同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:短時間

   ● おふとんでぎゅってして
   ● 悪魔さまの淫語オナサポのV
   ● (催眠CD)裏Trance voice fan 赤いリボンのリコ外伝[古典催眠編]-催眠調教vol.1-鋼ノ拘束-(再レビュー)
   ● すんどめ☆超寸止め催眠3-妹の寸止め・立体音響編-
   ● 姉妹の二人と両耳同時耳かきボイス
   ● オナ禁サポートセンター~あなたのオナ禁お手伝いしてあげる~(後編)
   ● 【新作100円】【全編バイノーラル】 甘やかしオナサポ~メイドのお姉さんの言う通り~【ボイス40分強】
   ● ことね様の飴と鞭~辛辣な言葉責めと嘲笑で射精させられた後に優しく躾けられる~100円+税
   ● 安深催眠 -星南編-
   ● オナ禁サポートセンター~あなたのオナ禁お手伝いしてあげる~(前編)


おふとんでぎゅってして

サークル「mosquito cock」さんの同人音声作品(R-15指定)。

今回紹介する作品は、主人公のことを溺愛してる2人の女性が
会話しながら甘えたり甘やかして安らかな眠りに導きます。

彼らの関係を色濃く反映させたあまあまなサービスが魅力で
「好き」などのストレートなセリフを敢えて使わず
密着感や他愛もない会話を通じて仲の良さを表現します。
お休み前も彼女とイチャイチャ
ピンクちゃんやボブっこちゃんと抱き合って会話するお話。

「ん、なに? 寝るの? じゃあ一緒に寝ようよ」
ピンクちゃんは素朴で穏やかな声の女の子。
先に眠ると言う主人公に一緒に寝ようと誘うと、頭を優しく撫でながら何気ない会話をします。

本作品は同棲中の恋人と思しき関係にある男女が
一緒の布団でソフトなスキンシップを取りながら眠るまでの様子を描いた短編集。
ピンクちゃんは眠そうな彼を安眠させる、ボブっこちゃんはまだ眠くない彼をそうさせるとシチュを若干変え
どちらも一対一で15分程度に渡って色んな会話をします。
サークルさんの過去作に登場したキャラを使用してますが今作から聴いても特に問題ありません。

「プリン? 冷蔵庫のやつ? 昨日食べた 美味しかったよ」
「ふふっ ちょっと唇合わせて? ちょっとこのままがいい しあわせーって感じ」

最大の魅力は最中のセリフ。
食べ物のこと、猫のこと、料理のことなど何気ない話題を砕けた口調で投げかけます。
恋人同士と言えば「好き」「愛してる」といった言葉が定番ですが
本作品では自然さを重視して直接的な描写をできるだけ使わずに好意を伝えます。

彼女たちが体を積極的に密着させてくるのも大きなポイント。
耳元で囁いたり彼の上に乗ってキスをするあまあまなやり取りを随所で行います。
お互いに十分心が通じ合ってるからこそできるものばかりですから
音声を聴けば聴くほどホッとしたり胸のあたりがぽかぽかするのを感じるでしょう。
甘える喜びと甘えられる喜び
最初のピンクちゃんパートはおよそ18分間。
眠そうな主人公にまだ眠くない彼女があれこれ話してぐっすり眠れる環境を整えます。

「今日は 私の自由にさせてもらうから もうちょっとぎゅってして」
彼女は甘えん坊な性格らしく序盤から声の位置を近づけて会話を続けます。
もちろんそれだけじゃなく頭を撫でたりキスをして同じくらいの幸せを彼にも与えます。
安眠音声にしてはしゃべりすぎかなぁとも思ったのですが
終盤に寝息だけが流れる時間を5分程度設けてきっちりバランスを取ってます。

続くボブっこちゃんは15分ほど。
最初から眠そうな表情の彼女が彼の猫画像に興味を持ち
それに関する話題から明日の献立を経由してピンクちゃんよりも長めのキスをします。
そしてすべてが終わった後に3分程度寝息を立てます。

「私もさっきの猫みたいに 可愛かったら 甘えたら 寝かしつけたりしてくれるのかな?」
「胃袋も掴みたい 掴めるもん全部掴みたいもん ずっと一緒にいてもらいたいからね」

彼女もかなりの甘えん坊キャラですがそれと同じくらい尽くす気持ちが強く
うざくない程度に絡みながらぎゃっと抱きしめたり彼のために料理を頑張ると宣言します。
終盤のキスもエロさを抑えつつ積極的に唇を吸ってました。

このように、恋人同士の何気ない日常を描いた癒し特化の物語が繰り広げられてます。
会話で癒す作品
催眠音声側と同じくセリフの内容や表現が独特な作品です。

ピンクちゃんとボブっこちゃんは自分たちにとってかけがえのない人を安眠させようと
人肌の温もりで体を、会話で心を温めて安心感と眠気を与えます。
そして十分に準備が整った後は自分自身が寝て静かな時間を作ります。

ぎゅっと抱きしめたり顔を近づけて話す密着感のある演出
端々から好意が伝わってくるセリフ、彼女たちのあまあまなキャラ。
すべての要素を癒しで統一して疲れや緊張を吹き飛ばします。

優しくしてくれた分きっちりお返しする対等な関係も印象的でした。
彼女たちが彼に甘えて幸せそうな表情を見せる時間を用意することで別の癒しを与えます。
癒し系作品の場合、女性側が一方的にお世話する展開が多いので
それらとの違いを出しつつ恋人らしさを引き立たせる有効な手段だと思います。

短時間でのリフレッシュに役立つ作品です。
価格が100円と非常に安いですから興味を持った方は是非お試しください。

CV:ピンクちゃん…そらまめ。さん ボブっこちゃん…こやまはるさん
総時間 32:50

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

作品自体の点数は7点。
33分で100円とコスパが良いので+1してあります。

2019年2月12日まで50%OFFの50円で販売されてます。

悪魔さまの淫語オナサポのV

サークル「Low-F」さんの同人動画作品。

今回紹介する作品は、可愛い声と穏やかな性格を持つ悪魔の少女が
心の調子を崩してる男性にエッチな治療を施します。

映像を流しながらオナサポするのが最大の特徴で
前半はスタンダードな方法、後半は動画作品だからこそできる方法とスタイルを切り替え
彼女の動きとセリフ&効果音を完璧に連動させながら丁寧にリードします。
優しい悪魔の大胆な治療法
悪魔の指示に従ってオナニーするお話。

「ようこそ。わたしの可愛い患者さん」
悪魔は穏やかで可愛らしい声の女の子。
体調を崩しカウンセリングを受けに来た主人公に自分の匂いを嗅がせると
すぐさまパンツを脱いでおちんちんを取り出すよう言います。

本作品は見た目は可憐な少女だけど性格はかなりのエッチ好きな彼女が
現実世界と夢の世界で30分程度に渡るエッチなサービスをします。
総時間が短いことを踏まえてその9割近くをエッチシーンに割き
プレイ中はほぼずっとおちんちんをしごかせてきっちり射精できるように導きます。
akumav
一般的なオナサポとの大きな違いは映像を使ってリードすること。
音声開始直後からこんなふうに彼女の姿が映し出され、シーンによって動きを細かに変えてリアルにお届けします。
販売ページにある体験版を見ていただければわかるように結構ぬるぬる動きます。
目の瞬き、口の開閉、呼吸のたびに体が僅かに上下するなど細かな部分にも凝っててレベルが高いです。

肝心のオナサポもその長所を最大限に活用します。
彼女が手を動かすのに合わせてシコシコボイスを言ったり効果音を鳴らしてリズムを取り
射精時には少しの間ホワイトアウトしてその直後に彼女の顔が精液まみれになります。


