同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:抜きボイス

   ● 椎菜といっぱい夏休み♪~甘くてトロトロな、種付けえっち~立体音声付き
   ● むっちりサキュバスお姉さんに、甘ぁく責められて、 我慢も続かず、Hなダメダメ坊やにされちゃう音声♪
   ● 早漏治療クリニック ~寸止め焦らし科の特別療法・最高に気持ちいい射精付き~
   ● 桃華れんの小刻みに吸い付くフェラチオがエロくてザーメンの生産が追いつかないフェラチオボイスドラマ
   ● あなたの性癖に柔軟に対応してくれる淫語アンドロイド
   ● 魔境人境淫語 人外娘と痴女の囁き Vol.17 サキュバスメイドとお嬢様
   ● ことね様のエロに特化した喘ぎ声10分~100円+税~
   ● 実演!10分オナニー!(1) 早乙女花音
   ● ささやき庵 双葉 弐
   ● 私語夜話~いもうと添い寝01~「イタズラな妹がエッチな添い寝をしてくれる」


椎菜といっぱい夏休み♪〜甘くてトロトロな、種付けえっち〜立体音声付き

サークル「相原飯店」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、積極的で恋人想いなJKが
彼氏と昔話や種付けSEXをして親密度をさらに深めます。

同人誌と音声がセットになってるのが最大の特徴で
漫画のセリフをそのまましゃべってくれるおかげでエッチを視覚的にイメージしやすく
可愛い声から放たれる淫語多めのセリフや喘ぎ声も臨場感と実用性を高めるのに役立ってます。
JKとより深い関係に
近所に住むJK「葉月椎菜」と部屋でエッチするお話。

「お兄さん? 入りますよー」
椎菜は甘く穏やかな声の女の子。
夏休みのある日、恋人にあたる主人公の家にやって来ると
付き合い始めた直後の写真を一緒に見ながらその頃の思い出を語ります。

本作品は今年7月に発売された「JK椎菜とえっちな勉強しませんか♪」の続編。
エッチな事に興味津々だった彼女が彼の協力を得て色んなことを実践形式で勉強し
その結果恋人同士になった二人がどうなったかを描いてます。
シリーズものなので前作を聴いておいたほうが楽しめるのは間違いありませんが
お話は完全に独立してますから二人が付き合ってることさえ把握してれば普通についていけます。

最大の特徴は漫画と音声でひとつの作品になってること。
製品版には音声以外にも20ページの漫画が入っており
そこに描かれてるセリフとまったく同じことを彼女がしゃべります。

前作は音声のみだったのですが、相原飯店さんは過去に「双子はきみが好き!!」という作品を出されてまして
そちらは本作品と同じ形式になってます。
声と音ですべてを表現する必要がある音声作品の弱点を独自の方法で補うわけです。
漫画を読みながら聴けば二人がどんな風に愛し合ってるかが簡単にわかるでしょう。

漫画についてもサンプルを見ればわかるようにとても上手で単体でも十分オカズになります。
椎菜が貧乳キャラなのでおっぱい成分が低めになってるものの
メインのプレイをSEXにして挿入や中出しのカットを多めに描いてます。
膣内射精の様子はセリフだけだとイメージしにくい部分がありますし、これを漫画で楽しめるのは大きいです。

「写真を見て、椎菜のこと、考えていてくれたんですね…♪ 嬉しいです、お兄さん♪」
エッチの相手を務める椎菜は非常に積極的な女の子。
主人公が自分の写真をオカズにオナニーしようとしても引くどころかむしろ喜び
エッチが始まった後はそのお礼に言葉、仕草、プレイで彼を喜ばせようとします。

タイトルに「種付けえっち」と書いてあることからもわかるように
彼女はJKでありながら彼の子供を本気で孕みたいと思ってます。
主導権を年上の彼に譲りつつ男心を適度にくすぐってやる気にさせる健気な姿も魅力的です。

視覚と聴覚の両方で楽しむスタイルと椎菜のキャラ。
JKとストレートに愛し合う様子を高い臨場感で描いた蕩けるように甘い作品です。
淫語重視のラブラブなエッチ
エッチシーンはほぼ全編にあたる24分間
プレイはSEXの回想(背面座位、正常位、後背位)、乳首責め、手マン、フェラ、SEX(後背位、対面座位、正常位)、キス、耳舐めです。
SEXの回想、SEXの際に効果音が鳴ります。

回想「…お兄さん、こうやって、おまんこでえっちするのは… 彼氏彼女になってから、初めてですね」
現実「あのときのお兄さんは とっても激しかったですね」
画像を見てる最中に主人公がなぜそうしてたかに気づいた椎菜は
彼がもっと興奮できるようにその時したエッチの様子を生々しく語ります。

エッチは二人がほぼ対等な立場で愛し合います。
最初の5分間は体を密着させながらイメージで気持ちを盛り上げるシーン。
付き合い始めた直後、スク水を着ながら、メイド服やチャイナ服を着ながらしたSEXを彼女が実況します。

回想「お兄さんの、おちんぽ…っ とっても、固いです…っ あ…すご…い おちんぽ」
現実「まだ、おまんこえっちに慣れてない椎菜を、何度も何度もおちんぽで突いて… おちんぽミルクを、いっぱいおまんこに中出ししてきて…」
ここは回想世界で乱れる彼女と現実世界でその様子や心情を語る彼女の二人が登場し
どちらも「おちんぽ」「おまんこ」といった淫語を多めに交えて進めます。
シナリオ担当が前作と同じく防鯖潤滑剤さんということでその作風が色濃く出ています。
特定の単語を連呼するのではなく、セリフの中に違和感なく盛り込む自然な描写です。

序盤から淫語や喘ぎ声を積極的に漏らしてくれますから、ここだけで勃起する人がかなりいるはずです。
漫画のほうも結合部を大きめに描いたり、断面図で精液が膣内に注がれる様子を描いててエロいです。
ふたつの方向から性的興奮を刺激する本作品の持ち味が早速発揮されてます。

二人が実際にイチャイチャするのはその後から。
乳首責め&手マンで椎菜を軽くイかせ、お返しに彼女がフェラをしてから
後背位→対面座位→正常位と体位を切り替え存分に楽しみます。

「椎菜のおまんこ…もう、こんなに、トロトロになっちゃってるんですよ♪」
現実世界の彼女も回想に負けないくらい積極的。
控えめなおっぱいをいじられて甘い声を漏らし、おちんちんを美味しそうに咥え
挿入時は自らお尻を突き出してすっかり濡れたおまんこを見せつけます。

あざとさを感じないレベルで誘惑してくるのがいいですね。
彼が責めるシーンのほうが多いものの、完全なマグロにならず自分からもサービスしようと頑張ります。
男が喜ぶツボを的確に突いてくるので先ほどと同じく実用度が高いです。

「おまんこに、お兄さんのおちんぽミルクを刻み込んで… 椎菜を、お兄さんのものにしたいですよね♪」
その部分が最もわかりやすく出てるのが後背位で1回射精した後に始まる2回戦。
精液を中出ししてもらえなかったことに不満を抱いた彼女が彼の上に跨り
エッチなご奉仕をしながら言葉で男の征服欲を優しくくすぐります。

JKにここまでされて要求を断るのはさすがに難しいでしょう。
彼も彼女の気持ちに行動で応えます。
最中に交わされる熱いキスと中出しされた時の満たされた表情が印象的でした。

このように、男を立てつつ想いを遂げる密接なエッチが繰り広げられてます。
正統派の純愛作品
可憐な女の子が愛する人にすべてを捧げる清々しくて抜きやすい作品です。

以前はご近所さん、今は恋人同士な男女が
昔の思い出を語ったり実際に肌を重ねてお互いの気持ちを再確認します。

漫画に描かれてる行為やセリフをそのまま音声化した作り、淫語を多めに交えた密度の高いエッチ
そして椎菜のJKらしいストレートな愛情表現。
一般的な音声作品とは違う個性を持った純愛系の物語が楽しめます。

「おまんこっ♪ お兄さんとずっとおまんこしたいですっ」
彼女はどのシーンも彼に対して誠意と愛情に満ちた態度で接します。
彼が望むならすべてを与え、自分が欲しいと思ったら素直に求めます。
この透き通った付き合い方が作品全体に清涼感を与えてます。

それ以外の2点も作品の魅力を引き立たせるのに貢献してます。
漫画+音声はそもそもほとんどサークルさんがやられてませんし
淫語重視のエッチもプレイ時間が短いハンデをカバーする役目を果たしてます。
エッチシーンの回想から入る流れも音声作品だと珍しいです。

エッチをSEX特化にしたのは漫画の長所を見据えてのことだと思います。
音声単体だと体位ごとの違いや切り替えを表現しにくいですから
そこを漫画が担当すれば臨場感が増すしセリフもスマートになります。
そして喘ぎ声やフェラ音など漫画でエロさを出しにくい部分は音声が代わりに頑張ってます。
どちらかをおまけにするのではなく、両者が弱点を補い合ってるところが素晴らしいです。

射精シーンは3回。
淫語と喘ぎ声それなり、くちゅ音とちゅぱ音そこそこです。

満たされた気分で抜ける作品です。
おまけは回想シーンのセリフ3種です。

CV:秋野かえでさん
総時間 30:57(本編…27:24 おまけ…3:33)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2017年8月21日まで2割引の960円で販売されてます。

むっちりサキュバスお姉さんに、甘ぁく責められて、 我慢も続かず、Hなダメダメ坊やにされちゃう音声♪

サークル「Aggressive Measures」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、母性漂うむっちりした体のサキュバスが
お隣さんにあたる男性と様々なエッチをして自分の虜にします。

サキュバス特有のプレイに純愛要素を盛り込んだソフトM向けのエッチが魅力で
フェロモンや尻尾コキなど人間の女性にはできない責めで誘惑しつつ
彼の気持ちを尊重したり、好意を感じる言葉をたっぷりぶつけて心身をバランスよく蕩かせます。

