同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:抜きボイス

   ● 椎菜と甘酸っぱい夏祭り♪【ASMR音声&フルカラー漫画】
   ● 【バイノーラル・耳舐め・吐息】絶倫夜伽【ローションプレイ・囁きetc】
   ● 即おち!~"Sweet"~ 脈なし女子を即堕ち催眠!→タピオカ大好きJKのんちゃん【バイノーラル録音】
   ● 【耳元吐息☆バイノーラル】みふゆのアソコの音、配信しちゃいます♪
   ● ドスケベ風紀委員長のエロエロ性活指導♪~クラス1えっちな君の性欲管理しちゃいまぁ~すっ♪~
   ● チ○ポ大好き!!淫乱ママメイド
   ● お姉さんが教えてアゲル ~秘密の温泉宿泊記録~
   ● 悦虐搾精ママハーレム
   ● 快楽の虜
   ● ヌキフレ!!2【バイノーラル】


椎菜と甘酸っぱい夏祭り♪【ASMR音声&フルカラー漫画】

サークル「上海飯店」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、ご近所さんから恋人の関係になった男女が
夏祭りの会場やホテルであまあまラブラブなエッチをします。

音声と漫画(22ページ)がセットになってるのが最大の特徴で
状況説明やSEXの体位といったわかりにくい部分は漫画に任せ
音声はちゅぱ音や喘ぎ声を多めに鳴らしてストレートに射精を応援します。
祭りの時はちょっぴり意地悪に
恋人の葉月椎菜と祭り会場近くのホテルでエッチするお話。

「椎菜 お祭りなんて久しぶりです」
椎菜は甘く可愛い声の女の子。
浴衣を着て主人公と夏祭りに出かけると
その独特な雰囲気にウキウキしながら何をしようか尋ねます。

本作品は「JK椎菜とえっちな勉強しませんか♪」「椎菜といっぱい夏休み♪
JK椎菜とひみつのお泊まりしませんか♪」に続くサークルさんの人気シリーズ第4弾。
過去作を通じてすっかり仲良くなった2人がおよそ40分に渡って夏祭りとエッチを楽しみます。
サークルさんが抜き重視で制作されたとのことで、総時間の90%をエッチシーンに割り当て
その中でイチャラブ感を出しつつ比較的ハードなプレイをします。

シリーズ作品ですがお話は単体で完結してますから
過去作を事前に聴いておかなくても普通に楽しめます。
ちなみに2019年9月17日まですべて50%OFFで販売されてます。

そう言える一番の理由は漫画を読みながら音声を聴くスタイルになってること。
漫画の中で彼女が話すことをそのまま音声化しており
音声単体で楽しむよりも視覚的にイメージしやすいです。


同系統の作品は先ほど紹介した「椎菜といっぱい夏休み♪」と「双子はきみが好き!!
あとは別サークルさんの「シンコンコチヤ」くらいしかありません。
サンプル画像を見ていただければわかるように漫画の品質も非常に高く
これ単体でオナニーできるくらいのエロさを持ってます。

そしてこの特徴が最大限に発揮されるように
音声作品でよくある状況説明のセリフを極力省いて物語を進めます。
例えば場所を移る時やSEXで体位を変更する時は環境音や声の位置を切り替え
あとは漫画に任せるという思い切ったことをされてます。
その一方でキスや耳舐めといった漫画では表現しにくいプレイは音声でしっかりカバーしてます。

実際に聴いてみると言い回しが普段と違うように感じるでしょう。
別の媒体で同じストーリーを描きつつお互いの弱点を補ってるのが素晴らしいです。

「隣に、お兄さんもいて… 椎菜 とってもワクワクしてます」
椎菜はまだ学生ということで年齢相応の一途で純情な女の子。
久しぶりに参加した夏祭りを無邪気に楽しむ可愛い姿を見せてくれます。
しかしエッチの場数もかなり踏んでおり、プレイ中は積極的におねだりしたり
エロ可愛い喘ぎ声を漏らして男心を上手にくすぐります。

主人公のほうが年上なので彼女が受け身に回ることが多いです。
激しめに責められたら声が若干アヘるなど、普段とのギャップを持たせてエロさを出してます。
意地悪に振る舞うシーンもありますが彼もやり返すので属性はほぼノーマルです。
素直にたっぷり乱れるエッチ
エッチシーンはほぼ全編にあたる37分間。
プレイはローター責め、キス、乳首責め、クリ責め、耳舐め、SEX(バック、正常位、背面座位、対面座位)です。
ローター責め、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「もう…椎菜、おまんこすることしか、考えられなくなっちゃいました…」
祭りの会場で出店を回りながら主人公にエッチな悪戯をされた椎菜は
ホテルへ移動した後にそれを軽く怒ってからすっかり濡れたおまんこを見せつけます。

エッチは彼がリードしつつほぼ対等な立場で愛し合います。
事前に7分程度のお祭りシーンを挟んでから始まるホテルでのプレイはおよそ30分間。
前半は部屋で彼女を1回イかせてからのバック+正常位
後半はお風呂に移って背面座位、バック、正常位、対面座位の順に繋がり1回ずつ射精します。

「ローターじゃ ダメなんですっ お兄さんの手も 気持ちいいけど でもやっぱりおちんぽがいいんですっ」
そしてここでは彼女が普段と随分違う淫乱な姿を見せてくれます。
おもちゃよりもおちんちんのほうが好きとストレートに伝え
彼に責められてる時は切ない喘ぎ声を積極的に漏らします。
その中でおねだりも適度にするなど、マグロにならず色んな手段で彼をやる気にさせます。

清純そうに見えて慣れてるギャップが魅力的だなと。
何度もエッチしてる仲なので恥ずかしがったりせずありのままの自分をさらけ出します。

プレイのほうはSEXがおよそ18分と最も長いです。
少し前で書いたように体位の種類が充実しており
バックの時はやや遠く、対面座位は耳元近くと声の位置を小まめに変えて表現します。
このへんは漫画でちゃんとわかるようになってますから見ながら聴けば簡単にイメージできます。

「椎菜に、激しくおまんこして… えっちじゃ、なくて… 交尾で、いいから…」
最中のセリフは彼女視点のものが非常に多いです。
激しめに責められて最初は戸惑ってたのが徐々に快楽へ溺れていき
終盤に差し掛かると獣のようなSEXを求める大胆な姿を見せてくれます。
喘ぎ声も微妙に変化させてますし、漫画で伝わりにくいところを上手くカバーしてます。

このように、抜きに寄せつつ2人の心の繋がりも描いた純愛系のエッチが繰り広げられてます。
没入できる作品
視覚と聴覚を両方同時に楽しませてくれる作品です。

椎菜は大好きな主人公と夏祭りを満喫しようと
浴衣姿で登場し、まずは夜店を回りながら彼のエッチなリクエストに応えます。
そしてホテルに移動した後は色んなSEXをして何度も絶頂します。

可愛くてエッチも得意な年下彼女と夏の夜を楽しむ甘いシチュ
漫画と音声を用意し、それぞれの長所を活かして物語を進める個性的で抜きやすい作り
彼女の魅力を出しつつ喘ぎ声を多めに盛り込んだSEX重視のエッチ。
シリーズの流れを受け継いだうえでよりリアルかつエロい作品に仕上がってます。

実際に聴いた感想は「エロい」の一言です。
漫画を見ながら聴く時点で視覚からの興奮が得られますし
そこに描かれてるエッチの様子を音声で忠実に表現していて高い没入感が味わえます。
音声単体だとわかりにくい部分もあるので、やはりふたつでひとつの作品なのかなと。

あとは可愛さとエロさを兼ね備えた椎菜のキャラも印象的でした。
エッチで淫乱に振る舞うシーンもあるけどそれほど下品に感じないのは
普段の彼女がごく普通の女子学生だからでしょう。
久しぶりのお祭りを純粋に楽しみ、彼と思い出を共有できたことを素直に喜びます。

サークルさんが現時点で続編を予定されてるかはわかりませんが
まだまだお話が続きそうな気配を感じました。

絶頂シーンは主人公2回、椎菜4回。
喘ぎ声多め、淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音そこそこです。

以上を踏まえてサークルさんでは3本目の満点とさせていただきました。

CV:秋野かえでさん
総時間 41:22

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2019年9月5日まで20%OFFの1296円で販売されてます。

【バイノーラル・耳舐め・吐息】絶倫夜伽【ローションプレイ・囁きetc】

サークル「ぜろびっと」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、エッチ大好きな2人の女の子とその友達が
精力絶倫な男性の体を協力して責めて気持ちいいひと時を提供します。

キャラとプレイの両方が抜きを強く意識してるのが特徴で
序盤から手分けして複数の性感帯を同時に責めながらエッチな音を大量に鳴らし
さらにパート開始直後からプレイを始める作りにしてエッチに専念できる環境を整えます。
女性上位ですがM向けの要素は少ないですから、興味があるならノーマルな人でも普通に楽しめるでしょう。
3人のビッチとエッチを満喫
アイリ、ユウナ、ナミカと同時にエッチするお話。

「いやぁ ありがと 付き合ってもらって」
ナミカは上品で色っぽい声の女の子。
一緒にラブホへ入り全裸になった主人公にお礼を言うと
右手に密着しおちんちんを優しく撫でて誘惑します。

本作品は彼とセフレの関係にあるアイリとユウナから噂を聞きつけた彼女が
それを確かめるために100分程度に渡って色んなエッチを楽しみます。
女性が3人いる状況を踏まえてどのパートも同時責めに力を入れており
おちんちん、耳、乳首、金玉といった性感帯を上手に責めて彼を何度も悶えさせます。

サークルさんの過去作「快楽夜伽」「濃密夜伽」と登場人物の名前や声優さんが同じなことから
続編に位置づけられてるのだと思います。
といってもひたすらエッチするだけなので、彼らの関係さえ理解しておけば今作からでも大丈夫です。

ナミカ「この凄まじいチンコも 話に聞いてた通りだね 逞しいチンコで何よりだよ」
最大の魅力は実用性の高さ。
ラブホへ到着したのと同時に前置きをほとんど挟まずエッチを始め
プレイ中はくちゅ音やちゅぱ音を同時にたっぷり鳴らして興奮と射精を応援します。
販売ページのアピールポイントに書かれてるように「耳への責め」も売りにしており
耳舐め、息吹き、囁き声による言葉責めなど色んな手段で刺激を与えてくれます。

総時間に対するエッチシーンの割合がおよそ85%と非常に高く
一度プレイを始めたら彼が射精するまでほぼノンストップで責め続けます。
ナミカは今作からの新キャラということで彼女に主導権を持たせ
アイリとユウナはそれに従う形で積極的にサポートします。
SEXシーンは3人に1回ずつ用意されてますから存在感は全員ほぼ同じくらいと言えます。

もうひとつ、これはぜろびっとさんの他作品にも言えることなのですが
エッチするパートの開始直後にプレイを始めるという抜きに適した作りをしています。
本作品でも6パート中5パートがこのスタイルを取ってます。

