同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:桃山小鳥

   ● おててレッスン! もういっかい! ~早漏防止トレーニングぷらす~
   ● おててレッスン! ~妹の手コキサポート~
   ● 公開奴隷催眠~ガールズバーの裏の顔~
   ● 【音責め真打!】け○おん部の妹にエレキギターで調教されちゃう催眠【催眠作品】
   ● 死神のゲーム


おててレッスン! もういっかい! ~早漏防止トレーニングぷらす~

サークル「しらあえプロジェクト」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、面倒見のいい優しい妹が
最高の射精ができるようお兄ちゃんのオナニーをサポートします。

純粋なオナサポボイスにトレーニング的な要素を加えているのが特徴で
彼女はじっくりと時間をかけて段階的に性感を高めながら
ひたすら焦らすことで早漏体質の改善にも努めてくれます。



オナサポ大好き妹、再び
妹の指示に従ってオナニーするお話。

「ん? お兄ちゃん? どうしたの? 私に何か用?」
妹は甘く優しい声の女の子。
前作行ったオナサポをもう一度やってほしいと言うお兄ちゃんに
前回とは少し違ったスタイルでお手伝いしてあげます。

本作品は同サークルさんのオナサポシリーズ第一作
おててレッスン! ~妹の手コキサポート~」の続編に位置づけられており
前作好評だったきめ細かいオナサポに加えて
早漏改善を目的にできるだけ射精を我慢させるパワーアップバージョンです。
内容が独立してますので本作から聴いても問題はありません。

そんなわけで30分強のプレイ時間に対して射精を1回だけに絞り込み
その間は様々な手段を使って徹底的に焦らし続けます。

焦らしや寸止めといった心身に多少負担がかかるタイプのプレイですから
基本的には体力に余裕のある時に聴くのがいいでしょう。

「じっくり時間をかけてオナニーすると 早漏防止にもつながるし 焦らして焦らして いーっぱい気持ちよくなってから 射精したほうが 精液もいーっぱい出て気持ちいいでしょ?」
こういう風に書くと妹が意地悪なドSに思えてくるかもしれません。
ですが彼女はお兄ちゃんに最高のオナニーをプレゼントするのを第一に考えており
プレイ中は適度に休憩を挟んだり、ご褒美をあげたり、応援したりと
彼が辛くなったり途中で投げ出さないよう気遣いながら進めてくれます。

彼女が言葉責めをしてくるシーンもほとんどなく雰囲気はとってもあまあま。
早漏改善のパートは任意に外すこともできますので
オナニーを純粋に楽しみたいノーマルな人からハードなプレイを求めるMな人まで
比較的幅広い聴き手が楽しめる、といった特徴も持っています。

冒頭の軽いやり取りを終え、ティッシュなどの準備物を確認してから
妹はまず3分ほど深呼吸をするように言います。

「筋肉が緩んで さらに力が抜けると その部分が重く感じるかもしれないね」
深呼吸の最中に聞こえてくる彼女の声はとても穏やかで
眠くなったり体が妙に重く感じる人もいるでしょう。
催眠音声における序盤の動作と非常に近いことを行っています。

本作品で行うオナサポはかなり細かい指示をしてくるタイプですから
彼女の声に素直に従うためにはまず心を穏やかにするのが大事です。
そのための準備としてオナニーとは正反対の行為を行わせるところに
彼女がガチで気持ちいい射精をさせようとしている意思が感じられます。
オナニーに没頭するための心の環境づくりも考えながらプレイを進めてくれます。



男の性感帯を活用した楽しめるオナニー
エッチシーンは5パート31分ほど。
プレイは乳首オナニー、玉揉み、オナニーです。
エッチな効果音はありません。

「じゃあお兄ちゃん 焦らずに ゆっくり腕を動かして 指先で 乳首をいじってみようか?」
諸々の準備を終えた後、妹はオナニーの手始めとして
お兄ちゃんに指を使って乳首をいじるよう指示します。

プレイは彼女の指示に従いながら言われたところを刺激します。
オナサポ音声では女の子がオナニーの開始/終了の合図を出すとか
どこをいじるか指示するあたりをメインとしているケースが多いのですが
「おててレッスン!」シリーズはそれより1段階掘り下げて
どこを、どういう風に、どれくらいのペースでいじるかまで細かく指示してくれます。
本当に手とり足とり教えてくれるこの親切さ、丁寧さが最大の魅力です。

