同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:焦らし

   ● ほろ酔いメイド凪彩の淫語ささやき&耳舐め焦らし手コキ
   ● 【極・耳舐め】せんべろ2 -10分千円でお耳をべろべろに舐められちゃう耳舐め風俗店-【耳舐め特化】
   ● Dream in Succubus ~和キュバスの手練手管からかい吸精~
   ● 恥ずかしいゲームオーバーへようこそ 罠だらけゲーム式オナニーサポート
   ● 【ハイレゾ×KU100】監獄少女【収録時間2時間】
   ● 意地悪な少女に催眠支配される音声 地獄級射精禁止オナニーサポート バイノーラル仕様
   ● トロトロ!真理絵のドスケベチクニー開発サロン
   ● 【催眠音声】えっちがまん?すりーでいず(後編)
   ● 【催眠音声】えっちがまん?すりーでいず(前編)
   ● 蜜指しごき/柔紙に屈服自慰 鬼師匠の甘声とろかし(三枚のおふだvoice)


ほろ酔いメイド凪彩の淫語ささやき&耳舐め焦らし手コキ

サークル「DL製作班」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、ご主人様に友達っぽく接するラフなメイドが
ほろ酔い状態でちょっぴり意地悪なご奉仕をします。

焦らしながら淫語責めと耳舐め手コキを同時にするのが特徴で
前者は「おちんちん」「おまんこ」など特定の単語を囁き声で連呼し
後者は後になるほどペースを上げながら射精を禁止してもどかしい気分にさせます。
ほろ酔いメイドの静かなご奉仕
メイドの「凪彩(なぎさ)」が耳舐め手コキするお話。

「んんー なぁに? 文さん?」
凪彩はのんびり話す可愛い声の女の子。
ある日の夜、メイドたちの飲み会で泥酔し一人かくれんぼを始めると
その途中で寝てしまった自分を保護してくれた主人公に感謝します。

本作品は普通のメイドよりもご主人様に砕けた態度で接する彼女が
30分程度の時間を使って就寝前に淫語責めを交えた耳舐め手コキでご奉仕します。
この屋敷にはメイドがSEXの相手を交代で務める「おまんこ当番」という制度があるのですが
彼女は飲み会に参加した結果それをうっかり忘れてしまったそうです。

「あ、そうだ ねぇねぇ お姫様抱っこしてよ? お姫様抱っこで お部屋に連れてって?」
飲んで寝た直後ということで彼にお姫様抱っこを要求したり
エッチの途中でわざと焦らして彼の反応を楽しむなど
良い意味でメイドらしくない自由奔放な振る舞いを見せてくれます。
でも彼に対する好意や献身欲は強く、言葉と行動の両方でそれを伝えようともします。

エッチはプレイ時間が短めなことを踏まえて同時責めを主軸に置いてます。
手コキは「じりゅっ」というやや筋っぽい音を後になるほどハイペースで鳴らし
それと並行して左右の耳を個別に舐めたり囁き声による淫語責めを繰り出します。

「おちんちん シコシコ おちんちん シコシコ」
聴いた限りでは全体を10とした場合、耳舐めと淫語責めの割合は4:6くらいでした。
「おちんちん」「おまんこ」といったお馴染みの淫語を連呼し
その合間に手コキよりもソフトなちゅぱ音を鳴らす感じです。
寝る前のエッチなので通常よりもやや抑えた描写にし、それによるエロさの低下を同時責めで補ってます。

「焦らし手コキ」となってますがそこまで過度な意地悪はしません。
手コキを続けながら「まだ出しちゃダメ」と優しく諭す程度です。
寸止めも一切やりませんし属性はノーマル~ややMあたりかなと。
抜き要素の密度にこだわったエッチ
エッチシーンは29分間。
プレイは手コキ、耳舐め、淫語責め、お掃除フェラ(超短時間)です。
手コキ、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「そんなに凪彩とおまんこしたいんだー その前に一発抜いとく? 手でしてあげよっか」
主人公にベッドへ連れて行ってもらった凪彩は
彼がSEXしたがってるのを察し、その前にひとまず手で一回抜いてあげます。

エッチはメイドの彼女が責め続けます。
前半の13分間は比較的ソフトなプレイ。
おちんちんを取り出したらすぐさま手コキを始め、それと同時に「おちんぽ」を連呼して心も盛り上げます。
そして少し経つと左耳を舐めて別のエロ要素を提供します。

「ご主人様の感じてる顔 可愛いねー」
責めのペースが緩いためエロさは控えめなものの
彼のために頑張ってご奉仕する姿や淫語責めの合間に入るセリフが甘く
彼女がこの時間を楽しんでるのが自然と伝わってきます。
バイノーラル録音も相まって彼女がすぐ近くにいる感覚がしました。

後になるほど淫語責めが下品になるのもポイント。
おちんちん→ちんちん→おちんぽ→チンポ、といった具合に
エッチの進行度に合わせて言葉を変えて興奮しやすくしています。
最初から最後まで同じ表現だとどうしても単調になりますから
それを避ける意味でも有効な手段だと思います。

意地悪さが出始めるのはその後から。
これまでよりも手コキのペースを上げたうえで射精したそうな彼にそれを禁じます。

「ぴゅっぴゅさせて あ・げ・ないっ うふふっ」
彼女はメイドですからもちろん彼をいじめる気はありません。
囁き声で微笑混じりに柔らかく言って我慢しやすくしています。
そして最後の射精シーンではカウントの後に
ぴゅっぴゅのセリフと効果音を同時にぶつけて気持ちよく射精できるように応援します。

意地悪さと優しさのバランスに気を配ってるところが印象的でした。
両方が同じくらいの存在感を持ってるおかげで丁度良いあたりに収まってます。
淫語、ちゅぱ音、手コキ音が同時に鳴る時間も長めで1回抜けるエロさを十分持ってます。

このように、タイトルに入ってる各要素をバランスよく配置した穏やかなエッチが繰り広げられてます。
流れのある作品
サークルさんの世界観に当てはめてシンプルなエッチをする作品です。

凪彩はおまんこ当番でありながらそれを忘れて酔っ払ったことへのお詫びに
彼のおちんちんと耳を同時に責めながら淫語をガンガン言って興奮させます。
そしてある程度経つとわざと射精を禁止して性感をさらに溜めます。

友達感覚で接してくるメイドがご主人様に軽めのご奉仕をする甘いシチュ
プレイ自体は淫語責め+耳舐め手コキで絞り込み、シーンによって責め方を変化させる丁寧な作り
前半はひたすら優しくしてたのが後半に入ると若干意地悪さを見せる焦らし展開。
作品が持ってる特徴をストレートに組み合わせてひとつのサービスを作り上げてます。

中でも2番目の要素はできることが限られてるからこそ有効に働いてます。
耳舐めは最初から最後までほぼ同じちゅぱ音を維持し
手コキはよりハードに、淫語はより下品に変化させて抜ける環境を整えます。
たぶんここで耳舐めまでこだわってたらごちゃごちゃしたエッチになってたでしょうね。
掘り下げるべきところとそうでないところをしっかり見極めてるのが素晴らしいです。

射精シーンは1回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

CV:一之瀬りとさん
総時間 39:50

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2020年3月31日まで20%OFFの440円で販売されてます。
(福袋キャンペーン対象作品 詳細は以下のページをご覧ください)
http://doonroom.blog.jp/archives/82493129.html



サークル「HORNET」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、耳舐めをメインに行う変わった風俗店を舞台に
そこの店員さんが顔馴染みのお客に濃いサービスをします。

タイトル通り耳舐めに大変力を入れてるのが特徴で
量だけでなく質感にもこだわり、シーンによって舐め方を小まめに変えて耳に心地いい刺激を送ります。
音が個性的ですから耳舐め作品をよく聴いてる人でも新鮮に感じるでしょう。
もっとディープな耳舐めの世界へ
耳舐め風俗店で道明寺さくら子から再びサービスを受けるお話。

「ほんとに いいんですか? 今日はキャンペーンやってないから 10分1000円ですよ」
さくら子は明るくて可愛い声の女の子。
前回耳舐めされて病みつきになった主人公に料金を確認すると
サービスの注意事項やオプションについて説明します。

本作品は2019年11月に発売された「せんべろ-千円でべろべろになるまで舐められちゃう耳舐め風俗店-」の続編。
彼女に街中で呼び止められ、サービスを受けた結果すっかりハマった彼が
再びお店を訪れ以前よりも踏み込んだご奉仕を受けます。
お店では10分1000円の設定ですが音声は125分で770円とお手頃です。
物語は完全に独立してますから前作未視聴でもまったく問題ありません。

「すごいね 耳舐めだけでこんなに幸せになれちゃうなんて」
最大の魅力はもちろん耳舐め。
エッチシーンのほぼ全編に渡って左右どちらかの耳を徹底的に舐め続けます。
こういう場合右と左をほぼ半々に分けて進めることが多いのですが
この作品では右耳と左耳の2パターンを用意し、パート内では片方だけに絞ってます。
「どこを聴いても耳舐め」と言えるくらいに充実してます。

しかしせんべろは耳舐めの質についても十分な個性を持ってます。
耳の外側よりも内側や穴の入り口を責める時間をずっと長く取り
その際に通常よりも近く、深く、鈍い音を鳴らして刺激を送ります。

昨年あたりからこういう深さを追求する耳舐め作品がそこそこ出てます。
それらとの差別化を図るために本作品では若干ざらついたちゅぱ音をよく鳴らします。
耳舐めをよく聴いてる人ほど体験版を視聴した時に「何かが違う」と感じるのではないでしょうか。
舌の腹にあるざらついた質感を音で忠実に表現してます。
私が知る限りこういう音を鳴らすのは今のところせんべろシリーズのみです。

「してほしい? お耳に あつーい息 かけてほしい?」
彼女についてはちょっぴり意地悪な店員さんと呼ぶのが妥当な女性です。
耳舐めをがっつりやる中で適度に彼を焦らして性感を高め
また一部のシーンでは追加サービスを提案してお店の売り上げに貢献しようとします。

風俗店でお金が絡むのは当たり前のことですし、金額もぼったくりと言うほど高くはありません。
意地悪に振る舞うのは前作よりも仲が良くなったことを表現したかったのかなと。
焦らすのはおちんちんだけで耳舐めはしっかりやってくれます。