通常の18禁音声の場合、だいたいは序盤の3分程度を前置きに割き
それからエッチに取り掛かる流れで進めます。
でもそれだと時間がもったいないしパートが変わるたびにクールダウンしてしまうので
もう全部取っ払ってエッチに専念しようという大胆な試みがされてます。

もちろん射精後は余韻に浸ることもありますけど
ほんの3分程度でその後はすぐさま次の射精の準備に取り掛かります。
キャラがエロく、プレイがエロく、作りがエロい。
18禁音声作品の醍醐味である「抜き」だけを追求したストレートかつ濃厚な作品です。
抜ける音をふんだんに盛り込んだエッチ
エッチシーンは6パート88分間。
プレイは耳舐め、手コキ、乳首責め、SEX(正常位、騎乗位、バック)、乳揉み、ローションプレイ(体を擦りつける)です。
手コキ、SEX、ローションプレイの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

ナミカ「お、ユウナ凄い そんな手のひらで 亀頭を撫で回して」
ユウナ「んー ローションでグチュグチュだからね 手のひらで擦ると気持ちいいと思って」
アイリは右、ユウナは左、ナミカは中央に陣取って主人公のおちんちんにローションを塗りたくると
その直後に手分けして耳とそこを同時責めします。

エッチは彼女たちがリードしつつ一部で責め手を入れ替えます。
最初の2パート40分間はナミカが活躍するシーン。
「2 膝立ち状態で耳舐め手コキ」は他の2人と協力して耳舐め手コキを続け
彼が我慢できなくなったところで正常位で繋がります。

ナミカ「両手で 激しくしごいてっと」
彼女は彼らのエッチにわざわざ乱入しただけあって相当なビッチ。
序盤から中盤は主に竿を担当してリズミカルにしごき、それから両手に切り替えよりパワフルに責めます。
そしてアイリやユウナには耳舐めと亀頭責めをお願いしてSEXできる環境を整えます。

ローションを使った手コキなので効果音が全体的に粘っこく
竿と亀頭を同時に責めてるのがわかるように複雑な動きをしています。
耳舐めもペースを緩くする代わりに吐息を適度に挟んで色っぽさを出してます。
セフレを名乗るだけあって男性の責め方をよく心得ており、耳舐め手コキパートだけでも十分抜けるエロさを持ってます。

アイリ「チンコも気持ちいいだろうけど 耳も気持ちいいでしょ?」
女性上位の割に彼女たちのセリフが優しいのが良いですね。
彼に恥ずかしい思いをさせつつ見下さないことで対等に近い関係を維持します。
彼女たちの目的は調教ではなく純粋にエッチを楽しむことですから
3人を同時に相手する彼にできるだけ負担がかからないよう気を配ってリードします。
内容は確かに濃いですけど進め方は丁寧で終始穏やかな空気が漂ってます。

ナミカ「あぁっ そうそう 胸を揉まれながら突かれるの 大好きなんだ」
ナミカとSEXする「3 正常位でナミカに大量放出」パートにもそれが色濃く現れてます。
彼女が自分から寝転んで彼に正常位での挿入をおねだりし
その後は彼を喜ばせるセリフを投げかけながら色っぽい喘ぎ声を積極的に漏らします。

「ぱすんっ」という弾力のあるピストン音もリアルでエロく
彼女に中出しを決めるシチュも相まってM性をまったく感じずに抜くことができます。
意地悪した後にちゃんとご褒美をあげるところがエッチ慣れしてる女性らしいなと。

続く4パート48分間はアイリとユウナに光を当ててるシーン。
射精で性欲が落ちた彼をローションプレイでやる気にさせてからアイリと騎乗位SEXし
その後もローション+おちんちんの愛撫を挟んでからバックでユウナと楽しみます。

ユウナ「ローションまみれでテカテカになってる体見ると なんかそそるんだよね」
ローションプレイは横になった彼に3人が体を密着させて擦りつける比較的ソフトなものですが
にちゃにちゃした効果音と声の近さで勃起と興奮を上手に後押しします。
引き続きナミカが指示を出しますけど、最初の2パートに比べれば抑えてる印象を受けました。
過去2作を聴いた人も楽しめるようバランスに配慮してエッチを組み立ててます。

アイリ「ほら 腰を下げて…上げると ねっとりローションが糸を引くんだ」
ユウナ「君の精子 私の中に たくさん入ってきたよ」
山場のSEXはアイリが騎乗位で女性に責められる快感
ユウナはバックで女性を征服する快感とほぼ真逆の路線にしています。
自然さを重視してるからかそこまで大きな喘ぎ声を上げることはないものの
2人とも声や反応がとても気持ちよさそうで彼とのエッチを心から楽しんでるのがわかります。

SEXシーンはそれぞれに主役となるキャラがいますが
それ以外の2人も耳舐めや言葉責めでしっかりサポートします。
このように、精力絶倫な男性をビッチたちが平等に味わう明るくて抜きやすいエッチが繰り広げられてます。
密度の高い作品
現実世界だと体験するのが難しいプレイをリアルにお届けする作品です。

アイリ、ユウナ、ナミカはセフレにあたる主人公と気持ちいいひと時を送るために
最初から3人で協力し複数の性感帯を同時に責めて射精へ追い込みます。
そして彼が暴発しそうになったらSEXに切り替えそのすべてをおまんこで受け止めます。

ビッチで優しい3人の女の子と4Pする魅力的なシチュ
全パートで複数人プレイを行い、それに合わせてエッチな音をガンガン鳴らす実用性重視の作り
彼を苦しめるのではなくもてなす姿勢で責める彼女たちのキャラ。
作品固有の要素を上手に組み合わせて抜きやすくしています。

ナミカ「いやさすがに手コキはしないでおく (彼が)イったばかりだし」
中でも3番目は体をガッツリ責めつつ優しいセリフを挟んで柔らかさを出してます。
彼は3回射精してもピンピンしてるくらい性欲が旺盛ですから手放したくないと思ってるのでしょう。
それを踏まえて複合責めする代わりにペースを緩めたり
射精後はわざと刺激を弱めて彼のご機嫌を取ろうとします。

実際に聴いてみると「音が濃いなぁ、エロいなぁ」と思うんじゃないでしょうか。
でもそれ以外のところもちゃんと考えられてて完成度が高いです。
耳舐めもひたすら垂れ流すのではなくメリハリをつけて自然さを出してます。
これだけ内容が充実してたら抜き場に困ることはまずないはずです。

射精シーンは3回。
くちゅ音大量、ちゅぱ音多め、淫語と喘ぎ声それなりです。

CV:アイリ…小石川うにさん ユウナ…御崎ひよりさん ナミカ…天知遥さん
総時間 1:44:02

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2019年7月16日まで20%OFFの691円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。

即おち!〜"Sweet"〜 脈なし女子を即堕ち催眠!→タピオカ大好きJKのんちゃん【バイノーラル録音】

サークル「上海飯店」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、好きな人ができて楽しい毎日を送ってるJKが
街中で偶然出会った男性と刺激的なエッチを経験します。

通常時と催眠時で彼女が大きく違う姿を見せてくれるのが特徴で
好きでもない男性におまんこを責められて悔しがてったのが
指を鳴らすと途端に態度が変わり、気持ちよさそうな表情でアヘ声を漏らし始めます。
寝取りがテーマになってますけど表現がかなり抑えられてますから、重さをあまり感じずに聴けるでしょう。
好みのJKを催眠で即堕ちに
JKののぞみと3種類のエッチをするお話。

「はい? すみません 今急いでるんで」
のぞみは明るくて可愛い声の女の子。
ファッション誌のスカウトと偽り声をかけてきた主人公の名刺を疑わしそうに確認すると
少し考えてから話を聞くことに決め、その直後に彼の聴覚テストを受けます。

本作品はエッチどころかキスの経験すらない清楚な彼女が
彼が持つ特殊な技能によってあっさり陥落し100分程度の激しいエッチを楽しみます。
作中では特に説明されてないのですが、彼は指を鳴らすと相手を催眠にかけられるらしく
状況に応じてかけたり解いたりして彼女を巧みにリードします。
彼女が大好きなタピオカを使ったプレイは特に出てきません。

通常時「もう 止めてって こんなの 嘘だし さっきの私は ほんとじゃないから」
催眠時「これ これぇ このチンチン ダメになるぅ」

彼女は彼のことを別に好きじゃないので当然抵抗する姿勢を見せます。
しかし催眠にかかると息遣いが一気に熱を帯び、彼のおちんちんを嬉しそうに受け入れます。
心は許してないんだけど快楽に負けてつい流されてしまう感じです。

エッチシーンのほとんどでSEXを行い、かつアヘった喘ぎ声を多く漏らしてくれますから
女性が乱れる様子をオカズにオナニーするのが好きな人には特におすすめします。
具体的に言うとエッチの86%にあたる81分もSEXします。

ちなみに音声作品で催眠と聞くと催眠音声をイメージする人もいるでしょうが
かける相手が女性、しかも催眠誘導を一切しないため聴き手が催眠にかかることはありません。
エッチの前置きをできるだけ削り、かつ盛り上げるためにこの要素を取り入れてます。

「ごめん ごめんね 好きな人のじゃないチンチンで マンコ イクぅ」
もうひとつ、本作品には「寝取り」の成分がそれなりに含まれてます。
彼女には物語の開始時点で好意を寄せてる男子生徒がおり
キスやSEXをする際に初めてを奪われて悔しそうな表情を見せます。
知り合ったばかりの男性の前で絶頂することを謝るシーンもあったりします。

こうやって書くと重苦しい話に感じるかもしれませんが
彼女が快楽にあっさり負けるため陵辱色はそれほど強くありません。
むしろパートの後半は彼がわざと焦らし、彼女がもっと責めて欲しいとおねだりするようになります。

他にも販売ページの説明文でサークルさんが「タイトルの「Sweet」が意味する結末」と書かれてるように
後味が悪くならないようにする工夫がされてます。
盛大なネタバレになるので本レビューでは伏せさせていただきますが
サークルさんの過去作を視聴されてる方ならほぼ同じ感覚で楽しめるでしょう。

可愛くて初々しいJKが催眠によって淫乱なメスへと変えられる。
女の子がエッチに乱れる姿を時間いっぱいお届けする抜きやすい作品です。
ギャップを活かした激しいエッチ
エッチシーンは3パート94分間。
プレイはのぞみのオナニー/放尿、SEX(正常位、騎乗位)、耳舐め、キス、写真撮影、電話です。
オナニー、SEX、写真撮影の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「あっ やだ 何 これ ちっ、違うの 違うんです」
聴覚テストで指を鳴らされ突然体が疼いたのぞみは
このままではまずいと思って主人公をカラオケ屋へ誘い、そこですぐさまオナニーを始めます。

エッチは年上の彼が処女な彼女をリードします。
一番最初のtrack01は2人が肉体関係を結ぶきっかけを描いたパート(約23分)。
性欲を抑えられなくなった彼女がオナニーでひとまず1回絶頂し
その直後に彼のおちんちんで初めてを奪われます。

