありさ…秋野かえでさん ゆっこ(親友)…陽向葵ゅかさん 同じ班の女子…西田光さん、綾城いずなさん、きさらぎゆめはさん 女教師…西田光さん
総時間 2:12:03(本編…2:02:22 おまけ…9:41)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2019年5月24日まで10%OFFの972円で販売されてます。

被虐願望ネクラJKとらぶらぶド変態えっち…♪

サークル「レジスタンス和歌山」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、自分になかなか自信を持てない根暗な女の子が
告白してくれた男子と家でちょっぴり変わったなエッチをします。

普段はたどたどしく話すのがエッチに入ると急に活き活きした表情を見せたり
終盤には同意のうえで陵辱系のイメージプレイをするなど
彼女の性格や性癖を反映させたノーマル~ややS向けのプレイをするのが特徴です。
根暗少女の正体はドM
クラスメイトの「白鐘 空晶(しらかね くうら)」と4種類のエッチをするお話。

「あの…そ、その 話って…何でしょうか?」
空晶はたどたどしく話す気弱そうな声の女の子。
ある日主人公に呼び出されて何か悪いことをしたと勘違いし謝ると
突然告白されて何かの罰ゲームだと疑います。

本作品は内気な性格のせいで友達ができずにいる彼女が
彼と恋人になりエッチを通じて少しずつ心を開いていきます。
彼女の内面や心情変化を最も大事にしながら物語を進めていくため
冒頭と終盤で随分違った表情を見せてくれます。

「えっと 何て言ったらいいですか ほんと ダメでごめんなさい」
彼女は自分が他人に必要とされてないことを強く自覚しており
彼の告白を受けても最初は真に受けず、損な役回りをさせてしまったことをひたすら謝ります。
しかし彼の気持ちが本当だとわかると素直に喜び
エッチに入ったら普段とはまるで違う大胆な責めと乱れを披露します。

通常時はよくどもってるのに、エッチの時だけ滑らかになるので変化がわかりやすいです。
オナニーやエッチな動画鑑賞をよくしてるだけあって責め、受けどちらに立っても貪欲に振る舞います。
また彼女はタイトル通り男性から性的にいじめられたい願望を強く持ってまして
主に最終パートでそれに沿ったS向けのプレイが登場します。

といっても恋人同士のエッチですから本気で嫌がることはやりません。
事前に簡単なシチュを設定し、その通りの流れでイメージプレイを楽しみます。
痛みや苦しみを与える描写もほとんどありませんからノーマルな人でも聴けるんじゃないかなと。
アブノーマルな性癖を持つ彼女らしい変わった恋愛模様が描かれてます。
親しくなるほどより大胆に
エッチシーンは4パート57分間。
プレイは耳舐め、手コキ、フェラ、乳揉み、キス、SEX(正常位、バック)、スパンキングです。
手コキ、乳揉み、服を脱がす、SEX、スパンキングの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ありがとう 私なんかで 気持ちよくなってくれるんだったら もっといっぱい 舐めるね」
付き合い始めてからおよそ1ヶ月後、主人公の家で彼に勉強を教えることになった空晶は
その最中につい耳舐めしてしまい、彼が抵抗しなかったのを見てそのまま続けます。

エッチは前半と後半で責め手を入れ替えながら愛し合います。
最初の2パート25分間は割と王道の恋人エッチ。
「初めての勉強会でねっとり耳舐め&淫語連発手コキ♪」は耳舐め手コキ(約18分)
「おち○ちんにキススタンプ&被虐妄想全開フェラチオ♪」はフェラで1回ずつの射精に導きます(約7分)。

「空晶の恥ずかしいところ 泡立っていっぱい痙攣しちゃうくらい モノみたいに乱暴に扱って 自分の性欲のはけ口にして」
告白された直後は嘘だと思ってた彼女もこの頃になるとすっかり彼を信頼し
耳元至近距離でコリコリしたちゅぱ音を鳴らしながらおちんちんをゆっくりしごきます。
そしてある程度経つとSEXのイメージを加えたり、自分の性癖を暴露して彼の気持ちに応えます。

