同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:淫語

   ● 子作りオナホ村【バイノーラル】
   ● お姫様と結婚してオナホおまんこでイチャラブ子作りえっちが仕事になる生活♪【バイノーラル】~今日は一日中、子作りおまんこデーです♪~
   ● あなたの射精義務違反を取り締まる事務的ポリス【バイノーラル】
   ● クールなシスターの事務的“聖処理”生活【バイノーラル】~“恋人聖処理”によるイチャラブえっちを行います~
   ● ほろ酔いメイド凪彩の淫語ささやき&耳舐め焦らし手コキ
   ● イマドキJK妹と禁断の濃厚ラブホ獣セックス-快楽だけが目的のゴムあり交尾エッチ-
   ● 【リアルサウンド】昼は真面目な風紀委員、夜はあなた大好きドスケベ変態彼女♪【KU100×ハイレゾ】
   ● クールな錬金術師さんにお金をもらいながら素材として精液を提供する生活【バイノーラル】
   ● 大人しい媚薬後輩の純愛淫乱セックス♪♪
   ● あなたのクラスのママ係さん。【バイノーラル】




サークル「防鯖潤滑剤」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、現実世界とは別の時空に住んでる双子の女の子が
偶然迷い込んできた男性を色んなエッチでもてなします。

淡々とした様子であまあまなエッチをするのが特徴で
彼の好きな耳舐めや淫語責めを積極的にやっておちんちんを元気にしたり
精液は必ず上下の口で受け止めて幸福感や満足感を与えます。
キャラはクールですが事務的感はまったくないのでノーマルな人も普通に楽しめます。
処女の双子とみっちり子作り
リサ(挿し絵右)、リト(挿し絵左)と4種類のエッチをするお話。

「こんにちは、お兄さん」
リサとリトはややトーンの違うどちらも穏やかな声の女の子。
森の中で道に迷った主人公に声をかけると、近くにある自分たちの村へ案内します。

本作品は現実とは別の場所(並行世界)で育った双子が
ここへ偶然やって来た彼とおよそ130分に渡って子作りに励みます。
ふたつの世界は通常だと行き来できないようになってますが
何らかの事情で時々繋がることがあり、彼以外にもここを訪れた人がいるそうです。
およそ1週間後に再びそうなることも知ってるので、その時まで村でのんびり過ごします。

リト「さすがに、一度や二度のおまんこだけでは、確実に妊娠できるとは言えないでしょう。少しでも可能性を高めるために、毎日、子作りさせてください」
しかし彼女たちは完全な無償で彼を泊めるわけではありません。
元の世界へ戻るまでの間はエッチしまくって種付けするようお願いされます。
並行世界の人同士で子供を作ることもできるそうですが
それを続けてたら村全体が血の繋がった者だらけになりそのうち滅びます。
作中で「子作り担当」と呼んでることから、適齢期の女性が交代で外の男性から精液をもらってるのでしょう。

この世界におけるSEXは村の人口を維持するための手段という意味合いが強いので
物語の開始時点で彼女たちも彼に好意や愛情は特に持ってません。
エッチ開始後も普段と同じクールな声で接します。
たぶん音声を聴き始めた直後はやや事務的な印象を受けるでしょう。

リト「お兄さんのおちんぽが、最高に気持ちよくなれて。睾丸……タマタマの中身が空っぽになるまで、中出ししてもらえるように……リトたちも、創意工夫させていただきます」
でもエッチの内容は声のイメージとほぼ正反対で非常に手厚いです。
彼がどうすれば喜ぶかを即座に察知して嗜好に合った責めを繰り出し
セリフも彼を持ち上げたり興奮させることを強く意識してます。
肝心のSEXも嫌な顔ひとつせず2人が順番で処女を捧げて中出しまで許します。

このクールな女の子たちがとことん甘いプレイをするのが本作品最大の特徴です。
サークルさんの過去作「双子で事務的なJKメイドに性欲処理される生活。」や
双子でクールなJKアイドルが性処理オナホになってくれる生活。」と似た部分を持ってるので
これらを好きな人が一番楽しめると思います。
M向けの要素がまったくと言っていいほどないので属性はほぼノーマルです。

エッチについては双子相手ということで常に2人が協力して責めます。
片方がSEXしてる時はもう片方が耳舐めしたり
フェラとキスを同時にやって別のちゅぱ音をお届けするなどなかなか濃いです。

リサ「お・ま・ん・こ。……ですとか」
リト「こういった……少し、下品めな淫語がお好きなようですね」
また彼が淫語に反応しやすいことを利用し淫語責めを積極的にやります。
クールな声で「おちんぽ」や「おまんこ」をガンガン言うギャップを持たせた責めっぷりです。
射精時にはぴゅっぴゅのセリフで応援するなど、淫語好きなサークルさんの持ち味がしっかり出てます。

クールな双子が温かみのあるご奉仕をするシチュと淫語を多めに交えた複数人プレイ。
ほぼ正反対の属性を持つ要素を上手く融合させたエロくて穏やかな作品です。
少しずつ変わる双子の心
エッチシーンは4パート99分間。
プレイは耳舐め、SEX(騎乗位、対面座位)、オナホコキ、乳首舐め、フェラ、キス、乳揉み、双子同士で精液の口移し、双子のオナニーです。
SEX、オナホコキ、オナニーの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

リサ「お兄さんの服、お脱がせいたします……」
リト「ん……しょ、っと……」
主人公に事情を話して無事同意を得た双子は
彼の服を脱がせてから両耳舐めしてまずはおちんちんを元気にします。

エッチはどのパートも彼女たちが責め続けます。
前半の2パート45分間は本作品のコンセプトや彼女たちの特徴を前面に押し出したプレイ。
「1.『リサとリトと、子作りしてください』(約30分)」はリサ→リトの順に騎乗位SEXし
「2.『本物のオナホでご奉仕いたします』(約15分)」はオナホコキで気持ちよくします。

リサ「今まで、おちんぽを挿入した経験がないものですから……桜色のお肉が、ぴったりと閉じたままですが……」
リト「クリトリスは、ぷくっと膨らんでいて。食べごろです」
この並行世界には人以外に物も流れ着いてくることがあるらしく
そこで手に入れたエッチな教材を使って今まで色んな勉強をしてきました。
だから男性と初めてエッチする状況でも不安がる様子は特になく
彼が喜びそうなことをガンガンやってスムーズに興奮させます。

肝心のSEXも騎乗位で挿入してからゆっくり腰を動かす割と穏やかなものです。
喘ぎ声の代わりに熱っぽい吐息を頻繁に漏らし
やや下品な淫語責めと耳舐めを組み合わせて抜きやすい空気を作ります。
愛情はほとんどありませんが彼のために尽くす姿勢は強く見られて健気に感じました。
会ったばかりの男性に自ら進んで処女と中出しを捧げる展開も甘いです。

リト「いえ。恥ずかしがる必要など、まったくありません。お兄さんのどんな性癖も、どんな欲望も、リトたちは笑ったりしません」
2番目のオナホコキは彼女たちの包容力がよく表れてます。
毎回SEXでは彼が飽きるだろうと思って偽物のおまんこを用意し
引き続き淫語を多めに投げかけながら耳、乳首、おちんちんを同時に責めます。
彼が乳首で感じても見下すどころか好意的に受け入れる姿がすごく優しいです。

子作り担当だから仕方なく相手するのではなく
彼のことを第一に考えながら工夫して責めることを常に心がけてます。
男性の気持ちを一切考慮せず無慈悲に責める事務的プレイとはほぼ対極に位置する内容です。
子作りが目的でもSEXに固執せず、彼がより良質な精液を出せる環境作りに努めます。

後半の2パート54分間はクールな2人に多少の変化が表れます。
「3.『お外でお口えっちしましょう』(約16分)」は村の中を散策してる途中でキス&フェラを行い
「4.『“好き”と言い合いながら子作りおまんこしましょう』(約38分)」は
彼が元の世界へ戻る前の晩に再びリト→リサの順に対面座位でSEXします。

リト「それに。ベロとベロを絡ませると、体がぽかぽか温かくなるような気がします」
彼と1週間近く生活を続けて多少は感化されたのでしょう。
普段通りのクールな声で彼女たちの中に不思議な感情が芽生えてることを漏らします。
たぶん好意や愛情にあたるのでしょうけど、それが何かわからず戸惑ってるように見て取れます。

またフェラ、ベロチュー、精飲と口を使うプレイで固めてるおかげで
複数のちゅぱ音が同時に鳴るシーンが多くエロさ高めです。
前半の2パートは淫語重視でしたから、ここで責めの方針を変えてメリハリをつけてます。
物語が佳境に入ったのを受けてキャラとエッチの両方に新しい要素が加わってます。

そして最終パートは時間、エロさ、温かさのすべてが最も充実してます。
騎乗位よりも顔の位置が近くなる対面座位を選んでピストンとキスを繰り返し
さらに彼のリクエストを受けて「好き」と何度も言って甘さをさらに強化します。
SEXしないほうは耳舐めで応援してました。

リト「確かに、これなら……〝好き〟と言い合ったほうが、気持ちが盛り上がるのも、納得です」
彼女たちがSEXが持つ別の意味を理解し始めてるのが印象的でした。
最初は単なる生殖行為にすぎなかったプレイを愛情表現へと変えてます。
これのおかげで同じSEXでも最初と最後のパートでは雰囲気が随分違います。
引き続き喘ぎ声は漏らしませんけど、吐息は前回よりも明らかに熱っぽいです。

このように、双子の心情変化も描きながら彼にとことん尽くす甘さの強いエッチが繰り広げられてます。
心がぽかぽかする作品
偶然出会った男女がエッチを通じて少しずつ仲良くなるイチャラブ系の作品です。

村のルールで子作り担当になったリサとリトは主人公の子供を確実に妊娠しようと
物語の序盤で早速SEXして精液をおまんこでしっかり受け止めます。
そしてその後は無理のない頻度でエッチしながら心の距離も徐々に近づけます。

別世界に住んでる双子が初対面の男性と子作りSEXに励む変わったシチュ
SEXシーンを長めに用意し1回目と2回目で違う魅力を持たせるテーマに沿ったエッチ
淫語を多めに投げかけながら彼が喜ぶことを積極的にやる健気な責めっぷり。
サークルさんが以前からやられてる「事務的キャラの甘いエッチ」を独自の世界観で行います。

中でも2番目は会った直後と別れる直前にSEXするのでそれなりの違いが見られます。
通常だと処女喪失や初中出しが絡んでる1回目のほうが甘く感じるのですが
本作品の場合はむしろある程度仲良くなった後にする2回目にそれが強く表れてます。
当初の目的である精液と、異性を愛することの大切さを彼女たちが同時に受け取るからです。

キャラが崩れないように彼女たちは最後までクールなままでいます。
でも彼と過ごした1週間が大きな影響を与えたのは間違いありません。
そういう温かみを感じる要素があるおかげで普段よりも満たされた射精が迎えられます。
異世界でエッチする状況を上手く活かして良いお話にまとめてます。

エッチはパートごとの時間が比較的長く、すべてが複数人プレイなのでどれも濃いです。
淫語を意識して多く盛り込んだりちゅぱ音重視のパートを挟むなど細かな工夫も見られます。
彼女たちの属性を大事にしてるのでそこまで激しく責めるシーンはありません。
彼の心身に負担がかからないよう徐々に刺激を上げる方針で進めます。。

