同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:森野りりか

   ● 【G耳舐め】媚薬ガンギマリお姉ちゃんの耳舐めソープ【バイノーラル/ハイレゾ】
   ● 【宇宙語】ノンバーバル射精我慢で地球を守る?惑星45から来た宇宙人「ミミ族01」~侵略から地球を守れるのはあなただけ~【非言語・耳舐め特化】
   ● 【音圧耳舐め】音声で手コキ&耳舐めスローオナニー★耳奥の秘境へオナニートリップ「耳穴性感トンネル1」~耳の奥深くに広がる花園への旅~【耳クンニASMR】
   ● メイドさんにお金を払っていじめてもらう音声
   ● 夢魔のお宿




サークル「バブバブの森」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、年下の男の子が大好きな2人の風俗嬢が
興味本位でお店へやって来た少年を協力してエッチに甘やかします。

キメセクと耳舐めを組み合わせた抜き重視のエッチが行われており
序盤から熱っぽい吐息を漏らしながら甘い言葉をかけて彼の興奮を煽り
耳舐めも至近距離から力強いちゅぱ音を鳴らして微弱な刺激を送り続けます。
前置きをばっさりカットしエッチに専念してるのもポイントです。
ガンギマリ風俗嬢の濃いサービス
ことみやせいらと4種類のエッチをするお話。

「こんにちは ようこそ セクシーラブポーションへ 可愛いお客さん」
ことみ(挿し絵上)はお淑やかな声のお姉さん。
「私は せいら よろしく」
せいら(挿し絵下)はトーンが低く色っぽい声のお姉さん。
来店した主人公に挨拶し、こんなところに来ちゃいけないと言うと
左右から密着し熱っぽい吐息を漏らしながら耳舐めします。

本作品は媚薬を飲んだ風俗嬢がサービスする変わったお店を舞台に
彼女たちがおよそ90分に渡って思春期あたりの少年に大人のエッチを教えます。
彼はここがどういう場所か知らずに入ってきたそうですが
2人ともショタが大好きなだけあって積極的にリードします。

ことみ「白いおしっこってわかる? 尿道からじゅぶじゅぶ ねばねばのミルクが ぴゅるぴゅるーって出るの」
女性のことをほとんど知らない彼に射精のメカニズムを教え
時折おっぱいやおまんこもいじらせて責められる男に育てます。
最中のセリフも甘いものが多く、聴けば聴くほど良い気分に浸れます。
完全女性上位ですがM性を感じるものはまったくないのでノーマル~ややMな人に向いてます。

しかしエッチの内容は少年には刺激の強いものばかり。
媚薬の効果で2人とも熱っぽい吐息を漏らしつつ彼の耳をガンガン舐めます。
エッチのほぼ全部で耳舐めすると言っていいほどボリュームが多いです。
最終パートだけは両耳舐めを多く配置し、それ以外は片方がしゃべりもう片方が舐めるスタイルを取ります。

耳舐めについてもう少し詳しく説明すると
どのパートも耳の内側や穴の入り口をぐりぐりする力強い音を鳴らします。
販売ページの説明文でサークルさんがおっしゃられてる通り
彼女たちが舐めるたびに微弱な刺激や圧を感じられてゾクゾクします。
また媚薬の影響で吐息を漏らすことが多く、それによる風圧も耳に伝わってきます。

パート開始直後からエッチを始める作りも耳舐めを引き立てるのに貢献してます。
確認したところ最初のパートは15秒後、それ以外は1秒後に早速エッチを始めてました。
余計な前置きを徹底的に削ってあるおかげでエッチの時間が全体の96%もあります。

要はオナニーのオカズとしていかに使えるかを追求してるわけです。
彼女たちのキャラも、耳舐め重視のプレイも、エッチに寄せた作りも
結局のところ聴き手を興奮させ、抜かせるところに収束してます。
複数のエッチな音が同時に鳴るシーンが多く実時間以上の濃さを感じました。
ねっとり愛し合うエッチ
エッチシーンは4パート87分間。
プレイは耳舐め、手コキ、乳揉み、SEX(騎乗位)、キス、せいらのオナニー、乳首責め、手マンです。
手コキ、SEX、手マンの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

ことみ「ここは お耳を ぐっぽり ねっとり 舐め舐めする エッチなお風呂屋さんなーの」
事情が飲み込めない主人公にここが何をする場所か教えると
ことみは右、せいらは左に陣取って耳とおちんちんを気持ちよくします。

エッチは経験豊富な彼女たちが終始リードします。
最初の「1.挨拶からぁ本気のぐっぽり両耳舐め手コキでぇメロメロにしちゃうよ?」は
彼女たちのエロさと実力を彼に見せつけるプレイ(約22分)。
熱っぽい吐息を吐きかけながら左右の耳を片方ずつ舐め
舐めてないほうは優しい言葉をかけて彼の心もとろとろにします。

せいら「いいんだよ お姉ちゃんたちのこと 好きなだけ妄想して」
彼女たちは元々男性を気持ち良くするプロですから
彼に対しても一切手加減せずそのテクニックを振るいます。
手コキは比較的緩いですけど「ぐっちゅっ」という粘り気のある水音を鳴らしますし
最中のセリフも彼を良い気分にするものばかりで雰囲気がとても甘いです。

