同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:恋人

   ● 絶頂催眠 ~砂時計の魔術にイカされる~
   ● ヒプノポリネシアン~BlueHeaven~(再レビュー)
   ● 甘い恋人とのテレホンセックス
   ● 後輩の吐息~私の全てで、癒やしてあげる~バイノーラル録音
   ● 愛玩人形のキモチ
   ● 雨恋~misty drop~
   ● 愛しの上司さま vol.01★大好き!かわいい上司さま
   ● お休み前のイチャラブボイス ―いっぱい気持ちよくなろうね?―
   ● だいすきひゅぷの。
   ● はんなり京美人な九条のどかちゃんのとっても“えっち”な誘惑ボイスドラマ


絶頂催眠 ~砂時計の魔術にイカされる~

サークル「犬吠埼一介のホームページ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、パートナーをいつも尻に敷いてる気の強い女の子が
催眠術師によって連続絶頂やくすぐり地獄を味わわされます。

聴き手に催眠をかけるのではなくかかってる女性の反応を楽しむコンセプトや
最初は激しく抵抗してたのが快楽の沼へと堕ちていき従順になる展開など
MよりもSな男性を楽しませることを意識した作りになっています。

当サイトでは実際に催眠をかけてくれる作品を催眠音声と定義づけてるため
催眠ではなく同人音声側で紹介します。
強気な女性を従順にする魔術
恋人が催眠術師に快楽調教を受けるお話。

「ちょっ ちょっと何なのよ いやっ いやだっ もう 離しなさいよ」
恋人は明るくてちょっぴり気の強そうな声の女性。
主人公の罠に嵌った彼女が催眠術師に捕らえられたところから物語は始まります。

本作品は日頃何かにつけて主導権を握ろうとする彼女に
彼の依頼を受けた催眠術師が催眠を交えたエッチなお仕置きをします。
一般的な音声作品は主人公がエッチに直接参加するスタイルを取ってますが
こちらはその状況を観察するだけの脇役に近い役割となってます。

催眠術師「お前の意思と魂を 催眠の魔術でドロドロに蕩けさせてくれとの依頼が入っているのさ」
また作中ではプレイの状況をわかりやすく伝えるために催眠術師が適度にしゃべります。
トーンが低く中性的な声でおそらく恋人役の分倍河原シホさんが演じられてるのだと思います。
直前に説明した主人公の立ち位置も含めて独自色の強い構造をしてるのが大きな特徴です。

もうひとつのポイントは「催眠」をテーマにしてること。
古代に拷問でも使われてたと言われる不思議な砂時計を使ったり
カウントを数えて指を鳴らすなど催眠っぽいことを多めに盛り込んだプレイをします。

最初から言ってしまいますと、本作品で行われてる催眠は現実世界のそれとまったくの別物です。
導入や深化といった催眠の手順を完全に無視してますし、催眠に類する技術も特に使われてません。
催眠術師が催眠のことを魔術や超能力とほぼ同じ扱いをしてるのもあります。
作中で催眠術師が言ってること、やってることを決して鵜呑みにしないようお願いします。
快楽に染まっていく姿を眺める快感
エッチシーンはほぼ全編にあたる2パート24分間。
プレイはキス、砂時計を使った責め、暗示によるくすぐり責めです。
エッチな効果音はありません。

「今から俺が指を鳴らすと どうすることもできずに失神する そして手を叩くと すぐに目を覚ますからな」
自分がなぜここにいるかもわかっていない恋人に事情を説明した催眠術師は
砂時計と彼女の意思をリンクさせてから言葉を使って快感を操作します。

エッチは催眠術師が直接手を触れず、暗示らしきセリフを組み合わせて彼女を何度もイかせます。
最初の10分間は純粋な性的快感を与え続けるプレイ。
指を鳴らすと失神し手を叩くと目を覚ます暗示、手を叩くと感度が上がり笛を吹くと収まる暗示を順に入れ
まずは自分の心が彼に支配されたことを彼女に思い知らせます。

「ダメっ あっ あぁっ! ウソでしょ? 何これ? やっ やだぁ ダメぇ」
「お願い もう ダメっ あイクっ またイクぅ イっちゃう!」

彼女はおそらく今までこういう体験をしたことがないのでしょう。
戸惑う表情を見せつつ迫り来る快感の波に合わせて気持ち良さそうな喘ぎ声を漏らします。

本作品では抵抗する姿勢を見せてた彼女が従順になる様子を主に声や息遣いで表現しています。
やや苦しそうな声を上げるシーンもありますからSな人ほど楽しめるでしょう。
挿し絵ではアヘ顔になってますがアヘ声を上げることはありません。

続く8分30秒間はいよいよ彼女の心を完全に屈服させにかかります。
トリガーに合わせて全身をくすぐられる暗示、自分からキスをしないと永遠にイキ続ける暗示を入れ
彼女がそれらを我慢できなくなり降参するのを待ちます。

「あはははははっ やだぁ これ ちょっと お願い やめて あはははははっ」
「あぁっ! すごいぃ これヤバイ 気持ちいい ダメぇ もうダメぇ あぁぁぁぁぁっ!」

このあたりまでくると普段の強気な態度はすっかり消え失せ
襲ってくる強烈な快感に身もだえするだけの情けない姿を晒します。
イキ声の割合が増えますし、男性が潜在的に持つ女性への征服欲を適度にくすぐってくれるでしょう。
依頼の内容が気持ちをへし折ることにあるので廃人になるほど激しいことはやりません。

ちなみに本編の後に始まる「くすぐりおまけボイス」は
前述のくすぐりプレイで彼女が悶える声だけをおよそ5分30秒間に渡って流します。
性的に感じてるのではなく笑い転げて苦しんでる感じの声です。

このように、体への接触をほぼせずに何度もイかせる変わったプレイが繰り広げられてます。
風変わりなS向け作品
魔術じみた行為で女性の心と体を支配する珍しいシチュの作品です。

催眠術師は依頼人にあたる主人公の悩みを効果的に解決しようと
自慢のアイテムを使って彼女をコントロールしながら言葉だけで連続絶頂へと追い込みます。
そしてその一部始終を喘ぎ声や息遣いといった抜ける要素で表現します。

物語の序盤と終盤で彼女の態度が大きく変わるのがいいですね。
女性を屈服させたいとか、イキ狂わせたい方が聴くとゾクゾクすると思います。
それでいて聴くのが嫌になるほど凄惨な状況になってないのも良いです。

ですが作品のテーマとなる催眠の扱いに対して大いに疑問を感じます。
私もさすがに催眠音声のようなガチの催眠を求めてるわけではありません。
ですが催眠のことを魔術と言ったり、嫌がる彼女を無理矢理イかせるなど
催眠と呼ぶには違和感を覚える描写があまりにも多すぎます。
「やるからにはもっと本来の催眠に沿ったことをやって欲しかった」というのが正直な感想です。

絶頂シーンは測定不能(連続絶頂 射精は無し)。
喘ぎ声それなり、淫語とちゅぱ音はありません。

シチュは面白いのだけどその表現方法に難のある作品です。

CV:分倍河原シホさん
総時間 25:47(本編…20:19 おまけ…5:27)

オススメ度
■■■■□□□□□□ 4点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は5点。
25分で700円とやや割高なので-1してあります。

2017年5月15日まで9割引の70円で販売されてます。

ヒプノポリネシアン~BlueHeaven~

サークル「HypnoLifeforMEN」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第19回目は声も態度もあまあまなお姉さんが
旅行先のホテルで大好きな人とまったりしたエッチを楽しみます。

ポリネシアンセックスを題材にしたエッチが最大の魅力で
1日目はキス、2日目は耳舐めと1日ごとに別の部位を責めてまずは心と体を盛り上げ
それから最後に深く繋がり強い快感と幸福感を二人で一緒に味わいます。

今回はノーマルバージョンを聴いてのレビューをお送りします。
恋人とする最高のエッチ
恋人とポリネシアンセックスをするお話。

「うふふっ 待ってよー ちょっとー 待ってってばー」
恋人は明るくてお淑やかな声のお姉さん。
海辺で主人公と二人きりの休暇を楽しんでる最中
遊び疲れた彼にホテルで安眠できる催眠をかけてあげます。

本作品はタイトルにもなってるポリネシアンセックスをテーマに
彼女と5日間に渡るスローペースのエッチに取り組みます。

ポリネシアンセックスは名前の通りポリネシア地方に伝わる伝統的なエッチで
最初の4日間はお互いの性器に一切触れず性感を高めるプレイを続け
興奮と我慢の限界に達したところで挿入し、ゆっくり刺激を与えて絶頂へと上り詰めます。

本作品でもそれに合わせて1日目~4日目はかなりソフトなプレイをしますから
聴いてる最中は股間を中心にもどかしく感じる人がそれなりにいると思います。
そして最後の瞬間にはそれらをすべて吹き飛ばすレベルの強烈な快感が味わえるでしょう。
作中では日を分けてますが実際に聴くときは通しで大丈夫です。

「好きだよ 大好き こうして二人きりでずっと抱き合っていられる ずっと君のことだけ考えていられる これってとっても幸せなことだよ」
エッチの相手を務める彼女の存在も重要なポイント。
音声の最初から親しみを感じる態度で接し、プレイ中は愛の言葉を何度も投げかけて心を温めます。
そしてこちらの気持ちを代弁するかのように切なそうな表情をしたり
最終日のSEXシーンでは溜まりに溜まった性欲を発散しようと艶かしい喘ぎ声やイキ声を漏らします。

催眠音声では術者がエッチに直接参加することがあまりなく
その結果エッチシーンにおける雰囲気がやや淡白になる傾向が見られます。
しかし本作品では恋人が術者も兼任し聴き手と同じ目線でエッチを楽しむおかげで
キスや耳舐めをする際にはそれぞれに適したちゅぱ音を多めに鳴らします。

スローなエッチをするからこそ興奮を維持できるように雰囲気をエロくしてるわけです。
一体感のある描写も多く彼女の存在を近くに感じながらエッチを聴くことができます。
「彼女と一緒に」ポリネシアンセックスを楽しむ作りになってる点も大きな魅力です。
自然物を活用した癒し効果抜群の催眠
催眠は3パート31分ほど。
一番最初の「導入」は浜辺からホテルの部屋に戻って寛ぐシーン。
窓を開けて波の打ち寄せる音に耳を傾けながら彼女が話すイメージを思い浮かべます。
ちなみに波の音は音声の冒頭から催眠終了時までほぼずっと流れ続けます。

「波で刻々と変わっていく海を眺めるのも楽しいし 深呼吸をするように 空気をいっぱい吸い込むと 暖かい風と 潮の香りが胸いっぱいに広がって 清々しい気分になれる」
「全身からは力が抜けて ちゃぷん ちゃぷん ゆらゆら ゆらゆら とってもい気持ち」

