同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:癒し

   ● 【バイノーラル】優しい妹の耳かきボイス【イヤホン推奨】
   ● 【バイノーラル】おねえさんセラピー【性感マッサージ♪】
   ● 【催眠音声】ぎゅッってしてビクッてして
   ● お祭りと炭酸催眠
   ● 猫と彼女と一週間
   ● 【立体音響】Cure Attendant-咲愛(後編)
   ● 【立体音響】Cure Attendant-咲愛(前編)
   ● 爽やかに××が体を流れてゆく…
   ● みみけん #1 一ノ瀬綾【高音質バイノーラル耳かき】
   ● あだると☆放送局4


【バイノーラル】優しい妹の耳かきボイス【イヤホン推奨】

サークル「バイノーラル6音」さんの無料の同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、優しくて愛嬌のある妹が
冒険で怪我をしたお兄ちゃんにシンプルな耳かきをします。

効果音と吐息だけが流れる時間を長めに取った音フェチ系の作りに加えて
ファンタジー世界らしさを出しながら会話したり心配する彼女の姿にも癒されます。
幻想世界の妹がする耳かき
妹に耳かきしてもらうお話。

「あ、起きてる お兄ちゃん 狩りに出かけて以来記憶が無いでしょ?」
妹は幼さの残る可愛い声の女の子。
モンスターにやられそうになったところを助けられ、2日間眠っていたお兄ちゃんに声をかけると
水を飲ませてから採取した綿を使って制作した棒で耳を綺麗にしてあげます。

本作品はまだ駆け出し冒険者程度の力量しかないお兄ちゃんを元気づけようと
彼女が総時間のほぼ全部を使って耳かきします。
使用する器具は綿棒のみで左耳だけ息を吹きかける至ってシンプルなものですが
最近流行ってる音フェチ(ASMR)と彼女のキャラを組み合わせて個性を出してます。

「前に採取してくれた綿で柔らかい棒を作ったの 綿棒って勝手に名前つけたんだけど」
彼らがいる世界はゲームやラノベなどでよく描かれてるファンタジー世界。
村の外には凶暴なモンスターが徘徊しており、今回使う綿棒も彼女のお手製です。
耳かき作品ではあまり見かけない設定なので実際に聴いてみるとセリフが独特に感じるでしょう。
でも無茶をする兄を妹が心配する構図には温かみがあります。

耳かきはおよそ15分間。
右耳→左耳の順に綿棒だけを使って綺麗にします。
体勢は膝枕だと思うのですが作中では明言されてないので違うかもしれません。

綿棒は「プチプチ クシュッ」という乾燥した柔らかい音が使われており
耳の中を優しく撫でてから手を止めるのを繰り返す感じで動きます。
音に強いサークルさんだけあって質感、ペース、力加減がどれもリアルで優しいです。
バックで控えめに流れ続ける虫の声も作品の雰囲気に合ってて癒されました。

「お兄ちゃん なんであんな危ないとこ行ったの?」
最中の彼女は危ない場所に出かけた理由を尋ねたり
彼の誕生日プレゼントになるものを取ってきたことを報告するなど
彼のことを大事に思ってるのがよくわかるやり取りを交わします。

ただセリフよりも効果音と吐息だけを流す時間のほうが多く取られてるので
そこまでおせっかいを焼かれてると感じるほどではありません。
彼が無事だったことを素直に喜びつつ同じことを繰り返さないよう軽く釘を刺します。

このように、音と会話を丁度いい配分で組み合わせた和やかな耳かきが繰り広げられてます。
安眠のお供に向いてる作品
時間があまり取れない時でも無理なく聴ける手軽さが魅力の作品です。

モンスターたちの驚異に晒されながら毎日を逞しく生きてる兄妹が
ふとしたことをきっかけに耳かきしながら穏やかなひと時を過ごします。
そしてその様子をリアルな効果音と特徴的なセリフで描きます。

効果音や吐息の分量を多めにして静かに癒す演出
ウザさを感じないレベルで心配する世話好きな妹、彼女のキャラに合った優しくて柔らかい効果音。
音フェチ系でありながらキャラも立たせた耳かきを行います。

「まだ安全にしてないとダメだからね」
彼女はなんだかんだで彼のことを相当大事に思ってるのでしょう。
だから2日ぶりに目覚めた彼に安堵しつつ、重荷に感じないレベルで心配します。
作中で「叔父さんに助けられた」と言ってたので両親はもういないのかもしれません。
少ないセリフの中に2人の仲の良さや背景が垣間見えます。

耳かきは左右合わせて15分と短いですが品質はかなり高いです。
寂しかったり気持ちが高ぶって眠れない時に聴けば効果があると思います。
ちなみに現在はこの続編も出てまして、2作合わせれば約32分とそれなりのボリュームになります。

CV:棗いつきさん
総時間 16:48

【バイノーラル】優しい妹の耳かきボイス【イヤホン推奨】
https://www.youtube.com/watch?v=qy9eCNZp7r4

続編はこちら
【バイノーラル】優しい妹の耳かきボイス(続)【イヤホン推奨】
https://www.youtube.com/watch?v=ObIgbNvyE9o

【バイノーラル】おねえさんセラピー【性感マッサージ♪】

サークル「A*Citrus」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、和服が似合う上品で積極的な店員が
男性客に手、口、おまんこを使った色んなマッサージをします。

密着感を大事にした音フェチ系のサービスをするのが特徴で
バイノーラル録音特有のリアルな声や熱っぽい吐息を耳元至近距離から漏らしつつ
セリフよりもエッチな声や音の量を多くして彼女に責められてる雰囲気を出します。
落ち着いた雰囲気で気持ちいいひと時を
セラピストのつばきが性感マッサージするお話。

「はじめまして ようこそいらっしゃいました」
つばきは穏やかで落ち着いた声のお姉さん。
とある雨の日、予約してから来店した主人公に丁寧な挨拶をすると
中に案内した後にお店やサービスのコンセプトを説明します。

本作品は和風旅館に近い雰囲気を持つ風俗店で、彼女がおよそ45分に渡る性感マッサージをします。
肩や腕を揉みほぐす、ローションを垂らした手で金玉とおちんちんをねっとり擦る
お股やおまんこで激しくしごくなどコキ系のプレイが充実しており
これらの多くを彼女が体を密着させながら行います。

「いいですよ 我慢しないで たくさん感じてくださいね」
耳舐めの時間はあまりないものの耳元至近距離から繰り出す囁き声と吐息はとてもリアル。
話すたびに微かな風圧が感じられ、彼女が興奮するにつれてそれにほのかな熱が加わります。
癒し系のお店なので言葉責めも一切せず、感じてる彼を穏やかに見守りながらリードします。

もうひとつの特徴はエッチな音にこだわってること。
プレイ中のセリフは何をするかや状況説明など必要最低限に留め
そこでできた余裕をくちゅ音、ちゅぱ音、喘ぎ声で埋めてエロさを出してます。

このお店のテーマは和風なので彼女はそこまで激しい音を鳴らしません。
上品さが漂う比較的緩やかな責めをする代わりにこれらの音を複数重ねてカバーします。

実際に聴いてみると割かし静かな印象を抱くでしょう。
心身に過度な負担をかけないよう少しずつ射精へ導くところに彼女の優しさを感じます。
全身を使って癒す密着感の高いエッチ
エッチシーンは2パート31分間。
プレイは耳舐め、首筋へのキス、玉揉み、手コキ、お掃除フェラ、素股、乳揉み、SEX(騎乗位)、キス、動画撮影です。
脱衣、玉揉み、手コキ、素股、SEXの際に効果音が鳴ります。

「今度は体にキスしていきますね」
全裸でうつ伏せになった主人公の肩、腕、腰を丁寧にマッサージすると
つばきは彼の体に密着し左右の首筋に優しくキスします。

エッチは常に彼女が責め続けます。
前半の「性感マッサージ。」は癒しつつ気持ちよくする正統派のプレイ(約19分)。
首筋へのキスから始まり仰向けに体勢を変えての玉揉みと耳舐め手コキへ繋ぎ
射精後はフェラでおちんちんについた精液を舐め取ります。

「おちんちんのほうも 触ってほしいですか? いいですよ」
「出ちゃいそうですか? 白いの思いきり 思いっきり 出して 出して 出してください」

最中の彼女はとってもあまあま。
プロらしい流れるような手つきで彼の性感帯を責めながら時々優しい言葉をかけて心もケアします。
前項で話した通りセリフよりも音や吐息の流れる時間が多く
それらを通じて彼女の近さや温もりが伝わってきます。

後半の「身体も心もひとつです。」は一体感が売りのプレイ(約12分)。
1回出してもまだまだ元気なおちんちんを鎮めようと、素股からの騎乗位SEXで積極的にご奉仕します。

「あぁ 気持ちいい お客様のおちんちん とっても熱くって 硬くって ちょっと角度を変えたら そのままにゅるんって入っちゃいそう」
「お願いしますっ 約束通り 私のおまんこの奥で たくさんどぴゅどぴゅってしてください」

