同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:棗いつき

   ● コトネと休日【耳かき、ASMR】
   ● 姉妹の二人と両耳同時耳かきボイス
   ● 【バイノーラル】優しい妹の耳かきボイス【イヤホン推奨】


コトネと休日【耳かき、ASMR】

サークル「バイノーラル6音」さんの同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、お兄ちゃんのことが大好きな甘えん坊の妹が
寒い日に2人で神社へお参りしたり自宅でまったり耳かきします。

会話よりも音をたっぷり聞かせる音フェチ(ASMR)系の作りになっており
サービスはもちろん、細かな動作にまで専用の音を用意し
説明のセリフを省く代わりにそれらを組み合わせてリアルに表現します。
寒い日をお兄ちゃんと暖かく
妹のコトネと神社へ行ったり家で寛ぐお話。

「だーれだっ えへへ ただいま お兄ちゃん」
コトネは明るくて優しい声の女の子。
とある冬の日、帰宅してお兄ちゃんに軽い悪戯をすると
上着のチャックを外してもらってからこたつに入って温まります。

本作品は正月明けの寒い時期を舞台に
彼女と2人きりで神社へお参りしたり、自宅で耳かきや添い寝をする様子を彼の視点で楽しみます。
挿し絵の通り彼女がまだ幼いことを踏まえて専門店のような本格的なサービスはせず
肉親特有の優しさやまったり感といった家庭らしさを伝えて癒します。

バイノーラル6音さんと言えば音の質が高いことで有名なサークルさんです。
本作品もその例に漏れず、ほぼ全編でリアルな音を上手に鳴らして臨場感を出します。

例えば冒頭の「だーれだ?」パートには彼女が袋入りのコーンスープを作るシーンがありまして
そこでは後ろのほうから必要な物を取る音、ヤカンに水を入れる音
火にかけて沸騰させる音などを組み合わせて一部始終を表現します。
他にも鳥の鳴き声、自動販売機の稼働音といった環境音も取り揃えて2人がいる場所の違いを出します。

神社から帰った後は効果音、環境音、吐息だけが流れる時間を長く取ってありますから
純粋な癒しはもちろん、寝る際のお供としても役立ってくれるでしょう。
冬から連想される静けさを壊さないよう優しい音を鳴らすことが多いです。

「コトネ まだ今年お参りしてないから 連れてってよ お兄ちゃん」
コトネについてはお兄ちゃん離れがまだできてない純真なキャラ。
寒がる彼を神社へ連れて行く際におんぶしてもらったり
そのままおしるこの缶を買ってもらうなど色んなおねだりをします。
そして帰宅後はその恩返しと言わんばかりに癒しのサービスをして寝かしつけます。

耳かきや添い寝をするのも結局は彼と一緒にいるための口実作りなのかもしれません。
18禁作品に見られる恋愛感情ではなく、妹として素直に慕う可愛い姿を見せてくれます。
様々な音が織りなす癒しの空間
コーンスープを飲んで体を温めた後にするのは神社へのお参り(約10分)。
家を出てから車が結構通ってる道路を歩き、途中にある自動販売機でおしるこの缶を買います。
そしてトンネルと思しき場所を通過し神社に到着後は賽銭を投げ入れてお祈りします。

「冬の匂いって言って わかる? なんだろうね この匂い 寒い匂いというか 雪の匂いかな?」
本作品はASMR系なので「今~にいる」などのセリフはほとんど言いません。
2人が移動してるのがわかるように効果音や環境音をリアルタイムで変化させます。
自販機に近づくにつれて稼働音が大きくなったり
トンネルを歩く時だけ足音や声が反響するなど細かな演出がされてて本当にリアルです。

音質も全部本物を録音したとしか思えないほど良いものばかりでした。
「2人で歩く」という何気ない行為をサークルさんらしいやり方でひとつのサービスに仕立て上げてます。

続く2パート52分間はよりASMR度が増すシーン。
「どっちのが気持ちい?」は綿棒とマスカラブラシを使ってゆっくり耳かきし(約31分)
「ASMRしたげる!」は左右の耳元で泡の音や炭酸の弾ける音を鳴らして爽快感を与えます(約21分)。