そしてこれらと同時に行う耳舐めも射精を上手に応援します。
至近距離から鳴るコリコリしたちゅぱ音が心地よく
手コキや吐息と組み合わさって淫靡な空間を作り上げてます。
おっぱいを彼に揉んでもらったら艶めかしい声を上げますし、序盤からサービスが手厚いです。

続く2パート45分間は彼女たち1人1人に光を当てたプレイ。
「2.ことみと耳舐めベロキスセックス」はことみと
「3.せいらと耳舐めべろちゅー交尾」はせいらと個別に繋がります。
そしてSEXしてないほうは耳を舐めたり言葉で甘やかしてそれを応援します。

せいら「もっと激しく おまんこにキスして? 子宮に熱い亀さんキスね ちゅっちゅらぶらぶしゅるぅ」
媚薬の効果ですっかり濡れたおまんこにおちんちんを迎え入れて優しく包み込み
SEXしてる側は同時にキスもする密度の高い内容です。
ピストン音、キス音、耳舐め音、吐息、喘ぎ声と声や音の種類が多く
それらを状況に応じて変化させてゆっくり射精に導きます。
フィニッシュはきっちり中で受け止めるなど、男性が喜ぶことをいくつもやってくれて甘さが強いです。

最後の「4.媚薬ガンギマリれぇ両耳ぐっぽり耳舐め手コキしちゃいま~しゅ?」は
耳舐めに力を入れてるパート(約20分)。
3回射精してもまだ元気なおちんちんを鎮めようと再び耳舐め手コキします。

ことみ「お姉ちゃんたち 媚薬でキマりすぎて さっきから 興奮しっぱなしなの」
このへんまで来ると彼女たちもすっかりキマってるようで
耳とおちんちんを責めながら彼に手マンしてもらい思う存分乱れます。
そしてこれまでとは違い両耳を同時に舐める時間を適度に挟みます。
最初のパートとやってることはほぼ同じですが、実際に聴いてみると結構違います。

このように、耳舐めをやりながらパートごとにプレイの構成を変えるあまあまなエッチが繰り広げられてます。
ストレートな抜きボイス
おねショタ、複数人プレイ、耳舐め、キメセクを融合させた抜き系の作品です。

ことみとせいらは興味本位で風俗店を訪れた少年をいい気分にして送り出そうと
最初から発情した様子で耳をたっぷり舐めておちんちんを元気にします。
そしてスタンダードな耳舐め手コキ、SEXしながらの耳舐め、両耳舐め重視の手コキと
それぞれで内容をある程度変えながらその様子をリアルな音を駆使して生々しくお届けします。

エッチとショタが大好きな2人の風俗嬢が少年を気持ちよく甘やかす魅力的なシチュ
最初から最後までほぼずっと耳舐めを続けるタイトル通りのエッチ
優しい言葉をかけながらやや下品な音をガンガン鳴らす彼女たちのキャラ。
通常のソープに作品固有の要素を組み込み個性的なサービスに仕上げてます。

せいら「ほっぺた落ちそうなくらい このショタミルクおいしぃ」
中でも3番目はここが何をする場所か知らない彼を快く迎え入れ
2人で連携を取りながら耳、乳首、おちんちんを責めるプロらしいプレイが楽しめます。
サークルさんが後になるほどキマるように調整されたらしく
ソープなことを考慮しても大胆かつ熱のこもったエッチになってます。

あとは前置きを削ってる作りがすごくいいなと。
「話してる暇があったらエッチしよう」という彼女たちの心情をわかりやすく表現してます。
パートごとに変化をつけてるおかげで耳舐めもそれほど単調には感じません。
ゾクゾク感が断続的に味わえるし彼女たちの近さも実感できます。

射精シーンは4回。
くちゅ音とちゅぱ音多め、淫語と喘ぎ声それなりです。

耳舐め豊富で実用性も重視してる作品が好きな人には特におすすめします。

CV:ことみ…森野りりかさん せいら…浅木式さん
総時間 1:31:14

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年4月16日まで30%OFFの770円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



サークル「072LABO」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、人間の女性とほぼ同じ容姿をしてる敵性宇宙人が
唯一ウィルスに感染しなかった男性の耳とおちんちんを責め続けます。

宇宙語版と日本語版の2パターン用意されてるのが最大の特徴で
前者はよくわからない言語を話しながら耳をがっつり舐めるASMR色の強いプレイ
後者は淫語や赤ちゃん言葉を交えたスタンダードな耳舐めを行います。

今回は宇宙語版を聴いてのレビューをお送りします。
地球を賭けた気持ちいい戦い
3人のミミ族に両耳とおちんちんを責められるお話。

「聞こえますか? 現在私は 地球上からUFOの中にいる あなたの脳内チップに話しかけています」
お姉さんは穏やかな声の女性。
現在主人公が置かれてる状況を軽く説明してから
宇宙人に責められても絶対に射精しないようお願いします。