「何…これ わ、私 イっちゃったの? し、知らない人の前で?」
「私 初めてなのに 痛いのに でもなんで こんなに気持ちいいの?」

この時点の彼女は指を鳴らすと催眠にかかるギミックを知らないので
初めての体験に戸惑いつつ気持ちよさそうな表情を見せます。
SEXをする時も会ったばかりの男性に犯された絶望感より
思ってたより痛くない、むしろ気持ちいいことを不思議がります。

要はブラックになりがちな要素を和らげながらエッチするわけです。
このおかげでやってることはほぼ陵辱なのに、さほど悲痛な印象を抱くことなく音声を聴けます。
そしてこれは通常、催眠という2つのモードのギャップを引き立てるのにも役立ってます。

エッチの大部分を占めるSEXシーンの魅力は喘ぎ声と反応
前者は清純そうな普段の声とは随分違うアヘ声混じりのものを大量に漏らします。

「や、やだぁ せ、せーし 出てるぅ せーし あちゅい」
「おほぉ」とか「あひぃ」みたいにオーバーなやつではなく
あまりの気持ちよさに呂律が回らなくなる感じの可愛さを残したアヘりを見せてくれます。
単調さが出ないよう吐息と組み合わせて変化をつけてるのも良いですね。
本作品一番の抜き要素ということで、のぞみ役の涼花みなせさんも熱のこもった演技をされてます。

「つ、次は何するの? き、キス? うん する するする」
「奥 切ない から ムズムズ ち、チンチンのノック 届かないよぉ」

後者については彼が時折ピストンをわざと中断したり焦らすことで
彼女が自分から快楽を求めようとする機会を用意します。
最初から最後まで彼がガンガン責めてたら彼女もSEXしたがってることを表現するのが難しくなりますから
嫌がってないシーンを挟むことで陵辱色を緩和し、かつタイトルの「即おち」らしさを出してます。

両方ともかなりエロいので、パート終盤の射精シーンが来る前に
「もう我慢出来ない、抜きたい」と思う人が続出するのではないでしょうか。
内容が結構シンプルだからこそ、その作り込みにこだわって実用性を上げてます。

続くtrack02はしばらく後のお話(約43分)。
前のパートの最後に電話番号を教え、後日主人公に呼び出されたのぞみが
今度はホテルで前回以上の濃いSEXを経験します。

「私のここ ま、マンコって言うの? やだよぉ そんな恥ずかしいこと ち、チンチン 止めちゃやだぁ」
彼女はこの時点で例の彼氏と付き合い始めており
恋人を裏切りたくないからもうこういう関係は断ち切ろうという意思を持って臨みます。
しかし彼が指を1回鳴らしただけであっさり陥落し、アヘ声混じりの気持ちよさそうな喘ぎ声を漏らします。

「生はまずいからゴムを着けて」と彼女に言われた直後に生挿入する
「チンコ」「マンコ」といった淫語を言わせる、パート中盤からは騎乗位に変えて彼女にも動いてもらうなど
プレイのほうもSEXを中心に据えつつより踏み込んだことをしていて大変エロいです。
時間がこれだけ長いなら2回抜くくらいが丁度いいんじゃないかなと。
一部のシーンで本音をぽろりと漏らすなど、彼女が彼とのエッチに強烈な魅力を感じ始めてるのがわかります。

そして最後のtrack03では今までと大幅に異なるSEXが登場します(約28分)。
彼女が彼に対して何を思い、どう行動するのか。
すべては聴いてのお楽しみとさせてください。

このように、女性が生み出す声や音を前面に押し出したエロ可愛いエッチが繰り広げられてます。
SEX特化の抜きボイス
独自の設定を交えてガンガンSEXする突き抜けた作品です。

主人公は街中で偶然見かけたのぞみとエッチな関係になろうと
まずはモデルをスカウトするフリをして彼女に近づき、指パッチンによる催眠で感度を一気に上げます。
そしてエッチできる環境が整った後は押し引きを兼ね備えたSEXで彼女をさらに堕とします。

好きな男子がいるJKを催眠で快楽漬けにする寝取りシチュ
彼女が乱れたりおねだりする様子を中心に描いたSEX特化のエッチ
通常時と催眠時で異なる仕草や反応を見せる彼女のキャラ。
男性の多くが興奮し、射精したくなる要素をいくつも盛り込みひとつの物語を作り上げてます。

中でも2番目は耳舐めや女性上位がすごい勢いを持ってる現在において
女性を責めて感じる姿をひたすら追い求めて抜かせる道を歩んでおり個性的です。
しかも和姦ではなく敢えて寝取り設定にし、そこを指パッチンひとつで打開する面白い展開にしています。
サークルさんが「ハイパー自己中エロ音声作品」とおっしゃられてる通り
妄想や願望を忠実に音声化した夢のある作品に仕上がってます。

「おっ おぉぉぉぉぉぉ きったぁぁぁ」
エッチはアヘ声が質量共に優れてます。
催眠をかけるからといっていきなり大幅にアヘらせず、後のパートになるほどそれが強くなるよう丁寧に進めます。
感度が上がってる状況でも彼女の気持ちを大事にしてるのがすごく良いなと。
おかげで寝取りをテーマにした作品なのに割と晴れやかな気分で聴き終えることができました。
ピストン音もペース、リズム、強さが状況によって小まめに切り替わっててリアルです。

絶頂シーンは主人公3回、のぞみ7回。
喘ぎ声大量、くちゅ音多め、淫語それなり、ちゅぱ音そこそこです。

以上のことからサークルさんでは2本目の満点とさせていただきました。

CV:涼花みなせさん
総時間 1:45:58

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は9点。
106分で864円とコスパが良いので+1してあります。

2019年7月9日まで10%OFFの777円で販売されてます。

【耳元吐息☆バイノーラル】みふゆのアソコの音、配信しちゃいます♪

サークル「ブラックマの嫁」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、可愛くてサービス精神旺盛な女の子が
生放送形式で多くの視聴者にエッチな音声をお届けします。

セリフよりも音や喘ぎ声を重視した音フェチ系の作りが魅力で
タイトルにもなってるおまんこをかき混ぜるサービスや耳舐めを多めに行いながら
熱っぽい吐息と小動物のような可愛い喘ぎ声を漏らして興奮と射精を応援します。
視聴者のために一生懸命頑張る彼女の健気な姿にも満たされるでしょう。
可憐な女の子の大胆な生放送
みふゆがネットでエッチや耳かきを披露するお話。

「あ、あー 入ったかな? あー みんなー こんにちはー」
みふゆはやや幼さを感じる可愛い声の女の子。
音声チェックをしてから視聴者たちに呼びかけると
ちょっぴり緊張した様子で初のエッチな生放送をすると宣言します。

本作品は現実世界のYoutubeなどでも行われてるネット配信をテーマに
彼女が150分程度に渡って合計7種類の癒しとエッチなサービスをします。
エッチな配信をするのは今回が初ということで序盤は比較的ソフトなものに留め
調子が出てきた頃から多くの男性が興奮できることを積極的にやってくれます。

「あぁ緊張する みんな みふゆのこと応援してね」
彼女は視聴者のことをとても大事にしており
開始前に緊張した表情を見せるものの嫌がる素振りは微塵もなく
パートごとに異なる行為を一生懸命やって彼らを喜ばせようとします。
そして無事終えたら荒い息を漏らしながら満足そうな表情を見せて今度は癒しを与えます。

全編を通じてセリフよりもエッチな声や音を多く流すため
生放送特有の砕けたトークとかはそれほど出てこないのですが
どのサービスも臨場感が高く、彼女が彼らのオカズになろうと頑張ってる様子が自然と伝わってきます。
一緒に絶頂を目指すシーンもありますし、配信者との一体感を味わえるように作られてます。

「1人でマイクテストした時も すごいびしょびしょになっちゃってたけど それよりも もっと はっきり聞こえちゃう」
サービスについてはタイトルにもなってるおまんこの音を聞かせるものが特徴的です。
主に2番目と5番目のパートで行われており、女性特有のエッチな音を至近距離から鳴らします。
演技しながら効果音を収録しただけあってリアリティとエロさの両方が高く
オナニーのオカズとしてかなりの実用度を誇ります。

これは今から3年ほど前、実演系の作品が流行ってた時期にしばしば収録されてたもので
それが廃れた現在ではお目にかかることがめっきり減りました。
生放送形式なら男性にいきなり襲われることもありませんし相性の良いプレイだと思います。

また本作品では一部のシーンで2つのマイクを使用し
同じプレイを別の位置から録音する
という変わった試みがされてます。
例えばおまんこをかき混ぜるプレイならマイクを股間に近づければくちゅ音がよく聞こえ
彼女の口元なら熱っぽい吐息や喘ぎ声を重点的に楽しむことができます。
聴き手側で自由に選べますから両方を聴き比べてみるといいでしょう。

色々書きましたが簡単に言えばこの作品は「抜き」をものすごく追求してます。
サークルさんが得意とされてる耳舐めも62分と十分な量がありますし
オナニーに役立つ作品を探してる人には強くおすすめします。
男心を上手にくすぐるエッチ
エッチシーンは6パート101分間。
プレイは疑似耳舐め、疑似首筋舐め、みふゆのオナニー、オナニー、疑似フェラ、疑似SEX、疑似キスです。
みふゆのオナニー、疑似SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「みふゆの声 いっぱい聴いてほしいな」
前口上を終えマイクの右手至近距離に近づくと
みふゆは早速舌や唇を小まめに動かしエッチな音を鳴らします。

エッチは物理的な接触を一切せず彼女の乱れる姿をオカズにオナニーします。
一番最初の「1、みふゆの舌と声で溶かしてあげる♪」でするのは耳舐め(約15分)。
右耳→左耳の順に唇で吸ったり舌で舐めて勃起と興奮を促します。

「バイノーラル配信だもん みんなのお耳を敏感にしておいたほうが 楽しめるかなーって思って」
最初の時点で視聴者が結構いるところを見ると生放送の経験は豊富なのでしょう。
どうすれば彼らが喜んでくれるか彼女なりに考えながら丁寧にちゅぱ音を鳴らします。
淫語をほとんど言わないので純粋なエロさは控えめですが、彼らのために頑張る姿が健気で愛らしいです。
生放送は配信者の魅力も重要になりますから、まずはそこを高めて彼女と一緒にいる雰囲気を作ります。

続く3パート38分間は抜きを強く意識したサービス。
彼女のオナニー→疑似フェラ→オナニー+耳舐めと繋いで思う存分乱れます。

「次は くちゅくちゅだけじゃなくて 指 入れてみるね」
中でも「2、みふゆの音、聞こえる?」はタイトルを象徴するプレイということで
おまんこの外側を指でいじる音や、指を挿入し出し入れする音を至近距離から聞かせてくれます。
同じオナニーでも音の質感や動きが微妙に違ってて生々しく感じました。
マイクの位置がおまんこと耳元の2パターンあるのも良いです。
エロ可愛い喘ぎ声も相まって、11分程度でも十分抜けるエロさを持ってます。

「ディルドを みんなのおちんちんだと思って あぁ こんなに太いおちんちん みふゆ 咥えちゃうんだ」
残りの2パートもプレイの特徴をしっかり捉えて抜きに繋げます。
「3、先にイッて、ごめんね。お詫びに」は用意したディルドを視聴者のおちんちんに見立て
「4、ランダムでクリト〇スいじめ♪」は絶頂のタイミングを彼らに委ねてひたすらイクのを我慢します。
ただ普通にエッチするのではなく、彼らへの奉仕を意識することで生放送らしさを出してます。