例えば一番最初の乳首オナニーは、指で乳輪を円を描くように撫で回し
乳首に触れるか触れないかの刺激を与えてから優しくこねくり回します。
そして最中は「くるーり くるーり こり こり こり こり」と言いながらペースを指示します。

プレイの序盤、性感を高める段階なのもあって全体的にペースが緩く
その通りにやってみるとこそばゆく感じる人が多いでしょう。
ですが乳首がある程度開発されているなら軽い電流が走るはずです。
そうやって彼女は少しずつ射精したい気持ちを高めてくれます。

「ここからは 私の言う通り リズムに合わせて おちんちんシコシコしてね」
本格的なオナニーが始まるのはプレイ開始から13分後。
彼女の「しこ しこ」の掛け声に合わせてしごいていきます。
ここでも1分30秒くらいの比較的短い間隔でペースを上下させるのですが
普段やるオナニーよりもペースが全体的にゆっくりしているため
「気持ちいいんだけどイキきれない」もどかしい感覚を味わうことになるでしょう。

事前に乳首と金玉をいじって性感を高めているから尚更です。
1コキごとに波打つような生温かい快感が全身を襲いました。
妹による焦らし地獄はここからが本番です。

「最初はゆっくり カウントに合わせて」
もどかしい気持ちが極限まで高まるのは4番目の「早漏防止トレーニング」パート。
ここではスタート・アンド・ストップ法というトレーニング法を取り入れ
カウントを使いながら何度も何度も寸止めを試みます。

※スタート・アンド・ストップ法については以下の記事の第2項をご覧ください。
おててレッスン! ~雅でドSなお狐様の早漏防止焦らしオナサポ~

ここではカウントが速くなるほどハイペースでしごくルールに変化し
妹は長めのカウントを数えながらかなり頻繁にペースを切り替えてきます。
快感が結構蓄積されてますから気を抜くとあっさり射精してしまうでしょう。
特にペースが急激に速まるシーンで暴発しないようご注意ください。

「あと少し あと少しだよお兄ちゃん 限界まで高めた快感が おちんちんから 精液と一緒に吹き出すよ」
そして最後の最後でようやく射精の瞬間が訪れます。
20分近く断続的にしごき続けてきた肉体的な快感と
開始当初から蓄積してきた精神的な快感が合わさって
「腰が抜ける」と表現しても大げさに感じないほどの強烈な快感が味わえました。
彼女を信じ、その声に従い続けてきたからこそ得られたのだと思います。

このように、ややハードながらも思いやりに溢れたオナサポが繰り広げられます。



オナサポボイスにおける一つの完成系
現在世に出ているオナサポ音声の中でも最上位ランクに位置する作品です。

いきなりオナニーをさせるのではなく心と体を一度リセットし
それからやや遠回りな責め方で少しずつ確実に射精感を高めていきます。
皆さんも経験済みでしょうが、短時間で肉体的な刺激だけを与え続けるよりも
適度な時間をかけて心を充実させてから射精したほうがずっと気持ちよくなれます。
そのための手助けを妹は声を使って行ってくれます。

「せっかく溜め込んだ快感 思いっきり吐き出したいもんね」
この作品が何より素晴らしいのは、これだけガチガチの指示を与えるプレイでありながら
聴いていてちっとも嫌な感じがなく素直に従えるところです。
それは事前の深呼吸や脱力の効果だけでなく
彼女がすべての行為を聴き手の視点に立って行ってくれているからです。

プレイ内容的に道中はやきもきするシーンがあるかもしれません。
でもそれを超えれば大きな快感が得られる、という希望を彼女は与え続けてくれます。
だから溜めすぎていた場合に思わず暴発してしまう可能性はあっても
途中で指示通りにするのがめんどくさくなることはほとんどないはずです。
聴き手がいい気分でプレイを行い、完遂するための気配りが随所で見られます。

作品の売りとなっている早漏防止の効果については
このパート自体が6分程度しかありませんのであくまでおまけレベルです。
ですが作品全体が焦らしの方向で統一されてますし
無事完遂できれば少しは耐性がつくようにも思えます。

