同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:百合虎魂

   ● 強制女体化魔法少女ちのう☆ていか~おちんちんと脳みそをふたなり魔法少女に奪われてアホアホギャルビッチな女の子にされちゃう催眠~
   ● 今日からあなたはロボメイド?~お嬢様だった私が変態アンドロイドメイドの身体に閉じ込められる~


強制女体化魔法少女ちのう☆ていか〜おちんちんと脳みそをふたなり魔法少女に奪われてアホアホギャルビッチな女の子にされちゃう催眠〜

サークル「百合虎魂」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、学校に行けないほど忙しい日々を送ってる魔法少女が
偶然見かけた男性と催眠を交えた契約を結びます。

女体化と知能低下を組み合わせた独特なサービスが行われており
催眠は軽くリラックスさせてから全身を特殊なシロップで包み込んで女性に変え
エッチは知能を下げてからふたつのプレイをじっくり行い女性の快感を教えます。
魔法少女とする気持ちいい契約
魔法少女に催眠をかけられ2種類のエッチをするお話。

「そこのお兄さん そこのお兄さん そう あなた」
魔法少女はややトーンが低く整った声のお姉さん。
街中で見かけた主人公に声をかけストレスが溜まってるのを指摘すると
それを解決する手段があると言います。

本作品は人々を幸せにするため頑張ってる彼女が
60分程度のエッチな催眠をかけて彼の女体化願望を叶えます。
彼にとってメリットのある行為ですが、契約にあたるため彼女にとある対価を払います。
このへんは音声を聴き進めればだんだんわかるようになってます。

「読んだ本の内容も 思い出せなくなっていく」
最大の特徴は知能低下を交えた女体化誘導をすること。
彼がギャルビッチっぽい女性になれるよう体だけでなく心も作り変えようとします。
といってもメインは女性の快感ですから一般的な女体化作品にとても近いです。
催眠よりもエッチに長めの時間を割き、パートごとに異なるプレイを繰り出します。

催眠はおよそ15分間。
姿勢は特に指定されずに目を瞑り、まずは大きく深呼吸したり時間の流れが緩やかになる暗示を入れます。

「さぁ 想像してみてください あなたが深呼吸するに従って だんだん時間がゆっくりになっていくのを」
冒頭にわざわざ時間を速度を変えるのはここが街中だからでしょう。
エッチシーンでアスファルトに体を横たえる描写があります。
おかげで周りに人がいても露出を匂わせるアプローチは特にしません。
あとは彼女が魔法少女だからそれっぽい要素を取り入れたのだと思います。

お次は特性のシロップを体の下から上に向けて塗り拡げていきます。
そして一通り済んだ後は性器や胸といった性差の出やすいところを中心に女体化します。

このシーンの前半は体の温かさや心地よさを伝えることに力を入れており
おそらく深化を意図して進めてるのだと思います。
私が聴いた時もほんの少しですが意識のぼやけを感じました。
女体化については「体から甘い匂いが漂う」とちょっぴり触れる程度に留めてます。

「おちんちんがあった場所は 平らになって 初めからそこに おちんちんなんてなかったみたい」
それに対して後半はおちんちんがなくなりおまんこに変わっていく様子や
おっぱいが大きくなるといった体の変化に着目します。
具体的な容姿はほとんど言わないので自由にイメージしてみてください。
股間が軽くなったり胸が重くなる暗示を入れたほうがよりリアルになったでしょう。

軽くリラックスさせてから深化や女体化に進むコンパクトな催眠です。
聴き手の体を女性に変えることを目的に
序盤は深呼吸や時間が緩やかになる暗示、中盤以降はシロップを使ったイメージ主体のアプローチと
魔法少女な彼女の持ち味を盛り込みほぼ一直線に進めます。

前回聴いた「今日からあなたはロボメイド?~お嬢様だった私が変態アンドロイドメイドの身体に閉じ込められる~」は色々と問題があったのですが
今作はそれに比べて大幅に改善されてます。
時間が短めで内容もやや特殊なため初心者よりも中上級者向けです。
頭を空っぽにするエッチ
エッチシーンは2パート32分間。
プレイはキス、乳首舐め、SEX(正常位)、フェラ、クンニです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「その恰好じゃ 少し可愛そうですね では お洋服を新調いたしましょう」
催眠を使って主人公を可愛い女の子に変えた魔法少女は
服がまだ男性のままなのを見て挿し絵左のJKっぽい衣装を与えます。

