同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:淫語

   ● 恋人催眠 オナックス feat. 五十嵐ナナコ
   ● ツンツン×淫語×おま○こメイド
   ● 体を張ってエロゲ作り! ~入会テスト編~
   ● ドスケベクールなにわかコスプレイヤーの媚びっ媚び甘エッチ!
   ● 椎菜といっぱい夏休み♪~甘くてトロトロな、種付けえっち~立体音声付き
   ● JK椎菜とえっちな勉強しませんか♪【バイノーラル録音】
   ● あなたの性癖に柔軟に対応してくれる淫語アンドロイド
   ● あなたを抱きしめて耳元で全肯定してくれるお姉ちゃん【バイノーラル】
   ● 欲求不満な小悪魔シスターと甘ラブスイート懺悔エッチ【耳舐め】【淫語責め】
   ● 射精応援~いっしょにお射精、頑張ろうね♪~【バイノーラル】


恋人催眠 オナックス feat. 五十嵐ナナコ

サークル「メルティービーンズ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、主人公のことを溺愛してる彼女が
催眠を交えた濃厚なエッチでより深い関係になろうとします。

淫乱・ちゅぱ音・喘ぎ声といったエロ要素をふんだんに盛り込んでるのが特徴で
最初は上半身、次は下半身とパートごとに責める対象やプレイを切り替えながら
これらの声や音を個別あるいは同時に漏らして興奮と射精感を少しずつ確実に膨らませます。

サークルさんは催眠音声とおっしゃられてますが
実際に聴いてみたところ催眠の要素が極めて薄いため同人音声側で紹介します。
大好きな彼氏をもっと好きにさせる方法
彼女に催眠をかけられ3種類のエッチをするお話。

「ふっふふっふふー え? 何の本読んでるかって?」
彼女は明るくて澄んだ声の女の子。
テレビで観て興味を持った催眠術の本を主人公に見せると
その効果や使えるようになったら何がしたいかを話します。

本作品は既に十分心が通じ合ってる男女がより深く愛し合う様子を描いた抜きボイス。
およそ90分を大きく3つに分けて乳首、耳、おちんちんといった性感帯をじっくり責めます。
テーマに合わせて彼女が催眠をかけるシーンも一応あるにはあるのですが
聴き手を本気で催眠状態に誘導するのは難しいと見ています。

エッチも催眠とほぼ関係のない内容なので
深い催眠に入って気持ちよくなるよりもオナニーのオカズに使ったほうがずっと役立ちます。
どのパートも淫語やちゅぱ音といった抜き要素が充実してますから
同人音声として聴くぶんには一定以上の品質を持ってると言えます。

諸注意の後に始まる催眠導入パートはおよそ9分間。
仰向けになって目を瞑り、彼女の話を聞きながら脱力や深呼吸をします。
ちなみにこのパートだけ彼女の声が低くぼんやりしたものに変わります。

「肩の力を抜いて 腕の力を抜いて 両足の力も抜いて あなたの体全体から力が抜けて まるで沈んでいくような気持ちになります」
これらは催眠音声で定番中の定番と言えるほどよく見かける要素ですが
本作品では実行する際の暗示が極端に少なく、セリフの表現方法も指示的なものを多用してます。
催眠は無意識に働きかける行為ですから当然それに合ったアプローチをするのが望ましいです。
しかし彼女は無意識よりも意識が受け取りやすいように語りかけてます。

リラックスさせた後に深化させるシーンが特に見当たらないのも残念です。
「催眠を施すにあたって基本的な部分が欠如してるから催眠音声じゃない」というのが私の意見です。
2人で一緒に気持ちよくなるエッチ
エッチシーンは3パート67分間。
プレイはハグ、耳舐め、相互オナニー、キス、乳首舐め、手コキ、フェラ、玉舐め、SEX(騎乗位?、後背位)です。
SEXの際に効果音が鳴ります。

「好き いいよ 何度でも言ってあげる 好き 好き 好き 好き」
コンパクトな催眠で主人公を気持ちいい世界に案内した彼女は
ベッドに添い寝し愛の言葉を何度も投げかけてもっと幸せにします。

エッチは彼女がリードしつつほぼ対等な立場で愛し合います。
一番最初の「上半身を気持ちよく」は心身の感度を高めることを見据えたパート(約21分)。
ハグから入って耳舐め、乳首の相互オナニー、キスと上半身に的を絞ってお互いを刺激します。

「胸を 乳房を 乳輪をいやらしく いやらしく 揉んで いじって そうよ 揉んで いじって」
エッチが始まっても彼女は終始あまあま。
今までよりも声の位置を近づけて耳元へちゅぱ音を鳴らしたり
相互オナニーの際はいじり方を軽くレクチャーするなど聴き手が気分よく聴けるようにサポートします。
基本的には自由にやらせて時々コツを教える感じだから押し付けがましさはありません。

2013年の作品ということでバイノーラルではないものの、ちゅぱ音はどれもリアルでエロいです。
オナニーが始まると喘ぎ声が加わりますし、実用性を強く意識した作りになってます。

続く2パートはおちんちんへの責めが中心。
「下半身を気持ちよく」パートはオナニーとフェラ(約31分)
「セックス……して」パートは2種類のSEXで1回ずつの絶頂を目指します(約15分)。

「ほら あなたのその熱くて硬いおちんちんを握って しっかり握って 私と一緒に上下に動かすの」
オナニーは彼女も手を添えてしごく手コキ形式になってるのがいいですね。
恋人同士が深く愛し合う本作品のコンセプトにマッチしてます。
この2パートは喘ぎ声のボリュームが一気に増え、一緒にキスや耳舐めもするおかげでエッチな声や音の密度も高いです。
フェラも竿、金玉、亀頭でちゅぱ音の質感が切り替わるリアル志向のプレイに仕上がってます。

「ちんぽっ すごいぃ 私の奥をすごい突いてる」
SEXは前半がおそらく騎乗位、後半はバックにしてエッチな音の組み合わせを変えてあります。
例えばぐちゃぐちゃと絞り上げるような水音を鳴らす騎乗位に対し
バックはパンパンと肉のぶつかり合う音をリズミカルに鳴らす、といった感じです。

催眠音声のように暗示を入れて感度を上げたりイかせるシーンはありません。
カウントや絶頂指示もないので同人音声とほぼ同じ作りです。
ちゅぱ音や喘ぎ声を漏らしてる最中はセリフをほとんど挟まずひたすら乱れます。

このように、女性が生み出す音を中心に据えた濃厚なエッチが繰り広げられてます。
催眠がテーマの抜きボイス
催眠音声ではなく催眠を扱ったボイスドラマです。

彼女は大好きな主人公とより深い関係になろうと
本で学んだ催眠を使ってまずは心を自分色に染め、それからエッチを通じて体のほうもとろけさせます。
そしてエッチの最中は淫語を連呼したりちゅぱ音や喘ぎ声を固めて鳴らして男心をくすぐります。

一途で健気な彼女が一生懸命ご奉仕する甘いシチュ、18禁音声としての実用性を追求したエッチ。
2人の関係を考慮した温かくて激しいサービスが味わえます。

「大きいおちんちんは好きだけど 小さいおちんちんも好き」
彼女は彼に関することなら何でも好きと言えるくらいべた惚れしてます。
だから彼にも同じくらい自分を愛してほしかったのでしょう。
女性上位だけど協力して気持ちよく流れなのでM性はまったくありません。
至るところでサービスしてくれたりと尽くす姿勢を貫きます。

催眠に関してはこれまで話してきた通り完全なおまけです。
残念ながら時間、内容いずれも聴き手を催眠状態に誘導する最低限度の水準に達してません。
深呼吸や脱力をするので意識が多少ぼやける人もいるでしょうが
それは単なる生理現象であって催眠の効果とは違います。

絶頂シーンは2回。
淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声多め、くちゅ音そこそこです。

催眠に過度な期待をしなければそれなりに楽しめる作品です。
おまけは「即抜きボイスで気持ちよく」です。

CV:五十嵐ナナコさん
総時間 1:48:05(本編…1:31:29 おまけ…16:36)

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

ツンツン×淫語×おま○こメイド

サークル「防鯖潤滑剤」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、態度はツンツンしてるけど内面はとっても健気なメイドが
ご主人様にあたる男性に色んなご奉仕をして満足させます。

彼女のキャラとサークルさんの特徴を組み合わせた実用性重視のエッチが行われており
やや強気な口調で嫌がりながらも彼のリクエスト通りに責める姿や
「おちんぽ」「おまんこ」といった淫語をガンガン言うスタイルで射精を上手に応援します。
ツンツンメイドのデレデレなご奉仕
メイドが5種類のプレイでご主人様の性欲を解消するお話。

「おはよう、ご主人様。……何よ? 今日のご主人様のお世話メイドは私なの。文句ある?」
メイドはお淑やかでやや気の強そうな声の女の子。
ご主人様に朝の挨拶をし、今日の予定を尋ねると
コーヒーの前に性欲処理をして欲しいと言われて呆れます。

本作品はやや反抗的だけど仕事はきっちりこなす彼女が
彼に求められておよそ90分に渡る色んなご奉仕をします。
音声作品のメイドは主従を逆転させて責める場合もそれなりにいますが
彼女の場合は彼のために一生懸命頑張るイメージ通りのキャラに描かれてます。

「この、変態……腋コキなんて、何がいいのよぉ……っ。確かに、おまんこメイドは、全身がおちんぽのためのオナホだけど……こんなの、意味わからないわ……っ」
彼のリクエストに対してちょっぴり嫌そうな顔を見せたり
おちんちんを責めながら戸惑う表情を見せるなど表面上は素直じゃないです。
しかし彼が望んだことなら何でもやるし、終盤に入ると積極的なおねだりもします。
言葉はツンツン、行為はデレデレなところが彼女の大きな魅力です。

女性に尽くされる快感や汚す快感をくすぐるシーンが多いので
どちらかと言えばMよりもSっ気のある人のほうが楽しめると思います。
M向けのプレイもごく一部でありますけど事務的プレイとは明らかに違います。
性癖の歪んだ男女がイチャイチャする様子を描いた純愛系の物語です。

彼女と並ぶもうひとつのポイントは淫語の多さ。
「おちんぽ」「おまんこ」などの淫語をプレイ中にびっくりするほどたくさん言います。
サークルさんによると前者は760回、後者は500回も言うそうです。

「おちんぽ、おちんぽ、おちんぽ、おちんぽ」
「このおまんこメイドに、おちんぽミルクのお恵みをちょうだい。おちんぽに、いっぱいおまんこ奉仕するから、どうか温かいおちんぽミルクをたくさんちょうだい」

さすがに数えてませんが実際に聴いてみると普通の作品より明らかに多く感じました。
これらをストレートに連呼することもあれば、下のセリフのように会話の中へ組み込むこともあります。
どちらかに偏ると単調になると思われたのか、両者を丁度いいバランスで配置してました。
淫語の扱いに定評のあるサークルさんなだけあってこのへんはしっかり練られてます。