このパートはギャップを活かしたリードをするのがいいですね。
遠回しな表現で彼にSEXをおねだりし、乗り気になったのを確認したらいつでも挿入できる状況に持っていきます。
そしてSEX開始後は中出しOKなことをはっきり伝えて彼の征服欲をくすぐります。
普段が落ち着いてるからこそ、こういう積極的な誘惑をした時の破壊力が増してます。

「よろしいですか? では抜きますね …あっ こんなにたくさん」
射精後にスマホでおまんこから精液が漏れ出る様子を録画するサービスは新鮮でした。
一時的にせよ彼女が自分のモノになったことをわかりやすく伝えて満足感を与えます。
パート名の通り体だけでなく心もケアする充実したサービスです。

このように、心に栄養を与えながら射精へ導く行き届いたエッチが繰り広げられてます。
静かな作品
テーマの和風に相応しいしっとりした雰囲気の作品です。

つばきは雨の日にわざわざ来店してくれた主人公を心の芯から癒そうと
着物姿の落ち着いた佇まいで接しつつ体を密着させて安心感と人肌の温もりを与えます。
そしてある程度ほぐれたあとはとことん尽くすエッチで性的欲求を満たします。

うるささや激しさをできるだけ抑えた風情を感じる作り
普段は落ち着いてるけど要所で大胆になる彼女のキャラ
上記2点を両立させる控えめながらも密度の高いエッチな音の数々。
作品が持つ良い部分を活かして心身両面をスッキリさせます。

「また会いに来てくださいね お客様との時間 とても癒されたのですから」
「性感マッサージ。」パートを聴き終えた時点では良くも悪くも大人しい作品だと思ってました。
しかし「身体も心もひとつです。」に入ると一転して男の弱点を的確に突いてきます。
密着感や音重視といった基本部分は一緒だけど両パートにはかなりの違いが見られます。
セリフが少なめだからこそ行為や態度で彼女の魅力を引き出してます。

エッチは「身体も心もひとつです。」のほうが断然エロいです。
おねだりが上手だし中出しからの動画撮影も股間に強く響きます。

射精シーンは2回。
くちゅ音とちゅぱ音それなり、淫語と喘ぎ声そこそこです。

CV:柚木 朱莉さん
総時間 45:36

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2018年6月21日まで10%OFFの450円で販売されてます。

【催眠音声】ぎゅッってしてビクッてして

サークル「mosquito cock」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、優しくて甘えん坊な彼女が
自分を慰めてくれた恋人と抱き合って癒しや快感を共有します。

彼女たちの仲の良さを色濃く反映させた一体感のあるサービスが魅力で
全編のほとんどでハグしながら催眠は呼吸を合わせて一緒に幸せになり
エッチはキスを起点に彼だけでなく彼女も気持ちよくなって何度も同時に絶頂します。

今回はサポート付き音声を聴いてのレビューをお送りします。
可愛い彼女と一緒に幸せな世界へ
彼女に催眠をかけられあまあまなエッチをするお話。

「うーん …ん? そんな暗い顔してた?」
彼女は素朴で甘い声の女の子。
仕事などで大きな失敗をして凹んでると
心配して声をかけてきた主人公に抱きついて甘えながら世間話をします。

本作品は気落ちしてる彼女を慰めつつ気持ちよくなることを目的に
彼女がおよそ90分に渡ってタイトルに合った独特な催眠をかけます。
催眠者が聴き手を一方的にお世話する一般的な催眠音声とは違い
サービスを通じて彼女自身も癒されたり絶頂する一体感を重視したスタイルで進めます。

「ねぇね 匂い嗅いでるんだったら そのままぎゅーってしながら 首のとこくしゃくしゃして?」
例えば一番最初の「今日はなぐさめてほしいの」パートでは声をかけられた彼女が彼にすぐさま抱きつき
可愛いおねだりをしながら他愛もない会話を続けます。
催眠とは直接関係のないシーンですが、リラックスを促すことで彼女の暗示を受け入れやすい環境を整え
さらに2人の仲の良さを自然な形で聴き手に伝える結構重要な役割を果たしてます。

彼女が常に会話調の砕けたセリフで話しかけてくるのも大きな特徴です。
指示的な表現をできるだけ避け彼女とイチャイチャしてる雰囲気を出しながらリードします。
キャラ、声、セリフ、シチュ、展開といったすべての要素が癒し一色ですから
被暗示性の高低に関わらず多くの人が心地よさや安心感を覚えるでしょう。

天の声「ねぇねぇ もう1回ちゅーしてあげなよ そしたらまた倍で 2人で気持ちよくなれちゃうからさ」
ちなみに冒頭に書いたサポート付き音声というのはサービスをわかりやすくイメージしてもらうための保険です。
本作品ではエッチシーンで主人公が彼女を責めることが何度かあり
そこで彼女が突然喘ぎ声を上げたり驚いた表情を見せます。
サポート付き音声ではそれらをする前に控えめな音量で天の声が彼をけしかけるやり取りが入ります。

全編合わせても5分程度にしかなりませんから天の声の有無でそれほど大きな差は出ません。
お話の流れが変わることもありませんし好きなほうをお選びください。
色んなものを交換する癒し特化の催眠
催眠はおよそ30分間。
「今日はなぐさめてほしいの」パートで簡単な勝負を持ちかけそれに勝った彼女が
主人公と一緒に裸になり抱き合いながらまずは呼吸を合わせます。

「そのまま力が抜けて なんだか溶けていくみたいにさ 自然と足の指が開いたり 例えば私の足の重さを感じたりね」
「くっついていったところから 力が抜けていくの そのまま2人でどろどろになって 溶けてなくなるみたいに 力がなくなっていく」

文字だとわかりにくいでしょうけどこれらのセリフにはスペースを入れた部分で4秒程度の間が入ります。
そして彼女が話してる時は息を吐き、そうでない時は息を吸うやり方で進めます。
催眠の基本に「相手が息を吐いた時に話しかける」というものがありまして
このシーンはそれを最大限に活かしたのだと思われます。

また体を密着させたまま呼吸を合わせるのは本作品のテーマである「一体感」に大変マッチしてます。
心身を通い合わせたほうが当然エッチでより気持ちよくなれますし
作品が持つ良い部分をそのまま取り入れた堅実で効果的なアプローチと言えます。

十分リラックスさせた次は彼女と一緒に催眠の世界へ移動します。
これまでと同じく抱き合ったまま深化に関連性のある暗示をゆっくり入れるというもので
落ちる感覚と同時に幸福感も与えて心の芯から癒します。

「なーでなでって お互いを擦ると 溶けた力とか 意識とか 手をつたって流れてく」
「もっと好きになっちゃったら 幸せがぶわーって膨らんで いっぱいになる いっぱいになると いっぱいの幸せで重くなった体が どんどん落ちていって その先は2人だけの世界」

頭を撫でる動作を通じて力と意識を共有し、深化も感覚を少しずつシフトさせて徐々に落とします。
暗示の量や表現方法にもかなり気を遣われていて聴けば聴くほど意識のぼやけが強くなりました。
お疲れ気味な人が聴いたらそのまま寝てしまうかもしれませんね。
これまで築き上げてきた良い雰囲気を維持したまま上手に締めくくります。

暗示の質や量にこだわった甘さの強い催眠です。
聴き手を彼女と一緒にいる気分に浸らせながら2人きりの世界へ案内するのを目的に
呼吸のリズムを合わせながら深呼吸を繰り返し、その最中に全身を脱力させ
最後は「深く」「落ちる」などの暗示に癒しの言葉を組み込んで催眠状態をゆっくり強化します。

やってることは割とシンプルなのですが、暗示の入れ方や表現方法が練りに練られており
彼女のあまあまなキャラも相まってかなり深く入ることができます。
体や心がぽかぽかする人が続出するのではないでしょうか。
作品のテーマや2人の関係をそのまま活用していて完成度も高いです。
好きな人にイかされる快感、イかせる快感
エッチシーンは2パート38分間。
プレイはハグ、キス、SEX(体位の指定は無し)、耳舐めです。

SEXの際に効果音が鳴ります。
セルフは一応ありです。

「こういうもっと欲しいってのを 我慢すればするほど 気持ちよくなれちゃったり」
彼氏とのハグと催眠ですっかり元気になった彼女は
だんだんエッチな気持ちを抑えられなくなり自分から甘いキスをします。

エッチは2人がほぼ対等な立場で責め合います。
前半の「ぎゅッてしてビクッてして」はソフトな刺激でハードな絶頂を目指すパート(約20分)。
引き続きハグしたままキスを繰り返し、それに暗示を込めて彼の快感をコントロールします。

「あぁ こうやってちゅーすると 今まで安心とかを感じてたのに 急にエッチな事を意識しちゃって 抱き合ってるだけで 気持ちよくなってく気がしてね」
このパートでするプレイはキスのみです。
さすがにこれだけで絶頂まで持っていくのは無理ですから催眠の技術でサポートします。
先ほどよりも熱っぽく切ない声で話しかけ、キスをするとどうなるかを丁寧に教えます。
そして彼自身にも復唱(=自己暗示)させてさらに強化します。

