同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:朝の月

   ● ゼリー、美味しく頂きます。
   ● 安眠誘導-りんご敬語ver-


朝の月さんで配布されてる無料の催眠音声作品(男女両用)。

今回紹介する作品は、ちょっぴり変わった趣味を持つお淑やかなお姉さんが
ゼリーをテーマにした催眠とエッチで普段とは違うタイプの快感を与えます。

ゼリーを作る様子に技術を絡めた催眠、完成したゼリーをつついたり食べて気持ちよくするエッチなど
聴き手にグロさを感じさせないように気をつけながらテーマに沿ったサービスをします。
体の温かさや心地よさを伝える暗示が充実してるおかげで癒し効果も高めです。
ゼリーのようにとろける心地よさを
お姉さんにゼリー化の催眠をかけられるお話。

「あ、こんばんわ。こんな夜遅くにどうしたんです?」
お姉さんは明るくてお淑やかな声の女性。
自分の部屋にやって来た主人公に先ほどまでゼリーを作ってたことを話すと
お疲れ気味な彼をベッドに寝かせてリラックスさせます。

本作品は女性向けをメインに製作されてるDose and Dreamsさんのフリー台本をあさつきさんが音声化されたもので
彼女の催眠でゼリーになりきり、指で弄ばれたり食べられる快感を楽しみます。
所謂イートミー属性を持ってるわけですが痛みや苦しみを与えるシーンは一切なく
全身がゼリーのようにとろける心地よさを少しずつ強化して絶頂へと導きます。

ちなみにあさつきさんのバージョンには男性向け、女性向け両方が入ってまして
ごく一部のプレイで責める部位が違う以外はほぼ一緒です。
原作者にあたる望さんが読まれたバージョンもありますから女性の方はそちらを聴くといいでしょう。

催眠はおよそ16分間。
ベッドに仰向けに寝て目を瞑り、まずは軽い深呼吸や脱力で心身を落ち着けます。

「上からお布団被って、暖かい。ポカポカ、じーんわり。全身があたたかい」
「腕も、足も。付け根から、先まで。じんわり、ぽかぽか、抜けていく。力がどんどん抜けていく」

布団から感じられる自然な温かさや暗示を通じて体の熱をコントロールするシーンが多く
時間が経つほど手足やお腹を中心にぽかぽかしてきます。
「力が抜ける」「温かい」といった重要な単語をやや強調して投げかける演技もそれを後押しします。
短めのカウントを数えて軽く落とすなど、前半はテーマを絡めず堅実に誘導します。

お次は最終目標のゼリー化に向けてさらに催眠を深めていきます。
腕、下半身、全身がゼラチンに包まれ溶けていくイメージや
ぐるぐるとかき混ぜられるイメージで体の感覚と意識の両方をドロドロにします。

「右腕にゼラチン。あったかい。その上からすぅーっと撫でていく。私の手がなでていく。撫でられると、じわーっと溶けていって、気持ちいい」
「熔かされるの、気持ちいいね。暖かくて、心地いいですね。ぐーるぐる、ぐーるぐる。温かいゼラチンの中で、とろけて溶けて」

そしてここでも先ほど生まれた熱や心地よさを増幅させてとろける気分を与えます。
催眠状態が深まると手足がなくなったような感覚を抱いた経験はないでしょうか?
体が溶けていく様子の実況はほとんどせず、その感覚だけを柔らかい表現で伝えます。
おかげでぬるま湯に浸かってるような心地よさを強めに味わえました。

適度にリラックスさせてからゼリー化に取り掛かるシンプルでテーマ性のある催眠です。
聴き手にゼリーの気分や感覚を疑似体験させることを目的に
前半は深呼吸、脱力、カウントを使った深化などオーソドックスな技法を用い
後半からゼリーを作る様子を語りながらそうなった感覚を暗示で上手に伝えます。

時間がそれほど長くないことを考慮して主な暗示を「とろける心地よさ」と「温かさ」に絞り込み
シーンに応じて表現やイメージを変えながら入念に入れます。
ストレートな暗示と「ふわふわ」「ぐーるぐる」などの擬声語を組み合わせて誘導するスタイルも良いです。
全身をエッチに弄ばれる快感
エッチシーンは20分間。
プレイは体をつつく、指の挿入、指で体をかき回す、食べられるです。

