同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:栄人

   ● 催眠音声-砂時計-
   ● 黒彼氏にローションであまあまとろんとろんに犯し蕩かされちゃう催眠【全心身はぁド愛撫】
   ● -催眠音声- Masquerade-マスカレード-


催眠音声-砂時計-

サークル「Tuberose kiss」さんの催眠音声作品(女性向け)。

今回紹介する作品は、声も態度もあまあまな彼氏が
緊張や不安を感じてる恋人の心と体をエッチな催眠で鎮めます。

タイトルにもなってる砂時計を活用した癒し特化の催眠
体の熱と感度を上げながら少しずつハードなプレイに持っていくエッチなど
テーマと恋人らしさの両方を大事にした丁寧なサービスを行います。

今回はキミverでのレビューをお送りします。
涼やかな砂の音を聴きながら
彼氏にエッチな催眠をかけられてスッキリするお話。

「ん? 眠れない? 明日会議があるんだ?」
彼氏は甘く穏やかな声のお兄さん。
大事な会議を明日に控えて気持ちが高ぶってる主人公を落ち着けようと
砂時計を使った眠れるおまじないをかけます。

本作品は精神的になかなか落ち着けない人をぐっすり眠らせることを目的に
彼が総時間をほぼ半々に分けて催眠を施したり変わったエッチを提供します。
二人が恋人同士ということで堅苦しい前置きなどは一切挟まず
最初から最後まで若干砕けた調子で親しげに語りかけます。

ちなみに製品版にはお前verとキミverの2パターンが入ってます。
両者の違いは一人称や語尾の表現で基本的な流れは一緒です。
声優さんも別の方ですから同じ物語でもそれぞれで印象が変わるでしょうね。

「さらさらと小さな砂が落ちる音が聞こえるでしょ? この音を聞いているとだんだん心が落ち着いてくるよ」
全体を通じて言える大きな特徴は砂時計を活用すること。
催眠パートでは開始直後からバックでさらさらした効果音が流れ始め
終盤に差し掛かるとそれから連想されるイメージを通じて催眠状態を段階的に深めます。
そしてエッチでは主に序盤で性的興奮や感度を高めるのに使用します。

音自体は控えめなので音モノと言うほどの存在感を持ってるわけではありませんが
風の音や波の音といった環境音と似た癒しの役割を果たしてるのも事実です。
イメージも催眠に入りやすくなるよう上手に使ってます。

催眠はおよそ36分間。
仰向けに横になって目を瞑り、まずは深呼吸で心身を軽くリラックスさせます。

「無理にリラックスしようとか、力抜かなきゃーなんて 思わなくていいんだよ 俺が話しているのを、なんとなぁ~く聞いてくれれば、それでいいから」
呼吸のタイミングを取りながら短めの暗示を入れて応援したり
終了後は催眠に入りやすくなるコツを教えるなど、彼氏は早速恋人らしい優しさを随所で見せます。
催眠初心者を意識してるのか全編を通じてリードが丁寧でとても聴きやすいです。

お次は全身に軽く力を入れてから脱力して筋肉をほぐし
さらに18分近くの時間をかけて全身を細かいパーツごとにじっくり脱力します。

「左のふくらはぎから力が抜ける しゅぅ~っと空気が抜けるように力が抜ける」
「お腹から空気が抜けると共に力も抜けていく どんどん力が抜けてリラックスしていく 腰もお腹もどんどん脱力していく 脱力すると気持ちが良い」

右のつま先から始まり足の裏、脹脛、太もも、脚全体と下から上にかけて行い
そのひとつひとつに簡単な比喩を交えながら脱力の暗示を入れる非常に凝ったものです。
また両脚を終えたあたりから脱力感を他の部位へ伝播させるアプローチが加わります。
暗示の入れ方や演技もしっかりしていて後になるほど体の重さを強く実感しました。