質量共に優れた耳舐めと焦らし気味に責める彼女のキャラ。
前作の良かったところを継承しつつ、さらに一歩踏み込んでるノーマル~ややM向けの作品です。
耳舐め尽くしのエッチ
エッチシーンは5パート115分間。
プレイは耳への息吹き、耳キス、耳舐め、乳首責め、太ももを撫でる、手コキ、パンツコキです。
エッチな効果音はありません。

「それじゃ かるーくウォーミングアップから」
主人公に密着しながら料金システムを説明したさくら子は
耳舐めを始める前に息を吹きかけて軽く温めます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の2パート31分は耳に特化したプレイ。
「[01]ほんとにいいんですか?」は耳への息吹き、「[02]極・耳舐め」は耳キスや耳舐めをします。

「あーれー? どうして そんなにビクンビクンしちゃうのかな?」
彼が再び来店してくれたことが嬉しかったのでしょう。
01パートは耳舐めじゃないから無料だと告げ
口をすぼめて息を吹いたり口を開けて吐きかけて風圧を送ります。
本作品はほぼ全編が囁き声になってまして、彼女が話す時にもちょっぴりゾクゾクします。

02パートは耳舐めの手始めということでバリエーションにこだわってます。
耳に唇をつけたり離すキスから始まり、耳の裏側を舐める
耳たぶをしゃぶる、内側を舐める、穴の入り口に舌先を入れると
後になるほど刺激が強く鈍い音へと変化します。

「さて お次は 耳の裏側から 首筋にかけて」
音だけでもだいたい違いはわかりますけど
舐め方を変えるたびに何をするか教えてイメージしやすくしてます。
ひとつひとつのペースをわざとゆっくりにしてるのも聴きやすくするための工夫でしょう。
前作を聴いてない人でもこの作品の特徴がわかるようにプレイを進めます。

続く2パート49分間はおちんちんも一緒に責めるシーン。
「[03]極・耳舐め手コキ」は手コキ、「[05]極・耳舐めパンツ手コキ」は彼女の脱ぎたてパンツでしごきます。

「はーい 残念 まだパンツの上からでした」
聴く前は同時に効果音も鳴らすのだろうと思ってたのですが
実際は音を入れずに実況と「かりかり」などの掛け声で表現してました。
耳舐め特化の作品でそれ以外の音を鳴らすと個性が薄れますしいいんじゃないかなと。
耳舐めは内側を舐める、穴の入り口へ舌先を押し付ける、そのまま出し入れすることが多かったです。

「ほら 私がお耳マンコ犯してあげる いっぱい感じさせてあげる」
特に05パートは彼女の舌をおちんちん、彼の耳穴をおまんこに見立ててよくピストンします。
リズミカルな動きに合わせて軽い圧迫感もあってとてもリアルでした。
彼女が目の前でパンツを脱ぎ、少し濡れたそれでおちんちんをしごくシチュにもグッときます。
私個人はこのパートが一番抜きやすかったです。

最後の「[06]極・耳舐めオンリー」は名前の通り耳舐めを35分ほど続けます。
セリフも入ってませんから完全に耳舐めだけを楽しむ作りですね。
サービス中はそこそこしゃべるので、こういう音だけのパートが用意されてるのはありがたいです。

このように、耳舐めをがっつりやりながらエロさも出してるテーマ性の強いエッチが繰り広げられてます。
耳舐めを独自に追及した作品
現在競争の激しいジャンルをサークルさんならではのやり方で掘り下げてる作品です。

さくら子は再び来店してくれた主人公を満足させようと
お店の売りである耳舐めを長時間に渡って行い、一部でおちんちんも気持ちよくします。
そして耳舐めは近さ、深さ、鈍さを大事にしたリアルな音を鳴らします。

可愛くてちょっぴり意地悪な女の子が男性客を独特なやり方でもてなすシチュ
全編を通じて行われる多彩かつ個性的な耳舐め
密着して囁きながら軽く焦らしたりエッチなイメージを提供して興奮させるアプローチ。
最大の武器である耳舐めが活きるように作品を組み立ててます。

耳舐めはここ2年ほどの間に急成長したジャンルで
現在も毎週のようにそれをテーマにした作品が出てます。
この状況で普通の耳舐め作品を出しても注目を浴びる可能性は高くありません。
だからこういう特徴的な音と責めをする作品を制作されたのでしょう。

結構パワフルな音を鳴らしますけど、ペースが緩く手加減もしてるので頭に響くほどではありません。
焦らしも弱めにしてありますし、サービスとして成り立つあたりに調整してます。
「耳舐め好きなら是非聴いてほしい」と言える逸品です。

射精シーンは2回。
ちゅぱ音大量、淫語それなり、喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて前作と同じく満点にさせていただきました。

CV:遊佐ミコトさん
総時間 2:05:44

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は9点。
コスパを考慮し+1してあります。

2020年4月6日まで15%OFFの654円で販売されてます。



サークル「graygreed」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、京都あたりの方言で話す上品なサキュバスが
夢の中でエッチしながら男性の精気をゆっくり吸い取ります。

彼女のキャラに相応しい焦らしや寸止めを重視した責めをするのが特徴で
最初の2パートは乳首や耳といった射精に直結しない性感帯を主に刺激し
最後のSEXも中盤までは休憩を適度に挟みながら腰を打ちつけて気持ちよく出せるようにリードします。
搾精死がテーマになってますが描写はかなり柔らかいので、ややMあたりの人でも問題なく聴けるでしょう。
夢の中で上品なサキュバスと
和キュバス(色喰い)と3種類のエッチを楽しむお話。

「はじめまして ようおこしやす」
和キュバスは方言で話す艶っぽい声のお姉さん。
自分の夢の中に来てくれた主人公を嬉しそうに迎えると
ここがどこか、彼女が何者かといった基本的なことを教えます。

本作品は音声作品によく登場するサキュバスとは違った個性を持つ彼女が
偶然迷い込んできた彼を75分程度に渡って優しくもてなします。
彼女は他のサキュバスと同じく男の精が大好物ですが、それを無理矢理奪おうとはしません。
彼に対しても事前に同意を得た後ゆっくり責めて性感を少しずつ高めます。

「ひどいことはなんもせえへん せやから安心して 食われてしまい」
和風サキュバスの名に相応しく京言葉で終始語りかけ
耳、乳首、おちんちんをバランスよく責めるまったりしたエッチです。
強めに焦らしますけど彼女の声や態度が優しいおかげで雰囲気はとても穏やか。
「可愛い」「よーしよーし」といった甘やかすセリフもあって大人の余裕を感じます。

彼女のキャラを大事にしたからでしょうけど
カタカナや英語を極力使わずにセリフを組み立ててました。
耳元至近距離から吐息を漏らすシーンも多く風情のあるエッチが楽しめます。

体への責めについては乳首責めや耳舐めで気持ちを高めてからSEXで搾り取ります。
魔法をかけたり尻尾を使う描写は特になく、人間の女性とするのにとても近いです。
ただそれだとサキュバスっぽさが出ないから終盤に貪欲なところを見せてくれます。

「耳舐めシーンも多い」と販売ページの説明文に書いてありますが
確認したところ合計でおよそ17分でした。
質感は良いですけど量はそれほど多くないのでご注意ください。

京美人と呼ぶのがぴったりなサキュバスがたっぷり焦らしてから一気に搾精する。
サキュバスの特徴と作品固有の要素を組み合わせた落ち着いてる作品です。
いたわりながら責めるエッチ
エッチシーンは3パート57分間。
プレイは乳首責め、足コキ、耳舐め、SEX(対面座位)です。
SEX、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「天国を見せたるさかい 覚悟しーやっ ふふっ」
主人公に事情を説明し帰り道まで教えた和キュバスは
彼がやる気になってるのを見て服を脱いでもらい、まずはソフトに責めます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の2パート32分間は射精に向けて準備するシーン。
「02_乳首責め」は乳輪&乳首責め、「03_乳首責め足コキ」は乳首責め+足コキ+耳舐めをします。

「くるー くるー くるっ すりー すり すりっ」
「お兄さんの乳首 綺麗やね 乳輪も 艶があって撫でやすいわ」

エッチに入っても彼女の上品なキャラはまったく変わりません。
音は鳴らさず「くるくる」「すりすり」といった擬音語で乳首責めの様子を実況し
その合間に彼のことを褒めて心も温めます。
責め方が変化に富んでてエッチ慣れしてる印象を受けました。

実況がとても丁寧ですから、聴くだけよりも一緒にいじったほうが気持ちよくなれると思います。
乳輪を撫でる→乳首に軽く触れる→爪で優しく引っかく→指の腹で撫でる、といった具合に
後になるほど刺激が強くなるように責めて焦らしながら気持ちよくします。

03パートは名前だけを見ると乳首責めや足コキが主役に思うでしょうけど
実際は耳舐めが18分中14分と最も高いウェイトを占めます。

右耳、左耳いずれも外側を大きく舐める→内側で舌先を小刻みに動かす流れで責めてました。

外側の時はクリアだったちゅぱ音が内側に移動すると音の位置が一段階近づき
さらに質感が低く鈍いものへと変化します。
両者で舐め方に明確な違いがありますし、この品質ならサークルさんが推すのも頷けます。
だからこそもうちょっと長くやって欲しかったなって思いますね。

乳首責めや足コキについては02パートと同じくセリフで表現します。
といっても耳舐めを多くやるため前のパートよりも実況が随分減ってます。
この内容なら耳舐めが主役で他のプレイはおまけと呼ぶのがしっくりきます。

最後の「04_居茶臼(対面座位)」はお待ちかねの搾精シーン(約25分)。
主人公の体が十分出来上がったのを見計らって和キュバスのほうからSEXを持ち掛け
その直前にとある約束をしてから対面座位で繋がります。

「よう我慢できたね 偉いな よーしよーし」
このへんから本性を現すのだろうと思いきや
比較的ゆっくりペースでピストンしつつ時折休憩を挟む穏やかなリードをしてくれます。
止まってる最中は耳や乳首を責めて性感を維持するなど男の扱いが本当に上手です。

しかし1回目の射精を迎えた後から彼女の態度が大きく変わります。
こちらのほうがサキュバスのイメージに近いでしょうね。
時間は4分程度とかなり短いですけど「搾り取る」と呼ぶのがぴったりな責めっぷりで強烈でした。