ドM向け作品のようにハイペースでしごく→止める、みたいなものとは違い
基本的にはゆっくり目で時折速くする体に負担のかかりにくい寸止めです。
寸止めオナニーに挑戦してみたい人には是非お薦めしたいですね。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

聴き手のことを常に見ながら親身になってサポートしてくれる作品です。
音声作品でオナサポはかなりメジャーなジャンルなのですが
ここまで気持ちよくなり、感動もした作品は他にありません。
以上を踏まえて本作品を18禁同人音声では25本目の満点とさせていただきました。

CV:桃山小鳥さん
総時間 46:26


オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

おててレッスン! ~妹の手コキサポート~

サークル「しらあえプロジェクト」さんの同人音声作品。

既に6作品がリリースされている同サークルさんの看板シリーズ第1作目は
献身的な妹がきめ細かいオナサポで優しく焦らしながら射精へと導きます。
総時間27分のかなり短い作品なのですが、オナサポボイスとしての完成度は高く
しっかりと準備をしてから少しずつ性感を高める形でプレイを進めます。

最中は焦らすシーンがかなり多いため、何度ももどかしさを感じるかもしれません。
でも最後の最後に訪れる快感がすべてを吹き飛ばしてくれるでしょう。



気持ちのいい射精をするために必要なこととは?
妹の指示に従いながらオナニーするお話。

「やっほー お兄ちゃん 元気?」
妹は明るく可愛い声の女の子。
気持ちいいオナニーがしたい願望を抱くお兄ちゃんに呼び出された彼女は
見下したりせずむしろ嬉しそうに彼のお手伝いをしてあげます。

音声作品におけるオナサポは最も人気のあるジャンルの一つなのですが
その作品の多くはプレイそのものの内容や進め方によって個性を打ち出しています。
それに対して本作品はもう一歩視野を広げて
「どうすれば時間内に最も気持ちよく射精できるか」を考えて作られています。

「お兄ちゃんたら オナニーしだすと おちんちんしこしこするのに 夢中になっちゃうから 誰にも邪魔されないように 注意しておかないと 大変だよ」
その証拠に彼女はまずこちらがオナニーに臨める状態になっているかを確認します。
具体的には1人きりになれているか、精液を受け止めるティッシュは手元にあるか
そして妹の指示に従う心の準備ができているか、などです。

人によっては余計なことだと思うかもしれませんが
射精の直前にトラブルが発生したら精液の量も勢いも一気に減ってしまいます。
心置きなく作品に没頭するための必要不可欠なシーンと言えるでしょう。

「じゃあまずは リラックスするために 深呼吸しようか?」
「よし、準備は整った じゃあオナニーするぞ」と思わせておきながら
彼女はまだおちんちんに手を触れることすら許してくれません。
そればかりか逆に心を落ち着けるための深呼吸をするよう指示してきます。
ちなみにオナサポ作品で深呼吸を求められるのはこのシリーズくらいしかありません。

催眠音声を聴いている人ならわかるでしょうが
深呼吸をすると人間なら誰でも心が平穏な状態へと移行します。
そして平穏な状態になると他人の言うことに耳を傾けやすくなります。

これから行われるオナサポは非常にきめ細かい指示を出してくるため
彼女の声にいかに素直に従えるかも重要なポイントになります。
そのための心の準備として深呼吸をするわけです。
こうやって彼女はやや遠回りをしながら最後の射精に向けて最高の環境を整えてくれます。



ちょっぴり意地悪に、でも励まされながら
本格的なオナニーシーンはおよそ19分間。
プレイは玉揉みとオナニーです。
エッチな効果音はありません。

「じゃあ お待ちかねの おちんちん 触ってみようか?」
心置きなくオナニーに専念できる準備を終えたところで
ようやくズボンを脱いでパンツの上からおちんちんを優しく揉む指示が出ます。

「袋の中の玉を 優しく転がして もみもみ」
プレイが始まると妹はセリフの合間に「もみもみ」「しこしこ」といった擬音語を使って
こちらがどれくらいの強さやペースでおちんちんを刺激すればいいかを教えてくれます。
おかげで文字通り頭の中を空っぽにした状態でプレイに没頭できるでしょう。
それ以外の部分、例えばどこをどうやって刺激すればいいかも細かく教えてくれます。