仕事などで疲れを感じてる人が聴いたらそのまま眠ってしまうかもしれませんね。
彼女の心理状況や体調を考えてまずはとことん癒す方向で進めます。

体を十分にリラックスさせた次は心のリラックス。
主人公の意識を砂時計の砂に例え、上下を何度も入れ替えながら催眠がさらに深まる暗示を入れます。

「さらさらと落ちる すぅーっと沈み込んでいくように落ちる 小さな砂の一粒一粒に君の意識が溶け込んでいく」
「砂時計がひっくり返ると 砂に溶け込んだ君の意識もふわっと浮かび上がって目が覚める 時計の中の砂が元の場所に戻ると 君の意識も元の場所に戻るんだよ」

「砂が」をわざと省略して聴き手自身に当てはめやすくしたり
反転させる際に軽く半覚醒させて意識を効果的に揺さぶるなど
催眠の技術と砂時計の特徴を上手に絡めて少しずつ確実に催眠の感覚を強化します。

すっかり脱力した状態で聴くことになりますから彼の暗示を受け入れやすく
私が聴いた時も頭の中にもやがかかり、それがどんどん濃くなっていく感覚がしました。
やることの種類を必要最低限に絞り込み、それぞれをゆっくりのんびり行うスタイルも癒しにプラスに働いてます。

しっかりリラックスさせてから落とすシンプルで安定感のある催眠です。
聴き手の心と体を落ち着け、エッチに没頭できる環境を整えることを目的に
深呼吸、分割弛緩法、揺さぶり、沈黙法と主に古典催眠の技術を使って手堅く進めます。

シーンのほぼ全部で流れ続ける砂の音が心地よく
癒しに特化した展開も相まって多くの人が安らぎを感じるでしょう。
彼氏の声や態度も大事な人だけに見せる温かさが漂ってます。
最初は優しく、その後は激しく
エッチシーンは4パート32分間。
プレイは砂を舐める、キス、体に砂を塗る、全身舐め、手マン、クリ舐め、オナニー、乳首責め、耳舐め、SEX(正常位)、ディルド責めです。

手マン、オナニー、SEX、ディルド責めの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。
セルフは有りです。

「そうだ 砂時計でちょっといいことしよっか」
催眠をかけて主人公を気持ちいい感覚で包み込んだ彼氏は
彼女がスッキリした気分で眠れるようにエッチなご奉仕を始めます。

エッチは終始彼がリードする形で進みます。
一番最初の「キス・指」パートは準備に近いプレイ(約20分)。
砂時計が持つ別の効果を使って彼女の感度を上げてから全身をくまなく舐めます。

「君の口の中に甘い香りが広がると 喉の奥までかぁっと熱くなる まるで少し強いお酒のようなかんじ」
「太ももに流れた愛液を舌ですぅっと舐めとって… ざらついた生暖かい舌の感触を感じてゾクゾクする じらすように周りだけを舌が這う」

そして砂を体の内外に塗られた時はエッチな熱を、舐められた時は純粋な快感を暗示を交えて伝えます。
実況が結構細かいのでイメージしやすいですし、全身舐めの際はちゅぱ音もそれなりに鳴ります、
言葉責めにあたるセリフも一切なく催眠パートと同じ穏やかな空気が漂ってます。

続く3パートはより気持ちいい絶頂を目指すプレイ(約12分)。
セルフパートは彼の大まかな指示に従って自分の気持ちいい部分をいじり
挿入パートは正常位で繋がり二人同時の絶頂を迎えます。
そしてループパートはもうちょっと楽しみたい人向けに追加のサービスをします。

「君の感じる場所をいじる手がどんどん激しくなって 激しくなればなるほど、もうとめられない 理性も羞恥心も飛んでしまう 頭の中も体の中も快感でいっぱいに満たされる」
最初のパートよりも踏み込んだプレイを用意し
気持ちよくなる暗示とエッチな音を組み合わせて快感を高める催眠音声らしいものです。
またセルフパートは最中に催眠が解けないようにする保険もかけてくれます。
SEXの後に連続絶頂できるシーンをさらに用意するなど刺激が強めに設定されてます。