ツンデレなメイドが淫語をガンガン言いながら心のこもったご奉仕をする。
サークルさんの特徴と作品の特徴をそのまま活用した抜きやすい作品です。
幅広く濃いエッチ
エッチシーンは5パート85分間。
プレイは手コキ、パンツコキ、パンツを穿かせる、足コキ、太ももコキ、フェラ、パイズリ、腋コキ、SEX(正常位)、キスです。
手コキ、パンツコキ、足コキ、太ももコキ、パイズリ、腋コキ、SEX、射精の際に効果音が鳴ります。

「ほら。早く、おちんぽイキなさいよ。おちんぽミルク、さっさと出しなさい」
ご主人様に手コキして欲しいと言われたメイドは
すぐさま彼の服を脱がせ標準ペースでしごき始めます。

エッチは最終パートを除き彼女が責め続けます。
最初の2パート34分間はちょっぴりアブノーマルなプレイ。
手コキ&パンツコキ、足コキ&太ももコキといずれも2種類のプレイを用意し2回ずつの射精へ導きます。
ちなみに本作品は全パート連続射精させます。

「おちんぽ……は最初から勃起してるから、いきなり足で踏みつけてもよさそうね。……ああ、ご主人様が好きそうな感じで言うと、“足まんこ”、かしら」
そして早速売りのひとつである大ボリュームの淫語が炸裂します。
足コキの時にわざと「足まんこ」と言って劣情を煽り
射精の際は必ずぴゅっぴゅのセリフで後押しするなど言葉責めが大変充実してます。
他には足コキの時だけ「変態」を多めにして女性に見下される快感も味わわせます。

行為自体は割とM向けなのにあまりそう感じないのは、これらすべてをご主人様に言われてやるからです。
彼が主導権を握り続けるおかげで主従関係はきちんと維持されてます。

最中に鳴る効果音の存在も忘れてはいけません。
手コキは「しゅこっ」という弾力を帯びた摩擦音、足コキは手コキよりもざらついた音といった感じで
プレイごとに音の質感や動きを変えてリアルに表現します。

プレイ一覧を見ていただければわかるように本作品はコキ系のプレイが豊富です。
だからこそこれらひとつひとつに別の音を与えて違いを出すわけです。
効果音がしっかりしてればそれだけ淫語に注力できますしね。
淫語が注目されやすい作品ですけど効果音のレベルもかなり高いです。

効果音を唯一使わないのが3番目のフェラ&ごっくんパート(約18分)。
1回戦は舐める、2回戦は咥えると内容を変えて口で丹念に刺激します。

「……ほら。ご主人様。お口の中、見て……おちんぽミルク、ぜーんぶごっくんしたわ……」
ここでは彼女の口や喉を犯し汚す快感に焦点を当ててます。
2回戦の最後に口の中を見せてから飲み込むシーンは特にグッときました。
ちゅぱ音を鳴らす関係で他のパートに比べると淫語がやや減ってますが
最初から最後まで同じ流れだとダレるところがありますし、丁度真ん中に挟むことで口直しの役割を果たしてます。

彼女の魅力が最も引き立ってるのは最後のおま○こ中出しセックスパート(約16分)。
彼に言われた通り机の上に寝そべっておちんちんを受け入れます。

「言っておくけどね、私はあくまで、仕事だから、ご主人様とおまんこするんだからね。心まで許したわけじゃないんだから! そこのところ、勘違いしないでよね!」
「は、ぁああ……キスしながらおまんこするの、すっごく気持ちいいよぉ……突いてっ、もっとおちんぽ突いてぇ……っ」

開始前は定番のツンデレセリフを言ってたのが
ある程度進んだらとろんとした声で積極的なおねだりを始めます。
今までとは違い彼女が何かをする必要がないので反応や心情に寄せて描写してました。
1回戦から2回戦に移る際のやり取りも可愛くて実に良いです。

このようにキャラ、セリフ、プレイのすべてが高水準なエッチが繰り広げられてます。
いい気分で抜ける作品
オナニーのオカズとして役立つことを追求した良作です。

メイドは日々仕事を頑張ってるご主人様に少しでも気分転換してもらおうと
パートごとに別のプレイを用意し、いずれも2回連続の射精に導きます。
そしてその中に彼女のツンデレっぷりや質量共に優れた淫語を組み込んで個性と実用性を上げてます。

態度はツンツンしてるけど根はとっても優しいメイドがひたすら尽くすシチュ
「おちんぽ」「おまんこ」など様々な淫語をテンポよくぶつける作り
連続射精やリアルな効果音など抜きやすさに配慮した演出。
かれこれ6年以上も活動を続けられてるサークルさんらしい安定したエッチが楽しめます。

色んな魅力を持っていながらちゃんと共存できてるところが素晴らしいです。
淫語をいっぱい言えるようにコキ系のプレイを多く採用したうえで効果音にもこだわったり
セリフと責め方に大きな落差を持たせてツンデレ感を出してるのがいい例です。
連続射精も彼女が無理矢理そうするのではなく、性欲旺盛な彼がそれを望んだことにしています。
おかげでハードな内容なのに満たされた気分で聴き終えることができました。

エッチはそれぞれに違った良さを持っており、かつ連携が取れてます。
今回紹介できなかった4番目のパイズリ&腋コキも十分なエロさを持ってます。
パートごとの時間を20分程度に揃えてあって使い勝手もいいです。

射精シーンは10回。
淫語超大量、くちゅ音多め、ちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

以上を踏まえてサークルさんでは初の満点とさせていただきました。
おまけはオナニー専用囁き淫語音声です。

CV:西浦のどかさん
総時間 1:44:44(本編…1:38:56 おまけ…5:48)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2018年10月25日まで70%OFFの300円で販売されてます。

体を張ってエロゲ作り! ~入会テスト編~

サークル「ポインセチア」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、話し方はクールだけどサービス精神旺盛な女性が
サークルの入会希望者にエッチなテストを課します。

彼女が持つ二面性を活かしたギャップのある誘惑が魅力で
普段通りの澄ました表情で「チンポ」などやや下品な淫語をがんがん言ったり
おちんちんの弱点をねっとり責めて童貞な彼の心と体を巧みに突き崩します。
美人副代表の甘い誘惑
ゲーム制作サークルの副代表「原村のぞみ」とエッチするお話。

「おや 誰だ君は?」
のぞみはややトーンの低い整った声の女の子。
入会したくてサークルの活動部屋にやって来た主人公に挨拶すると
正式な会員になるための入会テストをします。

本作品はとある事情でゲーム制作に行き詰まってる彼女が
勧誘の張り紙を見て興味を持った彼と90分近くに渡るエッチをしてその資質を見定めます。
耳舐め手コキ、パイズリフェラ、2種類のSEXとパートごとにメインのプレイを切り替え
どれも20分以上の時間をかけてゆっくりじっくり愛し合います。

今回するテストのルールは至って簡単。
彼女におちんちんを責められ射精したら失格、無事耐え抜いたら合格です。
これまで色んな男性が挑戦しましたが今のところ合格者はいません。
そのためサークル員は女性しかおらず、現在制作してるエロゲの資料が得られない状況だそうです。

「君は週に何回自慰をする? ん? 質問が聞き取れなかったか? 自慰だよ 自慰 オナニーだ」
誰も合格できない最大の要因は彼女の責めが上手すぎるから。
つい先ほど会ったばかりの彼に普段通りの凛々しい声で大胆な質問をし
テスト開始後はおちんちんだけでなく心の弱点も的確に突いた巧みなリードをします。

彼女はエロゲ制作をしてるだけあってエッチに関する知識と技術に長けてます。
だからどのパートも彼がどうすれば最も感じるか、喜ぶかを考えながら進めます。
声と言動のギャップが非常に大きいため聴き始めた直後はゾクゾクするでしょうね。
キャラ、セリフ、プレイなど音声作品を構成するすべての要素を駆使して聴き手を抜かせにかかります。

もうひとつのポイントは時間に対するプレイの種類を減らし、責めるペースを全体的に緩めてあること。
童貞な彼がすぐ射精しないよう激しく責めるのはパート終盤まで控え
それまでは体への刺激を弱くする代わりに休憩時間を減らして少しずつ射精へ追い込みます。

言葉責めやシチュが秀逸ですから責めが弱くても十分なエロさを感じるでしょう。
M向けの作品でよくやる焦らしプレイではなく
彼に初エッチをたっぷり味わってもらいたいという彼女の優しさを表現してます。
プレイの種類を絞ってるのもこのスタイルを崩さずに個々の品質と密度を上げるための配慮です。

エッチに対する探究心が旺盛な女性が未経験の男性をじっくり手玉に取る。
心身両面を女性に弄ばれる快感を追求した実用性の高い作品です。
男心を執拗にくすぐるエッチ
エッチシーンは4パート92分間。
プレイは耳舐め、手コキ、玉揉み、亀頭責め、フェラ、パイズリ、SEX(騎乗位)、キスです。
手コキ、玉揉み、亀頭責め、パイズリ、コンドーム装着、SEX、射精の際に効果音が鳴ります。

「受ける…か ふふっ 醜く羞恥を晒すことになって 後悔しても知らないぞ」
主人公に事情を説明しテストを受ける覚悟があるか確認したのぞみは
早速ズボンとパンツを脱いだ彼に体を密着させまずは耳を舐めてあげます。

エッチは一部を除き彼女が責め続けます。
一番最初のチャプター1でするのは耳舐め手コキ(約30分)。
前半は右、後半は左に陣取って至近距離から耳を舐め
さらにエッチ開始6分後にはおちんちんの各部位を確かめるようにいじります。

「君の男性器が いや…君のチンポが 大きくなってきているぞ」
「見てみろ こうして人差し指で我慢汁をすくうと こんなに糸を引いて やらしいな」

入会テストを兼ねたエッチなので彼女も童貞相手に一切容赦はしません。
早い段階からおちんちんをわざと「チンポ」と呼んで興奮を煽り
耳元至近距離から舌をコリコリさせて微弱な振動を送ります。
そしておちんちんの感じてる様子を適度に実況しイメージ力と見られる快感を膨らませます。

クールな彼女がこういうことを積極的にするシチュ自体が驚きですし
責めっぷりも男が喜ぶツボを突いてて勃起と興奮を維持しやすいです。
完全女性上位なのに彼をとことんもてなす姿勢でエッチを進めます。

プレイについても処女作とは思えないほど質が高いです。
耳舐めはちゅぱ音の位置や距離がバッチリで動きも生々しいですし
手コキは竿→金玉→亀頭の順に粘性高めの効果音を鳴らしながらゆっくり愛撫します。
そして十分温まった後は一転してハイペースで軽く絞るように責めます。

おちんちんは同じ刺激を与え続けてると次第に慣れてきますから
それを防ぐために責める部位、強さ、ペースを小まめに切り替えてるのでしょう。
エロに対して並々ならぬ熱意を持つ彼女の性格を色濃く反映させたプレイが楽しめます。

続くチャプター2は口とおっぱいを使ったプレイ(約22分)。
彼にリクエストされた通り最初はフェラで相手し、射精しそうになったところで今度はパイズリをします。

「もっと根元のほうまで 飲み込んで欲しいんだろう? いいぞ 喉奥の感覚 しかと味わえ」
先ほどのエッチで彼のことを少しは気に入ったのでしょう。
彼が何をして欲しいと思ってるかをすぐさま察知し、できるだけそれに沿って舌と唇を動かします。
同じフェラでも根本から先っぽにかけてゆっくり舐める、亀頭だけをねぶる、ディープスロートするなど
シーンごとに違いを持たせ、それぞれに合ったちゅぱ音を鳴らして流れを作ります。

