同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:淫語

   ● 事務的メイドのオシゴトと、淫らで下品な夜 ~性処理淫語業務&お下劣本性解放交尾~
   ● “オナホ英才教育”を受けた清楚お嬢様のあまあまおまんこオナホ奉仕【バイノーラル】
   ● クールなシスターの事務的“聖処理”生活【バイノーラル】
   ● 事務的に性欲処理をしてくれるクールで優しいエルフさん【バイノーラル】
   ● パイズリ連呼しながらパイズリしてくれる爆乳サキュバス
   ● 子作りオナホ村【バイノーラル】
   ● お姫様と結婚してオナホおまんこでイチャラブ子作りえっちが仕事になる生活♪【バイノーラル】~今日は一日中、子作りおまんこデーです♪~
   ● あなたの射精義務違反を取り締まる事務的ポリス【バイノーラル】
   ● クールなシスターの事務的“聖処理”生活【バイノーラル】~“恋人聖処理”によるイチャラブえっちを行います~
   ● ほろ酔いメイド凪彩の淫語ささやき&耳舐め焦らし手コキ




サークル「にっち音声工房」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声や態度はクールだけど性格はドスケベなメイドが
ご主人様と朝から晩まで色んなエッチをして精液を搾ります。

メイドらしく丁寧な口調で「オチンポ」などのやや下品な淫語を言ったり
終盤のSEXシーンはオホ声交じりの喘ぎ声を漏らして気持ちいいことをアピールするなど
彼女が持つ二面性を活かしたギャップの大きいエッチが楽しめます。
真面目なメイドが見せる淫らな姿
メイドがご主人様の性欲処理をするお話。

「…おはようございます。旦那様。お食事の用意は出来ておりますが、すぐにお召し上がりになりますか?」
メイドは丁寧語で話す整った声のお姉さん。
ある日の朝、主人公の部屋を訪れた直後にエッチなご奉仕を頼まれると
早速服を脱いでもらいオナニーするよう言います。

本作品は仕事熱心でエッチも大好きな彼女が
現在仕えてる彼を相手におよそ110分間の濃厚なご奉仕をします。
彼は1日に何度も射精しないと収まらないほど性欲が強く
この日も仕事をこなしながら朝、午後、夕方、夜と4回も彼女の体を求めます。

「…承知、いたしました。わたくしとの性交で、どうぞリフレッシュしてください」
普通の女性なら嫌がったり軽蔑する状況なのに
彼女はメイドらしく礼儀正しい態度でどのパートもすぐさま了承します。
あまり感情を表に出さないクールな態度を取りつつ一生懸命責めるので事務的感は薄いです。
クールなのは表面だけで内面はとても優しいキャラに描かれてます。

エッチの最中にこちらを見下したり突き放すことも一切ありませんから
興味があるならノーマルな人でも普通に聴けるし抜けます。
射精後に彼の精液を嬉しそうに飲んだり、SEXでは中出しを求める健気なところを見せてくれます。

「シコシコ、チンポ。シコシコ、オチンポ。血管の浮き出た、ビキビキのおマラ肉。旦那様のオスチンポ」
「じゃあ事務的キャラにした意味はないのか?」と言われればそうでもありません。
上のようにやや下品な淫語を積極的に言うシーンが多く
普段の声や態度とのギャップが引き立ってます。

終盤ではそれを活かしたドスケベSEXをするなど、彼女が持つふたつの顔を活かしてエロさを上げてます。

淫語の質と量に力を入れてますから、淫語責めが好きな人にはかなり刺さると思います。
他にもちゅぱ音重視、喘ぎ声重視のパートがあって抜き要素が充実してます。
前後のやり取りを切り詰めてプレイ時間をできるだけ長くするなど
18禁作品にとって重要な「抜きやすさ」を強く意識した作品になってます。
すべてを曝け出すエッチ
エッチシーンは5パート93分間。
プレイはオナニー、淫語責め、フェラ、SEX(騎乗位、対面座位)、手コキ、耳舐め、キス、乳首舐めです。
エッチな効果音はありません。

「…これからわたくしが、旦那様のお耳元で淫語を囁きますので、それに合わせて、シコシコ、オナニー、なさってください」
エッチの準備を整え主人公に体を密着させたメイドは
そのまま囁き声で淫語責めやシコシコボイスを言いながら彼のオナニーを穏やかに見守ります。

エッチはどのパートも彼女が責め続けます。
最初の3パート58分間はメイドとしてご奉仕するシーン。
チャプター1(約16分)は朝に淫語責め+オナニー、チャプター2(約22分)は午後に軽いフェラと騎乗位SEX
チャプター3(約20分)は夕方に耳舐め&ベロチュー+手コキして1回ずつ射精させます。

「…いい格好ですね、旦那様。無心でオチンポ、シゴきまくる、男らしいオナニー姿」
事前の準備や責めっぷりがスムーズなところを見ると
彼女は以前からこういうことを何度もしてるのでしょう。
「オチンポ」を連呼したり会話に絡めて興奮を上手に盛り上げてくれます。
そしてオナニーはシコシコボイスを適度に挟んで後になるほどペースを上げるよう指示します。
彼を褒めるセリフもあったりと、事務的プレイのイメージよりもずっと穏やかな内容です。

ちなみに本作品はオナニー、手コキ、SEXとコキ系のプレイを中心に行いますが
どのパートにも効果音は一切入ってません。
それによるエロさの低下を淫語、ちゅぱ音、喘ぎ声といった他の要素で上手く補ってます。
プレイの実況も厚めにやってますし、敢えて効果音に頼らず独自の表現方法を確立してます。

「オチンポ亀頭の先を、メイドの湿ったマン肉で、クニクニ、クチュクチュ、焦らされて、んんっ。切なそうな、旦那様の、お顔。チンポの欲求で頭がいっぱいになった、殿方の、エッチなお顔」
その特徴がわかりやすく出てるのがチャプター2。
様々な淫語を盛り込んだ生々しい実況で臨場感を出しつつ
挿入から中出し射精までを丁寧に進めて心身をバランスよく盛り上げます。
射精時にはぴゅっぴゅのセリフを多めに言うなど、淫語に力を入れてるのがよくわかります。

ちなみにこのパートは終盤に熱っぽい吐息を少し漏らす程度で喘ぎ声はほとんどありません。
そのため違和感を覚える人もいるでしょうが、実はこれが後々に向けた布石になってます。

チャプター3は打って変わってちゅぱ音重視のプレイをします。
右耳舐めから始まり左耳舐め→キスと繋いで射精へ追い込んでました。
耳舐めとキスで音の鳴らし方が明確に違いますし、どちらもがっつく感じのパワフルな責め方をします。

最初から最後まで淫語重視だとどうしても飽きが来ますから
ここでまったく違う要素を主役に据えてメリハリをつけてます。
1日を朝から夜まで描くことを見据えて各シーンの連携をしっかり取ってるのが素晴らしいです。
聴き手が実際にされた場合もちゃんと興奮を維持できるように進めてるということです。

最も抜きに役立つのは終盤の2パート35分間。
仕事を終えて夜になりチャプター4は騎乗位、チャプター5は対面座位で激しいSEXをします。

「んふぅ んおっ、おおぉっ 本当のわたくしは、んほぉ オチンポハメて、気持ちよくなると、んおぉ こんな、下品な、おぉぉ セックス声を出す、ド変態、なのです、んほぉ」
そしてここでは今まで見られなかった彼女の本当の姿を拝めます。
彼がエッチを始める前にあるお願いをしたことで決心がついたのか
オホ声交じりの喘ぎ声をガンガン漏らして思う存分乱れます。
普段の彼女からは想像できないやや野太い声が股間にビンビン響きました。

チャプター2とはまるで違うSEXをしますからその豹変ぶりに驚く人もいるでしょう。
でもこれは彼女が自ら望んでやったことで決して演技ではありません。
「この人なら自分のすべてを曝け出しても受け止めてくれる」という信頼があるからできるのです。

抜き性能をがっつり上げたうえで2人の絆の強さも表現できてるのがすごく良いなと。
両方ともきっちり中出しを決めますし、物語の最後を飾るに相応しい最も充実したプレイになってます。

このように、クールなメイドが淫語をたっぷり言いながら下品に乱れる落差の大きいエッチが繰り広げられてます。
ギャップを活かした抜きボイス
メイドがご主人様に奉仕する定番のシチュをサークルさんらしいやり方で表現してるノーマル向け作品です。

メイドは仕事もエッチも精力的にこなす主人公を満足させようと
朝から晩まで体を求められたらすぐさま応じ、毎回違うプレイで何度も射精させます。
そして序盤は淫語責め、中盤はちゅぱ音、終盤はオホ声と主役になる抜き要素を切り替え
その中に普段クールな彼女が持つ二面性を盛り込み愛もあることを伝えます。

表面は事務的だけど内面は非常に優しいメイドが愛するご主人様を丁寧にお世話するシチュ
彼女のキャラとは随分違う淫語、ちゅぱ音、喘ぎ声を繰り出すギャップの大きいエッチ
彼が喜ぶことを積極的にやりながら自身も嬉しそうな表情を見せる幸せな展開。
冷たさよりも温かさをずっと強くしたドスケベ作品に仕上がってます。

中でも2番目は全体の構成がしっかりしてるし、各要素も内容が濃くてそれぞれに違った良さがあります。
どんなにエロい要素でも聴き続けるにつれてどうしてもダレが来ますから
変に固執せず大きく変えて彼女らしいエッチをお届けします。

一番抜けるのは終盤だと思いますけど、それ以前のパートも十分な実用性を持ってます。
メイド役を務める秋山はるるさんの演技力も大きく影響してます。

今の音声作品は音質が向上した関係で効果音を使うことが圧倒的に多いです。
そこを敢えて真逆に進み、それでいてきちんと抜ける作品になってるのが一番の驚きでした。
ベタなシチュを面白いものにできるのもサークルさんに実力があるからだと思います。
事務的と銘打ってますがM向けの要素はほぼない点だけご注意ください。

射精シーンは6回。
淫語多め、ちゅぱ音と喘ぎ声それなりです。

以上を踏まえてサークルさんでは初の満点とさせていただきました。

CV:秋山はるるさん
総時間 1:46:32

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2021年9月13日まで50%OFFの550円で販売されてます。



サークル「防鯖潤滑剤」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、良家のお嬢様で許嫁でもある清楚な女の子が
お互いの親睦をより深めるために色んなエッチをします。

彼女の魅力を出しつつゆっくりじっくり愛し合う甘さの強いエッチが行われており
「おちんぽ」「おちんぽミルク」などの淫語を積極的に言ってギャップを持たせたり
2種類の方法でSEXしながら嬉しそうな表情を見せて幸せな射精に導きます。
より円満な夫婦生活を送るために
樋之口桃花と5種類のエッチをするお話。

「はい、どうぞ。こんにちは♪ 紅茶はいかがですか?」
桃花は丁寧語で話すお淑やかな女の子。
久しぶりに再会した主人公を嬉しそうに迎えて紅茶を淹れると
結婚する前にSEXしておいたほうがいいと言います。

本作品はお嬢様のイメージにピッタリな上品で可憐な彼女が
将来結婚を約束されてる彼とおよそ120分に渡るエッチをします。
2人はこの物語が始まる前から何度も会ってるようですが、エッチをするのは今回が初めてです。
そのためいきなり濃いプレイはやらず一歩ずつ前進する形でSEXを目指します。