指の挿入と体をかき回す際に効果音が、食べられた後に心音が鳴ります。
セルフはありません。

「とろけた体がゼリーになって、気持ちいいですね。つついたら、全身に快感が響いちゃいますね」
主人公とゼラチンをかき混ぜた後、息を吹きかけてゼリーを完成させたお姉さんは
指を使って彼の体を内側と外側の両方からいじって気持ちよくします。

エッチは無抵抗な彼を彼女が終始責め続けます。
最初の15分は絶頂に向けて心身の興奮を高めることを意識したプレイ。
ぷるぷるのゼリーを指先でつついたり、中に指を挿入してゆっくりかき回します。

「あ、締め付けてきてる。指の存在がどんどんはっきりしてきますね。温かい指が口の中全体に広がっている。広がって、心地よい」
「どこに、何が入ってるんです? 粘膜を、あつーいものでなんども嬲られるの、堪らないですか? 奥までなんども突き上げられて、きもちよくなっちゃうんですか?」

ゼリーをいじるだけですからやってること自体はそれほどエロくありません。
ですがお姉さんは聴き手の性感が高まるようにこれらを指フェラや手マンっぽく実況します。
下のセリフはおまんこをいじられてる時のセリフにかなり近いですよね。
バックで流れる「ぷちゅっ」という粘性のある水音もいやらしさを醸し出してます。

最も特徴的なプレイは終盤に登場する食事。
優しい責めですっかり出来上がった彼をスプーンを使っていただき
お腹の中に入った後は心音を通じて絶頂へ導きます。

「溶けていく体。きもちいい。ふふ、とっても美味しいよ。おいしい、って褒められて嬉しいね」
「溶けて、いく。溶けて、いっちゃう。溶けて 、溶けて、ぜーんぶとけて、いく」

彼女がスプーンで体を分ける、食べて消化する様子は必要最低限の描写に留め
全身が溶けていく快感や彼女に喜んでもらえた幸福感を言葉で膨らませます。
「溶けていく」を「溶けてイク」と掛け合わせてるところも面白いですね。
これまで積み上げてきた心地いい感覚をそのまま絶頂感へ繋げています。

このように、扱いの難しいプレイをとことんマイルドに描いた独特なエッチが繰り広げられてます。
一風変わったドライ作品
イートミーから連想されるマイナスの部分をプラスに上手く変換してる作品です。

お姉さんは自分に会いに来てくれた主人公に面白い快感を味わわせようと
ゼリーを作っていたお話をして軽い興味を抱かせてからそうなる催眠を施します。
そしてゼリーをいじる、食べる様子を男女のエッチっぽく描写したプレイでイかせます。

イートミー作品は誰得催眠製作所さんの「ちょこれーとになっちゃう催眠音声。」や
あいすくりーむになっちゃう催眠音声。」などがある程度で催眠音声の中ではかなりマイナーなジャンルです。
さらに私の知る限り女性向けメインでこういうことをする作品は他に聞いたことがありません。
レア度が非常に高く内容のほうもハイレベルです。

最も印象的だったのは暗示の方向性をしっかり定めてることです。
あまりの心地よさで感覚がなくなった状態をゼリーに例え、それと平行して熱も段階的に上げていきます。
そして両者をさらに高めながらストレートな描写を避けた責めで性感を盛り上げます。
最後の絶頂シーンも心音や特定のワードでイかせる独自のものです。

男性の場合、性的興奮は控えめでしょうけどエッチシーンで体の火照りをそれなりに感じるはずです。
人間同士がする一般的なプレイとは明らかに違いますし、純粋なドライを迎えやすい作品と見ています。
勃起しないまま脳や股間にエネルギーが溜まっていって弾ける感じです。

絶頂シーンは1回。
くちゅ音そこそこ、淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

イートミーに抵抗がないならドライの練習に一度聴いてみることをおすすめします。
誘導の時間が短めなので催眠にある程度慣れてる人のほうが楽しめるでしょう。

CV:あさつきさん
総時間 40:39

朝の月
http://asatsuki2020.blog.fc2.com/blog-entry-9.html

望さんのバージョンはこちら
http://yam-kaw.hatenablog.com/entry/2016/12/24/235554

朝の月さんで配布されてる無料の催眠音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、清々しい声で話すお姉さんが
タイトルにもなっているりんごを交えた催眠で安らかな眠りに導きます。