このように、多少焦らしてから強めにイかせるメリハリのあるエッチが繰り広げられてます。
癒されながら気持ちよくなれる作品
癒しとエロのバランスが取れてる作品です。

彼氏は大事な仕事を明日に控えてる主人公をぐっすり寝かせようと
まずは催眠をかけて心の中にあるネガティブな感情の力を弱めます。
そしてエッチは打って変わって快感だけを追い求められるようにリードします。

技術とテーマの親和性が高く癒しのパワーも非常に強い催眠。
ほぼノーマルなシチュで性感帯を中心に全身を甘く責めるエッチ。
恋人らしさを出しつつ心身両面にプラスに働く成分をたくさん注入します。

催眠は砂時計の扱い方が秀逸です。
上から下に少しずつ落ちる音とそれに関するイメージを有効活用してます。
女性向け作品ですが男性声に抵抗がなければ男性でも問題なく催眠に入れるし癒されます。
体験版で安眠バージョンがまるまる聴けますから興味の湧いた方は是非お試しください。

エッチは連続絶頂に挑戦してることやそれに関するカスタマイズ性も大きな特徴です。
絶頂シーンは最低でも4回(うち2回は連続絶頂)。
くちゅ音とちゅぱ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

CV:お前ver…skyさん キミver…栄人さん
総時間 お前ver…1:25:21 キミver…1:19:20


体験版はこちらにあります

黒彼氏にローションであまあまとろんとろんに犯し蕩かされちゃう催眠【全心身はぁド愛撫】

サークル「エコーズ」さんの催眠音声作品(女性向け)。

今回紹介する作品は、やや乱暴な言葉使いをするとっても優しい彼氏が
恋人になった女性にちょっぴりアブノーマルなエッチをプレゼントします。

ローションのイメージや特性に暗示を絡めて催眠を深めたり
体の隅々までローションを塗りたくって心と体を気持ちよくするなど
タイトルのローションを前面に押し出したサービスをしているのが大きな特徴です。
内気な彼女をねっとり開発
彼氏とローションを使った催眠やエッチを楽しむお話。

「ほら こっちおいでよ」
彼氏はトーンが低くちょっぴり気の強そうな声のお兄さん。
付き合い始めてしばらく経ってもなかなか心を開いてくれない主人公を見て
今日はいつもと違う激しいエッチをしようと提案します。

本作品は内気な彼女の心を開き、女としての自分に自信を持ってもらうことを目的に
彼が特殊な効果を持つローションを体中に塗りながら責めます。
物語の最初から最後まで必ずローションを絡めながらサービスを進める珍しい作りをしています。

サークルさんがこれより半年近く前に発売された男性向け催眠音声
【女体化】臨界ダクダクあま百合えっちローションなぶり!!【催眠】」の女性向けバージョンにあたり
女性が聴いても違和感が出ないようにキャラ設定や細かな言い回しが変えてあります。
本レビューを読んでわからない部分があった場合はそちらも見てみるといいでしょう。
催眠とエッチの基本的な流れはほぼ一緒です。

「え? 今度? だーめ 今オッケーって言ったから今しようぜ」
今回相手をする彼氏は言葉使いがやや乱暴に感じるものの
催眠もエッチもこちらの事を第一に考え、親身にお世話する面倒見のいいキャラです。
一部で強引に迫るシーンがあるのも彼女が内気だからであって
心や体を傷つけようとする意図は一切見られません。
彼女に自信を持ってもらおうと行為の最中には何度も褒めてあげます。

催眠はおよそ13分間。
ベッドに腰掛け目を閉じた状態でまずは彼が手に持っているローションのビンをイメージします。

「たらーん 右手のローションに映っていたお前の姿が 歪んで 崩れて 溶けて 消えて」
ローションをビンから右手に垂らし、さらに左手に移動させる様子を描きながら
彼はしきりに「ぼんやり」「とろーり」など意識の力を弱める言葉を投げかけます。

一般的な催眠音声とは流れが随分違いますから最初は戸惑うかもしれません。
ですがローションのビンやドロドロした質感を通じて暗示を入れているのがよくわかります。
いきなりローションを絡めてくるところも本作品らしさがあって面白いです。