射精シーンは6回。
淫語とくちゅ音多め、ちゅぱ音と吐息それなり、喘ぎ声はありません。

おまけは「二人で左右から耳舐めさせていただきます」です。

CV:逢坂成美さん
総時間 2:21:59(本編…2:14:36 おまけ…7:23)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年4月14日まで10%OFFの1089円で販売されてます。
過去作も4月14日まで50%OFFの550円で販売されてます。



サークル「防鯖潤滑剤」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、お姫様らしい上品で穏やかな物腰の女の子が
夫になった男性と1日かけてたっぷり子作りに励みます。

高貴な女性なのに自分からはしたない姿を見せて彼を誘惑したり
5パート中3パートをSEXに割いて全部生ハメ&中出しするなど
彼女の性格や物語の背景を色濃く反映させた甘く抜きやすいエッチが楽しめます。
やや下品な淫語を多めに言うので淫語好きな人ほど興奮できるでしょう。
会えなくなる前にたっぷりSEX
妻のエルネスタ・ミルタと5種類のエッチをするお話。

「あなた様ー? 入りますねー♪ 失礼しまーす♪ 調子はいかがですか? ふふっ♪」
エルネスタは丁寧語で話すお淑やかな声の女の子。
主人公の部屋にやってきてすかさずキスすると
他国で開催される研究会に出席するためしばらく留守にすることを伝えます。

本作品は2020年9月に発売された
お姫様と結婚してオナホおまんこでイチャラブ子作りえっちが仕事になる生活♪」の続編。
ミルタ王国の王女として大事に育てられてきた彼女が
夫にあたる彼とおよそ120分に渡って子作りに励みます。

前作ではお互いのことをまったく知らずに結婚した2人が
エッチを通じて少しずつ仲良くなる様子を中心に描いてました。
それに対して今作はすっかり打ち解けた2人がひたすらエッチに励む様子に焦点を当ててます。
前作を聴いてたほうが楽しめるのは間違いないですけど
やることはほとんどエッチなので未視聴でも普通に聴けるし抜けると思います。

「もちろん、あなた様はいつも通り……わたくしのおまんこ、オナホ扱いしてもらって構いません♪」
最大の魅力は甘さとエロさ。
元一般市民で強い魔力を持つ彼を文字通り溺愛します。
王女なのに自分の体をオナホに例えてとことん尽くす姿勢を示し
エッチ開始後は色んな手段で責めながら愛の言葉を投げかけて幸福感を与えます。
そして逆に責められてる時は嬉しそうな表情を随所で見せて彼を喜ばせます。

2人は近年弱まってる王家の魔力を回復させるために結婚したのですが
心の相性も良いようで新婚夫婦らしいイチャラブ感の強いエッチを繰り広げます。
高貴な女性の体を汚す快感も適度にくすぐってきますし
女性に大事にされたり尽くされるシチュが好きな人ほど満足できます。

「はぁ……♪ たくましい勃起おちんぽ好き♪ 素敵なおちんぽハメハメされるの好き♪ おまんこ、ずーっと、トロハメおちんぽケースにされたいなって、思っちゃいます♪」
エロさについては淫語に強いサークルさんらしく淫語責めに力を入れてます。
おちんぽ、おちんぽミルクなどやや下品な単語を言うシーンが多く
それらをセリフの中に違和感なく潜り込ませて心も上手に盛り上げます。
最終パート以外の射精シーンで必ずぴゅっぴゅのセリフを言うのもその一環です。

そして子作りがテーマなのでSEXは毎回必ず生ハメ&中出しを決めます。
単調さが出ないようSEXとそれ以外のプレイを交互に組み合わせてました。
おちんちんを責めるペースは全体的に緩くして無理なく射精に導きます。
焦らし、寸止め、連続射精といったM向けの要素は一切なく属性はほぼノーマルです。
大好きな人と1日中子作り
エッチシーンは5パート84分間。
プレイはキス、SEX(正常位、騎乗位、対面座位)、太ももコキ、ハメ撮り、ハメ撮り鑑賞、パイズリです。
SEX、太ももコキ、パイズリ、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「えへへ♪ じゃあ……しましょっか♪ 子作りオナホえっち♪」
研究会に関することを主人公にわかりやすく話すと
エルネスタは2週間ほど離れ離れになる前に彼とたっぷりSEXすることを宣言します。

エッチはパートごとに責め手を切り替えながら進めます。
一番最初の「1.『えっちなお勉強の成果、ご覧ください♪』(約20分)」は事情を話した直後のお話。
正常位で繋がりながら彼女が淫語責めして興奮と射精を後押しします。

「わたくしの、おまんこオナホは……もう、一番奥まで、あなた様のおちんぽの形になっちゃったんですね……♪ えへへ♪ 嬉しいなぁ……♪」
彼女はお互いに独占し合う関係が好きなようで
おちんちんに大事なところをいっぱいにされて嬉しそうな表情を見せます。
そして彼の心をがっちり掴もうと王女らしからぬ淫語をガンガン言います。
彼女視点のセリフを多めにしてるのも一体感を出すための工夫なのでしょう。

声や態度は引き続き上品にして多少のギャップを持たせながら
彼を気遣ったり喜ばせる配慮が至るところでされてて愛されてるのを強く実感できます。
喘ぎ声も漏らしますけどこのパートに限って言えば淫語のほうが存在感は大きいです。
ドスケベで献身的な彼女の性格をわかりやすく表現してます。

続く4パート64分間はタイトルにもなってる子作りおまんこデーの様子。
「2.『太ももをオナホにしてください♪』(約15分)」は立位での太ももコキ
「3.『“ハメ撮り”というのはいかがでしょうか♪』(約14分)」はハメ撮りを絡めた騎乗位SEX
「4.『ハメ撮り、一緒に見てみませんか?』(約16分)」は録画した映像を見ながらするパイズリ
「5.『あなたの魔法、上手くなりすぎですよぉ……♪』(約19分)」は対面座位SEXで1回ずつ射精します。

「全身、わたくしに包まれて……ぬくぬくぴゅっぴゅ、して欲しいです♪ おちんぽ、ぎゅっ、ぎゅっ、ぎゅ~~~っ♪」
彼女としては彼にしばらく会えないのが余程寂しいのでしょう。
太ももコキパートでは立ったまま抱き合う体勢になり、ベロチューを挟みながらおちんちんを気持ちよくします。
「じゅぽん」という弾力のある水音もむっちりした太ももの質感に合ってました。

射精後は股を開いて精液まみれになった内ももを見せつけるなど
彼に汚されたことをわかりやすく伝えて征服欲をくすぐります。
挿し絵で太ももを強調してるのはこのプレイをイメージしやすくするためかもしれませんね。

3~4番目のパートはハメ撮りを交えて個性を出します。
3番目は結合部や彼女の痴態を録画しやすくするために騎乗位を採用してます。
これは離れ離れになってる間のオカズを作成するのと同時に
王女がこういうはしたないプレイに挑戦するギャップも狙ってるのだと思います。

「えへへ……♪ ちょっと、恥ずかしいですけど……わたくしが、えっちなおまんこしてるところ……♪ じーっと見て、おちんぽのオカズにして……ザーメンミルク、たくさんぴゅっぴゅしてくださいね……♪」
ちょっぴり恥ずかしそうな表情で腰を打ちつける彼女の姿も印象的でした。
彼女は別にMじゃないし変態性癖も持ってませんけど、好きな人のためならそうなれる大胆な性格をしてます。
甘さとエロさが売りの本作品らしいプレイと言えるでしょう。
SEX自体は割と普通なのでシチュや彼女の反応といった他の部分が良い抜きポイントになってます。

最も抜き応えがあるのは最後の対面座位SEX。
夕食やお風呂を済ませて体力が回復したところで再び子作りに励みます。

「溺れるくらい……っ♪ ドロドロ精子さん、浴びたいって……言ってるの……っ♪ 絶対妊娠したいって……っ♪ あなた様の赤ちゃん作りたいって、言ってるぅ……っ♪」
ここは事前に彼が彼女の子宮を発情させる魔法をかけるため
普段よりも興奮した様子でストレートなおねだりを何度もします。
淫語の量が多く、吐息が熱っぽく、乱れっぷりも艶めかしくて余裕のない彼女を拝めます。
そして彼女が快楽で壊れないようピストンをゆっくりめに調整するところに彼の優しさを感じました。
子作りするために結婚した2人が心もしっかり繋がってるのがわかります。

このように、お互いがお互いを思いやりながらイチャイチャする純愛系のエッチが繰り広げられてます。
実用性重視の甘い作品
2人の仲の良さを表現しながら18禁作品としての使い勝手にも配慮してる質の高い作品です。

エルネスタは主人公とこれからしばらく会えなくなる寂しさを少しでも埋めようと
出発の前日を子作りおまんこデーに定めて朝から晩までエッチします。
そしてやや下品な淫語、尽くす姿勢、彼女を汚す快感といった
前作で好評だった要素に新しい要素を加えてより充実したプレイに仕上げます。

普段は上品だけど好きな人の前なら下品になれる女の子と1日中エッチするノーマル向けのシチュ
テーマの子作りが引き立つようにSEXパートを多く用意し
その間に太ももコキやパイズリを挟んで単調になるのを防ぐバランスの良いエッチ
彼のことを第一に考えてリードしたり乱れる彼女の一途で優しいキャラ。
新婚夫婦特有の一体感や幸福感を味わいながら抜けるように作品を組み立ててます。

中でも2番目は全編を通じて淫語責めが充実してることや
彼女が自分から汚されて喜ぶややS向けの要素のおかげで気持ちを盛り上げやすいです。
子作りSEXする時点で生ハメ&中出しはほぼ確定してますから
こういう作品固有の要素が充実してるほうが使い勝手も良くなります。

どのパートもこちらをすごく持ち上げてくるので
精神的に満たされた状態で抜けるでしょう。
彼女が魅力的な女性に描かれてるからこそ、中出しした時の快感も強く得られます。

射精シーンは5回。
淫語とくちゅ音多め、ちゅぱ音と喘ぎ声それなりです。

おまけは「ずーっと耳舐めしますね♪」です。

CV:こやまはるさん
総時間 2:05:56(本編…1:56:32 おまけ…9:24)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年3月11日まで10%OFFの990円で販売されてます。
前作も3月11日まで30%OFFの770円で販売されてます。



サークル「インゴヒゴ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、週1回の射精が義務となってる国を舞台に
クールな射精担当官がそれに違反した男性を丁寧に責めて気持ちよくします。

終始落ち着いた声と態度でやや下品な淫語をガンガン言ったり
中盤では彼のリクエストに応えてパイズリやフェラをするなど
事務的感を出しながら存分にサービスする変わったエッチをしてくれます。
焦らし、寸止め、連続射精といったM向けの要素はないのでノーマルな人でも問題なく楽しめるでしょう。
厳しくも優しいお姉さんと
射精担当官と5種類のエッチをするお話。

「おはようございます。部屋にいらっしゃいますでしょう。ここを開けてください」
射精担当官は丁寧語で話すクールな声のお姉さん。
ある日の朝、主人公の家にやって来て射精義務違反をした理由を尋ねると
これからしばらく自分が性欲処理の手伝いをすると告げます。

本作品は20~60歳の男性は特別な事情がない限り全員射精する法律がある世界で
警視庁の射精管理部に所属する彼女が彼をおよそ100分に渡ってエッチに指導します。
彼は仕事が忙し過ぎるせいで射精する時間や気力が湧かず、その結果3回目の違反をしてしまいました。
そこで彼女が彼の家へ出向き5日間に渡って射精のお手伝いをすることになります。

