同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:涼花みなせ

   ● 【耳舐め特化】せんべろ3 -ひな子が10分千円でお耳をべろべろに舐めちゃうぞ?-【極・耳舐め】
   ● 女体化催眠:ドスケベビッチなオタサーの姫 オナニー配信と愛憎のレズ化調教
   ● 【超お買い得】方言メスガキなんかに絶対に負けない!!【バイノーラル】
   ● 飼ってるセフレ達と今からセックスナマ配信します。
   ● ラブホ女子会で二人がけ催眠 友達の前で連続メスイキアクメするあなた
   ● 耳フェラ。
   ● ささやき庵 癒衣【2時間超】【極上癒やしえっち】
   ● 人妻淫魔の受精サービス
   ● 【バイノーラル】洗脳ノイズ♪No.1耳かき店員があなたの耳フェラ奴隷に♪
   ● 大人しい女の子が寄生虫に寄生されて超エッチになってしまう大変!?




サークル「HORNET」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、明るくて積極的なギャルっぽい風俗嬢が
お店をよく利用してる客の耳をたっぷり責めて気持ちよくします。

質量共に優れた耳舐めをするのが特徴で
エッチシーンのほぼ全部で口や指を使って耳を責め続け
その際に耳の内側や穴の入り口をメインターゲットにし、ゾリゾリした独特な音を鳴らします。
おちんちんへの責めは完全フリースタイルなので、耳舐め好きな人のほうがずっと楽しめるでしょう。

視聴時にオナホを用意しておくとより楽しめます(無しでも可)。
深くてザラザラした特殊な耳舐めを
耳舐め風俗店でひな子からサービスを受けるお話。

「こーんばーんわっ ひな子でーす」
ひな子はノリが良くて明るい声の女の子。
主人公に挨拶し、元気がなさそうなのでその理由を尋ねると
いっぱい気持ちよくして嫌なことを吹き飛ばそうとします。

本作品は「せんべろ」「せんべろ2」に続くサークルさんの人気シリーズ第3弾。
天真爛漫でサービス精神旺盛な彼女が彼をおよそ80分に渡ってエッチにもてなします。
お店ではタイトル通り10分1000円で耳舐めを提供してますが
音声自体の価格は770円と手頃なあたりに設定されてます。
店員が交代してるので今作からの視聴でも大丈夫です。

最大の魅力はもちろん耳舐め。
本編のおよそ85%にあたる68分間も左右の耳をたっぷり舐め続けます(おまけも入れると112分)。
去年あたりから耳舐めをテーマにした作品が結構出てますけど
それでもここまで寄せてるものはまだまだ数が少ないです。

製品版では基本的にパート内で片方だけを舐める形になってまして
右耳と左耳の2パターンが用意されてます。
耳舐め中はセリフをほとんど挟まず、ちゅぱ音だけを集中して聴けるASMR色の強い作りです。
彼女の声がほぼずっと囁き声なのもこれに配慮したのだと思います。

「ほら 中に入れますよ」
せんべろシリーズの魅力はそれだけじゃありません。
耳の内側や穴の入り口を責めるシーンを長く取り
その際にジョリジョリしたややざらつきのある音をよく鳴らします。

2番目のパートの中盤頃から最後まで断続的にやるので時間はおよそ50分間です。

人間の舌は腹の部分がざらざらしてるため、舐める時にそれを反映させて臨場感を出すわけです。
近さや深さについても軽い閉塞感が味わえるくらいリアルで耳がゾクゾクします。
耳の外側をちゅぱちゅぱする一般的な耳舐めとの違いを音だけで実感するでしょう。
同じ責め方をずっと続けるわけではないので聴いてて単調に感じることはありません。

「いいですよ おちんちんシコシコしても」
おちんちんへの責めについては彼女が直接触れることは一切なく
完全フリースタイルでオナニーさせたりオナホコキする耳舐めよりもずっと緩い内容です。
前作「せんべろ2」では手コキやパンツコキをしてたので
それよりも1作目の「せんべろ」へ原点回帰させてる感じです。

質と量のどちらにもこだわった耳舐めとおちんちんは自由にしごかせる緩い作り。
要所をしっかり押さえたうえで抜きやすさにも配慮した耳舐め特化の作品です。
流れを持たせた耳舐め
本編のエッチシーンは5パート68分間。
プレイは耳舐め、指舐め、首筋舐め、オナニー、指耳かき、オナホコキです。
指耳かき、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「じゃあ こっちの耳から 試してみましょうね」
サービスの内容やオプションについて簡単に説明すると
ひな子は息を吹きかけたり耳元でちゅぱ音を鳴らしてどちらの耳が敏感か確かめます。

エッチは風俗店なので終始彼女が責め続けます。
前半の2パート34分間は比較的ライトなプレイ。
「[01]ウォーミンクアップ」は息吹き、指舐め、淫語交じりの雑談で気持ちを盛り上げ
「[02]極・耳舐め」は片方の耳を後になるほど深く力強く舐めます。
そして02パートのみ途中から好きにオナニーする指示が出ます。

「ねーえ お客さん 今日いっぱい溜めてきたんですか?」
本作品はASMR系ですけど01パートに限って言えばセリフ多めです。
彼をお世話するのは初めてなのでオナニー事情を尋ねて淫乱なことをアピールし
さらに自分がどんなオナニーをしてるかも教えてストレートに興奮を誘います。
「南国風淫魔系痴女っ子」と銘打ってるだけあってカラッとしてるし積極的です。

耳への責めについては名前通りウォーミンクアップと呼ぶのが妥当です。
でも耳舐めと指舐めでちゅぱ音が明らかに違うし、息吹きも風圧がちゃんと感じられます。
本作品は特化型なおかげで時間に余裕がありますから、まずは音のリアルさを伝えるところから始めます。

02パートは単体で最も長い24分を使って色んな耳舐めを披露します。
最初の7分間は耳へのキス、首筋舐め、通常の耳舐めで慣らし
それから売りである深くてジョリジョリした特徴的なちゅぱ音に変わります。

他の耳舐め作品だとあまり聴かないタイプの音ですし驚くのではないでしょうか。
近さや深さもばっちりで彼女がすぐ近くにいる感覚が味わえます。
割と刺激的な音なのに長時間聴いても頭が痛くならないのはスピードが緩いからです。
個性を出しつつ聴き手が無理なく楽しめるよう調整されてるのが素晴らしいです。

後半の2パート33分間は前半を進化させたもの。
「[04]指&極・耳舐め」は耳舐めと指耳かきを同時にやって左右をがっつり責めながらオナニーさせ
「[05]オナホ&極・耳舐め」は手からオナホに切り替えておちんちんの刺激も上げます。
指耳かきは簡単に言えば指で耳の内側や穴をいじるプレイです。

04パートは耳が敏感な人には堪らないプレイと言えます。
片方は引き続きざらつきや閉塞感のあるちゅぱ音を鳴らし
もう片方は「しゅりっ」という面積広めで滑らかな音を鳴らして別の刺激を与えます。
さらに指耳かきは途中からローションが加わり湿り気を帯びた音へ変わります。

左右を同時に責められるおかげで音の密度が高く、刺激もしっかりしてて心地いいです。
うるささを感じないようどちらも比較的ゆっくりペースにしてました。
一緒にやるオナニーは指示を特に出さないので耳責めが魅力のパートです。

「同時に 同じペースで 耳マンコも ベロチンポで犯してあげる」
最後の05パートは偽物のおまんこに挿入してる状況を踏まえて
オナホのことを「おまんこ」、耳の穴を「耳マンコ」と呼ぶ疑似SEXっぽいプレイにしてます。
本作品の紹介画像で「M男さん向け★★★★」と書かれてるのはここを指してるのでしょう。
おちんちんを一方的に責められる快感と耳の中を犯される快感を同時に味わわせます。

といっても本作品の中ではM向けという意味であってノーマルな人でも普通に楽しめます。
彼女がきつい態度をとったり言葉責めを浴びせることはありません。
シチュを使ってM心を軽くくすぐり他のパートとの差別化を図ってます。

このように、耳舐めを中心に据えて少しずつ変化させるテーマ性の強いエッチが繰り広げられてます。
新感覚の耳舐め作品
既存の耳舐めとの違いを出したうえで聴きやすさにも気を配ってる作品です。

ひな子は耳舐め風俗店を何度も利用してる主人公を満足させようと
ギャルっぽいノリで気さくに話しかけながら多彩な耳舐めを披露します。
そして量だけでなく音にも個性を与え、属性もノーマルからややMまでカバーします。

サービス精神旺盛でエロさもある風俗嬢らしい女の子が男性にサービスする明るいシチュ
最初から最後までほぼずっと耳舐めする尖った作り
耳の内側や奥を重点的に責め、それをほぼ音だけでリアルに表現したASMR系のエッチ。
最大の武器である耳舐めが活きるように作品を組み立ててます。

私は過去2作を聴いてるのでどんなことをするかはある程度予測できてました。
それでも凄いと感じるのは音がとてもしっかりしてるからです。
奥のほうを責めることが多いのでぐりぐりした音が鳴るのですが
ペースを緩くしたりパワーを落として耳や頭が痛くならない程度の刺激を送ります。
力強いんだけど乱暴になってないという意味です。

唯一気になったのは射精のタイミングがわかりにくいこと。
セリフの量をかなり削ってあるおかげで射精音がいきなり鳴ります。
ただこれについてはサークルさんが後日カウントダウンするバージョンを追加してくださるそうです。
このアップデートさえ入れば弱点はほぼなくなると見てます。
(※2020年5月17日に追加されました)

射精シーンは3回。
ちゅぱ音多め、くちゅ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回も満点にさせていただきました。
おまけは「[07]極・耳舐めオンリー」と「[08]極・両耳舐めオンリー」です。

CV:涼花みなせさん
総時間 2:48:15(本編…1:19:51 おまけ…1:28:24)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は9点。
168分で770円とコスパが良いので+1してあります。

2020年6月1日まで15%OFFの654円で販売されてます。



サークル「しりあるヒプノ」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、同じ大学に通ってる穏やかで積極的な女の子が
催眠をかけて昔のエッチな体験を呼び起こしたりレズプレイの素晴らしさを教えます。

後になるほど女体化やレズ化が進むようにエッチするのが特徴で
催眠はある程度深化させてから女体化の手始めだけ行い
その後はパートごとにシチュを変えながら主観視点で描いて主人公になりきりやすくします。
初心者向けの丁寧なリードをしますから、女体化作品を聴き始めたばかりの人でも楽しめるでしょう。
女体化の弱点を巧みに克服
催眠音声を聴きながら3種類のエッチをするお話。

「ねぇ 今日もサークルの集まりに行く?」
女の子(挿し絵右)は明るくて優しい声の女の子。
主人公にこれから催眠をかけてくれるCDを聴く予定だったことを確認すると
プレイヤーを取り出し一緒に聴く準備をします。

本作品は奥手だった女子が新しい快感の扉を開く様子を疑似体験させることを目的に
彼女がおよそ80分に渡って催眠をかけたり変わったエッチをします。
作中では催眠音声を聴く設定になってますが、そこで流れる声は彼女とほぼ一緒です。
またエッチはパートごとに時期の差を設け、自分が歩んできた道を追体験する流れで進めます。

最大の特徴はエッチを通じて女体化を強化すること。
催眠をかけ、女体化誘導し、エッチする通常の女体化作品とは違い
2番目と3番目をほぼ同時にやることでエッチの量を確保しつつ総時間の短縮に成功してます。
実際のところエッチシーンは総時間の約半分にあたる40分ほどです。

これより総時間が短い、あるいはエッチの割合が高い作品ももちろんあります。
でも催眠に時間を割く必要がある関係でエッチが淡白になってるとか
逆にエッチを頑張りすぎたせいで催眠が疎かになってるといった弱点を抱えてます。

催眠にちゃんとかかれて、女性気分も味わえて、尚且つエッチも楽しめるから凄いと言うわけです。
女体化作品を数多く制作されてるサークルさんだからこの問題を解消できたのでしょう。
繰り返し聴いて楽しむことも考えればこれくらいの時間が丁度いいです。

「そう 自ら望んで積極的に催眠にかかりたい姿勢があれば 状況は違えど ぽんぽんと言葉は体と精神に行き渡ります」
それ以外の特徴は全体的にリードが丁寧です。
例えば催眠を始める前に催眠のことを軽く話して心構えを身に着け
その後も何をするかはもちろん、合間にちょっとしたコツを教えて入りやすくします。
エッチも実況、主人公の心情、感覚を伝える暗示をバランスよく配置してました。

