同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:涼花みなせ

   ● 無感情少女に催眠にかけられて… -催眠ドライオーガズム-
   ● 【異世界】始まりの酒場で戦士(♀)と僧侶(♀)が…☆新しい冒険仲間がドスケベ過ぎて毎日性欲処理されちゃうお話☆
   ● ドスケベビッチJKに見られながらガードのゆるい性知識ゼロJKに無邪気に抜いてもらう【バイノーラル】
   ● 性に寛容すぎる田舎。【ノスタルジックフォーリー】
   ● ドスケベチアガールのエロエロ変態部活動♪~清楚な学園のアイドルはド変態で最っ低な露出狂でした♪~
   ● 超囁き!~ウザ可愛JK 三羽みうと通学バスで~【バイノーラル録音】
   ● 無感情サキュバスの射精前に搾り尽くすルーインドオーガズムオナニーサポート
   ● ダウナー系クラスメイトとどこでもハメまくり!【バイノーラル/KU100】
   ● 白ギャルSUMMER DREAMS! #ハメ映え小悪魔ダブルセックス♪【KU100収録】
   ● クールなシスターの事務的“聖処理”生活【バイノーラル】~“恋人聖処理”によるイチャラブえっちを行います~




サークル「にこみどり」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、声や口調は無感情だけど性格は優しい少女が
肛門や前立腺開発をテーマにしたエッチなトレーニングをします。

肛門括約筋に弱めの力を入れながら8秒間隔で深呼吸を繰り返す独特なプレイが行われており
淫語、ちゅぱ音、喘ぎ声といった純粋なエロ要素はほとんど入れず
呼吸音を流しながら筋肉を収縮させたり乳首や亀頭をいじらせてドライオーガズムに導きます。
催眠の要素は薄めなのでドライ系のオナサポ作品と思って聴いたほうが満足できます。

エネマグラ、ローション、アロマ、女性用の下着があるとより楽しめます(無しでも可)。
ふたつの要素でドライトレーニング
少女に催眠をかけられドライ絶頂するお話。

「これは ドライオーガズム そして エネマグラ 初心者向け トレーニング」
少女は淡々と話す落ち着いた声の女の子。
自己紹介はせず本作品のコンセプトや使用器具について説明すると
お尻の筋肉を収縮させるトレーニングを早速始めます。

本作品は射精とは違う絶頂を味わわせることを目的に
彼女がおよそ100分に渡って催眠を交えた独特なエッチをします。
催眠音声のドライオーガズムは深化させてから暗示を駆使して追い込むのが定番ですが
こちらの場合はそういう手段ではなく、前立腺を物理的に圧迫してドライを目指します。

最初から言ってしまうと本作品のドライは催眠音声のドライと別物です。
催眠にかかってるかどうかはほとんど関係ありませんから
催眠パートが入ってる変わったオナサポ作品と呼ぶほうがしっくりきます。
詳しい理由は後でちゃんと説明するので今はそういうものだと思ってください。

ちなみにエネマグラを使う/使わないはどちらでも構いません。
物語の冒頭で彼女が「初回は挿入しない状態でやってみて」と言います。

「8秒かけて ゆっくり 大きく息を吸い込んでいき また 8秒かけて ゆっくりと静かに 息を吐いていく」
このトレーニングで最も重要視されてるのは腹式呼吸と肛門括約筋トレーニング。
前者は吸う時、吐く時両方を8秒ほどかけてゆっくり行い
それに合わせてお尻の筋肉を収縮させて前立腺をやんわり刺激します。
一番最初の「肛門括約筋トレーニング(約22分)」パートでは
ほぼすべての時間を使ってやり方を丁寧に教えてくれます。

あまりやらないプレイだからでしょうけど
両者を個別にやってから組み合わせる流れで一歩ずつ前進してました。
呼吸音を流してペースを取ったり、筋肉に入れる力の加減も指示するなど結構細かいです。
深呼吸する時間が長いことや、バックで穏やかなBGMが流れ続けるおかげで癒しの感覚も得られます。
魂だけを少女の体に
催眠はおよそ13分間。
事前にエネマグラを挿入してから仰向けに横になって目を半分閉じ
天井をぼんやり見つめながら少女の言葉に耳を傾けます。

「床に体が 沈み込んでいくような感覚 それに応じて 意識と体が分離し あなたは 体がまったく動かせなくなる」
前項で説明した肛門括約筋トレーニングパートにリラックス効果があるからでしょうけど
凝視法や分割弛緩法といった特定の技術は使わずいきなり暗示を入れてました。
体が沈み込んだ結果心と体が分離する感覚を与え
さらに「思考回路が停止する」「消えていく」といった深化を匂わせる暗示に繋げます。
BGMの代わりにバックで泡の弾ける音が鳴り続けるため穏やかな空気が漂ってます。

6分ほどリラックスや深化の暗示を入れ続けた後は女体化に進みます。
全身を上から下へなぞる形で彼女の容姿をイメージし
さらに彼の魂だけを彼女の体へ移してから2人が一心同体になったことを教えます。

「私はあなたに あなたは私になる」
サークルさんが催眠音声初挑戦だから仕方ないとも思うのですが
彼女視点ではなく聴き手視点で女性になったことを実感させるアプローチをして欲しかったです。
具体的には「胸が重くなる」とか男女の間で違いが出やすい感覚を厚めに伝えたり
女体化後の自分を鏡で眺めて変化した姿を実況するなどです。
「あなたは」という主語も無理に入れないほうが効果的に働きかけることができます。

ほぼ暗示だけで構成されてる変わった催眠です。
聴き手の体を少女と同じにすることを目的に
前半はリラックスと深化、後半は女体化とほぼ一直線に進めます。

長めの深呼吸やBGMの影響で意識が多少ぼやける感覚はしました。
でも深い催眠状態に入った時の感覚よりもずっと軽いです。
暗示特化の構成だとセリフの表現がものすごく重要になるので
1作目なら古典催眠の技術を積極的に盛り込んだほうが安定して誘導できたと思います。
徐々に盛り上げていくエッチ
エッチシーンは27分間。
プレイは肛門括約筋トレーニング、乳首/亀頭オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
途中で服を脱ぐ指示が出ることはありません。

「どう? 膣と あと 膣の中に 何か異物が挿入されてる感覚 ある?」
催眠を使って主人公を自分と同じ女の子に変えた少女は
冒頭でやり方を教えた腹式呼吸と肛門括約筋トレーニングを同時にやる指示を出します。

エッチは彼女と直接触れ合わずトレーニングやオナニーで絶頂します。
前半の14分間はアドバイスしながらゆっくり行うシーン。
最初のパートでやった運動から入り、少し経つと乳首オナニーや亀頭オナニーを加えます。

「強く触れてはダメ 弱ければ弱いほどいい 弱い刺激を ゆったりと 長くやるのがコツ」
彼女も言ってるようにこの運動はリズムを保ってゆっくりやるのがコツです。
呼吸音を流してペースを教えながら優しい言葉をかけて取り組みやすい環境を作ります。
本作品のエッチはトレーニング要素が強いので
淫語やちゅぱ音といった純粋なエロ要素はほとんどありません。
そのほうがアナルや前立腺の感覚に集中しやすいからそうしたのでしょう。

また催眠音声ではお馴染みの感度を上げたりイかせる暗示も出てきません。
同人音声とほぼ同じしゃべり方をしてて催眠色は薄いです。
亀頭のことをクリトリスと呼んで女体化してる雰囲気を一応出そうとします。

後半の13分間はセリフが一気に減って静かになります。
彼女の呼吸音と吐息、泡の弾ける音だけが流れる時間を増やしてトレーニングに専念させます。
明確な絶頂シーンがないところを見ると好きなタイミングでイっていいのでしょう。
やることを教えた後はサポートに徹する緩いリードです。

このように、催眠を無理に絡めずトレーニングをがっつりやるシンプルなエッチが繰り広げられてます。
前立腺開発用と割り切れるなら
催眠はイマイチですけどトレーニング部分はしっかりしてる作品です。

少女は主人公が自分と同じ女の子になりきってドライを迎えられるように
まずは腹式呼吸と肛門括約筋トレーニングのやり方を丁寧に教え
それから暗示を組み合わせる独特な催眠で女体化を行います。
そしてエッチはトレーニングに軽めのオナニーを盛り込んでじっくり絶頂へ追い込みます。

声や口調は無感情だけど面倒見のいい性格をしてる少女が前立腺のドライトレーニングをするシチュ
やることをほぼ腹式呼吸と肛門括約筋トレーニングに絞り込み
十分な時間を取って繰り返し行うエロさを抑えたエッチ。
物理的な刺激を与えるタイプのドライオナサポとして考えながら作られてます。

催眠に関しては色々と首を捻るところがあるものの
テーマの前立腺トレーニングは割としっかりできてます。
やり方を手取り足取り教えてくれますし、エッチで長めの時間を割いて取り組みます。
暗示を使って性感を高めるアプローチをしてればより良くなったでしょうね。
同人メインのサークルさんなだけあってオナサポ部分は質が高めです。

さすがに初回の視聴では気持ちよくなれませんでした。
でもおまけで2時間トレーニングできる音声が用意されてますし
これを聴きながら根気よく続ければ徐々に変化が表れるのかもしれません。
すぐ気持ちよくなる部位ではないのでのんびり開発することを想定してます。

明確な絶頂シーンはありません。
吐息それなり、淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

おまけは安眠向け音声とシステムボイス(21種)です。

CV:涼花みなせさん
総時間 3:42:48(本編…1:41:55 安眠向け音声…2:00:01 システムボイス…0:52)

オススメ度
■■■■□□□□□□ 4点


体験版はこちらにあります



サークル「脳とりがー」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、戦闘経験は皆無だけどエッチは豊富な2人のお姉さんが
新米勇者と宿や野外で気持ちいい経験値稼ぎをします。

戦士は砕けた口調でストレートに責める、僧侶はギャップのある乱れっぷりでエロさを出すといった具合に
2人の属性を活かしてドスケベっぷりをアピールするキャラ重視のエッチをします。
効果音や環境音に力を入れてますから、2人と一緒にいる気分に浸りやすく感じるでしょう。
魔王討伐の冒険に出かけるはずが…
戦士のリアナ、僧侶のエミリと3種類のエッチをするお話。

「あ、ねぇねぇねぇエミリ もしかしてあの人じゃない?」
リアナはギャルっぽい口調で話す明るい声のお姉さん。
「え、どれだろ どの人?」
エミリは上品で優しい声のお姉さん。
酒場内で主人公を見かけてどちらが声をかけるか決めると
マスターから紹介を受けたことを告げて自己紹介します。

本作品は人間と魔王が敵対してる王道のファンタジー世界で
それを討つために立ち上がった勇者が彼女たちとおよそ90分に渡ってエッチします。
2人はまだ本格的な冒険をしたことがないのですがレベルは意外と高く
それに目をつけた彼がわざわざパーティーメンバーに選んで一緒の宿に泊まります。

エミリ「私たちって ろくに戦闘経験はないんですけど…」
リアナ「こういう経験はそれなりにあるから 実はレベル自体は1じゃないんだよね」
それを可能にしてるシステムがエッチでも経験値が入ること。
勇者としても男としてもレベル1な彼を鍛え上げるために(本当はただ楽しみたいだけですけど)
宿に着いた後は様々な誘惑をしておちんちんを元気にします。
そして準備ができた後は同時に相手するスタイルでフェラやSEXをガンガンやります。

