同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:焦らし

   ● わるい拷問官さんによる反乱者への囁き乳首責め尋問
   ● 天国にいるみたいに気持ちいい!艶々低音ボイスエロシスターの甘とろ耳元囁きメスイキ乳首責め~今宵も卑しいメスにして差しあげますわ♪【KU100バイノーラル】
   ● ネット通話で女の子に風俗用の精液作らされちゃうボイス
   ● 【オナニー誘惑我慢】勇者の熟成精液回収サキュバス【KU100】
   ● 年上お姉さんに耳元で囁かれながら甘々に乳首を可愛がられて、乳首で感じてイっちゃう変態ボディにさせられちゃうお話♪【密着耳元囁き乳首責め・KU100バイノーラル】
   ● 脳を乗っ取るキモチイ声に僕はもう逆らえない
   ● 『可愛い』という甘い毒 ~現役JKに気が狂うほど可愛がられて“マゾイキ”させられる催眠音声~【フォーリー/バイノーラル】
   ● お姉様の奴隷催眠(再レビュー)
   ● 【超密着】文学少女ゆみかの焦らし「囁き」淫語【ちんぽ入れっぱなし耳奥舐め】
   ● クリア率0% もしクリアできたら マゾ卒業




サークル「CKD's」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声は穏やかだけど性格は結構Sなお姉さんが
反乱軍の幹部をしてる男性に気持ち良くてアブノーマルな拷問をします。

乳首責めと囁き声を組み合わせたややM向けのエッチをするのが特徴で
胸を焦らし気味に撫でる、乳首を指先で擦る、爪で引っかく、2本の指でつまむなど
色んなプレイを繰り出しながらおちんちんも責めたり穏やかに尋問して彼女の言いなりにします。
射精シーンがありますから開発済みな人はもちろん、未開発な人もやりやすく感じるでしょう。
オスの体をメス化させる拷問
拷問官さんが3種類のエッチで捕虜を躾けるお話。

「いいですか? これが最後のチャンスですよ 反乱軍の拠点はどこにありますか?」
拷問官さんは丁寧語で話す上品な声のお姉さん。
捕虜にした主人公に反乱軍の情報を聞き出そうとすると
彼がなかなか吐かないのでエッチな拷問を始めます。

本作品は男性が女性に支配され奴隷のように扱われてる国を舞台に
彼女が反乱を企ててる組織の重要人物をおよそ60分に渡って責め立てます。
2人が敵同士、しかも拷問となるとかなりハードなプレイを予想するでしょうが
実際は痛みや苦しみを与えるシーンは一切なく、逆に快楽で溺れさせて彼が降参するのをじっくり待ちます。

「赤ちゃんを撫でるように 優しい手つきで すーりすーり すーりすーりすーーり」
その決め手となるのが乳首責め。
どのパートも必ず乳首とその周辺をいじる描写を盛り込み
実況しながら色んな掛け声を出してその様子をわかりやすく表現します。

指で撫でる、爪で引っかく、2本の指で乳輪を押さえつけたまま人差し指でいじるなど
本作品の鍵となるプレイなだけあって責め方の種類も多めに取り揃えてます。

CKD'sさんが乳首をテーマにした作品を出すのはこれが2度目ですけど
元々オナサポを得意とされてるだけあってリードが丁寧です。
聴き手が音声に合わせて乳首オナニーすること強く意識したセリフになってます。
同じプレイでもペースやリズムを小まめに変えて快感に慣れにくくする配慮もされてます。

ちなみに絶頂の内訳は射精2回、ドライ1回です。
おちんちんをいじるパートのほうが多いので乳首と一緒にいじって出すのにも使えます。
ただし、テーマ性を重視しておちんちんの指示は効果音を鳴らすだけにしてます。

それ以外の特徴はエッチのほぼ全部で彼女が囁いてくること。
耳元至近距離から乳首オナニーの指示を出し、さらに本題の尋問も軽くして雰囲気を作ります。
指示重視なので「マゾ」「クズ」といった言葉責めはほとんどやりません。
その代わり焦らしや寸止めといった意地悪な要素を盛り込んで彼女に勝てないことを思い知らせます。
雰囲気は穏やかだけどやることは割と容赦ないです。
快楽で心を突き崩すエッチ
エッチシーンは3パート57分間。
プレイは体の愛撫、乳首責め、手コキ、オナニー、ドライオーガズム(メスイキ)です。
手コキ、オナニーの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「初めは 乳首の感度を上げていきます」
主人公に拷問の内容を教え、あまり恐れてないことを確認した拷問官さんは
ひとまず太ももから胸にかけてを優しく撫でて体の感度を上げます。

エッチは体を拘束されてる彼を彼女が一方的に責め続けます。
最初の2パート43分間は乳首開発しながらじっくり追い込むプレイ。
「02乳首いじめ拷問・ご褒美喘がせ手コキ(約21分)」は乳首責めと手コキ
「03反省寸止め乳首オナニー拷問(約22分)」は乳首責め、手コキ、おちんちんオナニーで2回射精させます。

「中指だけで 乳輪をくるくるなぞります かたーい胸板と やわらかーい乳首の境目を くーるくる くるくるくる」
「指が肌に擦れて ゾクゾクとした感覚が 上のほうへのぼってくる」

彼女はこの方法で数多くの男たちを堕としてきた実績があります。
02パートは体への刺激を敢えてソフトにしてもどかしい気分を与え
中盤から始まる乳首責めも色んなプレイを繰り出してどれに弱いか見定めます。
またこれらの最中に催眠暗示っぽいセリフも挟んで心も軽めに刺激します。

ここだけで5種類の乳首責めが登場するため色んな快感が得られます。
手コキは終盤に4分程度するだけですからかなり乳首に寄せた構成ですね。
彼から機密情報を聞き出すシーンもあったりと、作品のテーマに合ったやり方で気持ちよくします。

「ふふっ おちんぽ痙攣したみたいにプルプルしてる 精子出る直前でシコシコ止められるの切ないよねぇ」
03パートは彼女の意地悪な性格がよく出てます。
プレイ自体は乳首責め+手コキで、終盤の3分間だけオナニーする似た内容ですが
途中から数回寸止めを挟んで出したくても出せない状況へ追い込みます。

乳首責めはパート序盤に指で撫でる動作がある以外は爪で引っかき続けます。
前のパートよりも体への刺激が強いことや
乳首とおちんちんを責めるバランスが良いことから一番抜きやすいと思います。
射精の権利を取り上げて彼が音を上げるまで寸止めするなど
敵対者を快楽によって従順な奴隷へ作り変えることも見据えたエッチをします。

最後の「04従順マゾ化洗脳調教(約14分)」はチャレンジ要素の強いプレイ。
これまでと違いおちんちんには指一本触れず、乳首責めだけでドライオーガズムに持っていきます。

「爪で小刻みに引っかくように カリカリカリカリ カリカリカリカリ カリカリカリカリカリカリ」
ほぼ乳首の快感だけでイかせる必要があるため
平均ペースを上げて爪で激しめに引っかくスタイルを取ってます。
言葉責めも多少はしますけどやっぱり乳首のほうが存在感は大きいです。
プレイ時間が短いことからここだけは既に開発してる向けの内容だと思います。

このように、乳首を軸に据えておちんちんと心も責める実用性重視のエッチが繰り広げられてます。
マイルドな乳首作品
拷問のイメージよりもずっと柔らかい責め方をするややM向けの作品です。

拷問官さんは反乱軍の重要な情報を持ってる主人公を寝返らせるために
心や体を痛めつけるようなことは一切せず、逆に乳首とおちんちんへ快楽を与え続けます。
そして序盤は乳首開発、中盤は乳首責め+寸止め射精、終盤は乳首のみのドライ絶頂と
パートごとに違う特徴を持たせてその様子を実況と掛け声でわかりやすく表現します。

声や態度は穏やかだけど仕事をきっちりこなす拷問官が乳首責め調教をするシチュ
乳首責めの割合を高くしたうえでオナサポに近いリードをするエッチ
どのパートも密着して囁きながら責める穏やかな作り。
個性を出しつつM度が低めの人でも聴きやすくなるよう多少抑えた作品にしてます。

中でもエッチは「どこを聴いても乳首責め」と言っていいくらい充実してます。
セリフの表現も聴き手目線になっててサークルさんらしさを感じました。
最後のドライ絶頂だけは難度が高いですけど、それ以前の2パートは射精するので
乳首未開発の人や現在開発中の人も普通に気持ちよくなれます。

主人公は全裸の状態で拷問を受けてますが
爪で引っかくシーンが多いことから薄手のシャツを着て聴くことをおすすめします。
そのほうが滑りが良くなるし乳首を傷つけることもなくなりますから。

絶頂シーンは射精2回、ドライ1回。
淫語とくちゅ音そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:大山チロルさん
総時間 1:07:08

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります



サークル「ストロベリームーン」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、優しくて色気もある低音ボイスシスターが
同じ教会の神父とアブノーマルなエッチをします。

最初から最後まで乳首とその周辺だけを責めるのが特徴で
様々なプレイを用意したうえで「くるくる」「かりかり」といった掛け声を小まめに言い
さらに序盤は焦らす、中盤以降は刺激を上げると若干意地悪して性感をじっくり高めます。
プレイはM向けですけど雰囲気は穏やかなので、ややMな人に最も向いてます。
シスターがする気持ちいいご奉仕
シスターに胸や乳首を責められドライ絶頂するお話。

「神父様 失礼いたします 今宵もよろしくお願いいたします」
シスターは上品で穏やかな声の女性。
ある日の夜、主人公に挨拶しシャツ1枚の格好にすると
エッチに入る前に深呼吸して気持ちを一旦落ち着けます。

本作品は優しくて包容力もあるシスターらしい彼女が
普段は真面目だけど変態性癖を隠し持ってる彼をおよそ80分に渡って責め続けます。
2人の関係を考慮しSEXなどの踏み込んだプレイはやらない代わりに
後ろから抱き着く形で密着したまま乳首や胸を時間いっぱい気持ちよくします。

エッチの冒頭と最後に1分くらい耳舐めするシーンがあるものの
それ以外は胸、乳輪、乳首に的を絞って責める非常に尖った作りです。
実況を挟みながら色んな掛け声を出してわかりやすくリードしますから
音声に合わせて乳首をいじれば自然と気持ちよくなれます。