精液だけを追い求めるタイプのサキュバスとは違いますから
体にあまり負担をかけず幸せな気分に浸りながら射精できるでしょう。
お姉さんサキュバスの熱い誘惑
サキュバスに筆おろししてもらうお話。

「ん? なに恥ずかしがってるの?」
サキュバスは穏やかで色っぽい声のお姉さん。
汚れた場所でパソコンの設定をしてくれた主人公と一緒にお風呂に入ると
体を洗うついでにエッチなご褒美をあげます。

本作品は彼とごく普通の近所付き合いをしていたサキュバスが
今回のイベントをきっかけに急接近し、最終的には母子とほぼ同じ親密な関係になります。
二人が元々面識を持ってるので堅苦しい挨拶や前置きは一切挟まず
音声開始直から1分後には早速彼の体を洗い始めます。

「ふふふ、いつも自分でしてるのに、今日は、君の妄想が、そのまま実現しちゃってるんだもん、しょうがないよねえ~♪」
彼女は確かにサキュバスなのですが母性も非常に強く
童貞な彼を思いやる言葉をかけて緊張をほぐしたり、エッチで彼の喜ぶことをするといった気配りを見せます。
5パートあるエッチシーンのすべてで射精を1回ずつに絞り込み
それに向けて比較的ゆっくりペースで責めるところにも彼女の性格がよく出てます。

サークルさんが「ソフトM男向け」とおっしゃられてる通りハードな描写はできるだけなくし
軽く弄ばれる雰囲気やエッチな声、言葉、音によってエロさを出してます。

サキュバスによくあるハードなエッチとは違い心の繋がりを大事にしながら責めてくれますから
年上の女性の愛を強めに感じながら気持ちよく抜けると思います。

ただし、オナホっぽい形状の尻尾でおちんちんを包み込んで力強くしごいたり
体から漂うフェロモンを嗅がせてやる気にさせるなど
プレイについてはサキュバスらしさをそれなりに意識してます。

最中に鳴る効果音も全体的にねっとりしていて下品ですし
何よりサキュバスを演じられてる大山チロルさんの声や息遣いが非常に艶かしいです。
彼女が持つ甘さ、柔らかさ、貪欲さが忠実に表現されていて活き活きしてます。

甘さを前面に押し出したリードと実用性を重視したサキュバスならではのプレイ。
彼女が持つふたつの長所をそのまま反映させた質の高い作品です。
後になるほど甘やかし成分が強くなるエッチ
エッチシーンは5パート68分30秒間。
プレイは手コキ、耳舐め、乳首責め、尻尾コキ、キス、SEX(騎乗位、正常位)です。
手コキ、乳首責め、尻尾コキ、SEX、射精の際に効果音が鳴ります。

「それじゃあ、君のオチンチン、おねえさんがぁ、洗ってあげようね♪」
体を洗いながら主人公が以前から自分をエッチな目で見てることに気づいてたと告げると
サキュバスは自分の正体を明かしてから泡交じりの手でおちんちんをゆっくりしごきます。

エッチはごく一部を除き彼女がリードする形で進みます。
一番最初のお風呂パートでするのは手コキ(約12分)。
最初は普通に、少し経つと耳舐めや乳首責めを交えてねっとり刺激します。

「おねえさんが、このままぁ、乳首いじりと耳なめしながらぁ……君がびゅ~ってするまで、いちばんきもちよくなれるように、ちゅこちゅこぉなって、してあげるから……♪」
彼女は日頃から優しくしてくれた彼に感謝してるのでしょう。
短小、包茎、童貞な彼を特に見下すことなく愛情を持って責め続けます。
途中で手コキを一旦止めるシーンがあるものの
それは意地悪ではなくエッチに慣れてない彼をすぐ射精させないための気遣いです。

まだ始まったばかりなのでサキュバス特有のプレイも登場しませんし
正統派のおねショタプレイとほぼ同じ雰囲気が漂ってます。
普通のサキュバスとは違う彼女らしさが良く出てるなと。

「ほらぁ、手マンコオナホに、おちんちんいれて、いれてぇえ~ん……♪」
最中に投げかけられるセリフも彼を喜ばせるものばかり。
特にパート中盤以降は擬似SEXの実況を交えてイメージを膨らませます。
効果音も最初は泡交じりだったのがしばらく経つと滑らかな摩擦音に変わってリアルです。
お姉さんが童貞を優しく優しく射精に導く甘さ満点なプレイです。

二番目の逆夜這いパートは打って変わってサキュバス色の強いプレイ(約16分30秒)。
数日後の夜、主人公の部屋にこっそり忍び込むと今度は尻尾を使っておちんちんを気持ちよくします。

「君がしてほしいことなら、なんでもしてあげるからぁ……ね?♪」
彼は身持ちが堅いと言いますか、初エッチに対して自分なりの考えを持っており
彼女の誘惑に対しても初めは抵抗する姿勢を見せます。
普通のサキュバスなら魔法や能力を使ってねじ伏せるところなのに
彼女は説得を試みたり自分の気持ちを素直に伝えて彼の心を解きほぐそうとします。


ここ以外にも彼女は色んなところで彼に好意を持ってもらえるように働きかけます。
好きだから、愛してるから一緒にいたいし気持ちよくしてあげたい。
彼女の内面も描くことでエッチの甘さや温かさをさらに押し上げてます。

「ぎゅってー抱きしめ合って、べろちゅーしながら、だいちゅきだいちゅきってぇ、変態精液中出し、中出し、中出しぃい♪」
尻尾コキについては「ちゅぽっ」とオナホに近い粘性高めの効果音を鳴らしながら
前のパートと同じく彼女とSEXしてる雰囲気を出して興奮を盛り上げます。
今回は手コキと違い彼女の体内に精液を出すことを踏まえて中出しを意識させることが多いです。
演技とはいえ喘ぎ声も上げてくれますし、心身をバランスよく責める抜きやすいプレイと言えます。

最も盛り上がるのは三~四番目の筆おろしパート(約22分)。
1回戦は騎乗位、2回戦は正常位と体位を大きく切り替え中出しSEXを楽しみます。

「こいびとキッスしながらぁん……んちゅ……君の意思でぇ……♪ おねえさんとぉ……んちゅ……ひとつになろぉ……?」
前半の騎乗位はすんなり挿入するのではなく、そうなるまでの過程に力を入れてます。
彼女はサキュバスですが彼を無理矢理犯す気持ちはまったくありません。
色んな手を使って彼が自分から童貞を捧げたくなるように誘導します。
途中でちょっとしたトラップを用意するものの、最終的には彼の意思を尊重してます。

童貞卒業という人生の節目をややドラマチックに描くための演出といった感じです。
挿入から射精までの時間が約5分と短いものの、盛り上げ方が上手なので結構興奮できると思います。

「んっ、そうそう、上手に出来てるよぉ~?えらいえらい……♪」
「だいすき……、だいしゅきだよぉ……、ぼくちゃんのこと、ぜーんぶ、何もかも、だいすきだからぁ♪」

それに対して後半の正常位は彼が責める番。
騎乗位の時よりずっと弱々しいピストンをされても嫌な顔ひとつせず
上手に責めてるねと褒めたり、愛の言葉をたっぷり投げかけて彼を応援します。

サキュバスを責めたところで勝ち目は薄いとわかっていながら
今までずっと消極的だった彼がこういう行動に出てくれたことが素直に嬉しかったのだと思います。
サキュバスよりも人間に近い反応を見せる彼女に温かみを感じました。
精液を搾り出す手段ではなく愛情表現としてSEXをしています。

このように、二人の心情を織り交ぜながら深く繋がるラブラブなエッチが繰り広げられてます。
愛を感じるサキュバス作品
心を温めながら抜ける充実した作品です。

お隣さんとして主人公と仲良く付き合ってきたサキュバスが
一緒にお風呂に入る機会を得てより深い関係へと前進します。
優しさと包容力を感じる年上らしいキャラ、サキュバスのイメージにピッタリなテクニック。
年上系サキュバスが持つふたつの魅力を組み合わせた濃厚なエッチが楽しめます。

「ママが、このまま、ずっとずっと、僕ちゃんのそばにいてあげまちゅからね……」
最終的に彼女は彼を甘えるだけのダメ人間にしてしまうのですが
そうなったからといって見捨てたりせず一生面倒を見ることを誓います。
サキュバス相手のエッチと言えば精液をだけ執拗に追い求める展開が多いだけに
最初から最後まで穏やかにエッチする作品はある意味珍しいです。

雰囲気が極めて穏やかなのにちゃんとサキュバスのエッチをしてるのも面白いです。
同じプレイでもシーンや責め方によって効果音を切り替えてますし
18禁音声にとって重要な「抜きやすさ」も強く意識しながら製作されてます。
どのプレイも内容が濃いので抜き場に困ることはまずないです。

射精シーンは5回。
くちゅ音多め、淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

甘さをできるだけ引き立たせてるサキュバス作品です。
年上の女性に甘えたい人、優しく弄ばれたい人におすすめします。

CV:大山チロルさん
総時間 1:21:55

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2017年8月18日まで25%OFFの900円で販売されてます。

早漏治療クリニック ~寸止め焦らし科の特別療法・最高に気持ちいい射精付き~

サークル「ristorante」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、優しくてエッチ大好きなナースが
寸止めをテーマにした3種類のエッチで男性の早漏改善を応援します。

M向けに感じるプレイをできるだけノーマル寄りに表現してるのが特徴で
最終目的に向けて射精だけは禁止し、その代わりに色っぽい声で励ましの言葉をかけたり
自分の体を好きに触らせて最後まで耐え抜く勇気を与えます。

寸止めせずにそのまま射精できるルートも用意されてますから
無理に完遂を目指すよりも自分の限界に挑戦する感じで聴くのがいいでしょう。
意地悪さを極力薄めた早漏治療
寸止め焦らし科のナース椎名さんの早漏改善治療を受けるお話。