彼女の興奮してる姿に釣られて興奮する人がきっといるでしょうね。
彼から突然キスされて戸惑う姿も愛らしいです。
私が聴いた時も頭はぽわぽわ、股間はムズムズする感覚がしました。
そしてパート終盤の連続絶頂シーンでは股間の筋肉が激しく収縮するのを繰り返してました。
責めの弱さを色んな部分でカバーしてくれるので割とドライしやすいプレイだと思います。

ちなみに付属のテキストによると本作品のエッチはドライ、セルフからのウェットどちらでも構わないそうです。
ドライ慣れしてる人はそのままイけばいいし、未経験者は普通にオナニーして出すといいでしょう。

もうひとつの「二人で催眠えっち」は文字通り彼女とひとつになるシーン(約18分)。
我慢できなくなった彼女がSEXをおねだりし、挿入後はキスや耳舐めを交えてより深く愛し合います。

「イっちゃうっ ダメだって んっ イっちゃうっ イっちゃうぅぅ」
このパートは主人公の責めを受けて彼女が乱れるシーンが多く
ちゅぱ音や喘ぎ声といった純粋なエロ要素がそれなりに含まれてます。
キスを起点に快感を上げるアプローチは継続しますので催眠から脱線してるわけではありません。
彼女と一緒に興奮し、絶頂し、幸せになるために敢えてこうしたのだと思います。

このように、2人の感覚をリンクさせて気持ちよくする温かいエッチが繰り広げられてます。
隅から隅まで甘い作品
恋人同士のイチャラブエッチを忠実に音声化した作品です。

彼女は心に空いた隙間を埋めてくれた主人公への恩返しに
普段やってる一方的に責めて気持ちよくするものとは違ったサービスをします。
そして多くのシーンでぎゅっと抱き合い色んなものを交換、共有して快感と幸福感を味わいます。

一体感を大事にした催眠音声ではかなり珍しい作り
好きな人の前ならすべてを曝け出す彼女の気さくで愛らしいキャラ
キスをトリガーに感度を上げながら彼女もたっぷり楽しむエッチ。
催眠者が被験者へ一方的に働きかける普段の催眠音声とは随分違う作品に仕上げてます。

結構難しいことに挑戦されてるなぁという印象を受けました。
それでいてしっかりしてるのはテーマと各要素の整合性が高いからです。
音声の序盤から抱き合い、何気ない会話や砕けた口調で仲の良さを演出し
催眠開始後は2人が諸々の感覚を分け合う流れで絶頂を目指します。

「大好きって思うほど 2人で夢の世界に近づいていく」
彼女が常に同じ立場でいてくれるから心を許しやすくサービスに良い影響を与えてます。
人は自分と何らかの共通点を持つ相手に自然と親近感を抱く生き物です。
彼女に対してなんとなく心が安らぐとか、愛おしいと感じる人がそれなりにいるでしょう。
そう思わせてくれるから催眠にすんなり入れるしエッチで気持ちよくなれるわけです。

絶頂シーンは主人公5回、彼女8回。
ちゅぱ音それなり、淫語・くちゅ音・喘ぎ声そこそこです。

気落ちしてる人や寂しさを感じてる人には特におすすめします。

CV:彼女…そらまめ。さん 天の声…柚木つばめさん
総時間 1:31:09

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2018年7月13日まで20%OFFの720円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。

お祭りと炭酸催眠

サークル「Dose and Dreams」さんの催眠音声作品(女性向け)。

今回紹介する作品は、のんびりと話す穏やかなお兄さんが
仕事や生活で疲れてる女性に季節感のある催眠を施します。

お祭りの様子を語りながら懐かしさや楽しい気分を呼び起こしたり
炭酸のイメージと音を使ってエッチな気分を高め絶頂させるなど
タイトルを構成するふたつの要素を組み合わせた爽やかなサービスが楽しめます。
疲れをほぐす音と思い出
お兄さんに催眠をかけられ連続絶頂するお話。

「こんばんは 邪魔…しちゃった? 大丈夫?」
お兄さんはトーンの低い穏やかな声の男性。
ある日の夜、主人公に声をかけて最近の調子を尋ねると
寝る前に自分の話に付き合って欲しいと言います。

本作品は家族あるいは恋人あたりの親しい関係にある彼が
夏をテーマにしたおよそ60分に渡る変わった催眠とエッチを提供します。
販売ページのジャンルタグに「健全」と書かれてるように性感帯を直接刺激することはなく
イメージと暗示を組み合わせて癒したり気持ちよくする催眠重視の作りです。

癒しにとても力を入れてますから仕事や生活で疲れてる人ほど
体がぽかぽかする、心がスッキリするといったプラスの感覚を抱くでしょう。
途中で安眠を強く意識したパートがあり、そこで寝落ちする可能性もそれなりにあります。

催眠はおよそ31分間。
一番最初の導入パートは炭酸やお祭りの話をして心の緊張をほぐします。

「よくお祭りとかで買わなかった? ビー玉を上から押して ぷしゅーってするタイプのやつ」
「あのお店の前通ると すごい甘い匂いしてさ 僕すごい気にしてた あんなにあまーい香りがするの ちょっとずるいよね」

ラムネの栓を開けた時に鳴る爽やかな音と辛さを含んだ刺激的な味
色んな出店から漂ってくる食欲をくすぐる匂い、家に帰った時の満足感と心地いい疲労感。
日本人なら子供の頃に体験したことのある思い出を活性化させて癒しを与えます。

このパートはわざと会話調のセリフにしてあるのがいいですね。
世間話をするスタイルでこっそり暗示を入れてくれます。

続く誘導、深化パートは本格的に催眠の世界へ導きます。
楽な姿勢を取ったままお風呂に浸かってるイメージをし
さらに途中からは炭酸も投入して心身両面をよりリラックスさせます。

「あったかーいお風呂に入って ゆーっくりしてると ゆるゆるーってしちゃうよね」
「しゅわしゅわーって弾けて ぱちぱちーってなって 残ってる力もほぐしてくれる」

そしてここからはよりストレートな表現の暗示を入れて効果的に脱力させます。
それでいてあまり堅苦しさを感じないのは重要な言葉をやや間延びして言ったり
「ぷかぷか」などの擬声語を多めに挟むなどの工夫をしてるからです。

Dose and Dreamsさんは台本と声の担当者が同一人物という大きな強みを持っており
台本に込められた意図や思いをそのまま音声化できるから心にスッと入ってきます。
イメージ、言葉、声を違和感なく組み合わせて少しずつ確実に催眠を深めてくれます。

最後にあたる安眠は寝かしつけながらより深化させるパート。
泡が弾けるイメージに「重い」「緩む」「沈む」といった暗示を絡めて意識の力をさらに弱めます。

「どんどん重たくなっていく 言葉に引っ張られて ここちよーく落ちていく 柔らかな世界へ」
ここまで体験してきた様々な癒しの感覚が強まりとても眠くなりました。
ぬるま湯に浸かってまどろんでる感覚に近いですね。
手足の脱力感もそれなりに実感できますし、催眠初心者でも色んな変化を感じ取れると思います。

お祭りと炭酸が持つ特徴をそのまま活かしたテーマ性の強い催眠です。
聴き手の心と体をほぐしつつ炭酸を感じ取れるようにするのを目的に
ラムネやお祭りのイメージから入ってお風呂に入るイメージを絡めた分割弛緩法と深呼吸
さらに炭酸の音と質感を用いた深化とふたつの武器を上手く使ってスムーズに進めます。

セリフと演技の親和性も高く抜群の癒し性能を誇ります。
脱力感、爽快感、ほのかな熱、眠気といった色んな感覚が味わえるでしょう。
エッチな泡で持ち上げたり落としたり
エッチシーンは3パート23分間。
プレイは炭酸責めのみです。

炭酸責めの際に泡の弾ける音がします。
セルフはありません。

「とろとろになった体 もっととろけていこうね」
癒しの催眠で主人公を心地いい感覚に包み込んだお兄さんは
お風呂にある泡を彼女の体に集めてエッチな熱に変換します。

エッチは引き続き泡のイメージを使って感覚をコントロールします。
最初にあたる快感導入パートでするのは感度の強化(約7分)。
集まってきた泡に体を持ち上げられ、弾けるのと同時に落ちるイメージをします。

「ぱんって弾けて体が沈んですとーんと落ちていく どんどん沈む」
「たかーいところでふーわふわ 気持ちいい 泡に包まれて 気持ちいいね」

クンニやSEXといった一般的なプレイは一切登場しません。
浮遊感と落下感を短時間で交互に与えて大きく揺さぶり
その最中に泡の音を流して包まれてるイメージを膨らませます。
エッチの最中にも深化のアプローチをかけてくるので催眠状態を維持しやすいです。

続く2パートはお待ちかねの絶頂シーン。
今までの流れに絶頂を促す暗示と「ぱーん」というやや反響した音が加わり
カウントを起点にそれらをタイミングよく使って快感を一気に押し上げます。