エッチは常に彼女がリードします。
最初の「2 ギャルにされちゃう!」はギャル化を促進したうえで気持ちよくするシーン(約24分)。
カウントを数えながら服装が変わっていく様子を実況し
途中からキスもしてもうひとつの特徴にあたる知能低下に取り掛かります。

「柔らかい唇が押し当てられて 舌が口の中へ押し入ってくる 舌が重なり合い 擦れ合う 頭の中が 痺れるような快感に襲われる」
他の女体化催眠音声と同じくプレイの様子を聴き手視点で実況しながら
その感覚を暗示の形で伝える王道のアプローチです。
ちゅぱ音は一切鳴らさずイメージ力を膨らませる方針を取ってます。

知能低下については健忘っぽい暗示を入れてきますが正直弱いかなぁと。
事実を伝えるだけでそうなったことを実感させるところが抜けてます。
例えばベタですけど一昨日の夕食が何だったかを尋ねればまた違ったのではないでしょうか。

その後はカウントを数えながら気持ちよくなる暗示を小まめに入れます。
このパートは正常位SEX、次の「3 おかわりほしいよ」はクンニとプレイが違いますが
絶頂に向けた追い込み方はほぼ一緒なのでまとめて説明します。

「おちんちんの動きに合わせて 腰が揺れる 腰が揺れるたび 深い快感が体を巡り あなたの体を大きく揺らす」
山場のシーンということで主人公の反応や味わってる感覚を綿密に描写してました。
魔法少女のおちんちんに貫かれるあたりはM向けですけど
焦らしたり言葉責めを浴びせることはないのでM度は低くなってます。

絶頂シーンに長めの時間を取ってるのが印象的でした。
SEXは約4分、クンニは約2分を割きいずれも追い込み暗示をほぼずっと入れ続けます。
普段よりももう少し素早く、力強く彼女が語りかけてくれたらより良くなったでしょうね。
知能低下の気分よりも純粋に気持ちよくすることを重視してます。

このように、作品独自の要素を交えた割とシンプルなエッチが繰り広げられてます。
変わった切り口の作品
やることは定番にして、その中に個性を盛り込んでる作品です。

魔法少女は主人公の願いを叶えつつ自分の目的も達成しようと
まずは催眠を通じて彼好みの女の子に姿を変えます。
そしてエッチはSEXやクンニを長めにやっておまんこをたっぷり責め
そこに知能低下を挟んでアホアホギャルビッチになった気分を膨らませます。

親切そうな魔法少女が男性に女性の快感を味わわせる女体化では王道のシチュ
時間を切り詰め誘導と女体化を進める手頃な催眠
絶頂へ追い込むカウントや絶頂シーンをじっくり行うドライ系のエッチ。
タイトルや登場人物の属性を大事にしながらサービスを組み立ててます。

中でも催眠は魔法のシロップを使って深化と女体化を同時にこなしてて面白いです。
有料の催眠音声では作品らしさを考えながら催眠かけることが多いので
その面で見れば本作品は条件をクリアしてると言えます。
セリフごとの間や声の強弱といった演技をもっと調節すればよりかかりやすくなったでしょう。

エッチは感度を上げたり気持ちよくする暗示を手厚く入れてます。
知能低下をあまり活かせてないのは残念ですけど
まだ活動開始から7ヶ月のサークルさんですから、今後より良くなっていくのではないでしょうか。
現時点で発想力は優れてるのでそれをいかに上手く形にできるかが鍵になりそうです。

絶頂シーンは2回。
淫語そこそこ、喘ぎ声ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

CV:後藤あみるさん
総時間 1:00:20

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

今日からあなたはロボメイド?~お嬢様だった私が変態アンドロイドメイドの身体に閉じ込められる~

サークル「百合虎魂」さんの催眠音声作品(男女両用)。

今回紹介する作品は、お嬢様に特別な感情を抱いてるアンドロイドのメイドが
とある悩みを抱えてる彼女に催眠をかけて解決します。

お互いの心を入れ替えてからエッチする変わったシチュが描かれており
物語の開始時点から主人公をお嬢様に設定して女体化誘導を完全に省略し
エッチは乳首やおまんこをいじる指示を出しながらメイドになったことを実感させます。