ローションをしばらく眺めた後は彼がそれを塗り始め
同時にビンに映ったこちらの姿を実況します。
主人公が女性としての自分に魅力が無いと思いこんでる背景を考慮し
美しくなった容姿を褒めて心に活力を与えようともします。

「ほら 見て 女の子なお前の 色っぽい唇」
「見つめて 体型が全部見えるよ 滑らかで 柔らかい輪郭の すっごく女の子らしい体型だよな」

彼が「女の子らしい」と何度も言ってくるのが引っかかるかもしれません。
元作品だとここは女体化するシーンなので、女性向けに表現を調整したほうが良かったと思います。

ローションのビンや液体のイメージで落とす個性的な催眠です。
聴き手の閉じた心を開かせることを目的に
ビンに映るローションの美しさや自分の体、ローションそのものの質感や垂れていく様子を描き
合間合間に意識がぼやける暗示をちょこちょこ入れてきます。

イメージが容易なのと彼の状況説明がわかりやすいこともあり
開始からしばらく経つと頭の中が妙にぼんやりする人がいると思います。
ですが聴き手をリラックスさせる準備をするシーンが省略されていることや
イメージの描写に力を入れている一方で暗示が少ないことから
他の作品で味わえるような催眠特有の感覚はそこまで強く実感できないと思います。

「テーマ性はあるのだけど完成度に難がある」というのが正直な感想です。
ローションと彼氏の温かさを感じながら
エッチシーンは2パート47分間。
プレイはローション塗り、キス、手マン、シックスナイン、SEXです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「じゃ ローション まずはうすーく全身に塗っていくぞ」
ローションを手に取り人肌に温めながら主人公を催眠状態に導いた彼氏は
いよいよ彼女の全身にローションを塗り始めます。

エッチは終始彼にリードされる形で進みます。
最初の「ローション塗り塗り催眠」パートは追加の催眠とローションプレイ。
肩、腕、足、乳房と乳首、クリトリス、太もも、脇腹、顔の各部位に至るまで
彼氏が部位ごとにイメージしやすい描写でローションを塗っていきます。

「ぬーる ぬーる 女の子らしい ほっそりした腕 とろけそうな感覚が広がって 力が抜けていく」
本作品のエッチはどちらのパートも擬声語を数多く使用しているのが特徴です。
おっぱいは「ぬるぬる」、クリトリスは「くりくり」、おまんこは「ちゅくちゅく」と
部位ごとに切り替えてくれるおかげで彼がどこをどう責めてるかがイメージしやすいです。

ただしこのパートのメインはあくまでローションを体に塗ることにあり
彼が性感帯を積極的に刺激するシーンは少ないです。
彼にお世話してもらってる気分を楽しむ雰囲気重視のプレイです。

「好き ぬるぬるになって 開かれていくお前の体が 好き」
「こういう大事なところは 特別優しく塗ってやるからな」

プレイの最中に投げかけられる彼氏の言葉もあまあま。
ローションまみれになってる彼女を見下すことなく、むしろ慈しむように体の隅々まで愛撫します。
2人が胸をくっつけて擦り合わせたり、ローションの効果で滲み出た母乳を嬉しそうに飲んだりと
恋人らしい優しさや温かさを感じるシーンが多いです。

2番目の「連続絶頂」パートはローションで温まった心と体を一気に開放します。
前半は手マン+クリ責めで3連続、後半はSEXでもう1回絶頂するややハードなプレイです。

「ほら もっともっとエッチな熱い液が溢れてきて ローションに混ざって もっと粘っこくなって もっとエロい音になってきたよ」
「いやいやって身をよじればよじるほど ここからもっと深く突き入れてやるからな」

彼氏もこのパートだけはちょっぴりSっ気を見せて責めてくれます。
といっても本気で嫌がる彼女を無理矢理犯すのではなく
より気持ちよくなってもらうためのスパイスとしてそうしている節が見られます。
表面的には黒い部分もあるけど内面は真っ白な男性に映りました。