「大好きな許嫁のあなたと、気持ちよく結ばれることができる、なんて……。とても幸せなことですから♪」
冒頭にお茶菓子を振舞ったり、彼に対する気持ちをストレートに漏らすなど
彼女が序盤から最大限の好意を示してくれるシーンが何度もあって非常に甘いです。
許嫁は両家の親が決めたものですから無理矢理結婚させられるケースもありますけど
彼らの場合は相思相愛の関係でお互いを思いやりながらイチャイチャします。
全体的に責めるペースが緩いのも相まって初々しさを感じました。

エッチについては彼女がオナホ英才教育を受けてるだけあって結構スムーズです。
童貞な彼を処女な彼女がリードするスタイルを取り
オナホコキ、パイズリ、キス+手コキ、そしてSEXと徐々に踏み込んだプレイに移ります。
SEXだけは2パート用意されてますし甘さが最も引き立つように組み立ててます。

「この、作りもののおまんこで、おちんぽ、たくさんじゅぽじゅぽってしますから……♪ あつーいおちんぽミルク♪ どぴゅどぴゅって、オナホに中出ししてくださいね♪」
そして彼女はエッチするにあたってやや下品な淫語をガンガン言うことと
男の征服欲をくすぐることに力を入れてます。

前者は「おちんぽ」「おちんぽミルク」といった彼女が言わなそうなセリフを積極的に盛り込み
さらに5パート中4パートで射精時にぴゅっぴゅのセリフを多めに言います。
防鯖潤滑剤さんと言えば淫語責めですからこの要素は外せないです。

「これで、わたくしのおっぱいは、あなた専用パイズリオナホになってしまいました……♪ ふふ♪ 征服の証……♪ よく、ご覧になってください♪」
後者はキス、ぶっかけ、SEXなど彼に自分の初めてをいくつも捧げたり
媚びてると思われない程度にへりくだる姿勢を見せて彼女を独占する優越感に浸らせます。
終盤のSEXはどちらも彼が責める展開になってたりと、相手を立てることを強く意識してました。
これは淑女である彼女らしいアプローチと言えます。

上品で献身的な許嫁とゆっくり愛し合うシチュと淫語や尽くす姿勢で興奮させるエッチ。
キャラとプレイの両方に明確な個性を持たせたノーマル向けの作品です。
ゆっくりじっくり追い込むエッチ
エッチシーンは5パート96分間。
プレイはオナホコキ、淫語責め、パイズリ、キス、手コキ、乳揉み、手マン、SEX(正常位、寝バック)です。
オナホコキ、パイズリ、手コキ、手マン、SEX、射精の際に効果音が鳴ります。

「これが……あなたの性器なのですね……♪ わたくし、実物を見るのは、初めてなのですが…… ……とても素敵だと思います♪」
主人公に事情を説明してから作法に則り学校の制服に着替えると
桃花は服を脱がせておちんちんを不思議そうに眺めます。

エッチはシーンによって責め手を切り替えながら進めます。
最初の3パート48分間は本番に向けた準備。
「1.『“下準備えっち”をしていきましょう♪』(約17分)」は淫語責めを交えたオナホコキ
「2.『本日は、パイズリを行います♪』(約12分)」はパイズリ
「3.『本日は、キスの練習です……♪』(約19分)」はベロチュー手コキで1回ずつ射精させます。

「これを、わたくしのトロトロおまんこだと思って……♪ オナホが妊娠してしまうくらい……中出しを、ください♪ おちんぽが弱くなるところ、わたくし、見たいです♪」
彼女は事前にエッチの勉強をしてるので初めてでも覚束なさはありません。
「ぎゅぷっ」という粘っこい水音をゆっくりペースで鳴らしながら
彼の嗜好に刺さる淫語をガンガン投げかけて心身をバランスよく盛り上げます。
本作品のエッチはどのパートもプレイを絞り込んでるのでひとつひとつの内容が濃いです。

声は引き続き上品なためドスケベと言うほどではないですけど
淫語とのギャップがそれなりにあって股間に響きます。
射精後に彼女が嬉しそうな表情を見せるのもすごく印象的でした。
今回のエッチを通じてお互いの親密度がさらに高まるように進めます。

「キスとは、こういうものなのですね……。柔らかくて……温かい、です。頭がぼーっと、します」
それをわかりやすく表現してるのが3番目のパート。
キスを初めて解禁し、ソフトなものからハードなものまでじっくりやります。
同時に手コキもしますけどちゅぱ音のほうがずっとパワフルでエロいです。
それなのに彼女の反応が初々しいのが本作品の面白いところと言えます。
射精後には精液を飲んでみせたりと、彼女がどんどん積極的になってるのが伝わってきます。

続く2パート48分間は本題のSEX。
「4.『本日は、セックス本番の日です……♪』(約22分)」はゴムありの正常位
「5.『ある意味、ここからが本番と言えます……♪』(約26分)」はゴムなしの寝バックで深く愛し合います。

「あぁ……♪ おまんこ、できたのですね……♪ 大好きなあなたの、おちんぽを……おまんこに、しっかり収められたのですね……♪ 嬉しい……♪ とても、嬉しいです……♪」
4番目のパートは2人が初めて繋がる山場なので一際丁寧に描きます。
彼女が自分からおまんこを開いておねだりしたり、彼が軽く手マンして準備を整えてから
ゆっくり挿入&ピストンしてこの幸せな時間を楽しみます。
彼女の心情や反応に関する描写が一気に増えるおかげで一体感を味わえました。
彼も彼女が痛みを感じないよう手加減しますし、お互いに思いやってるのがわかります。

純粋なエロさは控えめにして雰囲気や過程を大事にしてます。
SEXは本作品における大きな節目ですからこういうプレイがいいんじゃないかなと。

「わたくしを、あなたのおちんぽ専用の、おまんこオナホにしてください♪ 立派なお嫁さんオナホになれるように……♪ わたくしのおまんこ、おちんぽで躾けてください♪」
それに対して5番目のパートはエロさを追求してます。
前戯の時間を大幅に短縮して早めに挿入し
後になるほど腰を激しく打ちつけながら彼女が熱い吐息と気持ちよさそうな喘ぎ声を漏らします。
最後に中出しするからでしょうけど、彼女をモノにする充足感を上手にくすぐってくれました。
妻になる予定の女性が本当の妻になる様子をエッチな手段で表現してます。

このように、2人の心情や心の距離感も絡めたあまあまラブラブなエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視の甘い作品
サークルさんの得意な要素を盛り込んだイチャラブ系のエッチをする作品です。

桃花は近い将来結婚することが決まってる主人公との体の相性を確かめようと
最初の3パートはやや控えめなプレイをひとつずつこなして本番に向けた期待と興奮を煽ります。
そして終盤の2パートはSEXメインに切り替えてがっつり楽しみます。

上品で気配り上手なお嬢様が許嫁の男性と色んなエッチをする純愛系のシチュ
やや下品な淫語や男が喜ぶアプローチを積極的にやるサークルさんらしいエッチ
初々しい反応や嬉しそうな表情を見せながらリードする彼女の献身的なキャラ。
恋人以上夫婦未満な男女がさらに仲良くなる様子を甘くエロくお届けします。

中でも2番目はエッチのやり方は熟知してるのだけど
実際にするのは初めてという彼女の属性を活かしてプレイを組み立ててます。
簡単に言うとまごまごするシーンがない代わりにセリフや反応が初々しいです。

彼女は物語の開始時点で彼にかなりの好意を抱いてるようですから
今回のエッチは品定めするよりも彼の心をがっちり掴む意味合いが強いのだと思います。
気持ちを割とストレートに漏らしてくれるので甘さもすごく強かったです。
エッチも激しく責めるのはパート終盤だけに留めてゆっくり追い込む方針を取ってます。

個人的にはもうちょっと下品な姿も見せてほしかったのですが
この物語はまだ続きそうな感じでしたから、次回作でそういうプレイが出てくるのかもしれません。
もっと開発が進んだ後にそうなる可能性も十分にあります。

射精シーンは5回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声そこそこです。

おまけは「ずーっと耳舐めします♪」です。

CV:そらまめ。さん
総時間 2:09:29(本編…1:59:55 おまけ…9:34)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年6月25日まで10%OFFの990円で販売されてます。



サークル「インゴヒゴ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声はクールだけど性格はとっても献身的なシスターが
サキュバスの呪いにかかった男性をエッチな手段で浄化します。

淫語を多めに言いながら彼が望むことをガンガンやる彼女らしいエッチが行われており
イラマチオ、授乳手コキ、罵倒しながらの足コキなどパートごとにやることを大きく変え
いずれも彼がより興奮したり射精できるよう一生懸命尽くして幸せな射精に導きます。
事務的キャラですけどM向けの要素はあまりないのでややMあたりの人が最も楽しめます。
サキュバスの呪いを解く唯一の手段
シスターのアレットと5種類のエッチをするお話。

「目を覚ましましたか。あぁ。警戒しなくても大丈夫ですよ。安全な場所ですから」
アレットはクールで上品な声のお姉さん。
街の教会で目を覚ました主人公にこれまでの経緯を話すと
彼にかかったサキュバスの呪いを解く手段を教えます。

本作品はシスターとして人々のために奉仕活動をしてる彼女が
偶然被害に遭った彼をおよそ120分に渡るエッチで癒します。
彼女は仲間と協力して森にいるサキュバスを討伐したのですが、彼はその前に接触し気絶してました。
そんなわけで間接的に責任があると感じ、文字通り全身を使って解呪に協力します。

ちなみに現時点で既に続編が出ており、当サイトでも過去にレビューを掲載済みです。
クールなシスターの事務的“聖処理”生活【バイノーラル】~“恋人聖処理”によるイチャラブえっちを行います~

「私は教会のシスターではありますが、悪魔に対する対処法の訓練を受けた、“聖処理シスター”でもあります」
自分がエッチに関する特別な訓練を受けてることを告げ
体を密着させたり大きなおっぱいを使って心身両面を満たします。
また中盤からはアブノーマルなプレイに挑戦し、パートによってまったく違う責めを繰り出します。
この呪いは自分の性癖を曝け出すことで初めて解けるそうですから
彼女も彼のすべてを引き出し受け止める姿勢でエッチに取り組みます。

声や態度だけを見るとクールだし、彼女はあくまで仕事として彼に接します。
ですがその内容は非常に手厚く彼を心の底から喜ばせようと頑張ります。
シスターなだけあって相手に尽くす気持ちを強く感じました。
一般的な事務的プレイのように冷たさやハードさはありませんからM度は低いです。

「ん……。おちんぽ、手の中で暴れています。気持ちいいのですね。それは素晴らしいことです。おちんぽがよく感じれば、それだけ、呪いの排出も早くなりますから」
エッチをするにあたってやや下品な淫語を積極的に言うのもポイント。
おちんぽ、おちんぽミルク、ぴゅっぴゅなどシスターのイメージとは違う言い回しにしてギャップを出してます。
これも彼の性癖に合わせてやってますからサービスの意味合いが強いです。
赤ちゃん言葉、軽めの罵倒といった違うタイプの言葉責めもするなどセリフにも力を入れてます。

