同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:沢野ぽぷら

   ● 美魔女の射精管理
   ● ダブルサキュバスのイキっぱなし洗脳オナニーサポート
   ● レズえっち3-After~凛々しかった勇者は女魔王に負け、熟女化した兄の体に魂を入れられちゃうの。
   ● あいどるは~れむ♪
   ● クイズ072-間違えたら寸止め。正解したら即射精できる新感覚オナニー(後編)
   ● クイズ072-間違えたら寸止め。正解したら即射精できる新感覚オナニー(前編)
   ● バイノーラルの妹とバイノーラルじゃない妹に左右からオナサポしてもらう音声
   ● 【催眠電子ドラッグ】幻草奇譚 ~トビっきり気持ちのいい草、吸っていく?~【フォーリー催眠音声】
   ● 幽霊オナニーサポート~カッコイイお姉さんが性欲を満たすために行うキツいオナ指示~
   ● お屋敷づとめ。Vol.12―真夜&真凜 雨の降る日にまったりご奉仕―




サークル「ふぇち部」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、M向けのデリヘルでNo.1の人気を誇るお姉さんが
M男を色んな手段で責めてじっくり絶頂へ追い込みます。

乳首とおちんちんを同じくらいの存在感にしてバランスよく責めるのが特徴で
パートによって両者の責める割合を大きく変えながら
焦らしや寸止めといった意地悪なプレイや言葉責めをしてギリギリまで追い込みます。
絶頂シーンが4パートあり、それぞれでプレイや絶頂形式が違うのもポイントです。
痴女デリヘル嬢の多彩なサービス
美姫(みき)とアブノーマルなエッチをするお話。

「本日は ご指名ありがとうございます」
美姫はトーンが低く色っぽい声のお姉さん。
デリヘルを初めて利用する主人公に挨拶すると
コースを確認してからどんなプレイをしたいか尋ねます。

本作品はこれまで多くのM男にサービスして人気No.1の地位を獲得した彼女が
女性にいじめられたい願望を持つ彼をおよそ110分に渡ってエッチにもてなします。
彼女は乳首責めが得意なので全編の至るところでそれを行い
さらにおちんちんやアナルといった他の性感帯も責めて合計3種類の絶頂に追い込みます。


サークルさんは「乳首責めをメインとした作品」とおっしゃられてますけど
確認したところ作中で乳首を責める時間はエッチシーンの42%にあたる39分ほどでした。
乳首だけをいじる時間は26分とさらに短くなるので、私は乳首とおちんちんのバランス型と見ています。
実際のところ乳首に触れずおちんちんを集中攻撃する時間もそれなりにあります。

「ぐるぐる ぐるぐる 乳首をつまんで こりこり こりこり」
ただし、乳首責めのリードについては割としっかりしてます。
乳輪を撫でる時は「ぐるぐる」、乳首を爪で引っかく時は「かりかり」といった具合に
掛け声を多めに出してどんなふうに責めてるかわかりやすく実況します。
乳首オナサポとして使えるようにも調整されてるので
既にある程度開発してる人なら気持ちよくなれると思います。

それに対しておちんちんは焦らしや寸止めを強めに行います。
70分ほどの共通パートを乗り越えた後に射精する流れになっており
道中は激しめに責めた後でお預けするシーンが何度も出てきます。
射精しないように頑張る意味合いが強いから「乳首メインとは違うよ」と言うわけです。

また絶頂シーンは合計4つ用意されてます。
乳首オナニー、アナル&乳首責め、SEX&乳首責め、射精からの潮吹きと内容がどれも違います。
音声を聴いた限りだとこの中から好きなものをひとつ選ぶのでしょう。
射精、ドライ、潮吹きと絶頂形式も幅広く取り揃えてます。

穏やかなデリヘル嬢が乳首とおちんちんをバランスよく責める作りと絶頂パート。
乳首の存在感を出しながら他の部分にも手を伸ばしてるM向けの作品です。
じっくり焦らして一気に放出
エッチシーンは8パート92分間。
プレイは足コキ、乳首責め、耳舐め、手コキ、体の洗浄、キス、オナニー、乳首舐め、オナホコキ、乳首オナニー、アナル責め、素股、SEX(騎乗位)、潮吹きです。
足コキ、手コキ、体の洗浄、オナホコキ、アナル責め、素股、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「足ですりすりされて どんどん大きくなってるね」
主人公と相談してサービスの方針を決めた美姫は
ひとまずズボン越しに足でおちんちんを撫でて彼のM度を確かめます。

エッチは風俗サービスなので終始彼女が責め続けます。
最初の2パート39分間は主におちんちんを責めるシーン。
「01快楽M性感へようこそ(約24分)」はソフトな足コキ、乳首責め、耳舐めをしてから
お風呂場に移動して全身を上から下に向けて洗います。
そして「02寸止めオナニー(約15分)」はキスしながらおちんちんを激しくしごきます。

「その射精寸前のチンポを お姉さんが全力で洗ってあげる 君はお漏らしできないように 我慢できるかな?」
私はてっきり序盤から乳首メインでいくと思ってたのですが
実際はおちんちんを足や手で刺激したりオナニーさせる割と無難なM性感プレイです。
体を洗ってるところを見るとまだ準備の段階なのでしょう。
密着しながら耳に吐息を漏らすシーンもあって雰囲気はとても穏やかです。

乳首をいじるシーンも一応あるにはあるのですが
他のプレイのついでにやる感じになってて実況の量が少ないです。
足コキに至っては冒頭の3分だけで終わってしまいますし
もっとプレイを絞ったほうがコンセプトに掲げられてる「本物のM性感」らしさが出ると思います。

「くんくん くんくん うーん エッチな匂いね この匂いは マゾチンポのよっわーい匂いだね くっさーい」
02パートはおちんちんの責めに専念します。
普段と同じ穏やかな声でM向けの言葉責めをして心にも刺激を与え
射精だけは絶対にしないよう念押ししながら激しめの効果音を鳴らします。
寸止めする設定ですがカウントを数えてストップするとかはやりません。
効果音を鳴らして出そうになったら聴き手が自由なタイミングで止める感じになってます。

続く2パート21分間は本作品の特徴である「バランスの良さ」が出てるシーン。
「03目隠し囁き乳首責め(約13分)」は目隠ししてから指と口で乳首を
「04囁きオナホール責め(約8分)」は特製のオナホで竿と亀頭を重点的に責めます。

「そうだ 乳首噛んでてあげるわ 甘噛みされると ものすごく気持ちいいでしょう?」
03は初めて乳首だけを責めるパートということで
掛け声の量を多くしたり、後半はじゅるじゅると下品なちゅぱ音を鳴らして興奮を誘います。
時間が短いのは残念ですけど作りはしっかりしてました。
指で撫でる、爪で引っかく、デコピンすると責め方も幅広いです。

04パートは時間が短めなのでストレートな責め方をします。
彼女はオナホ越しに亀頭を、彼はおちんちんの根元をと協力するスタイルにして
言葉責めしながら効果音をガンガン鳴らして一気に追い込みます。
でも彼女はここまできてもまだ射精を許しません。
エッチ開始からおよそ60分経ってますし一番厳しい局面と言えます。

残りの4パート32分間は絶頂シーン。
「05メスイキ乳首オナニー(約11分)」は乳首責め&乳首オナニーで射精
「06メスイキアナル乳首責め(約9分)」はアナル責めでドライ
「07メスイキ乳首責め騎乗位(約10分)」は素股、乳首責め、SEXで射精
「08メスイキ潮吹き(約2分)」は射精してから亀頭オナニーで潮吹きを目指します。

「乳首をかりかりされて おかしくなっちゃうね 乳首で感じちゃうド変態 君はもう マゾメスだ」
この中で一番本作品らしいのは05パートでしょうね。
乳首をいじる割合をかなり高くして絶頂寸前におちんちんを刺激します。
このプレイ時間なら乳首とおちんちんを同時にいじり続けたほうが出しやすいでしょう。
最後にカウントも数えてくれるのでタイミングを取りやすいです。

逆に残念だったのは07と08パート。
前者は騎乗位SEXメインかと思いきや、実際はほとんど素股で繋がるのはたったの2分です。
作中で彼女が「このサービスは他より金額が高いわよ」と言ってるのにこれはどうかと思います。
08はそもそもプレイ時間が非常に短く、04パートまでを聴いた後でも射精するのが難しいです。
潮吹きは射精した直後に亀頭を擦り続けて目指しますから、その前段階が淡白だとやりにくくなります。

もうひとつ、これは05~08パート全部に言えることなのですが
絶頂の瞬間からパート終了までの時間が20秒程度しかありません。
本作品は焦らしや寸止めを続けた後に射精しますから、通常よりも射精後の余韻が多少は長く続くはずです。
でも彼女はそれを考慮せずすぐさま切り上げてしまいます。
人気No.1デリヘル嬢ならお客の気持ちに寄り添ったリードをするのが自然ではないでしょうか。

このように、パートによってやることを変えながら焦らしや寸止めをするM向けのエッチが繰り広げられてます。
乳首を取り入れたM性感作品
M向けの要素をできるだけ多く盛り込んだ割と欲張りな作品です。

美姫は自分を初めて指名してくれた主人公を満足させようと
得意の乳首責めをやりながらおちんちん、耳、アナルといった別の性感帯にも手を伸ばします。
そして終盤の絶頂シーンは射精、ドライ、潮吹きを用意して別の快感を与えます。

お店で人気No.1のお姉さんが男性客にM性感サービスをするシチュ
乳首とおちんちんの責める割合を同じくらいにしてバランスよく追い込むエッチ
何度でも聴けるように絶頂シーンを4種類用意した作り。
Mな人が喜ぶことを積極的にやる方針で作品を組み立ててます。

中でも2番目はもっと乳首に寄せてくるのだろうと思ってただけに意外でした。
乳首はおちんちんよりも長くいじり続けないとなかなか気持ちよくなれない性感帯なので
私はもっとがっつりやったほうが効果的だと思います。
今の内容だと悪い言い方になりますが中途半端になってます。

前項の最後のほうで書いた問題点も含めて「作り込みの甘さが目立つ」というのが率直な感想です。
乳首責めの表現方法は割と良かったので、次回があるならそれを活かした作品になってくれることを願います。
確認したところサークルさんが乳首メインの作品を出すのは今回が初めてのようですし
今後の制作を通じてこれらが改善される可能性は十分にあります。

絶頂シーンは射精3回、ドライ1回、潮吹き1回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:沢野ぽぷらさん
総時間 1:47:02

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります



サークル「F・A・S」さんの同人動画作品。

今回紹介する作品は、それぞれに違った個性を持つ2人のサキュバスが
Mな男性を個別に、あるいは同時に責めて何度も絶頂させます。

映像形式でオナサポするのが最大の特徴で
片方は乳首、もう片方はおちんちんと責めるターゲットを分担し
どちらも焦らし気味にいじりながら暗示っぽいセリフを言ったりカウントを数えて追い込みます。
乳首責めの割合が高いので既に開発してる人のほうが楽しめるでしょう。
サキュバスの搾精をよりリアルに
サキュバスのディーナとスルーアが3種類のオナサポをするお話。

「こんばんは へぇ 今日はボクと一緒に遊びたいんだね」
ディーナ(挿し絵左)は穏やかで色っぽい声のお姉さん。
ある日の夜、動画を再生した主人公に挨拶すると
これから始まるオナサポのルールを説明します。