最初のパートは途中でプレイを中断し
4分くらいかけて被虐願望に関する話をするため実プレイ時間はやや短いです。
でも本作品の売りである「彼女の心の推移」を描くには必要不可欠な要素とも言えます。
いきなり陵辱プレイをやると雰囲気が重くなりますから、まずはお互いをより深く知るところから始めます。

「空晶のお口の中 実況中継するね まず 君のを喉の奥まで咥え込むね」
2番目のフェラはおちんちんに何度もキスするところから始まり
イラマチオ気味に奥まで咥える、亀頭だけを集中攻撃するなど
短い間隔でちゅぱ音に変化をつけつつその様子を小まめに実況します。

実況のセリフが多いのでイメージしやすいのは良いのですが
その結果肝心のちゅぱ音がかなり減っており、フェラとしてのリアリティやエロさが落ちてしまってます。
おちんちんを咥えながらガンガンしゃべってるのも…うーん。
本作品はバイノーラル録音なので、それを活かすためにもう少し音に寄せて組み立てたほうが自然になると思います。

2人の愛が最もわかりやすく表現されてるのが
3番目の「被虐願望ネクラJKとらぶらぶド変態えっち…♪」(約20分)。
先ほどのプレイですっかり発情した彼女が自ら処女を奪って欲しいとお願いします。

「空晶との唇SEX 気持ちいいんだね 嬉しい 嬉しい 好き 好き好き 大好き」
最初の5分間はずっとキスを続けてお互いの気持ちを高め
彼女への乳首責めで一度イかせてから挿入するあまあまラブラブな初SEXです。
彼女が痛みを感じないようゆっくり挿入し、そのまま少しの間動かずにいる彼にも思いやりを感じました。
ピストン開始後は彼女もキスや耳舐めで応援するなど、2人の心の距離が以前よりもずっと近くなってます。

それに対して彼女の性癖を最も色濃く反映させてるのが
最後の「人間失格インモラル孕ませ妄想レイププレイ」(約12分)。
後日、ノーマルなSEXでは物足りなくなってきた彼女が
見知らぬ暴漢に処女を奪われるシチュで激しいSEXをしたいとお願いします。

前のパートよりも強引なキスをする、おっぱいを強めに揉みしだく
後ろを向かせてスパンキングを繰り返しイかせる、そのままバックで生挿入&中出しと
陵辱っぽさが出るよう流れや内容を大幅に変えたイメージプレイが楽しめます。

「やめてっ んんっ 汚い 嫌だ 無理 そんな最低なキス ひどい」
彼女が本気で嫌がってる表情や反応をするのもいいですね。
男性が無意識的に持つ女性への征服欲を上手にくすぐってくれます。
彼がこれをあっさり了承したところを見るとそういう願望を持ってたのかもしれません。
アブノーマル路線ではありますがこれも立派な愛の形です。

このように、後になるほど変態要素が強くなる本作品らしいエッチが繰り広げられてます。
一風変わった純愛作品
根暗な少女が男性と付き合い幸せになる様子を独自の切り口で描いた作品です。

空晶は人と話すのが苦手で自信が持てない自分を好きになってくれた主人公に報いようと
彼の家で2人きりになった状況を活かして初エッチに持ち込みます。
そして十分慣れた後は以前から持ってる被虐願望を満たすプレイをおねだりします。

普段は内気だけどエッチの時は大胆になる彼女とイチャイチャする甘いシチュ
エッチを通じてお互いのことを少しずつ知っていく純愛ストーリー
最終パートだけ見知らぬ男性に無理矢理犯されるイメージプレイをする展開。
本筋はイチャラブ系にし、最後に少しだけS向けのエッチをする方向で仕上げてます。

