同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:森野めぐむ

   ● 断りベタの安田さん -安田さんのこと諦めるから一回抜いて!-
   ● 【恋人JKバイノーラル】年下恋人JK天使「真冬」と童貞筆おろしセックス&初生ハメまでしちゃう音声
   ● 先輩、大好きです。~後輩カノジョと図書室で卒業式をしませんか?~
   ● JK耳リフレ!(後編)
   ● JK耳リフレ!(前編)
   ● アニマ2~女体化体験~(再レビュー)
   ● 添い寝フレンドと行く温泉旅行 -おもちゃえっちつき-【フォーリー】(後編)
   ● 添い寝フレンドと行く温泉旅行 -おもちゃえっちつき-【フォーリー】(前編)
   ● ヒプノ早漏改善クリニック
   ● JKマジックミラー ~エロカワ女子校生限定の見抜き店~




サークル「妄想研究所」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、人に頼まれると断り切れない性格をしてる世話好きな女の子が
自分に強い恋愛感情を抱いてる男子と色んな場所でエッチします。

最初は拒否してたのが結局は彼に押し切られてエッチを始めたり
後になるほど親しげな態度でやや大胆なご奉仕をするなど
彼女の魅力を出しつつ2人の関係や心情を変化させる初々しいエッチが楽しめます。
付き合いたい男子と断れない女子
クラス委員長の安田さんと5種類のエッチをするお話。

「っ、ん? あ、うん。私に用事? なんでしょう?」
安田さんは可愛くて穏やかな声の女の子。
ある日の放課後、主人公に声をかけられて空き教室へ移動すると
突然の告白に驚き、彼を傷つけないよう考えながら返事します。

本作品は良く言えばお人好し、悪く言えば押しに弱い性格をしてる彼女が
同じクラスに所属する彼と学校内や自宅でおよそ120分間のエッチをします。
開始時点の2人は知人あたりの疎遠な関係なのでいきなり濃いプレイはやらず
会話を多めに挟みながら少しずつ親密度を上げるキャラ&雰囲気重視の作りになってます。

「私、どっちかっていうと、好きだよ? いつも、素敵な笑顔で挨拶してくれたりしてくれるの、すっごい嬉しいし」
そして作中では彼女が色んな仕草や反応を見せてくれます。
彼に初めて告白された時は戸惑う表情をしますが別段嫌がってる様子もなく
「どちらかと言えば好き」という思春期の男子が勘違いしそうな返事をします。
そして彼に「1回抜いてくれたら諦める」と言われたらなんだかんだで了承します。

一部で彼がやや強引に迫るシーンがあるものの
どのパートも交渉の末に彼女が折れる断りベタらしいところを見せてくれます。
エッチが始まったら割と普通にお世話してくれますから暗さや重さはありません。
一般的な女の子と一緒で異性の体にそれなりの興味を持ってるのがわかる描写がいくつもあります。

エッチについては手コキ、オナニー、オナホコキと比較的ソフトなプレイで揃えてます。
パートごとにセリフやオプションを変えてきますから
同じプレイでも聴いた時の印象が随分変わるでしょう。
お話が進むほど彼女の態度が柔らかく、責め方が大胆になるのも大きいです。
男をまったく知らなかった彼女がエッチを通じて女として成長する様子も描かれてます。
甘く初々しいエッチ
エッチシーンは5パート81分間。
プレイは手コキ、オナニー、キス、耳舐め、オナホコキです。
手コキ、オナニー、オナホコキの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「…………じゃあ……抜いてあげるから、……脱いで……?」
主人公の告白を断る代わりに1回だけエッチすることに決めた安田さんは
すっかり勃起してるおちんちんの見た目や熱い感触に軽く驚きます。

エッチは終始彼女が着衣のまま責め続けます。
最初の2パート30分間は彼女の魅力を出しつつゆっくり責めるソフト路線のプレイ。
「1.告白とお情け手コキ(約16分)」は空き教室で手コキ
「2.人助けと見抜き(約14分)」は資料室でオナニーを観察して1回ずつ射精させます。

「あはは……つば付いちゃったね……。……、……なんか、すごいひくついてる……。喜んでる……? のかな……」
手コキパートは彼女が生まれて初めてエッチする状況を踏まえて
全体のペースを緩めに設定し彼女の仕草や反応を厚めに描きます。
自分の手や唾液に反応するおちんちんを穏やかな表情で眺め
手コキも彼が痛みを感じないようゆっくり動かす思いやりのある態度を取ります。

彼女が告白を断ったのは彼氏がいたり彼が嫌いなわけではありません。
だから彼の言葉を信じて自分なりに一生懸命ご奉仕します。
手コキも「きゅぷっ」という泡立った水音を鳴らしててなかなかエロいです。
射精後に満足できたか確認するなど、彼女の人の好さが随所に見られて温かい空気が漂ってます。

「前は、びっくりしてまじまじ見れなかったから……。あっ、み、見たかったとかじゃなくてっ……どんなものか、気になった、だけ……。…………見ちゃダメ?」
2番目のオナニーパートは彼女の好奇心旺盛なところがよく出てます。
彼に見抜きをお願いされて「これが最後」と念押すところは前のパートと一緒ですが
開始後は自分から近づいてオナニーやおちんちんの様子を興味深そうに観察します。
中盤からはキスが加わりますし、彼女も少しずつ彼に対して心を開き始めます。

本当に少しずつ変えていくところにサークルさんのこだわりを感じました。
同じ手を使うプレイでも手コキとオナニーで音やリズムが微妙に違うことも含めて
できるだけ自然な会話やエッチを味わえるように制作されてます。
妄想研究所さんは元々そういうスタイルのサークルさんなので表現するのが上手です。

続く3パート51分間は2人が友達になった後のお話。
「3.秘密交換と囁き手コキ(約18分)」は囁き声や耳舐めを交えた手コキ
「4.好きな人の話題とキス手コキ(約14分)」はキス+手コキ
「5.俺の部屋とオナホ(約19分)」はオナホコキで合計4回射精させます。

「ねえねえ、聞かせて? くす、いいじゃん。友達にナイショごとですか?」
恋人になるのは抵抗があるけど彼女も彼と一緒に過ごすのが楽しいようで
序盤よりもずっと気さくな態度で接する友達らしいところを見せます。
エッチも今までは彼に言われた通りこなす受け身の姿勢だったのが
ここからは自分で考え行動することが増えてきます。

プレイ自体は手コキメインでキスや耳舐めもする感じですからそこまで大きくは変わりません。
彼女の態度やセリフといった別の部分で成長してることを表現します。

例えば囁き手コキパートは耳への責めに結構力を入れてます。
耳元で「とてとてとてとて」などのオノマトペを言う、コリコリしたちゅぱ音をひたすら鳴らすなどです。
これらをしてる最中はセリフを一切挟まないので音に集中しやすく
結果的に彼女にお世話されてる感覚をよりリアルに味わえます。
彼女がエッチ慣れしてきたことも表現してるのかもしれませんね。

本作品の中で最も抜きやすいのは最後のオナホコキパート。
彼の自宅にお邪魔した彼女があれこれやり取りした結果再びおちんちんをスッキリさせます。

「大好き……だいすき……、だぁいすき……だいすき……。んちゅ……ふふふ、すき……すき……」
「イッて……? イッて……? 中にだぁして……。わたしのおまんこ、中にぴゅっぴゅぅ~ってぇ……注いでみて……?」

抜きやすいと言える一番の理由は彼女が言葉責めをしてくれるから。
彼に頼まれる形とはいえ、今まで一度もストレートに言わなかった愛の言葉を囁く
オナホを彼女のおまんこに例えて中出しする快感を煽る、と結構大胆に動きます。
このパートだけ射精時にぴゅっぴゅのセリフを言ってくれたりと
最初のパートに比べて男性の責め方がずっと上手くなってるのがわかります。

キャラ重視の作品と言っても最初から最後までマイルドだったら消化不良になりますから
最後くらいは刺激をやや強めたプレイを用意するのは良いと思います。
オナホコキのペースに強弱を加えてるのもリアリティと実用性の両方に貢献してます。

このように、友達の関係を崩さない範囲でイチャイチャする独特なエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視の甘酸っぱい作品
安田さんの魅力を前面に押し出してる面白いタイプの純愛作品です。

安田さんは自分に強い好意を持ってる主人公と恋人にならずに仲良くしようと
最初はややおぼつかない様子で男性の体を確認するようにゆっくり責め続けます。
そしてある程度慣れた後はキス、耳舐め、言葉責めといったご褒美を与えてより気持ちいい射精に導きます。

頼まれたら断れない性格の女の子と色んな場所でエッチするノーマル~ややS向けのシチュ
エッチを始める前のやり取りも厚めに描いて彼女らしさを出す演出
おちんちんへの責めは比較的ソフトにしたうえで
それ以外を後になるほど踏み込んだものに変えていく距離感を大事にしたエッチ。
彼女が何を思い、感じてるかが聴き手にわかりやすく伝わるように作品を組み立ててます。

中でも3番目は友達以上恋人未満な2人の関係を強く意識してます。
彼はおちんちんを見せて射精もするのに彼女が肌を見せることは一切ありません。
フェラもやらなかったりと18禁作品の中では控えめな部類に属します。

それなのにエロいと感じるのは彼女の存在感や心情の変化をしっかり描いてるからです。
好きな子にご奉仕してもらえたら男なら誰だって興奮するわけで
それを作品の中で実現させて幸福感を伴う快感を味わわせてくれます。
お話が進むほど彼女が大胆な行動を取る展開も、初心な女の子を開発してるような満足感が得られます。

純粋な快感とそれ以外の快感をいくつも組み合わせて射精へ追い込むところがすごく良いなと。
思春期に多くの人が体験した甘酸っぱい感覚を上手く形にしてます。
彼女もなんだかんだで楽しんでますし、事務的感や無理矢理感を抱かずに聴くことができます。

あとはエッチを始める前のやり取りを長めにするのも大きな特徴です。
18禁音声作品は前置きを割と手早く済ませる傾向がありますから
そこに力を入れる着眼点は面白いし本作品の作風にも合ってます。
逆にサクッと抜きたい人には不向きな構造なのでその点はご注意ください。

射精シーンは6回。
くちゅ音多め、ちゅぱ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声はありません。