本作品は「ディーナのバーチャル催眠」「スルーアの快楽オナニーサポート」に続く人気シリーズ第3弾。
M男を弄ぶのが得意な彼女たちがおよそ110分に渡って彼を何度もイかせます。
序盤から中盤にかけては一対一、終盤は2人同時にとスタイルを変え
いずれも乳首やおちんちんといった性感帯を指示通りにいじって気持ちよくなります。
どの作品も内容が独立してますから今作からでも大丈夫です。
ダブルサキュバス
そして彼女たちはエッチのすべてを映像形式で行います。
動画ファイルを起動するとこんなふうに彼女たちが現れ
ぬるぬる動きながら話しかけたり手を使って彼の弱点を焦らし気味にいじります。
背景の光の玉がゆらゆら動いたり、状況に合った音楽が流れるなど雰囲気作りがしっかりしてます。

過去作の時点でVtuberと同じくらいの品質を持ってましたが
今作はキャラのデザインや動きがさらに向上し、アニメとして非常に高い水準に達してます。
セリフに合わせて口の開き具合が微妙に変わったり
同じプレイでも位置、ペース、責め方を変えて彼女たちが目の前にいる気分をリアルに味わわせます。

オナサポについては説明的なセリフを挟まず彼女たちがやることを真似る形で行います。
ディーナは乳首、スルーアはおちんちんと別の部位を担当し
いずれも体への責めをソフトにする代わり言葉責めに力を入れてます。

ディーナ「ほら 爪の先が服に触れるたびに 肌と服が擦れて ゾクゾクした気持ちになるね」
例えばディーナは初めて動画化された作品が催眠だからでしょうけど
「マゾ」「変態」といった同人音声でよく見るものではなく
催眠暗示のような快感を後押しするセリフを数多く投げかけます。

乳首はおちんちんに比べてどうしても快感が弱くなりますから
それをサークルさんらしいやり方で補ったのだと思います。
ディーナ、スルーアいずれもエッチを始める前に深呼吸するシーンがありますし
一般的なオナサポよりも催眠色を強くして個性と実用性を上げてます。

ちなみに本作品のエッチは乳首をいじってドライオーガズムさせることが多いです。
乳首オナニーの時間が全パート合わせて約58分と長く
絶頂させる時はカウントを数えながら追い込み暗示を入れるスタイルを取ってます。
射精もしますが最終パートに1回だけですからかなり焦らされますね。
どちらかと言えば既に開発してる人のほうが楽しみやすいと思います。
焦らしてから追い込むエッチ
エッチシーンは3パート89分間。
プレイは乳首責め(乳首オナニー)、カウントによる絶頂、太もも/金玉/おちんちんの愛撫、手コキ(オナニー)です。
エッチな効果音はありません。

ディーナ「さーて まずは直接乳首をいじる前に 少し胸の周りをいじってあげようか」
オナサポのルールを説明してから軽い深呼吸で主人公をリラックスさせたディーナは
シャツとパンツを着た状態でまずは胸全体を優しく撫でるように言います。

エッチは終始彼女たちに言われた通りに動きます。
最初の2パート59分間は焦らしながら優しく調教するシーン。
「01.ディーナの脳イキ乳首オナニーサポート(約28分)」はディーナが乳首を
「02.スルーアの指コキおちんちんオナニーサポート(約31分)」はスルーアがおちんちんをいじります。
ちなみにここはどちらを先に聴いてもいいそうです。

ディーナ「早く指先でカリカリってしたり 弾いたりしたいよね? でもだーめ そんな強い刺激は与えてあげないよ」
2人は今回のエッチを通じて彼を飼い慣らす気でいますから
パートの序盤から中盤にかけては満足できないレベルの刺激を与えます。
指の先だけで胸を撫でるところから始まり、次は乳輪を爪の先で撫で続けます。
そして絶頂させる時だけ乳首を指で弾いて強めの快感を送ります。

実際にやってみると気持ちいいとくすぐったいの中間あたりの感覚がしました。
オナサポの中では弱い部類なのでもどかしく感じるでしょう。
しかしディーナの場合は気持ちよくなる暗示を小まめに入れてくるおかげで
脳が軽くとろけるような感覚も味わえます。

ディーナ「イクっ ダメっ イっちゃう! ビリっと強い刺激が頭までかけのぼる」
絶頂シーンのやり方も催眠音声のそれに結構近いです。
1カウントごとに短めのセリフを挟み、0になったら追い込むのを何度も行います。
完全にドライを見据えたリードですから股間よりも胸や脳が気持ち良くなります。
焦らしながら多少のご褒美も与える飴と鞭を組み合わせたプレイです。

もう1人のヒロインにあたるスルーアは二重人格のサキュバス。
普段は丁寧語で優しく接する温和な性格をしてますが
時折トーンの低い声で彼を見下す正統派の言葉責めをします。


スルーア「指だけで気持ちよくされて 恥ずかしくないの?」
彼女のほうが催眠暗示っぽいセリフは少ないので普通のオナサポに近いかなと。
おちんちんなら乳首よりも気持ちよくなれますから言葉責めの方向性も変えてます。
ただし、体への責めはディーナと同じく控えめにしてあります。
パンツ越しに太もも、金玉、おちんちん全体を愛撫するのが中心です。

特におちんちんは人差し指1本だけで亀頭や裏筋を撫で続けます。
絶対に射精できないレベルの刺激に落としてあるので股間がムズムズしました。
そしてパート終盤は敢えて射精ではなくドライへ持っていきます。
最終パートに向けての準備と言いますか、決して満足させないように調整されてます。

最後の「03.ダブルサキュバスのイキっぱなし洗脳オナニーサポート(約30分)」は
いよいよ2人が協力してドライと射精の両方に追い込みます。
ディーナは左、スルーアは右に陣取ってまずは乳首とその周辺を集中攻撃し
中盤以降は乳首とおちんちんを同時に責めて少しずつ確実に追い込みます。

私はレビューを書く関係で全パートを連続で聴いてますが
サークルさんによると01と02の視聴後に数日オナ禁を挟んでから03へ進むのが本来の聴き方だそうです。
後日実際にやってみて何か書くことがあればここに追記します。

ディーナ「焦らされ 乳首が弾かれた あの意識が一瞬消えるような感覚 思い出して?」
スルーア「私たちの指示で脳イキしながら射精して 名実共に サキュバスの家畜になるんだよ」
ここも2人が自分の持ち味を出しながら連携を取ります。
ディーナは序盤から中盤にかけては乳首責めに専念し、終盤の手コキだけおちんちんをいじります。
そしてスルーアは序盤は乳首、中盤はおちんちん、終盤は両方と幅広くカバーします。
セリフにも違いが見られますしキャラを大事にしてるように感じました。
映像もリアルで男を弄ぶのに慣れてるのがよくわかります。

そして道中の焦らしが強いからこそ、最後の射精は強烈な快感が襲ってきました。
乳首やおちんちんをソフトに撫でる時間が多いから敏感になってたのでしょう。
私の場合は軽めの催眠状態に入ってたのもあります。
連続視聴でこれだとオナ禁後に聴いたらヤバいことになりそうです。

このように、彼女たちに調教されてる気分を味わわせながらイかせるM向けのエッチが繰り広げられてます。
没入できる作品
サークルさんの夢をそのまま形にしたような質の高い作品です。

ディーナとスルーアは主人公の心身にできるだけ負担をかけずに精気をいただこうと
まずは一対一で相手しながら乳首とおちんちんを優しく責めて性感を高めます。
そして最後は合流し両方をバランスよく責めて幸せな射精に導きます。

違う個性を持つ2人のサキュバスがM男を優しく弄ぶシチュ
物語の一部始終を映像でお届けする没入しやすい作り
乳首とおちんちんを比較的ソフトに責めてゆっくりじっくり追い込む焦らし系のエッチ。
他のサークルさんがやられてるオナサポとは明らかに違うところがいくつも見られます。

中でも2番目はこれだけサークルさんの数が増えた状況でも滅多に見かけませんし
アニメーションの品質も非常に高くて臨場感があります。
エッチも観ながらいじることを想定しておりすごく個性的な作品に仕上がってます。
得意の催眠を織り交ぜてるのもF・A・Sさんらしいなと。

何度も言ってるように体への刺激は弱めです。
女性に射精を管理されたり焦らされることに快感を覚える人がたぶん一番楽しめます。
あとは催眠や乳首オナニーに多少慣れてるとより気持ちよくなりやすいです。
最後に射精しますからドライできるかどうかはそれほど影響しないと思います。

絶頂シーンはドライ13回、射精1回。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえてサークルさんでは11本目の満点とさせていただきました。

CV:ディーナ…沢野ぽぷらさん スルーア…柚木朱莉さん
総時間 1:50:06

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2021年3月25日まで20%OFFの1760円で販売されてます。



サークル「風呂井戸ソフト」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、随分前に魔王討伐の旅に出た勇者の弟が
同じ道を辿りながら不思議で気持ちいい体験をします。

催眠誘導は必要最低限のことだけやり、エッチを通じて女体化を強化するのが魅力で
序盤は軽めのプレイをやりながら熟女化した兄の体と心をリンクさせ
ある程度馴染んだ後は触手を交えた濃くてハードなプレイをして女の喜びを教えます。
効果音をガンガン鳴らしますから、声だけの時よりもエッチの様子をイメージしやすく感じるでしょう。
兄の無念を晴らすために
勇者ルリックが魔王城で女体化し色んなエッチをするお話。

「こんにちは カウンセリングルーム リップルへようこそ」
マリナは穏やかな声のお姉さん。
現実世界が辛すぎてゲームの世界へ逃げたいと言う主人公に少し戸惑うと
それを叶えるために催眠療法を提案します。

本作品は異世界へ降り立ち現実離れしたエッチを疑似体験することを目的に
彼女がおよそ120分に渡って催眠をかけたりM向けのプレイをします。
レズえっち3~凛々しかった勇者(男)は魔王(女)に負けたあげく女体化されて、淫乱な奴隷妻になって気持ちよくアヘご奉仕しちゃうの。」の姉妹作品にあたり
前作の主人公エリザークの弟にあたるルリックが10年後に再び魔王討伐の冒険をします。

あちらで活躍した人物が登場するので聴いておいたほうが楽しめるのは間違いありません。
でも詳しい事情は作中できちんと教えてくれますし、異世界に移動した後はほとんどエッチシーンです。
女体化作品に興味がある人ならこれ単体でも問題なく楽しめると思います。

サキ「ねぇ 見て? これ 立派な勃起ペニスでしょう?」
最大の特徴はぶっ飛んだエッチをすること。
ルリックの仲間にあたるサキという名の魔法使いがふたなりおちんちんで貫いたり
彼女が飼ってる触手を使って乳首、おまんこ、アナルといった性感帯を同時責めします。

主人公は現実逃避したくて今回のサービスを受けるわけですから
男女がする通常のエッチよりも個性や激しさを上げて何度も絶頂させます。
催眠音声では珍しくプレイ中に色んな効果音を鳴らすおかげで
何をしてるかわからない状況に陥る可能性は低いです。

責めっぷりは激しいですけど、痛みや苦しみを与えるのではなく
女性になった彼に女の喜びを教える方針でリードしてました。
少しずつ踏み込んだプレイに移行したり、途中で催眠状態を深めるアプローチを挟むなど
聴き手が物語の世界へどっぷり浸かれるように考えながらエッチを組み立ててます。
音と技術でサクッと落とす催眠
催眠は3パート29分間。
仰向けに横になって目を瞑り、まずは全身に力を入れたり脱力するのを繰り返します。
そして深呼吸やカウントを使って体→頭の順によりリラックスさせます。