「快感で真っ白 真っ白 全身快感に染まる 落ちていく 快感の中に深く落ちていく」
「ほーら 音は止まってないよ どんどん快感溜まっちゃうよ 大きくなっちゃうよ?」

快感、快感追加いずれもやることは基本的に同じですが
後者のほうが絶頂回数が多くその間隔も短めです。
泡の音をずっと流し続けることから音モノっぽい要素も持ってます。

このように、泡の力だけを使って気持ちよくする独特なエッチが繰り広げられてます。
夏らしさが漂う作品
夏が持つプラスのイメージでリフレッシュさせる作品です。

お兄さんは仕事や日常生活で疲れを感じてる主人公をぐっすり眠らせようと
まずは楽しかった祭りの思い出で現実世界から少し遠ざけ
さらにお風呂や炭酸を使って心地よさや爽快感を与えます。
そしてエッチに入ると泡に別の意味を持たせて連続絶頂へと追い込みます。

タイトルを構成するふたつの要素を組み合わせた癒し特化の催眠
直接的なエロ要素をまったく使わない思い切ったエッチ
これらを下から支える言葉の意味を忠実に汲み取った演技。
イメージや催眠の技術が持つ力をふんだんに使った個性的なサービスを行います。

イメージ、セリフ、演技の親和性の高さが特に印象的でした。
この感覚を聴き手に伝えるにはどう振る舞えばいいかが考えられてます。
そしてセリフの表現に柔らかさを持たせて作品の雰囲気にしっかり合わせます。
イメージのキーとなる泡も飲料ではなくお風呂をメインにして全身を同時にケアします。

絶頂シーンは6回。
効果音それなり、淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声はありません。

CV:望さん
総時間 1:07:30(本編…1:04:11 フリートーク…3:19)


体験版はこちらにあります

猫と彼女と一週間

サークル「クラリムステラ」さんの同人音声作品(全年齢向け)。
声優として活躍されてる藍月なくるさんの個人サークルです。

今回紹介する作品は、ある日突然家にやってきたミステリアスな女の子が
そこに住む男性と色んなことをしながら幸せなひと時を過ごします。

音声を聴き進めていくうちに彼女の素性やここへ来た理由が明らかになったり
終盤に聴き手が2つのルートから1つを選択するなど
女性から一方的に癒され続けるのではなく
彼女にもそれを分け与えてお互いを幸せにするキャラ重視の物語が楽しめます。
家に迷い込んできたのは女の子
ありすと1週間の同棲生活を送るお話。

「んっ ちょっ…やめてください」
ありすは素朴で可愛い声の女の子。
ある休日の朝、主人公の家で飼ってる猫に悪戯されてくすぐったがると
自分がいるのを不思議がる彼に昨日のことを話します。

本作品はとある事情で彼の家に迷い込んできた彼女が
およそ90分に渡って様々な癒しのサービスをします。
タイトルからもわかるように全編が丁度1週間になっており
髪を乾かす、一緒のベッドで寝る、膝枕で耳かきするなどパートごとに異なる手段でお世話します。

「恋人はいるのでしょうか? …やっぱりいいです」
彼女は一言で言えば謎の多い女性。
なぜここに来たのか、なぜ一緒に暮らしたがるかをあまり語ろうとせず
道端の猫をたくさん拾ってるお人好しな彼にしばらく置いて欲しいと頼みます。
そして交渉成立後は時々彼の女性事情を探ろうとするセリフを投げかけます。

友達以上恋人未満と呼ぶのがピッタリな関係です。
でも彼女には彼にそうする確かな理由があります。
最後まで聴けば明らかになりますから、そこで胸のあたりがじんわりするのを感じるでしょう。

「女の子を貴方の手で幸せにしていく」をサークルコンセプトにされてることもあり
専門店のようにひたすら尽くすのではなく物語を通じて彼女も幸せにする方向で進めます。
終盤の土曜日に2つのパートを用意し、聴き手にどちらの結末を迎えるか選んでもらうのがいい例です。

具体的にどんな内容かは伏せますが、たぶん多くの人が同じ選択をするのではないでしょうか。
そうしたいと感じるほど彼女は魅力的に描かれてます。

サービスについてはセリフよりも音の量を多くした音フェチ系の作りになってます。
特に耳かきは会話を一切挟まずに効果音だけがしばらく鳴るシーンを用意し
2人の間で時間がゆっくり流れていく様子を表現してます。
またバイノーラル録音の長所を活かして耳にこそばゆい刺激を適度に送ってくれます。

話す時とそうでない時のメリハリをつけてるので両方をバランスよく楽しめるでしょう。
全年齢向けで人気のある声優さんなだけあって処女作の時点で高品質な作品を制作されてます。
くっつきそうでくっつかない微妙な距離感
2人の同棲が決まった後、最初にするサービスは髪のお手入れ(約12分)。
ドライヤーが壊れても新しいものを買わず濡れたままにしてる主人公の髪を乾かそうと
ありすがタオルを使って丹念にごしごしします。

「どうですか? 彼シャツです な、じょ 冗談です 何変な反応してるんですか」
「痒いところはありませんか? 気になるところがあれば遠慮せずに言ってくださいね」

ほぼ身一つで居候を始めたため彼のシャツをパジャマ代わりにし
それを見せつけて恋人っぽく振る舞う可愛い姿を見せてくれます。
そしてサービス開始後は左右の側頭部を中心に若干ざらつきのある摩擦音をリズミカルに鳴らします。
耳のやや上あたりに振動が伝わってくるおかげで実際にされてる気分が味わいやすいです。

彼を十分に信頼してるけどあと一歩をなかなか踏み出せないところに初々しさを感じました。
この後も2人の微妙な関係を意識させる描写がいくつも登場します。

本作品で最も大胆なサービスは水曜日の添い寝(約14分)。
床に寝ると言う彼女とそれを許さない彼が一通りの会話を交わしてから
結局一緒のベッドで眠ることになります。

「私が床で寝るなら お兄さんもそうするって 子供みたいなこと言わないでください」
突然やって来たとはいえ女の子に辛い思いをさせたくないのでしょう。
彼女が床に寝ると言い張ったら自分もそうすると言って苦労を分かち合おうとします。
彼が言ったことを彼女がオウム返しするスタイルも彼の存在感を大きくするのに役立ってます。
最終目的の「彼女を幸せにする」を意識した効果的な演出です。

添い寝についてはパートの前半はそうなるまでの会話に割き
後半はセリフが一気に減って彼女の安らかな寝息が流れ続けます。
前項で説明した話す/話さないのメリハリがはっきりしていて後半はとても静かに感じました。

単体で最も長いサービスは木曜日の耳かき(約34分)。
膝枕の状態で右耳→左耳の順に耳かき棒と梵天でお手入れします。
そして左耳の梵天シーンでのみ時折息を吹きかけます。

耳かき棒は「ずずっ くしゅっ」という乾いた硬めの音
梵天は「ぽすぽす しゅるっ」という面積が広く柔らかい音が使われており
前者は弱めの力で奥から手前に掻き出す、後者は耳の中で軽く回転させてから掻き出す感じに動きます。
藍月さんが耳かき音声に多数出演されてるだけあって音質、動きともにレベルが高いです。

「大丈夫でしょうか? 心配しますよ 耳は大切な受容器ですからね」
最中のありすは彼の大事な部分を痛くしないよう会話を挟まず黙々と取り組みます。
特に後半の左耳はパート開始から8分間ほとんどしゃべらない音フェチ成分の強いものです。
耳かきの心地よさで眠った彼に息吹きをする点だけはちょっと首を捻りますが
それ以外は静かで癒される空間が見事に形成されてます。

そうやって十分に親睦を深めた後、「金曜日の真相」でようやく彼女のすべてが明らかになります。
ちょっぴり切ないお話が楽しめますから興味のある方は是非ご自分の耳で確かめてみてください。

このように、2人の距離を縮めつつ音で癒す流れのあるサービスが繰り広げられてます。
心温まる作品
ありすの癒す姿と癒される姿で心が二度潤う作品です。

何らかの事情で主人公の家に潜り込んできた女の子が
彼の家の一員として家事をこなし、彼自身にも様々なサービスを提供します。
そしてその中に彼女も幸せになっていく要素を盛り込んで聴き手を別方向から癒します。

最初の時点で彼女の情報をほぼ全部伏せ、物語を進めることで明らかにしていく展開
セリフと音の分量をほぼ均等にし、それらが活躍する場を別々に設けたバランスの良い作り
癒される側だけでなく癒す側も幸せにするストーリー。
専門店形式よりも登場人物に光を当てた風変わりな音フェチ作品に仕上がってます。

「温かくなって眠くなっちゃいましたか? 猫じゃないんだから」
特に彼女は表面上はごく普通の可愛い女の子なのに
そこからはまったく予想できない一面も隠されていてミステリアスです。
終盤にようやくすべてが明らかになるから最後までダレずに聴けます。

もうひとつの柱にあたるサービスは家庭的なもので揃え、それぞれをコツコツ丁寧に行います。
私個人は髪をタオルやドライヤーで乾かすパートが好きですね。
音を通じて触覚を刺激する演出は録音環境の向上がもたらした新しいアプローチ法です。