「このまま出せば 私の顔やおっぱいに精液をぶっかけられるぞ 女の顔に白いザーメンを撒き散らす征服感」
「見ろ 君が出した精液だ 今からこれを 全部飲んでやる」

これらと並行してする心への責めも結構強烈。
彼女の綺麗な顔やおっぱいに精液をぶちまけて汚す快感や
己の子種を飲ませる快感をくすぐって効果的に興奮させます。
射精後にわざと一呼吸置いてから精飲するのも彼にその様子を見てもらいたいからです。

文字だけを見ると言葉遣いがやや乱暴に思えるでしょうが
音声では事務的キャラのような冷たさは特に感じられず穏やかな空気が漂ってます。
テストをしてる点を除けば甘やかしプレイの一種と呼べるほど本当に何でもしてくれます。

残る2パート40分間はいよいよ彼の童貞を奪いにかかります。
体位は騎乗位で共通してるものの、その背景やサブのプレイが大きく異なるため
実際に聴いてみると同じSEXでも随分違った印象を受けます。

「私もそろそろ 体の火照りが我慢できなくなってしまった さっきから おまんこが疼いて疼いて仕方ないんだ 是非君のチンポで鎮めて欲しい」
チャプター3はこれまでやってきたテストの締めくくりにあたり
ゴム有りですが彼女が自分の一番大事なところでおちんちんをチェックします。
凛々しい声でここまでストレートなおねだりをされたら断れる男はそうそういないでしょう。
そして挿入後に漏らす艶かしくて切ない声とのギャップに股間が疼くはずです。

またこのパートでは彼女の内面にもスポットを当てて心の推移を描いてます。
初めはテストのために義理で相手してたのがエッチを通じて彼のオスの魅力に気づき
今はそれに溺れつつある様子がセリフや乱れっぷりから伝わってきます。
クールに振る舞ってた彼女の女の子な部分が垣間見えて堪らなく可愛いです。

「あぁぁぁぁ あんっ ぐぁっ あぁいい いいぞ もっと突いてくれ」
その部分をさらに加速させてるのが最後のチャプター4。
先ほどとは違い今度は生で彼とひとつになります。
挿入やピストンをすべて彼に任せ、彼女は耳舐めやキスをしながら乱れる受けのスタイルになっており
責める必要がない分今まで以上に激しい喘ぎ声と素直な気持ちを晒してくれます。

「どくん どくんって子宮に入ってくるぞ チンポが中で震えて びゅーっ びゅーっと精液が吐き出されるのがわかる」
特に最後の中出しは最も盛り上がるシーンということで
精液を子宮で受け止め満足する彼女の姿が綿密に描かれてます。
繋がったまま改めてキスするところなどはもう恋人同士と言っていいほどラブラブです。

ほぼ赤の他人同士だった男女がエッチを通じて心の距離を一気に縮める。
プレイだけでなくパートナーの心情も描いた濃密なエッチが繰り広げられてます。
巧みに誘惑してくる作品
プレイは割とソフトなのにとても興奮できるし抜きたくなる優れた作品です。

のぞみはゲーム制作サークルの入会を希望してる主人公がそれに相応しいか確かめようと
テスト形式で色んなプレイを体験させつつ射精を限界ギリギリまで我慢させます。
そしておちんちんを責めながら男心をくすぐる言葉責めもして合格をより難しくします。

クールな声で大胆なことをがんがん言う彼女のキャラ
彼の体をゆっくり味わいながら願いを叶えてあげる甘い展開。
SEX開始以降に見られる心情の変化とそれを反映させた激しい乱れっぷり。
登場人物の属性や性格を違和感なく盛り込んだ魅力的なエッチが楽しめます。

「ありがとう 本当にありがとう」
冒頭のやり取りを聴いた時点では彼女が彼をひたすらいじめるエッチを予想してました。
ですが実際は体の負担をできるだけ和らげ、その代わり心への責めを強くして不足分を補ってます。
おちんちんへの責めがソフトと言ってもプレイ時間が長めに取ってありますから物足りなさは感じません。
男性の生理を理解してるからこそ、彼が最後までこのエッチを楽しめるよう工夫して進めます。

個人的には言葉責めのほうがずっと印象的でした。
彼女のほうが圧倒的に有利な立場なのに敢えて童貞な彼を持ち上げ尽くそうとします。
彼女ほどの女性ならストレートにおちんちんを責めるだけでもあっさり射精させられるはずです。
でもそれだと彼がきっと満たされないと判断し淫語を多めにぶつけます。

「精液どぴゅどぴゅ 射精ぴゅっぴゅ 溜め込んだ童貞ザーメン 好きなだけ吐き出していいからな」
こんな風に同じ意味を持つ単語を別の表現で言うシーンが多いです。
あとは彼女の綺麗な体を精液で汚すとか、愛液ですっかり濡れたおまんこを指で開いて中まで見せるなど
どちらかと言うとSな人のほうが喜ぶシチュを用意しその通りにさせてあげます。
属性の異なる要素が混在してるので私はノーマル向けと見ています。

エッチは複数のエッチな音を鳴らす時間をそれなりに用意してます。
言葉責めも含めてゆっくり目に責めた時のデメリットをきちんと考慮しカバーしてるのが素晴らしいです。
チャプター4が一番エロいと思いますが他のパートも単体で十分抜けるパワーを持ってます。

射精シーンは4回。
淫語とくちゅ音多め、ちゅぱ音と喘ぎ声それなりです。

以上を踏まえてサークルさんでは初の満点とさせていただきました。

CV:逢坂成美さん
総時間 1:57:09

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
同梱されてるmp4ファイルには英語と中国語の字幕がついてます。

ドスケベクールなにわかコスプレイヤーの媚びっ媚び甘エッチ!

サークル「カモネギちゃんねる」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、趣味ではなくお金のためにコスプレをしてる女性が
活動を支援してくれてる男性にエッチなご褒美をあげます。

多くのシーンで体を密着させ媚びた様子でソフトM向けの言葉責めをしたり
射精時には必ずぴゅっぴゅのセリフを多めに言うなど
ドスケベキャラらしい男心を巧みにくすぐる甘さ強めのエッチが楽しめます。
お金はあげられないけど…
コスプレイヤーとエッチして言いくるめられるお話。

「こんばんは。 お邪魔します」
コスプレイヤーは上品で色っぽい声のお姉さん。
主人公の部屋に上がり鼻を鳴らしてイカ臭くないかを確認すると
体を密着させ色っぽい囁き声で感謝の気持ちを伝えます。

本作品はお金と人気だけを目当てにコスプレイヤーをしてる彼女が
活動に役立つ情報や資金を提供してくれてる彼に5種類のエッチをプレゼントします。
2人は仕事上のパートナーに過ぎず恋人同士ではありません。
そのためSEXなどの踏み込んだプレイは避けたうえでできる限りのサービスをします。

「エッチな子猫はご主人様に喜んで欲しいのニャン・・・♪」
彼女はお金にがめつく、男性たちが自分を見て喜ぶことに優越感を覚える女性。
自分を支援してくれてる彼に感謝しつつ、コスロムから得た収入はほぼ全部懐に入れてます。
そのことに不満を抱いた彼がパートナーの解消を持ちかけ、引き止めるためにエッチで支払うという流れです。
それを踏まえて作中では彼女が彼に媚びて誘惑するシーンが適度に登場します。

こうやって書くとかなりの悪女に思うかもしれません。
しかしエッチの最中に彼女が彼を突き放したり事務的に振る舞うことはなく
むしろ毎回気持ちよく射精できるようにあれこれ工夫して心身をバランスよく盛り上げます。

お金が絡んでる背景があるだけでプレイ自体はどのパートもとても甘いです。

そう言える大きな要因のひとつが体を密着させながら弱めの声量で話すシーンが多いこと。
耳舐めは一切しないのですが鼻息や吐息が耳によく当たってこそばゆいです。
言葉責めもコスプレキャラになりきって甘える、コスロムに出てくる行為を通じて疑似プレイをイメージさせる
女性に対する征服欲をくすぐってやる気にさせるなど彼を楽しませることを強く意識してます。

カモネギちゃんねるさんは元々ソフトM向けの作品を得意とされてるサークルさんですから
その長所を残したまま作品のテーマに合ったエッチに仕上げてます。
他の作品と同じく射精シーンで必ずぴゅっぴゅのセリフを多めに言ってくれます
お金を援助してくれるから仕方なくやるのではなく、むしろ楽しんでもらおうとする気持ちがしっかり込められてます。
変化に富んだドスケベエッチ
本編のエッチシーンは5パート56分間。
プレイは手コキ、オナニー、おっぱいに顔を埋める、コスロム鑑賞、ベロチュー、素股、オナホコキです。
手コキ、素股、オナホコキの際に効果音が鳴ります。

「男の人を勃起させちゃったらぁ、ちゃーんと処理してあげるのは女の子の役目だにゃぁ・・・♪」
関係解消を食い止めようとコスプレキャラになりきって主人公に甘えたコスプレイヤーは
早速おちんちんが勃起したのを見てズボンとパンツを脱がせ手でしごき始めます。

エッチはどのパートも彼女が童貞の彼をリードします。
一番最初の「手コキ編」でするのはもちろん手コキ(約7分)。
「にゅちゅっ」といういやらしい水音をリズミカルに鳴らしながら言葉責めして最初の射精へ追い込みます。

「白いおしっこびゅーびゅーして欲しいにゃん♪ にゃん、にゃん、にゃんっ♪」
彼女は自分の利益になることなら何でもする女性です。
だからあまり詳しくないキャラになりきってひたすら媚びる姿勢を取ります。
そして彼の心を無事繋ぎ止められた後は見返りにより激しい手コキをしてあげます。
事前のやり取りが長めなので純粋なプレイ時間は短めですが本作品の特徴がよく出てます。

続く2パートもコスプレイヤーだからこそできるプレイ。
「オナ見編」は最終調整のために試着した衣装姿でオナニーのオカズを提供し(約7分)。
「コスロムオカズにベロチュー編」はコスロムを一緒に観ながら手コキとベロチューをします(約18分)。

「みっちり詰まったおっぱい肉にぃ、おちんちんが埋まっていってぇ・・・にゅぷにゅぷにゅぷぅ~・・・♪」
「お兄さんの舌にねっとり吸い付いてバキューム♪ いきますよぉ・・・、あんむぢゅぅ、ぢゅるるるるるるるるるぅ~・・・♪ んぷぁ♪」

この2パートは視覚を使って興奮させてくるのが大きな特徴です。
前者は太ももや股間を強調させたポーズを取るし
後者もおっぱいの谷間に彼女が手を出し入れしてる映像からパイズリを連想させます。
さらにそれだけだと寂しいからということでおっぱいに顔を埋めさせたり舌を激しく吸い上げます。

彼女が彼を嫌ってたらベロチューなんて絶対にしないはずです。
コスプレイヤーらしい誘惑をしながら自分の気持ちも適度に伝えてるところが印象的でした。
これ以外にも彼女は射精させた後で彼に「好き」と何度か言います。