「体の力が抜けてくる 体中がらだーんとなって ほら だらーんと力が抜けて 楽になってくる」
最初の導入パート(約11分)は時間が短いので前半は体、後半は心と脱力させる部位を明確に分け
体の時は「力が抜ける」、心は「沈む」と状況に合った暗示を小まめに入れます。
活動歴の長いサークルさんだけあって要所を押さえてあります。

深呼吸を終えた後から「ぽーん」という透き通った音が鳴り始めるのも良いですね。
過去作でも登場したクリスタルボウルを使ってるのだと思います。
先ほど書いたように本作品はエッチで音を鳴らすシーンが割と多いので
催眠誘導の段階から癒しの音を流してそれが当たり前の状況を作ります。

続く2パートはあちらに移動した後のお話。
事前に約10分かけてストーリーを語ってから魔王城の寝室へ移動し
そこで10年前に消息を絶ったエリザーク(作中での呼称はマゾエリ)と再会します。

「憧れだった兄さん 大好きだった兄さん それが こんなだらしない 淫らなおばさんの姿になってしまって」
エリザークは前作の中で女性に変えられており、今作では30代半ばのおばさんになって登場します。
挿し絵のようにKカップの大きなおっぱいと黒ずんだ乳首を持ち
様々なエッチを経験したおかげで体もすっかり開発されてます。
そして何より魔王を倒して世界を平和にする勇者の心を失ってます。

そんなマゾエリに心だけを移し替えるのが本作品の女体化です。
体を直接変化させるのではなくいきなり変身する感じですね。
どうしてそうなったのかはすいませんが伏せさせていただきます。

「視界が完全に真っ白になる 白い光で何も見えなくなる 白い光の中に 体が溶けていく 心も光の中に溶けていく」
やり方は魔法をかけられるイメージを用いてまずは心身の存在を曖昧にし
それからマゾエリの姿になったことを実況して認識させます。
このシーンを聴いた時は唐突に感じるかもしれません。
ですが本作品の女体化はエッチを通じて強化する意味合いが強いので
最初はあまり実感できなかったとしても徐々に変わっていくでしょう。

時間をできるだけ切り詰めてストレートに落とす無駄のない催眠です。
聴き手を物語の舞台となる異世界へ案内してから熟女の体にすることを目的に
軽い漸進的弛緩法から入って深呼吸、カウントを交えた弛緩法
イメージと暗示を組み合わせた深化と古典催眠の技術をベースに行います。
そして残りの2パートは物語の世界に引き込みながらマゾエリの体に心だけを移します。

技術の行使が的確なこと、シーンごとに暗示を絞って厚めに入れること
途中からクリスタルボウルの音を流してリラックスを後押しすることから
短い割には入りやすい催眠に仕上がってます。
女体化もドラマ仕立てになってて没入感を得やすいです。
おちんちんと触手に蹂躙されるエッチ
エッチシーンは8パート53分間。
プレイは乳揉み、乳首責め、手マン、SEX(立ちバック、正常位)、触手責め、アナル責めです。

手マン、SEX、触手責め、アナル責め、絶頂の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありません。

サキ「さ、ルリック 次はあなたね」
特殊な魔法をかけてルリックの心だけをマゾエリに移し替えたサキは
まだ魔王討伐を諦めない彼の心を快楽で塗りつぶします。

エッチはマリナが天の声として実況や暗示を担当し
サキとそのペットにあたる触手たちが彼の体を責めます。
最初の3パート22分間は熟女の体に馴染ませることを見据えたプレイ。
「D-本編2 レズられる_指マン_キス 乳首責め(約5分)」は乳揉みとキス
「D-本編2 レズられる_指マン_股間をさすり、入れる 絶頂(約9分)」は手マン
「F-本編4 サキとマゾエリがSEX_後背位~鏡を見なさい~最初の射精(約8分)」は立ちバックSEXで合計2回絶頂します。

マリナ「ぐにゃりぐにゃりと形を変えるあなたのおっぱい 胸全体を愛撫され 脳に甘い痺れが広がる」
ルリック「あっ あぁっ 体の中に 指が入っちゃってるぅ」
そしてここからはサキやルリックのセリフも挟んで臨場感を出します。
催眠に関する役割を果たすのはマリナ1人で、他の2人は言葉責めや喘ぎ声を担当します。
催眠音声で主人公がしゃべるのはなかなか珍しいですね。
セリフの量は少なめにして、彼がどんな風に感じてるかを軽く伝えるようにしてます。

この3パートはサキと一対一でイチャイチャするのでそこまでぶっ飛んでるわけではありません。
いきなりそういうプレイをしたら聴き手がついてこれない可能性がありますし
心と体両方の刺激を徐々に上げる流れで進めます。

ただしSEXパートは序盤の山場にあたるため割と激しく責めてくれます。
20センチくらいあるふたなりおちんちんをルリックのおまんこに挿入し
後になるほど激しくピストンして2人同時の絶頂を目指します。

サキ「メスブタのおまんこに あたしのザーメンぶちまけてあげる」
彼のことを「メスブタ」と呼んで被虐心を煽ったり
最後はカウントに合わせて中出しを決めて女性になったことを強く印象づけます。
絶頂時に「ぶびゅっ」という下品な噴出音を断続的に鳴らし
0と同時にマリナも畳みかけるような口調で追い込み暗示を入れて上手く盛り上げます。

本作品の絶頂はすべてこのスタイルに統一してますから
繰り返すうちにカウントや音に反応して股間が熱くなったり快感がこみ上げてきます。
少しずつ慣らしていくところが聴き手のことを考えててすごく良いなと。

続く5パート31分間はいよいよ触手が登場します。
触手に全身を愛撫されながらサキに指でアナルを責められる
触手がおまんこ、サキがアナルにおちんちんを挿入して同時に責め順番に射精する
ヒトデのような形の触手がおっぱいにむしゃぶりついて母乳を吸い上げる
絶頂開始からおよそ2分間ずっとイキ続けるロングオーガズムを味わわせるなど
現実世界ではまずできないプレイをいくつも投入して合計6回絶頂させます。

「熱い 熱い 先端がペニスの形をした触手が あなたの全身を這いずり回り 愛撫する」
先ほどは1種類だった効果音が複数同時に鳴るようなりますし
マリナの実況や暗示も力を込めた声でガンガン言って場に熱を与えます。
責めっぷりは激しいですけどサキがドSになることはありません。
男の体では味わえないレベルの快感を与えてルリックが自然と堕ちるように誘導します。

このシーンは効果音の量や絶頂回数が多いおかげで
実際の時間よりも濃いひと時を送れて結構疲れました。
でも股間を中心に快感や絶頂感が断続的に襲ってきてかなり気持ち良かったです。

最後のパートは人によってはマルチプルオーガズム(イキながらイク)を体験できるかもしれません。
プレイの種類はそこまで多いわけじゃないんですけど
それらの組み合わせやアプローチの方向性を変えて単調になるのを防いでます。

このように、女性の体に馴染ませながらハードにしていく流れのあるエッチが繰り広げられてます。
ドラマ性とエッチ重視の女体化作品
世界観は前作と同じにして女体化やエッチの内容でオリジナリティを出してる作品です。

マリナは現実世界での生活に疲れてる主人公をリフレッシュさせようと
まずは催眠を使ってファンタジー世界へ案内し勇者ルリックになりきらせます。
そしてエッチはマゾエリの体になった彼がサキや触手に責められる様子を疑似体験させます。

勇者になって魔王を倒すはずが熟女になってふたなり女性や触手に責められる珍しいシチュ
催眠誘導は現実世界で済ませ、女体化をあちらの世界で行うドラマ仕立ての催眠
2人で連携を取って乳首、おまんこ、アナルをたっぷり責めてイかせまくるハードなエッチ。
心の中にある悪いものを吹き飛ばせるように作品を組み立ててます。

中でもエッチは女の子ではなく熟女になりきる展開
効果音を多めに盛り込んでイメージしやすくする作り
少しずつ刺激を上げてついて行きやすくするアプローチなど光るものをいくつも持ってます。

女体化が特殊なのでどちらかと言えば慣れてる人向けの内容ですけど
エッチの進め方は結構丁寧で没入しながら感じたり絶頂できるようになってます。
私が聴いた時も催眠はサクッと入れたし、エッチも3回くらいドライできて満足しました。

絶頂シーンは8回。
くちゅ音多め、淫語と喘ぎ声それなり、ちゅぱ音ごく僅かです。

女体化作品が好きなMの人には特におすすめします。

CV:マリナ…花見るんさん エリザーク/ルリック…沢野ぽぷらさん サキ…紅月ことねさん
総時間 1:57:10

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
パート構成は以下の通りです。
lesh



サークル「しゃーぷ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、人気アイドルユニットとして忙しい日々を送ってる女の子たちが
大好きなプロデューサーと色んな場所でエッチして幸福感に浸ります。

序盤から積極的に好意をアピールして彼の心を引き寄せたり
1人ずつ順番に生ハメ&中出しながらキスや両耳舐めを多めにするなど
ハーレム感を出しつつ彼女たちの魅力や想いを表現する甘くて濃いエッチが楽しめます。
3人のアイドルを独占する快感
アイドルユニット「フラタニティ」に所属する千夏、恋花、朝菜と色んなエッチをするお話。

「おはようプロデューサーさん」
朝菜(挿し絵右)は明るくて甘い声の女の子。
「学校帰りに、寄っちゃった…」
恋花(挿し絵左)はのんびり話す内気そうな声の女の子。
学校の帰りに主人公の家を訪れると、早速朝菜が彼に愛の告白をします。

本作品はイベントやライブなど様々なお仕事を精力的にこなしてる彼女たちが
そのプロデューサーをしてる彼とおよそ150分に渡ってたっぷりイチャイチャします。
作中では特に描かれてませんがこれまで色んなことがあったのでしょう。
3人とも最初から好感度MAXの状態で自分の気持ちをストレートに伝えます。

朝菜「あのね わたし プロデューサーさんのこと 好きになっちゃった」
恋花「恋花も、なーちゃんの応援に来た…!」
体を密着させてソフトなキスをする、大きなおっぱいを押し付けながら甘い言葉を囁くなど
多くの男性が好むことをガンガンやって彼の心を引き寄せようとします。
そして本格的なエッチが始まったら全身でもてなしながら嬉しそうな表情を見せます。

アイドルと言えば何もしなくても男が群がってくる存在です。
でも彼女たちは偉ぶったりせず彼に尽くす姿勢を取ります。
年齢が若いからでしょうけどみんな表裏のない素直なキャラに描かれてました。
エッチの内容も濃いものが多く、幸福感に包まれながら抜くことができます。

プレイしたことのある人向けに追記すると
彼女たちの元ネタはアイドルマスター シャイニーカラーズのアルストロメリアです。
千夏は桑山 千雪、朝菜は大崎 甘奈、恋花は大崎 甜花にあたり性格や口調も結構似てます。

エッチについては女性が3人登場することを踏まえて複合責めを主体にしてます。
全パートで全員出てくると流れが単調になると判断したのか
3人でお世話するパートが3つ、2人も3つと半々のバランスになってます。

SEXシーンはしてないキャラをキスや両耳舐めといったサポート役に置き
それ以外は一緒に手コキやパイズリする連携の取れた責めを繰り出します。
主人公を3人で共有する形になりますが取り合ったり喧嘩することはありません。
彼女たちも非常に仲が良いので全員の存在感が同じくらいになるよう調整されてます。