おまけは耳舐めと次回作予告です。

CV:安田さん…縁側こよりさん 生徒…柴山ちずさん 生徒&先生…森野めぐむさん ゲスト…みもりあいのさん
総時間 2:21:42(本編…2:04:59 おまけ…16:43)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2020年11月6日まで10%OFFの1188円で販売されてます。



サークル「クッキーボイス」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、優しく包容力のあるJK彼女が
恋人になった男性と長時間の初エッチを楽しみます。

会話を多く挟みながらゆっくりのんびり進めるのが特徴で
様々なセリフを通じて彼女の性格や魅力をしっかり表現し
エッチも経験者の彼女が丁寧にリードして満たされた射精に導きます。
筆おろしの感覚をできるだけリアルに
恋人の佐伯 真冬と自宅でイチャイチャするお話。

「おじゃましま~す。あ、ハンガーお借りしますね」
真冬は丁寧語で話す穏やかな声の女の子。
学校の制服姿で主人公の家にやって来ると、その感想を尋ねてから彼の部屋を観察します。

本作品はゲームを通じて知り合い現在交際中の男女が
初めてエッチする様子をおよそ160分に渡ってお届けします。
社会人だけど童貞な彼を現役JKで経験済みな彼女がリードする形を取り
心と体の両方をケアしながらゆっくりじっくり進めます。
ちなみにサークルさんでは初のバイノーラル録音だそうです。

「えーとこれは彼氏を安心させるためにいう言葉なんですけど、私、エッチ下手じゃないです。つまり、おにーさんはエッチ上手な彼女をつかまえた、って意味です」
最大の魅力は彼女のキャラ。
彼が童貞だと知っても引くどころかポジティブに受け止め
自分から筆おろしを買って出て緊張してる彼の心をほぐそうとします。
そしてエッチ開始後はその流れを手取り足取り教えて一人前の男に育てようとします。

作中で彼女は自分のことをSだと言ってますが
これはサービス精神旺盛という意味で嗜虐的なところはありません。
エッチシーンの半分くらいは彼に主導権を譲り
女性の責め方を教えたり気持ちよさそうな声を漏らして上手に応援します。


またサークルさんが「愛情たっぷりの初体験」をテーマに掲げてる関係で
全編を通じて進めるペースや責めるペースが緩めになってます。
長時間作品ですからエッチもがっつりやりますけど
それと同じくらい彼女の優しさや2人の仲の良さを表現することに力を入れてます。

筆おろしに至る過程を結構重視してますから
サクッと抜きたい人よりもキャラや雰囲気を楽しみたい人向けだと思います。
細かなやり取りや効果音にも気を配っててエッチがリアルに感じました。
しっかり温めてから筆おろしへ
エッチシーンは4パート121分間。
プレイは体の愛撫、キス、耳舐め、手コキ、乳揉み、フェラ、SEX(騎乗位、正常位)です。
手コキ、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ほらじっとしてて、くすぐったくても、身動きとらず、私に全部任せるんです♪ ね?」
主人公を安心させてから密着して乳首を軽くいじった真冬は
そのままキスに繋いで少しずつ彼の気持ちを盛り上げていきます。

エッチはパートごとに責め手を変えながら進めます。
最初の2パート83分間は彼をエッチに慣れさせることを意識したプレイ。
トラック2(約39分)はキス、耳舐め、手コキ
トラック3(約44分)はペッティングからのフェラで1回ずつ射精します。

「エッチの時、彼女に要望があるときは、ちゃんといってもいいんですよ? ほら、何がして欲しいですか?」
そして彼女は早速天使なところを随所で見せます。
トラック2では「好き」「愛してる」といった恋人らしいセリフを適度に言いながら
彼のファーストキスを奪ったり得意の耳舐めを披露しておちんちんを元気にします。
そしてパート中盤からは手コキを加えて後になるほど激しくしごきます。
彼がリクエストを出しやすくなるように自分から訊くなど、文字通り至れり尽くせりなご奉仕をします。

彼女は確かに経験済みですがいわゆるビッチキャラではありません。
エッチ開始後も引き続き丁寧語で話しますし責め方も割と上品です。
時間が長く取られてる状況が活きるように、キスや耳舐めの時はセリフを一切挟まずに責めてました。
まだ始まったばかりなので彼女の魅力やエッチの自然さが聴き手へ伝わるようにゆっくり進めます。

「お兄さん上手ですよ♪ はい、ほんとです♪ その証拠に、あっ、んっ、ほら、はじめてエッチなのに、胸だけで私、んっ、あっ、感じちゃってますよ」
トラック3は逆に彼が責めるスタイル。
挿し絵のように服をはだけさせてからおっぱいを揉ませたりパンツを見せます。
キスも2種類に増えてますし恋人らしいあまあまな要素が豊富です。
彼女を身近に感じられるよう彼女視点のセリフをトラック2より多めにしてます。

彼女がおちんちんに触るのは開始から約30分後と遅いです。
これは1回出して回復するまで待ってたのかもしれません。
本作品のエッチはリアル志向なので彼女も無理なく射精させようとします。
終盤のフェラは音が割とエロいですけど、セリフを小まめに挟んでくるのがイマイチ抜きにくく感じました。

続く2パート38分間は本題の筆おろし。
トラック4(約22分)はゴム有り騎乗位、トラック5(約16分)はゴム無し正常位で繋がります。

「ほら、ここが私の入り口ですよ~、それがゆーくり押し割られていって、彼氏の亀頭部分がずぶずぶって入ってきちゃいました♪」
前者は正統派の筆おろしといった内容です。
挿入完了までの時間を長めに取って童貞卒業の瞬間を強く印象づけ
挿入後はそれを祝ってから敢えて動かさないでおまんこの感触を楽しませます。
ピストンも平均ペースが緩めで彼が暴発しないように気遣ってるのが感じられます。
パート前半はセリフ多め、後半は少なめでエッチな音をガンガン鳴らすメリハリのあるプレイです。

それに対してトラック5はエロさや激しさを強化してます。
ゴム無しでSEX&中出しする時点で十分刺激的ですし、彼女の乱れっぷりも先ほどより明らかに大きいです。
ここまでのエッチが割とまったりしてるから余計そう感じます。
最初から最後まで抑えてたら抜きにくくなりますし、後味を良くする意味も含めて良い演出なんじゃないかなと。
ずっとリードしてた彼女が完全に押されてる状況も面白いです。

このように、十分な準備を整えてから本番に臨む安定感のあるエッチが繰り広げられてます。
キャラ&雰囲気重視の純愛作品
現実世界でもやられてそうな筆おろしを疑似体験させてくれる作品です。

真冬は恋人でまだ童貞な主人公に幸せな初体験をプレゼントしようと
まずは比較的ソフトなプレイをしながら緊張をほぐしたり女性との接し方を教えます。
そしてSEXも完全な受け身にせず後半は彼に任せて気持ちよさそうな声を漏らします。

年下なのにエッチと気配りが上手な彼女が筆おろしするノーマル向けのシチュ
時間に対する会話量を多めにしてしっかり雰囲気を作るリアル志向の構成
2人の立場を対等にしたうえでゆっくり射精へ導く比較的マイルドなエッチ。
彼女のキャラを立たせたうえで彼の属性に合わせたリードをします。

中でも2番目は音の質や量を重視する現在の傾向とは随分違う道を歩んでます。
プレイの実況、彼女の心情、愛の言葉をバランスよく配置してました。
言葉責めや淫語責めはほとんどしないので癒しのパワーが強めです。
射精後の時間をやや長く取ってますし、彼女と一緒にいる感覚に浸りやすくしてます。

エッチは私個人はもっとエロさを高くして欲しいと思うのですが
サークルさんがリアリティを追求されてることを考えればこれくらいが丁度いいのかもしれません。
良くも悪くもまったりしてるので、それが自分に合うかどうかで評価が分かれそうです。
作り込みはかなり頑張ってると言えます。

射精シーンは4回。
淫語、くちゅ音、ちゅぱ音、喘ぎ声いずれもそれなりです。

年下の女の子に優しくされたい人には特におすすめします。

CV:森野めぐむさん
総時間 2:42:45

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年10月23日まで30%OFFの924円で販売されてます。



サークル「いちのや」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、普段はやや意地悪だけど根はとっても純情な後輩が
間もなく学校を卒業する先輩に気持ちいいプレゼントを贈ります。

ふたつの卒業をテーマにした甘酸っぱいエッチが行われており
彼をからかう、不機嫌そうな表情で変態呼ばわりする、切ない喘ぎ声を控えめに漏らすなど
パートごとに違う顔を見せながらどんどん素直になって彼の気持ちに応えます。
残り少ない時間を大事に
図書委員の「市川真凛(いちかわまりん)」と4種類のエッチをするお話。

「せーんぱいっ ほんと ここ弱いですね」
真凛は丁寧な言葉遣いをする可愛い声の女の子。
挨拶や状況説明といった前置きはすべて省略し、早速主人公の耳を舐め始めます。

本作品は2019年6月に発売された「図書委員後輩ちゃんとナイショの放課後」の続編。
前作で色んなエッチをして仲良くなった2人が
その後どうなったかがおよそ80分に渡って描かれてます。
シリーズものですがサークルさんは「前作未視聴でも大丈夫」とおっしゃられてます。
私も2人が同じ図書委員で既にエッチしてる点を理解しておけば大丈夫だと思います。

主人公は間もなく学校を卒業することが決まっており
彼女は後輩にあたるので図書室で一緒にいられる時間は残り僅かの状況です。
そこで関係を今よりも前進させようと彼女は大きな決心をします。

それはタイトルにもなってる「卒業」。
彼の卒業祝いとして自分の処女を捧げて最大限の愛情を示します。
いきなりSEXするのではなく、そうなる過程も綿密に描かれてますから
音声を聴いていくうちに彼女がどんな人物かだんだんわかってくるでしょう。

「こーんなだらしない顔でとろけちゃって ほんと いやらしいですね」
彼女は一言で言えばからかい上手な女性。
年上の彼を積極的に責めながら軽めの言葉責めをして上手に興奮させます。
前作はこのスタイルを貫くややM向けの内容でした。

しかし今作では前半はその流れを受け継ぎ、後半に入ると受けに回る落差を持たせた展開になってます。
オナニーやSEXをする際には可愛くて切ない声を漏らしますから
最初は意地悪に感じたとしても最後まで聴けば彼女に対する印象が随分変わるでしょう。
自分の気持ちを素直に伝えられるようになったことも含めて少し成長したように感じました。