「仕方ないなぁ それじゃおちんちん 触らせてあげる でーも 触っていいのは 中指1本だけ」
そして彼女は聴き手がより性感を高められるように
わざと焦らしながらプレイを進めます。
パンツ越しに竿と金玉を揉み、脱いでからも指一本で裏筋を撫でるだけ
続いて同じく亀頭をゆっくり撫でるだけと意地悪なプレイが多く
最中は早くおちんちんをしごきたい感情がきっと高まるはずです。

でも彼女はそれも気持ちよく射精してもらいたいから行っているに過ぎません。
行為自体は確かに意地悪なのですが、その声は純真そのもの。
こちらの痴態を見下すことなく、むしろ応援するような姿勢で指示を出します。

「私の言うリズムに合わせて 優しく ゆーっくり しこしこしようね」
最大の目玉であるオナニーシーンは12分間。
ゆっくり、ややゆっくり、標準、速くと4つのスピードを設定し
それを12~16回の間隔で小まめに変化させながら射精へと追い込みます。


序盤はゆっくり→ややゆっくり→ゆっくり→ややゆっくり、といった感じで
ここでも彼女はじりじりと性感を高めるようにプレイを進めます。
しばらくするともう少し速くなるので、先ほどに比べればもどかしさは少ないのですが
標準から一気にゆっくりにペースダウンした時などはかなりクルものがあります。
射精できそうな状態を長めに維持してから吐き出させるスタイルですね。

「出して! お兄ちゃんの精液 いっぱい出してっ!」
そうして待ちに待った射精の瞬間はやはり突き抜けるようなものがありました。
ここまで様々な工程を経たうえで射精をしたからこそ
今回のようなより大きな快感が得られたのだと思います。

ただひたすらしごかせるのではなく
考えながらオナサポを進めているところに大きな感銘を受けました。

このように、練りに練ったハイレベルなオナサポが繰り広げられます。



安定感のあるオナサポ作品
1作目ながらも非常にレベルの高い作品です。

全体を通して見られる独特なアプローチ、そしてプレイにおける細かい指示。
あらゆる要素が聴き手を一段高い射精に導くことへと集約されています。
個々のプレイやシーンだけを見れば本作品より勝っているオナサポ作品もあるでしょう。
しかし総合力ではやはり本作品に軍配が上がります。
ここまで完成度の高いオナサポ作品はそうそうありません。

オナサポ作品が脚光を浴びている現在でも
本シリーズに並ぶ作品は吟遊夜会さんの「魔汚館」シリーズくらいしかありません。
理由は常に目的意識を持ちながらプレイを進めていることと
聴き手が無理なく快感に没頭できるように適切な指示を与えているところにあります。

射精という行為はなんだかんだいってデリケートですから
万全の状態でそこへと持って行くのは結構大変なことだと思います。
だからこそ、それを見事に成し遂げている本作品は素晴らしいと言えます。

焦らしっぷりが結構手厳しい部類に属するのですが
雰囲気があまあまですし、そもそも総時間が短めなので大丈夫かなと。
心を折るのではなく励ます方向で妹はこちらに語り掛けてくれます。
寸止めシーンはありません。

1点気になったところを挙げさせていただくと
おちんちんへの責めに関する指示は本当にきめ細かいのですが
最中に妹は心を盛り上げる系統のセリフをあまり言ってきません。
「妹の指示に従って目の前でオナニーするなんて お兄ちゃんは変態さんだね」
みたいに、見られているシチュを使って羞恥心を煽ってくることもありません。

そういう意味では肉体的な快感に限定されている部分もあるため
1~2日溜めた状態で聴いたほうが楽しみやすいと思います。
罵声もありませんし、属性はノーマル~ややM向けです。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

3年以上前に出たにもかかわらず、今の作品とも対等に渡り合える実力を持つ作品です。

この「おててレッスン! 」シリーズは他にも年上のお姉さんとかロリババアとか
様々なタイプの女性がオナサポをしてくれます。
どの作品も似たような進め方がされていますので
皆さんの好みに合わせて作品選びをしてみてください。