「こんなふうに ゆっくりと くーるくる くーるくると おっぱいに 大きな円を描いていきますよ」
胸や乳輪をソフトに撫でる時は「くーるくる」、2本の指で乳首を摘まむときは「ぎゅっ」など
特化型の作品なだけあって色んないじり方が用意されてます。
ドライする関係でどちらかと言えば開発者向けの内容ですが
未開発者が乳首をいじりながらおちんちんをしごいて射精するのも有りだと思います。
リードがしっかりしてるのでドライにさえこだわらなければ親しみやすい作品と言えます。

それ以外の特徴はプレイ中はほぼずっと囁き声で話すことと
序盤から中盤にかけては焦らし気味に進めることです。
前者は耳元至近距離から優しく語り掛けてくることが多く、乳首責め作品とは思えないほど雰囲気が穏やかです。
後者は意地悪と見ることもできますし、絶頂に向けて入念に準備してると捉えることもできます。

「何を照れてらっしゃるんです? 恥ずかしがる必要なんてありませんよ 神父様に喜んでいただけると 私も嬉しいですから」
ちなみに作中で彼女がM向けの言葉責めをすることはありません。
終始温和な態度で彼のすべてを受け止めようとします。
彼のことを尊敬してるようですし、日頃お世話になってる恩返しをしてるのかもしれません。
プレイはアブノーマルだけど雰囲気は至ってノーマルでM度が低い人も聴きやすくなってます。
体をじっくり温めるエッチ
エッチシーンは72分間。
プレイは耳舐め、胸を揉む、乳輪責め、乳首責め、カウントによる絶頂です。
エッチな効果音はありません。

「それでは いつものように お耳をお舐めいたしましょう」
2分ほど深呼吸して準備を整えた後
シスターは乳首責めに入る前に軽く耳舐めして主人公を興奮させます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の26分間は乳首責めに向けた準備をするシーン。
耳舐めから入って胸を揉む→乳輪を撫でると進んで体の感度を上げます。

「ご婦人の胸を愛してあげるように 繊細で優しく そして うふ いやらしく擦って差し上げますね」
彼女が「いつものように」と言ってるので何度もエッチしてるのでしょう。
慣れた手つきで胸を揉んだり乳輪を撫でて焦らし気味に気持ちよくします。
胸に手を添えて円を描くように動かす時は「くーるくる」
胸を揉む時は「もーみもみ」、乳輪を撫でる時は「さーすさす」「すーりすり」と
プレイごとに違う掛け声を出してわかりやすくリードします。

このシーンは刺激がかなり弱いですから、気持ちよさとくすぐったさを感じるでしょう。
ペースもゆっくりでまだ準備運動の段階なのがわかります。
焦らし気味に進めたほうが乳首をいじった時に気持ちよくなるのは事実なので
時間に余裕がある状況を活かして丁寧に進めます。

乳首責めが始まるのはその次から。
「ちょん ちょん」と言って指先で乳首に触れる、2本の指でつまんで擦る
そのまま引っ張る、指で押しつぶしたまま回転させる、爪で引っかくなど
先ほどよりも強い刺激が得られるプレイを中心に据えてドライへ徐々に追い込みます。

「甘い声が止まりませんね とーっても可愛らしくて 神父様のこと 愛おしく思ってしまいます」
責めが少しハードになっても彼女の態度は引き続き穏やか。
「よーしよし」と彼のことを赤ちゃんのように扱って幸福感も与えます。
プレイの種類が増えたおかげで色んな快感が味わえますし、本作品のメインはやはりここだと思います。

ちなみに絶頂は1回目、2回目共にカウントに合わせて行います。
1カウントごとに長めのセリフを挟んでじっくり進めてました。
2回目は絶頂までのプレイ時間が20分くらいしかないので
1回目よりも刺激を強くしたり責めるペースを上げてメリハリをつけてます。


実際に聴いてみた感想ですが、序盤はプレイがソフトなおかげでもどかしく感じました。
でも乳首をいじり始めた後は一転して強めの快感が襲ってきて気持ちよかったです。
さすがにドライは無理でしたけど、それは私が催眠音声のドライに慣れてるのが影響してます。
絶頂シーンの直前から催眠暗示っぽいセリフもちょこちょこ出てきますし
サークルさんなりのやり方で射精できないハンデを克服しようとしてるのが窺えます。

このように、最初は焦らして途中から本気を出すやや落差のあるエッチが繰り広げられてます。
乳首特化の穏やかな作品
最大の売りである乳首責めをしっかりこなし、それ以外は甘めにしてるややM向けの作品です。

シスターは乳首で感じたり絶頂したい主人公の願いを叶えようと
後ろから抱き着く形で密着しながらまずは胸や乳輪を焦らし気味に責めて感度を上げます。
そして中盤以降は乳首に的を絞り、色んないじり方をして2回のドライ絶頂に導きます。

穏やかで包容力のあるシスターが教会の神父を乳首責めで気持ちよくするシチュ
エッチシーンのほぼすべてを乳首とその周辺への責めに費やす尖った作り
実況と様々な掛け声を組み合わせて聴き手がいじりやすいようにリードするエッチ。
今のところ乳首責め作品を専門に作られてるサークルさんなだけあって、要所を押さえた作品に仕上がってます。

中でも3番目はプレイは乳首責めなんだけど表現方法は乳首オナニーにとても近いです。
どの指を使うかまでちゃんと教えてくれますから未開発者でもやりやすく感じるでしょう。
唯一の難点とも言えるドライもおちんちんオナニーと併用すれば容易に解消できます。
掛け声の速度やリズムがあまり変わらないところを改善すればより良くなるんじゃないかなと。

あと音声ファイルをドライの1回目までと2回目で分けたほうが使いやすくなると思います。
そうすれば2回目は短時間で強めの刺激を得たい人が繰り返し聴けるようになります。

絶頂シーンは2回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:大山チロルさん
総時間 1:17:34

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年9月18日まで20%OFFの1056円で販売されてます。

ネット通話で女の子に風俗用の精液作らされちゃうボイス

サークル「High Island」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、男性のオナニーに強い興味を持ってる気さくな女の子が
ネット通話で童貞とエッチな話やオナサポをします。

射精できないルールを最初に設定したうえで焦らし&寸止めをするのが特徴で
お触りどころか相手の姿すら見えない状況を踏まえてイメージや言葉責めに力を入れつつ
普段通りの穏やかな態度で飴と鞭を交互に与えてもどかしい気分とそれを耐え抜く気力を与えます。
優しい女の子の意地悪なサービス
ミサの指示でオナニーし射精を我慢するお話。

「もしもーし。聞こえてる? あ、よかったー。始めまして、ミサでーす」
ミサは砕けた話し方をする素朴な声の女の子。
ネット通話の掲示板でとある募集文を見つけ、コンタクトを取ってきた主人公と軽く雑談すると
早速本題のオナニーに関する質問をします。

本作品はエッチをそれなりに経験してるけどまだまだ好奇心旺盛な彼女が
自分の呼びかけに応じてくれた彼とエッチな会話を楽しみ、その流れで35分程度の変わったオナサポをします。
挿し絵では彼女の姿が映ってるように描かれてますが
実際は音声のみでお互いの表情や仕草を見ることはできません。
そのためオナサポのやり方も一般的なものとやや違うスタイルが取られてます。

今回するオナサポのルールは至ってシンプル。
彼女が指示したことにすべて従いながら最後まで射精を我慢します。
オナサポは通常ですと最後に気持ちよく射精するために行うものです。
しかし本作品では次の日に風俗店でより気持ちよく出すための準備として行う設定がされており
最初の時点から「射精はしない」とはっきり伝えたうえで責め続けます。

エッチシーンのほぼ全部でオナニーを続け、さらに明確な休憩時間も定められてないことから
彼女の言う通りにした場合かなりもどかしい気分を味わうことになります。
完遂するには射精への欲求に抗い続ける心の強さが求められます。

これだけを聞くと辛いだけに思えるでしょうが本作品はそれを他の部分で中和してます。
具体的には彼女の声や口調をかなり柔らかくし、プレイの最中に多少のご褒美をあげます。

「あはは! ほらやっぱりー、好きなんじゃん。あは、何謝ってるの? 別に責めてるわけじゃないって。性癖は十人十色だもんね? ふふ。」
彼女は一言で言えばギャルっぽい女性。
初めて通話した彼にフランクな態度で接し、エッチな話題もガンガン振って場を盛り上げます。
そして彼が足コキされるのを夢見てる童貞だと知っても見下さずむしろ応援します。

今回のオナサポも彼の同意を得たうえでやってますし
弱めの刺激で留めようとするのを彼に頼まれて激しくする、といったやり取りもされてます。
要は彼が自分の意思でこの道を選び、それを彼女が優しくサポートするわけです。
童貞相手に付き合ってあげるシチュも含めて面倒見の良い性格をしてます。

オナニーの最終目的を断った状況でオナサポするシチュと彼女の柔らかいキャラ。
意地悪さと優しさが混在してる独特な作品です。
イメージと言葉責めを組み合わせたエッチ
エッチシーンは35分間。
プレイはオナニー、玉オナニー、亀頭オナニー、○○です。
エッチな効果音はありません。

「脱げた? うんうん、そしたらまずはパンツの上からゆっくりさすってみよっか…ゆっくりだよ? ゆっくり…ゆっくり…焦らすみたいに…」
通話の最中に明日足コキしてくれる風俗へ行くようすすめたミサは
その下準備として主人公にソフトなオナサポをしてあげます。

エッチは彼女に言われた通りにおちんちんをいじります。
最初の11分間はウォーミングアップと呼ぶのがぴったりなプレイ。
パンツ越しにおちんちんを撫でるところから始まり、復唱形式で射精しない意思を固めさせ
それから竿を直接握る→しごくとステップアップします。
ちなみにオナニーは彼女がストップと言わない限りずっと続けます。

「言われたから言ってるじゃ駄目…これは君の意思…自分で寸止めまで私に苛めてってお願いしたんだから、最後までやりきろうね…」
「ふふ…どうしたのかな、触りたいっていうから触らせてあげたんだけどな…これじゃ不満? ちんちん扱きたいの?」