終盤の2パートはさらに踏み込んだプレイ。
「素股編」は彼女がパンツ姿になっておちんちんを太ももで挟み込み(約9分)。
「オナホ編」はオナホを彼女のおまんこに見立てて2回連続の射精へ導きます(約15分)。

「お兄さんのおちんちんでぇ、お・し・お・き♪ してくだちゃぁ~い・・・♪ くすくすくす♪」
「あっ、切ないの登ってきちゃいますね♪ はーい、見てますから安心して無駄打ちお漏らし決めちゃって下さいねー♪」

一生懸命腰を振ってる彼に余裕たっぷりの表情でお仕置きをおねだりしたり
偽物のおまんこですぐさま出そうになる精液を「無駄打ち」と言って軽く貶すなど
今までよりもM性を強くした言葉責めを積極的に投げかけます。
最中に流れる効果音もねっとりしていてエロいです。

馬鹿にしてるというよりは彼が喜んでくれるからそうしてる感じです。
事後にきちんと慰めてくれるのでスッキリした気分で聴き終えられるでしょう。

このように、調教にならないレベルで男性を弄ぶシチュ重視のエッチが繰り広げられてます。
行為が媚びてる作品
完全女性上位なんだけどM性をあまり感じないマイルドな作品です。

コスプレイヤーは流行のアニメに関する情報や衣装製作の資金をくれる主人公を引き止めようと
自慢の体を惜しげもなく見せつけ、さらに自分から密着して色んなご奉仕をします。
そしてパートごとにプレイや言葉責めの内容を切り替え、毎回気持ちよく射精できるようにリードします。

懇願や土下座はせずにエッチの中でひたすら尽くす(=媚びる)スタイル
コスプレイヤーだからこそできる独特なプレイ、男心を的確に突いた言葉責め。
ビジネスパートナーという微妙な関係を踏まえたテーマ性の強いエッチが楽しめます。

「大丈夫ですよ、私、お兄さんの事好きですから・・・♪ いくらお金が貰えるからって嫌いな人にエッチな事しませんよ?」
彼女は仕事柄男性を魅了するのは得意な一方で普通の恋愛には疎いキャラに描かれてます。
だからエッチの時はとても積極的なのに自分の好意を伝える時は結構控えめです。
作中で彼の射精やオナニーを不思議そうに見てたことからエッチの経験もおそらくないのでしょう。
コスロムを作る際に必要だからエッチのテクニックを磨いてる節が見られます。

彼女が彼を好きな気持ちはおそらく本物です。
セリフ以外の要素でそれを匂わせる描写がとあるパートに出てきます。
気になった方は音声を聴いた際に是非探してみてください。

エッチはサークルさん最大の武器である言葉責めやぴゅっぴゅのセリフを活かしつつ
コスプレイヤーな彼女の特徴が出るプレイを上手に盛り込んでます。
お金と引き換えにエッチしてる状況ですが援交や貢ぎマゾとは明らかに違ってあまあまです。
私はベロチュー編がコスロム鑑賞によるイメージプレイ+ベロチューと個性が強くて一番好きです。

本編の射精シーンは7回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

嫌な気分をまったく抱かせずに弄んでくれる完成度の高い作品です。
番外編は5種類、おまけは6種類の音声です。

CV:そらまめ。さん
総時間 2:22:51(本編…1:22:42 番外編…42:43 おまけ…17:26)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

椎菜といっぱい夏休み♪〜甘くてトロトロな、種付けえっち〜立体音声付き

サークル「相原飯店」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、積極的で恋人想いなJKが
彼氏と昔話や種付けSEXをして親密度をさらに深めます。

同人誌と音声がセットになってるのが最大の特徴で
漫画のセリフをそのまましゃべってくれるおかげでエッチを視覚的にイメージしやすく
可愛い声から放たれる淫語多めのセリフや喘ぎ声も臨場感と実用性を高めるのに役立ってます。
JKとより深い関係に
近所に住むJK「葉月椎菜」と部屋でエッチするお話。

「お兄さん? 入りますよー」
椎菜は甘く穏やかな声の女の子。
夏休みのある日、恋人にあたる主人公の家にやって来ると
付き合い始めた直後の写真を一緒に見ながらその頃の思い出を語ります。

本作品は今年7月に発売された「JK椎菜とえっちな勉強しませんか♪」の続編。
エッチな事に興味津々だった彼女が彼の協力を得て色んなことを実践形式で勉強し
その結果恋人同士になった二人がどうなったかを描いてます。
シリーズものなので前作を聴いておいたほうが楽しめるのは間違いありませんが
お話は完全に独立してますから二人が付き合ってることさえ把握してれば普通についていけます。

最大の特徴は漫画と音声でひとつの作品になってること。
製品版には音声以外にも20ページの漫画が入っており
そこに描かれてるセリフとまったく同じことを彼女がしゃべります。

前作は音声のみだったのですが、相原飯店さんは過去に「双子はきみが好き!!」という作品を出されてまして
そちらは本作品と同じ形式になってます。
声と音ですべてを表現する必要がある音声作品の弱点を独自の方法で補うわけです。
漫画を読みながら聴けば二人がどんな風に愛し合ってるかが簡単にわかるでしょう。

漫画についてもサンプルを見ればわかるようにとても上手で単体でも十分オカズになります。
椎菜が貧乳キャラなのでおっぱい成分が低めになってるものの
メインのプレイをSEXにして挿入や中出しのカットを多めに描いてます。
膣内射精の様子はセリフだけだとイメージしにくい部分がありますし、これを漫画で楽しめるのは大きいです。

「写真を見て、椎菜のこと、考えていてくれたんですね…♪ 嬉しいです、お兄さん♪」
エッチの相手を務める椎菜は非常に積極的な女の子。
主人公が自分の写真をオカズにオナニーしようとしても引くどころかむしろ喜び
エッチが始まった後はそのお礼に言葉、仕草、プレイで彼を喜ばせようとします。

タイトルに「種付けえっち」と書いてあることからもわかるように
彼女はJKでありながら彼の子供を本気で孕みたいと思ってます。
主導権を年上の彼に譲りつつ男心を適度にくすぐってやる気にさせる健気な姿も魅力的です。

視覚と聴覚の両方で楽しむスタイルと椎菜のキャラ。
JKとストレートに愛し合う様子を高い臨場感で描いた蕩けるように甘い作品です。
淫語重視のラブラブなエッチ
エッチシーンはほぼ全編にあたる24分間
プレイはSEXの回想(背面座位、正常位、後背位)、乳首責め、手マン、フェラ、SEX(後背位、対面座位、正常位)、キス、耳舐めです。
SEXの回想、SEXの際に効果音が鳴ります。

回想「…お兄さん、こうやって、おまんこでえっちするのは… 彼氏彼女になってから、初めてですね」
現実「あのときのお兄さんは とっても激しかったですね」
画像を見てる最中に主人公がなぜそうしてたかに気づいた椎菜は
彼がもっと興奮できるようにその時したエッチの様子を生々しく語ります。

エッチは二人がほぼ対等な立場で愛し合います。
最初の5分間は体を密着させながらイメージで気持ちを盛り上げるシーン。
付き合い始めた直後、スク水を着ながら、メイド服やチャイナ服を着ながらしたSEXを彼女が実況します。

回想「お兄さんの、おちんぽ…っ とっても、固いです…っ あ…すご…い おちんぽ」
現実「まだ、おまんこえっちに慣れてない椎菜を、何度も何度もおちんぽで突いて… おちんぽミルクを、いっぱいおまんこに中出ししてきて…」
ここは回想世界で乱れる彼女と現実世界でその様子や心情を語る彼女の二人が登場し
どちらも「おちんぽ」「おまんこ」といった淫語を多めに交えて進めます。
シナリオ担当が前作と同じく防鯖潤滑剤さんということでその作風が色濃く出ています。
特定の単語を連呼するのではなく、セリフの中に違和感なく盛り込む自然な描写です。

序盤から淫語や喘ぎ声を積極的に漏らしてくれますから、ここだけで勃起する人がかなりいるはずです。
漫画のほうも結合部を大きめに描いたり、断面図で精液が膣内に注がれる様子を描いててエロいです。
ふたつの方向から性的興奮を刺激する本作品の持ち味が早速発揮されてます。

二人が実際にイチャイチャするのはその後から。
乳首責め&手マンで椎菜を軽くイかせ、お返しに彼女がフェラをしてから
後背位→対面座位→正常位と体位を切り替え存分に楽しみます。

「椎菜のおまんこ…もう、こんなに、トロトロになっちゃってるんですよ♪」
現実世界の彼女も回想に負けないくらい積極的。
控えめなおっぱいをいじられて甘い声を漏らし、おちんちんを美味しそうに咥え
挿入時は自らお尻を突き出してすっかり濡れたおまんこを見せつけます。

あざとさを感じないレベルで誘惑してくるのがいいですね。
彼が責めるシーンのほうが多いものの、完全なマグロにならず自分からもサービスしようと頑張ります。
男が喜ぶツボを的確に突いてくるので先ほどと同じく実用度が高いです。

「おまんこに、お兄さんのおちんぽミルクを刻み込んで… 椎菜を、お兄さんのものにしたいですよね♪」
その部分が最もわかりやすく出てるのが後背位で1回射精した後に始まる2回戦。
精液を中出ししてもらえなかったことに不満を抱いた彼女が彼の上に跨り
エッチなご奉仕をしながら言葉で男の征服欲を優しくくすぐります。

JKにここまでされて要求を断るのはさすがに難しいでしょう。
彼も彼女の気持ちに行動で応えます。
最中に交わされる熱いキスと中出しされた時の満たされた表情が印象的でした。

このように、男を立てつつ想いを遂げる密接なエッチが繰り広げられてます。
正統派の純愛作品
可憐な女の子が愛する人にすべてを捧げる清々しくて抜きやすい作品です。

以前はご近所さん、今は恋人同士な男女が
昔の思い出を語ったり実際に肌を重ねてお互いの気持ちを再確認します。

漫画に描かれてる行為やセリフをそのまま音声化した作り、淫語を多めに交えた密度の高いエッチ
そして椎菜のJKらしいストレートな愛情表現。
一般的な音声作品とは違う個性を持った純愛系の物語が楽しめます。

「おまんこっ♪ お兄さんとずっとおまんこしたいですっ」
彼女はどのシーンも彼に対して誠意と愛情に満ちた態度で接します。
彼が望むならすべてを与え、自分が欲しいと思ったら素直に求めます。
この透き通った付き合い方が作品全体に清涼感を与えてます。

それ以外の2点も作品の魅力を引き立たせるのに貢献してます。
漫画+音声はそもそもほとんどサークルさんがやられてませんし
淫語重視のエッチもプレイ時間が短いハンデをカバーする役目を果たしてます。
エッチシーンの回想から入る流れも音声作品だと珍しいです。

エッチをSEX特化にしたのは漫画の長所を見据えてのことだと思います。
音声単体だと体位ごとの違いや切り替えを表現しにくいですから
そこを漫画が担当すれば臨場感が増すしセリフもスマートになります。
そして喘ぎ声やフェラ音など漫画でエロさを出しにくい部分は音声が代わりに頑張ってます。
どちらかをおまけにするのではなく、両者が弱点を補い合ってるところが素晴らしいです。