「本日は当院にお越しいただき 誠にありがとうございます」
椎名さんは穏やかで整った声のお姉さん。
早漏で悩んでる主人公に軽い挨拶をしてからズボンとパンツを早速脱がせると
おちんちんをしごきながら自己紹介やこれから行う治療の内容を説明します。

本作品は女性とエッチしてもすぐ射精しないおちんちんに鍛え上げることを目的に
彼女が45分近くに渡り3種類の治療とひとつのご褒美プレイをします。
手コキ、パイズリフェラ、オナホコキと後になるほど刺激の強いプレイに挑戦し
それぞれで無事我慢できた場合とギブアップした場合にルートが分岐します。

「早漏を治すために寸止めする」と聞くとM向けのプレイをイメージする人がいると思います。
ですがこの病院ではナースが患者と一緒に少しずつ改善していくスタンスを取ってるため
M性を感じる部分をことごとく中和しながらプレイを進めます。
ノーマルの方でも普通に聴けるくらい内容や雰囲気が穏やかです。

「私の胸を揉んでも構いませんよ はいどうぞ」
「すごいですよ 初めてでこんなに我慢できるなんて 素敵です」

例えば治療パートは最後まで射精を我慢するルールを設定する代わりに
彼女のおっぱいを好きに見たり触ることを許してくれます。
そして射精を抑えるのが難しくなってくるパート後半に差し掛かると応援やご褒美を匂わせるセリフを投げかけ
無事やり遂げた後はそのことをきちんと褒めます。

焦らしや寸止めによって生まれる辛さを彼女がケアしてくれるおかげで
「もう少し頑張ろう」という気持ちを維持したまま聴けるわけです。
治療の途中でギブアップした場合もきちんと射精させてくれますから
自分の限界に挑戦するのはもちろん、治療を一切考えずプレイごとに抜くこともできます。
聴き手から射精の権利を取り上げずに寸止めプレイするのが大きな特徴です。

「この仕事してて良かった 精液いっぱいで幸せ」
優しくてエッチにとっても積極的な椎名さんの存在も忘れてはいけません。
ナースらしい細かな気配りを見せつつ彼の立派なおちんちんにため息を漏らしたり
射精シーンでは精液の量、匂い、味を嬉しそうな表情で堪能します。

彼女自身も楽しんでエッチに取り組むおかげで事務的感がまったくなく
最中に鳴るちゅぱ音や効果音もねっとりしたいやらしいものばかりです。
無理に射精を制限しない作りも相まって初回での完遂がある意味難しくなってます。
年上の女性が親身になってトレーニングしてくれる穏やかな寸止め作品です。
取り組みやすさを重視したエッチ
エッチシーンは8パート43分30秒間。
プレイは手コキ、耳舐め、パイズリフェラ、オナホコキ、SEX(騎乗位)です。
手コキ、パイズリ、オナホコキ、SEXの際にリアルな効果音が鳴ります。

「それでは ローションをつけた手で おちんぽをしごいていきますね」
最初に診察を兼ねて主人公を一度射精させ、精液の質や量を計測した椎名さんは
治療の手始めとしてローションまみれの手でおちんちんをしごきます。

エッチは終始彼女が責める形で進みます。
一番最初の「囁き手コキで寸止め早漏治療」でするのは手コキ(約7分30秒)。
序盤は手だけ、少し経つと耳舐めも交えて後になるほど激しく責め立てます。

「最初はゆっくり刺激していきますから ゆっくり治療しましょうね」
事前のプレイで彼の耐久力をある程度把握したのでしょう。
心身にできるだけ負担をかけないよう気をつけながら手をリズミカルに動かします。
「ぐちゅぐちゅ」という粘性高めの摩擦音がいやらしく
「おちんぽ」などのやや下品な言葉も声とのギャップが大きくてエロいです。

プレイ時間が短いのでさすがにここだけで暴発することはないでしょうけど
二番目の治療以降にそうなる可能性を育てる役割は十分に果たしてます。
抜ける作品を好んで制作されてるristoranteさんの特徴が本作品にも色濃く反映されてます。

「仕方ありませんね はい 大丈夫ですよ どうぞ気持ちよく射精なさってくださいね」
治療の後に派生する失敗パートも大きな魅力です。
先ほどのプレイで我慢できなくなった彼を気遣い、カウントを数えて射精のタイミングを教えます。
途中でギブアップしても嫌な顔ひとつせず許してくれる姿にナースらしい温かさを感じました。

続く2パートはさらに踏み込んだプレイ。
「パイズリフェラで寸止め早漏治療」はパイズリフェラ、「特製オナホで寸止め早漏治療」はオナホコキを行い
手コキと同じく時間いっぱい射精を我慢することを目的に取り組みます。

「そうですね しっかり治療したご褒美 あるかもしれませんね」
「こうしてゆっくり動かすと 中のヒダの形がわかりますでしょう? 後で私の膣内と比べてみてくださいね」

前者はおっぱい、後者は擬似おまんこと女性の象徴にあたる部位を使うプレイなのを踏まえて
彼女は彼が途中で挫折しないようにこれらを乗り越えたらご褒美をあげるとほのめかします。
難度の高いことに挑戦する場合、心で負けないことが重要になりますから
ひたすら我慢させるよりもこういう風にアプローチしたほうが効果的です。

しかし責め方については一切容赦しません。
パイズリの時は「こしゅっ」という弾力のある摩擦音に時折ちゅぱ音を交え
オナホコキは「きゅぽっ」という空気交じりのゴムっぽいパワフルな摩擦音が流れ続けます。

おちんちんへの刺激を手加減したら治療になりませんから締めるべきところはきちんと締めます。
特にパート終盤の寸止めカウントを数えるシーンはどちらもかなり激しいです。
ガチでしごき続けた場合はオナホコキあたりで厳しくなるでしょうね。

そうやっていくつもの試練を乗り越えた先にようやく彼女の言う「ご褒美」が待ってます。
「生中出しで連続射精パート」という名前を見れば何をするかだいたいわかるはずです。
このパートだけは治療から離れるので寸止めは一切せず好きに射精させてくれます。
今までとは違う震えた声でおちんちんの感触を楽しむ彼女の姿も印象的でした。

辛いことをやらせた後はそれに見合った幸せを与える。
早漏治療をできるだけマイルドに描いた聴きやすくて抜きやすいエッチが繰り広げられてます。
ゆっくり鍛えてくれる作品
M向けのプレイを敢えてノーマルにアレンジした珍しい作品です。

男性にとっては割と深刻な悩みにあたる早漏を少しでも改善するために
親切でサービス精神旺盛なナースが体を張ったお手伝いをします。

完遂できるようにどのパートもプレイ時間を短めに設定し、最中は寸止めを崩さない範囲で甘やかし
どうしてもダメな場合は緊急用に射精できるルートを用意するなど
甘さや優しさを感じる要素をたっぷり盛り込んだうえで寸止めをリードします。

「どうします? もう一度初めから治療します?」
こうやって書くと彼女に早漏を改善させる気があまりないように聞こえるかもしれませんが
失敗した場合も射精後にもう一度チャレンジするかどうかを確認して締めくくります。
一気に完治させるのではなく、一歩一歩前進する形での治療を目指してます。

エッチは責め方をハード路線にする代わりに他の部分を柔らかくしてます。
寸止めパートも射精に追い込む感じで責めてくれますから
失敗パートを挟まずに通しで聴いた場合は割と厳しい思いをすることになるでしょう。
同じコキ系なのにそれぞれで効果音にはっきりした違いがあるのも見事です。

射精シーンは6回。
くちゅ音多め、淫語とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

勇気とやる気を与えながら我慢を促す大衆性の高い作品です。
おまけは「生セックスで寸止め治療」パートです。

CV:一ノ宮志緒さん
総時間 1:02:53(本編…54:02 おまけ…8:51)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2017年8月5日まで3割引の700円で販売されてます。

桃華れんの小刻みに吸い付くフェラチオがエロくてザーメンの生産が追いつかないフェラチオボイスドラマ

サークル「human chair」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、数多くの作品に出演されてる声優の桃華れんさんが
独特なフェラ音をたっぷり鳴らしてオナニーを応援します。

セリフを一切挟まず全編ちゅぱ音のみを鳴らし続ける尖った作りが魅力で
小刻みに吸い付く音を中心に据えたハイペースかつパワフルな音が興奮を掻き立ててくれます。
単品でも抜けますが、お気に入りの画像とセットで使うとオナニーがより捗るでしょう。
ノンストップの激しいフェラチオ
桃華れんさんがひたすらフェラし続けるお話。

「じびりゅぅっ っぶっぶっぶっ」
桃華さんは甘く色っぽい声のお姉さん。
自己紹介やプレイの説明など前置きにあたる部分は完全に省略し
すぐさま主人公のおちんちんを激しくしゃぶり始めます。

本作品は女性が生み出すエッチな音をとことん聴かせることをテーマに
彼女が30分以上もの間ずっとちゅぱ音を鳴らします。
オナニーのオカズを低価格で提供することにサークルさんがこだわった結果
セリフをすべて削り、軽い吐息を漏らす以外は全部ちゅぱ音という大変思い切ったことをやられてます。

音声開始1秒後から終了まで本当にちゅぱ音尽くしですから
フェラ好きやとにかく抜ける作品を探してる人にはかなり向いてます。
射精シーンは最後に1回ありますが、途中で出したくなるくらいに音がとてもエロいです。

ただしキャラ設定、ストーリー、エッチの実況といったイメージを膨らませる要素が特にないことから
音声単体よりも画像など他のオカズと組み合わせたほうがオナニーしやすいと思います。
価格が100円と非常に安いのでそういう使い方をしてもまったく損はしません。

それ以外の大きな特徴はちゅぱ音そのものにあります。
舐める、吸う、啜るといったよく聴くタイプのものに
小刻みに吸い上げる音を多めに盛り込んで個性を出してます。


簡単に言うと「ぶっぶっぶっぶっぶっぶっ」みたいにとても小刻みなピストンをします。
もちろんそれをひたすら繰り返す単調な流れにはなっておらず
序盤は素早く、中盤はやや遅く、終盤は再度速くと全体のペースに違いを持たせ
聴き手が途中で飽きないようにと細かな責め方も変化に富んでいます。