このように、ローションをたっぷり使って愛し合うあまあまなエッチが繰り広げられています。
とろけるように甘い作品
ローションを使ったプレイだけでなく彼氏の優しさも魅力的な作品です。

普段の付き合いでもエッチでもなかなか自分をさらけ出してくれない主人公のために
彼氏が敢えてアブノーマルなエッチを持ちかけ優しくリードします。
ローションのビンや液体から連想されるイメージを用いた催眠
ローションを体に塗りまくって気持ちよくするエッチ。
どちらも作品の長所であるローションを最大限に活用しながら進めます。

ローションを扱う催眠音声自体がなかなかありませんし
珍しいプレイを聴いてみたい人なら楽しめる部分を持っています。

「お前は俺だけのもの 愛してる」
相手をしてくれる彼氏のストレートな愛情表現も心を温めます。
彼が彼女に対してあれこれ世話を焼くのは独占したい気持ちの表れで
今回のエッチも彼女の本当の姿を自分にだけ見せて欲しかったからだと思います。
プレイ中のリードにも強引さが薄く、女性を大事にしようとする態度が見られます。

そんな良い部分を持つ本作ですが、催眠音声としての品質には首を捻ります。
催眠パートの内容が初心者向けにはほど遠く変則的なこと
エッチにおける彼のセリフが極端なほど状況説明に偏ってる点が挙げられます。

「おっぱい ぬるぬるぬるぬるー 乳首 ぬりぬりぬりぬりー」
特に後者は乱発していると言えるほどに擬声語が多く
それに対する感覚操作の暗示をほとんど入れてこないのが痛いです。

本作品のエッチはイメージするのは簡単です。
でも彼に責められたことによって得られる快感をほとんど伝えてくれません。
催眠音声のエッチに重要な部分が明らかに欠けています。

絶頂シーンは全部で4回。
淫語とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

非常に独特な催眠とエッチを楽しませてくれる作品です。

CV:栄人さん
総時間 1:06:36


体験版はこちらにあります

-催眠音声- Masquerade-マスカレード-

サークル「Tuberose kiss」さんの催眠音声作品(女性向け)。

今回紹介する作品は、謎のお兄さんと一緒に仮面舞踏会へと赴き
そこで彼や他の男性たちからエッチな責めを受けます。

王道的な技法でしっかりと催眠を深めていく堅実な催眠と
その後に行われるアブノーマルなエッチとのギャップが際立っており
前半は声で優しく全身を包まれる癒しの感覚を
後半は羞恥心による体の火照りや心の高ぶりを感じることができます。

本作品にはノーマルバージョンと口調の少し違う敬語バージョンがあります。
今回はskyさん演じるノーマルバージョンでのレビューとなります。



お兄さんと共に謎の舞踏会へ
お兄さんに催眠をかけられた後に仮面舞踏会へ行き
そこで彼や見知らぬ男性たちとエッチを楽しむお話。

「こんばんわ 今夜はキミを仮面舞踏会へ誘いに来たよ」
お兄さんは穏やかで落ち着いた声の男性。
仮面舞踏会のパートナーとして主人公を誘いにやってくると
そのための準備として彼女に催眠をかけ始めます。

これだけでは仮面舞踏会と催眠の繋がりがわからないでしょうから説明しますと
今回催される舞踏会はかなり変わった趣向のもので
彼女には開催場所を知られたくない事情があります。
そこで催眠を使って意識をぼやけさせ、その間に彼が会場へと移動させる。
こんな風にきちんとした流れを持たせながら催眠とエッチを行ってくれています。

また彼は催眠を始める前に彼女の枕元にリンゴを置きます。
もしお持ちでしたらリンゴの香りがするアイテムを用意しておくといいでしょう。
無くても匂ってくるのですが、あったほうがより実感しやすいです。