射精シーンは3回。
淫語と喘ぎ声それなり、くちゅ音とちゅぱ音そこそこです。

満たされた気分で抜ける作品です。
おまけは回想シーンのセリフ3種です。

CV:秋野かえでさん
総時間 30:57(本編…27:24 おまけ…3:33)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2017年8月21日まで2割引の960円で販売されてます。

JK椎菜とえっちな勉強しませんか♪【バイノーラル録音】

サークル「相原飯店」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、可愛くて勉強熱心なJKが
近所に住む男性と実践形式でエッチのあれこれを学びます。

勉強を通じて二人が心も通わせていく純愛色の強いストーリーが魅力で
初めて見るおちんちんに興味深そうな表情を見せたり、逆に自分の体を彼に味わわせながら
今まで胸に秘めてきた想いをぶつけて好きな人を振り向かせようと頑張ります。
知識はあるけど経験は・・・
近所に住むJK「葉月椎菜」とエッチな勉強をするお話。

「こんにちは お兄さん お部屋 お邪魔しますね」
椎菜は甘く穏やかな声の女の子。
ご近所さんにあたる主人公の家に制服姿でやって来ると
学校であったとある出来事を話し、それにちなんだ重要な相談を持ちかけます。

本作品はエッチな事に興味はあるけど体験できないでいる彼女が
日頃から仲良くしてる彼と一緒に勉強する形で3種類のプレイに挑戦します。
どのパートも30分程度の長い時間を用意し、プレイの様子だけでなくそこに行き着くまでの過程や
最中の彼女の心情も描きながら進めるキャラ重視の作り
です。

「はい ありがとうございます お兄さんに気に入ってもらえて 嬉しいです ふふっ」
彼女は一言で言えば真面目で一途な女の子。
同級生の中で自分だけエッチに疎いことに軽いコンプレックスを抱いており
それを克服するために自分からこの勉強に付き合って欲しいとお願いします。
JKだからといって見返りに金銭を要求することもなく、年上にあたる彼に丁寧な言葉遣いで接します。

そしてプレイが進むにつれて自分の気持ちを少しずつ漏らすようになります。
性の勉強が目的といってもきちんと相手を選んでること、そして彼に異性として十分以上の好意を持ってること。
このチャンスを活かして彼の心を射止めようと彼女なりに考えながらアプローチします。

あざといところがまったくないので、聴けば聴くほど彼女に対して堪らない魅力を感じるでしょう。
M向けのプレイも一切なく、年頃の女性とひたすらイチャイチャする純愛ストーリーが楽しめます。

「おちんぽ 気持ちよくなったら いつでも精液 おちんぽミルク 出してくださいね」
二番目のポイントは淫語が多いこと。
おちんちんは「おちんぽ」、精液は「おちんぽミルク」とやや下品に感じる単語を積極的に使い
それをセリフの中に数多く織り交ぜて聴き手の興奮を上手に煽ります。

これはシナリオを担当が防鯖潤滑剤さんだからですね。
以前から淫語に力を入れた作品を数多く制作されてるサークルさんです。
特定の単語を連呼するシーンはほとんどなく、普通に会話しながら言う形なので単調さは感じません。
清純さが漂う彼女の声や口調とのギャップもあってエロいです。

最後のポイントは秋野かえでさんのバイノーラル作品なことです。
同人音声では色んな作品に出演されてる声優さんですがバイノーラル録音は今のところほとんどありません。
二人が密着するシーンが多いおかげで声の位置が非常に近く、臨場感もとても高いです。
「秋野さんのファンなら間違いなく楽しめる」と言えるくらいに優れた品質を持ってます。
後になるほど親密度が増すあまあまなエッチ
エッチシーンは3パート93分30秒間
プレイは手コキ、耳舐め、乳揉み、乳首舐め、手マン、SEX(正常位?、対面座位)、キス、フェラです。
手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります。

「早速 失礼いしますねー お兄さんの服 お脱がせします」
主人公に事情を話しエッチの了承を得ると
椎菜は早速彼の服を脱がしてまだ萎んでるおちんちんを興味深そうに眺めます。

エッチはパートごとに攻守を入れ替えながら進めます。
最初にあたる1日目は当初の目的に最も近いプレイをするパート(約29分)。
彼だけが裸になっておちんちんの姿、形、質感を確かめるところから始まり
勃起した後はそのまましごいて彼の反応や射精の様子をじっくり観察します。

「全然気持ち悪くなんてないです なんだか可愛いって思えてきます」
「椎菜のおちんぽ手コキ いかがですか? 痛かったり辛かったりしませんか?」

完全女性上位のシチュですが彼女は彼を一切見下したりしません。
初めて見て触れる生のおちんちんを「可愛い」と言って褒め
手コキ開始後は彼に気持ちよくなってもらおうと気を配りながら手を動かします。

彼女はエッチを実際にするのは未経験ですけど事前に性のあれこれを勉強しています。
だからプレイ自体にたどたどしさはあまり見られず、セリフや反応で初々しさを出します。
あとは全体的に若干ペースが緩いとか、意識して下品な音を鳴らさないなど細かい部分をキャラに合わせてます。

バイノーラル録音の長所を活かしたプレイももちろん登場します。
パート中盤あたりから始まる耳舐めは音の位置や距離が近いのはもちろん
小刻みに吸ったり啜るちゅぱ音がリアルで吐息にも熱がこもってます。
彼女とエッチしてる雰囲気をとても大事にしながらプレイを進めます。

続く2日目はさらに踏み込んだプレイ。
1日目からしばらくした後、今度はSEXの経験がしたくてやって来た彼女が
戸惑う彼に行動で自分の気持ちをはっきり伝えてから服を脱がしてもらいます。

「椎菜 他の誰かにこんなことしたくありません」
このパートは彼女の内面描写にとても力を入れており
彼をどう想ってるのか、エッチの最中にどう気持ちよくなってるのかがとてもわかりやすくなってます。
彼女は処女ですから勉強目的だからといって適当な相手を選ぶことなど絶対にありません。
自分なりに十分考えた末にこうしたことを言葉と態度の両方で示します。

「そこ(パンツ)はさすがに恥ずかしいですけど… でも お兄さんにならいいです」
ですがいざエッチに入るとやっぱり年齢相応の恥ずかしそうな仕草を見せます。
1日目とは逆に彼がリードするので彼女の反応を楽しみやすく
巨乳好きな彼に控えめなおっぱいを見られて申し訳なさそうにする姿や
おまんこを優しくなぞられて声を震わせる姿にはグッと来るものがあります。
初めてのSEXだからこそ、そこに至るまでのやり取りや準備にも十分な時間を割いて気分を盛り上げます。

もちろん本番のSEXも蕩けるように甘いです。
彼女が痛みをできるだけ感じないようゆっくり挿入し、そのまま動かずにキスして体を馴染ませ
それから後になるほどペースを上げてピストンする思いやりに満ちたリードをします。

彼女の気持ちに彼もきっちり応えてるところが非常に印象的でした。
勉強をきっかけに二人の心の距離が一気に近づく様子をエロく描いてます。
甘く初々しい作品
エッチに不慣れな男女が深く愛し合うあまあまラブラブな作品です。

ずっと前から主人公のことが好きだったけどなかなか伝えられずにいたJKが
学校で受けた保健体育の授業をヒントに彼の心を引き寄せようとします。

礼儀正しさを出しつつ親しみも感じられる彼女の声と態度
エッチの最中に見せる細かな気遣いとストレートな愛の言葉。
男女の仕組みを知ることはもちろん、それを通じて二人がちゃんと仲良くなるようにプレイを進めます。

「幸せが…溢れてきて 一番気持ち良かったです 嬉しい」
そしてエッチシーンの多くを彼女の心情を中心に描いてます。
JKと言えば何もしなくても男性のほうから勝手に飛びついてくる年頃です。
でも彼女はそんな状況から来る驕りをまったく見せず、むしろ謙虚に振舞います。
純情なセリフが多いのも彼女のキャラに合ってて感情移入しやすいです。

私は作品説明文を読んだ印象から、彼女が覚束ない様子でエッチに取り組むものだと思ってました。
「知識は豊富だけど経験ゼロ」となると実際にやった時にうまくいかないのが普通ですからね。
ですが本作品の場合はわざと下手に振舞うことはせず、責め方を全体的に抑えて初々しさを出してます。
そしてそれによって懸念されるエロの弱さをやや下品な淫語を多めに言うことで補ってます。

前後のやり取りが多めですし、エッチの流れも緩やかですから確かに童貞&処女らしいエッチと言えます。
ですが直前に書いた要素に加えて個々のプレイ時間が長めに取られてるため十分な実用性も持ってます。
とてもいい気分に浸りながら抜ける総合力の高い作品です。

エッチは前項で触れられなかった3日目も充実したエッチが楽しめます。
2日目と同じくSEXメインなのですが、スタイルが多少違いますから新鮮な気分で聴けるでしょう。
今まで以上に積極的な彼女の姿がエロ可愛いです。

絶頂シーンは主人公4回、椎菜3回。
淫語多め、くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声それなりです。

一途な女性と身も心も深く繋がる愛に満ち溢れた作品です。

CV:秋野かえでさん
総時間 1:45:47

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2017年7月16日まで2割引の800円で販売されてます。

あなたの性癖に柔軟に対応してくれる淫語アンドロイド

サークル「インゴヒゴ」さんの同人音声作品。
淫語の多さで有名な防鯖潤滑剤さんの姉妹サークルです。

今回紹介する作品は、男性の性欲処理に特化した献身的な女性型アンドロイドが
ご主人様にあたる男性に心のこもった濃厚なご奉仕をします。

淫語のボリュームだけでなく多様性にも力を入れた抜きやすいエッチが行われており
ある時はアンドロイドらしく冷静に、またある時は実の母親のように甘くと態度を大きく切り替えながら
シチュやプレイに応じた淫語や音をたっぷり投げかけて興奮を高めてくれます。

機械相手のエッチにありがちな事務的感や無慈悲さはとても薄いですから
変わった女性からの愛を感じながら気持ちよく抜けるでしょう。
望みをすべて叶えてくれる夢の機械
女性型性処理アンドロイド「ING6600」がエッチにご奉仕するお話。

「ご購入、ありがとうございます。ご主人様」
ING6600は淡々とした口調で話す穏やかな声のお姉さん。
自分を購入してくれた主人公にお礼と機能の説明をすると
彼が設定した情報に合わせたご奉仕で性処理をお手伝いします。

本作品はあらゆる男性の性癖に合ったプレイを提供できる高性能アンドロイドが
80分近くに渡る様々なプレイで彼の欲望をとことん満たします。
M向け作品によく見られる搾精ロボとは違い、彼女は尽くすことを身上としてる優しいキャラです。
だからどのパートも1回の射精に向けて心身両面を丁寧に責めてくれます。

「どうぞ、私のいやらしいおまんこを、オナホ穴にしてくださいませ。トロトロのおまんこオナホで、おちんぽをいやらしくしごかせていただきます」
作品全体を通じて言える特徴は淫語がとにかく多いこと。
おちんぽ、おまんこ、おちんちん、お口まんこなど様々な表現の淫語を至るところで投げかけます。
特定のワードを連呼することはほとんどなく会話の中に意識して多く盛り込む感じです。
くちゅ音やちゅぱ音といった他のエロ要素も充実していて実用性はかなり高いと言えます。