精液をぶっかけるアニメーションはなく、エフェクトの後にもうかかってる感じです。
また後半のパートには音声だけだとまずできないタイプのプレイも登場します。
中の人がオナサポ好きなのか、初めての動画作品なのに指示や進め方が堅実でやりやすいです。
ちなみに製品版には音声のみのファイルも一緒に入ってます。

「あのね。つらいことやくるしいことは、体液と一緒に出しちゃうのが一番いいんだよ」
彼女についてはどちらかと言うと人間に近い性格をしてます。
彼の調子が悪いのはストレスを抱えてるのが原因と判断し
それらを精液と一緒に吐き出させる方向で治療を進めます。
最中のセリフも温もりを感じるものが多くきつい言葉責めは一切ありません。

ただし、精液に対する執着心だけは悪魔らしさを持ってます。
じゅるじゅるといやらしい音を立てて精液を美味しそうに飲み干したり
おまんこの中に吐き出されたそれを嬉しそうに感じるなどです。
ほぼノーマル向けの内容ですから人外が苦手な人でも普通に聴けると思います。
視覚と聴覚で興奮させるエッチ
エッチシーンは2パート29分間。
プレイは手コキ、フェラ、相互オナニー(疑似SEX)、体の鑑賞です。
手コキ、オナニー、射精の際に効果音が鳴ります。

「びゅくびゅくって吐き出したら、一緒につらいことや悲しいことも出て行くよ♪」
予想外の展開に戸惑う彼にオナニーする理由を説明した悪魔は
早速おちんちんを握りゆっくりしごいて勃起を促します。

エッチはどちらも彼女がリードします。
前半のシーン1は現実世界でのお話(約14分)。
手コキから入りしばらくすると軽めのフェラを挟んで気持ちよくします。

「わたしの手の動きに合わせて、しゅっ……しゅっ♪ まだゆっくり。焦らないで。手を見て」
やってることは手コキなのですが、聴き手がオナニーしやすいように
映像の動きに合わせる指示を出したりシコシコボイスを適度に言ってペースを取ります。
視覚でどんな風にオナニーしたらいいかわかるからすごくやりやすいです。
上目遣いでおちんちんを眺める彼女の表情にもそそられます。

「キンタマのなかでドロドロに熟成された臭いザーメン……全部わたしに差し出すの」
最中のセリフも引き続きあまあま。
焦らし気味に責めて精液をできるだけ熟成させ、さらにやや下品な淫語を言って心の興奮も煽ります。
彼を持ち上げながら美味しい精液をいただく悪魔らしい責めです。
フェラのちゅぱ音を声よりもずっと激しくしてるのもその感じを出すためでしょう。

手コキは2秒1コキ程度のゆっくりペースから始まり
段階的に速度を上げて中盤から尿道口を軽くしゃぶるフェラが加わります。
そして十分高まった後にカウントを数えて射精のタイミングを取ります。

時間が短めで内容もシンプルですが、映像のおかげで実時間以上に気持ちよくなれました。
射精シーンとその後の描写にも力を入れてるのが大きいです。
精液を顔にかけられても嫌な顔ひとつせず、喉を鳴らして美味しそうに飲み干す姿がエロ可愛いです。

続くシーン2はおそらく夢の中のお話(約15分)。
販売ページのサンプル画像3枚目のように彼女がほぼ裸の状態で脚を開き
許可が出るまで射精しないこと、オナニーを始めたら決して中断しないルールを定めたうえで
自分の裸体を見せつけながら好きなペースでオナニーさせます。

「まずお腹。おへそ。ここに、子宮があるよ。わたしのおまんこに、ぴゅっぴゅっ、て精液かけたら、精子がここまで泳いでくるかもね」
このパートはシーン1以上に視覚に寄った責めを繰り出します。
丁度いいサイズの柔らかそうなおっぱい、無毛でピンク色のおまんこなど
多くの男性が魅力を感じる部位に視線を向けさせてオナニーのオカズにします。

彼女が言った部位をややズームインして注意を引きつける演出がされてたりと
映像形式のオナサポだからこそできる要素がいくつも込められてます。
オナニー自体は所々でシコシコボイスを言う程度ですからシーン1よりもずっと緩いです。

「きみのザーメンいっぱいぴゅっぴゅしてほしくて、おまんこきゅんきゅん締め付けて……奥に誘ってるよ」
一番の抜き場は中盤から始まる相互オナニー。
2人が実際にSEXしてると思わせる実況を交えて切ない声を漏らします。
自分から指を開いて中を見せつけ、さらに中指を上下させてクリトリスをいじるなど
先ほど以上に大胆なサービスをしながら一緒の絶頂を目指します。
おまんこの入り口と周辺に精液をべっとりつけたまま優しい言葉をかける姿も印象的でした。

このように、視覚と聴覚の両方に働きかける斬新なエッチが繰り広げられてます。
新しいタイプのオナサポ作品
音声単体とは違ったやり方で射精させてくれる優れた作品です。

悪魔は何らかの事情で心が疲れてる主人公を芯からスッキリさせようと
自分の正体には敢えて触れずまずは手と口でおちんちんを応援します。
そして1回射精できた後は本来の姿でより大胆なプレイをします。

優しくて精液大好きな悪魔がゆっくり射精に導くマイルドなシチュ
その様子をすべて映像でお届けする凝った作り
前半は正統派のオナサポ、後半はエロ要素を多く提供するオナサポと異なる責めを繰り出す展開。
音声形式でするオナサポとの違いをはっきり出したリアルなプレイが楽しめます。

何かを見せながらオナサポする作品は過去にもあったのですが
その多くはシーンによって画像が切り替わる紙芝居っぽいものでした。
しかしこの作品は完全なアニメーションでオナニーを隅から隅までサポートします。
真新しいうえに作り込みもしっかりしてるのが素晴らしいです。

エッチは映像を見ながらオナニーするおかげで音声だけの時よりも刺激が強いです。
特にシーン2はおっぱいやおまんこを見ながらしごけるからより捗ります。
オナサポで30分は短いほうですけど物足りなさは特に感じませんでした。

射精シーンは2回。
淫語それなり、くちゅ音とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

甘めの変わったオナサポが好きな人には特におすすめします。

CV:紫乃小文さん
総時間 32:59

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

(催眠CD)裏Trance voice fan 赤いリボンのリコ外伝[古典催眠編]-催眠調教vol.1-鋼ノ拘束-

サークル「キャットハウス」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第38回目は「赤いリボンのリコ」と呼ばれてる妖艶な女性が
デートに誘ってくれた初心な男性をエッチな催眠で喜ばせます。

タイトル通り古典催眠の技術をベースにしたやや背徳的なプレイが行われており
催眠は心身の脱力を促しつつイメージを交えて意識をとろかせ
エッチは手コキに調教っぽい暗示を絡めてイキたくてもすんなりイケない状況を作ります。
やや気だるそうな囁き声で暗示を入れてくるのもポイントです。
初心な男に心地いい拘束を
赤いリボンのリコに催眠をかけられ手コキされるお話。

「あぁ こんにちは そんなに堅くならなくてもいいのよ」
リコははきはきと話す明るい声のお姉さん。
作品のコンセプトや聴く際の注意事項を簡単に説明すると
デート相手の主人公に声をかけ早速手を繋ぎます。

本作品は日本における催眠音声の元祖と言われてる
(催眠CD)裏Trance voice fan 赤いリボンのリコ1~ドリームチャット~烙印」の続編。
バーの店員をしてる彼女のことが好きになった彼がデートに誘い
カップル喫茶で催眠を交えたやや背徳的なエッチを楽しみます。
前作とは完全に別のお話なので今作から聴いても大丈夫です。