意地悪に振る舞うけど根は優しい後輩と初SEXするシチュと
前半と後半でプレイの内容や彼女の態度が大きく変わる展開。
キャラの魅力を出しつつ臨場感のあるエッチをするラブラブな作品です。
雰囲気作りに力を入れたエッチ
エッチシーンは4パート59分間。
プレイは耳舐め、キス、乳揉み、オナニー、足コキ、電話越しの相互オナニー、フェラ、SEX(対面座位、正常位)です。
乳揉み、足コキ、真凛のオナニー、ゴムの装着、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ふふっ ここも気持ちよさそうですね」
突然の耳舐めですっかりとろけた顔をする主人公を嬉しそうに眺めると
真凛は引き続き色んな舐めを繰り出して彼をもっと喜ばせます。

エッチはシーンによって主導権を切り替えながら進めます。
前半の2パート22分間は彼女のSな性格が引き立ってるシーン。
「01 いきなり耳舐め図書室イチャイチャ」は耳舐め(約10分)
「02 お仕置きオナ指示濃厚言葉責め手コキ」はオナニーや足コキで気持ちよくします(約12分)。

2人は既にエッチするのが当たり前の関係になってますから
それを始める前のやり取りもかなり削られてます。
例えば01パートは開始から1秒後にはもうちゅぱ音が鳴り始める変わった作りになってます。

舐め、吸い、啜りを短い間隔で小まめに切り替える変化に富んだ耳舐めでした。
質感も非常にリアルで目を瞑って聴けば彼女がすぐ近くにいる感覚が味わえます。
吐息を適度に挟むのも彼女の存在感や温もりを伝えるのに役立ってます。

「ほら 今度は両足です 先輩がちゃーんとシコシコしてくれないので もう私のほうから恥ずかしい目にあわせてあげます」
02パートは始まる前にちょっとしたトラブルが起きたことを受けて
彼女が普段よりもずっと意地悪な態度で責め続けます。
セリフはいつも通り丁寧語ですが声のトーンが明らかに低く
プレイについても目の前で指示通りにオナニーさせる→足でしごくとM性が強めです。

音声を聴けばわかりますけど彼女は彼を本気でいじめたいわけではありません。
彼のことが大好きだからこそ、勢いでこういうプレイに走ってしまったのでしょう。
お仕置きと言いつつ足コキのペースが緩めなところに彼女の心情が表れてます。

後半の2パート37分間は2人の心の距離が一気に縮まるシーン。
「03 テレフォン甘々相互オナニー」は電話越しの相互オナニー(約15分)
「04 図書室で声を殺して初セックス」は本題の初SEXを行います(約22分)。

03パートは先ほどと打って変わってしおらしい彼女が拝めます。
そうなった経緯は伏せますが、彼女なりに色々思うところがあったようで
これまで自分が責め続けてきたスタイルを初めて崩し、オナニーで2人一緒の絶頂を目指します。

「これ 恥ずかしい 声 あっ 変な声出ちゃう」
乳首やおまんこに触れると吐息が熱く、呼吸がやや不規則になり
普段とは違うエロ可愛い喘ぎ声も漏らしてくれていいオカズになります。
2人が直接会ってないからでしょうけど、他のパートよりも実況を厚めにしてました。
イメージ力を膨らませやすい作りになってるので個人的に抜きやすいプレイだと思います。

そうやって色んな出来事があった後、いよいよ04パートで2人が結ばれます。
フェラと乳揉みでお互いに気持ちを高めてから
最初は対面座位、次は正常位で1回ずつ射精するこれまでよりも濃いプレイです。

「あっ 先輩 好き ですっ 大好き 大好き」
ピストンはほとんど彼に任せ、彼女は他人に喘ぎ声が聞こえないよう我慢する健気な姿を見せてくれます。
これまでほとんど言ってくれなかった愛の言葉も登場するなど
2人が今までよりも親密な関係になったことをわかりやすく表現してます。

本作品の中で最もプレイ時間が長いこと、エッチな声や音の量が多いこと
射精シーンが2回に増えてることなど実用性の面も色々とパワーアップしてます。
あとは前の3パートで雰囲気を作ってからSEXに突入する展開も大きいです。
サークル主の一之瀬りとさんは声優として有名な方ですが
私はシナリオ制作においても十分な実力があると思ってます。

このように、2人が新しい関係に進展する様子を丁寧に描いたキャラ重視のエッチが繰り広げられてます。
青春を感じる作品
年下の女の子と主に図書室でイチャイチャする様子をエロメインで描いた純愛作品です。

真凛は間もなく卒業する主人公とその後も一緒にいられるように
前半はややM~M向けのプレイをしながらちょっぴり意地悪に振る舞います。
そして後半はごく普通の女の子として彼と真正面から向き合います。

主人公のことが大好きだけど上手く伝えられない不器用な後輩とイチャイチャする甘いシチュ
山場の初SEXに向けて一歩ずつ進んでいく流れのあるエッチ
パートによって様々な表情を見せてくれる彼女の愛らしいキャラ。
前作よりもイチャラブ感や純粋なエロさを増して記憶に残る卒業式にします。

中でも3番目は責めと受けでまったく違う仕草や反応を見せてくれて活き活きしてます。
同人音声に登場する女性はJKでもエッチが抜群に上手かったりメンタルがやたら強かったりしますが
彼女については年齢相応の女の子として描かれてます。
好きな人と一緒にいれば喜ぶし、嫌なことがあれば不機嫌になります。

でもこれは裏を返せば彼に対してより素直になれたことも意味するわけで
それが終盤の初SEXに結びついたと見ることもできます。
色々あった末にSEXすれば2人の絆もきっと強くなるはずです。
サークルさんが続編を予定されてるかはわかりませんけど、良い形で締めくくられてると思います。

エッチはキャラを大事にするところも見られますが
キスや耳舐めといった口を使うプレイの時はセリフを一切挟まなくしたり
彼女が責められてる時は喘ぎ声を積極的に漏らすことでエロさをカバーしてます。
前半と後半で内容が大きく変わるため、ギャップ萌えが好きな人には特に向いてると言えます。

絶頂シーンは主人公4回、真凛3回。
くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声それなり、淫語そこそこです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:市川真凛…一之瀬りとさん 店員さん・委員会の後輩…森野めぐむさん(05と06パートに登場します)
総時間 1:21:11

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年6月19日まで10%OFFの1089円で販売されてます。



JK耳リフレ!(前編)」に引き続いての後編です。
今回は「04.さあやの手コキコース」以降の様子を中心に紹介します。
耳とおちんちんを徹底攻撃
エッチシーンは5パート76分。
プレイは手コキ、耳舐め、オナホコキです。
手コキ、オナホコキの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

さあや「じゃあ 今日だけですよ それじゃあどうぞ おちんちん出してください」
別の日、主人公に再び指名され健全なコースをやり遂げたさあやは
少し時間が余り会話してる最中にエッチなサービスを頼まれ了承します。

エッチは終始彼女たちが着衣のまま責め続けます。
最初の2パート37分間は一対一でお世話するシーン。
「04.さあやの手コキコース」はさあやの手コキ、「05.まきのおもちゃコース」はまきのオナホコキと
パートごとに登場人物とプレイを変えて1回ずつ射精させます。

さあや「ちょっとくぼんでるから 面白い形してるんですね」
そしてここからは2人の性格が色濃く出始めます。
例えばさあやは最初は気乗りしない様子でしたが、おちんちんに触れると不思議そうな表情を見せ
後になるほど熱っぽい吐息を漏らしながら一生懸命しごきます。
そして一部のシーンで耳へキスしてそちらにも刺激を送ります。

前編で説明したようにこのお店は部屋の声や音が聞こえやすい構造になってるので
淫語をガンガン言ったり喘ぎ声を上げることはありません。
最大の武器である音を時間いっぱい聞かせたうえで彼女が別方向から後押しします。
雰囲気重視のエッチと言いますか、吐息の量が多めで距離の近さを感じました。

まき「お兄さんもこれで 気持ちいい音出してみませんか?」
それに対してまきは自分から彼にエッチを持ち掛け
目隠ししてからオナホで積極的に責める風俗嬢っぽい態度を取ります。
元々Sっ気があるのか優しい声で「変態」と言ってくれたりして男の責め方を心得てます。
声を担当する一之瀬りとさんも「ですかぁ?」など語尾を若干上げる話し方で被虐心を煽ってくれました。

3番目の「06.二人で耳舐めリフレ!」以降は耳舐めの存在感が一気に増します。
06は左右同時、「07.追加コース「まきの手コキ」」はまきの手コキ+さあやの右耳舐め
「08.追加コース「さあやのオナホ」」はさあやのオナホコキ+まきの左耳舐めと
舐めるメンバーや位置をすべて別にしてちゅぱ音をたっぷり鳴らします。

中でも06パートはおよそ16分の中で6種類もの耳舐めが登場する濃い内容です。
甘噛みのように唇ではむはむするところから始まり
舌先で耳の穴を塞ぐ、そのままぐりぐりする、耳の内側を大きく舐めまわすなど
耳の外ではなく内側や穴の入り口をメインターゲットにしてあります。

ちゅぱちゅぱではなくぎゅぽっみたいな低く重めの音が中心です。
音の位置が非常に近く、程よい閉塞感もあって実際に舐められてるような感覚が味わえます。
体験版の1個目の音声を聴けばその良さがなんとなくわかるでしょう。

まき「未成年の女子校生好きな変態さんには 堪らない状況ですよねー」
さあや「音だけで動きがわかって エッチですね」
終盤の07と08はキャラを出しつつ耳舐めを時間いっぱい行います。
まきは彼を軽く見下したりJKとエッチしてる背徳感を煽る
さあやは状況説明しながら自分の心境を素直に漏らすとセリフが随分違いました。
耳舐めはそこまで変化しませんから、言葉責めとおちんちんを責める音がメインの抜き要素になります。

このように、耳舐めを多めに盛り込んでキャラに合ったプレイをする音を活かしたエッチが繰り広げられてます。
音を楽しむ作品
ASMRをサークルさんなりのやり方で追及したハイレベルな作品です。

まきとさあやはJKリフレ店を訪れた主人公に幸せな時間を過ごしてもらおうと
前半は普段通りの健全なサービスをゆっくりじっくりやって心の底から癒します。
そしてある程度仲良くなった後は他の店員にバレないようこっそり気持ちよくします。