最初から最後までまったりしてたら近所のお姉さんと変わりませんし
少しくらいは性に対する貪欲さを見せたほうがキャラも引き立つと思います。
終盤まで緩く責めてそこから一気に追い込むギャップのあるプレイでした。

このように、心身にできるだけ負担をかけずに精気をいただく彼女らしいエッチが繰り広げられてます。
マイルドなサキュバス作品
従来のサキュバス作品とほぼ真逆の路線を歩んでる作品です。

和キュバスは自分の領域にやって来た主人公から美味しい精をいただこうと
まずは乳首や耳を重点的に責めて興奮させつつ焦らします。
そして最後はおまんこを使って精液を出せなくなるまで搾り取ります。

和風情緒漂うサキュバスが男性からゆっくり搾精するややM~M向けのシチュ
京都あたりの方言で穏やかに語り掛ける彼女の上品なキャラ
1回目の射精まで長めの時間を取り焦らしながら責めるマイルドなエッチ。
サキュバスによくある激しさや下品さを追求する方針とは違うやり方で作品を組み立ててます。

「無理せんと いつでもお声出してええからね」
中でも彼女は本作品を最も特徴づける要素と言えます。
男の精が大好きなのにも関わらず彼を物ではなく対等な相手とみなし
そのうえできっちりもてなしてから精液をいただく無理のない流れで進めます。
最中のセリフも彼をいたわったり褒めるものが多いです。

終盤の数分間だけはかなり激しく責めますけど、全体の雰囲気を覆すほどではありません。
年上の女性に優しくされるシチュが好きな人ほど楽しめるでしょう。

エッチは正直もうちょっとエロさが欲しいかなぁと。
全体的に大人しいので耳舐めをもっと増やすとか
言葉責めをもう少し頑張るなどしたほうが実用性は上がりそうです。
焦らし系のM向け作品の多くは体への責めの弱さを言葉責めで補ってます。

射精シーンは3回。
淫語と吐息それなり、くちゅ音とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

EXトラックは「04B_乳首責め足コキ射精」です。

CV:小石川うにさん
総時間 1:22:31(本編…1:16:26 EXトラック…6:05)

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります



サークル「B-bishop」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、可愛くて結構意地悪な女の子が
ドMな男性にゲーム形式の変わったオナサポをプレゼントします。

冒頭に渡された3つのアイテムを聴き手が好きなタイミングで使えたり
ステージ内に鍵を隠し、その取得数によって射精の内容が変わるなど
基本ルールを定めたうえである程度の戦略性や幅広さも持たせた独特なエッチが楽しめます。

※販売ページの説明文が普段よりも内容を伏せてあるため
本レビューもそれに合わせていつも以上にネタバレを回避してます。
女の子とするエッチで過酷なゲーム
ガイドの指示に従ってオナニーするお話。

「ようこそ ゲーム式オナニーサポートの世界へ」
ガイドは明るくて可愛い声の女の子。
とっても楽しくて残酷なオナニーを求めてる主人公に挨拶すると
ゲーム式オナサポの基本ルールやシステムを説明します。

本作品は2018年5月に発売された「惨めなゲームオーバーへようこそ ゲーム式オナニーサポート」の続編。
メスガキと呼ぶのがぴったりな可愛くて生意気な性格の彼女が
ドMな男性を相手に個性の強いオナサポをします。
コンセプトが一緒なだけでキャラやストーリーは別ですから前作未視聴でも大丈夫です。

この作品を個性的と言う最大の要因はゲーム性。
物語の冒頭に「懇願カード」「自罰カード」「ワープカード」を配布し
3つあるステージの中で好きな時に使える
ルールが設けられてます。

「まずは懇願カードを3つ これを使えばお兄さんはオナニーの手を止めることができるの」
懇願カードは彼女が「変態」と言うまでオナニーを休憩できる
自罰カードは「ばーか」と言われるまで竿ではなく亀頭オナニーをするなど
それぞれに違った効果があり、かつプレイ中に彼女が効果を打ち消そうと働きかけてきます。
ワープカードは使用した瞬間にそのステージを強制終了できるかなり強力なアイテムです。

オナサポは女性の指示通りにオナニーする受け身のスタイルが定番ですから
そこに聴き手がある程度能動的に動ける要素を加えて面白味を出してます。
072LABOさんの作品全般に割と近い内容ですね。
ステージごとに異なるプレイを繰り出してきますし変化に富んでます。

本作品を面白くするもうひとつの要素は鍵の存在。
各ステージにひとつずつ隠されており、ある条件をクリアすれば手に入ります。
そして得られた鍵の数によって射精の手段が変わります。

鍵を取れたかどうかは各ステージの最後に判定するので
1回目の視聴時にそれが何かはわかりません。
途中で彼女がヒントっぽいことを言ってくれますけど難度は割と高いです。

また射精パート以外にも5つのゲームオーバーパートが用意されており
そこでは後になるほどより雑なやり方で射精に追い込みます。
射精はさせてもらえるのでスッキリできると思いますけど
物足りないとかもやもやするといったしこりを残す人がいそうです。

3つのアイテムを駆使して3つのステージに挑戦する仕組みと多種多様な射精パート。
前作よりもゲーム性と幅広さを向上させたやりごたえのある作品です。
後になるほど過酷さが増すエッチ
エッチシーンは12パート??分間。
プレイは両耳舐め、オナニー、疑似〇〇です。
エッチな効果音はありません。

「お兄さんは今から私のおもちゃ おもちゃはご主人様の命令を守らないといけないの」
冒頭のガイダンスパートでオナサポやアイテムに関する説明を一通りしたガイドは
主人公に服を脱いでもらった後に最初のプレイに取り掛かります。

エッチは終始彼女が責め続けます。
一番最初の「02.ファーストステージ お人形さん遊び」は小手調べと呼ぶのが妥当な内容。
おちんちんの根元を持ったまま両耳舐めを受けて勃起させ
それから開始と停止のタイミングだけを定めるゆるーいオナニーで体を温めます。

ちなみに本作品は時間をわからなくするために全パート30分で揃えられてます。
プレイを終えたら無音になるので次のパートに進むといいでしょう。

「女の子の前なんだよ? 変態だねー そんなことしちゃうのは 変態以外にありえないよねー」
まだ序盤ということで彼女もきつい追い込みをかけたりはしません。
生意気さが引き立つようにこちらを軽く見下す言葉責めを適度にします。
そしてその中に「変態」や「ばーか」を盛り込みアイテムの使用を妨害します。
時間もそれほど長くありませんし、このルールに慣れるさせることを意識してるようです。

次の2パートは一転してハードな責めを繰り出します。
「03.セカンドステージ」はリズム遊び、「04.サードステージ」は徹底射精我慢遊びをテーマに掲げ
時間内にアイテムを使わせゲームオーバーへ追い込む意思を持って進めます。

「ほらほらお兄さん チンポちゃんとどんどん危なくしてる? ちゃんと見てるぞー」
サークルさんが内容を伏せられてるので詳細は秘密にしますが
どちらのステージもオナサポ経験者ならお馴染みの要素をメインに据えてます。
実際にやってみた感じではサードステージのほうが厳しかったです。
あと鍵の入手は設定されてる条件だとクリアできない人が結構いるんじゃないかなと。

そうやって3つの試練を潜り抜けた後、ようやく射精シーンが訪れます。
射精ステージ、エクストラステージ、スペシャルエクストラステージが用意されており
各ステージで獲得した鍵の個数に応じてゴールが変わります。

「あぁ 出る出る出るぅ 金玉に溜め込んだゼリーみたいなザーメン出ちゃうぅ」
射精する点だけで見ればこれらはすべて一緒です。
でも内容や彼女の態度にそれなりの違いが見られます。
甘さが一番強いのはエクストラステージで、屈辱感は射精ステージが高かったです。
スペシャルエクストラステージは前の2つの後に登場するのでしごく時間が最も長くなります。

作品を聴いた感想ですが、従来のB-bishopさんの作品に新しい要素を盛り込んであって熱中できました。
今まではシコシコボイスやカウントを厚めに入れる正統派のオナサポをしてたのが
今作は聴き手が任意で発動できるアイテムを用意し、さらに射精パートが合計8個も存在します。

メインにあたる3つのステージは全部足してもそこまで長い時間にはなりません。
ですからオナサポを聴き慣れてる人ならアイテムを使わずにクリアするのは可能だと思います。
鍵を探す要素を加えたのはハードさ以外の手段で難度を上げたかったからでしょう。
これの獲得数に応じて射精パートの内容が変化する流れも面白いです。

全パートを30分に揃えたことによって
聴き手が毎回次のパートに進む動作をする必要がある点だけは気になりましたが
サークルさんはそれによって生まれる手間よりも先が見えない面白さを優先されたのでしょう。

このように、従来のオナサポに不確定要素を盛り込んだ真新しいエッチが繰り広げられてます。
幅広い作品
現在出てるオナサポ作品にマンネリ感を抱いてる人にこそ聴いてほしい作品です。

ガイドは通常のオナニーではもう満足できないドMな主人公を気持ちよくしようと
最初からやや生意気な態度でゲーム式オナサポの説明と進行をします。
そして各ステージだけでなく射精パートでもまったく異なるプレイを繰り出します。

メスガキっぽい女の子がゲーム形式でオナニーを制御するM向けのシチュ
3種類のアイテムを駆使してステージクリアと鍵取得を目指すテーマに沿った展開
その結果によって射精パートが切り替わる幅広さを持たせた作り。
受け身の姿勢や一本道といったオナサポが抱える問題を解消する方向で作品を組み立ててます。

中でも2番目は本作品を最も特徴づけてる要素と言えます。
タイトルに「罠だらけ」とあるように、この作品にはいくつかのトラップが仕掛けられてます。
それを見つけ、食らっていくのもMにとっては堪らないのではないでしょうか。

エッチはやること自体は割かしシンプルにし、ルールやシステムで個性を出してます。
アイテムの使用がやや手間取るかもしれませんけどオナニー自体は至って簡単です。
プレイまで複雑にすると快感に集中しにくくなるので良い調整だと思います。

射精シーンは合計8回。
淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 重複抜きで1:30:00ほど