「わかりました。では、後ほど社名をご連絡ください。自慰行為すらできないほどの激務を課したあなたの会社は、明確な射精妨害となります。後ほど、監査が入ることでしょう」
彼女は仕事で今回のエッチをするので基本的には事務的に接します。
しかし違反した理由を聞いて会社にペナルティを与えることを決めたり
エッチ開始後はできるだけ彼の希望に沿ったプレイをするなど
厳しさと優しさを兼ね備えた面白い女性に描かれてます。

射精義務を怠った者への罰則だから多少はきつくするのだろうと思いきや
M向けの要素はほとんどなく終始彼に尽くす姿勢を取ります。
射精回数はどのパートも1回だけですし、激しく責めるのも射精直前くらいです。
最終パートでは中出しSEXもするなど彼を射精したいと思わせるようにリードします。

エッチについては淫語を多く言うのが大きな特徴です。
これは彼が淫語を聞くほど興奮するからで
「おちんぽ」「おまんこ」といった単語をセリフの中に上手く紛れ込ませて積極的に言います。

「ダマになって指で掴めるくらい濃厚なドロドロおちんぽミルク、私のおててオナホに流し込んでください。指と指の間まで、ヌキヌキミルクで真っ白に汚してください」
同じ淫語を繰り返すことはほとんどなく、上のように複数組み合わせる言葉責めをしてました。
クールな声でこれらを言うのもギャップがあって股間に響きます。
インゴヒゴさんは名前の通り淫語に力を入れてるサークルさんです。
エッチに個性を与えるだけでなく、事務的キャラによるエロさの低下を防ぐ役割も果たします。

厳しさと優しさを兼ね備えた女性が淫語を多めに言いながら丁寧にお世話する。
事務的から連想される冷たさやハードさを大きく軽減したほぼノーマル向けの作品です。
心と体を元気にするエッチ
エッチシーンは5パート79分間。
プレイは淫語責め、手コキ、玉揉み、耳舐め、パイズリ、フェラ、キス、SEX(騎乗位)、乳揉みです。
手コキ、パイズリ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「おちんぽ、しこ、しこ」
主人公の射精義務違反は会社側に大きな責任があると判断した射精担当官は
服を脱いでもらってからおちんちんをゆっくりしごき始めます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の2パート32分間は仕事で疲れた彼を元気にすることを目指したプレイ。
5日間の休職を取らせてエッチに専念できるようにしてから
「1.『淫語がお好きなのですね』(約16分)」は淫語責めを交えた手コキ
「2.『耳を舐めるのが気持ちいいのですね』(約16分)」は耳舐め手コキで1回ずつ射精させます。

「いえ。恥ずかしがらないでください。したいことを素直に言ってもらえて、私としても助かります。射精担当官はあらゆる研修を受けていますし、様々なプレイに適応できるようなマニュアルも存在します」
彼女は彼の話を聞いて悪意がないと判断したようです。
だから引き続きクールな声で優しい言葉をかけながらおちんちんを無理なく責めます。
淫語が好きと教えてもらえばお礼を言ってからガンガン投げかけ
射精シーンでもぴゅっぴゅのセリフを多めに言って上手に後押しします。

彼もエッチに協力する姿勢を取るので雰囲気は終始穏やかでした。
手コキのペースが緩めなのは仕事で疲れた彼を気遣ってる証拠です。
恋愛感情や愛情は確かにありませんけど、彼女なりに優しさを込めてお世話します。

「昨日と同じ手コキをしても、あまり意味はありません。刺激に慣れると、やはりどうしても飽きてしまいますから。あなたも、オナニーするときは、日によって別のオカズを見たりするでしょう」
2番目の耳舐め手コキは口を使うので淫語の量は減ってますが
左右の耳を同じくらいの時間舐め続けて別の刺激を与えます。
同じプレイをできるだけしないように考えてるのがプロらしいなと。
耳舐めも最初は外側をちゅぱちゅぱしてたのが、しばらく経つと吸い多めに変わります。

中盤の2パート29分間はご褒美色の強いプレイ。
「3.『おっぱいを使って欲しいのですか?』(約15分)」はパイズリ
「4.『お口まんこがいいのですね』(約14分)」はフェラで気持ちよくします。

「おっぱい手錠で、おちんぽを逮捕しているみたいですね。いかがでしょうか。私のパイズリ……おっぱいオナホは」
十分な休息と無理のないエッチで彼も射精の魅力を再確認できたのでしょう。
罰則期間中にオナニーしたらご褒美がもらえることを知ると
彼女が家に来る前にそれをこなして好きなプレイをリクエストします。
そして彼女も警察官っぽいことを言いながら弾力のある水音をリズミカルに鳴らします。

顔には出しませんけど彼女も内心喜んでるんじゃないでしょうか。
彼のやる気が出たことをプレイに反映させて事務的感をさらに薄めてます。
射精の直後におっぱいを開いて中を見せてくれますし
引き続き彼が望むことをやってその気持ちに応えようとします。

最大の抜き場は最後の「5.『最終日はおまんこえっちです』(約18分)」。
4日間のエッチを無事こなせた彼に生ハメ&中出しSEXをプレゼントします。

「このベロチューは、あなたに興奮していただくための、儀礼的なものです。子作りえっちをする場合、ムード作りは必要不可欠ですから」
子作りの予行演習にあたるためこれまで一度もやらなかったキスを解禁し
騎乗位で腰をゆっくり打ちつけながら熱っぽい吐息を漏らして幸せな射精へ追い込みます。
キャラを崩さないためでしょうけど喘ぎ声はほとんど漏らしませんでした。
でも彼女の反応を見ればそれなりに気持ちよくなってることがわかります。

このパートだけを見れば通常よりも控えめなSEXをしてると言えます。
でも前の4パートの後に聴くと幸福感や充足感を伴う射精が迎えられます。
彼女の人柄を描きながらエッチするからそう感じるのでしょう。
エッチメインの作品ですがキャラの魅力もきちんと引き出してて素晴らしいです。

このように、ポジティブなやり方で彼を更生させる至れり尽くせりなエッチが繰り広げられてます。
穏やかな事務的作品
事務的なところとそうでないところを組み合わせてる独特な作品です。

射精担当官は週1回の射精を3度怠った主人公に射精の素晴らしさを教えようと
まずは淫語や耳舐めを交えた手コキでゆっくり責めながら疲れとストレスを取り除きます。
そして中盤以降は彼が望むプレイをしたり、生ハメ&中出しSEXでさらにやる気を出させます。

声は事務的だけど性格は結構優しいお姉さんと5日間のエッチをするノーマル向けのシチュ
淫語や男心をくすぐる要素を多く盛り込み、さらに負担がかからないよう抑えて責める手厚いエッチ
彼と一定の距離を取りながら褒めたり全肯定する彼女のキャラ。
「義務違反への罰則」から連想されるマイナス面を上手に打ち消してエッチを組み立ててます。

中でも2番目は焦らし、寸止め、連続射精といったM向けの要素を完全に取り除き
1日1回の射精に向けてじっくり責める彼の気持ちを汲み取った責め方をします。
そしてお願いをきいてくれたり追加で射精したら飴を与えて心も前向きにします。
心のケアをしながらエッチするので、事務的キャラが相手でも冷たさはほとんど感じません。
終盤のSEXは踏み込んだことをしてくれてむしろ面倒見のいい女性に映りました。

エッチはパートごとの時間がそれほど長くないことを考慮し
どれもメインのプレイをほぼひとつに絞り込んで被らないようにしてます。
口を使って責めない時は淫語多め、使う時はちゅぱ音多めとメリハリをつけてました。
定番のプレイを網羅してるので誰にでも刺さる構成と言えます。

射精シーンは5回。
淫語多め、くちゅ音とちゅぱ音それなり、喘ぎ声はありません。

おまけは「射精担当官の淫語連呼音声」です。

CV:結姫うさぎさん
総時間 1:49:35(本編…1:43:08 おまけ…6:27)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年1月26日まで30%OFFの770円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。



サークル「インゴヒゴ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声や態度はクールだけど性格はとても献身的なシスターが
「疑似恋人」をテーマにしたエッチで男性にかかった呪いを浄化します。

一番最初に中出しSEXして彼の心をがっちり掴んだり
やや下品な淫語を交えた言葉責めやベロチューをするなど
テーマに沿ったやり方で彼をとことんもてなす甘いエッチが楽しめます。
淫魔の呪いを解く鍵は絆
シスターのアレットと5種類のエッチをするお話。

「目を覚ましましたか。ああ。落ち着いてください。ここは教会。安全な場所です」
アレットはクールで上品な声のお姉さん。
教会で目を覚ました主人公に今の状況を教えると
先ほどまで彼が見ていた夢の内容を尋ねます。

本作品は何らかの理由でサキュバスから洗脳の呪いを受けてしまった彼が
彼女の助けを借りて治療する様子をおよそ125分に渡ってお届けします。
この教会では「聖処理」と呼ばれるエッチでそれを行ってるらしく
最初から最後まで彼女と色んなプレイを楽しみながら心身両面をスッキリさせます。

ちなみに「クールなシスターの事務的“聖処理”生活【バイノーラル】」という過去作の続編にあたりますが
(↑DLsiteへのリンクです。レビューはまだありません)
私はそれを聴いてないので詳細はわかりません。
基本的にはエッチするだけですから2人が既に肉体関係を結んでることさえ知ってれば大丈夫です。

「しばらく、私と……疑似的な恋人になっていただきます」
今回するエッチのテーマは「疑似恋人」
彼が呪いを受けるのは2回目にあたるため、通常の聖処理では効果が薄いと判断し
体だけでなく心も深く繋がる方針で進めます。
ベロチューを多めにする、愛の言葉を囁く、SEXで生ハメ&中出しをするなど甘さを感じる要素が多いです。

タイトルを見ればわかるように彼女自身はクールで事務的です。
話し方が淡々としてるし、感情の起伏が乏しく、エッチの反応も控えめです。
でもそれは元々そういう性格をしてるだけで彼を嫌ってるわけじゃありません。
シスターとしての責務を果たそうと文字通り自分のすべてを捧げます。

「私の聖処理おまんこをご自由に使っていただいて…… あなたのガチガチおちんぽ、ハメヌキぴゅっぴゅ、してください」
そしてこれらをするにあたって彼女はやや下品な淫語を交えた言葉責めやおねだりをよくします。
インゴヒゴさんと言えば淫語が売りのサークルさんですから
ここをしっかり押さえたうえでテーマに沿ったプレイをします。
M向けのものはほとんどなく、純粋な興奮や女性に対する征服欲をくすぐるものが中心です。

ギャップを意識したエッチをしますから序盤と終盤で彼女に対する印象が随分変わるでしょう。
性格があっさりしてるからこそ、それをカバーする工夫が色々されてて結構エロいです。
心の距離を少しずつ縮めるエッチ
エッチシーンは5パート90分間。
プレイはキス、SEX(正常位、対面座位)、パイズリ、耳舐め、手コキです。
SEX、パイズリ、手コキの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「東洋には、おちんぽを気持ちよくする道具……“オナホール”、というものがあるそうですね。私のおまんこを、そのオナホールだと思って、使ってください」
会話の後に挿し絵のような際どい衣装に着替えて主人公を元気にしたアレットは
自分の体をモノ扱いする無責任SEXで彼の心を一気に引き寄せます。