本作品は地球人を全滅させようと画策してるミミ族たちが
それにあたって最大の障壁となる彼をおよそ120分に渡りエッチに侵略します。
現時点で彼を除く地球上の男性全員はウィルスに侵されており
その効果は明言されてませんがたぶん子孫を残せなくなってるのでしょう。
そこで彼をUFOに拉致し、その精液を研究して目的を果たそうとします。

「ハムハムスプムぺムムムホーム」
…といった具合に結構危機的な状況なのですが
ミミ族たちは地球の言語を話せないので何を言ってるかわかりません。
「ム」を多く織り交ぜた言語らしきセリフをほのぼのとした声で投げかけます。
宇宙語版の場合01~03とエンディングにあたる08パート以外は全部この調子で進みます。

ですがやることは人間の女性とほぼ一緒なので非常にわかりやすいです。
トーンの違う2人のミミ族が左右に陣取って様々な耳舐めを繰り出し
それと同時に手、足、おまんこを使っておちんちんも刺激します。

中でも耳舐めはエッチのほぼ全編でやると言っていいほど量が多いです。
サークルさんによると全部で30もの耳舐めパターンを用意したらしく
それをパートによって切り替えながら後になるほど激しい音を鳴らします。

実際に聴いてみてそこまでバリエーションが豊富な感じはしませんでしたが
数分経つごとに舐め方を変えてるのは事実です。
左右で別の舐め方をするなど、耳舐め特化と呼ぶに相応しい内容に仕上がってます。
1回目はとりあえず宇宙語版を聴き、2回目以降は日本語版に変えて違いを楽しむといいでしょう。
穏やかだけど激しいエッチ
宇宙語版のエッチシーンは5パート103分間。
プレイは両耳舐め、手コキ、足コキ、SEX(騎乗位?)です。
手コキ、足コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「マムクム ハムイムハムラムハム ミムリムイムリムイムシュム」
主人公を無事確保し、自分たちの宇宙船まで連れて行ったミミ族は
軽く会話してから左右同時に彼の耳をゆっくり舐め始めます。

エッチは抵抗できない彼を彼女たちが一方的に責め続けます。
最初の2パート51分は比較的ソフトなプレイ。
04はスローな耳舐め+手コキ、05はそれよりも水分を上げた耳舐め+手コキをします。

右「ルムラムアームヘムハム」
彼女たちは相手の耳を舐めたがる習性があるらしく
彼に対しても甘噛みに近い控えめなちゅぱ音を鳴らしてその味を確かめます。
セリフも途中で入りますが、すべて宇宙語なので何を言ってるかはわかりません。
ほぼずっと囁き声で話すのも相まって、侵略してるとは思えないほど雰囲気は穏やかです。

耳舐めについては04パートは甘噛みから始まり
舌を小刻みに動かしてペロペロする、舌を動かしながらやや泡立った音を鳴らす
舌先でコリコリする、といった具合に3分くらいの間隔で目まぐるしく変わります。
片方がしゃべってる時はもう片方がしゃぶり続けるのでちゅぱ音が途切れることはありません。
吐息も適度に挟んで耳に微弱な風圧を送ってくれます。

それに対して05パートは多少エロくしてきたと言いますか
ペースはそれほど上げない代わりに1回1回をパワフルにやって刺激を与えます。
またターゲットを耳の外側から内側や穴の周辺に移してきます。
手コキ音もこちらのほうがハードですし、同じ耳舐め手コキでも随分違う印象を受けました。

ちなみにこの2パートは射精の直前になるとカウントダウンが始まります。
こちらも宇宙語ですが声の位置が中央で囁き声じゃないことや
耳舐めを挟みながら長めの間隔で宣言することからすぐにわかります。
やることは割とスタンダードにして、言語だけを本作品独自のものに変えてます。

続く2パート37分間はおちんちんへの責めを強化したプレイ。
3人目のミミ族が登場し06は足コキ、07はSEXで精液を搾り取ります。

06は彼女たちが微笑を適度に挟んで小馬鹿にしてる雰囲気を作り
耳舐めは音の範囲を狭めて穴のあたりを舌先でぐにぐにする音が増えます。
パート終盤には穴に舌を出し入れしてるような動きに変わりますし
これまでよりも聴き手の耳に伝わる振動を強くして違いを出してます。

07はパート名が「音圧ゾリゾリ耳舐め」となってますが
その手の音が登場するのは中盤以降と遅めでした。
そのへんからSEXも始まるのでタイミングを合わせたのかもしれません。
ピストン中は喘ぎ声、射精時はぴゅっぴゅのセリフっぽい言葉をかけて上手に後押しします。

両パートの耳舐めがそこまで変わらない点だけは気になりましたが
04や05よりも責めを強化してるのはわかります。
非言語の時点で言葉責めはできませんし、それを音である程度カバーしようとする意図が見られました。

最も抜きやすいのは最後の08パート(約15分)。
冒頭に現れたお姉さんが再び登場し、ミミ族たちの責めを耐え抜いた彼に気持ちいいご褒美をあげます。

「チンポ 辛かったですよね? ローションをつけて 優しく握りますね」
ここだけは彼女が日本語で話し、何をするか実況しながら優しい言葉をかけてくれます。
60分以上も宇宙語を聴き続けてきたからこそ安心するのではないでしょうか。
侵略を無事阻止した達成感も相まって、最後のカウントダウンで気持ちよく出せました。