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります



サークル「テグラユウキ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、自分だけの監獄を持ってる謎の女の子が
そこに捕らえられた年上の男性をエッチな手段で躾けます。

キャラとプレイの両方にギャップを持たせてるのが特徴で
前者は穏やかな態度で囁きながらじっくり時間をかけて自分のおもちゃに変え
後者は序盤から中盤は焦らし&寸止め、終盤はノンストップの連続射精へと追い込みます。
身も心もモノにしたくて
監獄少女さやねがおじさんと色んなエッチをするお話。

「あれぇ? どうしたの? おじさん」
さやねは明るくて無邪気な声の女の子。
監獄からの脱出に失敗した主人公に無駄だと言うと
ここや彼の今の境遇を簡単に説明します。

本作品は何らかの事情でこの監獄を管理してる彼女が
好意を抱いてる彼を捕まえ140分程度に渡ってゆっくりじっくり弄びます。
彼女が常に「おじさん」と呼ぶことや、ホームレスを匂わせる描写があることから
彼はおそらく天涯孤独の身なのでしょう。
そんな事情を踏まえて彼女はここで彼を養うために調教じみたプレイをします。

「こうやって おじさんを閉じ込めて 自由を奪って 鎖で繋いで動けなくして さやねのことしか考えられなくしてるのは おじさんのことが気に入ったからなんだよ」
最初から彼に良い感情を抱いてることをはっきり伝えたうえで
外へ出さない代わりに耳、乳首、おちんちんをねっとり責めて気持ちよくします。
上下関係は割とはっきりさせますけど、密着したまま囁くシーンが非常に多いため
監禁されてるとは思えないほど雰囲気は穏やかです。

彼女がなぜここまで彼の面倒を見たがるのかはよくわかりませんけど
彼と一緒にいたいという強い気持ちがあるのは事実です。
ただし、彼よりも自分の意志を優先するところがあるのでヤンデレに近いキャラと私は見てます。

プレイについては密着してる状況を活かして耳舐めや息吹きを小まめに挟み
彼が屈服する中盤までは射精をひたすら禁止します。
そして終盤は時間の限り責め続けて精液を搾り取るスタイルに一変します。

焦らし&寸止め、連続射精いずれもハード路線なので属性はM~ドMが丁度良さそうです。
実際にやってみたら体にかなりの負担がかかると思われます。
耳舐めは頻度は多いですけど5秒くらい舐めてから長めに話すのを繰り返す形になっており
全パート合計しても15分程度とおまけに近い位置づけです。
言葉責めよりも状況説明のセリフが多く、プレイの様子をイメージしやすくなってます。

穏やかな態度で重めの愛情を注ぐ彼女のキャラと落差の大きいエッチ。
監獄のイメージを大事にしつつ多少の甘さを持たせた独特なシチュの作品です。
じわじわと追い込むエッチ
エッチシーンは8パート96分間。
プレイは耳舐め、おちんちんの根元を縛る、手コキ、乳首舐め、フェラ、パイズリ、クンニ、SEX(騎乗位)、潮吹きです。
手コキ、パイズリ、クンニ、SEX、潮吹き、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「じゃあ おじさんの期待に応えて 早速 おじさんのことをいじめてあげるね」
次の日の朝、主人公が入ってる監獄に再びやって来たさやねは
「怖いことはしない」と伝えたうえでエッチな悪戯を始めます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の4パート51分間は彼の心を突き崩すことを目指したプレイ。
トラック2はソフトな耳責め(約14分)、トラック3は耳舐め&息吹き(約13分)
トラック4は耳舐め手コキ(約13分)、トラック5は乳首舐め&フェラ(約11分)と
後になるほど踏み込んだものを繰り出します。

DLsiteの販売ページにはトラックや時間の構成が一切書かれてないので
本レビューの最下部、追記部分に記載しておきました。
そちらを事前に見ておいたほうが流れを掴みやすいかもしれません。

「そのうち お耳だけでも おじさんが射精できるように 躾けちゃおっかなー」
この時点の彼は彼女に対して反抗的な態度を取っており
彼女もどちらかと言えば飴よりも鞭の割合を多くして脱走を諦めさせようとします。
トラック2と3はおちんちんに指一本触れずに生殺し状態へ持っていき
いじり始めた後も射精だけは絶対に食い止め、自分に従えば出させてあげると言います。

体重視の快楽責めとでも言いましょうか。
男性が持つ射精への欲求を爆発させない程度にくすぐっててなかなか巧妙です。
耳舐めはほんの少しやってしゃべるシーンが多くエロさ控えめでした。

2人の関係が大きく変わるのはトラック6から(約14分)。
数日後の朝、朝食を持ってきたさやねが彼の勃起に気づき耳舐め手コキをプレゼントします。

「やっと言えたね これでもう おじさんは さやねのものだからね」
このへんまで来ると彼も相当に参ってるらしく
彼女の再度の呼びかけに応じてとうとうここで暮らすことを決心します。
それを聞いた時に見せる彼女の嬉しそうな表情が印象的でした。
そして今まで我慢し続けた彼の頑張りに応えてようやく射精の許可を出します。

1時間以上も焦らしに焦らした後の射精シーンだったので
実際に迎えた時は腰が軽く抜けるような快感が襲ってきました。
射精後にお掃除フェラで精液を舐め取る彼女の姿も愛らしいです。

しかし彼女は病的な愛情を持ってるキャラですからこれでおしまいではありません。
ここからはペットあるいはおもちゃとしての過酷な生活が始まります。

「ふふっ おじさん そんなにじっと見つめて やっぱりおっぱい好きなんだね」
「もしかして もう出せないなんて言うつもり?」

自分からおっぱいやおまんこを見せつけて彼のやる気を出しつつ
トラック7はパイズリで1回(約8分)、トラック8はSEXで2回(約11分)
トラック9は耳舐め手コキで2回の絶頂へと追い込みます(約12分)。
最中のセリフも彼が従順な時とそうでない時で落差が大きいです。

トラック2~5はパートごとに日付が変わるのに対し
トラック6~9はすべて同じ日に行ってる
ところにもハードさを感じます。
今までと同じく穏やかな態度で精液を根こそぎ搾り取ろうとする姿がヤンデレらしいなと。

このように、じっくり溜めてから精魂尽き果てるまで吐き出させるハードなエッチが繰り広げられてます。
ギャップが魅力の作品
穏やかな雰囲気で割とえげつないことをする作品です。

さやねは一定以上の愛情を抱いてる主人公を監獄の住人にしようと
多くのシーンで密着し囁きながらまずは射精をとことん制限して悶えさせます。
そして彼の気持ちが変わった後は一転して連続射精へ追い込みます。

声は可愛いけど性格はドSな女の子がおじさんをエッチに弄ぶM向けのシチュ
序盤から中盤は焦らしと寸止め、終盤は連続射精を主体にしたエッチ
囁き声で話しかけながらハードに責めて心を折ろうとする彼女のキャラ。
キャラとプレイの両方にふたつの顔を持たせ、シーンによって変化させます。

中でも2番目は途中まで聴いた段階では「随分生ぬるいなぁ」と思ってただけに
トラック7以降から始まるノンストップの連続射精がより際立ってました。
最後の1回だけは彼が潮吹きするなど、その過酷さを聴き手に伝える工夫もされてます。
耳舐めは弱いですけどおちんちんへの責めはハードなので実用性はそれなりです。

気になった点は彼女や彼のことが結局何もわからなかったことと耳舐めです。
前者は彼が監禁されてるところからスタートし、一通りエッチしたらそのまま終わりを迎えます。
私はてっきり最終パートで色々明らかになると思ってたものですから残念ですね。
もうちょっと後味が良くなるように物語を組み立ててほしかったです。

もうひとつの耳舐めは口を少しつけたらすぐセリフを言う感じで正直中途半端でした。
しゃべる時と舐める時ではっきり分けたほうがいいんじゃないかなと。

絶頂シーンは6回(射精5回、潮吹き1回)。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

以上を踏まえてこちらの点数とさせていただきました。
囁き主体のM向け作品が好きな人には特におすすめします。

CV:結姫うさぎさん
総時間 2:20:40

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2020年2月28日まで15%OFFの1122円で販売されてます。

パート構成と時間は以下の通りです。
トラック1 「監獄少女さやねちゃんに閉じ込められる」    10:15
トラック2 「監獄少女さやねちゃんの耳舐め焦らし」     17:53
トラック3 「監獄少女さやねちゃんの言葉攻め焦らし」    16:57
トラック4 「監獄少女さやねちゃんの耳舐め手こき」     15:35
トラック5 「監獄少女さやねちゃんの乳首舐めフェラ焦らし」 16:15
トラック6 「監獄少女さやねちゃんの朝立ちちんぽいじめ」  16:34
トラック7 「監獄少女さやねちゃんのパイズリ」       15:37
トラック8 「監獄少女さやねちゃんと騎乗位生えっち」main  15:16
トラック9 「監獄少女さやねちゃんの連続射精搾り」     16:16



サークル「B-bishop」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、可愛くてとっても意地悪な少女が
ドMな男性に焦らしと寸止めを組み合わせたハードなエッチをプレゼントします。

シリーズの特徴を継承しつつ催眠を絡めてるのが最大の特徴で
序盤に催眠をかけて彼女の言葉に従える状況を作り
それからシーンによって異なるプレイを繰り出して絶頂をギリギリまで我慢させます。

今回は最も激しいヘルモードのレビューをお送りします。
催眠の力でさらなる地獄を
少女に催眠をかけられ絶頂を我慢し続けるお話。

「こんばんはお兄さん 私に会いに来たってことは エッチなことしたいってことだよね?」
少女は甘く可愛い声の女の子。
音声を聴く際の注意点や各難易度の違いを簡単に説明すると
自分に会いに来た主人公を嬉しそうに迎えます。

本作品はこれまで6作出てる地獄級オナニーサポートの最新作。
1作目「意地悪な少女に完全支配される音声 地獄級射精禁止オナニーサポート」に登場した少女が
これまでとは異なるやり方で最大90分に渡るハードなエッチをします。
今回は催眠音声で有名なエロトランスさんの協力を仰ぎ
エッチを始める前に催眠をかけて彼女の命令に従いやすい環境を整えます。