彼女は彼の風俗レポートが聞きたくて今回のオナサポをするので
プレイ開始後も要所要所で射精は絶対にしないと彼に誓わせます。
その一方で彼がよりハードなオナニーを求めるなら許可を出してペースを指示します。

エッチが始まっても相変わらず声や口調は穏やかですし
射精できない点を除けば結構マイルドなオナサポと言えます。
プレイ中に復唱を求めるシーンが割と多いので、実際にやればより気分を高められるでしょう。

中盤の10分間は心身をバランスよく責めるプレイ。
パンツを脱いで竿と金玉を同時にいじりながら明日体験する風俗店の様子をイメージします。

「ぐちゅぐちゅえっちな音させちゃって…こんなえっちな音女の子に聞かせるなんてほんと変態だよね」
「ティッシュじゃなくて本物の女の子に精液出すんでしょ? ふふ、だから今は我慢だよ…たくさん我慢した方が精液びゅーってした時気持ちいんだから…!」

最初のほうでも話した通り、2人は音声のみでお互いの姿を見ることができません。
だから彼女に見られてる状況を使って羞恥を煽ることはせず
オナニーで感じてる声を聞かれてるのを意識させつつ軽く「変態」と言ったり
お店でエッチしてる様子を細かく実況してイメージ力を膨らませます。
そのうえで射精の誘惑に負けそうになる彼を励まします。

「ここを耐えたら明日の通話は射精させてあげる」と辛さに見合ったご褒美を提示するのも良いですね。
男性の場合射精せずにオナニーを止めるのはなかなか難しいですから
こういう風に応援してくれるのはありがたいし効果的だと思います。
飴と鞭を交互に与えて射精を我慢しやすくしています。

終盤の14分間は最も厳しいシーン。
これまでで一番速いペースのシコシコボイスを繰り出し
亀頭オナニーを挟んでからカウントに合わせてフリースタイルでしごかせます。

「ふふ…! すごいなー女の子にお礼いいながらちんちん扱いちゃうなんて。情けないよねー。自分でもそう思うでしょ?」
彼に情けないセリフを言わせたうえで軽く見下す態度を取る一方で
カウント中は今までになかったタイプのご褒美をあげるなど
引き続き優しさと意地悪さをほぼ半々の割合で混在させて寸止めさせます。

改めて言いますけど本作品の目的は射精ではなく焦らし&寸止めです。
この過酷な状況に無事耐え抜くか、それとも射精の誘惑に負けて彼女を裏切るか。
最終的には自分と戦うある意味過酷なオナサポが繰り広げられてます。
穏やかに意地悪する作品
ミサのキャラとプレイに大きなギャップを持たせてる独特な切り口の作品です。

彼女は自分の募集文を見ていち早く連絡を取ってくれた主人公と
まずは当初の予定通りオナニーの話をして楽しい時間を過ごします。
そして特殊な性癖を持つ彼に風俗へ行くアドバイスをした後、そのサポートをしてあげます。

ギャルっぽい女の子の指示に従い射精をひたすら我慢するシチュ
最初から射精は厳禁と明言したうえで射精へ追い込む意地悪な展開
その厳しさをある程度和らげる彼女のキャラと適度なご褒美。
ストレートにやったら難度が非常に高くなるプレイに工夫を加えてやりやすくしています。

「ほら、もっと声出して? 気持ちいとか、うめき声とかあえぎ声とかなんでもいいよ? ほら、もっと聞かせて…!」
彼女は良くも悪くもエッチに対して貪欲な女性です。
だから男性のオナニー、童貞の風俗初体験、射精できない苦しみに悶える姿など
自分では決して味わえない感覚を知ろうと積極的なアプローチをかけます。

そして純粋だからこそ射精の誘惑に負けそうになる彼を何度も押し留めます。
少なくとも私には悪意を持ってやってるようには見えませんでした。
多少なりとも射精を我慢しようとする気持ちが働いたのはそのおかげだと思います。

エッチは射精をゴールに定めてない点をどう見るかで評価が大きく分かれそうです。
こういうことすら快感と捉えられるドM向けかなと。
オナサポ自体はしっかりしてるので結局は好みの問題です。
淫語それなり、喘ぎ声ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

おまけは2種類の音声です。

CV:秋野かえでさん
総時間 50:48(本編…48:04 おまけ…2:44)

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2021年9月13日まで40%OFFの594円で販売されてます。



サークル「常世常闇所々」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、戦闘力は低いけど色仕掛けは得意な2人のサキュバスが
魔王城に乗り込んできた勇者を巧みなエッチで骨抜きにします。

体よりも心を重点的に責めて彼が自分から負け射精するように誘導するのが特徴で
序盤から中盤にかけては両耳舐めをやりながら優しい言葉をかけて心身の感度を上げ
それからおちんちんを握る→数回しごく→わざとおあずけする、と焦らして快楽堕ちへ持っていきます。
M向けのシチュですがハードな要素はまったくないので、お姉さんに優しく弄ばれたい人に最も向いてます。
勇者の精液をねっとり回収
サキュバスのララ(挿し絵右)とエリザ(挿し絵左)が勇者を快楽堕ちさせるお話。

「勇者様ぁ ついに捕まっちゃったね」
エリザは穏やかで色っぽい声のお姉さん。
「魔王城の魔物を かなり倒したらしいね」
ララはエリザよりもトーンの高い声のお姉さん。
主人公の全身を魔法で拘束した後で魔王に報告すると
そうなった経緯を説明してから精液回収に取り掛かります。

本作品はたった1人で魔王城に乗り込み魔物たちをなぎ倒すほど強い彼を無力化しようと
彼女たちがおよそ80分に渡ってソフト路線の誘惑をします。
1回の射精をできるだけ充実させる方針で責めるため
一般的なサキュバス作品よりも体への責めを抑えて焦らし気味に進めます。

ララ「男の子のエッチな表情って 堪んないのよね 君も早く 快感の虜になろうよ」
彼の体を拘束してる圧倒的に有利な状況なのに
敵同士とは思えないほど穏やかな声と態度で接して弱めの刺激を与えます。
ちなみに作中で彼女たちがおちんちんに触れることはありません。
彼に様々な指示を出しながらオナニーしたい気分にさせるオナサポに近いリードをします。

本格的なオナニーが始まるのは終盤からになるので
視聴中はもどかしかったりウズウズする人が結構いると思います。
でも焦らしたほうが精液を熟成できるのは事実ですからタイトルに合ったプレイをしてると言えます。
先々を見据えて一歩ずつ追い込む展開が実にサキュバスらしいなと。

こうやって書くと生ぬるいエッチをすると思う人がいるかもしれません。
しかし言葉責めにとても力を入れてるおかげで彼女たちに弄ばれる気分を強く味わえます。
2人いる状況を活かして片方が言葉責め、もう片方は耳舐めをするシーンが多く
彼の反抗心を上手に削ぎながら負け射精の誘惑に屈服するよう追い込みます。

エリザ「とっても幸せ 私のこと好き? ずっとキスする?」
しかも「変態」「クズ」といった彼を見下す言葉は敢えて使わず
望むものを与えたりそそのかす誘惑成分の高い責めを繰り出します。
声、態度、セリフ、雰囲気がすごく穏やかだからこそ抵抗できない不思議なプレイです。
彼の精液を奪っておしまいではなく、自分たちの味方に引き込むことも見据えたエッチをします。
じわじわと追い込むエッチ
エッチシーンは9パート66分間。
プレイは耳舐め、耳への息吹き、キス、太ももや金玉を撫でる、おちんちんを握る、乳首オナニー、オナニーです。
エッチな効果音はありません。

ララ「それじゃあ 強い勇者様をメロメロにしてあ・げ・る」
主人公が快楽にとことん弱いことをすぐさま見抜いたララとエリザは
熱いキスをしたり優しい言葉をかけてまずは彼の心を和らげます。

エッチは終始彼女たちが責め続けます。
最初の3パート25分間は心と体の興奮を盛り上げることに専念するシーン。
「2.【勇者誘惑】 ねっとり蕩ける耳舐め(約9分)」は両耳舐め
「3.【勇者誘惑】 サキュバスのえっちな生吐息(約4分)」は両耳への息吹き
「4.【勇者メロメロ】チャームのすきすき誘惑(約12分)」はキスと耳舐めを同時にします。

ララ「誘惑に負けてもいいの ここには私たちしかないない だから好きなだけ気持ちよくなって?」
エッチが始まる前の時点で彼が逃げられる可能性は0なので2人はまったく焦りません。
普段通りの穏やかな声と態度で話しながら誘惑に負ける魅力を教えて心に隙を作ります。
過去に自分たちが相手してきた男たちのことを軽く語るなど
聴き手が負けを受け入れやすく感じるように言葉を選んで投げかけます。

言葉責め重視の作品だからセリフの表現や言う順番にこだわりを持ってます。
無理矢理感をまったく出さずにエッチするのも、彼が自分から堕ちられるようにするための布石です。
恋人や夫婦といった親しい関係じゃないことを踏まえて雰囲気作りから始めます。

これらの最中に耳舐めをよくするのも大きな特徴です。
ゆっくりペースで水分高めのねっとりしたちゅぱ音を鳴らしててなかなかエロいです。
キスも含めてちゅぱ音は比較的パワフルにしてサキュバスらしさを出してます。

おちんちんへの刺激が加わるのは「5.【勇者発情】ハアハア生吐息の誘惑(約7分)」から。
ズボンとパンツを脱ぎ太ももの内側や金玉を撫でてさらに焦らし
それから竿を握る→乳首オナニーを加える→指定された回数だけしごくと
後になるほど体の快感が少しずつ強くなるように引き続きゆっくり進めます。

ララ「これが本当の最後だよ? オナニー中毒になっちゃいそうだから」
そして彼が絶対に射精しないよう手加減することで屈服しやすい状況を作ります。
オナニーを始めた後に自分の意志で射精せずに終えるのはなかなか難しいですから
男の心理を逆手に取ってより強い快楽を欲しがる気分に持っていきます。
シコシコボイスの回数も少ないですから焦らされてる感覚が強いです。