タイトルにわざわざ「ドスケベ過ぎて」と書いてあることもあり
2人ともエッチに対してとても貪欲な姿勢を見せます。
しかし直前に話したシステムのおかげで中盤以降はむしろ彼が主導権を握ります。
M向けの要素はほとんどありませんからノーマルな人が最も楽しめるでしょう。

もうひとつの特徴は最中に鳴る音。
例えば一番最初の「【1】冒険の始まり、そして出会い」では
バックでうるさくない程度のガヤ音を流して酒場にいる雰囲気を作ります。
そして宿に着いた後は焚き火の音へ変わり、リアナが鎧を脱ぐときは金属が軽くぶつかる音が鳴ります。

エッチも全部音が入ってるので臨場感は高いほうと言えます。
最後のパートに出てくるスライムを使ったプレイもきちんと音で表現してました。
本作品はオナニーのオカズとしていかに使えるかを追求してますから
彼女たちのキャラだけでなく音にもこだわってエロさを出してます。
2人の魅力を引き出すエッチ
エッチシーンは3パート62分間。
プレイは耳舐め、おちんちんの愛撫、フェラ、SEX(騎乗位、バック、正常位?)、スライム責め、手マンです。
おちんちんの愛撫、SEX、スライム責め、手マン、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

エミリ「ちょっと こんなところで服脱いだら 勇者様びっくりしちゃうでしょ?」
酒場で主人公と合流した後、宿屋へ移動し夜中まで楽しく雑談してた2人は
その場で鎧やタイツを脱いで彼をさり気なく誘惑します。

エッチは序盤は彼女たちがリードし、中盤以降はほぼ対等な立場で責め合います。
最初の2パート39分間は宿屋でする初エッチ。
「【2】宿屋にて(1)~「レベル」の上げ方、知ってますか?~(約16分)」は耳舐めとフェラで追い込み
「【3】宿屋にて(2)~冒険そっちのけのスケベ経験値ボーナス3Pセックス~(約23分)」は
リアナ→エミリの順にSEXして勇者おちんちんを存分に味わいます。

リアナ「ふふっ でもよかった これならすごい経験値期待できそう 硬さも 太さも」
2人は淫乱だけどSじゃないので彼が童貞でもまったく気にしません。
予想以上に逞しいおちんちんにうっとりした表情を見せ
左右交互に耳舐めしながら服越しに愛撫したり咥え込んで元気にします。
彼のことを「勇者様」と呼ぶなど、敬ってるのがわかるように進めます。

片方がしゃべってる時はもう片方が完全に黙るので複数人プレイらしさは薄いですけど
(他の作品だとしゃべってる時もちゅぱ音や喘ぎ声が流れ続けることが多いです)
音自体にはエロさがあって彼女たちのドスケベっぷりが伝わってきます。
特にリアナがするフェラは「ずびびっ」と水分高めの下品な音を鳴らしててなかなかパワフルです。

2人の違いがよくわかるのはSEXパート。
最初にするリアナは彼が童貞なので徐々にペースを上げる感じで丁寧にリードします。
それに対して後半のエミリは僧侶のイメージとは随分違う野性味のある乱れっぷりを披露します。

エミリ「おぉぉ ほぉっ おぉぉっ もっと もっとぉ」
具体的には腹から絞り出すようなオホ声を積極的に漏らします。
普段の声や態度が清楚だからこそ、ここで見せる痴態が余計エロく感じました。
リアナは騎乗位、エミリはバックと責め手を切り替えてますし
エッチすればレベルが上がる本作品固有のシステムをきちんと活用してます。
立場逆転と言うほどではないですけど、後になるほど彼女たちが彼の精力に押されてるのがわかります。

最後の「【4】はじめての戦い。はじめての……(約23分)」は次の日のお話。
雑魚敵のスライムを蹴散らした後に今度は野外でエミリ→リアナの順にSEXします。

ここでは討伐したスライムをローション代わりにする変わったプレイが登場します。
裸になった彼女たちの体に塗って彼と擦り合わせるソープのマットプレイに近いものです。
効果音もちゃんと粘性のある水音を使っててリアルに感じました。
エミリとSEXしてる時はリアナへの手マンも加えてエロさを上げてます。

リアナ「これっ これぇ このチンポ 勇者チンポ 癖になっちゃう」
彼女たちがすっかり彼の虜になってるのも良いですね。
最初は勇者のおちんちんを試す程度の感覚だったのが
その逞しさにすっかり惚れ込んで2人とも気持ちよさそうな声を漏らします。
「もう冒険なんて止めよう」とまで言い出しますし、淫乱な女性をおちんちんで屈服させる満足感が得られます。

このように、2人の個性や作品独自の要素を盛り込んでストレートに愛し合う抜きやすいエッチが繰り広げられてます。
ダメにされちゃう作品
魔王討伐の志を気持ちよくとろかせてくれる作品です。

リアナとエミリは自分をわざわざ指名してくれた主人公と仲良くなろうと
宿の同じ部屋に泊まって服を脱いだり一緒のベッドに入って誘惑します。
そして彼がやる気になった後は受け、責め両方の立場でSEXメインのエッチをします。

それぞれに違った魅力を持つ淫乱なお姉さんたちが、童貞勇者をエッチでレベルアップさせるシチュ
どのパートも2人で協力しながら耳とおちんちんを同時に責める濃いめのエッチ
リアナはイメージ通りに、エミリはギャップを持たせて責めたり乱れるキャラを活かした演出。
ファンタジー世界で色仕掛けされる様子を明るくエロく描いてます。

中でも3番目は同じSEXでもパートやシーンによって状況が変わるのが面白いです。
リアナが筆おろしする時は彼がレベル1なので完全な受けに回ってたのに
直後のエミリはリズミカルに腰を打ちつけてオホらせる成長した姿を見せます。
最後の青姦も彼女たちと対等に渡り合ってますし、エッチでレベルが上がる制度がきちんと反映されてます。

私はどちらかと言えばエミリのほうが印象に残りました。
聖職者なのにエッチをガンガンやったりSEX中にオホ声を漏らすのが大きいです。
それに対してリアナはエッチ大好きなギャルっぽく描かれてます。

同時責めの際に片方のちゅぱ音や喘ぎ声が聞こえなくなる点だけは残念ですが
世界観、ストーリー、キャラ、エッチの内容といった他の部分は比較的高い水準を誇ります。
効果音や環境音に対するこだわりも見られますし
ファンタジー世界を題材にした抜きボイスとして上手くまとまってると思います。

射精シーンは4回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声いずれもそれなりです。

CV:リアナ…涼花みなせさん エミリ…小石川うにさん
総時間 1:37:38(本編…1:29:05 ボーナストラック…8:33)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年4月3日まで20%OFFの968円で販売されてます。



サークル「桜色ピアノ」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、エッチの知識や経験がゼロな女の子が
クラスメイトの男子に頼まれて性欲処理を手伝います。

恋人でもないのにふたつ返事でOKして一生懸命ご奉仕したり
彼のおちんちんや精液で汚されても嫌がるどころか嬉しそうな表情を見せるなど
純真無垢な彼女の魅力を出しながら征服欲をくすぐって満たされた射精に導きます。
無防備な女の子がたっぷりご奉仕
クラスメイトのまほ、かなと7種類のエッチをするお話。

「ねえ、聞いてる? 今まほの話してるんだけど♪ 君も興味あるでしょ~♪」
かな(挿し絵右)は可愛くて穏やかな声の女の子。
主人公にまほをオカズにオナニーしてるか尋ねると
彼女とエッチな関係になるためのアイデアを授けます。

本作品は魅力的な体をしてるのに隙だらけでクラスの男子に大人気なまほが
かなに入れ知恵された主人公とおよそ150分に渡ってエッチします。
まほは元々世話好きな性格で困ってる人がいると誰でも助けたくなります。
彼はその性格を利用し、おちんちんの勃起を病気と偽って性欲処理をお願いします。

まほ「もし膿が出そうになったら、勢いよく出しちゃうんだよ? まほの手が汚れちゃうとか、考えなくていいからね♪」
同い年の彼に弟や赤ちゃんに接するような優しい口調で語りかけ
自分の手が我慢汁や精液で汚れてもまったく気にせず嬉しそうな表情をします。
恋人でもないのにすぐさまエッチをOKするなど、確かにガードの緩さが随所で見られます。

そして彼女が真面目に一途に相手してくれるからこそ
そんな女性を騙して気持ちよくなることに多少の後ろめたさを感じます。
おちんちんや体液で彼女を汚すことも含めてややS向けの要素がそれなりに充実してます。
彼が彼女を無理矢理襲うことはなく、お願いする形でやりますから凌辱色はありません。

エッチについては彼女の属性を活かして少しずつ踏み込んだプレイに移ります。
序盤から中盤にかけては手コキ、耳舐め手コキ、授乳手コキといった比較的ソフトなもので固め
もう1人のヒロインにあたるかなが登場した後はSEXメインに変わります。

かな「あ♪ ほらほら見て~♪ まほ、必死になっておちんちん咥えて…… まじでえっろ~い♪ お口も舌も ぜ~んぶ使って、唾液で音立てながら 一生懸命舐めてくれてるよ~♪」
かなは主人公とまほがエッチするきっかけを作った人物なので
エッチシーンでも基本的には2人をサポートする役にまわります。
彼にはプレイの様子を実況しながら背徳感や征服欲をくすぐる言葉責めをする
まほにはドスケベビッチJKらしく男の責め方を教えたり手本を見せるといった感じです。

SEXだけはかなが先にやりますけど、それ以外はまほを引き立てるようにリードしてました。
ですからまほがメインヒロイン、かなはサブヒロインと見るのが妥当です。
女性が複数人登場する作品はそれぞれの存在感を同じくらいにすることが多いので
こうやって明確な差を設けてるのは割と珍しいです。
言葉と行為で甘やかすエッチ
エッチシーンは7パート128分間。
プレイは手コキ、耳舐め、ぱふぱふ、授乳、フェラ、SEX(騎乗位)、キスです。
手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「あっ♪ ほんのちょっと触れただけなのに びくびく震えて……苦しいんですか?」
放課後の理科室で主人公におちんちんのことを話されたまほは
「膿を出せば収まる」と言われてその場で手コキを始めます。

エッチは終始女性たちが責め続けます。
最初の3パート62分間はまほと一対一でエッチするシーン。
「【#2】『まほの性知識ゼロ手コキ♪』(約19分)」は手コキ
「【#3】『まほの性知識ゼロ耳舐め手コキ♪』(約27分)」は耳舐め手コキ
「【#4】『まほの性知識ゼロ授乳手コキ♪』(約16分)」は授乳手コキで1回ずつ射精させます。

「おちんちんを上下にこするときは、 しこしこって言った方がいいんだね♪ まほのおちんちんしこしこで、安心してくださいね~♪」
まほにはこれがエッチな行為だという認識がないので態度は普段と変わりません。
ゆっくりペースで手を上下に動かしながら彼にアドバイスをもらってシコシコボイスを加えます。
そして彼の反応を見るたびに嬉しそうな表情を見せて安心させます。

体だけでなく心もケアするので聴けば聴くほど幸福感が湧いてきます。
ただのクラスメイトに過ぎない彼にここまで尽くす姿に彼女の人の好さが強く表れてました。
途中から赤ちゃん言葉に近いセリフを言うなど、彼を甘やかすことに力を入れてます。