単体で最も長いのは「5、みふゆちゃんと疑似せっくす」(約24分)。
休憩を挟んでから「今回はすごいことをするよ」と宣言した彼女が
軽い耳舐めの後に擬似SEXを披露して彼らの射精を応援します。

「その硬くなったあなたのおちんちん みふゆに みふゆのおまんこに にゅぷーって入れて欲しいなぁ」
実際に繋がってる気分が出るようにおねだりのセリフを投げかけ
開始後は熱っぽい吐息と切ない喘ぎ声を存分に漏らします。
ピストン音もぐちゅぐちゅと泡立っててエロいですし
これまでやってきたことをひとつのパートに凝縮して実用性を上げてます。

ここまでで明確な射精シーンは2回あるのですが
実際に聴いてみるともっと抜きたいと思う人が結構いるんじゃないでしょうか。
ひとつひとつのプレイがしっかり作り込まれていてレベルが高いです。

このように、女性が生み出す声や音をふんだんに盛り込んだエッチが繰り広げられてます。
音重視の抜きボイス
生放送らしさを出しつつ色んなエロ要素を繰り出すわかりやすい作品です。

みふゆは普段自分を応援してくれる視聴者たちにできる限りのサービスをしようと
放送の冒頭でエッチに初挑戦することを宣言し
後になるほどディープなプレイを投入して彼らを射精したい気分にさせます。
そして彼女自身も彼らと同じくらい楽しみ、その様子を余すことなくお届けします。

年下系の可愛らしい女の子がネットでエッチな姿を晒す今風のシチュ
くちゅ音、ちゅぱ音、吐息、喘ぎ声を大量に盛り込み組み合わせた抜きやすいエッチ
視聴者のためにすべてを捧げようとする彼女の健気な姿。
音重視でありながらキャラにも十分な魅力と存在感を持たせた作品に仕上がってます。

「いっぱい出せた? 嬉しいなぁ」
挿し絵の容姿を見ればわかるように、彼女は所謂ビッチ系ではありません。
それがネットを介してここまであられもない姿を披露する展開にもそそりました。
エッチの前後はごく普通の女の子っぽく振る舞いますし
このギャップも本作品の魅力のひとつと言えます。

最後に、本作品で唯一の非エロパートにあたる「6、みふゆ、耳かきだって上手だよ!」を紹介します(約42分)。
名前の通り耳かきをするパートで、左耳→右耳の順に様々な器具を使い分けながら進めます。

「みふゆの 耳かきの魔法で みんなを気持ちよーくしてあげる」
マッサージで血行を良くするところから始まり、耳の外側を綿棒で綺麗にする
穴の中を耳かき棒、タワシ型の耳かき棒、耳垢水、乾いた綿棒、梵天を使い分けてお掃除するなど
家庭よりも専門店に近いスタイルで色んな音を鳴らします。

サービスの種類が結構多いですけど、片方21分もあれば慌ただしさは特に感じません。
昔から耳かきをずっとやられてるサークルさんなだけあって、どの音も絶品と言えるくらい優れてます。
このパートだけで1作品にできるくらいのクオリティがありますから十分な癒しも得られるでしょう。

絶頂シーンは視聴者3回、みふゆ4回。
くちゅ音とちゅぱ音多め、喘ぎ声それなり、淫語そこそこです。

以上を踏まえてサークルさんでは初の満点とさせていただきました。
おまけはフリートークと2種類の音声です。

CV:伊ヶ崎綾香さん
総時間 2:46:11(本編…2:37:11 おまけ…9:00)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

ドスケベ風紀委員長のエロエロ性活指導♪〜クラス1えっちな君の性欲管理しちゃいまぁ~すっ♪〜

サークル「レジスタンス和歌山」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、風紀委員長をしてる真面目でドスケベな女の子が
同じく性欲旺盛なクラスメイトの男子に体を張ったエッチな指導をします。

淫語を多めに交えた言葉責めで彼を誘惑したり
バックで獣のような激しいSEXをしながら気持ちいいアヘ声を漏らすなど
彼女の性格を色濃く反映させた実用性の高いエッチをするのが特徴です。
淫乱な男子をしっかり管理
風紀委員長の「立花 由良(たちばな ゆら)」と4種類のエッチをするお話。

「ねぇ君 ちょっといいですか?」
由良は丁寧な言葉遣いをする可愛い声の女の子。
クラスメイトにあたる主人公に声をかけ自己紹介すると
用があるから放課後に隣の空き教室へ来てほしいと言います。

本作品は学校の風紀を守るために日々活動してる彼女が
彼を相手におよそ85分に渡るドスケベ指導をします。
オナニー、耳舐め相互オナニー、SEX、言葉責め重視の手コキとパートごとにプレイを切り替え
いずれも彼女が積極的にリードして気持ちいい射精に導きます。

「私をオカズにして オナニーしてくださぁい」
風紀委員長と聞くとお硬いキャラをイメージするかもしれませんが
彼女の場合は根っからのドスケベなので事務的なところは一切ありません。
挿し絵のようにパンツを見せつける、密着して至近距離からオナニーを披露する
他のクラスメイトにバレるスリルを味わわせながらおちんちんを弄ぶなど
ノーマル~ややMあたりの人が喜ぶことをガンガンやって巧みに誘惑します。

彼がとてつもなく性欲の強いキャラに設定されてるので
それに負けないレベルのスケベっぷりを発揮し楽しくエッチに取り組みます。
口では「彼を野放しにしておいたら他の女子が危ない」と言ってますけど
本心では自分を受け止められる男性に出会えて喜んでるのだと思います。

「最高に気持ちよく射精させてあげますから おちんぽにぶら下げた金玉タンクに 一滴も残らないような すっごい射精 経験させてあげますから」
エッチはタイトルに負けないよう「抜きやすさ」に力を入れてます。
中でも言葉責めは淫語を全体的に多く盛り込んであってパワフルです。
最終パートだけは彼を見下す態度を取りますが
それ以前はむしろ女性に対する征服欲をくすぐることのほうが多いです。
体への責めも品質が高く、抜きどころに困ることはまずないでしょう。

ドスケベな風紀委員長がドスケベな男子をエッチにもてなし精液を搾り取る。
多くの男性が夢見るシチュをストレートに表現した抜き重視の作品です。
本性が徐々に現れるエッチ
エッチシーンは4パート66分間。
プレイはパンツ鑑賞、オナニー、パンツの匂いを嗅ぐ、耳舐め、手コキ、相互オナニー、SEX(バック)です。
オナニー、手コキ、由良のオナニー、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「じゃあ 君がどうしてもオナニーしたくなるように 私がもうひと肌脱いじゃいます」
主人公が淫行に走るのを止めるためにこの場でオナニーして欲しいと言った由良は
彼が躊躇するのを見て自ら足を開きパンツを見せつけます。

エッチはごく一部を除き彼女がリードします。
一番最初の「クラス1のエロエロ男子にガニ股M字開脚でオカズ提供しちゃいまぁ~す♪」でするのはオナニー(約19分)。
彼女のパンツとエッチな話をオカズに自分のペースでしごきます。

「そう ここ ちょっとだけ湿ってるのわかります? なんでだと思いますかー?」
「やぁん あぁ ちょっと やらしすぎ そんなに激しく匂い 嗅がないでくださいよぉ」

そして彼女は早速言葉責めで彼をさらにやる気にさせます。
パンツの中央部分がうっすら濡れてることや、それが自分の愛液&汗だと教えたうえで
顔を近づけ匂いを嗅ぐ指示するところなどは本当に彼女らしいです。

これらをする際に嬉しそうな表情を見せるのがとても印象的でした。
普通の女性なら嫌がることを自ら進んでやることでドスケベっぷりをアピールします。
オナニーを披露してることを見下したりしないので雰囲気は結構穏やかです。

オナニーは開始と同時に標準くらいのペースで効果音が鳴り始め
それが後になるほど少しずつ速くなります。
気持ちを盛り上げられる要素が多いおかげで20分程度でも気持ちよく射精できました。

次の「風紀委員長に耳舐めされながら相互オナニーして擬似セックスしましょうよぉ~っ♪」は耳舐め+相互オナニー(約16分)。
1回出しても全然萎えないおちんちんを見て
彼女が自分から密着し耳とおちんちんを同時に責め立てます。

「はーい これで 現役JKドスケベ風紀委員長の エロエロニセおまんこの 完成でーす」
彼がより興奮できるように自分の手をおまんこに見立て
唾液でぬめりをよくしてから比較的激しくしごきます。
相互オナニーになるのはパートの中盤頃からで、引き続きおちんちんをいじりながらおまんこも慰める感じです。

私には彼女が自分の欲望を抑えられずにいるように映りました。
引き続き服は脱がないものの、エッチな音の量と密度が上がっており
前のパートとは違った良さを持ってます。
後になるほど彼女が自分の本性を曝け出すのも本作品の大きな特徴です。

個人的に最もエロいと感じたのは3番目の「性欲全開変態ワンちゃんを性欲管理♪ホンモノ交尾してあげまぁ~す♪」(約12分)。
これまでのエッチですっかり発情した彼女がSEXを自らおねだりし
そこへ彼が後ろから挿入して獣のように愛し合います。

「指なんて比べ物にならない リビドーこじらせまくったワンちゃんの獣チンポで ずっと突かれてたいぃ」
「出てりゅぅぅ いっぱい出してもらってるよぉぉ 由良の大好きな 変態おちんぽミルクぅ」

性欲の収まりが効かない彼を犬扱いするところはややM向けですが
今までとは違い彼が責め続け、彼女が思い切り乱れるプレイスタイルはむしろS向けと言えます。
彼女が自分の心情を思い切りぶちまけてくれるのが実に良いですね。
パート中盤以降はややアヘった声で情けないセリフを色々言ってくれます。

時間は本作品の中で最も短いのですが
責めっぷりがハードなのに加えて、彼女のドスケベなところが最もよく表れおり抜き度が高いです。
他のパートとは違う彼女の姿が拝めて大変満足しました。

このように、彼女の性格や魅力を全面に押し出した明るいエッチが繰り広げられてます。
男心を的確に突いてくる作品
M性をあまり出さずに弄んでくれる作品です。

由良は見た目は普通だけど底知れぬ性欲を持つ主人公をスッキリさせようと
自分から彼に接触し、2人きりになれる場を設けてストレートに誘惑します。
そして彼を指導する名目でおちんちんをしっかり味わい楽しみます。

仕事熱心だけどエッチも大好きな風紀委員長が男子生徒を気持ちよく躾けるシチュ
自分の体やイメージを使って興奮を盛り上げる巧みなリード
物語が進むにつれて欲望に素直になる彼女のキャラ。
ドラマ性はほとんど持たせずひたすらエッチを追求する方針で作品を組み立ててます。