私個人はもうちょっとS寄りのプレイ構成にしたほうが個性が出ると思うのですが
レジスタンス和歌山さんは今回が処女作ということで、様子見のためにわざと抑えたのかもしれません。
同人音声はM向けの作品が圧倒的に多いのもあります。
現時点でキャラ作りはしっかりしてますから、今後どうなっていくかが楽しみです。

エッチは彼女の二面性や被虐願望が引き立つように進めてます。
これまで書いてきた通り陵辱色はかなり薄いですから興味があるなら誰でも聴けます。
重苦しくなりがちなプレイを前の3パートを使って少しずつ軽くしていく演出が面白いです。

絶頂シーンは主人公、空晶ともに4回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

おまけは「人間失格インモラル孕ませ妄想レイププレイに大失敗…?♪」です。

CV:秋野かえでさん
総時間 1:20:26(本編…1:17:49 おまけ…2:37)

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

【ハイレゾ・バイノーラル】こよみの初恋―お耳だけでリアルな近距離恋愛を―【KU100】

サークル「テグラユウキ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、純情で恥ずかしがり屋なクラスメイトの女の子が
好きだった男子と恋人になり、さらに結婚して幸せな家庭を築きます。

彼女と仲良くなっていく様子を綿密に描いたキャラ重視の作りが魅力で
最初は普通に話すことさえ覚束なかったのが
キスやハグなどのライトなスキンシップを通じて徐々に慣れていき
終盤には愛の言葉を投げかけながら彼が喜ぶことを嬉しそうな表情でするようになります。
効果音や吐息といったセリフ以外の要素で彼女の心情やプレイの様子を表現するのもポイントです。
初々しい女の子と歩む幸せな人生
クラスメイトのこよみと結婚し子作りSEXするお話。

「あ、あの… おはよう」
こよみは素朴で可愛い声の女の子。
とある雪の日、風邪が治り登校してきた主人公に声をかけると
昨日の分のノートを渡してから職員室に行きます。

本作品は何らかの理由で彼のことを大好きになった彼女が
110分程度に渡って色んな会話とエッチをしながら親密度を高めていきます。
付き合い始めた頃、結婚初夜、その2年後と3つのシーンに分かれており
物語が進むにつれて彼女の態度やエッチの内容が少しずつ変化します。

彼女は作品説明では「ちょいギャルJK」と呼ばれてますが
実際は恋愛とエッチの経験がほとんどない超純情な女の子。
話す機会を作ろうと昨日風邪で休んだ彼に自分のノートを渡し
その少し後にはクリスマスデートに誘って告白できる場を作ります。

「じゃ…はい うん…ど…いたしまして」
やってることは積極的なのですが、最中の会話が本当にぎこちなく
好きな人にどう接すればいいか戸惑ってるのがよくわかります。
しかし2人で過ごす時間が増えるに従ってだんだん慣れ、最後は妻として心のこもったご奉仕をします。

奥手な子が勇気を振り絞って頑張る姿が健気で可愛く
音声を聴いてるうちに感情移入する人が結構いるでしょう。
こよみ役を務める秋野かえでさんも彼女の魅力が出るよう自然な演技をされてます。

もうひとつのポイントは感情とエッチの表現方法。
多くのシーンでセリフの間を敢えて長めに取り
そこに吐息を挟んで彼女がすぐそばにいる雰囲気を出します。


例えば序盤の彼女が彼に告白するシーンでは
デートを終えて帰ろうとする彼を呼び止めた後に思いつめた表情を見せ
告白後は彼に即答されて驚き、涙ぐみ、気持ちが落ち着いたところで恋人になってくれたお礼を言います。
こういう小さな反応を吐息や間によって綿密に描くことでリアリティを出すわけです。

エッチする時も「おちんちんおいしい」とか「おまんこ気持ちいいよぉ」みたいな
聴き手に説明するセリフはほとんど入ってません。
興奮具合によって吐息の熱、リズム、長さを変化させる現実に寄せた表現方法をしてます。
喘ぎ声もAVのようにアンアン言うのではなく、声を押し殺して息を漏らす静かなものです。