おまけは桃山さんによるPRボイスです。

CV:桃山小鳥さん
総時間 本編…26:50 おまけ…1:38


オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

公開奴隷催眠~ガールズバーの裏の顔~

サークル「まいろりん」さんの催眠音声作品。
音声作品以外にもCG集やゲームなど、手広く活動されているサークルさんです。

本作品は催眠にかかった主人公が、大衆に向けて痴態を晒してしまう
言うところの「公開オナニー」をプレイのメインに据えており
見る側の視線にもスポットが当てられています。

視線重視の作品と言うと、私は「催眠音声魔界ステージ」くらいしか思いつきません。
かなりレアな嗜好と言えるでしょう。

また、本作品は本編が2パターン用意されており
フィニッシュ後に自分の精液を飲む/飲まないを選択できます。



バーはあくまで仮の姿
とあるバーに立ち寄った主人公が、催眠をかけられ痴態を晒してしまうお話。

「あら いらっしゃいませ こんな時間にお一人ですか?」
バーの店員であるみさきは、しっとりとした声の女性。
閉店間際に押し掛けた主人公にも嫌な顔一つせず、ウィスキーを用意してくれます。
しかし、そのウィスキーにはとある細工が施してあるのでした。

プロローグは物語の雰囲気を出すために、BGMが流れるようになっています。
本編ではきちんと無音になりますから、そのへんは大丈夫。

催眠はおよそ5分間とかなりの短さ。
深呼吸をしたり、彼女の指示に従って体を動かしながら脱力をしたりと
基本的にはよくある手順が採られています。

ここでの特徴は、リラックスをより効果的に行うために
メトロノームの音を聴かせてくれることです。

「コッ コッ」と規則正しく左右に揺れる音を聴いていると
不思議と落ち着いてくるのがわかるでしょう。

「何も考えずに 私の言った言葉通りに 行動すればいいの」
彼女の行間を長めに取った暗示を聞いていき
最後はカウントダウンによって、催眠の世界へ引きずり込まれていくことになります。

という流れなのですが、いかんせん時間が厳しいかなと…
メトロノームのおかげで、リラックスするあたりまではいけますが
そこから先、催眠にかける部分がかなり端折られているため
かかったとしてもごく浅いレベルになると思われます。



多くの女性の視線を感じながら
エッチシーンは約15分。
プレイはビデオカメラで撮影されながらの公開オナニーとなります。

エッチな効果音はありません。
セルフはありになります。

「今日の奴隷のチンポは こうなってまーす」
Sの本性を現したみさきは、若干嗜虐的な声に変化し
彼女の言いなりになった主人公に屈辱的な命令を与えます。

「どう? みんな見ているわよ あなたの汚いケツの穴」
ここでは「見られることによる快感」に重点が置かれており
自分の痴態をどのような人たちが、どのような形で見入っているのかを
割と事細かにみさきが説明してくれます。

露出プレイなんかが好きな方向けのシチュと言えるでしょう。

「それを口の中に入れて 口の中で味わいなさい」
精飲シーンがあるのも珍しいですね。
これもただ単に飲むわけではなく、大勢に見られながら飲むことが
プレイをより背徳的にしています。

このように、かなり変態的なプレイを聴くことができます。
完全にM向けのプレイながらも、みさきの口調が割と丁寧なおかげで
そこまできつい印象は受けません。



催眠よりプレイ重視の作品
みさきが最後に「催眠にかかっていたから、プレイの記憶は失われる」と言うなど
催眠を現実よりやや誇張して表現していることなどを考えると
純粋な催眠音声よりは、催眠をテーマとしたボイスドラマの色が強いです。

催眠はもう少し時間があれば、というところでしょうか。
進め方が無難なだけに、早々に切り上げてしまったのは残念です。
メトロノームの音を流すのはいいですね。

エッチは見られていることを、とにかく意識させてくれます。
女性のオナニーもイメージさせるように作られていますから
そういう系統が好きな方もいける内容ではあります。

催眠音声としてはやや厳しくさせていただきましたが
ストーリーはまとまっているし
本作品そのものが、そこまで悪いとは思いません。
先に書いた通り、催眠風ボイスドラマとしてなら十分に楽しめるでしょう。