作られたのが今からおよそ13年前と非常に古いこともあり
物語の始まり方や催眠、エッチの内容が現在のものと随分違います。
そのため戸惑う人もいるでしょうけど、品質に関しては今でも十分通用するものを持ってます。
催眠音声サークルとして現在活躍中のすくりぷてっどこねくしょんさんも以前twitterで
「この作品がなかったら今の自分は存在しなかったと言っても過言ではない」と呟かれてました。

最大の特徴は古典催眠の技法を駆使してること。
催眠音声ではお馴染みの深呼吸から始まり、いくつかのイメージをさせながらそれに合った暗示をテンポよく入れます。
「聴いてたらいつの間にか入ってた」と感じる前作とは違い区切りが割とはっきりしてるので
自分が催眠に入っていく感覚や落ちる感覚を実感しやすいです。
総時間が短いため初心者よりもある程度催眠慣れしてる人のほうが適してると思います。

催眠はおよそ10分間。
待ち合わせた2人が近くにあるカップル喫茶へと移動し
まずは深呼吸で初体験に緊張する主人公をリラックスさせます。
姿勢は作中では座るようですが寝て聴いても特に問題ありません。

「私の声を聞いていると あなたの意識は 少しずつ とろけていきます」
「私の血液は あなたの体まで流れ出す 私の心臓の音は だんだん大きく感じられ あなたの全身を包み込む」

そして呼吸のリズムは彼の自由に任せ、リコは早速様々な暗示を入れます。
上のセリフのようにストレートな描写だったり、下のように彼女の近さや一体感を感じさせるなど
色んな方向から無意識に働きかけて意識の力を弱めようとします。

彼は彼女に十分な好意を持ってる設定がされてますが
聴き手をよりスムーズに誘導できるよう信頼関係の構築にもきっちり配慮してます。
冒頭では溌剌としていた声が、催眠開始と同時に低くぼんやりとした囁き声に変化するのもいいですね。
調教や洗脳がテーマの作品とは思えないほど穏やかな空気が漂ってます。

ある程度リラックスできた後は催眠状態をさらに深めます。
全身を水に浮かべてから沈んでいくイメージを使用し
その中に「力が抜ける」「沈む」「気持ちいい」といった暗示を込めてスムーズに落とします。

「あなたは私のもの 頭がクラクラして とてもいい気持ち」
私が聴いた時は彼女の言う通り頭がクラクラしてきました。
深化の時も水中に沈むイメージだったからかストーンと落ちるのではなく
沼にずぶずぶと飲み込まれていく感覚が全身に広がります。
短時間でありながらここまでがっつり入れるところにサークルさんの底力を感じました。

テーマに沿った形でコンパクトに誘導する優れた催眠です。
リコに対する服従心を養うことを目的に、前半は深呼吸しながらのリラックスと信頼関係の構築
後半はいくつかのイメージを交えた深化と一直線に進みます。

冒頭の5分間がドラマパートになってるおかげで世界観や彼女のキャラを掴みやすく
色んな暗示を組み合わせて多方面から働きかけるスタイルも短時間の誘導に適してます。
リコ役をやられてる紅月ことねさんの演技も素晴らしいです。
この中のどれかひとつでも欠けてたらこの催眠は成立しなかったでしょう。
イってはいけない状況でイク快感
エッチシーンは14分間。
プレイは手コキ、拘束されるイメージです。

拘束の際に効果音が鳴ります。
セルフはありませんが射精表現があります。

「水着のチャックを開くけど あなたは何をされてるかわからない」
古典メインの催眠で主人公を自分の言いなりにしたリコは
チャックを開けておちんちんを取り出し、ひとまずその根本を軽く握ります。

エッチは終始彼女が責めます。
前半の7分間は背徳的な絶頂に向けて準備するシーン。
おちんちんに微弱な刺激を与えながらマゾ犬化の暗示を入れて従う喜びを教えます。

「ご主人様の言うことを聞くたび あなたは強力な快感に襲われます」
彼女は男性の扱いに慣れてますから相手の嫌がることは決してしません。
おちんちんを風船に例え、その根本を締めてる状況を通じて快感を集中させ
それと同時に自分の言う通りにすればするほど心が気持ちよくなるよう誘導します。

淫語やちゅぱ音といったストレートなエロ要素はほとんど使いません。
催眠パートに引き続きイメージと暗示を組み合わせてイかせる催眠音声ならではのエッチです。
またここでは絶頂をトリガーに心を縛り付ける特殊な暗示も入れてくれます。

後半はお待ちかねの絶頂シーン。
引き続きおちんちんへの責めは必要最低限に留め
カウントをゆっくり数えながらその都度追い込み暗示を入れてじわじわと追い詰めます。

「あなたは今日から 私の所有物ね 眠る時も お風呂に入っている時も 心のどこかで 私のことを忘れられなくなる」
今日初めてデートしたばかりの女性に文字通り心を奪われる。
「そんなのさすがに無理でしょ」と大抵の人が思うことを彼女は本気でやり遂げます。
おそらく実際に聴いた時は絶頂したいのにしちゃいけない気分がするでしょう。
通常ならスッキリするはずの行為にわざと捻りを加えて彼女の存在を心に強く刻みつけます。
主人公は射精してるようですが、この内容ならドライのほうが迎えやすいのではないかなと。

このように、若干ブラックな要素を組み込みスリリングな絶頂を味わわせる変わったエッチが繰り広げられてます。
密度の高い作品
日常生活よりも濃いひと時を送れる作品です。

リコは自分をデートに誘ってくれた主人公をモノにしようと
最初はごく普通の明るい態度で親しげに接して緊張をほぐします。
そしてカップル喫茶に移動し催眠を始めた後はその心を少しずつ絡め取っていきます。

バーの女の子とデートするつもりがあっさり手玉に取られてしまう展開
古典催眠の技術をベースにした短く洗練された催眠
心に多少のもやもやを与えたうえで絶頂に導く洗脳っぽいエッチ。
Mあたりをメインターゲットにした若干背徳的なサービスが楽しめます。

中でもエッチは気持ちよく絶頂させるために色んなアプローチをかける通常の催眠音声とは違い
絶頂することに対してわざと後ろめたさを抱かせる方向で進めます。
視聴後に激しい後悔が襲ってくることはさすがにないでしょうけど
「あぁ やってしまった」みたいなスッキリしない感覚が沸く可能性は十分にあります。

サークルさんが狙ってやってることですからこれ自体が悪いとは思いません。
後に残らないようこれらを解く音声も最後にちゃんと入ってます。

催眠はイメージの扱い方が上手だなぁと思いました。
体を密着させてる状況を通じて体温や鼓動を合わせ一体感を出すとか
事前にお酒を飲んでることから意識のぼやけや体の火照りを実感させるなどです。
深化もイメージ自体はメジャーですけどアプローチが特殊で面白いです。

絶頂シーンは1回。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

作品自体は優れてるのだけど、38分で価格が2200円と割高なことを踏まえて
前回と同じ点数にさせていただきました。

CV:紅月ことねさん
総時間 37:56

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2019年2月12日まで50%OFFの1100円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。

すんどめ☆超寸止め催眠3-妹の寸止め・立体音響編-

サークル「カジハラエム」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、可愛くてちょっぴり意地悪な妹が
寝ているお兄ちゃんに催眠をかけてから何度も寸止めします。