彼女みたいなクールキャラが普通にエッチすると味気なくなりますから
ストーリーに合ったやり方でそれを補う意図もありそうです。
何かひとつの要素に尖らせるのではなく、色んな部分に魅力を持たせて全体を上手くまとめてます。
包容力のあるエッチ
エッチシーンは5パート98分間。
プレイは耳舐め、手コキ、フェラ、玉舐め、イラマチオ、乳揉み、授乳手コキ、足コキ、キス、SEX(騎乗位)です。
手コキ、イラマチオ、足コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「出てきました。あなたの、ここ。まだ小さいままですね。射精のために、まず大きくしてもらわないといけません」
主人公に事情を話してから服を脱がせたアレットは
おちんちんがまだ萎んでるのを見てまずは耳舐めで元気にします。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の2パート43分間は本作品の特徴や彼女の性格がよく出てるプレイ。
「1.『耳を舐めて欲しいのですか?』(約24分)」は耳舐め手コキ
「2.『お口で射精させて欲しいのですか?』(約19分)」はフェラとイラマチオで1回ずつ射精させます。

「どのように、男性器を刺激されたいですか? どんなことでも構いません。言ってみてください」
本作品のエッチは彼の心に植え付けられた呪いを解くのが目的ですから
彼女は常に彼が何を望んでるか確かめながら進めます。
最終パート以外は冒頭にどんなプレイをしたいか尋ね
開始後も何かリクエストがあればすぐさま取り入れて幸せな射精に導きます。


これのおかげで完全女性上位でもいじめられてる感じはまったくありません。
病気にかかった信者を看病するのと同じでご奉仕色が強いです。
そしてこれはクールな彼女をシスターらしく見せる役割も果たします。

「はい。ぴゅっ、ぴゅっ、ぴゅっ、ぴゅっ、ぴゅーーーー……。どぴゅ、どぴゅ、どぴゅ、どぴゅ、どぴゅーーっ。ぴゅっ、ぴゅるるるっ、ぴゅっ、ぴゅっ、ぴゅーーーー……」
最初の耳舐め手コキパートは体への責めは割とスタンダードにしてセリフで個性を出してます。
右耳舐めから入って3分後には手コキが加わり
さらにおちんぽ、タマタマ、おちんぽミルクといった淫語責めを繰り出して徐々に追い込みます。
射精時にはぴゅっぴゅのセリフを多めに言ってくれますし至れり尽くせりです。
耳舐めの音が吸い中心なのもやや変わってます。

彼が自分の性的嗜好を伝えてもまったく怯まないのが印象的でした。
彼は簡単に言うと甘えん坊なマゾで、女性から見れば割とめんどくさい性格です。
でも嫌な顔ひとつせず言われた通りにリードして喜ばせます。
音声をしばらく聴いてると包容力のある女性に感じるでしょう。

「どうぞ。私のお口まんこ、好きに犯してください。私の頭を掴んでも構いません。イラマチオ用のハンドルにしてください」
2番目のフェラパートはシスターを汚す快感をくすぐってくれます。
前半は通常のフェラ、後半は彼が腰を動かすイラマチオとやり方を変え
どちらも比較的下品なちゅぱ音を鳴らしてギャップを持たせます。
イラマチオは彼女の口をおちんちんや精液で犯す征服欲を満たしてくれます。

同意のうえでやってますから無理矢理感はありません。
彼女が苦しまないように彼が気をつかう優しいところを見せてくれます。
エッチを通じて彼が彼女に心を開く様子も描いてるのが本作品のテーマに合ってて良いです。

その部分がよく出てるのが次の2パート33分間。
「3.『おっぱいをちゅぱちゅぱしたいのですか?』(約19分)」は授乳手コキ
「4.『足コキで罵倒されたいのですか?』(約14分)」は足コキ+罵倒とほぼ正反対のプレイをします。

「ママのおっぱいちゅぱちゅぱしながら、やわらかおててで、ちこちこされて。おちんぽ、溶けちゃいそうでちゅか?」
「足でふみふみされて感じる、変態ちんぽ。男の象徴を足蹴にされて、先走り垂れ流してる、マゾちんぽ」

これらふたつを両方入れてる作品ってかなり珍しいです。
前者は甘やかす、後者は見下すと属性やプレイの方向性がまったく違いますからね。
でも彼がこれらを望んだとなれば話は別です。
彼女の手厚いご奉仕を受けて自分のすべてを見せる決意をしたのだと思います。

授乳手コキは彼女のクールなキャラを柔らかく見せるのに役立ってます。
「~でちゅ」などの基本を押さえつつ「えらいえらい」「タマタマさん」と細かな言い回しも変えてます。
自分のことをママと呼びますし、案外楽しんでるのかもしれません。
おっぱいを揉んだり吸われてる時は熱っぽい吐息が加わってエロさも上がります。

足コキは上から踏みつけるのではなく後ろから抱き着いて両足の裏で挟みます。
最初はぎこちなさそうにゆっくり責めてたのが
ある程度経つと左右の足を使い分けたり金玉を痛くない程度に踏む応用プレイに移ります。
罵倒は普段通りの声で「変態」「マゾ」を織り交ぜてくる程度で控えめにしてました。
彼女はSっ気が全然ないキャラですから豹変したりせず不思議そうな表情でリードします。

本作品で最も甘いのは最後の「5.『今日は“聖処理”の仕上げです』(約22分)」。
これまで4回の射精を済ませてすっかり呪いが解けたところでSEXに突入します。

「私の純潔を奪ったからといって、何も気に病むことなく……処女おまんこで、おちんぽ気持ちよくなってください」
開始直後やSEX中に熱いベロチューを交わしたり
彼女が自分から処女を捧げてゆっくりピストンするなど
これまでとは違い恋人っぽさを出して心身の穢れを完全に取り除きます。
数日前に会ったばかりの男性へここまでする彼女の姿もすごく健気に感じました。
エロさと甘さの両方を最高潮に持っていって物語を上手に締めくくってます。

このように、シスターがする気持ちいいご奉仕を色んな角度から描いた温かいエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視の穏やかな作品
シスターの魅力を出しつつ物語に沿ったエッチをするややM向けの作品です。

アレットは自分が討伐したサキュバスの呪いにかかった主人公を助けようと
教会の一室に隔離してから1日1回のペースで無理なく射精させます。
そしてパートごとに異なるプレイを繰り出し、その中に様々な淫語や言葉責めを盛り込んで
彼が持つ性的欲求を心の芯から満たそうとします。

声はクールだけど性格は優しいシスターがエッチな手段で男性の呪いを解くシチュ
彼が望むプレイを積極的に取り入れて体と心の責め方を変化させる幅広いエッチ
アブノーマルなプレイを求められても嫌な顔ひとつせず、彼のすべてを受け入れる彼女のおおらかなキャラ。
事務的のイメージとは随分違う甘めの作品に仕上がってます。

中でもエッチは彼をわざとめんどくさい性癖の持ち主にして
普段だと共存しにくいプレイを盛り込む思い切ったことをやってます。
これによってエッチの幅を広げたうえで彼女の心の広さも表現してます。
ほぼエッチするだけのお話なのにキャラがきちんと立ってて素晴らしいです。

あとは全編を通じて言葉責めの質が高いです。
インゴヒゴ(防鯖潤滑剤)さんは元々淫語に強いサークルさんですけど
今作は赤ちゃん言葉や軽めの罵倒といったタイプの違う言葉責めも盛り込んでます。
効果音も各プレイで違う音や動きをしており丁寧に作られてます。

射精シーンは5回。
淫語多め、くちゅ音とちゅぱ音それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

以上を踏まえてサークルさんでは2本目の満点とさせていただきました。
おまけは「クールなシスターの淫語連呼音声」です。

CV:涼花みなせさん
総時間 2:11:36(本編…2:05:01 おまけ…6:35)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2021年5月17日まで50%OFFの550円で販売されてます。



サークル「防鯖潤滑剤」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声はクールだけど性格は温かいエルフが
自分の命を助けてくれた男性に気持ちいい恩返しをします。

事務的に振舞いながら愛情を注ぐノーマル向けのエッチが行われており
普段通り無感情な様子で彼を気遣ったり甘やかすセリフを多く投げかけ
プレイのほうもどんどん濃いものに変えて好意や愛情を持ってることをわかりやすく伝えます。
エルフの里で過ごす幸せな日々
エルフのツェツィーリアと5種類のエッチをするお話。

「……ああ。起きたのね。おはよう」
ツェツィーリアは淡々と話す穏やかな声の女の子。
目覚めた主人公にここがどこか教えると
そうなるに至った3つのことを話します。

本作品は旅の途中で彼女と偶然出会い危機を救った彼が
足の骨折が治るまでの間エルフの里でエッチなご奉仕を受けます。
この里にはエルフ以外の種族を入れてはいけないルールがあるのですが
今回は住人の命を助けたお礼として特別に滞在できることになりました。
ただし、それにあたって彼女がある条件を提示します。

「私が、監視と看護を兼ねて……これからずっと、あなたの傍にいることになる。その上で、あなたが、他のエルフに欲情して、手を出したりしないように……私が、性欲のお世話もするわ」
それは最低でも1日2回射精すること。
性欲を小まめに発散させて彼女以外のエルフに手を出す気力を奪います。
愛情を持たない状況でエッチするため最初は彼女もやや事務的に振舞います。
しかし回数を重ねるうちに態度がどんどん変わり、それに合わせて甘さも強くなります。


音声における事務的はM向けの作品に使われることが多いです。
しかし防鯖潤滑剤さんの場合は声や口調が無感情なだけで性格まで冷たいわけではありません。
セリフや行為で感謝の気持ちや愛情を伝えてくるので雰囲気は結構甘いです。
大胆なこともガンガンやりますし、彼女が彼に好意を抱いてるのが自然とわかります。

エッチについては彼が怪我をしてるので基本的には彼女がリードします。
しかしそれにあたって彼の意見を取り入れることが多く
その結果彼を喜ばせることを強く意識したプレイになってます。
彼女がエッチ未経験なのもあるでしょうけど、それを加味してもかなり手厚い内容です。

「なかなか立派なおちんぽね。……まあ、他のおちんぽを見たことあるわけじゃないんだけど」
また淫語を好むサークルさんの作風を踏まえて
プレイ中はやや下品な淫語を小まめに言ったり、射精時にぴゅっぴゅのセリフで上手に応援します。
全肯定や甘やかしのセリフも結構あって満足感も得られます。
SEXはすべて生ハメ&中出しするなど、文字通りすべてを捧げて彼の頑張りに応えます。

クールで優しいメイドが多彩な言葉責めを交えたエッチで恩人をもてなす。
性欲処理から連想される割り切り感を大幅に削いだほぼノーマル向けの作品です。
イチャラブ感の強いエッチ
エッチシーンは5パート73分間。
プレイは手コキ、耳舐め、乳揉み、授乳、頭を撫でる、手マン、SEX(対面座位、正常位)、フェラ、玉舐め、キスです。
手コキ、頭を撫でる、手マン、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「あなたは、ベッドで楽にしてて。骨折が悪化するとまずいから。服、脱がせるわ」
主人公に事情を説明してから手料理を振舞うと
ツェツィーリアは早速彼の服を脱がせておちんちんをゆっくりしごきます。

エッチは最終パートを除き彼女が責め続けます。
最初の2パート35分間は彼女の魅力を出しつつまったり責めるシーン。
「1.『耳を舐めながらしごくのがいいの?』(約17分)」は耳舐め手コキ
「2.『“おっぱいちゅうちゅう”しながらがいいの?』(約18分)」は授乳手コキで1回ずつ射精します。
ちなみにどのパートもバックで何らかの環境音が控えめな音量で流れます(無いバージョンも入ってます)。

「耳を舐めながら、しこしこすると、射精しやすくなるの? ……なるほど。分かった」
彼女はずっとエルフの里で育ってきたようですから
見知らぬ人間に体を張って助けられたことが余程嬉しかったのでしょう。
どうすれば気持ちよくできるか尋ねながら丁寧に責めて無理なく追い込みます。
耳舐めも前半は舐め中心、後半は吸い中心と責め方を変えてました。