JKだけが所属するお店で長時間に渡る施術を受けるノーマル向けのシチュ
リアルな音をふんだんに盛り込み状況に応じて使い分けるASMR色の強い作り
2人の性格を出しつつ耳とおちんちんをがっつり責めるエッチ。
耳で癒されたり気持ちよくなることをとても重視した作品に仕上がってます。

中でも音は現在競争が激化してるASMR作品の中でも最上位に位置する品質を持っており
その扱い方も非凡で聴けば聴くほどお店にいる気分が強くなります。
他の店員が話す声をうるさくならない程度に流してるのも大きいです。
定番のものから珍しいものまで揃えてありますし、多くの人のニーズを押さえてあります。

エッチは耳舐めが特徴的ですけどおちんちんへの責めもしっかりしてます。
やることは手コキ&オナホコキとバリエーション少なめですが
耳舐めの有無、それをするキャラ、同時に行う言葉責めを変えて幅広さを持たせてます。
間違いなく耳舐め好きな人のほうが楽しめるでしょうね。
現在注目を浴びてる鈍い質感の音を中心に据えてます。

射精シーンは4回。
くちゅ音とちゅぱ音多め、淫語そこそこ、喘ぎ声はありません。

以上を踏まえてサークルさんでは2本目の満点とさせていただきました。
DLsite限定特典はまいのおまかせコース、単独耳舐め、6種耳舐め聞き比べ抜粋です。

CV:まき…一之瀬りとさん さあや…みもりあいのさん まどか…奥川久美子さん まい…柴山ちずさん サチ…森野めぐむさん
(後ろの3人は別の部屋で施術する役 主人公を直接お世話することはありません)
総時間 4:24:00(本編…3:14:07 DLsite限定特典…1:09:53)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2020年2月16日まで10%OFFの1188円で販売されてます。



サークル「妄想研究所」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、JKが色んな手段で耳をお世話してくれるお店を舞台に
そこの店員2人が個別に、あるいは同時に癒しとエッチなサービスをします。

セリフよりも音の割合をずっと多くしたASMR色の強い作りになっており
前半はお店で普段やってるサービス、後半は内緒のサービスと方向性を切り替え
それぞれの状況に合ったリアルな質感の音をたっぷり鳴らして作品世界に引き込みます。
施術中に他の部屋で店員が話してる声が聞こえるのもポイントです。

本編だけでも3時間以上あるので前編(01~03)、後編(04~08)の2回に分けてお送りします。
JKと音に包まれるひと時
JKリフレ店でまきとさあやの施術を受けるお話。

「あ、お待たせしました 指名ありがとうございます まきです」
まき(挿し絵左)は丁寧な言葉遣いをする甘い声の女の子。
主人公に挨拶し、お店の説明やコースの確認をすると
早速左耳に炭酸泡をつけ始めます。

本作品は現在音声界隈で流行ってるASMRで存分に癒すことを目的に
彼女たちが一対一、あるいは2人同時に190分ほどに渡って色んなサービスをします。
前半は非エロ、後半はエロと両者の割合をほぼ半々に揃え
その中で状況に合ったリアルな音をたっぷり鳴らして癒したり興奮させます。

パートごとの時間が長めですから1~2パート単位で聴くのが丁度いいです。

まき「ここは お耳の施術を受けられる リフレ店です 音に関する心地よさを味わう そんなお店です」
耳かきやマッサージ店のように体を直接ケアするよりも
多種多様な音を通じて心を動かす音フェチ要素の強い内容で
炭酸泡、ビニール手袋、ビーズクッション、複数の咀嚼音など
音声作品だと比較的マイナーなものが色々揃ってます。

耳舐めもエッチシーンで合計43分ほどやりますからそれほどマニアックではありません。
王道を押さえつつ変わったことにも挑戦するサークルさんらしい作品に仕上がってます。

本作品の音の良さを象徴する要素としてフォーリーがあります。
これは「キャラクターの動きに合わせて収録された効果音」を意味し
声優さんの演技を真似ながら効果音を別途録音し、それらを組み合わせてひとつの音声にします。
海外の映画では吹き替えを円滑に行うためにこれを使ってるそうです。

昨年7月に発売された「添い寝フレンドと行く温泉旅行 -おもちゃえっちつき-」から採用され
こちらは現時点で14300ダウンロードと驚異的な数字を叩き出してます。
私も以前聴きましたが驚かされる要素の多い作品でした。

本作品は主人公が動かずに施術を受けるため、一般のバイノーラル録音と劇的に違うわけではありませんが
それでも音の位置、距離、質感など色んな部分でものすごく臨場感が高いです。
そして音の良さを活かすために施術中はセリフの量をかなり減らしてあります。
前半の非エロパートは寝ながら聴くのにも相性が良いです。

もうひとつ、彼女たちがお世話してる最中はやや遠くから隣の部屋の話し声が聞こえます。
このお店はエッチな行為を禁止しており、それを防ぐため部屋ごとの仕切りをカーテンだけにしてるそうです。
あくまで雰囲気作りに過ぎませんからずっと聞こえるわけではありません。
川の音や風の音と同じくお店らしさを出す環境音に位置づけられてます。
音量が小さめに設定されてて会話の内容もよくわかりませんでした。

まき「今ね さあやちゃんが天然でエロいって話してたの」
さあや「えっ? エロくないよぉ」
2人についてはまきはしっかり者で悪戯好き、さあやはちょっぴり抜けてる初々しいキャラと
同じ店員でもそれなりの違いが見られます。
本作品は音が主役なのでそこまで大きな存在感はありませんけど
それでも特にエッチシーンで性格に合った責め方をしてくれます。

フォーリーによるリアルな音の数々とそれを活かした演出。
癒し、エロどちら目当てでも楽しめるバランスの取れた作品です。
耳を清める癒しの音たち
最初の2パート73分間はお店の日常風景。
「01.まきのおまかせコース」はまきが、「02.さあやのあわあわコース」はさあやが別のコースを提供します。

まき「これね 泡の中に炭酸が入ってるから ちょっと泡立ちがいいんです パチパチって弾ける音もして いいでしょ?」
おまかせコースはお店を初めて利用する人向けとのことで
まずは炭酸泡による耳洗浄、綿棒とスタンダードな施術を行います。
そして主人公の気持ちがある程度ほぐれた後はビニール手袋、ビーズクッションと変わり種を繰り出し
最後に炭酸泡とは違うしゅわしゅわ音を鳴らして締めくくります。

ここだけで33分もあるおかげで各サービスに十分な時間が確保されており
ひとつひとつの音を落ち着いた気分で楽しむことができます。
ASMRは音を楽しむのが醍醐味ですから、時間に余裕があるほうが癒しの効果も高いです。

音についても現在世に出てる作品の中でトップクラスに位置する品質を持ってます。
炭酸泡は「ぷしゅーっ ぷすぷす」という柔らかい音
綿棒は「ずすーっ」という滑らかで乾いた音と使用する器具によって大きく変わります。
音が鳴るたびに風圧や振動も伝わってきますから、マッサージを受けてるような心地よさを感じるでしょう。

まき「次の施術は…手袋です」
音で珍しいのは中盤に出てくるビニール手袋。
彼女が手を広げたり閉じるたびにゴム特有のポリポリした弾力のある音が鳴り
そのまま両耳を優しく覆って軽い圧迫感も与えます。
最中は彼女の声や音が若干聞こえにくくなってとてもリアルに感じました。
序盤からASMR色を前面に押し出して聴き手を作品の世界に引き込みます。

2番目のあわあわコースは名前通り泡が主役。
まきの紹介を受けて指名したさあやがヘッドスパと髭剃りをします。

さあや「つけすぎたかも? まあいいですいいです 大丈夫です」
彼女はまだ新人なのかまきに比べて初々しさがあり
コースの流れに従って一生懸命お世話する姿に愛らしさを感じます。
準備する時にほんの少しミスする程度ですから気になるほどではありません。
彼を無事癒せたら素直に喜ぶ純真な性格をしてます。

サービスについてはヘッドスパはムースを噴射するような音が鳴った後
頭全体を両手でゆっくり撫でて泡を馴染ませます。
こめかみのあたりを撫でる時は位置が非常に近くて音の良さを実感しやすいです。
その後に行う霧吹きは「ぷしゅっ」という噴出音を何度も鳴らしてからタオルで綺麗にします。

個人的に良いなと思ったのが最後の髭剃り。
陶器に液体を入れて泡立てていくのですが、その際に音が少しずつ変化します。
水から泡に変わっていく様子を音で忠実に表現していて驚きました。
肝心の髭剃りも剃刀ではなくマッサージ用の器具を使って音を柔らかくしてます。

非エロの最後を飾る「03.二人で耳リフレ!」は同時施術が魅力(約30分)。
まきは左、さあやは右に陣取って3種類のサービスをします。

まき「さあやちゃん ぶくぶくーってしよ?」
複数のものを食べる音、化粧筆やブラシで顔をなぞる音、氷入りのグラスに炭酸水を注ぐ音と
このパートは前のふたつ以上に音フェチ成分が強いです。
中でも炭酸水はシュワシュワ、パチパチした音が両耳至近距離で鳴り
さらにストローでかき混ぜたり息を吹きかけ泡を出す変化に富んだ内容になってます。

音フェチな人はたぶんここが一番楽しめるのではないかなと。
どのパートもセリフの量が少なめで静かに感じました。

DLsite限定特典はまいのおまかせコース、単独耳舐め、6種耳舐め聞き比べ抜粋です。

後編へ続く…。
JK耳リフレ!(後編)

CV:まき…一之瀬りとさん さあや…みもりあいのさん まどか…奥川久美子さん まい…柴山ちずさん サチ…森野めぐむさん
(後ろの3人は別の部屋で施術する役 主人公を直接お世話することはありません)
総時間 4:24:00(本編…3:14:07 DLsite限定特典…1:09:53)


体験版はこちらにあります

追記
2020年2月16日まで10%OFFの1188円で販売されてます。

アニマ2~女体化体験~

サークル「KUKURI」さんの催眠音声作品(男女両用)。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第47回目は穏やかなお姉さんが催眠を使って女性になりたい願望を叶えます。