エッチは彼女がリードしつつほぼ対等な立場で愛し合います。
最初の2パート35分間は本作品の特徴や彼女の性格がわかりやすいシーン。
「1.『私の聖処理おまんこを使ってください』(約20分)」は正常位SEX
「2.『おっぱいをもちもちパイズリオナホにしてください』(約15分)」は縦パイズリで1回ずつ射精させます。

「あなたの、おちんぽミルク。私のおまんこオナホの奥に、欲しいです。オナニーミルク、びゅるびゅる種付けして欲しいです」
そして彼女は早速彼に尽くす姿勢を見せます。
前作では最後にやったSEXを敢えて一番最初に行い
自分からへりくだってシスターをおちんちんや精液で汚す快感を与えます。
SEXもきっちりやりますが淫語を交えた言葉責めが充実してます。

本作品のエッチは2人が恋人同士になるのが最終目標ですから
シスターと信者ではなく一組の男女として接することを心がけてます。
喘ぎ声はほとんど漏らしませんけど挿入後は熱っぽい吐息で気持ちいいことをアピールします。
初っ端からこういうプレイをするところに彼女の本気が窺えました。

「はい、ぴゅーっ、ぴゅーっ、ぴゅーっ、ぴゅーーっ……どぴゅ、どぴゅ、どぴゅ、どぴゅ、どぴゅーーっ」
射精時にぴゅっぴゅのセリフを多く言ってくれるのも良いですね。
彼女に最も恥ずかしい瞬間を見られる幸福感と気恥ずかしさが味わえます。
最終パートを除く4パートに登場するので好きな人ほど興奮できるでしょう。
淫語責めも含めてこの2パートはセリフの扱いに気を配ってます。

2番目のパイズリパートはおちんちんを横から挟み込む通常のパイズリではなく
立ったままおっぱいへ垂直に挿入して腰を動かすSEXっぽいパイズリを採用してます。
「ぎゅぷっ」という粘っこい水音がリズミカルに鳴り響き
ある程度経つと彼女もおっぱいを動かし始めて複雑な効果音へ変わります。
射精後はおっぱいを開いて中を見せてくれるシーンがあるのも良いです。

続く2パート35分間は純粋なエロさがさらに上がります。
「3.『浴槽の中で密着して、耳をペロペロします』(約19分)」はお風呂場での耳舐め手コキ
「4.『更に絆を深められるベロチュー手コキです』(約16分)」はベロチュー手コキと
複数の性感帯を同時に責めながらエッチな音を重ねて鳴らします。

「私の裸、綺麗、ですか? ありがとうございます。あなたにそう言ってもらえるのは、悪くない気分です」
物語の中盤ということで2人のイチャラブ感もより増してきます。
お風呂で裸を見られたら控えめな表現でお礼を言ったり
彼がより興奮できるように空気交じりの下品な音を鳴らして耳舐めするなど
お互いがお互いを思いやってこの時間を楽しもうとする空気ができてます。

そしてお話が進むにつれて彼女の態度にも微妙な変化が表れます。
一気にデレたりはしないので気づきにくいかもしれませんが
彼女なりに彼と仲良くなろうと頑張ってるのがきちんと伝わってきます。

もちろんエッチも深いプレイが中心となります。
口を使って責めるので序盤よりも淫語責めが減る代わりに
耳舐めは耳の内側を舌で舐める音、ベロチューは強めに吸い上げる感じのちゅぱ音をガンガン鳴らします。
手コキも両パートで違う音が使われてますし、似たプレイを音や演技で別のものに仕上げてます。

最後の「5.『聖処理の仕上げは“イチャラブ恋人おまんこ”です』(約20分)」は最も甘いパート。
治療の総仕上げとして今度は対面座位で生ハメ&中出しSEXをします。

「……好きです。好き。好き。好き。好き。あなたのことが大好きです」
このへんまで来ると彼女にも色んな変化が表れます。
正常位の時はほとんど漏らさなかった喘ぎ声が普通に出てきますし
「好き」などの愛の言葉を言いながらベロチューして心も深く繋がります。

彼女の態度やセリフが変わるおかげで同じSEXでも印象が随分違いました。
シスターのお仕事だから仕方なく相手するのではなく
彼と本物の恋人になろうとする気持ちが込められてます。
幸福感に浸りながら射精できたからでしょうけど、事後の余韻も長めに味わえました。

このように、性欲処理ではなく愛情表現の手段としてする甘くて濃いエッチが繰り広げられてます。
変わった純愛作品
サキュバスの呪いを解くために男女が強く愛し合うノーマル~ややS向けの作品です。

アレットは不思議な呪いにかかった主人公をそこから解放しようと
クールな声と態度で接しながらシスターらしい献身的なエッチをします。
そしてベロチューしたり愛の言葉を投げかけて恋人にできるだけ近い関係になろうとします。

見た目はクールだけど性格はとても温かいシスターが男性をエッチな手段で治療するシチュ
淫語責め、エッチなおねだり、同時責めを中心に据えた実用性の高いエッチ
恋人らしさを感じる甘い要素を随所に配置し、さらに彼女の態度も徐々に柔らかくする演出。
彼女の特徴と作品のテーマを上手く組み合わせて愛情深い作品に仕上げてます。

中でも3番目は聖処理の目的にもあたる部分なので一際力を入れてます。
一般的なイチャラブ作品のように目に見えてわかるものではなく
彼女のセリフや仕草といった細かなところからにじみ出てくるように表現します。
最後の「6.エピローグ」でも普段とは少し違う彼女が見られて魅力的でした。
彼女が彼を一方的にお世話してるように見えて、実は彼女も彼から色んな影響を受けてます。

エッチは序盤、中盤、終盤で主要な責め方に違いが見られます。
一番抜きやすいのは5番目のSEXでしょうけど
それ以外のパートもオナニーのオカズとして使える十分な品質を持ってます。
淫語が好きな人は1~2、ちゅぱ音好きなら3~4が気に入るでしょう。

射精シーンは5回。
淫語とくちゅ音多め、ちゅぱ音それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

おまけは「ず~っと耳舐めをします」です。

CV:涼花みなせさん
総時間 2:16:22(本編…2:06:12 おまけ…10:10)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年10月26日まで10%OFFの990円で販売されてます。
前作も10月20日まで30%OFFの770円で販売されてます。

ほろ酔いメイド凪彩の淫語ささやき&耳舐め焦らし手コキ

サークル「DL製作班」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、ご主人様に友達っぽく接するラフなメイドが
ほろ酔い状態でちょっぴり意地悪なご奉仕をします。

焦らしながら淫語責めと耳舐め手コキを同時にするのが特徴で
前者は「おちんちん」「おまんこ」など特定の単語を囁き声で連呼し
後者は後になるほどペースを上げながら射精を禁止してもどかしい気分にさせます。
ほろ酔いメイドの静かなご奉仕
メイドの「凪彩(なぎさ)」が耳舐め手コキするお話。

「んんー なぁに? 文さん?」
凪彩はのんびり話す可愛い声の女の子。
ある日の夜、メイドたちの飲み会で泥酔し一人かくれんぼを始めると
その途中で寝てしまった自分を保護してくれた主人公に感謝します。

本作品は普通のメイドよりもご主人様に砕けた態度で接する彼女が
30分程度の時間を使って就寝前に淫語責めを交えた耳舐め手コキでご奉仕します。
この屋敷にはメイドがSEXの相手を交代で務める「おまんこ当番」という制度があるのですが
彼女は飲み会に参加した結果それをうっかり忘れてしまったそうです。

「あ、そうだ ねぇねぇ お姫様抱っこしてよ? お姫様抱っこで お部屋に連れてって?」
飲んで寝た直後ということで彼にお姫様抱っこを要求したり
エッチの途中でわざと焦らして彼の反応を楽しむなど
良い意味でメイドらしくない自由奔放な振る舞いを見せてくれます。
でも彼に対する好意や献身欲は強く、言葉と行動の両方でそれを伝えようともします。

エッチはプレイ時間が短めなことを踏まえて同時責めを主軸に置いてます。
手コキは「じりゅっ」というやや筋っぽい音を後になるほどハイペースで鳴らし
それと並行して左右の耳を個別に舐めたり囁き声による淫語責めを繰り出します。

「おちんちん シコシコ おちんちん シコシコ」
聴いた限りでは全体を10とした場合、耳舐めと淫語責めの割合は4:6くらいでした。
「おちんちん」「おまんこ」といったお馴染みの淫語を連呼し
その合間に手コキよりもソフトなちゅぱ音を鳴らす感じです。
寝る前のエッチなので通常よりもやや抑えた描写にし、それによるエロさの低下を同時責めで補ってます。

「焦らし手コキ」となってますがそこまで過度な意地悪はしません。
手コキを続けながら「まだ出しちゃダメ」と優しく諭す程度です。
寸止めも一切やりませんし属性はノーマル~ややMあたりかなと。
抜き要素の密度にこだわったエッチ
エッチシーンは29分間。
プレイは手コキ、耳舐め、淫語責め、お掃除フェラ(超短時間)です。
手コキ、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「そんなに凪彩とおまんこしたいんだー その前に一発抜いとく? 手でしてあげよっか」
主人公にベッドへ連れて行ってもらった凪彩は
彼がSEXしたがってるのを察し、その前にひとまず手で一回抜いてあげます。

エッチはメイドの彼女が責め続けます。
前半の13分間は比較的ソフトなプレイ。
おちんちんを取り出したらすぐさま手コキを始め、それと同時に「おちんぽ」を連呼して心も盛り上げます。
そして少し経つと左耳を舐めて別のエロ要素を提供します。

「ご主人様の感じてる顔 可愛いねー」
責めのペースが緩いためエロさは控えめなものの
彼のために頑張ってご奉仕する姿や淫語責めの合間に入るセリフが甘く
彼女がこの時間を楽しんでるのが自然と伝わってきます。
バイノーラル録音も相まって彼女がすぐ近くにいる感覚がしました。

後になるほど淫語責めが下品になるのもポイント。
おちんちん→ちんちん→おちんぽ→チンポ、といった具合に
エッチの進行度に合わせて言葉を変えて興奮しやすくしています。
最初から最後まで同じ表現だとどうしても単調になりますから
それを避ける意味でも有効な手段だと思います。

意地悪さが出始めるのはその後から。
これまでよりも手コキのペースを上げたうえで射精したそうな彼にそれを禁じます。

「ぴゅっぴゅさせて あ・げ・ないっ うふふっ」
彼女はメイドですからもちろん彼をいじめる気はありません。
囁き声で微笑混じりに柔らかく言って我慢しやすくしています。
そして最後の射精シーンではカウントの後に
ぴゅっぴゅのセリフと効果音を同時にぶつけて気持ちよく射精できるように応援します。

意地悪さと優しさのバランスに気を配ってるところが印象的でした。
両方が同じくらいの存在感を持ってるおかげで丁度良いあたりに収まってます。
淫語、ちゅぱ音、手コキ音が同時に鳴る時間も長めで1回抜けるエロさを十分持ってます。

このように、タイトルに入ってる各要素をバランスよく配置した穏やかなエッチが繰り広げられてます。
流れのある作品
サークルさんの世界観に当てはめてシンプルなエッチをする作品です。

凪彩はおまんこ当番でありながらそれを忘れて酔っ払ったことへのお詫びに
彼のおちんちんと耳を同時に責めながら淫語をガンガン言って興奮させます。
そしてある程度経つとわざと射精を禁止して性感をさらに溜めます。