「エッチを通じて女体化する」と聞くと難しく感じるかもしれませんが
実際は音声を聴いてれば勝手に主人公と同じ視点になります。
リラックスしながら音声に集中してればエッチの情景が自然と浮かんでくるでしょう。
私個人は女体化の中でも初心者向けの作品だと思ってます。
納得させながらかける催眠
催眠はおよそ22分間。
ベッドや布団に寝てまずは肩を上げ下げする運動をして筋肉をほぐし
さらに深呼吸を繰り返して心のほうも落ち着けます。
ちなみに目は開ける/閉じるどちらでもいいそうです(後で閉じる指示が出ます)。

「すーっと吐きながら肩をすーっと下ろして 力がすーっと抜けていきます」
「それほど自然に行われている呼吸を 意識的にゆっくりと深く行う深呼吸は 非日常への入り口でもあるのです」

肩の運動はカウントを数えて力を入れる/抜く両方のタイミングを教え
深呼吸は事前に何故するのかを話して前向きな気持ちにするなど
本作品の丁寧なところが早速発揮されててやりやすいです。
もちろん暗示も適度に入れてくれますからリラックスと脱力を実感できます。

深呼吸は最初にやる回数を指定し、1回ごとにカウントや暗示の内容が変わります。
催眠慣れしてる人なら最後の1回をやった時に軽い落下感がするかもしれません。
シンプルな技法を堅実に行使する初心者にも優しい誘導です。

お次は催眠状態をさらに深めつつ女体化の手始めに取り掛かります。
すべすべで繊細な指に体を撫でられてる様子をイメージし
女の子が言った部位に意識を向けて全身を隅々まで脱力します。
そして最後に時計の音に耳を傾けて女子校に通ってた頃の自分に戻ります。

「すーっと変化が固定化していく 体中女子校時代のものになっていく」
女体化作品では男性の体を女性に変えるアプローチをよくしますが
本作品は主人公が元々女性だった設定がされてます。
そしてその様子を主観的に描くことで聴き手の心と体を徐々に重ね合わせます。

最初のうちは違和感があるかもしれませんけど
ある程度聴いてればだんだんそれが当たり前の心境になっていきます。
時計の音を使ったのは時間を巻き戻すからでしょう。
約3分間音だけを鳴らして自分の内面に意識を向けやすくします。

エッチに向けた環境づくりに専念してる比較的高品質な催眠です。
聴き手の心と体を主人公に近づけることを目的に
肩に限定した漸進的弛緩法から入り深呼吸、イメージを交えた分割弛緩法
そして時計の音を使った沈黙法と古典催眠の技術をベースに誘導します。

このパートでは女体化をあまりやらないのでそちらはピンと来ないかもしれません。
でも催眠にはしっかり入れるので後々実感できる準備はできてます。
単に技術を行使するのではなく、合間に説明を挟んで受け入れやすくする配慮もされてます。
私が聴いた時も脱力感、意識のぼやけ、温感が味わえて心地よかったです。
新たな性癖に目覚めていくエッチ
エッチシーンは3パート40分間。
プレイは図書館でのオナニー、オナニー配信、女の子とのレズプレイ(手マン、キス、乳揉み)です。

オナニー、手マンの際に音量控えめな効果音が鳴ります(無しも選択可)。
セルフはありません。

「エロ本ではないもの それは性に目覚めた女の子にとってはとっても強烈で ついつい誰が来るかもわからない図書館なのに あそこに手が伸びていく」
1人で図書館にいる時に偶然他人の性行為を描いた本を見つけた主人公は
生々しい光景に思わず興奮し、その場でおまんこを慰め始めます。

エッチは主人公の視点で各プレイを疑似体験します。
一番最初の「03深化しながら図書館オナニーと女体化」は女体化を定着させるパート(約5分)。
パンツ越しにおまんこをいじり、少し経つとカウントを数えて1回目の絶頂を迎えます。

「あそこが熱い あそこが痺れる こんな危ないところでオナニーするなんて いつもより感じる」
女体化を定着させると言っても特別なことはやりません。
聴き手が女性になりきれる言い回しを心がけながら暗示を入れて快感を伝えます。
実況が結構緻密で行為の様子が頭の中に自然と浮かんできました。
図書館でこっそりオナニーするシチュもそれに上手く役立ってます。

絶頂シーンはありますけど、このパートはイかせるよりも作品世界に引き込む意味合いが強いです。
回想形式にして聴き手が実際にいじらなくてもよくする配慮がされてます。

次の「04オナニー配信」はさらに踏み込んだプレイ(約16分)。
図書館でしたオナニーにすっかりハマった主人公が
今度はネットにリアルタイムで配信しながらオナニーしてより強い刺激を求めます。

「カメラの前でM字に脚を広げると 数人の視聴者から 次々とコメントが私に対して飛んでくる それがさらに恥ずかしいことをたくさんの人に晒している実感となって マゾ的な快感が大きくなっていく」
公共の場とはいえ1人きりの安全な状態だった図書館オナニーとは違い
今回は不特定多数の人たちに見られる快感を加えてより気持ちよくなれるようにします。
最初は数人だった視聴者が100人、1000人と増え
そこにコメントを読む声も挟んで配信らしさを出してます。

感度を上げる暗示も入れてきますけど、それよりシチュのほうが大きいプレイです。
恥ずかしさを感じつつおまんこを一心不乱にいじる彼女の姿もエロいです。
時間が十分取られてますし、ここで1回目の絶頂を迎える人は多いと思います。

最後の「05愛憎のレズ化調教」さらに進んで今のお話(約19分)。
目の前にいる女の子と直接絡んで今度はレズの快感に目覚めます。

「股間全体に気持ちよさが響き渡る なのに直接的な刺激じゃないからイけない」
女の子は同性なので当然女の感じるところをよく知ってます。
だからいきなりハードな刺激を与えたりせず、まずは焦らしてより気持ちよくなれる準備を整えます。
意地悪と見ることもできますけど、主人公に女同士の良さを教えたかったのではないかなと。
じっくり溜めてから終盤に大きく1回イク流れもドライを迎えやすくて良いです。

04と05パートの序盤に再度深化させるのも印象的でした。
絶頂を迎えて催眠が浅くなるのを防ぐ役割を果たします。
ややアブノーマルなプレイをきめ細かなリードできっちり楽しみやすくしてます。

このように、プレイとシチュを組み合わせて責める臨場感のあるエッチが繰り広げられてます。
個性と機能性が高い作品
催眠、エッチいずれもコンパクトにまとまってる作品です。

女の子は主人公に自分が過去に味わったエッチな体験を再度味わわせようと
催眠を通じて昔の自分やその時の感覚を呼び起こし
さらにエッチの前半で綿密に実況してほぼ同じ視点で気持ちよくします。
そしてそれらが終わった後は自ら責めてレズの魅力を教えます。

女の子が用意した催眠音声を聴いて新しい性癖の扉を開くややM~M向けのシチュ
説明を挟みながら催眠を丁寧にかけ、女体化はエッチと並行して進める変わった作り
パートごとに異なる性癖を用意し、それとプレイを組み合わせて絶頂へ追い込むエッチ。
女性になった気分や女性の快感をできるだけ長く忠実に楽しめるよう仕上げてます。

中でも2番目は女体化作品の弱点を効果的な手段で克服してます。
男性から女性に変えるアプローチもそれはそれでわかりやすいのですが
本作品のように最初から女性だった設定にして、徐々に視点を合わせるアプローチも有りだと思います。
セリフの表現や各要素のバランスが練られており最後まで熱中しながら聴けました。

エッチは最初は女体化の定着、次は露出性癖をくすぐる、最後はレズ化調教と
パートごとに異なる特徴や目的を持ってます。
私個人はオナニー配信が最も刺激的でイキやすかったです。
逆にレズ化調教は名前の印象よりもプレイ、雰囲気ともにソフトでした。

絶頂シーンは4回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

CV:涼花みなせさん
総時間 1:22:28

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2020年5月6日まで30%OFFの847円で販売されてます。



サークル「なないろ小町」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、それぞれに違った性格をしてる2人の女の子が
欲しいものを得るために親戚の男性へエッチなサービスをします。

方言と同時責めを組み合わせた濃度の高いエッチが行われており
姉は博多弁、妹は富山弁と言葉遣いを変えたうえで
左右同時に耳を舐めたり唇やおちんちんを一緒に責めて気持ちいい射精に導きます。
127分で110円とコスパが非常に良いのも魅力です。
メスガキたちの気持ちいい誘惑
未夢、愛奈と3種類のエッチをするお話。

「はぁ またパソコンの前に座って 少しは運動でもしたらどうですか?」
未夢は可愛くて穏やかな声の女の子。
「そうそう まぁ兄ちゃんの場合は 右手の運動になってしまうんやろうけどね」
愛奈は甘く無邪気な声の女の子。
主人公の部屋にやってきて何をしてるか言い当てると
左右から耳へ交互に息を吹きかけて彼の反応を楽しみます。

本作品は会うたびに彼を弄んでる彼女たちが
およそ40分に渡るエッチで再び彼を負かそうとします。
総時間が短めなことを踏まえて開始から2分後には早速エッチを始め
未夢は右、愛奈は左に陣取り囁きながら後になるほど踏み込んだプレイをします。

愛奈「いい加減素直になったら? 耳だけで 興奮しちゃっとるくせに」
最大の魅力は2人が異なる方言をしゃべること。
未夢は博多弁、愛奈は富山弁で人懐っこく話しかけてきます。
サークルさんが方言の魅力を伝えるためにこの作品を制作されたそうで
初めての人でも聴きやすいようコテコテのしゃべり方をするのは避けてます。

現実世界で女の子がしゃべるのに近づけてるとでも言いましょうか。
そこまでがっつり方言で固めてるのではなく、細かな言い回しやイントネーションで個性を出してます。
愛奈のほうが方言率高めで、未夢は標準語に近いしゃべり方をしてました。

エッチについては登場人物が2人いる状況を利用し同時責め主体にしてあります。
耳舐めをおよそ半分にあたる18分用意し、手コキやSEXといった別のプレイと組み合わせてます。
声優さんが違うおかげで同じ耳舐めでも音の鳴らし方が結構違いました。
言葉責めも多少はやりますけど、それよりもエッチな声や音で興奮させるスタイルです。

あとタイトルから負ける快感をくすぐってくるM向けの作品と思う人もいるでしょうが
実際は年下の女の子たちと普通にイチャイチャするノーマル~ややM向けの内容です。
終盤には生意気な愛奈をわからせるシーンもあったりしてM度がかなり抑えられてます。

2人の女の子が方言を交えて責めるシチュと耳舐めを多めに盛り込んだ密度の高いエッチ。
サークルさんの作風と複数人プレイの長所を組み合わせた穏やかな作品です。
キャラの違いを出しながら責めるエッチ
エッチシーンは3パート35分間。
プレイは両耳舐め、手コキ、キス、SEX(騎乗位)です。
手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

愛奈「いい加減素直になったら? 耳だけで 興奮しちゃっとるくせに」
主人公の耳が弱いことを理解したうえで悪戯を仕掛けた2人は
そのまま左右同時に舌で舐めたり甘噛みして負かそうとします。

エッチはごく一部を除き彼女たちが責め続けます。
最初の2パート20分間は耳舐めの量にこだわったプレイ。
「1:メスガキ姉妹なんかに絶対に負けない!!」は両耳舐め+甘噛み
「2:普通に負けました」は両耳舐め+手コキ、時々キスで1回目の射精に追い込みます。

未夢「お兄さんの耳 おいしい ずっと甘噛みして 味わいたくなっちゃう」
愛奈「この生意気チンポ イかせちゃお」
そして2人は早速違う態度で彼に接します。
未夢は元々彼のことが好きなのでそれを匂わせるセリフを穏やかな態度で言い
愛奈はメスガキらしく彼を軽く見下しながら思ったことをストレートに言います。
以前から何度もエッチしてる関係なので拙さを感じるところは特にありません。
ゆっくりねっとりしたちゅぱ音が左右同時に流れるひと時はなかなか濃厚です。