エッチが最初から最後まで宇宙語だといまいち射精しにくいところもありますし
こうやって明確な抜き場を設けたのは正解だと思います。

このように、ハードさや残忍さを極力薄めた耳舐め特化のエッチが繰り広げられてます。
耳舐め好きなら
全編を通じて行われる耳舐めが一際耳を惹く作品です。

ミミ族たちは何らかの理由でウィルスが通用しなかった主人公を侵略に活用しようと
UFOに拉致し体を拘束したうえで耳とおちんちんを責め続けます。
そしてパートごとに異なる耳舐めのテーマを設け
おちんちんへの責めと組み合わせて後になるほどハードかつエロいプレイを繰り出します。

地球の言語を話せないけど男の責め方はよく心得てる宇宙人が男性を弄ぶややM向けのシチュ
序盤から2人で左右の耳を舐め、中盤以降はさらに増やして複合責めする密度の高いエッチ
宇宙語版と日本語版を用意し順に楽しんでもらう珍しい試み。
現在流行りの要素を突き詰めたうえでセリフにも個性を持たせてます。

作品を聴く前は宇宙語がどれくらい影響するか気になってました。
でも実際は耳舐めやおちんちんへの責めをメインに据え
その合間に囁き声で軽くしゃべる脇役に近い位置づけになってます。

意味を理解できない言語で言葉責めされても普通は興奮できませんから
音でプレイの様子を実況し、射精まで持っていくのは妥当だと思います。
耳舐め自体も通常より種類が多いおかげで単調さは感じません。
吐息の風圧や舌の振動も適度に伝わってきて臨場感が高いです。

たぶんこの作品は日本語版を聴いて初めて全貌がわかるのでしょう。
お姉さんも最終パートでそれに近いことを言ってました。
同じプレイをふたつの視点で表現してるところも面白いです。

宇宙語版の射精シーンは1回。
ちゅぱ音大量、くちゅ音多め、淫語と喘ぎ声そこそこです。

耳舐めが好きな人に最もおすすめします。

CV:森野りりかさん
総時間 3:47:27(共通パート…5:03 宇宙語版…1:50:33 日本語版…1:51:51)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

【音圧耳舐め】音声で手コキ&耳舐めスローオナニー★耳奥の秘境へオナニートリップ「耳穴性感トンネル1」〜耳の奥深くに広がる花園への旅〜【耳クンニASMR】

サークル「072LABO」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声も態度も穏やかなお姉さんが
耳舐めを交えたスローなオナニーで幸せな射精に導きます。

全編を通じて2秒1コキ程度の緩いペースでシコシコボイスを流しつつ
片方、あるいは両方からひたすら耳舐めするシンプルなオナサポが楽しめます。
セリフよりも音の量を多くしてありますから、頭を空っぽにしながらゆっくり気持ちよくなれるでしょう。
耳と性器に心地いい快感を
深音(みおん)に耳舐めされながらオナニーするお話。

「オナニートリップツアーへようこそ」
深音は明るくて穏やかな声の女性。
音声を聴く際の注意事項やコンセプトを簡単に説明すると
主人公にズボンとパンツを脱いでもらい早速オナサポを始めます。

本作品は耳の開発をしながら気持ちよく射精することを目的に
彼女が80分程度に渡ってスローペースのオナサポをします。
エッチシーンの大部分で2秒1コキくらいの速度でシコシコボイスを流しながら
それとは別の声が左右に陣取り語りかけたり耳を舐め続けます。


どのパートも耳舐めオナニーをする点は統一されてますが
ある時は小刻みな耳キスをする、またある時は穴の入り口に舌をグリグリさせるといった具合に
お話が進むほど刺激とエロさが徐々に強くなるように進めます。

シコシコボイスは射精直前までほぼ一定なので
余程の早漏でもない限り途中で暴発する可能性は低いです。
彼女も最後まで無理なく聴けるように冒頭で「きつかったら手加減してもいいよ」と言います。
M向けの要素は皆無ですしノーマルな人が最も楽しめると思います。

「ほら 女の子が 舌先を耳の穴に押し込んできたよ」
またエッチの中盤頃から自分が好きな女の子をイメージする指示が出ます。
2次元、3次元どちらでもいいらしく容姿に関する具体的な描写は特にされてません。
イメージ力が膨らむセリフをある程度投げかけた後にその子と擬似SEXします。

本作品はセリフよりもシコシコボイスやちゅぱ音のほうが多いですから
実際に聴いてみるとまったりした印象を抱くと思います。
それだけだと最後に射精しにくいからこういう要素を入れたのでしょう。
臨場感を出すために最終パートでは深音の吐息が熱くなり喘ぎ声が交じるようになります。