キャラやストーリーがしっかりしてる音フェチ作品が好きな人には特におすすめします。

CV:藍月なくるさん
総時間 1:37:36

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

【立体音響】Cure Attendant-咲愛

【立体音響】Cure Attendant-咲愛(前編)」に引き続いての後編です。
今回は「Track4.お客様のご気分に合わせた特別サービス」以降の様子を中心に紹介します。
お姉ちゃんになって極上の癒しを
後半にあたるTrack4とTrack5でするのはエッチなサービス。
前者は甘やかしながらの授乳手コキとSEX、後者は比較的ソフトな耳舐めとメインのプレイを切り替えじっくり行います。

両者を合わせた時間はおよそ92分間。
プレイはキス、乳首責め、ハグ、授乳、手コキ、玉揉み、素股、SEX(対面座位)、耳舐めです。
乳首責め、手コキ、玉揉み、素股、SEXの際に効果音が鳴ります。

「このまま観察しているのも楽しそうだけど、しっかりとサービスしてあげなくちゃね」
マッサージの心地よさで主人公が熟睡したのを確認すると
咲愛はゆっくりペースで唇や乳首を責めてこれまでとは別の癒しを与えます。

エッチはどちらも彼女がリードします。
最初のTrack4は彼の欲望をストレートに受け止めるプレイ(約67分)。
チェックインの際に「年上のお姉さんにいっぱい甘えたい」「欲求不満でそろそろ発散したい」と答えたのを受けて
彼のお姉ちゃんになりきりながら唇、耳、乳首、おちんちんに濃厚なご奉仕をします。

「いっぱいお仕事して疲れたよね~… 嫌な事があっても頑張ったんだから、偉いよ?」
これまでに比べて口調が柔らかくなり、心に染み入る言葉を適度に投げかける癒し重視のエッチです。
非エロパートと同じくセリフごとの間を長めに取ってありますから
癒しの気分を維持したままオナニーに取り組むことができます。

そしてセリフの間にはエッチな声や音がたっぷり流れます。
パートの前半が授乳手コキ、後半は対面座位でのSEXとお互いが責め合うスタイルにしてるため
効果音と喘ぎ声が同時に流れる時間が長く、ゆっくり進めてるのに十分過ぎるエロさがあります。
甘く品のある喘ぎ声と粘性高めでやや激しい効果音とのギャップもそれを大いに助けてます。

前後半で1回ずつある射精シーンが来る前に抜きたくなる人がそれなりにいるのではないでしょうか。
前編で話した音フェチ系の作りが後編でもしっかり受け継がれてます。
もちろん途中で飽きないようにシーン単位でプレイ構成や責め方を小まめに変えてきます。

「君は竿を大きく扱かれるのが好き…? それとも、先っぽを重点的にしこしこされるのが好き…?」
「しこしこっ、しこしこっ… しこしこっ、しこしこっ… ん、く…あぅん…んっ…」

授乳手コキは冒頭のキスと乳首責めの直後に起きた彼のリクエストに答え
最初は授乳だけ行い、その8分後には手コキや玉揉みを加えます。
竿よりも亀頭を責められるのが好きとわかったらすぐさまそれを実行し
「しこしこ」「くりくり」などの擬声語を挟みつつ喘ぎ声を積極的に漏らすあまあまなプレイです。

彼を癒すためにやってるわけですが彼女自身も満たされた表情を見せます。
2人で一緒に気持ちよくなる展開も含めて一体感を大事にしてるように映りました。

それに対してSEXはお姉さん+恋人っぽさを持たせたプレイをします。
一番最初に3分程度ディープキスしてお互いの気持ちを盛り上げ
軽い素股を挟んでから20分以上に渡ってじっくり愛し合います。

「セックスでこんなに感じちゃうの久し振りっ… よっぽど君のおちんぽとの相性が良いのかしらっ…♪」
「恥ずかしがらなくても大丈夫、大丈夫… お姉さんは君の感じてる顔を見れて凄く嬉しいから…ね?」

前半以上に激しい喘ぎ声を多く漏らして気持ちいいことをわかりやすくアピールしつつ
まだ自分を抑え込んでる彼に心を解き放たせる目的に沿ったプレイです。
SEXもストレートに腰を振ってたかと思えば休憩を挟んで耳舐めにシフトしたり
終盤に差し掛かると水音に肉のぶつかり合う音が加わり徐々にペースを増す変化に富んだものです。

キャラ、セリフ、音、雰囲気のすべてが高水準でいい気分に浸りながら射精できました。
エロさと温かみを兼ね備えてるところがすごく本作品らしいなと。

もうひとつのTrack5は耳舐めをがっつり楽しめるパート(約25分)。
SEX後に一旦退出した咲愛が再びやってきて着陸間際まで耳を個別に舐めてくれます。

「耳に口を密着してますから、吐息とかより近くに感じられません? 舐められる感覚だけでなく、私の息遣いも愉しまれてくださいね…」
口で責めるプレイが主役なのでTrack4以上にセリフの割合を落とし
耳全体を優しく舐める、耳たぶを甘噛みする、穴に舌をぐりぐりさせるなどリアルで多彩な責めを繰り出します。
特に穴を責めるシーンは音の位置が非常に近く、コリコリした音と吐息の両方で刺激を送ります。

このパートには射精シーンがなく全体のペースもゆっくりです。
2回連続で射精したことによる疲労と虚無感を和らげる最後に相応しいサービスと言えます。

このように、癒しながら心身両面をスッキリさせる充実したエッチが繰り広げられてます。
癒やされながら抜ける作品
女性の優しさや温かさを強く感じながら抜ける総合力の高い作品です。

咲愛は仕事を頑張りすぎた結果重度の欲求不満に陥ってる主人公を助けようと
彼を特別な席へ案内してから着陸するまでほぼつきっきりで色んなお世話をします。
そして前半は音やマッサージによる純粋な癒しを与え、後半は体を張ったご奉仕で性欲を発散させます。

パートごとに異なるリアルな音をたっぷり流す作り
性感帯を責めつつ彼にも大事な部分を預ける一体感のあるエッチ
母性が強く気配り上手であまあまな彼女のキャラ。
癒しとエロのバランスが取れた甘やかし成分の強いサービスが味わえます。

非エロ62分、エロ98分なので時間だけを見ると後者のほうが優勢です。
しかしエッチも癒す方向で責めることを考えれば同じくらいの存在感と言えます。
女性に甘えたい欲求と女性を気持ちよくできた達成感の両方を満たしてくれます。
エッチで赤ちゃん言葉をほとんど話さなかったのもできるだけ対等な立場を維持したかったからではないでしょうか。

どのパートも音を重要視してる点は一緒なのに内容がまるで違うのも素晴らしいです。
Track2は環境音、次はマッサージ音、そしてくちゅ音+喘ぎ声、ちゅぱ音と被せずに組み立ててます。
同じプレイでも責める部位や責め方によって音の質感とリズムがちゃんと変わりますし
シンプルなように見えて様々な創意工夫が込められてます。
熟練したサークルさんならではの冴えを感じました。

射精シーンは2回。
くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声多め、淫語そこそこです。

以上を踏まえて本作品をサークルさんでは8本目の満点とさせていただきました。
おまけはPRボイスとフリートークです。

CV:逢坂成美さん
総時間 3:04:15(本編…2:45:47 おまけ…18:28)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2018年6月30日まで30%OFFの630円で販売されてます。

【立体音響】Cure Attendant-咲愛

サークル「ディーブルスト」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、穏やかで世話好きな客室乗務員が
疲れの溜まってる男性につきっきりで色んなサービスをします。

質量共にセリフよりも音を重視した音フェチ系の作りが魅力で
最初は環境音、次は効果音とパートごとにメインの音を切り替え
それらをゆっくりのんびり鳴らし続けて癒しや性的興奮を与えます。

総時間が3時間以上あるため前編(Track1~3)、後編(Track4~5)の2回に分けてお送りします。
出張帰りの癒やされるひと時
IYS航空の客室乗務員「咲愛(えあ)」からサービスを受けるお話。

「本日はIYS航空をご利用いただき、誠に有難うございます」
咲愛は明るくてお淑やかな声のお姉さん。
飛行機に搭乗してるお客たちに離陸前のアナウンスをすると
予約とは違う席へ案内された主人公に事情を説明します。

本作品は「Cure Attendant」「Cure Attendant2」に続くサークルさんの人気シリーズ第3弾。
搭乗チェックの結果、特に癒しが必要と診断された彼の疲れを取り除くために
彼女が特別席で165分もの長時間に渡る癒しとエッチなサービスをします。
搭乗シーンにあたるTrack1を除く全パートに20分以上の十分な時間を用意し
前半2パートは非エロ、後半はエロと両方をバランスよく楽しませる方向で進めます。

ディーブルストさんと言えば耳かきやマッサージといった癒しのサービスを得意とし
さらに音の質感や動きのリアルさにも大変定評のあるサークルさんです。
今作でもその武器を活かせるように会話は状況説明など当たり障りのないものに留め
その代わり色んな音をたっぷり鳴らして彼女にお世話されてる雰囲気を出します。