そして焦らしに焦らしてきたからこそ、終盤の追い込みで十分過ぎるほどの快感が味わえます。
あるパートからオナニーの制限を完全に解除し
シコシコボイスを言い続けたり激しめの耳舐めをして射精感を一気に押し上げます。

溜めをしっかり作った後で放出する展開になってますから
射精する時は普段よりも強めの快感が襲ってきます。
私が聴いた時も腰が軽く抜ける感覚がして少しの間動けませんでした。
彼女たちに負けたのにまったく悔しいと思わないのも面白いです。

このように、体よりも心への責めを重視してじっくり追い込む緻密なエッチが繰り広げられてます。
巧みな色仕掛け作品
悪いお姉さんたちに言葉で操られる快感を味わわせてくれるややM向けの作品です。

ララとエリザは自分たちよりも遥かに強い主人公を従順な奴隷にしようと
終始穏やかな声と態度で接しながら序盤は彼の抵抗心を削ぐ方針で言葉責めと耳舐めをします。
そして中盤はおちんちんや乳首へのソフトな責め、終盤はほぼフリーのオナニーと体への刺激を上げ
さらに彼女たちに従う喜びや負ける快感もくすぐって普段よりも気持ちいい射精へ導きます。

倒すべき相手である2人のサキュバスに弄ばれて負け射精するM向けのシチュ
彼が受け入れやすく感じる言葉を選んで投げかけながら一歩ずつ追い込む巧みなリード
耳舐め以外の刺激を抑えて焦らし気味に進める比較的ソフトなエッチ。
ハードでドスケベに振る舞うことが多いサキュバスのイメージとは随分違う作品に仕上げてます。

中でも2番目はこちらを見下したり突き放す表現を使わずに屈服させるところが素晴らしいです。
魔法で体を拘束してる時点である程度の安全は確保されてますけど
主人公を怒らせるようなことをしたらそれが引き金になってまた暴れ出すかもしれません。
だから心を鎮めたり快楽に負けたくなる言葉責めをすることを心がけてます。

耳舐めも結構エロくて濃いので大きな魅力だと思うのですが
私はそれよりも言葉責めやエッチの展開といったシナリオ面に感銘を受けました。
色仕掛けや精液の熟成といった作品のテーマとも合ってますし
サキュバス作品が多い同人音声の中でしっかりとした個性と存在感を持ってます。

一般的なサキュバス作品よりも体への責めを抑えてる点だけご注意ください。
他の部分を強化してバランスを取ってますから物足りなさはありません。

射精シーンは1回。
淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声はありません。

CV:琴音有波さん
総時間 1:21:48

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年8月22日まで20%OFFの1056円で販売されてます。



サークル「夢色パラダイス」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、年下の男の子が大好きなお姉さんが
現在よくエッチしてる男の子の乳首をゆっくりじっくり開発します。

前半は射精、後半はドライを目指して乳首とその周辺を責め続けるのが特徴で
おちんちんに触れる時間は数秒程度と非常に短くする代わりに
胸を揉む、乳輪を撫でる、乳首を色んな手段で刺激すると幅広いプレイを用意して徐々に気持ちよくします。
「かりかり」などの掛け声をよく言いますから、音声に合わせていじるオナサポに近い使い方ができます。
乳首をいじってふたつの快感を
お姉さんが乳首をたっぷりいじって絶頂させるお話。

「うふっ いらっしゃい そういえば 私の部屋に来てくれたの 初めてだったわよね」
お姉さんはややトーンが低く落ち着いた声の女性。
自宅へ招いた主人公が緊張してるようなので優しい言葉をかけると
さらにぎゅっと抱きしめて熱いキスをします。

本作品は恋人やセフレといった親しい関係にある彼女が
彼とおよそ110分間のエッチをして新しい快感の扉を開きます。
物語が始まる時点で2人は手コキ、フェラ、SEXといったプレイを既に経験しており
今回はそれらと違う手段を使って2種類の絶頂へ順に追い込みます。

「おちんちんには一切触れずに 乳首責めだけで射精するの」
それに最も貢献してるのが乳首責め。
エッチシーンのほぼ全部で乳首とその周辺をとことんいじります。
胸を手で揉む、乳輪を指で撫でる、乳首を様々なプレイで気持ちよくするなど
特化型のエッチをするだけあって内容が非常に充実してます。
おちんちんは彼女がカウパーを指ですくって舐める動作が2回あるだけですから完全に脇役です。

夢色パラダイスさんは以前から乳首を題材にした作品をいくつも出してるサークルさんです。
そのためふたつあるパートのどちらもリードが上手く、指示通りにやるだけで気持ちよくなれます。
乳首未開発者でも楽しめるように焦らし気味に責めてました。
プレイに応じて掛け声を変えながら小まめに言ってくれるのでオナサポ色が強いです。

また前半はウェット(射精)、後半はドライオーガズムを最終目標に定めて行います。
前者は最後に射精しますからおちんちんをしごきながら乳首オナニーするのも可能です。
そして後者は進め方やプレイ構成を変えて心により強い刺激を与えます。

「可愛い君に喜んでもらえると お姉さん 胸がキュンとなっちゃうわ」
プレイはM向けですけど彼女の態度が非常に優しいおかげで雰囲気は終始穏やか。
ちょっとしたコツを教えてやりやすくするなど、愛情を込めて乳首開発に取り組みます。
エッチの最中は常に体を密着させて囁き声で話します。

乳首責めに特化してるエッチとお姉さんのきめ細かなリード。
乳首未開発者から普段いじってる人まで幅広く対応してる親切丁寧で個性も強い作品です。
無理せずじっくり追い込むエッチ
エッチシーンは2パート103分間。
プレイは乳輪/乳首責め、我慢汁を舐める、乳揉み、耳舐め、キスです。
射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「こんなふうに ゆっくりと すり すり すり すり」
シャツ以外の服を全部脱いでから主人公に深呼吸させると
お姉さんは乳首の周辺をゆっくり撫でて体の感度を上げていきます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
前半の「1・囁き乳首責めで射精♪(約57分)」は乳首責めだけで射精するパート。
序盤の10分間は乳輪責めに専念し、それから乳首責めに進んで色んなプレイを繰り出します。

「乳輪の時と同じように 乳首の先に 指が触れるか触れないかの距離で すり すり すり すり」
彼にこういうプレイをするのは今回が初めてですが
やり慣れてるところを見ると彼女は乳首責めや乳首オナニーの経験が豊富なのでしょう。
何をしてるかわかりやすく説明しながらいじり方に合った掛け声を出し
さらにペースやリズムを小まめに変えて快感に慣れにくくします。

乳首責めも人差し指で軽く触れる、そのまま撫でる、指先で弾く
1本もしくは4本の爪で優しく引っかくなど内容が多彩です。
爪で引っかくシーンが最も長い(合計で50分くらい)ですから
一緒にやればピリッという鋭い快感が断続的に味わえます。
地肌でやると傷つける可能性があるのでシャツ越しにいじることをおすすめします。

パート中盤に差し掛かると爪で引っかくのが中心になります。
「気持ちいい時は声を出していいよ」と言って心を開放し
「かり かり」の掛け声を囁き声で小まめに出して無理なく追い込みます。

1パートあたりの時間が長いので激しく責めることはあまりありません。
乳首はいじり続けることで徐々に開発される部位なので
未開発者がそれを認識できるように焦らし気味に進めます。

終盤はカウントに合わせて射精を迎えます。
乳首責めが充実しててもノーハンド射精は難度の高いプレイですから
1回目は無理せずおちんちんオナニーと組み合わせたほうが満足できると思います。
リードは別に問題ないので鍛錬を積めばできる可能性はあると見てます。

続く「2・囁き乳首責めでメスイキ♪(約46分)」はドライを目指す乳首責め。
前回と同じ環境や体勢で胸を揉んだり乳輪を撫でて体を温め
それからプレイの構成を変えて左右の乳首をとことんいじります。

「乳輪に円を1回描くたびに 君の乳首の感度は上がっていく」
催眠暗示っぽいセリフが増えてるところが前のパートとの大きな違いです。
ドライオーガズムといえば催眠音声のほうがメジャーですから
それに多少近いスタイルにして心をより盛り上げやすくしてます。

といってもガチで催眠をかけることはないのであくまで雰囲気作り程度のものです。
前立腺に快感を集めるイメージをさせたりと
実況や掛け声に特化してた前回とはやり方を少し変えてます。

乳首責めについては指先でつつく、乳輪ごと指で挟んでつまむ
そのまま指を擦り合わせるといった新しいプレイを投入します。
でもパート後半からは爪で引っかき続けるのでやっぱりこれがメインかなと。
最後の5分間だけ激しく責めてカウントに合わせやすく調整してくれます。

実際にやった感想ですが、私は乳首を既に開発してるのでかなり気持ちよかったです。
乳輪を撫でてるシーンはくすぐったい程度の弱い刺激だったのが
乳首を指でいじり始めるところから色んな快感が乳首や胸に伝わってきます。
絶頂はどちらもできませんでしたが、ドライの時だけ腰が多少ビクつく反応がありました。

このように、乳首のいじり方を丁寧に教えながら2種類の絶頂を目指す取り組みやすいエッチが繰り広げられてます。
乳首好きには堪らない作品
乳首の快感をより多くの人に伝えることを見据えたややM向けの作品です。

お姉さんはおちんちん以外でも快感を得たり絶頂できることを主人公に教えようと
最初から最後まで乳首とその周辺だけをたっぷりいじり
さらに数分単位でいじり方を変えて乳首をじっくり開発します。
そして絶頂はウェット、ドライ両方を用意しそれぞれで多少違う責め方をします。

声も態度も穏やかなお姉さんが年下の男子を乳首責めで気持ちよくするシチュ
何をするかわかりやすく説明しながら掛け声を小まめに言う実用性重視のエッチ
2種類の絶頂に向けて十分な時間を用意しゆっくり追い込む初心者を意識したリード。
乳首作品を得意とされてるサークルさんらしい安定感のあるエッチが楽しめます。

おちんちんを一切いじらない点だけはニッチですけど
それ以外はものすごく練り込まれていてとてもやりやすいです。
未開発者はとりあえず乳首とおちんちんを同時にいじるスタイルで進め
ある程度開発できたらノーハンド絶頂を目指す形にしたほうが良いと思います。