「しょうがないなぁ いいですよ それが由良の 風紀委員長の務めですから」
彼女は風紀を守る立場にあるので普段は彼に付き合ってあげてる態度を取ります。
しかしエッチの佳境に入ると彼と同等、あるいはそれ以上のドスケベっぷりを発揮します。
中でもSEXパートの乱れる姿は圧巻でした。
このギャップも彼女の魅力だと思います。

エッチは言葉責めが秀逸なのに加えて体への責めも安定感があります。
両方をバランスよく刺激したほうが射精した時の快感も大きくなりますし
彼女のエッチに対する貪欲さを表現するのにも役立ってます。
まだ2作目とは思えないほど質の高いプレイをしていてびっくりしました。

射精シーンは4回。
淫語とくちゅ音多め、ちゅぱ音と喘ぎ声そこそこです。

オナニーのオカズになる作品を探してる人には特におすすめします。
おまけは「挨拶運動強化月間中に「とっ~ても健全な男子」発見しちゃいましたぁ~…♪」です。

CV:一之瀬りとさん
総時間 1:27:50(本編…1:25:40 おまけ…2:10)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

チ○ポ大好き!!淫乱ママメイド

サークル「豚骨ウェーブ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、母性が強く甘やかし上手なメイドが
甘えん坊なご主人様にお口を使った濃厚なご奉仕をします。

エッチシーンのほぼ全部でフェラをする尖った作りが魅力で
前半はメイド、後半はママと彼女が持つ2つの顔を引き立たせながら
舐める、吸う、啜るを小まめに切り替え後になるほど速く激しい責めを繰り出します。
ママメイドの甘く激しいご奉仕
メイドが2種類のフェラをするお話。

「ふんふんふんふん …あっ! そうだったわ うーんどうしようかしら」
メイドはのんびり話す色っぽい声の女性。
台所で食事の準備をしてる最中にやって来た主人公へ挨拶すると
いきなり抱きついてきた彼にキスして甘やかします。

本作品は大きなおっぱいと包容力豊かな性格を併せ持つ彼女が
女性に甘えるのが大好きな彼を60分程度に渡ってエッチにもてなします。
「ママ感」「メイド感」「エロさ」を作品の柱に掲げ
パートごとにその比率を変えながら1回ずつの射精に向けてゆっくりじっくり責め続けます。

「私の口マンコは ご主人様のおちんぽを舐めて しゃぶって ザーメンを全部飲み干すためにありますので たくさんたくさん 使い込んでくださいませ」
最大の特徴はフェラの量がとんでもなく多いこと。
エッチシーンのおよそ95%をフェラに回し、状況に応じてちゅぱ音を変えてその様子を表現します。
相手がメイドの場合、お仕事っぽさを出すために心の距離を取る作品もありますが
本作品は甘えん坊な彼と甘やかし上手な彼女が仲良くしながら和やかに進めます。
最中のセリフも甘いものが多く、胸のあたりがぽかぽかするのを感じながら抜けるでしょう。

肝心のフェラも舐める、吸う、啜るといった基本をしっかり押さえつつ
おちんちんを咥えたまま口をもごもごさせる、激しいピストンフェラをお見舞いするなど
後になるほど激しさとエロさが増すように変化をつけて行います。
セリフも適度に挟んできますがちゅぱ音のほうが明らかに多いです。

もうひとつの特徴はパートによって彼女の態度が変わること。
前半はメイドらしく丁寧な言葉づかいで接してたのが
後半に入ると口調を大幅に変え、母親に近い態度でフェラします。
フェラ自体はほぼ一緒なのですが、セリフの差によって同じプレイでも印象がそれなりに変わります。

母性豊かなメイドがフェラと甘い言葉で男性を幸せな射精へ導く。
キャラとプレイの両方に個性を持たせた実用性重視の作品です。
愛を込めて舐めるエッチ
エッチシーンは2パート61分間。
プレイはキス、フェラです。
エッチな効果音はありません。

「お待たせしました うふふふ 今日もご主人様が心ゆくまで 私の口マンコの感触を お楽しみくださいませ」
彼が自分に甘えたがってるのをすぐさま理解したメイドは
食事の準備を中断して彼の部屋へ移動し、まだ勃起してないおちんちんにキスします。

エッチはどちらも彼女が責め続けます。
最初の「Track.02 たっぷり濃厚じゅぽじゅぽフェラ」は2人の日常風景(約38分)。
亀頭から竿の根本にかけて満遍なくキスを浴びせ
それから舌で舐める→咥えこんでしごくと刺激を強くして射精まで持っていきます。

「美味しいご飯を食べたり 温かいお布団で眠ることも大好きですが 私はご主人様のおちんぽじゅぽじゅぽしている時間が 一番幸せです」
時間にかなりの余裕がある状況を活かして序盤から中盤にかけては緩めに責め
その合間に今何をしてるかの実況や甘やかしのセリフを挟んで心身をバランスよく温めます。
30秒~1分程度舐め続けてから少し話すのを繰り返す感じです。

ちゅぱ音は全体的に水分高めですが
「ぶぶっ」みたいな破裂音はほとんど鳴らないので下品と言うほどではありません。
音だけでどんな風に責めてるかイメージできるよう丁寧に鳴らしてました。
こういう部分にも彼女の優しさを感じます。

もちろん激しいフェラも中盤以降に登場します。
挿し絵左のように口をすぼめてぎゅっぽぎゅっぽとしごいたり
射精の直前にはかなりのハイペースでしゃぶる力強いところも見せてくれます。
精液はすべて口で受け止め飲み干すなど、男性が望むことを積極的にやって満足させます。
エロさも十分ですし、射精シーンが来る前に出したくなる人がそれなりにいるんじゃないかなと。

続く「Track.03 ママのクチマ○コでじゅぽじゅぽフェラ」はママな彼女を前面に押し出したプレイ(約23分)。
冒頭に3分程度キスして興奮させてからとことん甘やかすフェラをプレゼントします。

「あったかぬるぬる口マンコで いっぱいいーっぱい 気持ちいい気持ちいいしまちょうね」
このパートは彼が何らかの理由で気落ちしてる設定のため
普段以上に優しい言葉をガンガンかけて心を潤します。
赤ちゃん言葉も出てきますし、前のパートよりも雰囲気が柔らかく感じるでしょう。
授乳手コキはしませんから幼児プレイとはちょっと違います。

プレイについては前のパートと同じく舐める→咥える流れで進めます。
方向性にもう少し明確な違いが欲しい気もしますが
サークルさんが純粋なエロさを優先されたのかもしれません。
セリフだけでも十分な個性が出せてますし些細なことと言えます。

このように、彼女が持つ2つの顔を使い分けて責める愛情深いエッチが繰り広げられてます。
ちゅぱ音特化の作品
キャラは優しく、プレイはエロくすることを意識した使い勝手の良い作品です。

メイドは自分が仕えてる主人公に幸せな時間を提供しようと
母親のようなおおらかな態度で接しながら口を存分に使っておちんちんを刺激します。
そして最初はメイドらしく、次はママらしく振る舞って心も同時にケアします。

母性豊かなメイドがご主人様をエッチに甘やかすシチュ
エッチのほとんどをフェラに割き、シーンごとに異なるちゅぱ音を鳴らす作り
前半と後半で彼女のキャラを変えて違いを出す演出。
ただ舐め続けるのではなく、登場人物にも個性を持たせて甘い作品に仕上げてます。

「すっごい量でしたね とても気持ちよかったですか? そのお言葉をいただけるだけで 私はとっても幸せです」
フェラの最中に彼女が幸せそうな表情を見せるのも印象的でした。
メイドだから嫌々やるのではなく、好きだからしてるのが自然と伝わってきます。
終盤以外の責めるペースを緩めにしたのも、充実した射精を迎えてもらうための思いやりなのでしょう。

エッチはフェラが好きかどうかで満足度が大きく変わります。
68分で324円とコスパが良いので内容を理解して聴くならまず損はしません。
イメージするのが苦手な人は年上系の画像と組み合わせたほうが抜きやすいと思います。

射精シーンは2回。
ちゅぱ音多め、淫語そこそこ、喘ぎ声はありません。

CV:涼貴 涼さん
総時間 1:08:06

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は7点。
コスパで+1してあります。

2019年5月13日まで50%OFFの162円で販売されてます。

お姉さんが教えてアゲル 〜秘密の温泉宿泊記録〜

サークル「ちょこうさぎ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、上品で淫乱な宿泊客のお姉さんが
女将の息子にあたる少年と濃厚なエッチをします。

彼女が優しくリードしながら彼の色んな「初めて」を奪うおねショタ展開が魅力で
キスやSEXはもちろん、乳首やアナルといったアブノーマルな部位にも手を伸ばし
その際に声とはまるで違う下品な音をガンガン鳴らして興奮させます。
お姉さんとの刺激的な初体験
旅館のお風呂や部屋でお姉さんとエッチするお話。

「ふぁぁ あぁ頭痛い ちょっと飲みすぎたかなぁ」
お姉さんは穏やかで色っぽい声の女性。
お酒を飲みすぎたので寝る前に風呂場へ向かうと
そこに主人公がいるのを発見し混浴の時間だったか尋ねます。

本作品は従業員の入浴時間にたまたま風呂場を訪れた彼女が
そこで出会った彼と80分近くに渡る4種類のエッチをします。
相手が性欲旺盛な少年ということで経験者の彼女がリードする形式を取り
女性の体やその扱い方を少しずつ教えるおねショタプレイが楽しめます。

「初めてでしょ? 誰かにおちんぽシコシコされるの初めて なら早いお漏らしでも 仕方ない仕方ない」
テーマはずばり「初めて」
おちんちんを責められる、射精を見られる、筆おろしされる、ファーストキスをするなど
彼女はこれらを通じて彼に様々な初体験を提供します。

SEXだけでも3パートありますし、終盤にはアブノーマルなプレイもしますから
一般的なおねショタ作品よりも刺激が強く感じるでしょう。
純粋なエロさも高く、抜き場に困らないと言えるほど内容が充実してます。

「だってね 私 おちんぽが だーい好きなの SEXが だーい好き」
これらをするお姉さんは「肉食系」と呼ぶのがぴったりな女性。
風呂場で初めて会った時、彼が自分を性的に意識してるのを察知すると
すぐさま体を密着させ大きなおっぱいを押しつけて反応を見ます。
そしてエッチできると踏んだ後は熟練したテクニックで何度も射精に導きます。

おねショタなので無理矢理責めることはほとんどないものの
上品な声とは随分違う貪るような責めっぷりを披露してくれてエロいです。
SEXシーンでは普通に乱れて絶頂するなど自分自身も普通に楽しむ姿勢で筆おろしします。
全編を通じて密着しながら責めるおかげで、目を瞑ればすぐそばにいるような感覚が味わえます。
少年を立派な男に育てるエッチ
エッチシーンは4パート78分間。
プレイは体を洗う、手コキ、パイズリ、フェラ、SEX(騎乗位、正常位、対面座位)、オナニー、アナル責め、キスです。
体を洗う、手コキ、SEX、オナニー、アナル責め、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「ふふっ 仕方ないよね だって 君が逃げるんだもん」
主人公に事情を尋ねて納得し、彼の髪や体を洗ってあげることにしたお姉さんは
その途中で後ろから抱きつき大きなおっぱいを押しつけて誘惑します。