物理的な刺激を一切与えずに寸止めや射精をさせるのが特徴で
催眠は彼女の技量に合わせてシンプルなもので揃え
エッチも感度を上げてからカウントを何度も数える王道のやり方で進めます。
催眠術を試してみたいの
妹に催眠をかけられ寸止め射精するお話。

「兄ちゃん。お兄ちゃん…? 寝てる? 寝てる…よね?」
妹はあどけない声の女の子。
睡眠中のお兄ちゃんに近づき寝てるかどうか確認すると
彼を実験台に最近勉強した催眠術を試します。

本作品は自分が習った催眠の効果を知りたくてウズウズしてる彼女が
35分程度に渡って催眠を施したりタイトルに沿ったエッチをします。
2人の仲はそれなりに良いものの肉体関係を結んでるわけではないらしく
物理的な接触をほとんどせず言葉だけで快感をコントロールします。

ちなみに寝てる最中にかける設定ですが聴き手がそうする必要はないようです。
開始時に彼が寝てるだけで、その後は起きても寝たフリしててほしいと言われます。
明晰夢や夢精を狙った作品ではないことをご了承ください。

最初から言ってしまいますと本作品の最終目的はノーハンド射精です。
作中でおちんちんに触れる指示は一切出ません。
ただ主に時間の関係でこれを実際にやるのは相当難しいです。

催眠はおよそ20分間。
1分30秒程度のヒーリングBGMが流れた後、彼女の話に耳を傾けます。

「お兄ちゃんの心に、あたしの声が、染み込んでいく。あたしの声を聞いてるだけで お兄ちゃんは、幸せ。とってもいい気持ち」
話の内容は彼女の声に対する集中力を高めたり良い印象を持たせるといったもの。
囁きに近い抑えた声でセリフごとの間をやや長く取りながらゆっくり語りかけます。
ところどころで同じフレーズを二度繰り返すのがいいですね。
催眠をかじった程度の彼女の技量に合ったやり方でリラックスを促します。

お次は催眠を深めつつエッチの準備を整えます。
深呼吸しながら全身を上半身→下半身の順に隅々まで温かさを伝え
さらにそれをエッチな熱に変換します。

「全身が、熱い。じんわり、熱い。全身が、じんわり、ぽかぽか。全身が、じんわり、ぽっかぽか」
「じんわり」「ぽかぽか」など柔らかい単語を積極的に挟んで妹らしさを出しつつ
お腹、腰、太もも、膝、脹脛と細かなパーツに分けて流す感じに進めます。
催眠に入った感覚はそれほどしないでしょうが、体のどこかが温かく感じる人は普通にいると思います。
その熱をエッチなムズムズに変える流れもお話に沿ってて良いです。

リラックスしてから寸止めの準備に取り掛かる素朴な催眠です。
聴き手の心と体を言葉だけで感じられるようにするのを目的に
BGMから入って声に対する印象操作、分割形式による二段階の温感操作と
後になるほど心が落ち着き体が火照るように進めます。

時間に対してやることを絞り込み、それぞれをゆっくりのんびりやるので取り組みやすいです。
妹も調教ではなくご奉仕に近いスタンスで催眠を施します。
「超寸止め催眠」と聞くとハードに感じるでしょうが、本作品に関しては結構マイルドです。
適度に焦らして一気に放出
エッチシーンは13分間。
エッチはカウントによる寸止め、キスです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「ほら、心なしか、おちんちん、ムクムクしてる。ほらぁ、心なしか、おちんちん、ギンギン」
催眠を使ってお兄ちゃんを自分の言いなりにした妹は
先ほど生み出した熱をおちんちんに集めてから寸止めを繰り返します。

エッチは1回の射精に向けて興奮と性感をひたすら蓄積させます。
流れはおちんちんに意識や熱を集中させてからカウントを数えるというもので
1セットごとに軽い後追い暗示を入れる動作を多めに繰り返して少しずつ追い込みます。

「こんなに大きいのが、お兄ちゃんのおちんちんなんだ☆ びっくり! でも、とっても、とぉ…っても素敵♪」
彼女は彼をそれなりに好きですから調教まがいのことはやりません。
彼のおちんちんを褒め称え、我慢したほうが気持ちよく出せるよと励ましながら寸止めします。
内容からしてドライ経験者のほうが圧倒的に有利です。
未経験の場合は実際にいじらないとなかなか気持ちよくなれないでしょうし、私は中上級者向けと見てます。

私が聴いた時はカウントを重ねるたびにおちんちんの周辺がムズムズしてきました。
他の作品で味わったドライの感覚には届かず、その手前あたりで終わりました。
時間がこれだけ短いと絶頂させるにはセルフのほうが安心かなぁと。
ノーハンド射精を本気で目指すなら最低でももう20分は欲しいです。

このように、カウントを使って絶頂まで持っていくシンプルなエッチが繰り広げられてます。
ドライ目当てなら
ウェットよりもドライ系と捉えたほうがしっくりくる作品です。

妹は自分が勉強した催眠が果たして他人に効くのかを確かめるために
寝ているお兄ちゃんの枕元に忍び込んでエッチな事も含んだサービスをします。
そして限られた時間内に何ができるかを考え、それぞれを手堅く行使して目標へと導きます。

おちんちんに指一本触れずに寸止めや射精をさせる大胆な作り
可愛くてサービス精神旺盛な妹のキャラ。
寸止めから連想されるM向けの成分を大幅に薄めたものに仕上げてます。

18禁催眠音声で40分を切る作品は数が非常に少ないです。
催眠誘導してからエッチに進む必要があるため、どうしてもやることが限られてしまうからです。
その観点からいくとこの作品はうまくまとまってると思います。
聴いてて技術的におかしいと感じる点はほとんどありません。

ただやっぱりこのボリュームで射精まで持っていくのはきついです。
だから「ドライ目当てで聴くぶんには割とおすすめできる」というのが私の意見です。
サークルさんの意図と違う時点でこれもどうかと思うのですが
今の内容で最善の選択をするならそういう聴き方が妥当かなと。

絶頂シーンは1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

以上のことから今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:紅月ことねさん
総時間 36:38

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
2019年2月4日まで50%OFFの300円で販売されてます。
その場合の点数は7点です。

姉妹の二人と両耳同時耳かきボイス

サークル「バイノーラル6音」さんの無料の同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、お兄ちゃんのことが大好きな姉妹が
左右同時に耳かきして心地いい眠りに導きます。

同じ質感の音を異なるリズムで両方から鳴らす密度の高い作りが魅力で
息吹き、綿棒、梵天と優しい系統のサービスを取り揃え
2人の仲の良さを感じる掛け合いも挟みながらゆっくりのんびり進めます。
妹たちの耳かき勝負
ユツキとその姉が左右同時耳かきをするお話。

「お兄ちゃん こっち来て?」
ユツキは素朴で可愛い声の女の子。
「あれ? ユツキちゃん 部屋にお兄ちゃん入れて何してたの?」
姉はややトーンが低く穏やかな声のお姉さん。
お兄ちゃんを部屋に呼び出したユツキが事情を説明してる最中に
姉が帰宅しどっちの耳かきが上手いか競争します。

本作品は姉が自分に隠れて彼に耳かきしてたことを知ったユツキが
彼女に少しでも追いつこうと16分程度のコンパクトな耳かきをします。
1人でやるつもりがすぐさま姉に見つかってしまったたため
実際はユツキが左、姉が右に陣取り同時にやるスタイルを取ってます。

2人とも彼のことをお兄ちゃんと呼んでるところを見ると
年齢はお兄ちゃん>姉>ユツキの順なのでしょう。
ユツキは正統派の妹、姉はそれよりもやや大人びたキャラと声や態度に違いを持たせてます。