じっくり時間をかけて女体化誘導する取り組みやすい作りが魅力で
パートのおよそ半分を使ってまずは心身を十分にリラックスし
それから深化と女体化を並行する形で少しずつ男性から女性に近づけます。
2つのルートでまったく違うエッチをするのもポイントです。
あなたの中の女性を具現化
お姉さんに催眠をかけられ2種類のエッチをするお話。

「家に帰って あなたがすること それは女装をすること」
お姉さんは甘く柔らかい声の女性。
自己紹介や注意事項といった前置きはすべて省略し
女性になりたい願望を抱く主人公が女装してる様子を語ります。

本作品はアニマ(男性の無意識の中にある女性的な面)を増幅させることを目的に
彼女がおよそ100分を半々に分けて催眠をかけたりレズ系のエッチをします。
ほぼ女体化専門のサークルさんなだけあって女体化にとても力を入れており
この手の作品を始めて聴く人でもそういう気分に浸れるようゆっくり丁寧に導きます。


後半でイメージ主体になるところはやや人を選ぶものの
全体の流れや技術の使い方が的確で聴けば聴くほど意識がぼんやりしてきます。
また女体化する際に敢えて具体的な容姿を描写しないことで
聴き手が自分の好きな女性像をイメージしやすくなってます。
赤いドレスとリボンを着けてるそうですから、特になりたい女性がいない場合は挿し絵のキャラでも大丈夫です。

催眠はおよそ44分間。
仰向けに横になり、まずは彼女のカウントに合わせて目を何度も開閉させます。
そして目を瞑った後は全身を細かいパーツに分け、上から下へ流す感じに脱力します。

「瞼がおもーい 瞼がおもーい どんどん重くなってくる」
「両足の力が抜けていきます どんどん抜けていきます」

まだ始まったばかりなので女体化は無理に絡めず
体の重さや脱力感を言葉で小まめに伝えて心身をリラックスさせます。
脱力は両腕、手の指、肩、首、頭などをひとつずつ言って軽く意識させる感じです。

本作品らしさが出てくるのはその次から。
女性になった時の自分をイメージした後にそれを光の球体にして取り込み
さらに森に囲まれた塔の最上階から螺旋階段を下りていって自分の体を女性に近づけます。

「光はあなたの心も照らします 光はさらに強くなっていき 両手 両足にまで広がっていきます すると 体が 心が とても落ち着いた状態になります」
光の玉のイメージは催眠状態をより深めるのと同時に
女性の成分と融合することでこれから女性になる心の準備をする意味合いを持ってます。
安心感や体の温かさを伝えるのも女体化を受け入れやすくする配慮なのでしょう。
こんな風に催眠の技術と女体化を複雑に絡め合わせて誘導するのが大きな特徴です。

「乳首がピンク色になる 乳房が膨らんでいく 風船のように 少しずつ 少しずつ 膨らんでいく」
螺旋階段のイメージは17分と最も長い時間を取り
カウントに合わせて「ぐーるぐる」を何度も言って意識の力をさらに弱めます。
そしてそれと並行しておまんこ、乳房といった性差の出やすい部分が変わる様子を描きます。

今から9年以上も前に発売された作品で深化と女体化を同時にやるのは珍しいなと。
このへんまで来ると何かしらの変化を実感できるでしょうから
階段を下りるにつれて頭や体がさらに重くなる人も普通にいると思います。

十分にリラックスさせてから深化&女体化に移る堅実な催眠です。
聴き手の体を女性になった自分へ変えることを目的に
目の開閉法から始まって深呼吸、簡略化された分割弛緩法、球体心像法
螺旋階段のイメージとカウントを絡めた深化や女体化と
主に古典催眠の技術を上手く繋げてゆっくりじっくり導きます。

時間が長めに取られてるおかげで慌ただしさが一切なく
やることもできるだけシンプルにして誰にでも聴けるし受け入れやすくしてます。
通常の女体化作品と違い、自分の中にある女性部分を膨らませる点も良いです。
催眠も入りやすいですし女体化経験者はもちろん、初心者にもおすすめしたいです。
属性の幅を広く持たせたエッチ
エッチシーンは2パート32分間。
プレイはSIDE Aが乳首責め/乳首オナニー/手マン/SEX(正常位?)/クリオナニー、SIDE Bがハグ/乳首責め/クンニです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。

女性「わかったなら 服を脱ぎなさいよ そうよ そのひらひらした服よ」
女性はちょっぴり気が強そうな声のお姉さん。
催眠を通じて無事理想の女性となった主人公の前に現れ
すぐさま服を脱ぐ指示を出します。

エッチはパートによってシチュやプレイが大きく変わります。
最初のSIDE AはMな人をメインターゲットにしたレズプレイ(約20分)。
全裸になった主人公の乳首を適度にいじって感度を上げ
クンニを経由してからふたなりおちんちんでガチSEXを決めます。

「ほーら 少しずつ 少しずつ感度が上がっていく」
「だーめ マゾ犬のくせに お願いするなんて100年早いわよ ふふっ」

彼女はSっ気が結構強く最中に色んな命令を出して自分好みの女性へ変えようとします。
ここまで案内役を務めてきたお姉さんはほぼしゃべらなくなりますから完全に彼女がメインの語り手です。
きつい言葉責めはしないものの、やや語気の強い声と命令にゾクゾクする人がいるんじゃないかなと。
副題の「insult(侮辱)」をストレートに反映させてます。

女体化作品でありながら乳首をいじる指示が出てくるのも珍しいですね。
私はいじらないほうが催眠状態を維持しやすいと思いますが
乳首を開発してる人なら体の快感も多少は得られるようになってます。

それに対してSIDE Bは甘さを重視したパート(約12分)。
場所を浜辺へ移し、そこで最初のお姉さんとひたすらイチャイチャします。
特に明記されてませんがSIDE AとBはいずれか片方を選んで聴くのだと思います。

「これからは 私とあなたの2人で生きていくの」
パートの前半は非エロに徹し、バックに癒し系の音楽と波の音を流しながら
彼女が優しい言葉をかけてくる癒し系のサービスです。

後半から始まるエッチもソフトな愛撫と舐めをしてからクンニへ持っていきます。
性的興奮による絶頂よりも幸せイキに近い感覚が味わえるでしょう。
パートの時間は27分あるのですが、非エロに力を入れた結果プレイ時間が12分まで短くなってます。

両方に共通して言えるのは暗示を厚めに入れてることです。
クンニの時にちゅぱ音は鳴りませんし、SEXでも喘ぎ声を上げません。
その代わり気持ちが高まったり絶頂感が押し寄せてくるセリフを多めに投げかけてくれます。
シチュと催眠の技術を組み合わせて気持ちよくする正統派のエッチです。

このように、ノーマル~Mあたりをターゲットにした落差の大きいエッチが繰り広げられてます。
丁寧な女体化作品
女性になりたい気持ちを上手に膨らませてくれる作品です。

お姉さんは心は女性、体は男性な主人公に女性の快感を教えようと
まずは長めの時間を取って催眠にしっかり落としつつ女性の自分をイメージさせます。
そしてエッチはシチュを大きく変えて女性同士で調教されたりイチャイチャします。

聴き手の心にあるアニマを増幅させるタイトルに沿った催眠
SIDE Aはやや厳しく、SIDE Bは甘く責める催眠重視のエッチ。
作品の持ち味を活かしたうえで幅広く楽しめるよう作られてます。

中でも催眠は9年以上経った今でも通用する品質を持ってます。
技術とイメージの絡め方が上手ですし、深化も女体化と並行して入念に行います。
エッチは属性によって向き不向きが出るでしょうが
製品版ではいずれもおまけ扱いになってまして、催眠パートこそが本編に位置づけられてます。
催眠や女体化を楽しむことを目指してるのが思い切ってて良いなと。

エッチは刺激の強さはSIDE A、幸福感はSIDE Bと違った魅力を秘めてます。
私が聴いた時は前者は股間、後者は脳に強めの快感が襲ってきました。

絶頂シーンは2回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて前回と同じ点数にさせていただきました。

CV:男性向け…森野めぐむさん 女性向け…夜櫻さん
総時間 男性向け…1:40:57(共通パート…50:52 SIDE A…22:51 SIDE B…27:14)
女性向け…1:37:20(共通パート…40:57 SIDE A…27:17 SIDE B…29:06)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2019年9月17日まで30%OFFの907円で販売されてます。

【8/31まで早期購入特典同梱】添い寝フレンドと行く温泉旅行 -おもちゃえっちつき-【フォーリー】

添い寝フレンドと行く温泉旅行 -おもちゃえっちつき-【フォーリー】(前編)」に引き続いての後編です。
今回は「04.b すっとぼけ性感マッサージ」以降の様子を中心に紹介します。
からかいながらゆっくり射精へ
エッチシーンは3パート63分間。
プレイはキス、手コキ、乳首舐め、耳舐め、オナホコキです。
服を脱ぐ、手コキ、オナホコキの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「ん? どうしたの? 体ビクビクー マッサージ 気持ちいい?」
後ろのマッサージを終え主人公を仰向けにしためぐは
リンパ腺を揉みほぐすついでにおちんちんもさり気なくしごき始めます。

エッチは常に彼女が責め続けます。
最初の「04.b すっとぼけ性感マッサージ」でするのは手コキと耳舐め(約32分)。
オイルまみれの手でおちんちんを握り、そのままゆっくり上下させながら耳や乳首に悪戯します。
環境音はアロマディフューザーの稼働音と虫の鳴き声が小さめの音量で鳴ってました。

「最初は ゆっくり んー カチカチになってますねー 老廃物が集まってる証拠ですよー」
パート名の通りエッチではなくマッサージの延長にあたる行為なので
彼女もわざと知らないフリをしつつ性感帯をねっとり責めます。
前編と同じく状況説明は特にせず、主に音で表現するASMR色の強いプレイです。

淫語を言ったり激しく責めることがないのでエロさは控えめですが
時間を長めに取って丁寧にやることで抜けるように調整してます。
「くぷっ」という泡混じりの手コキ音がとてもリアルでした。
温泉でリフレッシュした彼に負担をかけずに射精させたいという優しさを感じます。

同時にやる耳舐めは約10分に渡って左右の耳を個別にゆっくり責めます。
コリコリしたややこもってるちゅぱ音が至近距離から鳴り続け
さらに吐息も適度に挟んで彼女と密着してる様子をわかりやすく表現してます。