3人のアイドルが愛を込めてご奉仕する展開と複数の性感帯を同時に責める濃いエッチ。
タイトルの「アイドル」と「ハーレム」を上手く組み合わせたあまあまラブラブな作品です。
和やかに愛し合うエッチ
エッチシーンは6パート104分間。
プレイはキス、乳揉み、手コキ、耳舐め、SEX(バック、正常位、騎乗位)、恋花のオナニー、記念撮影、フェラ、パイズリです。
手コキ、SEX、パイズリの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「アイドルとプロデューサー…その関係より、もっとあなたに近づきたい…♪ わたしの気持ち…受け止めて、くれますよね…?」
千夏は丁寧語で話すお淑やかな声のお姉さん。
「オーディションで優勝したら恋人になる」という約束を無事果たした後
ライブ会場の控室で早速主人公と熱いキスをします。

エッチは一部を除き彼女たちが責め続けます。
最初の3パート60分間は3人の魅力を出しつつ順番にSEXするシーン。
「4 念願の担当アイドルたちとのライブ後生ハメえっち♪(約23分)」は千夏とバック
「5 事務所でおちんぽ握手・生ハメえっち♪(約18分)」は朝菜と正常位
「6 担当アイドルとプライベート撮影生ハメえっち♪(約19分)」は恋花と騎乗位で繋がります。
そして残りの1~2人はその様子を眺めながら耳舐めで応援します。

千夏「プロデューサーさん…あの、わたしのおまんこに、お精子、ナカ出ししませんか?」
千夏は3人の中で最年長なだけあって妖艶なキャラに描かれてます。
上品な声と態度でおまんこがすっかり触れてることを伝えたり
SEXする前に「中出しして欲しい」とストレートにお願いして男心をくすぐります。
挿入後の乱れっぷりも色っぽくて年上好きな人ほど興奮できます。

他の2人よりも先にSEXしますし割と淫乱な印象を受けました。
甘いセリフを投げかけながら嬉しそうな表情を見せてくれて非常に甘いです。
彼女たちにとっては願いが叶ったわけですから、そういう心情をきちんと描きながらエッチします。

ちなみに本作品のエッチは射精シーンで必ずぴゅっぴゅのセリフを言います。
1回あたりの量は少ないですが好きな人には刺さるんじゃないかなと。
個人的にはもっとたっぷり言ってくれたほうが興奮できると思います。

朝菜「朝菜たちのおちんぽ握手会に来てくれて、ありがとうございまーす♪」
朝菜「おちんぽ入ってくるのって、こんな感じなんだ… ん、ふぅ…っ♪ 初めての感覚、気持ちいい、かも…」

2番手の朝菜はアイドルらしく握手会形式で気持ちよくします。
場所が事務所なので外に声が漏れないよう普段よりも声をひそめ
おちんちんを一通りしごいてから彼に主導権を譲って初SEXを経験します。

アイドルが処女を捧げてくれる展開がすごくいいなと。
千夏よりも責めっぷりをややソフトにして不慣れなところを表現してました。

恋花「あの…折角だから…えっちなれんか…カメラで撮って欲しい…♪」
最後の恋花は他の2人よりもアブノーマル路線に進みます。
エッチの開始直後に彼女のほうから「一部始終を録画してほしい」とお願いし
騎乗位でピストンしながら情けない表情を見せるハメ撮りSEXをします。
そんな恋花を見下したりせず嬉しそうに見守る2人に優しさを感じました。
それぞれがやりたい方法で彼と生ハメ&中出しして惜しみない愛情を注ぎます。

続く3パート44分間はプレイの幅を広げます。
「7 おねだり濃厚フェラ(約13分)」は恋花のフェラ
「8 まったり濃厚パイずり(約20分)」は千夏と朝菜のダブルパイズリ
「9 三人でぶりっこ枕営業ごっこ♪(約11分)」は3人で普段よりもちょっぴり意地悪なプレイをします。

千夏「舐めとって…亀さんをキレイキレイしようね♪」
恋花「…ん…舐めても、どんどんあふれてくる…♪」
3人とも彼とのSEXを終えて色々吹っ切れたのでしょう。
今まで以上に積極的かつストレートに彼の体を求めます。
フェラパートは恋花が舐める役、千夏は責め方を教える役を担当し
ちゅぱ音と実況を組み合わせてプレイの様子をわかりやすく表現します。

射精の直前に行うバキュームフェラが割と激しくてギャップが引き立ってました。
そのまま口で受け止め飲み干す展開も内気な恋花のイメージとは違ってて愛を感じます。

朝菜「おっぱいが四つも、おちんぽを囲んで…こんなの超レアなんだからね?」
その次のパイズリは1人ずつ交互にやるのではなく
おちんちんを左右から挟み込んでしごくなかなか豪華なプレイです。
音自体は1人でやるのとほぼ一緒ですからシチュで興奮させるパートかなと。
終盤にはフェラも追加して精液を一滴残らず飲み干してくれます。

このように、前半と後半でスタイルを変えて同時責めするハーレムらしいエッチが繰り広げられてます。
あまあまなアイドル作品
アイドルたちが協力してプロデューサーとイチャイチャするノーマル向けの作品です。

千夏、恋花、朝菜は大好きな主人公とより深い関係になろうと
恋人になって欲しいことをはっきり伝えてからアイドルのお仕事をきっちりこなします。
そして無事エッチできるようになった後は順番にSEXしたりお口やおっぱいで存分にご奉仕します。

性格の異なる3人のアイドルが色んな場所やシチュでプロデューサーとエッチする甘い展開
アイドル特有のやり方で彼に尽くす彼女たちの愛に満ちたキャラ
どのパートも必ず2人以上で組んで責める密度の高いエッチ。
本作品が持つふたつの特徴を組み合わせてストレートに仕上げてます。

中でもエッチはキスや耳舐めとセットでおちんちんを責めるおかげで
時間あたりのエッチな声や音の量が通常よりも多くなってます。
アイドルのイメージを崩さないよう露骨に下品なことはしませんが
彼女たちが持つ魅力をプレイや責め方に反映させる工夫がされてます。

全員に活躍の場があるのでどの子が一番目立ってるとかはないです。
でも前半にSEXを固めて配置してるのは珍しいなと。
最初から濃いプレイをやって聴き手の心をガッチリ掴みます。
こうしたほうが彼女たちの想いの強さも伝わりやすいですからね。

射精シーンは6回。
くちゅ音とちゅぱ音多め、淫語と喘ぎ声それなりです。

アイドル好き、ハーレム好きな人には特におすすめします。

CV:千夏…野上菜月さん 恋花…陽向葵ゅかさん 朝菜…沢野ぽぷらさん
総時間 2:37:33

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年1月21日まで20%OFFの1232円で販売されてます。



クイズ072-間違えたら寸止め。正解したら即射精できる新感覚オナニー(前編)」に引き続いての後編です。
今回は「11.「第四問:あなたはSかMか?」」以降の様子を中心に紹介します。
射精に向けたさらなる追い込み
後編のエッチシーンは7パート59分間。
プレイはオナニー、SEXのおねだり、女の子のオナニー、嘲笑、喘ぎ声を流す、SEX(バック、騎乗位?)です。
エッチな効果音はありません。

77子「第四問 あなたはSかMかどっち?」
第一問~三問をすべて不正解した主人公に対し
77子はいよいよ彼の本質を問うクイズを出します。

エッチは前編と同じく終始彼女たちが責め続けます。
最初の6パート46分間は引き続きクイズに答えて射精か寸止めをするシーン。
四問目はSかMか?、五問目は1+1=?、と誰にでも答えられる問題を出します。

「お兄さん このおまんこに 勃起したチンポ 入れてもいいよ?」
四問目はアンケートっぽい内容ですけど、これまでの流れを考えれば正解は自然とわかります。
Mの側は女性に弄ばれる快感をセリフでストレートに煽り
Sの側は目の前でおまんこを見せつけてSEXをおねだりします。
オナニーを披露したり、亀頭だけおまんこに入れさせてくれたりとサービスがなかなか手厚いです。

シコシコボイスは1秒1コキのペースで流れ続けますから
暴発させるよりも彼の心を傾かせる意味合いが強いプレイと言えます。
クイズも終盤に差し掛かってるので、純粋なエロさを上げて後々抜きやすくしてるのでしょう。

回答パートも選択肢の内容をそのまま反映させてます。
片方は女の子がオナニーしてる音声を流しながら少しだけオナニーさせ
もう片方はカウントを数えるのに合わせておちんちんをしごき続けます。
後者は両側から嘲笑する声が流れ続けてこれまでのプレイと随分違います。

第五問は正解がわかりきってるので完全に聴き手の意志を確かめるシーンです。
正解してサクッと射精するか、それとも不正解を重ねて最終パートに進むか。
選択の結果によって射精の快感や視聴後の後味に大きな差が生まれます。
回答パートは疑似SEXを意識したオナニーになってて女の子が喘ぎ声を漏らしてくれました。

最後の「17.3P射精パート(約13分)」は全問不正解だった場合のみ聴けるパート。
簡単な問題を間違え続けた彼へのお仕置きに女の子たちがおまんこで責め続けます。

クイズのシステム上お仕置きと銘打ってますが
プレイが全部SEXなこと、きちんと射精させてくれることを考えれば
むしろご褒美と呼んだほうがしっくりくる内容です。
ちなみにピストンの様子は効果音ではなくシコシコボイスで表現します。

「いっぱい いっぱい…あっ 感じちゃえよ 変態」
「こんなピクピクしてるよわよわチンポ いっぱいいじめてあげるから」

前半と後半でパートナーが交代する流れになっており
前半は艶めかしい喘ぎ声を多めに漏らして射精を応援してくれます。
そして後半は(たぶん)騎乗位で責めながら軽く見下す言葉責めもします。
エロさだけを見れば前半のほうが上ですけど、本作品はM向けだから後半を最後のプレイに据えたのでしょう。
フィニッシュは中出しさせてくれたりと、これまでの頑張りを彼女たちなりのやり方で労ってくれます。

実際に聴いた感想ですが、パートによってプレイの内容が大幅に変わるのが面白かったです。
クイズ自体は本当に簡単なものばかりですぐさま正解がわかります。
だからシコシコボイスを流したり言葉責めしながら聴き手にどっちを選ぶか決めてもらいます。
プレイもややS~Mまで属性が広くてサークルさんの引き出しの多さを感じます。

全問不正解を選んだ場合は射精を我慢するのが結構きついです。
時間が長いこと、プレイが多彩なので快感に慣れにくいこと
パートを跨ぐ時以外の休憩時間が短めに設定されてるのが影響してます。
セリフとシコシコボイスを分離してるので言葉責め、ちゅぱ音、喘ぎ声もそれなりに入ってます。

このように、クイズの選択肢によって違うオナニーをする個性的なエッチが繰り広げられてます。
色んなオナニーが楽しめる作品
パートごとに異なるルールを定めて射精や寸止めするシステムが魅力の作品です。

春、涼、77子はクイズ072-に挑戦する主人公にオナニーを楽しんでもらおうと
全部で5つの問題を用意し、そのすべてに正解と不正解の選択肢を用意します。
そして無事正解した場合は射精して終わり、不正解の場合は寸止めを挟んでから次の問題へ進む、と
クリア難度やおちんちんへの負荷をある程度調整できるルールを設定します。

3人の女性がクイズ形式のオナサポをする珍しいシチュ
クイズの内容は簡単にしてその分オナニーを充実させる抜きやすい作り
選択肢の結果によってまったく違うプレイが出てくる変化に富んだエッチ。
問題に答えることを主眼に置いてる通常のクイズとは違い
オナニーをより面白く充実したものにする素材としてクイズを取り入れてます。