耳かきは膝枕の状態で左耳→右耳の順に行い
綿棒は「じりゅー ずじっ」という滑らかでパチパチした音
マスカラブラシは「ぐりゅぐりゅ」という弾力のあるブラシ音を
いずれも耳の壁をゆっくり撫でる感じに動かします。
そして最後に弱めの風圧で3回ほど息を吹きかけます。

「もうほとんど耳垢取れてるから マッサージしてくようにするね」
このパートで面白い音はやはりマスカラブラシでしょう。
耳の掃除は綿棒でほぼ済ませてあるのでマッサージ寄りに使います。
割と刺激的な音なんだけど長く聴いても頭が痛くならない程度に抑えられてて良かったです。
コトネの年齢や経験に合わせてシンプルさを大事にしながら音を楽しませてくれます。

それに対して「ASMRしたげる!」はパート名からもわかるように
心地いい音を鳴らし続ける純粋なASMRを提供します。
最初の13分間は手についた泡をわしゃわしゃさせたり彼の耳に塗る
残りの8分間はコップに炭酸水を注ぎ左右に1個ずつ置く、と爽快感を意識した音で統一してます。

「ASMRって あんましゃべったりしないんだっけ」
音を楽しみやすいよう敢えて黙るところに彼女の優しさを感じました。
神社へお参りに行くシーンまでは割と色々しゃべってたので、それとのメリハリも出てます。
自分の願いを聞いてもらった後はきっちり返す仲の良い兄妹です。

このように、最大の武器である音をふんだんに使った質の高いサービスが繰り広げられてます。
音に包まれる作品
声よりも音で癒やす素朴な作品です。

コトネはこのところあまり構ってくれないお兄ちゃんと一緒の時間を過ごそうと
神社に出かけたり家で耳かきや音を鳴らしながら体を密着させます。
そしてこれらの様子を主に音で表現してその場にいる気分に浸らせます。

可愛くて甘えん坊な妹と冬の日をのんびり過ごす温かいシチュ
リアルな音を数多く組み合わせたASMR系の作り
最中に交わされる彼女との何気ない会話。
家族との日常をありのままに描いた自然な物語をお届けします。

中でも音は現在活動されてる癒し系サークルさんの中でも上位に位置する品質を持ってます。
音質が良いのに加えて扱い方が上手なので臨場感が高いです。
家に帰ってからの2パートは音自体に個性を持たせ、さらに量を多めにして聴き手を満足させます。

「コトネのASMR 良かった かな?」
コトネについては音に比べれば存在感は薄いですけど
彼と一緒にいることに幸せを感じてる気持ちがセリフに込められてて別の癒しを持ってます。
説明的なセリフが少なく会話が自然なのも大きいです。
キャラとサービスの親和性が高いおかげで彼女がすぐそばにいる感覚がしました。

CV:棗いつきさん
総時間 1:12:29

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2019年4月28日まで35%OFFの491円で販売されてます。

姉妹の二人と両耳同時耳かきボイス

サークル「バイノーラル6音」さんの無料の同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、お兄ちゃんのことが大好きな姉妹が
左右同時に耳かきして心地いい眠りに導きます。

同じ質感の音を異なるリズムで両方から鳴らす密度の高い作りが魅力で
息吹き、綿棒、梵天と優しい系統のサービスを取り揃え
2人の仲の良さを感じる掛け合いも挟みながらゆっくりのんびり進めます。
妹たちの耳かき勝負
ユツキとその姉が左右同時耳かきをするお話。

「お兄ちゃん こっち来て?」
ユツキは素朴で可愛い声の女の子。
「あれ? ユツキちゃん 部屋にお兄ちゃん入れて何してたの?」
姉はややトーンが低く穏やかな声のお姉さん。
お兄ちゃんを部屋に呼び出したユツキが事情を説明してる最中に
姉が帰宅しどっちの耳かきが上手いか競争します。

本作品は姉が自分に隠れて彼に耳かきしてたことを知ったユツキが
彼女に少しでも追いつこうと16分程度のコンパクトな耳かきをします。
1人でやるつもりがすぐさま姉に見つかってしまったたため
実際はユツキが左、姉が右に陣取り同時にやるスタイルを取ってます。