手コキはほぼ効果音を鳴らすだけなのでセリフと耳舐めが魅力のパートです。
ぴゅっぴゅのセリフも相まってクールキャラとは思えないほど温かい空気が漂ってます。

「おちんぽ、えらい、えらい、おちんぽ、いいこ、いいこ。おちんぽ、ガッチガチに固くなってて、偉いよ。おっきくできて、えらい」
2番目のパートは彼女の甘やかし上手な性格がよく出てます。
赤ちゃん言葉は一切しゃべらないので幼児プレイとは少し違いますが
左右のおっぱいを自由に吸わせる、その最中に頭を撫でる、褒める言葉を投げかけるなど
彼の心も満たしてから射精へ持っていくことを見据えてリードします。

彼女にとってこれは彼が回復するまでのお仕事に過ぎませんから
極端な話おちんちんを激しく責めてサクッと射精させても問題ありません。
でも実際はそれと真逆の道を歩んで彼と仲良くなろうとします。
「好き」などの言葉を使わず色んな手段で愛情を示すので、聴けば聴くほど胸のあたりがぽかぽかします。
エロさもありますけどそれ以上に癒しのパワーが強いパートだと思います。

続く3パート38分間は2人の関係が一気に進展します。
「3.『ここのこと、“おまんこ”って言うの?』(約15分)」は対面座位SEX
「4.『おちんぽ、おっきくなっちゃったの?』(約12分)」は野外でのフェラ
「5.『あなたのこと、好きよ』(約11分)」はキスを交えた正常位SEXをします。

「あ……おまんこ、開くの? 構わないけど…… おちんぽ、ビクってした。見てると、興奮するの? そういうものなのね」
初SEXをする際も彼女の態度はほとんど変わりません。
恥ずかしいポーズを求められたらふたつ返事で了承し
挿入後も喘ぎ声の代わりに熱っぽい吐息を漏らします。
彼女が作中で「不感症だ」と言ってたから乱れ具合も控えめにしたのでしょう。
でも生ハメ&中出しを許すあたりに彼を想う気持ちがきちんと表れてます。

4番目のフェラパートは環境音が鳥の声から川の音へと変わり、プレイも音重視で行います。
声よりもずっと下品なやや泡立ったちゅぱ音を随所で鳴らし
前半は全体や敏感な部位を丁寧に舐め、後半は咥え込んで激しくピストンします。
金玉を舐める時は他よりも抑えて責めるなど、彼を思いやる気持ちが込められてます。
エッチ開始前に彼女の両親や村の話も出てきますし、彼に心を許してるのも伝わってきます。

「可能性は、低いから……これで、子どもができるとは限らないけど……。でも……あなたの赤ちゃん……欲しがってる、気がする……」
そして最後のパートは甘さが最高潮に達します。
今まで一度もやらなかったキスを初めて解禁し
やや遠回しな言い方ですが彼の子供なら妊娠しても構わないと言います。
SEXも彼が責め手に回るおかげで先ほどよりピストンが激しいです。
最初は義務でやってたエッチが自然と愛情表現に置き換わってます。

このように、声とそれ以外の要素にギャップを持たせた愛情深いエッチが繰り広げられてます。
ノーマル向けの事務的作品
感情を表に出すのが苦手な女の子とイチャイチャする誰でも聴ける作品です。

ツェツィーリアは自分を助けた結果足を骨折した主人公の面倒を見ようと
自宅のベッドで寝かせて料理を作ったりリハビリの手伝いをします。
そして里に滞在する条件となる性欲処理もきっちりこなし、彼のことをもっと好きになります。

声はクールだけどそれ以外はとても優しいエルフが男性を色んなエッチでもてなすシチュ
感情の起伏に乏しい代わりに言葉と行為で愛情を注ぎ続ける甘いエッチ
物語が進むほど2人の親密度が上がり彼女も自分の気持ちに素直になる展開。
M向けで登場することが多い事務的キャラをまったく別のやり方で活用します。

中でもエッチは特定の分野に特化してるのではなく、全体で気持ちを表現することを心がけてます。
淫語、効果音、ちゅぱ音を比較的下品にしてギャップを持たせてますし
癒されながら抜けるように調整されてます。
彼のために色々頑張る彼女の姿も健気で愛らしいです。
エッチを通じて無垢な女性を開発する要素もあって強めの満足感が得られます。

射精シーンは5回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

おまけは「淫語を連呼するのがいいの?」です。

CV:みもりあいのさん
総時間 1:48:00(本編…1:42:18 おまけ…5:42)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年5月14日まで50%OFFの550円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



サークル「リニアプレス」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、Kカップのおっぱいを持つ穏やかなサキュバスが
精力旺盛でおっぱい大好きな男性をパイズリで気持ちよくします。

色んなパイズリをしながら淫語もガンガン言うのが特徴で
膝上パイズリ、馬乗りパイズリ、縦パイズリなど射精するごとに責め方を変え
最中は「おっぱい」「パイズリ」を連呼したりセリフに織り交ぜて心身をバランスよく盛り上げます。
サキュバス作品の中ではM性が低いので、興味があるならノーマルな人でも普通に楽しめます。
爆乳サキュバスがする優しい搾精
サキュバスのレナが色んなパイズリをするお話。

「お兄さん。お兄さん。起きて下さい」
レナは明るくて穏やかな声のお姉さん。
ある日の夜、主人公の家にやって来て声をかけると
自分がサキュバスなことを教えてから自慢のおっぱいを見せつけます。

本作品は人の顔が丸ごと埋まってしまいそうなくらい大きなおっぱいを持つ彼女が
おっぱい星人の彼を相手におよそ40分間のエッチなサービスをします。
彼女は他のサキュバスと同じく精液をもらうためにエッチするわけですが
性格はとても温和で相手の嫌がることは一切やりません。
むしろ彼の希望を積極的に受け入れて2人とも楽しめるように進めます。

最大の魅力はもちろんパイズリ。
エッチシーンのほぼ全部で行い、しかも1回射精するたびに責め方を変えます。
音声作品によく出てくる膝上パイズリから始まり
彼女の上に乗って腰を振る馬乗りパイズリ、横乳や下乳で挟み込む風変わりなパイズリなど
特化型の作品なだけあって本当に色んな種類が出てきます。

効果音も質感はそれほど変わりませんが動かし方、リズム、力強さはそれぞれで違います。
射精後におっぱいの中を見せて彼を喜ばせるなど
おっぱいが武器のサキュバスらしい変化に富んだパイズリをします。
時間に対する射精回数も多めで実用性が高いです。

「おっぱい気持ちいいおっぱい気持ちいい Kカップの爆乳パイズリ気持ちいい パイズリとっても気持ちいい」
「おっぱい」「パイズリ」をたくさん言うのも本作品の特徴です。
同じセリフを繰り返すこともあれば、上のセリフのように組み合わせて言うこともあります。
サークルさんによると全編でパイズリを400回も言うそうです。
私が聴いた限りでもかなりの回数言ってたので嘘じゃないと思います。

パイズリに特化したエッチと淫語をたっぷり言うスタイル。
音声ではマイナーな部類に属するプレイに光を当てたほぼノーマル向けの作品です。
とことんもてなすエッチ
エッチシーンは3パート26分間。
プレイは淫語責め、膝上パイズリ、馬乗りパイズリ、横乳/下乳パイズリ、乳首ズリ、縦パイズリです。
パイズリ、乳首ズリ、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「では、お兄さんの好きなプレイで射精させてあげますね」
無理矢理搾精する気はないことを事前に伝えて主人公を安心させると
レナは早速おちんちんを挟み込みゆっくりしごき始めます。

エッチはごく一部を除いて彼女が責め続けます。
一番最初のトラック2(約9分)は割と王道のパイズリ。
1回目は膝上、2回目は馬乗りパイズリしながら淫語責めも繰り出します。

「よいしょっと。ほら、見て下さい お兄さんの精液が付いたおっぱいを拡げると綺麗なザーメンブリッジが出来ちゃいました」
彼女は彼がおっぱい大好きなことを事前に把握してるので
満足させようと考えながらリードします。
「たぷん」という弾力のある音をリズミカルに鳴らして丁度いいレベルの快感を与え
射精した後は中を見せつけて2回戦へ突入する元気を与えます。
射精時に効果音が鳴るおかげでタイミングがわかりやすいです。

そしてパイズリと同時におっぱい関連の淫語をガンガン言います。
連呼するシーンが多いのでやや単調に感じるところもありますが
サークルさんは質よりも量を優先されたのだと思います。
8回くらい言ったら別のセリフを連呼するなどマンネリ感を防ぐ工夫もされてました。

続く2パート17分間は次の日のお話。
トラック3(約9分)は下乳、横乳、乳首と前回使わなかった部位で責め
トラック4(約8分)は仁王立ちした彼のおちんちんを横から包み込んで幸せな射精に導きます。

「お兄さんの膝を少し曲げてもらって…反り返って真上を向いたオチンチンを下乳に入れて…どうです? 持ち上がりますか?」
下乳&横乳パイズリは滅多に見かけないプレイなので
他よりも実況を多くしてわかりやすく進めます。
効果音も水分控えめのゆっくりペースでした(射精の直前だけ速くなります)。
またおちんちんと乳首を擦り合わせるシーンでは軽く喘ぎ声も漏らしてくれます。

「ほらほらお兄さん 上からこの寄せた爆乳の長ーい谷間線を見て下さい この中でお兄さんのオチンチンが出たり入ったりしてパイズリしてるんです」
最後の縦パイズリは2回射精した直後に始めるので
淫語を多めに言ったりおちんちんがおっぱいに埋もれてる様子を見せて興奮させます。
ほとんどのシーンが女性上位ですけど、彼のリクエストに応えてやるからM性はほとんどありません。
彼は快楽を、彼女は精液をいただく共存関係が出来上がってます。

このように、本作品の特徴をそのまま活かした個性的なエッチが繰り広げられてます。
パイズリ&淫語好きに捧げる作品
短時間でも十分な抜き性能を持つ使い勝手のいい作品です。

レナはおっぱいの画像や動画をオカズにしてる主人公から精液をいただこうと
Kカップのおっぱいを見せつけて興味と興奮を誘い、色んな手段でおちんちんを責めて何度も射精させます。
そしてこれらの最中に「パイズリ」や「おっぱい」を多く言って同時に心も盛り上げます。

大きくて柔らかいおっぱいを持つサキュバスが男性にたっぷりパイズリするタイトル通りのシチュ
全パートでパイズリをメインに行い、そこに淫語責めを加えて密度とエロさを上げる特化型のエッチ
無理矢理感を一切出さず彼にサービスしようとする彼女のおおらかなキャラ。
プレイをニッチにする代わり、サキュバス作品の中ではソフトな雰囲気にして大衆性を上げてます。

中でもパイズリは最重要ポイントなだけあってサークルさんのこだわりを感じます。
同じ音を時間いっぱい垂れ流す単調なものではなく
1回射精するごとに責め方と効果音を両方変えて流れを作ります。
乳首で責める時は少しですが喘ぎ声を漏らすなど、特化型の弱点を補う工夫がされてます。

パイズリ好きかどうかで満足度に差が出るのは否定しませんが
サークルさんがやりたいことをしっかり形にできてるのも事実です。
レナも近所のお姉さんっぽい性格でほのぼのしてます。