両パートで耳舐めの方向性を変えてるのも印象的でした。
1番目はちゅぱちゅぱ、はむはむするスタンダードな耳舐め
2番目は穴の入り口を舌先でぐりぐりする比較的パワフルな責め方をします。
手コキも同時にやりますけど耳舐めのほうが存在感は大きいですね。
位置、距離、質感がバッチリで品質はかなり高かったです。

最後の「3:メスガキ姉妹なんかに絶対に負けない!!リベンジ」はより踏み込んだプレイ(約15分)。
1回出してもまだまだ元気なおちんちんを鎮めようと愛奈→未夢の順に騎乗位で繋がります。

愛奈「この感じなら あっという間に射精しちゃいそうだよね」
未夢「いいよ 私も軽くだけど イっちゃいそうやけん」
最初は余裕そうな表情だったのが徐々に弱音を吐き始める愛奈と
彼に初めてを捧げられた幸せを感じながら一緒の絶頂を目指す未夢。
2人が持つ彼に対する気持ちを表に出しながら可愛い喘ぎ声を漏らします。

耳舐めの時間は2分程度ですから主役は完全にSEXです。
「ぱすんっ」という弾力のある音を後になるほどハイペースで鳴らします。
してないほうのセリフは大幅に減るので同時責め成分は下がってます。
両方とも射精シーンがありますから好きなほうで抜くといいでしょう。

作品を聴いた感想ですが、どのパートもキャラを大事にしてるように感じました。
方言キャラが2人出てくる作品自体が少ないですし
そこに同時責めを加えてより充実したエッチに仕上げてます。
特にSEXパートは彼女たちの性格や心情がプレイにわかりやすく出てます。

負け要素が弱い点だけは気になりましたが
そちらを頑張りすぎると今度はキャラの影が薄くなってしまいますし
本編の時間が40分なことも考えれば今の作りが順当だと思います。
110円とは思えないほどしっかりした内容で満足できました。

このように、キャラとプレイをバランスよく引き立たせた甘めのエッチが繰り広げられてます。
色んな個性が詰まってる作品
年下の女の子たちに責められるシチュに独自要素を盛り込んでる作品です。

未夢と愛奈は自分たちが今欲しがってるものを主人公におごってもらおうと
彼の弱点である耳とおちんちんを同時に責めてまずはストレートに負かします。
そして最後はSEXで一緒に気持ちよくなり幸せなひと時を送ります。

優しくて大人びてる女の子と生意気な女の子が同時責めするシチュ
博多弁と富山弁を組み合わせたサークルさんらしいセリフの数々
序盤から中盤は耳舐め、終盤はSEXを重視しエッチな音を複数同時に鳴らすエッチ。
方言、耳舐め、同時責め、勝ち負けと複数の特徴を併せ持つ作品に仕上がってます。

この中で一番光ってるのはやはり方言(=キャラ)かなぁと。
訛りは薄めですけど細かなセリフやイントネーションが独特ですし
愛奈の元気で生意気なキャラを引き立たせるのに役立ってます。
なないろ小町さんが方言専門のサークルさんだからというのもあります。

あとは耳舐めも時間、内容ともに優れたものを持ってます。
今の耳舐め作品は音質は良いけど垂れ流し気味のものを結構見かけるので
パートごとに違う音を出してる点は大きな魅力と言えます。
声優さんが違うおかげで音の鳴らし方やリズムも結構違いました(特に2番目のパート)。

エッチはこの内容だと通しで1回抜く形になりそうです。
耳舐めの割合が多めなことから耳舐め好きな人のほうが楽しめるでしょう。
でもこれだけ価格が安ければそうでない人も余裕で元が取れます。
手を抜いてるところは特に見当たりませんし、サークルさんの作品を初めて聴くのにもってこいです。

射精シーンは3回。
くちゅ音とちゅぱ音それなり、淫語と喘ぎ声そこそこです。

CV:未夢…陽向葵ゅかさん 愛奈…涼花みなせさん
総時間 2:07:48(本編…39:31 両耳舐め…6:17 過去作トラック詰め合わせ…1:22:00)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
コスパを考慮し+1してあります。

2020年4月4日まで20%OFFの88円で販売されてます。



サークル「Deep;Dahlia」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、それぞれに違った魅力を持つ3人のセフレが
ご主人様にあたる男性と個別に、あるいは同時にあまあまラブラブなエッチをします。

彼女たちのキャラを引き立てながら生配信形式のエッチをするのが特徴で
一対一の時は個性を、3人同時の時は密度を大事にした多彩なプレイを繰り出し
それらの中に視聴者へのセリフや投げ銭を盛り込んで生配信らしさを出してます。
ポジティブなセリフがとても多いですから良い気分に浸りながら抜けるでしょう。
セフレとのエッチを全世界に
ありあ、ちえる、りいみと生配信エッチするお話。

「ねぇねぇご主人様ぁ 今日もお仕事ばっかりしてる もう休もうよぉ」
ありあは明るくて可愛い声の女の子。
「そうだよ もうお昼からずっとお仕事してるじゃない」
りいみは穏やかな声のお姉さん。
ペントハウスで仕事に励んでる主人公に休憩を提案すると
それでも止めない彼の両耳を舐めて悪戯します。

本作品は経緯は語られてないけど現在彼とセフレの関係にある彼女たちが
およそ140分に渡る色んなプレイでたっぷりご奉仕します。
彼はタワマン最上階にプール付きの広い家を持ってるほどのお金持ちなのに加えて
逞しいおちんちんと巧みなSEXテクニックを持つ完全無欠の男性です。
そんな事情を踏まえて彼女たちも序盤から彼にベタ惚れしてる様子を見せます。

ちえる「あぁ ご主人様 やっぱりおちんぽもかっこいいよぉ」
エッチに乗り気でないところをソフトな誘惑でやる気にさせ
本格的に楽しみ始めた後は3人で手分けして耳、乳首、おちんちんを責め続けます。
彼女たちが責めるシーンのほうが多いですが、持ち上げるセリフばかりなのでM性はまったく感じません。
年齢や性格の違う女性たちに尽くされる幸福感を味わいながら射精できます。

セフレと聞くと体だけの繋がりでそれ以外は淡白な印象を受けるかもしれません。
しかし彼女たちに限って言えば心の繋がりも相当に深いように感じられます。
エッチでは自分よりも彼を喜ばせようと頑張りますし
その前後にする会話も思いやりに満ちてて雰囲気が本当に甘いです。

もうひとつのポイントはエッチの様子を生配信すること。
6パート中5パートで行い、その時は視聴者に話しかけたり投げ銭する描写が入ります。

ありあ「いらっしゃーい 私のファ・ン・ど・も 今晩もドスケベ放送始めるわよ」
りいみ「好きなもの? んー アップルパイとか エクレアとか 甘いものは色々好きだけど 一番の大好物は ご主人様のお・ち・ん・ぽ」
ありあは少し生意気に、りいみはのんびりした態度でとキャラごとに違いを出しながら
それぞれの持ち味を活かしたプレイを見せつけてオカズを提供します。
一部で投げ銭の額に応じた責め方をするなど状況を活かす工夫がされてました。
基本的には普通にエッチして、その前後最中にそれっぽい要素を盛り込む脇役に近い位置づけです。

タイプの異なる女性たちがご主人様に尽くすシチュと生配信形式のエッチ。
ノーマル~ややSな人をメインターゲットにした個性的で実用性の高い作品です。
キャラの特徴を活かしたエッチ
エッチシーンは6パート121分間。
プレイは耳舐め、フェラ、キス、乳首責め、SEX(正常位)、ありあとのキス/乳揉み/SEX(正常位、対面座位、立ちバック)/キス/耳舐め、ちえるとの乳揉み/手コキ/キス/SEX(騎乗位、正常位)/首絞め(2秒くらい)、りいみとのキス/乳揉み/授乳手コキ/パイズリ/耳舐め/フェラです。
SEX、パイズリ(後半部分のみ)、投げ銭の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

りいみ「ほらほら 私たちが ご主人様のこーこ ご奉仕してあげるから」
両耳舐めで主人公をやる気にさせたありあとりいみは
別の部屋にいるちえるも呼び3人で耳とおちんちんを同時責めします。

エッチはシーンによって責め手を切り替えながら進めます。
一番最初のトラック01は唯一生配信しないパート(約22分)。
ありあ&りいみの両耳舐めから始まり、3人揃った後は交代で両耳舐め+フェラをします。

りいみ「いっぱい精液出してもらえるように お口おまんこ頑張るね」
そして彼女たちは早速彼に対する溺愛っぷりを披露します。
りいみ→ありあ→ちえるの順にフェラを担当し、その中でポジティブなセリフをガンガン投げかけます。
そしてちゅぱ音はセフレっぽさを出すために敢えて下品な音を鳴らします。

プレイ自体は両耳舐め+フェラで固定されてるのですが
4分程度の間隔で担当が変わるおかげで違うちゅぱ音が楽しめます。
フェラの時にりいみは「じゅぼじゅぼ」、ちえるは「ちゅぱちゅぱ」
ありあは「ずびびびびっ」みたいな音を鳴らしてました。
常に同時責めするため音の密度も高く序盤からエロさ高めです。

左右「はーい どぷっ どぷどぷどぷっ どぷどぷどぷどぷー」
また本作品ではすべての射精シーンでぴゅっぴゅのセリフを言ってくれます。
M向けの言葉責めはありませんから彼をもてなす気持ちの表れと見るのが妥当でしょう。
パートによって量や言い方を多少変えてあってこだわりを感じました。

続く4パート77分間は彼女たち1人1人に光を当ててるシーン。
トラック02はありあ、03はちえる、04と05はりいみとパートナーを切り替え
いずれも生配信形式でそれぞれの魅力を引き出す熱いプレイをします。
ちなみに配信中は挿し絵のようにマスクを着用して愛し合います。

「見て見て 私の可愛いおまんこ マジ美マンでしょ?」
「このキュートな体に いっぱいお仕置きして? ご主人様」

ありあはSとM両方の属性を兼ね備えてる女性。
視聴者たちに対しては自分の美しさやエロさを誇示するやや生意気な態度を取るけど
主人公にはとても従順で自分からいじめてほしいとおねだりします。
そしてSEXの時はエロ可愛い声を積極的に漏らして視聴者と彼の両方を楽しませます。

パートの終盤に窓へ手を突いて立ちバックするシーンがあるのですが
その際に投げ銭の額に応じてピストンのペースを変える珍しい表現が登場します。
「ちゃりんちゃりん」という金属音が頻繁に鳴るのでわかりやすいです。

お金にがめついと見ることもできますけど、私は自分を決して安売りしないプライドのある女性に感じました。
おまんこを見せつけてるということはきっと無修正の配信なのでしょう。
彼女の年齢を考えればほとんどの男性には拝めないものですし
さらにSEX&中出しまでついてくるとなればそれ相応の対価を要求するのは自然だと思います。
主人公とお金目当てで付き合ってるわけじゃないことをアピールしたかったのかもしれませんね。

「じゃあ 今からハメてもらいます モニターの向こうのみんな ちえるでいっぱいシコシコしてね」
「首絞め 首絞めくださぁいご主人様」

2番手のちえるはいじめられることに快感を覚えるM女。
視聴者たちには礼儀正しい態度で接し、エッチが始まるとありあに負けない乱れっぷりを披露します。
パート名の「調教ラブラブJKセックス」にしてはアブノーマル要素が少ないなと思ってたら
終盤にほんの少し首絞めをするシーンがあって彼女らしさが出てます。

彼女のほうからおねだりする流れなので凄惨さはまったくありません。
彼も彼女が本気で苦しまないようかなり手加減してます。
普通にSEXするだけではありあとプレイが似るからこうしたのかなと。

最後のりいみは最も甘やかし成分が強いプレイ。
普段使ってる配信部屋からナイトプールへ場所を移動し
トラック04aは授乳手コキ、トラック04bはパイズリフェラで1回ずつ射精させます。

りいみ「おちんぽがーんばれっ ガチ勃起がーんばれっ」
彼女はHカップのおっぱいを持つJDなので、他の2人とは違い主に胸で気持ちよくします。
授乳手コキの時は赤ちゃん言葉に変えて彼を上手に盛り上げ
パイズリはおっぱいと口を器用に使って追い込む包容力と経験を兼ね備えた責めっぷりです。

時間が最も長く彼女だけパートがふたつ用意されてるところを見ると
サークルさん的に最も推したいキャラなのかもしれませんね。
言葉と行為の両方から男心を的確に突いてくれて幸せな射精を迎えられます。