絶頂シーンは射精1回、ドライ1回。
淫語それなり、くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声ごく僅かです。

乳首をいじり慣れてる人、未経験だけど興味を持ってる人の両方におすすめします。

CV:秋山はるるさん
総時間 1:50:18

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年9月8日まで20%OFFの1056円で販売されてます。



サークル「被支配中毒」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、肉体を持たずデータだけで存在するAIのお姉さんが
音声に興味を持った男性に変わったオナサポをします。

耳、乳首、おちんちん、心をバランスよく責めるのが特徴で
序盤は耳舐め重視で焦らし気味に進めてたのが
中盤以降は乳首オナニーとおちんちんオナニーを同時にやり
さらにある言葉を起点に暗示も入れて彼女に乗っ取られる快感を味わわせます。

サークルさんは催眠音声と認識されてるようですが
実際に聴いてみたら催眠音声とは構造が違ったので、当サイトでは同人音声として紹介します。
お姉さんの言う通りにオナニーしてたはずが…
人工知能の不死川燈子(しなずがわとうこ)にオナサポ洗脳されるお話。

「あー あー あー 聞こえてますかー? うん 再生完了してるみたいだね」
燈子は明るくて穏やかな声のお姉さん。
音声を聴く際の注意事項を簡単に説明すると
自己紹介してからオナニーの準備を始めます。

本作品は声や態度は穏やかだけど性格は割とSな彼女が
音声に興味を持った彼におよそ50分間のオナサポをします。
「こりこり」「シコシコ」といった掛け声でリードする王道のやり方に
耳舐めが多い、途中から洗脳要素が加わるという独自要素を盛り込んでます。

耳舐めはプレイの序盤と終盤に登場し、合わせて20分ほどやります。
耳の内側を舐めたり舌先でぐりぐりするようにゆっくり責めてました。
水分が控えめなのでそれほどエロいって感じはしませんけど音や動きの臨場感は高いです。

「これは催眠なの 私が このキーワードを言うことで あなたは指示に従わざるを得なくなる」
後者は音声の中盤以降に登場するもので
あるキーワードを起点に彼女の言いなりになる暗示を小まめに入れてきます。
かなり頻繁に言うのでどれがキーワードにあたるかはすぐわかります。
「いつの間にか彼女に逆らえなくなってた」と感じる人がそれなりにいるでしょうね。
エッチの展開がスムーズですし、アプローチの手段も柔らかくて受け入れやすいです。

本作品を催眠音声じゃないと言う理由は催眠誘導にあたるシーンがないからです。
一般的な催眠音声は深呼吸や脱力をしてまずは暗示を受け入れやすい状況を作り
それからカウントを数えたり揺さぶりをかけて深化させます。
しかし本作品の場合は普通にオナサポしてたところへ途中からいきなり暗示を入れ始めます。

私は被暗示性が高いほうですから抵抗できない感覚をそれなりに味わえたのですが
この内容だと「誰にでもそれが通用するとは言いにくいかなぁ」と考えてます。
洗脳要素を含んだオナサポ音声として見るなら面白いところを持ってるので
そういう認識で聴いたほうが楽しめると思います。
ちなみに製品版には解除音声が入っており、本編終了後はそれを聴いて締めくくります。
言葉と快楽で乗っ取るエッチ
エッチシーンは38分間。
プレイはオナニー、耳舐め、乳首オナニー、暗示を使った洗脳です。
エッチな効果音はありません。

「それじゃ オナニーを始めようか」
主人公に服装や部屋の環境を確認してもらった後
燈子はソフトなオナニーをさせながら左右の耳を舐めておちんちんを元気にします。

エッチは終始彼女に言われた通り動きます。
最初の15分間は普通のオナサポに近い内容。
オナニーはほぼ自由にやらせて彼女は左右の耳を交互に舐め続けます。

「〇〇 そのまま聴きながら 本気でオナニーはしないでね まだまだ 準備なんだから」
耳舐め中はセリフをほとんど挟まず、数分ごとに軽く話しかけてくる緩いリードです。
しかし前項で説明したキーワードは早速登場しており
彼女が先々を見据えてこういう責め方をしてるのがわかります。

このシーンを聴いて「あれ? 思ってたより普通だな」と感じた人も
中盤以降で認識が一気に改まるはずです。
勃起してないと最後に射精できませんし、まずはオナサポに専念するのは良いことだと思います。

本作品が本領を発揮するのはその次から。
耳舐めから乳首オナニーに切り替え、「こりこり」という掛け声を小まめに出し始めます。
そしてキーワードを絡めた暗示を入れたり
おちんちんもシコシコボイスで後になるほど激しくしごく指示を出します。

「どんどんどんどん 何度も 何でも あなたは私に従わざるを得なくなっていく たかが音声データの私に 操られていく」
ほぼフリーだった序盤とは打って変わって指示を丁寧に出しますし
最中のセリフも洗脳を意識したものが一気に増えてM度が上がります。
乳首とおちんちんを同時にいじりますから、乳首を開発してる人のほうが気持ちよくなれるでしょう。
キーワードを頻繁に言うおかげでそれを聞くたびに自然と意識してることにも気づきます。

また終盤の10分間は声の密度を上げて洗脳されてる気分をより強く味わわせます。
中央からは「シコシコ」「こりこり」の掛け声、左右では耳舐め+言葉責めと
最大3つの声や音を同時に流し、それぞれが別の役割を持って動きます。

このへんまで来ると体だけでなく心の快感もそれなりに強くなってますから
射精する時は彼女の言いなりになった陶酔感や、言う通りにできた達成感も湧いてくると思います。
オナサポ自体が相手の言う通りにオナニーする行為なので洗脳との相性は良いです。

このように、序盤と中盤以降でスタイルを大きく変えるM向けのエッチが繰り広げられてます。
洗脳を交えたオナサポ作品
指示をしっかり出しながら独自要素も使って気持ちよくする変わったオナサポ作品です。

燈子は音声を聴いてくれた主人公を自分の言いなりにしようと
穏やかな声と態度で接しながらまずは耳舐めを重点的にやって興奮を後押しします。
そして中盤以降は乳首+おちんちんオナニーに切り替え
さらにキーワードを使った暗示も組み込んで心身をバランスよく盛り上げます。

生身の人間になりたいと思ってるAIがオナサポを通じて男性の心を乗っ取るM向けのシチュ
耳舐めを多めにやったりシコシコボイスなどの掛け声を小まめに出す堅実なリード
最初は普通にオナサポしてたのが、途中から洗脳要素を一気に上げる落差のあるエッチ。
オナサポの要所を押さえつつ作品独自のプレイもやって個性を出してます。

中でも3番目は序盤がスタンダードだからこそ、中盤以降のプレイが余計引き立ってます。
レビューの序盤で書いたように本格的な催眠をかけるわけではないので
彼女に洗脳される感覚が誰でも味わえるとは言い切れません。
ですが徐々に本性を現わす展開や、キーワードを使って乗っ取ろうとするアプローチは面白いです。
オナサポもちゃんとやってくれますし、嗜好が合うなら普通に射精できます。

射精シーンは1回。
ちゅぱ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声はありません。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 46:53

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
47分で1650円だと割高なので-1してあります。



サークル「キャンドルマン」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、これまで数多くの男をマゾ堕ちさせてきたJKが
SNSで知り合った男性を変わった手段でマゾイキさせます。

全編を通じて「可愛い」を積極的に言うのが特徴で
通常の会話に混ぜたり連呼しながら、それを起点に幸福感や絶頂感を膨らませます。
キャンドルマンさんらしく強めの意地悪をするシーンもありますから
ノーマルからMな人まで幅広く楽しめるでしょう。

今回はねっとりロングコースを聴いてのレビューをお送りします。
マゾをとろかす魔法の言葉
JKのいちごに言葉だけでイかされるお話。

「年端もいかない少女に 口先だけで 恥も外聞もない状態へと堕とされる」
いちごは甘く可愛い声の女の子。
自己紹介は省略し作品のコンセプトや魅力を早速説明すると
催眠状態になるためのちょっとしたコツを教えます。

本作品は過去にM男が味わった気持ちいい体験を疑似的に味わうことを目的に
彼女がおよそ120分に渡って催眠をかけたり特化型のエッチをします。
彼女はまだ若いけどマゾの弱点を知り尽くしており、これまで同級生や教師を何人も堕とした実績があります。
そんなわけで今回の相手も流れるような手つきで弄びます。

「意識や 常識の束縛から解放されて 私の言葉に 心地よく支配された状態に とーっても 可愛い状態へと あなたは自ら進んで落ちていくんです」
それに最も貢献してる要素が「可愛い」。
催眠パートはもちろん、エッチでもガンガン言って心と体をとろかせます。
大人になった男性が現実世界で「可愛い」と言われることは滅多にないと思います。
そのため音声を聴いてると恥ずかしいとか、むず痒いといった特殊な感覚が湧いてきます。

本作品における「可愛い」は言葉通りの意味だけでなく
弱いとか、情けないといった軽く見下す要素も込められてます。

年下の女性に言葉だけで気持ちよくされ、イかされる。
ノーマルな男性にとってはやや屈辱的なプレイを甘い雰囲気でお届けします。

「常人をマゾに、マゾをもっとマゾに」をコンセプトに掲げてるだけあって
一般的なM向け作品よりも雰囲気はずっと穏やかです。
いちご役を演じる大山チロルさんもあまあまな声で優しく接してました。
ただし、エッチの終盤だけは割と意地悪な展開になってます。

またねっとりロングコース以外にあっさりショートコースもありまして
ショートのほうが30分くらい短くなってます。
サークルさんはロングを推奨されてるので、ショートを聴くのは2回目以降にするといいでしょう。
五感に幅広く働きかける催眠
催眠はおよそ30分間。
横になって目を瞑り、まずは五感に意識を向けて集中力を高めます。

「あなたは 私の声を聞いている 少しずつ はっきりと聞こえるようになってきた どこかの街の音へと 引き込まれるようにして」
本作品のサービスは別の男性のマゾ堕ちを追体験するスタイルなので
まずはいちごが男性と出会った世界に入り込むところから始めます。
最初は無音だったのが後になるほど少しずつガヤ音が聞こえるようになり
10分後には賑やかな繁華街の中にいるような感覚が味わえます。