射精シーンは5回。
淫語多め、くちゅ音それなり、喘ぎ声ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

おまけは囁き声パイズリです。

CV:琴音有波さん
総時間 38:46(本編…34:30 おまけ…4:16)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年5月2日まで10%OFFの495円で販売されてます。



サークル「防鯖潤滑剤」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、現実世界とは別の時空に住んでる双子の女の子が
偶然迷い込んできた男性を色んなエッチでもてなします。

淡々とした様子であまあまなエッチをするのが特徴で
彼の好きな耳舐めや淫語責めを積極的にやっておちんちんを元気にしたり
精液は必ず上下の口で受け止めて幸福感や満足感を与えます。
キャラはクールですが事務的感はまったくないのでノーマルな人も普通に楽しめます。
処女の双子とみっちり子作り
リサ(挿し絵右)、リト(挿し絵左)と4種類のエッチをするお話。

「こんにちは、お兄さん」
リサとリトはややトーンの違うどちらも穏やかな声の女の子。
森の中で道に迷った主人公に声をかけると、近くにある自分たちの村へ案内します。

本作品は現実とは別の場所(並行世界)で育った双子が
ここへ偶然やって来た彼とおよそ130分に渡って子作りに励みます。
ふたつの世界は通常だと行き来できないようになってますが
何らかの事情で時々繋がることがあり、彼以外にもここを訪れた人がいるそうです。
およそ1週間後に再びそうなることも知ってるので、その時まで村でのんびり過ごします。

リト「さすがに、一度や二度のおまんこだけでは、確実に妊娠できるとは言えないでしょう。少しでも可能性を高めるために、毎日、子作りさせてください」
しかし彼女たちは完全な無償で彼を泊めるわけではありません。
元の世界へ戻るまでの間はエッチしまくって種付けするようお願いされます。
並行世界の人同士で子供を作ることもできるそうですが
それを続けてたら村全体が血の繋がった者だらけになりそのうち滅びます。
作中で「子作り担当」と呼んでることから、適齢期の女性が交代で外の男性から精液をもらってるのでしょう。

この世界におけるSEXは村の人口を維持するための手段という意味合いが強いので
物語の開始時点で彼女たちも彼に好意や愛情は特に持ってません。
エッチ開始後も普段と同じクールな声で接します。
たぶん音声を聴き始めた直後はやや事務的な印象を受けるでしょう。

リト「お兄さんのおちんぽが、最高に気持ちよくなれて。睾丸……タマタマの中身が空っぽになるまで、中出ししてもらえるように……リトたちも、創意工夫させていただきます」
でもエッチの内容は声のイメージとほぼ正反対で非常に手厚いです。
彼がどうすれば喜ぶかを即座に察知して嗜好に合った責めを繰り出し
セリフも彼を持ち上げたり興奮させることを強く意識してます。
肝心のSEXも嫌な顔ひとつせず2人が順番で処女を捧げて中出しまで許します。

このクールな女の子たちがとことん甘いプレイをするのが本作品最大の特徴です。
サークルさんの過去作「双子で事務的なJKメイドに性欲処理される生活。」や
双子でクールなJKアイドルが性処理オナホになってくれる生活。」と似た部分を持ってるので
これらを好きな人が一番楽しめると思います。
M向けの要素がまったくと言っていいほどないので属性はほぼノーマルです。

エッチについては双子相手ということで常に2人が協力して責めます。
片方がSEXしてる時はもう片方が耳舐めしたり
フェラとキスを同時にやって別のちゅぱ音をお届けするなどなかなか濃いです。

リサ「お・ま・ん・こ。……ですとか」
リト「こういった……少し、下品めな淫語がお好きなようですね」
また彼が淫語に反応しやすいことを利用し淫語責めを積極的にやります。
クールな声で「おちんぽ」や「おまんこ」をガンガン言うギャップを持たせた責めっぷりです。
射精時にはぴゅっぴゅのセリフで応援するなど、淫語好きなサークルさんの持ち味がしっかり出てます。

クールな双子が温かみのあるご奉仕をするシチュと淫語を多めに交えた複数人プレイ。
ほぼ正反対の属性を持つ要素を上手く融合させたエロくて穏やかな作品です。
少しずつ変わる双子の心
エッチシーンは4パート99分間。
プレイは耳舐め、SEX(騎乗位、対面座位)、オナホコキ、乳首舐め、フェラ、キス、乳揉み、双子同士で精液の口移し、双子のオナニーです。
SEX、オナホコキ、オナニーの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

リサ「お兄さんの服、お脱がせいたします……」
リト「ん……しょ、っと……」
主人公に事情を話して無事同意を得た双子は
彼の服を脱がせてから両耳舐めしてまずはおちんちんを元気にします。

エッチはどのパートも彼女たちが責め続けます。
前半の2パート45分間は本作品のコンセプトや彼女たちの特徴を前面に押し出したプレイ。
「1.『リサとリトと、子作りしてください』(約30分)」はリサ→リトの順に騎乗位SEXし
「2.『本物のオナホでご奉仕いたします』(約15分)」はオナホコキで気持ちよくします。

リサ「今まで、おちんぽを挿入した経験がないものですから……桜色のお肉が、ぴったりと閉じたままですが……」
リト「クリトリスは、ぷくっと膨らんでいて。食べごろです」
この並行世界には人以外に物も流れ着いてくることがあるらしく
そこで手に入れたエッチな教材を使って今まで色んな勉強をしてきました。
だから男性と初めてエッチする状況でも不安がる様子は特になく
彼が喜びそうなことをガンガンやってスムーズに興奮させます。

肝心のSEXも騎乗位で挿入してからゆっくり腰を動かす割と穏やかなものです。
喘ぎ声の代わりに熱っぽい吐息を頻繁に漏らし
やや下品な淫語責めと耳舐めを組み合わせて抜きやすい空気を作ります。
愛情はほとんどありませんが彼のために尽くす姿勢は強く見られて健気に感じました。
会ったばかりの男性に自ら進んで処女と中出しを捧げる展開も甘いです。

リト「いえ。恥ずかしがる必要など、まったくありません。お兄さんのどんな性癖も、どんな欲望も、リトたちは笑ったりしません」
2番目のオナホコキは彼女たちの包容力がよく表れてます。
毎回SEXでは彼が飽きるだろうと思って偽物のおまんこを用意し
引き続き淫語を多めに投げかけながら耳、乳首、おちんちんを同時に責めます。
彼が乳首で感じても見下すどころか好意的に受け入れる姿がすごく優しいです。

子作り担当だから仕方なく相手するのではなく
彼のことを第一に考えながら工夫して責めることを常に心がけてます。
男性の気持ちを一切考慮せず無慈悲に責める事務的プレイとはほぼ対極に位置する内容です。
子作りが目的でもSEXに固執せず、彼がより良質な精液を出せる環境作りに努めます。

後半の2パート54分間はクールな2人に多少の変化が表れます。
「3.『お外でお口えっちしましょう』(約16分)」は村の中を散策してる途中でキス&フェラを行い
「4.『“好き”と言い合いながら子作りおまんこしましょう』(約38分)」は
彼が元の世界へ戻る前の晩に再びリト→リサの順に対面座位でSEXします。

リト「それに。ベロとベロを絡ませると、体がぽかぽか温かくなるような気がします」
彼と1週間近く生活を続けて多少は感化されたのでしょう。
普段通りのクールな声で彼女たちの中に不思議な感情が芽生えてることを漏らします。
たぶん好意や愛情にあたるのでしょうけど、それが何かわからず戸惑ってるように見て取れます。

またフェラ、ベロチュー、精飲と口を使うプレイで固めてるおかげで
複数のちゅぱ音が同時に鳴るシーンが多くエロさ高めです。
前半の2パートは淫語重視でしたから、ここで責めの方針を変えてメリハリをつけてます。
物語が佳境に入ったのを受けてキャラとエッチの両方に新しい要素が加わってます。

そして最終パートは時間、エロさ、温かさのすべてが最も充実してます。
騎乗位よりも顔の位置が近くなる対面座位を選んでピストンとキスを繰り返し
さらに彼のリクエストを受けて「好き」と何度も言って甘さをさらに強化します。
SEXしないほうは耳舐めで応援してました。

リト「確かに、これなら……〝好き〟と言い合ったほうが、気持ちが盛り上がるのも、納得です」
彼女たちがSEXが持つ別の意味を理解し始めてるのが印象的でした。
最初は単なる生殖行為にすぎなかったプレイを愛情表現へと変えてます。
これのおかげで同じSEXでも最初と最後のパートでは雰囲気が随分違います。
引き続き喘ぎ声は漏らしませんけど、吐息は前回よりも明らかに熱っぽいです。

このように、双子の心情変化も描きながら彼にとことん尽くす甘さの強いエッチが繰り広げられてます。
心がぽかぽかする作品
偶然出会った男女がエッチを通じて少しずつ仲良くなるイチャラブ系の作品です。

村のルールで子作り担当になったリサとリトは主人公の子供を確実に妊娠しようと
物語の序盤で早速SEXして精液をおまんこでしっかり受け止めます。
そしてその後は無理のない頻度でエッチしながら心の距離も徐々に近づけます。

別世界に住んでる双子が初対面の男性と子作りSEXに励む変わったシチュ
SEXシーンを長めに用意し1回目と2回目で違う魅力を持たせるテーマに沿ったエッチ
淫語を多めに投げかけながら彼が喜ぶことを積極的にやる健気な責めっぷり。
サークルさんが以前からやられてる「事務的キャラの甘いエッチ」を独自の世界観で行います。

中でも2番目は会った直後と別れる直前にSEXするのでそれなりの違いが見られます。
通常だと処女喪失や初中出しが絡んでる1回目のほうが甘く感じるのですが
本作品の場合はむしろある程度仲良くなった後にする2回目にそれが強く表れてます。
当初の目的である精液と、異性を愛することの大切さを彼女たちが同時に受け取るからです。

キャラが崩れないように彼女たちは最後までクールなままでいます。
でも彼と過ごした1週間が大きな影響を与えたのは間違いありません。
そういう温かみを感じる要素があるおかげで普段よりも満たされた射精が迎えられます。
異世界でエッチする状況を上手く活かして良いお話にまとめてます。

エッチはパートごとの時間が比較的長く、すべてが複数人プレイなのでどれも濃いです。
淫語を意識して多く盛り込んだりちゅぱ音重視のパートを挟むなど細かな工夫も見られます。
彼女たちの属性を大事にしてるのでそこまで激しく責めるシーンはありません。
彼の心身に負担がかからないよう徐々に刺激を上げる方針で進めます。。

射精シーンは6回。
淫語とくちゅ音多め、ちゅぱ音と吐息それなり、喘ぎ声はありません。

おまけは「二人で左右から耳舐めさせていただきます」です。

CV:逢坂成美さん
総時間 2:21:59(本編…2:14:36 おまけ…7:23)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年4月14日まで10%OFFの1089円で販売されてます。
過去作も4月14日まで50%OFFの550円で販売されてます。



サークル「防鯖潤滑剤」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、お姫様らしい上品で穏やかな物腰の女の子が
夫になった男性と1日かけてたっぷり子作りに励みます。

高貴な女性なのに自分からはしたない姿を見せて彼を誘惑したり
5パート中3パートをSEXに割いて全部生ハメ&中出しするなど
彼女の性格や物語の背景を色濃く反映させた甘く抜きやすいエッチが楽しめます。
やや下品な淫語を多めに言うので淫語好きな人ほど興奮できるでしょう。
会えなくなる前にたっぷりSEX
妻のエルネスタ・ミルタと5種類のエッチをするお話。