催眠は2パート26分ほど。
まずはおよそ4分間深呼吸をして心身をひとまず落ち着けます。

「リンゴの香りが体を巡る いらないものがすべて出て行く」
深呼吸自体は彼の声に合わせて行うオーソドックスなものなのですが
最中にリンゴの匂いを意識させる暗示が入るおかげで
甘い匂いがほんのり漂ってくるような気がするかもしれません。

skyさんの声もトーンが低くゆったりとしており心安らぐものを感じます。
同姓から見てもこういう声はやっぱり落ち着けます。

「深呼吸してリラックスした君の体の中は 今 綺麗な酸素と リンゴの甘い香りで一杯に満たされている」
また彼は催眠の節目節目で現在の気分を聴き手に自覚させようとしてきます。
リラックス具合を実感できているほうが当然催眠に入りやすくなりますし
後々他の作品を聴いた際にも役立つなど、初心者に優しい進め方がされています。
聴いた感じでは全体的にとても丁寧な印象を受けました。

お次は全身を右腕、左腕、右脚、左脚、お腹、背中、首、顔と細かく分け
彼の声を聴きながらそれぞれをゆっくりと脱力していきます。

「りんごの甘い香りに包まれて ふわふわと柔らかい香りに包まれて どんどん力が抜ける」
ここでも深呼吸で得られた新鮮な空気と共に
体中にリンゴの香りを行き渡らせるイメージが取り入れられています。
催眠の要ということで約12分と十分な時間が取られていますし
「力が抜ける」「ほぐれる」「心地いい」など、脱力を促す表現を数多く交えた暗示も手伝って
何もしたくなくなるような無気力感や脱力感を強く感じるでしょう。

「まぶたが閉じる まぶたが閉じると意識がすぅ~っと沈み込む ふわふわと漂っていた意識がずぅーんと落ちていく 沈んでいく」
そして最後は深化としてカウントを数えて一度半覚醒し
それからキーワードに合わせて催眠の世界に戻る動作を2度繰り返します。
催眠状態に戻す瞬間にかけられる、お兄さんのスピーディーかつ力強い暗示に
ずるずると引きずりこまれていくような不思議な感覚を覚えました。
催眠に入っていく感覚が比較的味わいやすいシーンだと思います。

古典催眠でお馴染みの分割弛緩法を施し、最後に揺さぶりをかける手堅い催眠です。
仮面舞踏会に行くのを目的に、リラックスに十分以上の時間と手間隙をかけてから
半覚醒状態と催眠状態の違いをしっかり自覚させてくれます。
技術の使い方や暗示の表現方法、入れるタイミングがしっかりしており
後になるほど意識のぼやけや体の重さが強くなっていくのを感じるでしょう。

昨年出された男性向けの作品を聴いたときから思っていたのですが
すべてが基本に忠実で本当に安心して身を委ねることができます。
精神疲労に効果のあるリンゴの香りを取り入れているところも面白いです。
最後の揺さぶりを追加でもう1~2回やってくれれば尚良かったかもしれません。
ですが今のままでも中程度くらいの深さには普通に入れます。



見知らぬ男性に裸を見られ、舐められながら
エッチシーンは2パートあり、合わせて26分間。
プレイは男たちによる全身愛撫、全身舐め、フェラ、お兄さんによる手マン、クンニ、SEXです。

全身舐めの際に男たちの息遣いやちゅぱ音
手マンとSEXの際にリアルな効果音が鳴ります。
セルフはありません。

「後ろから 二人の男に両脇と両脚を抱え上げられる 男たちの吐息がキミの耳にかかる 吐息を感じてゾクゾクする」
仮面舞踏会の控え室に到着し、お兄さんに言われて下着姿になった主人公は
2人で仮面を着けて会場に入り、中央のステージで体を拘束されてから
会場にいた見知らぬ男たちと彼から同時に体を責められ始めます。

エッチは体の自由を封じられ、股を開かされた体勢で一方的に責められます。
シチュだけを見ると陵辱色の強いプレイに思われがちですが
舞台が仮面舞踏会=日常とは違った体験を楽しむ場所に設定されていることから
ちょっぴりアブノーマルで刺激的なエッチあたりに留まっています。