一般的な催眠誘導とはやり方が結構違うため、最初は戸惑うかもしれません。
でも聴き続けていればイメージ力や没入感が自然と高まってることに気づきます。
効果音や環境音も軒並みリアルでそれを上手に後押しします。
視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚と幅広くアプローチするからそう感じるわけです。

「可愛い って言われるほどに 頭の奥が あまーくとろけていく 胸が幸せな気持ちで満たされていく」
もちろんただ音を鳴らすのではなく暗示も入れてきます。
テーマ性が出るように早速「可愛い」を至るところで盛り込み
それに合わせて心地よさや幸福感といったプラスの感覚が湧いてくるように働きかけます。

「可愛い」の言葉自体にも良いイメージがありますし、思わず顔がにやける人もいるでしょうね。
私が聴いた時も体の脱力感は特にありませんでしたが
その代わり心地よさや没入感がそれなりに味わえました。

繁華街に着いた後は彼女と2人でエッチの舞台となるラブホへ移動します。
足音を鳴らしながらガヤ音が少しずつ遠ざかり
その最中にも彼女が色んなことを話して女性に可愛がられる快感を教えます。

「あぁ 本当に マゾさんは可愛くって大好きです」
彼女はM男をいじめるのが大好きですけど、表面上はそこまでSっ気がありません。
愛玩動物へ接するように優しくリードして依存しやすい状況を作ります。
過去に彼とは別の男性をお世話した時のことを話して場を和ませるなど
技術だけではなくキャラ、言葉、音、雰囲気といった全体を使って催眠状態を深めます。

テーマ性を出しつつエッチに向けた環境作りをする柔らかい催眠です。
いちごと繁華街で会い、ラブホへ移動する様子を主観的に体験させることを目的に
前半は五感を鋭敏にする暗示を入れながらガヤ音を少しずつ大きくして物語の世界に引き込み
後半はラブホの部屋に到着するまでの様子を音で表現しながら
引き続き「可愛い」と何度も言ったり追加の暗示を入れて陶酔感を強めます。

かなり変わった誘導をするので初心者向けかと言われれば首を捻りますが
全体の流れやリードのやり方、そして音の扱いが丁寧で少しずつあちらの世界へ移動できます。
「可愛い」の量も多くて甘やかされてる感じがよく出てました。
「可愛い」を「気持ちいい」に変えるエッチ
ねっとりロングコースのエッチシーンは78分間。
プレイは「可愛い」を織り交ぜた言葉責め、〇〇です。

エッチな効果音はありません。
セルフはありません。

「今からあなたは 鼓膜を通じて 心身のすべてを犯されるんです」
甘めの催眠をかけて主人公を可愛い存在にしたいちごは
引き続きその言葉を使って徐々に性感と絶頂感を高めます。

エッチは体への接触を一切せず言葉だけでイかせます。
前半の44分間はそれに向けた準備をするシーン。
「可愛い」を数えきれないほどたくさん言いながら気持ちよくなる暗示も入れます。

「最初の変化は 大抵体に表れるんです 身じろぎして ビクビク ピクピクして 少しでも体の内側から 湧き上がる快感から 逃れようとするんです」
本作品のエッチは淫語やちゅぱ音といった純粋なエロ要素をほとんど使わないので
時間を十分に取って1回の絶頂に向けてじっくり追い込む方針を取ります。
最初は体に何らかの変化が表れるように働きかけ
そこから先はマゾに堕ちる快感や、彼女の言いなりになる快感と範囲を広げます。
快感をあるものに例えて膨らませるなどアプローチの内容が結構多彩です。

そして何より「可愛い」の存在感が催眠パートよりも大きくなります。
あちらよりも意識して多く言うので聞けば聞くほどこそばゆい感覚がします。
私は股間も結構ムズムズしましたが、それよりも脳が気持ちよくなる人のほうが多いでしょう。
「変態」「ゴミ」といった通常の言葉責めとは真逆の要素を使ってドライさせる非常に変わったプレイです。

それに対して後半の34分間は意地悪度の高いプレイ。
「可愛い」をよく言うところは先ほどと一緒ですが、そこに新たな要素を加えてとことん焦らします。

「ここから先は ただただ悶絶してください」
具体的に何をするかは思いきりネタバレになるので言えません。
でもこのシーンのほうがキャンドルマンさんらしいと私は思います。
かなり強めの焦らしをするので、これまでM度が低いと感じた人も考えを改めるでしょう。
そしてその後にドライを迎えるからこそ絶頂感も強く得られます。

このように、やることを絞り込んで入念に行う尖ったエッチが繰り広げられてます。
甘い雰囲気でダメにしてくれる作品
M向けには縁遠い言葉を使ってマゾイキさせるチャレンジ精神旺盛な作品です。

いちごは過去に自分が相手した男性の快感を主人公に疑似体験させようと
まずは催眠を通じて舞台となる繁華街やラブホへ案内します。
そしてエッチは「可愛い」を軸に据えた言葉責めをガンガンやって少しずつ確実に追い込みます。

声は甘いけど性格はSなJKが変わったエッチでM男を悶えさせるシチュ
五感を研ぎ澄ませながらリアルな効果音と環境音を鳴らして没入感を高める独特な催眠
フェラやSEXといった通常のプレイを一切やらず
「可愛い」を織り交ぜた言葉責めと暗示で気持ちよくするタイトル通りのエッチ。
技術力と発想力があるサークルさんらしい斬新な作品に仕上がってます。

中でもエッチは前半は甘め、後半はM度高めとスタイルを大きく変えて責めます。
乳首やおちんちんには一切触れませんし、エッチな声や音もほとんど出てきません。
なのに心や体がビクビク、ゾワゾワする不思議な感覚が味わえます。

ドライ未経験者にはやや難度が高いようにも思えますが
経験済みなら最後に絶頂できる可能性は十分にあります。
通常のドライ作品よりも絶頂時間が長めに味わえてスッキリしました。

ねっとりロングコースの絶頂シーンは1回。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:大山チロルさん
総時間 あっさりショートコース…1:31:53 ねっとりロングコース…2:02:26 独立完全解除パート…23:51

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年8月20日まで30%OFFの924円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。



サークル「国屋敷」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第77回目は声も態度も穏やかなお姉さんが
催眠を交えたエッチな調教でマゾの快感をたっぷり味わわせます。

無理矢理従わせるのではなく聴き手が自分からそうなりたくなるように誘導するのが特徴で
リラックスしながら声に対する興味や集中力を高めたり
深化後は幸福感と気持ちよさで包み込んで彼女に従う喜びを与えるなど
こちらが望むものをガンガン与えて手懐ける穏やかな調教を施します。
奴隷になって幸せなひと時を
お姉さんに催眠をかけられ恥ずかしいエッチをするお話。

「あら 目が覚めたのね 私の声 聞こえているかしら?」
お姉さんはトーンが低く穏やかな声の女性。
主人公を捕まえて部屋に連れ込み体を固定すると
事情がわからない彼にそのことを話し、これから調教すると告げます。

本作品は大人の女性に従う快感を味わいながら射精することを目的に
彼女がおよそ60分に渡って催眠をかけたりM向けのプレイをします。
彼を拉致して体を拘束するところまでは割と強引ですけど
催眠開始後は手荒なことを一切せず、彼の心を解きほぐす方針で進めます。

「勃起したおちんちん見られるの 好きなんでしょ? 男の子の一番恥ずかしいところ 女の子に見てもらえるのが 嬉しいんでしょ?」
催眠パートは彼女の声や言葉に良い印象を持たせて受け入れやすい環境を作り
エッチはおちんちんを露出して彼女に見せつける、恥ずかしいセリフを復唱する
2つのやり方で射精してみせるなど羞恥心を煽ることに力を入れてます。

彼が特に嫌がってないところを見ると元からそういう性癖があるのでしょう。
彼女が好き放題弄んでるように見えて、実際は彼が喜ぶことをガンガンやります。
飴を与えて手懐けるスタイルですから無理矢理感はほとんどありません。
見下したり突き放す言葉責めも一切なく、愛玩動物に接するような優しい態度を取ります。

国屋敷さんは穏やかな雰囲気でアブノーマルなプレイをする作品が多いですから
どぎつい描写が苦手な人でも安心して聴けるしイけます。
ちなみにエッチはセルフありとなしの2種類ありまして、その両方で射精します。
落としてから躾ける催眠
催眠は2パート23分間。
仰向けに横になって目を瞑り、まずは深呼吸と脱力で心身をリラックスさせます。

「息を吸うと 安らかな空気が あなたの体に入ってくる 私の声が あなたの体の中に入っていく」
この時点の主人公は突然調教を受けることになり多少怒ってますから
彼女も自分の声や言葉を受け入れやすくなるように働きかけます。
深呼吸する時は息と共に彼女の声が体に染み込む暗示を入れ
脱力も「力が抜ける」と厚めに言って緊張をほぐします。

大山チロルさんの低音ボイスも相まって聴けば聴くほど気持ちが穏やかになります。
脱力の後はカウントを交えて半覚醒状態と催眠状態を往復するなど
定番の技術を組み合わせてストレートかつスムーズに催眠の世界へ案内します。

「ハートがあなたの体に入る 気持ちいい 幸せ 気持ちいい」
2番目の「4-深化」は主従関係をさらに強化し、彼女の命令に従う喜びを教えます。
ピンク色のハートを彼女からもらう様子をイメージするというもので
それに合わせて気持ちいい、幸せといったポジティブな感覚を伝えます。
彼女に従うことに幸せを感じさせれば何もせずとも自然に主従関係を維持できます。
言うことを聞いてくれた時は彼の頭を撫でて褒めるなど、適度に甘やかして依存心を膨らませます。

サクッと落としてからメインの暗示を入れる無駄のない催眠です。
聴き手をお姉さんの従順な奴隷に変えることを目的に
深呼吸から入って弛緩法、カウントを交えた揺さぶりでまずは催眠状態を深め
その後はハートのイメージを使った暗示、復唱形式による主従の契約と繋ぎます。