メイド服を用意しておくとより楽しめるそうです(無しでも可)。
お嬢様に大人の女性の感覚を
アンドロイドメイドのみさきがエッチな催眠をかけるお話。

「おや? いかがされました? お嬢様」
みさきは丁寧な言葉遣いをするお淑やかな声のお姉さん。
お嬢様の顔色が悪いのを見てすぐさまソファに寝かせると
そのまま深呼吸を繰り返して落ち着かせます。

本作品はアンドロイドが人間のお世話をするのが当たり前になった未来の世界で
彼女が70分程度に渡る催眠とエッチで大人の体を疑似体験させます。
お嬢様はJKになってもお子ちゃま体型なことをとても悩んでおり
大きなおっぱいを持つみさきのことを羨ましく思ってました。
そこで催眠を使って願いを叶えてあげるというのが大まかなストーリーです。

冒頭でも書いたように本作品には男性キャラが一切登場しません。
主人公はお嬢様で、催眠をかけた後はみさきの体に入れ替わります。
女性でも聴けるようにわざわざこういう風にしたのでしょうけど
少なくとも私は男性向けとして聴く場合、超上級者向けの内容だと思います。

というのも催眠をかけた後のエッチシーンがオナニー主体になってまして
胸やおまんこをいじりながらその感覚を伝える流れで進めます。
私も「男性向けで出してるのだから大丈夫だろう」と思って聴いてみたら完全に女性寄りでびっくりしました。
声優さんが女性なことを除けばほぼ女性向けと言っていいくらいに尖らせてます。
お嬢様からメイドの体に
催眠はおよそ11分間。
事前に7分程度のやり取りを挟んでから横になって目を瞑り
まずは深呼吸しながら体を脱力させます。

「体から 力が抜けていく 手足が 重くなっていく」
「吸ってー」「吐いてー」と合図を出しながら
吐いた直後にのみリラックスする暗示を入れる堅実なアプローチがされてます。
セリフごとの間隔が長めに取ってあるおかげで雰囲気も落ち着いてます。

お次は自分の体が海に沈んでいく様子をイメージし
さらにその底にある扉を抜けてから自分の体がみさきになったことを実感します。

「0と1の数字に分解されて あなた自身が 海へと変わってゆく」
「遙か上空で 鳥のさえずる声 あなたの耳は 高性能な集音機能を持っている」

深化にあたるシーンが非常に短いことや
一部でよくわからないセリフが出てくるところは引っかかるものの
リラックスできた状況を引き継ぎ、入れ替わりへと繋げようとしてる意図が見られます。
入れ替わった後は大まかな容姿以外にアンドロイドっぽさを出すセリフもありました。

リラックスさせてからイメージを繋げて深化と入れ替わりをするコンパクトな催眠です。
聴き手の心をお嬢様からみさきに移すことを目的に
深呼吸しながらの脱力、海に沈むイメージを起点にした深化、そして変化後の描写と
要所をしっかり押さえてひとつの流れを作ってます。

全体の流れはそ良いと思うのですが、時間が極端に短いせいで品質が結構落ちてます。
特に深化以降は寝てるところへ突然海のイメージが出てきたり
海底に沈んだ先に扉があって、その先に元いた部屋が出てくるなど
聴いてて違和感を覚えるところがいくつもありました。

催眠は聴き手が催眠者の言葉を受け入れやすくなるように
言い回しを平易にしたり疑念を抱かせる要素を取り除きながら進めます。
この作品は女体化を省略してますから、男性に対しては尚更上手くやる必要があります。
僅か11分でこれらすべてをこなすのはほぼ不可能なので、もう10分くらい伸ばしたほうが良かったと思います。

私が聴いた時も少しリラックスできた程度でした。
以上のことから大変厳しい催眠と見ています。
愛する人に見られながら
エッチシーンは2パート32分間。
プレイは乳首オナニー、おまんこオナニー、キスです。