好きな女の子の事を思い描きながらゆっくりペースでオナニーする。
M向けが多いオナサポでは珍しく大衆性の高い作品です。
少しずつトンネルの奥へ
エッチシーンは4パート73分間。
プレイはオナニー、耳舐め、女の子とSEXするイメージです。
SEXするイメージの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「ペニスから手を浮かすくらい緩めてしまってもいいので 射精しないようにしてください」
エッチ開始直後からシコシコボイスを流してオナニーのペースを取ると
深音はそのままひとまず深呼吸するよう指示します。

エッチは彼女に言われた通りにオナニーを続けます。
一番最初の「3.トンネルの入り口~まずは優しいスロー耳舐め~」は準備運動に近いプレイ(約13分)。
スローなオナニーをしながら深呼吸したりソフトな耳舐めを聴きます。

「ではいよいよ 耳を舐めていきますね」
ASMR系の作品ということで耳舐め開始後はセリフが一気に減り
シコシコボイスと甘噛みっぽいちゅぱ音が流れる静かなひと時が続きます。
具体的にはエッチシーンの89%にあたる65分も耳舐めします。

耳舐めの音がそんなにエロくないので落ち着くのではないでしょうか。
後半でイメージを膨らませやすくするために、まずは集中力を高めるところから始めます。

続く2パート38分間は理想の女の子と出会うシーン。
「4.想像のトンネル~とろけるような音圧スロー耳舐め~」は表情や全体像
「5.トンネルの奥へ~単調テトテト耳舐めと単調グリグリ耳舐めコンボ~」は手や舌をイメージし
彼女にお世話されてる状況へだんだん近づけます。

右「彼女の笑顔は どんな表情ですか? 優しい笑顔ですか? 声はどんな感じですか?」
そしてここからは深音がもう1人増えて耳舐めが左右同時に変化します。
左右で舐め方を揃えてたかと思えば右は小刻みに吸う、左は舌でぐりぐりするといった感じに
ある程度変化をつけて単調さを和らげる工夫がされてます。
特に舌先でぐりぐりする耳舐めは通常のものより刺激が強くて耳がゾクゾクします。

また「5.トンネルの奥へ」にはテトテト耳舐めという珍しいプレイが登場します。
作中で「これがそうですよ」とは言ってくれないので推測に過ぎませんが
一部のシーンで舌を耳につけて離すのを何度も繰り返すような音が鳴ってたのがそれだと思います。
舌先でぐりぐりするのに比べて刺激は弱いものの、耳の一点に微弱な振動が何度も伝わってきました。
体験版サンプル01の1分20秒頃から右側で鳴る音です。

最後の「6.トンネルの奥に広がる花園~単調耳舐めと超音圧耳舐めの喘ぎコンボ~」はお待ちかねの射精シーン(約22分)。
女の子のおまんこをイメージしてから体位を決め疑似SEXを楽しみます。

「にゅるっと中に入り にゅるっと出てくる 気持ちがいい 繰り返しのピストン運動」
そしてここからは左右の深音が吐息と喘ぎ声を漏らし始めます。
今まで雰囲気が割と淡白だったからこそ余計にエロく感じるでしょうね。
シコシコボイスは射精の直前まで変えず雰囲気で抜く準備を整えます。

最後に7分くらいかけてじっくりカウントを数えてくれますから
その間に微調整しながら0が宣言されるのを待つといいでしょう。
私の場合はもうちょっとエロさが欲しいと思ったので途中から画像を見ながらやりました。

このように、1回の射精に向けてゆっくりじっくり責める優しいオナサポが繰り広げられてます。
ゆるーい作品
キャラ、プレイ、雰囲気のすべてが緩い癒し寄りの作品です。

深音は主人公が耳舐めを楽しみながら射精できるように
オナニー自体はシコシコボイスをほぼ一定のリズムで刻む程度に留め
その代わり片方あるいは両方の耳を丁寧に舐め続けます。
そして定番のものからやや変わったものまで舐め方を取り揃え、後になるほど刺激を強くしていきます。

穏やかなお姉さんが耳舐めしながらオナニーをリードするノーマル向けのシチュ
シコシコボイスとセリフを分離して耳舐めオナニーする重厚な作り
後になるほど耳舐めとエロさをゆっくり上げていくスローな展開。
作品の特徴である「耳舐め」と「スローオナニー」をそのまま組み合わせたサービスを行います。

072LABOさんは以前の作品でステイフィールドなどの独自ルールを設けてたので
今作も複雑な内容なのかなと聴く前は予想してました。
ですが実際は他のサークルさんでもやられてるスタンダードなオナサポに近いです。
シコシコボイスに従ってオナニーするだけですから本当に誰でもできます。

エッチは単調さや緩いスタイルを受け入れられるかどうかで満足度が大きく変わるでしょう。
シコシコボイスは最後の最後までほぼ一定ですし
耳舐めもパートごとに多少変わるものの基本的にはエロさ控えめです。

射精シーンは1回。
ちゅぱ音大量、淫語・くちゅ音・喘ぎ声そこそこです。

CV:森野りりかさん
総時間 1:23:56(本編…1:18:47 PR音声…5:09)

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2020年2月3日まで50%OFFの550円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。