2人とも彼のことをお兄ちゃんと呼んでるところを見ると
年齢はお兄ちゃん>姉>ユツキの順なのでしょう。
ユツキは正統派の妹、姉はそれよりもやや大人びたキャラと声や態度に違いを持たせてます。

耳かきの流れは息吹きから始まりダブル綿棒→ダブル梵天→もう一度息吹きとやり方を揃え
その代わり左右の動きやリズムを多少変えて重厚さを出してます。
元々音に強いサークルさんなだけあってどれも品質がとても高く
息吹きのシーンでは弱めの風圧が耳に伝わってきてこそばゆいです。

メインの耳かきも綿棒は「しゅくっ」という乾いててパチパチした音で穴の中をゆっくりなぞる
梵天は綿棒よりも広くふんわりした音で軸を持ってゆっくり回転させる、と
器具ごとの特徴をそのまま反映させたリアルな音を鳴らします。
1人でやる時と違って音の途切れがほとんどないのがいいですね。
優しい音に包まれてる感覚がして実時間以上の癒しが得られます。

ユツキ「お姉ちゃんばっかり こっそり(耳かき)やっててずるい」
姉「ユツキちゃんだって こっそりしようとしてたでしょー?」
最中に交わされる2人の会話もそれに大きく貢献してます。
初めはお兄ちゃんに何度も耳かきしてる姉にライバル心を燃やしてたユツキですが
彼女の話を聞くにつれてだんだんとそれが薄れ、中盤以降はアドバイスに従い熱心なお世話をします。
姉も彼を独占する気は特になく、ユツキと共有しようと自分の技術を伝授します。

2分くらい無言で耳かきを続け、1分程度会話するのを繰り返す感じです。
ASMRらしさを残したままキャラにも光を当ててます。

このように、音の質と密度にこだわった緩やかな耳かきが繰り広げられてます。
小さくまとまってる作品
短時間ながらもしっかりとした個性を持ってる作品です。

ユツキは大好きなお兄ちゃんを少しでも癒そうと
姉に内緒で彼を呼び出し耳かきしたいと打ち明けます。
しかしその直後に偶然やって来た姉に見つかり結局2人ですることになります。

2人の妹が左右から同時にお世話する独特な耳かき
サークルさんらしい質感と動きに優れた効果音の数々
音の邪魔にならない形で交わされる彼女たちの何気ない会話。
メインの耳かきをきっちりこなしたうえでキャラも引き立つように作品を組み立ててます。

姉「ふふっ ユツキちゃん見て? 気持ちよさそうな顔」
ユツキ「これ好きなのかな? お兄ちゃん じゃあもっと…」
お話が進むにつれてユツキと姉の息が合うのも面白いです。
技術や経験に差があっても彼を癒したい気持ちは2人とも一致してます。
だから年上の姉がユツキをリードして彼を共有できる状況へ持っていきます。
ASMR作品はキャラの存在感が薄くなりがちなので、こういう要素があると全体のバランスが良くなります。

耳かきは現在活動してる耳かきサークルさんの中で上位に位置する品質を持ってます。
左右の動きにもう少し大きな違いを持たせたほうが特徴は出るのでしょうけど
その匙加減を誤ると統一感が薄れて癒されなくなることを考えてこれくらいにしたのかなと。
音とセリフの配置や分量にも気を配ってあって完成度が高いです。

無料ですから興味が湧いた方は是非一度お試しください。

CV:ユツキ…棗いつきさん 姉…hana10さん
総時間 18:28

姉妹の二人と両耳同時耳かきボイス
https://www.youtube.com/watch?v=Tlag_p_fK-w

【バイノーラル】優しい妹の耳かきボイス【イヤホン推奨】

サークル「バイノーラル6音」さんの無料の同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、優しくて愛嬌のある妹が
冒険で怪我をしたお兄ちゃんにシンプルな耳かきをします。

効果音と吐息だけが流れる時間を長めに取った音フェチ系の作りに加えて
ファンタジー世界らしさを出しながら会話したり心配する彼女の姿にも癒されます。
幻想世界の妹がする耳かき
妹に耳かきしてもらうお話。