「はぁ~い♪ ぴゅっぴゅっぴゅ~♪ びゅるるる、びゅくびゅく~♪ ぴゅ、ぴゅ、ぴゅうう~♪どぷどぷどぷ~♪」
射精シーンで必ずぴゅっぴゅをセリフを言うのも良いですね。
一番気持ちいい瞬間をより盛り上げようとする彼女の優しさが伝わってきます。
性知識ゼロなのに彼のリクエストも受けずやってるところは違和感がありますが
抜きやすさに貢献してるのは事実です。

2番目の耳舐め手コキは各要素のバランスが取れてるプレイ。
しばらく舐めてから少し話すのを繰り返して無理なく射精へ追い込みます。

耳舐めは外側を舐めたり吸うスタンダードなものではなく
耳の内側を舌の腹で擦るようなジョリジョリした音をよく鳴らしてました。
吐息や囁き声で密着感も演出して彼女にお世話されてる雰囲気をリアルに表現します。
本作品は特化型と呼ぶほどではないですけど耳舐めの量も結構多いです。

「難しいことなんてなにもないの♪ まほのおっぱい、おいちいおいちいしてくだちゃいね~♪」
彼女らしさが最もよく出てるのは授乳手コキ。
彼がおっぱいに顔を埋めてきたのを見て母性本能をくすぐられたのか
自分から赤ちゃん言葉に変えてぱふぱふや授乳しながらおちんちんを責めます。

ここもおっぱいを見られたり吸われるのを嫌がることは一切ありません。
2回お世話したおかげでエッチしても問題ない関係が既に出来上がってます。
手コキはこれまでと一緒なのでセリフのほうが個性的です。

続く4パート66分間はかなを加えてする3P。
「【#5】『まほの性知識ゼロフェラ&かなのドスケベ耳舐め♪』(約22分)」は耳舐め+フェラ
「【#6】『かなとドスケベセックス&まほの性知識ゼロ耳舐め♪』(約18分)」はかなとのSEX
「【#7】『まほと禁断のいちゃらぶセックス&かなのドスケベ耳舐め♪』(約16分)」はまほとのSEX
「【#8】『まほとかなのW耳舐めタイム♪』(約10分)」は両耳舐めと踏み込んだプレイに変わります。

かな「クラスメイトに見られながら、なんにも知らない無邪気なまほに おちんちん舐めさせちゃうぅ~♪ 背筋がぞくぞくってなるくらい、興奮しちゃうねっ♪」
かなはドスケベビッチなので2人がエッチしてるのを見てもそこまで驚きません。
むしろ自分もその輪に入り一緒に楽しもうとします。
囁き声で何も知らないまほにエッチなことをさせてる罪悪感をくすぐる
慣れた様子で右耳を舐める、射精時にぴゅっぴゅのセリフを言うなど引き立て役に徹します。

まほ「君の唾液、いっぱい飲んじゃった♪ まほ……君のこと以外何にも、考えられないよ……♪」
最も盛り上がるのは#7。
かなに手本を見せてもらった後、今度はまほが生ハメ&中出しをします。
彼のことを気遣う母親っぽい態度を取ってた今までとは違い
ここは彼のことを対等な恋人と認識しながら熱っぽい吐息を漏らします。

これまでのエッチを通じて彼女の中で好意が少しずつ芽生えてたのでしょう。
かなの助けを借りてそれを無事形にできたところに甘さを感じます。
まほを騙し続けて処女を奪うのは後味が悪すぎますから
そのへんをきっちり解消するのは良い締めくくり方だと思います。
純粋なエロさよりも、彼女の心情&反応やひとつになれたシチュにグッとくるプレイです。

このように、まほの個性や魅力を出しながら少しずつ成長させるイチャラブ系のエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視のほのぼのした作品
まほの純真さや一途さに心を浄化されながら抜ける作品です。

まほはおちんちんに膿が溜まる病気にかかってる(実際はただの勃起)主人公を助けようと
手コキ、耳舐め手コキ、授乳手コキをしながら優しい言葉もかけて気持ちよく出させます。
そしてかなが加わった後は彼をお世話するのと同時に自分も楽しむ方針でエッチします。

エッチの知識と経験がゼロな女の子がクラスメイトの男子と色んなプレイを経験する初々しいシチュ
彼に騙されてることも知らずに一生懸命尽くす彼女の慈愛に満ちたキャラ
耳舐めを多めにやりながら後になるほど踏み込んだプレイに進む王道のエッチ。
最大の売りであるまほの魅力が引き立つように作品を組み立ててます。

まほ「いいよ♪ いいよ♪ まほのお口に、いっぱい出して♪ 真っ白いどろどろで、いっぱい汚していいんだよ♪」
嬉しそうな表情でこういうセリフをガンガン言う姿が印象的でした。
相手が喜んでくれさえすれば満足する奉仕精神の強い女性です。
そしてこれはおちんちんや精液で汚す快感を強化するのにも役立ってます。
手や体にぶっかけたり精飲する描写を盛り込んでるのもそれを意識してるのでしょう。

最後に主人公とまほが恋人に近い関係に収まってるので暗さや重さはありません。
2人がエッチするきっかけや道中が特殊なだけで純愛系のお話になってます。
かなが背徳感をくすぐるシーンも少なめですし、ノーマルな人が一番楽しめるんじゃないかなと。

エッチはまほの初々しさを出すために授乳手コキパートまではゆっくり責め続けます。
でもそれぞれの時間を長めに取ってるおかげで1回ずつ抜けるエロさを持ってます。
その後のフェラやSEXも複数人形式にして濃いプレイに仕上がってました。

ただし、まほが性知識ゼロなのに割と責めるのが上手なことや(ぴゅっぴゅのセリフなど)
ドスケベビッチJKと呼ばれてるかなが何故か処女だったことは疑問を感じます。
キャラ重視の作品で設定と実際の内容にズレがあると聴いた時に違和感が出ますから
今後の作品で改善されていくことを期待してます。

射精シーンは6回。
くちゅ音とちゅぱ音多め、淫語それなり、喘ぎ声そこそこです。

おまけは告知ボイスと応援感謝ボイスです。

CV:まほ…涼花みなせさん かな…陽向葵ゅかさん
総時間 2:37:36(本編…2:35:37 おまけ…1:59)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年2月27日まで25%OFFの990円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



サークル「おんせん☆はにぃ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、変わった風習を持つ村に住んでる2人の女性が
夏休みを利用して遊びに来た少年に忘れられない思い出をプレゼントします。

片方は初めての体験に戸惑う彼をゆっくり優しくリードする
もう片方はツンデレっぽい態度で後になるほど淫乱さを増す、といった具合に
2人の魅力を出しながらゆっくりじっくり射精へ追い込むSEX重視のエッチをするのが特徴です。
貞操観念がほとんどないお姉さんたち
叔母の香奈や従姉のみなみと4種類のエッチをするお話。

「うふふ 美味しい? 親子丼」
香奈(挿し絵左)は穏やかで色っぽい声のお姉さん。
「ほーんとよく食べるよね あんたって 育ち盛りなんだね」
みなみ(挿し絵右)は砕けた口調で話す可愛い声の女の子。
主人公と3人で親子丼を食べてる時に昔のことを話すと
みなみのおっぱいが大きくなったことも教えて彼の反応を見ます。

本作品は恋人や夫婦じゃなくてもエッチするのが当たり前な風習を持つ村を舞台に
彼女たちがおよそ90分に渡って彼を優しくリードします。
彼は思春期あたりの少年でもちろんSEXしたことはありません。
そのため2人が体を張ってその手ほどきをする性教育っぽい展開になってます。

香奈「それにしても あなたほんとに可愛い顔してるわね 姉さんに似たのかしら」
叔母の香奈は上品だけど結構淫乱な女性。
自分の手料理をもりもり食べる彼を興味深そうに眺めます。
まだ30代なので老けてる感じは特になく、エッチも積極的に責めてくれます。
みなみが彼の相手をする時はサポート役に回るところも大人の女性らしい余裕を感じます。

みなみ「私だって あんなの見せられて ぬ、濡れちゃったんだから」
それに対してみなみは淫乱さを受け継いでるけどまだ初々しい女性。
村の風習に対してあまりよく思ってない態度を取ったり
「香奈が夜這いに来たら寝たふりをするのよ」と彼にアドバイスします。
しかし一旦火がつくと突っ走る若者らしいところもあります。

2人の魅力を出しながらエッチを進めるのでキャラが結構立ってます。
風習のおかげでスリルや背徳感といった暗い要素は一切ありません。
女を知らない少年がそれに触れる様子を作品固有の要素を活かしたやり方で描いてます。
2人の近さと熱を感じるエッチ
エッチシーンは4パート59分間。
プレイは耳舐め、SEX(騎乗位、正常位?)、キス、授乳、手コキ、体の洗浄です。
服を脱ぐ、SEX、手コキ、体の洗浄、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

香奈「おばさんが 一緒に布団入って あっためてあげようか?」
その日の深夜、主人公の部屋へ夜這いをかけた香奈は
彼が寝たふりをしてることに気づき左耳を軽く舐めて反応を見ます。

エッチは年上の彼女たちが責め続けます。
前半の2パート30分間は3人が肉体関係を結ぶきっかけを描いたシーン。
「【2】その日の夜、寝室にて(1)(約17分)」は香奈が1人で筆おろしを行い
「【3】その日の夜、寝室寝室にて(2)(約13分)」は少し後にみなみがやって来て中出しSEXします。

香奈「SEXはね 裸でするの それくらいは知ってるかな?」
香奈は確かに貞操観念のない女性ですけど、嫌がる彼を無理矢理襲ったりはしません。
彼が抵抗しないことを確認してから耳とおちんちんを優しく責めます。
初めての体験に彼が不安がらないようSEXの流れを教えるおねショタらしいリードです。
囁き声で話すたびに微弱な風圧が感じられて彼女の近さを感じます。

肝心のSEXも挿入してからゆっくり腰を動かす無理のない責めっぷりです。
熱っぽい吐息と声量を抑えた艶めかしい喘ぎ声
そしてパンパンというピストン音でプレイの様子をリアルに表現します。


この後のパートも含めてSEX中の会話量を少なめにしてました。
説明文を見る限りサークルさんが音に自信を持たれてるようですし
それを聴き手に楽しんでもらうためにこういう作りにしたのでしょう。
ガチエロ路線ではなく雰囲気重視のしっとりした筆おろしです。

みなみ「こっ これ 気持ちいいっ」
それに対してみなみは対等な恋人同士に近い距離感でSEXします。
彼をリードするところは香奈と一緒ですがおっぱいを軽く揉まれただけで乱れたり
SEXの時は激しめに腰を振りながら気持ちいいことを素直にアピールします。
彼女は処女じゃないですけどその時はあまり気持ちよくなかったそうです。
でも彼とは体の相性が良いらしく序盤から普通に喘ぎます。

初々しい反応やストレートな乱れっぷりに若さを感じました。
普段はツンツンしてるのにエッチの時は素直になるところも良いです。

後半の2パート29分間は親子丼を前面に押し出したシーン。
「【4】翌朝……その日から変わった、ぼくの日常性活(約9分)」は授乳+手コキ
「【5】エッチ三昧の毎日……お風呂で親子丼3P(約20分)」は
お風呂場でみなみ→香奈の順に再びSEXします。

香奈「皮がちゃんとむきむきできたら こうやって しゅっ しゅってゆっくり擦ってあげるの」
みなみ「こ、こう?」
一度エッチしてみなみも色々吹っ切れたのでしょう。
香奈におちんちんの責め方を教わりながら丁寧にしごいて射精へ追い込みます。
香奈のおっぱいを吸いながら、みなみが耳舐め手コキするためエッチな音の密度も高いです。