彼女は故郷が港町とのことで小さい頃に過ごした海の様子を懐かしそうに語ります。
青い空、白い雲、広い海、心地いい波の音。
夏の海から連想される風景の中にリラックスできる暗示を込めて癒そうとします。

本作品は恋人たちが旅行先でのんびり過ごす様子をできるだけ崩さないように
「これから催眠を始めます」といったことを一切言いません。
暗示も会話調にしたり表現を和らげて催眠っぽさを適度にぼかしています。

「聴いてるうちに気がついたらとても眠くなってた」という体験をする人がきっといるでしょうね。
女性向けでも大活躍されてるサークルさんなだけあって催眠のレベルが高いです。
バックで流れ続けるリアルな波の音も相まって強烈な眠気が襲ってきました。

「ちゃぷん ちゃぷん 両方の爪先から すーっと力が抜けていく」
続く「導入追加分」は被暗示性が低い人に向けた保険。
全身を海に浮かべるイメージをしながら下から上へと脱力感を広げます。
催眠音声でよく使われる分割弛緩法を本作品なりにアレンジした感じです。
前のパートだけでも十分リラックスできるので無理に聴く必要はないと思います。

「安らかな眠りのように 穏やかな眠りのように 潜っていくにつれて 少しずつ眠気が増していくのを感じられるかもしれないし 気づかないうちに 意識が遠のいてしまうかもしれない」
そうやって暗示を受け入れられる準備が整ったところでいよいよ催眠状態をさらに深めます。
ここでは海に沈むイメージから「深く」「沈む」「潜る」といった深化を促す暗示を入れるのに加えて
聴き手をストレートに眠らせる暗示を小まめに入れてくるのが大きな特徴です。

所謂「寝落ち」を意図的に誘発するアプローチですね。
仕事などで疲れた後に聴いたら相当眠くなるのではないでしょうか。
この時点では本題のポリネシアンセックスにまだ触れず、彼を癒すことに専念しています。

二人がいる場所や状況を上手く活用した大変癒される催眠です。
聴き手を眠らせ、尚且つ恋人の言葉を素直に受け入れられる心にすることを目的に
イメージを通じて癒しの暗示を入れたり、海に浮かんだり潜る様子を通じて意識の力をさらに弱めるなど
人間なら誰もが癒しを感じる自然物を用いて効果的に催眠状態を深めます。

ゆったりと打ち寄せる波の音だけでもかなり癒されますし
彼女の思いやりに満ちた声や態度にも心温まるものを感じます。
寝落ち率の高い内容なのでエッチを楽しみたい場合は寝る前に聴くのは避けたほうがいいでしょう。
使用するイメージがどれも大衆性の高いものですし、催眠の経験が浅い人でも心地いい感覚が味わえると思います。
適度に焦らしつつ絶頂へ
エッチシーンは5パート51分ほど。
プレイはキス、耳舐め、乳首責め、全身舐め、素股、手コキ、フェラ、SEX(騎乗位)です。

素股、手コキの際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。

「今日は初日だから キスだけ 唇だけで 気持ちよくしてあげるね」
眠りから目覚めた主人公にポリネシアンセックスを提案した恋人は
手始めに熱いキスで彼の興奮と性感を高めます。

エッチはどのパートも彼女がリードする形で進みます。
1日目にするのはキス。
最初は軽く唇を触れるソフトなもの、少し経つと舌を絡めるハードなものへと変化させ
それぞれに合ったちゅぱ音を多めに鳴らしてエッチな気分を盛り上げます。
ちなみに1日目から3日目まではちゅぱ音のボリュームがさらに増したロングバージョンもあります。

「裸でこんなことしてると 体が火照ってきちゃうね」
彼女はエッチにとても積極的な性格で、普段のお淑やかな声とはやや違う下品な責めをよくします。
そしてちゅぱ音の合間にキスの感覚や彼女の温もりを伝える暗示を軽く入れます。

催眠音声の中では暗示が少なめのエッチですが
雰囲気がしっかりしてるので途中で解けた感じはまったくなく
むしろ股間を中心にムズムズした感覚がどんどん強くなるのを感じました。

2日目から4日目までも焦らし系のプレイが続きます。
2日目は耳舐め、3日目は乳首責め、4日目は耳&乳首舐めと内容を切り替えつつ
プレイの様子を実況したり愛の言葉を投げかけてSEXへの期待をさらに膨らませます。

「好き 大好き 今すぐに入れちゃいたい」
プレイだけを見ると意地悪に思うかもしれません。
ですがもどかしい思いをしてるのは彼女も一緒で、プレイ中に時々切なそうな表情を見せます。
「彼女も我慢してるのだから頑張ろう」という気持ちにさせてくれる本作品らしいアプローチですね。
エッチを通じて彼女との一体感や信頼関係も高めていくからこそ最後の絶頂が大きくなるわけです。

最後の5日目はお待ちかねのSEX。
ここでも前半は全身舐め、手コキ、フェラで心と体をぎりぎりまで温めてから
一気に挿入し二人同時の連続絶頂を目指します。

「あぁっ 硬くてすごく熱いよ」
4分~12分で終わってた4日目までとは違い20分近くの時間を用意し
素股や手コキではにちゃにちゃしたいやらしい効果音を
フェラでは「ずびゅぶぶぶぶぅ」という激しいバキュームを含んだ今まで以上に下品なちゅぱ音を鳴らします。

「現実世界でやったらここで間違いなく射精するよね」と思えるくらいに激しい責めです。
プレイのイメージもしやすくおちんちんがずっとビクビクしっぱなしでした。

「快感が膨らむ 膨らむ 弾けるっ イクっ イクっ イクっ!」
「波のように押し寄せる快感 何度も 何度も押し寄せては引いていく」

そして何より特徴的なのが最後におよそ3分間も絶頂を続けることです。
挿入後に感度強化の暗示で絶頂できる環境を整えてから言葉で何度も何度も追い込みます。
彼女の熱っぽくて切ない声や息遣いも一緒に絶頂してる感じがよく出ており
ポリネシアンセックスの醍醐味とも言える「深く長い絶頂」を上手に後押ししてくれます。

焦らしに焦らした後一気に爆発させる流れなのでかなり強い快感が得られました。
それでいて事後にさほど疲労を感じなかったのは性感をじっくり高めていったことや
オナニーとは違い彼女と一緒にエッチしてる気分を満喫できたからだと思います。

大好きな人と心身をしっかり繋ぎ合わせて一緒の絶頂を目指す。
テーマやシチュを大事にしつつエロさもある充実したエッチが繰り広げられてます。
心も体も満たされる作品
個性と実用性を併せ持つドライ系の名作です。

海の見えるホテルで恋人にあたる女性と5日間を二人きりでまったり過ごし
その中で普段だとなかなかできないタイプのエッチをして親密度をさらに高めます。

他人行儀なところがまったくなく最初から最後まで親身に尽くしてくれる彼女のキャラ
そして聴き手を物語の世界に引きこみ徐々に気持ちよくする催眠とエッチ。
作品を構成するありとあらゆる要素がしっかり噛み合っており
癒しと没入感を味わいながら最終目的の絶頂へと押し上げてくれます。

本作品の最も優れてる部分は焦らし方だと思います。
ポリネシアンセックスなら女性が常に責め続けるプレイスタイルでも無理なく受け入れられますし
最中にエッチな音を鳴らしつつ励ましたり彼女自身の気持ちを伝えることで性感と我慢の両方を維持できます。

「あぁすごい 熱くて溶けちゃいそう 君のおちんちん 今までないくらい熱くなってる」
特に後者はエッチしてる相手の存在を身近に感じさせるのにも役立ってます。
M寄りのプレイを色々工夫してノーマル向けにアレンジしてる、とでも言えばいいのでしょうか。
ちゅぱ音や暗示とのバランスもある程度考えられていて絶頂を迎えやすいエッチと言えます。

エッチの前に行う催眠も相当に優れてます。
HypnoLife(HypnoLifeforMEN)さんは他の作品もそうですが催眠の柔軟性が非常に高く
物語の舞台や登場人物といった素材と技術を違和感なく組み合わせるのに長けてます。
寝落ちの懸念はありますがかなり深く入れるのも事実です。

絶頂シーンは最後に1回(連続絶頂)。
ちゅぱ音それなり(ロングなら多め)、淫語そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

幸せに包まれながら気持ちよくなれる作品です。
改めて聴いた結果前回より1点プラスし満点とさせていただきました。

CV:分倍河原シホさん
総時間 ノーマル…1:38:08 ロング…1:57:07

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

甘い恋人とのテレホンセックス

サークル「メロイック」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、お互い初めての恋人で初体験の相手でもある男女が
愛を語りながらテレホンSEXを楽しみます。

彼女と実際にSEXしてるイメージを膨らませるプレイと演出が魅力で
愛の言葉をたっぷり言いながら彼に責められてる様子をリアルに実況します。
ちゅぱ音・吐息・喘ぎ声といったエロ要素も多めに盛り込まれてますから
彼になりきるのはもちろん、純粋なオナニーのオカズとしても役立ちます。
大切な人と少しでも繋がっていたいから
彼女とテレホンSEXするお話。

「もしもし~? ふふっ。うん、私」
彼女は明るくて可愛い声の女の子。
恋人にあたる主人公に電話をかけ何してるか尋ねると
興奮した彼に声でエッチなサービスをしてあげます。

本作品は心も体も抜群に相性のいいラブラブなカップルが
一緒にいられない寂しさを埋めようと電話越しにオナニーの聞かせ合いをします。

お互いの初めて捧げ合った仲、さらに他の異性をまだ知らない関係なだけあって
相手を想う気持ちの強さを感じられるセリフが数多く登場します。
遠距離恋愛ではなく、少しでも一緒にいたい気持ちが募って今回のプレイへと及びます。

「あなたに揉まれてるつもりで、んん、ちょっと強めにぃ、あふん」
本作品の特徴としてまず挙げられるのがエッチのスタイル。
二人が実際に会ってSEXしてることをイメージしながらそれぞれのプレイを行います。
主人公が彼女の声を聴きながらオナニーするシチュなので聴き手が彼になりきりやすく
彼女も自分の指をおちんちんに例えてオナニーしたり、彼のオナニーを「手コキ」と言って雰囲気を盛り上げます。

イメージ力が重要になるプレイだからこそ、最中の言葉選びに気を遣ってます。
またキスやフェラといった舐める系のプレイやSEXシーンではセリフが一気に減って
ちゅぱ音や喘ぎ声だけを集中して聴かせてくれます。
バイノーラル録音で有名な声優さんなのにそうじゃないのは残念ですが
愛する人が自分の声や息遣いで射精できるようにたっぷりサービスします。
要所を押さえたイメージ重視のエッチ
エッチシーンは3パート38分30秒ほど。
プレイは擬似キス/乳揉み/フェラ/SEXです。
擬似SEXの際に効果音が鳴ります。