作品を聴いた感想ですが、キャラをかなり重視してるように映りました。
本作品はセフレとのエッチを題材にしてますから、通常ならキャラよりもプレイを重視しがちです。
でもありあは生意気だけど尽くす、ちえるは優しくてM気質、りいみは母性のあるお姉さんと
同じセフレでも明確な違いを出したうえでそれぞれの魅力が出るように進めます。

3人が同時責めするのはトラック01と05だけなのでハーレム要素はやや弱くなってますが
全パートそうすると彼女たちの違いが出にくいですし、プレイも単調になる可能性があります。
総時間がこれだけ長ければ色々やったほうが作品としての面白味は増すんじゃないでしょうか。

あとはやっぱり実用性が高いです。
エッチシーンが本編のおよそ88%と大ボリュームなのに加えて
各パートの時間が20分程度と比較的長く、プレイの種類が多く、エッチな音の量や密度も高いです。
手コキやパイズリの前半に効果音が入ってないのは耳舐めやフェラを結構するからでしょう。
音をあまりに重ねすぎるとプレイの様子が音声だけで伝わりにくくなります。

サクッと抜きたい人は1パートで十分ですし
じっくりオナニーしたい人は2パート繋げるくらいが丁度いいです。
最初のほうでも書いたようにこちらを持ち上げるセリフが非常に多いので
視聴時間をある程度取ったほうが精神的に満たされた状態で射精できます。

このように、彼女たちの存在を近くに感じさせながら愛し合う深みのあるエッチが繰り広げられてます。
愛のある作品
良い意味でセフレっぽくない女性たちとのエッチを描いた豪華な作品です。

ありあ、ちえる、りいみは溺愛してる主人公と幸せなひと時を過ごすために
自分たちから積極的にご奉仕し、それと同時に彼を褒め称えるセリフをガンガン言います。
そして序盤と終盤は3人同時に、その間は個別に相手する様子を生配信して興奮を後押しします。

タイプの異なる3人のセフレがご主人様とひたすらエッチするハーレムシチュ
個別に相手するパートを長めに用意し、かつそれぞれに合ったプレイをするキャラ重視の作り
ポジティブなセリフを投げかけながらエッチな声や音を多く鳴らす抜きやすいエッチ。
セフレから連想される「体だけの関係」をさらに掘り下げたエッチをして心も潤します。

りいみ「明日の朝までずーっと 一緒にいたいな」
中でも3番目はエッチしておしまいではなくその前後のやり取りにも甘さを持たせてます。
彼女たちが何故彼とセフレになったのかが描かれてないので詳細は不明ですが
少なくともお金のために付き合ってるわけではなさそうです。
立派なおちんちんや精力の強さといった男性としての魅力に惹かれたのではないかなと。

エッチは3人が揃ってる時は耳舐めしながらおちんちんを責める
一対一の時は彼女たちの特徴を出すと方向性に大きな違いがあります。
本編最後のトラック05も両耳舐めを維持したまま3人と平等にSEXしてました。

射精シーンは6回。
ちゅぱ音多め、淫語・くちゅ音・喘ぎ声それなりです。

おまけはちえる&りいみのWセフレオナサポ、フリートークです。

CV:ありあ…結姫うさぎさん ちえる…涼花みなせさん りいみ…浅木式さん
総時間 2:41:57(本編…2:18:14 おまけ…23:43)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2020年2月16日まで30%OFFの770円で販売されてます。



サークル「しりあるヒプノ」さんの催眠音声作品(男女両用)。

今回紹介する作品は、以前からずっと仲良くしてる3人の女友達が
ラブホテルに集まってエッチな会話をしたり催眠で気持ちよくなります。

女子会らしさを出しつつ集中力や没入感を高める雰囲気重視の作りになっており
最初に40分ほどノリの良い会話を楽しんで作品世界に引き込み
その後から始まる催眠は2人がリズミカルに暗示を入れて催眠状態を深めます。
エッチのルートが全部で3つ用意されてるのもポイントです。

今回は女の子ルートのレビューをお送りします。
ラブホでするエッチな女子会
ミカ、ユカリ、チサトと雑談やエッチをするお話。

「はーい みなさーん 女子会の始まりでーす」
ミカは明るくて可愛い声の女の子。
高校時代に着てた制服姿で他の3人と共にラブホへ集まると
世間が浮ついてる時期に恋人がいないことを嘆きつつ雑談に花を咲かせます。

本作品は元同級生で現在は別の大学に通ってる彼女たちが
その頃の気分に浸りながらおよそ100分に渡る女子会を楽しみます。
ミカは中央、ユカリは左、チサトは右と主人公を取り囲むように陣取り
他愛もない雑談をたっぷりしてから催眠→エッチと進みます。

チサト「オナニーのしすぎで亡くなったテクノブレイク先輩が出る 噂の女子トイレね」
ユカリ「女として嫌すぎる死に方」
最大の魅力は女子会らしさ
物語の冒頭から現実世界でするおしゃべりに近い口調で親しげに話します。
声優さんたちが同じスタジオに集まって録音されたらしく 
3人の掛け合いがとても自然で仲の良さが伝わってきます。
おちんちんのサイズなど男性にはなかなかできない話題を中心に据えてて結構エロいです。

一般的な催眠音声とは違い、序盤に40分ほどのドラマパートが用意されてるのも
女子会という独特な空間に聴き手を案内するための配慮なのでしょう。
催眠と呼べる要素はほとんどありませんが、リラックスや集中力の向上といった
催眠にかかりやすくなる心の準備をする効果は見込めます。
こういう設定でいきなり催眠をかけるのは違和感がありますし、多少のドラマ性を持たせて雰囲気を出してます。

またレビューの冒頭で少し触れたように
本作品には女の子ルート、女装ルート、タイツ責めルートの3パターンが用意されてます。
女子会や催眠パートは共通でエッチシーンだけ分岐する形です。

女の子気分を味わわせるのがコンセプトの作品なので
女装ルートを選んだとしても絶頂形式はドライです。
連続絶頂するシーンもあったりと、男性の体でするエッチとの違いをはっきり出してます。
少しずつエッチな気分に
30秒程度の説明を挟んだ後から始まる女子会パートはおよそ40分間。
主人公と3人の女子がラブホに集まりエロ重視の色んな会話をします。

ミカ「でも大きさよりも 反り加減とか硬さが大事だよね」
どんなおちんちんが気持ちいいかという際どい話題から始まり
スポーツジムや混浴温泉へ出かけた時に見たおちんちんの話で盛り上がり
さらに隣部屋でエッチしてるカップルの声を盗み聞きするなど
最初から性に対する興味を前面に押し出した素直なやり取りをします。

リアルの女子会でこういう話を実際にするかはわかりませんけど
下ネタを自由に話し合える時点で相当に親しい関係なのがわかります。
いきなりエッチに進むのではなく、様々な会話を通じて少しずつそういう気分に持っていきます。

ユカリ「使い込まれてるな 真っ黒」
ミカ「真っ黒なのが最後は泡立って 真っ白になるんだよ」
それを加速させるのが中盤から始まるAV鑑賞。
素人もののスワッピング動画→別の女の子が催眠音声を聴いてる動画と繋ぎ
その様子を彼女たちが自分たちの感想を交えてわかりやすく実況します。
おまんこのアップが来ると興ざめし、逆におちんちんが来ると食いつくのが面白いですね。
女性の視点でAVを見てる空気を作って女体化しやすくしています。

チサト「0でイクよって言われると 本当に絶頂してイっちゃうんだよ」
それに対して2本目の動画は予備催眠っぽい位置づけ。
催眠音声を聴いて呼吸を荒くしたり気持ちいい声を上げる姿を通じて
これから主人公もそうなることを遠回しに匂わせてるように見て取れます。

エッチな要素が結構充実してますけど、やはり催眠に向けた準備に近い内容だと思います。
男性が女子会に参加することはまずあり得ませんから
その様子を砕けた調子で描きながら聴き手がその一員になれるよう導きます。

サークルさんが「催眠パートから聴いてもいい」とおっしゃられてますし
初回は通しで聴いて、2回目以降は催眠パートからにするのが良いでしょう。
催眠音声で毎回40分のドラマパートを事前に聴くのは大変ですからね。
連携の取れたリズミカルな催眠
女子会パートの後から始まる催眠はおよそ31分間。
横になって目を瞑り、まずは深呼吸や脱力で心身をリラックスさせます。

「(左)感情を何度も揺さぶられると (右)自然に (左)簡単に (右)言葉がすーっと すぐ全体に染み渡るの」
そしてここからはミカが右、ユカリが左に陣取ってテンポよく話しかけます。
催眠音声ではすっかりお馴染みの双子形式と呼ばれるもので
2人がセリフをひとつずつ交互に言ったり、ひとつのセリフを文節単位で細かく分けて意識を揺さぶります。
他にも深呼吸の時は片方が合図を出し、もう片方がタイミングよく暗示を入れるといった具合に
1人の時では絶対にできないことをガンガンやってスムーズに落とします。

しゃべるペースがやや速くセリフごとの間も非常に短いので
無理にすべてを聴こうとせず聞き流す感じで取り組むといいです。
チサトは催眠をかけられないのでこの様子を見たりかかる側に回ります。

「余計な汚れが落ちていくから より女として強い確信が出てくる」
深い催眠状態に入る準備が整ったところで女装するのが本作品らしいですね。
ストッキング、パンツ、上半身、ネイル、化粧、そしてウィッグと
下から上へ流す感じでひとつずつ変えていき女性に近づけます。 
そしてすべてが終わったらカウントを数えて深いところに落としてくれます。

エッチに向けた準備を行うテーマ性の強い催眠です。
聴き手の心身を女性になりきらせることを目的に
深呼吸から入って漸進的弛緩法、女装するイメージ、そしてカウントを交えた沈黙法と
古典催眠の技術を双子形式にアレンジしてスピーディーに進めます。

女子会パートを聴き終えた時点で十分リラックスできてるでしょうから
2人の声を聴いてるうちに体が重くなったり意識がぼやける人は結構いると思います。
セリフのテンポや間にとても気を配っていて音楽を聴いてるような心地よさを感じました。
最初は優しく、次は激しく
女の子ルートのエッチシーンは25分間。
プレイはオナニーの思い出を語る、おまんこを見られる、クリ責め、双頭ディルドSEX、軽い電流を流すです。

ディルドSEX、電流を流す際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありません。

「大きくなったあなたの体 どれだけ成長して スケベになったか 確かめていくよ」
催眠を通じて主人公を立派な女の子に変えたミカとユカリは
引き続きカウントを挟みながらクリトリスやおまんこを責めてメスイキへと導きます。

エッチは終始彼女たちが責め続けます。
最初の10分間はドライの練習に近い内容。
事前に子供の頃に話したオナニーの話題を振って元から女性だった気分を定着させ
その後クリトリスを指で軽く押し込み1回目の絶頂を迎えます。

ミカ「クリから絶えずじーんとして気持ちがいい」
時間は短いですが双子形式のおかげで暗示の量が割と多く
気持ちよくなる言葉を小まめに投げかけ体の内側から快感を膨らませます。
クリトリスは女性の最も敏感な場所ですし、AVで興奮した状態なら軽い刺激でもイけるのかもしれません。
本気でイかせるよりは彼女たちの言葉で反応できるかチェックしてるように思えます。

タイトルにもなってる連続絶頂が始まるのはその次から。
カウントダウンを数回数えて催眠状態を一度安定させ
催眠にほぼ参加してなかったチサトと双頭ディルドで繋がり何度もイキます。

「出ていくと満たされたものが抜けるようで とっても切ない」
「溜まりきり溢れると また奥から噴き上げる ゆっくりとしたオーガズムの波」

偽物のおちんちんが出入りする様子を主観視点で実況し
最初(=2回目)はゆっくり、それ以降は激しくと変化をつけて責め続けます。
1回1回の絶頂間隔が短いのでロングオーガズムっぽくなるかもしれません。
私が聴いた時は股間の筋肉がずっと痙攣し続けてました。

エッチの前半が割とまろやかな内容だったからこそ
終盤との落差が引き立っててかなり気持ちよかったです。
数秒程度で終わってしまう射精とは違う長く深い快感でした。

このように、ターゲットをほぼ股間に絞った甘く激しいエッチが繰り広げられてます。
女性になりきりやすい作品
女子会という独自の要素を使って女性の気分や快感を与える凝った作品です。