射精を我慢する彼に優しい言葉をかけて心を開放するなど
引き続き性教育っぽさを出しながらエロさをパワーアップさせてます。
「【3】その日の夜、寝室寝室にて(2)」でも香奈は登場しますが
その時は2人のSEXを見守りながら話すだけなのでこのパートから本格的な親子丼になります。

最もエロいのは最後のお風呂パート。
5分程度の前置きを挟んでからエッチに進んでた以前の3パートとは違い
音声開始から5秒後には早速SEXが始まる抜き重視の作りになってます。

みなみ「あぁ そこいいっ もっと もうすっかりSEX慣れてきてんじゃん このスケベ」
香奈「あぁすごいわ このおちんちん 出したばっかりなのにもう こんなにガチガチになってる」
彼がすっかりSEX慣れしたことをからかいながら喘ぐみなみ
若い男のおちんちんを嬉しそうに味わう香奈。
プレイをほぼSEXに絞り込んで2人の内面を描きながらエッチな音をガンガン鳴らします。
SEXしてないほうはそれぞれのやり方で援護しますし、彼を取り合うのではなく共有する形で進めます。

前の3パートで前置きを色々挟んでたのはこのパートを盛り上げるための演出なのかもしれません。
最終パートが一番エロいほうが抜きやすいし後味も良くなりますから上手くまとめてると思います。
このように、心のケアをしながら女性の愛し方を教える甘くて穏やかなエッチが繰り広げられてます。
エロさ高めの親子丼作品
上品なエロさを持たせて少年に性教育するノーマル向けの作品です。

香奈は夏休みに遊びに来た主人公の体を味わおうと
好意的な態度を取ったうえで夜這いをかけて童貞をいただきます。
そしてみなみはSEXに対する認識を変えるために彼と交わり女の快感に目覚めます。

それぞれに違った個性を持つ2人の女性が少年とSEXするおねショタ展開
彼の年齢や属性を踏まえて性教育らしさを出しながらゆっくりリードする優しいエッチ
前半は個別に、後半は同時に責めるスタイルにして後になるほどエロさを上げる作り。
2人とも淫乱なんだけど彼を思いやってるのが伝わるように作品を組み立ててます。

中でも2番目は若い男の体を一方的に貪るのではなく
彼もSEXを楽しめるように育てる肉親らしい接し方をしてて甘いです。
香奈は彼の気持ちや反応を観察したり、みなみがSEXしてる時はそれを応援する大人の対応をします。
みなみも冒頭で彼に寝たふりをするようアドバイスする優しさを持ってます。

3人がそれぞれを求め合った結果こういう関係になっただけで無理矢理感はありません。
最終パートは彼がみなみと対等に責め合うくらいまで成長します。
エロさがあって、キャラが立ってて、雰囲気も良いと色んな魅力を持ってます。

射精シーンは5回。
くちゅ音多め、淫語と喘ぎ声それなり、ちゅぱ音そこそこです。

おまけは2種類の耳かき音声です。

CV:香奈…琴音有波さん みなみ…涼花みなせさん
総時間 1:35:56(本編…1:25:44 おまけ…10:12)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年3月16日まで20%OFFの1056円で販売されてます。



サークル「レジスタンス和歌山」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、学校では人気者で通ってるが裏でド変態なことをしてるJKが
チア部の顧問と協力して刺激的なエッチに挑戦します。

女子更衣室のロッカーに入って密着しながら耳舐め手コキしたり
学校近くの公園で全裸になりお互いの性器をいじり合うなど
現実世界でやるにはリスクの高いプレイをガンガンやってスリリングな射精に導きます。
ドスケベチアガールとする危ないエッチ
チア部に所属する如月るりと4種類のエッチをするお話。

「あっ 先生 お疲れ様です はい 今チア部の片付けも終わったところです」
るりは明るくて可愛い声の女の子。
大会に向けた練習を終えて主人公に挨拶すると
たくさんお話したいから一緒に帰ろうと言います。

本作品は勉強と部活動を頑張りながら危ない活動もしてる彼女が
それを知ったチア部顧問の彼とおよそ120分に渡って独特なエッチを楽しみます。
彼女は物語の開始前から露出趣味を持っており
この日彼が話した不審者に関する情報も驚いたりせずむしろ嬉しそうに聞きます。

「不審者? 学校の周りを最近うろついてる人がいるんですか? へぇ そうなんですね 怖いなぁ …なーんだ バレちゃってたんだ」
際どい格好で歩いてるところを誰かに見られても怯む様子はなく
逆に「それは自分のことだ」とはっきり伝えて彼の反応を見ます。
さらに今までできなかったプレイに挑戦するため彼をパートナーに勧誘します。

露出趣味のJKなんてそうそういませんから
彼女も自分の性癖を受け止められる人を探してたのでしょう。
安全な場所から彼が恥ずかしがったり危険な目に遭うのを観察して楽しむのではなく
彼と同じ立場に立ってスリルと快感を共有する大胆な性格をしてます。

破滅しそうな状況ほど興奮するあたりがかなりの変態だなぁと。

後になるほど彼女が突っ走るので、そのドスケベでド変態な姿がいいオカズになります。
教え子とエッチする背徳感をくすぐることはほとんどなく
彼女が彼とのエッチを純粋に楽しんでるのが伝わってきて雰囲気は結構明るいです。

プレイについては彼女の性癖を色濃く反映させてます。
手コキやSEXといった王道のプレイももちろんやりますが
その環境を作品固有のものに設定して個性と彼女らしさを出してます。
具体的には見つかりそうで見つからない状況や青姦を中心に据えてます。

聴き手が主人公とできるだけ同じ視点で楽しめるよう前置きを長めに取ってました。
体への責めは割と普通なのでシチュを楽しむ作品だと思います。
物語の後半は彼女の心情や乱れっぷりを重点的に描くなど
彼女と2人で露出プレイを楽しんでるのが実感できるようにゆっくり丁寧に進めます。
背筋がゾクゾクするエッチ
エッチシーンは4パート101分間。
プレイはエッチなポーズ、オナニーの見せ合い、ハグ、耳舐め、手コキ、SEX(立ちバック)、キス、露出、性器の相互愛撫です。
オナニー、手コキ、SEX、性器の相互愛撫の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「今日は先生にちゃんと評価してもらうために わざと面積少ない攻め攻めおぱんつ穿いてきました」
露出趣味を主人公に打ち明けた次の日、学校内で彼を呼び出したるりは
チア部の更衣室へ移動してから際どい下着を見せて誘惑します。

エッチは終始彼女がリードします。
前半の2パート49分間はウォーミングアップを兼ねた比較的ソフトなプレイ。
「(2)部室で変態同士のオナニー見せあいっこ♪(約20分)」は2人きりの更衣室でオナニーを見せ合い
「(3)部員に隠れてバレないように背徳密着耳舐め♪(約29分)」はチア部員たちにバレないよう
更衣室のロッカーに隠れてこっそり耳舐め手コキします。

「先生 今からるりのことオカズにして オナニーしてください」
2人は顧問と生徒の関係である程度打ち解けてますから彼女もまったく遠慮しません。
今までなかなか満たせなかった露出願望を彼に叩きつけてスッキリします。
最初は下着を見せながら彼にオナニーさせるだけだったのが
パート後半に入ると我慢できなくなったようで自分からオナニーを披露します。

チア部らしく彼のオナニーを応援するシーンもありますし
アブノーマルなテーマを扱ってる割には和やかな空気が漂ってました。
多少の言葉責めもしますけど彼女が彼を見下すことはほとんどありません。
むしろ自分の痴態を積極的に見せつけて彼を満足させようとします。

「るりの偽おまんこに 中出ししちゃいたいんですね」
耳舐め手コキパートはロッカーの外でチア部員たちが着替えてるので
彼女も囁き声で話したりゆっくりおちんちんをしごく控えめな責め方をします。
至近距離から彼女が話すたびに微かな風圧が感じられてとてもリアルでした。
彼女の手をおまんこに見立てて責めたり、射精時には体にぶっかける許可を与えるご奉仕色の強いプレイです。

でも普通にエッチするだけでは物足りなかったのか
パート終盤から彼女が変わった行動を取り始めます。
教師とエッチしてるのがバレちゃいけないとわかってるのに誰かに知ってもらいたい。
見られる快感や見せつける快感を追い求めてる彼女の変態性が窺えるパートでした。

後半の2パート52分間は前半よりもずっとアブノーマルなプレイ。
「(4)全校生徒に屋上から見せつける、バック本気レイプ♪(約24分)」は学校の屋上で立ちバックSEX
「(5)学校近くの公園でド変態野外露出プレイ♪(約28分)」は公園で服を脱いでからお互いの性器をいじります。

「ね、先生 るりのこと 犯してください」
ここまで来ると彼女の暴走はもう止まりません。
グラウンドで部活動してる生徒たちを眺めながら生ハメ&中出しして露出の快感に酔いしれます。
前のパートが抑えるプレイだったからでしょうけど
ここでは大きめの喘ぎ声をたっぷり漏らすドスケベっぷりが光ってました。

またパート後半に入ると下で練習してる野球部のキャプテンに寝取られ報告をします。
(屋上から主人公とSEXしてることを告げるだけで直接言うわけではありません)
実際に彼と付き合ってるわけではないのですが
背徳的なシチュを作って自分がレイプされてる気分に浸ろうとします。
前半の2パートも含めて聴き手の心を盛り上げる要素が充実してて抜きやすいです。

最もエロく刺激的なのが最後の露出パート。
彼女が普段よく使ってる見つかりにくい場所へ移動し
そこで服を脱いでから近くのベンチに座っておちんちんとおまんこをいじり合います。

「変態同士のセンズリプレイで ゴミアクメイクぅ」
今までで最も過激なプレイをしてるからでしょうけど
彼女も最初から最後までノリノリな様子でエロく情けない姿を晒します。
自分から先に全裸になって初めての露出に気後れしてる彼を引っ張り
お互いの体をいじり合うシーンでは普段よりも下品な喘ぎ声を嬉しそうに漏らします。

途中で近くを通った見知らぬ人に気づいてほしそうな表情をするなど
一時の快楽と引き換えに破滅してもいいと思ってる露出狂の特徴がよく出てます。
体への責めはSEXに比べて落ちてますが、その分シチュが強化されてて同じくらい興奮できました。
喘ぎ声もアヘり気味で彼女が強い快感を味わってるのがわかります。

このように、後になるほど過激なプレイに挑戦する変態度の高いエッチが繰り広げられてます。
明るい露出作品
変わった趣味を持つ女性とスリリングなエッチを楽しむM向け作品です。

るりは自分が持つ露出性癖を存分に満たそうと
そのことを知った主人公を自分の仲間に加え、学校の内外で色んなプレイをします。
そして見られる快感や見せつける快感といった露出特有の要素を多く盛り込み
さらに彼女も一緒に楽しむスタイルにして積極的に痴態を晒します。

露出趣味を持つJKが部活の顧問とアブノーマルなエッチをする変わったシチュ
露出や青姦といった彼女の好みを色濃く反映させた過激なエッチ
彼をぐいぐい引っ張りながら嬉しそうな表情を見せる彼女のドスケベなキャラ。
JKのイメージとは随分違うエッチをとことん掘り下げて個性とエロさを出してます。