実際に聴いてみると時間がゆっくり流れていくように感じるでしょう。
セリフごとの間をわざと長く取ることで頭を空っぽにしたまま聴きやすくしています。

「険しい表情をされていたお客様が見せる優しい表情や笑顔… こんな顔をされるんだなって、見ていて嬉しくなってしまいます」
もちろん彼女が持つ癒しのパワーもなかなかのものです。
彼が特別席に案内された理由を知ってるので最初から親しげな態度で接し
疲労や筋肉の凝りが改善されてるとわかるととても嬉しそうな表情を見せます。
典型的な甘やかしキャラとでも言えばいいのでしょうか、これらを好きでやってるのが自然と伝わってきます。
臨場感が高い音重視のサービス
事前のやり取りを終えた直後のTrack2でするのは環境音を使った癒し(約22分)。
前半は森の音、後半は川の音をヘッドホンから流しつつ咲愛がゆっくり優しく語りかけます。

「「森林浴」なんて言いますけど、実際に木から出る香からはリラックス効果がある化学成分が出ているんですよ」
飛行機に乗って出張するくらいですから主人公はきっと忙しい日々を送ってるのでしょう。
だから日頃なかなか触れられない自然の力で心の芯からリフレッシュさせます。
環境音は森の音が風に吹かれて木々が揺れる音と数種類の鳥の鳴き声
川の音は山奥で録音されたのか、水がこぽこぽと湧き緩やかに流れていく感じでどちらも非常にリアルです。

個人的にすごく面白いと思ったのが環境音の音量を大きめにしてることです。
音声作品における環境音は雰囲気作りを助ける脇役に位置づけられてることが多く
セリフに比べて音量をひと回り小さくするのが普通です。
それに対し本作品では敢えてセリフと同じくらいの音量に設定してます。
音の分量だけでなく存在感も大きくする本作品らしい演出と言えるでしょう。

目を瞑ったらその場にいるんじゃないかと思えるくらい音が近くて抜群に癒やされました。
特に前半は音にしにくい風の音を木によってわかりやすく、そして爽やかに表現してます。
寝る前にこのパートだけを聴く、なんて使い方も大いに有りです。
一見すると王道なんだけど他のサークルさんではやられてない工夫がされてます。
体験版でも聴けますから興味が湧いたは是非聴いてみてください。

続くTrack3は下半身のマッサージ(約40分)。
主人公にズボンだけ脱いでもらい左脚→右脚の順に手や指で丁寧に揉みほぐします。
前編で紹介するシーンは完全非エロなのでエッチな描写はありません。

「むくんでしまったふくらはぎを内側…外側から叩いて… んっ… 強すぎず弱すぎず…適度な強さでやっていきます」
「マッサージをする事も大事ですが、むくみの解消には食生活も大事です なるべく栄養バランスを重視した食事をするようにしてくださいね?」

Track2と同じくセリフは今何をやってるかの状況説明を中心に据え
専用のオイルを使って擦ったり、指圧したり、優しく叩いたりと変化に富んだお世話をします。
そしてさり気なく彼を気遣う言葉を投げかけて心のほうも温めてくれます。
専門知識をちょこちょこ言うのもプロらしさがあって良いです。

以前から色んなタイプのマッサージ作品に挑戦されてるだけあって
お世話する部位やその方法によって音の質感と動きが大きく変化します。
時間に余裕があるのを活かして個々の動作を長めに行い音の違いを楽しみやすくしています。

環境音が鳴らない分Track2よりも静かに感じるのではないでしょうか。
同じ音フェチ系でもパートごとにまったく違う魅力を持ってます。

おまけはPRボイスとフリートークです。

後編へ続く…。
【立体音響】Cure Attendant-咲愛(後編)

CV:逢坂成美さん
総時間 3:04:15(本編…2:45:47 おまけ…18:28)


体験版はこちらにあります

追記
2018年6月30日まで30%OFFの630円で販売されてます。

爽やかに××が体を流れてゆく…

サークル「Novel-Trance-Lab」さんの催眠音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、声も態度も穏やかなお姉さんが
疲れやストレスで悩んでる人によく効く癒しの催眠を施します。

深呼吸や脱力といったリラックスに適した技術を重点的に使うのが特徴で
それと並行して深化の暗示を適度に入れたり、タイトルに関連したイメージでリフレッシュさせるなど
心身両面にバランスよく働きかけて明日を生きる活力を与えます。

音声を聴いた後によく冷えた水(500mlくらい)を使用する指示が出ます。
心身に爽やかなエネルギーを
お姉さんに癒しの催眠をかけてもらうお話。

「これから催眠誘導を始めます」
お姉さんはややトーンの低い穏やかな声の女性。
自己紹介や作品説明といった前置きはすべて省略し
早速横になって目を閉じ深呼吸するよう言います。

本作品は心身を内側からリフレッシュすることを目的に
彼女が30分程度の短い時間を使ってそれに適した催眠を施します。
全年齢向けということで総時間のほとんどを催眠に費やし
どのシーンもゆっくりのんびり語りかけてリラックスできる雰囲気を作り上げてます。

催眠はおよそ25分30秒間。
まずは深呼吸したり彼女に言われた部位の筋肉を動かして心身をほぐします。

「あなたのペースで 心地よく 深く ふかーく 入ってゆきましょう」
「そう ゆっくりと 左右に 左右に ゆっくりと頭を動かしていると 首のあたりは心地よく緩んでゆきます」

彼女は大まかな指示を出すだけで細かい部分は聴き手の自由に任せます。
そしてこれらを行いながら「ゆっくり」「ゆったり」など落ち着く暗示を散りばめて入れます。
暗示を立て続けに入れて脱力させるよりも余裕を持たせてあるおかげで堅苦しさがなく
音声を聴けば聴くほど心地いい感覚が自然と湧いてきます。

筋肉を動かすシーンは頭を左右にゆっくり振るところから始まり
額に意識を集中させる、目をぎゅっと閉じる、顔全体に力を入れて変顔を作るなど
15分くらいかけて全身を上から下へ個別に行います。

「目の周りの力が完全に抜けて とてもリラックスしています とても リラックスしています」
「顔のあらゆる部分が あらゆる筋肉が まるでとろけそうなくらいゆっくりしています そしてあなたはどんどん深く入っていきます」

やってることは割とシンプルなのですが、特定の暗示を2回続けて入れる
リラックスと深化を並行して行うといった工夫が随所に見られます。
実際に体を動かすから被暗示性の高低に関わらず脱力できるのもポイントです。

タイトルに関連した要素が出てくるのは催眠開始から17分30秒後あたり。
自然に関するイメージや冒頭に書いた冷水の使用方法を教えつつ
全部で3種類の××が体を流れてゆく感覚を伝えて爽快な気分にさせます。

「不必要なものはすべて洗い流されていき 心と体は 爽やかにリフレッシュします」
頭の中でやるだけじゃなく実際にそうなる行動をさせるところが面白いですね。
冷水は音声の視聴後に使いますから、冷蔵庫に入れてしっかり冷やしておくのが効果的です。
何をするかは敢えて伏せますが文字通り体の内側から浄化される感覚が味わえます。

このように、リラックスさせつつ爽やかな気分にするタイトル通りの催眠が繰り広げられてます。
スッキリする作品
短時間のリフレッシュに適してる作品です。

お姉さんは何らかの事情で心と体に重さや汚れを抱えてる主人公を少しでも癒そうと
穏やかな声とのんびりした口調で話しかけながら両方に働きかけます。
そして序盤から中盤にかけては主に体を、終盤は心に焦点を当てて順番にスッキリさせます。

深呼吸や漸進的弛緩法で十分にほぐしてからイメージや行為で爽やかにする流れ
特定の単語を散りばめる、同じ暗示を2回続けて入れる、リラックスと深化を同時に進めるなどの細かなアプローチ。
30分足らずの間に多くの聴き手がそうなるようシンプルかつ効果的にリードします。

私が聴いた時は体に脱力感やほのかな火照りを感じたものの眠気はほとんどなく
代わりに運動した後によくある晴れやかな気分が味わえました。
冷水を実際に使うシーンもありますし暑い時ほどより強く実感できます。
状況に合った環境音をバックで流しておけばより良くなったかもしれませんね。

これからの季節にピッタリな作品です。

CV:誠樹ふぁんさん
総時間 27:26

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2018年6月16日まで90%OFFの60円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。

みみけん #1 一ノ瀬綾【高音質バイノーラル耳かき】

サークル「HONEY BEE」さんの同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介するサークルさんの処女作は、人懐っこくて耳かき大好きな後輩の女の子が
同じ学校の先輩に丁寧で家庭的な耳かきをします。

耳と心を気持ちよくすることを追求した耳かきをするのが特徴で
使用する器具を耳かき棒と梵天に絞る代わりに個々の時間を長めに取り
さらに耳かき音を3種類用意したり彼女との会話を多めに挟んでゆっくりじっくり癒します。
後輩の一歩進んだ耳かき
後輩の一ノ瀬綾が耳かきするお話。