「チュウすれば、もう完全にエッチな気分ね。だから、もっとキスぅ、んん」
主人公の気持ちを察してすぐさまキスの音を鳴らすと
彼女は彼に責められてるのをイメージしながら自分の胸や乳首をいじり始めます。

エッチは彼女にリードされながら二人がほぼ対等な立場で楽しみます。
一番最初の「キス」パートはお互いの気分を盛り上げるプレイ。
愛の言葉を言いながらキスの音や胸をいじって感じる声を聞かせてあげます。

「むにっ、むにって揉んで、んん、捏ねてぇ、あぁ、ムニュムニュするの。ゆっくりと、たっぷりと捏ね回す。そうすると、先っぽがね? ムクムクと起き上がってくるのよ」
「はぁはぁ、大っきくなったオチンポ、握ってるの? ふふっ、もう手コキしちゃってるのね?」

相手が自分のオナニーを見ることができないことを想定し、彼女はどこをどういじってるかを適度に実況します。
そして「オチンポ」など多少下品な淫語を敢えて言って興奮を誘います。
実際のSEXに寄せたセリフばかりですから彼女がオナニーしてる感じはそれほどしないと思います。
最中に鳴るキス音もゆっくり、ねっとりしていてエロいです。

一番の抜き場はもちろん最後の「セックス」パート。
下着を脱いでから最初はクリだけをいじり、少し経つとおまんこに指を差し入れ激しくかき回します。

「ねぇ、聞こえた? 私のオマンコの音。んん、ほら、トロトロにとろけてるの」
「あなたに入ってもらいたくて、泣いちゃってるの。だから、ね? もう入って? 自分で指を入れて、はぁはぁ、あなたが入って来てくれることを想像するからぁ」

彼女が自らおまんこの音を聞かせてくれるのがいいですね。
指を挿入する直前にはおねだりするなど、オナニーを見せられないハンデを他の部分でカバーします。
「ぎゅぷっ くにゅっ」というオナホっぽい擬似SEXの効果音もそれを助けます。

キスの時と比べて彼女がそれほど大きく乱れてくれないのは残念ですが
本来一人で楽しむオナニーを二人で共有しようとする雰囲気が出ています。

このように、オナニーよりもSEXらしさを持たせたあまあまなエッチが繰り広げられています。
テレホンSEXにこだわった作品
テーマであるテレホンSEXの要所を押さえた作品です。

お互いを溺愛してる若い男女が、ほんの少しの会えない時間を利用して電話越しのSEXを楽しみます。
オナニーを聞かせ合うのではなく実際に肌を重ねてる雰囲気が出るように
プレイの選択からかける言葉に至るまでが考えられています。
さらに聴き手がこの音声を聴いて抜けるようにとエッチな音を固めて多めに鳴らします。

「早く会いたいわね。今日は早く休んで、明日を楽しみにしているわ」
そして何より彼女の真っ直ぐな愛の言葉が心を潤します。
「好き」「愛してる」だけでなくプレイの随所で彼を強く求めるところに想いの強さを感じます。
そして彼にも自分を強く求めて欲しいと呼びかけます。
こういったやり取りに会えない寂しさを埋めようとする気持ちが滲み出ています。

エッチは普段するSEXをそのまま擬似的にアレンジする形で進めます。
流れや演出方法は良いのですが全体的に大人しい印象を受けました。
特に山場のSEXシーンで彼女のオナニーや喘ぎ声が控えめに感じます。

その理由はバイノーラル録音じゃないからだと私は考えてます。
彼女役の伊ヶ崎綾香さんはご自身のサークル「シロクマの嫁」を初め数多くのバイノーラル作品に出演されてます。
そして録音環境を最大限に活かした演技をよくやられてます。
テレホンSEXだから敢えて避けたのかもしれませんが、臨場感の面でやはり物足りないなと。

絶頂シーンは主人公、彼女共に1回。
淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声そこそこ、くちゅ音ごく僅かです。

聴き手が主人公とできるだけ近い位置で楽しめることを目指した作品です。

CV:伊ヶ崎綾香さん
総時間 44:24

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
2017年4月16日まで3割引の490円で販売されてます。

後輩の吐息~私の全てで、癒やしてあげる~バイノーラル録音

サークル「Ak Voice」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、とっても一途で献身的な後輩の女の子が
愛する先輩の疲れを癒したりエッチなご奉仕をして幸せなひと時を過ごします。

彼女が多くのシーンで密着しながら囁いたり吐息を漏らすのが特徴で
バイノーラル録音による品質の高さに加え、ノイズを敢えて残すことで臨場感をさらに高めてます。
話した時に感じられる微かな風圧や、エッチの最中に漏れる熱っぽい息遣いに距離の近さを感じるでしょう。
疲れた時は女性に甘えるのが一番
後輩から癒しとエッチなサービスを受けるお話。

「あっ 先輩 来てくれたんですね」
後輩は明るくてお淑やかな声の女の子。
疲れた様子の先輩を心配して自宅に呼び出すと
自分の隣に座り瞼を閉じるようお願いします。

本作品は初めは学校あるいは職場の後輩、少し経つと恋人になる女性が
タイトル通り全身を使って彼の心と体に溜まった疲れを取り除きます。
元々の目的は癒しにありますが非エロ1、エロ4とエッチパートの方がずっと多く
手コキ、オナニー、SEX、フェラとメインのプレイを切り替えながらどれも長めの時間を取ってじっくり行います。

本作品が持つ最大の魅力は何と言っても臨場感の高さ。
聴き手が彼女と一緒に過ごす気分をより身近に味わえるようにと
ほとんどのシーンで体を密着させながら囁いたりエッチな吐息を漏らします。

体験版を聴いていただければわかるように音質がとてつもなくリアルです。
それに加えて今回は録音の際にどうしても乗ってしまう細かなノイズを敢えて除去せず
ありのままの音声をお届けする
という思い切ったことをされてます。

具体的にはセリフを言い始める/終える際に唇が擦れて鳴る微かな唾液音や
呼吸を整える時の小さな吐息、そして口に溜まった唾液を飲む音などです。
注意して聴かないとよくわからないレベルの小さな音ばかりですからそこまで気になるわけではありません。
でもノイズがまったくない音声と雰囲気がなんとなく違うと感じるのではないでしょうか。
本当の雑音はちゃんと除去されてますし、売りである「彼女の吐息」をリアルに楽しませてくれます。

「先輩に気に入っていただけるのなら 私は幸せですから 私は先輩だけのもので 先輩になら何をされても嫌じゃない」
後輩については一途で献身的なキャラに描かれてます。
先輩とは結構長い付き合いらしく、礼儀正しい言葉の中に親しみを強く込めつつ
サービス中に自分の気持ちをはっきり伝えて彼の気を引こうとします。
そして恋人同士になった後はファーストキスから処女まですべてを捧げるほどに尽くします。

彼以外の男性はまったく相手にしない女性なので言葉や態度が多少重い感じもするのですが
暴走してヤンデレに豹変することもなく純愛路線のまま終わりを迎えます。
「好き」「愛してる」といった言葉も多く、密着しながらエッチするシチュも相まって雰囲気はとても温かいです。

一番最初の「プロローグ・囁き」は本作品唯一の非エロパート(約26分)。
後輩が先輩を自宅に呼んだ事情を説明した後、彼の背中に抱きついて耳元に優しく囁きかけ
しばらくすると左右の耳に息を吹きかけたり軽いキスをします。

「そういえば 先輩は 私のこと どう思ってるんですか? こういう後輩は 好きですか?」
「先輩がダメになっても ちゃんと私が責任を持って お世話してさしあげますから 大丈夫ですよ」

この時点ではまだ先輩後輩の関係なので彼女も露骨にエッチなことはしません。
まずは自分の好意をはっきり伝え、そのうえで彼の気持ちを確かめようとします。

二人きりになったからといって勢いでエッチに持ち込まず、まずは心の距離を近づけるところが実にいいですね。
彼女の清楚なキャラや彼を本気で癒したい気持ちに合ったアプローチです。
声の位置や距離も非常に近く、彼女に密着されてる気分がリアルに味わえます。
女性の温もりを感じられるエッチ
エッチシーンは4パート75分ほど。
プレイはキス、手コキ、耳舐め、授乳オナニー、SEX(騎乗位)、フェラです。
服を脱がす、手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります。

「先輩 少しだけ こっちを向いてください 瞼を閉じて 動かないでいてくださいね」
先ほどのサービスにすっかり興奮し、我慢できないと言う先輩に戸惑った後輩は
改めて自分に対する気持ちを確認してからご褒美に熱いキスをします。

エッチは一部を除き彼女がご奉仕する形で行います。
最初の「囁きながら手コキ」は体を密着させながら手でしごく本作品らしいプレイ(約29分)。
ズボンとパンツを脱がせてからおちんちんの感触を確かめるようにゆっくりしごき始めます。

「先輩のおちんちんって すごく…大きいんですね」
「なんだかこうしていると 私のほうまで ちょっとムズムズしてきちゃいます」

彼女は本や動画でエッチのことを少しは勉強してますが実際にするのは初めてです。
そのため彼の逞しいおちんちんの感触や反応に興味津々な仕草を見せます。
そして彼の興奮が伝わったのか、彼女の息遣いも後になるほど熱っぽくなります。

手コキ自体はローションを使ってないので音は控えめですしペースも緩いです。
そのハンデを補うために彼女の吐息を活用してます。
プレイの様子よりも雰囲気を重視した演出、とでも言えばいいのでしょうか。
初めてのエッチで彼女が何を思い、感じてるかを行為や息遣いで上手に表現しています。

後輩の気持ちが最高潮に達するのはシーン4にあたる「後輩が上になって、エッチ」(約14分)。
手コキをした時からしばらく経ったある日、1回射精してもまだまだ元気なおちんちんを見て
いよいよ彼に処女を捧げようと自ら跨り腰を下ろします。

「私の初めて 先輩がもらってください」
初めてなのに生挿入&中出しをおねだりしたり、最中は囁き声でエッチな吐息を漏らすなど
ここでも彼女の初々しいキャラや声と音の良さを前面に押し出した生々しいSEXをしています。
「ぱちゅん きゅぷっ」と優しく絞り込むような音をリズミカルに鳴らすピストンもエロいです。

プレイ中にセリフが意外と多いのが気になるものの囁きながらの喘ぎ声には艶があります。
大きく喘いで露骨なエロさを出すのではなく、大好きな人とひとつになれた幸せを噛み締める感じですね。
射精後にディープキスして余韻を楽しむ姿にも彼女の気持ちが表れています。