耳かきの流れは息吹きから始まりダブル綿棒→ダブル梵天→もう一度息吹きとやり方を揃え
その代わり左右の動きやリズムを多少変えて重厚さを出してます。
元々音に強いサークルさんなだけあってどれも品質がとても高く
息吹きのシーンでは弱めの風圧が耳に伝わってきてこそばゆいです。

メインの耳かきも綿棒は「しゅくっ」という乾いててパチパチした音で穴の中をゆっくりなぞる
梵天は綿棒よりも広くふんわりした音で軸を持ってゆっくり回転させる、と
器具ごとの特徴をそのまま反映させたリアルな音を鳴らします。
1人でやる時と違って音の途切れがほとんどないのがいいですね。
優しい音に包まれてる感覚がして実時間以上の癒しが得られます。

ユツキ「お姉ちゃんばっかり こっそり(耳かき)やっててずるい」
姉「ユツキちゃんだって こっそりしようとしてたでしょー?」
最中に交わされる2人の会話もそれに大きく貢献してます。
初めはお兄ちゃんに何度も耳かきしてる姉にライバル心を燃やしてたユツキですが
彼女の話を聞くにつれてだんだんとそれが薄れ、中盤以降はアドバイスに従い熱心なお世話をします。
姉も彼を独占する気は特になく、ユツキと共有しようと自分の技術を伝授します。

2分くらい無言で耳かきを続け、1分程度会話するのを繰り返す感じです。
ASMRらしさを残したままキャラにも光を当ててます。

このように、音の質と密度にこだわった緩やかな耳かきが繰り広げられてます。
小さくまとまってる作品
短時間ながらもしっかりとした個性を持ってる作品です。

ユツキは大好きなお兄ちゃんを少しでも癒そうと
姉に内緒で彼を呼び出し耳かきしたいと打ち明けます。
しかしその直後に偶然やって来た姉に見つかり結局2人ですることになります。

2人の妹が左右から同時にお世話する独特な耳かき
サークルさんらしい質感と動きに優れた効果音の数々
音の邪魔にならない形で交わされる彼女たちの何気ない会話。
メインの耳かきをきっちりこなしたうえでキャラも引き立つように作品を組み立ててます。

姉「ふふっ ユツキちゃん見て? 気持ちよさそうな顔」
ユツキ「これ好きなのかな? お兄ちゃん じゃあもっと…」
お話が進むにつれてユツキと姉の息が合うのも面白いです。
技術や経験に差があっても彼を癒したい気持ちは2人とも一致してます。
だから年上の姉がユツキをリードして彼を共有できる状況へ持っていきます。
ASMR作品はキャラの存在感が薄くなりがちなので、こういう要素があると全体のバランスが良くなります。

耳かきは現在活動してる耳かきサークルさんの中で上位に位置する品質を持ってます。
左右の動きにもう少し大きな違いを持たせたほうが特徴は出るのでしょうけど
その匙加減を誤ると統一感が薄れて癒されなくなることを考えてこれくらいにしたのかなと。
音とセリフの配置や分量にも気を配ってあって完成度が高いです。

無料ですから興味が湧いた方は是非一度お試しください。

CV:ユツキ…棗いつきさん 姉…hana10さん
総時間 18:28

姉妹の二人と両耳同時耳かきボイス
https://www.youtube.com/watch?v=Tlag_p_fK-w

オナ禁サポートセンター〜あなたのオナ禁お手伝いしてあげる〜

サークル「マジチョロドミネーション」さんの同人音声作品。

前回レビューした時からおよそ1ヶ月後に2日目の音声が追加されたため
そちらの内容を別途紹介します。
作品のコンセプトや1日目の様子は以下の記事をご覧ください。
オナ禁サポートセンター~あなたのオナ禁お手伝いしてあげる~(前編)
1日目とは真逆のやり方で
2日目のエッチシーンは24分間。
プレイは言葉責め、オナニー、おっぱいを見せつけるです。
エッチな効果音はありません。

「はじめから、あなたの好きなところを…触りたいように、触っていいことにしますね」
次の日、画面越しに主人公へ挨拶し1日目のオナ禁が失敗に終わったことを謝ると
お姉さんは彼を押さえつけてしまったのがその原因と判断し
最初から好きに体をいじらせながらあれこれ語ります。

エッチはビデオ通話の要領で彼女の話を聴きながら射精を我慢します。
前半の10分間は1日目の様子を振り返りながら反省するシーン。
彼女なりに何が悪かったのかを分析し、本日のプレイに役立てようとします。

「こんな巨乳で、パ・イ・ズ・リ…されるところなんか、想像しちゃったら、もうエッチな事で頭の中埋め尽くされて…クラクラしてきちゃいますよね…」
「今から少しだけ、あなたを…罵倒…して差し上げます。これは、あなたの性癖を確かめるための行為」

挿し絵にも描かれてる谷間を強調したおっぱいのことをイメージさせたり
彼のM度がどれくらいかチェックするために軽い罵倒をするなど
彼女は色々確認する素振りを見せて彼が興奮しそうな材料をいくつも投げかけます。
やってることは確かに反省会ですが、前回と同じく遠回しなアプローチで射精させようとしてます。

完全に1日目を聴いてることを前提とした内容ですから
事前に必ず一度は聴いてから2日目に入ってください。

ちなみにオナニーについては完全フリースタイルです。
開始と射精の合図を出す以外はどこをどういじるとかの指示をまったくしません。
おちんちんをしごきたい人はそうすればいいし、乳首とセットでやりたいならそれでOKです。
そしていじることを禁止されないからこそ心の強さが試されます。

本格的なオナ禁サポートをするのは残りの14分間。
カメラの角度を変えて彼女におちんちんを見てもらいながら引き続きお話を聞きます。

「君みたいなよわ~い雑魚ちんちん君には、射精我慢なんてぇ…ムリ、ムリ」
彼が1日目に射精してしまったのは「~するのはダメ」を多用したからだと判断し
今回は逆に射精を促す言葉責めをガンガン仕掛けます。
終盤には長めのセリフを挟みながらカウントを数えるなど、一般のオナサポに結構近いスタイルです。

オナサポでこの手のセリフを言うのはある意味当然です。
しかし本作品はオナ禁させるのが目的ですから真逆のアプローチと言えます。
そして「1日目の過ちを修正する」という名目で彼女はこれを正当化してます。
こんなふうに両者を関連付けることで個性と実用性を上げてます。

簡単に言えば裏の裏を突いてくるオナサポですね。
主人公を納得させたうえでオナ禁の妨害をするのが面白いです。

このように、相手の心理を逆手に取った言葉責め特化のプレイが繰り広げられてます。
心の隙を突いてくる作品
体の制御はほとんどしない代わりに心をコントロールしてくる作品です。

お姉さんは1日目に射精してしまい罰金を払った主人公のオナ禁を成功させようと
まずは前回の反省会を開きどこが悪かったかを自分なりに分析します。
そしてある程度わかった後はそれと真逆のアプローチをかけて応援します。

オナ禁が目的なのにオナニーや射精をとことん許す変わった展開
1日目のプレイを踏まえて興奮や射精へ追い込む流れのあるプレイ。
アップデート前に比べて質量共にパワーアップしたサービスに仕上がってます。

私は前回のレビューで本作品に対して「試作品の粋を出ない」と書きました。
でも1日目と2日目がある今ならそれを撤回します。
割と特殊な内容なのでパートごとに射精するのはちょっと難しいでしょうけど
通しで聴いて1回抜くくらいならいけると思います。
人間の心理を逆手に取った言葉責めをしてくるのが大きいです。