友達感覚で接してくるメイドがご主人様に軽めのご奉仕をする甘いシチュ
プレイ自体は淫語責め+耳舐め手コキで絞り込み、シーンによって責め方を変化させる丁寧な作り
前半はひたすら優しくしてたのが後半に入ると若干意地悪さを見せる焦らし展開。
作品が持ってる特徴をストレートに組み合わせてひとつのサービスを作り上げてます。

中でも2番目の要素はできることが限られてるからこそ有効に働いてます。
耳舐めは最初から最後までほぼ同じちゅぱ音を維持し
手コキはよりハードに、淫語はより下品に変化させて抜ける環境を整えます。
たぶんここで耳舐めまでこだわってたらごちゃごちゃしたエッチになってたでしょうね。
掘り下げるべきところとそうでないところをしっかり見極めてるのが素晴らしいです。

射精シーンは1回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

CV:一之瀬りとさん
総時間 39:50

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2020年3月31日まで20%OFFの440円で販売されてます。
(福袋キャンペーン対象作品 詳細は以下のページをご覧ください)
http://doonroom.blog.jp/archives/82493129.html



サークル「霧島性堂」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、エッチにすっかりハマってるJKの妹が
実の兄とラブホで獣のような熱いSEXをします。

「チンコ」「マンコ」といった淫語を序盤からガンガン言ったり
SEXの時はややアヘった低く太い喘ぎ声を上げるなど
エロさと野性味を追求したコンパクトなエッチが楽しめます。
兄妹からオスとメスに
妹とラブホでゴム有りSEXするお話。

「うーん 兄ちゃん 来ちゃったね ラブホテル」
妹は甘い声の女の子。
家でエッチすると声を出せないので初めてラブホに来ると
淫語を多めに交えながらSEXの醍醐味を熱く語ります。

本作品は血は繋がってるけど既に何度もエッチしてるドスケベ兄妹が
誰にも邪魔されない場所で18分程度に渡って短く濃く愛し合います。
サークルさんが「最初からラストスパート!」とおっしゃられてるように
冒頭の3分間で背景を語ったらすぐさまエッチに入ります。

彼女はまだJKですがエッチの魅力にすっかりハマっており
ホテルに着いたばかりで汗をかいてても構わずエッチしようと呼びかけます。
こういう場合近親相姦による背徳感を煽る作品もあるのですが
この作品ではそういう要素は一切入れずストレートに進めます。

「そのガチガチに勃起したチンポを 私のおまんこに ぶっちゅーって 膣の奥までチンポキス おねだりマンコに ずっぷしずぽずぽぶちゅーって チンポとマンコにディープキス してほしくて仕方ないんだから」
彼女の淫乱な性格が最もよく出てるのが最中のセリフ。
こんなふうに淫語を積極的に盛り込んで様々なおねだりをします。
音声を聴いた限りだとこの関係を持ち掛けたのはおそらく主人公のほうなのでしょう。
だから彼女は基本受けにまわり、その代わりガンガン誘惑して彼をやる気にさせます。

プレイについては総時間が短いことを考慮し
事前に3分程度の手コキをしたら早速繋がり連続絶頂を目指します。
タイトルの「獣セックス」らしさが出るよう結構激しいプレイをしてました。
彼女の喘ぎ声も独特ですし、短いながらも明確な個性を持ってます。
獣のように交わるエッチ
エッチシーンは14分間。
プレイは淫語責め、手コキ、キス、SEX(バック)です。
手コキ、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「ほら シャワーとかいいから さっさとハメよ?」
シャワーを浴びようとする主人公を止めて早速お互い全裸になると
妹は硬くなり始めてるおちんちんを手でしごいてガチガチにします。

エッチは彼女がリードしつつ彼が責める形で進めます。
前半の7分間はSEXに向けた準備をするシーン。
淫語多めのセリフで軽く興奮させてから手コキとキスでより元気にします。

「兄ちゃんのチンポは最高のチンポなんだから」
彼女はSEX狂いな性格をしてますが彼を異性として深く愛しており
彼自身やおちんちんをしきりに褒めていい気分に浸らせます。
他の男とはエッチしたことないらしいですし、案外一途なのかもしれませんね。
序盤から淫語責めを繰り出すところも含めて彼をもてなす姿勢で接します。

後半の7分間はお待ちかねのSEXシーン。
挿し絵のように彼女がベッドで四つん這いになり
そこへ彼が後ろから挿入してハイペースで腰を打ちつけます。

「んん おぉ あぁっ おまんこ おまんこ おまんこ おまんこっ おまんこが気持ちいい おまんこぎもじいいぃ」
挿入前は普通にしゃべってたのが直後に野太い声を漏らし
さらにややアヘった声で気持ちいいことをしきりにアピールします。
AVなどでよく聞く「あんあん」ではなく「おほぉ」みたいな特徴のある喘ぎ声です。
この日のために1週間もオナ禁したそうですからかなり感度が上がってるのかもしれませんね。

また激しさをわかりやすく表現するために2回連続で射精します。
1回目を迎えた後、ほぼノンストップで再開するところに野性味を感じました。
挿し絵だと中出ししてる感じに描かれてますけど実際はゴム有りなのでその手の描写はありません。

このように、気持ちを高めてから激しく交わるシンプルでややハードなエッチが繰り広げられてます。
コンパクトな抜きボイス
短時間でオナニーするのに向いてる使い勝手のいい作品です。

妹は家とは違う伸び伸びした環境でエッチを楽しもうと
最初から主人公を積極的に誘惑し、さらにおちんちんも軽くいじって準備を整えます。
そしてSEX開始後は主導権を彼に譲り自分はひたすら獣のような喘ぎ声を漏らします。

エッチ大好きな妹が実の兄とラブホでガチSEXするほぼノーマル向けのシチュ
淫語を多めに盛り込んだセリフを投げかけて興奮を誘う彼女に合った演出
激しいピストン音とトーンの低い喘ぎ声を組み合わせたメスらしいエッチ。
「淫語」と「獣」をキーワードにした抜き重視の作品に仕上がってます。

私はこの時間なら前戯一切抜きでいきなりSEXすると予想してたのですが
実際は淫語責めや手コキでしっかり雰囲気を作ってから激しく愛し合います。
割と順序立ててると言いますか、自然な流れを意識してるように映りました。
そして挿入前と後で彼女の様子にギャップを持たせてエロさを引き立ててます。

何度も言ってるように淫語が充実してるので、そのへんを好きな人が最も楽しめるでしょう。
あとはオホ声が好きな人にも向いてます。
価格も330円と手ごろですし、多くの人がオカズに使えるよう配慮してます。

射精シーンは2回。
淫語それなり、くちゅ音と喘ぎ声そこそこ、ちゅぱ音ごく僅かです。

CV:霜月優さん
総時間 18:36

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2020年3月4日まで50%OFFの165円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。



サークル「アルファートリル」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、普段はクールだけど好きな人の前ではデレる風紀委員長が
学校の外や中で熱いエッチをして関係をさらに深めます。

多くのシーンで密着し囁きながらキスを何度もしたり
やや下品な淫語を織り交ぜたおねだりをガンガンして彼をやる気にさせるなど
彼女の一途さやドスケベっぷりをストレートに表現した抜きやすいエッチが楽しめます。
クールキャラですがほとんどデレてるのでM性がない人でも普通に聴けるでしょう。
真面目な風紀委員の素顔は…
恋人の「アサカゼ ミナ」と4種類のエッチをするお話。

「それではこれより 定例の風紀チェックを行います」
ミナは上品で落ち着いた声の女の子。
学校内で生徒たちに風紀の乱れがないか確認すると
その中にいた主人公に所持品や服装のことで軽く叱ります。

本作品は校則が厳しい学校の風紀委員長として日々頑張ってる彼女が
家や委員会室でおよそ100分に渡るイチャラブ系のエッチをします。
彼女は学校にいる時はクールで厳しい態度を取りますが好きな人にはものすごく弱く
叱ったことを謝ってから彼に尽くす姿勢でとことんエッチに振る舞います。

「君とのチュー好き 大好きな君のこと いっぱい感じられるから」
序盤から積極的にキスして愛情をたっぷり注ぎ、その後は耳元に顔を近づけて愛の言葉を囁くなど
彼女が彼をどれだけ深く愛してるかを言葉と行為の両方からわかりやすく伝えます。
彼やおちんちんを褒め称えるセリフがとても多いですから
女性に大事にされるシチュが好きな人ほど満足できるでしょう。

「チンポの中のどろどろのミルク 風紀委員長のお口マンコで処理してあげる」
プレイ中に彼女が淫語責めをガンガンするのも大きなポイントです。
「チンポ」「マンコ」「生ハメ」などやや下品な言い方をすることが多く
状況に応じて表現をやや変えながら小まめに言って興奮を煽ります。

彼女は元々すごく真面目な性格で、彼に告白された時も最初は断ったそうです。
しかしそれでも諦めず何度もアタックしてくる彼の熱意に打たれて恋人になりました。
そんな背景があるから彼に対し深い感謝の気持ちを込めてエッチします。
キスと囁きで甘さを、淫語でエロさを出すキャラを強く意識したプレイに仕上がってます。

体への責めについてはタイトルに「変態」がついてますけどアブノーマル要素はほぼありません。
耳舐め手コキ、ゴム無しSEX、フェラと王道のプレイで固めてます。
各パートの時間を20分程度に揃え、かつ射精シーンを1回だけ用意する実用性に配慮した作りです。
キスやフェラの時にむしゃぶりつくようなちゅぱ音を鳴らすあたりも彼女のキャラに合ってます。

主人公にデレデレな女の子が甘さとエロさを兼ね備えたエッチで存分にもてなす。
18禁音声にとって重要な「抜きやすさ」をストレートに追及した純愛作品です。
音とセリフの両方が濃いエッチ
エッチシーンは4パート87分間。
プレイはキス、手コキ、クリ責め、SEX(正常位)、乳揉み、フェラ、尻揉みです。
服を脱がす、手コキ、クリ責め、SEX、尻揉みの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「だって私 風紀委員だし 君だけ特別扱いするってわけにはいかないもの」
主人公を取り締まった日の夜、その時とはまるで違う甘い声で昼間のことを謝ると
ミナは彼に抱きつき甘いキスをして遠回しにエッチのおねだりをします。

エッチはパートごとに責め手を変えながら対等な立場で愛し合います。
前半の2パート43分間は2人の日常風景。
「【2】夜はあなた大好きドスケベ変態彼女♪」はキスからの耳舐め手コキ&クリ責め
「【3】ドスケベ彼女のセックスおねだりとド直球甘エロ濃密交尾♪♪」は正常位のSEXでお互いに2回絶頂します。

「私のおてては 君専用のおててマンコだよ」
彼女は学校だときつめの性格をしてますが、彼と2人きりの時は優しくて一途な女性に変わります。
プレイ中に笑みを漏らしながら自分の体すべてが彼のものだとはっきり告げ
淫語責め、耳舐め、手コキを組み合わせて興奮と射精感を上手に高めます。

責めっぷりがとてもスムーズなところを見るとかなりの回数エッチしてるのでしょう。
パートの終盤に彼がおまんこをいじり始めると切ない喘ぎ声が加わりますし
最初からエッチな声や音の密度を上げて抜きやすくしてます。