一応リメイクにあたりますが登場人物が一緒なだけですから今作からでも問題ありません。
催眠を絡めてる時点でシリーズの過去作とは完全な別物と思ったほうがいいです。
挿し絵には3人の女の子が描かれてますが、後ろの2人が登場するのは終盤だけでほぼ1対1です。

このシリーズをひとつも聴いたことがない人もいるでしょうから特徴を説明しますと
1回の絶頂に向けて色んな責めを繰り出し
さらに最中はシコシコボイスをセリフと別に流してオナニーのペースをしっかり指示します。

前者はハード、ベリーハード、ヘルと3つの難易度が用意されており
後になるほどより長く、より過酷なプレイを行い絶頂を我慢できない状況へと追い込みます。
上の難易度は下の難易度に専用のプレイが追加されてますから
一通り試したい人はヘルを聴けば大丈夫です。
ただ内容が結構きついので、楽しみたいならハードから順に聴いて慣らしたほうが良いと思います。

後者については3秒1コキ~1秒3コキまで複数のペースを設定し
同時に行うプレイの内容によってそれを切り替えて快感をコントロールします。
以前の作品では実際にオナニーするスタイルだったのですが
今作では心の快感を盛り上げたり揺さぶりをかけるといった別の役割を持たせてます。

私が聴いた限りでは作中で明確にオナニーする指示は出ませんでした。
絶頂シーンも「絶頂する」「快感が爆発する」と射精とは異なる描写になってます。
サークルさんが販売ページの説明文で
「今作は催眠音声のため脳内へ送り込む快楽ボイスとして形を変えました」ともおっしゃってることから
絶頂形式はドライを想定してるのだと思います。

でもこれだけシコシコボイスが充実してるのなら
プレイ中にしごきたくなる人も結構いるんじゃないかなと。
オナサポをよく聴いてる人なら「シコシコボイス=オナニーする」という構図が出来上がってますし
私はしごく、しごかないどちらでも良いと思ってます。
ドライでも気持ちよくなれますけど、オナサポなら実際にしごくほうが自然ですからね。

催眠をかけてからエッチに進む展開とハードさを売りにしたプレイの数々。
地獄級の特徴を継承したままさらに進化させてるドM向けの作品です。
つかの間の天国を味わわせる催眠
催眠はおよそ13分間。
この部屋に漂ってる不思議なガスのことを教えてからまずは深呼吸します。

「このガスはね 心を落ち着かせる成分だったり 力が入らなくなっていく成分が入ってるんだよ」
このガスには吸った者の力を奪う効果があり
後のシーンでも適度に意識させて心身両面をふにゃふにゃにします。
本作品は催眠は13分、エッチ69分と後者の割合がかなり高くなってるので
こういう要素を絡めて催眠状態を維持しやすくする工夫がされてます。

「目を開いて 閉じて 開いて 閉じて」
深呼吸については吸う時に目を開き、吐く時に閉じる指示が出ます。
実際にやってみると目の周辺に重さを感じるでしょう。
そして目を開ける必要がなくなったら気持ちいい感覚が湧いてきます。
時間が短めだからこそ、聴き手に軽い疲労を与えて暗示をより受け入れやすい状況を作ります。

お次は右腕→左腕→右足→左足の順に脱力します。
中枢から末端にかけて感覚を伝播させるアプローチを取り
その際に「力が抜ける」を多めに言って脱力感を上手に伝えてました。

どちらかと言えば腕よりも足のほうを入念にやってました。
オナニーしたくなった時に腕を動かしやすくするための配慮なのかもしれません。

リラックスを入念に行うコンパクトな催眠です。
聴き手をこれから始まるエッチに集中させることを目的に
ガスのイメージを絡めた深呼吸→手足に絞った脱力と初歩的な技法をメインに行います。

催眠をかける時間自体は短いですけど、この後も継続して無意識に働きかけますから
催眠が途中で解ける可能性は低めです。
目の開閉をしてる最中にエッチを有利に進める暗示も入れてくれます。
後になるほど厳しさが増すエッチ
ヘルモードのエッチシーンは69分間。
プレイは耳舐め、オナニーのイメージ、疑似フェラ、少女のオナニー演技、〇〇、キスです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありません。
音声の冒頭に服を脱いでおく指示が出ます。

「お兄さんのお耳を 舐められれば舐められるほど 下半身にどんどん 快感が蓄積されていってしまう」
催眠を使って主人公の心身をとろとろにした少女は
エッチの手始めに彼の耳を片方ずつ舐めて興奮させます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の21分間はウォーミングアップに近い内容。
「02.強制勃起」は左耳→右耳の順に舐めながら気持ちよくなる暗示を入れ
「03.支配調教」は緩めのシコシコボイスを流しておちんちんに快感を送ります。

「あぁあぁあぁ 唾液の音で 脳みそがかき回される」
「ほら チンポが気持ちいい 私の声に反応して 勝手に気持ちよくなる」

まだ始まったばかりなので責め自体はソフトに留め
代わりにこの後もっと感じられるようにする準備を整えます。
02は耳元至近距離からやや下品でコリコリしたちゅぱ音を鳴らして気持ちよさを伝え
03もシコシコボイスと彼女の声を組み合わせて感度を上げる催眠音声らしい責め方です。

さすがにここで絶頂を我慢できなくなる人はいないと思います。
催眠パートでは脱力感や彼女に対する服従心に焦点を当ててたので
エッチの序盤はもう一歩踏み込んでハードなプレイで感じられる状況を作ります。

本格的なプレイが始まるのはその次から
「04.疑似フェラ」「05.オナニー演技」は名前通りのプレイを彼女がやってエッチな声や音を流し込み
「06.スピード責め」はシコシコボイスに特化させて別の快感を与えます。

「私ね 今 あそこを優しく いじいじ いじいじ」
純粋なエロさで見るなら05が一番でしょうね。
彼女がクリトリスをいじるのに合わせてシコシコボイスの速度が変化します。
これまで一切出てこなかった熱っぽい吐息と艶めかしい喘ぎ声が股間にビンビン来ました。
序盤では不足がちだった要素をここで投入するあたりもよく考えられてます。

「もしこれでイけたら すごく気持ちいいんだよ」
それに対してハードさで優れてるのは06。
これまでで最も速いペースのシコシコボイスを流し、軽い休憩を挟むのを何度も繰り返します。
このへんまで来るとシコシコボイスである程度反応できるようになってるでしょうから
それに合わせておちんちんのあたりがムズムズ、ビクビクする可能性も十分にあります。

私が聴いた時もオナニーしてないのにそれに近い快感が襲ってきました。
ドライ未経験者は実際にしごけばそれに似た快感が味わえると思います。

07以降はベリーハードとヘルモード専用のプレイ。
「07.ノンストップ責め」は速度を多少落とした代わりに休憩を挟まない責めを繰り出し
「09.メインディッシュ」は挿し絵の左右に描かれてる双子が加わり両耳舐めで絶頂へと追い込みます。
「08.追加攻撃」はサークルさんがお楽しみとおっしゃられてるので伏せさせていただきます。
プレイ一覧にある「〇〇」はここで登場します。

「必死に我慢し続けて もうダメ 耳舐めが気持ちいい シコシコボイスが気持ちいい 私の声が気持ちいい」
09は絶頂シーンなだけあって最も濃いプレイが楽しめます(約17分)。
始まった直後から左右両方でちゅぱ音が鳴り、引き続きシコシコボイスも流しながら
少女がこれらを聴けば聴くほど快感が高まる暗示を入れます。

純粋なエロさがなかなかありますし、これまでずっと我慢し続けてきた状況も相まって
10カウント後の絶頂シーンは股間を中心に強烈な快感が湧いてきて気持ちよかったです。
またヘルモードの場合はそこからさらに連続絶頂へと発展します。

作品を聴いた感想ですが、シリーズを忠実に踏襲したエッチになってて熱中できました。
序盤は責めをソフトにする代わりに感度の上がる暗示を入れる
中盤は疑似プレイで純粋なエロさを提供しつつより激しいシコシコボイスを流す
終盤はこれまでになかったプレイを投入したりそれらを組み合わせて密度を上げる、といった具合に
各シーンで明確な役割分担をして最後に気持ちよく絶頂できるよう導きます。

ドライ目当てで聴くなら最初からヘルでも良さそうですけど
オナニーする場合はやはりハードから順番に進んだほうが達成しやすいと思います。
シコシコボイスのボリュームが非常に多いので結構きついです。
ドライ慣れしてる人ならおちんちんをいじらなくても満足できるのではないかなと。

このように、後になるほどハードなプレイが登場する意地悪なエッチが繰り広げられてます。
珍しい切り口の作品
同人音声のオナサポとは違う形でシコシコボイスを活用してる作品です。

少女は主人公に地獄のような苦しみと天国のような絶頂を味わわせようと
まずは催眠を通じて自分の声やこれから始まるエッチに集中できる心を養います。
そしてエッチは過去作と同じく短めの間隔でプレイを小まめに変えながらひたすら絶頂を我慢させます。

声と性格に大きなギャップのある少女がハードな調教を施すドM向けのシチュ
深呼吸や脱力で心身をリセットする癒し系の催眠
序盤、中盤、終盤に異なる役割を持たせて少しずつ絶頂感を高める緻密なエッチ。
シリーズが元々持ってる良いところをできるだけ損なわずに催眠を組み込んでます。

中でもエッチはシコシコボイスを流すのに明確なオナニーの指示を出さないという
ある意味オナサポの常識を覆すようなことをやってのけてます。
これについては賛否両論あると思うのですが、私は「聴き手の自由に任せた」と好意的に解釈してます。
催眠パートの脱力をそこまでがっつりやるわけでもないですし
エッチシーンで実際にオナニーすることもある程度想定してるのだと思います。

「お兄さんは 唾液の音と シコシコボイスに狂わされるだけ」
あとは耳舐め音やシコシコボイスを起点に快感をコントロールする
音モノっぽいアプローチがされてるのも独特です。
催眠は結構維持しやすいので、最初は単なる音と認識してても
聴き続けるうちに何かしらの反応が出る可能性は大いにあります。
そのへんを見越してエッチの時間を長く取ったのかもしれませんね。

ヘルモードの絶頂シーンは5回。
ちゅぱ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:沢野ぽぷらさん
総時間 ハード…1:12:20 ベリーハード…1:17:19 ヘル…1:30:53