「あなた…好きっ あっ はぁ はぁ あなた…んっ あなたっ」
一般的な同人音声に比べて純粋なエロさはやや落ちてるものの
彼女との一体感や充足感といった心の栄養価が高く、良い気分で射精を迎えられます。
そしてこれは恥ずかしがり屋でエッチの経験がない彼女のキャラと非常にマッチしてます。

もうひとつ、最中に鳴る音もものすごくこだわってます。
舞台がどれも冬ということで風の吹きすさぶ音やストーブの音がバックで流れ
エッチの時も体を動かすたびに布の擦れる音やベッドの軋む音が控えめに鳴ります。
直前で話した吐息も合わせてセリフ以外の部分を大事にしたASMR要素のある作品です。
変わるものと変わらないもの
エッチシーンは5パート54分間。
プレイはキス、乳揉み、クンニ、SEX(正常位、騎乗位、バック)、フェラです。
服を脱がす、SEX、ゴムの装着、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「うん じゃあ 優しく…して?」
こよみが主人公と付き合い始めてしばらく経ったある日
家族が泊りがけで出かけた自宅に彼を招待すると
会話やスキンシップの途中でお互いの気分が高まりそのまま初エッチに突入します。

エッチは責め手を切り替えながらほぼ対等な立場で愛し合います。
一番最初の「4.こよみの初めてエッチ」は2人がより深い関係になるきっかけにあたるシーン(約13分)。
その前のパートでキスを繰り返し十分温まってる状況を踏まえて
お互いに服を脱ぎ軽いクンニを挟んでからすぐさま正常位で繋がります。

「恥ずかしいから あの… 明かりは 消しても…いい?」
家族がいない日をわざわざ選んで彼を誘ったことから
彼女はこうしてエッチする流れをある程度予想してたのでしょう。
彼に体を求められてもさほど抵抗せず素直に委ねます。
でも明かりがついてる場所でするのは恥ずかしいので消してから衣服を脱がしてもらいます。

こういうちょっとしたやり取りが初々しくてグッと来ました。
彼女のリクエストにちゃんと応える彼も思いやりに満ちてます。
言葉や行動の端々に相手を大事にする気持ちが滲み出てるからものすごく甘く感じるわけです。

「いいよ うん 入れて? あ でも ゆっくりが…いい」
肝心のSEXも彼女が痛みを感じないようゆっくり挿入し
大丈夫なのを確認してからペースを落としてピストンを続けます。
場所が家の居間(和室)ということで、体の下に敷いた座布団の擦れる音で表現してました。
外が吹雪いてる寒い日に密着しながら静かに愛し合う雰囲気の良いエッチです。

続く2パート17分間は結婚した直後のお話。
それから年月が経ち無事夫婦になった2人が結婚式を挙げた日に再びエッチを楽しみます。

「式でもしたけど 未だにドキドキするよ あなたとのチュー」
「ねぇあなた 今日は…その ぎゅーってしながら したい」

付き合い始めたのは高校生あたりでしょうから少なくとも4~5年は経ってるはずです。
おかげで彼との会話も緊張せずごく普通にできるようになりました。
でもキスや裸になる時は以前と同じく恥じらう可愛い部分も残ってます。

成長して変わった部分と変わらない部分が両方あるのが良いですね。
これによって大人になった彼女とイチャイチャしてる雰囲気を出すことに成功してます。
彼だけをひたすら愛し続け、同じくらいの愛を受け取ってる幸せいっぱいな女性です。

エッチはお互いにやり慣れてるため以前よりもスピーディーに進め
その中に彼女の吐息や控えめな喘ぎ声を多めに盛り込み熱と色気を出してます。
キスとハグから入って軽いフェラを経由し、ゴムを着けて騎乗位でフィニッシュします。

「あなた 好き 大好き」
彼女が責めに回れるようになったところが大きな変化かなと。
でも彼よりも先にイってしまい休憩を挟むところに弱さが見られて愛らしいです。
愛の言葉も多めで2人が幸せの絶頂期にあるのがよくわかります。