エッチは年上の彼女が終始リードします。
一番最初の「身体洗うの、手伝ってあげる」はお風呂場でのプレイ(約11分)。
おっぱいをスポンジ代わりにして彼の背中を綺麗にし
さらにおちんちんに手を伸ばして優しくしごいてあげます。

「私のおっぱい ぎゅーって押しつけられて 嬉しくなっちゃった?」
彼女は肉食系ですが相手を気遣う心も十分持っており
体をいじりながら嫌がってないか適度に確認して気分良く射精させます。
「にゅちゅっ」という粘っこい水音もエロく、声の位置が非常に近くて彼女の温もりを感じました。

効果音や環境音のレベルが高いのもこのパートの魅力です。
開始時からバックにお湯の流れる音が入り、髪や体を洗うシーンでも専用の効果音がタイミングよく鳴ります。
水に関する音が多いので癒しを感じる人もいるのではないでしょうか。
まだ始まったばかりということでプレイ自体はソフト目にし、作品の世界に引き込むことを意識して進めます。

続く「ちゃぁんと、ぜーんぶ、受け止めてあげるから」はおちんちんの初めてをいただくシーン(約20分)。
お風呂から出て彼女の宿泊部屋へ移動し、パイズリフェラで1回抜いてから騎乗位で繋がります。

「使ったことない童貞おちんぽ 徹底的に舐め回してあげないとね」
そしてここでは彼女が年上らしい流れるようなリードを披露します。
おちんちんが萎んでるのを見て彼が緊張してると判断し
まずは大好きなおっぱいで挟みながら豪快なフェラを繰り出して一気に元気にします。

結構激しいちゅぱ音を鳴らしますから聴き始めた直後はびっくりするでしょうね。
おちんちんのことをわざと「おちんぽ」と言うなど、男が喜ぶツボを的確に突いて充実した初体験をプレゼントします。
事前に1回射精させるのは初SEXを長く味わってもらうための配慮だと思います。

「あぁ 私も気持ちいいよ 奥まで 子宮の入り口に 硬いものでコンコンってノックされてる」
山場のSEXも挿入してから少し動かさずに彼の反応を確かめ
ピストン開始後は熱っぽい吐息を漏らしながら気持ちよさそうな声を上げます。
主人公は見た目とは随分違う立派なおちんちんを持ってるらしく
SEXシーンは言葉責めをせず普通に乱れることが多いです。
そしてこれは「女性を気持ちよくできてる」という満足感や自信に繋がります。

続く2パート47分間は次の日のお話。
お姉さんとの初SEXが忘れられない主人公が再び部屋を訪れ
これまでよりもずっとディープなプレイをして大人の階段を上ります。

「このまま 昨日みたいに押し倒してもいんだけど 今日はそうじゃなくて 君が 動いてみよっか?」
「お姉さんと……また、ヤりたいの?」は本作品で最も長い28分を割き
オナニーの披露+耳舐め+乳首責めで1回、正常位SEX+耳舐めで1回と
前のパートとは違うやり方で心身を盛り上げます。
特にSEXは敢えて彼に主導権を譲り、彼女は応援に回る自主性を重視したプレイです。

彼女は旅館の宿泊客ですから数日もすれば彼と会えなくなります。
それを踏まえて完全な受け身にせず、他の女性とも上手くエッチできるよう練習する機会を与えます。
気持ちよくして終わりではなく、彼を一人前の男に育てようとするところに優しさを感じました。
耳や乳首といった今まで手をつけなかった性感帯も責めるあたりもテーマの「初めて」に合ってます。

それに対して「アタシはまだまだ満足してないわよぉ♪」は肉食系キャラを前面に押し出したプレイ(約19分)。
先ほどのエッチで満足できなかった彼女が彼のアナルに指を挿入し
その先にある前立腺を刺激しながら何度も何度も射精させます。

「昨日は初めてのSEXを経験して 今日は初めてのアナルを経験しちゃうの」
今までは多くて2回だった射精シーンが一気に4回まで増え
逃げようとする彼を押さえ込みながらおちんちんとアナルをノンストップで同時責めします。
このパートだけは他よりもM向けの内容ですね。
エッチの締めくくりということで難度の高いプレイに挑戦したのかもしれません。
アナルへの挿入はとても丁寧ですし、精液を全部中で受け止めるなど優しさもそれなりに感じます。

このように、後になるほど踏み込んだプレイをする甘く激しいエッチが繰り広げられてます。
エロさの高いおねショタ作品
ド淫乱なお姉さんが童貞を美味しくいただく抜き重視の作品です。

お姉さんは風呂場で偶然出会い興味を持った主人公と仲良くしようと
年上らしく落ち着いて接しながら自慢の体を使ってエッチしたい気分にさせます。
そして環境が整った後はパートごとに色んな初めてを奪って彼を立派な男にします。

エッチに熟達した女性が未熟な少年にエッチの手ほどきをするおねショタシチュ
おちんちんだけではなく他の性感帯も責めてたくさんの「初めて」を教える魅力的な展開
セリフ、責めっぷり、乱れ具合のすべてがエロい彼女のキャラ。
甘く優しくリードする王道のおねショタよりも全体の刺激を強くして実用性を上げてます。

「ひょっとして私 童貞だけじゃなく キスの初めても奪っちゃったのかしら?」
特に2番目の要素は本作品のキーポイントなだけあって内容が幅広いです。
唯一の非エロサービスをする「ほら、好きでしょ? アタシのおっぱい」では濃厚なキスをしますし
ノーマル~ややMの範囲で器具を使わずに考えられる限りの初体験が登場します。

視聴中は「アタシはまだまだ満足してないわよぉ♪」が過激かなぁとも思ったのですが
彼女に初アナルを捧げる、初めての限界射精に挑戦する意味合いがあることから
今は本作品のテーマに沿ったエッチだと認識してます。
彼女はエッチに貪欲な性格をしてますから、ひとつくらいは過激なプレイがあってもいいのではないでしょうか。
他の3パートは彼を育てることを強く意識していて穏やかです。

エッチは淫語がやや下品で、ちゅぱ音が激しく、効果音がリアルで、喘ぎ声も色っぽいと充実してます。
ほとんど女性上位ですがSEXシーンが多いおかげで吐息や喘ぎ声も結構楽しめます。
大人の女性の色気がたっぷり詰まっていて大変興奮できました。

絶頂シーンは主人公9回、お姉さん2回。
くちゅ音多め、淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声(吐息含む)それなりです。

おまけは「07_今日は違うことしてあげる」とNG集です。

CV:しょこらさん
総時間 2:20:48(本編…1:51:04 おまけ…29:44)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2019年4月16日の24時まで20%OFFの691円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。

悦虐搾精ママハーレム

サークル「ボトムズ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声質が異なる4人程度の熟女たちが
男性を取り囲む感じに陣取りその体をゆっくりねっとり味わいます。

嘲笑、吐息、ちゅぱ音、喘ぎ声といったセリフ以外の要素だけでエッチするのが特徴で
ある時は喘ぎ声有利、またある時はちゅぱ音重視とシーンによって構成を小まめに変えながら
大人の女性らしい色っぽい声と貪るような音をガンガン鳴らして射精へ追い込みます。
妖艶な女性たちに囲まれて
熟女たちがひたすら同時責めするお話。

「んっ んんっ あっ はぁ」
熟女たちは声質の違うどれも色っぽい声の女性。
自己紹介や状況説明といった前置きはすべて省略し
早速主人公の至近距離から艶めかしい吐息や喘ぎ声を漏らします。

本作品は2018年10月に発売された「永遠絶頂ロリータハーレム」の熟女版。
前作とは属性が大きく異なる女性たちが密着しながら色んな責めを繰り出します。
サークルさんが「非言語愛歓シリーズ」と銘打ってる通り、作中に言語と呼べるものは一切出てきません。
ちゅぱ音や喘ぎ声といった女性が生み出す音声だけで興奮と射精を促します。

挿し絵には6人の女性が描かれてますが、実際は4人くらいで同時責めするシーンが多いです。
左右に1人ずつ、中央の左右に1人ずつが陣取り別々のことをやるので
聴いてる最中は頭の中を音声に包まれてるような不思議な感覚がします。
純粋なエロさも高くオナニーのオカズとして大いに役立ってくれるでしょう。

この手の作品で懸念されるマンネリ化にもきっちり対応してます。
左右の耳を舐めつつ中央からフェラっぽい音を鳴らしてたかと思えば
3分後には吐息と喘ぎ声が同時に流れる、といったようにシーンによって内容が大きく変わります。

「あっ あぁぁっ んふふ」
彼女たちが微笑や嘲笑を小まめに挟んでくるのも良いですね。
年上らしい余裕のある表情を見せつつ、やや下品な音を鳴らして弄びます。
具体的に何をしてるかの実況や言葉責めはないので見下されてる感じはそれほどしません。
エッチ慣れした女性と気持ちいい時間を共有してるような穏やかな空気が漂ってます。

また本編以外に各シーンを抜粋したオムニバス音声も用意されてます。
これらは3分~10分と比較的短い時間で構成されており
気に入ったものをループさせながらオナニーするよりシンプルな使い方を想定してます。

複数の女性たちがエッチな音声をたっぷり鳴らす作りと変化のある展開。
前作の特徴を継承したうえで熟女たちにマッチさせてる濃い作品です。
大人の色気漂うエッチ
エッチシーンは全編にあたる52分間。
プレイは吐息や喘ぎ声を漏らす、耳舐め?、フェラ?、SEX?、息吹き、嘲笑です。
エッチな効果音はありません。

エッチは彼女たちが終始責め続けます。
最初の40分間は比較的緩いプレイ。
右の女性はひたすら喘ぎ声、左手は鼻息っぽい吐息
中央左は微笑、中央右はより激しい喘ぎ声といったように
それぞれが異なるプレイをしながらそれに対応したエッチな声や音を漏らします。

本当に序盤からこれらをやるのでびっくりする人がそれなりにいるでしょう。
そして3分もすればおちんちんが勃起してるのに気づくはずです。
セリフを使えないからこそ、声優さんたちも熟女らしいねっとりした演技をされてます。

プレイの流れは少し前に書いた構成から始まり
3分後には左が耳舐めと思しきちゅぱ音、右は微笑
中央は「ぶぶりゅうっ」という空気混じりの下品な音を鳴らすフェラへと変化し
8分頃は喘ぎ声3、ちゅぱ音1の構成、12分頃は一転してちゅぱ音メインの構成と
聴き手を飽きさせないよう短めの間隔で責め方を切り替えてきます。

彼女たちが常に同時責めするので音声が途切れることは一切ありません。
全体的に責めるペースは緩めにし、音声の密度を上げてエロさを出してます。
ハイペースだと音声の違いを楽しみにくくなりますからこれくらいが丁度いいんじゃないかなと。
こういうスタイルのほうが熟女に合ってるというのもあります。