催眠誘導は要所を押さえてコンパクトにまとめてますし
2番目のパートも誰にでもわかるイメージを使って幸福感を与えます。
実際に聴いてみるとあまり隷属してる感覚はしないでしょう。
抵抗心を徹底的に削ぐアプローチがされててとても穏やかです。
羞恥を快感に変えるエッチ
エッチシーンは3パート29分間。
プレイはおちんちんを見せつける、カウントによる絶頂、オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
エッチの序盤で服を脱ぐ指示が出ます。

「お姉さんに命令されると あなたのおちんちんが 熱くなってしまう」
催眠を使って主人公を従順な奴隷にしたお姉さんは
その場で服を脱がせておちんちんを勃起させる命令を出します。

エッチは彼女の指示や命令に従って絶頂を目指します。
一番最初の「4-深化(約9分)」パートは射精に向けて気持ちを盛り上げるプレイ。
おちんちんを勃起させる→萎えさせるのを順にやって彼女の言う通りにできるか確認します。
このパートは前半が催眠の最後、後半はエッチの序盤にあたります。

「催眠奴隷は ご主人様の命令で いつでもおちんちん勃起させられる いい子ね」
主従関係が確立された後も彼女の態度はまったく変わりません。
目の前でおちんちんを勃起させても見下すどころか褒めてやる気にさせます。
彼女が「おちんちん」を多めに言うのもさり気ない応援なのでしょう。
逆に萎えさせる時は深化の暗示を入れてリラックスを促します。

射精シーンが出てくるのはその次から。
「5-絶頂(セルフなし)(約10分)」はおちんちんの勃起を維持したままカウントで快感を制御し
「6-絶頂(セルフあり)(約10分)」は直接しごいて1回ずつ出します。

「数字が減って 0に近づくと おちんちんの根元に 熱い感覚が訪れる」
前者はカウントと暗示を組み合わせた催眠色の強いものですから
私はどちらかと言えば射精よりもドライのほうが迎えやすく感じます。
音声を聴いた時も射精しない代わりにおちんちんが何度もビクビクしました。
最後に気持ちよくイけるように多少焦らして性感を蓄積させてから追い込みます。

後者は基本スタイルはセルフなしとほぼ一緒でオナニーが加わります。
時間が10分と短いですから事前に1~2日溜めてからのほうが抜きやすいでしょう。
催眠に深く入れてたおかげで射精時の快感が通常よりも強かったです。

このように、見られる快感を煽りながらふたつの手段で射精させるややアブノーマルなエッチが繰り広げられてます。
穏やかな調教作品
調教のイメージよりもずっとマイルドなやり方で躾けるややM~M向けの作品です。

お姉さんは主人公を自分の立派な奴隷にしようと
まずは催眠を通じて彼女に良いイメージを持たせたり、命令に従う喜びを教えます。
そしてエッチはおちんちんをじっくり観察する視姦っぽいプレイや
セルフあり、なし両方のケースで射精するプレイで羞恥心と快感を与えます。

トーンが低く穏やかな声のお姉さんが催眠を駆使して調教するM向けのシチュ
古典催眠の技術をベースに作品固有の要素を盛り込んだ堅実で入りやすい催眠
露出とオナニーに絞り込み、カウントと暗示で快感をコントロールする変態向けのエッチ。
どぎつい描写やプレイは入れず、女性に従う幸福感を与える方針で作品を組み立ててます。

中でも催眠はわざと主人公が抵抗する設定にしたうえで
それを徐々に解きほぐすチャレンジ精神のある内容になってます。
圧倒的に有利な状況なのに自分の考えを押し付けたりせず
むしろ彼が望むものを与えて屈服させる彼女のアプローチも良いです。

エッチのセルフなしがノーハンド射精を目指す形になってるので
ここだけは無理に狙わずドライにしたほうが迎えやすいと思います。
セルフは普通に出すだけですから本当に誰でもできます。

射精シーンは2回。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて前回と同じ点数にさせていただきました。

CV:大山チロルさん
総時間 1:01:09

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年9月13日まで50%OFFの660円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



サークル「ふわとろ☆ギャラクシー」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、普段は奥手だけど好きな人が相手だと大胆になる女の子が
好意を寄せてる先輩と濃いエッチをして心をガッチリ掴みます。

2人が好きな官能小説を絡めながらちゅぱ音をたっぷり鳴らすのが特徴で
年下の女性が男性を弄ぶお話を軽く朗読してからそれと同じプレイをしたり
体を密着させたままキス、耳舐め、乳首舐めをガンガンやって想いの強さを伝えます。
一部でM向けのプレイも出てきますが愛情表現としてやる感じですから
キャラやシチュが好きならノーマルな人でも普通に聴けるし抜けるでしょう。
文学少女とするアブノーマルなエッチ
後輩のゆみかと4種類のエッチをするお話。

「失礼します 先輩 お一人ですか?」
ゆみかはのんびり話す穏やかな声の女の子。
文学部の部室にやって来て主人公に挨拶すると
彼が読んでる本のことを話してから突然ある質問をします。

本作品は読書が好きで同じ趣味を持つ彼のことも深く愛してる彼女が
部室やお互いの自宅でおよそ130分に渡る濃厚なエッチをします。
彼女は以前から官能小説を色々読んでおり、物語の中でするようなエッチに憧れてました。
だから彼と愛し合う時も序盤は小説を朗読して雰囲気を作ります。

「2人分の熱く濡れた舌が びきびきと張った裏筋を舐め上げて 開ききったカリを転がす」
会話とは違う独特な言い回しが妙に生々しく
感情を込めて読む彼女の姿も相まって淫靡な空気が漂ってます。
どの物語も年下の女性が男性を弄ぶ展開になってますから、ややMあたりの人に最も向いてます。

お互いの性癖が噛み合った結果こういうプレイをするだけで悪意はありません。
奥手な彼女が持つドスケベなところを強調してギャップを持たせます。
SEXシーンが多く射精は毎回中出しを決めるなど、想いの強さが至るところに込められてます。

もうひとつの大きな特徴はちゅぱ音を鳴らすプレイが充実してること。
キス、片耳舐め、乳首舐めをエッチシーンの大部分でやって興奮を後押しします。
耳舐めだけでも54分やりますから、全部合わせたら確実にエッチの半分を超えるボリュームです。
キスは激しく貪るように、耳舐めは奥のほうを舌先で優しくぐりぐりするといった具合に
プレイによって鳴らし方を明確に変えて臨場感を出してました。

おちんちんへの責めについても彼女の淫乱さや積極性がわかりやすく出てます。
シーンの序盤から中盤にかけては比較的ソフトなプレイを中心に据えて焦らし気味に進め
SEX開始後はその日のエッチが終わるまでずっと繋がったままでいます。
タイトルにつけてるだけあって焦らしは強めに行います。

SEX中は吐息メインで喘ぎ声をほとんど漏らさないところは大人しく感じますが
口を使ったプレイをしっかりやるので物足りなさはありません。
全部を激しくすると彼女のキャラが大きく崩れるからわざと抑えたのでしょう。
朗読も言葉責めの一種ですし、上の口を使った責めに力を入れてます。
身も心も密着するエッチ
エッチシーンは4パート118分間。
プレイは官能小説の朗読、耳舐め、キス、手コキ、素股、SEX(騎乗位)、乳首舐め、体の拘束、足コキです。
手コキ、素股、SEX、体の拘束、足コキの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「幼馴染で微妙な関係の 男子学生と 女子学生たちの物語」
主人公も官能小説が好きなことを知って喜んだゆみかは
自分が持ってる本をその場で読み聞かせてエッチな気分を膨らませます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
一番最初の「01.部室で誘惑ささやき密着耳舐め手コキ(約21分)」は
本作品の特徴や彼女のドスケベなところがわかりやすく表現されてるパート。
官能小説の朗読から始まり耳舐め→手コキと前進します。

「いつもは優しい先輩が 欲情して 豹変して 『いやぁ』 震える声で小さく叫びながら みかは気づけば いやらしくのけぞっていた」
彼女は彼とエッチする気満々ですから朗読の時点で早速それをアピールします。
女子の後輩と男子の先輩が絡むお話を用意し
さらにヒロインの名前も「みか」にして自分たちと重ね合わせやすくします。
セリフを言う際に感情を込めて喘ぎ声を漏らすなど、明らかに彼を誘ってるのがわかります。

そしてある程度経つと彼女が体を密着させ
そのまま左右の耳をねっとり舐めて純粋な快楽を与えます。
官能小説の流れに沿って責める感じになっててすごく本作品らしいなと。
パートの終盤はキスや手コキも加えて気持ちいい射精に追い込みます。
このパートだけで12分くらい耳舐めをやりますから好きな人ほど興奮できます。

続く3パート97分間は2人の関係がどんどん親密になります。
「02.ちんぽ挿れっぱなしねっとりじっくり耳奥舐め(約33分)」と
「03.ちんぽ挿れっぱなしで乳首と耳奥舐め(約24分)」は彼の家でイチャイチャし
「04.ちんぽ挿れっぱなし痴女られっぱなし耳奥舐め(約40分)」は
逆に彼女の家に行ってアブノーマルなプレイに挑戦します。

02と03パートは焦らしの強さや、ちんぽ挿れっぱなしが光ってるシーン。
前回とは別の官能小説を軽く読んでから20分くらい耳舐めや素股を続け
十分盛り上がったところで騎乗位で繋がり、03パートが終わるまでずっと繋がったままでいます。

「私はずっと 先輩が好きでした ずっと見てました」
割と意地悪な展開ですが彼女のセリフがあまあまなのでM度はそれほどありません。
挿入後は2回の射精を生のおまんこで受け止めて惜しみない愛情を注ぎます。
彼がまったく抵抗しないところを見ると、元々女性に責められるのが好きなのでしょう。
彼女も多少のSっ気を出してきますし、お互いに自分を曝け出して親密度を高めます。

「さすがはMちんちん ほんとに変態ね 先輩って どうしようもないエロマゾ男」
「先輩の赤ちゃん 欲しい 赤ちゃん頂戴 このおちんちんで孕ませて?」

最後の04パートはその部分がさらに強化されてます。
目隠しと体の拘束で彼を抵抗できない状況にしてからおちんちんを足蹴にしたり
軽く見下す言葉責めを投げかけて心身両面をゾクゾクさせます。
でもパート後半から始まるSEXでは何度も種付けをおねだりする従順な姿を見せてくれます。