終盤の2パート24分間は結婚してからおよそ2年後のお話。
仕事を終えて帰宅した彼を彼女が迎えてひとまず一緒のお風呂に入り
そこでフェラをしてからいよいよ子作りSEXに挑戦します。

「あなた いつもみたいに ちゃんと飲んだよ?」
「あなたのっ んっ はぁ 赤ちゃん 欲しい」

一緒に暮らすようになっても2人の愛はまったく衰えません。
忙しくてしばらくご無沙汰だったおちんちんを嬉しそうに咥えて精液もきっちり飲み干し
さらにSEX中は控えめながらもおねだりして彼をやる気にさせようと頑張ります。

一番最後の「9.こよみの子作り」は一番の山場ということで
作中で最も長い17分を割き、正常位→バック→騎乗位と体位を変えながらじっくり愛し合います。
彼女が絶頂を迎えたら軽い休憩を挟み、それから再開するのを繰り返す無理のないプレイです。
最終目的の中出しだけを見るのではなく、そこに至る過程も大事にしていて本当に温かかったです。

このように、相思相愛の男女が関係を変えながら色んなプレイをするあまあまラブラブなエッチが繰り広げられてます。
王道なのに新しい作品
ストーリーは割と王道なのですが、その表現方法やキャラに独自性が見られる作品です。

こよみは大好きになった主人公とクラスメイト以上の関係になろうと
自分から話しかけたりクリスマスデートに誘って気があることをアピールします。
そして無事結ばれた後はエッチを通じてさらに親密度を上げ、最後は子供を作るほどの仲になります。

恥ずかしがり屋の初々しい女の子が同い年の男性とイチャイチャする甘いシチュ
3つの時代を用意し、後になるほど彼女の態度やエッチの内容が変化していく展開
吐息や音を多めに盛り込みそれによって彼女の心情やエッチの様子を表現するリアルな演出。
1人でも多くの聴き手が彼女と一緒にいる気分に浸れるようこだわり抜いて制作されてます。

「んんっ! あっ はぁ はっ はっ んっ」
中でも3番目の要素はここまで上手く活用できてる作品は他にないんじゃないかと思えるくらい
吐息や細かな音の使い方が抜群に優れてます。

エッチの時に乱れ具合を表現する一般的な使い方だけでなく
喜怒哀楽といった通常の感情を出すのにも吐息を積極的に取り入れてます。
そしてセリフじゃないからこそ自然さと重さがあります。

テグラユウキさんは前作「彼女の隣でギャルビッチ皐月ちゃんに犯されちゃう!」で
わざと抑えたエッチをして臨場感を出す変わった演出をされてました。
今作のエッチもたぶんそれを意識しながらこよみに合うよう調整されたのだと思います。
淫語や激しい喘ぎ声といったエロさの高いものをそれほど使ってないのに妙にエロいです。

「あなた 気持ちいい? うん 気持ちよくなってもらえるの すごく嬉しい」
そして何より彼女が愛おしいです。
彼に求められたらすべてを受け入れ、責め手にまわったら一途に奉仕し
気持ちよくなってもらえたら素直に喜び、気持ちよかったら言葉と態度で伝えます。
人妻になっても最初から持ってる恥じらいや彼への愛は最後まで変わらず残り続けます。

音声作品でここまで長い年月を跨ぐことはないので
それをキャラにきっちり絡めて彼女が良い方向に成長したのを表現してます。
この2点が本作品が持つ新しい部分です。

射精シーンは4回。
吐息大量、くちゅ音と喘ぎ声それなり、淫語とちゅぱ音そこそこです。

満たされた気分にどっぷり浸かったまま抜ける魂のこもった作品です。
以上を踏まえてサークルさんでは2本目の満点とさせていただきました。
おまけは「こよみの添い寝ループver」です。

CV:こよみ…秋野かえでさん 友人の葉月…一之瀬りとさん(「1.こよみの初恋」でのみ登場)
総時間 2:09:31(本編…1:54:07 おまけ…15:24)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