「あ、起きてる お兄ちゃん 狩りに出かけて以来記憶が無いでしょ?」
妹は幼さの残る可愛い声の女の子。
モンスターにやられそうになったところを助けられ、2日間眠っていたお兄ちゃんに声をかけると
水を飲ませてから採取した綿を使って制作した棒で耳を綺麗にしてあげます。

本作品はまだ駆け出し冒険者程度の力量しかないお兄ちゃんを元気づけようと
彼女が総時間のほぼ全部を使って耳かきします。
使用する器具は綿棒のみで左耳だけ息を吹きかける至ってシンプルなものですが
最近流行ってる音フェチ(ASMR)と彼女のキャラを組み合わせて個性を出してます。

「前に採取してくれた綿で柔らかい棒を作ったの 綿棒って勝手に名前つけたんだけど」
彼らがいる世界はゲームやラノベなどでよく描かれてるファンタジー世界。
村の外には凶暴なモンスターが徘徊しており、今回使う綿棒も彼女のお手製です。
耳かき作品ではあまり見かけない設定なので実際に聴いてみるとセリフが独特に感じるでしょう。
でも無茶をする兄を妹が心配する構図には温かみがあります。

耳かきはおよそ15分間。
右耳→左耳の順に綿棒だけを使って綺麗にします。
体勢は膝枕だと思うのですが作中では明言されてないので違うかもしれません。

綿棒は「プチプチ クシュッ」という乾燥した柔らかい音が使われており
耳の中を優しく撫でてから手を止めるのを繰り返す感じで動きます。
音に強いサークルさんだけあって質感、ペース、力加減がどれもリアルで優しいです。
バックで控えめに流れ続ける虫の声も作品の雰囲気に合ってて癒されました。

「お兄ちゃん なんであんな危ないとこ行ったの?」
最中の彼女は危ない場所に出かけた理由を尋ねたり
彼の誕生日プレゼントになるものを取ってきたことを報告するなど
彼のことを大事に思ってるのがよくわかるやり取りを交わします。

ただセリフよりも効果音と吐息だけを流す時間のほうが多く取られてるので
そこまでおせっかいを焼かれてると感じるほどではありません。
彼が無事だったことを素直に喜びつつ同じことを繰り返さないよう軽く釘を刺します。

このように、音と会話を丁度いい配分で組み合わせた和やかな耳かきが繰り広げられてます。
安眠のお供に向いてる作品
時間があまり取れない時でも無理なく聴ける手軽さが魅力の作品です。

モンスターたちの驚異に晒されながら毎日を逞しく生きてる兄妹が
ふとしたことをきっかけに耳かきしながら穏やかなひと時を過ごします。
そしてその様子をリアルな効果音と特徴的なセリフで描きます。

効果音や吐息の分量を多めにして静かに癒す演出
ウザさを感じないレベルで心配する世話好きな妹、彼女のキャラに合った優しくて柔らかい効果音。
音フェチ系でありながらキャラも立たせた耳かきを行います。

「まだ安全にしてないとダメだからね」
彼女はなんだかんだで彼のことを相当大事に思ってるのでしょう。
だから2日ぶりに目覚めた彼に安堵しつつ、重荷に感じないレベルで心配します。
作中で「叔父さんに助けられた」と言ってたので両親はもういないのかもしれません。
少ないセリフの中に2人の仲の良さや背景が垣間見えます。

耳かきは左右合わせて15分と短いですが品質はかなり高いです。
寂しかったり気持ちが高ぶって眠れない時に聴けば効果があると思います。
ちなみに現在はこの続編も出てまして、2作合わせれば約32分とそれなりのボリュームになります。

CV:棗いつきさん
総時間 16:48

【バイノーラル】優しい妹の耳かきボイス【イヤホン推奨】
https://www.youtube.com/watch?v=qy9eCNZp7r4

続編はこちら
【バイノーラル】優しい妹の耳かきボイス(続)【イヤホン推奨】
https://www.youtube.com/watch?v=ObIgbNvyE9o

↑このページのトップヘ