中でも2番目はバランスを間違うと一気に抜きにくくなる部分なので
小学生でもわかるくらいのレベルに下げてオナニーに専念しやすくしてます。
そして答えが簡単にわかるからこそ、自分の意志で不正解を選ぶ面白さも生まれてます。
クイズの選択肢に合ったプレイを繰り出すことも含めて
本作品を特徴づけるのに最も役立ってる要素と言えます。

あとは不正解を選ぶほうが得と感じさせてくれるのも良いなと。
最初はオナニーだけだったのが全問不正解すると彼女たちとのSEXまで発展します。
せっかくわざと間違えたのにその結果がしょぼかったら萎えますから
正解よりも手厚いプレイをすることで「選んでよかった」と思えるようにしてます。
ちなみに一部の正解パートは射精のさせ方がものすごく淡白です。

後編の射精シーンは3回。
淫語それなり、喘ぎ声そこそこ、ちゅぱ音はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:春…沢野ぽぷらさん 涼…分倍河原シホさん 77子…藤村莉央さん
総時間 2:55:49

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年12月20日まで20%OFFの1056円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



サークル「Delivery Voice」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、違った属性を持つエッチ大好きな女の子たちが
長時間に渡る独特なオナサポで色んな快感を与えます。

クイズの選択肢によってプレイ内容が変わるのが最大の特徴で
正解した場合は射精、不正解なら寸止めして次に進むとふたつのルートを用意し
問題の内容に関連性のあるプレイを繰り出して悶えさせたり気持ちよくします。
パートによってオナニーの内容が随分違いますから、マンネリ感をあまり抱かずにできるでしょう。

総時間が175分もあるため前編(1~10)、後編(11~17)の2回に分けてお送りします。
クイズの結果でプレイが変わるオナサポ
77子、春、涼の出すクイズに答えながらオナニーするお話。

「ようこそ クイズ072-へ 司会は私 77子がお送りいたします」
77子は明るくて可憐な声の女の子。
クイズ072-のルールを手短に説明すると
各部屋にいる女の子たちの役割やオナニーのやり方について教えます。

本作品はクイズを楽しみながらオナニーすることを目的に
彼女たちがおよそ180分に渡って多種多様なプレイを提供します。
77子は司会なのでクイズの出題と正解を教える役に専念し
春(挿し絵左)と涼(挿し絵右)が左右に密着しながら誘惑したりオナニーの指示を出します。

77子「クイズの最中には 各部屋の中にいるお姉さんからのヒントをもらったり 誘惑をされたりします」
最大の特徴はもちろんクイズ。
各問題にAとBの選択肢を設け、そのどちらを選んだかによってプレイが分岐します。
正解を選んだ場合は射精パートに進みそこでオナニー終了
不正解の場合はオナニーしながら寸止めを繰り返して次のクイズに進みます。

今回紹介する前編(約108分)はオープニングから第三問まで
後編(約67分)は第四~五問&射精パートとクイズの数はそれほど多くありません。
ひとつひとつをじっくりこなして暴発を誘ったり射精へ追い込む丁寧なリードをしてくれます。
クイズ自体も18歳以上なら確実に答えられるだろうと言えるくらい簡単です。
つまり聴き手が射精のタイミングを自由に決められるようになってるわけです。

「そろそろ限界だから射精したいな」と思ったら正解すればいいし
「もうちょっとこの感覚を楽しみたいな」と思うドMな人はわざと不正解するといいでしょう。
最短で23分、最長で120分近くとエッチの時間もかなりの幅があります。

プレイについてはシコシコボイスに合わせてしごく王道のオナニーや
宣言された数字の数だけしごくノルマ式オナニー
赤ちゃん言葉で話しながら授乳手コキする幼児プレイ色の強いものなど多種多様です。
セリフとシコシコボイスを同時に流すシステムになってるおかげで
耳舐め+オナニーや乳首舐め+オナニーといった複合責めも積極的にやります。

基本的に出題パートは春と涼が2人で責め
回答パートはそれぞれに対応する女性キャラが一対一でお世話します。
結構過酷なプレイをするパートもありますから属性はM向けかなと。
言葉責めはそれほどやらず、体をがっつり責めて射精を我慢しにくい状況に追い込みます。

クイズに答えながらオナニーする展開と多種多様かつ濃厚な責め。
珍しい要素を盛り込みつつきっちり抜けるように仕上げたやり応えのある作品です。
射精するか、我慢するか
前編のエッチシーンは9パート93分間。
プレイはクイズに答える、オナニー、耳舐め、授乳手コキ、キス、パイズリ、乳首オナニーです。
手コキ、パイズリの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「第一問 江戸幕府の初代将軍は?」
クイズ072-に関する説明を一通り終えた77子は
早速第一問として歴史に関する有名な問題を出します。

エッチは春や涼に言われた通りオナニーします。
最初の3パート30分間は本作品のエッチに慣れることも見据えた割かしソフトなプレイ。
「2.「第一問:江戸幕府を開いたのは?」」はゆっくりオナニーしながらどちらが正解かを考え
「3.「第一問:Aを選んだ人へ」」「4.「第一問:Bを選んだ人へ」」で
それぞれの結果に合ったプレイを楽しみ射精or寸止めをします。

ちなみに今回のレビューは普段よりもネタバレ度を下げてお送りします。
具体的には77子以外のセリフを春と涼のどちらがしゃべってるかや
AとBの選択肢と正解、どちらのプレイがそれぞれにあたるかなどを伏せてます。
クイズの性質上これは仕方ないことなのでご了承ください。

出題パートは春と涼のエロさや色仕掛けテクニックが光る場所。
左右に密着し自分が担当する選択肢に関することを言ってそちらを選ばせようとします。
そして体は1秒1コキのペースでシコシコボイスを流しながら両耳を舐めまくります。

「射精したいか 寸止めしたいか あとはお兄さんが 決めるだけ」
オナサポ作品でクイズに寄せると抜きにくくなるので
そのへんは軽く触れる程度にしてオナニーを時間いっぱいできるようにしてました。
このまま射精するか、それとも寸止めを挟んで次に進むか自由に選べる緩さを持たせてあります。

3~4は冒頭に正解を教えてからそれぞれに合ったプレイに移ります。
片方はシコシコボイスを流さずカウントに合わせて追い込む
もう片方は緩めのシコシコボイスに合わせてやるといずれも王道の責め方です。
どちらかと言えば前者のほうがきつく感じました。
カウントを何度も数えるのではなく、1回に絞ってパート終了が近づくほどハードにしごかせます。

プレイに幅広さが出てくるのは次のシーンから。
第二問は1~100までの数字を足すといくつになるか(約38分)
第三問は男の子がもっとも感じるのはどっちか(約25分)と簡単なクイズを出して
それぞれに合った落差の大きいプレイを繰り出します。

「そろそろ チンポが射精しちゃいそうだから お兄さんには 救済措置を与えまーす」
この中で最もハードなのは第二問の回答パートに出てくるノルマ式オナニー。
合計で4桁クラスの回数しごく目標を掲げて数字をどんどん宣言します。
数がとんでもなく多いので全力でしごき続けてもまず追いつけません。
だからパート中盤に女の子がとある救済措置を出します。
こっちは主に心を責めることを意図してて両者のバランスを取ってます。

「おっぱいが大好きな変態ちゃん もっともーっと甘えん坊なおちんちんにしてくだちゃいね」
逆に最も甘いのは第二問のもうひとつを選んだ場合に聴くパート。
女の子がママになりきって赤ちゃん言葉を言ったり授乳手コキします。
シコシコボイスを一切流さないのでオナサポ成分は低くなってますが
代わりに手コキ音を鳴らしてある程度オナニーできるようにしてます。

他のパートがほとんどM向けだから余計甘さが引き立ってました。
終盤にはパイズリまでしたりと至れり尽くせりなご奉仕が味わえます。

第三問はおちんちんに加えて乳首オナニーが登場します。
「つね つね」という掛け声をゆっくりペースで流し
別の位置からシコシコボイスも流して両方を同時に刺激します。
掛け声の内容から乳首を指でつまんで潰す感じにいじるのでしょう。
これまでよりも快感が強くなるので射精の我慢がより難しくなります。

前編部分をまとめると、抜きやすさをとても意識してるように感じました。
クイズは歴史や算数といったエロと無関係なものが中心になっており
AとBどちらを選ぶかは好きに決めさせて、春と涼はストレートに誘惑するのを頑張ります。
そして回答パートはクイズの内容に沿ったプレイを繰り出して個性を出します。
各問題に射精ルートが用意されてるので暴発する可能性も低めです。

あとは全体的にリードが丁寧です。
シコシコボイスを流す時間を多めに取ってあるし
それ以外もカウントやノルマ式といった別の手段でオナニーをきちんと制御します。
第三問では乳首オナニーを加えて変化をつけるなど
長時間作品の利点を活かして色んなプレイを楽しませてくれます。

前編の射精シーンは3回。
淫語とちゅぱ音それなり、くちゅ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

後編へ続く…。
クイズ072-間違えたら寸止め。正解したら即射精できる新感覚オナニー(後編)

CV:春…沢野ぽぷらさん 涼…分倍河原シホさん 77子…藤村莉央さん
総時間 2:55:49


体験版はこちらにあります

追記
2020年12月20日まで20%OFFの1056円で販売されてます。

バイノーラルの妹とバイノーラルじゃない妹に左右からオナサポしてもらう音声

サークル「ベレス解部」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、ちょっぴり意地悪だけど根は優しい妹が
変わった手段でお兄ちゃんのオナニーを応援します。

通常録音とバイノーラル録音を混在させてるのが最大の特徴で
左右に陣取りそれぞれの持ち味を活かしながら
競争して彼を取り合ったり、逆に2人で協力して責めて射精に導きます。
2人の妹がする珍しいオナサポ
妹たちの声を聞きながらオナニーするお話。

「お兄ちゃん」
バイノーラル録音の妹は明るくて可愛い声の女の子。
「お兄ぽん」
通常録音の妹は声質は一緒で若干こもってる声の女の子。
これからオナニーしようとしてる主人公に話しかけると
彼のおちんちんを軽く貶してからその手伝いをします。

本作品はみすぼらしいおちんちんを持つ童貞な彼を気持ちよくしようと
彼女たちがおよそ60分に渡って3種類の独特なエッチをします。
オナサポでは定番のシコシコボイスやカウントはほとんど使わず
パートごとに異なるプレイを用意し、それに言葉責めを交えてじっくりリードします。

通常「だってこんなんだとは思わなかったんだもん。兄のちんぽが。」
バイ「お兄ちゃんだって頑張ればお兄ちゃんっぽいちんぽに出来るんだから。出来るよね?」
そして彼女たちは異なる音質で彼に話しかけたり掛け合う形でサービスを進めます。
音声作品でどちらか片方を使うものは数多く存在しますが
サークルさんがキャラごとにこれらを与えてる作品は初めて聴きました。
性格や口調はほとんど同じにしたうえで、それぞれの持ち味が出るようにしてあります。

具体的にはバイノーラルは音質の良さを強調しながら耳舐めし
通常はキスを多めにしたり彼の性癖に合った責めを繰り出します。
おそらく2人は同一人物だと思うのですが、やることにそれなりの違いが見られます。
大変個性的な演出を盛り込むなど、サークルさんの過去作以上に攻めた作りをしています。

優しさと厳しさを混在させて責めるのも大きな特徴です。
自分より年上なのにエッチの経験がないことや子供サイズのおちんちんを持ってる彼を貶す一方で
その心を引き寄せようとしたり「好き」と言って愛情を示します。