2番目のSEXパートは淫語責めと彼女の乱れっぷりが魅力。
ピストンはすべて主人公に任せ、自分はありのままの姿を晒して幸せな時間を過ごします。

「だいしゅきホールドエッチ 本気の種付け生交尾 幸せだね すごく気持ちいいね」
繋がる前の時点で「今日は生がいい」と告げてオスの欲望をくすぐり
ある程度進むと足を絡めて外に出せなくする姿に強い愛情を感じました。
「この人なら孕んでも構わない」という意思がプレイにしっかり込められてます。
またできるだけ長く楽しめるようピストンのペースは緩めに設定されてます。

人によっては重いと感じるかもしれませんが、彼が特に嫌がらないところを見ると同じ気持ちなのでしょう。
引き続き淫語の量も多く本作品の特徴がわかりやすく表現されてます。
淫語責めや耳舐めを優先した結果、SEX時の喘ぎ声はかなり少なくなってました。

続く2パート44分間は若干背徳的なエッチ。
「【5】真面目な彼女に叱られたい♪」は手コキ&フェラ
「【6】発情彼女と校内生セックスで不真面目濃密求愛♪♪」は再度の中出しSEXをします。

「こんなおちんぽで 学校になんて来ちゃダメですよ 君のこんなかっこいいおちんぽ見たら 学校の女の子みんな 君にメロメロになっちゃいます」
ここを背徳的と言う理由は学校でしてるから。
ある物を持ってきた主人公を躾ける名目で耳とおちんちんを責めます。
といっても彼女は彼に惚れ込んでるのできついことは一切やりません。
前半と同じく甘い声で彼に注意した後ノリノリな様子でご奉仕します。
本来厳しくすべきところでできないあたりに彼女のデレっぷりが窺えます。

できればもうちょっとスリルを出してほしかった気もしますが
サークルさんがそれよりも彼女のドスケベっぷりを強調したかったのかもしれません。
学校内で最も規律を正すべき場所で子作りSEXをする。
そんな状況に酔いしれてる彼女の様子はきちんと描かれてると思います。

このように、彼女のキャラと2人の関係を忠実に反映させた密度の高いエッチが繰り広げられてます。
淫語重視の作品
恋人特有の甘さをしっかり出しつつエロさも押さえた作品です。

ミナは自分に何度も告白した末に付き合い始めた主人公とラブラブな時間を過ごそうと
前半は誰にも邪魔されない場所でデレデレな顔を晒しながら一生懸命尽くします。
そして後半は普段自分がクールになる学校内で種付けプレイを楽しみます。

ツンとデレの落差が大きい風紀委員長が恋人とたっぷりイチャイチャするノーマル向けのシチュ
キスと囁き声で甘さを、淫語責めでエロさを出す演出
同時責めや責め合うプレイを主体にした愛情たっぷりなエッチ。
色んな意味で真面目な女の子とエッチする様子をストレートに表現してます。

中でも2番目は本作品を最も特徴づける要素と言えます。
キスや囁きは恋人モノでは割と定番ですが
そこに大ボリュームの淫語責めを盛り込みドスケベ成分を強化してます。
セリフの表現も単調に感じさせない工夫がされてて質が高いです。
「淫語責めが好きな人が最も楽しめる」と私は考えてます。

リアルサウンドに関してはKU100(100万円のバイノーラルマイク)を使ってるだけあって質が高いです。
ただこの内容なら音よりも淫語で興奮させる側面が強いかなぁと。
ASMRに期待して聴くと肩透かしを食らいそうです。

射精シーンは4回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音多め、喘ぎ声そこそこです。

CV:かの仔さん
総時間 1:43:36

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年3月19日まで10%OFFの1188円で販売されてます。



サークル「防鯖潤滑剤」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、クールで知的好奇心旺盛な錬金術師が
とある研究をするために男性から精液を何度も搾ります。

彼女のキャラを崩さないように手厚くご奉仕するのが特徴で
2番目のパート以降は彼のリクエストを訊いてからプレイを決定し
前半は1人、後半は2人で耳やおちんちんを丁寧に責めます。
「おちんぽ」「おまんこ」といったやや下品な淫語をたくさん言ってくれるのもポイントです。
錬金術師とするエッチな研究
錬金術師のルルと5種類のエッチをするお話。

「やあ。いらっしゃい。うん。酒場の求人を見て、来たんだろう?」
ルルはややトーンが低く落ち着いた声のお姉さん。
酒場の求人を見てやって来た主人公を迎えると
自己紹介してから仕事の内容を教えます。

本作品は街から離れた森の中で仕事しながら研究に明け暮れてる彼女が
彼と100分近くに渡るエッチをしてそれに必要な素材を採取します。
現在彼女はホムンクルスの生成を目指しており
それを成し遂げるには良質な精液ができるだけ多く要るそうです。
そんな事情を踏まえて序盤から積極的に色んな手段でおちんちんを責めます。

「手でしごくもよし、私の体に擦りつけるもよし。キミがちゃんと興奮するやり方のほうが、質も量も充実した精液が取れるからね。できる限りのことはしよう」
声や態度は知的でクールな印象を受けますが
新しいことを知ったり体験することに対して貪欲な性格をしてます。
男性経験はまだないらしく、彼やおちんちんの反応を興味津々な表情で観察するシーンが多いです。
そして彼がより良い状態で射精できるように一生懸命尽くします。

感情の起伏に乏しいだけで事務的な要素はほとんどありません。
彼の気持ちを考えずにおちんちんを責めてもあまり精液を出してもらえませんし
2人の利害を一致させる方針でエッチを進めます。
終盤には彼の頑張りに体を張って応えるなど、彼女なりに愛情を持ってこの研究に取り組みます。
お金と引き換えに提供する設定ですが金額や受け渡す描写は省略されてます。

「中は柔らかい素材でできてて、おちんぽを刺激するためのヒダヒダでいっぱいだ。挿入すると、おちんぽが溶けそうになるほど気持ちいいらしい」
彼女のそんな気持ちをわかりやすく表現してるのが最中のセリフ。
「おちんぽ」「おまんこ」「ぴゅっぴゅ」など、やや下品に感じる言葉を数多く投げかけます。
特定の単語を連呼することもあれば、上のセリフのように会話調で言うこともあります。
防鯖潤滑剤さんは淫語で有名なサークルさんなので今作もその持ち味を十分発揮してます。

体への責めについてはオナホコキ、パイズリ、足コキなどコキ系のプレイが充実してます。
口を使うのはキスと耳舐めだけなので、そのぶん淫語を充実させて興奮しやすくしています。
効果音もプレイや責め方によって変化するなど全編を通じて安定感がありました。

クールで思いやりのある錬金術師が淫語をふんだんに盛り込んだエッチで精液を搾り取る。
キャラはクールに、それ以外は温かみを持たせたノーマル~ややM向けの作品です。
心身をバランスよく高めるエッチ
エッチシーンは5パート78分間。
プレイはオナホコキ、乳揉み、パイズリ、足コキ、耳舐め、フェラ、手マン、SEX(正常位)です。
オナホコキ、パイズリ、足コキ、手マン、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ふぅ。出てきた。これが男性器か。初めて見るけど、なかなか愛らしい形だね」
主人公に事情を説明し同意を得たルルは
早速彼の服を脱がせてまだ半立ちのおちんちんを興味深そうに眺めます。

エッチは一部のパートを除き彼女が責め続けます。
最初の2パート30分間は当初の予定通り精液を採取するシーン。
「1.『特製オナホで採取してあげよう』」はオナホコキ
「2.『パイズリで採取してあげよう』」はパイズリで1回ずつの射精に導きます。

「私のおまんこに、中出しする想像をしても構わないよ……。この、いやらしいトロトロおまんこオナホの中に……たくさん、ぴゅっぴゅして?」
彼女は男性と直接エッチするのは初めてですが事前に色々勉強したらしく
序盤から淫語を多めに交えた巧みな言葉責めで彼をやる気にさせます。
「ぎゅぷっ」という空気交じりの水音をゆっくりペースで鳴らしつつ
このオナホが彼女のおまんこを象ったものだと教え、そこへ中出しするイメージを通じて征服欲をくすぐります。

演技で喘ぎ声を漏らすことはありませんけど
クールキャラの印象とは随分違うエロさ高めの責めを繰り出してて驚きました。
最終パート以外はすべて射精時にぴゅっぴゅのセリフを多めに言うなど
男性がどうすれば喜んでくれるかをしっかり把握し実行します。

「なるほど。左右のおっぱいを同時に……じゃなくて、交互に動かしたほうが気持ちいいんだね。分かった」
2番目のパイズリはパートの冒頭で彼にリクエストを尋ね
その結果挿し絵にも描かれてる大きくて綺麗なおっぱいでおちんちんを包み込みます。
前半はスタンダードな上下運動、後半は乳房を交互に動かすパイズリを行い
その両方で効果音の質感や動きを変える凝ったものです。

圧倒的に優位な立場なのに彼の希望をかなえるところに彼女の優しさを感じました。
彼はお金で雇った相手ですからもっと彼女の自由に責めることもできるはずです。
でも実際は多くのシーンで彼の意志を尊重しながら動きます。

そうしたほうが良質な精液を大量にもらえるからというのもあるのでしょうけど
それを加味しても手厚い奉仕をしてくれていい気分に浸ることができます。
女性に尽くされるシチュが好きな人ほど向いてるエッチだなと。

その部分を最も強く実感できるのが3番目の「3.『足コキで採取してあげよう』」(約15分)。
パイズリをした日の夜、今度はニーソを履いたまま足でしごいてほしいと言われます。

「最高だよ。最高で、最低の、変態マゾちんぽだ。どうせだったら、ニーソがドロドロになるくらい、透明なおしっこ、おもらししてしまえ」
彼がMなことを知った瞬間は戸惑ってた彼女も
プレイが始まると両足裏でしごきながら軽めの罵倒をするノリノリな姿を見せます。
彼女はエッチに関して自分が未熟なことをよく理解しており
今回の研究を通じてそれを少しでも克服したいと思ってます。

こういうアブノーマルなプレイすら受け入れる包容力のある女性です。
当初は精液採取のためにエッチしてたはずが、回を重ねるうちに別の目的も加わってきます。

終盤の2パート33分間はご褒美色の強いプレイ。
試行錯誤した結果彼女が思い描くホムンクルスが誕生し
その動作確認も兼ねて両耳舐め手コキや中出しSEXを楽しみます。

「いいよ。おちんぽ、もっと感じて。これはお礼なんだから。好きなだけ、おちんぽ気持ちよくなって」
念願のホムンクルスを生成できて彼女もとても満足してるのでしょう。
これまでよりも柔らかい声と口調で彼にたっぷりご奉仕します。
またこのパートからはホムンクルスもエッチに加わります。
まだ会話できないので耳舐めするだけですが、それでも一対一の時より音の密度が高いです。

最後の「5.『私とおまんこしてくれないかな?』」は彼女の女性らしさを強調したパート。
仕事を終えアトリエを去ることになった彼に自分から「抱いてほしい」とお願いし
彼のピストンを受け止めながら熱っぽい吐息を漏らします。

「これは……想像以上に、すごいな……。一突き、ごとに……お腹が、丸々、抉られるような感覚だよ……」
彼を興奮させる淫語責めを中心に据えてたこれまでのパートとは違い
ここだけは彼女の内面描写を多めに入れて喜んだり感じてることを表現します。
キスや耳舐めをそれなりにするので喘ぎ声はほとんど漏らさないのですが
熱っぽい吐息や自分の気持ちを素直に曝け出す姿にエロさと可愛さを感じました。