このように、パートナーの呼吸や温もりが自然と伝わってくる上品なエッチが繰り広げられてます。
臨場感のある作品
高品質な声と吐息がたっぷり聴ける作品です。

以前からずっと先輩のことを好きだった女性が、彼を癒そうと二人きりの場所で密着しながらあれこれお世話します。
背中に抱きつく、体を寄せて囁きながら手コキする、抱き合いながらピストンするなど
一般的なエッチに比べて二人が肌を大きく密着させるシーンが多く
その様子を声の位置と距離、そして息遣いによってリアルに表現してます。

「大好きっ 大好きです 先輩」
愛の言葉を囁くこともそれなりにありますが、やはり吐息のほうがずっと心に響きます。
彼女がすぐそばにいて感じてくれてる様子が直感的に伝わってくるのが大きいです。
細かなノイズが聞こえやすいように声量を意識して抑えてるのも実に良いです。
音質に自信があるからこそできることをやり、作品のクオリティアップに上手く繋げています。

それ以外の部分、例えば後輩のキャラやエッチについては純愛系のスタンダードなものです。
ストーリーは特にありませんし取り立てて奇抜なプレイをするわけでもありません。
声が抜群に良いからでしょうがプレイのほうにも何らかの個性が欲しいです。

強いて言うなら「授乳され、甘やかされながらオナニー」でする授乳オナニーがやや珍しいプレイにあたります。
ですがオナニーに関する指示が特にないおかげでプレイと呼ぶには弱く
手コキの代わりに彼女がすることも頭を軽く撫でたりもう片方のおっぱいを揉ませるくらいです。

前のパートで長めの手コキをしたから授乳手コキを避けたのでしょうが
このパートだけ彼女が彼にご奉仕する基本スタイルから離れてしまってるのが引っ掛かります。
バブみを感じるキャラとはやや違いますし、授乳を無理に組み込む必要はなかったと思います。

射精シーンは全部で4回。
くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声(吐息)それなり、淫語そこそこです。

女性の存在を近くに感じられる作品です。
声や音の質感にこだわってる人には特におすすめします。

CV:紅月ことねさん
総時間 2:07:10

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2017年3月30日まで2割引の960円で販売されてます。

愛玩人形のキモチ

サークル「はーべすと」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、以前同じ職場で働いていた女性型人形(ドール)が
偶然再会した男性と生まれて初めてのエッチをします。

彼女の心情を描きながらあまあまラブラブなご奉仕をするのが特徴で
機械から連想される無機質さや無慈悲さはとはまるで違う健気な姿や
男性に抱かれる喜びに目覚め、自分の気持ちに素直になっていく様子が心を温めてくれます。
機械に眠る人の心
人形のみくからエッチなサービスを受けるお話。

「こんばんは。『かわいい女の子とにゃんにゃんデキちゃうデリバリー』の、みくと言います」
みくは甘く可愛い声の女の子。
連絡を受けて前の職場の同僚だった主人公の家にやって来ると
風俗嬢として働くようになった経緯や自分の気持ちを話します。

本作品は人形と呼ばれるアンドロイドが広く普及してる世界を舞台に
以前は書類整理などの雑務を、今は風俗嬢として働いてる彼女が
手コキ、フェラ、SEXといったご奉仕を1時間近くに渡って行います。

彼女は人間とほぼ同じ容姿をしておりある程度の女性機能も持ってますが
生まれてから今まで男性とエッチをした経験が一度もありません。
そのため風俗嬢よりもごく普通の女の子とするようなマイルドなエッチを楽しみます。

本作品が持つ最大の魅力は彼女の「心」に焦点を当ててプレイをすること。
冒頭のトラック01パートでは彼女がこういう仕事をするようになった経緯や
今日の仕事を終えてお店に帰ると廃棄される運命にあることを淡々と語ります。

「わたしは、最後は人形としてではなく、女の子として一度男の方に抱かれてみたくてですね…」
彼女が彼のことをよく覚えてなかったということは本当に職場が一緒だっただけなのでしょう。
最初の時点では風俗嬢の仕事をこなしつつ思い出作りをする感じにサービスを進めます。
しかし人間の女性と同じように扱われ、性的快感を体験するうちにだんだんと本心を露わにします。

設定上は機械ですけど人間にとても近いキャラです。
途中で暴走することもありませんし、純愛系のボイスドラマと同じ感覚で聴けるでしょう。
一部で切なさを感じるシーンもあったりします。
後になるほど温もりが増すエッチ
エッチシーンは5パート52分間。
プレイはフェラ、手コキ、SEX(騎乗位、正常位)、耳舐め、キスです。
手コキ、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「フェラチオ、って言うんですよね? くち、いっぱい使ってあなたのおちんちん、わたしがもっと元気にしてあげます」
主人公の家の風呂場に入り、彼の体を隅々まで綺麗にしたみくは
おちんちんがすっかり勃起してるのを見て嬉しそうに舐め始めます。

エッチはシーンによって責め手を切り替えながら進めます。
最初の2パートはデリヘルらしさを感じるプレイ(約21分30秒間)。
トラック02は風呂場、トラック03は部屋と場所を変えながらフェラと手コキをします。

彼女も風俗店に移ってから色々勉強したのでしょう。
初めてのエッチだからといって気後れせず、むしろ楽しそうな表情で取り組みます。
全体的にペースがやや緩いものの、フェラはじゅるじゅるといやらしい音を立てて丹念に舐めますし
手コキも最高のタイミングで射精できるように多少焦らしたりと上手です。

「…感じてくれてるんですね、ふふっ、わたし嬉しいです」
「んっ……残さないように、おちんちんの……中に残ってる精子さんも……吸って、あげるね…」

そしてプレイの最中に彼女が自分の気持ちを時折漏らします。
聴いた限りだと相手に尽くすのが好きみたいですね。
射精の直後に彼の濃くて温かい精液を愛おしそうに飲む姿が印象的でした。
機械が相手だからといって事務的感は一切なく、ほのぼのした雰囲気が終始漂ってます。

彼女の気持ちが大きく揺れ動くのはその後から。
トラック04で初めてのSEXを体験し、少しのやり取りを経てから追加でもう2回ほど楽しみます。

「これが、男の人のペニス……本物のおちんちん……」
「いっぱい、突いてっ……もっと、いっぱい……突いてください……んっ! んぁっ! あぁぁっ!」

すっかり濡れそぼったおまんこで彼のおちんちんを受け止め
ピストンを繰り返すうちにだんだんと激しく乱れ始める姿が実に初々しいです。
そして彼にひたすらご奉仕する姿勢を取ってた今までとは違い、自分から彼を求めるようになります。
彼女が女性としての快感や喜びに目覚め始めてる様子を態度で上手く表現してます。

SEXシーンだけで30分近くあるのも音声作品では珍しいですね。
騎乗位→正常位→また騎乗位と責め手を入れ替えながら他のプレイも交えてじっくり行います。
当然のように喘ぎ声のボリュームが多めですから実用性もなかなかのものです。

「すごいね……あなたの心臓の音、すごくドキドキしてるの、分かるよ。わたしは……そういうのは無いけど、今は……すごく、嬉しくて、幸せ、かも……」
甘さの面ではシーン前半のトラック04より後半のトラック06と07のほうがずっと上です。
途中に二人の心の距離が一気に近づくシーンがあり
それ以降は風俗嬢とお客ではなく恋人同士に近い関係でエッチを楽しみます。

自分の気持ちに素直になり、乱れる彼女の姿も人間味に溢れていてとても温かいです。
胸のあたりにぽかぽかしたものを感じながら射精できるでしょう。

このように、心のない人形に心が芽生える様子も描いた甘いエッチが繰り広げられてます。
温かみのある人外作品
良い意味で機械っぽさがまったくないキャラ重視の作品です。

色々あって風俗嬢になったものの結局うまくいかず廃棄寸前まで追い込まれた女の子が
昔職場で一緒だった男性と偶然出会い最後の思い出作りをします。
「女の子として男性に抱かれたい」という願いやご奉仕のスタイル、そして合間に漏れる気持ちなど
機械が持つイメージとは随分違う人間らしい要素が数多く込められてます。

「わたし今……すごく、幸せ、です」
中でもエッチのメインとなるSEXシーンの前後で彼女の態度が大きく変わります。
自分の一番大事な部分でおちんちんや精液を受け止める快感、そして男性に強く求められる喜び。
最も人間らしい行為を通じて彼女の中に新たな気持ちが芽生えます。

エッチ自体は男女がするごく普通のものです。
ですが彼女のキャラや境遇、そして心情の推移がわかりやすく描かれており
後になるほど彼女のことを愛おしく感じるようになります。

またエッチを終えた後にも10分程度のドラマパートが用意されてまして
そこでは彼女の本音やその後どうなったのかがありのまま綴られてます。
最後まで聴くと心に温かいものがこみ上げてくるのを感じるのではないでしょうか。
愛玩人形とエッチして終わりではないところも本作品の大きな魅力です。

気になった点を挙げるとするならおっぱいを使ったプレイがないことでしょうか。
付属のテキストでサークルさんが彼女のおっぱいを褒めてるにも関わらず
パイズリ、乳揉み、授乳などは特にありません。

SEXを削るのはさすがにまずいでしょうから前半の手コキあたりに組み込んで欲しかったです。
手コキなら授乳と合わせやすいですしね。
最初のフェラは彼女がエッチ初体験なのを考えると今のままが妥当です。

射精シーンは全部で5回。
くちゅ音と喘ぎ声それなり、淫語とちゅぱ音そこそこです。

心のない存在に敢えて心を与えた純愛系作品です。
女性の心理描写に力を入れた作品が好きな人には特におすすめします。

CV:七海うとさん
総時間 1:28:02(本編…1:25:24 フリートーク…2:38)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

雨恋~misty drop~

サークル「HypnoLife」さんの催眠音声作品(女性向け)。

今回紹介する作品は、声も態度もとっても優しい彼氏が
雨の降る休日に癒しの催眠とちょっぴり変わったエッチをプレゼントします。

バックで流れる雨音を使って催眠状態を深めたり気持ちよくするのが特徴で
前者は雨ですべてを洗い流す、後者は媚薬に体を濡らされるとイメージを切り替えながら
擬声語を多めに盛り込んだ巧みな暗示でそうなるように少しずつリードします。
いくつかのシーンに複数のパターンがあり、聴き手が自由に選択できるのもポイントです。

今回は総時間が最も長くなる構成でのレビューをお送りします。
しとしとと降る雨の音を聞きながら
休日に彼氏とイチャイチャするお話。

「ねぇ 今日も雨降るみたい お出かけできないね 残念」
彼氏は穏やかで温かい声のお兄さん。
とある雨の休日、恋人にあたる主人公とベッドでのんびり話してると
彼女が興奮気味なのを見て呼吸を整えてあげます。