音声作品ではあまり聴かない音ですし、最初は新鮮に感じるのではないでしょうか。
文字通り精液をすべて搾り取ることを目指した激しいフェラが味わえます。
音だけで興奮を盛り上げるエッチ
エッチシーンは全編にあたる31分間。
プレイはフェラのみです。
エッチな効果音はありません。

「じるりゅっ …あぁっ ぶびゅびゅぅぅ んんっ」
何も言わずにおちんちんをしゃぶり始めた桃華さんは
そのまま様々な責めを繰り出しつつ合間に色っぽい吐息を漏らします。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の10分間は速いペースと高めの水分でしゃぶり続けるシーン。
特徴である小刻みな吸い付きはもちろん、舌を激しく動かして亀頭を刺激したり
強く吸い付く音を繰り返し鳴らしてから小刻みに責めるなど
考えられうる限りの方法を使いほぼノンストップでフェラします。

彼女がちゅぱ音を止めるのは息継ぎする時くらいで本当に途切れがありません。
ペースや水分もほぼ一定に維持されていて彼女の実力が存分に発揮されてます。
最初から全力で責める姿勢に驚かされました。
エロさについてもオナニーのお供に役立つ十分な品質を持ってます。

中盤の10分間は先ほどよりもペースをやや落とし
小刻みな吸い付きを多少減らして一般的なフェラ音を鳴らし続けます。
といっても序盤に比べての話であって音声作品の平均と比べたら十分ハイペースです。
最後の最後に思いっきり射精できるように手加減してるのかもしれません。

そして終盤は再びペースが一気に速くなり
小刻み→長め→小刻みと落差をつけておちんちんに違う刺激を与えます。
射精を目前に控えた終盤は強めのバキュームと小刻みなバキュームを交互に繰り返すようになりますし
実際にイかせることを目指して激しく責めてくれてます。

エッチな音だらけですから抜き場に困ることはまずないでしょう。
最後の最後に喉を鳴らして精液を飲むシーンもあります。
このように、エロく特徴的な音を大ボリュームで鳴らす抜きやすいエッチが繰り広げられてます。
ちゅぱ音まみれの作品
ちゅぱ音だけを浴びるほど聴けるタイトル通りの作品です。

桃華さんは一人でも多くの聴き手に自分の音で抜いてもらおうと
セリフと呼べるものをすべて削り取り、フェラにぴったりな音をとことん鳴らします。
そしてその中に小刻みな吸い付き音を多めに盛り込み変化をつけます。

human chairさんはオナニーに役立つ低価格作品を数多く制作されてるサークルさんです。
本作品もその例に漏れずエロくて使いやすい内容に仕上がっています。
音や責め方がパワフルで女性に激しく責められるのが好きな人ほど興奮できるでしょう。
少なくとも価格分は絶対に楽しませてくれる大変お得な作品です。

エッチはこれまで書いてきた通りちゅぱ音の質と量で勝負してます。
テーマに沿う形で色んな音を聴かせてくれますから単調に感じる可能性は低いです。
私もこういう音をメインに据えてる作品は初めて聴きました。

射精シーンは1回。
ちゅぱ音多め、喘ぎ声(吐息)ごく僅か、淫語はありません。

手軽に、気軽に使えるありがたい作品です。

CV:桃華れんさん
総時間 31:27

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は7点。
31分で100円とコスパがいいので+1してあります。

2017年7月16日まで半額の50円で販売されてます。

あなたの性癖に柔軟に対応してくれる淫語アンドロイド

サークル「インゴヒゴ」さんの同人音声作品。
淫語の多さで有名な防鯖潤滑剤さんの姉妹サークルです。

今回紹介する作品は、男性の性欲処理に特化した献身的な女性型アンドロイドが
ご主人様にあたる男性に心のこもった濃厚なご奉仕をします。

淫語のボリュームだけでなく多様性にも力を入れた抜きやすいエッチが行われており
ある時はアンドロイドらしく冷静に、またある時は実の母親のように甘くと態度を大きく切り替えながら
シチュやプレイに応じた淫語や音をたっぷり投げかけて興奮を高めてくれます。

機械相手のエッチにありがちな事務的感や無慈悲さはとても薄いですから
変わった女性からの愛を感じながら気持ちよく抜けるでしょう。
望みをすべて叶えてくれる夢の機械
女性型性処理アンドロイド「ING6600」がエッチにご奉仕するお話。

「ご購入、ありがとうございます。ご主人様」
ING6600は淡々とした口調で話す穏やかな声のお姉さん。
自分を購入してくれた主人公にお礼と機能の説明をすると
彼が設定した情報に合わせたご奉仕で性処理をお手伝いします。

本作品はあらゆる男性の性癖に合ったプレイを提供できる高性能アンドロイドが
80分近くに渡る様々なプレイで彼の欲望をとことん満たします。
M向け作品によく見られる搾精ロボとは違い、彼女は尽くすことを身上としてる優しいキャラです。
だからどのパートも1回の射精に向けて心身両面を丁寧に責めてくれます。

「どうぞ、私のいやらしいおまんこを、オナホ穴にしてくださいませ。トロトロのおまんこオナホで、おちんぽをいやらしくしごかせていただきます」
作品全体を通じて言える特徴は淫語がとにかく多いこと。
おちんぽ、おまんこ、おちんちん、お口まんこなど様々な表現の淫語を至るところで投げかけます。
特定のワードを連呼することはほとんどなく会話の中に意識して多く盛り込む感じです。
くちゅ音やちゅぱ音といった他のエロ要素も充実していて実用性はかなり高いと言えます。

もうひとつの特徴はパートによってING6600の声・口調・態度が大きく変わること。
彼女には「プレイに合わせた口調・性格の変更」という特殊な機能が備わっており
普段のロボっぽいキャラはもちろん、実の母親や新妻など人間味のあるキャラもきちんと対応できます。

サークルさんが意識してそうされたのかはさすがにわかりませんが
パートごとの繋がりにもこだわってるように映りました。
それぞれにまったく違う顔や反応を見せてくれるので最後まで新鮮な気持ちで聴くことができます。
ING6600役をやられてる大山チロルさんもテーマに沿った幅広い演技をされてます。

淫語を初めとする抜き要素がぎっしり詰まった作りとキャラやプレイの多彩さ。
生身の女性には決してできないタイプのサービスが楽しめる至れり尽くせりな作品です。
守備範囲が非常に広いエッチ
エッチシーンは5パート80分30秒間。
プレイはSEX(騎乗位、正常位)、授乳手コキ、フェラ、玉舐め、足コキ、キスです。
SEX、手コキ、足コキの際に効果音が鳴ります。

「まずはお試しということで、私の基本システムのままの性格でお使いになるのですね」
説明の最後で自分の性癖に素直になるよう主人公にお願いしたING6600は
ひとまず性能チェックを兼ねた騎乗位SEXでおちんちんを気持ちよくします。

エッチはどのパートも彼女がリードする形で進みます。
一番最初の「性格:事務的 プレイ:おま〇こへの挿入」は素の状態で相手をするパート(約16分)。
お互いに服を脱いでから前戯を一切挟まず彼の上に跨って挿入し
最初はゆっくり、後になるほどペースを速めて腰を打ちつけます。

「ご覧ください、ご主人様。おちんぽが、私のおまんこに……トロトロにとろけた、いやらしいおまんこに挿入されていきます」
彼女は男性とのエッチに特化したアンドロイドですから
何もしなくてもおまんこをすぐ濡らせるし、そのまま射精しても後始末の必要はありません。
そんなことを時折説明しながら彼に負担をかけないレベルでリズミカルにしごきます。
作品の特徴である淫語も序盤から多く、やや冷めた口調によるエロさの不足分を上手にカバーしています。

本作品のエッチは基本的に1パートあたり1種類のプレイだけやるので
各15分程度のプレイ時間なのに慌しさがまったくなく、十分なエロのパワーも持ってます。
(ここでの1種類は授乳手コキなど複数のプレイを同時に行う場合も含んでます)

プレイについては「ぐにゅっ ぷちゅっ」いうゴムっぽい摩擦音がゆっくり流れ始め
彼女は特に喘ぎ声を上げることなく淫語をたくさん言ったり、彼の様子を確認してペースを切り替えます。

「はい、ぴゅーっ、ぴゅーっ、ぴゅーっ、ぴゅーっ、ぴゅーっ、ぴゅーっ……」
雰囲気は確かにやや事務的ですが、リードは彼のことを第一に考えた温かいものです。
射精時にぴゅっぴゅのセリフで応援し、事後に「素晴らしいぴゅっぴゅです」と褒めるところにも優しさが見られます。
少なくともM向け作品で行う機械的なエッチとはまるで違うと言い切れます。

彼女が本領を発揮するのはその次から。
「性格:甘々なママ プレイ:授乳手コキ」はママになりきっての授乳手コキ
「性格:献身的な新妻 プレイ:お口ま〇こフェラ」は清楚な印象の若々しい人妻が激しいフェラをします。

「僕ちゃん♪ どうちまちたかー? おまたのところ、もじもじってちてまちゅけど……おちんちん、どうかしちゃったんでちゅかー?」
甘々なママパートの序盤を聴いたら雰囲気の大きな違いに驚くでしょうね。
アンドロイドらしさがなくなり、赤ちゃん言葉を巧みに使って甘やかす完全なママへと変わります。
セリフについても男性器は「おちんちん」、精液は「白いおしっこ」とシチュに合ったものを言ってくれますし
他の幼児プレイ作品と同じく女性に大事にされる幸せな感覚が味わえます。