2日目の射精シーンは1回。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて点数のほうも改めさせていただきました。

CV:みる☆くるみさん
総時間 43:38(1日目…17:03 2日目…26:35)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は7点。
43分で300円とコスパが良いので+1してあります。

【新作100円】【全編バイノーラル】 甘やかしオナサポ~メイドのお姉さんの言う通り~【ボイス40分強】

サークル「玄姫屋」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、穏やかでご奉仕大好きなメイドが
就寝前のご主人様に2種類のエッチなサービスをします。

セリフよりもちゅぱ音や効果音をたっぷり鳴らす音フェチ系の作りが魅力で
序盤は耳舐め、中盤以降は耳舐め手コキとプレイを切り替えながら
あまりしゃべらずこれらをガンガン鳴らして時間いっぱい性感を蓄積させます。
一日の最後の仕事は性欲処理
メイドがご主人様の耳とおちんちんを責め続けるお話。

「あら? ご主人様 もうお休みですか?」
メイドは可愛くておっとりした声の女の子。
ある日の深夜、ご主人様がなかなか自室に来ないので逆に押しかけると
その理由を尋ねてからおちんちんへのご奉仕を始めます。

本作品は彼がそれを望んでいなくてもつい尽くしてしまう献身的な女性が
お休み前に40分程度の気持ちいいサービスをします。
サークルさんの販売音声作品5000本突破記念ということで価格をたったの100円に設定し
言葉よりも音にウェイトを置いてゆっくりじっくり射精へ導きます。
(早期購入者様特別価格だそうですからそのうち値上がりするのだと思います。時期は不明。)

タイトルに「オナサポ」が入ってますが作中におちんちんを直接いじる指示は出ません。
オナニーしやすいプレイを用意し抜くのに役立つオカズを提供する形で進めます。
全編バイノーラル録音を採用し、しかも耳舐めを多めに盛り込んであるので音のレベルが高いです。

「私もさすがにご主人様がおかしくなっちゃうのは 困りますね だって あくまでご主人様に気持ちよくなって欲しいんですから」
メイドについては世間のイメージ通りの従順なキャラ。
最初から最後まで彼に気を配りながら慣れた手つきで責め続けます。
射精シーンが1回しかない関係で焦らし気味に進めるものの、おちんちんを「チンポ様」と敬い
彼の希望をある程度叶えるなど上下関係を維持しようとする姿勢が見られます。

言葉責めも特にしませんから属性はほぼノーマルですね。
心身にできるだけ負担をかけずに射精させるまったり系のプレイが楽しめます。
音の量と密度にこだわったエッチ
エッチシーンはほぼ全編にあたる40分間。
プレイは耳舐め、手コキです。
手コキの際に効果音が鳴ります。

「それでは これからご主人様に最高の快楽 味わわせて差し上げます」
理由はわからないけどエッチを嫌がる彼におねだりしてやる気にさせると
メイドは彼の体に密着し左右の耳を舐めて勃起と興奮を促します。

エッチは年上の彼女が終始リードします。
最初の14分間はおちんちんをいじる前の準備にあたるプレイ。
数分ごとに左右を切り替えながらほぼ無言で耳を舐め続けます。

「あぁ ご主人様のお耳 おいしいです」
右は唇で吸う、左は舌で舐めると責め方の比重に若干の違いを持たせつつ
耳元至近距離からコリコリしたちゅぱ音を比較的ゆっくりペースで鳴らします。
このシーンはおちんちんに一切触れませんから彼女なりの焦らしとも受け取れますね。
作品の持ち味であるリアルな音を序盤から積極的に使います。

彼女が手コキに取り掛かるのはエッチ開始からおよそ17分後。
カウパーですっかり湿ってるのか、水気を帯びた筋っぽい摩擦音を2秒1コキ程度のペースで鳴らします。
そして数分ごとにスピードを上げ射精できる態勢まで持っていきます。
シコシコボイスは言いませんから音に合わせてしごくと良いでしょう。

「いくらご主人様が これ以上速くしたらお漏らししちゃうんじゃないかって 私が思ってても ご主人様がじれったいということであれば スピード上げて差し上げます」
射精を禁止する点だけを見れば確かに彼女は意地悪です。
でもそれがより気持ちよく射精する近道であることを告げ
さらにリクエスト通り途中からペースを上げてある程度中和します。

少し経つと耳舐めも追加してエッチな音の密度をさらに高めるなど手厚いです。
言葉責めが少ないおかげで雰囲気がやや淡白なところもありますが
耳舐め手コキの時間が約23分と十分に取られてますから1回出すくらいは十分に可能です。

メイドの画像とセットで使ったほうが抜きやすいんじゃないかなと。
価格がこれだけ安ければそういう使い方をしても簡単に元が取れます。
ちなみに射精はカウントに合わせて行います。

このように、エッチな音を前面に押し出したメイドらしいエッチが繰り広げられてます。
スローな作品
十分に溜めてから一気に射精させるシンプルな作品です。

メイドはご主人様がぐっすり眠れるように、自分の意思で彼の寝室に出向き
体を密着させながら耳とおちんちんを個別に、あるいは同時に責めて少しずつ性感を溜めた後に開放します。
そしてその様子を言葉ではなく音で表現して純粋なエロさも上げます。

ご奉仕好きな女性が主人にあたる男性に尽くす和やかなシチュ
耳舐めと手コキに的を絞り、シーンごとにその配分を変える濃度の高いプレイ
ちゅぱ音や効果音といったセリフ以外の要素を重点的に盛り込んだ作り。
価格が低いことを踏まえてシナリオよりも実用性を重視したサービスを行います。

「チンポ様 私の手のひらの中でびくびくしててとっても可愛いですよ」
オナニーしないのにオナサポと命名してる点だけは首を捻りますが
エッチ自体はしっかりしていてメイドらしい優しさも伝わってきます。
耳舐めの分量が多めですからそれが好きな人ほど楽しめるでしょう。

射精シーンは1回。
ちゅぱ音多め、くちゅ音それなり、淫語ごく僅か、喘ぎ声はありません。

CV:山田じぇみ子さん
総時間 44:20

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は7点。
44分で100円とコスパが良いので+1してあります。

ことね様の飴と鞭~辛辣な言葉責めと嘲笑で射精させられた後に優しく躾けられる~100円+税

サークル「human chair」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、同人・催眠両方で活躍されてる声優の紅月ことねさんが
M向けのコンパクトな言葉責めで射精を応援します。

射精する前と後で態度や雰囲気が変わるのが特徴で
「気持ち悪い」などMが喜びそうな言葉を強めの語気で立て続けに浴びせかけ
無事絶頂できた後はほんの少しご褒美をあげて気持ちもスッキリさせます。
たっぷりいじめ、ちょっぴり褒める
ことね様に言葉責めされながらオナニーするお話。

「やっほ 紅月ことねです ふふふ こ と ね 様 だよ」
ことね様は明るくて穏やかな声のお姉さん。
タイトルコールの後、気さくな態度で主人公に挨拶すると
すぐさまきつめの言葉責めを浴びせておちんちんを勃起させます。

本作品は女性にいじめられるのが好きなM男をターゲットに
彼女が15分程度の短い時間を使ってそれに合ったオナサポをします。
オナニーの指示自体は開始、射精、ペースアップと大まかな部分だけ行い
それ以外はきつめの言葉責めを浴びせかけて心を一気に盛り上げます。

「まーぞ まーぞ まーぞ キモイ射精しろ 早く射精しろ」
「マゾ」「気持ち悪い」「ごみ」などストレートな単語を強めの語気でガンガン言ってくれますから
属性の合う人なら背筋や股間がゾクゾクするでしょう。
プレイ時間が短いことを踏まえて刺激を強めに設定してます。