メイドさんにお金を払っていじめてもらう音声

サークル「Little Oasis」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声は可愛いけど性格は割と意地悪なメイドたちが
ご主人様にお金をもらった見返りにエッチなご奉仕をします。

左右から囁き声で「ばーか」「マーゾ」と何度も言ったり
彼が射精しそうになったら禁止してギリギリまで我慢させるなど
ややMな人をメインターゲットにした言葉責め重視のプレイをします。
メイドたちとする援交っぽいエッチ
メイドの「もも」と「ゆず」が同時にエッチをするお話。

「失礼いたします ご主人様 本日もお疲れさまでした」
ももとゆずはトーンの違うどちらも可愛い声の女の子。
ある日の夜、主人公に呼ばれて部屋を訪れると
頼み事があると言われてひとまず左右に密着します。

本作品は他の人には内緒でエッチなサービスをしてる彼女たちが
65分程度に渡って3種類のエッチなご奉仕をします。
ご主人様権限で無理矢理やらせるのではなく、お金を払ってする援交スタイルを取っており
彼は全裸、彼女たちは着衣のまま性癖に合った責めを繰り出します。

ゆず「あーあ みっともないですね ちょっといじめただけで (おちんちん)泣いちゃうんですか? 恥ずかしいー」
最大の特徴は言葉責めに力を入れてること。
メイドらしく丁寧語を維持したままMな彼が喜ぶことをガンガン言って興奮させます。
「ばーか」「マーゾ」「変態」など露骨に見下すセリフが多いのですが
これらのほとんどを囁き声で言うためどぎつい感じはしません。
「小馬鹿にする」と言うのが丁度いいあたりに抑えて彼が本気で凹まないようにしてます。

Little Oasisさんは耳舐めを重視する傾向の強いサークルさんです。
しかし今作では言葉責めの合間にちょこちょこやる程度に留まってます。
射精時にはぴゅっぴゅのセリフも言いますし、言葉責めされるのが好きな人が最も楽しめるでしょう。

ゆず「そうですね…一緒に寝て欲しいとかですか?」
もも「違いますか? それなら…溜まったお仕事 手伝ってほしいんですか?」
これらを行うももとゆずは小悪魔系キャラ。
エッチ目当てで呼ばれたとわかってても敢えてとぼけ、お金をもらった後はそれに見合う快感を与えます。
具体的な金額がわからないことや、彼女たちがなんだかんだでしっかりご奉仕してることから
貢ぎマゾとは方向性が違うと思います。
パートごとに左右や責める役を切り替え焦らし気味に責めるところも性格に合ってます。
心を重点的に責めるエッチ
エッチシーンは3パート54分間。
プレイは言葉責め、手コキ、耳へのキス、玉揉み、オナホコキです。
手コキ、オナホコキ、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

もも「ではご主人様 このままではお世話できませんので お召し物 抜いでください」
主人公から予想以上のお金をもらって機嫌をよくした2人は
ひとまず服を脱いでもらい、勃起し始めてるおちんちんを微笑混じりに眺めます。

エッチは終始彼女たちが責め続けます。
最初の2パート37分間でするのは手コキ。
Part1はゆず、Part2はももと責め手を切り替え色んな言葉責めを浴びせます。

もも「私たちに強く言われるのも お好きなんですよね? この変態」
ゆず「ご主人様のおちんちんは いじめられるためについてるの」
彼らはこれ以前にもエッチしてるらしく、彼女たちも彼の性癖を熟知してます。
それを踏まえて序盤から主従を逆転させ軽く見下す態度で接します。
声や口調が柔らかいおかげで心に突き刺さるほどの鋭さはないものの
2人いる長所を活かして言葉責めの量を増やし、ボディブローのようにじわじわ追い込みます。

さすがにドMな人には物足りないでしょうけど
Little Oasisさんの過去作を聴いてる方なら満足できるくらいのM性は持ってます。
手コキは本当に効果音を鳴らすだけにして心をがっつり責めてくれます。

ゆず「ほら もっと(カウパー)出しちゃえ でも どんなに気持ちよくても 精液 ぴゅっぴゅっぴゅー しちゃダメですからね」
同じ手コキでも意地悪さはPart2のほうがずっと上です。
冒頭に「彼をおもちゃにして遊ぶ」と宣言し、最後のほうまでひたすら射精を我慢させます。
それ以外にも突き放す行為をいくつか盛り込み年下の女性に見下される快感をくすぐります。
またこのパートは射精シーンが非常に個性的です。

最後のPart3はオナホコキ(約17分)。
さらに後日、再び主人公の部屋を訪れた2人が予め用意したオナホで責め立てます。

ゆず「ダメなおちんちんですね ま、ご主人様もダメな人ですから お揃いですね」
手コキよりも粘性高めの効果音を鳴らしつつ、今までよりもきつめの言葉責めを投げかけます。
一部で容赦ないことを言われるシーンもありますので
繊細な人だと傷つくことがあるかもしれません。
最後を飾るパートということで前よりも刺激を多少上げてます。