手コキ、耳舐めいずれもリアル志向で制作されてるように映りました。
コンセプトの「本当に温泉旅行に来ている気分」から脱線しないよう
セリフや責めっぷりのわざとらしさを極力取り除いて素朴に愛し合います。
非エロパートの比重が高い時点で抜き系の作品とは明らかに違いますし
内容を理解したうえで聴くなら十分満足できる品質を持ってます。

続く「05.おもちゃえっち」はもう少し踏み込んだプレイ(約31分)。
別々の布団に入ったところで彼女のほうから一緒に寝ていいか尋ね
その後は我慢できなくなった彼を予め用意したオナホでもてなします。

「どう? おまんこの中で 包茎さん 剥けたてちんぽさんになれた?」
手コキとの違いが出るよう疑似SEXっぽいセリフを適度に挟み
さらに弾力のある水音をゆっくり上下させて心身をバランスよく責めてくれます。
前のパートより若干意地悪に振る舞うのもいいですね。
小悪魔な部分を引き出して彼女の心情を聴き手へ自然に伝えます。

意地悪と言ってもとあるゲームを提案してから少し激しく責める程度なので
属性は引き続きノーマル~ややMに留まってます。
射精時にぴゅっぴゅのセリフで応援するなど、ちゃんと気持ちよく射精できるようにリードしてました。

このように、彼女と一緒にいる気分に浸らせながら徐々に追い込むまったり系のエッチが繰り広げられてます。
癒し重視のASMR作品
最初から最後までありのままの旅行風景を描いてる作品です。

めぐは温泉旅行に同行してくれた主人公に自分と同じくらい幸せになってもらおうと
終始明るく楽しく振る舞いながら部屋とお風呂でイチャイチャします。
そしてその様子をナチュラルなセリフとリアルな音の数々で表現して作品世界へ引き込みます。

気さくでちょっぴり意地悪な女友達と温泉旅行に出かける和やかなシチュ
説明するセリフを極力排除し、効果音と環境音を組み合わせて表現するリアル志向の作り
温泉とマッサージでたっぷり寛いでからゆっくりエッチする癒しに寄せたサービス。
最大の武器である音を活用しながら2人の仲の良さを演出してます。

私は妄想研究所さんの作品に触れるのがおよそ5年ぶりなもので
聴いた直後の感想は「随分変わったなぁ」でした。
当時はシナリオ重視の作風でしたから本作品とは方向性が大きく異なります。
でも妥協せずに制作されてるところは今も昔もまったく変わってないと思いました。

音の質感はもちろん位置、距離、タイミング、他の音との組み合わせ方など
至るところに気を配ってあって目を瞑ればその場にいるんじゃないかと思える水準に達してます。
名前は伏せますけど、あの超有名シリーズに負けないくらい世界観がしっかり出来上がっててびっくりしました。

エッチは手コキ+オナホコキとやや抑えたプレイ構成にしてあります。
これは2人がまだ正式な恋人になってないからでしょう。
責めるペースはゆっくりですけど焦らしと言うほど意地悪してるわけじゃありません。
彼が割と早漏だからわざと緩めて長く楽しませようとしてるのかなぁと。
言葉責めもほとんどなく穏やかな空気が漂ってます。

射精シーンは2回。
くちゅ音それなり、淫語とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

以上を踏まえてサークルさんでは初の満点とさせていただきました。
おまけは手コキ音声、添い寝息、キス音声です。

CV:めぐ…一之瀬りとさん 店員…森野めぐむさん
総時間 4:09:28(本編…3:23:27 おまけ…46:01)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2019年8月31日までに購入するとさらなるおまけパートがついてきます(約30分)。
8月5日の24時まで10%OFFの1458円で販売されてます。

【8/31まで早期購入特典同梱】添い寝フレンドと行く温泉旅行 -おもちゃえっちつき-【フォーリー】

サークル「妄想研究所」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、世話好きで人懐っこい大学の女友達と
貸し切り型の旅館へ出かけてまったりイチャイチャします。

「フォーリー」と呼ばれる演出を取り入れた音重視の作りが魅力で
バスに乗る前と後で聞こえ方が変わったり、旅館へ移動するのに合わせて環境音が変化するなど
説明的なセリフをできるだけ挟まず音を駆使して旅行の様子をリアルに表現します。

総時間が4時間以上あるため前編(01~04.a)、後編(04.b~06)の2回に分けてお送りします。
音声で旅行気分を満喫
友達のめぐと温泉旅行するお話。

「もしもしー めぐです 今時間大丈夫?」
めぐは砕けた話し方をする素朴な声の女の子。
ある日の夜、主人公の携帯に電話をかけ一泊二日の温泉旅行へ誘うと
そこにある旅館やお風呂の魅力を嬉しそうに語ります。

本作品は大学の友人で過去にエッチもしたことがある彼女が
古民家を改装した貸し切り旅館で3時間20分ほどに渡って癒したりエッチなことをします。
今回紹介する前編部分は完全非エロになっており(約2時間)
日頃の疲れやストレスを完全に落としきってからエッチに移ります。

ちなみに「添い寝フレンドが手コキフレンドになるまで」という過去作の続編にあたるそうです。
私はそちらを未視聴なのでどんなことをしたのかよく知りませんが
その状況で本作を聴いても別段ついていけない部分はありませんでした。

最大の魅力は臨場感の高さ。
サービスの様子はもちろん、それ以外の細かな動作にまで専用の効果音を用意し
さらに2人がいる場所に応じて環境音も小まめに切り替え彼女と一緒にいる雰囲気を出します。

サークルさんが「まるで本当に温泉旅行に来ている気分を!」をコンセプトに掲げられてるだけあって
事前の打ち合わせや旅館に行くまでといったあまり描かれない部分にも十分な時間を取ってます。

もうひとつ、本作品はタイトルにもついてる「フォーリー」という特殊な要素も取り入れてます。
これは「演者の動きに合わせて収録された効果音」を意味し
声優さんの演技を真似ながら効果音を別途録音し、それらを組み合わせてひとつの音声にします。
海外の映画では吹き替えを円滑に行うためにこれを使ってるそうです。

音声を実際に聴いてみて劇的な違いがあるわけではないのですが
効果音がとてもクリアに感じることがしばしばありました。
声と音を最初から分離してるおかげでノイズもまったくありません。
作中で鳥が鳴いた時にそれが自宅の外から聞こえてると勘違いするほど鳴らし方も自然です。

「いやぁ 古民家に泊まるのって初めてでさー どうなんだろうね ワクワクするね」
今回の旅に同行するめぐは気配り上手な女性。
プランの構築や旅館までの道案内をすべて請け負い
さらに到着後はお風呂場や部屋で色んなサービスをして彼をもてなします。
しゃべり方も非常に気さくで2人の仲の良さが自然と伝わってきます。

まだ恋人にはなってないようですが、そう思ってもおかしくない空気が漂ってました。
裸同士でお風呂に入っても全然気にしませんし、彼を特別な存在と見てるのがわかります。

友達以上恋人未満の女性と旅に行く様子をリアルな音を駆使して表現する。
現在流行ってるASMRをさらに進化させた総合力の高い作品です。
旅の一部始終をリアルにお届け
最初の4パート26分間は旅館へ到着するまでを描いたシーン。
電話で待ち合わせ場所を決めてから駅前で合流し
そこに来たバスに乗って旅館の近くまで移動します。

そして本作品の売りであるリアルな音が早速威力を発揮します。
キャリーケースがゴロゴロする音とともにめぐが登場し
その後ろに車の音、駅のアナウンス、鳥の声など色んな音が流れます。
バスが到着するのに合わせて駅のホームに電車が入ってくる演出も面白いです。

個人的に驚いたのはバスに乗ってから目的地に到着するまでのシーン
2人が車内へ入るとバスのエンジン音が2段階くらい小さくなり
発車後は音を小まめに強弱させてリアリティを上げてます。


公道を走ってるなら信号に止まったり曲がることがあるわけで
それに伴い走る音の聞こえ方も当然変わります。
このシーンだけでサークルさんの音に対する力の入れ具合が半端ないことがなんとなく伝わってきました。
そしてバスを下りた後は一転して川の音や鳥の鳴き声といった自然を感じるものが中心になります。

「ほら これ 田んぼまみれのところに 一本だけ道が走ってて そこに沿って木製の電信柱 かぁー 粋だねぇ」
最中の彼女は旅館やそこにある温泉のことを嬉しそうに話します。
年齢は若いですけど古いものを好む性格のようで
パンフレットを眺めながら昔の面影が残る場所への期待を膨らませます。

会話と音を無理なく楽しめるようにセリフの量をやや減らし
音だけが流れる時間をある程度取ってありました。
着く前からはしゃぎすぎると後々眠くなるからわざと抑えたのかもしれませんね。
静かな場所でまったりイチャイチャ
前編部分で最も長いのがその後に始まる入浴シーン(約54分)。
夕食を済ませてから一緒に脱衣所へ移動し、お互い全裸になって髪や体を洗います。
そして綺麗になった後は湯船へ入り何気ない会話をします。

「頭洗われるの 気持ちよくない? ヘッドスパ 結構好きなんだー私」
彼がぼーっとしてるのを見て服を脱がせてあげたり
髪や背中はもちろん、体の前までスポンジで丁寧に洗うなど
ここからは彼女の世話好きな性格が色んなところで発揮されます。
その一方で彼がエッチなことを期待したらきちんと拒否する割り切った態度も取ります。

彼女としては別にエッチするのが嫌なわけじゃなくて
まずは温泉をしっかり満喫したかったのだと思います。
ここでエッチメインにしたらわざわざ遠出した意味がありませんからね。
彼女がリードし、彼がそれに従うある種の主従関係が出来上がってます。

音についてはバックでお湯がちょろちょろ流れる音が鳴り続け
シャンプーの時は若干泡立ってる摩擦音、体をスポンジで洗う時はそれより控えめな音と
バスの時に比べて全体的に音量を下げて静けさを演出してます。
シャワーをかける時とかは普通の音量で鳴りますから意図的にそうしたのでしょう。
水に関する音が多いおかげで癒しのパワーも高いです。

温泉から出た後の36分間は寛ぐシーン。
髪が十分に乾いてない彼にドライヤーをかけて櫛で毛並みを整え
部屋に備え付けてあったオイルを足から背中にかけて丁寧に塗り込みます。