「可愛いタマタマさーん♪ 頑張れ、頑張れー♪ 美味しいおちんちんミルク、いっぱい作ってくださーい♪」
三番目の献身的な新妻パートもキャラの個性を出しつつたっぷりご奉仕します。
仕事から帰ったばかりで汗ばんでるおちんちんを美味しそうに舐める姿や
清楚な声質とはまるで違うねっとりした激しいちゅぱ音が非常に印象的でした。
フェラと玉舐めの違いも音だけでちゃんと表現されててどちらもエロいです。

ちゅぱ音がメインのプレイは淫語との相性が悪くなるものなのですが
本作品では最も長い20分を用意し、20秒程度固めて舐めてからセリフをしゃべるスタイルを取ってます。
ちゅぱ音→淫語→ちゅぱ音と両方を交互に繰り出す感じです。
売りである淫語の量を維持しつつフェラもきちんと成立させてるところが実に素晴らしいです。

唯一M向けのプレイをするのが「性格:高飛車なお嬢様 プレイ:言葉責め&足コキ」パート(約17分30秒)。
顔やスタイルはいいけどSっ気の強いお嬢様が最初は片足で、少し経つと両足の裏でおちんちんを挟みこんで擦ります。

「アンタのチンポ、勃起してもやっぱり小さいのねぇ♪ とーってもちっちゃい、ウィンナーサイズ♪ なのに、頑張って、ピーンって反り返ろうとしてて……その姿が、涙ぐましいわ♪」
自分の指示であっさり全裸になる彼を嘲笑ったり、勃起しても全然大きくならないおちんちんを貶すなど
女性に見下される、辱められる快感をテーマにした今までとは別タイプのプレイが楽しめます。
といってもあくまでイメージプレイですから、ノーマルな人でも一応聴けるレベルに収まってます。
足コキも序盤は滑らかな摩擦音、中盤以降はカウパー交じりの水音と違いがあってリアルです。

このように、良い意味でアンドロイドらしくない温かくて変化に富んだプレイが繰り広げられてます。
違いを楽しむ作品
作品名通りの柔軟なプレイが魅力の作品です。

ING6600は自分を買ってくれた主人公に幸せで気持ちいいひと時を提供しようと
相手の性癖に合わせて口調や性格を変えられる機能を駆使して誠心誠意ご奉仕します。
全編を通じて質量共にこだわった淫語、そしてパートごとにまるで違うシチュとプレイ。
サークルさんの特徴と彼女の長所をしっかり組み合わせた豪華なエッチが行われています。

「ご主人様……私……幸せ、です……♪」
本作品の面白いところは冷静なアンドロイドに人間性を持たせてることです。
感情の起伏に乏しい通常時とエッチ開始後のギャップが非常に大きく
最中の細かな気配りも相まって個性的なキャラに仕上がってます。

サービス自体もハードに感じるところがほとんどないですし
射精が近づくにつれてエロさが増す流れも抜きやすくて良いです。
またパートごとの内容がまるで違うため聞き比べる楽しさもあります。
私は献身的な新妻パートが一番好きですけど、他のパートを気に入る人も普通にいるでしょうね。

エッチは淫語の扱いや他のエロ要素との絡め具合に光るものを持ってます。
淫語特化の作品を数多く制作してきたサークルさんなだけあって
淫語の種類や表現方法が本当に多彩でプレイとの親和性も高いです。

射精シーンは5回。
淫語大量、くちゅ音多め、ちゅぱ音それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

心を持たないはずの女性が心を込めて愛してくれる作品です。
おまけはオナニー専用囁き淫語音声です。

CV:大山チロルさん
総時間 1:37:20(本編…1:32:53 おまけ…4:27)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

魔境人境淫語 人外娘と痴女の囁き Vol.17 サキュバスメイドとお嬢様

サークル「とろとろレジスタンス」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、エッチにとっても積極的な2人のサキュバスが
シーンごとに役割を変えながら男性の精液を最後の一滴まで搾り尽くします。

休憩をまったく挟まずに責め続け、何度も射精へ追い込む極めてハードなエッチが行われており
くちゅ音やちゅぱ音といったエッチな音をたっぷり鳴らして抜ける雰囲気を作りつつ
言葉責めやプレイそのもので女性に負かされる、屈服させられる快感も味わわせます。
サキュバス主従のエッチなご馳走
サキュバスのルクレツィアとアイリに搾精されるお話。

「ふふふっ……今宵のオモチャはこの男ね」
ルクレツィアは上品で可愛らしい声の女の子。
「こちらは、サキュバスの令嬢ルクレツィア様。そして私は、ルクレツィア様の給仕アイリ」
アイリは淡々と話す落ち着いた声のお姉さん。
見知らぬ部屋に連れて来られ裸にされた主人公に事情を説明すると
精液の提供を拒否する彼にエッチなお仕置きをします。

本作品は男性の精液を食料にしている彼女たちが
前半は2人で、後半はルクレツィア1人とスタイルを変えながら数日間に渡りエッチな責めを繰り返します。
彼がここに来た経緯や登場人物たちの関係といった背景部分は完全に省略し
ひたすらエッチに打ち込む抜きを強く意識した作りになってます。

そして彼女たちは序盤から文字通り最後の一滴まで彼の精液を搾り取ります。
プレイ時間81分に対して30回もの射精シーンを用意し
全パートノンストップで空になるまで連続射精させる
という極めてハードな内容です。

精液好きなサキュバスのイメージにぴったりなM向けのエッチですね。
ちゅぱ音や効果音といった興奮できる音も非常に多く
しばらく聴いてれば我慢汁が自然と滲み出てくるくらいのパワーを持ってます。

ア「早くも、漏れそうになってきたでしょう……? 隠そうとしても分かります。男性器の事は、あなた以上に熟知しているのですから……」
しかし、そんな激しい責めとは裏腹に雰囲気は意外と穏やかです。
お嬢様とメイドなだけあって2人とも口調は上品ですし
責め方についても乱暴に刺激するのではなく、男の弱点を的確に突いて効率よく射精させます。

Mで絶倫な彼の性癖を満たしながら搾り取る感じです。
後半のルクレツィアとエッチするシーンでは彼に対する配慮も見られますし
サキュバス+連続射精から連想される凄惨なエッチとはやや違うものを持ってます。
「精液をいただく代わりに相応の快楽を与えよう」という彼女たちのこだわりを感じました。

ほぼ全編がエッチシーン、とんでもなく多い射精回数、そして彼女たちの上品なキャラ。
サキュバスらしさを出しつつブラックな部分をある程度中和した抜きやすい作品です。
女性に負かされる快感を味わいながら
エッチシーンは5パート81分間。
プレイは手コキ、フェラ、SEX(騎乗位)、潮吹きです。
手コキ、SEXの際に比較的リアルな効果音が鳴ります。

ル「じゃあアイリ、そのまま手で嫐ってあげなさい。屈辱と快楽を与えて、自分の立場を思い知らせてやるのよ」
ア「了解致しました、では握りますね……」
精液奴隷になるのが不服なのか、元の世界に帰りたいと言う主人公に対し
ルクレツィアは自分の立場をわからせるためアイリに手コキの指示を出します。

エッチはどのパートも彼女たちに責められ続けます。
一番最初のCHAPTER 1-1でするのは手コキ(約15分)。
序盤は亀頭、中盤以降は亀頭と竿の両方を手で刺激し6回連続の射精へと追い込みます。

ア「もう先っちょから、だらしないしずくをこぼして…… ではこれを、指先で亀頭全体に塗り広げて差し上げましょう」
ル「アイリの綺麗な掌に、汚い種汁がべとべととまとわりついて…… 情けないわ、あんた」
2人の女性が同時に参加する形式になってますが
この後の2パートも含めたCHAPTER 1はアイリ1人がエッチの相手を務めます。
そしてルクレツィアは彼の反応を見ながら言葉責めをしたり
羞恥や屈辱感を与えるのに最適なプレイを選んでアイリにそれをやるよう言います。

変則的な複数人プレイですね。
ダブル耳舐めなどはしませんが2人に明確な役割があり連携も取れてます。

最中に鳴る効果音も大きなポイント。
亀頭責めの時は「ぎゅぷっ」とこもった水分高めの音だったのが
手コキに入ると「にゅちっ」と粘性高めの筋っぽい音へと変化します。
また同じプレイでもアイリの実況に合わせて動きが微妙に変わります。

6年以上も昔に作られた作品なので格別に良いとまでは言えませんが
現在の作品に使っても通用するレベルの品質を持ってます。
射精が近づくとペースもきっちり上がるのでプレイの様子をイメージしやすいです。

ア「根こそぎ搾り尽くすまでやめはしませんから、観念なさって下さい」
本作品最大の魅力である連続射精ももちろん外せません。
ここに来たばかりでまだまだ反抗的な彼に奴隷になった事実を思い知らせようと
1回目の射精後、6分間に5回という相当にハードな手コキを繰り出します。

休憩時間が本当にありませんから実際にされたらかなりきついでしょうね。
言葉責めと激しいプレイで「彼女たちには敵わない」という気持ちを上手に植えつけます。

続く2パートはさらに踏み込んだプレイ(約30分)。
CHAPTER 1-2はフェラ、CHAPTER 1-3はSEXで精根尽き果てるまで快楽を与え続けます。

ル「では、アイリ……次は、唇でカリをいたぶってあげなさい」
一度情けない姿を晒してしまったらもう止まりません。
引き続きルクレツィアが主導しアイリが責める形でおちんちんを存分に気持ちよくします。
特にフェラは17分ほどの時間をかけて亀頭だけをねぶったり、バキュームやピストンをするなど
どうすれば男が快感を覚え、射精するかを知り尽くしてるような的確な責めをたっぷり行います。

ちゅぱ音自体もアイリのキャラとはやや違うねっとりした下品なものばかりでエロいです。
言葉責めはルクレツィアに任せて、彼女はどこを責めるか言う以外はほぼずっとしゃぶり続けます。
パートごとにエッチな音の主役を切り替えて抜きやすくしてくれてるのが実に良いです。