しかし本作品の魅力はそれだけではありません。
射精後から音声終了までのおよそ2分間は一転して優しい態度を取ります。
タイトル通り飴と鞭を使い分けてリードするわけです。

作品説明文ではこれらが半々みたいに書かれてますけど、実際は鞭が7~8割とかなりMに寄ってます。
射精後の虚無感を和らげスッキリした気分で聴き終えてもらう感じです。
ですからハード路線の言葉責めが好きな人に最も向いてると言えます。
相反する要素を組み合わせた言葉責め
エッチシーンはほぼ全編にあたる15分30秒間。
プレイはオナニー、言葉責め、キス、おちんちんを踏みつけるです。
エッチな効果音はありません。

「ほら 早くマゾペニス握りしめて ハアハア喘いで 自慰射精しろ このド変態」
女王様っぽい口調で言葉責めをぶつけたことね様は
すぐさまオナニー開始の指示を出し、できるだけ早く射精するよう急かしながら責め続けます。

エッチは終始彼女がリードします。
前半の8分間はキレッキレの言葉責めが聴けるシーン。
最初から飛ばし気味に彼を貶しまくってM心をくすぐります。

「ほらほらほら ダメ人間になって 射精して惨めな感情を増幅させて 射精して時間と体力を浪費して」
「射精して? 射精しないと金玉つぶすよ? あら 金玉もしかして潰されたい?」

冒頭よりもずっと素っ気ない態度で心を抉る言葉を立て続けに言う姿はまさにドS。
彼の相手をする時間がもったいないと露骨に伝え、それでも射精しない彼に金玉を潰すとまで言います。
オナニーもある程度経つと速くしごく指示が出ますし
限られた時間内に聴き手を興奮させ、射精へ追い込めるようスピーディーに責めます。

続く後半は射精と彼女の飴が出てくるシーン。
カウントを数えてタイミングを取り、事後はキスや踏みつけで弱めの快感を与えます。

「可愛い 変態マゾヒスト 可愛いね」
一転してデレデレになるのではなく多少甘い顔を見せる感じです。
あまりに豹変するとキャラが崩壊しますからこれくらいが丁度いいのではないかなと。
それでいて締めるところはきっちり締めるのが彼女らしくて良いです。

このように、言葉責めを軸に据えた攻撃力高めのエッチが繰り広げられてます。
キレのある作品
徹底的に貶してくる清々しい作品です。

ことね様はM性癖を持つ主人公がサクッと射精できるように
序盤から畳み掛けるような言葉責めを行い一気に興奮を高めます。
そしてひとしきり貶した後はやや態度を和らげて別のお仕置きをします。

聴き手のすべてを否定し見下す高密度の言葉責め
射精するまではとことん厳しく、その後はちょっぴり優しくなる展開。
短時間ながらもしっかりした個性と破壊力を持ったプレイに仕上げてます。

言葉責めは18禁音声ならどれでもやると言えるくらいメジャーなプレイですが
その内容や方向性は作品によって大きく違います。
本作品の場合は最初から全速力で突っ走る感じです。
そうでもしないと時間内に抜けるとこまで持っていけないからでしょう。

これらを行う紅月ことねさんの演技もキレがあります。
射精シーンまでは声、口調、言葉のすべてをきつくして追い込み
最後だけはSっ気を残しつつほんのり柔らかさを出します。
ことね様シリーズをいくつも出されてるサークルさんなだけあって、彼女に合わせたシナリオを書くのが上手です。

射精シーンは1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

CV:紅月ことねさん
総時間 15:55

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2018年10月25日まで50%OFFの50円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。

安深催眠 -星南編-

サークル「Eryps」さんの催眠音声作品(全年齢向け)。

【立体音響】安深催眠 -楓編-」に続くシリーズ2作目となるこちらは
不眠症の改善を目的にお姉さんが催眠を使って優しく眠りへと導いてくれます。
聴き手がそのまま眠りにつくことを想定してリラックスに十分な時間が取られていたり
その後も安心できるイメージや静かな時間を演出するテーマに即した作りが特徴です。



良い睡眠には心の平穏が不可欠
催眠サロンの店員「星南」に安眠できる催眠をかけてもらうお話。

「初めまして ようこそ 催眠サロンへ」
星南は誠実そうな優しい声の女性。
不眠症に悩んで初めて来店した主人公に対して
お店やサービスの内容を簡単に説明してあげます。

本作品は有料の催眠音声では珍しく全年齢ということもあって
作品の大部分が催眠導入及び深化に費やされているのが特徴です。
催眠音声だと深化後にエッチな事をする作品が多いのですが
催眠は本来心の病を治すために行うもので、本作品のように用いる方がむしろメジャーです。

「私の手のひらが あなたの素肌を滑って 硬い筋肉を指圧します」
本格的に催眠を開始する前に、星南は足・太もも・背中・腕をマッサージしてくれます。
これは初来店で緊張しているであろう主人公を催眠に入りやすくするためでしょう。
時間が2分程度と短く効果音も無いため、聴き手に対しては雰囲気づくり的なシーンと言えます。

催眠は3パート23分ほど。
最初は拳や目に意図的に力を入れてからカウントを数え
それに合わせて脱力することでより自然な体のリラックスを行います。
「~を意識して脱力してください」とか言われるものよりはずっとやりやすく感じるはずです。
脱力した瞬間に軽い暗示で効果を強めているところもいいですね。

「桜以外の草木を見てください 目に優しい綺麗な緑色 それを眺めてると だんだん心が落ち着いていきます」
軽い深呼吸を挟んだ後、今度は春夏秋冬をイメージしながら体に寒さや温かさを感じます。
春の穏やかな空気、夏の強い日差し、秋のほんのりとした肌寒さ、冬の身を切るような冷たさ。
それぞれの条件に合わせて暗示として入れられる正反対の感覚が
だんだんと心を疲れさせ、自然な眠気を誘ってくれるでしょう。
こういった正反対の感覚を交互に植え付けていく手法は他の作品でもしばしば登場します。



数字だけが刻まれる静かなひと時
十分にリラックスできたところで星南は長い螺旋階段をイメージし
そこをカウントに合わせて下りながらゆっくりと意識を沈めていくように言います。
催眠音声では割と見かけるシーンですね。

「深く 深く あなたの意識は沈んでいく」
彼女が100の数字を逆に数えていくのを聴きながら更に意識をぼんやりさせていきましょう。
今回は合間に暗示を一切入れないシンプルな構成で
聞こえ続ける数字に耳を傾けているとそれだけで眠くなるかもしれません。
人間は数字を数えるととてもリラックスするらしいですから、それはごくごく普通の反応です。

「明日になったら きっと今まで以上に 頭がよく回って どんな問題も すぐに解決できます」
そして最後に本題である不眠症を改善するための暗示を入れていきます。
自分が楽しいと思うときの情景を思い描かせたりして
仕事や自分への不安を取り除き、明日への活力を生み出す。
そんな催眠らしい無意識を利用したアプローチが印象的でした。

主人公の悩みを踏まえてかなりリラックスに力を入れた比較的シンプルな催眠です。
体の脱力を2回に分けて行ったり、イメージも人に優しい自然の情景を描いたりと
とにかく相手に安らいでほしいと思いながらそれに適した手法を投入しています。

個人的にはもうちょっと暗示を厚くした方がいいとも思うのですが
そうすることで心が必要以上に疲れるのを避けたかったのかもしれません。
ゆったりとした雰囲気や静かなひと時はそれだけでリラックス効果をもたらしてくれますから。
そう考えると催眠音声よりも安眠音声の色が濃いかな?とも思えます。