「あなた様ー? 入りますねー♪ 失礼しまーす♪ 調子はいかがですか? ふふっ♪」
エルネスタは丁寧語で話すお淑やかな声の女の子。
主人公の部屋にやってきてすかさずキスすると
他国で開催される研究会に出席するためしばらく留守にすることを伝えます。

本作品は2020年9月に発売された
お姫様と結婚してオナホおまんこでイチャラブ子作りえっちが仕事になる生活♪」の続編。
ミルタ王国の王女として大事に育てられてきた彼女が
夫にあたる彼とおよそ120分に渡って子作りに励みます。

前作ではお互いのことをまったく知らずに結婚した2人が
エッチを通じて少しずつ仲良くなる様子を中心に描いてました。
それに対して今作はすっかり打ち解けた2人がひたすらエッチに励む様子に焦点を当ててます。
前作を聴いてたほうが楽しめるのは間違いないですけど
やることはほとんどエッチなので未視聴でも普通に聴けるし抜けると思います。

「もちろん、あなた様はいつも通り……わたくしのおまんこ、オナホ扱いしてもらって構いません♪」
最大の魅力は甘さとエロさ。
元一般市民で強い魔力を持つ彼を文字通り溺愛します。
王女なのに自分の体をオナホに例えてとことん尽くす姿勢を示し
エッチ開始後は色んな手段で責めながら愛の言葉を投げかけて幸福感を与えます。
そして逆に責められてる時は嬉しそうな表情を随所で見せて彼を喜ばせます。

2人は近年弱まってる王家の魔力を回復させるために結婚したのですが
心の相性も良いようで新婚夫婦らしいイチャラブ感の強いエッチを繰り広げます。
高貴な女性の体を汚す快感も適度にくすぐってきますし
女性に大事にされたり尽くされるシチュが好きな人ほど満足できます。

「はぁ……♪ たくましい勃起おちんぽ好き♪ 素敵なおちんぽハメハメされるの好き♪ おまんこ、ずーっと、トロハメおちんぽケースにされたいなって、思っちゃいます♪」
エロさについては淫語に強いサークルさんらしく淫語責めに力を入れてます。
おちんぽ、おちんぽミルクなどやや下品な単語を言うシーンが多く
それらをセリフの中に違和感なく潜り込ませて心も上手に盛り上げます。
最終パート以外の射精シーンで必ずぴゅっぴゅのセリフを言うのもその一環です。

そして子作りがテーマなのでSEXは毎回必ず生ハメ&中出しを決めます。
単調さが出ないようSEXとそれ以外のプレイを交互に組み合わせてました。
おちんちんを責めるペースは全体的に緩くして無理なく射精に導きます。
焦らし、寸止め、連続射精といったM向けの要素は一切なく属性はほぼノーマルです。
大好きな人と1日中子作り
エッチシーンは5パート84分間。
プレイはキス、SEX(正常位、騎乗位、対面座位)、太ももコキ、ハメ撮り、ハメ撮り鑑賞、パイズリです。
SEX、太ももコキ、パイズリ、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「えへへ♪ じゃあ……しましょっか♪ 子作りオナホえっち♪」
研究会に関することを主人公にわかりやすく話すと
エルネスタは2週間ほど離れ離れになる前に彼とたっぷりSEXすることを宣言します。

エッチはパートごとに責め手を切り替えながら進めます。
一番最初の「1.『えっちなお勉強の成果、ご覧ください♪』(約20分)」は事情を話した直後のお話。
正常位で繋がりながら彼女が淫語責めして興奮と射精を後押しします。

「わたくしの、おまんこオナホは……もう、一番奥まで、あなた様のおちんぽの形になっちゃったんですね……♪ えへへ♪ 嬉しいなぁ……♪」
彼女はお互いに独占し合う関係が好きなようで
おちんちんに大事なところをいっぱいにされて嬉しそうな表情を見せます。
そして彼の心をがっちり掴もうと王女らしからぬ淫語をガンガン言います。
彼女視点のセリフを多めにしてるのも一体感を出すための工夫なのでしょう。

声や態度は引き続き上品にして多少のギャップを持たせながら
彼を気遣ったり喜ばせる配慮が至るところでされてて愛されてるのを強く実感できます。
喘ぎ声も漏らしますけどこのパートに限って言えば淫語のほうが存在感は大きいです。
ドスケベで献身的な彼女の性格をわかりやすく表現してます。

続く4パート64分間はタイトルにもなってる子作りおまんこデーの様子。
「2.『太ももをオナホにしてください♪』(約15分)」は立位での太ももコキ
「3.『“ハメ撮り”というのはいかがでしょうか♪』(約14分)」はハメ撮りを絡めた騎乗位SEX
「4.『ハメ撮り、一緒に見てみませんか?』(約16分)」は録画した映像を見ながらするパイズリ
「5.『あなたの魔法、上手くなりすぎですよぉ……♪』(約19分)」は対面座位SEXで1回ずつ射精します。

「全身、わたくしに包まれて……ぬくぬくぴゅっぴゅ、して欲しいです♪ おちんぽ、ぎゅっ、ぎゅっ、ぎゅ~~~っ♪」
彼女としては彼にしばらく会えないのが余程寂しいのでしょう。
太ももコキパートでは立ったまま抱き合う体勢になり、ベロチューを挟みながらおちんちんを気持ちよくします。
「じゅぽん」という弾力のある水音もむっちりした太ももの質感に合ってました。

射精後は股を開いて精液まみれになった内ももを見せつけるなど
彼に汚されたことをわかりやすく伝えて征服欲をくすぐります。
挿し絵で太ももを強調してるのはこのプレイをイメージしやすくするためかもしれませんね。

3~4番目のパートはハメ撮りを交えて個性を出します。
3番目は結合部や彼女の痴態を録画しやすくするために騎乗位を採用してます。
これは離れ離れになってる間のオカズを作成するのと同時に
王女がこういうはしたないプレイに挑戦するギャップも狙ってるのだと思います。

「えへへ……♪ ちょっと、恥ずかしいですけど……わたくしが、えっちなおまんこしてるところ……♪ じーっと見て、おちんぽのオカズにして……ザーメンミルク、たくさんぴゅっぴゅしてくださいね……♪」
ちょっぴり恥ずかしそうな表情で腰を打ちつける彼女の姿も印象的でした。
彼女は別にMじゃないし変態性癖も持ってませんけど、好きな人のためならそうなれる大胆な性格をしてます。
甘さとエロさが売りの本作品らしいプレイと言えるでしょう。
SEX自体は割と普通なのでシチュや彼女の反応といった他の部分が良い抜きポイントになってます。

最も抜き応えがあるのは最後の対面座位SEX。
夕食やお風呂を済ませて体力が回復したところで再び子作りに励みます。

「溺れるくらい……っ♪ ドロドロ精子さん、浴びたいって……言ってるの……っ♪ 絶対妊娠したいって……っ♪ あなた様の赤ちゃん作りたいって、言ってるぅ……っ♪」
ここは事前に彼が彼女の子宮を発情させる魔法をかけるため
普段よりも興奮した様子でストレートなおねだりを何度もします。
淫語の量が多く、吐息が熱っぽく、乱れっぷりも艶めかしくて余裕のない彼女を拝めます。
そして彼女が快楽で壊れないようピストンをゆっくりめに調整するところに彼の優しさを感じました。
子作りするために結婚した2人が心もしっかり繋がってるのがわかります。

このように、お互いがお互いを思いやりながらイチャイチャする純愛系のエッチが繰り広げられてます。
実用性重視の甘い作品
2人の仲の良さを表現しながら18禁作品としての使い勝手にも配慮してる質の高い作品です。

エルネスタは主人公とこれからしばらく会えなくなる寂しさを少しでも埋めようと
出発の前日を子作りおまんこデーに定めて朝から晩までエッチします。
そしてやや下品な淫語、尽くす姿勢、彼女を汚す快感といった
前作で好評だった要素に新しい要素を加えてより充実したプレイに仕上げます。

普段は上品だけど好きな人の前なら下品になれる女の子と1日中エッチするノーマル向けのシチュ
テーマの子作りが引き立つようにSEXパートを多く用意し
その間に太ももコキやパイズリを挟んで単調になるのを防ぐバランスの良いエッチ
彼のことを第一に考えてリードしたり乱れる彼女の一途で優しいキャラ。
新婚夫婦特有の一体感や幸福感を味わいながら抜けるように作品を組み立ててます。

中でも2番目は全編を通じて淫語責めが充実してることや
彼女が自分から汚されて喜ぶややS向けの要素のおかげで気持ちを盛り上げやすいです。
子作りSEXする時点で生ハメ&中出しはほぼ確定してますから
こういう作品固有の要素が充実してるほうが使い勝手も良くなります。

どのパートもこちらをすごく持ち上げてくるので
精神的に満たされた状態で抜けるでしょう。
彼女が魅力的な女性に描かれてるからこそ、中出しした時の快感も強く得られます。

射精シーンは5回。
淫語とくちゅ音多め、ちゅぱ音と喘ぎ声それなりです。

おまけは「ずーっと耳舐めしますね♪」です。

CV:こやまはるさん
総時間 2:05:56(本編…1:56:32 おまけ…9:24)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年3月11日まで10%OFFの990円で販売されてます。
前作も3月11日まで30%OFFの770円で販売されてます。



サークル「インゴヒゴ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、週1回の射精が義務となってる国を舞台に
クールな射精担当官がそれに違反した男性を丁寧に責めて気持ちよくします。

終始落ち着いた声と態度でやや下品な淫語をガンガン言ったり
中盤では彼のリクエストに応えてパイズリやフェラをするなど
事務的感を出しながら存分にサービスする変わったエッチをしてくれます。
焦らし、寸止め、連続射精といったM向けの要素はないのでノーマルな人でも問題なく楽しめるでしょう。
厳しくも優しいお姉さんと
射精担当官と5種類のエッチをするお話。

「おはようございます。部屋にいらっしゃいますでしょう。ここを開けてください」
射精担当官は丁寧語で話すクールな声のお姉さん。
ある日の朝、主人公の家にやって来て射精義務違反をした理由を尋ねると
これからしばらく自分が性欲処理の手伝いをすると告げます。

本作品は20~60歳の男性は特別な事情がない限り全員射精する法律がある世界で
警視庁の射精管理部に所属する彼女が彼をおよそ100分に渡ってエッチに指導します。
彼は仕事が忙し過ぎるせいで射精する時間や気力が湧かず、その結果3回目の違反をしてしまいました。
そこで彼女が彼の家へ出向き5日間に渡って射精のお手伝いをすることになります。

「わかりました。では、後ほど社名をご連絡ください。自慰行為すらできないほどの激務を課したあなたの会社は、明確な射精妨害となります。後ほど、監査が入ることでしょう」
彼女は仕事で今回のエッチをするので基本的には事務的に接します。
しかし違反した理由を聞いて会社にペナルティを与えることを決めたり
エッチ開始後はできるだけ彼の希望に沿ったプレイをするなど
厳しさと優しさを兼ね備えた面白い女性に描かれてます。

射精義務を怠った者への罰則だから多少はきつくするのだろうと思いきや
M向けの要素はほとんどなく終始彼に尽くす姿勢を取ります。
射精回数はどのパートも1回だけですし、激しく責めるのも射精直前くらいです。
最終パートでは中出しSEXもするなど彼を射精したいと思わせるようにリードします。