「頭の後ろで仮面のリボンを結んであげるね このリボンはキミの意思を縛るしるし キミが俺の言葉にに逆らうことが出来なくなる あかし」
エッチパートに入ってもお兄さんは引き続きとってもあまあま。
服を脱ぐことに戸惑う彼女に仮面を着けながら心を開放する言葉をかけたり
ステージに上がる前には他の女性の痴態を一度観察させ
これからプレイに臨む心の準備や期待感を掻き立ててくれます。

本作品のエッチにおける大きな特徴は羞恥心を適度に煽ってくること。
彼はプレイをしながら自分以外の男性に触れられていることや
それ以外の多くの人々に見つめられていることを言葉で伝えてきます。

「沢山の男たちに触られて 舐められて 見られて 恥ずかしい けれど 体は感じてしまう 体が火照って仕方が無い むずむずと体の中心から快感がこみあげる」
しかも煽るだけでなくきちんと気持ちよさに繋げてくれていもいます。
見られる恥ずかしさ、気持ちよさはリアルだと決して味わえない快感なだけに
それを仮想的とはいえ主観的に体験できるのは大きな魅力ではないでしょうか。
催眠パートと同様に暗示を上手に使ってそう思えるよう誘導してくれます。

そして彼は他の部分は男たちに許しても
おまんこだけは決して指一本触れさせません。
ここへの責めはすべて彼一人が担当しています。

「どこに触れられても気持ちがいい 大きな波が来る 奥を突かれる度に高まっていく 体が大きくのけぞる 快感の波に飲み込まれる 快感の逃げ場を求めて足のつま先に力が入る」
中でも終盤に登場するSEXシーンはまさに暗示責めと呼べるほどに激しく
彼はピストンしながら絶え間なく暗示を入れ続けることで
この先に待ち構える絶頂に向けて気分を大いに高めてくれます。

シチュの描写と暗示による感覚操作のバランスがきちんと取られているため
プレイのイメージがしやすく、それを主観的に捕らえやすく思います。
絶頂シーンはクンニ+手コキとSEXの2回。
どちらも短めのカウントを何度も刻み、その都度指を鳴らして連続絶頂を促します。

このように、仮想的な世界での一風変わったプレイが繰り広げられます。



ややM向けの作品
珍しいシチュとプレイがM心をくすぐる作品です。

お兄さんは主人公が心を解き放ち、エッチに没頭できるようにと
仮面舞踏会という仮想的な舞台を設定し
その中で素性の知らない男性たちを交えながら心と体をバランスよく責め立てます。

やりようによってはかなりハードでブラックな展開にもできる内容でありながら
至るところで彼が気遣ったり優しくリードをするおかげで
作品の雰囲気はマイルドで聴きやすいあたりに落ち着いています。
ぶっ飛んだテーマを扱っていても聴き手を第一に考えてくれているところに
サークルさんの催眠に対する理解の深さを感じました。

催眠はテーマの仮面舞踏会との関連性をそこまで設けず
催眠状態をしっかり深めるところに主眼が置かれています。
ストーンと落ちる感覚が味わいやすかったり、初心者向けのアプローチがされているため
本当に誰でも聴けるし楽しめます。

エッチは他の参加者を見るだけでなく実際にプレイに加えているところが意外でした。
男性向けでも通用するレベルの刺激的な部分を持っています。
それでいて大事な部分だけは彼が独占するところが面白いなと。
くちゅ音それなり、淫語とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

催眠の心地よさを感じながら変わったシチュのエッチが楽しめる作品です。
これだけのボリュームで700円とコスパが抜群に良いですし
エッチだけでなく催眠の感覚を味わう目的で聴くのも大いに有りだと思います。

CV:ノーマル…skyさん 敬語…栄人さん
総時間
ノーマル
催眠&エッチ…57:46 解除-起床…3:46 解除-安眠…6:16
ボーナストラック…13:12 安眠ver…23:41 音声合計…1:45:11
敬語
催眠&エッチ…58:43 解除-起床…3:45 解除-安眠…6:02
ボーナストラック…12:04 安眠ver…25:47 音声合計…1:46:21



体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