クールに振る舞ってた彼女がいきなり大声で喘ぐとキャラが崩壊しますから
元々のイメージを維持したまま愛し合うことを心がけてます。
フィニッシュはしっかり中出しを決めるなど、言葉と行為の両方から惜しみない愛情を注いでくれます。

このように、目的を逸脱しない範囲で精一杯のご奉仕をする温かいエッチが繰り広げられてます。
淫語重視の穏やかな作品
充実した射精を迎えてもらうことを意識してる抜きやすい作品です。

ルルは酒場の求人を見てアトリエに来てくれた主人公から精液を搾り取るために
何をするかはっきり伝え、彼の了承を得た後にまずは3種類のプレイで気持ちよくします。
そして研究が無事終わったら完成したホムンクルスと協力して純粋な快楽を与えます。

声や口調はクールだけど性格は至って優しい錬金術師が男性とエッチするほぼノーマル向けのシチュ
彼の希望を受け入れながら色んなプレイに挑戦する事務的要素を極力薄めたエッチ
その最中に繰り出される多種多様かつやや下品な淫語の数々。
普通にやればM向けになりがちな物語を様々な工夫で誰でも聴けるように仕上げてます。

「どうかな。うん。おまんこ、鮮やかなピンク色だ。まだ、誰のおちんぽも入れてないからね」
中でも淫語はクールキャラにありがちな冷めた雰囲気を盛り返すのに役立ってます。
恥じらいを見せないあたりは確かにクールですけど
彼を喜ばせようと頑張るところは十分優しいと言えます。
普段はゴーレムやホムンクルスと暮らしてるそうですし、感情を出す機会に恵まれてないだけじゃないかなと。

エッチはごく一部で錬金術を絡める以外は王道のプレイで固めてます。
最初の3パートは精液を採取する必要があるのでそれに適した責め方をしてたのが
残りの2パートは射精後に精液を舐めたり中出しする一般的なものに変わります。
クールキャラの弱点を淫語で上手に補ってて実用性はかなり高いです。

射精シーンは5回。
淫語とくちゅ音多め、ちゅぱ音それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

おまけは「淫語を囁きながら採取しよう」です。

CV:秋山はるるさん
総時間 1:43:37(本編…1:38:02 おまけ…5:35)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年2月26日まで10%OFFの990円で販売されてます。



サークル「アゲハ蝶」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、地味で内気だけど主人公を好きな気持ちは誰にも負けない後輩が
媚薬の力を借りて念願の初エッチを果たします。

媚薬を飲んでる時とそうでない時で彼女がまったく違う顔を見せるのが特徴で
普段は自分の気持ちを素直に伝えられない初々しいキャラだったのが
媚薬の効果が出始めると一気に淫乱さが増し、淫語をガンガン言ったりアヘ声混じりの喘ぎ声を漏らします。
とことん尽くす姿勢で責めてくれますから満たされながら抜けるでしょう。
後輩彼女とするドスケベSEX
恋人の美花と初SEXを楽しむお話。

「先輩 お邪魔します その…ごめんなさい」
美花は可憐な声の女の子。
用事があって主人公との待ち合わせに遅れたことを謝ると
自分の地味さを反省してからあるものを見せます。

本作品は付き合い始めて3ヶ月経ってもまだキスすらしてない初々しい男女が
彼の家でおよそ120分に渡るエッチをして今まで以上に仲良くなります。
タイトルに合わせて4パート中3パートでSEXをメインのプレイに設定し
パートごとにやり方を変えて愛し合う様子を彼女の心情や反応に焦点を当てながらお届けします。

「そのっ あの これ この錠剤なのですけど これを飲むと その もっと積極的に なれる…みたいです」
「先輩のチンポで処女膜突き破って 破ってほしいの」

最大の魅力はギャップ
持参した粒状の媚薬を飲んだ途端に息遣いが熱を帯び
これまでできなかったエッチなことを積極的にやって自分の想いを伝えます。
物語の冒頭と最後で態度が大きく変わりますから驚く人が結構いるでしょうね。
SEXシーンが多いおかげで彼女が乱れたりイク様子をがっつり楽しむことができます。

彼女は学校や家の環境が原因で男性との付き合いに慣れておらず
内気な性格も相まって彼となかなか素直に接することができませんでした。
そんな背景があるからこそ、媚薬の力を借りた後はすべてを曝け出すように振る舞って彼を深く愛します。

自分が気持ちよくなりたい欲求ももちろんあるのでしょうけど
それよりも彼を喜ばせたい、満足させたい気持ちのほうがずっと強いです。
キスや愛の言葉も多く女性の愛に飢えてる人ほど心満たされるものを感じるでしょう。
純愛ストーリーを維持したうえでドスケベに振る舞うため雰囲気はものすごく甘いです。

「しゅごい しゅごすぎる チンポしゅごいよぉ」
エッチについてはギャップをより引き立たせるために
やや下品な淫語とアヘ声混じりの喘ぎ声を多く盛り込んでます。
「チンポ」「マンコ」「ザーメン」といった単語をセリフの中に意識して散りばめ
SEXシーンでは呂律が回らない様子でうっとりした声をよく漏らします。

私は「処女相手のエッチだからエロさも控えめだろう」と思ってたものですから
実際の内容は良い意味で期待を裏切ってくれて驚きました。
彼より彼女の絶頂シーンが多いのも乱れっぷりに合ってて良いです。
キャラの個性をしっかり出しつつエロさにも配慮してるバランスの取れた作品です。
色んな顔を見せながら愛し合うエッチ
エッチシーンは4パート100分間。
プレイはキス、淫語責め、美花のオナニー、亀頭SEX、SEX(対面座位、騎乗位?)、手コキ、耳舐めです。
服を脱がす、オナニー、亀頭SEX、SEX、手コキの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「先輩 私の大好きな先輩 今なら怖くありません 先輩 目を瞑ってください」
媚薬を適量よりも多く飲んでエッチする準備を整えた美花は
普段よりもはっきりした口調に変わり主人公との初キスを成し遂げます。

エッチは積極的になった彼女がリードします。
最初の2パート46分間は媚薬を飲んだ彼女とイチャイチャするシーン。
「02-ドスケベ媚薬亀頭セックス♪」は5分くらいキスしてからお互いの気持ちを高めて亀頭SEXに進み
「03-処女喪失対面座位ドスケベセックス♪」は対面座位に変えて彼が射精するまで激しく腰を打ちつけます。

「私は 嬉しいんです 私 いつか先輩とキスすることができたら 私とのキスで興奮してくれた 先輩のその…おちんちんを 気持ちよくしてあげようと ずっと ずっと 思ってたんです」
彼女は単に勇気がなくて彼とのキスやエッチを避けてただけですから
そのきっかけさえ掴めればいくらでもご奉仕する気でいます。
そんな事情を踏まえて序盤から大胆になれたことを喜びつつ何度もちゅぱ音を鳴らします。

「おちんぽから あっついザーメン びゅびゅーって させたいです」
それに対してキスの後から始まる淫語責めは彼を喜ばせる意味合いが強いです。
最初はちょっぴり恥ずかしそうだったのがだんだん普通に言えるようになり
パート終盤には色んな単語を組み合わせて射精を上手に応援します。
媚薬を飲んだら豹変するのではなく、少しずつ淫乱になっていくところが自然で良いなと。

02パートで面白いのは終盤から始まる亀頭SEX。
名前の通り彼の亀頭だけをおまんこで飲み込み、処女膜を破らない深さでピストンして射精へ追い込みます。

「先輩のエロチンポイかすまで エロマンコ止めませんよ」
挿入に合わせて彼女の声が震え始め、しばらくするとアヘ声が混じり気持ちいいことをアピールします。
男性からしてみれば生殺しっぽいプレイに思えますけど
音声を聴いた限りでは普段と違う自分になれたことを素直に喜んでるように映りました。
素の彼女なら年上の男性相手に主導権を握るなんてまずありませんからね。
その証拠に最後は精液をきちんと生で受け止めて愛情を示します。

2人が本当の意味で初SEXするのは03パート。
座った彼の上に覆いかぶさり、今度は根本までしっかり挿入して処女を捧げます。

「頑張って 先輩チンポ エロマンコしごきするから 私のこと 嫌いにならないでぇ」
アヘ声混じりで激しいピストンをしながら途中で2回の絶頂を迎えてるのに
動きを一切止めず彼が射精するまで頑張る姿はとても健気で印象的でした。
媚薬を飲むのも、こういうSEXをするのもすべて彼に喜んで欲しいからです。
ほぼ時間いっぱいSEXに割いてるおかげでエロさが高く
あまあまな雰囲気も相まって抜きやすいプレイに仕上がってます。

続く「04-媚薬なし素後輩とドスケベセックス♪」は次の日のお話(約28分)。
目覚めた主人公にあんなエッチをしてしまったことを謝った後
今度は媚薬に頼らず普段の美花でSEXしたいと言います。

「先輩 今からは 恥ずかしがらずに 先輩のために たくさん淫語を言います」
ドスケベなエッチを1回やったおかげで色々吹っ切れたのでしょう。
媚薬ありの時に比べれば初々しいものの、彼が望むことを精一杯やって自分の愛が本物なのだと証明します。
キスから入って淫語責めを行い、準備が整ってからSEXする流れは02~03パートの内容に結構似てます。

たぶん媚薬ありとなしで彼女がどう変わるかをわかりやすく伝えるために
敢えて両者の流れを同じようにしたのでしょう。
このパートのほうが意識がはっきりしてるぶん、彼に尽くす想いがより強く出てます。

「先輩 しゅごい しゅごいですぅ」
でもエロさに関してはそれほど差はありません。
ここでも挿入後はアヘ声に変わって気持ちよさそうに乱れます。
ピストン中も「好き」と何度も言ってから熱いキスをするなど
恋人同士から連想されるあまあまラブラブなプレイが楽しめます。

作品を聴いた感想ですが、思ってた以上にエロさに力を入れててすごく良かったです。
相手が内気な処女ともなればエッチ全体のペースが落ちることや
プレイの構成と責めっぷりがソフトになることが予想されます。
だから最初の時点で媚薬を飲んで激しく交われる状況を作り実用性を上げてます。

媚薬が切れた後のエッチも事前に処女を喪失してれば普通に愛し合っても違和感がなくなりますし
単に彼女をエロくするためだけでなく、物語の展開をスムーズにするために媚薬を有効活用してます。
ギャップを出す意味もあったりと使い方が上手です。

「先輩チンポを気持ちよくできて 本当に嬉しいです」
あとは彼女の尽くす姿が堪らなく可愛いです。
媚薬を飲んだら自分の性欲解消を優先してしまいそうなところをぐっとこらえて
キスで気分を盛り上げたり、おねだりでやる気にさせるといった彼を持ち上げる行為を挟んで進めます。
言葉と行為の両方から愛情を伝えてくれるおかげで胸のあたりがぽかぽかするのを感じました。

抜きに突っ走ったら今度は純愛要素が薄まってしまいますから
両者が同じくらいの存在感を出せるようにエッチのバランスを取ってます。

このように、彼女の魅力を引き出しながらがっつりSEXする甘く深いエッチが繰り広げられてます。
変わった純愛作品
登場人物たちの仲の良さを媚薬を使って表現してる面白い切り口の作品です。

美花はすごく好きなんだけどなかなかエッチに踏み出せない主人公との関係を改善しようと
自分で用意した媚薬を飲んでから2種類のSEXをして彼とエッチすることへの抵抗を取り除きます。
そして媚薬が解けた後は別のSEXをしながら本当の気持ちを彼に伝えます。