もうひとつの特徴はパートによってING6600の声・口調・態度が大きく変わること。
彼女には「プレイに合わせた口調・性格の変更」という特殊な機能が備わっており
普段のロボっぽいキャラはもちろん、実の母親や新妻など人間味のあるキャラもきちんと対応できます。

サークルさんが意識してそうされたのかはさすがにわかりませんが
パートごとの繋がりにもこだわってるように映りました。
それぞれにまったく違う顔や反応を見せてくれるので最後まで新鮮な気持ちで聴くことができます。
ING6600役をやられてる大山チロルさんもテーマに沿った幅広い演技をされてます。

淫語を初めとする抜き要素がぎっしり詰まった作りとキャラやプレイの多彩さ。
生身の女性には決してできないタイプのサービスが楽しめる至れり尽くせりな作品です。
守備範囲が非常に広いエッチ
エッチシーンは5パート80分30秒間。
プレイはSEX(騎乗位、正常位)、授乳手コキ、フェラ、玉舐め、足コキ、キスです。
SEX、手コキ、足コキの際に効果音が鳴ります。

「まずはお試しということで、私の基本システムのままの性格でお使いになるのですね」
説明の最後で自分の性癖に素直になるよう主人公にお願いしたING6600は
ひとまず性能チェックを兼ねた騎乗位SEXでおちんちんを気持ちよくします。

エッチはどのパートも彼女がリードする形で進みます。
一番最初の「性格:事務的 プレイ:おま〇こへの挿入」は素の状態で相手をするパート(約16分)。
お互いに服を脱いでから前戯を一切挟まず彼の上に跨って挿入し
最初はゆっくり、後になるほどペースを速めて腰を打ちつけます。

「ご覧ください、ご主人様。おちんぽが、私のおまんこに……トロトロにとろけた、いやらしいおまんこに挿入されていきます」
彼女は男性とのエッチに特化したアンドロイドですから
何もしなくてもおまんこをすぐ濡らせるし、そのまま射精しても後始末の必要はありません。
そんなことを時折説明しながら彼に負担をかけないレベルでリズミカルにしごきます。
作品の特徴である淫語も序盤から多く、やや冷めた口調によるエロさの不足分を上手にカバーしています。

本作品のエッチは基本的に1パートあたり1種類のプレイだけやるので
各15分程度のプレイ時間なのに慌しさがまったくなく、十分なエロのパワーも持ってます。
(ここでの1種類は授乳手コキなど複数のプレイを同時に行う場合も含んでます)

プレイについては「ぐにゅっ ぷちゅっ」いうゴムっぽい摩擦音がゆっくり流れ始め
彼女は特に喘ぎ声を上げることなく淫語をたくさん言ったり、彼の様子を確認してペースを切り替えます。

「はい、ぴゅーっ、ぴゅーっ、ぴゅーっ、ぴゅーっ、ぴゅーっ、ぴゅーっ……」
雰囲気は確かにやや事務的ですが、リードは彼のことを第一に考えた温かいものです。
射精時にぴゅっぴゅのセリフで応援し、事後に「素晴らしいぴゅっぴゅです」と褒めるところにも優しさが見られます。
少なくともM向け作品で行う機械的なエッチとはまるで違うと言い切れます。

彼女が本領を発揮するのはその次から。
「性格:甘々なママ プレイ:授乳手コキ」はママになりきっての授乳手コキ
「性格:献身的な新妻 プレイ:お口ま〇こフェラ」は清楚な印象の若々しい人妻が激しいフェラをします。

「僕ちゃん♪ どうちまちたかー? おまたのところ、もじもじってちてまちゅけど……おちんちん、どうかしちゃったんでちゅかー?」
甘々なママパートの序盤を聴いたら雰囲気の大きな違いに驚くでしょうね。
アンドロイドらしさがなくなり、赤ちゃん言葉を巧みに使って甘やかす完全なママへと変わります。
セリフについても男性器は「おちんちん」、精液は「白いおしっこ」とシチュに合ったものを言ってくれますし
他の幼児プレイ作品と同じく女性に大事にされる幸せな感覚が味わえます。

「可愛いタマタマさーん♪ 頑張れ、頑張れー♪ 美味しいおちんちんミルク、いっぱい作ってくださーい♪」
三番目の献身的な新妻パートもキャラの個性を出しつつたっぷりご奉仕します。
仕事から帰ったばかりで汗ばんでるおちんちんを美味しそうに舐める姿や
清楚な声質とはまるで違うねっとりした激しいちゅぱ音が非常に印象的でした。
フェラと玉舐めの違いも音だけでちゃんと表現されててどちらもエロいです。

ちゅぱ音がメインのプレイは淫語との相性が悪くなるものなのですが
本作品では最も長い20分を用意し、20秒程度固めて舐めてからセリフをしゃべるスタイルを取ってます。
ちゅぱ音→淫語→ちゅぱ音と両方を交互に繰り出す感じです。
売りである淫語の量を維持しつつフェラもきちんと成立させてるところが実に素晴らしいです。

唯一M向けのプレイをするのが「性格:高飛車なお嬢様 プレイ:言葉責め&足コキ」パート(約17分30秒)。
顔やスタイルはいいけどSっ気の強いお嬢様が最初は片足で、少し経つと両足の裏でおちんちんを挟みこんで擦ります。

「アンタのチンポ、勃起してもやっぱり小さいのねぇ♪ とーってもちっちゃい、ウィンナーサイズ♪ なのに、頑張って、ピーンって反り返ろうとしてて……その姿が、涙ぐましいわ♪」
自分の指示であっさり全裸になる彼を嘲笑ったり、勃起しても全然大きくならないおちんちんを貶すなど
女性に見下される、辱められる快感をテーマにした今までとは別タイプのプレイが楽しめます。
といってもあくまでイメージプレイですから、ノーマルな人でも一応聴けるレベルに収まってます。
足コキも序盤は滑らかな摩擦音、中盤以降はカウパー交じりの水音と違いがあってリアルです。

このように、良い意味でアンドロイドらしくない温かくて変化に富んだプレイが繰り広げられてます。
違いを楽しむ作品
作品名通りの柔軟なプレイが魅力の作品です。

ING6600は自分を買ってくれた主人公に幸せで気持ちいいひと時を提供しようと
相手の性癖に合わせて口調や性格を変えられる機能を駆使して誠心誠意ご奉仕します。
全編を通じて質量共にこだわった淫語、そしてパートごとにまるで違うシチュとプレイ。
サークルさんの特徴と彼女の長所をしっかり組み合わせた豪華なエッチが行われています。

「ご主人様……私……幸せ、です……♪」
本作品の面白いところは冷静なアンドロイドに人間性を持たせてることです。
感情の起伏に乏しい通常時とエッチ開始後のギャップが非常に大きく
最中の細かな気配りも相まって個性的なキャラに仕上がってます。

サービス自体もハードに感じるところがほとんどないですし
射精が近づくにつれてエロさが増す流れも抜きやすくて良いです。
またパートごとの内容がまるで違うため聞き比べる楽しさもあります。
私は献身的な新妻パートが一番好きですけど、他のパートを気に入る人も普通にいるでしょうね。

エッチは淫語の扱いや他のエロ要素との絡め具合に光るものを持ってます。
淫語特化の作品を数多く制作してきたサークルさんなだけあって
淫語の種類や表現方法が本当に多彩でプレイとの親和性も高いです。

射精シーンは5回。
淫語大量、くちゅ音多め、ちゅぱ音それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

心を持たないはずの女性が心を込めて愛してくれる作品です。
おまけはオナニー専用囁き淫語音声です。

CV:大山チロルさん
総時間 1:37:20(本編…1:32:53 おまけ…4:27)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

あなたを抱きしめて耳元で全肯定してくれるお姉ちゃん【バイノーラル】

サークル「防鯖潤滑剤」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、弟のことを心底愛してるあまあまなお姉ちゃんが
優しい言葉や愛情たっぷりなエッチで心と体の両方を潤します。

ぎゅっと抱きしめながら「好き」「カッコいい」などのセリフを投げかける癒し特化の作りが魅力で
バイノーラル録音特有の近さ・風圧・熱も相まって彼女と密着する幸せな気分がリアルに味わえます。
お姉ちゃんの甘く温かなご奉仕
お姉ちゃんと抱き合いながらエッチするお話。

「おかえりなさーい♪ 今日も一日、お仕事お疲れさまー♪」
お姉ちゃんは母性を感じる穏やかな声の女性。
仕事を終えて帰宅した主人公にすぐさま近づき抱きしめると
温かい言葉とエッチなサービスで心身を同時に癒してあげます。

本作品は悲しいとき、褒めてらいたいとき、嬉しいことがあったとき、肯定して欲しいときなど
様々なシチュエーションを設定し、彼女がその状況に応じた方法でお世話する様子が描かれています。

防鯖潤滑剤さんと言えば女性が応援するセリフを投げかけながらエッチする「射精応援」シリーズが有名です。
しかし「頑張れ」「ファイト」といったことをよく言うあちらとは違い
本作では「もう十分頑張ってるからね」など現在の彼を全肯定するセリフをとことん言います。

「あなたは、とーっても、頑張り屋さん…♪ 努力家で、真面目で…とっても素敵な人…♪」
彼女は肉親として彼の頑張る様子を常に近くで見続けています。
だからこそもっと頑張ろうとして自分に負担をかける彼に柔らかな口調でブレーキをかけます。
音声の最初から最後までべた褒めしますから、心が疲れてる人ほど胸のうちがスッキリしたり温かく感じるでしょう。

サークルさんでは珍しく総時間のおよそ4割が非エロにあてられてるのも特徴です。
どのシーンも事前に必ず6~8分程度のやり取りが入り、そこで気持ちを整えてからエッチに突入します。
エッチも全体的に激しさより温かさを重視していて幸福感を抱きながら射精できます。
体よりも心へのケアをしっかり行う癒し要素の大変強い作品です。

「いいよ♪ お姉ちゃんに、もーっと強く抱き着いても、大丈夫♪ あなたの気が済むまで、お姉ちゃんのこと、ぎゅーってしてね♪」
癒しのパワーを高めるもうひとつの要素は「距離の近さ」
お姉ちゃんは彼が帰宅するとすぐさま抱きつき耳元至近距離から優しい言葉をかけます。
そしてエッチの際も多くのシーンでこの体勢を維持します。

数多くのバイノーラル作品に出演されてる沢野ぽぷらさんの声はとてもリアルで
セリフを言うたびに微かな熱や風圧が感じられます。
そして先ほど説明した全肯定のセリフは心の一体感を高めてくれます。

年上の優しい女性が身も心もしっかり重ね合わせながらお世話する。
普通にエッチするよりも強く深い充足感を与えてくれる作品です。
心の芯から癒されるラブラブなエッチ
エッチシーンは4パート37分ほど。
プレイは授乳手コキ、耳舐め手コキ、淫語責め手コキ、SEX(対面座位)、キスです。
手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります。