CV:桃山小鳥さん
総時間 7:31(共通パート) 25:42(精飲あり本編) 24:04(精飲なし本編)


オススメ度
■■■■□□□□□□ 4点


体験版はこちらにあります



サークル「pure voice」さんの催眠音声作品。
今回は「ギター」を使って催眠を行うという珍しい作品です。
そして本作品は挿し絵を見ればわかるように
元ネタとなるキャラが存在します。

同人音声は同人業界において
著作権モノの2次創作作品がほとんどないという、かなり特異な分野です。
そのへんが同人音声を応援している理由でもあります。
一応言っておきますと、本作品を貶めているわけではありません。

本作品はギター音がそれなりに大きいため
普段のボリュームだと耳が痛くなるかもしれません。
ある程度絞ってから聴いた方がいいでしょう。



ギターの音でお兄ちゃんを操ろう
主人公であるお兄ちゃんが、妹にギターの音で催眠をかけられ
ちょっとエッチなことをしてしまうお話。

妹は優しくてかわいい声の女の子。
「けいおん!」の中野梓をモチーフとしており、軽音部に所属しています。
声は似ていませんが、口調や仕草はあずにゃんぽいかも。
「けいおん!」ネタはほぼ出てきませんから、知らなくても大丈夫です。
最近部活で忙しくて構ってあげられない兄に対して
ギターの音を聴かせてあげます。

「ギターの音を聴かせる」と言っている通り
作中で曲が流れるわけではありません。
単音だったり、複数の音を重ねたり、ちょっとリズムを取ったりと
音そのものを楽しむように作られています。

催眠導入は合計28分ほどで、2つのパートに分かれています。

「ギターの音ってね とっても綺麗で かっこよくて 気持ちいいんだよ」
初期誘導パートではギター音に耳を鳴らすため
ラの音を一定間隔を置きながら聴かせてくれます。

体験版でも聴くことができますが、なんというか心に染み渡ります。
ギターの音が鳴る時だけ若干ノイズが入ることから
本物を録音して流しているものと思われます。

深化パートからが本番で、ギターの音を聴きながら
深呼吸や脱力を行っていきます。

「不思議だね 耳で聴いているはずなのに 魂に直接響いてくるの」
4分頃から声や音が左右から、より立体的に聞こえるように変化。
脳に直接語り掛けられているような感覚を味わうことになります。

そして様々なタイプのギター音、もうちょっと具体的に言うと
車がギアを上げて加速していく/下げて減速していくような音だったり
小刻みに音を震わせたり、不規則な音などを鳴らして
聴き手の神経を揺さぶろうとします。
このように、基本的に音を中心とした催眠を行います。



「調教」の名の通り、おもちゃにされます
エッチパートは17分。プレイはオナニーのみです。

「これからは ちゃーんと 躾けてあげるからね」
融通の利かない兄を黙らせるため
彼を動物に変えた後、調教することになります。
動物に変化させるというのは珍しいですね。
ただ軽く指示する程度ですから、あまり深くは入り込めないと思います。

「オナニーするとこ 見せなさい」
後半になると、妹はかなりきつい口調に変化。
ここでもギター音が主軸となっており
命令をする際に様々な音を鳴らすことで、兄の心と体を支配します。

例えば、きりきりとした音でおちんちんを絞られるシーンがあるのですが
股間のあたりがきゅんきゅんする感覚を味わうことができました。

最終的にはカウントダウンに合わせて射精することになります。



チャレンジャー向けの催眠作品
音モノでも実際の楽器を使っている作品を、本作品以外に私は知りません。
そういう意味ではかなりレアな作品ではあります。

楽器の音というのは人工的な音に比べて
何か心に突き刺さるものを感じました。

そのうちカスタネットを使った「うんたん催眠」とかも出てくるのかな…

あまりに特殊すぎるため、初心者向けではありません。
ある程度色々なタイプの催眠を経験した上で
「そろそろ違った趣向の作品も聴いてみたいな」
と思った時に候補として検討してみてください。

催眠にかかりやすい方ではあると思います。
最初に鳴らされるラの音を聴いていると、なぜか意識がぼんやりとしてきます。
何度も何度も聴いてもっと慣れた方が、かかりやすくなるのかもしれません。