男性との付き合いに慣れてない奥手な女の子が恋人とがっつりSEXするノーマル向けのシチュ
媚薬を飲む前、飲んだ後、切れた後で違う態度を見せる彼女のキャラ
下品な淫語とアヘ声を組み合わせて乱れっぷりを表現するギャップのあるエッチ。
恋人になったばかりの男女がより仲良くなる様子を個性的かつエロい視点で描いてます。

中でも2番目は彼女が元々持ってるふたつの顔(内気な顔と淫乱な顔)を違和感なく引き出せてるし
それを彼に惜しげもなく見せることで2人の絆の強さも表現できてます。
淫乱になっても彼が全部受け止めてくれると信じたから彼女もこういう行動に出たのでしょう。
エッチを楽しむ意味合いももちろんあるのでしょうけど、お互いの気持ちを確かめることを重視してるように感じました。

エッチはこれまで何度も書いてきたように淫語とアヘ声が最大の抜き要素です。
自然さが出るようにだんだんアヘり具合が強くなります。
淫語も同じ言葉を連呼するのではなく、セリフの中に散りばめる言い方をしてました。

絶頂シーンは主人公4回、美花6回。
淫語多め、くちゅ音と喘ぎ声それなり、ちゅぱ音そこそこです。

抜きに使えるイチャラブ系作品が好きな人には特におすすめします。

CV:天知遥さん
総時間 2:00:01

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

あなたのクラスのママ係さん。【バイノーラル】

サークル「インゴヒゴ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、優しくて母性もあるクラスメイトが
男子生徒のママになって色んなエッチをしながら甘やかします。

甘えるのをためらう彼をぎゅっと抱きしめて優しい言葉をかけたり
授乳手コキや2種類のSEXで幸せな射精に導くなど
男性が癒しと安らぎを感じる要素を数多く盛り込んだ温かいエッチが楽しめます。
優しくて初々しいママ
クラスのママ係と5種類のエッチをするお話。

「んー? なぁに? 私に、何か用事?」
ママ係は甘く穏やかな声の女の子。
自分に甘えに来た主人公が躊躇してるようなので優しい言葉をかけると
ぎゅっと抱きしめながら何があったか尋ねます。

本作品は期間限定で男子たちの甘えたい欲求を満たす係になった彼女が
同じクラスにいる彼を110分程度に渡ってエッチに甘やかします。
この制度は学校側が定めたもので、期間は不明ですが女子が交代で務めてるそうです。
そのためどのプレイも学校内で行います。

「キミは、いつも、すごく頑張り屋さんだよねー♪ だから……今だけは、なーんにも考えないで、甘えていいからねー♪」
そして彼女はママらしく最初から甘い声と態度で親身にお世話します。
彼が来たらすぐさま抱きしめて温もりを与え
何かリクエストされたら嫌な顔ひとつせずむしろ嬉しそうに取り組みます。
褒めたり励ますセリフも多いのでエッチ抜きでも相当な癒しのパワーを持ってます。

学校の規則でやってることなのですが事務的感は一切ありません。
彼が甘やかされるのと同じくらい彼女も甘やかすことを楽しみながら進めます。
それが聴き手に伝わるように作中では彼女の心情描写にも力を入れてます。

「でも……どういう風にすればいいのかな? ママ、全然分からないんだ。よかったら、教えてくれる?」
物語が進むほど彼女が成長し、彼との関係が変化するのもポイント。
ママ係をするのは今回が初めてのようで、彼女はエッチどころかキスすら経験してません。
だから序盤はおちんちんの責め方や男性の喜ばせ方を彼に尋ねながら進めます。
そしてある程度慣れたらより大胆なプレイに移って深い快感を与えます。

タイトルから幼児プレイが充実してる作品と思う人がいるかもしれません。
ですが作中でガチな幼児プレイをするのは1パートのみで、それ以外は普通に甘やかす感じにお世話します。
幼児プレイを盛り込んだ純愛作品みたいな内容ですから、別に幼児プレイ好きじゃなくても普通に楽しめます。
昨年の11月に出た名作「チ○ポ係」に似た雰囲気を感じました。
身も心も温まるエッチ
エッチシーンは5パート83分間。
プレイは手コキ、耳舐め、乳揉み、授乳、キス、手マン、SEX(騎乗位、正常位)です。
服を脱がす、手コキ、手マン、ゴムの装着、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「それじゃ、キミのそこ……慰めてあげるね♪」
ハグと優しい言葉で主人公の不安を取り除くと
ママ係は既に勃起してるおちんちんを取り出し手でゆっくりしごきます。

エッチは一部を除き彼女が責め続けます。
最初の2パート30分間はママ係の日常風景。
「1.『ママが手で気持ちよくしてあげる』」は耳舐め手コキ
「2.『おっぱい、ちゅぱちゅぱしたいの?』」は授乳手コキで1回ずつの射精に導きます。

「お……おちんぽ。うぅ、恥ずかしいなぁ……」
「おちんぽ、ずーっとビクビクしてるね……♪ 可愛い……♪」

そして彼女は早速ママと女の子両方の顔を見せてくれます。
彼におちんちんを「おちんぽ」と呼ぶように頼まれた時は恥ずかしそうだったのが
手コキにある程度慣れると自分からガンガン言って射精を応援します。

インゴヒゴ(防鯖潤滑剤)さんは名前の通り淫語の扱いにこだわってるサークルさんです。
だからこの先のパートでも意識して多めに盛り込み興奮しやすくしています。
同じ言葉を連呼するのではなく、セリフに違和感なく忍び込ませるスタイルを取ってました。

「ママ、たっくさんあまあまに、おちんぽちこちこしまちゅからねー♪」
プレイについては授乳手コキのほうが個性は強いです。
でちゅまちゅ言葉や「ぴゅっぴゅがじょーず♪」など赤ちゃん向けの口調に変わり
射精時にはぴゅっぴゅのセリフで応援する安定したサービスが楽しめます。
時間は13分と短めですが内容は結構濃いです。

ぴゅっぴゅは5パート中4パートに登場しますからこれも大きな特徴と言えるでしょう。
体を気持ちよくするだけではなく、心もしっかりケアして甘さをさらに強化します。

2人の関係が大きく変わるのは次の「3.『ベロチュー、しよっか』」(約17分)。
さらに後日、空いてる教室がないので主人公を女子トイレに招待したママ係が
密着しながらのベロチュー手コキでとろける快感を与えます。

「ふわあ……。これが、ほんとのキスなんだ……。全然、違うよ……♪ 体、熱くなってくる……♪ すごい、あまあまな感じ……♪」
彼に「キスしたい」と言われた直後は少し戸惑ってた彼女も
実際にやってみるとその魅力にすっかりハマり、だんだん自分から求めるようになります。
このパート以降はキスの頻度が大幅に上がるところに彼女の心情がよく表れてます。
ゆっくりペースでねっとりしたちゅぱ音を鳴らすのも作品の雰囲気に合ってて良いです。

彼をお世話するだけで満足してたのが「自分も気持ちよくなりたい」に変化したわけです。
彼女が一方的に責めてた最初の2パートとは違い
ここからは2人が一緒に気持ちよくなることを目指してエッチするようになります。

それをわかりやすく表現してるのが終盤の2パート。
「4.『ママの……おまんこがいいの?』」はゴムありの騎乗位(約20分)
「5.『ママと、恋人になっちゃおっか♪』」はゴムなしの正常位とスタイルを変えて楽しみます(約16分)。

「お、おまんこに……おちんぽ、入れるのって……こ、こんなに、すごいんだ……っ♪」
彼がSEXを求めてくるだろうと思いゴムを用意する気配りを見せる一方で
初めて味わうおちんちんの感覚に驚く女の子なところも見せてくれます。
挿入した途端に吐息が熱っぽくなったりと、セリフ以外の部分でも繋がってる雰囲気を出す工夫がされてます。

淫語、吐息、喘ぎ声、ピストン音、そしてベロチューのちゅぱ音。
複数のエロ要素がぎっしり詰まってて実用性も高いです。
ここまでお互いの距離をじっくり縮めてきた状況も相まって気持ちよく射精できました。

それに輪をかけて素晴らしいのがゴムなしSEX。
これまでずっとリードしてきた彼女が初めて受けにまわり彼のピストンを味わいます。

「たくさんパンパンして……おまんこ、おちんぽの形になっちゃったんだね……♪ おまんこのお肉、キミとぴったりだから……♪ おちんぽ、きゅぅう~~って抱きしめられるよ……♪」
自分から責められるほど成長した彼の姿を素直に喜び
吐息や喘ぎ声を漏らしながらすっかり彼のモノになったことを伝えて征服欲をくすぐります。
パートの中盤には告白、終盤には中出しと重要なイベントが出てきますし
物語の最後を飾るに相応しいエロさと幸福感が最も高いプレイに仕上がってます。

この要所で彼が逞しさを見せてくれるのがすごく良かったです。
最初は甘えるしかできなかったのに、エッチを通じて彼女とずっといたい感情が芽生えたのでしょう。
一般的な幼児プレイ作品は後になるほど男性がダメになることが多いので
それとほぼ真逆の路線を歩んでるのは本作品ならではと言えます。

このように、母性の強い女の子とをひたすらイチャイチャするあまあまラブラブなエッチが繰り広げられてます。
甘さ満点な作品
幸せな気分に浸りながら抜けるノーマル向け作品です。

ママ係は嫌なことがあって凹んでる主人公を元気づけようと
同い年とは思えないほどの優しさと包容力を見せて心をがっちり掴みます。
そしてエッチは手コキとSEXをメインに据え、パートによってやり方や他のプレイを切り替えます。

優しくて甘やかし上手な女の子がクラスメイトの男子をお世話する癒し系のシチュ
声、言葉、プレイのすべてが甘く温かいエッチ
物語が進むほど2人の関係や心情が変化する展開。
エッチだけでなくキャラにも光を当てて充実した作品に仕上げてます。

中でもエッチは幼児プレイでぐいぐい押してくるのかと思いきや
それ以外のプレイを主体にしてクラスメイトから恋人に変わる流れを作っていて面白かったです。
彼女は男性を甘やかすのが好きですけどエッチが上手いわけではありません。
だからごく普通の女の子がするプレイを多く盛り込み、その中にガチの幼児プレイもひとつだけ入れてます。

隅から隅まで甘くて本当にいい気分に浸ることができました。
サークルさんは過去に全肯定作品をいくつか制作されてますし
そのへんのノウハウを本作品にも投入してあって完成度が高いです。
全体の流れ、キャラ作り、エッチの構成と繋がり、そしてひとつひとつのセリフ。
これらすべてが高水準でまとまってるからこういう感覚を味わえたのでしょう。

抜きに関しても淫語がやや下品だったり全パートで複数責めをしていて使い勝手が良いです。
終盤の2パートは同じSEXでも内容を変えてドラマチックに演出してます。
音声作品の主人公は存在感が薄くなることが多いだけに
山場で彼の魅力を引き立てる工夫は場の盛り上げや没入感を高めるのに役立ってます。

射精シーンは5回。
くちゅ音多め、淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

以上を踏まえてサークルさんでは初の満点とさせていただきました。
最初から最後までずっと幼児プレイをする作品ではないことだけご注意ください。
おまけは「ママが淫語をいっぱい言ってあげる」です。

CV:思ちぽさん
総時間 1:57:14(本編…1:48:06 おまけ…9:08)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2019年11月4日まで10%OFFの990円で販売されてます。

↑このページのトップヘ