エッチについては淫語を多く言うのが大きな特徴です。
これは彼が淫語を聞くほど興奮するからで
「おちんぽ」「おまんこ」といった単語をセリフの中に上手く紛れ込ませて積極的に言います。

「ダマになって指で掴めるくらい濃厚なドロドロおちんぽミルク、私のおててオナホに流し込んでください。指と指の間まで、ヌキヌキミルクで真っ白に汚してください」
同じ淫語を繰り返すことはほとんどなく、上のように複数組み合わせる言葉責めをしてました。
クールな声でこれらを言うのもギャップがあって股間に響きます。
インゴヒゴさんは名前の通り淫語に力を入れてるサークルさんです。
エッチに個性を与えるだけでなく、事務的キャラによるエロさの低下を防ぐ役割も果たします。

厳しさと優しさを兼ね備えた女性が淫語を多めに言いながら丁寧にお世話する。
事務的から連想される冷たさやハードさを大きく軽減したほぼノーマル向けの作品です。
心と体を元気にするエッチ
エッチシーンは5パート79分間。
プレイは淫語責め、手コキ、玉揉み、耳舐め、パイズリ、フェラ、キス、SEX(騎乗位)、乳揉みです。
手コキ、パイズリ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「おちんぽ、しこ、しこ」
主人公の射精義務違反は会社側に大きな責任があると判断した射精担当官は
服を脱いでもらってからおちんちんをゆっくりしごき始めます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の2パート32分間は仕事で疲れた彼を元気にすることを目指したプレイ。
5日間の休職を取らせてエッチに専念できるようにしてから
「1.『淫語がお好きなのですね』(約16分)」は淫語責めを交えた手コキ
「2.『耳を舐めるのが気持ちいいのですね』(約16分)」は耳舐め手コキで1回ずつ射精させます。

「いえ。恥ずかしがらないでください。したいことを素直に言ってもらえて、私としても助かります。射精担当官はあらゆる研修を受けていますし、様々なプレイに適応できるようなマニュアルも存在します」
彼女は彼の話を聞いて悪意がないと判断したようです。
だから引き続きクールな声で優しい言葉をかけながらおちんちんを無理なく責めます。
淫語が好きと教えてもらえばお礼を言ってからガンガン投げかけ
射精シーンでもぴゅっぴゅのセリフを多めに言って上手に後押しします。

彼もエッチに協力する姿勢を取るので雰囲気は終始穏やかでした。
手コキのペースが緩めなのは仕事で疲れた彼を気遣ってる証拠です。
恋愛感情や愛情は確かにありませんけど、彼女なりに優しさを込めてお世話します。

「昨日と同じ手コキをしても、あまり意味はありません。刺激に慣れると、やはりどうしても飽きてしまいますから。あなたも、オナニーするときは、日によって別のオカズを見たりするでしょう」
2番目の耳舐め手コキは口を使うので淫語の量は減ってますが
左右の耳を同じくらいの時間舐め続けて別の刺激を与えます。
同じプレイをできるだけしないように考えてるのがプロらしいなと。
耳舐めも最初は外側をちゅぱちゅぱしてたのが、しばらく経つと吸い多めに変わります。

中盤の2パート29分間はご褒美色の強いプレイ。
「3.『おっぱいを使って欲しいのですか?』(約15分)」はパイズリ
「4.『お口まんこがいいのですね』(約14分)」はフェラで気持ちよくします。

「おっぱい手錠で、おちんぽを逮捕しているみたいですね。いかがでしょうか。私のパイズリ……おっぱいオナホは」
十分な休息と無理のないエッチで彼も射精の魅力を再確認できたのでしょう。
罰則期間中にオナニーしたらご褒美がもらえることを知ると
彼女が家に来る前にそれをこなして好きなプレイをリクエストします。
そして彼女も警察官っぽいことを言いながら弾力のある水音をリズミカルに鳴らします。

顔には出しませんけど彼女も内心喜んでるんじゃないでしょうか。
彼のやる気が出たことをプレイに反映させて事務的感をさらに薄めてます。
射精の直後におっぱいを開いて中を見せてくれますし
引き続き彼が望むことをやってその気持ちに応えようとします。

最大の抜き場は最後の「5.『最終日はおまんこえっちです』(約18分)」。
4日間のエッチを無事こなせた彼に生ハメ&中出しSEXをプレゼントします。

「このベロチューは、あなたに興奮していただくための、儀礼的なものです。子作りえっちをする場合、ムード作りは必要不可欠ですから」
子作りの予行演習にあたるためこれまで一度もやらなかったキスを解禁し
騎乗位で腰をゆっくり打ちつけながら熱っぽい吐息を漏らして幸せな射精へ追い込みます。
キャラを崩さないためでしょうけど喘ぎ声はほとんど漏らしませんでした。
でも彼女の反応を見ればそれなりに気持ちよくなってることがわかります。

このパートだけを見れば通常よりも控えめなSEXをしてると言えます。
でも前の4パートの後に聴くと幸福感や充足感を伴う射精が迎えられます。
彼女の人柄を描きながらエッチするからそう感じるのでしょう。
エッチメインの作品ですがキャラの魅力もきちんと引き出してて素晴らしいです。

このように、ポジティブなやり方で彼を更生させる至れり尽くせりなエッチが繰り広げられてます。
穏やかな事務的作品
事務的なところとそうでないところを組み合わせてる独特な作品です。

射精担当官は週1回の射精を3度怠った主人公に射精の素晴らしさを教えようと
まずは淫語や耳舐めを交えた手コキでゆっくり責めながら疲れとストレスを取り除きます。
そして中盤以降は彼が望むプレイをしたり、生ハメ&中出しSEXでさらにやる気を出させます。

声は事務的だけど性格は結構優しいお姉さんと5日間のエッチをするノーマル向けのシチュ
淫語や男心をくすぐる要素を多く盛り込み、さらに負担がかからないよう抑えて責める手厚いエッチ
彼と一定の距離を取りながら褒めたり全肯定する彼女のキャラ。
「義務違反への罰則」から連想されるマイナス面を上手に打ち消してエッチを組み立ててます。

中でも2番目は焦らし、寸止め、連続射精といったM向けの要素を完全に取り除き
1日1回の射精に向けてじっくり責める彼の気持ちを汲み取った責め方をします。
そしてお願いをきいてくれたり追加で射精したら飴を与えて心も前向きにします。
心のケアをしながらエッチするので、事務的キャラが相手でも冷たさはほとんど感じません。
終盤のSEXは踏み込んだことをしてくれてむしろ面倒見のいい女性に映りました。

エッチはパートごとの時間がそれほど長くないことを考慮し
どれもメインのプレイをほぼひとつに絞り込んで被らないようにしてます。
口を使って責めない時は淫語多め、使う時はちゅぱ音多めとメリハリをつけてました。
定番のプレイを網羅してるので誰にでも刺さる構成と言えます。

射精シーンは5回。
淫語多め、くちゅ音とちゅぱ音それなり、喘ぎ声はありません。

おまけは「射精担当官の淫語連呼音声」です。

CV:結姫うさぎさん
総時間 1:49:35(本編…1:43:08 おまけ…6:27)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年1月26日まで30%OFFの770円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。



サークル「インゴヒゴ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声や態度はクールだけど性格はとても献身的なシスターが
「疑似恋人」をテーマにしたエッチで男性にかかった呪いを浄化します。

一番最初に中出しSEXして彼の心をがっちり掴んだり
やや下品な淫語を交えた言葉責めやベロチューをするなど
テーマに沿ったやり方で彼をとことんもてなす甘いエッチが楽しめます。
淫魔の呪いを解く鍵は絆
シスターのアレットと5種類のエッチをするお話。

「目を覚ましましたか。ああ。落ち着いてください。ここは教会。安全な場所です」
アレットはクールで上品な声のお姉さん。
教会で目を覚ました主人公に今の状況を教えると
先ほどまで彼が見ていた夢の内容を尋ねます。

本作品は何らかの理由でサキュバスから洗脳の呪いを受けてしまった彼が
彼女の助けを借りて治療する様子をおよそ125分に渡ってお届けします。
この教会では「聖処理」と呼ばれるエッチでそれを行ってるらしく
最初から最後まで彼女と色んなプレイを楽しみながら心身両面をスッキリさせます。

ちなみに「クールなシスターの事務的“聖処理”生活【バイノーラル】」という過去作の続編にあたりますが
(↑DLsiteへのリンクです。レビューはまだありません)
私はそれを聴いてないので詳細はわかりません。
基本的にはエッチするだけですから2人が既に肉体関係を結んでることさえ知ってれば大丈夫です。

「しばらく、私と……疑似的な恋人になっていただきます」
今回するエッチのテーマは「疑似恋人」
彼が呪いを受けるのは2回目にあたるため、通常の聖処理では効果が薄いと判断し
体だけでなく心も深く繋がる方針で進めます。
ベロチューを多めにする、愛の言葉を囁く、SEXで生ハメ&中出しをするなど甘さを感じる要素が多いです。

タイトルを見ればわかるように彼女自身はクールで事務的です。
話し方が淡々としてるし、感情の起伏が乏しく、エッチの反応も控えめです。
でもそれは元々そういう性格をしてるだけで彼を嫌ってるわけじゃありません。
シスターとしての責務を果たそうと文字通り自分のすべてを捧げます。

「私の聖処理おまんこをご自由に使っていただいて…… あなたのガチガチおちんぽ、ハメヌキぴゅっぴゅ、してください」
そしてこれらをするにあたって彼女はやや下品な淫語を交えた言葉責めやおねだりをよくします。
インゴヒゴさんと言えば淫語が売りのサークルさんですから
ここをしっかり押さえたうえでテーマに沿ったプレイをします。
M向けのものはほとんどなく、純粋な興奮や女性に対する征服欲をくすぐるものが中心です。

ギャップを意識したエッチをしますから序盤と終盤で彼女に対する印象が随分変わるでしょう。
性格があっさりしてるからこそ、それをカバーする工夫が色々されてて結構エロいです。
心の距離を少しずつ縮めるエッチ
エッチシーンは5パート90分間。
プレイはキス、SEX(正常位、対面座位)、パイズリ、耳舐め、手コキです。
SEX、パイズリ、手コキの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「東洋には、おちんぽを気持ちよくする道具……“オナホール”、というものがあるそうですね。私のおまんこを、そのオナホールだと思って、使ってください」
会話の後に挿し絵のような際どい衣装に着替えて主人公を元気にしたアレットは
自分の体をモノ扱いする無責任SEXで彼の心を一気に引き寄せます。

エッチは彼女がリードしつつほぼ対等な立場で愛し合います。
最初の2パート35分間は本作品の特徴や彼女の性格がわかりやすいシーン。
「1.『私の聖処理おまんこを使ってください』(約20分)」は正常位SEX
「2.『おっぱいをもちもちパイズリオナホにしてください』(約15分)」は縦パイズリで1回ずつ射精させます。

「あなたの、おちんぽミルク。私のおまんこオナホの奥に、欲しいです。オナニーミルク、びゅるびゅる種付けして欲しいです」
そして彼女は早速彼に尽くす姿勢を見せます。
前作では最後にやったSEXを敢えて一番最初に行い
自分からへりくだってシスターをおちんちんや精液で汚す快感を与えます。
SEXもきっちりやりますが淫語を交えた言葉責めが充実してます。

本作品のエッチは2人が恋人同士になるのが最終目標ですから
シスターと信者ではなく一組の男女として接することを心がけてます。
喘ぎ声はほとんど漏らしませんけど挿入後は熱っぽい吐息で気持ちいいことをアピールします。
初っ端からこういうプレイをするところに彼女の本気が窺えました。