エッチは妹にやや強く罵られながら、目の前で果てるという
Mにはたまらないシチュなのではないでしょうか。

CV:桃山小鳥さん
総時間 49:35


オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

2015年08月06日追記
本作品は2015年08月05日から2015年08月17日の間、DMMにて半額で販売されています。
【音責め真打!】けいおん部の妹にエレキギターで調教されちゃう催眠【催眠作品】

上記ページがうまく表示されない場合は以下のコメントご覧ください。
http://doonroom.blog.jp/archives/36419653.html#comments
続きを読む



サークル「VOICE LOVER」さんの同人音声作品。
タイトルの通り「死神」を自称する可愛い女の子が登場します。

死神はゲーム等では敵キャラとして割と登場しますが
音声作品ではほとんど見たことがありません。
やはり性質的に「死」を司るだけに
性行為という「生」の要素とは絡め辛いのでしょうか。

本作品は「ささやき庵」シリーズで有名な
VOICE LOVERさんということもあってか
作中に囁き声で語り掛けられるシーンがそれなりにあります。



生命を賭けたゲーム
主人公が死神「鬼灯(ほおずき)」と
自分の生命を賭けてエッチなゲームをするお話。

「私は死神 君に死を告げに来た」
鬼灯は初めにこのような事を言うものの
実際は死神の割に非常に砕けた口調の、セーラー服を着た女の子。

このままいけばあと1週間で死ぬ運命にある主人公に対して
「彼女と3回エッチな行為をして、1回でも射精を耐えられれば魂を狩るのを諦める」
という条件のもと、勝負をすることになります。

ここまで聞くと「賭博黙示録カイジ」のような
切迫感や重苦しさを感じるかもしれません。
ところが、久しぶりに食べたポテチの味に感動するなど
鬼灯の可愛い声と気さくな態度のおかげで
物語は意外に和やかな雰囲気で進められます。



勝負の割には愛のあるエッチ
エッチシーンは合計で37分ほどあり、プレイは耳舐め、手コキ、フェラ、SEX
プレイ中の効果音はありません。

「本当の天国には行けないけど 私が天国 見せてあげる」
死神は魂を狩る対象を事前に調査するとのことで、性癖や弱点はすべて把握済み。
そのため、プレイ中に鬼灯は何度も主人公の弱点である耳を責めたてます。

また、耳を責めるときだけは囁き声となり
声の圧力によっても、主人公と聴き手の耳を刺激し続けます。
囁かれながらのエッチが好きな方なら、きっと楽しめるでしょう。

フェラシーンは、耳元でちゅぱ音を聞かせながらという珍しいプレイ。
死神ですからこのへんはなんでもありです。

金玉、裏筋、亀頭、尿道口、そして全体に渡っての舐めを
音を右へ左へ移動させながら繰り広げます。

特に後半部分は強烈で
各所を軽めに舌で刺激することで焦らしに焦らした後
おちんちんを咥え込み
唾液の泡立つ音を盛大に鳴らしながらハイペースで責めます。
実際にやられたらきっと堪らないでしょうね。

「死神に 天国見せて」
ここまで終始責め続けていた鬼灯ですが、SEXシーンでは一転
主人公に愛撫、挿入されて乱れる様子が描かれています。
そしてまるで本当の恋人同士のように
お互いを確かめながら愛し合います。


後半からは囁き声に変わり、まるですぐ側にいるかのように
彼女の熱い吐息を間近で感じることができるでしょう。
そして、最後は二人同時に絶頂を迎えます。



ほろりと泣けるストーリーが目を引く作品
本作品を聴き終わった後、少し涙が出てしまいました。
というのも、このゲームの真の目的が最終パートで語られるからです。
詳しいネタは伏せますが、そこまでブラックな結末にはなりません。

総合的にみると、良ストーリーな作品と言えるでしょう。
死神という要素を十分に活用して
珍しい形の恋物語を上手にまとめ上げています。

エッチはやはり囁き声がポイント。
彼女の声、ちゅぱ音、息遣いをより身近に感じることができます。
設定的に二人とも若いからでしょうか
濃厚な、というよりは初々しいSEXが繰り広げられます。

CV:桃山小鳥さん
総時間 1:03:57


オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