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります



サークル「牛乳ソフト」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、普段は穏やかだけどスイッチが入ると淫乱になるエステティシャンが
乳首未開発な男性にその気持ちよさをゆっくりじっくり教えます。

最初は服を着たまま弱めの刺激を与えて感度を上げ
次は直に触りながら色んないじり方をして快感に目覚めさせるなど
ひとつひとつ丁寧に行う超初心者向けのプレイをするのが特徴です。
オナサポではありませんが掛け声が充実してますから、それに合わせていじれば気持ちよくなれるでしょう。
乳首オナニーのやり方を1から伝授
チクニー開発サロンの店員「真理絵」からサービスを受けるお話。

「ようこそ、チクニー開発サロンへ お客様のチクニー開発を担当させていただきます、真理絵です」
真理絵は甘く穏やかな声のお姉さん。
サロンを初めて利用する主人公に丁寧な挨拶をすると
オナニー全般のことを軽く話してから乳首オナニーのメリットを説明します。

本作品は今まで一度も乳首いじったことがない人を感じられるようにするのを目的に
彼女がおよそ100分をかけて4種類のエッチなサービスをします。
乳首開発がテーマなので他の性感帯を責めるプレイはほとんどやらず
最初から最後まで乳首とその周辺に色んな刺激を与え続けます。


例えば指を使う定番の乳首責めだと服越しと地肌の2パターン用意し
周辺を優しく撫でる、乳首を指の腹で擦る、全体をこねる、指でつまんで引っ張る、爪の先で引っ掻くなど種類が豊富です。
他にも彼女が乳首を舐める、特殊なおもちゃを使って責めるといった風変わりなプレイも登場します。
基本的にはひとつを選んで5~10分みっちりやるスタイルを取ってます。

乳首未開発者をメインターゲットにしてるためサービスの前半はソフトなプレイが多いです。
じっくり時間をかけていじり続けるおかげでやりやすく
最初はくすぐったいだけだった人もだんだんと違う感覚が味わえるように進めます。
そして後半は乳首オナニーの終着点とも言えるドライオーガズムを目指します。

「今度は円を描くように……スリ……スリ……スリ……スリ……」
終始彼女がいじるので聴き手に乳首をいじる指示を出すことはありません。
しかしプレイ中はその内容に合った掛け声を小まめに出してペースや強さを教えます。
かなり力を入れてるところを見るとオナサポを想定してるのだと思います。
私も実際にやってみましたが十分気持ちよくなれました。

「チクニーを行なう時は体調が優れていないと、乳首の感度が機能しませんので、一度力を抜いていただけますか?」
これらを行う真理絵はプロらしい気配り上手な女性。
乳首開発を始める前に身体検査と乳首検査をして彼の体調を確認し
それから優しい言葉をかけて快感に没頭できる雰囲気を作ります。

プレイはM向けですが風俗サービスに近い内容なので言葉責めはありません。
乳首はもちろん、彼の心もケアする優しいサポートをしてくれます。
終盤には一緒に絶頂を目指すシーンもあったりと、彼女自身も楽しむ姿勢が見られてとても甘いです。

乳首のいじり方をひとつずつ教える初心者向けの作りと掛け声によるきめ細かなリード。
乳首未開発者や開発中の人をメインターゲットにした親切丁寧な作品です。
ゆっくり慣らしていくエッチ
エッチシーンは4パート77分間。
プレイは乳首のソフトタッチ、服越し/地肌での乳首責め、乳首舐め、オイルマッサージ、おもちゃ責め、媚薬を塗る、顔面騎乗です。
服を脱ぐ、オイルマッサージ、おもちゃ責め、媚薬を塗る、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「チクニー開発には、直接的に感じるより、間接的に感じることが第1段階です」
冒頭の10分ほどを使って主人公の心をリラックスさせた真理絵は
ひとまず服を着たまま指で優しくいじり乳首の感度をチェックします。

エッチは常に彼女が責め続けます。
一番最初の「【トラック2】服の上からチクニー開発」は準備運動に近いプレイ(約28分)。
服越しに乳首とその周辺を入念にいじって乳首で感じられる環境を整えます。

「服の上からでも、爪で引っ掻いちゃ駄目なんですよ? 確かに指で摩るより刺激が強くて気持ち良いかもしれませんが、それでも乳首を傷つけちゃうんです」
彼女はこれまで多くの男性を開発してきただけあってリードも滑らか。
意地悪ではなく後々のために焦らしてることを伝えたうえで
「ス~リ、ス~リ」「クリクリ、クリュ、クリュ」といった掛け声を小まめに上げます。
まだ始まったばかりなのでいじるペースも非常に緩く
彼女のあまあまなキャラも相まって穏やかな空気が漂ってます。

次の「【トラック3】服を脱いでチクニー調教+乳首フェラ」は一歩進んだプレイ(約21分)。
服越しから地肌に切り替え、トラック2でやったことを軽くおさらいしてから
彼女が乳首を舐めて感度の上昇具合を確かめます。
ちなみにここは通常版とオマケトラックの2種類があり、後者を選ぶと1分程度のプレイが追加されます。

「さらに敏感になった乳首を今度は爪でカリカリカリカリ ピンッ」
トラック2では3種類しかなかったいじり方が一気に倍くらいまで増え
乳首を指先でつつく、2本の指でつまんで擦ったり引っ張る、爪で軽く引っ掻くといった
比較的刺激の強いプレイを組み合わせてより複雑な快感を与えます。
たぶんこのパートから「気持ちいい」と感じ始めるのではないかなと。

パート後半から登場する乳首舐め(彼女は「乳首フェラ」と表現)もポイント。
「レーロ」と言いながらゆっくり舐めてたのが
少し経つと吸い付く感じのやや下品なちゅぱ音に変化します。

本作品は掛け声主体でリードするため、それだけをやると純粋なエロさがどうしても不足してしまいます。
だからこうしてエッチな音を出すプレイを挟んでそれを補うわけです。
タイトルに「ドスケベ」が入ってるのにエロくなかったらまずいですからね。
絶頂しやすくすることも含めて後になるほどエロさを上げていくことを意識しながら進めます。

後半の2パート28分間はドライオーガズムを見据えたプレイ。
「【トラック4】ローションを使ってねっとりチクニーメスイキ開発」は媚薬効果つきのローションを塗ってから責め
「【トラック5】快感チクニー」は挿し絵のように顔面騎乗しながら指でいじって連続射精に導きます。

「この、イボイボの突起が付いた乳首ブラシで貴方の乳首を責めていきます」
そしてここからは心身両面の刺激が一気にパワーアップします。
トラック4は挿し絵の右に描かれてる黒いブラシを使って乳首を責め
トラック5はおまんこを舐められた彼女が艶めかしい喘ぎ声を漏らします。
マッサージ、おもちゃ責め、指を使った責めのすべてに効果音が鳴りますし
これまで「あんまりエロくないかなぁ」と思ってた人も認識を改めると思います。

いずれもおちんちんには一切触れないので実際に絶頂できるかどうかは人それぞれです。
ただトラック5には射精表現がありますから、乳首とおちんちんを同時にいじれば割と普通に抜けます。
乳首未開発者がいきなりドライを迎えられることなんてそうそうないでしょうし
乳首の快感を味わいながら普通にしごいて射精するのが無難だと思います。

作品を聴いた感想ですが、彼女のリードがしっかりしてるおかげでやりやすかったです。
私は開発済みなので前半の2パートは正直物足りなかったのですが
いじったことのない人にとってはこれくらいが丁度いいんじゃないかなと。
乳首オナニーの時間が非常に長く、ピリッとした鋭い快感をずっと味わうことができました。

このように、乳首開発を本気でする意思を込めた緻密なエッチが繰り広げられてます。
乳首開発の手ほどきをしてくれる作品
乳首の気持ちよさをまだ知らない人におすすめする作品です。

真理絵は乳首開発に興味があるけどやり方を知らない主人公を応援しようと
店員らしい穏やかな声と態度で接しながら一歩ずつ丁寧に進めます。
そして最中はプレイに応じた掛け声を出したり
エッチな音を鳴らして興奮を維持したまま絶頂しやすくします。

優しくて気配り上手なお姉さんが新しい快感の扉を開いてくれるノーマル~ややM向けのシチュ
最初から最後まで乳首をいじり続ける非常に尖った作り
やりやすさやイキやすさに配慮した演出の数々。
乳首オナニーをまったく知らない人でも無理なくついてこれるように仕上げてます。

中でも3番目は全編を通じて何らかの掛け声や音を鳴らしてペースを設定し
さらに時々簡単な心構えを教えて乳首オナニーに没頭できる空気を作ります。
プレイが変わるたびに何をするかを教えてくれるので頭を空っぽにしたまま聴くことができます。
最初は敢えてソフトなプレイを行い、少しずつ刺激を強くする流れも初心者向けで良いです。

絶頂シーンは5回(ドライ2回、射精3回)。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

おまけはチクニークリクリコリコリ音声です。

CV:秋野かえでさん
総時間 1:43:38(本編…1:40:22 おまけ…3:16)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年2月3日まで50%OFFの605円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



【催眠音声】えっちがまん?すりーでいず(前編)」に引き続いての後編です。
今回は3日目(催眠音声)の様子を中心にお送りします。
言葉も技術も柔らかい催眠
冒頭に3分程度の雑談をした後から始まる催眠はおよそ21分間。
横になって目を瞑り、まずは深呼吸や脱力で心身をリラックスさせます。

「肩の力が抜けるとさ 割と全身の力抜けちゃうよね」
せっかくだから性感を思い切り溜め込んで爆発させようと焦らす方針を定め
2日目までと同じく裸で主人公の体に抱きつきながら
普通の会話をするような柔らかい言い回して温かさと脱力感を伝えます。

制作にあたってサークルさんが明確な指示をしないことを心がけたそうで
この後のシーンでもはっきり「~してね」と言うのを避けて聴き手が自由に感じる余地を与えます。
彼女はどちらかと言えば甘やかすより甘えるほうが好きな性格ですし
彼に対してあれこれ注文するのはあまり好きじゃないと思ったのかもしれませんね。
本作品の売りであるあまあまな雰囲気にも合ったアプローチと言えます。