「あっ あの 先輩 その…突然すいません」
綾は明るくて可憐な声の女の子。
学校内で先輩に突然声をかけ放課後に会う約束をすると
体育館裏で事情を話し、耳かき研究倶楽部(みみけん)の部室へ案内します。

本作品はみみけんの一員として耳かきの研鑽に励んでる彼女が
彼を相手におよそ60分かけてその成果を披露します。
専門店との違いを出すために使用する器具は耳かき棒と梵天のみに減らし
その代わり他の部分で癒しや心地よさを感じる要素をいくつも盛り込んでます。

ちなみにHONEY BEEさん名義で作品を出すのは今回が初ですが
中の人はささやき庵シリーズで有名なVOICE LOVERさんと一緒だそうです。
「癒やしの高品質バイノーラル音声作品をリーズナブルに!」がモットーと宣言されてるだけあって
処女作の時点で大手の耳かきサークルさんに引けを取らない品質を持ってます。

今回行う耳かきの特徴は大きく3つ。
各パートの時間を長めに取り、耳の中を気持ちよくすることを意識した耳かきをすること
耳かきの効果音が3種類あること、耳かき中にも彼女が積極的に話しかけてくることです。

「今 一番気持ちいいところを探していますからね 先輩はここが好きなのかな」
1つ目は耳かき本来の目的である耳の中を綺麗にすることに加え
穴の浅い部分や奥を器具で優しく引っかくマッサージの時間も取ってます。
最近の耳かき音声は効果音を鳴らすたびに微弱な刺激を感じるものが多いですから
その効果をそのままサービスに盛り込んで癒すわけです。
片耳あたり25分をほぼ半々に分けて耳かき棒と梵天の音をたっぷり聴かせてくれます。

2つ目は1つ目と関連性のある要素ですが
耳かきパートには耳かき音が異なる3パターンのファイルが用意されてます。
aは細くて硬い音、bは幅広く若干ざらつきのある音、cは丸みを帯びたそこそこ鈍い音といったように
少し聴いただけでもはっきりわかるレベルの違いがあります。

簡単に言うと後になるほど音が重くなり耳に伝わる刺激も強くなります。
それ以外の部分(セリフや梵天の音)は一緒ですからご自分の好みに合わせてお選びください。
右耳はa、左耳はbと敢えて別の音にして楽しむのもいいでしょう。
同様のシステムを採用してる作品は「耳かき研究部 入門編&文化祭」などごく僅かです。

「ただ耳かきするんじゃなくって こうやって膝枕をしながら お話しながらって 気持ちよさがちょっと違いますよね」
3つ目は部活動の一環ということで彼女が彼を飽きさせないようあれこれ話しかけます。
学校の先輩後輩、しかもまともに話すのは今回がおそらく初めてなことを踏まえて
恋愛を匂わせることは特に話さず耳かきの話題をメインにしてます。

効果音のボリュームは結構多いのですが
会話量もそれなりにあるので音フェチ(ASMR)系の作品とはやや違います。
VOICE LOVERさんはシナリオに定評のあるサークルさんですし
その持ち味を活かすためにセリフを多めに盛り込んだのだと思います。

音、キャラ、セリフ、雰囲気など音声を構成する色んな要素でバランスよく癒す作品です。
素朴で温かみのある耳かき
耳かきはおよそ50分30秒間。
膝枕の状態で右耳→左耳の順に耳かき棒と梵天を使って綺麗にします。
耳に息を吹きかけるシーンはありません。

耳かき棒は「じじー ずっ」という細くて硬い音(タイプaの場合)
梵天は「ずずー ぞりぞり」という幅広く若干ざらつきのある音が使われており
長めのストロークでゆっくり掻き出したり壁をなぞる感じに動かす、軸を持って回転させると
器具ごとに異なる質感と動きで丁寧にお世話します。

私はaだと音が細いかなーと思ってbに変えてみたら丁度いい具合でした。
耳のあたりに微弱な振動が伝わってきてこそばゆい感覚がします。
穴の手前と奥で音の近さやトーンが若干変わるところもリアルで良いです。

「女の子のももに 頭を乗せる感覚ってどうですか?」
「綾もここで よく耳かきしてもらうんですけど やっぱり してもらってる時が一番幸せです」

最中の綾は女の子に膝枕されて緊張してる彼を落ち着かせたり
部活のことを話しながら彼女自身の気持ちを漏らすなど何気ないことを話します。
これらを通じて彼女が耳かきをどれだけ好きか、楽しんでるかが伝わってきて胸がぽかぽかしました。
専門店でよくするサービスの解説もなく家庭的な空気が漂ってます。

癒しの効果は非常に高いと言えますが
会話量が割と多い関係でサークルさんがおっしゃられてる「安眠効果バツグンです!」には首を捻ります。
安眠重視ならセリフをもっと削りボーッとできる時間を長く用意するのが望ましいです。

このように、彼女の年齢や経験に合わせた素朴な耳かきが繰り広げられてます。
シンプルで幅広い作品
耳かき自体はシンプルに行い、音のバリエーションなどで個性を出してる作品です。

綾はみみけんの活動に協力してくれた先輩に幸せなひと時を提供しようと
これまで磨いてきた技術を駆使して耳かきしながら親しげに語りかけます。
そしてその様子を3種類の耳かき音やのんびりした雰囲気でリアルに表現します。

サービスの種類をできるだけ絞る代わりに3種類の効果音を用意した耳かき
個々の時間を長めに取り、マッサージも組み込んで耳に断続的な刺激を与える作り
年上の男性に対して気後れすることなく積極的にコミュニケーションを取る彼女のキャラ。
明るさ、温かさ、穏やかさといった癒しの要素をいくつも含んだ耳かきが楽しめます。

中でも最初の特徴は耳かき音声によくある「好みのズレ」に対応してて素晴らしいです。
世間で高く評価されてる耳かき音でも自分には合わないと感じることがありますし
それをある程度解消しつつ繰り返し聴いた時の飽きも軽減する効果的な演出です。
処女作にこれを持ってきたということは今度も音にこだわった作品を制作されるのでしょう。

耳かきについては左耳の序盤で失敗する描写があるのが引っかかるものの
それ以外はよくまとまっていて安定感があります。
タイトルに#1がついてるということはシリーズ化されるのでしょう。
彼女が成長していくのか、それとも別のキャラが登場するのかはまだわかりませんが
今後どういう耳かき音声が生まれるのかとても楽しみです。

以上のことから今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:小山ハルさん
総時間 2:50:19(耳かき音が異なるファイルを合計した時間 1視聴あたりの時間は1:01:57)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
170分で700円とコスパがいいので+1してあります。

2018年6月23日まで25%OFFの525円で販売されてます。

あだると☆放送局4

サークル「シロクマの嫁」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、男の子やM男が好きなお姉さんたちが
シチュごとに異なるエッチをして気持ちいい射精へ導きます。

前半はおねショタを前面に押し出したあまあまなプレイ
後半はオナホやパンツを活用した調教色の強いプレイ、といったように
登場人物の性格や属性を大きく切り替えた幅広いエッチをするのが特徴です。
全編を通じて積極的に行う耳舐めも大きな魅力です。
3つの特徴を持つ5つのお話
お姉さんたちと色んなエッチをするお話。

「失礼しまーす ご指名ありがとうござ…あれっ?」
店員は明るくて澄んだ声のお姉さん。
自分の音声作品を聴いて興味を持ち来店した少年をやや戸惑った様子で迎えると
お礼を言ってから早速耳かきを始めます。

本作品は5つのお話がセットになってる短編集。
耳かき店、公園、防音室、お姉さんの家など登場人物と場所をその都度変えながら
およそ2時間25分に渡るエロ重視のサービスを行います。
サークルさんの嗜好をできるだけ詰め込んだ作品ということでどのお話も個性が強く
ファンの方ほど幸福感と性的快感の両方を強く味わえます。

全体を通じて言える特徴は大きく3つ。
ほぼアドリブで演技してること、前半と後半で属性が大きく変わること、耳舐めに力を入れてることです。

「気持ちいいならもっとやろっかなー よいしょっ このへんとかどうだろ? 気持ちいい?」
1つ目はどのお話も現実世界の会話に近い砕けた口調を心がけ
「よいしょ」など意味のない言葉を敢えて挟んで自然さを出してます。
シロクマさんは元から台本無しで録音する作風ですからいつも通りとも言えるのですが
タイトルの放送局っぽさを意識して普段以上に柔らかい言葉遣いをされてます。

2つ目は最初の2つのお話が正統派のおねショタ展開
残りの3つがややM~M向けのアブノーマル路線と方向性がかなり違います。
癒し系サークルさんのM向けプレイですからそこまでハードではないものの
一部のシーンでは軽く突き放しながらおちんちんを激しく責める容赦のない描写もあります。

お話が沢山あるのに全部似た内容だとどうしてもマンネリ感が出てしまいますし
それを払拭するためにわざと属性を転換してるのだと思います。
シリーズ4作目ということで過去作を視聴済みの方でも楽しめるように作られてます。