本作品は恋人と親しく過ごす様子を疑似体験してもらうことを目的に
彼が雨の日にちなんだ珍しいタイプの催眠を施し
その後で音を使った催眠音声ならではのプレイや恋人同士のスタンダードなプレイを楽しみます。
休日をまったり過ごすシチュということで、どちらかと言えばエロよりも癒しのほうを重視した内容です。

また深化~安眠・セルフ・絶頂・エピローグパートがいずれも2種類あるため
今回紹介する最長構成以外のパターンでサービスを楽しむこともできます。
催眠にかかりにくい人向けの追加パート、エッチを除外し癒しだけが得られる構成
終盤の絶頂シーンにおける挿入表現の有無など、一人でも多くの聴き手が満足できるように様々な配慮がされてます。

私は男性なのでエッチについては正直よくわかりませんが
催眠パートは聴いた感じだと初心者をとても意識していて入りやすいです。

それに最も大きく貢献してるのがバックで降り続ける雨。
催眠パートの大部分とエッチの前半で異なる雨音が鳴り、彼がそれに暗示を込めて癒しや性的興奮を与えます。
人間は雨の音、風の音、波の音といった自然がもたらす音に対して本能的に癒しを感じるように作られており
男性向けでもこれらを使用して癒す作品が結構多いです。

「しとしと しとしと あったかいお布団の中で 雨の音聞いてると 眠たくなってきちゃう」
そして彼も雨のイメージを崩さないよう「しとしと」「ふわふわ」といった擬声語を多めに交えた暗示を上手に入れます。
彼氏役のzeroさんは有料・無料問わず数多くの女性向け作品に出演されてる声優さんで
声質はもちろん、暗示の意味を的確に捉えた演技も本当に素晴らしいです。
私ですら「いい声だなぁ」と思うくらいですから女性なら尚更なのではないでしょうか。

心優しい男性が声と雨音で癒したり気持ちよくする。
物語の舞台を強く意識した安らげる作品です。
少しずつ深めていく取り組みやすい催眠
催眠は3パート30分30秒ほど。
仰向けに横になって軽く深呼吸してから目を瞑り、まずは彼氏と抱き合ってる様子をイメージします。

「ふわふわで 温かくて あぁ 髪 いい匂いするね くっついてると 気持ちいいね」
「胸の中も ほんわり温かくて 幸せ」

本作品はシチュ重視の催眠音声ですから、彼が作中で「これから催眠を始めます」みたいなことは一切言いません。
抱き合ってるイメージに会話調の暗示を絡めて安らぎや温もりを与えます。
エッチな描写もありませんし、純粋に物語の世界へ引きこむことを狙ったアプローチですね。

催眠開始からおよそ8分後、いよいよ作品のキーとなる雨音が鳴り始めます。
しとしとと降る静かで落ち着いた雨音が耳に心地よく、聞いてるだけで多くの人が癒しを感じるでしょう。

「心の中が すーってして 綺麗に洗い流されて 透明になってくる」
「世界が全部 しっとりと濡れて 水滴のひとつひとつが きらきら きらきら 輝いて見える とても美しい光景」

そして彼の言葉もその気分を大いに後押しします。
体に降り注いだ雨が悪いものをすべて洗い流していくイメージや
雨に濡れた大地と波紋を生み出す水面のイメージを通じて心身をリフレッシュさせます。

作品最初の重要シーンということでセリフの表現に一際こだわってるように映りました。
擬声語を必ず2回続けて言ってリズミカルに暗示を入れるのも実に良いです。
雨音の効果も相まってこのあたりから眠気や意識のぼやけを感じ始めるでしょう。

二番目の「導入追加」は催眠にかかりにくい人を対象にした追加のリラックスパート。
頭→首→肩→腕といったように全身を上から下にかけて流すように意識し
彼がその都度脱力する暗示を丁寧に入れて深化しやすい環境を整えます。

「頭 力が抜けて すーっと沈んでいく 気持ちいい」
部位ごとに「力が抜ける」「気持ちいい」と言うだけの至ってシンプルな分割弛緩ですが
演技が上手いし事後にリラックス具合を確認させてもくれるのでとてもやりやすいです。
被暗示性に自信のある人もとりあえず一回目は聴いてみることをおすすめします。

そうやって万全の準備を整えた後、いよいよ催眠状態をさらに深めます。
雨音は一旦止み頭の中を霧が包むイメージ、全身が浮かび上がるイメージで心地よさを膨らませ
最後にお馴染みのカウントを使って段階的に落とします。

「すーっと 浮かんでいく感覚 ふわふわ ふわふわ 漂うように 水にぽっかりと浮かんで たゆたうみたいに ゆーら ゆーら ゆーら ゆーら」
「すーっ すーっ 体の力は全部 体の外に 出て行ってしまう」

ここでも「すーっ」「ゆーらゆーら」などの柔らかい言葉で感覚を伝えるシーンが多く
これまでのリラックスを維持したまま催眠の世界に導いてくれます。
最後のカウントも初心者を意識して時間を長めに取ってますし
今まで催眠の感覚にピンとこなかった人でも不思議な感覚が少しは味わえるのではないでしょうか。
最初から最後まで聴き手のことを第一に考えた巧みなリードが光ります。

十分すぎるレベルのリラックスを与えてからサクッと落とすテーマ性のある催眠です。
聴き手を深い催眠状態へと誘導しつつ心身をリフレッシュすることを目的に
抱き合ってるイメージによる温感操作、雨音を使ったリラックスと心身の浄化
幸福感を与えつつカウント+追い込み暗示で確実に落とす深化など
彼氏のキャラや降り続ける雨に様々な技術を絡めて後になるほど催眠が深まるようにリードします。

技術や雨音による癒しに加えて言葉遣いがとても洗練されており受け入れやすく感じます。
しっとりした艶やかなセリフの数々と言えばいいのでしょうか、女性向けらしい繊細さがあって美しいです。
彼の紡ぐ言葉が雨の日のイメージとしっかり噛み合ってるのがこの催眠の最も素晴らしいところだと思います。
恥ずかしい姿を見られながら
エッチシーンは3パート29分間。
プレイは媚薬の雨に打たれるイメージ、耳舐め、乳首舐め、女性器の愛撫(超短時間)、オナニーの見せ合い、SEX(無しも選択可)です。

SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。
セルフは有りです。

「エッチな君も 可愛くて好きだよ」
催眠をかけて主人公を幸せな気分に包み込んだ彼氏は
彼女をもっと幸せにしようと別の雨音でエッチな気分を盛り上げます。

エッチは終始彼がリードする形で進みます。
一番最初の「深化~アダルトパート」でするのイメージを使ったドライオーガズム(約17分)。
「媚薬の雨」と呼ばれるやや激しい雨音が鳴り始め、彼がそれを聴くほど体が火照る暗示を入れます。

「指先でそっと触れてみると くちゅくちゅ とろみがあって 糸を引くように ぬめぬめしてる」
「熱い 熱い 感じるたびに いやらしい気持ちが溢れて 少しの刺激でも ビクビク ビクビク 快感に 感じてしまう」

現実世界で雨に打たれて性的に気持ちよくなる人はさすがにいないはずですから
彼もいやらしさを感じるように工夫して言葉を投げかけます。
最中にストレートな淫語をほとんど言わないのは催眠の技術でイかされる感覚を味わって欲しいからでしょう。
イメージ力をひたすら膨らませて快感へと変換する催眠音声らしいプレイです。

1回絶頂した後の2パートは打って変わって恋人同士のイチャラブプレイ。
耳舐めから始まり乳首舐め、股間の愛撫、オナニーの見せ合いと続き最後はSEXで〆ます。
プレイ一覧を見ていただければわかるようにSEX無しで絶頂するルートもあります。

「見られてるって思うと いつもより感じちゃうね」
この中で珍しいプレイはオナニーの見せ合いでしょうか。
最初は彼女だけ、少し経つと彼も参加して一緒にオナニーを楽しみます。
そして見られてることを適度に意識させて羞恥を煽ります。

このように、まったくタイプの異なるプレイを組み合わせた甘いエッチが繰り広げられてます。
静かな癒し系作品
恋人が雨の日を二人きりで過ごす様子を忠実に描いた作品です。

優しい声と態度を持つ世話好きな彼氏が、愛する女性を喜ばせようと催眠を交えたご奉仕をします。
バックで流れる雨音を活用した珍しい誘導、それでいて要所は技術でしっかり決めてくる堅実さ
そしてエッチシーンにおける2種類のプレイ&絶頂など、雨の日と恋人らしさを両立させつつサービスを進めます。

「ぎゅーっ いいこいいこ こうしてずーっと 抱っこしててあげる」
SEXシーンで我慢しきれずに挿入してしまうシーンがあるものの
彼は基本的には彼女のことだけを考えて親身にお世話します。
癒すことにとにかく力を入れてるので、それ目当てで聴くのが一番楽しめるのではないかなと。

催眠はセリフ・演技・技術のすべてが良くて文句なしの内容です。
特徴である雨音を意識させつつ頼りきらずに暗示できっちり落とします。
この絶妙なバランス感覚があるからこそここまで癒されるし入りやすく感じるのでしょう。
ノーマル向けのシチュですし初心者から熟練者まで誰でも聴けます。

エッチはふたつの特徴が活きるようにプレイを組み立ててます。
絶頂シーンは全部で2回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声いずれもごく僅かです。

心を温めながら綺麗にしてくれる作品です。

CV:zeroさん
総時間 2:07:54(最長構成 1:12:12)


体験版はこちらにあります

愛しの上司さま vol.01★大好き!かわいい上司さま

サークル橘さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、仕事ができてマスコット的な可愛さもある女上司が
出張先や職場近くのホテルで部下と甘く初々しいエッチをします。

良い意味で上司らしくない彼女のキャラや、エッチの際に見せる可愛らしい仕草など
一般的な年上のイメージとはやや違う純愛色の強いエッチが楽しめます。
ふたつあるSEXシーンで二人の立場が大きく切り替わるのもポイントです。
酔った勢いで年上の上司と
課長の「吉川真央」と2種類のエッチをするお話。

「あっ あぁっ! タクシー! …君が手を上げたら一発だったね」
真央はやや幼さを感じる明るくて可愛い声の女の子。
部下にあたる主人公と泊りがけの出張に出かけ無事仕事を終わらせると
そのままプチ飲み会へ繰り出しハイペースでお酒を飲みます。