3人の女性は主人公に女子会の楽しさを存分に味わわせようと
友達とほぼ同じ姿勢で接しながらエッチな話題をガンガン振って場を盛り上げます。
そして十分温まった後は双子形式の催眠とエッチで連続メスイキへ追い込みます。

女子会を通じて女体化したりドライを迎えるややMあたりのシチュ
催眠をかける前に長めのドラマパートを挟んで没入感を高める変わった演出
2人の女性が左右に陣取りテンポよく話しかける双子催眠。
サークルさんが元々こだわってる部分と人気のジャンルを掛け合わせて作品を組み立ててます。

中でも2番目はかなり思い切ったことをされてて面白いです。
ドラマパートなので催眠をかけるわけではありませんけど
催眠にかかる可能性を上げる役割も持ってます。
最中のセリフも女性視点のものばかりで新鮮に感じました。

エッチは比較的短いながらも内容が濃くて満足できました。
25分程度でここまで気持ちよくなれたのは
やはりドラマパートや催眠でしっかり準備を整えたからではないかなと。
女性同士なのできつい描写も特になく聴きやすいです。

女の子ルートの絶頂シーンは7回。
淫語それなり、喘ぎ声そこそこ、くちゅ音とちゅぱ音ごく僅かです。

CV:ミカ…陽向葵ゅかさん ユカリ…涼花みなせさん チサト…秋野かえでさん AVの素人女性…涼貴涼さん
総時間 2:46:42(女の子ルート…1:40:31)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
女性向けはがるまにで販売されてます。
ラブホ女子会で二人がけ催眠 友達の前で連続絶頂するあなた(女性用催眠音声)

2020年1月20日まで15%OFFの1215円で販売されてます。

耳フェラ。【過去作30%offクーポンつき!12/31まで】

サークル「とりっくぱんく!」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、それぞれに違った魅力を持つ2人の女性が
大好きな幼馴染を変わったプレイで甘やかします。

耳舐めならぬ耳フェラをするのが最大の特徴で
序盤から耳全体を口に含んで舐める、そのまま舌を穴の入り口にねじ込むなど
従来の耳舐めとは違った舐め方をしてその様子を音でリアルに表現します。
キャラによって責めっぷりやちゅぱ音が変わるのもポイントです。
より進化した耳フェラ
風香と舞帆がたっぷり耳フェラするお話。

「お邪魔しまーす あれ? いない?」
風香はややトーンが低く甘い声の女の子。
主人公の家にやって来て彼が寝てることに気づくと
軽く話しかけてから頭を撫でて反応を見ます。

本作品は今年5月に発売されたサークルさんの代表作「耳フェラ」の続編。
元々幼馴染で現在は付き合ってる彼女とその姉にあたる舞帆が
110分ほどをかけて個別に、あるいは同時に彼の耳を責めまくります。
特徴を引き継いでるだけでお話は完全に別ですから今作からでも大丈夫です。

「耳フェラ」と聞いてもピンとこない人がいるでしょうから説明しますと
これは音声作品で現在人気の耳舐めをより進化させたプレイで
彼の耳をおちんちんに見立てて色んな責めを繰り出します。
具体的には耳全体を口に含んでしゃぶったり、それを維持したまま舌で耳の内側や穴をぐりぐりします。

体験版を聴いてみると通常の耳舐めより音がこもってることに気づくでしょう。
耳が彼女たちの口の中に入ってる様子を音で表現してるわけです。
耳舐めによくあるちゅぱちゅぱ、じゅるじゅるといった音はあまり鳴りません。
低く鈍い音の割合が高いおかげで長時間に渡って閉塞感や微弱な刺激を感じることができます。

ちなみに本作品はほぼずっと耳フェラのみをするため、おちんちんを責めるシーンは一切ありません。
どのパートも絶頂シーンがありますが射精ではなくドライオーガズムっぽい描写になってます。
耳舐め好きなら同時にオナニーすれば射精できると思いますけど
いわゆる抜き系の作品とは違うことを理解したうえでお聴きください。

「耳フェラで元気づけられるなら 君の彼女として してあげたいなーって思ってるんだけど」
もうひとつの特徴は彼女たちの性格に合った耳フェラをすること。
風香は彼に色々してあげたい気持ちを抑えられないところがあり
耳フェラが始まるとがっつく感じに責めることが多いです。
平均ペースが比較的速いのに加えて舌を使ってゾリゾリした音を鳴らします。

「思う存分お姉ちゃんに甘えて 元気を吸い取っちゃっていいからね うふふ」
それに対して舞帆は近所のお姉さんと呼ぶのがぴったりな包容力のある女性。
お疲れ気味な彼を少しでも癒そうとゆっくりじっくり耳を舐め続けます。
序盤だけ通常の耳舐めをしたり、水分をやや高くするなど年上特有の余裕と色気を持ってます。

2人とも彼を溺愛してますから完全女性上位のプレイでも雰囲気はあまあまです。
舞帆も主人公が浮気してると思われないよう一歩引いて接しますし
彼を元気にすることを第一に考えて色々サービスしてくれます。

耳舐めをサークルさんなりに改良したプレイとキャラによって多少責め方を変える演出。
女性が生み出すエッチな音をひたすら掘り下げてる穏やかでリアルな作品です。
愛を込めて舐めるエッチ
エッチシーンは3パート88分間。
プレイは耳フェラ、両耳フェラです。
耳を指でいじる際にほんの少しだけ効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「まずは お耳を全部咥えて しゃぶっちゃうね」
主人公に耳フェラのことを話して許可をもらうと
風香は早速右耳に顔を近づけ耳全体を口に含みます。

エッチは常に女性側が責め続けます。
最初の2パート68分間は一対一でする耳フェラ(いずれも34分間)。
風香→舞帆の順に登場し時間をほぼ半々に分けて左右をバランスよく責めます。

「お耳 フェラされていっぱい喜んでるのがわかる 可愛い」
風香は恋人なだけあって彼のことをとても心配しており
友達に教えてもらった耳フェラをやりながら優しい言葉を適度にかけます。
30秒~1分舐め続けてから軽く話すのを繰り返す感じなのでASMR色が強めです。
吐息や鼻息も多く、彼女がすぐ近くにいる気分に浸りやすいです。

耳フェラは耳を口に含んでしゃぶるところから始まり
穴の浅い部分を舌で小刻みに舐める→穴の奥に移動する→ペースを上げる、といった具合に
後になるほど責めっぷりが激しくなるように進めます。
どのシーンも多少の圧迫感がありますし、舌で舐める時は「こりゅっ」というややパワフルな音が鳴ります。
舐め方を変える時に何をするか教えてくれるおかげでイメージもしやすいです。

「お姉ちゃん的には 君のお耳がエッチでいやらしくなっていくのが とっても嬉しいから」
続く舞帆は大事な用があって主人公の家に行けない風香の代わりをしっかり務めようと
お姉ちゃんらしい穏やかな声と態度で粘っこいちゅぱ音を鳴らします。
いきなり咥えてた風香とは違い最初の5分間は通常の耳舐めに近い音を鳴らし
その後から穴の周辺や中を舌先で丁寧に刺激します。

2人とも優しいですけど彼女のほうがより甘い耳フェラをしてるように感じました。
幼馴染にあたる彼を溺愛してるのが自然と伝わってきます。
年上と年下の耳フェラをちゃんと使い分けてるのが素晴らしいです。

最後の「Tr3 風香&舞帆編」は2人で一緒にお世話するパート(約20分)。
友達に「両耳を同時にフェラしたほうが気持ちいい」という情報をもらった風香が
舞帆を誘って濃厚で心地良いプレイを提供します。

風香「姉さんも遠慮しないで 一緒にいたい時は 一緒にいればいいと思う」
やることは前の2パートとそこまで変わりませんが
前半は風香が左で舞帆は右、後半はその逆に陣取ってちゅぱ音をずっと鳴らすおかげで
音の途切れがまったくないプレイに仕上がってます。
片方がしゃべり、もう片方が舐める連携の取れたリードも姉妹らしくて良いです。
最中のセリフも思いやりに満ちたものが多くて胸のあたりがぽかぽかしました。

作品を聴いた感想ですが、前作よりも品質が随分上がってて満足できました。
前作では耳フェラを頑張りすぎたあまり実況が極端に少なく
その結果何をしてるかよくわからないところがあり、耳舐めとの差別化が上手くできてないと見てました。
でも今作はプレイが変わるごとにそのへんをきっちり教えて心の準備を整えます。
音自体も少し聴いただけで耳舐めとは違うことがわかるようにしてます。

キャラによって耳フェラの音や流れを変えてるのも有効に働いてます。
ここまで偏った内容だと時間が長くなるほど単調さが出てしまうので
それを回避するための工夫をしたほうが集中力や没入感を維持しやすいです。
そして風香と舞帆で舐め方が違うからこそ、2人同時に責めた時の音がより複雑になります。

このように、ひとつのプレイを3つの視点から描いた特化型のエッチが繰り広げられてます。
深さのある耳舐め作品
耳フェラという新しいプレイを確立させてる作品です。

風香と舞帆は昔から仲良くしてる主人公を心の芯から癒そうと
耳舐めより一歩踏み込んだプレイを提案してひたすらそれに専念します。
そして風香はパワフル、舞帆はまったりと舐め方に違いを持たせて愛情を注ぎます。

性格は多少違うけどどちらも優しい姉妹が幼馴染を変わった方法で気持ちよくするノーマル向けのシチュ
耳フェラをとことん追求してる尖った作り、後になるほど濃く激しくなる展開。
臨場感を出しつつ甘さも感じられるように作品を組み立ててます。

中でも耳フェラは前作よりも個性をはっきり出せてて驚きました。
フェラから連想される咥え込む責め方を中心に据えてるのが大きいです。
舐め主体だと耳舐めと一緒になってしまいますからね。
あとは絶頂シーンの表現やイかせ方を練り上げればより良くなると思います。

耳舐め作品をあまり聴いてない人でももちろん楽しめますけど
私は耳舐めをよく聴いてる人にこそ聴いて欲しいと思ってます。
あまり聴かないタイプの音ばかりなので新鮮に感じるのではないかなと。

絶頂シーンは3回。
ちゅぱ音大量、吐息多め、淫語とくちゅ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

CV:風香…涼花みなせさん 舞帆…天知遥さん
総時間 1:53:01

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2019年12月26日まで10%OFFの990円で販売されてます。

ささやき庵 癒衣【2時間超】【極上癒やしえっち】

サークル「VOICE LOVER」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、元恋人で現在はささやき庵に所属してる女性が
昔仲良くしてた男性を恋人に近い距離感で癒したり気持ちよくします。

耳かきやソフトな耳舐めをしながら当時のことを話したり
お互いに責め合う形で一緒の絶頂を目指すなど
2人の関係を大事にしたバランスの良いサービスが楽しめます。
久しぶりに恋人気分で
ささやき庵の小町「癒衣」からサービスを受けるお話。

「いらっしゃいませ ささやき庵へようこそ」
癒衣は甘く穏やかな声の女の子。
来店した主人公に挨拶してる途中、昔の彼氏なことに気づいて驚くと
彼のリクエストに応えて昔のように敬語抜きで話します。

本作品は系列店の「ささやき庵 添い寝屋本舗」だけでなく本家でも働くようになった彼女が
およそ120分に渡って耳かき、耳舐め、甘いエッチといった癒し系のご奉仕をします。
2人は過去に彼女の家でテレビを観たりエッチしたことのある元恋人同士。
そんな事情を考慮し店員よりも恋人に近い態度で彼に接します。

「そのすぐ目が泳いじゃう癖 変わらないね」
彼の希望により丁寧語からタメ口に変えて昔のことを語ったり
終盤には出禁覚悟で生SEXに挑戦するなど
従来のささやき庵よりも踏み込んだことをして心の芯から癒します。
専門店に見られる堅苦しさや心の距離が取り除かれてて雰囲気はとても和やかです。

作中で彼女が先輩、彼が後輩と呼ばれてることから
おそらくは学生時代に同じ部に所属してたのでしょう。
円満な形で別れたようで2人とも気まずいとか根に持ってる様子は見えません。
あの頃を懐かしみながら当時やらなかったことをやるイチャラブ系の物語です。