通常「お兄ちゃんのちんぽは低級ちんぽ 妹にベロチューで甘えないと気持ちよくオナニー出来ないダメちんぽ でも私は、そんなお兄ちゃんのよわよわちんぽが大好き」
たぶん彼女たちは彼にもっと逞しくなって欲しいのだと思います。
あるシーンで「これに耐えられたらSEXしたのに」と漏らしてますし
彼の情けない部分を少しでも解消するために敢えて厳しく接してるだけです。
調教を匂わせる要素も特になく、属性はややMあたりに留まってます。

ふたつの録音形式を織り交ぜた作りと硬軟併せ持つ言葉責め。
妹から連想される可愛さを残しつつ独自の要素を盛り込んだオナサポ作品です。
音の違いを活かしたエッチ
エッチシーンは3パート51分間。
プレイはオナニー、キス、耳舐め、オナホコキ、ホワイトノイズ注入です。
オナホコキの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

バイ「お兄ちゃんオナニーちょーうま~い。さっすがオナニー用のちんぽ。」
簡単な前置きを挟んでから早速オナニー開始の指示を出すと
妹たちはその様子を見ながら軽く貶してM心をくすぐります。

エッチは終始彼女たちが責め続けます。
一番最初の「01 - バイノーラルの妹とバイノーラルじゃない妹」は本作品の特徴がよく出てるプレイ(約17分)。
2人が左右に陣取り彼のオナニーを見ながら自分の魅力をアピールします。

バイ「バイノーラルはさぁ、こういう風に後ろから密着して、ちんぽ弄るとこ一緒に見てあげられるんだよ?」
通常「お兄ちゃんは女の子のお口吸いながらシコるのが一番好きだからぁ、私がいなきゃまともにオナニー出来ないよ」
バイノーラルはリアルな声と立体感のある位置取りでストレートに押し
通常は彼が好きなキスを積極的にやる微笑ましい取り合いです。
耳舐めもやるおかげでちゅぱ音の量が多く、純粋なエロさもそれなりにあると言えます。

できればもう少しオナニーを制御して欲しかった気もするのですが
本作品はなかなか見かけないタイプですから、まずはそこを聴き手に伝えたかったのかなと。
終盤の射精シーンではどっちが気に入ったか決めてもらうなど
録音環境による2人の違いや魅力が引き立つようにオナサポします。

続く「02 - バイノーラルのオナホとバイノーラルじゃないオナホ」はエロさが魅力(約15分)。
名前の通りオナホを使って後になるほど激しくしごきます。

バイ「ん~……? このオナホ、バイノーラルじゃないよね? バイノーラルに切り替えてあげるね。」
ここで面白いのが効果音も通常とバイノーラルに切り替わること。
話してるキャラに合わせて音質が変わる凝った演出がされてます。
通常は水分と粘性高めのやや下品な音、バイノーラルは筋っぽくてクリアな音と
音質以外の部分にも差を出してそれぞれを楽しみやすくしています。

時間は本作品の中で最も短いですが純粋なエロさは一番上だと私は思います。
オナホコキと並行して耳舐めしますし、最後にぴゅっぴゅのセリフを言ってくれるなど手厚いです。

最もぶっ飛んだプレイをするのが最後の「03 - ピンクな妹とホワイトな妹」(約19分)。
音声作品ではあまりよく思われてないノイズを盛り込んだオナサポをします。

通常「とりあえずノイズ取るか~。……ん~……ホワイトノイズ。……あ、そうだ。お兄ちゃんの金玉に入れてみよっと。」
具体的にはプレイ直後に「さー」というホワイトノイズが流れ始め
それを取り除いた妹が主人公の金玉に込めておちんちんを増強します。
そしてオナニーの途中でノイズを何度か噴出し、最後に勢いよく射精します。

前項の最後で触れた彼の逞しさを増強するためにノイズを使ってる感じです。
その証拠にこのパートだけは彼のそれを「オークおちんちん」と呼んで褒め称えます。
これまでとは違い2人が協力して責めるのも相まって和やかな空気が漂ってました。

音声作品をこれまで色々聴いてきましたがこういうプレイには初めて出会いました。
音声でしかできないもので非常に面白いと思います。
ただノイズで抜く感じになるため割と上級者向けかなぁと。
ノイズが鳴ること自体を忌避する人もいるでしょうし、もう少し量を減らしたほうが聴きやすかったかもしれません。

このように、作品の特徴を前面に押し出したチャレンジ精神旺盛なエッチが繰り広げられてます。
斬新な作品
テーマの選定やプレイのやり方といった演出面が抜群に優れてる作品です。

妹は大好きなお兄ちゃんに気持ちよく射精してもらおうと
通常録音とバイノーラル録音に分かれて左右から彼に話しかけたり2人で掛け合います。
そしてエッチはオナニーの制約を緩くしたうえで作品独自の責めを繰り出します。

可愛い妹がふたつの音質を駆使してお兄ちゃんを弄ぶややM向けのシチュ
通常とバイノーラルを敢えて混在させてる非常に変わった作り
言葉責め、ちゅぱ音、効果音といったオカズを提供して抜かせる優しいオナサポ。
他のサークルさんがやられてないことに果敢に挑戦してます。

中でも2番目はまさに音声作品の常識を覆す試みで驚きました。
単に音質が違うだけで終わらせず、2人を競わせることでそれぞれの魅力を引き出してます。
また最終パートはノイズをエッチに使うという思い切ったこともされてます。

たぶんこの作品は我々聴き手よりもサークルさんのほうが感銘を受けると思います。
同人音声で今までなかったアイデアが色々詰め込まれてるからです。
その一方で聴き手にとっては「もう少しエロさが欲しい」と感じるかもしれません。
最後のパートでノイズを多く使った結果、実用性がやや落ちてるのが主な理由です。

例えばこれが催眠音声で、ノイズを聴くと興奮する暗示を入れてたら随分違ったでしょう。
発想は素晴らしいのだけど抜きに持っていく部分でもう少し工夫が要ると私は考えてます。
他の2パートは十分オカズになります。

射精シーンは3回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなり、喘ぎ声はありません。

CV:沢野ぽぷらさん
総時間 56:16

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります



サークル「キャンドルマン」さんの催眠音声作品(R-15指定)。

今回紹介する作品は、お金ではなく癒しを求めて商売してる女の子が
お客にあたる人間に非現実的なサービスをします。

気持ちよくなる草の匂いを吸う感覚をリアルに体験させるのが特徴で
催眠パートはストレッチの時間を長めに取って十分リラックスさせてから特殊な楽器を鳴らし
草を吸うシーンも彼女の感覚と暗示を組み合わせて心地よさを上手に伝えます。

今回はロングコースを聴いてのレビューをお送りします。
不思議な世界で不思議な体験を
アサミに催眠をかけられ2種類のしあわせハーブを堪能するお話。

「おーい そこの人 聞こえる?」
アサミは甘く穏やかな声の女の子。
これから寝ようとしてる主人公を自分の店に誘うと
自己紹介やしあわせハーブに関するお話をします。

本作品はドラッグを使用した時に味わう感覚を疑似的に味わわせることを目的に
彼女がおよそ90分に渡って催眠をかけたり独特なサービスをします。
ドM向けを得意とされてるキャンドルマンさんでは珍しくその手の要素をほぼ取り除き
恍惚感や幸福感といった癒しの気分をたっぷり与える方針で進めます。

「しあわせハーブっていうのはね 人のとある草に抱く 幻想やイメージが形になったものなんだ」
そしてこれらをするにあたって彼女は「しあわせハーブ」という名の草を使います。
前半はボング(挿し絵で彼女が持ってるフラスコのようなもの)
後半はシーシャ(水タバコ)と使う器具を切り替え
さらに葉っぱもレモンの香りがするもの、ベリーの香りがするものを使い分けます。

「電子ドラッグ」と命名されてますけど心身に害を与えそうなものは出てきません。
健全なやり方でキメることを目指して作られてます。
効果音や音響効果の扱いに力を入れてますから
音声を聴いてると作品の世界に引き込まれていくような感覚がするでしょう。

また催眠音声初心者や催眠にかかりにくい人でも楽しめるように
通常の催眠音声よりもボイスドラマ成分を多少上げてます。
彼女がいる世界に到着した後は2人で街を歩くシーンがありますし
店に着いた後は彼女もしあわせハーブを吸って彼と同じ感覚を楽しみます。

他にも催眠初心者を意識したアドバイスを適度に盛り込んであったりと
ドMに絞り込んでた従来の作品よりも手広く構えてます。
催眠にはしっかりかかれますから中上級者も問題なく楽しめるでしょう。
実力のあるサークルさんだけあって各要素のバランス取りが上手です。

もうひとつ、本作品は今回紹介するロングコース以外に
時間を約60分まで縮めたショートコースが存在します。
基本的な流れは一緒で純粋に時間が短くなってる感じです。
これも直前に書いた「手広く構える」の一環なのだと思います。
リラックス重視の親切な催眠
ロングコースの催眠はおよそ24分間。
横になって目を瞑り、まずは3種類のストレッチをして主に体をほぐします。
ちなみにアサミは現実世界とは別の場所に住んでるため
催眠パートの大部分で声に多少のエフェクトがかかります。

「もしかしたら さっきより腕を上げるのが 気だるく感じるかもしれないね」
ストレッチは腕と足をひとつずつ曲げる簡単なもの。
そのやり方を丁寧に教えながら終了後に軽い暗示を入れて応援します。
ボイスドラマっぽさを出すために会話調の言い回しを心がけてました。
実際に体を動かすので被暗示性の高低に関わらずリラックスを実感できるでしょう。

「1から10まで 私の指示に従わなきゃダメーとかないから」
これらの合間に催眠に関するちょっとしたアドバイスをするのがいいですね。
すべての指示に従う必要はない、体が痒くなったらかいていいなど
催眠音声を聴き始めたばかりの人を対象にしたセリフを織り交ぜて進めます。
聴き手の不安や緊張を解いたり信頼関係を向上させるのにも役立つ良いアプローチです。

準備ができた後はいよいよ彼女がいる世界に移動します。
ここでは「ごーん」というお寺の鐘っぽい音が鳴る楽器が登場し
長めの間隔で鳴らしながら深化する暗示を入れてスムーズに落とします。


「不思議な音が 心地よーく聞こえてくる 現実世界の意識は 色んなものを感じ取っている」
音自体に心地よさを感じる音モノっぽいアプローチをしてたかと思えば
バックで虫の声を少しずつ大きくして移動してる様子を直感的に表現します。
声のエフェクトが弱くなってるのもそれを感じさせる要素のひとつです。
音が魅力の作品らしい深化法で心地いい感覚が強めに味わえました。

物語の流れに合わせて技術を行使する親切丁寧な催眠です。
聴き手をアサミのいる世界まで案内することを目的に
腕、脚、全身のストレッチから入って軽い深呼吸を経由し
楽器と環境音を使った深化、と通常の催眠音声とは随分違うやり方で誘導します。

時間に対してやることを絞ってあるので慌ただしさがまったくなく
ストレッチ、楽器、環境音による純粋な癒しも得られてするすると入っていけます。
意識のぼやけと同じくらい映画を観てるような没入感も味わえました。
ふたつのハーブをふたつの器具で
「#2 セッティング(約22分)」はしあわせハーブを吸うまでの準備にあたるパート。
アサミの世界に降り立った主人公を彼女が自分の店まで案内し
使用するハーブや器具のことを説明してから実際にやってみせます。