本作品は前半が出張中に、後半は帰った後と時間や場所を切り替えながら
二人がキスやSEXを中心としたラブラブなエッチをします。
どちらもお酒を飲んだ後に始まりますが、呂律が回らなくなるほど泥酔することはありません。
恋愛に発展しにくい二人の関係を打ち破るきっかけ作りにそういうシーンが入ります。

真央は一言で言うと「可愛い年上」
職場の上司として仕事をバリバリこなす一方で小動物的な愛らしさも持っており
エッチの最中は立場や年齢を逆転させて乱れるシーンがたびたび登場します。

「でもなぁ どこかに私を女として 好きになってくれる人 いないかなぁ…なんてね」
音声を聴く限りだと彼女は自分の女としての魅力にあまり自信がないようです。
だから彼をエッチに誘う際は控えめに振舞うし、プレイ中も弱々しい口調でおねだりする儚い姿を見せます。
年上の女性にありがちな頼り甲斐のあるキャラではなく守ってあげたくなるキャラですね。
このギャップが彼女の大きな魅力と言えます。
雰囲気が大きく切り替わるあまあまなエッチ
エッチシーンは3パート27分30秒ほど。
プレイはキス、乳揉み、手コキ、SEX(騎乗位、背面立位、対面立位)、主人公の耳舐めです。
服を脱がす、ゴムを装着する際に効果音が鳴ります。

「そ、そんなに 私って 魅力ない…かな?」
すっかり酔っ払ってしまい主人公にホテルのベッドへ運んでもらった真央は
自らシャツをはだけさせて彼に襲って欲しいとアピールします。

エッチはパートごとに責め手を変えながら進めます。
前半の「シーン1」と「シーン2」は出張先のホテルでの出来事(約13分)。
前々から好意を抱いていた彼と二人きりになれた状況にお酒の勢いも加わって
キスと相互愛撫からゴム有りでの騎乗位へと持ち込みます。

「これが…君の さっ、触るね」
「(おちんちん)気持ちいい? もうちょっと強く握っても平気? そうかぁ なかなか難しいね」

展開だけを考えると彼女を淫乱と思う人がいるかもしれません。
ですが実際は年齢よりもずっと不慣れで初々しい仕草を見せます。
処女設定はさすがにないですけど、青春時代の男女がする甘酸っぱいエッチに近い雰囲気なのは事実です。

それを最も強く感じるのがシーン後半から始まるSEX。
おちんちんのサイズが大きいのか、3分30秒くらいかけてゆっくり腰を下ろし
挿入後は後になるほど激しくする感じにピストンし始めます。
身長が148cmだそうですから二人にはかなりの体格差があるのでしょうね。

「じゃあ あのねっ お願い 私今うまく動けないから そのっ 君が少し動いてくれると 嬉しい…というか」
誘ったのは自分だからと最後までリードしようとしたのが挿入の途中で腰を動かせなくなり
とうとう彼におねだりするシーンがたまりません。
彼女のキャラを崩さない形で男心を強烈にくすぐってきます。

そして彼も彼女に痛い思いをさせないように頭を撫でたり優しく動いてサポートします。
普段の上司と部下から対等な男女へと変わりつつあるのが自然と伝わってきました。

後半にあたる「シーン4」はおよそ14分30秒間。
出張から帰った後、あの時のエッチが原因で関係がぎくしゃくしてるのを改善しようと
彼を再び二人だけの飲み会に誘って本心を尋ね、そのままエッチへと移ります。

「もうっ 強引なんだから でも 私が君をそんな風にさせちゃったんだよね それは少し ううん すごく嬉しいな」
前回のエッチでは相手が上司だからと遠慮してた彼も恋人同士になった今は一切手加減しません。
ホテルの部屋に入った途端熱いキスを交わし、さらに立ったまま性感帯を責める積極的な姿勢を見せます。
そして彼女も若干戸惑いつつ自分を激しく求めてくれることに幸せを感じます。

前半では彼女が主にリードしてたのに対し、後半は彼が責めるシーンが一気に増えるわけです。
当然のように彼女が乱れて喘ぐことが増え純粋なエロさも上がります。

「好き 好きだよ 私は 君のこと 大好きなんだからね」
「いいよ 出して 私の中で 君の精子 いっぱい出して」

パート中盤から始まるSEXも恋人らしさを強く感じるものばかり。
1発目は立ちバックで、2発目は向かい合った体位で彼のピストンを嬉しそうに受け止め喘ぎます。
特に2発目はゴムをつけずに中出しをおねだりするほどのデレっぷりを発揮しますから
ゴムに抵抗を感じてた人もきっと満足していただけるはずです。

上司と部下の関係だった男女が徐々に打ち解け、恋人として深く繋がる。
彼女の魅力を引き出しつつ親密度の変化を描いた愛情たっぷりなエッチが繰り広げられてます。
萌える年上作品
年上のイメージを逆手に取ったあまあまラブラブな作品です。

主人公にほのかな恋心を抱きつつなかなか伝えられなかった女上司が
泊りがけの出張という絶好の機会を得てまずは体を重ねます。
そして後日、彼の気持ちをちゃんと確かめてからより深いエッチを楽しみます。

総時間の大部分がエッチに割かれてますが、登場人物たちの心情もある程度描かれており
シーンによって二人の態度や行動、セリフの内容がある程度変化します。
そしてお話が進むほど親密になっていくのがわかるようにプレイを進めます。

「私で気持ちよくなってくれたんだよね? 嬉しい」
この作品のキーとなる要素は二人の関係です。
年上+上司という恋愛対象にしずらい属性を持つ女性が
うまい具合にエッチへ持ち込み、彼に「女として見て欲しい」と適度にアピールします。
最初は気後れしてた彼もそれに感化されて徐々に心を開放し、最後の方は彼女を激しく求めます。

前半のエッチもパワハラっぽさはまったくありません。
性愛に不慣れな女性がなんとかして仲良くなろうと考えた結果なのだと思います。
実際のところエッチが始まると彼女は彼にとことん尽くす姿勢を見せます。
自信がないと感じつつ女の魅力でストレートに勝負してるのが印象的でした。

エッチはSEXシーンに力を入れてるのが特徴的です。
効果音が入ってないのでピストンの様子をイメージしにくいのが残念ですが
真央役の七海うとさんが息遣いでそれをある程度カバーしてます。
コンドームを有効活用してる点も面白いしエロいなと。

射精シーンは全部で3回。
喘ぎ声それなり、淫語とちゅぱ音そこそこです。

可愛い年上が強く愛してくれるキャラ萌え成分強めの作品です。
感情移入できる作品をお探しの方には特におすすめします。

CV:七海うとさん
総時間 40:02

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2017年3月1日まで8割引の120円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。

お休み前のイチャラブボイス ―いっぱい気持ちよくなろうね?―

サークル「Aボイス」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、優しくて思いやりの強い彼女が
疲れた恋人にエッチなご奉仕をして心と体を癒します。

彼をぎゅっと抱きしめ優しい言葉をかけながらおっぱいを吸わせてあげたり
やや下品なちゅぱ音をたっぷり鳴らしておちんちんや金玉を隅々まで舐めるなど
「癒しつつ抜かせる」ことを強く意識したあまあまラブラブなエッチが行われています。
優しい彼女とするまったりしたエッチ
彼女と3種類のエッチを楽しむお話。

「…うう、寒いね…少しずつあったかくなってきたとは言っても、さすがにまだまだ冷え込むよ」
彼女は明るくて甘い声のお姉さん。
ある日の夜、主人公と一緒のベッドに入り手を握ると
労わりの言葉をかけたりぎゅっと抱きしめて体を温めてあげます。

本作品はサークルさんの代表作「お休み前のイチャラブボイス」の続編。
仕事で疲れた彼が次の日をスッキリした気分で迎えられるように
就寝前のほんの僅かな時間を使ってエッチなご奉仕をします。

時間が夜、しかも相手があまり激しいことをできない状況なのを踏まえて
3つあるエッチパートのすべてで射精を1回に絞り込みじっくり行います。
獣のように貪りつくのではなく、お互いの温もりを感じながら少しずつ高めていく艶のあるエッチです。

「ううん、嫌じゃない… 気持ち良いよ… おっぱいちゅーちゅーされるのも気持ち良いし… おちんちん擦りつけられるのもえっちな気分になっちゃう…」
そういった雰囲気作りに最も貢献してるのが彼女のキャラ。
甘えたそうにしてる彼の様子を見てすぐさま抱きしめ頭を撫でてあげたり
おちんちんが勃起すると自分から服を脱いで柔らかいおっぱいを差し出します。
プレイ中のセリフもすべてが優しく、聴いてるだけで心がぽかぽかしてきます。

疲れた男性を癒すエッチの場合、普通は女性側が責め続けることが多いです。
しかし本作品の場合は2番目のパートを除くとお互いが責め合う形で行います。
プレイが進むほど彼女も興奮して息遣いが荒くなるので距離の近さや一体感を強く味わえます。

もうひとつの特徴は抜きやすさを重視した作りになってること。
エッチが始まるとその前後に比べてセリフが一気に減り
彼女の息遣いやちゅぱ音といった男の股間に響く音がたっぷり流れます。

雰囲気を壊さないように息遣いは声量がかなり抑えられてますが
ちゅぱ音は彼女の声や性格とはやや違う下品で激しいものばかりです。
同じ音を垂れ流すのではなく、興奮具合や責める部位に応じて細かく変化するので飽きが来ません。
彼女が一生懸命ご奉仕してくれてるのが伝わってきて良い気分で射精を迎えることができます。

すべてが甘く優しい彼女のキャラと抜ける声や音をふんだんに盛り込んだエッチ。
癒しを与えつつ抜かせることを目指したバランスの良い作品です。
愛を感じる濃厚なエッチ
エッチシーンは4パート43分(おまけも合わせると5パート50分)。
プレイは授乳手コキ、キス、フェラ、玉舐め、アナル舐め、SEX(正常位)、耳舐めです。
エッチな効果音はありません。

「もう、すぐにおっぱいに飛び込んできて… ふふ、子供っぽくて可愛い、かな… ん、良いよ… 寒いから冷えないように…あっためて?」
主人公がエッチしたがってるのを察した彼女は
パジャマをすぐ脱いでおっぱいを取り出し、好きにいじらせながら自分はおちんちんを優しくしごきます。

エッチは2人がほぼ同じ立場でゆっくり愛し合います。
一番最初の「おっぱい吸いたいの?」パートでするのは授乳手コキ(約14分)。
彼女はおちんちんを、彼は乳首を責めて一緒の絶頂を目指します。

「んぅ、はぁ… はぁ、ふぁ… んぁ、はぁ… ふぅ、はぁ…」
そしてエッチが始まると早速彼女が気持ち良さそうな吐息を漏らします。
一般的な音声作品のようにしゃべりながら喘ぐのではなく
多少の会話をしてから20秒程度息遣いだけが流れ続け、また話すのを繰り返します。
この作りのおかげで息遣いだけを聴ける時間が長く、彼女の興奮具合が自然と伝わってきます。