「あぁ バレちゃう バレちゃう バレちゃうぅ」
中でも3番目は危機的な状況になるほど感じるぶっ飛んだキャラに描かれてます。
主人公という協力者を得たことで今まで我慢してた部分が解放されたのでしょう。
どのパートも明るく伸び伸びとエッチに取り組んでて楽しんでるのがすごく伝わってきます。

あとは彼女が強い快感を得てるおかげで後半の2パートを中心に純粋なエロさが高くなってます。
アヘり気味の喘ぎ声、寝取られ妄想、中出し&放尿など
恥ずかしい姿や情けない姿を随所で見せてくれます。
露出と鑑賞両方の特徴を持ってるのでSな人でも楽しめるかもしれません。
露出もギリギリの線を突いてますし、嗜好の合う人ならドハマりする可能性が十分にあります。

射精シーンは4回。
くちゅ音多め、淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声それなりです。

CV:涼花みなせさん
総時間 2:03:40

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年1月24日まで15%OFFの1122円で販売されてます。



サークル「青春×フェティシズム」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、大きなおっぱいを持つウザ可愛いJKが
大好きな先輩と通学バスの中でエッチして親密な関係になります。

周りにバレないようこっそりエッチするのが特徴で
囁き声や吐息の割合を通常よりも増やして近さと密着感を演出し
さらに彼女の可愛さや一途さも表現して幸せな射精に導きます。
通学中にするスリリングなエッチ
バスの中で後輩の三羽みうと3種類のエッチをするお話。

「すみませ~ん ちょっと通してくださいね~ 先輩っ おっはようございま~す♪」
みうは丁寧語で話す可愛い声の女の子。
主人公が乗ってるバスに乗り込んですぐさま彼に挨拶すると
雑談しながら自分のことや2人の関係を教えます。

本作品は「超囁き!~甘ギャルJK 一河アリサと電車の中で~
超囁き!~えちえち清楚JK 二条由乃と電車の中で~」に続くシリーズ第3弾。
図書委員の活動で一緒になることの多い男女がバスの中でおよそ100分に渡りイチャイチャします。
物語の開始時点で2人は付き合ってませんが、少なくとも彼女のほうは強い好意を抱いており
水泳部で鍛えた自慢の体を使って積極的に誘惑します。

コンセプトが一緒なだけでキャラやストーリーは完全に独立してますから
過去作未視聴でもまったく問題ありません。

「先輩の腕に 三羽のおっぱいが ぎゅ~っておしつけられてるの…わかっちゃいました?」
車内が混み合ってるのをいいことに自分からHカップのおっぱいを押し付けたり
終盤は生でおまんこに導いて2回連続で中出しさせるなど
言葉と行為の両方から好きなことをわかりやすくアピールします。

彼が相当に鈍い性格だからやや手こずってるところもありますが
普通の男性ならまず確実に落ちるだろうと言えるくらいサービスが手厚いです。
中盤にはパイズリやパイズリフェラをするシーンもありますし
年下の女の子に尽くされる心地よさをたっぷり味わうことができます。

そして「超囁き!」の名の通り、彼女はこれらをするにあたって囁き声や吐息を多く漏らします。
エッチする場所がすべてバスの中なので普通にやったら通報されてしまいます。
そのことを踏まえて体を密着させ至近距離から話しかけるシーンを増やし
SEXの時も吐息に混じって喘ぎ声を漏らす感じの控えめな乱れ方をします。

現実世界でやったらさすがに見つかると思いますけど
シチュに合うようできるだけこっそりエッチする配慮をしてました。
声や効果音の品質も高くて臨場感があります。
惜しみない愛情を注ぐエッチ
エッチシーンは3パート71分間。
プレイは耳舐め、ハグ、手コキ、パイズリ、フェラ、SEX(対面立位)、キスです。
手コキ、パイズリ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「先輩、かわぁい♪ 食べちゃいたいくらい あぁむ。」
バスの中でおっぱいを押し付けて主人公を興奮させたみうは
彼が抵抗しないのを見て右耳を軽く舐めてさらにからかいます。

エッチはパートによって責め手を変えながら進めます。
一番最初の「track01_ウザ可愛後輩とえっちな通学車内(約29分)」は
雰囲気作りをしながら比較的ソフトに責めるパート。
耳舐めから入ってハグに移り、その体勢のままおちんちんを手でしごいて射精に導きます。

「観念して、三羽ちゃんを抱きしめててください いいですよ? 先輩になら、触られても」
彼女は彼のことが大好きですから体を触られても嫌な反応は一切しません。
むしろ触るようにお願いしてより親密な関係を築こうとします。
さらに普段よりもエッチな吐息を漏らして彼をやる気にさせます。

主導権は完全に彼女が握ってますが、その内容はすべて彼を喜ばせることを意識してます。
手コキもちゃんと彼の気持ちを確認してますし、彼女なりに気を遣ってるのがわかります。

「わ、わわわ、すご…っ でてます、先輩のが… こんなにたくさん…」
そして手コキが始まるとJKらしい初心な反応を見せてくれます。
おちんちんの硬さや熱さに興味津々な表情を見せ
射精シーンも予想以上に多く出た精液に驚きながらぴゅっぴゅのセリフで応援します。

彼を好きだから誘惑してみたけど、いざエッチが始まったら戸惑う姿が可愛いです。
精液も手で受け止めてから飲み干してくれたりと愛を感じる要素が充実してます。

次の「track02_ガラガラ車内でナイショのパイズリ(約20分)」は自慢のおっぱいが活躍するシーン。
別の日の放課後、2人しか乗客がいないバスでパイズリとパイズリフェラをします。

「なんか先輩にオナホ扱いされてるみたいで… んっ…あっ… ん…ちょ ちょっと濡れて来ちゃったっス」
「可愛い三羽ちゃんの顔を ドロドロに汚させてあげますからね♪」

track01よりもずっと安全なシチュだからでしょうけど
自分からシャツのボタンを外したりおちんちんを挟み込む積極的な姿勢を見せます。
密着できない状況を踏まえて囁き声を控えめにする代わり熱っぽい吐息を漏らしてました。
射精が近づくと体にぶっかける許可を出すなど引き続き至れり尽くせりです。

track02以降は2連続射精するようになるのも良いですね。
本作品はどうしてもエッチの描写が控えめになってしまいますから
それを射精シーンの多さで補う工夫がされてます。
2回戦のフェラは泡立ったちゅぱ音を小まめに鳴らしてて結構パワフルでした。

ちなみに本作品の射精はどれもカウントを数えるスタイルになってまして
おまけフォルダに入ってる字幕付き音声動画を視聴した場合は
その時画面左下に射精までの残り時間が表示されます(20秒前くらいから)。

最後の「track03_満員バスでえちえちハメハメ(約22分)」は体のほうも深く繋がるパート。
さらに別の日、通学するバスで再び一緒になった2人がいよいよSEXに挑戦します。
体位は状況を見る限り対面立位と思われます。

「ねぇ、見て 先輩… 下ろしたショーツが糸ひいちゃう もうトロトロっス…」
物語の山場なので彼女もさすがに彼をからかったりはしません。
もうすっかり興奮してることをわかりやすくアピールしてから
彼に主導権を委ねて自分と恋人になる意思があるか確かめます。

そして無事挿入出来たあとは周りにバレないレベルで乱れて幸福感に浸ります。
前の2パートとは違い受けに回るおかげで吐息や喘ぎ声を漏らすシーンが多く
これまで一度もしなかったキスも解禁して2人が一線を越えたことを伝えます。

前戯をほとんど挟まずにSEXすること、彼女の乱れる姿を重点的に描いてること
抜かずの中出しを2連続で決めることなどオナニーのオカズとして役立つ要素が充実してます。
ずっと好きだった人と無事結ばれた展開も相まっていい気分に浸りながら射精できました。
彼のために自分のすべてを捧げる姿が一途で愛らしいです。

このように、公共の場で愛し合う様子をリアルに描いた純愛系のエッチが繰り広げられてます。
シチュが特殊なイチャラブ作品
囁きと吐息重視のエッチで体を、みうの尽くす姿で心を温めてくれる大変甘い作品です。

みうは同じ図書委員で十分以上の好意を持ってる主人公と恋人になるために
一緒のバスに乗れた機会を使ってまずはソフトに責めて彼の反応を見ます。
そしてエッチできると踏んだ後はパイズリ→SEXと進めながら自分の気持ちを伝えます。

魅力的な体を持つ明るいJKとバスの中でイチャイチャするほぼノーマル向けのシチュ
囁き声と吐息を多めに盛り込んで近さと密着感を表現するやや静かなエッチ
彼が望むことを積極的にやって愛情を注ぐ彼女の一途なキャラ。
キャラとシチュを上手く組み合わせて聴き手に満たされる射精を提供します。

「先輩は特別ですから なんだったらその先も…」
中でも3番目は彼を特別視してることを匂わせる描写が至るところにあって
彼女が彼を本気で愛してることが強く伝わってきます。
彼女は人当たりのいい性格と大きなおっぱいを持つJKですから
何もしなくても男性たちが言い寄って来るくらいの魅力があるはずです。
それなのに彼を持ち上げる立場に徹するところに優しさを感じました。

過去2作はほぼ他人同士だったのが今回は友達からスタートしてますし
シリーズ作品によくあるマンネリ感を打破しようとするサークルさんの意図が見られます。
エッチもパイズリメインのパートがあったりしてキャラを活用してます。

ただ前作に比べると「超囁き!」の部分が弱くなってるかなぁとも感じました。
普通の作品に比べれば確かに多いですけど囁き特化と言うほどではありません。
純愛作品としてはよくできてるので、このへんをもう少し上手く調整できたら良かったと私は思います。

射精シーンは5回。
淫語・吐息・くちゅ音それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

年下の女の子に尽くされるのが好きな人には特におすすめします。

CV:涼花みなせさん
総時間 1:45:39

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年12月26日まで25%OFFの990円で販売されてます。



サークル「シルトクレーテ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、美味しい精液を追い求めてる無感情サキュバスが
M男を相手にとってもハードなオナサポをします。

精液を何度も小出ししてから最後に大きく射精させる変わったオナサポが行われており
前半は焦らし気味に責めながら休憩を挟んで精液を熟成させ
後半は「漏らせ」の合図でルーインドオーガズムを繰り返し金玉の中を空にします。
ガチでやったら体力を相当に消耗しますから無理のない範囲で取り組むのがいいでしょう。
サキュバスがする過酷な搾精
サキュバスの指示に従って何度も射精するお話。

「こんばんは しもべの人間 そう お前のこと」
サキュバスはややトーンが低く淡々と話す女性。
主人公の前に現れいきなり下僕扱いすると
彼がMなことを見抜いてからおもちゃにして遊びます。

本作品は喜怒哀楽をほとんど表に出さないクールな彼女が
精力旺盛な彼におよそ90分間のオナサポをします。
彼女は最初彼の精液をいただくつもりで近づいたのですが
彼が不味い精液を持つMだと知ったら方針を変えてルーインドオーガズム(台無し射精)させます。

「イク時みたいに 勢いよく精液をびゅっ びゅって吐き出すんじゃなくて 少しずつ少しずつ とろって漏らすような恥ずかしい出し方を 丁寧に〇回繰り返さないと 射精はさせてあげないってこと」
ルーインドオーガズムは通常の射精のように精液を勢いよく吐き出すのではなく
射精が始まった瞬間に手を離して甘出しさせることを意味します。
実際にやってみると精液が出てるのに性欲がほとんど衰えません。
それを活かして短時間に何度も出す過酷なプレイに挑戦します。