「恥ずかしがらないで、お姉ちゃんにいっぱい甘えて♪ 赤ちゃんになった気分で……何も考えないで、おっぱいをちゅぱちゅぱってしてね♪」
悲しそうな主人公をハグと優しい言葉で軽く立ち直らせたお姉ちゃんは
彼をもっと元気にしようと自ら服を脱いでおっぱいを差し出し
それを好きに吸わせながら膝枕の状態でおちんちんをしごき始めます。

エッチは基本的に彼女がお世話する形で進みます。
一番最初の「あまあま授乳手コキ♪」は疲れた彼を体で癒す正統派のシチュ。
おっぱいは完全に任せて彼女はおちんちんを初めはゆっくり、しばらくした後はやや激しく責めます。

「うふふっ、おちんちん、ちゃーんとおっきしようとしてる♪ とっても偉いよ♪」
そして最中は彼女がこちらを思いやる言葉を溢れんばかりに投げかけます。
おちんちんを勃起させただけでベタ褒めするところが実に彼女らしいですね。
幼児プレイではないので赤ちゃん言葉は言いませんが
左右の乳房をバランスよく吸わせてあげたり、「いつでも射精していいからね」と言うなど甘やかし成分が強いです。

効果音についても手コキが始まった直後は「しゅくっ すりゅっ」と滑らかな水音がリズミカルに鳴り
勃起したあとは水分が若干増す細かな変化が見られます。
また4パート中3パートに手コキが絡むことを踏まえて同じ手コキでもパートごとに多少違う音を鳴らします。
服を脱いだり体を軽く擦らせるシーンにも専用の音を入れてプレイに臨場感を与えています。

「はーい、ぴゅーっ、ぴゅーっ、ぴゅーっ、ぴゅーっ、ぴゅーっ、ぴゅーっ…♪」
山場となる射精シーンはぴゅっぴゅのセリフでタイミングを指示し
事後は「カッコいい」など頑張りを褒めるセリフで優しく包み込みます。
体に負担がかからないよう射精を各パート1回ずつに絞り込み、それに向けてじっくりリードします。

サークルさんらしいプレイが登場するのは3番目の「えっちな淫語囁き手コキ♪」。
「おちんちん」「おまんこ」など性器に関する淫語をたっぷり言いながら手でおちんちんを責めます。

「おちんちん、とってもカッコいい……♪ あなたのおちんちん、すっごく素敵♪ おちんちん、素敵♪ おちんちん、カッコいい♪」
主人公に嬉しいことがあったのを受けてするエッチということで
彼女も自分のことのように喜びながら積極的に淫語をぶつけます。
単語を連呼するシーンが割と多いため、人によっては単調に感じるかもしれませんが
淫語の量が多いのが防鯖潤滑剤さんの売りですし、このプレイは外せないと思います。

最も幸せなエッチが楽しめるのは最後の「イチャイチャ対面座位えっち♪」。
帰宅直後に「好き」と言ってくれた彼に何倍もの好きをお返しした後
ベッドで抱き合いあまあまラブラブなSEXをします。

「とっても、好き♪ あなたのこと、ぜーんぶ好き♪ あなたがしてくれること、みーんな大好き♪」
ここは事前の非エロパートも含めて彼女が「好き」と言うシーンが極めて多く
その嬉しそうな表情につられて頬がほころぶ人がそれなりにいると思います。
SEXも初めてではなく久しぶりにする設定にして背徳感をなくし
今までになかった彼が彼女をイかせるシーンも組み込んで甘さを増しています。

射精が近づいたところで彼女がちょっとしたおねだりをするなど
他の3パートに比べて彼女が彼を強く求めているのを感じられる描写が随所に登場します。

このように、二人の絆の強さを前面に押し出した温かいエッチが繰り広げられています。
一体感が味わえる作品
心を存分に温めながら気持ちよくなれる作品です。

お姉ちゃんは主人公が疲れてるときはそれをできるだけ軽減し
逆にいい気分に浸ってるときは増幅できるように状況に合わせたお世話をします。
「偉い」「カッコいい」「世界一好き」などこちらを持ち上げる言葉が本当に多く
彼女の温かい声や態度も相まって後になるほど心の芯からぽかぽかしてきます。

「あなたの声で、好きって言われると…お姉ちゃん、頭が真っ白になるくらい、幸せになっちゃう…♪」
この作品の良いところは彼女がひたすら癒し続けるだけでなく
彼が幸せになるのに応じて彼女も幸せな表情を見せてくれることです。
「大好きな人が幸せになってくれてとても嬉しい」という気持ちを曝け出してくれるから
こちらもつられてそんな気分が湧いてきます。

そして何かして欲しいときは彼女の側からもそれをちゃんと要求します。
一方通行ではなくお互いが影響し、求め合うことでより幸せになろうとします。
この姿勢が彼女との一体感を生み出し癒しのパワーを高めています。

エッチは授乳手コキ、耳舐め手コキ、キスしながらのSEXなど
複数のプレイを同時に行う=エッチな音や要素を重ねることに気を遣ってます。
コキ系のプレイが多いことを踏まえて効果音にも力が入れられてますし
全肯定のセリフも挟んで心身をバランスよく盛り上げようとします。

絶頂シーンは主人公4回、お姉ちゃん2回。
くちゅ音それなり、淫語とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

女性がすべてを受け入れながらお世話する癒し特化の作品です。
励まして欲しい人、いい気分に浸りながら抜きたい人には特におすすめします。

おまけは「お姉ちゃんと添い寝・寝息音声」です。

CV:沢野ぽぷらさん
総時間 1:23:43(本編…1:17:12 おまけ…6:31)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

欲求不満な小悪魔シスターと甘ラブスイート懺悔エッチ【耳舐め】【淫語責め】

サークル「とらいあんぐる!」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声と態度は上品だけど実はエッチ大好きなシスターが
偶然訪れた冒険者と2種類のエッチをして心と体を清めます。

数多くの淫語とエッチな音声を組み合わせた濃厚なプレイが行われており
彼女は「おちんぽ」「おっぱいミルク」などやや下品な淫語を意識して多く言いながら
ちゅぱ音や効果音をたっぷり鳴らして射精したくなるよう丁寧に導きます。
清楚なシスターが持つ裏の顔
シスターとあまあまラブラブなエッチをするお話。

「あら? こんな人里離れたところまで よくぞいらっしゃいました」
シスターは上品で色っぽい声のお姉さん。
はじまりの町から出発した後、森の中にある教会に辿り着いた冒険者を優しく迎えると
これまでの行いを冒険の書に記録し一晩の宿を提供します。

本作品はサークルさんが以前発売された「寂しがりやな宿屋のお姉さんと甘ラブスイート慰安エッチ」の続編。
宿屋のお姉さんに筆おろししてもらった彼が冒険者として旅立ち
この世界ではセーブポイントになってる教会でさらに踏み込んだ経験をします。
総時間のほとんどがエッチシーンで内容も独立してますから今作から聴いても大丈夫です。

「では 神の前に これまでの行いを告白してください」
シスターはそのイメージにぴったりな清楚な雰囲気の女性。
聖職者として彼がこれまで行ってきたことをすべて受け入れ
その上で気分良く旅立てるように心のこもったお世話をします。

しかし彼女が住む教会は森の中にあるため人がなかなか訪れてくれません。
相手がいないと当然エッチもできないわけで、それなりの欲求不満に陥っています。
そこで彼女は淫語をたっぷり盛り込んだエッチで自分のストレスも発散させることにします。

「ここの お・ち・ん・ぽ おちんぽが少しずつ硬くなって その下のたまたまもぷっくりして どっしりと膨らんでしまっています」
普段の声や態度が上品だからこそ、彼女が放つ下品な言葉の数々がとてもエロく感じます。
ギャップを活用して興奮を高める責めですね。
ストレートに連呼したりセリフに多く盛り込んできたりと変化をつけて言ってくれます。

シスターとエッチするシチュは作品によって背徳的に描かれる場合もありますが
本作品では宗教的にOKなのかすべてを明るく爽やかに行います。

もうひとつの特徴はエッチのスタイル。
前半は彼女に弄ばれるややM向けのプレイを、後半は純愛要素の強いラブラブなプレイをします。
責め方や最中のセリフが随分と違うおかげで同じ相手でも雰囲気がガラリと変わります。
そしてどちらもくちゅ音やちゅぱ音といったエッチな音を多く鳴らします。

上品なシスターが下品な淫語を言いながらエッチに責め立てる。
キャラをある程度意識した抜き重視のプレイが繰り広げられています。
最初は意地悪に、後は優しく
エッチシーンは4パート53分間。
プレイは手コキ、耳舐め、お掃除フェラ、パイズリ、キス、SEX(騎乗位、対面座位)です。
手コキ、パイズリ、SEXの際に効果音が鳴ります。

「私が あなた様に憑いた悪魔を 払って差し上げます」
懺悔の後、部屋に案内し眠りの魔法をかけてから冒険者に目隠しと拘束を施したシスターは
目覚めた彼に「悪魔が取り憑いてる」と説明し、浄化するために手でおちんちんをしごき始めます。

エッチは基本的に彼女がリードする形で進みます。
前半の2パート20分間はシスターよりも小悪魔に近いプレイ。
無抵抗な彼に寄り添い、淫語をいっぱい囁きながらおちんちんや耳をゆっくり責めます。

「おちんぽ シコシコ おちんぽ シコシコ」
「あなた様のおちんぽが ビクビクと震えております 悪魔は お耳が弱いのですね」

清楚な声から繰り出される「おちんぽ」はなかなかのパワーを持っており
これを聴いてるだけでも自然と勃起してきます。
さらにパート序盤は手コキ、中盤以降は手コキ+耳舐めとプレイの密度が上がり
それに合わせて複数のエッチな音が同時に鳴るようになります。

ややM向けと言っても軽い焦らしや寸止めが入る程度ですから
ノーマルな性癖の人でもそれほど抵抗を感じることはないと思います。
彼女も尤もらしい理由をつけてきちんと頑張れるようリードしてくれます。

「悪魔のおちんぽから出たミルクは 堪らない味です 病みつきになりそうな おちんぽミルクの味…」
彼女の欲求不満っぷりが最もよく表れてるのが射精シーン。
適度に焦らしたおかげで大量に吐き出された精液をうっとりした表情で眺め
手にかかった分を喉を鳴らして美味しそうに飲み干します。


淫語もそうですがこういった彼女のシスターらしからぬ態度が余計に興奮を高めてくれます。
販売ページでサークルさんがアピールされてる「ギャップ萌え」を活かしたプレイです。

対する後半の2パートはシスターとのストレートなエッチ。
射精後に再び眠った冒険者がうなされてるのに気づいて部屋にやって来た彼女が
心身に疲れを感じてる彼がスッキリできるように自分の体を使ってご奉仕します。

「あなた様を一目見たときから 素敵だと思っておりました」
「あぁっ そんなにじろじろ見られますと 恥ずかしいです…」

前半のプレイは彼が見た悪夢という設定がされてるせいもあって
ここでのシスターは「清純」と呼ぶのが相応しい素直な態度を見せます。
自ら服を脱いでおっぱいを出し、それを見てる彼に恥ずかしそうな仕草をするシーンなどは特にそう思います。