そんな状況が一変するのは40分頃から。
彼女たちの喘ぎ声が今までより大きくなり、ちゅぱ音のペースも上がって激しく責め立てます。

サークルさんがこれ以前のシーンを「陰」、ここを「陽」と命名されてるだけあって
各要素がパワーアップしており追い込まれてる様子が上手く表現されてます。
微笑や嘲笑の割合を上げてるのもそう感じる要因のひとつです。
私には主人公を見下してるというよりは純粋な快感に酔いしれてるように映りました。
多少の落差をつけることでエッチに締まりを出してます。

このように、女性が生み出す淫靡な音声だけをひたすらぶつけるわかりやすいエッチが繰り広げられてます。
艶のあるハーレム作品
多くの男性が興奮する要素を凝縮させた抜き特化の作品です。

熟女たちは何らかの理由でエッチすることになった主人公の体を味わい尽くそうと
左右とその中央に陣取り、音声開始1秒後には早速同時責めに移ります。
そして3分程度の間隔でそれぞれのやることを切り替えながらちゅぱ音や喘ぎ声をガンガン鳴らします。

4人程度の熟女に全身を弄ばれ続けるハーレムシチュ
セリフを完全に排除しそれ以外の要素だけでエッチを表現する思い切った作り
マンネリ化を解消すべく小まめに変化を与え、後になるほどエロさを増す目的に沿った展開。
音声の100%をエッチなものだけで構成した非常に珍しいサービスが楽しめます。

私は前作を視聴済みだったので今作の内容もある程度予測できてました。
それでも聴いた後の感想は「エロいなぁ」でした。
熟女の色気や余裕を感じる責めっぷりと、終盤で若干メスっぽく振る舞うのが大きいです。
ちゅぱ音もゆっくりペースで粘っこい音を鳴らすシーンが多くて男が喜ぶツボをよく心得てます。
セリフがないからこそ繰り返し聴いても飽きにくいというメリットもあります。

このシリーズを未視聴の方はご自分の好みに合わせて片方選ぶといいでしょう。
少女と熟女両方を好きな人はあまりいないでしょうし
性癖に合ったほうを聴くのが純粋に抜きやすいです。

明確な射精シーンはありません。
ちゅぱ音と喘ぎ声大量、淫語はありません。

CV:沢野ぽぷらさん 霜月優さん 井上果林さん 佐倉ありさん
総時間 本編…52:12 オムニバス…33:57

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

快楽の虜

サークル「はーべすと」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、エッチの事をほとんど知らないエルフのシスターが
「淫紋」と呼ばれる不思議なアイテムに出会い少しずつ快楽の虜になっていきます。

清純な彼女がどんどん淫乱になっていく展開が最大の魅力で
最初はこっそりオナニーするだけで満足してたのが
終盤に差し掛かると野外で激しいSEXをしながらおねだりするようになります。
喘ぎ声をたっぷり上げてくれますから、それが好きな人ほど興奮できるでしょう。
清楚なシスターがどんどん淫らに
シスターのシンシアが快楽に溺れていくお話。

「シスターシンシアさん、こんにちは、懺悔、というわけではないんだけどさ……仕事に行く前に少し話を聞いて欲しくて来ちゃった」
娼婦は気さくで色気のある声のお姉さん。
「分かりました。どうぞ、私にお話ください」
シンシアは清楚で可愛い声のお姉さん。
仕事前に教会へやって来た娼婦の話に付き合うと
その中で語られてた淫紋のことが気になり一人で考え始めます。

本作品はエルフなどの種族が人間と共生してるファンタジー世界を舞台に
彼女がおよそ70分に渡って合計6種類のエッチを楽しみます。
淫紋を手に入れた直後、翌日、その夜と3つのシーンに分かれており
それらを通じて彼女がどんどんエッチに目覚めていく様子をわかりやすく描いてます。

「“絶頂する”というのはそんなにも気持ちの良いものなのでしょうか?」
彼女はシスターという立場上エッチな事には詳しくなく
この職に就く前にオナニーしてみたもののあまり気持ちよくなかったそうです。
でも娼婦の話を聞く限り相当な効果があるとわかり、意を決して闇市にそれを買いに行きます。
欲求不満だからではなく純粋に興味が湧いた程度の些細なきっかけです。

「ほら、あなたのだぁいすきな、シスターさんのおまんこが、おちんちんを待ってますよー♪ 入れてっ♪ 入れてっ♪ はやくぅぅっ……♪」
しかし一度試してみるとその強烈な快感にすっかり病みつきになり
寝る間も惜しんでオナニーに励むほどの淫乱な姿を見せます。
終盤には股間を露出しながら夜道を徘徊し、偶然出会った男性に挿入のおねだりをするなど
冒頭の清楚なイメージとはまるで違う下品なキャラへと変貌します。

シスター自体がエッチとはややかけ離れた職業ですし
展開とキャラの両方にギャップを持たせてエロさを一層引き立ててます。
抜き場も豊富ですからオナニーのオカズに役立ってくれるでしょう。

それに最も貢献してるのが喘ぎ声の多さ。
オナニーやSEXといった彼女が気持ちよくなれるプレイを多く盛り込み
シーンによって激しさを変えることで彼女の中毒具合を表現します。

「あぁっ♪ あたまぁ、ばかにぃ、なりゅのぉっ♪ おちんちん、しゅごいぃ……♪」
特に終盤の野外でSEXするシーンは上のようにアヘ声混じりになり
誰かに見られるかもしれないスリルをむしろ楽しむように振る舞います。
男性キャラが中盤から登場することや、言葉責めにあたるセリフが特にないことから
彼女が乱れる/堕ちていく様子が一番の抜きどころになります。
キャラやシチュは割と特殊ですけど構造はものすごくストレートです。

ちなみに本作品の淫紋は媚薬効果つきのシールみたいなアイテムで
挿し絵のようにお腹と股間の間に貼り付けると感度が大幅に上がります。
そして1回絶頂すると消えるため使い方に気をつければ廃人になることはありません。
しかし彼女はエルフだからこそ途中で人間とは違う効果が出てしまいます。
清純な女性が汚れていく快感
エッチシーンは6パート43分間。
プレイはシンシアのオナニー、フェラ、素股、SEX(バック、騎乗位、正常位)、野外露出、耳舐め、キスです。
淫紋を貼る、オナニー、素股、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「んっ……あれ……お腹が、熱い? ……ひぅっ……何っ、これ……子宮が、疼いて」
娼婦が言ってた場所を訪れてそこにいた老婆から淫紋を購入したシンシアは
自宅へ戻り早速それを貼ってオナニーしてみます。

エッチは彼女の気持ちや反応を中心に描きながら進めます。
最初の2パート13分間でするのはオナニー。
トラック02はクリトリス、トラック03は膣内をいじって合計3回の絶頂を迎えます。

「あ……あぁ……はぁ……はぁ……はぁ……うぅ……陰、核? ここって、こんなに……気持ちよく、なれるものなの?」
「私の体……全部、気持ちよく……なっちゃうみたいな……感覚……。こんなの……一度覚えてしまうとやめられないよ……」

彼女はこれまでエッチがそれほど気持ちよくないと思ってましたから
淫紋の効果による大きな違いに最初は戸惑う仕草を見せます。
しかし1回絶頂した後はすっかり快楽の虜になり、2枚3枚と淫紋をガンガン使ってオナニーに励みます。

まだ快楽堕ちと言うほどダメになってる感じはしませんが
それでも熱っぽい吐息や切ない喘ぎ声から結構ハマってるのが伝わってきます。
そしてまだ恥じらいが残ってるからこそ、中盤以降の乱れっぷりとの対比がより引き立ちます。
男性が出てくることもありませんし純粋なオカズボイスとして楽しめるでしょう。

続く2パート9分間は教会でのお話。
翌日、オナニーにハマりすぎて徹夜した体で男性から懺悔を聞いてた彼女は
「女性を見ていると性欲が収まらず集中できない」という悩みをフェラとSEXで解消します。

「硬いのに……弾力があって、ピクピク脈打ってて、先の方は柔らかい……ですね」
心の声「これが、男の人のおちんちん……指なんかよりも、奥まで届きそう……」

この時点では快楽の虜になってることを他人に知られてませんから
それをなんとか隠そうと表面上は普段の落ち着いた態度を取り続けます。
その一方で心の中は初めて見た/触れたおちんちんの感触を嬉しそうに味わいます。
表の顔と裏の顔を共存させることで心の揺れ動くさまを表現してます。

プレイのほうはフェラ5分、SEX4分とかなり短いです。
この男性は終盤の2パートにも登場するので
それに向けた雰囲気作りのためにエッチしてるんじゃないかなと。
隣りの部屋にいる彼に壁の穴からおちんちんを出してもらい、それを味わう教会らしいエッチです。

最後の2パート21分間は野外が舞台。
その日の夜、性欲を少しでも解消しようと股間を出したまま道を歩いてた彼女が
先ほどの男性と出会いそのまま激しいSEXへ突入します。

「そんな風に思ってくれてると知ったら、嬉しくなってしまうではないですか。んっ♪ 子宮もキュンキュンしてきちゃってます……。ふふふ♪」
彼女は自分がもうすっかり快楽中毒になったことを理解しており
彼に露出した姿を見られても恥ずかしがることは一切ありません。
むしろ自分から濡れそぼったおまんこを見せつけて誘い、怯んだ彼に覆いかぶさり腰を下ろします。
娼婦の話を熱心に聞いてた以前の彼女とはまったく違ってエロいです。

そして挿入後は今まで以上に熱っぽい吐息と激しい喘ぎ声を漏らして気持ちいいことをアピールします。
ピストンのペースは割と緩いのですが、彼女の乱れっぷりが非常に大胆で
性的快感にすっかり酔いしれてるのが強く伝わってきます。
精液は全部中で受け止め、おちんちんを抜いた後に出てきたそれを舐める姿も印象的でした。

一番最後のトラック07は射精シーンが3回もあり
彼女がアヘ声を漏らすようになる最も実用性の高いパートです。
清楚で知的なシスターが媚薬アイテムに出会い快楽を追い求めるだけのメスに成り果てる。
彼女が持つ特徴を活用して大きなギャップを生み出した流れのあるエッチが繰り広げられてます。
穏やかに快楽堕ちする作品
女性がダメになっていく様子をエッチに描いた作品です。

シンシアは懺悔の途中で偶然耳にした淫紋の効果を確かめようと
闇市に自ら出向いて購入し、教えられた通りに使ってオナニーしてみます。
そして本当だとわかった後は何度も使用しどんどん快楽から離れられなくなります。

清楚なシスターが淫乱なメスに堕ちていくシチュ
物語が進むほど彼女の積極性と乱れっぷりが増していく展開
その変化を喘ぎ声の質と量で表現する抜きやすい作り。
暗さや重さをできるだけ感じさせないように気をつけながら作品を組み立ててます。

「うふふふふふ♪ 快楽に身をゆだね……一緒に、どこまでも堕ちていきましょう……♪」
日常生活や仕事に支障が出るレベルで溺れてしまうため
彼女にとっては決して良い結果ではないのかもしれません。
でもこの道に進むのも、どっぷり浸かるのも結局は彼女が自分で選択してます。