ちなみに本作品のひとつ前にあたる
ささやき庵 添い寝屋本舗 癒衣【超リアル耳舐めver.2】【高音質バイノーラル】【ASMR】【耳かき3種】」が
2020年12月12日まで無料で販売されてます(レビューはまだありません)。
彼女のキャラや雰囲気を掴みたい人はとりあえずこちらを聴いてみることをおすすめします。
音の種類にこだわった耳かき
冒頭に4分ほどの会話をした後から始まる最初のサービスは耳かき(約26分)。
膝枕の状態で右耳→左耳の順にウェットティッシュで外側を拭き
それから耳かき棒と梵天を使い分けてお世話します。

本作品の耳かきはA~Fの6タイプ用意されており
それぞれで最中に鳴る耳かき音が違います。

VOICE LOVERさんは過去作や姉妹サークルでも複数の耳かきパートを同梱し
自分の耳に合った音を選んだり聴き比べる楽しさを提供してます。

音のタイプが違ってても質感は高いですからどれを選んでも癒されるでしょう。
私は右がA、左はBを選んだのでその組み合わせで紹介します。

耳かき棒は右耳は「ずずずっ」という滑らかで平べったい音
左耳は「ずしゅっ」という乾いてて若干粗さのある音が使われており
いずれもゆっくり掻き出すように動かします。
梵天は「ぷすぷす、しゅるしゅる」というふんわりした音で統一されてました。

動きがやや単調に感じるところもありましたが
事前に耳をチェックした彼女が「綺麗」と言ってたことから
おそらくは耳掃除よりも耳の中をマッサージする感じで耳かきしてたのだと思います。
その場合は今回のように穴を満遍なく刺激したほうが効果的でしょう。

「はーい おかえりなさい 癒衣の太ももは 君のお家だよ」
最中の会話は恋人らしさを感じるものばかり。
昔彼が太もも好きだったことを思い出して「おかえりなさい」と言い
さらに現在の恋愛事情を尋ねてお互いの今を確認します。
2人は長い期間会ってなかったようですし、こうやって親睦を深めるシーンは必要不可欠です。
プロらしく彼をしっかり癒しながら恋人気分に浸らせる結構重要なパートです。

次の「トラック4 リラックス耳舐め」でするのはもちろん耳舐め(約26分)。
一緒の布団で横になり、彼女が耳元至近距離に寄り添って左耳→右耳の順に責めます。
ちなみにここと次の「トラック5 うしろから耳舐め手コキ」はほぼずっと囁き声で語りかけます(合計45分ほど)。

「なんでだろう 君の耳たぶ舐めてたら すっごく幸せな気持ちになる」
30秒~1分程度ちゅぱ音を鳴らし続けてから少ししゃべる音重視の作りで
ソフトなキス、耳たぶを舐める、甘噛みなどR-15あたりに留まるエロさ控えめの責め方をしてました。
淫語も特に言いませんし非エロのサービスと見るのが妥当かなと。
「極上癒やしえっち」の名の通り、物語の前半は癒やすことに力を入れてます。
エッチな音が満載のエッチ
エッチシーンは4パート55分間。
プレイは耳舐め、手コキ、乳揉み、乳首舐め、手マン、キス、SEX(騎乗位)、フェラです。
手コキ、手マン、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「じゃあ もっと気持ちいいことしながら お耳舐めてあげる」
耳かきとソフトな耳舐めで主人公に安らぎを与えた癒衣は
お互い全裸になってから彼の後ろに抱きつきおっぱいを押し付けます。

エッチは恋人らしくほぼ対等な立場で愛し合います。
最初の「トラック5 うしろから耳舐め手コキ」は彼女が彼を責めるプレイ(約13分)。
耳舐めは前のパートと同じくゆっくり行い
その代わりおちんちんは比較的速いペースで小刻みにしごきます。

「ここ 何て言われるのがいいの? おちんちん? チンポ? おちんぽ?」
彼女は元恋人ですから彼の喜ぶことをガンガンやります。
自分の裸は後でいくらでも見られるのでここは敢えてお預けにし
やや下品な淫語を言ったりエッチな音を同時に鳴らして射精を上手に応援します。

本作品は甘さを出すために言葉責めはほとんどやりません。
でもくちゅ音、ちゅぱ音、喘ぎ声といった男性が興奮する音が充実してるおかげで実用性は高いです。
ASMRと言うほどではないものの、非エロパートと同じく音重視のエッチに仕上げてます。

それをわかりやすく表現してるのが次の「トラック6 癒衣のことも気持ちよくして?」(約13分)。
耳舐め手コキで射精した彼が回復するまでの時間を使って今度は彼女が気持ちよくなります。

「そんなにしたら そんなにしたらっ イっちゃうから イっちゃうからっ」
自分から彼の手をおっぱいに招いて好きに揉ませ
乳首をいじられたら熱っぽい吐息とエロ可愛い喘ぎ声を漏らして気持ちいいことをアピールします。
パート後半から始まる手マンは激しめに乱れてくれますし
女性が感じる姿を通じておちんちんを再び元気にします。
射精どころかおちんちんには指一本触れませんけど、ここで抜きたくなる人が結構いると思います。

そうやってお互いの準備を整えた後、いよいよ「トラック7 騎乗位セックス」でひとつになります(約13分)。
彼女が上に跨った状態で彼が下から突き上げる変則的な騎乗位で
ここでは彼女がとある大きな決断を迫ります。

「どうする? 私たち 付き合っちゃう?」
ささやき庵では「小町とSEXしたら出禁」という大事なルールが存在します。
しかし彼女はそれを知ってて彼にこのまま一線を超えるか尋ねます。
私はてっきり彼を追い出すためにこの誘惑を仕掛たのかとも思ったのですが
挿入後のセリフを聴く限りむしろ逆の想いを持ってるようです。

出禁のリスクを背負ってまで自分を愛してくれるか確かめたかったのかもしれませんね。
生で挿入&中出しをしたり、途中でキスもするなど
これまでで最も恋人らしさを感じるプレイをしていてとても甘かったです。
SEXの時間が約9分と短いので、もう5分長くしてくれたほうが抜きやすかったと思います。

このように、心と体の両方を近づけてくあまあまラブラブなエッチが繰り広げられてます。
バランスの良い作品
癒しとエロの両方で高い水準を誇る作品です。

癒衣は久しぶりに会った主人公に幸せなひと時を送ってもらおうと
店員よりも恋人に近い態度で接しながら色んなサービスをします。
そしてエッチはお互いに責め合うスタイルを取って2人同時の絶頂を目指します。

元彼女で今は専門店の小町をやってる女性とたっぷりイチャイチャするノーマル向けのシチュ
耳かきや耳舐めの最中に昔のことを語って関係を取り戻すキャラを活かしたアプローチ
くちゅ音、ちゅぱ音、囁きに近い声量の喘ぎ声を組み合わせた生々しいエッチ。
彼女との近さや一体感を大事にしながら作品を組み立ててます。

「このおちんぽは 癒衣のものです 他の女に舐めさせたりしたら 絶対許しませんからね」
特にエッチは彼をひたすらもてなすのではなく、彼女の気持ちも織り交ぜてあって臨場感が高いです。
前項で説明できなかった「トラック8 おみやげフェラ」も約16分間みっちりフェラしますし
18禁作品にとって重要な実用性を十分に持ってます。

あとはバリエーション豊富な耳かきですね。
やることは専門店の中ではシンプルなほうですけど
それを6パターンの耳かき音で補う工夫がされてます。
囁きの時間も長めに用意されてて癒しのパワーもエッチに負けないくらい強いです。

射精シーンは3回。
ちゅぱ音多め、淫語・くちゅ音・喘ぎ声それなりです。

CV:涼花みなせさん
総時間 2:07:03

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2019年12月22日まで15%OFFの1122円で販売されてます。

人妻淫魔の受精サービス

サークル「淫語屋TASK」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、獣人と淫魔の血を引く人妻が
宿泊客の童貞を自分の寝室へ招いて精液をいただきます。

18禁音声にとって大事な「実用性」を強く意識した作りになっており
序盤から中盤にかけてはエッチなおねだりや力強いフェラで勃起と興奮を促し
山場のSEXシーンでは敢えて受けに回ってアヘ声混じりの喘ぎ声を積極的に漏らします。
排卵や中出しを通じて人妻を孕ませる快感をくすぐってくるのもポイントです。
人妻淫魔の大胆なサービス
宿屋の妻「リズ」が若い男性を筆おろしするお話。

「さ、入ってくれ そう ここが私たち夫婦の部屋だ」
リズは男っぽい話し方をする凛々しい声の女性。
主人公を自分たち夫婦の寝室に案内すると
緊張してる彼に優しい言葉をかけて誘惑します。

本作品は獣人の野性味と淫魔のエロさを兼ね備えてる彼女が
自分のエッチな話を聞いて興奮した男性を35分程度に渡って気持ちよくします。
小説投稿サイトに掲載されてるお話が原作になってるそうですが
内容はほとんどエッチするだけなので音声単体でも問題なく楽しめます。

「そう この部屋は ザーメン処理専用便所 それも私の完全お射精サポートつきだ」
最大の魅力は彼女のエロさ。
音声開始直後に自分と夫が普段寝てるベッドへ案内し
そこで上のセリフのような誘惑するセリフを投げかけて彼をさらにやる気にさせます。
そしてエッチに入るとおちんちんにむしゃぶりついたり艶めかしい喘ぎ声を漏らして射精へ追い込みます。

淫魔が相手と聞くとドM向けのハードなプレイを連想する人もいるでしょうが
彼女の場合は宿の特別サービスに近い位置づけで、彼をひたすらもてす姿勢でリードします。
淫語はそれなりに言いますけど見下したり意地悪するシーンはありません。
ノーマル~ややSな人が気持ちよく抜けるようにエッチな要素をガンガンぶつけます。

「たった今 私のここ 赤ちゃん作るとこに 産みたての卵子がちゃーんとあるからな」
それに最も貢献してるのが孕ませシチュ。
SEXシーンの序盤に彼女が排卵するシーンを設け
さらに今中出ししたら確実に妊娠することを匂わせながら愛し合います。
肝心の射精も時間を30秒程度と長めに取って彼女が種付けされてる様子をエロく描きます。

人妻を受精させる状況だけを見れば結構背徳的ですが
本作品では彼女に求められてやる背景があるので陵辱色は一切ありません。
作中では特に触れられてませんけど旦那も了承してるのでしょう。
自分一人だと彼女の性欲を鎮められないからこういう手段を取ったのかもしれませんね。

男を知り尽くしてる人妻淫魔がエロ要素満載で筆おろしする展開と受精を匂わせる演出。
暗さや重さをできるだけ取り除き、純粋なエロさを追求してる作品です。
人妻の魅力が詰まったエッチ
エッチシーンは2パート31分間。
プレイはフェラ、玉揉み、淫紋を押す、SEX(正常位?)です。
排卵、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「さて まずはちゃーんとパコパコできるように たっぷりしゃぶり回してやる」
主人公のおちんちんを嗅いで童貞かどうかを確かめると
リズはそのままむしゃぶりついて人妻のテクニックを披露します。

エッチはシーンによって責め手を変えながら進めます。
最初の「Track.2 味見フェラ」でするのはもちろんフェラ(約9分)。
軽くキスしたり吸い上げる感じの音をゆっくり鳴らすところから始まり
時間が経つにつれてペースや水分を徐々に上げて射精の手前まで持っていきます。

彼女は男と毎日のように寝てるドスケベキャラですから、当然おちんちんの責め方も熟知してます。
それを踏まえて序盤からバキュームを適度に交えたパワフルなちゅぱ音を鳴らします。
「きゅきゅーっ」というあまり聴かないタイプの音と舐め音を組み合わせてました。
またパートの終盤には「じゅぷじゅぷ」と小刻みにピストンする音に変化します。

「ほーら かりかりかりー いっぱい溜めて 後で私のザーメンコキ出し用おまんこに どぴゅっ どぴゅっ していいからな」
しゃべる時と舐める時をはっきり分けてるのが良いですね。
フェラの最中はちゅぱ音だけをひたすら鳴らし、その休憩中に彼をやる気にさせるセリフを言います。
口調は普段と同じくやや乱暴ですが内容は優しいので意地悪さはありません。
彼にとってこのエッチが良い思い出になるよう彼女なりに気遣ってるふうに映りました。