対する後半の2パートは今まで直接手を出さなかったルクレツィアが
手コキ+フェラ、SEXで彼の精液だけでなく命をも吸い尽くそうとします(約36分)。

ル「イく瞬間に、おちんちんぎゅっと握ってあげるわ。あんたの射精の脈動、私の掌で感じてあげる」
彼がもう従順になったと判断したのか、前半に比べると言葉責めが随分減り
おちんちんの様子や彼の感じてる姿を嬉しそうな表情で観察したり実況します。
雰囲気だけを見ると恋人同士に近い甘さを感じました。

しかし彼女はサキュバスですからやることはしっかりやります。
射精の瞬間をじっと見つめて羞恥を煽ったり、そのまま亀頭を責め続けて潮を吹かせたり
お掃除フェラのつもりが結局3回連続で射精させるなど
ストレートに責め続けていたアイリよりも流れを持たせた責めを繰り出します。

ル「夢のような心地を味わわせながら、じわじわと射精に導いて…… どうかしら、天国が見えるでしょう……?」
最後のSEXシーンも甘い言葉と激しい責めのギャップが非常に印象的でした。
6回の射精を全部おまんこで受け止めてくれますし
上下関係を維持しつつ多少の思いやりを込めて搾精を続けます。

最終的に彼が命を落としたっぽい描写もありますが
表現は極めてマイルドですから後を引くことはさすがにないでしょう。
連続射精も含めて人間の女性とするエッチとは明らかに違う部分をいくつも持たせてます。

このように、女性たちに精液を一滴残らず捧げるハードでリアルなエッチが繰り広げられてます。
常に全力な作品
サキュバスのイメージにぴったりな容赦のないエッチが楽しめる作品です。

ルクレツィアとアイリは自分たちの領域にやって来た主人公を存分に味わおうと
まずは人外特有の腕力で組み伏せながらサキュバスとするエッチの喜びを教え込み
ある程度従順になった後はより強い快楽を与えて何度も何度も精を吐き出させます。

より良質な精液を大量に得ようと様々な工夫を凝らして責めるスタイル
最中に鳴るねっとりしたいやらしい音の数々、役割分担を意識した責め方など
サキュバスが2人いる状況を活かした大変抜きやすいエッチが長時間味わえます。

ル「おちんちんからおまんこに、命そのものが吸われていくような感じでしょう。これが、サキュバスの餌食にされるということよ……ふふふっ」
最近のサキュバス作品は割と手加減してくれることが多いのですが
本作品に関しては最初から最後まで金玉を空っぽにするレベルで責め続けます。
どのパートも射精回数が多く、どこで抜けばいいか迷うほど充実してます。
フェラはちゅぱ音が質量共に優れてますし、手コキやSEXも音やシチュの違いをきちんと役立ててます。

そしてハードすぎるエッチを彼女たちのキャラで柔らかく包み込んでます。
アイリは命令を忠実にこなす事務的キャラですが
ルクレツィアはお嬢様に相応しい優しさと包容力を兼ね備えてます。
彼が反抗的な態度を取っても顔に出して怒りませんし、後半パートは彼の欲望を体ですべて受け止めてあげます。
さらにMな彼の心をくすぐる言葉責めまでします。

彼女たちにとって彼は単なる精液製造器なのでしょうけど
冷たく接するだけでは美味しいご飯にありつけないのもよく知ってます。
だから今回のように目的を逸脱しない範囲で楽しませる姿勢を取るわけです。
こういった配慮も本作品を抜きやすく感じる大きな要因だと思います。

射精シーンは全部で30回。
くちゅ音とちゅぱ音多め、淫語それなり、喘ぎ声はありません。

女性に弄ばれながら吸い尽くされる快感が味わえる作品です。
とことんハードなエッチが好きな人には特におすすめします。

CV:ルクレツィア…大山チロルさん アイリ…分倍河原シホさん
総時間 1:29:14

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2017年7月24日まで半額の600円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。

ことね様のエロに特化した喘ぎ声10分~100円+税~

サークル「human chair」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は同人・催眠を問わず数多くの作品に出演されてる紅月ことねさんが
およそ10分に渡ってオナニーのオカズになる喘ぎ声を上げます。

総時間のほぼ全部が喘ぎ声というタイトル通りの作りが魅力で
画像などと組み合わせて聴けばそれなりの実用性を発揮します。
声だけでイかせてあげる
ことね様の喘ぎ声を聴きながらオナニーするお話。

「君をイかせる目的で 淫らに喘ぐから 10分間我慢してみせてよ」
ことね様は穏やかで色っぽい声のお姉さん。
自己紹介など前置きにあたる部分はすべて省略し
自慢の喘ぎ声で主人公の性的興奮を煽ります。

本作品は気軽に、手軽に使えるオナニーのオカズをコンセプトに
彼女がタイトル通りおよそ10分間の喘ぎ声をサービスします。
総時間が非常に短いのでそれ以外のプレイは一切ありません。
喘ぎ声が好きな人にターゲットを絞った単純明快な内容です。

「あぁっ あふっ んっ あぁぁぁぁっ!」
主役となる喘ぎ声は大人の女性らしい色っぽさを出しつつ
前半はゆっくりペースでマイルドに、後半は絶頂を意識したハードなものと違いを持たせてます。
オナニーやSEXといった擬似プレイは想定せず、純粋なエロさで勝負してる感じですね。
そして彼のオナニーを興味深く観察してるのか喘ぎ声の合間に微笑を漏らします。

「もっと興奮しなさい ほぉら ほぉら ほぉら!」
プレイ中に興奮を煽るセリフが若干入るものの言葉責めと呼べるほどハードなものではありません。
彼女自身がオカズになってるわけですからほぼノーマル向けと言えます。

実際に聴いた限りでは音声単体だと抜くのにやや弱いかなぁというレベルで
お気に入りの画像と組み合わせると丁度いいエロさになりました。
価格の安さを考えればそういう使い方も十分有りだと思います。
後になるほど激しくなる喘ぎ声
エッチシーンはほぼ全編にあたる10分間。
プレイは喘ぎ声を聞かせる、オナニーです。
エッチな効果音はありません。

「あんっ あっ あふぅ ふふふっ」
これからするエッチをごくごく手短に説明すると
ことね様は早速喘ぎ声を上げて主人公のオナニーを応援します。

エッチは彼女の喘ぎ声を聴きながら合図が出るまで射精を我慢します。
前半は「あっ んふぅ」など激しさよりも色っぽさを強調した喘ぎ声がメイン。
始まったばかりということで彼が勃起し、オナニーを始めたくなる雰囲気を作ります。

「ああん あはぁ んん」
喘ぎ声だけで抜かせることを目指したプレイなので彼女も艶かしさにかなり力を入れてます。
ゆっくりながらも熱っぽい吐息とこちらを誘うような微笑が大人っぽくていいですね。
ここだけで抜くのはさすがに難しいでしょうが、本作品のコンセプトがわかりやすく表現されてます。

「あっあっあっあっあっ はぁはぁはぁはぁ」
「イクぅ イクぅ イクぅ イクっ イクっ イクっ」

対する後半は息遣いが一気に小刻みになり、軽く叫ぶような喘ぎ声を漏らすシーンが増えます。
「SEXでピストンされてるのに近い声」と言えばなんとなくわかるのではないでしょうか。
明確な絶頂指示は出さずにイキ声で射精のタイミングを教えます。

ことねさんなだけあって喘ぎ声自体は抜きに適してると思います。
ですがプレイ中に笑い声を挟むのが「演技で喘いでるよ」と遠まわしに言われてるようで私は引っ掛かりました。
ガチでオナニーしてる様子をそのまま表現したほうが抜きやすかったかなぁと。

このように、喘ぎ声だけを使って興奮を誘うテーマに沿ったプレイが繰り広げられてます。
コンパクトな抜きボイス
喘ぎ声だけを集中的に楽しめるシンプルな作品です。

ことね様は主人公が10分間でできるだけ興奮し、最終的には射精できるように
余計なセリフを極限まで削り色っぽい喘ぎ声をとことん漏らします。
タイトル通りの抜きを意識した演技がエロく、オナニーのお供として役立ちます。

ボリュームが物足りなかったりプレイの内容に若干気になる部分もありますが
値段を考えれば目を瞑れるレベルと言えます。
先ほども書いたように他のオカズと併用すれば弱点をカバーできるでしょう。

ただやっぱりプレイの流れと言いますか、彼女が何をイメージして喘ぎ声を出してるのかが
いまいち伝わってこなかったところは残念です。
同じ喘ぎ声でもオナニーとSEXでは随分変わるでしょうし
何らかの明確なビジョンを持ってやったほうが聴き手をより興奮させられると思います。

射精シーンは最後に1回。
喘ぎ声そこそこ、淫語ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

女性が感じる声だけに焦点を当てた作品です。

CV:紅月ことねさん
総時間 10:32

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
2017年6月15日まで半額の50円で販売されてます。

実演!10分オナニー!(1)  早乙女花音

サークル「@sel_ple」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、ネット声優として活躍してる女の子が
トイレの中で短時間のオナニーを披露します。

実演作品の醍醐味と言える「抜きやすさ」を追求したプレイが行われており
前半は乳首、後半はおまんこと責める部位を大きく切り替えながら
吐息、喘ぎ声、くちゅ音といったおかずになる声や音を時間分以上に鳴らして射精を応援します。
価格がたったの100円ですから画像などと組み合わせて使っても十分元が取れます。

この先やや下品な表現が登場します。
食事を控えてる、あるいは食事中の方は済ませてから読むことをおすすめします。
時間のない人へのエッチなプレゼント
早乙女花音さんがトイレでオナニーするお話。

「皆さんこんにちは 早乙女花音です」
早乙女さんは甘く可愛い声の女の子。
音声を聴いてる人たちに今日の日付や今の気分を教えると
ちょっぴり声を潜めながらトイレの中でオナニーを始めます。