3つ目はサークルさんがこれまでずっと貫いてきたものをそのまま継承してる感じです。
全パート合わせたらエッチシーンのおよそ6割にあたる66分にもなり
舌先で穴の入口をぐりぐりする、唇で挟んでちゅぱちゅぱ吸い上げる、小まめにキスするなど
お話によってちゅぱ音のタイプや動きを切り替えてたっぷり舐め続けます。

これだけあると両耳を同時に舐めるプレイに期待する方もいるでしょうが
実際は「実験台(モルモット)で遊ぼう♪」に約5分のみと非常に短いです。
片方ずつじっくり舐めるのがメインであることをご留意ください。
時には甘く、時には意地悪に
一番最初の「耳かき店の可愛いあの子♪」は耳かき店が舞台。
店員さんのことを知ってる少年が貯めたお小遣いを握りしめて来店し
彼女に耳かき、耳舐め、手コキをサービスしてもらいます。
本作品はお話によって内容がまったく異なるため、普段の非エロ→エロではなくお話単位で説明していきます。

「そう言えば作品を聴いてるって言ってましたけど どんなの聴いてます? あぁみみぼん ちょっと懐かしい」
珍しいお客が来て彼女も最初は驚いた様子を見せますが
状況を把握した後は普段通りの落ち着いた態度でお世話します。
耳かき中の会話も何気ないものが多く、アドリブ演技も相まって和やかな空気が漂ってます。

耳かきは膝枕の状態で右耳→左耳の順に耳かき棒と梵天を使うシンプルなもの(約14分)。
前者は「ずりっ くしゅっ」というやや硬さのある乾いてて平べったい音
後者は「ぷしゅっ しゅるしゅる」と広くふんわりした音と器具ごとにまったく違うリアルな音を用意し
絶妙なペースと力加減でゆっくり丁寧にお掃除します。
最中の会話が割と多いので音フェチ系ではないものの、癒しのパワーはとても強いです。

耳かきの直後から始まるエッチシーンは2パート16分間。
プレイは耳舐め、手コキです。
手コキの際に効果音が鳴ります。

「じゃあ君が変態さんじゃない証拠 見せてもらいましょう」
両方の耳を綺麗にし、ヘッドマッサージに移ろうとした店員は
彼がなかなか仰向けにならないのを見て事情を察し耳舐めでさらに興奮させます。

エッチはどのお話も女性たちがリードします。
このお話の2番目にあたる「お耳、確認するね?」は耳舐め特化のパート(約11分)。
左耳→右耳の順に舌と唇を使って丹念に舐め回し、その合間に彼の心を探るセリフを投げかけます。

「気持ちいい 興奮しちゃうのは 変態さんの証拠だからね」
彼女は彼が膝枕や会話を通じて勃起したことも耳舐めで感じることもよく理解してます。
そのうえで「興奮したら変態さんだよ」と言うのは彼をからかいたかったからでしょう。
耳舐めも舌を小まめに、やや力強く動かして彼の耳を隅々まで味わいます。

最後の手コキは耳舐めと同時に行う少年には刺激の強いプレイ(約5分)。
短時間でもきちんと抜けるようにエッチな音の密度を高め、前のパートよりも激しく責め立てます。
それでいて最中の会話が優しいのがおねショタらしくていいですね。
最初は耳かき、次は耳舐めとサークルさんの得意な要素を繋いだ堅実なリードが光ります。

2つ目の「公園にいる可愛い子♪」は知り合い程度の関係にある男女がする秘密のエッチ。
公園で自分のことを探してた少年にお姉さんが声をかけ
ポッキーゲームで親睦を深めた後に2種類のあまあまなエッチを楽しみます。

このお話のエッチシーンは3パート27分間。
プレイはキス、乳揉み、おまんこの鑑賞、手マン、オナニー、耳舐め、お掃除フェラです。
手マンの時にほんの少しだけ効果音が鳴ります。

「あぁ チュー? んー そうだね チューしちゃったね」
彼女も以前から彼に興味を持ってた設定があるため
公園内にある体を隠せる遊具へすぐさま案内し、ポッキーゲームではあっさりキスする積極的な姿勢を見せます。
耳かき店員のようにからかうこともない甘やかし上手なお姉ちゃんです。

「あぁぁっ そうっ そのくらい 手のひらでこねてみたり ぎゅーって掴んでみたり」
「大丈夫 それはおしっこじゃないから もっと気持ちよくなれるから このままがんばろ?」

ここのメインにあたる「女の子の身体」と「男の子の身体」は性教育色の強いプレイ。
前半は彼女が彼に体を自由にいじらせ、後半は彼に耳舐めしながらオナニーのやり方を伝授します。
おっぱいやおまんこをいじられるたびに漏らす喘ぎ声がエロ可愛く
年上の女性に初オナニーや射精を見守ってもらうシチュも心身両面が満たされます。

「耳かき店の可愛いあの子♪」が非エロとエロをほぼ半々に分配してたのに対し
「公園にいる可愛い子♪」はエロに大幅に寄せてイチャラブ系のおねショタプレイを描いてます。
属性や雰囲気は似ていても個々に明確な違いを持たせてるあたりにサークルさんの心遣いを感じました。

残りの3パート65分間は短編作品。
「実験台(モルモット)で遊ぼう♪」「オナ禁中に聞く音声」「下着泥棒の犯人は?」とそれぞれ異なるシチュやテーマを掲げ
今までと違い男性を見下したり意地悪する方向で射精を応援します。

ここで登場するプレイはオナホコキ、耳舐め、両耳舐め、フェラ、耳キス、オナニー、パンツオナニーです。
オナホコキの際に効果音が鳴ります。

「これならさっきよりは辛くないでしょ? ほらほらどうですか?」
この中で最もリアルなプレイが味わえるのは「実験台(モルモット)で遊ぼう♪」(約30分)。
お姉さんが用意した2つのオナホを使い分けて寸止めを繰り返します。
どちらも開封するところから始めるのでそれに関する効果音がしっかり入っており
オナホコキも1つ目は「ぎゅっ」という空気混じりの水音、2つ目は「ごびゅっ」という弾力のある低く鈍い音と大きく違います。

「違うでしょ? ポチはご主人様のパンツを盗んでオナニーして それを怒られながらまた興奮して ご主人様の前でもおちんちんしごいてオナニーしちゃう変態な犬です ごめんなさい でしょ?」
変態度が最も高いのは最後の「下着泥棒の犯人は?」でしょうね(約17分)。
パートの最初から主人公のことを「ポチ」と呼び、下着を盗んだことを反省させながら耳舐めとパンツオナニーをします。

奴隷よりも愛玩動物に近い扱いを受けるので冷たさはそれほど感じません。
しかし人間としてまともに見てもらえない状況や、彼女のパンツをオカズに射精する展開が惨めな気持ちにさせてくれます。
サークルさんがおっしゃられてるように女性の下着を2枚用意しておくとより楽しめるでしょう。

このように、中の人の欲望をたっぷり詰め込んだ特徴的なエッチが繰り広げられてます。
性癖の幅が広い作品
短編集ならではの多彩さが売りの作品です。

女性たちは相手をする男性ができるだけ興奮し気持ちよく射精できるように
ある時は年上の優しさや温かさをストレートに込めて甘やかし
またある時は犬のように扱い心と体を貶めます。
そしてノーマルとMのバランスをほぼ均等に保ちつつ耳舐めをプレイの中心に据えてます。

リアルの会話にできるだけ近づけた自然な言葉遣い
前半と後半で属性やプレイを大きく切り替える展開、そして大ボリュームかつ高品質な耳舐め。
一見すると雑多なんだけど実は連携や統一感に配慮してる面白いお話の数々が楽しめます。

中でも2番目の要素は同じ属性内でもキャラやリードの方法に違いを持たせ
できるだけ多くのニーズに応えようとする心意気が込められてます。
サークルさんの趣味全開で作るにしても、それを受け止められる人がいなければ始まりません。
だから耳舐めの量を増やしたりバイノーラルが活きる演出を多く盛り込んでニッチさを薄めてます。

私個人は前半だと「公園にいる可愛い子♪」、後半は「実験台(モルモット)で遊ぼう♪」が好きですね。
前者は精通前の少年を優しく優しく導くおねショタの醍醐味が味わえるし
後者は音のリアリティを追求したサークルさんらしいプレイに仕上がってます。

構造上の理由で全員に全部のお話が突き刺さることはないでしょうが
新しい性癖の扉が開くきっかけになるかもしれません。
165分で700円とコスパが非常に良いので前半後半どちら目当てで聴いても金銭的に損はしません。
好き放題やってるように見えて実は聴き手に色々と配慮してるのが素晴らしいです。

射精シーンは4回。
ちゅぱ音大量、淫語それなり、くちゅ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

以上を踏まえてサークルさんでは13本目の満点とさせていただきました。
おまけは耳+首筋舐め2種とフリートークです。

CV:伊ヶ崎綾香さん
総時間 2:45:24(本編…2:24:14 おまけ…21:10)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