続く「Track.3 本番」はお待ちかねの種付けSEX(約22分)。
挿し絵にも描かれてる下腹部の淫紋を押して排卵を促してからゆっくり挿入し
合間に短い休憩を挟みながら2回連続の射精を目指します。
彼がピストンするので体位はたぶん正常位なのだと思います。

「こういうカリ高チンポは このまままっすぐ入れてやると おまんこの気持ちいいとこ いっぱいほじるから」
おちんちんの入れ方や突き方を教えて女を喜ばせるコツを伝授したり
その大きさを褒め称えながら色っぽい喘ぎ声を漏らして感じてるのをアピールするなど
人妻らしい優しさとエロさを兼ね備えたリードをしてくれます。
ガンガン責めようとする彼を押し止めるシーンもあったりして大人の余裕を感じました。

しかしある程度進むとメスの顔がどんどん強くなります。
SEX開始から3分後には喘ぎ声がアヘり始め
彼が抜かずに2回戦を始めるとすっかり余裕がなくなり思う存分乱れます。

「このチンポしゅごぉ 子宮どちゅどちゅ殴ってくるぅ」
立場逆転と言うほどではありませんが、SEXの前後で彼女の様子が大きく変わります。
射精シーンで効果音を鳴らしながらイキ声を震わせるのも印象的でした。
経験豊富な人妻をおちんちんで屈服させ、精液を好きなだけ注ぎ込む。
現実世界ではまずできないことを敢えて盛り込み実用性を上げてます。

実際に聴いた感想はやっぱりエロかったです。
口調が男っぽいので最初はハードなプレイをすると予想してたのですが
未熟な彼をきっちりリードし、優しい言葉もかける包容力のあるところを見せてくれます。
そして山場のSEXシーンでは自分もしっかり楽しみ、それを見せつけて中出しをストレートにおねだりします。
射精の時間が長めに取ってあるおかげでタイミングを合わせやすいのも良いなと。

このように、M性をほとんど持たせずねっとり愛し合う抜き重視のエッチが繰り広げられてます。
コンパクトな抜きボイス
リズの性格や特徴を盛り込んだエッチをするシンプルな作品です。

リズは毎晩エッチしないと気が済まないほど強烈な性欲を鎮めようと
宿を利用した男性を寝室へ誘い、おちんちんを上下の口で味わいます。
そして人妻らしい優しさを見せつつしっかり乱れて気持ちいい種付け射精へ導きます。

獣人と淫魔の属性を併せ持つ人妻が童貞と濃厚な筆おろしをするシチュ
時間に対するエロ要素を多めに盛り込んだ実用性重視の作り
排卵や中出しなど人妻を孕ませる快感をくすぐるタイトルに沿った演出。
作品の個性を出しつつ比較的短い時間でサクッと抜けるように組み立ててます。

「いいぞ いつでもザーメン流し込めるようにぃ 奥の部分柔らかくほぐしておこうな」
彼女が思ってたよりもずっと優しいキャラだったのが意外でした。
淫魔らしく搾り取るようなエッチをするのかと思いきや
フェラでしっかり準備してから彼に主導権を渡し
SEXのやり方を教えながら喘ぎ声を漏らしたり褒める甘めの内容になってます。
連続射精するのも彼が収まらなかったからで、彼女は予想外の展開に驚く姿を見せます。

音声作品だと淫魔(サキュバス)=M向けの傾向が強いため
それに期待して聴いたら肩透かしを食らうかもしれません。
でも彼女は人妻でもあるから、そちらの視点で見れば割と妥当なエッチをしてると思います。

射精シーンは2回。
淫語・くちゅ音・喘ぎ声それなり、ちゅぱ音そこそこです。

ノーマル~ややS向けの抜きボイスを探してる人には特におすすめします。

CV:涼花みなせさん
総時間 37:44

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

【バイノーラル】洗脳ノイズ♪No.1耳かき店員があなたの耳フェラ奴隷に♪

サークル「劇團近未来」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、お店でNo.1の人気を誇る気の強そうな女の子が
嫌ってる男性客に洗脳され耳かきとエッチなご奉仕をします。

辛辣な言葉責めをしながらしっかりお世話するのが特徴で
「臭い」「汚い」などこちらを見下すセリフをガンガン浴びせるのに
耳やおちんちんを丹念に舐めたり中出しSEXを許す正反対の態度を取ります。
彼氏持ちの耳かき小町をエッチに洗脳
耳かき店員のあおいを洗脳して堕とすお話。

「いらっしゃいませー 耳かき専門店 ねっとり庵へようこそ」
あおいは明るくて穏やかな声の女の子。
来店した主人公に挨拶してる最中にウザ客呼ばわりすると
店長を軽く罵倒してから嫌そうな表情で彼の悪口を言います。

本作品は何らかの手段で相手を好きに操れる効果音を手に入れた彼が
好意を寄せてる彼女にそれを聞かせて80分程度に渡るご奉仕をさせます。
場所が耳かき店なので前半は耳かきや耳舐めといった比較的健全なサービスを行い
後半から少しずつディープなプレイをして彼女をモノにします。

「言ったわよね? もう二度と来るなって うーん くそっ 店長にもこいつはNGだって伝えてたのに」
彼女は過去に彼から何度も指名を受けており
その時に相当不快な思いをしたせいで彼のことを最初からとても嫌ってます。
体臭や汚れに関する指摘が多いのを見ると清潔さに問題があるのでしょう。
それを踏まえて店員なのに終始ほぼタメ口で彼に接します。

「ほら あおいの脱ぎたておぱんつで お前の耳チンポ しこしこしたげる」
しかし彼が用意した洗脳ノイズを聞かせると態度が一変します。
声や口調は相変わらずとげとげしいのですが、彼のリクエストにはきちんと応え
さらに自分から裸になったり脱ぎたてのパンツで耳を綺麗にする大胆な行動まで取ります。
終盤には生SEXからの中出しまで決めるなど、嫌ってるとは思えないほど手厚いサービスをします。
洗脳ノイズは体験版のタイトルコールで流れるものと一緒です。

この憎まれ口を叩きながらそれとほぼ正反対のことをするのが本作品最大の特徴です。
言葉と行動に大きなギャップがあるので彼に操られてるのがすぐわかります。
そして洗脳を解除した瞬間、素の彼女に戻りこれまでの出来事を悔やむ表情を見せます。

「穴の奥 本当に臭い 腐った鉢植えの 根っこみたいな匂い」
ちなみ洗脳と聞くと心まで彼の言いなりになる展開をイメージする人もいるでしょうが
セリフに関しては洗脳された後も普段と同じくらい辛辣です。
彼の体臭や汚さを他のものに例えながら熱心にお世話します。

自分にとって嫌いなことをやってる自覚をさせなくする感じです。
途中で泣き出したり絶望することはないので凄惨さは特にありません。
終盤には彼を肯定するセリフも出てきますし、多くの人が聴けるあたりの描写に留めてます。
洗脳らしさを大事にしてる耳かき
洗脳ノイズであおいを言いなりにした直後から始まる3パート29分間は癒し重視のサービス。
「洗脳ノイズで即耳舐め(+5,000円)を、タダでご奉仕させちゃおう♪」は耳舐め
「催眠状態なら、プレミアムな耳かきもご奉仕も瞬時にOK!」は右耳かき
「普通とは少し違ったマッサージを堪能。脱ぎたて濡れ濡れパンツで、お耳ちんぽをシコシコ」は左耳かきと
対象をほぼ耳に絞ってプロらしい手厚いケアをします。

「マジ ない あり得ない なんで なんであおいが お前の耳を…」
彼女は洗脳ノイズで自分が言いなりになると信じてませんから
主人公に耳舐めをリクエストされても即座に断る普段通りの姿勢を見せます。
しかし体のほうは自分から近づきコリコリした舐め主体のちゅぱ音を丁寧に鳴らします。
解除後に見せる表情も怒りより驚きや戸惑いのほうが強いです。

耳舐め自体は9分と短いので彼女の反応を楽しむパートかなと。
解除した直後に本気で気持ち悪がったり咳き込む姿に心情がよく表れてます。

耳かきは布や指で外側を綺麗にするところから始まり
それから耳かき棒と梵天を使い分けて中も掃除し、最後に3回くらい息を吹きかけます。
専門店にしてはシンプルな内容ですね。

しかし音については割とレベルが高いです。
耳を拭く時は「すりすり」という布系の摩擦音が鳴り
彼が指でマッサージする指示を出すと滑らかで弾力のある水音に変わります。
耳かき棒は「ごりごり」という乾いてて硬めの音、梵天はさらさらした滑らかな音と
各サービスに専用の効果音が用意されてて作りがしっかりしてます。

「ほら あおいの脱ぎたておぱんつで お前の耳チンポ しこしこしたげる」
最中の彼女は彼の耳垢や耳毛を嫌う一方で
自分から服を脱ぎパンツで耳を綺麗にする大胆なところを見せてくれます。
さらに本名や彼氏の有無といったプライベートな情報まで暴露するなど
明らかに操られてることがわかる要素をいくつも盛り込んでます。

個人的にはもう少し音を聞かせて欲しかった気もしますが
本作品のテーマは洗脳なのでそちらを優先したのだと思います。
こういうシチュの耳かきをする作品に出会ったのは初めてで新鮮に感じました。
少しずつ変化するあおいの心
エッチシーンは4パート41分間。
プレイは手コキ、耳舐め、あおいへのアナル舐め、フェラ、素股、SEX(騎乗位)、キスです。
手コキ、素股、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「うわぁ グローい きもーい そのうえちっちゃーい 皮かぶってる」
耳かきの直後に服を脱ぎだした主人公のおちんちんをストレートに貶すと
あおいは自分の唾液をそれに垂らしてから手でしごき始めます。

エッチはどのパートも彼女が責め続けます。
前半の2パート19分間は本番に向けた準備をするシーン。
「恋人同士でしか出来ない、マジ気持ち良い耳舐め手コキを、洗脳ノイズで速効体験♪」は耳舐め手コキ
「No.1のアナルを味わいながらのお掃除フェラは、本気で気持ち良い!」は
彼が彼女のアナル、彼女が彼のおちんちんを舐めるやや変わったプレイをします。

「ちんこの先っぽ にゅるってしてきた くさーい」
エッチに入っても彼女のSっ気はまったく衰えません。
短小包茎童貞のよわよわおちんちんを思う存分罵倒し、恥垢まみれの亀頭を露骨に嫌がります。
しかし洗脳されてるのでプレイを中断することは一切なく
むしろそれが当たり前かのように耳とおちんちんを上手に責めます。

耳舐めは非エロパートでもやってましたが
それとの違いを明確にするために激しめのちゅぱ音を鳴らします。
あとは舐め主体だったあちらに対し、こちらは吸いを加えて変化をつけてました。
手コキ音も泡立った水音を鳴らすなどエロさを出す工夫がいくつもされてます。

「こんなの あおいの彼氏より… やっ、やだ 怖い マジない こんな大きいの」
耳舐め手コキパートの終盤から彼女の態度が若干柔らかくなるのもポイント。
包皮を剥いたことによって彼のおちんちんが目に見えて大きくなり
それを見た彼女が初めて彼を褒めるセリフを漏らします。

最初から最後まで洗脳エッチをすると後味が暗く重たくなりますし
陵辱色を薄める意味も込めてこういう描写を入れたのではないかなと。
いきなりデレるのではなく、少しずつそちらへシフトしていく展開も彼女らしいと思います。

アナルとおちんちんを舐め合うプレイもそれに影響を与えてます。
アナル舐めは彼女のほうから命令するのですが、彼は素直に従い一生懸命綺麗にします。
自分にとって一番汚い場所を愛を込めて舐める姿に少しだけ心を動かされたように感じました。

一番の山場は次の「耳かき店で超簡単に生セックスができる! No.1のいやらしすぎる本性が明らかに!」(約15分)。
直前のフェラですっかり元気になったおちんちんの上に跨り
軽い素股を挟んでから挿入し後になるほどペースを上げて一緒の絶頂を目指します。

「これは催眠だから あおいのマジの心とは 関係ないから 催眠だから仕方ないの」
「今の自分は洗脳されてるから感じてても仕方ない」と言って誤魔化したり
パート中盤には洗脳を解除した彼に効果音を再度鳴らしてくれるようお願いするなど
彼をひたすら嫌っていた今までの彼女とは随分違う姿を見せてくれます。