このように、心身をバランスよく責め続けるそれなりに意地悪なエッチが繰り広げられてます。
優しくいじめられる作品
主従関係を崩さない範囲で見下してくれる作品です。

ももとゆずは自分たちにお金を払ってでもお世話してもらいたい主人公を満足させようと
最初から左右に寄り添い囁きに近い声で小馬鹿にするセリフを投げかけます。
そして同時に耳をソフトに舐めたりおちんちんをゆっくり目にしごいてじわじわ射精へ追い込みます。

小悪魔系のメイドたちがご主人様を優しくいじめるややM向けのシチュ
「ばーか」「変態」など見下すセリフを多く盛り込んだ言葉責め
性格は割と意地悪だけどもらった金額の分は頑張ろうとする2人の健気なキャラ。
心の距離をしっかり取ったうえで彼の性癖を満たすことを心がけてます。

もも「そんなに射精したいなら ○○てください」
中でも言葉責めはこのサークルさん固有のものがいくつかありますし
内容が結構辛辣で心にそこそこのダメージを与えてくれます。
それでいて聴きやすく感じるのは囁き主体だからでしょう。
セリフの表現と言い方でバランスを調節してるところが素晴らしいです。

ただこの内容ですと通しで聴いた場合、単調に感じるかもしれません。
というのも言葉責めがどのパートも割と似通ってまして
おちんちんへの責めもほぼ同じことからそれぞれの差を見出しにくいです。

例えば最初のパートは「ばーか」、次は「変態」みたいに
パートごとに軸となるセリフを変えてあれば随分違ったかもしれません。
あるいはパートの前半はわざと優しく接し、後半で一気に冷たくしてギャップを出すとか。
過去作みたいに思い切り耳舐めに寄せたパートをひとつ入れるのも手でしょう。
2人いれば片方が耳舐めに専念しても普通に言葉責めできますからね。

射精シーンは3回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

これまでと方向性の違うプレイに挑戦してるのは良いのですが
品質面でやや首をひねる点があると判断し、今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:もも…森野りりかさん ゆず…一之瀬りとさん
総時間 1:07:11

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
サークルさんはオナサポ音声と銘打ってますが、作中でオナニーするシーンは一切ありません。

夢魔のお宿

サークル「ristorante」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、優しくてエッチにとっても積極的なサキュバスが
夢の中にある旅館で長時間に渡るエッチなご奉仕をします。

総時間のほとんどをエッチに割き、パートを細かく分けて色んなプレイをしたり
多くのシーンでくちゅ音、ちゅぱ音、喘ぎ声といったエッチな声や音を複数同時に鳴らすなど
18禁音声としての実用性をとことん追求した作りになってます。
夢の中でどろどろのひと時を
夢魔のお宿でサキュバスと色んなエッチをするお話。

「ごきげんよう ふふっ 目を閉じたまま聴いていて頂戴」
サキュバスは穏やかで色っぽい声のお姉さん。
眠っている主人公の夢の中に現れ自己紹介すると
もっと深い場所にある夢魔のお宿へと案内します。

本作品は性欲の強い男性だけが訪れることのできる場所で
彼女が8パート100分以上に渡る濃厚なサービスをします。
「エッチ成分特化音声作品シリーズ第一弾」とサークルさんが銘打ってるだけあって
ストーリーや人間関係といったドラマ要素はほとんど挟まず、ひたすらエッチに打ち込む抜き重視の作りをしています。

総時間のおよそ86%がエッチシーン、しかもSEXを中心に色んなプレイが登場しますから
とにかく抜ける作品を探してる人にはとても向いてると言えます。
声と効果音の両方にバイノーラル録音を採用し、彼女が多くのシーンで体を密着させながら責めるのもポイント。
吐息や囁き声といった女性特有の声と効果音を組み合わせて抜ける雰囲気を作り上げてます。

状況説明や言葉責めはあまりやらずエッチな音で押し続けるプレイスタイルです。
通しで聴くと多少だれる部分もありますので3パートくらいを数回に分けて聴くのがいいでしょう。
抜き場が非常に多いですから体力的にもそれくらいの分量が丁度いいです。

「そこはまるで 老舗旅館の豪華な一室 その部屋で あなたの望むがまま 私の体のすべてを使って あなたのことを快楽の果てまで 連れて行って差し上げます」
エッチの相手を務めるサキュバスは名前の通りエッチ大好きな女性。
旅館の店員らしくしっとりした声と態度で接しながら下品さと力強さを兼ね備えた責めを繰り出します。
夢の中にいる設定を活かして彼を何度も何度も射精へ追い込み
射精後もほぼ休憩無しで責め続ける姿はサキュバスのイメージにぴったりです。

著しくエッチに寄せた作り、エッチな音をふんだんに盛り込んだプレイ、そしてサキュバスの積極性。
仮想世界でエッチする様子をストレートに描いたシンプルで実用性の高い作品です。
密着感のある濃ゆいエッチ
エッチシーンは8パート105分間。
プレイはフェラ、手コキ、耳責め、素股、SEX(騎乗位)、潜望鏡フェラ、パイズリです。
手コキ、耳責め、素股、SEX、パイズリの際に効果音が鳴ります。