「お風呂上がりにタオルで拭いてあげるとか うちのわんこと一緒じゃん」
ドライヤーが耳へ当たるたびに「ぼぼぼぼー」という軽い風圧が感じられ
櫛も効果音を小まめに動かして彼女にお世話されてる気分に浸らせます。
じっとしたまま気持ちよさそうにする彼を「犬みたい」と言ってからかうなど
彼女との会話を楽しみながら音で癒やすバランスの取れたサービスです。

またマッサージはお世話する距離に応じて効果音の音量が少しずつ変化します。
最初の足は遠くで控えめに、最後の肩は近くでやや大きくといった具合です。
器具とかは使わないので音自体は結構大人しいものでした。
古民家に2人きりでいる様子が伝わるよううるさい音をできるだけ使わずにサービスを組み立ててます。

ここまでを実際に聴いた感想ですが、お風呂以降のシーンはASMR色が強く
途中で何度も寝てしまいたくなるくらいに気持ちが落ち着きました。
会話もそれなりにしますが、各パートの時間が長めに取ってあるおかげで割合は低いです。
それでいて十分な存在感を出せてるのは口調が親しげで他人行儀な話題も少ないからでしょう。
彼じゃないと受け答えできない会話が多く2人だけの世界が出来上がってます。

音についてはバスで移動するシーンが印象に残りました。
音重視の作品は結構聴いてますけど、ここまで質の高い作品はそうそうありません。
彼女があれこれ説明しなくてもわかるくらい温泉旅行らしさを表現できてます

おまけは手コキ音声、添い寝息、キス音声です。

後編へ続く…。
添い寝フレンドと行く温泉旅行 -おもちゃえっちつき-【フォーリー】(後編)

CV:めぐ…一之瀬りとさん 店員…森野めぐむさん
総時間 4:09:28(本編…3:23:27 おまけ…46:01)


体験版はこちらにあります

追記
2019年8月31日までに購入するとさらなるおまけパートがついてきます(約30分)。
8月5日の24時まで10%OFFの1458円で販売されてます。

ヒプノ早漏改善クリニック

サークル「でざいあ~でざいな~ず」さんの催眠音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、穏やかで面倒見のいい女医さんが
催眠を交えたトレーニングで男性の早漏改善を手伝います。

意地悪さを極力薄めた寸止めをするのが特徴で
パートごとにプレイの内容を変えながら間を長めに取ってカウントを繰り返し
寸止め後は射精感が収まるまで深呼吸させて辛さを適度に和らげます。
催眠は正直弱いのでオナサポ要素を含んだトレーニングボイスと捉えたほうが楽しめます。
早漏改善のカギは心
早漏ヒーラーのあんりと協力して射精を我慢するお話。

「あら いらっしゃい ようこそ よく来たわね」
あんりは明るくて整った声のお姉さん。
何らかの理由で早漏を改善したいと思ってる主人公を温かく迎えると
軽く自己紹介してから今回行うセッションの概要を説明します。

本作品は男性特有の悩みのひとつである早漏の克服を目的に掲げ
彼女が60分程度に渡りそれに沿ったエッチなサービスをします。
すぐ射精したらトレーニングにならないので絶頂シーンは1回まで絞り込み
手、口、おっぱい、おまんこを使って責めながら何度も寸止めを繰り返します。

「早漏の改善とは つまり射精の衝動 意識のコントロール」
こう言うと割かし意地悪なプレイに感じるかもしれません。
しかし彼女は終始穏やかな声と態度で語りかけ、医者らしい説明を挟みながらゆっくりじっくり進めます。
そして寸止めの間隔を長めに取ったり直後に心身を落ち着ける時間を設けて負担を和らげます。
射精を禁止する以外は結構サービスしてくれますからご奉仕と呼ぶのが妥当です。

その前段階にあたる催眠も癒し効果のあるものばかり。
心身を十分にリラックスしてからエッチに移るのでノーマルな人でも聴けると思います。
ただし、冒頭でも話した通り催眠の世界にどっぷり浸かるのはおそらく無理でしょう。

催眠はおよそ15分間。
楽な姿勢になり2分程度深呼吸してから簡単なストレッチをします。
そして全身をいくつかのパーツに分けて脱力します。

「胡座の足を合わせ 手のひらも胸の前で合わせ 押し合いましょう」
ストレッチは特定の部位に力を入れカウントに合わせて抜くものと
体勢を変えて広範囲を同時に動かすものを組み合わせて行います。
力が抜けたのと同時に暗示を入れるなど催眠に沿ったことはほとんどしてきません。
でも実際に体を動かすおかげで被暗示性の高低に関わらずリラックスできます。

「右腕から 力が抜けてゆく 肩 二の腕 肘 手首 手のひらから指先 力が溶けるように抜けていき 空っぽな空洞になっていくイメージ」
続く脱力は自分がハンモックで寝そべってる様子をイメージしてから
左右の腕、左右の足、胴体を個別に意識します。
「力が抜ける」「空っぽ」などの暗示も軽く入れてくるので頭がボーッとするかもしれません。
カウントを数える、催眠状態と半覚醒状態を往復させるといった明確な深化は行わずに終了します。

心身のリラックスだけを見据えたシンプルな催眠です。
早漏の改善に重要な意識のコントロールをしやすくするのを目的に
深呼吸から入って漸進的弛緩法っぽいストレッチ、分割弛緩法と古典催眠の技術を組み合わせて進めます。

新規のサークルさんだからでしょうけど指示が充実してる一方で
聴き手の無意識に働きかける暗示が極端に少ないです。
15分で深化させるなら全体的に暗示を多く組み込んだほうがいいでしょう。
あるいは時間を最低でも倍にしてもっと手厚く働きかけるとかです。

私が聴いた時もリラックスはできたけど催眠に入った感覚は特にしませんでした。
深化のアプローチを特にかけてこないことも含めて作りが甘いと思います。
分割弛緩法で落とすなら今よりずっと入念やったほうがいいです。
甘やかしつつきっちり寸止め
エッチシーンは4パート42分30秒間。
プレイは亀頭オナニー、亀頭を擦りつける、竿オナニー、パイズリ、フェラ、SEX(正常位、対面座位)、キスです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
開始時に服を脱ぐ指示が出ます。

「亀頭は敏感だけど 射精に直結する部分ではありません 巷では 亀頭責めによるドライオーガズムの成功例なども見つかるかもしれませんね」
催眠を使って主人公の心身を空っぽにしたあんりは
いよいよ本題の早漏改善に向けて最初のトレーニングを指示します。

エッチは彼女に言われた通り手を動かしたりイメージします。
一番最初にするのは亀頭をターゲットにしたプレイ(約11分30秒)。
前半は亀頭オナニー、後半は亀頭を彼女の頬に擦りつけながら射精を我慢します。

「私が10と言うまで射精しなくなります 私が10と言うまで 数字と共に上がっていく快感を感じながらも その中に留まっていることができます」
「5、6、7、8、9 …はい 手を止めて 一旦深呼吸」

そして最中は数分ごとにカウントを数え上げ、10が近づいたところでストップするのを繰り返します。
寸止めした後は射精感をリセットする時間が設けられてるので負担はあまりかかりません。
彼を苦しめるのではなく悩みから救うために敢えてこういうプレイをします。

催眠については技術と呼べる要素がほとんど見られません。
カウントは絶頂のタイミングを取る目安として使ってますし
プレイ自体も状況説明しながら淫語、ちゅぱ音、喘ぎ声を漏らすことがほとんどです。
ほぼ同人音声と言って差し支えない作りでした。

残りの3パートも引き続き寸止めを繰り返します。
オナニー&パイズリ、フェラ、2種類のSEXとパートごとにプレイを切り替え
いずれも彼女と実際に肌を合わせて射精に耐える強い心を身に着けます。

「そう 根本まで おちんちんで感じて…あんっ 体で…んんっ 心で…あんっ 私を あなた自身を感じて」
射精できない辛さを少しでも解消しようと適度に優しい言葉をかけ
最後のSEXシーンでは彼女が思う存分乱れて男としての自信をつけさせます。
彼女を先に絶頂させられれば少なくとも早漏ではなくなりますからね。
エッチを通じてメンタルに働きかけるところは作品の趣旨に合ってて良いです。

このように、マイナス面をできるだけ払拭したマイルドな寸止めプレイが繰り広げられてます。
ポジティブな寸止め作品
催眠よりもエッチが魅力的な作品です。

あんりは早漏のおかげで自分に自信を持てずにいる主人公を元気づけようと
まずは催眠を使ってリセットをかけ、それから段階を踏んで早漏改善を応援します。

射精を禁止する代わりに彼女の体をある程度好きにさせるスタイル
寸止めの回数を少なめにし、事後に十分な休憩時間を挟む取り組みやすい作り
プレイ中に純粋なエロ要素を投げかけたり優しい言葉をかける彼女のキャラ。
寸止めから連想されるM向けの要素を色んな方向から薄めて達成しやすくしています。

「体位を変える時 優しくリードしてくれる人って素敵ね」
彼女にとって今回のエッチは仕事の一部に過ぎません。
でも開始後は彼と恋人に近い態度で接します。
冒頭に「早漏の原因は心だ」と言ってただけあって気遣いが上手です。
催眠抜きで語る分には割としっかりしたエッチだと思います。

しかし本作品は催眠音声ですから、催眠の技術をいかに駆使して早漏改善するかが重要になります。
その観点からいくと残念ながら様々な問題を抱えてると言えます。
催眠誘導の時間が非常に短く暗示が弱いこと、深化と呼べるシーンがないこと
エッチに催眠をほとんど活用できてないのが主な理由です。

「今から 私の指示や気持ちよくセッションを行えるよう体が動きます」
「はい 目を合わせて そう そのまま逸らさないで」

もう少し付け加えると彼女はエッチの一番最初に体が動くと言います。
そしてプレイ中は目を開けるよう指示し、寸止め直後のリラックスシーンのみ閉じるよう言います。

前者は催眠パートでやってきた脱力の効果を完全に否定するものですし
後者は催眠状態の維持を妨げるだけで何のメリットもありません。
なぜわざわざこういう不合理なことをするのか私には理解できませんでした。

絶頂シーンは1回。
淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声いずれもそれなりです。

CV:森野めぐむさん
総時間 1:05:59

オススメ度
■■□□□□□□□□ 2点


体験版はこちらにあります

JKマジックミラー ~エロカワ女子校生限定の見抜き店~

サークル「ちょこれーとむーす工房」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、それぞれに違った魅力を持つ3人のJKが
マジックミラー越しに会話したり自分のエッチな姿を見せて男性のオナニーを応援します。