具体的な射精回数は伏せますけど、すべてやろうとしたら体にかなりの負荷がかかります。
翌日動けなくなるくらい消耗する可能性があるので
自分の体力や精力と相談して無理せず取り組むことをおすすめします。
射精シーンが多いほうがルーインドオーガズムもやりやすくなりますから
サークルさんもそういう感覚でこの回数を設定されたのだと思います。

「お前は今から この音に合わせて SEXしてるって思いこみながら チンポをシコシコしごくの」
オナニーについては前半は焦らし重視、後半はルーインドオーガズムと違う目的を掲げ
いずれもバックに効果音を流してその通りにしごくよう指示します。
挿し絵に描かれてるオナホ状の尻尾で彼女の指をしごいてるらしく
粘性高めのいやらしい水音がシーンごとに異なる速度で鳴ります。

右は効果音、左はセリフと複合責めっぽいスタイルになってますから
どんな風にオナニーすればいいかわからなくなることはまずないです。
彼女も言葉責め、ディープキス、耳舐めで応援してくれますし
無感情キャラの印象よりも穏やかな空気が漂ってました。

ドSなサキュバスの指示に従ってルーインドオーガズムを繰り返す展開と
セリフとオナニーの指示を分けて同時に行う実用性に配慮した作り。
オナサポに強いサークルさんの持ち味を出しながら新しいプレイをするドM向けの作品です。
一滴残らず搾り出すエッチ
エッチシーンは2パート71分間。
プレイはオナニー、耳舐め、キス、疑似フェラです。
オナニーの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「まずは その精液を入れておくためのタンク じっくり快楽に溺れさせて 白く濁ったザーメン 満杯に溜めるところから」
オナニーに関する説明を手短に行ったサキュバスは
主人公の下半身を裸にして早速効果音を鳴らします。

エッチは終始彼女に言われた通り動きます。
最初の「2_精液熟成オナニー(約27分)」はルーインドオーガズムに向けた準備。
2秒1コキくらいのペースでオナニーを始め
休憩を適度に挟みながらシーンごとに速度を変えて徐々に射精へ追い込みます。

「ほら 無駄撃ち嬉しいです 無駄撃ちさせてくださいって ちゃんと言って」
彼女は彼の精液にもう興味を持ってませんからエッチの最中も至ってクール。
彼にルーインドオーガズムすることを認めさせて被虐心を煽ったり
パート後半からは耳舐めを投入してストレートに興奮させます。
尻尾による効果音も鳴り続けるためエッチな音の量がそれなりにあります。

そしてシルトクレーテさんらしい巧みなリードが光ります。
2秒1コキ→1秒1コキ→さらに速くと数分単位でペースを切り替え
さらにわざと遅くしてもどかしい思いを与えるシーンも挟んで上手にコントロールします。
このパートは射精させずにギリギリのところまで持っていくのが目的ですから
射精させる時よりも刺激を抑えて出したくても出せない状況を作ります。

本作品を聴くようなM男ならここで射精することはさすがにないんじゃないかなと。
彼女の態度をクールにしたり、囁き声で言葉責めしてエロさを多少下げてます。

続く「3_ルーインドオーガズム(約44分)」はいよいよルーインドオーガズムに挑戦します。
彼女が「漏らせ」と命令したらするルールを定め
カウントを数えたり唐突に言って何度も何度もお漏らしさせます。

「マゾのオナニーが辛いのは当たり前 自分から望んでしてることだもんね」
「チンポ咥えられてるって妄想してるんでしょう? いいよ もっとして」

時間を長めに取ってる状況を活かして1回ずつ丁寧に行い
その合間に彼を見下すセリフを投げかけて彼女の下僕になる快感を教えます。
そして指示や命令を無事守れたら多少の飴を与えて甘やかします。
ディープキスや疑似フェラを挟んでくるあたりは割と優しく感じました。

連続射精をするパートで終始きつく当たると聴き手が途中で萎える可能性もありますから
飴と鞭を組み合わせて進めたほうがやる気を維持できると思います。
休憩も挟んでくれますし、ハードにしたうえでそれを和らげる配慮がされてました。

実際にやってみた感想ですが、さすがに全部で射精するのは無理でした。
回数がとんでもなく多いので毎回上手くやるのは難度が高いです。
それでも3回できましたからルーインドオーガズムを楽しめるプレイになってると言えます。

ちなみにルーインドオーガズムを繰り返した後
最後の最後に1回だけ普通に射精するシーンが用意されてます。
ちゃんとスッキリさせてから終わるので消化不良になることはないでしょう。

唯一気になったのはルーインドオーガズムのやり方にほとんど触れられてないこと。
通常だと射精が始まったタイミングで手を離すのですが
そういったアドバイスはほとんどなくオナニーの流れを説明してプレイに移ります。
ルーインドオーガズムは今年から音声に導入された新しいジャンル(のはず)なので
認知度を上げる意味も込めてやり方やコツを丁寧に教えたほうが良いと思います。

このように、たっぷり焦らしてから何度も吐き出させる落差の大きいエッチが繰り広げられてます。
もどかしい射精が味わえる作品
一番気持ちよくなる射精を敢えて台無しにしてるM度の高い作品です。

サキュバスは自分の好みに合わない精液を持つ主人公をおもちゃにして遊ぼうと
終始クールな態度で接しながら色んな指示や命令を出してオナニーを制御します。
そして前半は焦らし気味にゆっくりと、後半は金玉が空になるまで吐き出させるといった具合に
Mな人を喜ばせることを意識したハードな流れで進めます。

人間をモノ扱いするクールなサキュバスがM男をオナサポで弄ぶドM向けのシチュ
ルーインドオーガズムするパートに長い時間を割き何度も行うテーマ性の強いエッチ
オナニー自体は効果音で指示を出し、彼女は言葉責めや耳舐めで応援する実用性に配慮した作り。
通常の連続射精とは違うやり方で精液を搾り取ります。

中でも2番目はルーインドオーガズムを扱ってる作品の中でも
上位に位置するくらい体への責めが厳しいです。
カウントを数えずにいきなり「漏らせ」と言ってくるシーンもあるので
無理に合わせようとせず、できる時にやる感じで取り組んだほうが楽しめると思います。

あとは全体的にリードが丁寧です。
シーンごとに効果音のペースや彼女の責め方を変えて単調さを打ち消してます。
効果音やちゅぱ音を積極的に鳴らす姿勢もオナサポに不足しがちなエロさを補う役割を果たします。

射精シーンは1回以上。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなり、喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:涼花みなせさん
総時間 1:37:03(本編…1:29:36 フリートーク…7:27)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年12月15日まで10%OFFの1089円で販売されてます。



サークル「スマート挿入」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、態度はクールだけど性格はとても積極的なクラスメイトが
性欲旺盛な男子と色んな場所でひたすらエッチします。

事務的感や冷たさを薄めて対等に責め合う穏やかエッチが行われており
全編を通じて彼のおちんちんや精力の強さを褒めてやる気にさせ
さらに「チンコ」などやや下品な淫語を小まめに言う、SEXは毎回生ハメ&中出しするなど
男性が喜ぶ要素をいくつも盛り込みながら一緒に楽しむ姿勢でリードします。
ダウナーなのに世話好きなクラスメイト
クラスメイトの瑠果(るか)と6種類のエッチをするお話。

「お、珍しいね こんなところに来るなんて」
瑠果はややトーンが低く落ち着いた声の女の子。
空き教室へやって来た主人公を不思議そうな表情で迎えると
おちんちんの勃起にすぐ気づき自分からフェラを提案します。

本作品はエッチの経験豊富で自分の欲望にも素直な彼女が
同じ学校に通ってる彼とおよそ90分に渡る色んなエッチをします。
トイレ、空き教室、屋上、通学路近くの林とパートごとに場所を変え
さらに前置きや後の時間をできるだけ削ってひたすらエッチに専念します。
パート開始から2~3分後にはもうSEXを始めてました。

「健康健康 ムラムラしちゃったんでしょ? わかるわかる 私もどうしても急にムラムラしちゃう時とかあってさー」
彼の勃起を確認したらすぐさまエッチを持ち掛け
前戯もあまりせずいきなりSEXする割とスピーディーな展開です。
こうしたのはサークル名の「スマート挿入」に合わせてるのかもしれませんね。
彼女もスイッチが入りやすい性分らしく、彼を見下したり突き放すことは一切ないです。
むしろおちんちんの立派さや精力の強さを褒めて明るい雰囲気を作ります。

ダウナーキャラだから感情を表に出すことはあまりしません。
でも言葉と行為の両方から彼に対して一定以上の好意があることを示します。
キスシーンもそれなりにありますし、セフレなんだけど恋人っぽさもあるプレイに仕上がってます。

また「どこでもハメまくり!」の名の通り6パート中5パートがSEXメインになってます。
対面座位、立ちバック、騎乗位と異なる体位を設定し
どれも生ハメ&中出しするサービス精神旺盛な内容です。

彼女が作中で「体の相性が良い」と何度も言ってるところを見ると
仕方なくやらせてあげるのではなく純粋にそれを望んでるのだと思います。
淫語をどれもやや下品な表現にしてることも含めて男心を上手にくすぐってくれました。
事務的なところがまったくないので属性はほぼノーマルです。
ゆっくりじっくり愛し合うエッチ
エッチシーンは6パート69分間。
プレイはフェラ、キス、SEX(対面座位、立ちバック、対面立位、騎乗位)、耳舐めです。
SEX、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ほら しんどいっしょ? 早くトイレの中行こうよ」
主人公のムラムラに気づきすぐさまトイレへ連れて行った瑠果は
おちんちんを取り出し口と舌で気持ちよくします。

エッチは経験豊富な彼女が終始リードします。
前半の3パート28分間は彼女の性格や本作品の特徴をわかりやすく表現したシーン。
トラック1はフェラ、トラック2と3は対面座位SEXで1回ずつ射精させます。

「いい感じだね カウパーたくさんで チンコが喜んでるのが簡単にわかるよ こんだけ反応してくれると 舐め甲斐もあるね」
「んっ あぁいいね 私のマンコと相性ぴったりって感じ」

物語開始時点の2人はただのクラスメイトです。
でも彼女はおちんちんの見た目や感触を適度に褒める優しい態度を取ります。
セリフはプレイの実況と彼女の心情描写に力を入れてるおかげで
彼女が何を思い、感じてるかがわかりやすくなってます。

プレイについてはフェラは彼女のビッチなところがよく表れてます。
「じゅびびっ」みたいな下品な音を小まめに鳴らすことが多く
終盤にはピストンフェラに切り替えて一気に射精へ追い込みます。
精液はきっちり口で受け止め飲み干すなど、最初から手厚いご奉仕をしてくれます。

それに対してSEXは長めの時間を取りゆっくりペースで責め続けます。
ピストン音を緩く鳴らしながら彼のリクエストを尋ねて歩み寄り
キスや耳舐めといった口を使うプレイも挟んで心身両面を温めます。

「気持ちいいSEXって心も大事って聞いたことあるけど なんか繋がってるって感じしたし」
セフレだから体が気持ちよくなれればそれでいいはずなのですが
彼女の場合は心のケアにも気を配ってて雰囲気が結構甘いです。
彼の耳元で囁くシーンをそれなりに用意してることも含めて
サークルさんが2人の一体感を大事にしてるように感じました。