「ほら だんだんと街のざわめきも聞こえてるの わかる?」
案内するシーンはボイスドラマ色の強い内容。
2人が歩く足音、虫の声、街に近づくにつれて大きくなるガヤ音など
効果音と環境音を組み合わせて移動する様子をリアルにお届けします。
環境音が少しずつ変化するあたりにこだわりを感じました。

上手く催眠に入っていればこの場の情景が自然と頭に浮かんでくるでしょう。
本作品なりのやり方で催眠の入り具合をチェックしてるのかもしれません。
音の質も高くて彼女と一緒にいる気分に浸りやすいです。

「ものによって結構違うけど この品種は レモンに近いって言う人が多いかな」
「吸うとね ふわふわして じわーっと幸せな気分になるんだ」

彼女がしあわせハーブを吸ってみせるシーンはイメージ力の向上に役立ってます。
現実世界にも存在する果物の匂いに例えてわかりやすくし
吸った後はその感覚を彼女視点で語って遠回しに伝えます。
催眠っぽさをぼかして聴き手に働きかける本作品らしいアプローチです。
実況も小まめにしてくれますから、イメージが余程苦手な人でもなければその場の様子が掴めるでしょう。

最後の「#3 吸引(約37分)」は主人公がしあわせハーブを吸引するパート。
序盤はバーのカウンターに座ってボングで
中盤以降は座敷へ移動し寝たままシーシャで吸って幸せな感覚に浸ります。
作中でそうなってるだけですから実際に体勢を変える必要はありません。

「ほわほわー ぽわぽわーってあったかいいい気持ち ちょっとしたことで 笑っちゃいそうになるような なんだか楽しい 不思議な気持ち」
吸引する時は深呼吸に合わせて「ごぽごぽ」と水の弾ける音が鳴り
その直後に恍惚感や幸福感を彼女らしい柔らかな言い回しでゆっくりじっくり伝えます。
彼女の声が若干反響したり耳鳴りのような音が聞こえるのにも気づくでしょう。
言葉と音を組み合わせてハーブでキマってる様子を高い臨場感でお届けします。

このパートはやることをほぼこれに絞り込み暗示を入念に入れてました。
音響効果も相まって後になるほど頭の中がぽわぽわしてきます。
一緒に吸ってる彼女も途中からうっとりした声を漏らすなど
直接、間接の2方向からハーブの心地よさを伝える手厚いリードがされてます。

このように、多彩な技術と音を駆使してトリップさせる独特な癒しのサービスが繰り広げられてます。
陶酔させてくれる作品
「耳で楽しむドラッグ」を忠実に音声化した斬新な切り口の作品です。

アサミは自分のエネルギーとなる癒しの感覚を主人公に与えようと
まずはリラックス重視の催眠で自分の世界へゆっくり案内します。
そしてその後は軽い観光をしてから2種類のしあわせハーブを順に吸わせて幸せにします。

仮想世界へ赴き不思議なハーブを堪能する変わったシチュ
催眠初心者に配慮したセリフと技術を織り交ぜて進める親しみやすい催眠
彼女と一緒に吸うスタイルにして2方向から恍惚感や幸福感を与え
さらに効果音や音響効果も盛り込みリアルな体験をさせる凝ったサービス。
耳かきやマッサージとは違うやり方で癒す面白い作品に仕上がってます。

中でもサービスは葉っぱの匂いを通じて感覚を操作する展開が珍しいですし
その表現方法もレベルが高くて一時的に別世界にいるような感覚が味わえました。
テーマがどれだけ奇抜でも形にできなかったら意味がありません。
そこを高い水準で成し遂げてるところにサークルさんの底力を感じました。

販売ページのサンプル画像4枚目冒頭でも書かれてるように
多角的なアプローチをしてるのがその大きな要因です。
ストレッチを入念にして暗示を受け入れやすくする、同時にアドバイスを挟んで心をほぐす
楽器の音を鳴らしながらそれを聞くほど深化する暗示を入れるなど
シーンごとにやることを変えてあって本当に内容が濃いです。

彼女の世界へ移動した後も音を活用して世界観を出してますし
新しいことに挑戦したうえで安定感にも気を配ってあって完成度が高いです。
サークルさんの過去作とやってることは随分違いますけど
品質はそれらと同じくらいの水準に達してます。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。
一時的に現実逃避してみたい人には特におすすめします。

CV:沢野ぽぷらさん
総時間 ショートコース 本編…54:31 解除…15:30
ロングコース 本編…1:32:49 しあわせハーブ…29:55 解除とリフレッシュ…22:40
(しあわせハーブは「#3 吸引」の一部を抜粋したおまけで3パートあります)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2020年12月11日まで30%OFFの770円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。



サークル「えるしすラバー♪」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、元オナサポ店員で今は幽霊をやってるカッコイイお姉さんが
Mな男性に長時間の独特なオナサポをします。

色んな手段で乳首とおちんちんをじっくり責めるのが特徴で
「カリカリ」「シコシコ」などの掛け声を常に言ってオナニーのやり方を丁寧に教え
さらにペースやリズムを小まめに切り替えて快感に慣れるのを防ぎます。
乳首射精、寸止めからの連続射精、カウントダウン射精と3種類の絶頂形式が用意されてるのも魅力です。
男たちをもっといじめたくて
幽霊の「加宮 澄玲(カミヤ スミレ)」が乳首&おちんちんオナサポをするお話。

「お兄さん、ねえ、おにーさん!おにーさんってば!ここよここ!あなたのスマホ!」
澄玲はトーンが低く色気のある声のお姉さん。
主人公のスマホに憑依して自分が幽霊なことを教えると
彼の性癖を見抜いてからM向けのオナサポを持ち掛けます。

本作品は事故で亡くなった後も男をいじめたい欲望を強く持ってる彼女が
Mっ気のある彼をおよそ160分に渡るオナサポで悶えさせます。
彼女が実体を持ってないので肌を直接触れ合うシーンは一切なく
最初から最後まで様々な指示と言葉責めを組み合わせてゆっくりじっくり追い込みます。

全体を通じて言える特徴は大きくふたつ。
M向けの要素が充実してること、オナニーの指示が非常に丁寧なことです。

「さて、まずはお兄さんのその……マゾオチンポ。焦らしていきましょうね」
前者は焦らし、寸止め、亀頭オナニー、乳首オナニー、連続射精といった
Mな人が喜びそうなプレイをパートごとに切り替えながら行います。
特に乳首オナニーはこれだけで約77分とかなりのボリュームがあり
乳輪を撫でる、乳首を爪で優しく引っかく、2本の指でぎゅっとつまむなどいじり方も豊富です。

おちんちんも結構いじるので乳首未開発でも普通に射精できますが
開発済み、もしくは乳首に興味を持ってる人のほうがずっと楽しめると思います。
乳首オナニーだけで射精するパートもあったりとサークルさんのこだわりを感じました。

「コリコリ コリコリ コリコリ クリクリ クリクリクリ クリクリクリクリ」
後者はエッチシーンのほぼすべてで「カリカリ」「シコシコ」といった掛け声を言い続けます。
片方が掛け声を出してる間も反対側から話しかけてきますから
まさしく「完全サポート」と言っていいくらいリードがしっかりしてます。

また聴き手が快感に慣れにくくするために
掛け声を出すパートは1~5分程度の短い間隔でペースとリズムが変わります。
複数のいじり方を組み合わせて指示するパートもあって変化に富んでます。
そして終盤はカウントを交えた寸止めオナニーにスタイルが変わります。

「自分が望む順序・長さでの焦らしで快感を得る」ことを目指してるだけあって
プレイの種類を多く用意し、その中から自由に選んでもらうことを想定してます。
乳首だけで射精するのはかなり難度が高いので
それは外して寸止めオナニーをがっつりやるといった使い方ができます。

Mな人を喜ばせることを強く意識した構成ときめ細かなリード。
個性、柔軟性、実用性を兼ね備えたM~ドM向けの作品です。
後になるほど強く追い込むエッチ
エッチシーンは9パート141分間。
プレイは乳首オナニー、亀頭オナニー、竿オナニーです。
エッチな効果音はありません。

「ほら、乳首の周り……乳輪を、刺激していきなさい♪」
主人公との交渉が成立しオナサポの流れを大まかに教えると
澄玲はひとまずおちんちんには一切触れず乳首だけを責めるように指示します。

エッチは終始彼女に言われた通りオナニーします。
最初の3パート56分は乳首オナニーに特化した内容。
「a_乳輪弄り(約13分)」は乳輪メイン、「b_乳首弄り_カリカリ(約21分)」は乳首を爪で引っかく
「b_乳首弄り_クリクリ等(約22分)」は4種類くらいのプレイを組み合わせて行います。
ちなみに聴く時の服装は上半身がシャツ1枚、下半身は裸です。

「間違って、乳首に触れたりしてないわよね? 焦らした乳首、私の声に合わせて気持ちよく弄りたいでしょう?……変態マゾ」
この3パートはどれも掛け声にとても力を入れており
プレイ時間のほぼ全部で何らかの擬声語が流れ続けます。
その一方でセリフはプレイ開始前に軽くしゃべる、プレイ中に3分程度の間隔で言葉責めするだけと少ないです。

本作品は体への責めが全体的に強くなってるので
彼が途中で暴発しないように言葉責めをわざと控えたのかもしれません。
乳首を開発してる人ならここだけでもかなり気持ちよくなれるでしょう。
私は「b_乳首弄り_クリクリ等」が色んな快感を味わえて気に入ってます。

おちんちんをいじり始めるのはその次から。
「c_亀頭弄り(約17分)」はローションを塗ってからする亀頭オナニー
「d_スローオナニー(約17分)」は竿をゆっくりしごく通常のオナニーだけを行います。
この2パートも言葉責めは少なめにして掛け声を重点的に出します。

乳首オナニーで十分過ぎるほど焦らされた後に始めるので
いきなりする時よりも触れたりしごいた時の快感が強く味わえました。
亀頭オナニーは指を当てる→カリに指を添える→手のひら全体で包み込むと
後になるほど刺激する手段を強く、範囲を広くして変化をつけます。

スローオナニーもストロークの長さやペースを小まめに上下させてましたし
プレイをひとつに絞りこむ代わりにその中で幅広さを持たせてます。
さすがにここで射精はしないと思いますが、後々そうなるきっかけを作る重要な役割を果たします。

残りの4パート51分間は射精を見据えた刺激の強いプレイ。
「a 乳首射精(約16分)」は乳首オナニーだけで射精を目指し
「b _1 寸止め(約27分)」はカウントを交えた寸止めを繰り返してギリギリまで追い込みます。
そして「2 連続射精(約5分)」、「2 カウントダウン射精(約3分)」を選んで射精を迎えます。

「ほら、優しく、ゆっくり、私の声に合わせて動かして…ぁっぁっ…ぁぁあっって…その乳首の快感が、背中を通ってオチンポに流れていくのをイメージなさい…」
乳首射精は音声作品だとあまり出てこないプレイなため
彼女がそのコツとして乳首とおちんちんの快感を繋げるイメージをさせます。
乳首オナニー自体は爪で引っかくプレイを主軸に据えてて、今までとそれほど大きく違うわけではありません。
ただし、パートの後半からペースを上げたりもっと気持ちよくなるプレイが登場します。

私はそれよりも寸止めオナニーのほうが魅力的に感じました。
カウントが減るほど射精に近づけて「オアズケ」と言われたら仕切り直すのですが
寸止めの回数が合計28回と非常に多いです。
時間が27分なので1分に1回のペースで寸止めする形になりますね。
ガチでやったら体にかなりの負担がかかるでしょうから無理のない範囲で挑戦してみてください。