女性と物理的に接触できない状況を活かした珍しいエッチが行われており
スカートをたくし上げてパンツを見せる、お尻を壁にくっつけて擬似SEXっぽいプレイをする
全裸になりお互いのオナニーを見せ合うなど、視覚と聴覚を上手に刺激して興奮や射精への欲求を盛り上げます。
目と耳だけでJKの体を堪能
マジックミラー鑑賞店で「ふみか」「あや」「なつき」からサービスを受けるお話。

「あっ ランプついた よいしょっと お客さん見てるんだね」
あやはやや幼さを感じる明るい声の女の子。
「まだランプがついてるってことは お客さんいるんですね えっと…ふみかです」
ふみかは上品で大人しい声の女の子。
「こういうこと言うのもなんだけど お客さん絶対個室のほうがいいよ」
なつきはやや砕けた口調で話す優しい声の女の子。
マジックミラー越しに自分たちを見てる主人公に声をかけると
お店のシステムやそれぞれのチャームポイントを教えます。

本作品は鏡越しにJKたちと触れ合うことのできる変わったお店で
彼女たちが一対一で恥ずかしいところを見せたり一緒にオナニーします。
物理的に遮断されてる空間でエッチをするため彼女たちに直接触れるシーンは一切なく
胸、お尻、おまんこといった魅力的な部位を見る(視覚)ことや
彼女のたちの声やちゅぱ音(聴覚)を通じて射精を後押しします。


タイトルにもなっているマジックミラーも大きなポイント。
主人公が彼女たちを観察できる反面、彼女たちは彼の姿を確認することができません。
だから彼は女性の視線を気にせず存分にオナニーできるし
彼女たちは一方的に見られてることを意識しながら大胆なポーズやプレイに取り組みます。
(声だけは女性側からも聞けるようになってます)

女性にオナニーを見てもらうのではなく、オナニーのおかずを提供してもらうわけです。
M向けのプレイも特にやりませんから属性はほぼノーマルです
また一部のパートでこの状況を利用した特別なプレイも登場します。

ふみか「タイツ越しの私のパンツでも そんな風に興奮してくれるんですね お兄さん すごく反応してくれて 私すごく嬉しいです」
エッチの相手を務める女性たちはいずれもJKですがそれぞれに違った魅力を持ってます。
例えばふみかはお嬢様学校に通ってるだけあって基本的には上品な態度で接するものの
盛り上がってくると自分の恥ずかしい部分を積極的に見せるギャップの大きい態度を取ります。
チャームポイントがお尻ということでそれに関するプレイが多いのも特徴です。

他の二人もあやはおっぱい、なつきは性格(ちょろさ)を活かしてサービスを組み立てます。
シチュが一緒だとプレイの内容がどうしても似通ってしまいますから
それによるマンネリ感を払拭するためにキャラ設定にもこだわってます。

触れられないからこそできるプレイとJKたちのキャラ。
年頃の女性たちとのエッチを明るく描いた個性的な作品です。
サービス精神旺盛なエッチ
エッチシーンは3パート64分間。
プレイは足/お尻/アナル/おっぱい/おまんこの観賞、オナニー、擬似フェラ、ふみかのオナニー、擬似パイズリ、擬似素股、あやのバイブオナニー、オナニーの見せ合い、擬似SEXです。
体を動かす、服が擦れる、JKのオナニー、擬似素股の際に効果音が鳴ります。

「あんよを鏡の前に持っていって どうです? 黒タイツの足の裏 見えます?」
主人公から指名を受けて大部屋から個室に移動したふみかは
彼がマジックミラーの反対側にいるのを確認してからまずは足で興奮を誘います。

エッチは彼のリクエストを聞きながら彼女たちがあれこれご奉仕します。
一番最初の「お嬢様学生ふみか」は清楚なJKとのちょっぴり変態チックなプレイ(約23分)。
足を組み替えたり足の裏を見せてから鏡越しにキスをさせ
それからパンツ→お尻→アナル→おっぱい→おまんこと後になるほど際どい部分を見せます。

「私のお尻に 頬ずりしてもいいんですよ このぷりぷりのお尻に お顔を埋める妄想をしてください」
「何回でも出していいですよ 犬みたいな格好で 交尾ごっこしてる私を見てください」

お嬢様と聞くとSっ気のあるキャラをイメージするかもしれませんが
彼女の場合は見られることに興奮する露出好き&Mな性格をしてます。
だから鏡の向こう側で彼がオナニーを初めても一切見下さず、むしろもっと見て欲しいと自分からお願いします。

プレイ一覧を見ていただければわかるように、本作品のエッチは擬似プレイが充実してます。
ふみかの場合はお尻を鏡にくっつけてのSEXや、自分の指をおちんちんに見立ててのフェラをします。
彼の望むプレイもきっちりやってあげますし、とても献身的なサービスと言えます。

また彼女たちが服を脱いだり体を動かす際にも細かな音が鳴るので臨場感が高いです。
イメージ力が重要になるからこそ、セリフの表現や音の扱いに気を遣ってプレイを進めます。

「おまんこ気持ちいい おまんこ気持ちいいですっ おまんこいいぃ」
このパートで最も盛り上がるのは終盤に登場する彼女のオナニー。
彼を1回射精させたものの体の疼きがまったく収まらないふみかが
裏オプションとしておっぱいやおまんこを晒し、そのまま指を激しく出し入れして絶頂を目指します。
にちゃにちゃと粘性高めの音を鳴らしながら激しい喘ぎ声を上げる姿はとてもエロく
冒頭に見せていた上品な姿とのギャップもそれを大いに助けてます。

鏡越しとはいえ彼にアナルを見せるシーンもありますし
彼女のキャラを上手に使って18禁音声としての実用性も高めてます。

二番手にあたるあやがするのはおっぱい重視のプレイ(約17分30秒)。
最初は服越し、次は直に見せつけてからバイブを使った擬似パイズリフェラを披露します。

「お兄ちゃんのおちんぽ美味しいよ あや お兄ちゃんのおちんぽだーいすき」
パート名に「あざとい」と書かれてるだけあって彼女はどうすれば男が喜ぶかをよく心得てます。
彼のことを最初から「お兄ちゃん」と呼び、擬似プレイ中は本物のおちんちんに見立てたセリフで興奮を煽ります。
他の二人より追加料金がやや高いところにも性格が出ています。

ですが裏で悪口を言うことはないですし、サービス自体も彼を楽しませることを見据えて取り組みます。
「多少がめついかな?」と感じる程度のあざとさです。
ただお金を払ってる割には個々のプレイ時間が短くて消化不良な印象を受けました。

最後に登場するなつきは内面で勝負する女の子(約23分30秒)。
プレイ開始直後にM字開脚でパンツを大胆に見せてから鏡越しのキスへと進み
おっぱいやおまんこを晒した後にふみかの時とは違うスタイルでオナニーを見せ合います。

「えっ? 可愛い可愛いって そんなに褒められても うぅ そんなに?」
「へぇ なんか うーん えっと 嬉しい」

彼女はヤリマンっぽい見た目をしてることに軽いコンプレックスを抱いてるらしく
主人公が自分の体を「可愛い」と言うと恥ずかしそうな仕草でお礼を言います。
そして次第に心を許し、普段ならまずやらない特別サービスを提供します。

簡単に言うとおだてに弱いキャラですね。
口調は少し崩れてますがそこまでギャルっぽいしゃべり方はしません。
他の二人よりも心の近さが感じられてすごく和やかな雰囲気が漂ってます。

「恥ずかしいけど お兄さんに あたしを全部見せたいから でもその代わり あたしもお兄さんのこと見てもいい?」
パート後半から始まるオナニーの見せ合いにもその部分が色濃く出ています。
今まで主人公からしか見ることのできなかった鏡を彼女のほうからも見えるようにし
文字通りお互いのすべてを曝け出しながら二人同時の絶頂を目指します。

ここだけに10分程度の時間を割き、最中は「ちんぽ」「まんこ」などの淫語を多めに言ってくれます。
1回戦は指で普通に、2回戦はバイブをおちんちんに見立てての擬似SEXと違いを持たせてるのも良いです。
風俗店によくある事務的なご奉仕とはまるで違う熱のこもった乱れっぷりがとても印象的でした。
私個人はこのパートが最も抜けると思います。

このように、JKたちの持ち味を反映させたテーマ通りのエッチが繰り広げられてます。
心の壁が薄い作品
若い女性たちが自分なりのやり方で一生懸命もてなす爽やかな作品です。

ふみか、あや、なつきは自分たちのお店に初めてやって来た主人公に楽しんでもらおうと
最初から友達に近い親しげな態度で接し、プレイ開始後は視覚と聴覚をバランスよく刺激して興奮を高めます。

JKがパンツどころかおっぱいやおまんこまで見せてくれるシチュ
男性側だけ相手を観察できる設定を利用した多彩でM性の低いプレイ
そして彼女たちの性格やチャームポイントを軸に責めるスタイル。
女性の体に触れられないハンデを色んな方法でカバーしエロさと個性を出してます。

なつき「なんかちょー嬉しい お兄さんがあたしでシコってくれて こんなに精子出してくれて」
中でも彼女たちは全員が自分の気持ちをストレートに伝える素直な子です。
大事な部分までしっかり見せ、そのままオナニーを披露する姿勢にも潔さがあります。
普通に作ったらM向けになりそうなプレイをここまでノーマルに仕上げてるところが素晴らしいです。

エッチは女性の恥ずかしい姿を少しずつ見ていくフェチズムに溢れたものです。
一般的な作品だと軽視されがちな脱衣の過程を大事にしながら進めます。
ただそれだけだと抜くのが難しいと判断されたのか、パートの後半は淫語や喘ぎ声を多めにしています。
イメージ力を上手に膨らませてくれるのでパートごとに1回抜くくらいなら普通に可能です。

絶頂シーンは主人公6回、女の子たちは5回。
淫語多め、くちゅと喘ぎ声そこそこ、ちゅぱ音ごく僅かです。

音声作品ではあまり扱われない「見抜き」にとことんこだわった作品です。

CV:ふみか…分倍河原シホさん あや…霜月優さん なつき…森野めぐむさん
総時間 1:17:14

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2017年9月22日まで4割引の600円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。

↑このページのトップヘ