後半の3パート41分間はSEXに専念するシーン。
トラック4は通学路の途中で立ちバック、トラック5は学校の屋上で対面立位
トラック6は彼の自宅で騎乗位と毎回違う体位で時間いっぱい楽しみます。

「いや いい感じだよ テンポよく 気持ちいいところを刺激してて」
彼がSEXにある程度慣れたと判断したのか
ここからは彼に責めさせる描写を適度に挟んで彼女がそれを応援します。
彼がマグロになったらSEXがつまらなくなるのもあるのでしょうけど
この場合は彼に対する信頼の表れと見ることもできます。
前半に引き続きポジティブなセリフが多くて雰囲気が甘いです。

最終パートを彼の自宅にしてるのも2人の関係が変化してることを匂わせます。
プレイ自体はキスや耳舐めを挟みながら騎乗位で責め合う従来通りの内容で
そこに恋人繋ぎや2回連続射精といった新しい要素を盛り込み変化をつけてます。
口で言わなくても2人の心はもう恋人になってるような印象を受けました。

SEX中の会話量が全体的に多いせいであまり喘いでくれないのは残念ですが
激しく乱れたら彼女のダウナーキャラが崩れると判断したのかもしれません。
ピストンのペースが緩いことや囁き声も相まって、結構まったりしたSEXになってます。

このように、彼女の魅力を引き出しながらSEXを長めにやるタイトルを意識したエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視の穏やかな作品
物静かで優しい女の子とたっぷりイチャイチャする正統派の作品です。

瑠果は同じクラスに所属する主人公と気持ちいいひと時を共有しようと
友達あたりの親しい態度で接しながらまずは優しくリードしてセフレの関係を築きます。
そしてある程度慣れた後は彼に責め手を任せたり、屋外のSEXに挑戦してより強い刺激を味わいます。

ダウナーだけどエッチにとても積極的なクラスメイトとがっつりエッチするノーマル向けのシチュ
SEXの時間をできるだけ長く取り、さらに前後の時間も最低限まで削った抜きを意識した作り
事務的感や素っ気なさを微塵も見せず、彼が喜ぶことをガンガンやる彼女の優しいキャラ。
セフレとエッチする様子を穏やかな雰囲気でストレートに描いてます。

中でも2番目は本作品のタイトルに直結する要素なだけあってかなり尖らせてます。
SEX以外のプレイで射精するのはトラック1だけ、しかも5分と非常に短く
それ以外は全部生ハメ&中出しのスタイルで場所、体位、責め手を切り替えます。
前置きや射精後の時間を短く設定してるのもテーマに合ってて良いです。

ただパートごとの違いをもう少し打ち出してほしいとも感じました。
場所や体位は確かに変わりますけどSEXの表現方法はどれも基本的に一緒なので
例えば林や屋上で繋がってる時は誰かに見られる、あるいは見せつけるスリルを煽るとか
彼が責めてる時は逆の時よりも乱れてさり気なく応援するといった明確な違いが欲しいです。

ダウナーキャラ、ピストンが緩い、囁き声で話す、喘ぎ声をあまり漏らさないと
ただでさえエロさを下げる要素をいくつも盛り込んでる作品なので
それをカバーする要素も入れておいたほうが実用性の向上に繋がります。
トラック1のフェラは声とちゅぱ音のギャップが引き立ってましたし
そういうパートをもう1~2個用意しておけばより深みのある作品になったと思います。

射精シーンは7回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

SEX重視の落ち着いた作品が好きな人には特におすすめします。

CV:涼花みなせさん
総時間 1:29:29

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2020年11月20日まで20%OFFの1056円で販売されてます。



サークル「Deep;Dahlia」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、それぞれに違った個性を持つ2人の女の子が
ナイトプールで偶然会った男性と色んなエッチを楽しみます。

複数人プレイの持ち味を活かした密度と密着感の高いエッチが行われており
2人が別の部位を同時に責めて複数のエッチな音を鳴らす
口を使う時はしゃべる役としゃぶる役を分担するといった抜きやすい作りにしたうえで
プレイ中の大部分を囁き声にして彼女たちの近さと優しさを表現します。
非日常の体験をリアルにお届け
いおん、ここなと普通のホテルでエッチするお話。

「なぁここな こうやってプールボートの上で揺られてるのもいいけどさ なーんか暇じゃね?」
いおん(挿し絵右)は砕けた口調で話す穏やかな声の女の子。
「だってボートの上でスマホいじってるだけじゃん いおん それじゃ家にいるのと変わんないって」
ここな(挿し絵左)はややトーンが低く優しい声の女の子。
よく通ってるナイトプールで暇そうにしてると
いおんが着てるビキニに興味を持ったここながお腹を優しく撫で始めます。

本作品は学校に通いながら新しい刺激を求めてる彼女たちが
ホテルのプールで偶然会った彼とおよそ100分に渡ってイチャイチャします。
このプールには限られた者だけが入れるプライベートエリアが存在し
彼はそのカギとなるレアアイテムを持ってます。
2人はその価値をよく理解してるので、序盤からやや媚びる姿勢で積極的に誘惑します。

いおん「暇ならあたしたちと遊ぼうよ あたしたちも丁度2人で退屈してたんだ」
いおんはギャル系J〇と呼ばれてるだけあってカラッとした性格。
自分よりも一回りは年上な彼へ気さくに話しかけます。
そしてエッチが始まると彼とここなの両方をリードするビッチなところを見せます。
責めっぷりもスムーズですし、結構遊んでる印象を受けました。

ここな「私も? 恥ずかしいな…」
それに対してここなは年頃の女の子と言うのがしっくりくるキャラ。
いおんが自分からおっぱいを見せつけてるのを見て戸惑う表情をします。
しかしスイッチが入ると突っ走るところもあり
SEXシーンではややアヘった大きめの喘ぎ声を漏らす淫らな姿を見せます。

いおんは正統派のギャル、ここなはギャップを意識した性格に描かれてました。
友達なだけあってどのパートも上手に連携を取りながら責めてくれます。
くちゅ音、ちゅぱ音、吐息といった興奮を誘う要素が充実してるので
明るい雰囲気でサクッと抜きたい人には特に向いてます。
言葉責めをしたり金銭を要求することは一切ありませんから属性はほぼノーマルです。

Deep;Dahliaさんは「飼ってるセフレ達と今からセックスナマ配信します。」や
ハメ放題♪ドスケベJKメイド喫茶はじめましたっ!」といった
複数人プレイがテーマの良作をいくつも制作されてるサークルさんです。
今作もその経験と実力がきちんと発揮されててエッチに安定感があります。

もうひとつの特徴は密着感。
いおんが右、ここなが左に陣取りエッチの最中はほぼずっと囁き声で語りかけます。
直前で書いたように本作品はエッチな声や音の密度が高いので
それらを聞きやすくしたうえで彼女たちの近さも表現したのでしょう。

2人が話すたびに微弱な風圧が耳に伝わってきてこそばゆいです。
射精シーンでは必ずぴゅっぴゅのセリフを言うなど
声やセリフの扱いにも結構こだわって作られてます。
喘ぎ声は普通の声量にしてありますから大人しい印象は特にないです。

活発なJ〇たちが協力してエッチな音をガンガン鳴らす作りと密着感を意識した演出。
やや年の離れた女の子たちとエッチする様子を臨場感高めに描いた抜きやすい作品です。
甘く深く愛し合うエッチ
エッチシーンは5パート65分間。
プレイはおっぱいを押し付ける、耳舐め、手コキ、フェラ、キス、乳首責め、SEX(正常位、立ちバック、騎乗位、寝バック)、パイズリ、ハメ撮りです。
SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

いおん「抱きごろJ〇の体で お兄さんのこと 気持ちよーくしてあげるね」
ここな「私も エッチなのはよくわからないけど お礼させてね」
主人公にプライベートエリアへ入れてもらい大喜びした2人は
そのお礼にそこのプールサイドで気持ちいいご奉仕をします。

エッチはどのパートも彼女たちが責め続けます。
最初の3パート46分間は複数人プレイの持ち味を活かしたプレイ。
トラック02(約16分)は手コキ、耳舐め、フェラ、乳首責め
トラック03(約18分)はいおん→ここなの順で正常位SEX
トラック04(約12分)はパイズリフェラで1回ずつ射精させます。

いおん「お兄さんの生チンポだ かっこいいぞ」
2人は普段よりもリッチな体験をさせてくれた彼に深く感謝してます。
だから耳とおちんちんを手分けして責めながら優しい言葉をかけて上手に盛り上げます。
経験豊富ないおんが不慣れなここなを引っ張る形で進めてました。

そしてフェラが始まるとやや下品で力強いちゅぱ音を鳴らします。
もう1人は実況、耳舐め、ベロチューでサポートしますし
本作品の特徴が早速発揮されててなかなかエロいです。

いおん→ここなの順にフェラするのですが
射精直前に繰り出すピストンフェラが非常に強烈で股間に響きました。
普段が割と大人しい子だからこそ、こういう時に見せる積極的な姿が余計グッときます。
精液は全部口で受け止め飲み干すなど至れり尽くせりなサービスをしてくれます。

トラック03はプライベートエリアから彼が泊まってるスイートルームに移動し
1人ずつ交互に生ハメしてからここなの時だけ中出しします。
レアアイテムを持ってることも含めて彼はかなりのお金持ちなようです。

いおん「お兄さんのSEX 凄いの 腰振ってもらうたびに気持ちいいとこ くちゅくちゅ当たるの」
ここな「えへへ キスしながら突かれるの しゅき」
自分から股を開いておちんちんをおねだりしたり
挿入後は気持ちよさそうな喘ぎ声を漏らしながらとろけた表情を見せるなど
この時点で2人ともベタ惚れと言っていいくらい自然に乱れます。
繋がってないほうは囁きながら軽く乳首責めするだけなので完全に脇役です。

前のパートで彼女たちに責めてもらったから、ここでそのお返しをしようと思ったのでしょう。
乱暴さをあまり出さず徐々にペースを上げる優しいSEXをします。
事後にいおんが「甘いSEX」と言ってることからもそれがわかります。
エッチを通じてお互いがお互いを思いやってるのが感じられて満たされながら抜けます。

残りの2パート19分間は彼女たち1人ずつに光を当ててるシーン。
トラック05A(約10分)はここなとの立ちバック&正常位
トラック05B(約9分)はいおんとの騎乗位&寝バックで共に中出しを決めます。

ここな「あぁぁ いきなりピストンきたぁ お兄さん 抱きしめて? 好き 好き 大好き」
この2パートはどちらもハメ撮り形式でやってるので(彼女たちから提案します)
先ほどのSEXよりも乱れっぷりが激しいです。
ここなは「好き」と何度も言って絶頂時に体を痙攣させる
いおんは軽くアヘった喘ぎ声を漏らすとプレイ中の反応にも違いが見られました。

今までが複数人プレイ主体で進めてましたから
最後くらいはほぼ一対一で愛し合うのは良い展開だと思います。
ハメ撮りは触媒程度の弱い位置づけなので、そういう嗜好がない人でも問題なく聴けるでしょう。

このように、明るさとエロさを兼ね備えた白ギャルらしいエッチが繰り広げられてます。
和やかな抜きボイス
現実世界ではほぼできないエッチを疑似体験させてくれる割とリアルな作品です。

いおんとここなは自分たちではまず行けない場所へ案内してくれた主人公にお礼をしようと
左右に密着して囁きながら耳とおちんちんを丁寧に責めます。
そして逆に責められてる時は気持ちよさそうな喘ぎ声を漏らして彼をもっとやる気にさせます。