「はい、ぴゅーっ、ぴゅーっ、ぴゅーっ、ぴゅーーっ……どぴゅ、どぴゅ、どぴゅ、どぴゅ、どぴゅーーっ」
射精時にぴゅっぴゅのセリフを多く言ってくれるのも良いですね。
彼女に最も恥ずかしい瞬間を見られる幸福感と気恥ずかしさが味わえます。
最終パートを除く4パートに登場するので好きな人ほど興奮できるでしょう。
淫語責めも含めてこの2パートはセリフの扱いに気を配ってます。

2番目のパイズリパートはおちんちんを横から挟み込む通常のパイズリではなく
立ったままおっぱいへ垂直に挿入して腰を動かすSEXっぽいパイズリを採用してます。
「ぎゅぷっ」という粘っこい水音がリズミカルに鳴り響き
ある程度経つと彼女もおっぱいを動かし始めて複雑な効果音へ変わります。
射精後はおっぱいを開いて中を見せてくれるシーンがあるのも良いです。

続く2パート35分間は純粋なエロさがさらに上がります。
「3.『浴槽の中で密着して、耳をペロペロします』(約19分)」はお風呂場での耳舐め手コキ
「4.『更に絆を深められるベロチュー手コキです』(約16分)」はベロチュー手コキと
複数の性感帯を同時に責めながらエッチな音を重ねて鳴らします。

「私の裸、綺麗、ですか? ありがとうございます。あなたにそう言ってもらえるのは、悪くない気分です」
物語の中盤ということで2人のイチャラブ感もより増してきます。
お風呂で裸を見られたら控えめな表現でお礼を言ったり
彼がより興奮できるように空気交じりの下品な音を鳴らして耳舐めするなど
お互いがお互いを思いやってこの時間を楽しもうとする空気ができてます。

そしてお話が進むにつれて彼女の態度にも微妙な変化が表れます。
一気にデレたりはしないので気づきにくいかもしれませんが
彼女なりに彼と仲良くなろうと頑張ってるのがきちんと伝わってきます。

もちろんエッチも深いプレイが中心となります。
口を使って責めるので序盤よりも淫語責めが減る代わりに
耳舐めは耳の内側を舌で舐める音、ベロチューは強めに吸い上げる感じのちゅぱ音をガンガン鳴らします。
手コキも両パートで違う音が使われてますし、似たプレイを音や演技で別のものに仕上げてます。

最後の「5.『聖処理の仕上げは“イチャラブ恋人おまんこ”です』(約20分)」は最も甘いパート。
治療の総仕上げとして今度は対面座位で生ハメ&中出しSEXをします。

「……好きです。好き。好き。好き。好き。あなたのことが大好きです」
このへんまで来ると彼女にも色んな変化が表れます。
正常位の時はほとんど漏らさなかった喘ぎ声が普通に出てきますし
「好き」などの愛の言葉を言いながらベロチューして心も深く繋がります。

彼女の態度やセリフが変わるおかげで同じSEXでも印象が随分違いました。
シスターのお仕事だから仕方なく相手するのではなく
彼と本物の恋人になろうとする気持ちが込められてます。
幸福感に浸りながら射精できたからでしょうけど、事後の余韻も長めに味わえました。

このように、性欲処理ではなく愛情表現の手段としてする甘くて濃いエッチが繰り広げられてます。
変わった純愛作品
サキュバスの呪いを解くために男女が強く愛し合うノーマル~ややS向けの作品です。

アレットは不思議な呪いにかかった主人公をそこから解放しようと
クールな声と態度で接しながらシスターらしい献身的なエッチをします。
そしてベロチューしたり愛の言葉を投げかけて恋人にできるだけ近い関係になろうとします。

見た目はクールだけど性格はとても温かいシスターが男性をエッチな手段で治療するシチュ
淫語責め、エッチなおねだり、同時責めを中心に据えた実用性の高いエッチ
恋人らしさを感じる甘い要素を随所に配置し、さらに彼女の態度も徐々に柔らかくする演出。
彼女の特徴と作品のテーマを上手く組み合わせて愛情深い作品に仕上げてます。

中でも3番目は聖処理の目的にもあたる部分なので一際力を入れてます。
一般的なイチャラブ作品のように目に見えてわかるものではなく
彼女のセリフや仕草といった細かなところからにじみ出てくるように表現します。
最後の「6.エピローグ」でも普段とは少し違う彼女が見られて魅力的でした。
彼女が彼を一方的にお世話してるように見えて、実は彼女も彼から色んな影響を受けてます。

エッチは序盤、中盤、終盤で主要な責め方に違いが見られます。
一番抜きやすいのは5番目のSEXでしょうけど
それ以外のパートもオナニーのオカズとして使える十分な品質を持ってます。
淫語が好きな人は1~2、ちゅぱ音好きなら3~4が気に入るでしょう。

射精シーンは5回。
淫語とくちゅ音多め、ちゅぱ音それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

おまけは「ず~っと耳舐めをします」です。

CV:涼花みなせさん
総時間 2:16:22(本編…2:06:12 おまけ…10:10)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年10月26日まで10%OFFの990円で販売されてます。
前作も10月20日まで30%OFFの770円で販売されてます。

ほろ酔いメイド凪彩の淫語ささやき&耳舐め焦らし手コキ

サークル「DL製作班」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、ご主人様に友達っぽく接するラフなメイドが
ほろ酔い状態でちょっぴり意地悪なご奉仕をします。

焦らしながら淫語責めと耳舐め手コキを同時にするのが特徴で
前者は「おちんちん」「おまんこ」など特定の単語を囁き声で連呼し
後者は後になるほどペースを上げながら射精を禁止してもどかしい気分にさせます。
ほろ酔いメイドの静かなご奉仕
メイドの「凪彩(なぎさ)」が耳舐め手コキするお話。

「んんー なぁに? 文さん?」
凪彩はのんびり話す可愛い声の女の子。
ある日の夜、メイドたちの飲み会で泥酔し一人かくれんぼを始めると
その途中で寝てしまった自分を保護してくれた主人公に感謝します。

本作品は普通のメイドよりもご主人様に砕けた態度で接する彼女が
30分程度の時間を使って就寝前に淫語責めを交えた耳舐め手コキでご奉仕します。
この屋敷にはメイドがSEXの相手を交代で務める「おまんこ当番」という制度があるのですが
彼女は飲み会に参加した結果それをうっかり忘れてしまったそうです。

「あ、そうだ ねぇねぇ お姫様抱っこしてよ? お姫様抱っこで お部屋に連れてって?」
飲んで寝た直後ということで彼にお姫様抱っこを要求したり
エッチの途中でわざと焦らして彼の反応を楽しむなど
良い意味でメイドらしくない自由奔放な振る舞いを見せてくれます。
でも彼に対する好意や献身欲は強く、言葉と行動の両方でそれを伝えようともします。

エッチはプレイ時間が短めなことを踏まえて同時責めを主軸に置いてます。
手コキは「じりゅっ」というやや筋っぽい音を後になるほどハイペースで鳴らし
それと並行して左右の耳を個別に舐めたり囁き声による淫語責めを繰り出します。

「おちんちん シコシコ おちんちん シコシコ」
聴いた限りでは全体を10とした場合、耳舐めと淫語責めの割合は4:6くらいでした。
「おちんちん」「おまんこ」といったお馴染みの淫語を連呼し
その合間に手コキよりもソフトなちゅぱ音を鳴らす感じです。
寝る前のエッチなので通常よりもやや抑えた描写にし、それによるエロさの低下を同時責めで補ってます。

「焦らし手コキ」となってますがそこまで過度な意地悪はしません。
手コキを続けながら「まだ出しちゃダメ」と優しく諭す程度です。
寸止めも一切やりませんし属性はノーマル~ややMあたりかなと。
抜き要素の密度にこだわったエッチ
エッチシーンは29分間。
プレイは手コキ、耳舐め、淫語責め、お掃除フェラ(超短時間)です。
手コキ、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「そんなに凪彩とおまんこしたいんだー その前に一発抜いとく? 手でしてあげよっか」
主人公にベッドへ連れて行ってもらった凪彩は
彼がSEXしたがってるのを察し、その前にひとまず手で一回抜いてあげます。

エッチはメイドの彼女が責め続けます。
前半の13分間は比較的ソフトなプレイ。
おちんちんを取り出したらすぐさま手コキを始め、それと同時に「おちんぽ」を連呼して心も盛り上げます。
そして少し経つと左耳を舐めて別のエロ要素を提供します。

「ご主人様の感じてる顔 可愛いねー」
責めのペースが緩いためエロさは控えめなものの
彼のために頑張ってご奉仕する姿や淫語責めの合間に入るセリフが甘く
彼女がこの時間を楽しんでるのが自然と伝わってきます。
バイノーラル録音も相まって彼女がすぐ近くにいる感覚がしました。

後になるほど淫語責めが下品になるのもポイント。
おちんちん→ちんちん→おちんぽ→チンポ、といった具合に
エッチの進行度に合わせて言葉を変えて興奮しやすくしています。
最初から最後まで同じ表現だとどうしても単調になりますから
それを避ける意味でも有効な手段だと思います。

意地悪さが出始めるのはその後から。
これまでよりも手コキのペースを上げたうえで射精したそうな彼にそれを禁じます。

「ぴゅっぴゅさせて あ・げ・ないっ うふふっ」
彼女はメイドですからもちろん彼をいじめる気はありません。
囁き声で微笑混じりに柔らかく言って我慢しやすくしています。
そして最後の射精シーンではカウントの後に
ぴゅっぴゅのセリフと効果音を同時にぶつけて気持ちよく射精できるように応援します。

意地悪さと優しさのバランスに気を配ってるところが印象的でした。
両方が同じくらいの存在感を持ってるおかげで丁度良いあたりに収まってます。
淫語、ちゅぱ音、手コキ音が同時に鳴る時間も長めで1回抜けるエロさを十分持ってます。

このように、タイトルに入ってる各要素をバランスよく配置した穏やかなエッチが繰り広げられてます。
流れのある作品
サークルさんの世界観に当てはめてシンプルなエッチをする作品です。

凪彩はおまんこ当番でありながらそれを忘れて酔っ払ったことへのお詫びに
彼のおちんちんと耳を同時に責めながら淫語をガンガン言って興奮させます。
そしてある程度経つとわざと射精を禁止して性感をさらに溜めます。

友達感覚で接してくるメイドがご主人様に軽めのご奉仕をする甘いシチュ
プレイ自体は淫語責め+耳舐め手コキで絞り込み、シーンによって責め方を変化させる丁寧な作り
前半はひたすら優しくしてたのが後半に入ると若干意地悪さを見せる焦らし展開。
作品が持ってる特徴をストレートに組み合わせてひとつのサービスを作り上げてます。

中でも2番目の要素はできることが限られてるからこそ有効に働いてます。
耳舐めは最初から最後までほぼ同じちゅぱ音を維持し
手コキはよりハードに、淫語はより下品に変化させて抜ける環境を整えます。
たぶんここで耳舐めまでこだわってたらごちゃごちゃしたエッチになってたでしょうね。
掘り下げるべきところとそうでないところをしっかり見極めてるのが素晴らしいです。

射精シーンは1回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

CV:一之瀬りとさん
総時間 39:50

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2020年3月31日まで20%OFFの440円で販売されてます。
(福袋キャンペーン対象作品 詳細は以下のページをご覧ください)
http://doonroom.blog.jp/archives/82493129.html

↑このページのトップヘ