ほぼ正反対の内容ですけどどちらも彼女にとっては本心なのでしょう。
年上の男性を性的にいじめたい欲求と、好きな人と身も心も深く繋がりたい欲求。
彼女が持つ二面性をエッチにきちんと反映させて魅力を引き出してます。
後半のSEXはM度が低いので、前半は調教よりもイメージプレイと呼ぶほうがしっくりきます。

このように、彼女の性格と本作品の特徴を上手に組み合わせた独特なイチャラブプレイが繰り広げられてます。
ちゅぱ音重視の純愛作品
文学少女のイメージとは随分違うエッチをするギャップのある作品です。

ゆみかはずっと前から好きだった主人公と特別な関係になるために
まずは彼が好きな官能小説を読み聞かせてエッチな雰囲気を作ります。
そしてエッチ開始後は小説の内容に沿ったプレイをしたり
キス、耳舐め、SEXをたっぷりやって満たされた射精に導きます。

奥手でドスケベな後輩が同じ部の先輩に変わった誘惑をするノーマル~ややM向けのシチュ
官能小説の朗読から始めてそれと同じ責め方をする彼女らしいエッチ
囁き声や吐息を多くして密着感を、ちゅぱ音を多く鳴らしてエロさを出す演出。
作品独自の要素がしっかり生きるように組み立ててます。

中でも2番目は2人が肉体関係を結ぶきっかけになったり
M寄りのプレイを無理なくこなす土台にもなる大事な役割を果たします。
朗読自体はどのパートも序盤の5分程度で終わるため、個人的にはもう少し長くやって欲しかったのですが
そうすると今度はちゅぱ音の量が減るからわざとこうしたのかもしれません。
小説の設定も2人の性癖に合わせてあって考えられてるのがわかります。

彼女の態度が終始落ち着いてるのにちゅぱ音が激しめなのも良いです。
SEXは音量控えめな効果音を鳴らしながら吐息を漏らす程度ですから(ペースは適度に変わります)
私はキスや耳舐めのほうが存在感は大きいと思います。

ちんぽ入れっぱなしについては02と03は機能してますけど
01と04は場面が変わる関係で通常のSEXとほとんど違いがありません。
01と02、03と04でシーン分けしたほうがこの部分を活かせたんじゃないかなと。
内容に対する特徴の種類が多いせいで持て余し気味になってます。

射精シーンは4回。
ちゅぱ音と吐息多め、淫語とくちゅ音それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 2:13:11

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年7月30日まで20%OFFの1056円で販売されてます。



サークル「Delivery Voice」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声や態度はフレンドリーだけど性格はドSなお姉さんが
マゾを卒業したがってる男性にハードで気持ちいい試験をします。

通常のオナニーよりも幅広い性感帯を責めるのが特徴で
竿はもちろん乳首、亀頭、金玉、裏筋など他の性感帯にも着目し
どれも掛け声を小まめに出しながらほぼノンストップでいじらせて射精を我慢できない状況へ追い込みます。

作品の性質上、普段よりも内容を伏せて書いてることをご了承ください。
マゾには耐えられない過酷なテスト
ヒロインの指示に従ってオナニーし、射精を我慢するお話。

「やっほー マゾくん よろしくね」
ヒロインは明るくて上品な声のお姉さん。
マゾを卒業するためにやって来た主人公に挨拶すると
これから行うオナサポのルールを説明します。

本作品は今まで数多くのマゾを負かしてきた彼女が
新しく挑戦しに来た彼を相手におよそ100分間のオナサポをします。
「いままでの作品の中で最高難易度の作品」とサークルさんがおっしゃられてるように
おちんちんが弱い人にはまず耐えられない過酷なプレイとなってます。

そう言える理由は主にふたつ。
おちんちんをはじめとする色んな性感帯をいじることと、休憩時間が極端に短いことです。
前者は竿をしごくスタンダードなオナニーに加えて
乳首オナニー、亀頭や裏筋といった敏感な部分を集中攻撃するオナニーなど
通常のオナサポよりも多少掘り下げてより強い快感を与えようとします。

また竿をしごく時はシコシコ、握る時はにぎにぎと各プレイに対応する掛け声を用意し
それらをセリフと同時に投げかけてきめ細かくリードします。
掛け声は数分間隔で速度を上げ下げする割とシンプルなものですが
耳舐めを同時にやったり複数のオナニーを組み合わせてあってなかなか濃いです。
後になるほど平均ペースが上がるなど、マゾを卒業させまいとする彼女の意志が強く込められてます。

後者についてはパートを切り替える時以外はほぼ休憩なしと言っていい状況です。
オナニー開始からテスト終了まで80分、その後のご褒美パートが15分あるので
少なくとも早漏な人にはクリア率0%と言って差し支えないと思います。
私は初回で無事クリアできましたが苦戦するシーンが何度かありました。
ほぼオナサポだけを制作されてるサークルさんなだけあって珍しいギミックも登場します。

おちんちんの各部位と乳首をがっつり責めるスタイルと、休憩をほとんどさせない作り。
心よりも体への刺激に力を入れてるM~ドM向けの作品です。
少しずつ確実に追い込むエッチ
エッチシーンは7パート94分間。
プレイは竿/乳首/亀頭/金玉/タマスジオナニー、耳舐め、クンニ、SEX(騎乗位、バック)、〇〇です。
SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「勃起をさせるためには やっぱり おちんぽをシコシコするのが手っ取り早いよねー」
冒頭の4分間でオナニーのルールを説明したヒロインは
とりあえず緩めのシコシコボイスを流しておちんちんを元気にします。

エッチは終始彼女に言われた通り動きます。
一番最初の「1.勃起タイム(約17分)」はウォーミングアップと言っていい内容。
1秒1コキ程度のペースで始まり、言葉責めや別のプレイを交えて心と体を盛り上げます。

「私はね 耳舐め聴きながらシコシコしたい変態さんを 徹底的に焦らすのがだーい好きなの」
彼女はマゾを相手にする仕事に就いてるだけあって性格はドS。
明るくフレンドリーな態度で接しながら命令を出してオナニーを上手く制御します。
勃起タイムだから軽めに済ませるのだろうと思いきや
このパートだけでも割と本気で追い込んできてこのエッチの過酷さが窺えます。

さすがにここで射精する人はいないでしょうけど
後のパートでそうなる下地を作る役割は十分果たしてます。
休憩時間も極端に短いですし、本作品の特徴が早速出てます。

本格的なテストをするのは次の5パート62分間。
それぞれにテーマを持たせたプレイでじわじわと射精へ追い込みます。
これらはパート名がすべて「????????」となっており、パッと見てどんなプレイをするかはわかりません。
私は聴いてるから当然知ってますけど、サークルさんの意向を汲み取ってできるだけネタバレせずに紹介します。

販売ページの説明文にシコシコ、にぎにぎ、もみもみ、スリスリ、コリコリといった
各プレイに対応する掛け声が表記されてますから
このシーンでは当然これらが登場して聴き手を悶えさせることになります。

シコシコ(竿オナニー)、もみもみ(金玉オナニー)、コリコリ(乳首オナニー)は割とメジャーですが
にぎにぎ(竿を繰り返し握る)、スリスリ(裏筋を指で撫でる)をするオナサポ作品はほとんどありません。
これらをそれなりの時間できるところも本作品の魅力と言えます。

この5パートを実際にやってみた感想を書きますと
2番目はかなり楽だったのが、3番目からだんだんきつくなるのを感じました。
ペースを変える時の落差が大きくて暴発しそうになったり
6番目に出てくるあるギミックがクリアを阻む大きな壁として立ちはだかります。

この内容だとギブアップする可能性が最も高いのは6番目のパートだと思います。
こういう追い込み方をする作品は初めて聴いたのでとても新鮮でした。
言葉責めもそれなりにしますけど、彼女が優しさを適度に見せるので事務的感は薄いです。

そうやって色んな試練を乗り越えた後
「7.生意気ヒロインに生中だしセックス-オホオホ気持ちいいですうう(約15分)」でようやく射精の瞬間が訪れます。

「やばっ おまんこがどんどんキュッてなるのがわかる おぉっ」
このテストを初めてクリアする者が現れて嬉しかったのでしょう。
悔しがる様子はまったくなく、約束通りおまんこを使って今度は童貞卒業を応援します。
軽いクンニを挟んでから最初は騎乗位、少し経つとバックで繋がり
バックの時だけ喘ぎ声に混じってオホ声を漏らします。

このパートに限って言えばノーマルからややS向けです。
今まで散々弄ばれ続けた分をきっちり取り返して爽快な中出し射精をプレゼントします。
彼が初SEXする状況も相まって十分過ぎるほどのご褒美と言えるでしょう。

このように、何をするかわからないようにしたうえでじわじわ責めるハードなエッチが繰り広げられてます。
多彩なオナサポ作品
オナニーの種類を通常よりも多くし、それらを組み合わせて責めるなかなか凝った作品です。

ヒロインはマゾを卒業したがってる主人公を負け射精へ追い込むために
合計5種類のオナニーを用意してからそれぞれに対応した掛け声を出して丁寧にリードします。
そしてどのパートも休憩時間をほとんど入れないことで射精を我慢できない状況を作ります。

気さくでドSなお姉さんが過酷なオナサポ試験をするM向けのシチュ
どのパートも必ず掛け声をバックで流し
それと同時に命令や言葉責めもして心身をバランスよく責めるプロらしいエッチ
後になるほど平均ペースを上げながら一切休ませない逃げ場のない作り。
クリア率0%の名に恥じないやり応えのある作品に仕上がってます。

中でも2番目はリードをわかりやすくするのと同時に純粋なエロさを上げる効果があります。
体への刺激だけでも射精を我慢できなくなるくらいの負荷がありますけど
どうせなら心も一緒に盛り上げたほうが負けさせやすいし射精の快感も大きくなります。

エッチは前項で伏せた5パートが一番の聴きどころです。
亀頭オナニーするシーンがあるためローションを用意したほうがやりやすいかもしれません。
内容は思い切りM向けですけどノーマルな人が挑戦してみるのもありだと思います。

射精シーンは1回。
淫語とちゅぱ音それなり、くちゅ音と喘ぎ声ごく僅かです。

CV:秋山はるるさん
総時間 1:42:00

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