思いやりが感じられる作品
主にセリフ周りが聴き手を労わる気持ちに溢れている作品です。

星南の発する声は清らかで癒しのパワーがあり
それと催眠が合わさることで一段階上のリラックス効果を生み出してます。
先程書いたように彼女の話す内容には一切棘が無く安心して聴くことができます。
総合すると安眠効果は十分に見込めると言えるでしょう。

一方催眠音声としてこの作品を見た場合、もっと声を有効活用する必要性を感じました。
例えばもう少し間を置いたり話すスピードを緩めてゆったりとした雰囲気を作り出したり
声に緩急をつけてセリフ以外の部分でもイメージを埋め込んだりといったところです。

最も残念だったのが深化の100カウントの数え方に一切変化が無かったこと。
後になるほどゆっくりと、トーンを落としながら数えるだけでも大きな違いが生まれたはずです。
台本についてはそれほど問題を感じません。

そんなわけでちょっと辛めの点数とさせていただきました。
安眠特化型ってことで難しいところなんですけどね…
でも催眠を扱っている以上、催眠音声としてどうかという基準で判断しました。

体験版に全編の台本が収録されています。
本作品についてもっと詳しく知りたい方はそちらもご覧ください。

CV:伊藤あすかさん
総時間 31:33


オススメ度
■■■■□□□□□□ 4点


体験版はこちらにあります

オナ禁サポートセンター〜あなたのオナ禁お手伝いしてあげる〜

サークル「マジチョロドミネーション」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、完全無料の慈善団体に所属するお姉さんが
一風変わった方法でオナ禁希望の男性をお手伝いします。

「~してはだめ」としきりに言って興味と興奮を煽るのが最大の特徴で
禁止されると余計やりたくなる人間の心理を逆手に取り
淫語を多めに交えながら一歩ずつ前進させて射精を我慢できない状況へと追い込みます。
オナニーをさせないサポート
お姉さんの話を聴きながらオナニーを我慢するお話。

「こんにちは こちらの映像は確認できますか?」
お姉さんは明るくて甘い声の女性。
「絶対成功☆オナ禁プログラム(3日間コース)」に申し込んだ主人公に画面越しで挨拶すると
オナ禁のメリットをふたつ説明して乗り切る気力を与えます。

本作品は性欲が強くちょっとしたことですぐ勃起してしまう人でもオナ禁ができるように
彼女が15分程度の短い時間を使ってそれに沿った講義をします。
同人音声でオナサポと言えば様々な指示を出してオナニーをコントロールするのが定番です。
しかし彼女は直接的な指示をほとんど出さず、聴き手の心を責めてオナニーや射精をしたい気分にさせます。

最終的には射精するように作られてるのですが
そこに至るアプローチが一般的な作品とほぼ真逆です。
明らかにオナニーを抑制しようする彼女の言葉に反して勃起する人がそれなりにいるでしょう。

「おちんちん握ったら オナニーしたくなる オナニー始めちゃうと 射精したくなっちゃう だから絶対に勃起しちゃだめですよ」
そう言える一番の理由はセリフの言い回しにあります。
彼女はエッチシーンの多くで「~してはだめ」と言いこちらの欲求を押さえ込もうとします。
しかしこれはまったくの逆効果で、その様子や感覚を脳が反射的にイメージしてしまうことへと繋がります。
否定形を駆使することで遠回しに彼を射精へ追い込むわけです。

催眠音声だと時々あるのですが同人音声でこういうタイプの作品は珍しいです。
貢ぎマゾ要素も多少あるのでそういうのが好きな人のほうが楽しめると思います。
じわじわと追い詰めるエッチ
エッチシーンは13分間。
プレイは言葉責め、オナニーです。
エッチな効果音はありません。

「それでは早速 本日の講義に入ります …と、その前に ひとつだけ注意事項」
事前の説明を終え1日目の講義に入ろうとしたお姉さんは
その前にオナニーを断つ一番の手段が何か教えます。

エッチは彼女のお話を聴きながらオナニーしたい欲求に耐え続けます。
前半の6分間は気持ちを盛り上げることを重視したプレイ。
おっぱい、AV、オナニーなどエッチな話題をいくつか振って勃起を促します。

「例えば おっぱいが好きな男の子だと おっぱいの谷間を強調したポーズや おっぱいを上下にぷるぷる揺らしてるとこなんかを見せつけられると 勃起せずにはいられなくなっちゃいますよね」
彼女は彼に対して表面上は良い人を演じますから
オナニーや射精をストレートにけしかけるようなことはしません。
その代わり男性の心に響きそうなことを淫語混じりに語ってイメージを膨らませます。

「オナニーしても射精さえしなければいい 気持ちよくなったところで 寸止めすればいい」
彼が欲望に負けてもそれを一切否定しないのが面白いですね。
勃起してもオナニーしなければいい、オナニーを始めても射精しなければいいと言って
射精を我慢できない状況へじわじわと追い込みます。

特殊な作品だからこそセリフの言い回しに気を遣ってエッチを進めます。

後半にするのはオナニーと射精。
これまでと同じく「~してはだめ」と言いながらオナサポではお馴染みの要素をぶつけます。

「おちんちんの先っぽから精子ぴゅっぴゅーって出しちゃうとこ 射精する時のすっごい気持ちいい感覚 思い出しちゃだめ だめ だーめ」
射精のタイミングを定めるかのようにカウントを数え始め
さらにその合間にぴゅっぴゅのセリフを言うなど
オナサポを多く聴いてる人ほど心に突き刺さるアプローチをかけて応援します。

時間が短いせいでさすがに射精まではいけませんでしたが
聴いてる最中はおちんちんがしきりにムズムズしました。
射精が近づくにつれて事前に交わした違約金を払う快感をくすぐるのも良いです。

このように、人間なら誰にでも当てはまる心理を突いたプレイが繰り広げられてます。
変わった切り口のオナサポ
話術を駆使してその気にさせる新しいタイプの作品です。

お姉さんは快楽にすぐ負けてしまう主人公からお金を効率よく巻き上げようと
表は慈善行為をすると見せかけ裏でそれと真逆の方針を取ります。
そして人の心の仕組みを逆手に取った言い回しを使ってそれを成し遂げます。

「~してはだめ」と何度も言って離れられなくする独特な言葉責め
いきなり射精へ持っていかず、段階的に彼が自分からそうなりたくなるよう仕向ける展開。
オナニーを直接コントロールする既存のオナサポとはまったく違うやり方で射精させます。

オナサポは人気の高いジャンルなだけあって作品数がとても多く
もうアイデアは出尽くした感がありました。
しかしこういう作品に触れてみて「まだまだ可能性は眠ってるんだなぁ」と思い知らされました。
今後も制作を続けていけばより素晴らしい作品が生まれるかもしれません。

ただ言葉責めに終止してる割にはプレイ時間が短いせいで、実用性に関してはいささか物足りないとも思ってます。
3日間コースとなってるのですから3つのパートを用意し
それぞれで異なる責め方をして1回射精させる流れなら随分変わったでしょう。
処女作だから仕方ないところもあるのでしょうけど、今の内容では試作品の粋を出ないかなと。

射精シーンは1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

発想は素晴らしいのですが完成度にやや難があると判断し
今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:みる☆くるみさん
総時間 17:03

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
2018年10月16日に2日目の音声が追加されたため、そちらのレビューをアップしました。
http://doonroom.blog.jp/archives/77941979.html

↑このページのトップヘ