明るくて積極的な2人のJ〇が年上の男性とプールや室内でイチャイチャするノーマル向けのシチュ
女性が2人いる状況を活かし手分けして同時責めする濃いエッチ
囁き声を多く盛り込み近さと密着感を演出する穏やかな作り。
援交との違いをはっきり打ち出したうえで複数人プレイの長所が出るように作品を組み立ててます。

中でもエッチは聴いてて「練られてる」と感じる部分がいくつもあって感心しました。
近頃流行りの耳舐めや両耳舐めは分量をかなり減らしてますし
2人の存在感が同じくらいになるようバランスに配慮してエッチを進めます。

ここな「お兄さん ほんとSEX上手だよぉ」
後になるほど2人が彼に惚れ込んでく展開もすごく良いなと。
最初はお金持ちなところに興味を持ったのが
エッチしてみたらそれよりも優しさやエッチの上手さに溺れていきます。

トラック03で敢えて正常位を選んでるのはそれを表現したかったのでしょう。

金持ちとのエッチと聞くと体だけの淡白な関係になりがちなので
ストレートな言い方をせずに「そうじゃないよ」と聴き手に伝えようとしてます。
エッチも全パートの質が高く聴き応えがありました。
エッチ重視なんだけどキャラや雰囲気作りにも気を配ってて完成度が高いです。

射精シーンは5回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声いずれもそれなりです。

おまけは「ハメ撮り再生しながらデジタル×リアルでダブルオナサポ♪」とフリートークです。

CV:ここな…涼花みなせさん いおん…浅木式さん
総時間 1:59:13(本編…1:44:46 おまけ…14:27)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2020年11月20日まで30%OFFの924円で販売されてます。



サークル「インゴヒゴ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声や態度はクールだけど性格はとても献身的なシスターが
「疑似恋人」をテーマにしたエッチで男性にかかった呪いを浄化します。

一番最初に中出しSEXして彼の心をがっちり掴んだり
やや下品な淫語を交えた言葉責めやベロチューをするなど
テーマに沿ったやり方で彼をとことんもてなす甘いエッチが楽しめます。
淫魔の呪いを解く鍵は絆
シスターのアレットと5種類のエッチをするお話。

「目を覚ましましたか。ああ。落ち着いてください。ここは教会。安全な場所です」
アレットはクールで上品な声のお姉さん。
教会で目を覚ました主人公に今の状況を教えると
先ほどまで彼が見ていた夢の内容を尋ねます。

本作品は何らかの理由でサキュバスから洗脳の呪いを受けてしまった彼が
彼女の助けを借りて治療する様子をおよそ125分に渡ってお届けします。
この教会では「聖処理」と呼ばれるエッチでそれを行ってるらしく
最初から最後まで彼女と色んなプレイを楽しみながら心身両面をスッキリさせます。

ちなみに「クールなシスターの事務的“聖処理”生活【バイノーラル】」という過去作の続編にあたりますが
(↑DLsiteへのリンクです。レビューはまだありません)
私はそれを聴いてないので詳細はわかりません。
基本的にはエッチするだけですから2人が既に肉体関係を結んでることさえ知ってれば大丈夫です。

「しばらく、私と……疑似的な恋人になっていただきます」
今回するエッチのテーマは「疑似恋人」
彼が呪いを受けるのは2回目にあたるため、通常の聖処理では効果が薄いと判断し
体だけでなく心も深く繋がる方針で進めます。
ベロチューを多めにする、愛の言葉を囁く、SEXで生ハメ&中出しをするなど甘さを感じる要素が多いです。

タイトルを見ればわかるように彼女自身はクールで事務的です。
話し方が淡々としてるし、感情の起伏が乏しく、エッチの反応も控えめです。
でもそれは元々そういう性格をしてるだけで彼を嫌ってるわけじゃありません。
シスターとしての責務を果たそうと文字通り自分のすべてを捧げます。

「私の聖処理おまんこをご自由に使っていただいて…… あなたのガチガチおちんぽ、ハメヌキぴゅっぴゅ、してください」
そしてこれらをするにあたって彼女はやや下品な淫語を交えた言葉責めやおねだりをよくします。
インゴヒゴさんと言えば淫語が売りのサークルさんですから
ここをしっかり押さえたうえでテーマに沿ったプレイをします。
M向けのものはほとんどなく、純粋な興奮や女性に対する征服欲をくすぐるものが中心です。

ギャップを意識したエッチをしますから序盤と終盤で彼女に対する印象が随分変わるでしょう。
性格があっさりしてるからこそ、それをカバーする工夫が色々されてて結構エロいです。
心の距離を少しずつ縮めるエッチ
エッチシーンは5パート90分間。
プレイはキス、SEX(正常位、対面座位)、パイズリ、耳舐め、手コキです。
SEX、パイズリ、手コキの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「東洋には、おちんぽを気持ちよくする道具……“オナホール”、というものがあるそうですね。私のおまんこを、そのオナホールだと思って、使ってください」
会話の後に挿し絵のような際どい衣装に着替えて主人公を元気にしたアレットは
自分の体をモノ扱いする無責任SEXで彼の心を一気に引き寄せます。

エッチは彼女がリードしつつほぼ対等な立場で愛し合います。
最初の2パート35分間は本作品の特徴や彼女の性格がわかりやすいシーン。
「1.『私の聖処理おまんこを使ってください』(約20分)」は正常位SEX
「2.『おっぱいをもちもちパイズリオナホにしてください』(約15分)」は縦パイズリで1回ずつ射精させます。

「あなたの、おちんぽミルク。私のおまんこオナホの奥に、欲しいです。オナニーミルク、びゅるびゅる種付けして欲しいです」
そして彼女は早速彼に尽くす姿勢を見せます。
前作では最後にやったSEXを敢えて一番最初に行い
自分からへりくだってシスターをおちんちんや精液で汚す快感を与えます。
SEXもきっちりやりますが淫語を交えた言葉責めが充実してます。

本作品のエッチは2人が恋人同士になるのが最終目標ですから
シスターと信者ではなく一組の男女として接することを心がけてます。
喘ぎ声はほとんど漏らしませんけど挿入後は熱っぽい吐息で気持ちいいことをアピールします。
初っ端からこういうプレイをするところに彼女の本気が窺えました。

「はい、ぴゅーっ、ぴゅーっ、ぴゅーっ、ぴゅーーっ……どぴゅ、どぴゅ、どぴゅ、どぴゅ、どぴゅーーっ」
射精時にぴゅっぴゅのセリフを多く言ってくれるのも良いですね。
彼女に最も恥ずかしい瞬間を見られる幸福感と気恥ずかしさが味わえます。
最終パートを除く4パートに登場するので好きな人ほど興奮できるでしょう。
淫語責めも含めてこの2パートはセリフの扱いに気を配ってます。

2番目のパイズリパートはおちんちんを横から挟み込む通常のパイズリではなく
立ったままおっぱいへ垂直に挿入して腰を動かすSEXっぽいパイズリを採用してます。
「ぎゅぷっ」という粘っこい水音がリズミカルに鳴り響き
ある程度経つと彼女もおっぱいを動かし始めて複雑な効果音へ変わります。
射精後はおっぱいを開いて中を見せてくれるシーンがあるのも良いです。

続く2パート35分間は純粋なエロさがさらに上がります。
「3.『浴槽の中で密着して、耳をペロペロします』(約19分)」はお風呂場での耳舐め手コキ
「4.『更に絆を深められるベロチュー手コキです』(約16分)」はベロチュー手コキと
複数の性感帯を同時に責めながらエッチな音を重ねて鳴らします。

「私の裸、綺麗、ですか? ありがとうございます。あなたにそう言ってもらえるのは、悪くない気分です」
物語の中盤ということで2人のイチャラブ感もより増してきます。
お風呂で裸を見られたら控えめな表現でお礼を言ったり
彼がより興奮できるように空気交じりの下品な音を鳴らして耳舐めするなど
お互いがお互いを思いやってこの時間を楽しもうとする空気ができてます。

そしてお話が進むにつれて彼女の態度にも微妙な変化が表れます。
一気にデレたりはしないので気づきにくいかもしれませんが
彼女なりに彼と仲良くなろうと頑張ってるのがきちんと伝わってきます。

もちろんエッチも深いプレイが中心となります。
口を使って責めるので序盤よりも淫語責めが減る代わりに
耳舐めは耳の内側を舌で舐める音、ベロチューは強めに吸い上げる感じのちゅぱ音をガンガン鳴らします。
手コキも両パートで違う音が使われてますし、似たプレイを音や演技で別のものに仕上げてます。

最後の「5.『聖処理の仕上げは“イチャラブ恋人おまんこ”です』(約20分)」は最も甘いパート。
治療の総仕上げとして今度は対面座位で生ハメ&中出しSEXをします。

「……好きです。好き。好き。好き。好き。あなたのことが大好きです」
このへんまで来ると彼女にも色んな変化が表れます。
正常位の時はほとんど漏らさなかった喘ぎ声が普通に出てきますし
「好き」などの愛の言葉を言いながらベロチューして心も深く繋がります。

彼女の態度やセリフが変わるおかげで同じSEXでも印象が随分違いました。
シスターのお仕事だから仕方なく相手するのではなく
彼と本物の恋人になろうとする気持ちが込められてます。
幸福感に浸りながら射精できたからでしょうけど、事後の余韻も長めに味わえました。

このように、性欲処理ではなく愛情表現の手段としてする甘くて濃いエッチが繰り広げられてます。
変わった純愛作品
サキュバスの呪いを解くために男女が強く愛し合うノーマル~ややS向けの作品です。

アレットは不思議な呪いにかかった主人公をそこから解放しようと
クールな声と態度で接しながらシスターらしい献身的なエッチをします。
そしてベロチューしたり愛の言葉を投げかけて恋人にできるだけ近い関係になろうとします。

見た目はクールだけど性格はとても温かいシスターが男性をエッチな手段で治療するシチュ
淫語責め、エッチなおねだり、同時責めを中心に据えた実用性の高いエッチ
恋人らしさを感じる甘い要素を随所に配置し、さらに彼女の態度も徐々に柔らかくする演出。
彼女の特徴と作品のテーマを上手く組み合わせて愛情深い作品に仕上げてます。

中でも3番目は聖処理の目的にもあたる部分なので一際力を入れてます。
一般的なイチャラブ作品のように目に見えてわかるものではなく
彼女のセリフや仕草といった細かなところからにじみ出てくるように表現します。
最後の「6.エピローグ」でも普段とは少し違う彼女が見られて魅力的でした。
彼女が彼を一方的にお世話してるように見えて、実は彼女も彼から色んな影響を受けてます。

エッチは序盤、中盤、終盤で主要な責め方に違いが見られます。
一番抜きやすいのは5番目のSEXでしょうけど
それ以外のパートもオナニーのオカズとして使える十分な品質を持ってます。
淫語が好きな人は1~2、ちゅぱ音好きなら3~4が気に入るでしょう。

射精シーンは5回。
淫語とくちゅ音多め、ちゅぱ音それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

おまけは「ず~っと耳舐めをします」です。

CV:涼花みなせさん
総時間 2:16:22(本編…2:06:12 おまけ…10:10)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年10月26日まで10%OFFの990円で販売されてます。
前作も10月20日まで30%OFFの770円で販売されてます。

↑このページのトップヘ