本作品は「気軽に楽しめる実演音声作品」をテーマに
彼女がおよそ10分間に渡って実際にオナニーする様子を披露します。
実演作品と言えばやはりオナニーのおかずになるかが非常に重要です。
それを踏まえて彼女は限られた時間内に聴き手が興奮し、射精したくなるよう工夫してオナニーに取り組みます。

「そう最近オナニーしてて気付いたんですけど おしっこを我慢しながらオナニーすると気持ちいいんですよね」
そう言える第一のポイントはプレイの前や最中に自分の性癖を暴露すること。
最初に自己紹介や今いる場所の説明を手短に済ませると
彼女は早速好きなオナニーのスタイルとか、現実世界で行ったエッチな体験を話しながら手を動かします。

お話を聴いた限りだと性に対してかなりオープンな性格をお持ちのようです。
実演にありがちな緊張した表情は特に見られず、むしろ楽しむ感じでオナニーするので気分よく聴けます。
どこにでもいそうな女の子なのですが結構大胆なことをしゃべってくれてちょっと驚きました。

もうひとつのポイントは時間に対するエッチな音声の比率が高いこと。
オナニーを完全に最初からやるのではなく、ある程度自分を慰めた後に録音を開始するため
序盤からエッチな息遣いや喘ぎ声が多めに流れ続けます。
そして後半に差し掛かると今度はエッチな音を中心にプレイを進めます。

性感帯をだらだらいじるのではなく、明確な方針を持ってオナニーしてるのがわかります。
声の感じや漏らし方にも生々しさがあってかなりエロいです。
時間が時間なので音声単体だとパワー不足に感じるかもしれませんが
お気に入りの画像などと組み合わせて聴けば普通に射精できるでしょう。
ありのままのオナニーをお届けするエッチ
エッチシーンは10分30秒ほど。
プレイは乳首オナニー、おまんこオナニー、放尿です。
おまんこオナニー、放尿の際にリアルな効果音が鳴ります。

「じゃあおっぱいを…んっ さわさわしながら…はんっ クリちゃん触ってる… 気持ちいい」
今自分がトイレにいることや下半身が既に裸なことを告げると
早乙女さんはHカップのおっぱいの先端にある乳首をいじり始めます。

エッチは彼女がオナニーしてる様子を聴いて楽しみます。
前半の4分30秒間にするのは乳首オナニー。
どこをどのようにいじってるのかを軽く実況しながら熱っぽい吐息やエロ可愛い喘ぎ声を漏らします。

「乳首私はちょっと強くつねられると感じちゃうので 今日もぎゅっ…んっ」
「はぁはぁ いいっ はぁはぁ すごい気持ちいいよぉ」

自分の弱いところを暴露しながらいじってくれるのでイメージしやすいです。
またしばらく経つとセリフよりもエッチな声の割合が一気に増え、呼吸もやや不規則になります。
実演で序盤からここまで息が乱れる作品はちょっと珍しいですね。
効果音が鳴らないハンデを上手く補ってます。

続く後半はいよいよ指でおまんこをいじり始めます。
マイクを素股するように股間へ近づけて「くちゅっ にゅちっ」という粘液質の音を鳴らし
それが後になるほど大きくなったり泡立つ生々しいオナニーが楽しめます。

「イクっ ダメっ あっ イクっ イクっ イグゥゥゥゥ」
特に終盤の絶頂シーンはおまんこを激しくかき回す様子が音でしっかり表現されてます。
前半に比べて声がやや遠くから聞こえるおかげでくちゅ音を聴きやすいのもポイント。
事後にすぐさま放尿するなど、彼女の好きなオナニーをそのままお届けします。

このように、短時間でできる限りのおかずを提供する引き締まったプレイが楽しめます。
短いながらも密度の高い作品
あまり時間の取れない人がオナニーするのにとても役立つ作品です。

早乙女さんは一人でも多くの聴き手が自分の声で興奮し射精できるようにと
録音前から体をある程度温めておき、それからエッチなトークを交えてオナニーに励みます。
実演作品の売りである生々しい声や音、そして10分間という時間制限を見据えたプレイ運び。
短時間だからといって一切手を抜かず十分使える作品に仕上がってます。

「オナニーはライフワークとして どんどん皆さんにお送りできればいいと思うんですけど」
聴く前は「10分の実演でどこまでエロくできるんだろう?」と多少の不安も感じてました。
でも実際は彼女の明るい性格や積極的なオナニーが環境にうまく噛み合ってます。
これが恥ずかしがり屋の女性だったらクオリティは大幅に下がってたでしょう。
少なくとも私は実時間や価格以上の満足感が得られました。

エッチは後半のおまんこをかき回す音がかなりエロいです。
ローションとは違う独特なぬめり気があり、それが時間と共に増していきます。

絶頂シーンは1回。
くちゅ音と喘ぎ声(吐息含む)そこそこ、淫語ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

手軽に、気軽に聴ける実演作品です。
おまけは近況とちょっとHなトークです。

CV:早乙女花音さん
総時間 16:44(本編…12:44 おまけ…3:59)

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

ささやき庵 双葉 弐

サークル「VOICE LOVER」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、上品でサービス精神旺盛な店員さんが
ふたつの場所で密着しながら男性をエッチにもてなします。

シリーズの醍醐味である大ボリュームの囁き声はもちろん
癒しよりもエロを重視した作りやお店の外でこっそりエッチする展開など
店員と恋人の中間あたりの立ち位置で個性的なご奉仕をしてくれます。
店員から恋人になる第一歩
ささやき庵の店員「双葉」とエッチするお話。

「いらっしゃいませ ささやき庵へようこそ ご指名ありがとうごいます」
双葉は明るくて清らかな声のお姉さん。
ささやき庵へ再びやって来たお客に親しげな挨拶をすると
自分を10回指名してくれたお礼に大好きな香水をプレゼントします。

本作品は現在数多く存在するささやき庵シリーズの原点にあたる彼女が
最初の時よりも一歩進んだサービスで彼の性欲を満たします。

ささやき庵では部屋に移動してからまずは癒しの会話でお客を眠らせ
夢の中でエッチなご奉仕をすることが多いです。
しかし本作品の場合は最初の段階から抜ける素材を提供する実用性重視のサービスをします。
具体的に言うと総時間の75%がエッチシーンです。

内容もオナニー、フェラ、性器の相互愛撫とパートごとに方向性が大きく変わり
抜かせるにあたってのアプローチもまったく違うのでそれぞれを新鮮な気分で楽しめます。
シリーズの醍醐味である囁き声も45分と非常に多く、静かな雰囲気の中で少しずつエッチな気分を高められます。

もうひとつのポイントはお店と美術館の二箇所でエッチすること。
前者は丁寧な言葉遣いできめ細かくリードする普段通りのプレイを
後者は他の人にばれないようこっそり責めて射精に導きます。

「ずっと前からあなたのことを知っていたような そんな気がするんです」
特に美術館はお店でのサービスとは違うこともあり、彼女が恋人に近い態度で接します。
最初は店員とお客として出会った男女が肌を重ねていくうちに心も惹かれ合い
今後より深い関係になっていくきっかけも描かれてるわけです。

現に双葉は現在まで7作品が出ており、この後の作品ではささやき庵で禁じられてるSEXもすることになります。
店員らしい礼儀正しさと普通の女性が見せる親しさ。
お世話する場所を変えることでいつもと違う双葉の魅力を引き出しています。
静かで艶のあるエッチ
エッチシーンは3パート51分間。
プレイはエッチなお話、オナニー、双葉のオナニー、フェラ、乳揉み、手コキ、手マンです。
エッチな効果音はありません。

「とーってもエッチなお客様のために 今日は取って置きの内緒話 してさしあげますね」
挨拶を済ませてから部屋に移動し、着替えて一緒の布団に入ると
双葉は囁き声で自分に関するエッチなお話を始めます。

エッチはどのパートも彼女がリードする形で進みます。
一番最初の「シーン3」でするのは相互オナニー(約26分)。
彼女が以前実際にしたオナニーの様子を実況しながらおっぱいやおまんこをいじり
それをオカズに彼もオナニーを楽しみます。

「初めはゆっくりと 乳房全体を撫で回すような…はぁ 優しい愛撫」
「お客様のあそこを そうしたように 今度は指と指の間に クリちゃんを挟みこんで ぶるぶる震わせていたら いつの間にか私 すっごくはしたない声を上げていました」

イメージ力が重要になるプレイということで、彼女もどんな風に自分を慰めてたかを細かく話し
それと同時に熱っぽい吐息や切ない喘ぎ声を控えめな音量で漏らします。
古い作品なので音質に関しては今の作品にやや劣るものの
彼女がすぐ近くでエッチなことをしてる雰囲気は十分に出ていて結構エロいです。

「完全にぐちょぐちょになったあそこに 指を滑り込ませて そのまま出し入れ はぁ はぁ」
中でも終盤にある2回の絶頂シーンでは息遣いがさらに荒くなり
不規則な呼吸を繰り返しながら軽いイキ声を上げて双葉が果てます。
1回目はクリ責め、2回目はおまんこに指を出し入れしながらとスタイルも違いますし
女性が自分の目の前でオナニーしてるシチュも実に良いです。

囁き声でするエッチなのでそんなに大袈裟なことはしません。
だからこそセリフでイメージを盛り上げたり息遣いで興奮具合をリアルに伝えます。
距離の近さを感じるささやき庵らしいエッチと言えるでしょう。

続く「シーン4」でするのはお馴染みのお土産フェラ(約12分)。
先ほどのプレイ終了後に眠りにつき、目覚めた彼にお店でする最後のサービスとして
録音しながらおちんちんを隅々までしゃぶり再度の射精へ導きます。

「今日はお口に咥えたまま 尿道口責めなんていかがですか?」
セリフはどこをどう舐めるか教えるだけの最低限に留め
金玉を舐めたり、竿を下から上へ舐め上げたり、尿道口やカリを重点的に責めたりと
双葉はプロらしいエッチで多彩な舌技を披露します。