「うん、嬉しい… 私がする事で気持ちよくなってくれるの… 凄く嬉しい」
「うん、ちょっと恥ずかしいけど… えっちな言葉、好きだよね… だから、ちゃんと言うからね」

最中の会話もとってもあまあま。
彼がしたいと思ったことをすべて許し、さらに自分から積極的にサービスする姿が心を潤します。
大好きな人をお世話してあげてることに幸せを感じてる様子も印象的でした。

効果音がないため手コキや授乳の様子はちょっとわかりにくいのですが
彼女の息遣いやセリフによって気持ちを上手に高めてくれます。
雰囲気重視な本作品らしいエッチと言えるでしょう。

個人的に最も抜けると思うのが2番目の「お口にいっぱい出そうね」パート(約15分)。
別の日、年度末で仕事が忙しくお疲れ気味な彼を心配した彼女が
今度はお口を使って大事な部分を隅々までお世話します。

「いきなりガバーじゃちょっと物足りないよね…だから、最初はちょっとずつ…ふふ、最初くらいは、ね?」
唇を軽く触れさせるソフトなキスから始まり、唇をしっかり合わせ舌を絡めるディープキス
金玉を頬張り軽く吸い上げるプレイ、竿を舐めてから咥え込み激しく責めるフェラなど
前のパートとは打って変わって多彩なちゅぱ音がエッチのメインを務めます。

最初は吐息、2番目はちゅぱ音、最後はその両方+喘ぎ声といったように
パートによってエッチな声と音の種類や割合が大きく切り替わるのも本作品の大きな特徴です。

中でもパート後半から始まるフェラは全体的にちゅぱ音が激しく
普段はおっとりしてる彼女とのギャップも相まって非常に抜きやすいです。
聴き手がイメージできるように同じフェラでも舐める部位や責め方によってちゅぱ音がちゃんと変わります。

最後の「いっぱい舐めて、いっぱい気持ちよく」パートは休日の夜のお話(約14分)。
しっかり休んで元気になった彼に彼女がエッチのおねだりをします。

「うん、お尻の穴、舐めてる… え、えっと、気持ち良いって聞いたから… どうかな?」
疲れを癒すことを目的としていた前の2パートとは違い
ここでは彼女が今までより激しいプレイに挑戦しています。
特に中盤で登場するアナル舐めは変態的ではありますが、彼女の愛の強さをわかりやすく描いたプレイと言えます。
うつ伏せになった彼のお尻に顔を近づけ嬉しそうに舐めるなんて普通はできないことですから。

かなり人を選ぶプレイだからか時間は4分程度と短いです。
そしてストレートな実況はほとんどせずにちゅぱ音を多めに鳴らします。
直後に彼が責める形で熱いSEXをしてますし、余程苦手な人でもなければ聴けると思います。

このように、2人の絆の強さを感じさせる抜きやすいエッチが繰り広げられてます。
癒されながら抜ける作品
癒し重視でありながらそれなりの抜き性能も持ってる作品です。

彼女は外で頑張ってる主人公の心身をリフレッシュさせようと
彼が望むことをすべて受け入れつつ色んなお世話をしてゆっくり射精に導きます。
彼女が一方的に責め続けるのではなく彼にも自分の体を好きにいじることを許し
気持ち良いときはそれを素直に声や仕草に出して興奮を助けます。

「いっぱい… キスして… 眠くなったら… 寝ようね」
この作品を聴いて癒しを感じるのは彼女が自然体でいるからだと思います。
疲れてる相手の心と体を気遣う姿勢を見せつつ、彼女自身もこのひと時を楽しもうとしています。
「一緒に」気持ちよくなる描写がとても多いから彼女の存在を身近に感じ、その結果癒されるのではないでしょうか。
キスの時間を合計10分程度用意してるのも言葉以外の部分で2人の仲の良さを伝えたかったからだと思います。

エッチは吐息やちゅぱ音といったセリフ以外の声や音に力を入れてます。
プレイ中に色々話しかけると聴いてる側もそれを追うのに疲れるでしょうし
頭を空っぽにしたままオナニーに取り組めることを見据えた実用性重視の作りです。
体を激しく動かすプレイを最終パートだけにしてるのもテーマに合ってて実に良いです。

射精シーンは3回(おまけも合わせると4回)。
ちゅぱ音多め、喘ぎ声(吐息含む)それなり、淫語そこそこです。

体への負担を最小限に抑えて気持ちよくしてくれる思いやりに満ちた作品です。
おまけはお互いに目隠ししながらエッチするパートです。

CV:五十嵐ナナコさん
総時間 1:07:36(本編…57:43 おまけ…9:53)

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2017年02月06日まで半額の400円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。

だいすきひゅぷの。

サークル「俺だけが得する音声工房」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、自分の気持ちに正直な心優しい女の子が
大好きな男性に愛情たっぷりな催眠とエッチをプレゼントします。

タイトルにもなっている「大好き」の言葉やキスといった甘さを感じる要素を起点に
体の温かさや幸福感を膨らませていくあまあまラブラブなエッチが行われています。
セルフスタイルかつ純粋なエロ要素が充実していて抜きやすいのもポイントです。
相思相愛の女性と迎える気持ちいい瞬間
女の子に催眠をかけられオナニーするお話。

「ふふっ、やっと来てくれたね」
女の子は可愛くて穏やかな声の女の子。
主人公に今までずっと好きだったことを告白すると
催眠をかけてから深く深く愛してあげます。

本作品は彼女とイチャイチャしながら気持ちよく射精することを目的に
リラックス重視の催眠をかけてからセルフスタイルのエッチを行います。
特定のシチュを設けない代わりに彼女が愛情を素直に伝えるシーンが非常に多く
言葉の力や雰囲気の温かさによって後になるほど胸のあたりがぽかぽかするのを感じます。

催眠はおよそ14分間。
目を開けたまま楽な姿勢を取り、最初は彼女の声に合わせてゆっくり深呼吸します。

「息を吸ってー…右腕からー… 息を止めて 息を吐いてー…力が抜けるー…」
息を吸った直後に息を止めるスタイルで6分近くじっくり行い
それと並行して腕、脚、お腹、胸、頭など全身をいくつかのパーツに分けて脱力します。
暗示を少なめにしてあるので体がズーンと来る感覚は特にしませんが
肩の力が抜けたり頭の中に多少のもやがかかる感覚を割と強く実感します。
瞼の重さもそれなりに感じるでしょうね。

心身を軽くリラックスさせた後はいよいよ催眠の世界に入っていきます。
脱力とほぼ同じ要領で今度は全身を温め、最後にカウントを数えてゆっくり沈みます。

「ぽかぽかするところから、どんどん力が抜けていく 体がとろとろに溶けていくみたいな、不思議な心地よさ…」
「落ちる、意識が落ちる 高いところから低い所へ、落ちていくみたいに 深ーい暗闇に、落ちていくみたいに 意識が、落ちていく、落ちていく、落ちていく…」

深呼吸で生まれたほどよい心地よさを暗示を使って上手に膨らませています。
ただ最後のカウントと暗示を入れる際に、声のペースをもう少し速く力強くしたほうが良かったと思います。
ここがちゃんとしてないとうまく催眠に入れない可能性がありますから
現実世界で体がすとーんと落ちるみたいに言葉をかけておくのがいいかなと。
本作品の場合は体が沼に沈んでいくイメージを使ったほうがしっくりきたかもしれません。

適度にリラックスさせてからストレートに落とすシンプルな催眠です。
聴き手の頭の中を空っぽにすることを目的に、深呼吸と分割弛緩法で意識の力を適度に弱め
それから体を温めたりカウントを数えて催眠状態をさらに深めます。

女の子とあまあまなエッチをする、つまり癒しの色が強い作風に合った技術を選んでるのがいいですね。
全体的にのんびり進めてくれるおかげでぼーっとしながら取り組めます。

ですが最後のカウントを数えるシーンまで目を開かせておくのは首を捻ります。
最後の瞬間に得られる気持ちよさをできるだけ強くし、催眠に入りやすくするのが狙いなのでしょうが
深呼吸を終えたあたりでも瞼が結構重くなりますので
このへんで閉じる指示を出しておいたほうが聴き手に負担をかけずに済んだのではないでしょうか。

閉じたいのにそれができない状況が続くと相手に抵抗感を与えかねませんし
「瞼が重いようなら閉じてもいいからね」と言って選択肢を与えたほうがスムーズに進んだと思います。
深化シーンの演技も含めて気になる点がいくつか見られました。
人を虜にする魔法の言葉を聴きながら
エッチシーンは27パート43分間。
プレイはキス、オナニーの見せ合い、耳キスです。

エッチな効果音はありません。
セルフは有りです。

「これから君の頭の中、意識をぜーんぶ、私でいっぱいにしてあげる」
催眠を使って主人公を自分の言葉を何でも受け入れられるようにした女の子は
様々な愛の言葉とキスで彼の心をたっぷり温めます。

エッチはお互いがほぼ対等な立場で時間いっぱいイチャイチャします。
一番最初の「キス」パートはそれ以降のプレイを充実させるための準備に近いプレイ(約18分)。
事前にいくつかの暗示を入れてから最初はソフトに、しばらくするとディープなキスをします。

「大好き、大好き、大好き 君の意識をどんどん深く、気持ちよくしてくれる言葉」
そしてここからはプレイをしながら彼女が「大好き」をたくさん言ってくれます。
普通に連呼したり、セリフに混ぜたり、上のセリフのように暗示と絡めるなど
聴けば聴くほどここちらの心に響くように考えて言います。

「大好き」の言葉自体に人の心を動かす力がありますし
エッチな気分はさほどしない反面、癒しの気分や幸福感が強めに味わえます。
パート中盤から始まるキスもちゅぱ音と暗示を組み合わせて気持ちを高める催眠音声らしいプレイです。

本格的なエッチが始まるのは次の「本番」パートから。
ペースや強さは特に指定せずにオナニー開始の合図を出し
その後は彼女が自分のオナニーを軽く実況したりキス音や喘ぎ声を漏らします。

「ねぇ、わかる…? クチュクチュ、クチュクチュって…いやらしい音、いっぱい出てる…」
このパートからは催眠の技術と呼べる要素はほとんどなくなり
エッチな要素を色々ぶつけて抜きやすくするオカズに近いプレイへと変化します。
暗示で性感を高めるアプローチを特にしてこないので、得られる快感は普通のオナニーとさほど変わりませんが
ここまで育ててきた彼女との一体感や幸福感をできるだけ損なわないように射精へと誘導します。