おまんこオナニーの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。
セルフはありです。
エッチの途中で服を脱ぐ指示が出ます。

「お嬢様 せっかくですから 私の体で 楽しんでいただいてもいいんですよ」
催眠を使ってお嬢様の心を自分と入れ替えたみさきは
大人の体を手に入れた彼女に胸やおまんこをいじる指示を出します。

エッチは新しくお嬢様になった彼女が見守る前でオナニーします。
最初の「2 あなたは今日からロボメイド」はオナニーに励むメインパート(約26分)。
大きくなった胸を揉むところから始まり乳首→おまんこと敏感な部分へ移ります。

「あなたはそのままゆっくりと 大きな胸を揉んでみる 手の中で 大きな胸が 形を変える ひりつくような快感が じんわり胸元に広がっていく」
そして彼女は実況しながら気持ちよくなる暗示を小まめに入れて臨場感を出します。
催眠パートは良くないと言いましたが、ここでの言い回しや実況と暗示の配分はよくできてました。
女性なら実際に体をいじれるので気持ちよくなれると思います。
逆に男性の場合はいじらずにイメージしたほうが疑念を抱かずに聴けるでしょう。

「さぁ みさき いつもみたいにオナニーしてみて」
後になるほどみさきがお嬢様っぽく振る舞うようになるのもポイント。
お嬢様のことを「みさき」と呼び、さらに命令することで入れ替わったことを実感させます。
2人が体を接触させることはほとんどありませんからシチュ重視のエッチですね。
言葉責めはしませんがオナニーを見られてることを時々意識させます。

次の「3 一番したいこと」はちょっぴり切なさを感じるパート(約6分)。
入れ替わった2人の心が体へ定着する前に、みさきがお嬢様へとあるお願いをします。
時間が短いですし絶頂シーンもありませんから内容はとてもマイルドです。
でもこれを最後に持ってきたのは2人の絆を描きたかったのだと思います。

このように、テーマの主従逆転を交えたセルフ系のエッチが繰り広げられてます。
シチュは面白いのだが
やってる事は個性的なのですが、その表現方法に首を捻るところがある作品です。

みさきは豊満な体に憧れてるお嬢様の願いを叶えようと
まずは催眠を通じてお互いの心を交換します。
そしてエッチは新しい体を自分でいじらせながらメイドになったことを自覚させます。

ほぼ人間と変わらない心と体を持つアンドロイドがお嬢様とエッチする百合シチュ
リラックスしてからイメージを繋げるシンプルな催眠
ご主人様の指示に従っておっぱいやおまんこをいじるシチュ重視のエッチ。
現在世に出てる他の女体化作品とは随分違った作りになってます。

言いたいことは色々あるのですが、やはり主人公が最初から女性なのはどうかと思います。
女体化催眠音声は技術を使って女性気分を疑似体験させるのが売りですから
それを省略するのは男性の聴き手に対して不親切と言わざるを得ません。
男女両用にしたいのなら男性用に女体化誘導パートを追加すればいいだけです。

あとは催眠の時間ですね。
11分でこれらすべてをこなすのは大手サークルさんでも厳しいんじゃないでしょうか。
百合虎魂さんは今年2月に処女作を出されたばかりの新規さんですから
サークルの威光(ブランド力)がまだあまりないことを考慮し、通常よりも入念にかけたほうがいいです。

「うちは催眠をちゃんとかけられるぞ」と最初の段階でアピールしておかないと
新作を出してもDL数が伸び悩む状況が続いてしまいます。
確かに今の有料作品は奇抜なものが多いですが、人気のあるものはすべて催眠がしっかりしてます。
エッチは百合という大きな特徴がありますから、催眠の質さえ上がればより良い作品が生まれると思います。

絶頂シーンは1回。
淫語とくちゅ音そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上のことから今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:水谷六花さん
総時間 1:10:06

オススメ度
■■■■□□□□□□ 4点


体験版はこちらにあります

追記
2019年9月17日まで50%OFFの594円で販売されてます。
その場合の点数は5点です。

↑このページのトップヘ