中でも終盤に登場するピストンフェラとバキュームフェラは強烈。
前者は「ずびびっ じゅりっ」と軽く絞り上げる感じの音を比較的ゆっくりペースでリズミカルに
後者は「ずりゅるるるる ずびっ」とやや長めでパワフルな吸い音を繰り返し鳴らします。
プレイ時間に対するちゅぱ音のバリエーションが多く、前のパートとエロ要素が被ってないので抜きやすいです。

そして最後の「シーン5」はこれまでとは違って美術館へと場所を移し
他の人に気づかれないよう気をつけながらお互いの性器をいじり合います(約13分)。

「その穴の中 双葉の 大事な大事な蜜壷 あの絵のように 大きく勃起したおちんちん 突き刺したいんですね?」
プレイだけを見ると比較的ソフトな部類になりますが
公共の場でエッチな行為に及ぶスリルや、いつも以上に大胆な彼女の様子が興奮を掻き立ててくれます。
お店のサービスとは違いますから彼女がここまでする義理はありません。
プレイを通じて彼女自身も彼と特別な関係になりたがってることが伝わってきます。

このように、場所や内容を大きく切り替えもてなす心のこもったエッチが繰り広げられてます。
上品で激しい作品
上品なキャラとは随分違う積極的なサービスをしてくれる抜き重視の作品です。

双葉はかれこれ10回も自分を選んでくれてるお客を満足させようと
普通の店員よりも親しい様子で彼に接し、相手が喜びそうな方法で気持ちよくします。

一方的に責めるのではなく自分の痴態を見せたり体を委ねて一緒に気持ちよくなるプレイスタイルや
絶頂に近づくほど熱くなる息遣い、男が喜ぶツボ突いたフェラなど
ノーマルな性癖の人が聴いて興奮する素材を色々用意して進めます。

「またあのひまわりの絵 見に行きましょうね」
そして何より専門店のイメージとはやや違う彼女との心の繋がりも感じます。
エッチやその前後のやり取りを通じて彼女が彼にどんな感情を抱いてるかもある程度語られており
その部分がサービスに温かさや深みを与えています。
後々のお話に向けてのフラグを立てるなど、キャラやストーリーにも気を配って作品を組み立ててます。

エッチはどのパートも違った良さを持ってます。
エロさで見ればフェラが一番でしょうけど、オナニーパートはイメージの膨らませ方が上手ですし
美術館でのエッチも彼女の別の顔が垣間見えます。
効果音が入っていれば実用性がもっと上がったでしょうね。

絶頂シーンはお客4回、双葉2回。
淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声(吐息含む)そこそこです。

落ち着いた雰囲気漂う大人のサービスが味わえる作品です。

CV:紅月ことねさん
総時間 1:08:28

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2017年4月30日まで7割引の360円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。

私語夜話~いもうと添い寝01~「イタズラな妹がエッチな添い寝をしてくれる」

サークル「MooNSHINeR」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、明るくてエッチにとても積極的な妹が
お兄ちゃんに添い寝しながら様々な誘惑をして一緒に気持ちよくなります。

プレイの状況に応じて彼女の声の位置や距離が目まぐるしく変化したり
絶頂が近づくのに合わせて息遣いも荒く熱っぽくなるなど
バイノーラル録音の長所を活かした抜きやすいエッチをするのが特徴です。
近親相姦したくて堪らないの
妹がエッチに誘惑してくるお話。

「お兄ちゃん。お兄~ちゃ~ん♪」
妹は明るくて可愛い声の女の子。
今日もいつも通りお兄ちゃんと一緒に寝たいと言うと
その勢いで彼に寄り添い甘いキスをします。

本作品は血の繋がった兄妹が体を重ねる「近親相姦」をテーマに
彼女が文字通り全身を使って彼の性的興奮を煽り続け、最終的には中出しSEXへと持ち込みます。
二人がそういう関係になる過程についてはほとんど描かずに
音声開始2分後には早速エッチを始める抜き重視の作りです。

お兄ちゃんは妹とエッチすることに罪悪感を抱いてるのか
全編を通じて自分から積極的に動こうとはしません。
そのため彼女は多くのシーンで彼をやる気にさせようと様々な誘惑をします。

「あぁん、お兄ちゃんベロ、美味しい。でも、オチンチンの方がもっと美味しいかな~」
具体的には蕩けるように甘いキスをしながらおちんちんを欲しがったり
自ら股を開いて挿入をおねだりする、といったものです。
そしてその一部始終をバイノーラル録音によってリアルに表現しています。

MooNSHINeRさんはこれまで数多くの作品を出されてるサークルさんですが
バイノーラル録音作品を出すのは今回が初だそうです。
妹が添い寝してる状況を踏まえて息遣いの変化に特に力を入れており
彼が絶頂へと近づくにつれて熱を帯びたり呼吸が速くなる様子で彼女の興奮具合を直感的に伝えてくれます。

妹役の今谷皆美さんがアダルトゲームのほうで活躍されてる声優さんなだけあって
ちゅぱ音・吐息・喘ぎ声がいずれもエロく、聴いてるだけでバッチリ勃起できるくらいのパワーを持ってます。
責めるペースを緩めてねっとりした音を鳴らすのも作品の雰囲気に合ってて良いです。

実の妹が体を密着させながらお兄ちゃんを積極的に誘惑する。
現実世界では難しいシチュを生々しく描いた実用性の高い作品です。
最終目的に向けてじりじりと
エッチシーンは3パート61分間。
プレイはキス、手コキ、乳揉み、乳首舐め、オナニー、フェラ、SEX(騎乗位)です。
手コキ、オナニー、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ほ~ら、この大きく膨れ上がってるオチンチンちゃんをね? こうして、まずは優しく包んで~……あぁん」
お兄ちゃんにフェラを持ちかけ拒否された妹は
エッチな言葉で彼の気持ちを盛り上げてから代わりに手で優しくしごきます。

エッチはどのパートも彼女がご奉仕する形で進みます。
一番最初の「01」パートのメインとなるのは手コキ(約23分)。
最初は握るだけ、少し経つと上下にゆっくりしごきながらエッチな吐息を漏らします。

「出ちゃうでしょ? ビューって、ビュッビュッーって……ふふふ」
そして彼女は色んなイタズラをして射精したい欲求を煽ります。
擬似フェラでちゅぱ音を鳴らすところから始まり、射精する時の様子をいやらしく実況したり
プレイ中に何度もキスしたりと多くの男性が興奮しそうな素材を上手に投げかけます。

中でもキスはどのパートも暇があればするくらい頻度が高いです。
音質が良いおかげで舌の動きをイメージしやすく、粘性高めのちゅぱ音も相まってとても色っぽいです。
声は明らかに年下なのですが、男を扱うするテクニックに関しては大人顔負けのレベルを持ってます。

「ねぇお兄ちゃん、私のオマンコに、お兄ちゃんのオチンチンズボズボしてるみたいじゃな~い?」
手コキ中に彼女が擬似SEXのイメージをさせるのがいいですね。
自分の手をおまんこに見立てて積極的に中出しをおねだりします。
彼女はどのシーンでも自分の気持ちを本当に真っ直ぐ伝えます。
その飾らない姿に彼に対する信頼の強さと想いの深さを感じました。

そんな彼女の願いが叶うのが「03」パート(約20分)。
手コキの後、お兄ちゃんにおっぱいを揉んだり吸われたりして我慢できなくなった妹が
フェラをしてから彼の上に跨り自分から腰を下ろして繋がります。

「んん、んはぁ、はぁはぁ、私の体の中に、お兄ちゃんの脈動を感じるの。はぁはぁ、やっぱりいい、セックスいいっ」
挿入した瞬間に恍惚としたやや大きな声を漏らす姿や
嬉しそうな吐息を漏らしながらリズミカルにピストンする姿にその気持ちがよく表れてます。
「くぷっ きゅぽっ」という優しく絞り込むような水音もとてもエロいです。
事後に繋がったままキスをして余韻を楽しむなど、背徳感よりも甘さを強く感じるエッチをしています。
優しく誘惑してくれる作品
近親相姦の良い部分を強調しながらエッチするあまあまな作品です。

お兄ちゃんを世界の誰よりも深く愛してる献身的な妹が
彼を無理矢理犯すのではなくその気にさせるリードで色んなプレイをします。

エッチの最中に何度もするキス、おちんちんを求める代わりにおまんこを躊躇無く差し出す態度
そしてプレイ中に鳴る甘く濃厚な音の数々。
彼を楽しませつつ自分も気持ちよくなる姿勢を貫いて愛情を伝えます。

「あぁいい、とっても素敵ね。私、幸せ過ぎて死んじゃいそう」
すべてを終えた後に見せる彼女の満たされた表情も非常に印象的でした。
一歩間違うとヤンデレに走ってしまいそうなシチュを上手く制御しまとめてます。
中出しはしますけど妊娠とかの描写はありませんし、禁断のエッチをする様子だけを濃密に描いてます。

私個人は声の質感や位置、距離のリアルさが最大の魅力だと思ってます。
最初は割と落ち着いてたのが肌を重ねるにつれて声が自然と上気し
絶頂が近づく頃には若干呆けた声と小刻みな呼吸へ変化します。
バイノーラルの持ち味が出る演技をされていて彼女の存在を近くに感じることができました。

エッチについては彼を敢えて消極的にすることでMっ気を出さずに女性上位の状況を作り上げてます。
彼女が襲うより襲われるほうに喜びを感じるタイプのキャラなので強引なところはほとんどなく
彼の顔色を窺いながらより踏み込んだプレイへと移行します。
その雰囲気を出すために責めるペースを緩く設定したのかもしれませんね。

絶頂シーンはお兄ちゃん3回、妹1回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声いずれもそれなりです。

暗くなりがちなシチュをとことん明るく描いた作品です。
近親相姦モノで抜ける作品を探してる人には特におすすめします。

CV:今谷皆美さん
総時間 1:19:01(本編…1:07:57 ボーナストラック…11:04)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
ボーナストラックは2017年4月28日頃までの期間限定でつくそうです。

↑このページのトップヘ