立派なおちんちんを挿入されて感じてるのを隠したかったのかなと。
騎乗位なら女性側がいつでもSEXを中断できる状態ですから
本当に嫌なら洗脳を解除されたタイミングで逃げることもできたはずです。
言葉よりも行為を通じて彼に傾き始めてる心情を描いてます。

このように、きつめの言葉責めをぶつけながら少しずつ柔らかくするシチュを活かしたエッチが繰り広げられてます。
変わった洗脳作品
洗脳をきっかけに女の子が少しずつ心を開いていく珍しい切り口の作品です。

あおいは匂いがきつくて体も汚い主人公をできるだけ遠ざけようと
最初から辛辣な言葉責めを浴びせて自分の気持ちをはっきり伝えます。
しかし洗脳ノイズを聞くとすぐさま彼の言いなりになりどんどん踏み込んだサービスをします。

ツンツンな女の子が嫌ってる男性に洗脳されて存分にご奉仕するややS向けのシチュ
言葉と行動に大きな差がある彼女のキャラ
エッチシーンの途中から少しずつ彼女の態度が柔らかくなる展開。
洗脳らしさを出しつつ後味がある程度良くなるように作品を組み立ててます。

特に2番目は洗脳されてもセリフがまったく変わらないのがすごく面白いです。
他の作品ですと洗脳されたら心も従順になることが多いのですが
本作品では元の性格を残したうえでそれに反するサービスをするスタイルを取ってます。

「真夏の三角コーナーより臭い」
シチュはどちらかと言えばS向けですけど、言葉責めがガツンとくるのでMな人も楽しめそうです。
最後も主人公にとってほぼハッピーエンドと言っていい内容ですし
癖の強いテーマを扱ってる割には聴きやすかったです。

エッチは洗脳による彼女の変化を前面に押し出した構成になってます。
口ではそれなりに嫌がりますけどプレイの流れは至ってスムーズです。
女性に散々罵倒される快感と、それを汚す/征服する快感の両方が味わえます。

射精シーンは3回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

CV:涼花みなせさん
総時間 1:19:30

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2019年12月9日まで30%OFFの770円で販売されてます。

【過去作70%OFFクーポン付き】大人しい女の子が寄生虫に寄生されて超エッチになってしまう大変!?

サークル「チームランドセル」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、エッチどころかオナニーすらしたことのない奥手な女の子が
寄生虫にそそのかされて自宅でオナニーや彼氏とのエッチに溺れます。

最初は寄生虫の誘惑を拒絶したり快感に抵抗する姿勢を見せてたのが
次第に我慢できなくなり嬉しそうな表情で逆レイプ手コキやSEXをする、といった具合に
普段と発情時のギャップを大きく持たせて抜きやすくしています。
エッチな寄生虫に弄ばれて
雪子が自宅でオナニーしたり恋人のたかし君とエッチするお話。

「あぁ あれ? 私 なんで?」
雪子は可憐な声の女の子。
とある夏の日、制服を着た寄生虫に押し倒された彼女が
河川敷で目覚め、帰宅してお風呂に入るところから物語は始まります。

本作品は今まで普通の女の子としてエッチとは無縁な人生を送ってた彼女が
女性型の寄生虫に取り憑かれておよそ120分に渡る激しめのエッチを楽しみます。
彼女には3ヶ月前に付き合い始めた恋人がいて今までは健全な交際を続けてきました。
しかし2人で英語の勉強をすることになったある日、寄生虫にそそのかされてとうとう一線を超えてしまいます。

寄生虫「影響があるかないかと聞かれたら…あると思うよ かなり」
この寄生虫は宿主の興奮や快感をコントロールする能力を持っており
エッチな気分が高まってきた雪子に甘い言葉を囁いてオナニーさせ
さらに彼女の子宮に自分の卵を置いてフェロモンを振りまくといった独特な誘惑をします。
話し方も割と無邪気で子供っぽい印象を受けました。

サキュバスや小悪魔に近いいたずら好きなキャラですね。
寄生によって副作用が出ることはありますが、雪子がボロボロになるほどひどいことはしません。
彼女が死んだら自分も生きていけないことをよく知ってるので
自分が欲しい物を得る以外は折り合いをつけようとします。

「私 そんなに綺麗じゃないし 地味だし これといって得意なこととかないから」
「ほら もっと触って? 気持ちよくするから たかし君も もっとおっぱい揉んで?」

そんな事情を踏まえて作中の雪子はシーンによって随分違う姿を見せます。
普段は彼とエッチしたい気持ちはあるけどなかなか自信が持てない奥手キャラなのに
スイッチが入ると自分から積極的に体を求め、さらにおっぱいやおまんこをいじって欲しいとおねだりします。
初めてのSEXなのに腰をガンガン打ち付けて中出しさせようとする姿も含めて
通常時とエッチシーンのギャップを大きくして彼女のエロさを引き立たせてます。

最初は寄生虫に発情させられて半ば仕方なくやってるようにも見えますが
物語の中盤からは欲望を満たそうと自主的にエッチするので凄惨さはあまり感じません。
元々淫乱になる素質があった女の子が、今回の事件をきっかけに目覚めたふうに描かれてます。

それに最も貢献してるのが吐息。
エッチシーンの大部分で熱っぽい声を漏らし
絶頂が近づくにつれて呼吸が不規則になったり声を震わせるようになります。

プレイ中のセリフもそれなりにありますが、実況はほとんどせず雪子の心情描写に力を入れてます。
寄生虫に発情させられた彼女が何を思い、感じてるかを聴き手に伝えることを心がけてます。
雪子役の涼花みなせさんも吐息に関しては特に熱の入った演技をされてました。

またチームランドセルさんの作品ということで、作中のところどころでアンビエントBGMが流れます。
音量が控えめで流れない時間も結構ありますから気になるほどではありません。
物語の雰囲気や雪子の心情を別方面から聴き手に伝える脇役に近い位置づけです。

ちなみに本作品を聴く場合、唯一の男性キャラであるたかし君になりきるのが順当だと思いますが
雪子視点で寄生虫の誘惑に耐えるといった別の楽しみ方もできます。
チームランドセルさんは元々百合を題材にした作品を数多く制作されてるので
聴き手を男性キャラに当てはめることにそれほどこだわってないのだと思います。
後になるほど積極性が増すエッチ
エッチシーンは4パート84分間。
プレイは雪子のオナニー、手コキ、耳舐め、素股、乳揉み、手マン、SEX(騎乗位)です。
オナニー、手コキ、素股、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

寄生虫「じゃあ まずはその下着の中に 指を入れよっか」
雪子「何 これ こんな 濡れてる 気持ち悪いよぉ」
たかし君との勉強中に体が疼き始めた雪子は
彼がトイレへ行ってる最中に寄生虫の指示を受けておまんこをいじり始めます。

エッチは寄生虫の効果で発情した雪子が終始責め続けます。
一番最初の「2.彼氏が来てるのに初オナニー」でするのはもちろんオナニー(約14分)。
今まで一度もやったことがない雪子のために寄生虫がその流れを教えます。

「ふふっ 初めての割には ご主人様いい声上げるね 私もだんだんご主人様を通じて 気持ちよくなってきちゃった」
「もっと (おちんちん)動かすよ いいね いいね?」

本作品の寄生虫は快楽に特化してるだけあってエッチの盛り上げ方をよく心得てます。
雪子が快感に溺れ始めた頃から自分も一緒に気持ちよさそうな声を漏らし
もうしばらく経つとたかし君とのSEXをイメージさせて絶頂しやすい状況を作ります。
2人は一心同体ですから雪子が気持ちよくなれば当然寄生虫にも伝播します。

雪子も普段とはまるで違う熱っぽい吐息を漏らしますし
前項で説明したふたつの特徴(ギャップと吐息)が早速発揮されてます。
彼氏がいつ帰ってくるかもわからない状況でオナニーするシチュもそそりますね。
性に未熟な女の子が女性の快感に目覚める様子を作品独自の視点で描いてます。

続く2パート54分間はたかし君と直接イチャイチャするシーン。
「3.逆レイプ-強制手コキ」は耳舐めしながらお互いの性器を触り合い
「4.寄生セックス」は騎乗位で繋がり彼の精液をおまんこで直に受け止めます。

「たかし君 たかし君 嫌いにならないで」
「ここ わかる? この ぐちょぐちょしてるところ そこ いじって?」

普段とはまるで違う自分に彼が幻滅するのを恐れる可愛い姿を見せる一方で
自分から服を脱いでおっぱいやおまんこを触らせようとする大胆な姿も見せてくれます。
彼女が彼を好きなのは事実ですから、どうせやるなら楽しみたいと思ったのかもしれません。
プレイ中に鳴る効果音も全体的にねっとりしててエロいです。

「ダメっ ダメっ 起きて イっちゃだめだよ」
それに対してSEXパートはスリルや背徳感といった暗い部分をある程度出して進めます。
寄生虫の卵は彼女の子宮にあり、たかし君が射精すると孵化するそうです。
強烈に押し寄せてくる快楽をじっと耐え続けるか、それとも快楽に負けて寄生虫の子を孕むか。
エッチを覚え始めたばかりの女の子には相当厳しい選択を突きつけられます。

射精させちゃダメだとわかっていながらピストンを止められないあたりに
彼女がすっかり快楽に溺れてるのを感じました。
そして中出しをされた瞬間、気持ちよさそうな声と共に絶望します。

…といった展開なのですがネタバレするとダークな終わり方にはなりません。
雪子の心身が壊れることはありませんし、たかし君とも今まで以上にイチャラブな関係になります。
バッドエンドにすると作品を聴ける人がかなり限られてしまいますから
そうならないようにサークルさんがきちんと調整されてます。

寄生虫「いいっ これっ これしゅごい」
一番最後に寄生虫へお仕置きするパートが用意されてるのが良い例です。
やってる事はオナニーなのですが、普段以上におまんこを激しく責めるおかげで
寄生虫がややアヘった声を漏らします。

寄生虫に散々利用されてきたから逆に利用してオナニーを楽しむ。
彼女がひとりの人間としても成長した様子がエッチな視点で描かれてます。
このように、寄生虫から連想される暗さや重さを和らげた抜き系のエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視の人外作品
雪子が持つ「大人しさ」と「淫乱さ」をシーンによって上手く使い分けてる作品です。

雪子は自分が知らない間に取り憑いてきた寄生虫をなんとかしようと
まずは抵抗する姿勢を見せつつエッチな誘惑から耐え抜こうとします。
しかしオナニーやたかし君のとのエッチを覚えた後はむしろ楽しんで気持ちよさそうな声を漏らします。

エッチの経験がまったくない女の子が寄生虫の効果で淫乱になる珍しいシチュ
物語が進むほど雪子の積極性が増しエッチに振る舞うギャップを活かした作り
その最中に漏れる質量共に優れた吐息や喘ぎ声。
寄生虫という音声ではあまり見かけない素材を使ってエッチなキャラを作り上げてます。

「もっと もっと突いて? 吸い取ってあげる たかし君のおちんちんから精液 吸い取ってあげる」
中でも2番目はオナニーの快感に戸惑ってた序盤と
たかし君から精液を搾り取ろうとする終盤でまったく違う顔を見せてくれます。
雪子とたかし君は小学校からの知り合いなのに最近ようやく付き合い始めたところを見ると
順当に行けば初エッチするのは相当後になったかもしれません。
そんな状況を寄生虫の力を借りて打破したと考えればそれほど悪くない結末だと思います。

エッチは吐息が好きかどうかで満足度が結構変わりそうです。
オナニーやSEX主体なので雪子が乱れることは多いのですが
大きくあんあん喘ぐのではなく囁きに近い声量で控えめな声を漏らします。
寄生虫も一緒に喘ぐから両方聴けるようにこうしたのかもしれません。
シーンによって熱量やリズムを変えてあり、雪子の心情をリアルに表現する重要な役割を果たします。

絶頂シーンは雪子4回、たかし君2回。
吐息多め、くちゅ音と喘ぎ声それなり、淫語とちゅぱ音そこそこです。

おまけは小石川うにさんのNG集と追加音声(約3分)です。

CV:雪子…涼花みなせさん 寄生虫…小石川うにさん
総時間 2:07:39(本編…2:03:14 おまけ…4:25)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2019年12月6日まで25%OFFの990円で販売されてます。

↑このページのトップヘ