「二の腕から ぐるぐるーってして くるぶしも ぐるぐるで 腕をずーっと ぐるぐるっていう だらだらの渦が伝わってく感じ」
暗示を入れる際に擬音語を多用してるのもポイント。
脱力時は「ぐるぐる」、深化は「ふわふわ」と柔らかい言葉を挟んで緩さを出してます。
聴き手をリラックスさせる技術を多く盛り込んでるのも相まって
そのまま寝てしまいたくなるほどの癒しのパワーを持ってます。

十分リラックスできた後は深い催眠状態に移ります。
引き続き深呼吸しながら意識の力を弱めるセリフを適度に投げかけ
さらにキスも挟んで頭の中を幸せな感覚で包み込みます。

「ねぇね ちゅーしたら もっといっぱいに 吸い取れるっていうか 流れてくっていうかで もっととろとろしてくれそう」
催眠の仕上げにキスをするあたりがすごく本作品らしいなと。
それを通じて彼女が癒しのエネルギーを伝える展開も2人の関係に合ってます。
熱を伝えるアプローチが充実してるので、特定の部位が温かくなる人が結構いると思います。

リラックスさせてから言葉とスキンシップで深化させる癒し特化の催眠です。
和葉ちゃんとの一体感を味わいながら彼女の熱とエネルギーを受け取ることを目的に
深呼吸から入って肩や腕を重視した脱力、そして心の脱力(=深化)と
2日目までで作り上げてきた作品の雰囲気を維持したまま誘導します。

3日目に入った時点で彼女との信頼関係はバッチリ出来上がってますから
被暗示性が低めの人でも入りやすいんじゃないかなと。
暗示の表現が彼女のキャラに合ってて完成度も高いです。
寸止めの果てにある絶頂を目指して
後編のエッチシーンは42分間。
プレイはキス、耳舐め、相互オナニー、SEX(正常位?)です。

オナニー、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフは一応ありです。
催眠を始める前に服を脱ぐ描写があります。

「これから私たちが触れ合って 吸収するものは 全部ふわふわするものじゃなくて むらむらするものになっちゃう」
催眠を使ってお互いの心と感覚をリンクさせた和葉ちゃんは
先ほどとは別の効果を持つキスをして主人公のエッチな気分を高めます。

エッチは彼女が主導権を握ったうえでひたすらイチャイチャします。
最初の15分間は感度上昇だけを意識したプレイ。
引き続き抱き合ったままキスしながらカウントを適度に数えて準備を整えます。

「おちんちんのほうに 私から吸収したのが向かってく」
キス、耳舐め、体の温もりを通じて快感をおちんちんに集めるアプローチを取っており
催眠パートで温感操作に力を入れてたのも相まって股間が自然と熱くなります。
彼女の切ない声と熱っぽい息遣いもそれを伝えるのに役立ってます。

本格的なプレイが始まるのはその後から。
「カウントが0になったら一緒に絶頂する」というルールを定めたうえで
最初の14分は相互オナニー、残りの13分はSEXとプレイを変えて何度も寸止めを繰り返します。
ちなみにSEXは彼が責めてるようでした。

「いつもより感じるしっ あっ ドキドキする」
カウントを数えてる間だけ効果音と彼女の喘ぎ声が流れ
寸止めの後に軽い休憩を挟んで無理なく絶頂感を膨らませます。
M向け作品とは違い彼女も我慢してくれるおかげでもどかしい気分が和らいでました。
催眠音声では珍しく結構喘いでくれたりとエロさにも配慮してプレイを組み立ててます。
これらの最中にキスや耳舐めを挟むのもプラスに働いてます。

オナニー中は実際にしごく指示を出しませんけど
たぶんしごく、しごかないどちらでもOKなのだと思います。
寸止めを繰り返してから射精するのも十分気持ちいいので
ドライ経験の有無やその時のむらむら具合で決めるといいでしょう。

私が聴いた時はドライを目指したのですが
感度を上げるシーンで股間全体が明らかに火照ってるのを感じました。
そして相互オナニーやSEXではそれがさらに強くなります。
途中で我慢できずに軽くイったものの、最後はそれよりもずっと強い快感が得られて気持ちよかったです。

このように、1回の絶頂に向けてじっくり上り詰めていく甘くもどかしいエッチが繰り広げられてます。
一風変わったイチャラブ作品
同棲してる恋人同士が新しいエッチに挑戦する甘さ全開の作品です。

和葉ちゃんは仕事の失敗をフォローしてくれた先輩の言いつけを守るために
1日目はキスや耳舐めといった首から上に限定したプレイ
2日目は主人公の体に触らずオナニーを見せ合って性的欲求を食い止めます。
そして3日目はすべてが解禁されたので自分が望むエッチを存分に楽しみます。

可愛くて甘えん坊な彼女と3日間に渡ってエッチするノーマル向けのシチュ
同人音声と催眠音声を組み合わせた珍しい作り
全編に渡って繰り広げられる彼女とのあまあまな会話とスキンシップ。
2人の絆の強さを聴き手にしっかり伝えながら焦らし系のサービスをします。

「幸せ 私も 今 全部幸せになっちゃったかも」
中でも3番目は彼女の心情や反応を多く描いて存在感を出してます。
催眠音声は聴き手に働きかける性質上、パートナーの内面に触れることは少ないです。
でも本作品は敢えてそこにウェイトを置いてイチャラブ感をより高めることに成功してます。
前半部分を同人音声にしたのもこのへんを意識されたからかもしれませんね。

あとは催眠パートの言葉遣いがとても印象的でした。
mosquito cockさんは以前から会話調の催眠誘導をするサークルさんでしたが
今作はそれにさらなる磨きがかかっててキャラや雰囲気とバッチリ噛み合ってます。
エッチで彼女の熱とエネルギーを伝える流れも催眠の時点からやるのでイメージしやすいです。
同人と催眠を分離するのではなく、両方合わせてひとつの作品になるようきっちり仕上げてます。

後編の絶頂シーンは1回。
喘ぎ声それなり、くちゅ音とちゅぱ音そこそこ、淫語ごく僅かです。

おまけは1日目に登場した彼女の喘ぎ声です。

CV:こやまはるさん
総時間 2:19:25(本編…2:15:25 おまけ…4:00)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年2月2日まで10%OFFの990円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



サークル「mosquito cock」さんの同人/催眠音声作品。

今回紹介する作品は、同棲するほど仲が良い可愛くて甘えん坊な彼女が
彼氏と一緒に2日間のエッチ我慢に挑戦します。

恋人特有の甘さを前面に押し出しながらゆっくり愛し合うのが特徴で
キスやハグといったソフトなスキンシップを多くのシーンで行い
エッチ我慢も2人が協力して乗り越える展開にして一体感を出します。

同人音声と催眠音声が一緒になってるため前編(同人)、後編(催眠)の2回に分けてお送りします。
彼女と一緒に絶頂を我慢
恋人の和葉ちゃんと3日に渡ってイチャイチャするお話。

「あのさ ふふっ えーっとね いやぁ…その お仕事でさ 失敗しちゃったわけなんですけど」
和葉ちゃんは明るくてほっこりする声の女の子。
同棲してる主人公に職場での失敗談を話すと
その際に先輩(女性)から2日間だけエッチの制限を言い渡されたと伝えます。

本作品はサークルさんの過去作にも登場した甘えん坊な彼女が
彼と2人で協力しておよそ130分に渡る絶頂我慢をします。
今回紹介する1日目と2日目はプレイの内容を制限し(合計で56分間)
最後の3日目は完全フリースタイルで気持ちいい絶頂を目指します(77分間)。

催眠をかけるのは3日目だけですが、1日目+2日目よりも3日目のほうが時間は長いので
催眠目当てで聴いても問題なく楽しめます。
雰囲気作りをしっかり行った後で催眠に移るからでしょうけど
少なくとも私はいきなり催眠をかけるタイプよりも入りやすく感じました。
3回に分けて聴くのを想定してるようですが、別に1回で全部聴いても大丈夫だそうです。

「これ めっちゃ好き なんていうか 今じゃなかったら ずっとこのままがいいもん」
構成と並ぶもうひとつの特徴は彼女のキャラ。
大好きな彼とこの厳しい数日をなんとか乗り越えようと
最初から砕けた口調で話しながら甘えてきたり甘やかします。
サークルさんが大好きな「リアルヒプノ」シリーズと同じく日常会話に近い言い回しになってたり
作中の至るところでキスやハグをするイチャラブ要素全開なやり取りが別の癒しを与えます。

本作品は最後の最後に大きく1回だけ絶頂するスタイルですから
道中はもどかしく感じる可能性がそれなりにあります。
だから彼女と一緒に我慢する設定にしてそれを乗り越える気力を与えます。
3日目は寸止めを何回もするやや意地悪なプレイですけど、これのおかげでM度が大幅に下がってます。

同人と催眠を組み合わせた作りとイチャラブ感抜群な彼女のキャラ。
ややM向けのエッチを癒しの要素で包み込んでるあまあまラブラブな作品です。
むらむらが止まらないの
前編のエッチシーンは2パート34分間。
プレイはキス、エッチな音声を聴く、相互オナニー、耳舐めです。
オナニーの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「とっとと寝ちゃってたけど やっぱ ちゅーくらいなら うん、したい」
先輩からの言いつけで媚薬を飲んでから主人公と一緒の布団に入った和葉ちゃんは
性欲を抑えられなくなり彼にキスをおねだりします。

エッチは彼女がリードしながらほぼ対等な立場で愛し合います。
最初の1日目は首から上は何をしてもOKな日(約15分)。
体への刺激をほとんど与えられない状況を踏まえて主に唇と耳を責めて性欲を鎮めます。

「むらむらしてるから 寝るまで付き合って」
媚薬効果で普段よりも息遣いが熱っぽくなり
キスを多めにやりながらぎゅっと抱き合ってエッチな気分を発散しようと頑張ります。
切なそうな声を上げることはありますけどそこまで辛そうな表情はしませんから
聴いてて可哀想に感じるほどではありません。
彼がすぐそばにいて一緒のルールで我慢してくれてるのが大きいです。

プレイについてはソフトなちゅぱ音をよく鳴らすのに加えて
途中から彼女が以前エッチした時に録音した会話や喘ぎ声を流します。
キスだけだと彼が物足りなく感じるからその埋め合わせをしてるのでしょう。
普通の声が中央から、喘ぎ声が右側から同時に流れるおかげでギャップが引き立ってます。