特に面白いのがトラックリストの4番目にあたるパート。
30秒~1分の音声ファイル(合計24個)を自由に組み合わせて聴きます。
ファイルの内容はキス、耳キス、大好き、喘ぎ声など様々で全部合わせると14分程度の長さになります。

簡単に言えばエッチな素材集ですね。
バリエーションが豊富なのは良いのですが、できればサークルさんの構成例を入れて欲しかったです。
内容が催眠から完全に離れてしまってるところも気になります。

このように、言葉と行為で気持ちよくするテーマに沿ったエッチが繰り広げられています。
甘さたっぷりな作品
どこを聴いても甘い癒し特化の作品です。

主人公のことが好きで好きでたまらない一途な女の子が
告白してから自分の気持ちをぶつけるかのように催眠とエッチなご奉仕をします。
心と体をしっかり脱力し、温めてから最後にサクッと落とす催眠
キスや愛の言葉を中心に据え、二人同時の絶頂を目指すエッチ。
恋人とほぼ同じ立場にあたる女性と一緒に過ごすシチュを強く意識しながらそれぞれを行います。

「君の事がだぁいすきな私と、私の事がだぁいすきな君とのキス… 大好き同士のキスだから、とっても幸せで、とっても心地いい…」
彼女は最初から最後まで自分の好きな気持ちをストレートに伝えます。
その飾らない態度やエッチシーンで見せる積極的な姿勢が心を温めてくれます。
エッチのほうが時間は長いのですが、私個人は癒し目的で聴く作品と見ています。

催眠は導入や深化はテーマに合ってて良いです。
ですがエッチシーンの中盤以降で催眠をほぼ放り投げてるのはさすがにどうかと…
4番目のパートが正規に用意されていて、さらにエッチな素材集で拡充できる作りならわかります。
ですが今の構造ですと最も重要になる射精の直前が完全に聴き手任せです。

射精シーンも彼女のイキ声に合わせて射精するほぼ同人音声と同じスタイルですし
時間をかけてせっかく積み上げてきたものを最後の瞬間に活かせてないのが残念でなりません。
私の場合も幸福感は結構得られましたが射精感は普段と特に変わりませんでした。

射精シーンは最後に1回。
ちゅぱ音そこそこ、淫語と喘ぎ声ごく僅かです。

幸福感に包まれながら射精できる作品です。

CV:夏埜ソラさん
総時間 1:09:09

オススメ度
■■■■■□□□□□ 5点


体験版はこちらにあります

追記
2017年02月06日まで半額の450円で販売されてます。
その場合の点数は6点です。

【えっちボイスドラマ】はんなり京美人な九条のどかちゃんのとっても“えっち”な誘惑ボイスドラマ

サークル「リビプロ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、とある約束を果たそうと10年振りに再開した男女が
人気のない神社で恋人同士になり、そのまま甘く激しいエッチをします。

背景や登場人物の心情を描きながら物語を進めるドラマ性重視の作りが魅力で
ずっと離れていた2人が気恥ずかしい様子で想いを打ち明ける姿が心を
処女が初めて触れる男性の体に戸惑い、やがてのめり込んでいく姿が体を温めてくれます。

ヒロインが全編で京都弁を話すのも大きなポイント。
独特な言葉遣いとイントネーションが作品全体に艶やかな雰囲気を与えています。
年月を経ても色あせない想い
幼馴染の九条のどかと神社でエッチするお話。

「あっ 目覚めた?」
のどかはのんびりした口調で話す穏やかな声の女の子。
とある夏の日、祭りに一緒に出かけた途中で倒れた主人公を
彼女が外れにある神社まで運び看病するところから物語は始まります。

本作品は何らかの事情で村を離れることになった彼女が10年ぶりに帰省し
昔仲良くしていた男性との再会を経て恋人同士になります。
幼馴染なだけあって音声開始時から堅苦しいやり取りをするシーンは一切なく
後々行うエッチも相まって甘く和やかな雰囲気が終始漂ってます。

「今日は特別暑かったし しゃあないわ えらい人混みやったし 気にせんでええの」
この作品を甘いと感じるもうひとつの大きな要因は彼女のセリフ。
おっとりした声と口調の京都弁で語りかけてきます。
のどか役の上田朱音さんは京都出身の声優さんですから演技も特に違和感はありません。
その独特な言葉遣いやイントネーションを聴いてホッとする人がきっといるでしょう。

ちなみに上田さんが主にアダルトゲームで活躍されてる関係で
一部の淫語、具体的には「おちんちん」と「おまんこ」を言う時に声が若干ぼやけます。
「おち○ちん」「おま○こ」といった風に「ん」だけ聞こえないようになってるので無修正とほとんど変わりません。

音声開始から最初の12分間は2人が幼馴染から恋人になるシーン。
暑さにやられて気分を悪くした主人公をのどかが膝枕で介抱しながら
お互いのことを話したり、10年前にした「一緒に夏祭りに行く」約束を果たせたことを喜びます。

「だって ずっと好きやったから 離れてからも 10年間 ずっと ずっと好きやったん」
普通なら10年も離れ離れになってたら見た目だけでなく心も大きく変わるはずです。
でも2人は「好き」という強い想いでずっと繋がっています。
そういう背景があるだけにお互いの気持ちを確認し合うシーンは心に響くものがあります。

「“えっち”な誘惑ボイスドラマ」というと彼女が成長した体で色仕掛けする展開をイメージするかもしれません。
しかし実際はちゃんと気持ちを通わせてから肌を重ねる純愛路線です。
心を温めながら絶頂を目指すので、普段よりもちょっぴり満たされた気分で射精できるでしょう。
本気で好きにさせることを目指したイチャラブエッチ
エッチシーンはおよそ41分間。
プレイはキス、手コキ、授乳手コキ、素股、SEX(正常位、騎乗位)です。
手コキ、素股、SEX、射精の際に効果音が鳴ります。

「なぁ 触ってもええ?」
告白を終えて主人公と恋人同士になったのどかは
彼のおちんちんがすっかり硬くなってるのを見てゆっくりしごき始めます。

エッチはシーンによって攻守を入れ替えながらほぼ対等な立場で行います。
一番最初にするプレイは授乳手コキ(約14分)。
引き続き膝枕の状態で彼女がおちんちんを刺激し、少し経つとおっぱいを取り出して吸わせてあげます。

「すごい… まっすぐ… こんなにびーんとなるんやね 苦しくなかった?」
聴いた限りだと2人はどちらも初めてエッチするのでしょう。
のどかはおちんちんの大きさ、硬さ、反応に不思議そうな表情を見せ
彼も彼女のおっぱいやおまんこを食い入るように眺めます。

たどたどしさを出しながら進めるので流れはゆっくりですが
その分彼女の心情や反応がよく描かれていて感情移入しやすいです。
これが販売ページの作品説明文に書いてある「ヒロインへのガチ恋台本」の意味です。
彼も彼女の気持ちに応えようと色んなところで頑張ってくれます。

最も盛り上がるのはその後に始まるSEXシーン。
手コキで1回射精してもまだまだ元気なおちんちんを満足させようと
最初は彼が、次は彼女がリードする形でおよそ20分間も繋がります。

「それよりもホンマに嬉しいわ 今日だけで何個も夢が叶ったみたいで」
彼に求められて自らおまんこを見せてあげたり、挿入時は幸せそうな表情を見せるなど
ここでも彼女は好きな人にとことん尽くす健気な姿を見せます。
そして彼も彼女が初めてのSEXで痛い思いをしないようにと事前に熱いキスをし
さらには素股で軽くほぐしてから挿入する優しさで応えます。

言葉よりも行為で相手への思いやりを示してるところが素晴らしいですね。
挿入直後に敢えて動かないのも幸せを噛み締めてる2人の心情を描きたかったのだと思います。

「お、音 出ちゃってるぅ ひうっ んふっ ふぁ あぁぁんっ!」
「奥っ 奥ぅぅぅっ! 当たるの ええっ! 気持ち ええっ!」

SEXシーンのもうひとつの魅力は彼女の乱れっぷり。
最初はちょっぴり痛そうにしてたのが徐々に慣れ始め
1回目の絶頂を迎える頃には普段の落ち着いた態度とは随分違う淫靡な姿を晒します。
そして2回戦の騎乗位では快楽にすっかり溺れた表情で中出しをおねだりします。

授乳手コキを聴いて生ぬるいと感じた人もここで満足していただけるのではないでしょうか。
セリフよりも喘ぎ声の質と量に力を入れていてオナニーのオカズに役立ちます。
上品な女性がやや下品になるところにもグッと来るものがあります。

このように、初めて同士が心と体の両方で深く繋がるラブラブなエッチが繰り広げられてます。
艶のある作品
キャラが立っていてエロさも十分にあるボイスドラマです。

家の事情か何かで村から京都へ行くことを余儀なくされた女性が
10年ぶりに元いた場所を訪れ、思い出の男性と再会します。
そしてお互いの気持ちがまったく変わってないことを確認してから熱く結ばれます。

エッチに至るまでの過程も描かれてるおかげで登場人物たちの思いが感じ取りやすく
それがエッチを聴いたときに得られる充足感や性的興奮を高めています。
相手がどんな女性か、そしてどれだけ魅力的かがわかっていれば当然没入感も強くなります。
作品の持つドラマ性を活かしてエッチを劇的かつ華やかに描いています。

「ずっと 一緒に…? うんっ! もちろんっ!」
あとは何と言ってものどかの方言がほのぼのしてて可愛いです。
私は根っからの関東人なのでこの方言が本当に正しいのかはよくわかりません。
ですがナチュラルな話しぶりが彼女のキャラとマッチしていてとても癒されます。
そんな彼女がエッチで積極的に快楽を求める姿も実に良いです。

エッチは時間に対するプレイの種類をある程度絞り込み
プレイを切り替える際にも軽いやり取りを挟んで初エッチの雰囲気を出してます。
そして一番の抜きどころであるSEXシーンだけはとことんエロくしています。

喘ぎ声も1回戦の正常位は彼女の上品なイメージを崩さないようやや抑えた感じに
2回戦の騎乗位はおちんちんの魅力にハマりつつあるのがわかるように前よりも下品にと変化をつけてます。
主人公がマグロになってませんし、「愛し合ってる」と表現するのがピッタリなプレイです。

絶頂シーンは主人公3回、のどか2回。
喘ぎ声多め、くちゅ音それなり、淫語そこそこ、ちゅぱ音ごく僅かです。

京美人とのイチャラブエッチが楽しめる作品です。
方言が好きな人には特におすすめします。

CV:上田朱音さん
総時間 56:38

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
56分1200円とやや割高なので-1してあります。

2017年02月06日まで半額の600円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。

↑このページのトップヘ