「突然のことだし 頭の中の整理がつくまで よいしょっ 少しこのままお布団で休んでいてくださいね お客様 …あーんっ」
特殊な能力を使って主人公を夢魔のお宿へ招待したサキュバスは
状況がうまく掴めず戸惑う彼を休ませつつおちんちんを早速舐め始めます。

エッチはほぼすべてのシーンで彼女がリードします。
一番最初の「ようこそ夢魔の宿へ」でするのはフェラ(約10分)。
「ぎゅぷっ」と絞り上げるような力強いちゅぱ音から始まり、カリへの集中攻撃
手コキを加えた同時責め、ピストンフェラと後になるほど激しい刺激を与えて最初の射精に導きます。

「あなたの精液 早く味わってみたいです」
10秒くらい舐めてからほんの少ししゃべるのを繰り返すスタイルで
状況説明と普通の会話を同じくらいの分量に設定してます。
他のパートもプレイの様子を細かく実況せず音でイメージさせる感じに進めます。

時間に対するセリフの量を少なめにしてるおかげでエッチな音の割合が高く
フェラ+手コキ(ちゅぱ音+くちゅ音)、SEX(くちゅ音+喘ぎ声)など複数の音を同時に鳴らしてエロさをさらに増してます。

音の質感に自信があるからこのようにしたのでしょう。

お試しで軽いSEXをした後に始まる2パートは一風変わったプレイ(約31分)。
「エッチな耳かき」はおちんちんに指一本触れず尻尾で耳を責め
「浴槽で潜望鏡フェラ&パイズリ」は汚れた体を綺麗にしつつさらに気持ちよくします。

「想像してください これから 触手が奥まで入っていった時 どれくらいの快感が 背筋を駆け巡るのかを、ね」
耳の穴を女性のおまんこに見立て「ぞりゅっ」という粗さのある摩擦音を鳴らし
反対側の耳からは彼女が囁き声でイメージを膨らませるセリフを投げかけます。
癒し系音声で行う一般的な耳かきとはまったく違う18禁のサービスです。
割と刺激の強い音なので耳のあたりにぞわぞわした感覚がするでしょう。

浴槽でのエッチは効果音がポイント。
バックでお湯の流れる音が鳴り続け、彼女が体を動かすと湯船の揺れる音がします。
パイズリの効果音も摩擦音ではなくお湯の音ですし雰囲気重視のパートですね。
それだけだと抜けないだろうということでフェラの音を意識して激しいものにしてます。

山場のシーンはその後の3パート(約38分)。
「本番 連続中出し射精」は騎乗位SEXで抜かずに3連続射精を決め
繋がったまま一度眠りについてから再び激しいピストンで2回連続射精します。

「射精中のおちんぽを おまんこでしごいて もっと気持ちよくしてあげますからね」
彼女自身がこう言ってるように、射精が始まってもそのまま責め続ける非常に濃厚なSEXです。
彼女も気持ちよかったら素直に感じてくれますし、効果音も腰の動きやスピードに応じて微妙に変化します。
多くを語らずエッチな声と音で一部始終を表現するところにこだわりを感じました。
キスをしたり愛の言葉を囁かず、快楽だけをひたすら追い求めるのもサキュバスらしいです。

このように、男性の性欲を色んな方法で解消する質量共に充実したエッチが繰り広げられてます。
エッチだけを楽しめる作品
サキュバスとのエッチを高い臨場感で味わわせてくれる抜きボイスです。

サキュバスは底なしの性欲を持つ主人公を心の芯からスッキリさせようと
誰にも邪魔されない旅館に案内してから体の色んな部分を使ってたっぷりご奉仕します。

時間と種類の両方が豊富なエッチ、セリフよりも音で興奮させる作り
耳元至近距離から囁き声・吐息・喘ぎ声を漏らす密着感のある演出。
エッチが得意な女性と二人きりで過ごし、気持ちよく射精することのみを目指したサービスが味わえます。

「今すぐこちらで食べてしまいたいくらい 素敵です」
後になるほど彼女が彼にのめり込んでいくのもいいですね。
最初は精気目当てで近づいたのが、だんだんと彼のおちんちんに特別な感情を抱くようになります。
「精液を搾り取っておしまい」ではないので後味がスッキリしてます。
甘くハードなサキュバス作品をいくつも製作されてるristoranteさんの持ち味が本作にも反映されてます。

エッチはメインのプレイをフェラ、耳責め、SEXに絞り込み
同じプレイでもパートによってやり方を変えたり他のプレイを追加して違いを出してます。
フェラが3パート、SEXは4パートもありますからこのふたつが好きな人ほど楽しめるでしょう。
前者はちゅぱ音、後者はくちゅ音+喘ぎ声とエッチな音の住み分けもちゃんとできてます。
耳責めはエロよりも耳に伝わる刺激を楽しむプレイです。

絶頂シーンは12回(うち1回が潮吹き)。
くちゅ音とちゅぱ音多め、喘ぎ声それなり、淫語そこそこです。

甘い雰囲気で激しく責めてくれるサキュバス作品です。

CV:森野りりかさん
総時間 2:02:34

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
122分で1000円と割安なので+1してあります。

↑このページのトップヘ