続く2日目はオナニーまでならしても大丈夫な日(約19分)。
1日目と同じく一緒の布団で抱き合いながらお互いの大事な部分を慰めます。

「もうすぐイっちゃいそう あぁっ」
1日目と2日目はプレイ制限に加えて絶頂も禁止されてます。
だから彼女もおまんこをいじりつつ絶頂しないところで抑えてなんとか踏みとどまろうとします。
1日目よりも時間が長く喘ぎ声のボリュームも増えてエロく感じました。
一通り済ませた後、消化不良なのかふてくされた表情で眠りにつく姿も可愛いです。

3日目に向けた前座に位置するシーンだからでしょうけど
1日目、2日目いずれも純粋なエロさよりも2人の仲の良さを強調してるように映りました。
キスシーンがものすごく多い、何かにつけてハグするなど彼を愛してることを表現する描写が多く
プレイについても聴き手が射精を我慢できなくなるほど興奮しないようにセーブしてます。

例えるならポリネシアンSEXに近いエッチですね。
お互いの心と体をひとつにして弱めの刺激をじっくり与える方針を取ってます。
3回に分けて聴いた場合は多少の生殺し感を味わえるのではないかなと。

前編の絶頂シーンは0回。
喘ぎ声それなり、ちゅぱ音そこそこ、淫語とくちゅ音ごく僅かです。

おまけは1日目に登場した彼女の喘ぎ声です。

後編へ続く…。
【催眠音声】えっちがまん?すりーでいず(後編)

CV:こやまはるさん
総時間 2:19:25(本編…2:15:25 おまけ…4:00)


体験版はこちらにあります

追記
2020年2月2日まで10%OFFの990円で販売されてます。



サークル「ミンワ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、穏やかでちょっぴり意地悪なところもあるお姉さんが
弟子にあたる少年をエッチに責めながら甘やかします。

音よりも言葉を使って興奮させたり恍惚感を与えるスタイルが魅力で
前半の手コキは実況を小まめに挟みながら射精時の様子や感覚をイメージさせ
後半のオナニーは彼女に見られる快感やティッシュに精液を吐き出す情けなさを上手にくすぐります。
彼女のキャラや雰囲気は終始あまあまですからノーマル~ややMな人に向いてると思います。

音声を聴く際にティッシュを用意しておくとより楽しめます。
師匠とするエッチな鍛錬
師匠が手コキやオナサポをするお話。

「おい おいってば 一体どうした? 目がとろけておるぞ」
師匠はややトーンの低い穏やかな声の女性。
ある日の夜、酒を飲んでとろけた顔をしてる主人公を嬉しそうに眺めると
よく覚えてない彼に今まで何があったか教えます。

本作品は彼の師匠であること以外ほぼ謎に包まれてる女性が
およそ70分に渡って2種類のエッチをしたり優しく寝かしつけます。
前半は手コキ、後半はオナサポとメインのプレイを大きく切り替え
その中に様々なセリフを盛り込み女性に甘やかされる幸福感と性的興奮を膨らませます。


ちなみにこれは「三枚のおふだ」という同人ゲームの外伝にあたるそうですが(←DLsiteへのリンクです)
それをプレイしたことがなくても普通に楽しめました。
主人公を記憶喪失の設定にして音声からでも入りやすくしてます。

「きつーい酔いに 体も 心も 記憶も とろけてしもうたな」
見た目よりも長く生きてるのか古風なしゃべり方で接しながら
耳元で囁いたりおちんちんをゆっくり責めて無理なく射精に導きます。
一部でM寄りのプレイがあるものの、彼女の態度が終始穏やかなのできつさは特に感じません。
ストレートな甘やかしと捻りを加えた甘やかしを組み合わせて心身をバランスよく責めてくれます。

販売ページの説明文に
「音が続くだけの時間を極力無しに、言葉の「蜜」度にこだわった」と書かれてるように
全編を通じて言葉責めの量が多めに設定されてます。
「変態」などこちらを見下すものはほとんどなく
責めてる様子を生々しく語ったり軽く羞恥を煽る優しいアプローチを心がけてます。

体への責めについては彼がまだ少年だからでしょうけど
手コキ、オナニーいずれも平均ペースをかなり落としてゆっくりじっくり射精へ追い込みます。
セリフ主体のエッチをしますが効果音はちゃんと入っており
彼女の責め方に応じて質感やリズムが変化する凝った演出がされてます。
実際に聴いてみると妙に生々しく感じるのではないでしょうか。

穏やかな女性がゆっくり責めて少年をイかせる甘いシチュと言葉責めの数々。
ASMRとは真逆の路線でリードする落ち着いた雰囲気のおねショタ作品です。
大人の余裕を感じるエッチ
エッチシーンは8パート52分間。
プレイは手コキ、オナニー、耳舐め(10秒くらい)、ちり紙オナニーです。
手コキ、ちり紙オナニーの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「今宵もこのまま この手で お前をやさーしく 食ってやろうな」
主人公の顔に手を近づけてその匂いを嗅がせると
師匠はそれを使って大きくなったおちんちんを優しく刺激します。

エッチは年上の彼女が終始リードします。
前半の「(1)蜜指しごき」でするのは手コキ(4パート27分間)。
滑らかな摩擦音をゆっくり鳴らして焦らすようにしごくところから始まり
射精した時の様子をイメージさせて心を盛り上げたり、軽い耳舐めを交えてじっくり射精感を高めます。

「あとは そうよなぁ… 指5つ とろりと力を抜いて絡みつけて 手首をゆるゆる あまーいしなりで 上下して しゅる しゅる しゅる」
彼女は以前から彼に手コキしてあげてるそうなので責め方に迷いがありません。
彼がすぐに射精しないようわざと緩めて気持ちいい感覚を長めに味わわせようとします。
母親が子供をあやすような慈愛に満ちた声とセリフが心地よく
スローペースな手コキ音も相まって穏やかな空気が漂ってます。

純粋なエロさよりも彼女にお世話されてる心地よさで抜かせるプレイだなと。
責めっぷりは緩いですけど、プレイをほぼひとつに絞り込んでるので時間に十分な余裕があります。
一気に駆け上がる射精もそれはそれで気持ちいいですが
今回のように少しずつ上り詰めていくほうが心身に負担がかからないし余韻も長く続きます。
彼に対する彼女の思いやりが込められてて甘やかし成分が強いです。

「びゅっびゅっびゅー びゅく びゅく どく どく」
手コキ、オナニーいずれも射精時にぴゅっぴゅのセリフを言ってくれるのが良いですね。
彼女に見守られながら気持ちいい瞬間を迎えられます。
セリフを大事にしてる本作品のテーマに合った責めと言えるでしょう。

後半の4パート25分間はオナサポ。
冒頭で彼女が「自分からは何もしない」と宣言したうえで
彼にオナニーの作法をわかりやすく教えます。

「それでいい 恥ずかしいほうが 気持ちいいぞ?」
手コキと同じく最初はわざと緩くいじらせて性感を高め
それと並行して彼女に見られてることを意識させる言葉を投げかけます。
おちんちんをいじらない時点で彼女にできることは限られてますから
心への責めを重視して彼が気持ちよく射精できる環境を整えます。

「ほらほら 柔いちり紙に へこ へこ へこ 情けなく 甘え腰使って ただの紙に求愛するのじゃ」
シーンの途中から登場するティッシュを使ったプレイは面白いですね。
ただの紙をおまんこに見立てて腰を振るように言われます。
彼女が一部で喘ぎ声を漏らして雰囲気作りをするなど
手コキよりもM性を強めて羞恥混じりの射精をプレゼントします。

ですがこれもあくまで甘やかしの一環に過ぎず、彼女が彼を本気で見下してるわけではありません。
言葉で相手をコントロールする作品の特徴を別の形で表現してます。
エッチの終了後には寝かしつけるパートもあったりと
最初から最後まで彼をもてなす姿勢で行動します。

作品を聴いた感想ですが、予想以上に甘い内容で良い気分に浸ることができました。
彼女は彼の記憶が曖昧でも咎めたりせずエッチな手段で思い出させようとします。
日本の昔話がモチーフになってるからでしょうけど
現在よく使われてるカタカナ言葉や英語を使わない言い回しを徹底してて落ち着きがあります。

しかし言葉遣いを難しくしたことや、そもそもの責め方が緩いことから
個人的にはもう少しエロさが欲しいかなぁとも感じました。
ゲームと音声では表現方法が違いますから、そのへんを調整すればもっと良くなるように思います。

このように、年上の女性が持つ優しさや温かさで包み込むマイルドなエッチが繰り広げられてます。
和の風情を感じる甘やかし作品
純和風の装いで定番のプレイをするテーマ性を大事にした作品です。

師匠はお酒のせいで記憶が曖昧になってる主人公にそれを思い出させようと
穏やかな態度でまずは普段やってる手コキを丁寧に行います。
そして後半は指示や言葉責めをする役に専念し彼のオナニーを嬉しそうに観察します。

古風な言葉遣いをする上品な女性が少年をエッチに甘やかすシチュ
音よりも言葉の密度を重視してる作り
前半はノーマル、後半はややMと属性を多少変えて責めるエッチ。
現在出てる音声作品とは違った方針で作品を組み立ててます。

「おぉおぉ 雄臭い精液じゃ きつい吐精感にくらくら酔って 存分に味わえ」
中でも2番目はセリフ自体の量に加えて表現にも気を配ってます。
ASMRが流行ってる現在に言葉責めがしっかりしてれば
それだけで十分な個性と存在感を示せますから
今後の作品においても是非残していって欲しいなぁと私は思います。

エッチはやること自体はシンプルにしたうえで多少の捻りを加えてます。
具体的にはスローな責めに徹してること、イメージを大事にしてること
オナサポの際にあまり見かけないプレイを盛り込んでることなどです。
前項で「エロさが欲しい」と書きましたが、通しで1回抜くなら十分いけると思います。

射精シーンは2回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声ごく僅かです。

71分で330円とコスパが良いので興味のある方は是非お試しください。

CV:井上果林さん
総時間 1:11:07

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は7点。
コスパを考慮し+1してあります。

↑このページのトップヘ