茉友「エリお姉ちゃん、あの変態さんがもっと気持ちよくなるためには…私たちは笑ってあげてたらいいのかな?」
また寸止めパートからは志島薫、風岡愛里、風岡茉友の3人が加わります。
彼女たちも幽霊で右から喘ぎ声、左から嘲笑をして場を盛り上げます。
寸止めはカウントでオナニーを制御するため掛け声は一切言いません。
だから喘ぎ声や嘲笑が加わってもうるささを感じることなくオナニーできます。

連続射精とカウントダウン射精は名前の通りですから説明は不要でしょう。
前者は3回連続、後者は1回と回数に違いが見られます。

このように、乳首とおちんちんを色んな手段で責めるハードなエッチが繰り広げられてます。
たっぷり気持ちよくなれる作品
心よりも体への刺激を重視してるM度の高い作品です。

澄玲は主人公がイキたくてもイけない姿を存分に楽しもうと
序盤はオナニーする部位を乳首に絞り込んで性感を十分に高めます。
そして中盤はおちんちんをいじるけど射精できないプレイ
終盤は乳首やおちんちんを激しくいじりながらの射精と徐々に追い込みます。

クールでSっ気の強い幽霊のお姉さんがM男に重厚なオナサポをするシチュ
乳首とおちんちんをいじる時間を半々くらいにして両方とも気持ちよくするエッチ
掛け声を常に出したりペースやリズムを小まめに変える丁寧なリード。
オナサポとしての実用性をしっかり持たせたうえで幅広く行います。

中でも3番目は「隅から隅までリードしてくれる」と言っていいくらい手厚いです。
掛け声を重視した結果言葉責めがやや弱くなってるものの
体の快感が十分得られるので物足りなさは感じません。
終盤にはきつい寸止めも繰り出すなどやり応えのあるエッチに仕上がってます。

あとは乳首のウェイトが高いのにフィニッシュが射精になってるのも良いです。
最近の乳首オナサポ作品はドライを目指す傾向があるので
本作品のように乳首を補助役に据えて射精を目指すほうが安定します。
爪で引っかいたりぎゅっとつまむプレイを多めにしてあってこちらも刺激は強めです。

射精シーンは5回。
淫語それなり、喘ぎ声そこそこ、ちゅぱ音はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:加宮澄玲/志島薫…沢野ぽぷらさん 風岡愛里/風岡茉友…こやまはるさん
総時間 2:39:02

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年11月12日まで15%OFFの935円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



サークル「とらいさうんど」さんの同人音声作品(R-15指定)。

今回紹介する作品は、それぞれに違った個性を持つ双子のお世話係が
屋敷の主にあたる男性に癒しとちょっぴりエッチなご奉仕をします。

キャラと音のバランスを大事にしながら色んなサービスをするのが特徴で
耳かき、マッサージ、キス、耳舐めとR-15の範囲内で幅広く取り揃え
リアルな音と和やかな会話を上手に組み合わせて彼女たちにお世話されてる雰囲気を作ります。
雨の日は双子とのんびり
お世話係の真夜、真凜が色んなご奉仕をするお話。

「あぁー いきなり降ってきちゃったね 土砂降りだよ 土砂降り」
真凜は明るくて可愛い声の女の子。
「のんきなこと言ってないで 早く洗濯物取り込んでよ」
真夜は甘い声の女の子。
突然雨が降り出して急いで洗濯物を取り込むと
その中に可愛いスカートを見つけて誰のものか考えます。

本作品は郊外に建つ大豪邸「円ヶ丘館(まるがおかかん)」で働いてる2人が
家の中でごろごろしてるご主人様をおよそ100分に渡ってお世話します。
物語の前半は非エロ、後半は微エロと全体を大きくふたつのシーンに分け
パートごとにやることを変えながら話しかけたり音を鳴らしてバランスよく癒します。

真凜「耳のお掃除もいいけど こういう耳遊びも面白いかもですね」
真夜「ご奉仕のレパートリーも増えるしね」
2人は名前や見た目でわかるように双子でどちらも彼のことが大好き。
だから雨で暇を持て余してる彼の部屋を訪ねて今回のお世話を志願します。
彼らの関係はメイドとご主人様のはずですが堅苦しさや事務的感はまったくありません。
相談したり掛け合うシーンも多く終始和やかな空気が漂ってます。

真夜はしっかり者、真凜はマイペースと性格に大きな違いを持たせてました。
2人はシリーズの2作目にも登場してるのでキャラ作りや彼との距離感がしっかりしてます。
現在の全年齢やR-15作品はセリフを減らして音を重視するものが増えてますが
「お屋敷づとめ。」シリーズは過去作も含めて会話量を多めに設定しキャラの存在感を出してます。

キャラと同じくらい重要なもうひとつの要素は音。
サービスの様子はもちろん、それ以外の細かな動作も高品質な音を鳴らします。
洗濯物を取り込む音、旅行雑誌を読む音、クリームソーダを作る音など何気ないものが多く
バックで流れ続ける控えめな音量の雨音と相まって落ち着いた空間を作り上げてます。

肝心のサービスも定番のものから珍しいものまで内容が幅広く
さらに同じ器具でも使い方や担当者によって音の質感や動きが変わる凝った演出がされてます。
前作「お屋敷づとめ。SP―お世話係大集結!? ハーレムご奉仕♪―」からおよそ9か月ぶりの新作ということで
ファンの期待に応えられるよう細部までこだわって作られてます。

双子のセリフを多めに盛り込んだキャラ重視の作りとリアルな音の数々。
サークルさんが掲げてる「魅力的なキャラクター×リアルなASMR」をそのまま形にしたような作品です。
後になるほどちょっぴりエッチに
前半の4パート52分間は耳に的を絞ったサービス。
クラウドスライム、泡洗浄、綿棒&梵天、化粧ブラシと異なる手段で綺麗にしたり気持ちよくします。
どのパートも真夜は左、真凜は右に陣取ってお世話します。

真夜「スノーパウダーというもので作ったスライムなんですけど さらさらふわふわもこもこな感触が たまんないんですよね」
この中で一番個性的なのはクラウドスライム(約18分)でしょうね。
右耳→左耳→両耳の順に「じりゅっ」という筋っぽい音をゆっくりペースで鳴らします。
シャンプーの泡に近い質感ですが音にやや重さを感じました。
お世話してない側は耳元で吐息を漏らしてすぐ近くにいる感覚を与えます。

真夜「雨の中ずっとふざけてたのは どこの誰だっけ?」
真凜「あー聞こえない 聞こえなーい」
最中に交わされる2人の会話も癒しに貢献します。
実況ももちろんしますけど、音の質が良いのでそれよりも雑談を多くしてました。
雨が降り出しても遊んでた真凜を真夜がたしなめるシーンもあったりと性格の違いがよく出てます。
前半部分は無言になることがほとんどないのでセリフと音の両方をバランスよく楽しめます。

サークルさんの実力がわかりやすいのは3番目の綿棒耳かき梵天パート(約18分)。
膝枕の状態で真夜(左耳)→真凜(右耳)の順に綿棒でお掃除し
最後に添い寝に変えてから左右同時に梵天で仕上げます。
耳に息を吹きかけることはありません。

綿棒は「ずしゅっ」という乾いててふわふわした音が使われており
耳の壁を優しく撫でるように動きます。
そして梵天は綿棒よりも広くてふわふわした音をゆっくり回転させるように動かします。
音の質感と動きがしっかりしてるし、器具ごとにそれらをはっきり変えて音だけでわかるようにしてます。

真夜「ただ綺麗にするだけじゃなくて 耳の中を気持ちよくする動き 繊細な手さばき とくと感じるがいいさ」
真凜「ぐぬぬ 真夜の手つき 確かに上手くなってるかも」
また真夜が耳かきの鍛錬を積んで以前より上手くなった背景があるので
彼女のほうが動きがスムーズで音もやや滑らかになってました。
真凜は別に下手ではないのですが、真夜に比べると動きがゆっくりしてます。

先に真夜の腕前を見て少しプレッシャーがかかったのかもしれませんね。
会話と音を関連付けて彼女たちにお世話されてることを強く印象づけます。

後半の4パート50分間はR-15らしいちょっぴりエッチなサービス。
ベビーパウダーで手をマッサージするところから始まり
そのままキスや耳舐めをして彼女たちの好意を彼にはっきり伝えます。
そして最後はキャンドルを焚いてから一緒に寛ぎます。

真凜「密着してこういうことしてると やっぱり いけない気分になりますね」
ベビーパウダーハンドマッサージ(約7分)はサービス自体は別にエロくありません。
でも彼女たちが力を入れるたびに至近距離から「んっ」とほんのりエロい声を漏らしたり
上のような思わせぶりなセリフを言って彼をその気にさせます。

ずっと非エロでお世話してたところへいきなり微エロのサービスをしても違和感が出ますから
ここでワンクッション置いて「ここからは大人の時間ですよ」と教えてくれます。
彼女たちが彼を好きなことを考えれば多少大胆なサービスをするのも頷けます。

その色が最も強いのはキス(約10分)と耳舐め(約26分)。
キスは真凜→真夜の順、耳舐めは真凜→真夜→両耳の順にたっぷりちゅぱ音を鳴らします。

R-15なので露骨にエロい音を出すことはありません。
でもゆっくりペースで鳴るしっとりした水音に彼女たちの別の顔が窺えます。
普段無邪気な真凜はとろんとした声に変わるし
真夜も軽く吸い上げるようなややパワフルな音を鳴らします。
この2パートはセリフの量が一気に減るので前よりも静かに感じるでしょう。

耳舐めは声優さんの演技の違いがわかりやすいです。
真凜は控えめな水分と緩いペースで舐めるスタンダードなものだったのが
真夜は舌先でぐりぐりしたり唇で挟んではむはむする変わった責め方をします。
あと真夜はパート終盤に差し掛かると舌の腹を擦りつけるように往復させてました。
どちらが優れてるという意味ではなく、同じ耳舐めでもそれぞれに個性があるということです。

このように、前半と後半で内容や雰囲気を切り替える充実したサービスが繰り広げられてます。
ほのぼのした作品
キャラが立ってるしサービスもしっかりしてる総合力の高い作品です。

真凜と真夜は暇してる主人公に楽しい時間を提供しようと
2人で協力しながらまずは耳を色んな手段でお世話して綺麗にします。
そしてその後はハンドマッサージと一緒にキスや耳舐めをして自分たちの欲求も満たします。

見た目は一緒だけど性格は随分違う双子が多種多様なご奉仕をする癒し系のシチュ
2人の掛け合いを多めに挟みながら進めるキャラを活かした作り
担当者や状況に応じて質感と動きが変わるリアルな音。
音声作品の柱にあたる音と声の両方に力を入れてひとつの世界を作り上げてます。

両方にこだわると中途半端になるケースもあるのですが
お屋敷づとめ。シリーズは既に14本も出てるだけあってそのバランス取りが秀逸です。
前半はキャラの存在感を出すためにセリフを多めに入れ
後半は逆に音の割合を上げて普段よりも大人びた雰囲気を作ります。

サービスも耳かきからクラウドスライムマッサージまで手広く揃えてますし
ひとつの要素に特化させるのではなく全体で表現することを目指してます。
割と欲張りなんだけどそれぞれをきちんと作り込んで高い水準にまとめてます。
私個人は道草屋シリーズに似た特徴を持ってると思います。

以上を踏まえてサークルさんでは初の満点とさせていただきました。

CV:真夜…沢野ぽぷらさん 真凜…柚萌さん
総時間 1:46:22

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2020年10月5日まで20%OFFの880円で販売されてます。

↑このページのトップヘ