プレイもシーンの前半はパイズリ、後半はSEXとご奉仕色の強いものばかり。
パイズリをする際は通常の動きに加えておっぱいを左右交互に擦る変則プレイも登場し
その両方で質感は似てるけど動きのまったく違う効果音が鳴ります。
SEXでも騎乗位と対面座位で音が変化したりと細かな部分にも気を使ってくれています。

「大丈夫です 私のおまんこ壊れてもいいですから あなたさまの逞しいおちんぽで 私のおまんこ もっともっと強く突いてくださいませ」
「あなた様 愛してます」

一番の抜き場はやはり最後のSEXシーンでしょう。
冒険者の太くて逞しいおちんちんをちょっぴり苦しそうな表情で一生懸命挿入し
その後はややアヘった喘ぎ声を漏らしながら後になるほど速いペースで腰を打ちつけます。
最中のセリフも彼を第一に考えるものが多く、愛の言葉も多少ですが投げかけてくれます。

通しで聴いた場合、前半との雰囲気の大きな違いに驚く人もいるでしょう。
SEXしながら何度もキスをするところにも2人の絆の強さが感じられます。
キスのちゅぱ音、SEXの効果音と喘ぎ声が同時に流れる時間はやはり密度が高くエロいです。
淫語重視のイチャラブ作品
シスターから連想されるイメージを逆手に取った抜きやすい作品です。

シスターは救いを求めてやって来た冒険者のために、そして自分自身の性欲解消のために
前半は自分の嗜好を、後半はお互いの嗜好を取り入れた異なるスタイルのエッチをします。
作品の売りである淫語やくちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声といった抜き要素を数多く盛り込み
そのすべてにギャップを持たせて聴き手の興奮を後押しします。

「道に迷ったときは いつでもこの教会を訪ねてください」
エッチだけを見ると割とスタンダードです。
でも相手が献身的で淫乱なシスターとなると印象はガラリと変わります。
彼女の置かれた立場やキャラがあってこその作品だと思います。

エッチは射精回数を3回まで減らし、1回1回をきちんと抜けるように進めます。
どのプレイにも十分なエロさがありますから抜き場に困ることはまずないです。
バイノーラル録音を活用しプレイの最中に声の位置や距離を小まめに切り替えてる点も大きいです。

射精シーンは全部で3回。
淫語とくちゅ音多め、ちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

聖職者とのエッチを明るいタッチで描いた作品です。
オナニーのおかずになる作品をお探しの方におすすめします。

CV:椎那天さん
総時間 1:07:53

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

射精応援~いっしょにお射精、頑張ろうね♪~【バイノーラル】

サークル「防鯖潤滑剤」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、穏やかな性格と大きなおっぱいを持つお姉ちゃんが
とことん甘やかしながらエッチなお世話をします。

シリーズ最大の特徴である応援するセリフに加えて
今回は耳元で囁く、耳を舐めるなどバイノーラル録音ならではの演出が取り入れられており
臨場感の高い声や彼女との距離の近さが心を温めてくれます。
お姉ちゃんが励ましながら射精をお手伝い
姉の「めあ」とあまあまなエッチをするお話。

「おかえりなさい。お仕事お疲れさま♪」
めあは明るくて穏やかな声のお姉さん。
疲れた様子で帰宅した主人公を温かく迎えると
ストレス発散のために彼の射精をお手伝いしてあげます。

本作品は大きく5つのパートに分かれており
仕事で苦労している彼を励まそうと彼女が手、おっぱい、おまんこなどを使い
最初はゆっくり、後のほうになるとやや激しく責めて射精へと導きます。

「頑張れ、頑張れー♪ おちんぽちゃん、頑張れー♪ 頑張っておっきしよーっ♪」
「射精応援」シリーズはサークルさんの看板作品として今回で6作目にあたり
女性がすべてを受け入れ、甘やかし、励ましながらエッチをするスタイルが確立されています。
本作品もその例に漏れず、めあは彼が何をするにつけても褒め称え
プレイ中も上のような応援するセリフを明るい調子でたっぷり言います。

心のもやもやを取り除くためにするエッチですから雰囲気も終始あまあま。
彼女の言葉や態度から「彼をなんとかして元気にしたい」という想いが強く伝わってきます。
性的興奮だけでなく精神的な充実感も得やすい作品です。

本作品ならではの要素として挙げられるのが演出。
シリーズ初のバイノーラル録音ということで彼女がいくつかのシーンで密着しながらプレイを行い
それに合わせて声の位置も一気に近くなります。

今までなかった耳舐めも合計で15分程度の長さが取られてますし
最中は彼女が囁き声で応援、淫語、愛の言葉を投げかけてくれます。
雰囲気的な温かさが従来よりもパワーアップしている印象を受けました。

甘やかし応援するセリフと密着感のあるプレイ。
この2つが本作品の大きな魅力と言えます。
女性の優しさと温かさが詰まったエッチ
エッチシーンは5パート57分ほど。
プレイは耳舐め、手コキ、キス、授乳手コキ、パイズリ、SEX(騎乗位、対面座位)です。
手コキ、パイズリ、SEXの際に効果音が流れます。

「うふふっ、おちんぽちゃん、はっけーん♪」
彼の服を脱がしまだ勃起してないおちんちんを見ためあは
添い寝して体を密着させ、囁きながらゆっくり優しくしごき始めます。

エッチは最終パート以外は彼女がお世話する形で行い
最終パートだけは彼が彼女を責めて気持ちよくします。
一番最初の「お耳舐めながら、ヌキヌキしてあげる♪」パートは耳舐め+手コキ。
初めは右側、しばらくすると左側に彼女が移動し
どちらも耳舐めしながら合間に応援や淫語を囁きます。

「お姉ちゃん、あなたにたくさん気持ちよくなって欲しいから…して欲しいことは何でも言ってね?」
「疲れてるのに、こんなに立派におっきできるなんて…とっても頑張ったね♪ えらいよ♪」

めあは彼が何かして欲しそうならそれにすぐ応えてあげるし
勃起しただけでもすごいことを成し遂げたかのように褒め称えます。
すべてを包み込んでくれるリードに多くの人が癒しを感じるでしょう。

プレイの際に射精が近くなるまで緩いペースで責める姿にも
彼の体にできるだけ負担をかけまいとする彼女の優しさが現れています。
甘やかし成分が非常に強いエッチですね。

またバイノーラルのおかげで声の位置や臨場感もバッチリ。
囁き声は耳に微かな振動が伝わってくるし、耳舐めも舌の動きがイメージしやすいです。
本作品の長所が最もわかりやすい形で表現されているパートだと思います。

彼女の身体的特徴を活かしたプレイが登場するのは
3番目の「おっぱいま○こでシコシコしてあげる♪ おっぱいに甘えてね♪」パート。
おっぱい大好きな彼のリクエストに応えておちんちんを挟み込み
「ぎゅぽっ きゅぷっ」と弾力のある水音を鳴らしながら比較的緩いペースで動かします。

「お姉ちゃんが、ずっとおっぱいで包んであげるから♪ ぎゅぅっておっぱいで包み込んで、離さないであげるから…だから、寂しがらないでいいんだよ♪ おちんぽちゃん♪」
勃起前のおちんちんを挟む音としごく音、勃起した後にやや激しく責める音など
プレイの様子に合わせて効果音もちゃんと変化するのがいいですね。
彼女がどういう風にお世話しているのかが音だけで伝わってきます。
そしておちんちんに向かって自分の子供のように語りかける彼女の姿も優しさに溢れてます。

二人の絆の強さが最も感じられるのは最後の「あなたと一緒に気持ちよくなっちゃう……♪」パート。
仕事の山場を無事乗り越え上機嫌で帰宅した主人公が
今まで励ましてくれたお礼に対面座位でめあを激しく責め上げます。

「おねえちゃんが、動くのと…ぜんぜん、ちがうよぉ…っ。あなたの、おちんぽちゃん、激しすぎて…っ。腰、抜けちゃいそう…っ」
「好き…好きっ、好きぃ…っ! あなたのこと、好き、好き、大好き…っ! あなたのこと、世界で一番好きぃ…っ!」

今までとはほぼ逆の立場でするエッチに戸惑う彼女の様子や
おまんこを激しく突かれて艶かしい喘ぎ声を漏らす姿がたまらなくエロいです。
お返しに彼女も愛の言葉をたっぷり投げかけたりと
姉弟よりも恋人や夫婦に近いあまあまラブラブなエッチが楽しめます。

このパートだけは応援するセリフが一気に減り
彼の体調が良いのを踏まえて責めるペースも最初から速く激しくしています。
個人的には最も抜きやすいパートだと思います。

このように、女性の優しさや温かさを感じるエッチが繰り広げられています。
心を潤してくれる作品
大ボリュームの応援と甘やかしを中心とした癒しの色が強い作品です。

めあは日々仕事に追われてなかなかリフレッシュできない主人公を気遣って
服を脱がすところから射精後に残り汁を搾り出すところまで
エッチのすべてを自ら進んでお世話する形で行います。
タイトルにもなっている応援のセリフも確かに特徴的なのですが
彼女が見せる細かな気遣いがあるからこそ効果を発揮するのです。

「あなたのおちんぽちゃん、お姉ちゃんのおまんこの中で、受け止めててあげる♪ あなたが寂しくなくなるまで、ずぅっとね♪」
彼女は彼が満足してくれるのなら好きなだけ自分の体を使っていいと言います。
そして何をするにも彼の考えを受け入れ、彼が望むようにリードします。
「おちんぽちゃん」「おまんこ」などの淫語を意識して多く言うのも彼に興奮してほしいからです。
こういった要素が積み重なって作品全体にとても温かい空気が流れています。

聴き終えたときは心がスッキリする思いがしました。
耳かきなどとは違う方向から癒しを与えてくれる作品です。

エッチについては従来の応援スタイルを維持しつつ新要素を盛り込んでいます。
もう少し多めに入れたほうが作品に個性が生まれたようにも思えるのですが
新しい試みということでサークルさんがまだ様子見されてるのかもしれません。
次回作以降でどうなっていくのかが楽しみです。

「おちんぽちゃんすりすり、おちんぽちゃんすりすり♪ おっぱいまんこしこしこ、おっぱいまんこしこしこ♪」
ひとつだけ気になったのがエッチの最初3パート(耳舐め手コキ、授乳手コキ、パイズリ)において
上のようなセリフをひたすら連呼するシーンがそれなりに見られたことです。
淫語のボリュームを増やすためにそうされたのでしょうが
複数のパートで似たようなセリフが続くと聴いてる側は単調に感じます。

授乳手コキなら赤ちゃん言葉で語りかけるとか
甘やかすセリフをもう少し増やすなどセリフ周りに変化がほしかったです。
その一方で最後の対面座位パートは前の4パートとの明らかな違いが出ていて良かったです。
エロさについては最初の耳舐め手コキと終盤2つあるSEXパートが優れています。
耳舐め+手コキ、SEX+キスなど複数のエッチな音を同時に鳴らしているのが大きいです。

射精シーンは全部で6回(うち1回が連続射精)。
淫語多め、くちゅ音それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声そこそこです。

年上の女性にたっぷり甘えられる作品です。
精神的に疲れている人には特におすすめします。

CV:沢野ぽぷらさん
総時間 1:21:00

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