りんごの甘い香りを体中に吸い込み、全身に行き渡らせて癒すリラックス特化の催眠が行われており
深呼吸や全身の脱力といった寝る環境を整える行為に総時間のほとんどを費やし
それぞれをじっくりのんびり進めることで心と体の両方を自然と穏やかにします。
りんごの香りを楽しみながら
お姉さんに安眠できる催眠をかけてもらうお話。

「こんばんわ。今日も一日頑張って疲れてしまいましたね」
お姉さんは明るくて透き通った声の女性。
日常生活や仕事で疲れている様子の主人公に声をかけると
彼がぐっすり眠れるように癒しの催眠をかけてあげます。

本作品は女性向け催眠音声を主に制作されてるサークルTuberose kissさんのフリー台本を
今年10月から読み手を始められたあさつきさんが音声化されたもので
タイトルのりんごをテーマにした25分程度の催眠を施します。
主人公は女性のようですが、全年齢向けで読み手が女性の方ですから男性でも普通に楽しめます。

「りんごの甘い香りには気持ちを静めて、リラックスさせる効果があるんですよ」
催眠のキーとなるりんごは色や形状ではなく匂いをイメージさせるシーンが多いです。
実物やジュースなど日本人にとっては身近にあるものですし
聴いているうちに甘い匂いを感じたりスッキリした清涼感を覚える人がいるでしょうね。
眠くなる暗示を入れるのは最後だけにして眠りやすい環境を整えることに力を入れています。

催眠はほぼ全編にあたる26分間。
最初はお馴染みの深呼吸をしながらりんごの香りが体内に入ってくるのをイメージします。

「大きく吸って…りんごの香りが体をめぐる ゆっくり吐いて…いらないものが全て出ていく」
吸う時はやや速く、吐く時はゆっくりペースで合図を出しながら長めの時間を取って行います。
冒頭の会話シーンでは彼女の話すスピードがやや速かったのですが
深呼吸を終える頃には慌しさを感じないレベルに落ち着きます。
後になるほど口調が緩やかになり、セリフごとの間も長くなるのも大きな特徴です。

お次は腕、脚、胴体、頭など全身をいくつかのパーツに分け
それぞれに1~2分程度の時間をかけてしっかり脱力します。

「りんごの甘い香りがふんわり漂って、とても心地いい 右腕全体がじんわりとほぐれて、気持ちよくて、すぅ~っと力が抜けていく」
ここでも深呼吸でりんごの香りが全身に行き渡った状況を利用し
その香りと力が抜ける暗示を組み合わせて脱力を効果的に促します。
肩→肘→指先といったように体の中枢から末端にかけて感覚を伝播させる形で進めますから
後になるほど脱力を感じる領域が広がっていくのがわかります。
私の場合は手のひらや足の裏にピリピリした痺れも感じました。

演技の面でも「じんわり」「力が抜ける」といったキーワードをやや強調したり
深呼吸の時よりもセリフの間を長く取ってより安心できる雰囲気を作り上げています。
他の読み手さんの音声を研究したのか、要所を押さえた読み方をされてます。

「甘いりんごの香りが広がって… 体はふわふわ漂って… 意識は すぅっと沈んで… ふんわりと甘い、眠りの世界へ落ちていく…」
そして最後は目的の安眠に向けて体が温まる暗示や意識の力が弱まる暗示を入れます。
このシーンを聴く前の時点でそれなりの眠気を感じてるでしょうから
それが強くなったり特定の部位がぽかぽかしてくる心地いい感覚が味わえます。
りんごの香りにマッチした柔らかい表現のセリフも実に良いです。

このように、基本的な技術に果物が放つ甘い匂いを絡めたシンプルな催眠が繰り広げられています。
清涼感漂う安眠作品
甘い匂いをほんのり感じながら眠れる作品です。

お姉さんは主人公が短い時間でぐっすり眠れるように
深呼吸や分割弛緩法といったリラックス特化の方法を用いて催眠状態を深めます。
実力のあるサークルさんなだけあって全体の進め方や暗示の表現が優れており
合間に意識するりんごの香りも安眠を助けています。

演技については多少速く感じる部分があるものの、言葉の意味に応じて口調を上手く変化させています。
特に脱力や深化のシーンは無音になる時間が増えてとても落ち着きます。
あさつきさんのお声を聴いてると気持ちがスッキリしてきますね。

テーマに沿った実用性の高い作品です。

CV:あさつきさん
総時間 27:13

朝の月
http://asatsuki2020.blog.fc2.com/blog-entry-4.html

↑このページのトップヘ