シスターをクビになるとか、輪姦されてボロボロになるといったバッドエンドもありませんし
暗くなりそうなお話の割には聴きやすく後味も良かったです。
この設定が持つエロさだけを純粋に追求してます。

エッチは何度も言うように喘ぎ声が一際耳を惹きます。
ひたすら垂れ流すのではなく、彼女の堕ち具合によって変化していくおかげで
言葉だけではわかりにくい部分を表現するのに役立ってます。
淫紋を体に貼る音が入ってたりと細かな部分にも気を配っていてどのプレイもリアルです。

絶頂シーンはシンシア7回、男性6回。
喘ぎ声多め、淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音そこそこです。

CV:シンシア…篠守ゆきこさん 娼婦/老婆…西田光さん
総時間 1:10:48

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

ヌキフレ!!2【バイノーラル】

サークル「AXZ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、ノリが良くてエッチ大好きなヤリマンクラスメイトが
恋人持ちの男子と自宅や修学旅行先で明るいエッチをします。

セフレと恋人の中間あたりの立ち位置で甘く濃厚なエッチをするのが特徴で
キスシーンを多く挟んだり、ポジティブなセリフをガンガン投げかけながら
ビッチらしい積極的な責めを繰り出して気持ちいいひと時を満喫します。
南の島でセフレとイチャイチャ
クラスメイトのレイナと5種類のエッチをするお話。

「あっ あんっ うっ いいよ そのまま そのままっ」
レイナは砕けた話し方をするしっとりした声の女の子。
とある雨の日、自宅で主人公と騎乗位SEXしてると
ゴム越しに射精されて気持ちよさそうな声を漏らします。

本作品は学園イチの褐色ヤリマン爆乳ビッチとして有名な彼女が
自宅、飛行機、南の島で彼を相手に70分程度の色んなエッチをします。
タイトルを見ていただければわかるように続編となってまして
2人は物語の最初から肉体関係を結んでる設定がされてます。

「あたしのJカップバスト 重くて揉み応えあるっしょ いいよ 良かったらもう一戦する?」
彼女はヤリマンと呼ばれてるだけあってエッチにとても積極的。
音声開始30秒後には早速騎乗位SEXを始め、それが済んでも続きをやろうとおねだりします。
そして自慢のおっぱいを揉ませたり、ゲームに勝てばご褒美をあげると言って彼をやる気にさせます。

実は主人公にはサヤカという奥手な恋人がいまして
彼はレイナにお金を渡すのと引き換えにエッチしてるというやや複雑な背景があります。
援交+寝取られを連想するシチュなのですが、面白いことに聴いてて暗さをまったく感じません。
彼女のキャラや細かな描写を組み合わせてそういう部分を上手に打ち消してます。

例えば援交はお金を払ってるらしいことを言うものの
実際に受け渡すシーンは一切なく、どれくらいの額なのかも不明となってます。
また事あるごとにサービス(=無料)でエッチするよと言って彼の負担を減らそうとします。

「竿太くてすごっ カリ高で先っぽもパンパン」
というのも彼女は彼の体(特におちんちん)に心底惚れ込んでおり
作品の至るところでおちんちんの逞しさや精力の強さを褒めまくります。
ギャル特有のストレートなセリフが多く、おかげで作品全体に明るい雰囲気が漂ってます。
私にはお金よりもそれを味わいたくてエッチを持ちかけてるように映りました。

キスシーンがかなり多いのも本作品を明るいと感じる理由のひとつです。
エッチの開始時はもちろん、おちんちんを責め始めた後も並行して彼の唇を求め
射精後には快感の余韻に浸りながらソフトなちゅぱ音を鳴らします。
暇があればとりあえずやるってくらいにガンガンしてきます。

援交をテーマにした作品ではSEXがOKでもキスはダメと言われることがそれなりにあります。
それを敢えて解禁し、さらに分量を多くすることで心の距離が近いエッチになってます。
物語の終盤では恋人っぽく振る舞うなど一般的な援交モノとは明らかに違う部分を持ってます。

「お堅いサヤカも南の島ですっかり開放的になってるだろうし 念願の恋人初エッチ まだチャンスあるって」
寝取られについてはそもそもレイナにその気がまったくありません。
これまで手を繋ぐ程度の清い交際を続けてるサヤカとより深い関係になれるように
不安がる彼を励ましたり、それができる環境を自らセッティングして後押しします。
そして残念ながら上手くいかなかった時は体を張って慰めます。

エッチはすごく積極的なんだけど、大事なところで一歩退く潔さも持ってる女性です。
女の武器で無理矢理堕とそうとせず、彼が幸せになってくれることを願うあたりに優しさを感じました。
彼女に色んな魅力が備わってるおかげで感情移入しながら音声を聴くことができます。
カラッとしてる抜きやすいエッチ
エッチシーンは5パート72分間。
プレイはSEX(騎乗位、寝バック、正常位)、キス、フェラ、乳揉み、ゴム有り手コキ、耳舐め、パイズリです。
SEXの際に少しだけ効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「あっ 精液 すごく出てる」
主人公との騎乗位SEXを楽しんだレイナは
エッチの感想を尋ねてから間もなく始まる修学旅行のことを話します。

エッチはどのパートも彼女がリードします。
一番最初の「プロローグ0」は彼女の家でするエッチ(約15分)。
3分程度の騎乗位SEXからピロートークを挟んで2回戦のフェラへと繋ぎます。

「すごいんだって 初めてだったら あんた声出るんじゃない?」
このパートは物語の背景説明や彼女のヤリマンっぷりを紹介する意味合いが強く
1回戦目はすぐ終わるし、2回戦もフェラの途中で風呂に移動するので射精表現がありません。
でもおちんちんに腰を落とすたびに熱っぽい吐息を漏らす姿が色っぽく
後日友達も呼んでアブノーマルなエッチをしようと言うあたりに彼女らしさが出ています。

前作を聴いてない人が次のパート以降を違和感なく楽しめるように入れたのではないかなと。
私は前作を未視聴だったものでありがたかったです。
あとSEXの効果音が水音ではなくベッドの軋む音が使われてて結構独特です。
おかげでバイノーラル録音特有のリアルな息遣いを聴きやすくなってます。

本題の修学旅行が始まるのはその次から。
シーン1は深夜の飛行機内、シーン2と3は彼が泊まってる部屋と場所を移し
それぞれでプレイを変えて1回ずつの射精に導きます。

「シコりながら 耳舐め楽しませてあげる」
シーン1は周りに他のクラスメイトが寝てることを踏まえて全体的に声量を落とし
薄いゴムを装着したおちんちんの上にブランケットをかけたままゆっくり目にしごきます。
手コキは「しーこ しーこ」の掛け声で表現し、代わりに多少の耳舐めをする比較的ソフトな内容です。
でもそれだけでは彼が満足できないだろうと思いとあるゲームを持ちかけます。

個人的には効果音を鳴らしたほうがエロさが出るとも思うのですが
そうするとひっそりエッチしてる雰囲気を壊してしまうから避けたのかもしれません。
ヤリマンとのエッチ=激しいというイメージとは随分違う静かなプレイをしています。

「マジいいよ もっと もっと動いて あっ すごすぎっ」
シーン2と3は2人きりの場所なので普段の声量へと戻し
レイナがお膳立てした明日行うサヤカとの初エッチへ向けて練習をします。
シーン2のパイズリフェラはちゅぱ音、3の寝バックSEXは吐息&喘ぎ声とエロ要素の主役を変え
どちらもヤリマンらしい色気と激しさを兼ね備えた音声を繰り出して射精を促します。

最初の2パートは色々と制約があったせいで全力を出しきれてないように見えました。
でもこれ以降は彼女が溌剌としたエッチを披露してくれます。
シーン3は6分と短いですからシーン2と合わせて1回抜く感じになるでしょう。

最後のシーン4は傷心の彼を慰めることを目指したエッチ(約18分)。
やむを得ない事情でサヤカとのエッチがお流れになり浜辺で落ち込んでる彼を元気づけようと
彼女が挿し絵に描かれてる際どい水着姿で登場し、先ほど以上に濃いSEXをプレゼントします。

「あたしのこと サヤカだと思って 好きなだけ抱いていいよ」
「ねぇ あたしのこと好き? 今だけ 今だけ好きって言って?」

そしてここでは彼女が一時的にせよ彼の恋人になってとことん甘やかします。
恋人繋ぎをしたり、キスを多めに挟んだり、彼に「好き」と言って欲しいとおねだりするなど
体の快感をストレートに追い求めていた今までよりも心の繋がりを大事にしながら進めます。


彼女もこれまで禁止していたある行為を今回だけ解禁してますし
彼に対する愛情や信頼を感じる要素が一際多くて心がぽかぽかしました。
やってることだけを見ると寝取られっぽく感じる部分もあるのですが
前の4パートで積み上げてきた色んなものが暗さや重さを払拭する役割を果たしてます。

このように、彼女が持つ魅力を前面に押し出した爽やかなエッチが繰り広げられてます。
明るくてエロい作品
普通にやればブラックになりがちな素材を明るい方向で上手く料理してる作品です。

レイナは逞しいおちんちんと抜群の精力を兼ね備えた主人公と気持ちいいひと時を送ろうと
どのパートも自分から積極的に働きかけながら色んなプレイを提供します。
そして援交や寝取られが持つ暗い部分を彼女のキャラや思いやりで打ち消しながら楽しみます。

エッチ大好きで気配りもできるクラスメイトとひたすら愛し合うわかりやすいシチュ
性的快感を追い求めつつ彼を適度に気遣う彼女のキャラ
効果音を敢えてほとんど入れず、女性が生み出す音声を主役に据えた雰囲気の良いエッチ。
ヤリマンが持つエッチの上手さに作品固有の様子を組み込みひとつの物語を作り上げてます。

「あの新しいゴムの残りは サヤカに使えばいいって」
彼女は自分よりも相手を立てることを優先する女性です。
水泳部で鍛えた体をべた褒めし、1回射精しても全然衰えないおちんちんにうっとりします。
そして彼があまり気乗りしてない時は無理矢理エッチしようとせず
何らかのご褒美を用意してやる気にさせます。

エッチの経験が豊富だから男性の扱いに慣れてるのもあるのでしょうけど
自分よりも彼を大事にしようとする描写が散りばめられてて優しいです。
彼とサヤカの恋路を応援するのもその気持ちの表れなのかなと。

彼女とただエッチして終わり、ではないので聴き応えがありました。
2人がお金絡みの肉体関係を結んでる、主人公にまだエッチしてない恋人がいる
修学旅行で南の島へ行くといった諸々の要素が作品に面白味と深みを与えてます。

エッチは5パート中3パートにSEXを取り入れ異なる体位で愛し合います。
前項の最後に書いた恋人っぽさなどのおかげで同じプレイでもそれなりの違いが見られます。
欲を言うなら効果音がもっと鳴るバージョンもあってほしかったです。

射精シーンは5回。
淫語多め、ちゅぱ音と喘ぎ声(吐息含む)それなり、くちゅ音ごく僅かです。

キャラの描写にも力を入れてる珍しいタイプのギャル作品です。

CV:小石川うにさん
総時間 1:32:46

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